2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

◆文化相対主義の危険性◆

1 :世界@名無史さん:2007/02/22(木) 03:13:42 0
について語ろう。たとえば、
「世界中の人々が、異なる文化を持っている人々を尊重し、絶対
主義と普遍性の理論を捨てれば、世界はもっと穏やかで平和になる」
という考え方は、一見魅力的にみえて実は大きな危険性が潜んで
いるのでは?

2 :世界@名無史さん:2007/02/22(木) 03:22:44 0
普遍がゆきつくと衰退する。古代ローマとか。
絶対主義と相対主義の相克の過程が活気があって進歩する気がする。
相対主義だけだと、地域毎に分裂してこじんまりまとまるだけな気がする。

3 :世界@名無史さん:2007/02/22(木) 03:35:48 O
今の流れの揺れ戻しでリージョナリズムが台頭して来てもおかしくないよな
文化面だけでなく、宗教の方でも新教皇が出した回勅なんかが良い例
まぁ健全と言えば健全な成り行きなんだろうね

4 :世界@名無史さん:2007/02/22(木) 03:37:06 0
>絶対主義と相対主義の相克の過程が活気があって進歩する気がする。

政治学だと、進歩主義と保守主義の相克かな。どちらが欠けてもうまく
いかない。進歩主義がゆきつくと人間の限界にぶち当たるし、保守主義
だけだと停滞する。

5 :世界@名無史さん:2007/02/22(木) 03:41:15 O
>>4
その点、英国人なんかは良く弁えてそうだね
「晴れの日のリベラル、雨の日の保守」って具合に

6 :世界@名無史さん:2007/02/22(木) 03:55:59 0
広大な帝国支配が成立すると、安定した平和が成立し、広大な領域での
交流がかなり自由にできるようになる。さまざまな民族の坩堝状態になれば、
国際的に通用する支配的な文化(この場合はギリシア語による文化)が次第に
中小の規模の文化を駆逐していく。「平和」というと、その「平和」が
支配する範囲内ではさまざまな要素が文字通り「平和」的に共存すると
考えがちだが、それはナイーヴである。広大な領域において軍事的に平和が
長く続く(大きな戦争が起こらない)ような状況では、すでに支配的な文化が、
徐々にその勢力を拡大していく。長い平和の状況下では、長い目で見れば、
文化的な多元性は維持されにくい。


       加藤隆『新約聖書はなぜギリシア語で書かれたか』(大修館書店)

7 :世界@名無史さん:2007/02/22(木) 04:49:12 0
>>2
歴史学でいうと、いままではあまりにも勝者や強者の立場に立った歴史
ばかり書かれてきたので、敗者や弱者の立場に立った歴史が語られる
ようになった。

でも、その反面、歴史がおもしろくなくなったようにも感じる。

8 :世界@名無史さん:2007/02/22(木) 07:20:49 0
>>7
 いや、嘗ての階級史観に影響された歴史物語もそれはそれで
面白くなかったとは言えない。寧ろ、個々の事象の有機的関連性
を明らかにしない客観的な事実の羅列は疲れる。

9 :世界@名無史さん:2007/02/22(木) 08:38:41 0
ttp://web.kanazawa-u.ac.jp/~kasuya/FrancophonieMiura.html
しかもポストコロニアル(植民地後)の現代にあって、フランスはフランコ
フォニーの広がりのなかで相対化され、世界の中心でなくなったことにより
かえって新しいメッセージを発信するようになリました。そこにはたとえば
サンゴールが唱える「文化の混淆」(metissage culturel)、あるいはカリブ海の
作家エドゥアール・グリッサンがいう、グローバル化の対抗原理としての
「クレオール化」(creolisation)のメッセージが反映されています。 
注目すべきは、フランコフォニーが、グローバル化とともに進む「文化の画一化」
と「文明の衝突」という一見矛盾する二つの論理を拒否し、「文化の多様性」
(diversite' culturelle)と「文化間の対話」(dialogue des cultures)を提唱
していることです。これはフランス語が、かつて普遍的文明の名のもとに
異文化を支配したヘゲモニーの論理から、差異を尊重する多言語・多文化の
論理にシフトしたことを示します。フランス語はコミュニケーションの手段
であるだけでなく、独特の価値観・世界観をもった言語です。

↑こーゆーことを書いている人は、そこに何の矛盾も感じないんだろうか?


10 :世界@名無史さん:2007/02/22(木) 12:33:32 O
と言いますと?

11 :世界@名無史さん:2007/02/22(木) 12:40:54 0
民主主義・基本的人権の尊重・環境保護。

この3つは、現代日本においては、
それに疑義を挟むことさえ許されない絶対的な命題となっています。

イスラムや中国でも、一部分の留保はあるにしても、まずは肯定されていると思います。

この3つを超克したときに、真の意味でのポスト・ポストモダンが始まるのであろう。

12 :世界@名無史さん:2007/02/22(木) 13:07:02 0
>>10
「差異を尊重する」というのなら、もうフランス語を広めるのを止める
べきでは?


13 :世界@名無史さん:2007/02/22(木) 20:29:16 0
欧米の知識人は文化相対主義にはアレルギーを示すことが多いのに、同一国家内
における多文化主義は好意的に捉える。これは矛盾していないか?

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)