2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■高坂正堯について語ろう■

1 :世界@名無史さん:2007/02/02(金) 06:04:29 0
国際政治学者の故・高坂正堯氏の著作について語りませう。
『古典外交の成熟と黄昏』『文明が衰亡するとき』『世界地図の
中で考える』『世界史の中から考える』『現代史の中から考える』
など、一般人向けの歴史書としても楽しめる著作が多い方でつ。

2 :世界@名無史さん:2007/02/02(金) 07:03:58 0
阪神タイガースをけなされると烈火の如く怒る人。

3 :世界@名無史さん:2007/02/02(金) 21:52:18 0
漏れはこの人の本を読んでから英国史の面白さに目覚めた。
それまでは英国史=退屈、というイメージしかなかったんだが。

4 :世界@名無史さん:2007/02/05(月) 17:48:05 0
塩野女史とは親しかったそうで、ティベリウス評価論を女史に提唱した人。

5 :世界@名無史さん:2007/02/08(木) 13:17:43 0
>>4
↓学恩を受けた者ども

その1
塩野七生さん・作家
「古代ローマ帝国でも豊かになると少子化に懸念が持たれた。初代皇帝アウグ
ストゥスは、未婚の女性に『独身税』を課すなどの手を打ち、少子化の抑止力
として相当な効果をあげた」 (日本経済新聞、1月1日付)
http://books.bitway.ne.jp/bunshun/ronten/club/sample/thisperson/050106.html

その2
中西輝政 (国際政治学者 京都大学大学院人間環境研究科教授 安倍晋三ブレーン)
「少子化を憂う必要はない、格差社会が広がりコンドームを買えない貧困層が増えれば子どもはすぐ増える」

6 :世界@名無史さん:2007/02/11(日) 19:18:38 0
海洋国家とかだっけ?

7 :世界@名無史さん:2007/02/11(日) 20:28:16 0
>>5
塩野は馬鹿のひとつおぼえみたいにローマの話題しかできんのか?

8 :世界@名無史さん:2007/02/11(日) 21:00:06 0
>>6
『海洋国家日本の構想』(1965年)で、

……しかし、いまやこの事情は変わった。正当に「東洋」と呼びうる中国が
復活し、自己を主張するようになった。その場合、日本がその独自の偉大さを
築きうる方法は、中国との同一性ではなく、それとの創意に目ざめ、東洋でも
西洋でもない立場に生きることなのである。何故なら、中国はあまりにも大きく、
そして福沢が述べたように日本とは基本的に異なるものを持っている。それと
日本を同一化する場合には、曾村保信氏が述べたように「ひとにぎりの日本人は
……大陸的に洗脳されて、その海洋国家的な個性的な思考力をなくしてしまう
うれいがたぶんにある」(中央公論1964年8月号)。曾村氏の中国観に反対の人でも、
この点だけは学ばなくてはならない重要な真理なのだ。

と書いておられた。21世紀の今でもこの文章はそっくりそのまま当て嵌まって
しまうのに驚かされる。日本人は60年代からあまり進歩しなかったということ
なのか……

9 :世界@名無史さん:2007/02/11(日) 21:15:06 0
>>5
前原代議士もお弟子さん
アカデミズム以外で有名な弟子は、こんなもんかね。

10 :世界@名無史さん:2007/02/11(日) 22:06:05 0
ttp://www.maehara21.com/kiji/kiji24.html
◆政治家の本棚――71 運命の高坂正堯『国際政治』との出会い 1/2
ttp://www.maehara21.com/kiji/kiji25.html
◆政治家の本棚――71 運命の高坂正堯『国際政治』との出会い 2/2
ttp://www.inose.gr.jp/mailmaga/mailshousai/2003/03-8-7.html
「高坂正堯との対話」
ttp://club.pep.ne.jp/~y.hosoya/booksreview/kousaka-sekaitizu.htm
高坂正堯『世界地図の中で考える』(新潮選書)


4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)