2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

野盗・山賊の歴史

1 :世界@名無史さん:2006/04/03(月) 19:43:20 0
洋の東西を問わず、様々な物語に登場する彼ら。
歴史の影で蠢き、時に民衆のヒーローとなり、時の魔物のように恐れられた彼ら。
彼らはいつごろ表れ、いつごろ消えてしまったのか。
語ってください。

2 :蟻太郎 ◆J7M7PQyXkE :2006/04/03(月) 19:57:24 0
さむれえ雇うだ

3 :世界@名無史さん:2006/04/03(月) 19:59:13 0
うちの田舎じゃまだまだ現役。

4 :世界@名無史さん:2006/04/03(月) 20:17:20 0
まずは山の老人を

5 :世界@名無史さん:2006/04/03(月) 20:37:56 0
朝鮮の火賊、活貧党

6 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/04/03(月) 20:49:41 0
白波、緑林はもう死語でしょうか(この辺りの板と伝統芸能板では現役か)。

7 :世界@名無史さん:2006/04/03(月) 20:56:20 0
オスマン帝国を悩ませたギリシャ人の山賊「クレフト」

古代ギリシャの盗賊は何ていいましたっけ・・・

8 :世界@名無史さん:2006/04/03(月) 21:09:54 0
中国の大盗賊 高島俊男/講談社(講談社現代新書)

中国史の盗賊の歴史を扱った良書。

9 :世界@名無史さん:2006/04/03(月) 22:44:05 0
ブッシュレンジャー

10 :世界@名無史さん:2006/04/04(火) 00:08:45 O
>>6
山野さん。貴方は一体何者ですか?お坊さんですか?

11 :世界@名無史さん:2006/04/04(火) 06:10:04 0
ムササビですよ。

12 :世界@名無史さん:2006/04/04(火) 12:35:31 0
北朝鮮。
兵器、麻薬の輸出、ニセ札づくり、拉致などをして、
世界から援助をむしりとる様子はまさに野盗そのもの。

13 :世界@名無史さん:2006/04/04(火) 12:38:46 0
義賊っつうと誰が思い浮かぶ?

14 :世界@名無史さん:2006/04/04(火) 13:41:08 0
>>10
カボチャです

15 :世界@名無史さん:2006/04/04(火) 18:03:38 0
>>13
ロージャ・シャーンドル

16 :世界@名無史さん:2006/04/04(火) 21:05:03 0
>>13 鼠小僧

17 :世界@名無史さん:2006/04/04(火) 21:06:33 0
私諒戦(漢字あってるっけ?)戦術も海賊に分類されるのかな?やっぱり。

18 :世界@名無史さん:2006/04/04(火) 21:26:51 0
ロビン・フッドが未出だ・・・

19 :世界@名無史さん:2006/04/04(火) 21:30:16 0
>>13
ルパン三世とその一味

20 :世界@名無史さん:2006/04/05(水) 05:47:21 0
まずはホブズボームのsocial bandits研究だな。

E・J・ホブズボーム,「匪賊の社会史」,みすず書房
同上,「素朴な反逆者たち」,社会思想社
同上,「反抗の原初形態」,中公新書

ロビン・フッドについては著名な中世史家による
J・C・ホルト,「ロビン・フッド」,みすず書房
が良いと思う。

21 :世界@名無史さん:2006/04/05(水) 22:50:31 0
あ〜おれもガハハハと笑いながら
たまに村おりて酒や娘子盗みながら暮らしてみたいぜ。

22 :世界@名無史さん:2006/04/06(木) 01:49:50 0
中南米の黒人逃亡奴隷「シマロン」

23 :世界@名無史さん:2006/04/07(金) 20:55:09 0
ブラジルのカンガセイロ

24 :世界@名無史さん:2006/04/09(日) 15:02:31 0
中国の大盗賊といえばトウセキ(変換デキズスマソ)!

25 :世界@名無史さん:2006/04/09(日) 15:08:44 0
盗蹠

26 :世界@名無史さん:2006/04/09(日) 15:10:35 0
盗跖か

27 :世界@名無史さん:2006/04/09(日) 18:12:11 0
梁山泊

28 :世界@名無史さん:2006/04/09(日) 22:12:11 0
中国史だと、山賊の頭が万単位の兵士を動かしている。


29 :世界@名無史さん:2006/04/10(月) 15:29:40 0
黄巾も末端は山賊みたいなもんだしね

30 :世界@名無史さん:2006/04/10(月) 18:40:02 0
>>28
それは中国共産党のことか?

31 :世界@名無史さん:2006/04/14(金) 01:18:29 0
アフガンじゃ今でも山賊が現役なんだもんなあ。

32 :世界@名無史さん:2006/04/14(金) 02:05:44 0
マラッ力にも海賊がいるぞ

33 :世界@名無史さん:2006/04/18(火) 00:34:36 0
国家なんて全部山賊みたいなもんだ

34 :世界@名無史さん:2006/04/18(火) 00:44:25 0
宮崎駿がマンガで描いてた空賊って歴史上実在したの?

35 :世界@名無史さん:2006/04/18(火) 05:45:45 O
インフラがないと離着陸出来ない、機体の入手が困難、航行距離が短い、
荷物積めない、整備が大変、機体よりパイロットの育成費のが高い

居たかどうかは知らんが賊に向かないのは確か

36 :世界@名無史さん:2006/04/18(火) 06:57:47 0
もし飛行機でなく飛行船が主流だったらあり得たかも。

37 :世界@名無史さん:2006/04/18(火) 09:17:49 0
満州では馬賊vs飛行機なんてこともあったらしいが

38 :世界@名無史さん:2006/04/20(木) 05:41:41 0
>>28
例えば三国志では張燕なんかが有名だね。
官位ももらっていたらしい。
しかし公孫サンに10万の兵力で味方したというのは本当なのかな?
イギリスなどでは政府公認の海賊がいたらしいね。

39 :世界@名無史さん:2006/04/21(金) 22:35:21 0
>>38
>>10万の兵力で〜
たしか30万の衆を擁したとかの表記だったと。
で、こーゆー場合の実戦闘員は約1割程度=兵士と呼べるのは3万ぐらいらしい。(講談社新書の「中国の大盗賊〜天下を狙った男たち〜」より)
自分たちの根城をカラッポにする訳にもいかんから総動員なんかは無理ポだけど、それでも相当な勢力だわな。
たしか曹操からもそれなりの待遇うけてたよーな記憶が・・・

>>政府公認の海賊
私略船すね。港の使用・物資補給の保障と引き換えに、敵対国の船のみを狙う・稼ぎの一部(20%ぐらいだったかな?)を政府に収めるって条件の。
でもこれだと既に「海賊団」とゆーより「海の傭兵団」って感じでイマイチ格好よくないよなー、てか海賊はスレちがいか。

40 :世界@名無史さん:2006/05/01(月) 22:36:25 0
でも儲かるから、アメリカ独立戦争時は海軍よりも人気があった。

41 :世界@名無史さん:2006/05/01(月) 23:45:43 0
現代日本でで山賊できないかな?

42 :世界@名無史さん:2006/05/01(月) 23:50:54 0
海賊はかっこいいが山賊はかっこ悪い。


43 :世界@名無史さん:2006/05/01(月) 23:52:43 0
宇宙山賊キャプテンハーロック
宇宙山賊コブラ


44 :世界@名無史さん:2006/05/01(月) 23:55:35 0
>>13
ビリー・ザ・キッド


45 :世界@名無史さん:2006/05/03(水) 11:34:49 0
中国は魅力的な大盗賊に満ちている。劉邦、洪武帝もそうだが、明末の李自成
がいい。漢民族で皇帝の即位式をあげた最後の人物。

46 :世界@名無史さん:2006/05/04(木) 00:04:57 0
フック船長(海賊の船長)が、貴族のような服装をしている
のは何故?

47 :世界@名無史さん:2006/05/04(木) 15:20:41 0
>>43
宇宙の山は 俺の山
俺の山も 俺の山

48 :世界@名無史さん:2006/05/07(日) 02:52:14 0
山賊王に、俺はなる

49 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 15:07:12 0
>>7
クレフトは、山賊と独立ゲリラと両方意味するらしいですね。

>>46
貴族を襲ったときに奪ったんじゃなくて?

50 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 15:20:26 0
小日向白朗さんが亡くなられたとき、誰かが奥さんに
「旦那さんは、若いときは有名な馬賊だったのをご存知ですか?」
って、言ったら、「馬泥棒だったの?」

51 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 15:38:02 0
小日向白朗って戦前一時帰国してたとき
マージャン全国大会で2年連続優勝だってね
まあそんぐらい才長けてないと
馬賊稼業25年もできないだろうな
リアルで福本漫画のアカギみたいなヤツだったんだろうなあ

52 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 18:32:26 0
「ネコジャラ市の11人」で市民が山賊になる場面があるな。


53 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 19:58:08 0
中国では山賊の頭は、大王と名乗ることが多いのはなぜ?

54 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 18:11:25 0
>>53
まず王位を名乗って、しかる後に皇帝を僭称するのが古代からの
中国の群盗の伝統。
例は元末の紅巾賊。

55 :世界@名無史さん:2006/05/16(火) 00:03:10 0
百年戦争時のコンパニ(傭兵団)も万単位になった
ことがあったね。

56 :世界@名無史さん:2006/05/20(土) 22:35:52 0
昔は山賊のほうが人気だったのに
フック船長と宇宙海賊と海賊王のせいで
海賊のが人気になった。

57 :世界@名無史さん:2006/05/20(土) 23:01:35 0
祝ブラックラグーンアニメ化

58 :世界@名無史さん:2006/05/21(日) 03:21:53 0
>>46
船長クラスの海賊は最新流行のファッションを身にまとうのが好きだった

59 :世界@名無史さん:2006/05/21(日) 05:45:55 0
町で船を修理したりするさいには、貴族のフリをするためだった

60 :世界@名無史さん:2006/05/22(月) 22:19:47 0
中国史にかかせないのは塩賊

61 :世界@名無史さん:2006/05/29(月) 01:36:17 0
なんで泥棒や強盗が英雄視されたのかしらん

62 :世界@名無史さん:2006/05/30(火) 05:02:01 0
フック船長の衣装はジュストコールですかのぅ

63 :世界@名無史さん:2006/05/30(火) 22:29:59 0
フック船長は三角帽だが、海賊の船長のかぶっている
帽子はイメージ敵には二角帽が多いな。

64 :世界@名無史さん:2006/06/02(金) 21:27:26 0
人食い山賊 ソーニー・ビーン

ググってみそ



65 :世界@名無史さん:2006/06/02(金) 22:15:47 0
昔の王朝や豪族は、ほぼ例外なく山賊だし・・。

66 :世界@名無史さん:2006/06/02(金) 22:24:34 0
実は徳川家(松平一族)も、家康の何代か前の段階では、ほとんど野盗だったと何かに書いてあった。
歴史読本だったかな。

野盗ではなかったにしても、三河の奥地にいた、得たいの知れない集団ではあったそうだ。


67 :世界@名無史さん:2006/06/03(土) 22:23:40 0
ティムール朝の創始者、トランスオクシアナ・アミール・ティムール・キュレゲンは
青年期、馬泥棒だった。

68 :世界@名無史さん:2006/06/10(土) 22:59:28 0
メキシコの革命児、パンチョ・ビリャ様を忘れてねえか、アミーゴ!
馬賊兼馬泥棒の頭目だったぜえ。

69 :世界@名無史さん:2006/06/10(土) 23:24:47 0
ぬぅすんだ農馬ではぁしりだぁす〜

70 :世界@名無史さん:2006/06/18(日) 20:23:48 0
梁山泊もロビンフッドも義賊は山や森に住んでるものなのに
日本じゃ鼠小僧やら五右衛門やら、都市型のこそ泥ばっかりなのは何故?

71 :世界@名無史さん:2006/06/18(日) 21:14:29 0
江戸時代に盗賊団が成立しないから

72 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/06/21(水) 00:33:21 0
>>66
『三河物語』に登場する時衆の僧であった徳阿弥の事ですか?
他所から来て三河に定住したが、実は新田氏の出であったとされる。
が、後半は創作でしょう。徳阿弥以前は分からないというのが本当では。

73 :世界@名無史さん:2006/07/22(土) 22:46:18 0
クラントン一家がOK牧場で白昼の保守。

74 :世界@名無史さん:2006/08/05(土) 02:05:21 0
アフガンじゃ山賊は現役だわな・・・

75 :世界@名無史さん:2006/08/09(水) 10:25:35 0
金庸の武侠小説なんか読んでると、
山賊・盗賊の類が英雄好漢としてたくさん出てきて、活躍したりするんだけど、
それを読んでいると、
中国がいかにろくでもない国だったんだなあと思った。

76 :世界@名無史さん:2006/08/09(水) 12:55:07 0
>>75
え、何で?

77 :世界@名無史さん:2006/08/12(土) 05:12:10 0
何でも糞もあるかよ。それだけ治安が最悪な国だったってことを意味するわけで
決して住みたいとは思えないね。
国防、治水、治安は国家の基本であり枢要なのは言うまでも無いことで
これが安定してない国はろくでもない国ってこと。

78 :世界@名無史さん:2006/08/17(木) 00:56:25 0
ルパン三世が人気を博す70年代の某国はとんでもない国ですよね。

79 :世界@名無史さん:2006/08/17(木) 01:08:58 0
治安は悪化。国防は相対的に悪化。治水はそこそこだな。

80 :世界@名無史さん:2006/08/17(木) 01:21:28 0
ニカラグアの匪賊アウグストゥス・カエサル・サンディーノ
が語られないのはなぜ?

81 :世界@名無史さん:2006/08/18(金) 23:20:32 0
殺主契・香徒契を忘れてるニダ

82 :世界@名無史さん:2006/08/22(火) 22:44:11 0
国家というのはもっとも効率的な泥棒・殺戮集団なのであって、
義賊が活躍する国の方が自由な世界だと思う。

83 :世界@名無史さん:2006/08/22(火) 23:09:01 0
現代においてはコロンビアやソマリア辺りかね

84 :世界@名無史さん:2006/08/23(水) 11:26:09 0
>>82
おまえ、そういうのは自由とは言わない。放埓というべき。
秩序の無い社会は庶民が不幸になるんだが理解してるか?
だからこそ国家に暴力装置を集中させるという近代国家のアイデアが有効なわけで。
国家が殺戮機能を果たすのは当然だし、それでいいわけだが?

85 :世界@名無史さん:2006/08/23(水) 21:00:23 0
思うに、私的所有権という人類史上最悪の発明の暴走を押さえるために
国家という最悪一歩手前の装置が必要になったのではないだろうか。

86 :世界@名無史さん:2006/08/23(水) 22:29:03 0
>>85
私的所有権なんて先史時代からあるわけだが。
何が最悪なのか理解できないね。もしかして貧富の差が悪いとか思ってる人?
貧富の差は必要不可欠なんだが。

87 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 14:25:42 0
>>76
「俺たちは英雄好漢だから、金さえ出せば命は取らないぜ」

88 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 16:12:07 0
私的所有権に対する制限も先史時代からあるけどな。

89 :世界@名無史さん:2006/09/08(金) 04:04:38 0
ティムールは盗賊としては一番成功したんじゃないか?
李自成もかなりのもの
他に国泥棒クラスっているかな?

90 :世界@名無史さん:2006/09/18(月) 04:28:03 0
>>89
遊侠上がりの賊将・朱温
盗賊の一味として黄巣の乱に参加するも、唐軍に内通し長安から黄巣軍を駆逐
官将に取り立てられ、「全忠」の名を賜り節度使に任命される。
今度は皇帝昭宗を殺害、その子を昭宣帝として立てた後禅譲を強いて皇位を奪取
ついに大唐帝国を滅ぼし、後梁を建国。

91 :世界@名無史さん:2006/09/24(日) 09:34:30 0
史実で空賊っているの?

92 :世界@名無史さん:2006/09/24(日) 15:55:40 0
海賊って南米植民地との行き来が活発になったときに一時的に発生した事象なんだね。

93 :世界@名無史さん:2006/09/24(日) 19:37:19 0
ポンペイウスは(    )を討伐したことで名声を・・・

94 :66:2006/09/24(日) 20:58:02 0
>>72
亀ですみません。
たしか徳阿弥以後の数代のことだったと思いますが・・・(ちょっと記憶は不確か)
徳阿弥以前か以後かは置くとして、
平野に進出する以前に、奥地の山林地帯で野伏せりのように暮らしている集団だったとか。
その後大名になってからも「にわか大名」と言われていて、
それは、「即席大名」という意味ばかりでなく、「にせ大名」という意味もあったとか。

95 :世界@名無史さん:2006/09/24(日) 21:13:07 0
>>92
バッカニアのことならそれでおkだが・・・

96 :世界@名無史さん:2006/09/25(月) 02:35:19 O
>>93
スパルタクス?

97 :世界@名無史さん:2006/09/25(月) 02:41:03 0
>>93
海賊

98 :世界@名無史さん:2006/09/25(月) 04:09:06 O
宙賊

99 :世界@名無史さん:2006/09/27(水) 01:13:29 0
私掠船から海軍の誕生。

100 :世界@名無史さん:2006/09/27(水) 02:19:44 0
100ゲット

101 :世界@名無史さん:2006/09/30(土) 23:07:45 0
>>92
カリブの海賊は?

102 :世界@名無史さん:2006/10/21(土) 16:09:02 0
ジュン・ゲバルがこのスレを頂きに上がりました。

103 :世界@名無史さん:2006/11/12(日) 02:29:47 0
一瞬、野衾・山野の歴史に見えた

俺だけじゃあるまい!

104 :世界@名無史さん:2006/11/26(日) 20:54:29 0
徳があれば山賊すら英雄視する情の東洋
どんな義賊でも犯罪者はやはり犯罪者と見る法の西洋

105 :世界@名無史さん:2006/11/26(日) 21:01:51 0
>>103
最近見なくね?

106 :世界@名無史さん:2006/11/26(日) 22:32:19 0
>>104
ロビン・フッドとかウィリアム・テルも犯罪者扱いなん?

107 :世界@名無史さん:2006/11/26(日) 22:39:29 0
山賊が君主になったり皇帝になったりするのが東洋
山賊が君主になったり皇帝になれないのが西洋


108 :世界@名無史さん:2006/12/18(月) 22:03:39 0
中国の賊はその地方すら支配する反政府的な豪族だが、
西洋の賊って徒党組んで村や商隊襲って略奪・強姦するだけじゃね?

109 :世界@名無史さん:2006/12/20(水) 00:37:21 0
人口規模の違いかもね。

110 :世界@名無史さん:2006/12/23(土) 01:34:49 0
リアルで空賊って存在したの?

111 :世界@名無史さん:2006/12/23(土) 01:40:36 0
>>107
西洋は海賊です。

112 :世界@名無史さん:2006/12/23(土) 01:42:40 0
>>107
ノルマン王朝なんて海賊だろ

113 :世界@名無史さん:2006/12/23(土) 01:50:49 0
>>111-112
王侯貴族が海賊行為を行なっていただけであって
海賊が王侯貴族になったわけではない。

114 :世界@名無史さん:2006/12/23(土) 01:50:58 0
>>104
法を守ってない奴に限って情とかいう土人

115 :世界@名無史さん:2006/12/23(土) 01:52:35 0
>>113
そうそう、エクスカリバー抜けない奴はパンピーですから。

116 :世界@名無史さん:2006/12/23(土) 13:28:30 0
>>114
「我々の国民感情も配慮してほしい」と大統領がのたまう国もあったっけな。

117 :世界@名無史さん:2006/12/24(日) 12:59:09 0
ノルマン人=バイキングと信じているところが笑える。

118 :世界@名無史さん:2007/02/13(火) 16:23:43 0
どこの王侯貴族であっても、その始まりは野党の類と大差ないと思うが。

18 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)