2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

世界史上最弱の軍隊を語る

1 :世界@名無史さん:2006/03/10(金) 21:41:18 0
戦争すれば必ず負ける世界最弱の軍隊は?
いつの時代のどこの国の軍隊?

2 :世界@名無史さん:2006/03/10(金) 21:53:49 0
やはりイタリア軍で決まり。

3 :世界@名無史さん:2006/03/10(金) 21:57:02 O
イタリアと朝鮮

4 :世界@名無史さん:2006/03/10(金) 21:57:09 0
アルバニア軍はもっと弱いのでは?

5 :世界@名無史さん:2006/03/10(金) 22:37:15 0
史上もっとも最速で降伏して戦争に負け、ギネスにも載ったザンジバルのスルタン軍で決まり

6 :世界@名無史さん:2006/03/10(金) 22:38:24 0
またヘタリアスレか。

7 :世界@名無史さん:2006/03/10(金) 22:39:45 0
戦場で食うパスタは最高

8 :世界@名無史さん:2006/03/11(土) 02:22:13 0
チョン。

9 :世界@名無史さん:2006/03/11(土) 13:55:01 0
>1
チョンだろ

10 :世界@名無史さん:2006/03/11(土) 13:57:43 0
>3
チョンと一緒にしたらイタリアに失礼だろ!!

11 :世界@名無史さん:2006/03/11(土) 14:28:39 0
日本軍とか言ってアカラサマな釣りをする奴が絶対出てくるに1000ペリカ

12 :世界@名無史さん:2006/03/11(土) 19:43:39 0
チョソごときにライバル心を燃やすとは、さすがヘタリアだな。

13 :世界@名無史さん:2006/03/11(土) 23:27:08 0
>>9チョンって言ったら
罰金1兆円

14 :世界@名無史さん:2006/03/11(土) 23:41:52 0
>13
>8と>10と>12は!?

15 :世界@名無史さん:2006/03/11(土) 23:54:38 0
>8と>10も罰金1兆円
>12はよくみたらチョンじゃなくて
チョソなので、私にもわかりません。

16 :世界@名無史さん:2006/03/12(日) 13:32:03 0
ここでパッと名前が挙がるような有名どころは最弱じゃないと思うぞ

17 :世界@名無史さん:2006/03/12(日) 13:53:33 0
イタリアは本当によく言われるようにヘタレなのだろうか。

18 :世界@名無史さん:2006/03/12(日) 16:49:29 0
第一次大戦中、農繁期に戦線に穴が開いたルーマニア軍もよろしく。

19 :世界@名無史さん:2006/03/12(日) 19:42:29 0
>>17
軍隊としちゃ最弱だけど、個人レベルの戦闘じゃすごいよ
たった2人で、しかも手作り兵器で戦艦沈めちゃうくらいはやるw

20 :世界@名無史さん:2006/03/12(日) 20:30:17 0
大日本帝国陸海軍に決まり。
弱すぎるw

21 :世界@名無史さん:2006/03/12(日) 20:32:32 0
近代兵器で武装してるにも関わらず、エチオピアの部族に負けたヘタリア軍が最弱。
まあ、単に心が優しいだけかもしれないが。

22 :世界@名無史さん:2006/03/12(日) 20:41:04 0
>>21
だからエチオピア軍も近代兵器で武装してたんだってば。
しかも数で優ってるし。

23 :世界@名無史さん:2006/03/12(日) 20:52:04 0
>>21
心が優しかったら、毒ガスなんて使わないだろ。

24 :世界@名無史さん:2006/03/12(日) 20:58:37 0
>>21
中央官庁の公務員のおっさんたちに銃もたせた、「公務員師団」にも負けてますが
ようは素人でも近代兵器さえ持ってればイタリア軍には勝てると・・・

25 :世界@名無史さん:2006/03/12(日) 21:01:39 0
エチオピア帝国軍はテオドロス2世時代に英軍兵士2人も殺してる!
もっと前はユスティニアヌスと組んでメッカ遠征もしたぞ。舐めるな!w

26 :世界@名無史さん:2006/03/12(日) 21:06:33 0
ちなみにエチオピア軍の捕虜になったイタリア兵は去勢されちゃいました。

27 :世界@名無史さん:2006/03/12(日) 21:23:52 0
>>6の予想どおりヘタリアスレとなりますた

28 :世界@名無史さん:2006/03/12(日) 21:25:32 0
ベトナム軍にジャングルゲリラ戦苦しめられた・・まではいい
首都まで一時陥落させられた米軍はどーなんのよ?
フィンランドにやられたロシア軍もそー

格闘技もそーだが事前にカード発表で勝敗決められた敗者は燃えるよな
逆に言えば今度はイタリア最強の予感

29 :世界@名無史さん:2006/03/12(日) 21:33:54 0
米軍

30 :世界@名無史さん:2006/03/13(月) 01:31:16 0
キムチ軍と日本軍はどっちが強いの?

31 :世界@名無史さん:2006/03/13(月) 01:38:49 0
WW1でのポルトガル軍のヘタレぶりも相当のもの。

32 :世界@名無史さん:2006/03/13(月) 03:06:22 0
>>28
アメリカ軍は強い敵には強く
弱い敵には、なんかしらんが途方もなく弱い

当人もそれは自覚しているらしく
最近は戦争するたびに「相手は強力で邪悪で地上最悪で悪魔で」と強調しまくる

33 :世界@名無史さん:2006/03/13(月) 03:08:27 0
>>32
あーなるほどな。
相手が強くないと燃えないのか。
それじゃ日本軍ももっとヘコヘコしてりゃ良かったな。

34 :世界@名無史さん:2006/03/13(月) 08:32:36 0
>>28
首都まで一時陥落させられたって、テト攻勢のこと?

ありゃ、完全な奇襲だったにもかかわらず、アメリカ軍の返り討ちにあい、
軍事的にはヴェトナム軍のボロ負けだったんだが。

ただ、アメリカの世論を含む、国際世論を敵に回してしまう結果になっただけ。

35 :世界@名無史さん:2006/03/13(月) 08:53:04 0
>>32
あと、自分たちが負けた相手を賛美し、
勝った相手をも賛美する傾向がある。


「こんなに邪悪で非道な奴らだった。だからわれわれは苦戦した」
「こんなにもタフで強い相手だった。そんな奴らに我々は勝った」

前者がベトコン、後者がたとえば硫黄島。



36 :世界@名無史さん:2006/03/13(月) 12:14:54 0
>>30
警察予備隊と保安隊は、韓国軍(→今は軍警察が侵屯中)に竹島取られたへたれ。
つまり世界史上最弱軍隊は、昭和20年代日本の警察予備隊と保安隊ということにorz

>>32
アメリカは、日本に「だけ」強い。
ただ、第二次大戦は朝鮮が日本に憑いていた為、
次にやる時は朝鮮がアメリカに尽いてたら日本が勝つかもしれん。

37 :世界@名無史さん:2006/03/13(月) 12:21:49 0
警察予備隊も保安隊も
名前が示すとおり、国内での共産ゲリラ蜂起に対する
治安組織みたいなものだし。

38 :世界@名無史さん:2006/03/13(月) 13:05:31 0
米軍が日本軍相手に強かったのは、
国内が挙国一致で戦時体制をとり、好き勝手戦えたからだろ。
無差別爆撃とか原爆投下とかやりたい放題だった。
国際社会の目や国内の反戦世論を気にしだした頃から弱くなる。
ベトナムしかり、イラク戦争しかり。

39 :世界@名無史さん:2006/03/13(月) 13:33:47 0
宋王朝の軍隊は弱小、これ有名。

40 :世界@名無史さん:2006/03/13(月) 14:03:50 0
自衛隊がヘタレというより日本国憲法がヘタレ、日本国政府がヘタレ
どんなに装備を整え、訓練しても政府も議会もヘタレじゃだめだわ

41 :世界@名無史さん:2006/03/13(月) 18:28:30 0
>>39
官軍は歴代中華王朝の中でも最弱だけど
岳飛や韓世忠ら優秀な義勇軍は中々強い。
でも中央政府からしたら厄介な軍閥だけど。

42 :世界@名無史さん:2006/03/14(火) 23:06:47 0
最弱かどうかはわからんが、ラテン系の国は弱い。

43 :世界@名無史さん:2006/03/15(水) 00:37:14 0
イタリア軍は最強

44 :世界@名無史さん:2006/03/15(水) 13:40:38 0
イタリア軍の小隊は最強

45 :世界@名無史さん:2006/03/15(水) 14:54:27 0
イタリア軍兵士の母ちゃんは最強

46 :世界@名無史さん:2006/03/25(土) 05:44:52 0
  ∩∩      ヘ タ リ ア 軍 参 上 !       V∩
  (7ヌ)                              (/ /
 / /                 ∧_∧            ||
/ /  ∧_∧     ∧_∧  _(´∀` )   ∧_∧   ||
\ \( ´∀`)―--( ´∀` ) ̄      ⌒ヽ(´∀` ) //
  \       /⌒   ⌒ ̄ヽ、雑魚 /~⌒    ⌒ /
   |      |ー、      / ̄|    //`i ゴミ  /
    | 弱虫 | |腰抜け / (ミ   ミ)  |    |
   |    | |     | /      \ |    |
   |    |  )    /   /\   \|       ヽ
   /   ノ | /  ヽ ヽ、_/)  (\    ) ゝ  |
   |  |  | /   /|   / レ   \`ー ' |  |  /


47 :世界@名無史さん:2006/03/25(土) 06:25:05 0
2ちゃんねらーで軍隊を組織したら、確実に世界最弱の座をイタリアから奪取できるはず

48 :世界@名無史さん:2006/03/25(土) 09:52:51 0
コミケ参加者で軍隊を組織したほうが最弱

三分の二は匍匐前進すら出来まい、腹の肉が邪魔でw

49 :世界@名無史さん:2006/03/25(土) 12:22:26 0
バチカン市国のスイス護衛兵

50 :世界@名無史さん:2006/03/25(土) 13:11:44 0
>>49
それが弱いと考えているなら、歴史を知らないヴァカモノだな。

51 :世界@名無史さん:2006/03/25(土) 14:34:34 0
>>48
弱いだろうけど民兵はダメじゃない。
ちゃんとした国家の軍隊じゃないと。

52 :世界@名無史さん:2006/03/25(土) 16:08:48 O
>>48
七三一部隊もびっくりする部隊になるよWWW

53 :世界@名無史さん:2006/03/25(土) 16:16:05 0
>>48
アホか。コミケ参加者の軍隊の粘り強さはおそらく日本一だろうな。
彼らは日頃から様々な侮辱と蔑みに耐え忍んでるから、どんな
過酷な環境でも根を上げる事はない。

「常在苦界」
これがオタたちの人生だ。数々の精神的屈辱を乗り越えてきた彼らは
凡人とは心構えとその覚悟が違う。


54 :世界@名無史さん:2006/03/25(土) 16:20:07 0
「常在屈辱」

コミケ・オタ軍は日本一

55 :世界@名無史さん:2006/03/25(土) 21:18:56 0
>>48
コミケ参加者部隊だったら、あいつら身体から強烈な毒ガスを発するぞ。それこそ731部隊並み。
南京大虐殺ならぬ、有明大腐海だ(w

56 :世界@名無史さん:2006/03/26(日) 08:12:51 0
>>54
「常在屈辱」

2chネラー軍は、コミケ・オタ軍に秘策「妹萌え」の作戦を実行した。
コミケ・オタ軍の兵力は半減したが、残りの半分は日頃の妹からの仕打ちを思い出し
逆上してバーサーク状態になった。

57 :世界@名無史さん:2006/03/26(日) 08:15:51 0
豊臣秀吉に短期間で領土の大半を奪われ、
続いて後金(後の清)にも同じような被害を受けて属国になった朝鮮軍は弱い。
って、あそこ近代以降負けっ放し。
アメリカの足を引っ張ってベトナムにも負けたのは凄い。

58 :世界@名無史さん:2006/03/26(日) 08:24:04 0
>>57
でも弱いもの(非戦闘員)イジメなら世界最強w

59 :世界@名無史さん:2006/03/29(水) 17:31:33 0
>>57

「組むと負ける半島」

という、イタリアのライバルです。

60 :世界@名無史さん:2006/03/29(水) 17:44:19 0
イタリアをなめてはいけない、やつらは食事が不味いと反乱を起こし、
戦場にプロの専属シェフを連れて行く漢たちだ。しかも戦闘から逃亡した兵士たちの
エピソードにこんなものがある。
とある部隊での話しらしいのだが
隊長「俺が本気で闘うのは惚れた女を守るときだけだ。じゃあな」といって逃げ。これに隊員が

隊員「隊長!待って下さい!」

隊長「何だ?」

隊員一同「我々にお供させてください!」

あの半島よりだいぶ素敵だろう?


61 :世界@名無史さん:2006/03/29(水) 22:34:35 0
チョソと較べて自らを慰めるヘタリア(笑)

62 :世界@名無史さん:2006/03/29(水) 22:38:57 0
姦国人並みのヘタリア乞食

日独伊三国同盟を締結した記念にイタリア海軍が日本を表敬訪問したことがある。
日本海軍は水交社で連日歓迎パーティーを開催したときの実話。
1)山本五十六の煙草入れから葉巻きが一本残らず盗まれた。(盗んだのは
  イタリアの海軍士官)
2)二日目には煙草入れ自体が盗まれた。(盗んだのはイタリアの海軍士官)
3)しかもその煙草入れは恩賜品で山本五十六自慢の逸品だった。
山本五十六は「こんな泥棒どもと一緒に闘うのか、なんと情けないことよ」と
男泣きに泣いたそうだ。

その後も水交社では、イタリア人が来ると必ず灰皿やコーヒーカップが無くなるので、
イタリア人が来るときだけ粗末な物にすげ変えていた。


63 :世界@名無史さん:2006/03/29(水) 23:04:49 O
イタリアの師団以下は往生際の悪さは旧軍並みだぞ。砂漠で英軍に包囲されて独逸軍は降伏したがその師団は爆弾や地雷抱えて万歳突撃かけたりしたせいで英軍は褒めたたえたそうだ。
イタリアは小さい構成単位程強くなる。

64 :世界@名無史さん:2006/03/30(木) 02:15:24 0
イタリア人は根は勇敢な連中だと思うぞ。ただ当時は(今もか)寄せ集めの国で
国家意識が形成できず、国の為に勇敢に戦うという概念が出来なかったから
弱かったのだと思う。

65 :世界@名無史さん:2006/03/30(木) 02:32:31 0
イタリア人は北と南で全く民族性が違う
北イタリア、特にピエモンテあたりのイタリア人は十分戦えるしちゃんと働くよ
ヤヴァイのはギリシア系の南イタリア人。これはマジヤバイ

ギリシアといえばビザンツ帝国も弱兵で有名だね。ベリサリウスは例外だけど
近代ギリシア王国もかなりのDQN国家だったし、あの辺が震源地なんじゃないの?




66 :世界@名無史さん:2006/03/30(木) 02:37:24 0
>>65
「旅人よ、行きて伝えよ、ラケダイモンの人々に。
我等かの言葉に従いてここに伏すと」


って、あそこはもう違う民族に入れ替わってんのかな・・・。

67 :世界@名無史さん:2006/03/30(木) 03:06:37 0
どうだろ。スパルタは確かにガチで強かったけど、ローマ帝国の時代には
早くもヘタレ始めてたみたいだし

あんま関係のない話なんだけど、ヨーロッパ人は国によって歩くスピードが早かったり
遅かったりするらしい。一般に、北に行くほど早くって、イギリスだかオランダだかが一番早かった
で、ヨーロッパでどこが一番遅いかって言うと、ギリシアの田舎なんだとさ。この辺の言葉は
ヨーロッパで一番悠長な言葉でもあるそうな。日本の松山みたいなもんか

68 :世界@名無史さん:2006/03/30(木) 03:43:12 0
しかしテルモピュライでペルシャ軍と戦ったスパルタ兵はガチ

69 :世界@名無史さん:2006/03/30(木) 03:52:12 0
1人のイタリア男は勇敢なローマの末裔
11人のイタリア男は無敵のサッカーチーム
100人のイタリア男は女たらしの集団
1000人のイタリア男はママンの手料理を待ちわびるだけの存在
10000人のイタリア男は戦う前から敗残兵

70 :世界@名無史さん:2006/03/30(木) 09:06:35 0
>>65
今のギリシア人は実は「ギリシア語を話すスラブ人」
古代ギリシア人はペストの大流行でほとんど死滅しますた




71 :世界@名無史さん:2006/03/30(木) 10:55:13 0
オーストリア帝国(っつーかハプスブルク帝国末期)って
イタリアにガチで負けてなかったっけ?

72 :世界@名無史さん:2006/03/30(木) 15:46:51 0
>>60

>やつらは食事が不味いと反乱を起こし、


「唐辛子の配給をしないと怒って暴れるから、忘れないように」

そういう飼育ルールをどこかで見た気が・・・

73 :イタリアの輝かしい歴史:2006/03/30(木) 20:49:37 0
1866年6月     20万のイタリア軍は、アルプレヒト大公率いるオーストリア軍7万5千にクストッツァで大敗   
1866年7月     リッサ沖の海戦で、戦力は5割ほど有利だったにもかかわらず、ボロ負けで10倍の人的損害を負う
1896年3月     エチオピアのアッパ=ガリマで大敗。エチオピア軍戦死者1000人に対し、イタリア軍は5000人
1917年10〜11月 カポレットでドイツ・オーストリア連合軍に大敗。3週間で150kmを敗走。
            独墺軍の死傷者2万3千に対し、イタリア軍は死者1万、負傷者2万、捕虜29万3千、脱走者30万。
1918年10〜11月 休戦交渉中にピアブ川で攻勢に出るがまったく歯が立たない。
            11月4日『休戦発効後』オーストリア軍を攻撃して30万の捕虜を獲得。
1935年10月    進行当初はエチオピア軍の後退戦術もあり順調に進んだが、アジスアベバから進軍したラム・イムルの軍に
           包囲され、デンベグイナ峠を守る黒シャツ党員は殆どの火砲と戦車を失って潰走、マカレの補給基地まで
           押し戻され、イタリア軍右翼は総崩れ、左翼の補給基地を脅かされ、指揮官であるバドリオは全滅の恐怖に
           襲われていた。
           ここでイタリア軍は毒ガスを使用し形勢を逆転。以降戦闘終了まで毒ガスを使用し続ける。
1937年3月    グアダラハラよりマドリードを目指してイタリア軍4個師団が進軍するが、多数の投降者を出しグアダラハラより敗走
1940年6月    イタリアが英仏に宣戦布告する。単にヒトラーの戦果に嫉妬して無計画に参戦したため、戦争に必要な物資の
           備蓄もほとんどなく、イタリア船籍の船舶も世界中に散らばっており、戦争開始間もないうちにほとんどが
           拿捕されてしまう。
           また何の作戦計画も考えていなかったので、自分から宣戦したにもかかわらず、10日間ほどは何の軍事行動も
           取れなかった。


74 :イタリアの輝かしい歴史:2006/03/30(木) 20:53:04 0
1940年6月    ドイツ軍に蹂躙され降伏寸前のフランスに侵攻するも、フランス軍の反撃を受け崩壊寸前、フランスの降伏が
           もう少し遅ければ、イタリア領内に侵攻されるところだった。
1940年10月   イタリア軍21個師団はギリシアに侵攻するが、ギリシア軍13個師団に反撃されアルバニアに押し戻され崩壊寸前。
           ギリシアは親独的中立を保っていたが、これで連合国側に立つことになる。
1940年12月   エジプトに侵攻したイタリア軍7個師団は、イギリス軍2個師団の反撃を受け敗走。13万人が捕虜となり、キレナイカを
           失う。

           イタリアのバルカンと北アフリカの失態を救援するため、ドイツはバルカンを制圧しアフリカ軍団を派遣する。
           バルカン制圧のためにバルバロッサ作戦が1ヶ月遅れ、北アフリカ作戦のため7000台のトラックが派遣された
           (東部戦線全体でも1万4000台しかなかった)。このことが東部戦線に大きく影響することになる。

1940年10月   イギリス海軍の旧式複葉機ソードフィッシュ21機は、タラント湾のイタリア艦隊を攻撃。
           戦艦コンテ・ディ・カブールは大破着底、戦艦リットリオ、カイオ・デュリオ中破。イギリスの損害は2機のみ。
1941年3月    マタパン岬沖でイタリア・イギリス艦隊が戦闘。イタリアは重巡3隻を失うが、イギリスの損害は皆無。
1942年12月   ドン河畔でイタリア第8軍がソ連軍の攻撃をうけ、即座にすべての兵器を放棄して遁走する。
          11月に同じように攻撃を受けた装備劣悪なルーマニア軍は、数日間は善戦して持ち堪えた。また、10月にソ連軍が
          終結しているのを見てこちらから先制攻撃をかけることを提案したが補給上の問題でドイツ軍から拒否されている。
          イタリア軍からそのような建設的な意見が出されることはなかった。

75 :世界@名無史さん:2006/03/30(木) 21:33:45 0
            __,.  -─-- 、_
        , - ' _,´ --──‐-   )
      ,イ´__-___,. -‐ '__,. - '´
      `ー----, - ' ´ ̄ ``  、__
         __,ィ            ヽ. `ヽ.
      ,  '⌒Y  /     、ヽ    ヽ  ヽ.
     /    /  i   /l/|_ハ li  l i   li   ハ
.    // 〃 /l  i|j_,.//‐'/  lTト l、l   j N i |
   {イ  l  / l  li //___    リ_lノ lル' lハ. ソ
    i| /レ/l l  l v'´ ̄  , ´ ̄`イ  !| ll,ハ
    ハ| ll∧ハヽ ト、 '''' r==┐ '''' /l jハ| ll ll
   〃  ‖ レ'¨´ヽiへ. _ 、__,ノ ,.イ/|/ ノ ll l|
  ll    ll {   ⌒ヽ_/ } ー‐<.__  ′  l| ‖
  ‖    ‖ ヽ,   /、 〈   |:::::::| `ヽ      ‖
  ‖       {.  ハ ヽ Y`‐┴、::::v  l      ‖<ヘタリア人劇弱プギャー
  ‖      |iヽ{ ヽ_ゾノ‐一’::::ヽ. |      ‖
  ‖      |i:::::`¨´-- :::......:...:.:.::.}|     ‖
  ‖      |i::::::ヽ._:::_:::::::::::::::::::_ノ |     ‖
  ‖      |i::::::::::::i___:::::::::::/  |
           jj::::::::r┴-- `ー‐ '⌒ |
         〃:::::::マ二      _,ノ
       //::::::::::::i ー 一 '´ ̄::.
       ,','::::::::::::::i::::::::::::::::::::::i::::::ヽ


76 :世界@名無史さん:2006/03/30(木) 22:21:00 0
>>71,73
1859年6月 フランスの援助を受けたサルディニア軍(7万)、ソルフェリーノで
オーストリア軍22万を破る。ちなみにフランスの援軍は13万。

サルディニアは1861年以降イタリア王国になるから、オーストリアがイタリアに
負けたのは確か…と言いたいところだけれど、人数を見たら、実質フランス軍
だよなあw

77 :世界@名無史さん:2006/03/31(金) 20:56:41 0
                   _ ......... __
               ,.ィ"/,. ィ'":.:.:.:\:.:`丶、
             / / ,:":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.\
            / ./ /:.:./:.:.:.:.:.:.:.|:.:ト;.:.:l:.:.:.:.:.ヽヽ
          /  / /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/:.:| ',:.:ト、:.:.!:.:.l:.', <いいぞ ベイベー、ですぅ
         く   ,'  l:.:.:.:l:.:.:./:.:.://_/ .l:/ー-ヽ:.:| ',| 弱いのはヘタリア人ですぅ
           ヽ、.」  l:.:.:.:.l:.:.l_:/フ ' /' 、,,,,,.ノ:./ ′ 弱くてどうしようもねーのはよく訓練されたヘタリア人ですぅ
             /:.:.{  !:.:.:.:.Vr   ,,ィ ′  ///イ}
            /:.:.:.:{   ヘ:.:.:.:\=''"//   _   ハ!
           /:.:.:.:.:.{   ,イ_ヽT rr‐',  <ノ  , ' } ホント薔薇乙女は地獄ですぅフゥハハハーハァー
          /:.:.:.:.:.:..{ r-,.‐-.、>、ヽヽヽ ..__/   }
         /:.:.:.:.:.:.:.:{ </: : : : :ヽ} ヽ、  ,ヽ,‐;.:.::{   }_          ri
        /:.:.:.:.:.:.::.:.{ {l: : : : : :.:.!{,〃゙Yニ .r‐─ヽ_|__二二――─---.r| |
.      , ':.:.:.:/:.:.:.:{ /:|:.: : : : : :ヾ,ヽ='ィ、ニ|`゙゙゙''―ll_____二二二二│`""""""""""""|二;;二二;;二二二i≡二三三l
    , ':.:.:./:.:.:.:.,イ/:.:.|:.:.',: : /: : : \/ ! ヽ   _|_M60如雨露  _"l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |二;;二二;;二=''''''''''' ̄ノ
.  , ':.:.:/:.:.:.:.:./ /:.:.:.:!:.:.:.∨: :_:_: : / l   'j_/ヽヽ, ̄ ,,/"''''''''''''⊃r‐l'二二二T ̄ ̄ ̄  [i゙''''''''''''''''"゙゙゙ ̄`"
 , ':.:./:.:.:.:.:.:./ ./:.:.:.:.:.!:.:.:/: :/r =7     ,'.フ: :ヽl   }Y フ   `゙,j" |  | |
,.':.:/:.:.:.:.:.:.:/ /:.:.:.:/ハ:/:.:.:.イ7/〈:、     !'.):.:. : : `ヽ/'、ヽ二-フ   |  | |
/:.:.:.:.:.:.:., '  /:.:./:./:./:.:.:.:/://:.:.:ヽ:\   |ヘ:r,.-.、、/  ゙ーァ'´


78 :世界@名無史さん:2006/03/31(金) 21:23:57 0
       |            `ヽ、      _ .. -―===‐-  .._     、ミ川川川彡
        |              \  , ≠-―――- .._    \  -ミ    ヘ 彡
       , -┴==――-  .. _        〉'´       、   `ヽ     ヽ三   ギ  タ  三
.    //´             、 、 /   、 \     \    ヽ.  三.  ャ  リ  三
    { /   , -‐ァ===‐- .._   ヽ ∨  / 、\ \    \    ヽ 三   グ  ア  三
    \/  /   /, {     `ヽ  !   /  }ヽ. ヽ、 ヽ、__ ..二、    三.   で  は   三
     , '   , '    // ハ   |  ト、 |l   {  /二ヽ `¨¬x=-ミ_‐┐  三   負  ひ  三
   /   /_, / //∠=ヽ、 }   lハlハ   イィ::f_} \  ´ vイ} ´ /}   三    け  ょ  三
    l / { ,ィf´ ノノ 7f_j`ゞV   } |__ハ  {` ゙ー'   `   ̄  ノ,′ /三.   て   っ  三
   j∧ 「{kツ     ゙ー'  /   ,′厂´ \ ヽ、  `      u   /   イ 三   る  と  三
      ヽ{   `    u. ノ   / /    {{爪    -:‐   ー=彡イ /  三  の   し  三
       八   ´`     ー=イ  fl /      {  \      ..:::::::::〈 /   三   か  て  三
      ハ\     ...::::::|  jハ{     { + \__..:::::::::::::::::∨ ┼ 三  !?    三
        \{` ー‐、.:::::::::::| /         { + } / ∧:::::,. -‐/    〃彡      ミ
           `    」::::::/j /\       /{ + } ≠x 〉´  / + 〃r 彡川川川ミ
          /x=く  ´ _f〜、      / /Y´‐}  〃}}、 /´ ̄ Y 〃 ノ ハ \ \
         f^ア 〃ノハ ヽ  ノメ〜ヽ   / / { ニ} {{ 〃}} {二  | 〃f´ /  }  ヽ


79 :世界@名無史さん:2006/03/32(土) 00:05:31 0
                   _ _     .'  , .. ∧_∧
          ∧  _ - ― = ̄  ̄`:, .∴ '     ( 伊 )
         , -'' ̄    __――=', ・,‘ r⌒>  _/ /
        /日 -―  ̄ ̄   ̄"'" .   ’ | y'⌒  ⌒i
       /   ノ                 |  /  ノ |
      /  , イ )                 , ー'  /´ヾ_ノ
      /   _, \               / ,  ノ
      |  / \  `、            / / /
      j  /  ヽ  |           / / ,'
    / ノ   {  |          /  /|  |
   / /     | (_         !、_/ /   〉
  `、_〉      ー‐‐`            |_/

また足引っ張てんじゃねーよ


80 :世界@名無史さん:2006/03/32(土) 00:07:00 0
         ∧_∧
        _( ´_ゝ`)
      /      )           _  _
     / ,イ 独  ノ/    ∧ ∧―= ̄ `ヽ, _
    / / |   ( 〈 ∵. ・(   〈__ >伊゛ 、_―
   | !  ヽ  ー=- ̄ ̄=_、  (/ , ´ノ
   | |   `iー__=―_ ;, / / /
    !、リ  -=_二__ ̄_=;, / / ,'
        /  /       /  /|  |
       /  /       !、_/ /   〉
     / _/             |_/
     ヽ、_ヽ
いい加減にしろ、このヘタレが


81 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 01:48:48 0
北アフリカ戦線で、ロンメルがイタリア軍の塹壕を訪れた。
と、そのとき、連合軍の砲撃が始まった。
イタリア軍の兵士は「おおマリア様!」と言って地面にひれ伏した。
ロンメルはイタリア軍の指揮官にこう言った。
「お祈りを止めさせて、反撃させなさい。言うことはそれだけです。」


82 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 02:25:44 0
        {:::.:::.:::>.::´ ̄ヽ、 ,. -一 ヽ_
    ,. -┘.:::.:/:.:::.:::.:::.:::ノ::.Y:;___.:.:./.:.:.:.:.ヽ
   (.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:;:、;:;∠二:.ヽ`ヽ.:.:.:.:.:.:.:、
    ):.:::.:::.:::.:::.:::.; '´ //〈.:.:.:.:\ \.:.:.:.:.:.:.::ヽ-へ
  r''".:::.:::.:::.:::.:::/ / / / ハ `ー‐┐\ ヽ:.:.:.:.:.:.:ノ=ニ):\
  { ::.:::.:::.:::.:::.; ′  /      |   {_:.:.:.ヽ ヽ:.:.:.(二`V/^):、
    ̄つ.:::.::/   / ,′    |    |  ̄ヽハ. i.:.:.:.:.`i!ヽ.!_/:./
   (:.:::.:::.::!l!  l  i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ
    `7:.::|l|  | ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |
      ヽ|H  | | l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |
       |l!ヽ. 代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !
        |  l N.--ミ ヽ/ソ _レ'´ lメ // |/  | |   |
        |  ! |l,ィ^h.、    ´ ̄ ヽ 1  |     | |   |
       | !( { { | | ' _, """ ノ!|   |    | |   |
      !.| |_\  ヽ、    _,. <._| !  |ヽ.   | |   |  プッ、ヘタリア
         !/〈.:.:.Y_>、 }、 ̄´;:;:;:;:;:;://|  |:.:.::',  l l   |
       ム-レく.:.:.:_}ノ:@;:ニ、;:;:;//;:;! 、|:.:.:.:.:L_ ! !  |
     _,.∠=ニ〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニ  V;〈〈_;/| ヽ:.:.:.:.:.:L_l !  |
    `ーニ二_‐ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:(゙こ  /'^ヘ V:.:\ \:.:.:.:.:{! |   !
     <:.:.:. ̄} .:.:.:.:.:.:.:`} ノ:.:..:.ハ V:.:_>- ヽ.:.:.:.} |   i
      |_>'7.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Y.:.:.:.:.:.:.:.::.:>'"  /:.:r‐'´〉、  i


83 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 07:58:52 O
お前等北魏を忘れているだろう

84 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 16:14:38 0
              ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
             /": : : : : : : : \
           /-─-,,,_: : : : : : : : :\
          /     '''-,,,: : : : : : : :i
          /、      /: : : : : : : : i     ________
         r-、 ,,,,,,,,,,、 /: : : : : : : : : :i    /
         L_, ,   、 \: : : : : : : : :i   / 戦ったら
         /●) (●>   |: :__,=-、: / <   負けかなと思ってる  
        l イ  '-     |:/ tbノノ    \    
        l ,`-=-'\     `l ι';/      \  イタリア人
        ヽトェ-ェェ-:)     -r'          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ヾ=-'     / /  
     ____ヽ::::...   / ::::|
  / ̄ ::::::::::::::l `──''''   :::|


85 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 16:29:09 0
みんな、イタリアばかり虐めているがよ、おフランスも、
ジャンヌダルクとナポレオンの時除いて弱いぞ。

数だけは多いくせして(人口が欧州最大だから)ほとんど
まともに勝ったことねえ。

ベトナムじゃアメリカと違ってまじの会戦に大敗くらって
るしな。

86 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 16:40:41 0
>>85
> ベトナムじゃアメリカと違ってまじの会戦に大敗くらって
> るしな。
ベトナムが強すぎるだけ。アメリカ、フランス、中共に勝ってるんだから。
それと、会戦じゃなく、ディエンビエンフーは陣地戦な。

87 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 16:45:42 0
念のために書いとくと、会戦が1対1の同等戦とすると、
一般的に陣地戦は守るほうが3倍くらい有利とされてる。
フランスはディエンビエンフーに防御陣地を構築して敵
を誘い込んで殲滅するつもりだったのに、負けてしまっ
た。

88 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 16:51:10 0
>>86
ま、ゲリラ戦最強はベトナム軍だな。

唐、宋、元、明、清、仏、米をゲリラ戦
中心に倒しているからね。中共相手の時は
まともな戦いで押し返しているし。

元軍とかまじで全滅してんだよな。

日本軍と戦い方が違うのが面白いね。日本の
場合は真正面からの戦いが特長だが、ベトナム
は一度首都を明け渡すなど相手を引き込んで
おいてから得意のゲリラ戦で補給路を寸断
し、相手をある地点に追い込んだ上で包囲
殲滅というのがパターンだね。

89 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 17:00:34 0
WW1のマルヌは快勝だつたじやないか

90 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 17:06:13 0
>>89
快勝譜があるだけやはりイタリアよりましか。

イタリアの快勝ってないよなw

91 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 17:14:34 0
>>85
つナポレオン

92 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 17:34:08 0
イタリアが凄いのはただ弱いだけではなく同盟国まで弱体化させるところ。
現代最強のアメリカだってソマリアではイタリアに足を引っ張られ続けたせいで
撤退に追い込まれたし。

93 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 17:38:06 0
>>92
朝鮮とそっくりだな。さすが半島国家w

94 :世界@名無史さん:2006/04/03(月) 00:30:00 0
      ∧_∧          _ _     .'  , .. . ∧_∧
     (  ´_ゝ`)   _ .- ― .= ̄  ̄`:, .∴ '     (     )
    /     '' ̄      __――=', ・,‘ r⌒> _/ /
   / /\ 希 / ̄\-―  ̄ ̄   ̄"'" .   ’ | y'⌒伊 ⌒i
 _| ̄ ̄ \ /  ヽ \_              |  /  ノ |
 \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \__)              , ー'  /´ヾ_ノ
  ||\            \          / ,  ノ
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄          / / /
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||          / / ,'
  ||  ||           ||       /  /|  |
                       !、_/ /   〉


95 :世界@名無史さん:2006/04/03(月) 18:09:40 0

      ∧_∧          _ _     .'  , .. . ∧_∧
     (  ´_ゝ`)   _ .- ― .= ̄  ̄`:, .∴ '     (     )
    /     '' ̄      __――=', ・,‘ r⌒> _/ /
   / /\ 伊 / ̄\-―  ̄ ̄   ̄"'" .   ’ | y'⌒アル⌒i
 _| ̄ ̄ \ /  ヽ \_              |  /バノ |
 \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \__)              , ー'  /´ヾ_ノ
  ||\            \          / ,  ノ
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄          / / /
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||          / / ,'
  ||  ||           ||       /  /|  |
                       !、_/ /   〉
イタリアの「保護国」にされた
アルバニアって・・・・
世の中下には下がある

96 :世界@名無史さん:2006/04/03(月) 18:17:10 0
>>92
ソマリアの土民どもにアメリカ軍が襲われて、ヘタリア軍が襲われなかったのは
ヘタリア軍の装甲車には90ミリ砲が装備されていて素人目にはいかにも強そうだったからだとか
世の中にはヘタリア的虚勢が通用するやつらもいるらしいw

97 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/04/03(月) 19:14:20 0
>>95
イタリアとアルバニアなら、イタリアが負けるのが難しいという気がするのですが。
>>73-74に見えるイタリアの戦果の方がおかしい。

98 :世界@名無史さん:2006/04/03(月) 19:32:29 0
主要国で順位づけしてみよう。核は抜きで。

海戦
1アメリカ
2日本
3イギリス
4ドイツ
5ロシア
6フランス
7中国
8イタリア

陸戦
1ロシア
2ドイツ
3アメリカ
4日本
5中国
6イギリス
7フランス
8イタリア

99 :世界@名無史さん:2006/04/03(月) 21:48:13 0
世界最強は  造船軍・・弱い軍隊にはとことん強い(非道の限りをつくします)
世界最弱は  造船軍・・強い軍隊にはとことん弱い(戦うどころか事大してしまう)




100 :世界@名無史さん:2006/04/05(水) 02:16:12 0
ヘタリア健在!
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20060404i315.htm?from=main3

101 :世界@名無史さん:2006/04/05(水) 13:35:41 0
>>100
意味不明

102 :世界@名無史さん:2006/04/05(水) 23:31:48 0
    へ   し!     _  -── ‐-   、  , -─-、 -‐─_ノ
毒   タ    // ̄> ´  ̄    ̄  `ヽ  Y  ,  ´     )  へ え
ガ 土 リ    L_ /                /        ヽ  タ  |
ス 人 ア    / '                '           i  リ マ
使 ま が    /                 /           く ア ジ
っ で 勝    l           ,ィ/!    /    /l/!,l     /厶,
て だ て   i   ,.lrH‐|'|     /‐!-Lハ_  l    /-!'|/l   /`'メ、_iヽ
だ よ る   l  | |_|_|_|/|    / /__!__ |/!トi   i/-- 、 レ!/   / ,-- レ、⌒Y⌒ヽ
け ね の   _ゝ|/'/⌒ヽ ヽト、|/ '/ ̄`ヾ 、ヽト、N'/⌒ヾ      ,イ ̄`ヾ,ノ!
ど  l は  「  l ′ 「1       /てヽ′| | |  「L!     ' i'ひ}   リ
        ヽ  | ヽ__U,      、ヽ シノ ノ! ! |ヽ_、ソ,      ヾシ _ノ _ノ
-┐    ,√   !            ̄   リ l   !  ̄        ̄   7/
  レ'⌒ヽ/ !    |   〈       _人__人ノ_  i  く            //!
人_,、ノL_,iノ!  /! ヽ   r─‐- 、   「      L_ヽ   r─‐- 、   u  ノ/
      /  / lト、 \ ヽ, -‐┤  ノ  ヨ    了\  ヽ, -‐┤     //
ハ キ  {  /   ヽ,ト、ヽ/!`hノ  )  ワ    |/! 「ヽ, `ー /)   _ ‐'
ハ ャ   ヽ/   r-、‐' // / |-‐ く    |     > / / `'//-‐、    /
ハ ハ    > /\\// / /ヽ_  !   イ    (  / / //  / `ァ-‐ '
ハ ハ   / /!   ヽ    レ'/ ノ        >  ' ∠  -‐  ̄ノヽ   /
       {  i l    !    /  フ       /     -‐ / ̄/〉 〈 \ /!



103 :世界@名無史さん:2006/04/05(水) 23:39:41 0
       .\          弱いと言えば?         / ナンダココハ    コワイモナー     ヒイィィィッ
         \                         /  Λ_Λ    Λ_Λ      ∧_∧
ヘタリア      .\         ∧_∧ ∩イタ公です /  ( ;・∀・)   (; ´Д`)    (´Д`; )
 負けたって…   \       ( ・∀・)ノ______  /  ⊂   ⊂ )   ( つ ⊂ )    ( ⊃   ⊃
          ∧ ∧ \     (入   ⌒\つ  /|. /     〉 〉\\  〉 〉 く く   //( (
         (゚Д゚ )__ \     ヾヽ  /\⌒)/  |/    (__) (_) (__)(_.)  (_) (__)
     / ̄ ̄∪ ∪ /|  .\   || ⌒| ̄ ̄ ̄|   /          『犯罪国家・イタリア』
   /∧_∧ またですか・・・.\     ∧∧∧∧ /
  / (;´∀` )_/        \   < へ     >統計によるとイタリア人の半分以上は盗みを悪いことと考えて
 || ̄(     つ ||/          \ < タ  ま >   いない。
 || (_○___)  ||             < リ    >ひったくりは2年連続、自動車盗は19年連続で全国最多
―――――――――――――――― < ア  た >――――――――――――――――――――――――――


104 :世界@名無史さん:2006/04/05(水) 23:40:25 0
                        < か     >
                        < ! !     >    Λ_Λプッ Λ_Λ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ∧_∧             ∨∨∨∨\   ( ´∀`)  (´∀` )< イタ公必死だねぇ(藁
         ( ;´∀`)また負けてる…  /        \ (    )__(    )  \________
    _____(つ_ と)___        ./   ∧_∧ イ\Λ_Λ   Λ_Λ  ̄ ̄ ̄/.//|
 . / \        ___ \アヒャ   /γ(⌒)・∀・ ) タ  .\   ;) (     ;)   / ┃| |
 .<\※ \____.|i\___ヽ.アヒャ  ./(YYて)ノ   ノ 公    \↑ ̄ ̄↑\)_/    .|__|/
  ヽ\ ※ ※ ※|i i|.====B|i.ヽ   / \  ̄ ̄ ̄ ̄\め      \イタ公 | | ┃
    \`ー──-.|\.|___|__◎_|_.i‐> / ||ヽ|| ̄ ̄ ̄ ̄|| ! !        \   .|_)
      ̄ ̄ ̄ ̄|. | ̄ ̄ ̄ ̄|  /    || ̄ ̄ ̄ ̄||            \
           \|みかん箱.| /


105 :世界@名無史さん:2006/04/06(木) 09:38:13 0
いいんだよ、軍隊が弱くたって、いまどきマジで戦争なんかやらないし
イタリアはサッカーが強くて、美人が多くて、ワインが安くて美味けりゃいいの
なんか文句ある?黄色い猿ども

106 :世界@名無史さん:2006/04/06(木) 16:19:28 O
第二次大戦時のイタリアが弱く見えるのは、
太平洋戦線と違ってレベルの高い欧州戦線で戦ってたから。

アメリカが欧州戦線に投入した戦費は、太平洋戦線のそれの10倍。
それに加えイギリスは東南・南アジアの植民地を見捨て、
主力部隊を本国やアフリカ・大西洋で展開していた
(にも関わらず日本はそんな南方でも敗走を重ねたが)。

また、枢軸国のうち日本のみへの原爆投下が決まったのは、
もし投下した原爆が不発に終わった場合、
もしドイツやイタリアならそれを
リバーシングしてしまう危険性があったのに対し、
石器時代水準の技術力しかない日本ならそんな心配はなかったから。
例えば、日本の技術力の低さは、単に急降下・急上昇しただけで
空中分解してしまうポンコツ航空機(零戦)や、
あまりにもペラペラのため徹甲弾が貫通してしまい
爆発による被害を免れたポンコツ戦車(チハ)に象徴されている。
そもそも当時の日本には統一規格という概念自体が存在せず、
同じ種類の兵器の同じ種類の部品でも
ひとつひとつが異なる独自の味わいを醸し出していた。

ただでさえ低い技術力に加え、
日本には牟田口や富永、辻を筆頭とする
ご都合主義の武士道精神に染まっていた
これまた石器時代水準の戦術家を擁していた。

もし日本が欧州戦線に参加していたら、
イタリアと違ってなまじやる気があるぶん
積極的に戦術を展開しては大惨敗を繰り返しドイツの足を引っ張る
イタリア以上のやっかい者になっていただろう。

107 :世界@名無史さん:2006/04/06(木) 18:05:05 0
ギリシアにもエチオピアにも勝てなかったことについて。

108 :世界@名無史さん:2006/04/06(木) 23:46:19 0
    ∧_∧
    (´・ω・) 弱くたっていいんだよ…
   /  弱 \
__| |  伊 | |_
||\  ̄ ̄ ̄ ̄   \
||\\.          \
||. .\\          \     ∧_∧.
.    \\           \|  ( ´ д` ) (おい、まだあんな事言ってる奴がいるゼ)
.     \\          \ /    ヽ.
.       \\         / .|   | |
.        \∧_∧   (⌒\|__. / ./
          (     )キモ〜イ\_____ノ|  ∧_∧
.         _/   ヽ          \|  (´∀` ) (なんかこっち見てない?っつうかアイツ臭いねw)
.         |     ヽ          \ /    ヽ、
.         |    |ヽ、二⌒)       / .|   | |
.         .|    ヽ \\       (⌒\|__./ ./
.         ヽ、____ \\       〜\____ノ|


109 :世界@名無史さん:2006/04/07(金) 07:16:39 0
大韓民国から小島一つ取り返せない倭奴がイタリアのことをどうこう言えるのかよ
強かったのはオマエラの祖父さんの世代のことだろ
現在のオマエラは口先ばかりのヘタレだよ
倭奴こそ世界一の弱虫民族www



110 :世界@名無史さん:2006/04/07(金) 09:21:00 0
・’0/.←>>108
        ')  ドガッ    
       ・/〉        
                  

             /.n l  /⌒ヽ
             | l l | ,' /7 ,'
            , '' ` ー ' '-' /
           /  、_,       `ヽ
        ,へ,__ l   , .-. 、`´    l <うるせー馬鹿
      _|  i `ヽ  ヽ ̄フ     /
    //|  蠶__ 丶、 ̄____,/
    (/./⌒)___,>、_  )  (´⌒(´⌒;;
   .|/  //、 ヽ、_ノ  (´⌒(´≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡⌒;;
  /  //^ヽ、i   |≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
 (___./ ̄`⌒ヽ、  丿(´⌒(´⌒;;



111 :世界@名無史さん:2006/04/07(金) 22:01:26 0
     〈`ー─-、_ノ^j
      `>     <__, ─-、____
     /            j         / ̄ ̄ ̄Tー‐─┬''⌒ヽー-- 、
    r'            /、   1   /      |  5   | 7  |    |9
    └---─、        /  ` ー──/   3   |    │    |    l |
            \    /       /     ┌┴─‐─┴┐ / 8  l |
          \  /   2   /ー─ ----l     6     |‐┤    l |
            V        /    4  └──‐──┘ |     l |
            し个 、   /                   |   ハ〈
                |  ` ーl─‐┬─----------──┬─イ´ ̄ヽヽヽ
              |   /ヽ  |             |   ハ    〉 〉 〉
                  |  /   | |                  |  / │ / 〈ノ
                | |   | |             | /  | /
             __/ |  __/  |10            __/  | __/  |10
               (__」 ゙ー-‐'           ゙ー-‐'(___」     人
                                            (__)
                                           (__)11
 1:肩ロース           6:ヒレ
 2:肩                7:ランプ
 3:リブロース         8:そともも
 4:ばら                 9:テール
 5:サーロイン           10:すね
 11:ヘタリア(笑)


112 :世界@名無史さん:2006/04/08(土) 00:48:46 0
童貞ヲタがチョイ悪親父に嫉妬するスレ乙

113 :世界@名無史さん:2006/04/08(土) 09:10:38 0
1人の日本男はただのエロ親父
100人の日本男は女房に財布のヒモを握られたショボイ親父の集団
1000人の日本男は組織の歯車になって磨耗していくだけの存在
10000人の日本男は全体主義の洗脳された狂信者の予備軍

114 :世界@名無史さん:2006/04/08(土) 11:50:52 O
>>113
人数が増えるにつれてアレになっていく傾向は認めるが、
それを引き立たせる意味でも
せめてひとりのときくらいいいこと書いてやれよ。

115 :世界@名無史さん:2006/04/08(土) 15:26:09 0
最弱はザンジバルだろ。
イギリス軍との戦争はギネス認定の最短敗戦記録だし、
イタリアにソマリアをとられてるし。

116 :世界@名無史さん:2006/04/08(土) 23:52:38 0
             ,. - ─── - 、
             /    ,       `ヽ.
            /〃//,. ,ィl/|l ト、 !、 、  ヽ
          ー'´| | l |1 | !l. l| ! | l.|ヽ ! !、 ',   ヘタリアのおじちゃんたち
             YレV!ヒエ「! |l.「_ト!Ll」| l l  l   どうしてまけるの?
           ! lハイJ |  ´|_jヽ. リ,! ! l. l |
             |l |l.} ー ,   L _,ハl.lトl l. | l
             |l ilト、   n  ''  ,1l|ィ| |l l |
           _ 二,ニ^tュ--ェ_t1」l.|l !リ|_lノ
       r7´   f r┐| 〔/ミヽ>,-、 ̄´
       Y       ー个‐'t  ハ-、_'ゝ、
        ヽ ._・ rく ̄ヽト-'丿  ヽ l
        / (・__,)ゝi┬'´ハ`     '`|
          |ヽ, イ   ノ┴くヽヽ、    /
        `´ ゝ┬ヘ`ヽ   |  `ー‐1
           ゝノ-‐^ー'一''丶  ヽ ヽ
           ト、_       `ーァ'¨不ヽ
            | | 「 ̄「 ̄l ̄ト、,イトヒi′
             l l. l   l  !  !└' l |
             └ L 」_,|__l_l.__L.l′
             |   |  |   |
              l   l   !   !
                l   l.   l   l
            ト--┤   !--‐1
              f‐t央j.   ト央ァヘ
              |  甘l、  / 甘  |
             l  ,.-‐ヽ レ'⌒ヽ/
            `く.__ ノ ゝ--‐′


117 :世界@名無史さん:2006/04/09(日) 00:18:15 0
こうだと思うけどな

海戦
1アメリカ
2日本
3イギリス
4ドイツ
5ロシア
6フランス
7中国
8オランダ
9イタリア

陸戦
1ロシア
2ドイツ
3アメリカ
4日本
5中国
6イギリス
7ポーランド
8フランス
9イタリア

118 :世界@名無史さん:2006/04/09(日) 00:21:59 0
自衛隊が最弱なのでは?
このスレを見てるとそんな気がします。

119 :世界@名無史さん:2006/04/09(日) 07:04:05 0
>>118
だから、自分達より弱いヤシが必要なので一生懸命イタリアを貶めているのよ。

ウリナラマンセー夜郎自大のキムチどもも困った連中だが、
自分達より下の連中を貶めて満足しようというのも、いかにも下流階級的で卑しい

120 :世界@名無史さん:2006/04/09(日) 10:43:44 0
リアルでイタリア男と日本男がタイマン勝負したら、日本男が惨敗するだろ。

121 :世界@名無史さん:2006/04/09(日) 10:47:09 0
              ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
             /": : : : : : : : \
           /-─-,,,_: : : : : : : : :\
          /     '''-,,,: : : : : : : :i
          /、      /: : : : : : : : i     ________
         r-、 ,,,,,,,,,,、 /: : : : : : : : : :i    /
         L_, ,   、 \: : : : : : : : :i   / 戦ったら
         /●) (●>   |: :__,=-、: / <   負けかなと思ってる  
        l イ  '-     |:/ tbノノ    \    
        l ,`-=-'\     `l ι';/      \  イタリア人
        ヽトェ-ェェ-:)     -r'          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ヾ=-'     / /  
     ____ヽ::::...   / ::::|
  / ̄ ::::::::::::::l `──''''   :::|



122 :世界@名無史さん:2006/04/09(日) 11:50:04 0
              ,,.. -──- 、,
            ,. ‐'":::::::::::::::::   ....:``'-、
         ,/::::::::::::::::::: ....::::::::::::::::::::::::ヾ:、      ,....,
          /::::::::::::::: ..:::::::::::::::i、::::::::::::::::::::'、':,.    /  ヽ
       /::::::::::: ....:::::::::::::::::::::i:::!`、:ト、::::::::::::i i!   /     i
      i   ...::::::|'、ヽ;::::::::::::::|,!:!__リ,,'iヽ::l''、:'、   /      /
        | ..::::::::;:::i!:i ヾ:、ヽ:::::::::| リ , -─ リ i;il:ヽ, i    /    あはははは〜
       l:::::::::::::::i',i ':i ,メ、 \;:l '゙    `、 !::::/l ...::::::/``ヽ
      l::ヽ:::::ヽ:i,レ',.゙-‐''''         ',/'/..::::::::::/    l'ヽ;、  ヘタリアのやつ、
       i:::::>、:ヾ,' /     _,.. -‐'ヾi    ,レ'::::::::::;r':..   /  i_\
        i:::i. `'‐,ゝ    i"       '! ,.‐''" :::::::::::i゙::::::::.../.  ノ 'i    また負けてるよ〜
          !::\ `ヽ    ':,     l{   ..:::::/::L,. ‐'":::::;/  !
          l::::::::`''‐r\    ヽ.,__,.ノィ'‐-‐''"'ォ‐--,゙弋''''"::::::;.ノ
         |::::::::;ィ:::}、 ``'''─--、-‐ニ┤ ___ハ,`''ーヽ-'=‐''":::
          !::::::/ i:::|、\     ヾ´. i  ヽ   、''‐-、_::::::::::::::::: /
        i:::::/ i:::ハヽ`''‐、/l__\,| /    ヽ--、,.ニ=‐--‐'"


123 :世界@名無史さん:2006/04/09(日) 12:46:54 0
アメリカにボコられた日本は、それ以下だが・・・

124 :世界@名無史さん:2006/04/09(日) 12:56:10 0
>>120
ナンパ勝負か?

125 :世界@名無史さん:2006/04/09(日) 13:19:39 O
>>124
それもあるが、肉弾戦のケンカでも普通に負ける。

日本男がイタリア男に勝てる要素といえば、
金払いがよくて暴力を振るわないから、
商売女にありがたがられることくらいしか思いつかない。

126 :世界@名無史さん:2006/04/09(日) 13:22:03 0
個人では イタリア>日本
集団では 日本>イタリア

でいいじゃん。

127 :世界@名無史さん:2006/04/09(日) 13:29:44 0
イギリス軍のある従軍記者は、北アフリカの緒戦でのイタリア軍のあっけない崩壊を見て、
「イタリア軍という卵を割ってみたら、中身が腐っていた」と評した」


128 :世界@名無史さん:2006/04/09(日) 13:52:03 0
こう言うとみもふたもないのだが
戦争に踏み出せない国家が真のチキンだと思う

その意味では英国+合衆国+中国(+ソ連)を
ボコられるの覚悟で敵に回した日本は最強


129 :世界@名無史さん:2006/04/09(日) 13:55:32 0
負ける戦争するぐらいならチキンなほうがマシだが。

130 :世界@名無史さん:2006/04/09(日) 18:31:32 O
>>120
人にもよるだろ
武術というか空手の普及率がダンチだろ
まぁ2ちゃんに常駐してるような奴は、イタリア人に負けるだろうがな

131 :世界@名無史さん:2006/04/09(日) 21:04:31 O
>>128
こういう馬鹿が多かったから、
戦前の日本は民主化したとたん
戦略も戦術もメチャクチャな
馬鹿げた拡張路線に突っ走って行ったんだ。

132 :世界@名無史さん:2006/04/09(日) 21:05:48 0
大将デモクラシーは間違っていた。

133 :世界@名無史さん:2006/04/09(日) 23:54:24 0
>>117
ポーランド陸軍ってのは実際のところイギリスより強かったかもしれないな
フランス戦ではイギリス陸軍とフランス陸軍の同盟がドイツに負けてるが、
ポーランド戦と同じくらいの期間だった
しかもドイツ軍はポーランド戦ではなんと3割もの戦車を失っている
つうことは、最終的にはドイツ軍に圧倒されたにせよ、他国と比較すると決して弱くはなかったんだろ

134 :世界@名無史さん:2006/04/10(月) 01:35:58 0
>しかもドイツ軍はポーランド戦ではなんと3割もの戦車を失っている

ポラック戦とフランス戦で、ドイツ軍の戦車の構成がぜんぜん違うだろ。

135 :世界@名無史さん:2006/04/10(月) 09:55:45 0
>>133
ドイツ軍戦車というと、ティーガー重戦車やパンター中戦車のイメージが強いけど
ポーランド戦の主力は練習用戦車の1号戦車や間に合わせに作られた2号戦車というかなり弱っちー代物だぞ、
ポーランド軍が強かったというより、ドイツの戦車がぼろかっただけじゃん。
それに「戦車の使い方」もフランス戦ではより上手になっているのよ。

結論だけ見て経過を見ないなんて、どっかの公務員みたいなことはやめたほうがいいよ。



136 :世界@名無史さん:2006/04/10(月) 11:46:47 0
ポーランド軍が強いんじゃなくて実際のドイツ軍が軍オタ連中に
思われてるより遥かに弱かったってだけだろ。
航空戦やればどこの国と戦っても同等ぐらいの被害を出し、
大戦初期の戦車はトラクターもどきの一号二号、独ソ戦でも主力は三号四号で
同時期の仏英ソに比べりゃ質で負けてる。
逆に言えば再軍備してから約五年、そんな弱い軍隊でヨーロッパを席巻した
ドイツ軍将士の超人的努力とちょび髭の天才的采配が凄い。

137 :世界@名無史さん:2006/04/10(月) 14:17:18 0
ウヲッカ飲んでる民族はみんな馬鹿

138 :世界@名無史さん:2006/04/11(火) 07:03:19 0
ほほう、日本でも普通にウォッカは販売されているから、やっぱり日本人も馬鹿ということかい
いっぺん氏んでこい、短小包茎のひきこもり野郎
と、マジレスしてみる

139 :世界@名無史さん:2006/04/11(火) 09:59:04 0
>>133
ポーランド陸軍は強いよ。
20世紀にもなって騎兵隊の突撃でソ連を圧倒したという実績がある。

140 :世界@名無史さん:2006/04/11(火) 20:32:38 0
>>139
ポーランドの騎兵隊は欧州最強の騎兵隊だよ。
・・・・・騎兵隊はね。

141 :世界@名無史さん:2006/04/12(水) 09:16:56 0
いくら強い騎兵でも、「装甲トラクター部隊」にすらかなわない
ましてや槍で「スツーカ」とは戦えない
なまじか強い騎兵を持っていたのが逆に不幸を招いたw


142 :世界@名無史さん:2006/04/12(水) 21:41:16 0
            __,.  -─-- 、_
        , - ' _,´ --──‐-   )
      ,イ´__-___,. -‐ '__,. - '´
      `ー----, - ' ´ ̄ ``  、__
         __,ィ            ヽ. `ヽ.
      ,  '⌒Y  /     、ヽ    ヽ  ヽ.
     /    /  i   /l/|_ハ li  l i   li   ハ
.    // 〃 /l  i|j_,.//‐'/  lTト l、l   j N i |
   {イ  l  / l  li //___    リ_lノ lル' lハ. ソ
    i| /レ/l l  l v'´ ̄  , ´ ̄`イ  !| ll,ハ
    ハ| ll∧ハヽ ト、 '''' r==┐ '''' /l jハ| ll ll
   〃  ‖ レ'¨´ヽiへ. _ 、__,ノ ,.イ/|/ ノ ll l|
  ll    ll {   ⌒ヽ_/ } ー‐<.__  ′  l| ‖
  ‖    ‖ ヽ,   /、 〈   |:::::::| `ヽ      ‖
  ‖       {.  ハ ヽ Y`‐┴、::::v  l      ‖<ヘタリア人劇弱プギャー
  ‖      |iヽ{ ヽ_ゾノ‐一’::::ヽ. |      ‖
  ‖      |i:::::`¨´-- :::......:...:.:.::.}|     ‖
  ‖      |i::::::ヽ._:::_:::::::::::::::::::_ノ |     ‖
  ‖      |i::::::::::::i___:::::::::::/  |
           jj::::::::r┴-- `ー‐ '⌒ |
         〃:::::::マ二      _,ノ
       //::::::::::::i ー 一 '´ ̄::.
       ,','::::::::::::::i::::::::::::::::::::::i::::::ヽ


143 :世界@名無史さん:2006/04/12(水) 22:31:58 0
・’0/.←>>142
        ')  ドガッ    
       ・/〉        
                  

             /.n l  /⌒ヽ
             | l l | ,' /7 ,'
            , '' ` ー ' '-' /
           /  、_,       `ヽ
        ,へ,__ l   , .-. 、`´    l <うるせー下流野郎
      _|  i `ヽ  ヽ ̄フ     /
    //|  蠶__ 丶、 ̄____,/
    (/./⌒)___,>、_  )  (´⌒(´⌒;;
   .|/  //、 ヽ、_ノ  (´⌒(´≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡⌒;;
  /  //^ヽ、i   |≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
 (___./ ̄`⌒ヽ、  丿(´⌒(´⌒;;

144 :世界@名無史さん:2006/04/12(水) 23:10:29 0
       .\          弱いと言えば?         / ナンダココハ    コワイモナー     ヒイィィィッ
         \                         /  Λ_Λ    Λ_Λ      ∧_∧
ヘタリア      .\         ∧_∧ ∩イタ公です /  ( ;・∀・)   (; ´Д`)    (´Д`; )
 負けたって…   \       ( ・∀・)ノ______  /  ⊂   ⊂ )   ( つ ⊂ )    ( ⊃   ⊃
          ∧ ∧ \     (入   ⌒\つ  /|. /     〉 〉\\  〉 〉 く く   //( (
         (゚Д゚ )__ \     ヾヽ  /\⌒)/  |/    (__) (_) (__)(_.)  (_) (__)
     / ̄ ̄∪ ∪ /|  .\   || ⌒| ̄ ̄ ̄|   /          『犯罪国家・イタリア』
   /∧_∧ またですか・・・.\     ∧∧∧∧ /
  / (;´∀` )_/        \   < へ     >統計によるとイタリア人の半分以上は盗みを悪いことと考えて
 || ̄(     つ ||/          \ < タ  ま >   いない。
 || (_○___)  ||             < リ    >
―――――――――――――――― < ア  た >――――――――――――――――――――――――――


145 :世界@名無史さん:2006/04/12(水) 23:11:08 0
                        < か     >
                        < ! !     >    Λ_Λプッ Λ_Λ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ∧_∧             ∨∨∨∨\   ( ´∀`)  (´∀` )< イタ公必死だねぇ(藁
         ( ;´∀`)また負けてる…  /        \ (    )__(    )  \________
    _____(つ_ と)___        ./   ∧_∧ イ\Λ_Λ   Λ_Λ  ̄ ̄ ̄/.//|
 . / \        ___ \アヒャ   /γ(⌒)・∀・ ) タ  .\   ;) (     ;)   / ┃| |
 .<\※ \____.|i\___ヽ.アヒャ  ./(YYて)ノ   ノ 公    \↑ ̄ ̄↑\)_/    .|__|/
  ヽ\ ※ ※ ※|i i|.====B|i.ヽ   / \  ̄ ̄ ̄ ̄\め      \イタ公 | | ┃
    \`ー──-.|\.|___|__◎_|_.i‐> / ||ヽ|| ̄ ̄ ̄ ̄|| ! !        \   .|_)
      ̄ ̄ ̄ ̄|. | ̄ ̄ ̄ ̄|  /    || ̄ ̄ ̄ ̄||            \
           \|みかん箱.| /


146 :世界@名無史さん:2006/04/12(水) 23:27:58 0
>>134-136
つかドイツはポーランド戦でもフランス戦でも事前に十分準備して常に物量で圧倒しただけ
ポーランドの騎兵が戦車に突撃したなんて話はそもそもイタリア人(w)の作った嘘だし
そういう物量戦法は英仏海峡で地理的に行き詰って、今度は本格的に物量に勝るアメリカやソ連に負けただけというのが実際のところ

147 :世界@名無史さん:2006/04/13(木) 00:01:34 0
  ∩∩      ヘ タ リ ア 軍 参 上 !       V∩
  (7ヌ)                              (/ /
 / /                 ∧_∧            ||
/ /  ∧_∧     ∧_∧  _(´∀` )   ∧_∧   ||
\ \( ´∀`)―--( ´∀` ) ̄      ⌒ヽ(´∀` ) //
  \       /⌒   ⌒ ̄ヽ、雑魚 /~⌒    ⌒ /
   |      |ー、      / ̄|    //`i ゴミ  /
    | 弱虫 | |腰抜け / (ミ   ミ)  |    |
   |    | |     | /      \ |    |
   |    |  )    /   /\   \|       ヽ
   /   ノ | /  ヽ ヽ、_/)  (\    ) ゝ  |
   |  |  | /   /|   / レ   \`ー ' |  |  /


148 :世界@名無史さん:2006/04/13(木) 02:37:28 0
AA厨乙!
いっぺん氏ね屑

149 :世界@名無史さん:2006/04/13(木) 13:46:16 0
>>147
     !     _  -── ‐-   、  , -─-、 -‐─_ノ
ヘタリア厨は // ̄> ´  ̄    ̄  `ヽ  Y  ,  ´     ) プライドの無い 
         L_ /                /        ヽ 
イタリアを    / '                '           i オトコって
          /                 /           く 
馬鹿にする事    l           ,ィ/!    /    /l/!,l     /キモイわー
         i   ,.lrH‐|'|     /‐!-Lハ_  l    /-!'|/l   /`'メ、_iヽ
でプライドを l  | |_|_|_|/|    / /__!__ |/!トi   i/-- 、 レ!/   / ,-- レ、⌒Y⌒ヽ
         _ゝ|/'/⌒ヽ ヽト、|/ '/ ̄`ヾ 、ヽト、N'/⌒ヾ      ,イ ̄`ヾ,ノ!
保ってるん 「  l ′ 「1       /てヽ′| | |  「L!     ' i'ひ}   リ
        ヽ  | ヽ__U,      、ヽ シノ ノ! ! |ヽ_、ソ,      ヾシ _ノ _ノ
-┐だって,√   !            ̄   リ l   !  ̄        ̄   7/
  レ'⌒ヽ/ !    |   〈       _人__人ノ_  i  く            //!
人_,、ノL_,iノ!  /! ヽ   r─‐- 、   「      L_ヽ   r─‐- 、   u  ノ/
      /  / lト、 \ ヽ, -‐┤  ノ  ク ク  了\  ヽ, -‐┤     //
ハ キ  {  /   ヽ,ト、ヽ/!`hノ  )  サ ラ  |/! 「ヽ, `ー /)   _ ‐'
ハ ャ   ヽ/   r-、‐' // / |-‐ く    |  |  > / / `'//-‐、    /
ハ ハ    > /\\// / /ヽ_  !   イ イ  (  / / //  / `ァ-‐ '
ハ ハ   / /!   ヽ    レ'/ ノ        >  ' ∠  -‐  ̄ノヽ   /
       {  i l    !    /  フ       /     -‐ / ̄/〉 〈 \ /!


150 :世界@名無史さん:2006/04/13(木) 21:50:25 0
        {:::.:::.:::>.::´ ̄ヽ、 ,. -一 ヽ_
    ,. -┘.:::.:/:.:::.:::.:::.:::ノ::.Y:;___.:.:./.:.:.:.:.ヽ
   (.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:;:、;:;∠二:.ヽ`ヽ.:.:.:.:.:.:.:、
    ):.:::.:::.:::.:::.:::.; '´ //〈.:.:.:.:\ \.:.:.:.:.:.:.::ヽ-へ
  r''".:::.:::.:::.:::.:::/ / / / ハ `ー‐┐\ ヽ:.:.:.:.:.:.:ノ=ニ):\
  { ::.:::.:::.:::.:::.; ′  /      |   {_:.:.:.ヽ ヽ:.:.:.(二`V/^):、
    ̄つ.:::.::/   / ,′    |    |  ̄ヽハ. i.:.:.:.:.`i!ヽ.!_/:./
   (:.:::.:::.::!l!  l  i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ
    `7:.::|l|  | ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |
      ヽ|H  | | l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |
       |l!ヽ. 代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !
        |  l N.--ミ ヽ/ソ _レ'´ lメ // |/  | |   |
        |  ! |l,ィ^h.、    ´ ̄ ヽ 1  |     | |   |
       | !( { { | | ' _, """ ノ!|   |    | |   |
      !.| |_\  ヽ、    _,. <._| !  |ヽ.   | |   |  プッ、ヘタリア
         !/〈.:.:.Y_>、 }、 ̄´;:;:;:;:;:;://|  |:.:.::',  l l   |
       ム-レく.:.:.:_}ノ:@;:ニ、;:;:;//;:;! 、|:.:.:.:.:L_ ! !  |
     _,.∠=ニ〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニ  V;〈〈_;/| ヽ:.:.:.:.:.:L_l !  |
    `ーニ二_‐ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:(゙こ  /'^ヘ V:.:\ \:.:.:.:.:{! |   !
     <:.:.:. ̄} .:.:.:.:.:.:.:`} ノ:.:..:.ハ V:.:_>- ヽ.:.:.:.} |   i
      |_>'7.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Y.:.:.:.:.:.:.:.::.:>'"  /:.:r‐'´〉、  i



151 :世界@名無史さん:2006/04/13(木) 21:53:38 0
ヘタリア軍は10人以下の集団だと驚異的な強さを発揮するので
師団とか作らないで、100000個小隊で軍を作れば最強になったよ。

152 :世界@名無史さん:2006/04/13(木) 23:47:34 0
>>146
>ポーランドの騎兵が戦車に突撃したなんて話はそもそもイタリア人(w)の作った嘘だし
ソ連・ポーランド戦争の話はどうなった?

153 :世界@名無史さん:2006/04/14(金) 08:50:12 0
>>151
10人は分隊なのだが

154 :世界@名無史さん:2006/04/14(金) 14:33:13 0
イタリアは戦艦なんぞ大改装したり新造したりせず
水雷艇やMS/MAS魚雷艇を大量建造すればよかったのだよ。
なぜなら、イタリア海軍の艦艇の戦闘力は排水量に反比例するからさ

現に黒海と紅海では巡洋艦相手に互角以上に渡り合ってるぞ

155 :世界@名無史さん:2006/04/14(金) 15:03:00 0
地中海専用海軍なのだから、大型艦を作ったお金で小型艦艇と
攻撃機だけ整備してれば、本当に強かったかも。

156 :世界@名無史さん:2006/04/14(金) 16:13:15 0
>>155
ローマ人のプライドが許しません

157 :世界@名無史さん:2006/04/14(金) 18:34:07 0
>>156
アエティウスが最後のローマ人なので、偽羅馬人はご遠慮ください。

158 :世界@名無史さん:2006/04/14(金) 22:07:48 0
ローマは陸軍国家じゃないか。
海軍は、でかい戦艦を浮かべるより
小型艇で切り込む方がローマっぽい。

159 :世界@名無史さん:2006/04/14(金) 22:56:11 0
              ,,.. -──- 、,
            ,. ‐'":::::::::::::::::   ....:``'-、
         ,/::::::::::::::::::: ....::::::::::::::::::::::::ヾ:、      ,....,
          /::::::::::::::: ..:::::::::::::::i、::::::::::::::::::::'、':,.    /  ヽ
       /::::::::::: ....:::::::::::::::::::::i:::!`、:ト、::::::::::::i i!   /     i
      i   ...::::::|'、ヽ;::::::::::::::|,!:!__リ,,'iヽ::l''、:'、   /      /
        | ..::::::::;:::i!:i ヾ:、ヽ:::::::::| リ , -─ リ i;il:ヽ, i    /    あはははは〜
       l:::::::::::::::i',i ':i ,メ、 \;:l '゙    `、 !::::/l ...::::::/``ヽ
      l::ヽ:::::ヽ:i,レ',.゙-‐''''         ',/'/..::::::::::/    l'ヽ;、  ヘタリアのやつ、
       i:::::>、:ヾ,' /     _,.. -‐'ヾi    ,レ'::::::::::;r':..   /  i_\
        i:::i. `'‐,ゝ    i"       '! ,.‐''" :::::::::::i゙::::::::.../.  ノ 'i    また負けてるよ〜
          !::\ `ヽ    ':,     l{   ..:::::/::L,. ‐'":::::;/  !
          l::::::::`''‐r\    ヽ.,__,.ノィ'‐-‐''"'ォ‐--,゙弋''''"::::::;.ノ
         |::::::::;ィ:::}、 ``'''─--、-‐ニ┤ ___ハ,`''ーヽ-'=‐''":::
          !::::::/ i:::|、\     ヾ´. i  ヽ   、''‐-、_::::::::::::::::: /
        i:::::/ i:::ハヽ`''‐、/l__\,| /    ヽ--、,.ニ=‐--‐'"


160 :世界@名無史さん:2006/04/15(土) 11:33:48 0

              ̄ ̄ ̄ ̄-----________ \ | /  -- ̄
      ---------------------------------  。←>>159
           _______----------- ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     ∧ ∧    / / |  \   イ
                    (   )  /  ./  |    \ /
                 _ /    )/   /  |     /|
                 ぅ/ /   //    /   |    / .|
                ノ  ,/   /'    /    |│ /|
 _____      ,./ /∠__|     /   .─┼─ |
(_____二二二二)  ノ (\__,/|    / ┼┐─┼─
              ^^^'  ヽ, |  |   /.  ││  .│
犬的卒倒のAAなら他でやれ、ボケ!
ちったぁ、てめぇの小さい脳みそを使って考えろや!



161 :世界@名無史さん:2006/04/15(土) 15:20:55 0
     〈`ー─-、_ノ^j
      `>     <__, ─-、____
     /            j         / ̄ ̄ ̄Tー‐─┬''⌒ヽー-- 、
    r'            /、   1   /      |  5   | 7  |    |9
    └---─、        /  ` ー──/   3   |    │    |    l |
            \    /       /     ┌┴─‐─┴┐ / 8  l |
          \  /   2   /ー─ ----l     6     |‐┤    l |
            V        /    4  └──‐──┘ |     l |
            し个 、   /                   |   ハ〈
                |  ` ーl─‐┬─----------──┬─イ´ ̄ヽヽヽ
              |   /ヽ  |             |   ハ    〉 〉 〉
                  |  /   | |                  |  / │ / 〈ノ
                | |   | |             | /  | /
             __/ |  __/  |10            __/  | __/  |10
               (__」 ゙ー-‐'           ゙ー-‐'(___」     人
                                            (__)
                                           (__)11
 1:肩ロース           6:ヒレ
 2:肩                7:ランプ
 3:リブロース         8:そともも
 4:ばら                 9:テール
 5:サーロイン           10:すね
 11:ヘタリア(笑)


162 :世界@名無史さん:2006/04/17(月) 22:57:16 0
             ,. - ─── - 、
             /    ,       `ヽ.
            /〃//,. ,ィl/|l ト、 !、 、  ヽ
          ー'´| | l |1 | !l. l| ! | l.|ヽ ! !、 ',   ヘタリアのおじちゃんたち
             YレV!ヒエ「! |l.「_ト!Ll」| l l  l   どうしてすぐまけるの?
           ! lハイJ |  ´|_jヽ. リ,! ! l. l |
             |l |l.} ー ,   L _,ハl.lトl l. | l
             |l ilト、   n  ''  ,1l|ィ| |l l |
           _ 二,ニ^tュ--ェ_t1」l.|l !リ|_lノ
       r7´   f r┐| 〔/ミヽ>,-、 ̄´
       Y       ー个‐'t  ハ-、_'ゝ、
        ヽ ._・ rく ̄ヽト-'丿  ヽ l
        / (・__,)ゝi┬'´ハ`     '`|
          |ヽ, イ   ノ┴くヽヽ、    /
        `´ ゝ┬ヘ`ヽ   |  `ー‐1
           ゝノ-‐^ー'一''丶  ヽ ヽ
           ト、_       `ーァ'¨不ヽ
            | | 「 ̄「 ̄l ̄ト、,イトヒi′
             l l. l   l  !  !└' l |
             └ L 」_,|__l_l.__L.l′
             |   |  |   |
              l   l   !   !
                l   l.   l   l
            ト--┤   !--‐1
              f‐t央j.   ト央ァヘ
              |  甘l、  / 甘  |
             l  ,.-‐ヽ レ'⌒ヽ/
            `く.__ ノ ゝ--‐′


163 :世界@名無史さん:2006/04/17(月) 23:01:42 0
「犬死するぐらいなら降伏しなさい。」

   − イタリアの軍隊手帳より −

164 :世界@名無史さん:2006/04/17(月) 23:05:15 0
フェニックス部隊ってなかったか?

あと、少年少女十字軍

165 :世界@名無史さん:2006/04/18(火) 05:59:28 O
>>124
パスタ勝負

166 :世界@名無史さん:2006/05/01(月) 19:58:00 0

     ヘタリアと組むなんて2度と


       ┏┓   ┏┓                             ┏┓┏┓
     ┏┛┃ ┏┛┗━━┓          ,.、/レトヘトト、      ┃┃┃┃
   ┏┛┏┛ ┗┓┏━┓┃┏━━━━━ /  V-‐'ヽ、 }━┓ ┃┃┃┃
 ┏┛┓┃     ┃┃┏┛┃┗━━━━ r'/   } fニ、i V⌒'i  ┃┃┃┃
 ┗┛┃┃     ┃┃┗━┛      , -┴!   /j_ `ー'  j,  |   ┗┛┗┛
     ┃┃     ┃┃          _,L,  | //ハ ヽ_, イ }}.\|   ┏┓┏┓
     ┗┛     ┗┛ _,,.. --一'ニr‐┘ -=く/.{  {契,ノiヽ..ノ   ┗┛┗┛
       ,.. -‐_ニ- ̄ _,二二二二三人_  < 〈ーノ_フl  |  {
     /,. ‐'',. -‐  ̄            } ´ / ヽ! >レ'  ノヽ
    // /                   __  `ー/      }ー'´ \ `丶、
  / ./ //   _r'´ ̄ ̄ ̄``丶、   |  ``ー'}        {    `丶、 ` ー-
  ヽ{ l/  <__          `ヽ 」 -‐イ´ ヽ    /勹      `丶、
    ヽレ‐''二,Z{ ,. -────‐ァ'´     \ \ /  \
   /,. イ //        /     / /       {   \
  く/ //  |     ,. ‐'"´    /  /  /     ヽ    \



167 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 17:44:13 0
       .\          弱いと言えば?         / ナンダココハ    コワイモナー     ヒイィィィッ
         \                         /  Λ_Λ    Λ_Λ      ∧_∧
ヘタリア      .\         ∧_∧ ∩イタ公です /  ( ;・∀・)   (; ´Д`)    (´Д`; )
 負けたって…   \       ( ・∀・)ノ______  /  ⊂   ⊂ )   ( つ ⊂ )    ( ⊃   ⊃
          ∧ ∧ \     (入   ⌒\つ  /|. /     〉 〉\\  〉 〉 く く   //( (
         (゚Д゚ )__ \     ヾヽ  /\⌒)/  |/    (__) (_) (__)(_.)  (_) (__)
     / ̄ ̄∪ ∪ /|  .\   || ⌒| ̄ ̄ ̄|   /          『犯罪大国・イタリア』
   /∧_∧ またですか・・・.\     ∧∧∧∧ /
  / (;´∀` )_/        \   < へ     >統計によるとイタリア人の半分以上は盗みを悪いことと考えて
 || ̄(     つ ||/          \ < タ  ま >   いない。
 || (_○___)  ||             < リ    >
―――――――――――――――― < ア  た >――――――――――――――――――――――――――

168 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 17:44:44 0
                        < か     >
                        < ! !     >    Λ_Λプッ Λ_Λ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ∧_∧             ∨∨∨∨\   ( ´∀`)  (´∀` )< イタ公必死だねぇ(藁
         ( ;´∀`)また負けてる…  /        \ (    )__(    )  \________
    _____(つ_ と)___        ./   ∧_∧ イ\Λ_Λ   Λ_Λ  ̄ ̄ ̄/.//|
 . / \        ___ \アヒャ   /γ(⌒)・∀・ ) タ  .\   ;) (     ;)   / ┃| |
 .<\※ \____.|i\___ヽ.アヒャ  ./(YYて)ノ   ノ 公    \↑ ̄ ̄↑\)_/    .|__|/
  ヽ\ ※ ※ ※|i i|.====B|i.ヽ   / \  ̄ ̄ ̄ ̄\め      \イタ公 | | ┃
    \`ー──-.|\.|___|__◎_|_.i‐> / ||ヽ|| ̄ ̄ ̄ ̄|| ! !        \   .|_)
      ̄ ̄ ̄ ̄|. | ̄ ̄ ̄ ̄|  /    || ̄ ̄ ̄ ̄||            \
           \|みかん箱.| /





169 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 18:28:18 O
リヒテンシュタイン
総兵力 1名
しかもジイさん

170 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 20:43:42 0
イタリアは黄金聖闘士蟹座のデスマスクがいるから最強だろ

171 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 20:57:27 O
>>169 ワロスw

172 :世界@名無史さん:2006/05/09(火) 01:32:48 0
>>169
一体一人で何役を・・・

173 :世界@名無史さん:2006/05/09(火) 02:24:04 0
一騎打ち

174 :世界@名無史さん:2006/05/09(火) 09:57:36 O
いいねえ一人軍隊
防衛予算ひとりじめ

175 :世界@名無史さん:2006/05/22(月) 21:47:39 0
              ,,.. -──- 、,
            ,. ‐'":::::::::::::::::   ....:``'-、
         ,/::::::::::::::::::: ....::::::::::::::::::::::::ヾ:、      ,....,
          /::::::::::::::: ..:::::::::::::::i、::::::::::::::::::::'、':,.    /  ヽ
       /::::::::::: ....:::::::::::::::::::::i:::!`、:ト、::::::::::::i i!   /     i
      i   ...::::::|'、ヽ;::::::::::::::|,!:!__リ,,'iヽ::l''、:'、   /      /
        | ..::::::::;:::i!:i ヾ:、ヽ:::::::::| リ , -─ リ i;il:ヽ, i    /    あはははは〜
       l:::::::::::::::i',i ':i ,メ、 \;:l '゙    `、 !::::/l ...::::::/``ヽ
      l::ヽ:::::ヽ:i,レ',.゙-‐''''         ',/'/..::::::::::/    l'ヽ;、  ヘタリアのやつ、
       i:::::>、:ヾ,' /     _,.. -‐'ヾi    ,レ'::::::::::;r':..   /  i_\
        i:::i. `'‐,ゝ    i"       '! ,.‐''" :::::::::::i゙::::::::.../.  ノ 'i    また負けてるよ〜
          !::\ `ヽ    ':,     l{   ..:::::/::L,. ‐'":::::;/  !
          l::::::::`''‐r\    ヽ.,__,.ノィ'‐-‐''"'ォ‐--,゙弋''''"::::::;.ノ
         |::::::::;ィ:::}、 ``'''─--、-‐ニ┤ ___ハ,`''ーヽ-'=‐''":::
          !::::::/ i:::|、\     ヾ´. i  ヽ   、''‐-、_::::::::::::::::: /
        i:::::/ i:::ハヽ`''‐、/l__\,| /    ヽ--、,.ニ=‐--‐'"


176 :世界@名無史さん:2006/05/22(月) 21:52:42 0
昔は11人までなら世界最強と言われていたけど
最近じゃ11人でもパッとしないもんな

177 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/05/22(月) 21:56:38 0
>リヒテンシュタイン侯国
1868年に維持費ばかりかかって意味がない(どうせ抵抗出来ない)という理由
で軍を解散したそうですが、今の人はその名残りなのでしょうか。

178 :世界@名無史さん:2006/05/22(月) 22:15:21 0
>>169
その爺さんがどういう肩書きだったのかすげえ気になるんですけど

179 :世界@名無史さん:2006/05/22(月) 22:30:47 0
アイスランド
軍隊なし

180 :世界@名無史さん:2006/05/22(月) 23:23:46 0
手元に無いんだけど、グーデリアンの手記に、ポーランド侵攻作戦中、
装甲化歩兵部隊がポーランド騎兵の攻撃を受けて後退しているという
報告を受けて唖然としたと言う一節があったと思う。
装甲化歩兵部隊には戦車もいると思うので、一緒に後退したんだと
思うけど…違ったかな?



181 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/05/22(月) 23:37:44 0
26 :世界@名無史さん :2006/05/22(月) 17:28:10 0
>>20
ドイツ軍は戦車300両とその他1000両を破壊されている。
ポーランド「騎兵」の対戦車攻撃も全く無効というわけじゃなかった。
というのもポーランド騎兵旅団は騎兵といいながらも配下に対戦車砲部隊や戦車部隊を持っていて、
そういった部隊が敵戦車と戦ったから。
騎兵で戦車に突撃なんてのは伝説で、実際は1回もやっていないので、戦車に対する騎兵突撃の有効性は不明w

結局ドイツの物量が圧倒していたことが勝敗の決定要因だった。

「世界史上最強の騎馬軍団」スレより。
数が少ないといえば、シーランド公国も兵は一人だけ。

182 :世界@名無史さん:2006/05/23(火) 09:50:38 O
アイスランドは軍隊はないが、有名な“たら戦争”でイギリスと互角に争った海上警備隊がある
人口が少なすぎて徴兵でも兵力はたかが知れているし
僻地だから侵略して占領しようなどと考える仮想敵国もない

コスタリカも憲法で軍隊を保持しないことを明記しているが
軽装備の国家警備隊という準軍隊組織がある

183 :世界@名無史さん:2006/05/23(火) 10:04:12 0
>>181

あれ?「映像の世紀」か何かで突撃する騎兵隊が銃で撃たれてバタバタ倒れる映像に
WWII時のポーランド軍の敗北と重ねて放映されていたような記憶が…

184 :世界@名無史さん:2006/05/23(火) 11:22:06 O
まあアイスランドの人口からみて徴兵制を施行して
先進諸国並に換算すると総兵力3000人がいいところか

185 :世界@名無史さん:2006/05/24(水) 08:54:30 0
ポーランド軍のオルリックという見習い士官は2人乗り20ミリ対戦車ライフル装備の「豆タンク」で
十数台のドイツ軍戦車を撃破してるぞ。
既出だが当時のドイツ軍戦車の性能は酷いものだったので、戦車もどきの「豆タンク」でも使いようによっては
互角に戦えたらしい。

もっともヘタリア軍豆戦車部隊はエチオピアで、数門の迫撃砲以外は小銃しか装備してない即席編成の
「公務員のおっさん部隊」(畜産省大隊など)に完敗してるがw

186 :世界@名無史さん:2006/05/26(金) 02:48:54 O
リヒテンシュタインの軍隊について知りたい! 一人?なんじゃそりゃ! すっげー興味でてきた

187 :世界@名無史さん:2006/05/26(金) 03:22:26 0
リヒテンシュタイン軍のたった1人の老兵というのは写真で観たことがあるけど。。。
それって100年以上前の話でしょ。今でも軍隊がいるんですか?


188 :世界@名無史さん:2006/05/26(金) 18:46:08 0
外務省のホームページより

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/liechtenstein/data.html

>軍事力  軍は1868年に最終的に解消。その後は軍を有さず。 

と、なってますが・・・

189 :世界@名無史さん:2006/05/28(日) 13:27:05 0
  ∩∩      ヘ タ リ ア 軍 参 上 !       V∩
  (7ヌ)                              (/ /
 / /                 ∧_∧            ||
/ /  ∧_∧     ∧_∧  _(´∀` )   ∧_∧   ||
\ \( ´∀`)―--( ´∀` ) ̄      ⌒ヽ(´∀` ) //
  \       /⌒   ⌒ ̄ヽ、雑魚 /~⌒    ⌒ /
   |      |ー、      / ̄|    //`i ゴミ  /
    | 弱虫 | |腰抜け / (ミ   ミ)  |    |
   |    | |     | /      \ |    |
   |    |  )    /   /\   \|       ヽ
   /   ノ | /  ヽ ヽ、_/)  (\    ) ゝ  |
   |  |  | /   /|   / レ   \`ー ' |  |  /


190 :世界@名無史さん:2006/06/09(金) 14:47:46 0
>>188
おじいちゃんひとりの軍が実在したとしても、「軍を有さず」と扱っても良いと思う。
そのおじいちゃんの階級と職位はなんなんだw


191 :世界@名無史さん:2006/06/09(金) 17:21:01 0
征夷大将軍

192 :世界@名無史さん:2006/06/18(日) 00:40:24 0
            __,.  -─-- 、_
        , - ' _,´ --──‐-   )
      ,イ´__-___,. -‐ '__,. - '´
      `ー----, - ' ´ ̄ ``  、__
         __,ィ            ヽ. `ヽ.
      ,  '⌒Y  /     、ヽ    ヽ  ヽ.
     /    /  i   /l/|_ハ li  l i   li   ハ
.    // 〃 /l  i|j_,.//‐'/  lTト l、l   j N i |
   {イ  l  / l  li //___    リ_lノ lル' lハ. ソ
    i| /レ/l l  l v'´ ̄  , ´ ̄`イ  !| ll,ハ
    ハ| ll∧ハヽ ト、 '''' r==┐ '''' /l jハ| ll ll
   〃  ‖ レ'¨´ヽiへ. _ 、__,ノ ,.イ/|/ ノ ll l|
  ll    ll {   ⌒ヽ_/ } ー‐<.__  ′  l| ‖
  ‖    ‖ ヽ,   /、 〈   |:::::::| `ヽ      ‖
  ‖       {.  ハ ヽ Y`‐┴、::::v  l      ‖<ヘタリア人劇弱プギャー
  ‖      |iヽ{ ヽ_ゾノ‐一’::::ヽ. |      ‖
  ‖      |i:::::`¨´-- :::......:...:.:.::.}|     ‖
  ‖      |i::::::ヽ._:::_:::::::::::::::::::_ノ |     ‖
  ‖      |i::::::::::::i___:::::::::::/  |
           jj::::::::r┴-- `ー‐ '⌒ |
         〃:::::::マ二      _,ノ
       //::::::::::::i ー 一 '´ ̄::.
       ,','::::::::::::::i::::::::::::::::::::::i::::::ヽ


193 :世界@名無史さん:2006/06/24(土) 20:49:46 0
       .\          弱いと言えば?         / ナンダココハ    コワイモナー     ヒイィィィッ
         \                         /  Λ_Λ    Λ_Λ      ∧_∧
ヘタリア      .\         ∧_∧ ∩イタ公です /  ( ;・∀・)   (; ´Д`)    (´Д`; )
 負けたって…   \       ( ・∀・)ノ______  /  ⊂   ⊂ )   ( つ ⊂ )    ( ⊃   ⊃
          ∧ ∧ \     (入   ⌒\つ  /|. /     〉 〉\\  〉 〉 く く   //( (
         (゚Д゚ )__ \     ヾヽ  /\⌒)/  |/    (__) (_) (__)(_.)  (_) (__)
     / ̄ ̄∪ ∪ /|  .\   || ⌒| ̄ ̄ ̄|   /          『犯罪大国・イタリア』
   /∧_∧ またですか・・・.\     ∧∧∧∧ /
  / (;´∀` )_/        \   < へ     >統計によるとイタリア人の半分以上は盗みを悪いことと考えて
 || ̄(     つ ||/          \ < タ  ま >   いない。
 || (_○___)  ||             < リ    >
―――――――――――――――― < ア  た >――――――――――――――――――――――――――


194 :世界@名無史さん:2006/06/24(土) 20:50:42 0
                        < か     >
                        < ! !     >    Λ_Λプッ Λ_Λ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ∧_∧             ∨∨∨∨\   ( ´∀`)  (´∀` )< イタ公必死だねぇ(藁
         ( ;´∀`)また負けてる…  /        \ (    )__(    )  \________
    _____(つ_ と)___        ./   ∧_∧ イ\Λ_Λ   Λ_Λ  ̄ ̄ ̄/.//|
 . / \        ___ \アヒャ   /γ(⌒)・∀・ ) タ  .\   ;) (     ;)   / ┃| |
 .<\※ \____.|i\___ヽ.アヒャ  ./(YYて)ノ   ノ 公    \↑ ̄ ̄↑\)_/    .|__|/
  ヽ\ ※ ※ ※|i i|.====B|i.ヽ   / \  ̄ ̄ ̄ ̄\め      \イタ公 | | ┃
    \`ー──-.|\.|___|__◎_|_.i‐> / ||ヽ|| ̄ ̄ ̄ ̄|| ! !        \   .|_)
      ̄ ̄ ̄ ̄|. | ̄ ̄ ̄ ̄|  /    || ̄ ̄ ̄ ̄||            \
           \|みかん箱.| /


195 :世界@名無史さん:2006/06/26(月) 09:02:03 0
キモイな、暗いな、こんな過疎スレにAAコピペを定期便するなんて
おまい、ちゃんと風呂入ってるか?ここまで臭ってきそうだぞw

196 :世界@名無史さん:2006/06/26(月) 19:42:46 0
              ,,.. -──- 、,
            ,. ‐'":::::::::::::::::   ....:``'-、
         ,/::::::::::::::::::: ....::::::::::::::::::::::::ヾ:、      ,....,
          /::::::::::::::: ..:::::::::::::::i、::::::::::::::::::::'、':,.    /  ヽ
       /::::::::::: ....:::::::::::::::::::::i:::!`、:ト、::::::::::::i i!   /     i
      i   ...::::::|'、ヽ;::::::::::::::|,!:!__リ,,'iヽ::l''、:'、   /      /
        | ..::::::::;:::i!:i ヾ:、ヽ:::::::::| リ , -─ リ i;il:ヽ, i    /    あはははは〜
       l:::::::::::::::i',i ':i ,メ、 \;:l '゙    `、 !::::/l ...::::::/``ヽ
      l::ヽ:::::ヽ:i,レ',.゙-‐''''         ',/'/..::::::::::/    l'ヽ;、  ヘタリアのやつ、
       i:::::>、:ヾ,' /     _,.. -‐'ヾi    ,レ'::::::::::;r':..   /  i_\
        i:::i. `'‐,ゝ    i"       '! ,.‐''" :::::::::::i゙::::::::.../.  ノ 'i    また負けてるよ〜
          !::\ `ヽ    ':,     l{   ..:::::/::L,. ‐'":::::;/  !
          l::::::::`''‐r\    ヽ.,__,.ノィ'‐-‐''"'ォ‐--,゙弋''''"::::::;.ノ
         |::::::::;ィ:::}、 ``'''─--、-‐ニ┤ ___ハ,`''ーヽ-'=‐''":::
          !::::::/ i:::|、\     ヾ´. i  ヽ   、''‐-、_::::::::::::::::: /
        i:::::/ i:::ハヽ`''‐、/l__\,| /    ヽ--、,.ニ=‐--‐'"



197 :世界@名無史さん:2006/06/29(木) 16:56:37 0
WW2で本当に強い騎兵はポーランド騎兵ではなく、イタリア騎兵

794 :名無し三等兵 :2006/06/29(木) 00:20:38 ID:???
東部戦線に2回目の夏がきた。ドイツ軍の進撃は留まる所を知らず
ヒトラーは最終的な勝利に向けた次の強烈な一手を計画していた。しかしそれは終わりの始まりとなった。
スターリングラードだ。この任務を成功させる為には、利用可能なあらゆる精鋭部隊が必要となった。
全戦線から多くの師団が引き抜かれ、新兵とは言わないまでも平均的な部隊、
つまりルーマニア、イタリア、その他の弱小枢軸国軍が入れ替わりに配備された。

しかしソ連軍はこの動きに素早く反応し、このドイツ軍の弱点に対して積極的な攻勢を開始した。
7月から8月にかけて、ソ連歩兵部隊はドン河西方の橋頭堡を拡大しようと何度も攻撃を重ねていた。
イタリア軍部隊の一部は、この試みを打ち砕くために交戦に巻き込まれた。

このソ連軍を撃退することを目的とした反攻の間この地域にいた
2つのイタリア軍騎兵部隊の一つ「サヴォイア連隊」は
ドン河畔に向けて北方に移動するよう命じられた。

連隊はIsbuscenskij市付近の"213.5高地"として知られる地域に到達し、夜の間そこに野営した。

198 :世界@名無史さん:2006/06/29(木) 16:57:46 0
795 :名無し三等兵 :2006/06/29(木) 00:21:56 ID:???
翌早朝、キャンプと陣地をたたむ前に、騎兵斥候はいつも通り連隊の進路のパトロールに向かった。
その過程で斥候隊は広大なヒマワリ畑を調べるために入っていた。向日葵畑の偵察が終わり掛けた時だった。
「あれはなんだ?赤い星のついたヘルメットが地面を這ってるぞ?」

斥候隊は不意をつかれたが、そのソ連兵に銃撃を浴びせて適切に対処した。
しかし数秒後、斥候隊は地獄の真っ只中に取り残されていた。

彼らをとりまくヒマワリ畑のあらゆる地点から数百のソ連兵が一斉に叫びながら発砲を開始したのだ。

 夜間、82mm迫撃砲の支援を受けたソ連軍歩兵2個大隊がこっそりと河を渡り、
イタリア軍野営地から数百メートルの地点に塹壕を掘り、待ち伏せ準備を整えていたのだ。
野営地に据え付けられた機関銃の機敏な反応と連隊付属の馬載砲兵の速射砲撃は、
押し寄せるソ連兵の波を一時的に食い止めはしたものの、時間が経つにつれて敵の圧力は激しくなっていった。
イタリア軍指揮官は今こそ訓練の成果を発揮すべき時だと判断した。

「騎兵突撃だ!」

199 :世界@名無史さん:2006/06/29(木) 16:58:38 0
796 :名無し三等兵 :2006/06/29(木) 00:23:44 ID:???
第2騎兵中隊は敵正面からではなく側面から突入する為
大きく迂回して敵左翼に突撃するよう命じられた。
この迂回機動は完璧に成功しソ連軍は完全な不意打ちを食らった。
ソ連軍は再照準する暇もなく騎兵に蹂躙された。
ソ連兵の多くが強烈な剣の一撃によって頭を真っ二つに割られ
その他大勢は即座に降伏するか逃げ去った。

騎兵中隊は前進を続けると、抵抗は次第に強力になり損害が大きくなっていった。

その為、第4騎兵中隊が下馬して敵正面に向かう事になった。
これにより第2騎兵中隊への圧力はやや弱まり、彼らは再結集して反転し
敵の右翼から左翼にかけて再び突撃する事が出来た。

その直後、中央への攻撃を援護するため第3騎兵中隊が同じ命令を受けた。突撃せよ!

200 :世界@名無史さん:2006/06/29(木) 16:59:33 0
797 :名無し三等兵 :2006/06/29(木) 00:25:20 ID:???
第3騎兵中隊の指揮官が最初の突撃と同じ接近方法を採らず敵中に真直ぐ突っ込んだのは
疑問の残る決定で、この所為で必要以上の犠牲が生じる事になった。

にも関わらずこの二回目の突撃で敵は完全に崩壊し、ソ連軍は第二線陣地も捨てて退却した。
ソ連軍の損害は死傷450名で、500名が捕虜になった。

戦いが終わると、こんな展開になるとは思っていなかった
イタリア騎兵たちは一様に同じ言葉を口にした。

「サヴォイアが突撃したんだ、サヴォイアが突撃したんだ!」

完全に機械化された戦争においては夢でしかなかった事が実現したのだ。

201 :世界@名無史さん:2006/06/29(木) 17:00:11 0
798 :名無し三等兵 :2006/06/29(木) 01:42:36 ID:???
>>731といい、イタリア軍は「軍事的ロマン」を体現させたら世界一だなw


799 :名無し三等兵 :2006/06/29(木) 02:02:38 ID:???
イタリアつええええええ


800 :名無し三等兵 :2006/06/29(木) 03:03:15 ID:???
>>796
1942年の戦争とは思えないw ナポレオン戦争的ヒロイズム・・・・


801 :名無し三等兵 :2006/06/29(木) 05:11:36 ID:???
すげぇwイタリア騎兵かっこよすwww

202 :世界@名無史さん:2006/06/29(木) 18:47:17 0
609 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2006/06/25(日) 19:16:13 ID:???
>>604
はぁ?
第一次世界大戦に勝利しオーストリアの領土である南チロルなどを併合しているしwwwwwwwwww

第ニ次世界大戦で勝利したイタリアは
「旧敵国条項」対象とされていないしwwwwww
ドイツや日本などとは違うしwwwwwwww


敗戦国民がイタリアに嫉妬するなよwwwwwwwwwww

685 名前:名無し三等兵[age] 投稿日:2006/06/25(日) 23:25:32 ID:???
>>679
戦勝国である連合国であれば、当然結成当時の国連に加盟できているはずですが、
イタリアは当然加盟していたのでしょうね・・・・
で、結成時の加盟国は

アルゼンチン、オーストラリア、ベルギー、ボリビア、ブラジル、ベラルーシ、カナダ、
チリ、中国、コロンビア、コスタリカ、キューバ、チェコスロバキア、デンマーク、
ドミニカ共和国、エクアドル、エジプト、エルサルバドル、エチオピア、フランス、ギリシャ、
グアテマラ、ハイチ、ホンジュラス、インド、イラン、イラク、レバノン、リベリア、
ルクセンブルグ、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ニカラグア、ノルウェー、
パナマ、パラグアイ、ペルー、フィリピン、ポーランド、ロシア連邦、サウジアラビア、
南アフリカ、シリア、トルコ、ウクライナ、英国、米国、ウルグアイ、ベネズエラ、
ユーゴスラビア

あれ、イタリアの加盟は1955年?
敵国条項とやらに載っているフィンランド、ハンガリー、ブルガリアと同じ年ですが、
何でなんでしょう?


203 :世界@名無史さん:2006/06/29(木) 18:47:48 0

688 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2006/06/25(日) 23:39:03 ID:???
イタリアはドイツに対して宣戦布告し
ドイツは降伏しているので戦勝国だ
他の戦勝国との扱いが違うからといって戦勝国ではないと言うのはおかしい

690 名前:名無し三等兵[age] 投稿日:2006/06/25(日) 23:43:21 ID:???
ルーマニア、ブルガリアはドイツに対し宣戦布告し、ドイツは降伏しているので戦勝国だ。
他の戦勝国との扱いが違うからといって戦勝国ではないと言うのはおかしい。

695 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2006/06/26(月) 00:03:21 ID:???
うっせーとにかくイタリアは戦勝国だ!
ナチのファシストをやっつけたんだ!

781 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2006/06/28(水) 06:27:31 ID:???
終わった話題だが、誰も指摘してないから書いておく。

>>609
敵国条項と呼ばれる国連憲章第107条は特定の国を名指ししていない。
一般的に敵国条項は日本、ドイツ、イタリア、ルーマニア、ブルガリア、フィンランド、ハンガリーの7ヶ国を指すとされる。
wikipedia日本語版などで何故かイタリアが除外されたなどの記事があるが、
どこの新聞でもいいから敵国条項関連の記事が出たときに用語解説を読むといい。



204 :世界@名無史さん:2006/06/29(木) 20:52:12 0
>>202-203
で?それがこのスレと何の関係があるんだい?

205 :世界@名無史さん:2006/06/29(木) 20:58:48 0
679 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2006/06/25(日) 22:57:48 ID:???
早くイタリアが戦勝国で無い根拠を出せよ
敗戦国の土人ども


716 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2006/06/26(月) 02:12:54 ID:???
敗戦国のドイツよりマシ!

敗戦国のドイツよりマシ!

敗戦国のドイツよりマシ!


743 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2006/06/26(月) 19:52:38 ID:???
敗戦国のドイツよりマシ!

敗戦国のドイツよりマシ!

敗戦国のドイツよりマシ!


793 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2006/06/29(木) 00:04:34 ID:???
つーかむしろドイツのほうが負けすぎで笑えるwwwwwwwwwww


206 :世界@名無史さん:2006/06/29(木) 23:21:18 0
おいおいもう頭悪そうな
雑魚キャラしか残ってないのかよ

泣けるぜ

207 :世界@名無史さん :2006/06/30(金) 00:53:39 0
朝鮮群も忘れてるZE!
イタリア気質(時間も守らない、法律もどこ吹く風のラテン気質)の国民性の軍は大抵弱いのはなんでだろう?
微妙に調べると面白そうな題材かも。

208 :世界@名無史さん:2006/07/11(火) 19:21:10 0
なんだ、誰もカキコしてないから漏れが書くか

ヘタリア ワールドカップ優勝オメ!

しかし、サッカーのナショナルチームのほうが軍隊よりはるかに栄光に包まれているとは・・・
やっぱりヘタリアーンw

209 :世界@名無史さん:2006/07/11(火) 19:52:18 0
日本兵がアメリカ兵に完膚無きまでに打ち負かされた事実。

210 :世界@名無史さん:2006/07/12(水) 08:55:12 0
朝鮮兵が、自国が日清両外国軍の戦場になっても、指をくわえて傍観していただけという事実

211 :世界@名無史さん:2006/07/17(月) 09:27:05 0
朝鮮兵がしたことは、傍観じゃなくて強(ry

212 :世界@名無史さん:2006/07/18(火) 13:43:20 0
ヘタリア兵は女の前では勇敢である
朝鮮兵は女を見ると強(ry


213 :世界@名無史さん:2006/07/18(火) 14:33:53 0
そもそも日清戦争当時は「朝鮮兵」など居ないも同然。
まともな兵力が無かったので、周辺諸国の草刈場になった。

214 :世界@名無史さん:2006/07/18(火) 20:44:06 0
朝鮮のような三流国が弱くても、別にどうと言うことはない。

ヘタリアのように先進国と言われながら弱いのが問題。

215 :世界@名無史さん:2006/07/18(火) 23:13:22 0
シーランド公国
1名の「兵士」が1丁のライフルで領内を巡回している


216 :世界@名無史さん:2006/07/18(火) 23:25:17 0
数十人のスペイン人に大帝国を征服されたアステカ・インカ

217 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/07/18(火) 23:34:39 0
コルテスが600人、ピサロが180人は率いていませんでしたか。

218 :世界@名無史さん:2006/07/21(金) 20:53:06 0
南ベトナム政府軍の弱さにかなう軍隊なぞ存在しないと思う。装備はアメリカ軍と同じなのに・・・

あと、朝鮮戦争後半以降の韓国軍は決して弱くないと思うぞ。
ベトナム戦争でも、派遣された青龍師団とかベトコンに恐れられたと言うし。
戦車も、カタログデータは世界レベルでも北海道でしか使えない90式より
韓国の88式の方が日本の地形にも合ってるぞ(爆)。湾岸戦争で105mm砲でもT72やっつけれたし・・・

219 :世界@名無史さん:2006/07/21(金) 21:55:40 0
ベトナム戦争の韓国軍は中級士官クラスが朝鮮戦争の経験者だったからね
日本で言えば戊辰戦争経験者が幹部になっていた日清戦争と同じ状態だ

220 :世界@名無史さん:2006/07/22(土) 00:19:05 0
>>218
陸自の主力は74式でしょw

221 :世界@名無史さん:2006/07/22(土) 10:29:42 0
>>218
さすがに陸自もまずいと思ってるらしく「真の74式の後継戦車」を開発中w
韓国では88式の主砲を北朝鮮の多数の旧式戦車と戦うため、
あえてより多くの弾を搭載できる105ミリ砲にしたのだけど
今度は日本の74式や90式と戦うため120ミリ砲にするのだそうだ、
もちろん酋長の御意向で仮想敵が北朝鮮から日本に変化しているためとかw

222 :世界@名無史さん:2006/07/22(土) 10:37:59 0


223 :世界@名無史さん:2006/07/22(土) 10:52:01 0
スレ違いだが、世界中の国で国連常任理事国(5大国)すべてと戦ったことのあるのって
日本だけだよな。しかもオランダとかオーストラリアとかのおまけ付きでさらにほとんど同時に。
それで戦闘としては6勝1敗とは。
日本ツヨス

224 :世界@名無史さん:2006/07/22(土) 10:54:17 O
旧ラオス王国軍 
弱いってか戦う前に逃げる

225 :世界@名無史さん:2006/07/22(土) 14:15:07 0
>>213
あの時代は東アジア世界全体として兵力があまり揃えられていなかったよな。
日本も、かつて関ヶ原で10万の軍が会戦を行っていたわけだが、
当時の日本の戦闘要員はそんなレベルで用意できなかっただろう。
清国も紀元前から数十万単位の軍隊がガチで戦っていた国とは
思えないほど、弱体化している。

226 :世界@名無史さん:2006/07/22(土) 14:17:11 0
>>223
東インド艦隊こそ壊滅させたが、日本はミャンマーやインドにまでは手が
出せなかった。そう言う意味ではイギリスとは全然決着がついてないだろう。
中国、オランダ、フランスについては圧倒したが、本国の部隊と戦ったのは
中国のみ。

227 :世界@名無史さん:2006/07/22(土) 14:44:56 0
日本はビルマをずっと占領してたんだけど。

228 :世界@名無史さん:2006/07/22(土) 15:26:30 0
>>227
イギリス王の称号の一つが「インド帝国皇帝」なのだから、ニューデリーを陥落させなきゃ意味ないな
イギリスから見りゃ辺土にすぎないミャンマーを占領してもねぇ、しかも歴史に残る「愚戦」を展開したしw

229 :世界@名無史さん:2006/07/22(土) 15:30:40 0
>東インド艦隊こそ壊滅させたが、日本はミャンマーやインドにまでは手が
>出せなかった。

自分でインドとビルマを分けて書いておいて、後で必死に言い訳ワロス

230 :世界@名無史さん:2006/07/22(土) 15:34:05 0
>>224
そういう戦術もアリだと思う。戦略なら大大問題だが(笑)。

231 :世界@名無史さん:2006/07/22(土) 16:02:29 0
              ,,.. -──- 、,
            ,. ‐'":::::::::::::::::   ....:``'-、
         ,/::::::::::::::::::: ....::::::::::::::::::::::::ヾ:、      ,....,
          /::::::::::::::: ..:::::::::::::::i、::::::::::::::::::::'、':,.    /  ヽ
       /::::::::::: ....:::::::::::::::::::::i:::!`、:ト、::::::::::::i i!   /     i
      i   ...::::::|'、ヽ;::::::::::::::|,!:!__リ,,'iヽ::l''、:'、   /      /
        | ..::::::::;:::i!:i ヾ:、ヽ:::::::::| リ , -─ リ i;il:ヽ, i    /    あはははは〜
       l:::::::::::::::i',i ':i ,メ、 \;:l '゙    `、 !::::/l ...::::::/``ヽ
      l::ヽ:::::ヽ:i,レ',.゙-‐''''         ',/'/..::::::::::/    l'ヽ;、  ヘタリアのやつ、
       i:::::>、:ヾ,' /     _,.. -‐'ヾi    ,レ'::::::::::;r':..   /  i_\
        i:::i. `'‐,ゝ    i"       '! ,.‐''" :::::::::::i゙::::::::.../.  ノ 'i    また負けてるよ〜
          !::\ `ヽ    ':,     l{   ..:::::/::L,. ‐'":::::;/  !
          l::::::::`''‐r\    ヽ.,__,.ノィ'‐-‐''"'ォ‐--,゙弋''''"::::::;.ノ
         |::::::::;ィ:::}、 ``'''─--、-‐ニ┤ ___ハ,`''ーヽ-'=‐''":::
          !::::::/ i:::|、\     ヾ´. i  ヽ   、''‐-、_::::::::::::::::: /
        i:::::/ i:::ハヽ`''‐、/l__\,| /    ヽ--、,.ニ=‐--‐'"


232 :世界@名無史さん:2006/07/22(土) 16:41:29 0
>>231
定期AAコピペ乙!おまいレパートリー少なすぎ
手抜きするなら市ね、クズ

233 :世界@名無史さん:2006/07/22(土) 16:54:41 0
  ∩∩      ヘ タ リ ア 軍 参 上 !       V∩
  (7ヌ)                              (/ /
 / /                 ∧_∧            ||
/ /  ∧_∧     ∧_∧  _(´∀` )   ∧_∧   ||
\ \( ´∀`)―--( ´∀` ) ̄      ⌒ヽ(´∀` ) //
  \       /⌒   ⌒ ̄ヽ、雑魚 /~⌒    ⌒ /
   |      |ー、      / ̄|    //`i ゴミ  /
    | 弱虫 | |腰抜け / (ミ   ミ)  |    |
   |    | |     | /      \ |    |
   |    |  )    /   /\   \|       ヽ
   /   ノ | /  ヽ ヽ、_/)  (\    ) ゝ  |
   |  |  | /   /|   / レ   \`ー ' |  |  /


234 :世界@名無史さん:2006/07/22(土) 18:23:55 0
しかしワールドカップだけは勝つんだよな・・・

235 :世界@名無史さん:2006/07/22(土) 19:01:29 0
イタリアが弱いだの朝鮮が弱いだの軍板みたいな事ばっかり書き込まれててもつまらん

236 :世界@名無史さん:2006/07/22(土) 19:28:50 0
>>207
> イタリア気質(時間も守らない、法律もどこ吹く風のラテン気質)の国民性の軍は大抵弱いのはなんでだろう?

亀レスだが、自分で答え書いてるやんw

237 :世界@名無史さん:2006/07/22(土) 21:37:09 0
>>229
>>226だが>>228は私ではないぞ。
今自分の投稿読んだら書き方が拙かったな。手が出せないというのは
別に占領していたかどうかというつもりで書いたわけではなかったのだが。

要は主力部隊とガチで戦った訳ではないし、国境付近のジャングル地帯では
手酷くやられて死に体になってしまったということが言いたかった。

238 :世界@名無史さん:2006/07/22(土) 21:59:48 0
WWUのとき仏vs伊やったらどっちが勝ったんだろう?
仏軍がマジノ線から出てくる訳ないし、伊軍がベルギー辺りまで遠征する訳もないし、
有りえんかったな・・・

239 :世界@名無史さん:2006/07/23(日) 00:15:11 0
イタリアの参戦経緯くらい調べて書き込め。南部国境で一応ドンパチやってるよ。

誰も覚えていないけど。

240 :世界@名無史さん:2006/07/23(日) 00:27:19 0
降伏寸前のフランスに宣戦してぼろ負けで敗走寸前。

フランスが降伏していなければ、イタリア軍の戦線は崩壊していた。

241 :世界@名無史さん:2006/07/23(日) 01:47:04 0
あくまで野戦で戦ったら。
仏軍はアルペン線に依って戦ったんじゃないのか?
独軍でさえ避けて通ったマジノ線を伊軍が突破できる訳ないと思う。
最も詳しい経過知らんから「籠城戦」でなかったかも知れないが・・・

242 :世界@名無史さん:2006/07/24(月) 16:21:12 0
日本の帝国陸軍は出身地ごとの部隊編成になっていたが、
最強は九州部隊・東北部隊で、最弱は関西部隊だった。
この辺にヒントがあるような気がする。

243 :世界@名無史さん:2006/07/24(月) 19:33:35 0
大阪連隊が弱かったのは本当らしい。すぐ退却したので、
被害は少なかった。

244 :世界@名無史さん:2006/07/24(月) 19:43:06 0
ある法則に従えば、世界最弱の軍隊は中国軍との結論が出てる。

245 :世界@名無史さん:2006/07/24(月) 19:47:18 0
どの時代の中国軍だ?
明末の正規軍なら歴代でも最弱に入るが。

246 :世界@名無史さん:2006/07/24(月) 20:09:53 0
飯の不味さと軍隊の強さは正比例するという法則w

247 :世界@名無史さん:2006/07/24(月) 20:10:08 0
>>244
その法則ってまさか、あの国の法則のことじゃないだろうな。

248 :世界@名無史さん:2006/07/25(火) 00:13:25 0
     〈`ー─-、_ノ^j
      `>     <__, ─-、____
     /            j         / ̄ ̄ ̄Tー‐─┬''⌒ヽー-- 、
    r'            /、   1   /      |  5   | 7  |    |9
    └---─、        /  ` ー──/   3   |    │    |    l |
            \    /       /     ┌┴─‐─┴┐ / 8  l |
          \  /   2   /ー─ ----l     6     |‐┤    l |
            V        /    4  └──‐──┘ |     l |
            し个 、   /                   |   ハ〈
                |  ` ーl─‐┬─----------──┬─イ´ ̄ヽヽヽ
              |   /ヽ  |             |   ハ    〉 〉 〉
                  |  /   | |                  |  / │ / 〈ノ
                | |   | |             | /  | /
             __/ |  __/  |10            __/  | __/  |10
               (__」 ゙ー-‐'           ゙ー-‐'(___」     人
                                            (__)
                                           (__)11
 1:肩ロース           6:ヒレ
 2:肩                7:ランプ
 3:リブロース         8:そともも
 4:ばら                 9:テール
 5:サーロイン           10:すね
 11:ヘタリア(笑)


249 :世界@名無史さん:2006/07/25(火) 10:05:36 O
>245
中国史上最弱は文治主義の宋軍ではないでしょうか?

250 :世界@名無史さん:2006/07/25(火) 23:38:43 0
と言われるが、その割には勃興してきた北方の王朝によく抵抗した。

指導者に軍事的素養がほぼなかったにもかかわらず、
結構頑張った・・・・ってのが最近の評価だと聞いた。

251 :世界@名無史さん:2006/08/05(土) 08:08:18 0
南宋なんてモンゴル相手によく持ち堪えたものだ。

252 :世界@名無史さん:2006/08/06(日) 10:43:16 0
それは華南に河渠が多くて騎馬隊が使えなかっただけだ。

253 :世界@名無史さん:2006/08/06(日) 12:06:00 0
当時のモンゴル帝国の力が騎兵だけによるものだとでも?

254 :世界@名無史さん:2006/08/13(日) 15:49:34 0
                               ,,.. -──- 、,
                            ,. ‐'":::::::::::::::::   ....:``'-、
                          ,/::::::::::::::::::: ....::::::::::::::::::::::::ヾ:、      ,....,
                        /::::::::::::::: ..:::::::::::::::i、::::::::::::::::::::'、':,.    /  ヽ
                        /::::::::::: ....:::::::::::::::::::::i:::!`、:ト、::::::::::::i i!   /     i
   ヘタリア人劇弱           i   ...::::::|'、ヽ;::::::::::::::|,!:!__リ,,'iヽ::l''、:'、   /      /
        ◎    ┌┐ □□       | ..::::::::;:::i!:i ヾ:、ヽ:::::::::| リ , -─ リ i;il:ヽ, i    /             ┌〜┐
┌〜〜〜┐┌〜┘└〜┐       l:::::::::::::::i',i ':i ,メ、 \;:l '゙    `、 !::::/l ...::::::/``ヽ          │  │
└〜〜┐│└〜┐┌〜┘    ┌〜〜l::ヽ:::::ヽ:i,レ',.゙-‐''''         ',/'/..::::::::::/    l'ヽ;、 〜〜〜〜┐│  │
      ││┌〜┘└〜┐    │   i:::::>、:ヾ,' /     _,.. -‐'ヾi    ,レ'::::::::::;r':..   /  i \      ││  │
      ││└〜┐┌〜┘┌┐└〜〜 i:::i. `'‐,ゝ    i"       '! ,.‐''" :::::::::::i゙::::::::.../.  ノ 'i ヽ,〜〜〜┘└〜┘
    / /     ││  ┌┘└〜┐   !::\ `ヽ    ':,     l{   ..:::::/::L,. ‐'":::::;/  ! ヽ,      ┌〜┐
   'ヽ/      └┘  └┐┌┐│   l::::::::`''‐r\    ヽ.,__,.ノィ'‐-‐''"'ォ‐--,゙弋''''"::::::;.ノ  |      └〜┘
                ││ヽ/   |::::::::;ィ:::}、 ``'''─--、-‐ニ┤ ___ハ,`''ーヽ-'=‐''":::   ノ
                └┘      !::::::/ i:::|、\     ヾ´. i  ヽ   、''‐-、_::::::::::::::::: /


255 :世界@名無史さん:2006/08/16(水) 15:04:50 0
マイナーチェンジ止まりか、馬鹿めがw

256 :世界@名無史さん:2006/08/16(水) 18:56:02 0
  ∩∩      ヘ タ リ ア 軍 参 上 !       V∩
  (7ヌ)                              (/ /
 / /                 ∧_∧            ||
/ /  ∧_∧     ∧_∧  _(´∀` )   ∧_∧   ||
\ \( ´∀`)―--( ´∀` ) ̄      ⌒ヽ(´∀` ) //
  \       /⌒   ⌒ ̄ヽ、雑魚 /~⌒    ⌒ /
   |      |ー、      / ̄|    //`i ゴミ  /
    | 弱虫 | |腰抜け / (ミ   ミ)  |    |
   |    | |     | /      \ |    |
   |    |  )    /   /\   \|       ヽ
   /   ノ | /  ヽ ヽ、_/)  (\    ) ゝ  |
   |  |  | /   /|   / レ   \`ー ' |  |  /


257 :世界@名無史さん:2006/08/16(水) 20:11:21 O
神策軍は?

258 :世界@名無史さん:2006/08/16(水) 21:50:26 O
結果だけで見るなら三国時代の蜀はほぼ連戦連敗


259 :世界@名無史さん:2006/08/16(水) 22:04:39 0
【銚子大戦争】
釣り板の九十九里と銚子で内戦勃発!!みんなで参加しよう!
現在、戦況は銚子劣勢。

銚子
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/fish/1138369238/l50
九十九里
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/fish/1137156688/l50
ついでに鹿島
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/fish/1155518083/l50

260 :世界@名無史さん:2006/08/17(木) 11:29:10 0
枢軸
今度はイタリア抜きでやろうな。

261 :世界@名無史さん:2006/08/17(木) 11:30:24 0
過去最強のローマ帝国軍はどこへ行ったのだろうか?

262 :世界@名無史さん:2006/08/19(土) 09:29:31 0
パルチア騎兵に歯が立たない弱軍などイラネ

263 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 09:56:41 0
>>262
ローマ帝国のトラヤヌス帝は、パルティアの首都クテシフォンを攻略していますが、何か?
ローマ帝国のマルクス・アウレリウス・アントニヌス帝は、パルティアの首都クテシフォンを攻略していますが、何か?
ローマ帝国のセプティミウス・セヴェルス帝は、パルティアの首都クテシフォンを攻略していますが、何か?

カルラエ?ああ、火事場泥棒で成り上がった成金がくたばってますな、でもその敗残兵1万に結局勝てなかった
パルティアはたしかに最強ですよw

264 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 12:01:43 0
歴史を知らないものは一度や二度勝っただけで、
パルティアの方が強いなどと放言するから始末におえない。

265 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 12:38:21 0
ローマ帝国軍は弱い
ローマ帝国は強いけどな
パルティア軍は強いけどパルティアは弱い

266 :世界@名無史さん:2006/08/21(月) 09:28:37 0
>>265
何逝ってるの?
簡単に言い負かされたからと、国家なんか持ち出して問題をすりかえるなよ、見苦しい
と、傷口に塩を塗りこんでみるテストw

267 :265:2006/08/22(火) 19:00:41 0
>>266
このスレでのはじめての書き込みなんだが?
書いたことは事実だろ。
ローマ軍の強みは規律に優れた歩兵にあるわけで
騎兵による機動戦に持ち込まれたり、後方と遮断されて孤立するとすぐに負ける。
歴史的にも敗北した戦闘は多いよ。
ローマ帝国の強さは継続する意思。
何個軍団潰しても、翌年にはさらに大きな軍事力で侵攻してくるからいつかは負ける。
一方オリエント君主国は一戦に負けるとそれが致命傷になることが多い。

268 :世界@名無史さん:2006/08/22(火) 21:43:36 0
あれま、最初からそう書いてよ
負け惜しみの最後っ屁かと思ったじゃないかw
>>267は禿同につき>>266は撤回します、スマソ

269 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 15:44:22 0
勇敢なローマ人は侵入してくる異民族との戦闘や、暴虐な皇帝に反抗して死に絶え、
侵略者から逃げ回ったり、卑屈に追従したり、暴君に媚びへつらったりしていたやつらが
生き残って現代イタリア人になったんだからしょうがない。

270 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 18:21:57 0
>>267
規律に優れた歩兵だけで相当に強いものだがね。

271 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 18:39:00 0
ローマ軍は確かにあらゆる状況に対応できるタイプの軍隊ではなかったが、
それでも弱いは言いすぎだわな。
実際パルティア相手の戦闘だってローマが勝った方が多いわけだし。

272 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 18:41:13 0
>>267
カルタゴ戦以後はローマも騎兵を利用したんじゃなかったっけ?
いずれにしてもカエサル下の帝国軍は最強じゃないか?

273 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 18:45:44 0
フン族自体はそれほど強くないがバランベル・ムンズグ・アッティラと卓越した指導者を輩出したフン族は大勢力を築いた。


274 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 22:07:59 0
強大な帝国を築いたものほど、その敗戦が目立つからね。
近視眼的な者はそればかりに目がいって、安易に「弱い」などといってしまう。
常勝無敗の軍隊ではないということと、その軍隊が弱いということは全然違うわけだが。

275 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 01:15:35 O
アッチラはカリスマ性はあったけどそんなに軍才はなかったようですよ
アッチラ時代の軍の指揮はもっぱら東ゴート族のヴァラミール、ティウディミール、ヴィディミールのアマラー家の3兄弟とゲピート族のアルダリックの4人が採っていたようです

276 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 01:16:47 0
なぜゴート人なんぞに軍の指揮を任せたのか

277 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 10:23:28 0
フン族って、鐙を使用したの?

278 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 13:58:45 0
>277
ヨーロッパに伝来したのはアヴァール人あたりから。

279 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 16:20:37 0
アッティラはゲルマン系ゴートを重用することで
トルコ系のハザールやモンゴル系のアヴァールなどを抑えていた。
アッティラ死後、アヴァールはゴートやゲピードを滅ぼしハンガリーを抑え、
ハザールは黒海・カスピ海北岸に大勢力を築いている

280 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 16:40:00 O
西ゴートを滅ぼしたのはイスラム
東ゴートを滅ぼしたのはユスティニアヌス帝治下のビザンツ
ゲピートを滅ぼしたのはランゴバルト

281 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 16:44:06 O
アッチラ死後フン族を黒海方面へ駆逐したのは東ゴート
アヴァールの欧州侵入はその約200年も後の事

282 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 17:10:23 O
ゴート人になぜ指揮権を与えたのかというのは
ヴァラミールらが有能であったからだと推測できる
かつてフン族スレにも書き込んだ覚えもあるので詳細は割愛するが
東ゴートはアッチラ死後、独立して一度もフン族に負けていない
一度は他の2兄弟の救援が来る前にヴァラミール単独で自ら率いる部隊のみでフン族を完膚なきまで打ち破っています

283 :世界@名無史さん:2006/08/30(水) 18:51:08 0
遊牧騎馬民はリーダー次第だからなぁ。
(当時はどこの軍隊もそうだろって、ツッコミはアリ。)
バトゥ帰還後のハンガリーのモンゴル軍みたいにヨーロッパの軍隊でも撃破&
駆逐出来たようなもんかもしれん。

284 :世界@名無史さん:2006/08/30(水) 19:45:08 0
ハンガリーでモンゴル軍が撃破されたりしたっけ?

285 :世界@名無史さん:2006/08/30(水) 21:28:52 0
主力がクリルタイの為にいなくなった後の話だよ。
「モンゴル軍」というよりは「モンゴル系の遊牧民」といった方が正しいかも知
れんがw

286 :世界@名無史さん:2006/08/30(水) 21:36:03 0
>アッチラはカリスマ性はあったけどそんなに軍才はなかったようですよ
アッティラはボルガ河畔でアヴァールを破っているが。


287 :世界@名無史さん:2006/08/30(水) 22:54:08 0
>>285
それなんて戦いでの話?

288 :世界@名無史さん:2006/08/31(木) 01:26:29 0
史料は全く無いけどグダグダと押し返されてったんじゃないのと想像する

289 :世界@名無史さん:2006/08/31(木) 05:50:16 0
「戦い」の名前と呼べるものは特に伝わってはいないよ。
ハンガリー国王べーラ4世の国外脱出後、その要請を受けた形で神聖ローマ帝国
皇帝フリードリヒ2世がハンガリーに兵を差し向けている。
「騎士の時代」(法政大学出版局)や「モンゴル軍のイギリス人使節」(角川書店)
などの西洋史関連の本に一部記述があるのみ。
(これらの一連の「戦闘」により、モンゴル軍に参加していたひとりのイングラン
ド人が捕虜になり、そして処刑されている。)

290 :世界@名無史さん:2006/08/31(木) 07:34:03 0
なるほど。

291 :世界@名無史さん:2006/08/31(木) 23:00:02 0
アッティラは部下に、
・悪い報告をした部下を褒めよ
・悪い報告を隠した部下を罰せよ
って命令した、ってどこかで見たことがあるんだけど、これって本当なの?
これが本当で、実際に実行されていたとしたらそりゃ強い組織だわと思うんだが。

292 :世界@名無史さん:2006/09/01(金) 12:30:13 0
>>223
>>226

日本とフランスって、戦争したことあったっけ?
もしかして仏領インドシナ進駐のこと?
あれはドイツとの戦いで負けたフランスが統治能力を失ったから、ビシー政府の要請により
平和的に進駐しただけで、戦闘行為はやっていないのでは?

なんだかしらないけどそのことで米英蘭が怒りだしたけど。


293 :世界@名無史さん:2006/09/01(金) 17:51:25 0
日本軍の進駐を認めたことをヴィシー政府から咎められて、仏印の総督が首になっているが?
首にされた総督は頭に来て、自由フランス軍に寝返ったのだが。

294 :世界@名無史さん:2006/09/02(土) 04:07:12 0
弱いワケじゃないけど、
ヒコーキの火力支援の無いアメリカ陸軍って、思ったよりは強くなさそう。
ライト兄弟様々だね。

295 :世界@名無史さん:2006/09/02(土) 11:23:41 0
そりゃあ相手にだけ航空兵力があるならそれよりは弱くなるだろうが、
両方飛行機という条件なら、やっぱり米軍は最強クラスだと思うぞ。

296 :世界@名無史さん:2006/09/02(土) 11:24:14 0
両方飛行機なしという条件なら

297 :世界@名無史さん:2006/09/03(日) 16:48:13 0
>>292
北部仏印進駐…戦前、ビシーを押し切り強引に進駐。名目上、共同統治。援支ルート遮断。
南部仏印進駐…上に同じ。資源確保と南方作戦基地確保目的。
仏印武力解決…「明号」作戦。太平洋戦争後期、仏軍に危険を感じ、総督に全権委譲を要求。
 承諾しないので、仏軍駐屯地を攻撃し、戦闘の末、武装解除。捕虜となった仏軍将校多数は処刑。
 仏軍のうち、半数程度は中国へ脱出し、対日戦に参加。
 仏艦隊旗艦の軽巡ラモットピケは、日本軍に鹵獲された後、米軍の空襲で沈没。

日本軍進駐時代の残虐行為、特に捕虜処刑容疑で、戦後、戦犯裁判。
有罪者出て、処刑。

298 :世界@名無史さん:2006/09/03(日) 19:19:29 0
名前:ふぁいるず [] 投稿日:2000/10/08(日) 18:09
第2次大戦前、アフリカで唯一の独立国であるエチオピアは、征服されざる
「アフリカの虎」としてその軍事力を高く評価されており、実際にエチオピア
兵士の戦闘力は、ゲリラや傭兵で恐れられていたが。なんとあのイタリア軍に
破れ、侵略されてしまったのはご存じの通りである。
大戦力と近代兵器を持つ伊軍が勝つのは当たり前とも言えるが、なんとなく
信じられないホントの話として紹介してみた。

因みに、これはホントに信じられないことだが、3国同盟成立時、イタリアは
仏や英、独以上に強いと各国から評価されていた。
理由は、上記のエチオピア侵略やスペイン内戦での実戦経験が豊富な事であっ
たが、実際はあのヘタレな仏の崩壊直前に宣戦布告して奇襲的に攻め込んだに
も関わらず、たったの2個師団相手に追い返されたという事実は書くまでもない。

名前:名無しで [] 投稿日:2000/10/09(月) 01:18
スパゲッティ好きの某国は外貨稼ぎのために自国空軍にも配備が済んでいない機体を
せっせと輸出していた。
>イ式重爆


299 :世界@名無史さん:2006/09/03(日) 19:20:20 0
名前:名無し三等兵[] 投稿日:01/10/05 00:26 ID:bUyTvbu6
イタリア本国で、イタリア軍とアメリカ軍が対峙していた。
敗戦決定と思っているイタリア兵に当然の如く戦意はなく、
アメリカ兵もその雰囲気を察してか攻撃は控えていた。
たぶん、そのまま後退すると見ていたのか、ヘタに攻撃して追い詰めると
火傷しかねないと思ったか。
もしかしたら、戦場に生きている者同士、その時は気持ちが
通じ合っていたのかも知れない。

とにかく平和な一瞬が訪れていたが、あるときドイツの観測機が飛んできた。
イタリア兵は、ドイツ軍に来られてはたまらないと、ちゃんと戦っている風を装って
米軍へ向けて発砲した。
米軍もやる気なく反撃した。
その光景を観測機はこう見ていた。
「すごい!イタリア軍が米軍の攻勢を食い止めている」
直に、ドイツの地上部隊が救援に訪れ、やがて激戦になってしまった。
これが本当なら、ドイツは邪魔者と言うことになる。

この話しを元にしてコメディ映画が作られたと聞いたが、真偽の程は分からない。

300 :世界@名無史さん:2006/09/03(日) 20:27:34 0
アッティラの
「悪いことを報告した者を誉めよ」
「悪い事を隠した者は罰せよ」
ティムールが不利な事実を隠し粉飾して報告する事を怒り
「例え都合の悪い知らせでも真実を知ることを望んだ」
というのは通ずるものがある。


301 :世界@名無史さん:2006/09/03(日) 21:46:29 0
>>299 多分これだろう>映画

ttp://nttxstore.jp/_II_D111179125?LID=egoodvd&FMID=egoo

302 :世界@名無史さん:2006/09/04(月) 00:09:27 0
              ,,.. -──- 、,
            ,. ‐'":::::::::::::::::   ....:``'-、
         ,/::::::::::::::::::: ....::::::::::::::::::::::::ヾ:、      ,....,
          /::::::::::::::: ..:::::::::::::::i、::::::::::::::::::::'、':,.    /  ヽ
       /::::::::::: ....:::::::::::::::::::::i:::!`、:ト、::::::::::::i i!   /     i
      i   ...::::::|'、ヽ;::::::::::::::|,!:!__リ,,'iヽ::l''、:'、   /      /
        | ..::::::::;:::i!:i ヾ:、ヽ:::::::::| リ , -─ リ i;il:ヽ, i    /    あはははは〜
       l:::::::::::::::i',i ':i ,メ、 \;:l '゙    `、 !::::/l ...::::::/``ヽ
      l::ヽ:::::ヽ:i,レ',.゙-‐''''         ',/'/..::::::::::/    l'ヽ;、  ヘタリアのやつ、
       i:::::>、:ヾ,' /     _,.. -‐'ヾi    ,レ'::::::::::;r':..   /  i_\
        i:::i. `'‐,ゝ    i"       '! ,.‐''" :::::::::::i゙::::::::.../.  ノ 'i    また負けてるよ〜
          !::\ `ヽ    ':,     l{   ..:::::/::L,. ‐'":::::;/  !
          l::::::::`''‐r\    ヽ.,__,.ノィ'‐-‐''"'ォ‐--,゙弋''''"::::::;.ノ
         |::::::::;ィ:::}、 ``'''─--、-‐ニ┤ ___ハ,`''ーヽ-'=‐''":::
          !::::::/ i:::|、\     ヾ´. i  ヽ   、''‐-、_::::::::::::::::: /
        i:::::/ i:::ハヽ`''‐、/l__\,| /    ヽ--、,.ニ=‐--‐'"



303 :世界@名無史さん:2006/09/04(月) 00:30:46 0
「軍旗一流」という昭和15年発行の世界各国の海軍艦艇本を以前古本屋で入手
したんだが、「頼もしき同盟国・イタリア海軍の勇姿」とかイタリアの軍艦の
写真に解説が入っていて泣ける。


いや、笑っちゃったってのが本当なんだけどさ。

304 :世界@名無史さん:2006/09/04(月) 12:19:34 0
イタリア戦艦のド派手な航空識別とか好きだ。

305 :世界@名無史さん:2006/09/04(月) 15:19:01 0
ヘタリアもチョンと比べれば輝きを失うし
宋の政府軍もチョンのオーラの前には色あせる
鉄砲や大砲に瞬時に壊滅した騎馬民族の軍も、チョンから見れば吹けば飛ぶようなもの

このスレの奥の院、奥義、チョンを語ることは恐れ多い

306 :世界@名無史さん:2006/09/04(月) 20:10:36 0
>鉄砲や大砲に瞬時に壊滅した騎馬民族の軍

何のことだ?

307 :世界@名無史さん:2006/09/04(月) 22:59:58 0
朝鮮戦争では両方とも結構戦ってたと思うが<チョン

308 :世界@名無史さん:2006/09/05(火) 01:20:02 0
>>292
>>297に加えて、北部仏印進駐時にも、小規模な戦闘が発生している。
日本側のごり押しで締結された軍事協定により、飛行場4箇所などの使用が認められたが、
その協定締結直後に、日本側は協定を無視して、フランス軍駐屯地を攻撃。(ランソン事件)
数日後には、トンキン湾上の仏領ドーソン島を占領してしまう。
空中戦まで発生し、フランス側の観測機2機が撃墜されている。

で、これをきっかけに、タイが仏印に侵攻して、戦闘に。
日本も軍事顧問団などによりタイ側を支援し、仏軍機若干を撃墜したりしてる。
ただ、大勢はフランス軍有利で、兵力では優るタイ軍は、次第に後退。
海上では、仏印艦隊により、タイ海軍が装甲海防艦「トンブリ」など戦力の半数を喪失。
空中でも、仏軍損害5機程度に対し、タイ側の損害20機以上。
ここで、状況を見た日本が外交介入して、タイ側に有利な停戦ラインを認めさせた。

309 :世界@名無史さん:2006/09/09(土) 01:14:56 O
マオリ戦争であっという間に負けたマオリ族


310 :世界@名無史さん:2006/09/09(土) 03:36:02 0
フランスから見れば日本は迷惑なクソ野郎だったってこと。

311 :世界@名無史さん:2006/09/09(土) 04:01:45 0
日本兵は猿

イタリア兵やフランス兵はハンサムボーイ

312 :世界@名無史さん:2006/09/09(土) 04:55:59 0
サロ政府軍のの戦いっぷりをみると
第二次大戦のイタリア軍もなかなか捨てたもんじゃないと思うな。
スターリングラード郊外でのイタリア工兵の奮戦っぷりとか
北アフリカ戦線でのイタリア兵もロンメルはそこそこ評価してる。(将校はズタボロにけなしてるが)

陣地構築や道路作らせるとかつてのローマ人の片鱗を見せるしね。

313 :世界@名無史さん:2006/09/09(土) 14:44:13 0
せっかく作った道路はイギリス軍が進撃するために使われたわけだが。

314 :世界@名無史さん:2006/09/09(土) 15:18:09 0
イタリアは少数であればあるほど強い。
とすると、イタリアの特殊部隊は世界一強いんじゃないのか?
なんで有名じゃないんだろう。

315 :世界@名無史さん:2006/09/09(土) 15:30:46 O
デ・ラ・ベンネ大尉のことか

確かに彼と彼の少数の部下で
戦艦2隻 大破着底
空母1隻 沈没
重巡1隻 沈没

の戦果だっけ

316 :世界@名無史さん:2006/09/09(土) 15:48:10 0
>>309
部族を入れていいなら琉球北海道アメリカ大陸アフリカ大陸とかの部族も弱いぞ

317 :世界@名無史さん:2006/09/09(土) 17:02:51 0
ヘタリアが少人数だと強いというのは根拠が無い。

特殊部隊はそもそも全軍の中から選びぬいた人間なんだから、その国の平均レベルより
上なのはどこの国も同じ。

無作為に少人数を選んでも強いというわけではない。

318 :世界@名無史さん:2006/09/09(土) 17:24:33 O
そういや、カメラートは土木作業が得意だったな…(#´ー`)

319 :世界@名無史さん:2006/09/09(土) 23:01:15 0
スターリングラードでのソ連軍の大反攻の集中攻撃を受けて壊走した印象でイタリア軍が弱体であると語られがちだが、
ドイツ軍ですらソ連軍の総攻撃を受ければイタリア軍のようには壊走しないだろうが、やはりソ連軍の攻撃を支えきれるとは思えない。


320 :世界@名無史さん:2006/09/09(土) 23:10:35 O
デ・ラ・ペンネ大尉の戦果少々誤っていたので訂正します
イタリア海軍第10MAS部隊所属
1942年12月
英戦艦ヴァリアント、クィーン・エリザベス 大破着底
駆逐艦1隻 大破
タンカー1隻 撃沈

連合軍側に転じ
1944年6月
枢軸側重巡ボルツァーノ、ゴリツィア 撃沈
潜水艦1隻 撃沈

1945年4月
枢軸側空母アクィラ 撃沈

でした

321 :世界@名無史さん:2006/09/09(土) 23:14:56 0
>>312 ロンメルのイタリア軍評価って、兵士は獅子、将校はソーセージ、参謀本部は堆肥の山、じゃなかったか?
(ソーセージってのはいろんな部分の肉を挽き肉にして混ぜた平均値って所だろう)
ジューコフの日本軍評価を思い出すな。下士官兵は頑強で勇敢、青年将校は狂信的な頑強、高級将校 は無能。

それにしても参謀本部(特に作戦課)が堆肥の山ってのは日本もイタリアを全く笑えないが、イタリアの参本は講和を手際良くまとめた分、日本より自分の国民に貢献してないか。
(イタリア分断はアンツィオに上陸した米軍指揮官の信じがたい無能ぶりが主要因だと思う。とっとと進撃汁)

>>314 特殊戦の精鋭のイタリア人ともなると、口をつぐむ事を覚えるんです。それでもデ・ラ・ペンネの後裔たるCOMSUBINの業界での評価はトップクラスだが。

322 :世界@名無史さん:2006/09/09(土) 23:17:06 0
欧州の軍事評論家(名前は忘れた)が、
「食い物のうまい国ほど軍隊は弱い。食い物の不味い国ほど軍隊は強い」
と言ってたが、上手い表現だと思った。

323 :世界@名無史さん:2006/09/09(土) 23:23:23 0
ああ、欧州らしいね。
日本とかベトナムは当てはまらんな。

324 :世界@名無史さん:2006/09/09(土) 23:25:24 O
ゲタモノ食ってるアマゾン奥地の先住民は最強だな

325 :世界@名無史さん:2006/09/10(日) 00:06:54 0
イタリアは11人までなら最強なんだよ、
それ以上増えたら、駄目。
よくも悪くも、国家への帰属心が弱いと、戦争には弱い。
中国なんか、対外戦争激弱だが、国が大きいと、どうしても、
国家への帰属心など起こりにくいから仕方ないかと。

326 :世界@名無史さん:2006/09/10(日) 00:15:53 0
涙を浮かべて、イタリア人入植者たちは、いたるところで、われわれに
ここにとどまり、守ってくれと嘆願した。
妻や娘まで危険にさらされているのだ、と彼らは言った。
そして新鮮な卵、パン、くだもの、チーズ、ぶどう酒といった贈り物を届けてきた。

「砂漠の戦争」 アラン・ムーアヘッド著 平井イサク訳 より

国のためにも戦えないが、家族を守るためにも戦えず、泣き顔で貢物を差し出して
イギリス軍に哀れみを請うヘタリア人
          __,.  -─-- 、_
        , - ' _,´ --──‐-   )
      ,イ´__-___,. -‐ '__,. - '´
      `ー----, - ' ´ ̄ ``  、__
         __,ィ            ヽ. `ヽ.
      ,  '⌒Y  /     、ヽ    ヽ  ヽ.
     /    /  i   /l/|_ハ li  l i   li   ハ
.    // 〃 /l  i|j_,.//‐'/  lTト l、l   j N i |
   {イ  l  / l  li //___    リ_lノ lル' lハ. ソ  ___◎_r‐ロユ
    i| /レ/l l  l v'´ ̄  , ´ ̄`イ  !| ll,ハ └─‐┐ナ┐┌┘ _  ヘ____
    ハ| ll∧ハヽ ト、 '''' r==┐ '''' /l jハ| ll ll    /./┌┘└┬┘└┼────┘ロコ┌i
   〃  ‖ レ'¨´ヽiへ. _ 、__,ノ ,.イ/|/ ノ ll l|   </   ̄L.l ̄ ̄L.lL.!         ┌┘|
  ll    ll {   ⌒ヽ_/ } ー‐<.__  ′  l| ‖
  ‖    ‖ ヽ,   /、 〈   |:::::::| `ヽ      ‖
  ‖       {.  ハ ヽ Y`‐┴、::::v  l      ‖
  ‖      |iヽ{ ヽ_ゾノ‐一’::::ヽ. |      ‖
  ‖      |i:::::`¨´-- :::......:...:.:.::.}|     ‖
  ‖      |i::::::ヽ._:::_:::::::::::::::::::_ノ |     ‖
  ‖      |i::::::::::::i___:::::::::::/  |
           jj::::::::r┴-- `ー‐ '⌒ |
         〃:::::::マ二      _,ノ
       //::::::::::::i ー 一 '´ ̄::.


327 :世界@名無史さん:2006/09/10(日) 00:52:30 0
>>306
長篠、じゃさすがにないよな。

328 :世界@名無史さん:2006/09/11(月) 20:28:16 0
>>1
朝鮮が断トツだろ

329 :世界@名無史さん:2006/09/11(月) 21:01:35 0
チョソは軍隊ではなく単なるならず者の集団なので対象外。

330 :世界@名無史さん:2006/09/11(月) 21:42:52 0
>>329
そうなの?

331 :世界@名無史さん:2006/09/29(金) 09:13:17 0
イタリア軍の征くところ、かならずジェラードあり
つまりジェラードを喰えなくなるようなところには征かない

332 :世界@名無史さん:2006/09/29(金) 12:58:57 O
日本も結局、弱体化している国又はそういう国から組織派兵された軍隊、攻撃してこないと油断していた国、単なる治安維持部隊程度しか配備していなかった国にしか勝っていない
1番目は清、日中戦争時の中国、そしてほとんど南宋、高麗の兵だった元
2番目は秀吉の朝鮮侵略時の朝鮮、日露戦争時のロシア、第1次世界大戦時のドイツ、シベリア出兵時のソビエト、日中戦争時の中国、太平洋戦争時の米英
3番目は第1次世界大戦時の山東省、南洋諸島のドイツ軍、太平洋戦争時の東南アジアの米英軍

騙し撃ちと弱い奴にはめっぽう強いが、相手が建て直して本気出してくるとボロ負けするのが日本

333 :世界@名無史さん:2006/09/29(金) 17:47:59 0
ドイツは戦術構築力はあるが、戦略構築はまるでダメだなw
それと旧日本陸軍ってあれで強かったのか?
ひどく脆弱な装備で本格的な陸戦の経験もないというイメージだが。
旧日本軍で他国に誇れるものは有名な空母艦隊だけかと思ってた。
どうなのだろう?

334 :世界@名無史さん:2006/09/29(金) 19:03:58 0
戦略ってどのレベルを呼んでるのか知らんが、軍隊に求められるレベルの戦略はドイツって極めて優秀だろ。
伝統的に世界で一番優秀だと思う。
ドイツがダメなのは政治家が絡むレベルの話し。
どこと手を組んで、どこと戦争するかの判断がアホすぎて、一国で全欧を敵に回すクセがあるなw

>旧日本軍で他国に誇れるものは有名な空母艦隊だけかと思ってた。
これは大して誇れないだろ。
大戦果を挙げたのは敵が反撃してこなかった真珠湾攻撃だけ。
あとは戦術的には辛うじて勝利の珊瑚海とか、他はボロ負け。
運用技術もすぐに米国に差を開けられたし。

陸軍は装備が劣悪な割には健闘したんじゃないかな?
司令部が短期決戦→玉砕を選ばなかった戦場では、米軍は相当苦労してる。
沖縄戦あたりは戦力差を考えると米軍のヘボさの方が目に付くくらい。

335 :世界@名無史さん:2006/09/29(金) 19:22:27 O
むしろ強い軍が少なくて、各々へぼさを競い合い、マシな方が勝つのが戦争だろ

336 :世界@名無史さん:2006/09/29(金) 19:34:17 0
>>334
硫黄島を忘れているぞ。
もうすぐ映画も始まるから是非観よう。

337 :世界@名無史さん:2006/09/29(金) 19:50:12 O
>>334
まあ強国に挟まれてるから外交が難しいのはあるだろうがね

338 :世界@名無史さん:2006/09/29(金) 21:33:21 O
ドイツは日本と組んだから負けたんじゃないの
アメリカの参戦は痛すぎ
もし日本と組んでいなかったらアメリカが表だって対独宣戦出来んかったし
ソ連への援助も大々的出来なかったはず

339 :世界@名無史さん:2006/09/29(金) 22:01:45 0
>>338
もう少し本を読んで勉強したほうがいいよね(´・ω・`)
合衆国は対独宣戦布告なんてしてないよね(´・ω・`)

340 :世界@名無史さん:2006/09/29(金) 22:24:55 O
>>339

いや、したけど?

341 :世界@名無史さん:2006/09/29(金) 22:27:21 0
              _    _
        , == ' ´:::::`v´:::::` = -、
       ,イ:::::::::::::,. -‐- ヘ:::::ハ:::::::::::ヽ
        l !::::::::/       Y  `ヽ、::::ヽ
      ノノ::::ノ       i「iY^l!  ハ::::::、
     〈 /イ´ _ , ィ´ / ,ィii|」lハli  、 ハ:::::ハ
  _ .ノノ/ /´ /  /,イ 从!   ll  ヽ ハ::::〉〉
  `Zイi〃,'  /   イ !!lノイi  ハ   !! i!Y/:i   自慢じゃないが───
    ノ从ii , 什ァく 」_リハ i __,,.⊥ ァ li li li::〈
.     彳:ハi il仆!、 __,,.`` ´ 、__ン} ,'ハii仆:ハ
    ノノミVlハ! ` ̄        ̄´イイ1个!i∧    大阪の兵隊は弱い───!!
         个ヒ}、     {      ,'〈 〉从ト
       ノイiハヽ、  t ─ァ   イk〈 〉
           ノ1リ「iハ、 `ニ´,. イハ!ハ〈 〉
         「`ー ┴リ、` ニ´ _l__ ノイ{ 〉     ─ァ
           〉、   ヽ `TT´ 7   l( )      ノ  o 。
   ,. -‐ ¨´ \   、 i i 〃  ノ´Y``ー- 、        ゚ ゜

342 :世界@名無史さん:2006/09/29(金) 22:44:49 0
>>340
ヒトラーが先に対米宣戦布告したんだけどね(´・ω・`)

343 :世界@名無史さん:2006/09/29(金) 23:30:31 0
>>342
? だったら、日本を巻き込む必要がないような・・・

つーか、アメリカが日本を巻き込みたかったのは、中国利権と対独とどっちの理由だったのかな?

344 :白馬青牛:2006/09/30(土) 00:59:52 0
>>242-243
また妄想意見をみつけたわい。
>最強は、九州東北部隊で、最弱は関西部隊?その根拠を云えいや。
九州や東北部隊が最強と云いたいんなら広島部隊よりも武勲を
挙げて云えいや。
大阪聯隊は弱かったらしいと曖昧な言を云うより、戦闘実例で比較したら
どうか。
仙台師団は、冬季作戦で中国軍に負け、長沙作戦でも潰滅寸前にあった処を
広島部隊の救援で救われとるね。九州の熊本第6師団も第二次長沙作戦で、
中国軍に負けとる。敗北した部隊が最強とはのう。
マレー戦の主役エースも広島第5師団じゃし、久留米の第18師団は脇役
じゃないか。まあ、大阪兵団と比較しても特に東北兵団は弱いんじゃ
ないか。東北の封建的社会の鎖に繋がれてとる奴隷兵と同様な兵士より、
民主的な社会制度の影響の強い大阪師団の兵の方が戦闘では期待できる。

345 :世界@名無史さん:2006/09/30(土) 01:28:48 O
おいおいちゃんと読んでくれよ
ドイツは日本と同盟していたから同盟の規約で対米宣戦布告したんだよ
日本と同盟していなかったらまずアメリカとは戦わんよ 何のメリットもないし
一方、アメリカはドイツに欧州を制圧されるのを恐れていた
ドイツにより統合された欧州はアメリカに対等に渡り合える唯一の国になるからな

346 :世界@名無史さん:2006/09/30(土) 03:07:44 0
WW2オランダ軍。あまりに弱過ぎて日本軍にも空気扱いされた。


347 :世界@名無史さん:2006/09/30(土) 05:20:44 0
巡洋艦デ・ロイテルとか名前だけなら強そうだけどなあ。

348 :世界@名無史さん:2006/09/30(土) 06:06:59 O
日本軍がインドネシアに侵攻したとき、オランダの本国政府は1年6ヶ月前に既にドイツに降伏してるんですが
そりゃ士気は最低だと思うんですけど
帰国できないわけだし

349 :世界@名無史さん:2006/09/30(土) 06:48:02 0
ちなみにB、C戦犯を一番過酷な刑で裁いたのはオランダ

350 :世界@名無史さん:2006/09/30(土) 06:49:05 0
ベルギーの植民地軍や自由フランス軍は強かったんだろうか?

351 :世界@名無史さん:2006/09/30(土) 07:09:10 0
>>332
お前は結果論を見ているだけ。

352 :世界@名無史さん:2006/09/30(土) 22:51:03 0
マレーあたりは同意するけど

>第二次長沙作戦

待て。それは参加部隊の強弱以前の問題として、作戦の基本構想自体が最初から破綻してるぞ。参考にならん。


353 :白馬青牛:2006/10/01(日) 02:00:55 0
>>352
阿南軍司令官の責任か、名古屋第3師団と熊本第6師団の、お互いが
精強を誇り競争意識から暴走し、泪水を越えた線で引き揚げる予定が、
狂い、敵の反撃を受け、(損害続出し脱出も困難で救援した四国の善通寺
第40師団の高知第236聯隊が特にとばっちりを受け、陣地撤退時に
戦闘に堪える兵力は僅か40名しかなかった。)大敗した責任は両師団の
幕僚に問題があるんか。諸説あって明確では無いが、両師団が暴走し、
敗北の汚点を残したことは変わらん。

354 :世界@名無史さん:2006/10/01(日) 16:09:15 0
                           / ̄ ̄ ̄\
     巛彡彡ミミミ彡彡           /      ゚ Oヽ
      巛巛巛巛巛ミ彡彡          l         l
      |::::::::   ⌒  ⌒ |            (_ _ _ ) (_ _ _ ,   |
      |:::::   -・= , -・=            |<・> <・>  ,r-、
.     (6    ⌒ ) ・ ・)( ^ヽ          |   i     ::: り |
 (( n |    ┃トョヨヨョイ┃| n ))   (( n |::....::`ー'゙::::.. ..:::i ★ h ))
   (ヨ ).    ┃|- r-、.|┃|( E)     (ヨ ) !:.(.く三V>.):::::::|  ( E)
     \\  ┃ヽニニソ┃ノ/        \ ヽ::::::⌒:::::::::::::ノ/ /
      ヽ `ー ----一' /          \ \:::::::::::/  /
  /⌒ヽ/  伊太 ./ |ヽ_______ノ) \ 利亜  \/⌒ヽ
  /  r       /  /            ヽ  \          |
 / _ノヽ     (   (   ワイら 最強!  )  )    /ヽ__ノ
(__)   \   ヽ   \            ノ  /   /   (____⊃
        >   )     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   (.   <
        (  <   ))             ((  ヽ/ )
        ヽ _ノ                   


355 :世界@名無史さん:2006/10/08(日) 16:22:35 0
>>353
お前しつけーよボケ
結局どっちが強いかなんて直接対決しなきゃわからんだろーが。
カス

356 :イタリア軍アフリカで圧勝!:2006/10/08(日) 20:59:35 O
アフリカでイタリア国民が払った犠牲は、結局、遅かれ早かれ、
文明に一大寄与をなすに至るものと確信する。
また、それは世界の平和に資するところも少なからざるものと深く信ずるのである。
古き頃より満足な植民をなし得た列強は、
イタリアの意図をさまたげるという識者には到底信ぜられない一大誤謬を犯した。
 だが、それにも拘らず、イタリアはアフリカの領土を征服するの意志を遂に貫徹した。
 かくして、イタリアは、その国をば、数千年間、
少数の血に飢えた貪欲飽くことを知らぬ酋長の手から解放するに至ったのである。
 三千年の歴史があったとか?
それが如何なる歴史であったか?
知る者ぞ知るである。

《ベニト・ムッソリーニ》

357 :白馬青牛:2006/10/09(月) 01:03:09 0
>>355
事例を挙げれんで、いつものように個人罵倒に終始しとるのう。
直接対決せんでも、同戦闘での比較や、同じ日本軍に属しながら、
兵力が多うて、中国軍に負けた部隊と、寡兵で中国軍を撃破した部隊の
戦力を同一視することも出来んよのう。

358 :世界@名無史さん:2006/10/09(月) 05:15:55 0
>>353
>名古屋第3師団と熊本第6師団の、お互いが精強を誇り競争意識から暴走し

加藤清正は、どっちの英雄かで揉めたんだろうか……

359 :世界@名無史さん:2006/10/09(月) 09:07:52 0
広島第五師団の越智春海元陸軍大尉が「マレー戦記」で書いていたが
日中戦争当時から太平洋戦争にかけての当人の見聞として、大阪の部隊と
組むと必ず苦戦させられるのでどこの部隊も大阪の部隊と組むのは嫌がって
いたというな。
まぁ本人は大阪でも工兵部隊は頑張ってくれてマレー戦ではお世話になったと
フォローしてるが。
だいたい当時の人の感想はそういうのが多いんじゃない?
少なくとも大阪の部隊が勇猛果敢な精鋭で、他の部隊から頼りにされていた
というような話は聞いた事が無いし。

360 :世界@名無史さん:2006/10/09(月) 11:17:14 0
>>357
フェアな状況じゃないだろカスあとから戦ったほうが有利なの当たり前だろ
栄光の一番乗りされたのがそんなに悔しい?w
大した激戦地行かなくて生き残って良かったねw


361 :世界@名無史さん:2006/10/09(月) 12:18:09 0
白馬青牛(笑)

郷土の英雄。帝国陸軍師団の歴史 其の弐
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/chiri/1144579367/17-

362 :世界@名無史さん:2006/10/09(月) 12:29:13 0
もういいよ日本軍内部の事は
韓国とイタリアならイタリアの方が強いか?
でも最弱ツートップが仲間なんて悲惨だったな

363 :白馬青牛:2006/10/10(火) 00:06:29 0
>>359
「郷土の英雄。帝国陸軍師団の歴史 其の弐」の>384に書いたよ。
>>360
>フェアな状況じゃない?長沙作戦で仙台第13師団が潰滅の危機に
あった時、救援した滝沢大隊(浜田の部隊)は、最前線で闘い、
(損害も大きく、第9中隊はほとんど全滅に近い損害を出した。)
奮闘し、東北師団(仙台第13師団)の面々に中国師団(広島第39師団)
の意気を示した。
中島高地の闘いでも、仙台第13師団の高田第58聯隊が中国軍に陣地を
奪われたが、広島第231聯隊は3分の1の兵力で守り通した。
一度敵に奪われた陣地(敵が陣地構造を知る不利な条件)を、寡兵で
広島部隊が守り通したよ。
の仙台第13師団の一番乗りは、宜昌作戦で常に最前線で闘い、当陽陣地を
単独で攻略した広島第39師団に較べ、鈍重な仙台第13師団は、平野部を
行軍しただけじゃないか。冬季作戦の苦杯を帳消しにする為、
第11軍を動かしたんが嬉しいんか。仙台第2師団は、ジャワでも、
バンドン攻略した、名古屋第38師団にも横槍を入れて名誉は我が師団に
と、姑息な手段を使うとるね。
歴史的に広島師団ほど、日清戦争以来激戦地に投入された師団はない
じゃろう。

364 :白馬青牛:2006/10/10(火) 00:17:30 0
>>362
韓国軍は勇猛じゃったろう。蛮行をする欠点もあるけどね。
韓国軍の性質は、日本軍の九州師団の性質と似とるね。
同じ儒教文化圏じゃし。
ベトナム戦争で闘うた中で、グルカ兵と白兵戦しても、劣らんのは、
韓国軍ぐらいじゃないか。

365 :世界@名無史さん:2006/10/10(火) 01:48:52 0
国として弱いじゃん韓国
あと気になったんだが昔は各師団仲が悪かったのか?
互いに連携して戦ってたんならどっちが強いとかないと思うんだが

366 :白馬青牛:2006/10/11(水) 00:52:40 0
>>365
朝鮮半島は地理的条件で恵まれておらんかった。
日本軍での他師団は競争相手でもあるしね。ガ島で仙台第2師団の
助太刀に来た、名古屋第38師団、静岡第230聯隊に対し、
仙台第2師団の幕僚らは、バンドンを攻略した静岡部隊に恨みを
持ち続け、邪魔者扱いし、頭から突入を牽制し遠慮させる。
前回武勲を立てた一番元気のええ部隊に攻略させるんが、戦勝の近道
なんじゃが、結局ガ島は、日本軍の大敗。もし、名古屋第38師団を
最前線に活用しとったら、勝敗は想像になるので答えようが無いが、
少なくとも、違う戦闘となったろう。
ほいで、上級指揮官や参謀は、自己の出世や功名心も加わるので、
兵隊に苦労を増やす。お互いに連携して闘う時も、上級指揮官や参謀が、
他部隊の上級指揮官や参謀と仲が良いか悪いかでも違うよ。

367 :世界@名無史さん:2006/10/11(水) 01:29:16 0
「イタリア人の決闘を見れば、彼らは格闘戦において強いことがわかる。
しかし軍隊の戦いとなれば類を見ないほど弱い、これは全てリーダーシップの欠如によるものである。
能ある者の多くは頑固で、自己中心的であるため、自分より優れている者がいない限り、従おうとしない。」

ニコロ・マキャベリ、「君主論」より

368 :世界@名無史さん:2006/10/12(木) 12:49:10 O
同時期のイタリア諸都市の海軍力は欧州最強だが
アンドレア・ドリアみたいな有能なイタリア人提督も輩出しているのだが
近現代のイタリアがさほど軍事に関して振るわなかったことから過去まで当てはめるのはどうかな
サヴォイ公オイゲンやナポレオンだって厳密にはイタリア系だし
1930年代のスペイン内戦では共和国側のイタリア人義勇兵から構成されたガリバルディ旅団が独伊ファシスト軍相手に大活躍したことはご存知?

369 :世界@名無史さん:2006/10/12(木) 15:14:07 0

リヒテンシュタインの総兵力


の話なんですけど、あそこのちっこい居城がありますよね?ファドーツ城。
そこで、毎日正午を含む数回、大砲を打つ慣習が続いていたと記憶しています。
その時は小人数ながら、ちゃんと儀礼どおりの手順で「弾こめー」とか
やってたと思います。
立憲君主国なのであれ、バイトだろうがなんだろうが一応軍隊じゃないでしょうか?
他にも門の衛兵とかも一応いたと思います。


総軍備:大砲一門(アンティーク)



370 :世界@名無史さん:2006/10/12(木) 16:11:30 O
パートタイマー兵か?

イギリスには最初から予備役に志願するパートタイマー的志願兵制度があるらしいが

371 :世界@名無史さん:2006/10/12(木) 16:54:35 0
自衛隊にもあるよ。
予備役志願。

372 :世界@名無史さん:2006/10/12(木) 22:16:36 0
やっぱり北宋&南宋じゃねぇの?
契丹、西夏、金にまで服従(契丹の場合は服従っていう形では無いような
きもするが)するヘタれっぷりにはある意味頭が上がらない
一個ぐらい勝てよ。あとは仏海軍かな。陸軍は何気結構強いのにねぇ。

373 :世界@名無史さん:2006/10/13(金) 14:02:58 0
842 :世界@名無史さん :2006/10/04(水) 04:09:04 0
スペインもイタリアより弱いよ
イタリアはリビア鎮圧にかなりの時間を要したが独力で成し遂げた
スペインは最精鋭部隊がモロッコ(リフ)で敗北を重ね、慌ててフランスが鎮圧した


ヘタリア以下ですかスペイン……w

374 :世界@名無史さん:2006/10/15(日) 06:02:52 0
              ,,.. -──- 、,
            ,. ‐'":::::::::::::::::   ....:``'-、
         ,/::::::::::::::::::: ....::::::::::::::::::::::::ヾ:、      ,....,
          /::::::::::::::: ..:::::::::::::::i、::::::::::::::::::::'、':,.    /  ヽ
       /::::::::::: ....:::::::::::::::::::::i:::!`、:ト、::::::::::::i i!   /     i
      i   ...::::::|'、ヽ;::::::::::::::|,!:!__リ,,'iヽ::l''、:'、   /      /
        | ..::::::::;:::i!:i ヾ:、ヽ:::::::::| リ , -─ リ i;il:ヽ, i    /    あはははは〜
       l:::::::::::::::i',i ':i ,メ、 \;:l '゙    `、 !::::/l ...::::::/``ヽ
      l::ヽ:::::ヽ:i,レ',.゙-‐''''         ',/'/..::::::::::/    l'ヽ;、  ヘタリアのやつ、
       i:::::>、:ヾ,' /     _,.. -‐'ヾi    ,レ'::::::::::;r':..   /  i_\
        i:::i. `'‐,ゝ    i"       '! ,.‐''" :::::::::::i゙::::::::.../.  ノ 'i    また負けてるよ〜
          !::\ `ヽ    ':,     l{   ..:::::/::L,. ‐'":::::;/  !
          l::::::::`''‐r\    ヽ.,__,.ノィ'‐-‐''"'ォ‐--,゙弋''''"::::::;.ノ
         |::::::::;ィ:::}、 ``'''─--、-‐ニ┤ ___ハ,`''ーヽ-'=‐''":::
          !::::::/ i:::|、\     ヾ´. i  ヽ   、''‐-、_::::::::::::::::: /
        i:::::/ i:::ハヽ`''‐、/l__\,| /    ヽ--、,.ニ=‐--‐'"



375 :世界@名無史さん:2006/10/17(火) 06:20:43 0
>>369
それって儀礼担当じゃないの?
戦争になったときにそいつらが戦うんなら軍隊だろうけど。

376 :世界@名無史さん:2006/10/22(日) 19:45:50 0
イタリアの同胞よ。
スキピオの兜
頭に戴きて
イタリアは覚醒せり。
勝利の女神は何処に坐すや。
創造主は勝利の女神を
ローマの僕と創り給へば
凱歌は常にイタリアに揚らん。

歩兵隊に参加せよ。
我らに死の覚悟あり!
我らに死の覚悟あり!
イタリアは呼び招く。
歩兵隊に参加せよ。
我らに死の覚悟あり。
我らに死の覚悟あり!
イタリアは呼び招く、然り!


377 :世界@名無史さん:2006/10/23(月) 01:51:20 0
韓国軍は白将軍のお陰でなんとかイタリアの上のポジションに付いている気がする。

378 :世界@名無史さん:2006/10/23(月) 11:43:52 0
ある本に、「ヨーロッパで一番弱いのがギリシア兵、それに負けるのがイタリア兵」との揶揄が書いてあったのだが
韓国兵と現代ギリシア兵ではどっちが強いのだろうか?

かつて、古代世界に勇名をとどろかせたギリシアとイタリアが2大弱兵とは・・・
まあ、かつて対馬に攻め込んだのが唯一の「勇名」という某国よりはましかw
なに、「薩水大捷」? 高句麗は中国の王国の一つでしょ、韓国とは関係ないwwww

379 :世界@名無史さん:2006/10/24(火) 05:55:43 0
ベトナムは弱そうに見えて実は強い。
モンゴルもアメリカもベトナム人の見かけで油断したのだろうか。


380 :世界@名無史さん:2006/10/24(火) 20:05:07 0
弱そうに見えるかな?
ベトナムは本気で強いよね。
フィンランドとベトナムは小強国の双璧だと思うよ。

381 :世界@名無史さん:2006/10/25(水) 09:35:37 0
>>379-380
日本の周りの中韓朝が、常軌を逸したむやみやたらに虚勢を張りまくる国々なので
ベトナムが割を食ってるのもあるが、日本のマスコミに出てくる「ベトナム人」といえば、
国父ホー・チ・ミン以下、痩せこけたチビばかり、これでは御世辞にも強そうとはとてもいえないなw

382 :世界@名無史さん:2006/10/25(水) 10:21:35 0
元や明が攻め込んだときの様子なんかみると
兵の強さは普通だがジャングルやゲリラ戦で勝ってる感じ

383 :世界@名無史さん:2006/10/25(水) 18:49:58 0
中国が「あのチビ懲罰してやる!」とか言って勇んで攻め込んで
ボコボコに返り討ちにされて逃げ帰ったなど、見かけで判断すると痛い目に遭う。


384 :世界@名無史さん:2006/10/25(水) 20:55:57 0
チュン姉妹はどうなる

385 :世界@名無史さん:2006/10/25(水) 21:17:21 0
小柄ないくさ人は総じてはしこくしぶとい、を地で行ってるわな。ヴェトナムも日本も。

ただ、トップの国に対する責任感が、ヴェトナム戦争の北指導部≒日露戦争の大本営、なんだよな。最近のヴェトナムだと大分やばいらしいけど。

386 :世界@名無史さん:2006/10/26(木) 00:27:23 0
でも同じベトナムのはずなのに南ベトナムは駄目駄目だったよな…
まあラオス王国軍やロンノルのカンボジア政府軍などもそうだけど
当時インドシナでアメリカが支援した国と軍隊はどこも酷いなあ。

387 :世界@名無史さん:2006/10/26(木) 00:59:21 0
もともと別の国だ>南ヴェトナム

388 :世界@名無史さん:2006/10/26(木) 12:57:26 O
  日本軍が中国軍により大敗した戦い

1938年3/13〜4/6
 台児庄の戦い
日本軍第10師団第10、63連隊及び第5師団一部
戦死2369 戦傷9615により壊滅

1943年10/31〜4/中
 フーコンの戦い
日本軍第18師団
戦死3200 戦傷1800を受け壊走

1944年5/11〜9/7
 拉孟の戦い
日本軍第56師団第113連隊
2名を除き1260人全滅

1944年6/27〜9/13
 騰越の戦い
第56師団第148連隊
数名を除き2025人全滅

以上の戦いで日本軍は見苦しい言い訳をしている
例えば台児庄の戦いでは狭い戦場にも関わらず中国軍は10万に投入したとか(戦場周囲にいた中国人の民間人を含めても10万はありえない)
フーコンの戦いでは敵(中国軍)に遺棄死体は32390体の損害を与えたとか(実際の中国軍の損害は戦死1450、戦傷3450である)

389 :世界@名無史さん:2006/10/26(木) 18:58:31 0
>>388
わーすごいな、中国軍てこんなに強かったんだ、感動した(棒読み)

390 :世界@名無史さん:2006/10/26(木) 19:36:19 0
>>388
どれもこれも糞マイナーなものばかりだな。
バカジャネーノ

391 :世界@名無史さん:2006/10/26(木) 21:09:59 0
拉孟戦の後、蒋介石が日本軍を見習えと訓示したのをスルーするか?

392 :世界@名無史さん:2006/10/26(木) 22:12:32 0
388の事実からもわかるように中国の奮闘は大戦の戦局の優劣を大きく動かし枢軸勢力に本質的大打撃を与え連合国を勝利に導いたのだ。


393 :世界@名無史さん:2006/10/26(木) 22:17:13 0
ソビエトがスターリングラードで第6軍を降服させ30万のファシスト兵力を失わせたとか、
1943年にクルスクでドイツ軍戦車を1500両スクラップにしたとか、
1944年のバクラツィオン作戦で50万のドイツ軍を潰滅させたなどという戦果など、
388の偉大なる中国の戦功に比べれば連合国にとって大した意味の無いものだ。


394 :白馬青牛:2006/10/27(金) 00:54:13 0
>>388
あのねえ、台児荘の戦闘で、広島第5師団は、負けとらんよ。
姫路第10師団も含め壊滅と云う根拠はどこにあるんか?
苦闘の連続(追撃砲隊は全弾打ち尽くすまで至った「どんなに敵が
強くても、どんなに射撃量が多くても、イライラしたらその方が負け。
これが戦場の通則である。」)のすえ攻勢に移っとるのに。
台児荘が狭い戦場?徐州平野が狭い訳あるまい。散在する部落そのものが
陣地化されとった。台児荘の守兵は10万が何であり得ないんか?
徐州の支那軍は、李宗仁第5区司令長官のもと、40〜50個師(約40
〜50万)。中央軍だけで10個師。広西省軍7個師、四川省軍2個師、
干学忠ら3個師、韓復5個師、宗哲元や湯恩伯等の面々がそろうとった。
最も広島5Dが苦闘した敵は張自忠(宜昌作戦で、広島5Dの弟、
広島39D広島第231聯隊との戦闘で戦死)軍じゃった。

395 :世界@名無史さん:2006/10/27(金) 01:20:50 0
>>390
フーコンは有名だと思う。
ただし、、、これ最終的に勝ったのは日本だよ。
さらに序盤中国軍が優勢だったのは、アメリカ軍の支援のおかげだし。

396 :世界@名無史さん:2006/10/27(金) 01:30:08 0
戦国の織田も実は弱兵。
・潤沢な兵站
・充分な装備
・敵を圧倒する数
・ある程度の統率
があれば何処の兵でも強兵に変わる。

397 :世界@名無史さん:2006/10/27(金) 01:35:04 0
それでも負けるのがイタリア軍や中国軍だよ。

ついでに織田軍は弱いぞ。
姉川でも、自軍の半分、いや三分の一程度の浅井軍に、
陣地の大半を抜かれ、総崩れ寸前まで追い詰められた。
徳川軍が奮起して、朝倉を崩し、浅井の横をつかなければ、
そのまま浅井に大敗していたところだ。

398 :世界@名無史さん:2006/10/27(金) 07:57:00 0
>>397
それ、徳川の自画自賛の記録じゃなかったっけ?

399 :世界@名無史さん:2006/10/27(金) 08:55:48 0
  織田軍    徳川軍
   強い      弱い
シティーボーイ  イナカモノ

400 :世界@名無史さん:2006/10/27(金) 08:56:44 0
  織田軍    徳川軍
   弱い      強い
シティーボーイ  イナカモノ
 
 
しまった一部逆だったorz


401 :世界@名無史さん:2006/10/27(金) 14:23:53 0
シティボーイというよりフリーターだろw

402 :世界@名無史さん:2006/10/27(金) 20:03:21 0
中国軍の弱さは異常。もはや戦争というより一方的な虐殺ゲーム

一号作戦(大陸打通作戦)
敵兵力
18〜20個軍 35万から40万人
日本兵力
師団3個、戦車師団1個、独立旅団4個、騎兵旅団1個 計約15万

日本軍戦死  840名 戦傷 2300名
支那軍戦死36700名 戦傷21868名 捕虜14000名

403 :世界@名無史さん:2006/10/27(金) 21:01:27 0
ドイツ兵もソビエト兵を大量虐殺している。戦死者の数はソビエト軍が圧倒的に多い。
1944年のバクラチオン作戦におけるソビエト軍の損害は100万は下らないという。
1945年にベルリンに突入してきたソ連軍兵士100万のうち40万を死傷させている。


404 :世界@名無史さん:2006/10/27(金) 21:08:55 0
>>402
その支那の被害、戦闘中の兵士の逃亡(行方不明)が雑じってない。
実際の戦死者は一桁少なくて、戦死者とされている者の殆どが敵前逃亡じゃないか。

405 :世界@名無史さん:2006/10/27(金) 21:14:58 0
国民政府が終戦後に発表した軍人の死者(病死も含む)は130万、民間人が180万。
日本側の軍人の死者は厚生省の資料では約45万、日本兵一人当たりで中国兵を三人弱殺していた計算になる。


406 :世界@名無史さん:2006/10/28(土) 18:07:48 O
チンピラゴロツキ相手に四十五万人も死んでたのか
結局沿海部しか制圧できなかったんだし、
実は日本軍って延安から清の全域を征服した
共産軍より弱いんじゃないの?


407 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/10/28(土) 18:31:21 0
>>397-398
・信長の書簡(今西文書・細川藤孝宛て)
→「越前衆壱万五千計浅井衆五六千」を倒したと伝える。
・信長の書簡(毛利家文書)
→越前衆浅井衆都合三万」を倒したと伝える。
・切支丹嫌いで有名な日蓮衆の僧日乗の書簡(益田家文書・益田藤兼宛)
→「越前衆一萬五千計浅井計八千計」の内、八千ばかりを捕殺したと伝達。
『言継卿記』
→織田方が二千人ばかりを殺したと伝える。
『イエズス会年報』
→信長は危急に見舞われたが、和田惟政の奮戦で事なきを得たと伝える。
和田は切支丹として有名であり、この記事も割り引いて考える必要がある。

以上が合戦直後に書かれたもの。以下は同時代を生きた人物の編纂物。

408 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/10/28(土) 18:48:42 0
・大久保忠教『三河物語』
→信長は旗本近くまで切り立てられたが、家康が切り崩して助けたとする。
「今日之合戦ハ家康之御手柄故天下之誉ヲ取」と信長に言わせている。
越前衆三万に対し、信長一万・家康三千とする。
・小幡景憲『甲陽軍鑑』
→家康は五千で一万の朝倉を打ち破った上で織田の救援に赴いたのに対し、
織田は三万五千で五千の浅井に苦戦していたとする。
後日、信玄が家康がいなければ信長の負けであったと評したとする。
多分、小説への影響が一番大きいのはこれでしょう。
三河兵1:越前兵3などの強さの比率を出した例も本書にあります。
小説的な表現で、あてにならないと思いますが。
『南部文書』の「姉川合戦記」や『松平記』もこれを踏襲している。
・小瀬秀正『信長記』
→家康五千に朝倉二万とする。信長軍の旗本までを13段の備えとしている
が、山岡荘八の『徳川家康』の記述はこれと『甲陽軍鑑』によるか。
太田牛一『信長公記』
→越前八千・浅井五千として激戦を記すのみ。

三戦板でも有名な横山光輝先生の『徳川家康』の記述は、俗書によるところ
が多いと思いますが、小説にある具体的な細部の記述で見当たらないところ
もあり、私もざっと見ただけですので、ご批判を願います。

409 :世界@名無史さん:2006/10/28(土) 18:49:50 0
日本の軍属の死者は戦死だけでなく病死や餓死、及びソビエト・中共の抑留の犠牲者も含んでいる。
100万以上の兵力を8年にわたって派遣し1年平均で6万弱の死者を出していた。
ちなみにソビエトへ侵攻したドイツ軍は4年間で300万近い死者を出した。


410 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/10/28(土) 18:54:59 0
>408
に出したものは、大概江戸時代に書かれています。
大久保の立場は言うまでもありませんし、苦戦の度合いは割り引いて考える
ことも必要かもしれません。小幡の信玄評云々も怪しい。
小瀬は信長の最後を鬼神信仰による因果応報と評している。

411 :世界@名無史さん:2006/10/28(土) 18:55:21 0
イワンの馬鹿を相手に300万も死んだドイツ軍が
チンピラゴロツキを相手に45万しか死ななかった日本軍より弱いということにはならないし、
130万しか死ななかった中国軍が1700万も死んだソビエト軍より強いということにもならない。


412 :世界@名無史さん:2006/10/28(土) 21:58:38 0
              ,,.. -──- 、,
            ,. ‐'":::::::::::::::::   ....:``'-、
         ,/::::::::::::::::::: ....::::::::::::::::::::::::ヾ:、      ,....,
          /::::::::::::::: ..:::::::::::::::i、::::::::::::::::::::'、':,.    /  ヽ
       /::::::::::: ....:::::::::::::::::::::i:::!`、:ト、::::::::::::i i!   /     i
      i   ...::::::|'、ヽ;::::::::::::::|,!:!__リ,,'iヽ::l''、:'、   /      /
        | ..::::::::;:::i!:i ヾ:、ヽ:::::::::| リ , -─ リ i;il:ヽ, i    /    あはははは〜
       l:::::::::::::::i',i ':i ,メ、 \;:l '゙    `、 !::::/l ...::::::/``ヽ
      l::ヽ:::::ヽ:i,レ',.゙-‐''''         ',/'/..::::::::::/    l'ヽ;、  ヘタリアのやつ、
       i:::::>、:ヾ,' /     _,.. -‐'ヾi    ,レ'::::::::::;r':..   /  i_\
        i:::i. `'‐,ゝ    i"       '! ,.‐''" :::::::::::i゙::::::::.../.  ノ 'i    また負けてるよ〜
          !::\ `ヽ    ':,     l{   ..:::::/::L,. ‐'":::::;/  !
          l::::::::`''‐r\    ヽ.,__,.ノィ'‐-‐''"'ォ‐--,゙弋''''"::::::;.ノ
         |::::::::;ィ:::}、 ``'''─--、-‐ニ┤ ___ハ,`''ーヽ-'=‐''":::
          !::::::/ i:::|、\     ヾ´. i  ヽ   、''‐-、_::::::::::::::::: /
        i:::::/ i:::ハヽ`''‐、/l__\,| /    ヽ--、,.ニ=‐--‐'"


413 :白馬青牛:2006/10/28(土) 23:27:06 0
>>402
洛陽攻略、京漢作戦の日本軍(宇都宮63D、姫路110Dの一部)と
中国軍の死傷者数だけで、大陸打通作戦(湘桂作戦)を語ってもねえ。
1号作戦の一局面に過ぎんよ。
湘桂作戦、最大の激闘である衡陽攻略戦では、日本軍(大阪34D・
熊本58D・大阪68D・京都116D)も苦戦しとる。衡陽を守備した、
方先覚中将以下3万の中国人将兵は、激闘1ヶ月降伏したが、
糧量の無い中、栄養不足で疾病者が増加するも、よう健闘した。
逆感状に値する。方先覚氏が大阪の部隊に負けたのだから、大阪の部隊の
捕虜になったと云う話が伝わっておるが真偽は解らん。衡陽の全面崩壊に
主因をなしたと、横山勇軍司令官から近畿兵団の大阪と京都の部隊に、
感状が授与されたので、ありうる話じゃ。
ほいで、衡陽が大阪68D将兵の血で染まった。と云われるほど、
68Dは犠牲は多く、熊本58Dも、湘桂作戦〜終戦までの死没者は、
7368名。その多くが衡陽攻略時の推定半数の将兵が直接この作戦の
犠牲者になったことは間違いないものと思われる。(衡陽攻略の
熊本58D、歩兵12ヶ中隊で大隊長全員戦死。)
衡陽救援の仙台13D新発田第116聯隊も小水舗付近の陣地戦で、
1ヶ中隊全滅という状況じゃった。
大陸打通作戦は、一方的な虐殺ゲームじゃないよ。我が将兵の苦闘、健闘
激闘した方先覚軍ら敵兵であった中国軍も含め賞賛すべきであろう。

414 :世界@名無史さん:2006/11/01(水) 14:47:28 O
楯の会かな。自称もしてるし

415 :世界@名無史さん:2006/11/01(水) 18:35:49 0
日本の自衛隊が1番弱い。戦力は随一だが、憲法9条があるので全世界で1番弱い。
まるで張子の虎だね。
9条をちゃんと改正すれば大丈夫。

416 :世界@名無史さん:2006/11/03(金) 23:40:15 0
自衛隊は侵攻能力がないだけで、別に弱くはない。
これは憲法九条下でも変わりなし。

417 :世界@名無史さん:2006/11/05(日) 20:16:30 0
いや、国内でだって満足に戦えるように法整備されてないんじゃないか。
何年か前の本だが、イザってときでも道路をふさいでる放置自動車を撤去できない(お巡りさーん)、
個人の土地に入るときも所有者の許可が必要(とっくに避難してるって)、
公有地でも野営するときは担当部署に届出・・・

でも「張子の虎」はあまり適切な表現じゃないな、「鎖につながれた猛犬」て感じかな。

418 :世界@名無史さん:2006/11/08(水) 20:03:58 0
http://nttxstore.jp/_II_D111179125?LID=egoodvd&FMID=egoo
>そこに、ドツイ軍が激しい攻撃を仕掛けてきて…。

ドツイ軍になってる・・

419 :世界@名無史さん:2006/11/08(水) 20:24:03 0
ゴツイなあw

420 :世界@名無史さん:2006/11/09(木) 00:39:21 0
【こぼれ話】国歌奏でる便器は不敬と押収=イタリアの右翼
 
【ローマ7日】イタリアで、使用者が近づくと国歌が奏でられ、水が流れる水洗式トイレが、不敬だとする右翼政党によって持ち去られ、展示していた美術館が返還を求めて裁判に訴えている。
 この便器は、ボルツァノの近代美術館で9月に始まった展示会に出品された作品で、人が近づくとセンサーによってそれを感知し、電子音楽のイタリア国歌が奏でられ、同時に水が流れるようになっている。
 ところが右翼政党の国民同盟が、この作品を「敬意を虐殺するもの」として10月19日に“押収"してしまった。このため、同美術館が「民主主義の下では芸術は自由である」として、返還を求める訴えを起こした。裁判所は、すぐに判決を出すとしている。
 イタリア近代美術館協会は「検閲」であるとして、全力を挙げて同美術館を支援している。
(時事通信) - 11月8日11時39分更新

421 :世界@名無史さん:2006/11/09(木) 10:11:26 O
>>420
どこまでもイタリアンだなあ…
てかイタリア右翼ってどう方々なの?
やっぱローマ帝国よもう一度?

422 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 09:30:58 0
どこの出身兵卒が強いのかな??
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/sengoku/1160583607/16-515

郷土の英雄。帝国陸軍師団の歴史 其の弐
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/chiri/1144579367/25-452

423 :世界@名無史さん:2006/11/22(水) 03:07:42 0
兵の強さ
戦国時代 薩摩(島津氏)文禄・慶長・国内戦で実証
近代 日本兵(規律、統率から)日露、第二次大戦、ベトナム独立戦争で実証
現代 自衛隊(イラクで一人も死なず一発も発砲せずに撤収)戦わずして収めた

424 :世界@名無史さん:2006/11/23(木) 21:03:13 0
勇猛果敢な帝国陸軍の中で、大阪師団の死傷率は、最も少なかった。
彼らは戦闘をすること自体に対して、非常に消極的だったという。

最も高かったのは熊本師団で、これに九州の諸師団、それに東北の師団
が続く。

425 :世界@名無史さん:2006/11/23(木) 21:33:16 0
出典忘れたが、それは「バンザイ突撃」みたいな無意味な戦闘に関してということだ。
大阪の部隊の指揮官は、突入が不可能なことを口八丁手八丁(?)で報告するが、
本部の方でも無謀な作戦は百も承知だから、そーだそーだと了解する。
けれども九州・東北の部隊の指揮官は命令通りに戦ってしまう・・・

426 :世界@名無史さん:2006/11/24(金) 02:36:36 0
兵が強さは勝敗の一要因に過ぎない。ある程度上層部の命令通り動ければ国力で圧し切れる。

最弱は対馬単独に負け、文禄・慶長で首都まで一ヶ月持たせられなかった李氏朝鮮兵。

427 :世界@名無史さん:2006/11/24(金) 08:06:08 0
期間の長短でいうなら、朝鮮戦争時の韓国、第二次世界大戦時のポーランドも相当弱い
という結果になるな。

428 :世界@名無史さん:2006/11/24(金) 10:47:52 0
文禄・慶長は首脳部の現状認識不足でいいにしろ、対馬は兵の弱さで負けたとしか思えない負け方。

429 :世界@名無史さん:2006/11/24(金) 19:11:32 0
兵隊も弱かったんだろうが、戦い方を知らなかったと言うべきかもな。
完全な奇襲だったのに、逆に撃退されてるんだから。珍しい事例だろう。

(まあ、対馬はそ政治的にはかなり多くのものを失ったんだけど、
これは兵隊の強弱とは関係ないのでおいとく)

430 :白馬青牛:2006/11/24(金) 22:46:23 0
>>423
白髪三千丈、儒教朱子学国の薩摩人が虚勢を張りよるのう。
慶長の役の泗川の戦いと九州で覇を唱えたぐらいで、有頂天になっとる。
九州征伐で毛利や黒田軍にやられたことも自慢なんかのう。
>>424
死傷率?日華事変で、死傷者が多く特設師団が編成出来んかったんは、
北支戦線で常に前線で戦うた広島5D、上海戦で前線で戦うた名古屋3D、
善通寺11Dじゃ。その死傷率とやらは、どの資料から引用したんか。
各師団の死傷者数を提示せんとあんたは嘘吐きになるど。

431 :世界@名無史さん:2006/11/25(土) 00:53:08 0
>>430
補給の名手秀吉率いる動員数25万の大軍相手にどうしろと。

432 :世界@名無史さん:2006/11/25(土) 02:35:15 0
薩摩最強でごわす

433 :世界@名無史さん:2006/11/25(土) 02:38:04 0
>>430
おまい、もうちょっと比喩表現ってのを勉強したほうがいいぞ

434 :世界@名無史さん:2006/11/25(土) 21:12:21 0
武臣の出の李成桂が宗主国元を裏切り高麗王家を滅ぼして朝鮮を建てたのが1392年(明による国号決定は1393年)
定宗時代の王子の乱が1398年と1400年
世宗の応永の外寇が1419年
20年足らずの間に戦争のイロハが失われたのか元から弱かったのかどっちだろう。

435 :白馬青牛:2006/11/26(日) 01:16:11 0
>>431
>補給の名手秀吉の率いる25万の大軍相手?
実際に25万に到達したか、調べようが無いが、緒戦の毛利、黒田勢に
やられたことで、戦闘主導権が島津側に無かった云うこと。
もし、緒戦で勝てば九州の諸豪族も島津になびいて来たじゃろうに。
四国勢が失態を演じ、島津軍も戦闘主導権を取りかけたが、秀長軍の
黒田勢にやられ勝機がのうなったよ。兵力動員数のせいにするんは、
負け惜しみの言い訳になる。

436 :世界@名無史さん:2006/11/26(日) 12:37:58 0
>定宗時代の王子の乱が1398年と1400年
>世宗の応永の外寇が1419年

この辺は、あまり考慮の対象にならんかと。

437 :世界@名無史さん:2006/11/26(日) 13:38:13 0
独=イスラエル>英>米ソ日>仏>伊>中>印>アラブ


438 :世界@名無史さん:2006/11/26(日) 15:38:05 0
>>435
島津に圧迫されていた九州豪族が秀吉に救援を求めたのが九州征伐の発端。
どの方面にも主力部隊割かなければならない状態じゃ朝鮮軍相手にする訳じゃないのだから勝て無いよ。
武将、兵の質も朝鮮軍と対馬軍程の大差が有った訳ではないのだけど。

439 :白馬青牛:2006/11/28(火) 01:59:16 0
>>438
九州の豪族が秀吉に援軍を求めても状況次第で島津軍に寝返る者も
出てこう。戦国板でも書いたが、明軍と内通疑惑のある薩摩なら、
十分承知のことじゃと思うが。文禄の役に遅れて来るは、後の明軍との
和議交渉で小西と共に商談に熱心じゃったんかのう?
薩摩が朝鮮で熱心じゃったんは、テルマ・カクセイ(高麗おごじょ)狩り
じゃろう。同類の朱子学国家朝鮮で蛮行に及ぶとは、共食いじゃないか。

440 :世界@名無史さん:2006/11/28(火) 02:03:40 0
あ、シナ爺だ。

441 :世界@名無史さん:2006/11/28(火) 02:15:15 0
>>439
天下の趨勢がほとんど決まった状態で救援を求めた九州諸侯が島津に靡く事は、
本能寺の変のような首脳部消滅級の大変事が起きない限り有り得ない。
島津義弘の陣中記によると本家が危機に無理解で船、兵糧、兵員の確保が諸侯に比べ大きく遅れ太閤に取り潰しの口実を与えかねないと義弘の愚痴っている。
太閤の命で日本人が売れ無くなったから朝鮮でのキリスト教圏向けの奴隷狩り(知識者、技術者除く)の事か。
所詮は戦乱のモラル、朝鮮も戦乱時にベトナムや朝鮮争乱で乱行を働いたのと(朝鮮の方が酷いが)程度の差はあれ一緒。
朱子学が日本で隆盛になって来たのは国内が安定してから、戦国時代は実学社会。

442 :世界@名無史さん:2006/11/29(水) 00:28:43 0
薩摩最強でごわす

443 :白馬青牛:2006/11/29(水) 02:09:49 0
>>441
船、兵糧、兵員の確保が遅れとるんなら最初から戦闘せんかたらええのに、
やっとるんは自己矛盾じゃないか。どうも言い訳が多いのう。
戦乱のモラルも、島津軍は、上杉、武田と並んで蹂躙王じゃのう。
近代兵団でも九州の兵団は、蛮行、女漁りには熱心じゃった。
向こう見ずの勇敢さと長所も含め韓国兵と類似する。どっちが酷いか
判断し難い。薩摩に限らず九州は韓国と似とるね。磐井の乱で新羅側に
つき、肥前郡司新羅通牒事件もあったのう。九州の祖国は日本か朝鮮か
はっきりせんよ。実学と云う概念も儒教王国薩摩ならではの解釈か。

444 :世界@名無史さん:2006/11/29(水) 02:36:18 0
>>443
韓国軍は米軍が引くほどの略奪、強姦、虐殺をやって戦闘には余り貢献しなかったのでは。

445 :世界@名無史さん:2006/11/29(水) 02:49:45 0
>>443
戦争に参加しなかったらそれを口実にした豊臣に取り潰されるよ。
技術者、知識者はそれなりに丁重に扱っていた事実は無視ね。蛮人でも優れた所は取り入れるべきと唱えただけで硯で殴り殺す国と薩摩を一緒にしないで貰いたい。
薩摩
戦死者は敵でも辱める事を嫌い丁寧に葬っていた。
捕虜の扱いは当時にしては割と寛容。
明治でさえ、長州人は金、薩摩人は女と言われるぐらいだった。モラルが低下している戦国時代だと殺さないまでも強姦ぐらいはやっていただろうな。
磐井の乱の頃の新羅はヤマトの大豪族だろ。白村の江の後は名実共に独立だが。

446 :世界@名無史さん:2006/11/29(水) 07:53:19 0
>磐井の乱の頃の新羅はヤマトの大豪族だろ。

妄想逞しいな。北鮮とためはるというか、むしろルーツかな?

447 :世界@名無史さん:2006/11/29(水) 12:12:42 0
ヤマトに王子を人質に出したりしていたから属国、ヤマトを上にした下部国家と見るべきか。

448 :世界@名無史さん:2006/11/29(水) 20:39:04 0
>>444
アメリカは軍紀に関してはそれほど悪かった訳じゃないぞ。
韓国兵は今までのフラストレーションが貯まってたのか、無茶苦茶やったけど。

449 :世界@名無史さん:2006/11/30(木) 00:25:55 0
>>448
韓国兵の乱行はフラストレーションより
中華伝統(軍=武装盗賊団)
李氏朝鮮統治時代、食うため生きる為にモラル、歴史にかまける余裕がなく元から民度が低かった。
日本統治でいくらかマシになったが38度戦(朝鮮戦争)で逆戻り。
などの性では。

450 :白馬青牛:2006/11/30(木) 01:38:42 0
>>444
韓国軍の略奪、強姦、虐殺等、韓国でも左翼リベラル派の
ハンギョレ新聞が、ベトナム戦争の蛮行に言及したこと?
違う見解を示したサイトもあったよ。
http://www.special-warfare.net/data_base/101_war_data/vietnam_war/korean.html
韓国軍の戦術は、歩兵中心の接近戦闘で、ベトナム共産兵と同じ戦術、
敵を捕捉しないかぎり、反撃は控えるという手堅い戦闘を見せ、
2度に渡る共産勢との戦いで韓国軍を勇猛果敢な世界最高峰の軍隊に
育て上げた。軍紀は極めて厳正で戦闘以外には村に対する放火を
させないなど徹底したプロ意識も見せた。とされる。
韓国軍でも部隊によって違うたんか解らんが、日本軍で戦った韓国兵が
特に終戦に近い時期に逃亡も多く、朝鮮人密偵は、日本軍の権威を持って
略奪すると中国人に嫌われとったことも事実じゃ。ビルマに派遣された
49D(狼)は、かなり多くの朝鮮半島兵が含まれておったが、
半島兵は日本兵に劣らぬ精強振りじゃったそうな。
>>445
逆らい続けたら関東の北条氏と同じ目に合うじゃろう。高野山に、
朝鮮の役の敵軍兵士も含め「日本高麗戦没者慰霊碑」を建てたことを
云いたいんじゃろう。まあ、明人八万は大げさじゃのう。幕末の長州が
金で薩摩が女か、どうかまでは解らんが、近代九州兵団も女じゃし、
朝鮮の役の高麗女狩りも含め、薩摩の女狂いは正しかろう。

451 :世界@名無史さん:2006/11/30(木) 12:40:32 0
ベトナム戦争での具体的な戦果は?
犠牲者
朝鮮戦争 355万(一般市民の死者は350万と言われている)
ベトナム戦争 300万以上(韓国兵が殺したのは主に女、子供)
はどう見ろと。38度戦で中国兵にやられた仇をベトナムで晴らしたとも見れるけど。

452 :世界@名無史さん:2006/11/30(木) 16:23:37 0
>>450
自分も三野正洋氏のベトナム関係の著書で同じような記事読んだよ(てゆうかそれから引用したのかね)。

大体、略奪行為にふける様な軍隊(当然規律なんか良くないよな)をベトコンが恐れるかね?
それで良く世界最強のアメリカ軍相手に戦い抜けたもんだ。

453 :世界@名無史さん:2006/12/01(金) 00:37:38 0
開けた所に有る村落や市街地、ベトコンと関わりの薄そうな場所を狙ってやったのだろ。

454 :世界@名無史さん:2006/12/01(金) 16:28:50 0
だったら、なおさらベトコンが韓国軍を恐れる理由無いじゃん。自分たちから逃げてる相手に。
やたらと「威信」にこだわるあの国が、そんなトホホな部隊を何年も送っていたとは思えない。

455 :白馬青牛:2006/12/01(金) 22:50:22 0
>>452
三野氏は、韓国軍を高く評価されとるね。じゃが三野氏の文から引用は
しとらんよ。
確かに韓国軍は弱くはない。韓国兵に限らず、旧日本兵、中国兵、
ネパールのグルカ兵等アジア人は兵士として白人兵よりも兵士レヴェルでは
精強であろう。じゃが、ベトナム戦争では、タイ軍が犠牲者も少なく、
戦意に乏しかったんじゃないか。
韓国軍の軍規、規律も部隊別に調べんと解らん部分はあるよ。
旧日本軍でも、部隊によって強姦等犯罪者が多い部隊と少ない部隊と
様々違う。略奪については、旧日本軍も現地調達、徴発をしとった訳で、
他国の軍のことを批判出来る立場にない。

456 :世界@名無史さん:2006/12/01(金) 22:57:51 0
>>455
日本兵と中国兵は天と地の差があるな。
どさくさに紛れて中国持ち上げるなコンチクショー

457 :世界@名無史さん:2006/12/01(金) 23:03:42 0
中共の兵士が強いのではないかと考えられているのは、朝鮮戦争の人海戦術による
イメージによるもの。
ただ、あれは国共内戦の結果、10万単位で国民党軍の捕虜が発生したため、後ろに
督戦隊を付けて損害を度外視して突撃させたもので、いつも使える戦法ということでは
ない。

458 :世界@名無史さん:2006/12/01(金) 23:44:58 0
ナム戦の韓国軍はやるきのない米軍や南ベ軍よりは強かっただろう。
精強さは派遣国中一番かもしれない。その分犯罪もダントツに多かったが。
なんにせよ大日本帝国陸軍の後裔は伊達じゃない。
http://www.jca.apc.org/beheiren/kameyama.html

459 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 00:02:56 0
>>65
亀だが
マケドニア王朝のニケフォロスからバシレイオス二世までの東ローマは
ヨーロッパ、中東でも最強クラスだぞ
第二次対戦でも攻め込んできたイタリアに勝っているし
ドイツには瞬殺されたけど

460 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 00:30:01 0
旧軍では第八師団が一番弱い、というか活躍していないと言ってみる
日露戦争の黒溝台では捨てた陣地をまた取り戻そうとして余計な損害を出し
第二師団、第五師団に救援される始末
満洲事変では戦果を上げたがやる気のない張学良が相手では自慢にならん
第六師団との共同作戦でもあったし
太平洋戦争ではフィリピンに回されたが
第五連隊はレイテで速攻で壊滅、ルソン島の第三十一連隊、第十七連隊は
目立った活躍もなしに終戦

461 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 00:57:10 O
今日も負けたか第八連隊
それでは勲章九連隊

462 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 01:02:27 0
廣島・もみじ民

463 :白馬青牛:2006/12/02(土) 01:11:06 0
>>456-457
天と地の差たあ、どの部分なら。わりゃは、抽象的な物言いじゃのうて、
具体的に説明せいや。
中国軍を持ち上げる?おどれは、嫌中厨か。我が国の兵士が命を賭けて、
闘うた相手ど。中国の国家制度や思想を批判する眼で、中国兵の命賭けで
闘うた兵士の健闘まで愚弄するたあ、日本人の発想じゃないのう。
闘うた相手に敬意を持つんが日本人じゃ。われは何処の国の人間か?
中共軍が強かったんは、戦前日華事変の戦闘で、日本軍や中国国民党軍に
対して強敵じゃった。朝鮮戦争の人海戦術は、確かに中国国民党軍の
戦闘方法じゃったが。
http://www.yurindo.co.jp/yurin/back/417_1.html
伊藤桂一氏が、八路軍の少年兵の同志愛や「日本軍討隊とわずかな距離を
置いて撃ち合っていても、八路の少年たちは、笑顔をまじえて雑談
しあっている。」「八路軍の巧みな戦闘(押せば退き、引けば寄せてくる)
」等戦闘法も下手ではない。伊藤氏の上の方の文章で「戦後植えつけられた
自虐史観を抱き込んでいる流れに、なにをいってもむなしいからである。」
とされるが、現在は、ろくに戦争経験者の話も聞いてない世代が、
自慰史観を振り回す時代になってしもうた。しかも前線で闘われた人達が
旧国軍を批判すると、罵る政治思想的狂信者まで出て来る始末じゃ。

464 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 01:12:48 0
旧日本軍が戦った中国軍など存在しない。

これは事実である。

465 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 01:15:42 0
第四師団って日清・日露、バターン戦に参加してるけど負けてないよね

466 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 01:16:57 0
>>455
>旧日本兵、中国兵、
>ネパールのグルカ兵等アジア人は兵士として白人兵よりも兵士レヴェルでは
>精強であろう。

中国兵は余分だろう。
「兵士レヴェルで白人兵よりも中国兵が精強だった」と言う根拠を、まず自分から明らかにすべきだろうな。


467 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 01:27:57 0
>>464
ん?
八路軍の方はそう言えるかもしんないけど、国府軍は中国軍だろ。
あまり言葉を弄ぶのは好きじゃない。自衛隊は軍隊じゃないみたいで。
でも面白そうだから、もっと詳しく話してくれ。

468 :白馬青牛:2006/12/02(土) 01:57:21 0
>>466
広島5Dが激戦のすえ守り抜いた南寧戦で、日本軍より中国軍の方が
射撃技術が優れておったことは、『広島師団史』にも出ておるし、
彼らは、足音も立てず夜襲して来る。手榴弾投下も中国軍の方が上じゃ。
爆発寸前の手榴弾を投げ返す大胆にして器用なところがある。
マレー作戦でも、英国軍が健闘した時、広島5Dの兵士は、
「支那さんか思うた」と云うたぐらい中国軍は手強いと云える部分は
あった。逆に欠点も多いが、兵士としては優秀じゃ。

469 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 03:09:16 0
>>466
中国軍は精強だろ。ビルマ戦線では、英印軍がてこずった
日本軍を数箇所で玉砕に追い込んでいる

470 :457:2006/12/02(土) 10:01:20 0
>>463
まあ、中共軍、特に第八路軍が強敵であったことは旧軍の各種記録から
確かなんだが、基本的にはゲリラ戦法に悩まされたのであって、小規模な
局地戦は知らず、正面からの通常戦闘、野戦などで旧日本軍や国民党軍
に対抗できたわけじゃない。
その評価を変えたのが、国共内戦での勝利に続く朝鮮戦争での人海戦術
による米軍との正面対決ってことだな。

471 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 14:15:20 0
中国兵は盗賊、やくざの集まりだから
やばくなったら形振り構わず逃げ、優位に成れば攻勢を仕掛ける、卑怯汚い無くどんな場所でも突ける所だろ。
百姓(農民)兵の日本軍とは別の強さ。

472 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 18:46:43 O
国民党軍はもはや軍とすら呼べないし、共産党軍に至っては日本軍との戦闘を避けている。「人民の中を泳ぐ」という、軍が人民を盾にして逃げ回るという卑屈なやり方。
朝鮮戦争の人海戦術のみがまとも(?)な軍事行動。
例外はあっても大したものじゃない


473 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 19:31:50 0
国民党軍も共産党軍も軍と言うより大武装盗賊団だから。

474 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 22:03:20 0
それでもかちゃあいいの。
だから、シナチク共匪・ナンチャッテ国民党>>>>>>>>>>>>>>>>日本軍

プゲラ。
結果こそ全て。

475 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 22:34:13 0
連合国側についたから、国民党は勝ったようなものの、その後を見るに全く繁栄していない。
翻って日本は大発展している。


・・・結果こそ全て

476 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 22:35:23 0
戦争で勝つことと経済力で勝つことを同一視する人間。
それがネトウヨ。

プゲラ。
いいか、「結果こそ全て」

477 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 22:44:17 0
結果こそが全てなら、日本人でよかった、としか言いようがないよな。

中国の歴史になりたくない。
国民党が逃げた台湾も白色テロで悲惨だったしな。

478 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 22:51:47 0
いやだから、戦闘とその後の発展は次元が違うだろ。(わら
あげく 
        ____
       / \  /\ キリッ
.     / (ー)  (ー)\      
    /   ⌒(__人__)⌒ \   「 日本人でよかった」
    |      |r┬-|    |     
     \     `ー'´   /
    ノ            \
  /´               ヽ              
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.    
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



おまえ、ハクチか?
いいか、「結果こそ全て」

479 :白馬青牛:2006/12/02(土) 23:27:00 0
>>470
ほいじゃが、北ベトナム軍もゲリラ戦じゃったよ。
>>472-473
中国国民党軍が、自国の民を盾にした(しかも後方から射殺したことも
あった。)ことは事実じゃが、八路軍は、人民から略奪せず、規律の
良い部隊じゃった。日本軍は満洲じゃ開拓民を見捨てて逃げとるけえ、
中国国民党軍ほどでないにしても、軍が自国の民を守るよりも、軍の組織
を優先した汚名は拭いきれん。
「焼く、犯す、殺すという所業は、戦場における三悪である。
日中戦争初期においては、この種の事例がかなりあったことを認めねば
ならない。(中略)戦場で、焼く、犯す、殺すと云う悪事が行われるのは、
戦闘によって同僚が殺され、その怒りが敵や、敵地の民家に向けて
発散されるからであろう。しかし外地に遠征し、その土地の民衆の支持を
失うことが、いかにマイナスであるかは末端の兵隊にもわかることで
あるのに、積極的に戦場でのモラルを確立しようとする動きは、日本軍に
おいて稀薄であったといってよい。」
伊藤桂一氏〔戦闘行動間のモラル〕より。
日本軍も現地調達の徴発じゃし、大武装盗賊団になるんか?

480 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 23:31:37 0
何の本で読んだか忘れたが、アメリカの軍事使節団が国民党も
共産党も支援していた頃(勿論国民党メインだろうけど)、
国民党軍の腐敗の激しさに辟易したとか。それと比べ、八路軍の
規律はまだ優良で、アメリカの将校は八路軍の将兵に好意を抱く
ものが多かったらしい。

その将兵がアブグレイブの収容施設を見たらどう思うかは知らんけど。

481 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 23:44:15 O
八路軍が嫌いなのは、自称アジアを愛する平和主義者が共産党の宣伝の一つに使ってきたから。文化大革命を賛歌し、ポルポトをアジア的優しさと表現してきた人間が持ち上げてきたものをすぐに信用できない。どんな資料見ても疑ってしまう。胡散臭さが抜けない。



482 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 23:47:32 0
というか、かつてのプロパガンダ「人民の軍隊」をそのまま今日も引用しつづけるのは
確信犯でなければ、ただのアフォだろうな。

483 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 23:47:57 O
すでに敗戦が確定し武装解除させられた関東軍に何ができるのかと。丸腰でソ連軍に殺されろとでもいうのかと。

484 :白馬青牛:2006/12/03(日) 00:42:49 0
>>481-482
八路軍が、軍紀の良い部隊であったんは権力を奪取するまでじゃろう。
その後名将であった林彪も失脚したし。ポルポトを例に出すところ
どうも政治的思想で事物を解釈しとるんじゃないんか。
資料を見て、イデオロギーで事物を解釈するんは、先入観に外ならん。
その点で狂信右翼国粋主義者と左翼リベラル派の差異はないのう。
>>483
終戦となり武装解除させられる以前から、満洲から概ね開拓民をほっといて
逃げとったよ。(一部の部隊は除く。)しかも列車に空席が多くあるのに、
軍用列車じゃ云うて、開拓民を乗せんよう邪魔しあがる。上層部の失態の
尻を拭くんは民じゃ。戦場でも上層部の拙劣な参戦で、血を流したんは
前線将兵じゃ。

485 :世界@名無史さん:2006/12/03(日) 07:09:09 0
>>484
>八路軍が、軍紀の良い部隊であったんは権力を奪取するまでじゃろう

いい加減にしなされ(笑)
八路軍に軍規の良かった時代などない。毛沢東という頭目の下に集まった
唐辛子と高アルコールを好むならず者の集団だ。
旧日本兵も、八路軍が美化されすぎてる。彼らも他の中国人集団と大差なかった
と証言してる。

それに八路軍の目撃談によると、隊列の先頭にはボロボロの軍服の兵隊が立ち、
その後ろに女子供と荷馬車がぞろぞろ続いていた、とある。
(確かゴーマニズム宣言にも出てたはず)
これは、ドイツ30年戦争の傭兵部隊とまるっきり同じ様相だw


486 :世界@名無史さん:2006/12/03(日) 07:38:50 0
ソースがゴーマニズム宣言かよ('Д')

487 :世界@名無史さん:2006/12/03(日) 08:09:13 0
ゴーマニズム宣言(w

わらかすな。極東板にお帰り。

488 :世界@名無史さん:2006/12/03(日) 08:12:47 0
>>486
他の歴史本の参照だが、ゴー宣にも書いてあったって事。

ゴー宣はいろんな本の記述を寄せ集めてるので、この手の会話だと
何かしらダブる事が多い。
で、親中韓論者は「それってゴーマニズムに書いてあったよなwギャハ」
が効果的な反論だと心得てるので、それを封じる為に先手を打っただけの事



489 :世界@名無史さん:2006/12/03(日) 08:17:07 0
だいたい八路軍の美談を信じてるバカは何者なんだよ?

490 :世界@名無史さん:2006/12/03(日) 08:38:37 0
>>488
じゃまず、その出典だしてからにしたらいいのに。
そういうこともせず、間接引用の「ゴーマニズム宣言」の書名だけだせば、そりゃ
プゲラって話になる。
得意げになってるのか必死なのかしらんが、
それ全然先手打ってないどころか、頭が弱いことを証明してるだけだから。

491 :世界@名無史さん:2006/12/03(日) 08:54:16 0
はぁ?
得意気になってるのはそっちだろ?
つーかさあ、アンタらは気に食わない意見を言われると途端にテーマとは
関係ない部分でアラ探しし始めて、でゴー宣とダブってると
ゴーマニズム宣言だろwで茶化して終わらせようとするじゃん。
ふざけんなよ。
先も述べたが、ゴー宣なんていろんな出展の寄せ集めなんだし
仮にゴー宣の引用だとしても、それが否定できる根拠にどうしてなるんだよ。
氏ねよ。お前ら
時代遅れのイデオロギーのバカどもが。今時、八路軍が規律の取れた軍隊なんで
どんな白痴も言わんぞ。サヨク言論人でさえ「昔の事はいいから」と
黒歴史にしてるのに、2ちゃんだと思ってバカにするなよ。
アンタらクズサヨクのバカさ加減をひけらかしてんじゃねーよ。このアホが
お前らのおかげで、どれだけ日本が狂ったと思ってるんだよ。どうせ在日か?ふざけんなよ。このア

492 :世界@名無史さん:2006/12/03(日) 08:58:45 0
>>491
あー、最初のコメントで読む気がしなくなったんだけど、一応ひと言。
出典出せ。それで終わる話だから。

最後の行を読む限り、期待薄っぽいけど。

493 :世界@名無史さん:2006/12/03(日) 09:01:18 0
ホが。出展?覚えてないね。いろんな本や新聞記事やコラムを読んでるから
だいたいアンタらの出展も明かしてみろよ。大好きな中国様の八路軍の美談なんて
どこから仕入れた知識だよ。署名を明らかにしてみろよ。
どうせ出来まい? アカ丸出しのキチガイ本ばかりで、明かした途端いつの時代のバカ本を
信じてるんだwwwギャハハハで終わるのが分かってるんだろ。
アンタらこそその資料も明かせないで、くだらん妄想を語ってるだけだろうが。
朝鮮総連出版か、選集天皇の病気をネタにして、その赤ちゃんに見立てた猿のぬいぐるみを
ポンと投げ捨てるような、人間性を疑う下劣な演劇を公開してしまう腐りきった
平和市民団体の出版物だろう。いい加減にしろよ。在日と共闘しやかって
そんなにイヤなら日本から出てけよ。この国でのうのうと暮らしやがって
いちいち真面目な日本人を小ばかにして害悪を振りまいてるクズどもめ。
お前らはもう時代の裸の王様なんだよ。いい加減、特アへの幻想を捨てろよ

494 :世界@名無史さん:2006/12/03(日) 09:07:14 0
>>492
「シナ事変」って本だな。
あと、駐屯中の彼らは、唐辛子をそのままバリバリ食べて、
昼間から高アルコールのなんとか酒を飲んでたってのは、中国紀行の
何かで読んだ。(地元民の話)

495 :世界@名無史さん:2006/12/03(日) 09:13:57 0
              ,,.. -──- 、,
            ,. ‐'":::::::::::::::::   ....:``'-、
         ,/::::::::::::::::::: ....::::::::::::::::::::::::ヾ:、      ,....,
          /::::::::::::::: ..:::::::::::::::i、::::::::::::::::::::'、':,.    /  ヽ
       /::::::::::: ....:::::::::::::::::::::i:::!`、:ト、::::::::::::i i!   /     i
      i   ...::::::|'、ヽ;::::::::::::::|,!:!__リ,,'iヽ::l''、:'、   /      /
        | ..::::::::;:::i!:i ヾ:、ヽ:::::::::| リ , -─ リ i;il:ヽ, i    /    あはははは〜
       l:::::::::::::::i',i ':i ,メ、 \;:l '゙    `、 !::::/l ...::::::/``ヽ
      l::ヽ:::::ヽ:i,レ',.゙-‐''''         ',/'/..::::::::::/    l'ヽ;、  ヘタリアのやつ、
       i:::::>、:ヾ,' /     _,.. -‐'ヾi    ,レ'::::::::::;r':..   /  i_\
        i:::i. `'‐,ゝ    i"       '! ,.‐''" :::::::::::i゙::::::::.../.  ノ 'i    また負けてるよ〜
          !::\ `ヽ    ':,     l{   ..:::::/::L,. ‐'":::::;/  !
          l::::::::`''‐r\    ヽ.,__,.ノィ'‐-‐''"'ォ‐--,゙弋''''"::::::;.ノ
         |::::::::;ィ:::}、 ``'''─--、-‐ニ┤ ___ハ,`''ーヽ-'=‐''":::
          !::::::/ i:::|、\     ヾ´. i  ヽ   、''‐-、_::::::::::::::::: /
        i:::::/ i:::ハヽ`''‐、/l__\,| /    ヽ--、,.ニ=‐--‐'"

496 :世界@名無史さん:2006/12/03(日) 09:49:54 0
>493
そんなに激高するな。読むにたえないぞ。なんか可哀想になってきたので、
あまりきついこと言わないでおいてやるから・・・
とりあえず、「延安リポート」とか読んでみたら。大きな町の図書館か、
史学科のある大学なら置いてあるだろう。
あなたが読んだら色々妄想逞しくしちゃいそうなないようだが、中共が何故敵兵や民衆に
優しく接したのか、それは人道的な理由からではない点も含めて、中々興味深いよ。

それと、共産党軍の兵士達は食い詰めものが多かったのは事実だが、
指揮官達はそうでもなかったりする。朱徳も彭徳懐も国民党軍でのキャリアがある、
正規軍の士官経験者。色々批判されることの多いスメドレーが八路軍にゾッコンに
なっちゃったのも、朱徳の人柄に依るところが大きい。

>>494
なんかほっとするコメントだな。(苦笑

シナは漢字かな?ただ、そのものズバリの書名は発見できないが。
唐辛子の話は、俺も読んだことがある。ただ、これは多分
共産党特有のものではなく、四川あたりの風習というか文化っぽい感じ。

497 :だつお:2006/12/03(日) 10:28:16 0
>中共が何故敵兵や民衆に優しく接したのか、

 日本側が「先の戦争では申し訳なかった」といった内容のことを述べると、
ケ小平は発言をさえぎるようにして「われわれは日本軍をそんなに悪く思
っていませんよ」と切り出した。あっけにとられた一行を前にしたケ小平
の説明はこうだった。
 「あの戦争が始まる前、われわれは井崗山(せいこうざん)から、
長征の途についた。延安にたどりついたときは気息奄々、靴もちびはて、
人数も2万人に減って、全滅寸前でした。ところが日中戦争が始まり、
われわれを包囲していた蒋介石軍は日本軍によって次第に南部に押され
ていく。袋のネズミだったわれわれはそれで息を付くことになり、
日本軍の後ろに回って、着々と工作をしていった。そして戦争終結時
には数百万の正規軍を擁する軍事勢力にのし上がった」

http://www.yorozubp.com/9806/980606.htm
日中戦争のおかげで全滅を免れた中国共産党−ケ小平語録

498 :世界@名無史さん:2006/12/03(日) 10:32:12 0
>>495
おまえは軍事板にもうくるな。カス!

499 :だつお:2006/12/03(日) 10:36:15 0
そもそももともと僅か2万程度の敗残兵に過ぎなかった延安中共軍を、
「民衆の支持」だの「指導力」だのと政略レベルで評価できるのかと。

 白 中国軍はもともと蒋介石の軍隊なんですよ。シナ事変から終戦
まで蒋介石軍と日本のシナ派遣軍が戦ったわけですが、雑軍も含めて
最小限度三百万の蒋介石軍があった。毛沢東の八路軍は小さいんですよ。
砲兵もなくてね。
 それが国共内戦で蒋介石が敗れて毛沢東の軍隊になった。彼らは
最小限度十年のプロなんだ。しかも三十個師団ぐらいは米軍の装備
をもっていた。もちろん日本軍のろ獲品もあるし、蒋介石がつくった
兵器もある。蒋介石が台湾に逃げて、これが中国軍になった。

http://www.sankei.co.jp/pr/seiron/koukoku/2000/ronbun/09-r5.html
韓国将軍が五十年後に明かす朝鮮戦争の真実

500 :世界@名無史さん:2006/12/03(日) 10:53:59 0
>>493
図星をつかれたのがそんなに悔しかったのかね?
素直にゴー宣以外は挙げませんといっておけばそれだけで良いのだよ。

501 :世界@名無史さん:2006/12/03(日) 11:34:04 0
八路軍以前に八路軍を美化してきた連中が信用できない。

他の部隊が盗賊並みの規律であるのに、八路軍のみは規律に厳格で『人民』に支持されていた、
という評は、普通に考えれば容易には信じがたい。
これに類する資料や風評は共産党のプロパガンダではないか、と一度疑うのが大人の態度ではないかと。




502 :世界@名無史さん:2006/12/03(日) 12:27:33 0
マシかマシでないか、という話なので、共産党軍が全く
略奪などをしなかったと言ってるわけではないんだぞ。

503 :世界@名無史さん:2006/12/03(日) 12:30:23 0
もちろんそれは承知だが、中にはそうでない人もいる。

504 :世界@名無史さん:2006/12/03(日) 12:57:17 0
80年代までの、八路軍の美化ぶりはひどかったぞ。
「彼らは略奪、暴行をしなかった」と、言論人は平気で吹聴してた。

10年前に、その時代を舞台にしたテレビドラマがやってたけど
その中でも、そんな台詞を言ってた。
今頃になって「全くしなかったとまで言ってない」とは、とんだ逃げ口上だなw

505 :世界@名無史さん:2006/12/03(日) 13:09:02 0
>>496
>唐辛子をそのままバリバリ食べて
>四川あたりの風習というか文化っぽい感じ

四川の料理も辛いが、唐辛子を生で食べてしまう程じゃない。
これは湖南省の食文化だな。湖南の激辛料理は四川人すら食べられないと言うし
何より昼間から強い酒を飲む風習など、流石にどこにもない。

506 :世界@名無史さん:2006/12/03(日) 14:03:19 0
毛沢東は湖南の人だしね。

507 :世界@名無史さん:2006/12/03(日) 19:54:48 0
>>504
80年代の話なんか、本ですら読んだことないのでシラン。

508 :世界@名無史さん:2006/12/04(月) 00:58:36 0
薩摩最強でごわす

509 :世界@名無史さん:2006/12/04(月) 12:54:44 O
昼間から強い酒を飲む軍隊はどこですか

510 :世界@名無史さん:2006/12/04(月) 14:03:38 O
演習前、中隊長の検査終わったら中身を抜き、背嚢に焼酎瓶、ダブル(弾倉が2つ入る)につまみを入れ、行軍、穴堀り終わったら夜は穴の中で酒盛り
自衛隊演習の基本だづたな

511 :世界@名無史さん:2006/12/04(月) 14:04:52 O
づ→っ

512 :世界@名無史さん:2006/12/04(月) 14:41:59 0
>>509
毛沢東の八路軍

513 :世界@名無史さん:2006/12/04(月) 14:49:37 0
唐辛子をそのまま食べたり、強い酒を飲むのは寒いから?
たしかに大陸は寒そうだよな。

514 :世界@名無史さん:2006/12/04(月) 19:00:02 0
ネルソン提督の遺体は腐敗を防ぐためラム酒の樽に入れて運ばれた。
港に着いて樽を開けると、何故かラム酒は半分に減っていたそうだ。

515 :世界@名無史さん:2006/12/04(月) 21:07:08 0
>513
湖南省は、沖縄より南緯度なんだが・・・

516 :白馬青牛:2006/12/05(火) 00:02:21 0
>>485
また思想狂信者が来たんか。小林信者は洗脳されたカルト君じゃしのう。
ほいで、旧日本兵の証言の根拠がゴー宣か。
八路軍の軍紀、規律について出とるサイトでも、挙げとこうか。
http://members.aol.com/Tetsu220/202.html
「また、かれらの対民衆、ことに対婦人軍紀は驚くほど厳粛であった。
ある北支軍の参謀は、『八路軍の兵士は男性としての機能が日本人と少し
違うのではなかろうか』とさえ語った。(中略)」三笠宮殿下も、
八路軍の規律が日本軍より良かったと指摘された。
http://diana.chu.jp/kaguya/jinde4.html
ここには、八路軍の住民に日本軍は暴虐非道な奴等だから、と「反日教育を
して鉄砲の撃ち方まで教えた事」が記してあるが、逆に八路軍の規律が悪い
と出来んことじゃ。このサイトには、日本軍の中でも、「大変悪い部隊」と
「住民が安心して過ごせるいい部隊があった」事、
朝鮮人通訳や日本の憲兵が最も悪く、中国人が憎悪侮蔑した事、
日本軍憲兵に至っては、同胞の日本兵からも嫌われた事等、(憲兵は、
一部の人達を除き、概ね、後の敗戦前夜に逃亡したり、シベリア抑留で
同胞日本人を密告しソ連の犬になったり、権力の為には平気で同胞や
祖国を裏切る連中が多かったことは戦争体験者のよう云われること。)
このサイトは、戦争体験者の書かれた良いサイトじゃ。

517 :世界@名無史さん:2006/12/05(火) 02:11:28 0
結局薩摩最強でごわった

518 :世界@名無史さん:2006/12/06(水) 18:27:10 0
>>516
その戦争体験者とやらは、戦後の収容所で洗脳された人が多いので
信用できない、なんて常識ではないか?

519 :世界@名無史さん:2006/12/06(水) 18:37:59 O
しかも三笠宮殿下の異名は「赤い殿下」。
というかこのスレは世界最弱の軍は何?ってのだから、
八路軍万歳はスレ違いじゃね?

520 :世界@名無史さん:2006/12/06(水) 18:45:02 0
大戦中の国民党軍の規律は目茶苦茶で、銃を支給すれば
すぐに売って金に代え、次の日には半数しか持ってないって
冗談みたいな実話まである程だから、正に最弱の軍隊にふさわしいだろう。
同じ中国人である八路軍も似たようなものだ。


521 :世界@名無史さん:2006/12/06(水) 22:13:43 0
中国の軍は盗賊の群れだから。数多い盗賊を纏めた奴が中華皇帝。

522 :世界@名無史さん:2006/12/06(水) 22:18:34 0
まぁ、八路は国民党の軍よりはマシだったということでしょ

523 :世界@名無史さん:2006/12/06(水) 22:28:40 0
でも盗賊が弱いとは限らないでしょ。
真正面から訓練された近代的な軍隊と戦えば負けるだろうけど、
便衣兵を決め込まれると勝つのは難しい。

524 :世界@名無史さん:2006/12/06(水) 22:49:16 0
便衣兵を使っている時点で負け。

あれは自分の身代わりに武装を持たない一般人を犠牲にしているだけで、
相手国が国際法を守る意思がなければ、住人もろとも攻撃の対象となる。
こうなると一般人だろうと一般人を装った兵士だろうと見境なく攻撃され、
ほとんど虐殺の様相を呈してくる。
世界各地の内戦ではどちらの勢力もそもそも国際法を守る意思がないから、国家間同士の戦争よりも
なお一層凄惨な虐殺が繰り広げられている。


525 :世界@名無史さん:2006/12/06(水) 22:59:50 0
>>524
でも日本軍はじっさいにその便衣兵に苦しめられたし、
ベトナム戦争という例もある。便衣兵は厄介だよ。

でもまあ「強い」っていうのとは違うよな。

526 :世界@名無史さん:2006/12/06(水) 23:10:02 0
まあ厄介は厄介だが、自分の首を絞めることにもなるな・・。
武器のない自国の一般人をもろに戦闘に巻き込むからな。

アフリカのとある内戦では、女を縛り上げて軍の先頭に担ぎ出すという。
対するアメリカなど自称『人権保護』をうたう軍隊は、発砲すると女=一般人を
殺すことになり、モラル上色々とよろしくないので仕方なく撤退する。
だがフランス外人部隊などは、最初から人権保護などというキレイ事は持ち出さないので
縛り上げられた女ごと砲撃して壊滅させるという。
・・・・と言う話を昔々に読んだが、出典は忘れた・・。

527 :白馬青牛:2006/12/06(水) 23:15:57 0
>>518-519
>その戦争体験者とやらは。じゃ。わりゃは物の言い方にゃは注意を
はらえや。前線で戦闘し苦労された方に失礼な物言いじゃのう。
ご自身が、憲兵に中国人を売った事を後悔されとるんに、その苦悩に
対し思いやりものう云えることよ。ほんま思想厨は、洗脳されて頭が
狂うとる。ほいで>>516のサイトの「大陸戦線こぼれ話」は、
撫順収容所で中国側に教化された方じゃない。(撫順収容所で教化された
方の意見も日本軍が全て悪く、中国軍は全て正しいとされる意見には
矛盾点を覚えるが、戦争体験者の話や戦記から全てが違う訳ではない。)
洗脳されとるんは、われのほうじゃ。前線で命がけで闘われた将兵の言と
前線将兵を消耗品が如く扱いをし、後方で作戦遊戯をしとった上層部の
都合の悪い文書を焼却し証拠がないと自己弁護する人達の言のどっちを
信用するかの問題じゃ。おどれの言じゃ後方の臆病者の言が常識になる
んかいのう。やれやれ三笠宮崇仁殿下の悪口まで云い出したわい。
戦前なら不敬罪で拷問されとるのう。崇仁殿下のご長男の寛仁殿下の
皇位継続は男系にとされる事に小泉前首相と同じく反対しとるんかのう。
じゃったら小林信者じゃのうて小泉信者と云うべきか。

528 :白馬青牛:2006/12/06(水) 23:49:23 0
>>520
同じ中国人云うても各部隊様々じゃし、日本軍も部隊の違いで軍紀、規律
も同一ではない。
>>524
便衣兵は、日本軍でも特殊部隊である挺身隊は便衣隊じゃった。
そもそも日本軍の捕虜虐殺も、国際法を守る意思がなかったとされても
仕方が無い。テロを起こした便衣兵の隠れ家を襲撃し殺害しても、良民が
巻き添えで犠牲になった時は、襲撃した兵士は、後悔と罪悪感を覚えるよ。
こういう場合は見逃すのが武士道じゃと戦争体験者は云われたが、
上に従順な真面目な兵士は殺すんじゃろう。キレイ事と云うより、
自分を取り巻く外部の価値観よりも、自分の良心に忠実に為れるかの
問題になる。


529 :世界@名無史さん:2006/12/07(木) 00:20:58 0
・・・・おまえが洗脳されているんじゃないのか・・?

捕虜虐殺というが、軍服を脱ぎ攻撃した時点で捕虜ではなく兵士であり、
これを殺害しても法的には問題なし。
普通に考えて、最初は軍服脱いで敵軍を攻撃し、やられそうになったら捕虜でござい、
正当な待遇をよこせ、なんて美味い話があるはずがない。



530 :世界@名無史さん:2006/12/07(木) 00:23:36 0
中帰連の共産党マンセー話をもう一度信じるスレはここですか?

531 :世界@名無史さん:2006/12/07(木) 00:31:41 0
>>529
軍服を脱ぎ攻撃した事は伏せ、捕虜虐殺と宣伝するのが中国の伝統。
中国軍は根が盗賊だから卑怯汚いは無い。
根が百姓、人生を芸術品として見る元武士の日本軍には真似出来ない。

532 :世界@名無史さん:2006/12/07(木) 00:32:30 0
わりゃは物の言い方にゃは注意をはらえや
洗脳されとるんは、われのほうじゃ
戦前なら不敬罪で拷問されとるのう

533 :世界@名無史さん:2006/12/07(木) 00:38:40 0
誰だお前は

534 :白馬青牛:2006/12/07(木) 02:20:38 0
>>529
日本軍は軍服を着用しとる米軍捕虜も殺害しとるよ。
国粋主義信者が諂うアメリカさんを例に出したんはまずかったか。
法的問題も南京の件で肯定派と否定派が便衣兵の殺害は違法か違法で
ないかもめとるようじゃが、「勝てば官軍、負ければ賊軍」であり、
戦後の中国側の裁判で言い分も認められず冤罪で処刑された方も多いし、
極東軍事裁判も連合国側の一方的な主張で決められる。
法も正悪じゃのうて国家政略の一部に過ぎんのが現実じゃ。
支那派遣軍も、敗戦時蒋介石氏の「暴に報ゆるに徳をもってす」と
呼びかけに軍の幹部は名誉を保てたんか。「おかしな話で、日本軍が
「暴」であり、中国軍が「徳」であることを認めて、どうして名誉ある
停戦になるのか理屈にも何も通らぬ話だが、何のことはない、
軍幹部たちは、自分の生命が惜しくなっただけであろう。」と当時の
戦争体験者の兵士の言からも、前線の兵士と違い、敗戦が決まったら
君子?豹変し、土下座外交をしとったんが軍上層部じゃ。
軍上層部の言い訳より、日本軍を批判されても前線で闘われた将兵こそ
真の愛国者じゃ。洗脳された思想狂信者は、日本人としての情義よりも、
隣国を馬鹿にすることが、祖国を愛することじゃと勘違いしとるよう
じゃのう。

535 :世界@名無史さん:2006/12/07(木) 08:34:43 O
本当に共産軍が弱かったら震駭革命以来の内戦を終結できないっての

536 :世界@名無史さん:2006/12/07(木) 09:00:58 O
相手が激弱国民党だからな


537 :世界@名無史さん:2006/12/07(木) 09:10:11 0
>>534
余りウソを書くな。
蒋介石は、自分が日本にいたとき世話になった軍人の家族たちが略奪に
あわんように自分の直属親衛隊を護衛につけ、財産をすべて保護して日
本に送り返している。

538 :世界@名無史さん:2006/12/07(木) 09:26:51 0
>>534
読んでる本がだいたい分かるから面白いな。
しかも、それしか読んでないというオチ付き。救われねえ。。。


539 :世界@名無史さん:2006/12/07(木) 09:31:17 O
「人民の中を泳ぐ」ことを主戦術としていた共産党を、他国と比較するのは暴論じゃないのか。

540 :世界@名無史さん:2006/12/07(木) 10:13:31 0
9条は日本人の心の故郷なのです。変えさせません。

故郷を変える人が居るのですか?

http://that4.2ch.net/test/read.cgi/diplomacy/1165452884/l50

541 :世界@名無史さん:2006/12/07(木) 10:22:17 O
そんな故郷ありません。
懐かしくもありません。

542 :白馬青牛:2006/12/08(金) 00:25:39 0
>>537-538
わりゃあ、>>534の文の何処が嘘なら。こん糞外道らは、自分が
答えられんと、人を罵倒することしか出来ん日本人の恥晒しじゃのう。
ほいで、われの云う蒋介石氏が日本にいたとき世話になった軍人たあ、
誰かいの。松井石根氏か、それとも違う人物か?はっきり云えいや。
自分の直属親衛隊とは何処の部隊か?栄誉第1師か外の部隊から護衛要員を
募ったんか。具体的に詳しゅう書けや。
わしが読んだ本が解るんなら題名を挙げえ。「それしか読んでない」
じゃの曖昧にして空虚な、日本語として用を為さん言葉使うところ、
おどりゃあ、幼稚園児並みの知能しかないんかい。ほいで、おどれは、
どがいな本を読みあがったんか。題名を書けえや。

543 :世界@名無史さん:2006/12/08(金) 00:35:53 0
それどこの方言?
もしかして、ザ・平和都市の広島?


544 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/12/08(金) 00:37:40 0
なんというか、はだしのゲンで憶えたような無理矢理な感じがしますね。
ネイティブではないでしょう、この方は(と標準語で言うのもなんですが)。

545 :白馬青牛:2006/12/08(金) 01:07:49 0
>>544
山野さんよ。わしゃは、ほんま広島の人間で。何処の文から無理矢理じゃ
云うとるんか。抽象的じゃのうて具体的に云いんさいや。はだしのゲンが
何で関係あるんかいの。ネイティブじゃないじゃ断言されとるが、
がんすじゃ、今は死語になっとるがそがいな言葉使うたらネィテイブに
なるんかいのう。いたしいじゃ、やねこいじゃ云うても、旅の者にゃあ、
つうじんど。わしを広島人じゃないじゃ、失礼にもほどがあろう。

546 :世界@名無史さん:2006/12/08(金) 01:39:49 O
>>545
仁義なき闘いヲタ乙


547 :白馬青牛:2006/12/08(金) 01:54:01 0
>>546
仁義なき闘いじゃ、広島の人間を貶しあがるのう。
映画の題名だけで、断定すなや。
広島人は仁義を重んじとったよ。
仁義のかけらも無いんは、わしにつまらんカバチ(文句)たれる、
糞外道らじゃ。

548 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/12/08(金) 02:30:19 0
わざとらし過ぎるのですよ。お国自慢板やまちBBSでならともかく、わざ
わざ全国区で方言使用だなんて、大阪人(悪い意味でなく)でもあるまいし。
>「それしか読んでない」
>じゃの曖昧にして空虚な、日本語として用を為さん言葉使うところ、
>おどりゃあ、幼稚園児並みの知能しかないんかい。ほいで、おどれは、
>どがいな本を読みあがったんか。題名を書けえや。

繋げ方に少々無理があるように思います。
「〜じゃの」や「使うところ(という表現も聞きなれませんが)」など、
一旦ここで切れませんか。「読みあがった」というのも初耳です。
広島市内でも港関係の訛りと他では割と違う気もしますが。

>軍幹部たちは、自分の生命が惜しくなっただけであろう。」と当時の
>戦争体験者の兵士の言からも、前線の兵士と違い、敗戦が決まったら
>君子?豹変し、土下座外交をしとったんが軍上層部じゃ。
>軍上層部の言い訳より、日本軍を批判されても前線で闘われた将兵こそ
>真の愛国者じゃ。洗脳された思想狂信者は、日本人としての情義よりも、
>隣国を馬鹿にすることが、祖国を愛することじゃと勘違いしとるよう
>じゃのう。

(お若い方が)素で使い慣れていないのに、無理してらっしゃるような。
標準語訳すると、
>軍幹部たちは、自分の生命が惜しくなっただけであろう。」と当時の
戦争体験者の兵士の言からも、前線の兵士と違い、敗戦が決まったら
君子?豹変し、土下座外交をしていたのが軍上層部だ。
軍上層部の言い訳より、日本軍を批判されても前線で闘われた将兵こそ
真の愛国者だ。洗脳された思想狂信者は、日本人としての情義よりも、
隣国を馬鹿にすることが、祖国を愛することだと勘違いしているようだな。

「からも」から「していた」になるのは、おかしくありませんか。
その下の「より」二箇所も気になりますね。
方言というより、日本語の接続と省略に無理があるのかもしれませんが。

549 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/12/08(金) 02:35:23 0
私ならこう書きますね。
>軍幹部たちは、自分の生命が惜しくなっただけであろう。」『ゆう』当時の
戦争体験者の兵士の発言を『読んどっても』、前線の兵士と『違うて』、敗戦が決
まってしもうたら 君子?豹変して、土下座外交をしとったんが軍上層部
じゃたゆうことが『分かろう』が。
言い訳を『しょおった』軍の上層部よりゃあ、日本軍を批判されても前線で闘わ
れた将兵こそが、 真の愛国者じゃ言えるんじゃないんか。
洗脳されてしもうた思想狂信者は、日本人としての情義『を言うこと』より
も、 隣国を馬鹿にすることが、祖国を愛することじゃと勘違いしょうるよう
じゃのう。

『 』内は文意補足です。どうも「分かる」とか「していた」に相当する
箇所を省略される癖があるようで。
本当に広島人なら申し訳なかったですが、もう少し文章をまとめて下さい。
これで方言を使われると、同郷人として気になります。
軍事板やお国自慢板でもこうしておいでのようですし。

550 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/12/08(金) 02:41:23 0
連投失礼。とはいえ、はっきりとした証拠もなしに断定してしまったことに
ついては、お詫び申し上げます。失礼致しました。

551 :世界@名無史さん:2006/12/08(金) 03:06:05 0
山野さんは丁寧だな。

552 :世界@名無史さん:2006/12/08(金) 12:12:06 O
山野さん結婚して

553 :白馬青牛:2006/12/08(金) 23:23:56 0
>>548
どこがわざとらしいんない。わしが方言でカバチたれよっても、あんたが
ああせい、こうせい指図することじゃあるまあ。
「読みあがった」が初耳たあ、広島の人間のゆうことじゃ思えんよ。
「読みやがった」でもええんよ。「しゃあーがる」じゃあ、
「しゃあーがれ」じゃ、あんたあ、いわんのん?
『マレー戦記』P61「相手は、どこの軍隊ならァ」「タイに決まっと
らァや。ラッパなんか鳴らしやがるけん、こういうことになるんよ」
P88「われァ、長生きしやがれ」
P108「実やんのバカが、弾薬庫の方へ行きやがる」
と、越智春海氏は「しあがる」を「しやがる」、他にも「たあ」を「たァ」
と使うておられた。
港関係の訛り?港関係じゃのうても、言葉や表現の仕方で地域や更に個人で
えっと違おうがい。標準語の物が「なくなった」云うんも、「ないなった」
ゆうか「のうなった」ゆうか、「行かなかった」を「いかんかった」ゆうか
「いかなんだ」あるいは「いかざった」ゆうか、個人で様々じゃ。
わしゃあ、年寄りくさい云われることもあるが、「いかなんだ」を使う方が
多いんじゃないかのう。あんたあ、広島弁の公式でも作りょってん
かいのう。あんたのコミュニテイか世代の広島弁を普遍化したい
工作活動か知らんが、いなげな(変な)ことをゆうのう。
わしが若いたあ、先入観が強いことよのう。わしゃは、バチじゃあ、
バリじゃあ、つこうた世代じゃないでえ。日本語の接続じゃあ、
あんたあ、ほんま神経質な人間ようのう。広島弁は、自己紹介の時、
「わしゃあ、○○云います。」ゆうて、○○「と」云いますの「と」が
よう、抜けとる。省略しちゃあいけんじゃ、杓子定規なわい。

554 :世界@名無史さん:2006/12/08(金) 23:55:15 0
ここわ世界史板だあああああああああああああ

555 :白馬青牛:2006/12/09(土) 00:14:35 0
>>549
じゃけえ、そりゃあ、あんたの広島弁の言い方じゃ。
「しょおった」でもええが、「わしゃあ、寝よったわい」
「わしゃあ、寝とったわい」どっちでもええことじゃ。
標準語の「やめなさい」を「やめんちゃい」(こりゃあ、女性に対して
じゃが)「やめんさいや」「やめいや」「すなや」「しゃあーがんなや」
も気分によって使い方も様々じゃ。ほんまわしの広島弁たァ、あんたの
方が若かぶりなわい。最後のわしに対する意見はいらん世話じゃ。

556 :世界@名無史さん:2006/12/09(土) 08:55:43 0
薩摩最強でごわす

557 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 14:37:52 0
広島弁のことはどうでもいいんだが。いい加減にしろ。
山野も自分の間違いを指摘された腹いせに、くだらないところにケチつけるなや。

558 :白馬青牛:2006/12/13(水) 02:37:40 0
>>553
の補足になるが、P61の「タイに決まっとらァや。ラッパなんか鳴らし
やがるけん、こういうことになるんよ」の続き。
『いよいよ猛烈な射ち合いになった。砲声もまじって来た。敵の砲声らし
かった。
兵隊たちは、もう善人面ではなかった。闘犬が相手を発見した時の、
あの筋肉の痙攣が、全身を走っていた。何かを探るような沈鬱な目は、
殺人者のみが持っているこわい色だった。それはたぶん、世界中の女性を
失望させる、ショッキングな色合いだった。
「前へ!」
市川大隊長の右手が、ほんの十センチほど動いた。それで充分だった。』

559 :世界@名無史さん:2006/12/13(水) 21:56:15 0
掲示板で広島弁を書き込むおまえの神経は、世界中のネットユーザーを失望させる。


560 :世界@名無史さん:2006/12/14(木) 00:16:12 O
まあ軍隊かどうかわからんが、結論としてじゃ、広島カープが世界一弱いのにきまっとろうがね。

561 :世界@名無史さん:2006/12/14(木) 01:06:42 0
虎の恋人黒田を渡さないカープは最悪や!

562 :白馬青牛:2006/12/15(金) 00:30:55 0
>>559
世界中のネットユーザーを失望させるんは、わしたァ、ネットウヨや嫌韓、
嫌中の思想中毒患者じゃろう。お国自慢板の郷土の英雄。帝国師団スレに
書いたが、慰安婦を愚弄し、旧国軍上層部の代弁者になっとる連中のこと。
日本人として恥を知るべきであろう。
>>560-561
広島カープが世界一弱いは、あるまい。現在さほど強うない。と云うんなら
解るが。黒田さんは、若いのに男を上げたのう。

563 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 17:19:24 0
野球で盛り上がってるようだけど、このスレ年齢層高そうだw

564 :世界@名無史さん:2006/12/21(木) 01:15:00 0
スレ違いな奴は嫌われる

565 :世界@名無史さん:2006/12/22(金) 22:04:22 0
史上最弱が最も最も最も最も最も最も最も最も
最も最も最も最も恐ろしいマギィィィーーーッッッ!!!

566 :世界@名無史さん:2006/12/23(土) 22:44:27 0
対馬単独に負け、文禄・慶長で日本軍に蹴散ら続け(例外的に勝ったのは有ったが)、自国の反乱事件でも無用の醜態を晒し続けても日韓併合まで残った朝鮮軍。
最弱・有害無実でも500年以上保った朝鮮軍(李氏朝鮮政権)はある意味凄い。

567 :世界@名無史さん:2006/12/23(土) 22:56:24 0
500年も持った政権って、かなり数が少なそうだよな。
かといって善政が敷かれていたという話も聞かない。

568 :世界@名無史さん:2006/12/24(日) 08:45:58 0
あそこは中国の政権さえしっかりしてくれていれば、
基本的に大丈夫だからなあ。

569 :世界@名無史さん:2006/12/24(日) 12:00:28 0
というより、北方騎馬民族が攻め込まなければ安泰。
国家が滅ぶときはいつも騎馬民族に苛められて疲弊している。
近代は西の日本から攻められて危うく民族消滅の危機にまで
至ったが。

570 :世界@名無史さん:2006/12/24(日) 23:35:21 0
>>569 日本的に、中華がよたったところで例によって倭寇(商人の意味で)やろうとしたら、
南蛮が先に倭寇のエリアに進出してたんで、しゃーないから北狄のマネしただけの特殊事情だがな。
二度目はないつか、徒歩で中原に鹿を追ったアホはたぶん空前絶後だと思う。鹿を追ってるって自覚すらないし。

むしろ、最近の高句麗関係の対中発言見てると、中共がコケたら韓国が北を併合して北の連中を安上がりな鉄砲玉にして満州へ雪崩れ込む公算が大きいと見てる。どうなるかな。


571 :世界@名無史さん:2007/02/17(土) 22:51:20 O
ママ、ぼくのおけつのあなからとてつもないものがでてきたよ

572 :世界@名無史さん:2007/02/17(土) 23:00:27 O
>>562
中国政府からいくらもらっているんですか? w

573 :世界@名無史さん:2007/02/18(日) 00:31:38 0
              ,,.. -──- 、,
            ,. ‐'":::::::::::::::::   ....:``'-、
         ,/::::::::::::::::::: ....::::::::::::::::::::::::ヾ:、      ,....,
          /::::::::::::::: ..:::::::::::::::i、::::::::::::::::::::'、':,.    /  ヽ
       /::::::::::: ....:::::::::::::::::::::i:::!`、:ト、::::::::::::i i!   /     i
      i   ...::::::|'、ヽ;::::::::::::::|,!:!__リ,,'iヽ::l''、:'、   /      /
        | ..::::::::;:::i!:i ヾ:、ヽ:::::::::| リ , -─ リ i;il:ヽ, i    /    あはははは〜
       l:::::::::::::::i',i ':i ,メ、 \;:l '゙    `、 !::::/l ...::::::/``ヽ
      l::ヽ:::::ヽ:i,レ',.゙-‐''''         ',/'/..::::::::::/    l'ヽ;、  ヘタリアのやつ、
       i:::::>、:ヾ,' /     _,.. -‐'ヾi    ,レ'::::::::::;r':..   /  i_\
        i:::i. `'‐,ゝ    i"       '! ,.‐''" :::::::::::i゙::::::::.../.  ノ 'i    また負けてるよ〜
          !::\ `ヽ    ':,     l{   ..:::::/::L,. ‐'":::::;/  !
          l::::::::`''‐r\    ヽ.,__,.ノィ'‐-‐''"'ォ‐--,゙弋''''"::::::;.ノ
         |::::::::;ィ:::}、 ``'''─--、-‐ニ┤ ___ハ,`''ーヽ-'=‐''":::
          !::::::/ i:::|、\     ヾ´. i  ヽ   、''‐-、_::::::::::::::::: /
        i:::::/ i:::ハヽ`''‐、/l__\,| /    ヽ--、,.ニ=‐--‐'"



574 :世界@名無史さん:2007/02/18(日) 00:33:02 0
家の爺さんは工兵だったんだが
中国兵は橋の建設のときとかに労働者になって紛れ込んで
夜になったら夜襲をかけてくるっていってた。
ん出朝になったら建設中の橋も壊されてたんだと。
こういうのってやっぱり中国ならではの戦法だよなぁ

575 :白馬青牛:2007/02/23(金) 02:51:54 0
>>572
金の話が出る処、あんたどこかの団体から金でも貰うとるんか?
それとも単なる守銭奴か?
わしが中国政府から金を貰うたら、満洲を中国東北地区ゆうたり、チベット
占領も批判出来んようにもなる。中国軍を「敵」云う表現も使えんよう。
なんにもまして自由を自ら放棄することになる
(これは日本の政治思想、宗教団体に属しても同じじゃ。)。
>>574
労働者の格好になろうと、軍服を着ても、中国軍は夜襲を仕掛けて来るよ。
冬季作戦で名古屋3Dと仙台13Dが中国軍にやられた時も、特に
仙台13Dの一部の被害は大きく、歩哨が首を切られたり、拉致されたり、
分哨は敵軍の奇襲をくらって全滅し、広島39Dが救援に行った時、
『全員が穴倉に入っていた。これが帝国陸軍、皇軍の姿なのか、と思う
ほど、あわれで悲惨な情景だった。かろうじて生存していた警備隊の
兵隊が、「襲来した支那兵が、日本馬の肉を喰っていた。わが大隊は、
完全に全滅した」と、細々と力なく話した。』
おそらく夜襲で支那兵は音もたてず忍びこみ、歩哨兵士を殺害し
次に本隊が来襲したんじゃろう。中国軍は日本軍と同じく夜襲は常習。

225 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)