2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「ヒトラー絶対悪」説は永久に揺るがないのか

1 :世界@名無史さん:2005/11/21(月) 00:00:50 0

ヒトラーよりもっと悪い奴なんていっぱい居そうなのにねえ。


2 :世界@名無史さん:2005/11/21(月) 00:02:13 0
それはそれとして2?

3 :世界@名無史さん:2005/11/21(月) 00:04:02 0
糞スレの予感。

4 :世界@名無史さん:2005/11/21(月) 00:04:59 0
学問的考察ができないスレは伸びないよ。

5 :世界@名無史さん:2005/11/21(月) 00:06:13 0
ナポレオンもワーテルローの戦いの後は
悪人として扱われていたが、今では英雄だ。

あと、50年もすれば英雄として扱われるようになる。

6 :世界@名無史さん:2005/11/21(月) 00:08:12 0
糞スレを実感。

7 :世界@名無史さん:2005/11/21(月) 00:09:20 0
うわぁぁぁ

8 :世界@名無史さん:2005/11/21(月) 00:32:25 0
既に「絶対悪」という単語で終わっているな

>1 何事も生贄の山羊ってのは何時の時代にも要るんだよ。


9 :世界@名無史さん:2005/11/21(月) 00:39:48 0
絶対悪と言えば朱元璋
間違いない

10 :世界@名無史さん:2005/11/21(月) 00:43:41 0
>>1
ユダヤからすればヒトラー以上の悪人はそうはいないだろう。

11 :世界@名無史さん:2005/11/21(月) 00:49:50 0
「絶対悪」という言葉が非学問的だというのなら、みなさんそういう扱いをして見せてください、
ヒトラーについて、またナチスについて。

・・・できないんでしょう、表立っては。





意気地なし。
えらそーにアカデミシャン気取っても、所詮はアメリカの下僕。

12 :高知少将ジーモン土佐守ジョーカー:2005/11/21(月) 00:54:56 O
人格論に立脚している時点で(・∀・)ダメダコリャ

13 :世界@名無史さん:2005/11/21(月) 01:02:24 0
歴史を善悪で教えるのやめれ、というとウヨ呼ばわりするのわなぜ?

14 :世界@名無史さん:2005/11/21(月) 01:05:34 0
実際に、俗世間で、ヒトラーに喩えることが、これ以上悪いものはないという最悪の記号になってる
ことには、歴史家のみなさんの責任はないの?

15 :高知少将ジーモン土佐守ジョーカー:2005/11/21(月) 01:18:16 O
善悪云々以前に政治指導者のパーソナリティに偏重して

歴史を考えるのは非合理だと、俺は思う。

それに、善悪で判断するのは左翼的だとか言う香具師がいるが、

皇国史観は何なのいったい?

16 :世界@名無史さん:2005/11/21(月) 01:23:35 0
外国の政治家や軍人を批難する台詞で、よく
「ヒトラーのような独裁者」と言うことがあるが、
「スターリンのような独裁者」と批難することは殆どないような気がする。

何故だろう?

17 :15:2005/11/21(月) 01:27:36 O
>>16
わかっていることを聞く必要がある?

ただし、ナセルは「ナイルのスターリン」と呼ばれたよ。

18 :高知少将ジーモン土佐守ジョーカー:2005/11/21(月) 01:32:06 O
ドイツとイスラエルで聞くのがいんじゃない?

このてのスレには飽きたよ。

19 :世界@名無史さん:2005/11/21(月) 01:38:24 0
>>政治家はその動機・意図よりも結果が問われるべきだと思うが

そうするとまあ、スターリンと毛沢東の方がたくさん殺しているのか・・・

20 :世界@名無史さん:2005/11/21(月) 01:40:33 0
とりあえず、董卓は普通に悪人というか無様というか彼を擁護する人間は
いないだろう。ほとんど何も為さずに、自らの欲望のために奪いまくり、殺しまくり、焼き尽くしまくった。

21 :世界@名無史さん:2005/11/21(月) 01:51:54 0
>>15
歴史は人物の自由意志が作るんじゃなくて階級の弁証法的展開が作るんですね?

だから階級社会の結節点にすぎない一人物の人格なんかに拘泥するのはブルジョア的な愚昧であり夢想なんですね?


というわけで、ヒトラーを生んだかわいそうな生育環境を研究して人物については情状酌量しましょう。


22 :世界@名無史さん:2005/11/21(月) 01:55:16 0
>>17
ヒトラーほどは悪くない、という意味だったりして。

23 :世界@名無史さん:2005/11/21(月) 02:03:24 0
>>21
ヘーゲルも言っているよ

「英雄が情熱に突き動かされて、行ったような行動すらも絶対精神という理性の
影響下の行動だ」って。

要するにヒトラーが生まれ得たのはあの時代だからで、現代に彼がいても
同じような結果は生まれ難いということ

24 :世界@名無史さん:2005/11/21(月) 02:09:59 0
>>23
混じれ酢が来ると思わなかった。

罪を憎んで人をば憎まず。
ヒトラーを憎んで絶対精神を憎まず。

25 :世界@名無史さん:2005/11/21(月) 02:30:38 0
スターリン、毛沢東、ポルポトの方がヒトラーよりはるかに極悪。

26 :世界@名無史さん:2005/11/21(月) 03:25:55 0
>>24

>>21はマジレスでは無かったのか?
とにかく歴史学という科学において個人の視点でものを見るのはどうかということだ。
社会心理学は個の視点を重視するとは聞いたが

27 :世界@名無史さん:2005/11/21(月) 03:49:00 0
しかし、何とも魅惑的なスレタイだと思う>1は釣り公望か

28 :世界@名無史さん:2005/11/21(月) 04:32:33 0
とにかくヒトラーは悪役としてキャラ立ち過ぎたと思う。
マルクス主義者が槍玉に挙げるのにちょうどいい
「ファシズム」の見本になってしまったというのもあるだろう。

>スターリン、毛沢東、ポルポトの方がヒトラーよりはるかに極悪。
漏れもそう思うが、サヨクの悪を隠蔽するのにヒトラーが利用されてきた面もあると思う。

29 :世界@名無史さん:2005/11/21(月) 04:45:30 0
この際だからこのスレに便乗だ。

>サヨクの以下略
確かに一般人にスターリンの再来とか毛沢東の再来とか
ポルポトの再来って言っても全然インパクト無いな、日本じゃ。

30 :世界@名無史さん:2005/11/21(月) 04:55:22 0
「逆らったわけでもない人間を、人種を理由に、絶滅寸前になるまで系統的に虐殺した」のがヒトラー。

スターリン、ポルポトは「人種を理由」にはしていない。
トルコのアルメニア人虐殺は、アルメニア独立勢力がロシア側についていた第一次大戦のとき。

米大陸の先住民族虐殺が、「絶滅」という結果ではそれに近いが単一の政権によるものではない。


31 :世界@名無史さん:2005/11/21(月) 04:58:46 0
スターリン、ポルポトは「人種を理由」にはしていない
ダウト 前者は民族、人種を殺しはしなかったが迫害はしたぞ
後者は原始共産制の建前と社会体制を理由に技術者やその他市場経済の人間を虐殺

32 :世界@名無史さん:2005/11/21(月) 09:14:32 0
>>29
CIAによるとポルポトは5万人「しか」虐殺していないからね。


33 :世界@名無史さん:2005/11/21(月) 10:23:42 0
>>30
これはなかなか面白い比較かも知れんね。
ヒトラーとアメリカ人の異人種根絶政策。
アメリカ人がホロコーストを語る時、このような対比意識は持ち合わせるのだろうか。

34 :世界@名無史さん:2005/11/21(月) 12:20:56 0
ドイツ人がヒトラーやナチ党の研究をタブー視しているうちは無理だろうね。

35 :世界@名無史さん:2005/11/21(月) 13:05:50 O
俺のがワルだぜ

36 :世界@名無史さん:2005/11/21(月) 13:34:20 0
「ソ連によるポグロムは捏造」スレによると、スターリンが実質的に権力を
握ったのは1932年頃で、1939年には第二次大戦(独ソ戦は1941年)が始まる
ので、スターリン個人の責任といえる粛清は実はそれほどでもないらしい。
むしろ、ロシア的というか、共産主義的システムのせいだろう。

中国についても、自然死だけで年間一千万人をはるかに超える国だから、
どこまでが権力者の責任かというのは判断が難しい。


37 :世界@名無史さん:2005/11/21(月) 14:21:38 0
ヒトラーが悪じゃないと戦勝国がかっこつけられないのサ☆

38 :世界@名無史さん:2005/11/21(月) 14:57:43 0
>>1>>37
ブッシュ2世が記録を塗り替えれば
「民主国家であるにもかかわらず」鬼畜道を為したということで。。。

39 :世界@名無史さん:2005/11/21(月) 18:12:34 0
まだヒトラーは過去の人物では無いからね。
まだ第二次世界大戦でナチスにより迫害された世代の人が居る限り正当な評価はムリなんじゃないかな
ナチスが歴史問題として扱われるようになった時にヒトラーの正当な評価が出来ると思う。

40 :世界@名無史さん:2005/11/21(月) 18:18:35 0
まだ東条は過去の人物では無いからね。
まだ第二次世界大戦で日本軍により迫害された世代の人が居る限り正当な評価はムリなんじゃないかな
日本軍が歴史問題として扱われるようになった時に東条の正当な評価が出来ると思う。

というリアルな認識をどれだけの日本人がしているのだろうか。


41 :世界@名無史さん:2005/11/22(火) 02:07:39 0
1979年に西ドイツはナチス残党の殺人時効を停止した。

42 :世界@名無史さん:2005/11/22(火) 02:28:20 0
文革の方が死んでるんじゃあないか?
そんなことない?

43 :世界@名無史さん:2005/11/22(火) 03:55:15 0
「ヒットラーなんてスターリン、毛沢東、ポルポトに比べればマシ」などというと
シモン・ヴィーゼンタール・センターの恐いお兄さん達が来ます。

44 :黒人混血者 上岡士文:2005/11/22(火) 04:38:52 O
>>1は(・∀・)アマタワルスギ

45 :世界@名無史さん:2005/11/22(火) 04:58:57 0
>>1はハリウッド映画の見過ぎ。

46 :世界@名無史さん:2005/11/22(火) 11:44:01 0
サイモンとうとう死んだな
イスラエルが存在する限りヒトラに弁護人はつかない

47 :世界@名無史さん:2005/11/22(火) 11:52:23 0
米英、ソ連とそれに追従する勢力、さらにはドイツ人自身までが、ヒトラーに全てを負わせることに利益を見出していた。
ナチスに迫害された人間がどうこうというより、この構図が大きい。

48 :世界@名無史さん:2005/11/23(水) 08:16:20 0
ヒトラーは良いこともした

極東の黄色人種と同盟を結んで、チャーチルやトルーマンら人種差別主義者と
戦うアジアに支援の手をさしのべた

49 :世界@名無史さん:2005/11/23(水) 08:43:34 0
本当に人口爆発か環境破壊か資源不足でどうしようもなくなったら、
殺人や大量虐殺がモラルとなることだってありえないわけではない。
そんなじだいにヒトラー・スターリン・ポルポトあたりが
偉大なる先駆者として再評価されたりする可能性は否定しきれない。

50 :世界@名無史さん:2005/11/23(水) 08:43:53 0
http://www.jca.apc.org/~altmedka/simple-story.html

51 :余に弁護人は要らない!:2005/11/23(水) 08:47:16 O
歴史が証明してくれるだけだ!

【卍】 ≦予 ̄>
  G\(^■^ ラ
   \ <!>+\ ここから日本と我々の関係が生ずる。

余は、日本を傷つけることによってヨーロッパの世界に奉仕していると
信ずる政治家たちに同意することはできない。
余は、東亞において日本人が敗北すれば、
それは決してヨーロッパまたはアメリカに何ら有益ではなく、
ひとりボルシェヴィキ・ソヴィエト・ロシアに利するに過ぎぬであろうと信じている。
余は、支那をボルシェヴィキの攻撃に抵抗し得るほど
精神的または物質的に強力だとは考えない。
しかし余は、日本の最大の勝利ですらも、ボルシェヴィキの勝利に比すると、
世界の文化と一般的平和にとって、危険は無限に少ないと信じている。



52 :黒人混血者:2005/11/23(水) 08:49:14 O
死ねよナチ。

53 :世界@名無史さん:2005/11/23(水) 08:50:39 0
ドイツ人を苛めすぎたらいかん。

屈折して巣か吐露に走りおる。

54 :マスコミにダマされるな!:2005/11/23(水) 08:58:43 O
この悪辣なユダヤ的方法―
名誉ある人物を、卑劣な誹謗や中傷で転落させる方法は、
これら悪漢ジャーナリストの持つ真の危険を知るために、
是非とも研究しなければならない。
彼等は、その敵のアラを探してその私生活を暴露することを躊躇しないし、
なんらの醜悪な事実も嗅ぎ出せない時には、
全くの嘘を書き立てて、その中に千倍もの矛盾が指摘され得ても、
確信をもってそれを信ぜしめようとし、
それを絶えず繰返すことによって、
最後には、その被害者を致命的な不評判につき落してしまう。
【卍】 ≦予 ̄>
  G\(^■^ ラ
   \ <!>+\
  ∠ ̄∬ゝ ∠ ̄∬ゝ ∠ ̄∬ゝ
G\(^∀^ G\(^∀^ G\(^∀^ ク
 \¶:¶±\¶:¶±\¶:¶±\


55 :世界@名無史さん:2005/11/23(水) 11:05:13 0
ヒトラーが責められるべきなのは
「仕事を途中で投げ出したこと」
その一点だけだ

56 :世界@名無史さん:2005/11/23(水) 16:31:07 0
ヒトラーは選挙で選ばれた。
当選させた有権者の責任は??

しかし今のドイツ人 → 「オラ知らね。ヒトラーとNAZISが全部悪いんだ。」
ヒトラーをアウシュビッツの件以外で擁護するとドイツ人は怒る

57 :世界@名無史さん:2005/11/23(水) 17:09:14 0
いつの世も民衆は被害者ってことにしとかないと支配できないから

58 :世界@名無史さん:2005/11/23(水) 18:59:48 0
いわゆる「騙されていた史観」すね。

59 :世界@名無史さん:2005/11/23(水) 22:41:57 0
>>48
裏では日本人見下してたのになw

60 :フォン・ヘルシング:2005/11/24(木) 01:29:54 O
裏ではそこらにいる気の良いおっちゃんだったりするwブラウンといるヒトラーは普通のおっさんの笑顔

61 :高知少将ジーモン土佐守ジョーカー:2005/11/24(木) 01:33:40 O
私人と公人は別。蒋介石やチャウシェスクは家庭人だったが、アレ。

ジェルジンスキーも愛妻家で堅物だったが、アレだよ。

62 :世界@名無史さん:2005/11/24(木) 01:47:13 0
民衆に責任能力などない 民の上に立たんとするものなら
全ての悪を押し付けられ、歴史の中で永久に悪人と罵られる覚悟がいるのだ

63 :世界@名無史さん:2005/11/24(木) 04:07:39 0
ユダヤ人どっかいっちゃえ→全部市ね
なイメージで極悪人なんだろうなあ。

スターリンなんてただのソ連の親玉みたいな感じだろうよ。

64 :世界@名無史さん:2005/11/25(金) 23:09:23 0
ヒトラーは自分自身の発言で、「独裁者はすべての責任を一手に引き受ける」と言ってる。
自分の立場に対する覚悟は出来てたんだよ。

65 :世界@名無史さん:2005/12/01(木) 18:03:45 0
墨で書かれた虚偽は、血で書かれた真実を隠すことはできない。


66 :Hitler spricht\(^■^ ラ 【卍】:2005/12/01(木) 18:19:59 O
【卍】 ≦予 ̄>
  G\(^■^ ラ
   \ <!>+\ 『我が闘争』より

【英雄が一夜のうちにつくられた】
この悪辣なユダヤ的方法―
名誉ある人物を、卑劣な誹謗や中傷で転落させる方法は、
これら悪漢ジャーナリストの持つ真の危険を知るために、
是非とも研究しなければならない。
彼等は、その敵のアラを探してその私生活を暴露することを躊躇しないし、
なんらの醜悪な事実も嗅ぎ出せない時には、
全くの嘘を書き立てて、その中に千倍もの矛盾が指摘され得ても、
確信をもってそれを信ぜしめようとし、
それを絶えず繰返すことによって、
最後には、その被害者を致命的な不評判につき落してしまう。



67 :世界@名無史さん:2005/12/01(木) 18:30:57 0
歴史上の人物の評価なんて
時と場所によって大きく違うんじゃないのかな。
今の中国での始皇帝の評価なんていい例だと思う。

68 :世界@名無史さん:2005/12/01(木) 19:00:33 0
ヒトラーよりスターリンの方がよっぽど悪人です。

69 :世界@名無史さん:2005/12/01(木) 20:35:29 0
ホロコーストがドイツ人に与えたトラウマはまだ当分残るだろうが
それも永遠ではない
最近の動きを見るとそう見える
いずれ共産主義の犠牲者との相対化が再び取り上げられるだろう

70 :世界@名無史さん:2005/12/01(木) 21:34:35 O
第一次敗戦時にすでにボロボロだったわけで、ヒトラーが余計酷くしたとはいえ‥‥
第一次前の同盟関係ですでにドイツ包囲状態だったのが、まずかったのでは。

71 :世界@名無史さん:2005/12/01(木) 21:55:40 0
政治家、指導者としてはビスマルク>ヒトラーだね

72 :世界@名無史さん:2005/12/03(土) 15:48:47 0
>>70
余計ひどくした?
ヒトラーの内政は天才的で、瞬く間に景気回復させたんだぞ?

73 :世界@名無史さん:2005/12/04(日) 00:56:02 0
>>72
デフレのとき大盤振る舞いしたら景気回復するのは当たり前。
誰がやってもそうなる。
ハイパーインフレを克服したばかりの国であれをやるのは
勇気が要っただろうけどね。
ケインズ理論がある今となっては、
デフレなんて起こす国は日本くらいのもの。

74 :世界@名無史さん:2005/12/04(日) 02:01:01 0
>>73
大盤振る舞い?なにそれ。
ヒトラーはきちんと産業を興して景気回復させたんだが?

75 :世界@名無史さん:2005/12/04(日) 09:42:12 0
しかもちゃんとユダヤ人の利権を国民に還元した

76 :  :2005/12/04(日) 09:45:13 0
しかもちゃんとユダヤ人の利権を古参ナチ党員のみに還元した

77 :世界@名無史さん:2005/12/04(日) 09:47:42 0
今はユダヤ社会だからな、ヒトラーは悪。
アメリカをぶっ潰し、ユダヤぶっ潰せば再評価されるでしょ
その時は20世紀でもっとも偉大であるが
悲運に泣いた改革者と位置付けられるかと
スターリンはどっちころんでも悪だな

78 :世界@名無史さん:2005/12/04(日) 14:27:20 0
なんでだよ!
親方だってユダヤ人迫害したじゃねえか!
差別すんなよな!

79 :世界@名無史さん:2005/12/04(日) 18:56:02 0
ブッシュは差別語をほとんど使っていない。
あれだけ失言の多い大統領なのに、差別語の失言はない。
石原慎太郎の「三国人発言」「DNA発言」「毛唐発言」は日ごろから使っているから
自然に口に出たのだろうが、ブッシュが「ジャップ」とか「ニガー」なんて
失言したことはない。これはブッシュがヒトラーや石原のようなレイシストでない証拠である。


80 :世界@名無史さん:2005/12/04(日) 18:59:03 0
このスレをみるとユダヤの工作員が多い事がわかるな。

81 :世界@名無史さん:2005/12/04(日) 19:47:37 0
>>79
あくまでも公的な場での発言だろ。プライベートでは何いってるかわからん。
石原慎太郎の場合は確信犯だよ。

82 :世界@名無史さん:2005/12/04(日) 20:25:02 0
客観的に考えれば善を成した人ではないね。

アレクサンドロスのような征服者の英雄かも知れないが、
征服された方は迷惑だし。
ヒトラーも利己的な目的で征服したまでであり、
他国民に利益をもたらす為に周辺諸国を征服したのではない。
ユダヤ人虐殺が仮になかったとしても、差別するのはよくない。
それにこの人は対英無差別爆撃の指示を出している。
対英無差別爆撃に関してはドイツ人にも言い分があるだろうが、やはり善行ではない。

偉人だとは思うよ。でも善人ではないな。

83 :世界@名無史さん:2005/12/04(日) 20:28:04 0
ヒトラーの打ち出した政策、
ポーランド侵攻以前のユダヤ以外のものはいいものだと思うよ。

ナポレオン、カエサルに比肩する英雄だが、善人とは思えない。

84 :世界@名無史さん:2005/12/04(日) 20:46:23 0
絶対悪とはどのようものか
その定義からはじめるべき

85 :世界@名無史さん:2005/12/04(日) 20:54:08 0
思うにヒトラーは今の時代であっても絶対悪とはいえない。
相対悪としてなら言えるであろうが
いかなる人、状況においても悪と言わしめるようなものではなくては無かろうか
すると、今の時代のドイツにおいてもネオナチと言われるようなヒトラー崇拝者がおり
このような支持者が存在する以上ヒトラーは絶対悪とはいいがたい

また、ヒトラーに類するスターリンについてでさえ
彼の故郷グルジアでは彼は英雄として扱われているのである。

蓋し、いかなる歴史上の人物を並べてみても絶対悪といえる人物は古今東西
存在しないようにすら思える

86 :世界@名無史さん:2005/12/04(日) 21:07:37 0
ヒトラーが絶対悪とは言わないが、悪の要素は強い人だと思うよ。
侵略戦争は、感心しない事だ。

87 :世界@名無史さん:2005/12/04(日) 21:26:18 0
>>85
絶対悪だって言い続けてきちゃったから、崇拝者がいるんだよ。
悪魔信仰と同じ。
絶対悪は絶対善と同じぐらいの魅力を持ち得るということ。
悪魔に魅入られる人がいるようにね。

ナチの行為はありふれた悪、凡庸な悪の結果。
人間なら誰しも成りうる可能性があるもの。

88 :世界@名無史さん:2005/12/05(月) 00:29:18 0
そもそも絶対悪という概念自体が宗教的なものであり、歴史を客観視する上では相応しい言葉ではないと思うが。

89 :世界@名無史さん:2005/12/05(月) 03:03:58 0
人間みんな絶対悪だと思うよ。結局自分のことしか頭にない。
普段は善人面してても、例えば戦争で食料が無くなったときなんかは戦友を殺して食べたり、一人でこっそりわずかな食べ物を食べたりする。

大体、実際に体で悪いことをしなくても心の中ではとても他人には言えない様なおぞましい事ばかり考えている。
「殺してやる」「この女レイプしたい」「こいつ死ねばいい」「俺だけ出世できればいい」「世の中俺中心に回ればいい」等等。

もし極限状態に置かれて、人間の皮が剥がれそうになったとき、自分がどんな思いになるか想像してごらん。

90 :世界@名無史さん:2005/12/05(月) 04:53:48 0
>>86何をもって「これは侵略戦争だ!」といえるのよ?
正義のヒーローことアメリカ合衆国、そこの民主党が関わってる戦争なんて、
俯瞰的に見ればみんな侵略だぜ、あれは。

91 :世界@名無史さん:2005/12/05(月) 04:54:45 0
負けた奴の戦争が侵略戦争になるなんて当たり前じゃまいかwwwwwwwwwww

92 :世界@名無史さん:2005/12/05(月) 14:49:58 0
Damn, What a gullible breed.

93 :世界@名無史さん:2005/12/05(月) 15:58:41 0
>>74
キミキミぃ。
その公共事業の財源がどこからでているか知ってていってるのかい?
財源は適正規模をはるかに上回る赤字国債、
しかも、それだけでは足りずにダミー会社が発行する
メフォ手形なる偽装国債を発行して、補った。
しかも、その大半を再生産を行わない軍需に突っ込んだものだから
1939年にはもう財政は完全に火の車。戦争やらなきゃどうしようもない
状態に陥っていた。

ついでに、国内産業の過剰な保護のせいで、ドイツ工業の
国際競争力の低下も著しく、その結果として当然、外貨準備高の不足も
危険な水準に達し、軍需生産に必要な鉄鉱石などの資源の購入
にも支障をきたしはじめていた。
評価の高いアウトバーンにしたって、当時のドイツの自動車普及率を
考えるに不要なものとしか言い様がない。

ぶっちゃけ、ヒトラーの経済政策は、瀕死の重病人に覚醒剤を
たらふくぶち込んで、空元気出させるようなもの。
とてもじゃないが、まともに評価できるようなシロモノではないね。

94 :世界@名無史さん:2005/12/05(月) 16:02:58 0
非常時の政策と常態の政策をごっちゃにしても意味ねえよ

95 :93:2005/12/05(月) 16:10:06 0
>>94
非常時つっても戦前の話なんだがね、これ。
ヒトラーは戦争が始まる前から、こんな将来破綻間違いなしの
無茶な経済政策をそれと知りながらやっていた。

あと、付け足しとし、完全雇用を実現したという神話が
あるがこれは、企業に建設・工業機械の使用を控えさせて
その分、労働者を雇用させることによって実現したもの。
もちろん、効率は低下し、国際競争力の低下に一役買っている。

96 :世界@名無史さん:2005/12/05(月) 16:35:48 O
>>93
「ベルサイユ体制という不治の病に冒された瀕死の病人に麻薬を与えて何が悪い」
ヒトラーが読んだらこう言うだろうな。
まっとうな方法で国を立て直す気があったら戦争しないっての。

97 :ジーモン ◆.5DV4fMpf6 :2005/12/05(月) 16:38:50 O
うむ、完全雇用は神話だよね。実際には職にありつけない者がかなりいた。
筋金入りのルンペンじゃなくてね。彼らは浮浪者もろともダッハウなどに送られた。

98 :世界@名無史さん:2005/12/05(月) 16:41:47 0
>>96
だろうね、それなのに未だにヒトラーの経済政策の実態を知らず
高く評価する脳足りんの多いこと多いこと。

99 :世界@名無史さん:2005/12/05(月) 17:01:21 0
ヒトラー本人は経済ぜんぜん解ってなかったんじゃないか。
なんか打出の小槌みたいに富が増える魔法を見つけたみたいに得意になっていた。
あいつはちゃんと経済教育を受けていないからな。

ヒトラー以外のナチの連中に侵略戦争目的の確信犯がいたに違いない。
産業家は長期戦略はどうでもよく目先の利益に突っ走ったみたいな。
連中や資本家はおそらく個人的には海外に資産を移して身を守っただろう。
戦後西ドイツの復興はマーシャルプランでなく、流動資産を守った産業資本家の再投資が主だった。

アウトバーンにしたって戦後ドイツが巨額の賠償を免れたことで財政的に成り立った。

100 :世界@名無史さん:2005/12/05(月) 18:31:38 0
>>99
メフォ手形で創出した資金を軍需に突っ込んでいるあたり
ヒトラーはわかっててやってるとおもうんだけどね。
「我が闘争」で東方生存圏構想なんて、ぶちあげているくらいで、
戦争は最初から予定に入っている。
開戦時期はヒトラー的な予想からすれば速すぎたみたいだが。

101 :世界@名無史さん:2005/12/05(月) 18:33:00 0
>>99
>連中や資本家はおそらく個人的には海外に資産を移して身を守っただろう。

戦後、イギリスが海外のナチの隠し資産を奪い取るために
ボルマンを利用したという話があるね。

たとえば、↓これとか。

『ナチスを売った男』──元イギリス諜報部員の告白
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hc/a6fhc150.html


102 :笑止千万!:2005/12/05(月) 18:56:16 O
理論で国が潤うか!
何で富豪の経済学者がおらんのだ?

【卍】 ≦予 ̄>
  G\(^■^ ラ
   \ <!>+\
 ≦盲 ̄> ≦゙吉゙≧
 (@▲@-♭ d`∀´b
/≦!≧/±《+》※\
  ∠ ̄∬ゝ ∠ ̄∬ゝ ∠ ̄∬ゝ
G\(^∀^ G\(^∀^ G\(^∀^ ク
 \¶:¶±\¶:¶±\¶:¶±\


103 :世界@名無史さん:2005/12/05(月) 19:07:24 0
ケインズは投機で成功したり失敗したりしながら、
最後には400,000 ポンド程貯めとりましたな。

104 :世界@名無史さん:2005/12/06(火) 18:01:55 0
>>101
売国奴と化したボルマンに萌え〜

105 :6歳幼女です:2005/12/07(水) 22:54:36 0
ヒトラーって演説が得意だっただけで
時代の波に乗せられて双頭を演じさせられて
どうしようもなくなって自殺してしまった哀れな人というイメージなんですけど

絶対悪というほどの信念というか
非人間的であったわけではなくあくまで弱い人間だったのではないでしょうか

106 :世界@名無史さん:2005/12/08(木) 05:51:25 0
>>93
基本的に恐慌のときはインフレ政策やるのが正解。
民間に無理矢理人雇わせるとかはドキュソだが、
アウトバーンとか軍拡を無駄と切り捨てるべきではない。
失業こそ最大の無駄、不況こそ経済成長の足枷なんだから。
それから、財政が火の車だから戦争って意味分からん。
>>97
それは不完全雇用じゃなく自然失業率が高かったんじゃないのか?
経済統制とか何とかのせいで。

107 :世界@名無史さん:2005/12/08(木) 22:36:35 0
ちょっと経済かじったような半端者が、簡単にヒトラーを経済オンチと断ずるのは愚か極まりない。
財界の古狸が揃いも揃って、何年日本の不景気続けさせてると思ってるんだか。
ヒトラーの政策は、非常事に対するカンフル剤として、まさしく効果覿面だったのは事実だぞ。

108 :世界@名無史さん:2005/12/09(金) 00:06:38 0
>>106
当時のドイツ国民のインフレに対するアレルギーが強く
インフレ政策にもっていくことができないから
メフォ手形発行してるんじゃないの。
これなら、貨幣の流通量が増えないから、
インフレにはならず、しかも、財源を確保できる魔法の杖。
ただし、手形なだけに高利で償還期限くれば
非常にやばいことになる。
>財政が火の車だから戦争って意味分からん。
占領地からの収奪でどうにかするつもりだった。
現にノルウェーからの鉄鉱石、ウクライナの穀物
フランスからの現金でドイツの戦争経済は成り立っていた。

>>107
>何年日本の不景気続けさせてると思ってるんだか。
現代日本で偽装国債を発行するようなマネができると思っているのかい、君。
償還期限が来たとき、議会でどう説明するつもりなんだい?
まさか中国に侵攻して、そこからの収奪でどうにかするつもりなのかい。
ついでに無茶な保護貿易やって、アメリカの猛反発をよんで
国際的に孤立してもかまわないと?
>ヒトラーの政策は、非常事に対するカンフル剤として、まさしく効果覿面だったのは事実だぞ。
効果覿面だが、後々恐ろしいことになるのは目に見えている。

109 :世界@名無史さん:2005/12/09(金) 00:10:44 0
戦争=略奪って・・・・お前の戦争観って小学生並だなw

110 :108:2005/12/09(金) 00:13:49 0
>>109
ねえ、君、「我が闘争」くらいよんだことないのかい?

111 :世界@名無史さん:2005/12/09(金) 00:17:07 0
>>110ねえ、君、政治って知ってる?

112 :世界@名無史さん:2005/12/09(金) 00:29:05 0
ジャンヌ・ダルクは名誉回復まで400年かかった。
総統も時間はかかるだろうがいずれは神のようにあがめられるよ。
ユダヤ人からは1000年たっても1番憎まれてるだろうけどね。

113 :世界@名無史さん:2005/12/13(火) 02:39:56 0
生でヒトラーの演説聞いたら俺も熱心なナチになっただろうな
いけないいけないとわかっちゃいるけどやっぱ惹かれる
と思ってるドイツ人もいっぱいいると思うんだが。
ネオナチ以外の普通の人にも。

114 :世界@名無史さん:2005/12/13(火) 23:10:43 0
俺の前世はナチス

115 :世界@名無史さん:2005/12/13(火) 23:15:02 0
つうかユダヤ人虐殺さえなかったら再評価もあり得たかもしれんが
あれは弁解のしようがないだろ
永久に揺るがないだろう
アラブが世界制覇したらわからんが

116 :世界@名無史さん:2005/12/14(水) 01:47:49 0
ユダヤ人虐殺と言っても、長い人類の歴史から見たら絶対的な悪事と言えるのか。
結局のところユダヤ人が影響力を持つ世界における評価でしかないんじゃないの。
そしてそれは逆に、反ユダヤ的立場からの信奉者を生じさせることにもなる。
それよりむしろドイツ人に対する責任こそ問われるべきだと思うが。

117 :世界@名無史さん:2005/12/14(水) 17:06:49 0
>>115
歴史的に言って、虐殺もなしに英雄になれたやつはいないぞ。
ユダヤが世界を支配する今の世の世論に毒されすぎだ。

118 :世界@名無史さん:2005/12/14(水) 19:11:45 0
>>117
ユダヤが世界を支配してるとは思えんが。
西側が東側やナチを攻撃するために作った世論というのが実態だろう。

119 :世界@名無史さん:2005/12/14(水) 19:58:46 0
世界経済はとっくに支配されてるぞ。
バブル期には日本だけがユダヤ支配を寄せ付けぬ先進国だったが、
いまや我々はとっくに支配下に落ちている。

120 :世界@名無史さん:2005/12/14(水) 20:31:27 0
>>117
別にユダヤが支配してようとしてなかろうと、
虐殺は正当化されんだろ。
大体、戦争に勝ったわけでもないのに
英雄になれるわけがない

121 :世界@名無史さん:2005/12/14(水) 21:29:07 0
>>120
虐殺が正当化された歴史など腐るほどあるが?
あと、ヒトラーは英雄だったが?最初は勝ってたし。

122 :世界@名無史さん:2005/12/14(水) 23:27:48 0
>>121
別に過去にそうだからといって
常に虐殺が正当化されるわけじゃない。
まず勝つことが条件。
アメリカ人は戦争に勝ったから原爆や空襲で日本人虐殺を
正当化出来るが、ドイツは結局負けたから、
最初に勝ってようと意味ない

123 :世界@名無史さん:2005/12/15(木) 01:27:02 0
ナポレオンは負けたけど英雄だな
スペインとかで虐殺してるけど。
ヒトラーとの違いはなんだろう
やっぱ時代が悪かったな
映像や写真に残ってしまう時代になると
一旦悪さしたら容易に忘れられない


124 :世界@名無史さん:2005/12/15(木) 19:57:43 0
現代がアメリカ等連合軍の力学にのってるからだよ。

125 :世界@名無史さん:2005/12/15(木) 20:38:21 0
アメリカの戦時経済、通貨危機に際してマハティールによるの経済鎖国政策
とヒトラーのそれとの違いを手短に教えてプリーズ!

126 :世界@名無史さん:2005/12/15(木) 20:41:10 0
ヒトラーが、実は、ユダヤ人絶滅を命じていなかったって
本当ですか?

127 :世界@名無史さん:2005/12/15(木) 20:43:55 0
ガス室で殺された死体は、一体も確認されていません。
また、処刑用ガス室の設計図も、実は発見されていません。

128 :(ToT)悲しいことだが…:2005/12/15(木) 21:00:26 O
【卍】 ≦予 ̄>
  G\(^■^ ラ
   \ <!>+\
余は、世界歴史上最悪の独裁者として位置付られるからこそ意義がある。

サド侯爵が、サディストじゃなかったなんて、面白くないだろう?

129 :世界@名無史さん:2005/12/15(木) 22:45:54 0
確かにヒトラー・ナチスが最悪の悪役だからこそ密かに調べるのが楽しい


130 :世界@名無史さん:2005/12/15(木) 22:47:01 0
>>128
しかし同時代のライバルも光り輝いているからな。
スターリン、毛沢東…残念ながら現時点ですら世界歴史上最悪の座は確実ではない。
だがグースステップやハーケンクロイツといったナチの様式美は後世まで語り継がれるであろうな。

131 : ◆q0N4/qtIZE :2005/12/16(金) 00:25:53 0
でもその後のソ連がドイツにしたことに比べればナチス時代なんて夢のような
時代だった。東西分割時代は「第二独裁時代」とも言われる。
あ〜宮崎勤とアドルフヒトラーは絵筆を間違えて持ってしまった芸術家だと
思うね。少なくとも美術板にヒトラーのスレが無いのはおかしい。

今度プロジェクトXが終るけど、許せなかったのは3億円事件とグリコ森永事件を
取り上げなかったこと。両方とも刑事も民事も時効だから主犯者が出てきても
おかしくはないのに・・。美の巨人達を許せないのはヒトラーを取り上げないこと。
史上最大のアウトサイダーアーティストだ。

132 : ◆q0N4/qtIZE :2005/12/16(金) 00:27:20 0
大体、信長も秀吉も何人、人を殺したんだか。家康もだ。
ヒトラーは映像が残される時代に生まれてきたのが悲劇の元だったね。

133 : ◆q0N4/qtIZE :2005/12/16(金) 00:32:38 0
日本=東西分割を第三国に押しつけた
ドイツ=自ら引き受けた
日本=軍隊を持っていないと名目上はなっている薄汚い国
ドイツ=ちゃんと武器生産国と汚れ役を未だに引き受けている
日本=未だに漫画嫌韓流なんて本が出せる
ドイツ=あれだけソ連にしてやられたのに、それでもまだ悪役を買って
出ている。ヨーロッパではナチスコス絶対禁止

あ〜あ奥崎謙三さんのパチンコ玉が裕仁に当たれば良かったのに・・
せめて目ぐらいは潰れてくれれば・・・。
戦後六十年にして奥崎さんが亡くなられたのは皮肉だった。・゚・(ノД`)・゚・。

134 : ◆q0N4/qtIZE :2005/12/16(金) 01:10:27 0
チョッパリ=駅前のデッドスペースのような所を朝鮮人にパチンコ屋として
とられたことを未だに恨んでいる
ゲルマン=ブランデンブルク門閉鎖で完全にプライドを奪われたのに、それでも
悪役を買っている
チョッパリ=そのくせ米兵には「ぎぶみーちょこれ〜と!!」プライドも糞もない。
ゲルマン=例え投げ渡されても受け取らなかった。受け取っても「ダンケ(ありがとよ)」
と言いながらチョコレートを足で踏みつぶしていた。

こんなバカな国だから未だに韓国や中国から謝罪と賠償を求められるんだよ。
カギをかけずに家を出て泥棒に入られたら泥棒に入られた方が悪い。

135 :世界@名無史さん:2005/12/16(金) 02:32:36 0
ヒトラーは、メディアによって成功を収めたが、そのメディアによって永遠に悪人にされ続けるw

136 :世界@名無史さん:2005/12/16(金) 12:28:15 0
YMOが散開したときのツアーコンサートの衣装がナチス風だったので
「YMOはファシストだ!」と議論を呼んだけど、もっとYMOを象徴する
「赤い人民服」を何故誰もファシズム呼ばわりしなかったんだろうねぇw

137 :世界@名無史さん:2005/12/16(金) 22:04:28 0
>>133
アカ

138 :世界@名無史さん:2005/12/17(土) 01:20:04 0
ヒトラーはホロコーストをもしかしたらしていないかもな
今や大衆のほとんどがナチスがホロコーストをしたと思ってる 
ナチス=冷徹、基地外でないのが事実であったとしても世界はナチス=悪、基地外がほとんど

ナチスは基地外が集まる巣になった
(私はゲーリングの生まれ変わりだ、
遊びでやってるからいいだろ、
俺の足を舐めろにゃん、
aaaaaaaaaaaaaaaaaa、)
その他
嘘を平気で言うサイコパス、軍オタ、猟奇的人間、犯罪者

もはやナチスがたとえホロコーストを
やってなかったとしてもナチスは悪、基地外のエデンになった
力のない正義(真実)は無力
真実を見つけた学者とかがキャンキャンほざいてもなにも意味なし
2ちゃんでほざいても意味なし
ネットでほざいても意味なし 現実でほざいても意味なし

俺はホロコーストの否非は中立

139 :世界@名無史さん:2005/12/17(土) 10:58:15 0
どう考えてもヒトラーよりスターリンの方が悪人である件について

140 :世界@名無史さん:2005/12/17(土) 11:57:13 0
ヒトラーも元はマルクス主義者だからな。
百万人くらい虐殺していても不思議じゃない。

141 :世界@名無史さん:2005/12/17(土) 13:08:51 0
>>1
アメリカの覇権が健在である限りな。
アメリカの覇権が揺らぎつつある現在、どうなるかはわからない。

142 :世界@名無史さん:2005/12/17(土) 13:17:33 O
>>141
むしろユダヤ資本がアメリカを牛耳っている限り、
ナチスは悪って図式は揺るぎないだろう。
ヒトラーは正鵠を得ていたんだ。
ユダヤに世界は食い物にされるってことを予言していたからな。


143 :世界@名無史さん:2005/12/17(土) 22:57:05 0
ああ、言ってたよな。自分の仕事が失敗に終われば、世界はユダヤ人に支配されるって。
見事に当たっちゃってる。

144 :世界@名無史さん:2005/12/17(土) 23:13:40 0
ヒトラーが絶対悪だと思っている人は、独裁者がある日突然天から振ってくる
ものだと思っているんだろうねぇ
>>135
その通り。ヒトラーは大衆の支持を得てトップに立てた。
何にも毛沢東と構造は変わらないのだ。
一番怖い存在は無知な大衆なのではないかと思う。
ナチスのやったことは死にかけの病人にヒロポンで無理矢理元気にさせた
ようなモノだという意見も出ていたが、それを支持したのは一体誰なんで
しょうねぇ?

小泉がその淵に今、立たされているね。無能な首相と悪口を言われ始めたけど
それを異常なくらい支持したのは誰だったんでしょうねぇ?
はしごをかけておいて自分達はトンズラか。

145 :世界@名無史さん:2005/12/17(土) 23:20:37 0
【8:387】【ドイツ】観光客に「ナチス式敬礼」をした18歳と19歳の女性2人、逮捕される
1 名前:バッファロー吾郎φ ★ 2005/12/17(土) 22:09:07 ID:???0
★観光客に「ナチス式敬礼」をした女性2人、逮捕される

 [ベルリン 15日 ロイター] ザクセンハウゼン強制収容所跡博物館に向かう観光客らに、
「ネオナチの歌」を歌い、「ナチス式敬礼」をしたドイツ人女性2人が逮捕された。
 検察庁の発表によると、2人の女性は駅のプラットホームにいた観光客達に近づき、
「白人アーリア民族抵抗軍」の歌を歌い、彼らに向かってナチス式敬礼をしたという。
 逮捕された18歳と19歳の女性2人は現在当局に身柄を拘束されており、事件発生当時は
飲酒状態だったという。ドイツではナチスのマーク、およびその思考を表現することが
法律で硬く禁じられている。
 敬礼されたのは、アメリカ、ニュージーランド、カナダ、オランダなどから
「強制収容所ツアー」に参加していた観光客36名だ、と声明では発表されている。
 検察庁の関係者はロイターに対し、「捜査はまだ初期段階であり、さらなる詳細については
何も発表できない」と語った。



146 :世界@名無史さん:2005/12/18(日) 00:08:32 0
>>145
なまじ厳禁するから却ってやりたくなったりするんじゃなかろうか。
酔っぱらって羽目を外してる時なんか特に。

147 :世界@名無史さん:2005/12/18(日) 00:41:36 0
つーか、いまだにドイツ人の本心はナチなんだよ。


148 :世界@名無史さん:2005/12/18(日) 00:43:39 0
つーか、いまだにユダヤ教徒は奴隷がなくては生きられないんだよ

149 :世界@名無史さん:2005/12/18(日) 01:46:06 0
>>142-143それじゃモスレムが世界を征服したような世界がいいとでも?
全く世界の混乱でモスレムが常に被害者側とは言わせないぞ。
それとユダヤが世界を牛耳ることに対して違和感を持つのはユダヤが
左翼的だとかと勘違いしている。ユダヤはむしろ思想的には右翼・保守的
なのだ。対してイスラムは左翼的。っつーか左翼思想とホントに相性が
良い。
その意味ではヒトラーも左翼だったとも言えるのだ。

それからユダヤの陰謀についてはオカルト板にスレが立つほどの事
だということもお忘れ無く。かなーりMMR入っている。
(それにしてもユダヤの陰謀をとやかく言う香具師って極左と極右しか
いないのなw)
そして陰謀論抜きにハッキリと一番人を殺した思想はキリスト教なのだ。
その次が社会主義か。ナチスだって社会主義の影響を受けてないとは
言わせない。

150 :世界@名無史さん:2005/12/18(日) 01:49:18 0
>>143ところがですねぇ・・・実はヒトラーは死ぬ前にこれからの
世界のイニシアティブを取るのは東洋だ、みたいなことを言いつつ
負けを認めているんですねぇ、これが。


151 :世界@名無史さん:2005/12/18(日) 03:53:13 O
手を挙げるだけでタイーホなら、ドイツ・ヨーロッパではタクシーも止められないのかw

152 :世界@名無史さん:2005/12/18(日) 04:08:47 0
ナチス式の敬礼でタクシーを止めようだなんてギャグにしかならんな。
それでも捕まるだろうけど。

153 :世界@名無史さん:2005/12/18(日) 11:24:20 0
>>150
現にそうなってるよな。
日本と、日本に近い韓国・中国沿岸部・台湾を中心としあアジアの時代になりつつある。

154 :世界@名無史さん  :2005/12/18(日) 11:52:44 0
ヒトラーがあれだけの事をしなかったら、有色人種に対する差別はもっと酷いことになっていたと思う。

ユダヤ人には悪いが、私はヒトラーにある意味感謝しています。

155 :世界@名無史さん:2005/12/18(日) 12:33:48 0
ヒトラーっていう姓の人他にもいたと思うけど
改名したりしたのかな?

156 :世界@名無史さん:2005/12/18(日) 12:54:04 0
もとから稀少名なうえに戦後に改姓が相次いで絶滅状態。
ヒトラーの甥っ子も変えている。

157 :世界@名無史さん:2005/12/18(日) 14:04:57 0
シックルグルーパーとかはいるのかな?

158 :世界@名無史さん:2005/12/19(月) 09:01:13 0
田中だとか鈴木だとかありふれた苗字の人だけ悪いことやって良し(ヲイ)
姉歯なんて日本中に何軒だ?他の姉歯さん(いないのかもしれないが)
迷惑だよね。大体「歯」なんて字は固有名詞にあまり使われない。

159 :世界@名無史さん:2005/12/19(月) 18:04:46 0
ヒロシです・・・それじゃ僕なら犯罪を犯してもいいとですか?

160 :世界@名無史さん:2005/12/19(月) 18:38:18 0
ユダヤ人が絶滅するまでやっていたら
今よりはるかに英雄視する向きは大きかったろう。


良かれ悪しかれ、世の中そんなもんだ

161 :世界@名無史さん:2005/12/19(月) 18:58:50 0
チベット人を虐殺し
避妊させ
或いは漢族の血を流入させて
民族を消滅させようと現在進行中の中国には
国際社会は口を閉ざす

所詮人類も動物。原始時代から力が全て


162 :世界@名無史さん:2005/12/19(月) 20:04:39 0
結局、被害者や元被害者側に
どれだけの発言力があるかってだけなんだよね
完全に同化消滅された民族なんかいくらでもあろうが
彼らのために弁じる者が誰もいないから、悪役も生まれない。

ネイティブアメリカンなんかはまだ頑張っている部類だ。

163 :世界@名無史さん:2005/12/31(土) 05:31:11 0
関係ないが、朝鮮民族は確かに残虐な一面もあった。だから2chで責められても
仕方がないことだと思うこともある。でもそれ以上に漢民族やロシア民族は残虐で
勢力も大きかったんだよな。あれじゃファビョるのも無理はないよ・・。
日本人は「国境」を跨ぐことをあまり経験しないから異常に思えるのかも知れない、
朝鮮人のことを。

しかし彼らを狂気の淵へと追い込んだ漢民族やロシア民族の蛮行が
2chで責任を問われることは、責められることは少ないな。
何故だろう?

164 :世界@名無史さん:2005/12/31(土) 05:35:00 0
>>163
注射

165 :世界@名無史さん:2005/12/31(土) 19:20:07 0
あ〜気持ちいいお注射、もっと打って〜、あっふ〜んw

166 :世界@名無史さん:2006/01/16(月) 21:39:04 0
その後東西分割をされたことを考えるとホントにドイツって悪?
フランスやイギリスの方がもっと悪だと思うが。ドイツは一時的に
グレただけ。

167 :世界@名無史さん:2006/01/17(火) 11:37:02 O
7000万人自国民虐殺の毛沢東に比べたら可愛い

168 :世界@名無史さん:2006/01/17(火) 11:45:36 0
>>166
英米仏露・・・マフィア
独・・・ 珍走DQN  という感じか

169 :世界@名無史さん:2006/01/18(水) 20:57:22 0
違う

英米仏露・・・前期「必殺シリーズ」の悪人、二時間サスペンスの悪い方の被害者(利口)
独・・・ 戦隊シリーズの悪役、ショッカー怪人、「北斗の拳」であべしとか言って死ぬモヒカン(バカ)   だ






170 :世界@名無史さん:2006/01/18(水) 22:21:36 0
>>166
フランスなんて正直「三国人」レベルの業績しか残して無いくせに国連入りだしな

171 :歴史的正解だね!:2006/01/18(水) 22:29:08 O
【卍】 ≦予 ̄>
  G\(^■^ ラ
   \ <!>+\ ここから日本と我々の関係が生ずる。
余は、日本を傷つけることによってヨーロッパの世界に奉仕していると
信ずる政治家たちに同意することはできない。
余は、東亞において日本人が敗北すれば、
それは決してヨーロッパまたはアメリカに何ら有益ではなく、
ひとりボルシェヴィキ・ソヴィエト・ロシアに利するに
過ぎぬであろうと信じている。
余は、支那をボルシェヴィキ[共産党]の攻撃に抵抗し得るほど
精神的または物質的に強力だとは考えない。
しかし余は、日本の最大の勝利ですらも、ボルシェヴィキの勝利に比すると、
世界の文化と一般的平和にとって、危険は無限に小さいものと信じている。

  ∠ ̄∬ゝ ∠ ̄∬ゝ ∠ ̄∬ゝ
G\(^∀^ G\(^∀^ G\(^∀^ ク
 \¶:¶±\¶:¶±\¶:¶±\


172 :世界@名無史さん:2006/01/18(水) 22:41:54 0
ここにヒトラーについて書かれていますよ。

http://homepage2.nifty.com/matsui_3_30_100/essay/hitler.html

173 :世界@名無史さん:2006/01/20(金) 04:47:34 0
>>167
だけど毛沢東も秦の始皇帝に比べたら可愛い。これってナポレオンが英雄で
ヒトラーが悪人扱いと同じ理由かな?

174 :世界@名無史さん:2006/01/20(金) 15:01:38 0
始皇帝だって万里の長城の建設と単位の統一と言った功績があるぞ

175 :世界@名無史さん:2006/01/20(金) 17:30:00 0
ヒトラーは初めから戦争をするつもりだったんじゃないの

176 :世界@名無史さん:2006/01/20(金) 17:31:54 0
>>1
とりあえず第三次世界大戦まで待て

177 :世界@名無史さん:2006/01/20(金) 17:32:19 0
戦争をはじめたら悪人なのか?
日本のようにアジア解放戦争をした事例もあるんだが。

178 :世界@名無史さん:2006/01/20(金) 18:42:46 0
>>177君は歴史認識ができているね

179 :世界@名無史さん:2006/01/20(金) 19:04:08 0
ヒトラーは征服によってヨーロッパを統合したが、この統合をヨーロッパは
生かせるだろうという予感は当時多くの者が抱いていたと、セバスチャン・
ハフナー『ヒトラーとは何か』は書いている。
しかしヒトラーが「ヨーロッパ統合の父」と仰がれることはないだろう。

ところで仮面ライダーXに「ヒトデヒットラー」というのがあったなw
ttp://pulog1.exblog.jp/2905419/

180 :ヒドラと言えば…:2006/01/20(金) 20:32:37 O
昭和天皇陛下の御研究は、世界的に有名な話

だからとは言い切れないけれど

(+)今上陛下御製

  トロンハイムの
    運河を行けば
  家々の窓より
    人ら笑みて手を振る

   ∧__,,∧
   ( ´・ω・)  ヒトラーじゃないの…ショボーン
  /O(^■^)O
  し―-J .

181 :世界@名無史さん:2006/01/20(金) 23:27:27 0
侵略戦争をしたら悪という認識になるなら、スペインなんか存在自体が悪だよ。

182 :世界@名無史さん:2006/01/21(土) 00:18:24 0
ドイツや日本は正々堂々と戦ったが、ソ連や米英は物量でせめ最後にはドレスデンや東京を空襲して
市民を殺害した。さらには原爆である。
戦争犯罪で裁かれるのは連合軍であろう。

183 :世界@名無史さん:2006/01/21(土) 01:38:41 0
物量の何が問題なのかと

184 :世界@名無史さん:2006/01/21(土) 03:00:11 0
>>183
真に自信があるならタイマンで勝負するものだ。

185 :世界@名無史さん:2006/01/21(土) 10:48:15 0
タイマンでやったら日本の兵器なんざボコボコだよ
ドイツ軍ならともかく………
日本の兵器は多数対少数じゃないと勝てないんだから

186 :世界@名無史さん:2006/01/21(土) 11:39:18 O
日本のヒトラーは信長だな。一向宗絶滅や、電撃戦等

187 :世界@名無史さん:2006/01/21(土) 12:41:35 0
>>186みたいな無知が、戦争した日本は完全悪ニダ!とか言ってんだろうな。

188 :世界@名無史さん:2006/01/21(土) 12:47:18 0
戦争した日本っつーか、日本は我が国に侵略したニダ!合併ではないニダ!
とか言いそう。

>>186の中卒並みの学力に合掌(ワラ

189 :世界@名無史さん:2006/01/21(土) 21:10:25 0
まぁ普通に日本のヒトラーと言えば東条英機だな。独裁政権や虐殺、ヒトラーを以下の無能指揮など


190 :世界@名無史さん:2006/01/21(土) 21:59:54 0
わるいのはアングロサクソン。
戦争したくなかった日本やドイツを侵略した。

191 :世界@名無史さん:2006/01/21(土) 22:11:19 0
いきなりイスラエルからアラブ人を追い出したしなw

192 :世界@名無史さん:2006/01/21(土) 22:45:36 0
戦争ってのはお互いがお互いに正義を掲げつつ
人を殺しあうものだから。
人間だけじゃなく生きとし生けるものの業ですね。

193 :世界@名無史さん:2006/01/21(土) 22:53:24 0
なぜヒトラーが完全悪とされているのか。。。
それはヒトラーがフランスとイギリスの敵だったから
イギリス、フランスは永久に自分らを正義と言うだろうね
本当は極悪党なのに

194 :世界@名無史さん:2006/01/21(土) 22:57:13 0
っていうか、2次大戦の直接原因作ったのはあの星だらけの旗の国だし、
太平洋戦争を回避不能に無理やりもっていったのもあの国だし、
それでも誰も面と向かってはあの国を悪とは言えないし、やっぱ勝てば官軍だよな。

195 :世界@名無史さん:2006/01/22(日) 01:01:46 0
シオニスト・ユダヤ人のおぞましさは、下の事件を知るだけで充分に分かる。


■デイル・ヤシン事件(1948年4月9日)

イスラエル「建国宣言」の直前の1948年4月9日夜、
エルサレム近郊のデイル・ヤシン村に、イスラエル側のテロリストが突入。
254人の男女を無差別に虐殺。虐殺は、次の日の昼まで続いた。
シオニストは、死体を井戸に放り投げ、生き残った人々を捕らえて
エルサレム市内を引きずり回した。

「多数の性的暴行がユダヤ人攻撃者によって行われた…。
多くの女学生が強姦されたのち殺害され …一人の少女は文字どおり
体を真二つに切り裂かれ、何人もの幼児が殺された」

この虐殺を指揮した司令官は、のちのイスラエル首相=ベギン。
ベギンは、デイル・ヤシン大虐殺は、パレスチナ人に恐怖を与えてパニックに陥れ、
故郷を捨てさせることが目的だったとし、「したがって村民殺害は、ナチ以上に
残忍でなければならなかった」「デイル・ヤシンの勝利がなければ、
イスラエルは生まれなかった」と言い放っている。

196 :世界@名無史さん:2006/01/22(日) 02:43:31 0
ヒトラーが悪とされているのは世界を支配しているユダヤ人に抵抗したからだよ。
だから侵略されてドイツと日本は滅ぼされた。

197 :世界@名無史さん:2006/01/22(日) 11:31:56 0
>世界を支配しているユダヤ人

してない。
ユダヤ人は、アメリカとイギリスとフランスの駒として利用されただけ。
イギリスとフランスが、ドイツの戦力をそぐために、ユダヤ人を利用したまで。

198 :世界@名無史さん:2006/01/22(日) 11:54:18 0
ユダヤが世界に影響力を持ち始めるのは戦後だよ。
それ以前はせいぜい個人レベルの資産家がたくさんいた程度。

199 :( ´艸`)ププ:2006/01/22(日) 15:21:55 O


       ∧_∧   
     ミ ○<#@Д@> < 『ユダヤ謀略説』なんて捏造だ!
      ヽ ∧_ ○))   
    ミヘ丿 ∩Д@;)  < 日本の『侵略戦争説』は肯定していいの?
    (ヽ_ノゝ _ノ 




200 :世界@名無史さん:2006/01/22(日) 19:48:37 0
国際ユダヤ資本は戦前からあったよ。
それについての警告も戦争まえからあった。

201 :世界@名無史さん:2006/01/22(日) 20:02:26 0
>>194
まあ、本当にな・・・>勝てば官軍

あの国はその後半世紀以上に渡って延々と同様の事をやってるしな。
これからもそうだろうけど。
ぶっちぎりの最強が超弩級の厨房国家だから始末に負えない。

202 :世界@名無史さん:2006/01/22(日) 20:38:18 0
最強だからこそ厨房のような言いがかりが通る、とも言うね
何時の時代も弱肉強食の理論が全てだなあ

203 :世界@名無史さん:2006/01/23(月) 01:33:25 0
ドイツがアメリカみたいに強くなるか、アメリカとイギリスが衰退したら
もう少しヒトラーは中立的に評価されるだろうね。

204 :世界@名無史さん:2006/01/23(月) 02:18:41 0
決して善ではないが相手も同じだからな

205 :世界@名無史さん:2006/01/24(火) 01:36:36 0
アメリカの首都にホロコースト記念館が有って
アメリカ国民の血税で運営されているのが
訳判らん。
なんで、ユダヤのプロパガンダ資料館が?
黒人の奴隷政策とか、インディオの虐殺の
資料館は絶対に建てないくせにな。

日本にも、ホロコースト資料館が何箇所かあるけど
誰かを悪人に仕立てて糾弾しようという
明らかに偽善的な匂いがプンプンする。
アイヌ人の迫害政策とかの資料館建設には
絶対に反対するのにな。

ドイツのベルリンにホロコースト記念碑の
建設が行われているらしいが、なんで
自国の首都にそんな国益に不利な物を
建てようというのか。
ドイツ人の考えている事も良くわからん。

206 :世界@名無史さん:2006/01/24(火) 01:38:47 0
>>205
ユダヤマネーがどんだけアメリカに流れてるか知らんのか

207 :d〇メ〇b 大川襲名:2006/01/27(金) 21:56:13 O
ハマス圧勝

パレスチナに動乱のヨカーン☆

プギャプギャ━━━m9(^Д^≡^Д^)9m━━━━!!!!!!!!!!

208 :世界@名無史さん:2006/01/27(金) 22:01:47 0
千年たてば評価は変わっているよ

209 :世界@名無史さん:2006/01/30(月) 22:23:26 0
諸君!私は戦争が好きだ!

210 :世界@名無史さん:2006/01/31(火) 12:07:24 0
フグ計画を知れば大体わかるかと

211 :世界@名無史さん:2006/01/31(火) 15:22:27 0
何が分かるの?

212 :世界@名無史さん:2006/01/31(火) 21:15:43 0
アタシの切ない胸の内がよ!!!!

213 :世界@名無史さん:2006/02/01(水) 00:18:55 0
ワロタ

214 :世界@名無史さん:2006/02/01(水) 00:28:06 0
欧州で余所者で差別される対象だったユダヤ人
がホロコースト以後、劇的に立場が変わって
西洋社会のある意味中心になったとどこかに書いてあった。

一番得したのはアメリカ人とユダヤ人。

215 :世界@名無史さん:2006/02/01(水) 08:48:12 0
>>214
その見方はユダヤ視点に偏ってるな。
ユダヤ人が嫌われた理由は、単によそ者だったからじゃないんだよ。

216 :世界@名無史さん:2006/02/01(水) 13:23:11 0
こんな問題、時間が解決すんに決まってんじゃんよ。一体誰が古代の暴君を現在
批判する?ww

217 :世界@名無史さん:2006/02/08(水) 02:45:35 0
>>85
グルジアは辺境に過ぎなかったからな

>>216
ネロ、カエサル、始皇帝、煬帝と名前は良く出てくるのにね

218 :世界@名無史さん:2006/02/08(水) 15:52:26 0
シリア、レバノン、ヨルダンだとヒトラーはアイドルだよ。
小学生の女の子が肖像画書くくらい。
パレスチナ解放機構初代議長のシュケイリはベルリンでヒトラーと握手したし。
話しそれるが、ロッド空港乱射事件の日本赤軍のテロリストが
パレスチナ難民の村訪問したらある老人は感動のあまり卒倒した。


219 :世界@名無史さん:2006/02/08(水) 15:56:25 0
>>1
イギリスとかが変わらない限り、あり得ないかもな。

220 :世界@名無史さん:2006/02/11(土) 10:31:04 0
ヒトラー悪説は政治家として無能な働き者であることを指しているんだろ。


221 :世界@名無史さん:2006/02/20(月) 12:33:11 O
ヒトラーの悪はユダヤ人の虐殺と侵略。
しかし、毛沢東やスターリンはヒトラーの10倍近い虐殺を行い、侵略もした。
悪という面ではスターリンと毛沢東が遙かに上。

だけど中国共産党がいる限り批判できないね。

222 :世界@名無史さん:2006/02/20(月) 12:45:12 0
ホロコーストは作り話でしょ?

それは前提でいいのかな?

223 :世界@名無史さん:2006/02/20(月) 13:14:52 0
>>221
>毛沢東やスターリンはヒトラーの10倍近い虐殺を行い、
これって、明確な証拠あるの?

224 :世界@名無史さん:2006/02/20(月) 17:28:59 0
忘れてはならない悪人は、
隋の煬帝

225 :世界@名無史さん:2006/02/21(火) 00:57:09 0
>>205
ドイツの公的な立場は「悪かったのはナチ。ドイツ人は賠償責任を負うが、罪はナチのもの」
というものだ。これが連合国側の「正義」を宣伝する必要とあいまって「ナチ伝説」が作られた。
もちろんナチス自体が相当にアレでそうした伝説を作り出す肥沃な土壌だったのは事実だが、
法律で鉤十字が禁止されたり事あるごとに犯罪と結び付けられるような「絶対悪」でなかったのも確かだ。
だから今のドイツにとってもナチは悪魔である必要がある。
でないと犯罪責任までドイツ人全体に追及されかねないからだ。
連合国側もヘタにドイツ人自身の責任をつついて問題を紛糾させると、
ナチ=絶対悪の構図が崩れて、連合国の正義神話も崩壊する危険性がある。
ゆえにナチの犯罪は連合国でもドイツでも喧伝される。

このスレでもさんざん既出だけども、要するにナチはスケープゴートになってる格好だ。
ヒトラーは否定されるべきだが、同時に悪のシンボルとして残ってくれないといけない。
このあたりがこの「ドイツ的解決」によってもたらされた最大の矛盾だろう。
まあこのへんは世界秩序が変遷していくうちに埋没していくか変容すると思うけどね。

226 :世界@名無史さん:2006/03/02(木) 14:21:24 0
>このスレでもさんざん既出だけども、要するにナチはスケープゴートになってる格好だ。

おたくさん、誰?
ヒトラー≒ナチの無能無策が叩かれているんだろ。

>まあこのへんは世界秩序が変遷していくうちに埋没していくか変容すると思うけどね。

結果、ただの一政党がドイツを敗戦に引きずり込んだので、本邦の近隣国家に似たナチ主体思想国家でも成立しない限りムリムリよ。


227 :世界@名無史さん:2006/03/09(木) 21:34:06 0
>>226
おたくさん、誰?
ヒトラー≒ナチの無能無策が叩かれているんだろ。

無能無策?? はぁ 
無能な人間が、世界恐慌からわずかの期間で世界を相手しうる強国にのしあげられることが
出来るんかい。
無能はそんなことも理解できないあんた自身じゃないか。

228 :世界@名無史さん:2006/03/09(木) 21:38:08 0
>>227
自分から喧嘩売って、国滅ぼしましたけどね。


229 :世界@名無史さん:2006/03/09(木) 21:44:32 0
ドイツでこんな動きが起きてるぞ。これって大ニュースじゃないの?
          ↓
http://www.asyura2.com/0505/holocaust2/msg/773.html

230 :世界@名無史さん:2006/03/09(木) 23:52:19 0
>>227
>無能な人間が、世界恐慌からわずかの期間で世界を相手しうる強国にのしあげられることが
>出来るんかい。

実際できたからああなったんだろw

231 :世界@名無史さん:2006/03/10(金) 01:04:01 0
>ドイツでこんな動きが起きてるぞ。これって大ニュースじゃないの?

ああ、イランが笑いものになってるな。

232 :世界@名無史さん:2006/03/23(木) 23:20:20 0
>>230
独裁者として有能であるものの、スターリン、毛沢東より劣る。

233 :世界@名無史さん:2006/03/30(木) 17:28:15 0
age

234 :世界@名無史さん:2006/04/11(火) 17:21:18 0
>>227
メフォ手形などに代表されるでたらめ極まる経済政策によって
一時的に経済力を回復させ、その経済力を全部、戦争に突っ込むのは
無能かどうかはわからがどう考えても、有能な政治家のすることではないね。

235 :世界@名無史さん:2006/04/11(火) 18:13:27 0
戦時体制を作り上げ、首都陥落まで戦争を遂行させた。
国家に貢献した政治家とは言い難いが、無能な指導者ではない。

236 :世界@名無史さん:2006/04/11(火) 19:14:19 0
ヒトラーもスターリンも毛沢東も戦争以外で大量殺戮をしているのに、
ヒトラーだけが突出して悪く言われている。

実際どいつも甲乙つけがたい悪党だったろうが、殺した相手がまず過ぎる。
毛沢東なんて、それほど悪く言われてないし。

237 :世界@名無史さん:2006/04/11(火) 22:59:06 O
オマエラ今から街頭に出て世の中変えてみるとしたらどうなる!?キモいって女子高生に言われてキンタマ蹴られて睾丸潰れるだろ?一生結婚できねーべ!ヒトラーとの距離だよ。

238 :世界@名無史さん:2006/04/12(水) 01:25:42 O
一見すると狂気なんだが、恐ろしく計算された行動をしてるよな
ヒトラーが行った虐殺は悪だが
経済回復・プロパガンダ・科学技術などは後世にも影響を与えていると思うんだがな


239 :世界@名無史さん:2006/04/12(水) 01:32:23 O
馬鹿があれだけの事できる訳ないでしょ?

240 :世界@名無史さん:2006/04/12(水) 02:22:25 0
毛沢東・スターリンよりは品性のようなものを感じるけど

241 :世界@名無史さん:2006/04/12(水) 02:30:14 0
ウィーン体制の間、ナポレオンは欧州で絶対悪だったわけで、ポツダム体性が崩壊すれば
ヒトラー絶対悪って言うのもなくなるんじゃないの?

242 : :2006/04/12(水) 02:33:40 0
ヒトラーの方がなんつーか、汚職のニオイがしないよね。

信じたことを徹底的に妥協無く進む人だから、その分
失敗した場合のリスクが大きかったんだろうね。

腹黒い人間は、空気を読んで、ここら辺りで止めておくか、
って考えるもの。

243 :世界@名無史さん:2006/04/12(水) 02:35:30 0
まーだヒトラーが有能だとか言っちゃうアフォがいるのか

244 :世界@名無史さん:2006/04/12(水) 02:39:35 0
スターリン 毛沢東のように小物臭はしない

245 :世界@名無史さん:2006/04/12(水) 09:52:44 0
独裁者としてはヨシフ、毛より劣るよ。
夢見る青年臭さ、単純さがヒトラーにはある。

246 :世界@名無史さん:2006/04/12(水) 10:40:52 0
ヒトラーが絶対悪なんて話しはついぞ聞いたことが無い。
国家運営の目的と手段において、他民族のみならず自民族にも
著しい不利益を強要する結果となったことは有名だが。


247 :世界@名無史さん:2006/04/12(水) 10:51:22 0
ヒトラー氏ね

248 :世界@名無史さん:2006/04/12(水) 17:06:27 0
ヒトラー崇拝者の隔離スレがあります
うまいぐあいに数年前から一人釣れてるようです
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1143801919/l50

249 :世界@名無史さん:2006/04/13(木) 05:06:36 0

■石井清龍の本筮易 易日記

ヒトラーを占う
http://www.asahi-net.or.jp/~pa6c-isi/ekinikki200507200509.htm#hit

ヒトラーは、苦労しながら海外に逃げ、平穏におとなしく余生を
過ごしたと易に出ています。ほとんど外に出ることもなく、家庭菜園をしたり、
絵を描いたりして家にこもって生きてきたという卦です。

彼の性格は努力家で生真面目で穏やかで、自分の苦しみが呪縛となっていて、
このようにせねばならないという思い込みが非常に強い傾向にあると出ました。

彼は素質的に犯罪者の器を備えた人間だったのではなくて、第一次大戦の
戦勝国がドイツに莫大な賠償金を課し、経済を破綻させるまでに追い込んだことが、
ヒトラーを政治の道に行かせ、人類を不幸に強いたのだと思いました。

250 :世界@名無史さん:2006/04/13(木) 16:56:15 0
>自分の苦しみが呪縛となっていて、
>このようにせねばならないという思い込みが非常に強い傾向にある

素質的に犯罪者の器を備えた人間そのものじゃんw

251 :世界@名無史さん:2006/04/13(木) 17:21:58 0
ヒトラーはドイツ国民が望んだ支配者を演じただけだろ。
第一次世界大戦後、旧ソ連、スウェーデンで航空機やら戦車の研究してるから
やり返す気まんまんだろw

252 :世界@名無史さん:2006/04/13(木) 17:38:32 0
>>250
歴史など「犯罪」の集積。ついでにいえば食物連鎖も犯罪的。

253 :世界@名無史さん:2006/04/14(金) 09:43:32 0
>>242
そうでもないんだな、これが。
在野の政治家だった頃、ヒトラーは延々と税金を滞納し続け、
また、どうみても私用車の高級セダンを党の公用車と偽るなどの
手口で脱税を繰り返してミュンヘンの国税当局としばしば、悶着をおこしている。
んでもって政権獲得後、とある税務職員はヒトラーの過去の税金の滞納を
チャラにしさらに未来の税金支払いの義務を免除することを提案して
その「功績」で大出世していたりする。

254 :世界@名無史さん:2006/04/15(土) 16:41:29 0
映画の「プロデューサーズ」を見たけど、当時のナチに対する空気がよくわからなかった。

255 :世界@名無史さん:2006/04/19(水) 20:23:06 0
ヒトラーは女には汚くなかったかな。
毛はご存知ロリコン、スターリンは知らね。だれか詳細きぼん

256 :世界@名無史さん:2006/04/20(木) 00:40:12 0
自分も興味あるな。

ヒトラーの女性関係はどうだったの?

257 :世界@名無史さん:2006/04/20(木) 00:46:15 O
第三帝国興亡記
  __
 /  \
`|_∬__|
 (イ ・∀・) 灰虎!
 | ̄ ̄| ̄[二二二@
`| ̄ ̄ ̄"| ̄ ̄| 
`|[+[88]|[::]|
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ̄\
|______|二ニ|
(◎=◎⊇◎=◎)=))=)
` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"

  キュラ   キュラ

258 :世界@名無史さん:2006/04/20(木) 11:50:11 0
チンギスハーンとかかなりの殺戮者だよね
町いくつも消してるし

259 :世界@名無史さん:2006/04/21(金) 14:01:02 0
メルケル政権ナイスです

ナチス公文書 今秋5000万件公開 ホロコースト解明へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060421-00000010-san-int


260 :世界@名無史さん:2006/04/21(金) 16:43:48 0
ナチス文書、5000万件公開へ
≪虐殺犠牲者など1750万人の名前も≫

 【ベルリン=黒沢潤】ナチスの強制収容所などの実態が記述されたドイツの公文書約5000万件が今秋にも、一般公開される見通しとなった。
同文書はホロコースト(ユダヤ人大虐殺)の犠牲者や強制労働者ら1750万人の名前が記載された最大級のナチス関連資料。
これまで犠牲者の家族や被害者にのみ公開されてきた文書が幅広く公開されることで、ホロコーストの全容解明が進むとの期待が高まっている。

 この文書は第2次大戦中の連合国が押収し、現在は米国やポーランド、ドイツ、イスラエルなど
11カ国が独中部バド・アーロルゼンの公文書館「国際追跡サービス」(ITS)で赤十字国際委員会(ICRC)とともに管理している。

 一般公開には11カ国すべての同意が必要となるが、ドイツ政府はこれまで、国家賠償訴訟が新たに起きることを懸念、
「関係者のプライバシーが侵害される」などの理由で公開を拒んできた。
 しかし、米国が一貫して圧力をかけてきた経緯があるのに加え、「(戦後、60年以上の)歳月が流れた」(独法務省スポークスマン)として、方針転換を決めた。
 ドイツ政府は5月17日、ルクセンブルクで行われる11カ国の年次総会で、この決定を正式に報告する予定で、ツィプリース独法相は「半年以内に公開できるはず」と見通しを語った。
 公文書館には毎年、15万件もの問い合わせがあるが、資料は今後、ホロコーストの歴史家たちによって詳細に調査・分析されることになりそうだ。
ホロコーストでは、ユダヤ人600万人が犠牲になったとされる。

(04/20 23:00)
http://www.sankei.co.jp/news/060420/kok110.htm


261 :世界@名無史さん:2006/04/30(日) 05:59:27 0
>>155
実言うとヒトラー家はアドルフのじっちゃんないしは、父のアロイスが
一代目と言われている。

で、アドルフが死んだとき、他の親戚筋が全員集まって「ヒトラーの血を残すまい」
と誓い合って子孫を残さなかった故に、ヒトラー家は途絶えたって。

262 :世界@名無史さん:2006/05/10(水) 18:25:47 0
ナチス文書、5000万件公開へ
≪虐殺犠牲者など1750万人の名前も≫

 【ベルリン=黒沢潤】ナチスの強制収容所などの実態が記述されたドイツの公文書約5000万件が今秋にも、一般公開される見通しとなった。
同文書はホロコースト(ユダヤ人大虐殺)の犠牲者や強制労働者ら1750万人の名前が記載された最大級のナチス関連資料。
これまで犠牲者の家族や被害者にのみ公開されてきた文書が幅広く公開されることで、ホロコーストの全容解明が進むとの期待が高まっている。

 この文書は第2次大戦中の連合国が押収し、現在は米国やポーランド、ドイツ、イスラエルなど
11カ国が独中部バド・アーロルゼンの公文書館「国際追跡サービス」(ITS)で赤十字国際委員会(ICRC)とともに管理している。

 一般公開には11カ国すべての同意が必要となるが、ドイツ政府はこれまで、国家賠償訴訟が新たに起きることを懸念、
「関係者のプライバシーが侵害される」などの理由で公開を拒んできた。
 しかし、米国が一貫して圧力をかけてきた経緯があるのに加え、「(戦後、60年以上の)歳月が流れた」(独法務省スポークスマン)として、方針転換を決めた。
 ドイツ政府は5月17日、ルクセンブルクで行われる11カ国の年次総会で、この決定を正式に報告する予定で、ツィプリース独法相は「半年以内に公開できるはず」と見通しを語った。
 公文書館には毎年、15万件もの問い合わせがあるが、資料は今後、ホロコーストの歴史家たちによって詳細に調査・分析されることになりそうだ。
ホロコーストでは、ユダヤ人600万人が犠牲になったとされる。

(04/20 23:00)
http://www.sankei.co.jp/news/060420/kok110.htm

263 :世界@名無史さん:2006/05/11(木) 13:02:01 0
                         _,,,,,,_
______________    '-ニ、l,    ______________
ヽ二二二二二二二二二二二二ニ)    | ノ l    (二二二二二二二二二二二二二ノ
 ヽ-------------|-----|三三 ||、  /vvvvヽ  .ノ/三三|-----|--------------'
  \ニニニニニニニニニkニニニ-ヽ三三ヽヽ-':vvvvvv:i--'/ 三三ノ二二ノニニニニニニニニニ/  
    ''---、------ヽ-=ニ~-ヽニ-~/.l.>、vvvvv/;-',ヽヽ-ニノ~ニ=-ノ------,,,--'''''~ 
       ~~~~~~~~~ヽニ-~,-',`-、// |.--vv--,|| lヽヽ/ヽニ-/'''''''''''''''''        
              ヽ',-''ノ.// l l-l  .|:::|  :|--'~~lヽヽ,ヽ'~               
                ~'-'-ノノノ_l.|:||:|:::::|:||:|_l_lヽヽ-'^                
                     ,,-''~||~~~'||=-、                
              i´` ー- 、_
              |ツ     `'' ー- 、 _
              |メ   __       `''' ー- 、_
              ヾ´ ̄     ̄`''ー‐- 、 _    `''ー、
               ,!≡≡≡口C三∃     `''ー 、 _,,ノ
              r'´~~ ̄ ̄_フ ̄`'''ー- 、._    /´
             /_,,. -‐'''´         `''ー 、l   >>1
            (二__/;;;=-        /´゙l! :::::::::/
                / ',‐        ,ムノ/  :::::/    ガス室逝き
                (_ノヽ      、_,ノ   ::::!
               ■_,,,             l
                ヽ `            _, ‐'´゙ゝ
                |        , -'´  /  \
                ゝ- 、_   /   /    , -''ヽ
                    `7´   /   /    \

264 :世界@名無史さん:2006/05/20(土) 15:05:58 0
      

265 :世界@名無史さん:2006/05/20(土) 15:46:17 0
>>1
ずいぶん昔の本で、ドイツ本国(当時西ドイツ)で話題になった本。
「ヒトラーとは何か セバスチャン・ハフナー 著」(草思社)
「生活」「仕事」「成功」「錯誤」「失敗」「犯罪」「裏切り」の7章に分けて分析している。

既に、書かれているけど、毛やポルポト、スターリンの方が悪。
教育、マスコミが偏向しているから気づかない人がいるだけ。
ソ連が、ナチスと組んでポーランド進行をしたことすら知らない人がいるんだから。
それ以前のフィンランドとの冬戦争および、戦後の本来戦勝国であるはずのポーラ
ンドの運命とか知ったら、東京裁判なんて戦勝国による不正義でしかない。
ポーランドなんてドイツ側へ国が動いたんだぞ!そしてその分ソ連の国土が広がる。
あと、バルト三国もひどいったら。
杉原さんの美談も、ナチスからじゃなくソ連による侵略から逃れたユダヤ人だろ?


266 :シャリバン:2006/05/21(日) 21:43:34 0
ヒトラーに同情する人は責任感があって純粋でよく物事を考えている。


267 :世界@名無史さん:2006/05/22(月) 03:32:15 0
悪人よばわりされないヒトラーなんて
ただの政治家の一人だろw

268 :世界@名無史さん:2006/05/23(火) 06:01:42 0
>>265
ヒトラー読本としてはお奨めだが、
著者オリジナルのヒトラー像になると文学的というかトンデモと思う。

269 :世界@名無史さん:2006/05/24(水) 11:58:29 0
>>268
この本の価値は、当時のドイツ国民がなぜヒトラーを支持したか、そして、今の私達も
同じ状況では同様の選択をしたであろうということを書いたってことではないかな?

失業、経済の破綻、外国からの執拗な賠償請求に憤慨し絶望していた国民に、誇りと
仕事を与えた英雄として初期のヒトラーは、歓迎されたんだから。
それゆえ、哲学者のウィットゲンシュタイン(ユダヤ人)もポーランド進行を聞いたときに
彼ほどの天才がそのようなことを行うなどと驚いたんでしょう。

この本も、ヒトラーが失敗するのは必然であった旨記しているからね。
ま、少なくともユダヤ人虐殺さえなければここまで評価が低くはなかっただろうけど。
268もトンデモ本と言っているんじゃないので図書館ででも読んでください。>>1


270 :世界@名無史さん:2006/05/24(水) 12:03:46 0
ユダヤ人虐殺とかそれ以前に、私的な生活がまったく空虚だというのがセバスチャン・ハフナーの強調していた点。
ずっと妻がいなかったしね。そして酒もタバコもやらぬ無趣味な人間だった。

271 :世界@名無史さん:2006/05/24(水) 15:34:11 0
ハフナーはスターリンや毛沢東はそうじゃなかったといっているが、
スターリンの私生活はヒトラーと大差ない単調さなんだが。
むしろスターリンにくらべればヒトラーは趣味人だ。
助兵衛の毛沢東は人生を楽しんんでいただろう。

272 :世界@名無史さん:2006/05/26(金) 00:52:59 0
>>270
>私的な生活がまったく空虚だというのがセバスチャン・ハフナーの強調していた点。

ヒトラー・コードによると戦争中、深夜、毎日音楽室でクラシックを聴いていたそう。
それと食事は必ず、エバやその友人、女性秘書と一緒に摂り、話題は、政治や
戦争以外のすべて、文学やファッションなどだそうで、これが空虚な私生活というなら
俺達の生活ってなんなんだ?

性格も伝えられているほどエキセントリックではなく、むしろ穏やかで、
就寝中に起こされると激怒するとか、まして絨毯を噛むとかは全くの虚構。
戦争遂行に関しては、抗命・怠業の将校を処刑するなど過酷な面もあったが
将軍で敗戦の責任を取らされて死刑になったものは皆無、無能なゲーリングさえ
最後の最後まで解任できなかった。

政治家として、飛びぬけて残酷だった訳ではない。

273 :世界@名無史さん:2006/05/26(金) 00:56:56 0
>>272
ヒトラーって学校時代の友人とか趣味の友人とのつきあいはあったの?
あと従兄弟とか、親戚づきあいはどうよ。

そういう話は伝わってこないんだよな。

274 :世界@名無史さん:2006/05/26(金) 02:41:10 0
>>108
>償還期限が来たとき、議会でどう説明するつもりなんだい?

返して、また借りればいいこと。
こんなの今ならどこでもやっているよ。


275 :世界@名無史さん:2006/05/26(金) 02:48:27 0
>>273
スターリンにもあったの

276 :世界@名無史さん:2006/05/26(金) 02:50:59 0
>>275
訂正
>学校時代の友人とか趣味の友人とのつきあいはあったの?
スターリンにもいたの?
>親戚づきあい
親類づきあいしないのと〆ちゃうのとどちらが空虚かといえば、前者だろうが。。

277 :世界@名無史さん:2006/05/26(金) 03:51:00 O
そう言えば、ヒトラーの歴代彼女、二人位、従兄や姪だったな。

278 :世界@名無史さん:2006/05/26(金) 07:24:48 O
政治家としては所轄亮を超える世界史上随一の天才なんだがなぁ。

279 :世界@名無史さん:2006/05/26(金) 23:44:50 0
>>273
クビッエックさんがいる。

280 :世界@名無史さん:2006/05/26(金) 23:46:33 0
背むしのヨハンナおばさんとかお兄さんと妹甥もいる。

281 :世界@名無史さん:2006/05/27(土) 13:01:55 0
セバスチャン・ハフナーの本が多くの点で的を射ている
のは確かだが、ヒトラー個人に対する見方やナチスへの
評価には、遠い東洋の我々からするとかなりバイアスが
かかってることは否定できない。
これに関してヨーロッパでは、まだ歴史ではなく
政治問題そのものなんだな。


282 :世界@名無史さん:2006/05/27(土) 14:19:52 0
若い頃はゲイだった
というか、男とセックスしていた。


283 :世界@名無史さん:2006/05/27(土) 15:09:25 0
ヒトラーとナポレオンってやったことたいしてかわらんくない?
2人に共通して歴史的に有名になれたのは
大量虐殺と侵略できたからやん。一方は英雄だが・・・


284 :世界@名無史さん:2006/05/27(土) 18:10:38 0
ナポレオンは、イギリスでは悪人ですよ。
国によって英雄だったり、侵略者だったりするのは当然なんだけどねぇ。敵国の視点で
しか見ない人が時々いるけど。
あと、一杯殺しているけど、民族浄化はしていない。
けど、ヨーロッパの私物化はいただけないね。
ただ、スウェーデンの王室はナポの部下のベルナドットの血筋がつづいているけど
押し付けじゃないのか。ググって今知ったよ。 orz

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB16%E4%B8%96%E3%82%B0%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%95


285 :世界@名無史さん:2006/07/08(土) 12:12:09 0
へえ初耳。

286 :世界@名無史さん:2006/07/26(水) 18:37:08 0
ゲルマン民族至上主義で劣等民族殺戮絶滅、生存権獲得
優れた支配人種による千年王国樹立って現実に実行されてる。

それは自由と民主主義、人権、平等の国、米国、豪州。
米豪は、白人が先住民族を殺戮し続けて
生存圏を作り、永遠に支配するために大量移住して作った
白人至上主義国家だろ。まさにナチスそのものよ。
ユダヤ人スピルバーグは、遺跡発掘先で有色人を撃ち殺しまくる
考古学者の映画で『闇の軍隊が世界を支配する』と言わせてるが
こいつにとってはユダヤに敵対する国だけが『闇の軍隊』なんだろうな。

287 :世界@名無史さん:2006/07/27(木) 13:58:05 O
ナポレオンが英雄と呼ばれるのは
彼自身が秀逸な指揮官であり
斬新なバトルドクトリンを用いたからなんじゃないかなぁ
と思う今日この頃

288 :世界@名無史さん:2006/07/27(木) 18:44:17 0
ヒトラーは永遠の悪のカリスマで良いよ。不滅のカリスマという事。

それに既出だがヘーゲルの歴史哲学を適用すれば、所詮ヒトラーも
「理性の狡智」に支配された世界精神の道具に過ぎないんだから。
それが善悪を超越した形而上学的歴史観が下す古典的な答えだね。

でも形而下の世界では道徳的歴史観というフィクションがそれなりに
必要となるからヒトラーを20世紀の極悪人のままにしておくのは
ナチス協力者のドイツ国民にとってもラッキーなことだから。

セバスチャン・ハフナーが示唆したことだけど、ヒトラーの恩恵を
一番受けたのは実はユダヤ人だった、という逆説は歴史の皮肉だね。
これはイスラエル建国の事を指しているが認めないな、ユダヤ人は。

289 :\(@▲@ーb ライヒスフューラー∬:2006/07/27(木) 20:16:13 O
  ( ⌒ )
   l | /
 < ̄盲゙≧
⊂d―@д@)< 何時まで被害者意識の塊なんだ!!
 /≦!≧ノ∪
 し―-J |l| | 
    ノ(。∀。)\ -=3 ペシッ!!


290 :世界@名無史さん:2006/07/27(木) 20:35:21 0
どう考えても中国が世界の頂点に立つよ。あと30年かからんだろう。
世界史上何度も何度も隆盛を繰り返せるのは中国だけ(必ずしも中華民族に限らない、あの地域にできる国がということ)。
多くの地域・民族が有史上1度は世界トップレベルになれるが、世界最高レベルの隆盛を何度も繰り返せるのは中国だけ。

ローマ帝国しかり、オスマントルコしかり、古代エジプトしかり、ソビエト連邦しかり、モンゴル帝国しかり、
アッバース朝しかり、大英帝国しかり、大航海時代のスペインしかり、こないだまでの日本しかり、ね。
このことは世界史上最大の謎といわれています。なぜ1度だけか?なぜ中国だけ例外なのか?
ちなみに日本史上最大の謎は、@あの天皇一家がなんで延々滅びもせず続いてきたかというのと、
A鎌倉時代になぜ新興宗教が一気に勃興したかの2点だそうです。

・・・中国が再び世界のトップになるのは歴史の必然です。おかしいことでもなんでもない。
日本が再びJAPANアズNO1になるのが希望薄なのも、同様に煽りぬきで歴史の宿命です。別に悪あがきもいいけどw
石原慎太郎とかって歴史に詳しいらしいけど、アホだよね。こういうダイナミックな長期の視点を知らずに、
わずかここ100年かそこらの短絡で中国を見下してる真性アフォ。
日本がここ100年だけ特に勃興した事がむしろ「異常事態」であって、中国中心できたアジアの歴史的な秩序を壊し、
この100年間の各種不幸や軋轢を招いているという見方の方がむしろ真をついているんです。
日本はたった一度の機会を使い切ってしまったorz アーメン†〜

※GDP世界2位は、既に日本ではなく中国です。
米CIAの各国経済力ランキングも、購買力平価GDPの方を採用しており、中国が2位。一方日本は3位で半分。
http://www.cia.gov/cia/publications/factbook/rankorder/2001rank.html  (内容は2005年の最新数値)
ページトップに「GDP」と明記されているのに注目。(purchasing power parity 購買力平価PPP)
今どき名目GDPの方を拝んでいるのは、日本ぐらいです。アメリカと欧州は購買力平価GDPが基準です。(wikipediaのGDPも参照)

291 :世界@名無史さん:2006/07/28(金) 07:12:43 0
スターリンは充分悪として扱われてると思うが、
特にヒトラーのイメージが際立ってるのは
外交失策、敗戦の責任、宗教的意義それ等の規模が大きいからだろう。
最期が自殺という事もある。

292 :世界@名無史さん:2006/07/28(金) 09:33:12 0
悪と認識されるのはそれ以上の悪に打倒された証拠。
真の悪魔はアングロサクソン。
奴らこそ世界中の有色人種を殺戮して、広大な大陸を征服し
黒人を奴隷にして、世界を牛耳る支配人種。
冷静に考えて、経済力・軍事力で日本、ロシアに劣る英国が
米国と世界全体を共同統治してる理由は人種しかねえだろ。


293 :世界@名無史さん:2006/07/30(日) 00:44:38 0
ネイティブアメリカンを絶滅寸前まで追い込んだアメリカ人にだけは
ヒトラーを批判する資格は無いな。

294 :世界@名無史さん:2006/07/30(日) 01:17:01 0
ヒトラーが絶対悪ねぇ・・・
世界史板とも思えんスレだな。

歴史に「絶対」などないよ。


295 :世界@名無史さん:2006/07/30(日) 02:06:43 0
>>290
清の最盛期だって農民反乱ホーダイなのに
何でこの先理不尽な内部からの暴力で自壊するとか考えられないんだろう。

296 :世界@名無史さん:2006/07/30(日) 14:26:48 O
愛知のキチガイ脳糞古川は神だと思っている。

半年ほど前の正月休みに両親と愛知のキチガイ脳糞古川の実家(もんじゃ焼き屋)に 食べに行った時の話。
両親と3人で鉄板を囲んで食事をしているといきなり脳糞古川が玄関から入ってきた。
もんじゃ焼き屋に似合わない勝負服ないでたちで。

脳糞古川が「私いつもの〜」と言って二階へ上がろうとすると、
店内にいた高校生集団が「脳糞古川さん!」「脳糞古川さんかわいいー!」などと騒ぎ出し、
脳糞古川が戻ってきてくれて即席サイン会になった。
店内に13、4人ほど居合わせた客全員に店内にあった色紙を使い サインをしてくれた。
高校生達が脳糞古川の母校愛知のキチガイ高校トラウマ部だとわかった脳糞古川は いい笑顔で会話を交わしていた。
そして脳糞古川は「またね〜」と二階に上がっていき、店内は静かになった。

私と両親は脳糞古川の気さくさとかわいさに興奮しつつ食事を終え、会計を済ませようとレジに向かうと、
店員さんが階段の上を指差しながら 「今日のお客さんの分は出してくれましたから。また来てくださいね」と。

あれには本当にびっくりした。

中学校の同窓会に行こうとしたら
「中学の時のクラスメートや先生に、愛知のキチガイ脳糞古川だなんて、わかったらどうする。
 みっともない。
 愛知のキチガイ脳糞古川の身で、同窓会なんかに行くな!」
と怒られた。

「同窓会くらい、いいだろう」と反論したら
「親の言うことが聞けないのか!」と玄関先から、家の中に
押し倒された。

脳糞古川だと、同窓会にも行けないのか?

297 :世界@名無史さん:2006/07/31(月) 01:17:48 0

あなたはナチスだ。
あなたはテロリストだ。

聞きなさい、アウシュビッツで殺された無辜の者達の声なき声を。

見据えなさい、ガス室で殺された600万人もの尊いみたまを。

(アウシュビッツ・ビルケナウ徹底ガイド)
http://www1.linkclub.or.jp/~ttakeshi/porhtml/pora01.html
(イスラエルの国歌・民族の悲哀ここに極まる)↑をみるときにバックで流します・゚・(ノД`)・゚・。
http://www7.plala.or.jp/machikun/israelanthem.MID

あなたはナチスだ。
あなたはテロリストだ。

298 :世界@名無史さん:2006/07/31(月) 02:06:40 0
>ヒトラー絶対悪
ハリウッド映画の影響がいまだに尾を引いてるな

英米のやってきたことと比べたら
大したことないんだけどねえ



299 :世界@名無史さん:2006/08/14(月) 22:33:18 0
ゲルマン民族による他民族支配・奴隷化、
先住民族殺戮による領土拡大・千年王国の樹立。

これはすべて英国、米国、カナダ、豪州、ニュージーランドがやってきたこと。
自由と民主主義を標榜するアングロサクソンこそナチス以上の悪魔集団なのだ。



300 :世界@名無史さん:2006/08/14(月) 23:28:04 0
300



301 :世界@名無史さん:2006/08/15(火) 15:37:25 0
具体的にドイツはどこの国と、どのような条約により支払ったのでしょうか。
ドイツは講和条約をどのような形で結んだのでしょう。
「ナチスドイツ」によるという犯罪行為に対する賠償金以外の講和条約、平和条約による国家賠償を具体的にお教え願いたい。
我が国は北朝鮮以外のすべての関係国と講和条約、平和条約を結び、正式に国家賠償が完了しています。

講和条約、平和条約の意味をご理解いただいているだろうか。

「事実上」で国家間の事が片付けばいいのですが、普通は国と国と取り決めは条約によって成り立ちます。
講和条約をむすんでいないドイツの場合は、戦争における国家賠償はしていません。
あくまで、ナチスドイツがおこなったホロコーストなどの国家犯罪に対しての個人賠償のみです。
統一ドイツとなり今後の問題です。
http://www.tamanegiya.com/urabbs/index.cgi


302 :世界@名無史さん:2006/08/15(火) 19:00:23 O
そーですねぇー…後200年位たってUSAが分裂崩壊してイスラエルが消滅してユダヤ利権代弁覇権国家が存在しなくなれば、或いは評価が変わるやも知れませぬな。

303 :世界@名無史さん:2006/08/15(火) 23:16:38 0
べつにヒトラーは悪じゃないだろ。
政治的な経緯で悪玉の役を負わされてるだけで。
そんなの40代の人間はみんなそう思ってるよ。

304 :世界@名無史さん:2006/08/16(水) 11:51:13 0
法則だから仕方ない。

大日本帝国絶対悪説が揺るがないように、
法則の力は強烈なのである。

305 :世界@名無史さん:2006/08/16(水) 15:13:40 0
ヒットラーはアラブではユダヤと戦った英雄だよ。
シリアで小学生の女の子が、ヒトラーの肖像画描いてた。
パレスチナ解放機構初代議長のシュケイリも、
ベルリン訪問してヒトラーと会談。そのときに総統は
『ドイツはユダヤ人に過酷な闘争を展開している。その事は当然で
今後はパレスチナにも支援しなければならない』と述べている。



306 :世界@名無史さん:2006/08/16(水) 15:22:04 0
>>297
>あなたはナチスだ。
>あなたはテロリストだ。

今のイスラエル人にぴったりの罵倒文句だね。

307 :(-@∀@)<よろ《媚び組》マンセー:2006/08/16(水) 15:41:40 O
∀ <_☆_>
G\(〇m〇)
 \ ※:@*\

♪すでに昭和17年に《対アラブ共同声明》を我が帝国は起案していたのだゾ!

(^■^ ラ [・ム・ ] が難色を示して成立しなかったがな…。

308 :世界@名無史さん:2006/08/16(水) 15:58:31 0
>>305
一方でナチスがシオニストと組んで、ユダヤ人をパレスチナに追い出していた件について。

309 :世界@名無史さん:2006/08/16(水) 19:37:47 O
こいつがなんか言ってますよ
↓↓↓
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/car/1154334009/909

310 :世界@名無史さん:2006/09/04(月) 19:54:26 0
ところでヒトラーって、ユダヤ人と非ユダヤ人をどうやって判別したの?


311 :世界@名無史さん:2006/09/08(金) 22:11:28 0
基本的には宗教。あと名前でなんとなく。

312 :世界@名無史さん:2006/09/09(土) 04:56:55 0
チンコ見れば、一発で分かる。

ユダヤ人は割礼しているから。

313 :世界@名無史さん:2006/09/23(土) 23:37:15 0
極悪人ってかアホ(?)のF.ローズベルトのスレは無いの?

314 :世界@名無史さん:2006/10/15(日) 10:14:57 0
ヒットラーは役者をやらせれば超一流だが、実際はお人好しの凡人

315 :世界@名無史さん:2006/10/15(日) 18:14:53 0
乞食から独裁者にまで上り詰めた男を無能呼ばわりできるのがスゲェと思った。
彼らにとってはものすごく簡単なことなんだろうね

316 :世界@名無史さん:2006/10/15(日) 18:32:57 0
>>315
「有能」にも種類があるからな。
大衆扇動者としては超一流だったのかもしれないが、統治者としては三流もいいところだろ。

317 :世界@名無史さん:2006/10/15(日) 18:35:18 0
ヒトラーというかシュペーア設計の「ゲルマニア」の諸建築に
魅力を感じてしまう・・・。



318 :世界@名無史さん:2006/10/16(月) 00:14:16 0
まあ小泉タイプだな
人気先行型

319 :世界@名無史さん :2006/10/16(月) 02:41:57 0
>>316
むしろ、扇動家の方が政治家には必要な要素だったんだろ。
統治だけなら名も無き知事とかいてる訳だし。
国民が分かりやすいとか共感しやすい意見はそういう扇動家の方が響くだろうし。
それでも扇動だけはどうかとは思うが、ヒトラーのシンプルかつ人々の印象に残るために
同じフレーズを何度も言って自分の主張を伝える技術は普通に見事。
実際、人々へ自分の言いたいことを伝えて納得してもらえる方法はなかなか難しいものだ。

320 :世界@名無史さん:2006/10/16(月) 03:56:18 0
時代が作り出した男

321 :世界@名無史さん:2006/10/16(月) 16:38:49 0
法則は絶対だからな。
ゴキブリ民族と組んだ奴は永遠の罪科を背負う事になるのだよ。

322 :世界@名無史さん:2006/10/16(月) 16:41:45 0
ヒトラーは悪くないと主張したいなら、まずユダヤ人を根絶やしにしないといけない。
つまり自分がヒトラーになるしかない。

323 :世界@名無史さん:2006/10/16(月) 21:29:21 0
ナポレオンも第一帝政崩壊後、ウィーン体制が機能していた間はくヒトラ-みたいな扱いだった。
今の1945年体制が壊れたら、ヒトラーも政治的な記号ではなく、歴史上の人物として扱われるようになるんじゃないかな?

324 :世界@名無史さん:2006/10/16(月) 21:38:32 0
それはアメリカが崩壊してるっぽいな。

325 :世界@名無史さん:2006/10/16(月) 23:59:48 0
戦前のユダヤの模倣をしているのが今の在日

326 :世界@名無史さん :2006/10/18(水) 22:35:59 0
つまりユダヤは在日ならぬ在独。
その国にいるのに反政府活動ばんばんして、ぶっちゃけ宣戦布告みたいな行動もして、被害者プロパガンダのネタも似たようなものばかり。
今の在日に同じことやられたらそりゃ反対の立場に行くだろ。
反対に行かないまでも絶対いい気分ではない行動だと思うぞ。

327 :世界@名無史さん:2006/10/18(水) 22:41:40 0
戦国時代
http://hobby8.2ch.net/sengoku/

328 :世界@名無史さん:2006/10/18(水) 22:52:29 O
>>326
だから皆殺しにしようって言って実際に殺そうとするのがドイツ人
だからと言って殺すことはないだろうというラインで踏みとどまるのが日本人

329 :世界@名無史さん:2006/10/18(水) 22:59:15 0
そう。日本人は朝鮮人も支那人も殺さなかった。
奴らが仲間同士虐殺しあったのを戦後日本人に罪をかぶせたのである。

330 :世界@名無史さん:2006/10/18(水) 23:35:21 0
ブッシュとニクソンはヒトラーの再来

331 :世界@名無史さん:2006/10/19(木) 01:42:21 O
イラク戦争を見れば分かるように、必ずしも戦争=軍事ではない。WW2での行き過ぎた左翼思想が、その後のアメリカの戦争に跳ね返って来ている。戦争の善悪二元論など馬鹿げているし、食料危機が現実的になれば、左翼思想は完璧に崩壊するかもね。

332 :世界@名無史さん:2006/10/19(木) 18:50:23 0
ユダヤの影響力が衰えたら、英雄になるんでは?


333 :世界@名無史さん:2006/10/19(木) 20:23:28 0

       /  ̄ ̄ ̄ ̄ \               / \
      /          \            /    /
     /λ            \        /    /
   / / \            ヽ      /    /
  / /     \            |   /    /         /\
  / /        `ー 、       |   \    \        /    \
  | .|           ー―-、   |    \    \      /       \
  |  |               |   |      \   \ /    /\   \
  |  |        l        \ |        \        /   \    \
 ,^ヽ.|  ,;;_llliiillli_iJ   ,;;iiillIIii_   |/=          \     /       \   ,`
 |i^.| |  ,彳てフ’   气.てフ'   | i | \       /      \       \/
 ヽ | |  ヽ  ̄'/   【   ̄ ,   |_//  \   /    /\   \
  | ||     ̄    ┃  ̄     |_l\   \/    /    \   \
  `-|      /  ┃       |   \       /       \   \
    |      | _,__i )     .|     \   /        /   /
     l      i| ||;|||||||i     |.      \/        /   /
    ヽ、   |||||:|||||||||ll  (  /                /   /
     |\   ̄ ̄二 ̄ ̄ |//^\             /   /
_ ,――|  \       / /   \          \  /
 /    |\  ー――一  /    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  ` '
/     |  \ _/    /    /           \
     |  /  入   /    /              \

334 :世界@名無史さん:2006/10/21(土) 00:30:53 0
日本はアメリカの牛肉を輸入しているが、アメリカは日本の牛肉の輸入は禁止
BSEの疑いがあるから・・・・・・・・・・・無茶苦茶
いつものご都合主義

335 :世界@名無史さん:2006/10/21(土) 10:46:45 0
ナチヲタで反米って救いようがないな

336 :世界@名無史さん:2006/10/21(土) 15:54:39 0
1000年ぐらいして人類の倫理観も変化したらヒトラーも「当時としては思想が斬新過ぎた」とか評価されるのかな。
今では織田信長や串刺し公が再評価されているように。

337 :世界@名無史さん:2006/10/22(日) 01:29:20 0
冷静に考えてもヒトラーは評価できないよ。
ヒトラーを評価しろと言う人間はキチガイか?

国内で犯罪起こしている中国人が非難されたり叩かれているだろ。
ヒトラーは国内で犯罪起こしている中国人以上の悪い事をしていたんだぜ。
何の罪もない人間を殺し、仮にユダヤ人虐殺が誇張されているだけで
一万人しか殺されていなかったとしても一万も何の罪も無い人間を殺していれば
擁護の余地も無いただの悪魔だろ。

国内で強盗殺人を起こしている中国人をどう思う?
強盗殺人を起こした中国人は悪人だ!と思うのが正常な人間の論理なのだが、
ヒトラーは強盗殺人を起こした中国人より悪質で悪い事をしている。
どうあれヒトラーのせいで被害を被った人間も少なくなかろう。
歴史上の人物として見れば面白い人間だが、実際に居たら困る人間だよ。
君たちも万引きや窃盗被害にあったら窃盗犯を憎く思わないか?
ヒトラーは仮にユダヤ人虐殺が誇張されているとしてもそれ以上の悪質な事をしているんだ。

やはり悪の権化である事には代らないし、
俺はヒトラーを擁護する人間の論理が理解できん。

338 :世界@名無史さん:2006/10/22(日) 01:38:52 0
ヒトラーなんて実際に居たら迷惑なだけだよ。
国内で犯罪を起こしている中国人が嫌われているのに
国内で犯罪を起こす以上の悪事を働いているヒトラーは
どう考えても善にはなれない。

339 :世界@名無史さん:2006/10/22(日) 07:06:31 O
国内で犯罪起こしてる在日や中国人だって、人権思想があるからには
劣等民族だってレッテルはって計画的に殺してもいいって
ことにはならないからな。
反ユダヤなんて口だけにとどめておけばよかった。
実際にあれだけ大規模に殺してしまった以上
人権思想が価値を持ってる限り永遠に悪人だろう。
ゲルマン民族オナニー史観の惨めな末路だ

340 :\____________/:2006/10/22(日) 07:36:00 0
      ∨
   |/-@-@-ヽ| ブツブツ・・・
   | . : )'e'( : . |
   ` ‐-=-‐
   /    \
||\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
||\\.          \      ∧_∧
||. .\\          \    ( ;´Д`) (オイ、なんか変なのがいるぞ)
.    \\          \ /    ヽ.
.      \\         / .|   | |
.        \∧_∧   (⌒\|__./ ./
         ( ´,_・・`)目合わせるなって ∧_∧
.         _/   ヽ          \  (     ) うわー、こっち見てるよ

341 :世界@名無史さん:2006/10/22(日) 16:58:04 O
ついにAA張り出すとは・・・
ナチオタ哀れなり

342 :世界@名無史さん:2006/10/22(日) 18:05:48 0
ヒトラーも国内からユダヤを追放する程度に止めて置けばそこまで悪く言われなかっただろうが、
ユダヤ人虐殺以外にもロンドンに対する爆撃の指示と言った
戦時中に置ける虐殺行為も少なく無いからな。

擁護したい人の論理が解らない訳ではないし、
戦時中に置ける虐殺は仕方ないと言う人が居るかも知れないけど、
善人と言うイメージは作り難い。

343 :世界@名無史さん:2006/10/22(日) 18:40:44 0
当時の終わってるワイマール体制下のドイツを戦争以外でどうにかできたとお思い?
強い態度に出ないと1970年代〜1992年までWW1の賠償金を延々々々と支払い
続けると言うアホみたいな情勢が展開されるんだぞ。
どう考えたってドイツ国民を追い込んだ英仏連合が諸悪の根源にしか見えんのだが


344 :世界@名無史さん:2006/10/22(日) 19:05:06 0
善人とは言ってない、ただナチスやチョビ髭ばかりを悪者にするなって言ってるだけ

345 :世界@名無史さん:2006/10/22(日) 19:27:55 0
>>343

賠償金なんて結局、支払わなかっただろ。
どうあれ清朝ですら賠償金は支払ったんだから
当時のご時世で敗戦国の癖して賠償金を支払わないのはルール違反だからな。

>英仏連合が諸悪の根源にしか見えんのだが
何で英仏のせいになるん?
当時のご時世で賠償金要求は正当な行為だし、
日本ですら清朝に対して要求したからな
それに戦争に負けるドイツが悪い

346 :世界@名無史さん:2006/10/22(日) 19:28:54 0
65 名前:世界@名無史さん :2006/10/02(月) 17:04:48 0
写真がイパーイ

http://blog.livedoor.jp/m-45_61079/archives/50306490.html
ここの観光の目玉は「虎の檻(TIGER CAGE)」。
フランス統治時代からサイゴン政権陥落までの
1861年〜1975年に使用されていた収容所で、
現在修復プロジェクトが進んでいる歴史建造物である。
フランス人が囚人たちをどのように扱っていたかは、
映画「パピオン」に詳しいので興味のある方はぜひ見てほしい。
私は来る前にちょうど映画「パピヨン」をDVDで見たところだった。
この映画の中にはちょうどCon Daoにある「虎の檻」と
同じつくりの独房が登場し、囚人たちを痛め、死に追いやる。
学生時代に見て内容をかなり忘れていたのだが、
あらためて見て、人間てこんなにひどいことができるものだ、
と思った。




347 :世界@名無史さん:2006/10/22(日) 19:29:52 0
>>344

国内で犯罪起こしている中国人は2ちゃんねるで叩かれているだろ?
何百件と窃盗行為を働いた中国人ですら極悪人だ。
なら何の罪も無い人々を何十、何百と殺したナチスは救いようの無い悪の組織だよ。
ドイツ国民も戦争の被害者だから、
ドイツ人=悪人と言う視点は間違いだろう。
だがナチスは擁護できない

348 :世界@名無史さん:2006/10/22(日) 19:42:19 O
トルコはオスマン時代からの借金を1960年までかかって完済したし
日本だって不平等条約を国際社会のルールに則って打ち破ったわけだから
ドイツのは単なる甘えだろう。

349 :世界@名無史さん:2006/10/22(日) 20:28:53 0
賠償金を支払わなかったドイツを擁護する日本人が理解できない。
日本は清朝に対して賠償金を支払わせたんだぜ?
ドイツが悪くないと言うのなら、
清朝が賠償金を支払わなくても構わんと言うつもりか。

350 :世界@名無史さん:2006/10/22(日) 20:31:40 0
それに2ちゃんねるで韓国人や中国人が叩かれるのは条約を守らなかったり、
無法行為を働くからだろ?
国際社会の条約とはそれこそ一種の法律みたいなもんだろ。
敗戦国の癖にドイツは払わなかったんだよ?

ドイツがベルサイユ条約を履行しなかった事を肯定する奴は、
ソ連の侵攻や中国・韓国の条約無視は正しいとでも言うの?

351 :世界@名無史さん:2006/10/23(月) 00:23:44 0
>ドイツがベルサイユ条約を履行しなかった事を肯定する奴は、
完済まで少なくて70年も掛かる賠償金を納得できる国民なんて居んのかwどんなアホだよそれw
第一次世界大戦終結の日に生まれた奴だって墓の中か老人になってんぞwwww
何としてもできるだけ早期にどんな手段を用いてでもベルサイユ条約を反故
にする事を最終目的にしない政治家の巣窟になってたワイマール体制下の方が異常ですがな

352 :世界@名無史さん:2006/10/23(月) 00:56:27 0
ベルサイユ条約の賠償金完済は最短70年〜余裕を見ると1世紀越えの可能性も?
と言う歴史的大ロマンな展開を考えるとドイツはヒトラーが居ようが居まいが
半世紀と持たなかった可能性が高い。
四半世紀我慢したがまだ終わる気配はない・・・・・四十年経ったけどやはり(以下略


353 :世界@名無史さん:2006/10/23(月) 18:54:46 O
賠償金なんてヒトラーが政権とる前のローザンヌ会議で大幅減額されてるし

354 :世界@名無史さん:2006/10/23(月) 18:59:14 0
減額してやった。我々は寛大>連合国
十年もの間、搾取され痛めつけられた>ドイツ人

この差は埋まらない。

355 :世界@名無史さん:2006/10/23(月) 19:01:36 0
ハイチなんて独立時に宗主国フランスから無茶な賠償金を課せられたが
泣きながらよーやっと完済したしな
ドイツのようにネゴシエーションで減額させるほどの力もなかったともいうが

356 :世界@名無史さん:2006/10/23(月) 19:52:18 0
そもそも国際条約など連合国側が守ってないだろ

357 :世界@名無史さん:2006/10/23(月) 19:55:38 0
ナチスはドイツを救おうとした、しかし最終的に失敗した
それだけのことだ

358 :世界@名無史さん:2006/10/24(火) 04:37:32 O
救おうとしたってよりも
ドイツをとことんおもちゃにして、
遊び疲れたころに破滅したようにしか見えない

359 :世界@名無史さん:2006/10/24(火) 20:27:42 0
ヒトラーは実は優れた政治家、とか
悪じゃない、とかいうのは一種の中二病なので
優しくしかし理路整然と教えてやるのが一番

360 :世界@名無史さん:2006/10/28(土) 16:48:45 0
ヒトラーが本当にユダヤ人大量虐殺を直接指令したのか、
そもそも

  ナチスの手によって殺されたユダヤ人が正確に何人なのか

が議論されていない。議論すら許されていない。
漠然と600万人だとか、そんなような数字がまかり通っている。
こんなんで歴史に決着つけようったってそうはいかんぜ。

361 :世界@名無史さん:2006/10/28(土) 16:57:14 0
修正主義者来たー!

362 :世界@名無史さん:2006/10/28(土) 18:18:39 0
600万人は第二次大戦で死んだユダヤ人の数であって、しかもその殆どが腸チフスという不思議


363 :世界@名無史さん:2006/10/28(土) 18:53:20 0
>腸チフス

ナチスは緻密なようで間抜けだからな。
書類に一々死因を書くのが面倒だからチフスだの心不全だので死んだと
何百人も同じ死因で死んでいることになっている。

364 :世界@名無史さん:2006/10/28(土) 18:55:55 0
↑と、いうのも単なる憶測で、検証すらされない、許されないのが現実

365 :世界@名無史さん:2006/10/28(土) 19:17:28 0
ベルサイユ条約の過酷な賠償金だけがクローズアップされるが、
第1次大戦ではドイツは連合国が告発した戦争犯罪人を
ドイツの国内法で裁くだけで済まされたように、
第1次大戦では敗戦国は過酷な賠償金は課された一方で事後法で戦勝国が裁くことはされなかった。
良く「第2次大戦で戦勝国はヴェルサイユ条約の過酷な賠償金を反省し敗戦国に賠償金を課さなかった」
と戦勝国を称賛する宣伝文句を唱えるが、一方で戦勝国が事後法で敗戦国を裁いたという事実もあった。


366 :世界@名無史さん:2006/10/28(土) 19:44:59 0
>>364
お前も自分で言ってる事憶測やん

367 :世界@名無史さん:2006/10/28(土) 22:05:49 0
ヒトラー自身は、ユダヤ人を追い出してしまえばいいと思っていた。
だからイスラエル建国構想には賛成していた。
追い出せば済むものをなぜ虐殺するのか。

368 :世界@名無史さん:2006/10/28(土) 22:16:32 0
>>367
イスラエル建国構想が出たとき、真っ先に賛成しここぞとばかりフライング気味にパレスチナに
ドイツ国内のユダヤ人をどんどん送り込んだのだが、その結果パレスチナのユダヤ人が増えすぎて
現地パレスチナ人と衝突する事件がおこりまくり、委任統治していたイギリスがうんざりして

「もうパレスチナにユダヤ人は入れねえぞ!」

と宣言。

困ったヒトラーおじさん、ふと世界地図を見ると阿附地価大陸にでっかい島があることを発見。

「このマダガスカルって島を新イスラエルってことにしねえ!?」

といってみたが周辺諸国もユダヤ人も微妙な反応。

そうこうしているうちに二次大戦が始まり、ユダヤの皆さんを海外に追い出すわけにもいかなくなるわ
収容所においておけば貴重な物資を食いつぶすだけだわ。困ったユダヤ担当の官僚のみなさん
ふと気がつく

「そうだ!いらないものは処分すればいいんだ!!」

以上。

369 :世界@名無史さん:2006/10/28(土) 22:24:29 0
>>368
自分で答えを言ったね。
そう、ヒトラーが殺したんじゃないんだよ。
君の口から聞きたかった、ありがとう。

370 :世界@名無史さん:2006/10/28(土) 22:26:14 0
>>368
>阿附地価大陸→アフリカ大陸

どんな変換ミスだorz

371 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 00:05:07 0
ホロコーストはヒトラーのあずかり知らぬ所で起きたのではないか。
重大な疑問が湧いてくるが、検証することすら許されないのだ。

372 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 00:54:05 0
>>371
すればいいじゃん。日本で。お前が。
猛烈な反論と反証に遭ってことごとく成功してないだけで、許されてないわけじゃない。
あの膨大な物証と証言を覆すのは、相当骨折りだぞ?

373 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 01:31:50 0
反論や反証ではなく、罵倒と脅迫だろ。日本ですらそうなんだから
欧米じゃ研究すら不可能だろう。

374 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 07:13:53 0
>>373
「だろう。」って言う割にはそれを見たことも読んだこともないんじゃないか?
ちょっとググれば反リビジョニスト用の反論の文章はすぐ出てくるぞ?

375 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 12:53:59 0
ヒトラーが自殺したって本当なのかな。
彼が生け捕りにされたら、罪を被せることができなくなるから
殺して死体も処理したってのが真相なんじゃないのか。

376 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 16:09:05 0
先進国ではユダヤの圧力でヒトラー再評価が不可能だとすると
それが可能なのはアラブとか中国?

377 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 17:44:18 0
第3帝国が逃れて、UFOを飛ばしている南極だけだよ

378 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 18:07:46 0
ビバ! 南極!

379 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 18:55:03 0
>>376
70年代ごろに西ドイツでお望みの「ヒトラー再評価」なるものが起こったことがあるが、
ブームに乗っかって資料を発掘してみたら、一緒に悲惨な映像や写真も掘り起こされてしまい
また統計学上の経済の資料もナチス政権の破綻っぷりを改めて裏付けるものだったので
すみやかにブームが引いていった歴史がある。

ヒトラー再評価なんて今しがた出てきたもんじゃないんだよ、厨房くん

380 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 19:10:49 0
ヒトラー再評価をやたら恐れている人がいますね。どういう背景の御仁でしょうか。
しかも人格攻撃や中傷で議論を押さえ込むことしかできないようで・・・

381 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 19:12:54 0
その資料がユダヤの陰謀でない保証があるのか?
ユダヤは生まれながら犯罪者で嘘吐きなので、ユダヤに都合のいい資料は証拠として認められないのは常識。

382 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 19:23:23 0
ヒトラーより昭和天皇の方が悪質だな。戦後ものうのうと居座ってたし。

383 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 19:32:45 O
>>381
生まれながらにして犯罪者って
本気で言ってんならもはや人格障害だぞ。
リビジョには日本の警察がモサドだとかわけわからん陰謀論以上のソースはないわけ?

384 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 19:44:19 0
正史派が火病ってる様です。

385 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 19:53:26 O
なんだかなあ
リビジョって>>381みたいにまずレイシズムありきの議論なわけでしょ
気になるんだけどリビジョにとってヒトラーのどこがどう偉いわけ?
生まれながらの犯罪者のユダヤ人を沢山殺したこと?
(かと思えばホロコーストはなかったとか言い出すし意味がわからない)
それとも不可侵条約無視した独ソ戦はじめて
ドイツの領土を大幅に減らしたこと?

386 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 20:00:22 0
ヒトラーは、ユダヤ人勢力によって世界が恒久的な戦乱に悩まされ続けることを予見した
先見の明のある人。

387 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 20:23:03 O
要するにホロコーストでユダヤ人を沢山殺したから偉いわけね

388 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 21:06:18 0
そもそもユダヤ陰謀論ってのが馬鹿馬鹿しい妄想としか思えないんだが。

389 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 21:11:53 0
アーリア人種至上主義とかナチスの思想は妄想ばっかじゃん。

390 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 21:14:23 0
>>387
何言ってんの?
ホロコーストは嘘だよ。

391 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 21:18:36 O
ホロコーストしてないなら
犯罪ユダヤ人殺してないヒトラーは偉くないじゃん

392 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 21:35:37 0
>>391
誰もヒトラーが偉いとは言ってない

393 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 21:43:59 0
あー、アウトバーンを作ったのは偉いよねえ。。。。。

394 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 21:48:37 0
ユダヤ人を強制収容所に入れるところまでは彼の命令だが、
虐殺まで指令した明白な証拠はない。
(黙認とか使用者責任などという話はまた別次元の話)

ここまでは合意事項だね。この程度の話をオープンにすることさえ
許されないのが現状。

395 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 21:49:11 0
ヒトラーは総統だから偉い人だよ

396 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 22:19:57 0
>>394
ウィキペディア見てみろよ、それにもめちゃくちゃ反論されてるみたいだぞ
命令の証拠がなくても、虐殺がなかったということにはならないって説明されてる

397 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 22:30:18 0
>>396
ヒトラーが指令していなかったにせよ、「容認」は、していたわけだからなあ。

398 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 22:40:17 0
容認していたかどうかも、彼が「自決」したのだからわからない。
彼の口から聞きたかった。本当に自決なのかねえ。。。

399 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 22:45:41 0
しかし厨ってなにかにつけウィキ、ウィキってわめくよなw

400 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 22:49:15 0
ええとな、ヒトラーは普段から口頭で担当者に指示を与える事が通例だったので
虐殺のみならず様々な命令が文書で残ってないのだよ。
(ここらへんは独裁者に共通の特徴で、スターリンもそうだった)
だからこそ、会議で執拗にメモや議事録を取りまくったボルマンが権力を持ったわけで。
そういえば東条英機もメモ魔だったな。

ましてやユダヤ人の虐殺はドイツの国内法でも違法な行為で、SSの内々で処理される類のものだった。
証拠となる文書なんぞ、残すわけがなかろう。

401 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 22:50:38 0
大戦後半にはヒトラーは裸の王様で、部下は都合の悪い情報は上げなかった。
ユダヤ人虐殺が部下の独断なら、彼には直接責任がない。
加えて彼には、梅毒だった可能性も高い。
梅毒で脳に異常を来していたのなら、間接的責任能力すらない。

402 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 22:51:26 0
>>399
わめくネタすら持ってない側は悲しいよな

403 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 22:51:52 0
>>400
だから「証拠はない」って素直に言えよw
誰かに圧力でもかけられてんのか?w

404 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 22:53:53 0
ヒトラー梅毒説は否定されていたと思うが。
古典的地位を持つアラン・バロック(ブロック)の評伝で梅毒説が紹介されたから
広まったらしいけど。

405 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 22:55:52 0
>>404
証明されたわけではないが、否定もされていない。
ヒトラーに罪をかぶせるのに都合の悪い情報は
なんでもかんでも片っ端から消し去るつもりかい?

お前、本当に誰かの命令で張り付いてんのかって疑いたくなるくらいの
偏向ぶりだな。

406 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 22:59:59 0
>張り付いて

疑心暗鬼も大概になさい。
被害妄想に取り付かれていると疑われるよ。

407 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 23:00:47 0
>>403
1941年の頭にヒトラーはドイツからユダヤ人を一掃する命令書にサインをしている。
その意味についてスイスのアメリカ領事が赤十字に問い合わせたところ、
東欧で何が起こっているか気付き始めていた赤十字運営委員会のカール・ブルクハルトは
「それしかありえない」と答えている。

408 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 23:01:52 0
「命令されて」とか「圧力が」とか言えば言うほど
ああこいつ頭イってんなって思われて、どんどん説得力失っていくと思うんだが…

409 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 23:02:03 0
>>401
梅毒じゃなくてパーキンソン病だろ
本当に手が震えてる映像まで残っているから、これはほぼ間違いないといわれてる

410 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 23:47:40 0
>>405
脳梅毒の人が政党を組織(実質)し、独裁者の地位まで上り詰めた訳か。
>>409
ヒトラーの誇大妄想を独身時代に売春婦から感染した梅毒が原因と
する説があるんだよ。南極逃亡と同レベルの信憑性だけど。

411 :世界@名無史さん:2006/10/30(月) 00:01:03 0
>>410
はぁ・・・戦争後期だと言っておるだろうが。まともな日本語の読解力すらないのかね。

こんな奴らに死んでから60年以上も延々叩かれ続けて・・・・ヒトラーが可哀想になってくる。

412 :411:2006/10/30(月) 00:03:17 0
ああそうか、梅毒が脳機能まで侵すには相当の年月がかかることも知らないのか。
感染したらすぐ脳に行くとでも思ってる阿呆なんだな。

ますますヒトラーが哀れだ。ずーっと欠席裁判だもんな。
ま、勝手に梅毒と決め付けるのも可哀想だが、410みたいな阿呆に叩かれるよりは
マシだろうて。

413 :世界@名無史さん:2006/10/30(月) 00:08:54 0
脳梅毒だったとしても、
健康を害していて職務が正常にこなせない、と客観的に判断された場合
自動的に指導者の地位を降ろされるような
ごく当たり前のシステムを作っておかなかったヒトラーが悪い。

414 :世界@名無史さん:2006/10/30(月) 00:10:01 0
            ;‘゙'、       ;.`:、
           ,;  `'、     .,;' :::::ヽ
           ,:'    ヽ   ;   :::::゙;
           ;     ''''''"""'    ::::.゙;  
           ;             ::::::::;
             ;              ::::;
             ;              :::; 
             ; .,___.,     .,___., * :::,;
           :"ι    ,-ー‐、、 )_''":::::、′ <欠席裁判ばかりで、ヒトラーさんがかわいそう……
              、''"```゛''':、;. : : .,:'   :::::ヽ
          ,,:' `ヽ、、   ``'``    :::::;;
          (    _`丶       、  ::::'.
          : "-、- ‐″: `'、、: : : .,,..`   ::::.ヽ
           ,:'    ,:'`  `````   、   :::';
          ,,:'   ..,:'      、      :::::.゙;、
         、":    ,′     r、       :::::゙;
       ;''"´′ ;''"´ `   .'" ヽ        :::;''"""'''''"""''""''''""''"'''

415 :世界@名無史さん:2006/10/30(月) 07:26:21 0
ヒトラーに同情したりヒトラーを悪人扱いされる事を疑問視する人は、
朝鮮人は悪人では無いのと言うのと似たようなものなんだと思う。

皆さんは朝鮮人が善人だと思いますか?
それと同じでヒトラーは善人にはなれないのです。

416 :世界@名無史さん:2006/10/30(月) 08:16:33 0
嫌韓厨は去るべし

417 :世界@名無史さん:2006/10/30(月) 09:35:28 0
>>415
>ヒトラーに同情したりヒトラーを悪人扱いされる事を疑問視する人は、
>朝鮮人は悪人では無いのと言うのと似たようなものなんだと思う。

意味不明。
ヒトラーと朝鮮人とどういう関係がある?

朝鮮人にも白将軍のような偉大な人も入るぞ。

418 :世界@名無史さん:2006/10/30(月) 10:27:37 0
↑本当は金将軍て言いたいんだろw

419 :世界@名無史さん:2006/10/30(月) 13:51:00 0
一民族を以て悪と断じるような輩は世界史板から出て行って欲しい。
どの民族だって善人も悪人も両方抱え込んでいるんだよ。
なんでこんな単純なことがわからないんだ?

420 :世界@名無史さん:2006/10/30(月) 14:11:56 0
>>419
分からないからこういう糞スレが立つんだろ。。。。。

421 :世界@名無史さん:2006/10/30(月) 15:02:53 O
>>414
歴史上の人物の評価なんだからあたりまえだろう
カエサル然り光武帝然り本人がいる間に正しい評価などできるわけがない

422 :世界@名無史さん:2006/10/30(月) 17:02:11 0
>>419
個人を絶対悪と決め付ける基地外も出て行け。
誰にでも光と影の両面がある。基地外はこんなことすら分からないのか。やれやれ。

423 :世界@名無史さん:2006/10/30(月) 17:18:49 0




死に逃げ男







424 :世界@名無史さん:2006/10/30(月) 18:20:59 O
光と陰なら陰の方が明らかに強いと思う

一応光(形が残ってるもの)
・アウトバーン建設
・ユダヤ迫害

ぐらい?

425 :世界@名無史さん:2006/10/30(月) 18:27:16 0
ユダヤ人迫害が何で光なんだよ。

426 :世界@名無史さん:2006/10/30(月) 18:35:43 0
ユダヤ人という理由で世紀の大天才アインシュタインを亡命に追いやったナチは真正のアフォ。

427 :世界@名無史さん:2006/10/30(月) 18:55:57 0
歴史見直し派を装って反日するなホロン部がより話をややこしくしてる
特にリチャード コシミズとか
彼奴はホロコースト否定派だが、ヒトラーやナチスをユダヤの傀儡と暴言を吐く
あのサイトの反日反米媚韓媚中ぶりにホロコースト否定派 =ホロン部という図式を持つ人間が増えてしまった


428 :世界@名無史さん:2006/10/30(月) 19:02:24 0
↑なにこの基地外電波w

429 :世界@名無史さん:2006/10/30(月) 19:29:15 0
親子丼の連中の方がよほど基地外だがな
まあ、ホロン部だから仕方ないが

430 :世界@名無史さん:2006/10/30(月) 19:41:15 O
ついにネタ切れでレッテル貼りしだしたw

431 :世界@名無史さん:2006/10/30(月) 19:55:26 0
まあヒトラー再評価は時代の趨勢ということで。
中東情勢があまりにどうにもならないから、みんなだんだん
「諸悪の根源はユダヤ人ではないのか?」って思い始めてきた証拠だ。

432 :世界@名無史さん:2006/10/30(月) 20:29:44 0
後世への影響が多大すぎて失敗であっても無視できない政治家。
ナポレオン、始皇帝に比肩されてよい。

433 :世界@名無史さん:2006/10/30(月) 20:32:34 O
と、今までの議論を完全に無視してまとめに入りました。
もはや脳内妄想です

434 :世界@名無史さん:2006/10/30(月) 20:33:54 0
と、思考停止した基地外が申しております

435 :世界@名無史さん:2006/10/30(月) 20:42:47 0
>>433
全く中立的見地ですよこれ>>432
流れ無視なのは認めますけど。
ヒトラーが存在していなれば、第二次大戦以後の世界史は
全く異なった経過を辿ったであろうことを疑う事は出来ない。
どのような人間、事件にも何らかの影響を残すだろうが、ヒトラーのそれは
並外れた規模だ。本人が意図したものではないが。

436 :世界@名無史さん:2006/10/30(月) 20:54:53 0
そう、だからこそ、冷静で客観的な事実の検証を始めなければならない。

本当に600万人も殺したの? つか、そもそもそんなにユダヤ人がいたの?
いなければ殺しようがない。

437 :世界@名無史さん:2006/10/30(月) 21:11:42 0
ナポレオン法典を生み出したナポレオンとヒトラーじゃちょっと格が違う。

中立な視点に立つならばアッティラとかモンゴルのハンとか
「名を言うをはばかる者」としての名声だろ。それはそれで凄いが。

>>436
お前はまず扇動よりもスレを読め

438 :世界@名無史さん:2006/10/30(月) 21:16:44 O
世界近代史板つくってヒトラー教信者とユダヤ陰謀論者を隔離してほしい。
こいつらの批判精神のなさはもはや新興宗教レベル

439 :世界@名無史さん:2006/10/30(月) 21:25:18 0
ヒトラー絶対悪信者のほうがよほど有害。
だって議論そのものを否定する馬鹿者だからん。

440 :世界@名無史さん:2006/10/30(月) 22:49:12 0
毎回毎回イヤになるほど論破されてるからウンザリしてるだけ
このスレでも>>407みたいに「よし、じゃあ」って反論が出ると途端に黙り込むし…
かといってじゃあヒトラー再評価をやってくれるのかというと結局やらないし…
とりあえず軍事板FAQから回答になりそうな箇所のリンクを貼っとく

「ヒトラーは政治家としては優れていた」といいますが実際優れていたのでしょうか?
http://mltr.e-city.tv/faq08a03b.html#05168

441 :世界@名無史さん:2006/10/30(月) 22:56:54 0
>>439
ヒトラー絶対悪信者のほうがよほど有害

全く、同感。

>>438
こいつらの批判精神のなさはもはや新興宗教レベル

歴史は生き物。 その時代によって評価は変わっていく。
それも時間がたてばたつほどより中立的、公平的になっていくのが過去の歴史の評価の流れだ。

>>438こそ、批判精神というより、ただ現状を付和雷同的にみているだけ。
何が批判精神だ。 
こういうやからこそ、天動説を信じて、真実を導き出そうとする、中世幕末レベルの
思考の持ち主としか思えない。
おまえのような真実に目をつぶろうとする輩こそ隔離されるべきだね。


442 :世界@名無史さん:2006/10/30(月) 23:00:35 0
>>441だけど
真実を導き出そうとする、中世幕末レベルの
思考の持ち主としか思えない。

間違い。

如何に修正

真実を導き出そうとする考えを阻害してやまない、中世幕末レベルの
思考の持ち主としか思えない。



443 :世界@名無史さん:2006/10/30(月) 23:34:31 0
お前はひとつ上のレスも読めんのか

444 :世界@名無史さん:2006/10/30(月) 23:37:47 0
いいからさっさとその「再評価」を書き込めよ。
片っ端から論破してあげるからw

445 :世界@名無史さん:2006/10/30(月) 23:51:41 0
やぁどうもみなさん
別に私……司馬遼太郎じゃありません
しかしなんですね〜〜
アムラー……か
いえね 地球を支配するにあたっていろいろ調査してるんですよぉ
そんでアムラー気になるじゃないですか
取り寄せましたよ様々な文献そしたら
もぉ 腹立ってきてなあ!アムラーまではまあええわい!サユリストみたいなもんだろ
何が頭に来るってトモラー ナオラー なんじゃいそりゃあ!
いいですか 宇宙一の頭脳による分析の結果をお見せしよう
アムラーとはアムロ的な人すなわちAmuro+erで成立する
カハラーも同様 語尾に+erで成立する実は単純なものだ
もう おわかりでしょう すなわち
トモラーってまちがってるじゃん!トモカーじゃん!
ナオラーもナオカーじゃん 語呂さえあえば いいのかよ
そうやって勝手に区分するんじゃねえよ!怪獣だってそんなにいねえぞ○○ラー
しまいにゃあヒトラーって調子に乗るなアホーー!

いえねヒトラーってのは歌手のHitomiとかいう奴の
スタイルをまねる連中のことらしいですがね
こないだたまたま見てた深夜の高橋幸広の番組に出てたんすよHitomi
(もうこのローマ字がイヤ)そんでいろいろどうでもいいことをのたまったあげく シメに…

それがHitomi流

だ と よ

(まあ 言わされてる部分もあるだろうが)
なあにをぬかすかこのドチンピラが
誰がてめえの生き方(笑)なんぞ手本にするかあ!
どこにいるんだよヒトラー……したら またいたりするんだよ
「Hitomiの生き方ってあこがれる」バァカ!てめえらサル以下だ

446 :世界@名無史さん:2006/10/31(火) 00:34:30 0
速報、ポーランドがドイツにドイツ人から接収した土地財産の返還を約束、領土割譲条約締結へ!



キタ━━━━━━━━━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━━━━━━━━!!!!!!



447 :世界@名無史さん:2006/10/31(火) 00:39:02 0
                _, -‐ '"  ̄``` ー- 、
                  /´               `ヽ、
            /              丶   ヽ
            /  ,:  :'  i l::.     :i:: ト、ヽ、::ヽ_, ッ'ト-、
          / ,ィ:!  j .::i;:. l::.:.   ::|l:::|ミ:、 ゙i、:::Y彡ヘ lニュ-、
             / .:/::i:! ,:li ::::jl::. |:::::.   ::| !:| ヾ:::: |ヽ::iィ"/}ヽ\ ヾ}
          l ::/i:::l:| j:l|:::;ハ::. ト;:::::  j |l-‐|ヤl k'//リ }゙i 〉、} }
         j::/::i:::l::l i::|l:;-!十!::::: /  |!  l }リ  |lヾン j|,! ∧∨
          |/|::l:::l:::| j;lfl:::|   |:j }:::/    _,jzヶ=ュ!、{  レ' /ヽ〉〉
            || |::i::::l:::i l::| l::| _,.z;リュj:/     ケ{! :::::: Y!〉ヽ、_,/ //、\ 
           ‖ |::l、:|:::ト、:!ヾa´::::ヾ`       ゙t._''''ゲ'゙ ! jN 〈〈  ヽ.ヽ
           |! !:トN:::l::l:トィf{!; :;;;;rう          ̄   j,.イ! トi、ヽ\ ) 〉  <死者に鞭打ってばかり。ヒトラーおじさんがかわいそう。。。
         | ∧!:l:ト:ト:ljヘ ` `=‐''´             ,小:i:. l |::、 )_)`'"
        /〃X! /人ーヘ        `_       /i.:.li:|::. l l::i
       / // .::::;イ' アー:ヽ、      ‘ー’   ,イ|::i :.i::ト、::| |::!
       /,イ// .::;ィ' j  j/| : :i::|in、_         / |:l::i.:.:i:| }::! |:|
      / / / j .::/l | / / ,! : :i:::li:j::|:「フi ‐ -  '′ |:|::i:.:.i:| j:;! !|
  〃  l / | :/ !l/ ,イ{,/_:_::l:::j⊥'-'"j       !|:j:::// //  |l
   /′  {{  | :l / //´   ̄            `く|r‐マー、_,!|
         `  | |/ //           ._ '、     __,. l  |  i `iヽy┐
         ∧V′j                ̄ヽ   ′ |  l       r′

448 :世界@名無史さん:2006/10/31(火) 00:39:50 0
カリーニングラードをロシアがドイツへ返還のほうがらしくないか

449 :世界@名無史さん:2006/10/31(火) 00:51:14 0
今後何百年か経ってもしユダヤ人が世界を支配していて、それを打ち倒す革命みたいなのがあったら
ヒトラーは英雄と呼ばれるのだろうか

2000年前のネロが悪帝かそうでもないかで意見が分かれてる今なのに、たった50年前のヒトラーが良い悪いとか客観的に評価できないな

450 :世界@名無史さん:2006/10/31(火) 00:52:37 0
コピペで痛いツッコミが流れた頃に
「ヒトラーの評価が頭から否定されている、ユダヤの回し者」
とまた書くんだろ

いーーからさっさとヒトラーのどこが偉かったのか書け

451 :世界@名無史さん:2006/10/31(火) 00:57:17 0
>>449
タキトゥスの年代記でもネロの治世を書いたパートは失われた章があるし、
2000年も前のことだから発掘によって新しい説が生じることもある
数字が細かいレベルで残っているヒトラーと一緒になんかできんだろ

で、やっぱり「ユダヤ」w

452 :世界@名無史さん:2006/10/31(火) 01:04:51 0
総ての元凶は悪の権化ユダヤ資本家による。
彼らが世界の総てを握り牛耳っている。

彼らは狡猾で狡賢い生き物だ。
油断をしていると世界はあっと言う間に世界は彼らの手に堕ちる。

こんな事も まだわかんないのかよ!


453 :世界@名無史さん:2006/10/31(火) 01:05:26 0
>>436
たとえ600万人殺したのが真実だとしても
4000万も殺しまくった毛沢東に比べたら全然少ない。

454 :世界@名無史さん:2006/10/31(火) 03:49:02 O
ユーゴやギリシャやポーランドやウクライナの
住人の犠牲者は数えないんですか

455 :世界@名無史さん:2006/10/31(火) 08:29:35 0
>>452

あほくさ。

456 :世界@名無史さん:2006/10/31(火) 10:47:16 0
日露戦争でユダヤ人が日本に金を貸してくれた事は真実
つまり日露戦争勝利はユダヤ人の陰謀

457 :世界@名無史さん:2006/10/31(火) 11:58:27 0
史上最大の悪人は毛沢東ってことでFA
次がスターリンね

458 :世界@名無史さん:2006/10/31(火) 13:37:54 0
>>453
600万人て単に大戦の始まる前のドイツのユダヤ人の人口と、大戦の終わった後のドイツのユダヤ人の人口の
比較で出した数字だとか。
陸続きのヨーロッパで不穏な兆候は十分あったのにユダヤ人はほとんど逃げ出さなかったのか?
不思議な話だ。


459 :世界@名無史さん:2006/10/31(火) 16:03:59 0
>>453
スターリンの悪事はだいぶ暴かれてきた。だがロシアではまだ共産党が一定の勢力を保っている。
中国がやってる虐殺は現在進行形だが、北京が崩壊しない限り悪事はほとんど白日の下に晒せない。
ロシアと中国の過去が暴かれれば、ヒトラーも徐々に相対化されていくであろう。まだまだ先は長い。

460 :世界@名無史さん:2006/10/31(火) 16:24:01 0
ロシアはチェチェンがあるだろ・・
プーチンはKGB出身だし、ソ連時代の清算なんて
あと100年はできねえよ。

461 :世界@名無史さん:2006/10/31(火) 17:08:13 0
ヒトラーは相対化されて、その上で一つの「極地」として認識されていくだろう。

462 :世界@名無史さん:2006/10/31(火) 17:09:06 0
ヒトラーは絶対悪ではない。相対悪であり、その中の極悪である。

463 :世界@名無史さん:2006/10/31(火) 17:10:16 0
ヒトラー極悪論者は中国や北朝鮮が好きそうだなw

464 :世界@名無史さん:2006/10/31(火) 17:45:39 0
ヒトラーを悪人にしたのはやはり時代と社会と彼の環境だろ
もしヒトラーが今の日本に生まれてたら・・・とかみたいに

465 :世界@名無史さん:2006/10/31(火) 18:02:28 0
ヒトラーがあの時代のドイツ以外に生まれていたら
平凡でちょっと危ない画家程度で終わっていたでしょう

466 :世界@名無史さん:2006/10/31(火) 18:32:10 0
>>465
ヒトラーはドイツ以外のオーストリア生まれですが


ユダヤ人が蛮行を行わず、またドイツを乗っ取ろうとしなければヒトラーは狂わなかっただろうな
あのころはドイツ人全体が「在独ユダヤ人はドイツからでていけ!」ってかんじだったからな

467 :世界@名無史さん:2006/10/31(火) 18:38:31 0
うむ。ヒトラーは被害者たる全ドイツ国民の切実な声を代弁しただけなのだよ。

468 :世界@名無史さん:2006/10/31(火) 18:53:01 O
>>463
ヒトラー極悪論者だけど毛沢東や金日成はヒトラー並に極悪だと思う

469 :世界@名無史さん:2006/10/31(火) 18:58:42 0
敗戦国の代表者だから叩かれてるってだけ。
敢えて言うなら、戦争に負けたことが最大の悪なのだ。

470 :世界@名無史さん:2006/10/31(火) 19:00:18 0
>>466

ヒトラーはドイツというより、ゲルマン人優越主義者だからな。
人種主義者って言い方をする人もいる。

ちなみに併合前のオーストリアというのは、「オーストリア主義」とでも呼ぶべき
ナショナリストとナチズム(オーストリア・ナチス)が激しい権力闘争を繰り広げて
いて、結局、ナチス側がオーストリア主義を強引にねじ伏せた。


>>468

スターリンとポルポトもよろしく。

471 :世界@名無史さん:2006/10/31(火) 19:07:41 0
ヒトラーは他民族を虐殺したがスターリンは自国民を虐殺した。


472 :世界@名無史さん:2006/10/31(火) 19:09:50 0
スターリンはグルジア出身で、粛清の対象になったのは彼から見たらほとんど他民族だったんだよ。
だからこそ平気で殺せたって面もある。

473 :世界@名無史さん:2006/10/31(火) 19:10:17 0
>>471

でも、当時のソ連は多民族国家だしなあ。

474 :世界@名無史さん:2006/10/31(火) 19:11:38 0
>>471
つか、自国民なら殺しても良いかのような言い分だな。
ああ、支那から見たらチベットは「国内」だからいくら殺してもいいってわけかw
納得

475 :世界@名無史さん:2006/10/31(火) 19:17:52 0
>>471
他国が侵略して自国民が虐殺されても抵抗するなとか言う変態もそう言う感覚なんだろうな

476 :世界@名無史さん:2006/10/31(火) 19:20:38 0
471の人気はshit

477 :世界@名無史さん:2006/10/31(火) 19:29:50 0
殺した人数では日本とドイツは中国やロシアに敵わないが、
犠牲者が他国民・他民族である主に中国人・スラヴ人であった為に
日独の非道を中国やソ連が誇張したり濡れ衣を着せたりして政治的に利用した面もある。


478 :世界@名無史さん:2006/10/31(火) 22:23:44 0
おい、ヒトラーが殺したユダヤ人もドイツ国籍を持ったドイツ人なんだが?(w

479 :世界@名無史さん:2006/10/31(火) 23:23:38 0
>>478
それがどうした
ヒトラーが他民族だと認めたら自国民だろうがなんだろうが他民族で自国民ではないんだよ

480 :世界@名無史さん:2006/11/01(水) 00:16:52 0
日本のせいで総統は敗北した

地球からきえろ
日中朝のバーバリアンどもが


481 :世界@名無史さん:2006/11/01(水) 00:33:34 0
>>468ピノチェトもな

482 :世界@名無史さん:2006/11/01(水) 01:07:13 0
>>472
グルジア人にも容赦なかった気が・・・・

483 :世界@名無史さん:2006/11/01(水) 01:24:07 0
そう言えばスターリンって、それまでの民族を否定して、中共の「中華民族」と似たような概念の
「ソビエト民族」って作ってなかったっけ?

484 :世界@名無史さん:2006/11/01(水) 06:44:27 O
>>480
久々にワラタ
絶対ネタだろおまえwww

485 :世界@名無史さん:2006/11/01(水) 06:46:03 0
このままほうっておけば、北の将軍様がヒトラーの記録を塗り替えてくれそうだ。
核爆弾ひとつ東京に落とせば1000万は軽い。
大阪、名古屋、福岡、札幌・・・・・
スターリンを抜くのも難しくない。


486 :世界@名無史さん:2006/11/01(水) 18:44:12 0
すでに抜いてるから安心しろ

487 :世界@名無史さん:2006/11/01(水) 19:50:40 0
>>485
東京はそこまで過密じゃないよ。

488 :世界@名無史さん:2006/11/01(水) 20:03:58 0
よく知られている事に、ヒトラーは母親の治療にあったった
ユダヤ人医師をアメリカへ亡命できるよう手配している。
個人的にどうあろうと、自分の正義、主張を信じるなら公人として
非情に徹するべきだったのに私的な感情を優先させた訳だ。
人間的といえるかもしれないが、ナチスの正義、理念においても
”正義を行った人とはいえない。
ヒトラーは”悪魔”にも反ユダヤ主義の”殉教者”にもなれない凡人。

489 :世界@名無史さん:2006/11/01(水) 20:10:03 0
ヒトラーの政策は「ドイツからユダヤ人を放り出す」だから
別段どうってことないじゃないか、それは。

490 :世界@名無史さん:2006/11/01(水) 20:20:03 0
ヒトラーは日本に対してアメリカへの亡命に満州を経由するユダヤ人を
取り締まるよう求めている。
ヒトラーのした事は、未成年への性犯罪厳罰化を求めていながら
自分は少年と関係を持とうとしたアメリカのショタコン下院議員と
同じではないのか?

491 :世界@名無史さん:2006/11/01(水) 20:36:02 0
ヒトラーが虐殺に関与した明白な証拠は何もない以上、
むやみに極悪人扱いする奴はユダヤの手先と非難されても
仕方ないと思う。

492 :世界@名無史さん:2006/11/01(水) 20:38:39 0
>ユダヤの手先

ユダヤ陰謀論なんか持ち出すと誰も信用してくれなくなるぞ。

493 :世界@名無史さん:2006/11/01(水) 20:46:20 0
陰謀だなんて誰も言ってねえよ、馬鹿w
ヒトラー極悪説以外の見解に対し公然と圧力かけてるじゃねえか
このように、他人の言うことをすぐ捻じ曲げるのがヒトラー極悪信者の特徴。

494 :世界@名無史さん:2006/11/01(水) 20:55:20 0
ドイツどころか欧州からも逃亡して満州を通過しようとしているユダヤ人を
取り締まるよう求めてきたのはなぜ?
ヨーロッパから逃れたユダヤ人ですら、危険な存在と考えたからだろう。
これでは「絶滅」を考えない方が不思議だな。


495 :世界@名無史さん:2006/11/01(水) 21:00:46 0
取り締まるよう求めてきたのがなんで「絶滅」につながるんだろ???
ここまで飛躍するともはや基地外だな。

496 :世界@名無史さん:2006/11/01(水) 21:07:17 0
そう?
支配領域内で隔離しなければ危険である存在と認識
しているなら、〆た方が安心でしょ?
自分だったらそうするけどな。

497 :世界@名無史さん:2006/11/01(水) 21:09:35 O
>>493
>陰謀なんて誰もいってない
>>431>>453にあるような『諸悪の根元はユダヤ人』
という思考方法は陰謀論と受け止められても仕方がないな。
(『諸悪の根元』なんてある集団が絶対悪である、というような主張をするなら、
別の集団、要するにナチスが絶対悪であるという言説にも価値を認めざるを得なくなる
ユダヤ絶対悪論はヒトラー絶対悪論と同じ土俵に乗ってるんだよ)
全く同じ主張でも、用語の使い方の違いで
全く別の主張だと強弁するのがネオナチの特徴


498 :世界@名無史さん:2006/11/01(水) 21:11:25 O
>>453じゃなくて>>452だった

499 :世界@名無史さん:2006/11/01(水) 21:32:31 0
日本人にとっての脅威は朝鮮人と支那人。
朝鮮人と支那人を1人残らず撲滅処分しない限り、日本に未来はない。

500 :世界@名無史さん:2006/11/01(水) 21:34:51 0
ヒトラーは志半ばで倒された平凡な独裁者。

501 :世界@名無史さん:2006/11/01(水) 23:26:51 0
>>499
国士殿の主張はこちらでどうぞ
http://tmp6.2ch.net/asia/

502 :世界@名無史さん:2006/11/01(水) 23:39:18 0
>>500
だよな。ユダヤ人の粘着のお陰で、実際以上の大物にされちゃってる感じ。
かえってネオナチにエサやって培養してる。ご苦労なこったw

503 :世界@名無史さん:2006/11/02(木) 00:32:50 0
もし総統がよみがえってくださったら、ヒトラー極悪説を唱える連中など
たちどころに処分して下さるだろうに。
本当に残念だ。

504 :世界@名無史さん:2006/11/02(木) 01:25:13 0
2000年ほど前にパレスチナで復活が起きたらしいから然るべき僧侶に頼んでみたら?

505 :世界@名無史さん:2006/11/02(木) 14:05:21 0
復活したのは人じゃなくて太陽神のミトラ神なので無理。

506 :世界@名無史さん:2006/11/02(木) 14:16:26 0
ジョージブッシュ、チェイニー、ラムズフェルドを初めとした米国のネオコンには
ドイツ系移民の子孫が非常に多い、つまり今起こっているすべての戦争やテロは
すべてドイツ人の陰謀、だってこっちは権力の中心に居座ってる。ユダヤ人陰謀論よりももっと説得力があるといえるだろう。

507 :世界@名無史さん:2006/11/02(木) 16:56:00 O
流石にそんなことはないだろう、
というかユダヤもネオコンもフリーメーソンも
全部表に出てこない本当の支配層の走狗だよ。

508 :世界@名無史さん:2006/11/02(木) 18:13:03 0
まあ全部俺が裏で操ってるんだけどな。
この世界は俺が作った。俺が死ねばお前らも死ぬ。
せいぜい俺の長寿を祈ってろ。

509 :世界@名無史さん:2006/11/03(金) 01:58:53 O
妄想乙

510 :世界@名無史さん:2006/11/03(金) 08:18:59 0
ヒトラーは、人間を超えた存在

魔 王 ヒ ト ラ ー である。

善とか悪とか、人間レベルの道徳観を超越したお方である

511 :世界@名無史さん:2006/11/03(金) 11:30:16 0
↑釣りのレベルが低くて話がふくらまないね

512 :世界@名無史さん:2006/11/08(水) 22:10:19 0
「ユダヤとか現ドイツ政府が言論弾圧していてヒトラーを再評価できない」ってのは
妄想とか、陰謀論っていうより

 言 い 訳

だよな…。
今やネットでも数字に裏打ちされた資料や論説を手に入れられるようになって
もはやデイビッド・アーヴィングですら泣きを入れるほど
リヴィジョニストがヒトラーをマンセーするのは至難の技になってきているから
もう、何かの陰謀で自分達の言い分が受け入れられないと
そういうことにしないと精神のバランスが保てないんじゃないのか?

513 :世界@名無史さん:2006/11/08(水) 22:23:06 0
誰じゃそれと思って潜ったら、民族浄化否定で逮捕されているのな。
どのようなふざけた言論でも逮捕はやりすぎだと思う。

514 :世界@名無史さん:2006/11/08(水) 22:51:27 0
いや、やりすぎも何も、
違法と定められているオーストリアに足を踏み入れてる時点でマヌケかと

アーヴィング知らなかったのか?
我流ながら、戦史ものの小説では業績を残してる人だぞ。

515 :世界@名無史さん:2006/11/09(木) 00:54:41 0
不当逮捕でもなんでもないのにやりすぎってナンじゃそりゃw

516 :世界@名無史さん:2006/11/09(木) 09:57:29 0
いや法律自体がやりすぎだから。
戦争に負けたからって、ユダヤ勢力に媚び過ぎ。

517 :世界@名無史さん:2006/11/09(木) 15:32:29 0
>>458
世界戦争犯罪事典に30年代から40年代にかけて各国に移民したユダヤ人の数が国別に載ってたが全部でも200万人以下だった。


518 :世界@名無史さん:2006/11/09(木) 21:18:25 0
>>516
遠まわしにオーストリア人を侮辱してるな

>>517
まず1939年の対ポーランド戦の開戦はまだしも、
たった1週間で1国が落とされるなんて予期していた奴がいただろうか?
あの大陸軍国で巨大な要塞線を擁するフランスが1ヶ月で征服されるなんて
「ファニー・ウォー」の段階で予想できた奴が一人でもいただろうか?
それに不穏な兆候があったとしても、そこそこ生活基盤のある地元から
全財産をかついで逃げる奴はそうそういない。

519 :世界@名無史さん:2006/11/10(金) 00:18:10 0
>>458
対戦前のユダヤ人口と戦後ユダヤ人口の比較では六百万人減ったとしたら
ありえない出生率でまた増加したとしか説明できないくらい
人口の減少率があわないらしい。
六百万の元ネタはナチ幹部がヒトラーに誇らしげに進言した数字だが
ナチサイドにももちろん六百万の統計はない。

520 :世界@名無史さん:2006/11/10(金) 00:23:58 0
どの幹部?
詳しく。ヒムラー?

521 :世界@名無史さん:2006/11/10(金) 23:49:04 0
ヒムラーかアイヒマンだろ

522 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 00:08:18 0
むちゃくちゃいいかげんだな。

523 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 00:34:53 0
ヒムラーってユダヤ人の虐殺現場みて倒れちゃったらしいが
そんなんになるなら最初からやるなと

524 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 00:37:58 0
>>519
その増加したとか言うソースが只のニューヨークタイムズの囲み記事
(確かパレスチナ地区の簡単な紹介)程度のもので
まともな調査をやったような、ものではないと言われてるみたい。
他にも増加したというソースはあるのかもしれないが、どちらにせよ
その手のソースで本当に増加したという根拠にはならない模様だ

525 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 00:39:21 0
おれもユダヤ人の人口が戦後逆に増えてたって話はなんかで読んだことある

526 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 00:42:54 0
要するに根拠は薄弱ってことじゃん。<なんかで読んだとか

527 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 00:46:39 0
たいていのことには根拠などない

528 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 00:47:51 0
根拠薄弱なまま、多くの判決が下されるおかしな法というものが支配する世界

529 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 00:52:09 0
いや、さりげなく全然関係ないとこに繋ぐなって

530 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 01:10:17 0
まあユダヤ人六百万死んだっていう根拠自体がないんだけどね
イスラエルのホロコースト関係の博物館でも二百万ってなってるらしいし

531 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 01:19:04 0
>>530
必死だね。

532 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 01:27:20 0
六百万の根拠については懐疑主義者マイクル・シャーマーの本に書いてあった。

533 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 01:53:46 0
証明できないものは根拠とはいわない

534 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 03:02:05 0
読まずにあてずっぽうで言い切るのもどうかと思う

535 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 03:07:21 0
ヒトラー実は優れてる説って、簡単に論破できるから好き。
お手軽に厨房をボコれる快感がある。

536 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 08:52:36 0
「ヒトラー最後の12日間」という映画をレンタルで見た。ヒトラーに密かにあこがれる人
は多い。たしかに天才的な大衆扇動型の政治家であったことは否定できない。しかし軍事的
には凡人であった。渡部昇一「ドイツ参謀本部」に詳しいが、ドイツ軍がソ連に侵攻した際、
参謀本部は軍を集中させてまっすぐモスクワに向かへば、冬将軍が来る前に陥落すると主張
した。しかしただひとり反対したのがヒトラーで、兵力を分散させてウクライナにも向かわ
せるように決めてしまった。軍事のプロである参謀本部の提案にことごく反対して、自己の
軍事的才能を見せようとしたため、参謀本部では「ヒトラーとはスターリンが差し向けた使者
ではないのかね」という声が出たほどだった。

537 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 08:53:11 0
これと似た事例が太平洋戦争にもある。マリアナ沖海戦で米軍が勝った後、ニミッツ提督は
まっすぐ硫黄島を攻略して、そこを拠点に日本本土を攻撃すべきだと主張した。当時はまだ日本
側の防衛体制が整う前だったので、その通り実行していたら日本の降伏は半年早かったと言われ
ている。しかしそれに反対したのがマッカーサーで、フィリピンを追い出された屈辱が忘れられ
なかったため、回り道になったと後々まで言われることになるフィリピン攻撃を命じたのだ。
そしてフィリピンがかたずいた後で硫黄島攻略を考えたときには、日本側の防衛体制が整のった
後だったので、日米双方に甚大な被害を出すことになった。そのためマッカーサーの人気はいま
ひとつ上がらず、欧州で活躍したアイゼンハワーが大統領になったのに、マッカーサーは議員
選挙にも落選したのであった。『兵力はタイミングをとらえて集中投入しなければならない。』

538 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 09:42:21 0
前半のヒトラーと後半のヒトラーって別人じゃないの?

後半のヒトラーって、ほとんど人前に出てこないし演説もしていない。
顔も手もプルプル震えていて、まるで病人。

539 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 10:08:11 0
あれ影武者だよ。
てかヒトラーってイスラエル国家を各国に承認さす為に第二次世界大戦おこしたんでしょ
んでユダヤ人収容して六百万でっちあげたと。
じっさいのとこ死んだのはその数分の一だとおもう。

540 :蒼冥聖心:2006/11/11(土) 10:16:52 0
懂漢語的誰能幫我翻譯乎?

541 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 10:42:29 0
てか、イスラエルにあるホロコースト記念館に犠牲者として表示されてる数字が
200万人弱だもん。それも個別の名前はのってない。

だからってヒトラーは正しいとか最高とかいうつもりは毛頭ないんだが
世界の迫害と戦争犠牲者はユダヤ人だけじゃないのに
自分らだけが歴史上随一の被害者 的な思想が鼻についてしまう。

542 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 10:58:30 0
ドイツ人は良い血と良い血の結合からドイツ精神・道徳が生まれると信じているが、
日本人は良い精神と良い精神の結合から良い血が生まれると信じている。
国家を強力にするのは血ではなく道徳と国民精神である。
ヒトラー・ユーゲントは良い組織を持っている、鉄の如き規律がある、
これをぜひ日本も学ぶべきであるという声が多く聞かれるが、
私はこの意見に反対である。ドイツ人は、悪く言えば融通の利かない鈍重な国民である。
だから、組織は、規律が崩れたときのドイツは目茶苦茶である。……だからドイツ人は自分たちに適した組織を作ったのである。
ヒトラー・ユーゲントは良い青年たちだが、ナチス的考え方しか知らない。
自分というものがない。ナチスは人間から人間らしきものを、言い換えれば、
ゼーレ(魂)を奪ってしまう。日本は個人のゼーレが全体のゼーレになりうる。
ナチスは全体のゼーレのために、個人のゼーレを犠牲にしなければならなかった。
そこに今日、中堅のドイツ人の苦しさがある。しかし、ヒトラー・ユーゲントはその苦しさを知らずにナチスに育て上げられている。

〜〜〜対日本帝国外務省高官の言より


543 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 12:25:57 0
>>541
それって「ホロコースト記念館」に表示されてる数字が
どういう根拠で調べられて、いつ記念碑として刻まれたのか?
…という資料にはなるが、研究成果としては最新の定説とイコールじゃないだろうに。

被害についてえらく声のでかいノイジー・マイノリティがいるのは
どこの民族でも国でも同じことで、
それがあたかも民族の統一見解のようになっている陥穽が>>541の中にもやっぱりある。

544 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 12:46:09 0
研究成果で根拠があってもっと多ければいつでも訂正できるだろそんなん。
公営の施設なんだから、最新の研究成果を常にフォローしてんのは当たり前だし。
あと541のどこに記念碑に刻まれてるなんて書いてあるのかな?
200万弱は石に刻まれた古い数字と違う。展示内容の総括してもそんだけなの。


545 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 12:51:02 0
だから、公営の設備で掲示されている内容が常に最新である保証は?
資金の潤沢な博物館ならまだしも、そういう場所とは違うわけだろ?
「記念碑」は文字通り記念碑じゃなくて「記念碑として」という表現なのをちゃんと読んでね。

>展示内容の総括してもそんだけなの。

ってことはそこに行って数字をカウントしたのか?

546 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 12:59:04 0
てか2百万弱でも大した数だと思うけどそれでも不満なのかな。
そんだけの遺体見つからなくなるまで燃やすガソリン量も人員も戦争さなかのドイツにあったとも思えない。
数百万人の遺骸の灰もそんだけのガス使用の後もまったく検出されてないんでしょ。
だいたいドイツより人口の多い日本に置き換えても
戦時中の数年間に数百万の人間ガス室で殺して遺体燃やせるか考えてみたら
すごい無理のある数字と思う。

547 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 13:03:41 0
収容所で殺された人間は研究が進むほど数が減ってるらしい。
昔アウシュビッツもン百万殺された場所とか言ってたけど
今はアウシュビッツの説明展示でも死んだ数は40万に減ってるそうな。

おおく見積もっても200万そこそこってとこだろうねえ。

548 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 13:06:39 0
少しずつ事実が検証され、ヒトラーの犯罪が小さくなってく。
過大評価してたのはユダヤ人だったいうオチ。
空前絶後の極悪独裁者ってことにしておけば糾弾するだけでメシの種になるからね。

549 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 13:15:33 0
チフスで死んだ人間を感染防止のため燃やすことはあっても
何百万も殺して遺体が見つからなくなるまで燃やすって事はない。
ガソリンどれだけいるんだか。
末期のドイツは戦車の燃料にさえ事欠いてたのに。

そんだけの遺体も名簿もないし、戦前戦後の人口統計比較もアラが出てるしね。
別にナチを礼賛する気はないしユダヤ人を悪者にする気もないし
彼らが被害者であるのは確かだけど、誇張しすぎると逆に反感覚える。

550 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 13:32:44 0
>>539
リチャード信者乙w

551 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 13:36:42 0
↑レッテル貼り=敗北宣言

552 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 13:54:15 0
で、>>532を読んでの反論とかないのか?
546以降どっかで見たリビジョニストの論調と「らしい」「だそうだ」ばっかりだし

553 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 15:25:18 0
メシの種にしてるっていう低級な話も含めて「ユダヤの陰謀」なんだよ

554 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 20:08:53 0
>>538
病人だし。

555 :世界@名無史さん:2006/11/12(日) 00:20:43 0
司令塔もどこだか判らん陰謀があってたまるか

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 12:13:57 0
戦時中、史上最強の毒ガス兵器(タブン・サリン・ソマン)を使用しなかったヒトラー。

彼が「絶対悪」だったら、躊躇なく使用していたはず。

557 :世界@名無史さん:2006/11/12(日) 12:39:56 0
>>556
均衡が働いていたから。
毒ガスは戦争の防止は出来なかったが、
使用抑止にはなったということだ。
この事はガス兵器が核であったなら、
ヒトラーでさえ戦争に踏み切れなかったろうと推測させる。

558 :世界@名無史さん:2006/11/12(日) 12:58:32 0
ヒトラーはサリンを、
ユダヤ人殺害にこっそり使うこともなかったなんて不思議。

戦争に使用しなくても、ユダヤ人殺害には使用できただろうに。

559 :世界@名無史さん:2006/11/12(日) 13:25:31 0
アホかw 囚人殺すのにサリンなんか使うかよ.
塩素ガスか二酸化炭素で十分だ。

560 :世界@名無史さん:2006/11/12(日) 16:12:33 O
勘違いしてるかもしれないんで言っておくけど、
たとえどれだけ殺害された数が少なくとも
『無実の人間を強制収容所に押し込めて殺害した』
って言う野蛮さはなくならない。
ユダヤ人に限らず障がい者やジプシーなんかも含めて
アメリカ人みたいな野蛮さだよ

561 :世界@名無史さん:2006/11/12(日) 18:10:10 0
中国や北朝鮮みたいな野蛮さ、の方が遥かに正しいが。

562 :世界@名無史さん:2006/11/12(日) 21:49:06 0
>>546
ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/1a/Majdanek_-_ashes_mount.jpg
死体の灰が見つかってないどころか、大量に見つかってこんなモニュメントの中に収められているわけだが・・・

563 :世界@名無史さん:2006/11/12(日) 23:07:09 0
サリンの件も考えると、やはりガス室なんて幻想だな。

塩素ガス含めて、毒ガス全般が殺人に使用されなかったのだろう。

564 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 14:51:07 0
>>562
単なる博物館の外観写真じゃん。
貼るならその博物館のどこにどれだけの灰があるのかわかる証拠写真よろ。
んで一体何キロの灰を「大量の」灰といってるのか、それに要したガソリンはいくらか
証拠と説明もよろ。

546のいってるのは「数百万人分の灰」。いろいろ写真集見たが
そんな写真見たことがない。あったらウプ希望。

565 :562:2006/11/13(月) 14:59:50 0
そんな証拠あるわけねーだろwwww
証拠証拠って、おまえらキチガイだなwwwwwwww
原爆で焼け死んだ数十万人分の灰がどっかにあるのかよ低脳wwwwwwwwwwwwwwwww

566 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 15:00:44 0
>>564
写真集を見ただけで、実際に現地に行って調べた上で灰は一切なかったといってるわけじゃないの?
つまり写真集調べただけで灰はなかったといってるの?

567 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 15:32:35 0
マイダネクの灰だったら見に行ったことがあるよ。
長い年月の間に押し固められてコンクリートのようになっていた。
見た感じでは大型ダンプ数台分、少なくとも数十トンはあるのは間違いない。
一人の人間の遺灰は軽い灰の状態で靴箱一杯くらいだろ。
重さは何キロだ?それがわかれば逆算でこの灰が何人分かがわかるだろう。

568 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 18:40:24 0
否定派が「灰が無い」と断言するに至った根拠っていったい何なの?
まさか他の否定派がそういっているから真似して言ってみましたなんて言わないよな?

569 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 19:50:20 0
スターリンもヒトラーに勝るとも劣らない悪評だが。


570 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 20:19:30 0
殺した人数は
毛沢東>>スターリン>>>>>>>>>>>>>ヒトラー

571 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 20:55:43 0
>>568
実際に灰を見に行ったとか、それが出たとかいう地味な話はかえって出てこない
そこがポイントっつーか格好の餌食なわけだ

572 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 21:09:22 0
グルジアでスターリンの記念式典がされるように、オーストリアでヒトラーの記念行事がされる日がくるかもしれない。


573 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 21:54:30 0
そのマイダネクのやつって灰っていうより蝋化というかまだ完全に炭化してない遺骸の塊でしょ
さらさらになるまで燃やして軽くなって炭化した灰ってコンクリみたいにはならんだろ
完全に灰化してんではなく、ある程度人体の油分と水分と重み残してる燃えカスだから固まるんだろ。

もしくはそれか服とか靴の灰、混合物である可能性は?
純粋に100%人間の灰だという研究結果は?

どの程度油分と水分、もしくは遺品などの不純物がまざってるか、そのへんの調査結果、研究はあるの?
あればリンク希望。

こっちも煽るみたいな書き方して悪かったが、
これは悪意じゃなくて純粋に疑問だから聞きたい。納得できれば謝る。
ちなみに原爆の遺骸は残ってる分は勝手にほうぼうで燃やすか
残った分は米軍進駐後に全部集めて穴に埋めた。(写真はけっして撮る事を許されなかったとか)

574 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 22:13:03 0
>>573
それよりもまずお前さんのレスの前から3行を裏付ける調査結果、研究を知りたいな。
あればリンク希望。
煽りじゃないが、まぁ順序としては必要だと思うんだ。

575 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 22:41:10 0
灰化と蝋化では大違いよ。
蝋化遺体なら数十でトラック満杯、炭化ならもっともっと。
この際炭化と蝋化の度合い、違いはけっしておざなりにしちゃいけないね。
一人分の重みもまったく違ってくる。

&混合不純物の油分問題も。
油分なしで完全な灰ってコンクリートみたく固まるの?
俺んちの風呂焚き場で実験したが、不可能。

煽ってるつもりはないが純粋に疑問。納得できれば謝る


576 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 22:52:12 0
さざれ石がいわおになるのに千代も八千代もかかるのに
完全に炭化して油抜けた靴箱面積になった人の灰がコンクリになるのにわずか数10年?

炭化手前の蝋化した遺体がかたまってコンクリになるならわかる。
でもそれじゃ靴箱で割っても意味ないし。

これは悪意じゃなくて純粋な疑問。


577 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 23:14:51 0
純粋でアホな質問wにわざわざ答えると、

遺灰(主にカルシウムの化合物)は空気中の成分や湿気で固まる。
白線引く石灰が放っておくと簡単に固まるの知らないの?

つか、カルシウムが炭化とか蝋化ってどういう意味?w

コンクリそのものになるわけじゃなくて、灰色だから「見た目」がコンクリみたいになる。
当然、触れればボロボロ崩れる。

578 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 00:05:19 0
>>573
>もしくはそれか服とか靴の灰、混合物である可能性は?
>純粋に100%人間の灰だという研究結果は?
>どの程度油分と水分、もしくは遺品などの不純物がまざってるか、そのへんの調査結果、研究はあるの?

他人に向かって質問するって事は、お前もこれらのことを一切知らないって事だよな?
下手すりゃモニュメントが存在しているということすら言われるまで知らなかったと
灰について知らないくせに、どうして「遺灰は一切存在しない」なんて断言できたの?
ほとんど調べてないんなら、断言できるはずないじゃん。

579 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 01:58:21 0
お前が査問されてるという話

580 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 09:28:53 0

見た目だけコンクリなんだ。
んじゃどのみち567のいう重さ数十トンって明らかに誇大だよね。
靴箱レベルにさらさらになった灰がトラック数台分たまってもそんな重さにはならないし
更に灰が吸った空気中の水分などの成分の重みも抜かないといけないし。
灰ってかなり湿気吸うのは確かだから。

で、もしくはそれか服とか靴の灰、混合物である可能性は?
純粋に100%人間の灰だという研究結果は?
焼却した遺品、爆撃で燃えた建造物の灰とどう区別したの?
どの程度油分と水分、もしくは遺品などの不純物がまざってるか、そのへんの調査結果、研究はあるの?

↑上記の疑問の答えは自分は知らないと正直に認める。
だから質問している。でも>>578が「お前も」一切知らないと書いてるからして
肯定派も実は、その辺の資料はまったくなくて人体だけの遺灰としているの?

悪意で聞いているのではなく純粋に疑問なので質問。

581 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 10:54:04 0
>>580
そこらへんの詳しいところまで走らないが、たとえばベルツェク強制収容所跡では
骨の灰だけが一箇所に集められて山になっているマイネダクもそうなっていた場所から灰を持ってきたんだろう
さすがにそんな場所の灰をいちいち科学的に検査しようなんて思う人間もいないだろう
さらにアーヴィングだのツンデルだのの否定派がこの灰を科学的に検査したなんて話は聞いたことがない
つまりは否定派も灰を調べたことはないんだろう。
少なくとも全部人間の灰だって事で、意見は一致しているし否定派も科学的に調べて人間の灰ではないなんて言っていない
これ以上何かやるべきことがあるのかな?

582 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 10:55:01 0
>>580
変な質問するなよ。
衣服や靴は脱がせてるだろうが。
シャワー浴びさせるって嘘ついて裸にしてガス室で殺してるんだから。
それにマイダネクはアウシュビッツ同様、爆撃なんか受けてないぞ確か。

状況の話はここまでにして本題に入るが、
遺体は高温で焼いてるから、肉は全部ガス化してなくなって、
骨の石灰分だけが残る。
不純物はほとんどない。火葬場行ったことないのか?行けば遺骨の状態がわかるだろ。
詳しく言うと、火葬で生成されるのはほとんどハイドロキシアパタイトで、比重3.1−3.2程度。
遺灰がさらさらで軽いなんてのは単なる印象で、実際は遺灰というのはこのように重いんだよ。
これが固まってたら非常に重くなる。
たった1m3で約3トンだ。まあだいたい500−600人分の遺灰に相当する。
マイダネクのモニュメントの中にある遺灰は数十トンはあるというのは、ここからきている。
見た目明らかに、少なくとも1万人分はあると推定できる。
あのモニュメントの深さはわからないが、深さ数メートルあれば数万人分じゃなかろうか。
とりあえず見つかった遺灰だけがモニュメントの中に収められているわけだから、
マイダネクで殺された人々の遺灰の数割と考えて、妥当な量だろう。

俺はホロコースト研究家じゃないから研究結果とかは知らん。
俺はあの灰が遺灰だとして計算している。
「遺灰だとすれば、あそこに納められているだけで1万〜数万人分だろう」と言っているだけだ。
あの遺灰が捏造だとかギャーギャー言うなら、勝手にそう言ってればいい。

583 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 11:28:57 0
一か所で殺されたのがせいぜい数万人で、それが各所にあったとしても
合計で100万は超えないってことだな。
毛沢東やスターリンに比べたらなんとも可愛い数字だw

584 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 13:20:51 0
>一か所で殺されたのがせいぜい数万人で

マイダネクで殺された人々の遺灰の数割

585 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 13:43:55 0

いやさ、柄にもなくマジレスすると、ヒトラー=絶対悪ってのは、学問的に検証した結果じゃなくて、
「人の中にあるイメージ」だろ。流布されてるプロパガンダを含めた。ヒトラー・ナチスは、物語的悪役として
認知される条件をほぼすべて兼ね備えてる。

「緒戦の圧倒的強さ」「劇的な最期」「人種思想」「オカルティズム」等々、まさに理想の悪の権化として
捉えられやすいカッコよさ、ワルさ、妖しさなんかだな。だから、本音の部分ではナチス・ドイツに対する
一種の湿った憧憬があり、その反転感情としてヒトラー=絶対悪と認識される。

殺した人間の数で言えばポルポトあたりと同レベルだが、今じゃ誰もポルポトのことなんか脳裏に浮かばない。
なぜなら、あいつは狂気の殺戮者でしかなく、またカンボジア国民に何一つ恩恵をもたらしてないから。
まさにただの陰気なキチガイでしかない。こんな奴のことは誰でもサッサと忘れたいんだよ。

でも、ヒトラーはドイツ国民に恩恵を与え、その民族的情熱に支えられて突っ走った結果があれだった。
だから、憎しみだけではなく一抹の哀れさを誘う部分があり、そこが今でも人々の意識を捉えて離さないんだろうな。

586 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 15:31:37 0
>>581-582
一つの収容所でどのくらい殺されたかは灰の成分検査や量の正確な計量が絶対不可欠。
これは憶測で語るべきではない。
否定派も肯定派もこの問題には手付かずという事だけど、これは
絶対にされるべきと思うね。それとも許可の問題だろうか。
灰は全部人体しかない、というのも疑問。
かばん靴服布団など邪魔な所持品やチフス患者のものも焼却炉で燃やすんだから。
んで、焼却炉の能力(耐久温度、稼働能力、規模×日数)
と燃料の問題(人間一人燃やす分に必要なガソリン×人数分が本当にあったのか)等、
否定派と肯定派の専門家の見解両方抱き合わせて考えるべきで
というわけで疑問が完全に氷解したわけでもないが、とりあえず冷静な回答ありがとう。

587 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 20:39:45 0
>>586
ソ連は犠牲者150万人(そのうちユダヤ人40万人)としたが、これは明らかに誇張で、
ヒルバーグは1961年に実証的研究で犠牲者5万人程度とした。
ポーランドのマイダネク博物館科学研究所所長クランツによる詳細な研究では、
犠牲者は78000人(59000人がユダヤ人)と結論している。
遺灰にについて検査したことがクランツの報告書に書いてあるらしいが、ポーランド語が読めないから分からん。
Ewidencja zgonow i smiertelosc wiezniow KL Lublin, Zeszyty Majdanka, 2005

その点についてそんなに興味があるんだったら、マイダネク博物館に直接問い合わせてみればいい。
博物館ホームページ。ここに連絡先が細かく載っている。
http://majdanek.pl/en/


588 :世界@名無史さん:2006/11/15(水) 07:32:14 0
>>585
キミ、いいこと言うね。

(・∀・)イイ!!

589 :世界@名無史さん:2006/11/15(水) 13:52:02 0
温泉卵ウマー

590 :世界@名無史さん:2006/11/15(水) 19:22:03 0
>>585
確かにその通りだ
何故俺がヒトラーに惹かれているのか、はっきり分かった


591 :世界@名無史さん:2006/11/15(水) 19:38:15 0
リンク先見たがマイダネクの語句検索画面が出てくるだけで何もわからん
博物館に問い合わせる語学力もないし。

592 :世界@名無史さん:2006/11/15(水) 19:57:28 0
アメリカ・ユダヤ人出版協会がフィラデルフィアで発行した『アメリカ・ユダヤ年鑑』の一九四二年版によると、
ナチの支配圏が最大限度に広がり、ロシアまで達していた一九四一年現在、ドイツに残っていたユダヤ人をも含めて、
ドイツの支配下にあったユダヤ人の総数は、三一一万と七二二人だった。
それなのに、どうやって、六〇〇万人の絶滅ができたというのだろうか。

593 :世界@名無史さん:2006/11/15(水) 20:03:14 0
名簿なんて野鳥観察に劣る

594 :世界@名無史さん:2006/11/16(木) 08:38:35 0
>>591
Contactというところをクリックするんだよ

595 :世界@名無史さん :2006/11/19(日) 08:44:27 0
ドイツはきっと何万人も処理できる火葬場があったんでしょうねー。
しかもガソリン不足でまだまだ使える、と言うより捨てられない戦車を泣く泣く捨てていた時代で
その何万人も処理するだけの石油があってそんなぶっちゃけ無駄なことに使用していたんですねー。
それともよく壕にて焼いた・・・って言うのも聞きますが骨までさらさらの灰にしちゃうって凄いですねー。
きっとその壕の温度は陽電子レベルに近いものだったんでしょーかー。
ヒルバーグサンテンサイテンサイー・・・・ってアホか。
この手の博物館は日本の平和博物館、記念館、展示館と同じ胡散臭さでウザい。

596 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 09:40:01 0
死体なら石炭で燃やせばいいんじゃね?
つーか、ユダヤ問題に軍事と同等、それ以上の優先順位を
与えたのが後期のヒトラーナチス政権。

597 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 10:06:29 O
薪でいいよ、薪で。

親衛隊の利権拡大策の一環でしょ。ナチスドイツも動かしていたのは各お役所

598 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 10:30:02 0
>>595はドイツの官僚の能力を舐めすぎですw

あと、処分しきれず戦後に残った死体の山積み映像は色んな所で目にされるね

599 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 10:30:53 0
ああそうそう、そういえばドイツは日本と違って優秀な炭鉱が多く在ったので
石炭に関しては最初から最後まで困らなかったYO

600 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 20:01:38 0
ホロコーストは専門スレでどうぞ。


601 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 20:09:10 0
ナチスは欧州が2000年来持つユダヤへの敵意の産物であり、
全欧州の歴史の総決算。その証拠に反ユダヤ主義は共通文化。
20世紀の過酷な時期のドイツで、その古来の反ユダヤ願望を政治主張して
国民的支持受けたのがナチスなのだから、欧州の歴史的必然である。
ドイツにはナチス以外の極右政党も乱立していたので、
仮にヒトラーが絵描きになっていても、歴史はそう変わらない。
反ユダヤ主義の政権掌握は欧州の真相意識に由来した「必然」だった。

602 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 20:32:13 O
ヒトラーの絵って絵画史的にはどこらへんに位置するの?
前衛芸術は嫌いだったらしいけど

603 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 21:35:44 0
>>602
ぶっちゃけ、何の意味もありません。
美術的価値は皆無。歴史的価値のみ。

604 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 22:04:03 O
>>603
横槍で申し訳ないが、価値ってよりは、印象派とか耽美派とか、どういったジャンルの絵画に属するかって話じゃないか?
自分は世界史かじっただけで文化史とか知らないので誰か解説よろしく

605 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 22:06:37 0
>>604
ナチス芸術。たぶんロマン派に近い。

606 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 22:15:31 O
>>605
ナチス芸術っていうジャンルがあるのか。
ロマン主義っていうと、感情的とか内面重視なのが特徴だっけ?高校世界史で学んだヒトラー像からすると少し意外だなぁ。

607 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 23:12:59 0
農村の「健全な」生活とかアーリア人種の肉体美とかを強調した絵が多い>ナチス絵画

608 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 23:22:57 0
ヒトラーってニーチェの言葉利用しまくりじゃね?

609 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 23:30:38 0
ヒトラーなんて入試に出ないので名前を聞いただけだよ。
それも予備校の夏季講習の現代史コースで。

610 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 23:50:01 0
ニーチェは岩波版『ツァラトゥストラはこう言った』で早速挫折した。
訳文自体は結構読みやすいんだが、ニーチェが登場人物の行動を通じて
何を語ろうとしているのかどうしても分からん。
知識はニーチェ紹介の新書で覚えただけ。


611 :世界@名無史さん:2006/11/20(月) 00:37:03 0
ヒトラーの絵は建築画ばっかりだ。
農村だの肉体美だの以前に、そもそも有機物が少ない。
芸術として見た場合、すっごく誉めるのが苦しい。

612 :世界@名無史さん:2006/11/20(月) 00:45:43 0
大衆心理に関しては悪魔的明察をしたが、人間個々には興味なかったんだろ

613 :世界@名無史さん:2006/11/20(月) 22:47:40 0
>アメリカ・ユダヤ人出版協会がフィラデルフィアで発行した『アメリカ・ユダヤ年鑑』の一九四二年版によると、
>ナチの支配圏が最大限度に広がり、ロシアまで達していた一九四一年現在、ドイツに残っていたユダヤ人をも含めて、
>ドイツの支配下にあったユダヤ人の総数は、三一一万と七二二人だった。
>それなのに、どうやって、六〇〇万人の絶滅ができたというのだろうか。

アウシュビッツで殺された数400万人以上→107万に公式に修正されたね
300万はやっぱ実証不可能な数字だから



614 :世界@名無史さん:2006/11/20(月) 23:59:58 0
戦後半世紀以上かかたとはいえ、だんだん真実に近い数字に
修正されつつあるのはいいことだ。

一方、南京「大」虐殺の数字は今もインフレ中w

615 :世界@名無史さん:2006/11/21(火) 01:12:22 0
純血白色人種の保護と繁栄に命を懸けた英雄に拍手!
世界は純血アーリア人種のものである!!!

616 :世界@名無史さん:2006/11/21(火) 01:19:36 0
>>613
それはこのスレでずぅーっと確固たるソースの提示を求められてるけど
ちっとも出てこないんだよな

印象操作のレベルに留まってる

617 :世界@名無史さん:2006/11/21(火) 08:45:33 0
ソース明示してあるじゃん
アンチの反証をどうぞ

618 :世界@名無史さん:2006/11/21(火) 09:23:21 0
マイダネクもソ連の誇大報告で150万(うち40万ユダヤ人)が殺されたとかいって
実証できるのは7.2万(うちユダヤ人5.2万)で博物館の見解もそうなってる。
でもマイダネク150万ユダヤ人虐殺っとか形になっていまだに流布してるよね。
その手の誇大情報ってまだまだあるんじゃないのかな。
大規模な収容能力のあったアウシュビッツ、マイダネク、ヘウムノ、トレブリンカ、ベウゼッツ、ソビホルの
各収容所の本当に信頼できる数字ってどんなものなんだろう。

まあ沢山死んでることは確かだから不遜な言い方は避けるけど
たとえ200万か300万でも相当な数字だし、日本の数字に匹敵するし
そんな見下した数字でもないと思うんだけど。


619 :世界@名無史さん:2006/11/21(火) 13:29:56 0
ヒトラーの絵
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=Hitler%27s+Art&lr=

イギリスでは2700万で落札されてた

620 :世界@名無史さん:2006/11/21(火) 13:31:56 0
ユダヤ人>>>>>>>>>>その他w

621 :世界@名無史さん:2006/11/21(火) 19:07:25 0
>>613
その数字はソ連が過大な数字を報告していた、だから西側の学者はその数字を
犠牲者を算出するための手がかりとしては一切使わなかった。
さらに重要なことにソ連は200万人のユダヤ人と200万人のポーランド人、合わせて400万人が殺されたとしか
発表していない。400万人のユダヤ人が殺されたとは、言っていないのだ

622 :世界@名無史さん:2006/11/21(火) 20:33:30 0
>>617
ソースってのはきちんと第三者が参照可能なように出典を明らかにすることで、
2chのスレで「〜の博物館では」なんて追跡不能な言い方をすることじゃないんですよ。

623 :世界@名無史さん:2006/11/21(火) 21:27:30 0
>>613
まじで?
じゃあ殺されたドイツ兵の数と大差ないじゃん
ホロコーストpgr

624 :世界@名無史さん:2006/11/21(火) 23:08:40 0
世界一結束力が強くて執念深い民族を敵に回したのが運のつきってことで。

ヒトラーの立場にたってもう少しマシな政策をとれなかったか考えてみると、
ユダヤ人の財産没収した上で追放するか、キリスト教へ改宗させた上で
財産の一部を返して国にとどまることを許すか、そのくらいかなあ。

625 :世界@名無史さん:2006/11/22(水) 03:49:44 O
市民権を認める代わりにユダヤ人SS部隊とかつくっとけばよかったんだろうな。

626 :世界@名無史さん:2006/11/22(水) 10:56:09 0
JFSさん
こちらで自説の開陳をどうぞ

627 :世界@名無史さん:2006/11/22(水) 11:04:04 0
●今となっては意外に思われるかもしれないが、初期のヒトラーは当時の
ドイツ国民から圧倒的な信頼と支持を受けていた。実際、ヒトラーはクーデター
とか非合法的に世論を完全無視する形でドイツを乗っ取ったのではなく、
いちおう合法的民主的手続きを経て首相に就任し、政権の座についた
のである(1933年1月30日)。

(※ 1934年8月、ヒトラーは大統領と首相を統合した「総統」
職を新設して、自らそのポストにつき、国民投票で是非を問うた。
賛成票は90%にのぼった)。 (ヒトラーの亡霊)

628 :世界@名無史さん:2006/11/22(水) 11:06:17 0
●政権を握ったヒトラーは、まずドイツ国民の暮らしを安定させた。

彼が政権を手にした当時、ドイツは1929年に始まった世界経済恐慌
に痛めつけられ、工業生産は30年前の水準にまで落ち、失業率も30%
を越えていた。ヒトラーは、全くのマヒ状態にあったドイツ経済と600万人
の失業者をかかえて、その政治をスタートさせなければならなかったのだ。

だが、ヒトラーは就任わずか4年で、夢も希望もない不況下にあったドイツ
経済を、活気満ち溢れた景況に一変させてしまった。他のヨーロッパ諸国
では、数多くの失業者たちが1個のパンを求めてうめいていたとき、
全ドイツ国民にパンと仕事と生き甲斐を提供したのである。

ドイツ国内の失業者は影をひそめ、1940年にはその総生産力は世
界の総生産力の11%に相当するまでに至った。ナチス・ドイツは
アメリカに次いで世界第2位の経済大国にのしあがったのである。(ナチスの亡霊)

629 :世界@名無史さん:2006/11/22(水) 11:08:18 0
●このヒトラーの功績は奇跡的なものであった。なぜなら、このヒトラー
の経済復興は、当時のあらゆる経済学の理論に反したやり方で成し遂げられた
ものだからだ。彼がその柱としたのは、専門の経済学者のアドバイスを無視
しての、社会保障と福祉を中心にした、生産力の拡大と完全雇用をめざした
失業抑制政策だった。

当時、専門家たちがあまりにも無謀すぎると非難したこのヒトラーの経済
政策は、しかし、40年後、世界の先端をいく経済学者J・K・ガルブレイス
によって、「現代の経済政策を予見していた」と評価されている。しかし
ガルブレイスはこう付け足している。

「おそらくヒトラーは自分のやっていることが分かるほどの経済学の知識
はなかっただろう……」(ナチスの亡霊)

630 :世界@名無史さん:2006/11/22(水) 11:10:16 0
●いずれにせよ、ヒトラーの最初の4年間が過ぎたとき、ドイツはかつて
の不況がウソのような繁栄を謳歌していた。特に、ひどい目にあいつづけてきた
労働者階級にとって、新しいナチス・ドイツ帝国は、まさに“理想の国家”
だった。

飢えと失業の心配がなくなっただけでなく、劣悪だった労働条件が著しく
改善された。(ナチスの亡霊)

631 :世界@名無史さん:2006/11/22(水) 11:12:02 0
●ヒトラーが時代を先取りしていたのは「労働問題」だけではなかった。

「国民の健康と環境衛生」の向上にも全力で力を注いだ。

ヒトラーの政権獲得後、7回もドイツを訪問したイギリスの国会議員
アーノルド・ウィルソン卿は、こう書いている。

「幼児死亡率は大幅に低下し、イギリスのそれよりかなり低い。
結核その他の疾病は目に見えて減少した。刑事裁判所はかつてないほど
暇で、刑務所も閑散としている。ドイツ青少年の肉体的能力は見た目
にも快い。もっとも貧しい人々でも以前に比べたら遥かにましな服装
をしているし、彼らの陽気な表情は心の中の精神的向上を示している。」
(ナチスの亡霊)


632 :世界@名無史さん:2006/11/22(水) 11:14:06 0
●更にヒトラーは、「公害の防止」にも非常に熱心だった。

大気汚染を防止するために有毒ガスの完全除去を産業界に奨励し、
実際、多くの工場に汚染防止装置が設置された。新設工場は水質汚染
防止のための装置を取り付けることを義務づけられた。

新たに進められる都市計画では、自動化された地下駐車場や、
車両通行禁止の広場、無数の公園、緑地などを設けて、大気汚染が
厳重に規制された。


●ナチスの「新都市計画」は、ヒトラー自身の発案により着手され、
ヒトラー自身によって推進された一大事業であった。総統令が出され、
ベルリン、ニュルンベルク、ハンブルク、ミュンヘン、リンツは総統都市
として改造が優先された。特にリンツはパリに劣らぬ“芸術の都”に、
ベルリンは世界に誇れる政治の中心地となすべく力が注がれた。(ナチスの亡霊)

633 :JFS:2006/11/22(水) 11:15:23 0
「ナチスの亡霊」サイトから引用したのは私です。

634 :世界@名無史さん:2006/11/22(水) 11:26:23 0
>>625
あーそれいいねえ。ユダヤ人同士に憎み合うようにする方法

635 :世界@名無史さん:2006/11/22(水) 15:07:07 0
JFSさんGJ!
以後、名前欄にJFSと署名していただければ幸いです。

636 :世界@名無史さん:2006/11/22(水) 15:10:11 0
【爆弾発言】
「竹島は“こりん星”の日本領事館」“ゆうこりん”竹島問題に介入
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1149518021/l50

637 :世界@名無史さん:2006/11/22(水) 15:29:54 0
善悪で歴史を語ること自体が愚か

638 :世界@名無史さん:2006/11/22(水) 16:28:22 0
ユダヤ人が個人的怨恨も含めてヒトラーを憎むのはわかるが、
日本人の偽善的平和主義者が尻馬に乗っかって必死になって
叩いてるのは笑える

639 :世界@名無史さん:2006/11/22(水) 17:20:43 O
偽善でも高所から冷笑してる輩の貧困さよりはマシだね

640 :世界@名無史さん:2006/11/23(木) 10:31:49 0
日本にもヒトラーくらい国民が心酔できるトップがいればな…
口先だけで結果がついてこないと話にならないが。
ドイツ人が心底うらやましい。


641 :世界@名無史さん:2006/11/23(木) 12:33:15 0
>日本にもヒトラーくらい国民が心酔できるトップがいればな…
その結果、周辺諸国2000万以上にドイツ600万以上の犠牲という「対価」が支払われたが。
最後は「劣等民族」と馬鹿にして侵略したソビエトに反撃されベルリンに赤旗が立てられる恥辱も味あわされた

642 :JFS:2006/11/23(木) 15:23:27 0
「ナチスの狂気」サイトではヒトラーは予言者であったといわれています。何を
予言していたかはご覧になれば分かると思いますが、ソ連と戦い、もし負ける
ことがあったら世界はどのようになるかをヒトラーは予言しています。

「それでも、我々ナチスは日本と協力して、ソ連とも戦う。それが第二次
世界大戦の最大の山の1つになり、我々はおそらく勝てるはずだ。だが、
もしソ連とアメリカが──相反するはずの民主主義と共産主義が手を組ん
だら、我々が敗れる恐れもある。そのときはソ連とアメリカが、激しく競
り合いながら、その後の世界の覇権を分け合うことになろう。そうなれば、
それにふさわしい強力な指導者をソ連は持つようになる。それは、レーニン
より強く、スターリンより賢明な指導者だ。彼は共産主義と民主主義を結合
し、マルスの座から世界を支配するだろう。彼は額に『赤いしるし』を持つ
男だ。」(ナチスの狂気)

643 :JFS:2006/11/23(木) 15:25:00 0

額に「赤いしるし」を持つ男とはゴルバチョフのことです。

644 :世界@名無史さん:2006/11/23(木) 17:06:05 O
アッソ なに必死になってんの?馬鹿じゃないん?

645 :世界@名無史さん:2006/11/23(木) 17:46:31 0
JFSさん
がんばれー。ナチスの狂気サイトのURLも宜しく。

646 :JFS:2006/11/23(木) 18:04:48 0
「私はあのとき、戦友たちと夕食を摂っていた。すると突然、ある声が私に、
『立って向こうへ行け』と命じた。その声が、あまりに明瞭に同じことを繰り
返したので、私は上官の命令を聞くように機械的に従い、20ヤードほど移動
した。とたんに、いままでいた場所から衝撃と轟きが押し寄せた。そのときま
で私も属していたグループの上に、流れ弾が炸裂して1人残らず死んでしまっ
たのだ。」(ナチスの狂気)(http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_
hss/_floorB1F_nazis_X.html)

647 :JFS:2006/11/23(木) 18:05:42 0

http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/_floorB1F_nazis_X.html

648 :JFS:2006/11/23(木) 18:07:26 0
「アドルフ、おまえは選ばれた。試練にも耐えた。おまえはドイツ民族
を率いてヨーロッパを制覇する。新しい世界を打ち立てる。それがおま
えの使命だ……

おまえがそれをやらなければ、今世紀後半も21世紀も、ユダヤが地
球を支配することになる。金も食糧も兵器もユダヤが支配する。世界
はユダヤとその代理人どものものになる。だからユダヤを倒せ。打ち倒せ……

そのためにも、まず政権を握れ。片足の不自由な変な小男が見つかる。
その男は天才で、おまえの最大の協力者になる。その男を充分に活用すれ
ぱ、おまえが45歳になるまでに政権が手に入る。50歳で世界征服の戦
争が始められる……

それを忘れるな。おまえは25歳で選ばれて能力を得た。そして生まれて
から50年目、おまえは世界征服の大戦を起こすのだ。さらに生まれてか
ら100年目、150年目──つまり1989年、2039年──もうお
まえはいないにしても、そのとき人類は、新しい次の段階を迎える。それ
が何かも、いずれおまえだけに教えよう……」
(ナチスの狂気)(http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/_floorB1F_nazis_X.html

649 :世界@名無史さん:2006/11/23(木) 18:49:45 0

ナチスの「超科学」
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha650.html

凄まじい科学力だな。
良かれ悪しかれ、あの時代のドイツはすごい。
チョビひげのせいで暴走しすぎたなw

650 :649:2006/11/23(木) 18:52:12 0
おっと、タイトル間違えた。
「ナチスの超兵器」だった。

スマソ

651 :世界@名無史さん:2006/11/23(木) 19:06:47 0
戦後、アメリカ軍が鹵獲したVU号を真上に向けて発射したところ、
宇宙まで飛んでいってしまった。
ヒトラーが戦争をちょっと遅らせていたらwwUの様相は全く
ちがっていたろうな。

652 :世界@名無史さん:2006/11/23(木) 19:38:59 0
>>651
>宇宙まで飛んでいってしまった。

ワロタ

つーか、スゲーな(・∀・)イイ!!

653 :JFS:2006/11/23(木) 20:13:47 0
「古代イスラエル王エフーとヒトラー」

●第二次世界大戦の真の目的を知りたいと欲したあるユダヤ人が、エドガー・ケイ
シーにリーディングを依頼した。エドガー・ケイシーとは催眠透視という特殊な
能力を持つアメリカ人で、彼の行なった膨大なリーディング記録は、現在でもバ
ージニア州にある「ARE(エドガー・ケイシー財団)」に保管され、一般公開
されている。彼は政府高官に招かれて、ホワイトハウスでリーディングをした
こともある。

●このユダヤ人のリーディングが行なわれたのは1939年9月25日で、
第二次世界大戦開始からまだ24日しか経っていなかったが、「今回の戦争の
本当の目的は何ですか?」という質問に対して、ケイシーは次のように答えている。

「『ダニエル書』の最後の2章を読みなさい。また『申命記』31章を見なさい。
そこに答えを見い出すだろう。」


●ケイシーがこのユダヤ人に読むように勧めた『旧約聖書』の「申命記」3
1章は、ユダヤ人が祖国に帰ることに関係したものである。「申命記」のこの
章は、ユダヤ人がヨルダン川を越えてパレスチナに入る直前にモーセが説教
する様子が叙述されている。

ケイシーは他のリーディングでも、「ヒトラーがドイツの権力の座についた
理由は、ユダヤ人が彼らの祖国であるパレスチナに帰るようにするためであ
る」ことを、繰り返し述べている。

654 :JFS:2006/11/23(木) 20:14:39 0
●ヒトラーについてのリーディングの中で、1933年11月4日に行なわ
れたリーディングの内容は、特に興味深いものである。この日、ユダヤ人の
未来とヒトラーの政策についての質問が、相次いで提出された。

この中で、ケイシーは、ユダヤ人は神の掟を破ったために長いこと散らされ
ていたが、今や「時が満ち」、故国パレスチナヘの帰還が迫った、と予言した。
そして、ヒトラーについては、意外にも「霊的に導かれている」と高く
評価した上で、古代イスラエルのエフー王に彼を対比した。

●この古代イスラエルのエフー王は、『旧約聖書』の「列王記」に、
「好戦的な将軍で、信仰とはまるで無縁の人間だったのだが、偶像崇
拝に堕した当時の北イスラエル王国を罰するため、神に使われた」、
と書かれている。

エフー王は、預言者エリシャに下った神の命により、大軍を蜂起して、
当時バール神礼拝に堕していた先王アハブと妃イゼベル、その他無数
のユダヤ人を根絶やしにしたのである。随分と残酷な方法であるが、
これによって、精神面での国民の“純潔”が回復されたわけである。


●実際、ケイシーが予言(霊視)したように、ヒトラーのユダヤ人迫害
は、シオニズム運動を最大限に推し進めることになった。ヒトラーなくし
てシオニズムの成功はなかったし、シオニズムなくしてヒトラーのユダヤ
人迫害は無意味だったと言える。ある意味、ヒトラーはイスラエル建国の
影の功労者であったのだ。

http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha804.html

655 :世界@名無史さん:2006/11/23(木) 20:46:28 0
1939年のドイツの国家財政の破綻っぷりを見れば、ヒトラーが経済復興をしたなんて言葉は出てこないw

656 :世界@名無史さん:2006/11/23(木) 20:49:01 0
経済復興と財政破綻は必ずしも直結するものではないだろ。
すくなくとも、ルーズベルトの修正資本主義よりは結果を出したと言えるのではないか?

657 :655:2006/11/23(木) 21:50:24 0
おっしゃる通り。こりゃ一本取られましたなw

658 :世界@名無史さん:2006/11/24(金) 00:17:41 0
>>656
借金まみれで軍拡やってその結果が失業率の低下なんだよ

659 :世界@名無史さん:2006/11/24(金) 07:07:53 0
戦時動員下のルーズベルトも同じだろ。これによってアメリカの失業率は改善した。

660 :世界@名無史さん:2006/11/24(金) 09:04:18 0
どこの国だって動員かけりゃ失業率は低下するさ。

ヒトラー政権の初期には、失業者に職を与える様々な制度が新設されたものの、
失業は急には減少しなかった。
1935年以降の再軍備は、どんな失業対策事業よりも多くの成年男子を労働市場から引き抜いたので、
求人と求職のギャップは急速に解消していった。
1938年以降、ドイツはほぼ完全雇用状態となり、逆に労働力の不足が目立ち始めた。
戦争の勃発によって更に数十万人が動員されると、外国人労働力の確保がドイツの重要課題となった。

661 :世界@名無史さん:2006/11/24(金) 21:34:58 0
すごいじゃんドイツ
でも考えたのは別の人だよね?

662 :世界@名無史さん:2006/11/24(金) 21:44:56 0
シャハト、トート、ゲーリング、国防軍だけど、
彼らに権限を与え、それを保証したのはヒトラー。

663 :世界@名無史さん:2006/11/25(土) 02:41:07 0
656=657

655は別人w オレだもん

664 :世界@名無史さん:2006/11/25(土) 02:42:37 0
基本的に税収を生まない軍拡は目先の失業率減少にはなっても
やっぱり財政破綻へまっしぐら…

665 :世界@名無史さん:2006/11/25(土) 04:27:19 0
もしヒトラーがいなかったら、
第二、第三のヒトラーがドイツに登場したかな?

666 :世界@名無史さん:2006/11/25(土) 14:06:25 0
つ ハイドリヒ

667 :世界@名無史さん:2006/11/25(土) 21:19:18 0
資本主義諸国が不況と失業者の増大に悩まされる中で社会主義体制の
ソビエトにおいては失業者などいなかった。


668 :世界@名無史さん:2006/11/25(土) 21:56:50 0
そりゃそうだろうね
そういう体勢なんだから^^

669 :世界@名無史さん:2006/11/25(土) 22:00:56 0
失業者のかわりにシベリア送りがw

670 :世界@名無史さん:2006/12/08(金) 13:37:17 0
心ない落書き「鉤十字」 独総領事館などのクリスマス会場 大阪・キタ

 在大阪独総領事館などが主催する大阪・キタのクリスマスマーケット会場で7日
未明、ドイツ・ナチス党のシンボルだった「鉤(かぎ)十字(ハーケンクロイツ)」の
落書きが計5カ所で見つかった。ドイツ国内で「鉤十字」を落書きすることは犯罪行為。
心ない落書きに、スタッフのドイツ人らは心を痛めている。

 落書きが見つかったのは、大阪市北区大淀中のスカイビル1階中央広場で開催
されているイベント「ドイツ・クリスマスマーケット大阪2006」の会場。

 ビル管理会社によると、落書きは7日午前4時ごろ、警備員が発見。会場に特設
されたヒュッテ(小屋)の木窓4カ所とアクリル製の窓1カ所に黒いスプレーで「●」の
文字が書かれていた。アクリル板の落書きはすぐに消去し、木窓の字も近く消すことに
しているが、被害届を出す予定はないという。

 だが、現場で運営に携わっているスタッフたちのショックは大きく、現場責任者の
ザビーネ・フィスターさんは「日本人が大好きで5年間、毎年来ているのに…。
ドイツ人を傷つける落書きをする日本人がいるなんて信じられない」。ゲロルト・
アメルンク総領事も「ドイツでは『●』を書けば犯罪になる。政治的背景はないと
思うが残念」と話している。

 イベントは総領事館などでつくる実行委の主催で先月17日から開かれており、
今年で5回目。ドイツ人約20人も会場スタッフに加わり、独製屋台のヒュッテなど、
同国のクリスマス文化が実現されている。

 ●は卍を逆

(2006/12/08 8:21)
産経関西
http://www.sankei-kansai.com/01_syakai/sya120802.htm


671 :世界@名無史さん:2006/12/09(土) 00:52:47 0
ひでえもんだ。

672 :世界@名無史さん:2006/12/12(火) 04:29:38 0
ホロコースト再検討の国際会議開催=欧米からの批判に反論−イラン
http://www.jiji.co.jp/jc/c?g=int_30&k=2006121100665

【カイロ11日時事】イランからの報道によると、首都テヘランで11日、ナチス・ドイツによる
ホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)について再検討する国際会議が2日間の日程で開かれた。
会議にはホロコーストの実在を否定するほか、規模を小さく見積もる「歴史修正主義者」が
各国から招かれており、欧米諸国やイスラエルからは非難の声が上がっている。


673 :世界@名無史さん:2006/12/12(火) 05:09:02 0
>>651
あれ以上開戦を遅らせたらドイツは財政が破綻していたよ。
戦争を前提とした軍需の過剰生産で景気を回復させたんだから。

674 :世界@名無史さん:2006/12/12(火) 08:41:35 0
前提としたか、起ってからの違いはあるけど、
軍需による景気回復は、アメリカも。

675 :世界@名無史さん:2006/12/12(火) 20:47:39 0
軍需の過剰生産どころか、占領地からの収奪で帳尻を合わせるという
すさまじい財政復興政策だったな。<ドイツ

676 :世界@名無史さん:2006/12/12(火) 21:40:54 0
ドイツの敗因ユダヤ人を敵に回したこと。
日本の敗因チョンと組んだこと。
世界の絶対法則

677 :世界@名無史さん:2006/12/12(火) 22:08:54 0
ソ連もユダヤ人をぎょうさん殺したけど
その後50年くらい命脈を保ったぜ。

678 :世界@名無史さん:2006/12/13(水) 00:35:28 0
支那は自国民を3千万人も殺したが
全部日本軍のせいにすrことで
いまや経済大国になりかかってる

679 :世界@名無史さん:2006/12/13(水) 18:54:20 O
>>677
一応活躍の余地があるぐらいには残してるじゃん
最近でも沢山プー陳に豚箱に入れられてるような奴らとか

680 :世界@名無史さん:2006/12/13(水) 19:58:03 0
ヒトラー絶対悪が揺るがない最大の理由は、ナチスドイツが敗れた事だろ。
ナチスドイツが勝っていれば、ヒトラーは大英雄さ。

スターリンや毛沢東なんて、数千万人単位で殺している。
ルーズベルトやトルーマンも日本やドイツへの無差別爆撃や原爆使用で
非戦闘員を200万人以上殺している。ヒトラーと大して変わらない。
でも、スターリン・毛沢東・トルーマンは戦争に勝ったから
「極悪人」という批判から免れている。

681 :世界@名無史さん:2006/12/13(水) 20:23:16 0
>>680
裕仁とか言う独裁者も、戦勝国と取引して「極悪人」という批判から免れている。

682 :世界@名無史さん:2006/12/13(水) 20:35:59 0
>>681
日本が負けたのに、日本は分割されず、皇室も残ったのに
朝鮮半島が南北に分割されるわ、李王朝は潰されるわ、朝鮮戦争が勃発するわ
チョソにとっては踏んだり蹴ったりだなwww
チョソは普段の行いが悪いんだよ。

683 :世界@名無史さん:2006/12/14(木) 19:43:26 0
>>682
チョンは差別語として禁止されたみたいだぞ。
http://ja.uncyclopedia.info/wiki/%E3%83%90%E3%82%AB%E3%83%81%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9

684 :世界@名無史さん:2006/12/15(金) 05:14:27 0
ここのスレはユダヤ人又はモサドが監視しています

685 :世界@名無史さん:2006/12/15(金) 05:30:34 0
>>681
詳しくご説明をお願いします。

686 :世界@名無史さん:2006/12/15(金) 20:15:11 0
独裁者ほどの権力があるんだったら開戦なんぞさせなかったと思うがw

687 :世界@名無史さん:2006/12/16(土) 06:38:01 0
側室制度を廃止し、立憲君主制を志向、
田中義一のお茶を濁した報告に激怒し田中が辞職た事を後悔し、
満洲事変の発端には関東軍関与を疑う質問をすると
陰で石原が「陛下に要らぬ事を言う奴がいるな」と言われる。
たしかに昭和天皇は「喜び組」を組織し、憲法を迂回して権力を”推戴”した
金正日と並ぶ独裁者だ。

688 :世界@名無史さん:2006/12/18(月) 23:54:33 0
>>687
日本語で書いてくれ

689 :世界@名無史さん:2007/01/11(木) 18:23:12 O
ヒトラーよりポルポトのほうがよっぽどひどい気がする。

690 :世界@名無史さん:2007/01/11(木) 22:51:29 0
それはウンコより下痢便のほうが汚いとかいうのと同じ論法だ

691 :世界@名無史さん:2007/01/12(金) 09:15:56 O
どう考えても下痢便のが汚いよね

692 :世界@名無史さん:2007/01/12(金) 09:25:08 O
下痢便はノロの虞があるからな…

693 :世界@名無史さん:2007/02/11(日) 23:39:59 0
検証が許されない、ということは
「なかった」とされるとまずいってことに他ならない

694 :世界@名無史さん:2007/02/13(火) 21:48:51 0
いや、そんなの国外でいくらでも検証も発表もできるんだし、やりゃいいじゃん

やらせてみても、精度も量も不充分で、団体の抗議に耐えられるようなシロモノばかり
それでも国内でアジテーションに使われると大いに有害なので、禁止…と

695 :世界@名無史さん:2007/02/14(水) 23:50:28 O
ハイル

193 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)