2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アメリカ黒人差別の歴史

1 :世界@名無史さん:2005/08/19(金) 01:45:11 0


2 :世界@名無史さん:2005/08/19(金) 01:51:39 0
黒人は差別さtれて入るし、日本でもアイヌ人や沖縄人や朝鮮の人たちが差別や国家消滅の憂き目に
あっているが、中国は国旗で毅然と人種平等を貫きてきている、
アメリカが衰亡する中で人民中国がなぜ伸びてきたのか?
それは漢民族が世界一優秀だからではないだろうか。

3 :世界@名無史さん:2005/08/19(金) 01:58:19 0
>>2
         「\     __    __
         │ト、l、 /´, '`⌒'´ `ヽ: : .
          ヾヽ!lV/ / ,/ /  ,' ハ、: .
       ,ィニ≧ゝレ' / /  ,./   / , ハ : : .
      く<-‐7´ _」] l l/_,∠/   / / / い : : .
        ̄ノ/: :f r'l l /レ'/、_/‐ト'、/l| li l : : : : .
      . : {ハ : :|{(l|y==ミ   _ノ、/ソリ ll | : : : : :
      : : : :ヽヽ: :|、lハl、゙      ⌒ヾlノリ ll l : : : : : :
      : : : : : : : : V\ヽ、 `ー  ゛ノルんイリノ : : : : : :  はいはいわろすわろす
      : : : : : : : : : ,.--、_ハ`‐r=ニ--、′ノ. : : : : : : :
      : : : : : : : : /  /-ョロ'ヲ´   i l : : : : : : : : : :
      : : : : : : : 〈  ,ハフ'兀「     ! } : : : : : : : : :
      : : : : : : : : ヽ,   ト{‐lハ. ヽ ' ノ : : : : : : : :
        : : : : : : : 〈 ,  !{ソ   ヽl/|、: : : : : : : :   ,r-、
       : : : : : : `ヽ  V     j _ノ ,スヘ_ノ7--‐イ∧〈
          : : : : : : : { /     ,ハ、  _//く 〈 ___ r'九〈ハ.}
          : : : : : : :レ'    ' ,ハヘニイヽ_厂 、ノソト}〈V´
            : :_ノ‐- 、'  {∧ トヘ_「    {Y: :仔 之_
            〈l ̄>-、_ 丶レ^ヽ厂`    上l_:/Z/ソ‐′
        r个y'⌒ll_,/‐、;_,、ト、__ト、  ` ー/「>,、 └トf‐′
      {_Y^lヽ、,ど , ,  〈__j,ハ、) 、_イソ´`ヽヘ、ノ、lフ
      ヽ>ゝハ 〈ノ{ l! ハ_j人lJ  /ソ: : : . ノフく_.イ
       〉 〈、ソ´ UU     、ノ入 : :__rクー<__〉
      ∠__, 〈_⊥、′  i  _,rくソヽ√ヽフ
         j__ルく_/T'┬_ヒス⊥イ \ノ
            ヽ√ \丿 ヽ/

4 :世界@名無史さん:2005/08/19(金) 02:06:58 0
アメリカは黒人をじんしゅさべつしているが、中国の人々は全ての国民を中華民族として
統一している。仮に世界の人々すべてが中国語を話し、中華の例を尊重すれば民族問題は
解決できると思う。

5 :世界@名無史さん:2005/08/19(金) 02:39:22 0
勘弁してくだされ、お代官様〜!!このままじゃワシら首をくくるしかないべー
今年は米が去年の半分も取れねぇってこたあ、お代官様も知ってるはずだべ!!


6 :世界@名無史さん:2005/08/19(金) 02:53:18 0
まず周囲をオルグして団体交渉しなさい。 しかし幕府は強訴は死刑の対象にするという。
ならば革命をおこすべき決起すべきでしょうね。

7 :世界@名無史さん:2005/08/19(金) 03:06:49 0
さぁ、同志よ。武器を持って立ち上がるのだ。
赤軍は決して君たちを見捨てたりはしない。

8 :世界@名無史さん:2005/08/19(金) 03:43:05 0
明治維新は革命闘争だ!

9 :世界@名無史さん:2005/08/19(金) 03:49:34 0
最近一部のDQNな会社では、
正社員が派遣社員を白人が黒人に対するが如く扱っているらしい。

トイレ、休憩所の椅子、社員食堂の食事、社有バスの座席、自販機使用など厳密に待遇差をつけているそうだ。
従業員の士気を上げるための会社の方針だとか。

10 :世界@名無史さん:2005/08/19(金) 04:19:45 0
正社員が派遣の女子を公衆便子にしているのは大手ならどこでもやってるよ。
後腐れないしねー食うだけ食って飽きたら派遣契約解除する話よくあるよ。

11 :世界@名無史さん:2005/08/19(金) 04:27:58 0
なんてこった。このスレは、まるで魔女の婆さんの大釜だ!

12 :世界@名無史さん:2005/08/19(金) 11:42:49 0
自営業先生! 仕事してください! 

13 :世界@名無史さん:2005/08/19(金) 17:39:33 0
http://kunta.nomaki.jp/

14 :世界@名無史さん:2005/08/19(金) 19:11:21 0
>>15さん・・。
さぁ、涙を拭いて・・・。
僕と共に旅立とう!あのスエズ運河の先へ!

15 :世界@名無史さん:2005/08/19(金) 19:55:59 0
なぜか白人女×他人種は離婚が多く、映画などにそういうカップルは登場しないのに、
白人男×他人種は市民権を得ている件について

16 :世界@名無史さん:2005/08/19(金) 20:31:21 0
そりゃ勝ち組だからだよ、逆に在日と聞くと暗いイメージがあるのは
電波を本国も移民も出していrから。

17 :世界@名無史さん:2005/08/19(金) 22:09:26 0
>>15
白黒ショウ

18 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 02:08:38 0
黒人差別より、ユダヤ差別のほうがキツかった
と思うけどね

19 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 02:29:28 0
それはユダヤのプロパガンダでしょ。
自分たちが被害者ぶればパレスチナでいくらでも人殺しできると
おもっているの。
所詮キリストを裏切った民族ってのはそんな連中だから
差別されるのも当然なの。

20 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 02:41:11 0
アボリジニに対する「人間狩り」に比べれば黒人差別もホロコーストも単なるいぢめ。

21 :世界@名無史さん:2005/09/03(土) 20:20:20 0
バトンルージュ(米ルイジアナ州)=白川義和】
ハリケーン「カトリーナ」に襲われた米ルイジアナ州ニューオーリンズが略奪の横行や救援の
遅れで混乱を深めている。「まるで市街戦」「途上国の難民キャンプ並み」と表現される第二波の嵐は、
米国の貧困と人種間格差の問題を表面化させた。
 州都バトンルージュの郊外に設けられた赤十字の救援施設で、ニューオーリンズから夫と逃れてきた
福祉団体職員リリアン・フラビンさん(65)は「打撃を受けているのは貧しい人ばかり。彼らは家を
失い、絶望している」と顔を曇らせた。
 フラビンさんの仕事は近所の貧しい人たちの支援。大半は黒人で、脱出す車もなく、市の避難命令を
無視したという。毎月1日支給の生活保護をあてにしていたという見方もある。
 他の施設と同様、ここに身を寄せたのも大半が貧しい黒人たちだ。白人のフラビンさんは
「見れば分かるでしょう。私たちは浮いている」とこっそり漏らした。
 ジャズ発祥の地ニューオーリンズは、黒人と貧困の街でもある。19世紀には米国最大の黒人奴隷市場があり、
今も46万人の人口の3分の2が黒人だ。貧困層の割合は全米平均の約2倍で、両者は密接に重なる。
貧困層は市内でも水害に最も脆弱(ぜいじゃく)な地域に暮らしていた。
 一方、白人の多くは事前に退避した。ニューオーリンズ郊外で会った1人は、大破した自宅を前に
「これで寝室が造り直せる」と語った。白人の中間層は、保険をかけているから住宅損壊も黒人ほどに
はこたえない。「災害は人を差別する」という言葉は今回のハリケーンに最も悲惨な形で当てはまって
しまった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050902-00000015-yom-int

22 :世界@名無史さん:2005/09/03(土) 20:26:26 0
イギリス、スウェーデン、アメリカに少しだけど住んだ感想。

アメリカの場合 【白人>>>地球から冥王星への距離>>>ヒスパニック>>>黒人>>>アラブ人=アジア人

アメリカでは養子縁組が盛んだけど以下が人種別の値段表だよ。TVでやってたのをうる覚えだけど。

1.白人(390万円〜450万円 一番人気は金髪蒼眼の女の子)
2.ヒス( 80万円〜110万円 
2.アジ( 80万円〜110万円 ただし女の子だけです)
4.黒人( 50万円〜 90万円 これも女の子だけです)

一番人気がなかったのが黒人の男の子とアジア人の男の子です。



23 :【^▽^】黒人混血者ジョーカー:2005/09/03(土) 20:32:00 O
煽りだろうけど、中世の十字軍による虐殺からナチスによるジェノサイドに至るユダヤ人迫害の歴史を「ユダヤのプロパガンダ」で片付けたり、それを現代のパレスチナ問題に結び付けて正当化する思考は理解し難い。 はたまたキリスト殺しなんて(苦笑

24 :世界@名無史さん:2005/09/03(土) 21:04:03 0
今回のカトリーナの被災者のほとんどが黒人・ニグロ・ヒスパニック。
さすがアメリカ最大の黒人奴隷市場だな。

25 :世界@名無史さん:2005/09/03(土) 21:21:08 0
>>23のおっしゃるとおり。まったく失礼な。ユダヤのプロパガンダなんて!!

シオニストのプロパガンダですよ!!

26 :世界@名無史さん:2005/09/19(月) 02:19:09 0
公民権運動が話題になりがちだが、奴隷制時代に闘った
ジョン・ブラウンやフレデリック・ダグラス、ハリエット・タブマンの活躍についても語りませう。

以外にもタブマンはアメリカの歴史の授業で取り上げているらしいね。

27 :ジーモン・ジョーカー:2005/09/19(月) 02:23:37 O
アメリカでは日本以上に自虐教育が進行しているからね。 リー将軍も×。 カスター大佐も×。 黒人とインディアンを讃える歴史教育が行われ、パット・ブキャナンやパット・ロバートソンのような超保守派は怒っています。

28 :27:2005/09/19(月) 02:27:24 O
黒人混血者の私もその極端さには驚いた。 あとイギリスも自虐教育が酷い。 ドイツはもちろんだけどね。

29 :28:2005/09/19(月) 02:31:36 O
メドガー・エバンス事件のバイロン・デ・ラ・ベックウィズやフリーダムライダーズ事件のエドガー・レイ・キレンを今さら法廷にひっぱり出して、有罪宣告したのも政治屋のプロパガンダ。

30 :ジーモン・ジョーカー:2005/09/19(月) 02:37:18 O
ローマでユダヤ人を含む市民100人?を射殺させた武装SS将校だった爺さんを今さら裁きにかけるとか、老人いじめは止めるべきだ。

31 :世界@名無史さん:2005/09/19(月) 02:55:21 O
俗称イエス キリストはユダヤ教の戒律を悉く破戒し娼婦と悦楽的なセクースに明け暮れやがて自業自得の張り付けの刑にてその自堕落な生涯を終えたそうな。
メデタシメデタシ。

32 :世界@名無史さん:2005/09/19(月) 03:46:47 0
>>27
リー将軍も×はさすがに南部諸州が受け入れんだろう。鹿児島で西郷隆盛×てなもんで。
リー自身も黒人解放賛同論者だったみたいだし。
もっともアメリカの教科書は検定なしで学校ごとの採用だからトンデモやりたい放題らすい。

33 :27>32:2005/09/19(月) 03:55:10 O
ワシントンもジェファーソンも奴隷を持っていたから×、リンカーンは黒人を奴隷身分から解放しただけで共和党急進派(今なら民主党リベラル左派に相当)を抑止したから×、らしいです。 リーへの攻撃も激しくなっていると聞きます。

34 :27:2005/09/19(月) 03:57:13 O
シャーマンは昔は北部でも悪人とされていましたが、黒人には人気があり、逆に評価が高まっているらしいです。 グラントは反ユダヤ主義者だったから×だそうです。

35 :○※×:2005/10/02(日) 02:07:49 0

「兄弟姉妹よ 私とともに白人の罪を問おう!
 白人はこの世で最大の殺人者だ。白人はこの世で最大の誘拐犯だ。
 白人は行く先々で平和と秩序を破壊し続け、その後には混乱が残った。その後には荒廃が残った。
 この世で最大の誘拐犯たる大罪を問おう! 殺人者たる大罪を問おう! 盗人で奴隷商人たる大罪を問おう!
 奴らが我々に“一緒に国を築こう”と言ったか?
 “ニガー 船底に下りろ!” “アメリカを築く手伝いをしろ!”

 ・・・アメリカで生まれてもアメリカ人ではない。
 君らは犠牲となった2200万の黒人の一人だ。
 

 どこに民主主義が? 我々が見たのは民主主義〔デモクラシー〕ではなく偽善〔ヒポクラシー〕だった。
“アメリカン・ドリーム”? 我々にはアメリカの悪夢だ!



36 :世界@名無史さん:2005/10/12(水) 17:15:48 0
☆☆        ロロ
 ☆☆      ■■
  ☆☆    ロロ
   ■■  ■■
    ロロ ロロ
     ■■■
    ロロ ロロ
   ■■  ■■
  ロロ     ロロ
 ■■       ■■
ロロ         ロロ


37 :世界@名無史さん:2005/10/29(土) 01:22:15 0
ジョン・ブラウンのように奴隷制時代に武器を取って闘った黒人、
ハリエット・タブマンのように南部州からの脱走を支援した黒人も
もっと知られていていいと思うが、日本ではほとんど知られていないね。

38 :世界@名無史さん:2005/10/29(土) 01:36:26 O
ジョン・ブラウンは白人です。

彼の蜂起には自由黒人の同志は参加しましたが、

黒人奴隷たちは笛吹けども踊らずでした。

39 :38:2005/10/29(土) 01:55:01 O
ヴァージニアの奴隷たちは元奴隷の自由黒人ナット・ターナーが

指揮した1831年の大暴動でエネルギーを使い果たしたのかもしれない。

ジョン・ブラウン父子やフレデリック・ギャリソンたち、

また命懸けで奴隷逃亡に協力したクエーカーやユニテリアンら

白人協力者たちを忘れてはならない。

40 :世界@名無史さん:2005/10/29(土) 02:05:23 O
それにしても、南北戦争の時に奴隷たちが暴動も起こさずに、

北軍到来を待っていたのにはがっかり。

私は黒人の血が流れているから、なおさら残念。

41 :世界@名無史さん:2005/10/29(土) 02:12:07 0
米公民権運動のアイコン、ローザ・パークスさんが92歳で死去
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051025-00000876-reu-int

 [デトロイト 24日 ロイター] 米公民権運動の象徴的存在として知られる
ローザ・パークスさんが24日に、92歳で死去した。
 アフリカ系アメリカ人で裁縫師をしていたパークスさんは1955年、アラバマ州
モンゴメリーのバスの車中で白人に席を譲らなかったため、逮捕された。
この事件は米国で公民権運動が盛り上がるきっかけとなった。
 弁護士が明らかにしたところでは、パークスさんは24日夕、友人や家族に
囲まれうたた寝をしていたが、そのまま息を引き取ったという。



42 :39:2005/10/29(土) 02:12:50 O
「解放者」発行人のギャリソンはフレデリックじゃないか?

フレデリック・ダグラスと名前を混同してしまった。

43 :世界@名無史さん:2005/10/29(土) 02:24:07 O
>>41
ローザ・パークスさん亡くなったんだってね。

以前、彼女の自伝を読んだが、年季奉公人だったスコットランド人

を含めて彼女の先祖のことも書いてあって面白かった。

44 :kkkpositive:2005/10/29(土) 02:47:23 0
ああ?猿がぐだぐだ調子こいてんじゃねえぞこら!てめえら黒人擁護しようってのか?何故アメリカ軍は戦後日本人を絶滅させなかったのかね?猿皆殺しにしてロシアから東ヨーロッパ人種輸入すりゃよかったんに

45 :世界@名無史さん:2005/10/29(土) 02:55:28 O
>>44
馬鹿! 俺の正体はクランズマンなんだよ!

46 :世界@名無史さん:2005/10/30(日) 01:01:18 O
ジャングル黒べえ

47 :世界@名無史さん:2005/10/31(月) 09:52:07 0
アメリカにある、黒人差別の歴史を辿るような観光名所をご存知だったら教えてください!
キングの記念館くらいしか思いつかない・・・。
どなたかお願いします!!

48 :世界@名無史さん:2005/10/31(月) 10:40:24 0
公民権運動でググッてみ

49 :世界@名無史さん:2005/10/31(月) 11:07:47 0
>>48
マジ有難う!
助かった・・・

50 :世界@名無史さん:2005/10/31(月) 20:26:46 0
>>47
>>49
そりゃアラバマ州モンゴメリーのローザ・パークス博物館でしょ。

51 :世界@名無史さん:2005/11/12(土) 02:53:03 0
黒人差別と関係あるカキコなのかわからないけど、聞かせてください。

「黒人文化」を扱った本で、思想や黒人音楽を全体的に俯瞰できる様な本はありませんでしょうか?

是非とも宜しくお願いいたします。

52 :世界@名無史さん:2005/11/12(土) 02:55:19 0
ageさせてください。

53 :アイス・キューブ:2005/11/17(木) 02:25:24 O
俺は黒人文化が大嫌いだ!

コンビニもラップとやらをかけるのも止めろ!

54 :世界@名無史さん:2005/11/17(木) 02:28:57 0
良いじゃないか
「黒人文化」なんて呼べるものはそういくつも日本にないだろう

55 :アイスT:2005/11/17(木) 03:40:02 O
俺はニガーだ!

56 :世界@名無史さん:2005/11/17(木) 12:45:00 0
日本の音楽関係はクラシックと純邦楽以外ほとんど黒人文化のアレンジだろ。
軽音楽はJAZZ、ブルース、ゴスペルの影響が大きい。

57 :世界@名無史さん:2005/11/23(水) 01:45:01 0
パンチパーマも昔はニグロパーマと呼ばれてたっけなあ。
名前の通り黒人の髪を模したのが始まりらしい。
インパクトが強烈なので「パンチの効いたパーマ」って訳で今の名前になったと聞いた。
 
北島サブ御大も述懐してたなあw

58 :高知少将ジーモン土佐守ジョーカー:2005/11/23(水) 02:13:24 O
俺の親父は天然アフロヘアーだったよw

俺は顔は親父によく似ているが、頭髪は直毛に近い波状毛。

妹の方がくせ毛で、子供の頃ラーメン頭とかブロディとか言われて

かわいそうだったよ。

59 :世界@名無史さん:2005/11/23(水) 02:29:22 0
ドレッドヘアもカリビアンのラスタが起源。
髪型か言えるかどうか解らんが頭を丸坊主にするのはNBAの黒人スター選手
マイケル・ジョーダンがハゲ隠しに始めたのが起源。

60 :世界@名無史さん:2005/11/28(月) 00:47:58 O
ハゲ隠れてなかったけどね

61 :世界@名無史さん:2005/11/28(月) 09:45:17 O
朝鮮戦争の際に黒人米兵の一部は福岡で凄い集団レイプをしたらしい。

最前線送り間違いなしだったから気持ちが荒んでいたのだろうが。

松本清澄の小説のモデルとなった事件はそれとは別で、朝鮮戦争の

2年ぐらい前だったかな、脱走した数人の黒人米兵が、民家に押し入って、

強姦強盗殺人をやらかした事件が題材。確かこれも九州。

62 :世界@名無史さん:2005/11/30(水) 13:25:04 O
>>61
つい何年か前も黒人米兵たちが沖縄でレイープした罠。

63 :世界@名無史さん:2005/11/30(水) 20:54:06 0
50.60年代当時 アメリカの黒人差別は他の国にはどう見られてたの?
アパやめろって騒がれてた南アフリカみたいな感じ?

64 :世界@名無史さん:2005/11/30(水) 20:58:01 0
>>63
エチオピアは「少なくともアメリカは何も
隠していない」と半ば擁護していたが、
当時のエチオピアはハイレ・セラシェ時代で
親米だったからね。

65 :マイク・タイソン:2005/11/30(水) 21:07:04 0
俺レイプなんかしてないよ。

66 :ОJ:2005/11/30(水) 21:15:03 0
俺、殺人なんかしてないよ。

67 :世界@名無史さん:2005/11/30(水) 21:32:57 O
ジョージアで判事らを射殺して逃走した強姦犯も黒人。

68 :マイケル・ジャクソン:2005/11/30(水) 21:39:12 O
僕はピーター・パンなんだ。

69 :マーティン・ルーサー・キング:2005/11/30(水) 22:07:57 0
俺エロなんかじゃないよ。

70 :世界@名無史さん:2005/12/01(木) 00:08:18 0
なんでジェファソン=デーヴィスって黒人に助けてもらえたの?

71 :ジーモン ◆.5DV4fMpf6 :2005/12/10(土) 08:47:57 O
>>70
南部には「ご主人様〜」みたいな奴隷根性そのものの黒人がいたから。
南北戦争中は大勢の青壮年ディキシーが戦地に赴いていて、
恰好のチャンスなのだから暴動を起こすべきだった。
自由黒人・逃亡奴隷の兵士を含め数多の北軍将兵が死んでいるんだよ?
それを北軍が来るのをただ待っているなんて情けない。
利口といえば利口だが、自主性ゼロ。俺は恥じる。

72 :世界@名無史さん:2006/01/03(火) 13:16:57 0
624 名前:名無番長 :2006/01/03(火) 01:37:03
湾岸戦争後の黒人は服装からしてキモヲタの田舎ヒップホップみたいでダサい
白人のリッチなおしゃれの方が都会的でたぶんイケテル。




73 :世界@名無史さん:2006/01/03(火) 17:33:32 0
>>70
全員、虐待を受けているわけじゃない。

74 :世界@名無史さん:2006/01/26(木) 08:51:02 0
ニューオーリンズ市職員:「すごいハリケーンが来るらしいぞ。これは堤防が決壊しちゃうかもしれないな」
ニューオーリンズ市課長:「堤防に守られたミシシッピデルタの中洲に誰かいるかもしれない。ちょっと見てこい」

   ==10分後==
ニューオーリンズ市職員:「課長、大変です。ミシシッピデルタの中洲が黒人どもが住むスラム街になっています」
ニューオーリンズ市課長:「それは困ったな(棒読み)。とりあえず避難勧告して来い(さらに棒読み)」

   ==30分後==
ニューオーリンズ市職員:「ミシシッピデルタの中洲で生活をしている貧乏人のみなさ〜ん!危ないですからここから出て行ってくださ〜い!」
黒人 :「なんだじじい!俺達に命令するつもりか!」
ニューオーリンズ市職員:「でもハリケーンで危ないんです」
黒人 :「うるせー!」 \(~0`)/ ○(`_')oおりゃー

   ==3時間後==
ニューオーリンズ市職員:「あの〜」
黒人 :「ん?なんだ?まだ文句あんのか?」
ニューオーリンズ市職員:「ヒー!(>_<)そ、そうだ、おまわりさんを呼ぼう!」

 

75 :世界@名無史さん:2006/01/26(木) 08:53:13 0
  ==10分後==
警察官 :「あ〜チミチミ。ミシシッピデルタの中洲から出て行きなさい」
黒人 :「あんだ?コラ。ポリ公のクセしやがって。ペッ(>O<)(-.-)」
警察官 :「三角州は危ないぞ」
黒人 :「大丈夫だよ。( ̄^ ̄)てめえのケツはてめえで拭くよ」
ニューオーリンズ市職員:「堤防決壊する前にサイレンを鳴らしますから、絶対逃げてくださいよ、絶対ですよ」
黒人 :「うぜえっつーのが分かんねーのか!」

   ==10時間後==
サイレン:ううううううううううううううううううううううううううううう
黒人 :「\(~O~)/ふぁーーーーあ、よく寝た。なんだ、うるせえな」

   ==2時間後==
〜〜〜〜〜T(;´Д`)タスケテ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

結局は逃げる意志のない人が死んだのね。 了解
ニューオーリンズは終わりですね。  了解
横浜市で、ニューオりーンズ支援チャリティー・コンサート  不可解



76 :世界@名無史さん:2006/01/26(木) 14:54:51 0
マルコムXの言葉は、どうしても共感せざるを得ない。
黒人でなくとも。

77 :世界@名無史さん:2006/02/27(月) 05:10:26 0
黒人なぞ、所詮第二次大戦中に自分たちの支配者である白人共を助けるために銃を担いで
有色人種の日本軍と戦った犬。
白人様のケツの穴を喜んで舐める奴隷根性が骨の髄まで染み込んでいるのだろう。
大好きな白人様に一生アメリカ大陸でこき使われてるのがお似合いだ。

78 :世界@名無史さん:2006/03/02(木) 23:38:13 0
ベトコンが戦場で撒いたビラに黒人兵用バージョンがあったって本当ですか。
「君たちは本当の敵を間違えている。
 真に銃を向けて闘うべき相手は
 君の背後で指図する白人将校だ。
 故郷で君の家族を虐げる白人社会だ。
 共に闘おう」
ってな文面だったかな。

79 :世界@名無史さん:2006/03/02(木) 23:40:34 0
かつてのアメリカには、黒人奴隷の数を増やすために、奴隷女に「種付け」する商売があったというね。


80 :世界@名無史さん:2006/03/02(木) 23:56:24 0
そういうことを平気でやる国が大東亜戦争を日本に仕掛けたわけだ。
パールハーバーはアメリカの陰謀であって、日本は侵略された被害者。

81 :世界@名無史さん:2006/03/03(金) 00:23:09 0
>>80
臭い詭弁だね。日本は加害者だよ。


82 :世界@名無史さん:2006/03/03(金) 00:35:13 0
半島人乙!

83 :世界@名無史さん:2006/03/03(金) 01:22:27 0
>>79
ソースキボンヌ


84 :世界@名無史さん:2006/03/03(金) 01:27:34 0
ソースはないが、白人がどういうやつらかかんがえたらそういう商売は
あると考えてまちがいない。

85 :世界@名無史さん:2006/03/03(金) 01:34:19 0
>>83

「黒人奴隷 種付け」でぐくったら結構でて来るよ。

86 :世界@名無史さん:2006/03/03(金) 01:34:29 0
>>79
自分で種付けする事もあったんだとw

87 :世界@名無史さん:2006/03/03(金) 01:47:01 0
種付け男を雇うのは、雇い主に性欲が無い場合か、奥方の嫉妬が怖い場合か?


88 :世界@名無史さん:2006/03/03(金) 01:53:26 0
猿に嫉妬するワイフは居ない

89 :世界@名無史さん:2006/03/03(金) 04:31:42 O
映画【世界残酷物語】シリーズ観ると黒人奴隷同士の種付けの他、
白人の主人が女房に隠れて黒人女奴隷と遊んで生ませた子供まで、
売り飛ばしていたらしいな。

90 :世界@名無史さん:2006/03/03(金) 04:53:43 0
>>89
ひでえな。肉親の情は存在しないのか・・・。

91 :世界@名無史さん:2006/03/03(金) 09:05:34 0
だっちわいふとの子供まで勘定に入れる馬鹿はいないだろ

92 :世界@名無史さん:2006/03/03(金) 09:08:41 0
モンドムービーをソースにする馬鹿共。

93 :世界@名無史さん:2006/03/03(金) 11:59:29 0
しかし黒人女に性的魅力を感じたりするかね?
白人の奥様が、マッチョでチンチンの大きい黒人男をベットに誘い込む事のほうがありえるが。


「千一夜物語」も、お后が黒人奴隷と浮気する場面から始まる。

94 :世界@名無史さん:2006/03/03(金) 15:04:00 0
>>78
ビラそのものは、真実かどうかわからんが、黒人帰還兵自身が、
北ベトナム兵やベトコンは、俺達を「NIGGER」と呼ばないって、反戦デモやったとの記録がある。

ブラック・パンサーやネーション・オブ・イスラムは、もっとはっきりと「白人の戦争」だって言い切っている。

95 :世界@名無史さん:2006/03/05(日) 21:09:19 0
ブラック・パンサーやネーション・オブ・イスラムってどういう連中かわかっていっているのか

96 :世界@名無史さん:2006/03/26(日) 12:33:03 0
>95 
御高説願おうかw

97 :世界@名無史さん:2006/04/08(土) 16:51:07 0
アフリカはリベリアのアメリカの解放奴隷の子孫の黒人はどうだ

98 :世界@名無史さん:2006/04/18(火) 08:56:44 0
>>457 これがニガーの本性だ良く見ろ!!!!
クインシー・ジョーンズhttp://www.ragtagfilm.com/archives/images/listen.jpgは鬼畜

最初の嫁との子。おそらく最初の嫁は黒人。同級生だったらしい。
http://www.geocities.com/rashidaonline/photos/jolie3.jpg

そして売れるようになると黒人女を捨て、金髪女とばかり付き合いだすようになる。レース トレイター!!

二番目の嫁はスウェーデンストックホルム出身の金髪モデル
http://www.bbb.se/images/skonlitteratur/biografier/bios_redcarpetblues.jpg
不思議とスウェーデン人との間にできた子供の方が黒人っぽさが残ってるな
http://www.2pac2k.de/imgs/qdiii.gif

三番目の嫁は、ペギーリプトン(女優で金髪)
http://www.fiftiesweb.com/tv/peggy-lipton-c.jpg
姉は殆ど白人
http://images.tvnz.co.nz/tvnz_images/tv2/programmes/ny_lon/rashida_jones_d.jpg
妹は黒い血が強く出たな
http://www.blackflix.com/images/articles/multiracils/kidadajones.jpg

四番目の嫁はナスターシャ・キンスキー(超有名ドイツ女優、また金髪)
http://www.asahi-net.or.jp/~rn6d-hnd/people/nastassja_kinski.jpg
ガキと一緒
http://www.geocities.com/rashidaonline/photos/kinski2.jpg

そんなに自分の黒い血が憎いか!そんなにまでして黒い血を消したいか!
おまえはタイガーウッズか!


99 :世界@名無史さん:2006/04/18(火) 14:33:08 0
>パールハーバーはアメリカの陰謀であって
コヴァ乙

100 :世界@名無史さん:2006/04/18(火) 23:36:30 0
パールハーバーに限らずアメリカが戦争をしかけるタイミングには
奇妙な符号が一致するんだよね。

9.11はさすがに違うと思うが、それ以外の事例がたくさんあるね。
戦争したいけどアメリカは厭戦気分、なにか一つ起爆剤が欲しい、、、
って時におかしな事件が起こるんだよなあ。

101 :世界@名無史さん:2006/04/18(火) 23:55:26 0
>パールハーバーに限らずアメリカが戦争をしかけるタイミング


102 :世界@名無史さん:2006/04/19(水) 00:00:31 0
>>101
対ドイツ戦争のこと。
パールハーバーのおかげで、日本との同盟国ドイツとも
戦争できるようになった。


103 :世界@名無史さん:2006/04/19(水) 00:25:27 0
アフリカにあるリベリアなんて国はアメリカで奴隷から解放された黒人を移住させて出来た国なんだよな。
戦争で国を駄目にしちゃってるけど。

104 :世界@名無史さん:2006/04/19(水) 00:39:03 0
帰還組が在来住民を牛耳ってきたからだね。
国旗からしてアメリカの出先だし・・・

105 :世界@名無史さん:2006/04/19(水) 09:34:04 0
>>103
アメリカと同じ憲法作っても、人種レベルが違うと
結果は違ってくるって
ケビン・ストルムという高名な学者が言ってました。

106 :世界@名無史さん:2006/04/19(水) 13:07:44 0
>>103
一瞬リビアかと思ってビビった

107 :世界@名無史さん:2006/04/19(水) 16:06:42 0
リベリア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%99%E3%83%AA%E3%82%A2

108 :世界@名無史さん:2006/04/19(水) 18:42:54 0
田舎者に民主主義は無理だってことだ。

109 :世界@名無史さん:2006/04/20(木) 11:18:57 0
逆に黒人は超メジャー国家アメリカに連れて来られたからこんだけメジャーな存在になった
アフリカにいたままなら誰も黒人なんかに興味もたなかっただろう

黒人の音楽は西洋音楽にアフリカのリズム混ぜただけだし
ハリウッドや音楽で黒人が出て活躍して露出度が高いのもアメリカにいるおかげ
日本人の方が長い伝統とはるかに高度で繊細な文化築いてんのに
世界で評価されるのは西洋社会に浸透してるというだけで黒人文化なんだよな

110 :世界@名無史さん:2006/04/20(木) 12:25:00 0
奴隷貿易とは奴隷制度を批判したりするけど、アフリカ大陸にいる黒人より
アメリカに連れてこられた黒人奴隷の子孫の方が、遥かに良い暮らししてるよな。

111 :世界@名無史さん:2006/04/20(木) 13:13:31 0
>>109
>>110
そうそう、黒人(特に男)はおいしい想いもしてるよ
差別差別言って存在を認められたいなら自分達で国を立て直してみろよ、どうせ出来ない無能なくせに


112 :世界@名無史さん:2006/04/20(木) 16:52:44 0
無理に決まってる。生活保護でしか食えんのだから。

113 :世界@名無史さん:2006/04/20(木) 16:56:31 0
>>111
男じゃなくて男性といえや。
糞フェミ工作員が。

114 :世界@名無史さん:2006/04/21(金) 23:15:24 0
ジャポニズムが評価されてた時代黒人はまだ奴隷だったんだが。
マルコムXなんかみてもアメリカの黒人はアイデンティティの喪失に悩んでるだろ。
評価されてるのは黒人文化では無くその個人だ。

115 :世界@名無史さん:2006/04/22(土) 05:24:15 0
“MAD TV”なんか権利ばかり主張して働かない黒人とか、よくネタにしてるな。
都合が悪くなると「約250年前に我々の先祖はアフリカから(中略)、謝罪と保障を(後略)」とか。

まあ白人同士でも「何でもアリの国・カナダ」ネタは定番としてあるけど。

116 :世界@名無史さん:2006/04/26(水) 03:55:03 0
マルコムXは1/4くらい白人。マンデーラは黒人ではない。
コイサンマン系。

117 :世界@名無史さん:2006/04/26(水) 04:13:47 0
カポイドも広義のネグロイドじゃなかったっけ?

118 :世界@名無史さん:2006/04/26(水) 05:11:58 0
まあよく知れねーが、真っ黒ニガーではない。

119 :世界@名無史さん:2006/04/26(水) 11:22:09 0
つーか黒人でもクリオール(白黒混血)は黒人社会の指導層だったんだろうな

120 :世界@名無史さん:2006/04/26(水) 15:03:58 0
黒人のほうが優性遺伝っていうところが痛いな。
白や黄色とどんなに混じっても、外見はなかなか黒人から抜け出せない。
マルコムXもタイガーウッズも見た目は殆ど黒人。

121 :世界@名無史さん:2006/04/28(金) 04:25:11 0

今や、エンタメ(特に音楽関係)は黒人歌手が大人気だね。
成功してもドラッグ中毒になる人が多いのは謎だけど。

122 :世界@名無史さん:2006/04/29(土) 18:37:19 0
昔から、歌歌うか、運動するしかないだろ。
パウエルやライスは一種の突然変異だ。

123 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 09:22:38 0
ポルトガルがブラジルで奴隷の養殖をやっていたのは、有名な
話らしいね。産業革命以前は、とにかく人手が経済の基盤だった。しかし、
アフリカの黒人の若い男の乱獲がたたり、力のある男の黒人が
いなくなってしまった。そこで、若い女の奴隷に種付けをして
とにかく生めよ、増やせよ作戦をやったんだ。
奴隷の女だから、いちいち見合いさせて、結婚させるなんて面倒なことはもちろんなし。
種付け専門(業者)の男が、1日、7,8人の女の奴隷に種付けしてまわった。

それで、今も、ブラジル人は、黒人同士で結婚しても、隔世遺伝で
突然、金髪の白人の赤ちゃんが生まれることがよくあるんだってさ。

124 :ゴリエ¥:2006/05/15(月) 16:20:44 0
トテモコクジンサベツノコトガワカッタ

125 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 18:00:43 0
>>123

映画の残酷大陸では、黒人の種付け奴隷が毎日毎日、
6人の女の奴隷とセックスしていたって言っていたが、

ポルトガルの奴隷の養殖では、毎日、7、8人とセックスか。
平均をとると、男が毎日セックスするのに6、7人が限界みたい。

話は少し変わるが、ソープの女の子は、1日、6.7人が
平均みたいだね。男と女では、全く違うか?!

126 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 20:26:08 0
韓国人慰安婦は一日百人相手
させられたと言ってたがマジだろうか?

127 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 23:33:43 0
>>126
残酷大陸の種付け男、毎日、6人の女とセックス。
子供を作るだけが目的でのセックスで、
1日の睡眠時間が6時間として、残りの18時間で、6人の女とセックスするとなると
3時間おきに、やるわけですね。
毎日、そんなことをやっていたら、チンチンにタコができそう。


128 :世界@名無史さん:2006/05/16(火) 00:21:38 0
>>125
まじスレご免ね!

ソープでは常連さんは、お話だけしてシナイ人も多いのよぉ〜

タタナイ人とかイカナイ人も多いしぃ〜

二,三割人数減らして良いよ!


129 :世界@名無史さん:2006/05/16(火) 10:24:58 0
マンディンゴって、いう映画があるが、その映画で種付け専門の黒人奴隷が
でてくるよ。アメリカでかなり問題になった映画。

映画には、牛や馬みたいに、黒人の奴隷を養殖して増やす牧場みたいのが
でてくる。牧場主の白人の奥さんが、種付け専門の黒人奴隷と
浮気をして、真っ黒の赤ちゃんを産むという話らしいよ。
ビデオ屋にいって、もしあったら借りてみようかな。

奴隷専用の牧場があったのは、ほんとだから、毎日,
早朝から夜遅くまで、6回セックスの
種付け奴隷も、きっと本当に、いたんだろうね。
俺も、そんな奴隷をやってみたいなんて、思ったりして..

130 :世界@名無史さん:2006/05/16(火) 17:10:58 0
白人でも南部のレッドネックのように知性と教養に欠け、人種差別以外フラストレーションの
捌け口が無いよう奴等がKKKに入って、映画「ミシシッピーバーニング」のような狂気に
走るのかねぇ〜。

合衆国には整備された奨学金制度があるから、頭脳明晰で差別に耐えられるだけの精神力を備えた
有色人種には高度な教育の機会が与えられるから、社会の下層から這い上がることも可能なのさ。

パウエルのように軍隊を這い上がる梯子にした人間もいる。ベトナム戦争に従軍し、前線勤務で叙勲されて
いたと思ったが。とにかく湾岸戦争のときは制服組のトップまで上り詰めているし、国務長官時代も高い評価を
得ている。

私を含めて此処に書き込むようなクズでは、そういう制度で這い上がることなど出来ないと
確信してしまう。

話し変わるがブッシュとパウエルとライスの三人のうちで一番読書量が少ないのは、聖書しか読まないあの人だろう?


131 :世界@名無史さん:2006/05/16(火) 17:37:48 0
当人が「私が図書館司書と知り合って妻にしたなんてミステリーだ」とネタにしてるくらいですし。

132 :世界@名無史さん:2006/05/20(土) 00:57:35 0
アフリカ、ブラジル、どちらとも、原住民が
それこそ、拉致されて売買され、家畜同然に、
繁殖のようなことを強制されていたんだが、あまり
はっきりと皆、話したがらないよね。国にとっては不名誉な
ことだし。
奴隷の牧場があったり、奴隷を養殖していたっていうのは
驚きだね。

133 :世界@名無史さん:2006/05/20(土) 01:01:33 0
子孫が生き残っているからタブーなんだろう

134 ::2006/05/20(土) 14:57:52 0
ブラジルでは奴隷が開放されて、農場での労働力が不足した。
欧州移民でまかなおうとしたが、思うように農場で働いてもらえる
欧州移民がいなっかった。そこで日本からの移民が農場で働くように
なった。

135 :世界@名無史さん:2006/05/21(日) 06:29:42 0
>>123
種付け業者の血が、自分の身体に遺伝として組み込まれてるのって
どういう気分なんだろうな?

136 :世界@名無史さん:2006/05/21(日) 22:01:27 0
>>135
世代が変わってしまえば、全くわからなくなっちゃうよね。
たとえば、おじいさんが、種付け奴隷だったなんて。

当時に人工受精の技術があれば、、1日6回のセックスなんて
させなかっただろうね。

137 :世界@名無史さん:2006/05/22(月) 03:07:38 0
よく嫌中バカが、世界各国市民の好感度調査で日本がトップで、中国は悪かったってコピペ貼ってるけど、
その調査で評価対象になった国は日本含めて9カ国。
http://www.worldpublicopinion.org/pipa/articles/home_page/168.php?nid=&id=&pnt=168&lb=hmpg1
順位は、見てのとおり
(EU)>日本>フランス>イギリス>インド>中国>ロシア>アメリカ>イランだよ。

ブッシュアメリカは世界中で中国より嫌われてる戦争屋。
中国は    好きが20 嫌いが10
アメリカは  好きが13 嫌いが18  

都合のいいとこだけ切りぬかないようにね。
中国もガス田とか積極的だけど、アメリカはそれどころじゃなくて
ウソの大量破壊兵器をでっちあげて戦争ふっかけて、石油を全部強奪したんだよ?
ウヨのいう「盗掘」どころの騒ぎじゃない。
なお、日本が上位だった理由は、間違いなく戦後平和的に国際社会に
金銭面・技術面等で尽くしてきたのが、評価されたからだろうね。素直に認めようや。

【結論】:ブッシュアメリカは中国より世界中で嫌われてます。

原住民の虐殺原・住民の土地を強奪、黒人奴隷・黒人差別・戦争屋・テロリスト支援・クーデター政府転覆支援・・・
他の国がやっている悪事で、この国がしてこなかったものは一つもないといっていい。

138 :世界@名無史さん:2006/05/22(月) 05:59:35 0
戦争に対してかなりの部分を情報公開している国と、
自国に不都合な情報を一切流さない国と、
同列で語ってる時点でアカの工作員乙、だよ。
支那が支那版情報公開でもしたら、一気にアメリカ帝国と並ぶだろうよ。

139 :世界@名無史さん:2006/05/22(月) 13:28:50 0
種付け屋って、白人じゃなかったの?
黒人同士だったら心情的に種付けしにくいので、事務的にこなせる白人が種付けした、と
以前聞いたが。

140 :世界@名無史さん:2006/05/22(月) 14:18:02 0
黒人同士なら心情的にしにくいというのはないだろ

141 :世界@名無史さん:2006/05/24(水) 01:29:04 0
ソースが映画

142 :世界@名無史さん:2006/05/24(水) 09:40:46 0
黒人を家畜のかわりに飼育している牧場が舞台。

黒人で、マンディンゴ種(アフリカの一族)があって、、
その若い男を1人、種付け用に買い入れて、女の奴隷たちと
子づくり専門に仕事をさせていた。

牧場主の白人の奥さんが、種付け用の若い男
にセックスを強要、まっくろの赤ちゃんが産まれる。

映画 マンディンゴのあらすじ。

143 :世界@名無史さん:2006/05/24(水) 09:41:31 0
是非みたいが、レンタルビデオ屋でみつかんねー

144 :世界@名無史さん:2006/05/25(木) 01:50:44 0
マンディンゴはあまり、エッチな内容ではない。

映画『残酷大陸』の方がすごくエッチ。
種付け奴隷が数十人の奴隷女を相手に、1日に6人相手に
種付けする話。

145 :世界@名無史さん:2006/05/26(金) 01:16:55 0
全部、ソースは映画。
これが2chクオリティー


146 :世界@名無史さん:2006/05/26(金) 06:10:00 0
>>137
必死に書いてるけど全て的外れ。
マスコミや中国はアジア諸国が日本を嫌ってといってきた。
しかし
アジア諸国とは実質特定3カ国のことであり、
アジアや世界全体では中国の方が嫌われているということが
白日の元に晒された、この事実がその報道のミソなんだよ。

>都合のいいとこだけ切りぬかないようにね。
それをやってるのがあんただな。あなたの場合、そればかりか
まったく関係ないことを持ち出して論点をずらしている。
ガス田盗掘よりアメリカが世界で悪いことしてます、なんて言っても
中国が日本の資源を盗掘している事実に変りはない。
直接の被害者が日本、加害者が中国。よそでもっと悪いことをしている
ヤツがいれば、中国は盗掘をやめるわけではない。罪が許されるわけではない。

侵略というなら、中国の領土は1/3くらいは侵略したものだろw
反米国家には社会主義的国家や原理主義的国家が多いから、そんな国に
好感を持たれるほうが危険かもしれないな。


147 :世界@名無史さん:2006/05/26(金) 22:07:38 0
日本でも放送されたテレビシリーズ「ルーツ」では
白人が奴隷狩りをやっているシーンがあるが、
これは嘘らしい。白人はアフリカ内部まで入って
奴隷狩りをやらなかったらしい。


148 :世界@名無史さん:2006/05/26(金) 22:23:17 0
拠点にいて、アフリカの奴隷商が売りに来るのを待っている
のが普通。

149 :世界@名無史さん:2006/05/27(土) 00:07:24 0
敵対部族の人間を売り飛ばしてたケースもあるんじゃないの?

150 :世界@名無史さん:2006/05/27(土) 02:00:45 0
>>148>>149
楽して効率良く黒人を拉致するためにね。
でも黄人(アジア)と同じようにナイジェリア系・ケニア系
複雑多様だべ。白人やおれらは「黒人」でひとくくりしがちだがね。


知り合いの黒人(大学の教授)はミネソタでバスやタクシーに
乗れなかったらしい。いまだにそんなもんかね



151 :世界@名無史さん:2006/05/27(土) 02:20:17 0
ミネソタ州は欧系とドイツ系移民が大半を占める。
ヒスパニックや黒人ほとんどいないらしいね。

http://www.geocities.com/go2america/minnesota.html

ミネソタは人種差別が少ない州?

ミネソタ人の性格を表す言葉に「ミネソタナイス」[Minnesota Nice]があります。
よそ者を大事にしてくれるという意味です。外国人などのよその人には、優しくする、
日本人みたいな性格です。表立って、人種差別はありません。しかし、外国人が
比較的少ない地域なので、外国人に慣れていないせいか、仲良くなるのには、とても時間が掛かります


こういう風にかかれているが、>>150みたいな事を聞くとスゲー排他的ないやな連中が住んでいて
とりつくろうためにこういう表現にせざるをえなかったとしかおもえないな。

152 ::2006/05/27(土) 02:36:27 0
気に入った情報ばかり盲信するな


153 :世界@名無史さん:2006/05/27(土) 02:37:51 0
>>147>>148
白人は加害者、黒人は被害者と一方的にストーリーを作りたいからだろ。
実際はそんな単純なものじゃない。


154 :世界@名無史さん:2006/05/27(土) 02:41:14 0
>>150
日本だって、宝石店で黒人が追い出されたなんて
氷山の一角だよ。日本に黒人は少ないのにね。



155 :世界@名無史さん:2006/05/27(土) 03:18:26 O
ぶっちゃけ黒人奴隷は黒人が白人に売り払ったのが真実。買うやつが悪いって話は置いといて。上にも書いてるけどもともと部族間抗争で奴隷が発生してたけど白人に売れば儲かるからと奴隷獲得が激しくなった

156 :世界@名無史さん:2006/05/27(土) 03:47:34 0
かのジョージ・ワシントンさんも、黒人奴隷繁殖牧場を経営して儲けてた口だよね

157 :世界@名無史さん:2006/05/27(土) 04:15:56 0
>>152
糞レス返す前に反証を出せオラ

>>154
そこから日本の話になんでつなげようとするのか?
ブサヨですか?

158 :世界@名無史さん:2006/05/27(土) 04:46:11 0
>>147
はて?「ルーツ」に白人が奴隷狩りをやっているシーンなんてあったけ。
クンタ・キンテは黒人に捕まったはずだが。

159 :世界@名無史さん:2006/05/27(土) 13:01:04 0
インディアンと黒人との混血「ブラック・インディアン」、この人たちは
白人からも、また被差別者であるインディアンからも差別を受けている・・・

160 :世界@名無史さん:2006/05/27(土) 13:34:44 0
ブラック・インディアンで検索するとやたらに大人のおもちゃがひっかかる件について

161 :世界@名無史さん:2006/05/27(土) 13:43:31 0
ジェームス・ブラウンって違ったっけ?

162 :世界@名無史さん:2006/05/27(土) 13:58:17 0
http://www.earthlodge.com/blackindian.html
黒人の30−70%とおおざっぱすぎるように感じるが、
インディアンの血も黒人に色強くのこっているそうだ。

163 :世界@名無史さん:2006/05/27(土) 17:40:58 0
マッカーサーが連れてきたニューディーラーの正体

日本の戦後は、アメリカの政界の最も悪質な部分である「ニューディーラー」にたちによってつくられた。
彼らニューディーラーたちは、1930年代のアメリカのリベラル勢力である。彼らの代表がフランクリン・ルーズベルト大統領であった。
この一部が敗戦直後にマッカーサー元師の取り巻きとして日本にも上陸した。
この者たちによって私たち日本人は、敗戦直後から現在までずっと管理・教育されてきた。この事を英文で書くと次のようになる。
The‘New Dealers'(i.e the prototypical globalists)brought int japan with their ideeas that brainwashed the japanese people
duringt the Occupation years.As a result,japan has led a sheltered existence for the past half-century from the rest of
the world in terms of prevailing political thoughts,thus creating a one- domineted ruling class. This ruling class then
intentionally isolated the country from the outside, in order to maintain control over the japanese people.
上の英文の訳
ニューディーラー(すなわち、グローバリストの初期の形態)が、占領時代に日本に彼らの思想を植えつけた。
その後、それらの意図的な思想が、日本国民の思考の中に根づいた。だから日本は、この半世紀の間ずっと、
世界中で通用している本物の政治思想や考え方から壁を作られて遮られてきた。
そして国内に専制的なひとつの支配階級をつくった。この支配層は日本国内の支配を維持するために、
日本を外側世界と意思が通じない状態に置く原因をつくった。
この英文を、自分の友人や知人のアメリカ人やイギリス人その他の英語圏国民に見せてみとよい。
政治問題に関心のある少し知的な英米人であれば、必ずそれなりの興味深い反応を示すだろう。
もし、本当に頭の良い賢明なアメリカ人であったら、「どうして、お前は、このことを知っているのだ?」
と驚かれたあとに、さらに多くの恐るべき真実をあれこれ語ってくれるだろう。
引用は副島隆彦「日本の危機の本質」P33〜34


164 :世界@名無史さん:2006/05/27(土) 18:41:00 0
アメリカでは南部擁護の言論がどんどん不可能になってるのか
嫌な世の中だなあ

165 :世界@名無史さん:2006/05/27(土) 22:58:20 0
戦争での差別
南北戦争
黒人解放の名目での戦争なんだが、北軍の白人兵と黒人兵
の待遇は差別的だった。(黒人はほぼタダ・白人には給料が)

WW1
黒人は海軍に入れなかった。理由・バカだから(らしい)

166 :世界@名無史さん:2006/05/27(土) 23:05:13 0
アメリカには「ジェマイマおばさんのパンケーキミックス」という商標のホットケーキミックスが有る。
箱には「頭に手拭いを巻いた、太った黒人の料理女」が描かれている。

黒人にこの絵が嫌われ、最近では「スマートな体を流行の服で包んだ黒人女性」が
描かれているという。

167 :世界@名無史さん:2006/05/27(土) 23:11:26 0
黒人も黄人(南米も)で差別をしているって知ってた?
日本人を他と区別してるみたい。
ロシア・アメリカと真っ向勝負をしてWW2中に多くの
日系人アメリカ人が強制収容所で殺された。黒人にはその
光景が彼等自信の過去にダブって見えた。
よって、黒人はベトナム街・チャイナタウン・コリアンタウン・
ユダヤ居住地・ヒスパニック居住地で暴動を起こしたり、差別
をしているが、日本人に対しては友好的だった。

168 :世界@名無史さん:2006/05/27(土) 23:14:47 0
>>158
あるよ。

169 :世界@名無史さん:2006/05/27(土) 23:19:26 0
黒人のバリー・ボンズがマグワイヤーのホームラン記録を塗り替えた年、
同じ黒人のローズが王貞治の年間本塁打の日本記録に王手をかけ、
日本人投手の汚い敬遠攻めで記録更新を阻止された。
これを見て俺は日本人のほうが差別感情が強いんだと痛感した。
あのランディ・バースも敬遠攻めで記録更新を阻止されたことがあるが、
アメリカじゃこんな卑怯な手は使わない。


170 :世界@名無史さん:2006/05/28(日) 00:08:51 0
ハリウッドの撮影所では、黒人やインディアンの俳優は控え室も便所も全部
白人俳優とは別の場所にされていた。 ほんの40年足らず前までの話。

171 :世界@名無史さん:2006/05/28(日) 01:23:28 0
>>170
早川雪舟はハリウッドスターと同じ控え室だった。


172 :世界@名無史さん:2006/05/28(日) 01:28:18 0
人種平等の精神なんてのは、強者の弱者に対するお情けに過ぎない。
だから日本人のような最初は弱者側だった有色人種は、ご都合主義に
「人種差別=悪」と最初から決めているが、アメリカ白人にはその感覚が少なく
白人である強みを生かそうという人間の性みたいなものが出るのだろう。
その点で、強者でありながら人種差別に反対した白人と、
弱者側だった日本人が人種差別に反対したのでは歴史的な価値がまったく違う。
全ての白人が人種差別主義者なら、有色人種は今でも鎖で繋がれて
奴隷にされていただろうから。


173 :世界@名無史さん:2006/05/28(日) 14:19:42 0
>>163
副島隆彦(爆笑)


174 :世界@名無史さん:2006/05/30(火) 10:13:43 0
>>167
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h12/jog132.html

175 :世界@名無史さん:2006/05/30(火) 22:18:03 0
>>172
日本人>>>>>>>>>>>>アイヌ人
日本人=強者

176 :世界@名無史さん:2006/05/31(水) 00:30:34 0
日本は世界最強の国だったのに弱者とはw


177 :世界@名無史さん:2006/06/04(日) 19:25:01 0
>>169
横綱昇進とかもあるしいろいろあるよ。
日本人は気がつかないけど。

178 :世界@名無史さん:2006/06/10(土) 01:10:42 0
日本人も白人を差別しているな

179 :世界@名無史さん:2006/06/16(金) 23:37:54 0
イスラムでも黒人に対する偏見が強かったが、それでいて、
ムスリムの黒人は好意的に扱われた。

180 :世界@名無史さん:2006/06/23(金) 13:27:07 0
age

181 :世界@名無史さん:2006/06/25(日) 16:14:07 0
副島って、戦争も維新も応仁の乱も縄文式土器も
みーんなイギリスの陰謀だったとか言ってた人だっけ

182 :世界@名無史さん:2006/06/25(日) 16:19:44 0
副島語るならオカ板でやれ。

183 :世界@名無史さん:2006/07/06(木) 16:31:42 0
白人はいいが、白人の行いを正当化するやつは詩ね。
10年いない二死ね、間違っても10年以上活きるなあなたはむしろ邪魔です。

184 :世界@名無史さん:2006/07/08(土) 12:48:35 0
インディアンは奴隷にすることもあったのですが、反抗的で奴隷労働に適さず
黒人はひじょうに従順で扱いやすかった。奴隷にされた理由だそうです。
人種論はまずいのであまり現在では触れられないと思います。
インディアンは誇りが高い、黒人は奴隷根性・・・などという言い方をすると
ちょっと人種差別的なはなしになります

しかしインディアンを黒人を比べると人口でもそう見劣りせず、南米では
農耕するインディオもいたので、むしろ多かったかもしれない。
また奴隷は種付け牧場でふやすこともできました。
なのにアフリカから黒人を奴隷として買った。

理由はいろいろ考えられます。
黒人は逃げることができない。にげても黒人=奴隷なのですぐつかまる。
しかしアメリカ白人が本家として手本にする欧州で黒人奴隷の歴史が長かったのが
なんといっても影響が強い。
ローマ帝国のころから欧州では黒人奴隷や黒人兵は日常的に使ってました。

日本にきた宣教師も黒人奴隷をつれてました。
なんでも欧州の流行にあこがれるアメリカ白人は、ヨーロッパ人が黒人連れてると
自分もぜひ欲しいと思ったことでしょう。

「風とともに去りぬ」のオハラ家にも巨大な黒人を使う父親がでてきます。
車を買うなら大きな車が見栄を張れるように
奴隷は体が大きいほうが力持ちで得だし、りっぱで見栄えがする。
だから奴隷繁殖はデカイ黒人を使い、体格の劣るインディアンは一代限り。。。
であったかもしれない。
また性的にも、尻の大きな黒人女性はそそるものがあったのでしょうね。

185 :世界@名無史さん:2006/07/08(土) 12:49:26 0
で、インディアンがドレイに適さない理由です。
気質的なものがあったようですが、黒人はひじょうに従順で扱いやすかった
といいます。

基本的に黒人はのんびりしてます。
映画などを見ても、白人が怒り出して奴隷をなぐっても、黒人は肩をすくめる
「ナニ怒ってるんだ?」そんなステレオタイプがあります。
奴隷は陽気なタイプにしないと話が暗くなる、ということもあるでしょうが
公民権運動のはじまる1960年代よりまえは、黒人はひじょうに控えめで
礼儀正しい人たちだったそうで。(いまのような怖いイメージは60年代より後)

犬は小さな犬ほど神経質でよくほえます。
大きな犬はおとなしく、めったに動じないイメージがあります。

身の回りを見渡しても、背の低い男はせかせかしてうるさいタイプが多い。
チビはあつかいにくい、といいます。このへんが女性に持てない理由でしょうか?
体の大きい人はどちらかというと、のんびりしてます。

モンゴロイドは背が低く、神経質だ。といえばそうでしょう。
日本人はとても手先が器用で仕事もミスしませんが、言い換えれば神経質です。

日露戦争でも日本兵は射撃が下手でライフルの弾はあたりませんでした。
日本人は神経質で敵を見ると引き金をガク引きしてしまう傾向がありました。
ロシア兵はゆっくり引き金をひいて射撃はうまかった。
ただし銃剣をつかう白兵戦になると日本兵はよく動き、日露戦争は勝ちました。
基本的に日本人は攻撃的な闘士、白人は静かな狩人だったのでしょう。

自由を拘束される奴隷は神経質なものには、とても勤まらないと思います。
これがインディアンがドレイに適さない理由ではないでしょうか。

陽気な黒人であれば、飯の心配もいらないし・・ちび白人がなんか吠えてるぜ
ととりあえず生きることはできます。

186 :世界@名無史さん:2006/07/08(土) 13:46:52 0
>>167

その日本が、黒人を差別しているという悲しい罠

187 :世界@名無史さん:2006/07/08(土) 21:06:55 0
古代ローマに黒人兵がいたの?
黒人奴隷をつれてきた宣教師は誰?

188 :世界@名無史さん:2006/07/08(土) 22:19:19 0
黒人兵は知らないが
黒人奴隷はいた

189 :世界@名無史さん:2006/07/08(土) 22:31:59 0
インディアンはある程度組織的に抵抗したから結構手を焼いたんじゃないか
あと最近の遺伝子研究ではインディオが少ないとされるブラジルでも
白人、黒人、インディオの遺伝子割合が70%,15%,15%の割合
白人国家といわれるアルゼンチンでさえも都市部では遺伝子割合20%がインディオ
まぁ田舎は全然混血してないヨーロッパ系が多そうだけど
それと北米でも白人は黒人よりインディアンとの混血の方が多い
インディアンは絶滅とか言われてるけど結構しぶとく現代人に残ってんだよね

190 :世界@名無史さん:2006/07/08(土) 23:26:39 0
>>185 むかしの白人映画に出てくる黒人の典型がシドニー・ポワチエ。

俗に言う「ショーウィンドーの中の」黒人、

つまり白人が一緒にいても「恥ずかしくない」「礼儀正しい」黒人というやつ。
白人映画を基準に黒人像を捉えようというのはちょっと安易過ぎますな。

191 :世界@名無史さん:2006/07/09(日) 00:36:22 0
古代ローマ軍を完膚なきまでに撃破したカルタゴの英雄ハンニバル将軍の切り札はヌミディア騎兵。
黒人騎兵です。
かれの戦法はローマ軍の背後を騎兵で突き、包囲殲滅するものです。

ローマはたくみな外交によりアフリカのヌミディア王国をカルタゴからひきはなし同盟国としました。
ハンニバルをやぶったスピキオの切り札もやはりヌミディア黒人騎兵。カルタゴははほろびました。

カルタゴは優れた海軍を持ち、伝統的に陸軍は外国傭兵に頼っておったのですが
(ハンニバル軍もスペイン歩兵や黒人騎兵が主体)、黒人兵や黒人奴隷は
身分はカルタゴ人よりずっと下とされていたました。
これがわざわいして兵士の大反乱がおき、ハンニバル将軍はカルタゴ貴族の子弟をひきいて軍を編成
かつての部下を皆殺しにしました。貴族軍は勝ったが凄惨な鎮圧の結果、カルタゴの国力は低下しました。

カルタゴはローマと不戦条約をむすびましたがヌミディア王はカルタゴを執拗に挑発。
カルタゴはヌミディア王国に応戦。ローマは同盟国ヌミディア王とともにカルタゴをほろぼします。
そしてローマはカルタゴの土地を、属州アフリカと改名しました。

ヌミディア王マッシニッサは身長2Mで、百歳で子を作ったという怪物です。
ローマは88歳で馬に乗って戦闘を指揮するというマッシニッサをそそのかし、カルタゴを挑発し、
条約違反の責任を押し付た。
ローマ同盟国ヌミディアは、王マッシニッサの死後乱れローマの討伐を受けます。
ユグルダ戦争です。マリウスやスラはここで台頭します。
ヌミディア王国は滅亡後にローマの属州アフリカ・ノヴァとなる。

192 :世界@名無史さん:2006/07/09(日) 00:37:47 0
カルタゴはよく第二次大戦の日本帝国と比較されます。
カルタゴ=日本、アメリカ=ローマ、中国=ヌミディア王国、という役でしょう。

確かにローマの地中海覇権はカルタゴ滅亡でえられたもので、アメリカの覇権も日本の真珠湾攻撃で
開戦して得られたものです。

193 :世界@名無史さん:2006/07/09(日) 04:38:37 0
>>188
黒人をつれてきたイエズス会の宣教師がいて、
信長に会い。信長は信じず、家臣に身体を洗わせた
という話がある。

194 :世界@名無史さん:2006/07/09(日) 05:24:20 0
インディアンは身体が弱くてばたばた病気(伝染病)で死んだので
黒人を奴隷に使い始めたんだよ。

195 :世界@名無史さん:2006/07/09(日) 11:16:02 0
旧世界から持ち込まれた感染症に対して免疫がなかっただけで、身体が虚弱と言う
わけではないと思うが。

黒人と思われるローマ皇帝もいなかったわけじゃない。
ペスケンニウス・ニゲル【在位193―194】
セプティムス・セウェルス帝に敗れた僭帝だけどね。

196 :世界@名無史さん:2006/07/09(日) 22:46:56 0
>>184
>また奴隷は種付け牧場でふやすこともできました。
ソースがただの映画だけ

197 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 07:29:05 0
黒い聖母マリア

サンパウロの町の中心はセントロと呼ばれていて、その中心に子供を抱いた黒人の聖母マリア像がある。

ご存知の通り、ブラジルは元ポルトガルの植民地で、それ以外のラテンアメリカは元スペインの植民地
であって、ポルトガルとスペインの植民地の境界は当時のローマ法王が引いたものだ。

ブラジルでは純粋な白人は1980年当時で20%前後、あと8割は黒人か、黒人と白人の混血。
黒人の混血の相手はポルトガル人が圧倒的で少数のインディオとの混血がいる。
わが同胞の日系人はたった1%で、ブラジルのいいかげんな統計上では誤差の範囲に入る。

ポルトガル人のやった、世界史に残る大発明に奴隷の養殖がある。

始めはアフリカ(アンゴラとかカメルーン)から屈強な若い男の奴隷を連れてきたが、魚の資源と同じで
乱獲が祟って、もう奴隷に使えそうな若い男がいなくなってしまった。
そこで考え出されたのが奴隷の養殖で、若い女性を連れてきて種付けして養殖すると言うことを始めた。

始めはポルトガルで実験して本番は最大の奴隷の輸入国だったブラジルで行われた。
人間を増やすための一種の牧場である。
種付けをやるのは白人荘園主の仕事で、喜んでやったのか仕事としてしぶしぶやったのかは知らない。
この結果やたらに混血アイノコが増えた。いまやブラジルの8割をしめてる。

1984〜5年のブラジルが大変な不況の時に、ブラジルの悲劇はポルトガル人によって発見されたとき
から始まったと言われた。。


198 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 21:37:21 0
これもソースがないなw

199 :世界@名無史さん:2006/07/11(火) 00:40:10 0
↓これがアメリカにおける黒人のあつかい。

アメリカで白人が黒人を差別する理由は、黒人の8割が白人との混血だから。
正確にいうと、ほぼ100%に白人の血が入っている。

黒人奴隷の時代に、奴隷を増やして売るための種付け専門の白人男がいた。
つまり女奴隷をセックスする仕事。
白人農場主は、子供から仕込んだほうが素直であるとよろこんだ。

そして白人との混血女だと値が上がった。これは仕入先の夜の奉仕の為。
たまにうまいぐあいに、カワイイ子がうまれると高く売れた。
農場主は買った黒人メイドに種を仕込んで子を産ませ、それで生産量、財力をふやした。
アメリカ大統領ジェファーソンも、その趣味に打ち込んでいたといわれる。
人の少ない開拓地では人口=財力。

これを嫌ったのは妻の白人女性で、それで東部は奴隷解放を支持した。
アメリカ東部はアイルランドやドイツ人を満載した移民船がぞくぞく着いて
白人労働者が余り、もはや黒人奴隷になど頼る必要はなかった。
ただ南部では深刻な人不足、女不足に悩んでおり、黒人奴隷も家族のように大切
という違いがあった。 これが南北における奴隷解放の対立につながる。

つまりアメリカ黒人は生まれが卑しく、先祖をたどればすべて種付け男と奴隷の
アイノコだと祖国のアフリカ人からもしばしば罵倒されるのだ。

200 :世界@名無史さん:2006/07/11(火) 01:21:16 0

  「ブラジルにも黒人はいるのかね?」

          ↑ 5年ほど前、訪米したブラジル大統領に対するブッシュJrの発言

201 :世界@名無史さん:2006/07/11(火) 02:54:39 0
差別は酷いが黒人は差別されるだけ、ともいえる。
白人は白人でいじめがある。田舎では一生やられる。
だいたい悪口は生まれに関するもので、オマエは近親相姦でうまれた低脳という下品で笑えないもの。
じっさい田舎の白人は近親相姦が多いらしい。児童虐待も多い。
南部にいる「白人の屑」は字もろくにかけないような頭で、黒人もさげすんでる。

202 :世界@名無史さん:2006/07/11(火) 02:55:50 0
奴隷時代、金持ち旦那の屋敷の奴隷で幸せだと黒人はいい、妙な話だが奴隷をもってないような
貧乏白人の家をさげすんだ。
大会社の社員が、中小企業を馬鹿にするようなものか。

203 :世界@名無史さん:2006/07/11(火) 15:23:58 0
>>184-185
ここまでどうしようもなく低レベルな駄文の集積を見たのは初めてだ。
まるで糞の山だな。
この長文を書いた奴は、一体何を思いながらキーボードをタイプしていたのだろう?

204 :名無しさん:2006/07/11(火) 20:06:52 0

よく『白人は黒人やインディアンを奴隷にしたから悪い』といいますが
ヨーロッパやアメリカで奴隷解放がおこなわれるまで奴隷は世界中にいました
古代日本の邪馬台国時代、日本の主要輸出品は奴隷でした
アラブも黒人奴隷や白人奴隷を使っていました。
やがてヨーロッパやアメリカで奴隷解放運動が盛んになり徐々に奴隷は
開放されていきました。
『白人は黒人やインディアンを奴隷にしたから悪い』というのは
歴史を一面からしかみていないと言えるでしょう。

205 :世界@名無史さん:2006/07/11(火) 22:05:56 0
>>203
君は他人の糞を丹念に眺めて、
ひり出した者の考えに想いをはせる趣味があるのかい

206 :世界@名無史さん:2006/07/11(火) 23:24:18 0
つかトルコ帝国なんかに白人も奴隷にされ売り飛ばされたりしてるんだけどね。

207 :世界@名無史さん:2006/07/12(水) 00:10:47 0
トルコも一応白人
>>199
遺伝子調査によると
北米の黒人の遺伝子割合の10%が白人
だからまぁ8割型の黒人に白人の血が混じっていてもおかしくないが
平均的には圧倒的に西アフリカ系の血が濃い
ブラジルの黒人の場合、遺伝子割合の60%以上が白人やインディオなので
西アフリカ系以外の血の方が濃い
それとブラジルの人種分けではインディオはほとんどいないが
遺伝子調査で調べれば実際は黒人とほぼ同じくらい混じってる
ムラートや黒人、白人といったグループにインディオが混じってる人はたくさんいるが
インディオというグループに属してる人間がとても少ないといった状態だろう




208 :世界@名無史さん:2006/07/12(水) 00:18:22 0
アルゼンチンやブラジル、ウルグアイといった
インディオが少ないといわれている地域でも
最近の遺伝子の調査で大体1割から2割ぐらいの割合で混じってることがわかってる
だからほとんどの人が薄いけどインディオの血がまじってると思っていい
メキシコやペルーになると5〜6割の割合でインディオの血が混じってるから
白人よりインディオの血の方がやや濃い

209 :世界@名無史さん:2006/07/12(水) 09:22:11 0
アメリカの開拓時代でも、白人はたいへんな女不足に悩まされており、タップリ金を稼ぎながら、
相続させる者がおらず、男ひとりでさびしく金や土地を抱えたまま死んでいく者は少なくなかった。

だから開拓時代のアメリカ白人女性は平均7人も生んだ。それだけ要求があった。
当時は医療も不完全で7人も生むには生命の危険も大きい。

もっと白人女性が少ない南アフリカ共和国では、人口希薄で農家の距離も遠く、自分の娘が初潮になるや
兄や父親が種付けして何人も子を産ます現象がおきました。
タブーの中で生まれた子は祖母が産んだ、親戚から預かったとでも言って誤魔化したのでしょう。
成人した娘はそのまま知らん顔で嫁に出されました。中古もいいところですが・・・

なんであれ原野の開拓には一家5人より10人、それより15人、30人のほうがよいに決まってる。
隠れて近親相姦してでも、とにかく子を増やすことが植民者の正義だったのです。
アメリカやオーストラリア大陸でも殖民の初期や人口希薄な時代はよくあった悪夢のようです。

自由身分の白人女だって強制的に一族に種付けされていたのだから
奴隷だった黒人が種付け白人男にチョメチョメされたていどで人権否定だとさわぐのはいかがなものかと・・・

210 :世界@名無史さん:2006/07/14(金) 02:52:17 0
アジアにもかつては奴隷や階級が存在していた時代があったんだよね。
姿形が似ている中にも奴隷や差別は存在するという事。
上にのし上がるには個人能力の高さや才能で切り開くしか道はなかった。

今では肌の色で差別するという習慣は昔より薄れてきてはいますが、
経済的には貧富階級が存在していると思います。
低賃金でこき使われる人達はある意味、奴隷のようなもの。

奴隷かそうでないかを判定するにはやはり個人の仕事に対する誇り。
ただ世の中には自分の好きな仕事をしていない人も大勢いる訳で。

自分が知らないうちに奴隷にされているとも気づかずに暮らす。。
選挙権を持っている経済奴隷。
恐い事だけど、最終的に幸せであれば知らずに幸せなのかも。

211 :世界@名無史さん:2006/07/14(金) 06:02:27 0
日本人は白人、黒人どっちですか?
すくなくとも黄色人種とは思っていない人が多い
ようなきがするので

212 :世界@名無史さん:2006/07/14(金) 06:58:27 0
>>209
【少子】人口減少社会ニッポン・6【高齢】
とマルチかつソースがない

213 :世界@名無史さん:2006/07/14(金) 10:12:36 0
こんにち我々の文明も、とっくに廃止した奴隷制度の影響を受けてる。
たとえば、成績で人の価値を判断する。これは過去の奴隷社会の産物だそうだ。

中国古代王朝の殷では、奴隷がつくる陶器は精妙をきわめた。
つぎの周王朝では、陶器など芸術品は緊張を欠いたものになる。
殷は奴隷王国で、役に立たない奴隷をいけにえに捧げる習慣があり殺されまいと必死になり
すばらしい陶器が生まれた。周は奴隷を余り殺さないので、その技は忘れ去られた。

ローマ時代、奴隷供給の過剰でデロス島の奴隷市場は、奴隷の値段が下がったが
誰もが欲しいと思う奴隷はどんどん吊り上った。
あの女奴隷は編み物ができる。こいつは敗戦国の学者だった。
能力が奴隷の値段をきめた。
まれに億の値段がつく奴隷もいた。まあ、こーいうのは個人の技能が評価されるわけでなく
絶世の美少年で皇帝や大貴族のホモ相手・・・とか性欲が絡んでいたようだ。

ただ他人が勝手に人の価値をきめる奴隷社会の段階を踏んだからこそ
今のような効率の良い学校制度や企業組織ができたわけで、こいつは無視できないと思う。

214 :世界@名無史さん:2006/07/14(金) 10:23:21 0
奴隷というのは人を使う一種の究極実験である。
強制的な繁殖ひとつをとっても、いまとなっては絶対できない実験といえる。

強制的な繁殖は、屈辱ともいえるが
奴隷主に必要な人材と思われなければ(他人が価値を認めなければ)奴隷は生存も繁殖も
できないわけで黒人奴隷の子孫は「究極の選別」を通過したエリートともいえるわけ。

215 :世界@名無史さん:2006/07/14(金) 22:04:07 0
なんたる詭弁であろう

216 :世界@名無史さん:2006/07/14(金) 22:20:04 0
でも恐い話ですよね。
馬と同じじゃないですか。
屈強な種馬を使ってより強く働く奴隷を育成。財を増やす。

奴隷となっている人達にも人格があった訳で。
頭が賢く、言いなりにならない反逆者とみなされる人達もいた。
チャンスを見て逃げ出すが、猟犬を使って追跡され、
逃げても肌の色から見つかって酷い暴行をされる。連れ戻されるかまたは・・

自分がそんな境遇に生まれてきたらと考えると恐ろしいね。
馬小屋みたいな場所に詰め込まれ、与えられた仕事をこなすだけの
刑務所みたいな生活が永遠と続く。
お金持ちのメイドさんとかになれる運の良い人は多少は良かっただろうけど、
それでも自由に恋愛や結婚も出来ない訳でしょ?住む場所も選べない。

217 :世界@名無史さん:2006/07/14(金) 22:29:16 0
「北朝鮮に拉致された方々も、他の日本人には経験できないことを経験できたのだから、ある意味幸せかも」

どっかのオバはん作家が、数年前にこんなこと言って種


218 :世界@名無史さん:2006/07/14(金) 22:58:27 0
明帝国は、自分がほろぼしたモンゴル皇帝の娘を、売春婦におとし子孫代々ずっと
男に体を売らせる奴隷身分におとした。

国家公認の、官営の売春宿である。お相手するのは本物の王女様。
中国人がよろこんで利用したのいうまでもない。
客に種付けされモンゴル王女に娘ができると、また売春婦となる。そしてその子も・・・

モンゴル王女を売春婦に落とすことで、民衆に古いモンゴルへの軽蔑をうえつけ
新しい明帝国の権力をしめしたのである。これが中国人のやりかただ。

某新聞の望むように日本が中国様の支配下になったら、どうなるか想像できるね。

219 :世界@名無史さん:2006/07/15(土) 02:28:14 0
>>218
元末明初については色々読んだけどその話は知らんなあ
ソース希望

220 :世界@名無史さん:2006/07/15(土) 04:45:00 0
満州民族の征服により明帝国がほろび、清帝国が成立したとき
数十万しかない満州族の軍隊が一億といわれる明人=中国人を支配するために
モザイクのように細かい支配構造を考案した。

まず、満州人は満州八旗といわれる皇帝親衛軍に全員属するときめられた。
ひとりの満州人は、いくつもの中国人家族を支配することにした。
うまれながら貴族というわけだ。
そして満州人は、支配する明人のなかにきれいな娘がいたら
自由に犯してよいのである。

種付けされる明人には屈辱であるが、満州人の血を引く混血がだんだんふえる。
雑種犬に落ちた中国人は百年もすると満州皇帝に文句も言えなくなる。
清帝国は百年どころか250年も続く。巧妙な混血児政策といえよう。

朝鮮でも似たような政策があり、貴族は庶民を好きに犯せた。
李朝で何百年も犯されるうちに子がだんだんふえ、戸籍の大半を
占めるようになる。だから朝鮮は皆同じような一重瞼・エラ顔なのである。

朝鮮や中国が、日本など異民族の支配に興奮するのはこのような悲惨な歴史のため。

221 :世界@名無史さん:2006/07/15(土) 19:57:52 0
>>220
旗地を耕していた漢人は自ら旗人の保護下に入った(帯地投充)農民が
ほとんどだったんだが・・・まさか最近の中国ではそう教えてるのか?
旗地は北京周辺と各地の軍事拠点に集中し、当初は囲い込んだ旗地から
漢人を追い出してよそに代替地を与えていた。

あと皇帝親衛軍だったのは禁旅八旗。

222 :世界@名無史さん:2006/07/15(土) 20:42:29 0
清末の、異民族支配をたおせと配られた檄文に
「異民族は地位を利用して中国人を種付けし、血を絶とうとたくらむ」とある。
「そして中国の全員を胡種たらしむ」
250年ものあいだ支配民族と被支配民族のあいだに混血が生まれない道理はないので
確かにそのような関係でうまれた子は多くあったのだろう。

223 :世界@名無史さん:2006/07/15(土) 22:26:36 0
それを政策として行っていたように書くのはただの印象操作だな。
実際清代に建前として掲げられていたのは「満漢不通婚」だったというのに。

224 :世界@名無史さん:2006/07/15(土) 22:53:04 0
数の少ない異民族で、多数の中国人と通婚を奨励したら飲み込まれて消えてしまう。
これは西洋にもよくあっった領主の初夜権みたいな話で正式の結婚とは違う話だろう。
何を意図して論点をずらそうとするのかわからない。

君が言ってるのは、まるでアメリカでは白人と黒人の結婚は禁止されていたから
白人と黒人の混血もありえない、と強弁してるように思える。

225 :世界@名無史さん:2006/07/15(土) 23:04:39 0
満州人1人に複数の中国人家族を支配させる政策があったのは確か。
家族の数は一人当たり10家だか100家だか失念したが。

聞きかじりで「政策そのものがなかった」と言い切るのはいかがなものか。



226 :世界@名無史さん:2006/07/15(土) 23:11:32 0
どっちみちスレ違いだ

227 :世界@名無史さん:2006/07/16(日) 00:27:14 0
>数の少ない異民族で、多数の中国人と通婚を奨励したら飲み込まれて消えてしまう。

シナでは父系原理が強く、通婚だけで漢族に吸収されてしまうことはない。
もし漢人が満人の男を皆殺しにして残った女と結婚すれば民族浄化できるだろうが。

>これは西洋にもよくあっった領主の初夜権みたいな話で正式の結婚とは違う話だろう。

>>220で主張しているようにとにかく何が何でも満人の血を広めたいなら、そんな回りくどい
方法をとらなくても正式に通婚すれば済むだけの話。「満漢不通婚」を唱えるメリットが全くない。

>君が言ってるのは、まるでアメリカでは白人と黒人の結婚は禁止されていたから
>白人と黒人の混血もありえない、と強弁してるように思える。

ムラートがいたからといって白人が黒人の血を薄める政策をとっていたというのは無理、
というのが>>223の趣旨。

>満州人1人に複数の中国人家族を支配させる政策があったのは確か。
>家族の数は一人当たり10家だか100家だか失念したが。

旗人一人につき、荒蕪地や漢人から没収した土地から5、6アールの耕地を与えたのは知ってるが、
人までつけたとは聞いたことがないので出典を教えてもらえるとありがたい。
どっちにしてもレイプが制度化されていた証拠にはならないが。

228 :世界@名無史さん:2006/07/16(日) 00:53:56 0
よそでやれアホ

229 :世界@名無史さん:2006/07/16(日) 01:07:21 0
それではまるで「混血をすすめる政策をとるなら黒人と白人を結婚させればいいわけでそれを禁止していたから
結婚は無かった、よって混血は無かった」という論理だろ。

純粋の黒人より白人の混血のほうが奴隷として使いやすいのは当然だろう。
満州人の血がはいった中国人が満州人に使いやすいのは当然だろう。
英国のアイルランド支配にあたり、英国地主とアイルランド農婦の混血を、農地支配人につかったのとおなじことだ。

道具として奴隷に混血を産ませるのと、道義的問題として結婚するのはまったく別問題。

ただ論点をずらして人の揚げ足をとるだけの粘着なら時間の無駄なので会話は打ち切る。

230 :世界@名無史さん:2006/07/16(日) 01:30:40 0
初夜権ってそもそも、直接的史料は皆無なんだがw

231 :世界@名無史さん:2006/07/16(日) 09:39:50 0
>>229
もし満人が漢人の婢に子供を産ませたとして、その子は「満州人の血がはいった中国人」というより
「満人の庶子」でしかない、というのはともかくとして(父系原理については理解してくれたかな?)、
そもそも旗人(その中には漢人も多い)の采配する旗地は、京畿周辺と点在する軍事拠点という
シナ全土からみると一部の土地にしかないので、仮にそういう事をやってたとしても(聞いたことすらないが)
>>220で主張してるようなシナ全土の統治を安定させるような施策にはなり得ないんだよね。

>>221でそのことを書いたら、「混血がなかったはずはない」といった論点のずれたレスが帰ってきたので、
「混血があってもそれが政策として行われてきたことにはならない」という話をしてきたんだが。
レイプが政策として奨励されていたという直接的な史料を出してくれればこっちも信じるけどね。

ところで話がスレ違いのようなので続きはこっちでやらないか?

【康煕】清王朝について【乾隆】
ttp://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1126475110/l50

232 :世界@名無史さん:2006/07/28(金) 16:08:57 0
アドゴニー   
http://tv7.2ch.net/test/read.cgi/geino/1154066433/l50

233 :世界@名無史さん:2006/08/09(水) 02:14:39 0
黒人女性は素晴らしい尻が多いよね。
何百人もの美女相手に種付け役になれるなら金を払ってでもやりたい男が多かったんじゃないか

234 :世界@名無史さん:2006/08/09(水) 11:44:10 0
>>211
アパルトヘイト時代の南アフリカでは名誉白人として白人扱いされれたお


235 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 23:19:50 0
三角貿易による奴隷は、多くは中南米で、アメリカは比較的に少ない。

236 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 00:12:34 0
アフリカなんかどうだっていいよ。自力で近代化も出来ず、
先進国に頼ってばかり。アフリカ人なんかチャン、チョンと一緒に死んでくれ。
地球の人口問題もこれで一時期は解決できるだろう。

237 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 00:25:15 0
>>236
人口問題ならすでにエイ(ry

238 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 00:29:02 0
先進国はすでに未来化に向けて進んでいますよ

239 :世界@名無史さん:2006/09/19(火) 23:45:28 0
age

240 :世界@名無史さん:2006/09/20(水) 11:15:16 0
>>211
黒人の友人いわく、俺たちは WHITE らしい。




そして、YELLLOW なんて、この世にいないとさ。


241 :世界@名無史さん:2006/10/11(水) 23:20:35 0
399 名前:無名画座@リバイバル上映中[sage] 投稿日:2006/10/04(水) 09:22:08 ID:BzygsFYX
> その秘密は、コンピューターにあると思う。コングによく似た黒人をさがしてきて、いろんな表情、
>動作をさせ、そのありさまを映画に撮る。黒人の顔の筋肉の動きをくわしく分析し、プログラムにして
>コンピューターに記憶させる。

ここだけ読むとまるでピーター・ジャクソン版のコングの解説みたいだw

あの当時は、モーションキャプチャーなんか映画宣伝の為のデタラメに過ぎなかったのだろうが
まさか30年近くたってから、本当にその技術でコングが作られるようになるとは、この文章を
書いた人も夢想だにしなかっただろうね。


                  ↑
ラウレンティス版キングコングの記事らしいが、なんかちょっと引っかかるよな・・・・

242 :世界@名無史さん:2006/10/13(金) 04:37:57 0
キングコングってやっぱ白人女とニガーの禁断の
愛を抽象化したものだったの?

猿の惑星は、日本人だって説もあるが。猿が猿を解放しようとしたのに、
それを支配と見るアホフラ公。

243 :世界@名無史さん:2006/10/13(金) 05:33:55 0
>>218
永楽帝は朱元璋が奪った順帝の妃から生まれ、実は順帝の息子とモンゴル人は言う。
>>220元の時代、ラマ僧がそういうことをしていたという伝説が何かの本に載っていた。

244 :世界@名無史さん:2006/10/13(金) 10:43:47 0
         ∧ ∧
        (・∀ ・) <奴隷貿易で連れてこられたんでしょ?
         ノ(  )ヽ
         <  >


         ∧ ∧
       ヽ(・∀ ・)ノ <祖国に帰りなよー!
       (( ノ(  )ヽ ))
         <  >

245 :世界@名無史さん:2006/10/13(金) 23:19:41 0
         ∧ ∧
        (・∀ ・) <イギリスから追い出されて来たんでしょ?
         ノ(  )ヽ
         <  >


         ∧ ∧
       ヽ(・∀ ・)ノ <祖国に帰りなよー!
       (( ノ(  )ヽ ))
         <  >


246 :世界@名無史さん:2006/10/19(木) 04:34:45 0
かつて、清朝時代の蒙古地方ではラマ教の僧に初夜権があった。これをあえて清朝は黙認していた。結果として梅毒などの性病が拡散することとなった。あえて黙認することにより
民族を弱体化する効果を期待していたと考えられる。[

247 :世界@名無史さん:2006/10/20(金) 02:17:06 0
坊主が女犯ですかorz・・・

248 :世界@名無史さん:2006/10/26(木) 16:41:14 0
旧南部奴隷黒人とカリブ移民と近年アフリカ移民は、別グループと意識、統計されているの?

249 :世界@名無史さん:2006/10/26(木) 17:30:56 0
>>248
そのはず

だって、登録で分類できる。
文化も大きく異なるし、後の二者は、祖父母の国籍たどれる

250 :世界@名無史さん:2006/10/27(金) 01:27:06 0
ハイチ人には米でも卑屈なものは殆ど居ない?

251 :世界@名無史さん:2006/10/27(金) 02:07:26 0
アフリカのリベリアのアメリカ系黒人何かは現地の黒人を差別してたんだよな。

252 :世界@名無史さん:2006/10/27(金) 03:45:02 0
それで今も内戦

253 :世界@名無史さん:2006/10/27(金) 14:56:01 0
南北戦争前から北部に少数居た解放黒人の子孫はどうなったの?

254 :世界@名無史さん:2006/10/30(月) 01:36:18 0
ライスは?

255 :世界@名無史さん:2006/10/31(火) 10:14:34 0
マルコムXは白人にも見える

256 :世界@名無史さん:2006/11/03(金) 19:29:05 0
黒人の指導者層や富裕層は混血が多いみたいね

257 :世界@名無史さん:2006/11/03(金) 23:45:05 0
髪もストレートパーマをかけ、出来るだけ白人に近い格好に腐心した。
この黒人用のストレートパーマ液を売って、大金持ちになった黒人がいた。

258 :世界@名無史さん:2006/11/12(日) 21:50:01 0
「コンク」な、

259 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 17:48:49 0
>>213
周で技術が衰えたのは、奴隷に、近代経営学の用語で言う「組織的怠業」が起こったからではないの?
つまりだ、工場の規則に「一番デキの悪い労働者は解雇する」というような仕組を導入して尻を叩こう
としたとする。最初の頃は、解雇されまいとして競って生産性を上げるものだ。
しかし、限界に近づくと生産性を上げるのがしんどくなる。
そうすると、どういうことが起こるかというと、平均的な生産性の労働者が結束して、誰が最下位か
判らないようにみんなでサボる。突出した生産性を上げる労働者に対しては、束になって妨害をする。
特に抜け駆けをしようとするが経営者から見れば最も良好な労働者に対しては全く生産性の上がらず
最下位に落ちるように妨害を行う。
然して、生産性が上がるどころか、個別でも、全体総量でも、工場の生産性が落ちるという結果を招く。
これは、どの地域のどういう種類の工場でも、同じように起こる。

労働者を奴隷に、生産性を技術に、解雇を生贄に、置き換えても同じことが起こるはずだ。


260 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 20:56:49 0
>>255
マルコムの爺ちゃんは白人でレイプされた婆ちゃんからできた子がマルコムの親、つまりクオーター。

261 :世界@名無史さん:2006/11/15(水) 02:03:06 0
マルコムは自分に流れる白人の血を忌み嫌っていたというね。

262 :世界@名無史さん:2006/11/18(土) 00:38:06 0
差別の構造

アメリカ白人は黒人を肌が黒いから差別するわけではありません。
「先祖が奴隷だったから」「白人様とおまんこした(黒人のほとんどは白人の混血)子供だから」
という理由です。

もしアメリカ白人が黒人に言い掛かりをつけてきたとします。
その黒人が「私は外国人だ。仕事でアフリカからきた」といったらどうでしょう?
アメリカ白人は卑屈になって謝ります。先祖が黒人奴隷でないからです。

というわけで、どこの国でも「肌の色や顔かたち」で差別されるわけでないという事です。
先祖の由来です。もし黒人の先祖が奴隷でなければ、差別されるわけがありません。
古代の北欧神話には黒人の立派な騎士がでてくるくだりがあります。
中世のヨーロッパには外国女から生まれたどうみてもアジア人や黒人しか見えないような貴族や
王様もいましたが白人の民衆は「貴族様王様」とあがめていました。

問題とされるのは容姿ではない。先祖です。

263 :世界@名無史さん:2006/11/18(土) 00:41:51 0
黒人じゃないが、9.11の直後にターバン巻いてるからって、インド人が射殺されてたな。

264 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 01:40:07 0
>>263
地方でガソリンスタンドを経営していたシーク教徒だったな。
撃った犯人は「ターバン+ヒゲ男=イスラム」と安直に決め付けた様子。

265 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 02:35:36 0
>>262
アフリカ人も奴隷とかわんねーじゃん

266 :世界@名無史さん:2006/11/21(火) 00:12:39 0
白丁に言われちゃ世話ないニガ

267 :世界@名無史さん:2006/11/23(木) 19:32:58 0
ユダヤ教徒に改宗した米黒人いるの?

268 :世界@名無史さん:2006/11/23(木) 19:56:03 0
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BC

269 :世界@名無史さん:2006/11/24(金) 13:00:32 0
アメリカの人種差別が落ち着いたのは70年代に入ってから。
70年代初期までは黒人を始めユダヤ人やイタリア人からアジア人まで差別していた。
アメリカに住むプロテスタント系白人以外は皆同類の扱いでした。

270 :世界@名無史さん:2006/11/24(金) 15:34:36 0
なんで70年代に落ち着いたんだ?

271 :世界@名無史さん:2006/11/24(金) 18:25:13 0
一説によるとキング牧師とロバートケネディーの密約で公民権法成立が早くなったと言う噂。

1964年の公民権法成立、
1965年アファーマティヴ・アクション、
1969年雇用機会均等委員会が新設、
この三つが出来、差別を謳う事が前より難しくなったのだろう。
時を同じくアジア人、ユダヤ、イタリア系移民、アイルランド移民への差別も落ち着いて行く。

事実、60年代中期から人種差別と代り、ゲイ・レズビアン批判が多くなる。
70年代に入るとゲイ・レズビアン解放運動が盛り上がる。

272 :世界@名無史さん:2006/11/24(金) 19:55:46 0
ベトナム戦争や大学紛争との関連はあるだろうか。

273 :世界@名無史さん:2006/11/24(金) 21:01:21 0
アイリッシュは、今では殆ど差別されてないんかな?

イタリア系にはまだ若干マフィアのイメージがあるだろうし
(実際イタリアンマフィアは今でもアメリカ闇社会の看板だ)、

ユダヤ人は表ではどうあれ、異端児として見られ続けている。

アジア系はそもそも外見が違うので、地域によっても
変わってくるだろうけど、差別の対象のままだろうな。

274 :世界@名無史さん:2006/11/24(金) 21:35:38 0
ディズニーアニメでキャラクター達が住む街、トゥーンタウンの町の警察署長が
オハラ署長だったりするわけで。
消防士と警官はアイリッシュの典型職業のイメージが今もあるんですかね。
911テロでも殉職消防士の葬儀にはバグパイプの演奏でしたね。

275 :世界@名無史さん:2006/11/25(土) 17:50:44 0
黒人の血が1滴でも混ざったら
元の綺麗な顔に戻れない。
アフリカ含めて日本女性との結婚が多いのが怖い。
なぜあんな蛮族と子供作るんだろうか。

276 :世界@名無史さん:2006/11/25(土) 19:26:03 0
人間見た目が9割って本あったけど、
人種差別も見た目なんだよね。ルックス重視は純粋な人間の本能なのかな?


277 :世界@名無史さん:2006/11/26(日) 04:26:23 0
>>234
 「名誉白人」と呼ばれて喜んでいた日本人もいたとか。
 「白人並みに扱われる。白人と同じに見られる。」ということだろう。
しかし、これは「本来、白人よりも劣っている黄色人種である日本人を、優秀な白人とみなしてあげる。」
ということで非常に侮辱した考え方なのだ。

278 :世界@名無史さん:2006/11/26(日) 11:23:05 0
「お前は猿なんだが、まあ人間扱いしてやろう」

279 :世界@名無史さん:2006/11/26(日) 15:14:25 0
>>277
そんなやついねーだろw 悪意丸出しじゃんw
あと南アフリカの白人の基準は純粋に肌の色。
イタリア人あたりは有色人種に入れられる。

280 :世界@名無史さん:2006/11/26(日) 19:42:31 0
つまり、ラテン系は白人としては認められない訳か。
厳しいな。

281 :世界@名無史さん:2006/11/27(月) 00:06:24 0
>275
そんな事はないよ。
黒人のハーフの子で凄く綺麗な子を知ってる。
あの美しさは独特ですね。顔立ちの可愛さったらないです。スタイルも良いし。
それでもってその子の子供もめちゃ可愛い。

結局は美男美女が元のハーフだったので、
人種は関係なく美しい子供が生まれた訳なのだけど。

日本で天然パーマの子供が昔から居た時点で、
日本の遺伝子は雑種なのが明白ですよね。
秋田の方の人は白人入ってるしね。
毛深い人やツルツルの人もいる、こんな人種も珍しいかと。
いまさら黒人の血がどうの心配しなくても大丈夫だと思う。
もう様々混ざり合ってますからね。


282 :世界@名無史さん:2006/11/27(月) 00:08:10 0
「心配」って、なにげに差別やん

283 :世界@名無史さん:2006/11/27(月) 00:15:27 0
>秋田の方の人は白人入ってるしね

どっからそんな珍電波をw

284 :世界@名無史さん:2006/11/27(月) 00:17:37 0
親としては心配しますよ。理屈じゃありません。これだからサヨクは頭でっかちなんです。

285 :世界@名無史さん:2006/11/27(月) 00:20:30 0
↑日本語になってないよw

286 :世界@名無史さん:2006/11/27(月) 00:36:54 0
エボニクスのつもりなんじゃないか?

287 :世界@名無史さん:2006/11/27(月) 00:53:48 0
アメリカにおけるキリスト教教派別社会階層
 聖公会(富裕層)、ユニテリアン(インテリ)
 会衆派、クエーカー
 長老派
 メソジスト
 バプテスト
 カトリック
 南部バプテスト
 ホーリネス
 ペンテコステ派
 カリスマ派
黒人はペンテコステ派に多い
キング牧師(バプテスト)は例外

288 :世界@名無史さん:2006/11/27(月) 00:58:29 0
日本におけるキリスト教教派別社会階層
 日本基督教団(会衆派:同志社)
 日本基督教団(長老派:東京神学大)
 日本基督教団(メソジスト:関西学院)
 日本基督教団(その他)
 カトリック
 聖公会
 ルター派
 バプテスト
 ペンテコステ派
 カリスマ派
 韓国系諸教会

289 :世界@名無史さん:2006/11/27(月) 16:43:28 0
現在、アメリカでアイルランド系やイタリア系差別は、ほとんど無い感じじゃないか?
アイルランド系が差別される時ってIRAが事件起した時に盛り上げるよな。
イタリア系は90年代初期までは個々に差別されてけど。
ユダヤは未だに差別対象だけど、おおっぴらにはならないからな。

今でも差別がおおっぴらなのはブラック・メキシカン・アジア人(中国韓国)だろ。
中部田舎町とか行くと結構露骨に差別されるし。
現在は三大有色人種が差別対象だろう。
日本人の場合、中国韓国人に間違われる事が非常に多い。

290 :世界@名無史さん:2006/11/27(月) 18:30:34 0
黒人は文明がない。
白人の文化を借りて生きるしか出来ない。
彼らの知能では、文字も宗教も高等な芸術・文学も作れない。
黒人、南洋土人は日本女性と結婚させてはいけない。
汚い黒い肌が増殖して、日本女性の白い肌が喪失。


291 :世界@名無史さん:2006/11/27(月) 18:32:12 0
国籍問わず黒人と日本女性の婚姻多くなってる。
なぜあのような文明と無縁の土人と結婚するのだろう。
奴らの黒さによって、美しい白い肌が永久に失われる。


292 :世界@名無史さん:2006/11/27(月) 19:39:44 0
人種差別主義者乙

293 :世界@名無史さん:2006/11/27(月) 20:34:06 0
アメリカの白人内差別が弱まわっているのは、アフリカ系や
ラテン系の数が増えすぎて、白人内で差別している余裕がないから。

294 :世界@名無史さん:2006/11/27(月) 20:51:40 0
>283
秋田美人といわれるくらい秋田人は色が白いのでひょっとしてコーカソイドの血を
受け継いでるんじゃないの?などと冗談半分で言われてたけど、日本人の体内に
含まれるウイルスの遺伝子調べると、秋田周辺で高率でヨーロッパでよく見られる
タイプのウイルスが見つかったとか、秋田犬の血液型がヨーロッパの犬の血液型と
一致するとか最近わかってきてて、あながち電波な話でも無いらしい。

295 :世界@名無史さん:2006/11/27(月) 21:01:12 0
〜美人ってのは他に取り柄のない地方を適当に持ち上げる時に使うだけ。
あと白人と共通の遺伝子がある=肌が白いってのが意味不明。
単に「アルコールを分解できる人」だったり「腸の長さが短い人」だったりする可能性だってあるのに
なんで遺伝子の影響が肌に出てくると思うわけ?w

296 :世界@名無史さん:2006/11/28(火) 01:58:28 0
ホワイトニグロは肌に…あれは一代雑種か。

297 :世界@名無史さん:2006/11/28(火) 14:46:57 0
戦前のイギリス人がアイヌ・東北を白人認定したり、ドイツのヒットラー総統が「日本人は
北からながれてきたアーリア人が先祖に違いない、だから支配民族なのだ」とかいうのは、
ようするに白人コンプレックスを刺激してうまいことおだててアジア人を使おうという
ただそれだけのこと。本気で信じるのは頭が弱いといわざる得ない。

イギリスはインドを植民地としてました。
ですからインド人もアーリア人だ、白人の仲間とさんざんおだててきました。
おかげで今のインド人はほかのアジアを見下し、気位が高く鼻持ちならないそうです。

しかし戦前の大英博物館には「人類は黒人→アジア人→白人と進化した」と大きく書かれ
ていたくらいで(もちろん今の科学で言うと黒人→白人→アジア人)
人種論など科学的にも根拠の無いあやしい時代であり、ぜんぶデタラメです。

298 :世界@名無史さん:2006/11/28(火) 14:47:59 0
現在、英国オックスフォード大の遺伝子学の教授はミトコンドリアを調べて
「イギリス人にちかいのは極東アジア人である」「インドなどはヨーロッパ人と全く無関係」
という説を打ち出してます。
つまりアフリカをでた白人は北まわりでヨーロッパ、北極圏・シベリア、極東アジア日本など
にわたり、いっぽう中東から南回りにインド、東南アジアにいった部族もあり、それは殆ど
遺伝的につながりが無い別のグループだとしてます。

インド人がきいたらがっかりするでしょう。
なぜイギリス人はインド人をいまごろになって白人と無関係だとするのでしょうか?

それはインドがイギリスの植民地でなくなったからです。
おまけにインドは貧乏です。

まあ、そういうふうに人種論など自分のつごうのいいようにドンドン変わるのですよ。
あいてが力を持ってるか?金を持ってるか?自分の役に立つのか?
判断基準はそれだけ。

299 :世界@名無史さん:2006/11/28(火) 14:49:39 0
遺伝子方面の研究で論文かいているんだろ。
君が電波とばしたところで何いってんだコイツで終わり
はい次の人

300 :世界@名無史さん:2006/11/28(火) 15:18:32 0
インド人ってコーカソイドじゃないのか?


301 :世界@名無史さん:2006/11/28(火) 22:37:56 0
戦前の説だと白人(コーカソイド)は東欧、コーカサス地方あたりから発生・拡散して
ヨーロッパに侵入したものが白人、インドに侵入したのがインド人になったとされる。

だが、インド人とヨーロッパ人が全く別の人種というのが遺伝子研究であきらかに
なるとコーカソイドという人種もないということに

302 :世界@名無史さん:2006/11/28(火) 22:48:44 0
>>301
> インド人とヨーロッパ人が全く別の人種というのが遺伝子研究であきらか

もともと、骨格や体形などからの分類によるので、遺伝子的に異なることは
考えにくいし、人種の差を遺伝子レベルで説明する研究が進められていると
いうのは初耳なので、ソースをよろしく。

303 :世界@名無史さん:2006/11/29(水) 00:07:53 0
つーか大英帝国においてインド人は黒人あつかい。白人扱いされたことなど一度もない。
ガンジーが南アフリカで受けた扱いを調べればわかる。インド人の区分は黒人と同じ

304 :世界@名無史さん:2006/11/29(水) 00:26:37 0
>>294
もしそれが本当なら、トルコ系民族の血が混ざった可能性はあるね。
かれらは金髪碧眼だったそうだから。

あるいは、古代に渡来した民族の中に、白人系の人種が混じってたのかも。
これも強ちあり得ないわけではない。日本のものとは異質な騎馬民族の馬具が
古墳から出土しているため。(ただ、非常に孤立して出土しており、
極めて特殊な話)

305 :世界@名無史さん:2006/11/29(水) 12:10:36 0
>>298
君の主張を生物学板の専門家スレで問い合わせたところ、
まったく聞いたことがないというレスが返ってきた。
オックスフォードの誰が提唱している説かソースを示して。

http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1162375329/

432 名前:名無しゲノムのクローンさん 投稿日:2006/11/28(火) 20:42:10
>>431
聞いたことがない。
誰のことだ?
オックスフォードといえばブライアンサイクスが牛耳っていると思うが
そんな説は出していないぞ。

ttp://plaza.harmonix.ne.jp/~onizuka/Clans.html


433 名前:名無しゲノムのクローンさん 投稿日:2006/11/28(火) 22:43:00
>>431
で っ ち あ げ


306 :世界@名無史さん:2006/11/29(水) 12:17:26 0
エジプト人って白黒混血でしょ。
インド人とかアラブ人もそうじゃないの。

307 :世界@名無史さん:2006/11/29(水) 12:33:51 0
肌の色が変化するのは百年や千年の単位ではなく、数万年かかることが明らかになってる。
アフリカに数百年前に移民した白人植民者はいまでも目が青い。
言い換えれば肌の黒い人種と白い人種が数千年前にわかれた同族などいうのはありえない。
インド人とヨーロッパ人は血縁的には無関係だろ

308 :世界@名無史さん:2006/12/15(金) 12:48:45 0
黒人には文明生み出す知能がない。
アフリカには文字も巨大宗教も思想も技術もない。
単に踊り狂う土人がいるのみ。

309 :世界@名無史さん:2006/12/15(金) 22:13:25 0
白人乙。

310 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 16:49:39 0
【米国】丸腰の黒人男性が警官5人から50発の銃弾を受けて射殺された事件で数千人デモ…ニューヨーク[12/17]
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1166332678/

311 :世界@名無史さん:2007/01/07(日) 15:42:00 0


312 :世界@名無史さん:2007/01/07(日) 15:46:23 0
232 :名無しさん :2006/04/22(土) 03:03:11 ID:bKUtjXmp
中国では黒人を「黒鬼」という。
ちなみに日本人は「日本鬼子」といわれる


233 :名無しさん :2006/04/22(土) 04:50:06 ID:n4y4pGMP
正直、日本人は理由なしに差別しないです。
 ただ日本人としてつらいのは、韓国人が日本で好き放題すること・・・日本の色んなものを壊していく


234 :名無しさん :2006/04/22(土) 12:34:35 ID:mmiSNI/C
韓国人や中国人てあからさまに黒人やゲイの事馬鹿にするよ。
どんなに教育を受けている人もそうだから、国民性だと思う。
移民の2世くらいになるとそうでもないけど。

313 :世界@名無史さん:2007/01/25(木) 19:29:16 0
はじめまして。授業で「ブラックパンサー党の条文について」というレポートが出されたのですが
どういうことでしょうか?
ぐぐってみても分からないので、どう書けばいいのかも分かりません。。。
どなたか教えてください↓↓

314 :世界@名無史さん:2007/01/25(木) 21:01:11 0
>313
グーグルで"black panther"でトップに来る本家サイトのThe Ten Point Planがそれじゃないのか?

315 :世界@名無史さん:2007/01/25(木) 21:11:43 0
>>314
見てみましたけど全て英文ですね・・・orz
できれば日本文がいいのですが。。。

316 :世界@名無史さん:2007/01/28(日) 07:50:08 O
313 ブラックパンサーの映画見たらどうですか?ビデオ屋さんにあると思います。

95 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)