2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アメリカ合衆国の歴史的偉業を讃えるスレ part2

1 :世界@名無史さん:2005/07/19(火) 21:35:14 0
このスレは、もっとも名誉ある近代国家・アメリカ合衆国の歴史的偉業を讃えるスレです。
みな、アメリカの歴史的偉業を挙げ、感謝の言葉を述べていきましょう。

そして、品性ある世界史板を汚すクズである反米的歴史修正主義者を弾劾し、世界史板から駆逐いたしましょう。
このスレは、反米デンパから世界史板の科学性を守る防波堤になりたいと思います。



2 :世界@名無史さん:2005/07/19(火) 21:37:54 0
【前スレ】
アメリカ合衆国の歴史的偉業を讃えるスレ part2
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1121776514/l50


3 :世界@名無史さん:2005/07/19(火) 21:37:59 0
>>1
(´・ω・`)b

4 :世界@名無史さん:2005/07/19(火) 21:40:12 0
アメリカの偉業
・近代民主主義の基礎である「大統領制」を創造した
・シビリアン・コントロールの原則を実践し大成させた
・修正10か条(権利章典)により世界で始めて各種権利を成文憲法にしたためた
・蒸気船を発明し海運技術の向上に寄与した
・モンロー・ドクトリンにより新大陸を西欧帝国主義から防衛した
・レッセ・フェールから革新主義に至る経過を実践し資本主義の質を高めた
・現代生活を支える各種白物家電を発明、革新した
・航空機を発明し空間という概念を変えた
・大量生産、大量消費の大衆文化を創造して人類の生活を実り豊かで充実したものに変貌させた
・集団安全保障の概念を実現させた
・二度の世界大戦で活躍し専制政治やファシズムを先進諸国から一掃した
・帝国主義を否定し(cf ウィルソンの中東領有拒絶、アイクのスエズ戦争反対)アジア、アフリカ独立に貢献した
・ハリウッド、ジャズ、ポップミュージックなど世界の文化振興に多大な貢献をした
・初の月面着陸をなしとげ人類の宇宙開発に貢献した
・トルーマン・ドクトリン、マーシャル・プラン、ポイント・フォア計画などで西欧やアジアを救済した
・半世紀にわたる毅然とした外交で世界をスターリニズムの恐怖から開放した
・官民を問わず多大な金銭的、人的支援で貧困、紛争、圧制、疫病から世界の人々を救済している
・言論、表現の自由によりジャーナリズムが発展、世界のモデルとなった
・先史時代の農業革命、18世紀の産業革命と並び賞されるIT革命をなしとげ人類史の新しい1ページを創造した
・21世紀現在、世界各地に部隊を展開して世界秩序の維持に貢献している
・民主主義や自由といった哲学、洗練された資本主義、大衆文化、政治制度など全ての分野で人類史上最大の成功を
 収めたアメリカ合衆国は世界の模範となり、人類文明のシンボルとして世界に希望を与えている

5 :テンプレ:2005/07/19(火) 21:42:14 0
とりあえず、今回のイラク戦を挙げたいね。
一般市民の最小限の犠牲でフセイン政権を転覆させた手際の良さは見事としか言いようがない。
バカサヨの悔しそうな顔ったらなかったな。

さすがアメリカ、世界の警察の面目躍如!!
この調子で、シリア、イラン、北朝鮮もぶっ潰して世界の恒久平和を実現させよう!!

6 :テンプレ:2005/07/19(火) 21:44:21 0
ヴェトナム戦争は反戦メディアのせいで失敗した
テト攻勢だって大失敗だったのにメディアの世論誘導で歪曲された
それどころか売国アカメディア「NYタイムズ」「ワシントン・ポスト」
他は機密文書を暴露して利敵行為を働いていた!!
それ以後の戦争でメディア規制が強化されたのは当然の帰結

7 :テンプレ:2005/07/19(火) 21:46:00 0
アメリカは若い国だ。日本の江戸時代に満たない歴史しかない。
しかし、その歴史は濃密で示唆に富んでいる。
他の国が1000年かけてなしえなかった事を100年、200年で達成するパワーが
アメリカにはある。
アメリカの歴史はまさに「岡の上の街」である。そのサクセスストーリーは多くの
国の手本となった。アメリカに憧れ、アメリカを夢見た国は数限りない。


8 :テンプレ:2005/07/19(火) 21:46:54 0
アメリカの一般人はイラクの、そして世界の民主化を純粋に願いブッシュ政権の
政策を支持している。スマトラ地震津波の際に民間から多く寄せられた義捐金も
アメリカ人の純粋な善意と博愛の精神から生じたものである。


9 :テンプレ:2005/07/19(火) 21:47:40 0
政治的にも軍事的にも経済的にも技術的にも文化的にも世界はアメリカ合衆国によって
支えられているといっても過言ではない。アメリカ合衆国なくして現代の文明社会は存在
しない。アメリカ合衆国が生んだ技術が無かったら電球から衛星やオンライン通信網に
至るまで現代文明を支える根幹が全て失われてしまう。アメリカ合衆国の政治力と軍事力
が存在しなかったら世界は圧政と混沌が渦巻くカオスであったろう。

10 :テンプレ:2005/07/19(火) 21:48:43 0
ファーストフード、ジーンズ、アメ車、洋楽・・・
アメリカ文化って中東やキューバみたいな反米国家にも浸透してるよね
底が浅いとか洗練されてないとか馬鹿にされてるけど着実に世界の心を捉えている
アメリカ文化こそ世界で一番輝いてる存在だと思う。

11 :世界@名無史さん:2005/07/19(火) 21:49:35 0
言論の自由やジャーナリズムの発展こそアメリカ最大の功績だと俺は思う。
過去ログに「ベトナム戦争に負けたのは米国内の売国メディアのせいだ!」
なんてレスがあったけど、これこそまさにアメリカという国の偉大さを示している
好例なんじゃないかな?また体制側における監査能力が一番優れているのも
アメリカ。現政権下でも数々の調査委が登場して有益な報告をもたらしている。
日本では政権の走狗と化している検察機構もアメリカでは凄まじいほど(体制に
対して)容赦ない活動をしている。こうしたことはまさに自由の国アメリカでしか
みられない世界が模範とすべき存在だ。

12 :テンプレ:2005/07/19(火) 21:50:28 0
トンキン湾事件の真相も湾岸戦争のときの水鳥や少女の一件をすっぱぬいたのもアメリカのメディア
アメリカ経済を牛耳る金融財閥のタックスヘイブンを告発し続けているのもアメリカの当局自身。
政府からアウトローに至るまで黒い噂を聖域なく検証議論して真実を追究していく姿にアメリカという国の
先進性を垣間見れる。

13 :世界@名無史さん:2005/07/19(火) 22:29:19 0
【ライブドア・ニュース 07月19日】− AP通信によると、米国イリノイ州シカゴで、
いま「おたく」が大人気だ。ティーンに人気のテレビ番組「The O.C.」には
マンガおたくの人物が登場し、やほったい眼鏡をかけたおたく風のルックスで歌う
バンド「ウイーザー」も人気だ。町中には「Dork Pride!」(おたくバンザイ!)などと
書かれたTシャツを来て歩く若者の姿もある。ここではおたくが「頭が良くて感性が鋭く、
ちょっぴり反社会的」というポジティブなイメージで捉えられているのだ。

 シカゴ郊外のレイク・チューリッヒの高校生シュテフィ・ワイスさんは、学校の
オーケストラでバイオリンを演奏する15才。彼女はこの春、友人とともに、
前面に大きく「ORCH DORKS」(オーケストラおたく)という文字をつけたTシャツを
誇らしげに着こなして、学校に通っている。「私たちは、私たちが打ち込める、
一番楽しめるものを見つけたの。それをおたくと呼ぶならそれでいいわ」と語った。

 

14 :世界@名無史さん:2005/07/19(火) 22:29:56 0
「パソコンおたく」だった経歴を生かしてオンライン広告会社を設立した
フィリップ・カプランさん(29)は、「高校時代、僕はパーティーに行ったことが
なかったし、友達も少なかった。今、昔の同級生が、僕に仕事がないか聞いてくるんだ。
おたくだったことも、今では悪くないと思えるよ」と、この現象を愉快がる。

 若者のトレンドを分析する人々も、変化に気づいているようだ。広告・調査会社
ユーロRSCGのトレンド調査員であるシュイラー・ブラウンさんは、「おたくタイプの
生徒は、昔はよくいじめの対象になっていたものだ。しかし、今はおたく自身が
そうした生き方に誇りを持っている」と見ている。自身をおたくと言ってはばからない
マーケティング・マネージャーのマイケル・リーさんは、「しょせんは流行だからね」と、
ふたたびおたくが嘲笑の対象になることを恐れてもいるが、今のところはバイクに
「Talk Nerdy To Me」(おたくな話をしよう)と書かれたステッカーを貼り、図書館司書風の
女の子と、本屋やアートギャラリーをめぐるデートをするという夢を追っている。

 

15 :世界@名無史さん:2005/07/19(火) 22:31:26 0
ウエブサイト上で「おたく度テスト」を行っているフリーア二メーターのニック・ロスさん
(26)は、突然のおたく人気について「かっこつけることがかっこよくないことだと、
みんなが思うようになったからだろう」と分析している。実際、おたくに憧れ、
「おたくに恋する」人々も現れている。大学職員のウイエン・マイさん(28)は、
おたくを「最近の話題や一般ウケすることには詳しくなくて、ちょっと変わり者だけど
、頭がよくて、コンピューターや物理学やスター・ウォーズにとても詳しい人」と評して、
「トム・クルーズやブラッド・ピットと同じように、トファー・グレース(おたく風の外見の
米俳優)ともロマンスを夢見るのよ」と語る。彼女は「I love Dorks」(おたく大好き)と
書かれたタンクトップを、夫の前でも着ているのだという。

 突然の「おたくブーム」の背景には、若くしてリッチな生活を送っているIT長者の
影響や、オタク少年を主人公にした映画「ナポレオン・ダイナマイト」のヒットなどが
考えられているが、はっきりしない。わかっているのは、シカゴの若者の間では、
「nerd」「geek」「dork」(いずれも「おたく」の意味)と呼ばれることが、今や「cool」
(かっこいい)だということだ。 【了】


ソース
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1290373/detail?rd




16 :世界@名無史さん:2005/07/19(火) 23:16:47 0
>>1-15
読む価値が無い駄文。 ポチウヨうざっ

17 :世界@名無史さん:2005/07/20(水) 00:16:09 0
>>16
お前腹で考えろ。
アメリカポチだからと正論で対抗するのは旧日本と同じ要領が悪すぎ。
偉大なアメリカを称えとけよ。
そして偉大なアメリカの為に力を蓄えておけよ。
わかったか?

18 :世界@名無史さん:2005/07/20(水) 02:05:59 0
スーダンのダルフール州への支援活動を呼びかけるベットからのメッセージです。

Dear Friends,

多くの皆様と同様に、私もスーダンのダルフール州の人々の苦しみに深い悲しみを抱いています。
ここ2年間で38万人もの人々が亡くなり、現在も200万人もの人々がスーダン政府による非道な圧政によって
家を追われるという災難に見舞われています。ダルフール州の女性たちは集団レイプそして残虐行為の犠牲
となっています。このような酷い残虐行為は阻止しなければなりません。これは私たち全てに関係のないこと
ではありません。私たちは皆、繋がりのある人類なのですから。私たちは共に立ち上がり、
耳を傾ける必要があります。もし、私たちが私たちの政府にスーダン政府へ圧力をかける様に促すことが
できれば、私たちの手で殺戮をとめることができるのです。
今日、3分だけお時間をください。今ただちに、ブッシュ大統領へメッセージをお願いします。

ブッシュ大統領にメッセージを送る
http://act.darfurgenocide.org/DG/President.cfm

あなたのお時間を割いて頂き感謝します。常に希望はあります。
ダルフールの私たちの兄弟姉妹を見殺しにせず、彼等の延命に力を貸しましょう。

ベット・ミドラー
--------------------------------------------------------------------------------------------------
結局人類が最後に頼るのは合衆国ですね。


19 :世界@名無史さん:2005/07/20(水) 02:08:46 0
>>2
間違ってるぞ。ここ貼ってどうするw

前スレ
アメリカ合衆国の歴史的偉業を讃えるスレ
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1051756939/l50


20 :世界@名無史さん:2005/07/20(水) 11:02:37 0
16 世界@名無史さん sage 大正10/07/19 23:16:47 0
>>1-15
読む価値が無い駄文なり。英国の番犬うざったし。


21 :世界@名無史さん:2005/07/21(木) 23:12:55 0

「左巻きジャーナリストは、いかに私の祖国(イラク)を裏切っているか」
By ナッサー・フレイ・ハッサン(一部抜粋)
http://www.frontpagemag.com/Articles/ReadArticle.asp?ID=16513


アメリカの対イラク政策はもちろんアメリカの国益に基づいて行われたものであるが
それは以前はフセイン体制、今はテロリストに苦しめられているイラク国民にとっては
福音でもあった事は事実だ。なぜ左巻きジャーナリストは実態を無視し、テロリストを
あたかも正義のレジスタンスのように描くのか?

イラクにあるアメリカ軍駐屯地の食堂で、テロリストが米兵十数人を道連れに自爆し
た事件があったが、その事件に絡んで駐屯地周辺のイラク人多数が弔意を示した事
などは、メディアは伝えない。

22 :世界@名無史さん:2005/07/21(木) 23:23:49 0
中国が通貨バスケットを採用しました。
米ドルの価値が低下していかないか懸念しています。

23 :世界@名無史さん:2005/07/23(土) 01:30:20 0
         ∧_∧   ┌────────────
       ◯( ´∀` )◯ < 僕は、リバータリアン!
        \    /  └────────────
       _/ __ \_
      (_/   \_)
           lll

24 :世界@名無史さん:2005/07/23(土) 23:35:54 0
age

25 :世界@名無史さん:2005/07/31(日) 19:58:44 0
age

26 :世界@名無史さん:2005/08/01(月) 11:14:32 0
アメリカの教育方針を教えて下し亜

27 :世界@名無史さん:2005/08/01(月) 20:27:15 0
ブッシュ閣下万歳!

28 :世界@名無史さん:2005/08/06(土) 14:40:41 0
アメリカ合衆国の歴史的偉業 原爆投下と考えるヴァカ?
>>「原爆投下は戦争犯罪ではない」と書かれた本がほとんどない
> あまりにも当然のことだから、書いてないだけだろ。w 原爆投下は、少なくとも第2
>次大戦時においては、戦争犯罪だという認識は国際社会において全くなかったわけだから、
>記載がないのが当然だよ。
原爆投下は戦争犯罪ではないと吠えるヴァカ発見。「糞ジャップ」、「糞ジャップ」を連呼!

「日本の歴史(20)アジア・太平洋戦争」(森武麿著 集英社)
吉田清治の朝鮮人強制連行についての証言(『私の戦争犯罪』三一書房 1983年)を
歴史的事実として引用!
こんな駄本を「信頼が比較的置けて」「これお薦め。」と推薦するヴァカ発見。

ぜひ御覧あれ。
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1121396039/547

29 :世界@名無史さん:2005/08/07(日) 22:25:27 0
原爆みたいなひでー兵器を平気で使えるアメリカ
それも一つの事実

30 :世界@名無史さん:2005/08/08(月) 00:19:54 0
原爆以後の偉業も大事だよな。

枯葉剤とか劣化ウランとか。

ダイオキシンは副生成物だとしても、ジャングルは人類共有の財産なんだが。

31 :世界@名無史さん:2005/08/08(月) 06:48:31 0
>>28-30
時節に便乗した工作活動ご苦労さん。

32 :世界@名無史さん:2005/08/08(月) 09:46:01 0
>>29
原爆落としたアメリカもすごいが、広島長崎の原爆をあまり重視せず、
ソ連参戦が降伏への決定打になった日本もすごいよな。
市民の死傷なんて本当にどうでも良かったんだろうな。

33 :世界@名無史さん:2005/08/08(月) 18:10:31 0
>32
国体護持という至上命題に比べれば、300万かそこらの死者など、
ほんのではないけど、やはり些事に過ぎなかったからね。
アメリカ人やイギリス人には、ありえない感覚だな。

戦争に勝利したロシアではスターリン大元帥閣下の恐怖の支配が継続。
今年に至っても、イワノフ国防相は、日独では想像しえぬ発想を披露。
ttp://zarya.blog6.fc2.com/blog-entry-39.html
同じく中国ではアメリカ占領下の改革がなされぬまま、共産主義者の支配が今日まで継続。
いつぞやの朱成虎少将は、一億玉砕的信念を臆面もなく公開(パフォーマンスかもしれないけど)。
ttp://hajime1940.blog.ocn.ne.jp/hajime/2005/07/post_a430.html

大日本帝国という人命軽視のカルト国家が、
アメリカに占領されたゆえの社会改造を行い、それが人格改造につながった。
やはり長い目で見ると不幸転じて幸いとなった。
ドイツにしても事情は似ている。東西分裂の悲運はあったけど、結局、統一できたし。

34 :世界@名無史さん:2005/08/08(月) 21:24:10 0
アメリカに300万の死者が些事という感覚がありえなければ、


落とさんだろう、、、ベトナムでも民間人殺しまくりw

35 :世界@名無史さん:2005/08/09(火) 16:57:14 0
>34
国民世論にとって自国民と他国民の命の価値は同等ではない。
残念だが国民国家の宿命だ。
おかげで戦闘では敗北していないのに、ベトナム北爆でも限定目標に縛られ、
挙句、人的損害を過大に言い立てるマスコミに煽られた世論の批判で撤退をやむなくさせられたのがアメリカ。

ヒトラーすら自殺攻撃を主戦術に採用したり、
マスコミで賛美させたりせぬし、
スターリンすら「国民全員道連れ自爆」スローガンを唱えるような、
軍事的無能を曝け出す人命軽視丸出しの感覚は恥ずかしくて無理。
もちろんヒトラーもスターリンもそれぞれの形態で人命軽視を貫いた指導者であったろうが。
またベトナムでの所業に関しても韓国人とは違う。
末端の不祥事はあっても、ジェノサイド戦術は取らない。



36 :世界@名無史さん:2005/08/09(火) 18:53:51 0
どうかな?
敵国とは言え、民間人の大量殺戮をやらかすような国が
本当に自国民の命を尊ぶことが出来るだろうか。

ベトナム人に聞いたことがあるが、軍用犬に子供を噛み殺させたそうだ。
サディストを抑えれなかったのは、末端の不祥事だろうか?

ベトナムの外交戦略によるメディアを利用も秀逸だったが、
そもそも枯葉剤を散布した時点で「負け」だったのだろう。

37 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 13:27:41 0
◆05年世界企業ブランド番付◆※カッコ内は前年順位。−は初登場

 1(1) コカ・コーラ(米)
 2(2) マイクロソフト(米)
 3(3) IBM(米)
 4(4) GE(米)
 5(5) インテル(米)
 6(8) ノキア(フィンランド)
 7(6) ディズニー(米)
 8(7) マクドナルド(米)
 9(9) トヨタ
10(10)マルボロ(米)

トップ10のうち8企業が、アメリカ企業。
アメリカ圧倒的すぎ。

38 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 13:35:11 0
>>36
>敵国とは言え、民間人の大量殺戮をやらかすような国が
>本当に自国民の命を尊ぶことが出来るだろうか。

自国民と他国民はぜんぜんちがうだろ。
命の価値が圧倒的に違いすぎる。
戦争中は、他国民を殺すことが、自国民の命を救うことになる。

いずれにせよ総力戦時の民間虐殺なんて、倫理性をはかる上で参考にならんよ。
あのころはゲリラ戦術がデフォで、戦闘員と非戦闘員の区別が付かなかった。
ゲリラ戦士でなくても、一般市民も軍需物質を生産している生産要員だし。

アメリカの倫理性の高さは、占領時の日本を奴隷化しようとしたのではなく、盟友として
産業復興に尽力した点にあるだろう。

39 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 19:06:16 0
>>38
>あのころはゲリラ戦術がデフォで、戦闘員と非戦闘員の区別が付かなかった。

枯葉剤って、アメリカの兵士にも撒かれたけど
戦闘員と非戦闘員に加えて、自国の兵士の区別もつかなかった、、、。

まさに、民間人の大量殺戮をやらかすような国が
自国民の命を軽んじるという実例を示してしまった。

まあ、偉大な国は内外に敵が多いって事で。

40 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 19:33:32 0
>>39
政府と軍部と国家意識を一緒くたに考えるあほ

41 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 19:38:23 0
>>40
それは言い訳。
それぞれのエゴがむき出しであるところに問題があるのだよ。

42 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 19:57:16 0
>>41
具体的にどうぞ

43 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 20:37:55 0
>>42
具体的にって、何を説明すれば?

国家意識なんて抽象的なものにレスしたんだけど、
君の脳内では国家意識ってのが具体的なのかい??

44 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 20:40:08 0
>>43
では政府と軍部のエゴについてどうぞ

45 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 20:45:41 0
>>44
誰もが容易に調べれる歴史をどうぞって言われてもなあw
質問を具体的に絞ったところで、それについて示そうか?

君が抽象的に話をふっておいて、
その回答を具体的に、何て言い出す「あほ」じゃなかったら。

46 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 20:53:09 0
>>45
前置きはいいから貴方の言うエゴをどうぞ

47 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 21:05:53 0
やっぱり、そうゆうタイプの人だったかw
じゃあ、ドミノ理論と枯葉作戦でよろ>エゴ

48 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 21:15:13 0
>>45
ドミノはいいけど、何故枯葉がエゴ?

49 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 21:18:35 0
戦局を有利に運ぶために人類共有とも言うべき
自然を短期間で消滅させることが利己的ではないと?

50 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 21:25:03 0
>>49
そういうことは対象如何によって如何様にも言えると思う。

51 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 21:35:50 0
だろうね。だから偉業なんじゃない?w

そのエゴが国内で互いにぶつかり合った結果、
外国の自然破壊が極端に加速したり、
民間人らが犠牲になるのは残念だね。

何故、ドミノ理論は(エゴで)いいと思ったの?

52 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 21:51:27 0
>>51
簡単に言えば、一つの思い込みを元に他に被害をもたらしているから、かな。
なんかいい言葉が浮かばないな。

53 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 17:06:57 0
最近のNHKは醜すぎないか
連日の反米特集。今日は録画しておいたコソボ紛争の
回を見たのだが、あれじゃあアメリカが悪の元凶みたいじゃないか・・・
今日の靖国の回でもアメリカが悪者にされてそうだし。。。
見るに忍びないわ・・・

54 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 17:37:44 0
そうそう。
アメリカが今、イラクでやってる事なんて
戦前、戦中に大日本帝国の名のしたにアジアで行った
極悪非道の犯罪行為に比べれば子供のいたずらみたいなもんだろ。
少なくともアメリカ人の男は組織的に占領した国で物を盗んだり現地の女をレイプしたりはしない。
無理やり奪う事はせずに金で買おうとする。
この民度の高さがアメリカと日本の違いだろうな。
民度の低さから言えば日本はロシアと近いね。


55 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 20:51:47 0
何でそう自己卑下するかな
アメリカは偉大な国であるが
日本も偉大な国でいいじゃないか

56 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 21:02:47 0
幼児的万能感の裏返しです

57 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 21:06:00 0
>>54みたいなのはわかりやすい反米のマッチポンプだと思うが・・・


58 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 22:49:12 0
いや、結局のところ
貧しい国がより豊かな国を軍事占領すると悲劇だよな。
略奪、放火、レイプ何でもござれだ。
アメリカ人が第二次大戦後に日本で行った処置は
当時のソビエトとの将来やってくるであろう対立を見据えてっていう事情はあったにせよ
歴史的に見て極めて寛大だったと思うな。
そもそも真珠湾と同じ仕打ちを日本帝国がやられてて、なおかつ日本がアメリカに勝利していたら
日本の軍部はアメリカをただではすまさんかっただろうな。
しかし、アメリカは経済的に発展することを許し、日本人に豊かな生活をもたらした。
日本人はこのことを忘れてはならない。




59 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 22:52:28 0
宇宙から隕石が地球に降ってくることにでもなれば
世界中の反米国家も反米厨もアメリカに泣きつくんだろうな。
何とかミサイルで軌道を変えてくれってさ。
情けない。
女王の教室で言っていたが、
自分の行動には責任を持ちなさいってこった。
後で泣きつくくらいなら反抗なんてしないこと。



60 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 23:14:45 0
>>59
なるほど。
宇宙から隕石が地球に降ってくる事態に備えて、
俺もアメリカ様マンセーになっておこう。

61 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 23:44:04 0
宇宙から隕石がやってきたとしたら
それは、米政府のマッチポンプと考えて間違いない
ほら、あいつら宇宙人と知り合いだし

62 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 23:45:32 0
アメリカまんせー

だが>>1は氏ね

63 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 23:55:49 0
あーーどーでもいいけどなんか59の内容がどっかの宗教に似てるとオモタ
信じるものは救われるってか

64 :世界@名無史さん:2005/08/14(日) 01:20:06 0
でもさ、
アメリカも落っこちてくる隕石の軌道と大きさと重量とかをすぐに調査して
その隕石がアメリカに何らのダメージも与えないって分かった基本的に放置プレイだろうな。
特にその隕石がイランとか北朝鮮とかを壊滅してくれるって分かった日には
多分、隕石についての情報が外部に漏れないように情報統制して成り行きを見守るだけだろうね。
しかも、その直前までしんしに6カ国会議とかやって態度の変化を悟られないように偽装工作とかしてそうw

65 :世界@名無史さん:2005/08/14(日) 11:58:07 0
>>64
そうかな?アメリカがそんな非人道的な行動をとるとは思えない。
ワシントンDCその他主要都市以外、州によってはアメリカ国内でさえ放置すると思う。

66 :世界@名無史さん:2005/08/14(日) 12:57:10 0
????意味不明ですねw
論理が破綻してる。

67 :世界@名無史さん:2005/08/25(木) 16:24:49 0
早くカナダのケベック州独立してくれないかなー。ケベック州が独立すれば
1959年のハワイ州以来新しい州になる
ノバスコシア州、ニューファンドランド州、プリンスエドワードランド州、
ニューブランズウィック州といきなり4州もアメリカの物になるぞ
>>4お前アホか?アメリカは帝国主義の国だよ
ジェファーソンのフランス領ルイジアナ買収、モンローのスペイン領フロリダ
半島買収、アンドリュー・ジョンソンのロシア領アラスカ買収、
マッキンリーのハワイ併合・・・。やっぱアメリカ帝国主義じゃん。
その帝国主義を否定したウィルソンやアイゼンハワーはクズだね。

68 :世界@名無史さん:2005/08/25(木) 16:57:56 0
このスレはアメリカの行為が正しくても正しくなくても支持するしかない
日本人の悲しき矛盾に溢れてる

69 ::2005/08/25(木) 20:09:24 0
アメリカコンプレックスの塊

70 :世界@名無史さん:2005/08/25(木) 22:19:08 0
「日本を信頼」7割超え、過去最高=米国民の対日世論調査
外務省は25日、米国で今年2月に実施した「対日世論調査」結果を発表した。
それによると、「日本を信頼できる」と答えた人が一般国民で72%
(前年度比4ポイント増)に上り、1960年の調査開始以来、初めて7割を超えた。
有識者では90%(同1ポイント増)が「信頼できる」と答えた。 
調査は外務省が毎年実施。米ギャラップ社に委託し、2月から3月にかけて
18歳以上の一般男女1500人と、各界の有識者254人を対象に電話で実施した。
調査結果によると、日米協力について「極めて良好」「良好」と答えた人も、
有識者で83%、一般国民で61%に上り、いずれも過去最高だった。
外務省は「イラク復興支援などを通じ、共通の価値を持つ同盟国として
米国民に理解されてきた結果ではないか」としている。
一方、有識者に「アジアにおける最も重要なパートナー」を尋ねた質問では、
「日本」と答えた人が48%(同17ポイント減)に急減、逆に2位の「中国」が38%
(同14ポイント増)に増え、中国への関心の高まりを裏付けた。一般国民では、
「日本」と答えた人が48%、「中国」は26%で前年と変わらなかった
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050825-00000120-jij-pol

71 :世界@名無史さん:2005/09/10(土) 16:48:04 0
イェース、持つべきものは忠犬デスネー

72 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 17:54:00 O
リメンバーアラモ
リメンバーパールハーバー
あと一つはなんだ!?

73 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 18:15:03 0
アメリカ移民に対し親切にも救い、共に祝った インデアンをその後抹殺した

のがアメリカ。本国の課税権を無視し、紅茶を海中に投げ捨てる暴挙をする

アメリカ。法を遵守しカナダに逃げ出したカナダ人をみならへ(ホントは命

が惜しかったのさ)

74 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 18:20:36 0
基地外の歴史しか私にはアメリカに発見できない。

75 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 18:50:48 0
サイレース


医薬品 睡眠薬。中期型。ロヒプノール、ロヒプノール2も参照。

アメリカには法律上持ち込めないので渡航の際にはご注意を。
(麻薬扱いになります。)

白色・無味のためアイスクリームなどに混ぜ、故意に他人を眠らせる等の
犯罪が相次いだため、使用中止となったもの。成分的には習慣性等はない
ので医師の処方の上、決められた量を摂る分には問題ないと思います。

76 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 16:48:40 0
アメリカは素晴らしい。
戦後日本がアメリカではなく、ソ連に占領されていたらどんな悲惨なことになっただろうか。

そのことだけでも、アメリカに足を向けて眠れない。

77 :マニュフェス党に嘘はない…:2005/09/11(日) 17:35:56 O
>72

つリメンバー・メイン号(1898)

つリメンバー・パネー号(1937)

つリメンバー・トンキン湾(1964)

あっても何の不思議でもないが、未遂におわった

つリメンバー・ラニカイ号(1941)

というものもある。

78 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 20:25:02 0
えーと、今日はなんの日だっけ?

79 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 20:33:56 0
同時多発テロが起こった日だよ
しかしもう4年か。時間がたつのは早いな
ブッシュちゃん、頑張ってラディンをやっつけてくれよ


80 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 20:36:47 0
ラディソをやっつけて新たなアメリカ合衆国の歴史的偉業が刻まれるわけですな

81 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 21:03:56 0
つリメンバー・トンキン湾(1964)

ベトナムは思い出したくないよなぁ、、、

82 :世界@名無史さん:2005/09/18(日) 02:22:41 0
よく、「アメリカは現代のローマ帝国だ」なんて言う香具師がいるが、
ローマ帝国は多神教だったのだ。
世界最初の帝国アッシリア、バビロニア、ペルシャ、ギリシャも多神教だった。
アメリカは一神教だから非寛容で戦争をするんだなんて言うバカがよくいるが、
無知丸出しの「こじつけ」であることがわかる。


83 :世界@名無史さん:2005/09/18(日) 12:14:06 O
宗教でアメリカとローマ帝国を並べてるわけじゃないだろ
国力だろ

84 :世界@名無史さん:2005/09/18(日) 15:13:57 0
いやムキムキ崇拝だな

85 :世界@名無史さん:2005/09/21(水) 23:00:25 0
KGB、東京湾で破壊工作 元職員の著書で判明
60年代計画 日米関係悪化狙い
 【ロンドン=蔭山実】東京で一九六〇年代に活動していた旧ソ連国家保安委員会(KGB)の
工作員らが日米関係を悪化させるため、東京の米国関連施設の爆破や、東京湾に放射性物質を
ばらまいて米国の原子力潜水艦の責任にする破壊工作などを計画していたことが元KGB職員の
故ミトロヒン氏の文書を集めた著書で判明した。
 著書は「ミトロヒン文書第二巻 KGBと世界」のタイトルで、十九日に英国で出版された。
ミトロヒン氏は九二年にKGBに関する大量の機密文書を所持して英国に亡命し、昨年亡くなった。
今回出版された著書は世界各地でのKGBの活動を記した同氏の文書が収録されている。
 日本では、六五年にKGBの東京駐在官事務所が当時のベトナム反戦デモに合わせ、起爆装置を
米国製たばこの箱に隠した爆弾を、日本にいる協力者に米国文化センターの書棚に仕掛けさせ、
翌朝に爆破させる計画を立案。KGBの犯行を隠すため、米国攻撃を訴える右翼団体のビラも
偽造しようとしたという。
 六九年には、東京湾に放射性物質をまき、横須賀基地の米原潜のせいにする工作が検討されて
いた。ただ、米国製の放射性物質の入手が難しいことなどからKGB本部が計画を却下したという。
破壊工作以外にもKGBは外務省に協力者をつくり、冷戦下でKGBが日本に情報網を築いていた
状況がうかがえる。
(産経新聞) - 9月21日15時53分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050921-00000031-san-int

日米関係悪化を狙った旧ソ連の秘密工作は計画倒れに終わったが、アルカイダや北朝鮮、中国の
秘密工作はどうかな。反米家はトンマで一元的思考だから気にいった情報は盲信するだろう。
こんなのは氷山の一角だ。むかしの「アメリカの核は悪の核、ソ連の核は正義の核」 発言を
思い出したよ。

86 :世界@名無史さん:2005/09/22(木) 13:35:06 0
支援金

 90年の湾岸戦争の際、平和憲法のために海外派兵のできない日本が、アメリカに10億ドルの戦費負担を自主的に申し出た。
 これを見て「組しやすし」と見たアメリカは、「少ない・血を流さない」と罵倒し、恐れをなした日本政府が40億ドルに増額。
クェート奪還に際してはさらに90億ドルを負担。
後にアメリカが要求した「円安による目減り分」も含めて135億ドルもの国民の税金がアメリカ軍に継ぎ込まれた。
 アメリカはより多くの支援を得るため、イラクの戦力を過大に見積もる情報を流し、
実際の戦費は大幅に余り、アメリカの財政赤字の穴埋めに流用されたが、
アメリカは日本に対する外交的優位を得続けるため、
マスコミを動員して「戦争に参加しない卑怯者」呼ばわりの大キャンペーンを張り、財政負担で味方した日本に対して敗戦国扱いの侮辱をもってに報いた。



87 :世界@名無史さん:2005/09/22(木) 13:36:05 0
なんたって超大国 ぼくらの帝国(ウィー アー アメリカン)
なんたって超大国 無敵の帝国(ウィー アー アメリカン)
なんたって超大国 偉大な帝国(ウィー アー アメリカン)
超大国はやめられない(ブッシュ ブッシュ ブッシュ)
なんたって超大国

ちょっと気弱なタイプの 経済大国カツアゲて
安保ただ乗りナンチャッテ 開き直って負担をせびるわ
ずっと沖縄にいたい 平和なんかにさせたくない
いつも日本にガンガン たかり続けたい
言う事聞くからいい いい
主権侵害するけど 反米感情ノーサンキュー
マスコミ支配使って 強く 正しく カッコ良く
なんたって超大国 ぼくらの帝国(ウィー アー アメリカン)
なんたって超大国 無敵の帝国(ウィー アー アメリカン)
なんたって超大国 偉大な帝国(ウィー アー アメリカン)
超大国はやめられない(ブッシュ ブッシュ ブッシュ)
なんたって超大国

(「なったってアイドル」の曲で)




88 :世界@名無史さん:2005/09/24(土) 10:35:11 O

●今夜9時からフジテレビで、なんと!!『ワンス・アンド・フォーエバー』』を放送!!
出演:メル・ギブソン、バリー・ペッパー、


■歴戦の勇士ムーア中佐は、第七航空騎兵連隊400人を率いて、解放戦線ゲリラを掃討する為、南ベトナムの中央高地イア・ドランの谷に降下した。
しかし、そこに待ち受けていたのは解放戦線ゲリラではなく、北ベトナム正規軍の精鋭2000人であった。
ベトナム戦争史上有名なイア・ドラン峡谷の戦いが始まる。■


89 :世界@名無史さん:2005/10/09(日) 08:35:43 0
トス!

90 :世界@名無史さん:2005/10/16(日) 02:11:27 0
米英戦争でカナダを、そして米墨戦争でメキシコを併合しなかったことが悔やまれる。
また、カリブ海からフランスを一掃してほしかった。

91 :世界@名無史さん:2005/10/16(日) 02:25:00 0
>>90
カナダ併合は無理だろうけど、メキシコ併合なら可能だったろうね。
しかしメキシコを併合してしまうと、ミスターサタンと合体した孫悟空みたくアメリカのパワーが
落ちてしまっていただろう。。。

92 :世界@名無史さん:2005/10/16(日) 10:26:21 0
メキシコ併合はダメだよ
汚い混血(メスティーソ)とインディオ(先住民)の
アメリカ合衆国居住は許さん

93 :世界@名無史さん:2005/10/16(日) 14:29:57 0
>>92
全部居留地に押し込んで隔離するから無問題。

94 :世界@名無史さん:2005/10/17(月) 00:30:19 0
移民の選別は必要だ。
ヒスパニックでも上昇志向が高くてアメリカへの忠誠心が高い優秀な移民は歓迎し、
ギャングに成り果てるようなゴロツキは排斥すべきだ。

95 :世界@名無史さん:2005/10/17(月) 00:57:08 0
なにその万年内戦国。

96 :世界@名無史さん:2005/10/17(月) 16:09:00 0
日本人もイエローモンキーだから排斥だ
黒人もインディアンも混血もみんな奴隷になれ

97 :世界@名無史さん:2005/10/17(月) 16:18:29 0
虎の威を借りる朝鮮人哀れ

98 :世界@名無史さん:2005/10/17(月) 16:48:11 0
アメリカも東海岸だけで白人国として、ちんまりまとまってればよかったのに。

99 :世界@名無史さん:2005/11/06(日) 21:22:27 0
>>94
ユダヤは入れて大丈夫か?

100 :世界@名無史さん:2005/11/07(月) 21:49:43 0
100ghetto

101 :世界@名無史さん:2005/11/18(金) 22:16:43 0
アメリカの歴史的偉業と言うと食料生産ではないだろうか?
我々も恩恵に預かっているが

102 :世界@名無史さん:2005/12/08(木) 23:53:39 0
ジャンクフードにブランドを冠した最初の国でもあるわなw

103 :世界@名無史さん:2005/12/09(金) 00:17:06 0
良くも悪くも世界中にこれだけの影響を与えた国家はアメリカ合衆国をおいて他に存在しない。
いつもアメリカ合衆国に感謝しながらネットやってます。

104 :世界@名無史さん:2005/12/09(金) 22:59:54 0
世界史の中で真に帝国と言えるのはアメリカだけ!

105 :世界@名無史さん:2005/12/09(金) 23:05:03 0
ローマ帝国は?

106 :世界@名無史さん:2005/12/15(木) 02:46:25 0
朝日とTBSは何であんなにアメリカを目の敵にするの?
同じような論調で他国を攻撃したらタダじゃすまないと思うよ。
とくに中国や韓国だったらね。

107 :世界@名無史さん:2005/12/24(土) 18:49:24 0

アメリカは日本と中国が国債買ってあげまくっているから成立しているだけの砂上の楼閣
アメリカ国債所持数一位の中国と二位の日本が国債一気に市場に流せば‥‥わかるよな?

108 :世界@名無史さん:2005/12/25(日) 05:45:13 0
日米永久同盟−アメリカの属国で何が悪い
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334933726/250-4151239-6213023

109 :世界@名無史さん:2005/12/25(日) 12:15:44 0
>>106
中国批判は絶対にしないのにね。完全な人種差別だよ。


110 :世界@名無史さん:2005/12/25(日) 22:51:52 0
>>107
それができない理由があるんだよ。バカだね。

111 :世界@名無史さん:2005/12/25(日) 23:53:38 0
朝日とTBSは、米軍犯罪のニュースは大々的に報道するが、
アメリカ人の犯罪より中国人の犯罪のほうが100倍は多いんだぞ。
http://www.npa.go.jp/toukei/keiji19/H15_27.pdf


112 :世界@名無史さん:2005/12/27(火) 05:19:44 0
>>110
できるよ
以前橋本が米国国債売却をほのめかしたことがあったじゃん
一気にドルが暴落しそうになったんだよ

中国も戦略的な目的で米国債を買っているのは明らかで

実際のところ、米の楼閣を支えているのは日本と中国のアジアのニ国なんだよ
これが現実

113 :世界@名無史さん:2005/12/30(金) 19:47:21 0
実際売却したら日本経済にも悪影響
するんだよな

114 :世界@名無史さん:2005/12/31(土) 10:12:16 0
アメリカと日本は一心同体だからな。
日本はアメリカ最大の債権国だが、アメリカは日本に借金を返す必要はない。

115 :世界@名無史さん:2006/01/03(火) 11:52:02 0
グローバルな世界経済をつくったのはアメリカの歴史的偉業
さながら世界経済を人質にとった様にして

116 :世界@名無史さん:2006/01/03(火) 12:12:58 0
>>112
威張っているほうが支えているんだよ。
依存しているのは日本のほうだよ。


117 :世界@名無史さん:2006/01/03(火) 12:14:56 0
日本が沈没したって泣いてくれるのはオーストラリアぐらいなものだ。


118 :世界@名無史さん:2006/01/03(火) 12:31:31 0
日本金融の貸し倒れってどのくらいだろうか?

119 :世界@名無史さん:2006/01/03(火) 12:42:17 0
アメリカもユダヤ結社に毒され、利用されている。ユダヤ結社って、なーに?


120 :世界@名無史さん:2006/01/06(金) 11:02:22 0
ユダヤ人は簡単に言えば世界のトップであるWASPの手助け役ってなもんです。
結局、アメリカはドイツ系、イギリス系、そしてユダヤ系によってコントロールされている国。
そして多くの人材的人間が世界中から来るので、この国が超大国なのは仕方がありません。

日本がアメリカの属国で何が悪いんです、結局全世界のほとんどの国々もアメリカの属国ってな感じです。
こんな世界制覇をしたことのある国が歴史上、アメリカ以外にありましたでしょうか?
それに、これ程までの超大国が民主主義国家なので、とても幸いです。


アメリカ大合衆国よ、永遠に

121 :世界@名無史さん:2006/01/06(金) 22:56:05 0
アメリカはWASPが牛耳っているちゅーても
アイリッシュ系なんかもロビー活動をしてさ
イギリスの北アイルランド問題を複雑にさせたりするわけだよね
それは一つの事例にすぎない
アメリカに色々な連中が居るので世界の出来事にちょっかいを出さざるを得ない
それにユダヤやモノフィジートやパールーシーやらの変な連中も沢山居る
アフリカ系が圧力をかければソマリアにだって出兵だ
ほんと、こんな国が歴史上存在したのだろうか?

122 :世界@名無史さん:2006/01/07(土) 07:04:17 0
どうでしょう、アフリカ系が圧力をかけるって・・。初めからアメリカは民主主義を世界に広め、
もっともっと自由を広めるために他の国々にちょっかい出すわけなのですが。

でも、冷戦当時はアメリカの防御のためだったんですよね。

123 :無名さん:2006/01/07(土) 08:41:05 0
ピルグリムファーザーズって苛められっ子が退学してフリースクール通った後、
転校先でヒーローになったようなものだろ。

124 :世界@名無史さん:2006/01/07(土) 11:41:08 0
>>122
それはネオコンの連中が言ってるだけで
リバータリアンにとっては関係ない話
アメリカ政治は複雑怪奇

125 :世界@名無史さん:2006/01/07(土) 11:57:21 0
>>122
ワロタw

126 :世界@名無史さん:2006/01/09(月) 02:19:54 0
あげ

127 :世界@名無史さん:2006/01/09(月) 21:54:36 0
9.11のペンタゴン、ボーイングが突っ込んだにしては被害が軽微だ
これも何かの陰謀か?

128 :世界@名無史さん:2006/01/10(火) 00:00:09 0
>>127
どうせ永久にトンデモ本のネタだよ。

129 :世界@名無史さん:2006/01/15(日) 01:13:52 0
アメリカ合衆国万歳!

130 :世界@名無史さん:2006/01/15(日) 10:01:56 0
WASP万歳

131 :世界@名無史さん:2006/01/15(日) 10:08:49 0
>>128
トンデモ本はいいから、理由を説明してくれ

132 :世界@名無史さん:2006/01/15(日) 11:42:03 0
ペンタゴンはアメリカの超科学で守られている
突撃してきた飛行機のエネルギーは異次元空間へ転送されたのだ!
他にも超能力戦士部隊、反重力装置や反永久機関も実用されていると言う…

という妄想をしてみた

アメリカの偉業として
地球と言う空間にフロンティアの無くなってしまった現代で
未来、時間軸に新たなフロンティアを創った事だと思う
アメージングストーリーズなどに代表されるSF
ユートピア/アンチユートピア文学とは無縁のセンスオブワンダー
未来は明るい、と

133 :世界@名無史さん:2006/01/22(日) 15:47:04 0
アメリカは世界中の民族を抱えているだけではない
最下層の貧民から世界経済に影響を与える様な大富豪も居る
変な教義を持った宗教や変なイデオロギーを持った共同体も居たりする
普通国単位で決まっている法制度も連邦制だから死刑だとか同性結婚とかばらばら
商業的な文化を世界中に送り出し続ける一方で、古典や実験的な芸術を追求していたりもする
なんでもある国だ

134 :世界@名無史さん:2006/01/26(木) 06:56:22 0
我々の秘密を見よ。
キリスト教と全宗教を破壊する為に、
我々こそ唯一真の宗教を保持していると宣伝してきた。
目的は手段を正当化する事を忘れてはならない。
悪人が悪を行う為に採用するあらゆる手段を、
賢人は善を行う為に採用すべきである。
それは秘密結社によってのみ実行可能である。
秘密結社は、徐々に、ひそかに、各国の政府を掌握する。
その為に、
悪人が下劣な目的を達成する為に用いる手段を全て用いる。
本指令の目的は、キリスト教を完全に破壊し、
全ての市民政府を転覆する事である。

135 :世界@名無史さん:2006/01/26(木) 16:52:47 O
若い日本人の優秀層は、日本に愛想を尽かしてアメリカに逃亡し、
アメリカのモザイクの一画を形成するようになる。
アメリカは日本人の力によりますます繁栄を極めることになろう。

これに対して日本は、
アメリカに逃亡する能も金もないうだつの上がらない若者が
贅沢癖の染み付いた年寄りに徹底的に搾取され、
これに反発してテロ活動を展開するという
コロンビアのようなカルトで貧乏で陰気臭い
どうしようもない国に没落していくと思う。

136 :世界@名無史さん:2006/01/26(木) 18:04:19 0
>>135
英語教育が歪で、東大出が米国の大学院入学選考でバタバタ落とされる国
から、そんなに大勢の人材が流出するだろうか?

137 :世界@名無史さん:2006/01/26(木) 18:08:29 0
>>135
>これに反発してテロ活動を展開するという

せいぜいキレて路上暴力が関の山だろう

138 :世界@名無史さん:2006/01/26(木) 18:11:26 0
当たり前の事だが、向こうの国語は英語で
普通にやたら難しい文学の問題を出してくる。
少々英語が出来る程度で太刀打ちできるわけがない、
そいつが英才教育でも受けてない限り。

139 :世界@名無史さん:2006/01/26(木) 18:18:40 0
ネタスレにマジレスします。

アメリカ史専攻だけどアメリカを無条件に褒めちぎる事は出来ない。
アメリカは確かに建国当時啓蒙主義を良く表した憲法を作ったし、
三権分立をはっきり表した事に歴史的な意味がある。

ただ、限界も指摘できる。
黒人の扱いなどマイノリティに対する考慮は余り行なわれていない。
ただ、北部は1807年に奴隷貿易を禁止していたり、改善の余地は見えるが。
フィリピン、南アメリカ、キューバなどの植民地(保護国)経営などは
当時の斬新主義を理由にして推し進めている。
南北戦争後の黒人達に対する扱いも、選挙工作の見返りとして南部に有利な法令を決めてしまっている。

ただ、そのような歴史的な流れの中から、何か現代の問題に対して解決法を提起できる。
その意味においてアメリカは非常に歴史的意味を持った国だ。

140 :世界@名無史さん:2006/01/26(木) 18:19:50 0
アメリカという国がかっこいいと感じられない

141 :世界@名無史さん:2006/01/26(木) 19:28:35 O
日本の英語教育がズバ抜けてボロボロなのは、
優秀層がアメリカに逃亡できないようにして
搾取の対象にしてやろうという日本政府の陰謀だろう。

142 :世界@名無史さん:2006/01/26(木) 19:33:42 0
英語教育つか教育全部ぼろぼろじゃねの。
つか大学入試こんなんでいいのって思うが

143 :世界@名無史さん:2006/01/26(木) 19:38:43 O
日本が昭和中後期の一世代限定の繁栄を築くことができたのは、
アメリカ様が正義の炎をもって日本を浄化し、
その後の正義の支配によって日本を正しき方向に導いて
くださったからにほかならない。

私は日々アメリカ様に対する感謝の気持ちでいっぱいだ。

私は、ゼニゲバトヨタが底辺労働者を搾取して作りあげた
悪の車を決して買わず、アメリカ様の気品に溢れた
ジャガーをこよなく愛用している。
日本の百姓が都市部の労働者の犠牲の上に
のらりくらりと作りあげた悪の米は決して口にせず、
アメリカの誇り高き生産者が心をこめて作りあげた
正義の小麦粉・牛肉・アンチョビで日々胃を満たしている。

144 :世界@名無史さん:2006/01/26(木) 19:40:48 0
作文・論文の書き方なんて、向こうじゃ規則尽くめで小学生から叩き込むよ。
それに比べて日本は・・

ディベートを国家公務員試験でさえ課さないというのも・・

145 :世界@名無史さん:2006/01/26(木) 19:49:03 0
>>141
自分の無知を政府のせいにするのはいかがなものか。
気に入らないなら英語を自分で学んでアメリカに移ったらいい。

146 :世界@名無史さん:2006/01/26(木) 19:52:34 0
最近の高校は大学の試験対策で、論文の書き方の時間を取ってるところがある。
大学ではディベートやらせるところもある。
でも全ての教育課程で課されるわけではないからな

147 :世界@名無史さん:2006/01/26(木) 19:56:46 0
スティーブ・ジョブズがピクサーをディズニーに売っぱらったな。
民間が放送と融合の実現を果たしていく。さすがアメリカだ素晴らしい。


148 :世界@名無史さん:2006/02/04(土) 01:37:15 0
アメリカ合衆国程かっこいい国なんてないよねん。

アメリカってもう本当に超大国ぐらいじゃなくて、もう世界帝国とまで呼ばれてるぐらいだから、
こりゃこの国が強いのは当たり前だわな。

アメリカってイラク戦争でちょっとダメージ受けてるのかなぁ・・と心配してたけど、
どうやらダメージどころか軍事力がもっと強くなって来てるらしい。やっぱし、こりゃアメリカ軍が
人道的な戦いをするために民間人に勝手に手を出せないからだろうなぁ・・。
英国なんか昔、イラクで起きた反英デモでチャーチルがイラク人はみんな野蛮人だとか言って
エアーフォースで爆弾落としてそのデモ隊をみんなぬっ殺しちゃったわけで。


やっぱし、アメリカ程の超帝国はこの世に存在しなかった。
アメリカ合衆国万歳!!

149 :世界@名無史さん:2006/02/04(土) 08:21:57 0
アメリカの偉業はこれからだ
じきに血を流さない戦争を実現させるだろう

150 :世界@名無史さん:2006/02/04(土) 08:50:12 0
そう、ロボット大戦だ

151 :世界@名無史さん:2006/02/04(土) 08:51:47 0
ネットで世界中のジャンキーゲーマーがプレイする無人戦車、無人ヘリ、無人航空機・・・
人工知能を内臓した動く地雷・・・
送り込まれる汎用人型ターミネータ・・・

既に、ロボット歩兵と無人輸送トラックは正式採用されている。

152 :世界@名無史さん:2006/02/04(土) 22:17:30 0
コンピューターゲームもアメリカ発?

153 :世界@名無史さん:2006/02/05(日) 05:02:26 O
テニスのゲームだっけ?

154 :世界@名無史さん:2006/02/05(日) 12:44:53 0
コンピューターゲーはアメリカから。Eメールやインターネットもアメリカ発だよね。

アメリカでロボット歩兵作ってる時に、日本は餓鬼のおもちゃ用の馬鹿ロボット作ってます。

155 :世界@名無史さん:2006/02/05(日) 18:05:54 0
アメリカの偉業
・ライト兄弟の飛行機発明
・エジソンの電球発明
・ベルの電話発明
・ファーンズワースの電子式テレビ発明
・モークリ&エッカートのコンピューター発明


156 :世界@名無史さん:2006/02/05(日) 20:31:02 0
↑基礎研究ではなく実用化と言う点がポイント

157 :世界@名無史さん:2006/02/05(日) 22:20:24 0
中国・インドが発明->欧米が改良->日本がさらに高度に改良

158 :世界@名無史さん:2006/02/05(日) 23:37:25 0
>>157
近代科学の9割は欧米のオリジナルだよ。


159 :世界@名無史さん:2006/02/05(日) 23:40:46 0
>>157
火薬や羅針盤の発明なんて科学じゃないよ。子供が偶然発見した可能性だってある。
だがケプラーの「惑星運動の法則」やファラデーの「電解の法則」なんかは馬鹿じゃ発明できない。
特に宇宙論や進化論、電気の研究等は中国と無関係だ。


160 :世界@名無史さん:2006/02/05(日) 23:46:08 0
特に>>155であげた発明は中国と無関係だよ。

161 :世界@名無史さん:2006/02/05(日) 23:53:52 0
つまり日本の改良技術は発明以上に素晴らしいという事ですね。

162 :世界@名無史さん:2006/02/06(月) 00:00:05 0
子供が偶然発見しても偉業だろう。
同様に馬鹿が何を発明してもいいと思うが、
馬鹿でも利口でも、法則は発明できない。
中国も研究はしているし、成果も挙げてる。

163 :世界@名無史さん:2006/02/06(月) 00:05:59 0
>>161
日本は金になる技術は強いからね。

164 :世界@名無史さん:2006/02/06(月) 00:08:05 0
人類の科学史でも、中国人の名前なんてほとんど出てこないしね。
ttp://www.sci-museum.kita.osaka.jp/~kazu/world/w-nenpyo.html


165 :世界@名無史さん:2006/02/06(月) 00:12:19 0
>>157
基礎研究のアメリカの科学への貢献度は
ノーベル賞の国別受賞比率がそのままだろう。


166 :世界@名無史さん:2006/02/06(月) 00:12:45 0
科学史上の名前と特に宇宙論や進化論、
電気の研究等を行っていることは無関係だ

だがケプラーの「惑星運動の法則」や
ファラデーの「電解の法則」なんかは馬鹿じゃ発明できない。

167 :世界@名無史さん:2006/02/06(月) 00:15:44 0
人類への貢献度は人口がそのままだろう。

168 :世界@名無史さん:2006/02/06(月) 00:16:57 0
>>161
一部改良では科学史に名前が残りませんw


169 :世界@名無史さん:2006/02/06(月) 00:25:25 0
>>168
残るよ。

重要な発見または改良を成し遂げた人にノーベル賞が送られる。
ってゆうか科学史勉強したことがあれば改良者の名前ぐらい出てくるもんだが。

170 :世界@名無史さん:2006/02/06(月) 09:17:41 0
日本がさらに高度に改良?馬鹿か?火星探査機を打ち上げたときはアメリカだけ成功し、
英国のは行方不明。


日本はエンジンがぶっ壊れて打ち上げすらできなかった。コードダナホントwwwww プゲラwwwwwwwwwwwwwwwwwww

それに、日本人は高度だとか思ってるみたいだけど、結局欧米の人々にとっては
ただの猿真似。おまけに全体的に見たら日本の技術力はアメリカと比べれば百年も遅れている。

171 :世界@名無史さん:2006/02/06(月) 10:12:18 0
ロケット技術だけならロシアの方が安全性、コスト両面で
アメリカを圧倒しているわけですが・・・
西側の半分近くの値段で
90年代までは年間100本ペースで打ち上げてた。

172 :世界@名無史さん:2006/02/06(月) 11:33:38 0
物価の差じゃないですか

173 :世界@名無史さん:2006/02/06(月) 12:00:41 0
>>171って頭悪すぎ。大昔の技術力で大量のロケットを安く作れるのは
当たり前だし、おまけに安全性?ハァ?ロシアのロケットが安全だという話は
聞いたこともないが?

174 :世界@名無史さん:2006/02/06(月) 19:06:34 0
アポロ11号の月面着陸というのは、人類史上最大の歴史的大偉業だったと断言できるでしょう。
これは、マゼラン艦隊の世界一周やライト兄弟の初飛行より偉業としては上ですよ。
人類が初めて火を使った以上の快挙です。人類の歴史のみならず、地球の生物が他の天体に一歩を
踏み出したというのは、両生類が初めて海から陸に上がったのと同じぐらい、地球生命38億年の
歴史で画期的な出来事と言えるでしょう。


175 :世界@名無史さん:2006/02/06(月) 19:17:24 0
褒めちぎりw

176 :世界@名無史さん:2006/02/06(月) 20:36:41 0
>>173
確かに安全とは言い切れないが
じゃ今、何処が安全なのかと
スペースシャトルはもっと安全にならんもんかね

177 :世界@名無史さん:2006/02/06(月) 20:52:10 0
>>170
アメリカはロケットに百年も遅れている部品を大量に搭載しているのか、、、
そりゃ爆発もする罠

178 :世界@名無史さん:2006/02/07(火) 10:02:45 0
>>177
アメリカが別に日本の部品を大量に入れてる分けではないのですが。

179 :世界@名無史さん:2006/02/07(火) 20:42:38 0
ヒップホップ誕生の地「サウス・ブロンクス」
http://www012.upp.so-net.ne.jp/rhyme/buronkuss.htm
今は当地でもクリップス、ブラッズ。「プロジェクト」が舞台。
http://www.nybct.com/zzz03-hiphop-carl.html

アパッチ砦・ブロンクス (1981)
FORT APACHE, THE BRONX
落合信彦が描いていた当時
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=1060



180 :世界@名無史さん:2006/02/08(水) 13:01:42 0
>>173
しらんくせに断定的にいうのはどうかね。
ロシアのロケットは、昔の技術をベースにしているが
昔のままではない。地味だが、重要な改良が重ねられている。
技術をきちんと消化するにはだ。妥当なものだ。

アメリカは、国威発揚デモなので、あんな意味もない
飛行機をくっつけて飛ばす。技術も受けがいい新機能
は予算がとれるからな。安全性は実は2の次だ。
まさに、資本主義と、民主主義を背負ってとぶのに
ふさわしいね。


181 :世界@名無史さん:2006/02/08(水) 13:44:01 0
>>180
資本主義と民主主義のリーダーなんだし、チャレンジ精神が一番強い国がアメリカなのだから
当たり前なのでは?ロシアはどうせアメリカに挑戦したってもうソ連を見れば分かるとおり、どうせロシアは
無理なんだから一々アメリカに抵抗せず、ただ安全性だけでも改良しよーやってな感じなだけ。
アメリカ程男っぽい国なんて相当いないだろ。

そして日本は完全にアメリカ様のためにいる「女」だしな。

182 :世界@名無史さん:2006/02/08(水) 14:31:15 0
>>181
そういえば、ここはアメリカを讃えるスレだったな。たしかにそうだ。
ただ安全性だけでも改良てのは、ちょっと気がつかなかった。
技術者はそういうふうには考えないけどな。(^^;

宇宙にいく技術でもっとも大事な技術は、文字通り宇宙にいくための
技術だ。つまり、エンジンとかロケットな。基本的な仕組みは、何十年も
かわってない。
アメリカの技術がすごいと自称しようが、車にのるぐらい、安価に、安全に
宇宙にいける技術こそ大事なんだ。

183 :世界@名無史さん:2006/02/08(水) 15:09:31 0
>>182
だからと言ってロシアがそんなもんを実現できると主張したいのではなかろうな?
それに、今のところ宇宙に行くのはまだ無理だろ。まだまだ探索しなきゃなんないとこが大杉。


184 :世界@名無史さん:2006/02/08(水) 21:41:09 0
現実を突きつけられたら、
やっぱりロシアを引き合いに出さないとね。

185 :世界@名無史さん:2006/02/08(水) 23:07:35 0
ソユーズって全部の型、バイコヌール基地まで
横に倒された状態で運ばれるんだよな、安全というか
「頑丈」ではあると思うんだよ。その分、性能は今一。
ゆまり物体を『宇宙に上げる』って意味だけ捉えれば
充分優秀なのがロシア製ロケット

186 :世界@名無史さん:2006/02/09(木) 00:07:31 0
ハーレー=スペースシャトル
カブ=ソユーズ

重厚長大はアメリカらしさ!

187 :世界@名無史さん:2006/02/09(木) 12:17:54 0
まぁ、そうなってしまうな。。。。


188 :世界@名無史さん:2006/02/09(木) 12:25:07 0
>>183

>探索しなきゃなんないとこが大杉
それは、そうだ。ロシアに限らんがな。

>そんなもんを実現できる
車みたいなってことか?
目指してはいるだろうな。

>今のところ宇宙に行くのはまだ無理
宇宙ってどういう意味?

反射神経で文章はかけんぞ。



189 :世界@名無史さん:2006/02/09(木) 13:16:09 0
>>188

>車にのるぐらい、安価に、安全に
宇宙にいける技術こそ大事なんだ。

何だ。お前が言ってたのが一般的に多くの人々が乗れるみたいな、宇宙旅行みたいなのを
言ってるのかと思った。

>反射神経で文章はかけんぞ。

お前は何の正論も言ってないくせにそういう口だけ達者なんだな。
お前は一生ロシアのロケットがとてつもなく安全であり、最高だと言ってろや

190 :世界@名無史さん:2006/02/09(木) 14:09:14 0
ほめてくれて、ありがとう。

191 :世界@名無史さん:2006/02/09(木) 15:54:16 0
190じゃないが
なんつーか、アメリカのロケットとロシアのロケット
どっちで宇宙に行きたいか?って問われれば
間髪いれずにロシアって答えるけどな。

技術的にも相当正確だぞ。
プログレスの自動ドッキングなんか成功率100%だったんじゃね?
ミールに突っ込んだのは私動操作のときだったし。

192 :世界@名無史さん:2006/02/09(木) 17:38:20 0
テロリスト製造

193 :世界@名無史さん:2006/02/09(木) 20:50:34 0
>>191
ソ連は失敗した事例は公表しない。

194 :世界@名無史さん:2006/02/10(金) 05:08:09 0
>>193
それが当たっている。おまけにソ連の技術自体を信じてる時点で>>191は頭ヤバイな。
失敗を公表しないだけじゃない、捏造だってかなり有り得たのがソ連。民主主義もない国を信るなんて、相当
ヤバイな、あいつ本当。今のロシアなんぞ同じようなもん。

195 :世界@名無史さん:2006/02/10(金) 10:39:18 0
そんなアメリカも、スペースシャトル打ち上げ延期できなくなった仕事を
ロシアにたのんでるのが現実だ。憶測だけで世の中は動かんよ。

196 :世界@名無史さん:2006/02/11(土) 03:09:27 0
直感だけど、21世紀もまたアメリカの世紀になりそう。
森田某とか、田岡某とか、寺島某みたいな放言痴呆老人が自分の戯言に責任持たずに死ねるのが悔しいな。
やつらには21世紀が終わってもアメリカは世界唯一の超大国で、今よりさらに発展していることを見届けさせて
やりたい。

197 :世界@名無史さん:2006/02/11(土) 08:29:04 0
>>194
当然隠蔽できるようなものもあるでしょうが、爆発炎上となると
望遠鏡でマニアに観察されているわけですから、難しい

198 :nanasi:2006/02/11(土) 11:30:59 0
>反射神経で文章はかけんぞ。

お前は何の正論も言ってないくせにそういう口だけ達者なんだな。
お前は一生ロシアのロケットがとてつもなく安全であり、最高だと言ってろや






反射神経で書いている好例だわな。

199 :世界@名無史さん:2006/02/11(土) 17:17:37 O
アメリカの偉大性および高潔な精神は、
戦前箸にも棒にもかからない後進地帯であった日本と朝鮮を、
今日の地位にまで引き上げたことにもあらわれている。

アメリカから破格の安全保障・資金・技術の3点セットを
じゃぶじゃぶと注ぎ込まれた冷戦下の日本と韓国は、
戦前自分たちの力では決して手にすることのできなかった繁栄を
いとも簡単に手にすることになった。

日本の経済力の源泉は製造業だが、
安い人件費に注目されてアメリカの投資の対象となったこと、
欧米の優れた技術を寛容にもパクることを許されたことが
今日の日本の製造業の力を築いたと言えよう。

製造業とは対照的に、アメリカと関わりを持たず
日本独自の路線で築かれた農業や金融業が
未だ後進国レベルにとどまっていることと照らし合わせれば、
いかにアメリカの力が偉大であったかが伺える。

冷戦期真っ只中、日本や韓国のような後進国を放置しておけば
ソビエトの太平洋進出の踏台になっていたことは想像に難くない。

アメリカがその気高き世界のリーダーとしての責任感から
身を粉にして日本や韓国をヒモらせたことが、
今日の世界に繋がっているのだ。

200 :世界@名無史さん:2006/02/11(土) 17:46:53 0
アメリカは素晴らしい国だと思うよ。

こうやって絶えず讃えないと体制を維持できない国は
アメリカの他は、共産圏やイスラム国家の僅か数えるほどしかない。

そして、それらの国はアメリカの敵にもならない。

201 :世界@名無史さん:2006/02/11(土) 23:14:35 0
>>200
具体的に言うと中国とイランですね

202 :世界@名無史さん:2006/02/12(日) 04:00:47 0
なにこの電波スレ

203 :世界@名無史さん:2006/02/12(日) 04:05:10 0
>>202
君は来なくていいよ。

204 :世界@名無史さん:2006/02/12(日) 23:29:00 O
アメリカは、本当に月に行ったのかな?30年くらい前の技術で行けた月なら、現在の飛躍的に伸びた技術力で簡単にいけそうなのに、月の話は一切でないのは、おかしいと思いませんか?火星に行く前に、月の研究の方が楽に探索できるんじゃないんですか?

205 :世界@名無史さん:2006/02/12(日) 23:33:15 0
それは、いわゆる、燃料てやつですか?

206 :世界@名無史さん:2006/02/12(日) 23:35:54 0
今月面にはアメリカ軍の基地があって
ヘリウム3を採取しているんだよ、
軌道上にはステルス宇宙ステーションがあって
宇宙を支配しているんだよね。
これでいい?>>204

207 :世界@名無史さん:2006/02/12(日) 23:39:58 0
【ベネズエラ大統領】ウーゴ・チャベス
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1130941264/l50

低血圧の人、このスレ見て血圧上げてください。
ROMってるだけで糞反米どもの御託にはらわた煮えくり返って血管切れそうになる。

208 :世界@名無史さん:2006/02/12(日) 23:43:32 O
矢追純一さん?

209 :世界@名無史さん:2006/02/12(日) 23:53:39 0
ユーモアがあって面白いと思うが


210 :世界@名無史さん:2006/02/12(日) 23:55:46 0
>>204
>アメリカは、本当に月に行ったのかな?

広島への原爆投下がでっち上げである可能性と大差ないよ。証拠のレベルが違う。
アポロの月面着陸ではこれだけの調査と実験が行われ、
ttp://www12.plala.or.jp/m-light/notebook/Apollo.htm
多くの学術論文が発表されている。

>30年くらい前の技術で行けた月なら、現在の飛躍的に伸びた技術力で簡単にいけそうなのに、
>月の話は一切でないのは、おかしいと思いませんか?

30年前から、映像技術やコンピューターの技術は飛躍的に進歩したけど、ロケットの技術は
たいした進歩してないんだよ。現在の技術でも法外な予算がかかる。
アメリカが月に行かなくなった理由は採算が取れる理由がないからだ。
人類初をかけた米ソの月面着陸競争に完全決着がついたこと、一通り調査が済んだことで、
採算が取れるだけの理由がない。それは、未だに日本が有人宇宙飛行をしない理由と同じ。
日本が未だに有人宇宙飛行しないのは科学力がないからじゃなくて採算が取れる理由がないから。
アポロ計画の予算は当時の日本の国家予算より上だった。同じ予算をかけていいなら月面着陸を
継続できただろうが、学術目的では採算が取れないのだ。

>火星に行く前に、月の研究の方が楽に探索できるんじゃないんですか?

無人探査機だけど、30年前から既に火星に着陸しています。

211 :世界@名無史さん:2006/02/13(月) 00:43:30 O
あまり鵜呑みにしない方がいいんでない?その月面での実験も実際に行かないとほんとの事は、解らない訳だし、実際に行ってみようなんて考える国も無いと思う、総てはアメリカが握ってるみたいな世界情勢だしアポロ計画は、国家レベルの捏造だ!

212 :世界@名無史さん:2006/02/13(月) 01:00:40 O
構造計算偽造もしかり、みんな鵜呑みにして信じて騙された訳だよね?まさかと思う事が!!

213 :世界@名無史さん:2006/02/13(月) 01:23:45 0
>>211
>あまり鵜呑みにしない方がいいんでない?

誰が鵜呑みにしてるって?そんな論調で言っていたら進化論や地動説だって信用できなくなるでしょ。
南京大虐殺のでっち上げ疑惑の論争だって永久に決着がつかなくなるよ。

>その月面での実験も実際に行かないとほんとの事は、解らない訳だし、

本物の月面がどうゆう状態かわからない段階で、当て推量で捏造の論文を発表できると思うか? 
ソ連がいつ月面着陸するかわからないのに。それに月の石は捏造できないよ。

>実際に行ってみようなんて考える国も無いと思う、
>総てはアメリカが握ってるみたいな世界情勢だしアポロ計画は、国家レベルの捏造だ!

「アメリカが握ってるみたいな世界情勢」っていつからだと思うぼうや。
アポロの月面着陸は米ソの冷戦真っ只中で行われたんだよ。

214 :世界@名無史さん:2006/02/13(月) 01:25:24 0
あの原爆開発のマンハッタン計画でさえ、ソ連の諜報活動には筒抜けになっていたんですよ。
ソ連があっという間にアメリカと同じ原爆を開発したのはスパイのためらしい。
フォン・ノイマン設計のプルトニウム起爆装置の機密さえ、ソ連に漏れていたのだ。
アポロ計画はマンハッタン計画より規模が大きいから、情報の漏洩は防げません。
ソ連はアポロの月面着陸成功に潔く拍手を贈っているから捏造を知ってて黙ってるはずもない。
これを言ったら、今度はソ連と取引したんだなんて陰謀派は言い出すだろうが、
当時のソ連人民の落胆を考えたら釣り合いがとれる取引などあるはずがないのだ。

215 :世界@名無史さん:2006/02/13(月) 01:27:46 0
アポロ飛行士が月面で採取して地球に持ち帰った月の石は捏造できない。
これは日本人科学者を含めて世界中の科学者が検証して、多くの論文が発表されている。
特に、アポロ15号が採取した「創世記の石」は放射線年代測定で45億年前と鑑定されている。
ttp://www2.cosmo-oil.co.jp/dagian/37/05.html
地球で言う所の斜長石で、これらの研究から月の生成過程や、
ジャイアント・インパクト説などが提唱されるようになった。
性質はもろくて風化され易く、その為に地球上では発見されない。
地球上で今までに発見された最古の岩石は、グリーンランドのイスア地方で
発見された約37億年前の堆積岩であるから、45億年前に生成された
「創世記の石」は地球起源の岩石ではなく、また斜長石のもろいと言う性質から、
隕石を使ってごまかしたとはありえない。
地球の水・酸素に石の結晶が侵食されていないことからも隕石での捏造は不可能なのだ。
石の大きさと量からして、無人探査機でも採取は不可能。月面に無造作に転がってるわけでもないし、
なにより、アポロ飛行士は月面で詳細な地質調査を実施し月の石の標本も作っている。
つまり、人類が月面に降り立った120%間違いない、ぐうの音も出ない証拠なのだ。
こんな学術的な証拠は勉強すれば腐るほど出てくる。世界中のメジャーな宇宙科学者が
アポロの疑惑を一笑するのはそのためなのだ。

216 :世界@名無史さん:2006/02/13(月) 01:32:57 0
>>211
>アポロ計画は、国家レベルの捏造だ!

そんな可能性はまったくないよ。全財産賭けてもいい。
地動説がでっち上げである可能性と大差がないね。
第一、アポロの月面着陸というのは、人類史上最大の大偉業ですよ。
これは、マゼラン艦隊の世界一周やアムンゼンの南極点到達、
ライト兄弟の初飛行より偉業としては上でしょう。
人類が初めて火を使った以上の快挙です。
人類の歴史のみならず、地球の生物が他の天体に一歩を踏み出したというのは、
両生類が初めて海から陸に上がったのと同じぐらい、地球生命38億年の歴史で
画期的な出来事と言えるでしょう。ガガーリンの宇宙飛行で魚が海面を跳ねた程度か?
その人類史の大偉業にちいとでも疑惑があったら、世界中がひっくりかえるほどの
大騒ぎのはずですよ。韓国のES細胞捏造疑惑どこの騒ぎじゃない。
それがバラエティ番組のネタだけが先行して、学界の意見が蚊帳の外にされている
理不尽さに気がつかないのは、陰謀厨の論理思考の低さを物語っているよ。

217 :世界@名無史さん:2006/02/13(月) 01:54:24 0
このネタは、日本では爆笑問題が司会の「これマジ!?」で最初に紹介されたと思うが、
なぜお笑い芸人が司会のバラエティ番組でしか放送しないのか。それは番組の嘘や情報操作に
良識ある視聴者から抗議が殺到したときに、「あれはお笑い番組ですから」と
言い訳ができるようにするためだ。

218 :世界@名無史さん:2006/02/13(月) 02:37:00 0
ソ連崩壊が1991年だから、あれから早くも15年の歳月がたつ。
>>211のような米ソの冷戦を知らない厨房が増えたのかな?


219 :世界@名無史さん:2006/02/13(月) 07:25:31 0
アポロ捏造厨は、アポロが六回も月に着陸して、大量の岩石サンプルを持ち帰った事や
月面にレーザー反射鏡を置いていったことは全然頭にないわけで。


220 :世界@名無史さん:2006/02/13(月) 08:23:46 O
俺が言いたい事は、本当に人類が月に降り立ちアメリカ国旗を立てたりしたのかという事だ!!地球には今現在もかなりの隕石が落ちてきてるし、実際火星から来たと思われる隕石が話題になったのは記憶に新しい冷戦時代の象徴だよアポロ計画は!

221 :世界@名無史さん:2006/02/13(月) 08:43:17 0
月面にレーザー反射鏡を置いていったことは?

222 :世界@名無史さん:2006/02/13(月) 13:21:39 O
だいたい月がどうやってできたのか?今だにはっきりした事が解っていない!!最近の話だが、かの有名な科学雑誌ネイチャーでの論文捏造掲載で、かなり多くの学者達が騙された訳だ!権威ある雑誌にまさかとゆう落し穴にはまった訳だな!

223 :世界@名無史さん:2006/02/13(月) 13:59:21 O
核兵器つくるなといいながらイラクに劣化ウラン弾を大量に打ち込んだよね!!だいたいイラクには、大量破壊兵器など存在しなかったではないか!みんなCIAの捏造だった訳だ!最初の頃など劣化ウラン弾の使用自体軍は認めてなかった!

224 :世界@名無史さん:2006/02/13(月) 14:29:42 0
どうでもいいけど改行しようね。

225 :世界@名無史さん:2006/02/13(月) 15:46:25 0
>>1
恥を感じたことはないのかこの馬鹿者。
帝国主義アメリカ合衆国は史上最悪の国家である。
現在も石油のためにイラク人民を傷つけ、わが国に
基地を持ち、その負担を迫っている。


226 :世界@名無史さん:2006/02/13(月) 17:39:32 O
わが国に対し核兵器を使用した米国を讃えた馬鹿どもは日本人か?

227 :世界@名無史さん:2006/02/13(月) 18:59:13 0
>>225-226
386世代必死だな。

228 :世界@名無史さん:2006/02/13(月) 19:52:10 0
>>219
大量破壊兵器捏造厨は、放射性廃棄物を置いていったことは全然頭にないわけで。

229 :世界@名無史さん:2006/02/13(月) 20:46:24 0
>>226
いや、国賊だろw

230 :世界@名無史さん:2006/02/13(月) 21:16:44 0
>>220
>俺が言いたい事は、本当に人類が月に降り立ちアメリカ国旗を立てたりしたのかという事だ!!

アメリカの国旗は5本月面に立っている。1本は再打ち上げのロケットの噴出で吹っ飛んだ。
ところで、なんで星条旗が月面でなびいているか説明してみな?

>地球には今現在もかなりの隕石が落ちてきてるし、

読解力がないのかこのヴォケは。隕石では捏造できないと>>215で説明してるだろ。
因みに世界最大の月隕石は1998年にリビアで発見されたもので
重さは1425gだけど、アポロが発見した45億年前の岩石は1.8kgある。
隕石では捏造不可能だし、石の大きさからして無人探査機でも採取不可能だ。

>実際火星から来たと思われる隕石が話題になった

これはヴァイキング計画での探査による火星の成分と隕石の成分が一致するから火星からの
隕石とわかった。世界で発見される月隕石も

>冷戦時代の象徴だよアポロ計画は!

冷戦時代だからこそソ連を騙すのは困難なんだよ。


231 :世界@名無史さん:2006/02/13(月) 21:22:53 0
>>222
>だいたい月がどうやってできたのか?今だにはっきりした事が解っていない!!

その研究のためにアポロの調査結果が35年も使われているんだよ。
アポロが捏造なら、世界中の宇宙科学者は捏造を元に月に起源を35年も研究していることに
なってしまう。>>222は世界中の宇宙科学者をバカにしすぎだ。

>最近の話だが、かの有名な科学雑誌ネイチャーでの論文捏造掲載で、
>かなり多くの学者達が騙された訳だ!権威ある雑誌にまさかとゆう落し穴にはまった訳だな!

韓国のES細胞捏造のことを言ってるのかな? 
捏造に関与した人数と騙した期間を想像して比較してみな。


232 :世界@名無史さん:2006/02/13(月) 21:29:36 0
長文うざい

233 :世界@名無史さん:2006/02/13(月) 21:35:44 0
>>220
>俺が言いたい事は、本当に人類が月に降り立ちアメリカ国旗を立てたりしたのかという事だ!!

証拠がまったくないのにそんなこと言っても難癖つけてるようなもんだろ。
逆にアポロ計画で飛行士が月面を歩いた学術的証拠は山のようにある。


234 :世界@名無史さん:2006/02/13(月) 21:36:25 O
月には大気がないからたなびく訳がない!だからなんだ!?採取できない?お前NASA関係者か技術者か?捏造大国アメリカ馬鹿が!

235 :世界@名無史さん:2006/02/13(月) 21:57:03 0
>>231
ところで、

世界中の宇宙科学者が月に起源を35年も研究しているのか?

236 :世界@名無史さん:2006/02/14(火) 01:05:09 0
>>234
>月には大気がないからたなびく訳がない!

大気がないからこそ月面で星条旗が大きくなびいたんだよ。
大気には旗を固定する要素もある。
地球上なら、地球の強い重力や大気に旗は固定される。
だから人が星条旗を揺らしただけではなびかないだろうが、
月面では軽くポールを捻っただけでも大きくなびくのだ。
空気の抵抗がないし重力が1/6だから。
そしてアポロ影像で星条旗がなびいている場面は、
飛行士が旗のポールを持って揺らしている場面だけだ。
ポールを離すと揺れはおさまる。
むしろこれは月面映像である証拠に使えるだろう。
よほど強い風がないとあそこまで星条旗はひるがえらないが、
風の吹く砂漠でアポロ影像の空気遠近はありえないからだ。
風の吹く砂漠では遠くの風景は白く濁るが、アポロ影像には
視界の濁りがまったくない。地平線までくっきり鮮明に映っている。


237 :世界@名無史さん:2006/02/14(火) 01:11:52 0
そもそも、捏造する人間が風で国旗がなびいていることに
気がつかないとでも陰謀厨は思っているのだろうか?
NASA科学者たちが風に気がつかずにアポロ映像を捏造した
とでも思っているのだろうか?


238 :世界@名無史さん:2006/02/14(火) 05:07:15 0
http://www.usolympicteam.com/

239 :世界@名無史さん:2006/02/14(火) 21:55:42 0
「南京大虐殺のでっち上げ疑惑」と「月面着陸のでっち上げ疑惑」
一見似ているようで、まったく違う点が一つある。
後者はまともな学者がまったく相手にしていないことだ。
俺も数え切れないほどの識者のアポロ評を聞いてきたが、
一流の宇宙科学者が捏造を指摘したニュースはない。
日本のテレビでも視聴率目的のバラエティ番組のネタだけが先行してきたのが現実だ。
このネタは、日本では爆笑問題が司会の「これマジ!?」で最初に紹介されたと思うが、
なぜお笑い芸人が司会のバラエティ番組でしか放送しないのか。それは番組の嘘や情報操作に
良識ある視聴者から抗議が殺到したときに、「あれはお笑い番組ですから」と
言い訳ができるようにするためだ。メジャーな宇宙科学者のコメントは未だにない。
これでは完全に議論の展開を間違えている。本当にアポロに疑惑があるのなら、この議論も
宇宙学者が主役でなければならないのに。

そもそもこの議論、識者が集まる掲示板では常に一方的な展開となる。
ここでもそうだが、ちゃんとソースを提示して説明しているの常にアポロ着陸肯定派のほうだ。
逆に捏造派は詭弁のオンパレードで個人中傷に終始している。これは2chでもヤフーでも
まったく同じだった。無知を暴露して知能障害を起こすのは常に捏造派のほうだ。


240 :世界@名無史さん:2006/02/15(水) 00:58:50 O
君は米国に対してどのような意見、心情をもってるの?それを聞きたい!

241 :世界@名無史さん:2006/02/15(水) 02:20:08 O
一流だとか識者だとか、そうゆう物に弱いなお前!!だいたい一流の学者ってのは誰が決めたんだ!?努力で得た他人の見識をひけらかして、したり顔でほざくな!!

242 :世界@名無史さん:2006/02/15(水) 02:41:54 0
改行しないと同じ奴だとばれるぞw

243 :世界@名無史さん:2006/02/15(水) 03:14:38 0
>一流だとか識者だとか、そうゆう物に弱いなお前!!
ものを知らない人よりものを知ってる人の方を信用するのがおかしいことなのか。
>だいたい一流の学者ってのは誰が決めたんだ!?
大学、政府等の学術団体
>努力で得た他人の見識をひけらかして、したり顔でほざくな!!
君が一から作り上げた説でもないくせによくもヌケヌケといえたもんだ。
人間性を疑う。



244 :世界@名無史さん:2006/02/15(水) 09:41:35 0
>>239
まともな学者がまったく相手にしていないことを、あなたは相手にする?
それもかなり一所懸命に。

245 :世界@名無史さん:2006/02/15(水) 12:04:57 O
改行おたくうるさい!散れ!!

246 :世界@名無史さん:2006/02/15(水) 23:02:11 0
(-公-)ん〜

247 :世界@名無史さん:2006/02/16(木) 00:21:26 0
以下の記事は去年秋のものだが、
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1123119752
http://tech.braina.com/2005/0906/other_20050906_001____.html

アポロ飛行士が採取してきた月の土壌サンプルは現代でも東大で研究され
地球起源の研究に大きな成果を出している。
月の石が捏造なら、東大は捏造をもとに35年間も地球と月の起源を
研究してきたことになってしまうのだ。

248 :世界@名無史さん:2006/02/16(木) 00:22:01 0
アポロ計画の最高責任者は、元ナチスの天才科学者ウェルナー・フォン・ブラウンです。
あのWW2でナチスが使ったV2ロケットの開発者でした。
当初アメリカは、純粋にアメリカ生え抜きのアメリカ人研究者だけで月面着陸を達成する
つもりでしたが、宇宙開発競争でソ連に先を越され続け、プライドをかなぐり捨てて
元ナチスのフォン・ブラウンに全権をゆだねた経緯があります。
これらのエピソードも、アポロ計画の捏造を否定しているのです。それにアポロ計画が捏造なら、
ブラウン博士にヒーローの座を奪われたアメリカ人科学者たちが黙っていないでしょうから。


249 :世界@名無史さん:2006/02/16(木) 00:22:31 0
アポロ飛行士が採取した月の石は、その年のうちに日本を含め、
世界140の研究グループに配られています。大阪万博でも展示され、
長い行列を作ったのは有名な話です。

月の石にまつわるエピソードとして、日本の民間企業がアポロ11号が持ち帰った石を
分析するために「石のカット」をNASAから依頼されて、見事にカットしてみせて
世界一の薄物砥石製造技術を実証し株を上げたエピソードがあります。


250 :世界@名無史さん:2006/02/16(木) 00:27:21 0
アポロ計画はケネディ大統領の演説でスタートしたが、達成したのはケネディの政敵だった
共和党のリチャード・ニクソンである。
因みに、ニクソン大統領は、アポロ11号の月面着陸が失敗して月面で犠牲者が出た
ケースにそなえて哀悼のスピーチまで事前に用意していたそうだ。
ベトナム戦争のニクソンの「核使用提案」と同様に、その後の情報公開法であきらかに
なっている。ウォーターゲート事件で大統領弾劾審議中の議会に「核爆弾を落としてやる」と
ニクソンが語ったことなど、政権内部での生々しいやりとりが明らかになってるが、
アポロに関する疑惑など出てこないのだ。


251 :世界@名無史さん:2006/02/16(木) 00:36:45 0
アポロ計画では月面に星条旗を立てているが、月面に国旗を立てることは、
打ち上げ前に国連とかなりもめたらしい。
しかもあの星条旗には横棒が入っていて、いかにもなびいて見えるように
趣向が凝らしてあった。これは打ち上げ前に日本の新聞でもイラスト入りで説明されている。
ttp://moon.jaxa.jp/ja/popular/story03/flag.html
よっぽど月面で星条旗がなびいている光景をソ連に見せてやりたかったのだろうが、
この蛇足が疑惑の発端となってしまった。


252 :世界@名無史さん:2006/02/16(木) 12:12:42 0
だいたい、いくらハリウッドで偽映像作った
っていったてさ、当時のSFXの水準を考えれば
わかるじゃん。ひどいぞ。(^^;

捏造とかいいだしたのは、SFXのすすんだ最近だろ?今
の頭で考えてもな。

253 :世界@名無史さん:2006/02/16(木) 21:13:21 0
>ソ連は失敗した事例は公表しない。

こっちのソースは、無いね。
激しく捏造厨と同レヴェルの香りが、、

254 :世界@名無史さん:2006/02/19(日) 15:21:13 0
>>252
捏造厨は結果論でしか考える思考力がないし、
当事者の立場に立って考える思考力もない。
アポロ以前のSFXを見ると、
「禁断の惑星」とか「宇宙征服」とか一目で作り物とわかるSFXばっかり。
これじゃアポロの最高責任者だったフォン・ブラウンだって月面映像を特撮で騙そう
なんて発想はわかないよ。


255 :世界@名無史さん:2006/02/21(火) 21:56:00 0
おい、明日はワシントンさんの誕生日だぞ

256 :世界@名無史さん:2006/02/21(火) 22:00:03 0
事実だとしてもアメリカは認めないだろうね・・・
国の威信にかかわる。

257 :世界@名無史さん:2006/02/22(水) 07:07:27 0
>>256
関係ないね。世界の歴史学者が決めることだ。
まあ、いまのところ日本でも歴史教科書が変わってないのは事実だけどw


258 :世界@名無史さん:2006/02/23(木) 14:49:25 0
もし自分がアメリカだと考えて…(んなバカな)

白人がアングロサクソンがどうとかより
日本はアメリカが開国させて文明国の仲間入りさせてやったんだという
自負と奇妙な責任感(保護者的?)が無自覚にあるんじゃないのか?
白船を派遣させたり、ミズーリにペリーの時の国旗を飾ったり
日本をバカにしてるんじゃなくて、
新しい国としての新参者アメリカがバカにされないように文化的配慮というか。


259 :世界@名無史さん:2006/02/24(金) 12:16:41 0
>>258
アメリカがすきなんだねぇ。

260 :世界@名無史さん:2006/02/24(金) 12:27:18 0
別に日本のことを考えてるわけじゃないと思うぞ。

日本外交になぜか、和の精神で相手に勝手に期待
してるが、外交は、普通全部計算です。 Give And Take.

相手が自分の支配下で、アメリカが相手の対応を
いちいち気にしないでもいい場合で、かつ、何かの
取引が絡んでない場合。

目的は、ほぼ100%アメリカの団結と威信を高め
るための国内向けパフォーマンス。

>新しい国としての新参者アメリカがバカにされ
>ないように文化的配慮

連中は自分らこそが、神の光を地上にもたらす
地上の光とおもってるので、そういう卑下した
考えは思ってもみません。

261 :世界@名無史さん:2006/02/24(金) 14:13:17 0
>259
まぁ、好きかと言われれば好きな方だな。
相対的なもんでしょ?

>260
卑下じゃなくて無自覚なコンプレックスだと思う。

スタートレックシリーズなんか見てると
横暴さに裏返しのコンプレックスが見られたりする。

ムカついたり出来るのはそこそこ互いに理解があるからじゃないのかなと…


262 :世界@名無史さん:2006/02/25(土) 23:02:08 0
>>261
そういう捉え方ができるところが、あんたもアメリカ的
といえるかもしれないな。

263 :世界@名無史さん:2006/02/26(日) 14:20:40 0
アメリカの四つの偉業。

@鎖国をしていた日本を開国させて近代化へのチャンスを与えたこと。
A神の国と奢れる日本人に唯一敗北の洗礼を与えたこと。
 日本を占領したのはアメリカだけ。これは蒙古も成しえなかった大偉業である
B日本の平和憲法をつくる手助けをした。
C日本のハイテク産業の師匠となった。
 コンピューターも自動車、アニメも日米は師弟の関係にある。
 科学技術導入の流れは、一時期はアメリカから日本への一方通行だった。


264 :世界@名無史さん:2006/02/26(日) 21:20:19 0
アポロ飛行士が月面に降り立った学術的証拠は山のように存在するが、
http://www12.plala.or.jp/m-light/notebook/Apollo.htm
逆に否定派が過去に提示した捏造の証拠はすべて科学的に論破されている。
http://moon.jaxa.jp/ja/popular/story03/index.html
世界のメジャーな宇宙学者がアポロの疑惑を一笑するのは当然だ。

265 :世界@名無史さん:2006/02/27(月) 21:57:37 O
↑もういいよ!解ったから!結局真実は闇の中なんだから、

266 :世界@名無史さん:2006/02/28(火) 00:17:33 0
>>265
>結局真実は闇の中なんだから、

おまえにとってな。

267 :世界@名無史さん:2006/02/28(火) 00:18:43 0
U2が今度は国際人権賞を取ったのか。

ブラジルでの先月のライブは12万枚のチケット6時間完売だったみたいだな。
2005年のライブ最多動因数でも1位だったし、
現時点で世界ナンバーワンバンドといって間違いないな。
ブッシュ大統領を動かす政治力と音楽性のあるバンドなんて、凄すぎだよ。

4月4日の8年ぶりの日本公演本当に楽しみだ。
一夜だけの公演だしな。

268 :世界@名無史さん:2006/02/28(火) 00:20:04 O
アイルランドの反日ロックバンドがどうかしたか?

269 :世界@名無史さん:2006/02/28(火) 00:23:12 0
>>265
>結局真実は闇の中なんだから、

そんな論調なら原爆投下の真実も闇の中になるでしょ。
南京大虐殺があったかどうかも永久に決着がつかなくなるよ。
どうも、アポロの月面着陸否定派は肯定派から大量の証拠を提示されて
ぐうの音も出なくなると、疑惑があればそれでいいってスタンスで
生き残りをはかろうとするからな。


270 :世界@名無史さん:2006/02/28(火) 03:50:01 O
私はこれまで再三に渡りアメリカを称賛してきましたが、
アメリカは宿主にすぎないことが分かったのでこのスレを卒業します。

271 :世界@名無史さん:2006/02/28(火) 14:11:55 0
>263
>A神の国と奢れる日本人に唯一敗北の洗礼を与えたこと

今おこってるフィリピンの海兵隊の反乱を見るにつけ、自分の過ちで
一度惨敗することが
どの国にとっても文明の通過儀礼なのだと思うと悲しいですの。

 スレ違いで申し訳ないが韓国人にとっては「朝鮮戦争」ですら他人が起した
はた迷惑で無関係な戦争だったのかもしれん。

272 :世界@名無史さん:2006/02/28(火) 14:21:18 0
運動能力     【黒人>>>>>>白人>>>アジア人
体格、パワー   【白人>>>黒人>>>アジア人 (意外かもしれないが”力”だけならヨーロッパ白人の方が圧倒的に強い)
ルックス(男)  【白人>>>>>>どうあがいても超えられない壁>>>>>>黒人>>アジア人
ルックス(女)  【アジア人≧白人>>>>>>>>>どうあがいても超えられない壁>>黒人
頭脳        【白人>>>アジア人>>>どうあがいても超えられない壁>>>>>>>>>>>>>>>>>>>黒人


273 :世界@名無史さん:2006/02/28(火) 18:09:19 O
遺憾の意を表します!

274 :世界@名無史さん:2006/02/28(火) 18:31:02 0
>>272
人種の差より、圧倒的に個体差が大きい。
キミが、卑下してるのは、人種でなくキミ自身。

275 :世界@名無史さん:2006/03/01(水) 21:40:21 0
ここはアメリカを妄信的に崇拝するスレですか?

276 :世界@名無史さん:2006/03/03(金) 00:12:54 0
>>275
>>1->>10までのテンプレを読みましょう
もうアメリカに足を向けて眠れません

277 :世界@名無史さん:2006/03/04(土) 15:04:36 0
712 :世界@名無史さん :2006/03/03(金) 11:40:29 0
アメリカのシノギはヤクザと同じ

マチ金:銀行
割賦:リース、レンタル、クレジット
暴力団:軍隊
興業:映画、音楽のビジネス
駄菓子:ジャンクフード、コーラ
露店:ハンバーガー、ケンタッキー
夜店:コンビニエンスストア
クスリ:製薬、薬販売
宝飾:アクセサリー、宝石
博打:証券、懸賞、LOTO
会社転がし:IPO目的のベンチャー
人足の斡旋:人材派遣
ネズミ講:マルチ商法

宇宙航空事業は軍隊ビジネス周辺産業。
日本はYS-11を最後に独自開発を事実上は禁じられている。


278 :世界@名無史さん:2006/03/05(日) 01:20:14 O
米国って本当に偉大だね♪
http://tool-7.net/?aikoku

279 :世界@名無史さん:2006/03/05(日) 12:55:18 0
>>278
そのサイト開くとウィルス送られるよ。

280 :世界@名無史さん:2006/03/05(日) 12:56:54 0
アポロ捏造派はぐうの音も出なくなって遁走したか?


281 :世界@名無史さん:2006/03/07(火) 01:35:52 0
ニクソン政権てほんとうに色んなことやってんだろーな、表に出てないだ
けでベトナムで核使用したらアメリカの国内はどうなっていたのだろう?
ソ連とデタント交渉している最中に核攻撃か毛沢東とも会っているのにど
うするつもりなのかな?もしかして議会はベトナムでの核攻撃を理由にニ
クソン大統領を弾劾したりして、そうしたらニクソンは辞めないだろうし
ペンタゴンも抵抗するだろうココで初めてアメリカ軍事政権かな?当時は
議会の多数は民主党だからニクソン政権は拒否権発動しまくりですね。
ウォーターゲート事件は民主党にニクソン政権を追い詰めるいい材料を
あたえてしまいましたね。

282 :世界@名無史さん:2006/03/07(火) 02:00:38 0
ニクソン大統領はアグニュー副大統領の辞任後、副大統領の候補を3人
あげている。ロックフェラー上院議員(キッシンジャーの推薦)、レーガン
カルフォルニア州知事!?、あともう一人忘れたテキサス州の知事だった人
でケネディが暗殺されたときに撃たれた人かな?民主党から共和党に乗り
換えた人です。しかしすごい面子だね!レーガンこのころから大統領の
座に近づいてたんだ。でもフォード上院議員を任命したのはどうしてかな?
ニクソンは自分の起訴を逃れるためにフォード氏と取引したのかな?
副大統領に任命する代わりにニクソン氏に恩赦を与えるとか。もうこの時点で
は大統領辞任の考えはあったのかな?ほんとうにニクソン政権は判らないし
面白い動きがある。

283 :世界@名無史さん:2006/03/13(月) 12:19:41 0
>>282
ブッシュもすげーぞ。

284 :世界@名無史さん:2006/03/14(火) 22:27:33 O
アポロ厨は退散したか!

285 :世界@名無史さん:2006/03/15(水) 03:56:08 0
>>284
捏造厨が退散したからね。


286 :世界@名無史さん:2006/03/25(土) 14:32:18 0
見よ
夜明けの最初の光に
夕焼けの最後の光に
誇らしくたなびく
われらの星条旗を
弾丸とびかう戦場に
勇ましくはためく星条旗を
自由と勇気のもとに
おお われらが星条旗
星条旗よ 永遠なれ

287 :世界@名無史さん:2006/03/25(土) 20:40:59 0
アポロ11号の月面着陸というのは、人類史上最大の歴史的大偉業だったと
断言できるでしょう。これは、マゼラン艦隊の世界一周やアムンゼンの南極点到達、
ライト兄弟の初飛行より偉業としては上でしょう。人類が初めて火を使った以上の快挙です。
人類の歴史のみならず、地球の生物が他の天体に一歩を踏み出したというのは、
両生類のイクチオステガが初めて海から陸に上がったのと同じぐらい、地球生命38億年の歴史で
画期的な出来事と言えるでしょう。
「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては巨大な跳躍である」


288 :世界@名無史さん:2006/03/26(日) 01:10:13 0
>>287
まあ、すごいけど、あんまり発展性はなかったね。
月行っても、なにか資源があるわけじゃないし、異性物が
住んでるわけでもないから。

ただのイベント性で終わってしまった気がする。

289 :世界@名無史さん:2006/03/26(日) 01:27:04 0
>>288
だからそういう事じゃなくて、
287の言ってる意味を理解してないな


290 :世界@名無史さん:2006/03/26(日) 23:28:38 0
>>288
>異生物が
管制室  「こちらヒューストン、サンタクロース達はどうした?」
オルドリン「こっちを見ている。月に最初に着いたのは彼ら(ry」

291 :世界@名無史さん:2006/03/26(日) 23:35:15 0
ここでガガーリンの名を口にしてはならない。

292 :世界@名無史さん:2006/03/26(日) 23:38:29 0
ブタティー    ,,r-──-、,_
        /       `ヽ
       /    /ノノ~`)ヽ. !
       i    /_⌒   ⌒ | |  i⌒ヽ
  i ヽ   |  / ヽ・ゝ  ノ・フ| !  |  〈┫
┣| ト、   !(6<    (・・)  >/ /  フ┫
┣し  ヽ ノ  |  ´トエエエエエイ`|  /  |         良かったぁ!4回転やって♪
   \  \'i/|\ `ー===-' /! /  ノ
    \  ヽ.|/ _) `  ̄´(∧/ ノ  イ
  ⊂ニニヽ   \-、r〜'^ヽ/   /ニつ
  。 ゚   )、    ヽ、⌒/    /)  。 
   \・ (  (      臭     ) ( //・ 。      キモティー
. . ....__ヽ_、\__人__ノ_ノ___ 
      ・ *  )      て ;・  
      ・ 。゚/ ⌒Y⌒ヽ(⌒ \ ゚ ビターン
私って最高に可愛いでしょ?wwwwwwwwwwうはっうぇうぇwwww


293 :世界@名無史さん:2006/03/27(月) 15:17:39 O
アメリカかあ
映像はスゴイネ
イチロがいってたように全てを説明しなきゃならんのが疲れるかも
住むのは日本がいいんじゃまいか

294 :世界@名無史さん:2006/03/27(月) 20:26:29 0
>>288
厄介な放射能が出ない核融合反応で、

http://safety-info.nifs.ac.jp/mirai-ene/plasma-doc/pd5.html
の重水素+ヘリウム3(D+3He)反応

ほとんどを電気エネルギーに変換にしてくれる。

まぁ、現在考えられる最良のエネルギー利用ほうらしいが、

たしか、ヘリウム3は、天然ガスと、海水に多少含まれる
程度で地球には希少だそうだ。 
つきの表面にはたくさんあるそうだ。
最終的には木星にいくことになるが、
宇宙での活動が本格化すれば、地球上の化石燃料に
頼るのは効率的にナンセンスなので、月がもっとも
基本的な基地となる。
人間がいく必要はたしかになかったかもしれないが、
宇宙開発の発展性は、月なくしては考えられない。

295 :世界@名無史さん:2006/04/08(土) 10:05:42 0
偉大なフォード様の国

296 :世界@名無史さん:2006/04/08(土) 23:33:51 0
>>281
中共を警戒して地上軍を北側に一切派遣しなかったんだから
核攻撃なんてするわけない

297 :世界@名無史さん:2006/04/21(金) 10:19:24 0
イランへの核攻撃したら、また業績がくわわるな。

298 :世界@名無史さん:2006/04/23(日) 22:05:03 0
ageage

299 :世界@名無史さん:2006/05/03(水) 22:23:15 0
>>112
それが原因で橋本の娘が米兵にレイプされたってマジ?

300 :世界@名無史さん:2006/05/04(木) 13:52:24 O
アメリカ中毒患者は、自分が日本人とゆうこと忘れている訳で、〈実は違うかも〉お前達が、いくらアメリカを称賛しようが、結局はアメリカの飼い犬しか成りえない訳でして、このような非国民は、アメリカで差別を受けてみないと目が覚めない訳でして、

301 :世界@名無史さん:2006/05/04(木) 14:08:09 0
>>300
アメリカ人の友人がいる国際人はもっと視界が広い。
1人や2人のチンピラから差別されたくらいでは動じない。



302 :世界@名無史さん:2006/05/04(木) 14:11:04 0
>>300
人種差別主義者ほど自分が差別されると過敏に反応する傾向があるが、
おまえもその口だな。

303 :世界@名無史さん:2006/05/04(木) 14:19:10 O
笑!馬鹿にされてる事に気が付かないだけで、何も知らない、いや知らない方がいい、気の毒になるんでな笑、早く日本人としての自覚を持て!真似じゃない日本独自の社会を築いていく事が大切なんだぞ!わかったかい坊や?

304 :世界@名無史さん:2006/05/04(木) 14:43:30 0
>>303必死だなw


305 :世界@名無史さん:2006/05/04(木) 14:46:03 0
>>303
改行ぐらいしろよ。坊や?

306 :世界@名無史さん:2006/05/04(木) 14:53:45 O
くだらんニートと話す気ならん!いや子供だった!君たちの言う見識者とやらを連れてきな!一笑して終わらせてあげるからね!改行坊やは、寝てなさい昼寝でもしなさい!!くそガキ!

307 :世界@名無史さん:2006/05/04(木) 15:08:38 0
改行ぐらいしろよ坊や?

308 :世界@名無史さん:2006/05/04(木) 15:22:23 0
なつかしや改行粘着!

309 :世界@名無史さん:2006/05/04(木) 16:27:19 0
>303
で、その日本独自の文というのを築くには何をどのようにすれば
よろしいのですか?

310 :世界@名無史さん:2006/05/04(木) 17:49:39 O
自分で考えろ!!だから政府のしたい放題、食べ放題になるんだぞ!考える力をつけなさい!先生は寝るからな!

311 :世界@名無史さん:2006/05/04(木) 17:53:25 0

 この世に 悪が栄えた ためしなし


312 :世界@名無史さん:2006/05/04(木) 23:17:27 0
アメリカに関して言うと善悪を超越してると思う
まぁ自分とこを「善」だなんて言う国は一番怪しいが


313 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 16:55:07 0
アメリカはチャンスの国である。
日本のプロ野球には外人枠があるが、
アメリカメジャーリーグには無いことが
それを証明している。


314 :世界@名無史さん:2006/05/22(月) 16:06:32 O
アメリカって先住民を追い出してできた国なんだよね?たかだか三百年の歴史

315 :世界@名無史さん:2006/05/22(月) 16:32:34 0
アメリカ独立バンザ━━━イ★ http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1144777085/l50

316 :世界@名無史さん:2006/05/22(月) 17:00:04 0
>>314
コロンブスによる新大陸発見は1492年
大陸会議の独立宣言採択が1776年
浦賀沖にペリー率いる黒船の来航が1853年
幕府と米使節間で日米和親条約締結が1854年
明治新政府の五箇条の御誓文公布が1868年

米国と日本では「近代国家」樹立の努力と言う点で
明確に先進・後進国という区別が出来ると思う。
米国は独立宣言を採択してから今年で230年目。
日本は五箇条の御誓文公布から今年で138年目。

よく日本人は米国には「歴史がない」とか「歴史が短い」という
けど「世界における近代化の歴史」では日本の方がずっと短い。

317 :世界@名無史さん:2006/05/23(火) 00:32:47 0
>>314
>アメリカって先住民を追い出してできた国なんだよね?

先住民を追い出して国を作ったのはどこも同じだろ。
そもそもインディアンがアメリカの先住民だった証拠などどこにある?




318 :世界@名無史さん:2006/05/23(火) 00:55:15 0
>>314
そうだよ。
日本はアイヌ人を追い出して東北と北海道を手に入れたんだよ。

319 :世界@名無史さん:2006/05/29(月) 02:35:22 0
早急に英語を法的に『国語』とすべきだ。
英語を守らなければならない。

320 :世界@名無史さん:2006/06/03(土) 00:19:19 O
先に住んでた人を追い出して何が民主主義だ!ちゃんちゃらおかしいわい!  何が人権だ!人権を犯してできあがった国、アメリカ

321 :世界@名無史さん:2006/06/11(日) 00:34:41 0
age

322 :世界@名無史さん:2006/06/11(日) 08:10:08 0
360 :名無しんぼ@お腹いっぱい :2006/06/05(月) 11:49:31 ID:alwxZIbf0
>>348
そのような奴隷どもの戯言に現を抜かしているから弱体化し、ギリシアもローマ
も滅びた。
そして、現代文明もすぐに同じ道を辿る。
人が生きてゆく上では事を成すのに必要十分な量だけ有れば結構なのだ。白人達はその辺良く知っている。
海外の資産家が、何十億も全く接点の無いボランティア団体達にポンッと寄付してやるのなんて
お前たちは全く理解出来ないだろう。
それが人が強くなる秘訣だ。
白人どもの世界中への根回しが有るだけで、お前たちは全員何十億どころかたった1$も手に入れる知的能力すら
無いから白人が黄色い乞食どもへ投げてやった金に必死にしがみ付くからな。
トヨタを初め企業の寄付なんて言葉の上でも寄付になっていない。自分達が独占して公共物を使用する
為の口実ばかりだ。それにいやらしい嘘の宣伝効果も付けてな。
全て人は、文字通りに手に物を持ったら弱くなるのだ。
カントが手は外に出でたる脳髄だと言ったようにな。
海外に学歴主義なんて一切無い。イエローモンキーの白痴の案山子どもを紛れ込ませる
日本向けのシアトリカルセクションだけだ。勿論中身はバイト以下の雑用だ。合弁企業の関係者は全員知
って嘲笑っている。そんなに落ちてる金が欲しいか?wそれがエコノミックアニマルの実体だ。
求めている物はMIT、カルフォル二ア大、シカゴ大の大学図書館の蔵書全てを、何から何まで丸ごと全て
その物が今目の前に有るのと全く同じに完全無欠に想起してこれる能力だけだ。日本の偽学者が直感像記憶
と勝手に名前付けて、榊原みたいな検討違いを調べて羨ましがっている奴の更に上級レベルだな。
古来から世界中知的労働者階級とはそう言う人だけだ。でなければ天災や戦災で文明が全く消失するからな。
この最低条件をクリア出来ればジュニアスクールすら卒業していなくても結構。ただマスターだろうがドクター
だろうが要らなくなった即その場で解雇だ。この地上はどこでも全て甘くない。もう黄猿回しの白芝居の幕引きだから。




323 :世界@名無史さん:2006/06/11(日) 19:00:59 0
アメリカ!アメリカ!
自由と平和に包まれて
永遠に続く栄光の国
おぉ我等がアメリカ!

324 :世界@名無史さん:2006/06/11(日) 19:10:52 0
日本!日本!
自由と平和に包まれて
岩に苔むすまで続く天皇陛下の国
おぉ我等が日本!

325 :世界@名無史さん:2006/06/17(土) 23:15:31 0
ボストンDynamics社が軍事用の四足歩行ロボットを開発
ttp://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/510791.html
ttp://www.bostondynamics.com/content/sec.php?section=BigDog


326 :世界@名無史さん:2006/06/22(木) 21:41:17 0
やっぱり日本を開国させて近代化に導いたことでしょう。


327 :世界@名無史さん:2006/06/22(木) 21:50:25 0
>>319
英語を公用語にせずに現在まできたのは
何か理由があってのことだっけ?

328 :世界@名無史さん:2006/06/22(木) 21:56:39 O
日本人が英語に苦手意識をなくしたら、
資産家や知識人、エリートがこぞってアメリカに逃亡して日本が滅びる。

329 :世界@名無史さん:2006/07/01(土) 19:07:02 O
>>328
華僑じゃあるまいし、そう簡単に祖国を捨てられるか?

330 :世界@名無史さん:2006/07/16(日) 22:15:19 0
age

331 :世界@名無史さん:2006/08/08(火) 00:14:47 0
age

332 :世界@名無史さん:2006/08/14(月) 03:05:38 0
もちろん世界を共産主義者の魔の手から救ったことですよ。


333 :世界@名無史さん:2006/08/14(月) 08:05:31 0
アメリカは存在自体が大罪

334 :世界@名無史さん:2006/08/14(月) 08:26:49 0
実際リアルにホモとかゲイいたら引くよね

335 :世界@名無史さん:2006/08/15(火) 01:53:28 0

 アメリカ合衆国は永久に不滅です!!


336 :世界@名無史さん :2006/08/15(火) 13:26:54 0
アポロ11号の歴史的映像、原本が行方不明
ttp://www.asahi.com/international/update/0815/009.html
2006年08月15日10時50分
人類初の月着陸を成し遂げた米宇宙船アポロ11号の記録テープの原本が行方不明になっていることが
14日、わかった。ロイター通信が伝えた。この中には、アームストロング船長が月に降り立ったとき、
「これはひとりの人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍だ」と語った歴史的映像も
含まれているという。

いよいよヤバくなったら物証隠滅ですか。NASAも酷いですね。

337 :世界@名無史さん:2006/08/15(火) 20:12:55 0
>>336
バカだな。物証隠滅ならわざわざ公表するはずないだろ。
それに原本がなくてもコピーが腐るほどある。
あとアポロが月面着陸したのは11号だけじゃないよ。

少し考えて発言しろよ。


338 :世界@名無史さん:2006/08/16(水) 11:24:35 0
>>1なーにアメリカナイズ、されてんだボーケ。世界で唯一核を落とされた国に
されたんだぞ、ナに考えてんだお前は?

339 :世界@名無史さん:2006/08/16(水) 20:27:48 0
>>338
>世界で唯一核を落とされた国にされたんだぞ

名誉なことじゃない。


340 :世界@名無史さん:2006/08/31(木) 22:43:49 0
行って良かった国 1位は米国
総理だけじゃない!?日本人はみんなアメリカがお気に入り!
 今年の夏休み、海外旅行に出かけた人は多かった。旅行に出かける人の数は昨年より5.0%増え、
約251万人が海外での夏休みを過ごしている。旅行先はいろいろだ。ORICON STYLEでは、海外旅行
経験のある方を対象に、『海外旅行に行ってみて良かった国』をリサーチしてみた。( 『海外旅
行に行ってみて良かった国』ランキング表はこちら )
 総合1位になったのは【アメリカ】だ。これは、ハワイなども含めた「アメリカ合衆国」を指す。
アメリカの支持率は圧倒的で、性別/年代を問わずすべての部門別ランキングで1位の座を獲得。
誰が行っても満足できる国として、評価されている。
(オリコン) - 8月31日12時58分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060831-00000003-oric-ent


341 :世界@名無史さん:2006/09/01(金) 00:24:44 0
顧客満足に気を使ってるからね

342 :世界@名無史さん:2006/09/01(金) 20:10:35 0
世界バスケで優勝候補本命だったアメリカですが、、
準決勝でギリシャに負けたそうですね。
野球のWBCといい世界バスケといい、
ちょっとなめすぎてるような気がします。
それでも開催国で予選敗退に終わった日本よりは・・(笑)


343 :世界@名無史さん:2006/09/01(金) 20:17:15 0
アメリカはサッカーやラグビーのW杯でも弱いし、
ボクシングでもWBA世界ヘビー級タイトルをロシア人のワルーエフに持ってかれてしまった。
総合格闘技でもロシアのヒョードルに対抗する選手が出てこない。
スポーツでは軟弱化しつつあるのではないか?
日本ほどではないが。

344 :世界@名無史さん:2006/09/02(土) 20:52:02 0
アメリカって、何でサッカーがマイナーなんだろう?
サッカーの母国イギリスからの移民が主体となってできた国なのに。

345 :世界@名無史さん:2006/09/02(土) 21:47:08 0
>>344
英国でサッカーが盛んになったのは19世紀なので
その頃にはアメリカはとっくに自前の文化の中で暮らしてたから。

346 :世界@名無史さん:2006/09/16(土) 00:25:13 0
age

347 :世界@名無史さん:2006/09/16(土) 01:23:25 0
>>344
確かに鑑賞用スポーツとしての人気はないようだけど、
やるスポーツとしては盛んで競技人口は世界一多い。
FIFAの調査だとアメリカのサッカー人口は1800万人で
これはオランダやスウェーデンの総人口を上回る。
競技人口のトップ3はアメリカが1位で約1870万人。
2位はインドネシアで約1000万人、3位が中国で725万人。
以下、メキシコ、ブラジル、ドイツと続き日本は約350万人で10番目だった。
アメリカのサッカー選手は欧州が束になったより多い。


348 :世界@名無史さん:2006/09/16(土) 01:56:17 0
>>340
こういう風にいけしゃあしゃあと書く奴は頭がおかしい。
白人国家アメリカのうわべに騙されているノーナシパーブリン女が
書いているんだろうな。

349 :世界@名無史さん:2006/09/16(土) 02:10:39 0
>>348
>白人国家アメリカのうわべに騙されているノーナシパーブリン女が
>書いているんだろうな。

読解力のない奴だ。
>アメリカの支持率は圧倒的で、性別/年代を問わずすべての部門別ランキングで1位の座を獲得。
って性別を問わずと書いてあるだろ。


350 :世界@名無史さん:2006/09/16(土) 02:17:02 0
>>349
といっているだけで本当に統計とっているかどうかわかったもんじゃないがな。

351 :世界@名無史さん:2006/09/24(日) 22:23:56 0
age

352 :世界@名無史さん:2006/10/01(日) 18:37:12 0
アメリカの歴史的偉業は世界で初めて日本を占領し
天皇に人間宣言させたことだ。


353 :世界@名無史さん:2006/10/01(日) 23:00:02 0
アメリカが日本を占領して満州や台湾、朝鮮半島を解放しなかったら、
今頃どうなっただろうか?
あのプライドの高い中国人が満州や台湾を諦めるとは思えない。
朝鮮人が何時までも日本の支配に甘んじるとも思えない。
日米戦争でアメリカが勝利しなければ、
今頃、東アジアは世界の火薬庫になっていただろう。


354 :世界@名無史さん:2006/10/02(月) 21:13:37 0
今は火薬庫ではないと?

355 :世界@名無史さん:2006/10/07(土) 22:15:50 0
>>354
日本と中国の戦争が続いてないだけ平和だ。



356 :世界@名無史さん:2006/10/13(金) 11:45:15 O
民主主義を他の国にも絶対化する民主国家、それがアメリカ。

357 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 20:34:09 0
同じ大国でも旧ソ連とか中国は、共産主義(先軍国家、力による支配)で成り立ってるけど
アメリカは、そういう、目に見える力を使わずにまとまっているのは何故ですか?

358 :世界@名無史さん:2006/10/15(日) 22:40:42 0
もう日本はイヤ!NYに脱出する若い女性が増加 米紙が特集
・米紙ニューヨーク・タイムズは15日付で、「日本からの脱出」と題した特集記事を掲載、
 日本にない自由を求めてニューヨークに移り住む若い日本人女性が増加していると紹介した。
 記事は、1990年代はフリーターの若い男女がほぼ同じ割合で渡米してきたが、最近は
 男性が日本経済の回復で職を得られるため、割合についても女性が増えてきたと分析。
 日本では結婚して出産することを求められ強いプレッシャーを感じるため、「自由な街」
 ニューヨークへ逃れてきていると指摘している。
 3カ月から3年ほど滞在するケースが多く、東京の書店にはニューヨークのガイド本が
 並ぶ一方、マンハッタンのイーストビレッジには日本人女性が多く集まる居酒屋まである、
 としている。
 記事には、プロのダンサーを夢見る二十歳代前半の日本人女性らが登場。「両親はとても
 保守的で、私が日本人の男性と結婚することを望んでいる」「ニューヨークには自由がある」
 などとの発言も載せている。
 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/america/23426
※画像:http://www.iza.ne.jp/images/news/20061015/8750_c350.jpg


359 :世界@名無史さん:2006/10/15(日) 23:15:20 0
>>358
∩(・ω・)∩日本女性の避難所USAばんじゃーい!

360 :世界@名無史さん:2006/10/16(月) 02:34:53 0
360

361 :世界@名無史さん:2006/10/17(火) 22:37:25 0
ハックルベリーやホールデンの様な負け犬も許される国

362 :世界@名無史さん:2006/10/22(日) 18:23:23 0

何故アメリカが短期間にここまでの国力をつけることが出来たのでしょうか?
同じイギリスの植民地であったオーストラリア、カナダはどうしてアメリカのようになれなかったのか?
誰か教えて下さいな

363 :世界@名無史さん:2006/10/22(日) 18:23:57 0
ageときますね

364 :世界@名無史さん:2006/10/22(日) 19:27:33 0
>>362

西欧列強の負け犬を引き寄せ、その活力を最大限解き放ったから、かな。

365 :世界@名無史さん:2006/10/22(日) 19:49:13 0
何故日本が短期間にここまでの国力をつけることが出来たのでしょうか?
同じアメリカの植民地であった韓国はどうして日本のようになれなかったのか?
誰か教えて下さいな

366 :世界@名無史さん:2006/10/22(日) 22:10:12 0
ヨーロッパ諸帝国の崩壊
   ↓
多くの人々がアメリカへ逃亡

中華帝国の崩壊
   ↓
多くの人々が日本へ逃亡

367 :世界@名無史さん:2006/10/22(日) 22:57:13 0
【アメリカ】数学教育に警鐘、「楽しさ」と成績は別物?…「楽しくない」日本は上位に
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1161515469/

368 :世界@名無史さん:2006/10/25(水) 22:09:03 0
【米国】ロスの病院、救急車で安宿街に貧困患者を捨てる[10/25]
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1161779607/

6 :名前をあたえないでください :2006/10/25(水) 21:46:30.39 ID:a2/iDbNZ
アメリカのお医者さんと話したことある

アメリカには健康保険は民間のしかない
少数の富裕層は民間の保険に入っているから
医療費を払うことができる
中間層以下は病院にかかっても医療費を払うことができない
払われない医療費は病院の持ち出しになる

ということは
医療費を高めに設定して
少数の富裕層に過剰に請求することになる
同時に保険会社への請求も過剰になる
保険会社は保険料を高く設定せざるを得ず
中間層の保険加入を阻害する

するとますます....
はじめに戻る


369 :世界@名無史さん:2006/10/26(木) 21:26:13 0
200X年、ブッシュ大統領は結局、戦争犯罪人として国際法廷で死刑を宣告された。
ブッシュは怒りで顔を紅潮させながら、叫ぶようにして言った。
「確かにイラクではうまくいかなかったかもしれない。
 しかし、たった一つの国に対して間違いを犯しただけで死刑だなんてひどすぎる!」
すると裁判官は顔色一つ変えずに言った。
「あなたを死刑にするのはイラクが原因じゃない。
 これから幾つものイラクのような国ができるのを予防するためです。
 ‘‘あなたは差し迫った脅威‘‘ですからね。
 つまり予防的先制攻撃ですよ」

370 :世界@名無史さん:2006/10/26(木) 21:44:53 0
>>369
詭弁のガイドライン その3
 自分に有利な将来像を予想する


371 :世界@名無史さん:2006/11/03(金) 10:16:22 0
キリスト教を信じる奴はアメリカの手先じゃねえのか

キリスト教会は日本女性50万人を性奴隷にしていた
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1158818888/

キリシタン大名の大友、大村、有馬の甥たちが、天正少年使節団として、ローマ法王のもとにいったが、
その報告書を見ると、キリシタン大名の悪行が世界に及んでいることが証明されよう。

『行く先々で日本女性がどこまでいっても沢山目につく。ヨーロッパ各地で50万という。肌白くみめよき
日本の娘たちが秘所まるだしにつながれ、もてあそばれ、奴隷らの国にまで転売されていくのを正視でき
ない。鉄の伽をはめられ、同国人をかかる遠い地に売り払う徒への憤りも、もともとなれど、白人文明で
ありながら、何故同じ人間を奴隷にいたす。ポルトガル人の教会や師父が硝石(火薬の原料)と交換し、
インドやアフリカまで売っている』と。
http://www.asyura2.com/0510/bd42/msg/812.html#top


372 :世界@名無史さん:2006/11/03(金) 21:03:39 0
>>371
アメリカが誕生する前のトンデモを貼ってなんとするw


373 :世界@名無史さん:2006/11/03(金) 21:12:03 0
>>371
それはキリスト教弾圧が目的で後から創作された説が有力です。


374 :世界@名無史さん:2006/11/03(金) 23:39:58 0
NHKスペシャルみた?
やっぱアメリカは凄いわ・・・


375 :世界@名無史さん:2006/11/04(土) 18:42:51 0
>>373
ソース

376 :世界@名無史さん:2006/11/04(土) 19:03:35 0
この時代で、「白人」という呼称があったのか?

377 :世界@名無史さん:2006/11/04(土) 19:53:12 0
>>366
日本にはアメリカほど人口受け入れのキャパシティないから
日中間に南北アメリカ級の新大陸が一つ欲しいな。

(‘A`)でもそうすると中国みたいなのが2つもお隣に出来ることに
なお厄介だな、そうなると・・

378 :世界@名無史さん:2006/11/04(土) 20:42:39 0
>>371
人数は大嘘だろうけど。
日本の場合、差別民や身売りが発展していたから抵抗
がなかったんだろうな。

379 :世界@名無史さん:2006/11/04(土) 20:46:28 0
ちなみにキリシタン大名大友氏は百済遺民の子孫で、日本人じゃありません。

380 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 02:05:50 0
大友義統は、文禄の役における敵前逃亡を咎められ1593年(文禄2年)に改易された。
そして義統の身柄は毛利輝元に預けられた。


朝鮮人の末路ってこんなんばっかだね。普通なら自決しているとおもうんだけど、
生きていて恥ずかしくないの?
在日たちはこういう同胞ことをどうおもっているのかな?


381 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 02:12:43 0
>>377
太平洋に失われた大陸があったらしいが、一夜で沈んだとか・・・・
今でもあったら新日本帝国とか樹立していただろうに。
ちなみに日本の各地には巨石文明の名残が存在している。
インカやエジプトやマヤにピラミッドが存在し、日本でもピラミッドが
あったり太陽神が存在しているところをみると失われた大陸の
移民が日本やインカやマヤをつくったんじゃないかな。
太陽神信仰や巨石文明やピラミッドが共通しているし、
ロスや南米では縄文式土器もみつかっている。
となると、天皇ももともとはアマテラスオオミノカミが太陽神に
なぞらえていたし、大陸からきた証拠もみつかっていない。
となれば、失われた大陸から渡来してきた王家の人々なんじゃないか
とひそかに思ってる。

382 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 03:05:03 0
ホラー映画に登場する、北米式の斧は美しい。

北米式の斧の柄は微妙な曲線美をもっているが、あれはただ美しいだけではなくて
手にかかる衝撃を吸収する働きをもち、威力を2倍以上にも高めるんだよ。
そのおかげで北米の開拓は大いに進んだ。

383 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 03:10:26 0
こんな感じの曲線美ね。
http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b70731944

384 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 03:11:44 0
1870-90年代にヨーロッパから約一億が移住したそうだが、
1600年代から殺された先住民は南北あわせて同じ一億なんだそうだ。
キリスト教刻=白人帝國の残虐さは底知れず。

385 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 03:19:31 0
斧で殺したのか?

386 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 03:46:03 0
アメリカもいずれ落ちぶれるよw
ローマも元も他民族性をもった大国だったが急激に衰弱したしな

387 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 03:57:43 O
讃えよ星条旗
崇めよ女神
自由と民主主義と正義の名に於いて合衆国は千年続くであろう


ぶっちゃけ合衆国の衰退は天変地異でも無い限り100年位は起こり得ない気がス。

388 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 04:50:09 0
すでに政治面、文化面、経済面の影響力は落ちてきてる
軍事面のみ突出してるが財政が持たない

389 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 05:20:36 0
中国の経済力が物凄い勢いで上がっているからな

390 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 05:28:50 0
政治面や経済面では中国
文化面でも昔はアメリカが世界で突出してたが今は多様化してる

391 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 05:30:44 0
人口:3億突破
高齢化:先進国の中では高齢化は緩やかに上昇
軍事力:ソ連がいなくなり、次は中国か?

392 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 09:06:55 0
俺中国を応援するよ
米に尻尾ふっているポチは原爆や東京大空襲を忘れた馬鹿だろ

393 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 14:21:52 0
>>371
>徳富蘇峰の『近世日本国民史』の初版に、秀吉の朝鮮出兵従軍記者の見聞録がのっている
>徳富蘇峰の『近世日本国民史』の初版に、秀吉の朝鮮出兵従軍記者の見聞録がのっている
>徳富蘇峰の『近世日本国民史』の初版に、秀吉の朝鮮出兵従軍記者の見聞録がのっている
>徳富蘇峰の『近世日本国民史』の初版に、秀吉の朝鮮出兵従軍記者の見聞録がのっている
>徳富蘇峰の『近世日本国民史』の初版に、秀吉の朝鮮出兵従軍記者の見聞録がのっている


論拠が秀吉の朝鮮出兵従軍記者?これ誰?朝鮮出兵従軍記者って何だ(笑)


394 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 14:25:20 0
石原知事が戦争してもアメリカは中国に絶対に勝てないと行ってたな

395 :世界@名無史さん:2006/11/16(木) 15:44:56 0
戦争と言うより政治で負ける
中国は人権とかないし1億人死んでもまだまだ人いるしな

396 :世界@名無史さん:2006/11/17(金) 01:34:48 0
>>394
ソースは以下の読売の記事だろ。

【ワシントン=五十嵐文】訪米中の石原慎太郎東京都知事は3日、ワシントン市内で講演し、
仮に中国と米国が戦争すれば、「米国は絶対に中国に負ける」と断言した。
 石原知事は「戦争は、しょせん生命の消耗戦だ。米国はイラクで米兵が2000人死ぬだけで
大騒ぎするが、生命に対する価値観が全くない中国は憂いなしに戦争を始めることが出来る。
戦渦が拡大すればするほど生命の価値にこだわる米国は勝てない」と述べた。
(2005年11月4日10時45分 読売新聞)


397 :世界@名無史さん:2006/11/17(金) 01:39:19 0
>>392
それには、まず南京大虐殺が真実と認めることだ。


398 :世界@名無史さん:2006/11/17(金) 01:43:15 0
>>384
それは中国人が持ち込んだ伝染病で大量死した。


399 :世界@名無史さん:2006/11/17(金) 02:46:28 0
やっぱり合衆国の現代科学に対する貢献ですよね。

インターネット及びパソコンの開発、宇宙開発の牽引、飛行機の開発、
エジソンや映画及びアニメーション分野に対する文化的貢献。
何より航空分野における貢献は合衆国がなければなしえなかったものばかりだ。
飛行機を開発し、人を月に送った。

400 :世界@名無史さん:2006/11/17(金) 17:18:46 0
>>388
そうかね?
インターネット関連のアメリカ企業の強さ見ると全然没落してないと思うけど。
yahoo、google、microsoft、IBM、HP、dellとかあげたらきりがないほど日本でも有名な企業があるし。

401 :世界@名無史さん:2006/11/17(金) 18:11:46 0
アメリカでは、上位1パーセントの富裕層が、国家の富の50パーセント以上を独占している。
この事実上の支配階級が国内外の共産主義者を蛇蝎のように忌み嫌うのはあたりまえだ。

アメリカの民主主義とか自由主義経済というのは、上位数パーセントの人間たちの利益を確保するためにのみ機能するように調整されている。
たとえば、アメリカ大統領は一見、国民の直接選挙によって決められるように見えている。
が、実のところ、大統領候補者は、党大会にノミネートされる時点ですでに例の数パーセントの金持ちたちによって承認済みであり、候補者のうち最終的に誰が大統領になろうが、上位数パーセントの人間たちの利益を最大限に保守することが契約されている。
もしも大統領に就任したのち、金持ちとの契約を無視した政策をとったりしたら、暗殺されるのが落ちだ。
国民は、数パーセントの人間によって定められた範囲内でのみ自由なのだ。
まあ、それでも、共産主義国家よりはましだが。

選ばれた1パーセントの人間が、残り99パーセントの人間全体を集めたよりも価値ある存在であることは、いかなる時代・地域においても妥当する。よってアメリカのやり方は理にかなっているというわけだ。


402 :世界@名無史さん:2006/11/17(金) 22:03:35 0
>>401
コピペうざいw


403 :世界@名無史さん:2006/11/17(金) 22:22:32 0
アメリカはアメリカでいいがあの体制やシステムが世界に広がったら不幸ではある


404 :世界@名無史さん:2006/11/18(土) 00:46:44 0
そう言う日本だって二世議員ばかりじゃないか。
女性議員の比率はアメリカより低い。
お陰で石原みたいのが首相にならずにすんでいるが。


405 :世界@名無史さん:2006/11/18(土) 00:57:41 0
Yahoo!、Google、Youtube、Wikipedia・・・。
アメリカ人の作るページは役立つものが多い。

406 :世界@名無史さん:2006/11/18(土) 01:27:51 0

 アメリカ合衆国は永久に不滅です!


407 :世界@名無史さん:2006/11/18(土) 01:45:43 0
>>401
富とは何をさすのかが曖昧な所が素晴らしい。
都合のいい定義をあてはめることであらゆる数値を生み出すことができる。

408 :世界@名無史さん:2006/11/18(土) 02:04:44 0
>>404
女性議員って田中真紀子とか土井たか子とかいった奴らかwww
日本の女が幼稚なだけw
基本的に日本人は男が世界的にも優秀だからアメリカのように外の人材に頼る必要ないのww

409 :世界@名無史さん:2006/11/18(土) 02:22:00 0
>>408
外の人材に頼ったら大相撲と同じ構図になるだろうな。
日本の男がいかに軟弱化したか思い知るだろう。


410 :世界@名無史さん:2006/11/18(土) 02:27:36 0
>>408
人材の優秀性なんてどんな国も大差ないよ。
ttp://nokai.jp/k-column/img/shiryou15-4.gif


411 :世界@名無史さん:2006/11/18(土) 02:47:41 0
>>409
単に相撲のルール上の問題だろw
相撲なんてでかい方が有利なんだから、曙なんて格闘技じゃただのデブだろw

ちなみに格闘技やスポーツ観るが日本人が弱いということはない
柔道じゃ金メダル多いし、総合格闘技に関しても体格的に多くいないヘビー級以外なら強い部類に入る
元に最強を決める格闘技といわれるPRIDEの中軽量級の優勝者やチャンピオンは日本人

412 :世界@名無史さん:2006/11/18(土) 02:52:29 0
>>410
現実にあるだろw
人種による能力とはIQ、歴史、習慣、文化など全て含まれる
そのなかで黒人の場合は最悪の人種といえる

413 :世界@名無史さん:2006/11/18(土) 23:15:03 0
>>411
>相撲なんてでかい方が有利なんだから、

朝青龍が大横綱への道をひた走っているが、モンゴル人の体位は日本人より小さい。
しかもモンゴル人の人口は約250万人で日本人の2%しかいないのだ。
たった2%しかいないモンゴル人が日本の国技で大横綱になるとは、
日本の青少年の軟弱化のあらわれなのだろうか?

414 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 02:39:43 0
たんに相撲する人口の違いじゃねーの〜
モンゴルは相撲が国技といえるし、日本は一応国技だが相撲とりなろーなんて奴いねーし
東欧出身者はでけーし

415 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 03:19:53 0
モンゴル人の人口は約250万人で日本人の2%しかいないのだ。

416 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 03:22:49 0
20世紀の偉大な数学者の9割強は白人だ。

417 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 03:38:35 0
過去49人のフィールズ賞の受賞数では、
アメリカ11個、
フランス8個、
ロシア7個、
イギリス6個(特別賞含む)、
ドイツ3個、
日本3個、
ベルギー2個、
フィンランド、ノルウェー、スウェーデン、イタリア、中国、ウクライナ、
ニュージーランド、南アフリカ、オーストラリアが1個


418 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 03:39:51 0
白人の数学能力は低い結果はでてます(ユダヤ人は別)
アジア系のほうが数学能力は上数学を発見したのはインド人だし、一般の白人の知能の低さは折り紙つき

419 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 06:28:13 0
ノーベル賞は、
北欧だから、北欧受賞が多いんだ。
言語の壁があるから東洋不利だ。
物理などだと、莫大な研究費がないから金持ち国家じゃないと無理。
という意見があるが、
フィールズ賞は、カナダの受賞者はゼロ、東洋は3個

420 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 08:53:54 0
東欧が意外とないな。


421 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 15:14:04 0
>>418
以下を見ろ
ttp://nokai.jp/k-column/img/shiryou15-4.gif
それにインド人は白人種だよ。
一般の中国人だって東南アジア人と大差ないよ。

>>419
北欧は研究者当たりの学術論文発表数でも日本より多いだろ。
日本が技術貿易で赤字を脱したのは比較的最近の話だ。
80年代で自然科学の論文発表シェアは世界の6%だった。
ノーベル賞の少なさは妥当だよ。

>物理などだと、莫大な研究費がないから金持ち国家じゃないと無理。

英国や北欧諸国は投入資源当たりの研究成果は日本より上なんだよ。


422 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 15:14:36 0
数学論文の世界シェア(ISI社出典)
アメリカ 34.25%
フランス 12.37%
ドイツ   9.91%
イギリス  6.81%
中国    6.13%
日本    5.57%
イタリア  5.51%
カナダ   4.77%
スペイン  4.53%
〜〜中略〜〜
イスラエル 2.79%
〜〜超えられない壁〜〜
韓国    1.52%
台湾    1.27%
香港   0.81%

423 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 15:18:10 0
>>418
世界三大数学者、アルキメデス、ニュートン、ガウスは3人とも白人


424 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 15:19:31 0
>>417
韓国、北朝鮮、台湾、ベトナム、マレーシアは未だにゼロだ。


425 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 15:25:04 0
大学以前に、微分積分を勉強するのは、日本と韓国だけというが

426 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 15:32:46 0
>>425
野球と同じで欧米人は晩熟だからさ。
リトルリーグや高校野球の強さは昔から日米で雲泥の差があるが
プロ野球で逆転される。サッカーもU19以下は日本は強い。

427 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 15:35:56 0
>>425
その韓国は未だに世界的な数学者は皆無だ。
http://www-groups.dcs.st-and.ac.uk/~history/Indexes/1940_1960.html
よほど日本の植民地支配が酷かったのかな。


428 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 15:52:46 0
>>418
>アジア系のほうが数学能力は上

数学能力なんて99.9%は教育とモチベーションですよ。
黄色人種でもタイの数学の学力はトルコより低い。
インド人の脳は黒人より小さいらしいけど印僑の数学能力は世界一だ。
これは幼少から二桁の暗算を仕込まれるからだろ。
欧米人は九九を暗誦する習慣がなくて小学生に電卓使わせている。


429 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 15:55:59 0
>>426
野球は世界中から集めてるからリーグが強いだけ
WBCでも負けてる

大体欧米人ってひとくくりにするのはどうかと、アメリカは多民族国家だし

430 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 16:32:38 0
>>429
>野球は世界中から集めてるからリーグが強いだけ

メジャーリーグは現在で30球団だよ。

>WBCでも負けてる

WBCの結果でアメリカが日本より弱いと思ったのなら、おまえ頭悪すぎだよ。
実はアメフトの第1回W杯も優勝は日本だったが、日本がアメフトの世界一とは誰も思わないだろう。
アメリカはバスケットの世界選手権でもスペインやアルゼンチンに負けてるけど、
スペインがアメリカより強いと思ってるバカはいないはずだ。


431 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 16:35:11 0
それじゃまったく強いっていえないじゃん〜
一敗したどころかヤオまでして負けてるし
数学能力は各国のなかでも低い順位だし

432 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 16:41:59 0
>>431
日本プロ野球史上の最高打率はランディ・バースの三割八分九厘
ホームラン記録は巨人の汚い敬遠攻めで逃したけどね。


433 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 16:43:55 0
野球は個人競技じゃないし、、、
打率だけ言われても

434 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 16:48:58 0
>>425
野球でも学業でも日本の高校生のほうが早熟なのは間違いない。
松坂は高卒で18歳で最多勝になっているが、アメリカじゃ考えられない。
学業成績も高校までは日米で雲泥の差があるが、社会人の学力では逆転されてる。
ttp://nokai.jp/k-column/img/shiryou15-4.gif


435 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 16:51:24 0
WBCって、アメリカは、超一流メンバーがそろっていたっけ?

436 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 17:07:57 0
ユダヤ人のIQ 120
アジア人のIQ 110
白人のIQ 100
黒人のIQ 90

だったような

437 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 17:14:35 0
>>436
IQは環境で雲泥に変わるし、10歳未満の平均IQは日米で有意差がない。
有意差が出るのは10歳以降だから生活習慣の違いで差がつく可能性が高い。
それが証拠に日本人と遺伝子が近いインディアンは白人より平均IQが低い。
因みにIQとはパズルを解く特技のようなもので知能ではない。想像力とか測れない。
20世紀最高の科学者と言われたファインマン博士のIQは凡庸だった。


438 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 17:17:13 0
>>436
アジア人でも東南アジアのタイ人、ビルマ人、カンボジア人、南アジアのブータン人、
中央アジアのカザフ人、南北アメリカ先住民は白人より平均IQが低い。


439 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 17:18:58 0
優れた環境整えるのも能力の一つだと思う

440 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 17:20:53 0
アメリカは実はたいしたことないよ
他国から優れた才能の選手かっぱらってるだけだし

441 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 17:23:29 0
その米国に軍事、経済、文化、科学、技術の面でボロ負けした日本

442 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 17:26:31 0
日本の平均IQが高いのは国内に貧困が少ないのが最大の要因だ。
IQは胎児期、乳児期の栄養状態に大きく影響される。
魚を食べる母親の母乳にはDHAが多く含まれ、その母乳で育った子供のIQが
数ポイント高いことはノルウェー調査で証明されているが、日本人は魚や大豆類を大量に食べる。
ヨウ素欠乏症の問題もある。WHOの調査では世界中で20億人がヨウ素欠乏のリスクが
あると推定しているが、ヨウ素欠乏は目覚しい子供のIQ低下をまねく。
ヨウ素欠乏は子どもの脳傷害の主要因であり、IQが15ポイントは低下する。
ところが日本は世界でも稀なほど、ヨウ素欠乏症が皆無な国なのだ。
このへんが、日本の平均IQが他国より高い一つの秘密だろう。


443 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 17:31:38 0
軍事・・・・・太平洋戦争で完全に屈服させられる
経済・・・・・国の経済規模でも、一人当たりGDPでも完全に敗北
文化・・・・・米国の漫画、音楽、食品、飲物、アニメ、映画文化は世界を席巻
科学・・・・・宇宙開発に見られるように日本を突破
技術・・・・・唯一、日本の上を行く超大国

444 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 17:33:30 0
>>441
そういう議論は無意味だけどな
経済で日本にボロ負けしたアメリカとかと言う論理も成り立つし

445 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 17:35:15 0
>>439
>優れた環境整えるのも能力の一つだと思う

その通り。優れた環境を整えることも能力の一つだ。
だから中国や韓国からノイマンやコロリョフのような偉大な科学者が
育たないのは中国人や朝鮮人の劣等の証明。
シリコンバレーでいくら中国人が活躍してもシリコンバレーの環境は
白人が整えたものだから。


446 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 17:35:40 0
>>444

戦後の日本が経済面に置いて米国を超える事ができたのは、
米国に軍事面で依存していたからでしょ?
英仏のように自立していれば、戦後の高度成長はあり得なかったよ。

447 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 17:37:27 0
米国の経済の凄い所は完全に軍事面で自立して世界に基地を持っていながら、
日本を越えたGDPを保持し続けている事。
一人当たりのGDPでも、国の経済規模でも完全に日本は米国に敗北している。

448 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 17:37:30 0
韓国は知らんが中国は昔は偉大だった
白人といってもアメリカを白人国家といえないしな

449 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 17:39:35 0
>>447
だってアメリカは軍事産業で儲けてるし、逆説を述べれば軍事面で儲けず経済技術大国になったとも言える

450 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 17:40:36 0
一人当たりGDP
http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_countries_by_GDP_%28nominal%29_per_capita

[編集] 市場為替レートベースのGDP
http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_countries_by_GDP_%28nominal%29

451 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 17:43:15 0
>>450
いちいちその時々で論じても意味無い
どうせ将来中国が抜くんだし

452 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 17:44:43 0
>>451

中国が米国を抜くのは無理。
中国が米国を抜くには政治的に不安定な要素が多いし、
全体主義国家が存続したケースなど歴史上に置いて存在しない。
枢軸国とソ連が滅亡した事を考えると中国にはもはや不可能。
中国なんてソ連以下の国ですらないし。

453 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 17:46:24 0
アメリカの悲劇は軍事産業にノイマンやチューリングのような
優秀な人材をみんな取られてしまうことだ。
優れた研究をしても、軍事機密で隠蔽されるのでノーベル賞も取れない。
これがなければ自動車産業で日本に圧倒されることもないだろうに。


454 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 17:48:03 0
>全体主義国家が存続した歴史はない
 中国はずっと存続してますが?しかも西洋より長い歴史持ってるし

455 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 17:48:33 0
米国を貶める事に必死だな。
原爆の事を恨んでいるのかはたまた劣等感を抱いているのかは知らんが、
米国のGDPと中国のGDPを比較してみるが良い。

456 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 17:51:18 0
共産中国も嫌いだがアメリカも嫌い。

457 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 17:51:43 0
>>455
米国を過大評価もしてないだけ

458 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 17:52:16 0
枢軸国を一度に粉砕して東側陣営を粉砕した米国に
日本相手にボロ負けし続けた中国が勝とうだなんて冗談も程ほどにしてくれ。

459 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 17:54:50 0
>>457

独自に人を宇宙に遅れるのは米国だけですぜ。
軌道上に宇宙ステーションを作っていたソ連が米国相手に敗北した位なのだから、
つい最近になって有人飛行を行ってはしゃいでいるだけの国に米国を超える事は不可能。

スペースシャトルなんてマジで作っているのは米国だけだぜ?

460 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 17:55:10 0
だからそういう議論は無意味だって〜

それじゃアメリカはベトナムに負けたし、北朝鮮の暴走すらとめられない
経済では日本に支えられてるという議論も展開できる

461 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 17:57:04 0
>>460

米国がベトナムに負けたと言うのは誤解している。
ただ南ベトナムを救う事が米国にはできなかっただけ。
それに北ベトナムの背後には中国とソ連が居て、
米国の軍事作戦には幾つかの制限が加えられていた。

462 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 17:57:45 0
アメリカはサッカー選手の数は世界一だが、アメリカ代表はW杯で弱い。
人材を育てることはロシアや北欧より下手ではないのか。
金にものを言わせて外国から優秀な人材を連れてこればいいんだって考え方が、
アメリカ国内の人材発掘や育成を疎かにさせている。これはハイテク産業も同じ。
インドの子供は二桁の九九を暗誦するが、アメリカの学校でこれを強制したら
児童虐待だと人権屋が大騒ぎしてその案は却下されるだろう。
この点で人権意識の低い中国のほうが有利だ。


463 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 18:01:39 0
くだらね。九九でできるかできないかによってその国民の素質を決めているのかよ。
九九ができた所で賢い訳ではないよ。

大体、九九を根拠に米国に優位に立っていると述べている所で、
米国に敗北している事を証明しているようなもんじゃないか。

464 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 18:04:25 0
米国非難派はインドは人を火星に遅れるとか、
ロシアは経済規模で米国の五倍だとか、
もっと米国を超えている事を証明できる揚げ足を取れよ。
九九やスポーツの話をしている時点で、
経済規模や軍事力で米国を超えている国を示す事ができてない。
米国が凄い事を証明しているようなもの。

465 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 18:04:56 0
>>454
>>全体主義国家が存続した歴史はない
>中国はずっと存続してますが?しかも西洋より長い歴史持ってるし

中国(中華人民共和国)の歴史は戦後から。


466 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 18:06:21 0
>>463
イラク政策や現状見ろ一つの国すら抑えられない

467 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 18:08:12 0
>>465
国名変わっただけだろあの国変わりまくるし
漢民族であるのには変わりない

468 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 18:08:52 0
お前たちもGoogle、Yahoo、Wikipedia、Youtubeを使用している事だと思う。
君たちが使用しているパソコンはWindosだと思うのだが、
インターネットやパソコンなんてアメリカ人が作ったようなもんだぞ。

BRICSがインターネット世界に置いて幅を利かせる事ができるのかな?
インターネットのアドレスなんてLatin Alphabetの英語読みだから、
米国の力の凄さが解る筈だ。
インターネットのアドレスが漢字でも梵字でもキルリ文字でも仮名文字でもない時点で
米国の凄さがわかるはず

469 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 18:09:01 0
>>454
この本をお勧めします。
ttp://www.amazon.co.jp/gp/product/4870317400


470 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 18:13:17 0
wwwはWorld Wide Webの略称な訳だが、是は英単語でラテン文字だ。
是が漢字で世界規模網とか梵字、キリル文字であるのであれば、
BRICSが米国を超えている証拠になる。
インターネットアドレスがラテン文字の英単語の時点で、
米国の力は世界に及んでいるのだ。

471 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 18:14:56 0
漢字を使用している世界の国々の人口は多い。
中国のすごさが分かるはず

472 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 18:15:54 0
>>468
別にアメリカが0から100生み出したわけじゃないだろ

473 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 18:16:22 0
英語を使用している世界の国々の人口は多い。
英国のすごさが分かるはず


474 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 18:16:43 0
>>471

中国人や日本人はローマ字を使うが、欧米人が漢字を使う事は無い。
中国人や日本人は西暦を使うが、欧米人は元号を使わない。

どちらの方が優位に立っているか解る筈だ

475 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 18:20:30 0
>>471
1960年代の中国の識字率は3パーセントと報じられていて、80%を超えたのは最近の話だ。
未だに中国の文盲人口は2億人以上とも。


476 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 18:20:43 0
>>474
西洋が東洋より進んだのは産業革命以後だぞ?
むしろ東洋が覇権握ってたほうが長いんじゃね

477 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 18:23:37 0
>>476

俺の考えでは大航海時代から西洋は進んでいた。
モンゴル帝国の出現の時期に東洋は西洋を完全に圧倒するのだが、
モンゴル帝国が消滅した後は東洋が西洋を上回る事はなくなつたと思う。
南アジアは完全に英国に征服され、
ヨーロッパ列強とヨーロッパから派生した国家であるロシアによって世界分割が開始されたからな。

478 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 18:29:32 0
オリンピックとかもヨーロッパの催しだしな。
もとはギリシャ人の遊びで、フランス人が広めた。

欧米の力は圧倒しているんだよ。

479 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 18:32:09 0
モンゴル帝国のあとヨーロッパ列強というのはない
例えば中世の軍事力経済力じゃ欧州全体と日本一国はおなじくらいじゃね?

480 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 18:33:54 0
>>479

日本を高く評価しすぎ。
種子島とかポルトガル人がもたらしたものだろ?

481 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 18:34:54 0
>>478
欧米というが欧州と米国はまったく異質な国
影響にしても0を発見したインド人が一番影響力あるということになるし

482 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 18:36:05 0
>>474
>中国人や日本人はローマ字を使うが、欧米人が漢字を使う事は無い。
>中国人や日本人は西暦を使うが、欧米人は元号を使わない。
>どちらの方が優位に立っているか解る筈だ

これは欧米人が優位に立ってきた動かぬ証拠だ。
科学技術を初めとして、あらゆる文化導入の流れが西洋から東洋への一方通行だったから。
だから欧米人は日本語や中国語を勉強しない。
アジアの文化は学ぶ価値がないと無視されてきたからだ。
日本人は欧米の優れた科学技術を学ぼうと必死になって英語やドイツ語を勉強した。
最近でもこれが日本の利点になっていて、欧米人が日本から最新の技術を盗もうにも
漢字がわかる人材不足で苦労しているらしい。
アメリカの日本語人口と日本の英語人口が対等になって、初めて日米対等と呼べるのかも。
本当に日本の科学技術が世界から注目されているのなら世界中が日本語を勉強するはずだ。


483 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 18:36:16 0
>>481

別に否定しないが南アジアなんてヨーロッパの島国である
英国に完全に征服されたからな。
清も英仏相手に完全に敗北したし。

484 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 18:38:57 0
>>480
戦国末期には全ヨーロッパの鉄砲に匹敵する量を持ってたし
世界有数の黄金の産地でもあった
人口も動員兵力も西洋一国とじゃ比較にならない

485 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 18:39:41 0
人口が多くてもな

486 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 18:43:05 0
日本人や中国人が欧米に移民する事はあるが逆はないからね。
日系アメリカ人なら米国に居るけど、
アングロサクソン系中国人なんて聞いた事が無い。

487 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 18:43:12 0
>>476
現存する世界で最古の地球儀は、西ドイツのニュルンベルグ博物館にある
ベハイムのものです(1492年製作)。
ザビエルが16世紀に来日した時点では日本人は地球が丸いことも知らなかった。


488 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 18:46:43 0
>487
付け加えるなら、膀胱から二種類の液体が出る
という事ですね。

489 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 18:47:48 0
天王星、海王星、冥王星を発見したのは欧米人だもん。
是だけでも西洋の優位性はわかる。

490 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 18:48:25 0
>>487
中世ヨーロッパ人は軍事が何なのかすら知らなかったともいえる
古代中国の軍事書である孫子の兵法を、中世ヨーロッパの王族が読んでもっと早くこの書にであっていれば敗北はなかったろうといってるし
ナポレオンも常に持ってたくらいだからな

491 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 18:48:52 0
アメリカのカリフォルニア州だけでもヨーロッパの平均的な国家に匹敵する


492 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 18:49:02 0
>>484
>戦国末期には全ヨーロッパの鉄砲に匹敵する量を持ってたし

日本人がヨーロッパ人より好戦的だった証拠にはなる。
先に火縄銃を発明したヨーロッパはずっと銃が少なかったのだから。
やはり平和でなければ科学は発展しない。


493 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 18:51:38 0
>>492
戦国末期の鉄砲の精度は日本がすでに追い越してたほどだが?
東洋が遅れたのは鎖国してたからだし、今現在のアジアの経済規模は欧米を追い越してる

494 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 18:51:43 0
>>490

孫子の優れている事は否定せんが、
孫子を根拠にヨーロッパ人が軍事的に無能だと言うのは誤り。

495 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 18:53:28 0
>>493

>今現在のアジアの経済規模は欧米を追い越してる
http://en.wikipedia.org/wiki/Image:SuperpowerGDP.PNG

496 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 18:56:19 0
EUと米国だけで既に圧倒的な訳だが?
G7も六カ国はヨーロッパか
ヨーロッパから派生した国家だしな。

European Union 13,502,800
United States 12,455,825
Japan 4,567,441
Germany 2,791,737
China 2 2,234,133
United Kingdom 2,229,472
France 2,126,719
Italy 1,765,537
Canada 1,132,436
Spain 1,126,565
Brazil 795,666

http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_countries_by_GDP_%28nominal%29

497 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 18:59:58 0
購買力平価は

498 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 19:01:11 0
>>496
だからいちいちその時々で優劣つけても意味ねーって
モンゴルが覇者だった時代もあんだから

499 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 19:02:31 0
G7:アメリカ・英国・フランス・ドイツ・日本・イタリア・カナダ
P5:アメリカ・英国・フランス・ロシア・中国

欧米の力は圧倒的だよ。
ヨーロッパとヨーロッパから派生した国家によって成り立っているからね。

500 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 19:04:27 0
>>498
秦・漢・晋・隋・唐が超大国だったと言うのなら、誰も否定しないと思う。
だが中華人民共和国が超大国と言うのなら別の話だ。

501 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 19:05:56 0
真の超大国は中華民国であるべきだからだ。

502 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 19:07:04 0
>>499
今やっても戦争じゃ中国に米は勝てないよ

503 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 19:07:53 0
>>493
>東洋が遅れたのは鎖国してたからだし、

東洋人は外圧がなければ変われないところがあるからな。
日本もアメリカに黒船で脅かされなかったら近代化できなかったと違うか。
逆にコロンブス以前の西洋が都市文化の発展で出遅れたのは栄養の問題だ。
元来、ヨーロッパは水稲や大豆のような農業に適した植物が存在しない。
ヨーロッパの土壌には根瘤菌がないので畑の肉と言われる大豆類が育たない。
大豆は味噌や納豆、豆腐など日本人の都市文化を支えた貴重なタンパク源だけど、
それに相当する植物がヨーロッパには存在しなかった。もともと、ヨーロッパは氷河期に
厚い氷床におおわれた土地が多く農耕に適した実のなる植物が皆無に等しい。
イネ科の植物もないし、土地が固いから農耕には向いていない。麦作をやるにしても収穫量は
オリエントの半分もないし、これでは定住生活すらままならなかったのは当然のことだろう。
西洋が東洋より都市文明の発展で出遅れたのは当然のことだ。
それに現在のジャガイモ、トウモロコシ、カボチャ、トマト、サツマイモはコロンブス以降に
アメリカ大陸から伝わったものだ。19世紀のアイルランドのジャガイモ飢饉では100万人が
餓死したと言われているが、アメリカ大陸から伝わった農作物がいかにヨーロッパ人の都市文化を
変えたかわかる。これがヨーロッパがアジアに取って代わって世界の頂点に立った最大の要因だ。


504 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 19:12:41 0
>>503
幕末当時じゃすでに日本の知識人の近代知識は相当なものだったよ
福沢諭吉なんかアメリカに行ったとき、得意げに米人が工場なんか見せるが全部知っててつまらなかったとか言ってるし
ペリーも日本に来た医者も日本人の数学力と技術に驚いてる

505 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 19:17:45 0
日本も芋のお陰で救われた。

506 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 19:18:47 0
>>504

ペリーから機関車が送られたらしいが、
幕府の要人は子供のようにはしゃいでいたそうだぞ。

507 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 19:21:23 0
当時の欧米諸国なんて世界各地に植民地を持っていたから、
幕末日本の力なんてまだまだだろうな。

508 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 19:22:28 0
>>506
当時藩にわかれてたけど、ペリー来航のから数年で各藩が蒸気船作ってるよ

509 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 19:23:08 0
>>504
1960年代の中国の識字率は3パーセントと報じられている。
文明の進歩は人種ではない。地理的偶然が全てである。
古代ギリシャ人は蒸気機関や地球儀まで作っていたが、
暗黒中世の時代、西洋はキリスト教が科学の発展を阻害してきた。
ジョルダーノ・ブルーノのように地動説で火炙りにされた人、
熱気球を発明したのに異端審問を恐れて人類初飛行を断念した人もいる。
この点で、無宗教の日本のほうが有利だったはずだ。


510 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 19:23:24 0
>>507
幕末の薩英戦争で英国負けてるけどね

511 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 19:25:22 0
>>508
日本が蒸気機関の存在を知ったのはペリー以降じゃない。
平賀源内のエレキテルも源内のオリジナルではなく
オランダから取り寄せた文献による。


512 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 19:25:53 0
地球の成立確定からして欧米人の知識に頼っているのが現状だからね。
恐竜の事や人類の起源について、地球の成立過程や
人類の歴史の以前の事に関しても欧米人ばかりが幅を利かせている。
〜サウルスとか言ったりカンブリア紀とか言うのも、
欧米人が生物科学分野に置いてですら秀でている証拠だ

中国も中国より香港や台湾の方が発展しているからな

513 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 19:30:59 0
>>511
日本じゃ徳川政権に発展禁止されてたからしかたない
ばれたらお家潰れるし、まあこっそり佐賀藩や薩摩藩はやってたけど

514 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 19:32:49 0
>>508
アジア初の蒸気船、蒸気機関車は日本だった。
シナや朝鮮、タイ、ベトナムは何をやっていたのだか。


515 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 19:36:47 0
結局、欧米人の作り出した文明を誇っている時点で
東洋は西洋に遅れていたんだよね。

516 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 19:39:23 0
アメリカのGDPは、一位になってから二位に転落したことはないの?

517 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 19:42:16 0
国家の繁栄は人種ではない。
いかに勤勉を美徳とすることが出来るかにかかっている。
アメリカで強いユダヤ人、印僑、華僑はいずれも勤勉を美徳とする民族。
西洋は合理主義、民主主義が発達したので国家競争では勝っているが、
キリスト教徒は勤勉を神の罰とするので、同じ土俵ではユダヤや印僑、華僑に負ける。
「文化は宿命的なものである。西欧文化の素地がないところでは、
西欧型民主主義は成り立たないし、儒教文化の素地がないところでは、
開発独裁による経済成長はうまくいかない。」シンガポール初代首相リー・クアンユー


518 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 19:43:29 0
>>515
だから古代東洋の技術も含まれてるの、火薬だって元が使ってたんだし
>>514
中韓の場合儒教体制をとってたため機能しなかった
日本の場合徳川は各藩の盟主に過ぎず、各藩は一応独立した国といえたから徳川が衰えると自由な行動が取れた

519 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 20:03:02 0
アメリカ合衆国は永久に最強です!

520 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 20:03:51 0
ここでアメリカ批判してる奴、頭は大丈夫なのか?
悪いのはこの米兵なのにアメリカ国民そのものを批判してるヤツは
そうとう性格のひねくれたキモオタどもだな。。。
世界の救世主であるアメリカ様を悪く言うなんざ、まっとうな日本人のとる態度ではないな。
もっとてめぇらの身分をわきまえよ!
俺はアメリカ人をよく知っているが、アメリカ国民は世界で一番民度が高く、性格も良く、
すばらしい完璧な高等民族だ。それを悪く言うなんざ正気の沙汰とは思えねぇ。
アメリカ様を中心に世界は回っているんだし、
アメリカ様が命令すれば、下等なアジア諸国なんざ土下座して従うのが筋なんだよ!

521 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 20:09:05 0
アメリカは自国が一番になれないスポーツはけなすからな、サッカーとかw
所詮お国国技マンセー国歌

522 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 20:10:01 0
■1995年世界GDPランキング  ソース:http://www.eia.doe.gov/iea/popgdp.html
01アメリカ---------7,4005億ドル
02日本---------5,2929億ドル    バブル崩壊直後。アメリカの実に七割、一人当たりのGDPは世界首位!!
03ドイツ---------2,4166億ドル    ↑↑人口・国土・資源の少なさを考えたら驚異のジパング。JAPAN IS NO.1
04フランス---------1,5257億ドル
05イギリス---------1,1032億ドル
06イタリア--------1,0661億ドル
07中国-----------7006億ドル      改革開放の黎明期
08ブラジル-----------6756億ドル
09カナダ----------5760億ドル
10スペイン----------5709億ドル

■2005年世界GDPランキング  http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_countries_by_GDP_(nominal)
1 アメリカ 12,485,725億ドル  
2 日本 4,571,314億ドル   もうアメリカの3分の1しかない。遠く離されてしまった。何より日本だけがただ一国悲しく減っている。酷すぎ。
3 ドイツ 2,797,343億ドル
4 中国 2,224,811億ドル    さすが、躍進する中国、凋落する日本
5 イギリス 2,201,473億ドル   (イギリスだってこっそり2倍になってる)
6 フランス 2,105,864億ドル
7 イタリア 1,766,160億ドル
8 カナダ 1,130,208億ドル
9 スペイン 1,126,565億ドル
10 韓国 793,070億ドル

目に見えて弱ってゆく日本。
おまけに日本の借金1000兆円超w もう日本はアフリカに援助することも
できない。もう誰が見ても日本終わりでしょ。ウヨどもは諦めろ。キャハ♪w

523 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 20:16:36 0
>>522

米国って日本がバブル経済に浮かれていた頃ですら
日本を凌駕したGDPを持っていたんだな・・・。
経済力と言い、軍事力といい、日本は米国相手に完全に敗北しているジャン。

524 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 20:19:50 0
>>520
イラク一国すら何もできないじゃんアメリカは
国力じゃ相当開きのある北朝鮮もとめられないし
アメリカは大国だけどアメリカ一国で世界を動かせる時代じゃない

525 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 20:23:56 0
>>523
そんな表面的なものだけ見ても意味無いよ
アメリカの国籍買ってるのは日本だし

526 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 20:26:09 0
アメリカって、とんだハッタリ国家だったんだな〜

527 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 20:35:39 0
1960年代の中国の識字率は3パーセントと報じられている。
未だに2億人以上が文盲だとか。
こんな国が超大国になったらアメリカ以上の格差社会になるだろう。


528 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 20:38:07 0
◆「共産主義黒書」
 平成9年(1997)にフランスで刊行された「共産主義黒書」は、
共産主義の犯罪を厳しく検証しています。編者ステファン・クルトワによると、
共産主義による犠牲者は、8,000万人から1億人にのぼるとされます。
この数字は、ヒトラー・ナチズムによる犠牲者数とされる2,500万人を
軽く上回ります。クルトワは同書において、共産主義体制により殺害された
犠牲者数の国・地域別の一覧を提示しています。
それによると、

 ソ連       2,000万人
 中国      6,500万人
 ベトナム      100万人
 北朝鮮       200万人
 カンボジア     200万人
 東欧         100万人
 ラテンアメリカ    15万人
 アフリカ       170万人
 アフガニスタン  150万人
 コミンテルンと権力を握っていない共産党 約1万人
----------------------------------
 総計         約1億人
となっています。

アメリカは共産主義者の魔の手から世界を救ったのだ。


529 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 20:45:30 O
>>523
為替相場のマジックだよ。
95年って、クリントン政権が日本を叩き潰すために
怒濤の円高攻勢を仕掛けてきてなかったっけ。
ピーク時には1ドル70円台だったような。
それのせいで、ドル換算の日本の95年のGDPは凄まじいことになってる。
だいたい、経済大国としての日本って
アメリカの冷戦期の世界戦略が一環で作りあげたに過ぎないものだから、
日本人が誇るようなものでもないと思うけどな。

530 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 20:49:21 0
その日本に経済支配されるアメリカっておもしろいね

531 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 20:57:55 0
>>528
だがそれに感謝する人間なんていないんだよ。
感謝しないどころか逆恨みし、むかし北朝鮮を「地上の楽園」なんて呼んでいた
朝日やTBSはアメリカが憎くてしょうがないのだ。
あと反米家には小林よしのりとか逆恨みしている人間が多い。
オレンジ計画は日本潰しの陰謀だったとか嘘電波を飛ばす邪な連中が多いからだ。


532 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 21:06:04 0
米国には共和党と民主党という二つの政党があって
米国には二つの顔がある。
偉大な米国と狡猾な米国、正義の米国と邪悪な米国だ。

533 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 21:08:38 0
アメリカ人には二つの異なる職業がある。
それは商人と軍人という二つの相容れない対極に位置している職業だ。
軍人アメリカンは軍事大国である事を望み、
商人アメリカンは経済大国である事を望む。
それは昼と夜のように太陽と月のように交互に人格を入れ替えるのだ。

534 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 22:24:27 0
いや全然そんなことねえと思う

535 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 22:38:32 0
>>532
>米国には二つの顔がある。
>偉大な米国と狡猾な米国、正義の米国と邪悪な米国だ。

それはアッシリア、秦、ローマ帝国、モンゴル帝国、オスマン帝国、世界史上の
全ての超大国に共通して言えることだ。


536 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 22:42:47 0
>>532
逆にアメリカより平和的で善良な超大国など歴史上にあったのか?


537 :世界@名無史さん:2006/11/20(月) 06:08:01 0
アメリカはアメリカであって善だの悪だのない
アメリカは常に自国の利益に従って政治行ってるのであって、それを他国が自国の好みに合うなら善とか合わないなら悪といってるだけ


538 :世界@名無史さん:2006/11/21(火) 15:37:09 O
イラクまたは中東の安定は残念ながら収拾がつかない状況なんだが、どうするんだ?アメリカよ!ベトナム化か?

539 :世界@名無史さん:2006/11/21(火) 21:43:53 0
戦後のベトナムなら安定したが

540 :世界@名無史さん:2006/11/21(火) 22:59:35 0
中東なんて、アメリカが介入する前から不安定だけどね。

541 :世界@名無史さん:2006/11/21(火) 23:10:00 O
アメリカが介入したから、より不安定になったんだろ!それも石油のためにな!あいつらアフリカなどの途上国から搾取しまくりだな!

542 :世界@名無史さん:2006/11/21(火) 23:34:03 0
さすがに、>>536の質問には誰もレスできないな。
答えは「存在しない」だ。


543 :世界@名無史さん:2006/11/21(火) 23:50:00 0
アフリカからの搾取ならEUの方がなぁ。

544 :世界@名無史さん:2006/11/22(水) 00:07:53 0
ヨーロッパは大量のODAをアフリカに投入している。
日本と違って、返済義務がない贈与である。

545 :世界@名無史さん:2006/11/22(水) 00:32:24 0
欧米は日本と違って小規模の金だしな。
アメリカのイラクでの阿呆ぶりには驚いた、今後どうするつもりなんだよ。

546 :世界@名無史さん:2006/11/22(水) 01:01:20 O
いや、アメリカとしては目的を達している。
原油価格を高騰させて中国をシメあげてるだろ?

547 :世界@名無史さん:2006/11/22(水) 01:05:44 0
アメリカのイラク戦争って皆の迷惑でしかない。
しかもやり方が極めて下手糞、あれじゃもう治めるの不可能だろう。

548 :世界@名無史さん:2006/11/22(水) 01:10:18 0
アメリカが治めるわけじゃないからなぁ…。

549 :世界@名無史さん:2006/11/22(水) 01:23:52 0
じゃあ誰が治めるの?


550 :世界@名無史さん:2006/11/22(水) 13:26:18 0
現地人でしょ。
アメリカは、自分に都合の悪い政権さえ誕生しなければ
何が起ころうがどうでもいいわけだし。

551 :世界@名無史さん:2006/11/22(水) 21:59:29 0
ソマリアなんか放置プレイ
米兵殺されたくらいだから、米軍自体は懲罰したいとか思ってそうだが
お国の政治家は無駄金を使うのを許さない

552 :世界@名無史さん:2006/11/25(土) 19:54:19 0
【米国・ブラジル】情報格差をなくすため「世界中の子供たちに1台ずつ」100ドルパソコン、来年初めから世界へ[11/25]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1164448936/
【米国・教育】米の「落ちこぼれ防止法」、産業界が適用拡大求める「小中高の全段階で数学と科学の拡充を」[11/25]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1164448633/
【米国】人種間の所得格差など縮まらず アジア系は所得と教育水準が高く、ヒスパニック系は移民増加で全て低水準[11/19]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1163927890/l50
【インド】 技術者不足が深刻化、求める人材集まらず 外資進出で需要が急拡大 教育整備に遅れ [061120]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1163975556/l50


553 :世界@名無史さん:2006/11/26(日) 01:06:53 0
>>536
逆に平和的で善良だと超大国にならないし、なろうとしない。

554 :世界@名無史さん:2006/11/29(水) 00:53:54 0
>>547
イラクは分裂させたほうがよくね。
テロリストどもが宗教かんの対立を煽ったのかもしれんが、
対立が深まると分裂っきゃないでしょ。
分裂させてしまえば今ほどの混乱もなくなるだろ。
そうなるとテロリストどもはどうすんの。

555 :世界@名無史さん:2006/11/29(水) 00:57:31 0
>>537
つまんねーレスだなw
こんな使い古された表現をよく書きこむ気になれるなw
正論だが俺はこんなことわざわざかかね。

556 :世界@名無史さん:2006/12/04(月) 10:46:36 0
>>554
俺も分離独立させたほうがいいと思う。

あそこは治安がぐちゃぐちゃだ。
やっぱりカラシニコフが普及しすぎたのが問題なんだろう。
そこまでフルオートの武器が大量配布されちゃうと、もう治安を回復するのは
相当時間をかけなくてはダメだと思う。
銃の製造や売買を統制しないと。

将来的にイスラムも政教分離を可能にできるとは思うが、そのためにはもっと時間がかかる。

イラクも普通教育の時点で、宗教的テロリズムの危険性や不毛さをちゃんと子供に教えるべきだ。

557 :世界@名無史さん:2006/12/04(月) 15:00:17 0
分離独立したら、したでトルコとクルドあるいは、イランとクルドとの戦争がはじまるんじゃないか。


558 :554:2006/12/04(月) 22:16:11 0

要はどこにとってとくになるかでも違うだろうね。
国内情勢の安定なら分裂させたほうがいいかもしれないが
分裂したらしたで今度は片割れとの国家間の対立になる。
国家間の対立でも戦争が抑制されるならそれでもいいんだろう。
でもそうじゃないなら、内戦状態でひとつの国のなかで封じ込めていたほうが
周辺国にはありがたいのかもしれない。
内政が安定すると外に意識が向くから他国との争いもしはじめるかもしれないし。

日本の立場からいえばテロリストの問題なら、
内戦おわらせて安定させたほういいんだろうな。
石油の問題なら情勢を安定させたほうがいいが
中東のあらたな日だねとなるのもこまると言うかんじか。


559 :554:2006/12/04(月) 22:18:44 0
俺いらく情勢宗派かんの対立が激化しているというぐらいしかしらないんだが・・・

560 :世界@名無史さん:2006/12/05(火) 23:11:39 0
クルドが独立したら不安定要因になる。イラン&トルコの民族問題に火がついて
どうなるやらだ。

561 :世界@名無史さん:2006/12/06(水) 16:40:32 0
軍産複合体が儲かるから欧米にとってはどう転んでもおいしい。
石油の値段が下がりだしたから、また戦争が起こればブッシュ一族が・・・・・

562 :世界@名無史さん:2006/12/06(水) 17:07:45 0
国にとっておいしいはずねーだろ
おいしいのは軍事産業のみ

563 :世界@名無史さん:2006/12/06(水) 17:24:59 O
そもそも選挙に負けちゃ元も子もないだろ。

564 :世界@名無史さん:2006/12/07(木) 14:27:33 0
http://www.asyura2.com/0610/war85/msg/668.html
<NYTimesとCBS世論調査>ブッシュの9/11情報を疑うアメリカ人が過半数(angusreid)

ブッシュ政権は9/11テロ攻撃問題で情報を明らかにしてこなかったと多くのアメリカ人が考えている。
New York TimesとCBS Newsが行った世論調査によれば、回答者の53%がブッシュ政権は何かを
隠していると考え、28%は嘘をついていると信じている。

テロ攻撃に前だって知りえた情報についてブッシュ政権が真実を伝えていると答えた者は、回答者の
わずか16%とangusreid(10月14日付)は世論調査結果を伝えている。この数字は2002年調査より5%下がっている。

記事はアフガン侵攻の経過を触れた後、最後に調査結果を次のようにまとめている。

政府が真実を語っているとする者  16%(2006年10月)     21%(2002年5月)

事実を隠蔽しているとする者    53%(2006年10月)     65%(2002年5月)

ほとんどデタラメとする者     28%(2006年10月)     8%(2002年5月)

分からない             3%(2006年10月)     6%(2002年5月)




565 :世界@名無史さん:2006/12/07(木) 20:03:19 0
>>564
スレ違いですよ。ここはアメリカの偉業について語り合うスレです。


566 :世界@名無史さん:2006/12/07(木) 20:12:26 0
アメリカの偉業だろうがw
同時テロの自作自演で、アフガニスタンやイラクを属国にして大もうけだしw

567 :世界@名無史さん:2006/12/07(木) 20:35:09 0
自作自演説なんて永久にトンデモ本のネタだよ。偉業とは言わない。


568 :世界@名無史さん:2006/12/07(木) 20:41:44 0
米国民の大半が自作自演だと思っているわけだ。
ブッシュ政権は自作自演でないと証明する義務があるが、
証明できていない。

569 :世界@名無史さん:2006/12/07(木) 22:36:21 0
>>568
詭弁の多いバカだね。自作自演より知っててやらせた説のほうが可能性がある。


570 :世界@名無史さん:2006/12/07(木) 22:53:21 0
>>569
それ自作自演

571 :世界@名無史さん:2006/12/07(木) 22:53:28 0
自作自演説は100%ないよ。
元大統領特別顧問のR.クラークやオニール前財務長官、テネットCIA長官の内部告発と矛盾する。
クラークらの証言は、ブッシュが911テロ前に戦争を欲していた決定的証拠だが、
これは911テロの自作自演を否定する証拠にもなる。オニールらの証言同士には矛盾がない。
http://eiki.typepad.com/views/2004/03/part3.html
>クラーク氏は「しかし大統領、9.11はアルカイダがやったのです。」と応えると、
>ブッシュは「分かった分かった、・・・だがサダムが関与していたかどうか確認しろ。

最近は、911自作自演説のトリックのほうが暴かれつつあるようだ。
http://www11.ocn.ne.jp/%7Enbbk/911/index2.html
もう一つの歴史修正主義 ― 911否定論
http://homepage3.nifty.com/m_and_y/genron/hatsugen/911-hoax.htm


572 :世界@名無史さん:2006/12/07(木) 23:00:20 0
ブッシュは、アルカイダの911テロの情報を
事前に諜報活動で知っていた。
どこまで知っていたかは不明。

573 :世界@名無史さん:2006/12/08(金) 01:48:16 0
実際、田中真紀子が同時テロの直前に訪米していたが、通常にない厳戒態勢でびっくりした
いったい何がおきているのか、外相のわたしですら、米側はおしえてくれなかったと
いってる。

いっておくが、事後の発言じゃないよ。 同時テロが起こる前に発言している。
まともにニュース見ている人なら外相の発言ぐらい覚えているよな?
つまりだ、ブッシュはテロが起こることを「知っていた」。

574 :世界@名無史さん:2006/12/08(金) 02:29:18 0
「知っててやらせた説」と「自作自演説」は相容れない陰謀説なんですよ。
両方支持する奴はバカ。
「知っててやらせた説」の証拠は「自作自演説」を否定する証拠にもなるのだから。
もし911テロが自作自演なら、CIAがアルカイダのテロ計画の情報を事前につかんで
ブッシュに報告していたなんて話もでっち上げになるのだから。


575 :世界@名無史さん:2006/12/08(金) 06:13:49 0
結局アメリカはイラク一国さえ手に余る過大評価国

576 :世界@名無史さん:2006/12/08(金) 09:47:28 0
日本占領政策のときはうまくいったのにな・・・


577 :世界@名無史さん:2006/12/08(金) 09:58:40 0
ていうかペンタゴンにつっこんだとされる飛行機は
遺体も残骸も回収されてないし回収作業してる写真もない。
しかもその理由の当局の説明が「地面に飛行機がめり込んでって捜索不能」だろ。

おかしすぎるよ。

578 :世界@名無史さん:2006/12/08(金) 10:40:49 0
>>576
日本の場合戦前にアメリカのシステムと違うが、近代システムが根付いてたからな

579 :世界@名無史さん:2006/12/08(金) 10:43:45 0
>>577
全部読め
http://www11.ocn.ne.jp/%7Enbbk/911/index2.html
もう一つの歴史修正主義 ― 911否定論
http://homepage3.nifty.com/m_and_y/genron/hatsugen/911-hoax.htm


580 :世界@名無史さん:2006/12/08(金) 13:07:00 0
読むのめんどいからここに要約して

581 :世界@名無史さん:2006/12/08(金) 17:10:42 0
日本を占領したこと。
蒙古でさえ成し遂げられなかった大偉業だ。


582 :世界@名無史さん:2006/12/08(金) 17:51:21 0
>>576
日本占領の場合、既存の統治機構を温存して日本側の積極的な協力を引き出した。
冷戦、逆コースも手伝って日本は民主化より経済最優先の官僚主導型社会に変貌。

イラク占領の場合、「非バース化」政策でバース残党を一掃。占領に汚職が蔓延。
日本の逆が民主化に繋がる訳ではない事が露呈した。傀儡イラクは満州に似てる。

583 :世界@名無史さん:2006/12/08(金) 22:03:21 0
>>574
その問題に全然詳しくないんで、単なる質問だけど、
CIAがアルカイダに通じていて、テロを起こすように仕向けた場合
広い意味で自作自演であり、米国内組織としては知っててやらせたことが
両立したりはしないの?

584 :世界@名無史さん:2006/12/08(金) 22:08:04 0
>>583
バカ

585 :世界@名無史さん:2006/12/08(金) 22:19:28 0
所詮こんな程度です。

586 :世界@名無史さん:2006/12/08(金) 22:39:49 0
CIAは昔アルカイダ援助してた
ビンラディンは実はセム系ユダヤ人でモサド工作員
CIAではなくモサドがアルカイダ偽装している

587 :世界@名無史さん:2006/12/08(金) 22:47:09 0
アメリカが日本を占領しなかったら俺は今頃貧乏な小作人だったろう。
アメリカという国が存在しなければこんな風にネットもできなかったかもしれない。
反米の人もアメリカの恩恵はいろいろ受けてるはずなのに恩知らずだな。

588 :世界@名無史さん:2006/12/08(金) 22:59:54 0
>>587
何だかずいぶん卑屈な偉業になってしまいましたね。

589 :世界@名無史さん:2006/12/09(土) 10:40:52 0
アメリカは完璧な正義の国ではない。
しかし、アメリカ以上に正義の国は存在しない。

590 :世界@名無史さん:2006/12/09(土) 10:49:29 0
世界には独裁者やテロリストは数多くいるが
あれほど多くの凶悪犯を国内に留めているアメリカは正義の国と言えよう。

彼らが世界に出ればこの世は闇と化す。
彼らをアメリカ国内において置くことは偉業だ。
そして正義の国は国内で、それを追及し、解決し、
できることなら他国に干渉しなければ彼らの正義をもっと高めることができるだろう。

591 :世界@名無史さん:2006/12/09(土) 17:00:56 0
ちゃねらーにとってインターネットの発明は歴史上最重要な偉業ではないか?


592 :世界@名無史さん:2006/12/09(土) 19:21:06 0
アメリカは昔は白人至上主義だったが最近は猿にも寛容になった
だが日本は相変わらず排外主義の塊
アメリカの方がリベラルだし精神的に優れている
武士道とかはないがな
しかし日本もいつまでもアメリカの子分ではまずかろう

593 :世界@名無史さん:2006/12/09(土) 19:39:13 0
いよいよ日本叩きになってきたか。

なかなか、そうでもしないと偉業も讃えれないのかもしれないが。

594 :世界@名無史さん:2006/12/09(土) 19:46:56 0
>>592
アメリカは多民族国家のうえ差別大国です
単一国家の日本と社会を比較してもあまり意味がない

595 :世界@名無史さん:2006/12/09(土) 23:07:43 0
>>594
>単一国家の日本と社会を比較してもあまり意味がない

おまえはこれを全部読め。
ttp://homepage2.nifty.com/pitcher21/soturon.ainu.html


596 :世界@名無史さん:2006/12/09(土) 23:13:59 0
>>572
情報は他にも山ほど入ってくる。
いわゆるホワイトノイズ。

後から振り返れば、真珠湾攻撃も、ノルマンディ上陸も、
なぜわからないのかというくらい情報があった。
しかし、当事者は、「いつ、どこから来るか」と
他のすべての可能性を検討せざるを得ないわけで、
なかなか正解を示す情報だけに注目できない。

597 :世界@名無史さん:2006/12/09(土) 23:15:23 0
>>587
日本を占領したのがアメリカでなくソ連だったら、
今頃は北朝鮮やミャンマーのような国になっていただろう。
「日本車が優秀なのは日本人が優秀だからだ」なんて思っている奴がいたら
そいつは大馬鹿者ですよ。
東ドイツの国産車トラバントと西ドイツのポルシェやベンツを比較したら
一目瞭然じゃないか。同じドイツ人の作る車でも雲泥の差がある。


598 :世界@名無史さん:2006/12/09(土) 23:25:01 0
一つ間違ったらミャンマーのような貧しい農業国になっていた。

599 :世界@名無史さん:2006/12/09(土) 23:46:26 0
アメリカ様は偉大ナリ…

600 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 00:33:49 0
>>598
お前は日本史勉強したことあんの?w
日本は戦前から近代化してました

601 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 01:08:38 0
>>600
おまえは世界史を勉強しなおせ。


602 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 01:12:58 O
>601
>600の方が正しいと思う。これは世界史ではなく、アメリカ・日本・ビルマの問題だから、三国の歴史を徹底視すべきだろう。

ミャンマーと書く時点で世界史も勉強不足な気がするが?

603 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 01:15:15 0
>>600
>日本は戦前から近代化してました

日本は自動車もろくに走ってないが、
欧米ではテレビ放送がスタートしてました。




604 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 01:16:56 0
>>594
単一国家ってどうゆう意味だヴォケ

605 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 01:23:44 O
ほぼ単一民族の国家って意味じゃないか?

606 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 01:27:44 0
世界初の電子式テレビはアメリカで発明されました。


607 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 01:35:21 0
>>582
酔っているから、粗があるかもしれないが、戦後の公職追放かなり徹底していたと思うが。
非バース化に原因求めるよりは、日本は周辺諸国との連携が先導勢力には難しい地勢条件だったと思うんだけど。

ソレに対してイラクは宗教問題や近隣諸国との隣接しており干渉を受けやすいとかや器社会、部族社会、弱い新生イラク軍など
非バース化による統治機構の空白説って決定的な要因ではないと思う。
複合的な要因のひとつではあるんだろうが。
いずれにせよ。米国でまとまったiraq report 読んでみたいね。 市販されているんだろうか、あるいはする予定あるんだろうか
入手できるならどこだろうと。 

608 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 01:38:17 0
>>594
多種多彩なエスニックグループが集う国であり、差別大国という認識はせいぜい60年代をピークに退潮していると思う。
80年代から急速に多元主義が主要オピニオンとして認知されているし反米な人たちのステロタイプなアメリカ認識って
今の時代にはあってないことが多いよ。

609 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 01:38:29 0
世界史の勉強不足を指摘されて、「テレビの発明」かよ・・・

610 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 03:45:09 0
日本は技術立国だろ。 車もエレクトロニクスも飛行機もメイドインジャパンだし

611 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 03:49:30 0
>>610
日本が技術貿易で赤字を脱したのは、
比較的最近の話だ。


612 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 06:25:26 0
日本は戦前からテレビあんじゃんw
馬鹿丸出しだなw
さすが無知蒙昧なアメリカ信者w

テレビもテレビアンテナも日本人が発明してますwww

613 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 07:15:15 0
アメリカ=田舎者、人材皆無、人材横取り大国

614 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 10:11:14 0
日本人は創意工夫の国だ。中曽根首相がいっているように米国は黒人とかマイノリティがいっぱいる
知的水準が低い国だから。

615 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 12:16:16 0
>>611
アメリカは、存在が比較的最近の話だ。

616 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 13:29:24 0
>>612
>日本は戦前からテレビあんじゃんw
>馬鹿丸出しだなw

馬鹿丸出しはお前。日本のテレビ民間放送開始は戦後です。
欧米は戦前からスタートしてる。アメリカのテレビ研究は19世紀から始まっている。

>テレビもテレビアンテナも日本人が発明してますwww

八木アンテナがテレビアンテナの元祖じゃない。
世界で最初に実用テレビの実験放送に成功したのはベアードというイギリス人で、
現在と同じ電子式テレビの実験放送に成功したのはフィロ・ファーンズワースというアメリカ人です。
日本人はテレビは発明していない。


617 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 13:48:55 0
と在日が1人でわめいていますが、スルーしてね。

618 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 13:49:39 0
世界で最初に電子走査の撮像でテレビ放送に成功したのは
フィロ・ファーンズワースというアメリカ人です。
アメリカのほうが日本より先に民間放送が始まったのはそのためなんですよ。


619 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 13:58:41 0
日本人がテレビを発明したんだとする都市伝説があるが、
確かにブラウン管に「イ」の字とか映している。
これはプロジェクトXでも醜く歪曲して放送していた。
しかしあれは機械走査のニポー円盤で撮像した紛い物で
電子式テレビ誕生の瞬間とは認められていない。
実際の映像もベアードの機械テレビ以下で実用化に至らなかったのだ。
世界で最初に電子走査の撮像でテレビ放送に成功したのは
フィロ・ファーンズワースというアメリカ人です。
アメリカのほうが日本より先に実用放送が始まったのはそのためなんですよ。


620 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 14:09:20 0
テレビの原理は、19世紀の欧米でほぼ開拓されている。日本はかなり後追いで参加している。
被写体を電気信号に変える光電変換の概念はアメリカの発明で、走査の概念はイギリスの発明。
世界で最初に実用テレビを発明したのは、ベアードというイギリス人で、1925年に機械走査で
少年の顔とかテレビ放送に成功している。この人物こそテレビジョンのライト兄弟と言えるだろう。
現代と同じ、電子式テレビの基本原理を世界で最初に提唱したのはロージングというロシア人で
1907年に基本原理を考案、1911年に世界初のブラウン管実験を成功させている。
ただ、当時のブラウン管は輝度が弱く鮮明な映像は映せなかったらしい。不鮮明な被写体の輪郭とか
受像するのが精一杯だったらしいが、この人物がブラウン管テレビの開祖であったことは間違いない。
ほぼ同時期の1908年に、キャンベル・スウィントンというイギリス人が科学雑誌ネイチャーに
ブラウン管テレビの設計図を掲載している。スウィントンには電子式撮像管のアイディアもあった。
世界で最初に完全な電子走査のテレビ放送のデモを成功させたのは、ファーンズワースという
アメリカ人で、1927年にブラウン管に$マークを映してる。これが世界初の電子走査の映像と
されている。

621 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 14:13:08 0
>>619
先ず、「都市伝説」の意味から調べてみてはいかがでしょうか?
http://www.nhk.or.jp/strl/aboutstrl/evolution-of-tv/p05/index.html

622 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 14:30:59 0
>>621
おまえも文章を読む能力をつけることをお勧めします。
そのサイトに、機械式のニプコー円板を使ったとはっきり書いてあるだろ。
ファーンズワースやスウィントン、ロージングの名前が出てこないのは情報操作だよ。
露骨に情報操作したNHKのサイトなんて盲信したら駄目だよ。
まあ、NHKはまだ良心的だな。ちゃんと「日本のテレビの父」と書いてあるから。


623 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 14:33:09 0
>>619-620
日本をおとしめたい在日が必死だなw
いい加減に祖国に帰れよ

624 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 14:41:21 0
へえー
世界最初と「されている」アメリカより1年前に
日本では電子式ブラウン管に映すことに成功していたのか。

>>620に高柳の名前が出てこないのって、情報操作かなあ?

625 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 14:42:24 0
>>621
世界で最初に電子走査の撮像に成功して完全な全電子式テレビのシステムを完成させたのは
フィロ・ファーンズワースというアメリカの発明家です。
http://inventors.about.com/library/inventors/blfarnsworth.htm
1922年に原理を考案して、1927年に機械走査を伴わない全電子式テレビの映像を
ブラウン管に映している。
日本人が1926年に「イ」の字を写したのは、ニプコー円板を使った紛い物で
電子式テレビ誕生の瞬間ではありません。
高柳などいなくても世界のテレビの歴史は変わりません。


626 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 14:43:39 0
>>614
>日本人は創意工夫の国だ。

投入資源当たりの研究成果では日本はイギリスの半分なんですよ。
研究者1人当たりの論文発表数も欧米の先進国と比較して低い。
戦後の日本が経済大国になれた理由は軍事や農林水産業を切り捨て
ハイテク産業に重点を置いた賭けに勝ったからだ。

>中曽根首相がいっているように米国は黒人とかマイノリティがいっぱいる
>知的水準が低い国だから。

レイシストの中曽根の妄言を盲信するのか。
どっちが知的水準が低いかは以下を見ろ。
ttp://nokai.jp/k-column/img/shiryou15-4.gif


627 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 14:46:57 0
テレビの原理は、19世紀の欧米でほぼ開拓されている。日本はかなり後追いで参加している。
被写体を電気信号に変える光電変換の概念はアメリカの発明で、走査の概念はイギリスの発明。
世界で最初に実用テレビを発明したのは、ベアードというイギリス人で、1925年に機械走査で
少年の顔とかテレビ放送に成功している。この人物こそテレビジョンのライト兄弟と言えるだろう。
現代と同じ、電子式テレビの基本原理を世界で最初に提唱したのはロージングというロシア人で
1907年に基本原理を考案、1911年に世界初のブラウン管実験を成功させている。
ただ、当時のブラウン管は輝度が弱く鮮明な映像は映せなかったらしい。不鮮明な被写体の輪郭とか
受像するのが精一杯だったらしいが、この人物がブラウン管テレビの開祖であったことは間違いない。
ほぼ同時期の1908年に、キャンベル・スウィントンというイギリス人が科学雑誌ネイチャーに
ブラウン管テレビの設計図を掲載している。スウィントンには電子式撮像管のアイディアもあった。
世界で最初に完全な電子走査のテレビ放送のデモを成功させたのは、ファーンズワースという
アメリカ人で、1927年にブラウン管に$マークを映してる。これが世界初の電子走査の映像と
されている。


628 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 14:47:39 0
>>626
創意工夫と、投入資源当たりの研究成果の関係がわかりません。

629 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 14:52:27 0
実用テレビの発明者=ジョン・ロージー・ベアード
電子式テレビの発明者=フィロ・ファーンズワース

これは科学史では常識です。


630 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 14:56:17 0
【電子テレビの開発】
キャンベル・スウィントンは、1911年にレントゲン協会で行った講演で、特殊形式の陰極線管に
光電素子でできたモザイク面を組み込み、映したい映像をレンズで投射すればテレビが映ることを提唱した。
スウィントンは、自分の考えだしたテレビを実際に作ることはなかった。もし、組み立てたとしたら、
陰極線管や増幅器などの装置類が必要になったはずなのだが、これらは当時に発明されていなかった。
それなのに、彼の考えだした方式は今日のテレビのしくみと大差ないものだったのだ。驚くべき先見の明
である。
実際に電子式テレビの開発を行ったのは、アメリカ人のファンズワーズとロシア人のズウォリキンだった。
スウィントンの提案から10年以上後のことである。


631 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 14:57:25 0
液晶とプラズマの発明者は?
パナカラー、キドカラー、トリニトロンは全部日本人の発明です。

632 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 14:57:27 0
>>624
ヒント 在日が必死

633 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 14:57:49 0
俺アメリカの文化って割と好きなんだけどさ、
それでもアメリカ様大好き君のコピペみてると、ちょっとうんざりする。

大雑把に言えば、日本は戦後、軍事的にはアメリカに頼って思考停止しちゃったのが
それがアメリカ君の思考停止につながってるんじゃないかな?
言わば団塊の世代なんかに見られる負の遺産だね。

まあそれでも普通に考えれる日本人は大勢いるので、心配するほどじゃないけどさ。

634 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 14:59:02 0
在日の理論武装

ウリは世界一のミンジョクニダ!→誇るものが何も無い。なら日本を貶めるニダ!→今キャンペーン実施中(今ココ!)

635 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 15:00:53 0
>>631
>液晶とプラズマの発明者は?

どちらもアメリカで試作品まで発明されてる。
商品化に成功したのが日本人。

636 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 15:01:47 0
そのアメリカでの発明も日本系アメリカ人かもしれないだろ

637 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 15:08:58 0
世界で最初にブラウン管テレビの実験を成功させたのはロージングというロシア人で1911年のこと。
その後のロシア革命で研究は中止されているが、ロシアではテレビの父とされている。


638 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 15:09:33 0
>>632
俺はそうは思わないな
いや、確かに一部そうゆう人間がいるかもしれないし、
そうゆう人間が書き込んでいるかもしれないんだが、
在日外国人の多くは日本の技術や、その他いいところを学ぼうと一所懸命で
日本を貶めるのは寧ろ、日本に来たことがない人達だと思うんだ。

同じように日本も海外の技術を取り入れ、また海外に提供し
そうやって技術は進化していくものだから、誰が偉大な発明をしたなんて
必死にコピペするのは愚かしいと思うんだ。
たとえば日本が些細な改良をしたとしても歴史には名を残さないが、
それは日本が誇る技術に一つ一つ繋がってると思うよ。

639 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 15:09:50 0
>>636
まるでチョンの在日認定だなwww

640 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 15:20:51 0
液晶テレビの低価格化に成功したのは韓国人の功績だな

641 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 15:23:59 0
>>635
君は何のために試作するか考えたことはないか?
発明者として名前を残すためか?
誰もが容易に商品化できるなら、なぜ日本製品が世界で広く流通しているのか。
アメリカ人が日本での商品化のためにせっせと発明してくれてると思うか?

642 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 15:31:07 0
高柳の「イ」の字受像のテレビは受像側だけが電子式で送信側は機械式のニプコー円板の紛い物だった。
後追いで参加して、機械走査のニプコー円板を使って一時的に出し抜いたに過ぎないのだ。
それに技術的にスウィントンやロージングの理論を実証させたに過ぎない。先駆者でもない。
電子式テレビ誕生の瞬間とは認められていないし、もちろん世界初のテレビでもない。
http://inventors.about.com/library/inventors/bltelevision.htm


643 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 15:36:28 0
>>641
自民党の親米政策の恩恵だな。アメリカも市場を提供するから日本製品が発展した。
ポチと言われようが、車や家電を買ってくれればそれでよし。


644 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 15:44:03 0
日本車は優秀だが、その優秀な日本車が韓国ではまったく売れていないのだよ。
そして市場を確保できなければ技術は発展しない。
アメリカが日本車を買うのが日本車が優秀だからだと思ったらとんだ大間違いだ。


645 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 15:54:18 0
>>633の実証、完了。

646 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 16:16:25 0
韓国ではよく三菱製の自動車を見かけるけどね

647 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 16:25:02 0
>>642
プロジェクトXを愚弄するれんちゅうって特アからお金もらってんのかな

648 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 16:29:44 0
プロジェクトXは嘘だらけ
こんな番組を見て「感動した」「子供に見せたい」なんて言ってるアホは
頭リセットしたほうがいい。八百長試合を見て感動してるバカと同じ。
H-IIロケットを扱った回なんか嘘だらけなので元関係者が抗議を入れたら
「これはフィクションですので」とあしらわれたらしい。
http://artifact-jp.com/mt/archives/200306/projectxfiction.html
http://www.platz.or.jp/~takase/diary2/200311.htm#1114
>それにしても「プロジェクトX」という番組は、一見地上の星たちにライトを
>当てているかに見えて、実は一番彼らを食い物にし、馬鹿にしているとしか思えません。
「あさま山荘 衝撃の鉄球作戦」の回も嘘だらけだった。
http://www.zakzak.co.jp/geino/n-2002_01/g2002012406.html
「白神山地・マタギの森の総力戦」も関係者から嘘にクレーム
http://www.jomon.ne.jp/~misago/projectX.html
「トロンの特集」も一方的だった。アメリカの圧力は関係ない。
http://www003.upp.so-net.ne.jp/ikeda/Sakamura.html
こんな嘘なんて氷山の一角だよ。俺がたまに見ると必ず嘘が見つかる。
ゴジラの回で「怪獣を主役にした映画はなかった」とか言い出したけど、
ゴジラ以前に海外にありますよ。「テレビ誕生」の回はもっと酷かった。
ブラウン管テレビの基本原理と実験はロシア人が開祖で科学雑誌に論文も
発表してるんだけど、まるで日本発のアイディアであるかのように放送した。
世界のテレビ研究の先駆者たちの功績も全て無視。番組のナレーションで、
「テレビの歴史はここから始まる」なんて言っていたけど、ありゃ起源捏造だね。
あの回を見て「あれでなんでノーベル賞をもらえなかったんだ」なんて怒っていた
アホが知人にいたけど、プロジェクトXの製作者たちも業が深いですね。

649 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 16:34:59 0
http://artifact-jp.com/mt/archives/200306/projectxfiction.html
>「プロジェクトX」ではH-IIロケットを扱った回(これはNASDAのOBが「島秀雄さんのことが
>一言も出てこないとは何事か」「アメリカは敵ではなく寛大な技術供与をしてくれたのだ」と
>猛反発した)、で宇宙研某教授が「宇宙研の貢献もあったのだ」とNHKに抗議したそうです。

これは考えさせられるエピソードだよね。露骨な反米プロパガンダの情報走査なんて日常的だった。


650 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 16:42:09 0
「プロジェクトX」の捏造
2005年5月10日放送の「ファイト!町工場に捧げる日本一の歌」で、取り上げられた側の
大阪府立淀川工業高等学校が事実とは異なる点があるとして、訂正と謝罪を申し入れた。
放送では「淀川工業高校は荒れていて音楽など全く縁がなかったが、新任した先生が他の
職員の反対を押し切り合唱部を設立。合唱を通じて生徒を更生させ、合唱コンクールに
出場する。しかしコンクール会場にはパトカーが来ているなど、淀川工業高校の参加に
対し主催者側が大きな警戒感を露にした」となっていたが、当時から淀川工業高校は
荒れていない平均的な高校であり、前々から吹奏楽部があって全国大会で上位のレベルで
あった。合唱部設立の際も校長自ら早期に賛成している。合唱コンクール参加時も主催側は
数ある参加校のひとつとしてしか考えておらず、警戒などする理由もなくパトカーも来て
いなかったなど、放送内容の殆どが捏造だった。

651 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 16:49:59 0
日本の嘘はひどすぎる。藤村教授の捏造石器には笑わせてもらった。
人民中国や大韓では、文化の歴史の浅い国が起源を見つけようと捏造した。
浅ましい倭奴に失笑するばかりーー;

652 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 17:16:03 0
                   ボコッ
   てめえは死んだ方が   . ,.'彡'・  グハァ!!!
    世の中のためになる ∧_∧';' ; ..  ∧_∧
         ∧∧/)、`二<ヽ;;゚`;;A´;;> ,;.゚. (´∀` ) 劣等人種は消えちまえ!
        (#゚Д゚/^)∴;'|;';.'/.;' '´。 ::;:,(    つ
        と  ´ //`W( ヽ(;;;((⌒ ̄ ̄ ̄_  )
         (  ノ`´//  ヽ Y ノ''::;;;;::'''"´ ̄ヽ \
         (__)彡  〈フ_フ ドカッ\\   (__)

653 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 17:17:21 0
                     .┗0=============0┛
                  0 │ |∞∞∞ |::|∞∞田田∞∞|::|∞∞∞ | ::|  0
            [二] | ::|       |::|┏━━━━┓|::|       | ::l [二]
◎○@※◎○@※. |□|.│ |┌┬┐ |::|┃/ >> \┃|::| ┌┬┐| ::|. |□| ◎○@※◎○@※
ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii| `)三(´| ::|├┼┤ |::|┃ ∧_∧ ┃|::| ├┼┤| ::|`)三(´il|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|
@※◎○@※◎○ | ::| | ::|└┴┘ |::|┃<`∀´ > ┃|::| └┴┘| ::| | ::|  @※◎○@※◎○
ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|li┏━━━━━┓|::|┃(.    つ┃|::|┏━━━━━┓ li|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|l
◎○@iiii※◎○@ ┣┳┳┳┳┳┫|::|┗━━━━┛|::|┣┳┳┳┳┳┫ ◎○@iiii※◎○@
ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|l ○    ●        ∫∬∫∬        ●    ○ ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|li
               ○○  ●●      iiiii iii ii iiii       ●●  ○○
           [ ̄ ̄] [ ̄ ̄]   ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)    [ ̄ ̄] [ ̄ ̄]
                |_○_|  .|_○_|     |_____|     |_○_|  .|_○_|

654 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 17:18:01 0
ハハハ                             イキデキネーヨ
   ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ハライテ-       ゲラゲラ
.  ( ´∀`) < 糞チョン死んだぜwww  ∧_∧        〃´⌒ヽ       モウ カンベン
.  ( つ ⊂ )   \_______   (´∀` ,,)、     ( _ ;)        シテクダサイ
   .)  ) )   ○   ∧_∧      ,, へ,, へ⊂),    _(∨ ∨ )_     ∧_∧ ○,
  (__)_) ⊂ ´⌒つ´∀`)つ    (_(__)_丿      し ̄ ̄し     ⊂(´∀`⊂ ⌒ヽつ
          タッテ ラレネーヨ
           ワハハハ

655 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 17:19:38 0

 ねぇねぇ、カルトを撲滅したいんでしょ?
  だったら、どうしてオウム信者が逮捕される時は、         ねぇねぇ、政治家とヤクザの癒着を
  いつも中核派もセットでタイーホされるの?ねぇねぇ?        許せないんでしょ?
                                            じゃ、中核派がタイーホされる時、
        ∩___∩                     ∩___∩    どうしていつも
    ♪   | ノ ⌒  ⌒ヽハッ    __ _,, -ー ,,    ハッ   / ⌒  ⌒ 丶|    山口組系のヤクザまで
        /  (●)  (●)  ハッ   (/   "つ`..,:  ハッ (●)  (●) 丶     セットで逮捕されるの?
       |     ( _●_) ミ    :/       :::::i:.   ミ (_●_ )    |    
 ___ 彡     |∪| ミ    :i        ─::!,,    ミ、 |∪|    、彡____
 ヽ___       ヽノ、`\     ヽ.....:::::::::  ::::ij(_::●   / ヽノ     ___/  ねぇ、教えて?
       /       /ヽ <   r " 中   .r ミノ~.    〉 /\    丶     カルトに疎い
      /      /    ̄   :|::| 核  ::::| :::i ゚。     ̄♪   \    丶   おいらたちにも
     /     /    ♪    :|::| 派  ::::| :::|:            \   丶    わかるように教えて?
     (_ ⌒丶...        :` | 工  ::::| :::|_:           /⌒_)
      | /ヽ }.          :.,'  作 ::(  :::}            } ヘ /     いつもオルタナで吐いてる
        し  )).         ::i  員  `.-‐"             J´((       妄想を、おいらたちにも
          ソ  トントン                            ソ  トントン    聞かせて?聞かせて?

656 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 17:23:35 0
とうとう知能障害を起こしたかwww


657 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 19:58:42 0
テレビの父ファーンズワース
Philo T. Farnsworth: The Father of Television
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0874806755/250-2725409-1077818

世界で最初の電子式テレビを発明したのはアメリカ人です。


658 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 20:04:52 0
テルミン博士がテレビを発明していた説はどうなったんだ?


659 :世界@名無史さん:2006/12/11(月) 12:55:42 0
何でも日本起源にしたい人ってメンタリティがニダーな感じ…。

660 :世界@名無史さん:2006/12/11(月) 13:08:16 0
と特ア工作員が捏造に忙しい

661 :世界@名無史さん:2006/12/11(月) 19:54:53 0
>>659
それはアメリカ信者のことですね

662 :世界@名無史さん:2006/12/12(火) 17:17:35 0
荒れ放題のスレになったなあ

663 :世界@名無史さん:2006/12/13(水) 09:08:22 0
>>657
最大の功労者はブラウン管を発明したブラウン博士かな。
ブラウン博士は無線発明の貢献でマルコーニと共にノーベル賞を受賞した偉大な科学者だが、
ある意味ではテレビ発展でも最大の功労者といえるだろう。
ブラウン管を映像の表示装置として使うアイディアを世界で最初に出したのは
ディークマンというドイツ人で1906年のことです。


664 :世界@名無史さん:2006/12/15(金) 20:45:11 0
徹底的な議論をしたかったら、だれがテレビを発明したかについて始めるのがいい。
アメリカの発明家が発明したと主張してみよう。即座にイギリス人が反撃に出るだろう。


665 :世界@名無史さん:2006/12/15(金) 20:56:24 0
日本やドイツと違って、アメリカはどんなに繁栄しても民族主義が台頭する心配がない。
移民の国でアメリカ民族なんてものは存在しないのだから。
ところが日本の場合、たいした偉業も過去にないくせに、ちょっと優秀な自動車を作っただけで
すぐに「日本人が優秀だからだ」と選民思想の萌芽が顔を見せる。
だから地球神はアメリカを地球の盟主に選んだのだろう。


666 :世界@名無史さん:2006/12/15(金) 21:05:32 0
日本人が優秀とゆーのは外国人が言う言葉。

667 :世界@名無史さん:2006/12/15(金) 21:12:23 0
【MLB】「今われわれは国際強盗を目の当たりにしている」…米紙、松坂レ軍入り酷評
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1166182865/

NYタイムス
http://www.nytimes.com/2006/12/15/sports/baseball/15redsox.html?_r=1&ref=sports&oref=slogin
ワシントンポスト
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/12/13/AR2006121302346.html

ワシントンポスト「松坂は日本で交通事故を起こしたが、金を使って揉み消した前科者。このようなものが大金を得るのは甚だ疑問である。
           最後はボラス氏に交渉をまとめるように懇願したと聞くが、それは全くの嘘であろう。
           この日本から来た”1億ドル強奪犯”は、ボストンでどのような成績を残すだろうか?非常に楽しみである」




668 :世界@名無史さん:2006/12/15(金) 21:46:28 0
>>666
When it comes to imitating other cultures, Japan is second to none.


669 :世界@名無史さん:2006/12/15(金) 21:55:43 0
>>667
おいおい、日本のマスコミなんて、もっとアメリカから来る野球選手に対して
ボロクソに書いてるじゃんか。「助っ人害人」だの「金食い虫」だのボロクソだよ。
あのランディ・バースだって、たった一年不振なだけで「阪神のエイズ菌」なんて
スポーツ紙に書かれてた。相撲だって、アメリカ人の小錦に日本人力士が勝ったら
「化け物退治」だなんて書いた日本人記者もいる。
おまえも相手の立場にたって考える能力を身に着けたほうがいい。


670 :世界@名無史さん:2006/12/15(金) 22:06:30 0
日本のプロ野球評論家なんて、未だに「チームの主役は日本人でなければならない。
外人は助っ人なのだから日本人より活躍してはいけない」なんて平気で書いてるもんね。
かつてアメリカ人のスペンサーが野村克也とホームラン王争いを演じたとき、
日本人投手はこぞってスペンサーを敬遠攻めにした。野村克也と関係のない球団の日本投手までが
アメリカ人にタイトルを取らせまいとスペンサーを敬遠攻めにした。
怒ったスペンサーがバットを逆さまに持って打席に立ったのは語り草だ。
ランディ・バースが王貞治のホームラン記録に王手をかけたときも巨人の投手が敬遠攻めにして
新記録を阻止したけど、同じことを松坂やイチローがやられたら日本人はどう思うだろうか?


671 :世界@名無史さん:2006/12/15(金) 22:54:03 0
>>669-670
少し大人になって、想像力を働かせたら?
日本のスポーツ界には日本の事情があるんだよ。

672 :世界@名無史さん:2006/12/15(金) 22:57:33 0
>>671
おまえも少し大人になって、
相手の立場に立って考える能力を身に着ける
ことをお勧めします。


673 :世界@名無史さん:2006/12/15(金) 23:01:23 0
>>670
日本人打者と外人打者がホームラン王争いを演じたら、
外人に四死球が増え日本人に甘い玉が増えるのは
日本の球界では珍しいことではない。



674 :世界@名無史さん:2006/12/15(金) 23:03:43 0
お得意のオウム返しって奴だな

675 :世界@名無史さん:2006/12/16(土) 00:40:30 0
マリナーズの株を任天堂が50%以上保有する事に対して反対運動があったからネー。
ドコモオナジダヨ

676 :世界@名無史さん:2006/12/16(土) 16:43:49 0
>>670の言い分は正しい。

>>671はおそらく虚人ファンなんだろう。
あの球団ぐらい外国人を差別してFAとりまくる糞球団はないし、
ファンもどうしょうもないからね。

677 :世界@名無史さん:2006/12/16(土) 18:42:33 0
国粋主義なんて日本に限ったことじゃない

移民で作った新興国と比べる必要があるのかねぇ

678 :世界@名無史さん:2006/12/16(土) 21:06:25 0
オルタモントの悲劇

http://www5f.biglobe.ne.jp/~letsrock/Altamont.html


679 :世界@名無史さん:2006/12/16(土) 23:57:09 0
>>667
しかし、こんな記事を見つけて鬼の首でも取ったように
コピペしてまわる奴の精神構造はどうなっているのだろう。
俺はイチローや松井、松坂を応援してくれるアメリカ人を見ると嬉しくなるが、
>>667を貼った奴は友好よりも対立と争いを愛する人間なのだろう。


680 :世界@名無史さん:2006/12/16(土) 23:59:36 0
680

681 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 02:21:27 0
>>679
事実を指摘されると、人格批判ですかw?

682 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 02:25:15 0
>>681
スレ違いだヴォケ

683 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 05:14:36 0
>>649
プロジェクトXって途中からプロデューサー変わったんじゃないかって思うほど番組の構成が変化したよな。
黒部ダムとかやってる頃はお世辞抜きで良作だったが、次第に「阿漕なアメリカ勢の妨害に負けずに最後は
アメリカを打ち負かす」みたいな陳腐な反米プロパガンダに堕していった。途中から見るの止めたもん。

684 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 11:05:52 0
>>649
アメリカは原爆で亡くなった人々の遺体を解剖し、生存者から放射能の「データー」を
とっている。
連中は本質的に海の向こうから来た侵略者であり、世界中を地獄に陥れたヨーロッパ人が
米大陸にやってきて有色人種を虐殺し続けた事実がある、

技術供与? 狂牛病の不安のある肉を日本に押し売りする国が、日本の友であるわけが無い。


685 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 15:57:22 0
は?
>>684って>>649へのレスか?
詭弁も酷いが、論理も破綻してるぞ。


686 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 16:00:12 0
>>684
>技術供与? 狂牛病の不安のある肉を日本に押し売りする国が、日本の友であるわけが無い。

だったら日本の友ってどこなんだよ?と聞けば、
回答はトルコとか日本と縁が遠い国ばかりwww


687 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 16:02:43 0
>>683
>途中から見るの止めたもん。

俺も同じ。最初のころはいい番組だったのにね。


688 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 16:18:45 0
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061217-00000969-reu-int

黒人男性射殺事件、ニューヨークで数千人がデモ


米ニューヨークで16日、先月起きた警官による黒人男性射殺事件に抗議する大規模なデモが行われた。
 黒人を中心に数千人にのぼる参加者らは、クリスマス前の買い物客であふれる5番街をデモ行進。
結婚式を数時間後に控えた先月25日にニューヨーク市警の警官隊から50発の銃弾を浴びて死亡した
ショーン・ベルさん(23)を追悼すると共に、警察当局による黒人への不当な扱いを見直すよう訴えた。
 人権活動家アル・シャープトン師とショーンさんの婚約者ニコール・ポールトレ・ベルさんが企画した
デモには、ミック・ジャガーさんの元妻のビアンカ・ジャガーさんや、歌手のハリー・ベラフォンテさんら
有名人も参加した。
 参加者の1人は「米国の黒人はごみのように扱われている。本来我々を守るべき人々のせいで、
黒人の子供たちは大人になることを楽しみに人生を送っていない。こんなことはおかしい」と訴えた。


ひどい国だな。 米国マンセーな馬鹿どもが>>685のようなことをほざいているが、
現実に白人こっかであり、キリスト教原理主義者であり、国家成立そのものが先住民の屍の
上になりたっている。
それが米国の真実だよ。


689 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 16:21:50 0
日本人の反米家にも大きく分けて5種類いるな。
@レイシスト
 要するにアジア人優越論者。毛唐発言とか、やたらと人種の違いを意識した発言をする。
すぐ「白人はこうだ」と一くくりにした発言をする。人種で対立を煽ろうとするからすぐわかる。
A共産主義者
 「アメリカの核は悪の核、ソ連の核は正義の核」なんて言っていた連中がそう。
北朝鮮は「地上の楽園」なんて言っていた連中もそうで、現実を目にしてもアメリカの陰謀だとくる。
概してアメリカは批判しても中国、北朝鮮の横暴には目をつぶる。
B妬み屋
 要するにアメリカの過去の栄光が気に食わない連中。
アポロの月面着陸はでっち上げだと電波を飛ばす連中がこれ。
平気で嘘をつくなど共通点が多い。アンチ巨人ファンと同じ精神構造。
小人は、自分より優れている者を妬み、劣っている者を笑う。
C逆恨み型
 満州事変とか棚に上げ、WW2はアメリカに巻き込まれたんだと歪曲する連中。
結果論だけで恣意的に歴史を語ろうとする。アメリカが無ければ世界は平和になったと妄想する。
D低学歴者
 アメリカのインディアン虐殺や黒人奴隷は知っていても、日本のアイヌ人虐殺や中国のウィグル人虐殺
黒人王国の奴隷狩り、731部隊とかはまったく知らない。
アンチ巨人ファンが巨人以外の球団に興味がないのと同じ。


690 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 16:23:13 0
>>688
おまえのほうがレイシストの臭いがプンプンするぜw

691 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 16:28:31 0
>>688
答えろ。おまえは何処の国が好きなんだ?


692 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 16:29:07 0
つまり全ての反米家=おかしい奴、と定義しているわけだ。

そうやっていれば安心できるのだろうけど、
自分と意見が反する者を認めることが出来ないのは、人として情けないよ。

693 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 16:36:26 0
16日午後9時50分ごろ、神奈川県横須賀市本町の無職男性(69)から
「自宅の屋根に人がいる」と110番があった。横須賀署員が駆けつけると、
2階屋根の上に外国人の少女がうずくまっていたため、同署は少女を住居
侵入容疑で現行犯逮捕した。

 調べでは、少女は横須賀市楠ケ浦町、米海軍横須賀基地空母キティーホー
ク所属の3等水兵(18)=米国籍。隣の3階建てビル外階段から屋上に上り、
屋上を伝って約70センチ離れた男性宅に飛び乗ったという。呼気1リットル中
0.6ミリグラムのアルコールが検出され、泥酔状態だった。「酒に酔ってやった」
と容疑を認めているが、飲酒量や飲酒場所についてはあいまいな供述をしているという。

 現場は米海軍横須賀基地から南約350メートルで、飲食店街「ドブ板通り」の近く。

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20061217k0000e040020000c.html

アメリカ人むちゃくちゃしているよね・・・・・日本を属国としかおもってないんだろう。

694 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 16:39:10 0
>>691の質問に答えろ。
おまえは何処の国が好きなんだ?

695 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 16:49:38 0
>>694
何処かの国を好きじゃなきゃ、いけないのかい?

696 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 17:14:09 0
>>695
結局、アンチ巨人ファンと同じ精神構造かwww
おまえみたいな馬鹿が増えたら日本は世界から孤立化する。



697 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 17:20:06 0
>>696
親米でいたって、切り捨てられるときは切り捨てられる。

それに孤立も何も、世界中の国々の大半は、東南アジアも含めて、
反日とか親日とかいうより、単に無関心。
利用価値あればリップサービスしたり非難したりするというだけの話。

698 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 17:26:51 0
>>696
さっぱり意味がわかりません

どこかの国を好きじゃなきゃいけないのか?
どこかの球団を好きじゃなきゃ、アンチ巨人なのか?
人は皆、野球が好きでなければならないのか

699 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 17:30:29 0
>>697
>親米でいたって、切り捨てられるときは切り捨てられる。

誰も親米でいろなんて言っていないよ。
客観的な視点でものを見なさい。
アメリカの黒人差別を指摘するなら、
中国やブラジル、アフリカ諸国はどうなのかと。
あと世界情勢を善悪で考えるのはやめなよ。


700 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 17:39:17 0
>>692
>自分と意見が反する者を認めることが出来ないのは、人として情けないよ。

「自分と意見が反する者を認めることが出来ない」のはおまえのことだろ。
ここはアメリカ合衆国の歴史的偉業を讃えるスレだぞ。
ここで反米プロパガンダを展開する連中こそ、
自分と意見が反する者を認めることができないのだろ。
ほんと人として情けないよ。


701 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 17:45:46 0
ああ、ごめんね>>700
>>692>>689について評価したの

別に俺は反米でも何でもないけど>おまえのことだろ
何て、突然言うのも随分と反応が過敏だね。

>>689みたいに反米=オカシイ奴って定義しちゃってる人どう思う?
僕は親米家として、こんな考えじゃ孤立すると思うんだけど

702 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 18:00:01 0
あと世界情勢を善悪で考えるのはやめなよ。


つまり、善悪を基準に考えると、米国は悪そのものだからな。
奴隷制国家、人種差別国家、先住民虐殺国家、キリスト教原理主義国家、軍需産業立国国家、
狂牛病肉押売国家etc

まさしく侵略者そのものじゃないか

703 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 18:10:42 0
>>694
>おまえは何処の国が好きなんだ?

答えられるはずがない。中国とかと回答すると、
たちまちチベット侵略とか引き合いに出されて攻撃されるだろう。
どんな国も、>>702のアホの指摘とドングリの背比べだからだ。


704 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 18:18:47 0
>>702
奴隷制はブラジルにもあったし、そもそも奴隷はアメリカが元祖じゃない。
奴隷狩りも大部分は黒人王国がやっていた。
日本が武器輸出とかやらないのはアメリカの圧力が原因で、
石原慎太郎や財界は早くから日本も武器輸出をやれやれと主張しているのだ。
人種差別や先住民虐殺は日本だってアイヌ人を虐殺しているし、どんな国だってやっている。

>つまり、善悪を基準に考えると、米国は悪そのものだからな。

善悪を基準に考えると韓国は善そのものだ。
ほとんど外国に侵略していないし奴隷も人種差別もない。


705 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 18:20:07 0
>答えられるはずがない。中国とかと回答すると、
>たちまちチベット侵略とか引き合いに出されて攻撃されるだろう。

ここは「アメリカ合衆国の歴史的偉業を讃えるスレ」では?

706 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 18:22:53 0
>>699
>あと世界情勢を善悪で考えるのはやめなよ。

スレを遡ってみましたが、世界情勢についてのレスが見当たりませんでした。
一体どのレスに対する意見なのでしょうか?

707 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 18:24:04 0
>>704
他の国がやっていたら奴隷を正当化できるのか?できるわけ無いだろう。

それとなんで日本やブラジルの話をだすのかな。
米国の犯罪を問いかけているのに他国の事など関係ない。

708 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 18:25:38 0
>>707
>米国の犯罪を問いかけているのに他国の事など関係ない。

ここは「アメリカ合衆国の歴史的偉業を讃えるスレ」では?

709 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 18:26:50 0
アメリカのマスコミがもしも本当のことを報道していたら
アメリカ国内には毎日暴動がおこり
権力がいまの状態にとどまることはできない。
アメリカのマスコミは、そうならないように
政治・経済に関わる情報を捻じ曲げて報道している。
上位1%の富裕層が国富の50%以上を独占していられるのも
マスコミが大衆に「催眠術」をかけている成果だろう。

マスコミにカネを出しているのは誰かということを
常に忘れてはならない。


マスコミをここまで精緻に、かつ巧妙に組み上げて
アメリカ民衆を自由自在にあやつる仕組みにまで高めたこと。
これこそアメリカが成し遂げたもっとも偉大な事業である。



710 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 18:38:15 0
>>708
それはちょっと料簡が狭いな。
偉業の影には悲しい歴史もあり、そういった歴史と向き合って初めて
偉業を讃えることができるのではないだろうか。

711 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 18:44:13 0
米国を擁護している奴らを靖国の英霊や原爆や空襲で亡くなった人らは
こんな奴らが俺たちの子孫かと悔し涙をながしているよ。

君たちの祖父母も米国に丸焼きにされ強姦されただろうに
孫やひ孫は米の奴隷か 
魂を売り飛ばして楽しいの?

712 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 18:46:26 0
>>710
米国はなんともおもってないよ。 インディアンを悪者扱いにした西部劇や
硫黄島での勝利をいわった映画をいまだにつくってる。
イラク戦争の映画もつくるというし、愛国法まで出来てる。
ひどい国だよ。 敗者の涙は蜜の味。 それがヤンキークオリティ。

713 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 19:11:02 0
>>710
詭弁だね。

714 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 19:11:43 0
>>712
>ひどい国だよ。 

いい国って何処だよ。北朝鮮か?

715 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 19:13:49 0
>>702
>キリスト教原理主義国家、

これこそ一方的な偏見だろう。キリスト教原理主義の定義にもいろいろあって、
アーミッシュのような絶対平和主義の宗派もある。
善悪の問題ではない。


716 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 19:15:10 0
>>709
>アメリカのマスコミがもしも本当のことを報道していたら

本当のことってなんだ?
おまえはアポロ疑惑のネタも信じてるんだろ。


717 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 19:17:02 0
>>711
詭弁の多いバカばかり

718 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 19:20:36 0
>>707
>他の国がやっていたら奴隷を正当化できるのか?できるわけ無いだろう。

一国だけが集中して批判されるのはおかしいと言ってるのだよ。ヴォケ君
インディアン弾圧を批判するなら、日本人もアイヌ人弾圧を忘れてはならない。


719 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 19:27:39 0
アメリカと同じ条件で比較できる大国なんて、
ナチスドイツ、旧ソ連、大英帝国ぐらいなもんだろう。
アメリカが悪の国なら善の国なんて存在しないよ。


720 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 19:30:49 0
>>712
>米国はなんともおもってないよ。 

それはおまえの主観だろ。

>インディアンを悪者扱いにした西部劇や

日本人だって白人を悪者扱いした映画を作ってるだろ。

>硫黄島での勝利をいわった映画をいまだにつくってる。

日本人だって日露戦争を美化するだろ。

721 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 19:32:27 0
ここは「アメリカ合衆国の歴史的偉業を讃えるスレ」では?
自分と意見が反する者を認めることが出来ないのは、人として情けないよ。


722 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 19:44:17 0
アメリカがなかったら、20世紀はヒトラーやスターリンが我が物顔か?
日本も中国や朝鮮半島で延々と紛争か?


723 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 19:44:52 0
◆「共産主義黒書」
 平成9年(1997)にフランスで刊行された「共産主義黒書」は、
共産主義の犯罪を厳しく検証しています。編者ステファン・クルトワによると、
共産主義による犠牲者は、8,000万人から1億人にのぼるとされます。
この数字は、ヒトラー・ナチズムによる犠牲者数とされる2,500万人を
軽く上回ります。クルトワは同書において、共産主義体制により殺害された
犠牲者数の国・地域別の一覧を提示しています。
それによると、

 ソ連       2,000万人
 中国      6,500万人
 ベトナム      100万人
 北朝鮮       200万人
 カンボジア     200万人
 東欧         100万人
 ラテンアメリカ    15万人
 アフリカ       170万人
 アフガニスタン  150万人
 コミンテルンと権力を握っていない共産党 約1万人
----------------------------------
 総計         約1億人
となっています。

アメリカは共産主義者の魔の手から世界を救ったのだ。

724 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 19:49:39 0
日本のプロ野球では、未だに外人選手を「助っ人害人」などと呼ぶが、
アメリカMLBでは外人枠すら存在しない。
どっちが寛容で器量が大きい国かは一目瞭然だろう。


725 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 19:51:51 0
だからヒトラーは悪くなかったんだよ

726 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 20:41:15 0
善と悪は表裏一体。
いい国があるからこそ、ひどい国がある。
いい国がないのなら、ひどい国もない。
アメリカより善良な国とは何処の国だろう?
答えられるだろうか?
もちろん、アメリカ言いなりの日本は無しだ。
長いものに巻かれるだけの小国も無し。
大国から抑圧されて大人しくしている国を
善の国とは呼べない。


727 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 20:57:46 0
アメリカ「ジャイアン」論というのがある。
知人にも、「アメリカは世界のジャイアンだ」と答える香具師がいたが、
俺が「アメリカがジャイアンなら、ナチスドイツや旧ソ連はなんなのですか?
中国や北朝鮮はなんなのですか?」と尋ねると、その知人は回答に困って話題を変えたwww


728 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 21:01:12 0
>>714
アメリカの反対が北朝鮮とは議論誘導ひどすぎ
アメリカも悪の帝国、北朝鮮も悪い国。
両方とも盗賊国家だろうが。

729 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 21:02:44 0
>>727
アメリカは悪の帝国

ナチスはファシスト帝国、ソ連は赤い帝国、
それぞれ人類史上最悪の国家である。

730 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 21:09:42 0
>>727
アメリカは世界のジャイアン
ナチスは西欧のジャイアン
ソ連はロシアのジャイアン
中国は東アジアのジャイアン
北朝鮮は東アジアの暗黒面に落ちたのび太

731 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 21:10:35 0
>>729
>アメリカは悪の帝国

では正義の帝国とはどこだ?

732 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 21:14:00 0
善と悪は表裏一体。
善の国があるからこそ、悪の国がある。
韓国が外国を空爆したことがないからといって、
それで韓国を善の国とは呼べない。
外国を空爆する国力がなかっただけだ。

733 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 21:15:11 0
>>730
>ソ連はロシアのジャイアン

歴史をよく勉強しろ

734 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 21:18:10 0

 この世に 悪が栄えた ためし無し!


735 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 21:31:58 0
>>720
日本人だって
日本人だって
日本人だって

小学校の時、こうゆう奴クラスにいたな、、、

736 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 21:49:47 0
で、成長するとコリアンだとカミングアウトしたり、サヨクになったりするんだよな。

737 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 21:51:34 0
>>735
おまえは中学生か?


738 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 21:52:11 0

 この世に 悪が栄えた ためし無し!


739 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 21:53:36 0
1000たったら、ラディンは英雄とよばれるんじゃね。
少なくとも人をころした人数はブッシュのはじめたイラク戦争の方がずっと多いし。

740 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 21:56:07 0
>>737
知らないけど、中学生くらいになると
○○だって・・とか話を逸らしたりしなくなるんじゃない?

善良の国とか言ってるのも中学生くらいまでかな。多分。

741 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 22:01:27 0

 この世に 悪が栄えた ためし無し!


742 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 22:02:13 0
そしてイスラムが栄える。

743 :世界@名無史さん:2006/12/18(月) 05:11:00 0
まちがってここを見ているかも知れない
ごくまれなまともな少年を想定して
書き込んでいるのに
メンヘルが駄レスで流してしまう
困ったもんだ
メンへルは死ねよ、アメリカにでも行って



744 :世界@名無史さん:2006/12/18(月) 12:53:34 0
アメリカはいつになったら滅ぶのかな?

745 :世界@名無史さん:2006/12/18(月) 15:40:59 0

 アメリカ合衆国は 永久に不滅です!


746 :世界@名無史さん:2006/12/18(月) 15:53:25 0
似たような台詞を吐いて引退した男が在籍していたチームが同省もなくなっているところをみると
アメリカの転落も近いなw

747 :世界@名無史さん:2006/12/18(月) 16:20:56 0

 アメリカ合衆国は 永久に不滅です!


748 :世界@名無史さん:2006/12/18(月) 22:18:49 0
確かにジャイアンツとアメリカって似ている
メディアを支配してファンとアンチを量産し
豊富な資金力で世界中から優秀な人材を集め
常に優勝する事を求められる割には強くない

749 :世界@名無史さん:2006/12/18(月) 22:43:54 0
ベトナムやイラクではまけているねl。 わが日本軍も徹底抗戦し、敗北主義者は切り捨てて戦えばよかったのに。

750 :世界@名無史さん:2006/12/18(月) 22:51:18 0
>>748
金にものを言わせて外から優秀な人材を連れてこればいいって発想だから、
育てて使うって考えがない。埋もれた人材の発掘が疎かになる。
MLBも黒人やヒスパニックを入れるようになってから大幅にレベルダウンした。
ミッキー・マントルやサンデー・コーファックスのころのMLBだったら
日本人投手なんかに60億も払ったりしなかっただろう。
馬鹿にしてる奴がいるが、日本のプロ野球だって外人枠を廃止したら同じことになるぞ。
大相撲でモンゴル人力士に上位を独占されているのがいい例だろう。


751 :世界@名無史さん:2006/12/19(火) 00:44:19 0
>>748
アンチUSAファンw

752 :世界@名無史さん:2006/12/19(火) 00:44:32 0
巨人の4番は朝鮮の人々 契約30億ががいる。
朝鮮人が日本人よりはるかに優秀であると証明された格好だ。

753 :世界@名無史さん:2006/12/19(火) 01:57:51 0
巨人、Bクラスでしたね。

754 :世界@名無史さん:2006/12/19(火) 02:00:33 0
他の日本人が無能すぎたからな

755 :世界@名無史さん:2006/12/19(火) 15:38:57 0
黒人奴隷を解放しアフリカの地にその解放奴隷の黒人を自由の国としてリベリアと言う国を建国させてあげたこと。
しかしこの国では内戦が起こり、アメリカも最終的にもう駄目だと見捨てた。

756 :世界@名無史さん:2006/12/19(火) 20:19:33 0
アメリコ・ライベリアンが現地の人々を差別して支配したが、元はといえばアメリカがつれてきたことが原因。
すべての責任はアメリカにある。

757 :世界@名無史さん:2006/12/19(火) 20:35:18 0
>>756
人のせいにばかりするからアフリカ諸国は駄目なんだよ。


758 :世界@名無史さん:2006/12/19(火) 22:25:43 0
この世の悪はすべてアメリカのせい

759 :世界@名無史さん:2006/12/20(水) 00:38:55 0
>>757-758
コロンブスがアメリカ大陸を「発見」してからこの500年間、
AA諸国や南北アメリカの先住民や原住民の人々はヨーロッパ人によって
本来享受すべき富や権利をうばいつくされた。
南北アメリカで今世紀までに虐殺された先住民の数が述べ一億人と推定されている。
黒人奴隷も数千万人が拉致され大西洋を越える時点で劣悪な環境の元で非業の死を
遂げている。
彼らがいったいどんな悪いことをしたというんだ。
すべて白人とキリスト教徒の責任じゃないか。

760 :世界@名無史さん:2006/12/20(水) 01:22:54 0
米アニメ映画作家のジョゼフ・バーベラさん死去
2006年12月19日12時18分
 ジョゼフ・バーベラ氏(米アニメ映画作家)が18日、老衰のためロサンゼルス市内の病院で死去、
95歳。
 ニューヨーク生まれ。銀行勤務を経て、20代に米映画会社メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
(MGM)でアニメ作家に。ウィリアム・ハンナ氏と組んで制作したアニメ映画「トムとジェリー」が
大ヒットし、シリーズでアカデミー賞を通算7回受賞した。その後、2人で独立し、テレビ番組版
「トムとジェリー」「原始家族フリントストーン」「宇宙家族ジェットソン」「弱虫クルッパー」など
人気シリーズを連発し、作品の多くが日本など世界中で放送された。(時事)
http://www.asahi.com/obituaries/update/1219/001.html

「トムとジェリー」は戦前のアニメだ。日本初の長編アニメ『桃太郎 空の神兵』が公開されたのが
終戦末期の1945年だが、日本が軍国アニメを作っている以前に、アメリカはこんな喉かな
アニメを作っていた。どっちが平和国家だったかは一目瞭然だろう。


761 :世界@名無史さん:2006/12/20(水) 01:25:11 0
>>759
おまえのほうがレイシストの臭いがプンプンするよ。

762 :世界@名無史さん:2006/12/20(水) 01:26:34 0
>>758
この世の悪はすべて日本のせいw


763 :世界@名無史さん:2006/12/20(水) 01:35:56 0
アニメを大衆文化まで発展させたのもアメリカの功績だな。
ディズニーが「白雪姫」を上映したのが1937年だからね。
「ピノキオ」が1940年で、「ダンボ」が真珠湾攻撃の年の1941年に上映された。


764 :世界@名無史さん:2006/12/20(水) 01:38:18 0
>>763
その富を生み出す大地は白人が先住民を虐殺し、アフリカから奴隷や南欧からイタリア人らをこき使って
生み出したものだろ。

765 :世界@名無史さん:2006/12/20(水) 01:47:48 0
>>764
おまえ日本語へんだぞ。北朝鮮の工作員か?

766 :世界@名無史さん:2006/12/20(水) 01:53:42 0
>>764
そもそも、アメリカ合衆国の発展と先住民虐殺や奴隷制度を結びつけること自体がおかしい。
先住民虐殺や黒人奴隷はブラジルをはじめとする中南米諸国だってやっているが
アメリカのようには発展していない。
第一、あの広大なアメリカ大陸をインディアンだけで独り占めにできるはずがなかろう。
白人にだってアメリカへ入植する権利はある。インディアンが先住民だった証拠もないしね。


767 :世界@名無史さん:2006/12/20(水) 02:11:48 0
>>766
ラテンアメリカが発展できなかったのは、メキシコからカルフォルニアやテキサスを奪ったり、
ルーズベルトによるこん棒外交の結果、19世紀中ごろから続いた米国の中南米支配が完成したからだろ。
第二次世界大戦後も南米諸国の大半で次々にアメリカの影響からの離脱が試みられたが、
指導者の暗殺やクーデター、スキャンダル露見が相次ぎ、ひどいときには進攻も受けている。
ペルーのフジモリ氏も貧困からの脱出を掲げ当選しうまくいっていたが、アメリカ様がおきにめさず、
失脚させられている。

>第一、あの広大なアメリカ大陸をインディアンだけで独り占めにできるはずがなかろう。
白人にだってアメリカへ入植する権利はある。インディアンが先住民だった証拠もないしね。

釣っているのかな。独り占めにしたのは白人が支配するアメリカであり、入植=虐殺の歴史なんだが。
最初接触した森林インディアンはすでに1700年代にはほぼ駆逐されている。
少数ながらいきながらえているが、人数もわずか数千人レベル。

白人は人のものは自分のもの、 俺の物は俺のものといったジャイアニズムが横行している。

黒人奴隷による集約農業が南北戦争で破綻すると、次は南欧からきた移民や中国から太平天国の乱を
引けて来たイタリア人や中国人をつかった過酷な工場労働や(無論8時間労働ではない労働基準法など
まともに無い時代だ文字通り死ぬほどこきつかって)次々と資本家どもが超え太っていった訳だ。

768 :世界@名無史さん:2006/12/20(水) 02:27:55 0
>>767
頭の悪い男だな。先住民虐殺とアメリカの発展は無関係だと言っているんだよ。
白人が先住民と仲良く共存していたら、アメリカの科学文化の発展はなかったのか?違うでしょ。
まったく論理が破綻しているよ君は。


769 :世界@名無史さん:2006/12/20(水) 02:42:39 0
米の富の源泉は先住民から奪った広大な国土と、それを脅かす敵対勢力がほぼ
大陸から駆逐された史実によって起こっている。
普通はアメリカクラスの国土をもてば近隣諸国からの圧力を受け維持コストが
増大するが、アメリカは天然の防壁太平洋と大西洋が存在していた。
米英戦争の後もしばらくイギリスへの従属が続いたが、ナポレオン戦争で
戦費に事欠いたフランスが土地うるわ、2次米英戦争でヨーロッパの国々が
英国にプレッシャーかけてかなり米国優位に動いた。
かくしてアメリカの欧州諸国からの不干渉が事実上成立し、ゴーイースト政策が
太平洋への到達によって完成すると、フロンティアの消滅と共に発展するわけだ。
つまり、米国の繁栄そのものはヨーロッパ諸国の内部抗争海を介し地政的な要因と
それらが安定化したことによるリソース負担の軽減があげられるわけだ。
つまり、先住者から奪った土地や資源を第三者に奪われることが無かったわけだね。

ヨーロッパならこんなことはありえない。かならず競争者が現れ戦争がおき互いに疲弊している。
いってみればヨーロッパの外縁に属する盗賊国家アメリカは他律的な要因で「たまたま」
発展できる状況にあったにすぎない。

770 :世界@名無史さん:2006/12/20(水) 02:45:30 0
>>767
>ラテンアメリカが発展できなかったのは、メキシコからカルフォルニアやテキサスを奪ったり、
>ルーズベルトによるこん棒外交の結果、19世紀中ごろから続いた米国の中南米支配が完成したからだろ。

これも恣意的な解釈に過ぎないね。おまえの解釈のように、ルーズベルトのこん棒外交がなかったら
中南米はアメリカ同様に発展したか? カリフォルニアが奪われなかったらメキシコは発展したのか?
誰もが首を捻りたくなるだろう。それにルーズベルトによるこん棒外交は中南米だけじゃないよ。


771 :世界@名無史さん:2006/12/20(水) 03:00:03 0
>>769
こいつも、「国家としてのアメリカがなぜ発展したか?」ではなく、
「白人たちがなぜアメリカで繁栄したか?」が面白くないゆえの
負のイデオロギーがあるな。恣意的に歴史を解釈しようとしている。


772 :世界@名無史さん:2006/12/20(水) 03:08:38 0
アイヌ人を駆逐した北海道が本州より発展しなかったのはなぜ?


773 :世界@名無史さん:2006/12/20(水) 03:09:28 0
>>770ちゅう南米の話題がでたから米国による影響力増大と経済の低迷を指摘したまでだ。

>それにルーズベルトによるこん棒外交は中南米だけじゃないよ。

もっとも深刻な影響をうけたのはラテンアメリカ。
米国の繁栄の犠牲にされたから。


カリフォルニアが奪われなかったらメキシコは発展したのか?

米国奪取前はメキシコの人口密度は乏しい。
しかし、これは詭弁にすぎない。
なぜなら、この反論では焦点をずらす事が目的となっているからだ。
いいか、ロシアが比較的拡張が容易なシベリア、沿海州、アラスカへと触手を伸ばして
ヨーロッパの周辺に存在する単なる蛮国とみられていた国から強国へと成長したように
米国の成長においてカルフォルニアの奪取は重要な意味をもっている。
ヨーロッパ方面の進出、領土拡大はゴーウエスト政策や買収戦略を続けた米国をもってしても
不可能だった。アフリカはすでにアメリカに割って入れる余地はなかったし
だからこそ、メキシコからテキサス、カルフォルニアを奪い、ロシアからアラスカを買収して
大陸内の潜在的あるいは敵対的な競争相手を排除するとハワイ、フィリピン、そして捕鯨をはじめとした
沿岸漁業発展やアラスカでのゴールドラッシュ、太平洋進出を果たし、太平天国の乱から逃れてきた
中国人を黒人奴隷に代わる労働力として搾取し、声太る原動力になったんじゃないか。

カルフォルニアは奪取時点では価値が低かった。しかし、奪い取った土地を元手に転がしていく原動力に
なっていくわけだそういう意味で、米墨戦争は大きいんだがね。



774 :世界@名無史さん:2006/12/20(水) 03:17:33 0
アメリカの行動パターンはこうだ。

先住民や近隣諸国から奪い取り、黒人奴隷使役が南北戦争で左前になると北部が
中国人をつかって北部優位に鉄道を引き、太平用への道をつないだ。
もちろんその過程にあったメキシコなんぞ最初からつぶす気マンマンだよ。
アラモもなんかパールハーバーと同じような経緯で世論の憤激を扇動して米墨戦争へ
でカルフォルニアをうばsって太平用到達。ハワイ王国に因縁をつけて奪い取り、
スペインを蹴落としてフィリピンやプエルトリコを奪いと極悪非道三昧だ。
労働力は無論人の弱みにつけこんで確保した。
ヨーロッパでくっていけない貧しいアイルランド人やイタリア人や
乱から逃げてきた中国人を労働基準法何それ?的な搾取によって資本家が肥え太りだし、
20世紀初頭への大繁栄につながる訳だ。

なんと極悪非道卑劣な国であろうか!

775 :世界@名無史さん:2006/12/20(水) 03:21:53 0
>>774必死だなw


776 :世界@名無史さん:2006/12/20(水) 03:28:15 0
アメリカの最大の偉業は、日本を占領して天皇陛下に人間宣言させたことかな。
これはモンゴル帝国でさえ成しえなかった大偉業だろう。


777 :世界@名無史さん:2006/12/20(水) 03:47:27 0
◆「共産主義黒書」
 平成9年(1997)にフランスで刊行された「共産主義黒書」は、
共産主義の犯罪を厳しく検証しています。編者ステファン・クルトワによると、
共産主義による犠牲者は、8,000万人から1億人にのぼるとされます。
この数字は、ヒトラー・ナチズムによる犠牲者数とされる2,500万人を
軽く上回ります。クルトワは同書において、共産主義体制により殺害された
犠牲者数の国・地域別の一覧を提示しています。
それによると、

 ソ連       2,000万人
 中国      6,500万人
 ベトナム      100万人
 北朝鮮       200万人
 カンボジア     200万人
 東欧         100万人
 ラテンアメリカ    15万人
 アフリカ       170万人
 アフガニスタン  150万人
 コミンテルンと権力を握っていない共産党 約1万人
----------------------------------
 総計         約1億人
となっています。

アメリカは共産主義者の魔の手から世界を救ったのだ。

778 :世界@名無史さん:2006/12/20(水) 03:51:16 0
アメリカとその属国ラテンアメリカの面子は一億人もの先住民を虐殺した
恐るべき悪魔だろ 共産主義なんかかわいいものだ

ナチスドイツですら、東部戦線で2000万人しか殺せなかったことを考えると
途方も無い数字だ。

779 :世界@名無史さん:2006/12/20(水) 03:58:19 0
>>778
>アメリカとその属国ラテンアメリカの面子は一億人もの先住民を虐殺した

そんな証拠は何処にもないよ。信憑性は南京大虐殺の30万人説と同レベル。


780 :世界@名無史さん:2006/12/20(水) 03:59:18 0
>>778
おまえ北朝鮮の工作員だろw


781 :世界@名無史さん:2006/12/20(水) 04:00:36 0
◆「共産主義黒書」
 平成9年(1997)にフランスで刊行された「共産主義黒書」は、
共産主義の犯罪を厳しく検証しています。編者ステファン・クルトワによると、
共産主義による犠牲者は、8,000万人から1億人にのぼるとされます。
この数字は、ヒトラー・ナチズムによる犠牲者数とされる2,500万人を
軽く上回ります。クルトワは同書において、共産主義体制により殺害された
犠牲者数の国・地域別の一覧を提示しています。
それによると、

 ソ連       2,000万人
 中国      6,500万人
 ベトナム      100万人
 北朝鮮       200万人
 カンボジア     200万人
 東欧         100万人
 ラテンアメリカ    15万人
 アフリカ       170万人
 アフガニスタン  150万人
 コミンテルンと権力を握っていない共産党 約1万人
----------------------------------
 総計         約1億人
となっています。

アメリカは共産主義者の魔の手から世界を救ったのだ。


782 :世界@名無史さん:2006/12/20(水) 04:02:33 0
「トムとジェリー」は戦前のアニメだ。日本初の長編アニメ『桃太郎 空の神兵』が公開されたのが
終戦末期の1945年だが、日本が軍国アニメを作っている以前に、アメリカはこんな喉かな
アニメを作っていた。どっちが平和国家だったかは一目瞭然だろう。


783 :世界@名無史さん:2006/12/20(水) 04:11:32 0
>>782
その富の源泉は白人が築いたものではない。黒人奴隷や貧しい移民や侵略されたメキシコ人の屍の上にできた
繁栄だ

784 :世界@名無史さん:2006/12/20(水) 10:17:16 0
>>774
日本人だってアイヌを迫害して琉球を泥棒し、大陸に鉄道引いて
朝鮮を潰し満州を独立・併合した極悪非道国家じゃねーか


785 :世界@名無史さん:2006/12/20(水) 11:39:26 0
>>783
>その富の源泉は白人が築いたものではない。黒人奴隷や貧しい移民や侵略されたメキシコ人の屍の上に
>できた繁栄だ

関係ないね。アメリカ大陸に最初からインディアンがいなかったらアニメの発展はなかったか?
少し想像力を働かしてみな。黒人奴隷はないほうがアメリカは発展しただろう。
黒人を入れたせいでアメリカの教育水準と治安は悪化した。しかし詭弁と歪曲の多い男だね。


786 :世界@名無史さん:2006/12/20(水) 11:42:45 0
そもそもインディアンだって後からやってきた侵略者だった可能性があるのだがな。


787 :世界@名無史さん:2006/12/20(水) 11:51:11 0
>>783
>その富の源泉は白人が築いたものではない。

白人云々は>>782では言っていないのだが、>>783もかなり腐ったレイシストだね。


788 :世界@名無史さん:2006/12/24(日) 14:59:35 0
名前:世界@名無史さん :2006/12/24(日) 14:28:43 0
まあ、田舎のイメージでも地域によって違うしな。
日本でも東北は単純にダサイというイメージだが、北海道は
雄大な大自然と共に生きる生活、なんてイメージもあったりするし。

アメリカで日本の東北地方に相当するのはテキサスだろうね。
昔、アメリカのプロレス団体のWWEで、テキサス人キャラが出ていたのを
日本のテレビで見ていたけど、その言葉が字幕では東北地方の方言で
訳されていたのには笑った。


897 名前:世界@名無史さん :2006/12/24(日) 14:48:24 0
テキサスは東北と九州を足して二で割ったような田舎イメージ。
物事は全部乱暴に解決する、フェミは存在しないから嫁さん殴る。
嫁さんも強いから旦那を殴るwww
昼間から酔っぱらってる。40歳前なのに孫が居る人が珍しくない。
法秩序とか理知とか関係ないから、バシバシ死刑執行。

ブッシュはテキサスだが、日本で言えば岩手の小沢一郎みたいなもんだな。

789 :世界@名無史さん:2006/12/24(日) 15:06:20 0
>>787
「も」腐ったレイシスト

ってのはもしかして勇み足?

790 :世界@名無史さん:2006/12/24(日) 15:13:37 0
アメリカ合衆国の歴史的偉業は日本を占領して天皇陛下に人間宣言させたことだ。


791 :世界@名無史さん:2006/12/24(日) 15:18:08 0
>>787
トムとジェリーをして平和国家と言ってるよ>>782
その時代、黒人にとって平和だったのかどうか、
多分君の歴史には無いと思うんだけどね。

792 :世界@名無史さん:2006/12/24(日) 15:53:02 0
>>791
同じ時代に、日本人は同じ肌の色の朝鮮人に強制労働させていた。


793 :世界@名無史さん:2006/12/24(日) 16:05:45 0
>>791
日本には黒人がいないのだから黒人の待遇で日米を比較するのはフェアじゃないだろう。


794 :世界@名無史さん:2006/12/24(日) 16:47:59 0
そもそも日米を比較しなければならんのか?

制度から歴史から違いすぎて比較にならんだろう。
手前で勝手に比較して、旗色が悪くなると比較できない・・・って感じか。

795 :世界@名無史さん:2006/12/24(日) 16:50:31 0
>>794
そもそも、ここは「アメリカ合衆国の歴史的偉業を讃えるスレ」では?


796 :世界@名無史さん:2006/12/24(日) 16:51:49 0
>>795
それじゃ比較はイランだろう

797 :世界@名無史さん:2006/12/24(日) 16:58:22 0
俺は合衆国の偉業を否定したことも無いし、
歴史的偉業を讃えるのは結構なことだと思うが

少し反論されたくらいでうろたえるな。みっともない。

こんなスレ立ててる時点で反論されるのは解かってるだろう。
反論はスレ違いでは無いし、その程度で破綻するなよ。
がんばれ!

798 :世界@名無史さん:2006/12/24(日) 17:03:38 0
最近わかったんだが
アメリカ人があんなにバカである最大の原因はまさに
彼らがしゃべっているアメリカ英語、なかんずくその発音にある。
アメリカ英語の発音自体が下品で、アホ丸出しで、チンピラくさくて
なんの格調もない。
あれをしゃべっているかぎりアメリカ人は永久にバカのままである


799 :世界@名無史さん:2006/12/24(日) 17:06:11 0
アメリカ最大の著作権及び芸能エージェンシー
http://en.wikipedia.org/wiki/William_Morris_Agency

800 :世界@名無史さん:2006/12/24(日) 17:17:07 0
アメリカシンパは原爆を落とされた人たちになんて謝罪するんだろうな。
草葉の陰でアメなんかに尻尾振っていることにいかりくるっているよ。

801 :世界@名無史さん:2006/12/24(日) 17:19:00 0
>>798
ttp://nokai.jp/k-column/img/shiryou15-4.gif


802 :世界@名無史さん:2006/12/24(日) 17:20:22 0
>>800
俺が当時のアメリカ大統領でも、トルーマンと同じ決断を下しただろう。
いや、おまえが当時のアメリカ大統領でも同じ決断をしたはずだ。


803 :世界@名無史さん:2006/12/24(日) 17:22:03 0
>>800
謝罪を要求してたのは、主にチョンとチャンコロ及びその手先のタカリ屋民族でしたが。

804 :世界@名無史さん:2006/12/24(日) 17:41:36 0
>>803
在日外国人も被害を受けたなら、主張していいと思いますよ。

大人、子供関係なく無差別に大量に殺すのを解かってて使用したわけだから
別の選択肢もあったんじゃないでしょうか。
それで謝罪を要求したのが、、、って件はちょっと心ないですね。

805 :世界@名無史さん:2006/12/24(日) 18:22:43 0
アメリカシンパなら原爆肯定なのか?

アメリカは偉大な国だが原爆を落とした言う行為は嫌い
罪を憎んで人を憎まず

806 :世界@名無史さん:2006/12/24(日) 19:42:40 0
>>802
つまりお前のモラルはその程度のものでしかないという事。
貴様が人でなしだからといってみなそう判断するとおもうな。
このくずめが。

807 :世界@名無史さん:2006/12/24(日) 19:43:35 0
>>805
トルーマンを選んだのはアメリカ人。
アメリカ人が原爆を肯定する選良を選んだわけだが。

808 :世界@名無史さん:2006/12/24(日) 20:55:31 0
正義は必ず勝つ


809 :世界@名無史さん:2006/12/25(月) 01:30:36 0
本来は人を憎んで罪を憎まずが正しい

810 :世界@名無史さん:2006/12/25(月) 02:05:12 0
>>809
正解、アメリカ人はインディアンに土地をかえし、原爆を謝罪し、ヨーロッパに引き上げるべきだ。

811 :世界@名無史さん:2006/12/25(月) 02:06:57 0
アメリカが原爆落とさなけりゃソ連が核持って落としただろう
そして日本はソ連の占領下に置かれ奴隷に・・・。
赤の奴隷よりアメの弟になった方がマシだっつーの

812 :世界@名無史さん:2006/12/25(月) 02:13:04 0
>>810
だったら倭人もアイヌ人に北海道を返すんだな。

813 :世界@名無史さん:2006/12/25(月) 02:16:16 0
白人のアメリカ大陸入植は間違いではない。
あの広大なアメリカ大陸をインディアンだけで
1人占めにできるはずがなかろう。
そもそもインディアンが先住民だった証拠だってないんだし。


814 :世界@名無史さん:2006/12/25(月) 05:37:55 0
宗教という心の教育を受けてない土人が科学技術持つとダメですな。

815 :世界@名無史さん:2006/12/25(月) 10:48:06 0
アメリカは貧乏人につらい国。
さっき加藤茶が大動脈瘤で2週間生死をさまよっていたとか記者会見していたが、
ああいう高額医療は日本の場合、ほとんど保険でかえってくる(それでも三割にアップしたが)
アメリカであんな手術うけようものなら、何千万レベルで、貧乏人はマジしんでくれる?なせ階である。
つまりマイノリティや社会的弱者はみんな死んでいく世界だ。
白人だけがいきのこり、黒人やインディアンはスポーツ選手でもない限り盲腸レベルでもまともな
治療をうけられrずに死んでいく。
それがアメリカという国だよ。
救急車呼んだだけでウン万円の世界だ。
それがキリスト教の「精神」であり、キリスト教のいう「神の愛」なわけだ。

816 :世界@名無史さん:2006/12/25(月) 12:30:24 0
【アメリカ】ソニーもバレた・・・野放しだった偽ブログの口コミ広告が、規制の対象に
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1167015515/

817 :世界@名無史さん:2006/12/25(月) 12:58:20 0
>>815
甘えた病人や年寄りが少なそうな国で魅力的ですね。

818 :世界@名無史さん:2006/12/25(月) 22:22:38 0
>>815
>黒人やインディアンはスポーツ選手でもない限り盲腸レベルでもまともな
>治療をうけられrずに死んでいく。

バカだな。黒人国家の黒人や中南米のインディアンはもっと貧しいんだぞ。


819 :世界@名無史さん:2006/12/25(月) 22:29:20 0
日本もアメリカに近づいて、貧乏人にはつらい国になりつつ
あるんだが

820 :世界@名無史さん:2006/12/25(月) 22:39:02 0
>>818
そういう地域が貧しい理由は米国や多国籍企業による収奪があるからです。


821 :世界@名無史さん:2006/12/26(火) 04:00:48 0
アメリカ合衆国の歴史偉業と言えば、PC市場を開拓し情報産業の基礎を
築いたこと。
そして、その偉業にPS3などを持ち出し抵抗してるのが日本。
だが、PS3にしろwiiにしろこれらのハードにはアメリカ製CPUを元に作られた
CPUが入っているし、市販のPCの中身はINTEL AMD またCPUアーキテクチャは
殆どアメリカ技術
独自の技術を築けずに反米を取る日本の情報産業。
特にソニーpowerやmips nvidiaの技術を使っておきながら反米をとる愚かな
企業。

822 :世界@名無史さん:2006/12/26(火) 04:32:34 0
アメリカの保険制度は高額で実質富裕層しかはいれない。
日本も貧乏人にはつらい国と書いている人がいるが、
向こうは保険制度なんて民間のしかないから10割だ。
ちょっとした難病どころか、ありふれた盲腸や結石の類でも
庶民ですら高負担、ましてやマイノリティともなれば
治療すら実質不可能だ。
狡猾な白人国家はたくみに先住者や黒人の人口抑制を図っていると
いうわけで、これが自称民主主義の正体だわな。

823 :世界@名無史さん:2006/12/26(火) 04:44:10 0
>>822
実力主義な分、日本よりマシですね。

824 :世界@名無史さん:2006/12/26(火) 15:12:02 0
>独自の技術を築けずに反米を取る日本の情報産業。

そうなの?

825 :世界@名無史さん:2006/12/26(火) 21:12:04 0
>>822
おまえが日本と比較してるじゃんか。
もう少し、エゴを抜きに客観的な視点で世界を見ようね。

826 :世界@名無史さん:2006/12/26(火) 21:16:41 0
>>825
自我、利己性を抜きにして、客観的に、世界を、見る?

どうやって偉業を讃えるんだろう・・・

827 :世界@名無史さん:2006/12/26(火) 22:16:36 0
>>823
生存権は最低限の人権です。
それすら放棄するアメリカは民主国家ではない。

828 :世界@名無史さん:2006/12/26(火) 22:33:34 0
>>827
安心しろ、日本も直にそうなる
しかも、民主的に運営された政府の元でだ

829 :世界@名無史さん:2006/12/26(火) 23:03:35 0
>>828
意味不明。
健康保険制度まだ維持されているし
保険制度消滅して自己責任になったら
自殺者や病死者が続出するだろうけど、
そうなってないし。

830 :世界@名無史さん:2006/12/27(水) 01:23:24 0
日本の多くの病院が、医療費未払いで悩んでいる。
そのうち、貧乏人は医療行為は拒否。
アメリカと同じようになるのだろうか?

831 :アンチ偽善者:2006/12/27(水) 01:48:33 0
>>830
ダメなものは何をやってもダメ、トドメを刺した方が慈悲深い。

832 :世界@名無史さん:2006/12/27(水) 03:08:20 0
>>829
日本はアメリカの2倍も自殺してるのだが。
まあ、世界一多い寝たきり老人が自殺してないのだから
ましなのか。



833 :世界@名無史さん:2006/12/27(水) 03:12:32 0
スレ違いかもしれんが、北海道と沖縄は日本から独立したほうが繁栄すると違うか?
日本の所得格差は人種じゃなく地方から始まっている。
東京と北海道で平均所得が200万円ぐらい違う。


834 :世界@名無史さん:2006/12/27(水) 03:24:33 0
親中傀儡政権を沖縄で独立させたら即座に琉球族自治区として併合アルヨ
親露傀儡政権が北海道で独立したら即座にイェゾフスカヤ民族管区として併合するウラー

835 :世界@名無史さん:2006/12/27(水) 06:45:19 0
>>834
中国は今急成長している。
日本よりよほど豊かなんですけど。

836 :世界@名無史さん:2006/12/27(水) 07:55:00 0
>>835
おいおい、中国国内の地域格差や都市農村格差、貧富の差は、
日本どころじゃないぞ

上海とかだけ見てものを言うな

837 :世界@名無史さん:2006/12/27(水) 07:56:27 0
>>835は香港在住の中国人

838 :世界@名無史さん:2006/12/27(水) 08:00:01 0
一国二制度の活力は中国の活力源。
香港に続いて台湾も統合されるなら、
沖縄の独自性を認めず、米国の植民地と化している
沖縄はむしろ中華連邦の一員として一国2制度を
保障師弟くれる中国の方が幸福になれる。
西側はいわゆる弱者差別の世界だし。
魅力がかんじられない。

839 :世界@名無史さん:2006/12/27(水) 12:51:35 0
ボストン葉っぱ事件。

840 :世界@名無史さん:2006/12/27(水) 21:14:27 0
>>838
プロパー活動乙

841 :世界@名無史さん:2006/12/27(水) 21:45:18 0
日本では、7年連続で年間3万人が自殺している。


842 :世界@名無史さん:2006/12/28(木) 00:38:18 0
世界一の超高齢社会が半世紀あまりつづくから、
もっと増えるだろうな。

843 :世界@名無史さん:2006/12/28(木) 00:56:43 0
あまり知られていない話だが、センテナリアン(100歳以上)の人口は
未だに日本よりアメリカのほうが多い。100歳以上の人口は、
アメリカが2004年時点で7万2000人以上、
ttp://www.koreisha.com/04.5image/n5.31.html
中国が2004年時点で1万7800人。
ttp://j1.people.com.cn/2004/10/12/jp20041012_44199.html
日本が2005年の時点で2万5554人だそうだ。
ttp://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1126877479

センテナリアンの人口比率はアメリカのほうが高い。
しかもアメリカのセンテナリアンは6割が自活しているが、
日本のほうはほとんどが寝たきりらしい。


844 :世界@名無史さん:2006/12/28(木) 03:18:57 0
第二次大戦はきっと起こってないんだろうな。

845 :世界@名無史さん:2006/12/28(木) 14:29:12 0
俺が思うに嫌米厨のアメリカ嫌いは厨坊が意味もなく親や教師に反抗するのと同じ現象だと思う。
本当なら年を取るにつれて目上の相手との付き合いかたを学んでいくはずなのに、嫌米厨は大人になっても反抗期から脱出できない

846 :世界@名無史さん:2006/12/28(木) 19:32:54 0
【米国】イスラム教のモスク建設なら「金曜日の夜の豚レース」で対抗と反発 米テキサス州で地元住民[12/28]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1167279734/l50

アメリカのイスラム教徒と言えば、かつてマルコムXが師事した
イライジャ・ムハマドによるネイション・オブ・イスラムが
有名だが、近年この組織を取り仕切ってるルイス・ファラカーン
は、かの文鮮明の資金援助を得ており、ヒップホップの世界に
擦り寄って存在感を誇示しようとしていることで、音楽業界でも
非常に胡散臭い人物として有名。

http://www.youtube.com/watch?v=E1u2MqTsacM

ただでさえネイション・オブ・イスラムの50〜60年代の急進的な
運動で特に保守派にイメージの悪かったイスラム教だったから、
911以降はもう言語道断ってとこだろうね。

俺、アパート経営してるんだが、
まあやっぱり既存文化とトラブル起こすんだわ。
イスラム教徒に限らず外国人全般って。
で、ちょっと注意というかお願いしても、
「宗教の自由」とか言い出すんだよな。
こういう事が堂々といえるアメリカはちと羨ましい。

847 :世界@名無史さん:2006/12/28(木) 19:43:29 0
日本には、キリスト教徒やイスラム教徒の国会議員っているの?

848 :世界@名無史さん:2006/12/28(木) 20:01:30 0
いるかも何も総理になってますが。

849 :世界@名無史さん:2006/12/28(木) 20:27:23 0
片山、大平の二人がクリスチャン首相。

850 :世界@名無史さん:2006/12/28(木) 20:30:31 0
麻生はカトリック。

851 :世界@名無史さん:2006/12/28(木) 20:48:31 0
安倍晋三が統一教会

852 :世界@名無史さん:2006/12/29(金) 00:27:45 0
>>845
事実書くとアメリカ嫌いって子供ですかw

853 :世界@名無史さん:2006/12/29(金) 00:32:39 0
>>846
キリスト教原理主義国だから、イスラムをターゲットにしているだけ。
キリスト教団体の進化論反対運動はなぜかこのスレでターゲットにされないのに
アパートひとつをクローズアップされる不思議。
マイノリティはあらゆる状況で差別の口実にされ、ヘイトにつながっていく。
アメリカはそういう意味で差別大国だ。

854 :世界@名無史さん:2006/12/29(金) 01:13:22 0
>>852
>事実書くとアメリカ嫌いって子供ですかw

詭弁だね。書いているのが事実だとしても評価にはバランスと客観性が重要だ。

>>853
>キリスト教原理主義国だから、

レッテル貼りするのも詭弁のうち。
アメリカがキリスト教原理主義国というのも恣意的な解釈でしかない。


855 :世界@名無史さん:2006/12/29(金) 01:23:01 0
>>853
>アメリカはそういう意味で差別大国だ。

多民族で自由競争の民主主義国家では、
世界的にはアメリカはむしろ差別が少ないほうだろう。
日本では、アイヌ人の失業率は倭人より倍は高いらしいが、
これが人種差別が原因なのかアイヌ人に問題があるのかは
恣意的な判断にまかされる。


856 :世界@名無史さん:2006/12/29(金) 01:30:42 0
>>852
>事実書くとアメリカ嫌いって子供ですかw

そもそも、ここは「アメリカ合衆国の歴史的偉業を讃えるスレ」では?


857 :世界@名無史さん:2006/12/29(金) 02:08:25 0
>>854
進化論を否定する連中の横槍で、教科書に両論併記なんてトンデモやる国はアメリカ「だけ」なんですけど。
イランをはじめとするイスラム諸国はそんなことやっていないのに。

858 :世界@名無史さん:2006/12/29(金) 02:13:21 0
アメリカ最大の偉業、それは未来学者アルビン・トフラーが言うところの「第三の波」、
すなわち、農業革命,産業革命に続く第三の波である情報革命の発展にある。
1000年後、インターネットの発祥地アメリカは、イギリスの産業革命とともに情報革命の
発祥地として高く評価されていることだろう。


859 :世界@名無史さん:2006/12/29(金) 04:39:08 0
農業革命の発祥の地も産業革命の地も
今あんま高く評価されてるように見えんが。

860 :世界@名無史さん:2006/12/29(金) 04:53:42 0
アメリカ人がヨーロッパ人や日本人のように文明的になれるのはいつのことやら.

861 :世界@名無史さん:2006/12/29(金) 05:10:36 0
>>860
フロンティアスピリッツですから。
地球制覇したら次も開拓しないと気が済まない連中です。

862 :世界@名無史さん:2006/12/29(金) 06:47:00 0
>>858
にしては、オフィスがなかなかなくならないな
ついでに、お役所や民間オフィスも技術的には消滅も夢ではないと思うのだが

863 :世界@名無史さん:2006/12/29(金) 12:36:12 0
アポロ11号の月面着陸というのは、人類史上最大の歴史的大偉業だったと
断言できるでしょう。これは、マゼラン艦隊の世界一周やアムンゼンの南極点到達、
ライト兄弟の初飛行より偉業としては上でしょう。人類が初めて火を使った以上の快挙です。
人類の歴史のみならず、地球の生物が他の天体に一歩を踏み出したというのは、
両生類のイクチオステガが初めて海から上陸して陸地を歩いたぐらい地球生命38億年の歴史で
画期的な出来事と言えるでしょう。
アームストロング船長は謙虚に「人類にとっては巨大な跳躍」なんて言ってるけど、人類じゃなく
地球生物にとってですよ。人類の大偉業ではなく地球生物38億年の大偉業です。


864 :世界@名無史さん:2006/12/29(金) 20:53:00 0
アメリカは普通に暮らしているイラクを侵略し、傀儡政権を樹立した上、国内が混乱すると
元大統領を死刑にしようとしている。
何の権利があってそんな事をするんだか。
歴史的大愚行だよ。

865 :世界@名無史さん:2006/12/29(金) 21:14:52 0
>>863
地球生物38億年で初めて地球を出たんですか?凄いですね。

866 :世界@名無史さん:2006/12/29(金) 22:40:41 0
>>864
ここは愚行ではなく偉業を語るスレです。

867 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 00:27:45 0
>>863
あれ捏造だともっぱらの噂

868 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 00:46:12 0
>>867
やっぱり噂を盲信するバカが吊れたな。
それは古くからの宇宙マニアにとっては次元の低いネタだよ。「第三の選択」と大差ない。
捏造を支持している宇宙科学者なんていない。少なくとも日本には。
>>857の香具師が言ってるように、アメリカにはキリスト教のイデオロギーから
進化論や宇宙論を否定する集団までいるから、こんな次元の低いネタが受けるんだよ。
アポロ飛行士が月面でUFOの基地を見た説のほうが信憑性がある。


869 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 00:54:47 0
>>867
宇宙開発評論家の江藤巌氏も疑惑はきっぱり否定しているよ。
第一、アポロの月面着陸って20世紀最大のニュースですよ。
これにちいとでも疑惑があったら、韓国のES細胞捏造疑惑どころの話じゃない。
世界中がひっくり返るほどの大騒ぎですよ。反米的なテレビ朝日が黙ってるはずがないし、
真面目な報道番組で特集を組んで報道するだろう。
そのぐらいのことは、ちょっと想像力を働かせれば気づきそうなもんだけどね。


870 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 00:56:44 0
アポロは捏造だよ当時の技術で月に行くなど無理
>>869
朝日か忘れたが特集番組は昔やった

871 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 01:00:34 0
副島隆彦って反米プロパガンダの執筆で儲けてる評論家がいるんだが、
そいつがアポロ疑惑のネタで本を書いてトンデモ本大賞を受賞したな。


872 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 01:15:19 0
>>870
>アポロは捏造だよ当時の技術で月に行くなど無理

アポロ飛行士は月面にレーザー反射器を6ヶ所に設置して
これを世界中の科学者が地球と月の距離を測ったりするのに使っている。
日本の科学者も使っている。それにソ連をはじめ各国の電波天文台が
月面のアポロ飛行士とヒューストンの交信を傍受している
ちゃんと着陸しているのは120%間違いない。
あと月の石もお忘れなく。これは日本の科学者も検証している。

>朝日か忘れたが特集番組は昔やった

それって爆笑問題が司会のバラエティ番組じゃないの。
テレビもお笑い芸人が司会のお笑い番組でしか放送できない。
良識ある視聴者から番組の嘘やトリックに抗議が入っても、
「あれはお笑い番組ですから・・・」と言い訳できるからだ。

873 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 01:36:49 0
当時のニクソン大統領は、アポロ11号の月面着陸が失敗して月面で犠牲者が出た
ケースにそなえて哀悼のスピーチまで事前に用意していたそうだ。
ベトナム戦争のニクソンの「核使用提案」と同様に、その後の情報公開法であきらかに
なっている。あの大統領らしい生々しいエピソードじゃないか。


874 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 01:39:01 0
>>864
1人の天才と99人の馬鹿がいるように、

1つの偉業の影に99の愚行があるんだよ

875 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 01:57:13 0
地球の裏側にある国を侵略して傀儡政権を樹立なんて
超大国でなければできないからな。
他の国が同じことをすればアメリカから制裁を受けるから
怖くてできないのさ。


876 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 02:22:05 0
30年ほど前の傀儡政権では随分と痛手は負ったものの

877 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 02:48:13 0
>>872の訂正
6ヶ所に設置したのは地震計だった。レーザー反射器は3ヶ所です。


878 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 02:53:16 0
米政府がクローン肉の表示を義務付けず、輸出も制限しないと表明したが、
「歴史的」偉業とやらをこれでもかと達成する国だなwwwww

狂牛病もどきの牛につづいてクローン肉か・・・・・
このスレのアメリカ基地外どもはどんだけ精神的奴隷になれば気がすむんだよ。

879 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 02:55:53 0
>>878
それを偉業とするのは、オウムの麻原を偉人とするようなもんだぞ。
つくづく詭弁の多い人だね。


880 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/12/30(土) 02:56:29 0
右翼の実験、左翼の実験・・・。

881 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 02:58:25 0
とんまだな

狂牛病煽りしてるのはアメリカ自体だろ・・・・

882 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/12/30(土) 03:02:24 0
議員・選挙板にでも行くか・・・。

883 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/12/30(土) 03:18:16 0
>>1
日帝の息の根を止めた。


884 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 03:52:48 0
ナチスの息の根を止めた。
ソ連との冷戦に勝利した。


885 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 06:01:37 0
>>879
皮肉もわからない低脳がいるようだな

886 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 06:57:26 0
荒れてますね。
まあ、米国が偉業達成は運命でしょう。

887 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 07:01:03 0
アメリカでは、上位1パーセントの富裕層が、国家の富の50パーセント以上を独占している。

アメリカの民主主義とか自由主義経済というのは、上位数パーセントの人間たちの利益を確保するためにのみ機能するように調整されている。
たとえば、アメリカ大統領は一見、国民の直接選挙によって決められるように見えている。
が、実のところ、大統領候補者は、党大会にノミネートされる時点ですでに例の数パーセントの金持ちたちによって承認済みであり、候補者のうち最終的に誰が大統領になろうが、上位数パーセントの人間たちの利益を最大限に保守することが契約されている。
もしも大統領に就任したのち、金持ちとの契約を無視した政策をとったりしたら、暗殺されるのが落ちだ。
国民は、数パーセントの人間によって定められた範囲内でのみ自由なのだ。

選ばれた1パーセントの人間が、残り99パーセントの人間全体を集めたよりも価値ある存在であることは、いかなる時代・地域においても妥当する。よってアメリカのやり方は理にかなっているというわけだ。


888 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 07:21:45 0
>>887
今の日本もそうなりつつあるというか、マジでザビ家も悪だが、連邦も悪な時代の到来だな。
米国が勝とうが、中国が勝とうが、日本がこのまま権力者にとって安泰であろうが、
庶民には地獄だよ。

889 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 09:06:40 0
日本はより美しくなっていくんだよねw

890 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 09:29:23 0
>>888
何時の時代も正義の国家なんて存在しない。
ただ誰もが良くありたい、そう切に願っている。
ケネディはフルシチョフに
「我々が目指す物は同じなのですから…」と言ったそうである。
道は違えども。

891 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 13:17:58 0
フセインは自分のしたことの割と末節のところ(他人事としてみればね)で死刑にされて
不本意だっただろう、
シーア派鎮圧は内政問題。アメリカが口を挟むべきことではない。
おそらくはブッシュ大統領による「指令」なんだろうが・・・・・

892 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 14:12:03 0
http://www.yomiuri.co.jp/feature/fe4500/news/20061228i114.htm
フォード元大統領“遺言”「イラク戦争は過ち」…米紙




893 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 14:56:48 0
>>853
進化論については、イスラム教もキリスト教も否定的だったかと…。
基本的には同じ神様信じてるからね。

894 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 15:03:02 0
>>870は、>>872で軽く論破されて遁走したのかな?
まあバラエティ番組のネタだけが先行した話題に
ろくなものはないよ。


895 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 15:14:23 0
>>892
カーターやフォードといい、平和主義者ほど政治が駄目だ。
二人ともソ連にさんざん騙された。
まあ、アメリカ大統領は代々凡人なんだけど、それは日本も同じか。


896 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 15:16:24 0
◆「共産主義黒書」
 平成9年(1997)にフランスで刊行された「共産主義黒書」は、
共産主義の犯罪を厳しく検証しています。編者ステファン・クルトワによると、
共産主義による犠牲者は、8,000万人から1億人にのぼるとされます。
この数字は、ヒトラー・ナチズムによる犠牲者数とされる2,500万人を
軽く上回ります。クルトワは同書において、共産主義体制により殺害された
犠牲者数の国・地域別の一覧を提示しています。
それによると、

 ソ連       2,000万人
 中国      6,500万人
 ベトナム      100万人
 北朝鮮       200万人
 カンボジア     200万人
 東欧         100万人
 ラテンアメリカ    15万人
 アフリカ       170万人
 アフガニスタン  150万人
 コミンテルンと権力を握っていない共産党 約1万人
----------------------------------
 総計         約1億人
となっています。

アメリカは共産主義者の魔の手から世界を救ったのだ。


897 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 15:40:08 0
フセインの死刑執行、住民虐殺「人道に対する罪」
12月30日14時46分配信 読売新聞
 【カイロ=長谷川由紀】イラク中部ドゥジャイルのイスラム教シーア派住民148人を殺害した
「人道に対する罪」で死刑が確定していた同国元大統領サダム・フセイン(69)に対し、絞首刑に
よる死刑が30日午前6時(日本時間同日正午)ごろ執行された。
 同国国営テレビが伝えた。約30年にわたり同国を強権支配、2003年のイラク戦争で政権の座を
追われた独裁者は、自国民の手で裁かれ、「罪人」として刑死した。
最終更新:12月30日14時46分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061230-00000002-yom-int

 この世に 悪が栄えた ためし無し!


898 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 15:55:40 0
アメリカ万歳!

899 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 16:22:28 0
アメリカ最高とかいってる奴って原始人?
アメリカが日本に勝る所は犯罪ぐらい

900 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 16:38:03 0
■ おすすめ2ちゃんねる 開発中。。。 by FOX ★
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
春から小学校教師になるんだが性癖が治らない [人生相談]

こういう奴がいるんじゃ、まともな議論には成らんわな。

901 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 16:54:18 0
【米国】ネバダ次期州知事に”わいせつ“疑惑 被害女性の主張認められず[12/30]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1167462888/l50

ネバダといえば長崎 核実験場で有名な州ね。
アメリカ本土で最も高い山・ホイットニー山を有するシエラネバダ山脈のお膝元。
ホイットニー山は富士山よりも遥かに高い山なんだよ。

902 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 16:57:39 0
【英国】英、60年かけ第二次世界大戦復興資金を完済 米国とカナダへ1兆1200億円[12/30]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1167446177/

遅っ
日本は七十年代に完済したが
たったこれだけの額を返すのにこんなに時間掛かったのか。
これ以上の額を簡単に敵性国家に援助してしまう日本って…。

まぁ、大英帝国が借金ふみたおしたとあっちゃ〜、
英王室が軽く見られるからな、それはできんだろ。




903 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 17:28:08 0
>>899必死だなw


904 :世界@名無史さん:2007/01/09(火) 17:50:16 0
愛人を斧で叩き殺したウィリアム・ケムラーは、電気椅子に初めて座る栄誉を授かった。
ところが、この文明の利器がまだ開発段階だったためにトンデモない目に遭うことになる。

ケムラーが悲惨な死を迎えた背景には、トーマス・エジソンとジョージ・ウェスティングハウスの熾烈な商売争いがあった。
(略)特に直流と交流を巡るニコラ・テスラとの対立は有名だ。直流を好んだエジソンは、交流の優位性を主張する
部下のテスラを蔑ろにし、退社に追い込んだのだ。
 このテスラの研究に投資したのが、エアブレーキの発明者にして「ウェスティングハウス・エレクトリック」
社長のジョージ・ウェスティングハウスである。やがてテスラが完成させた交流発電機をナイヤガラの滝に配備すると、
直流のエジソンに対抗する交流の電気ビジネスを開始した。
大衆の評価を得たのは交流の方だった。テスラの主張が正しかったのだ。
この見込み違いは大きい。

株主に突き上げられたエジソンは、大々的なネガティブ・キャンペーンを実施した。
各地でイベントを催し、観客の眼の前で犬や猫を感電死させて交流の危険性をアピールしたのだ。
そして、このキャンペーンの延長線上で開発されたのが、他ならぬ電気椅子だったのである。

 イベントを取り仕切っていたのはエジソンの右腕、ハロルド・ブラウンだった。彼は平然と犬や猫、
時には象を感電死させて、
「交流は収容所の犬や屠殺場の家畜を殺すことのみに適しています」。
 と断言した後、ニヤリと笑ってアメリカン・ジョークをかました。
「そして、死刑囚の死刑にもね」。

商売仇のウェスティングハウスも黙ってはいない。ケムラーために
弁護士を雇って、電気処刑は非人道的な処刑ゆえに違憲であると最高裁に訴えさせた。
しかし、自ら出廷して熱弁を振うエジソンの前には色がなかった。


なにしろ判事は電気に関してはシロウトである。
「発明王が云ってるんだから、そうなんだろう」ということで、この訴えは却下された。




905 :世界@名無史さん:2007/01/09(火) 17:51:33 0
>>904
2度目は電圧を2000ボルトに上げて、70秒間も流し続けた。
次第に肉の焦げる臭いが立ち篭め、遂には頭から煙が立ち上り、
電流を止めると炎が上がった。感電死どころではない。
ケムラーは黒焦げにされて死んだのだ。

 世論は賛否両論だった。或る者は科学の進歩を讃え、また或る者はその非人道性に憤った。
エジソンは技術面の改善を厳命されたが、肉が焦げなくなるまでには更に10年の月日を要したという。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~madison/murder/text2/kemmler.html



906 :世界@名無史さん:2007/01/09(火) 17:57:48 0
>>902
アメリカ合衆国は不良資産を外国資本に購入させる形で債権を踏み倒した歴史を持つ。

907 :世界@名無史さん:2007/01/09(火) 22:00:56 0
>>904
もうこの時代からネガティブ・キャンペーンしてたんですね

908 :世界@名無史さん:2007/01/11(木) 22:29:42 0
人類は卑劣なるテロリズムに屈してはならない。ジーク・アメリカ!

909 :世界@名無史さん:2007/01/15(月) 02:36:08 0
アポロ11号の月面着陸というのは、人類史上最大の歴史的大偉業だったと
断言できるでしょう。これは、マゼラン艦隊の世界一周やアムンゼンの南極点到達、
ライト兄弟の初飛行より偉業としては上でしょう。人類が初めて火を使った以上の快挙です。
人類の歴史のみならず、地球の生物が他の天体に一歩を踏み出したというのは、
両生類のイクチオステガが初めて海から上陸して陸地を歩いたぐらい地球生命38億年の歴史で
画期的な出来事と言えるでしょう。
アームストロング船長は謙虚に「人類にとっては巨大な跳躍」なんて言ってるけど、人類じゃなく
地球生物にとってですよ。人類の大偉業ではなく地球生物38億年の大偉業です。


910 :世界@名無史さん:2007/01/15(月) 02:40:35 0
ほんとうに月にいったのかな俺はうそ臭いと考えている。

911 :世界@名無史さん:2007/01/15(月) 02:50:13 0
>>910
やっぱり吊れる恥ずかしい香具師がいるよw


912 :世界@名無史さん:2007/01/15(月) 02:58:19 0
>>910
南京大虐殺が捏造だったと主張する歴史学者はいるかもしれないが、
月面着陸を捏造だったと主張する宇宙学者はいないんだよ。
それはなぜか?
学術的な物的証拠が山のように存在するからだ。
だから捏造説を支持するのは視聴率に飢えたプロデューサーやトンデモ作家、
副島隆彦のような科学知識のない文化系評論家とかトンデモさんばかり。


913 :世界@名無史さん:2007/01/15(月) 03:15:09 0
酸素がないのになんでロケットで飛び続けられるんだ。
常識的にかんがえてありえないだろ・・・・・

914 :世界@名無史さん:2007/01/15(月) 09:35:52 0
前やってたTV番組で宇宙船の映像にコーラ?が映ってたらしいな。
さすが宇宙でも共通語はアメリカンだな

915 :世界@名無史さん:2007/01/15(月) 22:50:39 0
>>914
番組名教えて?

916 :世界@名無史さん:2007/01/16(火) 07:15:26 0
>>910
「第三の選択」って知ってるか?
アメリカが既に火星に有人基地を作っていてそれを隠蔽している陰謀論。
「アポロ疑惑」なんてそれと大差ない次元の陰謀論だよ。


917 :世界@名無史さん:2007/01/17(水) 20:58:33 0
アメリカ文化は一言でまとめると
チンピラDQN文化

日本人もハリウッド映画の影響で
国民が総DQN化してしまった
いいかげん、このアホでマヌケなアメリカから
卒業しなければならない



918 :世界@名無史さん:2007/01/17(水) 21:17:47 0
>>917
アホでマヌケは日本人だろう。
そんなアメリカに150年も頭が上がらないんだから。


919 :世界@名無史さん:2007/01/17(水) 21:24:44 0
>>918
がんばっとるな朝鮮人w
アメリカに尻尾ふろうが所詮三流ミンジョクwwww

920 :世界@名無史さん:2007/01/17(水) 21:29:52 0
アメリカの大偉業
・日本に250年の鎖国から開国させたこと
・日本を占領して軍国主義を崩壊させたこと
・世界を共産主義者の魔の手から救ったこと


921 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2007/01/17(水) 21:31:57 0
ミアーズみたいな人物は尊敬するがね。自己批判の精神がある。

922 :世界@名無史さん:2007/01/17(水) 21:49:47 O
・アメリカの業績


極東における反共防壁第二ラインにして
絶対防衛線であった日本の赤化を防ぐため、
傀儡自民党を利用することにより日本人自身の頭による愚衆失政を阻止、
さらには世界の潮流に先立つこと半世紀の
日本→アメリカ片面的自由貿易によりその国富を
アメリカ労働者の犠牲と引き換えに惜しげもなくじゃぶじゃぶ注ぎ込む。
安全保障に関しても、アメリカがすべての泥をかぶることで
日本人に安全な地位から脳内お花畑を展開することを可能ならしめた。
この結果、日本は労せずしてブクブク肥え太り、経済大国となった。
ついでに韓国も、日本を守るための冷戦最前線として
アメリカからそこそこの経済力を与えられた。

923 :世界@名無史さん:2007/01/17(水) 21:55:45 0
結論を言う。全て男が悪い。

大人の男の癖に、最近、遊ぶこと覚えたよね?昔なんか、20過ぎた男なんか人生捨ててた。一生奴隷のように社会で働き続け、
夜も帰ってきてるところを見ないぐらい遅いのが当たり前だった。そう言う覚悟を持ってた。
男に娯楽だ休息だなんてものは、必要ないの。

それをなんで、大の男が私らがするようなことしていいの?それ自体がおかしい。大人になってテレビ見て笑っていいのは、女性だけ。
コンサートとか、アイドルとか、テレビ番組に夢中になっていいのも女性か少年少女だけ。
野太い男の声なんかがテレビで放送されたら不快でしかない。そんな人権ねーんだよ。

それから、女性が職を奪ってるのに主夫になれないと言う意見。これ、論外ね。男は女性をどれだけ幸せにするかと言うのが性役割。
女性は男にどれだけ幸せにしてもらうかが性役割。

だから、男による保護と言う保険を持ちながら、社会進出にも挑戦でき、
その時一切女性差別なく採用され、気軽にいつやめても大丈夫なように
夫は常に総合職で働いてるのは当たり前のこと。

男が働いてないと女性が仕事嫌になったときやめられなくなるでしょうが。
大体、男の癖に主夫なんかになれると思ってるその神経が終わってる。男にそんな権利ねーんだよ。
お前金玉ついてんの?お前の運命はその金玉ぶら下げてる時点で確定してる。
女性のように幸せになる権利なんかねーんだよ。

21世紀レベルの女性の幸せとは
「働きたくなければ働かなくてもよく、働きたければ働いてもよく、辛くなったらいつでもやめていい。
主婦と言っても料理が出来ないといけない、裁縫が出来ないといけないなどと言う女性差別を言われない。」
これ。その要求水準に男があわせないといけないだけのこと。そんなことも分からんのかね。

グダグダ言ってないでさっさと働けよニート。働かない「男だけ」徴兵しろよ。
女性は子供生む性だもんね。
男の中にも女に媚びてくるるバカサヨ男がいるから、共闘できて助かる。


924 :世界@名無史さん:2007/01/19(金) 14:43:47 0
読む価値が無い駄文

925 :世界@名無史さん:2007/01/24(水) 06:48:22 0
【調査】06年の米生産性の伸び、10年以上ぶりの低水準[01/23]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1169582689/

926 :世界@名無史さん:2007/01/24(水) 21:08:18 0

敗戦後の日本には、「アメリカ通」を自称する何百万人とも知れない
無数の極悪国賊売国奴的「専門家」が出現した。または育成された。
彼等によってこの六十年、日本人の意識の中に注入された猛毒の量は、
尨大である。この惨状に、いかに立ち向かうべきか。

米国の一ドル紙幣に一九三五年以降に印刷され続けている、米国国璽
の秘密を解明すること。それは、我々日本民族有志にとって、最優先
課題の一つであろう。米国にもこの問題についてのまともな文献は、
多くはない。今、入手し得る著作として、三冊挙げて置く。

(1)THE CULT OF THE ALL-SEEING EYE By ROBERT KEITH SPENSER
(2)THE SECRET SYMBOLS OF THE DOLLAR BILL By DAVID OVASON
(3)CODEX MAGICA By Texe Marrs

(1)と(2)の著者はいずれも、チャールス・A・L・トッテン(米陸軍士官)の
著作(一八九七年)に依拠する。今、米国でこの古典的著作がなんらかの
かたちで流通しているかどうかは分らない。(2)項のデーヴィッド・
オヴァーソンの著作は、より詳細にトッテンの著作を引用し、論評する。
少なくとも、日本民族有志は、(1)(2)については、入念な検証と研究を
必須とすべきであろう。

トッテンは、「この共和国(米国のこと)の誕生はミステリー(秘密)である」
と述べたとある。そのミステリーの中の一つは、米国国璽の紋章である。

トッテンは、米国建国の秘密は、直接的には、フランシス・ベーコンの遺著
「ニューアトランティス」(一六二六年)に遡る、と言う。フランシス・ベーコンは、
英国における秘密結社フリーメーソンの首長であった、とされている。

しかし、それだけではない。米国建国の秘密は、超古代エジプト、
そしてシュメール、古代バビロンに由来すると言う。
この問題は今後、尨大な調査研究を必要とするであろう。

927 :世界@名無史さん:2007/01/24(水) 21:37:19 O
ここにきてイラクから撤退したとしたら、どうすんの?暫定政府は?いい加減な事はできないの解るよね?さらに世界中からの批判が高まるねアメリカは!

928 :世界@名無史さん:2007/01/25(木) 20:26:04 0
能天気なマスコミはイラクから米軍を引き上げろとか言ってるけど、ここで引き上げたら暫定政府は崩壊しイラクは戦国時代に
突入するのが分からないのか?

929 :世界@名無史さん:2007/01/25(木) 22:27:44 0
しかし増派で治安回復できる様にも思えない
結局、期限が来て決定通り撤退して行き、イラクはグダグダになっていくんだろう
それでも自身の意志で派兵し、そして撤退したアメリカは何も変わらない

930 :世界@名無史さん:2007/01/26(金) 12:45:33 0
テレビもコンピューターもアメリカの発明。


931 :世界@名無史さん:2007/01/27(土) 20:38:03 0
約189億円の豪邸販売へ、世界最高の値段 米国
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1169888506/l50

豪邸自慢もようわからん

932 :世界@名無史さん:2007/01/27(土) 22:55:59 0
アメリカには日本幻想があると思うね。
第二次大戦で日本を民主主義の国にしてやった、みたいな。
でも日本は戦時中、一時的に軍国化しただけで、もともと民主国だったんだよ。
勿論今のレベルに比べりゃいろいろ問題はあるだろうがね。
戦後は単にそれがアメリカ色が強くなって戻っただけ。

日本での「成功体験」が強烈なせいで、アメリカは世界中でそれを再現
しようとする悪い癖がついちゃったよな。んで、いつも失敗。
結局「成功した」のは日本だけ。なんで「日本だけ」なのか考えりゃ
自分達が日本を民主主義にしたわけじゃないって気がつくだろ、フツー。

相手が民主国家じゃない戦争に勝ったって民主国家になるわけねーじゃん。
民主主義の教育を受けてない国民が一夜で民主主義を覚えるかつーの。
特に貧しい国はまずは開発独裁が必要という場合が多いんだから、
無理に民主主義にすれば混乱と内乱を招くだけ。

民主主義の下地のない国にアメリカができることつたら、将来、よりましに
なりそうな奴を軍事支援するだけ。それを世界中で展開できるのがアメリカ。
唯一の超大国の理由。
民主主義国家を作る力なんて、はなからありゃしないんだって。

933 :世界@名無史さん:2007/01/27(土) 23:13:34 0
>>932
>アメリカには日本幻想があると思うね。
>第二次大戦で日本を民主主義の国にしてやった、みたいな。

まあ、一部の日本人が日本軍がアジアの植民地を解放したと
幻想してるのと似たようなもんだ。


934 :世界@名無史さん:2007/01/28(日) 00:12:19 0
結果としては解放しただろ。
日本は最初から民主主義国家なのとは大違いだ。

935 :世界@名無史さん:2007/01/28(日) 00:14:28 0
>>934
それはギャクで言ってるのかw


936 :世界@名無史さん:2007/01/28(日) 00:17:01 0
>>934
民主主義とは民が主と書くんだ。バカもん。
天皇が神様の八紘一宇では民主主義とは言わん。


937 :世界@名無史さん:2007/01/28(日) 00:23:13 0
山本宣治

938 :世界@名無史さん:2007/01/28(日) 00:57:42 0
>>936
小学生かよ。政治体制の話をしてるんだろ。

939 :世界@名無史さん:2007/01/28(日) 06:29:27 0
とにかくアホで無能で臆病なアメリカ人はイラク何とかしろよ
いまさら撤退とかすんなよ

940 :世界@名無史さん:2007/01/28(日) 13:10:15 0
>>938
基本的人権が守られていないのでは民主国家とはいえない。
神風特攻隊や人間魚雷、インパール作戦を思い出せ。

941 :世界@名無史さん:2007/01/28(日) 13:12:48 0
故・蟹江ぎんさんのお言葉
「マッカーサー元帥は宝の人。お陰で旦那(だんな)衆(地主)から農地が戻ってきた」。


942 :世界@名無史さん:2007/01/28(日) 14:16:40 O
>>940
民主主義と基本的人権の尊重に何の関係が?
近代の日本国民は今でいう人権侵害にあたる行為を
自ら容認・推進していただろうが。
戦時体制下での民主政の放棄も、機動的な戦争遂行を可能にするために
時の民主政が自ら選択したものだ。

943 :世界@名無史さん:2007/01/28(日) 14:44:25 0
>>942必死だなw


944 :世界@名無史さん:2007/01/28(日) 15:50:04 0
>>933

おれ的には第二次大戦は、旧勢力(英仏)と新勢力(日独米)の交代戦争と
新勢力によるNo1争いが同時に起きてたって考えんのが一番しっくりくるね。
戦争の勝敗じゃなくて戦争前後の世界をみりゃ、そのまんまだろ。

日独は敗戦したってのにたった20年で英仏を超えた。
勝っても負けてもいづれそうなる流れだったとしか考え様がない。

で60年たってもアメリカは超えられない。
これもそういうことだったとしか言い様がねーな。
日独にゃ所詮、世界の中心になる力はなかったつーこと。

まあ、個人的には中心なんかになんなくてほんとよかったと思うがね。

945 :世界@名無史さん:2007/01/28(日) 16:31:34 0
>>940
アブグレイブ収容所があるから、アメリカは民主主義国家じゃないな。

946 :世界@名無史さん:2007/01/28(日) 18:01:00 0
>>944
負けて勝つとはこのことだな

288 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)