2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

歴史としての朝鮮戦争

1 :世界@名無史さん:2005/05/30(月) 06:44:20 0
すでに50年が過ぎある程度情報も公開され客観的な評価もできる頃ではないかと。
未だに休戦状態で「何も解決できなかった戦争」なのですが、
戦後の米ソ冷戦構造を決定づけた最初の代理戦争。
明確な前線が存在したWW2型最後の戦争。
東アジア、朝鮮半島の今を語る上で欠かせない戦争等。
あくまでアカデミックな歴史としての朝鮮戦争を語ろう。



2 :世界@名無史さん:2005/05/30(月) 11:10:51 O
2ゲトはほんと久しぶり

3 :世界@名無史さん:2005/05/30(月) 12:16:55 0
神谷不二と和田春樹を読もうと思う

4 :世界@名無史さん:2005/06/08(水) 21:55:33 0
日朝ワールドカップ予選は日本の圧勝ですた。

5 :世界@名無史さん:2005/06/08(水) 23:23:20 0
元山は第二のダンケルクだった。

6 :世界@名無史さん:2005/06/09(木) 00:27:34 0
釜山橋頭堡で日本刀を振るって戦った、韓国第三師団長 金錫源将軍(陸士二十七期卒)に萌え。

7 :国民党員:2005/06/10(金) 14:11:16 0
 白善Y将軍の回顧録「若き将軍の朝鮮戦争」(草思社刊・2600円)を
読んだが感動した。
 もしスターリンが金日成の南進計画にNOを出したら。
 仁川上陸作戦が成功し、38度線で停戦を勧告したら。
 抗美援朝義勇軍が、同じく38度線で停止したら。
 これ程までにIFのつく現代戦争はないだろう。

8 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 12:17:07 0 ?#
この戦争最大の意味。
それは「世界中の子供達が世界史の授業ではじめて朝鮮に触れる事件」
ということだ。これがなければ朝鮮なぞ存在すら認識されない。

9 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 12:20:37 0
>>6
その日本刀はどこで手に入れたもの?
日本将校だった時の軍刀?

10 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 12:23:02 0
日本が南北分断の原因とかアフォなこと言ってないで
さっさと統一しろ。50年以上なにやってんだかw

11 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 22:29:05 0
南北分断はやがてそこが半島のフォッサマグナになる。

12 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 00:20:57 0
>>9
金錫源は太平洋戦争終了時「大佐」だったからたぶん自分のでしょう。
もっとも韓国では李氏朝鮮時代から日本刀を輸入していたから珍しい物ではない。
ちなみ金錫源は北支事変の英雄で、彼のせいで日本軍への朝鮮人志願兵が殺到したとか。

朝鮮戦争当時の韓国軍の士官は元抗日パルチザン、元日本軍・満州国軍、アメリカ軍に教育を受けた者の
ごちゃ混ぜだったが、元パルチザンは軍隊のことはシロウト同然、アメリカ帰りは、まだ若いため
最も活躍、中心になったのは元日本軍・満州国軍の人間だった。上の名将・白善Yも元満州国軍中尉。

13 :世界@名無史さん:2005/06/14(火) 22:11:07 0
日本の残滓なぞさっさと粛清してくれて良かったのに・・・
生半可なことをするから国が栄えてしまったw

14 :世界@名無史さん:2005/06/14(火) 22:52:28 0
>>13
李承晩が親日派を裁判にかけて断罪しようとしたけど、そうすると独立したばかりの国が
立ち行かなくなるってんでウヤムヤですましてしまった。
その彼らが当然のように韓国軍だけでなく、韓国の政治経済をリードした。
そういうわけで「親日派の断罪」には階級闘争的な面もある。

今はもう韓国が発展したのと、軍事政権時代に弾圧されていた民主派が
政権の座についたのと相俟って、親日派追い落とし真っ盛り。
なんか「狡兎死して走狗煮らる」とか、李朝初期の旧勲派と士林派の対立とかを
思い出してしまふ。

15 :世界@名無史さん:2005/06/19(日) 11:56:06 0
>>14
馬鹿な国だねえ。でも斜め上にあるんだよな。

16 :世界@名無史さん:2005/06/19(日) 14:23:07 0
前方部隊で銃乱射事件 8人死亡・2人重傷
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/06/19/20050619000000.html

 19日午前2時30分頃、京畿(キョンギ)道・漣川(ヨンチョン)の中部前線OO部隊の前方歩哨所で、キム某(22)一兵が兵士らの眠っている内務室に手榴弾1発を投げ、K−2小銃を乱射し、小隊長のキム某(26/学軍41期)中尉と小隊員7人の計8人が死亡した。

 また、パク某(22)一兵など小隊員2人が足に銃傷を負い、ヘリで病院に搬送された。命に別条はないと伝えられた。

 陸軍によれば、同部隊所属のキム某一兵が兵士らの眠っていた内務室でこのような事件を起こしており、現在兵士らによって捕まり、陸軍中央捜査団と憲兵隊で調査を受けている。

 キム一兵は大学在学中だった去年12月に入隊し、今年1月14日、現在所属の部隊に編入されたと伝えられた。

 キム一兵は調査で、「普段先任兵士から言葉による暴力に悩まされてきた」とし、警戒勤務を終え次の勤務者を起こす過程で、先任兵士が暴言を吐くと、衝動的に手榴弾を投げ、銃を乱射したと陳述したと伝えられた。

17 :世界@名無史さん:2005/07/05(火) 00:21:20 0
意外にも(笑)朝鮮戦争に詳しいスレッドがあったので:

ニダザーフッド
http://aa5.2ch.net/test/read.cgi/nida/1112377706/l50
@ニダー大好き板より

18 :世界@名無史さん:2005/07/21(木) 19:33:30 0
どっかで聞いた話。
朝鮮戦争のとき少林寺の僧達が参戦して
米兵をばったばった(?)と、拳法で倒したとか。

眉唾だけれども、むちゃオモロイ。

19 :世界@名無史さん:2005/07/21(木) 23:02:34 0
>>18
義和団事件の時の八卦掌の程廷華の話に似ているね。

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/24 18:27:51 ID:zTJnjF1t
20世紀初頭、中国北京に程廷華という武人がいた。
眼鏡屋を営みながら、清朝皇族に八卦掌という功夫を教えていた。
ひどい近眼ながら冗談好きで、非常に義に熱い男であったという。
義和団には批判的だったが、義和団崩壊後に英米仏と共に進駐した
ドイツ軍が北京市民を虐殺しまくることに義憤を感じ、
一人で戦いを挑んだ。ドイツ将兵の銃弾をかいくぐり二十数人を
殴り殺したが、増援部隊到着時に民家の塀の上を走ってるところを
一斉射撃に遭い息絶えた。享年57才。こんな漢が東亜にはいた。


20 :世界@名無史さん:2005/07/23(土) 20:15:38 0

                      __
                     /  \
                    /_☆ _ |.
                  `(´∀`  )┘
                   (    )
                   | | |
                   (_(__)
           白善Y(ペク・ソンヨプ)満軍中尉、韓国陸軍予備役陸軍大将、元陸軍参謀総長・合同参謀会議議長

   軍事板においても屈指のヒーロの1人、10人中10人の嫌韓厨でも、尊敬できる人物といわれる名将の1人。
  今もなお、軍事史研究家や、建国の元勲として反日、反米感情渦巻く祖国を憂いて多くの提言を行っているところ。
   さらに立派なのは、政治・軍事的手腕を悪用して政権の座につかなかった事であろう
  (最も政権を奪ってもロクなことにならないことを察知していたのかも知れない)
                     __
                     /  \
                    /_☆ _ |.
                  `(・∀・.  )┘
                   (    )
                   | | |
                   (_(__)
           白仁Y(ペク・インヨプ)日本陸軍少尉、予備役陸軍中将
 
   ソンヨプの弟、野戦指揮官としての戦績・評価は兄以上。ちなみに韓国軍への入隊は兄よりも先。
  しかし、1960年に部下によって公金横領の濡れ衣を着せられ獄につながれてしまったために、兄ほど有名ではない。
  釈放後は善仁学園という私立学校を創設した。(なお現在は仁川市に買収されて公立学校になっている)
   

21 :世界@名無史さん:2005/07/23(土) 20:25:26 0
平壌は朝鮮戦争で徹底的な爆撃を受けた。
太平洋戦争で日本全土に降り注いだのより多い爆弾が、本州の半分より狭い
北朝鮮に落とされたんだから。

これでは米国憎むのも当たり前。


22 :世界@名無史さん:2005/07/23(土) 23:08:27 0
>>21
それ以上の爆弾を投下されても米国と和解したベトナム人は「異常者」ということでいいんだな?

23 :世界@名無史さん:2005/07/23(土) 23:37:02 0
考えてみれば、大都市の大半を焼け野原にされた挙句ピカドンまで食らった日本にはまるで反米感情がない。

これもある意味異常だな。

24 :世界@名無史さん:2005/07/23(土) 23:44:54 0
ベトナムは「勝った」から、優越感があって寛大になれるともいえる。

しかし朝鮮戦争は「休戦」で、勝ち負けは決定していない。

25 :世界@名無史さん:2005/07/24(日) 00:58:30 0
 それにしても不思議なのは、韓国や日本の一部に、半島が分断されたのは「日本のせいだ」
と主張する人が結構いることだな。
 歴史的に見れば、「最後に」戦争介入した「中国」に一番責任がある、と考えるのが
普通だと思うのだが。それはタブーなの ?

 そお言えば、中国は最初は「義勇軍」が勝手に参戦している、という立場を取って
いたけど、最終的には正式に参戦したんだよね ?

26 :国民党員:2005/07/24(日) 12:00:13 0
>>25
 歴史的には、朝鮮分断について日本の責任はない。アメリカとソ連、それに追従した李承晩や金日成
に責任がある。
 金九を始め、統一朝鮮を主張する政治家は、李や金の放った刺客に殺され分断が固定化された。
しかし、朝鮮人にとっては、侵略戦争を行った日本が分断を免れ、更に朝鮮戦争で特需に潤ったのに
侵略戦争をしてない朝鮮が分断され、同胞同士で血なまぐさい戦争を行った事に憤りを感じる気持ちは
理解してあげましょう。

27 :世界@名無史さん:2005/07/24(日) 12:15:16 0
侵略戦争?自衛のための戦争じゃないの?

28 :世界@名無史さん:2005/07/24(日) 14:29:22 0
>>25 明治日本と李氏朝鮮は主権国家同志での戦争をしておりませんが。

29 :世界@名無史さん:2005/07/24(日) 15:42:20 0
侵略の定義は19世紀の国際法では「とりあえず先に手を出した奴」
って事なので、動機が自衛でも先に手を出しちゃ駄目です。
特に真珠湾奇襲みたいに大戦果を挙げると
アメリカ人は逆に燃えてしまうので、いっそう駄目です。

ただ、この定義だと、侵略=悪、と一概に言えないが。

まあ、韓国人の憤りは分からなくも無いが
八つ当たりには違いない。

30 :世界@名無史さん:2005/07/24(日) 20:49:59 0
>>8
それを言ったら、ベトナムとか、ティエンビエンフーで(rya

>>25-26
「日本のせいで、国民党は共産党に負けた」レベルの言いがかりだね。
正確にいえば、ソ連相手に関特演やって、日ソ中立条約の趣旨を御前会議決定で否定した国が、
なぜかスターリンの対日批判演説の後でも、ソ連仲介の平和を夢見てしまい、
降伏のタイミングを見誤って、日韓共有の利害を損ねたという所なのでせう。
ソ連や共産主義者がいったん居座ったら、南北合同選挙による統一など不可能になる。
日本も北海道取られるかもしれなかったが、日本の領土を守り、天皇の政治責任論議も回避してくれた
マッカーサー元帥に敬礼!

31 :世界@名無史さん:2005/07/24(日) 21:03:09 0
>>30
なに言ってんだ、マッカーサーなんてただの破壊者だ

32 :世界@名無史さん:2005/07/24(日) 21:08:06 0
>>30
まじめな話、仁川まで行って敬礼してきた。

33 :世界@名無史さん:2005/07/24(日) 22:39:19 0
軍事板の朝鮮戦争スレが復活してたので貼っときますね

【祖国】朝鮮戦争を語るスレ【万歳】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1121080972/

34 :国民党員:2005/07/25(月) 05:35:44 0
>>30
「言いがかり」と言えば「言いがかり」でしょうね。
 そもそも1946年のモスクワ協定に基づいて5年間の国連信託統治と朝鮮人が容認すれば
良かった、そうすればオーストリアの様に、永世中立国として統一朝鮮が完成出来たかもしれ
ない。
 李承晩や金日成こそ、朝鮮分断の張本人に違いは無い。

35 :世界@名無史さん:2005/07/25(月) 07:35:51 0
韓国による自国民に対しての虐殺
------------------------------------------
1948年 済州島「四・三事件」 30000人虐殺
1950年 保導連盟事件     300000人虐殺
1951年 居昌事件       8500人虐殺
1951年 国民防衛軍事件   100000人虐殺


36 :世界@名無史さん:2005/07/28(木) 15:46:33 0
ttp://www.geocities.co.jp/Hollywood-Studio/4559/index.html
とりあえず、貼っておきます。

37 :世界@名無史さん:2005/07/28(木) 17:09:16 0
東国(トングック)大学姜禎求(カン・ジョング)教授が27日「韓国戦争は統一戦争で
あるとともに同時に内戦だった」と主張した。

 姜教授は、あるインターネットメディアに寄稿した「マッカーサーをご存知か?」という
コラムで「当時、外国軍がいなかったので身内の戦いであり、すなわち後三国時代の
甄萱(キョンフォン)と弓裔(クンイェ)、王建(太祖、ワン・コン)らがすべて三韓統一の
大義のために互いに戦争をしたように、北朝鮮の指導部が試みた統一戦争だ」と主張
した。

 続いて「韓国の歴史の本のどれを見ても王建や甄萱を侵略者として誹謗することは
なく、むしろ王建を統一大業を成し遂げた偉大な王として推仰している」とした。

 教授は「身内の戦いの統一内戦に外勢の米国が3日介入しなかったならば、戦争は
1カ月以内で終わったはずであり、もちろんわれわれが実際に体験したそのような殺
傷や破壊という悲劇はなかっただろう」とし「まさに米国という存在は、報恩論とは正反
対で、われわれに悲劇と束縛、戦争、6月戦争危機説とともに現在まで続く韓半島戦争
危機を作り出した主犯だ」とした。
 また「ごく少数の人名殺傷に終わった6.25拡大内戦で、あれだけの殺傷と破壊が
米国のせいで起きたことを考えると米国は生命の恩人でなく、生命を奪っていった敵」
と付け加えた。

 姜教授は2001年「8.15平壌(ピョンヤン)統一祝典」に参加したが、万景台(マンギョ
ンデ、金日成生家)芳名録に「万景台精神を受け継いで統一を成し遂げよう」という内容
の文を書いて拘束されたことがある。

※中央日報 http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=66054&servcode=400§code=400

韓国人教授がとてつもない馬鹿げた発言を・・・。

38 :世界@名無史さん:2005/07/28(木) 17:36:18 0
金大中大統領以前にはありえない発言だな。

39 :世界@名無史さん:2005/07/28(木) 18:42:37 0
このままでは大韓民国は滅んぶな

40 :世界@名無史さん:2005/07/28(木) 19:47:45 0
いや、俺も1000年くらい経てば朝鮮戦争も(失敗した)民族統一戦争と評価されるようになると思うよ。
でもね、今更民族主義もないんだよね。かかる価値観が存在したことは認めざるを得ないけど、
21世紀においてはもはや支持するできんわな。
姜禎求教授が批判されるべきは、民族統一戦争という一面があったことを指摘した点においてではなく、
そのような戦争を肯定的に評価した点おいて。

41 :>極右暴力団改憲軍需利権集団が、KIチガイ神社を拠点として活動↑:2005/07/28(木) 19:49:01 0
528 :侵略殺人強盗皇軍兵士による家族殺しを称揚するキchiガイカルト神社:2005/06/17(金) 21:29:34
>http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-06-24/01_01_1.html
>極右暴力団改憲軍需利権集団が、KIチガイ神社を拠点として活動(=Nタイムス、ルモンド)
>http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/gyakusatu.html
>http://yeoseong.korea-htr.com/jyoseihoutei/nisino.htm
>太平洋戦争は日米という卑しいアジア侵略強盗同士が奴隷自国民を駆り立てた殺戮戦であった。
>靖国の英霊たちがアジア侵略強盗殺人の犯罪者若しくは犯罪の共犯者であるという事実から目を逸らしてはならない。
>英霊という侵略殺人の重犯罪者を野放しにして、時代に責任を霧散させて来たモラルが、戦後の無責任を拡大し「平成」の今に至った。
>拉致被害者を葬った金正日天皇北朝鮮軍需利権一派の愛国兵士たちが拉致家族の怒りから逃れる事など出来ないように、
>靖国の英霊たちもアジア数百万の家族を殺した犯罪者であり共犯者である事実から逃れる事は出来ない。
>数人の戦争指導者を連合国に裁いて貰うという怠惰に胡坐をかいて、英霊という個々の犯罪者を見逃してきた。
>靖国の英霊がアジア侵略強盗・家族殺しの犯罪者であり共犯者であるという重い事実を取り除く術などある筈もない。
>オウム裁判のように厄介で気の重いことだが、今、英霊という犯罪者を裁くのは我々戦後生まれ日本国民の義務である。
>アジア侵略の挙句、かけがえの無い家族を殺しておいて、たかが数十年で許されるはずがなかろう。
>靖国の英霊たちに家族を虐殺された被害者の怒りがもう消えたとでも思ってるのか。
>http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-03-17/2005-03-17faq.html
>日本人1697人を虐殺亡霊復活!特高官僚町村金五(田中内閣自治相、信孝現外相の父)たちの平成2005。
>http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-10-31/03_01.html
>北朝鮮の愛国拉致特攻兵士に家族を葬られた拉致被害者の怒りと
>侵略強盗家族殺しの靖国英霊兵士に対するアジアの凄まじい怒りは同じものだ。
>http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-07-01/2005070101_05_3.html
>http://www.h2.dion.ne.jp/~kyokasho/0_conb07.htm

42 :世界@名無史さん:2005/07/28(木) 20:01:21 0
開戦直後、ソウルが攻め込まれた際、大統領や高官はさっさと逃げ出して
漢江にかかる橋爆破してしまったんだよな。だから多数のソウル市民が逃げ遅れ、
市街戦に巻き込まれてしまった。

43 :世界@名無史さん:2005/07/28(木) 23:08:07 0
開戦一ヵ月後から、保導連盟の大虐殺ははじまっている。
主に警察、軍も一部手伝ったといわれ、最終的には30万人以上殺されたといわれる。

44 :世界@名無史さん:2005/07/29(金) 00:38:46 0
朝鮮戦争以来、ソウル市のうち北部、つまり「北」に近い地域は恐怖心からすっかり地価が下がってしまった。
対して南側、とりわけ漢江南岸は高級住宅地として開発された。

45 :世界@名無史さん:2005/07/29(金) 20:26:46 0
>>44
そんなら議政府なんか、誰も怖くて住めないな。

46 :世界@名無史さん:2005/07/30(土) 17:12:45 0
李舜臣が忘れられていた、のウソを暴く!

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

第11回朝鮮通信使 金 仁兼の記録

「日東壮遊記」より

8月23日 於:釜山

悲しいかな壬辰の年 このように地の利を得たところ
忠武公李舜臣将軍が防備していれば
倭兵がいかに強さを誇ろうと 上陸を許しはしなかったろう
3京が陥落 王は都落ち
国まさに滅ぶかに見えたその時 明皇帝の思し召しあり
天兵の来援を得て ようやく難を免れたのである
にもかかわらず奸臣が国の前途を誤り 講和するとは何事か
恥辱と憤怒の倭への道を 11回目に辿ることになろうとは
不倶戴天の恨みを 忘れ果ててよくいけるものだ
丈夫の怒髪 冠を衝き抜く思いである

(3京=平壌・開城・漢城 奸臣=明の沈惟敬のこと,小西行長と講和したことについて)
(江戸時代の倭館は釜山の草梁地区にあり、対馬藩など500人の日本人が常駐)

47 :世界@名無史さん:2005/07/30(土) 17:36:25 0
>>30
 うーむ… どうもソ連の対日開戦を擁護したいのか、関特演を持ち出す人を結構
見かけるけど、関特演は動員途中で中止されたんで演習は実施されてないよ。
 関特演を名目に、満州の日本軍兵力が増強されたのは確かだけど、その時点ですら
満州国境沿いのソ連軍は日本軍の倍以上、独ソ開戦以後もソ連軍が関東軍より兵力
下回ったことは一度もないんだけど。

 計画だけで終わった関特演が非難の対象になるなら、それ以前から日本軍の三倍
以上の兵力を展開させていたソ連はどーなんだ ? ってことになると思うんだが。


48 :世界@名無史さん:2005/07/30(土) 17:45:17 0
>>26
 日本は分断を免れ… っていうのは、間違った戦後史観だと思うけど。

 日本は樺太(南部)、北方領土、朝鮮半島、台湾、沖縄、南洋諸島を失っているし、
満州から追い出された日本人は 200万人以上 (民 150万、軍 70万) いるんだよ ?
 どうも戦後の日本人はヒロシマ・ナガサキ、沖縄戦と東京大空襲以外の日本人
被害を忘れてしまっているみたいだな…。

49 :世界@名無史さん:2005/07/30(土) 19:46:27 0
戦後の食糧難は、農業労働力の不足や肥料不足以外に、外地から大量に避難民が流れこんだことも
原因だからな。

50 :世界@名無史さん:2005/07/30(土) 20:17:02 0
>>48
沖縄が"日本で唯一の地上戦"を経験したとマスコミが言ってるから。
樺太、北方四島での戦闘は意図的に無視されてるのは、やっぱり
マスコミにソ連のシンパシーが多かったからかな?

51 :世界@名無史さん:2005/07/30(土) 20:19:27 0
というより、沖縄は米軍支配を受けたとはいえ結局は日本領維持できたからな。

しかし満州も樺太も・・・

52 :世界@名無史さん:2005/07/30(土) 20:27:57 0
昭和天皇が1週間早く降伏してればね・・・

53 :世界@名無史さん:2005/07/30(土) 20:29:36 0
米軍は、原爆を二個投下するまで戦争を終わらせるつもりは無かった。

54 :世界@名無史さん:2005/07/30(土) 21:27:27 0
>>50
 たぶん、旧日本軍を悪役に出来ないからじゃないか ?
樺太では住民非難させるために軍が奮戦しているし、占守島での防衛戦はソ連の南下を
遅らせて北海道も米軍統治下にすることに繋がってるから。

 沖縄で住民虐待したとか、満州では関東軍が住民見捨てて逃げたとかって話は好き
でしょ > マスコミ。
 実際には虎頭要塞含め、玉音放送以後も抵抗した部隊もかなりあるのに (そもそも
ソ連は軍事占領を正当化するために、日本の降伏認めなかったわけだが)。

55 :世界@名無史さん:2005/07/30(土) 21:56:59 0
ああ・・・樺太豊原電話交換手集団自決・・・

56 :世界@名無史さん:2005/07/31(日) 13:56:54 0
樺太の朝鮮人も在日と呼ぶべきだ

57 :世界@名無史さん:2005/08/01(月) 20:56:41 0
>>48
お前相当な馬鹿だな。いいか台湾や南洋諸島は日本の植民地、日本本国とは関係ない。
イギリスがインドやビルマの独立認めたとき「イギリスは分断されんだ!」と主張してる
ようなものだ。
お前、チンパンジー以下のIQだな、お前みたいなカスは書き込むんじゃねーよ。

58 :世界@名無史さん:2005/08/02(火) 00:22:17 0
>>57
バカはお前だ。
いいか、インドのデヴァーナガリー文字のどこがアルファベットに似てるっていうんだ?
台湾/満洲は日本と同文同種、一衣帯水の仲間じゃないか。
同胞が分断されているというのに、それすらも気づかないお前は皮かむりのマイクロチンポ。
せいぜいうけくちの女と付き合ってろ。

59 :世界@名無史さん:2005/08/02(火) 03:10:44 0
日本が敗戦で喪失した領土と第三帝国が喪失した領土
どっちが大きいんだ?日本だろ?圧倒的に。
まぁ〜第一次大戦の分も含めればドイツの方が損してるだろうが。
2回も負けるのが悪い。

たった一度の失敗で領土を根こそぎ奪われた日本カワイソウ…
イタリハなんて何の痛手も喰ってない。
中国は漁夫の利で欧州列強の租借地全回復、満州にインフラのおまけ付き。
一番得してるな。

60 :世界@名無史さん:2005/08/02(火) 03:15:27 0
ソ連がモンゴルを中国から切り離して傀儡にするのは良くて
日本が満州の特殊権益を守る為に建国させた満州国は認められない不思議。

61 :世界@名無史さん:2005/08/02(火) 03:17:15 0
国際連盟脱退を殊更悪い事のように吹聴する奴が
ブラジルスペインの脱退(常任理事国になれなかった事の腹いせ)や
ソ連のフィンランド侵略による除名については口を閉ざす不思議。

62 :世界@名無史さん:2005/08/02(火) 03:22:11 0
で、朝鮮戦争の話はどうなったんだ?

63 :世界@名無史さん:2005/08/02(火) 03:30:17 0
朝鮮戦争なんて糞だろ。
意義があるとすれば、世界中の子供達が
始めてウリナラを知る事件って事だけ。

あ〜でも日清戦争、日露戦争を勉強した子供達は
そこで朝鮮の存在に気付くかな?

64 :世界@名無史さん:2005/08/02(火) 05:32:42 O
>>62
夏の間はまともな話はムリポ

65 :世界@名無史さん:2005/08/02(火) 05:49:40 0
>>58
完全な軍国主義者だなお前、日本は満州で満州人に日本語・国家神道を強制して
満人は嫌々やらされたんだよ。
何が>同文同種、一衣帯水の仲間だ、日本人なんて朝鮮人や満人を差別してた癖に
お前の方が軍国主義者。
あと分断云々いうなら、南樺太・千島列島・北海道・東北辺りがソ連領になり、「大和
民主人民共和国」位にならないと分断とはならない。
外地の日本人は全て内地に帰還できたので分断とは言わない。お前がバカなだけ。

66 :世界@名無史さん:2005/08/02(火) 06:06:42 0
分断よりもヒデーな。盗られたんだから。
沖縄みたく日本人が残っていれば返還運動も盛り上がったろうに…
ソ連のやり口は極悪だなぁ。

67 :世界@名無史さん:2005/08/02(火) 06:08:57 0
分断された半島はいずれ統一するだろうが
樺太や千島は日本に帰ってくるのか?

68 :世界@名無史さん:2005/08/02(火) 06:09:49 0
それにしてもそもそも朝鮮戦争ってどんなきっかけだったんだ?
たしかロシアとアメリカの領土の奪い合いがきっかけ?
そこんとこよくわからん。たしか内乱とかはなかったよな?


69 :世界@名無史さん:2005/08/02(火) 07:07:01 0
ロスケの馬鹿が中立条約を無視して朝鮮北部に侵攻。
金豚将軍を傀儡に共産政権の樹立を目指した。

ロスケの南進から遅れて数日、アメリカが南部から上陸。
米国帰りの反日馬鹿であるイスンマンが同じく政権樹立を目論む。

両者は統一選挙による政体の選択を拒否し、互いが国家宣言。
イスンマンが竹島やら対馬やらを日本から奪おうと画策したが、その行為が
反共の仲間の瓦解を招くと危惧した米国は半島から兵を撤退させる。
懲罰的な意味合いも含め、韓国の防衛に責任は負わない旨の演説を行なう。

これ幸いとばかりに金豚将軍はスターリンと毛に話を通し、統一戦争の許可を得る。
そして南進。半島制圧寸前で米国が介入し…

たしかこんなカンジ

70 :国民党員:2005/08/02(火) 08:54:58 0
>>68
金日成の朝鮮戦争での野心があったのだが、当時の韓国の混乱振りも開戦に踏み切った原因
である。当時朝鮮人民軍は徴兵制で18万人の兵力と200台弱の戦車を保有してたのに対し
韓国は、志願制で兵員は10万人足らず、戦車は1台も保有していなかった。
また各地で、南朝鮮労働党によるパルチザン活動があり、韓国軍は人民軍よりもそちらの対策
に手一杯であった。
また国共内戦での、アメリカの不介入を見て南進に踏み切ってもアメリカは動かないという感触
を得ていた(この辺はクウエートに侵攻してもアメリカの介入はないと感じたサダム・フセイン
に通じるものがある。)
以上の点から、朝鮮戦争は3年に及ぶ不毛な戦争が始まったのである。


71 :だつお:2005/08/02(火) 16:10:20 0
http://www.ww2guide.com/usab.shtml
欧州戦の米爆撃機
http://home.att.net/~jbaugher2/b29_9.html
中国大陸のB-29
http://home.att.net/~jbaugher2/b29_10.html
マリアナ方面のB-29
http://home.att.net/~jbaugher2/b29_12.html
朝鮮戦争のB-29

大東亜戦争でB-29は延べ28550機出撃で喪失518機、
朝鮮戦争では延べ21000機出撃で喪失34機。

帝国陸軍の火力水準は、少なくともチンピラゴロツキの十倍以上だ。
チンピラゴロツキも撃破できない米軍に、日本上陸戦など夢のまた夢。

それとも日中戦争の中国人はチンピラゴロツキだったが、
朝鮮戦争の中国人はそれとは違うのか?

そもそもチンピラゴロツキでない中国人なんて存在するのか?

72 :世界@名無史さん:2005/08/02(火) 17:36:11 0
>>65
ハァ?

73 :世界@名無史さん:2005/08/02(火) 19:46:28 0
>>65
日本領の外地で一番嫌われてたのは、準日本人であることを振り回した
朝鮮人なんだがな。

74 :世界@名無史さん:2005/08/02(火) 20:18:29 0
>>72
お前、満足に反応出来ないから「ハァ」しか言えなのかよ?知恵遅れじゃ
ないでしゅか?一度鉄格子のある病院に逝ってみたらどうでしゅか?
>>73
朝鮮人は知らんが、日本人も外地で酷い事をしたのは事実だ。俺の婆ちゃん
は満州にいた時、心無い日本人が「満人」とか「朝鮮人」とか言って差別して
いたと言っていた。
まぁ、酷い扱いをした日本人は、ソ連軍の満州侵攻と供に、家族共々、かつて
差別された満人等に殺害され、親切に接した日本人には、食料を与え無事帰還
出来るように取り計らったという。

75 :世界@名無史さん:2005/08/02(火) 21:23:56 0
>>74
もしかして満人とか朝鮮人とかいう固有名詞を
差別語と勘違いしてる?馬鹿だな

76 :世界@名無史さん:2005/08/02(火) 21:43:24 0
>>74
事の些細を吟味せず「バカ」呼ばわりするお前が「バカ」だ、婆ちゃんの話だと
些細な事で、朝鮮人や満人を打ん殴っていた酷い日本人もいたと証言している。
婆ちゃんも「同じ日本人として恥ずかしい」とさえ思うほど酷い差別があった
のは事実だ。

77 :世界@名無史さん:2005/08/02(火) 21:49:54 O
取り合えず
http://www.geocities.jp/whis_shosin/koreanwar1950.html
をはってみる。
流れ分からんやつは見れ。

出展は
世界史FLASHを楽しむスレ
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1115643322/

前後のも割りとある

78 :世界@名無史さん:2005/08/02(火) 21:50:06 0
>>76
当のお前が人のことを馬鹿&軍国主義者呼ばわりしている件

79 :世界@名無史さん:2005/08/02(火) 21:57:22 0
>>74>>76が喧嘩する理由が分からん。
失敗した自作自演だなwwwwwwwwwwwwwwwwww


80 :世界@名無史さん:2005/08/02(火) 22:00:24 0
>76ってかなり釣り臭いな。
婆ちゃんとか言ってる時点でウケ狙ってるよな。間違いなく。

81 :世界@名無史さん:2005/08/02(火) 22:01:19 0
>>76
もういい・・・!
休め・・・!

82 :国民党員:2005/08/02(火) 22:06:00 0
ここは、朝鮮戦争のスレッドです、スレの趣旨に反する投稿は別スレ
立ててください。

83 :世界@名無史さん:2005/08/02(火) 22:21:43 0
朝鮮戦争なんて学ぶ意義がないわけで。
朝鮮が2つになって日本の苦労も2倍になってしまったorz

84 :世界@名無史さん:2005/08/02(火) 22:35:16 0
8倍くらいまでなら全然オッケーw

85 :世界@名無史さん:2005/08/02(火) 23:00:15 0
大東亜戦争の終結後、朝鮮動乱がおこり8つの朝鮮が誕生。
それぞれの通称は
北朝鮮
北東朝鮮
北西朝鮮
東朝鮮
西朝鮮
南朝鮮
南東朝鮮
南西朝鮮

しかもそれぞれが同額の賠償金と謝罪を請求・・・はぁ

86 :世界@名無史さん:2005/08/02(火) 23:14:42 0
全部朝鮮かよw
せめてこれくらいにしてくれ

チェジュ島
百済
新羅
任那
高句麗
中国領安東都護府
間島
対馬

87 :世界@名無史さん:2005/08/02(火) 23:17:32 0
朝鮮現地人を

朝鮮人と呼ぶ→差別だ!
日本人と呼ぶ→強制的な同化政策だ!

88 :世界@名無史さん:2005/08/02(火) 23:56:46 0
間島が中国領になったのは日帝のせいだと喚く朝鮮人。
統一したら間違いなく「日本に」何らかのアクションを起こすぞ。
宗主国様には要求出来ないだろうからな。

89 :世界@名無史さん:2005/08/03(水) 02:23:53 0
 ちょっと前に NewsWeek で読んだが、いつの間にか北朝鮮は北進してきた国連軍を
「自力」で押し戻したという教育をしていて、中国の軍関係者は憤慨しているらしい。
恩義や友好関係よりメンツの方が大切なのかな、やっぱり。

 まぁ中国も中国で独力で大日本帝国を敗北させたと教えているんだから似たりよったり
ではあるけど。

90 :世界@名無史さん:2005/08/03(水) 02:40:14 0
大戦末期に続々と連合国に加わった国が
戦勝国面するようなものか。
つくづく戦争は戦力の多寡で決まるものでないと思い知らされる。
どんな弱い国だって勝ち組につけば戦勝国だもんなー

91 :世界@名無史さん:2005/08/03(水) 05:43:14 0
日本の一部として日本の残虐行為を一手に引き受けた連中が、
敗戦になったとたん戦勝国と僭称するのも。

92 :国民党員:2005/08/03(水) 08:46:39 0
ここは朝鮮戦争のスレです。嫌韓厨は別スレに行って下さい。

93 :世界@名無史さん:2005/08/03(水) 12:18:46 0
スレ主です。いくつかの問題提起を。
まずこの戦争の損得勘定で、一番利益を得たのはどこかと考えると中国ではないかと思われます。
消滅寸前だった北朝鮮から国連軍(アメリカ軍)を駆逐し一時はソウルの南まで前線を押し下げました。
これは新生中共にとって望外の大勝利と言えるでしょう。
共産圏内での威信(国際社会でも?)が大いに上がり、新国家建設の絶好の景気付けとなったことでしょう。
日本も大きな利益を得ました。
経済的な面もそうですが、この戦争により国際社会の中の日本の居場所が確定しました。

ではアメリカは?ソ連は?
そして一番損したのは?

94 :世界@名無史さん:2005/08/03(水) 12:22:19 0
>そして一番損したのは?
沖縄。この戦争とその後の東アジア緊張のため米軍駐留が固定化した。

95 :ダツヲ:2005/08/03(水) 12:35:09 0
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍

96 :世界@名無史さん:2005/08/03(水) 13:26:34 0
福沢諭吉 「脱亜論」(明治18年)

 日本の不幸は中国と朝鮮だ。
この二国の人々も日本人と同じく漢字文化圏に属し、同じ古典を共有しているが、
もともと人種的に異なるのか、教育に差があるのか、 日本との精神的隔たりはあまりにも大きい。
情報がこれほど早く行き来する時代にあって、近代文明や国際法について知りながら、
過去に拘り続ける中国・朝鮮の精神は千年前と違わない。
国際的な紛争の場面でも「悪いのはお前の方だ」と開き直って恥じることもない。
もはや、この二国が国際的な常識を身につけることを期待してはならない。

「東アジア共同体」の一員として その繁栄に与ってくれるなどという幻想は捨てるべきである。
日本は、大陸や半島との関係を絶ち、 欧米と共に進まなければならない。
ただ隣国だからという理由だけで特別な感情を持って接してはならない。
この二国に対しても、国際的な常識に従い、国際法に則って接すればよい。
悪友の悪事を見逃す者は、共に悪名を逃れ得ない。
私は気持ちにおいては「東アジア」の悪友と絶交するものである


97 :世界@名無史さん:2005/08/03(水) 13:29:52 0
>>93
間違いなく中国です。
もう要らなくなった内戦時の膨大な兵士をあの戦争で大量に始末したんですよ。

98 :国民党員:2005/08/03(水) 16:24:27 0
>>93
私は中国が一番得したとは思わない。中国が朝鮮半島に介入したことで、中国は風前の灯火
であった中華民国・台湾に軍事侵攻かけることが不可能になり、今の台湾問題の禍根を残した。
また、建国まもない中国の経済力を徒に消耗した事も事実である。
この朝鮮戦争で一番得したのは、大陸から追い払われ米国からも見捨てられた中華民国・台湾
の蒋介石政権だろう。
一番損したのは、やはり朝鮮両国かな。


99 :世界@名無史さん:2005/08/03(水) 17:01:27 0
>一番損したのは、やはり朝鮮両国かな。
世界の3流、4流の国家だったのが、エルビス・プレスリーの徴兵で一躍有名になり
知名度では得をしている。

   具体的にどういう得があったかと聞かれると・・・

100 :国民党員:2005/08/03(水) 18:39:14 0
>>99
100ゲット!エルビスが徴兵されたのは朝鮮戦争後、それも赴任地はドイツだよ。

101 :世界@名無史さん:2005/08/04(木) 00:06:16 0
>>86
>対馬
dれも釣られなかったな。情けない。
米領テックサス、米領ワカヒルと書いたほうがよかったかも。

102 :世界@名無史さん:2005/08/04(木) 03:18:32 0
マッカーサーの進言の通り、満州に原爆が投下されていたら
中共は反米に最大限利用し続けたんだろうなぁ〜
米国はすんでの所でキチガイ民族主義国家に過去カードを渡さずに済んだ。

尤もあの国のユスリタカリに何時までも付き合うお人好しは日本くらいだが。

朝鮮戦争では赤化統一されなかった事が残念でならない。
北が統一してしまえば国交も樹立せず、ほったらかしにして
飢え死にさせる事が出来たのに…なまじ西側の一員として韓国が存在したから
酷く甘やかしてしまった。連中、経済発展の恩を忘れて反日三昧してるし…

103 :世界@名無史さん:2005/08/04(木) 03:30:42 0
アヘンアロー戦争、清仏戦争、義和団事件、日清戦争、
満州事変、山東出兵、済南事件日中戦争と
近代史の中国はボコられまくりだったのにこの時の活躍ぶりは凄かったね。

眠れる豚とか言われていたらしいけど、
日本軍を打ち負かした米軍を後退させた中国軍は凄いよ。
彭徳懐は中国近代史の武将の中でも、個人的に認めている人物の一人。

104 :世界@名無史さん:2005/08/04(木) 03:31:49 0
朝鮮韓国で呼称が違うらしいけど、
以前から思っていたが"朝鮮韓国戦争"と呼んだ方が正しいと思う。

何で"朝鮮韓国戦争"と言われないんだろうね、不思議。

105 :世界@名無史さん:2005/08/04(木) 03:39:16 0
>>103
確かに。何で前の年まで内戦に明け暮れてた国があんないきなり強くなったんだ?
ソ連の援助か?

106 :世界@名無史さん:2005/08/04(木) 03:51:41 0
>>105

北上する米国連軍の油断の方が大きいでしょう。
ソ連の援助、支援もあると思いますけど。

107 :ダツヲ:2005/08/04(木) 09:51:44 0
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍

108 :世界@名無史さん:2005/08/06(土) 11:18:30 0
>>105
満洲の朝鮮人を弾除けに使えたのが大きい。

109 :世界@名無史さん:2005/08/08(月) 00:45:54 0
>>104
英語のコリアン・ウォーの直訳から?

110 :世界@名無史さん:2005/08/08(月) 02:16:01 0
朝鮮で起きた戦争だもの・・・

111 :世界@名無史さん:2005/08/09(火) 21:51:49 0
水爆が使用されていれば、確実に世界史に残る戦争になったろうにな。
しょせん地域紛争、限定戦。

112 :世界@名無史さん:2005/08/09(火) 21:55:18 0
F-86とMig-15/17の戦いくらいだなみものは

113 :世界@名無史さん:2005/08/10(水) 00:54:04 0
朝鮮戦争のお陰で日本統治下に整備されたインフラが沢山破壊された。
日本が戦後焼け野原で苦しんでいた時に、被害も受けず
相対的に楽な生活を謳歌していた連中に制裁が下った意義は大きい。

戦勝国面して日本人を差別しまくり、犯罪者を輸出して乱暴狼藉非道の限りを
尽くした民族はたった5年で最貧国に逆戻りしましたとさw

114 :世界@名無史さん:2005/08/10(水) 06:16:33 0
>>111 なぜ「水爆」?

115 :世界@名無史さん:2005/08/10(水) 16:15:38 0
>>111
つ1953年7月27日朝鮮戦争停戦成立。
 1954年3月1日ビキニ環礁で水爆実験(第5福竜丸事件)。
 1955年12月、Mk21水爆を実戦配備。

116 :世界@名無史さん:2005/08/10(水) 19:07:01 0
>>115
つ休戦

117 :世界@名無史さん:2005/08/10(水) 22:41:35 0
いい加減再開か終了かはっきりすれ>朝鮮戦争

118 :世界@名無史さん:2005/08/11(木) 00:18:05 0
「停戦」と「休戦」て違いあるの?どちらも「一時的に戦闘をやめること」じゃなかったけ。

119 :世界@名無史さん:2005/08/11(木) 00:45:11 0
水爆の開発そのものは1951年から始まっていた罠
間に合わなかったのが悔やまれる

120 :世界@名無史さん:2005/08/11(木) 04:01:18 0
北朝鮮側の「名将」っていねーの?プロパガンダレベルでも聞いたことないんだよね
なんか口で機関銃の引き金をひいた「英雄」の銅像が北の朝鮮戦争記念館にあるってのは知ってるけど、それは兵隊だし。
やっぱメインで戦ったのは完全に中共とソ連なのかな

121 :国民党員:2005/08/11(木) 06:17:12 0
>>120
姜健がおるぞ!6月25日に電撃的な奇襲と韓国軍を釜山一帯までに追い詰める、偉大な働き
をなした。
しかし仁川上陸作戦の時に戦死してしまった、北朝鮮の軍事学校は「姜健軍事大学」となって
る事からも名将軍をといえるでしょう。

122 :世界@名無史さん:2005/08/11(木) 06:39:00 0
>>119
水爆は基本的には水素核融合の実験装置。
兵器としては、原爆と変わりなし。

123 :世界@名無史さん:2005/08/11(木) 06:53:23 0
>>120
金日成・金正日以外に指揮官クラスで英雄がいてはまずいだろう。
死んだ人間は安心して称えられるが。


124 :世界@名無史さん:2005/08/11(木) 07:17:57 0
つ李完用。

朝鮮有史以来最高の偉人。
日本にとっては最悪のミスリードを引き起こす一因。

125 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 01:42:17 0
☆★いよいよ明日!この夏、最大のフェスティボー!!w★☆

【大激突!】プロ市民 vs. 2ちゃんねらー!【第二戦!!】

来たる8月12日(金)、杉並区役所前にて“この夏最大のフェスティボー”開催!!
のぼり、プラカード、団扇、Tシャツ、うまい棒を装備して“冷し中華を食う”ねらー軍団!
プロ市民・中核派・ねらー・マスゴミ・野次馬・公安・警官隊が、くんずほぐれつの大混戦!!

・冷し中華を食いながらのシュプレヒコール合戦や激写合戦あり!?
・「マンガ嫌韓流」所有者は持参!「東郷ビール」を飲みまくり!?論戦、論戦、また論戦!!
・10代〜40代までの老若男女の「参加表明者」が続々と集結中!!
・参加者・野次馬・通行人様への、有志による「各味うまい棒」の無料配付あり!?
・当日参加出来ない香具師の為には“特選ねとらじDJ”による「全国実況生中継」あり!!
・前回はプロ市民のタイーホ者が出る騒ぎとなったが、今回や如何に!?
・中国2chを撃ち破ったあの"VIPPER"も ⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン とやって来る!?


つくる会の教科書反対人間の鎖をさらに囲むOFF19(絶賛作戦中!)
http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1123772527/


126 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 01:51:24 0
>>124
自力で近代化を目指したけど、朝鮮が貧しすぎて
必要な予算が集まらない、もう日本の力を借りるしかない
売国奴と罵られても日韓合邦を目指す、って人だっけ?

127 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 02:32:10 0
>>126
子孫が彼を恥じて朴正煕政権時代にやしゃごが彼の遺骨を
ハンガンに投げ捨てたぐらい嫌われていることぐらい知ってから
売国奴について語ってくださいね。

128 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 03:58:39 0
>>127
知りたくなかったwwww
アホか朝鮮人。

129 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 05:40:16 0
>>127
子孫は日本にも逃げて来てたんじゃなかったか?

130 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 09:18:22 0
国境を接する中露2大国の影響力を排除された大韓帝国が
イギリスの提案通り永世中立国として存続し続けたらどうなっていただろう。

131 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 10:52:40 0
影響力が排除されたあとにイギリスが美味しくいただきます

132 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 11:27:13 0
朝鮮から得るものなんてないし、そんな真似するか?
日英同盟もあって日本への侵略の足がかりにするでもない。

まぁ〜日本にとってはその状況が一番幸せだと思うけど。

133 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 15:10:33 0
イギリス人だったらうまく絞り取れんじゃないの

134 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 15:14:01 0
>>131
まさに理想
日本の高度成長は1910年代の、大戦景気に始まって
1950年にG5になれる。

135 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 17:20:25 0
相手がイギリスなら流石のチョン公も一切文句言わないだろうな。
それどころか、搾取されるのを放置した日本に本気で謝罪と賠償求めそうだ。
連中にとって重要なのは「ウリはアジアのNo2ニダ」って事だからな。ウゼー

136 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 20:24:01 0
仮定と憶測で侮辱するのはどうかと思うんだが。

137 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 21:07:46 0
今のチョンの態度を見てりゃ解るだろ。

138 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 22:10:54 0
イギリスがそこまで踏み込んでくると小村寿太郎あたりがショック死するだろう。

139 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 22:51:49 0
>>135
結局は「支配」する時間だと思うよ。
「日帝36年」は宗主国様意識を植え付けるには短すぎた。

140 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 05:22:20 0
>>139
千年以上宗主国だった中国にも、後足で砂をかけてますが・・・
朝鮮にそんなしおらしさを求めるのは八百屋で肉を買おうとするのと同じです。

141 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 11:24:45 0
金日成てどれくらい作戦全体に関わっていたの?
後ろのボスの許可なしに動けたわけ?

142 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 12:16:32 0
スターリンに開戦の勅許を得に行った。
「毛が承諾すれば許可する」

そして成立したばかりの中共が「いざとなれば参戦する」と約束したので
安心して南を攻め始めた。

143 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 13:50:10 O

★明日、日曜日午後4時からテレビ東京で『ワシントン・リポート』を放送。

◆北朝鮮爆撃体制は完了!〜ドーラン米太平洋艦隊司令官 ◆


144 :世界@名無史さん:2005/08/15(月) 00:40:24 0
アメリカの軍人って今のも昔のもイマイチ興味がわかないんだよね
みんな有能で

145 :世界@名無史さん:2005/08/28(日) 21:54:05 0
南軍の将軍とか詳しい日本人がいたら、俺は尊敬するけどな。

146 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 19:39:52 0
>>145
このサイトなど詳しいよ。

南北戦争研究室
http://www.civil-war.nu/

147 :世界@名無史さん:2005/09/16(金) 16:39:52 O
>>144
確かに、何故か無能な人間が少ないな。
エリート育成の特殊なノウハウでも持ってるのかな。

148 :世界@名無史さん:2005/09/16(金) 16:50:12 O
この板は
俺らのパーティーだオラー
  /""""""""彡
  /〈~~~~~^~~~ヽ
 | /     |
 | /´\ ハ /`|
 |/| ̄ ̄|-| ̄ ̄|
 (6|~`―´| `―-′
 |||  ,, 」,, |
 ||| 【──】/
 || \  丁 /
彡|  \__/|

149 :世界@名無史さん:2005/10/08(土) 14:36:09 0
>>145
つジョーカーw

150 :世界@名無史さん:2005/10/13(木) 22:05:26 0
ニダザーフッド
http://aa5.2ch.net/test/read.cgi/nida/1112377706/l50

職人さん乙です。しかしこれほど詳しい方がいるものですね。

151 :世界@名無史さん:2005/10/13(木) 22:11:11 0
                      __
                     /  \
                    /_☆ _ |.
                  `<´<_` >┘
                   (    )
                   | | |
                   (_(__)
              朴正熙(パク・チョンヒ)
  ご存知チョッパリからふんだくった金で漢江の奇跡を演出した大統領、しかし、彼には軍人時代、いささか後ろめたい事をしており、
 処刑されそうになったところをペク将軍に助けてもらったことがある。そのため彼はそのことをについて深く恩義を感じていた。

                     Λ_Λ
                    <丶`m´>
                    (つ W )
                      >|| ) )
                     〈_||フ__フ
               李承晩(イ・スンマン)
    韓国の初代大統領、自称世宗大王の末裔。李承晩ラインなど、日韓にまたがる多くの禍根は
   彼の手によって成されたと言っても過言ではない、米プリンストン大学を卒業した思想家とされているが、
   冷静に評価すれば単なる傲慢な権力の亡者としか思えないのだが・・・。年寄りのクセにしょっちゅうファビョる。


152 :世界@名無史さん:2005/10/20(木) 06:28:26 O
>147
そんなの理由は簡単だ。
無能な奴が将軍になれないだけだ。

153 :世界@名無史さん:2005/10/20(木) 09:28:56 0
どういう勤務評定になっているのかな?

154 :世界@名無史さん:2005/10/20(木) 09:47:42 0
実績。
だからしょっちゅう戦争をやったり仕掛けたりしている。

155 :世界@名無史さん:2005/10/30(日) 14:23:22 0
〉152
無能有能よりも、後方支援体制の充実&兵力の集中運用という
戦略の基本をしっかりと押さえてるからだろう。
部隊環境さえ整っていれば、指揮官の能力に多少の問題があってもカバー出来る。

156 :世界@名無史さん:2005/11/03(木) 11:55:43 0
呂運亭が左派の巨頭
金九は右派の巨頭って表現がよくされてますが
これってただ単に容共か反共かだけで区別されてるの?

157 :世界@名無史さん:2005/11/03(木) 14:06:29 0
朝鮮に都合の悪い流れになったり、
日本に関してまともな議論になったとき必ず現われるのが、
ダツオという奴。
素性が知れる。

158 :世界@名無史さん:2005/11/03(木) 17:58:22 0
中共の介入が無ければ北みたいな基地外国家が
消えて無くなってたはずなのに

159 :だつお:2005/11/03(木) 23:57:00 0
  そ の チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 痛 い 米 軍
  そ の チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 痛 い 米 軍
  そ の チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 痛 い 米 軍
  そ の チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 痛 い 米 軍
  そ の チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 痛 い 米 軍
  そ の チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 痛 い 米 軍
  そ の チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 痛 い 米 軍
  そ の チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 痛 い 米 軍
  そ の チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 痛 い 米 軍
  そ の チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 痛 い 米 軍
  そ の チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 痛 い 米 軍
  そ の チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 痛 い 米 軍
  そ の チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 痛 い 米 軍
  そ の チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 痛 い 米 軍
  そ の チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 痛 い 米 軍
  そ の チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 痛 い 米 軍
  そ の チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 痛 い 米 軍
  そ の チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 痛 い 米 軍

160 :世界@名無史さん:2005/11/06(日) 21:35:01 0
工作員涙ぐましいですね(プ

161 :世界@名無史さん:2005/11/27(日) 21:01:47 0
李承晩がアフォすぎる

162 :高知中将ジーモン土佐守ジョーカー ◆.5DV4fMpf6 :2005/11/27(日) 22:20:56 O
俺の祖父は朝鮮戦争で戦死した。マッカーサーの提案通り、

原水爆を大量に使用すべきだったのだ。トルーマンは糞。

163 :世界@名無史さん:2005/11/27(日) 23:02:25 0
そうなると、ホントに第三次大戦が起きる可能性があった…。
今の若いヤツは知らないかも知れないが、核戦争がおきて全世界の都市が一つ一つ破壊されていく…
で、放射能による影響から生存者にも悪影響が…ってのは本当に「リアル」な危機感としてあったんだよ。

ソ連崩壊から、その危機もあまり叫ばれなくなったんだけど、危機が無くなっているかというと、そんなこと
もなく…。

164 :高知中将ジーモン土佐守ジョーカー ◆.5DV4fMpf6 :2005/11/27(日) 23:24:57 O
俺はキューバ危機よりずっと後の196x年生まれだから、

核戦争への危機意識はなかった。ソ連への恐怖心はあったが、

米ソ中もまず核兵器は使わんと考えていたし。

165 :高知中将ジーモン土佐守ジョーカー ◆.5DV4fMpf6 :2005/11/27(日) 23:32:44 O
キューバ危機は俺が生まれる3、4年前だから「ずっと後」とは言えんか。

お袋は二十歳近かったからキューバ危機に戦々恐々したらしい。

166 :世界@名無史さん:2005/11/27(日) 23:35:32 0
>>164
196x年生まれなら、恐怖心あるとおもうがなあw
核戦争になったら、いったいどんな世界になるかSFやNHKのドキュメンタリーで結構やって
たと思うが?アメリカ・ソ連の核基地の様子を含めてさ。
子どもの時に民放ばっかり見てて、そういったモノを見なかったとしても…アメリカ一般人が
そういうのを始めて知った映画「ザ・デイ・アフター」(1983)は知っているのでは?

SF物でも核戦争の恐怖を描いた物は定番だったしね。

核戦争後もモヒカンになって人々は生き延びるってのを印象づけたのが「北斗の拳」かw
まあ「マッドマックス」もそうだったけどね。

167 :高知中将ジーモン土佐守ジョーカー ◆.5DV4fMpf6 :2005/11/27(日) 23:54:27 O
私も、赤の広場での軍事パレードで次々に現れる弾道ミサイルにはビビっていた。

ただし、まさか使うはずはないと思っていた。SFX物を見なかったことも一因だが、

国際政治に関しては子供のわりになかなか鋭く、東欧民主化やドイツ統一を 

その10年ぐらい前に予言していた←崩壊・統一の時期が少し早かったが。

168 :高知中将ジーモン土佐守ジョーカー ◆.5DV4fMpf6 :2005/11/28(月) 00:25:06 O
しかし、大ハズレもあり。ラングーン事件も大韓航空機爆破事件も韓国の

安企部による自演自作だと思っていた。北朝鮮より韓国の方が恐いと

思っていたし、「李うね」なんぞいるはすがないと思い込んでいたし。

それはともかく、核兵器が抑止力に過ぎないという考え方は今も変わらない。

北朝鮮にしても有利な条件を引き出すためのカードに過ぎないだろうし。

169 :世界@名無史さん:2005/11/28(月) 20:50:59 0
米ソ共にまだ第二次世界大戦の傷が癒えてないのに
東西の全面戦争に突入するのは避けたいというのが本音だろうな。

170 :世界@名無史さん:2005/12/01(木) 21:44:41 0
もしあのまま北朝鮮軍が釜山まで落としてたらいったいどうなってたの?
韓国軍は日本まで撤退?難民も九州に流れてくるのかな?

171 :世界@名無史さん:2005/12/05(月) 01:43:00 0
済州島に立てこもって元の再現ニダ

172 :世界@名無史さん:2005/12/06(火) 01:32:40 0
三別抄in独島ニダw

173 :世界@名無史さん:2005/12/06(火) 03:59:20 0
>>170
よく評論家が北朝鮮が崩壊したら、また朝鮮戦争が起きたら
難民が大量に日本に押し寄せるとか、言うが
そもそも陸続きではないのだから「大量」は無理な希ガス。

174 :世界@名無史さん:2005/12/06(火) 05:58:20 0
大量に呼び込む人たちがいるでしょ。
脱北した元在日の受け入れ態勢が整ってないと、
日本政府を批判したニュースキャスターがいるくらいだしさ。

175 :世界@名無史さん:2005/12/06(火) 09:59:05 0
普通に考えれば陸続きで、同族が多くいる韓国・中国東北部・極東ロシアに流れ込むだろうが

176 :世界@名無史さん:2005/12/06(火) 10:55:00 0
朝鮮半島に送り込まれた中国軍って、あくまでも義勇軍扱いなんだよね
実態は中央直轄の精鋭が主体だったのに
日中戦争時、アメリカが機材パイロットごと部隊を義勇軍として国民党軍に送り込んだ手
本来は完全な中立国義務違反なんだが、大国が背後にいるから面と向っていえないという姑息な手
米国もまさか中国にやられるとは思わなかっただろうな

177 :世界@名無史さん:2005/12/06(火) 11:10:12 0
それが「歴史に学べ」ということか。

178 :世界@名無史さん:2005/12/06(火) 13:08:10 0
ひょっとしてアメリカが中国と戦争したのってこの朝鮮戦争が史上初?

179 :世界@名無史さん:2005/12/06(火) 13:52:59 0
義和団のときの8ヶ国に一応入っていた。

180 :世界@名無史さん:2005/12/07(水) 08:08:22 0
>>179
あれは戦争なのか?
どう見ても暴動だろう。その暴動を日和見の清政府が追認しちゃったからとんでもない事態になったわけで

181 :世界@名無史さん:2005/12/07(水) 16:16:34 0
>>176
てっゆうか、そもそも「中国軍」じゃなくって「人民解放軍」だしぃ。

182 :世界@名無史さん:2005/12/08(木) 14:31:15 0
>>181
名前倒れ
実際には党のためなら非武装の民間人でも平気で戦車でひき潰すキチガ○の群れ

183 :世界@名無史さん:2005/12/09(金) 02:27:33 0
>>181
中国に限らず共産国は国軍を持たないことが一応建前
存在が許されるのは、世界革命を目的とする「党の軍隊」
ソ連国軍というのも厳密には間違いで
正確には、ソ連共産党の軍隊なのだ

まあ実質は国軍とイコールでいいんだけどね

184 :世界@名無史さん:2005/12/09(金) 02:46:49 0
政権交代前の台湾も正確には国民党の軍隊だった。

185 :世界@名無史さん:2005/12/09(金) 11:04:55 0
朝鮮神宮を朝鮮の人々が壊したので罰が当たったのだ。

業の結果で朝鮮戦争が起こって南北は分断したのである。

186 :世界@名無史さん:2005/12/09(金) 13:31:44 0
人民(を苦労の多いこの世から)解放(してあげる)軍。

187 :世界@名無史さん:2005/12/09(金) 21:53:20 0
8日午前6時ごろ、仁川市西区のあるネットカフェでインターネットゲームをしていた
キム某氏(38)が倒れているところを、従業員のパク某さんが発見し、
救急車を呼び病院へ運ばれたが死亡した。
警察は死亡したキム氏が10日前からこのネットカフェでゲームをしていたという店主の証言などから
正確な経緯を調査中だ。
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1539451/detail?rd

188 :日本人:2005/12/11(日) 21:19:40 0
大戦であまった弾薬の在庫一掃セールで両軍戦った。

189 :世界@名無史さん:2005/12/12(月) 22:57:24 0
旧帝国海軍の掃海部隊が活躍して戦死者まで出したのは
本当だがナイショだ。

190 :世界@名無史さん:2005/12/12(月) 23:06:45 0
まともな独立運動もないから、キムなんとかの偽者で簡単に分断しちゃうのだよ。
他のアジア諸国が一人の指導者の下に結束して、旧宗主国を追い出し
独立政府を作ったのとは偉い違いだ。
コリアンよ。いい加減自分達の恥ずべき歴史を直視してくれ。
上海独立政府はどうしてたんだ? 光復軍はどこに行ったんだ?

191 :世界@名無史さん:2005/12/13(火) 01:39:08 0
>>190
歴史の偽造しか取り柄のない連中になに言ってるの・・・

192 :世界@名無史さん:2005/12/13(火) 03:58:09 O
731の残党も米軍の要請を受けて出動したらしい。

193 :世界@名無史さん:2005/12/24(土) 00:38:01 0
白善Yペク・ソンヨプ     満軍中尉、韓国陸軍予備役陸軍大将、元陸軍参謀総長・合同参謀会議議長
白仁Yペク・インヨプ     白善Yの弟 日本陸軍少尉、予備役陸軍中将
丁一権チョ・イルコン     満軍出身、韓国陸軍大将 元陸軍参謀総長・合同参謀会議議長、国会議長(故人)
金白一キム・ペクイル     満軍大尉、韓国陸軍中将(故人)
金錫源キム・ソクウォン    日本陸軍少将、韓国陸軍少将
劉興載ユ・ジェフン      日本陸軍大尉、韓国陸軍予備役中将
朴正熙パク・チョンヒ     満州国陸軍中尉 チョッパリからふんだくった金で漢江の奇跡を演出した第5〜9代韓国大統領
李承晩イ・スンマン      自称世宗大王の末裔 韓国初代大統領 年寄りのクセにしょっちゅうファビョる
崔楠根チュエ・ナムグン   白善Yの旧友であったが、共匪討伐中に共産主義思想に染まり、後銃殺刑に処せられた
元容徳ウォン・ヨンドク    満軍軍医中佐 後韓国陸軍中将
゙晩植チョ・マンシク     平安南道人民政治委員会主宰 民族独立派の中心的人物 コリアのガンジー
李應俊イ・ウンジュン     警備隊顧問(元日本陸軍大佐、後、韓国軍初代参謀総長)
李享根イ・ビョングン     元日本軍砲兵大尉 警備士官学校校長、李應俊顧問官の女婿、後大将・合同参謀会議議長
蔡秉徳チェ・ピョンドク    サウスニダー国防警備隊第1大隊長  (朝鮮戦争開戦時の参謀総長、戦死) 李享根と仲が悪い
李致業イ・チオプ       少尉  元日本軍少尉(後に准将・輸送監。)
朴炳権パク・ピョングオン    福知山予備士官学校出身 少尉 (後中将)
呉徳俊オ・ドクチュン     福知山予備士官学校出身 少尉 (後少将)
朴珍景パク・チンギョン   日本軍少尉 日本の大学の英文科卒業で英語は堪能 (後、済州島反乱討伐戦中に暗殺)
宋堯讚ソン・ヨチャン     日本軍准尉  (後中将、白将軍の後任で参謀総長に就任。)
盧載鉉ノ・チェヒョン      日本軍砲兵  (ウリナラ国軍砲兵の生みの親、後に大将)


194 :世界@名無史さん:2005/12/24(土) 00:39:42 0
金益烈キム・ヨギル      日本軍少尉 (ウリナラ戦争開戦時の第13連隊長、後に中将・参謀大学学長)
李厚洛イ・フラク       少尉 (後、少将、KCIA長官)、
金昌龍キム・チャンニョン  少尉 (後中将、軍内の思想調査を担当。拷問の達人。後、姜文奉将軍の一党によって暗殺される
金成日キム・チャンニョン  抗日英雄?実は 金成柱・・・NKVD(後のKGB)の工作員 


195 :世界@名無史さん:2005/12/24(土) 00:47:56 0
米軍による朝鮮人の虐殺の話は触れないの?
米兵は朝鮮の女子供をグックと呼んで射撃の的にしてたりした。
今の韓国の反米運動の時にも色々騒がれていたけど

196 :世界@名無史さん:2005/12/27(火) 15:30:08 0
ふと思ったんですけど、朝鮮戦争開戦時にどれくらいの日本人が韓国に残留していたの
でしょうか?

197 :世界@名無史さん:2005/12/27(火) 16:51:06 0
日本軍や満軍出身だからといって親日とは限らないわけで(ry

198 :世界@名無史さん:2006/01/14(土) 23:37:42 0
>>30
チャンパーなんかは結構触れられてるんじゃないか?

199 :世界@名無史さん:2006/01/30(月) 00:51:29 0
>>195
映画「銀馬将軍は来なかった」とかは?

200 :世界@名無史さん:2006/02/09(木) 01:24:24 0
200ゲット

201 :世界@名無史さん:2006/03/11(土) 20:45:27 0
>>196
終戦当時だが:

引揚げ時の朝鮮による日本人への迫害について
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/korea/1130041183/l50

@ハングル板

202 :世界@名無史さん:2006/03/26(日) 14:01:31 0
ほす


203 :世界@名無史さん:2006/03/27(月) 11:43:24 0
age

204 :世界@名無史さん:2006/03/27(月) 12:08:34 0
どうでもいいが大日本帝国が滅び、その躯を切り分けようと連合国が日本列島という処女の上に乗る権利を主張していたのだが、
なぜ最終的に米国だけが初夜権を得ることが出来たのだろう?ソ連や支那民国、イギリス、フランスなんかも汁男役になんてなりたくなかっただろうに。
どうやって米国は他の勢力を追い出したんだ?

205 :世界@名無史さん:2006/03/27(月) 14:58:18 0
ドイツを犠牲にしたから

206 :世界@名無史さん:2006/04/17(月) 17:26:59 O
イ・スンミンにしてもキム・イルソンにしても
抗日ギャングだったわけだし
連合國がそんなバカどもに半島を任せたのが悪かったんじゃないか?

207 :世界@名無史さん:2006/04/18(火) 16:49:08 0
朝鮮戦争っていう小説読んだんだけど面白いね
他にお勧めの戦記ってある?
日本関係は読んだんでそれ以外で

208 :世界@名無史さん:2006/04/18(火) 18:43:39 0
中国軍って強いよなアメリカと引き分けに持ち込めるなんてさ

209 :世界@名無史さん:2006/04/18(火) 18:48:55 0
「イ・スンミン」 誰?

210 :世界@名無史さん:2006/04/18(火) 19:05:26 0
朝鮮へソ連が空軍を出し人民解放軍の装備を提供していた。



211 :世界@名無史さん:2006/04/18(火) 19:07:27 0
>>209
李順民(イ・スンミン)
李氏朝鮮時代の風流人。嘗糞十番勝負の偉業で韓国・朝鮮国民に多く知られる。
(民明書房刊『知られざるアジア史の英雄』より)

212 :世界@名無史さん:2006/04/18(火) 21:26:20 0
>176
>朝鮮半島に送り込まれた中国軍って、あくまでも義勇軍扱いなんだよね
>実態は中央直轄の精鋭が主体だったのに
 介入は前から警告されていたのを、軽視していただけ。
 「義勇軍」は、どっちにとっても好都合だろうに。あくまでも戦場を
半島に限定しよう、というメッセージなんだから。アメリカにしても、
欧州でソ連と緊張関係がある状態で、中国との泥沼の戦争にはまりたく
はないし、ソ連も中国も、アメリカとの戦争には及び腰。
 そういう意味もあり、わざわざ祖国を泥沼に引きずり込もうとしたマッ
カーサーの愚かさ加減が批判されているんだと思うけどね。

213 :世界@名無史さん:2006/05/03(水) 15:05:26 0
その義勇軍なんだけど北朝鮮では存在しなかったことにされているのは知っているけど
南ではなんと呼んでるのでしょうか。

214 :世界@名無史さん:2006/05/04(木) 22:55:15 0
朝鮮戦争の民間人犠牲者は300万人以上。
これでは韓国が反米になっても仕方が無い。

215 :世界@名無史さん:2006/05/06(土) 15:56:16 0
北朝鮮の政治の失敗による犠牲者数はそれ以上。

216 :世界@名無史さん:2006/05/16(火) 23:20:23 0
中国に謝罪要求して足蹴にされた韓国。

217 :世界@名無史さん:2006/05/23(火) 01:23:11 0
北朝鮮、毛沢東主席の戦死長男遺族を国賓扱い
ttp://www.sankei.co.jp/news/060517/kok115.htm

朝鮮戦争で北朝鮮を支援した義勇軍に参戦、戦死した中国の故毛沢東主席の長男、
岸英氏の遺族がこのほど墓参りのため訪朝したが、北朝鮮は異例ともいえる国賓並
みの待遇でもてなし、「血盟関係に根差した中朝関係」を強調した。
 遺族一行は11日から16日まで滞在したが、北朝鮮は13日に政府が、15日には
人民武力省がそれぞれ歓迎宴を開催。対外的に国家元首を務める金永南最高人民
会議常任委員長も会談に応じた。

 岸英氏は1950年6月に始まった朝鮮戦争に中国義勇軍の一員として参加したが戦死、
平壌郊外に墓地がある。(共同)

218 :世界@名無史さん:2006/05/23(火) 13:29:55 O
>>214
ほとんどは北軍と南軍の両方が、攻め込み先で同族間でのレイプ&虐殺を行った末の犠牲者。

219 :世界@名無史さん:2006/05/24(水) 03:45:37 0
>>212
ベトナム戦争に突っ込んだケネディと言い、アイルランド人としてはその性格からか
少数民族としての不可避的な傾向からか、強硬になり易いんだよ。
個人的な能力だけでもないと思うよ。

KKKが当初平然と抹殺したのも黒人よりもアイルランド人だ。
1950-60年代はアイルランド系米国人の復権の時代とも言える時代だよ。
だから反共が特に強くなりカトリックと言うこともあってかマッカーシーのような
極端な人物も出てくる。これも当初はケネディが支援していた人物だ。
黒人もウォーレン判事以来市民権が認められる時代だ。
これらは共産主義の反射的効果とも言えるものかもしれないけどね。
そこにアイルランド系カトリックの信念が生きていたのもまだ事実だ。

但し、解任したトルーマンも最初はマッカーサーの中国国境付近での空爆は
支持したらしいけどな。核兵器まで言い出したからアカンかったのよねww
本気でないにしてもマッカーサーは政治的発言や行動が多過ぎたんだよ。
ある意味シビリアンコントロールを逸脱していた。そこがまた魅力だったらしいけどなw
ええかっこしいの典型だよ。チャーチルとやや似ているかもしれない。

220 :世界@名無史さん:2006/05/31(水) 13:24:55 0
とりあえず、韓国北侵説、分断日本責任説を撒き散らしたアカ、
ブルースカミングスは氏ね。

221 :世界@名無史さん:2006/06/11(日) 17:17:51 0
祝一周年マンセーニダ

222 :世界@名無史さん:2006/06/11(日) 22:47:47 0
>>120 亀だが、方虎山将軍。

優秀すぎて、戦後亡命を余儀なくされたんでいまのプロパガンダには出てこないけど。

223 :フィトナ:2006/06/25(日) 17:52:28 0
出張から帰ってきてたら参加しようと思います。
Lv53パラディンのフィトナでの参加予定ですね。 http://www.adfka.com

ついでに、先日ちらっと同盟チャットで言ったんですが、内容がかぶったんで今週末のレイドは中止します。


224 :世界@名無史さん:2006/06/25(日) 18:18:58 0
今日か

225 :世界@名無史さん:2006/06/25(日) 18:26:25 0
韓国民団、総連と和解「白紙状態」…会議紛糾打ち切り
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060624-00000116-yom-soci
 在日本大韓民国民団(韓国民団)の河丙オク(ハ・ビョンオク)団長は24日、東京・港区の韓国民
団中央本部で開いた臨時中央委員会の席上、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)との和解につ
いて、「白紙に戻したような状態になった」と述べた。(オクは金へんに玉)(読売新聞)

※やっぱりね〜

226 :世界@名無史さん:2006/06/25(日) 18:27:03 0
民団も白い目で見られると困るからな。

227 :世界@名無史さん:2006/06/28(水) 00:59:53 O
韓朝戦争

228 :世界@名無史さん:2006/06/28(水) 22:22:44 0
ウム


229 :世界@名無史さん:2006/07/07(金) 22:56:06 0
>>225
結局ダメになったね
「和解成立」当初よろこんでた人たちのブログを今読むと楽しい

230 :世界@名無史さん:2006/07/15(土) 08:24:31 0
>>212
つーか、正確には日本軍をかくしだまに使えた米軍をソ中朝は警戒した。
特に日本の参戦はスターリンや毛沢東が1番警戒した。

それがないんで開戦に踏み切れたと言ってもいい。米軍の参戦は予想していた。
ただ日本が参戦していればソ連直接介入してきたかも知れないけどね。
だから米軍は日本軍投入はしなかったんだろうな。

>>208
軍事的には日本との対戦の賜物だ。が、外交的には李の停戦拒否が大きい。
どうも足を引っ張っていたのは民主党らしいけどなw


231 :世界@名無史さん:2006/07/17(月) 19:01:06 0
国連軍管理下の共産軍の捕虜の半数が自由主義陣営への亡命を希望した

232 :世界@名無史さん:2006/07/19(水) 22:09:50 0
しかし、その自由主義陣営側も頭目が悪名高きインスマスもとい李承晩という罠

233 :名無し募集中。。。:2006/07/23(日) 01:21:19 O
愛知のキチガイ脳糞古川は神だと思っている。

半年ほど前の正月休みに両親と愛知のキチガイ脳糞古川の実家(もんじゃ焼き屋)に 食べに行った時の話。
両親と3人で鉄板を囲んで食事をしているといきなり脳糞古川が玄関から入ってきた。
もんじゃ焼き屋に似合わない勝負服ないでたちで。

脳糞古川が「私いつもの〜」と言って二階へ上がろうとすると、
店内にいた高校生集団が「脳糞古川さん!」「脳糞古川さんかわいいー!」などと騒ぎ出し、
脳糞古川が戻ってきてくれて即席サイン会になった。
店内に13、4人ほど居合わせた客全員に店内にあった色紙を使い サインをしてくれた。
高校生達が脳糞古川の母校愛知のキチガイ高校トラウマ部だとわかった脳糞古川は いい笑顔で会話を交わしていた。
そして脳糞古川は「またね〜」と二階に上がっていき、店内は静かになった。

私と両親は脳糞古川の気さくさとかわいさに興奮しつつ食事を終え、会計を済ませようとレジに向かうと、
店員さんが階段の上を指差しながら 「今日のお客さんの分は出してくれましたから。また来てくださいね」と。

あれには本当にびっくりした。

234 :世界@名無史さん:2006/08/18(金) 23:19:14 0
成功率は五千分の一age

235 :世界@名無史さん:2006/08/19(土) 00:11:38 0
1945年8月15日に日本がポツダム宣言を受諾し連合国に降伏し、第二次世界
大戦が終結すると、朝鮮半島は日本の統治から脱し、自主独立への道を歩み
だした。
南部では戦後直ちに呂運亨らによって建国準備委員会が設置され、9月6日に
は朝鮮人民共和国の成立を宣言した。
一方、北半部では日本の降伏直前から降伏後にかけ、北満州と沿海地方から
ソ連軍がヤルタ協定に基づいて侵攻、その後も日本軍の武装解除のために駐
留しており、9月2日に日本が降伏文書に調印すると、南からアメリカ合衆国
軍が協定に基づいて進駐、半島を中央に横切る北緯38度線を挟んで南北に分
割し軍政を敷いた事、また建国準備委員会内部においても意見と足並みが揃
わず李承晩が朝鮮人民共和国主席への就任を拒否したため、またアメリカ軍
政も人民共和国を承認しない意思を明らかにした為、人民共和国は空中分解
した。当初は半島南北の往来は自由であったが、軍政と同時に境界線の通行
が管理され北半部では金日成がソ連の後押しで力を強めていた。

236 :世界@名無史さん:2006/08/19(土) 00:15:48 0
モスクワでアメリカ・イギリス・ソ連の外相会議が開かれ(モスクワ三国
外相会議)、日本の統治と朝鮮半島の占領政策が議題に上った。戦時中の
テヘラン会談では、ルーズベルト大統領が「半島全域を40年は、新設する
国際連合による信託統治するべきだ」と提案し、ヤルタ会談でも20年から
30年は信託統治するべきと主張していた。
彼は終戦前に死に、後継のトルーマンはモスクワ会談において、米英ソと
中華民国による5年間の信託統治を提案して決定された(モスクワ協定)。
独立国家の建設を準備するための米ソ共同委員会を設置したが、具体案に
おいて米ソの意見が激しく対立し、信託統治案は座礁した。
1946年2月8日、金日成等が、ソ連の後援を受けた朝鮮臨時人民委員会を設
立、8月には重要産業国有法を施行し、共産主義国家設立への道を歩みだし
た。このような北での共産国家設立の動きに対して、日本統治時代にアメ
リカに亡命し独立運動を繰り広げてきた李承晩は、南半部での早期の国家
設立をアメリカに迫った。
その結果1947年6月には李承晩を中心とした南朝鮮過渡政府が設立され、北
と南半部は別々の道を歩み始めることとなった。

237 :世界@名無史さん:2006/08/19(土) 00:18:11 0
1948年2月8日、朝鮮人民軍が創設され、2月26日には北緯38度線以北に
金日成を主席とする朝鮮民主人民共和国の成立を宣言、アメリカはこ
れを激しく非難した。
金日成は、3月には南半部への送電を停止(当時、南半部は電力を日本
統治時代に山の多い北半部に建設された水豊ダムなどの発電所に頼り
きっていた)して、南北の対立は決定的となった。
李承晩は対抗し、朝鮮労働党を除いた選挙を実施して、国家成立を決
断したが、済州島では南朝鮮労働党のゲリラが武装蜂起し、その鎮圧
の過程で軍部隊の叛乱や島民の虐殺が発生した(済州島四・三事件)

238 :世界@名無史さん:2006/08/19(土) 00:22:57 0
1948年8月13日、李承晩が大韓民国を宣言。金日成はこれに対抗して自ら
も9月9日に朝鮮民主主義人民共和国を成立させた。この結果、北緯38度線
は事実上の国境となった。その後、金日成は李承晩を倒すために、ソ連の
スターリンに武力侵攻の許可を求めていたが、12月にソ連軍は半島から撤
退した。1949年6月に米軍も軍政をとき、司令部は撤収した。
それを受けて北朝鮮は祖国統一民主主義戦線を結成した。

同じころ、地続きの中国大陸では国共内戦の末、毛沢東率いる中国共産党
が勝利し、10月1日、中華人民共和国が成立した。アメリカは蒋介石の国
民党を抗日戦争から国共内戦に至るまで熱心に支援していたが、内戦の後
期になると勝機が見えないと踏んで援助を止めていた。
1950年1月12日、米国務長官ディーン・アチソンが「アメリカが責任をもつ
防衛ラインは、フィリピン〜沖縄〜日本〜アリューシャン列島までである。
それ以外の地域は責任をもたない。」と発言し、韓国のみを含めなかった。

金日成はこれを西側陣営の南半部(韓国)放棄のサインであると一方的に
受け取った。



239 :世界@名無史さん:2006/08/19(土) 00:27:54 0
米国は同月、韓国との間に米韓軍事協定を結んでいた。これは、アメリカに
対して執拗に、日本に対する報復的、敵対的行動(竹島領有宣言・対馬占領要
求)を行い、国家統一、軍の北進を訴える李承晩を押さえ込むもので、韓国の
軍事力の大部分はアメリカが請け負い、韓国軍が重装備して日本や北朝鮮に
攻め込むことを防ぐ為、武器を韓国に与えないというものであった。

3月にソ連訪問し改めて開戦許可を求めた金日成と朴憲永に対し、金日成の
働きかけもあり、スターリンは毛沢東の許可を得ることを条件にの侵攻を
容認。同年5月、中華人民共和国を訪問した金日成は、北朝鮮による南半部
への侵攻を中華人民共和国が援助するという約束を取り付けた。
中華人民共和国が北朝鮮を当初から積極的に支援したという見解があるが、
実際はソ連の軍事支援が小規模な事がわかったことにより、中華人民共和
国内では侵略支援への消極的意見が主流だったという。
また、直前になってから侵略計画を知らされた事に毛沢東は不満であった。

240 :世界@名無史さん:2006/08/19(土) 00:34:47 0
開戦直前の半島の南北の軍事バランスは、北の有利であった。

韓国軍は全土で8個師団6万5000人、米韓軍事協定によって重装備が全く施されて
いなかった。
朝鮮人民軍は陸軍が歩兵2個軍団10個師団と、第二次世界大戦時最強のソ連製T-3
4/85戦車150両を配した第105戦車旅団で合計兵力18万3000人、海軍は艦艇30隻と
兵力1万4000人、空軍は120機のソ連製戦闘機と兵力2万人で、総計すると約22万
人に及ぶ軍隊がソ連軍事顧問達により構築されていた。

朝鮮人民軍は暗号名「暴風」(ポップン)作戦により、3軍同時に38度線を越境、
南半部への侵攻を開始するのは6/25と定められた。
このことは李承晩はじめ韓国国軍もアメリカを始めとする西側諸国もまったくしら
なかった。
北朝鮮側は当時から現在に至るまで、「韓国側が先制攻撃してきたものに反撃した
のが開戦の理由」だと主張し続けているが・・・


241 :世界@名無史さん:2006/08/19(土) 00:44:19 0
時に1950年6月25日午前4時、北緯38度線にて北朝鮮軍重砲師団による準備砲撃が開始され、30分後には
約10万の歩兵兵力が38度線を突破した。
人民軍情報部は、韓国では前日に陸軍庁舎落成宴会が夜遅くまで行われており、韓国国軍中枢部は機能
していない事を把握していたのだ。韓国軍は幹部の登庁が遅れ指揮系統は混乱し、李承晩への報告は奇
襲後6時間たってからであった。
しかも、T-34戦車を中核にした電撃戦により、対戦車装備をまったく持たない韓国軍は総崩れとなって
おり、国軍兵士は敵前逃亡し、多くの市民は激しい装甲師団の砲火の前に立たされていた。
しかし米軍の連絡系統は俊敏に機能し、連合国軍総司令官ダグラス・マッカーサーが東京で奇襲攻撃を
知ったのは25日午前5時数分過ぎであった。ミズーリ州にいたトルーマン大統領も24日午後10時に報告を
受け、国連安全保障理事会の開会措置をとるように命じてワシントンD.C.に帰還したが、彼の目は常に
欧州へ向いていた為、朝鮮半島の緊迫した情勢を把握していなかった。大統領は米国市民の韓国からの
退去と、マッカーサーに韓国軍への武器弾薬の補給命令、第七艦隊への台湾出動を命じたが、即座の半
島軍事介入には踏み切らなかった。

242 :世界@名無史さん:2006/08/19(土) 00:57:02 0
韓国国軍の敗因は、訓練と武器の不足であった。北朝鮮軍は中国共産党軍やソ連
軍に属していた朝鮮族部隊をそのまま北朝鮮軍師団に改編したものが殆どで練度
が高かったのに対し、韓国軍は建国後に新たに編成された師団ばかりで、将校の
多くは日本軍出身者であったが各部隊毎の訓練が完了していなかった。
また、来るべき戦争に備えて訓練・準備を行っていた北朝鮮軍の装備や戦術がソ
連流だったのに対して、韓国軍の戦術は機械化前の旧日本陸軍流であり、日本の
竹島や対馬への攻撃を主張し、占領統治に障害となるとマッカーサーに判断され
た韓国国軍の装備は米軍から供給された小火器だけで、重火器は不足しており、
特に戦車を1台も装備しておらず、航空機もほとんど装備していなかった。
その結果、貧弱な空軍は緒戦の空襲ですぐに壊滅し、地上戦でも電撃戦により総
崩れとなった。

ところが、韓国軍が総崩れで壊走する中、北朝鮮軍は何故か突然南進をやめ、3
日間の空白の時を作った。この3日間は韓国軍およびアメリカ軍にとって貴重な
時間を作ることになったが、今をもっても、なぜ北朝鮮が3日間も貴重な時間を
無為に過ごしたかは謎となっている。
北朝鮮軍の大勝を知って南側の住民が武装蜂起する事を期待したという説、ソ
連等の外交圧力等もあるが、明確な根拠はない。
マッカーサーは、本国からの回答が届く前に、B-29を日本から発進させ、北朝
鮮が占領した金浦空港を空爆した。これが米軍の反攻の最初となった。

243 :世界@名無史さん:2006/08/19(土) 01:07:09 0
6月27日に安保理が開催され北朝鮮の行動を非難し、軍事行動の停止と軍の撤退を求める
「北朝鮮弾劾決議」を賛成9:反対0で採択した。
拒否権を持つソ連は、この年の1月から中国政府認証問題に抗議し、理事会をボイコット
していた。決議の後、ソ連代表のヤコブ・マリクは国連事務総長のトリグブ・リーに出
席を促されたが、スターリンにボイコットを命じられているマリクは拒否した。

韓国政府はソウルを放棄し首都を水原に遷都、ソウルは6月28日に陥落した。
このソウル陥落の際、命令系統が混乱した韓国国軍は避難民もろとも漢江にかかる橋を
爆破した。これにより漢江以北には多数の残存部隊やソウル市民が取り残され、自力で
脱出以外なくなった。この失敗により韓国国軍は士気もさがり、全滅が現実のものと感
じられる状況になった。

244 :世界@名無史さん:2006/08/19(土) 01:08:14 0
6月29日、マッカーサーは専用機で東京から水原に入り、自動車で前線を視察したが、
壊走する韓国軍兵士と負傷者でひしめいていた。マッカーサーは派兵を韓国国軍に約
束し、その日の午後5時に東京へ戻った。
彼は本国の陸軍参謀総長に在日米軍4個師団の内、2個師団を投入するように進言した。
マッカーサーは、本国からの回答が届く前に、B-29を日本から金浦空港を空襲した。

消極的なトルーマンはマッカーサーに、1個師団のみ派兵を許可した。

当時、米陸軍の総兵力は59万2000人だったが、これは1941年の半分に過ぎず、第二次
世界大戦の参戦兵士はほとんど退役し、多くの兵士は実戦を経験していなかった。

245 :世界@名無史さん:2006/08/19(土) 01:14:44 0
韓国国軍は、7月3日に蔡秉徳(日本陸士49期卒・元日本陸軍少佐)が参謀総長を解任され、丁一権
(日本陸士55期)が新たに参謀総長となり、混乱した軍の建て直しに当たった。

7月5日に京畿道烏山市付近で米軍派遣隊と北朝鮮の地上軍同士が初めて衝突した。
首都ソウルを奪取し更なる北の南下を防ぐため、マッカーサーは日本に駐留して
いた第24師団の第21連隊第1大隊を基幹とするスミス支隊を急遽派遣した。
韓国釜山に到着したスミス支隊は水原南方の烏山に進出し、近くの高地に陣取っ
て北朝鮮軍を待ち受けた。対する北朝鮮第4師団はT-34/85戦車や自走砲などの車
輌を先頭に烏山の突破を目指し、両軍が激突した。
北朝鮮軍を視認したスミス支隊は砲撃の後に無反動砲、バズーカなどで攻撃を加
えたが、T-34/85にはほとんど効果が無かった。北朝鮮軍の戦車と歩兵は各所で戦
線を突破し、スミス支隊は総崩れとなって退却を余儀なくされた。
更に大田の戦いでも大敗した結果、北朝鮮軍の快進撃は続く事となった。
兵力の逐次投入の愚を犯した事をホワイトハウスは始めて気付いた。


246 :世界@名無史さん:2006/08/19(土) 01:23:25 0
6月27日に国連安保理は韓国を防衛するため、必要な援助を韓国に与えるよう加盟国
に勧告し、7月7日にはアメリカ軍25万人を中心としてイギリス、オーストラリアなど
も加わった国連軍を結成していた。朝鮮戦争において国連は、国連軍司令部の設置や
国連旗の使用を許可している。しかし、国連憲章第7章に規定された手順とは異なる
派兵のため、厳密には国連軍ではなく、多国籍軍であり、指揮系統も複雑で急造はい
なめなかった。
米軍が大田攻防戦で歴史的大敗を喫すると、派遣上陸したばかりの国連軍は、いきな
り最後の砦洛東江円陣にまで追い詰められた。

韓国国軍は保導連盟員や政治犯等の多数殺害した保導連盟事件を起こし、住民との確
執もおき始めていた。
北朝鮮軍は、不足し始めた兵力を現地で徴集し兵力で補い、後の離散家族発生の一因
となったが、再三に渡り大攻勢を行った。
金日成は解放記念日の8月15日までに統一するつもりであったのだ。

しかしアメリカ機動艦隊と日本からのB-29の空爆支援を受け、ようやく国連軍は徹底
抗戦の構えを釜山橋頭堡で示した、北朝鮮軍の進撃はここで止まった。北の兵站が伸
びきり、武器・弾薬・燃料が滞っていた。

247 :世界@名無史さん:2006/08/19(土) 01:30:03 0
マッカーサーは戦線建て直しに全力を注ぎ、数度にわたる牽制の後の9月15日、
仁川に国連軍を上陸させる事に成功した。度重なる攻勢によって兵站の限界に
達していた北朝鮮軍は敗走を続け、9月28日に国連軍がソウルを奪回した。
この時敗走した北朝鮮兵の残党が韓国内でゲリラ化し、国連軍は悩まされた。
10月1日、韓国軍は祖国統一の好機と踏み、国連軍の承認を受けて、単独で38
度線を突破した。10月2日、韓国軍の進撃に対し北朝鮮は中国に参戦を要請。
中国の国務院総理(首相)周恩来は「国連軍が38度線を越境すれば参戦する」
と警告。だが10月9日には国連軍も38度線を超えて進撃した。
これまで参戦には消極的だった中国も、遂に開戦前の北朝鮮との約束に従っ
て人民解放軍を「志願兵」として派遣することを決定。彭徳懐を司令官とする
20万人、後方待機も含めると100万人規模という大軍だった。
10月20日、国連軍は北朝鮮の臨時首都・平壌を制圧、敗走する北朝鮮軍を追
い、中国軍の派遣に気付かずになおも進撃を続けた。先行していた韓国軍は
一時中朝国境の鴨緑江に達し、統一間近とまで騒がれたが、10月から朝鮮へ
の進入を開始した中国軍は山間部を移動し、神出鬼没な攻撃と人海戦術によ
り国連軍を圧倒、韓国第二軍を撃滅すると黄海側、日本海側を進む国連軍も
包囲され、MiG-15の導入による制空権奪還で勢いづいた中朝軍は12月5日に平
壌を奪回し、1951年1月4日にはソウルを再度奪回した。
韓国軍・国連軍の戦線はもはや壊滅し、2月までに忠清道まで退却した。

248 :世界@名無史さん:2006/08/19(土) 01:33:28 0
国連軍はようやく態勢を立て直して反撃を開始した。
3月14日にはソウルを再奪回したものの、戦況は38度線付近で膠着状態となる。
戦況にいらだったマッカーサーは、第二次世界大戦以前に日本が一大工業地帯
として築いた中国東北部(満州)をB-29とB-50からなる戦略空軍で爆撃し、中
国軍の物資補給を絶とうとする(原子爆弾も使おうとしたとされる)が、ソ連
を刺激することを恐れたトルーマン大統領は、4月11日にマッカーサーを解任
し帰国させた。
ソ連の提案により停戦が模索され、1951年7月から休戦会談が断続的に繰り返
されたが、双方が少しでも有利な条件での停戦を要求するため交渉は難航した。
1953年に入ると、米国では1月にアイゼンハワー大統領が就任、ソ連では3月に
スターリンが死に、両陣営の指導者が交代して状況が変化した。

7月27日、板門店で北朝鮮・中国と国連軍の間で休戦協定が結ばれ、3年間続い
た戦争は終結した。(調印者:金日成・朝鮮人民軍最高司令官、彭徳懐・中国
人民志願軍司令官、M.W.クラーク・国際連合軍司令部総司令官。李承晩はこの
停戦協定を不服として調印式に参加しなかった。)
板門店がソウルと開城の中間であったことから、38度線以南の大都市である開
城を奪回できなかったのは韓国軍の限界であった。

249 :世界@名無史さん:2006/08/19(土) 01:37:57 0
ソウルの統治が二転三転する激しい戦闘の結果、韓国軍は約20万人、米軍は約14万人、
国連軍全体では36万人が死傷した。一方、米国の推定では、北朝鮮軍が約52万人、中
国義勇軍は約90万人が死傷したとされており、毛沢東国家主席の二人の息子も戦死し
た。一般市民の犠牲者は100万人とも200万人とも言われ、一説には全体で400万人の
犠牲者が出たとされる。

夫が兵士として戦っている間に郷里が占領された、というような離散家族が多数生
まれた。また釜山の包囲の際に、多くの難民が日本に移住した。
南北の両国は、現在も戦争状態で38度線上で対峙し、その後双方の政権(李承晩、
金日成)が独裁政権として安定することとなったのである。


250 :世界@名無史さん:2006/08/19(土) 06:13:59 0
  ニダ  |       ∧___|| アニョハセヨ「親日反民族行為者財産調査委員会」ニダ
      |_∧ ⊂<`∀||
  ゾ     |`∀´>  ゝ  O_____  盧武鉉ニムへの不満逸らしならウリ達に任せろニダ
  ロ    :|  とノ/⌒、_||○※※∧_∧
    ゾ   | ̄ ̄し' ̄ ∧_∧※< `∀´>
    ロ  .| ̄ ̄∧_<`∀´ > (⊃  と)∧_∧ 親日売国奴の子孫から財産を没収するニダ
      |   <`∀´/  []O | | |<`∀´ >
         ⊂   UI⌒、   ∧∧ ∧∧     )
     //   (_(__(_ノ(_ Σ<`∀´;≡;`∀´>
   / /          、ニカ?(つ ⊂) ∧_∧
   /  / 国庫へ還収ニダ       ヽ  ノ <`∀´∧_∧
  / ∩∧_∧       ∧_∧ レU  (   < `∀´> 国民の瘴気を取り戻すニダ
  / .|< `∀´>_     < `∀´>     |  | (     つ
 //.|     ヽ/ ̄    (     )    (_(_| | |
 " ̄ ̄ ̄ ̄ヽ_つ      裁判は無効ニダ。結果に係らずウリナラ委員会に帰属するから安心しる。

【日韓】「親日派財産の還収」が18日に本格スタート。親日派400人の子孫から財産を没収へ

251 :世界@名無史さん:2006/08/19(土) 09:11:51 0
終戦直後、韓国軍って竹島と対馬へ攻め込もうとしていた。現に竹島
には上陸した。しかし後ろから北鮮が攻めてくるとは毛ほども考えて
なかったから、無様に撤退を繰り返したというのが朝鮮戦争の本質か。
日本を基点としたアメリカと国連軍の圧倒的な物量と支援がなければ、
韓国は今はなかったわけだ。

252 :世界@名無史さん:2006/08/19(土) 10:27:49 0
朝鮮戦争中、南北とも日本が後ろから攻めてくることは考えなかったんかな?

253 :世界@名無史さん:2006/08/19(土) 11:25:03 0
だって、マッカーサーの占領統治中だし、関東軍の多くはシベリア送り・・・
警察予備隊は、朝鮮戦争が起きてからできたんだから・・・

米軍が日本から空爆する事は考えていただろう。ただ、トルーマンは一貫して
弱腰だったし、1950年の国務長官ディーン・アチソンが示した「アチソンライ
ン」は、フィリピン〜沖縄〜日本〜アリューシャン列島としている。つまり島
嶼部はアメリカが取るが、大陸はソ連にやるということだ。
「それ以外の地域は責任をもたない。」という発言に、韓国はそれ以外の地域
としてアメリカに見捨てられていたのだ。東アジアの赤化に対して太平洋の防
波堤は必要という程度の認識だったんだろな。


254 :世界@名無史さん:2006/08/19(土) 14:01:51 0
朝鮮戦争のときトルコはなにやったんですか?

255 :世界@名無史さん:2006/08/19(土) 21:17:44 0
大統領のおいに賭博ゲーム疑惑=新たな難題浮上−韓国

 【ソウル19日時事】韓国メディアは19日、盧武鉉大統領のおいが、社会問題化
している賭博ゲームとかかわっていたとの疑惑を大きく報じた。青瓦台(大統領
府)は火消しに躍起となっているが、支持率低迷にあえぐ盧大統領に新たな難題
が浮上した。
 中央日報などによると、ここ数年で急成長している賭博ゲーム機販売会社の筆
頭株主である企業に盧大統領のおいが一時期、役員として勤めていた。同販売会
社は射幸心をあおるため法定外の多額の現金を得られるようゲーム機の設定を変
更した疑いや、暴力団の資金源になっているなどの疑いで、現在、当局が捜査を
進めている。 


256 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 00:07:13 0
イタリアといい、韓国といい、半島人は戦争にめちゃ弱。

韓国国軍って、ただ烏合の衆だったんじゃないか。やったことといえば、
竹島事件や国内の虐殺しかできてない。味方やソウル市民を犠牲にして
漢江の橋を自分で爆破するような奴等に、国防をまかせる国民は可哀想。
外国の軍隊がいなければ、何もできないじゃないか(藁

257 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 00:12:57 0
でも君よりは強いよね^^

258 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 01:52:00 0
イタリアは3世紀頃までは世界最強だっただろ。

259 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 12:18:23 0
韓国軍の情報能力については現在も疑問視されるところ。おそらく北鮮が劣った装
備で再び侵攻しても初動で大打撃を蒙る可能性がある。

2006-7-6 【ミサイル発射】日本より全て後手に回った韓国の対応
北朝鮮のミサイル発射が行われた5日未明にとられた韓日両国の政府の対応を比較
すると、大統領への報告から政府の公式的な立場が発表されるまで、すべて日本よ
り後手に回っていたことが明らかになった。
最初のミサイル発射が行われて20分が経過した午前4時、日本政府の野田健・内閣
危機管理監は小泉首相に緊急現況報告を行った。
一方、盧武鉉大統領に最初の報告が上がったのは午前5時1分だった。徐柱錫青瓦台
(大統領府)統一外交安保首席秘書官は「テポドンミサイルの発射直後に大統領へ
報告した」と述べたが、未明に発射された6発のミサイルのうち、3番目に発射され
たテポドン2号の発射は午前5時ごろであった。
また、日本政府は小泉首相に報告するだけではなく、同時に政府各省庁に「緊急警
報」を発令した。午前4時には首相官邸の危機管理センターに対策室を設置し、各省
庁の局長級で構成された緊急参謀チームが対策会議を開いた。4時30分には安倍晋三
官房長官と額賀防衛庁長官ら、関係省庁の大臣が首相官邸で会議を開いた。
一方、韓国外交部の対策会議は6時50分、関係長官対策会議は7時に開かれ、各長官
らが出席するNSC(国家安全保障会議)常任委は7時30分に開かれた。日本と比較し
た場合、3時間も遅れてようやく対策会議が開かれたことになる。
公式声明の発表についても同様で、日本は午前6時30分に関係閣僚会議を経て、安
倍官房長官が「北朝鮮のミサイル発射に対して厳重に抗議し、遺憾の意を表明する
」との公式声明を発表した。韓国政府の公式声明発表は午前10時10分であり、米日
などの主要国の公式的な反応はすべて出尽くした後だった。
また、日本の首相が主催する国家安全保障会議は午前7時30分に開かれたが、韓国
大統領が主催する安保長官会議は11時に開かれた。
このように日本より対応が遅れた理由について政府関係者は、「日本は攻撃的な態
度をとることもできるが韓国は慎重な態度をとらざるを得ない立場にあるため」だ
としたが国軍にさえ知らさない事がありえようか?

260 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 12:31:22 0
>>254
トルコ風呂のウリナラ起源を補強する重要な状況証拠じゃないですか。
なんでも延べ五万人の兵士が韓国で汗を流したそうですから。

>日本の隣国である韓国でも、同じようにこの種の性風俗店は「トッキータン(トルコ風呂)」と呼ばれている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%B3%E9%A2%A8%E5%91%82_%28%E6%80%A7%E9%A2%A8%E4%BF%97%29

261 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 12:32:37 0
>>254
トルコ風呂のウリナラ起源を補強する重要な状況証拠じゃないですか。
なんでも延べ五万人のトルコ人兵士が韓国で汗を流したそうですから。

>日本の隣国である韓国でも、同じようにこの種の性風俗店は「トッキータン(トルコ風呂)」と呼ばれている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%B3%E9%A2%A8%E5%91%82_%28%E6%80%A7%E9%A2%A8%E4%BF%97%29


262 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 12:33:28 0
>>249
国連軍で36万人もやられたのか。すごい規模だったんだな。
これでよく日本に火の粉が降らなかったものだ。
シナとのキルレシオが4:1程度なのを見ると、当時はアメリカとソ連の装備は大差なかったのだな。
ベトナム以降は広がりっぱなしだが。

263 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 13:18:27 0
>>256
アナトリア半島とスカンジナビア半島とイベリア半島をお忘れで。

264 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 14:54:51 0
>>259
>日本より対応が遅れた理由について政府関係者は「日本は攻撃的な態度をとる
こともできるが韓国は慎重な態度をとらざるを得ない立場にあるため」だとした
が国軍にさえ知らさない事がありえようか?

「日本は攻撃的な態度をとることもできるが」ってどういう事?専守防衛の憲法に
縛られた日本は、北朝鮮に対してどんな法理論と実装備でもって「攻撃的」な態度
をとれるというのか。韓国の国防担当スポークスマンの見解をききたいね。

つーか自軍にも知らせてなかったという事は、本当に知らなかった可能性が大。
一番、北と緊張関係があるハズの韓国がこんな体たらくなのは、大統領の指導力の
無さとしかいいようがない。だいたい北と戦争になったら、韓国も一緒に攻めてく
るんじゃないか? 対馬・壱岐・隠岐の防御をもっと本格的に考えないと危険だよ。


265 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 15:38:33 0
「今、北朝鮮が攻撃するとしたら、韓国はあり得ない、
 むしろ日本だ。」
というのが韓国の現政権の認識じゃなかったっけ?

266 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 15:42:14 0
*****************グーグルアースでみるテポドン発射基地***************************

咸鏡北道「舞水端里飛彈測試基地」(旧・大浦洞) 
40°51'19.90"N 129°39'57.46"E

ttp://ttryu8.at.webry.info/200607/article_3.html
ttp://blog.yam.com/dili/archives/1932553.html


267 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 18:52:26 0
お茶の間で、敵の基地や前線を自分でみれる時代になったのね。

268 :世界@名無史さん:2006/08/21(月) 00:16:14 0
韓国をアースググル物好きもいるんだね。どこぞの似非軍事評論家だけかとおもった。

269 :世界@名無史さん:2006/08/21(月) 10:11:53 0
>日本は、北朝鮮に対してどんな法理論と実装備でもって「攻撃的」な態度
>をとれるというのか。韓国の国防担当スポークスマンの見解をききたいね。
「法律よりも現実が優先する。超法規的措置は日本の得意技ではないか。」

270 :世界@名無史さん:2006/08/21(月) 14:13:50 0
>>269
とりあえず日本の自衛隊は海を越える能力無いんだけど、
青瓦台はアホだからそんなこと言ってそうだな。

271 :世界@名無史さん:2006/08/21(月) 14:18:39 0
渡海するためには自衛隊所有だけでは間に合わず、
民間の船舶を徴用しなければならないが、
現在それを認める法律がない。

272 :世界@名無史さん:2006/08/21(月) 15:04:32 0
ていうか、上陸作戦やるには制空権確保が必須で、空自のF2は戻って来れない。
上陸作戦やるための海兵隊みたいなのもいない。

273 :世界@名無史さん:2006/08/21(月) 16:42:08 0
南朝鮮も渡航能力も制空権握るだけの戦力はないっしょ。

274 :世界@名無史さん:2006/08/21(月) 19:03:28 0
どう考えてもアメリカがロシアと協定して中国と半島はロシアにくれてやった
というのが真実だろう、勿論正式な協定書があるわけではないが。

金日成が戦闘を開始したとき、半島の先端に行くまでの燃料しか用意しなかったのは
それで十分なはずだったから、金日成も馬鹿ではない。

マッカーサにより反撃が想定外でアメリカ軍は座して統一を見守る約束だった、
マッカーサが解任されたのは戦闘の指揮に問題が在ったのではなくロシアとの
協定を無視したから。

275 :世界@名無史さん:2006/08/21(月) 19:40:21 0
とてもトルーマンの考えそうなことじゃない>>274

276 :世界@名無史さん:2006/08/21(月) 22:29:01 0
アチソンの横車じゃないか? 英雄アイゼンハワーの気にいらなかったマッカーサー
を政治的に抹殺するために、あの戦争を利用したんだよ。ホワイトハウスは実は真っ
黒。魑魅魍魎の住むところだからねぇ。

277 :世界@名無史さん:2006/08/22(火) 00:38:08 0
伏魔殿というやつですか。

278 :世界@名無史さん:2006/08/22(火) 03:38:24 0
>>274
ちょいと陰謀史観に染まってないかい?
第二次大戦終結直後で、まさかソ連が軍事行動に出る(名義は北チョンだが)とは思わなかったんだろ。
アチソンラインに朝鮮を入れなかったのは、李承晩が「竹島と対馬はウリナラのモノニダ!」ってキチガイなこと言うからそれを撤回させるためであって、お灸を据える程度の意味合い。
で、李が泣き入れる前に早過ぎるタイミングで金日成が突っ込んできて、お灸を据え損ねた。

あの時点で朝鮮を失うことがどれほど国益を損なうか、ホワイトハウスがわからんはずはない。常に日本全域をパトロールしなきゃいかんわけで、空軍海軍の負担がデカくなりすぎる。

実際に死傷者の数を見れば、アメリカが本気で朝鮮半島防衛をやってることがわかる。
マッカーサー解任は、
1. 半島を完全に制圧して戦前の日本の二の舞やらかすよりも、緩衝地帯にしてにらみ合わせておいた方が面倒がないという判断か?
2. 現場を見て敵の戦力を把握し、「勝てる」と踏んだ勝負師のカンを、ホワイトハウスが理解できなかった(二次大戦で予想外に手こずったので、国内の厭戦感も強かった)?

のどちらかではないか?


279 :世界@名無史さん:2006/08/22(火) 04:24:17 0
>>274
そんなこつ考えるようならわざわざ1945年に38度線ひかないだろ。
トルーマンドクトリンは1947年、対ソ封じ込め政策だよ。
>>253
ダレスは国連創設以来ソ連に警戒心を強めた。対日政策でもそれは現われていて
1949年にはソ連除外しての対日講和を英米間で決定、1950年4月国務省長官特別顧問、
51年大統領特使となった。後に民主党では手緩いとして共和党で巻き返し政策をとる。

つーことで多分ダレスに代表される強硬派が実際はハンドリングしていたと思うよ。
GHQにしても1947年頃から民主化優先の民生局より反共的な幕僚第2部が優遇され
冷戦基地としての日本の経済安定、早期独立が企画されていた。
朝鮮戦争は1950年6月だから、米国が甘く考えていたと言うことはないだろうな。
準備していた、と言うのが正確なところだろうな。当初の劣勢を跳ね返せたのは
潤沢な生産基地としての日本が兵站を補給し続けられたからだよ。


280 :世界@名無史さん:2006/08/22(火) 05:35:40 0
>>248
塹壕戦に入ってからは米軍が火砲と物量で圧倒すると言う形で中朝は停戦
したくて仕方なかったんだよ。交渉にしても38度線維持がやっとだったのに当初消極的
だったスターリンが意外と頑張る中国に停戦を許さなかった。その割には兵器や
物資の供給をしぶっていた。つーかソ連の限界だった。スターリンは停戦に入ってからは米国を消耗させるために
中国や朝鮮を捨て駒にしようとしたのさ。物資が不足した中国はソ連から朝鮮向けの物資にも手を出す始末だ。
ここいらから中ソの関係は悪化しはじめるのだよ。

米国は戦況が有利で兵站も潤沢だったのだが、例によって選挙における民心が
心配になり早期の停戦を望んだ。相変らずの国ですww

ソ連はロシア共和国に変わるまで1度も書記長が北朝鮮訪問を
しなかった国だよ。(戦後最初は実はプーチン大統領、ここいらは要注目。)
それほど重視して考えていなかったと言うことだろうな。
満州を開放したにも関わらずあっさりと中国に明渡すスターリンの淡白さとも似ている。



281 :世界@名無史さん:2006/08/22(火) 18:53:02 0
朝鮮人は好戦的なので、世界中が戦争疲れでぐったりしているときに戦争しやがります。

282 :世界@名無史さん:2006/08/22(火) 20:46:50 0
朝鮮戦争を戦っている間も米ソ両国はそれぞれNATO、ワルシャワ条約軍の増強を優先させている。
スターリンはNATO増強に振り向けられるアメリカの戦力が朝鮮で消耗されることを望んでいた。


283 :世界@名無史さん:2006/08/22(火) 20:48:34 0
朝鮮戦争の時点ではアメリカのF86が月産90機に対してソ連はミグ17を300機生産していた。


284 :世界@名無史さん:2006/08/22(火) 21:54:06 0
国連軍として、38度線での停戦って実力?
あれ以上北に押し込んで停戦出来なかったのは政治的な理由?

285 :世界@名無史さん:2006/08/22(火) 22:10:28 0
>>283
朝鮮戦争中はMig15bisまでで、Mig17への移行はしてなかったと思うが。
F86 VS Mig15のキルレシオは米軍発表で1:20、ソ連発表で1:2、実質は
1:7程度と推定されてるから、生産比率が90:300でも無問題。

286 :世界@名無史さん:2006/08/22(火) 22:42:41 0
んで、ベトナム戦争でしっぺ返しを食うんだよね。

287 :世界@名無史さん:2006/08/23(水) 00:56:31 0
>>284
米軍の活動範囲が38度線までだった
元々内戦なので、侵攻は”内政干渉”

288 :世界@名無史さん:2006/08/23(水) 03:34:51 O
なんか韓国の戦争記念館みたいなとこに修学旅行で行ったわけよ。
そしたら、朝鮮戦争は悲しい戦いだったとか言っといて、土産として戦車のプラモやら売ってんのよ。
これはなにを狙ってんだ?

289 :世界@名無史さん:2006/08/23(水) 04:08:51 0
>>288
チョン戦争で戦車と言えばT34。北朝鮮軍所有だ。
つまり、「北朝鮮の正義」を明らかにし統一への布石とするためのプラモなんだよ!!

な、なんだってー(AA略)

290 :世界@名無史さん:2006/08/23(水) 04:14:36 O
ひとりで突っ込む奴は寒い

291 :世界@名無史さん:2006/08/23(水) 13:26:39 0
>>286
キルレシオ自体はやはりアメリカが圧倒的。戦闘機はベトナム戦初期で1:3、終盤では1:12(ソースがTOP GUNなので、ちゃんとしたソースがある人は教えて)だそうで。
陸軍もアメリカ5万人に対しベトナム100万人で、1:20。

ただ、命に対する認識が共産主義国とアメリカでは違う。
アメリカ国内では反戦運動が起こっても逮捕されないが、中ソでそんなことやったら粛清されるのでできない。
そんなわけで、しっぺ返しと言えるほどではない。



292 :世界@名無史さん:2006/08/23(水) 13:54:42 0
>>291
地上戦の評価はともかくとして、航空戦の評価は「敗北」だよ。
空爆を継続できなかったのは、政治的な理由もさることながら、
戦果に対して損害が大きすぎたから。
Mig17に対してF105やF4,F8で1:3では機数はともかくコストが
引き合わない。
北ベトナムは純粋な航空戦を挑んだのではなく、SAMや対空砲火
との連携のもとに迎撃しているが、まともに空戦できる戦闘機
が無かったのも劣勢の要因だから、Mig15の延長でMig17,21の
軽量戦闘機を開発したソ連にしっぺがえしを受けたとしても間
違いではない。
末期には、1週間で復旧できる橋を破壊するためにF111やB52
を投入して撃墜されている。
事態が変わったのは精密誘導兵器が登場した最末期だが、すで
にベトナム撤退の流れは出来ていたから、間に合わなかった。

293 :世界@名無史さん:2006/08/23(水) 14:29:28 0
>>291
> 中ソでそんなことやったら

ベトナムでは、中ソとも参戦してないし、官製のベトナム反戦デモは
行われていたが?
ベトナムは長い独立戦争を戦っていたのであって、共産主義のために
戦っていたわけじゃない。

294 :世界@名無史さん:2006/08/23(水) 19:12:31 0
>>292
面白いね。

どうだろう、初期の1:3は確かに割に合わない。ミサイルを信用し過ぎて機銃を積まず、ドッグファイトが出来なかった(あなたの言う「まともに空戦出来ない戦闘機」)からで、その反省をし最終的には1:12に持って来た、つまりしっぺ返しをした方じゃないかな?

また、パイロットという育成に大変なカネと時間のかかる、また生き残るほどに経験が蓄積されて行く貴重なソフトを計算に入れないのはどうかと思う。1:3でもまずまずと考えて良いと思うが。
まして12:1がホントならゼロ戦vsヘルキャット以上。余裕過ぎて勝負になってないってレベルじゃないか?

最後に、制空権と制海権についてはアメリカは完全に握っていた。キルレシオだけでなく戦略的にも圧倒していた。航空戦敗北、というのはちょっと言えないと思う。別にあなたをけなすわけじゃないよ。実際初期はともかくとして制空権完全に握ってたんだから。
やられたのは陸のベトコンの「数」とゲリラ戦法によってであり、敗北したとするなら地上戦以外にありえない。

295 :世界@名無史さん:2006/08/23(水) 21:38:40 0
韓国初の民軍共同通信衛星であるムグンファ5号が22日、打ち上げられた。
今回のムグンファ5号の打ち上げで、韓国は世界の通信衛星大国のトップ
10入りを果たした。

軍事的には軍創設以来初めて軍用衛星を所有するようになり、この先、指
揮通信体系に一大変化をもたらすものとみられている。
国防科学研究所とKTが共同開発したムグンファ5号は22日午後12時27分(
韓国時間)、米国ハワイの南側赤道上の公海上で打ち上げられた後、午後
1時42分にイタリアのフチノと初の交信に成功した。

ムグンファ5号は韓国初の軍用通信衛星であるとともに四つ目の商業通信
衛星だ。特に今回の衛星打ち上げ成功で、韓国軍の指揮通信体系が画期的
に変化する見込みだ。ムグンファ5号に搭載された36個の中継機のうち12
個は軍用だ。
最先端のIT技術で開発された軍用中継機は、各種の試験過程を経て来年末
から統合指揮体系の運用のための戦略・戦術通信網として使用される。
これにより、山が多いため電波の遮られやすい韓半島(朝鮮半島)の弱点
を克服できるほか、敵により通信施設が攻撃されたとしても、リアルタイ
ムに指揮統制がとれるようになる、というのが国防部の説明だ。
また、韓半島を中心に半径6,000キロの領域まで指揮統制が拡大され、通
信面で弱かった軍艦や戦闘機に各種命令や戦闘状況を明確に伝えられるよ
うになる。
民間面としては、これまで韓半島に限られていた通信衛星サービスの領域
を、中国、日本、台湾、フィリピンなどアジアの主要地域にまで拡大でき
る。

ttp://japanese.chosun.com/site/data/img_dir/2006/08/23/200608230000201insert_1.jpg

296 :世界@名無史さん:2006/08/23(水) 22:51:13 0
>285
Crimson skyだと、当初発表では1:7としていたが、実際は良くて1:3程度だろう、
となっていますね。

>278
>2. 現場を見て敵の戦力を把握し、「勝てる」と踏んだ勝負師のカンを、ホワ
>イトハウスが理解できなかった
これはないでしょうね。マッカーサーが首になったときには、
>現場を見て敵の戦力を把握し、「勝てる」と踏んだ
なんていう情勢では全くなかったし。むしろ、「勝った」と思った勝負をひっ
くり返されそうになって頭に血が上ったあげく、先のことを考えないまま祖国
を泥沼に引き込もうとしたマッカーサーの容認し難い不服従を見て、切り捨て
たという、従来からの見方の方が妥当に思えますが。

297 :世界@名無史さん:2006/08/23(水) 23:01:53 0
>>294
制空権を確保していたから勝っていたとは、あまりに戦術レベルでしか
ものを見ていない。
何度も北爆を中断し継続できなかったのは、最末期以外損耗率が高すぎ
たからで、その原因は爆撃目標が不適切だったのと、北ベトナム側の対
空防御が効果的であったことの2つ。
戦略的に圧倒していたなんて、当時のアメリカ空軍自身が考えてなかっ
たし、損害の大きさに悲鳴をあげていたんたが。
撃墜までいたらなくともスクラップになった機は多く、F100やF105なん
て、ベトナムで短期間に消耗しつくしているくらい損害を受けてる。
生産拠点を爆撃できるわけじゃないから、先の見えない消耗戦に入りこ
んでいたんだが。単に戦闘機同士の対戦で圧倒できたから航空戦に勝利
したなんて話にはならない。

298 :世界@名無史さん:2006/08/23(水) 23:27:06 0
>>297
戦略目標が達成できたかの評価に、「損害」がはいるという主張ですね。
294 さんは、「損害」は評価しなくていい又は、評価が低いていう主張ですね。

戦略目標が達成されたかどうかに「損害」って必要ですか?
そもそも、どんな戦略目標の話をしてますか?


299 :世界@名無史さん:2006/08/23(水) 23:52:28 0
297じゃないが、北にアメリカの政治的要求を押し付けるのが、公表された戦略目標じゃないのか?
なら、アメリカ側の損害による国内での政治的支持の低下は、どう考えても最優先になる要素では。

300 :世界@名無史さん:2006/08/24(木) 00:34:23 0

>>299さんは
>北にアメリカの政治的要求を押し付けるのが、公表された戦略目標との主張で
>>294さんは
制空権と制海権をにぎることが戦略目標だと主張してると思われる。

おおまかに言うと政治の「戦略目標」と軍事の「戦略目標」の話だったのですねぇ。


301 :294:2006/08/24(木) 03:47:48 0
おのおのの言われることはそれなりにもっともだと思うが、

>>297
また面白い話だが、それは私のあげた最後の項目についてだな。
私が294で書いたのは、>>292に対する論であって、
「航空戦は勝利だったか敗北だったか」「1:3がアメリカにとって割に合わなかったか」
に対するものであることはおわかりだと思ったのだが。
私の見解は「最終的に1:12という圧倒的な状況になった。すなわち勝利」「実のところ1:3でも、パイロットの消耗を考えればアメリカにとって十分な結果」というものだ。
これについてはどう思うかな?

制空権のみで・・・の部分については、もともとスレ違いなのであまり話を広げたく無いが、以下のように考えている。

アメリカは北爆を実行でき、1967年の爆撃制限撤廃以降は北ベトナムに甚大な被害を与え(この点が君の資料と私の資料で異なっているようだが)、サイゴンにはミグは飛んで来なかった。
この点において「航空戦は勝利」と判断するのは自然だと思うし、>>292で君がいうような「明らかな敗北」とはいえないのではないかと思うのだが。
「制空権は握っていた」と君も考えるのならば、「航空戦敗北」という見解は出て来ないはずではないか?と言うのだが。

>>298
294で書いたのは、「キルレシオ1:3〜1:12なんて、パイロットの喪失という要素を考えればアメリカ側の圧勝だ。航空戦敗北と言う見解はありえない」というもの。ホントはそれ以上話を広げるつもりはなかった。
スレ住人がそろそろ怒っているだろう。反省。ただ、朝鮮とベトナムは関連づけて語れることではあるが。

ただ、キルレシオ12:1なんていう状況になっても戦闘を継続できるというのは、ある意味で強いよ。朝鮮戦争での中共の人海戦術だけじゃなく、革命勢力っていうのはそういう戦争が出来る体制なんだなと。

>>299
もちろんその認識は全員に共通しているものだ。アメリカは戦略目標を達せず、北ベトナム&中ソは達成した。これが一番重要であることは確かだ。
私が言っているのは「航空戦は敗北だった」という見解に対する反論であって、それ以上のことを言うつもりはない。

302 :世界@名無史さん:2006/08/24(木) 05:21:42 0
>>301
そうだな。兵器の質や量の不利をプロパガンダや外交戦略と人命軽視や思想統制で
対抗できる点は社会主義や全体主義、独裁政治等の政治体制の長所ではある。
もともと戦争は厳しい状況にも耐えうる組織が有利であって兵員の損失や物資の
不足に一喜一憂しながらの臨戦体制なんてのは金満米国ぐらいしかできん体制だ。
実際板門店会議の交渉では相手国の選挙や内外の世論を利用して兵器の質や量にわたる不足
からくる戦線の不利を好転させてさえいる。
ベトナム戦争で言えば意図せざる効果と言えるテト攻勢なんかに近いな。
戦術的には完全に失敗しているが戦略と言うより政略的(テトだけに限定すると意図的だったかは
はなはだ疑問なんだがもともとこういう戦争の仕方をするのが共産国ではあった)には
成功している。少なくとも結果的にはな。この結果も常にプロパガンダや外交を平行してやる
と言う戦略と言うよりほぼ固定的な共産軍の戦争の仕方自体の継続が生み出した当然の成果とも言える。
この点相手国へのプロパガンダは日本人は見習わないとあかん。宣伝戦が日本人は実に下手だからな。

因みに労働党が戦後英国で初めて圧勝して政権を獲得した理由は戦後の復興等福祉の
必要性と社会主義体制が戦時に効果的だったからと言うことらしいな。
どんな国でも戦争になれば自由は制限する。その効果が実際に理解されたらしいな。
つまり社会主義体制の長所を知らしめたものは戦争だ。特に共産圏の健闘は意外だったらしいな。

ただし、平時は知らんよww北朝鮮やソ連や1950-60年代の英国を見れば言うまでもないけどなw
そもそも社会主義体制だの共産主義体制だのは内戦や対外戦争等
の戦時体制のための体制でしかなかったのではないか?とさえ思うんだよ。

303 :世界@名無史さん:2006/08/24(木) 19:28:50 0
http://home.att.net/~jbaugher1/p86_9.html
A total of 78 Sabres were lost in air-to-air combat, with 19
additional Sabres being lost to ground fire, and 13 to unknown causes.

http://www.aeronautics.ru/nws002/migs_in_local_conflicts_part_i.htm
During the three years of the Korean war, pilots of the 64th IAK
(Istribityelno Aviatsionny Korpus, or Fighter Aviation Corps) flew
1,872 combat sorties and shot down 1,106 US-made aircraft, of which
650 were "Sabres."Some 335 MiGs were lost during the war.

http://korea50.army.mil/history/factsheets/air_f_fs.shtml
During the war, FEAF units flew 720,980 sorties and delivered
476,000 tons of ordnance.

http://home.att.net/~jbaugher1/p86_11.html
Sabre vs MiG
http://home.att.net/~jbaugher1/p80_12.html
Service History

http://220.254.5.211:8000/cgi-bin/dat2html/dat2html.cgi?http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1095823345/
Me262 VS P80  どっちが優秀?
http://220.254.5.211:8000/2ch/hobby_army/1037/1037953478.html
朝鮮戦争を語ろう

304 :世界@名無史さん:2006/08/25(金) 22:21:05 0
かくしてチョン半島は兵器の実験場第一号となった。

305 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 07:14:27 0
北の慰安婦から南の慰安婦になって、また北の慰安婦になってと、ソウルの女の尻が軽いのはそのせい。

306 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 15:04:02 0
アメリカはWWUで日本本土を直撃する事で日本を降伏されたが、
朝鮮戦争では関東軍の拓いた旧満州の重工業地帯の補給を受ける中
国共産党軍の前に大苦戦している。
これは歴史的な皮肉だと思うね。


307 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 15:23:33 0
朝鮮戦争勃発に際し、日本政府は、日本人が義勇兵として朝鮮戦争に参加
することは憲法の建前から許されないという見解を公式に表明した。
しかし、岡崎官房長官(朝鮮戦争当時)の「米軍の出動が国連の讐察措置で
ある以上、一部の人が占領軍の命令によつて戦闘行為その他に従事するこ
とは当然であるという一九五〇年七月一日の記者会見での言明し、日本政
府は「国連軍」の名の米軍の命令による日本人の朝鮮戦争参加は公然とみ
とめた。
こうしてアメリカは朝鮮戦争開始より、日本の領土、全産業を朝鮮戦争の
ために利用しただけでなく、多数の日本人を朝鮮戦争に動員した。その主
なものは直接の戦闘員としてより輸送その他の戦争要員としてであった。
 しかしながら、今日なおその全容は明らかにされていないが、多数の日
本人が戦闘員としても朝鮮戦争に参加した。米軍と日本政府はこれを否定
しつづけたが、この事実は朝・中人民軍側がしばしば指摘し、抗議したと
ころである。
朝鮮戦争開始直後の一九五〇年七月六日、朝鮮民主主義人民共和国人民軍
総司令部はつぎのような発表をおこなった。
「人民軍部隊の進撃に狼狽した敵は日本軍国主義者共を参加させている。
水原東方で殲滅された敵屍体の中から三十余名の日本人将校が発見された」と。
十月十四日には、朝鮮民主主義人民共和国外桐が、国連総会議長およぴ国連
安保理事会議長に対し、「朝鮮動乱に数百名の日本兵が参加している」と通告、
国際法、国連憲章違反だと非雑した。二十五年十一月二日の極東委員会でソ連
代表ウラジミル・バズイキン氏は、日本軍が朝鮮戦線で米軍に使われていると
非難した声明をよみあげ、「朝鮮の軍事行動で日本軍が米軍に使用されている
ことはポツダム宣言および一九四七年六月十九日と同四八年二月十二日の極東
委員会の決定に違反する」と抗議した。
小山内宏「朝鮮戦争とヴェトナム戦争」によれば「驚くことは国連軍の損害中、
日本人の戦死四十八名、捕虜三名さえあったことである」とある。アメリカは
日本人を戦争にかり出し重用したが、戦死した後は、犯罪人扱いしている。

308 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 19:18:22 0
>>307
最後の一行が精神分裂。
バカ共のプロパガンダ鵜呑みにしてるとこうなる、という良い見本だ。

309 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 22:49:15 0
1950年6月25日開戦で、1950年7月6日だぞ。軍刀持ってたんで日本人と判断したんだろうよ。
(日本軍出身者で、軍刀持った韓国軍将校はたくさんいた。北朝鮮軍では当然厳禁)

310 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 01:30:23 0
国連軍捕虜のなかに日本人がいたことはたとえば一九五一年十二月十八日、朝・中
人民軍と国連軍との捕虜交換合同委員会で人民軍側の示した国連軍捕虜名簿中に日
本人がふくまれていることでも明らかである。
タニヤマ・ヨシオ(米第二十四師)
ツツイ・キョヒト(同)
ヤスイ・タツクニ(同)
の三名の日本人の名前があげられている。

国連軍捕虜の日本人捕虜、虜筒井清人(山口県下関市出身、当年二十三歳)と安井
竜文(大阪府布施市出身、当年二十五歳)に面会した記者はアメリカ軍に参加して
朝鮮戦争に出動してから捕虜になるまでの経過について語っている。
安井は一九四九年末、アメリカ軍第二十四師団六十三部隊に編入されて朝鮮戦争が
はじまった直後、自分の所属していた六十三部隊とともに朝鮮戦線に派遣されたが、
彼が所属していた部隊だけでも数十人の日本人がいたという。日本人を米軍に編入
させる徴集事業は各府県または市の行政機関を通じておこなわれ、府県、市、行政
機関の推薦者のみが米軍に雇傭され、月給は日本の貨幣で三千円であった。
米軍は日本人の容姿・顔が朝鮮人とよく似ているので、"韓国国防軍〃の服を着せ
て偵察隊に使用し、捜索隊として雇傭していた。

311 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 06:04:06 0
そりゃいてもおかしくはないだろ。
当時日本は米国(連合国)の統治下だよ。1952年4月まで
国際法上は日本国民なるものは存在しない。

312 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 07:56:06 0
わが国の平和憲法の前文の精神から言いまして、日本人が義勇兵として戦争
に参加するという事等、到底憲法の枠組みから申し上げまして、絶対に許さ
れないものであり、恒久の国際平和を願う我等、日本国民は戦争放棄をここ
に誓うものであります。

313 :番犬ポチ:2006/08/27(日) 07:57:00 0
>>307
日本の米軍(国連軍)への貢献は兵員にして25万人相当と言われている。
主に兵站だが、戦後の日本軍の役割の起源だなw

戦闘員に配備されていることを赤どもがピーピーピーピー言っとるのは
本格的な旧帝国陸軍の参戦を警戒してのことだ。
解放軍は米陸軍は旧日本陸軍に比して個々の兵士の質は低いと
みていたからな。実際そうだから押し返せたわけだよ。

北朝鮮侵入の大前提は本格的な日本軍の不参加だ。
38度線を日本軍に守らせていたら朝鮮戦争はなかったかもしれない。
マッカーサーに任せていたら、原爆や中国本土への本格的な空爆よりも、
なし崩し的に本格的な日本軍を投入しかねなかったから解任したのかもしれないな。
51年4月に解任されているからリッジウェーになってもやはり日本軍の投入を
共産側は警戒したと言うことだろうな。6月には停戦会談が始まるわけだが、
以降はその交渉ネタとして提示しているだけだな。




314 :番犬ポチ:2006/08/27(日) 08:08:18 0
>>307
>米軍の出動が国連の讐察措置で ある以上、

これは多分警察予備隊設立のための布石だろ。GHQが7月8日に指令、
8月10日に政令で公布だな。7万5千人の予備隊募集だな。
在日米軍の朝鮮半島投下を補填するためものだな。
日本の再軍備はやはり共産側は恐かったんだよ。
ポツダム宣言で許された20万の警察力のうち実際の警察官12万5千を除いた範囲内だな。
事実上は軍隊だからやはり朝鮮戦争における最後の手段として
温存していた節があるね。そのために日本を独立させたわけだろ。
敢えて言うのなら、「家の番犬の首輪放つけど、いい?」
と米国は共産側に恫喝したわけだよ。かなり効いたはずだよ、これはw
朝鮮と中国が早く停戦したかった最大の理由だろうな。
51年9月講和調印、52年4月発効、10月保安隊と改称、53年7月停戦。
53年6月MSA協定による日米軍事援助交渉開始。スターリンは3月に死亡、アイゼンハワー
は1月に就任だから停戦の決定打は米軍兵器による日本の本格的な再軍備かもしれんね。
単純に考えれば日本軍投入のためのお膳立てを米国は着々と準備していたと言うことだろうな。
少なくとも外観はそう見えただろ。戦時中の国が隣国の再軍備支援するわけだから、
まさか暇つぶしではあるまいww



315 :番犬ポチ:2006/08/27(日) 08:10:11 0
ただしここいらは日本の潜在的な脅威に過ぎず、実際の戦闘には大々的には参加してない
点は後々の6カ国協議にも影響するんだけどね。この協議でも米国は日本のナショナリズム
の象徴と化している拉致問題を中朝露への恫喝として利用している節があるよ。
やはり中東で困窮すると「家の番犬、、、」となるんだろうなww

さてそろそろ日本が米国を守っているのであって米軍が日本を守っているわけではないと気づこう!
日本軍をハンドリングできると言うことはアジアは勿論、世界の外交を有利にもできる。
それは中国やロシアは理事国と核保有国言う立場を利用して世界の外交に干渉できる
わけだが、日本が隣国だからだ。極東で兵力の増強の必要性が出れば必ずそれ以外の
地域を犠牲にしなければならない。ソ連で言えば対独戦は正しくそうだな。
米国がその気になれば「ポチ、殺ってこい」とばかり日本を解き放つわけだww
実はポチは闘犬なのでありましたとさ、まる

>>312
それは特需を維持し経済復興優先させるための方便。
米国は本音ではソ連の利用した解放軍のように日本軍を利用したかっただろ。
米国は1952年あたりから実は軍事援助を臭わせてはいた。
米英が日本を冷戦の基地として早期独立方針を決めたのは1947-8年、意外と
早い。つーかルーズベルトやチャーチルは戦前のスペイン内戦の頃から共産主義は
信じてないから反ファシズムと言う形でも武器援助しなかった。
闘犬ポチに期待したんだよ。


316 :番犬ポチ:2006/08/27(日) 08:21:33 0
間違えた、チャーチルじゃなくてチェンバレンだ。
英米と言うべきところかな。

317 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 09:57:10 0
安井は、白分がアメリカ軍に参加した経過について次のように語った。

『わたくしは朝鮮戦争がはじまったのち、すなわち一九五〇年九月二十三日、
大阪府でアメリカ軍に参加し、アメリカ軍第一師団第十一連隊第二大阪捜索
隊に配属されて朝鮮戦線に派遣された後、偵察任務にあたるようになった。
アメリカ軍は日本人の容姿と顔が朝鮮人とよく似ているので、われわれに"
国防軍〃の服を着せて偵察隊にし、私の属していた第十一連隊だけでも数十
名の日本人が捜索隊に雇傭されていた。
わたくしが一九五一年九月四日に捕虜になるその時まですなわち朝鮮に派遣
されてから一年間に第二大隊捜索隊に所属されていた七名の日本人の内、私
だけが生き残ってあとはみんな犬死にした。われわれを捜索隊に利用しなが
らもアメリカ軍はわれわれを人種差別待遇をした。捕虜になった後、我々は
アメリカ軍捕虜たちは同じ収容所内にいながら、我々に差別的態度であたっ
た。捕虜になってから二年近くの生活は、他国である朝鮮にきて日本人がな
んのために犠牲になる必要があるかということをあらためて考えざるをえな
かった。アメリカ帝国主義と吉田一味にだまされて朝鮮にまでひきずられて
きたことを後悔したし、わたくしをだました連中をうらんだ』



318 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 09:57:57 0
日本政府は戦闘員・義勇兵の参加については、国策としてこれを禁ずる立場を一貫して
取っていたが、朝鮮海域において勤務する船員や特殊港湾荷役等に従事する者に対して
は、勤務の特殊性・危険性にてらして、SPAは連合国軍関係船員給与規程の外に新た
に連合国関係特殊港湾荷役者等給与規定を制定し、昭和二十五年七月二日以降従来の給
与のほかに特別の手当を支給した。この中には朝鮮にまで出動して米軍の作戦に直接参
加したものも多数あった。しかも、調達庁の発表によっても三百八十一名の死傷者が出
ている。
調達庁の公表によるこれらの「特殊作業に従事した者のうち、二十六年一月までに、死
亡、負傷、業務上羅病した者」は以下のものであった。

A.特殊港湾荷役者=業務上死亡‐一名、業務上疾病-七十九名、その他-二十一名(うち死亡者三名を含む)。計-百一名。
B.特殊船員=業務上死亡-二十二名、業務上疾病-二十名、私傷死-四名、私傷病-二百八名。計-二百五十四名。
C.その他朝鮮海域等において特殊輸送業務に従事中死亡した者-二十六名(港湾荷役-四名、船員-二十二名)

わずか半年間の公表されたものだけで邦人五十数名の戦死があったのだから、朝鮮戦争全期間に戦死あるい
は負傷した日本人の数はかなり大きい数にのぼったであろう。しかし日本政府はこの事実について現在も公
表を避けている。

319 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 10:11:38 0
日本の敗戦により朝鮮が開放されたのが1945年 8月15日、そして朝鮮戦争が
勃発したのが1950年 6月25日です。
この間は5年にも満たない短い期間です。戦争が始まり停戦となり今日までも色々な
出来事がありましたが、南北の対立という基本的な枠組みに変化はありません。
朝鮮戦争が始まるまでのこの僅か1500日くらいの間に枠組みは築かれています。

日本は敗戦により国土は焦土と化しました。物資・食料が不足する中で朝鮮半島は兵
站として利用され疲弊していました。日本もかなりひどい状況でしたが、朝鮮半島も
貧乏で物資・食料の不足、インフラはガタガタという状況で日本の敗戦「復光の日」
を迎えています。連合国側では日本も朝鮮半島も汚い連中がウジャウジャと住んでい
ると見ていた事でしょう。直接の敵である日本は常に頭の中にあったでしょうが、米
英にとって遠い朝鮮は日本の一部となって表に出ておらず全く思考の外にあったと思
われます。
戦争末期の米国大統領ルーズベルトはほとんど朝鮮には関心が無かったようで、文明
のかけらも無いと考えていたのでしょう。40年間の国連による信託統治を考えてい
ます。ここから会議の度に信託統治の予定期間は5年と短くなりますが、基本的な見
方には全く変化はありませんでした。当初半島全域でこの案に反対する声が挙がり、
北側ではソビエトの支持により賛成に回り、南側でも共産勢力は態度を急変させて賛
成しました。全土を共産化する良い手口と考えたのでしょう。この案に従ったら体よ
く共産国家にされたしまった事でしょう。
実際、日本の敗戦直後に米軍がソウルで行なった世論調査の結果、社会主義体制の支
持が7割に上っていた事もあり、米軍はもし韓国の民衆に直ぐに政府を委ねれば確実
に社会主義国家になると危機感を持っていた事もGHQの文書からも判断できます。
自国を運営する経験を全く持たない当時の韓国人達に政治を任せるのはGHQとして
も無謀と考えた事も理解出来ます。
ソビエトの研究では信託統治期限切れの1950年以降、アチソンが提示したラインに沿
って朝鮮半島の共産化は西側の合意があった判断しています。

320 :お仏蘭西はイヤミざんす…:2006/08/27(日) 10:22:54 O
【卍】 ≦予 ̄>
  G\(^■^ ラ
   \ <!>+\
フランスなんか我々に降伏して一年しか経ってなくても、
ロシア戦線にLVF義勇軍一個大隊を派遣しているし、
最後のベルリン防衛戦にも、
フランス、イギリス、スウェーデン、スペイン、スイスなどの
義勇兵も参加していたのだが?

321 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 10:29:56 0
当時、中共が戦争放棄している日本人を隠れて徴用していると抗議した背景の一つ
には、朝鮮戦争に参戦した米兵として日系米人が3,500人いたことが考えられ
る。当時、日本に併合されていた半島では日本語が公用語であり、捕虜の尋問にあ
たっては日本語の使える日系米人が多数、東京の占領任務から引き抜かれている。
米軍の朝鮮戦争公式資料でも実に日系米人は247人が戦死した事実がある。
日本でも朝鮮戦争の本が出ており、日本人は直接には朝鮮戦争には参加しておらず、
掃海部隊のみの参加であったという認識があるが、日系米兵の事に関する記述は余り
無い。「日系米兵朝鮮戦争退役軍人会」はニューヨークに現存する。
米兵として戦死者は247人。日系米兵は直接戦闘に加わることよりも日本から独立
したばかりの朝鮮半島で、当時の地元の兵隊達は英語は理解出来なくても日本語はし
っかりと理解出来た事から捕虜の尋問や米韓兵士の通訳等の仕事を主に行なっていた
との事だった。捕虜となった北側の兵士は日本人から尋問を受けるとは考えていなか
った。
ある朝鮮戦争関係の本を読んでいた時に北の兵士が南側での捕虜の体験を語った中で、
日本語で尋問を受けた時には植民地時代の日本兵の記憶が交錯し強い嫌悪の気持ちが
沸き起こったという記述がある。僅か5年前までは支配者であった日本人が出て来た
ので驚き、日本で尋問され反発したのだろう。それでもともかく当時は韓国系米国人
というのは非常に限られていたでしょうから日系人は重宝されていた。韓国兵も日系
米兵には親しみを持ち、良好な関係であったようだ。

322 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 11:05:08 0
この戦争は対岸の火ではなかった。在日朝鮮人達は「準戦勝国民」という地位を
連合国から与えられ、その地位を利用して様々な犯罪を犯している。
最初は1946年の「首相官邸暴動事件」です。約2000人の在日朝鮮人が「
戦勝国民」の権利を謳って首相官邸に乱入し、警官隊や米軍憲兵隊と戦闘を行っ
た。

1948年には同じくして「戦勝国民」の地位に酔った朝鮮人3万人が一斉蜂起
し破壊行動を行い、米軍憲兵隊(MP:ミリタリーポリス)の指揮下で鎮圧され、
約1000人の逮捕者をだし、また大阪と神戸では府県庁を襲撃して知事や役人
に暴力を行った上で監禁しました。アメリカ軍は緊急事態命令としこれを取締り、
累計2000名近い朝鮮人を逮捕しました。

1951年、滋賀県では「日野事件」が勃発し、朝鮮戦争の戦禍から逃亡してき
た朝鮮人50名が武装集団となり、警察を襲撃しています。

1952年の「吹田事件」では、朝鮮戦争の開戦をお祝いしていた「在日朝鮮統
一戦線」の学生達およそ1100名が「革命思想」をもと興奮し、警察や街の工
場施設を襲撃した上で拳銃を奪って逃走。この事件では113名が逮捕された。

1954年に起きた第二の神戸事件では900名の在日朝鮮人が区役所や税務署
を襲撃して破壊し、警官隊と戦闘を繰り広げ、188名の逮捕者をだした。
このようにして数々の犯罪を繰り返し、米国の占領中に発生した朝鮮人犯罪を米
軍が統計した所、47年から50年までの間で、殺人・強盗が4656件、レイ
プが224件、放火が57件、傷害が17552件、窃盗が44494件記録さ
れている。

323 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 11:06:41 0
終戦直後の昭和20年8月21日次官級会議で、日本は、日本の為に協力してく
れた朝鮮人達の帰郷方針を決定し、22日には専門委員会を発足させている。戦
前に在日になった者に対しては、選択の自由が与えられたのである。
輸送艦浮島丸が米軍の設置した機雷に触雷し、朝鮮人帰郷者ら500名死亡した
のはその事業での不幸であった。
しかし、在日はその後、日本への入国がなぜか増加した。現在の在日朝鮮人の過
半が日本に来日した時期と、朝鮮戦争の時期は一致している。これは朝鮮戦争当
時に密入国してきた、行方不明人扱いによる在日の急増であった。
「他のみんなが頑張っているのに、自分だけは楽をしたい」。この精神性を持つ
人達が朝鮮戦争のさなか、祖国を裏切って戦後に来日し、現在も在日朝鮮人とし
ての身分を得ているというのは見過ごせない事実だ。
在日朝鮮人が本国に帰国すると、差別扱いをうける精神的な原因となっている。

朝鮮半島本国では、新しくできた国を守ろうと多くの人達が必死に戦っている中、
「戦うのは嫌だ」と日本へ避難してきた朝鮮人達が存在する。この行動が、現在も
根強く残る朝鮮半島内の差別の根拠となっている。自分たちが必死に戦って守った
国が平和になった途端、のこのことやってくる。これを「なんなんだよ」と思う気
持ちが強く反映されているのだろう。

324 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 11:38:52 0
【日韓】強姦など性犯罪に対して韓国社会の認識・処罰が甘いのは、日帝のせい [08/25]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1156611084/l50


325 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 16:55:49 0
マッカーサーは韓国に当初、独立民主国家への移行プログラムを提示し、
李に指導していたが、度重なる日本国内における在日の起こす騒擾事件や
犯罪に警戒し、韓国に重火器や艦船、航空機の装備を貸与する事を認めな
かった。

朝鮮戦争勃発で、韓国国軍は簡単な小火器や一般車両でT34に戦わねば
ならなくなったのは、他でもない北鮮と通じていた在日によるGHQへの
謀略工作であったのである。

326 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 17:13:42 0
謀略をツッコむには証拠がないとダメだよ。
たとえば在日強制連行はウソであったことが数字から明らかにされた。


327 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 18:07:16 0
もし近未来において、同様の事態が起きた際の事は、よく検討しておくべきだ。

328 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 18:24:40 0
日本人の朝鮮戦争戦死者について、日本政府が日米合同委員会でアメリカとその
補償について協議した事実もある。
戦死者はペンキ業○塚元治氏の長男重治君で、一九五〇年十二月十六日平塚元治
氏が外務省を通じてマツカーサーあてに出した遺骨と遺品の内地送還、国連軍兵
士としての戦死の確認、補償金または慰謝料請求の上申書によると戦死にいたる
経過は次のようになっている。
重治君は一九五〇年一月二十日旧麻布三連隊跡の米騎兵第一純団E八中隊にペン
キ塗りに呼ばれそのままま帰ってこなかった。中隊は三月二十日神奈川県座間に
移りここで手紙の事務をとっていた。六月中旬母親が面会に行ったときは富士山
に演習に連れて行かれていた。その後重治君と一緒に中隊で働いていた友人の話
で、七月十日、米軍の制服を着て中隊とともに朝鮮に渡ったと聞いた元治氏は驚
いて警視庁に届け、ついで法務省で内地送遠の手続きをとった。
ところが十月十日中隊長ウイリアム・マリクレーン大尉夫妻が高原勇一通訳を同
遣「重治君は八月三十日南鮮某基地付近の戦闘で相当数の敵兵をたおして戦死し
た。白分は十月十三日戦地にもどるが、重治君とともに戦った生残りの米兵二、
三人をつれて帰りさらに詳しい事情を話す。重治君は国連軍将兵として手続する
から待っているように」と話した。
 これにたいし一九五一年三月十九日、マツカーサーから命じられたとして副官
のブッシュ代将から「重治君は日本占領当局が全く知らない間に当局の承認なし
に国連軍兵士に変装し密航したもので、九月四日南鮮の死者の中にいたことが確
認されている。重治君の死亡場所は朝鮮軍当局の許可しないところで埋葬地や所
持品はわからない」とあった。


329 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 18:26:46 0
 外務省は一九五二年八月十九日の日米合同委員会で平塚元治氏の訴えにもとづ
き、この問題について戦死確認と米軍からの見舞金を要求する覚書きを出した。
平塚重治君の死亡事件を報道した朝日新聞は「同じようなケースは大分県にも三
人あり、この他。家族に不明のままの者もいるのではないかと外務省ではみてい
ると大分県の例を報道している。
大分県の三人は、それぞれ一九五〇年七月、別府駐屯米騎兵第十九連隊コックと
して同部隊とともに朝鮮出動して消息不明の者、米軍別府キャンプに勤務中朝鮮
に渡って消息不明した2人である。

一九五二年十月十四日極東軍司令部から日米合同委を通じて「いろいろ手をつく
したが不明である。同君の場含国連軍兵士として参加されるべきものでなく、あ
くまでも一兵士の個人的勧誘によって無分別な行為をとったもので、その兵士に
対しては懲戒処分に付すべき性質のものである」との返事があった。

これは二、三の例にすぎないが、日本政府白身が日本人戦死者についての交渉を
おこなっていたのだから、日本人の朝鮮戦争参加者はなかったとは絶対にいいき
れない。アメリカは日本人を戦争に駆り出し、戦死後は個人で国際法違反をした
違法参戦民間人として″犯罪人扱い″しているのだ。

330 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 19:00:27 0
この戦争では、戦線が目まぐるしく南北に動いた結果、民間人の大量虐殺事件が相次いだことでもよく知ら
れている。

[北鮮側]
朴明林によれば、仁川上陸後、ソウル撤退時に、敗走する人民軍は、韓国軍捕虜や反動分子を大量に虐殺。
平壤では1800人、元山では500人、咸興一帯では12700人が虐殺された。
50年10月15日に韓国部隊は元山北方の永興を制圧した際、実際に韓国軍捕虜500名の遺体を発見する。

[南韓・米軍側]
50年7月5日、大田刑務所で,3日間にわたって政治犯1800人が集団処刑される。政治犯は主として
順天・麗水蜂起の参加者だった。
50年7月26日 ノグンリ(老斤里)虐殺事件。米軍の一部は付近の住民500人を集め,鉄橋トンネルに
閉じ込めた後,三日間にわたり機銃掃射で処刑。
51年1月20日 忠清北道の永春面上里で,米軍により300余名の住民と避難民が虐殺される。
51年2月11日 居昌事件。韓国軍が居昌の農民七百名を,共産ゲリラ支持者の容疑で虐殺。
52年5月8日 巨済島事件。巨済島収容所の北朝鮮軍捕虜が,俘虜虐待・虐殺停止・自由意志送還停止を
       要求。収容所所長ドッド准将を捕虜としたてこもる。

331 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 22:40:26 0
>>330
北鮮の虐殺案件が少な過ぎるようだが・・・?

332 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 23:52:06 0
案件数じゃないよ。こーいうのは人数じゃん。

333 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 23:53:19 0
333get

334 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 00:28:17 0
私の村は地獄になった〜
韓国軍がベトナムで行った残虐行為の被害者たちが真実を語りはじめた 〜
--------------------------------------------------------------------------------
ロン・モロー(バンコク支局長)

 今から33年前の1967年4月1日。グエン・バン・トイはびくびくしながら、ベトナム中部
フーイェン省の水田で働いていた。
 当時、この地域では韓国軍が大規模な作戦を進めていた。韓国兵は農民を力ずくで追い
立て、南ベトナム政権の支配下にあった沿岸部に無理やり移住させていた。
 だが、多くの村人は移住を嫌がった。トイのビンスアン村を含む5カ村からなるアンリン
郡の農民も、先祖代々の土地を捨てるのは気が進まなかった。
 トイが農作業を続けていると、いきなり機関銃の銃声と手榴弾の爆発音が響いた。音が
したのはビンスアン村の方角。トイはあわてて身を隠し、あたりが暗くなるまで動かなか
った。
 村に戻ったトイが目にしたのは、身の毛もよだつ光景だった。家は黒焦げになり、少な
くとも15人の村人が血の海に倒れていた。多くの遺体は銃剣で腹を切り裂かれていたと、
トイ(71)は言う。
 そのなかには、トイの妻と3人の子供の遺体もあった。生後4日の末の子は母親に抱かれ
たまま、背中を撃ち抜かれていた。4歳の娘ディエムは銃弾を5発受けていたが、奇跡的に
命をとりとめた。
 トイは遺体を近くの防空壕に運び、入り口を泥で覆った。ここが、そのまま墓になった。
トイも他の村人も、「あまりに悲しすぎて」犠牲者を改葬する気にはなれなかったからだ。

335 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 02:54:26 0
>>332
いやいや、案件の出方が、さ。
戦線の移動とシナ、北鮮兵の残虐性から考えて、北による虐殺案件ももっとあるはず。ていうか、オレは知ってる。
この人の案件の出し方がなんかおもしろいなあって。

336 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 15:47:22 0
だったらもったいぶらずに書けばいいやん。

337 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 22:16:18 0
朝鮮戦争に参加した日本人は陸軍だけでなく、海上から空軍にまでおよんだ。
たとえば空軍関係旧軍人で現在日航の幹部K氏は朝鮮戦争がはじまった一九五〇年の冬、鶏鳴杜
(戦後、翼を失ったパイロットたちが元田中飛行学校長田申不二雄を中心に組織していた団体)
という発信人の電報を受収って、朝鮮戦争に参加したと次のような事実を明らかにしている。

「電文は『ヒコウキニノレルスグコイ』というのだった。田中の所にGHQのオコンネル中佐
とV・コステロ大佐が来て、人員の召集を頼んだ。これはGHQの最高命令だ、飛行機操縦士の
再訓練をせよ、月四万円から五万円出す。まず五人集めろ、飛行時間四千五百時間以上の経験
者で人選は極めて優秀な者に限り、秘密を厳守せよ、と云った。
そこで田中不二雄、中尾純利、佐竹仁、森田勝一、崎川五郎氏が集められた。集合場所は新橋
の地下鉄駅前で、午後一時に行くと、ジープが迎えに来て、検須賀海軍病院へ連れて行かれた。
そこでは異常なほど厳重な検査を受けた。七月三日、採用合格通知が来たが、森田勝一氏だけ
は適性失格で、結局、四人が合格した。七月四日、厚木へ連れて行かれた。
白動車内は米士官たちが取囲み、日本人作業員や米兵に見せぬようにしていた。最初、リンク
・トレーニングからはじめて訓練を受けた。用語が分らなくて困った。『コンタクト・ウエー
ザー』とは何のことか分からず、のちになって『有視界飛行』と納得するような始末だった。
他の日本人には絶対に会うなと云われた。食堂にも行けなかった。訓練後、平塚市の一軒家に
隔離された。一月九万円を貰い、年二回、ボーナスが十万円ずつ出た。二十六年一月から、
B26,B17などでマニラ、台湾、京城などへ空輸作業に使われた。
これは朝鮮戦争が終るまで続けられたが、何を運ばされたか分かつていない。自分たちがやっ
たことは絶対にしゃべってはいけないと厳重に念を押された・・・


338 :世界@名無史さん:2006/08/29(火) 22:10:44 0
米軍のファイターにはいなかったのかな。サムライカミカゼ。

339 :世界@名無史さん:2006/08/29(火) 23:12:38 0
>>337
朝鮮戦争リアル「エリア88」の話つづきマダー

  ∧_∧  +
 (0゜・∀・)   ワクワクテカテカ
 (0゜∪ ∪ +
 と__)__) +

340 :世界@名無史さん:2006/08/30(水) 22:10:41 0
>>339 ではこんなエピソードを・・・

1949年10月1日、中華人民共和国の建国式典において、整然と編隊を組んだ飛行部隊が
天安門の上空を展示飛行した。「粟飯プラス小銃」と装備しかなかった中国解放軍が、
こんなにも速く優れた戦闘能力を身につけた空軍を所有することは奇跡だと、世界は
驚嘆した。
そして朝鮮戦争では、元中国空軍司令官の王海上将が率いる「王海大隊」が、米国空
軍と80回余り死闘を繰り返し、米軍の戦闘機29機に打撃を与え、その名をとどろかせ
た。米国空軍参謀長バンテンバーグ将軍は、「レッドチャイナは、一夜のうちに世界
の主要な空軍強国の一つになった」と驚いた。



341 :世界@名無史さん:2006/08/30(水) 22:11:12 0
王海上将は1946年6月、東北民主連軍航空学校に入学。入学してまもなく主任教官の
名は林保毅であると聞いたが、この林教官がかつて日本帝国軍人であったことは知ら
なかった。
林教官は本名を林弥一郎といい、もとは関東軍第2航空部隊第4練成飛行隊長であった。
日本の敗戦後、彼の部隊は東北民主連軍に包囲され、武器を引渡して投降した。その
後、部隊に所属していた軍人たちは農家に分宿し、厚遇を受けた。
農民たちは、日本人は米が好きだと知ると、モミや野菜、鶏まで担いで持ってきた。
林さんは、これらのモミが来年の種モミであり、民主連軍と農民たちはコーリャンや
トウモロコシを食べていたということを後で知り、日本の軍人として、深く感動する
とともに、内心忸怩たる思いだったという。
ほどなくして、民主連軍の指導者は林部隊を瀋陽に呼寄せ、自ら面会した。中国共産
党中央東北局の彭真書記は、中国空軍創設に協力していただきたいと要請した。林さ
んはそれに対し「私たちは捕虜ですよ」と驚いて答えた。そばに座っていた民主連軍
の伍修権参謀長は、「われわれはあなたを全面的に信頼しています」と言った。

吉林省東南部の通化で、共産党の空軍創設に協力した日本航空大隊は、東北民主連軍
航空隊に改編された。彼らは東北各地から飛行機や燃料、機材を収集した。
瀋陽近くの奉集堡飛行場には、日本の「隼」(一式戦闘機)と、「九九式高等練習機」
が十数機あった。林さんは部下に、出来るだけ早く修理して通化へ移送するよう命じた。
当時、国民党軍と米国空軍の飛行機がすでに瀋陽へ飛んできていた。攻撃されれば、収
集した飛行機が被害を受けるばかりか、瀋陽へ送り込んだ人たちにも危険が生じる。
そこで通化にいた林さんは、自ら奉集堡へ赴き、彼らの撤退を指揮しようと決意した。
林さんは飛行可能な飛行機を一機探し出し、危険を顧みずに奉集堡飛行場へ飛び立った。
しかし、飛行機は5メートルばかり上昇してすぐ墜落してしまった。林さん自身も重傷を
負った。1946年1月1日、東北民主連軍航空総隊が設立された。同年3月1日、航空総隊は
航空学校と名を改め、林さんはその参議兼主任教官に就任した。

これは新中国初の航空学校であった。実は赤い翼にも日本航空隊の遺伝子は残されていた
のである。

342 :世界@名無史さん:2006/08/31(木) 21:52:31 0
全日空伝説の名機長、後藤竹白氏は昭和二十年十月、蒋介石軍の空運隊に将校待遇
で徴用され南京飛行場で押収された日本軍機のテスト飛行に従事していました。



343 :世界@名無史さん:2006/08/31(木) 21:56:22 0
昭和27年(1952)4月9日午前8時頃、日本航空のマーチン202型機「もく星号」が
伊豆大島の三原山に激突し、乗員乗客37名が全員死亡しました。

この事件は、当時日本を管理していた米軍が事故に関する資料の一切の開示を
拒否。当時相模灘で行われていた米軍の演習に参加していた米軍機との間で
何らかの出来事があったことが推測されましたが、何しろ何のデータも無かっ
たことから原因は不明のままになっています。

戦後日本は、軍事技術の一切の開発保有を禁止され、航空技術に関しても軍事
技術の一部ということで民間の飛行機の保有・飛行も全て禁止されていました。
その中で、日本航空はアメリカの航空会社ノースウェストと提携するという方法
で1951年10月25日から国内の航空サービスを再開します。しかし日本人は飛行機
に関われないということから、機体もパイロットもノースウェストからの借り物。
また当然管制システムも全てアメリカが管理していました。この戦後の航空再開
の第一号機が実は「もく星」号で、その後DC-3「金星号」、DC-4「てんおう星号」
と投入しています。

当時アメリカは朝鮮戦争を戦っていました。一応1951年3月にアメリカを中心と
する連合軍がソウルを奪還し、38度線での睨み合いが続いていましたが、北側
の再侵攻はいつでも考えられる状態で、米軍の前線基地である日本ではソウル
付近の地形に似た、相模灘付近で盛んに戦闘機のクリティカルな訓練が続けら
れていました。

344 :世界@名無史さん:2006/08/31(木) 21:57:47 0
もく星号は羽田発大阪経由福岡行きだったのですが、羽田離陸後、管制官から
戦闘機の訓練空域を避けるため2000フィート(約600m)という低空で飛行する
よう指示されます。しかし当日は強い霧が出ており視界不良。今のような精密な
計器飛行でもありません。そして伊豆大島付近で「何か」が起きて飛行機は操縦
困難な状態になり、三原山(標高673m)に激突してしまったということのようです。

この事件については、とにかく全てが軍事機密のベールで覆われており、上記
の中にも若干の推測が含まれていますが、とにかくこの事件が国民の間に、
米軍に対する強い反感を引きおこしたことは間違いありません。サンフランシ
スコ講和条約が結ばれ、日本が独立を回復するのはこの事件の19日後、
1952年4月28日のことでした

345 :世界@名無史さん:2006/09/01(金) 22:33:04 0
>>341
中国軍のファイターにはいたのか。サムライカミカゼ。


346 :世界@名無史さん:2006/09/01(金) 22:49:41 0
侍精神は教育してたらしいが、神風はない。パイロットの教育コストに対して引き合わなさ過ぎる。

347 :世界@名無史さん:2006/09/02(土) 09:13:23 0
朝鮮半島への徹底的なる爆撃で民間人だけで370万人も死んだ
凄まじい戦争。これでは韓国が反米になるのもやむをえないだろう。

348 :世界@名無史さん:2006/09/02(土) 11:32:00 0
アメリカのマッカーサーががんばらねば、今の韓国はなかった。君は偉大なる
将軍さまの治世の下で、飢えと病苦の毎日のが良かったというのだね?

349 :世界@名無史さん:2006/09/02(土) 12:23:58 0
>>347
>朝鮮半島への徹底的なる爆撃で民間人だけで370万人も死んだ

民間人の全死者は諸説有り、200万〜400万と言われている。
君の書き方だと、爆撃だけでそれだけ死んだふうだね。

シナ人民軍と北朝鮮人民軍による民間人虐殺は相当なものだった。
君の書き方はお里が知れてしまう。もう少し上手く書けないかね。

韓国民団は、先のミサイル発射に不快感を示し、総連と決別した。整形大統領の支持率も15%だ。
現在の韓国は反米以前に反北だよ。

350 :世界@名無史さん:2006/09/02(土) 12:37:54 0
アメ公の将軍もチョンの将軍もいらね。

351 :世界@名無史さん:2006/09/02(土) 13:25:00 0
>>349
そうか?
今の韓国の若い連中は北に併合されたがってるのが結構
多いようだが。
全員ではないにしろ。

352 :世界@名無史さん:2006/09/02(土) 15:22:06 0
そりゃあ韓国戦争博物館であれだけ、T34戦車のプラモを買わされれば若い連中は
洗脳されるだろ。

353 :世界@名無史さん:2006/09/02(土) 17:15:48 0
>>349
「韓半島」という映画では南北統一を日本が邪魔をするというストーリーで
始まる。
すなわち、これは南北統一すれば朝鮮半島国家は強くなるという民衆の期待の
表れとは考えられないだろうか?
ノムたんの支持率はあれだけマズい発言を続けていれば叩かれても
文句は言えないだろう。反ノムが主流であって反北朝鮮とは必ずしも
言えないのではないだろうか?
民団と総連の決別も長期的な憶測があれば、あんな短期間の離別なんて
ありえただろうか?潜在的にミサイル発射という可能性は手の内見せない
北朝鮮である限りありえた話なのに。

354 :世界@名無史さん:2006/09/02(土) 17:19:54 0
かってに北に併合されればいいのに。


355 :朝鮮戦争とトヨタ :2006/09/02(土) 18:04:55 0
「この数ヶ月、ワシは夢を見ているようだ。
トラックも四輪駆動車もろくに塗装もせずとも、
羽が生えている鳥みたいに(韓国の米軍基地を目指して)
飛んでいく。中国の義勇兵がプサンまで攻め込んできたときは、
値段もへったくれもなかったで。よこせ、よこせの矢のよ
うな催促じゃった。ワシも長いこと商売をやってきたが、
あの時ほどボロ儲けしたことはなかったわ。戦争直後のと
きも(豊田自動)織機は信じられないくらい儲けたが、
今度はケタが違う。」

トヨタはこの儲けを最新生産設備購入にかけた。


356 :当時月給は4千円米軍は日給6千円:2006/09/02(土) 18:14:33 0
54年前の大分・別府は特需でにぎわっていたお金を湯水のように使った
歓楽街は大繁盛 街角には派手な身なりの米兵相手の女性が大勢いた戦争
はますます激しくなり 米軍のアルバイト募集の話が口コミで伝わってきた
やっとありつけた会社の54年前の大分・別府は特需でにぎわっていた
お金を湯水のように使った歓楽街は大繁盛街角には派手な身なりの米兵相
手の女性が大勢いた
 戦争はますます激しくなり米軍のアルバイト募集の話が口コミで伝
わってきた就職難の当時やっとありつけた会社の月給は4千円米軍は日給6千円という 
仕事の内容を聞き 誰もがしり込みした

「戦死者の遺体処理」 友人は 「戦争でたくさんの遺体処理をしてきた
ので平気だ」 と言って応募したという 
仕事の内容を聞き 誰もがしり込みした「戦死者の遺体処理」 
友人は 「戦争でたくさんの遺体処理をしてきたので平気だ」
と言って応募した



357 :特需による弊害の方が大きかったとも指摘されている:2006/09/02(土) 18:21:53 0
「朝鮮特需」と言うか「米軍お買いあげ」の金額は思われているほど大きくはない。
寧ろ、設備投資等で当時は貴重な外貨を使い、回収できる前に戦争が終わった為
特需による弊害の方が大きかったとも指摘されている。

だが、忘れてならないのは朝鮮戦争以前のGHQの方針。
日本に重工業は必要ない、日清戦争当時の工業力に畄めておくべきだ、
これがGHQ=占領軍の方針だった。

そして戦前の重工各社が解散に追い込まれていった、正にその時
朝鮮戦争が起り日本の重工業が觧禁されたのよ。
日本の重工各社が潰される一歩手前か、二歩手前か、それは良く判らないが、
当時の政府は危機感を持っていた事は確かなんだな。

次に、工業製品の品質管理の問題だ。
QCDとかあるだろ、品質管理。
今でこそ日本の御家芸品質管理等と言って居るが戦前から
メイドインジャパン=安かろう悪かろう と言うイメージだったのよ。
海軍の飛行機でも一度搭乗すると服が油圧配管から漏れたオイルで
油だらけになって、それが当り前だったのよ。
それが改善されたのは米軍が購入品に対する品質規格を持っており、
隨分とハネられたからだ。

日本人に品質管理の意識・感性が無かったとは思わない。
大量生産品と言ってよい浮世絵=版画なんかは品質は高いと思うぞ。

明治の開国から機械を品質管理する対象とする感性持ち得たのが
ちょうどその頃という事かな?


358 :カメラ:2006/09/02(土) 18:23:55 0
戦後の日本の花形産業の一つであるカメラは、
当時世界的には認められていなかったが朝鮮戦争に
従軍した欧米のカメラマンがニコンやキャノンカメラ
を使ってその価値を認めたのが端緒になって世界に
飛躍すことができたという。

359 :カメラ:2006/09/02(土) 18:29:22 0
戦中日本光学工業は戦艦大和の測距儀などを作成していた。大和は最後の正念場であった
フィリピン沖海戦で最初の攻撃を行った。敵空母ガンビア・ベイまでの距離を精密に測定して、
33kmの距離から撃沈することができた…。だが、ここまでだった。

戦後、日本光学工業はカメラへ事業をシフトすることにした。1948年最初のカメラをつくりあげ
たニコンだったが、1950年朝鮮戦争を取材しに来たカメラマンに評価を受けた。ライフ誌や
タイム誌にはニコンのカメラで撮った写真が載るようになる。
また、その評価を聞いた日本人も同社のカメラを買うようになっていった。朝鮮戦争特需が始まっ
ていたのだ。

そして…次第に日本経済も復活していった。


360 :佐世保:2006/09/02(土) 18:32:59 0
昭和25年、朝鮮戦争が始まった。米軍は2万近くの兵員を佐世保
に駐留させ、本格的な戦闘を開始した。 連日、物資と人員が朝鮮
半島にピストン輸送された。
 若い兵隊は、戦闘の合間、束の間の休息を佐世保での歓楽にゆだ
ねた。バー、キャバレー、花売り、靴磨き、 果物屋は彼らのため
にあったし、140台の輪タクと、5千人に及ぶ街の女が彼らのた
めに全国から集まった。 パーマネントと赤いサンダル、赤い唇。
2万人の米兵に群がる5千人の女たち。


361 :中国人民義勇軍人海戦術:2006/09/02(土) 18:36:28 0
中国人民義勇軍人海戦術の凄い話。

前線に地雷原を開くと、中国軍は一旦停止するが、次に大量の歩兵が
地雷原に突っ込んでくる。 国連軍は「地雷原だと知っていながら何故?」
と不審に思う。 幸運にも突破した兵士を尋問しると、上官からの命令で地雷原の
地雷をみなで踏んで自爆し、それで安全な通路を作れと命じられたと証言。


362 :気持ちのいい戦争:2006/09/02(土) 18:37:43 0
あれほど気持ちのいい戦争はなかった、米中朝鮮が互いを傷つけあってよかった。
いくら東京裁判で日本を断罪しても、裁く側が内輪もめではしゃあないね。

朝鮮戦争があと二年早く始まっていたら、戦犯ももっと釈放されたと思う。


363 :朝鮮戦争特需の反動不況:2006/09/02(土) 18:40:10 0
昭和27年。日本は未だ戦争の傷いえず、GHQの占領下で必死に
近代民主国家への道を模索していた。前年までの朝鮮戦争特需
の反動不況も手伝って、街を見渡せば浮浪者があふれ、空襲
で焼け野原と化した東京には、乱立するほったて小屋でどうに
か人が生きているといった状態だった。

364 :世界@名無史さん:2006/09/02(土) 19:03:34 0
>>358-359
朝鮮戦争のとき、まず脚光を浴び、性能が評価されたのは、
カメラではなく、ニッコール・レンズ。
その評価の上に、こういうレンズを作るならカメラもいいのを作っているはず、
ということで、カメラが評価されるのはそのあと。

365 :ニコン陰の歴史:2006/09/02(土) 19:58:47 0
大正6年、潜水艦の潜望鏡をつくる(株)東京計器製作所として設立される。
しかし大正12年、軍縮と関東大震災の影響で経営が悪化、
ドイツ人技士の解雇や、労働争議対策の「親愛会」などをつくり、
軍部の強い支援の元に再建にむかう。

第2次世界大戦直度、25,000人いた従業員の90%を解雇、
戦時中、民間用のハンザキャノンに供給した事のある、
写真用レンズメーカーとして再出発する事になった。
この時、解雇された技術者の一部がキャノンに採用されている。

昭和25年、経営は安定せず、ストライキなどを経て再びリストラを断行、
従業員は1,500名弱までに減る。
この年、ライフの契約カメラマン、デビッド・ダグラス・ダンカンに
よって「4×5で撮ったほどのシャープなピント」という神話が誕生し、
ニッコールレンズの優秀性が世界に認められ急成長を遂げる。

366 :世界@名無史さん:2006/09/02(土) 20:05:01 0
>>353
「韓半島」という映画では南北統一を日本が邪魔をするというストーリーで
始まる。
すなわち、これは南北統一すれば朝鮮半島国家は強くなるという民衆の期待の
表れとは考えられないだろうか?

いや、南北統一されれば一番喜ぶのは日本。なんたって戦争になれば、北の難
民や戦後政策でカネを米中ソからせびられるのは日本だぞ。
誰が好き好んで北チョンの為にカネを出したい奴なんかいない。
「どうぞ南北統一して面倒かけないで」が、日本国民の真の願いだ。統合ドイ
ツのダメージを見てみろ。ただ北に統合されるのは困る。指導力と統治能力の
低い南韓に限るぞ。ノムヒョンにはあと30年は、続けて頂きたい(藁

367 :ロバート・キャパ:2006/09/02(土) 20:06:21 0
1950(昭和25)年12月10日、アメリカのニューヨークタイムス紙に
日本製カメラとレンズの優秀性を高く評価する記事が掲載されました。
そこに記されたカメラの名は「NIKON CAMERA」、レンズは
「NIKKOR LENS」。それらを製造した会社は日本光学工業株式会社、
現在の株式会社ニコンでした。
 その当時、ロバート・キャパ、ハンク・ウォーカー、
カール・マイダンス、デビット・ダグラス・ダンカンなど多くの
報道写真家達が日本を経由して朝鮮戦争の取材活動に出かける時に
「ニコン」を手にしており、彼らの「ニコン」に対する評価が広
く伝えられていました。


368 :カメラ自体が凍りつき作動しなくなった中で、唯一問題なく使用で:2006/09/02(土) 20:10:43 0
大国の代理戦争と言われた朝鮮戦争は世界のメディアが取材合戦を
しておりました。でもそこは冬ともなれば厳寒世界です。
カメラ自体が凍りつき作動しなくなった中で、唯一問題なく使用で
きたのが、ニコンのカメラだけだったとの事でそれ以降、報道カメ
ラマンの世界ではニコンが規格品となったそうです。


369 :厳寒地仕様のNikon S:2006/09/02(土) 20:22:07 0
ニコンの名前が世界に知れ渡ったのは1950年の事だ。
当時、カメラとレンズはドイツ製が最高であると信じられ、
報道カメラマンはライカやコンタックスを使っていた。
 日本製のカメラやレンズなどプロフェッショナルは誰も使わない。
しかしLIFEのカメラマン、ダグラス・D・ダンカン(D.D.Duncan)は、
同僚の日本人カメラマン三木淳を通じて、ニッコールレンズ
(日本光学の写真用レンズのブランド)を知り、その描写力に驚いた。
そして彼は自分のライカIIIcに、ニッコールレンズを付けて朝鮮戦争
を取材した。
 ダンカンの同僚カール・マイダンス(C. Mydans)も、ニッコールレ
ンズを改造し、コンタックスの取り付けて朝鮮半島に渡った(のちに
カメラもNikonを使う)。彼らが取材した朝鮮戦争の写真は、1950年
USカメラ賞を獲得した。その後、LIFEのハンク・ウォーカー
(H.Walker)は、ニッコールレンズだけではなく、カメラ本体も
Nikon Sを使い朝鮮に向かった。
 厳寒の朝鮮半島北部で、ドイツ製カメラは次々とトラブルを起
こしたが、ウォーカーの持つ厳寒地仕様のNikon Sは何事もなく
働き続け、戦場の姿を記録し続けた。


370 :伝説:2006/09/02(土) 20:27:36 0
北部戦線の冬はマイナス30度まで下がり、他の戦場カメラマンたち
のライカやコンタックスはシャッターが凍りついたが、マイダンス
のニコンSは何事もなく動き続けた。
ダンカンとマイダンスは貴重なスクープや記録写真をものにしてニ
ューヨークに凱旋、二人でこの年のUSカメラ賞を受賞した。
LIFE編集部は、すぐさま使用する全カメラをニコンに切り替えた。
ニューヨークタイムズが「東洋の神秘」としてニコンの信頼性と
ニッコールの描写性能を書きたてた。噂はあっという間に広がり、
アメリカ東部の出版社はこぞって日本光学へ大量発注をかけた。
伝説の始まりである。


371 :世界@名無史さん:2006/09/02(土) 23:16:14 0
>>370
となると、日本が工業製品に対し「品質管理」と言う概念がなかった、ていうのはウソだな。
分野によってはちゃんと出来てたんだ。

372 :世界@名無史さん:2006/09/03(日) 00:10:49 0
>>366
「隣国には馬鹿な指導者がなるのがいい」はロシアのことわざ。

373 :世界@名無史さん:2006/09/03(日) 00:19:09 0
>>366
でもそれって韓国が北朝鮮のインパクトをかろうじても受け止める事が
できるって前提があっての話だよね?東ドイツをかかえこんだドイツほどの
潜在力が韓国にはあるかなあ。所得格差も東西ドイツと違って雲泥の差だから、
弊害を周辺国にまき散らしながら倒れそう。
一番困るのは当事者本人がその可能性を考慮に入れていなさそうな事だな。

374 :世界@名無史さん:2006/09/03(日) 00:28:06 0
>>373 1994年にアメリカが北朝鮮を爆撃する寸前まで言った時には、統一コストに耐えられんと韓国が説得して事を収めたらしい。現政権は知らん。

375 :世界@名無史さん:2006/09/03(日) 00:54:11 0
仲良く心中すればいいだろ。半島念願の達成だ。
中国は現在ある朝鮮族自治区の拡大を10年前から検討しているそうだが・・・

376 :世界@名無史さん:2006/09/03(日) 00:55:24 0
>>371
品質管理の概念はロクに無かったが、職人芸の持ち主はいた、
ってことでは?
よく知らんけど。

377 :世界@名無史さん:2006/09/03(日) 00:59:59 0
韓国企業財閥の多くは、北の安いただ同然の労働力が狙いで現政権を圧倒的
に支持している。背景には、韓国社会の病巣である強力な労働組合の存在が
ある。経営者のいう事をきかない組合を排除して、ハングルの読める北の労
働力を早く利用したいのが狙いなのだ。

378 :世界@名無史さん:2006/09/03(日) 01:03:18 0
>>376
太平洋戦争まで、国策ですべての優秀な技術者や研究者は軍需に振り
むけられていた。民生分野にそれらの高品質技術等が流出したんだよ

379 :世界@名無史さん:2006/09/03(日) 01:46:51 0
いや、まあ、戦争中はどの国もそんなだったわけだが。アメだって例外じゃないぞ。

380 :世界@名無史さん:2006/09/03(日) 02:26:42 0
日本では軍需産業ですら「品質管理」の概念が貧弱だったように思うが。


381 :世界@名無史さん:2006/09/03(日) 02:30:47 O
>>375
自治区じゃなくて、自治州と自治県が一つづつ。


382 :世界@名無史さん:2006/09/03(日) 03:44:38 0
>>380
品管レベルを引き上げちゃうと兵器が前線に送れない。で確かなレベルで生産できるものだけにすると性能が低すぎて戦えない。
つまり、品管意識が低いというより純粋に技術力がなかったということかと。

383 :世界@名無史さん:2006/09/03(日) 05:17:37 0
品質管理レベルが低くてどうして戦艦大和や零戦が作れるんだや?

384 :世界@名無史さん:2006/09/03(日) 05:37:52 0
技術力ではなく量産するだけの工業力が無かった。


385 :世界@名無史さん:2006/09/03(日) 06:39:37 0
向上品質というよりも産業が軍の統制下にあったからじゃないか?
計画生産というのはとかく要らぬコストばかりかかって品質が
優れないから。

386 :(-@∀@)/我らが聖典:2006/09/03(日) 06:59:47 O
      ○
      |├──―─-─┐
      |││ /  / │
      |│⌒ヽ /  │
      |│朝 ) ──│
      |├────―-┘
       ∧_∧   
     ミ ○<#@Д@> < 何が何でも《憲法第9条》は死守せよ!
      ヽ ∧_ ○))   
    ミヘ丿 ∩Д@;)  < 本心の憲法第9条は↓ね…
    (ヽ_ノゝ _ノ 

【憲法 第9条】
朝鮮民主主義人民共和国は、北半部において人民政権を強化し、
思想、技術、文化の3大革命を力強く繰り広げ、社会主義の完全な勝利を成し遂げ、
自主、平和統一、民族大団結の原則から祖国統一を実現するために戦う。

387 :世界@名無史さん:2006/09/03(日) 08:48:45 0
北朝鮮は「ならず者国家」ロ大統領発言
【ブリュッセル27日共同】ロシアのプーチン大統領が二月、モスクワを訪れた
北大西洋条約機構(NATO)のロバートソン事務総長と会談した際、朝鮮民
主主義人民共和国(北朝鮮)など四カ国を「ならず者国家」と形容し、懸念を
示していたことが二十七日、分かった。複数のNATO当局者が明らかにした。
これら諸国の「脅威」を前提に米本土ミサイル防衛(NMD)構想を推進する
米国に対し、ロシアは公式にはこうした「脅威」を認めていなかったが、本音
では北朝鮮の大量破壊兵器開発などを危ぐしていることを示した形だ。
NATO当局者によると、プーチン大統領は二月二十日、モスクワで会談した
ロバートソン事務総長に対し「北朝鮮やイランを含む四カ国」の国名を挙げ、
「いわゆる『ならず者国家』」と呼んだ。

ロシア軍は20日までに、ウラル山脈より西の欧州部から極東に部隊を緊急
展開する初の大規模演習を開始した。プーチン大統領も23日視察。
北朝鮮や中国と接する極東地域での軍事プレゼンス重視を示す演習で、国防
省は「仮想敵国はない」と強調しているが「駐日米軍の北海道移転構想・北
朝鮮事情の動向も視野」(ブレーミャ・ノボスチェイ紙)との見方もある。
ロシアは軍改革の柱である部隊削減に伴い、限られた部隊を広い領土で効果
的に運用する必要があり、演習は機動性強化の一環でもある。
約50機の軍用輸送機に加え、民間航空機も使用、空挺(くうてい)部隊な
ど約800人、装甲車など100台を極東ウラジオストク近郊などに空輸、
最北部に展開する北方艦隊の海兵隊も参加した。

388 :優れた品質”管理”:2006/09/03(日) 10:25:42 0
「臭いは元から断つ」という手法ほど、優れた品質管理はない。
20年くらい昔の話だから、今は、アメリカといえども日本流に変えたはずだ。
しかし、日本が、あたかもアメリカの先を走っていたかのように思うと間違う。
戦中のことだが、大挙して日本を襲ったB29で、撃墜されたものがあった。
機内を調査した技術者たちは、進んだ装備とゆとりに驚いた。

ゼロ戦は、運動性能に秀でていたが、防弾の配慮に欠けた。
一方、アメリカの戦闘機の操縦席は、剛板で保護されていた。被弾した油タンクも、
内貼りされたスポンジが、噴出しようとする油の圧力を受けて穴を塞いだという。
捕らえたイギリスの艦船には、八木アンテナが使われていたという話も有名だ。
設計思想の違いを差し引いても、日本との差が見え、戦況の劣勢も予感した。
わずかな救いは、技術的に想定できる範囲内の差だったことだ。



389 :品質”管理”は敗戦の戒めの中で養われた:2006/09/03(日) 10:27:41 0
驚いたのは、戦争に負け、外国製品を身近かに見てからのことだろう。
連合軍と日々接するに連れ、なかんずく、見たこともない数々のアメリカ製品が、
日本人の目に否応なく触れるようになった。日本人には高嶺の花ではあったが、
多くが、比べようもないほどバラエティーに富み、品質もはるかに優れていた。
乗用のアメ車もたくさん見かけるようになった。けわしい箱根の山を軽々と登り、
日本車との実力の差が明らかになった。当時は、極端な物資不足に悩んでいたが、
「足りぬ足りぬは、工夫が足りぬ」では済まないほどの大きい開きがあった。
日本人の品質への厳しい目は、この敗戦の戒めの中で養われた。



390 :デミング博士 品質”管理”の伝道師:2006/09/03(日) 10:29:03 0
戦後の日本は、貿易立国を国策に掲げ、戦前にも増して力を入れた。
箱根の山を難なく越えるクルマをつくり、アメリカ市場で先行するドイツ車を抜いた。
アメリカは、貿易摩擦を問題にするが、高い品質の製品を供給する限り、繊維、鉄鋼、
機械、雑貨と買いつづけた。日本の全輸出の3割近くを占める重要なお客のままだ。
さらに、デミング博士という品質管理の貴重な伝道師に巡り会った。
アメリカで評価されなかった人が、日本では三顧の礼で迎えられたところが面白い。
品質管理をアメリカを手本に少なからず学び、実践の場まで提供してもらった。
日本の製品の高い品質を思うとき、アメリカを抜きにできない。



391 :技術白書(工業技術庁編:2006/09/03(日) 10:34:14 0
戦争による孤立は我が国に技術の大幅な停滞をもたらし,
一方,世界(特に米国)においては著しい技術の進歩を遂げていた。
主要部門における日本と米国との技術の隔たりは,造船部門では
戦時戦後のわずか8年間で約30年のギャップといわれ,鉄鋼部門
では技術水準が20年,著しいものでは30年の隔たり,紡績部門に
おいても機械化の進展が約10年の隔たりをつくったといわれる。

392 :徹底した品質”管理”:2006/09/03(日) 11:05:29 0
トヨタの下請け企業はトヨタから疎外されたら生きるすべが無くなる
と恐れたのです。品質欠陥を起こしたらたちまち出入り禁止となり、
そく倒産そして失業という恐怖のシナリオが結果的にプラスに作用して、
世界トップレベルの高品質をもたらしたと言えるでしょう。
組織の中で村八分に対する恐怖心が強いほど、ミスを絶対に起こさない
ように徹底した品質管理が行われます。
こうして日本の自動車メーカーは米国市場において高品質というブラン
ドを確立し、その神話はいまだに生きています。

393 :三菱自動車のリコール隠し事件:2006/09/03(日) 11:09:00 0
雪印乳業の食中毒事件そして三菱自動車のリコール隠し事件など、
有名企業の法人犯罪ともいえる重大事件が世間に大きなショック
を与えています。この重大事件が私たち国民の関心を呼ぶのは、
それらは氷山の一角にすぎず他の企業でも類似の問題が潜在して
いるのではないかという危惧を抱いているからでしょう。

394 :カミカゼ特攻隊:2006/09/03(日) 11:10:24 0
村社会のもたらす一致団結による協力の結晶としての高品質と、
組織ぐるみの隠蔽行為は表裏一体のものです。
日本はこうして、天国から地獄へ一直線となってしまいました。
今次大戦末期に米国人は、カミカゼ特攻隊を非常に恐れたと
言われています。戦前の相互監視の村社会において特効隊志願
から逃げれば、その若者本人のみならず、父母兄弟までが後ろ
指をさされるという恐怖心がありました。
この恐怖心は米国人にとって、徹底理解できるものではありません。

395 :T.Q.C:2006/09/03(日) 11:11:54 0
日本人社員はただの紙切れに過ぎない表彰状一枚のためになぜ
T.Q.Cのグループ活動で競って頑張るのだろうかと、
それか米国人にとっては不思議でならないのです。
村社会にT.Q.Cが導入されると全員参加になり、
その主旨に従って努力しないと村八分が待っています。
村八分にされないためには何としてもその表彰状が必要
であったのです。村八分恐怖が功を奏して、
日本のT.Q.Cは大成功したと言えます。
一方、米国人は個人主義ですから、実のある報賞無くして
T.Q.Cに協力することはありえません。米国人の素朴な疑問
は解消されないままでした。極端な言い方かも知れませんが、
日本は村八分恐怖がプラスに作用して、
世界第2位の経済大国に成長したと言えるでしょう。

396 :品質の差:2006/09/03(日) 11:13:29 0
しかし、1990年代以降の日本においては、村八分にされること
がそれほどの恐怖心をもたらさなくなりました。つまり要は豊かに
なったのです。貧しさから抜け出して恐怖心が取れれば、
品質管理は形だけ整えておけばよいという考えが支配し始めてくる
わけです。品質を維持するということは大変神経のすり減る行為です。
恐怖心が取れたら、またたく間に気が緩んでしまうのは自然でしょう。
一方、米国のT.Q.Mは実のある報奨(インセンティブ)でQC活動を実行
しているから、報奨が続く限り、QC活動は持続されるのです。
恐怖心のコントロールか、インセンティブによる活性化かという
TQMにおける考え方の相違が今日の日本における品質の差をもたらし
ているといえます。

397 :三十八式歩兵銃:2006/09/03(日) 11:20:15 0
第二次大戦中の日本軍の代表的な小銃は三十八式歩兵銃でしたがこの
小銃の図面は正式図のみで、なんと各部品の制作図がありませんでした。
従って部品には「公差」もありませんから一挺づつ「名人」と呼ばれる
職人が部品を調整しながら組み立てていったのです。
そのため同一規格で生産された小銃でありながら部品の交換はほとんど
できなかったのです。工業製品の生産に「公差」がなければ「品質管理」
の概念があるはずもなく、品質は職人の経験と勘に頼っていたのですから
職人の腕によってかなりのバラツキがあったはずです。

398 :M3短機関銃:2006/09/03(日) 11:21:55 0
同じ時期に米軍では大量にM3と言う短機関銃を制作しようと自動
車メーカーのプレス技術に注目、ゼネラル.モーターに開発を依頼
しています。このプレス技術により生産性と信頼性は飛躍的に向上、
このM3は現在もアメリカ軍で使われており、日本の自衛隊でも一
部で使用していることからもいかに品質が優秀であったかが分かり
ます。



399 :安岡章太郎氏の記述によれば:2006/09/03(日) 11:26:57 0
作家の安岡章太郎氏の記述によれば「歩兵の一個中隊には機関銃
が4挺あるが、そのうち3挺が稼動することはまず皆無に近かった。
機関銃の名射手というのは射撃のうまい人間じゃなくて修理のうま
い人間をいうのだ」とあります。


400 :日本の敗戦の一因は「品質”管理”の欠如」:2006/09/03(日) 11:28:38 0
航空機を生産してる工場では受入検査の概念もなくまた不良品
も多かったので届いた部品を箱ごと床に落として壊れなかった
部品だけ使うなど荒っぽい受入検査を行っていたところもあります。
戦争中の史実を丹念に調べていけば日本の敗戦の一因には
「品質管理の欠如」があるのでは、と思わせるほどこのような話
は山のように出てきます。


401 :零戦、大和などは例外中の例外:2006/09/03(日) 11:45:39 0
日本も「零式戦闘機」「戦艦大和」など世界に誇る兵器があったため
「日本の兵器は優秀だったに違いない」との印象を持つことが多いの
ですが、史実を調べて行くと零戦、大和などは例外中の例外で一般的
な兵器の品質はかなり劣っていたことが分かります。


402 :酸素魚雷:2006/09/03(日) 11:49:31 0
当時の代表的な兵器は、ゼロ戦と酸素魚雷でした。
これらはいずれも、卓越した技術力の産物ではありません。
努力と工夫の産物なのです。

 酸素魚雷というのは、液体酸素を推進力として使う魚雷です。
他国の魚雷は、空気を燃やしてスクリューを回すものでしたから、
燃費は悪いし、また水中に二酸化炭素を放出するため、
航跡が艦上から丸見えで、簡単に避けられてしまうものでした。
日本軍の酸素魚雷は、空気から抽出した液体酸素を水中に放出す
るため航跡が見つけられにくく、燃費にも優れ、絶大な威力を発
揮したのです。これは、ちょっとしたアイデアの勝利でしょう。
日本人は、昔からこういうのが得意なのです。

403 :ゼロ戦:2006/09/03(日) 11:51:22 0
ゼロ戦の強さは、やはりアイデアの勝利でした。
すなわち、他国の軍用機には、少なくとも燃料タンクや操縦席に
防弾装備がついているものなのですが、ゼロ戦はこれらを全て取
っ払ってしまったのです。この結果、機体が軽くなったため、
運動性能と燃費が格段に良くなりました。1対1でゼロ戦に勝
てる戦闘機は、世界中に存在しなくなりました。
しかし、短所もあります。打たれ弱さです。
一発でも敵弾を受ければ、たちまち燃え上がってしまい、
パイロットの命さえ絶望的になるのです。

 ゼロ戦に限らず日本の軍用機は、みな、打たれ弱いという欠点を
抱えていました。戦争中盤以降、優秀なパイロットが枯渇してしま
うのも、こうした打たれ弱さが原因でした。飛行機は一週間あれば
造れますが、優秀なパイロットは3年かけなければ養成できません。
日本軍は、たちまち人材不足に陥り、苦肉の策として「神風特攻隊」
が案出されることになるのです。

 つまり、ゼロ戦に代表される日本の軍用機は、戦術的には優れてい
ても、戦略的には大変な欠陥品だったのでした。



404 :造船技術:2006/09/03(日) 11:53:57 0
造船技術も、戦艦大和などは立派でしたが、全体的には低水準でした。

 例えば、戦争中盤以降、日本の潜水艦は、敵駆逐艦に簡単に発見さ
れて片端から撃沈されてしまいましたが、その理由は、エンジン音が
うるさかったからなのです。エンジン音を小さくする技術は、
当時の日本には皆無でした。



405 :世界@名無史さん:2006/09/03(日) 12:07:10 0
日本の潜水艦は、通商破壊を目的としていないので、
隠密性は問題じゃないですよ。
あくまで補助艦艇です。


406 :世界@名無史さん:2006/09/03(日) 12:17:08 0
戦艦大和も当初、計画時点では協力なディーゼルを積む予定が間に合わず
鈍足の低速艦になってしまった。また大和級のダロージコントロールも脆
弱で、油圧系の対衝撃性防御が稚拙で、水密区画の配置にも不備があった。

武蔵は最初の一爆撃だけで艦内の油圧系が全損し、主砲のターレットはお
ろか測距儀さえ動かせなくなった。信濃は魚雷2本で沈没、大和も水密区
画の不備のせいで、会敵から数時間で転覆。日本の国家予算と皇軍兵士を
ドブに捨てることとなった。

407 :世界@名無史さん:2006/09/03(日) 12:24:12 0
>>381
ごめん、北朝も含めて格上げして区にする検討だった・・・

408 :世界@名無史さん:2006/09/03(日) 12:26:07 0
To save human race
Our Star Blazers!

409 :世界@名無史さん:2006/09/03(日) 12:29:06 0
いや、いくら補助艦艇でもな。
潜水艦てなんで潜るんだと思う?そこから考えれば隠密性こそが最大のポイントだとわかる。どんな運用の仕方をしても、浮かべて使うわけじゃないんだからな。

410 :世界@名無史さん:2006/09/03(日) 12:44:45 0
米国のガトー級はハードウェアとしてのカタログ上の性能は他国の潜水艦に比
べて決して卓越したものではありません(「偉大なる平凡」と言われる所以)、
その性能自体は各国の潜水艦と比較して全ての面において高いレベルにある
優秀な性能を持つ艦であり、決して凡作ではありません。また急速充電能力に
優れるなど、カタログスペックには出てこない項目では他国の潜水艦より優秀
な面が見られます。
装備についてみれば、日独英の潜水艦に優れ、1944年以降の米艦隊型潜水艦に
匹敵するような装備を持つ艦は他国にはありません。
レーダー/ソナー/潜望鏡の情報を自動的に統合して射撃指揮値に反映出来る
魚雷射撃指揮装置、優秀な対空/対水上/測距レーダー、機雷探知能力や射撃
指揮能力を持つ高精度のアクティブソナー、高度なECM/ESM能力を持つ電子戦
用装備など、他国の同種装備に比べても優秀な性能を持つ装備を持った米潜水
艦は、誠に優秀且つ恐るべき潜水艦であったと言えるでしょう。

日本は、潜水艦を偵察・報知艦として扱う部分が多く(偵察機搭載までした)、
ナチのような通商破壊潜水艦作戦に従事させるだけの性能はありませんでした。

ガトー級はナチのUボートと日本の伊号の両方の運用を同時に可能にする艦でし
た。WWUで日本海にも作戦できているのは、ガトー級のみの性能所以です。

411 :200発で砲齢が尽きる:2006/09/03(日) 12:58:12 0
戦艦大和の46センチ主砲・・・正式名称94式45口径46センチ砲。
当時世界最大の主砲。射程距離は実に42キロメートルというもので、
砲弾は、長さ約2メートル、重さは1.46トンという巨大さであった。
一発撃つのに使う火薬の量は330キロ。撃ちだされた砲弾は、
時速2,808Km(秒速780m)という速さで飛び出し、砲身の内側に刻ま
れたライフルにより、1分間に60回転しながら飛んでいき、
遙か水平線の彼方の敵艦を攻撃する事ができた。
しかし、どんな砲身でも寿命があり、戦艦大和の主砲は1発撃つたびに
砲身内に焼く3300気圧がかかるため、約200発で砲齢が尽きるこ
ととなっていた。


412 :世界@名無史さん:2006/09/03(日) 13:04:23 0
朝鮮戦争では、緒戦ではたいした空軍戦力を有していなかった中国・北朝鮮軍に対し、
米英の直線翼ジェット戦闘機が活躍した。しかし、ソ連はいちおうの実用化が果たされた
として後退翼戦闘機MiG-15を投入、国連軍の直線翼ジェット戦闘機を性能面で圧倒した。
それまでの機体では歯が立たないことが明らかになったため、急遽アメリカ空軍はF-86
セイバーを投入して対抗した。
後退翼戦闘機同士の戦いでは、アメリカ軍の報告ではアメリカの圧勝であった。ただ、これは
機体の性能というより、第二次世界大戦を通じて経験豊富であったアメリカ側パイロットの
技量の高さによるものとされる。
特に、中国や北朝鮮のパイロットは速成で技量が低かった。ソ連軍パイロットも、実戦経験のな
い者が多く、緒戦において国連軍のベテランパイロットに苦戦した。一方、機体性能では、MiG
-15は高高度でより優れF-86は低高度でより優れるというもので、会敵すると両機が
得意空域に移動するようになったため次第に空中戦は成立しなくなったいわれる。


413 :主砲を一斉発射:2006/09/03(日) 13:05:48 0
戦艦大和で、主砲を一斉発射すると、電探
(電波探信儀)の真空管が故障し、全てス
トップする!

414 :世界@名無史さん:2006/09/03(日) 13:08:52 0
MiG-15は朝鮮戦争にて国連軍の戦闘機を相手に大活躍し、その活躍は米国などの西側に衝撃
を与えた。国連軍の参戦当初は、北朝鮮軍に本格的な航空兵力が無かったため、制空権は完全
に国連軍のものとなっていたが、中国義勇軍が介入し、MiG-15が鴨緑江を越えて来るようにな
ると国連軍側にあった制空権は揺らぎ始める。第二次世界大戦中に、日本本土を焦土と化し、
撃墜されがたく「超空の要塞」と名を轟かせたB-29もMiG-15の強力な37?機関砲によって次々
に撃墜され、爆撃機を護衛する筈の戦闘機までもが自らの身を守るのが精一杯という状況に
陥ってしまった。これに驚いた米空軍は急遽、後退翼を持つ、当時最新鋭のF-86Aセイバーを投入
し制空権の回復に努めた。その後もアメリカ合衆国は改良型のF-86EやF-86F等を投入していった
が、中国・北朝鮮側も改良型のMiG-15bisを投入するなどして双方の制空権は南北に激しい移
動を繰り返した。

415 :世界@名無史さん:2006/09/03(日) 13:11:13 0
で・・・韓国人と北朝人は空軍で活躍したの?(藁

416 :ソ連軍が戦闘航空軍団を編成:2006/09/03(日) 13:22:31 0
1950年から3年間に及んだ朝鮮戦争で、当時のソ連軍が戦闘航空軍団
を編成し、合わせて約4万人の兵士を参戦させていた事実が、ロシア
秘密解除公文書で明らかになった。91年に崩壊したソ連政府は最後ま
で朝鮮戦争参戦を認めなかったが、これにより公式に戦史が塗り替えられる。

 この文書によると、スターリンは国防相に対してミグ15戦闘機装備の二個航空師団な
どを中国に送り込むよう命令している。派遣部隊の隊員は中国では人民解
放軍の軍服に着替えるよう指示しており、スターリンが第三次大戦に発展
することを恐れ、ソ連参戦の証拠を握られないよう細心の注意をしていた
ようすがうかがわれる。



417 :北朝鮮空軍のデビュー:2006/09/03(日) 17:45:52 0
1950年6月25日朝鮮時間15時、北朝鮮空軍の識別章を付けた2機のYak-9Pが、
北朝鮮捜索隊による韓国の首都早期奪取を予見して、アメリカ人の撤収が
目まぐるしい速さで行われていたソウル近郊の金浦空港上空に現れた。
「ヤク」は、管制塔を射撃し、燃料タンクを破壊し、その後、地上に駐
機していた米空軍に所属するС-54軍用輸送機を撃破した。同時に、
「ヤク」の編隊は、ソウル空港で韓国空軍機7機を撃破した。
1900、「ヤク」は、再び金浦を攻撃し、С-54に止めを刺した。
これは、朝鮮戦争における最初の戦闘であり、北朝鮮空軍のデビューだった。


418 :操縦士らは中国人民解放軍の軍服をまとっていた:2006/09/03(日) 17:55:43 0
8日、官営ロシア放送は北朝鮮政権樹立56周年(9日)を迎えて、金日成政権樹立
と韓国戦争関連の悲話を取材した特集番組「偉大なる首領の秘密」を放送した。

 ソ連軍政当時、金日成の顧問だったグレゴリー・メクレル予備役大佐(95)と北朝鮮の
チョン・サンジン元文化宣伝部相(次官・86)、チャン・ハクボン元政治軍官学校校長
(87)といった、ロシアに現在居住している生き証人の回顧と資料が公開された。
 放送は証言と資料を分析し、「スターリンは最初、米国との衝突を懸念して韓国に
侵攻することに反対したが、1950年2月にソ連を密かに訪問した金日成が『今が統一の
機会』だと説得したため、暗に同意したのだ」と報じた。

 報道によると、ソ連は北朝鮮の要請で約200機のミグ戦闘機を密かに朝鮮戦争に
出撃させたが、操縦士らは中国人民解放軍の軍服をまとっていたため気づかれなかった。


419 :地雷除去と弾除け:2006/09/03(日) 18:00:35 0
朝鮮戦争の時、北朝鮮軍が米軍陣地前の地雷原を突破するために
避難民を自軍の前方に横隊で歩かせ、地雷除去と弾除けにしようとした。
この時米軍は地雷原の有効性を維持するために、避難民を片っ端から撃ち殺した。

420 :金融師団:2006/09/03(日) 18:03:27 0
朝鮮戦争時、ソウルにあった韓国銀行が北朝鮮軍に占領された。

ここには、朝鮮銀行から引き継いだばかりの未発行の朝鮮銀行1000円券と
100円券、それに印刷原版が残されていた。
そして、北朝鮮軍はその紙幣と原版を使って、物資調達と経済攪乱工作をはじめた。

このため極度の経済混乱になることを恐れたGHQは日本の大蔵省印刷局に新紙幣
の印刷を依頼し、日本側は図案作成を6日で成し遂げ、徹夜に継ぐ徹夜で12日目に、
韓国に新紙幣を納入した。

仁川上陸作戦では韓国銀行の行員が「金融師団」を編成して海軍のLSTで紙幣を
運搬し、解放後の仁川市で紙幣の交換を行い、その占領地が拡大する毎に、交換
を進めていったのである。
その状況は、「前進しながら交換し、戦闘しつつ交換し、撤収しながら交換するとい
う実に金融通貨史上類例を見ない、文字通りの“弾雨下の交換事務”であった…。」
そうな。

ちなみに、一国の通貨体制を崩壊させるには偽造券の目標発行額を全体の20%以
上にする必要があるらしい。


421 :世界@名無史さん:2006/09/03(日) 19:53:32 0
韓国人を戦闘機に乗らせるような、無謀な事はわが合衆国空軍・海軍はしない。
大体、空母の離発着なんて芸当、できまい? まだ、日本猿を使う方が、利口だ。
ROKは我歩兵の弾除けをしていればいいんだ。

422 :世界@名無史さん:2006/09/03(日) 23:47:04 0
米国が最初から韓国国軍に空軍機と戦車を与えていれば、韓国は北鮮を打ち倒していた!

423 :世界@名無史さん:2006/09/04(月) 01:51:20 0
えー、でも指揮官がイスンマンでしょ?チンピラじゃん。
ソ連軍事顧問に入ってもらって、将軍や参謀も共産党朝鮮人部隊で鍛え上げてた北チョン相手じゃ、武器だけ多少良くてもダメだったんじゃない?

424 :世界@名無史さん:2006/09/04(月) 22:12:30 0
アメリカにとって軟弱な韓国軍は、韓半島をソビエトにやる為のサクリファイスだったのだ。
マッカーサーが意固地になる前までは。

425 :世界@名無史さん:2006/09/05(火) 22:25:36 0
韓国は西側世界のアジアの防波堤としてベトコンも殺しまくり、犯しまくったんだぞ。

426 :世界@名無史さん:2006/09/05(火) 22:34:45 0
パンチョッパ!!!

427 :世界@名無史さん:2006/09/06(水) 22:56:54 0
アチソンは回顧録で朝鮮半島は赤に沈むのが明白だったと語っている。

428 :世界@名無史さん:2006/09/07(木) 02:29:03 0
戦前以来続く当時の米国の反共意識はかなり強い。
赤に甘いと言うのは幻想だと思うよ。
マッカーシーにしても突然1950年代に出現したわけではない。

米国は信仰を重視する国だよ。無神論を歓迎すると言う
政治的土壌は有得ない。イスンマンはそもそもカトリックだろうがよ。
ダレスは敬虔な牧師の子孫。蒋介石親子はクリスチャン。
そして吉田茂もカトリックだよ。マッカーサーは日本にカトリックを広めるべく
神父までつれてきた。信仰重視と言う意味ではアイゼンハワーやケネディも変らない。
ジョンソンも同様。彼等が支援したベトナムのゴ政権もまたカトリックだ。
容共と言うのならこれらの指導者を支持するわけはない。

429 :世界@名無史さん:2006/09/07(木) 22:09:43 0
当時、大陸の戦況は圧倒的に国民党軍の方が不利だった。毛沢東の共産軍は
彼等を太平洋へ叩き落としたのである。
アメリカは第二次大戦前から国民党軍に肩入れし、対日戦、対共戦にそれま
でずっと支援していたが、東洋の神秘・自由と民主主義では懐柔できない不
気味な未知の深淵のような世界にのめり込んだのを悟った米首脳部は、機動
艦隊の手の届く範囲・・・後のアチソン・ラインを太平洋東部の最終防衛ラ
インと考えていたのだろう。
韓国も建国直前まで国民の中で親共派が過半を越していた。彼らの多くはソ
連の衛星国になる事を望んでいたし、中国の国民党と戦う為に、共産主義団
体に入る者も多かった。アメリカが地上戦を覚悟せねばならない半島を放棄
しようとしたのも納得できる。

430 :世界@名無史さん:2006/09/08(金) 22:10:04 0
アメリカは韓国を守り抜く気はない。

431 :世界@名無史さん:2006/09/09(土) 07:55:24 0
いまでも韓国の国民には社会主義的な傾向が強いですからね。労働組合や
共産主義政党活動が活発。
北の工作員の仕業という人もいうけど、根っから韓国国民はアカ志向だと
思う。


432 :世界@名無史さん:2006/09/09(土) 08:32:08 0
韓国はまだ社会的格差が大きいからね。そういった社会では左翼的な人が多くなる
のは当然といえば当然。
むしろ日本のように、格差が拡大しているのにウヨクが増殖する社会ってのは異様
なんじゃないのかw
わざわざ自らの首をしめる政党に投票する不思議さ。

433 :世界@名無史さん:2006/09/09(土) 12:29:47 0
日本人のように在日や外国人に寛容な民族も珍しい。知的所有権や特許を
盗まれ、企業スパイをされていても、泣き寝入りをしてるのはこの国くら
い。一芸で成り立っていたこの国の中小企業が世界の草刈場となったのは
政府の無策・無防備の結果である。
一体、北鮮・南韓・中共・露助・米国のスパイを”獅子身中”に飼ってい
ると思う?政財官界にどれだけ食い込んでいると思う?外務省なんて巣窟
だぞ。スパイ天国万歳だ。


434 :世界@名無史さん:2006/09/09(土) 13:53:18 0
>>433
無策もなんも、日本の金玉握ってるアメリカに無防備にしろと言われて逆らえる状況になかった
戦後のアメリカは、特に反日強硬派は、志那朝鮮を使って日本を抑圧してきた

ともかく、自分で国を守れるようにならなきゃ始まらない 
今の志那朝鮮の状況だと、最低限核武装が必要になる  
それが悪いってんなら、スパイ天国を続けるのみ

435 :世界@名無史さん:2006/09/09(土) 14:09:44 0
>>432
格差拡大の一因は、在日コリアンにあると信じてる人も多いからね。
パチンコ、サラ金(あと人材派遣)のブラック事業で
莫大な利益を上げてるのは事実だし、そこから得た運動資金で
地方行政に圧力かけ半ば乗っ取ったりしてるのも事実だから
そういうのが殊更目に付いてしまうんだろう。

在日コリアンを追い出せば、社会が良くなると信じてる人も多いんだよ。


436 :世界@名無史さん:2006/09/09(土) 15:30:39 0
美しき国になれば、韓国がやったように親韓・親朝派の財産を没収・資金凍結
命令をだして+αで強制送還だな。

437 :世界@名無史さん:2006/09/09(土) 16:10:26 0
>>435
そういう点のみはナチス台頭前のドイツに似てるな
ただ、日本の格差は外国に行った日本人のブログなどを見てもわかるように、諸外国と比べて大したことはない。
これから先格差が更に拡大すれば別だろうが

438 :世界@名無史さん:2006/09/09(土) 18:36:01 0
>>437
あんたの二行目。大事だね。
マスコミの「格差拡大」や「ヒルズ族」報道を真に受けて、わかりもしないのに格差格差と叫ぶサヨクが大杉。
昭和の成金もそうだけど、急に儲かったヤツらは目立つけど、もとからの既得権層って言うのは大して変わってない。
むしろ成金報道をさせることで既得権層を批判から守ってるのかもね。朝日新聞なんて、格差格差言う前に自分とこの給料を電機メーカー並みにして、その分をホームレスに寄付したらどうかと思うね。

大体口ばっかのヤツらばかりだ。データも見ずに。


439 :世界@名無史さん:2006/09/09(土) 23:23:59 0
美しき国では最低限の再チャレンジの機会を用意します。

440 :世界@名無史さん:2006/09/10(日) 01:13:52 0
その前にこの国の人間は自分で再チャレンジする気があるのかと

441 :世界@名無史さん:2006/09/10(日) 04:38:13 0
>>438
つーか、金融、通信の次ぎの改革の対象は放送と言われている。
そこにメス入れられる前に参院にらんでの野党応援だろ。格差社会の誇張だな。
大手メディアなんてのは論調の左右に関係なくどうしようもねー、微温湯利権集団だぜ。
特にテレビだが都市部地上波に関しては参入企業は半世紀にもわたり減りもせず増えもせず
合併も分割もなく公共性と言う美名のもと寡占状態を続けている。

正しく共産主義社会だなwwおそらく腐敗の巣窟だよ。

442 :世界@名無史さん:2006/09/10(日) 09:27:59 0
いま南朝鮮では老斤里事件をはじめ米軍による大量住民虐殺が明らかになって
米軍の責任が追及され、「朝鮮戦争の英雄」とされてきたマッカーサーの銅像
を撤去する運動が広がっている。

戦争開始は「北の侵略から南朝鮮を守るため」としてきた米軍の大義名分は崩
れ、朝鮮戦争勃発の原因が根本的に見直されている。
これは、現在なおも世界のいたる地域で「テロとの戦い」の名のもとに戦争を
拡大している米国の危険な行動をおおいかくし正当化するのに役立っている。
朝鮮戦争は戦後日本の進路を決定づけた事件であり、その真相を明らかにする
ことは、今後の朝・日関係を考えるうえでも重要な今日的意義をもっている。

開戦は「誰が最初の一発をうったか」式の単純な分析で論じられるものではない。
朝鮮戦争もまた世界最大の強国・米国の冷戦政策、アジア戦略から発したのであ
る。しかし奇妙なことに米国はこれらの諸要因に触れることを避け、とにもかく
にも朝鮮戦争は「北朝鮮の不意の奇襲」によるものであると一方的に強調してい
る。
朝鮮戦争は1950年6月25日に全面的に始まるのであるが、朝鮮民主主義人
民共和国に対する挑発的戦闘はすでに49年から始まっており、米軍の指揮下で
連隊、師団単位の38度線以北に対する侵攻はこの年だけで2617回に達した。
当時、李承晩政権は強大な米国の力を背景に「北進統一」「滅共統一」を唱え、
「韓国軍がひとたび立てば朝飯は開城で、昼飯は平壌で、夕飯は新義州でとるこ
とになろう」と公言し挑発行動をくり返したのである。
当時、米軍は南朝鮮に500余人の軍事顧問団をおいて韓国軍の訓練を強化して
いたし、ソウルに常駐する米軍の情報機関は韓国情報機関を動かしながら大規模
な情報活動を行っていた。
ちなみにスターリンは3千人以上の軍事顧問団を北韓に派遣し,北朝軍を直接指導
させていた。これは北朝鮮軍45人に顧問一人の割合だ。ソ連軍事顧問の使命は,軍
の訓練・共同の作戦指揮。作戦の策定については,一から十までソ連軍の参謀団に
よって決定され、その内容は逐一スターリンに報告されていた。

443 :世界@名無史さん:2006/09/10(日) 16:31:04 0
スターリンの方が軍事顧問の数が多いじゃないか。

444 :世界@名無史さん:2006/09/10(日) 17:50:59 0
444ゲット

445 :世界@名無史さん:2006/09/10(日) 23:51:17 0
国連軍で大勢連れてきやがって!

446 :世界@名無史さん:2006/09/11(月) 20:52:30 0
住民虐殺なら北鮮・中共の共産軍によるものもかなりの規模になるが。
共産軍の虐殺は綺麗な虐殺と言いかねない昨今の韓国の風潮。


447 :世界@名無史さん:2006/09/11(月) 21:49:44 0
昔、韓国が中国と国交正常化する時に、「朝鮮戦争当時の韓国人虐殺への反省と謝罪を表明してくれ。表明だけでいいから」って申し入れた。
シナ人はずっと朝貢国だったウリナラミンジョクの特性を知り抜いていたから、
「冗談じゃない。ごちゃごちゃ言うなら国交正常化は取りやめだ」
と言った。
韓国は謝罪要求を取り下げざるを得なかった。

国交正常化は国策として決まってるから、突っぱねられたら青瓦台の面目が立たんし、既に企業はシナに進出する準備を整えてる。
その辺を見越した見事なシナの外交だった。

それに引き換え日本の外交担当者は、最近の田中均といい、小学生並みに駆け引きが下手だ。
亡命中国人に交渉術をレクチャーしてもらう必要があるな。

448 :世界@名無史さん:2006/09/13(水) 00:18:54 0
>>445
人数では、中共の100万人にはかないません。

449 :世界@名無史さん:2006/09/13(水) 09:29:39 0
基本文献リストはあがってた?

450 :世界@名無史さん:2006/09/13(水) 22:13:52 0
なにそれ?

451 :世界@名無史さん:2006/09/13(水) 23:31:38 0
>420
>ちなみに、一国の通貨体制を崩壊させるには偽造券の目標発行額を全体の20%以
>上にする必要があるらしい。
 そういえば、戦前に陸軍が中国の紙幣を偽造したという話がありますね。
 出来栄えは良好で、かなりの量を実際に使ったそうですが、あいにく当時の
中国は紙幣の供給不足の方が問題になっており、日本製の紙幣もあっさりと
飲み込まれてしまったため、効果はなかったとか。
(相手も察知はしていたが、↑がみえており、事を明るみにする方が却って
紙幣の信用を不安に陥れかねないため、放置したとかいう話でした)。

452 :世界@名無史さん:2006/09/14(木) 23:35:44 0
日本軍の真の意味での、敵国経済破壊は「軍票」で行われた。

453 :世界@名無史さん:2006/09/14(木) 23:42:13 0
http://www.geocities.jp/dprj1948/
日本民主主義人民共和国どえす

454 :ホッシュジエンの国内ニュース解説:2006/09/15(金) 13:20:43 0
韓国の警察庁は、56年前にぼっ発した朝鮮戦争の当時、韓国の警察や軍が、
左翼的な活動にかかわったなどとして、民間人1万7000人以上を虐殺して
いたことが確認されたと発表しました。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __    これを見ても国民の意思国を戦争に駆り立てる
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  / というのは全くのウソである事が分かるだろう。
  |ヽ   | | ミ#・д・ミ/_/旦~~ 
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 戦争は両国の同意に基づいた
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l 軍事利権による自国民の虐殺です。(・A・#)

06.9.15 NHK「韓国“1万7000人虐殺”」
http://www.nhk.or.jp/news/2006/09/15/k20060915000035.html

455 :世界@名無史さん:2006/09/15(金) 19:34:41 0
北鮮・中共軍による反共派市民の虐殺は綺麗な虐殺と言いかねない454


456 :世界@名無史さん:2006/09/15(金) 22:13:52 0
いいんだよ。中国もソ連もアメリカも、チョンがどれだけ死のうが関係ない。必要なのは実験の為の「的」だよ。

457 :世界@名無史さん:2006/09/16(土) 00:56:54 0
日本で折角作った弾がチョンなんかに当たってしまったら汚れて勿体無いです(´Д⊂

458 :世界@名無史さん:2006/09/16(土) 01:29:35 O
>>1
正式にはまだ終わってない戦争を客観的に評価
するのは正直難しいのでは。

459 :世界@名無史さん:2006/09/16(土) 11:41:07 0
確かに、最初の「兵器の実験場」は朝鮮戦争だよな。中国もソ連もアメリカも代理戦争で自分は痛くない。

460 :世界@名無史さん:2006/09/16(土) 18:58:42 0
北のいう「反共市民の虐殺」は虐殺ではない、テロリストの征伐である。

461 :世界@名無史さん:2006/09/16(土) 19:00:36 0
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●              ●              ●
●              ●              ●
●              ●              ●
  ●            ●            ●
    ●         ●           ●  
      ●       ●         ●           _( "''''''::::.
        ●    ● ●      ●__ ____,,,... --‐'''^~   ヽ   ゛゛:ヽ
         ●  ●    ●  ●:::::::::....:""""  ・    ・  . \::.   丿
          ● ●    ● ●:::::::::::::::::::       ・  ....:::::::彡''ヘ::::/
           ●       ●:::::::::::::::::::::::::::::;;;;;,, ---‐'' "^~
            ●●●●●-‐‐ ''^~
チョン野郎,クソ

462 :世界@名無史さん:2006/09/17(日) 09:25:36 0
朝鮮戦争の中、東京でも怪事件が起きていました。関東上空の領空侵犯です。
1952年8月5日23時30分〜翌6日の0時30分、大きな輝く光体を、
羽田米空軍基地で数人の管制官が肉眼で目撃し、迎撃管制レーダーサイトも
レーダーコンタクトした。
最初に発見したのは、羽田基地の2名の管制官である。2人は深夜の任務交
替に就くためにランプを歩いて管制塔に向かっていた時、北北東の空に異常
に明るい光体を目撃した。2人は管制塔に駆け込み7×50の双眼鏡で光体
を目視観察した。
やっていた交替予定の2名もこの光体を観察した。光体は円形で、その光体
の直径の約4倍の、大きな黒い円形のものがその背後にあるようだった。光
体が接近し、細部がややわかるようになった。暗い部分の下半分の周縁に、
小さな光がいくつかあった。2,3分後、UFOは東に移動を開始した。2度
ほど光が弱くなり、点光源のようになった。
管制官たちは、千葉県白井GCI(迎撃管制)レーダーサイトに連絡し、羽田の
北東を捜索するよう指示した。白井GCIにはCPS-1監視レーダーとCPSー4高度
指示レーダーがあったからだ。
白井基地のレーダー管制官は羽田の北東に3〜4個の静止目標を捕捉した。C
PS-4の方はグランドクラッタの影響で目標を捕捉できなかった。23時45分、
中尉は任務交替のためやってきた別の中尉に、迎撃機を発進させるべきかどう
か相談し、23時50分、ジョンソン空軍基地(現入間)基地にスクランブル発
進を指示した。
第339迎撃戦闘飛行隊のF-94B戦闘機が発進することになったが、機体にトラ
ブルがあり離陸したのは翌0時3分過ぎであったが東京湾にはその10分後に
到着した。


463 :世界@名無史さん:2006/09/17(日) 09:27:11 0
機が離陸する直前、白井GCIでは、移動目標を捕捉した。目標の位置は羽田の
北東約8マイルであった。目標は速度を変え、円を描くように旋回していた。そ
の速度は時速110〜170マイルだった。
UFOは船橋市の沖を中心に半径4マイルの円を描いて、東京湾上空を低速で旋回し
た。この円の半分は海の上にあった。CPS-1レーダーは、目標が海上にあるときは
はっきりと捕捉できたが、陸地の部分ではグランドクラッタのため捕捉できなかっ
た。
0時9分、白井CGIは羽田近くを飛行する目標を捕捉し、東京湾に向かっているF-
94Bに通報したが、パイロットはその目標がC-54輸送機であることを肉眼で確認し
た。白井GCIは戦闘機に、高度5000ftで湾の北側を捜索するよう指示した。
0時12分、CPS-1レーダーが円軌道を描く目標を前回とほぼ同じ位置に捕捉した。
目標は2周目に入って3個に分裂し、1/4マイルの間隔をあけて飛行した。白井
GCIはもっとも大きな目標に戦闘機を誘導した。
0時16分、戦闘機のが距離3マイルで移動目標をレーダーコンタクトした。その位
置はCGIからの報告とほぼ一致していた。目標は左から右に高速で移動していたため、
戦闘機のレーダー操作員は目標をロックオンできなかった。F-94も右に旋回した。F
-94は90秒間目標を捉えていたが、目標はF-94よりも速い速度で飛び去っていった。
GCIでは途中でどちらもグランドクラッタ内に入ったため、途中で目標を捕捉できな
くなった。

464 :世界@名無史さん:2006/09/17(日) 09:27:56 0
地上あるいは機上レーダーで捕捉された目標は、通常の航空機よりも小さかったが、
はっきりしていた。戦闘機の乗員2名は肉眼ではUFOを目撃していない。白井GCIの1
名も外に出たがUFOを目撃できなかった。
23時40分、立川空軍基地でも明るく輝く光体が目撃され、羽田基地に連絡してい
る。

当時、米極東空軍内ではこの事例は重視され、詳細な情報が空軍のUFO調査機関ブルー
ブックに送られている。その後のコンドン報告は、この事例をカペラの誤認および異
常伝播によるものと説明しが、それに対し、気象学者ジェームス・マクドナルドが、
その可能性はありえないことを論証し、強くコンドン委員会を批判した。
情報公開法後、開示されたブルーブックファイルではこの事件は“識別不能”とされて
いるが、同月6日に別のUFO事例が東京で起きていたことがファイルに記録されている。
しかしその事例ファイルは紛失しており、詳細は不明である。

465 :世界@名無史さん:2006/09/18(月) 09:33:54 0
この数日前にもワシントン上空をUFOの大編隊が出現する事件があったはず。

466 :世界@名無史さん:2006/09/18(月) 13:07:10 0

管制官の指示と同時に上を見た指揮パイロットは,F-86戦闘機の数千フィート先に銀色
の球体を発見.
僚機に指示しF-86、2機は上昇を開始した.機の性能ぎりぎりの高度まで達しても,UFO
とはまだ距離がある.
巨大な球体または円盤──その時点では,円盤に見えた──の正体を確認しようとした
が,これではわからない.そこでその10分後,パイロットの一人は失速しそうになりな
がらぐっと機首を上げ,ガンカメラのフィルム数フィートに映像を収めた.


467 :世界@名無史さん:2006/09/18(月) 13:15:20 0
>>465
ロズウェルで「回収」された同胞を奪還しに仲間が詰め掛けたって本当ですかw

468 :世界@名無史さん:2006/09/18(月) 14:41:43 0
なんだよー、日本人の米軍参加秘話とか全部ウソかよ〜

469 :世界@名無史さん:2006/09/18(月) 19:22:46 0
平和憲法を奉じる日本人が、好き好んで戦場にいく訳ないではないか。
大体、当時はまだ日本は占領下なんだぞ。

470 :世界@名無史さん:2006/09/18(月) 19:53:31 0
ん?掃海作業で韓国沿岸で頑張ってたって話はあるぞ。

471 :世界@名無史さん:2006/09/19(火) 23:51:11 0
事実を封印して握りつぶそうという権力の影がちらつくね。

472 :世界@名無史さん:2006/09/20(水) 02:20:47 0
>>468-469
過去スレ嫁
>>307>>310>>317>>318>>328>>329>>337


473 :世界@名無史さん:2006/09/21(木) 22:12:42 0
>>467
大田の防衛線の近くの沃川や青城の近くで、奇妙な民間人・軍属の死体が発見
されており、発見した米軍はその残虐な殺害方法に驚き、中国・北鮮兵による
「抽腸」という酷刑の証拠とされましたが、唇や口腔・舌等と陰部を鋭利な刃
物でぱっくり抉られ体内の内臓はじめ、血液も一滴残らず奪われていたという
点をみると、これはアメリカ各地でその後発生したキャトルミューティレーシ
ョンを彷彿させます。ただこれはヒューマンミューティレーションですが・・・

アメリカのUFO調査機関ブルーブックには、韓国半島における"ミューティレ
ーション"の記述があるので、もしかしたらこれは・・・


474 :世界@名無史さん:2006/09/23(土) 08:42:10 0
グレイ達にとってもチョンは牛と同じ扱いなのか・・・

475 :世界@名無史さん:2006/09/23(土) 18:48:34 0
戦場は半島でも、主役はすべて米・ソ・中。おそらく今後も半島で何があったか
半島人は蚊帳の外。

476 :世界@名無史さん:2006/09/23(土) 19:01:31 0
初期の侵攻は北朝鮮が主役
韓国軍はもちろん、装備が不十分だった米軍をも圧倒した

477 :世界@名無史さん:2006/09/24(日) 09:45:03 0
大虐殺の中心も北朝鮮が主役。悪魔のアメリカ帝国主義に冒された救いようのない
者や労働者の敵はすべて粛清された。

478 :世界@名無史さん:2006/09/25(月) 23:11:19 0
いや、虐殺したのは米兵だ。

479 :世界@名無史さん:2006/09/25(月) 23:28:50 0
北朝鮮は正しい粛清を行い、アメリカは誤った虐殺をしたのだ。


480 :世界@名無史さん:2006/09/25(月) 23:37:15 0
いいねいいね。

って、アホか。

もうすこしスレを実りあるものにしようよう。
大体の流れについてはもう出て来たから、あとは細部についての検証とかミグ回廊についてとかさあ。

481 :世界@名無史さん:2006/09/28(木) 23:13:51 0
日本人が海で空で現実に血を流していたのにもかかわらず、故国韓国を捨て日本に
戦勝国民としてぬくぬくと恩恵を預かろうとした大量に密入国した在日は、卑怯者
だ。

パンチョッパリ!!

482 :世界@名無史さん:2006/09/29(金) 21:27:43 0
>>432
日本の右翼は格差拡大には批判的な連中が多いぞ。昔の民社党自民党みたいな国家社会主義者とか。
2ちゃん世論も国家社会主義に近い所があるしな。
それと、韓国に限らず全体主義的な傾向が強いのはドイツなど大陸国家共通の傾向。

>>446
アカだろうが反共だろうが全体主義&虐殺を好む本性は変わらないよ。朝鮮人に限らず憎悪と相互不信を
植えつけられた社会は必然的にそうなってしまう。

>>452
軍票は敵国経済よりも自国の占領地の経済を破壊した面のほうが大きいんだが。従軍慰安婦問題なんかも
軍票問題が原因の一つだし。

483 :世界@名無史さん:2006/09/29(金) 22:09:18 0
在日はもうダメダメ。存在そのものが罪。

484 :世界@名無史さん:2006/09/30(土) 09:13:04 0
グレイ達に狩猟許可。

485 :世界@名無史さん:2006/09/30(土) 09:52:05 0
もともと地域や血族による差別・対立が激しいところだし、外勢による急速な近代化と同化政策によって
伝統的秩序が破壊され、「光復」以降外国による分断占領、北はソ連の圧力で急激に赤化し、南は南で
李承晩や金九みたいな臨時政府の無能連中が跋扈して権力闘争を展開、多少なりとも道理を知っていた
国内活動家は追いやられる始末、そういう状況を考えれば内戦になることは構造的必然であり、ひとたび
内戦になれば同族間の大虐殺に至ることも避けられなかったと見るしかない。

486 :世界@名無史さん:2006/09/30(土) 10:08:11 0
何度も戦線が南北に移った朝鮮戦争では、同じ氏族・親類・家族が分断
され、まさに骨肉相食む様相を呈した。地方的にみれば土地・田畑・遺
産を巡って愛憎まみえる戦場でもあったのだ。

今の韓国人が本当は誰の子なのか、到底聞けないのが真実であり、あの国
の悲劇でもある。

487 :世界@名無史さん:2006/09/30(土) 10:27:13 0
自分がどこの馬の骨なのか、北鮮の労働戦士の子なのか痴れんのに、
それでもいまでも白丁を差別してるって国民性がわからん(藁

488 :世界@名無史さん:2006/10/01(日) 00:09:00 0
300万〜400万と推定される非難民がなだれをうって南下し、
北朝ゲリラが四周で跳梁する中で戦われていた。
北朝ゲリラは、国連軍の一挙手一投足を偵諜し、あるいはテロ、
放火、破壊、襲撃を行った...その結果つんぼでめくらの状態に
追い込まれて苦戦した...
戦場では、前方からはもちろん後ろからも横からも弾丸が飛んで
きた。第二次大戦では米軍はいたるところで歓迎されたが、朝鮮
戦争では助けに来た韓国民の中にゲリラやスパイが潜んでいて、
あらぬところから襲撃された...
ここに朝鮮戦争の特異点(作戦環境)があった。

ある米軍の高級将校は「朝鮮戦争は種類の違った戦争だ」と
評した...



489 :世界@名無史さん:2006/10/01(日) 00:10:12 0
開戦時の対戦車能力
北朝鮮の進撃をゆるした最大の原因は韓国ならびに駐留米軍
に対戦車能力が皆無だったことがあげられる...
戦車は山地の多い朝鮮の地形では役に立たないと言われて配
備されて無く(M24軽戦車が数両偵察用に配備されていました
がT34相手ではまったく無力でした。)
対戦車バズーカも第二次大戦中の物だったため火薬が劣化し
ていてT34には効かず砲兵隊も対戦車用の砲弾を持っていませ
んでした。
(日本に駐留している米軍にも数発しか無く)
T34を止めることはできませんでした。

沖縄、日本、ハワイ、西海岸などから運べる戦車をねこそぎ
運んできて朝鮮戦線に投入しました

増援部隊(戦車装備)の到着状況
7月31日、ハワイ(7月23日)より
第8072戦車大隊A中隊、第5連隊戦闘団
M26パーシング戦車14両を持つ3個大隊の完全編成戦闘団
兵員には、日本人2世が多い。
8月3日、横浜
第8072戦車大隊主力
在日兵器しょうにあったM4A1シャーマン戦車(75mm砲)を
A3用(76.2mm砲)に改装したもの...
8月7日、サンフランシスコ
第6戦車大隊、(M46)
歩兵学校教導大隊(M4、M26)
第73戦車大隊(M26)
8月16日
第72戦車大隊(M26)


490 :世界@名無史さん:2006/10/01(日) 00:14:04 0
補給路の維持
本作戦間、第24連隊は北鮮軍の集結地とみられた西北山を掃討したが、
連隊は西北山頂を奪取できなかったばかりか一歩も山の内懐に入れなか
った。北鮮軍は西北山を根拠とし、主山山塊を前進拠点としてキーン支
隊の後方を反復攻撃したのである。馬山−(金+真)東里−威安−馬山
の環状路はその攻撃の主目標となり、地雷が埋設され、橋梁が狙われ、
この道路を通る縦隊は必ずといってよいほど射撃を受けた。
そこで、補給車両は、前後を戦車隊で護り、歩兵の警乗をつけていない
と危うくて動けなかった。また、(日+日)原−馬山地区に配備した補給
期間は絶えず戦車を付けて警護しなければならなかった。また連絡車も戦
車なければ危なくて使えなかった。そこで、本作戦に参加した戦車数は、
中戦車だけでも約100両に及んだが、その大部分は後方要務に使われて、
第1線に立った戦車の数は、その一部にすぎなかった。この戦場では戦車
は推力の核心ではなく警備の主体であった。「ゲリラ戦法が、近代陸上兵
器の表象の一つである戦車を無力化した」という見方も成り立つ特異な様
相を呈した...

だが、9月には北鮮軍の戦力は開戦当時の将兵は1/3に減り韓国内で強
制徴募した新兵ばかりになってしまいました。(戦闘技術は白紙に近く、
なんで自分が戦うのか分からなかった)
補給線が伸び空軍の阻止作戦で補給量は減少し、現地物資は徴発し尽くし
炎暑と夜間行動の強制で兵士のほとんどは栄養失調か極度の心身疲労に士
気は、そうとう低下していた。(前進忌避、逃亡、投降をくわだてる者は
発見次第射殺された。)

491 :世界@名無史さん:2006/10/01(日) 00:19:15 0
北鮮軍の占領地行政
北鮮軍が占領地で行った行政には二つの特徴があった。
その一つは、占領地の人的物的動員=戦力化が非常に早かったこと。占領軍の
軍政が過酷であったにもかかわらず、これに反発する大衆行動もゲリラも発生
しなかったということである。
行政組織、戦力化が早かったということは行政組織の設置とその機能の発揮が
早かったということであるが、北鮮側のうった手は次のようなものでした。

1.あらかじめ南鮮出身の党員で占領地の軍政要員を育成し、かつ組織してい
た。(ソウル特別市長李承(火+華)は南鮮出身の前北鮮司法相でした。)こ
れらの機関は軍に随伴して現地進出し、すみやかに地方の行政機構を掌握した。
7月10日上陸作戦に東海岸に上陸した2000〜3000名の住民の大集団は、これ
らの組織やゲリラの一例である。

2.洞や里の委員の大部分には現地に潜伏していた共産党員や容共分子利用する
ことができたので、それだけ末端への浸透が早かった。

3.あらかじめ準備していた治安部隊を設置して、軍政の後ろだてとした。(治
安部隊は約24000人で12個連隊48個大隊に編成されていた基幹要員には
北鮮人を充当し、他は現地の党員・ゲリラ・シンパ・労組員を集めたものである。
装備は、小銃のほかに竹槍、棍棒、刀、槍などでした。第1線に近い部隊には軽
機関銃なども装備され戦闘にも刈り出された)



492 :世界@名無史さん:2006/10/01(日) 00:20:08 0
4.通常の司法警察の上に、共産党独特の検察組織を設置した。この検察網の端
末は、各部落や職場単位に配置され、密告制度や住民組織(隣組のようなもの)
の確立に伴って、住民の監視と反対分子の摘発にあたった。この検察網も党員や
シンパを利用したもので、地方行政の実権を握るのに著しい効果があった。
 検察組織の種類
監察部、警察署から送検されてくる者を監察し、重要犯人は予審部に回す仕事を
するいわば即決裁判所のようなもの。予審部、重犯人を検察する。政治保安部、
政治と軍事犯を取り扱う。党秘密警察、KGBやゲシュタポのような党直属の最高
検察組織(密告制度は、密告を奨励し、報奨する制度。北鮮軍は愛国少年団を組
織して有能な民主々義青年団員で教育させたが、この教育はまず「家庭での父母
の行動を密告する」ことから始められ、父母を密告したものは、”少年英雄””
義烈少女”として大々的に褒賞された。また友人を密告して褒賞されることは普
通のことであった。)

5.以上のような組織で下ごしらえをした上で7月中旬〜8月に洞、里委員会を
初め、村・( )委員会→群・市委員会→道・ソウル特別市委員会を選出させて
行政の体裁を整えた。こうして韓国の被占領地域には、アッという間に共産党体
制が確立され、旧韓国民の上に総動員の嵐が吹きまくった。


493 :世界@名無史さん:2006/10/01(日) 00:20:46 0
徴兵
7月中旬から
第1時募集、志願制、年齢16才から25才まで、少数精鋭主義
7月末、兵員の損害が累増...
第2時募集、独特の満場一致決議、年齢30才まで
群集決起大会名目で参集し、その場で請願書に署名
第3時募集、年齢35才まで
部落や職場・学校単位に義軍応募者送迎会などの名目で会合を
開き、強制的に志願させた。
第4時募集、年齢40才まで
「もう募集は終わった」と宣伝し...
不意に街頭に募集班を配置して、40才までの男子を
連行した...
第5時募集”青年狩り”
やがて昼間に出歩くものがいなくなると家宅捜索を主体にした
強制連行に...

徴募されたものは、兵士や労役人夫として使われた
総数は47万人、兵士として第1線送り込まれたものは
6万〜12万と推定される...



494 :世界@名無史さん:2006/10/01(日) 08:40:14 0
開けた平野の乏しい朝鮮半島では戦車の遭遇戦が多発した。T34/85とM26パーシング
が出会いがしらのゼロ距離射撃等の戦場譚は枚挙にいとまない。

495 :世界@名無史さん:2006/10/08(日) 08:54:04 0
M26パーシングには勝てないだろ、やはり。>T34

496 :世界@名無史さん:2006/10/08(日) 13:04:00 0
では大田の戦いではなぜアメリカ軍は記録的な大敗北を喫したのだろう。

497 :世界@名無史さん:2006/10/08(日) 13:17:53 0
バズーガ砲が間に合わなかったから。

498 :世界@名無史さん:2006/10/08(日) 17:18:59 0
>>496
大田のときは、パーシング来てたの?

499 :世界@名無史さん:2006/10/08(日) 20:19:04 0
仁川上陸以降じゃねーか?それまではグレーハウンドだけだろ。

500 :世界@名無史さん:2006/10/08(日) 20:46:00 0
朝鮮戦争の主要兵器はここが分かりやすい

ttp://www.tamiya.com/japan/monthly/002korean_war/korean_war.htm

このとき起こった戦車戦は、戦車の機動が容易な戦場では起こりにくい
と思われるが、朝鮮のような山国では、そう珍しくもない戦闘であった。

その日、朝霧にまぎれて北朝鮮のT34戦車一両が、本道上で警戒して
いたドルーリィ軍曹のM26パーシング戦車を襲った。軍曹は50mで
初弾を、20mで第2弾を発射し、いずれも砲塔付近に命中させたが、
T34はびくともせずに突進し、主砲を連射しながら猛然と体当たりを
加えてきた。さいわいパーシング戦車はバックしようとした時であった
ので大した衝撃ではなかったが、両者はお互いに主砲では撃てないよう
にくっついてしまった。そこでパーシングがT34の後ろに回ろうとし、
T34がそうさせまいとバックしているうちに、主砲が撃てるように両
者の距離があいた。そこでパーシングが第3弾を発射すると、弾丸はT
34の85mm主砲の中に飛び込んで炸裂した。砲身は裂け、続いて火災
が起こったがT34は再び猛然と体当たりをかけてきた。
パーシングはひっくり返りそうになったが、少しさがって第4弾を発射
した。これでこの一騎打ちに勝負がついた。この間、パーシングは砲塔
付近に数弾を受けたが、その鋼板は85mm砲の全弾をはね返していたの
である。このような接戦が何度か起こり、この一日だけで撃破された北
朝鮮側のT34は8両に達したが、パーシングの被害はほとんど無かったと
いう。戦車の性能の優劣が、戦闘の決定的な勝敗となって現れた一例で
ある。

501 :世界@名無史さん:2006/10/09(月) 18:22:07 0
北朝鮮核実験:地震波 日本で観測 10時35分ごろ 
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20061009k0000e040032000c.html

502 :世界@名無史さん:2006/10/09(月) 19:58:53 0
第二次朝鮮戦争か・・・いいね。海上完全封鎖だ。今回は逃げ出す奴は一人も逃すな。

503 :世界@名無史さん:2006/10/09(月) 20:05:27 0
制空権なら24時間以内に制圧できるな。
問題は地上軍を何時、投入するかだが。

504 :キタ(゚∀゚)つキタ━━ キタ━━ キタ━━朝鮮状:2006/10/09(月) 20:16:21 O
すべての北朝鮮人民が社会主義強盛大国建設で一大飛躍を試みている最中、北朝鮮の
科学研究部門は主体95年(2006年)10月9日、地下核実験を安全に終えた。
 科学的で綿密な計算により行われた今回の核実験は、放射能漏れのような危険はまったく
なかったことが確認された。
 この実験は100%北朝鮮の知恵と技術によって進められ、強力な自衛力と国防力を渇望してきた
北朝鮮軍と人民に大きな喜びを与えた歴史的事件だ。
 核実験は韓半島(朝鮮半島)と周辺地域の平和と安全を守ることに寄与するだろう。
ソース:朝鮮日報

505 :世界@名無史さん:2006/10/09(月) 20:21:56 0
第二次ユギオ 元山上陸作戦ですか?

残念ですか、米国は極東に兵力を廻す余裕がありません。
とりあえず、経済封鎖(ロシア、中国、韓国、日本、米国)でやって冬を越させる
食料は軍方面に優先だろうがそれもつきる、そこを見計らって強硬な最後通告を出す。
はい、38度線再突破するようにし向ける。

北韓軍は陸上兵力があまりにも貧相、空軍はもうアンティーク物。
ギリギリ最初の48時間は苦戦だろうが、その後は西側主導で反撃。
北韓軍は食料弾薬燃料が底を突き、B-52Gの猛爆でインフラを徹底破壊。
中世以前に戻してしまう。 その辺で北韓前方展開軍が崩れたのを見計らい
中国軍とロシア軍が介入、西側連合軍は平壌に向かう。
そして、北韓は三分割、北部中国ロシア国境沿いは、中国とロシアの管轄
平壌は西側、そのちょっと北ぐらいに両陣営の緩衝地帯を設ける。

なに、38度線が12度ばかり上にあがって、北韓が中露の信託委任統治領になるだけですよ。


506 :世界@名無史さん:2006/10/09(月) 20:23:47 0
まぁ、もはや北韓のカードは本土決戦しかないからな。
来年の5月辺りかな、その辺になれば西側も中露も動員計画にめどが付く。

今は時間を稼ぐべきだね。

507 :世界@名無史さん:2006/10/09(月) 20:36:00 0
いきなり止まったな、ageてみよう

508 :世界@名無史さん:2006/10/09(月) 21:17:31 0
昨日は一晩中韓国軍が北傀を攻略し続ける夢を見た。
なんか俺って超能力(ちから)とかあるのかな…

509 :世界@名無史さん:2006/10/09(月) 22:52:05 0
>>508
ここでも読んだからじゃないか?

http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/neet4vip/1160297691/

「核実験は明日の10:30です」
1 :名前書いたら負けかなと思っている。:2006/10/08(日) 17:54:51 ID:pYnis5Sr0
祈るしかないのです」


510 :世界@名無史さん:2006/10/10(火) 00:13:35 0
>祈るしかないのです」

その意味では、まだ成功か失敗かは分からないけど、そういうスレも立ってたりする?


511 :世界@名無史さん:2006/10/10(火) 00:14:15 0
>祈るしかないのです」

その意味では、まだ(今回の核実験が)成功か失敗かは分からないけど、そういうスレも立ってたりする?

512 :世界@名無史さん:2006/10/10(火) 22:19:34 0
祈るところより、時間ドンピシャ。誤差範囲内。関係者だろ。

513 :世界@名無史さん:2006/10/12(木) 22:38:38 0
2回目にも立つかな。>祈るしかないのです

514 :世界@名無史さん:2006/10/13(金) 22:17:21 0

国連決議の寸前にやれば、「ネ申」なんですが・・・

515 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 07:45:40 0
次の有事の際に北や南がどう行動するかの事例研究ができる。日本国内での
謀略活動についてもよく調べてみよう。

516 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 10:38:37 0
2ちゃんのバカ右翼で社会党がマルクス主義を捨てなかった云々の話を出して批判してるのがいるが、
はっきり言って、この問題は全く別次元の話だ。
大体、戦後ドイツ社民がマルクスを捨てたのは冷戦の影響だろ。
すぐ隣りに共産国があるんだから捨てざるを得ないのは当たり前だろう。
こんな特異な話を持ち出してきて社会党が捨て切れなかった事を批判するなんぞ噴飯物だ。

517 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 12:55:00 0
日本も海を挟んですぐ近くに共産国が2つもあったわけだが。

518 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 12:59:10 0
http://newsplus.jugem.jp/
http://wiki.livedoor.jp/devilmatome/
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1156009389/l50
http://aa5.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1151876698/l50

ヲタクを盗撮して自分のサイトで公開し、
「気持ち悪すぎ、家族諸共惨殺されるべきじゃない?」と、言い放ったキックボクサー。
暴行やレイプ未遂を自慢した過去の日記が発見され、一気に話題に。

東京都杉並区荻窪〜西荻窪出身。
現在は東京の府中市在住。

「男なら掲示板でコソコソやってないで己の拳で勝負しろ」とか言ってた癖に
散々言い訳をし、2ちゃんねらーのオタク代表氏との試合から逃亡。

庵谷鷹志(BLOGで暴行強姦自慢)に投票お願いします。

ネットアイドルランキング (現在5位)
http://www17.big.or.jp/~bbb/p/tvote.cgi?event=netidol
アイドル・芸能
http://www16.big.or.jp/~psy/vote/tvote.cgi?event=geinou

庵谷鷹志のbbs みんなで荒らそう!!!
http://6507.teacup.com/devil_takashi/bbs

庵谷と一緒に悪事を働いていた仲間の内にエイベックス関係者がいます。(深津飛成&伊藤正二郎)
深津もキックボクサーで(元ホストでもある)、今年6月5日に武田幸三と一緒に世界丸見えに出演しました。
庵谷の周りには在日のスゴイ友達が腐るほどいるそうです。
↓ 通報先です。 ガンガン通報しましょう
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1160705633/12

519 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 13:11:31 0
>>517
国が東西に分裂したドイツとは事情が全然違う。

520 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 13:14:31 0
>>516
マルチするな、池沼

521 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 17:11:45 0
>>519
そうとも、こっちは東西ではなく、南北だ!

522 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 19:29:36 0
イエメン・・・

523 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 19:59:58 0
朝鮮戦争の時の南朝鮮軍人について記します。

安秉範大佐
日本陸軍士官学校(二十六期)日本陸軍大佐として李朝最後の皇太子であり、日本陸軍中将
・李垠殿下の御付武官であった。朝鮮戦争時には青年防衛隊首都防衛隊顧問として首都防衛
を任されていた。しかし、北朝鮮軍によりソウルは陥落し、安秉範大佐はその責任をとって
日本軍時代からの愛用の日本刀で割腹自決を遂げた。

普通の国であったならば、護国の英雄として祀られてもいいと思うのですが、南朝鮮では違
う様です。
「親日人名辞典」に収録される3095人発表
民族問題研究所(理事長:チョ・ムンギ)と親日人名辞典編纂委員会(委員長:ユン・キョ
ンノ)は、光化門(クァンファムン)・世宗(セジョン)文化会館・コンファランスホール
で「親日人名辞典収録1次名簿」3095人を発表した。
今回の発表は1945年の解放以降、初めて試みられた大規模な親日関係者選定作業だ。
選定は売国(乙巳五賊(乙巳保護条約を締結する際、これに賛同または黙認し調印を容易に
した5人)、丁未七賊(1907年ヘーグ密史事件を機に、高宗(コジョン)を強制的に退位させ
た7人)、庚戌国賊、受爵者および襲爵者)、中枢院、官僚、警察、判事・検事、宗教、メデ
ィア、文化芸術など合わせて13分野に分けて行われた。
この中に安秉範大佐のお名前も出てきます。

朝鮮戦争の時に祖国のために北朝鮮、支那と勇敢に戦った護国、救国の英雄たちが今は売国奴
のようにいわれています。もちろん、朴正煕元大統領も含まれます。こういったところに現在
の南朝鮮の歪な社会が見えます。国のために戦った先人がお気の毒過ぎます。

524 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 22:33:19 0
まあ、韓国の事だからほっといてやんな。
ただ、こんな連中の言うことをいちいち真に受けて大騒ぎしてた朝日新聞はアホ丸出しやったわけやね。
宮沢と河野洋平もな。

525 :世界@名無史さん:2006/10/15(日) 09:41:17 0
朝鮮戦争はスターリンがアメリカと中国の国力を消耗させる為に仕組んだという説もある


526 :世界@名無史さん:2006/10/15(日) 10:52:22 0
韓国では国民にそんなランキングがあるんだ。ヨン様はどのランクなんだろね。>親日人名辞典編纂委員会

527 :世界@名無史さん:2006/10/15(日) 15:19:41 0
あの国は、大統領辞めるとただの犯罪者だからな。

528 :世界@名無史さん:2006/10/17(火) 19:34:49 0
日本陸士系の将校は朝鮮戦争の頃までに中枢から遠ざけられたのが多いけどな。
朝鮮戦争開戦時に中枢にいたのは蔡秉徳陸軍参謀総長、金貞烈空軍参謀総長、張昌国作戦教育局長
くらいか。
このほかにも「光復」から朝鮮戦争初期にかけての韓国軍の人事異動には不可解な点が多い。

529 :世界@名無史さん:2006/10/17(火) 20:33:04 0
>韓国軍の人事異動には不可解な点が多い
韓国人のいるところに派閥抗争あり、その現れ。

530 :世界@名無史さん:2006/10/17(火) 20:34:27 0
age

531 :世界@名無史さん:2006/10/17(火) 22:36:07 0
日本も北朝鮮系、韓国系の企業・支援団体にはよくわかるようにマークを
貼るとかした方がいいのではないか?




532 :世界@名無史さん:2006/10/19(木) 07:07:17 0
国連軍の派遣は、安保理で決められたのですか?
ソ連が拒否権を使わなかったのはどうしてですか?

533 :世界@名無史さん:2006/10/19(木) 07:12:08 0
欠席

534 :世界@名無史さん:2006/10/19(木) 07:17:36 0
どういう判断の元で、欠席したのですか。

535 :世界@名無史さん:2006/10/19(木) 08:59:05 0
スターリン「中華民国がなぜ常任理事国なんだ?そういうところに出席するな」
マリク大使「今回は北朝鮮を弾劾する決議が議題なんですが。出なければ可決してしまいます。」
スターリン「俺に逆らうのか?」
マリク大使「わかりました。欠席します。(独白)首相も耄碌したなぁ」

536 :世界@名無史さん:2006/10/19(木) 10:57:20 0
スターリンも晩年はやたら粛清するだけのぼけ老人だったらしいね。
だれも暗殺に動かなかったのがまた露助らしいと言うか。

537 :534:2006/10/19(木) 11:25:30 0
ちょっと話が繋がっていないので訂正

国連本部とクレムリンとの電話にて
スターリン首相「中華民国がなぜ常任理事国なんだ?そういうところに出席するな」
マリク国連大使「今回は北朝鮮を弾劾する決議が議題なんですが。出なければ可決してしまいます。」
スターリン「俺に逆らうのか?」
マリク大使「わかりました。欠席します。(独白)どっちが大事だか判断できないとは。首相も耄碌したなぁ」

538 :米軍より残酷な韓国軍:2006/10/19(木) 21:18:42 0
虐殺を隠れて見ていた老人の話では、韓国兵は女性や子供を井戸に落とし、
助けを求める声を無視して手榴弾を投げ込んだという。チャウは、盛り土
をしただけの簡単な墓に家族の遺体を葬った。
 「殺されたのは女や子供ばかりだ。共産主義者なんかであるわけがない」
と、チャウは言う。「韓国人は人間じゃない。目の前に現れたら、首を切り
落としてやる」
 ベトナムで虐殺行為を犯したのは、韓国軍だけではない。アンリン郡から
海岸沿いに北へ向かえば、68年に米軍部隊が500人以上の村人を虐殺した
クアンガイ省ソンミ村がある。
 それでも戦争体験をもつフーイェン省の村人の間では、米兵の評判は必ずしも
悪くない。地方公務員のファム・トゥ・サン(47)は66年のテト(旧正月)のとき
、米兵と一緒に遊んだりチューインガムやキャンディーをもらったことを今も覚え
ている。
 だが米軍はこの年、フーイェンから引き揚げ、代わって韓国軍がやって来た。それ
から「67年のテトを迎えるまで、韓国軍は殺戮を続けていた」と、サンは語る。
「韓国兵に会ったら、死に出会ったも同然だった」と、今は地元の退役軍人会の
会長を務めているチャムも言う。
 アンリン郡の村人によれば、韓国軍はとりわけ女性にとって恐怖の的だった。
韓国兵は残忍なやり方で女性をレイプしてから、殺すケースが多かったからだ。


539 :韓越混血児問題:2006/10/19(木) 21:34:04 0
韓国がベトナム戦争に参戦した影響が現在も残っている。韓国軍による虐殺や、
韓国軍兵士による現地ベトナム人女性への買春やレイプで生まれた子供が、
現在1万人以上存在しているが、韓国より謝罪や補償が全くされていないため、
両国間で問題になっている(韓越混血児問題)。また、ベトナム戦争について、
韓国の国定教科書では1行程度しかふれられていないため、韓国が戦争に参加
した歴史を知らない若者は多い。その記述内容は「共産侵略を受けている
ベトナムを支援するために国軍を派兵した」というものである。


540 :最盛期には5万の兵力:2006/10/21(土) 09:11:53 0
ROK(Republic of Korea)と呼ばれた韓国軍はアメリカ軍に次ぐ規模
の西側派遣外国軍であった。アジア圏における共産主義の拡大に危機
感を募らせていた韓国政府は1965年夏、米軍の軍事援助のもとベトナ
ムへの派兵を決定。兵力は延べ37万名、最盛期には5万の兵力を南ベト
ナムに展開した。具体的部隊としては韓国主都師団猛虎、白馬の2個
師団、韓国海兵隊青龍1個師団の3個師団でいずれも韓国軍最強の部
隊である。韓国軍は早い時期よりベトナム戦争の長期化を睨んでおり、
米軍基地のような簡易建造物による陣地構築ではなく鉄筋コンクリー
トの施設を建造した。また戦術も米軍とは違い空軍や機甲部隊には頼
らず歩兵を中心とした接近戦闘を主体とした。砲兵の数も少なくジャ
ングルではもっぱら敵であるNLF、NVAと同じ戦術を駆使した。
さらに韓国軍では敵を捕捉しないかぎり反撃は控えるという手堅い戦
闘を見せ、NLFにとって最も恐ろしい敵となった。

541 :証言:2006/10/21(土) 09:16:57 0
ダナンから南西へ35キロメートルの地点にあるディエン=タオ村。
67年1月30日、ここで145名のベトナム人が、韓国軍部隊に
よって虐殺された。数少ない生き残りの一人がマイおばあさんだった。
トンネルに3時間ほど潜り、一命を取り留めたのだった。
 「虐殺の直後、生き残った村人は遺体を集めて埋葬しました。
ところがその15日後、韓国兵がふたたびやってきて、埋葬地を
見つけてブルドーザーで掘り起こしていったのです。
そこで村人は腐りかけた死体をもう一度埋葬しなければなかった
のです」


542 :世界@名無史さん:2006/10/21(土) 09:19:11 0
<歴史のトリヴィア> 朝鮮人が味方した戦争は勝てない。

勝 敗      勝ち    負け
ベトナム戦争   越  vs 米 +朝鮮
大東亜戦争 米  vs 日本+朝鮮
日露戦争 日本 vs 露 +朝鮮
日清戦争     日本 vs 清 +朝鮮
元  寇     日本 vs 元 +朝鮮

そうそうたる帝国が枕を並べて討ち死にに・・・

トリヴィアの種の為に北チョンを殺る時には、絶対に韓国を入れてはいけない。


543 :世界@名無史さん:2006/10/21(土) 10:16:23 0
大東亜については、ちょっと国力差が有りすぎるからなあ・・・
ま、日露戦争は奇跡ではあった(露助が「やる気」をなくしただけだったわけだが)。

544 :世界@名無史さん:2006/10/21(土) 13:51:56 0
白村江の戦いは?
唐+新羅 vs 日本+百済残党だが。

545 :世界@名無史さん:2006/10/21(土) 15:55:32 0
「+百済残党」は立派なウリナラだろ。唐は勝利したといえ、戦死者を出しただけで領土も賠償も受けられなかった。


546 :世界@名無史さん:2006/10/21(土) 16:11:55 0
新羅以外がみんな損したんだったよな。
怒った唐が新羅を攻めて、撃退されたんだったっけ?

547 :世界@名無史さん:2006/10/21(土) 16:14:49 0
このトリビア面白い。マジかよ。

疫病神はホントーだった。

548 :世界@名無史さん:2006/10/21(土) 18:33:53 0
■スターリンの偉大さその四■
スターリンは中華人民共和国の成立をあまり喜ばず、「中国は国民党政権下で
弱いままでいてほしかった。」と語ったという。スターリンとしてはロシアの
安全保障と国益を第一に考え周辺国は弱諸国ばかりあってほしかったのだ。
その後の中ソ対立の流れを見ると、スターリンの天才的な先見性が実証された
例の一つであろう。



549 :白村江の敗戦後遺症はじつに六〇〇年以上:2006/10/21(土) 19:11:30 0
日本人が過去に体験した戦争で、その影響力の点で太平洋戦争に匹敵するの
は七世紀後半の対唐・新羅戦争と一三世紀後半の対元・高麗戦争(元寇)で
あろう。六六〇年に始まり六六三年の白村江の敗戦で終わったこの戦争の影
響はじつに平安前期、菅原道真の建議により遣唐、
使の派遣中止となる(八九四年)まで続いた。日本がその政治的・社会的・
文化的アイデンティティを恢復、いわゆる国風文化が成立したのは平安中前
期だが、唐滅亡(九〇七年)以降も日本の為政者や国民には白村江敗戦のコ
ンプレックスが潜在し、
それがほぼ解消されたのは対元・高麗戦争(元寇、一二七四から八一年)の
終戦以降である。
つまり、対唐・新羅戦争敗北の後遺症はじつに六〇〇年以上も続いたという
ことになる


550 :世界@名無史さん:2006/10/21(土) 19:12:26 0
>>542
ヨーロッパのイタリアとアジアの朝鮮は、同じ半島国家、周囲が大国、
パスタとキムチといった食通の国民性、軍隊の弱さでとても似ている
と思う。

バチカンがあるかないかだね。違いは。

551 :白村江敗戦のコンプレックス:2006/10/21(土) 19:16:18 0
七世紀の白村江の戦いで郭ムソウが日本へ入ってきて占領してから、日本が中国大
陸と対等になれたのは、秀吉の朝鮮征伐で明兵と対決した時。


552 :イタリア,北朝鮮と国交樹立:2006/10/21(土) 21:33:39 0
イタリアと朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)は,国交樹立で合意した。
主要7か国(G7)のうち,北朝鮮と公式の外交関係を開くのは,
イタリアがはじめてである。
なお,大韓民国(韓国)も,これを歓迎する旨を表明した。



553 :日本とイタリア:2006/10/21(土) 21:42:22 0
第二次大戦時のイタリアが弱く見えるのは、
太平洋戦線と違ってレベルの高い欧州戦線で戦ってたから。

アメリカが欧州戦線に投入した戦費は、太平洋戦線のそれの10倍。
それに加えイギリスは東南・南アジアの植民地を見捨て、
主力部隊を本国やアフリカ・大西洋で展開していた
(にも関わらず日本はそんな南方でも敗走を重ねたが)。

また、枢軸国のうち日本のみへの原爆投下が決まったのは、
もし投下した原爆が不発に終わった場合、
もしドイツやイタリアならそれを
リバーシングしてしまう危険性があったのに対し、
石器時代水準の技術力しかない日本ならそんな心配はなかったから。
例えば、日本の技術力の低さは、単に急降下・急上昇しただけで
空中分解してしまうポンコツ航空機(零戦)や、
あまりにもペラペラのため徹甲弾が貫通してしまい
爆発による被害を免れたポンコツ戦車(チハ)に象徴されている。
そもそも当時の日本には統一規格という概念自体が存在せず、
同じ種類の兵器の同じ種類の部品でも
ひとつひとつが異なる独自の味わいを醸し出していた。

ただでさえ低い技術力に加え、
日本には牟田口や富永、辻を筆頭とする
ご都合主義の武士道精神に染まっていた
これまた石器時代水準の戦術家を擁していた。

もし日本が欧州戦線に参加していたら、
イタリアと違ってなまじやる気があるぶん
積極的に戦術を展開しては大惨敗を繰り返しドイツの足を引っ張る
イタリア以上のやっかい者になっていただろう。


554 :君主論:2006/10/21(土) 21:45:07 0
「イタリア人の決闘を見れば、彼らは格闘戦において強いことがわかる。
しかし軍隊の戦いとなれば類を見ないほど弱い、これは全てリーダーシップの欠如によるものである。
能ある者の多くは頑固で、自己中心的であるため、自分より優れている者がいない限り、従おうとしない。」

ニコロ・マキャベリ、「君主論」より


555 :世界@名無史さん:2006/10/21(土) 21:52:20 0
日本の兵器はアメリカよりも高性能だった。
しかし、大量の物量作戦によって負けたんだ。
数さえあれば、絶対に勝てたんだ。


556 :世界@名無史さん:2006/10/21(土) 22:48:21 0
>>555 冗談は顔だけに。

557 :世界@名無史さん:2006/10/22(日) 00:11:54 0
エチオピアで負けたのはヘタリアじゃなかったか?>太平洋戦線と違ってレベルの高い欧州

558 :世界@名無史さん:2006/10/22(日) 00:49:45 0
イタリアはエチオピア戦争で勝ってエチオピアを併合した。


559 :世界@名無史さん:2006/10/22(日) 01:47:01 0
>>553
>戦費10倍
えーと、陸軍だけで語ってない?大陸と南洋の島々では必要な戦車の数がまるきり違うからそうなるのはわかる。
ドイツはマトモな海軍がなくUボートによる通商破壊戦が主だったから、空母はほとんど太平洋戦線に投入されてるし、大戦初期は空母が沈められたんで大西洋の空母を太平洋に回させたぐらい。


560 :世界@名無史さん:2006/10/22(日) 02:14:48 O
>>545
いや、百済の旧領土をゲットしたよ。
戦後に新羅が裏切って侵略してきたので
余力がなかった唐は旧百済を放棄して新羅にあげた。

561 :世界@名無史さん:2006/10/22(日) 09:43:11 0
やっぱり損したんじゃないか。

562 :アメリカ戦時経済 :2006/10/22(日) 10:20:41 0
1941-1945年の政府支出は総額3170億ドルに達し、その88%は戦争遂行の
ために用いられた。総額3000億ドル弱のうち1/3の1000億ドルが太平洋戦
争に充てられた。
大戦中の軍需生産額は1860億ドルであり、膨大な援助物資として連合国の
戦力を支えた。援助物資の2/3はイギリス向けで、22%がソ連に送られた。


563 :従軍関係年金:2006/10/22(日) 10:25:46 0
第二次世界大戦で軍務についたアメリカ人は1630万人にのぼり、
1990年に存命しているのは850万人だった。彼らの10%が傷病兵
として年金を受け取り、他に約100万人が各種年金を受給している。
退役軍人の受給した年金累積額は1940年代の貨幣価値で2900億
ドル(現在の価値で3兆ドル)に達した。従軍関係年金は2030年
代まで支払うことになると予想されており、遺族軍人年金は2050
年代まで支払い続けることになるだろう。よって、最終的な年金
累積額はアメリカの第二次世界大戦の戦費を遥かに越えることに
なるだろう。


564 :戦費を調達手段:2006/10/22(日) 10:28:29 0
第二次大戦の主要交戦国は、以下の手段で戦費を調達していました。
 @枢軸国(日独伊)・・・・・被占領国からの収奪。
 A連合国(アメリカ除く)・・アメリカからの借金。
 Bアメリカ・・・・・・・・・自給自足。

565 :アメリカと日本の戦力を比較:2006/10/22(日) 10:32:22 0
日本全体とアメリカ全体を単純比較すると、次のような比率になるでしょう。

    1:20

ただし、アメリカは全戦力の7割を欧州戦線に振り向けていましたから、
この比率は次のように修正されます。

    1:6

 ところが、日本は、既に全戦力の6割を中国戦線に投入していました。
残りの4割で新たな戦いをするのですが、その相手はアメリカだけではあ
りません。イギリス、オーストラリア、オランダとも戦わなければならな
かったのです。そして、日本は資源獲得の必要上、東南アジア全土に兵力
を分散させなければならなかったのです。従って、アメリカ軍に直接ぶつ
けられるのは、全戦力の2割が良い所だったでしょう。

 従って、両軍の戦力比は、最終的に次のようになるのです。

    1:30

566 :世界@名無史さん:2006/10/22(日) 10:50:50 0
で、そのアメリカの戦時経済と朝鮮戦争とどう関係あるの?
M26を配備しろよ。最初から。

567 :世界@名無史さん:2006/10/22(日) 21:49:02 0
アメリカはイ・スンマンの暴走を危惧し、韓国には少数の顧問団しか置かず、
大規模な軍備の供与を控えていたのに対し、北朝鮮はソ連から大々的に武器の供与を受けていた。


568 :世界@名無史さん:2006/10/23(月) 22:31:36 0
当時、米軍は南朝鮮に500余人の軍事顧問団をおいて韓国軍の訓練を強化して
いたし、ソウルに常駐する米軍の情報機関は韓国情報機関を動かしながら大規模
な情報活動を行っていた。
ちなみにスターリンは3千人以上の軍事顧問団を北韓に派遣し,北朝軍を直接指導
させていた。これは北朝鮮軍45人に顧問一人の割合だ。ソ連軍事顧問の使命は,軍
の訓練・共同の作戦指揮。作戦の策定については,一から十までソ連軍の参謀団に
よって決定され、その内容は逐一スターリンに報告されていた。




569 :世界@名無史さん:2006/10/24(火) 23:27:11 0
スターリンは3千人以上の軍事顧問団を北韓に派遣 > 実態は督戦隊だったんじゃないのか?

振り返る者は、全員銃殺だ!

570 :世界@名無史さん:2006/10/25(水) 00:41:07 0
ソ連は北朝鮮に300両の戦車と200機の航空機を供与し、南侵を強力に支援したのに対して、
アメリカは韓国の北進を恐れて韓国に若干の軽戦車と対戦車バズーカぐらいしか与えなかった為に、
開戦当初は北朝鮮は破竹の進撃で南進出来た。


571 :世界@名無史さん:2006/10/25(水) 05:18:09 O
ソ連の援助のほか、米軍も当初は満足な兵力を投入できず、
大田の戦いなど、いくつかの戦闘で米軍は北に大敗。
それも正面からのガチンコ勝負の結果、技術格差で負けるべくして負けた。
北朝鮮では今でもこの勝利をことあるごとに大々的に振り返って、政治的に利用しているだろうな。
それでも当時の米韓関係は現在でもあまり変化がないような気がする。


572 :世界@名無史さん:2006/10/25(水) 13:16:29 0
ちゃんと戦力投入できてからも、共産義勇軍の介入で押し戻されたりしてるもんな。
しかし、驚くべきはシナチクども。日本にボコられ、国共内戦で荒廃させたのに、世界最強のアメリカ軍と互角に渡り合ったんだからな。


573 :世界@名無史さん:2006/10/25(水) 21:00:00 0
マッカーサーが中国の介入を信じずに強引に北進した為中共軍は奇襲攻撃に近い状態で
強引な北進で疲弊したの米軍を攻撃できた。リッジウェイに代わり米軍側が態勢を立て直すと、
中共軍の攻勢はほとんど大損害を出して失敗している。



574 :世界@名無史さん:2006/10/25(水) 23:53:41 0
>>573
しかし、そのリッジウェイですら38度線維持での停戦をすすめざるを得ないほど米軍の損害がふくらんでいたわけでしょ?
3万越える戦死者出して引き分けって、アメにとっては結構キツいよな。

ただ、あのまま北進していたらどうなったかな?
シナ軍は壊滅、露助は朝鮮をアメに譲って満州を占領していたかな?
アメの戦死者も10万越えただろうけど。



575 :世界@名無史さん:2006/10/26(木) 05:32:06 0
トルーマンは中国東北部や沿海州などの爆撃まで主張するマッカーサーを解任している。
トルーマンは朝鮮半島には可能な限り戦力の投入・消耗を避け、NATOへの戦力増強を最優先させている。
アメリカにとっての最大の脅威は朝鮮半島の人海戦術の中国軍ではなく、
ヨーロッパで展開する600万の近代化されたソビエト赤軍であり、
朝鮮戦争の期間中でもNATOへの戦力投入規模が朝鮮への戦力投入を上回っている。
朝鮮半島で中国軍を潰滅させ中朝国境に到達する事は可能だが、それはソビエトの術中に嵌り、
NATOをワルシャワ軍の脅威に晒すことだとトルーマン自身が記している。

576 :世界@名無史さん:2006/10/26(木) 22:11:21 0
やはりアイゼンハワーの陰謀で、マッカーサーは干されたんだよ。

577 :世界@名無史さん:2006/10/28(土) 08:28:06 0
老兵は語らず、ただ消え去るのみ・・・

578 :世界@名無史さん:2006/10/28(土) 11:19:41 0
トルーマン政権の判断は正しいな。あのままアメリカ帝国が拡大していったら、いずれソ連帝国と
正面衝突になり、大戦でバカを見た欧州諸帝国の二の舞になってしまう。から、適当なところで休戦し、
体力を養わねばならなかった。ここで飽くまで拡大路線をとるマザコン極東将軍は干されて当然だろう。

579 :世界@名無史さん:2006/10/28(土) 15:42:07 0
だがソ連のスターリンは当時、ヨーロッパしか眼中になかった。朝鮮半島は
その陽動でしかなった。彼は個人的に東洋人嫌いで中国の共産党さえ最初認め
ようとしなかった。ソ連が表立って北朝鮮を支援する事も軍に許さなかった。

580 :世界@名無史さん:2006/10/28(土) 16:14:59 0
今時韓国が北朝鮮を侵略したので北朝鮮は逆襲に転じて
朝鮮戦争が始まったなんて信じている人はいるの?

581 :世界@名無史さん:2006/10/28(土) 16:21:12 0
>>579どうかな。さっさとアメリカとの勢力圏をきめておかないと、折角莫大な投資をして
領土にしたシベリアや極東の不凍港もアメリカに取られてしまいかねない。から、どうしても
朝鮮半島辺りが「一時的な」国境線として積極的に確定したいところだろう。陸軍国家のソ連は
アメリカに上陸拠点を作られるのは得策じゃないしね。だから北朝鮮「が」南朝鮮を奇襲した
ことにしてとりあえずは朝鮮半島からアメリカ軍や自由主義国家の軍隊を追い出しにかかったんじゃ
ないのかな。でもそれは結局失敗に終わったけど。

582 :世界@名無史さん:2006/10/28(土) 17:30:04 0
朝鮮半島で中国軍がアメリカ軍を押し返したのは事実だが、
これは中国の実力である以上に背後のソビエトの力がものをいった。
中国人民軍が介入しアメリカ軍が苦戦に陥っても敢えてアメリカは
F86など最新装備の配備を朝鮮半島の戦力の増強よりNATOの戦力増強へ投入する方針は変えなかった。



583 :世界@名無史さん:2006/10/28(土) 20:21:14 0
2次大戦後のソ連って、メチャ強だったわけ?
海軍がなかったからかな。いずれにせよ
あれだけ粛清しまくったりしてるのになおあれだけの勢力を保つだけの人的資源を確保してるわけだから、ロシアって才能の宝庫なのか?


584 :世界@名無史さん:2006/10/28(土) 21:09:05 0
ソ連邦崩壊後の情報公開では、モスクワもアチソンラインの東洋の大陸と島嶼部の
「住み分け」について西側、アメリカの黙示サインであると受け取っていた。
もともとヤルタでスターリンはルーズベルトから朝鮮半島については相互の委任統
治領にするべきであるという提案を受けていたし、その後その共同委任統治期間は
5年と区切られていた。
そしてアチソンの「アチソンライン」発表が共同委任統治期満了の直前にだされた
訳だから、「その安全にアメリカの責任の及ぶ範囲」以外はソ連の安全保障下にみ
とめると暗黙の了解ができたと判断している。党も軍もそれに備えて、モスクワで
革命闘士の育成と朝鮮人民解放戦線の軍備・軍事教練に備えていた。
しかしそれは、対アメリカというよりは、中国への牽制圧力の方が大きかった。
スターリンは社会主義国陣営の盟主は一人で十分だと考えていたからだ。

いざ約束の5年が過ぎて、マッカーサーが反撃してきたのにソ連も北朝鮮も驚いた
のである。アメリカは2枚舌だと。

585 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 09:14:13 0
アチソンが半島戦争最大の戦犯だねぇ

586 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 13:16:18 0
>>575
当時のソ連は二次大戦のダメージが余りにも大き過ぎて大規模な軍事行動を起こす余裕はとてもなかった


587 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 17:39:27 0
トルーマンはソビエトの大戦に被害の内情を把握しておらず、
ソビエト地上軍600万が東ヨーロッパに展開し、
核実験にも成功している表面だけを見てソビエトを深刻な脅威と見ていた。

588 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 20:01:12 0
トルーマンが危惧していたのは、戦力バランスの優位が著しく奪われていた事が現状として
あったことだ。アメリカだけが保有していた核兵器を、「あれが欲しい。あれ
が赤軍には必要だ。」と述べたスターリンは、わすが4年後の1949(昭和24)年に核実験に
成功させた。
更にCIAは、1948年末に恐るべきソ連の計画を掴んでいた。
当時、巨大で重い核爆弾は高々度長距離重爆撃機が運用に不可欠だったが、ソ連にはその
ような重爆撃機は保有していなかったのであるが、カリーニングラードのコロリョフ機関
(後のOKB-1)に大量のドイツ人技術者が集められている事、破格の巨大な全長200m以上のV
兵器を離床させる事ができる大規模投射施設の建設がはじまった事をCIAは掴んだのである。

すぐにクレムリン内部の調査から、それは重量3,000kg分離式弾頭を備えた射程8,000kmの
170トンの二段式弾道ロケットの開発計画であると判明した。
ソ連は、米国の秀でた長距離航空機技術に対抗するのではなく、ドイツのV兵器の拡張版
の弾道ミサイル技術を用い、大陸間を超音速で重い核兵器を飛ばそうというのである。当
時としては米国内では半端夢物語であったが、ソ連は現実にそれに取組んでいる証拠だっ
た、そしてそれは後に世界初の大陸間弾道ミサイルR-7(セミョールカ:P-7)の成功につ
ながり、スプートニクの打ち上げに供されることになる。

またB-29のコピーであるTu-4計画の存在もあった。

米国が戦勝と大量消費社会の平和の謳歌を満喫していた頃、厳冬のソ連では戦時
体制を維持した状態で、フルシチョフ時代の繁栄の礎を築いていたのである。

589 :世界@名無史さん:2006/11/01(水) 22:17:57 0
今中朝国境はどんな状況なの?

590 :世界@名無史さん:2006/11/03(金) 10:45:22 0
>>588
ソ連が核兵器開発に成功したのは、やはりドイツで研究していた連中を引き抜いてきたからだろうか。

591 :世界@名無史さん:2006/11/03(金) 12:16:56 0
>>590
ミサイルの開発に成功したのは、ドイツ人技術者を強制連行したから。
核兵器の開発に成功したのは、スパイ活動のおかげ。

592 :世界@名無史さん:2006/11/04(土) 02:34:44 0
>>591
アメの情報を抜いてきたってこと?そこまですごかったんかなあKGBって?
2次大戦のドイツも原爆開発をかなりのレベルまで進めていた(日本も仁科研でそこそこやっていた)みたいだから、その技術をロケット同様引き継いだのかと思ったんだが・・・

593 :オッペンハイマー:2006/11/04(土) 08:48:00 0
戦後は核兵器の国際的な管理を呼びかけ、原子力委員会のアドバイザー
となってロビー活動を行い、かつソ連との核兵器競争を防ぐため働いた。
水素爆弾など核兵器に対して反対するようになったため、「水爆の父」
エドワード・テラーと対立し、いわゆる赤狩りが吹き荒れていた中、
ジョセフ・マッカーシーに妻のキティ・オッペンハイマーと弟のフラ
ンク・オッペンハイマーが公然たるアメリカ共産党員だったことや自
身も共産党系の集会に参加したことが暴露され、公職を解かれただけ
ではなく私生活においても常にFBIの監視下におかれるなど生涯に渡
って抑圧され続けた。



594 :オッペンハイマー:2006/11/04(土) 08:50:09 0
J・ロバート・オッペンハイマー(J. Robert Oppenheimer,
1904年4月22日 - 1967年2月18日)は、ユダヤ系アメリカ人
の物理学者である。

ロスアラモス国立研究所の所長としてマンハッタン計画を主導し、
原子爆弾開発プロジェクトの指導者的役割を果たしたため、
「原爆の父」として知られる。しかし、はじめて核兵器を産み出
した当人でありながら、戦後には核兵器に反対の立場を取るよう
になる。


595 :ローゼンバーグ事件:2006/11/04(土) 08:55:57 0
ジュリアス・ローゼンバーグ(1918―53)とその妻エセル(1915―53)
を、当時のソ連に原爆機密を売った犯人として処刑した事件。
英原爆スパイ容疑者クラウス・フックスが逮捕されたのを契機に、
同じスパイ・リングの一環として1950年2月グリーングラス夫妻と
その義兄ローゼンバーグ夫妻が逮捕された。容疑は、夫妻が戦時中
に原爆工場に電気工として勤務したグリーングラスから原爆機密を
受け取り、これをソ連に売ったというものであったが、唯一の証拠
はグリーングラスの自白だけで、ローゼンバーグ夫妻は最後まで潔
白を主張して、自白すれば減刑するとの誘いも断って電気椅子(いす)
で処刑された。証拠とされたグリーングラスの自白と彼の描いた図
面も、アインシュタイン、ハロルド・ユーリー博士らの最高頭脳が
アイゼンハワー大統領あて書簡で述べたように、まったく無意味
なものでしかなかった。


596 :世界@名無史さん:2006/11/04(土) 14:59:23 0
トルーマンは、朝鮮半島でマッカーサーが使おうとした核兵器が、敵にとっての
抑止力に既にならない事を知っていた。
もしマッカーサーが使っていれば、共産圏の名主たるスターリンは、その地位を
名実ともに表明する為に、ソウルかベルリンで使わねばならなかっただろう。

597 :世界@名無史さん:2006/11/04(土) 16:34:28 0
 【ソウル=久保田るり子】韓国政府は韓国内に潜入していた北朝鮮のスパイを国家保安法違反容疑で
逮捕したと21日、公表したが、このスパイが破壊工作の準備のため、韓国内の原子力発電所や
韓国軍の基地、在韓米軍基地などを撮影していたことがわかり、「対話と和解」政策を進めてきた
盧武鉉政権に打撃となっている。
 このスパイは北朝鮮の工作機関のひとつ、朝鮮労働党35号室所属のチョン・ギョンハク容疑者
(48)で、フィリピン国籍に偽装して韓国入りし、出国しようとした31日に逮捕された。
北朝鮮工作機関が南派(韓国に送り込む)したスパイ逮捕は9年ぶり、盧武鉉政権では初めて。
 国家情報院によると、チョン容疑者は韓国中部・忠清南道の空軍レーダー基地や東部の蔚珍にある
原子力発電所などを撮影、戦争発生時のターゲット確認の目的だったとみられている。


598 :世界@名無史さん:2006/11/04(土) 21:49:56 0
南北の緊張が高まる今、チャングムさんのような方がいてくれたら…!!!!!!!!!

599 :世界@名無史さん:2006/11/04(土) 23:01:59 0
やめんかコラw

600 :世界@名無史さん:2006/11/05(日) 02:07:03 0
>>595
ローゼンバーグ事件は今も冤罪説を取る人が多いが、その後の研究で
夫のジュリアス・ローゼンバーグについては本当にソ連のスパイだったことが
ほぼ確定している。妻のエセルについては微妙。

601 :ローマ法王やバートランド・ラッセル,サルトルなど:2006/11/05(日) 10:12:13 0
ソビエトが原爆を保有(1949年8月29日、カザフ共和国(現カザフスタン)のセミパラチ
ンスクで初の原爆実験)するようになったのは、ローゼンバーグ夫妻による機密漏洩が原因とされる。
 ローゼンバーグ夫妻は最後まで潔白を主張し、自白すれば減刑するとの誘いも断った。
 1951年 4月ニューヨーク連邦裁判所は、夫妻にスパイの罪で死刑を宣告した。
 事件は、前年1949年にソ連が原爆を保有し、アメリカの原爆独占が破られたことに対
する政治反動としてつくられたものとして、世界各地で強い抗議運動がおこり、著名人
(ローマ法王やバートランド・ラッセル,サルトルなど)の処刑中止の要請も相次いだ。
 しかし、その願いも虚しく1953年6月19日の夜、死刑(電気椅子)は執行された。


602 :疑惑の多い事件:2006/11/05(日) 10:14:20 0
ローゼンバーグ事件は、冤罪なのではないか、という意見が当初から囁かれていた疑惑の多い事件である。
 その1 証拠のほとんどは状況証拠(事実の証言、文書、物件に基づかず、状況により推定した証拠 )であり、
唯一の直接証拠はグリーングラス(この件の共犯者、証言することで、電気椅子を免れた。10年の刑を受け、1960年に釈放されている。)の自白くらいしかなかった。
 その2 FBIが証拠を改竄した疑いがある。
 その3 ローゼンバーグ夫妻はユダヤ系である。(米ではユダヤ人に敵意を抱く人が多い)
 その4 当時のアメリカはジョー・マッカシーによる赤狩り(共産主義者の弾圧)の真っ只中。ソ連のスパイによる原爆に関する秘密の漏洩、というとインパクトがあり、
共産主義は怖いというイメージを国民に持たせるためには、格好の事件であった。
 また、彼らが実際にソ連のスパイだったとしても、彼らが入手したとされる情報は、ソ連の原爆開発にとって無意味なもので、死刑に価するような情報ではなかった。
(証拠とされたグリーングラスの自白と彼の描いた図面は、アインシュタイン、
ハロルド・ユーリー博士らが無意味なものである、とアイゼンハウワー大統領に言明している。)
 夫妻はソ連の重要なスパイから、当局の目をそらすために利用され、生贄にされたという説もある。
夫妻のおかげで助かった大物スパイには、イギリス人外交家のドナルド・マクリーン(1951年モスクワに逃亡)、パーシーという科学者などが挙げられている。


603 :世界@名無史さん:2006/11/05(日) 10:19:28 0
50年6月25日 開戦

4:00am 北朝鮮軍,雨の中,38度線全域でいっせいに砲撃を開始.

4:30am 西海岸の甕津半島から東海岸の注文津まで,38度線全域11ヶ所にわたり,
北朝鮮の侵攻開始.戦車250台を先頭に,北朝鮮の5個師団13.5万人が攻撃に加わる.主要方面は開城(第六師団と第一師団)、議政府(第三師団と第四師団)、春川(第二師団と第七師団)。東海岸では第五師団が南下。これに対し韓国軍は9.8万人で装備も貧弱だった.

5:25am 平壤放送が第一報.北朝鮮政府が「アメリカ帝国主義者たちの扇動によって南朝鮮カイライ軍が38度線全域で北進を開始した.英雄的朝鮮人民軍は,敵の攻撃に反撃を加えつつある」と放送.(今日では南朝鮮攻撃の情報は北側が流したデマであることが確定している)

6:30am 韓国陸軍本部,北朝鮮の砲撃開始から2.5時間後に,南朝鮮全域に非常呼集を発令.

7:00am 韓国放送(KBS)、北朝鮮が大規模攻撃を開始した、との第一報を放送。

9:00am 方虎山将軍の率いる北朝鮮第6師団(旧中国人民解放軍第166師団)が開城を攻撃.前線は開城南方に進出.偵察部隊は臨津河を渡河.

10:00am 李承晩韓国大統領,北朝鮮軍侵入の報告を受ける.

10:00am 議政府の第七師団に蔡参謀総長が出動。57ミリ対戦車砲などがT34戦車に無効との報告を受ける。

11:00am 北朝鮮,公式に開戦宣言.平壤放送は「軍事行動は韓国側の挑発に対抗する措置」であることを強調.南ではこの宣言は報道されず.

12:00am 三機の北朝鮮ヤク型(ソ連製)戦闘機がソウルに飛来.

604 :世界@名無史さん:2006/11/05(日) 10:21:32 0
01:00pm 北朝鮮軍,開戦後4時間で開城を制圧.西海岸部の韓国軍第一師団第12連隊は兵力の半ばを失いソウルに向け敗走.甕津半島の第17連隊は海岸部に圧迫され孤立。

01:00pm ソウル・スタジアムで開かれていた全国大学サッカー選手権大会決勝が、試合途中で中止される。(そもそも試合を開始したこと自体が不思議)

02:00pm 李承晩、臨時閣議を招集。蔡参謀総長は攻撃が全面的であることを認めつつ、政治犯の解放を強制する北側の戦術ではないかと報告。

03:00pm 京郷新聞が開戦を知らせる号外を配布。北朝鮮の攻撃を報せつつ、「国軍精鋭部隊が総反撃を開始し、北朝鮮軍を撃退しさらに追撃中」とする。

03:00pm ムチオ大使、英語放送局「WVTP」を通じ、「憂慮すべき理由は何もない」と発表。

03:00pm 北朝鮮機が金浦飛行場を銃爆撃.燃料棟2棟に火災発生.

06:30pm 国務総理代理兼国防相の申性模,戦況について発表.「開城市は包囲されているが,韓国軍は依然,市の半分を確保し交戦中である.1万名編成の師団が,戦車90台の
支援下に京城北方45キロの抱川を攻撃している.アメリカ政府に対し,韓国へ戦車,飛行機,大口径砲,船舶等を至急援助するよう要請した」


605 :世界@名無史さん:2006/11/05(日) 10:23:22 0
07:00pm 朝鮮人民共和国務省,第一回目の戦況発表.「南鮮軍が38度線全線にわたって奇襲攻撃.北朝鮮治安部隊および警備隊がこれを撃退し,さらに反攻に出ている.現在5キロないし10キロを前進して,なお戦闘継続中である」

07:00pm KBSは韓国軍優位との虚偽の戦況報告を流し始める。

08:00pm 韓国陸軍本部、朝日新聞の質問に答え、「明朝までには完全にやっつけてしまう。北へ進めという命令がないのが不満である」と述べる。

09:00pm 米軍事顧問団、「北朝鮮軍の進出は、午後までに実質的に食い止められた」と発表。

09:00pm ムチオ大使と李承晩が会見。李承晩は大田移動を提起するが、ムチオの説得で翻意したという。

夜 国連朝鮮委員会,ソウル放送を通じて即時停戦を呼びかける声明を発表.

北朝鮮の中部戦線部隊が,春川市の北方3.2キロに達し,韓国軍最強の第6師団と激闘を展開する.
東部海岸では釜山北方65キロの九竜浦,蔚珍,江陵,三陟、玉渓、臨院津などに上陸.臨川の上陸部隊は小口径砲を揚陸した.浦項では上陸した北朝鮮部隊と韓国軍が戦闘態勢に入る.

米国時間

24日9:30pm ワシントンに,北朝鮮攻撃開始の第一報.ムチオ大使は「攻撃の性質および方法から見て、これは全面攻撃と見られる」と報告。

606 :世界@名無史さん:2006/11/05(日) 10:38:17 0
もし、北チョンが軍事行動にでた場合、敵軍とともに自国政府の発表の
内容について信用すべきではない。米軍さえもだ。

それはこの日の後、ソウルが包囲されるまで韓国市民が放置されていた
ことでも歴然。

607 :世界@名無史さん:2006/11/05(日) 20:36:50 0
ムチオ大使、必死だな。

608 :韓国国定歴史教科書:2006/11/05(日) 21:03:00 0
北韓共産軍が武力で南侵すると、国連は直ちに安全保障理事会を開き、
北韓の南侵は不法な軍車行動であり、平和を破壊する侵略行為であると
規定し、大韓民国を支援することを決議した。アメリカ、イギリス、
フランスなど16カ国の軍隊で構成された国連軍は、韓国軍とともに反
撃を開始した。

 韓国軍と国連軍は1950年8月から反撃を開始し、仁川上陸作戦によっ
て戦況を反転させ、9月28日にはソウルを奪還し、さらに、38度線を越
え北進した。韓国軍と国連軍は平壌を陥落し、その年の冬には鴨緑江
にまで進撃した。このように統一の念願が成就するかと考えられた時
点で中共軍が介人することによって、韓国軍と国連軍は一時漢江以南
まで後退せざるを得なかった。再びこれに韓国軍と国連軍の反撃作戦
が展開され、38度線付近で戦争は膠着状態となってしまった。



609 :韓国国定歴史教科書:2006/11/05(日) 21:05:12 0
戦闘が一進一退をくり返すなか、共産軍側は国連のソ連代表を通
じて休戦を提議した。共産軍側の休戦提議に対し、わが政府と国
民はいったん休戦になれば民族の分断が永久化されることを懸念
しこれに反対した。これによって、休戦に反対する汎国民的運動
が全国的に激しく起こった。しかし、統一を念願する国民の熱望
とはうらはらに国連軍と共産軍の問で休戦が成立してしまった
(1953年)。

 北韓共産軍の南侵によって起きた6・25戦争は3年間韓半島全域
に深刻な被害をもたらした。この戦争によって南韓の死傷者数だ
けでも150万人にのぼり、数多くの戦争孤児が生まれた。そして
国土は焦土と化し、建物、道路、工場、発電施設など大部分の産
業施設が破壊された。これと同時に南北間には、戦争による敵対
感情がいっそう深まり、その結果、平和的な統一よりは対決の局
面による民族の悲劇が拡大されるほかなかった。

610 :世界@名無史さん:2006/11/05(日) 23:24:20 0
先に戦闘を仕掛けてきたのは韓国国軍のヤクザだ。

611 :世界@名無史さん:2006/11/06(月) 00:23:15 0
戦車150台を釜山まで突破させられるだけの事前準備をしていた時点でそれはない。

612 :世界@名無史さん:2006/11/06(月) 13:38:07 0
(参考)韓国側板門店ツアーの一部始終
(フランス語かドイツ語で案内をしていた模様。)
ttp://www.youtube.com/watch?v=VH3HXV_DrGY

613 :世界@名無史さん:2006/11/06(月) 15:17:04 0
ムチオって日系人?

614 :世界@名無史さん:2006/11/06(月) 22:44:35 0
>>610
一発の銃声 > 牟田口みたいな奴だな(藁

615 :世界@名無史さん:2006/11/07(火) 21:30:22 0
603〜605をみて単純に感じるのは、あえて言おう、韓国軍はカスであると、だな。

まったく戦局の把握も前線との連絡もなっていない。つーか、軍事顧問のアメリカ
も彼らを米国人脱出の為の盾として利用しようとしていた節が感じられる。

616 :世界@名無史さん:2006/11/07(火) 22:18:01 0
ムチオもムッチー
牟田口もムッチー

617 :世界@名無史さん:2006/11/07(火) 22:33:56 0
>615 この頃の韓国軍がカスであるというのは、言われるまでもなく、敗走した当人たちが一番痛烈に自覚してるよ。
日本軍と満州国軍と米軍と光復軍wの伝統が入り混じった寄せ集めのごった煮で、マインドセットがなってなかった。
だから戦線復帰する前3ヶ月に渡って、米軍の訓練教官借り出して、徹底的な再訓練をトップから二等兵に至るまでやり直してから投入した。
老朽将校も整理して、敗戦の中でなんとか気を吐いた青年将校が実権を得る。それからはまあ頼りになる軍隊になってるな。

618 :世界@名無史さん:2006/11/08(水) 23:43:05 0
頼りになる韓国軍は国連軍の静止を聞かず38度線を超えて無謀にも北上。
中国人民義勇軍の巧みな山岳戦術と人海戦術により、第1軍も包囲され
かけ、第2軍は完全に壊滅しているが・・・

619 :世界@名無史さん:2006/11/08(水) 23:57:39 0
しかし南朝鮮がよく使う「光復」ってことばは辛亥革命以後の支那本土の状態じゃなかったっけ?
なんていうか、宗主国がどこなのかよく分かるよな。

620 :世界@名無史さん:2006/11/09(木) 08:29:33 0
禿隠しのためにカツラを着けていたが、やはり元の禿頭がいいと、カツラをやめるのが

「光復」


621 :世界@名無史さん:2006/11/09(木) 08:33:12 0
               __
             /;;;;;;;;;;;;;\
            /;;:::::::::::::::::::::::\
       ∈=━/,,;;:::::::::::::::::::::::::.;ヽ━=∋
            L::;;,__     ..:::ゝ
          //;;;;::::::.. ̄ ̄ ̄ ̄..::::;;;ヽ
          / ;;;;;;;;:::::::::::;;;;;;;;;;;;;::::::::;;;;; ヽ
         /j/三三三三三三三三三三ヾ
         l::||::::              |l  
        / ̄\ヽ-=・=-′ヽ-=・=-′||  
      r┤    ト::::: \___/     ||      
     /  \_/ ヽ:::.  \/    ,ノ    
      |   _( ̄ l―---oo-――'"ヽ__
      |   _)_ノヽ\  ハ // /    ヽ   
     ヽ____)ノ      ̄ ̄ ̄   /     ヽ
>>620
凌遅三千刀 滅九族!

622 :世界@名無史さん:2006/11/09(木) 21:34:34 0
「朝鮮戦争 金日成とマッカーサーの陰謀」著者:萩原遼。文春文庫。

アメリカ国立公文書館に眠る160万ページもの米軍奪取文書を約3年がかりで読破した
著者が、今明らかにする朝鮮戦争の真実。93年に単行本で出版され、97年に文庫化。
この本は朝鮮戦争を北朝鮮側による資料、つまり1977年から米情報公開法によって一
般に公開された、朝鮮労働党、朝鮮人民軍、人民共和国政府などの内部文書(これらはア
メリカが1950年に朝鮮戦争に介入した際、個々の戦場や、一時占領した北朝鮮地域の
各機関から奪ってきたもの)によってまとめられている。

金親子に私有された情報鎖国状態の北朝鮮の実態を、歴史を少しでも知るために役に立つ
本です。それにしても、現在の北朝鮮の実態を知れば知るほど、その国民たちが哀れに思
えてきます。そして日本人でありながら、北と関係を持ってしまった人達も同じように悲
劇でありますね。

623 :世界@名無史さん:2006/11/09(木) 22:31:49 0
でもさ、北の人民にとってはやっぱり英雄なんだろ。国父だもの。
教育等によって、「雲の上の将軍様」ってのが「国のルール」になってしまっているから、オレらが感じるような嫌悪感や違和感は人民は持ってない。
「なんとなく偉大な人」「なんとなく大切な人」になってるんだ。これが実は一番厄介。
外から暗殺なんかやったら、多分100年単位で北ウリナラ人に恨まれ続ける。


朝鮮高校や朝鮮大学を見に行った人ならわかると思うけど、イルソン親子の銅像とか肖像画とかがでっかく飾ってあるんだぜ?

あの悪魔将軍を品格も人徳もまるきり別格の皇室といっしょにするつもりはないとあらかじめ断っておくけど、
北チョンにとってはイルソンは天皇陛下みたいなもんなんだよ。総連のHP見てみな、この言葉の意味が分かるから。

オレたちは敵をよく知らなくてはいけない。思想的に国民を全部コントロール下においてるってのは、かなり手強いぞ。
やるなら正面から戦争やって、「将軍様の神の作戦」を叩きつぶすようにしないと多分おさまらない。
あるいはそれでも、イラクみたいなゲリラだらけの戦後になるかも知れんが。

624 :世界@名無史さん:2006/11/09(木) 22:39:16 0
>>623 天皇抜きの軍閥政治をやらかしたのが韓国、人為的な天皇崇拝体制を極限まで突き詰めちまったのが北朝鮮なんだよね…

625 :世界@名無史さん:2006/11/10(金) 07:24:06 0
北朝鮮の国民は洗脳はされていない。
壮大なる演技だよw

626 :世界@名無史さん:2006/11/10(金) 09:53:23 0
いやいや、脱北した人間の著作なんか読んでも、きむじょんいるは悪く書いてても
「金日成はよかった。マトモだった」って書いてる。
その著作の中に独裁化の過程だとか多くの失政だとかをきちんと書いているのにだよ。
つまり、客観的な視点(失政と独裁への批判)と本能の視点(イルソンのカリスマ性に起因している)とがないまぜになっちゃってた。
やはり洗脳から抜けきれていないなと思えた。

かなり知的水準の高い人間でこれだ。一般人民はもっと単純。社民党支持者みたいなもんだと思えば良い。良い人なんだけど、単純なんだ。

627 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 10:11:51 0
>>626
本なんか読むより北の人間なんか日本にいくらでもいるんだから
会って話せばわかるよw演技なんだよw

628 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 14:17:44 0
>>627
ほう、北の人間と話して、金日成はクソだって言ってたのか?そいつ。
朝鮮大学の連中が何を言ってるかをきちんと知った上で言ってるのか?
イヨンファさんみたいなアタマの人間ばかりではないぞ、北の人間ってのは。

629 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 14:29:05 0
アメリカ軍もいやだったろうね。東南アジアやヨーロッパでは解放軍として
尊敬を集めたのに、ここ朝鮮では、横や後ろから銃弾が飛んでくる恐れが否
定できない。守ってやっている者から兵器で裏切り者が出るのだから。

朝鮮人と共に戦ったものは勝てないのは、自明の理。

630 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 16:05:04 0
とにかく、貿易相手としても大して魅力はないし、半島と話をするには北も南も中国と話をつけた方が速いからなあ。
安倍総理の中国訪問の時に、頼むから韓国にも寄ってくれって言ったのは青瓦台と韓国外務省。
その空気を全く読めなかったのが整形酋長だったからなあ。

いかにして半島と縁を切るかだが。

631 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 17:44:12 0
>>626
単にイルソン時代はソ連や中共の支援で比較的いい生活ができたというだけでは?

632 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 18:57:45 0
>>631
だが>>622で紹介されてる
「朝鮮戦争 金日成とマッカーサーの陰謀」著者:萩原遼 文春文庫
によると金日成時代もソ連が食料を持ち去るために
北朝鮮では深刻な飢餓が発生していたとあるんだよな。
マッカーサーの陰謀があったというのは筆者の妄想が
はいってるんじゃないかと思うが。

その前の日帝時代だったらかなりの投資をしていたので
生活レベルが向上したのは間違いないけどねw

633 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 19:46:49 0
>>632
もう引き上げちゃった後だと、ソ連による持ち去りはない。
農業政策の失敗で飢餓を招いた。例えば、

>>>>
官僚「土を深く耕し、数メートルの深さに種を植えると、収穫が3倍になるという研究データが出ました!」
イルソン「直ちに全土で実行せよ!ほとんどの畑をその方法で行い、国を富ましめるのだ!!」

秋になり、わずかな旧型の畑をのぞく全農地での収穫はほぼゼロとなり、北朝鮮全土を深刻な飢餓が襲った。
>>>>

こんなことばっかりやっとった。そりゃ国ひとつぐらいつぶせるわなw


634 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 19:57:00 0
>>633
日本の左派文化人が帰国事業煽ってたころも
北朝鮮は深刻な貧困と飢餓があったわけで
イルソン時代は金正日よりも豊かだったというのはかなり疑問だよな。
だとすると金日成のカリスマ性というのは
民衆の生活とは無縁のところに起因することになる。

当時の基準でいうとイルソンがかなりのイケメンだったのは確からしいw
まあロシアでもいまだにスターリンが絶大な人気があるし
メディア寡占状態での独裁者というのはカリスマ性を獲得しやすいのかもね。

635 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 21:04:27 0
>>634 
判ってないな。北朝鮮は正真正銘の「後進国」だ。金日成時代が金正日時代より豊かだったのは確かだよ。
>>633が書いてる通り、建国以来ずっと、まともな経済建設の成果をどんどんブチ壊して、半可通がこさえた正体不明の使えない産業基盤もどきや巨大な記念施設ばっかりこしらえてる。
文字通りの「後進国」だ。進むのが後れてしまった国ではなく、全力で後ろ向きに進む国。
明日の生活が今日の生活より悪くなるのが確実な国なら、昨日の生活は今日の生活より良かったに決まってる。違うか?
まして十年単位においておや。>>633はそういう事だ。

636 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 21:59:53 0
>北朝鮮は正真正銘の「後進国」だ。

ニポーンは核保有もしていない3等国ですが何か?

637 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 22:08:45 0
>>635
だから>>631が言うようにソ連や中共の援助で
比較的いい生活ができたというのが既に嘘だろ。

金日成の時代から恒常的に深刻な飢餓があった。
金正日の時代でも時々は飢えていない年がある。
韓国や日本も大量に援助したしな。
金日成も金正日も無能な独裁者だが
直線的に悪化し続けていて両者の時代に明確な差があるとは言えないだろ。
スタートラインで南北朝鮮が北優位だったのに
その後は完全に取り残されたんだから失政続きなのは間違いないがな。

638 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 23:54:55 0
韓国でも国民は二極化し餓えてる者が大勢でているのを知らないのだろ。
アメリカ帝国主義に骨の髄まですすられた南朝鮮の大酋長は不憫としかいいようがない。

639 :世界@名無史さん:2006/11/12(日) 00:47:17 0
>>637

イルソン時代、日本からの援助は政府からはなされていないが、朝鮮総連から流れ込むカネっていうのは相当あったと思うよ。何せ国を生んだ英雄なんだから。タダの推測だけどね。
正日になってから、カリスマを失って総連を離れる人間が出はじめて、それから構成員流出が止まらない。日本に帰化するものも年々増える。
だから、サラ金やパチンコのカネが多少増えたとはいえ、やはり流入は減ってるんじゃないかな?
わかっている兵器の構成を見ても、イルソン時代までの武器は結構な数そろっているんだけど正日時代になってからはお粗末そのもの(ミサイルに注力したからでもあるけど)。

といいつつ逆の視点でも見てみるが、覚せい剤をバンバカ作り出したのはジョンいるになってからと言われとるね。これはカネになるんでなあ。
この辺ににらみがきくようになったのは、やっと小泉になってからと言われてる。それ以前は完全フリーパス。差別利権が強力で、ひろむちゃんやしんちゃんもがんばってたから入管がシャブを押さえられんかったらしいね。

だから、確かに>>637が言うように一概には言えんね。ただ、その根拠はちょっと違うけど。

640 :世界@名無史さん:2006/11/12(日) 02:39:44 0
面白いデータがあったので
ttp://www2.jiia.or.jp/attachments/column/20060906miyamoto.html
金日成の時代のほうがいい生活が出来ていたというのは
あながち間違いでは無い気がする。

北朝鮮というのは、もともと寒冷な気候なので(北海道より寒いはず)
仮に将軍様が真面目にやったとしても、農業はちょと厳しい地域なのです。
だから、日本統治時代には工業施設を北部に集中して造って
朝鮮半島の開発をしたのです。

つまり北朝鮮の場合は、工業品を売って、食料を買う(今の日本と同じですね)
という、産業構造なわけです。
工業で一番大事なのは「石油」(これはみんな納得だよネ。)
ソ連が崩壊するまではこの石油をタダみたいな価格で売ってもらってた。
だから、北朝鮮の工業が、植民地遺産を食いつぶしてだんだんグダグダになっていっても
なんとかやってこれたのです。

ところが、ソ連が崩壊して石油がもらえなくなった、当然工業がグダグダになり
工業品が輸出できなくなり、食料が輸入できなくなり、生活が厳しくなった。
ほぼ同時に金日成⇒金正日の政権交代が起きた。
だから、一見すると金日成がマトモで、正日が馬鹿なように見えてしまうのです。


641 :世界@名無史さん:2006/11/12(日) 10:31:08 0
>>640
なるほど。面白いな。南北戦争時のアメリカのようだね。
しかし、ソ連が崩壊して石油がもらえなくなった段階で外国との協調に走るのでなく、突っ張り外交を続けるところがなあ。

しかし、考えてみるとジョンいるとイルソン、どっちが凶暴だったかって考えれば、
拉致、大韓航空機爆破、その他モロモロ、ヤバいことやらかしてたのは全部イルソンなんだよね。
そのイルソンを崇拝してるから北鮮人民(在日含む)はなかなか、日本人には理解するのが難しいな。



642 :世界@名無史さん:2006/11/12(日) 10:37:44 0
>>638

韓国なんて、一時的に共産主義を導入すればいいんだよ。
もちろん、厳重な海上封鎖をした上でだが。

643 :世界@名無史さん:2006/11/12(日) 14:06:16 0
>>627
http://www.shikoku-np.co.jp/national/social/article.aspx?id=20061108000251
これはどこまでが演技なのか説明してくれい。

644 :世界@名無史さん:2006/11/12(日) 21:49:44 0
金日成時代は100万単位で餓死者が出ることは無かった
ソ連や中国の援助のお陰だけどね


645 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 00:06:12 0
>>644
人権抑圧と強制収容所で死んでる数より少ないじゃないか。

646 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 01:14:41 0
>>641
ソ連崩壊後にあくまで北朝鮮の経済水準を維持向上させようとするなら
本来は改革解放をやらなきゃならなかったわけだけど、
それをやると外国の自由思想・価値観もいっしょに国内に流入してくるから
体制が揺らぎ、最悪崩壊につながる危険性もある諸刃の剣。
将軍様にとっては自分の身をあえて犠牲にしてまで国民を豊かにしてやる義理など全くないわけで。
あくまで外国へ門戸を開かず援助を獲得するなら、軍事的恫喝外交に走るしかない。
戦争の危機感を煽る事で国内体制の引き締めも出来るわけだし。

647 :640:2006/11/13(月) 02:12:02 0
>>641
この辺のサイトがおもしろかったですね。
ttp://www.ier.hit-u.ac.jp/COE/Japanese/Newsletter/No.11.japanese/an.htm
ttp://www.mofat.go.kr/pdffiles/06-0j_hori.pdf
結局、北朝鮮は大日本帝国崩壊後の経済情勢の変化についていけなかった。
(で、それを植民地の遺産と中ソの支援でやりくりしてた)でFAなのかもしれません。

金日成のほうが確かに危険なことしてたのですけどね。
日本のマスコミも、金日成は普通で正日が悪党という論調を取っているケースがありますね。
(確かに金正日も悪党ですが。)
死者に鞭打たない日本の文化か、それとも金日成を賛美していたのがばれると困る新聞社の策略か



648 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 03:55:03 0
>>628
漫画みたいだって言っていたよ。
当然公式見解は別だよw
>>643
それこそ演技だよ。仕事と言ってもいい。
政治は常にそうだよ。リーマンの営業に近い。

そもそも本気で政治に関心がある連中なんてのは
世界どこに行っても少数だろw
誰が好きで本気でデモなんかやるもんかw
日本のメーデーみたいなもんだw

649 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 12:01:15 0
おまいらおはよう。昨日のユースサッカーをテレビで見て、
「テメーラ、国で飢えてるってウソだろ!!何だその元気は!」
と叫んだ漏れさまが来ましたよ。

>>647
北朝鮮が「100万人飢えてます情報」をやたら流す(あれは実質的に北朝鮮外交部の情報戦略の一環だと思う)のは、より多くの援助をゲットしようという「バクシーシ外交」の一環なんじゃないかなと思えてしまうねえ。
そんなに飢え死になんてしてないんだよきっと。

>>648
リーマンの営業、やったことないだろ?望んでやってる人間がほとんどだぞ。
おまいのいうように「リーマンの営業と同じ」だとするなら、総連のみなさんはやりがいを持ってすすんでこれをこなしているということだぞ。
あと、日本のメーデーは自由参加だ。オレは誘われて断った。少なくともデモやってる連中は「好きでやってる」連中だ。
強制参加のあなたの国に同情する。

650 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 12:02:01 0
おまいら!
明日11月14日は高木正夫ニムの誕生日ニダ!
生誕89周年を慶賀汁! マンセエエエエエエエッ!

651 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 12:51:51 0
北朝鮮国籍を持ってても
在日と本国で生まれ育った朝鮮人は
区別して考えないといけないんじゃないのかな。

帰国事業のときだってとりあえず家族の一人を帰国させて
暗号で様子をみることにした在日一家がたくさんいて
当然だがそのまま生き別れになったそうだが。
帰国した在日は出身成分が低く設定された上に
極貧の本国にいながら日本からあれこれ送金してもらえるので
嫉妬されたり略奪されたりして散々だったとかなんとか。
情報が遮断自ずと金日成親子に対する感情も違ってくるだろう。
ま、朝鮮総連の発表みてれば日本人がムカつくのは当たり前だが

652 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 21:26:40 0
>>649
彼らは、負ければ労働矯正収容所送りで数年は獄舎へ送られ、場合によっては
その収容所でボコボコにされて「病死」する場合もあるのだ。

やる気が違う。「蹴球道とはシグルイなり」

653 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 21:36:04 0
>>649
あの北朝鮮ユース代表の選手達は多分、みんな両親が軍人や労働党員などで
北朝鮮のエリート核心階層出身者だと思われ。


654 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 00:08:14 0
>>653
おいおいまてよ、それじゃ候補者たりうる数がメチャクチャすくねーじゃねーか。
しかも女は除かなきゃならん。
もし、そんな超少数の中から育成して、アジアユース決勝で日本と五分で戦える11人をそろえたのなら、北チョンは翼くんでできている国ってことになるぞ。
そうでなくても人口3000万で飢えている北チョンごときが決勝まで来るってのに微妙に驚いてるのに。


655 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 02:27:54 0
>>649
そうだよ。仕事としてはね。
屁理屈は要らんから北朝鮮の人間なんて
例えばサッカーの世界でもいくらでも日本で
仕事してんだから話してみろよ。
サッカー好きな人間もいるみたいだな?
ベルディやジェフその他いろいろなチームで
有名無名を問を問わずスタッフや選手を問わず働いているだろ?
営業やっているのなら尚更わかるはずだ。どこででも働いているぜ。

屁理屈と本やサイトの世界ばかりで現実のコミュニケーションの経験が
ないだろ?友好的になれとは言わない、会って酒でも
飲んで見ろ。本音なんかゴロゴロ出るんだからww
ここいらは旧共産圏の連中もそうだったよ。

例えばプライベートの酒宴の席で身内にキリスト教徒がいるなんて平然と言って
後で公式見解ばかりになっマヌケなKGBのエリートを知っているw
こいつは後に国外追放になったけどなw
ぶきっちょなくせに営業に頑張り過ぎたんだろうなw
そんなものなんだよ、もっと経験積みなよ、太郎君w
KGBのエリートと言うとハリウッド映画や小説の世界みたいに
抜け目ない狡猾なスパイばかりだと思っているのかな?
アホかよwとにかく先ずサイトや読書以外の世界の話聞かせてみなw

656 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 03:32:32 0
    , - 、
───┐ ! ヒュー
□□□│ ・
□□□│ |\
□□□│i´   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
□□□│|   ∧_∧      |
□□□│|  ( ´∀`)オマエラ  |
□□□│|  /,   つ  オチケツ |
□□□│| (_(_, )      |
□□□│|   しし'       |
□□□│!、_______,ノ
 ._.  │
 | | |  │
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

657 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 09:44:31 0
>>655
キミの話ようだと、文句を言いながらでも、いざ命令が来れば日本でのテロやるんだろうな彼らは。
大韓航空機爆破や拉致も、「本音では嫌々だけど」やったんだね。
残念ながら、それでは話にならん。やってもらっては困るんだよ。わかるね?
「ほんとは心の優しい子なんです」ではダメなのだよボウヤ。

658 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 12:02:36 0
>>615>>617
まあトップの李承晩からして…という気もするが。

しかし韓国軍の将校は戦争の前日に大量に休暇が出ていて前夜から当日の朝までパーティーで飲んだ
くれていたというからな。
既にその頃には前線での衝突は激しさを増していて、何時北が攻めてきてもおかしくない状況だったのだが。

その点北は開戦当時はパルチザン派も延安派もソ連派も南労党派も赤化統一に向けて一致してたからな。
その後に凄惨な粛清が始まるわけだが。

659 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 12:21:01 0
北朝鮮軍も決して精強だったとは言い難いでしょ。
もっともこれは極端な楽観論で侵攻した金日成の計画性のなさにもよるが。
食糧や弾薬も底をつき、マッカーサーがインチョン上陸した後は
逃亡兵も続出し、金日成は絶対に撤退を認めない死守命令を出している。
ヒトラーと変わらんね。

660 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 13:26:21 0
>>659
うまーいこと弾切れの部隊を収拾し、見事な撤退戦をやって精鋭を北に連れて帰った師団長を、
撤退したかどにより反革命罪で銃殺にしてるよな>>>イルソン

661 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 17:06:45 0
戦死した将官より処刑された将官のほうが遥かに多い共和国軍w

662 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 19:21:44 0
済州島といい、内ゲバが好きなミンジョクなんだなあ。


663 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 19:36:29 0
>>654
北には3000万なんて人口はいない
粛清や飢餓が原因でかなり数が減ってる
今は1500万を切ってる可能性もある

664 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 22:36:37 0
身近に朝鮮人がいる場合は監視が必要。

665 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 23:10:04 0
>>661
金日成こそアメリカと韓国にとっての最大の戦功者という言葉があるくらいだからなw

韓国についていうと、漢江橋爆破事件も不可解だし、事後処理の真相も気になる。
現場責任者の崔昌植工兵監は南優勢の9月に秘密裏に処刑、崔工兵監に爆破を命じたはずの
最高責任者の蔡秉徳参謀総長は調べられず7月に戦死しているが、この戦死も不審な点がある。
そもそも兵器管理が専門で戦線勤務の経歴の乏しい蔡参謀総長をソウル陥落後に解任して
戦線に送り出した事からして怪しいし。

666 :世界@名無史さん:2006/11/15(水) 00:02:08 0
>>663
ちょっとまて、それじゃ北チョン人は才能のあるヤツが多いってことかい?
なんか悔しいな・・・。頑張れ日本。

>>665
半島人は秘密のうちに闇討ちってのが好きなのかよ。
確かに、1000年の権力闘争のありさまとか、悲惨だもんなあ。

667 :世界@名無史さん:2006/11/15(水) 04:45:23 0
>>657
実体験がゼロだと言うことはよーく理解したw

洗脳されてなくても職務に忠実なのは
当然のことだよ、世界どこででもな。

まぁ一人で頑張れww

668 :世界@名無史さん:2006/11/15(水) 06:35:08 0
>>666
そりゃ今現在生き残ってる北の人間はみんな、数百万人が餓死するような飢餓状態という
過酷な生存競争による淘汰を克服した、体力的にも精神的にもタフな連中ばかりだろうよ。
ニートのはびこる飽食日本人とはわけが違う。

669 :世界@名無史さん:2006/11/15(水) 11:21:09 0
>>668
どんな理屈だよそれw

670 :世界@名無史さん:2006/11/15(水) 11:56:29 0
負ければ鉱山労働とかあるだろうし、家族にも被害が及ぶからそりゃ必死だろうよ

671 :世界@名無史さん:2006/11/15(水) 22:18:39 0
南にも金正日のような独裁者が支配していたら、チョソの数がかなり減っていて地球にとって非常にいいことだったのに


672 :世界@名無史さん:2006/11/15(水) 23:04:14 0
独裁者なら何人もいたがな。

673 :世界@名無史さん:2006/11/16(木) 00:59:18 0
うん。だいぶ虐殺もしてたな。

>>670
北朝鮮代表の在日は、特に炭坑送りにはされていないようだぞ?
都市伝説ならぬチョン伝説じゃねーの?

674 :世界@名無史さん:2006/11/17(金) 14:45:35 0
>>671
こういうレスは右の評判を貶めようとする屑なので注意

675 :世界@名無史さん:2006/11/17(金) 23:09:03 0
朝鮮戦争を始めたのは帝国主義アメリカとその配下のゴロツキ・ヤクザであり、まともな集団ではなかった。

676 :世界@名無史さん:2006/11/17(金) 23:56:38 0
朝鮮戦争を始めたのはスターリンとその手下のゴロツキ・金日成であり、まともな集団ではなかった

677 :世界@名無史さん:2006/11/18(土) 08:29:48 0
つーか、半島人でまともな奴がいるか、挙げてみろ?

678 :世界@名無史さん:2006/11/18(土) 10:39:03 O
李完用

679 :世界@名無史さん:2006/11/18(土) 15:38:15 0
安重根

680 :世界@名無史さん:2006/11/18(土) 19:42:58 O
BoA

681 :世界@名無史さん:2006/11/18(土) 19:45:29 0
ゆんそな

682 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 09:50:30 0
なぜ偉大なる将軍さまの名がでないのか。帝国主義アメリカの手先たる日帝の陰謀である事は明白であることがここに白日の下に晒されたものである。

683 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 10:00:52 O
わだあきこ
…ごめん、まともじゃないな

684 :世界@名無史さん:2006/11/20(月) 10:21:12 0
韓国軍は、大田に直ぐに遷都して、抗堪拠点を整えればよかったのに米国の
いいなりになってできもしない遅滞戦闘を行ったので、壊滅状態に陥った。

685 :世界@名無史さん:2006/11/20(月) 19:45:49 0
いいなりって・・・あの時点で米軍と比較して軍事に関する知識と経験が韓国軍にあったというのか?

686 :世界@名無史さん:2006/11/20(月) 20:18:50 0
ゴロツキとヤクザ上がりの韓国兵だぞ。

687 :世界@名無史さん:2006/11/20(月) 22:24:58 0
>>684
だいたい大田の戦いだって、米軍でさえバズーガ砲間に合わなかったんだろ?
戦車が破壊不可能なのに、どうやって迫り来る戦車に対抗しろとw

>>686
指導者層は日本軍出身者ばかりだったのですが何か?

688 :世界@名無史さん:2006/11/20(月) 22:42:08 0
>>687
今じゃ「親日派」として迫害される始末だからな。

米軍事顧問団も、北の戦車について、
「山がちの朝鮮で戦車は役に立たない」
と過小評価していたというから、どうなんだろう。


689 :世界@名無史さん:2006/11/21(火) 22:02:39 0
第二次朝鮮戦争が起きる時はソウルにBCC兵器をブチこんで100万単位の死者が出るようになって欲しい

ソウルは国境線に近いから被害を避けることは不可能だし


690 :世界@名無史さん:2006/11/21(火) 23:53:01 0
平壌にも盛大に水爆の誤爆とかあればな。

691 :世界@名無史さん:2006/11/23(木) 21:58:29 0
>>687
アメリカは当初から、アチソンラインを守って、赤軍に明け渡す予定だった
のでバズーカでさえ惜しかった。
マッカーサーがしゃしゃりでてこなければ、すべてマルく収まるはずだったのに。

692 :世界@名無史さん:2006/11/25(土) 21:42:06 0
金浦空港空爆に到るまで、トルーマンはいたって消極的だったものね。

693 :だつお:2006/11/25(土) 22:27:33 0
http://www.ww2guide.com/usab.shtml
欧州戦の米爆撃機
http://home.att.net/~jbaugher2/b29_9.html
中国大陸のB-29
http://home.att.net/~jbaugher2/b29_10.html
マリアナ方面のB-29
http://home.att.net/~jbaugher2/b29_12.html
朝鮮戦争のB-29

大東亜戦争でB-29は延べ28550機出撃で喪失518機、
(史料によって違うが出撃毎重爆喪失率は日独ともに1.5%前後)
朝鮮戦争では延べ21000機出撃で喪失34機。
このように対空火力は皇軍は中国軍の10倍以上だった。

事故や整備不良によるものを除く戦闘任務のみの損失で414機、
そのうち戦闘機によるものが50%、対空砲によるものが36%、
双方によるものが13%、自爆によるものが1%と記録される。

During the course of the war, the Twentieth Air Force flew
31,387 bomber sorties; 3,058 of which were flown by the XX
Bomber Command, 28,329 by the XXI. The war had taken 414 B-29s,
80 from the XX Bomber Command and 334 from the XXI. Losses on
combat missions averaged 1.3 percent of sorties airborne,
with a total of 147 bombers lost. Of these combat losses:
50 percent were caused by enemy fighters.
36 percent were caused by enemy antiaircraft.
13 percent were caused by a combination of both.
1 percent were self-inflicted by accident.
http://www.ibiblio.org/hyperwar/AAF/Hansell/Hansell-6.html

694 :世界@名無史さん:2006/11/25(土) 23:36:16 0
>>691
マッカーサーは戦前の日本の罠にはまりかけてたのかもね。

戦前の日本も
朝鮮がロシアや清(orその他列強)の手に落ちると九州ヤバス!→朝鮮進出
満州がソ連や中国の手に落ちると朝鮮ヤバス!→満州国設立
北支が中国の手に落ちると満州ヤバス→支那事変
戦線拡大しすぎてあぼーん

軍人にありがちな罠だけど、一度奪った領土を明け渡せないジレンマがあるんだよね。
ここの領土を奪うのに○○人も死んだのに、明け渡したら彼らの死は無駄死にじゃないか!って。
マッカーサーも多分その罠にはまってしまったのだと思う。


695 :世界@名無史さん:2006/11/26(日) 03:42:40 0
ドイツのベルリンと同じように、
連合国軍がソウルを分断して占領していたら
朝鮮戦争はどうなっていたのだろうか。

696 :世界@名無史さん:2006/11/26(日) 09:13:51 0
ベルリンが分割占領されたのはナチスドイツの総本山だったからで、
ソウルはそういうものではないから、分割する必要なし。
朝鮮の占領自体、日本占領のついでだったわけで。

697 :世界@名無史さん:2006/11/26(日) 09:33:32 O
バズーカってT34には効いたの?スターリンには効かなかったそうだけど。

698 :世界@名無史さん:2006/11/26(日) 10:00:57 0
バズーカよりもキャタピラに対戦車地雷を投げ込んだ方が確実だし踏ませられればスターリン戦車も撃破できる。


699 :世界@名無史さん:2006/11/26(日) 13:50:38 0
>>689
季節によっては日本が風下・・・!

700 :世界@名無史さん:2006/11/26(日) 14:14:33 0
アメリカでは、マッカーサーはルーズベルト派でトルーマンと仲があまりよく
なかったという。
当時、西のアイゼンハワー、東のマッカーサーと戦勝将軍同士の次期米大統領
候補レースが取りだたされていた。何かと西の欧州で点を稼ぐアイクに対して
中共に大陸から台湾へ追い出された国民党軍を支援していたマッカーサーにと
って朝鮮戦争は自分の名声を挙げる又とないチャンスだった。

大統領の許可が来る前に、彼はまだ半島上空の制空権が確立していないのに、
日本からB−29を長距離空爆させたのは、わからないものではない。

701 :世界@名無史さん:2006/11/26(日) 15:05:20 0
アイゼンハワーは見事に大統領になったもんなあ。


702 :世界@名無史さん:2006/11/28(火) 02:34:00 0
>>696
いや、そうじゃなくてさ。
ドイツの場合ベルリンの町の中が最前線になったことで、
米ソはともかく、当事者の東西両ドイツとっては
戦争をすることをためらう要因になったのではないかなと。

ソウルも分割して占領しておけば、戦争は起こらなかったかも?と。

703 :世界@名無史さん:2006/11/28(火) 09:34:57 0
http://www.axishistory.com/index.php?id=3612
German Losses per theater
http://www.giveshare.org/news/news016.html
U.S. Military engagements from 1775 to 1975 numbered sixty-five.
War dead and wounded in the ten major conflicts during this period are:
http://www.angelfire.com/ct/ww2europe/stats.html
WWII Statistics (Europe)
http://www.ibiblio.org/hyperwar/AAF/Hansell/index.html
The Strategic Air War Against Germany and Japan: A Memoir
Haywood S. Hansell, Jr.
Major General, USAF, Retired
http://www.anesi.com/ussbs01.htm
UNITED STATES STRATEGIC BOMBING SURVEY
SUMMARY REPORT(Pacific War)
http://www.anesi.com/ussbs02.htm
THE UNITED STATES STRATEGIC BOMBING SURVEY
Summary Report(European War)
http://www.taphilo.com/history/8thaf/8aflosses.shtml
Eighth Air Force Combat Losses
http://korea50.army.mil/history/factsheets/air_f_fs.shtml
U.S. Air Force in the Korean War
http://www.ww2guide.com/usab.shtml
USAAF bombers in the European War, 1942-45
http://home.att.net/~jbaugher2/b29_9.html
Operation Matterhorn
http://home.att.net/~jbaugher2/b29_10.html
B-29 Attacks on Japan from the Marianas
http://home.att.net/~jbaugher2/b29_12.html
B-29 in Korean War

704 :世界@名無史さん:2006/11/28(火) 10:29:17 0
>>702
もしそうなるならその前に、日本が東西に分割されている。
で、半島はウリナラのものになってる。
アメリカがなんであえて日本を確保しようとしたのかは、教えてエロイ人。
北海道ぐらいソ連にとられててもおかしくなかったんだがな。

705 :世界@名無史さん:2006/11/28(火) 12:51:34 O
蘇連軍が南樺太や千島の占領・武装解除に手間取って、上陸用舟艇が足らなかったから

706 :世界@名無史さん:2006/11/28(火) 12:55:57 0
>>704
太平洋のアメリカによる内海化。
日本−台湾−フィリピンのラインを確保することで、中国を内陸に
封じ込めることが出来る。

707 :世界@名無史さん:2006/11/28(火) 13:16:10 0
朝鮮戦争の時、どのような人間が徴兵されたんでしょうか?
日本の大東亜戦争みたいに学徒出陣とかもあったんでしょうか?

708 :世界@名無史さん:2006/11/28(火) 14:54:36 0
>>707
まず朝鮮戦争の流れをきちんと勉強してこい。
あの前線の動きを見れば、おまいの質問がいかに平和ボケか、わかると思います。

709 :世界@名無史さん:2006/11/28(火) 23:27:36 0
>>707

戦争の流れなら >>235〜249
参考本 >>622「朝鮮戦争 金日成とマッカーサーの陰謀」著者:萩原遼。文春文庫

人民軍徴兵の様子なら >>491〜493

米軍の日本人徴用の様子なら >>317 310 307 318 328 329 337 341


710 :世界@名無史さん:2006/11/28(火) 23:45:24 0
>>707
とりあえず
ttp://www.geocities.co.jp/Hollywood-Studio/4559/index.html
ttp://www.combat.ch/html/library/history/korea/01.htm
ttp://www10.plala.or.jp/shosuzki/korea/timetable/timetable1.htm

ウェブでよめるのはこれくらいかな?。


711 :世界@名無史さん:2006/11/29(水) 13:52:38 0
アメリカは朝鮮戦争でなんか利益あったの?

712 :世界@名無史さん:2006/11/29(水) 21:33:54 0
一日も早く終えて、コメコンのヨーロッパ分割対応に集中したかった。

713 :世界@名無史さん:2006/11/30(木) 18:51:40 0
【朝鮮日報】今の大韓民国にスパイのいない場所などない
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1164874027/

昨年7月にマッカーサー銅像撤去運動を主導した姜舜驕iカン・スジョン)容
疑者がスパイ疑惑で警察に緊急逮捕された。姜容疑者は「わが民族連邦制統一
推進会議(連邦統推)」という親北朝鮮団体の議長を歴任し、現在は顧問を務
めていた。

ほとんどの国民や仁川市民の意向とはまったく関係のないところで行われたマ
ッカーサー銅像撤去運動に、関係者らがなぜあれほどまでに執念を燃やしてい
たのか、その謎も今回の事件でやっと解けた。そしてこのニュースを聞いた多
くの国民が「やはりそうだったのか」と思ったことだろう。
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/11/30/20061130000050.html

714 :世界@名無史さん:2006/11/30(木) 19:11:06 0
朝鮮戦争といったら、「空白の三日間」だろ。
なぜ、北の軍はあそこで動きを止めたのか?

だれか、真実を知らないか?

715 :世界@名無史さん:2006/11/30(木) 22:27:44 0
韓国は既に国内から蛆虫に食われるように、ぐずぐすとなっている。
今の大統領自体、北の回し者だ。

716 :世界@名無史さん:2006/12/01(金) 01:11:21 0
>>714
八卦の陣が敷いてあったから

717 :世界@名無史さん:2006/12/01(金) 12:50:23 0
>>714
普通に考えりゃ、補給が続かなかったんだろ。

718 :世界@名無史さん:2006/12/01(金) 21:11:00 0
非武装地帯内にいる軍人はなぜ小銃を携帯しているんですか?

719 :だつお:2006/12/01(金) 22:02:52 0
>"中国−ビルマ−インドとマリアナ基地からの作戦全般を通じて第20空軍は、
>あらゆる原因によるものを含め、超重爆485機、戦闘機212機を失った。
>この間、戦死または行方不明となった戦闘搭乗員は合計3041名に
>達し、攻撃行動中の戦傷者は332名であった。

実はそれだけで朝鮮戦争におけるFEAFの損失を遥かに上回ってるのだぞ。
朝鮮戦争では720,980 sortiesも出撃して、死傷行方不明は1,841人。

http://korea50.army.mil/history/factsheets/air_f_fs.shtml
U.S. Air Force in the Korean War

During the war, FEAF units flew 720,980 sorties and delivered
476,000 tons of ordnance. For these numbers FEAF estimated it had
killed nearly 150,000 North Korean and Chinese troops and claimed
the destruction of more than 975 aircraft, 800 bridges, 1,100 tanks,
800 locomotives, 9,000 railroad cars, 70,000 motor vehicles, and
80,000 buildings. This damage was inflicted at the cost of 1,841 men
killed, wounded and missing, and 750 aircraft destroyed by the enemy.

720 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 03:28:43 0
朝鮮戦争に合衆国が完敗してれば日本の地位が高くなったのは確実。
金一族にあんな半島くれてやっても別に損しなかったよなァとしみじみ思う
日本が再軍備したって徴兵制するワケじゃないしぶっちゃけ誰も困らない。


721 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 10:48:58 0
朝鮮戦争といったら、「開戦日の午後のサッカー大会開催」だろ。
なぜ、韓国人はあそこでサッカーをしていたのか?

だれか、真実を知らないか?


722 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 10:59:31 0
>>721
開戦日は創立記念日で、多くの韓国軍将校が非番だった。

723 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 11:08:46 0
>>720
そう簡単にはいかないな。
韓国が消滅したら日本はその最前線となり
本土への上陸作戦は困難だが、半島各地の港から艦艇を自由に出撃させる事はできる
つまり、貿易立国日本の生命線と言える沖縄近海のシーライン上にフリゲート艦を派遣して、
その通商を脅かすだけで、日本は経済復興どころじゃなくなり弱体化する。


724 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 11:22:20 0
>>723
で、朝鮮がフリゲート艦を所有していたとでも?
つか、弱体海軍がゲリラ的にシーレーンを封鎖するには、潜水艦作戦か
機雷作戦しか考えられない。
当時の朝鮮がソ連の後押しで海上戦闘を挑んでも、米軍に一蹴されて
終わりだな。

725 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 11:24:56 0
>>724
封鎖とは一言も言ってないし、その必要もない。
たまにフリゲートを派遣して、ちょっと脅かすだけでも
十分に効果的だって事。

726 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 11:29:22 0
>>725
海上艦艇で脅かせば、逆に反撃される可能性が大きい。
そんな戦術は制海権を握っている状態でなければ無意味。
レーダー普及後は、仮装巡洋艦などの海上艦艇による通商
破壊作戦の有効性は無くなってる。

727 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 11:41:03 0
>>725
> ちょっと脅かすだけでも
海上で軍艦が商船をちょっと脅かすってのはどうやるんだ?
単に近くを仮想敵国の軍艦が航行するだけなら、現状でも普通に発生する状況だろ。
平時に公海上で停船させて臨検なんぞしたら、護衛艦隊の配置など対抗措置がとら
れるし、それでも強行すれば戦争になる。

728 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 15:02:23 0
>韓国が消滅したら日本はその最前線となり
>本土への上陸作戦は困難だが、半島各地の港から艦艇を自由に出撃させる事はできる
>つまり、貿易立国日本の生命線と言える沖縄近海のシーライン上にフリゲート艦を派遣して、
>その通商を脅かすだけで、日本は経済復興どころじゃなくなり弱体化する。
>>723やった栄光の連合艦隊の復活だwサウスダコタ級戦艦やエセックス級正規空母
を保有して中朝ソを脅すとは実に素晴らしい。ぶっちゃけ何も文句無いね

729 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 15:27:14 0
国家は利益のためにしか動かない、善悪では動かないと誰かが言ってましたが、
アメリカは朝鮮戦争に何の利益があったのですか?

730 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 15:54:45 0
>>729
朝鮮半島を勢力圏内に置くことで、ソ連に対しプレッシャをかけられる。
中国が共産化してしまった段階では、朝鮮半島と台湾の確保は大変に大きな意味を持った。なぜなら、ソ連と中国を海に出さずに大陸に封じ込めることができるからだ。

冷戦下での東西の経済力に大差がついたのは、アメリカと西側諸国が海上交易を独占できたのが大きい。
これを実現できたのは、アメリカの圧倒的な海軍力。台湾および南朝鮮の確保もこの戦略の上のこと。
アメリカとしては、半島の確保は失敗したが、南半分を死守できたのは大変な利益だった。

だから、ベトナムにもあれほどこだわった。
ベトコンが海軍をもたずにいる限りにおいて、アメリカはベトナムから手を引いたが、シーレーンを脅かされるような状況がおこれば、再度侵攻しただろうね。

731 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 17:09:53 0
とりあえず韓国が無ければ栄光の連合艦隊の再興を果たせた事は確かだな。
朝鮮半島が赤化した方が日本にとっては利益ありまくり。
太平洋戦争で失われた航空機産業の復活も米資本のテコ入れがあれば
容易に達成できる罠。日本にとって何の損があると言うんだ正直。
ベトナム出兵も俺らの運命で何か困る?行くのは所詮志願兵www

732 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 17:26:26 0
>>731
朝鮮戦争日本版が起こる危険性を考えたことないのか?
ベトナムの前に日本だったかも知れず。

733 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 18:40:10 0
少なくとも平和ボケの豚は育たなかっただろう。

734 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 19:42:31 0
>>732別に北海道丸ごと共産主義国になっても俺ら何か困る?
津軽海峡隔てて緊張感MAXの方が国民の国防意識も高まるし。
住民には悪いと思うがオーストラリアや北米から食い物や資源買えばイイネw


735 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 21:51:18 0
ベトナム戦争に兵力の供出をさせられたりした懸念もある
734が前線に送られる可能性も否定できない

736 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 23:00:41 0
>>734
戦後高度成長期までは、北海道は九州と並んで
石炭の重要な産出地だった。
>>734が生まれるはるか前の話だから見当つかんかもしれんが。

737 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 23:02:25 0
>>733
多分アカの手先が今の比じゃなく湧いてると思うよ。

738 :世界@名無史さん:2006/12/03(日) 00:12:10 0
壱岐・隠岐・対馬の防備はもっと必要になっただろう。

739 :世界@名無史さん:2006/12/03(日) 00:30:19 0
>>733
おまいは韓国の現状を見てモノを言っているのか?
整形酋長を担いだり、この期に及んでもまだ1500億円を北に貢いで、ミンジョク統一を妄想している韓国の現状を。
平和ボケと同等以上にタチが悪いだろが。

740 :世界@名無史さん:2006/12/03(日) 00:36:28 0
>>734
北海道丸ごと共産主義国はまずい。
ロシアに思いっきり不凍港&海への出口を与えることになるので、
太平洋側もやばくなる。
北方領土で一応アメリカが日本支持をしているのも、その辺が理由。

朝鮮半島に関しては、アメリカが戦う。南朝鮮の連中が戦う限りにおいては、
守る理由はある。朝鮮半島南部があるに越したことは無いし。
ただ、朝鮮半島を守る為に、おれたちの子供を派遣するのは断固拒否。
「日本の子供たちがなぜ朝鮮ヒトモドキのために命を落とさねばならないのか!?」
朝鮮半島に関しては、南北分断しておいて、南北で戦わせておくのが一番。
朝鮮半島のために、日本(やアメリカ、中国、ロシア)の子供たちが戦うなんて馬鹿らしすぎる

そういう意味では、最近の金大中、のむひょんの両政権の政策は大問題だよな。

741 :世界@名無史さん:2006/12/03(日) 01:41:14 0
>北海道丸ごと共産主義国はまずい。
>ロシアに思いっきり不凍港&海への出口を与えることになるので、
>太平洋側もやばくなる。
それぐらい危険でないと戦艦と大型空母を保有する連合艦隊が再建できないwww
敵がデカければデカいほど軍人も政治家もやる気になる品

742 :世界@名無史さん:2006/12/03(日) 04:54:14 0
斜眠倒がソ連がらみではしゃぎ回って寝言言ってただろう。
アメリカと手を切ってソ連と結べとかなんとか。

743 :世界@名無史さん:2006/12/03(日) 10:35:20 0
>>739
だから最初からああなるのがわかっていた南韓の劣等種なんて、アチソンライン
でもって最初から切り捨てれば良かったんだよ。

744 :世界@名無史さん:2006/12/03(日) 15:22:47 0
>>730
韓国は大して関係ないな。日本までじゅうぶnだった

745 :世界@名無史さん:2006/12/03(日) 17:19:35 0
マッカーサーの名誉欲と蛮勇のせいで、数万の合衆国および連合国兵士が命を落した。

746 :世界@名無史さん:2006/12/03(日) 17:43:53 0
同族でよくそこまで殺しあえるな、という規模のでかさ。


747 :世界@名無史さん:2006/12/03(日) 18:32:50 0
嫌韓厨って朝鮮人を人間として差別しないね。>>740
まさに同類

748 :世界@名無史さん:2006/12/04(月) 00:31:17 0
に・・・日本語でおk。

749 :世界@名無史さん:2006/12/05(火) 13:35:37 0
予算制約が頭に無い右手酷使は巣に帰れよw

750 :世界@名無史さん:2006/12/09(土) 06:52:00 0
祖国解放戦争勝利記念塔

ttp://www.matsunaoka.net/korea/pyongyang-14.html

751 :世界@名無史さん:2006/12/09(土) 16:43:52 0
なんで、勝利してんだよ。

752 :世界@名無史さん:2006/12/09(土) 21:06:26 0
北韓は朝鮮戦争を歪曲している証拠だ。韓国は断固としてこれを座視することはできない。

753 :世界@名無史さん:2006/12/09(土) 21:59:37 0
アチソンラインの表明せいでスターリンと金日成が欲心を発し、数万の合衆国および連合国兵士が命を落した。


754 :世界@名無史さん:2006/12/09(土) 22:35:16 0
南朝鮮の新聞「ハンギョレ」によりますと、「戦争前後民間人虐殺の真相究明と名誉回復
のための全国民委員会」が、朝鮮戦争の時、民間人を集団虐殺した警察の犯罪行為が記さ
れたアメリカの極秘文書を公開。

1950年当時、アメリカ国務省の極秘文書と、南朝鮮駐在アメリカ大使館が駐日アメリ
カ極東軍司令部に送った極秘文書には、その年の12月16日、南朝鮮警察がソウル刑務
所の囚人34人を共産主義寄り分子として、ソウル駐留イギリス第29連隊管下地域で、
銃で打ち殺したと記されているといいます。
特に、「射殺された34人の中には、女性とみられる2人と、8歳と13歳の子供が2人
含まれていた」と目撃者が証言したという内容もあって、この事件が警察の無差別の虐殺
行為であったという疑惑がさらに濃くなっています。

また、アメリカ国務省が南朝鮮駐在アメリカ大使に送った文書には、リースンマン・リシ
ョウバンが、軍事的状況と収容施設の不足を理由に収容者を早く処刑せよと命じていると
いう内容と、ソウル地方裁判所で死刑の宣告を受けた391人のうち242人が処刑され、
そのうち10人あまりが女性であったということを告発した、当時のAP通信の記事も引用
されているといいます。


755 :世界@名無史さん:2006/12/11(月) 05:09:18 0
共産軍による民間人の虐殺は綺麗な虐殺と言いかねない754


756 :世界@名無史さん:2006/12/16(土) 02:11:57 0
民族問題研究所は10日、「空軍が空軍史の象徴的人物として選定した崔用徳(チェ・ヨンドク)、
金英煥(キム・ヨンファン)、李根ル(イ・グンソク)将軍のうち、金英煥と李根ルの2人は親日経歴が
明白な人物だ」として、空軍側に彼らの選定を取り消すよう求めた。

ttp://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1165838516/

∧_∧
( ;´∀`) ポカーン・・


757 :世界@名無史さん:2006/12/16(土) 19:13:49 0
共産世界に虐殺はない。反動分子の粛清だけだ。

758 :名前:世界@名無史さん:2006/12/16(土) 19:22:54 0
虐殺という表現が霞んでしまうほど赤の行動は飛躍している。

朝鮮は南北揃って反米だから、早くアメリかを追い出して統一すれば?
勿論のことその後半島とは国交を断絶する。

759 :世界@名無史さん:2006/12/16(土) 19:31:00 0
在韓米軍が撤兵したら、対馬・壱岐・隠岐にやつらは攻めてくるんだぞ。
何の為に在韓米軍が韓国軍の統帥権を握っていると思うんだ。

760 :世界@名無史さん:2006/12/16(土) 22:42:19 0
>>759

軍事板とかで色々聞いてみたら、どうやら在韓米軍が韓国軍の指揮権を握っているわけではないらしい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B1%B3%E9%9F%93%E7%9B%B8%E4%BA%92%E9%98%B2%E8%A1%9B%E6%9D%A1%E7%B4%84

米韓相互防衛条約で、米韓連合軍合同司令部が握ってるんだって。
韓国が独自に指揮できるのは特殊部隊と首都防衛部隊だけ、とか。




761 :世界@名無史さん:2006/12/16(土) 22:54:56 0
>>759
攻めてきたら攻めてきたで、その時は皆殺しにしてやればいのさ。

762 :761:2006/12/16(土) 22:57:55 0
文字が一字抜けてました。 書き直します。

>>759
攻めてきたら攻めてきたで、その時は皆殺しにしてやればいいのさ。

763 :世界@名無史さん:2006/12/16(土) 23:14:24 0
奸国が攻めてきたら、在日米軍が奸国軍を
皆殺しにするシーンが見られるのかな。

764 :世界@名無史さん:2006/12/16(土) 23:17:59 0
>>762
そんなしょうもない事を書き直さんでもw



765 :世界@名無史さん:2006/12/16(土) 23:34:55 0
強襲揚陸艦まで配備しましたからね。やる気まんまんですね。ムヒョヒョンは。

766 :世界@名無史さん:2006/12/18(月) 00:10:20 0
>>760 で、その二つを動かしての軍事クーデターを散々やってるんだよなあすこは。

767 :世界@名無史さん:2006/12/18(月) 02:38:16 0
>>766
まじで!?詳しく

768 :世界@名無史さん:2006/12/18(月) 06:21:23 O
やっぱりただの嫌韓厨のスレになってたか…

769 :世界@名無史さん:2006/12/18(月) 12:02:25 0
韓国を知れば知るほど嫌いになるのは人類なら当然の反応。
支持できる連中はザバニーズや自称日本人のコリアンだけw

770 :世界@名無史さん:2006/12/18(月) 12:23:52 0
>>768
ひとりキモイのがいるだけです
スルーしましょう

771 :世界@名無史さん:2006/12/18(月) 20:03:56 0
嫌韓は学問の上で邪魔にしかならないと思うんだけどなあ。


772 :世界@名無史さん:2006/12/18(月) 20:34:36 0
嫌韓だから半島について学問しないんじゃなくて、学問の結果嫌韓になるんだよ。

773 :世界@名無史さん:2006/12/18(月) 23:17:49 0
韓国戦争の最大のヤマ場といえば、オリバー・スミス少将の敵中横断特攻でしょう。
10月25日、中国赤軍(建前上、義勇軍)が総兵力30万によって大攻勢を開始。予期していなかった
国連軍は各地で撃破され、15%が全滅(死傷者25000名)
間の悪いことに敵の兵力を見誤った連合軍司令部の判断によって、11月24日にクリスマス攻勢が
開始、これが完全に中国赤軍の逆攻勢を受けて戦線は完全に崩壊。中でも第2歩兵師団は10キロ
の後退路を進軍中に包囲され、事実上壊滅し、旅順に到着するまでに5000名の兵員を失い、重機
材のほとんどを失うというアメリカ陸軍史上最大の悲劇と呼ばれる事件が起きました。
海兵隊はユダム・ニまで第1海兵師団が進出していましたが、これによって孤立。撤退を開始しな
ければならなくなります。第2歩兵師団壊滅の直後だったために一端は空路による撤退を上層部は
計画しますが、師団長オリバー・スミス少将は、これを拒否。
最後まで残留する部隊がいなければならないことが海兵隊の伝統にそぐわないという理由でした。
こうして12月1日、伝説となる海兵隊の敵中突破が開始されます。出発前に負傷者を空路で搬出し
た後に移動を開始。これに中国軍第9軍集団12個師団が包囲殲滅をはかろうと攻勢をかけます。
海兵隊は航空支援を受けてこれを退け続け、12月11日、第3歩兵師団の待つ真興里に到達。兵力の
50%の損失を受けたものの、米軍の包囲殲滅を狙っていた中国軍第9軍集団12個集団の壊滅していま
した。
翌年、中国軍は再度攻勢を開始しますが、この時、第9軍集団は参加できず、中途半端なものに終わ
ります。

774 :世界@名無史さん:2006/12/19(火) 00:46:07 0
>>772
学問が半端だから嫌韓に陥るんだろ。日東駒専レベルは学問ではない。

775 :世界@名無史さん:2006/12/19(火) 00:48:31 0
>>773
たどり着けたのは凄いなあ。さすが米軍。
負傷者の搬出と航空支援も大きいだろうけど、それが出来るのが米軍クォリティ

776 :世界@名無史さん:2006/12/19(火) 01:38:44 0
>>773
米帝による虐殺は許されない。
アジアの人々に謝罪せよ

777 :世界@名無史さん:2006/12/19(火) 04:59:04 0
日本は崇高な中国、韓国、朝鮮とは関係があまり良いとは言えない。傲慢で!!
自己中な日本人のせいだ!そしてあんなわけのわからない靖国みたいなとこにいくからだ!!!!
民主の岡田先生ならそんなこと絶対ない!兵庫七区の石井としろう先生は民主党の希望!
石井としろう先生は愚民とちがい先のビジョンをみつめアメリカの大学にいくという立派
な御方だ!!!!民主万歳!石井としろう先生万歳!!アジアとの友好を!!中国、韓国、
朝鮮への本当の謝罪をし、友好になる!!石井としろう先生は平和大使だ!!民主政権を!!
朝鮮との国交回復!ますます交流はふかまり幸せな世界がつくれます!このアジアの未来
のためにも民主はかならず勝たなくてはいけない!もし民主以外を支持するならクズ、バ
カ!!畜生!!ブタ!!地獄におちろ!不幸決定だ!!民主党は崇高なビジョンがある!!!
中国との友好!反日デモもすべて日本人がわるい!誠実に土下座しみんなであやまろう!!
岡田と共に!平和をつくろう!石井一先生のご長男石井としろう先生は次の世代のリーダー
だ!神だ!!!朝鮮と仲良く!!いつもお忙しい平和大使に激励をしよう!
ttp://www.toshiro.jp/
朝鮮日本友好平和!民主以外を支持するなら生きてる価値もない、糞。

778 :世界@名無史さん:2006/12/19(火) 05:25:42 0
朝鮮戦争といわずに韓国戦争という人の文章には
作為が匂いますね。

779 :世界@名無史さん:2006/12/19(火) 05:46:41 0




非常時に開くがよい http://plaza.rakuten.co.jp/orenozousan/diary/200604010000/





780 :世界@名無史さん:2006/12/19(火) 12:13:55 0
>>774
うーんと、例えば「従軍慰安婦強制連行は捏造」っていうのは嫌韓のうちなの?
だったらおれもそうなるなあ。
でもね、今では朝日新聞ですら、「挺身隊を慰安婦扱いにして騒いだのは韓国のマスコミだ。我々も迷惑してる」って言ってるんだよ。朝日と産経の記者が対談した本が、「朝日新聞社から」発行されてて、その本の中に出て来るんだから、これはマジです。

実際には吉田清治のウソを「事実だ」として報道し続け、両国を大騒ぎにし、そのことについてほっかむりをしてるのが朝日新聞なんだけどね。

おれには韓国人の友人もいるし、クセはあるけどいいやつだよ。ただ、間違っていることはきちんとツッコミを入れないと友情は成り立たないよ。
「過去に占領してたんだから、思っていても言っちゃいけない」っていうのは、「あの人はあれな人だからそっとしといてやれ」って言うのと同じで、ひどい差別だと思う。
だから友人とはこの問題でも話をしたこともあるし、「在日が全員強制連行ってのは現実的に見てありえないね。朝鮮戦争で逃げたんだろ。」と彼も言ってる。

こういうのも嫌韓なのかね?だったらこの韓国人はどうなるの?

781 :世界@名無史さん:2006/12/19(火) 17:44:48 0
嫌韓厨は早く死ねばいいのに

782 :世界@名無史さん:2006/12/19(火) 19:06:18 0
朝鮮戦争って、北朝鮮の方が韓国に攻め込んだことによって始まったという説があるらしいね。
俺も北朝鮮の方から攻め込んだと思うな。

783 :世界@名無史さん:2006/12/19(火) 19:31:23 0
>>782
開戦当時の装備や戦術等、どうみても、「説がある」どころの話じゃねーだろ。
だれだ、韓国が先に侵入したなんてデンパ飛ばしてるのは。あの豆鉄砲みたいな装備にろくに訓練もしてない愚連隊みたいな軍隊で、なんで先に手が出せるかよ。

784 :782:2006/12/19(火) 19:40:35 0
>>783
そんな言い方しなくたっていいじゃん。

785 :世界@名無史さん:2006/12/19(火) 22:34:54 0
盧溝橋と同じさ。発砲はしたんだろう。人民解放軍の準備砲撃にビビって。

786 :世界@名無史さん:2006/12/24(日) 17:06:16 0
北朝鮮崩壊間近には第二次朝鮮戦争が起こるのかな?

787 :世界@名無史さん:2006/12/24(日) 20:02:02 0
飯島酋長にそんな度胸があるワケ無い。

788 :世界@名無史さん:2006/12/24(日) 20:15:45 0
牟田口にはあったがな。

789 :世界@名無史さん:2006/12/27(水) 13:32:43 0
>>782
ブルース・カミングス乙。

790 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 06:56:54 0
当時、スターリンは「民族自決の為の内戦」と朝鮮戦争を評して、
ソビエトはこの戦争には一切、介入しないと宣言している。

791 :世界@名無史さん:2006/12/31(日) 09:11:28 0
>当時、スターリンは「民族自決の為の内戦」と朝鮮戦争を評して、
>ソビエトはこの戦争には一切、介入しないと宣言している。
北朝鮮軍が装備している大量のソ連製の装備からしても
スターリンのペテンはあまりにもお粗末。
スターリンも晩年で痴呆が入っていたのか。



792 :世界@名無史さん:2006/12/31(日) 21:36:54 0
朝鮮戦争にはソ連は空軍を派遣したけど大した数では無かった


793 :世界@名無史さん:2007/01/01(月) 10:19:10 0
>朝鮮戦争にはソ連は空軍を派遣したけど大した数では無かった
ミグ15をおよそ200機も配備しアメリカ軍機の損害の8割はソ連の派遣した空軍によるものだったが。


794 :中国人民解放軍の軍服をまとっていた:2007/01/01(月) 20:27:01 0
連は北朝鮮の要請で約200機のミグ戦闘機を密かに朝鮮戦争に
出撃させたが、操縦士らは中国人民解放軍の軍服をまとってい
たため気づかれなかった。


795 :MiG街道:2007/01/01(月) 20:32:55 0
マッカーサー元帥は、中国軍の侵入と補給を阻止するために鴨緑江
に架かっている橋の爆撃を企図していた。これはワシントンの反対
にあって一旦は中止されたが、マッカーサー元帥の強い抗議に合っ
て11月6日に許可され、8日に爆撃が開始された。この時、朝鮮上空
に中国空軍のMiG-15現れ、それまでは敵など存在しなかった米空軍
のF-80、F-84、米海軍のF9Fなどの直線翼ジェット戦闘機を一瞬で
旧式化してしまう。慌てた米空軍は、アメリカ本土でも配備が始ま
ったばかりのF-86Aを呼び寄せ、朝鮮半島北東部、通称「MiG街道」
で休戦の日までジェット戦闘機同士の空中戦が連日繰り広げられる。

796 :空飛ぶ死のガチョウ:2007/01/01(月) 20:44:42 0
ソ連が中国に供与したMIG−15(NATOコードネーム
「ファゴット」)戦闘機です。
それまで「超空の要塞」と呼ばれ偉容を誇り日本の主要都市
のほとんどを太平洋戦争末期に焼け野原にしたB−29が今
や「空飛ぶ死のガチョウ」となってバタバタ撃墜されていっ
たのです。

797 :世界@名無史さん:2007/01/01(月) 20:47:00 0
やっぱり、国民保導連盟事件にふれないと。
ソウルに残っていた保導連盟員は北チョンに、
大田刑務所などに収容された保導連盟員は南チョンに
殺されたということでFA。

798 :MIG−15とF−86:2007/01/01(月) 20:47:00 0
MIG−15とF−86の性能に関しては高空性能と加速性では
MIG−15が、低空性能と運動性ではF−86がやや優勢で、
総合的に見るとほぼ互角でした。しかし米空軍の統計によると米
側が空中戦で撃墜したMIG−15が600機以上であるのに対
して共産軍側が撃墜したF−86は60機程度です。10対1で
F−86の方が優勢だったのです。

799 :MIG−15とF−86:2007/01/01(月) 20:48:21 0
これにはパイロットの訓練度や機関砲の弾道特性
(MIG−15は23ミリと37ミリの大口径砲
を使っていたのでB−29を撃破するには向いていたが、
弾丸が重く初速が低いために弾道が直進せず対戦闘機戦
闘には向かなかった。一方F−86の方は12.7ミリ
機関砲を使用していたので初速が高いため弾道の直進性
が良く発射速度も高かった。)

800 :世界@名無史さん:2007/01/01(月) 20:56:59 0
1950年 保導連盟事件   300000人死亡
1951年 国民防衛軍事件  100000人死亡
1948年 済州島4.3事件   30000人死亡
1951年 居昌事件      8500人死亡



801 :世界@名無史さん:2007/01/01(月) 23:34:55 0
アメリカの前線部隊は共産軍機からロシア語の通信を傍受しソ連が空軍を派遣している事は察知していた。


802 :保導連盟事件:2007/01/01(月) 23:35:10 0
1950年6月25日に北朝鮮が侵攻してくると、韓国軍は釜山にまで後退
しながら、保導連盟に登録していた韓国人を危険分子と見なして大田
刑務所などで大虐殺を行った。韓国当局は彼らが北朝鮮軍に呼応して
反乱することを恐れたと言い訳した。これは韓国史最大のタブーとされ、
現在でも韓国では口に出すのも憚られるという。

803 :”韓国人による” 『 韓国人大虐殺 』 の嵐:2007/01/02(火) 11:20:24 0
連合国軍により、日本から独立させられた途端、”韓国人による” 『 韓国人大虐殺 』 の嵐。

 ・済州島事件       1948年4月  死者 3万人?
 ・麗水・順天反乱事件 1948年10月  死者 400人?
 ・国民保導連盟事件  1950年夏   死者 30万人? ・・・朝鮮戦争時
 ・国民防衛軍事件    1950年冬   死者 10万人? ・・・朝鮮戦争時
 ・居昌事件        1951年     死者 8500人? ・・・朝鮮戦争時
 ・光州事件        1980年5月   死者 193人?
 ・他にも虐殺事件はあったらしい。

※ 日本統治時代(1910〜45年)、在日台湾人で 拓殖大学客員教授の黄文雄氏によれば、
  破壊行為等 不法行為で殺された朝鮮人は、確か、多く見積もっても「 1万人以下」 とのこと。


804 :世界@名無史さん:2007/01/02(火) 18:33:02 0
困ったことには、朝鮮半島や日本のサヨクの間で「ニッテイの蛮行」として語り継がれていることのほとんどは、朝鮮戦争当時の南北朝鮮兵によるものであるという事実なのだが、
朝鮮人もサヨクもアホなのでその辺をきちんと検証しようという知恵はない。

805 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 09:21:02 0
自分達のしたことの照れ隠しだよ。

806 :世界@名無史さん:2007/01/07(日) 17:12:39 0
261『 マンセー名無しさん 』 sage
>>259
_________       / ̄ ̄ ̄\      __________
\ ウリナラ起源  /      ./  これは  i,     ヽ目下の者の責任と /
  \  ニダ  /   y     |  良いもの  |  n    \ して良いニカ?/
   \   / <―――― .'i,  ニカ?  /─┐      \      /
     \/            \___/  └──>  \    /
                               .       \/
                                   /  |
                                  /y   .|
                  _________  |/ .      |
                  \   解決   /   ̄   .   |
                    \  スミダ  /           | n
                     \   /      .        |
                       \/            ヽ|/

807 :世界@名無史さん:2007/01/07(日) 17:12:46 0

                            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                            | それは1945年以前に  |
                            | 起こったものニカ?    |
                       y  / \_________/
                        /         |
                      |/       .     | n
                       ̄           ヽ|/
            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   .  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
            |  日帝が悪い  |     |  米帝が悪い   |
            \______/     .|_______/

カナダ人作成フローチャート
ttp://keneckert.com/other/problem-flowchart.jpg

DATE:2007/01/07(日) 11:18:22 ID:QvWMCJmH

808 :世界@名無史さん:2007/01/08(月) 08:50:18 0
北朝鮮の前線部隊は帝国主義国機から英語の通信を傍受しウリナラ韓人が空軍に一人もいない事は察知していた。



809 :世界@名無史さん:2007/01/08(月) 14:13:31 0
そらあんた、あんな訓練生以前の軍隊に飛行機なんて動かせるわけないじゃん。
大体「韓国空軍」自体存在してないし(その意味じゃ北も一緒だけど)。

810 :世界@名無史さん:2007/01/25(木) 17:07:21 0
朝鮮戦争における日本の役割ってなんなんですか?

811 :世界@名無史さん:2007/01/25(木) 19:00:06 0
傍観者

812 :世界@名無史さん:2007/01/28(日) 20:04:54 0
北ではこの冬に数十万の餓死者が出ているらしい

813 :世界@名無史さん:2007/01/28(日) 20:57:59 0
もっと増えないかな。予備役は少ないほうがよい。

814 :世界@名無史さん:2007/02/01(木) 21:46:30 0
北や中共の動向が気になるな

第二次朝鮮戦争は起こるのかな?

815 :世界@名無史さん:2007/02/03(土) 10:27:02 0
起こるとしたら、ロシアがウラジオとザバイカルから電撃でやるでしょ。喉から欲しいところだからねぇ。中国の息のかかった現政権はプーチンも嫌っているようだから。

現在の戦力では、中国はロシア軍の展開能力には格差があるから。やるとしたら中国が人民解放軍を近代化する前しかない。

321 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)