2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【厨先生の】稲葉振一郎「単独」スレ【大躍進!】

1 :名無しさん@社会人:2006/09/29(金) 18:20:27
一部で「スネオ」という蔑称を与えられながらも、その
圧倒的な博覧強記でブログ界を席捲中! だがいったい何処へ
行こうとしているのか誰もはっきりと知ることはない
「人文系ヘタレ中級インテリ」厨先生の未見の冒険!
……をヲチするスレです。

稲葉振一郎
BLOG http://d.hatena.ne.jp/shinichiroinaba/
読書ノート http://www.meijigakuin.ac.jp/~inaba/books/books.htm
BBS http://www1.rocketbbs.com/615/inaba.html
HP http://www.meijigakuin.ac.jp/~inaba/

過去ログ
稲葉振一郎・立岩信也 Part 2
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1142700233/
稲葉振一郎・立岩真也
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1130495574/
稲葉振一郎・立岩真也・赤川学
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1117978938/
鶴見済、宮台真司、切込隊長、稲葉振一郎、赤川学
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1027981162/

2 :名無しさん@社会人:2006/09/29(金) 18:21:57
【スネオ人生】の文字列が入ってないお(T_T)

3 :名無しさん@社会人:2006/09/29(金) 18:24:29
代わりに建ててくれてありがとう


といいたいところだが、なんかイマイチ〜。
もっとシンプルにして欲しかった〜。

4 :名無しさん@社会人:2006/09/29(金) 18:30:32
雑魚を相手にすんな
時間と資源の無駄だよ
俺はわかっているから一切読まないもん

5 :名無しさん@社会人:2006/09/29(金) 18:41:36
と無駄レスをかます>>4

6 :名無しさん@社会人:2006/09/29(金) 18:46:23
一切読むな。
何の中身もなくかえってバカになる。
山形とか。


7 :名無しさん@社会人:2006/09/29(金) 18:46:37
ttp://www.daishodai.ac.jp/~shimosan/slavery/japan.html

<<秀吉は九州統一の直後、博多で耶蘇会のリーダーであった
 ガスパール・コエリョに対し、
 何故ポルトガル人はこんなにも熱心にキリスト教の布教に躍起になり、
 そして日本人を買って奴隷として船に連行するのか」と詰問している。>>



8 :名無しさん@社会人:2006/09/29(金) 20:45:48
http://d.hatena.ne.jp/suuuuhi/20060901

http://d.hatena.ne.jp/suuuuhi/20060906

http://kyoto-edu.bne.jp/~althusser/blog/


9 :名無しさん@社会人:2006/09/29(金) 21:41:04

【幼児的】稲葉振一郎のスネオ人生【全能感】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1159533500/l50

10 :名無しさん@社会人:2006/09/29(金) 21:57:54
自分の提案したスレタイがスルーされたので新しく建てましたってか
どっちが、「幼児的全能感」なんだかwwww

11 :名無しさん@社会人:2006/09/29(金) 22:19:40
まあいいんじゃね?
どーせ、過疎板なんだし。

12 :名無しさん@社会人:2006/09/30(土) 03:04:56
スネオ、明らかに自分で建てたな、このスレwwwwwwww

13 :名無しさん@社会人:2006/09/30(土) 19:28:57
稲葉氏は自分の模索する道を探求するのもいいが、
もう一度教養の現状診断的な部分を延長したようなやつを出してほしい。



14 :名無しさん@社会人:2006/09/30(土) 20:13:24
宮台信者絶滅祈願m(_ _)m

15 :名無しさん@社会人:2006/09/30(土) 21:16:52
リフレ派に関して
hamachanが岩キクの新書を褒めてたのが意外。
怒り狂うかと思ったのに。
となると田中秀臣氏の本になぜあんなに怒ったかがよくわからん。

16 :名無しさん@社会人:2006/09/30(土) 22:35:25
真性リフレ(マクロオンリー)とヘタレリフレ(隠れネオリベ)

17 :名無しさん@社会人:2006/10/01(日) 06:14:40
>>15
どこ?



18 :名無しさん@社会人:2006/10/01(日) 11:59:35
>>17
ttp://d.hatena.ne.jp/Yasuyuki-Iida/20060927
のコメント欄

19 :名無しさん@社会人:2006/10/01(日) 12:48:47
夫馬で〜す。

もう本当にねえ、アホかと、バカかと。
宮台ちゃんもね、相変わらずですよね。

>経験値が低いと、成績の良し悪しに関係なく
>「自分はダメ」という意識を持ちがちです。
それはいいんですよ。でもねえ、教育政策が変わっても
な〜んにも解決しないんですよ、これはね。
全体の経験知が上がってもですよ、駄目って意識は相対
的問題ですから、一定数の割合で駄目意識を持つ人間は
必ずいるの。こういう問題は、どうしようもないんこと
なんですよ。分かりましたか?

>「どうせアタシは」モードの女子ならば「受け身の性」を
>逆手にとって「そんなキミが好き」という男子をそれなりに
>見出せても、「能動的な性」を期待される男子が「どうせ
>オイラは」モードなら永久に相手は見つからない。
あのねえ、宮台ちゃん。可愛くない女に能動的になれるのは、
あーたのようなヤリチンのナンパ師だけなのよ、分かるかな?
この問題を解決しようと思ったら、男を「可愛くない女」でも
やろうとするナンパ師に改造するか(www)、それかねえ、
女をオタク好みの可愛い女に改造するか(www)、それか、
男が別に能動的にならんでも(=恋愛がなくても)結婚が成り
立つように社会が変わるか、しかないのよ。

もう本当にねえ、宮台ちゃんは経済思考が弱いんだよね。こう
いうときにこそ、稲葉ちゃんは「ケーザイ嫁!」、結論なんか
いいから「思考法こそ学べ!」っていうべきなんですけどね。

久しぶりに教育問題について対談しました。
http://www.miyadai.com/index.php?itemid=408

20 :名無しさん@社会人:2006/10/01(日) 12:51:12
フマネタはスネオスレの方に書けばいいじゃん。。

21 :名無しさん@社会人:2006/10/01(日) 13:00:49
自分で立てて「厨先生」かよww
つかどっちかに集約しないの?あと立岩スレはどうなった?

22 :名無しさん@社会人:2006/10/01(日) 14:10:26
>>21
稲葉と立岩をまとめることに前スレで反対が出た。
実際ほとんど稲葉ネタばかりだったからね。
立岩スレを別に建ててもいいけど、需要があるか(伸びるのか)は
微妙だと思う。

23 :名無しさん@社会人:2006/10/01(日) 22:30:17
>>18
へえええええ。とりあえずサンクス
俺もさっそく取寄せて呼んでみよ

でも「日本経済を学ぶ」とかで見れば、岩田氏も原則的には
市場主義者(というか経済学者はみなそうか)なわけで
(別に批判しているわけじゃないよ?)
その辺はどうなんだろ?

24 :名無しさん@社会人:2006/10/01(日) 22:56:35
『小さな政府を問い直す』ではミクロの話題が中心なので、
より市場主義的な面がバリバリに出てます。

25 :名無しさん@社会人:2006/10/02(月) 00:10:28
>>15
hamachanは意外と「マクロ経済学者」という肩書き(だけ)に弱いのでは?だから、飯田氏も結構好きだったりする。
田中氏は、「価格の神様」云々としゃべり場でしゃべりすぎたので、「ミクロ経済学者」志向であると判断されてしまったのでは。

26 :名無しさん@社会人:2006/10/02(月) 03:59:31
だが、本質的にスタンスは同じであるにもかかわらず、
一方の田中氏は「隠れネオリベ」、
他方の岩田氏は「バランス感覚がある」、
というのを聞くと、やっぱ「ネオリベ」って言葉は
いい加減すぎて混乱を招くだけな気がするべ。

そこからさらに、ネオリベ批判しているやつは
本気でものを考えてないんじゃないか、とさえ思えてくる。

27 :名無しさん@社会人:2006/10/02(月) 10:38:37
岩田は政治主義的に構造改革(主義)を批判していないからね。

28 :名無しさん@社会人:2006/10/02(月) 13:51:37
構造改革とリフレは別に同居できなくもないのに、
無理やりわけちゃった田中某

29 :名無しさん@社会人:2006/10/02(月) 16:15:50
>>28

夫馬で〜す。私とリフレ厨の喧嘩も
そこから始まった訳でありまして…

参考:田中秀臣先生の学問的誠実を考える会
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1147863235/

30 :名無しさん@社会人:2006/10/02(月) 18:11:14

ゆきたま、萌え萌え萌え〜

【最強の賢】本田 由紀3【最高の美】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1149935202/

31 :名無しさん@社会人:2006/10/03(火) 02:46:21
>>28
構造改革とリフレは別に同居できなくも無いのはそうだけど、
そこが論点だったわけじゃない気が。

好況期には構造改革OKだけど
不況期には駄目って話じゃなかった?

32 :名無しさん@社会人:2006/10/03(火) 04:57:32
構造改革という言葉がいったい何を表現して
そう言っているのか意味不明

33 :名無しさん@社会人:2006/10/03(火) 08:44:35
資源配分の効率性を高めるための
ミクロ的な措置のことだろ。


34 :名無しさん@社会人:2006/10/03(火) 08:55:12
内藤はまだあのページを先頭にしてんのか・・・

35 :名無しさん@社会人:2006/10/04(水) 03:23:18
米澤嘉博って誰?有名な人?

36 :名無しさん@社会人:2006/10/04(水) 07:38:55
fuma

37 :名無しさん@社会人:2006/10/04(水) 09:44:59
>>32
に立たない爺さん婆さん、産業の高度化についていけない若者、もちろん
可能的にしか人的資本でない障害者や重病人にはさっさと死んでもらおう
ということ。
そんでk観音様拝んでお手洗いに行く。

38 :名無しさん@社会人:2006/10/04(水) 13:04:58
>>37
逆だろ。既得権に乗っかってアウトサイダーを排除する
労組や馴れ合い・談合で硬直化した市場を
弾力化することで、資源配分の効率性と雇用を増大させるのが狙い。

論理的には、硬直化した労働市場の方が、役たたずを排除する。
しかも失業という形で社会的に排除し、それが長期化することで
社会関係からの排除になりかねない。

確かに難しい問題だが、社会的排除の問題としてみれば、
低賃金であっても雇用があるのとないのとでは大違いなんだ。

39 :名無しさん@社会人:2006/10/04(水) 13:09:27
ただし、デフレ下ならこれはシバキ主義に他ならない。
リフレ政策のほうがもっと効率的にみんなを楽にできる。


40 :名無しさん@社会人:2006/10/04(水) 13:31:48
>社会的排除の問題としてみれば、
>低賃金であっても雇用があるのとないのとでは大違いなんだ。

こういうのを「正論」とでも言うんだろうけど、
そろそろリフレ原理主義にも飽きてきた。
そんなにリフレ策がみんなの利益になるのなら
どうして誰も支持しないのか(誰もというか一部の経済学信者だけ)
合理的に説明して欲しいもんだ。
「選択は自由」なのに。

41 :名無しさん@社会人:2006/10/04(水) 13:36:49
安易に考えれば「みんなの利益」なんて誰も望んじゃいないからだろうな。
望むのは自分の利益だけであって。
一種の囚人のジレンマ状況?どうでもいいけど。

42 :名無しさん@社会人:2006/10/04(水) 14:58:36
小泉政権にとって郵政民営化なんて一種のパフォーマンスだからなあ。
そこをみて小泉-安部(森派閥)政権の本質だと見ちゃいけない。

43 :名無しさん@社会人:2006/10/04(水) 15:47:32
>>39
リフレ政策とシバキ主義は二項対立なのか

44 :名無しさん@社会人:2006/10/04(水) 16:21:02
>>38                 
「低賃金であっても雇用がないー雇用され得ない」ひとのことを>>37は語ってるのでは。

45 :名無しさん@社会人:2006/10/04(水) 16:27:20
爺も婆もとにかく働け!
ttp://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20061004AT3S0301803102006.html

46 :名無しさん@社会人:2006/10/04(水) 16:30:38
保守革命、保守強硬派路線でしかないものを「私は改革派だ」などと
大衆にプロバガンダするイメージ戦略として「構造改革」だなんて
本来は正反対の出自をもつ言葉をもってきて自己宣伝する。
小泉政権の政治路線というのは改革でもなんでもなく、旧社会党的な
対抗勢力が退潮した時代の(自民党)保守主義の我が物顔の闊歩でしかない。
これは改革でもなんでもない。ましてや構造のつく改革などでは全くない。
単に保守路線の強化でしかないのだ。

47 :名無しさん@社会人:2006/10/04(水) 16:39:26
リフレ派が言っていることも要するにマクロ的規模で市場を十全に
機能させられれば、市場の原理でトリクルダウン式に貧しい者にも
おこぼれが届くようになるはずだってことだろ。

48 :名無しさん@社会人:2006/10/04(水) 23:59:22
>>44
それはもう、構造改革とは何の関係もない話なんですが。

それはたぶん、ベーシック・インカムか、ワークフェアか、とかいった
枠組みで考えるべき話でしょ。

構造改革がなんであれだけ支持を得たかを考えてみなよ。
もう、単純に誰かを「悪魔化」して叩けばそれでいいなんて
話じゃ現状はないんだ。

49 :名無しさん@社会人:2006/10/05(木) 00:00:59
>>47
ちがう、雨の日には傘をさし、晴れたら傘を畳むように、
好況期と不況期では取るべき政策が変わってくるということ。

ミクロ的な資源配分の非効率の問題と、総需要の問題は別だということ。

50 :名無しさん@社会人:2006/10/05(木) 00:22:13
本スレはこちら:
【幼児的】稲葉振一郎のスネオ人生【全能感】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/economics/1157723844/l50

経済論戦は経済版で大人気の以下のスレへ:
稲葉振一郎@経済版
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/economics/1157723844/l50

51 :名無しさん@社会人:2006/10/05(木) 00:23:31
福祉社会の見直しが構造改革とは何の関係もない話なんですか、あーそうですか。
なぜ厨先生がいまどきベーシック・インカムとか生存権とか・・・悪魔祓いですか。

52 :名無しさん@社会人:2006/10/05(木) 00:30:47
ttp://www1.mhlw.go.jp/houdou/1104/h0415-2_16.html

53 :名無しさん@社会人:2006/10/05(木) 00:58:35
>>51
つまり、比較的高い賃金を維持することで、より多くの失業者を出すか、
それとも労働市場の流動性を高めることで、より多くの雇用と
所得格差を認めるか、という二者択一に基本的に直面しているわけだ。

後者の場合に、それでも生じる失業にどう対応するのか、というのは
ミクロ的な資源配分の調整を越える問題だと思うが。

54 :名無しさん@社会人:2006/10/05(木) 17:50:48
>>53
その両方の雇用形態を二極格差化して景気循環にあわせて
使い分けるのが日本型経営でもあったんじゃなかった?
それが正規雇用層と非正規雇用層との伝統的格差になっている。

55 :名無しさん@社会人:2006/10/05(木) 19:24:19
夫馬で〜す。

稲葉も山形の犠牲者。山形みたいな専門無しの奴の真似を
自分の専門、及びその周辺でやっちゃいかんよ

下手なこと言うのは、専門と関係ない『マクロ経済!w』
だけに限定しときゃ、よかったんだよ。自分の専門に近い
本田に手を出したのが間違いなのwww

56 :名無しさん@社会人:2006/10/05(木) 22:54:46
>>54
あー構図としては似てるかもしれんが。。。

元の論点は失業をどうするかの問題で、
構造改革とは失業者は志ねという政策だと言うから、
そうではなく失業の発生は労働市場の硬直性や
機能不全にあるとみて、流動性を高めることで
実質賃金を押し下げても雇用を増やそうとするものだ、
といったわけ。

で、この考えはそれ自体としては直ちにおかしいわけじゃない、と言った。
(例えばエスピン・アンデルセンが提言しているのも同じこと。)

つか、ちょっと前までかなりの人が、市場の不均等な発展とか、硬直性、
不公正さによって格差が構造化されているとか言ってたんだぜ?
構造改革を悪魔化する奴は見方があまりにも単純すぎる。

それにたいして、それでも働けない人のことを言っているのでは、
と指摘されたから、それは直接に構造改革に関わる論点じゃないでしょ、
といったわけ。

57 :名無しさん@社会人:2006/10/05(木) 23:21:44
話がホント変わるが、濱口氏のブログはマジで勉強になるな・・・

58 :名無しさん@社会人:2006/10/06(金) 00:57:01
「それでも働けない人」の対象が違う。
>>37が言っているのは就業不能者=要介護者や障害者。
ネオリベ社会福祉基礎構造改革の流れは現状悲惨だ、と。

59 :名無しさん@社会人:2006/10/06(金) 01:15:40
まず「構造改革」を定義してから所論を述べよう。

60 :名無しさん@社会人:2006/10/06(金) 03:19:47
>>58
>産業の高度化についていけない若者
が入っているし。

それに、爺さんばあさんにも働いてもらおう、
という方がどちらかというと近いと思うんだが。

61 :名無しさん@社会人:2006/10/06(金) 08:56:32
向こうのスレは自作自演がすごいな・・・


62 :名無しさん@社会人:2006/10/06(金) 10:40:49
>>60 
それ、ミスッタね、後で気づいたけどー誤読を召還するのもええやん。

55-64歳の不就業者1/3、65歳以上80% 70歳まで前者比率にしたいというのが
厚生労働省の目論見やろ。不就業者=非人的資本ちゃうからね。そやけど
要介護者比率を10%以内に抑えたとしても膨大な家族が共倒れになるんとちゃう?
アンデルセン童話もアルツハイマーに言及しとったけどね。ポテンシャル3%の成長
じゃあ、命は平等に価値が無いとしても、役に立たんものから速やかに退場して
いただくのがネオリベ発想やと思うが。社会的無用者を社会的コストを費やして
救済・生存させておくのは不合理な構造やないのかね。

63 :名無しさん@社会人:2006/10/06(金) 10:51:38
大きな政府でも、高福祉でもない日本国がネオリベ構造改革いうのはなんやろね。

厨先生ご指摘のように、80年代経済大国の成功要因だった日本特殊論が、バブル崩壊以降
世界標準から糾弾されてるのとちゃう?小泉構造改革かて不良債権一掃などとコミやった。
失われた10年から脱出できると漠然とした期待感があったんやね。

構造改革の対象となる不合理な構造って何よ?40年体制?今太閤の日本型社会主義?
どうせやったらパルミロ構造改革のほうがマシなんとちゃうか。



64 :名無しさん@社会人:2006/10/06(金) 11:09:00
格差化は80年代から兆候としてすでに見られるんとちゃう?

65 :名無しさん@社会人:2006/10/06(金) 11:22:22
失念したけど、高度成長期も格差は潜在していたという指摘もあったで。
資本主義なんやから(社会主義もやけど)格差は常にいませども。
ネオリベ政策のせいだけでもあらへん。現なるが故の格差論議やろ。

66 :名無しさん@社会人:2006/10/06(金) 11:25:03
×高度成長期も格差は潜在していた
○高度成長期ハもちろん、一億総中流化が喧伝された時期も格差は潜在していた

67 :名無しさん@社会人:2006/10/06(金) 11:35:23
平成13(2001)年度の46.6兆円から平成17(2005)年度の62.6兆円へと、
年平均で4兆円ずつ増加したグロス輸出が需要を補ったからこそ、
今般の景気回復は公共投資を削減する中で達成できました
もしそうしたグロス輸出の増加がなければ、いかに小泉政権とはいえ
公共投資による景気対策は不可避だったでしょう。
そしてこの増加自体、構造改革の成果とはほとんど無関係であって、
アメリカや中国の好景気と、物価変動の影響を除去した実質ベースで
見ればプラザ合意以来という円安の賜物に過ぎなかったのです。

68 :名無しさん@社会人:2006/10/06(金) 11:58:34
>>64
格差の存在じゃなく認識に関しては
ttp://d.hatena.ne.jp/kuma_asset/20061003

69 :名無しさん@社会人:2006/10/06(金) 13:35:23
ネット上で徴農ー自民党批判とかネット右翼批判とかが増えてきたのは
就職戦線が売り手市場になったからである。

70 :名無しさん@社会人:2006/10/06(金) 14:12:35
>>68
認識ってなんのことかと思ったら格差意識のことか。

71 :名無しさん@社会人:2006/10/06(金) 14:46:50
↑格差の存在や格差意識の変遷に関する大竹の認識じゃ。

72 :名無しさん@社会人:2006/10/06(金) 18:24:29
一億総中流意識を一億総中流の混同するなということか。

73 :名無しさん@社会人:2006/10/06(金) 18:41:06
一億総中流意識を一億総中流と混同するなということか。

74 :名無しさん@社会人:2006/10/06(金) 21:44:52
「富岡日記」を持ち出して「女工哀史」に反論したつもりに
なっているのはご愛敬ですが、まあ労働問題を語っている
つもりもないのでしょうから(労働問題研究者はみんな
サヨクだと思いこんでいるらしい)、農商務省の
「職工事情」を読んでから来いなどというつもりはない。
中西洋先生のゼミでそんなことやったら市中引き回しの
上打ち首獄門ですが、ね。

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_b2d6.html

75 :名無しさん@社会人:2006/10/06(金) 23:10:37
フレ史観とはいってみれば「景気が悪くて失業者が多いのはマクロの問題で別に“構造”が問題なんじゃないよ」
という観点なんじゃないの。その観点から「マクロなんて“構造”が変わらなければ意味ないよ」といっている
左右の構造派を斬るというスタンスなんじゃないの。だから、村上泰亮を小泉流構造改革派の先駆に位置付けるのは、
構造派の中の立場の相違にこだわるhamachanさんにとっては問題ではあっても
リフレ派対構造派の図式で見ているリフレ派にとってはぜんぜん正しいということだと思う。

76 :名無しさん@社会人:2006/10/06(金) 23:18:36


77 :名無しさん@社会人:2006/10/07(土) 00:11:49
>>75
仮に、景気が上向いて失業者は減っているが、非正規雇用が増える傾向はつづく
という状況はどうなの?

78 :名無しさん@社会人:2006/10/07(土) 00:59:30
リフレ政策は有効な場合があるが、<リフレ派>はぜんぜん正しくない、
というのが正しいようだ。

79 :名無しさん@社会人:2006/10/07(土) 10:34:55
フマみたいな基地外にやられちゃった稲葉
かっこわりぃ

80 :名無しさん@社会人:2006/10/07(土) 10:35:37
フマみたいな基地外にやられちゃったリフレ派
かっこわりぃ

81 :名無しさん@社会人:2006/10/07(土) 14:17:34
1. 枝野議員から、今回の景気回復には輸出拡大が大いに寄与しており、なぜ輸出が拡大したかといえば、
   実質実効為替レイトがプラザ合意以来の円安水準になったからではないのか、との問題提起
2. 大田大臣から、輸出が拡大した理由は、(1)「三つの過剰」の解消を通じたコスト低減による競争力の回復、
   (2)アメリカやアジアの好景気、との答弁
3. 枝野議員から、「三つの過剰」の解消とはリストラ=労働分配率の引下げが主要な内容であり、
   だからこそ景気が回復しているにもかかわらず消費拡大につながらず、内需主導の
   安定的景気拡大に至っていないのではないのか、との二の矢
4. 大田大臣から、昨今は雇用拡大などに見られるように労働市場がタイトになってきており、
   これから所得向上・消費拡大が期待される、との答弁

82 :名無しさん@社会人:2006/10/07(土) 21:00:45
>>77
それはありうるとは思うけど、まあそれは悪いかどうかと言われると
正直なんとも言えないよね。

まあそれもこれも、まずは景気回復してからの話だよね

83 :名無しさん@社会人:2006/10/08(日) 10:22:21
「低所得者の所得も増加するが、それ以上に中所得者以上の所得が
増加することによって拡大する所得格差」については許容し、
格差問題への対応としては、「機会の平等」を確保することが求められ、
その観点から、教育切符制度、公的な能力開発支援等は有効である。
ttp://d.hatena.ne.jp/kuma_asset/20061006

84 :名無しさん@社会人:2006/10/08(日) 11:42:28
景気が回復してきて、人を雇うのにも金がかかるようになってきた。
もっと移民の自由化を進めて、安い人材を調達できるように汁!

85 :名無しさん@社会人:2006/10/08(日) 11:56:40
「人間改造計画」と治安対策で社会的コストが。

86 :名無しさん@社会人:2006/10/08(日) 12:19:01
リフレ派の多くは、熟練労働者の移民自由化は良いが、
未熟練労働者の移民は慎重に、というぐらいのスタンスかね。
中途半端より、完全に自由にしちゃったほうが経済も発展するし、
面白い世の中になると思うんだけどね。
ニートやワーキングプアどもによる移民差別とか、
移民の次の世代ではフランスみたいに移民暴動とか起こるかもしれんが、
日本が世界標準になる第一歩だと思えば安いもんだ。

87 :名無しさん@社会人:2006/10/08(日) 12:22:17
宮台信者絶滅祈願m(_ _)m

88 :名無しさん@社会人:2006/10/08(日) 16:16:40
リフレ厨の自演カキコわざとらしい。

89 :名無しさん@社会人:2006/10/08(日) 20:24:55
>>84 >>86
今は財界・経営者だけではなく、左派にも移民を受け入れろと平気で書く輩が目立つようになった。
しかも「現在の外国人労働者の扱いは良くない→地位向上も同時に行え」という人権派的な装いを持っているので始末が悪い。
朝日も労働開国を行えと言っていたし、来年あたりはこうした論調もますます増えるのだろう。
教え子に外国人留学生が多いという韓リフ先生もさすがに外国人労働者を自由化しろとは言っていない(はず)

姜尚中や梁石日も移民を入れろとか言っていたが、これまで自分たちの権利と地位の獲得のために
大変な苦労をしてきた在日がなぜこんな論に乗るのか、全く理解できない。
後から来る者たちも同じ苦労をしろ、俺たちはやって来たということなのか。
梁などは「夜を賭けて」いた時代と同じことが今の日本でも出来ると思っているようだ。
石川好なども俺はアメリカで苦労した、やれば出来るというタイプか。

あるいはマイノリティこそが安易な五族協和論を蒸し返すのかもしれない。なかなか興味深いテーマだ。
ちなみに来日しているアジア人ジャーナリストも基本は労働界国派のようです。これ、往年の日本が移民を輸出
して国内の労働問題を解決しようとしたのと同じことを今の途上国も繰り返しているだけなんだよね。
あの類のエリートは洋の東西を問わず、優しいフリして他人に冷たいのですよ。

90 :名無しさん@社会人:2006/10/08(日) 23:50:23
移民なんか自由化してどうするつもりなんだろうね?


91 :名無しさん@社会人:2006/10/09(月) 00:54:02
>>90
もちろん財界・経営者は単に安価な労働力を調達したいのが本音で、これは言わずもがなで今さら。
問題はそれ以外の人々。
EPAに基づいたフィリピンの看護師・介護士の受け入れに象徴されるように、
慢性的な失業・無業の常態化を解決できない途上国にとっては、先進国に労働開国
を迫ることで国内の問題を先送り出来る。
こうした主張を行う途上国のジャーナリストに同調することが「進歩的」なように
錯覚している日本人というのがいるわけですよ。

92 :名無しさん@社会人:2006/10/09(月) 01:03:12
例えばこれは朝日の記事ですが、こういうことを日本人に堂々と要求する日本滞在中のスリランカ人がいたりする。

「日本の職場 外国人に厳しいルール」スベンドリニ・カクチ
インタープレス・サービス 東京特派員〈スリランカ〉
ttp://www.asahi.com/international/aan/column/060812.html

このカクチ氏が所属しているのがAAN(ASAHISHINBUN ASIA NETWORK)
ttp://www.asahi.com/international/aan/report/report_profile.html

このAANの主査である竹内幸史が書いたのがこの記事。
「人材の確保、外国から 受け入れ政策、長期的視野で」
ttp://www.asahi.com/strategy/0829a.html

陰謀論めくが、点と線はピッタリ繋がっている。

93 :名無しさん@社会人:2006/10/09(月) 01:06:03
>>89
>これまで自分たちの権利と地位の獲得のために 大変な苦労をしてきた在日が
>なぜこんな論に乗るのか、全く理解できない。
>後から来る者たちも同じ苦労をしろ、俺たちはやって来たということなのか

いや、まず移民を完全に自由化し、閉鎖的な日本村社会を解体する第一歩とし、
民族・国籍に関係なく皆が平等に尊重される世の中を目指すべきだろう。
左派リベラルだけでなく、ネオリベ系右派も移民自由化に賛成だということは、
日本で移民に反対する強い勢力というものはないということだ。
だとしたら国家廃絶も夢ではない。
もちろん一気に国家を廃絶せよというのは極端だが、
外国人を自由に国政に参加させるようにすれば、移民が特に苦労するということにはなるまい。
排外主義的な2chウヨのような連中による差別が心配だから移民は慎重にせよ、
などという議論は本末転倒だ。
移民と良識的市民の連帯によって国粋主義者を逆に差別するぐらいの社会変革をするべき。
あらかじめ人権擁護法などの法整備は必要であろうが。

94 :名無しさん@社会人:2006/10/09(月) 01:26:02
>>93
釣りだろうが、日本の駄目な左翼の思考パターンそのもので面白いなあ。

「左派リベラル」と「ネオリベ系右派」の共闘か。確かにICU・SFC・APU
あたりにいる「左派リベラル」と、拓殖大・国際教養大系の右派グローバリストの違
いって無知な自分にはよく分からないんだよなあ。
その他の大学の国際系学部も左右のそういう人材を片っ端から集めているし。

また、地域通貨(補完通貨)とか通貨統合とかもどっちも好きだしなあ。

95 :名無しさん@社会人:2006/10/09(月) 01:38:29
>>93
こうした議論には「日本の完全失業率はまだ4・1%もあり、これを解決するのが先決」
と言い返せば本来はそこで終わる(にも関わらず、この程度の反論すら出てこない
のは何なんだ、と思いますが)
姜などは去年だか、NHK-BSの番組で(つまりわざわざ受信料を使って)
フランスの移民社会を取材しに行ったのに、その後も「今後の日本にも外国人労働者は必要だが、日
本はフランスの失敗を繰り返さないように」とか言い続けているらしい。
いや、もうフランスを見たら「安易な移民はコリゴリ」なんじゃないですか、先生・・・。
そんなに在日の苦労をまた別の民族にも味わわせたいですか? 

在日外国人の人権擁護に奔走している人権活動家にも竹内や姜みたいな人がたまにいるけど、
ああいう連中の思考回路は本当に理解に苦しむ。
日本の左翼って、大東亜共栄圏・五族協和はもうカンベンだったのではないの?

96 :名無しさん@社会人:2006/10/10(火) 00:53:48
日本の生産年齢人口は、1995年の8716万人をピークとして、すでに継続的な現象過程に入っている。
2020年には7445万人となり、 2050年には5389万人となる。つまり、95年に比べてじつに3327万人も減る。
このため、21世紀の中頃において、日本経済は全体として深刻な労働力不足に直面すると考えられる。
製造業の場合には、対処の方法はいくつかある。第一は、生産活動を海外に移転させることだ。
もう一つは、労働者一人あたりの資本設備を増加させることだ。これによって労働生産性が上昇する。
しかし、サービス産業、特に対人サービス産業については、生産活動を海外に移すわけにはゆかない。
また、資本装備率を高めることは可能だが、その効果は製造業の場合ほど高くない。
したがって、ある程度の労働力を確保することが、どうしても必要になる。特に問題になるのは、
医療や介護などの分野だ。
そこで、高齢者や女性の活用が必要になる。しかし、高齢者や女性の労働力率をいかに上げたところで、
限度がある。したがって、最終的な方法として、外国人労働力に頼らざるをえない。

97 :名無しさん@社会人:2006/10/10(火) 01:18:28
急速な少子高齢化の進行と景気回復を背景に、外国人労働者受け入れの議論が盛んになっている。
しかしながら、労働力不足を補うために外国人労働者の受け入れを安易に拡大することは、将来に禍根を残すと。
長期的には日本の労働力人口の減少が懸念されるも、現在の日本には活用されていない労働力が多い。
高い勤労意欲を持つ高齢者を活用し、両立支援策、再就職市場を整備して女性の力を活用すべきである。技
特に、200万人を超えるフリーターや50万人を超えるニートといわれている若者を社会の担い手として育てることなく、
安易に外国人に頼るような社会は、国家として健全であるとは思えない。
個別の産業分野、企業における人手不足を解消するためには、雇用条件の改善等の解決すべき課題がある。
特に、日本人が就きたがらない「3K職場」や単純労働者として外国人労働者を受け入れることは、
労働条件の改善や産業構造の転換を遅らせ、日本の中に日本人と外国人という格差を生じさせ、
社会の不安定化をもたらす恐れがある。
また、看護師、介護福祉士の不足が言われるが、資格を持ちながら当該職種で働く者の割合は6割程度にすぎない
。希望する仕事でありながら、日本人が働き続けられないという状況こそ改善すべきで、安易に外国人労働者に
頼る道を取るべきではない。資格者が働き続けられる方策を考えるべきである。このために必要な医療制度、
介護制度の充実に関し、国民の理解を得る努力をすることも必要だ。

98 :名無しさん@社会人:2006/10/10(火) 08:56:58
>>96 >>97
どこからの天災かと思ったら新潮か。ご本人?
でなければちゃんと天災許可とったの?

99 :名無しさん@社会人:2006/10/10(火) 10:16:04
グローバル経済と大東亜の区別もつかぬ穴黒自作自演厨にはコピペで十分。

100 :名無しさん@社会人:2006/10/10(火) 11:47:19
>>96
「超」整理日記2004-10-02「アメリカ社会と「ヒスパニック」」
http://www.noguchi.co.jp/archive/diary/dr_041002.php
深刻な労働力不足時代に日本は純血社会を守れない
>>97
少子化・人口問題:論点:「外国人労働者受け入れ」を考える−少子化・人口問題:MSN毎日インタラクティブ
http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/katei/population/news/20060902org00m100999000c.html


101 :名無しさん@社会人:2006/10/10(火) 11:53:49
ところで稲葉バンドは移民の唄、演ってるいるわけ?

102 :名無しさん@社会人:2006/10/12(木) 16:59:40
実質賃金が低下しているので家計消費が低迷している

103 :名無しさん@社会人:2006/10/12(木) 23:25:30
稲葉氏の思考が現在どういう方向に向かっているのかが
よくわからん・・・

国際法とかシュミットとかがどこに結びついていくのかな?

104 :名無しさん@社会人:2006/10/12(木) 23:56:09
ナチズム

105 :名無しさん@社会人:2006/10/13(金) 02:04:24
http://d.hatena.ne.jp/lelele/20061010#c1160531895
http://d.hatena.ne.jp/lelele/20061010#c1160532454
http://d.hatena.ne.jp/lelele/20061010#c1160532827
http://d.hatena.ne.jp/lelele/20061010#c1160533135
http://d.hatena.ne.jp/lelele/20061006#c1160531200
http://d.hatena.ne.jp/lelele/20061006#c1160532691
http://d.hatena.ne.jp/lelele/20060929#c1159540780

106 :名無しさん@社会人:2006/10/14(土) 23:31:48
ttp://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_b286.html#comments

濱口氏の懸念はもっともだけれども、
ただ安倍内閣の提示する労働ビッグバンを含む
ビジョンが持つ訴える力は虚構ではない。

問題はいったい何なんだ?
それをずばっと、大衆に届く形で届けられる
左翼というものをまだ見た事が無い。

107 :名無しさん@社会人:2006/11/04(土) 20:01:02
届いたら気持ち悪い

108 :名無しさん@社会人:2006/11/04(土) 21:19:09
そう、届いたら迷惑。やめてほしい。

109 :名無しさん@社会人:2006/11/05(日) 13:04:48
ピョンヤン放送のおばちゃんの方、民族服着て欲しい。

110 :考える名無しさん:2006/11/05(日) 20:49:22
チョゴリ!

111 :名無しさん@社会人:2006/11/05(日) 20:52:26

山形さんの『マクロケーザイ教』ご開陳で〜すw

------
>「それが信じられないというならご愁傷さま」だってさ、何これ?

>これって何かの宗教か?
>経済成長を信じなければ駄目だ。信じれば自分も幸せになって、他人も幸せにできる。信じない奴は、勝手に地獄に落ちなさい。
>可哀相に、だってさw

残念ながら、そういうことだ。
もしかするとあなたみたいな人には「何かの宗教」に思えるのかもしれない。
重要なのは、何が、どうなって、どういう理屈で地獄イキなのかってことだ。
詳しい話はその文章を穴が開くほどよく読んで。

さて、ところで、だ。
世に住む、生きとし生ける者すべてが、平和に、平等に、明るく、楽しく、美しく、幸福と善意とやさしさと愛に満ちた世界を獲得するため、
あなたは、経済成長を信じないならいったい何を信じようというの?
Posted by ふま氏へ at 2006年11月05日 17:07
------

群盲成長をなでる
404 Blog Not Found
The requested blog was not found on this server.

112 :名無しさん@社会人:2006/11/06(月) 16:23:28
やっぱり信仰だったのか。

113 :名無しさん@社会人:2006/11/06(月) 17:36:00
山形マクロケーザイ教の信者(ネットイナゴ)が、ミクロ官庁の官僚や御用学者(本田先生)のブログのコメント欄を
荒らしてたんですかっ!

114 :名無しさん@社会人:2006/11/06(月) 18:15:26
348 :無名草子さん :2006/11/06(月) 10:18:40
山形さんもミクロ官庁の厚労省(bewaad氏曰く)の官僚であるhamachanに
評価されなくても、一流官庁の官僚であるbewaad氏に高い評価をされてる
んだから、気にしなくてもいいんじゃないんですかぁーーーー
2006/11/5(日) 午後 11:28 [ nami ]

>厚労省や文科省みたいなミクロ官庁のみを並べたのならともかく(むろん
この場合、そんな二次的な当事者能力しかない連中ばかり集めても意味が
ないという批判が当たりますが)、きちんと内閣府が絡んでいる(後には
内閣官房も加わります)のだから頭が痛くなってきます。霞が関を代表する
ような立場ではさらさらありませんが、若年無職者の方々には本当に申し訳
なく思います・・・。 http://bewaad.com/20050527.html#p02
2006/11/5(日) 午後 11:29 [ nami ]

補足説明しますと、bewaad氏がこのエントリーを書いた当時の内閣府の江利川
事務次官は厚生省の出身なんですね。ふぅーん、厚労省は、二次的な当事者
能力しかない連中ばかりのなんですね。さすが、一流官庁の人は言う事が違い
ますワ
2006/11/6(月) 午前 0:14 [ nami ]

115 :名無しさん@社会人:2006/11/07(火) 11:51:16
で、とるべきは?リフレ政策??
>結局スケープゴートを血祭りに挙げることで本当の問題の隠蔽がなされるために、
>解決は一向に進まない。庶民が苦しんでいるのは既得権者や官僚など含め誰か悪い奴らが
>暴利を貪っているからで、そいつらを退治することで正義は実現されるという
>水戸黄門的世界観がここにもある。見当はずれな政策はかくのごとく進行する。
ttp://d.hatena.ne.jp/sunafukin99/20061105/1162687897

116 :名無しさん@社会人:2006/11/07(火) 13:57:11
>>115
で、その悪党退治とやらとリフレ政策は両立しないの?

117 :名無しさん@社会人:2006/11/07(火) 14:00:23
>>116
リフレ政策に反対する悪党退治ということなら両立します。

118 :名無しさん@社会人:2006/11/07(火) 14:41:46
sunafukinさん自身は再分配をするとしても成長が必要、という穏健派なんだけどね。
マクロ/ミクロを峻別する潔癖症が隠蔽しようとするものは何か?を考えて欲しいな。

119 :名無しさん@社会人:2006/11/07(火) 14:43:26
>>117
そうやって逃げないで答えてくれる?

120 :名無しさん@社会人:2006/11/07(火) 21:31:01
両立するだろ。なのに両立しないかのような、水戸黄門的世界観とか言い出すのは
なぜか?猫騙しをしているのはどちらか?無民、よ〜く考えてみよう。

121 :名無しさん@社会人:2006/11/07(火) 21:57:24
332 :名無しさん@社会人:2006/11/06(月) 23:57:28
どっちの資本主義を主敵に据えるかで、社会主義ビジョンもがらりと変わってくる。
重商主義者の「成長」とは権力者やその周りの金持ちのもとに金銀財宝が集まって
くるということですから、そんな成長糞食らえというのは首尾一貫する。
ポストモダン派ほどそうなるわけで。
ここんところは、夫馬さんが向こう側で、私と山形氏の方が同じ側のようですね。
投稿 hamachan | 2006/11/06 17:39:22

構造改革ってなあに?
http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_b2d6.html#c4618722

122 :名無しさん@社会人:2006/11/07(火) 21:58:18
338 :名無しさん@社会人:2006/11/07(火) 21:55:09
>>332-333
山形って政府が発展途上国をどう支援するかみたいな調査やってるんだっけ?

123 :名無しさん@社会人:2006/11/07(火) 21:59:25
>>121-122
山形氏は労働価値説の流れをくむ実体的付加価値論者なんですね。
労働関係者を含む非金融系実務者は概ねその傾向はありますけど。


124 :リフレ派ですがなにか?:2006/11/09(木) 15:56:05
「官僚」叩きが大流行してるけど、これって周到に仕組まれた罠だろ
若者の現在・将来にわたる就業機会や財産を奪っている「本当の敵」が
真実から眼をそらさせる為にやってる。


125 :名無しさん@社会人:2006/11/10(金) 09:47:06
むしろ官僚叩きはトーンダウンしてるだろう。

126 :名無しさん@社会人:2006/11/10(金) 18:27:04
流行ったのは「リフレ厨」叩きですがなにか?

127 :名無しさん@社会人:2006/11/10(金) 23:46:31
それはおまえのマイブームだろ。
つまらん。

128 :名無しさん@社会人:2006/11/11(土) 00:21:14

山形マクロケーザイ教のことだよ〜ん。w

> もちろん忌むべきは、こういったすぐに答えの出しようのない疑問に対して
> あたかも自分が答を持っているかのように振る舞うことです。「水からの伝
> 言」はこの類いなのでしょう。そういったものに対しては、どんんどんダメ
> だしをするべきです

2006年11月10日 11:40 [Edit] 専門家の傲慢、素人の怠慢
http://blog.livedoor.jp/dankogai/

------

>経済成長は、ぼくたち一人一人の成長や能力向上の直接的な反映だ。
「直接的な反映」だってさw

>経済成長をやめろというのは、人間が成長をやめろということだ。
「人間の成長」=「経済成長」。ふ〜ん

>みんながそれをやったら、経済だって当然のように成長するしか
>ないんだもの。それが起こらない、という状況のほうがきわめて
>不自然だ
えっ「みんな」ですか?

>経済成長を願うのは、人の成長能力を信じ、そしてその潜在力を
>思い切り発揮してくれることを願う、信頼と希望の表明でもある。
>それが信じられないというならご愁傷さま。

129 :名無しさん@社会人:2006/11/11(土) 00:22:09

布教厨で〜すwww

> 私はDanさんを、非常にもったいないと感じています。素晴らしい頭脳と
> 意欲、そして高い理想と志を持ちながら、たった一点、
> 「自分が経済学を全然わかってない」
> ことだけをわかっていない。
>
> Danさんの能力だったら標準的な教科書を一通り修めるのに、いくらも
> 労力はかからないでしょうに。本当に残念なことです。

Posted by no-name at 2006年11月10日 19:32
2006年11月10日 11:40 [Edit] 専門家の傲慢、素人の怠慢
http://blog.livedoor.jp/dankogai/

130 :名無しさん@社会人:2006/11/11(土) 00:22:43

「尽くされている」んだってさw

> とりあえず経済学とは何ぞや?ということをある程度突っ込んで考えた
> ことのある人にとっての見方というのは、山形先生のエントリー(「経済
> 成長の意味」、「成長をなでる「盲」ってだぁれ?」)に尽くされているとは
> 思います。

ふぉーりん・あとにーの憂鬱:
http://www.ny47th.com/fallin_attorney/archives/2006/11/08-125712.php

131 :名無しさん@社会人:2006/11/11(土) 11:47:30
子供や働き盛りは大食らいで高カロリー。中年になっなら生活習慣病対策で
控えるだろ。だけど食事はとる。Danさんは廃墟からの復興=開発独裁に総動員され、
飽食した高齢化日本のある種の感慨を言ってるに過ぎない。経済学のタームで言うから
叩かれるのだがな。感覚的には山形タンのジャンプ風教養小説も古めかしい。

132 :名無しさん@社会人:2006/11/11(土) 15:28:13
「大学入試が全体として楽になってきている中、相対的に中央と地方、
 名門と中堅以下の格差が開いてきている。」確かに「受験戦争の弊害」
という批判は見当違いだ。なぜなら教育格差社会ーそれを国民が求めて
いるからだ(山田昌弘※1)。大竹文雄※2が指摘するように、日本の格差が両極化
ではなく、中間層の下流転落であるならば、相対的優位に立とうとする
受験競争を・・・以下、略。
※1 ttp://www.amazon.co.jp/gp/product/4163684506/
※2 ttp://d.hatena.ne.jp/kuma_asset/20061003/

133 :名無しさん@社会人:2006/11/12(日) 15:28:10
おや、おやw

ふぉーりん・あとにーの憂鬱:「素人お断り」? [ 2006年11月10日 ]
http://www.ny47th.com/fallin_attorney/archives/2006/11/10-123807.php

134 :名無しさん@社会人:2006/11/12(日) 15:28:52

やっぱ、これでしょ

> 忌むべきは、こういったすぐに答えの出しようのない疑問に対して
> あたかも自分が答を持っているかのように振る舞うことです。「水
> からの伝言」はこの類いなのでしょう。そういったものに対しては、
>
> どんんどんダメだしをするべきです

山形は、申し開きの一つも入れられないのかねえ



経済成長の意味。
http://d.hatena.ne.jp/wlj-Friday/20061103

135 :名無しさん@社会人:2006/11/12(日) 16:51:08
どっちーも。弾段意固地になるし、他方は居丈高に・・・所詮はブログ論争。
この方達が経済政策をー運営していなくて良かった?

136 :名無しさん@社会人:2006/11/12(日) 17:02:03
>「改革」が進むとほんとうに財政効率化と障害者の「自立」や「消費者主権」の実現が、
>パレート改善のように実現する 
ttp://d.hatena.ne.jp/dojin/20061111(ブログ主は否定的に言及)
改革→成長 置換しても同じ。

137 :名無しさん@社会人:2006/11/12(日) 22:59:51
>>136
>改革→成長 置換しても同じ。

「同じ」のはずね〜だろ。文脈を無視してdojinさんのエントリを都合よく使うなよ。
まさかおまえはふまか? いい加減に死ねよ。

138 :名無しさん@社会人:2006/11/12(日) 23:16:20

経済学からの伝言:
>オープンソースがどうしたこうしたと言いながら、拙訳の
>エリック・レイモンド「伽藍とバザール」三部作もお読み
>いただいていないということでしょうか

404 Blog Not Found
The requested blog was not found on this server.
2006年11月12日 17:30 [Edit]
There's gotta be more than one theory to run bazaar

139 :名無しさん@社会人:2006/11/13(月) 08:40:10
395 :無名草子さん :2006/11/13(月) 08:31:58
また、だよ…

>一般均衡理論を知らないで、効率性がどうとか言ってるでしょ。
>経済成長理論を知らないで、経済成長がどうとか言ってるでしょ。

140 :名無しさん@社会人:2006/11/13(月) 08:41:02
396 :無名草子さん :2006/11/13(月) 08:35:07
> 忌むべきは、こういったすぐに答えの出しようのない疑問に対して
> あたかも自分が答を持っているかのように振る舞うことです。「水
> からの伝言」はこの類いなのでしょう。そういったものに対しては、
>
> どんんどんダメだしをするべきです

> むちゃくちゃな政治的言説が、経済学に権威主義的に支えられて、
> なんだかよくわからないうちに、ある程度の影響力をもってしまう
> ような、目を疑うようなこともあるわけで

これからも『山形からの伝言』に対しては、どんどんダメだしをする
必要があるな

141 :名無しさん@社会人:2006/11/14(火) 13:23:02
金勝ちゃん、スタジオパークに出てバカ話を・・・稲葉もこうなりたいのかね。

142 :名無しさん@社会人:2006/11/14(火) 14:15:56
金子の勘違いは
宮崎を見たためか

143 :名無しさん@社会人:2006/11/14(火) 17:00:47
宮崎って、たかじんのパシリの方か?

144 :名無しさん@社会人:2006/11/14(火) 18:34:09

今度も、申し開きの一つも入れないつもりか?
つーか、入れられないだけか…

> サムエルソンのはじめのころの国民所得の説明って、いまの教科書と
> あんまりかわってないでしょ。最近のマンキューあたりのほうがいい
> かげんになってるくらいで。理論的になら、経済厚生と国民所得が逆
> に動くようなモデルなんてすぐつくれるでしょう。結局、最高ってい
> うより、惰性で使ってる側面すらあるでしょ。特に生産がからむと、
> さっきいった資本の集計問題もあるし。最高のものの一つというなら、
> それちゃんと書いてる論文おしえてください。
地方(≠痴呆)にいるけど賢くなりたい経済学教員
http://d.hatena.ne.jp/osakaeco/20061114/p2

145 :名無しさん@社会人:2006/11/15(水) 09:26:19
本人
http://osaka.eco.toyama-u.ac.jp/~osaka/

146 :名無しさん@社会人:2006/11/15(水) 09:29:12
>>144-145

おぬし、リフレ派を敵に回したな

147 :名無しさん@社会人:2006/11/15(水) 14:24:33
まだ<左翼>が現存していると認識しているんだろうか?
>現代の先進国、豊かな社会における左翼は、ただ単にこうした「抑圧的寛容」によって
>国内亡命を強いられているだけではなく、既成事実としてこのような適応戦略を採用して
>しまってもいる
ttp://d.hatena.ne.jp/shinichiroinaba/20061115

148 :名無しさん@社会人:2006/11/15(水) 20:02:09
フマに荒らされて、コメント停止

149 :名無しさん@社会人:2006/11/15(水) 20:23:25
なにをもって荒しとかスパムと定義しているのか意味不明だな。
自分に都合が悪い異見を検閲しているだけじゃないのか。

150 :名無しさん@社会人:2006/11/15(水) 21:20:12
フマが都合がいい訳ないだろ。だから排除

151 :名無しさん@社会人:2006/11/15(水) 22:15:53
フマバッシングカコワルい

152 :名無しさん@社会人:2006/11/15(水) 23:07:57
教育基本法改○のいまどき、稲葉さんの迂遠な議論は間に合うのかね?
安倍本命の憲法改○までまっしぐらだよ。あ、私的な趣味の領域なのか。

153 :名無しさん@社会人:2006/11/17(金) 01:03:17
中韓集団全体主義者・振一郎 タコ部屋半生記。

154 :名無しさん@社会人:2006/11/17(金) 11:35:40
キタの社会はタコ部屋のようなものやと思います。非人間的全体主義の代名詞のように
言われる全人格的タコ部屋制ですが、非常時にはそれなりの合理性があることが指摘
できます。(各種総力戦分析参照)
タコ奉仕にはついて行かれへん人はまったくついて行かれへんけど、ついてける人は
ついてって結構楽しくやってしまう。しかし問題は、誰がついてける人なのか、
実際に働かせてみないとほんとのところは分からん、というところです。
学力とか知識ではわからんことはもちろん、体力テストをしても分からんのですよ。
自己放棄の奉仕が快感であるという国家宗教的刷り込みを幼児から行えば、
ついていける比率はグンと上がるでしょうね。

155 :名無しさん@社会人:2006/11/17(金) 11:46:49
稲葉は経済学の知識があるからといって、邪悪にふるまっている。

156 :名無しさん@社会人:2006/11/17(金) 14:02:42
ミルトン・フリードマンさん死去だとさ

157 :名無しさん@社会人:2006/11/17(金) 17:16:55
仲谷昇

158 :名無しさん@社会人:2006/11/17(金) 19:15:27
来てるよ、来てるよw

山形氏の「矛盾」
http://d.hatena.ne.jp/osakaeco/20061117/p1

159 :名無しさん@社会人:2006/11/17(金) 21:12:12
稲葉は経済学の素人を完璧にバカにしている。
人様をナメんじゃねーよ!

160 :名無しさん@社会人:2006/11/17(金) 21:34:10
>先進国の豊かさは発展途上国に波及する
が、先進国または国際企業あるいは投資機関の都合に左右される。
グローバル経済下で従属理論ー世界システム論と内発的発展論を機械的に対立
させるのは無意味だ。ネオリベの浸透がBHNにつながるかどうかが問題。

161 :名無しさん@社会人:2006/11/17(金) 22:56:37
>>159
意味わからん。稲葉だって経済学の素人やん。

162 :名無しさん@社会人:2006/11/18(土) 05:07:18
つまり、山形の相手は夫馬あたりがお似合いということ

163 :名無しさん@社会人:2006/11/18(土) 07:27:07
>>161
もっっとハッキリ言うと、
稲葉は経済学の素人以下でしょう。

164 :名無しさん@社会人:2006/11/18(土) 12:16:51
まーた、フマがなんか書いてるよwww

>一方で、流動性トラップを抜け出した状態では名目金利は
>正であるため、将来において流動性トラップから抜けると
>いう期待は、必然的に将来において名目金利が正になると
>いう期待を伴う。逆に言えば、将来においてもゼロ金利が
>続くと期待することは、必然的に流動性トラップから抜け
>ないと期待することである。(日本は、これに近い状態を
>続けているように見える。)

>であるならば、本流リフレ派の主張の通り、トラップから
>抜けるには、シニョレッジが使われる(減税?財出?)と
>いう期待を市場が抱く必要性がある。もちろん、あまりに
>多く使われると期待されると、今度は高インフレになって
>しまうけれど。本流リフレ派の認識はFTPLと親和的である。
http://bewaad.com/20061115.html#c17

165 :名無しさん@社会人:2006/11/18(土) 22:27:49
>>162
実際にフマの相手をしているのはhamachanだがw

166 :名無しさん@社会人:2006/11/18(土) 22:47:45
>>165 bewaadもたまに相手にしてる。官僚って
デンパ市民との付き合いが好きなのか

167 :名無しさん@社会人:2006/11/18(土) 22:50:59
官僚にとってデンパ市民の乱入は一イベントなんだよ

おっ、あの変なおっちゃん、また来てるな、みたいな

168 :名無しさん@社会人:2006/11/18(土) 22:52:20
デンパの相手は法案作成に疲れたときの息抜き

169 :名無しさん@社会人:2006/11/19(日) 11:50:20
>構想か妄想かの中にあった弾氏の一言が、
>経済成長に関しての一連の流れを作り、
>経済学を学んだものから見れば明らかな
>誤用だと言う事を非難する、経済成長と
>言う言葉の使い方論に摩り替わっていま
>すよね。

>アマルティア・センが引用されたのと同じ
>エントリーで、経済学的に正しい用法を使
>わなかった事を錦の御旗に、strawmanで弾
>氏の人格を貶すような行為をしているのを
>知ったら、センはどんな気分になるんでし
>ょう?

170 :名無しさん@社会人:2006/11/19(日) 11:51:27
>>169

いなば、あぼーん
http://d.hatena.ne.jp/raistlin_majere/20061118

171 :名無しさん@社会人:2006/11/19(日) 16:48:59
開発経済が帝国主義=植民地経済の別名であることは常識であります。
しかし、開発経済が絶対的な現地の貧困を救うことも事実であります。
農村の貧困よりは工場の低賃金、家父長的幽閉よりはタコ部屋寮の語らい
がよりマシであることは否定できません。

172 :名無しさん@社会人:2006/11/19(日) 17:03:11
>>171
まあ身も蓋もないがそういうことにはなるわな。

173 :名無しさん@社会人:2006/11/19(日) 17:41:51
>>169-170
たいしたこと書いてねえじゃん

174 :名無しさん@社会人:2006/11/19(日) 18:28:40
>>171
農村の貧困をもたらしているのも開発経済が原因とも言われているけどな。

175 :名無しさん@社会人:2006/11/19(日) 19:55:33
593 :名無しさん@社会人:2006/11/19(日) 19:52:25
まーた、フマさんが訳分からんことを…

>bewaadさんの言うように確かに背理法の成り立ちを言えば
>「すべての財を」でいいのですが、実際には『何でもいい
>から買えばいいんだ』という訳でないことを留意すべきで
>ある。そういうことです。政府総体として『貯蓄性の高い
>財』を購入し、それを保管する状況ですとインフレ期待に
>ならない。とすれば、長期的にインフレを招く正しい解は
>『政府が「新たに刷った貨幣」で財を購入し、それを公共
>サービスに使用する』となると考えるのです。中銀が札を
>刷ることは、財を購入する用意があるというアナウンスで
>ある、と私は見ています。新たにお札を刷っても、それを
>使わなかったり、あるいは貯蓄性の高い財と交換している
>だけだとダメだということですが。しかし、この辺は既に
>馬車馬さんが言っていたようには思います。
http://bewaad.com/20061115.html#c27


594 :名無しさん@社会人:2006/11/19(日) 19:53:44
捕捉です。政府が新たにお札を刷って社会保障として
国民に渡してもインフレになります。だから正確には
『新たに刷った貨幣を民間に放出し、尚且つ、それを
他の政府貯蓄に置き換えない』というのがインフレの
条件となります
http://bewaad.com/20061115.html#c28

176 :名無しさん@社会人:2006/11/19(日) 19:56:37
>>175
フマさん、デンパゆんゆん

177 :名無しさん@社会人:2006/11/19(日) 20:16:34
>>171
ちがうちがう。工業化社会にも、さらに言うとサーヴィス労働にだって、
それぞれの家父長的形態があるよ。
「女工哀史」なんて、女の子は従順だし、使い捨てでもオッケーという家父長的発想がないとできないよ。
フィリピンやタイからワーキング・ヴィザで入国して、せまい部屋に閉じ込められて売買春を強制される
女性たちの境遇はどうよ。
何の説明にもなっていない。単に思考停止の進歩史観。

ついでに繰り返すと、>>174さんも言っているように、開発ゆえにかえって貧困になる事態が
説明がつかない。
日本でも地域商店街のゴーストタウン化がみられる。それは、古い産業が廃れて田舎にジャスコがやってきたので、
みなが豊かになったのか。
むしろNHKの「ワーキング・プア」の番組でも取り上げられたように、
産業構造の「進化」によって旧来の生業(商店街の商人・町工場の職人)が成り立たなくなっている。
稲葉の論理でいくとこれも、「工場労働の地獄にくらべれば、知識・サーヴィス産業は家父長的ではなく、貧困でもない」
ということになる。



178 :名無しさん@社会人:2006/11/19(日) 20:51:47
ワーキング・ヴィザで入国して・・・実態をうすうす知りながらも
女の子達はそれでも日本で稼ぎたい、と言って来るわけだ。
これは送り手側に事情がある。

また、農村が貧困にならないと安い膨大な労働力が生じない。
これを利用して一挙に近代化=離陸できるというのが開発主義。

179 :名無しさん@社会人:2006/11/19(日) 21:48:12
「貧困のポンプ」
ttp://sociologbook.net/log/200611.html#eid54

180 :名無しさん@社会人:2006/11/19(日) 22:01:11
>>178
>実態をうすうす知りながらも 女の子達はそれでも日本で稼ぎたい、
>と言って来るわけだ。

それは知る場合も知らない場合もあるでしょう。だからといって自己責任にしては
大変な人権侵害が横行します。
そうすると雇用の底がひとつ抜ける。他の日本人も「アジア人よりはマシだから」
ということで低賃金・閉じこめ窮屈寮・保障がゼロか小にされ、長時間労働が強制されてはいけない。

>農村が貧困にならないと安い膨大な労働力が生じない。
>これを利用して一挙に近代化=離陸できるというのが開発主義。

中国の貧富の大きな格差をご存じないとはいえないはず。
この離陸は、会社の豊かさにはなっても従業員の豊かさに即つながらない。
労働分配率、富の再配分の問題をなんとかしないと一部の富裕層が富の大半を占有する
事態となる。
現に今の地球社会がこれまでの開発主義によってそうなっている。
それに対する批判が脱開発主義。

稲葉らには開発主義のマイナスを基本的に把握・指摘していない。
そこがおかしい。


181 :名無しさん@社会人:2006/11/19(日) 22:59:11
1)自己責任じゃないの。送り出し国側の事情。
2)中国は農奴戸籍制度がスムーズな労働力移転を阻害している。
 インドではカースト制度がやはり阻害している。
3)配分する富が存在しない、あるいは支配層に独占されていては開発がみんなの
 豊かさにつながらないが、それでも中間層の増大がそれを改善する。
4)近代化以前の社会が賀詞であったものが、近代化によって貧しい生活程度にはなる。
 グローバル経済の下で近代以前には戻れないのだ。
  1930年代農村の荒廃と江戸時代の飢饉のどちらがマシか?

182 :名無しさん@社会人:2006/11/19(日) 23:04:36
沖縄県知事選みろよ。遅れた地域は開発主義を支持するのだ。

183 :名無しさん@社会人:2006/11/19(日) 23:06:56
>>177
>産業構造の「進化」によって旧来の生業(商店街の商人・町工場の職人)が成り立たなくなっている。

そんなもん産業転換したり転職すりゃいい話。今はスムーズな労働力の転換をデフレ不況が阻害しているだけ。

>>180
>そうすると雇用の底がひとつ抜ける。他の日本人も「アジア人よりはマシだから」
>ということで低賃金・閉じこめ窮屈寮・保障がゼロか小にされ、長時間労働が強制されてはいけない。

誤解しているみたいだけど、稲葉たちも外国人労働者の受け入れ拡大には賛成しているわけではないだろ。

184 :名無しさん@社会人:2006/11/19(日) 23:09:38
>産業構造の「進化」によって旧来の生業(商店街の商人・町工場の職人)が成り立たなくなっている。

あと、単純に景気が良くなれば、他の業態などに移動しなくても、職人仕事
なども見直されてまた仕事が帰ってくるかもしれないぞ。
NHKなんぞ内橋克人の低成長・経済成長否定論を真に受けて番組を作っ
ているだけなので話半分に聞いとけ。

185 :名無しさん@社会人:2006/11/19(日) 23:21:23
>>182
「自公」仲井真氏が初当選 普天間移設、実現へ前進
ttp://www.kenmin-fukui.co.jp/flash/2006111901000457.html

沖縄の失業率の高さは半端じゃないからな。反戦平和・反米じゃメシ食えんのよ。
だいたい、反戦団体なんか県外から移住してきた活動家と一握りのウチナーが頑
張ってるだけ。地元では嫌われもん。しかもあの中でも党派はある。
沖縄戦の悲惨な記憶に端を発する独特の沖縄ジャーナリズムの「反戦」主義に、安保闘争からの
伝統でいまだに左派反米を掲げる本土のジャーナリストとマスメディアが乗っかって、
ある種の沖縄反戦神話が作られてきたことは認めざるを得ない。
みんな基地反対より仕事が欲しいのが本音。切実だよ。

186 :名無しさん@社会人:2006/11/19(日) 23:26:39
>>183
>そんなもん産業転換したり転職すりゃいい話。今はスムーズな労働力の転換をデフレ不況が阻害しているだけ。

すりゃいい話とか、だけとか、軽く一蹴かい。
いかにもお勉強だけをしてきたお坊っちゃまらしい乱暴な物言いだなあ。

>誤解しているみたいだけど、稲葉たちも外国人労働者の受け入れ拡大には賛成しているわけではないだろ。

横レスだが、そういうことを言っているわけじゃないだろ、>>180は。
稲葉らが外国人労働者受け容れに賛成するはずがないというのは誰でもわかっとるわ。

187 :名無しさん@社会人:2006/11/19(日) 23:29:11
>>184
景気景気というが、リフレ政策で永遠に好景気が続くのか?
ふたたび景気が低迷すれば、その都度、痛みを強いられるのは彼らだぞ。

188 :名無しさん@社会人:2006/11/19(日) 23:32:33
>>181
>2)中国は農奴戸籍制度がスムーズな労働力移転を阻害している。
> インドではカースト制度がやはり阻害している。

ラテンアメリカはどうよ

189 :名無しさん@社会人:2006/11/19(日) 23:39:50
>>186
>すりゃいい話とか、だけとか、軽く一蹴かい。

戦後日本の失業率の推移を見てみ。90年代にデフレ不況に陥る前は先進国でも珍しい低失業率国家だった。
これはつまりは労働力の移動がそれなりに行われてきたことの証拠。
もちろん個々人のレベルでは摩擦があるのはその通り。その摩擦をどう和らげるかが本来の政治と霞ヶ関の仕事となる。

>>187
だから中央銀行の政策は大事だという話でしょ。日本は日銀が役割を放棄しているわけだけど。

190 :名無しさん@社会人:2006/11/20(月) 00:20:27
>>188
大農場の機械化など労働節約的な技術の導入による近代化は、
それまで大農場で抱えていた労働者を必要としなくなり、
伝統的な地主・小作関係が崩れ、土地無しの農業労働者を多数排出
するにいたっている。このような土地無しの労働者は農業賃金労働者
として農村に滞留するか、都市へ流出しスラムを肥大化させ、
貧困問題を悪化させてきたのである。
ttp://www.rieb.kobe-u.ac.jp/~nisijima/syllaLA.html


191 :名無しさん@社会人:2006/11/20(月) 00:30:06
>>189
不況下でも解雇しない日本型雇用形態や(女性など)潜在的失業者の方が
労働力移動要素より大きいのでは?

192 :名無しさん@社会人:2006/11/20(月) 01:12:08
そうそう、単純に失業率という指標だけでスムーズにいったと簡単にいわれてもなあ。
賃金格差とかね、主要先進国中で日本はむしろ大きいほうだろ? バブルのときでさえ。

それに、製造業が停滞してサービス業従事者の伸び率が90年代にさらに高くなる一方で、
非正規雇用といわれる層がそのサービス業界を中心に高くなる傾向もはっきりしてきている。
いっぽう、製造業の成長要因は技術革新型に変わってきている。
これはいったいなにを意味するのか。

193 :名無しさん@社会人:2006/11/20(月) 01:24:41
>>191
そのあたりはザックリ大まかに見ていいと思うけどねえ。

>>192
>そうそう、単純に失業率という指標だけでスムーズにいったと簡単にいわれてもなあ。

失業率が低いことそれ自体は素直にいいことですよ。それぐらいは認めてもらわないと。

90年代以降の停滞についてはまさしくデフレ不況のせいだと思うよ。
例によって産業構造の転換でみんなが不幸になる話を始めたいんだろうけどさ。
そういう欧米から直輸入した大風呂敷はもう止めてもらえないかな〜。
向こうはインフレ体質だし雇用慣習も違うので単純比較できんでしょう。

194 :名無しさん@社会人:2006/11/20(月) 01:29:03
>これはいったいなにを意味するのか。

知らんよ。また「グローバル化とテクノロジーの発達でもう右肩上がりは来
ないんだよ!」(なんだってー)という話をしたいんだろうけどさ。

社会学徒の仕事って世間に終末思想を植えつけることなの?

195 :名無しさん@社会人:2006/11/20(月) 01:45:24
社会学徒?の仕事??って世間に錯綜する現実を社会問題として可視化させることである。

196 :名無しさん@社会人:2006/11/20(月) 01:53:46
>>175
ふまさん、がいきち。

197 :名無しさん@社会人:2006/11/20(月) 01:54:51
>>194
>>これはいったいなにを意味するのか。
>「グローバル化とテクノロジーの発達でもう右肩上がりは来ないんだよ!」
はハズレと思われ。
>例によって産業構造の転換で
の方だと思う。

198 :名無しさん@社会人:2006/11/20(月) 02:01:10
山形さんと夫馬さんは電波仲間

199 :名無しさん@社会人:2006/11/20(月) 03:46:39
>>193
>失業率が低いことそれ自体は素直にいいことですよ。それぐらいは認めてもらわないと。

だから単純に失業率で雇用状況を判断しても仕方ないでしょう?
フランスで初期雇用契約をめぐって学生の抗議デモがあったけど、仮に、雇用規制が
緩和されて数字上失業率が下がれば、失業率が下がったんだから抗議するより素直に
喜べばいいじゃないかという問題なの?w

>90年代以降の停滞についてはまさしくデフレ不況のせいだと思うよ。

せいというより結果かもしれないということは想定外?

>例によって産業構造の転換でみんなが不幸になる話を始めたいんだろうけどさ。
>そういう欧米から直輸入した大風呂敷はもう止めてもらえないかな〜。

産業転換の話を持ち出して反論しはじめたのは君でしょう?
なんでそこで欧米が出てくるの? >>192で書いたことは欧米なんかのことじゃなく、
日本で現に起こっているとされる事を話しているだけだよ。

欧米から直輸入した大風呂敷って、どーやら、リフレ厨の人たちはそのあたりに
異常に神経を尖られて必死になっているみたいだねえ。

200 :名無しさん@社会人:2006/11/20(月) 11:28:29
まぁ落ち着いて橘木や大竹の格差議論をまず検討したら?

201 :名無しさん@社会人:2006/11/20(月) 14:36:14
>>199
>失業率が下がったんだから抗議するより素直に喜べばいいじゃないかという問題なの?w

フランスは労働市場の硬直化により新規参入が著しく困難になっているわけで、あの政策にも実は意
味があった可能性は認めざるを得ません。

>>192で書いたことは欧米なんかのことじゃなく、日本で現に起こっているとされる事を話しているだけだよ。

日本で非正規雇用が増え失業率が上昇した時期というのは、まさしくデフレ不況の深化と
軸を一にしています。まずはここを退治するのが先決ではないでしょうか。
貴方の言いたいことがさっぱり分からないのですが・・・。

202 :名無しさん@社会人:2006/11/20(月) 15:01:39
分からないので、ちょっと考えてました。

>>199
>せいというより結果かもしれないということは想定外?

つまり、「製造業からサービス業への転換といった産業構造の推移やイノベーションは必然的に
経済の停滞をもたらす」ということでしょうか?
例の「グローバリズムが人民を不幸にする」論のバリエーションですかね。

そういった議論の前にマクロ政策で出来ることがあるならやるべきだ、というのがリフレ厨なので、それに
対して「もう右肩上がりなんかない」「そもそも何をやっても無駄なんだ」と言うことでしょうか?
困りましたね。まさしく終末思想ですね。

203 :名無しさん@社会人:2006/11/20(月) 15:21:23
>>201
>>失業率が下がったんだから抗議するより素直に喜べばいいじゃないかという問題なの?w
>
>フランスは労働市場の硬直化により新規参入が著しく困難になっているわけで、あの政策にも実は意
>味があった可能性は認めざるを得ません。

ちょっと待った!
そうすると、フランスは米国型の雇用市場の流動化を目指せば、見かけの失業率は下がって
すべて解決みたいな発想なのかな?

204 :名無しさん@社会人:2006/11/20(月) 15:41:17
>>203
ものには限度というものが御座います。フランスのような解雇規制社会から「米国
型の雇用市場の流動化」まで一直線に行けとは誰も言ってません。

OECDの標準化失業率で比較すると、デフレでもない欧州やアメリカの慢性的な
高失業には本当に驚かされます。解雇規制社会である欧州でも雇用流動化社会であるアメリカでも
失業率が大変に高い。このあたり、各国の失業のメカニズムにはそれぞれで検証が必要ということなのでしょう。

日本の場合はシンプルにデフレ要因なのですから、解決法もとりあえずはシンプルで
構わない、まずはそれで解消する部分が大きいならそれを行うべきというのがリフレ厨の主張なのではないでしょうか?

205 :名無しさん@社会人:2006/11/20(月) 16:11:00
>>202
>つまり、「製造業からサービス業への転換といった産業構造の推移やイノベーションは必然的に
>経済の停滞をもたらす」ということでしょうか?
>例の「グローバリズムが人民を不幸にする」論のバリエーションですかね。

いろいろな議論があるが、そうしたあらゆる他の要素や可能性を想定することを
リフレ厨は予め思考から禁じているのかな? そうなるともう原理主義者ですな。

>そういった議論の前にマクロ政策で出来ることがあるならやるべきだ、というのがリフレ厨なので、それに
>対して「もう右肩上がりなんかない」「そもそも何をやっても無駄なんだ」と言うことでしょうか?

そんなことは誰も言っていないでしょ。それに、そうしたマクロ政策にいつ反対だと言った?
それについては大賛成だよ。なぜ、反対しているかのような妄想を繰り返すんだ?
その話以外の話題がとり上げられることがそんなに煩わしいのかい?
リフレ派は単にマクロ政策の手段の話だろ? あんたこそむしろリフレ以外の政治的思惑があって
リフレ、リフレって吠えているだけなんじゃないか。

206 :名無しさん@社会人:2006/11/20(月) 16:36:53
ttp://zokugo-dict.com/04e/engacho.htm

207 :名無しさん@社会人:2006/11/20(月) 16:57:40
えんがちょな記事
財政再建団体に移行する北海道夕張市は17日、財政再建の一環として、
市営の養護老人ホームを08年度末に閉鎖すると発表した。
要介護者以外が入れる市内で唯一の老人ホームで、65〜96歳の47人が
入居している。今後、他施設への入居や自活を促していくという。

208 :名無しさん@社会人:2006/11/20(月) 17:49:01
デンパ、デンパ。わけわかめw

http://bewaad.com/20061120.html#c01
どうも、ありがとうございます。やはりトマトは腐りますから
インフレになると思いますけど、購入する財が『貯蓄性が高い
一方で、腐ったり、使用して消費されたりしない財』であると
インフレに対して中立でしょう。その例として外国為替を出し
ました。もちろん、極端にある特定の外国為替を買うことは、
(極端と言うのは例えば「無限に」購入することは)貯蓄性が
高くて、腐ったりはしないという仮定に反する(つまりそんな
ことをすれば腐る)ようになるのでインフレが起こるでしょう。
このような極端なことをせずにインフレが起こるための現実的
政策は何であるのか、というのが、bewaadさんのご指摘の通り
私の主眼であります。一方、bewaadさんがエントリで書かれた
思考実験的状況でインフレが起こるのもFTPLと親和的ではない
か、と思います。つまり、トマトを買って腐らせるというのは

   政府保有の資産の価値はあまり増えないのに
   (名目的に)より多くのお札が市中に出回る

という状況になってますので。要は長期的な水準でインフレが
起こる肝は以上に尽きると思います。ご指摘をいただきました
通り、私の問題は、『上記を国民の利益となる形で行うという
条件も含める』とどのような政策でなければならないか?、と
いうところか、と思います。

209 :名無しさん@社会人:2006/11/20(月) 18:10:22
>>205
>そうしたあらゆる他の要素や可能性を想定することをリフレ厨は予め思考から禁じているのかな?

恐らく、そういう無駄なことを考えるのはとりあえずは止めたんじゃないでしょうか?

>それについては大賛成だよ。なぜ、反対しているかのような妄想を繰り返すんだ?

余り他の要因を出してこられると議論が拡散するので困るということではないでしょうか?
「グローバル化がどうこう」「産業構造の転換で必然的に失業が」とかいう
話を始めてしまうと、ストレートに失業率をまず下げましょうとか、もっと
景気を良くしましょうという話が出来なくなってしまう。
このあたりが「格差」論議やワーキングプア論の危ないところだと思います。

210 :厨全開:2006/11/20(月) 18:12:57
>>205
リフレ最優先の政策提言をすべき時にノイズは邪魔なだけだと思う。
開き直ってリフレ厨全開でぶっちゃければ、平等主義はいらない。
橘木あたりの議論も見た上での結論。
相対的格差が開いたとしても最底辺の底上げがされればそれでOK。
フランスの例を見ればわかるように平等主義は平等を実現していない。
冷徹なまでの現実主義に基づく福祉主義で長らくうまくいっていた北欧ですら
もう限界じゃないのか?地下経済とか凄いらしいし。

211 :名無しさん@社会人:2006/11/20(月) 18:46:12
>>210
濱口vs稲葉の代理戦争、うざい

まずは夫馬のデンパゆんゆんを乗り越えろ。話はそれからだ

http://bewaad.com/20061120.html#c07
現実に日銀にできる有効な策は、

   札刷って、できるだけ償還が現在に近い国債から
   買ってけ!(もちろん、償還まで持ち越す)

となると思います。トマトを買って腐らせるのも困りますし、
日銀が買ったトマトを政府がワーキング・プアに只で配るのも
難しいでしょうから。

212 :名無しさん@社会人:2006/11/20(月) 18:48:35
>>210-211

これがデンパゆんゆんだwww

http://bewaad.com/20061120.html#c02
すみません、捕捉です。

   政府保有の資産の価値はあまり増えないのに
   (名目的に)より多くのお札が市中に出回る

と書きましたが、新たにお札を刷らなくても、政府が資産を
売却して、その売却代金を社会保障費(例えば生活保護)に
回すというのでもインフレに繋がるでしょう。こっちの方は

   市中に出回るお札の(名目的な)量は変わら
   ないのに政府の保有資産の価値が減っている

という状況になりますが。

213 :名無しさん@社会人:2006/11/20(月) 19:00:02
>>211
>濱口vs稲葉の代理戦争、うざい

その戦争現場のソース、どこで見ることができますか?

214 :名無しさん@社会人:2006/11/20(月) 19:11:12
1)リフレ最優先の政策提言で2)相対的格差が開いたとしても
3)最底辺の底上げがされればそれでOK。

215 :名無しさん@社会人:2006/11/20(月) 19:28:48
通報厨だよーwww

拝啓稲葉振一郎先生
http://d.hatena.ne.jp/osakaeco/20061120/p3

216 :名無しさん@社会人:2006/11/20(月) 19:34:47
>>215

「マルクスの使いみち」の書評になってないのは自覚しておりますが、
上記二つの記事に劣らず自分なりにエネルギーをそそいだものであり
ます。紹介していただけないのは、「稲葉やるからそこをどけ」がよ
ろしくなかったのでしょうか。御立腹されたのでしょうか。脚注であ
らかじめ「稲葉先生ごめんなさい」と書いたのですが、やっぱり失礼
にも程があるのでしょうか。

217 :名無しさん@社会人:2006/11/20(月) 19:54:36
>>178
>また、農村が貧困にならないと安い膨大な労働力が生じない。
>これを利用して一挙に近代化=離陸できるというのが開発主義。

それってさぁ、シュンペーター流の創造的破壊とどう違うのかなぁ?
一種のシバキズムじゃない?

218 :名無しさん@社会人:2006/11/20(月) 20:09:16
経済学の線引き
http://d.hatena.ne.jp/osakaeco/20061120/p1

弾さんは市場が効率性を実現する条件を問題にしている。これは
新古典派の多数の人々の議論に対しては有効な批判だ。私自身、
あれをかきながら、後進国と先進国にともに効率的市場があるこ
とを前提にしていた。しかし、現実には弾さんの指摘するとおり、
効率的市場にはそれを支えるバックボーンがあり、市場をささえ
るには多くの場合、費用がかかる。ところが、ほとんどの新古典
派の議論は市場がすでに成立し、しかも、市場を維持するコスト
はタダとみなして議論している。

219 :名無しさん@社会人:2006/11/20(月) 21:03:39
>>217
創造的破壊
確かに非効率な古いものは効率的な新しいものによって駆逐されていくことで経済発展することだが、
俊平の場合は革新的企業家による新機軸(技術核心、イノベーション)によって古い均衡が破壊され、
新たな経済成長のパターンが創出されること。

農村人口の移転
工業は、農業よりも少ない土地により多くの労働量を吸収して発展する。さらに、工業は規格化や
生産手段の高度化を行ないやすいために、農業よりも生産性向上が早まり、農業から工業への
資源配分転換を促す。工業化の前段階においては農業が主産業である場合がほとんどであるため、
農産業の資源解放(解体)が工業化と同時に進行する。産業構造=社会全体の再編なんだね。

220 :名無しさん@社会人:2006/11/20(月) 22:38:46
>>219
>農村人口の移転

既得権益へのシバキズムもそのように穏健に表現すればいいんですよね。
官から民への移転ってw

221 :名無しさん@社会人:2006/11/21(火) 00:07:59
>>214
何か問題でも?バブルの時の方が相対的格差はひどかったけど、
社会全体がリッチだったから気にならなかったよ。
「○金○ビ」なんていうのが言われたのもその頃だが、
単なる笑いのネタだった。

222 :名無しさん@社会人:2006/11/21(火) 00:33:41
リフレ厨じゃなくてバブルの夢よもう一度教徒か。

223 :221:2006/11/21(火) 00:45:00
>>222
俺の認識だとその二つはおおむね重なってると思ってたけど、違うの?

224 :名無しさん@社会人:2006/11/21(火) 00:59:12
http://bewaad.com/20061120.html#p03

今回のbewaad氏の主張は完全なトンデモだと思う。

『社会人経験5年以上』の人を、22歳(学部卒)・24歳(院)の
人 と同じ係員からスタートさせるのが平等だというのは、あまりに
トンデモ。

従来、社会人経験ありで、国1受けなおして採用された人でも、
その人たちは年齢が行ってても25歳未満(つまり第二新卒
みたいなもの)の人たちがほとんどで、『社会人経験5年以上』
の人を、年収300万・係員からスタートじゃ、誰も受けに
来ない。
採用活動を全くわかっていないトンデモ言説といわざるをえない。

省庁が言ってるのは「採用された後も、新卒でキャリアになった
人と同じように待遇しますよ(=出来がよければ局長、事務次官に
なれますよ)」ということであって、社会人経験5年以上の20代
後半の人を、年収300万・新卒待遇で採用するなんて言ったら
誰も受けに来ない。

225 :名無しさん@社会人:2006/11/21(火) 01:04:40
>>221
稲葉、山形?、田中は違うのではないか?

226 :名無しさん@社会人:2006/11/21(火) 13:58:04
634 :名無しさん@社会人:2006/11/20(月) 22:19:27
http://diary.nttdata.co.jp/diary2006/08/20060801.html

スネオらは工場が主な富を生産しなくなった時代の貧しさについて理解していない。
プロレタリアについては語れても、プレカリアートについては説明できない。

227 :名無しさん@社会人:2006/11/21(火) 15:22:08
>>226
ベルギーの事情は知らんよ。ただ日本では、デフレ退治で解決する部分が
大きいんだから、まずはそれをやるべきという(ry

228 :名無しさん@社会人:2006/11/21(火) 15:43:10
かっての新産業都市や地場産業の現実はベルギーなみであります。
夕張市は他所事ではない。デフレ退治で解決する<部分>の範囲
を議論しているのであります。

229 :名無しさん@社会人:2006/11/21(火) 15:59:04
>>228
繰り返すがベルギーの事情は不明です。あるいは既存産業の労働者保護が、衰退産業の労働者の新たな
別の産業や土地への移動を阻んでいるとか、何か理由があるのかもしれません。

そういう「<部分>の範囲」の議論なんかしなくていい、というのがリフレ厨ですよ。
むしろ「そんな産業は止めて早く別の産業や土地に移動しなさい(国は移動を
促すような好況を作り出すべき)」とでも言うんじゃないでしょうか?
高度成長期における人口移動については積極的に再評価すべきと考えている方もおられるようですし。

230 :名無しさん@社会人:2006/11/21(火) 16:03:01
>>228
夕張市については、落ち込んだ民需・税収を官需や起債で補うことの限界が示
されたと見るべきなのでは?
具体的な対案は難しいですが、ある種の徳政令的な措置とその後の近隣市町村への
合併が現実的な解じゃないでしょうかね。
いま進められている「再建」策は地域住民の負担が余りに重くちょっと
現実的とは思えませんよ。

231 :名無しさん@社会人:2006/11/21(火) 16:26:51
濱口v.s.稲葉。やっぱ出たかw

ザ・ソーシャル
市野川容孝『社会』(岩波書店)
http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_5a72.html

232 :名無しさん@社会人:2006/11/21(火) 16:28:39
「フリーターら、まるで人間ではないようなあわれな若者を大人がなんとかしてやろう」
「フリーターの大半は知識がない」
などとする情報は、名づければ「労災ポルノグラフィ」だ。フリーターの一人であるわたしが名づけさせてもらった。
こうした労災ポルノグラフィのような情報はスルーするよう推奨したい。
また、執拗にフリーターその他の若者をおとしめ援助づけにするような言説を繰り返し唱える組織・個人には、フリーターらは頼らないほうがいい。
かつてイリイチが唱えたようにそれは被援助者を不能化させスポイルするだろうから。援助されることによって尊厳を傷つけられるのなら、それが労働組合だろうとNPOだろうと、キッパリと断ろう。
http://blog.goo.ne.jp/egrettasacra/e/1ff4f86e1ec1d6b4d3632dd91e891978

233 :名無しさん@社会人:2006/11/21(火) 16:32:51
>>231-232
いや、だからもうコピペはいいからさ・・・何が目的なのか不明だが。

234 :名無しさん@社会人:2006/11/21(火) 16:34:14
是清リフレが再配分への配慮が不足していたので大東亜レジームに途を譲った
というのを何かで読んだけどね。弱肉強食から共存共栄も王道楽土に通じて
いるのかねェ。

235 :名無しさん@社会人:2006/11/21(火) 16:34:57
一口に労働組合といっても、所によりけりです。ただし、自分が直接体験・取材した京阪神圏の労働組合では、組合は「第二人事部」か、「会社内町内会」です。
もちろん、組合員たちの被正規雇用や女性・「障害」者といったマイノリティへの無視・蔑視・排除はすさまじい。
たとえば、アルバイトに社員食堂を使わせまいとするのは、組合に守られたバス会社の正社員でした。
松下のある事業所では、片足をひきずった「障害」者の20代くらいの男性が、たったひとりで荷物を運ぶ部署に配属されていました。そのうえ、その前に配置された顕微鏡で半導体を検査する仕事等の影響で、彼は目が悪くなっていたのです。
しかもそれは当然の雰囲気の中、黙認されていた。ずっとその会社にいたとしたら、世の中そんなもの、「障害」者使い捨てなんて言葉さえ思い浮かばない。
あの人もうちみたいないい会社に雇ってもらってがんばっているんだ。くらいに思っていたでしょう。
そういう職場や地域に若者は定着しろと、ムリな欲求をつきつけてくるのが熊沢 誠さんの言説です。
http://blog.goo.ne.jp/egrettasacra/e/f0f714fa3323fef45480c782d492a94a

236 :名無しさん@社会人:2006/11/21(火) 16:37:18
>>232 >>235
ワタリさ〜ん

237 :名無しさん@社会人:2006/11/21(火) 17:34:33
>>229 したっていいじゃん。リフレ虫はネットで他人あ話題にする自由まで奪いたいの?


238 :名無しさん@社会人:2006/11/21(火) 17:40:56
>>233

たぶん、何を見てもスネ夫批判に見えて仕方がないんだろう。

239 :名無しさん@社会人:2006/11/21(火) 19:27:37
>>234
さあ・・・ただ今の日本には是清がいないのでそこまでもいかないというか・・・。
平成の是清・・・誰だろう? 中川(秀)とか高橋洋一とか?

>>237
リフレ厨の場合、産業の盛衰や推移それ自体はやむを得ないことで、安定した好況を作り出すことで労働者・企業
の産業移動を円滑に行えるようにすべし、という以上のことは言わないんじゃないでしょうか。
欧米と日本におけるプレカリアートは似て非なるものでそれぞれの事情には検討が必要ですぐらいしか
言わないと思う。後者についてはとりあえず失業率を下げることで売り手市場を
作りましょうぐらいじゃないですか。
むしろ「産業構造の転換やグローバリゼーションが全世界的にプレカリアートを生む」
というある種のアカデミズムやジャーナリズムが好む大ネタは嫌うでしょうね。

この点でリフレ厨は「反構造改革」派や保護主義者・反市場原理主義者からも憎まれることになるわけです。

240 :名無しさん@社会人:2006/11/21(火) 19:30:46
リフレとリフレ厨を混同するなよ。それがリフレ厨によるごまかしの手口だ。

241 :名無しさん@社会人:2006/11/21(火) 19:33:57
デンパ届きました。もう勘弁してください

>>一人アタマ均等額でバラマクなんてのはいかがでしょう
日銀が札刷って均等に配るのが一番、分かりやすいですよ。
これは、ベーシックインカムでしょ。
ところで、確実にインフレにする『お馬鹿』な(無意味な)
思考実験としては、日銀の当座貯金にプラスの金利を付けて
しまえばいいです。これでも『名目価格の下方硬直性』には
対処できるかも!w
インフレにすることと総需要喚起は同じではない。というか、
貨幣的でない、というか、名目的でない不純物(典型的には
シニョレッジの使い方)こそ実体経済に影響を及ぼすのです。

242 :名無しさん@社会人:2006/11/21(火) 19:35:56
>>241

もう一杯一杯です
http://bewaad.com/20061120.html#c51

243 :名無しさん@社会人:2006/11/21(火) 19:39:13
>>239
>安定した好況を作り出すことで労働者・企業の産業移動を円滑に行えるようにすべし

付記すると、ここにおいては今の「ものづくり」で「国際競争力」とか言う財界からも
憎まれますね。仮にもっと違う産業に移りましょうとか言っても、トヨタやキャノンが許してくれないでしょう。
外国人労働者まで入れて自らの”既得権益”(と言っていいのかどうかは不明ですが)
に固執しようとしているわけですから。圧力団体としての農業団体・土建団体が
製造業団体に代わっただけだったというお粗末でした。

>>240
どこがどう「誤魔化し」なの?

244 :名無しさん@社会人:2006/11/21(火) 19:57:09
さて、稲葉がなぜリフレ厨になったのか・・・。

245 :名無しさん@社会人:2006/11/22(水) 08:46:41
* 『ナウシカ解読――ユートピアの臨界』(窓社, 1996年)
* 『リベラリズムの存在証明』(紀伊國屋書店, 1999年)
* 『経済学という教養』(東洋経済新報社, 2004年)
* 『オタクの遺伝子――長谷川裕一・SFまんがの世界』(太田出版, 2005年)
* 『「資本」論――取引する身体/取引される身体』(筑摩書房[ちくま新書], 2005年)
* 『モダンのクールダウン』(NTT出版, 2006年)

246 :名無しさん@社会人:2006/11/22(水) 12:11:10
そろそろサビ残問題にも目配りして〜
http://meinesache.seesaa.net/article/28025599.html

247 :名無しさん@社会人:2006/11/22(水) 12:26:01
>>244
単なるリフレ策提案とリフレ厨(リフレを楯にする連中)との差分をみれば、
その答えがおのずと分かるかもよw

248 :名無しさん@社会人:2006/11/22(水) 13:49:16
デンパ、三連発!

http://www.bewaad.com/20061120.html#c56
http://www.bewaad.com/20061120.html#c57
http://www.bewaad.com/20061120.html#c58

249 :名無しさん@社会人:2006/11/22(水) 14:16:37
みんなふまファンだったのか。

250 :名無しさん@社会人:2006/11/22(水) 14:29:05
>以上のことは言わない=リフレ厨・・・隠れネオリベ
以上のことは言えない=リフレ策提案・・・マクロ政策の結果はまた別


251 :名無しさん@社会人:2006/11/22(水) 18:30:37
待望の山形さんの新エントリーが届きました。というわけで
かるーく片付けときますねwww

>お金や経済成長だけで経済学はけしからんと思っている人は、
>それ以外のものをきちんと研究対象にしているレヴィットを
>見て狂喜すべき
ふーん

>ふつうの性病の予防策や治療策をもっときちんとやることだ
>(エイズ治療なんかよりずっと簡単、確実、安上がり)!
経済学ではありません。普通の性感染症の世界の常識ですが?

>そしてみんなを豊かにして、エイズさえなければ長生きできると
>いう希望を与えれば、人は自然にエイズ防止に気を使うようにな
>るだろう! そして対策すべき人数も(つまりは費用も)、実は
>思っていたより結構少なくてすむかもしれない。
はい、その「豊かにする」ってのがその国の経済成長の話でそれが
難しかったんじゃねの。あの、経済成長の話になってるんですけど、
結局。なんなの、これ?

アフリカのエイズの新しい分析……それと経済学の何たるか。
http://d.hatena.ne.jp/wlj-Friday/20061122/p1

252 :名無しさん@社会人:2006/11/22(水) 18:32:31
osakaeco新エントリーも届きましたw

山形さんはどうして申し開きの一つも入れないのか
http://d.hatena.ne.jp/osakaeco/20061122/p1

253 :名無しさん@社会人:2006/11/22(水) 23:40:46
>>251
ここで大事なのは『努力しない原因は
何か』という問いであって「これだけ
だと良くわかんないね」ってことね。
だけど、多分、これは、彼らにとって
コンドームから得られる効用が低いと
いうよりも、コンドームを得るための
『コストが高い』というもっと単純な
経済的な解だと思うよ。
Posted by う? at 2006年11月22日 23:27

しかも、効用も低いんだろうが、それは自分が
早く死ぬだろうというのもあるだろうが、それ
よりも自分が享楽的なセックスで感染リスクを
回避したとしても子供を作るときの相手が感染
していれば、そもそも無意味だというところに
あるんじゃないのか。しっかり、してくれよ。
こっちは完全な素人なんだよ。まあ、あんたも
素人かもしれんが…
Posted by う? at 2006年11月22日 23:35

254 :名無しさん@社会人:2006/11/22(水) 23:41:21
>>251-253
また叩かれてるね。

255 :名無しさん@社会人:2006/11/22(水) 23:56:50
ところでワタクシ、なんか普通の人のブログ 5 回分くらいの中身を毎回つめこんで
いるような気がする。なんか損してるぞ。小出しにする技を身につけなければ。

256 :名無しさん@社会人:2006/11/23(木) 01:28:26
>>252
http://d.hatena.ne.jp/tanakahidetomi/20061123#p1

257 :名無しさん@社会人:2006/11/23(木) 11:30:21
ttp://astore.amazon.co.jp/interactivedn-22/

258 :名無しさん@社会人:2006/11/23(木) 14:39:47
>>251

>どうやら3の要素が大きいんではないか、という研究な
>わけだが・・・(笑
で、その結論は眉唾物な訳だが。お前頭悪杉w

>しかし、旦那が種なしなら女性がゴムなしを許容するのも合理的と
>言えるかもしれないけど、浮気相手とゴムなしでして感染すること
>になんの合理性があるのだろうか。しかも多くの人の性器粘膜がふ
>つうの性病でただれているのに対して、女性はゴムを要求しないの
>だろうか?

>そこで私が先に挙げた識字率の低さが出てくる。アフリカでは女性
>の識字率はさらに低い。ラジオ放送などで性病についての知識を知
>ることもあるかもしれないが、残念ながらラジオを所有しているの
>は男性である。マスメディアに対する接触すら性差があるのだ。
http://d.hatena.ne.jp/nabeso/20061123#1164257755
Posted by ほら at 2006年11月23日 14:11

259 :名無しさん@社会人:2006/11/23(木) 14:41:00
>どうやら3の要素が大きいんではないか、という研究な
>わけだが・・・(笑
男の合理性しか見ていなかったねw
Posted by まあ at 2006年11月23日 14:14

『母子感染リスク』を意識するのも女の方がより高いはずで
女性の合理性を見落としてましたね
こんな基本問題も解けない山形さん
Posted by あほ at 2006年11月23日 14:31

260 :名無しさん@社会人:2006/11/23(木) 14:42:12
その山形とその子分がウンコだったわけだが……

------
山形さん、ウンコな議論本おもしろかったです。
404は見事にウンコな議論にまみれたブログのようですね。
ウンコなものはウンコだと言う山形さんのファンです。
これからもウンコにまみれてがんばってください。
Posted by とおりすがり at 2006年11月23日 11:57

261 :名無しさん@社会人:2006/11/23(木) 18:27:34
デンパ、きたーwww

日銀がお札を新規発行して、そのお札で
   (選択肢1)金や外為等を買って積み上げる
   (選択肢2)政府に渡して、生活保護として配る
この1と2では、インフレ促成度が全然違うのは
明らかだと思うのですが…
http://bewaad.com/20061120.html#c63

262 :名無しさん@社会人:2006/11/23(木) 18:28:08
>>261
フマさん orz

263 :名無しさん@社会人:2006/11/23(木) 21:48:04
なあ、フマを弁護するつもりはないけど、社会学板には
シニョレッジも理解できないホーアばかりなのか?

264 :名無しさん@社会人:2006/11/23(木) 22:04:42
フマさん、きもい

265 :名無しさん@社会人:2006/11/23(木) 22:12:51
シニョレッジ=国家独占錬金術

266 :名無しさん@社会人:2006/11/23(木) 23:23:21
山形スレでもあるの?ここ

267 :名無しさん@社会人:2006/11/23(木) 23:36:59
フマは下品

268 :名無しさん@社会人:2006/11/23(木) 23:50:20
フマさん、デンパ

269 :名無しさん@社会人:2006/11/24(金) 20:30:35
>>251

医療の戦いは、そのまま無知と貧困との戦いです。
予防医療は医療の中でも、特にそういう色彩が濃いのです。
…日本では既に見えにくくなっていますが、実際には未だに変わりありません。

日本のような識字率90%以上の国では広報活動も難しくありませんが、
効果的なものとなると途端に難しくなります。識字率のあまり高くない國では
困難さの度合いは急増します。

Posted by rijin at 2006年11月24日 00:54
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50695252.html

270 :名無しさん@社会人:2006/11/24(金) 20:32:08
山形、終わった。

271 :名無しさん@社会人:2006/11/24(金) 22:34:45
デンぱー

http://bewaad.com/20061120.html#c68
http://bewaad.com/20061120.html#c69

272 :名無しさん@社会人:2006/11/24(金) 22:35:45
あほ

273 :名無しさん@社会人:2006/11/25(土) 17:04:46
全国PTA連合会と京都大学が、インターネット長時間利用者には攻撃的な人間が多い、
特に匿名掲示板中毒者にはイジメや家庭内暴力が多い、という調査結果を。

274 :名無しさん@社会人:2006/11/25(土) 17:13:05
は〜

http://www.bewaad.com/20061120.html#c71
http://www.bewaad.com/20061120.html#c72

275 :名無しさん@社会人:2006/11/25(土) 21:43:42
小飼弾氏の”経済成長”論争のまとめ
http://d.hatena.ne.jp/raistlin_majere/20061125/1164450615

276 :名無しさん@社会人:2006/11/25(土) 21:44:20
国民所得なんてどうでもいいけど、弾さんや山形さんは大好き(or大嫌い)なひとのためのまとめ
http://d.hatena.ne.jp/osakaeco/20061124/p1

277 :名無しさん@社会人:2006/11/26(日) 08:30:11
>オスターの議論はコンドームの着用が男性の問題であるという
>視点から逃れられていない。避妊にしろ性病予防にしろ性行為の
>参与者全ての問題のハズだ。なぜ女性側の問題には目が向けられ
>ないのだろう?

>経済学を利用して、合理性から考える事自体否定する気はないが、
>基本的に考慮すべき材料にかけていて、適当に統計を並べた杜撰な
>研究にしか見えない。

2006年11月22日 19:45 [Edit] 「どうせ」の経済学
http://blog.livedoor.jp/dankogai/
http://d.hatena.ne.jp/nabeso/20061125#1164469303

278 :名無しさん@社会人:2006/11/26(日) 08:30:46
>>277 山形w

279 :名無しさん@社会人:2006/11/26(日) 11:31:47
お返事、ありがとうございます。主旨は、崩れたほうが
社会的成功に近づく確率が高いのでは、ということです。
そこが高校と大学の大きな違いか、と。もちろん、崩れ
度合いにもよります。あまりに崩れ過ぎて「留年」等は
お勧め出来かねます。しかしごくごく一部の大変優秀な
学生さん(例えば、東大生の5%?)を除いては先生の
ような道を歩もうと努力し大学でいい成績を残すことは、
却って社会的成功から遠のくような印象を持っています。

おおやにき
履修偽装問題
Posted by 比ヤング | 2006年11月17日 21:07
http://alicia.zive.net/weblog/t-ohya/archives/000363.html#comment-1448

280 :名無しさん@社会人:2006/11/26(日) 11:32:18
>>277-280

ウンコな議論

281 : ◆EFBt/pII5Y :2006/11/26(日) 12:57:41


282 :名無しさん@社会人:2006/11/26(日) 13:32:42
自分も塗れているところがカワイイ。

283 :名無しさん@社会人:2006/11/27(月) 10:03:23
見物人『わたしの見る限り、オスターの議論にはコンドームのことなどひとことも
出てきていないので、「オスターの議論はコンドームの着用が男性の問題であると
いう視点から逃れられていない」などという議論も成り立つ余地がないと思うので
すが。また「母子感染で繁殖可能な子供を持てなくなるのに、寿命が短いとき、合
理的に妙な発疹のあるペニスを生で受け入れてしまうのだろうか?」などという疑
問も、アフリカの地方部における通常の衛生状態を考えたとき、かなりナンセンス
ではないでしょうか。虫さされ、低い栄養状態などで傷やできものは珍しくありま
せん。加えて、性交の際には暗闇の中だから性器の状態をチェックすることは不可
能だということも考慮すれば、おっしゃっていることは思いつきの揚げ足取りでし
かないように思慮いたしますが。』

# はてな?『
>生でやったところでエイズにかかる確率はもともと
>そんなに高くないし、万が一エイズになっても発症
>して死ぬのは 10 年以上先だ
昼間しない文化なんだね。それはいいとして着けてる
こともチャックできないんだね、なるほどw』
http://d.hatena.ne.jp/nabeso/20061125#c

284 :名無しさん@社会人:2006/11/27(月) 10:04:28
何ですか、これ?

>多くの人の性器粘膜がふつうの性病でただれているからこそ、
>そこを伝って HIV も伝染しやすく、おかげでエイズの感染が
>極端に増えてるらしい。

>生でやったところでエイズにかかる確率はもともとそんなに
>高くないし、万が一エイズになっても発症して死ぬのは 10
>年以上先だ。その頃に自分が確実に生きていると思えば、エ
>イズ予防のために余計な手間もかけよう。

285 :名無しさん@社会人:2006/11/27(月) 13:24:06
>オスター的な議論によって、根本的な解決策が後回しになる
つまり貧困国は合理的に自ら貧困なのであって、豊かな国が配慮する必要はない。

286 :名無しさん@社会人:2006/11/27(月) 14:29:52
稲葉の一国繁栄主義的二段階改革論
1)いったんグローバルな経済下に入ったら逃れることはできない
 ーローザの資本蓄積論は外部を想定する点で間違っている
2)グローバルな資本主義は共存共栄であるー従属論は誤り
3)その国の伝統と近代化のせめぎあいで、独自の近代化を成就した
 国が発展する
4)開発援助も先進国側基準の押し付けではなく、その国が自発的発展
 をするようにすべき
5)日本の場合は長期デフレ不況をリフレで脱却し、十分な体力がついて
 から構造改革ー市場経済が十全に機能するようにすべき
6)現在の景気回復で企業業績の回復に反して個人所得や家計支出
 が伸び悩んでいるのは、景気回復が本物ではないから
7)ここで国際競争力の名目で構造改革、また格差是正で再分配を焦ると、
 元も子もなくなる

287 :名無しさん@社会人:2006/11/27(月) 14:51:43
↑アナクロ左翼的批判
1)企業業績アップとリフレの追い風で軍事衛星や核ミサイルを主体と
 する産軍学複合体の形成に向かう
2)これは外国人労働力を排除し、国内労働力市場の救世主となる
3)この構造転換に不適合な者=ヘタレ人文系や低学歴層、高齢者には
 インフレと消費税増税による貧困層転落が待っている
4)あぶれ者中心にシベリアやアフリカの開拓団が結成される
  これは平和裏になされる・・・共存共栄、無駄な出費は回避
5)荒廃した山村離島に高齢者自給規則集落が形成される
6)日本本土は人口6,000万程度の自発的成長体制が確立される

288 :名無しさん@社会人:2006/11/27(月) 15:01:39
自給自足

289 :名無しさん@社会人:2006/11/27(月) 17:33:59
>>286>>287
自分で自由な精神の発露ごくろうw 

290 :名無しさん@社会人:2006/11/27(月) 22:21:20
こちらは過疎だからね。

291 :名無しさん@社会人:2006/11/27(月) 22:39:36
>>287はネタですが
1)市場経済は本来共存共栄
2)不況下(非本来)で弱肉強食
3)デフレ不況をリフレで克服すれば共存共栄
というのは疎外論的ロマン主義=右翼的発想ではないか?

292 :名無しさん@社会人:2006/11/28(火) 14:08:07
その場しのぎ山形浩生
http://d.hatena.ne.jp/kingfish/20061127

293 :名無しさん@社会人:2006/11/28(火) 15:11:04
そんなヒロオに騙されて、って、ここ稲葉スレなんですけど。

294 :名無しさん@社会人:2006/11/28(火) 18:28:07
>もともと寿命が短いからエイズにかかることを気にしない点を重視すべきである!
>生でやったところでエイズにかかる確率はもともとそんなに高くないし、万が一
>エイズになっても発症して死ぬのは 10 年以上先だ。その頃に自分が確実に生きて
>いると思えば、エイズ予防のために余計な手間もかけよう。でも、どうせその頃は
>死んでるだろうと思えば……リスクは知っていても手はうたない!
http://d.hatena.ne.jp/wlj-Friday/20061122/p1

>男だって子供の心配はするでしょうに。
男が感染していた場合と女が感染していた
場合とで母子感染確率って、同じなのか?
大体、所得によってセックス以外の娯楽に
興味を見出したり、感染症への耐性(健康
状態)感染予防に掛ける費用負担が違って
くるのが当たり前だろ。その前に「寿命が
短いことが原因」って、センス悪杉だよ。
>性病予防がエイズ予防にもつながりそうだ
>という点は明確には認識されてこなかった
は〜?常識じゃないのかw
http://d.hatena.ne.jp/nabeso/20061125#c

295 :名無しさん@社会人:2006/11/28(火) 18:33:21
>>251 を復習

296 :名無しさん@社会人:2006/11/28(火) 18:34:07
もうあかんわ

297 :名無しさん@社会人:2006/11/28(火) 20:09:33
個別企業を超えて妥当する賃金用語が存在する
ように見えるのは、官庁統計が存在するからで
ある。たとえば賃金センサスや毎月勤労統計な
どが、それぞれの賃金用語について明確な概念
を提示しているかのように見せかけてるからで
ある。したがって、官庁統計に依拠して賃金を
論じると、あたかも明快であるいかのような賃
金論ができあがる。しかし、官庁統計用語の底
には、わけのわからない世界が広がっている。
官庁統計用語に依拠した研究は、たしかに明快
な世界を描くことができる。しかしその世界は、
賃金の現実から遠く離れたものである、と私は
思っている

http://www.econ.tohoku.ac.jp/~nomura/periphery.htm

298 :名無しさん@社会人:2006/11/28(火) 20:10:25
>>297

GDPマンセーwww

299 :名無しさん@社会人:2006/11/29(水) 00:00:31

      ,ィiikァil{ミk{illliミi;,,.
    ,ィj|}}州ト、トii州ililk{ミ;,
    j}iリリ州iト、 ヾk州ililk{lli
   il}jリリ州j   `ヾkリト州}ili
   !jliリ州ソ  ,z=;- ヽヾjミii}
    Y{ ヾリ    ■■■■|リ
    ノハ i! .::    '´,; !、 i   < 自作自演スレ終了!
    ソj` :::.:.  /'_';=;ィ /  jヽ.
    ノ 丶 :..:. j ;'ゝ-' j'  / /
  ,イ'` ‐-..__` ‐ _、 _ノ   / 'ー 、 ヴィシッ
           ` ー'|  /      }


300 :名無しさん@社会人:2006/11/29(水) 00:04:18
山形 v.s. 夫馬

301 :名無しさん@社会人:2006/11/29(水) 06:47:21
な〜んだ
インフレターゲットって何だ?と思ってたけど
結局アナウンス効果か
じゃあ最初からそう言えよ
すげぇわかりやすい話じゃん
インタゲって何の事かと思ったら

302 :名無しさん@社会人:2006/11/29(水) 06:50:55
成長性は大事だけど、結局所得格差でしょ
例えばアメリカみたいに格差が開きすぎると、成長性にばかり目を向けてもしょうがない
成長性って言うのは前提みたいなもんで、大事といえば大事だけどね
結局格差問題は解消できないんだろ?
素直に解消できませんて言えよ
学者はプライドが高くて、素直にわからないって言えない

303 :名無しさん@社会人:2006/11/29(水) 08:41:17
一億中流意識なるものが一億中流社会なるものと至るところで混同されて
語られているのがちょっとね。

304 :名無しさん@社会人:2006/11/29(水) 12:24:31
職業ネタはタブー、学位はクリスマスケーキのようにはかない日本で
あえて社会階層の線引きをするとしたら年間所得以外にないけど、
ほら、ずっとインフレだったじゃないですか・・・。

305 :名無しさん@社会人:2006/11/29(水) 13:00:20
>拘束力のある決定
がバンバン為されているときにオトボケは困るな。

306 :名無しさん@社会人:2006/11/29(水) 14:22:57
なぜ水門は“開けっ放し”になっているのか。
それは、生活世界において感知された問題」が「政治的公共圏での増幅、及び公論の形成」へと導かれてゆく
プロセスを媒介するものが「公共性」を僭称(詐称)しさえするのである(「公共性」騙り)
要するに「公共(性)」なる語は、なんにでも冠することの出来る一種のマジックワードであるからこそ、
圧倒的多数=公共性発現の名目下、「水門」はデフォルトでは“開けっ放し”なのではないか、と。

307 :名無しさん@社会人:2006/11/29(水) 22:57:11
なるほど共存共栄
>スーパーや外食など流通・サービス関連の17業界団体は29日、
>政府・与党が08年度から予定しているパート労働者への厚生年金適用拡大に対し、
>「断固反対」とする決議文を発表した。

308 :名無しさん@社会人:2006/11/29(水) 23:02:57
山形、万事休すw

nabeso 『>エミリーの同僚さん
論文の紹介ありがとうございます。ウェブ上に全文載っていることに気づきませんでした。DLして読んでいる最中です。
ざっと読んで思ったのは、山形さんは元の論文を読んでいないだろうということ(読んでいる必要はないのと思いますが)と、山形さんのリンク先にあるオスター本人の要約が荒っぽいなぁということでしょうか。
HIVの感染率とHIVの知識の相互作用が、性行動に有意な影響を与えていなかったり、かなり気になります。』

309 :名無しさん@社会人:2006/11/29(水) 23:21:38
http://kuznets.fas.harvard.edu/~eoster/hivbehavior.pdf

310 :名無しさん@社会人:2006/11/29(水) 23:55:43
>>302
>学者はプライドが高くて、素直にわからないって言えない

これがプライベートや日常生活に現れると、自分が悪いのに絶対に謝らないとか、
そのうち口論が激しくなると相手を誹謗・中傷・侮辱・嘲笑しはじめる。
ま、個人的にはそういうのが家族や友人にいないことを祈るほかありませんな。

311 :名無しさん@社会人:2006/11/30(木) 01:20:51
稲葉は学者じゃなかったのか・・

312 :名無しさん@社会人:2006/11/30(木) 08:06:10
未婚の行動からポジティブに言えるのはせいぜい、余命の短い未婚男性が
危険性の高い女性と付きあうという話である。調査を受けた男性の平均年
齢が高いことから、婚期を逃した貧乏男である可能性が高い。同時に彼が、
有意に生でセックスをしたかという結果はない
http://d.hatena.ne.jp/nabeso/20061130#1164817131

313 :名無しさん@社会人:2006/11/30(木) 13:42:49
同僚様へ 『多くの山形氏へ疑問は、彼が

 余命が短い(原因)ならば、子供を望まない
 セックスでも生でする(結果)のは合理的な
 振る舞いと言える

と読ますような主張を行った点にあります。別に、
「余命が短い」ことと「性交渉相手の人数」との
『相関』を否定している訳ではないので。そこん
とこ、よろしく哀愁』

314 :名無しさん@社会人:2006/11/30(木) 13:43:29
補足 『上だけだとあれなので、

健康管理と余命との因果関係の問題ですが

  健康管理(原因)→余命(結果)

だけではなく

  余命への期待(原因)→健康管理(結果)

というルートも若干あって可笑しくはないでしょう。
しかし、問題は『前者のルートに比べれば後者のルートは
かなり小さい』と考えるのが常識だと思います。この常識
に対してインパクトを与えるにはデータの中身をちゃんと
出さないとダメです。例示で適当な数字を出したのなら、
「後者のルートがある」ことの説明上のお話にしか過ぎま
せんです。いや、もちろん『これはデータに基づいている
訳ではなく、説明上のお話だよ』と最初から言っていたの
なら、何の問題もありません。説明上のお話であるものを
データに基づいた重大な別の結論であるかのような印象を
与えようとしたことが問題なのです

もちろん、以上はエミリーに対する批判ではありません。

えーと、今度もこの批判に対して申し開きのエントリーは
ないのかね?>山形くんw』

315 :名無しさん@社会人:2006/11/30(木) 15:00:04
題はあたかも専門外のことに対して専門家よりも正しい意見が述べられるかのように振舞うことではないかと。それはどんな立場の人間であれ慎むべきではないかなと思います。
数学者のブログ↓
http://d.hatena.ne.jp/kururu_goedel/20061125



316 :名無しさん@社会人:2006/11/30(木) 15:02:42
問題はあたかも専門外のことに対して専門家よりも正しい意見が
述べられるかのように振舞うことではないかと。それはどんな立場の
人間であれ慎むべきではないかなと思います。
数学者のブログ↓
http://d.hatena.ne.jp/kururu_goedel/20061125

317 :名無しさん@社会人:2006/11/30(木) 17:48:02
886 :名無しさん@社会人 :2006/11/30(木) 15:32:42
>問題はあたかも専門外のことに対して専門家よりも正しい意見が
述べられるかのように振舞うことではないかと。

はげどう。
そういう意味では、藤原先生もやめて欲しいなと思ってるんですけどね
でも、ていさん(母、藤原てい)の血筋をモロに受け継いじゃってると言うか(苦笑


887 :名無しさん@社会人 :2006/11/30(木) 16:08:21
>>886
どの藤原先生?気になる。教育界の人?


888 :名無しさん@社会人 :2006/11/30(木) 16:42:53
夫馬で〜すwww

それは「国家の品格を論ずる前にてーめえの品格をどうにかしろ」って
人のことでは?でも、あの人は数学者じゃないんだけど。まあ、世間は
誤解するだろうねえ。

318 :名無しさん@社会人:2006/11/30(木) 17:49:52
山形がまたバカな言い訳をしたので、はっときますね。

山形:妊婦死亡率が違う場合に、性行動(セックスパートナーの人数)の
世代間の違いは、女性に関してのみ見られます。男性では観察されません。
これを「健康管理」という男女間でほぼ共通に働くと思われる要因を想定
していては説明できませんよね。

私:女性達が健康管理に気を使っていれば、女性達の性行動も
穏当なものであり、また妊婦死亡率も低下する傾向にある

これで何か変ですか?恥をかいてるのはどっちなのかな?

同世代の間で女性達と男性達が健康管理について異なる
振る舞いをすることよりも、女性達と男性達で平均的な
相手数が違う、って方がずっと難しいと思うけどねえ。
これは簡単な算数だよ。

他人の専門知識に依存する前にもうちょっと頭使いな。
そんなことだから「ドゥルーズって難解な数学も使い
こなしてるんだ。すっげー!」みたいなバカな勘違い
すんじゃんかよ。

いや、きっと君はいろいろ勉強してるんだろうねえ。
でも勉強の仕方が根本的に間違ってるの>山形くん

319 :名無しさん@社会人:2006/11/30(木) 19:45:31
イラン大統領 『双曲割引のネタに若干引きずられた感あり。』

まあ 『エミリー論文では、双曲割引は論文の中心でもなんでも
なくて検証の怪しい適当な軽〜いネタなんだよ。その怪しいとこ
ろに、スポットライトを当てて「すっげー!」ってやっちゃった
訳だ。現代思想の数学んときと同じ騙され方、山形さんは。つか、
エミリーは騙すつもりはないんだろうけど、山形が勝手に騙されて、
それを撒き散らすだけのことだけどね。』

320 :名無しさん@社会人:2006/11/30(木) 19:46:27
>>318
>他人の専門知識に依存する前にもうちょっと頭使いな。

山形、バカ杉ます。

321 :名無しさん@社会人:2006/11/30(木) 19:47:13
もうこいつおわり

322 :名無しさん@社会人:2006/12/01(金) 10:40:38
山形&ふまネタにはもう秋田。

323 :名無しさん@社会人:2006/12/01(金) 18:27:35
確認 『山形氏の議論(訂正版)

もともと寿命が短いからエイズにかかることを気にしない
点を『重視すべきである!』いろんな男とやったところで
エイズにかかる確率はもともとそんなに高くないし、万が
一エイズになっても子供はともかく自分が発症して死ぬの
は 10 年以上先だ。その頃に確実に自分が生きていると思
えば、エイズ予防のために性交渉の相手を限定もしよう。
でも、どうせその頃は死んでるだろうと思えば……リスク
は知っていても我慢はしない!『独身女性達』は母子感染
リスクに関心がないから、エイズ予防をしないんじゃない
http://d.hatena.ne.jp/wlj-Friday/20061122/p1

324 :名無しさん@社会人:2006/12/01(金) 18:44:44
因果関係については、ないと私は主張している訳では
ありません。山形氏が「重大である!」という根拠を
問うているのです。「いや、それは山形氏の主観」と
いうなら、それまでのことですね。その場合、論文を
持ち出したのはただの権威付けということになります
が、それならそれでいいのです。エミリーにとっても
変な権威付けに利用されるのは本意ではないでしょう。
ま、これは同僚さんが答える義理は全くないですけど。
その根拠は山形氏に問うべきことですから…

325 :名無しさん@社会人:2006/12/01(金) 19:18:15
成長なくして財政改革無し、法人税減税で国際競争力を高め、収益を高め賃金を
上げる。個人への所得税や消費税は上げる。賃金は上がっても消費には回せない。
しかも実態は企業業績の回復に反して賃金は上がらない。

326 :名無しさん@社会人:2006/12/01(金) 19:31:49
また、フマとかぶってるよ(爆笑)

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_b2d6.html#c6101470
http://d.hatena.ne.jp/shinichiroinaba/20061201/p1

327 :名無しさん@社会人:2006/12/02(土) 09:26:39
すみません。 『
A:
>実はアフリカ人でも、所得が多くて余命が長い人々は
>ちゃんとエイズの予防措置も積極的にやっている。
これは、ごくごく常識的結論だし、論文にもあるので
しょう。問題は以下です

B:
>もともと寿命が短いからエイズにかかることを気に
>しない点を重視すべきである!生でやったところで
>エイズにかかる確率はもともとそんなに高くないし、
>万が一エイズになっても発症して死ぬのは10年以上
>先だ。その頃に自分が確実に生きていると思えば、
>エイズ予防のために余計な手間もかけよう。でも、
>どうせその頃は死んでるだろうと思えば……リスク
>は知っていても手はうたない!
このような主張がこの研究から結論できたと言って
いるのですよ、彼は。疑問はここに集中した訳です。
だから、上記Aが疑われている訳ではなく、そこは
別に認めているのです、最初から。Bについては、
山形氏が勝手に結論付けたもので、しかも論文に
このような主張があったかのように印象付けたと
いうことの問題だったんです』

328 :名無しさん@社会人:2006/12/02(土) 09:28:01
あの 『さあ

ここのコメント欄でどこの誰だかよく分からない奴が
言ってることよりも『山形氏の誇張』の方がエイズに
関する適切な理解を広めるという点でよっぽど問題で
しょ。なぜ、貴方はそっちを問題にしないのですか?

まあ、それはご自身の利益に反するんですかね。どう
して利益に反するのか理由を確認できないのが、誠に
残念ではありますがw』

329 :名無しさん@社会人:2006/12/03(日) 09:29:33
宮台 『もしプロと非プロの二極化が可能ならば、プロに集中して
性感染症を管理すればいい』

330 :名無しさん@社会人:2006/12/03(日) 09:31:37
◆ ふま (2006-12-02 23:08)
bewaad様

つまり、

A:「満期までの期間が長い国債を買って、まだ持っています
  (また売りに出すかもしれないよ…)」
B:「直ぐに満期が来る国債を買って、償還日まで持ち越して
  政府債務を日銀が消してしまう」

という二つの状態があまり変わらないと?う〜ん、私は根本
的に違うと思うのですが。
http://www.bewaad.com/20061120.html#c86

331 :名無しさん@社会人:2006/12/03(日) 10:34:04
水伝にしたって、

キレイな言葉を投げ掛けるとキレイな結晶できる

という因果関係がないとは言えません。というのは、
キレイな言葉を投げ掛けると心理的な効果で物が
キレイに見えるようになる、ということはあり得る訳
です。問題点としては『不適切な解釈でそのような
因果関係を過大視する』ことにあると思いますね。

http://blog.so-net.ne.jp/schutsengel/2006-12-03

332 :名無しさん@社会人:2006/12/03(日) 10:35:15
>>331

山形、お前が水伝なんだよ。いい加減、もう止めろよ。このバカが

333 :名無しさん@社会人:2006/12/03(日) 10:36:10
>>330 ふむふむ

334 :名無しさん@社会人:2006/12/03(日) 16:07:33
>「独占段階における市場経済の不完全性の増大」とは本質的な関係はないのです。
>しかしマルクス系=人文系には「自由貿易帝国主義」論は「もともといわゆる
>「自由主義段階」の資本主義だって不完全で、国家による介入に支えられるものだった」
>というルクセンブルグ=従属理論流の倒錯した理解で受容されてしまう。
(参照なし引用元は稲葉ブログ)

335 :名無しさん@社会人:2006/12/03(日) 16:32:45
御本人降臨か。

336 :名無しさん@社会人:2006/12/03(日) 16:35:30
>>335 妄想キチガイ? 

337 :名無しさん@社会人:2006/12/03(日) 18:32:33
虎谷一吠が埋めてきました。

338 :名無しさん@社会人:2006/12/03(日) 19:24:56
959 :名無しさん@社会人 :2006/12/03(日) 13:15:54
稲葉 v.s. 濱口

浅羽道明『右翼と左翼』評by韓リフ先生
http://d.hatena.ne.jp/shinichiroinaba/20061203/p1
リベじゃないサヨクの戦後思想観
http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_a90b.html


960 :名無しさん@社会人 :2006/12/03(日) 13:16:55
こっちも

リベラルサヨクは福祉国家がお嫌い
http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/post_5af3.html

339 :名無しさん@社会人:2006/12/04(月) 05:26:22
>>302
解消できないか?

340 :名無しさん@社会人:2006/12/04(月) 13:24:58
王家の谷63番目の墓の発見+王家の谷63番目の墓の謎
ディスカバリーチャンネル12月3/4/5日放送

2005年春にメンフィス大学チームにより発見され、Otto J. Schaden指揮下で
2006年6月に室内調査を完了したKV63の発掘記録。
詳細はオフィシャルホームページ参照。
http://www.kv-63.com/
●7つのコフィンは抜け殻であった(ミイラがあった痕跡がある)
●コフィンは樹脂で覆われ身元が隠されている
●遺品の文字その他から第18王朝後期、おそらくトゥトアンクアーメンゆかり
●チームからアンケセンナーメン説が出ているが、毎度おなじみザヒ・ハワス考古学局長は
 キヤを想定、Schadenは調査結果が出るまでは、と慎重→KV63で関連記事参照
●遺品を運び出して調査中なので、正規の報告書はまだ(時間がかかりそう)
●ミイラの行方を含め、謎が深まるばかり

341 :名無しさん@社会人:2006/12/04(月) 13:26:32
↑スマン、古代エジプトスレッドの誤爆

342 :名無しさん@社会人:2006/12/04(月) 15:46:14
>>302
トリクルダウン理論では格差そのものは解消する必要はない。
先進国(富裕層)がより富めば、第三世界(貧困層)も少しずつ増しになるだろう。
そういう話。

343 :名無しさん@社会人:2006/12/04(月) 16:20:01
私にとってマジで気持ち悪いのは、「ネオリベは弱肉強食だ、構造改革はシバキだ、
格差是正が急務だ」と叫んでいる人たちが、やたらと生き生きとしていることである。
メディアに登場するヒョーロンカといっても、格闘技のテレビ中継を観ながら悪口雑言を
履いてストレスを発散している酔っ払いのオヤジ、あるいは学校やネットでイジメを
繰り広げているたちの悪いオタクのレベルなので、それは仕方がないことなのかもしれない。

344 :名無しさん@社会人:2006/12/04(月) 17:44:15

さっきまで国会の参議院決算委員会を見てたんですが
生き生きとしている議員が多かったですw

345 :名無しさん@社会人:2006/12/04(月) 23:44:32
ふま

346 :名無しさん@社会人:2006/12/05(火) 00:25:28
やまがたは凄くふまに似てきたな。
笑っちゃう。

347 :名無しさん@社会人:2006/12/05(火) 00:41:54
ふまがた

348 :名無しさん@社会人:2006/12/05(火) 01:39:46
ふまがたw
ちょっとウケたw

349 :名無しさん@社会人:2006/12/05(火) 13:17:48
私にとってマジで気持ち悪いのは、「マクロ経済に辿り着けない人文学者は終っている」
と叫んでいる人が、やたらと生き生きとしていることである。あたかもマルエンが空想的
社会主義者を批判した如く。

350 :名無しさん@社会人:2006/12/05(火) 21:46:46
# なぬ 『
単振動の方程式は「統計的」事実なのか?
統計的事実でなければ、事実でないのか?
随分な話だな』
http://d.hatena.ne.jp/shinichiroinaba/20061203#c1165322728

351 :名無しさん@社会人:2006/12/06(水) 01:55:51
# 経済学徒 『ARNさんが苦言を呈されているように、稲葉さんは統計的
事実に基づく実証的な成果が何もない方のようですね。論理的整合性を
レトリックで取っているから一見尤もらしいように見えるけれども、ひ
とりよがりな「思い込み」や「感触」「ふかし」が多く見られるとの評
判を聞いたことがあります。さてサボり魔だらけの業界と言われている
マクロ経済学ですが、マクロ経済学と一言で言ってもモデルは多様です。
しかし「マネタリー」となるとそれほどうまく行っているものもないよ
うでして、さらに日本に合うようなものとなるとどうなんでしょう。何
かすごい「裏技」があるんでしたら専門家にもわかるように「啓蒙」し
てほしいです。』
http://d.hatena.ne.jp/arn/20061204#c1165325389

352 :名無しさん@社会人:2006/12/06(水) 01:57:50
# ふう 『>>振り子の動きが単振動ってのは統計的事実じゃないかと。

大学入試では、単振り子の運動は単振動であるとして扱われます。
しかし単振り子の運動が単振動と近似できるのは、その振幅がおもりを
つるしている糸の長さに比べて十分小さいときに限られ、実際の振り子の
周期はその振幅によって変わってきます。
http://www.ne.jp/asahi/tokyo/nkgw/gakusyu/rikigaku/tanfuriko/tanfuriko.html

統計的事実というより、『ある状況を想定した場合における近似的事実』では
ないかと…。』
http://d.hatena.ne.jp/arn/20061204#c1165335794

353 :名無しさん@社会人:2006/12/06(水) 08:33:33
厚生経済学者にマクロにも言及しろとか、相変わらず稲葉は無茶苦茶だな

354 :名無しさん@社会人:2006/12/06(水) 10:07:12
# ふう 『はい、言葉の問題ですね。普通は統計的とは言わずに近似的と言うのでは?』

# arn 『近似的事実という言葉は存在しませんが、統計的事実という言葉は存在します。貴人がおっしゃる近似的事実という言葉が一般的とする根拠をお示しください。』

# では 『
単振り子は単振動の方程式に統計的に従う、という言い方がありますか?
近似的に従う、と言うのが普通かと思います。あなたが統計的事実と言う
言葉をお使いになるので、近似的事実という言葉を持ち出したのですね。
それから、統計力学が統計的事実なのか、どうかも、お調べになるといい
かもしれません』

http://d.hatena.ne.jp/arn/20061204#p2

355 :名無しさん@社会人:2006/12/06(水) 10:13:46
>>351
なんでそこだけ引用してくるんだ? そのエントリ、ここの記述の身も蓋もなさに藁多よ。

>それは単に、その学問分野が終わってることを意味しているだけじゃねーの。
>マクロ経済学に辿りつかないというのは統計的事実に辿りつかないということを意味しているわけで、
>ようするにその人達は単に事実に興味がないということだ。

>だが、上記で稲葉氏が指摘している人々はその分野では名の通った専門家であり、
>その分野の知識収集にはいくらでも時間をかけられる人々である。その人達が辿りつかないというのだから
>よほど遠くにありそうだが、実際には私のような完全な門外漢でも辿りついているわけだからそんなこともなさそうである。
>彼らは辿り着かないのではなく、辿り着きたくないか興味がない。単にそれだけのことなのではないだろうか。

356 :名無しさん@社会人:2006/12/06(水) 22:01:59
田中は、プロの経済学者が取りくむべき実践的問題=今の日本では、貨幣的マクロと考えてるらしいが、
それはマクロ屋の仕事だろ。

田中の仕事(取り組むべきこと)=日本経済思想史
吉原の仕事=marxian micro

産業組織の専門家や貿易の専門家が、貨幣的マクロに基づいて実践的問題に取り組む必要はない。

357 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 07:29:54
違うんだよ
「ネオリベは弱者切り捨て」とか言ってる人には2種類いるんだよ
1つは純粋に、「このままじゃ格差が広がって良くない」とか言ってる人たち
もう1つは、「弱者切捨てを低所得の馬鹿たちが支持してるんが笑える。
小泉かっこいいとか思ってるんだろwネットウヨは簡単に騙される間抜けな奴らw」
と小泉やその支持者を批判したくて、その口実にネオリベや格差を持ってきてる人たち
こういう人は口実として持ってきてるだけだから、金融政策には、わからないので、一切言及しない

358 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 07:32:36
非正社員増加が背景…日本の貧困世帯率ワースト2
経済協力開発機構(OECD)が20日発表した「対日経済審査報告書」は、
日本の所得格差の拡大が経済成長に与える悪影響に懸念を示した。
特に、所得が低い「相対的貧困層」の割合(2000年)は、OECD加盟国の中で日本が米国に次いで2番目に高いと分析しており、
バブル崩壊後の景気低迷で、コスト削減を進める企業がパートやアルバイトなど賃金の安い非正社員を増やしたことが、
所得の二極分化を助長させたことを裏付ける形となっている。
報告書では、OECD加盟国のうち判明した17か国について2000年の相対的貧困率を列記した。
最も高い米国が13・7%で、日本の13・5%が続き、次いでアイルランドが11・9%だった。
一方、最も低いチェコは3・8%と大きな差が付いた。

===========================================================================================================

世界の1%、富の40%保有 日本は格差小さい
・国連大学世界開発経済研究所(本部・ヘルシンキ)は5日、世界の成人人口のうち
最も豊かな上位1%が個人総資産の40%を保有する一方、下位50%が保有する
資産は全体の1%にとどまるとの報告書を発表した。
「上位1%」に属する人々の約9割は北米、日本、欧州の主要先進10カ国に居住して
おり、世界の富の偏在ぶりと「格差」の大きさをあらためて浮き彫りにした。
報告書によると、2000年の世界の個人総資産は125兆ドル(約1京4368兆円)で、
世界の国内総生産(GDP)合計の約3倍相当。うち上位10%の富裕層は個人資産の
85%を保有していた。
上位1%に属する人の居住国は米国(37%)と日本(27%)が特に多く、英国(6%)、
フランス(5%)、イタリア、ドイツ(各4%)、カナダ、オランダ(各2%)などと続いた。
格差を示す指標「ジニ係数」で個人資産の偏在ぶりを数値化すると、米国は約0・8、
英国やフランスは約0・7だったのに対し、日本は約0・5と格差が小さかった。

359 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 08:04:15
参考:本田由紀・内藤朝雄・後藤和智『「ニート」って言うな!』光文社新書
宮台真司 
ニート騒ぎはこれで終了かも。阿呆を名指しする記録本としてグッドです。
僕から加えると、まず旧来の「今時の若者は」的攻撃に加えて昨今目立つのは、
流動性不安がもたらす「多様性フォビア」としての若者フォビアです。
処方箋は流動性不安の手当て。次に、本家英国と違い「失業者を含まない」日本版ニート概念は
初期のフリーター批判と同じく怠業批判ルーツで、「こいつらが日本を滅ぼす」と言いつつ
年長世代が十年度の自分の年金を心配する俗情がある。処方箋は馬鹿オヤジの退場(ムリかな)。


宮台真司
自立努力や参加意欲を示さないまま行政的に支援されるように見える人々に対し、
2ちゃんねるなどの場で「テメエが弱者かよ」と噴き上がるケースが目立ちます。
そういう大衆的な心性が、「第三の道」を通り越して、ネオリベ的な再配分否定図式を翼賛しています。
噴き上がる連中には弱者が多いですから、自分の首を絞めていることになります。実に皮肉な事態です。
昔からフランクフルト学派の人たちが言ってきた通りで、権威主義者には弱者が多い。
これは統計的に実証できます。私の在職する大学で博士号を取得した田辺俊介君の博士論文
『ナショナル・アイデンティティの概念構造の国際比較』(2005)が、ISSP(国際社会調査プログラム)の
1995年データを統計解析しています。
それによるなら、排外的愛国主義にコミットするのは、日本に限らず、低所得ないし低学歴層に偏ります。



さすが宮台!ニートを攻撃する親父と権威にすがる低所得者を批判してる!
低所得者の擁護と批判を同時にするところが流石です!

360 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 09:46:15
ほんと、山形ってダメダメだなw

------

>「すみません。」のBの議論を山形さんが捏造したと
>お考えなのでしょう。でも、そう主張するためには、
>もとの論文を読んで、その論文がBを主張していない
>ことを確かめる必要があると思いませんか?
すべて自分で確認すべきとは考えていません。しかし、
Bの内容が確かにエミリー論文にあるという情報より、
なかったという情報の方が信憑性があると思ってます。
本当にBの主張が当該論文の中にあれば、あった、と
いうことを有無を言わせない形で示すことは容易だと
思います。それが全くないのですから

そもそも、なぜ貴方は性交渉人数がある特定数以上である
人の割合ばかりを議論するのですか?もっと基本的なデー
タであるはずの『性交渉人数の平均値』を議論なさらない
のですか?その次には、「その分散」も基本的なデータで
しょうね。

http://d.hatena.ne.jp/nabeso/20061130#1164817131

361 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 12:40:13
なんだ、鴨かいな
http://d.hatena.ne.jp/wd0/

ソーカルあほ過ぎますwww

基礎論屋で、数学屋の感覚を代表したり
素論屋で、物理屋の感覚を代表したり、
もうむちゃくちゃですわw

362 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 12:42:10
>>361
山形=鴨、同レベル

363 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 13:26:54
>>357
その分類は戯画化しすぎているなあ。「純粋に」なんていう人達がいるだろうか。
純粋に格差化ヤバいと言っている人だって、既成政権がその格差化と無関係でないと考えるなら
小泉や安部の率いる森派閥政権をその必要から当然批判するだろうしね。
それに、金融政策に詳しいかどうかはその分類とはなんら関係のないことだろう。
それとも、金融政策の専門家ならば、小泉批判やネオリベ批判はしないと言いたいのかな?

364 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 19:34:18
昨今の「経済学ブーム」は、経済学がブームになっているというよりは、
かつてのサブカル系社会学ブームが、経済学に取って代わったと考える
べきである。by赤木智弘

365 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 19:38:24
戦後の高度経済成長は、左翼を安定した給料をもらいながら活動をしてられるような
Win-Win構造の中で、安定して勝利を得られる「ぬくぬく左翼」にした。
 しかし、若者の戦いは、低成長の中、現行の利権勢力を切り崩し、自らの下に利権を
呼び寄せるというゼロサムゲーム。すなわち戦後初、本当の意味の戦いである。by赤木智弘

366 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 19:42:58
内戦だ!安定した労働者=おじんおばんと不安定な若baka者との。なけなしの年金や
退職金を奪え!郊外のマイホームを占拠せよ!
どちらのジャンクも絶えた跡、微笑みながら支配者層=富裕層は・・・絵に描いた
自滅型ファシズムの先鋒。

367 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 20:43:22
>山形氏のコバンザメしたり、田中氏と喧嘩したりしないと人がよってこないようでさみしい
osakaeco

368 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 23:27:33
>>364-365
ニュースソースは? それはどこ? 月刊「論座」?

369 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 23:27:48
大丈夫、山形も田中も稲葉もアキ(れ)られ始めているから。

370 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 23:29:10
赤木さんはちょっと認識が荒いと思っちゃいたけど……。

ただし文章は洗練されているし、過ぎたや平井のように思考停止のサヨクに比べりゃ
現代風だし賢いと思うよ。

371 :名無しさん@社会人:2006/12/08(金) 00:02:37
稲葉ブログんとこで、夫馬のコメント有りw
http://d.hatena.ne.jp/shinichiroinaba/20061203#c1165479623

# ふま 『貨幣数量説は「政府(中銀含む)の保有資産が一定」の条件の下で成立するのです。
http://www.bewaad.com/20061120.html#c100

372 :名無しさん@社会人:2006/12/08(金) 00:03:29
ふまがた

373 :名無しさん@社会人:2006/12/09(土) 09:30:10
109 :名無しさん@社会人 :2006/12/09(土) 00:13:38
↓だれ、この人? そんな対立してた? 経産省が本田先生に肩入れしてるっぽいのは知ってるけど

# リベラル 『このトレードオフへの対応方針が本田由紀vs濱口の対立点です。』




110 :名無しさん@社会人 :2006/12/09(土) 00:34:51
>>109 内藤


111 :名無しさん@社会人 :2006/12/09(土) 00:35:33
>内藤

フマとも言う

374 :名無しさん@社会人:2006/12/09(土) 09:30:53
112 :名無しさん@社会人 :2006/12/09(土) 00:41:11
>>110-111 スネオ来たな(w

375 :名無しさん@社会人:2006/12/09(土) 11:27:58
◆ ふま (2006-12-07 11:09)
すみません。一応、まとめということで

1:
インフレ率の『長期』的な水準は主に、「シニョレッジ」で
決まります。

2:
一方で、一時的貨幣需給の不均衡を解消するという目的には
中銀による通常の「買いオペ」、「売りオペ」が適当です。

http://www.bewaad.com/20061120.html#c100

376 :名無しさん@社会人:2006/12/09(土) 11:28:37
119 :名無しさん@社会人 :2006/12/09(土) 11:03:23

ネット・リフレ派の最先端は今はフマさんw


120 :名無しさん@社会人 :2006/12/09(土) 11:04:30

ネット・リフレ派=ふま派?

377 :名無しさん@社会人:2006/12/10(日) 00:39:57
ザ現実

378 :名無しさん@社会人:2006/12/10(日) 01:05:10
リフレ派 != リフレ虫

379 :名無しさん@社会人:2006/12/10(日) 06:42:40
>>363
日銀の金融政策を批判してる人たちは構造改革は必要と言う考え方に懐疑的だよ
リフレ派に小泉の郵政改革を支持してる人たちがいる?

380 :名無しさん@社会人:2006/12/10(日) 14:34:39
>>379
注意しておかないといけないのは、リフレ厨たちがかつて猪瀬メルマガに集っていた
ように、リフレ厨はサプサイサイドの改革それ自体には必ずしも反対ではないこと。
ここにおいて「抵抗勢力」や反市場原理厨とも異なる。
ただし、デマンドサイドを無視して構造改革を先に行ってしまう清算主義や清貧主義に反対している。

郵政についてはどうだったか、郵政の是非よりもああした政治的なイベントで
またデマンドサイド無視の清算主義が進行することの方を心配していたと思います。
岩田などはむしろ民営化出来るものは民営化するという立場なのでは?

381 :名無しさん@社会人:2006/12/10(日) 23:17:14
「郵政民営化」は日本経済に根本的な変化をもたらすものではなく、膨大なエネルギーを
費やしてきたことで、真の経済問題を放置している。
日本の問題は、デフレだからゼロ金利政策を捨てることで、回復基調に水をさしてしまう
リスクを日本銀行は肝に銘じるべきだ。消費税率の引き上げにも慎重になるべきである。
ーあるリフレ派学者の序文からー

382 :名無しさん@社会人:2006/12/11(月) 11:50:42
パイパイパイパイ言っているπ虫(リフレ虫?)って結局
T・フリードマンと言っていることが何も違わないじゃねーか。

383 :名無しさん@社会人:2006/12/11(月) 11:56:39
>>379
田中タンは小泉政権の構造改革を擁護してなかった?
構造改革=格差社会助長とかいう世間の論調は非科学的的だとかって。
そのあたり読んだらけっきょくリフレ虫が松原聡とダブって見えてきたよ。

384 :名無しさん@社会人:2006/12/11(月) 12:07:46
小泉政権の実績
GDP下落率----------------歴代総理中第1位
   自殺者数------------------歴代総理中第1位
   失業率増加----------------歴代総理中第1位
   倒産件数------------------歴代総理中第1位
   自己破産者数--------------歴代総理中第1位
   生活保護申請者数----------歴代総理中第1位
   税収減--------------------歴代総理中第1位
   赤字国債増加率------------歴代総理中第1位
   国債格下げ----------------歴代総理中第1位
   不良債権増----------------歴代総理中第1位
   国民資産損失--------------歴代総理中第1位
   地価下落率----------------歴代総理中第1位
   株価下落率----------------歴代総理中第1位
   医療費自己負担率----------歴代総理中第1位
   年金給付下げ率------------歴代総理中第1位
   年金保険料未納額----------歴代総理中第1位
   年金住宅金融焦げ付き額----歴代総理中第1位
   犯罪増加率----------------歴代総理中第1位
   貧困率--------------------ワースト5国に入賞
   民間の平均給与------------7年連続ダウン
   出生率--------------------日本史上最低
   犯罪検挙率----------------戦後最低
   所得格差------------------戦後最悪
   高校生就職内定率----------戦後最悪

385 :名無しさん@社会人:2006/12/11(月) 12:47:54
>>383
>>380-381を参照。ただし松原もデマンドサイド無視の改革先行型なので、
そこには当然に批判的だろう。

386 :名無しさん@社会人:2006/12/11(月) 13:24:38
韓リフは小泉改革を批判してんだろ。格差社会が
小泉改革で出現したという頓馬を批判しているだけ

387 :名無しさん@社会人:2006/12/11(月) 13:30:38

★朝日新聞は日本の若者から信頼されています★

誹謗中傷を繰り返しているのは一部の若者だけです。
彼らは戦争に憧れ、軍国主義に憧れているだけに過ぎません。


http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1165751720/l50




388 :名無しさん@社会人:2006/12/11(月) 22:35:32
yamagata先生、今度はフェアトレード攻撃
1. フェアトレードはそもそもの問題である過剰生産を悪化させ、状況を悪くする。
2. フェアトレードは価格保証をするので転作を阻害する。
3. フェアトレードは価格保証をするので品質改善インセンティブがない。結果としてフェアトレード食品はまずいことも多い
4. そもそもフェアトレードの金は農民のところにいかない。小売業者がお馬鹿な消費者識別装置として使っているだけ

389 :名無しさん@社会人:2006/12/11(月) 22:39:45
参照先:下記の3番目ね。
ttp://academy4.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1165139599/l50

390 :名無しさん@社会人:2006/12/11(月) 22:40:18
参照先:下記の3番目ね。
ttp://academy4.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1165139599/203

391 :名無しさん@社会人:2006/12/11(月) 23:47:33
アサヒ読むならこっち
ttp://www.asahi.com/business/update/1211/077.html

392 :名無しさん@社会人:2006/12/12(火) 12:12:45
稲葉先生もWIN*WIN資本主義礼賛する暇があったら、金利引き上げに消費税率アップ
といった、米経由財界主導の政策運営に苦言を呈したらどうか。呈しても無力を承知か。

393 :名無しさん@社会人:2006/12/12(火) 19:03:04
219 :名無しさん@社会人:2006/12/12(火) 16:26:20
>現在の経済は果たしてマクロ的な不安定状況にあるのかどうか、またあるいは
>「自然な最低賃金」とは具体的にはどのレベルなのか、についての実践的な
>判断には、大きな困難があるであろうことは想像に難くない。
稲葉のマクロ経済嗜好は社会問題や政治からのポモ的逃亡ダス。

394 :名無しさん@社会人:2006/12/13(水) 08:26:20
デンパ炸裂厨

http://d.hatena.ne.jp/osakaeco/20061206#c1165903987
http://d.hatena.ne.jp/osakaeco/20061206#c1165926464
http://d.hatena.ne.jp/osakaeco/20061206#c1165927561
http://d.hatena.ne.jp/osakaeco/20061206#c1165929157

395 :名無しさん@社会人:2006/12/13(水) 08:36:05
# ふま 『
何かちょうど、この問題について稲葉先生がupしてくれています。

http://d.hatena.ne.jp/osakaeco/20061206#c1165909847

396 :名無しさん@社会人:2006/12/13(水) 08:36:40
ふまはきもい

397 :名無しさん@社会人:2006/12/13(水) 19:38:48
ふまは幼稚。アホみたい。

398 :名無しさん@社会人:2006/12/13(水) 19:55:27
>>397
ひきこもりのキチガイです

399 :名無しさん@社会人:2006/12/13(水) 20:10:34
>>398 引き出し屋乙

400 :名無しさん@社会人:2006/12/13(水) 20:17:23
和樹スレか?

401 :名無しさん@社会人:2006/12/14(木) 13:27:37
>>400 和樹ってだれよ

402 :名無しさん@社会人:2006/12/14(木) 14:06:56
上山だろ

403 :名無しさん@社会人:2006/12/14(木) 14:58:19
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062110725/

404 :名無しさん@社会人:2006/12/14(木) 15:15:26
和樹=ふま?

405 :名無しさん@社会人:2006/12/14(木) 15:47:22
「経済活性化を促進する観点から」、減価償却制度の見直しなどの企業減税を盛り込み、
安倍晋三政権の高成長路線を下支えする姿勢を明確にした。一方で、財政の現状について
「歳出と税収のバランスが極端に崩れ、先進諸国の中でも突出した危機的状況にある」と指摘、
「07年度を目途に消費税を含む税体系の抜本的改革に取り組む」として、
来年度に消費税率引き上げを本格議論する必要性を明記した。
<与党税制改正大綱>

406 :名無しさん@社会人:2006/12/14(木) 15:49:57
年金福祉削減、医療費・教育費高騰、消費税率引き上げでリフレを目指そう!

407 :名無しさん@社会人:2006/12/14(木) 17:10:11
>>404
ホントかな。かなりキャラが違うような。

408 :名無しさん@社会人:2006/12/14(木) 18:02:14
>>404 ありえねえ〜

409 :名無しさん@社会人:2006/12/14(木) 19:58:43
経団連など日本の勝ち組企業は、自由に国境を超え、世界規模で利益を追求する
多国籍企業になっている。個別企業ごとに欧米地元企業との競争に打ち勝つこと
が生き残り策なのだ。その代償として国内の福祉充実に要する財政負担や雇用の
保障などを負担する余裕も理由もない。>>405の上2行とそれ以降の問題は、
国民経済の崩壊を意味している。

410 :名無しさん@社会人:2006/12/17(日) 16:17:46
あ、すんだか?

411 :名無しさん@社会人:2006/12/18(月) 00:38:51
格差社会は当たり前。
格差があれば上昇志向が生まれるから経済が活性化し国が豊かになる。
新自由主義政策を採った国ほど経済が成長していることがそれを示している。

成功者を嫉妬する風潮こそ変えていかなくてはならない。

412 :名無しさん@社会人:2006/12/18(月) 12:36:46
格差是正は当たり前。
格差があれば這い上がれない層は絶望して経済が停滞し治安も悪くなる。
新自由主義政策を採った国ほど矛盾が噴出し、政権が不安定なことがそれを示している。

弱者を蔑視する風潮こそ変えていかなくてはならない。

413 :名無しさん@社会人:2006/12/18(月) 13:24:33
新自由主義って何?って今更ながら思うわけよ。
EUなんて資本と労働の移動自由化という点では新自由主義的だが、
個々の国は高福祉国家的だよな。
矛盾と言うならEUの方がよほど矛盾が噴出しているような気がするが。

414 :名無しさん@社会人:2006/12/18(月) 13:59:31
欧州叩きがお好きなリフレ厨またキタ━(゜∀゜)━!!

415 :名無しさん@社会人:2006/12/18(月) 16:13:03
新自由主義って何?って今更ながら思うわけよ。
中共なんて開放改革政策という点では新自由主義的だが、
通貨規制や農業政策は社会主義的だよな。
矛盾と言うなら中共の方がよほど矛盾が噴出しているような気がするが。

新自由主義=自由度男、市場原理主義、市場の自由確保のための政策は可。
 例:もし格差拡大で市場が瓦解あるいは成長しなくなれば是正策を採る。
格差是認の新自由主義はリバータリアン的弱肉強食に傾く。

416 :名無しさん@社会人:2006/12/19(火) 18:47:29
新自由主義=自由度男、市場原理主義、市場の自由確保のための政策は可。
 例:もし格差拡大で市場が瓦解あるいは成長しなくなれば是正策を採る。
格差是認の新自由主義はリバータリアン的弱肉強食に傾く。

格差是認のリバータリアニズムは新自由主義的弱肉強食に傾く。

417 :名無しさん@社会人:2006/12/20(水) 03:05:48
>>356

なんでこの人たちはこんなことがわかんないの?

418 :名無しさん@社会人:2006/12/20(水) 07:27:39
>>417

おまえみたいなちゃんと論争や経済学の基礎や日本語を理解
できないのが多いからわからないと思うんだよ=おまえがバカ
なのがいけない。

419 :名無しさん@社会人:2006/12/20(水) 07:29:46
北欧の高社会保障国家は消費税が20-25%ぐらいなのをお忘れなく。
食料品なんかは税率低いがな。

まあ、日本の負け組は「社会保障はタダ」「公的サービスはタダ」と思い込んでいるね。
いつから思い込むようになったのか。本当にバカなヤツらだ。

420 :名無しさん@社会人:2006/12/20(水) 11:22:27
最近は「社会保障はムダ」「公的サービスはムダ」と思い込んでいる輩も多いね。
病気にも事故にもならず不老長寿だと信じているのかね、本当にサイボーグな奴らだ。

421 :名無しさん@社会人:2006/12/20(水) 15:11:19
>>420
すべての日本人が難病にかかり、交通事故に遭うということを証明せよ

422 :名無しさん@社会人:2006/12/20(水) 15:49:00
「リフレ厨」はなんで欧州ないし北欧を目の敵にするのかねえ。
リフレとは本来関係ない話だと思うが。森永氏だって「リフレ派」なんだし。

423 :名無しさん@社会人:2006/12/20(水) 15:50:37
(注) リフレ厨 ≠ リフレ派

424 :名無しさん@社会人:2006/12/20(水) 16:43:47
>>423
どうちがうの?

425 :名無しさん@社会人:2006/12/20(水) 17:32:06
>>422
欧州・北欧を理想視する連中が>>419のような現実を無視するからだろ。
労働規制・保護主義・移民がもたらした慢性的な高失業も無視するしな。
教育がタダ同然というのも、日本の高校・大学における国公立/私立と同じくエリート層への逆再分配になっている面もあるとか、
中等高等教育の大衆化による学生の質の低下や労働市場の硬直化による卒業生の失業率の高さも無視。

426 :名無しさん@社会人:2006/12/20(水) 18:07:53
>>421
すべての日本人が難病を免れ、交通事故に遭わない、老化しないということを証明せよ、やろな。

427 :名無しさん@社会人:2006/12/20(水) 19:00:45
>>422
欧州ないし北欧マンセーの奴に限って反成長主義だったりするからじゃないの?
流動化を要請するEU体制と個々の福祉国家の硬直した労働市場の矛盾にも無自覚だったり。
欧州のその手の良心的知識人も同じ。
レギュラシオン周辺はまだ若干マシなのかもしれんが。
但し、北欧ではおおむね高福祉と高度成長政策はワンセットだと認識されており、
定常型社会などと世迷い言を言ってるのは主流派ではない。
「成長という翼がなければ福祉という大型機は浮揚しない」
(岡沢憲芙『スウェーデンの挑戦』(岩波新書)より)

428 :名無しさん@社会人:2006/12/20(水) 19:11:36
それに北欧が高福祉国家として一応成功しているのは、
少数精鋭国家だからじゃね?
一億人の人口がある日本じゃ絶対無理だろ。
ま、成功と言ってもフランスとかに比べれば成功ということで、
色々問題が出てるのはいうまでもないし。
ワークフェア国家ではニートという存在は許されないはずだが、
スウェーデンですら失業率が上がってるということは、かなりヤバイんじゃね?

429 :名無しさん@社会人:2006/12/20(水) 19:36:21
せっかく盛り下がっているところ、あいすまんが、稲葉は北欧マンセーなのか?

430 :名無しさん@社会人:2006/12/20(水) 19:57:31
>>429
その逆だろ。ワザとボケるな!

431 :名無しさん@社会人:2006/12/20(水) 20:15:03
>>428
ワークフェアは単純な福祉主義に代わる政策として出てきたわけだけど、労働市場が硬
直化していて受け入れ先が無かったり、時代遅れなスキルの訓練だけ与えられたり、
職能以前に当事者に基礎的な学力が欠けていたり、あるいは単に需要が無かったりすると、政策と訓練
だけがあって雇用が無い状況に陥る。今の日本がうわべだけ真似ているけど既に失敗し始めている。
日本の場合はワークフェアというよりは福祉予算の削減目的が主か。

これは社会的弱者(障害者その他)や失業者向けの政策だけではなく、一般的な初等〜高等教育においても
同じことなんだけど、にも関わらず日本でももっともっと職業訓練をとか求めてくる研究者
は自分のエゴを満たしたいだけなんだろうな。
教育基本法改正で人間力で強制ボランティアで徴農とか言う人たちと同じだと早く気付いて欲しい。

432 :名無しさん@社会人:2006/12/20(水) 20:19:14
>政策と訓練だけがあって雇用が無い状況に陥る。

このあたり、宮本みち子とかどう思ってるんだろ? 宮本さんが日本に持ち込ん
でくる政策って、欧州やイギリスでも実際はそんなに成功しているわけではないと思うんだけどな。

433 :名無しさん@社会人:2006/12/20(水) 20:19:46
いや稲葉は北欧に関しては正当に評価してるだろ。
日本が真似すべきかどうかは別だが。

434 :名無しさん@社会人:2006/12/20(水) 21:23:38
ムーミン谷も終わりだな。

435 :名無しさん@社会人:2006/12/20(水) 23:27:18
山形はアメリカマンセーだけどね。

436 :名無しさん@社会人:2006/12/21(木) 12:10:23
西野「2ちゃんねる?NHKですか?・・・・あー、インターネットね・・・うん・・・
聞いてますよ。なんや俺も色々と書かれてるみたいね(笑)俺だけじゃなくて有名人は色々と書かれてるらしいね。
う〜〜ん、楽しいんでしょうね・・・というか、それしかないんでしょうね。ストレス発散というか。
結局、自分が不甲斐ない人生を送っているから、成功した奴、金を持っている奴、有名になった奴、才能のある奴を
叩くしかないんですよ。まー、お前らにはそれくらいしかできんわなぁ・・・と(笑)
腹立つ?・・・いや、むしろ哀れみを感じますね。そんなことしか出来へんのやもん、小動物やん(笑)
まー、そんな奴らのささやかな楽しみ、ストレス発散を引き受けてやるのも有名人の務めかもしれませんね。
かわいそうやから、せめてそれくらい引き受けたらんと。
こっちは、いい家に住んで、いい女を抱いて、いい車に乗って、いい物を食べて、大金を稼いでるわけですからね。
お前らはせいぜい悪口を書いて楽しんでなさい、と(笑)ただし寄生虫ということを自覚だけはしておきなさい、と(笑)」

437 :名無しさん@社会人:2006/12/21(木) 13:56:47
西野って誰?

438 :名無しさん@社会人:2006/12/21(木) 17:08:29
>>433
ブログでは一生懸命市場原理主義を弁護していたけどなww

439 :名無しさん@社会人:2006/12/22(金) 15:53:42
市場原理主義が弱肉強食というのは誤りであって、市場は共存共栄である。
互酬や贈与ではなく、そういうのだから、稲葉先生にはぜひ世界共和国の
不可能性を書評していただきたいものだ。

440 :名無しさん@社会人:2007/01/13(土) 17:01:03
>>431
見事なまでに根拠ナッシングな批判だなw

441 :名無しさん@社会人:2007/01/25(木) 15:18:45


442 :名無しさん@社会人:2007/01/25(木) 15:19:31
ふま

443 :名無しさん@社会人:2007/01/25(木) 15:20:26
ふまふま

444 :名無しさん@社会人:2007/01/25(木) 15:21:15
ふまふまふま

150 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)