2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ニート】玄田有史【NEET】

1 :名無しさん@社会人:2006/02/06(月) 03:13:20
この板のほうが突っ込んだ議論できそう

2 :名無しさん@社会人:2006/02/06(月) 03:15:18
ニートって言葉、いかにも作り物っぽくない?

3 :名無しさん@社会人:2006/02/06(月) 06:38:22
叩かれてかわいそす

4 :名無しさん@社会人:2006/02/06(月) 16:26:12
本田由紀・内藤朝雄・後藤和智『「ニート」って言うな!』(光文社新書)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334033377/qid%3D1137830586/sr%3D1-1/ref%3Dsr%5F1%5F10%5F1/249-6520562-9955510
まえがきより
http://d.hatena.ne.jp/yukihonda/20060113
「ニート」言説という靄が2000年代半ばの日本社会を覆い、視界を不透明にしている。この靄の中で日本社会は誤った方向に舵を切ろうとしている。
「ニート」言説は、1990年代半ば以降ほぼ10年間の長きにわたり悪化の一途をたどった若年雇用問題の咎を、労働需要側や日本の若年労働市場の特殊性にではなく若者自身とその家族に負わせ、若者に対する治療・矯正に問題解決の道を求めている。
「ニート」は、忌むべき存在、醜く堕落した存在、病んだ弱い存在として丹念に描き出される。「ニート」は、可能な限り水増しされ、互いに異質な存在をすべて放り込んだ形でその人口規模が推計される。
「ニート」は、若者全般に対する違和感や不安をおどろおどろしく煽り立てるための、格好の言葉として用いられる。「ニート」はやがて、本来の定義を離れてあらゆる「駄目なもの」を象徴する言葉として社会に蔓延する。
こうした「ニート」言説のせいで、冷静で客観的な現状分析と、真に有効な対策の構想は立ち後れている。もはやこうした事態を放置することはできない。
靄は払われなければならない。開けた視界のもとで、海図に照らして社会の進路を見定めなければならない時がきている。もう我々を惑わす「ニート」という言葉は使うべきでない。「ニート」って言うな!


5 :名無しさん@社会人:2006/02/06(月) 16:26:45
『「ニート」って言うな!』
あとがきより
http://d.hatena.ne.jp/suuuuhi/
 本書の紹介としては、本田が「はじめに」で記すべきことを記している。
 わたしがつけ加えようと思うのは、本書の普遍性についてである。
 ニートは流行性のイメージ商品であり、いずれ「アプレゲール」や「太陽族」などと同様、人々の記憶から消えていくであろう。しかし本書は、世に残る内容を備えた書物である。
 一時のこのような流行はいつの時代にも社会を損なってきた。そのうちの一つ(ニート騒ぎ)を深く掘り下げていくことによって、そこから普遍的なメカニズムが浮き彫りになってくる。
読者はこの本を読了して以後は、ニートに限らず、いろいろな流行性のイメージ商品に対する免疫ができるであろう。
「ニート」が忘れ去られた後でも、本書は版を重ね、多くの人々に有益な視点を提供し続けると確信している。将来、ニート騒ぎは本書によって思い出される歴史的な事象になるだろう。
 大衆の中に憎悪が蔓延するしかたが、その社会の根本的なありかたとその欠陥を映し出す。本書では、青少年ネガティヴ・キャンペーンに対する人々の反応をリトマス試験紙のように用いて、われわれの社会の欠陥を明るみに出すことに成功した。
本書はニート問題をきっかけとして、われわれが生きているこの社会の原理的な困難を突きつけるのである。
本田と内藤の執筆分では、このような原理的な困難に対して、新しい社会構想を提出している。後藤は、「あたりまえ」にくるんで世にばらまかれた個々のニート言説を、「あたりまえ」でないものへと異化していく。
世に氾濫する言説を突き通す「目の動かし方」のレッスン集として、ぜひ精読していただきたい。


6 :名無しさん@社会人:2006/02/06(月) 20:50:07
>将来、ニート騒ぎは本書によって思い出される歴史的な事象になるだろう。

( ´_ゝ`) フーン


7 :名無しさん@社会人:2006/02/08(水) 14:25:29
石川経夫系?

8 :名無しさん@社会人:2006/02/08(水) 22:00:56
やれやれ、現場の惨状を知ってか知らずか、この人はスゴイことばかり言っている。

経済学者なのに朝ごはんとかあいさつとか、PHPの雑誌をさらに奇矯化したようなことを言ってみたり。
合コンが大事とかふざけたことをまじめそうに発言したり。

この人の話を聞いたら、かえって絶望とか無力感とか不信感をあおられるニートの人もいるだろうよ。







9 :名無しさん@社会人:2006/02/09(木) 20:54:23
モラル・内面系の発言が多いですな最近

10 :名無しさん@社会人:2006/02/10(金) 01:22:13
この人の講演を聴きに行ったことがある。   

「ロジカルスウィンキン」のところが面白かった・・・・

11 :名無しさん@社会人:2006/02/10(金) 01:46:51
>>8-9
パソナやリクルートの人間の発言に酷似したことをチラチラ言っていることから見て、
玄田さんの発言は、恐らく、彼が付き合っているキャリアカウンセラーやNPOの人間たちのパクリ。
「自分で自分のボスになる」の元ネタは、多分アメリカのフリーエージェント
社会論のパクリ(そういう本の解説も書いている)

玄田さんが一躍注目されるきっかけになった「労働市場に居座る中高年が若年層の雇用を奪っている」
「長時間労働などで若年層が苦しめられている」論は、中高年の賃金据え置き・
リストラを肯定化。実は玄田氏がマスコミに現れた5〜6年前から、既に
中高年の賃金は上がりにくくなっていたし、早期退職も増えた。

最近は「フリーターや派遣でもいいじゃないか」みたいなことも平気で言うし、
青少年や労働者に優しいフリをして、常に官界や財界のトレンドに沿った発言しかしない人。

まあ、玄田を批判している方が正しいか、というとそうでもないけどなw

12 :名無しさん@社会人:2006/02/12(日) 00:26:42
玄田批判には別の意図もありそう
「諸君!」での本田・若田部あたりの発言は内容はともかく激しすぎる

13 :名無しさん@社会人:2006/02/13(月) 07:25:38
わかったべ

14 :名無しさん@社会人:2006/02/15(水) 05:05:26
「わかったべ」発言もそうだがあの対談の空気が微妙

15 :名無しさん@社会人:2006/02/16(木) 01:02:56
本田と玄田の間に特段の差異を見出せない。

16 :名無しさん@社会人:2006/02/19(日) 08:50:23
大好きなのでアゲ

17 :名無しさん@社会人:2006/02/19(日) 19:12:33
女25歳。結婚して主婦やってる。
こっちは大学中に無難そうな男みつけて、彼氏が就職活動成功した直後に結婚OKして卒業後ほどなく主婦。
ほとんど金なんか稼いだことないぞw。
毎日午前中は友達と電話したりフジの番組ずっと6時から10時ぐらいまで見て
旦那は気の毒ねーみたいな話してる。男らしさによればこんな腐った私らみたいなんでも
何不自由なく生活できることが男にとっての甲斐性・男冥利らしいから
ほんと助かるわ。マゾかと思ってしまう・・・みたいな話。
午後は基本的にいいとも→ごきげんよう→ザワイド(3時まで)ははずせないかな。
そこから買い物でかけたりオバサン同士で話したりして、5時前に帰ってきて7時までスーパーニュースかなあ。
30分くらいで適当に晩飯作って自動で洗ってくれる風呂のボタン押して8時から11時ぐらいまではまたテレビ・・・。

同じ25歳でも、片やこっちは専業主婦と言う立派な職業で
職歴として堂々と語れて、しかも「女性として社会に活躍するのをあきらめて
旦那さんを一生支える決意したなんてすばらしい女性なんだ」と言われるw。
いや、単に楽だし安心だからなんだけどw。支えるなんてことほとんどしてないよw。
片や男の子は毎日父親から母親から「スネかじってる」だの「男のくせに」だの言われて
就職活動しないと人間否定されて、勇気出して遠出して受けに行ったのに結果出さなかったら
過程の努力は無視されてまた「男だろいつまでもウジウジしてんな」とか言われて。10個も20個も履歴書書くのなんて面倒で考えられんな。
決して養ってもらうと言う立場には一生なれなくて果てはホームレスか飢え死に、欝・凍死・自殺。

いやぁ、性別が違うだけで同じ能力・同じタイプでもここまで人生違うかね。
お気の毒だけど生まれた時点で負け組みなんだよ。はっきり言って。
女に生まれた時点で絶対死ぬことはない。いざとなったら泣いて生活保護取るし。
男も一致団結して権利主張すれば一発で女のような選択肢できるのに、
ありがたいことに男は絶対女に媚びて男を犠牲にさせようとする勢力がいるから
絶対に温和な男の子の悲鳴は社会に届かない仕組み。

同じような生活してて片や英雄で片や人間否定。気の毒なこっちゃね。頑張ってね。



18 :名無しさん@社会人:2006/02/20(月) 15:25:47
ORE専業主夫になりたい

19 :名無しさん@社会人:2006/02/20(月) 16:33:05
>>18
俺も専業主夫になりたい

20 :名無しさん@社会人:2006/02/20(月) 17:40:49
専業主夫にも賃金を!

21 :名無しさん@社会人:2006/03/11(土) 02:31:03
のびないね

22 :名無しさん@社会人:2006/03/11(土) 02:49:27
>>21
もう本田に新たなニューリーダーの地位を奪われたので用無し。今は
希望学に熱中している。

23 :名無しさん@社会人:2006/03/11(土) 07:01:13
希望学も気色わる〜。どうしてああ教祖になりたがるかな。

24 :名無しさん@社会人:2006/03/11(土) 14:27:59
山田先生と仲良く希望学を布教してください

★★希望格差社会★★
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1106930051/

25 :名無しさん@社会人:2006/03/11(土) 21:23:36
学習院大学教授⇒東京大学助教授という経歴が何ともw

26 :名無しさん@社会人:2006/03/11(土) 23:04:23
>>25
降格人事を受け容れてでも東大に戻りたかったんだよ(涙

27 :名無しさん@社会人:2006/03/12(日) 00:53:33
まあ世間的には昇格と見られるんでしょうね
「若者の味方」みたいな顔してるが、
実は権力欲の強い、ベタな性格の人なのか

28 :名無しさん@社会人:2006/03/14(火) 17:13:19
>>27
東大は予算も使えるし日本最高の権威だし研究環境も善くなるし何かと学外の仕事で
バイトする機会も増えるし、誰もが専任教官になれるものならなりたいのですよ。
非常勤・客員に招かれただけでウリにする人も多いね。

もっとも、その東大ですら、独法化と人事院勧告で勝ち組教職員・負け組教職員に
分化されつつあるらしい。賃金は切り下げ(横這い)の上に、教員・教員外の
一般職員にも評価主義導入!? とかいう話だし。

もちろん、玄田氏は自分もタレントとして売れているし希望学プロジェクトも始
めたし今のところは全然勝ち組でしょうけどね。ニート論に関しては、今まで付き合
ってきたニート支援業界の人たちと惰性で付き合っていくだけ。
若者問題に関しては、自分を批判している本田先生が勝手にやってくれるので、自分は安心して希望学に打ち込める。

29 :名無しさん@社会人:2006/03/21(火) 21:11:43
本田さんに反論しないのは失礼じゃないですか?
それとも、彼女になにかとんでもない事実をにぎられているのでしょうか?
議論になって出されては困るといった重大なことがらを・・・・??

30 :名無しさん@社会人:2006/03/26(日) 04:51:42
失礼とか、そういうレベルで言うなら、
もともと本田さんの「ニート」批判の方が失礼だろ。
後から来て、いかにも最初から自分は分かっていた
みたいな言い方だが、あんな風に批判されたら、
玄田は黙っているしかないだろ。


31 :名無しさん@社会人:2006/03/26(日) 11:29:40
いやあ、自分の説に自信があるならどんどん反論すればいいじゃん。

32 :名無しさん@社会人:2006/04/14(金) 05:17:37
age

33 :名無しさん@社会人:2006/04/14(金) 15:17:31
本田さんは魯迅の言葉を引いて、
「希望が虚構なら絶望も虚構」
と言い切っている。
それに熊沢誠も同意して、
「魯迅の言葉好き? わたしも」
と言っている。

安直に希望を語る玄田は、経済学者のカンバンおろしたほうがいい。

34 :名無しさん@社会人:2006/04/14(金) 16:47:26
生玄田の主眼がどこにあるのかわからなくなってきた。
昔はJILで若年雇用問題の本質に迫りつつあったのに
NEETという弩級の流行語大賞作って
本田その他に猛攻を受け
今のブログではひきこもり支援団体運営者にしか見えない。
若い人の助けになりつつ出世しようとして
とんでもない地雷を踏んで困ってるのか????

35 :名無しさん@社会人:2006/04/15(土) 00:32:12
『希望学』つまんねー!

36 :名無しさん@社会人:2006/04/27(木) 10:51:10
玄田しゅきしゅき

37 :神谷右近:2006/06/26(月) 16:40:31
こんばんは。今日は、玄田有史先生の
『働く過剰 大人のための若者読本』(NTT出版、2005年)
を読んで、私が考えたことを書きたいと思います。
玄田先生は、現在の若者を取り巻く状況について
過剰に即戦力を求める傾向、過剰に長時間働く傾向
過剰に働くことに絶望する傾向といった、様々な
働くことに関する「過剰」があることを論じます。
このような働く「過剰」に対して、どのように
対抗していけば良いのか、玄田先生は論じていきます。

私は『働く過剰』のポイントは、「働く若者を育成する自信」
「希望」「ニート」の三つだと考えます。
第一に「働く若者を育成する自信」について
玄田先生は、まず、「「失われた10年」は
若者を育てるということに社会を失っていった
10年だった」(5ページ)と述べます。しかし
現在成長している企業は、人材育成に手を抜いて
おらず、ベテラン・中堅・若手がバランス良く構成され
その人らしさが尊重されることが、強く安定した
組織をつくることにつながると論じます。


38 :神谷右近:2006/06/26(月) 16:41:29
次に、働く希望・自信を失っている若者に対して、
放っておかず、適切な関与をしていく必要が
あることを論じます。

第二に「希望」については、自分の希望をもち続け
状況に応じて、自分の希望を修正していくことが
できれば、やりがいのある仕事に出会うことが
できることが論じられます。そして、低所得階層
の若者がやりがいや、希望を持てる仕事につける
ための方策を模索していく必要があると言われます。

39 :神谷右近:2006/06/26(月) 16:51:35
第三に「ニート」については、働くことに
希望を失った若者としてのニートは、仕事
の意味を真面目に考えすぎたり、過剰に
働くことで心身にダメージを負ってしま
ったりして、働くための希望や自信を失
ってしまった若者たちであることが論じられます。
そして、ニートを支援するために、働く
ためのリズムや、「ちゃんといいがげん
に生きる」ことの重要性を、大人も若者
も学んでいく必要があることが述べられます。

この本での玄田先生の議論を踏まえて、
私が考えたことを書きたいと思います。
まず、玄田先生は、大人が若者を育てる
自信を失っていったことを論じていますが
私は、学んでいこうとする若者も自信を
失っているのではないかと思います。
学んでいこうとする若者が自信を取り戻
していくために、失敗体験や成功体験の
積み重ねから学び、教師や先輩に引かれ
だけではなく、自分の足で、自分の仕事
道を進んでいこうとする意思を持ってい
く必要があると考えます。


40 :神谷右近:2006/06/26(月) 16:52:44
次に、若者が希望を持てる社会にして
いくために、社会・組織の風通しを
良くしていく必要があると思います。
そのために、ベテランや若手、中堅が
それぞれの意見を出し合い、社会や組織
の問題をひとつ一つ改善していくことが大切でしょう。

 そして、「ちゃんといいかげんに生きる」
ことの重要性がもっと認識された方が良いと
考えます。精神科医・作家のなだいなだ氏
は、著書『教育問答』(中公新書、1977年
)で、「ぼくは、極端を好まない。人間的
な現実というものは、体温と同じで、中庸
のところで安定するべきものだと思っている。


41 :神谷右近:2006/06/26(月) 16:53:46
高くなりすぎるのも苦しいことだし、
低すぎても生きていけぬ。お前はなまぬる
いとよく学生の運動家に非難されるが、
そもそも人間の肌は、なまぬるいものなんだ」
(98ページ)と論じていますが、自分の考
えや立場を明確にしながら、人間が共生し
ていける社会をつくっていくためにも、
中途半端や曖昧とは区別された人間的で
中庸な社会をつくっていくべきだと考えます。


42 :神谷右近:2006/07/01(土) 18:30:10
こんにちは。今日は、玄田有史編著『希望学』
(中公新書ラクレ、2006年)を読んで、
私が考えたことを書きたいと思います。

この本では「希望学が論じられる背景」
「希望とは何か」「希望を持ちやすい性格」
「希望と挫折・やりがい」「希望と友達の存在
・家族の期待」「希望と恋愛」「希望と豊かさ」
といった論点が、データと社会科学的視点から論じられます。

「希望学が論じられる背景」については
まず社会的問題について考察する際の前提
としての希望が揺らいでいることが示されます。
そして、現在、社会における希望の存在が
揺らいでいることを、若者が感じ取っていることが論じられます。

43 :神谷右近:2006/07/01(土) 18:30:45
「希望とは何か」については、「希望とはこの
ようなものである」といった絶対的定義をする
ことは困難であるが、実現可能性としての希望や
、人間の社会的行動に影響を与えるものとして
の希望といったように、希望についての類型化
は可能であることが示されます。
そして、「偽物の希望」と「本物の希望」
を峻別するために、その希望が何を目的と
して語られ、その希望をどのような方法で
実現しようとしているのかを見極める視点
を、事実に基づきながら構築することが
希望学に求められることが論じられます。

44 :神谷右近:2006/07/01(土) 18:31:20
「希望を持ちやすい性格」については
データを見る限り、好奇心はあるが
いい加減にならない、希望を持って
諦めることができる、その判断は自分
の責任で行う、そんな人が希望を
持ちやすいことが論じられます。

「希望と挫折・やりがい」については
挫折を経験することで自分の希望を修正し
自分の可能性や適性を生かした、やりがい
のある仕事に就くためのマッチングを
することができることが論じられます。

「希望と友達の存在・家族の期待」については
まず、家族に期待されて成長することにより
好奇心やチャレンジ精神が強くなることが
希望をもつことにつながっていることが示されます。
次に、友達からの承認によって、他の人とは
違う自分という感覚をもつことが希望をもつ
ことにつながっていることが述べられます。
そして、友人や家族に、自分の努力を評価
されることが希望につながっていくことが論じられます。

45 :神谷右近:2006/07/01(土) 18:31:56
「希望と恋愛」については、まず、恋愛に
ついての希望を断念している人が多く存在
する一方で、恋愛に希望をもつことが
仕事への希望につながっていることが示されます。
 そして、学習や社会貢献、遊びといった
自分の世界を広げるための活動に希望を
もつことが、恋愛への希望につながって
いることが論じられます。

「希望と豊かさ」については、まず、データを
見る限り、豊かさと希望に直接の
関連性はないことが示されます。
 次に、現在、貧しい人が社会的に
孤立していることが、貧しい人が希望を
持ちにくいことの一因になっている
可能性があることが述べられます。
そして、希望を持ちにくい社会環境に
ある人たちが、どうすれば希望に到達
できるかを、希望学では追い求めて
いくことが論じられます。


46 :神谷右近:2006/07/01(土) 18:33:59
この本の優れている部分は、社会的な
文脈で希望を捉えて、希望をもつことが
困難な時代のなかで、それでも希望を
持って生きていく方が良いことを示していることです。

私は、この本を読んで、人とのつながりを持って
希望のある生き方をしていきたいと考えました。
もちろん希望をもつことが強制されてはいけないし
希望をもつことが直ちにその人の生活を良くする
訳ではないでしょう。しかし、社会的なプロセス
を踏んで、自分の目的を実現していくためには
やはり希望を持ち、人間的なつながりを形成
していくことが良いと思います。

47 :名無しさん@社会人:2006/07/02(日) 01:29:42
つ[チラシ]

48 :名無しさん@社会人:2006/07/07(金) 11:08:27
demone-

49 :名無しさん@社会人:2006/07/07(金) 18:59:51
>>48
何?

50 :名無しさん@社会人:2006/07/30(日) 18:58:50
玄田さん大好き かっこいい

51 :名無しさん@社会人:2006/07/31(月) 13:53:50
「超就職氷河期」世代とは・・・ 「何歳から」ではなく「何年卒業か」。
※浪人・留年・留学などで一二年ずれるからその辺りは自分の頭で修正。

・氷河期世代(95年頃〜1999年卒業)
 バブル経済の精算で銀行不良債権処理、失業者急増

・超氷河期世代(2000〜2002年卒業)
 採用枠完全凍結(零細のセミナーでさえ大人気!!)                        
 それまでは資料請求などハガキで行われていたが、
 ネットでエントリーするようになる。(経費削減)

−−−−−−−−−−↑切捨て世代の壁↑−−−−−−−−−−−−

・雪解け(2003〜2004年卒業)
 採用再開!!団魂世代2007年問題がクローズアップされ始めた頃

・春(2005年卒業)
・ゆとりバブル(2006年卒業)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

地球のフラット化で、益々労働環境は苛酷なものになる!
安定せず、正・契約・派遣・アルバイト・ニートを行ったり来たり。。。。
長期的な視野の無い経営者/まったり中高年社員のおかげで、不要な辛酸をなめて
いる若者達は多い。抜け出せない悪循環ループを繰り返し、挙句の果てには、
『ワーキングプアー(ホームレス含む)』となり、奴隷状態固定、人生絶望。。。
  
こんな状況を、何とか変えよう! マスコミへも、訴えよう!


52 :名無しさん@社会人:2006/08/27(日) 01:33:24
玄田というニートのスレか

53 :名無しさん@社会人:2006/09/09(土) 11:26:08

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20060908it02.htm

厚生労働省は8日、2006年版厚生労働白書を公表した。

白書は、少子化の要因の一つに、30代を中心とした育児世代の長時間労働を挙げ、労働者の
仕事と生活の調和を実現する働き方の見直しは企業の社会的責任であると強調した。

国民に対しても、長時間労働を生む原因となる「24時間サービス」「即日配達」など、
利便性を際限なく求める姿勢を見直すよう訴えている。

白書によると、25〜39歳で「週60時間以上」の長時間労働をしている人は、
2004年には20%を超え、10年前より4ポイント前後が増えた。仕事以外の時間が
足りない状況は、「少子化の一つの要因で、長期的にみて社会の活力を低下させる」と分析。
労働者が仕事に偏った生活から解放され、仕事と家庭の調和がとれた状況
「ワークライフバランス」の実現を求めている。


54 :名無しさん@社会人:2006/09/23(土) 23:18:12
正規と非正規をきっちり分けて、会社は正規職員の利益向上を最重要課題として
経営するという路線ですね。
正規職員とその正規家族にとってはいい流れなんでしょうけれど…
投稿 ちょいリベ | 2006年9月22日 (金) 15時26分

経営するだけじゃなくて、政府にも「正規職員とその正規家族を優遇」
するように要求する…
問題は『そうじゃない人がどうなるか?』ですが、その際に非正規から
正規へというスローガンを利用して非正規の人を食い散らかす、という
ことが行われるんだろうな、と悪い予想をしています
例えば、御手洗会長の会社ではどうなるか、見守りたいと思います
投稿 ちょいリベ | 2006年9月22日 (金) 15時38分

しつこいですが。
正規職員と非正規職員をキッチリ区別して扱う、という路線は例えばワーク・シェア
リングと真正面から衝突するように思う。本当にソーシャルなのだろうかと。いや、
「正規職員同士の間」ではソーシャルです
投稿 ちょいリベ | 2006年9月22日 (金) 16時56分
http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_16bc.html

55 :名無しさん@社会人:2006/09/23(土) 23:19:04

宮台・本田(?)のテーゼ

 フリーターがフリーターのままで
 能力開発できる社会

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_b331.html

56 :名無しさん@社会人:2006/10/12(木) 01:37:47
玄田の自作自演レスが目立つな

57 :名無しさん@社会人:2006/10/12(木) 04:53:47
いやがらせやめれ、ばかたれが。

58 :名無しさん@社会人:2006/10/12(木) 20:17:12
>>55
これからの労働者運動もそういう方向の権利獲得にそろそろ
目標を向けるべきときに来ているだろう。
現時点では、労働者は正規と非正規との間で二者択一を迫られている。
しかし、フリーターやパートタイマーが労働者としての権利を正規雇用なみに
勝ちとってこそ、本当の意味で労働者全体の権利が保障されたといえる。


59 :名無しさん@社会人:2006/10/16(月) 20:00:11
【社会】ニートのためのラジオ 「オールニートニッポン」 [06/10/16]
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1160993966/l50

60 :名無しさん@社会人:2006/10/18(水) 21:34:27
コメント(1)
追加 そもそも前提として私はアンチパターナリズムとして、この件に関しては
心情的にbewaad氏側に近い訳です。 それから、お認めにはならないかもしれま
せんが、本田女史は歴史センスではなく、ケーザイセンスの方だと思いますね。
本当は彼女はケーザイと相性がいい。ところが、リフレ厨の振る舞いが悪かった
ので、ああいうことになったというのが、私の見方です。さらに言えば稲葉さん
はもともと歴史センスの人なのにケーザイ振り回して無理してるなという印象で
す。 2006/10/18(水) 午前 10:42 [ フマ ]

61 :名無しさん@社会人:2006/11/09(木) 17:39:33
■ 三浦展『 難民世代 団塊ジュニア下流化白書 』 NHK出版生活人新書,2006年11月10日

 ⇒ 全国 1000万人の団塊ジュニアよ、立ち上がれ!
   未婚男女 377万人 非正規雇用 164万人

 難民の誕生
故郷喪失、受験戦争、就職氷河期、少子化、難民

  郊外難民 〜 故郷喪失と新しいナショナリズム  受験難民 〜 消費社会と均質化
  就職難民 〜 非正規雇用と階層化   結婚難民 〜 個人主義と晩婚化

   Jリーグファンは下流か?
   ひょうきん族はスピーディーで無国籍、都会的に感じられた

 団塊ジュニア関連年表


■ 村上龍『 日本経済に関する7年間の疑問 』 NHK出版生活人新書,2006年11月10日

 ⇒ 村上龍とJMM、7年間の軌跡  何が変わって、何が変わらないのか
   でも「日本経済の復活」というイメージからは乖離(かいり)があるのではないでしょうか

  景気と経済  雇用と職業   小泉政権・構造改革  変化と格差
  アメリカと国益  北朝鮮をめぐって   マスメディアと質問
 
   7年間の質問


62 :名無しさん@社会人:2006/11/11(土) 18:04:04

山形マクロケーザイ教のことだよ〜ん。w

> もちろん忌むべきは、こういったすぐに答えの出しようのない疑問に対して
> あたかも自分が答を持っているかのように振る舞うことです。「水からの伝
> 言」はこの類いなのでしょう。そういったものに対しては、どんんどんダメ
> だしをするべきです

2006年11月10日 11:40 [Edit] 専門家の傲慢、素人の怠慢
404 Blog Not Found
The requested blog was not found on this server.

------

>経済成長は、ぼくたち一人一人の成長や能力向上の直接的な反映だ。
「直接的な反映」だってさw

>経済成長をやめろというのは、人間が成長をやめろということだ。
「人間の成長」=「経済成長」。ふ〜ん

>みんながそれをやったら、経済だって当然のように成長するしか
>ないんだもの。それが起こらない、という状況のほうがきわめて
>不自然だ
えっ「みんな」ですか?

>経済成長を願うのは、人の成長能力を信じ、そしてその潜在力を
>思い切り発揮してくれることを願う、信頼と希望の表明でもある。
>それが信じられないというならご愁傷さま。

http://d.hatena.ne.jp/wlj-Friday/20061103

63 :名無しさん@社会人:2006/12/09(土) 02:05:06
経済成長主義に凝り固まった理念系の人たちってイタイ

64 :名無しさん@社会人:2006/12/09(土) 07:49:42
自分たちがイタイだけならともかく、他人まで巻き添えにするのはやめれ。
心中なぞしたくない人たちもいるんだよ。

65 :名無しさん@社会人:2006/12/10(日) 18:22:13
■■■■■

NHKスペシャル 「ワーキングプアII」 〜努力が報われる社会ですか〜(仮)

12月10日午後9:15〜10:29 (再)12月20日(水)総合・午前0:00〜1:14 (19日深夜)

         『働いても働いても豊かになれない…』。

今年7月に放送したNHKスペシャル「ワーキングプア」は、生活保護水準以下の暮らし
しかできない“働く貧困層”の厳しい現実を見つめ大きな反響を呼んだ。
NHKに届いたメールやファックスをもとに、今回、ワーキングプアのさらなる実態を取材。
「第2弾」として放送する。

この10年の雇用環境激変の影響を、最も大きく受けた女性たち。その窮状を訴える声が
数多く寄せられた。雇用が回復した今も「正社員」は依然として狭き門で、複数の派遣や
パートの仕事を掛け持ちしても、生活ギリギリの給料しか得られない女性が急増している。

一方、中小零細企業の経営者からは、『景気回復など実感できない』という声が相次いだ。
海外との激しい価格競争の渦に巻き込まれ、廃業に追い込まれる企業が続出。
地域全体が地盤沈下するところも出ている。再チャレンジしようにも、衰退した地域の
中では、なかなか新しい仕事を見つけることはできない。

さらに老後への不安も高まっている。医療費などの負担が増え、年金だけでは暮らせず、
70歳を過ぎても清掃や廃品回収の仕事を続けるお年寄りも数多い。なぜ真面目にコツコツ
生きてきた人たちが報われないのか。どうすればワーキングプアの問題を解決することが
できるのか。一人一人が抱える現実を直視し、社会のあるべき姿を探っていく。

[番組ホームページ] http://www.nhk.or.jp/special/

■■■■■■


66 :名無しさん@社会人:2006/12/11(月) 12:20:11
小泉政権の実績
   自殺者数------------------歴代総理中第1位
   失業率増加----------------歴代総理中第1位
   倒産件数------------------歴代総理中第1位
   自己破産者数--------------歴代総理中第1位
   生活保護申請者数----------歴代総理中第1位
   税収減--------------------歴代総理中第1位
   赤字国債増加率------------歴代総理中第1位
   GDP下落率--------------歴代総理中第1位
   国債格下げ----------------歴代総理中第1位
   不良債権増----------------歴代総理中第1位
   国民資産損失--------------歴代総理中第1位
   地価下落率----------------歴代総理中第1位
   株価下落率----------------歴代総理中第1位
   医療費自己負担率----------歴代総理中第1位
   年金給付下げ率------------歴代総理中第1位
   年金保険料未納額----------歴代総理中第1位
   年金住宅金融焦げ付き額----歴代総理中第1位
   犯罪増加率----------------歴代総理中第1位
   貧困率--------------------ワースト5国に入賞
   民間の平均給与------------7年連続ダウン
   出生率--------------------日本史上最低
   犯罪検挙率----------------戦後最低
   所得格差------------------戦後最悪
   高校生就職内定率----------戦後最悪

67 :名無しさん@社会人:2006/12/23(土) 15:03:17
ETV特集 「ニート脱出への挑戦」

大阪・若者自立塾の3カ月に密着
▽社会に再チャレンジする意欲は生まれるか
▽同じ世代のスタッフが体当たりでぶつかる
12月23日(土) 22:00〜23:30 NHK教育

68 :名無しさん@社会人:2006/12/24(日) 13:58:52
子供作る奴が一番子供のことを考えていない!9
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/jinsei/1164921284/
子供作る奴に殺意
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/alone/1155728689/
子供作るの罪だよなあ6
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/mental/1163783015/
なんで子供を作るのですか??
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1105446180/
生まれてこない方が幸せだった
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1086705931/
子供を産むやつは自己中
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/baby/1156143963/

69 :名無しさん@社会人:2006/12/25(月) 15:45:00
玄田のおかげで、ニートのほかフリーターまでもが、オーヴァードーズや鬱や
アルコール依存症などと同じような心理異常問題と誤認される素地を作った。
罪深い学者だと思う。

70 :名無しさん@社会人:2006/12/26(火) 13:16:00
フリーター、ニート対策などに力点=再チャレンジ支援計画−政府
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061226-00000016-jij-pol

71 :名無しさん@社会人:2006/12/26(火) 23:07:28
>>69
玄田はニート増加のいちばん大きな原因は労働市場にあると言っているよ。

72 :名無しさん@社会人:2006/12/26(火) 23:12:42
>>71
レスをどうも。
それはそうなんだけど、でも途中からあいまい化したでしょ。
ある地点からまるで引きこもりニート支援業みたいな引き出し屋とか、
閉じ込め屋と馴れあうようになってしまった。それはやはりいけない。

73 :名無しさん@社会人:2006/12/29(金) 10:31:08

労働市場流動化へ来春に新たな改革案・経済財政諮問会議

経済財政諮問会議は28日、労働市場改革専門調査会(会長・八代尚宏国際基督教大教授)
の初会合を開き、雇用法制の見直し加速に向け、労働市場流動化を柱とする新たな改革案
を来春に策定することを決めた。

労働者の派遣期間制限の撤廃やすべての労働者に適用される共通ルールの新設など
多様な働き方を可能にする「労働ビッグバン」の実現に向け官邸主導で改革を進める。

   http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20061229AT3S2802D28122006.html


 『サービス残業の廃止』法案にせよ、上記は、誰のために行う”改革”なのですか。 
  まさか、献金を重ねてヨイショした経営者達(財界の無責任な糞ジジイ)のための”改革”?


74 :名無しさん@社会人:2007/01/07(日) 20:54:53
【エリート】玄田
の方がしっくりくるな

75 :名無しさん@社会人:2007/01/08(月) 01:14:51
財界のパトロンの遺産遺贈に目がくらみ、決してパパの機嫌を損ねられない玄田。


76 :名無しさん@社会人:2007/01/08(月) 01:17:16
>>74
ちがうちがう。
「独立」(「」内は実は企業への従属)行政法人勤務のゲンダ。
だから財界パトロンには歯向かえない。

77 :名無しさん@社会人:2007/01/08(月) 08:40:25
財界の“パパ”と仲のいいゲンダ

78 :名無しさん@社会人:2007/02/20(火) 23:42:06
「下流志向−学ばない子どもたち 働かない若者たち」
講談社刊 内田樹著 1,470円

※内容紹介
リスク社会に生み出される大量の弱者たち
<自分探し>の果てに

日本社会に未来はあるか!?
●勉強を嫌悪する日本の子ども
●「矛盾」と書けない大学生
●未来を売り払う子どもたち
●リスクヘッジを忘れた日本人
●自己決定する弱者たち
●勉強しなくても自信たっぷり
●転職を繰り返す思考パターン
●子どもの成長を待てない親
●クレーマー化する親
●身体性の教育
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2138271

33 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)