2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

浅羽通明スレ3

1 :名無しさん@社会人:2006/01/24(火) 16:01:31
前スレ
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1078847355/

前々スレ
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/sociology/973258274/

2 :名無しさん@社会人:2006/01/24(火) 16:02:36
http://ich.jp.vu/ 以費塾

3 :名無しさん@社会人:2006/01/24(火) 16:52:23
浅羽通明インタビュー
ttp://media.excite.co.jp/book/interview/200406/
ttp://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_top.cgi/404df6c23b4840106df4?aid=p-arisato0003&tpl=dir/01/01040000_0004_0000000022.tpl  

はてなダイアリー
ttp://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%F5%B1%A9%C4%CC%CC%C0  浅羽通明
ttp://d.hatena.ne.jp/keyword/%b8%e2%c3%d2%b1%d1    呉智英  



4 :名無しさん@社会人:2006/01/25(水) 00:10:32
本日、早稲田大学最終講義

5 :名無しさん@社会人:2006/01/25(水) 12:38:33
1さんおつかれさまです

6 :カシワクラツトム:2006/02/02(木) 22:30:30
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%B7%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%84%E3%83%88%E3%83%A0

7 :名無しさん@社会人:2006/02/03(金) 17:30:10
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1132319281/654-

8 :名無しさん@社会人:2006/02/03(金) 19:52:37
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/zassi/1117184857/454
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/zassi/1117184857/473

こいつだったら早稲田奉仕園ライブの時も浅羽さんに粘着してたな。
しかし浅羽さんも災難だったというか、一時オタに対してカリカリしてた
のはこのせいもあったんだろうな。


9 :名無しさん@社会人:2006/02/03(金) 23:50:47
キモいファンっていつの時代にも少なからずいるんだよなぁ
呉智英もファンレターに返事書いたら、そいつがいきなり自宅に現れて
「弟子にしてくれ」と言われたとか。

10 :名無しさん@社会人:2006/02/06(月) 11:54:03
浅羽のミッチー

11 :名無しさん@社会人:2006/02/12(日) 15:15:18
堀江は百科事典が好きらしいな

12 :名無しさん@社会人:2006/02/16(木) 04:06:36
浅羽さんって、突然キレる印象があるんだけど、
そういうストーカーに付きまとわれたときって
キレて追い散らしたりしないのかな?
意外とそういうときにはキレないんだろうか?

13 :名無しさん@社会人:2006/02/17(金) 19:05:19
ライブドアに物申す!
http://blog.livedoor.jp/ld_opinion/archives/50225738.html

14 :名無しさん@社会人:2006/02/17(金) 20:58:37
>>13
凄まじいね、これは。今回のライブドア事件をこれほど根源的に、
しかも平易な語り口で論じたものは他にないね。
これは静かに話題になるだろうね。

しかも浅羽さんはメジャーメディアへネット掲載される仕事も
初めてじゃないかな。事態への関心と意気込みを感じるね。
いやしかし流行神と同等のものがネットで無料で読めるとは
何ともいい時代になったよ。



15 :名無しさん@社会人:2006/02/17(金) 22:09:45
おーもしれーww
さすが浅羽の文章だwwww

目的合理性の次元から離脱し、
遊戯性が優越する脱近代って、
まあ論旨自体はありふれてはいるがな。

16 :名無しさん@社会人:2006/02/21(火) 21:12:03
http://blog.livedoor.jp/booboowambo/archives/50592538.html

馬鹿な批判もあるんだけどねw

17 :名無しさん@社会人:2006/02/21(火) 22:36:07
>やつは、ライブドアが仕掛けたマネーゲームの構造を説明する能力は無いし、
>もし、僕と投機で勝負したら間違いなく負けるだろう。

何こいつwwww
リアル電波くん??wwwwww

18 :名無しさん@社会人:2006/02/21(火) 23:57:17
前半は必ずしも悪くないんだよねw批判にはなってないがw

後半の愚論はある意味凄いかもw

19 :名無しさん@社会人:2006/02/22(水) 01:47:19
かつて患っていた「思想病」を克服した、と思い込んでいる人のようだが
浅羽の発言が未だに気になって気になって仕方がないようだな。
彼の「病気」はいよいよ深刻なようだ。

「思想病」という恥ずかしい病気を患っていたかつての恥ずかしい自分を、
必死で「投機」や「マネーゲームの構造」、「マーケットと金融の知識」などの
現世的な価値で覆い隠そうとしているが、
それがそのまま彼のコンプレックスを反映しているようで痛々しい。
本当に純粋にマネーゲームを楽しむような人であるならば、
つまり「思想病」を完全に克服した人であれば
だいたい浅羽の言説なんて気にも留めないはず。
あんな長ったらしい文章を全部読んで、しかもきちんと要約までして(しっかり読んでいる証拠)
実際はまだまだ「思想」を必要としている、
思想がなくては生きられない人間であることは間違いがない。

だからこの人は「自分はもう病気ではないんだ!」だなんて強がっていないで
投機で勝負するんじゃなく「思想」という土台でもう一度、
今度は納得するまで浅羽と勝負する必要があるんだ。
そしてそれは「臨床思想士」を標榜する浅羽の本来の仕事でもあるだろう。遠慮することはない。
「治るまで」浅羽は付き合ってくれるだろう。「思想」という領域で。


20 :名無しさん@社会人:2006/02/22(水) 07:26:34
浅羽さんの病気嫌いは凄まじいよ。
特にものほんのw

21 :名無しさん@社会人:2006/02/26(日) 03:29:13
精神科医だと病気、大歓迎なんだろうけどなあ・・香山リカ除いて

22 :名無しさん@社会人:2006/02/26(日) 16:59:04
ストーカー撃退法を聞いたことがある。
相手のエネルギーが尽きるまでとにかく逃げるのだそうだ・・・



23 :名無しさん@社会人:2006/02/27(月) 00:34:42
方法論になってない。

24 :名無しさん@社会人:2006/03/09(木) 23:37:05
ほす

25 :名無しさん@社会人:2006/03/10(金) 02:55:10
流行神出てる?

26 :名無しさん@社会人:2006/03/10(金) 15:04:20
detenai

27 :名無しさん@社会人:2006/04/05(水) 23:32:11
ttp://www.nikkansports.com/entertainment/cinema/f-et-tp1-20060401-14144.html
浅羽喜びそうだ

28 :名無しさん@社会人:2006/04/10(月) 17:07:07
早稲田の講師、クビになったね。
せっかく潜ろうと思ってたのに

29 :名無しさん@社会人:2006/04/12(水) 00:41:48
前スレにのってた、早稲田の講義でくばられたとかいうブックリスト、またコピペしてください。

30 :名無しさん@社会人:2006/04/12(水) 11:30:10
・『風雲児たち』みなもと太郎
知る人ぞ知る日本史「物語」永遠の名著。リイド社からも刊行
・『妖星伝』半村良
環境・生命・進化・秩序・知性・幸福などをめぐる物語的思索の一頂点
・『アジアと西欧世界』北川稔ほか
全30巻の『世界の歴史』のうち、最大の異色。文明交代の物語
・『すべての道はローマに通ず』塩野七生
全15巻の『ローマ人の物語』のうち、最大の異色。インフラの物語
・『ロビイスト』小尾敏夫
アメリカはいかなる世界「帝国」なのかを考えさせられる。絶版
・『客家』高木桂蔵
『ロビイスト』と続けて読むべき。支那がどういう「帝国」かが見える
・『明治大正史 世相編』柳田國男
そして我々は生活と心身をいかに近代へとカスタマイズしたのか
・『日本文壇史』伊藤整
そして我々の知性と美意識のカスタマイズはいかに無様だったか
・『女性に関する十二章』伊藤整
華がない人生論なのに昔、ベストセラーだったのは単に題名ゆえ
・『私の幸福論』福田恆存
「容貌について」から始まる華がない人生論で無論売れなかった

31 :名無しさん@社会人:2006/04/12(水) 11:31:36
・『貧乏は正しい』橋本治
そして我々はどこからどうやりなおして未来を再構築するのか
・『青空人生相談所』橋本治
そのためにはこういうきびしい言葉を他人事でなく浴びておかねば
・『面白い小説を見つけるために』小林信彦
ハマるとはどういうことだったのかが気品とは何かとともにわかる
・『夢の砦』小林信彦
サブカル誕生に青春をかけた男たちのやがて悲しいプロジェクトX
・『現代人の論語』呉智英
知を文化を保有することのやばさとそれを捨てられぬ矜持について
・『妖説太閤記』山田風太郎
もてない男は天下一となるまであがいても遂に幸福にはなれない
・『修羅維新牢』山田風太郎
結局、人間はどうあがいてもダメなんなんだとしみじみ悟るために
・『わらの女』カトリーヌ・アルレー
さらにもっととことん人間に絶望しつくしてへこみきるために
・『プードルの身代金』パトリシア・ハイスミス
さらに絶望させられた上で後味悪いいやーな思いで胸が塞がる
・『柿の種』寺田寅彦
科学を知ると日常のさまざまなデテールの隙間から何が覗けるか
・『うらおもて人生録』色川武大
それでも生きていくしかないからこういう文章もある。西部邁解説

32 :名無しさん@社会人:2006/04/12(水) 23:39:27
ちなみに法政は明日からはじまります。

僕は今年はでれませぬ・・・

33 :名無しさん@社会人:2006/04/13(木) 00:26:58
>>20-22 http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/comiket/1144346710/99-
呉ィ爺!呉ィ爺!!呉ィ爺!!!
呉ィ爺!!呉ィ爺!!!呉ィ爺!!!! 
呉ィ爺!!!呉ィ爺!!!!呉ィ爺!!!!!  
呉ィ爺!!!!呉ィ爺!!!!!呉ィ爺!!!!!!!

34 :名無しさん@社会人:2006/04/13(木) 01:09:07
>>30-31
ありがとう!かんしゃ!

35 :名無しさん@社会人:2006/04/23(日) 10:38:18
法制の教室と時間は去年と同じ?

36 :名無しさん@社会人:2006/04/23(日) 19:46:33
超もりあがってるぜ!

37 :名無しさん@社会人:2006/04/27(木) 23:31:11
>>36
何かあったの?

38 :名無しさん@社会人:2006/04/29(土) 14:12:41
浅羽通明氏がモデルになった小説がある。
倉阪鬼一郎『地底の鰐、天上の蛇』(幻想文学会出版局)収録の「便所男」がそれ。
皆さん、ご存知?

39 :名無しさん@社会人:2006/05/02(火) 17:59:24
ところで橋本治って何者なの?

40 :巨大軍需利権としての<浅羽通明モデル>英霊商売:2006/05/02(火) 19:17:03
現在、日本・中国で続発する残虐犯罪は靖国英霊という侵略強盗殺人犯の「戦後社会による放置」が原因である。
家族のために天皇のために国のためになどとほざいて、海を渡り侵略強盗・強姦殺人を繰り広げた靖国英霊という犯罪兵士が許されるのなら、道徳などどこにも存在しないに等しい。侵略殺人英霊兵士の罪が放置された「平成」社会にはどんな法律もモラルも機能するはずがない。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/gyakusatu.html
靖国A級戦犯だけを分祀すれば済む問題では断じてない。
2006年の今こそどれほど困難であろうと靖国英霊という侵略強盗殺人の犯罪兵士とその共犯兵士を裁く新たな東京裁判を戦後世代の手で開始しなければいけない。
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/fukasaku05.htm
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-10-31/03_01.html
小沢一郎と中国・胡錦濤(コ・キントウ)はあたかも侵略殺人強盗の責任がA級戦犯だけにあるような暴言を振り撒いている。
侵略殺人の実行犯人である靖国英霊という個別の兵士が免罪されると本当に思っているのか。
靖国英霊という個別の侵略強盗兵士に殺されたアジア各地の被害者を無視して、何の未来だ! 何が歴史だ! この恥知らずめ。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/rape.html
親分=A級ゴロツキ戦犯だけが罪を問われ、侵略強盗殺人強姦の実行犯である子分=皇軍兵士が許されるなどという社会がどこにある。
数千万のアジアの人たちの人生を破壊した靖国英霊という侵略強盗殺人の犯罪兵士とその共犯兵士が許される筈がない。
http://yeoseong.korea-htr.com/jyoseihoutei/nisino.htm
国のために平気で人を殺すような軍人を大量に飼育している韓国、北朝鮮というチンピラ軍事国家も分かっているのか!


41 :名無しさん@社会人:2006/05/02(火) 20:14:57
>>39
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%8B%E6%9C%AC%E6%B2%BB

42 :名無しさん@社会人:2006/05/03(水) 05:27:26
流行神のNO.1と打たれているものは89.1/7号
「雨にけぶる神島を見て紀伊の国の生みし南方熊楠を思う」号
「みすてないでデイジー」の一齣が表紙
内容
書評『飛行少年の系譜』
堀切直人『ニセ学生マニュアル』評
大塚英氏も『ニセ学生マニュアル』に注目
入江侍従長の死に
元号に関する噂
今西錦司

ただし
『週刊文春』5/30号(年不明)の回に「文春図書館  瀬戸川猛資の本をめぐる人びと6 書店ゲリラの怪」浅羽通明
なる特集あり。
89年以前に流行神はあった。まず間違いない。


43 :名無しさん@社会人:2006/05/03(水) 06:00:12
そりゃあったさ。当初はいまよりも大きなB4?版で、色紙を使った号外が
浅羽さんの講演会で配られたりしたよ。

44 :名無しさん@社会人:2006/05/07(日) 05:24:50
版型が変ったのはNO.26と27の間。
その程度は調査済み。(「俄」の大月氏の影響ありと睨む。「まず間違いない」)
参考にならず!!。
更なる情報求む。\(~o~)/

因みに、最古の「流行紙」の色は「黄色」。
「本田和子」講演会なりしか?

45 :名無しさん@社会人:2006/05/07(日) 06:28:27
そんなに知りたいなら浅羽さんに直接聞けば?
ただ、もともと流行神はその時限り読み捨てられるパンフレットでありたいと
当の流行神に記されていたがね。
ゆえに浅羽さん本人もバックナンバーどこまで保存してるかわからんよ。

ちなみに「俄」は流行神に影響を受けた大月氏が後で
はじめたと思ったが。

46 :名無しさん@社会人:2006/05/07(日) 21:18:54
昔聴いた。部屋中ひっくり返せば出てくるかもと
管理はしてない。

47 :名無しさん@社会人:2006/05/13(土) 15:06:24
>>31浅羽先生がこんなことやってるとも知らず、偶然柿の種げとー。
面白かった。

48 :名無しさん@社会人:2006/05/15(月) 18:55:24
おまいら本読んだら感想カキコよろ
おもろい、つまらんだけでも良し
おれはあんま読んでないんだけど、『青空人生相談所』はおもろかった

49 :名無しさん@社会人:2006/05/16(火) 13:17:42
新明解国語辞典、第二版ゲトー!


50 :名無しさん@社会人:2006/05/17(水) 10:46:19
携帯電話的人間とはなにかは面白い
文庫化キボンヌ

51 :名無しさん@社会人:2006/05/18(木) 12:21:30
教養論ノートはよいぞ。
ありとあらゆる哲学者のものいいが、西洋のは
「ざんねーん!アトランティス最後の王、プラトン、斬リィィィ!」
東洋のは、もちろんよしりんまでw
「ざんねーん!夫子褒似[ありゃ]にまみゆ、子路喜ばず、夫子誓ってのたまわく、
『私がやってをりました』斬りぃぃぃ!」
て、いかに言うかって注釈史に見えるぞ。
           いやハタ陽区さん久方ぶりに見たもので

52 :名無しさん@社会人:2006/05/18(木) 21:58:31
>>51
頼むから日本語で書いてくれ。

53 :名無しさん@社会人:2006/05/18(木) 21:59:02
法政の講義ってまだやってんのかな。

54 :名無しさん@社会人:2006/05/28(日) 03:35:55
まだやってるっぽい。
流行神こないね。

55 :名無しさん@社会人:2006/06/01(木) 00:38:40
法政の授業はもぐれる?

56 :名無しさん@社会人:2006/06/02(金) 02:36:44
というか正規の学生がいない

57 :名無しさん@社会人:2006/06/03(土) 01:17:37
ttp://kamoten.hp.infoseek.co.jp/tlog9.htm
この意見、みなさんはどう思う?
去年早稲田の授業に時々でてたんだけど、
そのときはそこまで偏屈な印象は個人的にはなかったので
これ見て意外に思ったんだよね(とはいえ、そういう話はネットなんかで聞いてはいたけど)。

58 :名無しさん@社会人:2006/06/03(土) 01:36:54
これまた懐かしいな

59 :名無しさん@社会人:2006/06/06(火) 12:30:06
【鬱病村】ある村がもしも百人の鬱患者だったら6
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/mental/1129718829/l50

60 :名無しさん@社会人:2006/06/08(木) 16:01:44
アナーキズム、げとー[何で今頃なのかは聞いてはいけない、わかったね]



61 :名無しさん@社会人:2006/06/09(金) 12:33:07
法政の授業8時から担ったのね・・

62 :名無しさん@社会人:2006/06/18(日) 17:53:10
有料だけど、なかなか面白そうだ。↓

浅羽 通明 先生大講演会
格差・祝祭・定常化
「ホリエモン」・「小泉」以後の日本
「パフォーマンス政治」「投機と高額消費」etc…。
長期不況を脱した我々の現在(いま)を、浅羽通明が解明する!!

ttp://www.w-seminar.co.jp/law/koza/asaba_kouen.html

63 :名無しさん@社会人:2006/06/20(火) 01:11:43
法政の授業の曜日と教室がわかる人は教えてもらえませんか?

64 :名無しさん@社会人:2006/06/22(木) 14:22:50
>>63
木曜の七限っぽい。
教室は知らないから、二部社会学部の掲示板で確認されたし。
俺ももぐりたいんだけどねぇ。どうしよ。

65 :名無しさん@社会人:2006/06/22(木) 23:18:19
毎年、流行神に授業の曜日書いてあったのにね。
ところで、Wセミナーのやつはもぐれるのかな?

66 :名無しさん@社会人:2006/06/22(木) 23:31:43
ところで「昭和三〇年代主義」はどうなったんですかね。

67 :名無しさん@社会人:2006/06/29(木) 19:33:12
浅羽ちぇんちぇいは色々やることがあって忙しいのれすっ
ぴのこでちた

68 :名無しさん@社会人:2006/07/07(金) 12:19:53
どうだろう

69 :名無しさん@社会人:2006/07/07(金) 12:22:26
あらあら

70 :名無しさん@社会人:2006/07/07(金) 15:23:03
なんか荒らされたな
いちおうあげとく。

71 :名無しさん@社会人:2006/07/08(土) 02:03:33
>>65
通ってるから分かるが、受講生証をチェックするから
無理だ。俺は、受講生だから500円。


72 :名無しさん@社会人:2006/07/12(水) 02:20:40
浅羽さんのニーチェ論読みました。浅羽氏はニーチェ主義者の100倍ニーチェ的ですな

73 :名無しさん@社会人:2006/07/15(土) 18:30:13
>>72
なにそれ?新著?

74 :名無しさん@社会人:2006/07/15(土) 18:50:25
『だれでもわかるニーチェ』っていうムックに
2ページのエッセイが載ってたけれど
それとはまた別のものなのかな?

75 :名無しさん@社会人:2006/07/15(土) 20:03:27
あげ

76 :名無しさん@社会人:2006/07/26(水) 02:30:08
むかし法政の授業で配った、
ボイコットに対する抗議メールのやりとりの
プリントはおもしろかったね。
あのメールをおくったやつは
本当に法政の学生だったのだろうか?


77 :名無しさん@社会人:2006/07/26(水) 19:02:24
>77
詳しく

78 :77:2006/07/26(水) 19:03:36
アンカーミス

× >77
○ >76

79 :名無しさん@社会人:2006/07/27(木) 01:38:48
あれだろ武田某が絡んだ奴だろ!



80 :名無しさん@社会人:2006/07/27(木) 03:37:16
>>77
ボイコットを批判するやつと浅羽のメールでの往復書簡。
浅羽は彼を高く評価して、授業で公開討論を提案するも
彼は「卒業にむけての準備が忙しいので」という
うさんくさい理由でそれを拒否。
A3で3枚くらいあるのでうぷできません。
というか、そのまま載せたらまずいですよね。

>>79
武田って誰ですか?

>>浅羽通明
あのやりとりをここに載せてください。

81 :名無しさん@社会人:2006/07/27(木) 03:41:10
プリントのおおまかな内容は浅羽がボイコットを
弁護士っぽい言葉づかいで、正当化するものです。

82 :名無しさん@社会人:2006/07/27(木) 09:35:30
そもそも何のボイコット?

83 :80:2006/07/27(木) 18:16:40
浅羽のボイコットといたら、講義のボイコットでしょ!
これって有名じゃないの?
それとも82がビギナーなの?

84 :名無しさん@社会人:2006/07/31(月) 08:03:07
一応活動してんだな・・・

もっと表舞台に出てきて欲しいんだけどな、浅羽さん。

若年層の右傾化(というか嫌韓とか)、靖国問題とかさ・・・
まさに臨床思想士の出番じゃないか!

85 :名無しさん@社会人:2006/08/01(火) 00:52:31
ちくま新書で力尽きたか?

86 :名無しさん@社会人:2006/08/02(水) 01:08:02
予備校での講演会は、質問時間があるからいろいろ
聞いてみれば。
ちょうど終戦記念日だし、面白そう。

87 :名無しさん@社会人:2006/08/02(水) 01:32:04
http://www.w-seminar.co.jp/law/koza/asaba_kouen.html
これのこと?
Wセミナーの学生じゃなくても金払えば聞けるのかね?

88 :名無しさん@社会人:2006/08/02(水) 01:42:50
そうだよ。1,000円払えば誰でも聞けます。



89 :名無しさん@社会人:2006/08/02(水) 01:55:17
そっか。じゃ行くか。

90 :名無しさん@社会人:2006/08/02(水) 02:10:40
俺は、高田馬場までの交通費場が馬鹿にならないので、
1,500円のMDにします。
本物は、何度か見たことあるしね。

91 :名無しさん@社会人:2006/08/02(水) 04:15:14
浅羽さん、司法試験通ってるんだね。
弁護士とかになりたかったんだろうか。

92 :名無しさん@社会人:2006/08/02(水) 06:09:19
>>91
浅羽さんは一生遊び続けるために受験勉強をし(早大法にしか通らなかったものの)さらに司法試
験に受かったとどこかで読んだことがある。弁護士になりたかったわけではないらしい。

ただ実際にはカルト成川のWセミナーの講師としてロクを食んでいるし、院進して大学アカデ
ミズムの中で専門知を積むこともなかった。大学の講師といっても非常勤だ。
昔の予備校にはこういう人がたまにいて(本業はあくまで院生だったり大学の非常勤に勤めつつ常勤の
アカポスを狙っていたり)、結構な年齢までこういう暮らしをしていたりした。
こういうモラトリアムな生き方が許された時代の人なんだよねえ。いま、浅羽さん
世代の講師でもリストラに怯えて戦々恐々だし、院生や非常勤のバイトとしても割に合わなくなっている。

浅羽さんも生活は大丈夫かなあ?

93 :名無しさん@社会人:2006/08/02(水) 12:50:04
文章書ける人なんだから、食うには困らんのでは?
あくせく稼ぐ、てのが性に合わん、とどこかで書いてたような…
そこそこ食える程度でいいや、みたいな。

94 :名無しさん@社会人:2006/08/02(水) 13:58:46
>>93
文筆じゃメシは食えんよ。だから浅羽さんも資格予備校の講師やってるんでしょ。
あの類の業界も今はラクじゃないだろうけど。
資格予備校なんか、学生やリーマンに役にも立たない資格を売りつけてナンボのやくざな商売だぜ。
Wも司試以外にも何かとやってるしな。

95 :名無しさん@社会人:2006/08/03(木) 01:27:14
同じ資格予備校のTACは、一部上場してるしだいぶ認知
されてきてるんじゃない。
弁護士になりたくなくても、司法修習行って、
一応弁護士登録するという選択肢もあったはずなのに、それを
しなかったのは、凄いと思う。


96 :名無しさん@社会人:2006/08/03(木) 02:48:08
はじめっから弁護士になるつもりはなかったのはかなり有名では?

97 :名無しさん@社会人:2006/08/03(木) 04:18:36
>>95
資格予備校・予備校は業種としては所詮は決してまともじゃないよ。浅羽さん本人も痛い
ほどそれは知っているだろう。もちろん、彼はWでは試験合格という枠組の中で自分なりに教養知も
啓蒙しようとやるだけのことはやってきたとは思いますが。
ところで、このスレでも紹介された浅羽さんのライブドア論をいま斜め読みしたけど、もう無茶苦茶だね。
祝祭資本主義論やら丸山真男やら、彼が例によって博識なのはよく分かる。ただし広井の
「定常型社会」論を評価するあたり、何も分かっていない。つまりは冗長で衒学的なだけで全く読むに耐えないということだ。
ttp://blog.livedoor.jp/ld_opinion/archives/50225738.html

広井の説く定常型のゼロ成長社会とは、つまりは浅羽氏のような資格学校で生活の糧を得て
いるような無駄飯食いの存在すら許されなくなる社会ってことなんだけど、氏はそれが分かっているのかなあ?

>やがて、定常化社会が自明の前提となる日が到来したとき、我々はその完成品、本物を見ることになるやもしれません。
>「次は火だ」「一度目は喜劇、二度目こそ悲劇」かどうかは存じませんが。

何とも思わせぶりだが、これってまさか「ボクは困窮し陋巷に死しても甘んじてその定めを受けます」ってこと?

98 :名無しさん@社会人:2006/08/03(木) 12:59:50
>>97
>これってまさか「ボクは困窮し陋巷に死しても甘んじてその定めを受けます」ってこと?


そうゆうこと。全体の妥当性は知らないけれど、のたれ死ぬことは結構想定してんじゃね
まっ、人間の脳みそがあるかぎり、売文業は生き延びると思うけどねw

99 :名無しさん@社会人:2006/08/05(土) 11:37:57
15日の講演会は、Wセミナーの受付にお金をもって直接行けばいいのですか。
予約とかは必要なのでしょうか。
>>97
お酒の席で、「一度目は喜劇、二度目も喜劇」とおっしゃってました。
実物はとても楽しい人。

100 :名無しさん@社会人:2006/08/06(日) 01:56:31
>>99
電話して聞いてみたら、当日の申し込みは可能とのこと。予約とかは
いらないし、Wの本じゃなくてもサインは貰えるらしい。


101 :名無しさん@社会人:2006/08/06(日) 03:28:14
>>97
>広井の説く定常型のゼロ成長社会とは、つまりは浅羽氏のような資格学校で生活の糧を得て
>いるような無駄飯食いの存在すら許されなくなる社会ってことなんだけど、氏はそれが分かっているのかなあ?
なぜそうなるのか?論理的回答キボー

102 :名無しさん@社会人:2006/08/06(日) 04:48:02
>>101
平たく言えば、ゼロ成長ってのが延々と続く社会というのは、永遠のデフレ
社会ということ。要するにみんな貧乏になるので、物書き兼資格学校講師みたい
な無駄飯食いも当然に要らなくなっていく。
広井の定常型社会に実質的な中身は何もないし、そもそも彼の説く社会保障
改革もゼロ成長では不可能だと思うんですが(この時点で矛盾しているし破綻している)、
いまだにエコロジーに憧れているような学者や文化人には受けがいい。
これで千葉大に研究プロジェクトを立ち上げ21世紀CEOまでゲット
してしまった。学生・院生に対する悪影響が心配。

103 :名無しさん@社会人:2006/08/06(日) 04:59:22
>>98
>まっ、人間の脳みそがあるかぎり、売文業は生き延びると思うけどねw

そんなに甘くないでしょ。活版印刷というイノベーションが起こり、また社会に
教育が浸透し人々が字が読めるようになり、さらに修正資本主義が成功して人々
に余裕が出てきたお陰で売文家のような人間も(一握りを除き大儲けは出来ないとはいえ)生
活が成り立つようになった。ま、浅羽さんは専業ではなく兼業ですが。社会が再び貧乏になれば消えるしかない存在ですよ。

もちろん、浅羽さんが古来の中国の哲人(孔子とか)たちのように、政経コンサルタント
よろしく各界に出入りして金儲けできるだけの才能があれば話は別ですが-現在
でも審議会やメディアに出没して小遣いを稼いでいる「文化人」という人種がいますね-、
どうもそこまでの能もないようですし、御本人もそうした意味でメジャーになられるのは望んで
おられないようですし、にも関わらず資本主義の終焉を引き受け定常型社会を支持しておられると
いうことは、恐らくはきっと末は練炭野垂れ死にを覚悟しておられるのだろう・・・と思います。

104 :名無しさん@社会人:2006/08/06(日) 12:26:37
おもしろければ、テロに巻き込まれて死んでもいいっておっしゃってますからW

105 :名無しさん@社会人:2006/08/06(日) 20:19:12
911テロの時「インターナショナル」を口ずさみながら小躍りするようなお人ですからW

106 :名無しさん@社会人:2006/08/06(日) 21:53:17
>>105
そうなんですか。
浅羽通明、最高ですね。

107 :名無しさん@社会人:2006/08/06(日) 23:54:00
15日の講演のあと飲み会とかねえのかな。

108 :名無しさん@社会人:2006/08/07(月) 00:50:39
むかし主催者側が宴会セッティングしてたのに
突然逃亡したのには笑った

109 :名無しさん@社会人:2006/08/07(月) 00:55:37
>>108
そんなことあったんだ。

呉智英のイッヒ塾て今はやってないんだっけ?
あの人と飲み会やったらすげえ面白い話聞けそう

110 :名無しさん@社会人:2006/08/07(月) 01:32:39
>呉智英のイッヒ塾て今はやってないんだっけ?

そろそろ終るか、もう終ったのかも。今年度で最後だそうだね。

111 :名無しさん@社会人:2006/08/07(月) 11:15:36
>>110
8月は夏休みで、次回は9月1日。11月ごろ終了らしい。

112 :名無しさん@社会人:2006/08/07(月) 12:12:52
浅羽 通明 先生大講演会
格差・祝祭・定常化
「ホリエモン」・「小泉」以後の日本
「パフォーマンス政治」「投機と高額消費」etc…。
長期不況を脱した我々の現在(いま)を、浅羽通明が解明する!!

1000円
8/15(火)14:00〜17:00
早稲田セミナー(高田馬場)
http://www.w-seminar.co.jp/law/koza/asaba_kouen.html
Wセミナーでは公務員講座にて政治学を長年担当。文筆家としても、
社会評論・思想・その他方面で活躍。著書「教養としてのロースクール小論文」
(早稲田経営出版)はロースクール受験生の入試対策書として注目されている。


113 :名無しさん@社会人:2006/08/07(月) 21:10:13
私は101ではないのだか、102の話がいまいち良くわかりません。
誰か質問会で、浅羽通明に直接聞いてみてくれませんか。
予備校が飲み会を仕切ってくれたりしないだろうな。



114 :名無しさん@社会人:2006/08/07(月) 22:35:24
受験本だから無視してたが、「教養としてのロースクール小論文」は
面白いのかな。
読んだ人感想ください。




115 :名無しさん@社会人:2006/08/08(火) 00:01:57
普通に浅羽節でおもしろいよ。

116 :名無しさん@社会人:2006/08/08(火) 00:57:34
「浅羽節でおもしろい」なら面白いんだろうな。
読んでみます。


117 :名無しさん@社会人:2006/08/08(火) 02:42:00
>>113
つまり「もう××の時代は終わった」みたいに言いたがる学者や知識人の悪癖
から浅羽さんも決して無縁ではなかった、と言うことなんだけど。
ファンの人は機会があれば聞いてみるといいよ、「本気で定常型社会なんか可能だと思ってるんですか?」って。

さらに広井には「コミュニティ−自然−スピリチュアリティ」とカルト・オカルトじみた
エコロジー思想を布教する危険な側面もある。コミュニティ・公共哲学と言えば
聞こえはいいですけど、これは公的な社会保障の代替として福祉や医療を人々の互助
(という名目のタダ働き)に委ねようという大変にキワどい思想ですね。
広井たちはここに脱資本主義的なコミューンの可能性を見出そうとしているらしいが、なぜ人類の
歴史上、そんな理想社会は来なかったのか、大学のセンセイにまでなっていまだに分からないらしいから救いようがない。

118 :名無しさん@社会人:2006/08/08(火) 10:08:31
浅羽さんが〉定住型社会をそれほど原理主義的に理解してるのかが微妙

浅羽さんが想定してるのは日本の近世みたいな社会ではと個人的には思う。


119 :名無しさん@社会人:2006/08/08(火) 10:21:25
宮崎哲弥が最近いろんなメディアに出まくって一見過激なこと言って、2ちゃんでは神みたいな扱いに
なってるけど、浅羽さんはどう思ってんだろ。

120 :名無しさん@社会人:2006/08/08(火) 10:23:45
そうそう、江戸時代に逆戻りさせたいんだよ。ものすごい反動思想家。

121 :名無しさん@社会人:2006/08/08(火) 18:27:12
流行神きたわ〜ん

122 :名無しさん@社会人:2006/08/08(火) 18:28:10
>>121

来た来たwww

123 :名無しさん@社会人:2006/08/08(火) 19:06:33
流行神読了。

浅羽さんはやくざに振舞いつつ、そうしか振舞えないのbに、病的に誠実だね・・・
この自己矛盾は本当に不幸だ・・・

124 :名無しさん@社会人:2006/08/08(火) 20:00:18
浅羽氏の経済学的バックボーンって何?
用語の面からみると、拡大再生産だの資本制経済だの、いっているところからすると、
モロに マルクス経済学 なんだけど。
浅羽氏はマル経がお好きでFA?

125 :名無しさん@社会人:2006/08/08(火) 20:28:32
すきにしていいよ・・・!

                 ドキドキ・・・・・(赤面)

126 :名無しさん@社会人:2006/08/09(水) 01:40:27
>124
今の日本の研究者・文化人・ジャーナリストで、意識するしないを問わず、貴方の言うマル系
的な呪縛から解放されている人間の方が珍しいんでないかい?
みんな最後は「××の時代は終わった」「もう××の時代だ」「資本主義は終わりつつある」とか言
ってエコロジーや精神世界、共同体や脱成長がどうのとか言い出すんだけど。

127 :名無しさん@社会人:2006/08/09(水) 10:21:47
↑視野が狭すぎ。

128 :名無しさん@社会人:2006/08/09(水) 10:56:03
実際に経済政策に関わっている人々はマル経なんか使わない。
試しに 経済財政諮問会議の議事要旨みてみ? 竹中平蔵みてみ?
新聞の経済欄だってマル経とは無縁だよ。
マル経の素養はあっても構わない。だが、それだけではチャンチャラおかしいということだ。

つまりだ。
マル経がバックボーンの浅羽氏は、現代の政策談義を理解できない。
それ以前の問題として新聞の経済記事すら理解できていない。

今からでも遅くはないので謙虚に勉強して貰いたいものだ。

129 :名無しさん@社会人:2006/08/09(水) 11:07:08
>テロの時「インターナショナル」を口ずさみながら小躍りするようなお人ですからW

これって本当? ソース希望。
もし本当なら腐れ外道だな。

130 :名無しさん@社会人:2006/08/09(水) 12:26:27
>>128
>実際に経済政策に関わっている人々はマル経なんか使わない。

一応はそのはずなのだが、マル系的なゼロ成長主義・エコロジー回帰など、遠回し
の影響を受けている研究者・ジャーナリスト・政策家は本当に多いよ。
そういう人が官民の審議会の末席によく座っている。

>新聞の経済欄だってマル経とは無縁だよ。

日本の新聞ジャーナリズムもいまだに三木清・笠信太郎・都留重人的なゼロ成長主義のスクツw

131 :名無しさん@社会人:2006/08/09(水) 12:55:40
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4480063110/ref=sr_11_1/503-3786683-5942350?ie=UTF8
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4004307333/sr=1-1/qid=1155095441/ref=sr_1_1/503-3786683-5942350?ie=UTF8&s=books
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4004305985/sr=1-3/qid=1155095552/ref=sr_1_3/503-3786683-5942350?ie=UTF8&s=books
広井良典、絶賛の嵐なんだけど。。

132 :名無しさん@社会人:2006/08/09(水) 13:17:11
基礎知識も問題だが。

>マル系的なゼロ成長主義・エコロジー回帰

ゼロ成長・エコロジーはマル経と何ら関係ない。
資本主義経済なるものを呪詛している点では共通しているかもしれんが、理論上の繋がりは全く無い。

>官民の審議会の末席によく座っている。

普通は審議会ってのは普通は官の組織であって民の審議会というのは聞いたことない。というのは揚げ足とりだが。

エコロジーは環境省などの審議会で取り上げれる(つーかそれが環境省の仕事)。
だがマル経の視点で語られることは全くない。

>三木清・笠信太郎・都留重人的なゼロ成長主義

これらの人々がゼロ成長を提唱していたなんて聞いたことない。
(俺が知らないだけかもしれない。もし本当ならソース希望。)
都留重人はマル経ですらない。

新聞ジャーリズムはゼロ成長主義の巣窟の訳がないだろ。朝日など程度が低すぎる新聞は知らんがね。

133 :名無しさん@社会人:2006/08/09(水) 13:38:53
>>132
>資本主義経済なるものを呪詛している点では共通しているかもしれんが、理論上の繋がりは全く無い。

実は理論は関係ないの。ただし、行き詰まった○い人たちがそういう方向に走った風潮は確実にある。

>だがマル経の視点で語られることは全くない。

神野や金子の存在を無視するなw 金子はともかく神野の影響力はバカにならん。
あちこちの審議会やシンポに名前がある。

>これらの人々がゼロ成長を提唱していたなんて聞いたことない。

三木や笠が果たして何をしたか? また、都留がいかに戦後の経済成長を批判(否定)し続けたか?
ttp://society.cpm.ehime-u.ac.jp/shet/conference/69th/69paper/226tanaka.PDF
ttp://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/9426/QA031017.htm#Q71

134 :名無しさん@社会人:2006/08/09(水) 13:42:28
正確に言えば、○系というよりはある種の気分としての清貧主義・清算主義なのかもしれんね。

>新聞ジャーリズムはゼロ成長主義の巣窟の訳がないだろ。朝日など程度が低すぎる新聞は知らんがね。

社説などを読み比べると、そういう気分がいまだにあの業界に蔓延していることは
明らかなんですけどねえ・・・。あるいは成長を鼓舞しつつ、言ってる
ことの中身がまさしく縮小均衡的な清算主義そのものだったりします(日経とか)
まあ、後者については今の経団連のイデオロギーそのままなんですけどねえ。
資本主義を最も必要とする人々が資本主義を破壊する政策を支持するという矛盾・・・。

135 :名無しさん@社会人:2006/08/09(水) 14:09:28
>>131
スレ違いだが広井の構想を平たく言えば、もう経済成長を社会保障の原資にするような社
会は無理、かといって小さな政府型の経済成長社会も無慈悲で駄目だと。
そこに定常型社会という名目でみんなで支え合う社会を作ろう、ってそんだけの話。そ
の周囲にベーシックインカムとか左翼が喜びそうなエサをくっつけた。

色々とテツガク的・エコロジー的な理屈をこねくり回しているが、具体的には住民は
福祉も医療も全部タダ働きでお互いに支えろ、昔は地域社会でやってたからまた出来るはずだ、NPO
やボランティアを使えというそんだけ。これがホントの官から民へ。
ん? それじゃ余りに無責任なので社会保障が確立されたんじゃないの? リバタリアンでスピリチュ
アルな隣人愛に恵まれない奴は共同体の蚊帳の外で野垂れ死ねとでも言うのか? 
実はかなり恐ろしいことを言ってるんですね。もう税金を使わなくて済むし成長率や失業率に頭を悩ませる必要も
ない社会が来るわけで、さぞ官僚も政治家も大喜びだろう・・・って広井も元官僚なんだけどさw

136 :名無しさん@社会人:2006/08/09(水) 14:19:18
>>133
冷静なレスありがとう。132は少し煽ってしまったかと思い反省しました。

反体制気取りの人々がマル経からエコなどに流れているといのは同感。
ただ、神野や金子はマル経ではないでしょう。反市場原理主義かもしれんが。
大昔はマル経だったのかな…? 知りません。少なくとも今はマル経な視点からはモノを語っていない。

ソース提示ありがとう。
リンク先前者。田中氏のが面白いね。
ただ、ここで取り扱っている清算主義は経済成長を批判するものではないよ。
生産主義は、さらなる経済成長のために一時的な不況はガマンしろ、というのが主旨であって むしろ市場原理主義な考えなのよ。
分かりやすくいえば、コイズミ改革の「痛みのある改革」に相当するモノ。
リンク先後者
笠は「くたばれGNP」の人か。なるほど。
「くたばれGNP」というのはGNPでは経済厚生は図れない、とするのがその主旨であって、経済成長自体を批判するものではないと思うが… 正直なところよく知らんのです。

137 :132=136:2006/08/09(水) 14:27:08
>>134
136でも書いたが、日経新聞チックな「清算主義」はゼロ成長主義とは全然別物。
清算主義は、旧くてダメなものを清算すれば、あとは市場原理で経済がよみがえるという発想。これは古典派の考えよ。

138 :名無しさん@社会人:2006/08/09(水) 14:29:16
>>129
本当よ〜ん、ネットウヨちゃん。

139 :名無しさん@社会人:2006/08/09(水) 14:31:43
>>135
なるほど。
広井氏は経済成長を批判しているのではなくて、経済成長できなくてもどうにかなる制度設計しようという立場か。
面白そうだ。読んでみよう。

しかし…。浅羽さんは分かってるのかな…。

140 :名無しさん@社会人:2006/08/09(水) 15:12:10
>>138
ウヨサヨは関係ない。
「人が死んでいるのをみて喜んでた」なんて言いがかりは浅羽氏の名誉を著しく傷つけるものだ。
確たるソースの提示を求めたい。

141 :名無しさん@社会人:2006/08/09(水) 19:14:27
浅羽さんをお宅のちっこい「倫理」ではかってもしょうがないよW

142 :名無しさん@社会人:2006/08/09(水) 19:48:39
「倫理」にすらなっていない。
せいぜい、独善的な「正義感」だ。

143 :名無しさん@社会人:2006/08/09(水) 20:37:19
>>141-142
結局ソースは示せないのか。
根拠薄弱なデマを広げるのは止めてくれ。


144 :名無しさん@社会人:2006/08/09(水) 20:48:53
少し補足しておくが。
何の罪のない人々が死んでいくのを見たとき、実際の内心はどうであったにしろ、少なくとも外部に向けて自分の気持ちを表明するときは、その死を悼むふりをするのが功利的な行動というものだ。
その程度の功利的行動がとれないほど浅羽氏は阿呆ではあるまい、という推測は十分成り立つ。
したがって>>105はデマだと判断できるわけだな。さもなければ浅羽氏は取るに足らない阿呆だといえる。

145 :名無しさん@社会人:2006/08/09(水) 20:49:16
どうでもいいけど、きみ、浅羽氏の若かりし頃からの夢が
「世界同時革命」であることを知ってる?
んで、氏は、そんだけの規模の革命が、完璧に無血で達成できると信じ込むような
夢想的理想主義だと思える?

ちなみに、文書化されたソースはない。
酒の席での話しだからね。
(講演会でも言っていた気がするが記憶が曖昧)
だから、信じようと信じないと君の自由。
信じたくないなら、信じなくていいんじゃない。

146 :名無しさん@社会人:2006/08/09(水) 20:59:22
>>145
ありがとう。
酒の席の話であればしょうがない。酔えば判断力が鈍るからな、思わず本音が出ることもあるだろう。講演会であれば浅羽氏は耐えがたいほどの阿呆ということになるが、浅羽氏がさほど阿呆ではないとすれば、酒の席だと推定される。安心した。

147 :名無しさん@社会人:2006/08/09(水) 21:13:30
>>145
世界同時革命が無血では達成できないと考えるほうが夢想的だな。
流血革命は武装抵抗を惹起するので成就は難しい。
仮に世界同時革命が為されるなら無血革命だろうね。

俺は世界同時革命は無理だと思うので、取り敢えず日本の革命を目指している。
で、日本の構造の深部を探るために、ある公職に就いて実地調査していたのだが、調査はそろそろ潮時。
ぼちぼち革命の実行に向けて動き出さないといけない。だが実際の革命の具体的方法が思いつかん。それで、教えを請う相手を探している。
で、浅羽氏がいいのではないかと思い、いくつか著作を読ませてもらっていた。
だが、>>105のようなを公然と言明するような御仁であれば、教えを請うに当らないと思ったわけ。
酒の席であれば問題ない。

以上、頭のおかしい一公務員の書いたことだから気にするな。

148 :名無しさん@社会人:2006/08/09(水) 22:28:38
世田谷市民大学

9月13日〜10月18日
(毎週水曜日・全6回) 18:30〜20:30
マンガ文化論〜小林よしのりを中心に

浅羽通明
(法政大学非常勤講師)
http://www.city.setagaya.tokyo.jp/topics/bunkoku/shidai/shimindaigaku.htm

149 :名無しさん@社会人:2006/08/09(水) 23:14:32
まず、区民じゃないし、
申し込み期限はとうに過ぎている

150 :名無しさん@社会人:2006/08/09(水) 23:48:30
おれ区民だけど。でも締め切り過ぎてるならしょうがない。
どっちにしろ平日6:30じゃ出れないな。
勤め人は仕事があるし、主婦は飯作っている時間帯。
これは学生や老人向けか?

151 :名無しさん@社会人:2006/08/10(木) 13:19:20
>>147
おれたちは浅羽先生の理想を実現するため、みんな命がけで戦っているんだ。
しのごの言わずに、貴様も15日はWセミナーに来い!

152 :名無しさん@社会人:2006/08/10(木) 19:19:02
>>148
めちゃめちゃ聞きたいけど時間合わんな〜。
8時くらいからにしてくれんかの…

153 :名無しさん@社会人:2006/08/10(木) 20:15:06
流行神に出てた、大阪教育大学助教授田中ひかる博士の「浅羽批判」

ttp://black.ap.teacup.com/anarchism/

ttp://black.ap.teacup.com/anarchism/8.html#comment3219

154 :名無しさん@社会人:2006/08/10(木) 21:56:34
世田谷市民大学(世田谷区民以外でも可、締め切り延長してます)

9月13日〜10月18日
(毎週水曜日・全6回) 18:30〜20:30
マンガ文化論〜小林よしのりを中心に

浅羽通明
(法政大学非常勤講師)
http://www.city.setagaya.tokyo.jp/topics/bunkoku/shidai/shimindaigaku.htm


155 :名無しさん@社会人:2006/08/10(木) 23:15:32
>>154
これネット配信とかしてくれないかな。
有料でもいいから聞きたいよ。

156 :名無しさん@社会人:2006/08/11(金) 10:53:31
俺もそう思ふ

157 :名無しさん@社会人:2006/08/11(金) 13:13:54
>>153
浅羽のアナキズム理解に対する批判は批判として、
(ヤツにとってのアナキズムは比喩みたいなもんだし)
浅羽を全共闘世代と思っている時点でアフォ確定。

こいつに限らず、
なんでもかんでも団塊と全共闘のせいにするのは情けないぞ。

158 :名無しさん@社会人:2006/08/11(金) 16:26:06
浅羽先生は初期新人類世代。68年生まれの私は末期新人類世代。
15日の講演会は大学生が多いのだろうか。

159 :名無しさん@社会人:2006/08/11(金) 16:37:00
アナキズム というより 個人主義 みたいなものだしな。

160 :名無しさん@社会人:2006/08/11(金) 18:58:53
>田中博士の批判は、
全文を通して一種の「パトグラフィ」の資料というべき奇怪さに満ちている。(流行神)

Pathographie【病跡学】
精神病理学の一領域。
芸術家・思想家・科学者など傑出した人物の伝記や作品を精神医学的に解明し、
精神的異常性がその人物の創造活動に及ぼした影響や意義を明らかにしようとするもの。
パトグラフィー。病誌。

浅羽先生は平然と、きついこと書きますね・笑

161 :名無しさん@社会人:2006/08/11(金) 19:49:05
>>160
浅羽史はどっちがどっちだといいたいの?
「異常性のある傑出した人物」は浅羽氏なのか田中氏なのか。
どっちも普通の人だと思うが。

162 :名無しさん@社会人:2006/08/11(金) 21:38:01
>>158
行く予定だけど、24歳。
何人くらい入る所なんだろう…

質問したいことはいっぱいあるが、浅羽さんけっこう怖そうだからな〜w

163 :名無しさん@社会人:2006/08/11(金) 22:13:27
宣伝は、Wセミナーと流行神ぐらいだから
社会人も多いと思う。。
以費塾のI館なら300人ぐらい入ると思う。
でも多分A館だから、150から160ぐらいかなー。



164 :名無しさん@社会人:2006/08/12(土) 11:57:41
>>161
文章をよく読むナリ!

165 :名無しさん@社会人:2006/08/12(土) 17:39:58
浅羽自身が流行神を印刷して封筒にいれてるの?

166 :名無しさん@社会人:2006/08/12(土) 19:22:21
メールマガジンとかに移行する気はないのかね。
HP作るとかさ。

167 :名無しさん@社会人:2006/08/13(日) 00:16:17
郵送にこだわる理由を昔聞いたことがあるW

168 :名無しさん@社会人:2006/08/13(日) 01:36:09
>>167
そうなんだ。

しかしなんとも古くさいね…
まあ実物見たことないんだけどさ>流行神

小林よしのりの「わしズム」なんかに連載持ってくれないかな。
あの二人の関係が今どうなっとるか知らんけど…

169 :名無しさん@社会人:2006/08/13(日) 02:49:01
最新号の流行神はどMじゃなきゃきついよな。。。



170 :名無しさん@社会人:2006/08/13(日) 05:36:11
実家に流行神が届いたとき、「みえない大学本舗??」
って親にかなりあやしまれますた。その場で開封を激しく迫られるも、
大学のサークルだと嘘をいってその場をきりぬけました。
なんかエロ本を隠していた時のことを思い出してしまいました。
封筒にみえない大学ってはんこを押さないでほしいです。

171 :名無しさん@社会人:2006/08/13(日) 08:32:10
あれはたしかに怪しいW

「宗教?」って親に言われたこともあるW

172 :名無しさん@社会人:2006/08/13(日) 20:56:10
田中博士がブログを閉鎖するみたいです。
「アナーキズムに関する私論」「浅羽批判」

ttp://black.ap.teacup.com/anarchism/

>浅羽さ〜ん、もうちょっと勉強してよ。ホントに元全共闘? 
ていうか、全共闘って、たかだかこんなもんなわけね。

「浅羽批判」の内容はさておき、こういう記述は、読んでいて不愉快。
批判もあったようで、書き直すようです。

173 :名無しさん@社会人:2006/08/14(月) 00:17:51
案外真面目な香具師みたいね

174 :名無しさん@社会人:2006/08/14(月) 18:57:50
明日の講演会、予約とかなんにもしてないけど、
行ったら満席ですってことにはならんかな。

そんなにメジャーな人でもないか?

サイン会…「野望としての教養」が一番好きだけどこれを持っていくのはしんどいな…w
「アナーキズム」あたり持っていこうかね。

175 :名無しさん@社会人:2006/08/14(月) 19:14:25
「ナショナリズム」にしとけ! こっちのほうが面白かった…俺的には

176 :名無しさん@社会人:2006/08/15(火) 10:38:50
おい!
講義にいった人!何でもいいからかきこんでYO!

177 :名無しさん@社会人:2006/08/15(火) 11:50:52
育児板【独りで】虐待をやめたいと思う人 5【悩むな】
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/baby/1151998845/

21 名前:名無しの心子知らず[sage] 投稿日:2006/07/06(木) 17:15:49 ID:C9eIZrXF
さっき、オムツ替えてる時に吐いたりしたからイライラが一気に爆発してかなり強くお尻と太ももの後ろ側を叩きました
ベビは物凄く泣いて真っ赤になって声が擦れて出にくいのに、泣きまくっています。
それに、またイライラして頬を力任せにつねりました。ベビは泣きまずにずっといます。

28 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2006/07/06(木) 19:26:34 ID:ZMKP+FEy
毎日一緒にいると疲れてイライラしてひどい罵声とともに叩いてしまう。
外では優しいいいお母さんのところに生まれて幸せだね、何て息子に声をかけてくれる人がたくさんいる。
でもそれは外だけ、私は鬼母です。最近は息子はおびえています。さっきも頬が真っ赤になるまで叩いてしまった。

32 すぐカンシャクを起こし、ごはんを食べない一歳二ヶ月の赤を怒鳴りながらビンタしてしまいました。

61 赤のほっぺをつねってバタバタもがきながら泣いてる姿を見たら楽しくてスカッとした。
お尻もつねって青く腫れた。腫れた赤のお尻をまた指で弾く。
ギャン泣き通り越してひきつけ起こすかってくらい絶叫泣き。このまま、ひきつけ起こしてほしいよ。

78 赤は、叩いたりつねったりしたり眠らせなかったのでひきつけ?みたいな(過呼吸みたいなの)を起こし、
唇が紫っぽくなり顔が青白くなったので一時預かってもらえました。今は赤と離れてホッとしています。

149 夜旦那が仕事でいない間気持ちのコントロール出来ないで子供を蹴ったり殴ったりしてしまいます。

276 まだ産まれて12日目なのにイライラして叩いてスッキリしてしまった。あたしは心の病気?それとも育児疲れ?

既婚女性板【心の】旦那には絶対言えない過去【奥に】
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/ms/1154259322/
・援、風呂、整形、堕胎。言ってない   ・経験人数40人以上
・中学の頃円光・整形・家出・乱交やりまくり・風俗・家庭内暴力  他多数

178 :名無しさん@社会人:2006/08/15(火) 16:52:33
>>176
宇宙人が来てた

179 :名無しさん@社会人:2006/08/15(火) 17:21:25
格差が広がれば階級闘争という目的ができるじゃないか

180 :名無しさん@社会人:2006/08/15(火) 17:35:56
フリーターやニートを組織するのは難しい。闘争心に乏しいからな。
万国のニート、団結せよ!という訳にはいかない。

そもそも格差拡大なんてーのは創られた神話だしな。

181 :名無しさん@社会人:2006/08/15(火) 20:33:45
甚平着ていた。萌え〜

182 :名無しさん@社会人:2006/08/16(水) 01:54:56
130人ぐらい来て大盛況だった。
「日本人は何もしなくていい」という
言葉に隠された深い意味が、よく分かった。
日本沈没の一場面をプロローグに語り始めたが、
話のもって行きかたはのうまさは、さすがです。
>>181
甚平じゃなくて浴衣だろ。





183 :名無しさん@社会人:2006/08/16(水) 08:07:28
女の子も来てたの?

184 :名無しさん@社会人:2006/08/16(水) 11:36:04
>>183
男の子もきてたよ。

「出る杭は打たれる。ただし、図抜けた杭には皆ひれ伏す」という諺を
教えてくださいました。自分がその図抜けた杭になってやろう、なんて
考えおこしちゃだめだとオモ。

最近、また自分も銭湯通いをはじめて、84円のインスタントラーメンで昼食
をすませたり、喫茶店でぼーっとしたり、2ちゃねらーになったり。寺島し
のぶが主演した「やわらかい生活」みたいなまったり人生も悪くないなあと
か思うようになった。おれは格差型社会の下流のサンプルだな。

「イキガミ」はブクオフで買えるのかな。先生は以前、忙しい毎日を送って
いる人だけが、自由の有り難みや時間の大切さを実感できるんだ、って書い
てらしたYO!

185 :名無しさん@社会人:2006/08/17(木) 00:24:01
若い女の子も結構来てたよ。

186 :名無しさん@社会人:2006/08/17(木) 01:11:39
ライブドアブログが本になるらしい。


187 :名無しさん@社会人:2006/08/17(木) 17:05:39
こうゆう商売根性をだれかが批判してたよね?浅羽さんじゃない。

188 :名無しさん@社会人:2006/08/17(木) 20:09:36
講演会、途中で帰っちゃったんだけど
質問コーナーとかどんか感じだった?

浅羽さん、意外と予備校の先生っぽくて驚いたw
腺病質な感じだと思ってたらけっこう熱血というかバンカラというか…

189 :名無しさん@社会人:2006/08/17(木) 20:19:54
あれでは、浅羽さんが真人間だと誤解する人がいそうW

190 :名無しさん@社会人:2006/08/17(木) 20:57:47
>「日本人は何もしなくていい」という
>言葉に隠された深い意味が、よく分かった。

詳しく

191 :名無しさん@社会人:2006/08/17(木) 20:58:43
>「出る杭は打たれる。ただし、図抜けた杭には皆ひれ伏す」

実社会では出る杭は打たれないぞ。打たれるのは変な杭。

192 :名無しさん@社会人:2006/08/17(木) 21:33:46
>>188
大学の講義とはちがう感じなの?
教壇を左右に歩きまくったりするのは大学だけ?

193 :名無しさん@社会人:2006/08/18(金) 00:42:22
ビデオで見ようと思ったら、1,000円とられた。
受講生でも、500円は当日だけって何だよ。


194 :名無しさん@社会人:2006/08/18(金) 11:00:17
>>187
「浅羽さん」じゃない。浅羽先生と言え。

>>189
立派な人だとオモ。エキセントリックな言論ばかり期待すると、
先生はノリやすいしサービス精神旺盛だから・・・

195 :名無しさん@社会人:2006/08/18(金) 16:21:13
>>194
なんで浅羽さんを「先生」なんて蔑称で呼ばなきゃいけないんだよ!

196 :名無しさん@社会人:2006/08/18(金) 18:30:39
本日のトリビア
中国語の「○○先生」は日本語で「○○さん」を意味する

197 :名無しさん@社会人:2006/08/18(金) 18:33:04
>>195
だって、自分でも「卑劣なヘタレ」って言ってるし。
教える仕事はあの人の本業じゃないでしょ。
浅羽通明は物書きであって、しかもそれは賤業なのよん。

198 :名無しさん@社会人:2006/08/18(金) 21:18:17
前半しか聞かなかったけど、なんかテーマが大きすぎてイマイチ面白くなかった…>講演会

ちょっと期待しすぎたかな〜。

マンガを語る世田谷市民講座の方はきっと面白いはず。

199 :名無しさん@社会人:2006/08/19(土) 17:38:02
wセミナーのサイトでちょびっととだけ講義の写真UPされてるよ

200 :名無しさん@社会人:2006/08/20(日) 00:57:21
俺もサイン欲しかった
http://www.w-seminar.co.jp/law/koza/asaba_kouen.html

201 :名無しさん@社会人:2006/08/20(日) 13:33:01
>>200
同じく。ロースクール小論文は重いとオモテ最近アマゾンで買うた試験のための政治学を
もっていったんだけど、順番待ちの列ができちゃってて・・・

202 :名無しさん@社会人:2006/08/20(日) 19:10:09
写真で見ると300人くらいいそうだな。

203 :名無しさん@社会人:2006/08/20(日) 22:14:59
広井「定常型社会」を読んだが、これってかなりのウンコだね。
こんなものに共鳴してしまう浅羽氏は相当な勉強不足だな。
講演会では定常型社会に言及してた?

204 :名無しさん@社会人:2006/08/20(日) 23:38:21
>>203
相変わらず人一倍勉強はしてるでしょ。ただ、そういう方向に掘っても実りはも
うそんなにないってこと。そうした思想の無効を宣言する為に勉強するのはいいけど、真に受けてもなあ。

205 :名無しさん@社会人:2006/08/21(月) 01:40:48
>>203
Wの受講生で面白そうだから参加しただけの者です。
評論家の世界は、テレビに出てる人ぐらいしか知らないし、
ましてや思想がどんなものか分かりません。
(浅羽先生は思想を「デザイン」に例えてました。それはなんとなく
分かった)
だから、ただ無知なだけなのかもしれませんが、
小泉さんがやったことをことを、あんな角度(私の力では
もちろんうまく言えない)から分析したことばは初めて聞いた。
広井という人は知らないが、「定常化」ということばはリアルだった。
まぁ、とにかく面白かったです。



206 :名無しさん@社会人:2006/08/21(月) 11:38:11
老いと死なんてテーマにまで話がいきついた。
インテリの話は面白い。あれで千円は安い。

207 :名無しさん@社会人:2006/08/21(月) 16:11:00
>>204
浅羽センセは普通の経済学(昔風にいえば近代経済学)を全く勉強していないとみた。
批判するにしても勉強せんとね。

208 :名無しさん@社会人:2006/08/21(月) 16:16:16
1990年代からつい最近まで名目GDPはゼロ成長だったのだが。「定常型社会」というのは過去の日本経済のお話。
過去の動向を単純に延長して「これからは定常化・ゼロ成長!」などと予言めいたことを謂うのはアサハカすぎる。

209 :名無しさん@社会人:2006/08/21(月) 19:39:09
アサハカ!
浅バカ!
なんだ浅羽か!

…などと子供時代に苛められた可能性を指摘しておこう

210 :名無しさん@社会人:2006/08/21(月) 22:28:45
中学生時代には弁当を持っていくのが普通のところにサンドイッチを
持っていって毎日食べたあと腹を蹴られて吐かされていたそうだ

211 :名無しさん@社会人:2006/08/21(月) 22:59:55
>>210
それ講演会でしゃべったの?w
ヘビーないじめられっこだったんだな

212 :名無しさん@社会人:2006/08/21(月) 23:03:05
うん。後の思想を形成するのに重要な経験だったと聞いた。まず異人論に傾倒したとか。

213 :名無しさん@社会人:2006/08/21(月) 23:04:21
>>207
つまりは勉強の方向が偏っているんでしょうねえ。

>>208
ゼロ成長宿命論者の人たちは、つまりはそうしたデフレ状況の継続を望んでおられ
るわけでしょ? あれだけ「格差」を問題視し小泉政権を批判する人たちが、自分はなぜか一
億総貧困化を望むというこのスレでもガイシュツ指摘済のいつもながらの不毛な光景ですがな。

214 :名無しさん@社会人:2006/08/21(月) 23:10:57
>>212
学校でイジメられたり浮いたり孤立したりといった体験を持つ人が、自分の居場所を
求めて読書や学問知・教養知にのめり込むというまずいパターンだねえw
浅羽さんには院には行かなかったですが。

215 :名無しさん@社会人:2006/08/21(月) 23:13:21
でも司法試験受かったんだよね?
大学出た後はずっと司法試験の勉強してたんかな

216 :名無しさん@社会人:2006/08/21(月) 23:22:34
>>214
まさにそうw 浅羽氏自分で言ってたし。後の「学のオタク」論に繋がるんだね。

>>215
在学中からチャレンジして4度目にようやく合格、その後ドロップアウトだったかなw

217 :名無しさん@社会人:2006/08/22(火) 06:06:03
年度がずれてないか?w

218 :名無しさん@社会人:2006/08/22(火) 10:36:56
浅羽先生におたくとして共感するのはどうかとオモ。
つか、そうゆう神話づくりはもういいよ。
少なくとも、ここに書き込んでるおれたちより、ずっと
豊かな人間関係を築いてるし、マイペースで自分の人生
を楽しんでるよ。お祭り好きで野望も捨ててないし。

219 :名無しさん@社会人:2006/08/22(火) 14:30:33
浅羽さんって司法研修所でてるの?

220 :名無しさん@社会人:2006/08/22(火) 15:39:07
こんなスカスカな文章を書いておきながら、「自分の人生を楽しんでる」のか。
http://blog.livedoor.jp/ld_opinion/archives/50225738.html
ささやかな小市民ですな。

221 :名無しさん@社会人:2006/08/22(火) 16:26:27
>>219
今からでも司法修習受ければ弁護士になれるんだよ。

あのさー、おれたちがあの人を浅羽さんて呼ぶのはおかしいよ。
どう考えても先生。世間の常識に少しずつでも合わせていきた
いんだが・・・

222 :名無しさん@社会人:2006/08/22(火) 17:01:11
>>217
お前の問いかけはいつも放置されてるな

>>221
さわやかヅラの粘着 ウザイ

223 :名無しさん@社会人:2006/08/22(火) 20:02:14
嫌だ。さんと呼ぶ。先生と呼ぶなら浅羽にゃんと呼ぶ

224 :名無しさん@社会人:2006/08/22(火) 20:27:19
流行神で「さん」ってよんでほしいとかいてあったような。

225 :名無しさん@社会人:2006/08/23(水) 10:14:49
銀座のオネエさんが呼ぶなら「先生」だな。
「社長」には見えないから。

226 :名無しさん@社会人:2006/08/24(木) 10:16:21
世田谷市民講座、浅羽にゃんまだ受講生を集めようとしてるな。
ゴー宣だから人は集まると踏んでたのか・・・

227 :名無しさん@社会人:2006/08/24(木) 21:28:50
>>226
あの時間帯じゃ行けん。
場所もな…

228 :名無しさん@社会人:2006/08/27(日) 21:41:51
浅羽は結婚しないの?

229 :名無しさん@社会人:2006/08/27(日) 21:55:54
真性の炉だからむりぽ。
ついでにストーカーの気味も。ギリシアまで逝くなよ。

230 :名無しさん@社会人:2006/08/28(月) 07:14:59
知のハルマゲドンを読み返したら、浅羽も小林も今といってる事がほとんど変わらなくて笑った

231 :名無しさん@社会人:2006/08/29(火) 01:40:55
俺も読み返してすげー面白かった。
例えば、小林のプロ論に対する浅羽通明の疑問と、
それに対する小林よしのり答えが、全く噛み合っていない
ところがあるが、ここ数年の浅羽氏の著作を読むと
浅羽通明が何にひっかかっていたのかよく分かる。

232 :名無しさん@社会人:2006/08/31(木) 13:43:29
こんなの↓はまだまともだにゃん
ttp://www.nikkansports.com/general/p-gn-tp0-20060824-79900.html

浅羽にゃんは幼いころ煮て食べたことがあるにゃん。。。

233 :名無しさん@社会人:2006/08/31(木) 15:57:27
やるじゃ〜ん!

234 :名無しさん@社会人:2006/08/31(木) 20:42:06
>「今に天罰が下る」など強い批判が多数書かれている。

もはや子猫崇拝の宗教だな。馬鹿かと。

235 :名無しさん@社会人:2006/08/31(木) 21:16:31
>231
読むな馬鹿

236 :名無しさん@社会人:2006/09/01(金) 00:10:28
まさしくブリッコファシズムだな。
ネコじゃなくてネズミを叩き殺したって書いてたらここまで騒ぎにならないだろうに。
しかし、子殺しと避妊手術ってどっちが残酷なんだろうか。

237 :名無しさん@社会人:2006/09/02(土) 02:17:59
ネズミはキモいから頃していいけど
ヌコたんはかわいいから頃しちゃダメにゃん

238 :名無しさん@社会人:2006/09/02(土) 09:04:23
じゃあキモヲタは?

239 :名無しさん@社会人:2006/09/02(土) 22:22:36
よいにゃん。
ところで、昨日の飲み会で浅羽先生から報告があり、
『昭和30年代主義』は出ないことになりましたぁ
マジ残念…

240 :名無しさん@社会人:2006/09/02(土) 22:45:12
そんな子と言ってた?

241 :名無しさん@社会人:2006/09/02(土) 23:01:50
先に出さなきゃいけないものがあるから後回しって
言ってなかったか?


242 :名無しさん@社会人:2006/09/02(土) 23:03:27
>>239
×浅羽先生→浅羽しぇんしぇい

243 :名無しさん@社会人:2006/09/02(土) 23:18:03
浅羽っちー!

244 :名無しさん@社会人:2006/09/02(土) 23:22:57
>>239
昨日の飲み会って何?

245 :名無しさん@社会人:2006/09/03(日) 12:03:09
以費塾っしょ

246 :名無しさん@社会人:2006/09/03(日) 17:29:08
>>241
おまい酔っててちゃんときいてなかったな
8章まで原稿書いたのに、出版取り止めになったんだって
ひどい話だ...

247 :名無しさん@社会人:2006/09/04(月) 02:31:30
じゃあネットで公開してほしいな。

248 :通明:2006/09/04(月) 12:30:37
>247
それではお金になりません

249 :名無しさん@社会人:2006/09/04(月) 22:01:12
>>248
そうなんだけど、『野望としての教養』の例もあるし

250 :名無しさん@社会人:2006/09/05(火) 00:01:09
そうだね。ネットでうけたら本になるし、
うけなかったら本にする価値がないってことだから
ネットで公開すればいいんだよ。
あとは誰かが30万くらいで浅羽から原稿を買い取って
ネットで公開するとかは?

251 :名無しさん@社会人:2006/09/05(火) 03:45:38
>>246
それひっでえなあ

252 :名無しさん@社会人:2006/09/05(火) 07:47:43
ネットで浅羽の文章が売りに出てたら買う?

253 :名無しさん@社会人:2006/09/05(火) 18:44:45
>>246
幻冬舍の担当はしぎたん。ニセ・マでしぇんしぇいをデビュー
させた優秀なシト。にゃにがふたりにあったのか

254 :名無しさん@社会人:2006/09/05(火) 19:00:14
宝島30復活させて連載しる
別宝でも可

255 :名無しさん@社会人:2006/09/06(水) 00:52:30
加筆されて、本に掲載されてました。
http://blog.livedoor.jp/suggest_to_ld/

256 :名無しさん@社会人:2006/09/06(水) 23:15:39
浅羽の文章がネットでうっていたら
100文字/円で買いますよ。

257 :名無しさん@社会人:2006/09/07(木) 11:16:50
>256
読んでも分からんだろ。買うな馬鹿

258 :名無しさん@社会人:2006/09/08(金) 14:15:28
なえたん...
ttp://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/

259 :名無しさん@社会人:2006/09/09(土) 01:52:29
俺も買う。
楽しみにしてたのになー。

260 :名無しさん@社会人:2006/09/09(土) 10:20:51
早く法政の授業始まれ
後期は逝くぞ

261 :名無しさん@社会人:2006/09/09(土) 17:28:08
元一橋大学長の阿部謹也さん死去
ttp://www.asahi.com/obituaries/update/0909/001.html?ref=rss

262 :名無しさん@社会人:2006/09/09(土) 20:59:44
ご冥福をお祈りいたします。

以費塾飲みでも体調がよろしくないと話題にあがっていましたね。

263 :名無しさん@社会人:2006/09/09(土) 21:13:15
イッヒ塾の飲みって毎回どんな感じなの?
普通の居酒屋でやってるのかな。
人数とか、話題とか、雰囲気教えてくれ。

264 :名無しさん@社会人:2006/09/09(土) 22:24:54
>>239
残念。
http://www.222.co.jp/s30vil/
ツカサの社長に掛け合えw

265 :名無しさん@社会人:2006/09/10(日) 14:31:43
>>263
今はどうか分からんけど、5、6年前の時は毎回、高田馬場のニュー浅草だったな。
それで参加者が大体20人〜25人程度で、10人くらい座れるテーブル席2つに参加者が座る。

それぞれのテーブルに呉先生、浅羽さんが居て、周りの人が何かお二人にネタをふる。
お二人がそれに答えて、皆、話に聞き入る、って感じだった。
(聞き入ると言ってもあくまで宴会なのでそんな堅い感じではないけど。)

とはいえ呉先生のテーブルでは、ほぼ先生の独演会みたいな感じで、
浅羽さんのテーブルでは浅羽さんの話に聞き入るばかりではなく、割と近くの人と話したりとかって事が多いという違いはあったが。

266 :265:2006/09/10(日) 14:35:01
続き
話題は硬軟さまざまといったところか。

(今、覚えている事としては、
「働かなくて生きていくにはどうしたら良いですか?」という質問に対して、
呉先生が「そりゃヒモになるんだよ。」と即答した事や
中島みゆきと椎名林檎の共通性について質問された時、
呉先生が“椎名林檎”と“椎名麟三”を聞き間違えて、
中島みゆきと椎名麟三の共通性を話していた事なんかは面白かった。)

そんな感じなので雰囲気はゼミの先生と一緒のくだけた飲み会、といった印象だと思う。
ただ、参加者の個性により飲み会の雰囲気は変わると思うので、一概には言えないけど…。
ま、俺が参加してた5、6年前はおとなしめの人が多かったので毎回こんな感じだった。

笑ったのは浅羽さんや塾生は瓶ビールなんだが、呉先生だけは生ビールだった事だな。
(注文する時、店員さんに「俺だけ生ビールね。」)
あと飲み会の費用は二千円〜三千円程度なんだが、貧乏学生など出せない人は、
後から呉先生に言って奢ってもらったりしてたな。

長々とスマソ。

267 :名無しさん@社会人:2006/09/10(日) 15:33:07
>あと飲み会の費用は二千円〜三千円程度なんだが、貧乏学生など出せない人は、
>後から呉先生に言って奢ってもらったりしてたな。

不足分はいつも呉先生が自ら払ってましたね
「カネない奴はいいぞ」って

それもあと数回で終わりか…(´;ω;`)

268 :名無しさん@社会人:2006/09/10(日) 17:12:15
論語の音読には興味が無く参加を見送っていたが
飲み会が楽しそうで行けば良かったと後悔

269 :名無しさん@社会人:2006/09/10(日) 17:51:35
楽しそうだね。呉さんの雑談ってめちゃくちゃ面白そうだよな〜。
本があれだけ面白いんだから…。

270 :名無しさん@社会人:2006/09/10(日) 21:28:00
>>266
すげー楽しそうだな。

271 :名無しさん@社会人:2006/09/10(日) 22:40:46
>>265
今も大体そんな感じ。

272 :名無しさん@社会人:2006/09/12(火) 21:04:53
小谷野敦と浅羽が話している場面を見てみたいのだが。

273 :名無しさん@社会人:2006/09/16(土) 01:46:29
小野谷敦って誰ですか。

274 :名無しさん@社会人:2006/09/16(土) 02:30:29
俺と同じ「もてない男」です・・・

275 :名無しさん@社会人:2006/09/16(土) 19:17:30
小谷野は浅羽と同じ呉の弟子ですよ。

276 :名無しさん@社会人:2006/09/16(土) 23:30:18
「もてない男」の著者だけど小野谷敦自身はモテるらしいよ。

277 :名無しさん@社会人:2006/09/17(日) 09:27:48
>小野谷敦自身はモテるらしいよ
うっそーん

278 :名無しさん@社会人:2006/09/17(日) 13:07:42
本人の願望でしょ

279 :名無しさん@社会人:2006/09/19(火) 14:44:11
交友ないのかな浅羽とあっちゃん

280 :名無しさん@社会人:2006/09/19(火) 17:55:05
すげー楽しそうだな。

281 :名無しさん@社会人:2006/09/20(水) 02:22:42
基地外つながり

282 :名無しさん@社会人:2006/09/21(木) 10:11:31
omaemona

283 :名無しさん@社会人:2006/09/22(金) 01:41:15
もてるもてないはどうでもいいです。
実際何をやっている人なのですか。
小野谷さんは?


284 :名無しさん@社会人:2006/09/22(金) 02:30:48
ホストじゃね

285 :名無しさん@社会人:2006/09/22(金) 12:05:22
世田谷市民大学のマンガ文化論はうまくいってるのかな。
もう開講したよね。だれか行った人は...

286 :名無しさん@社会人:2006/10/03(火) 18:27:44
っつーか保守がてらに疑問ひとつ

浅羽さんって共産趣味者なのかな

287 :名無しさん@社会人:2006/10/03(火) 23:05:45
ちがうでしょ。あんな資本主義の精神にあふれた人もいない

288 :名無しさん@社会人:2006/10/04(水) 14:58:15
ちがうでしょ。あんな神秘主義にはまって気がふれた人もいない

289 :287:2006/10/04(水) 23:49:03
神秘主義にはまって気がふれた共産趣味者をやるために資本主義の精神にあふれてる。

290 :286:2006/10/05(木) 00:06:12
d
愛国戦隊大日本の真逆ヴァージョンが有れば
すごい喜びそうだなあ

291 :名無しさん@社会人:2006/10/07(土) 10:48:43
今年は新著なしですか。

292 :人探し:2006/10/12(木) 13:46:28
曽根清治さんについての情報きぼん

293 :名無しさん@社会人:2006/10/14(土) 15:59:04
>>291
『昭和30年代主義 −定常化社会の倫理学−』が12月に幻冬舍から刊行。

294 :名無しさん@社会人:2006/10/14(土) 20:08:21
出版取り止めじゃなかったのか?

295 :名無しさん@社会人:2006/10/15(日) 12:53:58
>>285
以費塾にたまに顔を出すどぶすは受講してるはずだが

296 :名無しさん@社会人:2006/10/15(日) 21:36:22
>>295
誰かわかるから言わないで・・・

297 :名無しさん@社会人:2006/10/17(火) 01:10:59
Wの講演会、DVDの通信教材になってたよ。


298 :名無しさん@社会人:2006/10/17(火) 01:54:06
>>293
「定常化」なんてマジで信じてるのか・・・完全に終わったな。「三丁目の
夕日」を見て「昔は良かった」とか言っているアホと何も変わらない。

知識人がそこまで退嬰的になってどうする。「定常化」社会では本を買ったり
講演やセミナーを聞きに来たりといったことに無駄なお金を使ってくれる余裕のある
人間なんかいなくなるので、浅羽は確実に餓死だぞ。

299 :名無しさん@社会人:2006/10/17(火) 11:05:17
>298
勇気を出して部屋の外に出てみ、ヒキニート

300 :名無しさん@社会人:2006/10/17(火) 12:40:34
>>299
「昭和30年代」「定常化」に夢を持っている浅羽こそがヒキニート的に
退化している。まともな神経してたらそんなこと言えない。
逆に言えば浅羽を初めとする文化人・研究者連中がいかに浮世離れしているかということか。

301 :名無しさん@社会人:2006/10/17(火) 17:55:51
>>246
>>294
いつそんな話があったの? 俺は講義にも宴会にも出てるが、きいてないよ

302 :名無しさん@社会人:2006/10/17(火) 20:53:07
浅羽と内田樹はけっこう似ている気がする。
でも浅羽と文章はいかにもオタクという感じがするのに対して、
内田のは開かれてる感じがする。

303 :名無しさん@社会人:2006/10/17(火) 21:02:19
え〜どこが似てるの〜

304 :名無しさん@社会人:2006/10/17(火) 21:12:16
>>302
内田さんは知らんが
浅羽さんはあれ確信犯だろ

305 :名無しさん@社会人:2006/10/17(火) 21:30:44
1 橋本治が好き
2 構造主義みたいなかんじ(構造主義ってよくわからんけど)
3 教養をどうやって使えばいいかを説いてるところ


306 :名無しさん@社会人:2006/10/17(火) 21:32:15
あっ、305は>>303です。

307 :名無しさん@社会人:2006/10/17(火) 22:00:05
すげー楽しそうだな。

308 :名無しさん@社会人:2006/10/18(水) 22:01:15
今日もらった世田谷市民大学のレジュメには
浅羽通明新刊予定「右翼と左翼」幻冬舎新書11月末刊行
とあるけど、「昭和30年代主義」も連続で出すの?
誰か知ってたら教えてください。

309 :名無しさん@社会人:2006/10/19(木) 06:00:03
もっともらしいデマを流すやつがおるな。世田谷市民大学のマンガ論は申し込みが
開講に必要な人数に至らなかったから行われていない。>>308は浅羽さんから個人
授業でも受けてるのか?

310 :308:2006/10/19(木) 08:58:42
世田谷市民大学のマンガ論は普通に行われましたよ。
世田谷市民大学に電話でもしてみれば、確認はとれるでしょう。
まあ、309さんは知ってて、言ってるのかもしれないけど

311 :名無しさん@社会人:2006/10/19(木) 17:04:49
どっちが本と?

312 :名無しさん@社会人:2006/10/21(土) 10:39:24
>新刊予定「右翼と左翼」幻冬舎新書11月末刊行
ってのは法政のレジュメにも書いてあったよ
だから308がほんとじゃない?
ちなみに内容をうpしてくれたら感謝だけど

313 :名無しさん@社会人:2006/10/21(土) 17:36:43
じゃあ俺はどっちも本当だということにして楽しみにしてるよ!!

314 :名無しさん@社会人:2006/10/21(土) 23:07:08
>>312
講義のタイトルはこんなかんじでしたよ
第一回 小林よしのり氏と私ー「戦争論」以前
第二回 「戦争論」の論理と心理T
第三回 「戦争論」の論理と心理U
第四回 反米という誠実ー思想家といふこと
第五回 現在マンガの「国家」論ーかわぐちかいじを中心に
第六回 日本ナショナリズムの現在ー天皇・靖国・国旗国歌など

315 :名無しさん@社会人:2006/10/22(日) 00:16:59
すげー楽しそうだったんだな。

316 :名無しさん@社会人:2006/10/22(日) 17:14:00
>>309
世田谷市民大学の受け付けがたわけで、最初開講しないとか対応してたけど
途中できちんと開講されるって対応になった。
その対応にだまされて受けられなかった人間はカワイソすぎ。

317 :308:2006/10/22(日) 23:41:48
実は最初の募集では定員に達しなかったらしいよ。
しかし、追加募集があって、その時2ちゃんや流行神にも受講者を募集しているとの記事がでた。
それではじめてこの事を知って、すぐに世田谷市民大学に電話して、
「この講義に参加したいんですけど、開講されるのですか?」と聞いたら、
「えーと、これで開講できそうですね」って言われましたよw


318 :名無しさん@社会人:2006/10/23(月) 19:27:44
>>314
ちょーききてぇ
ってもう無理か・・・

319 :名無しさん@社会人:2006/10/25(水) 08:47:29
幻冬舎新書なんてあったかな?と思って今調べたら、
新たに幻冬舎も新書に参入するんだね。
わしズムのしぎさんが絡んでるようだ。
第一弾の中に浅羽さんも入ってるってことかな?楽しみだ。

320 :名無しさん@社会人:2006/10/25(水) 21:27:40
どんなラインナップになるんだろう。
かつての別冊宝島みたいな感じになって欲しい。

321 :名無しさん@社会人:2006/10/26(木) 13:00:53
>第六回 日本ナショナリズムの現在ー天皇・靖国・国旗国歌など

こういう具体的な話を新刊でもやってくれないかな。
なんか最近アクチュアルな話題は「それらについてはまた別の機会に」って
言われっぱなしな気がする。

322 :名無しさん@社会人:2006/10/27(金) 02:52:23
>>269
あの人、声でかいよ。
あと、キャハハハハって甲高い声で笑う。

323 :名無しさん@社会人:2006/10/29(日) 23:14:02
>>322
すげー楽しそうだな。

324 :名無しさん@社会人:2006/11/03(金) 01:54:05
Wの講演会DVD買った人いる?
http://www.w-seminar.co.jp/law/pdf/asaba_dvd.pdf

325 :名無しさん@社会人:2006/11/03(金) 02:32:03
>>314
ゴー宣の単行本か「わしズム」に収録されるのを待つしかないのかにゃー
って、よしりんは行ってないから書くかもわからんか

326 :名無しさん@社会人:2006/11/04(土) 03:08:14
裕木奈江のおしっこ飲みたい。

327 :名無しさん@社会人:2006/11/04(土) 12:48:14
浅羽さんこんな時間からなにしてはるんですか

328 :名無しさん@社会人:2006/11/04(土) 19:00:05
奈江さんはおしっこなんかしません!

329 :名無しさん@社会人:2006/11/04(土) 20:22:19
先生なにしてはるんですか

330 :名無しさん@社会人:2006/11/04(土) 20:32:28
>>329
ボクは先生ではなくて、裕木奈江をいろいろ検索してたら浅羽さんが引っかかったんだよ。
流行神について知ってることがあったら教えてくれ。

331 :名無しさん@社会人:2006/11/04(土) 21:57:43
奈江萌え日記が載ってる個人紙

332 :名無しさん@社会人:2006/11/05(日) 04:56:26
浅羽先生と奈江さんって交際してるんですか?
某所で誰かが書いてたんだけど

333 :名無しさん@社会人:2006/11/08(水) 22:19:29
>>326
すげーおいしそうだな。

334 :名無しさん@社会人:2006/11/08(水) 23:56:03
>>333
ttp://www.geocities.jp/toriton_city/nae/nae-picture.html
こんな子のおしっこだよ。うまいにきまってる。

335 :名無しさん@社会人:2006/11/09(木) 19:20:53
久しぶりにスレ覗いたら、11月に新刊か
タイトルから推察するにナショナリズムの続編っぽいな

336 :名無しさん@社会人:2006/11/11(土) 14:04:07
11月末予定ってことは来年の夏ぐらいじゃねーの

337 :名無しさん@社会人:2006/11/11(土) 14:29:36
>>336
いつもそうなの?


338 :名無しさん@社会人:2006/11/15(水) 21:53:28
推察できんよ

339 :名無しさん@社会人:2006/11/16(木) 01:54:42
予定は未定

340 :名無しさん@社会人:2006/11/16(木) 10:44:59
映画「硫黄島からの手紙」に裕木奈江が出演するってよ

341 :名無しさん@社会人:2006/11/16(木) 14:27:55
邦画しか興味ないみたいなこと言ってたから
見に行かないのでは。どうせ苗も端役だろうし。

342 :名無しさん@社会人:2006/11/16(木) 22:15:51
苗の写真集でぬいた…

343 :名無しさん@社会人:2006/11/16(木) 23:49:47
今年も「現代用語の基礎知識」で論壇用語の解説を書いてるね。

344 :名無しさん@社会人:2006/11/19(日) 01:16:40
344

345 :名無しさん@社会人:2006/11/19(日) 08:03:06
いつ出るんだろ

346 :名無しさん@社会人:2006/11/24(金) 18:40:11
11月30日に幻冬舎新書創刊

347 :名無しさん@社会人:2006/11/25(土) 01:56:20
ラインナップとか大々的に宣伝すればいいのに、幻冬舎のサイトに新書の情報が1行も載ってない。
ホントに浅羽さん入ってんのかね?

348 :名無しさん@社会人:2006/11/25(土) 18:17:09
いきなり書店にバーン!と並べてインパクトを与える作戦なんだろうか。
現基知の著者紹介にも『右翼と左翼』(幻冬舎新書)が近刊、とあったから出るのは間違いない。


349 :名無しさん@社会人:2006/11/27(月) 19:53:12
もうでた?

350 :名無しさん@社会人:2006/11/27(月) 23:05:22
まだ

351 :名無しさん@社会人:2006/11/28(火) 00:46:12
ラインナップ見ると小浜逸郎とか日垣隆も入ってるな。
カバー装丁写真もあるから、まあ予定通り出るのは間違いないんじゃないか。
解せないのは幻冬舎の宣伝姿勢だが。

352 :名無しさん@社会人:2006/11/28(火) 03:35:50
10年前からずっと同じこといってるよな
主張がぶれないですごいって意味じゃなくて
新しいことをいわないからつまらん。
思想家を掲げてるときもあるんだから
面白いビジョンを示してもいいもんだろ

353 :名無しさん@社会人:2006/11/28(火) 12:26:18
10年前、定常化社会がどうとか言ってたっけ?
ここ10年の主題は職能の協同〜世間論〜教養論〜定常化社会論の流れだと思うが。

354 :名無しさん@社会人:2006/11/28(火) 13:23:25
経済学がわかってないという弱点を知ってしまうと、
ちょっとつらいな。

355 :名無しさん@社会人:2006/11/28(火) 18:25:51
やっぱ俺もマル経の専門家の意見でないと信用できない。

356 :名無しさん@社会人:2006/11/28(火) 22:17:52
経済学者なんてマネタリストとかインチキばっか。

357 :名無しさん@社会人:2006/11/28(火) 23:49:22
お前が無知なだけだろ…

358 :名無しさん@社会人:2006/11/29(水) 00:09:30
>>352
ひとつの型を身に着ければ後は応用だからね。宮台しかり、小谷野しかり

359 :名無しさん@社会人:2006/11/29(水) 00:25:24
そもそもなんでそんな新しいことばっかり求めるのかわからん。
新しい言説が読みたきゃ、違う書き手の本を読めば済むことじゃないのか。

そういえば最近は「けだし」ってあんまり使わないな。

360 :名無しさん@社会人:2006/11/29(水) 00:43:28
けだしを使ったら負けだし

361 :名無しさん@社会人:2006/11/29(水) 00:46:44
経済学者なんてほとんどは懇意の政治家や資本家が悪いことやって儲けることを
正当化するのが仕事。世の中でも見下げられるべき仕事の代表格だろ。

362 :名無しさん@社会人:2006/11/29(水) 00:52:11
>>361
浅羽の本を読んでる奴がマジでそんな認識だとしたら、
やっぱり浅羽にも多少問題があるのかなw

363 :名無しさん@社会人:2006/11/29(水) 01:06:18
経済学が「わかってる」「わかってない」っていうのがよく理解できないけど、
経済学って、どの学説を支持してどの学説を支持しないかっていう問題じゃないの?
広井良典の定常化社会論を支持してるっていう理由で批判してるのかもしれないけど、
それだって解釈の問題で、「わかってない」っていうのは違うんじゃない?
それとも別のことで批判してるのかな?


364 :名無しさん@社会人:2006/11/29(水) 01:15:46
SFの件だな

365 :名無しさん@社会人:2006/11/29(水) 02:11:51
>>363
例えば、インフレターゲットに賛成でも反対でもいいんだけど、
賛成もしくは反対の理由を経済学的に説明できるかどうか、だな。

366 :名無しさん@社会人:2006/11/29(水) 04:53:04
要は、浅羽通明は稲葉振一郎グループに愛想笑いする必要があるか否か、ということだろう。

367 :名無しさん@社会人:2006/11/29(水) 08:37:32
>>362
認識も何も事実じゃない。
ちょっと数式持ち出せばどんなメチャクチャな論理でも押し通せると思ってるバカが多い。
まあ頭の固い理系寄り人間の特徴でもあるけれど。

368 :名無しさん@社会人:2006/11/29(水) 09:29:28
バカ経済学者の最たるものが、景気は回復してるんだから
貧困層が増えようが飢え死にする人間がでようがどうでもいいって考えをする奴ね。
数字だけで物事を考えるうちに人格が破綻しちゃった人っぽいね。

369 :名無しさん@社会人:2006/11/29(水) 10:39:27
>>368
景気回復してるのに貧困層が増えることが理論的に可能かどうかはともかく、
現に貧困層が増えているという認識だって数字に頼らなければわからないじゃん。
まぁ数字とか数学的モデルにしか興味のない経済学者もいるのは事実だが、
日本には貧困とか平等とか環境とかを重視するあまり、
経済学の論理が破綻しちゃった経済学者も多いよw

370 :名無しさん@社会人:2006/11/29(水) 12:30:25
俺は経済学には無知なんだが、要するに「人間のやることはよくわかりませんが、
こういう図式を通して貨幣経済を見ると、わかったような気がして
すっきりするでしょう?」というための「物語」の一種なのではないかと思ってる。
出来のいい物語もあれば、そうでないものもあるってことじゃないんですかね。
出来不出来の基準はよくわからないけど、整合性と普遍性かな?

371 :名無しさん@社会人:2006/11/29(水) 13:42:50
>>370

無知ならだまってればいいのに。無知を広言しているやつの「思ってる」
なんて鼻くそほどの価値すらないよ。


372 :名無しさん@社会人:2006/11/29(水) 14:05:46
>>371
いや無知を公言した上で、自分の思っている事を言うのはいいと思うが。
自信たっぷりに知ったかぶりをされる方がよほど困る。

373 :名無しさん@社会人:2006/11/29(水) 15:24:54
>>370
正解。
「物語」=モデルってことで、ね。
なら別に問題ないじゃん。
学問の説明ってのは、所詮は「仮説」、「モデル」を使っての
「よりらしさ」を競ってるだけだから。
ま、納得できなきゃ他の説明に飛びつくなり、別の説明を考えるなりすればよろし。
ところで
>>整合性と普遍性かな?
の部分がわからんのだが、ご本人さん、よかったら説明してもらえるかな?

374 :名無しさん@社会人:2006/11/29(水) 17:07:09
四の五の言うよりも、頭のよくて経済学が分かってるとされてる財務省の連中の政策をみれば
経済学はもはや死んだ学問なんだろうなって思う。

375 :名無しさん@社会人:2006/11/29(水) 18:03:43
>>369
貧困のもたらす問題とか不平等の招く災いとかを考慮できる政治家がいれば
経済学なんて糞の役にも立たない机上の理論に詳しい政治家なんていなくて結構。

376 :名無しさん@社会人:2006/11/29(水) 18:06:43
経済成長すれば国が豊かになりますよ。
これは正しい。別にそんなこと問題じゃない。
で、国が豊かになったら私は豊かになるんですか?ならないじゃないですか。
これくらいの疑問を当たり前のように投げかけられるくらい一般市民は成熟してるんだから
一部の欲にまみれた人間がどんなに数式こねくりまわしたところで
もはや人を騙すことなんかできやしない。

377 :名無しさん@社会人:2006/11/29(水) 19:12:31
政治家は国民の平均レベル以上の政策は実行できんよw

378 :名無しさん@社会人:2006/11/29(水) 21:10:54
しぇんしぇいの新刊が書店に並びました。幻冬舍新書の1番とな!

379 :名無しさん@社会人:2006/11/29(水) 21:35:51
>>378
これですね。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/434498000X/sr=1-1/qid=1164803536/ref=sr_1_1/503-3878879-1144712?ie=UTF8&s=books

でも在庫切れ…

うちも地方なもんで店にならぶのは下手すりゃ月曜日トホホ…

380 :名無しさん@社会人:2006/11/30(木) 00:22:36
>>374-376
経済学に対して想像に想像を重ねて益のないこといってるぐらいなら、ちょっとは勉強しろ。まだ若いんだろ?
一方、無知を公言している>>370のいうことは全く正しい。てゆうか、この人、経済学を少しは勉強していると思う。


381 :名無しさん@社会人:2006/11/30(木) 00:44:40
>>374
浅羽のハマった定常型社会論が実は現在の財務省の緊縮均衡志向に極めて近い点について。

>>375-376
経済学批判はともかく、定常型社会だと確実に貧困者も餓死者もますます増えていく点について。

382 :名無しさん@社会人:2006/11/30(木) 00:49:15
>>381
俺は浅羽を責めるのはどうかと思うな。
批判すべきは広井良典だと思う。
良心的知識人の最良の部分を代表する人が、
誠実に思考を重ねた結論が、反経済成長って…
ガックリきますよね。。
しかもスピリチュアリズムだって。脱力。

383 :名無しさん@社会人:2006/11/30(木) 01:11:00
>>382
アカデミズム・ジャーナリズムでも近経的なロジックを憎んでいる・もしくは無
視する人って本当に多いんだよね。広井さんだけじゃないですよ。
経済を基礎から真面目にやるなら本当はクソマジメな学部生のように受験数学的に
ガリガリやるしかないので、実はとてもハードルが高い。
そういうのが苦手な人がまず嫌っているところはあると思う。ただ、ナントカ回帰分析とか
使う社会学の人まで近経を嫌うところを見ると、それだけではなく相当に根本
的な憎悪の根が深いように感じますよ。
保護主義的な思想も批判せざるを得なかったりして、近経は必ずしも弱者に「優しく」
ないんですよね。階級闘争史観にも冷笑的にならざるを得ない。そういう点がサヨクには嫌われるわけです。
また精神論が好きなウヨクにも嫌われる。
ここで今のリフレ厨は「反市場原理」主義者にも構造改革原理主義者にも同時に嫌われる。

アカデミズムの人にとっては、自分たちが依拠している神学やパラダイムを壊される
恐怖が最も強いのではないでしょうか? ジャーナリズムの人にとっても、自分たちが
吹聴する社会正義を否定されるように感じるのでは? あの人たちはワーキングプアとか格差とか
言ってても「経済成長で救いましょう」なんてならないでしょ? 文明そのものが諸悪の根源みたいな議論を好む。宮崎駿みたいだね。

384 :名無しさん@社会人:2006/11/30(木) 01:20:10
つまり経済学を学ぶと経済はわからないが経済学はわかるってことか。
神だな

385 :名無しさん@社会人:2006/11/30(木) 01:32:11
>>384
すまそ、意味がわからん。「目の前の現実社会のリアルな経済が分からない経済学教授」
を揶揄しているなら、そういう人は社会学にも政治学にも法学にも沢山
いるよね、としか言い様がない。

386 :名無しさん@社会人:2006/11/30(木) 01:45:01
>>382
以下は稲葉スレからのコピペだけど、本当は浅羽さんや呉さんがやっているのはこ
ういうこと。学者だけど専門論文よりも啓蒙的な活動が多い広井さんもそう。

>うちの爺さんの話だと、昔はね、旧制高校には稲葉さんみたいな人が結構いたらすいよ。
>戦後は教養課程の先生になったわけだけど、各専門分野の上澄みを上手に解説して
>くれる人、いまはジャーナリストの領域かな。竹田、橋爪、小阪、小浜、佐伯といった
>入門書ばかり書いている人たちはその後継者だね。稲葉や田中はこのジャンルでしょう。

だからこそ本当は責任重大なんですけどね。ただ今の日本の場合はジャーナリズムやタレント文化人が真っ当な
啓蒙の役にあんまり立ってないんだよな。「真っ当」だと売れないからね。

387 :名無しさん@社会人:2006/11/30(木) 01:56:15
競争をやめてしまえば資本主義なんて捨ててしまっても生き残れる。

388 :名無しさん@社会人:2006/11/30(木) 01:59:55
広井先生には「なんで世界の半分が飢えるのか」と問いただしてみたい。

389 :名無しさん@社会人:2006/11/30(木) 02:01:57
>>383
そっくりな主張をブログで見たことある。地方経済学教員のかたえすか?

390 :名無しさん@社会人:2006/11/30(木) 02:27:25
いや経済学教授を揶揄しているんじゃなくて経済学ヲタクを揶揄してるんだろ?
>>385
が経済学教授だっていうのならわかるが。
>社会学にも政治学にも法学にも沢山いるよね
って言葉の真意もな。

391 :370:2006/11/30(木) 13:01:28
>>373
「整合性」ってのは、その物語(モデルっていうんですね)の中で矛盾が
あったり破綻してたりしないか、
「普遍性」というのは、それが現実の経済を説明するのにどれだけ説得力があるか、
ということ。あくまで私が勝手に考えてる基準です。
私はド文系なので、経済学自体よりも、その物語を読み込んで(誤読も含む)
流動する状況とか人間とかの方が興味深いです。

>>380
いや、本当に経済学の本なんか一冊も読んだことない、というか難しくて読めないです。

392 :名無しさん@社会人:2006/11/30(木) 18:44:26
定常型社会とか経済成長とか経済学リテラシーの問題は、
なかなか問題が込みいっていて一筋縄ではいかないので、
ここらで保留にしときませんか?
経済学板の関連スレでやった方がいい話題だし。
広井良典に関しては偉い人達の意見を聞きたい気がするけど、
現状のタイミングで単独スレ立ててもレスつかないだろうし、
これもしばらく保留だな。
ところで、幻冬社新書の『右翼と左翼』はまだ見てないんだけど、若干嫌な予感がする。
薬師院仁志あたりの粗雑な議論を無批判に踏襲してたらどうしようw
宮崎哲弥の『新書365冊』読んだら、この人こんなに頭悪い人だったっけとショック受けたからなぁ。。
浅羽はミヤテツと同じレベルってことはないだろうけど(と信じたい)

393 :名無しさん@社会人:2006/11/30(木) 20:54:45
何かを批判するときに、批判するもの知らないのはおかしいでしょう。
経済学を批判したいなら経済学を知れ、っていうこと。

394 :名無しさん@社会人:2006/11/30(木) 21:34:17
「右翼と左翼」読了

最初は読み手の役に立つというスタンスでいい感じだが、
途中からスタンスが崩れて説教臭くなっている。どうもご自分が熱くなってしまったらしい。
浅羽先生本人が、思想という「眼鏡」を必要としているらしい。

それと、どうでもいことだが、話の筋には関係ないところで妙にトンチンカンな言葉が散見される。
右と左の「ワークシェアリング」、仏教の「密教」と「顕教」の違いの説明など、明かにヘン。
ご自分の知らないことを書くなら、事前にしっかり確認してから書くべきでは・・・?
以前使っていた「旧態然」をやめて「旧態依然」に直したのは進歩。
頑張れ浅羽センセイ!


395 :名無しさん@社会人:2006/11/30(木) 21:42:17
でもさ、適当な言葉遣いって多いよな。
いまだにマルキストとか言ってる人いるもんな。
じゃあ何か、マルクス主義はマルキズムかと

396 :名無しさん@社会人:2006/11/30(木) 22:02:21
欧文をカタカナで音写した段階で既に発音ムチャクチャなんだから、細かいことを申すでない。
マルキストでもマルクシストでも、どっちも悪いといえば悪いし、良いといえば良い。

397 :名無しさん@社会人:2006/11/30(木) 23:47:42
しかし、どうせどっちも不正確なんだからどうでもいいや、という態度はよくないと思うのね

398 :名無しさん@社会人:2006/12/01(金) 00:14:13
なんでよくないの? 別にいいじゃん。
正確を期したいなら一々欧文で書けばいいわけだし、それじゃ読みにくいから便宜上カタカナで書いているだけだし。

399 :名無しさん@社会人:2006/12/01(金) 00:21:40
そうそう。昔の歴史の本でツール・ポワチエ間の戦いとか書いてあっても笑わないこと。

400 :名無しさん@社会人:2006/12/01(金) 01:50:01
どうしたって不正確であるにせよ、不正確であることの程度の差というものがあるわけで、
あらゆる不正確さを一緒くたにすることはできない、ということを>>395とかは言いたいんだと思う。

401 :名無しさん@社会人:2006/12/01(金) 03:18:20
日本のリベラリスト3人集にいってやれ

402 :名無しさん@社会人:2006/12/01(金) 04:04:39
半分読んだが・・・でも使える本であることはたしか。

後半に期待

403 :名無しさん@社会人:2006/12/01(金) 12:48:37
>>395を読んで「ケビン・コストナー」を思い出した。

404 :373:2006/12/01(金) 12:59:32
>>391
レスありがとう。
なんかオモシロイ人ですね〜
その調子で他の分野にも首をつっこんでみてください。
今のスタイルで。
できればその成果を、どこかでまとまった形で読みたいですね。
期待してます。

405 :名無しさん@社会人:2006/12/02(土) 12:27:42
「右翼と左翼」読んだ。
歴史を解説したところは俺には退屈だった。後半ちょっと盛り返してきたと思って読んでたら、
最後でとんでもない方へぶっ飛んでいった感じだ。まるで三段ロケットのよう。

406 :名無しさん@社会人:2006/12/03(日) 13:30:11
流行神はもう新規読者募集しないんでしょうか?
検索しても、申し込み方法が分からないんですけど…
ご存知の方がいたら教えて頂けませんか?

407 :名無しさん@社会人:2006/12/03(日) 19:56:21
>>406
え、釣り?
著作のあとがきには、だいたい連絡先とか書いてるし。
何の問題もなく募集してるな。
しかしずいぶん前に購読料払ったのに、まだ追加請求されない。
不思議だ。

408 :名無しさん@社会人:2006/12/03(日) 20:53:56
すみません、ありがとうございます。確認します。

まだ新米読者なので…失礼しました。

409 :名無しさん@社会人:2006/12/04(月) 00:00:20
因幡先生評

http://d.hatena.ne.jp/shinichiroinaba/20061203

410 :名無しさん@社会人:2006/12/04(月) 00:17:06
>>409
なんか、恐ろしいほど読みにくいというか
経済の基礎用語を知らないと
おさわり禁止な感じがしたな

411 :17=18:2006/12/04(月) 00:44:22
>>409
その評を要約すると、
・この本は、思想病人(浅羽先生)による思想病人たち(読者)のための思想病(右翼左翼)の歴史。
・浅羽先生はマクロ経済オンチである。

先生! マクロ経済学をサクッと消化して、見返してください!

412 :名無しさん@社会人:2006/12/04(月) 00:53:43
経済学はどうか知らんが経済に関しては
「もう高度経済成長に期待するのはやめて、もっと他のこと考えろよ」
という橋本治的立場で、良く言えば一貫してて、悪く言えば思考停止してるので、
これ以上経済学に関して何か引き出すのは難しいだろうなあ。
読者もべつに浅羽に経済学の話なんか求めてないんじゃない?
まあ、俺が求めてないだけかもしれんが。

413 :名無しさん@社会人:2006/12/04(月) 01:04:14
>>411
>思想病人(浅羽先生)による思想病人たち(読者)のための思想病(右翼左翼)の歴史。

3日の朝日の書評欄を見ていたら、慶応の某先生がある書籍の評の中で「日本の政治学は”あるべき理想”
を求める理想論と、アメリカ流の政策分析に二極化して使いものになんない」
(記憶に従い乱暴に要約)とあっさり書いていて、やっぱり限界を感じている専門家もいるんだなあと興味深かった。

アカデミズム・ジャーナリズムの病って深いよねえ・・・。

414 :名無しさん@社会人:2006/12/04(月) 01:08:12
>>412
棚課や因幡としては、「こういう余計なオピニオンが出てくると逆に社会が
混乱するだろ、何とかならんかな」というあたりが本音だと思う。

>「もう高度経済成長に期待するのはやめて、もっと他のこと考えろよ」

最近の橋本ってそうなの? デフレ不況で橋本も苦しいだろうに、「もう成長し
ないでいい」とか形而上の思想で考えてしまうのが人文系へタレの限界か。

415 :名無しさん@社会人:2006/12/04(月) 01:19:18
というか、そういう発想は日本人の情緒にもよく馴染むのでしょう。
「痩我慢の説」「清貧の思想」「米百俵の精神」などなど。
そのへんの情緒が大きくモノを言うと踏んで、そこに依拠して発言してる(であろう)
浅羽とか橋本みたいな人文系インテリと、
基本的にそういう部分は計算上の誤差の範囲内として論理的に分析を進める(らしい)
理系インテリとじゃ、
そりゃ話も噛み合いませんて。
両論かっちり噛み合った「日本式経済学」みたいなもんができると面白いんだけどな。

416 :名無しさん@社会人:2006/12/04(月) 01:23:54
リフレ厨は、もうそろそろ「経済学嫁」とは違う
啓蒙のレトリックを探さないとアカンと思う。
はっきりいって「またか」という反応しかないよ。
経済学の教科書読んだところで、理解できるという保証もないし。
ミヤテツや村上龍も勉強しているようだが、理解できてるようには見えんもんなぁw
世の通俗エコノミストや日銀の中の人だって一応キョーカショは勉強したことあるわけでしょ。
いやそれ以前に、経済学者が反経済学的な方に逝くことだって多いわけだし。
西部邁だって経済学者だったんだから。

417 :名無しさん@社会人:2006/12/04(月) 04:33:55
>>416
たぶん、今回のエントリの基調が「社会学者は経済学読め」というより「経済学者は怠慢」になってるのは、
人文系からの反発を和らげる新手の作戦なんだと思う。

418 :名無しさん@社会人:2006/12/04(月) 10:27:18
浅羽の本はあれでよかったよな。田中さんの指摘も的確だが。

419 :名無しさん@社会人:2006/12/04(月) 10:30:44
また学問とは違うだろうが慶応の先生が読んでくれる事に驚いたな>413

420 :名無しさん@社会人:2006/12/04(月) 13:11:43
>>419
>>413は浅羽の著書の書評に関する話じゃないんですが・・・。

421 :名無しさん@社会人:2006/12/04(月) 18:02:05
すまんな。「ある書籍」を「右翼と左翼」と読み違えた orz.

422 :名無しさん@社会人:2006/12/04(月) 18:02:43
あの書籍 ×
ある書籍 ○

423 :名無しさん@社会人:2006/12/05(火) 00:03:40
小泉の政策については、(浅羽のように経済学オンチである)大多数の国民はどのように
小泉を理解し消費したか、というのがあの本の読みどころだったと思うんで、
経済学オンチの俺が言うのもおこがましいけど、
>>409の評もまた自分の専門領域に引き付けた読み方しかできないという意味で、
文系理系問わぬインテリの限界を露呈しちゃってるように見えるんだよね。
誤読ですか。誤読でしょうね。

あと、浅羽は「思想病者VSそれ以外のフツーの人々」という「対立」図式なんて
示したことはないと思う。それはもう断絶してて「棲み分け」てるんだ、と。
これも俺の読み方が浅いだけのような気がするが。

424 :名無しさん@社会人:2006/12/05(火) 03:50:41
「あとがき」を読む限り、『右翼と左翼』が想定してみせている主要な読者というのは、
「右とか左ってなんだろう?」と何となく気にして歩みを止めて首を傾げている、普段は学問に関わらない市井の人々であって、
彼らが7章までの説明に納得して、うなづいて、もとどおりに歩み始めるのなら一先ずの目的は達したことになる。
さらに「思想」というものに関心をもってしまう著者を含めた人間向けには、次代の「帝国」の分析という課題を示している。
田中氏、稲葉氏と関心がズレるのは、二人が実務にも役立つ学者たらんとするのに対し、浅羽さんが「非正規兵」だからだろう。

田中秀臣も稲葉振一郎も、
諸主張が「絶対的に信奉する必要も、絶対的に排斥する必要も認められない、単なる一政策案と化した」(『右翼と左翼』p231)
現代日本の状況を、自明のものとして議論をしている。
だから、より有効な「一政策案」を出すためにはマクロ経済を勉強せよ、という持論を繰り返すことになる。
それは現代日本で社会科学系に携わる学者が、世に容れられる主張を展開するためには、確かに必要なことでもあるんだろう。
だけど、『右翼と左翼』が主要な対象としている読者は、高校生程度の知識の人々であって、少なくとも学者ではない。
そして学者とそれ以外とでは、明らかに異なる点がある。
学者であれば、「一政策案」を作ることやそのためのお勉強に、かつての「左翼」が運動に参加したときと同じような充足感が持てる。
他方、学者でない者にとっては、それぞれの生きる意味につながらない「一政策案」のための勉強は、なんら意味をもたない。
では、彼らにとっても意味をもちうる思想の基盤とは何か。それは「宗教」であり「民族」だ、というのがエピローグの示すところだろう。
これは、近代的な「自由・平等」の国民国家を自明のものとした、実務家(を志向する学者)の議論とは、明らかに性質が違う。
むしろ、あとがきで触れているように、呉智英が言うところの封建主義へと向かっていくような議論であって、
これが取るに足りない誇大妄想だ、という批判ならありうると思うのだが、
田中氏、稲葉氏の議論は、相手も当然に自分と同じ「一政策案」の立案者であろう、という思い込みに基づく論評である気がする。

425 :名無しさん@社会人:2006/12/05(火) 08:28:26
試験のための政治学ほしいんだけど
これって一番初めに1988年に出てるでしょ
それで改訂版とか増補版とかいって数年ごとに
修正してだしてるみたいだけど
2001年にでた第4版ての買えばばっちり?

あとこれ早稲田セミナーいけば購買部においてあるんかな?

426 :名無しさん@社会人:2006/12/05(火) 08:51:54
良く分かりました。稲葉さんはその位置の違いに気付いてるっぽいよね


427 :名無しさん@社会人:2006/12/05(火) 10:43:25
厨先生のところ見たけど
山形ケンか腰過ぎ。

428 :名無しさん@社会人:2006/12/05(火) 11:33:09
もちろん山形の煽りは意識的だろうな。
いかなる戦略があるのかは知らんが。
リフレ厨が「ヘタレ人文系教科書嫁」から
「経済学者怠慢ナリ!」に戦略変えるので合意したのかw
今までの啓蒙も反発を食らいながらも一定の実効性があったという判断があって、
経済学者も煽れば何かいいことがあると考えてるのかもw

429 :名無しさん@社会人:2006/12/05(火) 11:59:20
ヘタレ人文煽っていい事あったっけ。

430 :名無しさん@社会人:2006/12/05(火) 12:46:28
経済学者に俄然注目が集まる。
うまく風に乗れば大臣になれるかも。大臣ですよ大臣。

431 :名無しさん@社会人:2006/12/05(火) 16:59:12
浅羽も教員だったら同僚の経済学者の意見聞きながら本書けるのにな。
何で研究者にならなかったのだろうか。

432 :名無しさん@社会人:2006/12/05(火) 18:47:33
>>431
浅羽も大学で非常勤をやってはいるようだが、知名度や社会経験を期待されての
なんちゃって大学教授ではなく、本当に研究者になるなら学部卒程度では駄目で大学院に行くしかない。

ここで浅羽は司試合格を名刺に資格試験予備校の講師業・文筆業で生活すると自分で
フリーター的な人生を選択した人なので、初めから院に行って基礎から学問的な訓練を積む気はなかったと思う。
代わりにニセ学生マニュアル的な知の紹介者となってやってきた。
学問の権威を啓蒙し他人に勉強しろと言いつつ、自分は専門家になる気はないという点では呉智英と同じ。ちなみ
にそういう点では山形もちょっとズルいよね。他人の学問の蓄積を使いつつ自分では専門家にはならない。山
形も橋本治が原点らしいからそうなるのか。橋本もそうだよな。プロの日曜勉強家。

>浅羽も教員だったら同僚の経済学者の意見聞きながら本書けるのにな。

現実に大学でそういうシナジーを行うことは不可能に近いよ。みんな基礎が違う分野の人の言うことは聞かなくなる。政
治学や社会学の人が近経を無視し続けるのも、自分の積み上げてきたものを否定されるのが怖いのが本音だと思う。
稲葉は頼まれもしないのに自分でやってるだけ。

433 :名無しさん@社会人:2006/12/05(火) 18:51:27
>>431
もちろんタコツボに閉じこもらずに自分でシナジーや啓蒙に乗り出す人もいるけど、>>386 
ただこういう人たちはしばしば専門が薄くなるのが痛し痒しだわな。

434 :名無しさん@社会人:2006/12/05(火) 19:18:29
そうなのか?例えば俺が読んだ山形訳のデネット(哲学者)の本では
冒頭でドーキンス他異分野の学者に協力の謝辞を書いていたり、
異なる分野の学者同士は助け合って本書いてるのが普通だと思ってた。

435 :名無しさん@社会人:2006/12/05(火) 19:22:41
あと、浅羽や呉や橋本が一般人対象に対して山形や稲葉は学問業界のコンサルタント的だよな。
一々喧嘩しないではっきりとそういう売り方をしたら良いのにと思う。

436 :名無しさん@社会人:2006/12/05(火) 19:40:49
>>434
海外は知らないが日本は駄目。もしくは東大の本郷・柏の一部の研究科やSFCの
ように意味不明な学際的な領域だけを作ってしまう。

>>435
稲葉たちも、本当は一般人対象の浅羽たちにこそ自分たちのような仕事をして欲しいんでないかい?

437 :名無しさん@社会人:2006/12/05(火) 19:50:13
ん?後半がわからない。法学基礎がある浅羽さんみたいな人がジャーナリスティック学者になるとベストと言う意味?

438 :436:2006/12/05(火) 21:12:17
>>437
本当に稲葉たちがこう考えている保証はないが、浅羽に限らず、ジャーナリストや言論
人がリフレ厨的な啓蒙をやってくれればどんなにいいだろうねえ。
もっとも近経的なロジックは必ずしも大衆に優しくないし、左派にとっては「市場原理主義」
としか受け止められないことも多いから(リフレ厨はマクロ放置の清算主義者としての
構造改革原理主義者にも内橋克人のような反市場原理主義者・反成長主義者にも同時に嫌われる)、
こういう損な役回りは誰も進んで引き受けたくはないかもしれないね。

439 :437:2006/12/05(火) 21:39:36
>ジャーナリストや言論人がリフレ厨的な啓蒙をやってくれれば
どんなにいいだろうねえ。

え?やってないの?何で?損な役回りだから?
でも、ジャーナリストって嫌われてナンボじゃないの?
大衆にも左派にも嫌われるという分野は経済に限らずありそうなのに。


440 :436:2006/12/05(火) 22:29:30
>>439
リフレ厨が批判するのはあくまで政府と中央銀行のデマンドサイド放置なので、
「改革」それ自体には必ずしも反対ではない。そのあたりは是々非々。
また「抵抗勢力」的な財出には批判的で基本的には金融政策主体。
リフレ厨的なロジックは改革原理主義者にも「抵抗勢力」にも反市場原理主義者にもそれぞれに嫌われる。

世間では、威勢よく「改革」をぶち上げるか、もしくは弱者の味方のような顔をして「市場原理と経済成長が人間を疎外す
るんですよ」とか言ってる方が受けるでしょ。TVには出てくるのはほとんどがこの両極端な人たちでしょ?
近経的なロジックは基本的に大衆の俗情に寄り添わないし、他のジャーナリズムや
アカデミズムのような理想主義的なロマンを掻き立ててもくれないから世間知でも専門知でも受けないんだよね。

>でも、ジャーナリストって嫌われてナンボじゃないの?

全然。所詮は人気商売なので嫌われたら終わりです。

441 :437:2006/12/05(火) 22:52:06
リフレ派って通貨供給量を増やせという金融政策の話でしょ?
「改革」や「市場原理と経済成長が人間を疎外するんですよ」は
税金とか公共事業とか財政政策の話でしょ?
嫌われるというのが今いち分からない。

>リフレ厨的なロジック

が分からないんですけど、読めるところありますか?
教えて君ですみません。あとスレ違いもすみません。

442 :437:2006/12/05(火) 23:09:12
改革派はともかく、
市場原理と経済成長が人間を疎外するんですよ
の人はお金が増えたら普通に喜びそうなのに。

443 :名無しさん@社会人:2006/12/06(水) 00:21:08
リフレつーか、インタゲは理解できない人と嫌う人しかいないんじゃないの?w
つーか、インフレが好きな奴なんていない。
失業者やローン地獄の奴でさえ、インフレは嫌い。
中小企業の社長も景気は上がって欲しいけどインフレは嫌だと言うだろう。
100年デフレマンセー定常型社会マンセーwww

444 :名無しさん@社会人:2006/12/06(水) 02:46:34
http://www.w-seminar.co.jp/law/pdf/asaba_dvd.pdf

445 :名無しさん@社会人:2006/12/06(水) 08:05:56
マクロ経済学ねぇ…公務員試験レベルのマクロ経済学で音をあげてる
わたしには到底お勉強する気になれませぬ。

446 :名無しさん@社会人:2006/12/06(水) 09:47:40
>>441-442
>嫌われるというのが今いち分からない。

まず、デマンドサイドを解消する以前にサプライサイドをとにかく改革せねば、という
人たちには嫌われます。リフレ厨も必ずしもサプライサイドを無視しているわけで
はなく、ただしその前にデマンドサイドの問題を解消せよとしか言ってないんですが。

ましてや反市場原理主義者・反経済成長主義者とはもう絶対に分かり合えないですね(苦笑)
あの人たちにとっては資本主義と経済成長がとにかく悪の権化ですので。だから
「格差」論争やワーキングプア論争が全然深まらないんですけど。

>>442
現に浅羽さんも定常型だの農本主義みたいなことを言ってるではないですか。

447 :名無しさん@社会人:2006/12/06(水) 09:52:24
>>443
マイルドインフレにする話が急にハイパーインフレの話になったりするんだよね。

>>445
ネットリフレ厨の言ってることを理解する程度なら、ネットでググった
程度の知識で足ります。真面目に身に着けたい人は啓蒙書や教科書を参照するなり、
マジメな学部生みたいに計算からガリガリやればいいんじゃないでしょうか?
公務員試験の経済学は試験問題を解くための経済学ですので、ザックリした
経済の理解には必ずしも繋がりません。単位を取るための細々した知識だけはコツコツ
勉強しているが大本の法の理念に無知な法学部生みたいなもの。

448 :名無しさん@社会人:2006/12/06(水) 10:47:02
敵の敵は見方で
金子勝と木村剛は昔仲良しでしたな
(政策プロモーター蝙蝠野郎宮崎哲弥が仲介役でしたが)

449 :名無しさん@社会人:2006/12/06(水) 12:13:24
インタゲなんかしたらキャピタルフライトしちゃうよ!!!!

450 :名無しさん@社会人:2006/12/06(水) 12:49:16
>>449
キムタケ乙

451 :名無しさん@社会人:2006/12/06(水) 17:09:01
インフレ・ターゲット
inflation target
 先進諸国で静かなインフレーションが続く状態のもとで、これを駆け足のインフレーションにしないため、中央銀行が目標インフレ率を
定め、その前後一定幅以内に収める政策努力をすること。1980年代末から90年代初めに、ニュージーランド、オーストラリア、スウェー
デン、イギリス、カナダなどで導入された。いずれも80年代に、消費者物価上昇率が12.0-6.5%と高かった国である。イギリスでは目
標値を定め、前後1%以内に収めることとし、もし達成できなかった場合はその理由を公開することにした。90年代に採用した国は自国
通貨危機による通貨の騰落で生じたインフレ対策のためであり、チェコ、韓国、ポーランド、ブラジル、インドネシア等である。韓国の
場合98年のインフレ目標値は9±1%とされ、99年は3+1%、2000年は2.5+1%、01年は2.5%とされた。こうした政策はいずれもインフ
レ下にある国で採用されている。
 日本では、90年代不況に際して、利子率の引下げを日本銀行に求め、これが景気刺激策として効果がないことがわかると、通貨供給の
増加を求め、それも有効でないことがわかるとインフレ目標値を日銀が設定することを求めた。インフレ抑制政策をデフレ期に求めると
いう無知に基づくもので、いずれも責任を日銀に押しつけようとする政治的発言である。不況期に通貨政策で物価上昇が実現できるとい
うこの種の考えは、誤った貨幣数量説でもある。 ▼橋本寿朗、デフレの進行をどう読むか、2002、第1部。

                          伊東光晴編『岩波 現代 経済学事典』(岩波書店、2004)より

控えめに言って、デフレ下でのインフレ・ターゲットというのは、経済学者の間でも見解に相違がある政策なんじゃないか?
事典にこういう記述が存在する以上、経済学を勉強すればおのずと同じ結論に至る、というほどの通説ではないように思える。

452 :名無しさん@社会人:2006/12/06(水) 17:34:57
>>451
その「岩波 現代 経済学事典」は近経研究者にとっては「と」扱いという罠。

橋本はもう亡くなったが、橋本のいた社会経済史学会そのものがヤバイという話も・・・。

伊東先生はまだご存命かな。

453 :名無しさん@社会人:2006/12/06(水) 17:45:33
>インフレ抑制政策をデフレ期に求めるという無知に基づくもので、いずれも
>責任を日銀に押しつけようとする政治的発言である。

その引用部分だが、今の日本のリフレ厨が指すインタゲとはマイルドインフレを惹き起
こすための政策であるわけで、厳しいインフレをコントロールするための諸外国とは目的がそもそも異なる。
それを曲解して批判する故橋本先生の筆法には悪意すら感じる。
ここで故橋本先生が日銀を擁護する意図がよく分からない。研究の便宜でも図って
もらったのだろうか。

454 :名無しさん@社会人:2006/12/06(水) 18:31:16
色々ありがとうございます。
サプライサイドの改革って例えば今で言う何ですか?

455 :451:2006/12/06(水) 20:50:47
>>453
この事典には個別の項目に執筆者が載っておらず、
▼は参考文献という意味。
執筆者一覧に橋本先生の名前はないので、
誰か別の人が書いたものです。
誤解を招く引用でした、ごめん。

456 :名無しさん@社会人:2006/12/06(水) 20:55:39
>「岩波 現代 経済学事典」は近経研究者にとっては「と」扱いという罠

素人としてはこういうこと言われんのが一番困んだよね。
岩波の経済学事典がトンデモ本だって誰が思う?一応妥当なこと書いてあると
思うじゃん。ダメな本なら近経研究者が指摘して出版停止しとけ。

457 :名無しさん@社会人:2006/12/06(水) 21:04:58
>>456
甘えるなよ坊や。

458 :名無しさん@社会人:2006/12/06(水) 22:07:22
>>456
いや、まったくその通り。
>>451の文章はもしや伊藤光晴ご本人によるものでは?
日本の「まともな」経済学者でも「インタゲこそトンデモ」と言う人は多い。
まず経済学者内部である程度意見統一してから素人に啓蒙しろ、と。

459 :名無しさん@社会人:2006/12/06(水) 22:21:27
インタゲはインフレを抑えるためのもので、
デフレをインフレにするためのものではないし、それは不可能。
あえてやればハイパーインフレになる。あるいはスタグフになる。
…という批判はよく見るね。
素人としては、こっちの方を信じるわな。

460 :名無しさん@社会人:2006/12/06(水) 22:28:18
インタゲでハイパーインフレになる国ってよくあんの?

461 :名無しさん@社会人:2006/12/06(水) 22:38:02
>>460
っていうか、日本のような「流動性の罠」による不況の国で
(この診断もケーザイ学者の意見が一致しているわけではない)
インタゲを使った例はまだない。

462 :名無しさん@社会人:2006/12/06(水) 22:57:28
なるほど。どうも。勉強になるなぁ。
「流動性の罠」はどうして起こったんですか?

463 :名無しさん@社会人:2006/12/06(水) 23:06:52
経済学板でやれば…?w
まあ過疎スレだからにぎわって良いけどね。

なんか経済学>社会学>政治学その他人文科学
みたいな、「あいつは経済学わかってねえからダメ」的な物言いを
最近よく見る気がするのですが、経済学って凄いんすか?

464 :名無しさん@社会人:2006/12/06(水) 23:09:40
>>461 だからインタゲがハイパーをもたらすということじゃないわなあ

465 :462:2006/12/06(水) 23:12:08
スレ違いスマソ。もうちょっとだけ簡便w

466 :名無しさん@社会人:2006/12/06(水) 23:33:36
無理やりスレに引き付ければ、「経済的下部構造が文化や政治を決定する」と
マルクスが言ってるから、自分もまず経済のことを考えちゃうんですよ、
と浅羽も言ってたな。たしか「知ハル」だった。
かく言う浅羽が経済について的確な考察を示しているのかどうかは素人にはわからないんだが、
要するに、人間ってのは銭金欲得づくで動くもんなんだから
それを無視した観念論は意味がねーだろ、という、それ自体はまっとうな認識の表明だな。
その文脈に照らせば、経済学>社会学>政治学その他人文科学という図式も
あながち暴論とは言えないんじゃないか。

467 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 00:06:20
インタゲ論の大家のFRB議長のバーナンキのプリンストン大出版の本には、
日本とか米国ぐらいに経済規模が大きいとインタゲを導入する意味がない、
と書いてあったはずだが。現に米国では導入してないわけで。
あと米国で使われている金融政策のルールの前提になっている経済変数の
相関が日本では確認できないから、そのルールをそのまま持って
これるはずがないんだけど、インタゲを唱える人たちは同じものを
そのまま持ってくればいいと思い込んでるんだよね。
国が違えばマクロレベルの経済も全然違うという当たり前のことさえ
理解できないんだろうけど。





468 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 00:09:59
>>467 頭大丈夫? 

469 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 00:19:19
>>468
一行レスしかできないオツムテンテンの
お前こそ大丈夫か?

470 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 00:20:58
そういえば橋本治も『市場原理は嘘かもしれない』という新書を出してるなぁ。
これ読んでないんだけど。
っというか巷の書評などを読む限り完全に的を外しているっぽいので
読む気にはならなくなった。
橋本治といえども文系的な方法では経済を切るのは無理ということか。

471 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 00:21:05
>>468
ちなみにバーナンキの例の本は翻訳されてねえよ。
残念でした。

472 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 00:27:22
>>470
経済なんてわからなくていいんじゃないの。生半可にわかっても意味ないし、
理系みたいな人に考えてもらえば全然OK。
他の人たちは経済のことなど一切考えずに人文系で楽しく暮らす。


473 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 00:37:09
いや、俺は逆に理系の山形訳クルーグマンが分かりづらい。

山形は頭はいいがセンス無いんだよ。理解は早いが発見や類推が出来ない気がする。

橋本は帰納的っつーか、いきなり本質を突くじゃん。
「市場原理」も「成長は努力の総和」を説いていた。

クルーグマンは橋本的直感センスもあるんだよ。山形にはそれがない。
訳はその辺が伝わらないから読みにくい気がした。

474 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 00:47:17
さっきWBCニュース見たら、伊藤隆敏がチョロっと出てた。
なんか孤立感濃厚だったなぁwww

475 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 01:09:22
理系だけに任せたらアカン。
山形が昔橋本や呉を好きだったのは、自分には無いセンスにひかれたんだろう。
だから文理仲良く協力が一番だなと思ふ。

476 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 01:11:20
そろそろ浅羽スレに戻すかw

477 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 01:22:02
>>474
WBC=ワールドベースボールクラシックwww
WBS=ワールドビジネスサテライト←こっちが正解でした☆


478 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 01:42:33
>>463
>なんか経済学>社会学>政治学その他人文科学
>みたいな、「あいつは経済学わかってねえからダメ」的な物言いを
>最近よく見る気がするのですが、経済学って凄いんすか?

 ではなにを、経済学はめざしていたのか?
 それは、単なる後付けの理論である。
 今まで起こり、現に起こっている経済現象をうまく説得力を持って説明してくれる理論。それだけのために経済学者は血道をあげた。
 経済が世の中を動かす大きな要素であることは、日経ブームのまえから常識である。そして、その経済の全体が目鼻もつけられない
混沌として放っておかれたのではたまらない。そこで説明原理としての経済学が政治家、行政家、経済人のいずれからも需要されたの
である。
 経済学がもっとも過大な期待を集めたのはアメリカ社会だった。経済以外に社会を統合する原理がない国だからだろう。そこでは、全
国民規模で近代経済学の理論が宗教の神学体系のように迎えられた。もとより、経済理論はこれまでの出来事のいちおうの説明原理
だから、この先まで通用する真理である保証はまったくない。しかし、みんなで信じりゃ恐くないということがある。アメリカではみんなが
信じた。こうなると神学だから誰もが経済の話をするときには、神学としての近代経済学の体系を踏まえていないと、会話に入れてもら
えなくなる。つまり経済学は共同体の制度(ルール)となったのだ。
 制度となってしまえば、普遍的真理かどうかはどうでもよい。ルールの適用、応用の専門家として、経済学者(エコノミスト)は、医者
や弁護士に伍して社会的地位を得た。いわばビジネスマンの不安を解消する神学校出の牧師のようなものだ。
                                            
                                           浅羽通明『ニセ学生マニュアル』(徳間書店、1988年)223頁

15年も続いた不況下で、やや自信を失ったサラリーマンや経営者が「牧師」の話にも耳を傾けるようになった。
だから、彼らの説く福音が耳に届きやすくなったんだろう。

479 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 01:47:24
>>478
宗教のメタファーを基に考えると
信仰心から現世利益にシフトした感じなのかな?

480 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 02:15:43
>>478
これはちょっとひど過ぎるなあ。まともな近経の人は「後付け」だろうが不完全
だろうが使える理屈ならそれでいいんじゃないの、ぐらいの謙虚な気持ちはあると思うよ。
それと経済成長で少しでも救える人が増えるならそれはやるべきだよ、ぐらいの義侠心もあるだろう(たぶん)

そこで指摘されているような福音としての経済学なんぞ、どこの国でも怪しげな通俗
エコノミストぐらいしか吹いてないよ。
あるいは反対に終末思想の大好きなマル経な人とかもいるね。
今の浅羽さんは、通俗エコノミストの福音を「経済学」と誤解して、それに対する
反発からマル経モドキな反経済成長思想にハマッただけじゃないの?

481 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 02:26:22
>なんか経済学>社会学>政治学その他人文科学
>みたいな、「あいつは経済学わかってねえからダメ」的な物言いを
>最近よく見る気がするのですが、経済学って凄いんすか?

いんや。ただ他のガクモンの連中が余りに目の前の事態に対して使えね〜し、また
通俗エコノミスト福音派+終末論思想家が跋扈しているので、見かねて「まだこんなに
使えるものがあるよ」と啓蒙に乗り出した人たちがいただけ。
ここで残念ながら大学の中の専門人は魂がないのか単に忙しいのか無関心な人が多く、
啓蒙好きな人たちが中心になってやってきたということ。

482 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 12:43:59
>>480
浅羽が言ってたのはアメリカの話ですから。しかも1988年の言説。よく読んでね。
あと、まともな経済学者もいるし怪しいのもいる、というのは正直どうでもいいのです。
そんなの素人には見分けがつかないし。
というかですね。彼らがどういう人間であるか、そして何を説いているかなんてことより、
世間の素人はそれをどのように理解(あるいは誤解)し、
実際の経済活動にどう反映させてきたか(あるいは反映させてこなかったか)、
というメタな構造こそを浅羽は取り上げているのであって、
反論するならそこに的をしぼらないと外れてしまうのですよ。

483 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 12:58:00
そんなことより新刊の話でもしようぜ。

484 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 13:08:21
ごめん、まだ買ってない。
買おうとしたんだけど隣に並んでた佐藤優と手嶋龍一の「インテリジェンス」
買っちゃった。浅羽先生ごめんなさい。

でもこれすっげ面白いのでおすすめよ。

485 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 13:20:31
>>482
>反論するならそこに的をしぼらないと外れてしまうのですよ。

「メタ」を分析しているはずの浅羽が自分もそのメタなイデオロギー循環の
中にハマり込んで出られなくなっているのはこれ如何に?

486 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 13:31:12
>>478
これを読むと、浅羽は最初から「科学とは何ぞや」ということを
まったくわかってなかったんだなと思う。
88年と言えば、そろそろポモ系の思想家のインチキさもバレ始めてた頃。
今でも人文系や社会学周辺ではこれと五十歩百歩の言説が通用してるようだが。
内田樹とかひどいもんだ。

487 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 17:27:44
内田樹ってけっこう好きなんだけど、なにがダメなん?

488 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 17:44:20
>>487
スレ違いになるから、哲学板や一般書籍板にある当該スレを見てくれ。

489 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 21:56:42
では社会学板ならではの質問を

いま日本やあるいは世界で起こっている出来事を
すべて一緒くたにして説明できる理論や学説ってあるんでしょうか?
別に社会学に限らなくてもいいんですが。

あるいはプロ学者、素人を問わずそういう、するどいといえないまでも
「なるほど」と納得できるような「統一理論」をいってる人っている
んですかね?
あ、あと「近代の行き詰まり」とかいうのはナシで。
お願いします。

490 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 22:17:10
>>489
いや、普通に考えて、ないに決まってるだろ。
あったとしたらトンデモ。
「世界システム論」か?w
「帝国」とか言ってるから浅羽もその辺にはまってそうだよな。

491 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 22:23:26
つか俺も今、『右翼と左翼』とジジェクの『人権と国家』併読してるけどなwww

492 :489:2006/12/07(木) 22:32:55
まあ多少オカルトじみた質問だったかな、とは思うんですけどね
別にその理論を聞いたからすべて解決OKよ、まで求めてるわけでは
ないんですわ。実際のところ。
むしろ解決するのは各々の現場でいいから、そのための決意というか
心構え、そのための世の中の見方という意味で「統一理論」という言葉
を使ったまでです。別にアインシュタインやニュートンのような大天才の
ご登場を願ったわけではないよ。

世間に、何が起きても、自分一人の身を処していけるような思想。
そういう意味で「統一理論」という言葉を使いました。

>>490
普通に考えて
分かりにくいんで解説してもらえますかね?

493 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 22:33:12
>>489
あ、柄谷行人がいたっけ。暇だったら読んでみたら?

494 :489:2006/12/07(木) 22:35:22
なんか難しそうだな。柄谷は。
もっと簡単なのない?

495 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 22:46:33
>>494
ない。マルクス主義破産以降、統一理論のようなものがないから
みんな苦労してるんだ。経済学を学んでみたりな。

496 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 22:53:14
>>495訂正
みんな苦労してるんだ×
インテリは苦労してるんだ○

俺は別にインテリじゃないから苦労してへんよ。

497 :489:2006/12/07(木) 22:54:16
>>495
みんな苦労してるんだ。
その苦労ってヤツをさあ、語ってくれないかな?
そこにオレの求めてるもんがあると思うんだよね。
茶化して行ってるんじゃないぞ。念のため。

498 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 23:00:50
定常化社会論のほうは、発売まだなのかなー

499 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 23:06:57
>>497
その一部は浅羽の『右翼と左翼』の後半にも書いてあるだろ。
それ読めよ。

500 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 23:47:23
浅羽は何で田中のブログにコメントしなかったのかな?

501 :名無しさん@社会人:2006/12/07(木) 23:55:45
反論は流行神にのせるんでしょ。

502 :名無しさん@社会人:2006/12/08(金) 01:45:07
2ちゃんって理系が俺らは文系より頭いいんだぞって前提で
上から押し付けてくる奴が多いからな。
そんなんだから、お前ら世間で頭が上がらないの。
もっと感性を大事にしようよ。常識から学ぼうよ。
そうすれば、服装くらいはすぐによくなるから。

503 :名無しさん@社会人:2006/12/08(金) 02:59:05
服装w

504 :名無しさん@社会人:2006/12/08(金) 05:58:37
小室直樹が、現在、「科学」としての体裁を一応整えている文系学問は
心理学と経済学だけだといったのは80年代だね。

統計とかをちゃんと取っている、という意味だと思うが

505 :名無しさん@社会人:2006/12/08(金) 10:42:56
>>504
科学としての再現性が有り得るのは近経と心理学ぐらいだってことでしょ。
(ただし、世間の人は心理学を通俗心理学やカウンセリング心理学ぐらいにしか
思ってないけどね。本当はデータ取ったり計算したり地味な仕事)

社会学や政治学も数学的な操作はやってるけど、「で、だから何なの?」って
ことも多いしな。専門家が統計の技術的な操作に長けている一方、統計学は小難しくて
素人にはチンプンカンプンという乖離もあるし、統計ショーみたいになっちゃって
あんまり客観的な妥当性そのものが問われないんだよね。

506 :名無しさん@社会人:2006/12/08(金) 12:32:23
「まともな経済学」の成果が現実の経済政策に反映されたりもするの?
最近で言うと何ですか?

507 :名無しさん@社会人:2006/12/08(金) 12:54:11
>>506
規制緩和や行革は一応はそうだとは言えるのではないですか。ただ、これも
「小さな政府」「財政再建」が自己目的化してデフレ不況下で強行される事態になっているけど。
金融政策による景況のコントロールも本当はそうだよ。日銀が悪用して
デフレターゲット政策にしてしまっているだけ。

客観的に正しいことを行いたくても、各方面の利害と思惑が絡むので歪んでいくんだよ。

508 :名無しさん@社会人:2006/12/08(金) 13:20:12
経済財政諮問会議に伊藤隆敏以外にマトモな経済学者っている?

509 :名無しさん@社会人:2006/12/08(金) 13:55:03
伊藤隆敏もインタゲのイの字も言わなくなっちゃったな。
やっぱりインタゲなんて間違いだったんだな。

510 :名無しさん@社会人:2006/12/08(金) 14:30:58
伊藤隆敏はインタゲではまともだけど
円通貨園では.....

511 :名無しさん@社会人:2006/12/08(金) 20:47:34
>>510
東アジア共同体主義者は喜びそうだな。
浅羽も一種のアジア主義者か?

512 :名無しさん@社会人:2006/12/09(土) 00:57:10
僕はマクロ経済学の知識には自信があるけど、
経済学が科学だなんていうのはウソっぱちです。
マクロ経済学は、検証不能な仮説を前提としている学問であり、これは科学とは呼べない。
つーか、合理的な個人といったような、明かに現実に合わない仮定を設けている。
これらの仮定は、物事を単純に考えるための便宜上の道具として許されるべきもの。

なお、小室直樹の経済学知識はかなり幼稚なので当てにしないほうがいい。

513 :名無しさん@社会人:2006/12/09(土) 01:08:11
東亜共同体的な発想については、肯定も否定もしてないね。
向こう百年の選択肢としては一考に値するかも、くらいのスタンスじゃない?

浅羽は基本的にナショナリズム超克派、というか「近代国民国家は夢の供給源としては
もはや役に立たねえ派」だから、そういう発想に接近するのもわからなくはない。
師匠の呉智英は儒教文化圏って枠組みを想定(妄想?)しているようだし。

いっそ師の向こうを張って、天竺、もといインドを総本山とする仏教文化圏連合、
果ては大東亜にとどまらぬ大亜細亜共栄圏構想でもぶち上げてみたら、
「右翼と左翼」の終章にもつながるんじゃないですかねw

514 :名無しさん@社会人:2006/12/09(土) 01:51:14
>>512
人間がどの程度合理的行動をするかは、ある程度検証できるんじゃないの?
心理学とか行動経済学とか実験経済学とかあるじゃん。

515 :名無しさん@社会人:2006/12/09(土) 02:01:40
幼稚な例えかもしれんが、
相対性理論や量子力学が確立しても
ニュートン力学が科学でなくなったわけじゃない。
だったらマクロ経済学だって未完成かもしれないが、
科学としての資格はあるんじゃないの?

516 :名無しさん@社会人:2006/12/09(土) 02:30:38
今日浅羽さん来なかった。右翼と左翼の感想をアナしかったのに・・・

517 :512:2006/12/09(土) 11:46:07
>>514
行動経済学などはまだまだ発展途上であって今のところ眉唾。
マクロ経済学にちゃんと応用される日はかなり遠い。
つーか、意義のある応用がなされることは期待できない。
限定合理性などを取り入れて人間行動をリアルに定式化しようとすればするほど、問題が複雑になって解けなくなっちゃうし、ますます検証不能になる。

>>515
現代のマクロ経済学を物理学の歴史にたとえると、ニュートン力学以前のレベル。
それどころかコペルニクス以前。
「真円が美しいから、惑星の動きを円軌道で説明汁!」みたいなノリ。
科学ではない。神学に近い。

518 :名無しさん@社会人:2006/12/09(土) 12:05:22
>>517
キリスト教神学なら神様を信じてなければ特に気にする必要ないが、
経済活動はみんなやってるんだから、
「経済学なんて所詮神学ですから」じゃ済まないわな。
せめて「医学に近い」ぐらいは言ってほしいところ。

519 :名無しさん@社会人:2006/12/09(土) 12:06:51
新書スレ@一般書籍板で浅羽さんが馬鹿にされてますぜ。
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1160765599/l50

520 :名無しさん@社会人:2006/12/09(土) 12:09:54
経済学、特にマクロ経済学なんて知らなくても経済活動はできる。
「経済指標なんてただの数字ですから」
そんで失業者が出ても本人の自己責任ってことになる。
別に誰も困らないけどさ。そんなんでいいのかね。

521 :名無しさん@社会人:2006/12/09(土) 12:17:32
>>518
神学も立派な学問。科学を信奉するのはいいとして、他のアプローチを否定するのは如何なものか。

522 :名無しさん@社会人:2006/12/09(土) 12:18:53
>>520
いいたいことの趣旨が良く分からんけど、何をいいたいの?

523 :名無しさん@社会人:2006/12/09(土) 12:38:53
>>521
「医学」というのも出してるじゃんw
経済学が科学じゃないなら、医学だって厳密には科学じゃないだろ。

524 :名無しさん@社会人:2006/12/09(土) 13:05:43
>>517
神学でも使いものになるなら使うべき、ってのがリフレ厨のスタンス。日
本では偉いセンセイほど謙虚を通り過ぎて達観してしまい「経済学では
何も出来ないんだよ」と隠者のように振舞うようになるという悪癖がある。

525 :名無しさん@社会人:2006/12/09(土) 14:03:46
『右翼と左翼』、「〜ですよね」「〜でしょう」って文体が
浅羽さんの顔想像しながら読むと気持ち悪い。

526 :名無しさん@社会人:2006/12/09(土) 15:08:06
そうゆう楽しみかたがあったかw

527 :名無しさん@社会人:2006/12/09(土) 21:02:57
確かにです・ます体は違和感あったな
つっても浅羽氏の本は他にナショナリズムとアナーキズムしか読んだことないけど

528 :名無しさん@社会人:2006/12/09(土) 22:14:41
>>519
まあ確かに「馬鹿にしてる」だけで批判にも何にもなってないわな。
言うに事欠いて結論は「間宮はよかった」だし

529 :名無しさん@社会人:2006/12/09(土) 22:46:43
>>519
なんて不毛なスレだろう。

>>527
幻冬舎文庫のが面白いよ。

530 :名無しさん@社会人:2006/12/09(土) 23:09:56
『右翼と左翼』では注釈なしで「支那」を使ってるな。
「戦争論」3部作を手がけた出版社だし、今更、恐れることもないか。

531 :名無しさん@社会人:2006/12/10(日) 00:08:49
しかも一般的な支那の語法と異なってるし。
支那っての一般的には、漢民族、あるいは漢民族が住む中心地域(長城以南、四川省以東)あたりを通時的に言い表す言葉なんだけどね。

532 :名無しさん@社会人:2006/12/10(日) 00:10:12
って、『右翼と左翼』で支那って呼んでいる箇所って何頁だっけ?
確認しようと思ったが見つからないです。。。

533 :名無しさん@社会人:2006/12/10(日) 00:24:14
14p11l

534 :名無しさん@社会人:2006/12/10(日) 10:26:14
昨日「硫黄島からの手紙」観にいったが、「携帯電話的人間とは何か」に書かれてた、
日本社会独特の、同調圧力に逆らえない軍隊という世間というものが、上手く描かれてた。
イーストウッドはよくあそこまでリアルに描いたなあと感心した。
裕木萎え萌えの浅羽さんにもおすすめ。

535 :名無しさん@社会人:2006/12/10(日) 15:33:32
>>533
さんくす。
やっぱ違和感ありまくり。
支那の上に乗っかってる国家を支那を呼ぶことは現代ではないね。


536 :名無しさん@社会人:2006/12/10(日) 16:00:14
リフレを唱える「正しい」浅羽なんてなんかやだなww
駄ホラ吹くからおもしろいのに正論唱えちゃおしまいよ

537 :名無しさん@社会人:2006/12/11(月) 03:24:58
裕木奈江の夫の11歳年上のヘアメイクアーティストって実は浅羽さんなんじゃないの?



538 :名無しさん@社会人:2006/12/11(月) 07:15:40
お前浅羽通明を馬鹿にしたいのか
ヘアメイクアーティストを馬鹿にしたいのか、どっちだ

539 :名無しさん@社会人:2006/12/11(月) 11:19:14
>>536
「リフレ」が正論だというコンセンサスはないだろ…

540 :名無しさん@社会人:2006/12/12(火) 12:43:20
>>538
だって浅羽さんはちょうど奈江さんより11歳年上でしょ。
それに夫婦でもないのに仲がいいのはおかしいし。
やっぱり、浅羽通明=小島裕司なんだよ。
状況によって名前を使い分けてるんだ。

541 :名無しさん@社会人:2006/12/14(木) 00:06:45
浅羽さんは裕木奈江と仲がいいんですか?マジで?


542 :名無しさん@社会人:2006/12/14(木) 00:32:24
チラ裏

とある大型本屋の新書売り上げランキング
今週の十位「右翼と左翼」

ちなみに、トップ10の内に幻冬は3つ

543 :名無しさん@社会人:2006/12/14(木) 01:02:02
>>541
メールを楽しげにやり取りする仲だ

544 :名無しさん@社会人:2006/12/14(木) 02:16:57
デートもしたんじゃないの?
浅羽さんったら色男

545 :名無しさん@社会人:2006/12/14(木) 05:14:56
>>544
顔はあれだが
生え際が師父ってない?

546 :名無しさん@社会人:2006/12/14(木) 10:49:57
情報どうもです。裕木奈江はちょっと引くかも…

547 :名無しさん@社会人:2006/12/14(木) 19:45:43
ttp://members.at.infoseek.co.jp/jalpot/index_nae08.html
ゆうきなえかわいいじゃん。ダメなの?

548 :名無しさん@社会人:2006/12/14(木) 19:46:53
>>545
そりゃ、ヘアメイクアーティストだから。

549 :名無しさん@社会人:2006/12/14(木) 22:32:03
自分はゆうきなえはあんまり…浅羽さんが友達とは、意外だったなぁ。

550 :名無しさん@社会人:2006/12/15(金) 00:46:03
>>542
新書トップは佐藤優か

551 :名無しさん@社会人:2006/12/16(土) 19:52:15
ゆうきなえ大人しそーじゃん
呉智英の中野緑みたいな生意気そうな女に萌えます


552 :名無しさん@社会人:2006/12/16(土) 21:30:42
ああいうタイプの子が実はスゴイんだよ
どうスゴイかは同じような子とつきあって
自分で確かめて

553 :名無しさん@社会人:2006/12/17(日) 04:44:36
なえタイプの女の子とつきあいたいけど
なかなか世の中にいないんだな

554 :名無しさん@社会人:2006/12/17(日) 17:34:40
ゆうきなえ、いい子っぽいけどさ。

俺浅羽さんは好きな女も夫子に似てると思ってたが、そこは違うのだな。

555 :名無しさん@社会人:2006/12/17(日) 17:50:08
ところで、浅羽さんって孔門十哲でたとえると誰あたり?
宮崎哲也は呉門では抜群に稼いでる方だから子貢かなとか思うけど
回とか言ったらほめすぎ?

556 :名無しさん@社会人:2006/12/18(月) 08:18:54
というか、呉智英の弟子とか影響を受けたと吹聴する人が
10人もいないよw
小谷野は「若い世代で彼の影響を受けた言論人や研究者は多数だが、
それを公言する人はまれだ」といってたな。

557 :名無しさん@社会人:2006/12/18(月) 09:53:38
何で公言しないんだ?恥ずかしいとかw


558 :名無しさん@社会人:2006/12/18(月) 10:18:27
みんな「誰かに影響うけた」ってハッキリいわないんだよな。
そこらへんがよくわかんない。
論壇・文壇(今でもあるのか?)の語られざるタブーってか。

559 :名無しさん@社会人:2006/12/18(月) 10:37:04
でも学問は先人の業績への積み重ねだろう?

560 :突然:2006/12/18(月) 13:08:40
「左翼と右翼」の書評は三大紙で今回はない。過去にあった?

561 :名無しさん@社会人:2006/12/18(月) 17:31:29
10人はいるんじゃ?
小谷野、浅羽、宮哲、山形、中谷、だけでも五人だぞ。
後誰がいるかな

562 :名無しさん@社会人:2006/12/18(月) 22:06:03
呉智英スレでは勝谷の名前もあがっていたよ。
大月とオバタも追加で。

563 :名無しさん@社会人:2006/12/18(月) 23:10:03
あと二人だな

564 :名無しさん@社会人:2006/12/18(月) 23:18:47
坪内も夫子を誉めてたけど
弟子ってわけじゃなさそうだし

565 :名無しさん@社会人:2006/12/19(火) 07:39:11
一応言論人の多くはアカデミシャンだからな。 
在野の評論家の影響ってのはあんまりいいたくないだろ

566 :名無しさん@社会人:2006/12/19(火) 15:55:37
細川元総理w

567 :名無しさん@社会人:2006/12/19(火) 16:05:11
>>566
浅羽スレで腹筋が痛くなったのは初めてだw

568 :名無しさん@社会人:2006/12/19(火) 17:46:53
どうゆう意味?

569 :名無しさん@社会人:2006/12/19(火) 19:28:44
>568
呉智英『現代人の論語』文春文庫のあとがき

570 :名無しさん@社会人:2006/12/19(火) 20:41:59
『樹が陣営』27号には、
日垣隆も呉智英の影響を受けているとあるよ。

561から数えて
坪内を除けば、これで十人になるね。

571 :名無しさん@社会人:2006/12/19(火) 21:58:05
>>560
文庫化されてた安打w

572 :名無しさん@社会人:2006/12/20(水) 00:33:53
呉門十哲には小林よしのりも入れてやってくれ。
俺もだけど、ゴー宣経由で呉を知った人がけっこうたくさんいると思う。

573 :名無しさん@社会人:2006/12/20(水) 00:49:36
http://www.w-seminar.co.jp/law/koza/2008/chinochikara.html
倍増らしい

574 :名無しさん@社会人:2006/12/21(木) 20:43:14
とりあえず頭数だけは10人そろったけど…

しかし、こんな面子だったら
回のポディションがほんとに浅羽さんあたりしかいない

子路は喧嘩っ早さでだけで見るなら大槻・日垣・勝也のどれかあたりかな?

575 :名無しさん@社会人:2006/12/22(金) 18:42:29
確かに浅羽さんくらいだよな。
この10人では浅羽さんが多分出世頭…?

576 :名無しさん@社会人:2006/12/22(金) 20:41:11
>>575
むしろ、呉門十哲の中じゃ一番稼げてない…

577 :名無しさん@社会人:2006/12/23(土) 23:07:13
だが、それがまた顔回らしいじゃないか。いいかどうかは別として。

578 :名無しさん@社会人:2006/12/27(水) 07:49:23
浅羽さんってライトノベルとかも
読んだりしてんのかな。

579 :名無しさん@社会人:2006/12/28(木) 10:39:39


580 :名無しさん@社会人:2006/12/30(土) 21:43:01
>>578
銀色夏生の詩集読んでるよ。

581 :名無しさん@社会人:2006/12/31(日) 14:14:44
浅羽さんて、正月とかどうしてんの?

582 :名無しさん@社会人:2007/01/05(金) 23:03:07
よしりんが表紙の論座2月号に鈴木邦男氏による「右翼と左翼」の書評が出ていますが、
「完璧な決定版」「これから何百年たっても、これ以上の本はでない」などと、
気味が悪くなるくらい、褒めてますねえ。
 ところで、これ以外の書評って、でてるのかな?

583 :名無しさん@社会人:2007/01/06(土) 11:57:11
>>582
アホ丸出しの絶賛なんて褒め殺しと同じだな。

584 :名無しさん@社会人:2007/01/06(土) 14:21:09
最新号SAPIOのゴー宣でも欄外で触れられてるね。

585 :名無しさん@社会人:2007/01/06(土) 15:02:46
ほほう。て、いつの間にかこのスレ3かい!

586 :名無しさん@社会人:2007/01/06(土) 18:39:08
>>584
俺も読んだ。
浅羽と小林ってまだ交流あんのかな。

587 :名無しさん@社会人:2007/01/11(木) 14:04:29
『右翼と左翼』終盤の暴走というか空回りは痛いな。
今から経済について勉強しようとか言っても無理なんだろうな。
法律出身の人は特に。

588 :名無しさん@社会人:2007/01/11(木) 14:39:26
>>587
経済ネタなんか扱ってないだろ。別の本と勘違いしてんじゃないの?

589 :名無しさん@社会人:2007/01/13(土) 13:14:51
>>588
右翼と左翼の問題から経済を捨象できるですか?

590 :名無しさん@社会人:2007/01/15(月) 04:28:50
どんな問題でも経済は捨象できない。法や人間は無視してもいいが経済は駄目。

591 :542:2007/01/15(月) 06:54:44
途中経過

道内某大型書店新書ランキング(過去三週間の売り上げで週一回水木どちらかに更新)

右翼と左翼は現在7位

592 :名無しさん@社会人:2007/01/15(月) 15:06:26
浅羽さん、現代用語の基礎知識のどのあたり書いてる?

593 :588:2007/01/15(月) 17:02:53
>>592
後ろのほうの、色違いの紙になっている「生活スタイル事典」のなかで
「論壇の今」用語の解説 というのを書いている。
>>590
そりゃそうですね。こちらが間違いでした。

594 :名無しさん@社会人:2007/01/17(水) 20:34:43
わしズム21号、
ゴーマニズム宣言EX第26章「パトリなきナショナリズムの危険」に、
ちくま新書『ナショナリズム』からの引用あり。

595 :名無しさん@社会人:2007/01/21(日) 22:24:31
ゴー宣も飽きたなぁ
もう買ってないよ
完全な右翼になっちゃったし
(普通の右翼とはちょっと違うけど)
むかしのエッセイ風の感じがなつかしいよ

596 :名無しさん@社会人:2007/01/22(月) 00:15:39
中央公論2月号に「右翼と左翼」書評あり。

597 :名無しさん@社会人:2007/01/22(月) 05:33:11
論座で鈴木邦夫はどんな書評書いてたの?

598 :名無しさん@社会人:2007/01/22(月) 16:38:09
僕は右翼左翼を分かっていなかった。
この本は凄い。みたいな感じ。

599 :名無しさん@社会人:2007/01/23(火) 12:13:56
未だに教室の隅でマンガ読んでそうな厨房が
必死にゴーセン読んでて、ワロタ

600 :名無しさん@社会人:2007/01/23(火) 17:41:39
知識人はホントは大衆がコワイんすかね?

口には出さないけど

だれかそんなこと書いていた人、いましたっけ?

601 :名無しさん@社会人:2007/01/23(火) 21:22:19
呉さんか忘れたが、神学になぞらえて
世間知の重要性を語ってた事がある
そこらへんを考えると、大衆が怖いってのも一面の真実じゃない?

602 :名無しさん@社会人:2007/01/26(金) 12:39:06
呉夫子のアンパンの話とか

603 :名無しさん@社会人:2007/02/02(金) 15:29:02
あげあげセックス

604 :名無しさん@社会人:2007/02/04(日) 16:24:14
質問です。

性欲とか食欲ののような
誰もが当たり前にもっていると
おもっている「欲望」にも歴史が
あるんでしょうか?

ホブズホームのいう「創られた伝統」の
ように。

605 :名無しさん@社会人:2007/02/04(日) 16:35:38
>>604
浅羽スレで言えば「天使の王国」→「携帯電話的人間とは何か」の流れじゃない
オタクとかが、好きなもんは誰がどんな評価をしようと好きって言ったり
物じゃなくて、他社との関係性を求めるようになったって流れで
メディアがあおった欲望対象が、浸透してしなくなったって話

606 :名無しさん@社会人:2007/02/06(火) 20:46:40
渡辺和博さん死去=「マル金、マルビ」で流行語大賞

 ベストセラー「金魂巻」などで知られるイラストレーターでエッセイストの渡辺和博(わたなべ・かずひろ)さんが
6日午前1時46分、肝臓がんのため東京都新宿区の病院で死去した。56歳だった。広島市出身。
葬儀は10日午前11時から東京都新宿区須賀町14の1の四谷たちばな会館で。喪主は妻規子(のりこ)さん。
 雑誌「ガロ」の編集長を経てフリーに。独特のヘタウマ風のイラストと軽妙な文章で人気を博す。
「金魂巻」(1984年)は職業ごとに「マル金(金持ち)」と「マルビ(貧乏人)」に分けて解説。
この言葉は第1回流行語大賞となった。ほかに「金魂巻の謎」など。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070206-00000138-jij-soci

607 :名無しさん@社会人:2007/02/07(水) 20:16:58
>>590
捨象。。。。

608 :名無しさん@社会人:2007/02/08(木) 02:06:56
流行神きた人いる?

609 :名無しさん@社会人:2007/02/18(日) 22:02:06
今更ながら『右翼と左翼』読んだが、終章が浮きすぎ。別に書いた方が良かったんじゃないかこれ。
本当に良くも悪くもお勉強家だよなあ……

150 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)