2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【素朴な】哲学・思想って必要なの?【ギモン】

1 :名無しさん@社会人:04/12/05 12:34:05
なんで社会学やるのに哲学・現代思想が関係あるの?
意味分からん
そもそもアイツら実証データもとに組み立てた理論じゃないから
妥当性あるかもわからんし。
もうそろそろ「亜流の哲学」の呼称とはオサラバしてもいいんじゃないの?
わけわかめ


2 :名無しさん@社会人:04/12/05 13:50:15
なんかいかにも就職活動中って感じの女子大生が真昼間の
ファーストキッチンで胸とかバンバン揉ませてるわけ。同じ年くらいの
男子大学生ぽい奴に。しかもスーツの内側に手入れて直で揉んだり
してるわけ。なんか女のほうも廻りを気にしながらも小声で
笑ったりしてるわけ。「ヤダァ♪」とか言いながら。

俺は思ったね。お前ら独身中年なめんな、と。お前らのすぐ隣に座ってる
俺はお前らの様子見ながら正直、勃起してんだよ。ていうか信じられないよ。
素人同士で金のやり取りもなく胸揉むなんてよ。俺はヘルスで平均40回ぐらい
揉むわけ。12,000円で40モミ。1モミ300円。俺はそいつら見ながら「あ、300円」
とか「また300円」とかカウントしてたわけ。で、そのカウントが6,000円ぐらいに
達した時、突然こみ上げてきたわけ、嗚咽が。押さえ切れないほどの憤怒が。
で、声に出して泣き出しちゃったわけ。真昼間のファーストキッチンで。独身中年が。

急に声をあげて泣き出した俺を珍獣でも見るように一瞥した挙句、クスクス笑いながら
店を出ていくそいつらの後ろ姿を見ながら俺は思ったわけ。これはもう階級闘争だ、と。
謂なき触穢の鉄鎖に蹂躙された日陰者の人権は闘争によってしか解放されないのだ、と。
そんなわけで俺は闘うわけ。ここに常駐するグズなお前らも闘え。取り戻せ。矜持を。


3 :名無しさん@社会人:04/12/06 02:28:02
観念論だけはカンベンしてくれ
つーかいまどき観念論になんらかのアクチュアリティがあんのか?

4 :名無しさん@社会人:04/12/06 03:08:02
2げっと

5 :名無しさん@社会人:04/12/06 16:04:43
unko


6 :名無しさん@社会人:04/12/06 18:35:31
ロマン主義、宗教、文学、美学、芸術、感性は、なくなりません。
歴史が証明してます。

科学、理論、数学、悟性、理性ももちろんなくなりません。

7 :名無しさん@社会人:04/12/10 19:06:20
>>7
板違い。言質を引き出すのが目的なのか?
とにかく、哲学批判は哲学板でやれ。

哲学
http://academy3.2ch.net/philo/

8 :名無しさん@社会人:04/12/12 21:41:23
社会学に思想系の概念を援用することに妥当性があるのかって考えてみれば?

9 :名無しさん@社会人:04/12/13 01:06:16
またソーカル厨か。
幾つスレを立てれば気が済むんだろうね・・・

10 :名無しさん@社会人:04/12/14 04:29:44
人間の行動が、哲学や思想の枠組みによって多きな影響を受けるからだろ。

11 :名無しさん@社会人:04/12/21 23:05:08
人文分野を除いて今更思想に影響受ける例ってあるの?

12 :名無しさん@社会人:04/12/21 23:18:10
現在哲学板で祭発生中。
なんなの、アレ?

13 :名無しさん@社会人:04/12/21 23:20:09
b

14 :名無しさん@社会人:04/12/22 21:10:36
文学板 『比較文学?ふざけんな!』スレ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1103703448/l50

15 :名無しさん@社会人:04/12/27 03:50:19
hosyu

16 :  :04/12/27 04:15:47
ロールズなんか、現実の社会政策にも影響を及ぼしていると思うけど。
アンデルセンとかもかなり気にしている気がする。

17 :名無しさん@社会人:04/12/27 05:24:22
アマルティア・セン?

18 :名無しさん@社会人:04/12/30 08:49:00
大陸哲学は「知恵」の探求を第一義的なものと考える。
哲学がそもそもの初めから取り組んできた「人生の意味」や「よく生きる」といった問題圏へのこだわりである。
しかし、このこだわりが度を越して「科学の拒絶」にまで行き着き、「経典の釈義」に明け暮れるようになると、
哲学は学問性を失い、哲学者はこけおどしの秘教的ジャーゴンを振り回す「尊師」とその口真似をする忠実な「弟子」とになりさがる。
                                 野家啓一
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4000268724/qid%3D1104359929/249-1006186-7285906

19 :名無しさん@社会人:04/12/30 11:00:39
文学板 『比較文学?ふざけんな!』スレ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1103703448/l50



20 :名無しさん@社会人:05/01/01 20:29:28
クリッチリーは、まず現代哲学の地勢図を「知識」対「知恵」という古典的な対立軸を設定することによって描き始める。
分析哲学が目指すのは「知識」の探求であり、その場合の知識とは何よりも自然科学的知識を意味する。
哲学的問題はすべて科学的方法に基づく経験的・因果的探求によって解答が与えられるのであり、哲学者の役割は「科学という水晶宮の用務員」にとどまる。
現代分析哲学の主流は、濃淡の差はあれ、このような「自然主義」への傾向性を分け持っている。
それに対して、大陸哲学は「知恵」の探求を第一義的なものと考える。
哲学がそもそもの初めから取り組んできた「人生の意味」や「よく生きる」といった問題圏へのこだわりである。
しかし、このこだわりが度を越して「科学の拒絶」にまで行き着き、「経典の釈義」に明け暮れるようになると、哲学は学問性を失い、哲学者はこけおどしの秘教的ジャーゴンを振り回す「尊師」とその口真似をする忠実な「弟子」とになりさがる。
                                 野家啓一
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4000268724/qid%3D1104359929/249-1006186-7285906

21 :名無しさん@社会人:05/01/05 00:38:28
文学者は文学作品を生み出せない人がやるんじゃないの?
社会学者は…そういうことだな。w

22 :名無しさん@社会人:05/01/05 02:58:20
「検討の必要」という言葉の意味を理解していれば(ぶっちゃけ勉強していれば)、絶対に>>1の考えは出てこない。

23 :名無しさん@社会人:05/01/05 21:19:27
だったら科学哲学でいいじゃん 方法論とかメタ分析とかだったらさ
わけわからんおふらんす思想なんかじゃなくてさ

24 :名無しさん@社会人:2005/04/20(水) 17:25:18
>>1
泰斗&稲葉の哲学コンプレックスをみりゃあ分かるら
哲学ありゃあ、社会学なんかいらんのよ、ゴミ学問のクズ学者

25 :名無しさん@社会人:2005/04/20(水) 17:26:15
泰斗&いなばage


26 :名無しさん@社会人:2005/04/21(木) 00:06:55
稲葉さんって哲学コンプレックスwあるの?
あるスレでは実務家コンプとか言われたり
やれやれ、稲葉さんの中の人も大変だな

27 :名無しさん@社会人:2005/04/22(金) 10:47:29
稲葉&泰斗の哲学音痴には困ったものだよ・・・

28 :名無しさん@社会人:2005/04/22(金) 17:26:42
一橋や阪大には哲学科ないからw

29 :名無しさん@社会人:2005/04/22(金) 17:49:29
なるほどカントは”歩”で、ヴェーバーが”飛車”だったわけかあ
西田が”香車”で、宮台が”金”だったわけかあ
おめでたいなー、いなばちゃん


30 :名無しさん@社会人:2005/05/23(月) 01:38:33
すみませーん先生。 >>1 の言っている意味がわかりませ〜ん。

理性や妥当性の考え方自身が哲学からくるのに、必要ないってどういうことですか?
物理学に対する応用物理学という関係が哲学と成り立っていて何がまずいんですか?
弁証法的考え方だと社会学は世の中の事象に対する否定であり、否定の否定を生み出す嚆矢であって何が悪いんですか?
というか、哲学知らなくてルーマン大先生の意向は読み取れないんじゃないかと(w

31 :名無しさん@社会人:2005/05/23(月) 20:59:16


  ま た 泰 斗 か !



32 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 20:26:27
戸田山和久『知識の哲学』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4782802080/249-6337731-2821915
信念を基礎づけによって正当化することを放棄することは,自然科学
を哲学的認識論で根拠づけることの放棄となる。むしろ認識論は自然
科学の一部として,われわれが実際にどのように信念に達しているか,
脳科学,認知科学,生物学,心理学の成果を活用して,考えるべきで
ある。この現実を認めず,伝統的認識論に固執するのは,怠け者の哲
学者である。

 ところで,そもそも「真理」や「信念」とは認識論にとって大切な
ものか。もし真なる信念の形成が生物の生存にとって最適な戦略では
ないなら(そしてないらしい),認識論の前提自体があやしい。真理
や信念に関わる必要はないのではないか。ということは,「心」なん
て問題ではない。

 そこで,新しいこれからの認識論は,真理や信念を問題とせず,プ
ラグマティックに,しかも自然科学の一部として学際的になされるべ
きである。

33 :名無しさん@社会人:2006/01/01(日) 15:41:10
192

34 :名無しさん@社会人:2006/01/02(月) 23:25:50
982

35 :名無しさん@社会人:2006/01/05(木) 21:40:48
578

36 :phantasmagoria:2006/01/05(木) 22:03:37
社会学の体系の基礎として哲学があるのは常套です。
何故なら、<秩序を構成するもの>をベースにしなければ、
実証データや統計、フィールドスタディーの一切の調査報告を
一つの学説として構築していく事が不可能であるからです。
また、普遍的な社会学の目的として<社会改善>が掲げられなければ
単なる一過性の情報と化してしまうからです。
モラルは社会を構成するために不可欠であり、社会はモラルを構成するのです。

37 :名無しさん@社会人:2006/01/13(金) 21:24:19
社会学きちんと勉強してみぃや。

そのうち意味が分かるから。

38 : :2006/01/14(土) 02:08:54
http://blog.livedoor.jp/accounting_waseda/
こんな奴はいかがでしょう。

39 :名無しさん@社会人:2006/01/14(土) 10:45:30
>>2
心に突き刺さった。

40 :名無しさん@社会人:2006/05/06(土) 10:44:04
最初の書き込みの内容が、今の社会学の停滞を表していると思います。

社会学は妥当性を追及する学問にいつからなったのかということです。
基本的に、科学とは普遍性を追求するもの。
社会学が社会科学の一分野であるなら、そうでしょう。

実証データや統計、フィールドスタディの報告で、
一つの学説の確認で終わってしまう学問に社会学がなっていることでしょう。

哲学も社会学同様に停滞をしているが、普遍性の追求を忘れてはいない。
何かをきちんと学術的に研究するならわかるでしょう。

41 :名無しさん@社会人:2006/05/08(月) 01:58:44
で、社会学の目的って何なの?
誰からも相手にされない個人的美意識・信条に基づいた「政策提言」とか?

42 :名無しさん@社会人:2006/05/08(月) 03:54:34
いっつも思うんだけどさ、人間ってアタマの中でヘリクツこねくりまわすだけで
「真理」に到達できるほど優れた存在なのかな?
いつの時代でも先端を切り開いてきたのは実証研究だけなんじゃないの?
こういうと言いすぎかな?
でも自然科学は理論と実証が相互にフィードバックしてるように見えるよね。
翻って我々の分野はどうだろう? 理論と実証が有意義な関係を築けているのだろうか?
理論って「世の中をうまく説明する」ためのものだろうから、それが実証されなければ
理論の方を修正していくのが筋だよね。
我々の分野の理論屋さんは、実証研究の成果を受け入れるほど度量が広いのかな?

43 :多岐山やよひ:2006/05/08(月) 07:30:18
実証研究というのは社会学においては現状追認に陥る可能性と
常に背中あわせであり、これは権力支配層の思う壺なのです.
我々書斎派が鋭い現状批判を日々繰り広げているのですから、
実小研究はそれをしっかりオツムに叩きこんで我々が繰り広げる
壮大な理論を少しでも補強できる様、それに見合った現実を探してきなさい、
まあ、こんなところで見事に現実と理論とが統一的に展開できるのです

44 :名無しさん@社会人:2006/05/08(月) 07:44:42
とりあえず、岩波文庫の古典とか
プラトン&アリストテレス以来の系譜が
存在するから、仕方あるめえ?
学者はみんなそれでメシ食ってるんだからさ。

45 :名無しさん@社会人:2006/05/08(月) 08:02:48
しかし、バカみたいな化石みたいな古典を読んでおくと
学会では無敵の強さを誇れるねw
論文を読むスピードも理解するスピードも
圧倒的に速くなるww

46 :名無しさん@社会人:2006/05/09(火) 00:54:51
>壮大な理論を少しでも補強できる様、それに見合った現実を探してきなさい、
>まあ、こんなところで見事に現実と理論とが統一的に展開できるのです

めっちゃワロタ 凄い皮肉w
社会学の問題点ってまさにここなんだよね。自分に都合のよいことだけ取り出して
自分の美意識に基づいた世界を作ろうとする。
これはどっちかというと学問的営為というより芸術創作活動に近い。
そして芸術家たちは大学という公共機関ではなく、基本的に在野で活動している・・・
マジでやばいと思う。ほんとに将来が心配になってきた。

47 :名無しさん@社会人:2006/05/09(火) 02:15:15
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1042092204/

48 :名無しさん@社会人:2006/06/02(金) 09:44:15
>>1で、
そもそもアイツら実証データもとに組み立てた理論じゃないから
妥当性あるかもわからんし。

まあ、社会学が妥当性を求める学問であるなら、社会学は科学ではない。
普遍性を求めるのが科学だからな。

実証的研究は、実証データの範囲内での帰結であって、
反証データが一つでも存在すれば、妥当性は崩壊する。
(ポパーだよね。)
数理に関するフレーゲの論述を見れば、数理と実証の開離が見れる。
社会学が言語ゲームであるなら、この開離も検証の範囲外になるが・・・
(数理をやっている方の数理に関する態度を判断しかねるが)

この議論をしている時点で、哲学的考察になるので、哲学・思想が必要になるのだが・・

ただ、>>1で述べているコトも分かるような気がします。
実際に、哲学・思想が分からなくても社会学の実証研究ができてしまう
このことの方が問題になる。

政治は政治学が分からなくても政治ができるように、
そして、冷戦終戦後に明確なイデオロギー的対立が無くなった為に、
標的が無くなった政治学が没落した。

理論的中心性が失われた社会学が、
社会学の学問的中心部が理解できなくても
個別事象が理解できてしまう状態が生まれつつある。
このような状況下に>>1のような考えが出てくるのも、
社会学が閉塞状況に陥っている明確な事例ではないでしょうか。


49 :名無しさん@社会人:2006/06/03(土) 00:44:00
フーコーの権力論は?哲学?それとも社会学?
ドゥルーズの資本主義と分裂症は哲学?それとも社会学?

50 :名無しさん@社会人:2006/06/04(日) 09:17:07
フーコーは哲学から社会学に移行したね。
哲学的には、すでに古典の領域だが、
社会学では、まだ、参照可能領域に居るのではないかな。

ドゥルーズは哲学でしょう。
ハッキリ言って、哲学的に結論が出てないので、
社会学では扱えないでしょう。
社会学では、ラカンでさえ解釈されていないのに、
ドゥルーズを援用するのは、無理というか、誤解の基になるでしょう。

51 :名無しさん@社会人:2006/06/04(日) 12:33:35
まあ四の五の言ってないで、哲学や思想を除外した
研究成果出せばいいんじゃ?

52 :名無しさん@社会人:2006/07/07(金) 13:31:10
そうだ

53 :名無しさん@社会人:2006/10/16(月) 17:06:26
社会学があるからいらない


54 :名無しさん@社会人:2006/10/17(火) 16:59:12
必要ではないでしょう。
人間に必要なのは・・・セックスです。

55 :名無しさん@社会人:2006/11/26(日) 01:25:04
生きるための道具。かも

15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)