2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

脱構築! ジュディス・バトラー

1 :名無しさん@社会人:04/06/19 01:24
難し・・

2 :名無しさん@社会人:04/06/19 01:43
文学板からのコペピでつが

触発する言葉
―― 言語・権力・行為体 ――
ジュディス・バトラー
竹村 和子 訳 岩波書店
この本の訳者、severeignty(主権性)を統治性なんて訳してるぞ。
フーコーがまったく分かってないな。岩波も落ちたものだ。

3 :名無しさん@社会人:04/06/19 01:53
bbb


4 :名無しさん@社会人:04/06/19 01:54
あんれま 竹村先生がんがって!

5 :名無しさん@社会人:04/06/19 02:10
バトラーもフーコーがわかってないから
ちょうどいいんじゃないの?
ようはパフォーマティヴ=主意主義じゃん

6 :名無しさん@社会人:04/06/19 02:26
>>2
sovereigntyな。岩波は昔からそんなだよ。
そういえば竹村がagentを「行為体」と訳したのを褒めてたバカもいたが。






7 :名無しさん@社会人:04/06/19 02:33
構築主義って、岸田秀の「すべては幻想だ」ってこと?

8 :けっち ◆1kwkfceTyE :04/06/19 11:16
まあまあ、行為体でいいじゃないですか。

9 :名無しさん@社会人:04/06/19 13:16
>>6
「エージェント」というカタカナ語がいいとはかぎらんぞ

10 :名無しさん@社会人:04/06/19 13:23
バトラーは、脱構築で女の体を切り刻んでいる! とかバーバラ・ドゥーデンに
批判されたわけだけど、ジェンダートラブル以降の「問題なのは身体だ」では
そこらへん釈明しているのでしょうか? 

11 :名無しさん@社会人:04/06/19 16:13
>10
バーバラ・ドゥーデンの批判ってどんなの?

12 :名無しさん@社会人:04/06/19 17:09
ババーラ・ドゥーデンの主張

構築主義にかたよりすぎて、女の身体感覚まで否定するのか!
「女」というカテゴリーも無意味だというのか、と
フェミニズムの破壊者としてバトラーを批判。


13 :名無しさん@社会人:04/06/19 19:05
,

14 :名無しさん@社会人:04/06/19 21:09
>>12
「女の身体感覚」を実体化・物象化してる時点で
レベル低すぎるだろ、その主張。単に無視されただけ。

15 :名無しさん@社会人:04/06/19 23:00
>バトラーもフーコーがわかってないから

warota.

16 :名無しさん@社会人:04/06/20 01:26
>>15
なんでだよ

17 :名無しさん@社会人:04/06/21 00:50
バトラーってくたばったんじゃないの

18 :名無しさん@社会人:04/06/21 01:36
生きてるさ。

19 :名無しさん@社会人:04/06/22 22:08
バトラーの功績ってなに

20 :名無しさん@社会人:04/06/22 22:10
ジェンダー論でしょ

21 :名無しさん@社会人:04/06/22 23:15
バトラーの前におさえておく
フーコーの文献を教えてくだされ!
あと、フーコー以外のもお願いしまーす!

22 :名無しさん@社会人:04/06/22 23:51
>>21
そりゃ『性の歴史』だろ。
言っちゃ悪いがこんなレベルの質問するやつがいきなりバトラー読んでも、
玉砕するだけだろ。遙洋子からでも始めたら。

23 :名無しさん@社会人:04/06/23 00:03
22さん、ありがとうございまーす!
ついでに・・・バトラーってジェンダー論のなかで、
現在どう位置づけられているんですか?


24 :名無しさん@社会人:04/06/23 00:05
>>23
カルスタ系フェミニスト

25 :名無しさん@社会人:04/06/23 00:55
つうか、悪筆なだけで言ってる内容は実は単純。
アメリカ人らしいと言うか。

26 :名無しさん@社会人:04/06/23 01:17
フーコーとは反対だよな。
アイディアは明確なのに成果が豊か

27 :名無しさん@社会人:04/06/23 01:25
>>25
セックスがジェンダーによって構築されてるってこと〜?

28 :名無しさん@社会人:04/06/23 03:36
なにはともあれ『ジェンダー・トラブル』を読むべし。

>>24
そんなにカルスタでもないでしょ。バリパリ理論入ってる。
精神分析系のジェンダー論をフーコー流の権力論と交差させつつ、
独自のフェミニズム理論を打ち立てたのがバトラーの特色。

>>26
反対ってことは、フーコーのアイディアは不明瞭で
成果が貧しいということ? それは違うだろ。


29 :26:04/06/23 03:37
>>28
フーコーのアイディアが明確で成果が豊かという意味。
バトラーとは正反対。
誤読を誘ってすまんね

30 :名無しさん@社会人:04/06/23 09:34
>>25
悪筆なのは狙っているんじゃないのかな、と思うんだけど。
書く行為もジェンダー攪乱の一つの手段と考えている節がある。

31 :名無しさん@社会人:04/06/23 19:19
ドゥーデンって感覚をそんなに実体化してるとは思わんかった
バトラー読んでからドゥーデン読んだけど、
感覚も構築されたというスタンスで理解してたあよ

32 :名無しさん@社会人:04/06/23 22:49
>>31
君のその感覚も構築物だ。

33 :名無しさん@社会人:04/06/24 02:04
>>32
よってbody that matters.

34 :名無しさん@社会人:04/06/24 10:09
>>29
バトラーの著作は意図もアイディアも明確でしょ。
フーコーと比べると遜色はあるけれど。

35 :名無しさん@社会人:04/06/26 00:25
海外の教授って 結構ホモセクシャルな人とかいんのかね

36 :名無しさん@社会人:04/06/26 03:39
関係ないこと書くな。

37 :名無しさん@社会人:04/06/27 19:11
body that matters


38 :名無しさん@社会人:04/06/29 05:06
だめだこりゃ

39 :名無しさん@社会人:04/06/30 20:09
お茶大のジェンダーセミナー行ってる人いる?

竹村和子司会だね

40 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

41 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

42 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

43 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

44 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

45 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

46 :名無しさん@社会人:04/07/07 23:01
***



47 :名無しさん@社会人:04/07/10 20:20
日本で場トラー的クィアな学者っていんの


48 :名無しさん@社会人:04/07/15 00:52
いねー

49 :名無しさん@社会人:04/07/15 22:25
お茶大のジェンダーセミナー行ってる人いる?



50 :名無しさん@社会人:04/07/16 01:28
お茶女だとあくまでも「女性学」っぽいからインパクトに欠く気がする。
結局開明的な夫を得るための予備学問になっちまうよ。


51 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :04/07/16 02:27

>>35

聖フーコー の著者って、ホモセクシャルだとか聞いたこと歩けど。

「構築主義とは何か」勁草書房  は、テキストとしてはどうだろうか。

(ここでも、上野 千鶴子 が出てくるけど)

52 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

53 :名無しさん@社会人:04/07/17 02:31

こういうやつがいるから
社会学版は廃れたままなんだよ

54 :名無しさん@社会人:04/07/17 21:35
そうだな。

55 :名無しさん@社会人:04/07/17 21:58
あー








やだやだ

56 :名無しさん@社会人:04/07/17 22:00
「構築主義とは何か」はわかりやすくてよかった。
上野千鶴子を見直した

57 :名無しさん@社会人:04/07/18 01:27
>「構築主義とは何か」はわかりやすくてよかった。
>上野千鶴子を見直した

上野ゼミ

58 :名無しさん@社会人:04/07/18 03:37
上野ゼミ生いんの? 56はアホそうだから違うだろ

59 :名無しさん@社会人:04/07/18 03:37

こういうやつがいるから
社会学版は廃れたままなんだよ




60 :名無しさん@社会人:04/07/18 03:38

こういうやつがいるから
社会学版は廃れたままなんだよ



61 :名無しさん@社会人:04/07/18 03:40

こういうやつがいるから
社会学版は廃れたままなんだよ



62 :名無しさん@社会人:04/07/18 03:44
855 名前:名無しさん@社会人 :04/07/17 22:49
彼らにはバランスという概念がないからね。
彼らの自己厨な薄っぺらい正義感(だか権力欲だかしらんが)で微妙なバランスの
上に成り立っているマージナルな世界を「脱構築」してぶっ壊してまわって、
後の事はシラネーヨっていう非常にはた迷惑なゴミクズ学者。

まあ上野世代に限らずいま旧式サヨクで構築主義とかホザいている奴らは
たいがいそう。脱構築しますたとか言って別の厨房なアングルを構築してるだけで
現場で汗かき仕事してる人たちや地道な研究者の仕事邪魔して悦に入ってる。

63 :名無しさん@社会人:04/07/18 03:55
上野と同世代は、「ラディカル」という美意識のために、中長期的戦略を
平気で犠牲にする。面従腹背、雌伏10年などという作戦と単なる思考停止・
奴隷根性の区別がつかない。妙に純粋主義なので、妥協や打算、「あえて〜する」といった
概念が分からず、まともな作戦を考える下の世代を抑圧してきた。
内部告発はイケナイことくらいにしか考えられない。多様な展開、柔軟な考えを
「日和見」「中途半端」「体制(的)」などと叫んで軽蔑する。
ヘンに完ぺき主義で自信過剰なので、自分のわずかなミスや欠点も認めない。
正確さや誠実さを犠牲にしても「自分(たち)は最高。問題はナシ」と
言いつのる。

それは下の世代の不信感、不満、反発を生むに決まっている。



64 :名無しさん@社会人:04/07/18 03:59
>857 :名無しさん@社会人 :04/07/18 00:38
>上野と同世代は、「ラディカル」という美意識のために、中長期的戦略を
>平気で犠牲にする。面従腹背、雌伏10年などという作戦と単なる思考停止・

コピペ

65 :名無しさん@社会人:04/07/19 03:48
コピペかよ 

この能なしが!

66 :名無しさん@社会人:04/07/19 03:49
脳なしがああああああああああああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああああああああああああああああ

67 :名無しさん@社会人:04/07/19 20:37
「構築主義とは何か」はわかりやすくてよかった。
上野千鶴子を見直した




68 :名無しさん@社会人:04/07/19 23:12
10レスごとにコピペするつもりなんだろか

69 :64:04/07/20 00:22
なんか、自分で自分にレスをつけたりコピペしたりで
がんばってageている人がいるみたいですね。

70 :名無しさん@社会人:04/07/20 00:41
日和見主義者やめてください

71 :名無しさん@社会人:04/07/23 03:29
え?

72 :名無しさん@社会人:04/07/28 14:39
もうむこうじゃカルスタ廃れてるんじゃないの?

73 :名無しさん@社会人:04/07/28 14:47
パロディってどういうことなんですかね?

74 :名無しさん@社会人:04/07/28 16:43
自分でしらべろ

75 :名無しさん@社会人:04/07/28 18:56
バトラーのどこが社会学なんだよ!
社会学はほんと泥棒雑食系だあんな


76 :名無しさん@社会人:04/07/28 23:26
全くだ!
半角二次板で急成長中の新時代学問ちんこ学まで取り込みやがって!

77 :名無しさん@社会人:04/07/29 02:09
バトラーが社会学の枠をでてるのはホントだよね。

78 :名無しさん@社会人:04/07/31 15:54
ここに書いてる人たちってジェンダー研究じゃない感じがするけど
バトラーの理論をどんなところに援用してる?

79 :名無しさん@社会人:04/07/31 16:42
ジェンダー研究自体を援用しないとほされる

80 :名無しさん@社会人:04/08/01 01:13
ほされる?なんで?

81 :名無しさん@社会人:04/08/02 18:15
援用・;・・


82 :名無しさん@社会人:04/08/03 18:35
獲んよう

83 :名無しさん@社会人:04/08/04 11:52
遠洋

84 :名無しさん@社会人:04/08/05 05:15
バカばっかり

85 :名無しさん@社会人:04/08/15 00:00
↑一番の馬鹿

86 :名無しさん@社会人:04/08/18 16:18
>>2
亀レスですけど、severeigntyの定訳って「統治性」でいいんじゃないの?
「主権性」て訳してる人います?

87 :64/69:04/08/18 17:20
なんか、自分で自分にレスをつけたり、コピペしたり
レスを捻り出したりして、一人でがんばってageているみたいですね…。

88 :名無しさん@社会人:04/08/19 01:00
>>86
統治性のわけないじゃん
フーコーのgouvernementalite´の訳語なんだし。

89 :86:04/08/19 18:08
>>88
そうだ!勘違いしてた。ありがとう。


90 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

91 :名無しさん@社会人:04/08/21 16:42
>>90
男女板逝け厨としていつも目を光らせてるやつかな?

92 :名無しさん@社会人:04/08/21 22:47
反人文厨じゃねーの?

93 :名無しさん@社会人:04/08/23 23:33
へーご苦労さん

94 :名無しさん@社会人:04/08/23 23:35
なるほど。一人が強引にageているみたいですね…。

95 :名無しさん@社会人:04/08/23 23:38
リモートホスト開示したら、おもしろいだろうな。
ほとんど>>1がageているんだろう。

96 :名無しさん@社会人:04/08/24 22:04
自演なのか

97 :名無しさん@社会人:04/08/27 13:12
ジュディス・バトラーっつたら
ジェンダー理論の大家で、社会学の理論として扱うのは当然だろ。
削除依頼出している奴なに考えているんだ?

98 :名無しさん@社会人:04/08/27 13:27
ジェンダー論は「社会学」ではない。

現代思想・フェミニズム思想の範疇。

99 :名無しさん@社会人:04/08/27 13:53
「性差は存在しない」旨の主張は、
現代思想・フェミニズム運動の範疇であって、
思想系か、男女論で扱うべき。

100 :名無しさん@社会人:04/08/27 14:34
100

101 :名無しさん@社会人:04/08/27 14:47
98-99は、
いわゆる「人文=電波」論者ですね。

けれど社会学はその内包として、思想系の議論も含みます。
だからこそ、時に揶揄される「社会学帝国主義」が成り立つのです。
はっきり言って、実証系だけだったら現在の繁栄はありません。
よってこの種のスレが存在している方が、
社会学全体のためにはよいのです。


102 :名無しさん@社会人:04/08/27 15:39
>>101
2chでは「適した板で議論する」「サーバの容量を食わない」
というのが決まりになっているので、それは違いますがな。

「現代思想や、フェミニズム・男女論について議論する板」に
行くべきというのが妥当でしょう。

おそらく>>1による、1ヶ月にもわたる、コピペ貼りや、
板違い指摘への攻撃などが続けられたことだけでも
問題ですし。

103 :名無しさん@社会人:04/08/27 21:31
なんの論旨も提示出来ないような>>1のことは、おれもかばうつもりもない。
ただ、
>>102
本当に2ch鯖負担の為を思ってこそというのは明らかに変だわな。声優とかガンダムとかナベツネに倣って「ジュディス・バトラー@社会学」ってスレタイにするだけでいい、って話かw
ジェンダー論フェミ論を好き嫌い放言してるだけ、という点では、君もフェミ厨(?)と同類に思われる。

104 :名無しさん@社会人:04/08/27 23:16
>>99>>98
こういうことを何の衒いもなく言ってのける人もいるんですね。
フェミニズム運動や理論の研究は、少なくとも日本では社会学以外
の分野ではやっていないと思うが。文学や歴史の個々のアプローチは
さておくとしても。
それに社会学が理論を扱わないとしたら、ウェーバーやルーマンやブルデューは
どうなるんだか。
ここまで視野の狭い人も珍しい。


105 :名無しさん@社会人:04/08/27 23:31
文学者は社会学ですか?

「社会学が理論を扱う」のは、そうでしょう。
「経済学」も、「物理学」も、理論は理論ですね。

106 :名無しさん@社会人:04/08/27 23:35
物理学は理論を扱うものである。
ジェンダー論は理論を扱うものである。
よって、ジェンダー論は物理学である。
ですか。

107 :名無しさん@社会人:04/08/27 23:35
>>105
フェミニズム運動や理論の研究そのものは
は文学研究ではない。社会学が扱う分野。

108 :名無しさん@社会人:04/08/27 23:38
>>106 お前馬鹿か
三段論法になってないぞ、それ。

109 :名無しさん@社会人:04/08/27 23:40
>>108

>>104が言っていることを皮肉ったんですよ。
見てわかりませんか。

110 :104:04/08/27 23:50
>>109

>>104 で想定していた理論は、社会学の理論(ウェーバーやルーマン等の)であって
物理学ではない。
バトラーであれ日本のフェミニズム研究であれ、そういう社会理論の研究の背景が踏まえられた
上で発展してきた。よってフェミニズムは社会学である。


111 :名無しさん@社会人:04/08/27 23:52
>>104
>ここまで視野の狭い人も珍しい。

つか、自分が嫌いなテーマだから粘着してるだけだと思う。
好き嫌いを堂々と根拠にするわけには逝かないので、
2ch鯖負担のこと心配だわぁっ、てポーズとってみたりしてる。
ナベツネ、ガンダム、etc.色々とある中では
ここを削除せよと主張する>>98>>99の依拠する原理原則が、すでに曖昧だわな。

112 :名無しさん@社会人:04/08/27 23:53
フェミニズム運動や理論は、「フェミニスト」が作るものです。
フェミニストでなければ、フェミニズム理論をもっての
フェミニズム的(政治的)主張はしません。

113 :104:04/08/27 23:53
訂正。
>フェミニズムは社会学である。

フェミニズム研究は、社会学である。

114 :名無しさん@社会人:04/08/27 23:54
>>110
「社会理論」の研究の背景が踏まえられた上で発展した運動の「理論」が
そうであれば、「すべての政治運動は社会学である」になりますね。

115 :104:04/08/27 23:57
>>111
>つか、自分が嫌いなテーマだから粘着してるだけだと思う。

そうか、それだけのことか。真面目にレスして損したよ。

>>112
>フェミニズム運動や理論は、「フェミニスト」が作るものです。

そういう話が反論になるのだとすれば、社会学が政治的ではないという
こと(社会学の絶対的な中立性)を証明しなくてはならないが、まず無理だろうな。

116 :104:04/08/27 23:59
>>114
だから社会現象を分析するはずの社会学が社会のなかで行われるかぎり
社会学の絶対的な中立性(非政治性)はありえない。

117 :名無しさん@社会人:04/08/28 00:11
「社会運動は政治的なものだから、政治的主張をもった理論を組み立てるのだ」
というのは、フェミニズムが自らの政治性を正当化するために言ってきたことですね。

しかし、「中立性の指向を持とうとすることは、一般的なコンセンサスである」についての
反証ではなく、「政治的だから政治的にふるまうんだ!」という答えでしかないわけです。

118 :名無しさん@社会人:04/08/28 00:57
ということで。
フェミニズムは強い政治的目的をもった政治思想であり、
そして、これに異論を挟む人はいないことでしょう。

119 :名無しさん@社会人:04/08/28 01:36
>>118
強い弱いの基準は何だ?
保守主義やアンチフェミも政治的な含意があるだろ。


120 :名無しさん@社会人:04/08/28 01:43
>>119
>保守主義やアンチフェミも政治的な含意があるだろ。

いや、まさにそうでしょう。
フェミニストは必ず、自らの政治目的を政策なりで反映させようと
するわけで、そのときにアンチフェミの反対が出るでしょう。

121 :名無しさん@社会人:04/08/28 01:45
>>120
だったら中立はないわけだ。
とすると、フェミニズムを政治的というだけで非難する理由はないことになるな。

122 :名無しさん@社会人:04/08/28 01:48
>>121
「政治運動はあってはならない」とは言っておりませんよ。
フェミニズムというのはそもそも政治運動ですから、
当然、自らの思想にしたがった政策などを通すための
理屈を作るわけで、自明のことです。

123 :名無しさん@社会人:04/08/28 01:51
>>122
フェミニズムとフェミニズム研究を分けなければ駄目だ。
政治運動をやるのと政治研究をするのが同じではないように。
それでフェミニズム研究は社会学でやればいい。


124 :名無しさん@社会人:04/08/28 01:55
では、すべての政治思想の組み立ては、社会学ということになりますな。

125 :名無しさん@社会人:04/08/28 01:56
天皇崇拝の理論も、共産革命理論も、全部社会学でやりましょう。

126 :名無しさん@社会人:04/08/28 01:58
現にやってる奴はいるだろ。

127 :名無しさん@社会人:04/08/28 02:03
じゃあ、共産党板、男女論板などは要らないですね。

128 :名無しさん@社会人:04/09/03 21:27
共産主義の問題もジェンダー問題も社会学のアプローチでやっている
人は沢山いる。このスレもそれを踏まえて続ければ何も問題ないだろ。

129 :名無しさん@社会人:04/09/05 03:14
>>128
言っている意味がさっぱりわかりません。

ジュディス・バトラーはフェミニズム正当化の理論(性差否定等)を
言っているだけであって、社会学者でも何でもありません。

130 :名無しさん@社会人:04/09/05 11:08
>>129
>フェミニズム正当化の理論(性差否定等)

日本のアカデミズムではこういう議論は社会学で扱われている
現状を踏まえろ、といっているだけだ。

131 :名無しさん@社会人:04/09/05 12:58
「社会学」では、「性差は否定されるべきだという証明」や、「フェミニズム思想を
実現するために、こういう活動をしよう」ということは扱いません。
「社会学の論文」でそれをやったら、通常、絶対に却下されます。
(逆に、フェミニズム論文にはそういうことが中心に書いてあります。)

132 :名無しさん@社会人:04/09/05 13:40
なわけで、性差否定等のフェミニズム思想なので、政治思想や男女論です。

133 :名無しさん@社会人:04/09/05 18:26
>>131
>「社会学」では、「性差は否定されるべきだという証明」や、「フェミニズム思想を
>実現するために、こういう活動をしよう」ということは扱いません。

お前の脳内の「社会学」を勝手に普遍化するなよ。日本で上野千鶴子や江原由美子
といったら社会学者だろ。お前がそう主張するのは勝手にすればいいが、
フェミニズムがどのように日本の学会全体で受容されているかの現状を認識してから物を言え。
現状を無視して、そうでないという否定を一方的に主張されても何の説得力もない。

134 :名無しさん@社会人:04/09/05 19:33



135 :名無しさん@社会人:04/09/05 21:26
>>133
「お前の脳内」ではなく、
「社会学の論文」と、「フェミニズム理論」は、まったく違います。

「フェミニズム理論」は「フェミニスト」が書いているのであって、
「性差は否定されるべきだ」とか、「フェミニズム思想を
実現するために、こういう活動をしよう」ということを言っている
フェミニスト以外の論文があったら、教えてください。

136 :名無しさん@社会人:04/09/05 22:14
>>135
たとえば上野千鶴子だったら社会学やってる者で知らない者は
いないと思われるほど、名の知れた社会学者だと思うので、氏の書物を
挙げるが、代表作『資本性と家事労働』(海鳴社)や『家父長制と資本制』(岩波書店)
でも読んでみれば? お前のような単純な発想で社会学もフェミニズムも
成り立っていないことが分かるから。というかお前モノ知らなさすぎ。

137 :名無しさん@社会人:04/09/05 23:28
>>136
まず、ジュディス・バトラーの性差否定の論自体が現代思想であるため、
その言い草は意味を持ちません。

フェミニストが社会学の手法を援用して政治目的の正当化をすることはありますが、
家族の形態について語るフェミニストがいるからといって、
フェミニズムの政治活動や理論が社会学だということにはなりません。
十分条件と必要条件はわかりますね。

138 :名無しさん@社会人:04/09/05 23:29
家族についていちおう言っておくと、もともと社会学では、家父長制については、
家長権を持つ男子が家族を統制する家族形態(がある、あった)という事実指摘
でしかありません。
いっぽう、マルクス主義援用のフェミニズムでは、別の意味がくっついていて、
「男性が女性を支配し、物質の搾取−被搾取の権力関係」ということを言いつつ、
家族関係が資本制の要請であることと、主婦を家事労働から「解放」すべきだという
意味合いで語られます。
この段階ですでに本来の社会学とは異なり、マルクス主義・フェミニズムの政治目的が
ありますが、まあ微妙な線です。
バトラーの場合はその微妙な線にもひっかかっておりません。

微妙な線にひっかかる場合もそうですが、性差否定については現代思想の男女論ですし、
いずれにしろ、フェミニズムの正当性、政策などは男女論でやることになっています。

139 :名無しさん@社会人:04/09/06 00:26
>>137-138
あのな、俺はお前の社会学観を訊いてないの。
バトラーにせよ上野千鶴子にせよフェミニストたちが社会学の領域に関わる仕事をしており
現に社会学に影響を与えている現状を認識しろと言っているだけ。
上野千鶴子はフェミストでありかつ社会学者であると世間的には認知されている、という事実
があり、仮にお前の言うようにそのことが不当だとしても、その是非について議論するためにも、
社会学板でフェミニズムを扱うのは必然性がある。
俺はたとえ否定的にであっても現代思想なりフェミニズムが社会学と接点を持っているという
事実があるかぎり、ここで論じ合えばいい、と言っているにすぎない。
そもそもお前が社会学がフェミニズムと関係無いという主張を殊更にするのは
そうした両者がオーバーラップしている現状を強く意識しているからだろう?
そうでなければそんな主張に固執すること自体意味がないからだ。
繰り返すが、俺はお前の主張の是非をいちいちここで尋ねているのではなく、
その前提となる現状を認識しろと言っているだけ。
これは事実認識のレベルだから、主張を云々するのはその次の段階だ。


140 :名無しさん@社会人:04/09/06 01:09
>>139
>フェミニストたちが社会学の領域に関わる仕事をしており

この部分については、そうですね。

っと、説明が足りませんでしたか。
以前に、フェミニズムや女性問題は、男女論板という専門板が設置されて
そこでやることになりました。
社会学板にも昔はそういうもの(女性差別がどうとか)もありましたし、その他の板にも
フェミニズム政策問題とかありましたが、フェミニズムは上記にもあるような
家父長制がどうとか、政治問題とか多岐にわたるので、専門板ができ、そっちにまとめて
移動したのです。
これは私個人の主張ではなく、2chにおいて裁定された事実であり現状ですので、
そういうことで。

141 :名無しさん@社会人:04/09/06 05:00
>>139
そりゃ無茶だ。
これが「脱構築! ジャック・デリダ」だったら哲板に行けと言われて終わりだし。

142 :名無しさん@社会人:04/09/06 10:59
バトラーでフェミニズム理論(社会学に密接する学問分野)だからいいんだよ

143 :名無しさん@社会人:04/09/06 11:21
無茶に見えるのが当然です。
>>142が「密接する分野だ」とか言い出したのも、社会学でないと誰もがわかっているため
苦し紛れに言っているわけですから。

144 :名無しさん@社会人:04/09/06 12:03
誘導です。フェミニズムは専門板にてお願いします。

男女論板
http://love3.2ch.net/gender/

145 :名無しさん@社会人:04/09/06 12:47
>>143の理屈に従えば、133の言うような上野千鶴子や江原由美子は
社会学者じゃないと言うことになるが、それはどうなんだ?
やみくもに彼女らを社会学者じゃないと言うとすればそれこそ無茶苦茶だ。

自分がフェミニズムを社会学と認めていないということと、フェミニズムが社会学の領域として一般に認められるという事実を混同してはいけない。

それは学問的姿勢とは到底言えないね。


146 :名無しさん@社会人:04/09/06 12:49
>>144
男女論板は【学問・文系】のカテゴリーに含まれていないので
フェミニズムを学問的・理論的見地から検討する場としては定義されていない。
適当なのはここ、社会学板である。

147 :名無しさん@社会人:04/09/06 13:33
>>145
>自分がフェミニズムを社会学と認めていないということと、フェミニズムが社会学の領域として
>一般に認められるという事実を混同してはいけない。

何を頓珍漢なことを言っているんですか?
あなたが言っているのは、「フェミニストの社会学者がいるから、フェミニズムは
社会学である」ですよ。
フェミニズムそのものが社会学だなんて、フェミニストさえも認識していないでしょうよ。
社会学の手法をもって理論を書いた場合に、それがいちおう社会学の論文として
認められるだけです。

148 :名無しさん@社会人:04/09/06 13:35
フェミニストが社会学の手法を援用して政治目的の正当化をすることはありますが、
そういうフェミニストがいるからといって、
フェミニズムの政治活動や理論が社会学だということにはなりません。
十分条件と必要条件はわかりますね。

149 :名無しさん@社会人:04/09/06 13:40
>>146
男女論板が、「フェミニズムを学問的・理論的見地から検討する場としては
定義されていない」なんてことはありませんよ。

政治経済カテゴリーに含まれている板が、「政治経済を学問的・理論的見地から
定義する場としては含まれていない」なんてこともありません。

150 :名無しさん@社会人:04/09/06 14:48
誘導です。フェミニズムは専門板にてお願いします。

男女論板
http://love3.2ch.net/gender/

151 :名無しさん@社会人:04/09/06 19:38
>>147
>あなたが言っているのは、「フェミニストの社会学者がいるから、フェミニズムは
>社会学である」ですよ。

そんなこと一言も言ってない。とんちんかんなのはお前。勝手に解釈しないでくれ。
何度も言うようにオレは「フェミニストの社会学者がいるから、フェミニズムは
社会学の領域で扱われると見做されている現状がある」と言っているだけ。理念的には
フェミニズムの理論がどこまで社会学と関わりがあるのかは議論の余地があるし、
それについてはここで議論すればいいと言うこと。いまはおまえの社会学観など訊いていない。
(同じくオレの社会学観も押し出そうとは思わない。)
フェミニズムが社会学の分野で論じられてきた現状がある以上
フェミニズムがまったく社会学と無関係と言い切ることはできない。だからこそ

>社会学の手法をもって(フェミニズム)理論を書いた場合に、それが社会学の論文として
>認められる

ことになるわけだ。事実フェミニズム学専攻もジェンダー学専攻も今の大学の専攻として
一般化していないのは社会学に吸収されそこで扱われることが多いから。

もう一度訊くが、日本の代表的なフェミニズム論者上野千鶴子は社会学者ではないのか?
フェミニズムが社会学で扱われえないのだとしたら、
なぜフェミニストと社会学者が両立するんだよ。


152 :名無しさん@社会人:04/09/06 19:45
>>149
>男女論板が、「フェミニズムを学問的・理論的見地から検討する場としては
>定義されていない」なんてことはありませんよ。

なぜ? ではどこで定義されている? フェミニズムが社会学で扱われている
現状がある以上、社会学板で扱っていけない理由はない。

>政治経済カテゴリーに含まれている板が、「政治経済を学問的・理論的見地から
>定義する場としては含まれていない」なんてこともありません。

それはたまたま【学問・文系】のカテゴリーに政治学や経済学
の板がないという偶然的な理由によるにすぎない。政治学は現在は(大学での学科と同様)
法学板で論じられているし経済学板は過疎化のためいまは廃止されている。以前はあった。

153 :名無しさん@社会人:04/09/06 20:03
>>147
議論がループしているので駄目押しをしておくが、
フェミニズム論を社会学板で扱うことができない(つまり板違い)と言うために、
フェミニズムが社会学ではあるべきではないという主張ばかりをしているが、それは的外れ。
「フェミニズムが社会学の領域において一般に認められている現状がある」という事実
そのものを反証しなければ、板違いであることを言うことはできない。
だからその反証をしろ。フェミニスト系社会学者が沢山いる現状からすれば
そんなことを言うのは無理だろうが。


154 :名無しさん@社会人:04/09/06 21:02
>>151
>フェミニズムが社会学で扱われえないのだとしたら、
>なぜフェミニストと社会学者が両立するんだよ。

フェミニストと歴史学者、文学者、いろいろ両立しますよ。
フェミニズムの視点で(フェミニズムの都合のいいように)物事を著すのが
フェミニズム理論というだけなので、いろいろと両立します。

155 :名無しさん@社会人:04/09/06 21:03
>>153
>だからその反証をしろ。フェミニスト系社会学者が沢山いる現状からすれば
>そんなことを言うのは無理だろうが。

反証も何も。
フェミニスト系社会学者がいるからといって、社会学はフェミニズムではない。
フェミニスト系歴史学者がいるからといって、歴史学はフェミニズムではない。
フェミニスト系文学者がいるからといって、文学者はフェミニストではない。

156 :名無しさん@社会人:04/09/06 21:04
議論がループしているので駄目押しをしておきますが、
あなたは、フェミニズム理論が社会学だというのに、その理由を、
「フェミニスト系社会学者がいるから」という的外れなことしか
言っていません。

では、人の先天的性質を生物学の面などから研究する領域は、社会学なんですか?
男女論、性差論はいろいろな領域にかぶっていますし、必ず別のところから
批判、検討されることになります。

ここまで続いてわかりましたが、あなたは、専門板として用意されている
男女論板に行くのが嫌なのですね。
ああいえばこういうという感じで、非常に強引な言い草を続けている
だけですから。

「性差はない」等の主張は社会学ではないだろうという、誰でもわかりそうな
ことや、専門板があるでしょうという、ど真ん中の指摘に応えられない。

「フェミニズムは社会学と接点がある」→「フェミニズムは社会学だ」→
「だから社会学でやれ」と、接ぎ木のような持っていき方しか
できていない。

157 :名無しさん@社会人:04/09/06 21:15
で、最後に、他の場所のあなたの主張から。

>ジュディス・バトラーはフェミニズムの理論家ですが、その著書は
>社会学の分野で論じられることが多く、フェミニストの社会学者にも影響を与えている現状を鑑みるに、
>社会学板に該当しないと見做すのは一面的な偏見であるように思われます。
>フェミニズムの社会学への影響の妥当性を議論するためにも、このスレを存続することは
>社会学板にとって十分な意義があります。

まず、「社会学の分野で論じられることが多く」というのが嘘です。
フェミニストが「性差はない」という主張を言う場合以外、用いられません。
嘘までつくのは感心できませんね。

また、「フェミニズムの社会学への影響の妥当性を議論するためにも」
という理由は、性差があるかないかのような議論の趣旨と、何の関係も
ありません。

現代思想の思想家であり社会学でもないわけですから、どこが適した板かといえば、
専門板の男女論板で扱うのが適当であることは、言うまでもありません。

158 :名無しさん@社会人:04/09/06 23:51
まだ分かってないのかな。しつこいのは重々承知で。

1「フェミニズム理論は社会学である」「フェミニストは社会学者である」

2「フェミニズム理論は社会学で扱われている(現代日本の学界などにおいて)
一般に見做されていることが多い」 「フェミニストは社会学者である場合が少なくない」
「日本のフェミニストは社会学者として有名である」etc.

1と2の違い区別できてる?
それとも分かっててわざとオレが1の主張をしているように見做しているのか。
1の妥当性についてはいま議論していることではない。
オレが一貫して言っているのは1ではなく2。
実際1についてはキミも言うように多分誤解が含まれているんだろう。それは認めよう。
しかし1のような主張をしなければならなくなるのは
「所与の現実として」2のような事態があるからだ。
2は(社会学が本来はどうであるべきかの)主張をしたり価値判断を下しているのではなく、
現状認識、現状の記述であるにすぎない。
2の現状分析から出発して1を批判したらいい。そのためには2であることを認識することから
出発しなければ議論すら成り立たないだろう。

あともう一つ言っておくと、ジェンダー論をやるスレが
文学板や歴史板等にひとつずつぐらいあっていいと思うよ。もちろん多過ぎては駄目だが
板によって住人は異なるし、それぞれの学問見地から論じることの意義は必ず残る。

まあ、バトラーだから、単にフェミニズム論だけではなく
権力論とか暴力論とかそういう点でも社会学との接点はあるので
フェミニズムと社会学の関係のみを、ここで強調するのはそもそもミスリーディング
だったかもしれないと少し反省している。

159 :158:04/09/07 00:22
>しかし1のような主張をしなければならなくなるのは
>「所与の現実として」2のような事態があるからだ。

→しかし1のような主張を批判しなければならなくなるのは・・・

に訂正。

160 :名無しさん@社会人:04/09/07 01:41
2.の詳しい文意がわかりませんが、「フェミニズム理論は社会学だ」であれば
誤りですが、ただし、「社会学理論のうち、フェミニズム理論と関連している分野が
ある」というなら、そのとおりです。

それから、「フェミニストは社会学者である場合が少なくない」というのは
必ずしも正しいとはいえません。それはともかく、「日本のフェミニストのうち
社会学者として有名な人がいる」ことと合わせて、社会学の手法に合致しないかぎり
それは社会学ではなく、ただのフェミニズム宣伝とか別の分野の理論なので、
フェミニズム理論そのものが社会学だということにはなりません。

161 :名無しさん@社会人:04/09/07 01:44
で、>>160の後段はともかく前段について話しますが、
男女論板は基本的に社会学板の分離板+その他の板の一部移動で、もともと
男女論板でフェミニズム理論が繚乱していたのです(権力論、アファーマティブ
アクション、育児、家父長制etc.)。最近は変なスレッドのほうが増えていますが、
原則は変わりません。

したがって、フェミニズム関連をどこの板に置くかということでは、
「独立板かつ専用板の男女論板で理論も合わせてやり、こっちに戻してくる必然性はない」
のが正解ということになります。

すでに述べたように、フェミニズムはもともと政治運動であり、
「家父長制」ひとつをとっても、社会学で言われているのと意味が
異なっているような、特殊分野です。その他特殊な政治用語が多く、
かつ、現代思想を含め社会理論以外の分野からの情報、性差についての
生物学からの反論なども必要ということで、専門板において、そういう知識を
持った人同士でやるのが当然です。

ジュディス・バトラーについては、社会学者だという人はいませんし、
またフェミニズムの流れ以外で語られることはほとんどありませんから
(このスレッドがフェミニズム以外の話をする目的で立ったのでないことは
明らかです)、男女論板が適しているといえます。

162 :名無しさん@社会人:04/09/07 11:13
>>160
1.>フェミニズム理論そのものが社会学だ
だから何度も言うようにオレはそんなことを言いたいのではない。

2.>「社会学理論のうち、フェミニズム理論と関連している分野が
>ある」
という事実だけで、フェミニズム理論を社会学板で扱う理由とするのには十分だ
と言っているにすぎない。とにかく1と2を混同しないでくれ。
議論がループしている元凶はすべてここにある。
そもそも1の妥当性についてはオレもそのまま受け入れているわけではないし
誤解があるのも認めている。

男女論板があるから云々は、原則的にはその通りだが、それだけで社会学板から
ジェンダーの議論やフェミニズムの議論をまるまる一掃しなければならないと考えるのは
飛躍がある。社会(学)がジェンター問題を完全に切り離すことができない以上
ここで議論を続ける余地も意義も残っているし
スレが少しある程度で全部潰そうとするのはあまりに狭隘で排他主義的な態度だ。

バトラーをフェミニズムの文脈のみで片づけるかどうかはこれからのバトラー受容に依る。
東大社会学の北田暁大氏などが言語行為論に由来するバトラーのパフォーマティヴ理論の
読み直しを行っている点からすると、今後はもっと広い文脈で読まれていくことになるだろう。
そもそもスレの話題はこのスレを立てた者の意図にのみ従う理由はないので
板違いにならずスレタイに適合する限りは、フェミニズムからズレていっても何の問題もない。

参考・北田氏のblog
http://d.hatena.ne.jp/gyodaikt/20040611
http://d.hatena.ne.jp/gyodaikt/20040329
http://d.hatena.ne.jp/gyodaikt/20040322

163 :名無しさん@社会人:04/09/08 06:20
>>162

>2.「社会学理論のうち、フェミニズム理論と関連している分野がある」
>という事実だけで、フェミニズム理論を社会学板で扱う理由とするのには十分だ
>と言っているにすぎない。

「フェミニズム関連を専門板に分離しなければならないような問題が生じたため、
男女論板が作られた」ことを逆戻しさせることですから、それは不適切かと。

現実問題として、フェミニズム関連を置くと、そこが「男女論板の飛び地&窓口」に
なるだけで、どんどんあちらから人が流れこんできて、「男女論よろず投稿(社会学と
関連しているかどうか関係ないものも含む)」が社会学板を侵食していく事態になるだけです。

>バトラーをフェミニズムの文脈のみで片づけるかどうかはこれからのバトラー受容に依る。

(blogの内容からだけで詳細が不明ですが)言語行為論の、ポルノ批判等への援用にて
妥当性が検討されているようですが、結局のところ、バトラー本人は
フェミニズムの政治的主張が目的なわけで、「今後はもっと広い文脈で
(フェミニズムから離れて)読まれていくことになるだろう」というのは疑問です。
少なくとも現状、バトラーについて語る場合、フェミニズムの話がされなくなる
ということはないでしょう。

164 :名無しさん@社会人:04/09/08 10:54
>現実問題として、フェミニズム関連を置くと、そこが「男女論板の飛び地&窓口」に
>なるだけで、どんどんあちらから人が流れこんできて、「男女論よろず投稿(社会学と
>関連しているかどうか関係ないものも含む)」が社会学板を侵食していく事態になるだけです。

杞憂でしょう。現にそういう問題が起きたことはない。後は程度問題で、個別に対処すればいい。
少なくとも私はあなたのような、何が何でもフェミニズム論をこの板から排斥しようとする
排他・分離主義的な態度の方が問題だと思われます。

>結局のところ、バトラー本人は
>フェミニズムの政治的主張が目的

これも一方的な思い込み。そもそもあなたはバトラーの書物を読んだことがあるのですか?
たとえば最近訳も出た『触発する言葉』はフェミニズム論というより
バトラーの言語論だし暴力論です。そもそもバトラーの処女作はヘーゲル論であり
フェミニズムの議論から一線を画しています。そうした著作が北田氏のような社会学者に
影響を与えているわけですから、バトラーの、社会学における可能性の更なる開拓は
このスレの利用者も含めて議論していけばいいことにすぎません。


165 :名無しさん@社会人:04/09/10 03:18
>>164
>これも一方的な思い込み。そもそもあなたはバトラーの書物を読んだことがあるのですか?

バトラーがフェミニズム理論・現代思想であるということは私の思い込みではなく、
一般に認知されていることです。

読んだことがあるのは「ジェンダー・トラブル」邦訳のみですが、バトラーの著述の
主なテーマとして知られるのは性差などについてであり、私の知る範囲では、バトラーの
評価のされ方は、フェミニズム(男女論、性差論)のテキストとして読まれている事例
ばかりで、違う場合があっても、フェミニズム理論のテキストとされているほうが
多数であることは確かでしょう。

166 :名無しさん@社会人:04/09/10 04:17
>バトラーの言語論だし暴力論です。そもそもバトラーの処女作はヘーゲル論であり

バトラーがもともと哲学専攻で、初期にヘーゲル論を書いたからといって、
性差を主なテーマとして以降フェミニズム理論・現代思想の分野で評価されていることには
変わりません。

「触発する言葉」は読んでいませんが、北田のblogを見るに、
「反ポルノで知られるフェミニストのキャサリン・マッキノンらがとった方法(ポルノは、
結果として女性に不快感を与える「表現」ではなく、女性を従属させる「行為」で
ある=発語内行為/発語媒介行為の区別の失効)に対し、バトラーが、別の理論を提示
している」のような感じで書いてあります。

こういった性問題の発言や裁判が扱われているなら、まさに男女論板なのですが。

167 :名無しさん@社会人:04/09/10 04:20
>社会学における可能性の更なる開拓は

北田が引用したからといって、(フェミニズム理論家を除いて)「社会学に影響がある」
ともいえませんし、仮に一部に影響を与えていても、一般に、他分野の人として評価されて
いる(フェミニズム理論・現代思想)なら、他が適しているといえます。

>社会学における可能性の更なる開拓は
>このスレの利用者も含めて議論していけばいいことにすぎません。

「十分に社会学の議論になっていたのに、それを移動しろというのは不当だ」
というなら反論理由になりますが、そうなっていなかったために移動を
言われた後に慌てて「可能性の開拓」といっても仕方がありません。

168 :名無しさん@社会人:04/09/10 04:59
>杞憂でしょう。現にそういう問題が起きたことはない。後は程度問題で、個別に対処すればいい。

あなたが知らないだけのことです。
いったん勢いがつくと、とめられません。

独身女性板がローカルルール「男女の違いの問題は男女論板で」の制定まで
こぎつけたようですが、いったん住み着かれると投稿をとめる方法がない
ので、食いつかれた板はどこも大変のようです。

169 :名無しさん@社会人:04/09/12 21:36:45

二人の交換日記のようなスレだな・・

170 :名無しさん@社会人:04/09/17 13:37:36
自宅に二台のパソコン乙

171 :名無しさん@社会人:04/09/24 11:49:15
サガリスギアゲ

172 :名無しさん@社会人:04/09/24 12:24:07
バトラーよりコプチェックの近著の方が面白かった
レトリックがキツ目だけど。

173 :名無しさん@社会人:04/10/20 02:18:54
Undoing Gender 出たけど、読んだやついねーのか?漏れは少し読んだよ。

174 :名無しさん@社会人:04/11/05 23:11:04
えそてりっくなバトラリアン出て来いや。

175 :名無しさん@社会人:04/11/05 23:14:18
俺俺。身体こそが物質

176 :名無しさん@社会人:04/11/06 00:04:51
かわいそうだたぁ、ほれたってことよ。
からだってこたぁ、こりゃもんだいだ。


177 :名無しさん@社会人:04/11/17 05:00:25
バトラーってヘーゲル電波出身なのか
そうなのか
なんか納得

178 :名無しさん@社会人:04/11/17 18:36:25
だから、社会学者じゃないんだってば。

179 :名無しさん@社会人:04/11/18 14:16:50
>>178
社会学者の方々も同一視されて大変ですね。
ご愁傷さまです。

180 :名無しさん@社会人:04/12/18 21:13:31
ふうん

181 :名無しさん@社会人:04/12/21 23:03:41
うふん

182 :名無しさん@社会人:04/12/22 04:49:54
性差は否定されるべき?

183 :名無しさん@社会人:04/12/22 20:44:21
男性論・女性論板へ

184 :名無しさん@社会人:04/12/26 10:16:30
フェミニズム...

185 :名無しさん@社会人:04/12/26 11:56:54

お〜、バトラーのスレあったんだ。いいね。

『ジェンダートラブル』での、フーコー派としてのラカン批判が最高です。

186 :お願い致します。:04/12/27 00:45:53
削除対象アドレス:
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1087575846/l50

削除理由・詳細・その他:
5.掲示板・スレッドの趣旨とは違う投稿
板の趣旨に無関係、あるいは多少関係があっても他に適した板があります。
社会学者でない人物(特定思想の著述家。学術分野としても文学か
現代思想系哲学)であり、社会学の著書はありませんので、本板で扱う人物に
該当しません。
4.投稿目的による削除対象
コピペや1行書き込みによるage荒らしが続いている状態のスレであり、
以前削除依頼が出されましたが、その直後、板趣旨に関係があるかのような
削除・移動逃れのカムフラージュレスがつけられて、移動逃れをされました。
「削除依頼が出されるとカムフラージュレスがつく」ことが判明して
いましたので、しばらく放置した結果、やはり、age荒らしが続いているのみ
の状態となり、投稿目的による削除対象に該当するといえます。

187 :名無しさん@社会人:04/12/31 17:50:56
また嫌フェミ厨が、見当はずれな削除依頼をして蹴られたわけだが(・∀・)ニヤニヤ

188 :名無しさん@社会人:04/12/31 18:27:35
↑おまえ無責任な煽りすんなよ 板全体が荒れるぞ

189 :名無しさん@社会人:04/12/31 22:37:28
で、早い話、この人社会学者なの?

190 :名無しさん@社会人:04/12/31 23:26:54
>>189
文学

191 :名無しさん@社会人:05/01/02 17:06:32
いっそのこと哲学板にいってもらえばいいじゃん
そしたらみんな満足だろ?
まあ哲板の連中も男女板いけって怒るかもしれんが。
厄介払いしたいのはみんな一緒だからねぇ

192 :名無しさん@社会人:05/02/07 10:50:55
このスレは社会学者としてのバトラーの可能性を探るスレです。

193 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

194 :名無しさん@社会人:05/02/07 23:27:12
現代思想全般を扱うのはやはり哲板か?
男女板は隔離病棟なんだし、社会学板にあるのも違う希ガス。

195 :名無しさん@社会人:05/02/07 23:37:08
>>194
男女板が一番合っている気もするが。
確かに哲学板でも現代思想方面もあるが、フェミ関係だと哲学板の人も「違う」と言うような予感がする。

196 :名無しさん@社会人:05/02/07 23:39:07
んなこと言ってたら、ココ板違いのスレだらけじゃん

いわゆる知識人や言論人系のスレで、ざっと見ただけでも、
サイード、ネグリ、ドゥルーズ、ガタリ、ハート、デリダ、バルト、
吉本隆明、浅田彰、丸山真男、東浩紀、宮崎哲弥、香山リカ、、、、
等々のスレがあるが彼らは、厳密には社会学者とは言えない人たちばかりだ。
このスレだけ率先して削除する強い理由など何もないでしょう。

上でも議論されているように
バトラーはフェミニズム系の社会学で影響力はある。
社会学板にあってよし。

197 :名無しさん@社会人:05/02/07 23:44:01
ドゥルーズ、ガタリなんて、板違いを言われて沈むのを待っているだけだし。
フェミだというなら男女板があるよ。

198 :名無しさん@社会人:05/02/07 23:45:43
フェミじゃなくて、フェミ系の社会学。
社会学者でもフェミ理論を多く扱う人たちはいるだろ?

199 :名無しさん@社会人:05/02/07 23:48:10
ということで、バトラーは社会学じゃないので削除決定ですね。

200 :名無しさん@社会人:05/02/07 23:50:31
まあフェミや理論を嫌う粘着がいることはよく分かったよ。

201 :名無しさん@社会人:05/02/08 01:23:20
男女論板なんかでやってけるわけがない。あそこは・・・
哲学か文学が正しいと思うけど、社会学でも問題ないだろ。
実際かなり影響あるし、日本のフェミはどうも社会学に有名人が多い。

202 :名無しさん@社会人:05/02/08 01:30:52
>>201
>哲学か文学が正しいと思うけど、

それが正しいなら、そうすべきじゃん。

203 :名無しさん@社会人:05/02/08 02:09:58
もちろん哲学板や文学板にも立てたい人がいるなら立てればいい。
しかし社会学板にあってもいい。削除するほどのことはない。

それだけのことだ。

204 :名無しさん@社会人:05/02/08 09:06:52
結局、社会学でないとわかっているからこそ、
こじつけばっかり持ち出さざるを得ないってことじゃん。

205 :名無しさん@社会人:05/02/08 11:38:34
>>204
つか逆。キミの「社会学」の概念が狭過ぎるだけ。
嫌フェミ厨の議論なら、こっちのスレでやってね。

【男性性】ジェンダー・フェミニズム【女性性】
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1092558090/

206 :名無しさん@社会人:05/02/08 11:53:48
204はゲーム理論厨または統計厨だろ

207 :名無しさん@社会人:05/02/08 19:17:33
>>205
それも板違い。
そのスレ、「社会学板にあってもいい」とごねて、板違い指摘に抵抗していた
フェミ(と思われる者)が、男女板住人(と思われる者)が来たとたん、
「男女板に帰れ」と騒ぎ出していた。結局、批判者が来そうにないところに
篭っていたかっただけじゃん。
事実、これまでフェミスレは板違いで削除されているし。

>つか逆。キミの「社会学」の概念が狭過ぎるだけ。

それなりの議論がされていた、社会学以外の社会科学や、共産主義を考えるスレが削除された
事実があるので、そんなことを言ってもだめだよ。
上記のほうが削除されて、ここが削除されなかったほうが謎だ。

208 :名無しさん@社会人:05/02/08 19:18:37
>>201
>哲学か文学が正しいと思うけど、

普通に考えてこうなんだし。

209 :名無しさん@社会人:05/02/09 00:08:00
ちょうど削除人さんが来てくれてたね。つーことでこれがFA

253 名前: 削除彩虹 ★ Mail: sage 投稿日: 05/02/08 23:14:06 ID: ???0

>>249-252
掲示板の趣旨には沿っていると思います。
GL5(板違い)の理由ではスルー。

210 :名無しさん@社会人:05/02/09 01:19:07
GJ!!

211 :名無しさん@社会人:05/02/09 02:47:58
当然だわな(w

212 :名無しさん@社会人:05/02/09 12:48:31
よし!

213 :名無しさん@社会人:05/02/09 18:50:00
以前に東浩紀スレとかが削除された一方でこの判断はおかしいですね。
東浩紀あたりが社会学に近く、一方、バトラーは文学であり、書いているのも現代思想フェミ論なんだし。

「フェミニストの社会学者がいるから、フェミニズムが社会学だ」なんてのが通ったら、
田嶋陽子も社会学になってしまいますけどね(削除人氏も田嶋陽子くらいなら判断に迷わないでしょう)。

214 :名無しさん@社会人:05/02/09 19:09:24
>>213
>以前に東浩紀スレとかが削除された

削除理由は板違いじゃなくて重複だろ?

バトラーは重複してないのでOK


215 :名無しさん@社会人:05/02/09 19:28:10
>>196
その板違いスレ群、今日の明け方にage荒らしされていますね。
ハート、ドゥルーズ=ガタリ、デリダ、ロラン・バルト、サイードなど。

板違いと言われたものに対し
>16 :名無しさん@社会人:05/02/09 03:13:16
>そうなのかな?

こんな感じの1行レスで。
下層に沈んでいて昨年以来数ヶ月ぶりのものも複数(例:04/08/27 → 05/02/09 など)。
いくらなんでも、ここまでして板違い粉飾工作をやりたいのか、と思いますね。

216 :名無しさん@社会人:05/02/09 19:50:56
>>214
>削除理由は板違いじゃなくて重複だろ?

違いますよ。理由は「板違い」。
残ったほうのスレが(先に立ったとはいえ)「宮台と東がどうたら」みたいなスレですし、
単独スレのほうが存在すべきですよね。
それが、「板違い」として削除されたわけですよ。

詳細理由として、「社会学者と交流があるとのことだが、それだと、
交流があるという理由で、関係無い人のスレだらけだった頃に
もどってしまう」というのもありました。

これが削除されたんです。
社会学により近いと多くの人が認めるであろう東浩紀についてのスレが、これで削除された経緯
から見て、「社会学者のフェミニストに影響があった」なんて、理由にならないはずです。
明らかに判断がおかしい。

217 :名無しさん@社会人:05/02/09 20:29:11
>>215-6
自分の都合の悪いスレにレスがつくと今度はage荒し呼ばわりか。やれやれ。
そうやって騒げば騒ぐほど、晒し者になってるのに気がつかないかなあ?
そこまで言うなら削除議論板で削除人に直訴してくれば? 
自分の依頼がなんで通らないんだってね。
ここでいくら騒いでも無意味。

>残ったほうのスレが(先に立ったとはいえ)「宮台と東がどうたら」みたいなスレ
重複認定は、先に立った方が本スレになって後で立ったものが削除される。
板違いだとしたら、現スレもすべて削除されていたはず。

ところで>>196のスレが全部板違いと思うなら、なぜそれらも依頼しないのか?
このスレにばかり粘着してるのはおかしくないか?


218 :名無しさん@社会人:05/02/09 21:27:56
>>217
>重複認定は、先に立った方が本スレになって後で立ったものが削除される。
>板違いだとしたら、現スレもすべて削除されていたはず。

「板違い」として依頼が出されていますから、「重複認定」のしようがありません。
削除人氏は板全体を見にくるわけではありませんから、削除依頼が出されたスレしか
見ません。「板違い」として出されたものについて、それを判断して削除したわけですよ。

>そこまで言うなら削除議論板で削除人に直訴してくれば? 
>自分の依頼がなんで通らないんだってね。
>ここでいくら騒いでも無意味。

無意味じゃないと思いますよ。
「削除されたスレのスレ立て人が、削除人氏を罵倒する」事実が
あったりするので、危険と感じたら回避してしまう場合もあります
(特に、ここだと削除依頼が激しく攻撃されていたりするので、危険を
感じるのも無理はないように思います)。

また、「社会学に近いほうのものが削除されているのに、そうでないものが
削除されていないのはおかしい」と指摘しておくことは、削除の判断が
正しくされなかったことを残しておく点で、意味はあります。

219 :名無しさん@社会人:05/02/09 21:49:45
>>218
>「削除されたスレのスレ立て人が、削除人氏を罵倒する」事実が
>あったりするので、危険と感じたら回避してしまう場合もあります

そんなことで削除人が削除しないで仕事を放棄しているのだとすれば、
それこそ削除人の責任問題だろう?
そんなことが削除されない理由になることはない。

君にぴったりのスレを見つけた。
これ以降はいいかげんスレ違いなので、文句があるなら、
ここで削除人を交えて議論することにしようか。もうここには来るなよ。

削除されなかった理由を聞いてみるスレ【仮】
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/sakukb/1107293899/l50



220 :名無しさん@社会人:05/02/09 22:08:07
>>219
ずっと粘着されている削除人氏もいますよ。

それと、短文での板違い指摘(議論)に対して、長文でレスし始めたのは
あなたのほうでしょう。
また、板違い議論がだめだというなら、そもそも削除依頼攻撃自体
してはならないでしょう。

ま、必要以上のレスは控えますが。

ともかく、これについては間違いないので再度書いておきますね。
「社会学に近いほうのものが削除されているのに、そうでないものが
削除されていないのはおかしい」。削除の判断が正しくされなかった。

221 :名無しさん@社会人:05/02/09 23:06:59
いやだから、そうだと言いはるのなら、削除人を説得してきなさいよ。
削除の権限は削除人にあるのだから、ここでいつまでも騒ぐのは荒らし行為だぞ

222 :名無しさん@社会人:05/02/09 23:27:06
「いつまでも騒ぐ」って何ですか?
「必要以上のレスは控えます」と言ったはずですが。
実際、こっちから進んでレスを書くのは控えるつもりでしたが。

つまり、>>221の方は、話を続けたいということですね。
では、

まず、削除依頼攻撃が荒らし行為でしょう。
また、長文でレスしはじめたほうは、いいわけですか?

223 :名無しさん@社会人:05/02/09 23:48:55
嫌フェミニズム原理主義者はダダをこねていないで帰れ!
ここは自治スレじゃないぞ。削除関係の話題はスレ違いだ。

224 :名無しさん@社会人:05/02/09 23:51:34
そうおっしゃるのなら、もう一度聞きますよ。

削除依頼攻撃は荒らしでしょう。
また、長文でレスしはじめたほうは、いいわけですか?

225 :名無しさん@社会人:05/02/09 23:53:16
というか、このスレの上のほうを見れば判るけど、削除の話題をしているのは
明らかにスレ潰し目的の粘着荒らしですから。無視が適当かと。

226 :名無しさん@社会人:05/02/09 23:54:41
つまり、削除依頼攻撃や、長文での削除レスについてはよくて、
そうでないものが「スレ違い」「荒らし」になるんですね?

227 :名無しさん@社会人:05/02/09 23:57:17
訂正です。
つまり、削除依頼攻撃や、長文での「削除するなレス」についてはよくて、
そうでないものが「スレ違い」「荒らし」になるんですね?

228 :名無しさん@社会人:05/02/10 00:03:45
そろそろ話をスレの本題に戻したい。

バトラーは、フーコー的な立場からラカン批判を行っていたと思うけど
ラカンのもつ危険性にああいう形で釘を刺せる人って他にいないよね。

これって例えば、『脱学校化の社会』とかを書いたイリイチにも繋がる
視点なんじゃないかと思うけど、どうよ。

229 :名無しさん@社会人:05/02/10 00:06:15
>>225
「スレ潰し目的の粘着荒らし」とおっしゃいますが、「文学、現代思想フェミ論だ」
というのは覆せない事実でしょう。だからこそ、「フェミの社会学者に影響があるから
板違いではない」とか、粘っているんでしょうし。

そっちのほうの「削除の話題」はいいんですか?

230 :名無しさん@社会人:05/02/10 01:13:43
文学って言ってるのはただのアンチだろ

231 :名無しさん@社会人:05/02/10 03:37:00
>>228
>バトラーは、フーコー的な立場からラカン批判を行っていたと思うけど
>ラカンのもつ危険性にああいう形で釘を刺せる人って他にいないよね。

同意。そっからすると、例えば「ラカン派社会学」なんかを提唱している樫村愛子なんかが
バトラーをどう読むのかは気になるな。

ところでバトラーのラカン批判がイリイチと繋がるってのはよく分からないな。

232 :名無しさん@社会人:05/02/10 12:43:11
ヤニス・スタヴラカキスあたりはどうなんでしょうかね?
ラカンとフーコーを繋げるような位置にあるようにも思えるんですが。

233 :名無しさん@社会人:05/02/10 13:17:16
スタヴラカキスね、いいねえ。『ラカンと政治的なもの』(吉夏社)はなにげに名著。
出版社がマイナーなのであまり知られてないようだが、もっと読まれて欲しい。

『偶発性・ヘゲモニー・普遍性』のジジェクなんかと同じところから、
スタヴラカキスもバトラーの誤解を批判したしてるね。

『ラカンと政治的なもの』でも『言葉と物』のフーコーをラカンに繋げるような
指摘をやったりしている。でも全体的にはバトラーほどフーコーに依拠することは
なくって、じつのところ、スタヴラカキスがフーコーをどう読んでいるのかは
あまりわからない。



234 :名無しさん@社会人:05/02/10 13:38:16
素直に哲板に行ったほうがいいのではないか?

235 :名無しさん@社会人:05/02/10 14:26:51
漏れ的には、樫村愛子の「ラカン派社会学」との接点は興味あるな。



236 :名無しさん@社会人:05/02/10 14:41:37
強引に社会学と結び付けようとしているのが、透けてみえる。

237 :名無しさん@社会人:05/02/10 14:43:13
興味がないならこのスレにわざわざ書き込むなよ。

238 :名無しさん@社会人:05/02/10 14:44:56
>>237
興味がないんじゃないよ。きっと気になってしょうがないんだよ。w

239 :名無しさん@社会人:05/02/10 14:52:10
フェミ女に振られた香具師の私怨だな

240 :名無しさん@社会人:05/02/10 14:52:26
237 :名無しさん@社会人:05/02/10 【 14:43:13 】
興味がないならこのスレにわざわざ書き込むなよ。
238 :名無しさん@社会人:05/02/10 【 14:44:56 】
>>237
興味がないんじゃないよ。きっと気になってしょうがないんだよ。w

ワラタ。

241 :名無しさん@社会人:05/02/10 16:33:59
>>233
スタヴラカキスはむしろ逆にフーコーに多くを負っていて、フーコーを介することで
社会理論にラカンの思想を応用して活かそうとしているように見えるんです。

242 :名無しさん@社会人:05/02/10 16:52:25
素直に哲板に行ったほうがいいのではないか?

243 ::05/02/10 17:03:49
↑粘着荒らしはスルーでよろ↑

244 :名無しさん@社会人:05/02/10 17:13:05
元が元である以上、具体的なことを書き始めると現代思想周辺の話になりますわな。

245 :名無しさん@社会人:05/02/10 17:17:45
っていうか、ラカンスレ?

246 :名無しさん@社会人:05/02/10 17:32:03
ゲーム理論厨や統計厨は、素直に数学板か経済学板に行ったほうがいいのではないか?

247 :名無しさん@社会人:05/02/10 19:42:55
>>245
バトラーによる「フーコー的立場からのラカン批判」が話題にのぼっていたので、
ラカンとフーコーとの接点をつくっているようにみえるスタヴラカキスの名とかを
少し挙げてみただけです。

248 :名無しさん@社会人:05/02/12 01:38:42
しょせん白人という点でスピヴァクに負けてる。ダメ。

249 :名無しさん@社会人:05/02/21 23:21:15
元ヘーゲリアンねぇ・・・
ますます自然科学的世界観が力を得ていくことが予想される今後の学問状況の中で
愚鈍な観念論にしがみつくことのアクチュアリティってなに?
自己満?

250 :名無しさん@社会人:05/02/22 00:20:29
学問って自己満じゃないの?

251 :名無しさん@社会人:05/02/22 00:22:18
つまりバトラーは自己満のための理論であって実際の社会改革には使えないってことだね。


252 :名無しさん@社会人:05/02/22 02:56:29
>愚鈍な観念論にしがみつくことのアクチュアリティってなに?
>自己満?
>つまりバトラーは自己満のための理論であって実際の社会改革には使えないってことだね。

そもそも本人が、(社会学などじゃなく)哲学でやるんだ、と言っていたはず。

さらに言えば、本人が哲学といっても、(自然科学的、社会科学的)事実把握の提示が
目的ではなくて、相対主義を持ち出して撹乱したり、「どうすりゃ運動に都合がいいか」
で語る以上、反証がなされる分野に手をつけるのは辛いだろう。

253 :名無しさん@社会人:05/02/22 05:21:49
じゃ、そもそも社会学とはなんの関係もないわけじゃん。
こんなとこにスレたてんな!と言いたい。


254 :名無しさん@社会人:05/02/22 06:21:02
またかよ
253いいかげんにしろよ

255 :名無しさん@社会人:05/02/22 17:00:36
社会学だって十分自己満だよ。

だけど>>252の言う通り、バトラーの理論は「運動」とは切り離せない。
運動を考えるに当たって、こういう根本的な哲学的な理論も必要ではない?
社会構築主義をどう「運動」に繋げていくかとかに関して。
だいたいオーソドックスな「自然科学的事実把握」の地平だけでは社会学も語られなくなって
きている感があるし、この辺で根本的な理論が必要とされるんではと理解している。

256 :名無しさん@社会人:05/02/22 17:28:57
認識も構築されたものだから何とでも言える、それが「哲学的な理論」だ、というなら、
今すぐビルの10階から飛び降りてみてね。
そのうえで無事だったら、社会学的実在と等価だと認めてあげるよ。

よろしく。

257 :名無しさん@社会人:05/02/22 17:38:01
↑なんで社会学板にはこういう弩阿呆が居るんだ?

258 :名無しさん@社会人:05/02/22 17:57:45
ま、哲学板でやるべきだな。

259 :名無しさん@社会人:05/02/22 18:12:08
258も阿呆の一人

260 :名無しさん@社会人:05/02/22 18:48:44
踊らにゃ損損

261 :名無しさん@社会人:05/02/22 22:49:15
哲学だの社会構築主義だのにどんなアクチュアリティがあんの?
そもそも科学を対象に扱う科学哲学にしてからがかなり「科学主義」的なのだが。

いつまでも時代遅れの人文主義にしがみついて世間の失笑買うのはもうやめようよ。
このままじゃますます社会学は世間から見放されることになるよ。
俺の大事な社会学をこれ以上クズにしないでくれ

262 :名無しさん@社会人:05/02/22 23:01:45
社会学の哲学的分析ならこの本がええよ。
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4815804893/qid=1109080829/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/250-4584493-7648207
ヘーゲル電波と違ってかなり健全で現代風。

263 :名無しさん@社会人:05/02/22 23:09:38
>>257
いったい何がドアホなんだ?
構築主義者の中にはまるで物理的存在までもが社会的に構築されたかのようなことを
ほざく連中もいるのだが。


264 :名無しさん@社会人:05/02/22 23:11:50
>>261
何にせよ、バトラーは社会学じゃないから。

265 :名無しさん@社会人:05/02/22 23:12:57
ttp://www.wpunj.edu/icip/newpol/issue22/epstei22.htm

>>264
そうだね だから哲学板か男女板に移動してもらうのが一番だよね

266 :名無しさん@社会人:05/02/23 01:41:16
どーして>>263のような単純な理解しかできない人がいるのかな

「物理的存在」もある意味では社会的に構築されてるに決まってるじゃないか
だけどバトラーだろうと社会学者だろうと我々がそのかなり強力な構築物に
のっとって生きなくてはならない事を軽視してはいないだろう
むしろそうした構築物がいかに強固なものかよく認識してるだろう

あと>>261の言う「アクチュアリティ」てなんなのだろう
常識的で一般人にも「そうだね」と言ってもらう事なんだろうか
社会学は確かにそういう事と無縁ではいられないとは思う
だけど厳密な概念体系を推し進める科学哲学のような分野も重要だろうし
そういう学問から社会学が学べる所も多いのでは

「人文」vs「科学」という単純な図式は好きじゃないけど
そう分けるなら明らかに社会学には両方が必要だと思う

267 :名無しさん@社会人:05/02/23 02:31:27
そう、確かに科学哲学(科学論)から社会学が学ぶべきことは多いよ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4000056786/qid%3D1109093238/250-4584493-7648207
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4130100858/qid=1109093258/sr=1-2/ref=sr_1_10_2/250-4584493-7648207
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4140910224/qid=1109093294/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/250-4584493-7648207
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4815804532/qid=1109093321/sr=1-8/ref=sr_1_10_8/250-4584493-7648207
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4788507404/qid=1109093350/sr=1-3/ref=sr_1_10_3/250-4584493-7648207
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4326101393/qid=1109093350/sr=1-9/ref=sr_1_10_9/250-4584493-7648207
こういった本を読むとなぜ科学論の世界で社会構成主義が「終わった」のか理解できる。


268 :名無しさん@社会人:05/02/23 02:35:04
あと言わせてもらうなら、事実上分析哲学系が主流を占める科学哲学の世界が
「厳密な概念体系」を推し進めていることを認めるにやぶさかではないけど、
ヘーゲルやバトラーって「厳密な論理分析」とは最も遠いところにいるんじゃないの?

269 :名無しさん@社会人:05/02/23 04:09:39
ってか、根本的問題として、左翼運動屋さんって、自分にだけ都合のいい相対主義を使って
みたり、矛盾があっても他人を騙すほうを優先させたりするし、「科学哲学−厳密な分析への姿勢」
とは逆で、それは邪魔なもんでしょう。

いずれにしろ、バトラーでは社会学ではないし。哲学ともいえるかどうか、ではあるが、
哲学板だと、科学哲学においてのつっこみもありそうだし、現代思想系も扱ってるから、
哲学板で問題ないだろう。

270 :名無しさん@社会人:05/02/23 07:07:27
>ってか、根本的問題として、左翼運動屋さんって、自分にだけ都合のいい相対主義を使って
>みたり、矛盾があっても他人を騙すほうを優先させたりするし、「科学哲学−厳密な分析への姿勢」
>とは逆で、それは邪魔なもんでしょう。

まったく同感です。バトラーのやってることが「結果として」左翼的であるかどうかは別としても
この人たちに言いたいことって、
何だかんだ言ったって自分に都合の良い世界を作り出したいだけなんでしょ?
ホントは世界や他者のことなんかどうだっていいんでしょ?
ってことですね。


271 :名無しさん@社会人:05/02/23 15:18:57
出ました!ソーカル!
人文系からしたら「だから何?」だろうね。

>>269-270
サイードだけでなく、バトラーもデリダもフーコーもそりゃ左翼だよ。
だけど左翼じゃない人達は政治的に中立だとでも?
自分たちのやってる事は「科学的」あるいは「常識的」だから政治性がない、
「矛盾があっても他人を騙す方を優先させ」るような行動を結果的にとったりはしない、
などという人はいないんだから、自覚してる分この「左翼」達の方がマシ。
読む方だって承知した上で読むんだから。

272 :名無しさん@社会人:05/02/23 16:25:25
そもそも理論(科学的社会学?)がまったく社会に無関与で
何も影響を及ぼさない中立の立場を気取るなら、
社会学なんて存在する必要すら無くなるだろうよ。

273 :名無しさん@社会人:05/02/23 17:47:25
伊勢田はそれぐらいわかっているだろうが、
彼を盾にしているこのスレの厨はどうしようもないな

274 :名無しさん@社会人:05/02/23 18:43:43
>>271
>「矛盾があっても他人を騙す方を優先させ」るような行動を結果的にとったりはしない、
>などという人はいないんだから、自覚してる分この「左翼」達の方がマシ。
>読む方だって承知した上で読むんだから。

おきまりの文句として、「中立じゃないことを自覚して、わかってやっているから、
そのほうがましだ」って、言い訳のように必ず出てくるのよね。

なんだかねえ。そういうのが批判の対象なのにね。
まだまだ厳密に研究すべき点がいくらでもあることを学者もわかっているからこそ、
それを求めるために、研究手法の研究があるわけで、だから、都合のいい相対主義と
いうものがそれを放棄するものとして批判されるわけだし。

275 :名無しさん@社会人:05/02/23 18:52:53
何にせよ、バトラーは現代思想だし、哲学板に。

276 :名無しさん@社会人:05/02/23 18:57:48
>>275
終わった論争蒸し返すなよ

277 :名無しさん@社会人:05/02/23 19:08:33
そうだな。

・社会学者でもないし、本人も社会学じゃないと言っているようだし、また、社会学者だと
 言う人もまずいない。
・こじつけで社会学にくっつけようというのが延々続いたが、具体的に何か書かれ始めたところ、
 現代思想話であることが明らかになった。

あえて書くこともなかったか。

278 :名無しさん@社会人:05/02/23 19:19:12
>>277
そもそも社会学の理論が現代思想から想を得ることが
少なくない以上、そういう言い草には何の意味もない。

社会学者に影響を与えている現代思想はその限りで
この板で扱えばいい。

279 :名無しさん@社会人:05/02/23 19:31:33
こじつけようとしても、
バトラーが社会学ではないので、そもそも何の意味もない。

280 :名無しさん@社会人:05/02/23 19:33:07
「現代思想を使った現代思想」は社会学ではないからね。

281 :名無しさん@社会人:05/02/23 20:57:04
>>279-280
もっと勉強してこいや
あと議論がループしてるから過去レス嫁や

282 :名無しさん@社会人:05/02/23 21:00:24
削除人の公式見解も出終わっているのに、
相当「現代思想」に怨みがある香具師なんだな
対抗に分析哲学持ってくるあたり、むしろ哲学板によくいる厨を思わせる。

283 :名無しさん@社会人:05/02/23 21:55:43
過去ログって、実際に現代思想話が始まるまえの、社会学にこじつけるカムフラージュの部分
のことですかね。

社会学者でもないし、本人も社会学じゃないと言っているようだし、また、社会学者だと
言う人もまずいない、ということ。
具体的に書かれ始めた後に現代思想話であることが明らかになっていること。

なのに、まだ関係があると言い張ったり、 以前にカムフラージュで錯誤させたのを
引っ張って、「公式見解が出終わっている」と言ってみたり、もう、何といっていいやら。

284 :名無しさん@社会人:05/02/23 22:10:22
>>283
何そんなに私怨を持ってるんだ?
フェミ女にでもフラレたとか?

ここは板違いじゃないっていうことは決着済みだろうが。
叩くなら、具体的に書けよ。


285 :名無しさん@社会人:05/02/23 22:13:43
>>284

社会学者でもないし、本人も社会学じゃないと言っているようだし、また、社会学者だと
言う人もまずいない、ということ。
具体的に書かれ始めた後に現代思想話であることが明らかになっていること。

なのに、まだ関係があると言い張ったり、 以前にカムフラージュで錯誤させたのを
引っ張って、「決着済」と言ってみたり、もう、何といっていいやら。

286 :名無しさん@社会人:05/02/23 22:28:40
>>285
たとえバトラーが厳密な意味で社会学者でなくとも
2chの社会学板では「板違い」にはならない。

そもそも議論のピントがズレてる。


287 :名無しさん@社会人:05/02/23 22:31:57
>>285
バトラーが社会学に理論的影響を与えているという認識はないのでつか?

288 :名無しさん@社会人:05/02/23 22:52:01
>>286
「厳密」などでなくとも、社会学者などという人はまずいません。

>>287
社会学の基礎理論として影響があるなど、聞いたこともありません。
(バトラーのほうが、現代思想を用いてフェミ論等を組み立てた「使用者」側であることが、
一般的に認知されていることだと思われます)。

289 :名無しさん@社会人:05/02/23 22:56:15
>>288
でも、フェミニズム理論って(少なくとも日本の大学では)
社会学の一分野だよ。そんなことも知らないの?

290 :名無しさん@社会人:05/02/23 22:57:42
頑固な数理厨だろ

291 :名無しさん@社会人:05/02/23 23:12:07
>>289
は? 今さら何ですか?
「フェミニズム理論」=「社会学」じゃありませんよ。
実際、文学者とか、他の分野でやってることが多いでしょ。
よく知られている例として、田嶋陽子は社会学教授じゃありません。

で、「フェミニズム理論」といううわけですから(社会学者でもないんですから)、
つまりは男女板に行けということですかね。
哲学板でもいいと思ってましたが。

292 :名無しさん@社会人:05/02/23 23:19:56
>>291
>「フェミニズム理論」=「社会学」

とは言ってない。
フェミニズム理論やジェンダー論が、社会学の主要な
一分野を占めると言っている。
例えば東大出版から出ている「講座社会学」には
「ジェンダー」の巻があるが、
http://www.utp.or.jp/shelf/series/soc.html
あなたの考えではこれはどう説明されるのか?




293 :名無しさん@社会人:05/02/23 23:20:24
いいから削除人の判断に従えよ。

294 :名無しさん@社会人:05/02/23 23:24:51
削除人がここでいいと言った判断は動かない。

厨消えろよ

295 :名無しさん@社会人:05/02/23 23:27:45
>>292
社会学の中にジェンダーを扱うものがあるから何ですか?
都市社会学があると、建築系の工学は社会学になるんですか?

たとえば田嶋陽子が社会学教授でないことは知られていますから、
田嶋陽子の場合だと、間違いなく男女板に該当と判断されるでしょうし。

296 :名無しさん@社会人:05/02/23 23:29:02
>>295
もう判断は下ったのだが。

田嶋しかネタがないって事は、バトラー読んでないだろ?
お前の叩きは具体性を欠いているんだよ。

297 :名無しさん@社会人:05/02/23 23:31:29
>>295
上野千鶴子や江原由美子はどうなる?

誰が見てもれっきとした社会学者だろう。

298 :名無しさん@社会人:05/02/23 23:35:36
>>296
関係がある、という方が、「具体性」がどこにも示されていませんが?

「フェミニストの社会学者がいる。だから、フェミは社会学」だけのようですし。
こんなもん、通じるはずもない。

299 :名無しさん@社会人:05/02/23 23:41:21
「フェミニストの弁護士がいる。だから、フェミニズムは法律学」
「フェミニストの文学者がいる。だから、フェミニズムは文学」
じゃないですしね。

300 :名無しさん@社会人:05/02/23 23:43:47
>>298
では何故東大出版会の「講座社会学」(これはあくまで一例)で「ジェンダー」の巻が設けられているのか?

これは、ジェンダー論が社会学の主要な一分野を成している
ことが公的に認知されているということの証左であろう。

ここは、あなたの社会学観に合わせてつくられた私用の板
ではなく、公共の掲示板であるから、そのような社会学の
恣意的な定義にもとづく言い分は通らない。

301 :名無しさん@社会人:05/02/24 00:27:23
ジェンダー論は社会学でしょ普通に。くだらないからもうやめよう。

302 :名無しさん@社会人:05/02/24 00:51:06
言語・権力・行為、そして性役割

古典的な社会学の対象領域でしょう?

303 :名無しさん@社会人:05/02/24 00:51:06
またやってるw
ソカ厨がいたと思ったら、今度はまた「板違い」ですか。
ジェンダー論⊃社会学(他の分野でやる人もいる)、かつ
社会学⊂ジェンダー論(連辞符社会学は当然色々)、
そしてバトラー理論自体は哲学・現代思想だとしても社会学にも
大きな影響を与えている。

>>274
確かに、「まだまだ厳密に研究すべき点」は多いと思う。
けど社会学は自らが中立じゃないという事をよ〜く分かってる学問のはずだから、
左翼だ、政治的だと言うだけで批判になるわけじゃ無い事は確認したい。


304 :名無しさん@社会人:05/02/24 00:53:19
>>300
だから、「社会学でジェンダーを扱う場合があるから、ジェンダーを扱えば社会学」
ではないって、同じ事を何度繰り返せば。

305 :名無しさん@社会人:05/02/24 00:55:15
>>303
>そしてバトラー理論自体は哲学・現代思想だとしても社会学にも
>大きな影響を与えている。

社会学の基礎理論として影響があるなど、聞いたこともありません。
(バトラーのほうが、現代思想を用いてフェミ論等を組み立てた「使用者」側であることが、
一般的に認知されていることだと思われます)。

306 :名無しさん@社会人:05/02/24 00:59:24
やれやれ「左翼性」だの「政治性」だのに自覚的だからマシ、とは随分な開き直りだね。
「右翼的」な「政治性」に自覚的な連中も許容されるんだろうね。

307 :名無しさん@社会人:05/02/24 01:02:00
大体ポモ屑は自分がサヨクであることに偉く自覚的だそうだけど
ポモ思想が結果として保守派の隆盛をもたらしたということには思いがいたらないの?
その辺は「許容範囲」なわけ?


308 :名無しさん@社会人:05/02/24 01:05:38
>>304
> ポモ思想が結果として保守派の隆盛をもたらしたということには思いがいたらないの?

むしろアンチポモが保守派の隆盛と手を携えて隆盛しているんだろう?

309 :名無しさん@社会人:05/02/24 01:05:48
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1100783911/267-278
ttp://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Cafe/4254/shibun/shohyo/90-higuchi.html

310 :名無しさん@社会人:05/02/24 01:10:40
このスレ的には赤川氏の新書どう?

311 :名無しさん@社会人:05/02/24 01:14:22
>>306
ポストモダンというものが、左翼活動家の、論証の放棄にだけ使われている
(「薬」と「毒」の、「毒」でしか使われない)という指摘はよくされますね。
まともな思想家のほうは、自分の認識をも相対化していく点で真摯なのでしょうけど。

312 :名無しさん@社会人:05/02/24 01:18:42
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1104824764/1-16

313 :名無しさん@社会人:05/02/24 01:25:01
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1034435329/690-695

314 :名無しさん@社会人:05/02/24 01:32:39
結論 ポストモダンは結果として保守主義に力を与えた。
さらに自称左派のみなさんは自己の「正義」を盲信し反省的に振り返ることにまったく「無自覚」
自分のやってることがそのまま社会正義につながると信じて疑わない分タチが悪い。
ウルトラマソにでもなったつもりか?
ポストモダンの影響力がなぜ急速に衰えたのか真摯に反省しませう。
世間の人はバカではありません。自分だけが賢者だなどと思い上がってはなりません。
世間の人は「学がない」からポストモダンをうまく批判できないけれども
ポストモダンの「ズルさ」を直感的に見抜いているのです。

315 :名無しさん@社会人:05/02/24 01:55:44
ポストモダンを叩いているのは保守主義者とそれと手を携えた偽左翼の連中

316 :名無しさん@社会人:05/02/24 01:56:33
>>312
> ポストモダンを叩いているのは保守主義者

たとえば>>311のような?


317 :名無しさん@社会人:05/02/24 02:16:36
ポモというか、カルスタ・ポスコロをそのまま社会学に輸入すると「ナイーヴ」とか言われるw
そういう意味でポモ(カルスタ・ポスコロ)を批判するのはいいと思う。もう十分という感もあるけど。
使える発想は利用させてもらえばいいと思うけど。
社会学としてはその発想をどう社会学的分析・政策提示に繋げていくか、じゃないか。

だけど「左翼」とか「政治的」とかいう理由でポモ叩きしている自称「常識人」「一般人」は
自分の政治性を全く顧みないでポモだけが「偏ってる」と言ってる時点で
ポモより駄目だと思う。正直話にもならない。
それに食いついて仮想敵として消費してるポモも実に楽しそうだけどね。

318 :名無しさん@社会人:05/02/24 02:20:58
あらら 自称左派を批判すればみんな「保守」なの? わかりやすい二項対立だね
ポストモダン左翼のみなさんは自分の「正義」に相当自信を持ってるみたいだけど
不可謬で絶対的な正義のイデアといったものでもお持ちなのかな? 正義の本質主義ですね。
自己と対立する意見を単純に敵味方にわけるのはどーかと思うよ。
単純な特撮ヒーロー物の世界じゃないんだからさ。
まあわかりやすい世界観ではあるし、ある意味では幸せな人生観であるかもしれないけどね。

319 :名無しさん@社会人:05/02/24 02:22:51
同意。ポモは通過点に過ぎないだろうと思う。

320 :名無しさん@社会人:05/02/24 02:43:32
>>315
> あらら 自称左派を批判すればみんな「保守」なの? わかりやすい二項対立だね

まさにその二項対立図式を相対化したのがポモでもあったんじゃないのかな。


321 :名無しさん@社会人:05/02/24 02:45:59
従来の左翼を批判すれば保守主義に加担しただのとほざいていた旧態依然とした左翼の図式があったね。w

322 :名無しさん@社会人:05/02/24 03:07:57
左翼だの政治だのとのたまう方々は御自身の社会正義的正しさを確信していらっしゃるのでしょうけれども、
「一般の」社会学者はあんまり自信がないから、過度の政治性といったものに慎重になるのではないのかな。
それにしても「政治派」社会学者の方々はどうすれば社会正義探求学的真理に到達されたのでしょうか?
やはり哲学だの思想だの高尚な学問に造詣が深い方は自然科学だの社会科学だのといった下賎の人間とは一味違うのでしょうね。
きっと哲学書を読めば孔子様や孟子様のように心身ともに清らかになり「正義とは何ぞや」といった問題にも解答が与えられるのでしょう。
これは新たな哲人政治をはじめるべきかもしれませんね。

323 :名無しさん@社会人:05/02/24 03:14:11
単純な数理モデルなんぞでは扱いきれない「複雑怪奇な社会現象」を扱うはずの社会学でも
哲学書(特にフランス現代思想系とマルクス系)を読めば「社会正義」なるものが簡単に把握できます。
ガチです。

324 :名無しさん@社会人:05/02/24 03:41:03
賢い社会学板住人諸氏に質問どぇ〜す!

誰が社会を単純化して見てるのでせうか?
誰が「ローカル」でしかない価値観をさも普遍的真理であるかのように振りかざしているのでせうか?
誰が「政治性」なるものにまったく「無自覚」なのでせうか?

教えてエロい人!

325 :名無しさん@社会人:05/02/24 07:21:15
「左翼」が正義を確信してるって・・・んなわけないじゃん。
あくまで自分の立場でしかないから「政治的」なんでしょ。
しかも不変的なものでもない。当然分かってるでしょう。
つーかその辺の発想がポスコロカルスタからもらったものじゃないの?

自称「一般の」「常識ある」人々は自信と自覚があろうとなかろうと
政治的に中立だとでも?
社会学ってこういう問題には割と敏感なはずなんだけどな・・・

326 :名無しさん@社会人:05/02/24 07:35:10
なんのための政治性なのさ?
自分を受け入れてくれない世界へのルサンチマンか?

327 :名無しさん@社会人:05/02/24 07:37:40
何となにを比べたら左翼になるんだ?
自分の利益の追求ならただの保守主義だしな

328 :名無しさん@社会人:05/02/24 07:43:10
日本の社会学らしき研究は死んでるよ。っぷ

とっとと村から出ようね。

329 :名無しさん@社会人:05/02/24 07:58:27
日本の「社会学らしき研究」はそれなりに世界で通用する
なんていう共同幻想を破壊しにきましたよ、ハゲども。

330 :名無しさん@社会人:05/02/24 08:05:41
>>328>>329
それはさすがに論点が違うと思うので専用スレでやってください

331 :名無しさん@社会人:05/02/27 17:01:22
>>266
ttp://www.qualia-manifesto.com/mail/mis4.html
物理的存在がどのような意味においてどの程度社会的に構築されたものなのでしょう
か?
文体から察するに>>266さんは物理的存在の実在性をそれなりに強固にお認めになら
れているようですが、
それならばあえて「構築物」と表現される意図が図りかねます。なお例のゴタゴタ騒
ぎ以降の科学哲学/科学論の
成果は>>267の通りでしょう。

332 :名無しさん@社会人:05/02/27 17:03:28
>>325
左翼が「正義」を前面に押し出すことがないのであれば、左翼の定義とは一体どのよ
うになされるのでしょうか?
自分に都合のいいことしか認めようとせず現代思想系の理論を「悪用」する「保守
派」とどのような区別がなされるのでしょうか?
(もしかすると上のほうで左翼を名乗り保守派や似非左翼と自己を区別なさってた方
とは別の方ですか?)
仮に学問の成果が社会的影響を受けるものだとしても、それがすぐさま社会的レベル
に全面的に還元されるわけではないと思います。

333 :名無しさん@社会人:05/02/27 17:05:38
そのような主張だとすると単なる新たな還元主義ではないでしょうか

334 :名無しさん@社会人:05/02/28 14:48:58
「正義」というのはネオコンのお決まりの文句

335 :夫馬:05/02/28 20:43:29
> 学会賞の不正取引が発覚した日本数学会について
> (数学界ではポストの不正取引があります)

日本数学会
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/math/1109472028/

336 :ピエール:05/02/28 21:42:01
フマさんこんなとこまで出張でつか?
まったくもってプププでつよ

337 :名無しさん@社会人:05/03/01 17:41:51
うむ。

338 :名無しさん@社会人:05/03/02 02:00:02
で、脱構築ってなに?

339 :名無しさん@社会人:05/03/02 02:10:52
世の中のあれやこれやは全部作られたものだから意味をなさないのでは
ないか、という考え方。
これを使う人は、自分が嫌なものについては「脱構築」しますが、
なくなると困るものについては「脱構築」しないという特徴があります。

340 :名無しさん@社会人:05/03/02 17:04:22
>>339
社会構築主義と勘違いしている厨、乙

341 :名無しさん@社会人:05/03/02 18:26:30
>>338=340
自作自演、乙。

342 :名無しさん@社会人:05/03/02 21:23:29
>339
脱構築は方法論だからそれでいいでしょ。
まだ解体されてないものがあればあなたがすればいい。


343 :名無しさん@社会人:05/03/02 21:37:27
>>342
相対主義のみは採らない、人間の欲や感覚は、生まれながらに身につけているものもある、
ということには思い至らんのか。

344 :名無しさん@社会人:05/03/02 21:45:43
>343
なんで俺の書き込みに対するレスがそれなんだ?
文章下手糞だし。
出直して恋や。


345 :名無しさん@社会人:05/03/03 01:13:55
たぶん
ピンカーvs.フェミ
という偽りの図式に騙されていると思われ。
「生得性」を持ち出せば、あらゆるジェンダー論が崩せると錯覚。

346 :名無しさん@社会人:05/03/03 01:28:30
↑と、単純化図式に持っていき、

「生得性」を持ち出せば、あらゆるジェンダー論が崩せるというのは誤りである
よって、「生得性」に言及するのは誤りである

という詭弁を弄するパターンが、フェミの流行なんでしょうかね。

347 :名無しさん@社会人:05/03/03 02:05:14
345だが、
生得性はもう少し強調されて良いと思うよ。
だがそれと社会設計を短絡させるのは駄目だろ。


348 :名無しさん@社会人:05/03/03 02:12:49
生得性はない(少ない)ものとし、それを政策に短絡させているのが、
最近のフェミなわけだが。

349 :345:05/03/03 02:40:58
だから俺はフェミじゃないっつうの。
やっぱりピンカー厨かよ

350 :名無しさん@社会人:05/03/03 02:43:03
ピンカーなんて別に読んでませんが、何か。

351 :名無しさん@社会人:05/03/03 02:44:51
生得性はない(少ない)ものとし、それを政策に短絡させているのが
最近のフェミだ、というのは、そうだろうし。

352 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

353 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

354 :名無しさん@社会人:05/03/03 10:51:27
生得のものとはね。
みなさんは「意識」をどう考えますか。
僕はバランスのくずれだと思います。
人間は生来、呪われている。
人間が不自然を決定付けられている以上、
「生得」という言葉に何の意味があるでしょう。
だからフェミというのは、やっぱり呪われてたのか
と確認するためにマターリ生暖かく見守るものなんです。


355 :名無しさん@社会人:05/03/03 18:34:09
そういう糞レスを読んだら負けだと思う。

356 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

357 :名無しさん@社会人:05/03/04 00:56:54
バトラーのジェンダー論が、社会学の必読文献であることは
言うまでもないことです。



Some Essential Works in Sociology
http://www.anso.ubc.ca/essential_works.shtml

Butler, Judith, Gender Trouble: Feminism and the Subversion of Identity 1990



358 :名無しさん@社会人:05/03/04 02:12:14
>バトラーのジェンダー論が、社会学の必読文献

なんでこう、騙しレスを書き込むんでしょうね。

359 :名無しさん@社会人:05/03/04 02:25:58
普通の社会学徒が見て「何を、嘘を言ってんの?」とすぐに返ってくるような
嘘をわざわざ書くのは何なんでしょうね。

360 :名無しさん@社会人:05/03/04 02:43:49
>>357は、一見して明らかだが、
カナダのブリティッシュコロンビア大の公式ページで
推奨された文献としてバトラーが挙がっているので
嘘の内容であるわけがない。

ここで粘着してる奴って一体どんな社会学やってんだ?


361 :名無しさん@社会人:05/03/04 03:08:47
一体どこで、社会学の基礎文献等としてバトラーを必読文献として読ませるんでしょうかね。

フェミ・左翼学者がフェミ論を読ませることがあることはあるでしょうけど、それを
いかにも社会学の一般文献としてあるようにカムフラージュされてもね。

362 :名無しさん@社会人:05/03/04 03:35:15
>>361>>357の英語が読めないのか?

363 :名無しさん@社会人:05/03/04 03:38:19
何じゃこりゃ。

パトリシア・コリンズ「ブラック・フェミニズム思想の社会的構築」
イヴ・セジウィック「クローゼットの認識論」
ジェディス・バトラー「ジェンダー・トラブル」
・・・

何これ?
一般の社会学の授業で、こんな、社会学者じゃない人間の本が必読文献として
挙がる大学があるの?
聞いたことがないな。

364 :名無しさん@社会人:05/03/04 03:41:34
>>363
なんだ読めるじゃん。社会学者としては当然の文献だもんな。
それぐらい知ってるよな。
フェミニズム理論の基本だし。

粘着釣りはやめてもう寝ろ

365 :名無しさん@社会人:05/03/04 03:43:55
>>364
>なんだ読めるじゃん。社会学者としては当然の文献だもんな。

ハア?? いったいどこの世界に、それらの本を
「社会学者として当然の文献」
という人間がいるんだ?

>フェミニズム理論の基本だし。

そりゃ、フェミは読むだろうけどねえ・・・。

366 :名無しさん@社会人:05/03/04 04:13:32
どう見てもおかしい、と思ったら、そこの教員が勝手にばらばらに挙げたのが
並べてあるだけじゃないか。しかも、人類学系みたいだし。

わざわざこんなものを引っ張り出してくるとは、いやはや・・・。

367 :名無しさん@社会人:05/03/04 11:09:11
>>366
>どう見てもおかしい、と思ったら、そこの教員が勝手にばらばらに挙げたのが
>並べてあるだけじゃないか。しかも、人類学系みたいだし。

重複しないようにリストとして統一されてるし、
挙げてる人間は人類学者でもなんでもない。
(この大学は制度的には人類学と社会学がたまたま一緒に
なっているようだが。)

自分の主張に都合がいいように文献リストの価値をねじ曲げるのはよくないな。
ていうかあなた社会学やってる人?
どんなことやってるんだ?

私は社会学の分野のなかでは理論よりでフェミニズムは
専門じゃないが、大学でバトラーも教えます。
というかいまや社会学の概説的な科目だとフェミニズム理論を
カバーしない方が偏向していると言われかねない。

368 :名無しさん@社会人:05/03/04 19:44:34
>>367
>自分の主張に都合がいいように文献リストの価値をねじ曲げるのはよくないな。

捻じ曲げているものですか。
社会学基礎文献としてコンセンサスが得られ選別されたものではなく、
教員がそれぞれの好みで挙げたものが羅列してあるだけのものを、
「社会学の必読文献」だとして持ってくる方が、捻じ曲げているでしょうに。

>というかいまや社会学の概説的な科目だとフェミニズム理論を
>カバーしない方が偏向していると言われかねない。

フェミニズム理論を教えるの? むしろ、フェミニズムみたいなのは、社会科学系の概論の
初っ端で、科学的に悪しき例として挙げられる代表でしょ。
そりゃあ、大学の中には左翼教授もいて、教育論系の講義なのに、なぜか反戦やら反○○やら
ばっかりに偏った内容の授業を受けた経験もあるし、思想伝達のほうを目的にしているのも
少なくないのは否定しませんけど。

あなたは大学教員の方というわけですか。どこの大学かは知りませんが、「フェミニズム
理論をカバーしない方が偏向していると言われかねない」なんて、悲惨な状況ですね。

369 :名無しさん@社会人:05/03/05 02:09:45
>>368
何いってんだか。左翼であろうが右翼であろうが、
ナショナリズムであろうがナチズムなんであうが、
その思想内容を紹介し検討したからといって、
その思想にただちに加担することにはならない。

それぞれ政治運動の実践とは別にその思想を理解し認識する
ことは可能だし
社会の動向や歴史を分析するのに必要でもある。
そんなことも分からないのか。


370 :名無しさん@社会人:05/03/05 19:31:56
>>369
>それぞれ政治運動の実践とは別にその思想を理解し認識する
>ことは可能だし
>社会の動向や歴史を分析するのに必要でもある。
>そんなことも分からないのか。

解りますよ。

>その思想内容を紹介し検討したからといって、
>その思想にただちに加担することにはならない。

そういうことでしたら、別に何も言うことはないです。

371 :名無しさん@社会人:05/03/07 18:56:50
331 :名無しさん@社会人:05/02/27 17:01:22
>>266
ttp://www.qualia-manifesto.com/mail/mis4.html
物理的存在がどのような意味においてどの程度社会的に構築されたものなのでしょう
か?
文体から察するに>>266さんは物理的存在の実在性をそれなりに強固にお認めになら
れているようですが、
それならばあえて「構築物」と表現される意図が図りかねます。なお例のゴタゴタ騒
ぎ以降の科学哲学/科学論の
成果は>>267の通りでしょう。


332 :名無しさん@社会人:05/02/27 17:03:28
>>325
左翼が「正義」を前面に押し出すことがないのであれば、左翼の定義とは一体どのよ
うになされるのでしょうか?
自分に都合のいいことしか認めようとせず現代思想系の理論を「悪用」する「保守
派」とどのような区別がなされるのでしょうか?
(もしかすると上のほうで左翼を名乗り保守派や似非左翼と自己を区別なさってた方
とは別の方ですか?)
仮に学問の成果が社会的影響を受けるものだとしても、それがすぐさま社会的レベル
に全面的に還元されるわけではないと思います。


333 :名無しさん@社会人:05/02/27 17:05:38
そのような主張だとすると単なる新たな還元主義ではないでしょうか


372 :名無しさん@社会人:05/03/08 20:05:44
私がこの本を書いたのは、よく引用される古典ありのままの内容を正しく伝えるためだけではない。
私にとってのより大きなターゲットは、科学哲学の成果を身勝手に流用して、それらが到底あてはまらないような様々な社会的、政治的な主張の裏付けにするという試みを執拗にくり返す同時代の人々なのだ。
フェミニスト、(「創造説科学者」を含む)宗教の擁護者、カウンターカルチャリスト、新保守主義者、そして、その他諸々の物好きな同類たちは、たとえばパラダイムの通約不可能性や科学理論の非決定性といった考えが、彼らの立場を支持する重要な材料になると主張している。
事実と証拠こそが大切だという考えを捨てて、すべては結局のところ主観的な興味やものの見方に帰着してしまうという考えを取ることは、(アメリカの政治キャンペーンを除けば)今日もっとも顕著で危険な反知性主義の現れである。
--- Larry Laudan, Science and Relativism

ラリー・ラウダンはアメリカの有名な科学哲学者で反実在論者です


373 :バトラーはヘーゲリアン:05/03/08 20:15:43
これがヘーゲルの正体だ! そのイカサマ振りをとくと見届けよ!!!

http://mentai.2ch.net/philo/kako/970/970323608.html
http://mentai.2ch.net/philo/kako/975/975722563.html


374 :名無しさん@社会人:05/03/08 20:29:28
いまさらヘーゲル批判かよ。

375 :バトラーはヘーゲリアン:05/03/08 20:55:30
おっ、釣れましたね
大陸哲学系にはヘーゲル〜ハイデガー〜ポストモダンと偉大なるペテン師の遺伝子が
脈々と受け継がれているようですが、バトラーさんはそんなことありませんよね?

376 :名無しさん@社会人:05/03/08 20:56:31
なんだ釣りか。

377 :名無しさん@社会人:05/03/08 20:59:59
釣りとはわかりつつも釣られずにはいられない、後ろめたさのある人間の悲しき性よ・・・

378 :名無しさん@社会人:05/03/08 21:03:15
エイヤーは、一九三三年にウィーンからアイザイア・バーリンに送った熱狂的な手紙の中で簡潔に
述べているが、「現在のドイツの哲学者たちはみな、詐欺師かばか者です。まさにハイデガーについて
考えることが彼らを病ませているのです」。
ウィーンの実証主義者たちにとって、ハイデガーの著作は反動的、反科学的な形而上学への回帰であり、
この形而上学は政治的には汎ドイツ主義的野心と結託しているのである。これに続く十年は、
悲しいことにカルナップの懸念が正しかったことを証明し、その多くがユダヤ人であったウィーン学団
の主要メンバーはみな、一九三八年のナチスドイツとの「併合」の時に周辺の国々に逃れた。
バートランド・ラッセルが述べているように、「これらの人々が甘受した厳しい論理的訓練が、熱狂的な
ドグマの感染に対する免疫を与えたように思われる・・・・・・」。
ハイデガーは一九三三年に国家社会主義に熱烈な政治的関与を見せ、その後沈黙を深めたが、そのことも
また彼の追随者たちを悩ませた。

サイモン・クリッチリー 『ヨーロッパ大陸の哲学』 岩波書店 より


379 :名無しさん@社会人:05/03/08 22:00:24
いまだに「釣れた!」で勝ち誇った気になっている香具師がいるとは。

380 :名無しさん@社会人:05/03/09 08:59:03
釣りとはわかりつつも釣られずにはいられない、後ろめたさのある人間の悲しき性よ・・・

381 :名無しさん@社会人:05/03/09 12:44:08
>>372
なるほどだね。

382 :名無しさん@社会人:05/03/09 14:15:52
『ジェンダートラブル』、本屋に買いにいったんだけど、この間まで置いてあったのに
売れちまったようだ。

383 :名無しさん@社会人:05/03/09 22:34:14
331 :名無しさん@社会人:05/02/27 17:01:22
>>266
ttp://www.qualia-manifesto.com/mail/mis4.html
物理的存在がどのような意味においてどの程度社会的に構築されたものなのでしょう
か?
文体から察するに>>266さんは物理的存在の実在性をそれなりに強固にお認めになら
れているようですが、
それならばあえて「構築物」と表現される意図が図りかねます。なお例のゴタゴタ騒
ぎ以降の科学哲学/科学論の
成果は>>267の通りでしょう。


332 :名無しさん@社会人:05/02/27 17:03:28
>>325
左翼が「正義」を前面に押し出すことがないのであれば、左翼の定義とは一体どのよ
うになされるのでしょうか?
自分に都合のいいことしか認めようとせず現代思想系の理論を「悪用」する「保守
派」とどのような区別がなされるのでしょうか?
(もしかすると上のほうで左翼を名乗り保守派や似非左翼と自己を区別なさってた方
とは別の方ですか?)
仮に学問の成果が社会的影響を受けるものだとしても、それがすぐさま社会的レベル
に全面的に還元されるわけではないと思います。


333 :名無しさん@社会人:05/02/27 17:05:38
そのような主張だとすると単なる新たな還元主義ではないでしょうか


384 :名無しさん@社会人:05/03/10 00:56:22
・・・・・・さて、こうしたことが文化的娯楽としてはたいして害がないことは確かだが、別のところではこの<Xファイル>コンプレックスの効果はもっと有害でありうる。
非明晰主義的説明のよく知られている候補は、神の意志、異種の知的生命体の偏在、人間行動への星々の作用、等々である。
これほど明白ではないが、しかし確かに同様にひどく有害な候補は、フロイトにおける衝動、ユングの元型、ラカンにおける現実界、フーコーにおける権力、
デリダにおける「差延」、レヴィナスにおける神の痕跡、さらには後期ハイデガーにおける<歴史のうちの、あるいは歴史としての存在の停留期的な脱去>である。
このリストはさらに拡張できるだろう。
サイモン・クリッチリー『ヨーロッパ大陸の哲学』岩波書店、2004年

385 :名無しさん@社会人:05/03/10 01:15:29
↑のコピペだが。

クリッチリーの本は、反駁しようとしている敵の主張を
うまく要約しているから、ソーカル厨あたりに部分的に
コピペされて本の意図とはまったく反対の方向に逆用されているな。



386 :名無しさん@社会人:05/03/10 01:29:46
・・・・・・私個人は、その全盛期にもあまりまじめにはつき合わなかった方なので、実害は少ない。
だが、まるで法事の最中、耳で聞いても、まずその深遠な意味はわからないお経をじっと聞いている参列者よろしく、
再読してもほとんど意味のわからないような文章を、自分はよほど知識がないに違いないと狼狽しながら読み解こうとしていた、
当時のまじめな多くの若物たちの時間は、どうなったのだ。
そもそも、西洋形而上学の根元的脱構築云々の<書生談義>を、デリダら数人のフランス哲学者の口まねをしながら我が国の論壇で行うということがもつ底知れないみっともなさに、
なぜ当時の論客たちは気づかなかったのだろうか。
ttp://www.shinshokan.co.jp/sho/j-analogy.html


387 :名無しさん@社会人:05/03/10 01:50:41
 そして現実を見つめよう、パリはもはや昔のようではない。
1930年代のフランスにおける新カント派の崩壊と、フランス人が呼ぶ「三つのH」(ヘーゲル、フッサール、ハイデガー)の興隆は驚くほどに知的な輝きを持った二世代を生み出した。
最初の世代として考えられるのは、レヴィナス、サルトル、ドゥ・ボーヴォワール、メルロ=ポンティ、レヴィ=ストロース、ラカン、バタイユ、ブランショである。
第二世代としては、アルチュセール、フーコー、デリダ、ドゥルーズ、リオタール、クリステヴァである。
しかし、デリダがなおたいへん元気であり、多くの興味深い哲学的仕事(とりわけフランス道徳哲学と政治哲学の再興)が進行し、興味をそそるような現象学の革新がある一方で、人はこれらのいずれも、本当に世界に灯をともすことはないという印象を持っている。
サイモン・クリッチリー『ヨーロッパ大陸の哲学』岩波書店、2004年

388 :名無しさん@社会人:05/03/10 01:55:04
743 :名無しさん@社会人:05/01/21 14:47:28
構築主義なんて他人の存在を何とも思ってない人間じゃないとできないだろうね


744 :名無しさん@社会人:05/01/21 14:52:29
いや、他人と繋がりたい人が結構ハマってると思うよ。

746 :名無しさん@社会人:05/01/21 18:27:19
>>743-744
実は私も以前からそこが引っかかっていたのですよ。
他人との繋がりを求めるのなら(あえてこう表現しますが)”恣意的な線引き”よりも
”客観的実在”を認めた方が対話が行い易いのではないかと思うわけです。
だから他人との繋がりを求めたい人が構築主義にハマるというのが良く理解できないのです。
煽りではなく以前からこのメカニズムがわからなかったので書き込ませていただきました。
それとこのスレの主旨と直接関連するか分からないのですが、哲学板で面白いレスをみつけたので
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1088844008/100
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1088844008/115-117


747 :名無しさん@社会人:05/01/21 18:43:55
答えは簡単。流行りだからだよ。流行りだからコーチクやってる人いっぱい。
話が合う人いっぱい。みんなで実在論的な前提の議論を叩いて親睦を深められるしねw


389 :名無しさん@社会人:05/03/10 02:06:54
文学板・哲学板でそれぞれレベルの高い議論がなされているスレを発見しますた。
そちらへ移動しようよ。

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1074463527/l50
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1105565640/l50

390 :結論:05/03/10 02:17:29


  男 女 板 へ 逝 こ う !

391 :名無しさん@社会人:05/03/10 09:23:59
>>25>>30

ttp://www.bun.kyoto-u.ac.jp/~suchii/sci.phil.html

↑の文章をみんなで一緒に正座して読もう。
それにしてもこんな当たり前のことをわざわざ指摘しないといけないなんて馬鹿げた世の中になったもんだね。
学問する姿勢として当然の前提なのにね。
あっ、自分がやってることは学問じゃなくて「政治」だとおっしゃる方はさっさと政治家にでもなってね。
政治志向なんだからチンケな大学世界なんぞにこだわる理由もないだろうしね。

それにしても件の「大哲学者」とやらはどこのドイツなんだろうね?
まさかとは思うが陳腐な内容をカモフラージュするために神秘的表現に取り付かれてるなんてないだろうしね。


392 :名無しさん@社会人:05/03/10 09:36:36
奇妙でばかげた学説を流行させたり主張したりするには、曖昧でわかりにくく、意味
のはっきりしない言葉をふんだんに用いて周りを固めるにしくはない。
しかしながら、そうしてでき上がる巣窟は、正々堂々とした戦士の要塞というより
も、山賊の住む洞窟かキツネの巣にそっくりになってしまう。
そこに逃げ込んだ者を追い出すのが難しいのは、その場所が持っている強さのためで
なく、周りを囲む茨や棘、藪の暗がりのせいである。
というのも、誤謬はもともと人間の知性と相容れないので、不条理なものを擁護し得
るのは、曖昧さしかないのである。
ジョン・ロック


393 :名無しさん@社会人:05/03/10 10:02:30
あいまいで無意義な語法や言語の誤用が長く学の秘儀とされてきて、ほとんど、あるいはまったく無意味な、
難解もしくは不正な言葉が、長い慣行で深遠な学識・高邁な思索と間違えられる権利を得てしまったので、
そういう言葉を話す者にせよ聞く者にせよ、そうした人たちを説いて、それらの言葉が無知をおおい、
真の知識を妨げるものに過ぎないと承服させることは容易でないでしょう。
私は思いますが、虚栄と無知の奥殿へ踏み込むことは人間知性へ多少とも奉仕することになるでしょう。

                           −−ジョン・ロック−−

394 :名無しさん@社会人:05/03/10 13:09:22
嫌フェミ厨が板違いで粘着しなくなったと思ったら
今度は荒しか。悪質だな。

395 :名無しさん@社会人:05/03/10 17:07:18

(´-`).。oO(「哲学」という語が含まれてる文章を大量コピペしたあげく、削除依頼板で
       板違いといって騒ぐという意図がミエミエですな)


396 :名無しさん@社会人:05/03/10 19:51:47
>>394
「批判する人間や、板違いを指摘しているのは全部ひとりだ」とでも
思い込んでいるんですか?

哲学関係でのコピペを引用している方は、削除依頼を出しているのとは別の方ですよ。

そもそも、削除依頼を出した人間は、ここではsageで書きこんでいます。
そして、sageで板違い指摘や板違い議論をしている方が、それ以外にもいますから、
板違い指摘をしている人は、何人もいるわけですよ。

>>395
騒ぐまでもなく、バトラーは「フェミニズム〜現代思想」ということは言うまでもないことで、
社会学板にこだわる持ち出した理由が、
「社会にある思想の紹介・検討だ」
といった点でしょ?
そして、思想の問題点として、それについて、哲学・現代思想関係の引用コピペが
示されたいうことでしょう。

397 :名無しさん@社会人:05/03/10 20:05:01
(訂正)社会学板にこだわる持ち出した理由が、
→社会学板にこだわるのに持ち出した理由が、

398 :名無しさん@社会人:05/03/10 22:30:13
396も自分で名乗っちゃうし、馬鹿だな

399 :名無しさん@社会人:05/03/10 22:39:34
>>398
別に、馬鹿じゃないでしょう。

400 :名無しさん@社会人:05/03/10 23:02:22
脱構築ってなんやねん?

401 :名無しさん@社会人:05/03/10 23:12:40
>>399
そういうレスしちゃう貴様は、やっぱり馬鹿だ
お前がこのスレ住人をからかっているくせに、
ちょっとでも何か言われると全レスかよ
もちつけ
そして氏ね

402 :名無しさん@社会人:05/03/11 01:22:38
おいおまいら、どーでもいいけどさ
せめて>>331-333くらいには答えてやれよw

403 :名無しさん@社会人:05/03/11 02:31:19
物理的存在すらもが社会的に構築されたと言うのは、下手すれば物理法則が変わりかねない、ということだ。
物理法則が変わるということは、現に我々が持っている知識体系の相当な部分を改訂せねばならないかもしれないということだ。
例えば我々の目の前にあるPCがなぜ作動するのか誰にも説明できなくなるかもしれない。
このような人類史上最高とも思われるコストを支払ってもまだお釣りがくるくらいバトラーや社会構成主義というの優れた思想なのかね?

いずれオレはこういったことを公式の場でもガンガン追求させてもらうつもりだ。
そん時は、まあお手柔らかに頼むよ。

404 :名無しさん@社会人:05/03/11 10:33:14
80年代から90年代にかけて一部のバカ共が多くの分野を荒らしてまわった。
自然科学や社会科学だけではない。人文学の内部でも議論をめちゃくちゃにされてアタマにきてる連中はいっぱいいる。
哲学、文学、歴史学、社会学、人類学、教育学、心理学、こいつらに聞いてみな。
で、90年代後半以降、フタを空けてみればバカ共のインチキぶりが次々に明らかにされてきてるわけだ。

次に問われるのはお前らの番だ。楽しみにしとけよ。

405 :名無しさん@社会人:05/03/11 19:53:15
>物理的存在すらもが社会的に構築されたと言うのは、下手すれば物理法則が変わりかねない、ということだ。

出鱈目で雑な読みしやがって。

406 :名無しさん@社会人:05/03/11 20:25:54
実際にそう言っているんじゃないの?
物理的存在を示す概念も、人間が作ったにすぎないって。

407 :名無しさん@社会人:05/03/11 22:45:29
物理法則そのものは変わらないけど、その物理法則を操縦することによって生命活動とか
地球環境とか、そういうのを設計構築する能力を人類は徐々に手にしてきているわけだから、
ある意味、物理法則の大現象面である自然環境を社会的に構築する存在だとは言えそうだね。

408 :名無しさん@社会人:05/03/12 18:16:19
だからその社会的に構築ってどういう意味なのさ?

409 :名無しさん@社会人:05/03/12 20:46:37
>>407
それ、社会構成主義じゃなくて、客観的存在としての物理法則のもとで科学技術が
発展してきた、という普通のことを言っているだけだし。

「物理法則そのものは変わらないものとしてある。
その物理法則を操縦し、生命活動とか地球環境とか、
そういうのを設計構築する」

410 :名無しさん@社会人:05/03/13 06:43:22
社会構成主義はどのように正当化されるのか?社会構成主義の理論的根拠とは何だろう?
まさか社会構成主義という概念自体が社会的に構築されたものなのか?

特権的なものなどないと言いながら、世界について語る「私」の視点を特権化してはいないだろうか。
世界を構築する「私」とは他者の批判に開かれた存在なのだろうか。
独我論の匂いがプンプンするのだが。

社会構成主義は、他人の存在を踏みにじり、病的なまでに自己正当化を行う卑怯者どもに
弾薬を提供しているだけではないのか?

411 :名無しさん@社会人:05/03/13 11:12:31
>社会構成主義という概念自体が社会的に構築されたものなのか?

これはイエスなんじゃないのかね。基本的にすべては構築されると
いう説だと思うので。そのうえで構成主義はものごとがどのように
構築されているかを読み解こうとする営みで、構築されたものは
すべて悪、壊せ、とかそういう主張ではない。
構築されたものが変化する可能性については論じてるけど。
私が世界を構築する、でなくて、「私」もまた構築物であるとか
そういうほうが正しい気がする。

無作法な個人の問題はそいつの問題なのでなんとも。
構成主義を使って責任逃れするということかね?
残念それは構築されていますから!みたいな?
鼻で笑われるだけでしょ。




412 :名無しさん@社会人:05/03/13 16:46:27
じゃ、こいつらはアフォ決定でつね
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/sociology/975324263/55

413 :名無しさん@社会人:05/03/14 04:34:58
>無作法な個人の問題はそいつの問題なのでなんとも。
>構成主義を使って責任逃れするということかね?
>残念それは構築されていますから!みたいな?
>鼻で笑われるだけでしょ。
同意です。おっしゃる通りで大抵の人間は社会構成主義を悪用した責任逃れなどせせら笑うだけでしょう。
ただ一つ気にかかることがあるんです。責任逃れのための「悪い社会構成主義」と「良い社会構成主義」の
区別はどのようになされるのだろうか?と。一体両者を区別することは可能なのでしょうか?
どのような基準を社会構成主義に持ち込めば両者を区別できるのか、ここで悩んでしまうわけですよ。

414 :名無しさん@社会人:05/03/14 08:27:06
107 :考える名無しさん :04/12/31 18:08:44
The Postmodernism Generator
ttp://www.elsewhere.org/cgi-bin/postmodern/
リロードするたびに新たな「論文」が登場。
脱構築学部、平和学部などの名称が・・・w


108 :考える名無しさん :04/12/31 20:46:23
>>107
ワロス.


109 :考える名無しさん :04/12/31 23:05:17
>>107
本当にリロードするたびに新たな論文がでてきたw
GJ

これがあればカルスタ論文などいくらでも生産できます。
カルスタ学者を雇うより安上がりです。
だからカルスタ院生君は就職あきらめてください☆


415 :名無しさん@社会人:05/03/14 10:16:13
あちゃ〜〜
いまごろ>>1は社会学板にバトラースレをたてたこと死ぬほど後悔してるだろうね。
次々にバトラーの化けの皮が剥がされていってるだけじゃんw

416 :名無しさん@社会人:05/03/14 17:16:47
>>413
それは完全に判断する人間の立ち位置の問題ですよ。
良いとか悪いとか言う場合に誰の基準で話をするかです。

>>411はちょっと言葉が滑っていて、やはりフェミ者なんかは構成主義を
優勢な言説の効力を相対化するために、最大限利用しようとします。

それに対抗してかくのごとく歴史的、社会的に構築されたものを守れ、破壊するな、
という立場もあるわけで、その立場は概念の重要性や有用性に依拠してそれを擁護するわけです。
対立なのですがそんな対立は社会があるところ、どこにでも発生する種類のもので、
別に方法論としての構成主義の問題点とか危険性ではないということです。



417 :名無しさん@社会人:05/03/14 17:24:32
ちょっと良く分からないのですが、電子が実在するかどうか立ち位置で決まるのでしょうか。
アウシュヴィッツにガス室が存在したかどうか立ち位置で決まるのでしょうか。


418 :名無しさん@社会人:05/03/14 17:34:21
例えば科学分野における社会構成主義論争では、極端な構成主義的立場では核兵器など近代科学の
負の側面の「力」を把握することができず、批判の立脚点たりえない、といのがフェミニスト科学論者から
疑問が出されたそうです。
また日本でもヨーロッパでもいわゆる歴史修正主義論争においては「過去の実在」が問題になったと聞いています。

これらは社会構成主義という方法論自体が孕む困難ではないでしょうか?
これを立ち位置という「真理」の政治的な還元主義だけで解決できるのでしょうか。

419 :名無しさん@社会人:05/03/14 17:38:40
物理的事実だけが人間の現実を構成するわけじゃないです。言語によって思考して、
それによっても人間が体験する現実が規定されてるわけです。
構成主義が重視して対象としてるのは思考とか人間のパフォーマンスとか
その積み重ねで構築されてる社会とかそのメカニズムとかで、
社会構築主義で宇宙工学が変わるとかそういうのはないです。

420 :名無しさん@社会人:05/03/14 17:50:45
世の中にあるのは、物理的事実です。
太陽は輝き、地球は回り、
あの日あの時に誰かさんが何々を食べ、
あの日あの時に誰かさんは死に、
そこらへんの空気に漂っているウィルスが分裂し、
>>419は「05/03/14 17:38:40」に2chに送信しました。

421 :名無しさん@社会人:05/03/14 17:51:15
>>418
いやつまるところどんな思考方も一つの道具に過ぎないですよ。
限定的な効力を競ってるだけ。上がってるような問題はあるのが当然で、
万能の道具が必要とも思わない。

422 :名無しさん@社会人:05/03/14 17:53:33
ウィルスは、言語がなくとも分裂します。

423 :名無しさん@社会人:05/03/14 17:54:15
じゃどうやってこれらの問題を解決するんです?
そもそもジェンダー論の問題も解決できる?
そんな逃げ腰でさ

424 :名無しさん@社会人:05/03/14 17:55:55
>>421さんの態度は鼻で笑われるだけの相対化ではありませんよね?

425 :名無しさん@社会人:05/03/14 17:58:38
いっぺんに何人か別の人が書き込んでる?
誰が何言ってるかわかんないよ。

物理学的真理を認めるかのような発言(>>419)をしながら、相対化(>>421)してみたり
ワケワカメ状態です

426 :名無しさん@社会人:05/03/14 18:00:17
物理学が歴史性とか象徴とかを扱えるようになるなら哲学は
不要だろうけど、まだそうはなってないですから、あれこれ試してみるわけです

427 :名無しさん@社会人:05/03/14 18:04:22
今更何を言ってるんだ。

フェミニストを含む左翼活動家が、
政治運動に都合のいいようにだけ相対主義を用いているというのは、
現在では周知の事実じゃないか。

428 :名無しさん@社会人:05/03/14 18:08:37
結局さ、明確な回答を与えてくれないところが一番胡散臭いんだよね。
あいまいにその場しのぎのごまかしで逃げ回るだけ。
それじゃ言ったモン勝ちじゃん。発言の責任はとってくれないの?

429 :名無しさん@社会人:05/03/14 18:14:29
まあ 政治活動に都合のいい部分だけ相対主義を使ってるのは右翼も一緒だけどね。
左右とも基準が「恣意的」過ぎるんだよね。どっちも信用できない。
これも「ジェンダー撹乱」とやらの「戦略」かね?
バッカじゃねーの?

430 :もうアッタマにきたw:05/03/14 18:23:59
>>象徴や表象
ttp://d.hatena.ne.jp/shinichiroinaba/20050205

>>言語による思考
>ところがコネクショニズムの考え方では、思考のかなりの部分は非言語的な情報処理であり、
>符号やラベルのついていない『前・記号的表象(pre-symbolic representation)』の形成や変換であるとする。
>意識される思考過程というのは、ただたんに、ものごとの一貫性をチェックしたり、
>真実性を吟味したり、あるいは他人とコミュニケーションをもつために、
>人間が「わざわざする」言語化行為の結果であって、
>それはその場その場での行為を直接的には制御も支配もしていないということである。

>佐伯胖「思想の言葉」『思想』771号、1988年
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1106588780/
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1068999993/

431 :名無しさん@社会人:05/03/14 18:33:35
>>410
>社会構成主義は、他人の存在を踏みにじり、病的なまでに自己正当化を行う卑怯者どもに
>弾薬を提供しているだけではないのか?

フェミニスト、左翼活動家がそういう使用法をしているわけだね。

432 :もうアッタマにきたw:05/03/14 18:35:03
>>431
右翼もね。どっちもデムパ度では互角。刺し違えて欲しいw

433 :名無しさん@社会人:05/03/14 18:36:15
なにが問題なのやら、そして私の責任ってなんなのやら。
どういう状況に陥ったとき、「他人を踏みにじった」ことになる?


434 :名無しさん@社会人:05/03/14 18:41:35
はいはい、言いたいことはそれだけでつか?
その言い方じゃ信頼回復はできないよ。みんなみてるんだからね、ココ。
ここまでくると哀れさしか感じないよ、マジで。

435 :名無しさん@社会人:05/03/14 18:42:51
おれ、以前某板某スレでポモいぢめたときも同じ反応が返ってきたよw
もしかして同一人物かなw

436 :名無しさん@社会人:05/03/14 18:43:35
自分の政治性を認めろってことなら、薄っぺらなリベラリズムに
肥大したミーイズムがのってるけど。あと個人的にべつに人から信頼されたくない。

あーこういう態度が問題?

437 :名無しさん@社会人:05/03/14 18:44:46
>>435
それは憶えないわ。

438 :名無しさん@社会人:05/03/14 18:47:04
うわマジで反応が似てる!!
似たようなメンタリティの持ち主が似たような似非思想にかぶれるのかな?

悪かったよ、キミの自尊心を傷つけて。ホントはフェミが嫌いなわけじゃないんだ。
ちょっとからかってみたかっただけ。ごめんよごめんよ















でもバトラーはクズだと思うよ プ

439 :名無しさん@社会人:05/03/14 19:23:57
>>438
あきれ返るよこんなゴミレス。
バトラー批判を続けて下さい。

440 :名無しさん@社会人:05/03/14 21:37:31
都合のいいところだけに相対主義を使う、ご都合主義者。

441 :名無しさん@社会人:05/03/14 23:22:50
はたしてそうかな?

442 :常時晒しage推奨:05/03/15 06:42:45
ここをご覧の日本全国のみなさん
バトラーや社会構成主義者共が、ちっぽけな自尊心を満足させるためだけに他人を
踏みにじることも厭わない卑怯者であることが無事示されました。
その卑劣っぷりはバカ右翼と何ら変わりはありません。
これの一体どこが左翼だというのでしょうか?
左翼とは卑怯者の代名詞でしょうか?いえ、そんなはずはありません!
似非左翼思想にだまされず、幸福な社会を築き上げるため論理的思考を大切にしましょう!

443 :常時晒しage推奨:05/03/15 06:47:11
80年代から90年代にかけて一部のバカ共が多くの分野を荒らしてまわった。
自然科学や社会科学だけではない。人文学の内部でも議論をめちゃくちゃにされてアタマにきてる連中はいっぱいいる。
哲学、文学、歴史学、社会学、人類学、教育学、心理学、こいつらに聞いてみな。
で、90年代後半以降、フタを空けてみればバカ共のインチキぶりが次々に明らかにされてきてるわけだ。

次に問われるのはお前らの番だ。楽しみにしとけよ。


444 :常時晒しage推奨:05/03/15 06:51:15


             卑劣漢社会構成主義者を許すな!


445 :常時晒しage推奨:05/03/15 06:55:57
もはや社会構成主義者共の敗北は必至の状勢です!
いよいよ敵の本陣(学会、学術誌等)に乗り込んで殲滅戦を戦う時がやってまいりました!
あと一息です、みなさん気を緩めずに最後まで戦い抜きましょう!

446 :常時晒しage推奨:05/03/15 07:01:27
バトラーや社会構成主義者にとっての「正義」とは、己の利益を守ることだけです。
社会の底辺に追いやられ、本当に苦しんでいる人々のことは彼らは気にもとめません。
彼らの「正義」とは大学世界でキャリアを築くこと、これが彼の「政治活動」です。

騙されるな!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

447 :常時晒しage推奨:05/03/15 07:03:23


             反論があればいつでもこいや!

448 :常時晒しage推奨:05/03/15 08:36:18


Don't believe the Hype!

449 :名無しさん@社会人:05/03/15 09:00:26
だからあんたは「他人を踏みにじる」とか適当で無内容な物言いを
ちゃんと理論的な言葉に翻訳しなおせよ。


450 :常時晒しage推奨:05/03/15 09:18:03
やれやれ、自分は何一つ答えないクセに口先だけは一人前ですか?
これがペテン師クォリティ

まずは>>331辺りから順番に答えてみたらいかがでしょう?
おのずと答えも出ると思いますよ。
あるいは物理的存在がどの程度社会的に構築されたものなのか厳密に定式化してみせるのも
一つの回答かもしれませんね。

451 :常時晒しage推奨:05/03/15 09:57:51
ここをご覧の日本全国のみなさん、おはようございます。
いよいよジュディス・バトラーおよび社会構成主義のイカサマ振りを白日の下へ曝す日がやってまいりました。
ペテン師共は有効な反論を何一つなすことができず、ただ批判の矛先をかわそうと必死になっております。
いささか哀れさをもよおす光景ですが、甘やかしてはなりません。ここでトドメを刺すべきです。

あなたの大学にも、教官や学生で社会構成主義を標榜する輩がいませんか?
もしいるのなら、問いかけてみましょう。
「物理的存在も社会的に構築されたものなのかね? そうだたとしたらそれはどのような意味においてどの程度構築されたものなのかね? そもそも社会構成主義を正当化する理論的根拠はあるのかね?」

答え方如何でそいつのペテン師度数が明らかになるでしょう。

452 :名無しさん@社会人:05/03/15 12:00:29
定期巡回晒しage

このスレでもフーコーだとかラカンだとかジジェクだとかご大層な思想家さんが出てきて
小ムツカシイ話がなされてたわりには、物理的存在が社会的に構築されたかどうかという
バカバカしいほど単純な疑問にも答えてくれないんですね。
思想家さんたちはただの飾りですか?箔付けかなんかのため?
彼ら思想家さんたちに直接お尋ねしたらお答えくださるのかな? 残念ながら亡くなった方もいらっしゃるようですが。

※このスレは一定の時間が経ったり下がり気味のようだとageます。
 社会学板を訪れるすべての人の目に付くようにです。

453 :名無しさん@社会人:05/03/15 13:21:34
>>409
> それ、社会構成主義じゃなくて、客観的存在としての物理法則のもとで科学技術が
> 発展してきた、という普通のことを言っているだけだし。

あなたのいう社会構成主義はいわゆる上部構造のそれを指すんだろうけど、
そうした物理面での社会環境構築(下部構造)も「社会」世界(システム)が構築
されるプロセスにとって、その認識領域から排除できない関係的要素だよ。

そういう意味では下部構造における社会構築も社会構成主義のうちに入れなきゃ
意味がない。つか、社会構成主義的にいえば、上部構造と下部構造とは分離できない。


454 :453:05/03/15 13:24:25
そうした物理面での → 物理面での

455 :名無しさん@社会人:05/03/15 14:06:08
409ではないですが、>>453氏が指摘されてることは社会的な還元主義とは違うのですか。
それこそ>>332-333で指摘されているような。

456 :名無しさん@社会人:05/03/15 14:11:16
つーか、マルクスでしょ。

457 :名無しさん@社会人:05/03/15 14:16:45
>>455
453に書いてあることのどこがどういう意味で還元主義なのですか?


458 :名無しさん@社会人:05/03/15 14:17:53

構成主義はある時は相対主義だと揶揄され、
またある時は還元主義と揶揄されるんだな。

459 :名無しさん@社会人:05/03/15 14:20:29
>>454
あなたが使っているパソコンの動作や、
あなたが日常乗っている乗り物(車、電車)が走ることは、
どう規定されるんですか?

460 :名無しさん@社会人:05/03/15 14:20:32
>>456
マルクスも社会構成主義者だったっぽいところがあるね。
客観化も対象の人間化だとか云っていたんじゃなかったけ?

461 :名無しさん@社会人:05/03/15 14:22:05
>客観化も対象の人間化

その原始形態が道具で、その現代的形態がロボットとか人工知能かな?

462 :名無しさん@社会人:05/03/15 14:23:22
もしかしたら、我々の意識は環境的に作り出されたものだから、世界が変われば真理も変わる、
と言いたいのかな? いわゆる「存在が意識を規定する」というやつ。
もしそうだとするなら、こういった考え方は近年膨大な批判にさらされていますよ。

>>430とか
認知心理学スレ
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1003367476/l50
進化心理学F6
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1096991572/l50
【自己卑下】文化人類学の方法論・2【禁止】
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/geo/1068899250/l50
ダーウィンの危険な思想
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1098842552/l50
スティーブン・ピンカーについて語るスレ
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1067142691/l50
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4130120328/qid%3D1110864134/249-2941018-4904311
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4788508125/qid%3D1110864158/249-2941018-4904311
こういったとこを読む&質問されてみては?
もし違うのなら別の回答を用意します。

463 :名無しさん@社会人:05/03/15 14:32:53
また、世界が変われば真理が変わる、みたいな考え方への哲学的批判なら

科学哲学総合スレ 5
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1088844008/l50
【最終】デイヴィドソン【哲学】
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1105776611/l50

こういったスレが良いと思います

464 :名無しさん@社会人:05/03/15 14:41:04
現象学のスレは?

465 :名無しさん@社会人:05/03/15 14:41:56
>>461
ロボットは人間の分身だとか言っていた人がいたな

466 :名無しさん@社会人:05/03/15 14:42:40
>>460
その人間も社会的に構築された産物だってマルクスの言葉は有名だね。

467 :名無しさん@社会人:05/03/15 14:43:47
現象学
http://web.kanazawa-u.ac.jp/~philos/phenomenologie.htm

現象学は認知科学の成果を受けてどのように変容するのでしょうか?
興味あるところですね。

468 :名無しさん@社会人:05/03/15 14:48:57
現象学と認知科学

http://www.iwanami.co.jp/shiso/0948/kotoba.html
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4782801432/qid%3D1110865564/249-2941018-4904311
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/sociology/975324263/584-


469 :名無しさん@社会人:05/03/15 20:40:35
真理の対応説、真理の整合説に続く新たな真理観
それは真理の立ち位置説!

分析哲学も齧る立ち位置系のドン、北田のギョウちゃんもびっくり?!

470 :名無しさん@社会人:05/03/16 10:47:14
ageときまつね

471 :バトラー:05/03/17 13:20:34


     ペ テ ン 命


472 :名無しさん@社会人:05/03/20 12:51:29
良スレ保守

473 :名無しさん@社会人:05/03/20 13:31:26
実況板九州地方スレで地震予知((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
http://live15.2ch.net/test/read.cgi/weekly/1111257091/10-

10 名前:LIVEの名無しさん[] 投稿日:05/03/20(日) 03:51:20 ID:z9JZXt7VO
九州スレで重複なんて初めて見た
ひょっとしたら明日南海地震発生?ガクガクブルブル



474 :名無しさん@社会人:2005/03/23(水) 20:34:00
hosyu

475 :名無しさん@社会人:2005/03/24(木) 23:57:08
ここをご覧の日本全国のみなさん、こんばんは。
いよいよジュディス・バトラーおよび社会構成主義のイカサマ振りを白日の下へ曝す日がやってまいりました。
ペテン師共は有効な反論を何一つなすことができず、ただ批判の矛先をかわそうと必死になっております。
いささか哀れさをもよおす光景ですが、甘やかしてはなりません。ここでトドメを刺すべきです。

あなたの大学にも、教官や学生で社会構成主義を標榜する輩がいませんか?
もしいるのなら、問いかけてみましょう。
「物理的存在も社会的に構築されたものなのかね? そうだたとしたらそれはどのような意味においてどの程度構築されたものなのかね? そもそも社会構成主義を正当化する理論的根拠はあるのかね?」

答え方如何でそいつのペテン師度数が明らかになるでしょう。


476 :名無しさん@社会人:2005/04/29(金) 23:51:37
なにはともあれ『ジェンダー・トラブル』を読むべし。


477 :名無しさん@社会人:2005/05/12(木) 18:50:08
>>476の続き)
イカサマぶりがよくわかります。

478 :名無しさん@社会人:2005/05/15(日) 23:11:54
一度読んで笑い転げればそれで十分でしたがね


479 :名無しさん@社会人:2005/05/16(月) 02:01:19
香ばしいスレだね

480 :名無しさん@社会人:2005/05/16(月) 05:40:02
香ばしい方がお題だからね

481 :名無しさん@社会人:2005/05/17(火) 20:39:09
ポスモダどもへ
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1116175495/

1 名前:人文男 2005/05/16(月) 01:44:55
>ポスモダどもへ

もうおまいらには愛想がつきた。
ただでさえ大学改革の時期で人文系は予算もポストも学術誌の誌面も削られそうで頭痛いのに
さらに他分野からの信頼失うような恥さらしやがって。
世間様はポスモダでない人文系も一括して「これだから人文系は・・・」としか見てくれないんだぞ。
この責任どうしてくれる?
これで人文系全体のパイが減って俺がアカポスつけなかったらおまえらのせいだからな。
科学哲学の連中も、科学哲学ってだけでポスモダ相対主義者って思われるって怒ってたぞ。
実際の科学哲学系の連中はポスモダ嫌いが多いのにさ。
哲板の科学哲学スレ行って謝ってこいよ。

>自然科学系/社会科学系/教育行政担当者さんへ

頼むからポスモダと人文系全体を一緒にしないでください。
少なくとも私は非ポスモダの人文系です。
ポスモダ連中の処理は、そうですねえ、首都大学東京にでも一括して送り込んで、
「都市ポストモダン学部」でも開設したらどうでしょう?






482 :名無しさん@社会人:2005/06/11(土) 07:59:50
154 :名無しさん@社会人:2005/06/11(土) 07:57:54
ハイデガー、ド・マン、デリダと続く脱構築の系譜がナチスとの関連性を指摘されて久しい。
が、ディコンストラクショニストの側から具体的な反論などあったのだろうか?
彼らの政治的な立ち位置とは何なのか論じてみませんか?

他人の政治性云々を「暴き出す」前にまずはしっかり自己分析してて欲しいよね。


483 :名無しさん@社会人:2005/06/11(土) 08:27:45
てか、バトラーはポストモダン論者なのか?

484 :名無しさん@社会人:2005/06/13(月) 17:42:49
【緊急】脱構築とナチズム【討論】
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1118651400/

485 :名無しさん@社会人:2005/07/24(日) 23:17:34
いやあスレたてから一年たったね
おめ!

486 :名無しさん@社会人:2005/07/24(日) 23:18:51
いやあスレたてから一年たったね
おめ!

487 :名無しさん@社会人:2005/08/04(木) 20:32:06
【緊急】脱構築とナチズム【討論】
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1118651400/

488 :名無しさん@社会人:2005/09/04(日) 22:43:02
せっかく意気込んで社会学板にスレたてたのに、コテンパンに論破されて撤退ですか?

489 :名無しさん@社会人:2005/10/25(火) 11:37:03
>>488
論破されてないし

490 :名無しさん@社会人:2005/10/26(水) 07:36:52
バトラー思想の正当性を立証できたわけでもないけどな

491 :名無しさん@社会人:2005/11/17(木) 02:39:10
>>489
ウヨがゴミ撒いてただけというか。

492 :名無しさん@社会人:2005/11/17(木) 10:16:59
ジェンダートラブル500円で買ったけど、読んでない。

493 :名無しさん@社会人:2005/11/18(金) 12:26:04
バトラー、一月に来日するらしい。

494 :名無しさん@社会人:2005/11/18(金) 14:38:48
ほお。講演かな?

495 :クル━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!!:2005/12/20(火) 13:29:58
>>493
告知出てますた! 楽しみだねぇ

■ 2006/1/14「ジュデイス・バトラー講演会」

【日時】2006年1月14日(土)14:00〜17:30(開場12:00)
【場所】お茶の水女子大学講堂(徽音堂)
【題目】“Undoing Gender”
【講演者】Judith Butler(カリフォルニア大学バークレー校)
【司会】竹村和子(お茶の水女子大学)

http://www.igs.ocha.ac.jp/SITE1PUB/sun/4/news/report217.html?t=1134710479923

496 :名無しさん@社会人:2005/12/25(日) 20:10:55
>>491
なら、どう「論破されていないのか」を説明してみな。


497 :名無しさん@社会人:2005/12/25(日) 21:38:21
フェミニストの人って、「ウヨ」とか「ゴミ」とかというカテゴライズを
たいそうよく行いますわね。

498 :名無しさん@社会人:2005/12/25(日) 22:19:52
フェミニズムって復讐の思想だな。

499 :名無しさん@社会人:2005/12/25(日) 22:20:42
有満麻美子ってどうなん?

500 :名無しさん@社会人:2005/12/25(日) 22:47:33
500

501 :名無しさん@社会人:2005/12/31(土) 00:24:29
14日楽しみだね。

502 :名無しさん@社会人:2005/12/31(土) 00:47:37
めったいにない欠陥理論が聞けることでしょう。
TSの大多数の人−その意識と、生き方を抑圧するような。

503 :名無しさん@社会人:2005/12/31(土) 00:59:01
>>502
undoing gender読んだ?
そんな酷いこと書いてあるの?


504 :名無しさん@社会人:2005/12/31(土) 03:23:50
>>491
説明はまだ?


505 :名無しさん@社会人:2005/12/31(土) 23:21:41
外部からの批判はバトラー氏に届いてるの?
それとも黙殺?

506 :名無しさん@社会人:2005/12/31(土) 23:29:28
もともと「文学」の人にしか相手にされてない人だからこいつが逆に黙殺されてるんじゃね?w

507 :名無しさん@社会人:2006/01/10(火) 02:58:15
なんだ、所詮は「文学」の中でしか通用しない話だったのねw

508 :名無しさん@社会人:2006/01/15(日) 00:00:28

12時開場。14時開始。14:50まで sexual politics の話で、それ以降の後半、15:40
くらいまで精神分析の話。前半、セクポリ。トピックは、IS, TS/TG, LG marriage
を各論、フェミとTGの encounter とか。感想。ISNAとかこのひとのことどう思って
るのかなー(微笑)。APAの中のひとカワイソす。医療による囲い込み=権力作用への荷
担=pouvoir/savoiガターイ、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!とかゆう香具師
は、保険証を破棄/返納するか、Christian Science に入信するヨロシ。あと風邪薬
も飲むな。後半、精神分析。異次元ポエム。歌わず語ってね♪。読む時よりも不快さ
が軽減されていて驚く。というか、バトラータソによる朗読テープでも出すと良いのでは
ないか。発話の方が圧倒的に分かりやすい(負の効用が軽減)。ぬるい吉増剛造を聴
いているような感じ。interiorityが勃ちあがるとか、もう爆笑。もののけ姫ですか?
「メランコリーと悲哀」を最近敢えて再読したバトラータソ。「心が血を流す」らすい。
投薬療法って知ってる??「あなた」と呼びかけるとイイらしい。基本的にジェント
ラから何の進歩もなっすぃんぐ。お通辞。術語の訳が滅茶苦茶。精神分析とかどうで
もいいから精神医学とか基本的なことは勉強しとこうね。doing pleasureを「快楽す
る」にはアゲ。あと、性転換とか口を滑らさないように。基本的に立てなくてイイ問
題をわざわざ立てて、それが解けない解けないと騒ぎまくっている感じ。マッチポン
プはインダストリー成功の基本か。大講堂満杯。あとは他の香具師よろすく。

509 :名無しさん@社会人:2006/01/15(日) 07:13:19

なんかたいしたことしゃべってなさそうだね

510 :名無しさん@社会人:2006/01/15(日) 18:50:07
思い込みの激しい馬鹿女だね。^^

511 :名無しさん@社会人:2006/01/15(日) 20:21:14
その馬鹿女を見る為に、雨の中をご苦労な事


512 :名無しさん@社会人:2006/01/16(月) 05:13:29
青土社から、バトラーの解説本出たね。
このシリーズ、サイードとスピヴァクの2冊が先行してたけど。

513 :名無しさん@社会人:2006/01/25(水) 19:54:27


バトラー来日してたのかあ

514 :名無しさん@社会人:2006/03/04(土) 02:35:19
性見つめ、生の可能性問う 米の思想家、ジュディス・バトラーさんに聞く
http://transnews.exblog.jp/2590524

515 :名無しさん@社会人:2006/03/04(土) 21:27:45
健全なスレだな。


516 :名無しさん@社会人:2006/03/05(日) 14:55:45
社会学専攻の女性ってキモいよね?

517 :名無しさん@社会人:2006/03/05(日) 23:52:01
>>516
特にそんなことはない。見聞を広げろ。


518 :名無しさん@社会人:2006/03/06(月) 01:00:14
いや、キモ杉

519 :名無しさん@社会人:2006/03/19(日) 09:49:20
マイケル・J・フォックスに似た女だね。
バトラーさんは。

「女性学」の犠牲者。
たぶん変態性向でしょう。

昔のフーコーさんってオッサンも、すごい変態で色々と問題を起こしてたようだ。

最近の女性学は変態の侵食が進んでるよ。

520 :519:2006/03/19(日) 09:57:58
>>508

>基本的に立てなくてイイ問題をわざわざ立てて、
>それが解けない解けないと騒ぎまくっている感じ。

ご苦労さん。報告ありがと。
バトラーくんは、まさにそれだよね(苦笑)。

変態が勝手に悩んで、問題立てて、言葉遊びして、そして淘汰されて消えて行く。
いつの時代にも変態はいたけど、バトラーさんも淘汰されて消えて行く。

・・・問題を複雑化することが、女性学の輩の「飯のタネ」なんだよね、結局。
バトラーも文学部教授のクセに、医学にまで踏み込んで勝手な引用をするとは・・・。

「UFO」関係のトンデモ本と同じだね、やり口が。

521 :名無しさん@社会人:2006/03/21(火) 00:12:08
心が血を流す
心が血を流す
心が血を流す

まったく意味不明のレトリックだよね。
これについて語ることなんか何かあるの?

522 :名無しさん@社会人:2006/03/21(火) 01:05:49
なし

523 :名無しさん@社会人:2006/03/21(火) 01:45:03
面白いブログ見つけた
http://bloghiro-dive.ameblo.jp/

524 :名無しさん@社会人:2006/03/21(火) 02:51:19
どこが面白いの?

525 :名無しさん@社会人:2006/07/07(金) 14:09:53
あまり面白くないね

526 :名無しさん@社会人:2006/10/06(金) 02:47:40
『現代思想 2006年10月臨時増刊号』
総特集=ジュディス・バトラー 触発する思想
http://yep.it/?tphmis

527 :名無しさん@社会人:2006/10/06(金) 12:05:02
バトラーとかその追随者とか役立たずの文学系フェミは全員死ね

528 :名無しさん@社会人:2006/10/06(金) 12:07:14
>>527
実証系のルサンチマン乙

529 :名無しさん@社会人:2006/10/06(金) 12:30:57
プwルサンチマンだってw
便利な言葉覚えたねボクちゃんw

530 :名無しさん@社会人:2006/10/06(金) 23:50:29
やっぱバトラーって読むだけ無駄なのかな?
ボード理ヤールとかクリステヴァなんかと
同じような感じ

531 :名無しさん@社会人:2006/10/07(土) 17:58:43
>>528
実証系がどうだのという以前に、そもそも社会学じゃないわけだが。

532 :名無しさん@社会人:2006/10/07(土) 17:59:44
>そもそも社会学じゃないわけだが。

あ、これはもちろんバトラーのことね。

533 :名無しさん@社会人:2006/10/08(日) 03:12:24
オペラ座の怪人の人?

534 :名無しさん@社会人:2006/10/08(日) 17:00:15
バトラーは社会学に応用可能。

535 :名無しさん@社会人:2006/10/08(日) 17:29:39
>>534
そりゃあ、なんでもこじつければ、「応用可能」だのとなるかもしれんがね。

しかし、いくらごねようが、一般にそう見なされていないんだからアウト。

536 :名無しさん@社会人:2006/10/08(日) 17:31:21
>>533
それはジェラルド?バトラーだ!
って、つっこんでほしかったのか。

537 :名無しさん@社会人:2006/12/14(木) 03:42:31
↑あほ

538 :名無しさん@社会人:2006/12/17(日) 17:42:49
青土社から出てる現代思想シリーズのバトラーの巻、こういう解説書があると助かるね。
本人の著作を直接読んでも難しくて理解しづらいが、
あらかじめ基礎的な知識を事前に入れてからだと理解がしやすくなる。

バトラーに限らず、このシリーズは個人的にどの思想家の巻も良書だと思ってる。

148 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)