2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

自我は他者の自我のコピー

1 :没個性化されたレス↓:2006/08/09(水) 12:59:04
そのあたりの発生らへんを詳しく

2 :没個性化されたレス↓:2006/08/09(水) 13:13:49
進化論をふまえると「コピー」という概念は極めて普遍的なものだな。
DNAのコピー圧力がここまで複雑な生物を構築してきた。

極端な話、原子のレベルから交換やコピーの概念って続いてるから
この世界にオリジナルのものって無いんだよね。

これらのコピー圧力から逃げることはできん。
自我とて同じだ。

3 :没個性化されたレス↓:2006/08/09(水) 13:31:16
食用のバナナは種がないので枝を土に植えて殖やす。
つまり、その種類のバナナは遺伝子がみんな同じ。

これによる欠点は、この遺伝子で対抗できない病気が
流行ると全滅する点だ。

4 :没個性化されたレス↓:2006/08/09(水) 14:18:44
遺伝子は別に病気に対抗するわけじゃないよ。
偶然かかりやすい遺伝子とかかりにくい遺伝子があるだけ。
遺伝子と環境との関係は確率の問題。目的論みたいのを
混ぜ込んじゃってる時点で失格。

5 :没個性化されたレス↓:2006/08/09(水) 20:47:19


     キンタマをいくつも持つ男


自演コテ犯=【苦悩するドナ ◆oyDevpsyVg =ロボ ◆SOOOOROBOM =◆64XYZ/EQlg 】

 http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1072684936/10-99



 http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1046868314/458-464

 http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1038871730/12-183

 http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1011054931/607-610





6 :没個性化されたレス↓:2006/08/09(水) 23:17:39
自我をコピーするという事は他者の内部にある文化をコピーするという事ではないでしょうか。
遺伝子などのレベルのコピーとはあまり関係ないと思います。

7 :没個性化されたレス↓:2006/08/09(水) 23:28:06
狼少女になるくらいだからなあ。。

8 :没個性化されたレス↓:2006/08/09(水) 23:30:52
ロボをコピーするとドナになるようなもんだ

9 :没個性化されたレス↓:2006/08/10(木) 00:01:00
つまり親が変な奴だと子供も変な奴になる

10 :没個性化されたレス↓:2006/08/10(木) 12:25:52
>>9
子どもは世代を経るにつれ確実にだんだん変じゃなくなる
回帰という現象について大学で習わなかった?

11 :没個性化されたレス↓:2006/08/10(木) 12:33:36
回帰により進化は止まる。まことに複雑怪奇なり。

12 :没個性化されたレス↓:2006/08/10(木) 12:55:26
止まらないよ。
まず教科書を読め。

13 :没個性化されたレス↓:2006/08/10(木) 13:26:00
自我は他者の自我のコピーです。
いろいろな他者のいろいろなコピーの集積が私の自我です。

では、どういう場合に他者の自我をコピーするのでしょうか?
誰の自我をコピーするのでしょうか?

14 :没個性化されたレス↓:2006/08/10(木) 13:34:12
コピーするのはキャノンが良いですか・・・?
それともエプソン・・・リコー・・・?

15 :没個性化されたレス↓:2006/08/10(木) 14:48:26
ゼロックス

16 :没個性化されたレス↓:2006/08/10(木) 17:16:29
つまり俺に責任はない。俺が変なのは親が変な奴だったからで子供は親を選べないので俺は悪くない。

17 :没個性化されたレス↓:2006/08/11(金) 18:42:42
>>16
責任はあります。親が変だからと言ってすべてが免責される訳ではないでしょう。
同情に値するケースもありますが、責任は責任でしょう。

18 :没個性化されたレス↓:2006/08/12(土) 11:44:33
>>13
一つは、攻撃された場合ですね。
攻撃と言っても物理的な攻撃というより精神的な攻撃です。
もちろん精神的な攻撃に物理的なモノが伴っていても構いませんが・・・。

攻撃が自我に響けば、それは自我のコピーに結びつきます。
教育やしつけはこのメカニズムを利用して行われています。
教育やしつけの際に子供を叱るのは、「叱る」という攻撃を契機として
子供に何かが伝わるからです。何かを伝えるために叱るのです。

ですから、子供を叱らない教育は子供をなかなか成長させられないでしょう。

19 :没個性化されたレス↓:2006/08/12(土) 17:16:23
問題は叱る叱らないではなく一貫性があるかないか。

20 :没個性化されたレス↓:2006/08/13(日) 15:34:35
>>19
親の自我に一貫性がなくても子供はその自我をコピーすると思いますが・・・。

ある他者の自我をコピーするためにはその他者と何らかの形で人間関係を持たなければ
ならないと思いますがどうでしょうか。
まったく人間関係を持たない他者の自我をコピーするというのは考えにくいですよね。
自我に一貫性があるかないかよりその他者とどういう関係を結んだかの方が
意味があるのではないでしょうか。

21 :没個性化されたレス↓:2006/08/16(水) 18:07:15
自我は自分より安定しているように見える自我をコピーしますよね。
誰かをモデルとした自我のコピーですね。

22 :没個性化されたレス↓:2006/08/17(木) 18:28:00
自我は他者の自我のコピーです。あちこちでいろんな人の自我のいろんな部分をコピーします。
ですからそうやって出来た自我には一貫性がありません。矛盾だらけになります。
自我が矛盾だらけでは行動できませんから、他者からコピーした自我の要素同士でできるだけ
一貫性を取れるように自我は調節します。その為には自我から排除しなければならない要素も
出て来るでしょう。そういう要素は自我から追い出してエスの落とす事になります。
そうやって自我の一貫性を保とうとします。

23 :没個性化されたレス↓:2006/10/23(月) 03:27:09
うるせーピーコ

24 :没個性化されたレス↓:2006/10/26(木) 22:21:30
だまりなさいおすぎ

25 :没個性化されたレス↓:2006/10/26(木) 23:21:27

                       _,,t-‐‐-、,-‐‐-、
                     三'::::::............... .....::::::`y,.
                     ナ::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::ヾ
              | ̄|   V::::::::::::::::_{{ ({∫∬ノノjヾ:::::{
           | ̄| | ̄|   ナ::::::::::::::i`__,,,,,,,ァ_  _,,,,,_ t;;:ヌ
           |  | |  |  イヘ::::::(ヾ~!,ャt、 !'''i ィtン )=f }f   バカが集まったな
           |  | |  |  i {t)テ" ヘ' '___,イ ヽ_/ 介'      
           |  | |  | _,rヘ_,j|!'     /ー--''!     |'     
           |,.ィ―'''' ̄ /| |       /二ク     !      
           /;;:::'';;::''::;;:/ { ! 、     ヾニン   ノ\
            /'''::::;r|''':::;;;|  | ! \       _,,./|::;;'''\
        /:;;/ |;;;''::;;|   丶\  `__>-ー´   !;;;:'''::iヽ、
          i/   |'::;;;;''|      三 ―''"       !''::;;;;| /ヽ
        /⌒ヽ  |;;''':::;|       \            !;;::''|/  i
         /     \{'';;;::''}          ̄二ニ=    !::;;|   |
        /ヘ     |;;:::::;{            ‐-      !/   |
        /  i     |:::;;;''!             ー       !  / |
     /   l     |;;'';イ                   }   {、
     〉、      ∧テ{ ヽ  _   _,,,,;;;;;:::-==ニ;;;_   ノ __,イ´
      / \_    //レ!      ̄           ̄ { ̄  |



26 :没個性化されたレス↓:2006/11/03(金) 19:31:10
>>20
しかし、自我というモノはある程度一貫性のあるものだと思いますね。

自我に一貫性がなければ自我としての役に立ちませんから。
行動に一貫性がなくなり、行動がバラバラになってしまいますから。

27 :没個性化されたレス↓:2006/11/03(金) 19:32:48
>>1
人間の自我がどのように発生したかは分かりませんが、個人の自我は
まずその親の自我をコピーして、その基盤の上に次々と他者の自我のコピーを
積み重ねていってできているものでしょう。

28 :没個性化されたレス↓:2006/11/12(日) 11:17:08
>>18
近頃は子どもを叱らない親がいるそうですが、
そんな事をすれば、子供の自我は育たず、とんでもない人間になってしまうでしょう。

29 :没個性化されたレス↓:2006/11/12(日) 12:39:23
自我は他者のコピーの集大成。
自我は安定している他者をコピーする。
他者の振るまいが精神に響くことによって自我が変わる。
自我は自我を調節する(一貫性を持たせる)機能がある。
自我が一貫していないと行動できない。
責任は責任で、悪い振る舞いは、あなたの責任。

要約
自我は他者のコピーの集大成である。
自我はただ受身的に他者をコピーするのではなく、
安定している他者を見つけそれを優先的にコピーする。
また、他者によって自我が変わる場合は
他者の振るまいが“精神に響く”ことが起きなくてはならない。

他者のコピーである自我は、そのままでは一貫性がない。
一貫性がなければ、行動できないが
自我には、一貫性を生み出すための調節機能がある。

面白いのだが腑に落ちない部分がたくさんある。
質問
1.自我はどこにあるのか。
2.自我を調節する自我の機能は生得か、他者によって作られるのか、両方か。
3.自我の変化は精神(の響き)を通して行われるが、その精神とは何処にあるのか。
4.自我を左右する精神はどうやって作られるのか。
5.精神を作るそれはどうやって生み出されるのか。
6.安定した他者を見つける自我の機能は、どのようなシステムで成り立っているのか。
7.そのシステムを動かす者は何か。

30 :13:2006/11/24(金) 23:48:01
>>29
>>29
>1.自我はどこにあるのか。

どこにあるのでしょうか?
そういう事をあまり考えたことがないのでよく分かりませんが、
脳のどこかの領域を占めているというようなモンじゃあないでしょうね。
自我は幻想(=観念)ですからねえ。実体がある訳ではないと思います。

私の抱く観念の中に私の「自我」も私の外部の「世界」も含まれています。
あらゆるモノが私の内部に観念として存在しています。私の内部にすべてがあります。

31 :没個性化されたレス↓:2006/11/24(金) 23:50:34
自我はそのすべての幻想の一部分です。

32 :13:2006/11/25(土) 00:20:14
>>29
> 2.自我を調節する自我の機能は生得か、他者によって作られるのか、両方か。

自我を調節する機能とはどういう機能のことを指しているのでしょうか?
自我の一貫性を維持しようとする機能のことでしょうか?
自我の一貫性の邪魔になる要素をエスへと追いやって抑圧し自我の形を維持しようとする機能
のことですか?

もしそれだとして、どういう力が働いて自我の形を維持しているのでしょうね。
一貫性を維持すると言えば聞こえはいいですが、要は自分の見たくないモノは見ないようにしよう、
都合の悪いモノは見えない所に追いやっておこうという事ですが・・・。
自我がそのようにして諸々の観念の内容をチェックして取捨選択しているという事ですから、
生得的なモノとは考えにくいですね。自我のそういう機能も他者からコピーするんでしょうかねえ。
そのあたりは分かりませんねえ。

ただ、自我の形を維持しようとする原動力は生得的な何かのような気がします。
例えば、もし、動物に生きる事を目指す本能的なエネルギーのようなモノが存在するとすれば
そういうエネルギーに近いものが自我の一貫性を維持しようとする力になりそうな気はしますが・・・。





33 :13:2006/11/25(土) 00:25:19
自我の機能は大きく分けて2つあるでしょうね。
1つは現実に適応する事で、もう1つは自尊心を守って自我の一貫性を保つ事だと思いますね。
この2つの機能はしばしば矛盾するので自我はその対処にその都度苦慮する事になります。

34 :没個性化されたレス↓:2006/11/25(土) 00:33:01
>>29
> 3.自我の変化は精神(の響き)を通して行われるが、その精神とは何処にあるのか。

これは「心はどこにあるのか。」というのと同じ質問ですよね。
人間の精神全体、パーソナリティー全体は、生まれてから現在までのすべての記憶によって
構成されている1つの記憶体系だと考えられます。
その記憶体系の一部分が自我として現実に向き合っていて、
その他の大きな部分がエスとして現実から遮断された状態で存在するという事ではないでしょうか。


35 :没個性化されたレス↓:2006/11/25(土) 00:34:06
>>29
> 4.自我を左右する精神はどうやって作られるのか。

生まれてから現在までのすべての記憶が精神を形作っているのだと思います。


36 :没個性化されたレス↓:2006/11/25(土) 00:37:23
>>29
> 5.精神を作るそれはどうやって生み出されるのか。

「それ」が何を指しているのかよく分かりません。


37 :没個性化されたレス↓:2006/11/25(土) 23:25:08
自我のコピーには攻撃者との同一視と言うメカニズムが働いていると言われています。

38 :没個性化されたレス↓:2007/02/18(日) 18:10:32
>>29
1.自我はどこにあるのか。

自我は自分と相手との人間関係の中に存在します。

13 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)