2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ニートの法則

1 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 18:04:42
僕は学生なのですが、ある法則を発見しました。
ニートの法則です。
「ニートとは、ウィルスのように、自己満足で生きる、人の気持ち、痛みの分からない人たちです。」
ウィルスですから、滅菌しないとね。でかい口たたくな、ちゅうことです。
まあ、反論あるニートのかたはお書き込みください。
反論できないと思いますので、すぐに落ちると思いますが…

2 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 18:30:15
ニートだって懸命に生きているんだよ

3 :誘導:2006/09/24(日) 18:40:45
>>1
こちらで議論おながいしまつ

★★どうしてニートしちゃいけないの?★★
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1145446455/


4 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 19:06:34
>>1
頭悪そうな学生だな。無知を自覚している高卒ニートの俺より馬鹿だろ。

何よりまず、法則になってない。
そもそも論拠となっている言葉の定義が出来ていない。
イギリスのニートの定義なのか、日本におけるお役所様の
ニート利権構造に絡みとられた定義なのか。

いずれにせよ、分析的、論理的、類推的でない
偏見に満ちた結論在りきの法則を信じる人間は
哲学板にはいない。

5 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 19:41:44
同情引いて、何か与えたら、全部自分のものにするニート
>>4
ニートとは、そういうものです。
でかい口たたくな、ちゅうことです。
人のために何かしてるわけでもないのに…

6 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 19:49:05
>>4
高卒ニートですか。本当に頭悪そうですね。
僕は東京○科大学理学部数学科現役合格でした。
ごめんなさい、同じ試験合格した人ぐらいの人だったら、話せるかもしれないけど、
高卒ニートだったら、話通じそうにないですね。

7 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 19:55:36
>>1「ニートとは、ウィルスのように、自己満足で生きる、人の気持ち、痛みの分からない人たちです。」
↑法則?どこが?


8 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 20:03:35
生きること自体が自己満足みたいなもん

9 :4:2006/09/24(日) 20:07:25
>>5
>>6
俺の反論したのに対して、人格攻撃の
詭弁を用いるだけしか能のない人間には興味ないよ。
もっとまともな反論をしろ。

10 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 20:10:08
>>1
あなた何年生?

11 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 20:59:30
>>1
「優秀な学生」くんがニートたちに正義の鉄槌を下そうとしたのだが
中身が軽薄だから学歴でしか反撃できたかったね。残念!

12 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 21:12:46
正確にならこう書くべきだ

「Aわたしはここに「ニート」というラベルを用意した。
 Bわたしはこのラベルを「自己満足で生きる、人の気持ち、痛みの分からない人たち」に貼り付けることにする。
 Cこのラベルを貼った人たちは「ウイルス」に似ている。

 Bを見ればわかるが、もちろん私は唯物論者ではない。心の存在を認めている。
 だがCに書いたようにウイルスは物であり、心を持たないということも同時に主張しよう。
 さてココに矛盾が生じるわけだが心が物に宿るとした場合、ある一定以上の複雑さをもつ体系に心は宿ると私は考えている。」

13 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 21:15:12
よって 私は
「「自己満足で生きる、人の気持ち、痛みの分からない人たち」はある一定以上の複雑さをもつ体系を有していない」と主張する

14 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 21:16:43
>>7-
論理的に攻撃できてない気がします。
バカの相手はしたくないので、これから放置します。
ニートさん、頑張ってー
まあ、2chってこんな感じなのかな?

15 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 21:25:26
みんなが書き込んでくれないのは
君におろかさや狂気が足りないからだよ

釣りにしても平凡すぎるし アナコンダがもうちょと面白ければ
俺も書き込まないところだ

16 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 21:53:41
>>7
君の言うバカも相手してやってもいいじゃない。
このスレはニートだけじゃなく、社会人とかもいるかもよ。
残りの学生生活いろいろがんばって。

17 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 22:01:29
また今日も秋葉原で死傷事件をだすところだった

18 :四式:2006/09/24(日) 22:31:57
逃げ腰でエゴ丸出しの言いたいことだけを言って去って行くような事も
2chだから許される、受け入れられる、そしてその分かりやすさに好意すら
持たれているのだ。2chはこんなにも素晴らしくそしてネラーは暖かく厳しい
なんというシステムだ!!

19 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 22:51:30
ホント馬鹿だな

20 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 03:40:48
ニートだって懸命に生きているんだよ

21 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 03:50:16
1は在日

22 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 03:55:06
おろかなり学生よ、ニートとは実際には学生となんら変わりないが
ニートという言葉を発明したのが大学の教授であるが故に自分と商売相手を保護する為
教育に関与しない人々。というくくりを付け加えたに過ぎない。
その証拠に我々はホームレスと自分とにどんな違いがあるのか説明する事が出来ない。
真実我々が何かを所有している、と言う事が幻想では無いと言い切れるのか?
我々は何も持たない事によって全てを持っているのだ。さぁ一緒にアッラーの神に祈ろうぜ!

23 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 05:32:46
僕は社会人なのですが、ある法則を発見しました。
>>1の法則です。
>>1とは、ウィルスのように、自己満足で生きる、人の気持ち、痛みの分からない人たちです。」
ウィルスですから、滅菌しないとね。でかい口たたくな、ちゅうことです。

学生のくせに安易なニート批判してんじゃねえよ。学歴まで公表して。






24 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 06:07:33
キモい

25 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 06:10:28
ニートだって懸命に生きているんだよ

26 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 06:15:24
死ねばいいのに

27 :考える名無しさん :2006/09/25(月) 06:16:29
【ぴかぁ〜】
年齢28才
東京近郊某無名私立大学中退
いまだにもらっているお小遣いは月5万円
ねらー歴5年ちょい
現在もニート継続中

28 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 12:01:15
>>27
ぴかぁ〜は、フリーターもたまにやってるんじゃないの?
あと、年齢は、思想内容からして、40前後だと思うよ。
彼ほど思想的に筋金入りなら、ニートであろうとも尊敬に値するんじゃないの?

29 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 13:54:51
○都大学大学院博士課程修了。理学博士。
赤ポス落ち以来ニート歴3年。一般企業適正0。

30 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 14:18:23
>>1
自己満足を、何人たりとも否定できる人間は存在しません。
現にあなたがスレをたてたのもそれにあてはまります。

人の気持ちをわからないとおっしゃりますが、人の気持ちを
察することの能力の有無が、教育を受けることや就労に決定的な
影響を与えているとは思えません。
あなたが学生だという事実も根拠になりますね。


31 ::2006/09/26(火) 15:35:39
>>30
力学的に潰そうとしただけです。
あるニートが自分の親を悲しませそうな発言をうけて、書き込みました。
自分の立場を棚に上げる発言にいらいらしました。

32 ::2006/09/26(火) 15:41:52
働かずともお金の手に入る我らは幸せで、経済界の奴隷は不幸発言に、ぶち切れました。
働いている人は汗水流して、自分の生活や愛する人を養うために頑張っていると僕は思っていたからです。
てめえ、何もしてねえくせに、頑張っている人を馬鹿にしていたので、むかついたのです。
それで書き込みました。

33 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 15:55:28
ポエムは自分の日記帳にかきなさい
ココは俺のメモ帳だから

34 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 16:43:39
結論
容姿・性格・能力のいずれも良い部分がないものは、ニートになりやすく、すぐにでもくたばったほうがいい。

35 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 16:46:52
容姿端麗頭脳明晰協調性皆無

36 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 17:01:25
ニートだって懸命に生きているんだよ

37 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 17:21:22
そんなこと言ってたらキリがない

38 ::2006/09/26(火) 17:54:15
>>35
あの人はそうじゃない?

39 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 18:26:55
>>38
オマエモナー

40 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 19:47:43
>>1「ウィルスですから、滅菌しないとね。」
ウィルスは菌じゃない

41 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 20:34:01
>>32
学生って立場で安易なニート批判するのが滑稽に見えるんだよ。
社会で汗水たらし、ストレス溜めて働く人の立場わかるのかな?
自分でアルバイトで学費稼いでいる方だったら話は別だけど・・・。

>>1-5-6-14と>>31-32-38って同じ方?



42 ::2006/09/26(火) 21:26:15
>>41
ニートに言われたくないんじゃない?

43 ::2006/09/26(火) 21:33:33
また放置しまーす

44 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 21:34:26
>>42
書き込むやつニートだけとは限らないよ。
あたな学生さんだよね?


45 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 21:38:33
ニートとわいわゆる僕のことである。

46 :純一:2006/09/26(火) 21:58:02
なるほど、じゃあ私が反論してあげよう。

47 :純一:2006/09/26(火) 21:59:43
ちなみに、私もニートですがね。

48 :純一:2006/09/26(火) 22:01:08
日本におけるニートの定義については、英国とは社会状況が異なることから
いわゆる日本型ニートとして再定義されている。研究者によって定義は異なるが、
厚生労働省の定義は15歳から34歳までの非労働力人口のうち、

@未婚で家事・通学をしていない者
A学籍はあるが通学をしていない者
B既婚者で家事をしていない者

となっている。


49 :純一:2006/09/26(火) 22:02:42
ニートは、しばしばフリーターと同列に語られることがあるが、
これは両者がいずれも労働経済問題であるためで、本来はフリーターが
臨時雇用という形で労働を行う一方、ニートはそれを行わないという違いがある。
また失業者とニートでは、前者が就業に向けた活動を行っているのに対し、
後者はそれを行っていないという違いがある。

50 :純一:2006/09/26(火) 22:04:25
近年、日本においてニートが増加した背景には次のような要因がある。

@バブル崩壊の影響により1993年頃から約10年間、
 有効求人倍率が1.0を下回る状況が続き、失業者の再就職が困難であったこと。

A新入社員に過度なノルマが科せられ、サービス残業を強要される等の
 違法行為が横行した結果、体調を崩し退職した者が増加したこと。

B就職難のため希望通りの就職ができない者が増え、
 雇用のミスマッチが生じたこと。

51 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 22:05:23
学生が自尊心を傷つけられて怒っているということがよくわかった。
ただそれだけだが

52 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 22:09:31
>自己満足で生きる、人の気持ち、痛みの分からない人たちです
ニート非ニートにまたがって存在する1のような人たちです。

53 :純一:2006/09/26(火) 22:10:32
・経済が低迷し、若者を社会に送り出せなかった時期がある(谷垣禎一財務相)2006.4.26

・その気になればいくらでも仕事はあるはずなのに働こうとしない(小泉純一郎総理)

・一度自衛隊にでも入ってサマワみたいなところに行ってみてはどうか(武部勤自民党幹事長)

・ニートとは就職活動もしない、また就職してから生かせる勉強もしないという無気力、
 無関心状態に陥ってしまった若者のことの総称で、生きる気力もないのに親が毎日御飯を出している。
 そういうことを社会問題にして認め出している風潮自体が、ニートを増長させている。(池田佳隆 日本青年会議所 会長)2006.6.7

・若者に農業に就かせる「徴農」を実施すれば、ニート問題は解決する(稲田朋美衆議院議員)2006.8.29

54 :純一:2006/09/26(火) 22:11:23
・本人たちは「誰の迷惑にもなっていない」と言うかもしれないが、親の稼ぎで食わしてもらっているうえ、
 国民全体で支える公共的サービスは享受している。病気でもない働き盛りの若者が、漠然と他人に寄生して
 生きているなど、とんでもない。自分の力で生きようとしない彼ら自身も問題だが、最も責任が重いのは
 厳しいシツケもせずに、ただ甘やかせている親たち。どうかしている。親自身が自立していないから、
 子供がまともに育たないのである。僕は自宅で小鳥を飼っているが、親鳥はヒナが大きくなるまでは
 一生懸命に世話をするが、一定の時期がくると冷たいほど突き放して巣立ちさせる。ニートの親は
 動物にも劣るといっても過言ではない。政府は「少子高齢化の進む人口減少社会で、経済の活力を
 一段と失わせかねない」として、今後、ニートの就職支援に本腰を入れるというが、果たしてそんな
 次元の話なのか。僕に言わせれば対策は簡単だ。一定の猶予を与えて、親が子供を家から追い出せばいい。
 無理矢理でも自分の力で人生を生きさせるのだ。追い詰められれば、彼らも必死に考えて行動するはずだ。
 それでも働きたくないというなら、勝手にすればいい。その代わり、親の世話には一切ならず、
 他人に迷惑(犯罪も含む)もかけず、公共的サービスも受けないことだ。無人島でも行って自給自足の
 生活でもすればいい。(小沢一郎民主党代表)

55 :純一:2006/09/26(火) 22:15:01
ニート利権(ニートりけん)とは、ニート問題における造語のひとつ。

官僚らが利益を得ることを目的に、本来は労働政策における失敗であるニート問題を、
当事者の責任にすり替え、国民の危機意識を煽動することで、国から対策のための予算を獲得し、
無駄なポストを増やしたり、私のしごと館を筆頭とする、様々な天下り先を用意するなどの行為によって
利益を得ることのできる権利をさしてつかわれる。又、ニート問題と銘打って各方面の学者や研究者が
大学や研究所内部での権益確保を名目とした調査・研究を実施したりすることもある。というのも、
昨今のニートに対する社会の関心の高まりを背景としてニート関連の研究では世間の関心を集め
且つ研究の為のポストや予算が割り当ててもらいやすいという事情も絡んでいると推測される。
後述の本田はこのような観点も含めて、日本でのニートの紹介者となった玄田有史らを批判している。
場合によっては、ニート問題にかこつけて(特に、マスメディア上で)発言される一部知識人や評論家の
俗流若者論を含めることもある。昨今の俗流若者論の多くがニートを実態以上に危険視している点も
留意されるべきであろう。

56 :純一:2006/09/26(火) 22:16:33

徴農制度(ちょうのうせいど)は、
軍事における徴兵制度と同様に農作業への従事を国民の義務として定める制度。

本来は第一次産業に従事する人員数の確保を目的としているが、毛沢東主席時代の中国における
下放政策やポル・ポト政権下のカンボジア(民主カンプチア)のようにしばしば人格形成のカリキュラムとして
採用されるケースが存在する。こうした傾向は極左思想だけでなく極右思想においても共通しており、
近年の日本では右派に属する政治家が「ニートを徴農制で叩き直す」と言ったプランを主張する事例も
見られるようになっている。しかし、こうした制度の義務化は日本国憲法第18条(奴隷的拘束及び苦役からの自由)
に反するものと言う解釈が通説になっており、憲法改正を伴わなければ日本において徴農制が実施される
可能性は極めて低いと見られている。

57 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 22:25:22
そもそも働いてもいない>>1はニートに文句言える立場かよ
人の気持ちや痛みを分かってないのはお前だろ
安易な考えで書き込んでんじゃねーよ

58 :純一:2006/09/26(火) 22:30:16
>>31
>力学的に潰そうとしただけです。
>あるニートが自分の親を悲しませそうな発言をうけて、書き込みました。
>自分の立場を棚に上げる発言にいらいらしました。

>>32
>働かずともお金の手に入る我らは幸せで、経済界の奴隷は不幸発言に、ぶち切れました。
>働いている人は汗水流して、自分の生活や愛する人を養うために頑張っていると僕は思っていたからです。
>てめえ、何もしてねえくせに、頑張っている人を馬鹿にしていたので、むかついたのです。
>それで書き込みました。

メディアのニート批判というのは、恣意的な場合があるんだから、
実際に友人とか本物のニートに会わないと分からないと思うがね。

・日本テレビは、NNNドキュメント’05(2005年3月13日放送)のニート特集で、
 劇団員を使ったやらせを行い問題となった。
・NHKは、にっぽんの現場「ニートからの脱出」において、精神疾患の症状を示す出演者を
 ニートとして特集し、障害者を中傷する内容として批判を受けた。

59 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 22:31:59
ニートは自然に逆らってなったか自然になったかのどちらかだ。まあ何にしても皆落ち着くところに落ち着くよ

60 :純一:2006/09/26(火) 22:35:34
むしろ、>>55のニート利権から考えた方が良いと思うね。

>官僚らが利益を得ることを目的に、本来は労働政策における失敗であるニート問題を、
>当事者の責任にすり替え、国民の危機意識を煽動することで、国から対策のための予算を獲得し、
>無駄なポストを増やしたり、私のしごと館を筆頭とする、様々な天下り先を用意するなどの行為

順番としては、

@労働政策における失敗によるニート問題
         ↓
Aニート当事者の責任にすり替える
         ↓
B国から対策のための予算・ポスト・天下り先を獲得

という構造を踏まえましょうや。

61 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 22:36:38
>>1
君のような熱意ある若者の考えは理解できる。
人を愛する心を失っている若者が多い中、君は立派だ。

>自分の生活や愛する人を養うために頑張っていると僕は思っていたからです。

この発言なんてお涙ものだ。

しかし、ここは2ちゃんねる。
ニートの本拠地があるところだ。
場所が悪い。まわりは敵だらけなのだから。
君がその主張をしても理解できる人が少ないんだ。
だから、撤退したほうが良い。
奴らに叩かれるだけだぞ。

62 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 22:38:33
たぶん>>1は悪を憎んでるうちに自らも悪へと化すタイプだな
罪を憎んで人を憎まず という言葉を知らないのか
憎しみは憎しみを生むだけ、批判してるだけじゃ社会の害であるニートと何ら変わりは無い

63 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 22:41:12
上に上がっても もう恐くない。時間の理で一歩先いっている

64 :純一:2006/09/26(火) 22:49:22
あと、テレビ、雑誌、新聞等のメディアによる
ニート批判はアテにならないよ。

各メディアのスポンサーは企業であって、
その広告費で成り立っている以上は企業に都合の悪いことは言わない。
逆に言えば、企業に都合の良いことばかりいうのがこの種のメディアで、
ネットでの情報以外での公共のメディアを使ったものは基本的に企業と
いうスポンサーのバイアスがかかっていると見なした方が良い。

要するに>>1はこのメディア戦略に踊らされる可能性もある。

65 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 22:51:31
 フリーターやニートという言葉が使われるようになってどのくらい経つのだろうか。フリーターもニートも先ごろの若者気質のように扱われ、若者が好きこのんで甘んじているかのように言われている。いわゆる自己責任論である。
果たして、本当に、若者が好んでフリーターやニートを積極的に選択しているのだろうか。
 A君は38歳、勤め先をトラブルをきっかけに退職してからハローワークに通い続けたが、不採用の連続で今はニート状態である。親や周囲から就職活動をあきらめず続けるように、がんばれといわれ続けているが、もうどうしても気力がわかない。
このままではいけないとおもいつつも、どうせ断られるに決まっていると思うとハローワークに行く気になれない……。
 私たちが暮らすこの社会の状況は、今、企業は利益追求のために正規雇用を極力減らし、パートやアルバイト、派遣労働や業務委託などを拡大している。労働行政も同じ方向で規制緩和を進行させている。
 正規雇用も決して安心ではない。残業どころかサービス残業の蔓延、過労死も他人事ではない。また、社会保険の不適用も周知のところである。こうした違法にたいして労働基準監督署や社会保険庁が取締りをしているという話は聞かない。
黙認状態なのではないだろうか。
 長い間、専業主婦を中心に多くの女性があたかもパート就労を自ら選んでいるように扱われてきた。つまり女性のパート(非正規雇用)は自己責任であるということになる。
格差社会の進行とともに、フリーターやニートの増大はいよいよ男性にも非正規雇用の波が押し寄せてきたということであろう。
 非正規雇用は企業による労働力つまり人間の使い捨て現象と理解すべきである。ましてや労働者の自己責任ではない。あらためて企業の雇用についての社会的責任を問いたい。
さらに、行政の責任とは、企業の利益増のサポート役なのか、国民の暮らしのサポート役なのかどちらが優先するのかを問いたい。
http://www.janjan.jp/living/0609/0609250710/1.php

66 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 22:58:16


そ も そ も 天 皇 が 元 祖 ニ ー ト 

67 :純一:2006/09/26(火) 22:59:35
このひろゆきの文章も読みましょう。
冷静に考察すると、色々とニートの定義のおかしいところがわかります。

http://blog.livedoor.jp/hirox1492/archives/10732223.html
http://blog.livedoor.jp/hirox1492/archives/10732223.html

68 :4:2006/09/26(火) 23:01:23
>>32
汗水流して働く人間が、何故働くのかを考えたこともないんだろう。
お前が思ってることは、江戸時代の鈴木正三、石田梅岩の道徳観念そのままだ。
大学行って、ウェーバーすら読まないのか?
働くことに疑問を持たず、働いてる人間が奴隷という意見には一理ある。
しかし、それは置いといて、そこに疑問を持たず、むかついたのですなどといった、
噴飯物の理由でスレを立てるな。

いずれにせよ、無知を知れ。お前はニートの俺にすら馬鹿にされてしかるべき阿呆だよ。

69 :純一:2006/09/26(火) 23:06:33
>>67
>ちなみに、ニートというのは、糸山さんが書いているとおり、
>「Not in Employment, Education or Training」の略です。
>英語では、雇用されていなくて、教育や訓練を受けてるわけでもない人という意味なんですね。
>従って、ホームレスもニートだったりするわけです。
>前にソウルに行ったときに、物乞いのおっさんを見たわけですが、
>あれはホームレスじゃなかったんでしょうか。。。

つまり、元祖「ニート」の定義では、

・ホームレスが含まれる

しかし、日本の「ニート」の定義では、

・ホームレスが含まれない

となる。

70 :純一:2006/09/26(火) 23:10:17
>>69みたいにしたのは、ホームレスを「ニート」の定義に含まないことで、
自分達の労働政策の失策であるとのニュアンスを除外したかったんじゃないですかね。

外来語の語弊ですね。「失業者」と括ってしまえば、この「ニート」という
用語を使うことでのニュアンスとは全く違ったものになる。
しかし、本来の定義であるとホームレスが含まれる。

となると、実質的に英国式のニートとは、
ホームレス化した若者という程度の意味なのかもしれませんな。
そこには労働政策の失策であるとのニュアンスはまだ残っているわけで。

71 :7、11、23、41、44:2006/09/26(火) 23:12:08
>>43
都合悪くなったから放置かよ?優秀な学生くん。

72 :純一:2006/09/26(火) 23:15:14
「ニート」という外来語が輸入されたことで、
本来の、ホームレスを含むという意味から、
ホームレスを含まないという日本的な定義へと変質されて使われた。

なるほど、そうなると労働政策は失策ではないが、
自発的に働かない若者が存在することになるというニュアンスを
持たせることができるようになる。

しかし、本来の定義では、ホームレスが含まれ、
労働政策との関連性は残っている。英国でも働かない若者がいるが、
これはホームレスを含み、尚且つ労働政策とも密接に関連した用語と
して扱われているのだろうが、日本に輸入された際には、このうち、
ホームレスを含まない定義になり、また、若者という点だけが強調されて、
今のような概念になったというところだろうね。

73 :純一:2006/09/26(火) 23:19:04
すいません、>>67のリンクが一個間違ってました。
こっちです。
http://blog.livedoor.jp/hirox1492/archives/10562267.html

74 :4:2006/09/26(火) 23:21:06
そもそもニートという言葉は、イギリスでは一般に使用されてない。
ターム

75 :純一:2006/09/26(火) 23:26:56
>>72をまとめると、

・輸入された日本式「ニート」の定義
 @ホームレスを含まない(労働政策との関連性無いとのイメージ)
 A怠けていて働かない若者(というイメージ)

・本家本元の英国式「ニート」の定義
 @ホームレスを含む(労働政策との関連性を前提)
 A階級としてホームレス化し働かない若者(という現状分析)

76 :純一:2006/09/26(火) 23:31:43
となると、何が起こったのか再構成できるね。

>・本家本元の英国式「ニート」の定義
> @ホームレスを含む(労働政策との関連性を前提)
> A階級としてホームレス化し働かない若者(という現状分析)

という論文か何かで見かけた学者が、
これは日本で流行ってるひきこもりと同じ現象じゃないかと勘違い。
労働政策の失策で増えた若年失業者を一緒に厄介者として定義できると
思って、英国式「ニート」の定義を勝手に意味もよくわからずに輸入する。

しかし、よく意味もわからずに「ニート」を輸入した為に、
肝心の定義のニュアンスが日本に輸入された際に以下に変質してしまった。

>・輸入された日本式「ニート」の定義
> @ホームレスを含まない(労働政策との関連性無いとのイメージ)
> A怠けていて働かない若者(というイメージ)

こんなとこか。




77 :純一:2006/09/26(火) 23:37:11
続いて>>67より、

>そんなわけで、話が変わりますが、引きこもりの人たちは全国に60万人いると言われています。
>前回の糸山さんのように、「若者は働くべきだ」と考えている人が多いようですが、全国60万人の
>ニートやら引きこもりの人が働きだしたらどうなるか考えてみます。
>ニートの人が働くからといって、突然求人が増えたりはしません。従って、60万人が就業につくということは、
>別の60万人が失業することになります。
>親元で生活をしているようなニートや引きこもりが失業しても、今までどおり暮らしていけますが、
>家賃を自分で払っていたり、誰かを養うために働いている人まで失業してしまうわけです。
>失業者がどうしてもお金が欲しいと思ったら、借金をして自己破産するか、犯罪に走るしかありません。
>雇用対策もなしに、60万人も労働人口を増やしたら、犯罪者が増えただけという結果になりかねません。

>んでは、なんで「ニートは外に出て働くべき」という考えが生まれるかというと、二つ理由がある気がします。
>一つ目、経営者にとっては、有利だったりします。
>労働者が増えるということは、時給800円で募集していた仕事を時給700円にしても、
>応募者が出てくるということなんですね。他に仕事がなければ、給料が低くても我慢して働く人たち
>というのは増えてきますから、、、
>二つ目、ニートや引きこもりの人は、働かないで暮らせるわけですから、富裕階級だったりするわけです。
>そうすると、毎日、汗水たらして働いている人たちにとっては嫉妬の対象だったりするわけです。
>でも、よく考えて欲しいのは、毎日働いてる人にとって、ニートが働き始めたら、失業するかもしれないし、
>給料が下がるかもしれないってことなんですね。

>というわけで、ニートや引きこもりが働き始めると、、、、
>
>・失業者が増加
>・犯罪が増加
>・給料が下がる
>
>悪いことだらけなんですが、それでも、彼ら彼女らに働いて欲しいんでしょうか?

78 :4:2006/09/26(火) 23:40:49
そして、ニートという得たいの知れない、
響きの良い用語は、メディアに取り沙汰され、一人歩きし、
日本教概念における、空気を醸成し、絶対化し
私のしごと館に代表される様々な利権を生み、
税金の無駄を生んだと。

79 :純一:2006/09/26(火) 23:45:22
つまり、本家本元の元祖英国式「ニート」の定義を貫徹するなら、
それは階級問題によって、再生産された階級によってホームレス化する
若者達に対してどういった労働政策をとるべきなのか?
というニュアンスであったと思われるわけだ。

しかし、日本式の「ニート」定義ではこのニュアンスは失われている。
本来の階級的再生産が巧妙に度外視されている。それによって、皺寄せが
若者に来ているというニュアンスは外され、それが階級とも労働政策とも
無関係で、勝手に自発的にニートになったという定義になってしまっている。

これは考えると割と奇妙なことですな。官・学、それと企業が一連となって、
この定義を支持しているわけですから。まあ、官と企業はいいとして、学が
如何にアホかということを示していますな。定義間違ってるわけですからね。

80 :純一:2006/09/26(火) 23:46:53
まったく、奇妙なことだね。

81 :4:2006/09/26(火) 23:49:34
そして利権構造がそのまま、差別構造になり、
ニートは侮蔑的、差別的な意味を含む言葉となった。

82 :純一:2006/09/26(火) 23:52:52
そんなとこだろうね。
一番肝心な問題は結局、学問が政治とか企業のイデオロギーを
ややもすると促進する効果しか果たしてないってことなんじゃないだろうかね。
でも、そのおかけで学者がこんな簡単な間違いを犯すことが分かっただけでも
我々の活躍の場があることがわかったよ。これは私のプロジェクトも案外上手く
いくのかもしれないね。

83 :純一:2006/09/27(水) 00:00:27
そんなわけで私の結論を書きますね。

・「ニート」の定義はどうやら間違った定義のまま輸入されている。

・それなら「ニート」と言わず、素直に「失業者」と言え、
 そうなら労働政策の失策も関連していると分かるし
 失業者の自己責任じゃないことも理解してもらえる。

・政治家と企業はまず労働政策と階級問題をきちっと考えてから、
 発言しまょう。

・学者が間違ってるのが一番分かりにくい、
 政治と企業のイデオロギーに加担するな。

84 :考える名無しさん :2006/09/27(水) 02:51:04
>>83
>・「ニート」の定義はどうやら間違った定義のまま輸入されている。
>・それなら「ニート」と言わず、素直に「失業者」と言え、
 そうなら労働政策の失策も関連していると分かるし
 失業者の自己責任じゃないことも理解してもらえる。

純一自身はいわゆる「ニート」なのか「失業者」なのか?
どっちなんだろうか?
別に答えを無理強いはしなが。

85 :考える名無しさん :2006/09/27(水) 03:01:06
>>83
「失業者」なのか
働く気の無い「無職」なのか
ということ。

86 :考える名無しさん:2006/09/27(水) 03:26:52
ニートの自己弁護
惨め

87 :考える名無しさん:2006/09/27(水) 04:07:03

   r ‐、
   | ○ |         r‐‐、
  _,;ト - イ、      ∧l☆│∧   良い子の諸君!
(⌒`    ⌒ヽ   /,、,,ト.-イ/,、 l   
 |ヽ  ~~⌒γ⌒) r'⌒ `!´ `⌒)  「やればできる」
│ ヽー―'^ー-' ( ⌒γ⌒~~ /|  いい言葉だな!
│  〉    |│  |`ー^ー― r' |  我々に避妊の大切さを教えてくれている!
│ /───| |  |/ |  l  ト、 |  
|  irー-、 ー ,} |    /     i
| /   `X´ ヽ    /   入  |


88 :考える名無しさん:2006/09/27(水) 09:41:56
純一さんみたいにニートだからこそ神経質に2ちゃんねるに書き込み出来る人達がいるから
2ちゃんねるが面白くなるのだと思いまーす(^0^)/
ありがとう純一さん!

89 :純一:2006/09/27(水) 17:06:27
おや、

90 :純一:2006/09/27(水) 17:07:15
人に褒められるなんで久し振りだね、
そうか、 やっぱりわしは天才やったんやな。

91 :純一:2006/09/27(水) 17:09:16
>>84-85
さあ、どっちだろうね。
「ニート」の定義が曖昧なので、
一語に一義が対応してないのでね。


92 :純一:2006/09/27(水) 17:12:56
とにかく、我々哲学板住人にできるのは、
定義が間違っている際に、それを指摘できる能力を持っているということですな。
ところが、この能力はぴかぁ〜等の文章を読めばわかる通り、ややもすると、
イデオロギーの加担にしかなりません。

社会学でも同じですね。
ニート定義に異議を唱えた途端にブロガー達は拒否反応を示すわけです。
その理由は何なのかと申しますと、根本的にニートが階級問題であることを
暴露されたくないからなのです。

93 :純一:2006/09/27(水) 17:18:01
社会学ブロガーはほぼ全員どっかのボンボンですから、
ニート問題を通じて、階級制度が露呈してしまうことによって、
自分達の学力が、階級に底上げされてるという論旨を嫌うのです。

よって、ニートの分析的アプローチは再生産を避ける傾向を生み出します。
で、怪しげな理論だけが残るのです。例えば、社会学のブロガー達は、
ブルデューのハビトゥスは採り上げますが、これを再生産との関連では、
わざと論じません。こうすることで、階級制度をひた隠しにするわけです。

94 :純一:2006/09/27(水) 17:21:35
で、何故ハビトゥスだけを採り上げるかと申しますと、
彼等社会学のブロガーは自称数理システム論者ですから、
己が理知的だと思ってるわけです。

従って、ハビトゥスは再生産との関連で論じるよりは、
むしろ、分析的なアプローチとして処理されるだけなのです。
そして、このことが結果的に再生産を隠すというイデオロギーに
加担する結果になるのですが、この作業は全て学を担う彼等の
無意識の領域で行われているので、全く罪悪感がないわけです。

95 :純一:2006/09/27(水) 17:25:50
では、純一よ、お前は何なんだ?と申しますと、
それ以前に学者にありがちな傾向というものが存在します。

それは学者や学問系のブログをやっている人は、
例外なく己が理知的であると思っている筈です。
そして、その代表として数理システム的なものを目指すわけですが、
この傾向が、そもそもイデオロギー的なのです。

数理システム的な傾向は、根本にある階級制度を隠します。
数理的なものは、己の実力だけでその学力が獲得できた、
という甘い幻想を抱かせるのです。それによって、数理が
階級に関係なく機能するという誤解の元、イデオロギーの増幅に
貢献する結果となるわけです。

96 :純一:2006/09/27(水) 17:31:48
そして、私、純一はそもそも学問に手を染めるような
人間ではなかったのです。元々はね。
しかし、結果的にこの世界に入ってきてしまったのは、
根本的には、学者としての階級から漏れた人間であるからです。

学者という生き物は、通常はアカポスがその職業として成り立つ為に
必要な要件です。しかし、そこから漏れてしまう人もいます。
この人達は多くはブロガーとして身を立てるわけですが、
元々それは階級としての元手を学問に使用したというだけのことに
過ぎません。つまり、ボンボンのお遊びとしての学問という結果です。

それ故、彼等はイデオロギー的な、例えばハビトゥスの扱い方に
関する詭弁も全く疑問に思わないのです。それは根本的には、
彼等が階級制度を死守しようとしていることを意味します。
私、純一は全く逆です。これを壊そうとしているので、結果的に、
彼等ボンボンの論旨とは真逆の傾向を示す。しかし、元来のハビトゥス
等の学問的概念というのは、私の言う意味での概念の方が正しいのです。

97 :考える名無しさん:2006/09/27(水) 18:54:32
ものすごい長いレスだが
ようやくすると
「♪ちょっと聞いてアロエリーナ 
  学者の2世は生意気だけど
     私けなげに生きていくわ」ってことだな

98 :純一:2006/09/27(水) 18:58:39
けなげに生きていくわ、か。
どうなんだろうね。

99 :純一:2006/09/27(水) 19:01:07
けなげに生きて、果たして何かメリットがあるのだろうか。

100 :考える名無しさん :2006/09/27(水) 19:04:39
>>99
メリットなんか無いだろう。
堕ちた知識階級だよ。

101 :純一:2006/09/27(水) 19:09:05
学者の2世は生意気だけど、か。
安倍も二世議員だけど、>>97の論式を当てはめるなら、

「♪ちょっと聞いてアロエリーナ 
  議員の2世は生意気だけど
     私けなげに生きていくわ」

となるね。
けなげに生きていくわ、で済めば良いね。

102 :純一:2006/09/27(水) 19:12:07
ところで、>>101の「けなげに生きていくわ」のところだけども、
その、「けなげに生きていく」人って一体誰なんだろうね?

二世議員ではない、一世議員のことかな?
それとも、二世議員に議席をとられて意見が通じなくなった
有権者のことなのかな?

わからんね。


103 :考える名無しさん :2006/09/27(水) 19:12:26
結局、資本家の問題へといやでもいきつくんだよな。
安部は3世ね。

104 :純一:2006/09/27(水) 19:13:20
けなげに生きてゆくわ、か。
面白い言葉だね。

105 :純一:2006/09/27(水) 19:14:40
晋太郎だけじゃなかったのかね?
政治はよくわかんないね。
再生産された小さな領域で行われていることだしね。

106 :考える名無しさん:2006/09/27(水) 19:15:45
まあそういうこともあるのでお気をつけてといったところだ。現実にはないよ

107 :純一:2006/09/27(水) 19:16:02
つまるところ、「けなげに生きてゆくわ」とは、
階級の再生産は黙って見てろ、そして手前の階級の中で、
高望みせずに生きていけという意味か。

まあ、現実的かな?

108 :考える名無しさん :2006/09/27(水) 19:16:08
何でも言いだしっぺが勝つからね。
二番煎じは不利だよ。
もち、思想的なことね。

109 :純一:2006/09/27(水) 19:17:20
>>106
何が?再生産なら現実に存在するよ。
日本人はそんなこと考えちゃいないだろうがね。
その自己責任論の代表が>>97みたいな反応じゃないかと思うね。

110 :考える名無しさん :2006/09/27(水) 19:18:23
ただ階級はしばしば超えることも出来るがな。
それも策に通じた者のみね。

111 :純一:2006/09/27(水) 19:22:32
>>97は要するにこういうことかな、

「俺等は確かに学者二世だが、
 手前が学者になれんのは自己責任だ
 手前はその階級でけなげに生きていけ」

と、こんな感じかな。

112 :考える名無しさん :2006/09/27(水) 19:22:52
いつの時代も超えていける天分を持った者が必ずいる。
少数だが進化の起点となるような人間だ。

113 :考える名無しさん :2006/09/27(水) 19:25:43
>>111
ちょい、深読みし過ぎだろ。
替え歌ごときにそこまでの意味はない。
しかし純一がそう読んだのならそれは「読み」として成立する。

114 :純一:2006/09/27(水) 19:30:39
>>111を更に分析すると、

・学者・政治家、社長等になれないのは、
 自己責任であり、実力である

・我々は学者二世だが、
 君は要するに我々に嫉妬しているに過ぎない

・君は階級の中で「けなげ」にその回廊の中で
 一生這いずり回るように生きていけ

というニュアンスだね。

115 :純一:2006/09/27(水) 19:31:59
ところで、「けなげ」に階級の中で生きるか
どうかは、私の意志で決めさせてもらうがね。

116 :考える名無しさん :2006/09/27(水) 19:34:45
上から下々の者へのコメントだな。


117 :純一:2006/09/27(水) 19:40:00
ちなみに、私が上の方で言ったのは、
学者は階級の再生産に言及することは極力避けるか、
または、わからないように誤魔化しがちであるということだよ。

たしかにその中には、私、純一がどう生きるかという部分は
含まれていない。しかし、当の二世学者はそのように、
反抗的なものとして受け取ったということは分かった。

118 :純一:2006/09/27(水) 19:47:05
つまり、「階級の再生産に学者が言及しない」という事態に、

「いや、我々は学者二世だが、
 君は要するに我々に嫉妬しているに過ぎない 」

というニュアンスをぶつけたのが>>97ということになるね。

119 :純一:2006/09/27(水) 19:49:03
ということは、

純一 : 階級再生産論 VS >>97 : 自己責任論

という構図になるね。

120 :純一:2006/09/27(水) 19:52:25
だけれども、得てして日本人は、
後者の自己責任論がお好きだから、
私が何言っても無駄だろうね。

ここで私が語ったことの全てが彼等には、
身分に不相応な、ということはつまり階級に不相応な、
反抗的な発言と見なされるということでもある。

しかし、たしかにここでの私の論はどれも
通常生きている人がなかなか言及しないような理論であり、
非常に珍しいものであることは確かだろうね。

121 :純一:2006/09/28(木) 01:13:26
結論としましては、

・ニートにとっては、自己責任論よりも
 階級再生産論と考えた方が楽である

・学問としては自己責任論は怪しい、
 どっちかというと日本独特の感情論に近い

・ゆえにニート自己責任論は詭弁であり、
 聞くだけ疲れるので鵜呑みにしない方が良い

122 :純一:2006/09/28(木) 01:25:33
で、この先はどうなるんでしょうな。

ニート自己責任論を変えるとしても、
日本人は自己責任論が好きだし、階級的思考等は馴染まないし。
すると、事態がまだそれほど深刻ではないってことなのかね。

>>92-96と、>>76の事態は、本来は学問という見地から言えば、
致命的なんですが、これからも全然指摘されないでしょうな。
そうなると、段々格差化が進むのかもしれませんな。

123 :純一:2006/09/28(木) 01:32:12
そして、格差化が進む一方で、再生産された階級は、
自己責任論によって、イデオロギー的に処理される。

非正規雇用 → 自己責任論 → 階級の再生産

こんなとこかな。それに加えて、学問は何となく自己責任論に
沿ったやり方で学説を>>92-96>>76みたいに生産して、
自己責任論のイデオロギーを補強する役目を果たすわけですな。

官僚 : 天下り先の確保
学者 : ポストの確保
企業 : 安い労働力の確保

というニート利権のトライアングルかな?

124 :純一:2006/09/28(木) 01:56:10
対策を考えないと駄目だね。
三者に対してはかなり破壊的な方法を使わないと解決しないね。
とは言え、暴力沙汰にはならないと思いますが。

対策は私が考えておくよ、いくつかのプランと、
それをおそらく実行できるであろうシナリオがある。
それを実行に移すことこそ、私が考えていたプロジェクトですから。

125 :考える名無しさん:2006/10/02(月) 10:07:17
働く意欲のない「ニート」は10年前から増えていない
ttp://jinjibu.jp/GuestIntvw.php?act=dtl&id=41

126 :考える名無しさん:2006/10/02(月) 10:08:01
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| 奴隷はな、奴隷の境遇に慣れ過ぎるとな、驚いた事に自分の足を繋いでいる鎖の
| 自慢をお互いに始めるんや。どっちの鎖が光ってて重そうで高価か、とかな。
| んで鎖に繋がれていない自由人を嘲笑さえするんや。でも奴隷達を繋いどるのは
| 実は同じたった1本の鎖に過ぎないんや。そして奴隷はどこまでも奴隷に過ぎないねん。
|
| 過去の奴隷は、自由人が力によって征服され、やむなく奴隷に身を落としたんや。
| 彼らは、一部の甘やかされとった特権者を除けば、奴隷になっても精神の自由までをも
| 譲り渡すことはなかったんやけどな。血族の誇りや父祖の文明の偉大さを忘れず、隙あらば逃亡し、
| あるいは反乱を起こして、労働に鍛え抜かれた肉体によって肥え太った主人を血祭りにあげたんや。
|
| 現代の奴隷は、自ら進んで奴隷の衣服を着、首に屈辱のヒモを巻き付けてるねん。
| んでな、何より驚くべきことに、現代の奴隷は、自らが奴隷であることにすら気付いとらんのや。
| それどころか彼らは、奴隷であることの中に自らの唯一の誇りを見い出してさえおるねん。

   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ,. -──- 、
          /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /::::::::::::ハ::::;:::::::::::::::::゙:,
       ,'::::;i:/レ'  ヽiヽ:::::::::::::::::!
       l::::|'r,:=;   ,:=;、';i:::::::::::::!
       .,r'‐;|.l !::::i  i:::::i l |::::::::::::|
     ,'.三ミi 'ー'゙  'ー'゙ |:::::::::::::|
     | 'ri''ヾ:、  r‐┐  ,.|::::::::::::::|
     l |i,__!:>'=''r‐''".i:::::r、:::::|
      ! l,|: |"  ゙、'、 ;:/::;/ ヽ:|
     l!  |大"    `''"/'"'   ヽ
     !  | ヽ|     、i  ,. イ'

127 :考える名無しさん:2006/10/02(月) 13:49:22
>>1の最初の威勢の良さを見てると悲しくなってきた

128 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 03:42:41
ヒュアキントスの死

129 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 12:10:22
ニートは、そもそもイギリスの16−19歳の職にあぶれたもののことをさす極めて
限定的な用語。それがいつの間にか、日本ではパラサイトだのひきこもりだの切れるだの
若者につきまとうネガティブイメージの象徴としての言葉になっている。一種の俗流若者論。

若年者で職についていない者の数は増えたが
それが景気の悪さのあおりを受けたもの。職につかず、働く気もないものの
数は、昔からそれほど変化していない。

ニートのひとつ前の言葉はパラサイトだ。
そして、ニートという言葉が消費され尽くしたら次の言葉にとって代わられ、
一脈の若者に怨根を残す形態は存続されるのである。



俗流若者論とは
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%97%E6%B5%81%E8%8B%A5%E8%80%85%E8%AB%96

130 ::2006/11/25(土) 11:02:56
とりあえずまあ我々は総じて奴隷でしかない訳だわな。


131 :考える名無しさん :2006/12/02(土) 16:45:00
>>1
>「・・・人の気持ち、痛みの分からない人たちです。」

君はまだ学生か? 社会に出てみ。
このご時勢、本当の意味で人の気持ちの分かる人間なんて皆無なことに気付くから。

132 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 17:02:34
確かに人の気持ちを推しはかってくれる人少ないね。打ち解けて話せるほど柔軟な人もいない。うまがあわない云々はあっても仕方がないけどある程度他人を許してあげられないものかね。そうやって接してくれないものかねえ。縦社会の人間関係

133 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 17:06:45
>>1
ニートに何の恨みがあってそういう事を言うんだ?
ニートみたいな社会的弱者を攻撃するなんて、
あんたこそ人間的に未熟じゃないか。

あんた強いんだろ?だったら自分よりも弱い者には優しくするのが普通だろうよ。
強い者にこそ喰ってかかるもんじゃないのか?

あんた弱いんだよ。弱い犬こそよく吠えるとはよく言ったものだ。

強くなれよ!!!



134 :考える名無しさん :2006/12/02(土) 17:29:42
>>132
>縦社会の人間関係

社会に出ると心が狭く弱い人間が多いことに気付かされる。縦社会の恨み屈辱を縦社会で晴らす、
多数派にはとにかく従えな風潮の現代だし。なんか問題ズレてんだよね。どこかの世代でこの悪
循環断ち切らないと日本の社会終わる気がする。マジで。



135 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 17:35:09
主人と奴隷は仲は悪くなかったろうな。
笑って鞭を叩きつけ、笑ってこらえ、笑って血祭りに上げるのだ。

136 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/12/02(土) 17:37:29
実社会の縦関係なんて給料分さ。


137 :詫び:2006/12/02(土) 17:40:51
祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす。おごれる人も久しからず、唯春の夜の夢のごとし。たけき者も遂にはほろびぬ、偏に風の前の塵に同じ。


138 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/12/02(土) 17:43:07
俺は社会的な地位に自己実現なんか期待したりしないからな。

139 :詫び:2006/12/02(土) 17:52:23
あと日本人融通がまったく利かないよね。あと会話のなかの妙がわからない。一直線に物事解釈するし。良し悪しがひとつのことに妙としてあることに気づいてほしい

140 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 18:01:12
流れのなかの詫びしさよ

141 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 18:02:42
ライダーはただのおきらくニートの文章だな。
爆笑

142 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/12/02(土) 18:05:31
日本人は会社をクビになると死んでしまう・・・。

143 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/12/02(土) 18:06:41
>>141
筋肉労働者をナメんなよ?

144 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 18:12:10
妙って不思議だね。妙って妙法蓮華経の妙だよね。妙があるから社会の悪性はそこをついてくるそういう人多い。変なんだ。涙をながすという行為も純粋にできないのは社会が抱えこんでいる妙がある。人間関係も純粋ではない。だから沖縄がいいのよ

145 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/12/02(土) 18:21:17
電波うるせえ。

146 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 18:36:38
それじゃあ、なめられちゃうよキンニクン。


147 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/12/02(土) 19:45:52
ニートも増えるさ、腐った世の中。

148 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 20:00:17
居酒屋で酒を注文すると必ずお通しが付いてくる
いらねえのに・・・・
詐欺まがいだな

149 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/12/02(土) 20:04:41
公共広告「話して下さい、子供と」

何を?


150 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/12/02(土) 20:08:17
魂なんか存在しないんだよ、人は動物と同じで本能で動いてるだけの
遺伝子の乗り物なんだ。



151 :愛の戦士:2006/12/03(日) 02:45:11
貴方が生きている限り世界は貴方のものであり、その総てを愛しましょう。
それを伝えるのが私の使命。というより自己実現。飽きたら辞める。


152 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 03:41:44
>>1
お前もそれにひっかかるがいいのか?
つまりお前は学校に通っていようと仕事に就いていようとニートということになる。
ウイルスみたいな人間になってしまう。

153 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 04:08:26
>>1はもう既に敗北を認めましたので
>>152は既に死者に鞭打つ行為になっている。

だが、それも掲示板の運命。色々勉強になったね>>1


154 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 09:20:10

言い訳負け犬ニートが
申しておりますw

155 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 12:56:13
今更だが >>1からは天災釣り師の臭いがぷんぷんするぜ・・

156 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 11:11:59
ttp://d.hatena.ne.jp/suuuuhi/ 「憎悪の社会空間論」in『10+1』No.40
「ニートがにわかに問題になる前から、現在ならばニートと呼ばれるであろう人々が世に棲んでいた。
「金持ちの馬鹿息子」とか、「道楽者の父さん」とか、いい年をしてぶらぶらしている「ろくでなし」は、
悪口を言われながらも、世の風景にとけ込んでいた。
このような「役に立たない」人々が一定数存在することは、
社会がほどよく生きやすいしかたで寛容であることの指標となる。
名づけられることなく世に棲んでいたこういう人々が、ニートという名をつけられて問題化され、
大衆の不安と憎悪のターゲットとなり、心と生活態度の網の目の細かい教育によって
きれいに掃除(cleanse)されてしまったとしたら、それはひどく生きがたい社会であろう。

 またいつの時代でも、産業構造の変化や雇用の悪化の時期にはニートが増えるのは当然である。
このようなタイプのニートの増加は、労働経済政策の必要性を警告する数字であって、
ことさらに心がけや生活習慣を教育する必要を示しているわけではない。
経済変動によって不利な立場に立たされた人々に、ワークシェアリングなどの労働経済政策を処方するのではなく、
さらに心がけや生活態度を変えろと迫るのは問題である。

 経済、福祉、法の問題としてとりくむべきことを教育や心の問題にして幻想の解決を求める錯誤は、
青少年の心や態度に焦点を当てて大衆に不安と憎悪をいだかせる青少年ネガティブ・キャンペーンと、
相互に支え合っている。



・ニート騒ぎは、いつのまにか労働と教育を人間の条件とみなすような世論が拡大した可能性を示唆する。
 この条件を満たさない人たちが、いわばプチ人間以下と見なされ、個人の尊厳を奪われ、
 脱人間化されるところまで、日本社会が落ちていく可能性がある。
・われわれは長らく、正社員として人格をあけわたして「社畜」状態で安定するか、
 「フリーター」として貧困で不安定な生活をするかという二者択一を強いられてきた。
 ニート現象を心がけや生活態度の問題としてではなく、労働分配問題としてとらえ直せば、
 日本社会の働き方を根本から問い直すチャンスになるだろう。

157 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 11:42:11
つくる責任ばかり強調されて、使う責任についてほとんど触れられないのは
どうかと思うよ。

158 :考える名無しさん:2006/12/27(水) 22:43:59
純粋数学やってて、人付き合いがまるで駄目な香具師がアカポス落ちすると、ニートしかないよな?

159 :愛の戦士:2006/12/27(水) 23:15:52
>>154
なんだとこの野郎!?

160 :反論あるニートの者:2007/01/09(火) 06:54:37
19才の頃から病気(うつ病・不安障害・パニック障害・てんかん等)で、
専門学校を休学・復学・中退して、もうすぐ25才になります。

病気は苦しいです。
働けないのは悔しいです。
ニートに対する偏見はつらいです。

病気や育児や介護で働けない人達の事も、
少しだけ考えてほしいです。

でかい口たたいてすいません。

161 :考える名無しさん:2007/01/09(火) 12:28:30
この過疎板のへたれボケコテたちは
ニート、無職、定年孤独病気まじかのじじい

たちだぞ。

暇人w

162 :考える名無しさん:2007/01/26(金) 04:08:58
夜になると男性のチンチンをいじめていたり・・・・

163 :考える名無しさん:2007/02/15(木) 03:17:11
むしろ「少子化対策」なんてものが国にとって無意味だという説もある

164 :考える名無しさん:2007/02/15(木) 05:07:52
>>1よ、君はウィルスの自己満足度についてインタヴューしたのか?
タミフルを使われたインフルエンザの気持ちを確かめたのか?
君が社会心理学の学生なら、評価E-だ。

54 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)