2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ヨースタイン】 ソフィーの世界 【ゴルデル】

1 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 23:48:24
まだ売れてるの?

2 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 23:51:44
この前古本屋で100円で売られてたよ

3 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 00:15:11
読んでないんだけど、どんな話なの?ソフィーはおっぱい大きいの?

4 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 00:19:21
>>3
ソフィーの体形については書かれていない。最初は14歳で、物語の途中で
15歳の誕生日を迎えたから、発達途上というところかな。

5 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 00:25:48
>2

おれ5年くらい前にすでに100円で買ったw
ほとんど読まないうちに手放してしまったが。
一時期広末涼子の愛読書で、ゴルデルと一緒にNHKの番組に出て対談してたなあ

6 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 00:33:18
広末の体たらくを見ればわかる

7 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 00:43:27
分厚いだけで内容は極めて希薄だったんで、途中で萎えたというか、飽きて肘掛にした。
厚かったちょうどいい。


8 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 00:45:14
どうやら、哲学の普及には、貢献しなかったみたいですね。

9 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 00:57:41
>>8
ここ30年で日本で哲学科が新設されたことってあるのかな・・・
潰れていく一方だよな。

10 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 00:59:45
ベストセラーにはなったが、ロングセラーにはならなかったか。

11 :ソフィー ◆z0/eVxGUZ2 :2006/08/06(日) 01:09:29
ソフィーの世界かよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

12 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 01:48:56
私は哲学教育は必要だと思うけどね。
そうでないと、あまりにもつまらない意見に迷う人が多すぎる
哲学教育と共に対プロパガンダ教育などもやって欲しいものだ

13 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 06:18:46
私は哲学教育は必要ないと思うね。
あれのせいで、あまりにもつまらないことに迷う人が多すぎる
インテリ洗脳と共に対右翼教育をやってほしいと考える馬鹿が多すぎる。

14 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 12:29:13
つまんね

15 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 14:36:37
私は哲学教育は必要だと思うけどね。
そうでないと、細木数子や江原啓之の意見に迷う人が多すぎる。


16 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 14:59:25
>>15
でも、哲学って「人生の悩み」になかなか答えてくれないだろ?

むしろ、真理を追究するあまり、自ら不幸に陥るようなところがあると思うんだが。

17 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 15:21:40
>>16
全くその通りです。こんな感じかな?

真理追究 学問としての哲学 ←→ 人生哲学 ←→ 人生論・人生訓 幸福追求

18 :考える名無しさん:2006/08/07(月) 23:30:11
「悩みに答えてくれない」って

自分で考えるのが哲学だろ

19 :考える名無しさん:2006/08/07(月) 23:40:49
だから>>18は、>>16の内容に賛成してるんだろ? 何で喧嘩腰なの?


20 :考える名無しさん:2006/08/08(火) 21:24:20
ちと長いのよね。あれ。

21 :一言居士:2006/08/10(木) 19:54:30
この本は新鮮さがない。

22 :考える名無しさん:2006/08/10(木) 21:02:38
あ〜まだ読み終わってなかったなぁ
何年たったろうw
NHKのFMドラマはおもしろかったけど、
考えてみるとFMやAMなんて、もう何年も聴いていないな

23 :考える名無しさん:2006/08/10(木) 21:29:24
ちなみに、この本(邦訳)は1995年に刊行されています。

24 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 15:48:13
文句を言うバカな人はいるけど、俺は面白かったよ。

25 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 18:49:05
たしかノルウェー語で書かれた本だっけ?
ということは日本語版は重訳だろうよ

26 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 19:02:33
8/14月の深夜4chで映画「ソフィーの世界」やります。
お楽しみに。

27 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 21:52:34
フランス語訳で読んだな。もっぱらフランス語の勉強のため。
懐かしいな。


28 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 08:48:47
著者はドイツで人気だね

29 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 21:49:05
認識の仕方が二元論だよなヨーロッパは。
なんかいつも対立がある。
そういった認識の構造を抽出したのが論理学なんかな。


30 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 21:53:54
欧米の哲学って認識の構造、世界観を欧米風にしないと意味も意義も本当にはわからないね。

31 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 22:21:52
哲学は物語の研究でもあるけど、その物語、世界観を世界に合わせる努力でもあって凄みがある。

32 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 23:50:03
人間は物語る動物であり、物語の中で生きる動物である。物語の中でしか泣きも笑いもできない。
悲しみに暮れることもできないし、寂しがることもできないし、怒ることもできないし、憎しむこともできない。
いかにも役者である。
役者であることを止めれば物語りの中から追い出される。
かといってその外で住める場所はほぼない。
役者である。
いかに人間が創造的に物語り、その中で生きようとも、自然に刻まれた物語りを凌駕することはできず、飲み込まれる筋書きだ。
あまりに役者になりきっているために自然な本来の物語りを鑑賞することが難しくなっている。
その困難を取り除き鑑賞したり、しようとする一種の試みが哲学だろう。その鑑賞には単に感動があると思う。

33 :考える名無しさん:2006/08/14(月) 13:21:29
>>26
ソフィーの世界の映画あるのか・・・。
今日見てみるわ。

34 :考える名無しさん:2006/08/15(火) 01:40:38
映画あげ

35 :考える名無しさん:2006/08/15(火) 02:07:49
俺、この映画見たことあるけど、たしか最後の方でソフィーのベージュ
色のパンツが見えたんだよな。それが印象的だった。

36 :考える名無しさん:2006/08/15(火) 02:09:33
>>35
それは見る気にさせるな。

37 :考える名無しさん:2006/08/15(火) 02:11:26
ソフィーは不必要にナマ足が見えるセクシーな服で、
パンチラシーンが良かった映画だった。
ストーリーは忘れたので、思い出しながら今見てるよ。

38 :考える名無しさん:2006/08/15(火) 02:38:11
そんな映画やってないなあ
「ゴト師株式会社」鶴田法男監督ってのが4chでやってるけどな

地方じゃ映画館だけじゃなく、テレビの映画にさえこういう格差を設けるんだね

39 :考える名無しさん:2006/08/15(火) 11:53:19
ソフィーの映画は本に比べるとおおざっぱだよ

40 :考える名無しさん:2006/08/15(火) 18:13:28
>>39
たしかに

41 :考える名無しさん:2006/08/15(火) 19:50:48
本もおおざっぱ

哲学書としての価値はない

高校の社会科の副読本としては一級かも知れんが

42 :考える名無しさん:2006/08/15(火) 21:20:21
誰も哲学書としての価値など信じてはいないと思うが。。。

43 :考える名無しさん:2006/08/16(水) 04:04:45
価値あるよ。それより加藤紘一の実家が全焼ってのがすごい話だ。

44 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 18:02:14
哲学入門書だろ。とりあえず基本的なことはしっかり書いてある。
ただ、そういうのを哲学書と呼べるとは思えん。

45 :考える名無しさん:2006/08/27(日) 14:03:50
読み始めてまだ途中だけど面白いよ
何が面白いかってソフィーがどんどん哲学思考に染まっていく様を客観的な視点で見るのが面白すぎる

学校の授業を馬鹿にして宿題をすっぽかしたであろうソフィー
ママンをピザばっかり食ってぬくぬくしてる蚤が、と内心思ってるソフィー
友達付き合いがさらに気薄になり、ママンにドラッグやってるかも知れないと
誤解され偏見をもたれるソフィー
妄想しすぎてリアルシャドーがたびたび目に映るソフィー

でも、そんなソフィーが大好きwww

46 :考える名無しさん:2006/10/17(火) 23:37:15
哲学の本じゃなくて、哲学者の考え方の歴史の本だろ

47 :考える名無しさん:2006/11/03(金) 00:26:41
ちょっとしたファンタジーだと思えば面白い。
ついでに哲学の歴史のことも学べるって感じで。


48 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 04:45:32
>>45
言い方は悪いが露骨に純粋に毒されていく過程を見るのが楽しいw
「思春期の女の子」を主人公にしたのがいいと思う
村上春樹の小説に通じるものがあると個人的には思う

49 :考える名無しさん:2006/12/15(金) 22:38:15
あげ

50 :考える名無しさん:2007/02/23(金) 14:08:22
sage

9 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)