2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

相場の哲学

1 :むじんくん ◆zqZE9JGYA6 :2006/07/21(金) 15:27:26
現代の世界は森羅万象全てに値札がついてます。この値札に書き込まれる数値を決定する
行為の総体が相場です。相場は人間の意志によって形成されるものですが、一方で相場は
人間の意志を超えてます。そもそも、物の価値というものをハッキリ把握できるならば
相場というものは存在しないでしょう。相場は実体としての価値を表現しているように
見えながら、一方でその価値は妄想のようにふくらみ、また急速に収縮したりします。

相場に関して、それを数学で切るということは多くなされてきました。しかし相場について
哲学的に考えるということはあまり聞いたことがありません。しかし、相場というものは
現代の世界そのものであり、人間の行為の結果であり、原因でもあるという点で極めて
哲学的な対象だと思います。

このスレでは、相場を哲学的に語ってみたいと思います。


2 :考える名無しさん:2006/07/21(金) 15:33:25
ぴかぁに荒らされませんように。

3 :むじんくん ◆zqZE9JGYA6 :2006/07/21(金) 15:35:40
価格形成には昔から2つの流派がありました。

1.価格に根拠がある。
2.価格に根拠なし。

1はファンダメンタリストと言われる人々。2はテクニカル指標などで売買する人々です。

これは哲学で言えば、「真理」の存在を前提とする思考と、前提としないポストモダン的な思考
に対応します。ファンダメンタリストは膨大なデータと理論により、ある価格の根拠を求めますが、
しかしバブル期などを見れば明らかなように、事物の価格というものは人々の感情によって
現実に大きな影響を受けます。

4 :むじんくん ◆zqZE9JGYA6 :2006/07/21(金) 15:43:01
一方のテクニカル派は、もはや価格の裏側にある根拠に関心を持ちません。価格が形成されるのは
複雑な経緯があり、また事故的な現象によって、またインサイダーの動きによって操作されるかも
知れないわけですが、それは結果的に全て誰の目にもハッキリと分かる「価格」という形で表現される。
真実は探るべき裏側ではなく、表面にあるというわけです。

5 :むじんくん ◆zqZE9JGYA6 :2006/07/21(金) 15:50:17
価格は時間軸上で変化します。そのパターンは3つだけです。上がるか、下がるか、同じか。
しかし、ある価格が上がり続けたとき、それを見ている人々が「また上がり続ける」と思い、そして
更に上がり続けるという循環が形成されることがあります。この循環が続くと、ファンダメンタル
では全く説明不能な価格が形成されることがあります。ここでもやはり価格だけが真実という
テクニカル派が正しいように見えます。

しかし、一方でこの循環はどこかで止まります。それがバブルの崩壊といった形で、相場の
暴落という現象を引き起こします。ここで考えるべきは、やはり暴落を引き起こす「引力」の
ようなものがあり、引力の源には価格の「原因」ともいうべき何かがあるのではないか、という
問いです。

6 :むじんくん ◆zqZE9JGYA6 :2006/07/21(金) 15:52:07
例えば、ジョージ・ソロスは「相場は常に間違っている」と言います。しかし、これを「間違いしか存在しない」
と解釈すべきか、「間違い」と言える基準、真実の価格が存在すると解釈すべきか。

7 :考える名無しさん:2006/07/21(金) 15:53:57
思弁(語源的には「投機」に通ずる)と何か関連するだろうか。


関連するとしたら思弁について研究しているおれが何か一言。

8 :むじんくん ◆zqZE9JGYA6 :2006/07/21(金) 15:57:34
>>7
「思弁」の語源が「投機」というのは面白いですね。例えば、ホリエモン現象というのは「思弁」的でした。
魔術的と言ってもいいかも知れません。しかし、価格自体が実体経済に影響を与えるということは
確実にあります。

9 :考える名無しさん:2006/07/21(金) 16:03:25
むじんくんは価値形態論を論じたいんじゃないの?

10 :むじんくん ◆zqZE9JGYA6 :2006/07/21(金) 16:05:29
>>9
> むじんくんは価値形態論を論じたいんじゃないの?

いえ。そういう話題も構いませんが、相場について考えようということです。ちなみに
私は株取引では負けてます(笑)。

11 :ぴかぁ〜 ◆q5y3ccmqnw :2006/07/21(金) 16:28:37
秩序形成
1 神、2 暴力、3、契約(法)、4 創発(規律、市場)、5 アーキテクチャ

創発論の系譜
 ヒュームのコンベンション
 スミスの神の手
 カントの現象
 マルサスの人口論
 ダーウィンの自然淘汰
 フロイトの超自我
 構造主義
 システム論(複雑系)



12 :むじんくん ◆zqZE9JGYA6 :2006/07/21(金) 16:47:16
>>11
おや、さっすが素早い(笑)。

ぴか氏はやはりテクニカル派ですか?

13 :ぴかぁ〜 ◆q5y3ccmqnw :2006/07/21(金) 16:48:39
神を捨てて、創発へようこそ。

14 :考える名無しさん:2006/07/21(金) 16:49:49
気が合うんだね、君達。

15 :考える名無しさん:2006/07/21(金) 17:07:44
クソコテだからな

16 :考える名無しさん:2006/07/21(金) 21:12:34
相場をまったく見ずに、それでいて動機をもって投資しようとする人も存在する。
それは、その企業が生産する商品を購入し、その商品が優れたものであると感じたとき、
その企業に投資しようという意欲がかきたてられる。

いくら今まで集めた企業のデータがよくても、グラフで底値を指していたとしても、
その企業が生産する商品が肌にあわない場合は投資することを躊躇する。


スレ違いかもしれない

17 :考える名無しさん:2006/07/22(土) 00:12:07
哲学板に相場師、相場に興味を持つやついるかな
むじんくんが株やってるとは知らなかった

18 :ぴかぁ〜 ◆q5y3ccmqnw :2006/07/22(土) 00:14:15
ブルジョアジーだからね。

19 :考える名無しさん:2006/07/22(土) 03:20:07
くだらないレスするためにだけ、ここに来るな。
クソガキぴかぁ〜。

20 :哲オタ ◆RSVCHQV.72 :2006/07/22(土) 08:35:44
海中に飛び込む心得

21 :むじんくん ◆zqZE9JGYA6 :2006/07/22(土) 08:43:59
>>16
> それは、その企業が生産する商品を購入し、その商品が優れたものであると感じたとき、
> その企業に投資しようという意欲がかきたてられる。

株というのは本来そういうものですね。ファンダメンタルな要素の一つだと思います。実際、
いくら財務状況がよくても、誰の目にもつきそうにない、意味が感じられない企業に対しては
投資しないのが通常です。

金融工学などで相場の世界を数値的に把握しようという試みはなされてきましたが、必ず
上のような数値化が難しい要素が入ってきます。それを、例えばオプションの価格計算の
場合などには「ボラリティ」などという変数で表現してしまう。

22 :哲オタ ◆RSVCHQV.72 :2006/07/22(土) 08:45:29
相場は正しい、大衆が間違っている。

23 :むじんくん ◆zqZE9JGYA6 :2006/07/22(土) 08:47:28
>>17
> 哲学板に相場師、相場に興味を持つやついるかな

今は手数料が激安になりましたし、購入単位も小さくなりました。それが広く一般に
広まったところにホリエモン現象が発生したんですね。だから、結構いるんじゃないか
と思います。

24 :哲オタ ◆RSVCHQV.72 :2006/07/22(土) 08:49:39
2chの荒らしと、相場の荒らしは本質的に違う。


25 :哲オタ ◆RSVCHQV.72 :2006/07/22(土) 09:16:08
「将来に対する偏った見通しを反映しているという意味において、
相場は間違っている」
            ジョージ ソロス

異見あり>>6

26 :哲オタ ◆RSVCHQV.72 :2006/07/22(土) 09:42:01
ジョージ ソロスはナスダックで惨敗した。
今は只の投資顧問業兼、金融アドバイザーに落ちぶれて居るようだ。
ソロスファンドは伝説に成った。


27 :むじんくん ◆zqZE9JGYA6 :2006/07/22(土) 09:45:42
>>25
そうです。その「偏った」という点が彼らが稼ぐことを可能にする要因でしょうね。
以前、オプションの裁定取引を専門にしている人のインタビューを読んだことが
ありますが、その人もオプション価格がある方向へ歪んでいることを見るのだと
語ってました。

28 :哲オタ ◆RSVCHQV.72 :2006/07/22(土) 09:53:00
うむ、そうでないと人生も相場も詰まらん。

29 :考える名無しさん:2006/07/22(土) 10:13:20
LTCMなどが華やかだった頃のアメリカの為替相場での
投機行動の過熱ぶりはすごかったな。アジア通貨危機を
引き起こしたけど、まさにカジノ資本主義という感じだった。
日本にも株への個人取引などを通じて投機への関心が増えてきた
のだね。でも通貨スワップで利ザヤを稼ぐとか、そういうファンド
はまだ少ないよね。たぶん。

30 :考える名無しさん:2006/07/22(土) 10:23:05
1997年のノーベル経済学賞はLTCMにも在籍していた
ロバート・マートン、マイロン・ショールズの金融派生商品
価格決定の新手法に対して贈られている。オプション評価モデルの
ブラック=ショールズ方程式の開発に対して。日本の数学者の定理が
使われたことでも話題になった。でも翌年のノーベル経済学賞は
アマルティア・センに贈られる。所得分配の不平等、貧困や飢餓に
関する研究に対して。ここら辺にノーベル賞の政治を感じる

31 :哲オタ ◆RSVCHQV.72 :2006/07/22(土) 10:32:23
greed is good
by Gekko
80年代の合言葉かな?
映画「wall street」マイケル ダクラスの台詞


32 :哲オタ ◆RSVCHQV.72 :2006/07/22(土) 10:40:47
オプション、先物が、日本が発祥の地と言われているが、、、?

33 :考える名無しさん:2006/07/22(土) 16:10:20
相場について哲学するならラカンぐらい読んどきなさいよ
金融畑の人間には必須だよ

34 :考える名無しさん:2006/07/22(土) 17:07:30
>>33
相場とラカン初耳だよ

35 :考える名無しさん:2006/07/22(土) 17:08:43
>>33
相場とラカン初耳だよ

36 :むじんくん ◆zqZE9JGYA6 :2006/07/25(火) 17:39:11
>>33
> 相場について哲学するならラカンぐらい読んどきなさいよ

確かに、相場と精神分析は関連していると思います。相場で重要なのは、次に何が
起きるかを予想するよりも、何かが起こったときにどうするかを知ることです。

37 :むじんくん ◆zqZE9JGYA6 :2006/07/25(火) 17:46:50
ポジションを取ると、板に向かって何かを願ってしまいます。しかし、当たり前ですが
板の動きは全く自分の願望に対しては無関心なわけですね。この辺も精神分析の
問題と関係していると思います。

あと、過去の経験からの想起で相場に向かうことは危険ですね。常に違うことが発生する、
そういう地平へ身を投げるつもりでいることが大事なんじゃないか。これは「反復」と呼べると
思います。


38 :むじんくん ◆zqZE9JGYA6 :2006/07/25(火) 17:52:47
問題は、相場の動きは確率的であるということなんですね。テクニカル派にしてもファンダメンタル派
にしても、予想というと妙なことになるんだと思います。

ところが、確率的な事象を受け入れるというのは非常に難しい。例えば対人関係でも、本来は確率的
事象です。ところが、我々はそれを避けるために非常に多くのことにエネルギーを費やします。肩書き、
マナー、共通の話題。

39 :考える名無しさん:2006/07/25(火) 18:07:17
ここで経済学・確率統計・金融・会計学をちょっとでも理解してる奴いるの。
ラカンなんていい加減にしてくれよ。


40 :哲オタ ◆RSVCHQV.72 :2006/07/25(火) 18:18:33

相場はある意味で心理戦だ。
テクニカルである程度、ゴミ、デマは克服出来るだろう。

41 :哲オタ ◆RSVCHQV.72 :2006/07/25(火) 18:41:01
相場に取り組むに当たって、現在の経済状態のファンダメンタルの
分析は当然の事ながら、やはり、相場は売り手と買い手の力関係で
値段が決まるのだろう。仕手相場が典型的な例だ。
それが故に、力学も必要なのだ。

42 :考える名無しさん:2006/07/26(水) 02:43:23
おいおい、力学ってニュートン力学のこと。いい加減にしろよー。

43 :考える名無しさん:2006/07/26(水) 04:27:48
数学と物理と工学と哲学を修めなきゃ相場については思索できそうにないな
めいいっぱい学んでもスタートラインにたてるのは多分40前後だぜ

44 :考える名無しさん:2006/07/26(水) 04:39:49
なんだかむじんくんお得意の信仰が出てきそうな予感
確率とか言い出すんだもの

45 :考える名無しさん:2006/07/26(水) 06:48:09
前近代はものの価値は固定して決まっていた
近代以降は相場で決まる、とか

46 :哲オタ ◆RSVCHQV.72 :2006/07/26(水) 07:18:09

せめて、このスレを読んだからには、理論武装してから出直してくれ。
値段は簡単に言えば、自給関係で決まる。
あと、実践家は異論は無い筈だ。
それは、俺が経験から学んだ物を書き込んでるに過ぎない。

47 :むじんくん ◆zqZE9JGYA6 :2006/07/26(水) 12:08:04
>>43
> 数学と物理と工学と哲学を修めなきゃ相場については思索できそうにないな

いや、ランダムウォーク論って知ってますか?プロによる積極的な予測に基づいた
ファンドよりも、チンパンジーがウォールストリートジャーナルに投げたダーツが当たった
銘柄群をポートフォリオする方がパフォーマンスがよい場合が多いと。

対人関係と似ていると思います。非常に学術的に詳細に追求しても、対人関係がよくなるようには
結局できないということです。

48 :哲オタ ◆RSVCHQV.72 :2006/07/26(水) 18:27:09
>>47
うーん、相場自体、「対人関係その物」と思う。
何故ならば、相場は売り方と買い方の成立に成り立って居るからだ。
詰まり、ビジネス、商取引など人間どうしの交渉を通じて成立して
居るからだ。
但し相場の場合、不特性多数の相手と取引せねば成らぬ。そこには
交渉抜きで、お互いの「いい値」で延々と価格が形成されて行く、
様は買いたい値段、売りたい値段で注文すれば、自動的にその値段
で折り合いが付く。売り方と買い方の数が一致すれば、それで良い
事だ。市場とは使い方によっては実に便利なところだ。
ただ、大口投資家、大手投機家の場合手口が公表されるので、真っ向
からの対決になる。其の時価格が、折り合いが付かなければ、相場が
荒れる。そこに人間同士の戦いが始まる。
金を使った戦争、マネーゲーム、仕手戦だ。


49 :考える名無しさん:2006/07/26(水) 18:49:53
>>47
なるほど
ではろくに勉強もせずに妄想を書き散らせば良いわけですね
了解しました

50 :ぴかぁ〜 ◆q5y3ccmqnw :2006/07/26(水) 19:52:35
フラット化する世界 トーマス・フリードマン
富の未来 A. トフラー
ガルブレイス 闘う経済学者

が出版されていますね。

ポランニー、ベル、ドラッガー、ハンティントン・・・
文明・経済学は関係がないですか?


51 :むじんくん ◆zqZE9JGYA6 :2006/07/27(木) 10:19:31
>>48
> うーん、相場自体、「対人関係その物」と思う。

確かにそうなのですが、市場というのはやはり相対取引とは区別すべきですね。
また、純粋に閉じた相対取引があるかというと、存在しえません。

そこに、第三者的な「価値」というものがやはりあると考えるべきだろうと思うわけです。
対人関係においても、完全に2者間で閉じた関係が成立するか?というと現実には
成立しません。その2者を包む、その2者の関係を成立させている何かがあるわけです。

ところが、その「価値自体」とも言うべきものを、ファンダメンタル分析では追求しますが、
どこまでいっても手に届かないのですね。

52 :むじんくん ◆zqZE9JGYA6 :2006/07/27(木) 10:24:06
この第三者的な「価値」というものは、ある種の引力のように相場の上下を支配している
と思います。人の意志である程度そこから離れることはあっても、結局はその引力を
無視することはできず、そこに回帰する。


53 :むじんくん ◆zqZE9JGYA6 :2006/07/27(木) 10:35:58
>>49
> ではろくに勉強もせずに妄想を書き散らせば良いわけですね
> 了解しました

少なくとも、何の勉強もしないでポートフォリオ組むのと、猛烈に勉強して組むのと
あまりリターンが変わらないというのが、ランダムウォーク論ですね。

54 :むじんくん ◆zqZE9JGYA6 :2006/07/27(木) 10:55:12
>>50
> 文明・経済学は関係がないですか?

文明論というのは、今まで読んだことも考えたことも無いのでよくわかりませんが、
ハンチントンのような発想はそもそも有効なのか?という感じがします。

少なくとも、資本主義社会というのは質的相違を量的相違に変換し続ける過程な
わけで、彼が言うような「文明の衝突」は経済格差などから逆算して出現するイデオロギー
だと思いますね。例えば、イスラム原理主義というのは世界資本主義のから捨てられた
人々のものなのです。

その量的相違への変換現場が相場ですね。相場の起源は交換ですから、そこには
そもそも「それぞれの文化」を対象化する視点にて営まれるものだと思います。

55 :むじんくん ◆zqZE9JGYA6 :2006/07/27(木) 11:03:07
例えば、国家というのは相場で計る対象だろうか?それはこの世で最も大きな相場、
為替相場によって計られるわけです。国家は外から通貨という量的なものによって
計測され、国家の信用が崩壊するとその国の通貨は為替相場の中で紙くずとなります。

自ら発行した通貨が無価値となる国家、これは例えば北朝鮮のような社会になることを
意味します。内的には強固な精神論でやっていこうということになりますね。何故なら
一歩外に出ればその手にしている貨幣は無なのであり、「この貨幣に価値があるのは、
価値があると思うからだ」といい続けなければならないからです。

56 :考える名無しさん:2006/07/27(木) 12:04:37




 ハ ロ ワ 行 け よ





57 :考える名無しさん:2006/07/27(木) 12:42:00
>>1
さっさと先物に入社してリアルわーるどとのリンクをもちなさい

58 :考える名無しさん:2006/07/27(木) 16:09:49
>>53
相場の哲学をやる以上思索の為のツールが色々必要だと思うのですが・・・

59 :むじんくん ◆zqZE9JGYA6 :2006/07/27(木) 17:18:49
>>58
> 相場の哲学をやる以上思索の為のツールが色々必要だと思うのですが・・・

ツールはいくつかありますが、前も書いたように大きく2つあります。

 1.ファンダメンタル分析
 2.テクニカル分析

1は本質価値を求めるもの、2は人々の心理的動向を見ようとするものです。しかし、
もう一つ重要な点があって

 3.リスク管理

というものです。上の2つは未来を予測しようとするものですが、リスク管理は未来に
何が起ころうとも安全な状況を作り出すためのものですね。

60 :むじんくん ◆zqZE9JGYA6 :2006/07/27(木) 17:29:58
ギャンブルで勝つ方法は何かというと、確率的に優位な行為を、その確率が収束するまで
続けることです。一つ一つの賭け、例えばポーカーでもいいのですが、それは負けるかも
しれないし勝つかもしれない。しかし、ある方法で負け金を極力減らして大きな勝ちを取る
ことができ、それが確率的に優位であるならば、それを繰り返せば勝てます。

当然ですが、確率が収束するまでにはその行為を沢山繰り返さなくてはなりません。これが
重要で、1回の賭け金をその繰り返しに耐えられるぐらい小さくする必要があります。

相場が難しい理由は、そこが自由だという点だと思います。例えば、パチンコで掛け金を大きくして
大きなリターンを期待する、ということはできません。ところが、相場ではそれが簡単にできます。
ある方向にどうも動きそうだと思い込んで、全財産を賭けてしまうことが可能なわけですね。


61 :むじんくん ◆zqZE9JGYA6 :2006/07/27(木) 17:36:50
よく言われる「地道にコツコツとやっていれば報われる」というのは、これはギャンブルや相場の
世界でも真理だと思います。確率的に優位な行為を繰り返す。そして、個々の事象はあくまでも
確率的なので失敗はあり得るものとして受け入れる。これが全体としては恐ろしく大きな差として
立ち現れる。それを、資金でも人生でも一発逆転を狙って全てをつぎ込むと再起不能になって
しまう(笑)。

62 :哲オタ ◆RSVCHQV.72 :2006/07/27(木) 17:53:23
スレタイと同じ題名の本見つけたよ。
http://www.amazon.co.jp/gp/reader/4775990152/ref=sib_dp_pt/249-1312088-1997129#reader-page


63 :考える名無しさん:2006/07/27(木) 18:25:20
たとえば株式投資関連の情報誌を10冊読むと、
10冊全部に違う理論が書いてあり、10冊全部に違う予測が書いてある。

結局ケインズの美人投票論(のみ)が正しいという気がしてくる。
つまり「誰が美人か」ではなく「誰が誰の事を美人だと思うか」という世界。
前者がモダンなら後者はポストモダン。
どの株が上がるかではなく、皆んなが上がると思う株はどれか…を探すこと。

それから一度相場に参加しちゃうと「自分の株が下がる不安」に悩まされる。
この「不安」を最大動因にした考えがヘッジファンドの基本理論。もちろん
理論としてはポジティヴな面から考えて確率過程期待論とかいうけど。
素人からヘッジファンドまで「不安」が最大動因であることは間違いないと思う。

ちなみにオレは多重債務者になったトレーダーだが。

64 :哲オタ ◆RSVCHQV.72 :2006/07/27(木) 18:57:40
>>63
因みに俺は先物のデイトレを生業としている。
確かに、大きなポジションを持つと心理的プレッシャーはかなりの物だ。
負ければ更に痛い。
ただ、俺は勝つ事しか頭にない。負ければメシが喰えんからだ。
相場で頼れるのは、己の気概と金だけだ。
あとはすべて、ゴミ、デマ情報と俺は見做している。

65 :考える名無しさん:2006/07/27(木) 19:31:26
>ギャンブルで勝つ方法は何かというと、確率的に優位な行為を、その確率が収束するまで
>続けることです。
素人。確率統計・解析なんて初歩でそんなんは理数系の人間に下請けさせればすむ。
金融市場は万人マージャンと考えればいい。万のパイと万の雀士が同時進行でパイを市場で
交換する。

66 :考える名無しさん:2006/07/27(木) 19:44:36
コテハンが頭悪いって本当だったんだな

67 :考える名無しさん:2006/07/28(金) 08:48:33
哲学者が頭悪いって本当だったんだな

68 :哲オタ ◆RSVCHQV.72 :2006/07/28(金) 17:15:36
コテハンもこの板でも嫌われている様だ。
では、諸君に相場の格言を与えよう。

  持たざる物は奪われる

  理外の理

  相場は儲かるもの

かんたんな格言だ。経験で理解した者はいるかね?

69 :63:2006/07/29(土) 08:53:36
>相場で頼れるのは、己の気概と金だけだ。
>あとはすべて、ゴミ、デマ情報と俺は見做している。

コレ納得。オール仕手戦だよなあ。
LTCMの失敗とかみると、金融工学とやらのノーベル賞受賞理論の虚しさが笑える。
コトはある種簡単なことなんだろう。哲オタさんにはお見通しだな、きっと。
相場の格言はよくわかるよ。失敗で拾ったものは多かった。いかに自己コントロールが
ムズカシイか、わかったよ。(W

70 :考える名無しさん:2006/07/29(土) 09:29:36
テクニカル=射幸性
ファンダメンタル=機種選定、血統、実績
マクロ=税金
ギャンブルと違うのはマクロだけ。
長期分散投資をこころがけましょう。

71 :むじんくん ◆zqZE9JGYA6 :2006/07/29(土) 11:03:18
>>63>>64
専業ですか。私は相場初心者でショボショボとやっていますが、なかなか難しいですね。
一番難しいのは、何故か気が付かないうちに今までと違った大きなポジション取ったり、
そいういう自己管理が難しい。負けると心理的負担が出ますから、そこで妙な考えに流される
んですね。

実際のところ、ランダムウォーク論のように、インデックスファンドに毎月数万円とか入れていく
のが無難で意外と大きなリターンが得られるのだとは思います。ただ、やはりここで問題に
している相場のゆがみのようなもの、これに関わることは魅力あるんですね(笑)。

72 :むじんくん ◆zqZE9JGYA6 :2006/08/03(木) 15:51:42
いやぁ、今日のは何なんですか?専業の方教えてください。もう完全に今日は上げ相場に
なると思っていたら裏切られましたよ(笑)。

こういうところが自分は甘いなぁと思います。予想、期待でポジション取ってしまうのですよね。
相場に期待するっていうことから逃れるのはナカナカ大変ですね。

73 :むじんくん ◆zqZE9JGYA6 :2006/08/03(木) 17:24:03
あと、相場で凄く感じるのは、情報によって見方にバイアスがかかってしまうことです。例えば
昨日は結構強い感じでしたが、その前に私はあるホームページで「もうすぐブレイクする」という
話を読んでしまっていました。これだけ強いと十分ありえる。もしブレイクしたら思いっきり上に
上げてしまうだろうと。

そこで昨日の引け前に買いを入れて持ち越してしまったのです。今日経は節目の価格ですから
戻りがある可能性のほうが高いわけですけど、買ってしまったんですねぇ。どうしても読んだ記事の
言葉から自由になることができませんでした。

こういう、ある情報にすがり付いちゃうっていうことがよくあります。その結果は悪いことのほうが多いです。
というのは、そういう思い込みがあると思いと違った方向に動いても損きりができないんですね。

74 :63:2006/08/03(木) 23:30:53
>>72
実をいうとあまり相場はみなくて、
個別取引に特化して、その銘柄の動きだけ追うことが多いですよ。
だから今日も昨日も数万円づつお小使いかせぎてな感じかな。
<動物>という抽象概念を追及するのではなく、
<犬><ネコ>という具体的なものを追いかける...
今のスタンスはそんなとこかな。
99%の銘柄が下がっても1%は上がってる...それを見つける作業かな。
自分の失敗も損きりができなかったことですよん。W

75 :63:2006/08/03(木) 23:32:29
宗教的な修業に近いと感じることがよくあったけどさ。W

76 :むじんくん ◆zqZE9JGYA6 :2006/08/04(金) 10:41:30
>>74
> 個別取引に特化して、その銘柄の動きだけ追うことが多いですよ。

私も何となく扱いやすいというんでしょうか。それも思い込みだとは思いますが、特定銘柄
をよく見てるというやり方です。ただ、地合いってやはりあると思うので、まず日経平均ありき
で考えてしまいますが、これもどうなんでしょうね。

>>75
> 宗教的な修業に近いと感じることがよくあったけどさ。W

いや、まさしくそういう面があると思います。板の動きに対する様々な心理的固着、これが
問題で、そこからどれだけ自由であるかが大事だと思うのですね。

こういう話を読んだことがあります。精神科医なんですが、ある患者の面接前に、非常に
よく書かれた論文を読んだ。で、その後患者の面接をしたわけですが、その論文で書かれた
構図からしか患者が見れなくなっていたと。そしたらですね、その患者が直後に自殺したそう
です。

こういうのは相場ではよくありますね。情報は少ないほどよい、というのは本当じゃないかと
思います。向こうから発信している情報が見えなくなるのは避けないといけないのですね。

77 :考える名無しさん:2006/08/04(金) 19:50:05
>板の動きに対する様々な心理的固着

そうそう、コレすごいんだよなあ。
自分の認識に自分が拘束されていく過程・・・
まずそこからフリーになりたいけど、ムズカシイよなあああ。

78 :むじんくん ◆zqZE9JGYA6 :2006/08/06(日) 12:48:51
>>77
> 自分の認識に自分が拘束されていく過程・・・

そうですね。これは「自由」の問題だと思います。人間は本質的に自由を嫌うんですね。
何らかの秩序を見たがるわけです。これが相場に向かう際の最大の問題で、破産を
誘う一番の要因でしょうね。

我々は科学的社会に生きていることになってますけど、日本を代表する経済新聞でチャートや
移動平均がどうのという記事が出ます。テクニカルの世界というのは、あれは占星術の世界と
等価ですが、それが未だに生きているのが相場の世界なんですね。そして、占星術というのは
「自由」に対する人間の嫌悪から発した後付秩序の体系です。

79 :むじんくん ◆zqZE9JGYA6 :2006/08/06(日) 13:12:19
恐らく相場に向かう際に重要なことは、自分が秩序形成の主体となることだと
思います。つまり、眼前の相場の動きをいかに予想するか、ではなくて相場に
対して秩序を自らが形成する。

他のギャンブル、例えばパチンコやスロットなどはゲーム自体によってこちら側が
制限されますね。ところが相場は極端に自由です。そこが相場の一番難しいところで、
ポジションを取る人間は、自律性が要求されるのです。

80 :むじんくん ◆zqZE9JGYA6 :2006/08/06(日) 16:52:10
例えば、パチンコなどで店側になってみるとどうでしょうか。店としては確実に
儲けなければならないわけですが、提供している商品は確率的なものです。
ですから、仮に同じ数の人間が店にやってきて、同じ時間パチンコを打ったと
しても、日々の儲けは変化します。

しかし、パチンコ台には、或いはパチスロなどはもっとはっきりしてますが、
機械割というのがありますね。そこから、ある十分な母数による統計が得られれば
期待値としてどれぐらいの利益が出るか、というのが計算されるわけです。

81 :むじんくん ◆zqZE9JGYA6 :2006/08/06(日) 17:02:44
ところが、ですね。こういった発想というのは人間には自然には受け入れるのは
難しいのです。そして、客としてパチンコを打つ大半の人々は、こういった発想で
店にはきません。それに代わる発想として出てくるのが、いわゆる「オカルト打法」
というものです。

「オカルト打法」などと呼ばれるのはどういうものかと言うと、例えばスロットで設定を
高設定に変更した場合、変更直後は出ないで一日程度回転した後に出る、といった
ものです。或いは、単純に出玉を株のチャート状にしたものを見て、前日ずっと出なかった
台は今日は出る確率が高くなる、といったものですね。


82 :むじんくん ◆zqZE9JGYA6 :2006/08/06(日) 17:08:22
パチンコ、スロットは基本的に抽選が完全確率方式、つまり毎回1/300などの大当たり
抽選を行うわけです。ですから、チャート状の「傾向」を見ても将来の予測には全く
役に立ちません。設定変えたばかりだと出ないとか、これも全く根拠ありません。

ところが、こういう非合理な発想を「自然に」してしまう。私が驚いたのは、店で実際に
日々の設定調性などを行っている人間にも、こういうことを信じている人がいるという
ことです。また、パチプロの人にも出玉の「波」を信じている人が結構います。

根底にあるのは「不安」です。一定の傾向は保障されているが、しかし個別のゲームに
ついては全く保障が無い、ということがどうしても人間を迷信へ誘っていくのですね。

83 :むじんくん ◆zqZE9JGYA6 :2006/08/06(日) 17:12:14
私もスロットを昔結構やっていましたが、設定も分かっていて、ある十分な母数が
あれば絶対に勝ち傾向の台に座って打っている。それが分かっていても常に上に
書いたような心理的傾向が絶えず出てくることを体験しました。

例えば、閉店の30分前に大当たりを引いたとします。そうすると、何故かそこで
換金したくなるのですね。しかし、正解は高い設定の台をつかんでいることが分かって
いたら、閉店するまで打ち続けることです。

84 :むじんくん ◆zqZE9JGYA6 :2006/08/06(日) 18:02:47
こういうのは「偶像崇拝」と言ってよいと思います。完全確率で動いているスロット台に向かって、
何らかの「意志」のようなものを見ようとする。相場の動きについて、何らかの「徴」を見つけようと
する。これなんかも、偶像崇拝的、呪術的な発想ですね。そして、こういう発想で相場に向かうと
破産してしまう(笑)。

85 :考える名無しさん:2006/08/07(月) 19:57:41
確率的なものでもチャートでも、その表記されたものに人間は意味を読み込んでしまうね。
逆説的に、確率的なものチャート的なものといったものだからこそ意味を読み込むんでしょう。
つまりそういった無機質?な均質空間こそ主体の意識=心理をそのまま反映しやすい....という
ことでしょうね。ラカンの鏡像界認識なんて、そういう話しだろうし。

86 :考える名無しさん:2006/08/07(月) 19:58:52
つまり、
確立やチャートに自分自身を見出せるようにならなきゃあかんワケで。W

87 :むじんくん ◆zqZE9JGYA6 :2006/08/11(金) 11:51:17
どうも難しい状況が続いてますね。

>>85
> 確率的なものでもチャートでも、その表記されたものに人間は意味を読み込んでしまうね。

そうですね。意味というのは過去の記憶が元になっていると考えると、相場というのはそれを
常に裏切るんですよね。通常人間は過去の記憶の蓄積で社会適応していき、そして何らかの
プラスの結果を得たりします。これが相場に向かうと全く通用しない。

しかし、一方でその相場的世界というのは現実そのものでもあります。適応すべき何か、それは
伝統だったり、現在の社会的成功ルートだったりするわけですが、そういうものは資本主義社会
では皆が共有してそこへ突進する時には既に終わっていることが多い。皆がある企業業績を
認め、将来性があると確信し、その会社の株を買えば絶対儲かると確信するとき、その株は
急落するのですね。

88 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 21:42:23
一般にとっても話題になったときには相場は終わり・・・
ジム・ロジャースだったかな、この言葉。
去年の秋頃から株式投資が一般的なニュースになって、
今年1月16日にはライブドア強制捜査で暴落と調整の始まり。
でも投資家だったら2年前がいちばん儲かったのは周知の事実。
実際自分が楽に儲けられたのは2年前だったもんね。
この7月から投資スタンスを変えたんで、どうにこうにかだけど。
上手な損切りが王道かもしれない、と思う今日この頃ですよ。

89 :むじんくん ◆zqZE9JGYA6 :2006/08/13(日) 20:11:22
>>88
> 実際自分が楽に儲けられたのは2年前だったもんね。

その美味しい時期、私はやってませんでした(笑)。その前にちょっとやっていたんですけど、痛い思いして
離れていたんですね。惜しいことしました。

最近の動きは、結構皆難しいと声をそろえて言ってますね。ドローダウンしている人が多いようです。今の
時期に全くパフォーマンス変わりないという人はいるんでしょうか。

思うんですけど、小泉内閣発足時の日経平均は12000ぐらいでした。それが大きく下落し、回復。その過程で
誕生したのが竹中改革の鬼子と言っていよいのでしょうか、ホリエモン現象でしたね。それが今調整期ですけど
小泉退陣の頃にまた12000ぐらいまで下げたら面白いですけどね。株価の頂点とそこからの急落というのは、
一つの時代の絶頂と終わりを示しているいうよい例じゃないかと思います。

90 :むじんくん ◆zqZE9JGYA6 :2006/08/27(日) 15:11:21
また節目にきました。今回の上昇、またしても乗れなかったんですけど(笑)、でもソフトバンクの
急落でちょっとだけ儲けました。

トレードをするというのは、これはキルケゴールの「反復」を体験することと同じだと思います。
何事も起こり得る。その可能性の中へ飛び込むことですね。そして、重要なのは起きた事象に
対して自分がいかに対処するかだと思います。起きてしまったこと、例えば、自分のポジション
と反対に動いた時に、再び反転することを相場に対して「願う」ことは、これは雨乞いをするのに
等しい行為であり、破滅が待ってます。


91 :むじんくん ◆zqZE9JGYA6 :2006/08/27(日) 15:16:50
これに対して、過去のチャート分析や様々なニュース、噂話などから将来のことを予測するという
のは、これはキルケゴールの言葉で言えば「想起」になると思います。過去の学習が目の前の
事象に適応できるのだと。ところが、相場が難しいのは、これが必然的に裏切られるということです。
なぜなら、ファンダメンタルにしろ、テクニカルにしろ、ある指標によって株価が上昇することが
分析によって判明し、それがポジションを取る人々に共有された途端、その指標に当てはまる銘柄は
即座に割高になるからですね。つまり、もし人々にある値上がりの指標が共有されている場合、
その株は指標に当てはまった瞬間に空売りするのが正解になる。

92 :考える名無しさん:2006/10/16(月) 03:05:07
続く

93 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 08:25:48


94 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/11/23(木) 23:26:08
>>79なんかの書きっぷり見ると、むじんくん、
『ゾーン 相場心理学入門』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4939103579/
読んでるだろ?

95 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 23:25:52
ところでおまいら儲かってるか?

96 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/11/25(土) 00:00:32
>>95
ヒトの儲けなんざ、気にしなくっていいだよ。
手前がどれだけ根性だせるかって話だ。

97 :考える名無しさん:2006/11/25(土) 13:57:22
そんなら根性とやらを見せてみろや
祖父盤でも全力買いしてみろや

98 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/11/25(土) 20:34:24
>>97
こんな間抜けな奴、見たことがない。

全力買いが、おまえの取引き手法だっていうんなら、
勝手にそうすりゃいい。まあ、瞬殺だろうなw

99 :考える名無しさん:2006/11/25(土) 21:04:44
全力買いなんかするわけないだろがヴォケ
儲けるのを目的としないで根性を試したいんだろ?

100 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/11/25(土) 21:16:32
>>99
間抜けの上塗りだwww

儲けるのを目的としないで、なんで相場に入るんだ?
全力買いしたいところを我慢して枚数を抑えること、
曲げたら躊躇なくポジションを切ること、
そこが根性の見せ処だろうが。
それに相場の根性は人に見せるためにあるんじゃない。
己に見せるんだ。

101 :考える名無しさん:2006/11/25(土) 22:00:50
そんなあたり前のこと言うな
特攻隊の根性はないのかね〜www

102 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/11/25(土) 22:19:03
>>101
さらに上塗りして、どうする?
当たり前だとしたら、何故>>97で、
「そんなら根性とやらを見せてみろや
枚数抑えて損切りしてみろや 」
と出て来ない?


103 :考える名無しさん:2006/11/26(日) 22:10:44
マジレスかよ
おちょくってるのにい

104 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/11/27(月) 02:10:13
>>103
2ちゃん典型の逃げだなw

105 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 23:50:44
だから全力買いして破滅する根性ないのかって聞いてるんだよwww


106 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/11/28(火) 01:16:21
>>105
間抜けの漆塗りだな。ここまでくると芸術品だ。
そんなことやってる個人投資家は、いくらでもいる。
根性なんざ必要とせず、タネ溶かしてるはずだが?

107 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 16:00:38
おれには全力買いには根性いるね
損失がおっそろしくて買えねーよ

38 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)