2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

10歳以前に考えていた不思議な観念・事象

1 :考える名無しさん:2006/05/04(木) 02:15:00
幼稚園・保育園生や小学生の頃、不思議な空想にひたったことはありませんか?
また、現実ではありえない事件を見た・経験したことは?

たとえば空想だと
・自分以外の人間はみんなロボットで、意識や思考は自分だけに与えられた特権である。
・世界なんて存在しない。自分が移動するたび、その「場所」が作られる。
・女の子がリカちゃん人形で遊んでいるように、自分達も誰かの手によって動かされている。
・両親は異星人。夜になると真実の姿を現す。
・動物はみんな話すことができて、自分以外のみんなは何を言っているか理解している。

経験では
・記憶の中で楽しい思い出になっているはずの場所が、どこを探しても見つからない。
・二メートルのカマキリを見たことがある。
・兄弟・姉妹間で、声を出さずに会話できた。
など。

経験はオカルトの領域だろう、と思われるかもしれませんが
哲学の観点から考えてみたいと思い付け足しました。
どんな小さなことでも構わないので教えて下さい。

2 :考える名無しさん:2006/05/04(木) 02:42:14
常に誰かに見られている気がしていた
ていうか、今も

3 :考える名無しさん:2006/05/04(木) 03:13:46
俺保育園で空飛んだんだけど誰も信じてくれない

4 :考える名無しさん:2006/05/04(木) 03:34:18
今15なんだけど俺のアタマは幼稚園児か・・・

5 :考える名無しさん:2006/05/04(木) 04:00:34
小学生の時、公園で野菜のクズが大量に入った段ボール箱を見つけた。
その段ボールは上部が開いていて、中が丸見えだったんだけど
一緒にいた友人が
「この段ボールの蓋を閉じて、持って帰ってお母さんに見せたら
お母さんは蓋を開けるまで段ボールの中身を知らない。
だからお母さんから見ると、この箱に入った野菜のクズはこの世にないことになる。
かわりに宝石が入ってるかもしれないし、拳銃が入ってるかもしれない。空っぽかもしれない」
と言い出した。
思い出すと今でも混乱する。

6 :考える名無しさん:2006/05/04(木) 04:06:04
>>5
それ言ったの俺

7 :考える名無しさん:2006/05/04(木) 04:09:58
なんで混乱するのか、わけわからん

8 :指し指 ◆6wmx.B3qBE :2006/05/04(木) 10:10:29
お母さんが混乱するんじゃないの

9 :考える名無しさん:2006/05/04(木) 10:29:11
>>8は混乱していない女性ですか、どうよ?

10 :考える名無しさん:2006/05/04(木) 11:34:17
小学生の時は毒牙論でした

11 :考える名無しさん:2006/05/04(木) 12:42:29
経験で。

最近、木村カエラが
「親指が凄く大きくなって、部屋中が親指になるような感覚なんですよ。ありませんかー?」
って発言して奇行・とんでも扱いされたり薬物使用疑惑かけられたりしてるけど、
俺は夜布団に横になると身体全体が膨張して部屋中に充満する感覚によくなった。
なった、というか今でも思い出してたまにやってるが。

実際の俺はガリガリの体形なんでこの感覚は楽しい。

12 :考える名無しさん:2006/05/04(木) 17:44:49
>>11
Alice in Wonderland Syndromeの類か?
俺はたまに時間の感覚がおかしくなる。

13 :考える名無しさん:2006/05/04(木) 17:59:38
>>12
最初に経験って書いたけど、これはやっぱ空想の類だな。
だから心理学的対象だってことは言えるかもしれんが病的なもんじゃ全くないと思う。
やろうと思えばいつでもやれるし。

14 :考える名無しさん:2006/05/23(火) 01:35:53
空飛んだりできたよ。
空想で。今はできない。

15 :考える名無しさん:2006/06/07(水) 17:24:31
神様仏様がいるという観念

16 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 12:08:31
鏡を見たとき、向こう側が本当の世界かも知れないと思った事がある。


あと、ありきたりだけど全部夢じゃないか、とか。

17 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 21:49:26
小学生時代。
「大人がエロなのだから、子供がエロで悪い理由はない!」

ちなみに私は今、統合失調症で困っています。
何が間違っていたんだろう・・・?

18 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 22:31:33
保育園の頃UFOを見た。
「人工衛星だ!」と叫んだけど、人工衛星があんな大きく見えるはずない。

>>17
統合失調症ですか? わたしもそうです。
お互いがんばりましょう。

19 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 22:33:58
徳川埋蔵金、キョンシー、ネッシーがいると思ってた。

20 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 22:39:25
>>1
・記憶の中で楽しい思い出になっているはずの場所が、どこを探しても見つからない。

これはある。

21 :考える名無しさん:2006/06/09(金) 00:22:10
>>11
荘子も似たようなこといってたな。

天地、一指ナリ

(内篇 斉物論篇より)

22 :考える名無しさん:2006/06/09(金) 00:27:26
・耳鳴りとは、どこかで誰かが助けを呼んでるサイン。


23 :考える名無しさん:2006/06/09(金) 18:25:32
>>1
>・二メートルのカマキリを見たことがある。

あった、こんな経験。
他にも数分間息を止めていても苦しくない、とかあった。

24 :考える名無しさん:2006/06/09(金) 19:05:52
サンタはいると思ってた

25 :考える名無しさん:2006/06/09(金) 19:39:53
両親が本当は鬼、とかなら考えたことあった。
あと、自分がサトラレじゃないかとか。っつーかこれは年代を考えると10歳よりは後かなぁ

26 :考える名無しさん:2006/06/10(土) 09:28:23
>>5の友人は量子論者

27 :考える名無しさん:2006/06/11(日) 05:08:38
>>1には、思い当たることがいくつかある。
・俺は小学校中学年ぐらいまで、こんなことをふと考えることがあった。
俺は地球で生き残った最後の地球人。他の地球人は皆滅びてしまったが、俺を観察するため、俺の前では、地球人の格好をしている。
俺がいなくなると、タコのような宇宙人に戻る、と。俺が曲がり角を曲がると、道にいた宇宙人が、仲間の宇宙人に「今、そちらに行ったぞ」と連絡をとる。で、俺が来る前に人間の姿をする。
俺は、タコの姿を見てやろうと、曲がり角を曲がった後、また角まで戻って、来た道を覗いたりしていた。
こんなことがまったく信じられなくなったのは、小学校高学年の頃だった。


28 :考える名無しさん:2006/06/17(土) 00:51:26
時間的な順序もない漠然としたイメージが
理解できるような一つの物語に組み立てられるのを
夢から目覚める時に、経験した記憶がある。
そしてその時、夢の意表をついた出来事も時間の流れもこんな風に
作られているんだな、と思った。
どこまでが夢だったのかもう覚えてない。

29 :考える名無しさん:2006/06/30(金) 11:18:45
>>23
漏れも余裕で息止められたな。
息しなくてもたいした事なくね?とか思ってた。今じゃ全然無理だが。



あと、部屋の床に仰向けで寝転がって天井をずっと見てると、
自分が天井に張り付いているような感覚になって、
そのまま意識だけが天井を普通の床のように歩いているような感覚になる、ってのがあった。

よく寝転がって目開けたまんまボーっとしてたから、
意識がなくなってない?この子、みたいに思われてたらしい。

30 :考える名無しさん:2006/07/11(火) 04:51:42
ふとんの中で、眠ってしまう前、ぷっくら膨らんでいくような感覚がよくあった。
たとえれば、細胞すべてが膨らんでいく感じで、同時に、自分が部屋いっぱいにぱんぱんになるような感じ。
気持ちいいというほどでもないが、この感覚は、嫌いではなかった。

31 :考える名無しさん:2006/07/11(火) 07:18:10
死という概念を知ったのが6才くらい
理解した瞬間目の前の壁の模様が目に焼き付いて
視野がはっきりしたのを覚えてる、それ以前の記憶は曖昧

32 :考える名無しさん:2006/07/13(木) 05:09:07
地球が皿型だと思ってた

33 :考える名無しさん:2006/07/13(木) 07:42:43
少しスレ違いかもしれないけど、寝るときに見た天井のシミがなんかの怪物みたいに見えたことは何度かあった。

34 :考える名無しさん:2006/07/13(木) 07:49:54
マリオがクオリアを感じてたらどうしよう、
もうゲームなんてできない!

35 :考える名無しさん:2006/07/13(木) 08:52:24
幼稚園のころ、布団に入るとドッドッドッって音が聞こえてきてゴジラの足音みたいで怖かった。
たぶん心臓の鼓動と当時読んだ怪獣の本の恐ろしさがミックスされたのかな。

小学校を卒業する頃かなりナイーブになっていて、死ぬってどういうことなんだろう? 死んだらどうなるんだろう?
死んだらずっと死んだままなの? 永遠に死んだままなの? 永遠ってなんだろう? 無限ってなんだろう?
こう考えると怖くて怖くて毎晩泣いた。 死ぬくらいなら生まれてこなきゃ良かったと思った。
ところがある日、お釈迦様やキリスト様みたいな偉い人でもみんなを納得させる答えをみつけてないんだから、オレが考えても
しゃーねーや、と悟りの境地に達した。哲学者?になりそこねたw

36 :考える名無しさん:2006/07/13(木) 09:57:20
>>11
そう発言した木村カエラはアリス症候群か離人症じゃないかな。


37 :考える名無しさん:2006/07/13(木) 13:15:15
寝るときいつも深夜に大男と普通めの男が自分を寝かそうとする、寝た振りで去っていくのを待っていたがいつも気づけば朝だった

38 :考える名無しさん:2006/07/13(木) 20:50:45
>小学校を卒業する頃かなりナイーブになっていて、死ぬってどういうことなんだろう? 死んだらどうなるんだろう?
>死んだらずっと死んだままなの? 永遠に死んだままなの? 永遠ってなんだろう? 無限ってなんだろう?
>こう考えると怖くて怖くて毎晩泣いた。 死ぬくらいなら生まれてこなきゃ良かったと思った。

幼稚園の頃これだった。

>俺は夜布団に横になると身体全体が膨張して部屋中に充満する感覚によくなった。
>なった、というか今でも思い出してたまにやってるが。

これは今でも時々なる。
布団で視界を真っ暗にしてヘッドホンで音楽を聴いたりすると高確率でなる。

あと小学校の頃、無限小についてよく考えてた。アキレスと亀的な。

あと、>>1の「世界なんて存在しない。自分が移動するたび、その「場所」が作られる。 」
とほぼ同じだけど、自分の視界だけが世界で、自分の視界が移動する度に、
その都度世界が生成されて、自分の視界から外れた世界はその都度消えているんじゃないかって、
幼稚園〜小学校低学年ぐらいまで思ってた。

あと小学生高学年になったら、
「それそのものなんてなくて、全ては「それ的」「それ性」なものの集積で、
 じゃあ性質を規定する「それ」は何だってことになるけど、
 そういう基点不在的な意味の循環こそが、意味の本当の姿なんではないか。」
って考え始めて、後年「俺はあの頃既に構造主義を知っていたのか!」って過去の自分に感心した。

39 :考える名無しさん:2006/08/16(水) 22:28:09
・自分のいる場所以外に世界はない
・自分以外はみんなゾンビ(兄がやってたバイオハザードの影響だと思うが…)
・戦争は終わっていないと思っていた。(これはただの無知?)
・おもちゃは人がいなくなると動く
・自分はマンガの中の世界の住人の一人
・この世界の人たちはみんなマンガのなかの人で、火星人か何かが読んでいる。(火星人のマンガは中の人物一人一人が自我を持っていて、好きな人を選んでその人の人生をみていける・・・)
6こめよく分からなくなったが、要点は「これは現実だが本当の現実じゃない」
と思っていたこと。
結構みんな似たり寄ったり?

40 :sage:2006/08/18(金) 01:07:43
何才か忘れたけどお医者さんごっこしてて医者役だった俺は
「ん〜心臓が止まってますね。お薬出します。」みたいなことを
幼稚園の先生に言ったら「それじゃ死んでるよ」と笑われて妙にショックを受けた。
心臓は自分が死ぬまで止まれないから寝てる間だけ休めばいいのに。かわいそ。とか思ってた気がする。



41 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 03:09:13
時間が超高速で過ぎていった。
はっと気がつけば、自分の部屋にいたことも
あった。
それと、空飛んだことうちもあるよ。
すごく楽しかった。
後、小学校4年辺りで急に森に帰る
とか言い出した事があった。

42 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 06:21:45
子供の頃、ランダムで出てくるの菓子玩具の中身のおまけは
ずっと箱を開けなければどうなるんだろうかと考えた事がある。

そして、「時間にあわせて前種類に変形を繰り返し、開けた瞬間に固定される」と結論をだした。


機械使えば中身なんていくらでも丸見えだということが視野に無かった

43 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 07:13:12
金ってどうこから降ってくるんだろう?ってずっと考えてた。

44 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 07:21:44
今だにあるが、時間と意識の概念の食い違い。

45 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 07:48:18
一瞬で一ヶ月時間が過ぎた事があった。
その一ヶ月間の記憶が無い。




空想としては、自分だけは特別な存在だと思っていた。
自分だけは、何があっても死なないし、絶対に生き残れると。
神に愛されてる様な感じだった。

46 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 12:24:19
オカルトスレ?

47 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 19:19:02
誰に聞かされたわけでもないのにあの世では仏様<神様だと確信していた。
で5才か6才のとき保母に「将来は何になりたいですか?」と聞かれて
「死んで、神様になりたいです!」と答えたらすごく怒られた経験がある。

ベタなところだとアニメ映画とか見た後、自分というものが何なのかわからなくなったり
鏡を見て自分の顔に違和感を感じたり、ガチで死んだ祖母の声を聞いたり。

あとは逝ったことも無いのにローマ・ギリシャ建築を見ると懐かしさがこみ上げて
くることぐらいか。


48 :考える名無しさん:2006/08/29(火) 23:57:33
このスレ面白いけど、妄想もみんな結構似てるんだな。
こんな馬鹿なこと考えてるのは自分だけだろうと思ってたことが
結構書き込まれてる。
発狂や自殺も逃げ道になってないよ。

49 :考える名無しさん:2006/09/03(日) 07:52:34
地球外生物だと本気で思ってた。いつか空から向かえが来るってね。


50 :考える名無しさん:2006/09/03(日) 08:01:27
夜の正丸峠一人で歩いているとき、なぜか自分の心のなかに死んだお父さん
の子供のころの様子がうかんできた。あそこを通ると不思議と切なさがこみ上げる。
何かあるのかな?心霊スポットということもよく聞くし。

51 :考える名無しさん:2006/09/03(日) 09:35:21


潜在意識とか深層意識を哲学ではどう扱うかというスレ?


52 :考える名無しさん:2006/09/03(日) 11:46:18
もしかしたらこの世のものは全て小さい粒が固まって形作ってるのかもしんないって思ってた

そしたら本当にそうだったんだよね。びっくりした

53 :考える名無しさん:2006/09/10(日) 16:58:21
子供のころ寝ているときに、脳内で音楽のメロディーを再生すると
自然と歌詞が浮かんできて、声に出しているわけでもないのに
歌声がリアルに聞こえ始める感覚が好きで、何度も何度も脳内再生していた覚えがある。

54 :四式:2006/09/10(日) 18:43:47
 夢でパチ台にパチンコの玉が大量に流れその一つとして
騒音を立てながら落ちていき耐えられなくなって起きる。
 夢であるはずのない所に神社があり、入ろうとすると大量の虫が
襲ってきて入れない。
 なぜか母親の目を潰して殺してしまい、夜中に飛び起きて謝った
 マンコはつるつるだと思ってた。 乳首に射精すると妊娠する。

55 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/09/10(日) 21:47:14
ウンコは毒だと思っていた。
そりゃ仕方ないだろ。ウンコは汚いって教えられるんだから。
そして、ウンコに混じった未消化のトウモロコシも毒だと思っていた。
人間はトウモロコシを一度も口にしなければ不老不死でいられるのであり、
その秘密を知っているのは世界中で、この僕、ただ独りなんだ。しかし、
知っていたところで、既に僕もトウモロコシを口にしてしまっており、
それがために、やがては死ぬのだと思い憂鬱になった。

56 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/09/10(日) 21:50:04
>・記憶の中で楽しい思い出になっているはずの場所が、どこを探しても見つからない。
>・二メートルのカマキリを見たことがある。
>・兄弟・姉妹間で、声を出さずに会話できた。
こういう話が好きなら、一度このスレに行ってみるといいね。
まとめサイトを載っけておく。
http://ahoseek.s8.xrea.com/enigma/

57 :考える名無しさん:2006/09/11(月) 00:08:41
銭湯の洗面器の中で生まれては消えていく、泡を見つめ、泡の表面を
宇宙に見立てていた。七歳位であった記憶

58 :考える名無しさん:2006/09/11(月) 00:24:15
小学校二年生の時、自分の影法師の頭の部分と、渡り廊下の影がくっつくのが、
不思議でならなかったな。先生に聞いても誰も答えてはくれなかったし…
宇宙の果てについて想いを廻らせだしたのも、この頃かな。初めて自分がいつか
死ぬのが怖くてならなくなったのは五歳位だった、まだ遠い未来と言うか、
やがて訪れるであろう死に対してぼんやりとしか把握出来ていなかった。

59 :考える名無しさん:2006/09/12(火) 22:07:07
7才頃まで本気で昔の世界は白黒だと思ってた。テレビで昔の映像が出てくると白黒だったからそれを信じてた。

10才頃まで受精の仕組みを知らなかったから、父親は生殖には関わってなく、子供と血が繋がってる事も知らなかった。だから、「お父さんに似てる」という言葉・概念に常に疑問を抱いていた。

60 :考える名無しさん:2006/09/12(火) 23:14:42
七歳頃まで平気で男湯に入っていたw

61 :考える名無しさん:2006/09/12(火) 23:34:42
たぶん2才ぐらいの頃
自分の背丈ぐらいの箱につかまり中を覗き込んでいた時、意識を初めて持った。
「眼差しの内側に自分がいるな」と感じた。
それ以前の記憶は全くなく、そこから自分の人生が始まったようだった。
言葉を獲得してから、この不思議な感じを
周りの大人に話そうとしたが、誰も理解してくれなかった。

62 :考える名無しさん:2006/09/13(水) 01:45:24
マジな話幽体ってあるからな

63 :考える名無しさん:2006/09/13(水) 02:50:03
信じてくれないかもしれないが、たまに(特に寝る前に)自分の体の動きや周りの速度が何倍ものスピードに感じることがある。
その時は自分の頭の中に親戚を含む沢山の人が出てきて「まぁしょうがないよ」というようなことを言われる。
何度も同じ映像の繰り返し。誰にも理解してもらえない。総合失調症?書いてる自分が怖い18歳です…

64 :考える名無しさん:2006/09/13(水) 03:01:59
今も継続中だけど、よく予知夢を見る。俺と妹は小さい頃から夢で見た場所・風景・人物・セリフが全く同じに現実でビデオみたいに再生される事がよくあった。デジャブって言うの?
あと、10歳ぐらいまで自分がいる世界は、映画のマトリックスみたいな所って感じてた。

65 :考える名無しさん:2006/09/13(水) 03:10:20
よもつくに

66 :考える名無しさん:2006/09/13(水) 09:13:11
子供はキスすることでうまれるんだと思ってたよ
結婚式のキスでさ、あれで子供を授かるんだと

あといきなり不安になってわけがわからなくなることがあった
パニック→家には借金が1兆円あるんだ!→欝だ死のう
ということが何回かあったな

67 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 09:27:56
>>5
おまいの友人天才じゃね?

68 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 10:55:50
おれは
「自分が自分じゃないことにすれば、どんなつらいことでも、どんな恥ずかしいことでもできるじゃん」
って本気で思ってた。
こういうのを真理だって言うんだなって納得してたし、何でこういう大事なことを
誰も教えてくれないんだろうって思ってた。

69 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 13:21:07
子供の頃、夜寝る時意識すると息するのが超めんどくさくなって、同時に、死ぬまで息しないといけないのか…と思って絶望してた、大変だなって、 どれだけ横着者なんだかw

70 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 17:15:51
>>69
この文章読んだ時苦しくなって一瞬息止まった・・・

なんでだ?

71 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/09/16(土) 21:25:00
おいおい、こんな画像、見つけてきたぞw
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9567/batta.jpg

72 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 21:32:55
関連スレ
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/denpa/1099839766/l50

73 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 21:45:23
小学生の頃、幼馴染がいたが「彼を殺したら俺どうなるのかな・・?」
と何度か考えたことがある。
多分、空に亀裂が入って、そこから神らしきものが正体を現すと思ってた。
その神は宇宙人と思っていた。
そして自分は、宇宙人が飼ってるペットだと疑っていた。

だから時々、空を見上げて、どっかに亀裂が入ってないか探していた。

74 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 20:19:01
自分のいる世界は偽物で,自分以外の人たちは自分の行動を全て把握してる。
そして『この世界は偽物だ』って言えばその世界は終わり本物の世界へ飛ばされると思ってた。

75 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 20:26:32
同じだ。考えろ

76 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 21:26:49
小さい頃は母親と手をつないで寝ていたのだが
電気を消して暗くなった瞬間から
私と母親は悪魔の美術館に展示された美術品になって
少しでも動いたら悪魔に「む!、こいつ美術品じゃない 人間だ!」
と気づかれて殺されるのではないかとおびえてたな

それから自分がまばたきするごとに自分の運命や世界が変わって幸福モードや不幸モードに変わると思ってたな
次まばたきしたら全員悪魔になってるかもしれないとか

77 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 21:53:34
なぜ日本人女性は韓国男性に憧れるのだろうか。
まず韓国人男性は紳士的な振る舞いをします。
そして女性を大切に扱います そして情熱的です。
このような韓国人男性の振る舞いに日本人女性はコロリと落ちるのです。
日本人のような幼児的な男性にあきあきしてる裏返しの行動でしょう。
韓国人男性に憧れる日本女性は週末になるとソウルを訪れるそうです。
ソウルで運命的な出会いを期待しての訪韓です
ソウルでは毎週末にお見合いパーテーが開かれています
日本女性と韓国男性のお見合いパーテーです
日本女性の参加者が圧倒的に多く韓国男性を集めるのに苦労するそうです。
日本女性は婚前交渉に積極的だと聞きました。 韓国では婚前交渉はタブーです。
お見合いパーテーで知り合い、その日のうちに関係を持つカップルが多いと聞きます。
「日本人女性は優秀な遺伝子を求めて韓国で股を開く」と韓国のWEBサイトで話題になっていました。
韓国では不道徳なものは、東から来ると言われています。
韓国は日本から多くの不道徳を持ち込まれています。
すべて事実だ。 日本の女は淫乱で男はまったく魅力がないインポ。
かわいそうな劣等民族

78 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 22:38:53
歩いていても自分の足で歩いているという感覚がなく、
まるで足だけが意志を持って勝手に動いているような気がした。
それが気になりいつもイライラしていた。

あとこれは今もだけど、
目が覚めた状態から意識を保ったまま(と感じているだけで実際には途切れ途切れかもしれない)、
夢を見ている状態に移行できる。
その時決まって体からもう1つの体が抜け出す感覚があって、夢の内容はとてもリアルで、
五感が全て現実に近いレベルで機能している感じ。
多分これを世間では幽体離脱などと呼んでいるのだと思う。

79 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 22:51:44
夜寝ようとして目をつぶるときに「目の開け方がわからなくなったらどうしよう!」って思ったな

80 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 23:00:36
「僕は何でお母さんの子供なの?」聞いたら、
私は継母じゃない、実母だと言ってひどく怒られた。

81 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 20:21:25
オレはなんでオレであって、他の人じゃないんだろう?

82 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 20:44:03
      ____
   ,、ィウノ川川川W川ミ、
 、r'(リl | ノl | i l川川川川ミ、
 /ノ、ヽ`ノ人!ノ///ノM川川ミ、
,/'川`            ヽミリ、
|川リ             ミ川)
',り'゛             ミ川
.ヽミ;.:...         ___.;...   ノル.'~i
.r‐リ:.:;;r'_~_ヽ、___,ri' -ャゥヽ / |、 l
.'、 i=!i'゛`'゛ )‐‐!i  ` ~ノ'゛   ノ, !
 ', リ; '、~_.ノ .| :. `‐- '  .:....ヽし'
  '、_ノ、  ,r、i_ .;._,、`   .:.....|
    i:.:...'  _,, ... __;; .::..:.:...ト、
    ヽ:  `   ̄~.:...   ::/ノ::::::`.:.、
     \  ~~~   .:./::::/::::::::::::::::
  ,,、-‐'''"|ヽ、.;;;;;;;;;;;;、::' ,、イ:::::::::::::::::::
,、::':::::::::::::::::| ヽ     / /:::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::|  \_/  /::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::ヽ  ∧  /::::::::::::::::::::::::::

  アゲンナ[Sigmunt Agenat]  数学者
     (1929〜1997 オーストリア)

83 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 21:07:45
寝ようとすると悪魔がやってくる感覚ってあるよね!
けっこう体験者いて安心した。

私の寝る前悪魔の場合だと・・・。
顔とか覗き込まれて大勢でチェックしてた。
動いたり目あけたりすると殺されちゃうから必死だった。

84 :考える名無しさん:2006/11/26(日) 01:33:45
>>53
えーー!?これ今でもやってるよ。普通の事じゃないの?
プレーヤー家に忘れた時とか、脳内自動再生。リアルに聞こえるよ。
ただ「歌詞なんだっけ」とか意識し出すと止まるから、無意識にほっとく。

>>1
10歳位まで、色に取り付かれてた。
黄緑、黄色、ピンクがそろわないと気が済まない。
15歳位まで「12」という数字じゃないと気が済まないという
苦しい体験がある。12がどうしても好きだった。

後、色盲というものを知って以来、個人個人同じ色には見えてない、
私の赤と、彼らの見ている赤は絶対に違う。
だから私は孤独だ、と一人悲しかった。
いまだにこれは思う。

85 :考える名無しさん:2006/11/26(日) 04:27:57
なぜ炎は熱いのか

86 :考える名無しさん:2006/11/26(日) 20:54:05
俺、痰が出るのは世界で自分だけだとおもってた。

87 :名無し:2006/11/28(火) 16:39:06
眠ってもし目覚めなかったらどうなるのだろう

ガキの頃は眠りが深くて夢みなかったから、寝ている間、完全に意識がないことに対する恐怖

88 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 21:58:08
朝起きると部屋の様子が寝る前と変わってなくて
幼稚園いくといつも同じメンバーがそろってて
こんなありえなさそうなことが壊れもしないで反復されてて不思議だった

いまでもコミュニケーションや行為が成立することの不思議さを研究中なので
たいして進歩してナス…

89 :考える名無しさん:2007/01/05(金) 11:29:52
自分も他の人間も単に情報の乗り物だって思ってました

90 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 06:40:18
ぼーっと何か物や場面を想像してる時、目は目の前の現実が見えて無いのかもしれないと考えた事がある

91 :哲学者最上位(´Д`)y─┛〜〜 :2007/01/25(木) 00:45:39
俺はすでに神仏の存在を疑ってた。

92 :考える名無しさん:2007/01/28(日) 23:32:57
境界をどうとればいいのか、だな。

93 :考える名無しさん:2007/01/29(月) 06:11:51
なぜ久保田先生はこんなに美しく可愛いのか そしておっぱいなのか

94 :考える名無しさん:2007/01/29(月) 10:10:30
月が沈むとき(俺が起きていられない時間)月が雲より低い位置にまで降下して、その現象は大人になるまで見られないことになってる

っていう夢。

95 :考える名無しさん:2007/01/29(月) 14:59:28
tes

96 :考える名無しさん:2007/02/02(金) 14:08:50
>>84
ガチャピンカラーだね。可愛い組み合わせの三色だ

97 :考える名無しさん:2007/02/02(金) 14:49:30
・行った事の無い場所なのに何故か建物の位置を
完璧に覚えていた(デジャヴ?)
・夢で、体が亀みたいに手足が出なくて動かない。舌だけを伸ばして
何かに触れようとしてるんだけど届かない、苦しい。

・3時間=10秒に。絶対アレは10秒だ、と今でも思う。
・風呂場に来た途端、何故ここに洗濯機が?柱なんてあった?
どうしてここに居るのかわからなくなる。
・(小学校低学年まで)学校の先生は始めから先生、生まれも終わりも先生。
老けもしない。プライベートも無い。先生は先生。そういう固定ロボットみたいな
ものだと思ってた。おまわりさん、お医者さん、みんなそう。

今は…教師も警察も医者も糞ry

98 :考える名無しさん:2007/02/02(金) 15:02:48
宇宙人は実は未来の地球人で
人が動物を保護するように
僕ら人間が宇宙人に保護されている。
宇宙人の間では基本的に地球人との接触は許されないが
時折UFOに乗って観察に来る。
その内、規則を破って来ちゃう奴や馬鹿やらかす奴が
地球人に捕まり、暗黙の事実としてNASAに捕獲される。


99 :考える名無しさん:2007/02/02(金) 18:02:28
・幼稚園の頃、畳などで寝転んでいると自分のいる部分が自分の形のまま、底無しに抜けていくという感覚に陥った
ていうか、20年近く経った今でも感じる

100 :99:2007/02/02(金) 18:04:24
・小学生の頃、この世には俺しかいなくて俺は宇宙の中で一人夢を見ているんじゃないかと考えていた

そしてある結論に辿り着いた
俺がこの目で見ている部分が俺の見ている夢で、俺の背後や目の届かないところが宇宙なのだと

101 :99:2007/02/02(金) 18:06:05
・これは中学生の頃の話だが毎晩のように「死」とは何なのか等そういった類のことを考えていた
そしてある夜考えるのに疲れ、眠い…もうダメ…と眠りに就くその瞬間、俺はその答えを見つけた
「ハッ!そうか!そういうことか!そうだったのかぁ!!!」
と感動とともに眠ってしまった
次の日起きたらその答えはまったく覚えていなかったよ

まぁ今では「死」なんて唯の「死」としか思えないし、それが正しいことも解っている

しかしあの感動は忘れられない
その瞬間はセクロスよりも気持ち良かった

102 :ハゲサングラス ◆JbOPYFcx8E :2007/02/02(金) 18:15:54
なに?セクロスって?教えて。

103 :99:2007/02/02(金) 18:16:29
遊眠社の「白い小指」じゃないが、九九を覚え始めた頃から数字や九九の段が色で感じ取れるようになった

0の段は淡い青色
2の段は朱色
3、4の段は黄緑色
9の段は深紅
てな感じで

104 :99:2007/02/02(金) 18:22:13
連投スマソ

105 :ヅラキンニクマン ◆JbOPYFcx8E :2007/02/02(金) 18:35:53
    /゛ヽ 丿     ゝ、、_ \   ̄\  |\  )、        、 i
   / ヽ | /     ヽ||iii';;=、 、 \    \| \丿 \       ||/
  /  ,| |/       `"'< `i ゛ヽ`=''  、,___,;--―'ノノ      /
 | / ヾ ||     '  ノ-,=―--_,/'/    ,i ノ
 | | |      ;       ''~  i  ( / ||ii|||""> /   / ''
 | ヽ        '          | |  ̄゛゛ ' / /ノ/
  ヽ                /   ,  |      //i
             じゃ、そろそろ結論書いて貰うかな
                  おっちょこちょい

106 :ヅラキンニクマン ◆JbOPYFcx8E :2007/02/02(金) 19:05:15
    /゛ヽ 丿     ゝ、、_ \   ̄\  |\  )、        、 i
   / ヽ | /     ヽ||iii';;=、 、 \    \| \丿 \       ||/
  /  ,| |/       `"'< `i ゛ヽ`=''  、,___,;--―'ノノ      /
 | / ヾ ||     '  ノ-,=―--_,/'/    ,i ノ
 | | |      ;       ''~  i  ( / ||ii|||""> /   / ''
 | ヽ        '          | |  ̄゛゛ ' / /ノ/
  ヽ                /   ,  |      //i
召喚状?その時が来れば、その時
             あぁ?拘留?ネタにはさせませんよ。ヅラ如きでよ
              おぉ〜?だろ?

107 :考える名無しさん:2007/02/02(金) 19:42:52
っていうかさ、殻割って前向きになれる人なり何なり見つけられないわけ?
辰年生まれは、まあ、俺もそうだが人付き合い二の次って感じか。

108 :考える名無しさん:2007/02/02(金) 19:52:02
>>1
空想のは全部当てはまるなぁ、自分だけの秘密だったはずなのに。
あとニーチェなんて知らない小さい時に永劫回帰みたいな事考えて
欝になったりしたなぁ。

109 :考える名無しさん:2007/02/02(金) 20:13:00
圧倒的な力の差が怖くてしょうがなかった
何故か勝手に圧倒的な力の差をもつ二つのものがイメージで
現れてそいつらが戯れたりしてた。

あと、怖いテレビは目を閉じても見えたw

110 :考える名無しさん:2007/02/02(金) 21:36:06
中年以上では昔、巨人の星のオープニングソングを聴いていて、「重い昆陀羅」なる野球グッズの存在を信じていた者も多いのである。

111 :考える名無しさん:2007/02/02(金) 21:41:27
千と千尋の照れ隠し

112 :考える名無しさん:2007/02/02(金) 21:44:47
金属で肌がつながっていると、思考がその人に伝わってしまうのでは
ないかと怖かった。たぶんエスパー魔美の影響。

113 :考える名無しさん:2007/02/03(土) 03:21:46
空飛ぶ車はもうすぐ出来ると小学校の低学年で思っていた。
そうしたら高さをお金で買う時代が来るだろう、と。
同じ高さを飛んだらぶつかるからな。

114 :考える名無しさん:2007/02/03(土) 03:26:59
空気の流れを調べる装置が出来て、人間の行動をリプレイで見れるようになると思っていた。
例えば、人間がいる位置には空気が肺以外には無いよな?
つまり人間の形を抜いたみたいに空気がぽっかりなくなると考えた。
そして空気の流れが記録できれば人間の動いた形跡が分かると思ってたんだ。
これは指紋とかで調べるより、犯行時の行動をそのまま再生できるから
殺人事件とかの解決に役立つぞーって1人でテンション上がった。

115 :考える名無しさん:2007/02/03(土) 04:42:47
・自分以外の人間はみんなロボットで、意識や思考は自分だけに与えられた特権である。

・女の子がリカちゃん人形で遊んでいるように、自分達も誰かの手によって動かされている。
というかあれだ、寧ろゲーム画面の中のキャラクタに近い。

116 :考える名無しさん:2007/02/03(土) 04:44:13
あと昨日の夢と今日の夢と明日の夢に連続性があったら怖いよなあ、とか。

117 :考える名無しさん:2007/02/03(土) 18:26:39
バイストンウェルが見えるか?
それはコモン界のことである。

118 :考える名無しさん:2007/02/03(土) 22:14:16
教師に指されるとき、0.5秒くらい前に気配が分かる

もしかして俺エスパー?


とか

119 :考える名無しさん:2007/02/03(土) 22:48:32

それは、お前が教師と目をあわせたから。

他のやつらは皆、机に伏せって居眠りをしているだろう。



120 :考える名無しさん:2007/02/04(日) 05:33:53
見つめてごらんよ あなたの中の 宝石箱を
そこに隠れている 小さい頃の 思い出色は

あこがれていた 赤と黄色の
眠り忘れる ときめきでした
思い出せない そんなことない
少し扉を 開くだけです

バイストン・ウェル 覗けます

121 :考える名無しさん:2007/02/04(日) 05:34:37
瞳こらしたら 薄暗闇のその向こうには
あなたに応える 潮の流れの 変わり目がある

忘れた夢が 白波に乗り 幼い頃の 陽が差して来て
手のひらの中 七色の虹
一つ一つが輝いて来て

バイストン・ウェル 覗けます

122 :考える名無しさん:2007/02/04(日) 07:33:24
垢やフケは無限に出るのでずっと掻いてたら自分自身の体積を超えるだろう
これって物理的におかしくね?



下らない事考えてたな俺('A`)

123 :考える名無しさん:2007/02/05(月) 08:26:20
>>103
同感。俺も3、4歳の頃に九九覚えてから数字にはずっと色が付いてた。基本的に数字以外の文字(日本語など)とかにも色があって、それを感じてるのは自分だけだと思ってた。そういう色が分からなくなると、失明するもんだと思ってた。

124 :99:2007/02/05(月) 23:39:47
>>99
(・∀・)ナカーマ
何なんだろね、あれ

てか3、4才で九九て凄くね?
わからんけどww

対抗するようであれだが俺は2、3才の頃には小1で習う程度の漢字は書けた
妹はもっと凄かったけど
まあホントどうでもいいことだけど…

125 :99:2007/02/05(月) 23:41:16
マティガエタ

>>123だた

126 :考える名無しさん:2007/02/06(火) 00:15:13
自分は神に選ばれしもので地球の主人公だと思ってた

127 :考える名無しさん:2007/02/06(火) 00:20:27
>>123
それ共感覚

128 :考える名無しさん:2007/02/06(火) 00:45:39
いまでも、ときどき
オナwでその境地になることがあるよ。

129 :考える名無しさん:2007/02/06(火) 02:12:02
武空術
まずジャンプして両足が着地する前に地面を避ける
倒れそうになるが、腕、腰、背中など次々と地面を避ける
訓練次第では足の裏だけ避ければ良いことになるので武空術の完成

130 :考える名無しさん:2007/02/07(水) 04:28:25
既視感ではなくて。
流れる情報の中でふと感心を寄せた一つの事柄が、近いうちに必ずなんらかでまた再来する。
いわば無意識の予知みたいな。
今でもそうだが。
あ、これくるな。って判断がはっきりとつく感じになってきた。


131 :考える名無しさん:2007/02/08(木) 23:53:06
・ドッキリカメラを仕掛けられているのではないか、と常に心配して行動していた。
・道を歩く時に、そばにある物のエネルギーが左右の脚に貯まる(例、側溝=少し、マンホール=たくさん)
エネルギーがどちらかの脚に偏るのが許せなくて、左右が均等になるように歩いていた。
・寝転んで空を見るのが怖かった。上下が逆転して宇宙空間に投げ出されて、生きながら落ち続ける!という妄想

132 :考える名無しさん:2007/02/10(土) 14:55:09
・色には感情があり、ピンクと水色、オレンジと緑は恋人同士で赤と青は夫婦、黄色と黄緑はその子供だと考えてた。人間に見られている間は極めて円満だがケースを閉じると泥泥の三角、四角関係の抗争が始まると思ってた。
・小学校低学年の頃、登り棒から落ちたがその10日ほど前に亡くなった祖母に助けてもらった事がある。地面に触れる直前に体がフワッとした感じがした。


36 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)