2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

買ってはいけない哲学系新書

1 :考える名無しさん:2006/03/31(金) 00:25:15

哲学・思想系の新書がいろいろ出てますが、こりゃだめだというのを
あげつらうスレ。


参考
おまいらお勧め哲学思想の新書ベスト5
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1100356777/
【岩波】買ってはいけない新書【ちくま】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1139705408/


2 :1:2006/03/31(金) 00:29:26

「だめ」だけではなく理由も書いてください。
ではどうぞ。



3 :考える名無しさん:2006/03/31(金) 00:37:32
ぴかぁのクソレス読むぐらいだったらなんでもいんじゃね。

4 :考える名無しさん:2006/03/31(金) 10:05:41
鷲田小彌太全般

理由はこのスレにいるような人なら書くまでもないと思うけど

5 :考える名無しさん:2006/03/31(金) 13:01:35
>>2
お前も何かひとつくらい挙げろやw

6 :考える名無しさん:2006/03/31(金) 18:10:06
野矢 茂樹 哲学の謎 講談社現代新書

7 :考える名無しさん:2006/03/31(金) 18:16:22
哲学の謎買ってしまった

まだ読んでない

8 :2:2006/03/31(金) 19:50:58
>>5

んじゃ、
高田明典「世界をよくする現代思想」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/448006284X/250-6427871-0093063

人名と用語ばっかりたくさん出てくるけどなにが言いたいのか
さっぱりわからない。タイトル通り現代思想は「世の中をよくするため」に
あるんだというわけだが、
どういうふうに「よく」するのかもわからない。
だいたい思想ってのはなんかの目的があるもんではなかろう。
もし「よく」するのが目的であるならば、その「よい」のが
なんでよいのか議論しないとしょうがない。
『わかった気でいるあなたのための〜』とかって本も書いてるようだが、
この人自身なにを理解ているんだろうか。
まあ紙屑。

ちくま新書は当りはずれがありすぎる。思想系の担当者も
複数いるのかな?





9 :考える名無しさん:2006/03/31(金) 20:28:09
>>8
それ、お勧め新書の方でも出てたぞ。
タイトルのあまりの強烈さにびっくりしてぐぐてみたけど、案外評判いいじゃん。
立ち読みぐらいはしてみようかなって気にはなったけどな。

10 :考える名無しさん:2006/03/31(金) 20:34:42
 
買ってはいけない→俺の嫌いな哲学書スレ



11 :考える名無しさん:2006/03/31(金) 20:38:58
いいんじゃない。ちゃんと理由が書いてあれば。

12 :考える名無しさん:2006/03/31(金) 23:52:27
>>8
確かにそれひどいよね。
有名な人物やキーワードをひたすら並べて
後は適当に通りの言い回しでまとめて一丁上がり。
その調子でこの著者何冊か入門書書いているみたい
だが、粗製乱造もいいところ。
騙されて買っちゃう人も結構いるんだろうな。
哲学を金儲けの道具に使うなっての。

本人は殆ど何にも理解できてないから、素人がそれを
どんなに一生懸命読んでも何の実にもならない。
人物名や専門用語が脳の中を去来する以外には何も残らない屑本の典型だ。

13 :考える名無しさん:2006/03/32(土) 00:05:42
自演乙

14 :12:2006/03/32(土) 00:39:50
>>13
ん?何言ってんの?
都合のわるい書き込みは自演扱いってか。


15 :考える名無しさん:2006/03/32(土) 00:43:02
1から14まで自演か

16 :考える名無しさん:2006/03/32(土) 03:08:06
325 :323:2006/03/32(土) 00:15:58
>>324
ハァ?適当にレスしてんじゃねーよ、ヴァーカ




17 :考える名無しさん:2006/03/32(土) 16:02:51
>>6
役に立つかどうかはともかく結構好きなんだが
理由書いて欲すぃ

18 :考える名無しさん:2006/04/17(月) 08:08:49
「ヴィトゲンシュタインはこう考えた」の作者ってなん(ry

19 :考える名無しさん:2006/04/17(月) 09:07:06
講談社の「ミシェル・フーコー」

理由:アマゾンから
一例、「この時代、世界の諸要素は類似によって交響しあい、
世界は自分自身に巻きつけられていた。」(p.55)
これがフーコーの著書からの引用ではなく、
本書の著者である内田隆三氏の解説文なんですよ!


20 :考える名無しさん:2006/04/17(月) 10:11:11
で、何がいけないの?
フーコー自身の文章として紹介されてるから?

21 :考える名無しさん:2006/04/17(月) 10:56:26
>>19
この本、オレも読んだことがあるけど、知識のない人が最初に読む本として書かれ
たはずなのに、なんとも読みにくいんだよね。

中山元氏の『フーコー入門』(ちくま新書)のほうが、ずっと判りやすかった。
で、オレの場合、『フーコー入門』を通読して初めて、内田隆三氏の『ミシェル・
フーコー』も最後まで読み通すことができたよ。

22 :考える名無しさん:2006/04/17(月) 22:44:46
中公の『パスカルの隠し絵』

23 :考える名無しさん:2006/04/18(火) 00:17:18
講談社の永井の新書すべて

24 :考える名無しさん:2006/04/18(火) 03:27:17
いやいや呉智英でしょ。この人ファシストなのに自分で公言しないし。弟子の朝羽の方が偏差値で言えば10ぐらい上

25 :考える名無しさん:2006/04/18(火) 04:02:19
>>24
呉智英がファシストだっていう根拠は、どういうものですか?

26 :考える名無しさん:2006/04/18(火) 04:35:45
あなたにはまだ早いみたいだ

27 :考える名無しさん:2006/04/18(火) 06:24:12
個人的には竹田青嗣は本格的にやる人は読まない方がいいかと。

28 :正受老人:2006/04/18(火) 14:10:00
ハイデガーの「存在と時間」
これは「原稿と時間の膨大な無駄」という題名をつけたほうがよい。

29 :考える名無しさん:2006/04/18(火) 14:48:54
>>26
すぐそういう事を言う。虚勢はってるだけで無内容。それじゃ受験生の見栄っ張り競争のレベル。案外プロの知識人はその程度のレベルなんだよな。渡部直己とかさ

30 :考える名無しさん:2006/04/18(火) 19:46:41
>>29
渡部直己を批判する根拠は?

31 :考える名無しさん:2006/04/18(火) 22:21:45
だってさ、蓮實が冗談で言ってた事を真に受けてたんだぜ。「愚鈍」の見本だよ。やたら偉そうな事ばかり言うしさ。ほとんど蓮實の受け売りばかりだって笑われてたよ

32 :考える名無しさん:2006/04/18(火) 23:19:07
そもそも愚鈍さは哲学をやるために必要な資質なんだが

33 :考える名無しさん:2006/04/18(火) 23:22:45
>>31
お前、蓮實の言う「愚鈍」の意味するところをわかってないな。

「虚勢はってるだけで無内容。それじゃ受験生の見栄っ張り競争のレベル。」ってのは自己言及か?

34 :考える名無しさん:2006/04/18(火) 23:49:18
蓮實の言う「愚鈍」は自己言及ですか?

35 :考える名無しさん:2006/04/19(水) 00:43:57
そもそも愚鈍さは哲学をやるために必要な資質なんだが

36 :考える名無しさん:2006/04/19(水) 01:03:02
十分ではないようですね

37 :考える名無しさん:2006/04/19(水) 01:04:12
>>28
ていうか、これ新書じゃないだろ?

38 :考える名無しさん:2006/04/19(水) 05:25:12
中公クラシックス?

39 :考える名無しさん:2006/04/19(水) 07:25:19
\               U         /
  \             U        /
             / ̄ ̄ ヽ,
            /        ',      /     _/\/\/\/|_
    \    ノ//, -=・=- /¨`ヽ-=・=-,ミヽ    /     \          /
     \ / く l   ヽ._.ノ   ', ゝ \       <蛙邊鍼憎魔璽夷羅子佐々屠嗣簾邊嗣 >
     / /⌒ リ   `ー'′   ' ⌒\ \    /          \
     (   ̄ ̄⌒          ⌒ ̄ _)    ̄|/\/\/\/ ̄
      ` ̄ ̄`ヽ           /´ ̄
           |            |  



40 :考える名無しさん:2006/04/19(水) 11:48:48
瀬戸一夫『科学的思考とは何だろうか』ちくま新書

科学哲学の入門書かと思ったら、ただのトンデモ本。
編集者はどういうつもりなのか。
(著者はたぶん、ただの馬鹿)

41 :考える名無しさん:2006/04/19(水) 12:46:07
>>40
たしかに、アマゾンのカスタマーレビューでも、えらく評判が悪いですね。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480061614/

42 :考える名無しさん:2006/04/19(水) 14:48:01
今村仁司の新書ほとんど全部

43 :考える名無しさん:2006/04/19(水) 16:52:01
コヤタだけは許せない

44 :考える名無しさん:2006/04/19(水) 20:28:29
>>40
この人、フィヒテの本書いてる人じゃなかった?
なんで「科学的思考」なんか取り上げるんだろうね。

こういった人が本書くと、哲学の分野の人みんなが
理科系の人から白い目で見られる。えらい迷惑。

45 :考える名無しさん:2006/04/19(水) 23:47:05
>>33
蓮實の言う「愚鈍」=嵐を呼ぶ男、大物 例)長嶋、裕次郎、フローベール

       「凡庸」=目端の利くだけの小物 例)王、慎太郎、デュカン

これであってる?

46 :考える名無しさん:2006/04/20(木) 03:42:36
>>35
そもそもグドンはツインテールのために必要なんだが


47 :考える名無しさん:2006/04/20(木) 09:03:11
内田樹

48 :考える名無しさん:2006/04/20(木) 10:36:52
>>45
蓮實先生は、具体的には誰を評価してるんだろうね?

49 :考える名無しさん:2006/04/20(木) 23:29:15
そもそも愚鈍さは哲学をやるために必要な資質なんだが


50 :考える名無しさん:2006/04/21(金) 00:09:38
蓮見さん自身は「凡庸」のほうだね。

51 :考える名無しさん:2006/04/21(金) 02:29:19
斎藤孝(著)『「できる人」はどこがちがうのか』のなかに蓮實先生の話が出てくる
んだけど、蓮實先生ってやっぱり頭の良い人なんだなぁって思ったよ。

52 :考える名無しさん:2006/04/21(金) 08:56:50
のっけから、否定と疑問の新書

53 :考える名無しさん:2006/04/21(金) 09:10:13
他者から自分に来た伝聞を考察して、
新書が読者に問題を投げかける。
読者は訳わからねえ。
こいつ何言ってんのって考えが止まったり、周りでお喋りしてだけの取り巻きの
くせにおこぼれに預かろうとしている盗人だ。
でも、引用して自分の考えを言いたいのでもないときている。
こいつは板ばさみの添え物なんだって、少しも相手にならねえ。
むしろ、わたしが憤ってるなんて本人は信じているような目違いをしているから、
始末に負えないことになってる。
あ〜あ、邪魔だなこいつ。それで相手になってないくせに、自分が粗略に扱わ
れたと思って、恨みに思うから、どこから始まってることなのかなって考えて欲しいよね。

54 :考える名無しさん:2006/04/21(金) 09:23:07
ただ、新書から始めていることを考えるとどうなのってことなんだ。
おまえのしていることは、周りで読者のしている同じ事を繰り返しているだけじゃねえか。
蓄音機かよ。
おまえさまは蓄音機だから、いい音を出さなければならないのだ。
そしたら、気持ちがいいので褒めてくれるのだ。
蓄音機でないとすると、きみは一体なにものかと。
相手にもなってないのに、ペチャペチャしやがって良い取り巻き方をしなさい。
良い取り巻きはそれなりにしっかりやりたまえ。それで充分だ。余計な事をするなよ。

55 :短パン:2006/04/21(金) 10:58:13
全部買え!
「うわわ。これはだめじゃね!」と、おもったものお捨てろ。

んで、モーマンタイぢゃぼけがっ!!!!

56 :考える名無しさん:2006/04/22(土) 01:06:04
勢♀三告爾『自分をつくるための読書術』

こりゅあひどかった。

57 :考える名無しさん:2006/04/22(土) 15:39:57
つーか新書いらない。
「〜入門」系にロクなのないし。
フツーに大学でつかう
概説の教科書で用はたりるよ。

58 :考える名無しさん:2006/04/22(土) 15:49:21
大学ではどんな本使ってるの?
それ読めば一通りのことはわかる?

59 :考える名無しさん:2006/04/22(土) 15:52:09
新書のくせに迷翻訳みたいな変な文体で気取ってる自意識過剰の
ヤツは何やりたいんだ
田舎のファミレスで気取ってるヤツを見たような気分になって
恥ずかしい

60 :考える名無しさん:2006/04/22(土) 15:57:30
大学向けの教科書なんてどれも一緒

61 :58:2006/04/22(土) 16:01:48
大学に四年いくとどれぐらいのレベルになる?
案外凡庸?
漏れ独学四年目なんだけど。

62 :考える名無しさん:2006/04/22(土) 16:19:31
案外凡庸です。
大半は就職活動に追われて本なんて読んでないです。

63 :58:2006/04/22(土) 16:22:24
まじか。
でも、使ってる教科書は知りたいなぁ…。

64 :考える名無しさん:2006/04/22(土) 16:24:02
いろんな大学のホームページでオンラインシラバスが閲覧できるところがあるから
そこで確認すればいい
個々の所属してる教授が自分で書いた本を教科書に指定してる
どれも同じようなもの。出版社も大学向け教科書専門のところばかり

65 :58:2006/04/22(土) 16:26:26
ありがとうございます。
でも、大学向け教科書専門だと一般には買えないのではと思うのですが、
どうなんでしょう?
とにもかくにも、まずは調べてみますね。
ありがとうございました。

66 :考える名無しさん:2006/04/22(土) 19:16:45
http://pub.ne.jp/yorikawa/
Profile : 寄川条路(よりかわ・じょうじ)

■哲学者・エッセイスト. 1961年, 福岡生まれ. ドイツ・ボーフム大学大学院修了, 文学博士. 現在, 愛知大学教員.
■おもな作品:  
"Hegels Weg zum System", Lang 1996.(和辻賞)
"Das System der Philosophie und das Nichts", Alber 2005.
『体系への道』, 創土社, 2000年.
『構築と解体』, 晃洋書房、2003年.
『東洋と西洋』, 中部日本教育文化会, 2003年.
『生命と倫理』, 学陽書房, 2004年.
『ヘーゲル「精神現象学」を読む』, 世界思想社, 2004年.
『初期ヘーゲル哲学の軌跡』, ナカニシヤ出版, 2006年.
『〈あいだ〉の解釈学』, 世界書院, 2006年.

67 :考える名無しさん:2006/04/22(土) 23:48:51
>>45
ばか

68 :考える名無しさん:2006/04/23(日) 20:29:52
あげ

69 :考える名無しさん:2006/04/23(日) 23:12:01
哲学では、専門書の線引きがないと思う。
何をどう読むか、ということがすでに、哲学=探究・思索の一環だから。

誤解されないようにいっておくと、もちろん、哲学文献研究なら、専門書は線引きできる。

70 :考える名無しさん:2006/04/25(火) 11:20:23
大胆にも「純粋理性批判」

71 :考える名無しさん:2006/04/25(火) 11:20:55
うそ

72 :考える名無しさん:2006/05/09(火) 22:59:44
吾邊矧雑痲璽斐螺禰佐々砥笥簾邊匙


73 :考える名無しさん:2006/05/11(木) 00:54:26
小泉義之『病の哲学』キモいんだろうなぁ、と思って読んだら、
本当にキモかった。。。。。

74 :考える名無しさん:2006/05/11(木) 00:55:56
小泉は鬼門

75 :考える名無しさん:2006/05/12(金) 01:16:11
今村仁司も文体がマジ地雷www

このヒト哲学科とか人文系出身じゃないんだよね。経済学部で。
なんつうか、思想に携わる人間がかくような文体じゃないんだよね。
奇妙なまでにぎこちない。『貨幣とはなんだろうか』では、
読者に言わんとしていることを想起させようとしてるんだろうが
それがぜんっぜん成功してる文章じゃない。
形而上的な想像力に乏しいんじゃないのかな。ところで今日
筑摩の新刊文庫のとこで今村仁司の写真みたら本当にジジイになってたわ。
もう65くらいかね

76 :考える名無しさん:2006/05/12(金) 19:52:39
なんだっけ、今村仁司先生の『大菩薩峠を読む』とかいう新書は、
題材が大衆小説だけに、割りと読みやすかった記憶があるよ。

77 :考える名無しさん:2006/05/12(金) 19:57:30
>>75を読んで今村仁司を読みたくなった俺がいる

78 :考える名無しさん:2006/05/17(水) 16:46:02
的場昭弘(笑)

79 :考える名無しさん:2006/05/17(水) 18:44:13
貨幣論はダメだったなぁ

80 :考える名無しさん:2006/05/18(木) 21:10:32
岩波文庫が復刊してる非情に読みにくいあれ、ポス毒の連中に訳させりゃいいのに

81 :考える名無しさん:2006/05/30(火) 12:50:04
>>80
多すぎてどれのことかわかりません!

82 :考える名無しさん:2006/06/30(金) 17:19:03
(’A`)

83 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 10:32:03
永井均
子どものための哲学

84 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 10:44:59
新書っていう時点で終わってると思うのは俺だけ?
特に解説系。

>>83
またベタなタイトルだなw

85 :考える名無しさん:2006/07/06(木) 04:22:47
>>84
読みもしないのに適当なことを言ってるお前が終わってる。

86 :考える名無しさん:2006/07/23(日) 13:32:56
勢古浩爾の本全般
まぁ「哲学系新書」ですらないが・・・

87 :考える名無しさん:2006/07/23(日) 22:16:49
哲学・思想系の新書で買ってもいいのは?

88 :考える名無しさん:2006/07/24(月) 14:34:53
おまいらお勧め哲学思想の新書ベスト5
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1130142350/l50


89 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 23:18:01

もろ哲学ではないけど全体的に保守思想に依拠した本で、

佐伯啓思「学問の力」

マジ最悪。「アメリカニズムの終焉」とか結構良くて期待したけど、信じがたいゴミでした。
単なる世代論であり、全共闘論であり、「故郷」は自分の少年時代の記憶だと。アホクサ。

帯にデカデカと「故郷」うんぬんって書いてるからハイデガーかと思ったら小林秀雄だった。

90 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 23:58:05
別段右翼でもない山下範久がその本褒めてたけど


91 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 08:07:53
そもそも


哲学(笑)


ですが

92 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 10:47:41
なんで?
哲学の本を読んだことがないな?

93 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 10:53:42
なんで?
哲学以外の本を読みこなしたことがないな?

94 :考える名無しさん:2006/10/02(月) 16:17:37
AGE

95 :考える名無しさん:2006/10/28(土) 12:35:49
『ベルクソン―〈あいだ〉の哲学の視点から』 篠原資明著

この人がベルクソンを好きなのは分かった。
でも、一番の問題だといっている、「われわれはどこから来たのか、
われわれは何であるのか、われわれはどこへ行くのか。」
についてはまとめで少し感慨っぽく触れるだけで、
全然書いてない。ありきたりな詐欺本。

http://www.iwanami.co.jp/hensyu/sin/sin_kkn/kkn0610/sin_k325.html

96 :考える名無しさん:2006/10/28(土) 15:17:56
サヨクの哲学本は下品でいかん

97 :考える名無しさん:2006/10/29(日) 06:39:26
>>88 てめー、参照ずれてるぞ!

98 :考える名無しさん:2006/11/25(土) 10:31:39
篠原の新書買っちまった...orz

99 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 13:56:19
>>98
俺は図書館で予約する寸前だったがここ見て思いとどまった

100 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 15:08:37
池田晶子の本

101 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 21:34:38
>>100
新書は出てない。

102 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 00:30:42
日本の現代思想学ぶと左思想になるのけ?

103 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 00:45:07
皆さんは今まで何冊ぐらいの哲学書を読みましたか?

104 :考える名無しさん:2007/02/09(金) 20:51:46
次どうぞ。

105 :哲学者最上位(´Д`)y─┛〜〜 :2007/02/09(金) 23:34:46
ビアス著
「悪魔の辞典」

これはひどい。

106 :考える名無しさん:2007/02/11(日) 06:32:25
渡部直己の小説家のなり方とか何とかいう本。こんなの読むと頭が腐る

107 :考える名無しさん:2007/02/11(日) 08:12:02
読む前から腐ってたりしてて。

108 :考える名無しさん:2007/02/11(日) 12:59:15
ご名答

109 :官権ジョージ:2007/02/11(日) 13:05:03
流石

110 :考える名無しさん:2007/02/11(日) 13:44:07
言わずもがな。

111 :考える名無しさん:2007/02/12(月) 13:47:57
鮭や渡部など相手にしちゃだめ

20 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)