2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

〆〆〆 フィヒテ 〆〆〆

1 :考える名無しさん:2006/03/15(水) 21:03:15
何故か生活板のWaker+板でスレを発見。哲学板にあっても良かろう。

 ――どのような哲学を選ぶかは、その人の性格による。
                        Johann Gottlieb Fichte (1762-1814)


2 :考える名無しさん:2006/03/15(水) 21:07:58
【復刊】全知識学の基礎:フィヒテ著[2/22]
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/ticketplus/1108169865/


フィヒテ関連過去ログ

フィヒテの知識学
ttp://makimo.to/2ch/mentai_philo/971/971445558.html
 ※17レスでdat落ち

【自由の体系】 フィヒテ 大好き【知識学の基礎】
ttp://makimo.to/2ch/academy_philo/1045/1045505505.html
 ※145レス続いた

【知識学】フィヒテスレ【ドイツ国民に告ぐ】
ttp://makimo.to/2ch/academy_philo/1045/1045505505.html
 ※2レスでdat落ち(ある意味、すごい)

3 :考える名無しさん:2006/03/15(水) 21:15:39
※主な著作

『あらゆる啓示の批判の試み』(Versuch einer Kritik aller Offenbarung)
 邦訳:法政大出版局・叢書ウニベルシタス

『全知識学の基礎』(Grundlage der gesamten Wissenschaftslehre)
 邦訳:岩波文庫 06年春の復刊中(「知識学の概念」なども所収)

『人間の使命』(Die Bestimmung des Menschen)
『ドイツ国民に告ぐ』(Reden an die Deutsche Nation)
『浄福なる生への指教』(Die Anweisung zum seligen Leben)
 邦訳:岩波文庫にあり

4 :考える名無しさん:2006/03/15(水) 21:19:19
関連スレ

【Immanuel】 カントだよ全員集合!3 【Kant】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1102664061/

ドイツ観念論総合
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1117819841/

☆☆☆ シェリング ☆☆☆
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1081209227/

ヘーゲル研究者のみなさま!
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1013844825/



日本フィヒテ協会 Japanishce Fichte-Gesellschaft
ttp://wwwsoc.nii.ac.jp/fichte/

5 :考える名無しさん:2006/03/15(水) 22:42:36
フィヒテ屍拾う者なし

6 :考える名無しさん:2006/03/16(木) 00:39:25
>>1
一部リンクが間違っとるよ。

【自由の体系】フィヒテ大好き【知識学の基礎】
http://makimo.to/2ch/academy_philo/1027/1027728020.html

7 :考える名無しさん:2006/03/16(木) 05:11:47
フィヒテ全集って全何巻?

8 :考える名無しさん:2006/03/16(木) 05:32:44
>>7
フィヒティ

9 :考える名無しさん:2006/03/16(木) 09:21:47
不覚にも>>5でワロタ

しかしカントスレ、ヘーゲルスレですらあの寂れようだから、
フィヒテのスレなんかにそんなに多くの人が書き込むはずはないと思うよ。
断言できる。

10 :考える名無しさん:2006/03/16(木) 11:38:23
応援age!

11 :考える名無しさん:2006/03/16(木) 20:42:23
ヘーゲルはフィヒテのどこが好きだったの?

12 :考える名無しさん:2006/03/16(木) 21:01:00
>>11
つぶらな瞳

13 :考える名無しさん:2006/03/17(金) 04:44:13
>>6
指摘ありがとう。確認ミスごめんなさい。

>>9
私もそう思います・・・せっかく文庫の『全知識学〜』が復刊されてるから
まずはスレ立てしてみようかと思ったら立ってしまった。

何もネタないと即死するだろうから、ネタ振ってみるテスト(日独問わず)

・フィヒテで面白かった著作なり論文なりはどれ?
・何となく近寄り難い雰囲気があるようだけど、最初に読むならお勧めは?

14 :13:2006/03/17(金) 04:48:10
ネタの振り逃げはどうかと思うので、自分の場合書いときます。

・面白かったの→最近読んだ『学者の使命』。古い文庫版ですが、昨今の
人文科学(学問全般か?)の危機と重ねて考えさせられた。

・初心者におすすめ→『全知識学の基礎』(復刊中だし)。これにくっついてくる
短い論文が読みやすいし、フィヒテ節もあるし、雰囲気は掴めそう。

15 :考える名無しさん:2006/03/17(金) 04:48:54
ついでに即死防止age

16 :考える名無しさん:2006/03/17(金) 05:47:49
       /⌒彡
     / 冫、 ))
    / ~ヽ ` , ((((  フィヒテ
    | \ y  ))))   フィヒテ〜
    |   ニつ))つ
    |、ー‐ < ((
    /   ヾ \、
  // しヽ__)〜
 ~〜〜〜`

17 :考える名無しさん:2006/03/19(日) 22:47:27
フィヒテは、ドイツ語で、エゾマツとかの意味。

>>7
批判版はまだ出ていない。息子が編集した著作集で11巻だったと思う。
うちには1巻しかない。まともに批判版を出すなら、きっと巻数は大幅に
増えるだろうね。シェリングよりはマシだろうが。

日本語のフィヒテ全集は22巻だったかと。

18 :考える名無しさん:2006/03/19(日) 22:52:50
>>13
> ・フィヒテで面白かった著作なり論文なりはどれ?
> ・何となく近寄り難い雰囲気があるようだけど、最初に読むならお勧めは?

やっぱ、『ぜんちき』だろう。後期のフィヒテは難しいというのが定評だ。
初期フィヒテだって難しいと思うが。

フィヒテ思想を一行で言うとこうなる。
自転車と同じで動いてないと死ぬ。(間勘平かオマイは)

19 :考える名無しさん:2006/03/19(日) 22:57:00
                           ト-、___
                     _,,-‐‐‐‐‐‐t-:、_ `‐、、_
                __,,,-‐'´     .:. ,,:.:``‐、;:;:;ヽ_
  ,,,_____,,..、_,,,,,-‐‐‐-、、_,,-'´    ............:.:/: .:.     ````ヽ、_
 〈=__,,,,__,,,,,,,,,,,,..::::::::::...  ;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,;ノ::.            `‐、、
/ .._____.. .. . `````ヽ- '--‐‐'''''~~~'`::::ヽ:.:.:.....        、     ヽ、
ヒ;-'´  ````:‐:‐:-:-.:__,,、、、、、  ....:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:,;,;,;,;.:.:.;,;...........ヽ、ヽT   ◎ ヽ、
                 ````‐--:-:‐:':´:`:`´:: :::``:..、_:.:.:.:.:.:.:.ヽ、__ ,-==,
                                 ````‐‐:-:-:-:-:‐"


20 :考える名無しさん:2006/03/20(月) 03:19:43
フィヒテスレとしては前代未聞の20到達

21 :考える名無しさん:2006/03/21(火) 12:14:08
ドイツ観念論四天王はみんなスピノザ好きで共通してるの?

22 :考える名無しさん:2006/03/26(日) 01:18:15
>>21
四天王とはカント・フィヒテ・ヘーゲル・シェリングのこと?
適当に書いてみるとこうなる。

・カント アンチスピノザ(スピノザだとニヒリズムになると考えた)
・フィヒテ アンチスピノザというか、フィヒテにとってスピノザは自分の正反対
      (スピノザだと物しかないし)
・ヘーゲル 評価は高いが賛成はしない(スピノザには主体がない)
・シェリング 評価は高いがアンチスピノザ(スピノザには自由がない)

スピノザをみんな意識していた点では、四人とも共通してると言えるだろう。
まず、汎神論論争があった。カント以外の三人にとっては、カントを乗り越える
ためのヒントがスピノザにあると思えたから、ってとこ。

23 :観念論は不滅だっつ!:2006/03/26(日) 01:31:55
>>22
他のスレで秀吉の時代だとか・・・っっっw
時代なんてカンケーネーつーことを知らせてあげない?
スピノザさんっては乞食か鍛冶屋だったんでしたけど現代では有名人。

24 :考える名無しさん:2006/03/26(日) 19:45:23
>>23

レンズ磨きじゃなかったっけ?

25 :考える名無しさん:2006/03/28(火) 03:16:12
レンズ磨きってすごい技術が必要だったみたいね。
当時の天文学者関連の本を適当に読んでるんだけど、今で言うなら
さしずめIT業界みたいなものかもw

>>23
スピノザは当時から、ある程度知られていたんじゃないの?
詳しくは知らないけど、エチカとかは地下文書としてこっそり読まれてたとか。
内容を考えると当時のヨーロッパでは発禁物当たり前だし
それでも読み継がれたのは(消えなかったのは)、ある種の影響力が
あったからだと思うのだけど。

時代なんて関係ないのには禿しく同意。
秀吉云々言われてるの? 秀吉が残した生活文化や政治の礎なんかも
あるのにね。哲学だって同じことでしょ。

26 :考える名無しさん:2006/03/28(火) 03:23:15
失礼、フィヒテスレだった。

スピノザは現代の人にも好かれる(というか勝手に使われてる)ところがあるけど
フィヒテはそのあたり、難しいのかな。
自己措定の部分なんて、スピノザなみに使われてもおかしくなさそう。
それで骨抜きにされるほど、やわだとは思えないし。

というか、折角復刊されてるだからみんな読んでみろよ!と叫んでみるテスト

27 :考える名無しさん:2006/03/28(火) 21:16:54
>>26

あの旧字体の、しかも汚い活字ででつか?

28 :考える名無しさん:2006/03/29(水) 00:10:38
旧字だと読めないのか?

29 :考える名無しさん:2006/03/29(水) 12:15:57
>>28

読めるけど活字が汚くて困る。

30 :考える名無しさん:2006/03/29(水) 14:54:42
それを言っちゃあおしまいよ、的な。

31 :考える名無しさん:2006/03/30(木) 22:07:20
>>29
活版印刷だからね。活字が磨り減っちゃってるんだろう。
フィヒテ息子編集の原典版に当たると、ひげ文字でしかも磨り減ってる。
どっちもどっちだがな。

両方とも1冊読めば慣れるよ。慣れなければもう一冊読めばいいわけだ。
『全知識学…』は文庫で上下巻だから、ちょうどいいよ。>>27も慣れるまで
読めば、抵抗なくなる……は言いすぎにしても、案外あっけなく読めたりす
ると思う。

初めにTatありき。

32 :考える名無しさん:2006/03/31(金) 09:18:52
>>31

ああいうのを活版印刷というんですか。『葉隠』とか復刊本じゃないもの
でもあの活字のやつあるものね。いまどき岩波ぐらいなんじゃない???
とりあえず上巻に付属している『第一序論』のほうは「世界の名著」のやつ
で代用したんだけれども、慣れるためだったらむしろ文庫で読むのがよか
ったかもしれない。とりあえず挑戦してみよう。

33 :考える名無しさん:2006/03/31(金) 23:25:12
>>32
今は活版印刷自体が減ってるからね。出版社によっては、また本によっては
まだ活版も見るけれど。

活版印刷ていうのは、印刷工場で小さいハンコのような、字の部分が浮き出ている活字を
並べて組んだものを使って印刷する。その活字は金属製なんだけれど、刷るたびに
磨り減っていくわけ。だから、初版が古く、刷数が多い本ほど活字が磨り減り、ああいう
汚い字になるのね。読みにくくなったものを改版するとき、旧字から新字への切り替えを
行ったりしてたんだろう(また初めから活字拾って組むことに違いはないから)。

岩波の復刊は、そういう活版ものを文字通り倉庫から出してきて刷ってる。
でも最近の復刊書を見てると、組んだ活字を廃棄する気なんだろうと思える。
場所も取るからね。

まあ、だから何だ、『全知識学』が汚い活字だというのは、それだけ刷数が重ねられ、
流布した証というわけだ。

34 :考える名無しさん:2006/03/32(土) 00:25:22
>>33
詳しいですね。意外に原始的な方法でやっているんですねえ。
岩波がなかなか新字体にしない理由が分かりました。金属製の活字を
いちいち鋳造すると費用がかかるからなんじゃないでしょうか?


35 :考える名無しさん:2006/04/03(月) 10:40:25
>>34
90年代生まれだったりする?
昔はどこもそうだったよ>活版印刷 世界の名著も、本当に少しだけど、
字のところが凹んでるように見えない?光を当てるようにして水平から見ると
わかるものあるよ。
岩波は活版の処理したくて古いのどんどん復刊させてるような気がする。

今はもう電算写植(コンピュータで活字組む)に切り替えてるんじゃないかな。
最近の新刊見る限りだと、活版とは思えない。これからは復刊するときに
潰れた活字を見なくて済むようになるのが、少し寂しいようなw

スレ違いもたいがいにします。
>>27は『全知識学』買ったのか?気になる。

36 :考える名無しさん:2006/04/03(月) 12:48:53
>>35
90年代ではないですが、近い世代ですので……
『全知識学の基礎』は買いました。買ったのですが、先に
世界の名著のほうを読んでからにしようと思っているので。
関係ないのですが、『浄福なる生への指教』も読んでみたいです。

37 :考える名無しさん:2006/04/17(月) 00:17:04
>>36
読んでみたいと思ったものは、よくわからなくても読んどくといいよ。
岩波文庫の『全知識学』買ったなら、「知識学の概念」「知識学の第一序論」
が短くていい。本編は本編であるけど、短い物から読む手はあるし。


しかし、ネタがないな。フィヒテだもんな。
困ったことだ。

38 :考える名無しさん:2006/05/11(木) 20:24:18
落ちてなかったのかこのスレ



39 :考える名無しさん:2006/05/12(金) 19:55:52
岩波新書、なんであんな中途半端な分冊になってるん?www

40 :考える名無しさん:2006/05/13(土) 01:44:16
http://www.toyo.ac.jp/daigakuin/zaiko/kiyo.html

41 :考える名無しさん:2006/05/13(土) 14:23:31
>>39
何の本のこと?

42 :考える名無しさん:2006/06/18(日) 15:04:41
>>39
何の本のこと?

43 :考える名無しさん:2006/06/22(木) 15:14:11
フィヒテ屍拾う者なし

44 :考える名無しさん:2006/07/02(日) 10:10:08
>>39
誤爆なんかな、気になる

45 :考える名無しさん:2006/07/02(日) 10:19:53
誤爆するやつなんかおるかぼけ!」¥¥¥

46 :考える名無しさん:2006/07/06(木) 15:50:04
ドイツ観念論の哲学者で一番むさくるしいイメージ。
夏は暑苦しくて読めない。

47 :考える名無しさん:2006/07/11(火) 21:33:22
わいは夏休みに読むで
今年は観念論の夏や!

48 :考える名無しさん:2006/07/17(月) 22:57:06
>>40
そこにあった論文だけど、審査も無い紀要なんだろうけど文章酷いね。
校正も全くしてないようだし。
http://www.toyo.ac.jp/daigakuin/pdf/kiyo/a/01.pdf

49 :考える名無しさん:2006/08/08(火) 04:15:10
保守。みんな、観念論してる?
シェリングスレにあったけど、フィヒテ読めばシェリング理解できるもんですか?
むしろ逆の側面があるような気がするんですが。詳しい方いないかなあ。

一月近く放っておいてもスレが落ちてないとは驚きだ。

50 :考える名無しさん:2006/09/12(火) 12:15:01
「北朝鮮国民に告ぐ」フィヒテ

51 :考える名無しさん:2006/10/14(土) 15:12:21
へー

52 :考える名無しさん:2006/11/12(日) 16:06:43
(;^ω^)うわ、つまんね

53 :考える名無しさん:2006/12/17(日) 16:33:01
∈(・е・)∋

54 :考える名無しさん:2007/01/03(水) 21:18:00 ?2BP(300)
>>49
遅レスだけど。
初期から同一期のシェリングを読むには、ある程度フィヒテを読んでたほうが
いいと思うよ。でないと何でこんなことをいわなきゃいけないのかとか、シェ
リングがいってることがどれほど妥当かということが見えてきにくいと思う。


55 :考える名無しさん:2007/02/20(火) 04:10:01
なるほど

16 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)