2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アジア・太平洋戦争に対する哲学的考察

1 :考える名無しさん:2006/01/30(月) 17:16:42
あの戦争はなんだったのか

2 :考える名無しさん:2006/01/30(月) 17:57:16
>>1
どんどんぱちぱちですた。わかった?どんどんぱちぱちですよ?

PS,
>>1
はい、私はロンドンバスが大好きです。

3 :考える名無しさん:2006/01/30(月) 18:02:57
>>1
おい、こんな所にハッシュ・ド・ビーフこぼすなよ。

4 :考える名無しさん:2006/01/30(月) 18:05:08
>>1
おい、こんな所に徳川家十五代の伝統をこぼすなよ。

5 :考える名無しさん:2006/01/30(月) 18:05:55
>>1
それより俺と踊らね?

6 :考える名無しさん:2006/01/30(月) 18:07:26
>>1
お前サクランボ持ちの仮性ホケーだろ?

7 :考える名無しさん:2006/01/30(月) 18:09:11
>>1
あの戦争はハッシュ・ド・ビーフだった。

8 :考える名無しさん:2006/01/30(月) 18:10:02
>>1
ちんこっこだパピュ〜ン!

9 :1は神であり原罪を背負ってる他人は壊れてる:2006/01/30(月) 18:10:24
覇権の戦いでありました。


10 :考える名無しさん:2006/01/30(月) 18:20:22
アジア・太平洋戦争=現代でもある官僚腐敗の単なる軍事版


11 :1は神であり原罪を背負ってる他人は壊れてる:2006/01/30(月) 18:32:35
神国日本が資源の確保に奔走した戦争でした。


12 :考える名無しさん:2006/01/30(月) 18:36:23
>>1
卵かけごはん専用の醤油はもう試したかい
俺はまだだが、キムチの微塵切り入れるのがマイブーム
次はミッキーの微塵切りの予定

13 :考える名無しさん:2006/01/30(月) 18:36:48
開戦当初は典型的な資源配分の再調整だった

14 :考える名無しさん:2006/01/30(月) 18:38:03
日本軍がドイツ軍の三分の一も連合国兵士を殺せなかったナサケナイ戦争だった

15 :1は神であり原罪を背負ってる他人は壊れてる:2006/01/30(月) 18:40:29
世界有数の大財閥天皇家が総力をあげてユダヤの壁に挑みました。


16 :考える名無しさん:2006/01/30(月) 18:43:24
ドイツは英米の爆撃機を迎撃してドイツ上空でアメリカ人だけでも5万人を殺して報いている。
それに比べ日本の防空体制は貧弱でほとんど反撃できず、B29は機銃を捨ててそのぶん焼夷弾を積み込めるほどだった。

17 :1は神であり原罪を背負ってる他人は壊れてる:2006/01/30(月) 18:48:30
東条には制空権は海があるから確保できるとの読みがありました。


18 :考える名無しさん:2006/01/30(月) 18:50:50
日本は残虐行為をしたから反省しよう、だけではなく、
日本はきわめて弱かったのにあんな大きな戦争をしてしまった、
という恥じ入る反省を左翼
のかたがたにはしてほしい。

19 :1は神であり原罪を背負ってる他人は壊れてる:2006/01/30(月) 18:55:49
関東軍参謀瀬島龍造のガダルカナル撤収が混乱する現代のモデルであります。


20 :考える名無しさん:2006/01/30(月) 19:02:48
>>18
きわけて弱かったのは参謀のお頭だろ
防衛ラインを下げて
大陸をロシアと共産主義の脅威に晒してしまえば良かったんだよ。
そうすれば独裁国家日本をアメリカは必死で支援したはずだ。

21 :1は神であり原罪を背負ってる他人は壊れてる:2006/01/30(月) 19:06:20
満州国は鉄の利権がありロシアには譲れませんでした。


22 :考える名無しさん:2006/01/30(月) 19:13:31
周到に準備して開戦したドイツに比べ、
さしたる目的もなく日中戦争を始めて
漫然と毎年5万人の精鋭を死なせ経済も逼迫した状況で
本番の対米英戦に突入した日本は、始めからハンディありすぎでした。

かえすがえすも、ドイツとの差が悔やまれます。
戦線によっては(イタリア戦線など)、ドイツ軍と連合軍の死傷率は一対一でした。

日本はアメリカに対して20倍以上の戦死を喫しています。

23 :1は神であり原罪を背負ってる他人は壊れてる:2006/01/30(月) 19:23:11
石油封鎖で日本は激怒しました。


24 :考える名無しさん:2006/01/30(月) 19:47:26
アメリカの戦争努力(経費)は、ヨーロッパと亜細亜で、9:1でした。
ルーズベルトはせめて2:1にしたかったようですが、チャーチルとの約束で、
ドイツ優先の戦略を変更できませんでした。

25 :考える名無しさん:2006/01/30(月) 19:52:40
もう少しこう、戦争の事実結果を全肯定した上で、今と未来に繋がるドデカイ解釈出来る人はいませんか?

26 :考える名無しさん:2006/01/30(月) 19:55:51
>>24
あれだけ戦艦と空母を造って、そんなことはない。
海軍はかなり金食い虫だよ。
42年は実質日本としか戦ってないからかなり太平洋の配分が多いはず。

物によっては3:7とある。まあ20%から30%の間だろ。

米国の国力が日本の10倍〜20倍。
その2-3割で、日本の2倍〜6倍。
2倍じゃあ、遠路攻めてこられないから、3-5倍くらいか。
やはり30%弱は太平洋に回ってたんじゃないかね・・・

27 :考える名無しさん:2006/01/30(月) 20:02:05
>>26
日本も、戦争努力の相当部分が中国大陸にあったことを念頭に置かねば。
陸軍兵力は、終戦時においてすら、太平洋より支那派遣軍のほうが多かった(関東軍含めずとも)。

なお戦争中の、アメリカの対外援助額は、
イギリスに対しては、中国に対する30倍以上に及びます。
ソ連やフランスに対する援助も合わせると、やはりヨーロッパ中心は動かないのでは。
 (そのせいで中国は大被害を被ったわけだが)

28 :考える名無しさん:2006/01/30(月) 20:10:27
>>25
世界の資源エネルギーを食い尽くす世界の癌である
中国人を大量処分した功績は、人類史に残る。

29 :考える名無しさん:2006/01/30(月) 20:12:53
あと、対ドイツ戦を優先したからこそ、ヨーロッパ戦域は早く終了したということもある。
連合国は、ドイツ降伏の時点で、対日戦はあと18ヶ月かかるとみていた。

「本土決戦こそ本番、今までのは局地戦」(日本陸軍)という段階で降伏してしまった日本なんて、
徹底抗戦したドイツ人からすれば、イタリアと大差なく見えるだろう。

30 :考える名無しさん:2006/01/30(月) 21:12:15
前回のワールドカップのときに日本人サポーターがドイツ語で
「今度はイタリア抜きでやろうぜ!」と描いたTシャツを着てて
それをみたドイツ人が大受けしていたらしい

31 :考える名無しさん:2006/01/30(月) 23:33:03
戦争中のドイツ週間ニュースなんか見ると、
イタリア軍を同盟軍としてすごく尊重した報道しているんだけどな。

イタリアは全く、単独で対英戦やってたときは2桁も優勢な兵力と兵器をもってして、
イギリス軍にボロ負けしてるから。

32 :考える名無しさん:2006/01/31(火) 04:51:59
>>29
たしかに本土決戦こそ本番だとは思うけど、でも代わりに原爆が落ちたわけじゃん。
日本人は沖縄、広島、長崎の人に足向けて寝られないはず。

33 :考える名無しさん:2006/01/31(火) 12:28:10
原爆は落ちたけど、民間人の死者は日本はドイツより一桁少ないからなあ。
徹底抗戦とはいえないやな。一億特攻とか言っときながら。

34 :考える名無しさん:2006/01/31(火) 13:12:11
イアン・ブルマ(オランダのジャーナリスト)
(略)
あまり問題にされてないが靖国神社にはアジア各地で身も凍るほどの恐怖感を与えた憲兵隊の碑もある。
ロシアの首相がスターリンや旧ソ連の政治犯収容所で残虐行為した人物の霊に祈りを捧げたり
ドイツの首相がナチスの秘密警察や突撃隊の追悼碑を訪問するようなものだ。
首相の参拝を擁護する側はヒトラーやスターリンの支配と日本の場合は違う、
日本は民族抹殺を組織的に実行したりしていないし、独裁も行っていないという。
しかし、日本で形成された軍国主義賛美、人種的優越感、天皇崇拝を是認する近代イデオロギー
も同様に破壊的だった。
アジアを八紘一宇の下に置こうとした戦争は聖戦とされ、天皇のために死ぬのは至高の行為とみなされた。
だから兵士たちは死後に靖国神社で再開できると信じたのだ。
(中略)
天皇を追悼するため1869年に創設された靖国神社はきわめて政治的な施設だ。
軍国主義賛美は多くの欧州諸国で大1次世界大戦が終わるまで行われており当時は普通のことだった。
軍国主義賛美と君主を結びつけるのもよくあった。
日本で特異なのはその結びつきが国家宗教となり政治思想となったことだ。それを最も象徴したのが靖国神社だ。


35 :考える名無しさん:2006/01/31(火) 13:12:55
(中略)
国家神道と天皇崇拝に象徴される宗教とイデオロギーの融合こそが、
アジアの侵略を正当化し自由民主主義へと向かう日本国内の努力も台無しにした。
軍を文民統制のきかない天皇の絶対的統帥権の下におき、日本は戦争へ向かった。
靖国神社内を今歩いてみるとそんなことは一切起きなかったかのようだ。
境内の遊就館を訪れるとまるで戦時中のような聞き古した戦争正当化の論理ばかりが目に付く。
「日本は戦争に追い込まれた」「日本兵はアジアの解放、世界平和のために戦った」
「犠牲を未来の世代は栄光ある模範とするべきだ」「今日の繁栄は『帝国の大儀』に殉じた彼らのおかげだ」・・・。
これこそ靖国神社が不安を感じさせる理由だ。
東京裁判を経て民主化し半世紀以上にわたって「過去」を論議し反省してきたにもかかわらずあのイデオロギーは無傷で生き延びた。
もちろん日本は自由な国だから、思想は自由だ。
しかし首相がこうした思想を表明する場所に参拝し続けるなら「日本人は本当に過去の教訓を学んだか」
と懸念すべきなのはアジア諸国民だけではなく日本人自身だ。
それが自らの自由を守ることでもある。


36 :考える名無しさん:2006/01/31(火) 19:17:56
哲学的には、
現在の目からは肯定されるべき過去の過ちは、過ちといえるのか?
ていうのはどう?

当時の日本人&日本指導者にとって、開戦の選択は過ちだった、としよう。
しかし、戦争していなければ、今よりよい日本、良い世界になっていた、とは考えにくい。


37 :考える名無しさん:2006/02/01(水) 04:09:50
そうです、今の日本は死んだ人の上に成り立っているんです。

38 :考える名無しさん:2006/02/02(木) 09:49:13
 1月31日、巨人の春季キャンプのため宮崎入りしたイ・スンヨプは、
1日9時に行われた巨人選手団の青島神社参拝に参加しなかった。

 イ・スンヨプはホテルで待機し、参拝を済ませ帰ってきた選手らとサンマリンスタジアムに向かった。

 1日、イ・スンヨプの青島神社参拝不参加を伝えた韓国の聯合ニュースは、
「当然の選択」「韓国の『国民的な打者』として
日本の軍国主義の象徴である神社に訪問することはありえないことだ』と報じた。

 同日、韓国のニュース専門番組YTNは、神社参拝不参加でイ・スンヨプが
チーム内で孤立するのではとの憂慮の声を伝えた。

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/02/01/20060201000013.html

39 :考える名無しさん:2006/02/21(火) 18:55:15
ああ、クリステル様

40 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/02/21(火) 19:10:00
>>36
あんな糞な戦争でもしなきゃマトモになれなかったような、心底だらしない国に生まれてしまった自分の運命を憎め。

41 :韋駄天はふと考えた:2006/02/21(火) 20:42:30
>>1
天皇教崇拝者とキリスト教崇拝者との
宗教で支配できる地域拡大をめぐっての宗教戦争

日本人は天皇家の家紋である菊のご紋を、武器や旗や軍艦に取り付けて
天皇陛下バンザイと叫びながら戦ったし、
アメリカ人は十字架を肌身につけて聖書に誓いをして戦った。

ま、過去から何千回も繰り返される戦争の大半は
宗教崇拝者同士の支配地域拡大をめぐっての宗教戦争なんだけど

宗教崇拝者というのは酒をたっぷりと飲んだ酔っ払いと同じで、精神が正常でない。
そういう精神異常者に権力や武器を持たせれば、抑制と限度が効かずに紛争や戦争に
発展するのはあたりまえ。

42 :考える名無しさん:2006/02/22(水) 18:58:20
韓国は、近代化してもらった恩を忘れて日本を批判しまくる
昔は自ら近代化してくれと併合を了承したのに、今では植民地化されたことにして日本を批判しまくってる

43 :fuんwaか:2006/02/23(木) 17:32:37
少し長くなるが、日本が何故日本が太平洋戦争にやむなくも至ったかの原因から述べさせて頂く。

昭和十年代当時、太平洋戦争に至る少し前、黄色い猿と蔑視していたアジアの黄色人種が、第一次世界
戦でロシアを打ち負かし欧米列強と互角に渡り合う力を付けたイエローモンキー日本を封じ込る為に、
当時からの世界最大の超大国アメリカが次々にアジアを侵略し、日本への石油や鉱物資源の80%を奪
取し、日本への輸出を禁止してしまったのです。

鉱物資源が20%しか無いという事は、病院での薬は20%しかないという事なのです。 
80%の人達は死ぬか病気の悪化を座して待つしか無いのです。 病気に罹る以前に、食料が無い、農
薬も肥料も、たった20%しか無いのです。 ガソリンが無いのだから動かせる農機具も20%しか無
い。 食料を運ぶトラックも20%しか動かせない。 農家から都会まで残りの全てはリヤカーで運ぶ
しか無いのです。 そんな事が可能でしょうか? 食料だけではない、リヤカーで都会へ工場や会社、
店舗などへの物資の輸送など、0.00001%も出来はしない。

こうして日本は、ただ、ただ、猿!汚し、気持ち悪し、憎しとしいう、アメリカやイギリスロシアなど
の白人人種の人種差別だけの意識により息の根を止められたのでした。もちろんアメリカはそれを画策
し、そのように仕掛けてきたのです。 「日本よ!どうだ!俺達白人の奴隷にしかおまえ達、猿には、
方法は無いんだぞ!さっさと手を上げて降参し、他の猿共、同様俺達の植民地に成れ!!」 そうした
態度で、、陰に陽に迫って来たのです。太平洋戦争は絶対の生存の危機から脱出するため、生きるため
の聖戦だったのです。 当時のアメリカの政策は、ナチスヒットラーのユダヤ人根絶、アウシュビッツ
以上の人類史上まれにみる、一民族消滅を図る為の行為、愚劣な日本民族挑発行為だったのです。 こ
れに対抗し、生きるための行為、まさしく日本にとっての生きるための戦争、聖戦だったのです。
http://hw001.gate01.com/fuんwaか/ron.htm  funwaka@hotmail.com←質問、反駁はこちらまで。



44 :考える名無しさん:2006/02/26(日) 04:07:28
シビリアン・コントロールがあるから、
個人は安全でしょう。

45 :考える名無しさん:2006/02/26(日) 04:16:11
> 第一次世界戦でロシアを打ち負かし欧米列強と互角に渡り合う力を付けたイエローモンキー日本を

日露戦争と第一次世界大戦の区別ぐらいはしないと、説得力がまったくなくなる。

46 :考える名無しさん:2006/02/26(日) 04:33:03
軍部の暴走を招いてしまったのは何故か。
 日本は国外の圧力に脆弱性があったからなのか。鯨漁船が港に停泊して港を使用したことに発して、
維新に発展した。欧米諸国が発展していることを知った諸藩軍閥が徳川幕府に反対したのである。
国内の戦う相手がいなくなると、諸藩は新しい政府を作った。日本の外に出て、対外軍国になってし
まった。
 諸藩は戦争の作法を学ぶ集合体である。戦争の作法を日ごろから学んでいるのだから、
軍部が軍部が暴走するのは当然である。何か問題があるとすると、協定を結んだだけであった。
日本は敗戦したのだから、敗戦国を自国に組み込んだり、損害賠償で清算するという手続が無かった。
日本が相手国でもって働く、賠償を完済することができる。だが、協定であるから、同盟を結ぶために、
戦争をしたのだ。理由が無いので、日本は暴走というのだ。正義なんてありはしない。

47 :全宇宙全生命永久永遠の大天国:2006/02/26(日) 05:19:39

http://video.google.com/videoplay?docid=-4960427717414049428

南京大虐殺はないという動画←有名人がたくさん集まって論争してます
  ↑
 短いですので 是非 観てください
 お願い致します。

http://video.google.com/videoplay?docid=-4960427717414049428

南京大虐殺はないという動画←有名人がたくさん集まって論争してます
  ↑
 短いですので 是非 観てください
 お願い致します。

★マスコミ特にテレビは中国共産党の邪悪さを報道してくれい。
 このままでは日本=悪 中国=善になってしまう。
 そんなことあってはならない。絶対あってはならない。★
 ↑
そんなこと許されていいと思うか?
悔しいとお前らは思わないのか?そう思う方は少しでいいから
コピペしてくれ。頼む。このままでは日本は一方的に悪者にされてしまう。
悔しいよ とても悔しいよ みんなコピペ協力してくれ 頼む。

48 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/02/26(日) 05:33:00
国家神道系だな。思いつく辺りでは生長の家か?

49 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/02/26(日) 06:39:33
それとも天理か?wwwwww

50 :考える名無しさん:2006/02/26(日) 06:53:11
>>49は女性ですか、どうよ?

51 :考える名無しさん:2006/02/26(日) 06:55:42
杜玖椀の奴隷だったということにつきるな

52 :考える名無しさん:2006/02/26(日) 21:07:14
先祖に武家、現在に軍閥である。
それらが誇りであるから、
軍事職に就きたい。
先祖が殺人者だから、子供も殺人者になりたかった。
だから、殺人事件が起こった。

53 :考える名無しさん:2006/02/26(日) 21:18:35
私の先祖が兵士だから、軍事職に就くべきか。
軍事職にはどんな能力があらねばならないのか。
功績があるので、軍事職につく。功績も無いのに、軍事職に憧れても名誉にならない。
威力を振りまく低脳な組織集団だ。
軍事職に就くべきか。功績に応じて、足軽から兵站、伍長から司令官、色々である。
青白い書生上がりは兵站が精々にすべきである。
軍人にはどのような能力があるべきか。
体力がなければならない。線が細くて、筋肉の量が少ない人間は軍事事務員である。
瞬発力があり、筋肉の量が多いものは前線の足軽である。
兵站や足軽が息巻いて、国外まで飛び出してしまった事件が亜細亜・太平洋戦争であった。

54 :考える名無しさん:2006/02/26(日) 21:48:05
どのような原因があるにせよ、兵隊が侵攻するのは迷惑である。
相手の国は軍隊に蹂躙されるのだし、国民は軍事を支える労役をしなければならない。
対象国は迷惑だし、国は負担がかかり、豊かになるわけでない。
これでは、軍事力を行使しただけである。
対象国が平和に暮らせて、兵隊が名誉であることがあるのではあるまいか。


55 :考える名無しさん:2006/02/27(月) 02:33:24
不条理な戦争に参加した日本が得たものは、根本的に何もない。

56 :考える名無しさん:2006/02/27(月) 02:36:12
得たものがあるから、今の日本がある希ガス

57 :考える名無しさん:2006/02/27(月) 02:47:45
市場と資源の輸入先だな。

58 :考える名無しさん:2006/02/27(月) 08:33:14
>>55
歴史的教訓が多数。
「愚者は自分の経験から学び、賢者は他人の経験に学ぶ」だっけ。
民主制では賢者が主導権を握ることはできないのだから、
普通程度の知能しかない大衆が、自らの選択で試行錯誤しつつ
経験を積んで成長するしかない。

日本はもはやナショナリズムを暴走させることはないし、
大陸に深入りもしないし、アメリカの覇権に挑戦もしない。
だから、アメリカは日本を同盟国として信頼できる。

さて、中国の大衆は、それらの日本の経験を欠いている。
きっと同じ過ちをしてくれるに違いない。

59 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/02/28(火) 01:21:25
俺は英雄かも知れないが聖者じゃない、と言うのは?

60 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/02/28(火) 01:31:20
お、書き込み復活w

61 :考える名無しさん:2006/02/28(火) 01:39:29
         .┌┐
        / /
      ./ / i
      | ( ゚Д゚)
      |(ノi  |)
      |  i  i
      \_ヽ_,ゝ
        U" U


62 :考える名無しさん:2006/02/28(火) 12:57:43
45万部のベストセラー『嫌韓流』の第2弾

『嫌韓流2』発売中

駄作か傑作かは、買って自分で確かめよう

63 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/02/28(火) 22:58:49
私は天才だが聖者じゃない、とはヴェーユの言だったな。

>>62

 知 ら ん が な 。


64 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/03/01(水) 00:53:40
俺があの時見た夢について、小泉の感想をしりたいんだが。

65 :考える名無しさん:2006/03/02(木) 04:42:35
軍閥系が占めるとどうなるかよく判った、駄目になるから、
軍閥系は役職に就けてはいけないってことで、我々の意見は一致しているわけだが。
我々もまさか殺人事件を起すとは思わなかったし、そういう人だと気付かなかったから、
多少の責任はあると思う。
だから、彼らを戦場に送り出してあげられるように協力してあげよう。

66 :考える名無しさん:2006/03/02(木) 15:07:06
戦場で死ななくても自殺者が大勢でているわけだがな。こういうのは駄目になっているとは言わないのか?

67 :考える名無しさん:2006/03/02(木) 16:33:57
あなた達は自殺者が大勢出ているのかね。
自殺集団ではあるまいね、どうして自殺するのかね。

68 :funわか:2006/03/02(木) 22:33:55
少し長くなるが、日本が何故日本が太平洋戦争にやむなくも至ったかの原因から述べさせて頂く。

昭和十年代当時、太平洋戦争に至る少し前、黄色い猿と蔑視していたアジアの黄色人種が、第一次世界
戦でロシアを打ち負かし欧米列強と互角に渡り合う力を付けたイエローモンキー日本を封じ込る為に、
当時からの世界最大の超大国アメリカが次々にアジアを侵略し、日本への石油や鉱物資源の80%を奪
取し、日本への輸出を禁止してしまったのです。

鉱物資源が20%しか無いという事は、病院での薬は20%しかないという事なのです。 
80%の人達は死ぬか病気の悪化を座して待つしか無いのです。 病気に罹る以前に、食料が無い、農
薬も肥料も、たった20%しか無いのです。 ガソリンが無いのだから動かせる農機具も20%しか無
い。 食料を運ぶトラックも20%しか動かせない。 農家から都会まで残りの全てはリヤカーで運ぶ
しか無いのです。 そんな事が可能でしょうか? 食料だけではない、リヤカーで都会へ工場や会社、
店舗などへの物資の輸送など、0.00001%も出来はしない。

こうして日本は、ただ、ただ、猿!汚し、気持ち悪し、憎しとしいう、アメリカやイギリスロシアなど
の白人人種の人種差別だけの意識により息の根を止められたのでした。もちろんアメリカはそれを画策
し、そのように仕掛けてきたのです。 「日本よ!どうだ!俺達白人の奴隷にしかおまえ達、猿には、
方法は無いんだぞ!さっさと手を上げて降参し、他の猿共、同様俺達の植民地に成れ!!」 そうした
態度で、、陰に陽に迫って来たのです。太平洋戦争は絶対の生存の危機から脱出するため、生きるため
の聖戦だったのです。 当時のアメリカの政策は、ナチスヒットラーのユダヤ人根絶、アウシュビッツ
以上の人類史上まれにみる、一民族消滅を図る為の行為、愚劣な日本民族挑発行為だったのです。 こ
れに対抗し、生きるための行為、まさしく日本にとっての生きるための戦争、聖戦だったのです。

参考資料:HP、恋愛manual→f u n w a k a論 より。

>>45 些末な問題

69 :考える名無しさん:2006/03/03(金) 07:46:38
>>68
白人は国外に出て行けといえる意見だね。
国に帰ればいいよ、わざわざ外国語を日本で話したり、
日本語を話しても大したもんじゃないんだから。
非国人なんだから、わきまえたら?ってことだね。
外人のくせに。

70 :考える名無しさん:2006/03/03(金) 08:11:37
実は、西洋人が母国語を喋っているのを聞くとすごい気を使うんだ、
我々は一緒にいると肩がこるのが正直なところなんだ、
頭皮から生えてくる髪の毛の色は問わないから、
せめて文化的なものを使って、髪の色を染めるとかしたらどうなんだろう。
我々と同じになってくれないから、仲間だって思えないよ。
国境だけでなく、やっぱり外人なんだなって考え方もあるんだろうね。

71 :funわか:2006/03/03(金) 19:04:34
>>69

私は60年近く日本に生きている日本人ですけど??

72 :考える名無しさん:2006/03/04(土) 18:24:31
殺されたいので、殺しているんですか?

73 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/03/05(日) 14:25:50
貴様らいい加減にせんとSGに潜入するぞ。

74 :考える名無しさん:2006/03/05(日) 15:10:56
ヨーロッパ語族を日本から追い出してお終いだ。

75 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/03/05(日) 15:33:42
NHKで良いのやってんな。

76 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/03/05(日) 15:34:51
カラーフィルムはあちらの映像だな。

77 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/03/05(日) 15:35:52
おおおおおおおおおお

78 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/03/05(日) 15:54:31
前に、艦上から撮影した特攻機のカラーフィルム見たことあってね。

79 :考える名無しさん:2006/03/05(日) 15:59:09
>>74
もう無理。
サンスクリットまで含めるなら、仏教伝来以来どんどん入ってきて
日本語と融合してしまっている。

80 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/03/05(日) 16:03:34
悲しい景色。

81 :考える名無しさん:2006/03/05(日) 16:30:33
民主主義が根付くまでちょっと日本人だけで暮らさせてもらいましょう。

82 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/03/05(日) 17:24:11
俺は嫌。

83 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/03/06(月) 12:16:33
洋上の灯台を戦闘機から映した場面からしか録画出来なかった。
残念だな。

84 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/03/06(月) 12:42:52
ああ、編集してデーモンのギャグ削っとかなきゃ。

85 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/03/06(月) 12:45:07
「国と国との戦争は仕方ないとしても」というのも不満。

86 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/03/06(月) 12:49:02
不謹慎だぞ、貴様ら。

87 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/03/06(月) 12:53:02
うわーMCEで保存すると、編集出来ないのかorz

88 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/03/06(月) 12:55:17
いや、このファイル・サイズは違うな。本体が(以下別板

89 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/03/06(月) 17:00:40
「戦略爆撃調査団員ダニエル・マクガバン」の回想は、イラク情勢を
重ね合わせると吐き気がするな。

90 :日本@名無史さん:2006/03/19(日) 17:43:51
三田村武夫著「大東亜戦争とスターリンの陰謀」
http://www.daitouasensou.com/

【岸信介の書評より】
 読む程に、私は、思わず、ウーンと唸ること屡々であった。
 支那事変を長期化させ、日支和平の芽をつぶし、日本をして
対ソ戦略から、対米英仏蘭の南進戦略に転換させて、遂に大東
亜戦争を引き起こさせた張本人は、ソ連のスターリンが指導す
るコミンテルンであり、日本国内で巧妙にこれを誘導したのが、
共産主義、尾崎秀實であった、ということが、実に赤羅々に描写
されているではないか。
(中略)
これを食い止めるためには、自由主義体制を執るすべての国家
が連帯して、“自由と民主主義”をがっちりと守り、
敵の一党独裁、計画経済に対するに、複数政党・市場経済の社会
を死守することである。私は、私自身の反省を込めて、以上の
ことを強調したい。また、このショッキングな本が、もっともっと
多くの人々に読まれることを心から望む次第である。


91 :日本@名無史さん:2006/03/19(日) 17:44:55
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4896670116/250-4836139-1074665
大東亜戦争と「開戦責任」―近衛文麿と山本五十六
中川 八洋 (著)

コピペだが

大東亜戦争=太平洋戦争に日本を引きずり込んだ当時の日本の総理大臣・近衛文麿が
共産主義者であった事実に関して、著者は様々な角度から明らかにしています。
そしてまた近衛上奏文が近衛自身の正体を覆い隠す為の大芝居であったことを著者は
完璧に論証しています。
朝日新聞が近年においても「平和を愛した理想主義者であった」と賛美している尾崎
秀実(近衛文麿のブレーンでありゾルゲ事件でソ連のスパイであることが発覚、処刑さ
れました)が雑誌「改造」や「中央公論」で、どのように日中戦争を泥沼化させるた
めの論陣を張ったか詳細に書かれています。
近衛文麿が共産主義者であったか否かは本書を一読すれば分かります。
左翼が一番恐れる本です。


92 :考える名無しさん:2006/03/20(月) 06:22:22
どうしてもこういうお題になりますと、
政治的・経済的側面が強い方が 前面に出ますね。

哲学的な考察は難しいのでしょうか?
まあ、文化論的な側面でもアリでしょうが・・・

93 :考える名無しさん:2006/03/20(月) 10:35:31
I 国神「人類がやがて生み出すであろう核兵器は戦争を終戦に導き、表面的には平和な時が訪れるであろう。」
E国神「しかし、やがては地球そのものの存在を脅かす兵器として人類の脅威とも成り得る訳だが!」
F国神「ならば、最強のウイルスから地球を救うためには?」
U国神「被爆することで生命の如く免疫力を増加するであろう民俗の未来に賭けるしかないだろな。」
    「・・・( ̄ー ̄)ニヤリ」
D国神「う、うちはダメよ!もう体力ないし、それに輸送の途中で何かあったら周りも大変でしょ。風もあるし。」
I .国神「ならば海に囲まれていて爆裂後にも他に最も影響が少ない国はどこか?」
In国神「しかし、被爆して尚、真に愛と平和を訴え続けられる国などあるのか?」
C国神「東の果てなら良いんじゃないか?」
K国「うん、あそこが良いな。」
J国神「他に地球を救える方法がないのなら・・・」

94 :考える名無しさん:2006/03/20(月) 11:23:49
>>91
いまどき「左翼が一番恐れる本」とか言われても迫力ないなあ。

95 :考える名無しさん:2006/03/20(月) 11:52:43
>>93は突拍子も無い発想だけど、
戦前戦中戦後と続く意図的な流れの中で潤ってきた左翼が一番恐れる解釈ではないか?
とすと>>94は、、、
妄想だね、消えるよ。

96 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/03/20(月) 19:00:33
我ながらマメな奴だと思うね。

http://www5e.biglobe.ne.jp/~petercat/picture/img20051204215742-2.JPG

陸自車両通行中に爆発 イラク・サマワ
 防衛庁に入った情報によると、二十三日午前九時(日本時間同日午後
二時)ごろ、イラク南部のサマワ市内の道路脇で陸上自衛隊の車列が
通過中に爆発があり、隊員輸送の高機動車一両のフロントガラスにひびが
入り、ドアがゆがんだ。隊員約二十人にけがはなかった。防衛庁は
「自衛隊を狙ったかどうか不明」としている。政府は、首相官邸の
危機管理センターに官邸連絡室を設置した。 

97 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/03/20(月) 19:01:35
陸自が道路脇爆弾食らったのは去年。写真は米軍のハンビーと思う。
怪我人ゼロ?w

98 :日本@名無史さん:2006/06/14(水) 07:36:51
1935年のコミンテルン第7回大会で、スターリンは「人民戦線戦術」を採択し、
各国の特殊性を十分に踏まえ、「合法的場面の活用」戦術(できるだけ合法面に食い込んで、資本主義体制を内部から崩壊させていくこと)に転換した。
 これ以降、コミンテルンは、「天皇制打倒」というスローガンを掲げることは一切やめて、「天皇を戴いた強力な社会主義」路線に転換した。
 このあと近衛内閣が登場し、軍国主義が本格化していった。
 つまり、「軍国主義の本質」=「天皇を戴いた強力な社会主義」ということ。
 この軸でもって太平洋戦争史を眺めると、おどろくほど簡単に謎が解けてくる。

 この第7回コミンテルン大会で、スターリンはこういう演説をしている。
その後の歴史は、まさにこのとおりになった。
「ドイツと日本を暴走させよ!…日本の鉾先は蒋介石の中国へ向けさせよ。
…最終的には米国を参戦させてたちはだからせよ。日・独の敗北は必至である。
…疲弊した日・独両国をそっくり共産主義陣営にいただくのだ」



99 :とんがり:2006/06/14(水) 07:53:31
哲学的にというと神が出て来ると思うが。
すでに当時の日本にはデモクラシーが浸透していて
その圧力で蓋があいた感じ。
もちろん軍とデモクラシーの対立ではなくて軍内部の対立。
しかし226のような神様万歳の必然性はなんなのか。
腐敗を許せないというまっとうな想いが戦争を呼び寄せたとすると切ないね。

100 :考える名無しさん:2006/06/15(木) 00:14:38
戦争なんて他にも腐るほどされたのに、
どうして先の大戦ばかり非難するんだ。
我ら人類、誕生の時から血塗られた歴史を歩んできたんだろ。
もっと武田信玄辺りを囂々と非難してみないか?
諸葛公明でもええよ。

101 :とんがり:2006/06/15(木) 03:14:04
あなたなら信玄をどう非難するのか。

102 :考える名無しさん:2006/06/16(金) 06:25:09
大本営が馬鹿だった。
陸軍と関東軍と意思の疎通がうまくいかなかった?
国内ですら一貫した指揮系統も確立できる前に現場の馬鹿に任せっきりで大失敗。
海軍と陸軍の不協力?
アジア統一ほざきながら自国内の軍部もまとめれずに
なにが「日本様が統一して皆は平和になる」だよ。
物量で連合軍にあからさまに大敗しているのをしりながら
大日本帝国軍代進撃。勝利間近
まじでいってんのかよ。窮鼠猫をかむ私はペスト持ったネズミですって
正直にいうべきだったんだよ。


103 :考える名無しさん:2006/06/16(金) 21:38:27
嗚呼、あの時、山本五十六連合艦隊長官の進言を陸軍が聞いていれば・・・!
今頃、アメリカは日本の植民地になっていたのに・・・?

104 :考える名無しさん:2006/06/17(土) 04:16:06
>>23 >:1は神であり原罪を背負ってる他人は壊れてる :2006/01/30(月) 19:23:11
   >石油封鎖で日本は激怒しました。

なんか、明日の北朝鮮が同じ事をしでかしそうで怖い。

105 :考える名無しさん:2006/06/17(土) 06:22:53
戦争は北朝鮮を民主化するいいチャンス


106 :考える名無しさん:2006/06/17(土) 15:53:00
大東亜戦争の日本の敗戦原因を日米の物量の差とするのが一般論だが
はたしてそうだろうか?
半年、一年以内の短期決戦なら日本のほうが充分勝機があった。
情報戦では、たしかに遅れを取ったがそれとて大局に影響するほどではなかった。
では、レーダー(電波探信義)やVT近接信管といった新兵器かというとそれもどうかな?
アメリカの対空レーダーや水上レーダーが威力を発揮するのは昭和18年ごろからだし
VT近接信管が本格的に使用されたのは昭和19年のマリアナ沖海戦からだ。
ちなみにこのマリアナ沖海戦で日本連合艦隊の空母機動部隊は、アメリカの
高性能レーダー「マーク600」とVT近接信管のために全滅させられた。
最初の一次攻撃で、アメリカの壊失機17機に対し日本は壊失機225機、
2次、3次の戦闘も全部あわせてアメリカ側壊失機100機、日本側500機以上
で日本の空母艦載機は全滅、パイロットもほとんど戦死。
それにたいしてアメリカの壊失機100機のパイロットは大部分が味方の
潜水艦や駆逐艦に救助されている。
空母も日本は世界最強と謳われていた、重装甲空母「大鵬」と正規空母「瑞角」を
米潜水艦の魚雷にやられている。
その他歴戦の小型空母も多数沈められた。
たいしてアメリカ側は損失空母ゼロであった。
こうして連合艦隊の機動力は尽きた。そしてサイパン、グアムの陥落。
後は、そこを基地としてB-29による日本本土への戦略無差別爆撃の始まり。
そして日本敗戦・・・。
昭和17年までに、蒋介石と講和を結んで、中国大陸の陸軍の精鋭100万を
対米戦にまわしていれば短期決戦で日本にも勝機はあったのに・・・?

107 :考える名無しさん:2006/08/15(火) 13:07:32
終戦記念日あげ

108 :ホッシュジエンの国内ニュース解説:2006/08/23(水) 21:55:23
 1937年の南京虐殺事件について、日本で出版された本で「ニセ証人」と
名指しされたとして、中国人女性(77)が、本の著者と出版社「展転社」に
160万元の損害賠償などを求めた訴訟の判決が23日、南京市玄武区法院で
あった。同法院は著者らに160万元の支払いと、日中両国の主要紙での謝罪
掲載などを命じた。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __    国から資金提供受け、南京虐殺を否定しようとする連中の
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  / 背景には、これからの国家軍事化に、国民には騒がれ
  |ヽ   | | ミ#・д・ミ/_/旦~~ たくないからだといえよう。国民の意思が基本だからな。
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l 同時に中国人はウソツキと反中国感情も煽ろうとする。(・A・#)

06.8.23 Yahoo「<南京虐殺事件>『ニセ証人』扱いの中国人被害女性が勝訴」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060823-00000098-mai-soci

* 当時、日本は米英の特需戦争に協力するため、侵略のための侵略を繰り返し、
  今で言う「悪の枢軸」のテロ国家を演じたといえます。日本が戦後
  米財界の巨額融資で経済大国になったのは誰もが知る所です。今なら丁度
  イランや北朝鮮がその役目を引き受けている様子が報道でわかります。

109 :ホッシュジエンの国内ニュース解説:2006/09/06(水) 16:18:01
世界平和研究所(会長、中曽根康弘元首相)は5日、憲法改正で日本が
目指すべき21世紀の国家像をまとめた。歴史や伝統に関する教育・啓発の
強化や主体的な防衛戦略の確立などが柱。中曽根氏は記者会見で「今後、
米国の態度がどう変化するか予断を許さない。核兵器問題も検討しておいた
ほうがいい」と述べ、核武装研究の必要性を指摘した。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __    これは聞き捨てならんな。米の代理人が
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  / 対米戦争の可能性を示唆するというのはな。
  |ヽ   | | ミ ・д・ミ/_/旦~~ 
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| つまり対米協力だった太平洋戦争をもう一度で日米
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l 同盟をさらに60年不動のものにしようという訳ですか。(・A・#)

06.9.6 日経「中曽根元首相、核武装研究の必要性を指摘」
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20060905AT3S0502A05092006.html

* 日本を核武装化し対米戦争に突入すれば、アメリカの核使用を正当化させる事になるでしょう。

110 :考える名無しさん:2006/09/06(水) 17:41:58
戦争というのは
民衆が馬鹿だからおきる

おまえらのせいだ

111 :考える名無しさん:2006/09/06(水) 21:35:56
原爆投下を日本人滅亡の危機と感じた日本人はすぐに戦争停止の判断を下した。
それは欧米の脅しに屈したのとは違う危機感である。原爆投下を理性による日本民族絶滅の
ホロコーストの論理と判断したからだ。その点でユダヤ人のナチスによる、ホロコーストと
なんら変わることはない。だが戦後、ユダヤ民族と、日本人がこれほど世界において優位に立っている
ことはなんら偶然ではない。世界最終戦争の犠牲者となった民族には戦争後の世界において優位に立てること
が理論的に証明された結果にすぎない。これをヘーゲルは理性の狡知といった。

112 :四式:2006/09/07(木) 00:13:20
呼称で分かる主義主張
大東亜戦争→右翼
大東亜・太平洋戦争→知識人的な中立さ
太平洋戦争→左翼
アジア太平洋戦争→三国人

113 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 17:53:57
韓国は“なぜ”反日か? 「日本は、韓国に嫌われている」
http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea.html




114 :考える名無しさん:2006/09/09(土) 11:15:30
第二次世界大戦・東アジアの部

115 :考える名無しさん:2006/09/10(日) 09:53:33
日本人は圧倒的な物量差でアメリカに負ける(負けた)と主張したけど
アメリカ人の方は精神力で日本は負けると逆の主張をしたとこが面白い

116 :考える名無しさん:2006/10/18(水) 00:09:22
気合いだーー気合いだーー気合いだーー!

117 :考える名無しさん:2007/02/17(土) 20:43:23
精神力だけでは勝てんよ。


118 :考える名無しさん:2007/02/17(土) 20:58:34
ドイツもイタリアも日本も、子供だったということでしょう。

119 :考える名無しさん:2007/02/17(土) 21:03:56
むしろ問題なのは、
アメリカが大人だと思い込んじゃったことじゃないか。

120 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2007/02/17(土) 22:57:06
>>109
「世界平和研究所」とか名前がアレを連想させるな。

核保有国への抑止力として、開発能力までは放棄
するなって言ってたのはもちろん俺様。

38 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)