2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

何が正義なのか?

1 :考える名無しさん:2006/01/23(月) 01:16:19
正義にとっての悪は敵であり
悪にとっての正義は味方である
この世に本当に正義なんているのか?

2 :考える名無しさん:2006/01/23(月) 01:18:24
正義とは、相対的なものです。
絶対の正義などありません。
以上。

3 :考える名無しさん:2006/01/23(月) 01:20:48
>>1

その前に、まず正義が正義なのか考えてみることじゃ、青年。

4 :考える名無しさん:2006/01/23(月) 01:21:44
だが相対主義はお互いを認め、争っている状況を解明できるが
解決するのには役立たないんじゃないか。
その上でどうすべきか、という正義がありえる

5 :考える名無しさん:2006/01/23(月) 01:23:25
哲学素人だけど結局は自分が正義と思うことが正義ってことになるんじゃね??
気の持ちようってことかな。正義に定義はないし・・・

6 :考える名無しさん:2006/01/23(月) 01:26:31
問い詰めてしまうと悪ってなによ?
>>2の言うように絶対の正義など無いのなら
絶対の悪ってなによ?


7 :考える名無しさん:2006/01/23(月) 01:29:32
>>6
あんたにとって悪い人なんじゃないの

8 :考える名無しさん:2006/01/23(月) 01:32:47
>>7
それは主観的な基準であって絶対の悪じゃない

9 :考える名無しさん:2006/01/23(月) 01:36:00
>>8
そもそも、相対的なもんだから無理ってことに気付けよ…
主観以外の尺度なんてあるのか?

10 :考える名無しさん:2006/01/23(月) 01:36:55
2ですが。
いや、つーか「絶対」の正義も無ければ「絶対」の悪も無いでしょ。
そもそも、誰が「絶対」を決めるのか。
そんなの決める人によって違うでしょ。
だから相対的だと言ったんです。
気悪くしたらごめんね。

11 :考える名無しさん:2006/01/23(月) 01:39:20
強いていえば、
人間が進化の過程で生み出した、効率的な共存共栄のための知恵が善で
その善を実践するのが正義といったところだろう。

12 :考える名無しさん:2006/01/23(月) 01:39:20
>>10
でも、そのままズバリなんだけどな

13 :考える名無しさん:2006/01/23(月) 01:44:28
じゃ絶対の正義も絶対の悪もないね。絶対?

14 :考える名無しさん:2006/01/23(月) 01:44:43
スレを進めるなら >>3 をもとに >>4 を考えるのが結構妥当な気がする
でなければ、不毛以外なにもなさそう

15 :考える名無しさん:2006/01/23(月) 01:46:31
>>13
まず、絶対、相対について理解する
話はそれからだと思うよ

16 :考える名無しさん:2006/01/23(月) 01:53:58
2ですが。
4の言う正義とは、その社会に属する人々にとっての正しい道(正義)なわけだよね。
それはそれで、その社会の中では十分「絶対」的な価値観と見ていいよね。
だけど、別の社会では、別の社会の「絶対」の正義が存在してるわけで。
つまり、基準となる社会、あるいは個人の価値観があって、はじめて正義、悪の議論ができる。

あ〜、書くたびに長文になってく…
文才ねえな、おれ。

17 :考える名無しさん:2006/01/23(月) 02:07:29
2ですが。
眠いんでおやすみ〜。


18 :考える名無しさん:2006/01/23(月) 02:42:48
正義はつりあいです

19 :考える名無しさん:2006/01/23(月) 02:58:05
まず一人の世界に正義は存在しない。
二人の世界にもたぶん存在しない。
三人の世界には少しの正義が存在しそうだ。

20 :考える名無しさん:2006/01/23(月) 17:56:05
プラトン『国家』の
トラシュマコスの定義では

○正義とは強者の利益に他ならない

ということです。どう思います?

21 :考える名無しさん:2006/01/23(月) 18:09:14
>>20
単なる思想の一つだと思います
勝てば官軍、そんな感じ

22 :考える名無しさん:2006/01/23(月) 21:41:19
時間と場所が変われば正義も悪になるでしょうし、悪も正義になる。
要は正義も悪もそれぞれの脳内でぐるんぐるん回ってんじゃねぇ?

23 :考える名無しさん:2006/01/23(月) 22:16:43
正義って実際は相対的なものだけど、
本来は絶対を含んだものだと思うよ。でないと正義という言葉が意味をなさなくなる。
何かに正義を確信しているとき、それはその人にとって絶対なのでしょう。
傍から見ればただの「強者の利益」かもしれないけど。

24 :考える名無しさん:2006/01/23(月) 22:23:30
>>23
強者の利益と表現するが、
それも相対的という罠

「それはその人にとって絶対」
ではなく
「それはその人にとって正義」
にすぎない

25 :考える名無しさん:2006/01/23(月) 22:25:07
オウム真理教とスーパーフリーとライブドアが日本の正義

26 :考える名無しさん:2006/01/23(月) 22:25:14
更にいえば、相対的な絶対はない

27 :考える名無しさん:2006/01/23(月) 22:26:04
>>23
>>26

28 :考える名無しさん:2006/01/25(水) 17:33:13
プラトンにとって悪とは正義がかけている状態である

29 :考える名無しさん:2006/01/25(水) 23:16:37
>>20
わりと賛成できますね。
「正しい」とされる事は、現在の社会に適応して一定以上の幸福感を得ている者たちの幸福・利益を守る事につながっていると思います。
踏みひしがれてる者にとっては正しいとは感じられない事もあるでしょう。

30 :考える名無しさん:2006/01/25(水) 23:41:06
>>19
そうですね。法が正義じゃないですか。
この意味で、社会のシステムとして、それがあまり機能していないために「何が正義なのか?」といった問いが出てくるんじゃないかって気がします。

31 :考える名無しさん:2006/01/26(木) 17:10:48
正しさといえば、A・カミュが書いたことが浮かんでくる。

「正義とは二つの概念を含む。正しさと心の温かみである」

なるほど、人間は正義の正しさを守るつもりで、正義のもう一つの要素である
心の温かみを忘れてしまう傾向がある。戦争、テロ、拷問などは、正義の名で
行われるであろうが、まさに心の温かみのない偽りの正義なのである。大きな
夫婦喧嘩、親子喧嘩、友達の喧嘩なども、まったくその通りであろう。仮に私
が正しくて相手が正しくないにしても、もし心の温かみを忘れて私の「正しさ」
のみを容赦なく認めさせたいだけであるならば、私の態度ははたして正義とい
えるであろうか。自分の「正しさ」を押し付けないで、正しいことを二人で
探そうという態度は、心の温かみを物語る取り計らいだと思う。

            ハビエル・ガラルダ


    

32 :ぽっくん:2006/01/26(木) 17:47:04
       ___
     /ノ人ゝ        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     | \ ・ε・)y━・~~~ < 洞窟に閉じ込められた哀れな人たち
     \__ ̄ ̄ヾ.       \_____
      \__/


33 :珍米:2006/01/26(木) 19:44:55
                        .,--‐‐-、    __,,,___
                       /  iiiiiiiiiiヽ  /   ''''‐--、                    n_ノノ ,-,
   ,、                  /  iiiiiiiiii  iiiiiヽ /        ''-、,,                (  ヽ`' ノ
  __ヽゝ/ iノノ            /   iii--====、::::珍米::::,=====-、   \ これからは珍米の時代だ!/
 'ー、    ノ          /    ii  ̄              \   \             /   /~~~
   ゝ    \        /     ii  __      __    ヽ    〉          /   /
     \   \      〈      /- '"-ゞ'-'     '"ゞ'-'     |   /        /   /
      \   \     ヽ     /    ̄ ̄ /  ヽ.  ̄ ̄     |  /        /   /
        \   \    ヽ   /       /    Y         | /       /   /      
         \   \    ヽ /       /(● ●)ヽ.        |/⌒ヽ    /   /
           \   \ /⌒ゝ'       /         i         /6`)  /   /
            \   (/6'|        /  ,、_ _,、   i       /5 ノ/   /   あ”わわ〜
             \   〈 L |      / /    \ i       |/ ノ    /
               \  ゞ i.|      i / / ̄\ ゝ i      / ノ /   / 
                \ ゝ|       i //    \i l     /___/ /     
                  \ \     i//        i l    /   / 
                   \ \   \⌒ヽ----‐⌒ /    /  /

34 :考える名無しさん:2006/01/26(木) 22:49:36
東京地裁八王子支部;殺人罪の妻に無罪の判決(01年12月20日)
大阪高裁;「自動車購入で詐欺」の被告に逆転無罪判決(01年8月29日)
東京高裁;会社社長に逆転無罪、「共犯」証言を虚偽と認定(01年7月25日)
福岡地裁;服役後、再審無罪に 逮捕から20年ぶり 覚せい剤密輸で(01年7月17日)
那覇家裁;少年2人に「無罪」/那覇市内のひったくり事件(01年6月3日)
札幌地裁;「城丸君事件」で無罪判決(01年5月30日)
大阪地裁堺支部;覚せい剤密輸:被告の古物商に無罪判決 (01年3月22日)
鳥取地裁米子支部;「自白信用性に疑い」と覚せい剤事件で無罪判決(00年10月26日)
東京地裁八王子支部―器物損壊などで男性に無罪判決(00年4月13日)
大阪高裁―道頓堀の男性水死事件で1審の無罪判決支持(00年3月31日)
大阪高裁―窃盗の被告に一部無罪判決(00年3月24日)
福岡地裁久留米支部―死亡事故の証拠不十分で被告に無罪判決(00年3月10日)
長崎地裁佐世保支部―自販機荒らし事件で男性に無罪判決(99年12月22日
 

35 :考える名無しさん:2006/01/26(木) 23:08:24
宮崎地裁都城支部;酒気帯び運転に地裁無罪判決(03年2月5日)
最高裁第2小法廷;黄信号無視のタクシー運転手に逆転無罪判決(03年1月24日)==判決文
水戸地裁下妻支部;重傷事故の被告に無罪判決(03年1月10日)
東京高裁;痴漢事件で一審の懲役1年2月判決を破棄の逆転無罪(02年12月5日)――確定
大坂高裁;「露出下半身」事件逆転無罪(02年11月27日)  
大阪高裁;「窃盗」は逆転無罪 住居侵入のみ認定(02年11月26日) 
仙台高裁;放火容疑無罪の一審判決を支持(02年11月12日)
神戸地裁;スピード違反で無罪判決(02年11月8日判明)
大阪高裁;逆転無罪、衣服破られ、正当防衛認める(02年7月9日) 
松山地裁:業務上過失傷害事件でタクシー運転手に無罪判決(02年6月28日)
横浜家裁;強盗傷害の16歳少年を“無罪”に(02年4月24日)
大阪高裁;逆転無罪:元郵政局課長に「引っ越し代は収賄に当たらぬ」(02年3月27日)
札幌高裁;札幌・小4死亡事件、2審も無罪(02年3月19日)⇒確定
横浜地裁;自宅に放火は「証明不十分」として無罪判決(02年3月19日)
名古屋地裁;窃盗罪に問われた男性に無罪判決(02年3月12日)
京都地裁;京都の女性理事長殺害事件、男性被告に無罪判決(02年2月22日)
東京高裁;盗品の乗用車を買ったとされたミャンマー人に逆転無罪(02年1月28日)


36 :考える名無しさん:2006/03/22(水) 23:36:44
age

37 :レドリル:2006/03/27(月) 22:10:43
正義とは公平に裁くということではないのか?
人の価値はもともと等しく、均等なものであるから、
差別化してはいけないと。


38 :レドリル:2006/03/27(月) 22:33:48
あと普遍妥当的であり、物事の道理を通していること。
そのもっとも適切な基準が公平さなのだ。

39 :快楽:2006/03/27(月) 22:37:06
正義とは快楽なり

40 :考える名無しさん:2006/03/27(月) 22:58:20
正義とはその行為に対する正当
化にしかならないと思う。私の
正義と貴方の正義は必ずしも一
致しないし、環境が異なればな
おさらである。人は何かしら理
由を求める。正義は我々、人に
とって丁度いい言葉なのかもし
れない。かっこよく抽象的でな
により自分の行いを正しいと思
うことができる

41 :快楽:2006/03/27(月) 23:11:55
正義とは社会の快楽なり

42 :考える名無しさん:2006/03/27(月) 23:43:24
>>30
法、それ自体は正義ではないよ。
法を守ることが正義。

43 :考える名無しさん:2006/03/27(月) 23:44:03
うーそー
じゅんになー
あきさみよー
でーじなってる

44 :考える名無しさん:2006/03/28(火) 00:30:06
正義とはある価値判断に照らしプラスにするよう働くことである。

アメリカにはアメリカの論理の正義。
吸血鬼には吸血鬼の正義。
この意味では完全な悪は存在しない。

一方の価値判断からの悪、マイナスに働く要素はあるが。
世の中、だから怖い。

45 :快楽:2006/03/28(火) 00:43:43
各地域社会共通の正義というものがある
とするなら、
それはやさしさ。

46 :考える名無しさん:2006/03/28(火) 00:44:51
んなわきゃない。厳しさや厳格さが正義の社会もある。

47 :快楽:2006/03/28(火) 01:00:19
各地域社会共通のといってるだろう

48 :考える名無しさん:2006/03/28(火) 10:11:46
>>1正義は人によって違う分けだが。

49 :考える名無しさん:2006/03/29(水) 19:23:27
>>48
あのさ、「顔は人によって違う」といったら、確かに間違いじゃないけど、
「何が顔なのか?」と質問されたら、「頭部の前面が顔」という答えもあるんじゃないの?

「顔は人によって違う」というのは、「人によっては、足の裏が顔であったり、へその上が顔であったりする」
という意味じゃないんじゃないの?

50 :考える名無しさん:2006/03/29(水) 19:33:50
上目遣いに顔色を覗き込む顔はどこですか?

51 :考える名無しさん:2006/03/29(水) 19:42:41
「人はあらかじめ善悪の判断の中にあるのではなく、心の本体は無善無悪。
その混沌からほとばしるものこそが真の善である。」   王陽明

参考までにどうぞ

52 :考える名無しさん:2006/03/29(水) 20:32:01
何故、プッシーは睡眠中の同僚に映像を見せているのか。

53 :考える名無しさん:2006/03/29(水) 20:37:38
  ◇   S : ●●
◇ .. ◆ B : ●●
  ◇   O :


54 :考える名無しさん:2006/03/29(水) 21:07:02
蛯名正義

55 :考える名無しさん:2006/07/25(火) 21:40:18
チカラこそ正義。
この世は弱肉強食。
最後は支配するものとされるものに分かれる。
武力、経済力、魅力、包容力、知力・・・etc
違いはチカラの形が何であるか、のみ・・・

相対的な正義の話だけど。

56 :無なさん:2006/07/29(土) 15:01:01
正義とは秩序。社会の安定。悪とはそれを乱すもの。

ニートフリーターは不安定だから悪。安定している中卒鳶職の方がまだ正義。
例え独裁者の恐怖政治でも、それで社会が長い間安定していればそれは正義。
下手に民主主義を実行して混乱が起こるよりか、国民にとってはずっと幸福。

57 :考える名無しさん:2006/07/29(土) 15:38:59
全ての人間が死滅してしまえば、一番安定しますよ。
それが正義ですか?
アニメの二流悪役みたいな思想ですね。

58 :考える名無しさん:2006/08/10(木) 21:10:58
チカラにも種類があるからな。
何も暴力、武力、権力だけがチカラではない

59 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 00:16:25
しかし正義なんて言葉も最近じゃ全然使われんな

60 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 12:33:56
例えば人を殺した人Aが居て その人を捕まえて死刑にした人Bが居たとする
これは Aが人を殺して BがAを殺したというだけ それだけがあるだけ
後にAが正義と認められればAが正義で Bが認められればBが正義
人類の歴史では基本的に勝利が正義 力の歴史 力だけが絶対的



61 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 14:00:57
人によって正義の内容が変わるなんて嘘だね。
本当だとしてもそうあるべきじゃないね。
法律で強盗が合法化されようが国民の大半が侵略大賛成だろうが現状とは
別に変わらない正義があるね。あってほしいね。
でも無いね。困ったね。
こうなると同じ正義の定義を持つ人以外死ぬしかないね。

62 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 14:32:18
正義の定義はみんな同じなんじゃないの。
「何が正義か」の判断か違うだけで。
美人の定義はみんな同じでも、「誰が美人か」の判断がバラバラなのと同じ。

63 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 14:37:55
人間個人も組織も社会も閉じているわけでまあ世の中が悪ければそれは確実に侵入してくるのですよ。というわけで悪ではありますが大切にしてますよいろいろ

64 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 16:29:57
>>62
俺の正義とは、「まさよし」=愛犬の名前
つまり皆と同じ。わかったか?

65 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 16:45:37
絶対善への思考はある

66 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 17:46:15
正義なんて適応した結果にすぎない。それは機能ではない。倫理がない。ある政治的な
選択にすぎない。
Rightを求めて、何もかも投げ捨てるのが人間だ。そして人間はそのために死ぬのだ。
CreateのCの文字を入れ替えたらReactiveになる。Cの位置が違うだけだ。正義は反応によって
なされるのではなく、創造によってなされる。

67 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 17:47:35
>>66
Creative-->Reactive

68 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 17:59:52
社会的要素の総体的なバランスで決定します。



                  以上



69 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 18:14:27
社会的要素の欠如した極論主義の思い込みで決定します。



                  以上

70 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 18:41:34
>>68
バランスというのは負と正が打ち消しあって、集団の素の性質が出てくるもの。
しかしだ、発言の主張能力が愚民すべてにあるわけではない。
主張を通し権力をまとめ、捏造する力に牽引されバランスを崩すのが歴史の
流れじゃないのか?
一見バランスを保っているように見えても、それは建前のバランスだろう。
仕組みから生まれるバランスや、それぞれが協調して生まれるバランスには
特定の権力者や権力集団の意思にあわせるバランスというのが正論じゃないか?
総体的とは思えないが。


71 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 19:36:51
正義なんてのは、あなたにとって"益"か"不益"の違いだけ。


72 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 23:35:06
「"益"か"不益"の違い」はきわめて重要だと思うのだが、君にとっては違うのかね?


73 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 23:54:56
ロトの紋章

74 :考える名無しさん:2006/08/22(火) 23:05:05
とりあえず今の日本には「正義」は無い。

75 :考える名無しさん:2006/08/25(金) 02:59:43
まさか。
法治国家である以上は、正義はもちろんありますよ。

76 :考える名無しさん:2006/08/25(金) 03:03:25
スターリンのソビエトはとっても法治国家だったぞ。

77 :考える名無しさん:2006/08/25(金) 03:15:08
だから、ソビエトにはソビエトの正義があったでしょう?

78 :考える名無しさん:2006/08/25(金) 16:03:56
個人や国家の益は正義に有らず、人類全体の益を正義と指す。
正義とは地球の自然を大切にし人類全体が共存共栄の心より産みだす思い。


79 :考える名無しさん:2006/08/25(金) 16:59:46
>>1に似たような思索をしたことがある。
悪にとっての正義とは、自分の思想や行為ではないのかと。
それに相反するものが悪なんだろう。

当事者間→正義(自分)vs悪(相手)
アイデンティティーのない第三者の視点→正義vs正義

正義は己と、共感出来る思想に存在する。
社会的な正義とはまた別物。

80 :考える名無しさん:2006/08/25(金) 17:07:10
正義っていいよな、悪い奴をやっつけることができて。
困ってる人を助けるなんて最高だ。
どうして戦うのかって、当たり前のことじゃないか。
僕のことなんて考えてやしないよ、ぼくが傷ついたってかまわないんだ。
だって、あいつはあんな悪いことをしているだろ。
そんなのおかしいよ。

81 ::2006/08/25(金) 17:16:30
宇宙人が侵略してきたら、人間の言うところの「正義」の意味が
はっきりするんじゃね?

82 ::2006/08/25(金) 17:19:25
「正義」とは汝。

83 :考える名無しさん:2006/08/25(金) 20:16:50
正義とは非暴力に依って成り立ちます。
何故なら正義とは知恵により成されることで力の解決では有りません。
力の解決は正義ではなく偽善です。

84 :考える名無しさん:2006/08/25(金) 20:33:42
正義は知らないけど悪魔なら知ってる
俺の中のヨカラヌモノ

85 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 00:38:07
悪魔は人の自我を利用し争いを巻き起こし己の利につなげ人類を支配する者達のことです。



86 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 10:47:17
人類を支配することが、どんな利になるのでしょうかね。

87 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 12:43:27
悪魔も己の正義で動いているだけでしょう。

88 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 13:50:46
正魔も存在する。おまいらの悪義はいらない。

89 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 14:02:41
それこそ言葉遊(ry

90 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 14:18:12
絶対正義と絶対悪が存在するというのであれば、是非ここで持論を展開して欲しい。

91 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 14:20:49
法を守ることが絶対正義です。
いかなる法(それが個人の思想信条のようなものであっても)においても、
「法を守ること」が正義です。


92 :考える名無しさん:2006/08/28(月) 08:32:36
>>91
なぜ法を守る事が絶対正義なんですか?

最初に、正義とは何によって決められる・・・・。という貴方の意見をだしてください。

93 :考える名無しさん:2006/08/28(月) 10:33:01
私にとっては

私と社会の平等な幸福の追求行為が正義

法秩序を維持するためには、法を守ろうとする気持ちが必要になるが、結局守るべきなのは法を立ち上げるに至った理念であり、突き詰めて人間そのものである
民主主義によって一人一人の可能な限りの幸福が追求され、それに対応できる柔軟性が常に法には必要

94 :考える名無しさん:2006/08/28(月) 11:19:30
民主主義って結局民度をあげるしかないんだよな
で、教育問題に行き着く
事なかれ主義は駄目ですよーディベートしましょー

95 :考える名無しさん:2006/08/28(月) 23:20:39
民主主義について一言
我々の住まう日本は資本主義社会で有って民主主義社会では有りません。
資本主義者達が民主主義を唱えるのは大衆を欺くためで有り、資本を持って大衆を支配下に備えるための手段です。
規制緩和で民に任せる、と言うのも国の業務が民間に移れば資本家が莫大な資金の投入をし組織を支配できる為です。
今、南米ではさんざん米国の資本家達に富を奪われ多くの人々が極貧の生活を余儀なくされたために反資本主義の渦
が巻き起こり南米の十ヶ国中、八ヶ国が反米国家と成っています。






96 :考える名無しさん:2006/08/29(火) 07:13:19
大衆を支配するとなんかいいことあるの?

97 :考える名無しさん:2006/09/07(木) 17:07:41
支配された大衆は、時には命まで捧げ支配層に尽くす。

98 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 16:55:20
罪悪感を感じ、理論宗教で自己弁護した行動は悪。

嘘偽り一切無く貫き通した自らの信念こそ正義。

99 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 18:33:07

むずかしいのだが

http://kumotuki.blog.shinobi.jp/

100 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 18:41:41
全体を国家、部分を人間とすると、
善なる行動は、善なる心を育み、完全とは証明できないまでも、完全なる善なる国家を目指す。万全を期す感じ。
支配層として、国民を統治するための悪法と呼ばれる、一時的な統制はあると思う。
法律が最善かどうかは分からないが、最善でも機能するようにしなければならない気がする。
そのように、みんなが努力することが大事だと思う。

101 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 18:44:23
しかし、善と言うだけで、それにそぐわないことを好む人も出てきて、
やはり最大多数の最大幸福になるのかと思う。
万民に好かれる国は、作れないのではないか?と思ってしまうほどである。

102 :力こそ正義?:2006/09/29(金) 20:51:57
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1159523264/

【社会】天下り幹部がセクハラ・・"告発した方"が懲戒解雇−骨髄移植推進財団
1 :ぶつわよ!φ ★ :2006/09/29(金) 18:47:44 ID:???0
骨髄バンクを運営する骨髄移植推進財団が、
天下り幹部によるセクハラ疑惑を指摘する報告書を提出した幹部職員を
「(報告書は)一部事実ではなかった」などとして、
26日付で懲戒解雇処分にしていたことが分かった。

http://www.zakzak.co.jp/top/2006_09/t2006092941.html



103 :考える名無しさん:2006/10/05(木) 03:13:45
大多数が+だと思うのが正義じゃないのかな。
なので正義と呼ばれるものの事例はしばしば変わると思う

104 :考える名無しさん:2006/10/08(日) 01:11:14

>何が正義なのか?
1000人の中で一人だけが道理に叶ったことを唱えれば、その人の言うことが正義です。
正義とは道理に叶った理論と行動ですね。
ちなみに哲学の哲は道理にあかるいこと、を指しますので哲学の目的と正義は同じなんですね。
そんなバカな、って999人が言っても、私一人の言ってることが道理に叶った理論なので私に正義が有る、と言うことなんですね。
正義は数や力で決めることでは無いんですよ。



105 :91:2006/10/08(日) 09:47:36
>>104
法に従うのは道理であり、その意味では道理に叶うことは正義かもしれませんが、
道理に叶うことが全て正義であるとは限らないでのはないでしょうか。
重すぎるものを華奢な机に載せたら、壊れるのが道理ですが、
重いものを載せて机が壊れるのを正義というのは、おかしいですよね?

つまり、道理というのは、正義に関連する事柄ではありますが、
直接対応するものではありません。

106 :考える名無しさん:2006/10/08(日) 17:59:21
残念ながら正義とは道理に叶った理論なのです。
従って道理に叶うことが全て正義なのですから道理を正義から話したら正義では有りません。
ただ道理に叶うとは、物事の理非に照らしてと言うことですから物事の理を悟る作業を終えないとできない業ですね。
重すぎるもの、とは何を指していますか?
正義も道理も人の知能を育て智恵を産みだし、人生を楽しく送れる心の道具ですよ。



107 :91:2006/10/08(日) 18:46:50
>>106
>残念ながら正義とは道理に叶った理論なのです。
違うとは言っていませんが?
なぜ残念なのですか?

>法に従うのは道理であり、その意味では道理に叶うことは正義かもしれませんが、



108 :106:2006/10/10(火) 23:10:33

>法に従うのは道理であり、その意味では道理に叶うことは正義かもしれませんが、
>(道理に叶うことが全て正義であるとは限らないでのはないでしょうか)
>重すぎるものを華奢な机に載せたら、壊れるのが道理ですが、
>重いものを載せて机が壊れるのを正義というのは、おかしいですよね?
( )の意見の反論で残念ながら、と指摘しました。
重すぎる、とは道理のことを指していると判断しましたが間違いでしたか?
ただ双方の意識に大差は見られない、と思いますよ。



109 :考える名無しさん:2006/10/10(火) 23:20:02
悪法もまた法なりってね。
法=悪という状況もある。

110 :91:2006/10/11(水) 00:48:57
>>108
つまり、「重すぎるものを華奢な机に載せたら壊れること」も正義だ、
とあなたはおっしゃるわけですか?


111 :91:2006/10/11(水) 00:50:01
>>109
そうです、ですから、法に従うことが正義なのですよ。

112 :考える名無しさん:2006/10/11(水) 01:50:00
悪法の体系・体制を打破することも正義だろ。

113 :考える名無しさん:2006/10/11(水) 08:56:15
>110
重すぎるもの、とは何を表し華奢な机とは何を表していますか?
>105の記述が少し理解しかねます。

114 :考える名無しさん:2006/10/11(水) 09:00:52
>112
哲学で話す法とは絶対無比の理を指します。
法律とは別次元の法です。

115 :考える名無しさん:2006/10/11(水) 09:38:36
絶対無比の理って何? そんなものが本当にあるの?

116 :91:2006/10/11(水) 19:35:10
>>113
>重すぎるもの、とは何を表し華奢な机とは何を表していますか?
これは、比喩ではなく、具体例なので、それら個々が表しているものはありません。

「重すぎるものを華奢な机に載せると壊れる」を、
「道理に適った事」の「具体例」として挙げています。



117 :考える名無しさん:2006/10/11(水) 23:11:16
>>114
法と法律とは別。そんなことも知らない香具師なのか。w

118 :106:2006/10/11(水) 23:38:15
>116
「道理に適った事」は一見、重そうに感じますが
正義も道理も人の知能を育て智恵を産みだし、人生を楽しく送れる心の道具ですよ。
と実は軽いのだ、と言うニュアイスを込めて>106でお話し致しました。



119 :91:2006/10/11(水) 23:48:59
>>118
はあ、そうですか。

120 :考える名無しさん:2006/10/12(木) 00:19:38
どおりで>>106は大間抜けなわけだ。w

121 :考える名無しさん:2006/10/26(木) 18:34:18
>120
>106さんはマヌケじゃないですよ。
>119
人類は力を崇拝し理に反する蒙昧に捕らわれていますので実際は凄く簡単なことを難しく考えてしまうのです。
これは決して貴方だけでは無く、一千万人に聞いても貴方と同じ意見だと思います。
人は知能を育て智恵を産みだす為に、どうしても物事の理を悟る必要が有りますが理に反する蒙昧に捕らわれている
人類は物事の理を悟ることができないのですね。
その為に人の知能は生涯、使われることも無く心の奥底に潜在してしまうのですね。
ところが先程、申した様に難しいと思われている物事の理を悟ることは誰にもできそうな程、簡単なこと何ですよ。
人が物事の理を悟れば哲学板の諸問題も人類の抱える問題も全部、解き明かすことができるんですよ。
嘘では無いと言う証明に広辞苑に記して有る知恵を索引して書いておきますね。
広辞苑より「知恵・智恵=物事の理を悟り、適切に処理する能力」

122 :考える名無しさん:2006/10/26(木) 21:30:44
遂にここにもあほが来たか・・・。

123 :考える名無しさん:2006/10/26(木) 21:34:36
釣り師キター

124 :考える名無しさん:2006/10/26(木) 21:46:43
>>121
簡単な例で実践して見せてください。

125 :考える名無しさん:2006/10/27(金) 18:19:32
正義なんてただの自己満足。

126 :考える名無しさん:2006/10/27(金) 18:27:58
>>125ただし強度の違いは存在する。

127 :考える名無しさん:2006/10/27(金) 18:29:13
こわいこわい

128 :121:2006/10/29(日) 17:35:56
>124
>簡単な例で実践して見せてください。
如何なる難問でも正しい答えを致しますので何なりとお聞き下さい。

129 :考える名無しさん:2006/10/29(日) 17:59:57
>>128
ゲーデルの不完全性定理の示す意味を教えてください

130 :考える名無しさん:2006/10/29(日) 18:16:59
正義については参考として正義論を抑えておきたい。
主な正義観念
実質的正義・・・実定法や判決の法的決定の具体的な内容の正当性を評価する実質的規範。  
        法との関係では、アリストテレス以来、公法の正義である配分的正義と
        私法の正義である調整的正義の区別がある。現代ではこの区別は見直されつつある。
形式的正義・・・「等しきものは等しく、等しからざるものは等しからざるように扱え」
        何を以て等しいかは実質的正義が補完する。普遍的ルール定立と公平な事例処理を求める。
手続的正義・・・自然的正義や適正な手続きの観念を基礎とする正義観念。
        何が正しい結果かについて見解の対立している場合に有効性がある。
衡平・・・・・・実定法をそのまま個別的事例に適用すると、実質的正義の観点から
        不合理な結果が生じる場合に、適用の制限、修正し、法的安定性を犠牲にして
        具体的妥当性を確保する。

価値判断について
価値相対主義・・・価値判断は主観的なものだから価値判断が異なる場合はそれを解決する
         客観的基準はないとされる。価値情緒主義が台頭して大きな影響を与えたが、
         価値判断の正しさについての議論には事実命題の真偽の検証方法とは違う
         独自の合理性があるという見方が有力となり価値相対主義の影響力は少なくなっている。


        

131 :考える名無しさん:2006/10/30(月) 20:28:47
ソフトバンクの社長かな?

132 :128:2006/10/30(月) 20:36:35
>129
>ゲーデルの不完全性定理の示す意味を教えてください

ゲーデルの不完全性定理( - ふかんぜんせいていり、Gdel's incompleteness theorems、または不完全性定理)は、数学基礎論における重要な定理の一つで、クルト・ゲーデルが1931年に発表した。
第1不完全性定理 自然数論を含む帰納的に記述できる公理系が、ω無矛盾であれば、証明も反証もできない命題が存在する。
第2不完全性定理 自然数論を含む帰納的に記述できる公理系が、無矛盾であれば、自身の無矛盾性を証明できない。

まず公理とは一般に通ずるおおやけの道理ですね。
無矛盾とは一般的な当たり前の事では無く道理に叶う当然の事ですね。
第1は公理系がおおやけの道理(無矛盾)であれば証明と反証の必要が無いので証明も反証もできない命題が存在する、と言うことですが私は無矛盾の証明と反証が必要だし可能と考えます。
第2は公理系がおおやけの道理(無矛盾)で有り自分の無矛盾であれば、自身の無矛盾性を証明できない、と言うことですが同じく私は無矛盾の証明と反証が必要だし可能と考えます。
何故か、と言うと時代の流れから理に反する蒙昧意識が強く昨今の人々は例え、おおやけの道理(無矛盾)で有っても、その事を受け入れる心が稀薄に成っているからです。
おおやけの道理(無矛盾)に叶わぬ主張を、おおやけの道理(無矛盾)を以て証明と反証を行う、と言う事をしなければ成りません。
実際は絶対的定理を不完全性定理としたゲーデル自身が物事の理に通ずる心(道理にあかるいこと)が未熟で有ったのでは、とも考えます。



133 :128:2006/10/30(月) 20:39:32
>129
一字誤字あり「の」を「も」に、
第2は公理系がおおやけの道理(無矛盾)で有り自分「の」も無矛盾であれば、自身の無矛盾性を証明できない、と言うことですが同じく私は無矛盾の証明と反証が必要だし可能と考えます。


134 :考える名無しさん:2006/10/30(月) 20:57:17
>>132まさか・・・それで不完全性定理を否定できる説明になってるとでも思ってるの?

135 :考える名無しさん:2006/10/30(月) 21:02:42
>>128溢れる自信
>>132結果
なんかこの人かわいそう。。。

136 :考える名無しさん:2006/10/30(月) 21:24:03
すごく楽しい人いますよ。以降全部読んでね。

http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/car/1159705834/413-

137 :考える名無しさん:2006/10/30(月) 21:43:34
>134>135
定められた理、絶対定理に不完全は無いのですよ。
定理を不完全とするのは、そう思う者の至らなさがもたらす考えに過ぎません。
私の言葉が理解できなければ聴き手の至らなさが原因ですよ。


138 :考える名無しさん:2006/10/30(月) 21:49:36
>>137おまえがアホなだけだよw

139 :考える名無しさん:2006/10/30(月) 21:53:23
いや、俺も含めお前ら全員アホ。
どんぐりしてんじゃねえ。

140 :考える名無しさん:2006/10/30(月) 21:58:20
α「AはBだ」
β「αは未熟なのでAはBでは有りません、、、理解できない人も全員無知蒙昧ですね。謙虚になりなさい」

日本語も論理も勧誘も下手なβ君は、今日もカスのような傲慢思想に引き籠もって弱い自分を必死で守るのでした。

君という存在は大衆にとっての希望の光そのものだろうなw

141 :考える名無しさん:2006/10/30(月) 22:17:44
2の意見に賛成。
何が正義かを確定することはできないと思う。
そもそも誰が認めたら絶対の正義だと確定するの?知ってる人がいたら教えてください。

142 :考える名無しさん:2006/10/30(月) 22:20:38
その前に正義の実例を何個か持ってきてくれよ

143 :考える名無しさん:2006/10/30(月) 22:29:43

>141
正義とは物事の理に準ずる意識ですよ。


144 :考える名無しさん:2006/10/30(月) 22:35:59
>140
私は強く無いし弱くも有りません、そして傲慢でも有りません。
強い弱い、勝ち負けを重んじるほど愚かでは有りません。
物事の真実をお伝えしますが、それに腹を立てる方は防ぐ術は有りませんね。

145 :考える名無しさん:2006/10/30(月) 22:36:25
物事の理を悟る為の条件は@全ての命を大切に思うことA全てに感謝の心を育てることB純粋な目的で智を望み謙虚で有ること。
この条件を満たさない人に理の正当性を説明しても理解できません。

146 :考える名無しさん:2006/10/30(月) 22:38:16
誰も君などに腹を立ててないよw

147 :144:2006/10/30(月) 22:41:53
>145
代弁、有難う御座います。


148 :考える名無しさん:2006/10/30(月) 22:44:54
コテなしであちこちのスレに顔出してて誰か分かるやつってのも珍しいよな
どんだけ語彙が貧しいのかと

149 :144:2006/10/30(月) 22:46:21
>145
>誰も君などに腹を立ててないよw
君など、のなどを付ける場合は相手を腹立たしく思い卑下する言葉ですよ。





150 :考える名無しさん:2006/10/30(月) 22:46:56
言われてみたい?オマエもなー

151 :考える名無しさん:2006/10/30(月) 22:47:00
>>147
どういたしまして
代弁というかコピペです

152 :144:2006/10/30(月) 22:49:48
>148
考えが甘いですね。
他の方達と意識が同等では無いからですよ。



153 :考える名無しさん:2006/10/30(月) 22:53:54
>>149そりゃあおまえがいつもどおりそう思い込んでるだけだよw後、卑下の意味知ってる?大変だねぇ、真っ赤なお鼻のトナカイさん♪

154 :考える名無しさん:2006/10/30(月) 23:06:03
>>152
確かにオマイは他人と同等ではない。それだけは物凄く説得力がある。

155 :考える名無しさん:2006/10/30(月) 23:33:06
>>132
ちょっとww公理は「おおやけの道理」なんて確固たるもんじゃないよ。
人間は有限の存在だから何かしらを証明をし続けてもその最たるものには辿り着けない・・・だから「ここまでにしとこうぜ」と定められたのが『公理』だ。
それを公理とした時点で証明も反証もしちゃだめなんだよ。それをするのは「別の」公理系のみ。

156 :考える名無しさん:2006/10/30(月) 23:39:25
>>155笑えるレスがくるから楽しみにしとけ。

157 :考える名無しさん:2006/10/30(月) 23:40:01
>>155
ほっとけよ
用語法を知らずに学問に土足で踏み込む無学の証だ

158 :考える名無しさん:2006/10/30(月) 23:47:24
丘に弓矢を持っていた眼光の鋭い狩人が別の村落のハイタカを真っ直ぐに見据えた時ハイタカはその眼光の尊厳に気づかされた。以後ハイタカはその眼光の主を手本として何者にも真っ直ぐな眼光をもって対峙したという話し

159 :考える名無しさん:2006/10/30(月) 23:47:28
正義は拷問に近い

実質的な正義何て存在しない

しいていうなら悲しみや罪の意識、贖罪を考える人間でいたい

確かな第三者が必要

160 :155:2006/10/30(月) 23:54:03
>>156
>>157
いやでも彼の言うこともわからないでもないんだ。
俺も、学問は「ある一定の真理追求のためにある」と信じてるから。例え見つけられずとも、それを追求せずに学問はないと思う。だが反面、その不可能性も知ってるから混乱するんだけどw

161 :考える名無しさん:2006/10/30(月) 23:55:16
社会が暗いのは光をもっていた人間ではない暗い部分がある人間が社会の上層部にいるからだ。彼等の精神は良いものを産み出すよりつまらないマネーゲームの構造とそれに付随する暗い側面を与えている。光のある人間をもっと大事にすべきだ。

162 :考える名無しさん:2006/10/31(火) 00:19:28
いつ光がやっつけられたかわかるぞ。女がこっぴどくやられたんだろうな一時期。あんたそんなんでそういうもの守れんのというのは脆くも崩れさった女たちの常套手段だ。次期に重くとも光を求める形態に代わってくるだろうな。日本武尊の記憶がある

163 :考える名無しさん:2006/10/31(火) 08:39:21
>155
>人間は有限の存在だから何かしらを証明をし続けてもその最たるものには辿り着けない・・・
>だから「ここまでにしとこうぜ」と定められたのが『公理』だ。
何故「最たるものには辿り着けない・」のかの検証もせずに「ここまでにしとこうぜ」と言う結論をだす、
矛盾に気づかねば成りませんね。
その『公理』は貴方の公理で有っておおやけの道理に叶う公理では有りませんね。
>160
>例え見つけられずとも
>だが反面、その不可能性も知ってるから混乱するんだけどw
既に貴方は諦めの境地に立ち、その原因を探りもせず物事の探求を放棄していますね。
今日まで人類が捜し求めても見つけだす事のできなかった法則だからこそ、その発見を楽しみにするべきですね。
私は貴方が、その探求を諦めた原因と再度、幼少の頃の様に旺盛な探求心を取り戻す方法を知っていますよ。



164 :155:2006/10/31(火) 09:14:27
>>163
あははwなかなか確かに面白いこと言うなw
でも君も、「何でも解き明かそうとする行為自体に」矛盾や疑問があることに気が付いていない。

165 :考える名無しさん:2006/10/31(火) 09:17:33
俺の利益と俺が気に入る事が正義
俺の不利益と俺が気に食わない事が悪

166 :考える名無しさん:2006/10/31(火) 09:21:09
豊かさってなんですか?作文かかなきゃいけないからおしえてください

167 :考える名無しさん:2006/10/31(火) 09:27:43
ぬらりひょんにお聞きになるとええですよ。

168 :考える名無しさん:2006/10/31(火) 09:38:00
だれ!それ

169 :考える名無しさん:2006/10/31(火) 09:45:26
貴殿にござりますよ

170 :考える名無しさん:2006/10/31(火) 10:06:58
>>166
作文なら他人に聞くことないと思うけど。
自分の感じる「豊かさ」が一体どんなものなのかを懸命に追求して考えることが高い評価への近道だよ。

171 :考える名無しさん:2006/10/31(火) 10:20:52
「豊かさ」の意味がまずわからなければ、自分の感じる「豊かさ」が一体
どんなものかなど、わかるはずがないだろう。

172 :考える名無しさん:2006/10/31(火) 13:14:57
>>171
それが必要なのは論文だよ。
作文てのは教師側が「こいつの頭はどうなってんだ?」と知りたいだけのアンケートみたいなもん。
そこに一般的な定義を持ち出しても「なんだつまんないやつだな」と思われるのがオチ。
それよりも「俺はこれが『豊かさ』だと思う」っていう主張の方が肝要だ。

173 :163:2006/10/31(火) 18:06:44
>164
>でも君も、「何でも解き明かそうとする行為自体に」矛盾や疑問があることに気が付いていない。
矛盾や疑問があること、を解き明かす事が知を探求する人間に科せられた使命では無いでしょうか?
そして人類の創りだす矛盾や疑問を解き明かし、拠りよい社会を未来に受け渡す事を忘れては成りませんよね。

174 :155:2006/10/31(火) 20:25:06
>>173
必ずしも「解き明かす=よい社会」とは限らないよ。
「証明」という行為は古代西洋が生んだものであり、それは「神」という絶対法則に基づいていたからこその行為だ。
そしてそれは現代でも同じ。
もし僕らが「最たる真理」を追い求めるのなら「論理」という「西洋科学」で「神」を打ち破ることになるというパラドクスが生じて、それを行う過程で必ず、おかしな部分が出てくることは違いない。
つまり、「最たる真理」とは「論理以外の方法」で追求されねばならない。
君の思う真理が「神」でないのならね。

175 :考える名無しさん:2006/10/31(火) 20:40:00
初々しいね

176 :考える名無しさん:2006/10/31(火) 20:50:56
正義は良い奴だから、誰からも好かれるが
悪は嫌なやつだから、仲間内からも嫌われるんじゃないかな。

177 :考える名無しさん:2006/10/31(火) 20:54:51
ウルトラマンが正義・・・そんな風に思っていた時期がありました。

178 :173:2006/10/31(火) 22:28:49

>174
論理で神を打ち破るのでは無くて、論理で神が自然消滅しますので争いは生じません。
理に通ずる心は闘争心と言う理非を使わず、潜在知能が産みだす、全てに痛みを伴わず問題を解決する智恵を備えています。
人為的に創られた神を否定せずとも、我々大衆が理に目覚めれば神に操られる事が無くなり信者を失った宗教は自然消滅の道を辿ります。
>つまり、「最たる真理」とは「論理以外の方法」で追求されねばならない。
人が物事の理を悟れば真理や倫理・論理などの全ての理に通ずる心が育ちますので、それらの探求は、もはや不必要です。




179 :考える名無しさん:2006/10/31(火) 22:31:41
ソフトバンクの孫が正義

180 :考える名無しさん:2006/10/31(火) 22:31:55
>>178
アホな主張→論破される→無視して同じ主張の無限ループによく飽きないね。

181 :考える名無しさん:2006/10/31(火) 22:37:57
彼によって一体如何なる問題が解決されたと言うのだろう?

182 :考える名無しさん:2006/10/31(火) 22:42:23
>>181
>>180により、無限ループが解消された。

183 :考える名無しさん:2006/10/31(火) 22:44:12
>>181
>>178

184 :考える名無しさん:2006/10/31(火) 22:51:34
夢想家というものは成長しないものですよ?

185 :178:2006/11/01(水) 10:41:06
人は脳の3%を使えば生きていく事ができる、と言われますが全ての理と知に通ずる「物事の理を悟る」過程を
済まさなければ残りの脳の97%は生涯、心の奥深く潜在し使う事はできません。
>181
>彼によって一体如何なる問題が解決されたと言うのだろう?
人類社会に対する私の仕事は知を望む純粋で謙虚な人々を捜し出し、物事の理を悟る方法を伝え物事の理を悟し
者達が100の脳を使い人類社会の牽引役として争わず奪い合わず自由で平和な新しい人類社会の創って戴く
事を目的としています。
解りやすく言うと人類が抱える全ての問題を解決する為の下準備が私の仕事です。





186 :考える名無しさん:2006/11/01(水) 16:16:08
解決出来ないということね

187 :考える名無しさん:2006/11/01(水) 17:08:54
>>185はメールでなら「悟る方法」とやらを伝えてくれると言う。
ここで書かないのは文字数が多いかららしい。
しかしそれならば、今こうやってあちこちのスレに書き込む時間を使ってHPを作成し、そこへのリンクを貼れば良いだけである。
なぜそうしないのか。
なぜメールなのか。
それはつまるところ、「金目当て」だからだろう。

188 :考える名無しさん:2006/11/01(水) 17:18:29
それはつまるところ彼に学習能力がないからですよ

189 :考える名無しさん:2006/11/01(水) 17:28:13
>>185
さんに反対する人が出てきたらどうするんですか?

190 :考える名無しさん:2006/11/01(水) 17:35:31
>>189どうするもこうするも反対されまくってるじゃないかw

191 :考える名無しさん:2006/11/01(水) 17:37:12
呪文に反対しても無意味です

192 :>185:2006/11/02(木) 09:16:53
>187
冗談じゃ無いよ。
今までE-mailで「物事の理を悟る方法」送ってる方達から一切、何も請求してませんよ。
人の心は物事の理を悟る事で知能が育ち全ての理と知に通ずる心が智恵を産みだす、と言う法則が有るのです。
言いかえれば物事の理を悟る事を怠れば全ての理と知に通ずる事ができず生涯を無知蒙昧で送る事に成ります。
私の言ってる事が分からない人は広辞苑で智恵を索引すれば私の言う通り、記して有りますよ。
広辞苑より
智恵・知恵=物事の理を悟り、適切に処理する能力
つまり物事の理を悟らなければ適切に処理する能力と言う知恵が産まれず適当に処理するから矛盾が産まれるのです。
哲学の哲と言う文字は道理にあかるいことを指しますが人が道理にあかるく成るには物事の理を悟らなければ駄目です。
哲学とは物事の理を悟ると言う人が知恵を産みだす為に行う行為と同じだと言うことですね。
過去、人類は数千年物事の理を悟る方法を見いだせず陰湿な蒙昧の支配社会に甘んじて生きてきたのですから
真実を呪文と捕らえる者達が多いいのも無理からぬ話ですね。




193 :考える名無しさん:2006/11/02(木) 11:11:21
>>192
既に論破された君のアホな主張についてはどうでも良い。
「なぜ効率良いHP作成という手法を選択しないんですか?」
これに答えろよ。

194 :fu-nn:2006/11/02(木) 12:06:50
人類はけして甘んじてたわけではない、よりよい社会の構築と文明の発展と言う人類の英知の社会への還元に主眼を置いてきただけだ。そもそもが、君の意見には、論理性と根拠がなさすぎる、自分の世界に入らずにもう少し周りを見渡した方がいいよ。

195 :考える名無しさん:2006/11/02(木) 12:12:09
HPの作り方、つまり物事の理に暗いからじゃないか?
と言ってみる。

196 :考える名無しさん:2006/11/02(木) 14:09:01
知識と知性は別ということさ

というか無知蒙昧な人類たちが作った広辞苑に何故価値を見出せるのか不明

197 :考える名無しさん:2006/11/02(木) 14:46:49

>193>194>195>196
何が正義なのか? 誰でも答えて見なさい。
それさえも答える知恵が無いだろ、
正義とは理に準ずるもので非理なものは正義では無い。
とくに>194
貴方は物事の理を悟らずに、論理性などの理がらみの言葉を使う方が論理性と根拠がなさすぎるよ。
>人類はけして甘んじてたわけではない、よりよい社会の構築と文明の発展と言う人類の英知の社会への還元に主眼を置いてきただけだ。
本当に、そう思っているの?
人類は力を崇拝する蒙昧に捕らわれ欲望を満たすのみに歴史を創り上げてきた為に戦争や虐めの絶えない社会を作り上げてしまった、のですよ。
人類の英知などは僅かな人を除いて何処にも見あたりませんよ。

198 :考える名無しさん:2006/11/02(木) 15:12:09
正義とは公共の福祉である

199 :考える名無しさん:2006/11/02(木) 15:14:23
人類の英知を持っている人は、戦争やいじめに対してどういう考えを持っていたんだろう?

200 :考える名無しさん:2006/11/02(木) 15:17:21
また念仏が始まるだろ
理を悟れば万事解決と

201 :考える名無しさん:2006/11/02(木) 15:18:23
何も正義ではないよ。正義とはタダの主張であり。
それを信じて行動する人の行いを、人々がそう呼ぶだけの事だと思う。

202 :考える名無しさん:2006/11/02(木) 15:19:42
>>132>>133>>197
>私は無矛盾の証明と反証が必要だし可能と考えます。

んじゃあな、「私は嘘つきである」という言葉が真であるとき
この「私」は嘘つきなのかどうなのか答えてくれ。

なんでも物事の理を悟ってれば説明できるんだろ?

203 :考える名無しさん:2006/11/02(木) 16:27:51
>199
>人類の英知を持っている人は、戦争やいじめに対してどういう考えを持っていたんだろう?
人類の英知は物事の理・非・善悪を明確に弁別する心を備え、物事の理を悟られた人ですから戦争や虐めは論ずるまでも無く
卑劣な理非で有り悪で有ることを承知しています。
>200
例えば論理性と言う言葉には思考の法則的な繋がりを持つ性質と言うことですから、
法則とは何で有るかを知らなければ使うことのできない言葉ですね。
意味を知らずに使う言葉は、ただ覚えたと言う言葉に過ぎませんね。
物事の理を悟れば全ての理と知に通ずる心が得られるから万事は解決すると言うことに成りますよ。
>202
無矛盾の証明と反証とな理に叶う事柄を無矛盾と言いますので、「私は嘘つきである」との言葉は無矛盾に当て嵌まりません。
従って、「私は嘘つきである」理に叶わぬ言葉の証明と反証は無いと言うことです。
>なんでも物事の理を悟ってれば説明できるんだろ?では無くて
物事の理を悟ってれば、なんでも説明できるんだろ?ですね。

204 :考える名無しさん:2006/11/02(木) 16:35:47
>>203
>「私は嘘つきである」との言葉は無矛盾に当て嵌まりません。

おいおい。文法的にも全く成り立っている、それ自体では
無矛盾の命題に向かってそれはないだろ。
これこそまさに証明も反証もできないだろーに。




205 :考える名無しさん:2006/11/02(木) 16:50:17
>>203
まあ、いいや。
じゃあその「理」とは何かぜひ教えて頂きたい。

206 :考える名無しさん:2006/11/02(木) 16:51:08
>204
「私は嘘つきである」との言葉が真で有っても、その事実は本人以外に
知るよしも有りませんので回答の必要も無いのです。
あ〜そうですか、で済みますでしょう。


207 :考える名無しさん:2006/11/02(木) 16:55:51
>>206
ありがとう。
物事の理を悟っていても
本人以外に 知るよしも有りませんという言葉が聞けて満足です。
では、あなたのおっしゃる
物事の理を悟れば全ての理と知に通ずる心が得られるから『万事は解決する』と言うことに成りませんよね?



208 :考える名無しさん:2006/11/02(木) 17:07:19
>205
>まあ、いいや。
>じゃあその「理」とは何かぜひ教えて頂きたい。
まあ、いいやか?
理とは真理・道理・倫理など全ての理と知能・知恵・知性などの全てを司る
根源に位置するもので、人が人間として生きるのに欠かせざるものです。
つまり物事の理を悟らずば知能が育たず人は生涯、無知蒙昧な人生を送ること
を余儀なくされる、と言うことです。


209 :考える名無しさん:2006/11/02(木) 17:07:27
で、結局HPを作らない理由の説明は無しとwwww氏ね下手詐欺師wwwww

210 :考える名無しさん:2006/11/02(木) 17:07:55
ああ、今日もまた暇つぶしに一人論破してしまった

最初はおもしろかったけど、いい加減あきたんだよねー

新興宗教「物事の理」はw

211 :考える名無しさん:2006/11/02(木) 17:09:49
>207
もっと有意義な問題で時間を使いましょうよ。

212 :考える名無しさん:2006/11/02(木) 17:09:51
悟ったらしい人は「勝ち負けに拘ってなさ」で勝とうとして負けてるな。

213 :考える名無しさん:2006/11/02(木) 17:41:21
>>130がかわいそう

214 :考える名無しさん:2006/11/03(金) 15:27:04
>>197
196だがオレはとっくにこのスレの主題について書き込みしてんだよ。
ここに書き込みしてんだから当たり前だろw

煽りにスレ巡回してる誰かと一緒にするなボケ。

215 :考える名無しさん:2006/11/03(金) 15:51:20
ちょっとここでうんちしますね^^

216 :考える名無しさん:2006/11/03(金) 16:06:31
風上においときますね^^

217 :考える名無しさん:2006/11/03(金) 18:20:48
>214
ずいぶん反応が遅かったね。
>知識と知性は別ということさ
>というか無知蒙昧な人類たちが作った広辞苑に何故価値を見出せるのか不明

知識も必要ないのに集めた知識と知性が膨らませる探求心に拠って集められる知識が有りますね。
ですから一概に>知識と知性は別ということさ 、とは言えないんですよ。
次に広辞苑の話しですが辞書には個人的な思いが含まれず真実を探求して創られますので
正しい教材としてはランクが最上位と思いますよ。
貴方は意味が何かを知りたい単語が有った時に何で調べますか?聞かせて下さい。


218 :考える名無しさん:2006/11/03(金) 19:50:39
>>217
遅いって1日しか経ってないだろw
オレは言葉の意味を調べるときは国語辞典だな。
宣伝じゃないんでメーカーは伏せる。
ヘンなことが知りたいんだな?
ストーカーは困るぞ。

219 :考える名無しさん:2006/11/03(金) 20:59:31
辞書が真実を探求して作られているとは初耳です

220 :考える名無しさん:2006/11/03(金) 21:20:37
>218
>というか無知蒙昧な人類たちが作った広辞苑に何故価値を見出せるのか不明
この書き込みは君だろう。
>オレは言葉の意味を調べるときは国語辞典だな。
君は国語辞典なら信頼できるのか?
広辞苑も国語辞典も辞書なんだよ、言ってる事が矛盾してないか?





221 :考える名無しさん:2006/11/03(金) 21:24:41
>219
辞書は哲学書と違い、個人的な思い込みや感情は含まれず真実のみを探求して創られます。
ですから分からない言葉は誰でも辞書を索引しますでしょう。

222 :考える名無しさん:2006/11/03(金) 21:40:36
随分手軽な真実だね

223 :考える名無しさん:2006/11/03(金) 21:52:02
>222
お手軽で確実、これが一番でしょう。
真理を知りたい、と思って哲学書を読んでも真理について記して有る哲学書が有りますか?
辞書を読んでも、その内容を分からなければ役に立ちませんね。
例えば「知恵とは物事の理を悟り、適切に処理する能力」と記されていますが意味が分かる人も少ないですね。
自分で分からなければ、そんなことは嘘っぱちだ、って言うでしょうね。
>というか無知蒙昧な人類たちが作った広辞苑に何故価値を見出せるのか不明 、何て言う人もいますよ。

224 :考える名無しさん:2006/11/03(金) 22:25:47
もういいよ中卒君

225 :考える名無しさん:2006/11/03(金) 22:36:10
http://www6.plala.or.jp/primary/black/black.htm
とりあえず、ここを読め。

226 :考える名無しさん:2006/11/03(金) 22:41:30
あとここもな。
http://www.interq.or.jp/snake/totugeki/majimetotu2.htm
http://toturev.sakura.ne.jp/totutohoku/

227 :考える名無しさん:2006/11/03(金) 22:56:19
意図が分からん
晒しか?

228 :考える名無しさん:2006/11/03(金) 22:58:30
勝てば官軍的正義、
社会の価値・都合による正義、
自己中の正義、
これらとは異なる純粋な正義はあるのか?
ある、という前提(信仰)のもとで探究するのがほとんどの倫理学。
ないという可能性も含めてより抜本的に探究する倫理学はまだないようだ。
ただし例外的に、永井均の倫理学はラジカルで新しいと思う。

229 :考える名無しさん:2006/11/03(金) 23:04:04
日本は日露戦争でおかしくなった

230 :考える名無しさん:2006/11/03(金) 23:18:45
>>227
この三つのサイトを読めば正義や善悪や道徳が以下にくだらない物か解る。

231 :考える名無しさん:2006/11/03(金) 23:24:44
それは素晴らしい

232 :218:2006/11/03(金) 23:34:43
>>220
本気で皮肉もわかんねえの?
自分に突っ込み入れてどうすんだよw
>というか無知蒙昧な人類たちが作った広辞苑に何故価値を見出せるのか不明
わかりやすくお前の常套句使ってあげてるのにさ。
蒙昧な人類が作った聖書(広辞苑)を崇拝してる、これが矛盾だろ?

最大公約数的なコミュニケーション言語のガイドブック、これがオレの辞書の使い方。
広辞苑も他の辞書も便利だがそれだけだな。

興味失せたから種明かしだ。
正直言ってあまりにも筋書き通りに事が運ぶので詰まらない。
どうして>>218のような突込みどころ満載の文を書いたか、その裏を読む思索が足りなかったな。
理をわかっていると言ってもたった一人の人間の思惑すらわからないようではな・・・。
全てこれを指摘するための撒餌だったということだ。
もう少し勉強しろよ?

233 :考える名無しさん:2006/11/04(土) 11:18:44
>232
取るに足らない、後からの言い訳は見苦しいな。


234 :考える名無しさん:2006/11/04(土) 12:15:44
>>231
だまされたと思って読んでみ。
本当に驚くから。

235 :考える名無しさん:2006/11/04(土) 12:30:30
>>234
高レベルではあるが、突出したレベルではないな。
ある程度愚かさに鋭敏ならば十分辿り着ける境地。
そして知性ある者は皆、そこに収束していくだろう。
まあ俺がそれらのレベルより上である訳ではないが。

236 :考える名無しさん:2006/11/04(土) 12:31:36
>>233
で、反論はできない、と。

237 :考える名無しさん:2006/11/04(土) 12:40:40
>234
人は他の生物に比較して強いから賢い、と言う基本的論理に誤りが有ります。
人類にとって大切なものは地球の環境ですが、その地球環境を破壊する生物は人類以外には居りません。
つまり人類は考えることができても大切な地球環境を食い荒らす地球上で尤も下等な生物で有る、と言えます。



238 :考える名無しさん:2006/11/04(土) 12:56:50
>>237
さすがだなw

239 :考える名無しさん:2006/11/04(土) 13:30:42
>236
裏を読むとか思惑だの、撒き餌だのと言う類の問答は時間の無駄です。
人が何と言おうと真っ直ぐが一番、、

240 :考える名無しさん:2006/11/04(土) 16:24:20
>>234
ただの評論じゃないの?

241 :考える名無しさん:2006/11/04(土) 17:29:42
>>239
無茶苦茶でも反論しようと頑張ってるところ「だけ」は長所だったのに、とうとう分からないことは「時間の無駄」と逃げるようになったか・・・。
遊び過ぎて楽しい玩具が壊れちゃったな。

242 :.:2006/11/04(土) 18:23:42
最後に勝った者が正義だ。歴史が証明している。

243 :考える名無しさん:2006/11/04(土) 20:52:55
さて最後とは?

244 :考える名無しさん:2006/11/04(土) 22:09:48
>>237
>その地球環境を破壊する生物は人類以外には居りません。
それは人間の奢りというものだよ。

245 :考える名無しさん:2006/11/05(日) 11:51:21
奢りと謙虚さの区別を理解しましょうね。



246 :考える名無しさん:2006/11/05(日) 12:05:20
>>1
その前に問うべきことがある。
なぜ正義が必要なのかと。

247 :考える名無しさん:2006/11/05(日) 13:22:47
正義なんて存在しない。曖昧にしたり、誤魔化す事が大切です。

248 :考える名無しさん:2006/11/05(日) 14:28:22
>>245
区別した上で、それは奢りだ。人間は地球環境をどうこうできるほど大層な存在じゃない。
放埒の末の自滅など、地球史で何度となく繰り返されたこと。

249 :考える名無しさん:2006/11/05(日) 16:45:20
>つまり人類は考えることができても大切な地球環境を食い荒らす地球上で尤も下等な生物で有る、と言えます。
人類は下等だと言う意識は謙虚で有り、それを奢りとは捕らえないと思いますが?



250 :考える名無しさん:2006/11/05(日) 16:47:58
そもそも奢りと謙虚さとは正反対の性質だろうが
区別つけろってアホか
頭おかしすぎ

251 :考える名無しさん:2006/11/05(日) 17:15:55
>>249
謙虚ではなく卑屈なだけだ。本当に資源の浪費を恥じるならネットをやめろよ。

現在の環境が「大切」であるとするなら、それは人間にとって大切であるにすぎない。
人間が絶滅しても新たな生命はまた現れるんだからね。
植林活動で住む場所を追われる、砂漠の生き物のことを考えたことがあるか?

単に人間が自滅することを、「地球環境の破壊」なんて大袈裟に表現する。
地球環境が「大切」だと、まるで自分の所有物のように語る。そんな態度を奢りと言わずに
何と呼ぶんだ?

252 :考える名無しさん:2006/11/05(日) 23:38:55
>謙虚ではなく卑屈なだけだ。と決め付けて>そんな態度を奢りと言わずに
何と呼ぶんだ?と絞める所に自分で矛盾を感じないのか?
卑屈の意味も奢りの意味も分かってないな。
一体全体、卑屈なのか奢りなのかどっちだ。
そして中間の文章は全く、支離滅裂だしな。

253 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 00:18:13
オマエら頭悪すぎ
そもそも環境「破壊」の破壊とはなんだ?
その「破壊」する前の姿が正しい自然環境の姿だとオマエが決まるのか?
それこそ傲慢というものだ。自然とはあるがままだろう。
それを人間が自然と定義しているのだからな。
そもそも人間の尺度でものを考え、人間以上の超越的な「自然」に対して
意見を述べること自体おこがましいのだよ。
自然の事実をみれば種の絶滅や種の誕生など日常茶飯事。何のことは無い。
人間自体も自然が生み出した単なる自然でありそれ以上でもそれ以下でもない。
人間という矮小化された視野にたてば人工という表現は成り立つし、
破壊という表現も成り立つ。
この意味がわかるか?
つまり、人間という尺度でしかモノを見れない以上、それ以上もものを評価
することは不可能だということだ。
ただ言えるのは、人間のこの視点からは正しい、正しくないがいえるだけ。
それ以上でもそれ以下でもない。

254 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 00:21:12
恐ろしく複雑で予測不可能なシステムを「自然」と超大雑把に括るのに大きな抵抗がある。

255 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 00:24:36
>>252
謙虚と奢りは矛盾するが、卑屈と奢りは矛盾しない。
済まなかったと卑屈に謝るふりをして、内心では地球環境を我が物のように考えている
態度が醜くてしょうがなかったから指摘したまで。

中間の文章の意味が理解できないのは君の理解力不足だとは思わないのか?
君のそういう態度が「奢り」だよ。

まあ、しかし一応解説しておこう。
人間は文字通りの意味で地球環境を「守る」ことなどできない。出来るのは、
地球環境を「変える」ことだけ。人間は、環境を自分の住みやすい形に変えて
生きてきた。けれどもそれを長いことやっていると公害というひずみが生まれた。
ここまではいいよね?

それから人間は、相変わらず環境の加工を行いながらも、別の取り組みをやってきた。
植林、省エネルギー、排水・排ガスの無毒化… それによって人間や動物の、多くの命が
助かった。けれど、これは「地球環境を守る」取り組みなんかじゃない。これもまた別の形の
「環境の加工」に他ならない。こういう取り組みによって生きた命も死んだ命もある。
人間が加工した環境で生きる命と、そうでない環境で生きる命、どちらが貴いかなど判断
できるはずもない。

人間は善かれ悪しかれ環境を加工して生きてきたし、これからもそれは続けられるだろう。
それを踏まえるなら、ひとりの人間として強く賢くありたいと願うのが、真に謙虚な在り方
じゃないのか?

256 :255:2006/11/06(月) 00:28:57
>>253
むう、長文を練ってるあいだに先を越された。その「自然」はnatureの訳語の自然? 「自ずから然り」の自然?
俺は前者の話をしているつもりだったんだが…… まあ、言っていることはすごくまともだしいいか。

257 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 00:40:53
段々、と酷く成ってくるな。
>そもそも人間の尺度でものを考え、人間以上の超越的な「自然」に対して
>意見を述べること自体おこがましいのだよ。
人類が自然を破壊している以上は人類が自然を考えるのは当たり前だろう。
我々、人類は地球の自然に拠って生かされているんだよ。
何がおこがましいだ。アホ、



258 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 00:46:19
黙れよ中卒

259 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 00:50:49
>>257
natureと自然の違いを示唆したのも読めなかったのか。
分からないことは分からないと素直にいわないと、頭が弱くなるよ。

260 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 01:18:54
なんだ。賢そうな奴もいるのか。
自然保護・環境破壊をやめようというフレーズに
「人間が自然を破壊するのは・・・」といういう表現は全く誤り。
このまま使い続けると人間にとって都合の悪い環境になるから止めろ、なら正しい。
で、何が正義なのか?
正義という言葉自体、人間が生み出した以上、正義は人間が決めるしかない。
しかも、人間という人間は存在せず、個々の固有名詞の集合体であるから、
正義は個々人が定義するもの、というのが正解。
しかしだ。
いくら人間が固有名詞といえど、同じような人間である以上、つまり、人間という
制約を課されているもの同士、言わずと知れた不文律というものが存在する。
従って、古今東西、正義の定義に大きな差異は無い。
それも必然的な結果である。
また、1が言いたいものは正義とは異なる。
敵味方の正義の違いなど、正義の質問とはなっていない。
敵味方というのは立場の違いであり、利害関係の違いなのだ。
従って、敵味方で掲げる「正義」が異なっていたからとて、正義の定義が
わからないということにはならない。
AとBが試合をする。両方とも勝ちたい。その勝ちたい努力が報われたいということを
正義と呼んだ場合、1と同じことが起こる。
AにとってAが勝つことが正義、BにとってBが勝つことが正義、だから正義とは何か?
というのが間違いなことがわかるだろう。
この場合、「正義」を定義したいなら、ルールの中で自分の力を発揮することが正しい姿勢となる。
もっとも、戦争時には1のような状態はよく起こりえる。
その場合の答えも明白である。
問題をすり替え、正義という言葉を弄し、愚民どもを操る。それだけ。
257のような低IQは黙ってな

261 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 01:22:31
知的ルサンチマンに苛まれている不貞腐れたバカボンパパみたいなルックスの
初老リーマンが書き殴った酔っぱらいの戯言のごとき「思想批判」に
カリカリして発狂する人間こそが正義w

262 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 01:42:58
正義とは社会全体、人類全体の幸福を実現し維持すること、です。
内容の伴わぬ長文の説明など何の意味もありません。

263 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 02:00:46
アフォだなw
自分の少ないIQで理解できないと内容がナイだとw
社会全体・人類全体の幸福なんてねーんだよ。
古今東西、自分のため、自分の社会のため、人類=自分達のために
他の人間を頃しまくってきたのが人類の歴史である。
無学なお前にはわかるまい。
お前のような正義を振りかざす人間が戦争を引き起こすのだよw
これだから能力に見合わない傲慢さを持つ愚民はいやになるのだ。
十字軍は正義のためにエルサレムに侵入し、異教徒の女子供も全員虐殺した。
これが正義なのだよ。わかるか?だからこそこういうスレに俺が相手をしてるんだ。
言ってわかるようなら苦労は無いなw

264 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 02:05:09
>>263

茹蛸になりなさんなw

265 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 02:12:17
無知蒙昧傲岸不遜愚民ドモを見るたびに思うのだが、
教育などという生易しいものでは済まされん。
第一にIQが足りないから教育自体が困難、第二に教育してもどんどん
死ぬ一方生まれるからキリがない。
そして262のようなのが、現実社会では一番危ない。自分の正義が他からみれば
如何に凶悪になるのかという小学生で身に付けなければならない基礎の基礎を
理解していないからだ。一番タチが悪いのは自分が正しいと妄想してること。
人類がマシになるには別な方法が必要だなとつくづく

266 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 02:19:38
俺ぐらいになるともうどうでもよくなってくるのよ。ホントは。
いちいちコイツがどの程度のIQでどういう妄想をもって、どういうことが
快感で、どういう発想を持って行動してるのかなんてことが手にとるように
わかり、実際そうであり、そしてそれはありきたりであり、俺の脳髄を刺激
するものではない。ウンザリ

267 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 02:23:56


268 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 08:17:58
☆正義とは社会全体、人類全体の幸福を実現し維持すること、
正しい答えとは万人の納得する人間愛より産まれるもので有る。
☆の答えを受け入れられぬほど醜い成長に哀れさを感じる。


269 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 10:40:05
>>266
アホをイジメて悦に浸っているところに悪いが、「IQ神話」を相対化できてないレベルで調子に乗るべきではない。

270 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 12:51:30
おまえらもっと明快な文章かけよ
内容も構成もひどいな

271 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 14:25:37
「ある集団にとっての正義とは、その集団の幸福の総和を増加させると思われるものを言い、
ある個人にとっての正義とは、その個人の幸福を増加させると思われるものを言う」

272 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 16:01:59
正義や真理は個人や集団の単位で決定付けられるものでは無く、総体的意識を必要とします。
従って>271は個人と集団の自己愛及び集団的自己愛が産みだす、身勝手な我が侭を正義と思い込んでいるに過ぎません。
その原因は>271自身が強い自己愛に捕らえられ結果、知能が育たず正当な答えと言う知恵を産みだせぬ
無知蒙昧な状況に陥っていると思われます。




273 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 16:14:26
人間が拾った財布を交番に届けるのはなんでだ?
そのまま自分の物にすれば得なのに。
罪悪感があるからだろうがならその罪悪感はどこから来る?

274 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 16:25:12
通りすぎるでしょ。
通り過ぎるようなものに、手を出すんだから、周りの人には知りえないこだわり
があるんだろうね。
あなたは、財布にまつわる後ろ暗いことがあるんだと思う。
交番に届け出ることで、自分をどう思うのか。財布はあるんだろうけど。

275 :クウォンタム ◆sZMOg20d0E :2006/11/06(月) 16:31:07
>>272
隣人愛を説いてるのか。
でも隣人愛とかそういう抽象的なものを信じる事を信仰といい、
反証不可能な事から、信仰は個々人にとっての真理だと俺は思うんだけど、
どうかな?

科学はそれを客観的に明らかにしようと努力してる姿勢なんだと思うんだなm9(−−)

276 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 16:51:35
「ある集団にとっての正義とは、その集団の幸福の総和を増加させると思われるものを言い、
ある個人にとっての正義とは、その個人の幸福を増加させると思われるものを言う」

277 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 16:58:55
個人の考えが幸福であるとすると、既に幸福であるのだから、ものは無くても
いい。
個人の考えが正義であるとすると、彼が正義と考えているなら、どんなもので
あれ、それは幸福である。
しかし、幸福を説いているのか、正義を説いているのか。スレ題からして、正
義であるから、幸福ということでないだろう。
だから、もう幸福な人が正義ということなのですね。

278 :クウォンタム ◆sZMOg20d0E :2006/11/06(月) 17:03:33
>>277
要するに正義は相対的なものだから
自分が正義だと思い込め、
事実、それが正義としての意味を持つ場合があるという
その主張には同意できるなー

279 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 17:11:52
普通、「個人の嗜好すなわち「善」(good)「悪」(bad)は相対的であるが、
では、それに対する絶対的な「正義」(justice)は存在するか?」という
問題の立て方するんじゃね?

だから「正義は相対的」というくらいなら「正義なんてない」の方が分かり易い。

280 :クウォンタム ◆sZMOg20d0E :2006/11/06(月) 17:14:35
>>279
うん同意。

281 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 17:16:52
でも実際、相対的ではあるけれど正義はあるだろ。
ないとはいえない。

282 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 17:17:19
>>281
例えば?

283 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 17:19:03
というより、「相対的な個人の好みに対する絶対的なものを
『正義』と名付けましょう」だから定義の問題だと思われ。

284 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 17:20:41
クウォンタム さん
人類史の全ては力を崇拝し理に反する蒙昧に捕らわれていますが、理に反する蒙昧に捕らわれている為に人の知能が育たず知恵を産みだす事ができません。
蒙昧は自己愛を心の主と迎え入れ諸々な自我を産みだしますが、厄介なのは人類全体が蒙昧に捕らわれている為に、この簡単な成り行きも知る人が現れません。
人は心の生物で有るにも関わらず知能と心は別もの、との思い込みが主流と成っています。
ですが、理に反する自己愛を、理に従う人間愛に切り替えれば誰でも潜在している知能が育ち誰にも痛みを伴わず、全ての問題を適切に処理する知恵が産みだせます。
ですから、私の説いてる人間愛は己の思惟の届く限りの全てを思いやる心で有って、宗教や隣人愛とは別ものの広さと大きさを持つものです。
従来の哲学界の道が反れていても、この問題は人の心を扱う諸学の源で有る哲学が行うべきで科学的な探求では不可能と考えます。


285 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 17:22:00
>>283
いや、だから定義としては
「ある集団にとっての正義とは、その集団の幸福の総和を増加させると思われるものを言い、
ある個人にとっての正義とは、その個人の幸福を増加させると思われるものを言う」

286 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 17:23:24
>>285
「正義」ってのは定義を繰り返さないですますための
記号なんだから、「あるように定義すればあるし、ないように定義すればない」
それだけのこと。

287 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 17:25:55
それよりも、「規範」とか「当為」の方が意味分からなくね?

288 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 17:26:46
>>278
 私を優先することが正しさである。
 しかし、私と相手をそれぞれ含めて正しいとすると、言った、言わ
れたを保障することだけなのだ。正しかろうが真だろうが、何事も加
えて無いのと同じだ。
 他方、相手が正義である。私は正しいという訳でないではない。相
手が言うだけ正しくなければならない。すると、自分で判断できない。
何故なら、相手の言い分が正しいから。
 ものが何であるという私の考えが正しい。私が考えにより、相手に
伝えられるのだ。少なくとも、正しい主張の整理をしなければならな
いのだ。正しいというとここまでである、相手のことは異なる理由な
のだ。
 だから、自分の主張を正当化するというのであって、私は正しいとい
うのだ。

289 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 17:33:47
>>286
じゃあ>>285の定義に当てはまらない正義の用例を挙げてみて。

290 :クウォンタム ◆sZMOg20d0E :2006/11/06(月) 17:35:25
>>284
わかりました。ではあなたを「全ての問題を適切に処理する知恵のある人物」として、
正義を定義する事を認めます。

という感じでまた新たに一つの正義が誕生した。

291 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 17:35:29
>>289
あんた何言ってるの?
用例が定義を決めるわけじゃないんだが。

292 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 17:39:59
正義論の一番の問題は、実は「規範とは何か?」だと思う。
ウィトゲンシュタインのように「『べし』文には実は意味がない」
と開き直られると、まず、「べし」の意味の確定作業が必要になる。

これは功利主義についてもあてはまる。
「幸福になる行為とはXである」というのは「不幸になる行為とはYである」
という文と同じで、単なる分析。「幸福になる行為をなす『べし』」という
規範文と結び付かないと意味をなさない。
ところが、この「べし」という言葉に関する共通理解は未だに得られていない。

293 :クウォンタム ◆sZMOg20d0E :2006/11/06(月) 17:51:48
>>292
その点についてやっぱ理性の定義が必要だねー

哲学はその理性が宗教(その人のとっての反証不可能な真理)によって成り立ってるところがあるからねー。

宗教→哲学→科学or思想だから
科学or思想→哲学→宗教と逆をおって考えるとどうしても理性が問題になる。

ところで他スレで聞いて思ったんだけど、
その理性を定義する為に
>存在するもののために、存在しないもの、矛盾もまた必要

といえるだろうか?例えば神や仏、仏典、聖書、コーラン、トーラー、タルムード、
のようなものが。

294 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 17:55:54
 正しさは規範ばかりではない。正確な描写というように記憶などに
も使う理念だ。規則が象徴するように、当てはめ得ることなのだ。規
範がとても言い表し易いのだろう。
 現に使っているものが列車の時刻表であると、正しい運行という、
表の通りのものなのだ。彼が事情があって、それを考慮したら、この
通りになるといっても、私は釈然としないのだ。
 他の理想と何が異なるというと、抽象的で強制的でなければならな
い。こういうことを正しいといいます。

295 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 18:22:40
バカボンのパパなのだ

296 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 19:27:30
んーと、「正義」のふたつの意味を混同している人たちが多い気がするので、
ちょっと整理しておくね。

まず、[justice]の訳語としての「正義」。これは明治以降の思想の輸入で入ってきた
意味で、原義としては「JUSTice」という文字面の通り、「公平性」のような意味がある。
特に、不公平な状態に積極的に介入して公平性を保つニュアンスが強い。
だから、「正義のヒーロー」は弱いものを助けて強いものをやっつける人を指すわけ。

それから、日本語のニュアンスとして「義を見て為さざるは勇無きなり」なんて言い方に
もともとあった「やるべきこと、起こるべきこと」という意味。これは、英語ならrightに近い
意味で、「正義感」などの用例がこれにあたる。

だから、前者の正義について語るときは正義のあるなし(公平かどうか)を問うことになるし、
後者は正義の質(何をすべきか)についても問うことになる。

また、公平性というものは観測する主体が問題になるので、必然的に相対的なものになる。
「やるべきこと」は、相対的な判断においては存在し得ないので(>>292みたいな意味)、
後者の正義は定義上、絶対的なもの。
混同しないようにして、楽しく議論してね。 チンポ

297 :クウォンタム ◆sZMOg20d0E :2006/11/06(月) 19:42:31
>>296
うーん。
俺はもう相対的な正義は考えてなくて、
絶対的な正義を考えてるんだけど、
その際に「やるべきこと」を示してくれるはずの理性は
どこからくるのか?というのが疑問なんだよ。

で、自分は理性は宗教的なものから分離し、「客観性と合理性」と定義したい。
ポパー的にいうと
世界1は現実世界 世界2は「私」 世界3は理性(理論)
人は世界2で思想、宗教を信じたり、何かをそう思い込んだりするが、
世界3(理性)を自分の外側に置くことにより世界3で組み立てた理論を、
世界1で実験し、世界2を批判していく。
って考えてるm9(−−)

だから絶対的正義は神のような存在でないと定義できないと
思うんだ。すなわち「やるべきこと」も
神(存在するかどうかは別として)みたいな存在が直接人間に何も
示さない限り、この現実では「やるべきこと」は自分の恣意的なものになる。

すなわち正義とは存在しない。と考えるm9(−−)


298 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 19:44:36
それだと、「正義は実験不可能(世界3にしか存在しない)」
の時点でポパーの枠組みからは外れるんじゃないの?

299 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 19:44:47
>公平性というものは観測する主体が問題になるので
この場合の主体とは全体に指すと思いますね。
ですから、
正義とは社会全体、人類全体の幸福を実現し維持すること、
では無いでしょうか?

300 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 19:48:14
>>296
決定についてどう考えていますか?

301 :クウォンタム ◆sZMOg20d0E :2006/11/06(月) 19:50:31
>>298
悪い。
絶対的正義は存在しない。って言いたかったんだ。

実験できる正義は相対的なものなら可能だと思う。

絶対的なものは>>298さんの言うとおり、
まさに実験不可能だから科学的じゃないと判断でき、
ポパーの枠組みからは外れるね。


302 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 19:56:39
>>301
 色々な事柄を考えられるのです。事柄に関係するものが正しいのです。
すると、正しさは幾つもあるということです。
 では、彼の用意したことが正しいということです。

303 :クウォンタム ◆sZMOg20d0E :2006/11/06(月) 19:57:23
301に追加。
そういう絶対的なものは
俺は世界2が批判されない故に科学ではないが、
一応真理としてそれぞれが信じてればそれでいいんだと思うよ。

304 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 19:58:43
正義を信じるってのがよく分からんね。
どういう事態を指してるのか?

例えば,ケルゼンなんかは「規範は先天的に与えられてて定義できない」
と言って逃げるよね。

305 :296:2006/11/06(月) 22:02:35
>>297
理性がやるべきことを示す?初耳だ、そりゃ。
人間の心のごく一部にある意識の、そのまたごく一部の理性が?

>だから絶対的正義は神のような存在でないと定義できないと
>思うんだ。
うーむ、誤解を招く言い方をしてしまったのかしらん。
俺が言った「定義上、絶対的なもの」っていうのは、
たとえば「前」だとか「後ろ」だとか、そういう概念と
同じような絶対性を示したかったんだ。
 周囲の事物がどんなに変わっても、自分の前と後ろが
入れ替わりはしないでしょ。そして、前にある机や後ろにある
壁を無くすことはできても、前や後ろを無くすことはできない。
首を180度回転させるくらい、つまりは文字通り死ぬほどの
例外がない限り、前は前で後ろは後ろだ。
前が見えないこともあるし、「今さっき、どっちを向いてたっけ?」と
迷うことだってある。だけど、前が前でなくなることはない、
その点で外とは独立している、って意味の絶対性。

>>299
「社会全体」「人類全体」「幸福」…そんな言葉を>>296のどこから受信したの?
読み直せとしか言えん。

>>300
それだけじゃ質問の意味が分からん。言葉の意味が知りたいならまず辞書を引きなさいな。

306 :クウォンタム ◆sZMOg20d0E :2006/11/06(月) 22:12:12
>>305
ああ、あなたの考えてる絶対性というのは、私の考えてる理性と同義ですよ。

しかしその絶対性も変更される日が来るかもしれないと考えますが。

307 :296:2006/11/06(月) 22:18:03
>>306
よく分からん・・・交換可能じゃないと同義とは言わないよね。
理性にも、>>305で言った意味での絶対性が備わってるってこと?

308 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 23:46:40
>305
正義を辞書で引くと・正しいすじみち・人がふみ行うべき正しい道・
社会全体の幸福を保証する秩序を実現し維持すること。
と記して有りますが、これは間違いですか?

309 :考える名無しさん:2006/11/07(火) 00:37:00
>>308
引用するときは、関連する記述全体を、過不足なく一字一句違わず抜き出すこと。
略した場合はどこを略したのか記すこと。一部分を恣意的に使用するのは違法だ。

幸い、手元に電子辞書があるからちゃんと引用しよう。

広辞苑第五版より
せい‐ぎ【正義】
1[荀子正名]正しいすじみち。人がふみ行うべき正しい道。「―を貫く」
2[漢書律暦志上]正しい意義または注解。「尚書―」
3(justice)
ア 社会全体の幸福を保障する秩序を実現し維持すること。プラトンは
国家の各成員がそれぞれの責務を果し、国家全体として調和がある
ことを正義とし、アリストテレスは能力に応じた公平な分配を正義とした。
近代では社会の成員の自由と平等が正義の観念の中心となり、自由
主義的民主主義社会は各人の法的な平等を実現した。これを単に形式
的なものと見るマルキシズムは、真の正義は社会主義によって始めて
実現されると主張するが、現在ではイデオロギーを超えた正義が模索
されている。
イ 社会の正義にかなった行為をなしうるような個人の徳性。

>>296より、
>原義としては「JUSTice」という文字面の通り、「公平性」のような意味がある。
>不公平な状態に積極的に介入して公平性を保つニュアンスが強い。

一目瞭然だと思うが。同じ言葉に関する別の話をしてるだけだ。
まあ、これは辞書の編集ミスだな。少なくとも、3はjusticeの
訳語として表示しているのに、justiceの意味を反映していない。
jusuticeの意味はttp://dictionary.reference.com/browse/justiceなどを参照。
高校生なら読める程度の英語だから、がんばって読んでね。

310 :考える名無しさん:2006/11/07(火) 01:05:02
>>309
「正義は形式的で無内容」とする近代法が自由と平等を正義とするって
わけわからんのだけど。辞書を持ち出すのはかえって不味くね?

311 :310:2006/11/07(火) 01:05:42
ちなみに、正義の無内容は新カント派のあたりね。

312 :クウォンタム ◆sZMOg20d0E :2006/11/07(火) 01:18:10
>>307
すいません。ソッコーで返事しようと思ったんですが、
急用で出掛けてました。。

そうですそうです。
そういう
>文字通り死ぬほどの
>例外がない限り、前は前で後ろは後ろだ。
>前が見えないこともあるし、「今さっき、どっちを向いてたっけ?」と
>迷うことだってある。だけど、前が前でなくなることはない、
>その点で外とは独立している、って意味の絶対性。

を自分は理性と呼んでるんです。
ですが、死ぬほどの例外もあるかもしれないと考えてるんです。


313 :309:2006/11/07(火) 01:20:36
>>310
いや、ちゃうちゃう。最初に持ち出したのは俺じゃない。
>>308が、辞書を恣意的に使おうとしてたのを見て、
たまたま同じ辞書(広辞苑)を持ってたから、ソースはこれだよな?って出したわけ。

314 :考える名無しさん:2006/11/07(火) 01:22:45
>>312
そうです、って「交換可能です」って意味?
それとも、「理性には絶対性がある」って意味?

315 :クウォンタム ◆sZMOg20d0E :2006/11/07(火) 01:26:10
>>314
理性とその絶対性は交換可能か?
という事かな?
もしそうであるならば、
自分は交換可能だと捉えています。
ですから、ある意味で自分は理性に絶対性を持たせていますよ。

316 :考える名無しさん:2006/11/07(火) 01:37:17
>>315
? 純粋に言葉の上の問題を確認したかったんだけど。
例えば、「一個」と「ひとつ」が同義だというときは(厳密にはもちろん同義じゃないが)、
「ひとつのリンゴ」と言うのも、「一個のリンゴ」と言うのも変わりない、「一個」と「ひとつ」とを
交換しても意味が通じる、ってことでしょ?

 そういう意味で、「理性」と「絶対性」を交換しても通じるわけはないよね、だから
理性の存在は絶対的だって意味だよね、我思う故に我ありってやつだよね、と確認
したかっただけなんだけど。

317 :クウォンタム ◆sZMOg20d0E :2006/11/07(火) 01:48:19
>>316
まず前半に答えますね。

すいません。そういう意味での交換は確かに無理ですね。
しかし、私は理性の中に数学の定理等も含めているんですよ。
この辺で認識に違いが生じたんだと思います。

で、後半ですが、少し違いますね。我思う故に我ありは「私」であるから
理性とは捉えていません。
多分316さんは理性=私=絶対的と考えているんだろうけど、
自分は、私=理性とは考えていないんですよ。


318 :考える名無しさん:2006/11/07(火) 02:00:08
>>317
ふむ。つまり、>>306では、「自分のなかのやるべきこと、方向性」がすなわち理性で、
それは絶対性をもつと言いたかったわけ?けど、「『やるべきこと』を示してくれるはずの理性」って
>>297では書いてるし・・・ちょっと理性の定義を聞きたいな。そろそろ眠いからまた明日にでも。


319 :クウォンタム ◆sZMOg20d0E :2006/11/07(火) 02:04:51
>>318
ああ、違うんです。
「自分のなかのやるべきこと、方向性」が私なんですよあくまで。

で、「私」に「やるべきことを示してくれるはずのもの」が理性なんです。

これが自分の中での理性の定義なんです。
では、おやすみなさい。

320 :考える名無しさん:2006/11/07(火) 12:37:07
>305 :296:2006/11/06(月) 22:02:35
>>300
>それだけじゃ質問の意味が分からん。「言葉の意味が知りたいならまず辞書を引きなさいな」
>305の言うとおり、正義と言う言葉の意味を知りたければ辞書を引けば良いんじゃないの?
辞書を理解できなければ知ることを諦めるきゃ無いよね。
1[荀子正名]正しいすじみち。人がふみ行うべき正しい道。「―を貫く」
2[漢書律暦志上]正しい意義または注解。「尚書―」
3(justice)
ア 社会全体の幸福を保障する秩序を実現し維持すること。
イ 社会の正義にかなった行為をなしうるような個人の徳性。
辞書の編集ミスと言うならば自分の主張を簡潔に明記しないとマズイよな。


321 :考える名無しさん:2006/11/07(火) 12:59:08
正義はソフトバンク

322 :考える名無しさん:2006/11/07(火) 13:38:55
ヤフー検索:c点による時空論ーーー読んでね

323 :考える名無しさん:2006/11/07(火) 16:13:34
>>320
>>309

>>319
むう、理性っていうのはロゴスを使う領域ではないのか?
俺は、「我思う、ゆえに我在り」を解釈すると「私の中の理性(ロゴスの領域)は絶対的に
存在する」ととれるよね、と言いたかったんだが。

ポパーは読んでないんだが、ポパーが「やるべきことを〜」って定義をしてるわけ?

324 :龍宮:2006/11/07(火) 16:47:31
何を求めて我々は旅をしているのだろうか

325 :考える名無しさん:2006/11/07(火) 16:54:52
>>323
>「私の中の理性(ロゴスの領域)は絶対的に
>存在する」ととれるよね、と言いたかったんだが。

うん。同意です。
そして、
>ポパーが「やるべきことを〜」って定義をしてるわけ?
ですが、
ポパーは理性を実験、観察できるものとして捉えていますね。
ですから、私は理性を客観的に現実を判断できる材料として、
ちょっと語弊がある表現方法かもしれないですが、
自分の外に置くべきだとしているんです。

私=考える

理性=考える材料

として自分は見ているんです。


326 :クウォンタム ◆sZMOg20d0E :2006/11/07(火) 17:07:36
あれ?HNが入ってなかった。。。

327 :クウォンタム ◆sZMOg20d0E :2006/11/07(火) 17:09:46
>>324
それは物事の理でしょうw

328 :考える名無しさん:2006/11/07(火) 17:18:08
電通か

329 :考える名無しさん:2006/11/07(火) 17:26:22
>>325
君の同意は、何に対して同意しているのかイマイチ分からないよ。
質問ばかりで済まないけど、もう少し確認させてほしい。こういう理解でいいの?

1.理性は、私の中のロゴスの領域だ。
2.理性は、私に「やるべきことを示してくれるはずのもの」と定義される。
 すなわち、私に「やるべきことを示してくれるはずのもの」は理性以外にない。
3.理性は、実験・観察の主体である。

>私=考える
重箱の隅をつつかせてもらうと、イコールは同値を示す記号だから、左右の項は交換
可能になってないといけないぞ。

330 :クウォンタム ◆sZMOg20d0E :2006/11/07(火) 17:35:57
>>329
1.3.はそうです。
しかし2.の理性以外にない。ではないです。
2.はあくまで自分がそう保っておく為の姿勢のようなもので、
理性を使わずに、「私」があるものを根拠なく信じたり、そう思い込んだり
する事は可能で、そう信じる事により、理性なく行動する事は可能だと考えます。
そしてその状態を良し悪しは別として、「科学的じゃない」と呼べると考えます。


では
私∈考える
こうした方がより正確かな?

331 :クウォンタム ◆sZMOg20d0E :2006/11/07(火) 17:38:05
いや、

考える∋私

こうですね。すいません。

332 :考える名無しさん:2006/11/07(火) 17:49:35
>>330
>自分がそう保っておく為の姿勢のようなもの
じゃあ定義じゃないじゃん・・・
つまり、「正義は、理性によって為されるべきである」と君は考えている、ということか。

結局のところ、理性の定義としては「ロゴスの領域だ」ということでいいんだね?
ロゴスの間主観性を認めた上で、理性以外のロゴスの領域はない。とりあえず
コレを前提として、本来の正義についての話を進めたいと思うけど、いいかな?

333 :クウォンタム ◆sZMOg20d0E :2006/11/07(火) 17:55:57
>>332
うん。そうですね。それで構いませんよw


334 :考える名無しさん:2006/11/07(火) 18:08:14
ありがとう。で、「やるべきこと」の正義についての話だが、
「正義は、理性によって為されるべきである」という言説は、
単に「他人の話を聞け」ってことになるんじゃないか?

 間違ってるというわけじゃないが、例えば「火に近づかない」
とか、「インセストは避けたほうがいい」とか、言葉があろうが
無かろうが成立してる「やるべきこと」も多分にあるわけだし、
別に理性に限った話ではないと思うんだ。理性に従う
必然性は、特にないんじゃないのか?

335 :クウォンタム ◆sZMOg20d0E :2006/11/07(火) 18:19:59
>>334
うーん。もう少し詳しく説明してもらいたいですね。
なぜ確かに言ってる事はわかるんですが、
「正義は、理性によって為されるべきである」=「他人の話を聞け」
は、確かに他人の仮説も含みはしますが、=にならないのでは?

で、後半ですが、それは理性に拠らずとも「私」の判断だけで
事足りる場合があるという事ですね?
例えば「今日生きる為に栄養を摂取する」とか。
確かにそういった事はロゴスを使う必要はあまりないと考えます。
しかし、「今日生きる必要があるか?」という観念(イデア)が
「私」の中に生まれた時それはどこで判断するべきなのでしょうか?
私は「ロゴス」の中で判断する方がより真理に近いと考えるのです。



336 :考える名無しさん:2006/11/07(火) 19:01:01
人は物事の理を悟ることで全ての理と知に通ずる知能が育ち、問題を解決する知恵が産まれます。
物事の理を悟らず語り合っても、ザルを持って水汲みに出かける様なもので結論はでませんね。


337 :考える名無しさん:2006/11/07(火) 20:59:38
>>336ずば抜けてアホなことが誰の目にも明らかな人

338 :考える名無しさん:2006/11/07(火) 22:01:14
>>335
 イコールにはなってないさ。日常レベルに演繹しようとすると、
「他人の話を聞け」ってことにならざるを得ないんじゃ?って話。
「正義を理性によって為そうと」したら、具体的にはどうなるか。
この場合、正義を理性以外でコントロールしてはならないわけだから、
理性のコントロール能力を高める以外に正義を確実なモノにする方法がない。
理性のコントロール能力を高めるには?と考えると、俺の安っぽい想像力では、
他人の感性を取り入れて理性をこき使う以外に、実践の方法が思いつかないんよ。
まさか、「物事の理を悟れ」なんて言わないよね。

>しかし、「今日生きる必要があるか?」という観念(イデア)が
>「私」の中に生まれた時それはどこで判断するべきなのでしょうか?
 疑問系のイデアなんて聞いたことないよ。ともかく、そういうことを
具体的に思いうかべたときは、すでに理性の中、ロゴスの中だよ。俺の言いたいことと違う。

 要するに、理性が求めていること以外にも、身体はたくさんのことを求めているんだから、
言葉で考えられる事じゃなく、本来言葉に出来ないことも考えなきゃいけないよね、ってこと。

339 :考える名無しさん:2006/11/07(火) 23:38:39
自我の強い者達は己が分からぬことを屁理屈、付けて否定することで正当化を試みる。
「知恵=物事の理を悟り、適切に処理する能力」で有るが、物事の理を悟らずば真理や
倫理・理性や知性を語る知恵が無いのです。
智恵無しの頭で考える方が余程アホでしょう。

340 :考える名無しさん:2006/11/08(水) 13:06:23
自由意志は規範の必要条件か?

341 :考える名無しさん:2006/11/08(水) 13:22:58
>>339
お前、ひとり浮いてる。コテついてなくても、誰かわかる。

342 :考える名無しさん:2006/11/08(水) 14:36:49
皆と同じに心の闇に沈んだ話しの方が面白いのですか?
理に反する無知蒙昧から抜け出すことが哲学の使命ですよ。
ですから哲学の哲とは道理にあかるいこと、つまり物事の理を悟ることを示唆しています。
屁理屈ばかりで肝心な「何が正義なのか?」の答えもだせないでしょう。



343 :考える名無しさん:2006/11/08(水) 14:54:59
>>342
こんなこと書きたくないけど…


まじキモイなおまえ

344 :考える名無しさん:2006/11/08(水) 15:05:20
その程度のことしか書けない知能なんだろ、、
できない事を無理すんなよ。
「何が正義なのか?」考えても知恵が無ければ所詮、無駄なこと。

345 :考える名無しさん:2006/11/08(水) 20:02:02
>>344「キモい」と言われることにトラウマを抱えてそうだね

346 :考える名無しさん:2006/11/08(水) 20:08:34
自我の強い者達は己が分からぬことを屁理屈、付けて否定することで正当化を試みる。


347 :考える名無しさん:2006/11/08(水) 20:11:02
広げ過ぎなんだよ

348 :考える名無しさん:2006/11/08(水) 20:34:09
狭すぎるんだよ、

349 :考える名無しさん:2006/11/08(水) 20:44:16
>>346
今更自己紹介不要

350 :考える名無しさん:2006/11/08(水) 20:50:01
力を崇拝し服従する蒙昧主義者達の特徴は自分達と違う意識を恐れ、敵視し排除する性質をもつ。

351 :考える名無しさん:2006/11/08(水) 21:20:16
おれが正義だ

352 :考える名無しさん:2006/11/08(水) 21:27:17
>>350いまさらじこしょうかいふよう

353 :考える名無しさん:2006/11/08(水) 23:27:34
理を悟ることなしに正義など語れないのです。物事には順序があります。

354 :考える名無しさん:2006/11/08(水) 23:49:52
理を騙ることなしに征儀など語れないのです。物事には誇張があります。


355 :考える名無しさん:2006/11/08(水) 23:53:41
理を悟らない限り、人類が無知蒙昧の闇の中から抜け出すことはないでしょうね。

356 :自民党のアホどもが:2006/11/08(水) 23:59:17
核武装を議論することもしてはいけない〜〜〜〜あぁ〜〜〜ぁ?!
約束はいちども守ったことないし、気まぐれで何をするかわかんない
北の国が10分で日本列島を火の海にすることができるようになったと
叫んでるこの時期に核武装を議論することもいけないってそれマゾか?

357 :考える名無しさん:2006/11/09(木) 00:09:47
>>356
理を悟り、知能と知恵を育めば、核武装などという愚かな選択はでてこない。

358 :考える名無しさん:2006/11/09(木) 00:47:27
日米安保条約を堅持する為に北朝鮮の思想を非難して経済制裁を架し弱い国を虐めて独裁国家の北朝鮮体制に仕向けた米国が悪いのか?
米国の悪巧みにまんまと乗せられ自国を守る為に軍備に走らされた北朝鮮が悪いのか?
同じく米国の悪巧みにまんまと乗せられ用心棒代を湯水の如く、幾らでも払う日本に罪は無いのだろうか?
拉致事件の元を作った米国が悪いのか、拉致した北朝鮮が悪いのか、北朝鮮だけを攻める日本が悪いのか?
国益を優先する米国の北朝鮮の経済制裁で北朝鮮の国民は推定300万人は餓死や諸々で死んだでしょうね。
みんなで、よ〜く考えよう、人の命はどの国の人の命も同じに大事だよ。



359 :観相学:2006/11/09(木) 00:58:07
客観的正義を論ずるのにも意味はありますが、重要なのは「態度」なのです。
つまり、何が正義かの空論に明け暮れることではなく、信じた道に「命を
懸ける」態度こそが大事でありましょう。

360 :考える名無しさん:2006/11/09(木) 01:28:00
>信じた道に「命を懸ける」態度こそが大事でありましょう。
信じた道に間違いが無ければ良いが、
正義とは全ての民衆に幸せをもたらす、と言う理念の上に成り立つと考えます。


361 :観相学:2006/11/09(木) 01:37:59
>>360
「全ての民衆に幸せをもたらす」ような理念や方策などは無いでしょう。

362 :360:2006/11/09(木) 13:29:06
>「全ての民衆に幸せをもたらす」ような理念や方策などは無いでしょう。
  有ります。
人が物事の理を悟れば「全ての民衆に幸せをもたらす」ような理念や方策が自然に産みだされます。
つまり哲学の道のとおり、哲学とは「道理にあかるいこと」人類が無知蒙昧に離別することが目的ですね。
証明に蒙昧とは知識が開けず物事の「道理にくらいこと」を指し哲学は蒙昧の真反対の意識の探求で有る、と言うことです。
「道理にあかるいこと」とは全ての理と知に通ずる物事の理を悟れば人に潜在する知能が育ち「全ての民衆に幸せをもたらす」
正しい知恵を産みだすことができる、と言う心の連鎖に乗ることができます。




363 :考える名無しさん:2006/11/09(木) 13:53:06
帝国の実定法でも求めているのか

364 :考える名無しさん:2006/11/09(木) 17:21:54
>帝国の実定法でも求めているのか
理とは何人も変えることのできぬ心の法則です。

365 :考える名無しさん:2006/11/10(金) 04:58:53
>>362
それじゃー、隕石の衝突や火山の爆発や、はたまた階段で転ぶのも、
その理というやつで防げるのかね。

366 :考える名無しさん:2006/11/10(金) 05:18:36
>>365
おまえ今まで防げなかったようだな?wwwww

悲惨な人生だったんだなwwwwwwええおいwww

367 :考える名無しさん:2006/11/10(金) 07:52:52
>>365みたいな馬鹿がいるからあの阿呆が調子に乗るんじゃないか。

368 :考える名無しさん:2006/11/10(金) 11:26:56
ジャスラックと正義について語れ。

369 :考える名無しさん:2006/11/10(金) 11:32:46
何をもって人間とよぶのだろう。人あっての人間ぞ

370 :考える名無しさん:2006/11/10(金) 14:20:57
>369
人間と書いて、にんげんと読めばなにげにやり過ごして終いますが、じんかんと読めば言葉の本質が見えます。
己と間の反対に位置するもの、自分以外の人(他人)で有り、社会や自然環境などの思惟の届く限りの全ての間を保つ心、
つまり、それらの全てを万遍なく思いやる心(人格・理性・知能・知性)を備えた人を人間と呼びます。
それに対して人は自分の利に繋がるもの以外は思いやることが無く、全てが欠落した人類のことを指します。


371 :考える名無しさん:2006/11/10(金) 14:36:08
ここだここ、コケコッコここ。

372 :考える名無しさん:2006/11/12(日) 17:02:46
>>365
>それじゃー、隕石の衝突や火山の爆発や、はたまた階段で転ぶのも、
>その理というやつで防げるのかね。
人が物事の理を悟ることで育つ潜在知能が人為的災害に限らず、
自然的・宇宙的災害をも回避する智恵を人類は産みだすことができます。
階段で転ぶのは不注意とか肉体的な物理的要因ですので別問題です。



373 :龍宮:2006/11/12(日) 17:17:01
>370 思いやるといってももっと奥にいけばうまくいかず底に行き着けば死に向かう。だから難しいすぎるのではないか人間は。それでも他人を許そうとするひとが日本にいるのだろうか?考えていくと恐くなる。それでも優しい人たちはいる。なんと苦しい世界だろうか

374 :考える名無しさん:2006/11/12(日) 17:43:22
>>373
全てを万遍なく思いやる心、と限りある全ての命を大切に扱うことの二つがセットで人は物事の理を悟ることができます。
思いやる心とは対象を意味もなく許すことでは無く、己の心を対象に転写して拠り深く、その原因を探りだし適切な処理方法を見いだすことです。
己の心を対象に転写する、とは対象が自分自身で有ると考えることで対象の過去と現在の心を知り対象に真理を以て納得のいく対処をすることです。


375 :考える名無しさん:2006/11/12(日) 17:55:41
>374 己のこころを対象に転写することは他者を自身に転写するということですね。それはやはり難しい。みんな多少はやっていることでしかしそれぞれ道が違う。それを考慮にいれていてもうまく把握しきれない。そうなると海ですね

376 :考える名無しさん:2006/11/12(日) 17:58:58
>>374
「全てを万遍なく思いやる心、と限りある全ての命を大切に扱うことの二つがセットで人は物事の理を悟ることができます」について、論理が飛躍してます。なぜそう言えるのかを具体的に。
「思いやる心とは対象を意味もなく許すことでは無く、己の心を対象に転写して拠り深く、その原因を探りだし適切な処理方法を見いだすことです。」について、「その」の対象が不明です。その後の文章とトートロジーにならないよう気をつけて具体的に。

377 :考える名無しさん:2006/11/12(日) 18:23:02
>>375
人の現在は過去が蓄積された結晶ですので対象に自分の心を転写すれば対象の過去から現在の心までつぶさに見てとることができます。
ところが何らかの要因(己の心が原因)で対象に自分の心が転写できぬ場合は当然、対象の心も把握できません。
つまり自分の対象に対する思いやりが中途半端が原因です。
余談ですがアンカーの付け方は半角入力にしてshiftを押したまま二度>>を押してからshiftを離して374と数字を入力してから
漢字入力に切り替えればできますよ。

378 :考える名無しさん:2006/11/12(日) 19:14:20
>>376
理とは物事の理非・善悪を明確に弁別する心を指しますが、物事の理非・善悪を明確に弁別する心の基準が全てを万遍なく思いやる心、と限りある全ての命を大切に扱うことの心です。
敢えて「その」を使わず言葉を重複させますが物事の理非・善悪を明確に弁別する心の基準が全てを万遍なく思いやる心、と限りある全ての命を大切に扱うことの心を養わなければ物事の理を悟ることができない、と言うトートロジーに陥ってしまいます。
これは論理の飛躍ではなく物事の理の根源は全てを万遍なく思いやる心、と限りある全ての命を大切に扱うことの心を養った者には誰でも悟れる簡単な仕組みだと言うことです。
御指摘の>「その」の対象が不明です。の「その」とは>>377の>人の現在は過去が蓄積された結晶ですので対象に自分の心を転写すれば対象の過去から現在の心までつぶさに見てとることができます。と言うことを意味します。
対象の心が過去から現在の心までつぶさに見てとれれば問題の原因が明白となり適切な処理が可能と成ります、と言うことです。



379 :考える名無しさん:2006/11/12(日) 22:12:06
>>378
「物事の理非・善悪を明確に弁別する心の基準が全てを万遍なく思いやる心、と限りある全ての命を大切に扱うことの心です」について、論理が飛躍してます。
なぜそう言えるのか具体的に。

「物事の理非・善悪を明確に弁別する心の基準が全てを万遍なく思いやる心、と限りある全ての命を大切に扱うことの心を養わなければ物事の理を悟ることができない、と言うトートロジーに陥ってしまいます」について、
どの部分とどの部分がトートロジーなのか不明です。具体的にお願いします。

「これは論理の飛躍ではなく物事の理の根源は全てを万遍なく思いやる心、と限りある全ての命を大切に扱うことの心を養った者には誰でも悟れる簡単な仕組みだと言うことです」について、
「これ」とはトートロジーの件辺りの文章を指すのでしょうか。だとすれば単に命題の対偶をとっただけで主張の正しさの証明には全くなっていません。具体的にお願いします。

380 :考える名無しさん:2006/11/12(日) 22:43:28
>>379
メールで教えます。

381 :短パン:2006/11/12(日) 22:47:19
>何が正義なのか?

自分に聞いてごらん。
誰も知らない事柄を、君の心が教える。

「ポエム板に池、っつぅとろうが!!!」
あぅぅ。そうか?
・・・やれると思うんだけど。ここ「哲学板」で・・・w

382 :短パン:2006/11/12(日) 22:50:25
いぁ。
「正義」についての論議なんだろぅ?
んじゃ。言えるぜぜぜのぜぃw
『〜正義、は。無い。』
己等が各々の判断で、言うべき事柄だな?
な・に・こ・れ・w

383 :考える名無しさん:2006/11/12(日) 23:07:02
正義とは、くだらんガキの遊びだ。
自己中で陰険に盗撮カメラ覗いて、ガンガン嫌がらせしてれば、正義だよ。
いまどきは。
腐ってるから、正義は死んだと言える。

384 :考える名無しさん:2006/11/12(日) 23:23:12
正義とは存在しない。

そして、歴史上、正義だった人物も皆無だ。

で、現在。

正義など在りはしないし、人物もどこにもいない。

正義を語る人物こそ悪じゃないか??

笑えてクルね。

385 :考える名無しさん:2006/11/12(日) 23:26:34
>>380
ホームページにはまとめないのですか?

386 :考える名無しさん:2006/11/13(月) 00:04:49
>>379
>>380は私の書き込みでは有りません。
質問の@
>「物事の理非・善悪を明確に弁別する心の基準が全てを万遍なく思いやる心、と限りある全ての命を大切に扱うことの心です」について、
>論理が飛躍してます。
>なぜそう言えるのか具体的に。
この関連を知るには全てを万遍なく思いやる心、と限りある全ての命を大切に扱うことの心を育て物事の理を悟らなければ理解できません。
物事の理を悟らずに論理の関連を知ることは不可能ですのでAのトートロジーに陥ってしまいます、とお伝えしています。
Bに付いて逆に質問しますが貴方は物事の理を悟る方法は何だとお考えですか?
物事の理を悟る為には物事の理非・善悪を明確に弁別する心を育てなければ成りませんが、その心を育てる基準が全てを万遍なく思いやる心、
と限りある全ての命を大切に扱うことの心です。との探求結果を見いだしたのです。
本当はめくらでは無いが自分は盲人だと思い込んで目を開けようとしない人に象に触れさせて象のことを教えるのが得策か、
目を開き自分で象を見ることを進めるのが得策か、さてどっちでしょうね。




387 :考える名無しさん:2006/11/13(月) 00:11:39
>>386
質問の内容を理解するには質問の内容を理解しなければならないのですね・・・。
結局具体性のあることは何ら言えないようですね。
残念です。

388 :考える名無しさん:2006/11/13(月) 00:17:01
>>385
>>380は私の書き込みでは有りません。
以前に作ったホームベージは有りますが、全て他人任せの愚作ですので書き直します。
パソコンの扱いが不得手ですので、また人に頼んで作り直します。




389 :386:2006/11/13(月) 00:23:43
>>387
貴方の質問に感謝しています。
質問を明確に答えられない私の不甲斐なさをお許し下さい。


390 :386:2006/11/13(月) 14:19:41
>>387
この説明では如何でしようか。
>「物事の理非・善悪を明確に弁別する心の基準が全てを万遍なく思いやる心、と限りある全ての命を大切に扱うことの心です」について、
>論理が飛躍してます。
>なぜそう言えるのか具体的に。
人類が物事の理を悟れず苦難の道を歩むのは、人類全体が理に反する蒙昧主義に支配され蒙昧意識に犯されている為です。
蒙昧とは個々の精神を自己愛に封じ込め、全て自己愛を基礎として賄われる社会を構築します。
一口に自己愛と言っても男女間の自己愛から家族的自己愛・虐め等を引き起こす集団的自己愛から人々を欲望に走らせる社会的自己愛、
そして自国の利益を最優先する国家的自己愛や宗教が産みだす宗教的自己愛や思想の違いを非難する思想的自己愛など数多く有りますが、
これらの全ては蒙昧が産みだす現象です。
蒙昧とは人類が長年抱えてきた一種の精神的な病ですが、この病を理を重んじる人間愛を使って直して終おうとの方法が
「全てを万遍なく思いやる心、と限りある全ての命を大切に扱うことの心」を育てることなのです。
つまり「 」の言葉は人間愛を使って自己愛を消滅させると同時に「 」にそぐう事柄を理と善とし、
そぐわぬ事柄を非とし悪と認識できる心、物事の理非・善悪を明確に弁別する心、物事の理を悟ると言うことです。




391 :考える名無しさん:2006/11/13(月) 14:28:09
マジなんだ…こえー

392 :386:2006/11/13(月) 14:49:22
>>387
「物事の理非・善悪を明確に弁別する心の基準が全てを万遍なく思いやる心、と限りある全ての命を大切に扱うことの心を養わなければ物事の理を悟ることができない」と言うトートロジーに陥ってしまいます」について、
どの部分とどの部分がトートロジーなのか不明です。具体的にお願いします。
「 」の心を会得しなければ蒙昧を蒙昧で解消を試みても蒙昧を蒙昧では解消できず永久に蒙昧と蒙昧の精神的トートロジー同語反復に終わってしまうのでは無いのか、言う意味合いでートロジーを使いました。
トートロジーの拡大解釈でしたかね?



393 :386:2006/11/13(月) 15:00:38
>>391
戦争や飢餓・犯罪や虐めで賄われている蒙昧主義に支配されている人類史を一人々が生き甲斐を得て、平和で楽しい人生を送る方法は人々が物事の理を悟り知能を育て智恵を産みだすと言う方法のこれしか無いんですよ。
>マジなんだ…こえー
ではなくて喜んで下さいよ。


394 :考える名無しさん:2006/11/13(月) 15:26:39
 それは認識が甘いんじゃないか。
 少しは食べ物があるんだ。そうでないと、食べる人が一人もいないだろ。
その種のものが無くなると、飢饉になる。しかし、色んな種類のものが
あれば、或る種の食べ物がなくなっても、食糧不足になるくらいだ。
何故なら、交易を必要としているからなのだ。
 僕等が食べているものでも、世の中には食べたことが無いひとがいる。
私達の土地の食べ物を、他の土地にもっていくのだ。その土地の食べ物
が無くなっても、どこかの土地にまだあるのだ。
 例えば、江戸から明治時代の食糧事情は豊かになった。では、米や魚
や大豆が沢山入ってきて、大量に米や魚を食べるようになったのだろう
か。もちろん、増えるには増えたかもしれないが、そこまで大食になっ
てない。むしろ、外国から乳製品などを持ってきて、チーズや肉を食べ
るなったからである。だから、食糧不足がおこったとしても、他の穀類
を食べるのであるし、緊急の輸入措置も取る。飢饉で飢えることはない
のだ。
 交流があるから、色々な種類のものがあり、欠乏を免れて豊かなので
ある。

395 :考える名無しさん:2006/11/13(月) 17:21:16
>>393
「「全てを万遍なく思いやる心、と限りある全ての命を大切に扱うことの心」は人間愛を使って自己愛を消滅させると同時に「 」にそぐう事・・・」について、そぐう、そぐわないは誰がどのように判断するのですか?

「蒙昧を蒙昧で解消を試みても蒙昧を蒙昧では解消できず永久に蒙昧と蒙昧の精神的トートロジー同語反復に終わってしまうのでは無いのか、言う意味合いでトートロジーを使いました」については、説明足らずの拡大解釈ですね。

396 :考える名無しさん:2006/11/13(月) 18:12:28
明日は我が身だ

397 :393:2006/11/13(月) 19:42:06
>>395
>そぐう、そぐわないは誰がどのように判断するのですか?
御自分で「全てを万遍なく思いやる心、と限りある全ての命を大切に扱うことの心」を育てた心に照らし合わせ物事の理非・善悪を判断すれば宜しいのです。
つまり「 」の育てた心が自分が持つ理と言う物差しと成って人の心が産みだす全ての事象を計り知れ、適切に処理する方法と言う智恵が産まれます。
辞書に記してある「智恵=物事の理を悟り、適切に処理する能力」と言う状態に成ったと言うことです。
後は貴方の自由に理が産みだす智恵を以て、理と共に新しい人生を楽しんで戴ければ宜しいのです。
全ての問題を自分で解決できますのでストレスも生まれませんし当然、自由で楽しい人生が送れますよ。
トートロジーの件は私の拡大解釈でしたね。





398 :考える名無しさん:2006/11/13(月) 20:00:12
>>397
「御自分で「全てを万遍なく思いやる心、と限りある全ての命を大切に扱うことの心」を育てた心に照らし合わせ物事の理非・善悪を判断すれば宜しいのです」について、「」が育ったかどうかを誰がどのように判断するのですか。

「つまり「 」の育てた心が自分が持つ理と言う物差しと成って人の心が産みだす全ての事象を計り知れ」について、論理が飛躍してます。
なぜ「人の心が産みだす全ての事象を計り知れ」ると言えるのかを具体的に。

「全ての問題を自分で解決できますのでストレスも生まれませんし当然、自由で楽しい人生が送れますよ」について、例えば強盗に監禁されたとしてその恐怖や危険をどのように解決できるのかを教えて下さい。

399 :393:2006/11/13(月) 20:05:16
>>394
>緊急の輸入措置も取る。飢饉で飢えることはないのだ。
世界、192ヶ国の中で食糧の緊急の輸入措置を取れる国は、その1割も有りません。
自分だけ自分の国だけ豊で有ればよい、と言うエゴイズムが人類の知能の発育を妨げ戦争や飢餓、そして犯罪や虐めを産みだしているのです。
折角、考える機能を備えた人として産まれたので有れば、人類の未来を見据えて生きると言う人間の使命を果たしてから、全てを産み育ててくれた地球に恥じることなく胸を張って帰って下さい。

400 :考える名無しさん:2006/11/13(月) 20:21:48
立て看板 設置させてください、<(_"_)>ペコリ・・・緊急、募集中!

『  ☆彡 目も見えず、耳も聞こえぬお人が、桜の木に抱きついている。
桜を、見たい、聞きたい、と言う。
さて、どうやって桜を見せようか?

☆彡 坐禅と見性 四十六章 公案見性
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1161444933/
而二不二(ににふに)、不二而二(ふににに)、
二ではない(不二、ふに)、一の如し(一如、いちにょ)、それは、ほとけさま(さとり)のことです、どうですか、参禅していきませんか?
問う。
『 この場に坐したままで、30メートル先のローソクの炎を吹き消せ。 』
答える。     ・・・と。

☆彡沢木興道老師のなぞなぞ?
アメリカに 「我が妻は我が父の母なり、我が父は我が子なり、我が妹は我が孫なり」 という言葉があったそうな。

☆彡碧巌録(へきがんろく)第45則 趙州布衫(じょうしゅうふさん)
禅僧「万法は一に帰す。では、一はどこに帰しますか」
趙州「私は若い頃、青州に住み、一領の布衫(実務着、サラリーマンなら背広と言うことかと)を作った。  その重さは7斤(4.2kg)もあった」

☆彡 人が木に登って口で枝を咥えて手足を離してぶら下がっているとき、下の人が「達磨がインドからやってきた真意は何か」と聞いた。答えなければその質問を避けたことになるし答えれば木から落ちる。どうしたらよいか。
 「二者択一を迫られたら注意せよ。答はその中にはないことが多い」とは、マネジメントの講座でよく指摘されることですが。

☆彡 あるひと(ジャック、ラカン) 曰く(いわく)
「世界をキリストが支えている。キリストを聖クリストファーが支えている。では、その聖クリストファーを支えているのは何?」という謎々と同じかと。

☆彡‥……━★ 友好スレ
精神世界で癒される第16章仙界の癒し大混浴場(バトルなし)
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/healing/1162179911/

401 :397:2006/11/13(月) 23:45:29
>>398
>「 」が育ったかどうかを誰がどのように判断するのですか。
「 」の心が育つと世の中の仕組みが良く見えますので御自分でお分かりに成ります。
>なぜ「人の心が産みだす全ての事象を計り知れ」ると言えるのかを具体的に。
人の心は蒙昧に支配され知能が育ちませんので人の心が産みだす事象を計り知ることはできませんが物事の理を悟ると知能が育ち人の心が産みだす全ての事象を計り知る智恵を産みだすことができるのです。
ですから決して飛躍した論理では無く>397の、辞書に記してある「智恵=物事の理を悟り、適切に処理する能力」と言う状態に成ったと言うことです。
誰しも人には知能が有り智恵を産みだせるのだ、と思っていますが知能は有りますが物事の理を悟らなければ持っている知能は潜在して育たず正しい智恵を産みだせません。
>例えば強盗に監禁されたとしてその恐怖や危険をどのように解決できるのかを教えて下さい。
強盗に監禁されたとして、とは前後の状況が分かりませんが、もしも自宅に入られたので有れば家主が強盗に入られる状況を作りだした原因を作りだしたことに成ります。
近隣と比較して豊かさを強調する生活を送っていた場合は盗みを目的とする強盗に狙われやすいでしょう。
智恵が有れば慌てずに強盗にお金を渡してから強盗を諭すこともできますが自分と家族の命を守ることが一番、大切ですね。







402 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 07:08:00
>>401答えになってねぇw

403 :龍宮:2006/11/14(火) 07:19:56
悩み苦しむものだ

404 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 08:00:39
>>401
「「 」の心が育つと世の中の仕組みが良く見えますので御自分でお分かりに成ります」について、ですから「どのように」分かるのかと聞いているのです。
例えばリンゴを見てリンゴだと分かるのは@「これはリンゴだ」の前にA「丸くて赤い」などの情報が処理されますよね。
期待した答えは@ではなくAです。

「人の心は蒙昧に支配され知能が育ちませんので人の心が産みだす事象を計り知ることはできませんが物事の理を悟ると知能が育ち人の心が産みだす全ての事象を計り知る智恵を産みだすことができるのです。」について、
「物事の理を悟ること」を「人の心が産みだす全ての事象を計り知る智恵を産みだすこと」の意味で使われている感があります。
それではトートロジーです。
ここの反芻は上の質問と被るので省略します。

「強盗―」の件はあなたが提案した回避手段をいくらでも無効にする状況設定を与えることができるので、もう良いです。

405 :401:2006/11/14(火) 15:05:45
>>404
貴方の仰ることは良く分かります。
知能とは誰もが育てられる機能を備えて産まれてきますが、社会の構造が知能の育つことを阻止する為に殆どの人が生まれ付き備えてる知能を育てることができません。
知能が育たなければ智恵が産まれず弱肉強食な生き残りを旨とする単純な生き方を選んで現社会の様に戦争や飢餓・犯罪や虐めで賄われる、と言う状況を産みだして仕舞います。
ですが人類社会の人災は全て人が知能を育てない為で有る、との事実証明は他の人々の知能を育て、実感して戴く以外に方法は無いのです。
例えば、目を開けばリンゴの色が分かるのに自分では目を瞑っていると思っていないので目を開かずにリンゴの色を説明する、と言う難しさにどう対処するのか、と言うことです。
この問題の解決に私が辿り着いた方法は辞書を引用し、内容の解説をすることですが、辞書の解説は輸入した言語を勝手に解釈したもので有るから日本語の訳など信用できない、と辞書と日本語を否定する方もいます。
しかし辞書の引用にも限度が有り、理に関しては辞書の中でのトートロジーに成って仕舞いますのでトートロジーを回避して物事の理を悟る方法が私の探し出した「全てを万遍なく思いやる心、と限りある全ての命を大切に扱うことの心」を育てることです。
辞書の引用と私の解説を加えた説明は、この哲学2chで希望された方にもE-mail でお送りしています。
Aの答えを誰にでも分かる様に説明すれば人類史の全てを幸転できるのです。




406 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 15:10:43
↑こんな奴、相手に喋ってる奴は、自分は騙されやすいと自覚した方が良いよ。

407 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 15:29:53
>>406
自分の意見を言えない、お前は話しに参加するなよ、


408 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 15:36:18
ほんと、親切で言ってるんだよ。

409 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 16:16:22
>>408
では、議題の何が正義なのか?に付いて少しでも話してごらんよ。
それでないと君の話しは認められないよ。

410 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 16:18:37
>>405
「人類社会の人災は全て人が知能を育てない為で有る、との事実証明は他の人々の知能を育て、実感して戴く以外に方法は無いのです」について、
例え辞書の内容が正しいとしても結局言葉での証明は不可能であり「悟った」という感覚を根拠にするしかないのですね。
残念ながらそんな頼りないものは信じられません。
下部に横たわる構造が宗教と何ひとつ変わらない。
メールは送りません。
賢明な大衆に納得してもらうには飛躍、回帰していない論理でもって、HPにてテキストを公開するしかないでしょう。
どうぞ頑張って下さい。
では。

411 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 16:34:39
『存在すること』を善、もしくは真にすれば、解決する。

412 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 17:29:54
>>410
大衆が賢明で有れば、今の人類社会は平和で有っただろう。

413 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 17:34:01
>>412
「大衆は賢明」ではなく「賢明な大衆」です。
文法を理解して下さい。

414 :龍宮:2006/11/14(火) 18:24:55
人の世には三智ある。学んで得る智、人と交わって得る智、みずからの経験によって得る智がそれである。さういふ自分は今日に行き詰まっていたわけではなく、出発のそもそもからすでに行き詰まっていた。でも歩いて出るたびに道が開けた触れるたびに活き返った-島崎藤村)

415 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 18:44:08
>>410
悟ると言うことは憶えると言うことでは得られないのです。
そして人は物事の理を悟らずば知能が育たず賢明に生きることも叶いません。
ですから>賢明な大衆に納得してもらうには、と言う記述の論法は誤りです。
宗教と物事の理を悟る行為の弁別も多少の知性を必要としますので、その知性を全く備えぬ者には無理ですね。




416 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 18:58:37
>>413
「賢明な大衆」とは「大衆は賢明」で有る、と言ってるのですから意味は同じですよ。

417 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 19:05:54
>>416
日本語の不便な点だね…
形容詞を限定的用法で使ってることをスッキリと示す
言い回しの仕方を誰か教えてくれ

418 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 19:12:48
>>416
あなたは「貧乏な人」という言葉を見て「人は貧乏」と捉えるのですね。
指摘されても気付けないのは正直馬鹿だと思います。

419 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 19:14:40
>>415
そうやって生涯「俺様理論」に引き籠もっていて下さい。宗教をまともに相手にするのは馬鹿だけです。

420 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 19:19:24
>>416
貴方の愚かさも

>>417
貴方の疑問も、

>>418
貴方の傲慢さも

全て、理を悟ることで解消されるのです。

421 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/11/14(火) 19:54:41
キリストの示す倫理的目標は上限がないから形式主義化しにくい。


422 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/11/14(火) 19:58:00
…倫理ではないな。道徳。


423 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 19:58:34
>>420
なんか偽者っぽいなw
「彼にとって好ましくない態度」で逃げられないように丁寧口調で反論してみたら、見事に「私の主張は証明できないが私が正しいと感じているので正しい」と考えていることが証明できた。
完全に宗教と同じ構造であり、しかも普及していない点で宗教より遥かに劣る。
彼が「感覚」で主張を展開するのに対して、賢明な大衆(彼は日本語すら不出来だ)は「論理」で主張を展開する。
彼は後者の主張を決して理解できず、いつまでもいつまでも「神の如き我が感覚」に引き籠もって、変なものが育った彼の心でのみ我々に勝利し続ける。
さあ、これからも君のチンケな人生の集大成でもって醜態を晒してくれw

424 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 20:11:40
>>418
貧乏な大衆とすれば大衆は貧乏で有ると全体を捕らえることもできるし、大衆の中の貧乏な人を指すことも可能です。
大衆を人に変えれば意味合いも変わります。
バケッ一杯の水を望む者が湯飲みを持ってきてバケッ一杯の水を入れてくれ、と頼んでも無理な話しですね。


425 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 20:20:22
>>424
何を今更「ふたつの用法を考慮してた」みたいなフリをしてるんだ。

>>416を読み返してみなw

426 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 20:36:00
>>424
「貧乏な人」を「人は貧乏」と捉えることは有り得ないように「賢明な大衆」を「大衆は賢明」と捉えることも有り得ない。
ならば「賢明な(一部の)大衆」と捉えるのが言語活動であり、君はゴミでありカスでありクズである。

427 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 22:35:44
>>426
「賢明な大衆」と言う言葉と「貧乏な人」のニュアンスは同じではないよ。
それで他人をなじる君は、自分が恥ずかしくないのかね。
始めから「賢明な一部の大衆」と書けばよい。
でも君は「賢明な一部の大衆」から外れていることも事実だけどね。




428 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 23:05:19
>>427
もはや君のアホさは解説不要である。

429 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 23:08:59
まあせっかくだから聞いてみようw

「どのように」ニュアンスが違うのですか。

>>416を踏まえて答えて下さい(笑)

430 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 23:16:22
もうあまりいじめない方がいい気がした
奴が勝ち負けにこだわっているかいないのかとは独立に、奴が惨敗したのが事実なんだから・・・
抽象的な話しは得意で具体的な話しになると口を閉じるという典型的阿呆

431 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 23:25:38
>奴が勝ち負けにこだわっているかいないのかとは「独立に」、
「独立に」とは何じゃね。
これも君独自の話法なのかい?

432 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 23:27:33
>>431おまえが知らないだけだタコ

433 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 23:37:07
で、>>432「独立に」とは何じゃね。
日本語を使えないのか?



434 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 23:42:31
>>433君だけが知らないだけのことを君だけが知らないだけのこと。

435 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 23:44:19
まあ教えてあげよう。「とは独立に」でググってみなさい。それでも分からないならキチガイ。

436 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 23:55:08
まともな日本語を使いなよ。
社会じゃ通用しないよ。

437 :考える名無しさん:2006/11/15(水) 06:05:53
>奴が勝ち負けにこだわっているかいないのかとは独立に、

奴が勝ち負けにこだわっているかいないのかとは無関係に、

どっちでも日本語として正しいよ。理系なんだろ。

誰がアホであるか、誰が勝ち負けにこだわってる奴かは明らか…

438 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 08:33:34
>>423詰めが甘かったな。せっかく論破したのにそこで態度を元に戻したらあいつの精神的な逃げ道ができてしまう。すなわち「態度が悪いから何を言ってもだめ」だ。

439 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 14:00:15
議論は成層圏の彼方まで行って対消滅した感もあるが、地上ではこんなことをやってるぞ

【転売】PS3オクに新規IDで爆撃するスレ 59機目
http://pc7.2ch.net/test/read.cgi/yahoo/1163608887/

やっと発売されたPS3に群がる転売屋に雇われたホームレスや中国人
その主販売場がヤフーオークションと知った2ちゃんねらーが100億近くの値段で落札
→しかし落札者の故意のキャンセルで不成立続出、次点繰上げで1円落札も可能に
そのからくりは、Yahoo!のキャンペーン中で無料ID取り放題、つまり匿名での爆撃し放題
キャンセル必至な入札者の削除のためにPCに張り付きっぱなしにならざるをえない転売屋
ブログを晒され炎上させられた主婦、右往左往する中国人

爆撃はほぼ沈静化に向かっているが、果たしてここに正義はあったのか?

440 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 14:46:18
>>438
>>423は悪い態度で相手を負かそう、としただけだよ。


441 :Jeff:2006/11/19(日) 20:33:23
まず自分にとっての正義とは何か。
皆の意見の接点・共感を得ることが出来れば
それは本当の正義ではないだろうか…

正義とは何か。
それが分からなければ
悪とは何か!


442 :考える名無しさん:2006/11/19(日) 22:38:43
それにしても現代人ってホントに正義嫌いだな。

443 :考える名無しさん:2006/11/20(月) 11:58:01
哲学家ってのは、わざと難しい言葉、一見つながってないようでやっぱりつながってない
似非論理を駆使して相手を煙に巻き、自分の文章を権威的に見せようとしている。
要するに、愚鈍な大衆に俺の思考などわかるまい、いやわかってたまるかという自尊心にあふれている。


444 :考える名無しさん:2006/11/21(火) 18:25:18
正義=社会全体の幸福を保証し維持すること。
と、まぁ辞書通りだけど、これが適切ですよね。
正義の反語は悪徳=道義にそむいた不正な行い、でしょうね。
不正=正義でないこと、ですので。

445 :考える名無しさん:2006/11/21(火) 19:09:11
>>444
反語の意味も知らないのかよ(笑)

446 :考える名無しさん:2006/11/21(火) 23:41:55
>>445
では、正義の反語は何でしょうか?
(笑)って誤魔化さないでよ。


447 :考える名無しさん:2006/11/22(水) 00:23:19
>>446
辞書で「反語」を引け。
これ以上痛い人がそうそう居るだろうか、いや滅多にいない。

448 :考える名無しさん:2006/11/22(水) 01:06:12
>>447
ちょっとワラタw

449 :考える名無しさん:2006/11/22(水) 07:48:38
バカはおまえしかいない、ということか!

450 :考える名無しさん:2006/11/22(水) 10:18:02
どこまでも恥ずかしい446

451 :考える名無しさん:2006/11/22(水) 11:05:30
しかしまあ「悪義」という言葉はないなあ
朱子学での「義」は現代の「正義」とほぼ同じなのか
「正義」ってのは「Justice」の翻訳語っぽいが違う?

で、「義」の反対語は「不義」でおk?

452 :考える名無しさん:2006/11/22(水) 16:16:57
>>451
どうも有難う、
正と不、そうですね。
正義=社会全体の幸福を保証し維持すること。
不義=義にそむくこと。道にはずれること。悪逆なこと。

453 :451:2006/11/22(水) 17:50:42
>>452
あーいや俺は単に「正義」って実は新しめの言葉じゃないかなー、と
思い付いたことを書いただけなんだが、
>>452>>446からの流れでそう来たんだな

だから「義⇔不義」は自分で言ったことだからおkだけど
「正義⇔不義」は文脈的にどうよ、という気はする

ま要するに「義」という用語は儒教→朱子学上の意味を担ってるわけで、
「正義」の反対語を探るなら「Justice」の反対語を充てなきゃならんかもっつーこと
「Justice」の反対語は「Evil」なのか?「Wicked」かもしれん わかんね

でもまあタロットカードでは「Justice」はしばしば天秤を持った裁きの女神が
描かれてるから、「Justice」には「公正」というニュアンスもあるっぽい
と思ったら「義」という言葉にも「裁く」という意味があるっぽいね
そもそも字の成り立ちが「我の羊(?)」ってんだから「所有権の解決」的意味かもしれん
とか言ってると語源オタがわいてきてヤバいか?w

しかし現在の「正義」という言葉には「公正」「裁く」という意味よりも
もっと前のめりなニュアンスが付加されてる気もする
とまあ目分量な発言ばかりでスマン

454 :考える名無しさん:2006/11/22(水) 20:32:06
>>453
>>296

455 :考える名無しさん:2006/11/22(水) 20:44:16
正義とは、TPOです。

456 :451:2006/11/22(水) 21:11:05
>>454
あったかスマソ

457 :452:2006/11/22(水) 21:21:19
>>453
どうも有難う、
語源を深く探ると日本語を否定することに成りかねませんね。
私は正義と言う日本語として根付いた言葉を、どう日本的に解釈することが相応しいのだろうか、
を考えると辞書は欠かせないと思いますね。
例えば「我の羊を守ること?」が正義の語源だと言うことも有り得ますからね。
でも「正義=社会全体の幸福を保証し維持すること」 は十分に納得のできる答えと思いますよ。

458 :考える名無しさん:2006/11/22(水) 22:16:43
>>457
欠かせない筈の辞書を、どうして君は

459 :考える名無しさん:2006/11/22(水) 22:18:43
「反語」に用いれなかったのか!!!

460 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 00:01:51
>>457
>「正義=社会全体の幸福を保証し維持すること」

アホかw 幸福の単位は個人だ
社会全体などという幸福の単位は存在しない

もしあるとすれば北朝鮮かな
あの男の頭の中には個人という単位は存在してない
国家という「社会全体」しかない

もう寝たらどうだ、だいぶボケてるようだが・・w

461 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 00:07:35
You can justify anyting.

462 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 00:08:25
例えば、相手が挨拶を返さないとしても「おはようございます」などと
言っておくのは無条件に正義なのだよ。

463 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 00:13:14
>>462
戦場で敵兵に、その無条件の正義とらを
殺されるまでやってろw

464 :↑ まちがっちまったw:2006/11/23(木) 00:13:51
正義とやらを 

465 :451:2006/11/23(木) 00:42:52
まま、とりあえず>>457最終行の辞書的定義を叩き台にするなら、
「社会全体」という意味は曖昧だよね
それは国家なのか、国際社会なのか、あるいは自分の属する各社会の総和とでも言うべきものなのか
でそもそも「社会」とはなんなのか←特に「正義」という理念が影響を及ぼしうる位相はどの辺なのか

そして「幸福」とは何か
>>460の言うように「社会全体の幸福」とはあり得るのか

んで「保証する」とは何によってなのか
その責任主体は誰なのか

他になんかあるべか
「維持」ってのは>>457の定義では蛇足ぎみだけどオレ的にはなんか好き
ここまで飛ばし読みだったから既に定義済みの項目があったら教えてちょ

「義」の成り立ちは図書館行って調べるわ

466 :451:2006/11/23(木) 00:45:56
今までの議論とは全然カンケーないかもしらんが、
子供って「正義」は好きだよな
あれはなんでだろ

まあウンチも好きだがw

467 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 02:31:47
>>466
ウンチよりもウンコのほうが好きだった気がするな。地方によるのか?

とりあえずひとつ指摘しておくと、「社会全体の幸福を保障する秩序を実現し維持すること」は
>>309にもある通り、広辞苑の定義の引き写し。
辞書の代名詞にもなってる広辞苑も、こんなツッコミどころ満載の表現をするんだな。

468 :457:2006/11/23(木) 04:16:56
>>460
>「正義=社会全体の幸福を保証し維持すること」
この場合、社会全体とは日本社会とか北朝鮮社会では無くて、人類社会を指すのですよ。
つまり個の幸せを望む自己愛や集団的自己愛などの小さな枠内の幸せは正義とは呼べず、社会全体の幸福を保証し維持すること、を正義と呼ぶのですね。
そして幸福を保証し、とは社会全体の誰一人も漏らさず幸せに、と言う考えを前提とすると言うことです。
維持することは、その考えを継続すると言うことですが、何れにしろ正義とは大きな人間愛が産みだす理性が必要ですね。
>>467
>辞書の代名詞にもなってる広辞苑も、こんなツッコミどころ満載の表現をするんだな。
ツッコミどころ満載の表現では無くて、読み手に問題が有るんじゃない?



469 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 09:16:07
>>468
>社会全体とは日本社会とか北朝鮮社会では無くて、人類社会を指す

病気かオマイw
「人類社会」なる←日本社会に「優先する社会」が存在するという仮説を
信じ込んでるたようだが、「あるのか?そんな社会?」・・無いだろよw
「無い」とすれば「無いもの」をもとに現実生活の行動規範(正義)を
作ったって始まらないじゃんw

>個の幸せを望む自己愛や集団的自己愛などの小さな枠内の幸せは
  正義とは呼べず、社会全体の幸福を保証し維持すること、を正義と呼ぶ
>社会全体の幸福を保証し維持すること、を正義と呼ぶ

卒倒しそうだぜw
正義とやらが「オレやお前の幸せのための正義」でないとすると、

    【いったい誰のための】正義なんだ?

「オレやお前の幸福」は「オレやお前以外の人類の幸福」より必ず小さいのか?
人数的に多い者達の正義?こそが正義であり、少ない者達のものは
「正義?ではない」・・そうなんだろ?

     
    【オレやお前の入ってない社会全体】なんて・・あるのかw





470 :468:2006/11/23(木) 14:48:54
>>468
人類社会を否定すると世界経済も仮説だ、と言うことですね。
>【オレやお前の入ってない社会全体】なんて・・あるのかw
そう、有りませんよね。ですから貴方が【社会全体の幸福】を望めば必然的に私も貴方の幸福も含まれますよね。
ですからあなたの>>460
>アホかw 幸福の単位は個人だ
>社会全体などという幸福の単位は存在しない
と言う書き込みは間違いなんですよ。
>「オレやお前の幸福」は「オレやお前以外の人類の幸福」より必ず小さいのか?
「正義=社会全体の幸福を保証し維持すること」は私も貴方も含まれての話しですよ。
>人数的に多い者達の正義?こそが正義であり、少ない者達のものは
>「正義?ではない」・・そうなんだろ?
社会全体ですから人数なんて関係ないでしょ、
日本人も幸福も北朝鮮の人々の幸福も社会全体の幸福を保証し維持すること、が正義なんですよ。








471 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 14:53:33
正義とは宮台真司を刺殺する事です。

472 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 15:22:12
>>470
>貴方が【社会全体の幸福】を望めば

オレが【そんな ありもしないモン】を臨むかよw
オマイじゃあるまいし

なお>>460
  ↓
【社会全体などという幸福の単位は存在しない】←と言ってる

知恵遅れ向けに解説付けとくな(メンドイw)
  ↓
金正日・北朝鮮のように→幸福を「社会全体」というゲージで捉えると
「オレやお前(個々人)の幸福」は二の次となり→「無いも同然」となる

つまり今頃オマイは収容所で飯も食わずに強制労働させられてるってワケw

473 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 15:24:50
>>470
アメリカにはDepartment of Justiceと呼ばれる役所がある。
日本語では「司法省」と訳されるが、この役所は
社会全体の幸福を保証し維持するために活動しているとでも言うのかね?
つーか>>309で既に終わった話をいまさら持ち込まないでくれよ。

474 :29:2006/11/23(木) 16:26:21
>>473
米国の正義は有る「特定の団体」に拠って押し付けられた、米国の正義で有って人類の正義では無いことを貴方も御存知のはずです。
従って、人類の正義を唱える者達は米国の正義を惑わすことに繋がる、と言う大変に身勝手な発想です。
つまり正義とは人類の平和を望む意識ですが平和とは人類全体の全てに平等と言う平らな状況を創りだすことで和が保つ、と言う意味です。
ですから米国のDepartment of Justiceは「特定の団体」の利益の為に動き「社会全体の幸福を保証し維持すること」の為に動く組織では無いのです。
こんなことは世界の常識ですよ。


475 :451:2006/11/23(木) 18:30:33
「義」の字の成り立ち調べてきたよー(「漢字源」学研)

【解字】会意兼形声。我は、ぎざぎざとかどめのたったほこを描いた象形文字。
義は「羊」(形のよいひつじ)+音符我」で、もと、かどめがたってかっこうのよいこと。
きちんとしてかっこうがよいと認められるやり方を義(宜)という。

つまりは「かっちょえー」ってこと?子供のヒーロー願望とあんまかわんないなw
そういえば「義」の音読みは「よし」だけど、「よし」ってのもアバウトな意味付けだなあ

476 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 18:40:54
>>474
>米国の正義は有る「特定の団体」に拠って押し付けられた、
>米国の正義で有って人類の正義では無いことを貴方も御存知のはずです。

おっと日本語が使えないアホがひとり登場〜
主語と補語に同じ言葉を使うとテスト0点って知ってたか?

>「正義=社会全体の幸福を保証し維持すること」
この場合の社会全体とは日本社会とか北朝鮮社会では無くて、人類社会を指すんだったよね。
つまり、「米国の正義=米国の人類社会全体の幸福を保証し維持すること」なんだね。
人類社会って米国の一部だったんだ。知らなかったよ。

>>475
「格好いい」と「格好がいい」ではだいぶ違うと思うよ。
たとえば「五経正義」って本は、「五経の正しい解釈」を示したもの。

「きっちりしてる」「格好が整ってる」のほうが近いんじゃないかな?

477 :474:2006/11/23(木) 18:55:17
>>476
>つまり、「米国の正義=米国の人類社会全体の幸福を保証し維持すること」なんだね。
では無くて、
「米国の正義=米国を支配する「特定の団体」の幸福を保証し維持すること」だよ。


478 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 19:18:20
正義とは善ではなく論理です

479 :477:2006/11/23(木) 19:38:50

>>478
正義=論理の「理=物事の理非・是非・善悪を明確に弁別する心」ですので善抜きでは正義を語ることができません。

480 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 19:43:02
自己矛盾発生のお知らせ

>>477
>「米国の正義=米国を支配する「特定の団体」の幸福を保証し維持すること」だよ。
>>468
>つまり個の幸せを望む自己愛や集団的自己愛などの小さな枠内の幸せは正義とは呼べず、
>社会全体の幸福を保証し維持すること、を正義と呼ぶのですね。


481 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 19:50:47
ユダヤが正義です

482 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 20:30:37
>>467
>ウンチよりもウンコのほうが好きだった気がするな。地方によるのか?
ウンチもウンコも同じ意味だと思ったけど(@長野)…種類が違うの?

ついでに「広辞苑の嘘」(谷沢栄一・渡部昇一)って本も借りてきたー
著者達の右翼バイアスを差し引いても、
結局は広辞苑は商業主義的出版物だったんだなあといまさらながら

>>476
>「格好いい」と「格好がいい」ではだいぶ違うと思うよ。
あそっかなるほろー
でも「格好が整って」いさえすれば「義」なんだってのは面白かった

483 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 21:03:43

「理」とは何か?
人間にとって理とは主に利・・「利益」をもたらしてくれるものをそう呼ぶ
この利益をもたらさないモノを人が理と呼んで尊ぶ事は無い

なぜそうなのだろうか?
それは人が欲求を満たすため、つまり利益を得るために生きており
効率よくそれを達成する道具として理を用いて来たことに由来する

理は・・人の目的である利を得る手段だってことだ
理はそれ自体けっして目的足り得ないのよ・・利の従者
それ以上でも以下でもない

わかったらもう寝ろw



484 :451:2006/11/23(木) 21:58:17
あ、>>482は451ね

なんだー、qqqe4gra9@comet.ocn.ne.jpってジャンケンおやじの凡人かよー
つくづくがっかりだorz
なんか岩波=広辞苑的な「正義」の定義も、掘ってもヌルいもんしか出なさそうだなー

言葉の化石的な定義から翻って、現在の「正義」という語には、
個人の怒りや恨み、欲望がないまぜになった情念を大義名分に隠してごり押しする
といったニュアンスがあると思う
だからこそ「正義」に対してシニカルな物言いが多い
しかし本当に正義はもうお払い箱なのか
まだ必要なのならどんな形態がありうるのか
そしてたとえ日本ではお払い箱でも、自国の正義をごり押ししてくる国もある
そんな正義にどうすれば対抗できるのか
まそんな事まで話が及べばいいなー
ってもうどこかで言われてたらスマン

じゃもう寝るノシ

485 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 23:27:34

>>484
君には
「正義=あるべき姿に社会や人間を正そうとする信念」

「正義=社会全体の幸福を保証し維持すること」
のどちらなら分かるのかね?


486 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 23:37:35

何が正義か? 何が善か?
その答だが・・正義と善は似たもの同士つか本質は同じ、だから答は簡単w

結局「自分にとって都合のよいもの」・・それを正義とか善とか呼んでるだけなのよ
ブッシュにとって都合のよいもの・・それがブッシュにとっての正義/ブッシュの善
金正日に都合のよいもの・・それが金正日の正義で善・・てこと

       そしてそれはお前にもある

また前に指摘したとおり、人類という「主体」は存在しない
「主体というもの」は個人単位でしか存在しえないのよ
「思考の」主体のことをふつう「主体」・・と言うわけで
主体は「思考」・・すなわち「脳単位(個人単位)」でしか発生しない

つまり「正義」を認識するのは→その「認識の主体たる「個人」にほかならぬワケで
当然ながら「何を正義とするか」は善や幸福と同様、個人単位で決定されるしかなく
けっきょく「個々人の利益に寄与する」か「しないか」で、何が正義で善かが判断
決定されてゆくのよ・・それが「人の道理」・・ほかに考え方も答も無い (^-^) ニコ



487 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 00:01:11
>>486
人間は、自分の利益に寄与するかしないかを常に正確に判断し、
どのような人でも、間違うということは絶対にありえない、
としたら、あながちしれでも間違いではないかもね。

488 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 00:01:40
みんな正義があると思うから、裁判所が必要。

489 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 00:12:51
>>487
そだね、人様の利益の判定はむずかしいけど
自分の利益の判定だったらある程度わかるよね? つか得意w
仮に間違ったところで自分で責任とるだけだし
↑世界を貫く自己責任の法則w



490 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 00:19:57
>>486
【結局「自分にとって都合のよいもの」・・それを正義とか善とか呼んでるだけなのよ】
【ブッシュにとって都合のよいもの・・それがブッシュにとっての正義/ブッシュの善】
【金正日に都合のよいもの・・それが金正日の正義で善・・てこと】
これ全て、身勝手な思いに依る我が侭と申しまして正義とは程遠い心のことですよ。
正義と我が侭の区別ぐらいは明確に致しませんと話しを進めることができませんよ。


491 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 00:21:19
>>490
どう違うんだ?

492 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 00:29:02
まあ、正義なんてないと思えば、
強盗に身包み剥がれたり、暴漢に襲われて半身不随になっても、
腹を立てる必要もないもんね。

493 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 00:33:15
>>489
それがわかるなら、例えば株で大もうけできるはずだが・・・・。

494 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 00:33:54
盗っ人にも五分の魂♪ 泥棒にも三分の理♪ だっけ、、、

495 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 00:34:42
>>491
「正義とは、あるべき姿に社会や人間を正そうとする信念。道理、道徳に適っており、正しいこと」
「正義=社会全体の幸福を保証し維持すること」

【結局「自分にとって都合のよいもの」・・それを正義とか善とか呼んでるだけなのよ】
【ブッシュにとって都合のよいもの・・それがブッシュにとっての正義/ブッシュの善】
【金正日に都合のよいもの・・それが金正日の正義で善・・てこと】
の違いが分かりませんか?



496 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 00:35:01
>>493
うん、実際大もうけしてる連中がいる

497 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 00:37:12
>>495







   何を教えてほしいんだ?
   知りたい事、わからない事を書いとけ

   なお質問文は簡潔にナw












498 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 00:43:56
>>496
してない連中がいるのはなぜ?

499 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 00:49:34
>>498
何を正義と考え行動しようが・・すべては自己責任なのよ
自分で選んだ行動の結果の結末は自分で始末を付けるっきゃない

オマイみたいに一生逃げ回る生き方をするのも
責任の取り方といえば取り方なんだが、この意味わかるまいw

500 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 00:50:17
正義なんてその時の環境で変わる。金もなく本当に飢えて死にそうな人がアンパンを盗んで食ったてそれを悪という人は少ないだろう。また何かが起きて人工が激減し種族の存続が危うくなった時に女を犯して子供を沢山生ましたって悪とは言われないだろう

501 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 00:57:16


>>497
「正義とは、あるべき姿に社会や人間を正そうとする信念。道理、道徳に適っており、正しいこと」
「正義=社会全体の幸福を保証し維持すること」

【結局「自分にとって都合のよいもの」・・それを正義とか善とか呼んでるだけなのよ】
【ブッシュにとって都合のよいもの・・それがブッシュにとっての正義/ブッシュの善】
【金正日に都合のよいもの・・それが金正日の正義で善・・てこと】
の違いが分かりませんか?
と言う話しの流れも分からないようですね。


502 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 00:58:35
>>499
責任って、今の話に何か関係あるの?




503 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 01:04:36
>>501
>金もなく本当に飢えて死にそうな人がアンパンを盗んで食ったてそれを悪という人は少ないだろう。
世の中の正義の不足が招いたこと、
>また何かが起きて人工が激減し種族の存続が危うくなった時に女を犯して子供を沢山生ましたって悪とは言われないだろう
女子の同意が無ければ状況を問わず不義、



504 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 01:15:31
>>503いえ最初から正義の定義で言ったつもりはありません。善を論理的に導いて行動するのが正義なのに人は「この状況なら仕方がないだろう」と感情論で曲げてしまう矛盾した生物です

505 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 01:33:02
>>503
具体的に「正義」になりえる行為を述べてみなw

506 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 03:02:22
数時間前の自分の発言を覚えていないのはどうかと思う。

477 名前: 474 [qqqe4gra9@comet.ocn.ne.jp] 投稿日: 2006/11/23(木) 18:55:17
>>476
>つまり、「米国の正義=米国の人類社会全体の幸福を保証し維持すること」なんだね。
では無くて、
「米国の正義=米国を支配する「特定の団体」の幸福を保証し維持すること」だよ。
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

490 名前: 考える名無しさん [qqqe4gra9@comet.ocn.ne.jp] 投稿日: 2006/11/24(金) 00:19:57
>>486
【結局「自分にとって都合のよいもの」・・それを正義とか善とか呼んでるだけなのよ】
【ブッシュにとって都合のよいもの・・それがブッシュにとっての正義/ブッシュの善】
【金正日に都合のよいもの・・それが金正日の正義で善・・てこと】
これ全て、身勝手な思いに依る我が侭と申しまして正義とは程遠い心のことですよ。
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
正義と我が侭の区別ぐらいは明確に致しませんと話しを進めることができませんよ。



507 :451:2006/11/24(金) 13:39:02
>>486
自己の功利による自己責任を伴った判断で全てOKということならば、
「自己責任を負うのは覚悟でお前を殺す」という判断を否定できないワケだよね
あるいはブッシュや金正日が自己責任を負うなら何も非難はできない、と

>>487で懸念されておりように、全ての人間が全く誤謬の無い判断が
できるのだとしたら実に理想的な社会が到来しそうだけれども、
価値判断の統一基準さえ確定してない現状では、
完全な性悪説に基づくコストの高いセキュリティが必須になるんじゃないかなあ
あるいは個人間で対立する判断を解決する策が何かある?

508 :477:2006/11/24(金) 14:21:27
>>506さん
>>476は私のアド使った方です。
>>465>>473>>482>>484>>487>>492の人が私のアドを使っていますが私では有りません。





509 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 14:34:04
何が正義なのかがはっきりしたとして、
「正義だからどうした?」と聞かれると、非常に困る。

510 :508:2006/11/24(金) 14:35:23
>>507さん
御自分のアドで書き込みをしましょうね。


511 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 14:41:46
個人や集団から観れば在るだろ

この行為は良い
この行為は悪いって思うだろ?

それだろ

宇宙に絶対の正義は在るかとかって話なら
知らん

無いだろ多分

512 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 15:21:51
ここは自演と自爆ばかりのひどいインターネットですね。

>>508
とりあえずこのスレでqqqe4gra9@comet.ocn.ne.jpをメ欄に入れてるレスは、
>>468,470,474,477,479,485,490,495,501,503,508,510
の12レス。
大した数でもないんだし、まともに議論する気があるなら、君が書いた
レスを全部挙げておいてくれ。
後から「やっぱりあの発言ナシ」じゃあやってられんよ。

513 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 16:24:55
>>512
ブラウザでHNにリンクがあったらみんな己れのメアド入れてると思ってんだなw
ついに被害妄想まで発症したかw

514 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 18:47:57
何が正義なのか?
「正義とは、あるべき姿に社会や人間を正そうとする信念。道理、道徳に適っており、正しいこと」
これが適切だと思うね。
だけど>あるべき姿に社会や人間を正そうとする信念、と言っても「あるべき姿」を知るには社会や人間の間違っている姿を見えないと駄目だ、と言うことですね。
次も>道理、道徳に適っており、正しいこと、でも「道理や道徳・正しいこと」何て皆さんは想像も付かないのに納得できる訳が無いですよね。
今、皆さんに必要なのは考えることで無く、考えられる心の体制を整えることだ、と思われますね。
ドライブするのにガソリンの空っぽな車に乗り込んでソレイケ、ヤレイケって騒ぐ拠りも給油が先決ですよね。



515 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 19:24:07
それぞれの正義があっていいと思うけど、
世間では大衆が良いと判断するものが正義、逆は悪。

人殺しでもそう。
みんなが死ね、と思ってる奴を殺すのは正義。
みんなが死んで欲しくない、と思う奴が死んだら、殺した奴が悪。

516 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 20:00:15

本当の正義は力や多数決に関わらず、理に拠って人類平和の確立を目指すこと、でしょうね。


517 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 20:17:50
>>516
あやうく釣られるトコでした^^;

518 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 20:22:45
>>501
それ質問じゃなくて自説の押し売りじゃんよw
質問=答が分からないのでする問い←これをしろ、すぐ教えてやッからw

519 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 20:28:15
>>517
誰に?

520 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 20:31:31
>>518
>>501は君が敵う相手じゃないよ。ヤメトケ、


521 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 20:35:07
うんこぷりぷりだお!

522 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 20:38:48
>>519
誰に誰に?

523 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 20:50:01
>>520
うむ、泣く子と知恵遅れには勝てない
なんせ質問ひとつできないからなぁ>>501はw

524 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 20:59:37
>>509
例えば、>>508,510のように「他人のなりすまし」だと言いつのりながら、
自分の勘違いに気付いたのか文体を必死に変えつつ自演で自説を押し付け、
謝罪さえしないような奴はどう思う?

少々のモラル違反なら反撃も許されるとは思わない?
メアドを変なメルマガに登録したりするくらいは

525 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 21:11:27
朝鮮王朝最後の王妃やってるね。日本の朝鮮支配の話か

526 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 21:14:13
>>524
最初の数行の語尾を変えただけで偽装工作は完璧と思ってるあたりは、逆に微笑ましいと思う。


527 :考える名無しさん:2006/11/25(土) 12:13:35
>>525
支配しょうと企む者達と支配されまいと子供まで毒殺した者達の犠牲になった、ラブストーリー。
と言ってしまえばお終いかな。な!な!な!

528 :考える名無しさん:2006/11/25(土) 12:42:00
判らない事は本当に日本が朝鮮を支配しょうとしていたか・という事。
伊藤博文はそんな事を考えてなく正義感があったので暗殺されたとか。
本当の事を知りたいな。な!な!な!

529 :考える名無しさん:2006/11/25(土) 13:24:50
「日本」という集団が、あたかも一個の個人のような意思を持っていたと考えるから、
迷宮に入り込む。

530 :考える名無しさん:2006/11/25(土) 14:59:26
入り込むなよ!

531 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 10:39:00
>>374

532 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 23:11:58
団塊世代って、正義だ民主主義だってご立派なこと叫んで
学生運動で暴れてたけど、結局、別のグループの奴をリンチしたり、
女子学生を集団レイプしたり、卑劣で残虐なことをやりまくってたんだよ。
それを棚に上げて、何かと言うと、俺たちは正義のために闘った!今時の
若者は腰抜けだ!とほざく。そのくせ、若者に反抗されるとものすごい勢いで
弾圧する。で、奴らは今、校長になり、いじめ隠蔽にワル知恵を絞る日々。



533 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 23:16:02
>>532
スレ違い過ぎwwwww

534 :考える名無しさん:2006/12/10(日) 17:35:56
>>532
それに気づいた貴方が、それを何とかするのが貴方の正義です。

535 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 22:48:58
正義とは海軍であり世界政府であり、それにたてつく者には
ばすたーこーる

でも、仲間を奪い返したあいつらも正義なんじゃ・・・?

と言うわけで、正義とは自分の世界に都合のいい正しさ


536 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 15:55:57
>>374

537 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 15:56:31
>>374

538 :p:2006/12/14(木) 16:07:49
正義の対義語は悪じゃないよ
悪には悪の正義があるんだから
正義の対義語は不義
悪にも義はあるのさ



539 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 17:23:50
悪の対義語は処女性

540 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 18:06:00
>>539
○正義の対義語は悪じゃないよ
×悪には悪の正義があるんだから
○正義の対義語は不義
×悪にも義はあるのさ
義とは万人の良心の手本と成るもの、ですから悪に正義と義は有りません。
>>1 何が正義なのか?
正義とは万人の良心の手本と成る正しいもの、です。




541 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 18:14:11
義ってのは意味の事だよ
>>540の義の定義は一義的にすぎる
まるで辞書を棒読みしてる感じだ

542 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 18:32:39
二元論は問題を簡略化させ例外を疎外してしまう危険性がある
ドゥルーズのリゾームは未ださびれていない思想だと思うがどうか


543 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 19:57:41
>>541
義を意味とするのなら、義=正しい意味とするべき、ですね。
義=意味、それこそ義の意味が無くなってしまうでしょう。


544 :Jeff:2006/12/15(金) 23:00:04
犯すのは悪だ


545 :Jeff:2006/12/15(金) 23:02:25
>>500
犯すのは悪だ



546 :考える名無しさん:2006/12/16(土) 05:09:22
オウム真理教サイト
息抜きにどうぞ
http://homepage2.nifty.com/aleph/index.html

547 :考える名無しさん:2006/12/19(火) 09:14:18
気合入れてログ全部読んだけど哲学ってこんなに笑えるもんだったんですね

548 :考える名無しさん:2006/12/20(水) 00:05:06
笑えるつか泣けるだろw

549 :考える名無しさん:2006/12/20(水) 10:55:54
ミクシにも笑えるコメントがあったぞ
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=11560412&comm_id=105236&page=all
の>>.96

>日本人には、正義だとか倫理だとかの感覚はないし、それが何を意味するか永久に理解できない

はー、じゃおまいはクレタ人か…

550 :考える名無しさん:2007/01/23(火) 11:53:28
再開希望age

551 :考える名無しさん:2007/01/23(火) 11:55:33
ジャイアン

552 :考える名無しさん:2007/01/23(火) 13:32:40
>>1 何が正義なのか?
正義=人類全体の幸福を保証する秩序を実現し維持すること。
また、それを目的とし考え行動することも正義に準ずる。
がグローバル化した今日に相応しい正義の捉え方でしょうね。
これを理解できなければ頭に欠陥が有りますので頭の修理をして下さい。

553 :☆虐待冤罪量産か?☆DV法の補強?☆児童虐待防止法ヤバイ☆:2007/01/24(水) 04:26:50
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1168281126/29-33

>親から事情を聴く審尋を経たうえで判断するのが通例…緊急措置の保全処分は審尋なしで
>近隣住民からの聞き取り…により
>虐待の事実がなかった…責任を問われることはありません
▲数人近隣に引越せば緊急をタテに冤罪に?

>立ち入り調査をしやすく
>警察関与に…令状主義を侵す恐れがある」と難色
▲令状無し家宅捜索?警察は抜きで!

168 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)