2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

引きこもり問題では何を考えるべきなのか2

1 :諧謔 ◆HUMOR8ZV1M :2005/11/25(金) 00:06:38
      /       ⌒ ̄\   __,..   i
      i        -,-===ゞ' く__,. _   i
    i           ..::::ノ   ヾ ̄ヾ-    i 引きこもり問題では何を考えるべきなのか?
     |         ....:::::  .   }:.      | http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1118992182/
    |          ,イ  ,;_  .,ノ:::...     i
      |        / ,  ´ ー ´`i      ノ  関連スレ
     !       ノ /-====ー、 i     ノ  http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1127440243/
      ヽ       {    ⌒ " ,、  ノ
自分に被害が及ばない方向へ邁進する親から現実逃避みたいに逃げる無責任感と自意識と無意識は過剰か?
引っ手繰りとかコンビニ強盗などは親が餓鬼に対して補助エネルギー寸断と躾は家畜が餌や銭を強請ると同様
家畜は密閉されて空間で増長するだけでは意見の相異を理解することもなく親から授かった正義という名の下で
幻想に酔うと精神的に不安定な家畜は不潔でも平気みたいな状態を解決することが先決且つ必要不可欠であり
被害妄想に陥ると例え成年であっても如何様物レベルで成長しなくなり群がって楽をしようとして必要以上に偽る
事体は精神的に不衛生で免疫の有無と勘違いして不潔な群がりである事に気が付かない状態を全く自覚できず
生意気にも彼らは自分たちの定規を自分立ち以外に中てつけては正義で育てられたからこそ何かと粋がるらしく
粘着状態に陥り結局は楽をしようとして余計に逼迫し切羽詰まる状態を彼ら自ら悪い自分たちをつくり続けている

2 :考える名無しさん:2005/11/25(金) 00:07:36
2

3 :不言 ◆ROOF1QOLmc :2005/11/25(金) 00:16:39
ノウハウを培おうとしても遣っ付け合いでしかない環境でhttp://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1113612866/
彼らは一体何に対して慌ててループしてしまうから苦しくhttp://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1094334766/
原油価格が急騰するとニートみたいな連中は必然的に減るhttp://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1107620132/
半減したと勘違をいしている精神的な問題と対話についてhttp://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1091342261/
ニートは少し遣っ付けられると酷く腰砕けになり弱り易いhttp://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1119138754/
狡賢い計画とは打算いわゆる出来婚が前提程度の任務ではhttp://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1105174280/
あらゆる意味で自分本位で物事を判断して楽しようとするhttp://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1121836213/
余計にしんどい状態に陥る原因は恐らく過剰であることはhttp://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1129143059/
勘繰る迄もないが原油価格高騰の背景には何らかの限界をhttp://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1099714174/
超えている為にステレオタイプのボリュームを捻れられるhttp://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1093796867/
自由は何かと嫌がらせを伴っていて可能性を一個に狭めるhttp://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1112427692/
遣っ付けても遣っ付けても働かない人間は還元がない懦弱http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1118992182/
ゾンビやミイラは原則的に怠け者ほど王通を邁進したがるhttp://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1100512956/
即ち卑怯で無気力で自覚無く錯覚し続ける渦を好い意味でhttp://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1094133754/
刺激しても無駄だがボリューム調整は必要不可欠で効果的http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1116933088/

4 :考える名無しさん:2005/11/26(土) 00:09:15
前スレ922
>言葉を持たなくても痛みは感じるyo!
>言語が思考を規定するというのは間違っているyo!

▼前スレ64
俺が「ひきこもりの原因はテレビだ」というと必ずこう反論するやつがいる。
そういうやつはメディアと意識の関係についてきちんと理解しているのか。
例えば「文字」とは何か。俺は文字こそ意識の起源と考える。
文字以前に意識はない、苦痛もなければ快楽もない。
例えば熱いナベに触った時「熱い」と感じる前に手を引っ込めるが、
これは人間が言葉で「熱い」という意味を理解するのに時間がかかるからだ。
しかし犬や猫はいつまで経っても「熱い」とは思わないだろう。
「熱い」という言葉を持たないからだ。
それではネアンデルタール人は「熱い」と思うかと言えば、思わない。
ネアンデルタールの言語は固有名だけでまだ「意味」のレベルに
達していないからだ。
それではクロマニヨン人は「熱い」と思うかと言えば、思わない。
クロマニヨン人の言語は固有概念だけで、
因果関係を客観的に理解するレベルには達してないからだ。
結局「熱い」という感覚が発生するのは「自分は火で熱せられたナベに
触ったから熱く感じる」という因果関係を理解してからだ。
それは文字によって可能となる。文字とは今ここだけのことではなく
いつでもどこでも成立する事柄を表現したものだからだ。
そういう理想世界が現実世界とは独立に形成されることで
人間の意味世界は成立したのだ。


922氏は動物も「熱い」とか「痛い」と思ってると言うのだろうか

5 :ぴかぁ〜 ◆q5y3ccmqnw :2005/11/26(土) 00:34:04
これ?

6 :考える名無しさん:2005/11/27(日) 17:50:31
べつにニートやヒキコでなくても当てはまる特徴ばかりだな。

7 :考える名無しさん:2005/11/27(日) 23:26:26
インターネットというようなマスメディアが社会関係を変えるという要素は
たしかにあるとは思う。というよりか、社会の実態はそもそもメディアでは
ないか。言葉だって記号だってメディアなのだ。
ネットを使って就職して勤務し、収入を得てモノを購入することができれば、
ネット以外に誰と会わなくても社会生活が送れる時代が来つつあるのかも知れない。


8 :考える名無しさん:2005/11/27(日) 23:27:49
貨幣だってメディアですからね。社会ばかりか経済もメディアかも。

9 :考える名無しさん:2005/11/27(日) 23:29:06
経済でなくて市場の間違えでした。

10 :考える名無しさん:2005/11/28(月) 15:43:01
1は何が言いたいのかさっぱり分からん
ここもくそスレか

11 : ◆GUGENiOq0w :2005/12/06(火) 23:56:42
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1090687854/724

12 :考える名無しさん:2005/12/07(水) 01:03:56
ある家庭にある一人のヒッキーがいたとする。
その家族は彼、彼女に対し、
何か干渉すべきだろうか、それとも生活上の最低限度の世話を
するだけに留まるべきだろうか。
(あるいは、ヒッキーはヒッキー以外の社会的なものになるべきだろうか)

13 :考える名無しさん:2005/12/07(水) 03:26:02
>>12
ひとつ言えるのは悲喜ただ一人の
力じゃなにもできないってことですね

悲喜に限らず人間皆そうでしょうが・・・と、悲喜がいう。



14 :考える名無しさん:2005/12/07(水) 05:50:02
結局は>>12の問題だけ、ヒッキー以外は考えればいい
と思う。筆記ー自身は独自の問題を考えていると思うし。
ただ、そうすると家族は世話するのはどこか違和感あるし
第一負担だしね。というわけで、長続きしないだろう。
できれば筆記ー自身である程度自立してほしいというところだろう。
それに対してはヒッキーはどうしても無力感に苛むだろう。

15 :考える名無しさん:2005/12/07(水) 15:57:04
仕事オヤジも、稼ぎがあるのは大きいけど、身の周りの世話という面では、自立していない。
専業主婦も、稼ぎという面では自立してない。
さらに上を考えると、精神や思考の自立というのもある。
広く突き詰めて考えると、自立のハードルは高くなる。
ここまでいくと、自立している人のほうが少ないなんてことになりかねない。
とりあえず稼ぎという面でのみ自立を考えるのが無難だと思う。

16 :考える名無しさん:2005/12/07(水) 16:36:53
仕事オヤジが掃除炊事洗濯をこなしたらば、家庭のどこに主婦の仕事があるのかね。

17 :考える名無しさん:2005/12/07(水) 18:17:18
みんながホンマに自立を追求しだしたら、
多くの役割(仕事)は、無用になっちまう。
自立と依存とは、表裏の関係にあるってことさ。

18 :考える名無しさん:2005/12/07(水) 19:22:20
経済的自立は生物の必須条件、
野生生物の子供達はみな経済的自立を果たし次の世代を作っている。

最近日本の一部のクソガキがいつまでも
妖怪のように親の萎びた乳房をしゃぶり続けている。

これがいわゆる『引きこもり問題』。




19 :考える名無しさん:2005/12/07(水) 19:44:10
>>18
むちゃくちゃな理屈だな
経済活動や労働は人間の特有の能力だ、マルクスが強調しているように
人間以外の(ほとんどの)生物には自立という観念はない
引きこもりは人間特有の病だ
もう少しマシな説教しろよ
罵倒したいだけなら屁理屈こかずに、馬鹿やろう、といえばいいだけだ


20 :考える名無しさん:2005/12/07(水) 19:57:24
>>19
馬鹿な引きこもりが一匹釣れたな。
最近の生物学を何も知らないのか。
経済学の概念を生物の資源の分配に拡張しているのだ。
親は自分の獲得する資源と、子孫を残すという行為に使われる資源の
分配の経済学に直面しながら生物としての適応の道を探っているのだ。

そういう意味では子供を経済的に自立させられない親子は
生物として失敗していると言える。
でもそういう親子でも残念ながら人間だからな。
まあ問題にしてやるよ。
ありがたく思え。

21 :考える名無しさん:2005/12/07(水) 20:20:00
生物学だけでひきこもりというものを捉えようとするのは
ちと乱暴じゃ内科医?と生物も経済も学んでない筆記がいう。

22 :考える名無しさん:2005/12/07(水) 20:39:19
>>21
大枠を示しただけだ。
引きこもり問題の大枠とは、煎じ詰めれば、
子供が親に『経済的に』依存し、『経済的に』自立しないという問題だ。
引きこもり問題で悩む親は「自分が死んだ時この子がどうなるのか」と心配し、
きょうだいは「親が死んだら自分がこの怪物の面倒をみるのか」と恐れる。
もし仮に彼が経済的に自立し、自分が生きて行くための資源を自分で獲得する事が出来ていれば、
親きょうだいはこのような心配はする必要はない。

ひるがえって人間以外の生物を見てみると、
生物の子孫は成長するまでに自分で自分が生きるための資源を獲得する術を覚え、
『経済的に』自立してゆく。
子供が『経済的に』自立してゆくまで、親が自分の獲得した資源を割いて
子供を育てる期間は生物により様々だが、例外無く子供を『経済的に』自立させるようになっている。
(経済的に自立出来ないければその生物は滅びるのだから当たり前だが)

人間はこの子供が経済的自立をするまでの期間がきわめて長いのが特徴だが、
引きこもりは特に長い。一生を通じても自立しないほどの勢いだ。
こういう風にみれば引きこもりを作り出した親子が、
いかに生物として常軌を逸しているか分かる。
でも別に私はただなすがままに滅びよという気はない。
税金という貴重な社会資源をこんなクソ親子どもに使われたら迷惑だし、
引きこもりに辛酸をなめさせられる親やきょうだいが哀れでもあるからだ。

23 :考える名無しさん:2005/12/07(水) 20:57:25
>>22
>人間はこの子供が経済的自立をするまでの期間がきわめて長いのが特徴だが、
引きこもりは特に長い。一生を通じても自立しないほどの勢いだ。
こういう風にみれば引きこもりを作り出した親子が、
いかに生物として常軌を逸しているか分かる。

こことかよくわからんです。如何せん個人差がありすぎるし。
先進国の若者のモラトリアム期間てやつかもしれませんよ。(社会学になっちゃったw)
まあ自分が妖怪化してるのは否定できんです。ハイ。

24 :考える名無しさん:2005/12/07(水) 20:59:23
こういう掲示板だと、たまに極度にヒッキーとかを憎悪してる香具師がいるよな。
そういう人って、実際兄弟とかがそうだったりするの?

25 :考える名無しさん:2005/12/07(水) 21:07:45
>>23
生物の子供が親からではなく、
自分でエサを獲得出来るようになるまでの期間と考えればよい。
この期間は哺乳類でもせいぜい1年未満だが、
人間は少なくとも数年程度かかる。

モラトリアムの本来の意味を知っているのか。
「執行猶予期間」という意味だ。
経済的自立が出来るという事を前提とした猶予期間というような意味で、
学生の期間を指すのが普通だ。

学生でもないのに、これの無期限引き延ばしを要求しているのが引きこもりだ。

これは個人的差異などというレベルを明らかに越えているのだよ。
怪物君。

26 :考える名無しさん:2005/12/07(水) 21:09:36
>>24
うん?殺人犯を憎悪するのは被害者のきょうだいしか、しちゃいけないの?
社会的な悪は誰でも憎悪するんじゃないの?


27 :天空 ◆rBlGBOMBeg :2005/12/07(水) 21:28:09
参照
http://www4.ocn.ne.jp/~namino/108.html

>>22>>25
≫自分でエサを獲得出来るようになるまでの期間と考えればよい。
≫子供が親に『経済的に』依存し、『経済的に』自立しないという問題だ。
≫引きこもり問題で悩む親は「自分が死んだ時この子がどうなるのか」と心配し、
≫きょうだいは「親が死んだら自分がこの怪物の面倒をみるのか」と恐れる。

完璧ですね

≫経済的に自立出来ない

最悪の場合が横領だが経費削減と経済観念で勝負せず高級ブランドで武装する

≫人間はこの子供が経済的自立をするまでの期間がきわめて長いのが特徴だが、
≫引きこもりは特に長い。一生を通じても自立しないほどの勢いだ。

俺々詐欺などは団塊世代が悪いという批判ではなく
携帯電話が存在しない時代は暗黙の了解が多少違っているかと思われます

≫資源

重要ですね
団塊世代の人たちは気を植えると激怒します

28 :怪物:2005/12/07(水) 21:28:43
>>25
とりあえずご丁寧なレクチャーありがとうごさいます。
ひとつお聞きしたいことがあります。
あなたの理論では高齢者の方々や障害者の方々の扱いは
どうなるのでしょうか?生物学的に説明して下さるとありがたいのですが。

29 :天空 ◆rBlGBOMBeg :2005/12/07(水) 21:29:06
>>16
ヤクザは横着の窮み即ち宇宙のエイリアン同様という傾向がである

http://www.k3.dion.ne.jp/~openbox/ss/dq14.html

12-13
哲学的にはヒキコモリ状態に陥っている人間が突然引きこもれる環境ではなくなると定義する
すなわち現実は厳しくゲームみたいに生き返ったりすることは無い

>>14-15
様々な意見の衝突があるかと思います
協力して土台を強化したとしても養育費とか子供のヒキコモリ期間などを考慮しておく必要がある場合

>>20
宗教的な依存に関しては結局つらいだけという論理に終始している
人は自分たちが分が悪くならない為に弱い

30 :天空 ◆rBlGBOMBeg :2005/12/07(水) 21:33:33
>>28
≫あなたの理論では高齢者の方々や障害者の方々の扱いは
≫どうなるのでしょうか?生物学的に説明して下さるとありがたいのですが。

動物病院とか歯医者は混雑していなければ常に緊急患者として治療が受けられる
大きな病院は医者も院内を歩くだけで結構な時間が掛かる

動物病院だからといって、イグアナとかヘビみたいな爬虫類を持ってこられても困るという意味を探れば其の全貌が明確になります

31 :考える名無しさん:2005/12/07(水) 21:42:47
>>30>>1

32 :天空 ◆rBlGBOMBeg :2005/12/07(水) 21:45:16
>>31

>>1居る?

33 :諧謔 ◆HUMOR8ZV1M :2005/12/07(水) 21:57:38
>>25
≫この期間は哺乳類でもせいぜい1年未満だが、
≫モラトリアム

≫学生でもないのに、これの無期限引き延ばしを要求しているのが引きこもりだ。

≫人間は少なくとも数年程度かかる。
≫「執行猶予期間」という意味だ。

≫経済的自立が出来るという事を前提とした猶予期間というような意味で、
≫学生の期間を指すのが普通だ。

>>22
≫人間はこの子供が経済的自立をするまでの期間がきわめて長いのが特徴だが、
≫引きこもりは特に長い。一生を通じても自立しないほどの勢いだ。

噛み分ける経済観念と納得できる内容は呑み込み其れ以外は人間味がない対処しかできない

34 :考える名無しさん:2005/12/07(水) 22:30:22
>>25
ヒキへの憎しみでトンデモ生物学まででっちあげるのは何がねらいかな?
おもしろいけど、もっと勉強してからにしないと、恥だわな。
感情が先立ち過ぎてて、理論が追いついてない。
背伸びしすぎだよ。



35 :D&rlo;ンロクイサ ♦ ψ...論工細&rle; ◆evilme7pG2 :2005/12/07(水) 22:39:58
>>34
天の邪鬼についてはどう思いますか?

36 :考える名無しさん:2005/12/07(水) 22:50:24
2ちゃんねるに毒されると天の邪鬼になるよ

37 :考える名無しさん:2005/12/07(水) 22:59:00
>>34
>>25は傷つきやすいんだからそういうこと言うな。

38 :考える名無しさん:2005/12/07(水) 23:55:41
>>37
ちょっと言い過ぎたのかな
>>25は、ヒキではないかもしれないが、心に問題をかかえている人みたいだね



39 :因縁 ◆INNEN8sGug :2005/12/08(木) 00:17:59
>>25
≫自分でエサを獲得出来る
≫経済的自立が出来るという事を前提とした猶予期間というような意味

抜粋すると正論ですね

「墨は餓鬼(がき)に磨(す)らせ筆は鬼に持たせよ」という諺があります

40 :彗星万年筆 ◆HUMOR8ZV1M :2005/12/08(木) 00:24:34
>>37-38
誤解があるとすると恐らく出来婚ブームに影響されて
増殖しても後悔している場合ではなく

快楽の為に自分たちの自由を犠牲にする屈辱感が信じ難いが
ゆとり無き状況でヒキコモリとか劣等意識の少ない子供は育つとは思えない?

41 :考える名無しさん:2005/12/08(木) 20:41:27
>>25
> 生物の子供が親からではなく、
> 自分でエサを獲得出来るようになるまでの期間と考えればよい。
> この期間は哺乳類でもせいぜい1年未満だが、
> 人間は少なくとも数年程度かかる。

蟻の社会のなかには働かないで餌をもらっている一群がいるらしいのだが。

それにヒトの社会でも、日本のような大家族的紐帯をもつ社会では必ずしも
個人主義的な意味での経済的自立が尊ばれず、親や兄弟と一生同居し、
昔はほとんどの家が家業をもっていたのでそれを手伝ったり、完全に養って
もらう人もいたらしい。遺伝的な意味での身内を養うことは生物学的にみても
完全な利他行動とはいえないはず。

42 :考える名無しさん:2005/12/08(木) 20:43:57
>>22
その考え方、Tヨットスクールの関係者っぽいな。

43 :大人の知恵:2005/12/08(木) 22:47:53
生物学は、社会学のようにイイカゲンな学問だ。
物理学に比べれば、理論が確立されていない未開地であるとさえいえる。
だから、使う人の知性や思想がもろに反映する。
俗流進化論の氾濫が示しているように、容易に社会的イデオロギーと結託する。
生物学が思想ではなく科学になれるのはいつの日か・・・



44 :報復 ◆INNEN8sGug :2005/12/08(木) 23:19:41
>>41
ランクがあって量産する際に粗悪品でも限りなく良品に近い不良品が出来上がってしまうことがあるみたいですが
其処で大量購入した客には少々粗悪品だが埃を掃い篩いに掛ければ使えないことは無いランクも品物を無料でサービスしますということでしょうね

>>43
サービス品でも運が良ければ割合完全な良品をサービス分として頂戴する事も出来得る

≫容易に社会的イデオロギーと結託する思想のようにイイカゲンな学問から科学になれるのはいつの日か・・・

到達することがない場合は多分たどり着くことの無い地獄の道は全般的にガサツの極み
待遇を求めても自由を同時に得ることは恐らく不可能

45 :考える名無しさん:2005/12/08(木) 23:29:38
社会に出ないとオメコできませんよ、おまえら

46 :ブルーレッド ◆KANGEN8FpQ :2005/12/08(木) 23:41:27
>>45
美と不細工の中和という即ち副作用を覚悟した予約をとれば可能ですね

動物的には経済観念ではなく其れ以前にヒキコモリ状態に陥る

47 :考える名無しさん:2005/12/09(金) 00:09:24
まぁあれだヒキコモリも学問と同じでなってみないとわからないものがある。


48 :考える名無しさん:2005/12/09(金) 00:16:06
オラウータンの生活はかなり怠惰で、集団を形成しないから「ひきこもり」状態
に近いらしいね。森の中には食べ物も豊富にあるから特に働く必要もない。w

49 :考える名無しさん:2005/12/09(金) 00:18:44
集団 → 群れ

50 :考える名無しさん:2005/12/09(金) 01:42:37
>>48
違うよ。オランウータンで言うなら成獣なのに乳房に吸い付いたまま離れないか
生えてるバナナを自分で取ろうともしないで、
親にとってもらうのが引きこもり。

51 :考える名無しさん:2005/12/09(金) 03:17:15
>>50
親にバナナ取ってこいと命令するか、
バナナなんか取ってられるか!バナナなんか取るのは奴隷の仕事だとか言うか、
バナナを取るのが怖いか、
バナナを3日取ったが周囲の目を気にしてやめるか、

ま、とにかく親にバナナを食わせもらうよね。ひきこもりは。


52 :老害◇OM5EK3ONN:2005/12/09(金) 08:26:57
老後の暇つぶしにしては1から日本語がおかしすぎた

53 :考える名無しさん:2005/12/09(金) 10:50:39
>>50
でもオラウータンのライフスタイルだったら「ひきこもり」や「ニート」という問題は
生じないと思うがね。家族単位の社会を形成して暮らす動物社会でも。
家業なら手伝っている、手伝うことができる「ひきこもり」や「ニート」は多いだろう。
サラリーマン化時代という人類社会でも特殊な時代や環境がこの問題を生み出
したのではないか。


54 :考える名無しさん:2005/12/09(金) 11:24:17
>>53
置き換えて考えるって事が出来ないのか?
もしオランウータンの成獣が自分でエサをとろうとせず、
いつまでも親に頼っていたらという仮定の話だ、

そのオランウータンは親子ともども死ぬしかない。
そのくらい野生動物から見れば異常な事が起きているのが
引きこもりという事だよ。

引きこもりも自分でエサをとろうとしないという点では
異常なオランウータンと同じだという比喩だ。


55 :考える名無しさん:2005/12/09(金) 16:12:01
比喩は、問題の取っ掛かりとしてはいいが、
突き詰める場合には無理が出てくる。
そこをわきまえてないと、自己正当化のための詭弁にすぎなくなる。



56 :考える名無しさん:2005/12/09(金) 17:55:30
すっかり糞スレと成り果てたな。


57 :考える名無しさん:2005/12/09(金) 18:54:36
>>54
ひきこもりを生物として異常とするならライオンのオスはどうなるのか。
それにひきこもりは親に食べ物をとってもらうというよりも
親の貯蓄を「食いつぶしている」といったほうが適切ではないかね。

ほとんどの生物はたしかに自ら食料を調達するが、「必要」以上にとること
はほとんどないし、睡眠時間を削ってまで働くということもほとんどない。

現在の資本主義社会が発達するまえ(ウェーバーの説ではカルビニズミム
の発生)はいまほど働くことが美徳とされることもなかった。

これらをみれば人類、特に現代人のほうがひきこもりより
よほど異常であろう。



・・・・という風に比喩を無理やり当てはめていけばどんなことだって
自分達に都合よく説明できますよ。

58 :考える名無しさん:2005/12/09(金) 18:56:20
所詮、社会生物学なんてそんなものです。

59 :考える名無しさん:2005/12/09(金) 22:53:55
>>57
なんか全部間違いまくっている凄い文章だ。正直全部に突っ込めるか自信がない。でもヒマなのでやってみよう。面白いので。

>ひきこもりを生物として異常とするならライオンのオスはどうなるのか。

ライオンのオスが死ぬまで親に食わせてもらってるとは知らなかったな。すごい発見だ!ぜひどこかで発表して笑い者になってくれ。

> それにひきこもりは親に食べ物をとってもらうというよりも
> 親の貯蓄を「食いつぶしている」といったほうが適切ではないかね。

いずれにしても『親の資源』を食いつぶしている事には変わりない。

> ほとんどの生物はたしかに自ら食料を調達するが、「必要」以上にとること
> はほとんどないし、睡眠時間を削ってまで働くということもほとんどない。

人間も心理的『必要』があって睡眠時間を削って働くのだ。
その事と引きこもりが『いつまでも親の世話になり続ける』事は直接関係ない。無駄なものを導入しないように。

> 現在の資本主義社会が発達するまえ(ウェーバーの説ではカルビニズミム の発生)はいまほど働くことが美徳とされることもなかった。

働く事の美徳は関係ない。有史以来今も昔も『いつまでも親の世話になる事』が
美徳とされた事は無い。これを美徳とした思想家がいると言うならぜひ紹介して欲しい。

> これらをみれば人類、特に現代人のほうがひきこもりより よほど異常であろう。

>>57が現代人だというなら現代人が異常、まともな思考が出来ないというのはうなづける。

> ・・・・という風に比喩を無理やり当てはめていけばどんなことだって 自分達に都合よく説明できますよ。

全くあてはまっていないが。

60 :考える名無しさん:2005/12/09(金) 23:15:52
どちらにしても
べき論が先で理論が後だと、おじさんのオナニー説教にしかならない。
異常正常の区別の基準が社会のイデオロギーだということまで考えないと、
思考停止の感情論レベルにしかならない。

61 :考える名無しさん:2005/12/09(金) 23:27:27
>>60
逆に、社会不適応者が思考停止の感情論だけで、イデオロギー論を振り回すという
問題もあるね。

62 :考える名無しさん:2005/12/09(金) 23:35:35
「引きこもりがいつまでも親の世話になり続ける事」
は他の生物の親子にはありえない事態だが、
その事実を指摘するだけでこうまで感情的な反応がわき起こるとは思わなかった。
しかも感情的否認である。

憶断は避けるがもしそうした感情的反応をする全員が引きこもりだとすると、
引きこもりは「親の世話になり続けていること」を心理的に否認しているか、
もしくは「親の世話になり続けるのは当然の事」と考えているようだ。


63 :考える名無しさん:2005/12/10(土) 00:00:35
>>62
他の生物と短絡的に比較してる時点で問題ありだということに気がつかないのかな
自分が感情論に堕ちているのに気がつかないほど感情的なのかな
おじさん、やけに感情的に固執してるけど、自分の人生うまくいってるのかな
僕はヒキ歴二十年だから、幼稚な暴論を退けることにこだわってるけどねw

64 :考える名無しさん:2005/12/10(土) 00:17:16
>>63
61だけど、俺の意見はどう?
>>62は確かに幼稚な暴論だけどさ。いくら精緻な理論で武装しても、結局は
自分に都合のいい理論をえらんじゃうもんじゃないか、人間て。
ひきこもりから脱した人はひきこもりに冷たいという事実も聞く。
例えば20代で社会に適応した元ひきこもりが30代のひきこもりを徹底的にバカにする
ようになるとかさ。

65 :考える名無しさん:2005/12/10(土) 00:18:20
>>63
そんなふうに感情的に悪罵を投げつけるだけでは、
人の論を肯定してるも同じだという事に気がつくべきだろう。

引きこもり20年ではもういい加減懲りただろう。
今こそ自分の状況を厳しく正確に見つめなおすべきだ。

この論に感情的に激しく反発を覚えるという事は
逆に自分にとってなにものかがこの論の中にあるという事だ。



66 :考える名無しさん:2005/12/10(土) 00:18:56
なんだ社会不適応者どうしのケンカか

67 :考える名無しさん:2005/12/10(土) 00:23:19
62も社会不適応者だろうけどヒキではなさそうだ

68 :63:2005/12/10(土) 00:29:34
>>61
もちろん、あなたは正しいと思いますよ。




69 :考える名無しさん:2005/12/10(土) 00:31:58
『幼稚な暴論』や『感情論』とレッテルを貼れば否定した事になるのだろうか。
『社会不適応者の言う事』なら否認できるのだろうか。

全く面白い。
こうして何かを懸命に否定し続けて引きこもりを続けているのだろうか。

70 :考える名無しさん:2005/12/10(土) 00:39:46
>>69
動物の親離れと比べてもしょうがないじゃん。
それに君の批判は確信犯的ニートに対しては的確だけど、ひきこもりに対しては
どうかと思うよ。
本人の主観としてはやっぱそうとう辛いもんなんだろうし。

71 :考える名無しさん:2005/12/10(土) 00:47:26
>>70
> 動物の親離れと比べてもしょうがないじゃん。

しょうがないかどうかこれから論を進めてみようではないか。
人間の心理的軋轢の多くが進化史に根ざしているという指摘が生物学、心理学の方面から
なさてれいる。引きこもりの苦悩、親の苦悩もこうした側面があるかもしれない。

> それに君の批判は確信犯的ニートに対しては的確だけど、ひきこもりに対しては
> どうかと思うよ。

そう思うのならそれを指摘すればよい。

> 本人の主観としてはやっぱそうとう辛いもんなんだろうし。

ここは「引きこもり板」ではない。論にタブーを設ける事はしない方がよい。
いずれにしても引きこもりの社会復帰は辛いもではないだろうか。掲示板の議論よりもずっと。
自分の状況を正確に把握すると言う意味では引きこもりも議論に参加すべきだ。



72 :考える名無しさん:2005/12/10(土) 00:55:19
>>71
あ、なんかほとんど同意だw

>人間の心理的軋轢の多くが進化史に根ざしているという指摘が生物学、心理学の方面から
>なさてれいる。引きこもりの苦悩、親の苦悩もこうした側面があるかもしれない。

このへんはもっと詳しく書いてほしい。哲学畑の人間はそのへん疎いからね。
正常異常の境界をすぐイデオロギー、社会通念などに帰してしまって、生物学的要因を
ほとんど見ようとしないから。

73 :考える名無しさん:2005/12/10(土) 01:09:14
なんで進化史からいきなりにひきこもりまで飛ぶのか
さっぱりわからない。そして生物学の考えでなぜ
ひきこもりを捉えられるのかがわからない。
ひきこもりだって千差万別だし。

74 :考える名無しさん:2005/12/10(土) 01:12:32
>>73
それを>>71さんがこれから説明してくれるそうだからとりあえず聞いてみよう。

75 :考える名無しさん:2005/12/10(土) 01:32:17
社会か。
読み通した中で他の生物の社会性を
ひきこもりの問題性の根拠にした意見があるが
生物の社会性に不適合な物が果たして
生物の不適合になりうるのか。

人間において社会に対し不適合であるならば
それは、究極には死であると思う。
社会。これを造り、保つことで社会に生まれた人間は
生命を保つことを得る。だから、社会不適合とは死であると思う。

社会不適合を考える基として社会の意義を考えたい。
上に示した時に社会は人間の生命を保つものとした時に
考えられる社会の意義とは、生産し、維持することであると思う。
だとするならば社会不適合とは、生産、維持に参加しないことだとする。

こう考えた時に>>28の老人、障害者とひきこもりの差異である。
老人、障害者は社会不適合か。私は否であると思う。
その典型に文化施設、自治会、障害者労働施設などの生産、維持に
携わる機会、施設があり、彼らは社会に必要なのだ。
ひきこもりは生産、維持の力を有するのに行わない。
ここが問題であるとおもう。

ひきこもり問題には社会性からのイデオロギーがつきまとうが
もし、上に示したことが正しいとするならば
社会は極論、生命を維持するという関係から当然であると思う。


76 :考える名無しさん:2005/12/10(土) 01:39:08
じゃあ植物人間はいらねぇな

77 :考える名無しさん:2005/12/10(土) 02:27:41
>>76
人間の社会性を極論づけたときに社会性とは生命の維持であるとした。
その極論の延長線上に社会の意義とは生産、維持であるとした。
これは極論から戻した時でも適用されうるものであると思う。

なので、極論づけた場所に生命の尊重の問題を混濁しないで欲しい。

改めて強調するのはここである。
>>ひきこもりは生産、維持の力を有するのに行わない。

ひきこもりが違うのは明確にこの部分であると思う。
植物状態である人は社会に参加する力を有しないのだ。
有していて行わないひきこもりとは状況が明らかに違う。

そこで考えられるのが、老人性引きこもりである。
生活保護費、年金需給により生命を有するが
社会に参加をしない。これは社会に適するであろうか。
否であると思う。彼らも問題とされるべきだ。

ここから思われるのが人間の尊厳であると思う。
何故生きるのか。
やはり、この問題もここに帰結するものであろう。

78 :考える名無しさん:2005/12/10(土) 02:42:44
>>77
>改めて強調するのはここである。
>>ひきこもりは生産、維持の力を有するのに行わない。

ひきこもりに生産、維持する意欲があるならば
できないともいえると思うんですが。

79 :78:2005/12/10(土) 02:51:41
あ、俺のはただ言い方の問題ですね。
邪魔してスマソ

80 :考える名無しさん:2005/12/10(土) 10:59:39
>>64
> ひきこもりから脱した人はひきこもりに冷たいという事実も聞く。

それは引き出し屋に引き出されたタイプの元ひきこもりに多いという話も聞くよ。
虐待されたいた子が虐待する親になるのと同じような構図かもしれん。

81 :考える名無しさん:2005/12/10(土) 11:07:47
>>62>>41でちゃんと否定されている。

>>62のような発想は生物学的にも矮小な考えでしかない。

それに、生物学というものを宗教化してしまっている。
自然のなかに他には見られにくい現象が新たに発見されたときに、
おのれの理論のほうを修正するのではなく、対象のほうが間違っている
と言い張る似非科学者と一緒だ。こういうのは科学者的態度ではない。
もはや宗教だ。

82 :考える名無しさん:2005/12/10(土) 15:02:24
>>81
>>62>>41でも全く否定されていない。
>>41では
> 蟻の社会のなかには働かないで餌をもらっている一群がいるらしいのだが。

という一文があるがこれが否定する根拠であろうか。どこで否定しているのか良くわからないが。
このアリも親である女王アリや父親である死んでしまったオスアリにエサをもらっているワケではない。
生物界のどこを探しても「いつまでも親の世話になり続ける生物」はいない。
生物学における「利他的行動」とは親子関係もなく生殖にも無関係な個体を利する時に使われる言葉である。
いま議論されている引きこもりの問題に対して使うのは誤りだ。
アリもオランウータンもライオンもこんな議論に引き出されてはきっと心外であろう。

>日本のような大家族的紐帯をもつ社会では必ずしも 個人主義的な意味での経済的自立が尊ばれず、親や兄弟と一生同居し、
> 昔はほとんどの家が家業をもっていたのでそれを手伝ったり、完全に養って もらう人もいたらしい。

この一文はまだ先の議論である。昔の日本人もやはり生物学的にヒトであろうし、
日本に昔から引きこもりがいたかどうかはまだ議論の範疇にはない。

> >>62のような発想は生物学的にも矮小な考えでしかない。
> それに、生物学というものを宗教化してしまっている。

矮小、宗教化といくらレッテルを貼っても何も否定した事にはならない。

引きこもりとは20年間、何かを一生懸命否定して生きて来た人間なのかもしれない。
単なる事実である>>62を受け入れる事が出来ない>>81
その心情はまさに何かを懸命に見ないようにして来た宗教の狂信者と相通じるものがあるのだろう。
人はある考えを受け入れる事ができると行動も変わる場合がある。議論が全く先に進まないのは容赦いただき、
まず>>81が自分の誤謬を認めるところから始めたい。

83 :考える名無しさん:2005/12/10(土) 16:25:46
>>82
貴方(最初から同一人物なら)が最初にひきこもりのことを
怪物よばわりしたり、殺人犯と同じく憎むべき存在などと言ったから
それにみんな反論しただけですよ。最初に釣れたとかいったのもあなたですよね?

散々煽るような発言をした挙句でそれに対する皆の反論を
感情的うんぬん言うこと自体筋違いではないですか?

その上皆が指摘したことをあなたは全部生物の親子関係の話を取り出して
議題をすりかえた。

もし価値的な議論がしたいと思うならばまずあなたがそのことを
説明もしくは謝罪しなければあなたがなにをいっても反発をまねくだけだと思いますよ。

84 :考える名無しさん:2005/12/10(土) 17:02:43
>>82
> 生物学における「利他的行動」とは親子関係もなく生殖にも無関係な個体を利する時に使われる言葉である。
> いま議論されている引きこもりの問題に対して使うのは誤りだ。

>>41をよく読みなさい。血縁的な身内を養う行動は利他的行動とはいえないと
利他行動を否定するコメントだろうが。つまり利己的な遺伝行動に反していないと。

85 :考える名無しさん:2005/12/10(土) 17:40:34
要するに>>82は、自分のヒキへの憎悪を正当化するために
もっともらしい理屈で飾り立てているだけのように見える。生物学的オハナシが無意味なくらい憎悪や攻撃がみえみえだから。
好意的に見れば道徳感にもみえるが、汚い罵倒丸出しのようだから、やはり道徳感ほど綺麗なものでもあるまい。
反論されると、自分のことを棚に上げて、相手を引きこもりと決め付け、感情論だと決め付ける。
だが、引きこもりであろうとなかろうと、デリケートな問題を粗悪な屁理屈で決め付けようとする悪質な品性の者に対しては、反発を感じるほうが普通であろう。普通に理性があるならば。
とはいっても、こういう人がいると議論が活発になるから、いい面もあるし、
ここは2ちゃんねるだから、学者聖人からヤクザな人狂った人まで、色とりどりに同居しているから、大目に見てもいいのではないかとも思う。


86 :考える名無しさん:2005/12/10(土) 17:42:48
蟻の群れ(大家族)のなかに働かずに養われている個体群を発見し、

「お前らのその行動は自然に反する罪だ」

などと説教をはじめる動物行動学者ってのも滑稽なものだな。w

87 :魔愚南無 ◆dIdiU4udT2 :2005/12/10(土) 22:52:17
>>54
≫引きこもりも自分でエサをとろうとしないという点では異常なオランウータンと同じだという比喩

>>50
面倒なことはしたくないからゴミを貯めるとマイナスの財産が増える
「ゴミが溜まる場所に銭は集まらない」水と風はゴミやホコリを呼ぶ

>>56
≫親の貯蓄を「食いつぶしている」といったほうが適切ではないかね。

カラスは動物の死骸を食べるが親の「貯蓄」を食いつぶす現象とは何か
とあるオークションに財宝が掛けられていてもタイミングが間違えば猫に小判というか札束をちり紙交換

≫ほとんどの生物はたしかに自ら食料を調達するが、「必要」以上にとること
≫はほとんどないし、睡眠時間を削ってまで働くということもほとんどない

議論以前に殺伐としている原因は「不安定及び個々に於ける何らかの不満すなわち不安感≠ノある」概念に気が付かず生意気になる一方

恐らくヒキコモリの存在と生息出来得る環境と敷居を提供してしまっている流れとか惰性は不安定から安定だけを求めた結果でしかない

88 :魔愚南無 ◆dIdiU4udT2 :2005/12/10(土) 23:19:41
>>86
≫働かずに養われている個体群を発見
≫滑稽

>>85
≫反論されると、自分のことを棚に上げ反発
≫無意味なくらい憎悪や攻撃がみえみえ

>>77
≫人間の尊厳

>>62
良いレスポンスですね

一概に植物は人間ではなく苗を買ってくる以前に種から育ててみようと思いませんか
植物の芽と「根」どちらが先に出ますか「なんて聞くまでも無いか」根が先で芽が後

会話と技というかノウハウを培うでは肥料が常に必要な環境を作り上げてしますから
問題みたいだが「根性の悪い人間は存在する」逼迫させられたくないから自分以外を
逼迫させれば一時的には助かれるが本当は逆効果でしかなく当然の如く周囲も同じく
「逼迫させられないようにする」と「根性の悪さ」が途轍もなく増大して喧嘩になる

89 :魔愚南無 ◆dIdiU4udT2 :2005/12/10(土) 23:39:08
性根を叩き治すと居たい時もあるみたいだが根性が悪くなる原因は運命にある

90 :魔愚南無 ◆dIdiU4udT2 :2005/12/10(土) 23:42:04
痛い(訂正)

目がぼやけている「眠い時間だな」ZΖz

91 :考える名無しさん:2005/12/10(土) 23:45:04
で?

92 :D&rlo;人達 ♦ 真&rle; ◆evilme7pG2 :2005/12/10(土) 23:47:41
ヒキコモリと自由は矛盾している

93 :考える名無しさん:2005/12/10(土) 23:49:20
教育に価値を置かず、非現実的なまでにハイスペックな新卒を
要求するようになった企業。
金銭的に恵まれ、労働に価値を見出せず、現実的な職業にすら
労働意欲が沸かなくなったニート。



両方とも自分に都合の良い世界に住んでるんだよ。
ミスマッチの解消は無理だね。

94 :考える名無しさん:2005/12/10(土) 23:49:47
引きこもりの原因は性根が悪い、で、
性根の悪さは運命、と。
これじゃ、何も言ったことにならないじゃない。
ある意味、引きこもりはしょうがないといってるわけで、
生物学的引きこもり異常説を唱えて断罪する側も、
それに反発する側と同じ程度には
ヒッキーを(裏側から)肯定してしまうのだね。

95 :D&rlo;ψ&rle; ◆evilme7pG2 :2005/12/10(土) 23:49:54
>>91
人間本来の力を発揮するには交感神経と副交感神経を正常な状態にするに昼夜逆転の生活が基本
交感神経が正常でない場合普通免疫が生成できず無論感染(かぶ)れたり感染(うつ)るということ

しがみつき自体が、激し過ぎる場合「道徳教育が不足しているという」根源は一体何か
多少の楽をする為に一般人は随分苦労する訳だが…先ずは道徳教育を実行しなければならない
基本的に兄弟は、どちらかが弱くも観得る逆に一人っ子の場合どうなるかは明確≠ニいう事が判る
間違い修正の試み及び概念については『感化されない精神の構築と個々の安定化に於いて』必要不可欠で有る
其処で、理由とは何か原因を考えてみようかと思います。http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/youth/1109928160/
狡賢く被害が自分に及ばない様に「卑怯な常軌を例えば腰痛の原因は必ず周囲にあろうが」大概に意識しなければならない
本人の力ではどうすることもできない
自然の摂理と医者は「自分自身で腰痛など悲惨な状況を招く事は無い」すなわち不治の病
腰痛の原因は周りに有る原因を改善するしか方法は無いなどと診断することで自分本位の呪縛を解くことであろう
貴方は、自分が怒りを覚える状況を自ら創り出しているということに気付くべきではないでしょうか
貴方は今恐らく、完全に自分の自由意志で(誰からも強制されることなく)このスレを読んでいることでしょう
そして文字列を如何に解釈するかも貴方自身が決めています
これまで習った日本語という道具を用いて、貴方の主観、価値観、判断基準に基づいて、貴方なりのやり方で意味を選択しています
一人一人が価値観が異なるので受け止め方も違ってきます。同じ文を読んでも感じ方は各人バラバラです
この事は、解釈の結果についての原因や責任が、情報の受け手(読者)にあることを示しています。つまり自己責任です
仮に怒りを覚えたとしてもそれを文章を書いた人間のせいにしたり、責任を押し付けるのは筋違いです。何故なら怒りの原因は
それを感じる人自身の持つ価値観にあるのだから客観的な物の見方ができる人なら、たった今読んでいる
文字が画面上の白黒模様に過ぎないことに気付いているでしょう
さて、貴方はいつまで、ただの模様に対して怒りをぶつけ続けるのでしょうか

96 :ラマラ ◆7/d/0odT2w :2005/12/11(日) 07:11:49
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1106963817/157

97 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 17:24:15
>>82がいないね。>>95を読んでると単なる釣りだったとも思えるがw

98 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 23:07:45
生物は、環境に応じて性質を変化させるから、不変の本質を捉えることができない。生物学者の悩み(または喜び)の種である。
逆に、この柔軟性、とらえどころのなさが生物の特徴である。
ゆえに、突き止められたようにみえる本質は、環境に依存しているので、相対的であるかもしれない。実際に、生物学的真理だとされていたことの多くが後に覆されている。頻繁に。
社会に依存して決まる人間の行動様式や精神も同様である。
厳密科学化されようがない生物学的本質の多くは、特定社会内で成立しているにすぎない真理のようなものである。
自然や生物の本質を絶対的な規範にまで高めてしまう自然教と、伝統を絶対的な規範とみなす伝統主義は、同類である。
もちろん、生物学は、もち価値規範(イデオロギー)基礎付けのため以外にも、進歩のための知恵、うまく生きるための知恵など、様々に利用されうる。

科学(とくに自然科学)というものは、理性による反省・制御がイイカゲンになると、容易に、誤用・悪用・乱用され、差別や排除や生活破壊などの悪質な暴力に転化してしまう。
科学は両刃の剣である。繁栄を生み出すか破壊を生み出すかは、理性にかかっている。

99 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 23:13:39
目の前の豚肉は炒めて、遠くの豚肉は叩きにして、
手前の豚肉は酢で絡めて、向こうの豚肉は餡かけで固めてしまう、
豚肉ごとに料理法が変わって一定しない、
私は七色の料理法を持った調理人だ。

100 :彗星万年筆 ◆HUMOR8ZV1M :2005/12/12(月) 00:43:52
>>93-94
>>両方とも自分に都合の良い世界に住んでる
>引きこもりの原因は性根が悪い、で、

根性が悪い運命を選択している要因とは何か
其れは多分天こ盛り状態など無茶な欺瞞にある事が最大の難点かと思われる
儲かっている会社がライバル会社に儲かってます何て云えば仲良しと思っていても行き成り逆襲してくるから不思議
本当の原因は散らかっていても平気に対して一方は恐らくか流し台が滑々していても平気という面倒臭さの対立であり
一概というか多聞に位置して初めて言えることは細かい人間は細かい事に喧しく全貌を把握できずに判断を下す傾向が危険
大雑把と思わせて几帳面とかは違うが最大の勘違いが生じて意見の対立とか各々の拒絶反応は当たり前に終始し不衛生は感極まる

101 :冷媒ガス ◆COLDdvv5ps :2005/12/12(月) 00:51:32
>>51
何らかの威厳が崩壊するという勝手なリスクと無駄足という損得勘定が当然あるから憶病を窮める

>>53
ヒキコモリになれる環境が調っている場合そうなるかと思われます

102 :考える名無しさん:2005/12/12(月) 04:28:06
初めてこのスレ(哲学板)見て
驚くべき無内容にあきれました。
いままで上山和樹さんのブログがこの種の最たるものだと思っていたんですけど。

103 :考える名無しさん:2005/12/12(月) 04:42:28
>>102
引き出し屋乙

104 :考える名無しさん:2005/12/12(月) 16:00:03
>>95も、何か文字列を解釈し、反応してるわけだから、
自分の言ってることが自分にもあてはまる。つまり批判したくなるのは自分自身が原因だよねw


105 :考える名無しさん:2005/12/12(月) 17:37:22
いきなり参入で意見を言わせてもらうよ。

まずさ、「引きこもり問題」って言うけど、「引きこもり」は「問題」か、ということからはじめないといかんと思うのよ。
最初っから「問題」だという前提からはじめること自体、どうもうさんくさいのさ。

科学的には、引きこもりを「問題」ではなく、単なる「現象」として観察するのではないだろうか。
生物学で論じる人もいるみたいだけど、「現象」として見ていないようだね。
生物学では、引きこもりが問題であるはずがない。

で、個人的には、引きこもりを「問題」として扱うのは、社会のレベルでしかないと思う。
生物学を根拠にする人はそれに引きずられてるだけなんだよ。
似而非科学論じてるなあ、って感じ。

なぜ社会は引きこもりを問題にするか?
権力者の都合によって仮想敵にされたと考えることもできるし、
労働力や生産力の低下が社会にダメージを与えるという発想もできる。

引きこもり問題ではそこを考えるべきなのだ

106 :考える名無しさん:2005/12/12(月) 18:05:48
>>105
お話はある意味、ごもっとも。
ただ、引きこもりを世話している親御さんの立場を
考えると、社会における引きこもりは問題である、
という説もまた分からなくはないんだ。
いつまでも世話していられないし、やはり相当な
負担だろうしね。
かといって、そうした世話や負担といった語句を通じて、
権力者や共同体の都合によって仮想敵にされた、ないしは
同じことのように見えるが労働力や生産力の低下が税源の縮小
として共同体にダメージだ、という共同体や権力者の主張を
親御さんに代弁させているに過ぎない、というのも分からなくはない。
それゆえ、引きこもり問題というのが適切である限り、
引きこもりよりもむしろ、権力者や共同体の再考こそ問題だ、
ということになる。その上でやはり、今現在も世話している親御さん
の負担軽減をどのような論理で実行できるのか、ということもまた
共同体的には課題だろう。

107 :考える名無しさん:2005/12/12(月) 22:54:05
>>106
親御さんの負担軽減だけを強調しすぎると、問題がそれてしまう。
何よりもひきこもり本人を救わなければならない。
社会、家族、個人、どの観点からも考える必要はあるが。

108 :諧謔 ◆HUMOR8ZV1M :2005/12/12(月) 23:16:05
たまごっちを育てる子育てと(は何かと出口のない迷路)と同様ではなかろうか

109 :考える名無しさん:2005/12/12(月) 23:58:17
>>107
>ひきこもり本人を救わなければならない

これはどういう意味かね?
引きこもりにとり救済とは何かね?
仮に引きこもりの肯定だとすればだ、
引きこもりに取り、
そもそも引きこもり問題とは成立せず、いうべきことはないか、
あるとすれば引きこもりへの共同体や親、生物学的異常説論者からの
攻撃への防衛方法くらいか。
もし引きこもりの救済が、引きこもり自身に取り、
引きこもりの相対的経済的自立を意味する
なら、そのような問題構成はおそらく
引きこもり問題とやらを共有するだろう
共同体や親、生物学的異常説論者らとある程度協力関係に
あるといえ、親御さんの負担軽減を考えることが
問題から逸れるとはいいにくくなるのでは。

110 :考える名無しさん:2005/12/13(火) 00:14:15
親が困る問題なんて他にもいっぱいあるだろ

111 :考える名無しさん:2005/12/13(火) 00:27:14
ひきこもり脱出への支援という観点で論じた場合、
親御さんの負担軽減に肩入れするにしても、
ひきこもり本人の救済ということが主問題になるのは当然だ。

112 :放射冷却 ◆COLDdvv5ps :2005/12/13(火) 01:34:31
一番困る部分を補助しているという以前に魔法の杖と携帯電話で何処でも喋る現象とか

113 :考える名無しさん:2005/12/13(火) 05:19:51
住んでいる家が取り潰しに合わないように借地をやめる心配とかするよね。

114 :考える名無しさん:2005/12/13(火) 05:25:25
君は印象的なことが無い人だから、配役されてもどこかで見たことあるけど、
仕事だろうと思い、後になって、あ、あの人紛れ込んでいると気付くような
人だよね。

115 :考える名無しさん:2005/12/13(火) 05:32:46
君は彼について、彼の記憶能力が欠如していたり、判断能力が無いなんて考えているかもしれない。
そういう可能性もあるだろうが、現に君に対して接しても全然与えられるところが無いんだよ。
どこか裏側のほうに押しやられてしまっていて、表に立たれても、現に気付かないのだ。
だから、終わった後に思い出すような人なんだ。
そういうわけで、今、当然それよりも随分と後のことなんだけれども、彼が紛れ込んでいたぞと
考えているわけなのだ。

116 :考える名無しさん:2005/12/13(火) 10:51:58
>>53 >>57
> これらをみれば人類、特に現代人のほうがひきこもりより
> よほど異常であろう。

経済的に養っていてもらっていたという例を挙げるなら、人間社会にはそういう例は
結構あるんだよね。古代ローマ人の約半数は無料で穀物を支給されていたから、
賃労働どころか畑を耕す必要もなかった。

古代ローマ人で国父の勲章をもつ政治家キケロは、
賃労働は卑しく者が行う浅ましい行為であるとまで断言していたりするから。w


117 :考える名無しさん:2005/12/13(火) 10:53:40
>>53 >>57
> これらをみれば人類、特に現代人のほうがひきこもりより
> よほど異常であろう。

経済的に養っていてもらっていたという例を挙げるなら、人間社会にはそういう例は
結構あるんだよね。古代ローマ人の約半数は無料で穀物を支給されていたから、
賃労働どころか畑を耕す必要もなかった。

古代ローマ人で国父の勲章をもつ政治家キケロは、
賃労働は卑しい者が行う浅ましい行為であるとまで断言していたりするから。w

そういう意味では人間社会は動物学的には「異常」なのかもね。w

118 :考える名無しさん:2005/12/13(火) 11:18:55
生物学的にありえない行為なんて
人間はしまくってるだろ
生物学的に云々の議論は全く無意味

119 :考える名無しさん:2005/12/13(火) 12:00:19
ゴルフ場ができると、狐や狸も芝地の方を歩く。
彼らも手間の掛かる事は嫌いなのである。

120 :考える名無しさん:2005/12/13(火) 14:03:45
だからあの生物学は一種のギャグだったんじゃ?
もしそうだとしたらかなり悪質だけどさ・・・

121 :考える名無しさん:2005/12/13(火) 14:18:06
>>118
同じ種間で殺し合うとかな。

122 :考える名無しさん:2005/12/13(火) 16:15:18
>>107から「社会、家族、個人」に問題のピントが絞られてきた。

私としては、引きこもりは「個人」の問題ではないと思っている。
個人と外界との関わりがうまくいかないからこそ、引きこもらざるをえないのではないか。
「個人が外界に適合しないから悪い」という説も成り立つけれども、
「個人に外界が適合しないから悪い」とも言える。
いくら変えようとしても外界は変わってくれないことで、個人は厭世的になる。

半ば諦めているから、「救済」など必要としていないのではないだろうか。
ねえ。

123 :考える名無しさん:2005/12/13(火) 17:58:59
救済も下手な押し付けになると一種の暴力だからね。
一方的な救済主義の押し付けはカルト教団のやり方と同じになる。

カルト教団のやり口は一般に次のとおり。

1.不安を煽った救済思想の布教
2.強引な入会への手続き
3.脱会を許さないか、脱会を「救済の拒否」として罪悪視し、
救済を拒否すれば、「お前は必ず不幸になるぞ」と脅す
4.個人の自己決定能力の否定か制限

これは小集団レヴェルでも国家レヴェルでも一緒にも共通します。


124 :考える名無しさん:2005/12/13(火) 18:00:50
救済も下手な押し付けになると一種の暴力だからね。
一方的な救済主義の押し付けはカルト教団のやり方と同じになる。

カルト教団のやり口は一般に次のとおり。

1.不安を煽った救済思想の布教
2.強引な入会への手続き
3.脱会を許さないか、脱会を「救済の拒否」として罪悪視し、
救済を拒否すれば、「お前は必ず不幸になるぞ」と脅す
4.個人の自己決定能力の否定か制限

これは小集団レヴェルにも国家レヴェルにも言えると思う。


125 :考える名無しさん:2005/12/13(火) 21:12:17
社会の中では暴力があるし、家庭内でも暴力はあるけど、個人内暴力は…………ああ、あるか……。

126 :考える名無しさん:2005/12/13(火) 22:50:16
引出し屋のカリスマ長田百合子氏は、
引きこもりは全部親のせいだと断言している。


127 :考える名無しさん:2005/12/13(火) 23:16:20
>>121それは人間以外にもあてはまるね。

>>126あの人は「親のせい」と断言するが
実際は親も含め周囲の影響を与えるモノによってヒキコモリが生まれるというのが正しい
あの人が本当にカリスマならそこらへんは当然わかってるはずだ。

128 :考える名無しさん:2005/12/13(火) 23:23:24
ヒキコモリの親になってしまうのは爺と婆のせい

129 :概念は具象化する ◆GUGENiOq0w :2005/12/14(水) 01:15:42
>>109
身内など職場の同僚にギャンブラーが居るとする
損得勘定が本人以外に先ず感染する事はないが個々に於けるがさつさが増すことはあるかと思われる

賭けに成功した人間が
たまごっちを育てる負け組みと同じラベルをクルマに貼っているも同然

ならず者は自分が損得勘定であること自体に恐らく平気である
周囲が敬遠しようがしまいがギャンブルを全くしない周り迄をも損得勘定と思わせて転嫁してしまうという事になるはず

参照
http://yy32.kakiko.com/test/read.cgi/ju765de/1126880241/

天下り現象
世の中には富豪に恵まれた連中ほど自分を優位な状態にあり続けようと卑劣である
働かない連中は大体其れ等に含まれていて自分たちが楽ができていれば気が付くことも無理かと思われる

130 :考える名無しさん:2005/12/14(水) 01:29:35
>>126
> 引出し屋のカリスマ長田百合子氏は、
> 引きこもりは全部親のせいだと断言している。

正確に言うと、「引きこもりに甘い親が悪い」「無理にでも引っ張り出そうとしない
親のせいだ」という意味で言っているに過ぎないんだよ。
長田は、引きこもりを生み出す家庭は親より子が上にいると断言していたからね。


131 :考える名無しさん:2005/12/14(水) 02:04:57
>>128
ヒキコモリの爺婆になってしまうのは曾爺曾婆のせい。

132 :考える名無しさん:2005/12/14(水) 02:16:35
【裁判】 "自殺少女や、親に売られた少女も…" 「関西援交」で小学生に性行為、男に懲役3年判決
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1134445841/

外の世界はこんなに汚い

【裁判】 "自殺少女や、親に売られた少女も…" 「関西援交」で小学生に性行為、男に懲役3年判決
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1134445841/

外の世界はこんなに汚い

【裁判】 "自殺少女や、親に売られた少女も…" 「関西援交」で小学生に性行為、男に懲役3年判決
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1134445841/


外の世界はこんなに汚い

133 :考える名無しさん:2005/12/14(水) 02:35:02
>>130なるほど、それならよくわかります。
でも親から逃げるように引きこもる、上下関係うんぬんよりも親が子に干渉(字違うかも)しなくなって引きこもるケースがあるのも事実ですよね?


134 :考える名無しさん:2005/12/14(水) 04:17:06
権勢症候群の一種というわけか

135 :考える名無しさん:2005/12/14(水) 23:31:51
長田の処方箋は、ある種のタイプのひきこもりには効果絶大だが、
別のタイプには危険である。
戸塚宏も、大成功したが、大失敗もしてしまった。
自己流の彼らは、特定の問題に対しては教育者として才能があるが、
視野が狭く緻密ではないので、自分の方法の有効範囲に鈍感であり、
相手に合わせた多様な処方箋を持ち合わせてはいないので、
彼らのワンパターンの処方箋が、合わない人に無理に使用された場合、かなり危険である。
また、彼らは、自分の経験だけで、学問をしていないにもかかわらず、
自信と確信をもちすぎているので、危うい。




136 :考える名無しさん:2005/12/14(水) 23:37:31
デタ━━━━━(゚д゚;)━━━━━!!

137 :考える名無しさん:2005/12/14(水) 23:38:17
誤爆失礼

138 :考える名無しさん:2005/12/14(水) 23:41:29
学問=縦軸×横軸→固有の方法でOK?

139 :幻想 ◆rraJIngh0s :2005/12/16(金) 01:02:12
>>133 関渉しなくなって引きこもるケース

将又親を上回ったも同然とか骨肉すなわち働かない吸血の争いがニート予備軍という未熟者は彷徨う

>>130 長田は、引きこもりを生み出す家庭は親より子が上にいると断言していたからね。

子供は子供じゃないから観察されて親から圧力を掛けられる理由が判らず結局親許から離れられない

>>135 彼らのワンパターンの処方箋が、合わない人に無理に使用された場合、かなり危険である。

結構何て事無い人柄まで気取ると際限がないから本当は前進しなくてはならない

140 :&rlo;神魔&rle; ◆rraJIngh0s :2005/12/16(金) 01:22:03
日本は爆撃されて逆に高度成長を遂げた反動とか副作用で団塊世代や我武者羅世代を惰力と同時に(拵え)創造してしまった

不安感という逃げと脊髄反射が即ち怖ろしさの源である
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/youth/1134137687/

141 :考える名無しさん:2005/12/16(金) 02:42:28
問題が大きすぎて何を言えばいいかわからないが
要は資本主義の残酷な部分が表舞台にでてきたって
ことだろ、分かりやすい形でさ。

142 :考える名無しさん:2005/12/16(金) 06:51:34
前スレでもそうだったけど相変わらず当事者無視で
語られている観があるね。
ここに関わらずこの問題はいつもそう。論じている人間のほとんどが
当事者ではない。

143 :考える名無しさん:2005/12/16(金) 11:38:51
「当事者なんか知るか」

144 :ダブルスタンダード ◆DSZSCATuX2 :2005/12/16(金) 14:01:29
間違った結論から先に物事を語る趨向と因果関係がある
憶断は繁雑と附随する我武者羅に入り組む厄介で難しい不徳問題を極める

億劫な業務を気儘に安請け合いすると悪徳商法は成立する
物事を理論的に進めても論理的に進めても勘違いが正当化されると同時に不衛生に陥る

根性が悪いペケ人間は擦れっ枯らし状態を出口の無い迷路とは自覚していない

性根を叩き直す方法
http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?p=%A4%B8%A4%E5%A4%A6%A4%D0%A4%B3%A4%CE%A4%B9%A4%DF%A4%F2%A4%E8%A4%A6%A4%B8%A4%C7%A4%DB%A4%B8%A4%AF%A4%EB&stype=1&dtype=0
http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?p=%A4%B8%A4%E5%A4%A6%A4%D0%A4%B3%A4%CE%A4%B9%A4%DF%A4%CF%A4%B7%A4%E4%A4%AF%A4%B7%A4%C7%A4%CF%A4%E9%A4%A8&stype=1&dtype=0

145 :ダブルスタンダード ◆DSZSCATuX2 :2005/12/16(金) 15:03:18
>>143
妄動(盲動)内心如夜叉(外面似菩薩)小心翼々「粗忽」団塊と我武者羅世代

>>134
原因が明確でも修復できない問題が不正建築が随分あからさまになっていますね
言い訳で誤魔化したりできる甘い状況とゴミを片付けない連中は悲惨

>>142 当事者無視で語られている観がある
難儀と学習した事は覚えてゴミ袋に烏避けにテープを貼るという意味では犬と烏は脳の量が同じで

>>133 でも親から逃げるように引きこもる
テープの粘着部分が嘴に触れたくないからテープ付きのゴミ袋は安全に回収されるという事になる
特に団塊世代は男女問わずに片付けることが出来ない有頂天

>>141 要は資本主義の残酷な部分が表舞台
団塊は我武者羅世代の親であり人間をペットすなわち犬同様に育てたという不具合は致命的ですね

146 :考える名無しさん:2005/12/16(金) 22:28:54
引きこもりなんて呼ぶなよ。



平安貴族と呼んでやれwww

147 :考える名無しさん:2005/12/16(金) 22:32:31
死ぬまでに使い切れないだけの金があるから優雅に生きてるんだよwww

金が無くてマネできないからって「問題」とか呼んで嫉妬してるだけだろwww

笑えるwww

148 :怖魔鬼羅阿 ◆WAwWWW1sT2 :2005/12/17(土) 01:20:38



149 :考える名無しさん:2005/12/17(土) 01:44:00
現在の有閑階級か、それとも在宅ホームレスか

150 :考える名無しさん:2005/12/17(土) 03:03:38
こう言う引きこもり問題を真剣に話し合うスレには
必ずオレは親が大富豪で貴族だとかオレは株で月百万稼いでるとか書き込む馬鹿が来る。
おい、お前等は問題外なんだよ。勝手にやってくれ。他に行け。

今問題になってるのは親が貧乏なサラリーマンで、
株で稼ぐ才覚もない哀れな引きこもりの事だ。

151 :考える名無しさん:2005/12/17(土) 12:56:47
煎じ詰めれば結局は階級社会とか貧困の問題に行き着くわけか。

152 :考える名無しさん:2005/12/17(土) 13:00:57
職がなけりゃ引きこもっていようが引きこもっていまいが関係ない。
引きこもり問題の本質はそこにはない。いくら有閑階級身分にあったとしても、
精神的な悩みから引きこもっていたなら、そのことが原因で最終的には自殺
しちゃうことになるかもしれんし。

153 :ブルーレッド ◆KANGEN8FpQ :2005/12/17(土) 13:40:05
>>152
日本に何万人もいると数えられているニートが一気に動き出すと世の中は滅茶苦茶になる

>>151
よくあるパターンは遺産とか目当てで余計に苦労しているパラサイトな人(家畜)たち

>>150
≫今問題になってるのは親が貧乏なサラリーマンで、株で稼ぐ才覚もない哀れな引きこもりの事だ。

アンダーグラウンドと勿体無い症候群に陥っている香具師は内部的に酷く錯綜している

≫必ずオレは親が大富豪で貴族だとかオレは株で月百万稼いでるとか書き込む馬鹿が来る。

積み立て型の生命保険に払い戻しはあるという訳だが
投資する意味が間違っている株式の逆用で儲けることは不可能に近い

154 :考える名無しさん:2005/12/17(土) 16:08:16
まあ↑こういうバカは放置の方向で。

155 :考える名無しさん:2005/12/17(土) 16:59:02
引きこもり問題に一つの原因を探す事は無意味である。

引きこもり本人が引きこもり始めるきっかけは複数の原因により成り立っているからだ。
その原因は少なくとも2つに分ける事が出来る。
本人における原因と周囲の環境による原因である。(周囲の環境とは広く社会まで含まれる)
この2つの原因が同時に共存しないと引きこもりは起こらない。

例えば本人に引きこもり的な資質(と行為)が無ければ環境の問題があっても引きこもりは発生しない。
引きこもり的資質(と行為)があっても、環境の問題がなければ引きこもりは発生しない。

そして引きこもり問題に関して一般に用いられる処方箋もこうした状況を元にしている。
つまり本人が引きこもり行為を止めるという事に力点が置かれている。

なぜかと言うと引きこもりの原因のうち本人の要素を断ち切るのが一番てっとり早いからだ。
環境の問題は複雑であり、容易に変える事が出来ないし、
本人が一旦引きこもり始めるとそれが本人の環境となり、
家族、周囲の状況を変えるくらいでは、引きこもりを止める事がきわめて難しいからだ。

これはアル中などある種の依存症の状況と酷似している。アル中も複数の原因により始まっている。
本人の酒を飲むという資質の問題と環境の問題が共存したときアル中は始まる。
そして一旦アル中が始まるとアルコール酩酊状態が本人の環境となり、
アル中が始まった原因を取り除いたくらいでは本人が酒を飲む事を止めないからだ。
アル中を唯一治療する方法はアル中者本人が「もう酒は飲まない」と決心してそれを実行するしかない。

引きこもり治療も同じである。引きこもりも「引きこもり中毒者」なのだ。
唯一の治療は本人が「引きこもりを止める」と思いそれを実行するしかない。
他の手段はこの決心をサポートするものでしかない。



156 :考える名無しさん:2005/12/17(土) 17:52:40
お前ら頭悪すぎなんだけど
働かなくても食えていける現実があるだろうが
それを生物学的に異常だとかなんとかあきれて話にならんわ

157 :考える名無しさん:2005/12/17(土) 19:07:29
>>155
ひょっとして例の生物学の人?

158 :考える名無しさん:2005/12/17(土) 23:36:28
>>1
難しい言葉を使いすぎて,文章が意味不明になっているけど。

159 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 00:37:40
その人本人が、社会復帰する意思はあるができない(=中毒状態
であるのなら、人間的な弱さや欲望のせいだろう。
その場合、環境の変化等により、あるいは社会復帰できる。



ただ、一部の彼らは完全に働く意思を失っている。
これは惰性であり、不純で、非生物的です。

そのような引きこもりやニートの増加は人類全体の怠惰へと繋がる。

テクノライズのクラースみたいに、
半永久的(=働かなくても生きていける)な延命措置のせいで、
生殖はその意味を失い、誰もが無気力で、
人類は永遠に黄昏るだけの存在になってしまうのかもしれない。

160 :アンダーグラウンド ◆p2wmxmx0PI :2005/12/18(日) 02:46:02
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1106963817/165
             / ̄ ̄^ヽ   /::.__  .:::::::::::::  __   ヽ_
             l       l / /  ヽ_ヽv /: / ヽ   ヽ
       _ /,--、l       ノ /   ̄ ̄ √___丶 ̄ ̄    |
   ,--、_ノ:: `ー'::   、ミー---‐,,l |      // tーーー|ヽ       |
  ,/   :::         i ̄ ̄  | |      ..: |    |ヽ       |
/          l:::    l:::    l  |       | |⊂ニヽ| |      |
l   .   l     !::    |:::    l  |     | |  |:::T::::| !       |
|   l   l     |::    l:      l \:     ト--^^^^^┤    丿
|   l .   }    l:::::,r-----    l  \::      ̄ ̄^ヽ    丿
ヽ  :l::::   ト:;;;;;;;/-/__...........  /

161 :妄想将軍 ◆pq8y/nNWWw :2005/12/18(日) 13:51:52
>>159
漫画の主人公とか悪役を演じている世界観に陥る原因は盆暗にある

162 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 01:05:53
智明^^^◆HybQ2qSoek

現在中学三年生の不登校児。

今のところYMCA高校(通信制)進学予定です

よく、2ちゃんねるで引きこもりニートを叩いてますが俺は引きこもりニートは人間のクズなので叩く必要があると
思ってます。
■ブログ俺のクズな生活:http://blog.livedoor.jp/fbzt/

ヒキ叩き一例
10 名前: ◆HybQ2qSoek [] 投稿日:2005/11/08(火) 17:20:20 ID:dWhdt3nf0
引きこもりは自分のことをどう思ってるんだろうね。
人間のクズっていうことを自覚して欲しいね。ヒッキーたちには^^

24 名前: ◆HybQ2qSoek [] 投稿日:2005/11/08(火) 18:21:40 ID:dWhdt3nf0
俺は数々の修羅場を乗り越えてきた身だ。
そしてまだ中学生だ。
不登校児はヒキより上だからヒキを叩く権利がある。ヒキはしね



163 :考える名無しさん:2005/12/27(火) 14:14:28
引きこもりやホームレスには
障害者と健常者の境界領域の人間が多い

164 :考える名無しさん:2005/12/27(火) 14:16:25
雅子様は皇室不適合障害ですが、どうよ?


165 :考える名無しさん:2005/12/27(火) 15:57:44
適合・不適合は神が決めますか、どうよ?

166 :考える名無しさん:2005/12/30(金) 13:44:17
死ぬまでに使い切れないだけの金があるから優雅に生きてるんだよwww

金が無くてマネできないからって「問題」とか呼んで嫉妬してるだけだろwww

笑えるwww

167 :考える名無しさん:2005/12/30(金) 15:10:11
一日中家にいるんだろうから、哲学書を読む

168 :考える名無しさん:2005/12/31(土) 11:32:15
来年はNNT&HIKKEY撲滅運動元年です。
皆様、振るって運動にご参加ください。
NEET&HIKKEYを発見しだい直ちに保健所に通報しましょう。

                社会健全化促進委員会

169 :考える名無しさん:2006/01/03(火) 11:00:11
智明◆HybQ2qSoek HOST:p2206-ipbf313osakakita.osaka.ocn.ne.jp

現在中学三年生の不登校児。
大阪府箕面市在住 箕面市立第四中学校在籍中

今のところYMCA高校(通信制)進学予定です

よく、2ちゃんねるで引きこもりニートを叩いてますが俺は引きこもりニートは人間のクズなので叩く必要があると
思ってます。
■ブログ俺のクズな生活:http://blog.livedoor.jp/fbzt/

ヒキ叩き一例
10 名前: ◆HybQ2qSoek [] 投稿日:2005/11/08(火) 17:20:20 ID:dWhdt3nf0
引きこもりは自分のことをどう思ってるんだろうね。
人間のクズっていうことを自覚して欲しいね。ヒッキーたちには^^

24 名前: ◆HybQ2qSoek [] 投稿日:2005/11/08(火) 18:21:40 ID:dWhdt3nf0
俺は数々の修羅場を乗り越えてきた身だ。
そしてまだ中学生だ。
不登校児はヒキより上だからヒキを叩く権利がある。ヒキはしね

170 :考える名無しさん:2006/01/03(火) 12:40:10
不登校と社会的ひきこもりって、まったく同じか、ほとんど重複するかと思ったんだけど、
いったい何が違うの? 誰か教えて

171 :考える名無しさん:2006/01/03(火) 13:38:00
>>170
不登校→外で暴れている可能性もある。
ひきこもり→引き篭もっていないと定義を満たさない。

172 :考える名無しさん:2006/01/03(火) 13:41:58
不活動→植物人間?

173 :考える名無しさん:2006/01/03(火) 14:21:40
出不精の書痴はひきこもりか否か。

174 :考える名無しさん:2006/01/03(火) 16:42:28
>>170
不登校というと、本来は除外されていたはずの非行型の怠学まで入ってしまうから
登校拒否と言った方がいいかもよ。登校拒否の子は通常家庭内で暴力的になる
ことはあったとしても外で暴れることはまずないからね。それから「閉じこもり」という
行動がみられることも昔からよく知られている。

>>171
社会的ひきこもりの7割がたは外出しているらしいから、完全に閉じこもっている人
とは限らないんだよ。自宅中心の生活なら老人や専業主婦だったそうだからね。

175 :考える名無しさん:2006/01/03(火) 19:38:11
行過ぎた資本主義はNEETを生み出す。

永遠に右肩上がりの生産力など幻想に過ぎない。

176 :考える名無しさん:2006/01/03(火) 19:51:19
引きこもり問題って…何か問題生じてんの?
ニートにしたって別に良いんじゃないの?そいつらの勝手なんだし…
例えば電車の運転手さん達がみんなで引きこもっちゃって、みんな会社にいけなくなっちゃった!とかなら大問題かもしれないけど…今のところ困ってるのは親とか兄弟位でしょ?
そんなの個人で解決すりゃ良いじゃない!

177 :考える名無しさん:2006/01/03(火) 20:33:03
>>176
政府は生産性の限界を認めたくないから、非正規従業員に対する
違法な扱いを黙認してきたけど、それでも限界が迫ってきて、もはや
NEETを問題視して責任転嫁する以外になくなっちゃったんだよ。

>>1はそんなマスコミ報道に流されてスレ立てしてる愚民ってわけ。

178 :考える名無しさん:2006/01/03(火) 22:10:18
じゃ何?政府は経団連か何かに「あなた達が厳しい事ばっかり言うから働かない人がこんなに増えちゃいましたよ!どうしてくれるんですか?」ってインネンつけてるって事?
笑えるなぁ…


179 :考える名無しさん:2006/01/04(水) 08:17:29
>>177 おいおいこんなとこで真面目に語るなよ。
   俺が資本主義にピリオド打つんだから、思惑は気づかれては
   いけない、なぜなら資本主義の知識の1つにされて使い方を
   謝って使おうとするから、哲学という知恵のない日本人に下手に
   語らないほうがいい。

180 :考える名無しさん:2006/01/04(水) 08:20:12
おまえに「哲学という知恵」があるとも思えないがw

181 :考える名無しさん:2006/01/04(水) 08:23:18
哲学という学問の最終的な結論はもうどうでもいいじゃんってことでしょ?

182 :なんでも工学でつよ:2006/01/04(水) 08:31:07
ひきこもりの存在自体、いや、そもそも
社会構造そのものが、いや、さらに、人間存在そのものが、
いや、さらに、牛糞とそこにわく蛆でさえも、
いや、さらに、宇宙の生誕そのものすらも
テクノロジーによって初めて規定されているということに
まだ気がつかないのかな?


183 :考える名無しさん:2006/01/04(水) 11:14:47
はいはいテクノナナシーテクノナナシー

184 :考える名無しさん:2006/01/05(木) 03:06:46
ニートじゃもてねぇーだろw

185 :考える名無しさん:2006/01/05(木) 03:17:52
現代では、結婚して子を持つことのほうが高リスクを背負うのです。
だってその子が将来ニートにならないとはかぎらないわけで。

186 :黒髪 ◆VE7HSmI9KI :2006/01/05(木) 05:04:45
ニートと引き篭もりは全くの別物
まずはそこを理解すべき

187 :まきな ◆I2rWVFDN2M :2006/01/05(木) 06:04:03
母ー子のループをに介入すべき父それ自体が欠落してる場合が多い。父による父性の放棄です。
それは去勢の不在へと帰結し、そのことが欲望することができない若者を生んでるわけですね。
ニートという現象の根は「不在が不在している」という点につきるでしょう。

188 :考える名無しさん:2006/01/05(木) 08:36:34
「雨ニモマケズ」

雨にも負けず
風にも負けず
雪にも夏の暑さにも負けぬ
丈夫なからだをもち
慾はなく
決して怒らず
いつも静かに笑っている
一日に玄米四合と
味噌と少しの野菜を食べ
あらゆることを
自分を勘定に入れずに
よく見聞きし分かり
そして忘れず
野原の松の林の陰の
小さな萱ぶきの小屋にいて
東に病気の子供あれば
行って看病してやり
西に疲れた母あれば
行ってその稲の束を負い
南に死にそうな人あれば
行ってこわがらなくてもいいといい
北に喧嘩や訴訟があれば
つまらないからやめろといい
日照りの時は涙を流し
寒さの夏はおろおろ歩き
みんなにでくのぼーと呼ばれ
褒められもせず
苦にもされず
そういうものに
わたしはなりたい

189 :考える名無しさん:2006/01/05(木) 23:04:49
187はぴかぁ〜みたいだなw

190 :遣唐使:2006/01/07(土) 20:50:03
唐出張してま〜す

ジエンコテ犯教員=【苦悩するドナ ◆oyDevpsyVg =ロボ ◆SOOOOROBOM】

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1046868314/458-464

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1116159415/53-68

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1011054931/607-610

191 :考える名無しさん:2006/01/07(土) 20:53:54

            ,,,-‐''"~     ~゙ヽ、,,----、.,,,,_
         .,,r''~             ゙ヽ、   `ヽ、
        /                 ゙i,     `ヽ、
       /                   i,       ゙i,
~~'''''‐-= /                     i        ゙、
      i'             ;ヘ,     .:.::::i':::..       ゙,
      i                /./     .:.::::/.:.:.:..       i
       ノ                / /     .:::::::/:::.:.:.:.:.       i
    /            /./  .:.:.:.:.:.:/,;.:.:.:.:._____     (<ヽ!}
    /             i^ヾ'i:.:.:.:.:.::::::; '  .:.:.:;'、;:;:;;;;:;;゙i .  ゙iヽ\  ソイヤ!セイヤ!
  /              ..:....:.:゙、_ ゙:、:::::/  ,,,,,....-i'゙i;====ヨ    ,! \\  ソイヤ!セイヤ!
  /;;;;i            .:.:.:.:゙i `ヽ、  :.:..:.:.:.:.:.:! ''゙i;:;:;:;:;;! ,r‐'゙゙'' ,! ヽ、>
 メ;;;;;;;i,           .:.:.:.:.:.:.:、  ゙'ー‐-、,,;---、ゞ ゙''''''i'/   /
/:::i;;;;;;;ヽ、         .:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ、        ゙     ゙`   ,ノ
::::::ヽ;;;;;;;;;\       .:.:.:.:.:.:.:.:.:,イ.:.:.゙''ー-、,,___       ,;. 、 ,ソ
:::::::::::\;;;;;;;;;`ヽ、,_   .:.:.:.:.:.:.:.:.ノ 〉,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙i`    ,:;'' i; ヾi′
:::::::::::::::ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;゙''‐─--‐‐/ ,{;;;;ヽ、.:.:.:.:.:.:.:.:.:|    '"  ;:  ゙|
::::::::::::::::::::::`ヽ-、;;;;;__,,,,,/  /\;;;;;;;;;`'''─----|      ;:   !
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ   i:::::::::゙ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;|       ;;! ,!



192 :考える名無しさん:2006/01/07(土) 21:05:04
引きこもりが増えるということは、
家に一日中人がいるわけで、空き巣狙いの泥棒が入りづらくなる。
泥棒にとっては空き巣が減ることが問題だ。



193 :考える名無しさん:2006/01/07(土) 21:36:35
「雨ニモマケ」

雨にも負け 風にも負け
雪にも夏の暑さにも、近所の目にも負け
丈夫なからだをもちながら 外にです
決して働かず
いつも夜中に起きている
一日中無駄な空気を吸い
親のスネを齧り 糞に変え
あらゆることが 自分を当てこすっているように聞こえ
何も見ず聞かず分かろうとせず 恨み言は忘れず
親がローンで建てた松の林を切り拓いた家の
小さな子供部屋の中にいて
西に疲れた父母の姿を見れば
ウザい事を言われる前に逃げ
東に自立支援施設あれば
そんなとこ行くくらいなら死ぬといい
親が死んでも死に切れないと言えば
オレの人生を返せと暴れ
兄弟と喧嘩があれば
お前等に説教する資格はないといい
世間のイベントの時は部屋で涙を流し
白紙の履歴書の前でおろおろし
親戚一同にでくのぼーと呼ばれ
決して話題にされず
家族の腫れ物となる
そういうものに
わたしはなっている


194 :考える名無しさん:2006/01/08(日) 06:57:01


いいですか〜


何かわからなくても、とりあえずいいんです




とにかく大きな声で唱えましょう〜




哲学       は          杜玖椀





195 :考える名無しさん:2006/01/08(日) 09:36:17
そもそも問題が存在すると誰が言ったのか。

196 :考える名無しさん:2006/01/08(日) 16:10:26
どうでもいい

197 :考える名無しさん:2006/01/09(月) 02:10:20


いいですか〜


何かわからなくても、とりあえずいいんです




とにかく大きな声で唱えましょう〜




哲学       は          杜玖椀




198 :考える名無しさん:2006/01/09(月) 12:09:59
>>195
まあ、引きこもり本人は怠けて楽でいいだろうけど
周囲が悲惨でなー。

199 :考える名無しさん:2006/01/09(月) 23:18:31
>>198
個人主義を啓蒙し、個室に引きこもれる体制を構築したのは、国の政策です。
恨むならバカに投票した自分自身を恨むのが筋かと思われ。

200 :考える名無しさん:2006/01/09(月) 23:25:45
>>199
ほうほう、政治が悪いから引きこもったと。
ではどうして引きこもらず働いてる若者と、
引きこもりの違いが生まれるのかな?

201 :考える名無しさん:2006/01/09(月) 23:31:25
>>200
奴隷と自覚するかしないかの差では?
カネがあるのに働く奴は、洗脳されているバカか、仕事が趣味であるか、単なるマゾ。

202 :考える名無しさん:2006/01/09(月) 23:33:24
引きこもっていれば奴隷でなくなると勘違いしている阿呆が引きこもりになるという意味?

203 :考える名無しさん:2006/01/09(月) 23:39:10
引き篭もりはなぁ
部屋の中に詰め合わせる幸福をみつけさせるために
世界の人が君を引き篭もらせたのだよ
君が社会生活を全うする引き篭もりであるならば、
最高の引き篭もり部屋を考える義務があると理解することは容易いことである。
だから、最初に、君が怒られたり、この頃はめっきり諦めて静かなのは君が
最高の引き篭もり部屋を構想しないからなのだ。
わかるかね。

204 :考える名無しさん:2006/01/09(月) 23:41:10
>>202
質問してるってことは理解できてないということか。

205 :考える名無しさん:2006/01/29(日) 16:02:02
屈託がない、誤解をされない、自分を肯定的に考えられる。

こんなとこが人生につまずかない要素ではないかと思ったりする。


206 :考える名無しさん:2006/02/04(土) 23:00:08
精神的な意味合いにおいて、我々人類は退化し続けている。
もはや我々は命すら幻想であると気付き、貴ぶことをしなくなった。
仕事は暗黙の義務となり、我々は思考を停止した奴隷となってしまったのだ。
しなしながら、貧富の差は絶対であり、奴隷は常に奴隷である。
我々は物質的勝利者とは成り得ない。ならば一切の物質的努力は無駄である。
結果無き努力とは奴隷の行為であり、正常な人間にとっては人生の浪費でしかない。
故に我々はささやかな精神的勝利者であることを目指さねばならない。
ただ幸せを得るというそれだけのために奴隷の日常を放棄しなければならない。
すなわち引きこもりとは奴隷解放運動なのである!!!



と、こんなふうな馬鹿げた思考を持っていると、引きこもりになるのかもしれない。

207 :考える名無しさん:2006/02/05(日) 07:26:25
引きこもり、ニートはキモイな。やはり。

208 :考える名無しさん:2006/02/05(日) 11:52:38
>>207
きもいのにしょくぎょうは
がんけいないとおもう

209 :考える名無しさん:2006/02/06(月) 00:14:07
健康で明るく賢いハンサムも時にはキモイ、
それもまた余裕の一つなのだから。

210 :考える名無しさん:2006/03/09(木) 18:14:39
敗者に寛大な社会

211 :考える名無しさん:2006/03/09(木) 18:15:35
健康保険ありますからね

212 :考える名無しさん:2006/03/12(日) 04:43:54
gorillas聞くヤツは人生終わり

1 :おしお大先生 :2006/02/21(火) 10:06:44 ID:owxfYY1n
他の日本のバンドと一緒にされたくないんだよね

      ,,.. -―‐- 、
.    ,.'´   , 、  `ヽ.
   /    i .i    ヽ
    |  _  .∨   _  ::|
.   |  ( ●>X<●.) |
    |    /∧\    ::|
   |    (,,ノ ヽ..ノ  .::|
   ヽ.         .:::ノ
   /~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,ヽ、
  ,;';;;;;_-=・=- -=・=-彡;;;;;ヽ、
 ./;;;;;;;;;;;;;"ー=〓=-'`;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ
 l;;;;;;;;;'   ~''''''''''~    ';;;;;;;;l


213 :考える名無しさん:2006/04/19(水) 02:23:54
↑釣れますか?

214 :考える名無しさん:2006/04/20(木) 12:35:33
引きこもり増加って哲学にとってはいいことでしょ?
社会にとっては知らんけど

215 :考える名無しさん:2006/04/30(日) 18:52:19
人口増加で困ってるじゃないか。
NEETは良い事(自発的断種)をしているんだよ。

216 : ◆k4jwKRHRx6 :2006/05/02(火) 04:42:41
sage

217 :考える名無しさん:2006/06/06(火) 07:49:36

907 :考える名無しさん :2006/03/11(土) 09:00:36
おやおや君は「おやおや」と「状況」を必死に繰り返す。
さっきのレスでは「まだそんなたわけたことを続けているのかね?」と
自分のこととしか思えないことを他人に向けて発している。
なんなのだろう。

そう読み替えれば一目瞭然
「親親」「上京」なのである。
東京でひとりぐらしのひきこもりを続けるおやおや君を
ついに彼の両親が実家に連れ戻しに来るのである!
かれの不安定な精神状況はここで自己投影的なわめきをすることでしかその崩壊を食い止められないのであった。
さらばおやおや君w
実家での座敷牢ぐらしが君を待っているよw




218 :考える名無しさん:2006/06/06(火) 09:54:27
 ↑
もういいよおまえ
早くフマップいってブログ立ち上げろ。
パソコンないならピエに作ってもらえ。

219 :考える名無しさん:2006/06/06(火) 12:24:44
労働奴隷は牢獄に閉じ込められ死ぬまで労働刑に処される。それでも許されることはなく、その子孫も労働刑に服さねばならない。働くということはそれほど罪深いことなのだ。

220 :何時に就寝するんだヒキコwww:2006/06/22(木) 16:09:14

186 :考える名無しさん :2006/06/22(木) 08:29:29
( ´,_ゝ`)さぁて、じゃぁ「晒されて必死だな」レスを待ちながら寝るかぷぷぷ

言いたいことがあればここで言えばいいのにねぇw
自分から議論できませんと逃げ出し、議論できない奴を攻撃する糞スレに逃げ込もうとはwwwwww
かわいそうに・・・
今の池田と同じく自分が見えなくなっちゃったんだね・・・w
おやすみ、そろそろ本当に親が迎えに来るだろうよ?( ´,_ゝ`)


221 :考える名無しさん:2006/06/24(土) 02:05:04
ぷぎゃおw

222 :考える名無しさん:2006/06/24(土) 05:56:52
っつかこれ以上スレ鯛からそれるようなら削除以来出すけど
ムダな書き込みすんなって

223 :考える名無しさん:2006/06/24(土) 08:08:23
至言の一言
「あまったれるな」

224 :考える名無しさん:2006/06/24(土) 20:05:11
どうかな?
ttp://www.gvbdo.com/index_hikikomori.html

225 :考える名無しさん:2006/06/27(火) 17:12:53
>>220 >>223
ちなみにオレ様、実は夜勤ではなくIT長者なのでした( ´,_ゝ`)
ヒキコでも夜勤でもなくて残念だったねぇm9。゚(゚^Д^゚)゚。プギャーーーッハッハーヒャヒャヒャヒャヒャヒャ


226 :天空 ◆rBlGBOMBeg :2006/07/02(日) 03:53:12
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1088166844/244

227 :考える名無しさん:2006/09/05(火) 05:14:59
引きこもりは全て親の責任

228 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 18:08:34
ダメ親からダメ息子ダメ娘が育つ。ダメな家族。

229 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 17:44:33
30になってもやりたいことが見つからないって言うけどさ
生まれてまだ30年しか経ってないんだよ
やりたいことが見つかってる人のほうが少ないと思う

230 : ◆AEKh5osoWY :2006/10/03(火) 22:48:20
test

231 :考える名無しさん:2006/10/19(木) 23:51:48

        ■■■■■■■■
      / -=・=-;;;;;;;_-=・=- ■
      \ _______ /  こっちだよ?
          ノ   ̄ ̄~(
        / ,   o 〃\
       / ,ィ 。  ☆ 。i  \
      (  < |   o  l゙>  )




232 :考える名無しさん:2006/10/20(金) 00:07:02
長田の妹、杉浦の暴走=殺人は、戸塚に通じるところがある。
彼女の暴走によって、多少成果を上げたからといっても素人の荒療治は警戒すべきである、ということが再確認された。

233 :考える名無しさん:2006/10/22(日) 20:55:38
引きこもりやニートと呼ばれる人達は、相当な批判をくらっているが、

彼らも彼らなりに、きちんと社会の問題を映し出してくれていると思う。

彼らの親や、社会に責任を追及したところで、引きこもりやニートがいなくなる訳ではなく、

何が原因なのかを、細かい所まではっきりと見出し、今できる事をしっかりと考えることで、

初めて彼らが変わりはじめるのではないだろうか。

彼らの存在は、時代の変化を社会に示してくれる。

これまでのやり方では、問題が何も解決しない事を教えてくれる。


234 :考える名無しさん:2006/10/22(日) 22:33:16
引きこもるなら何もするな。
静寂で身を包み続けることだ。
勉強したり働いている方が楽勝であることがわかる。
遊ぶ引きこもりは無論弱い人である。
だがずっと何もしない引きこもりは、達人である。


235 :考える名無しさん:2006/10/22(日) 22:46:03
無は耐え難い。まずは無意味に耐えられるようになることが達人への第一歩ではないかな。
無意味な社会、世界、自分自身…
おまえなど無意味だ! おまえの存在は無駄だ!
おまえなんかいらね


236 :考える名無しさん:2006/10/22(日) 23:21:29
まだだ!まだ終らんよ!


237 :考える名無しさん:2006/10/22(日) 23:31:56
社会に対して害を与える存在は悪と呼ばれるが、社会に対して消極的で
何も貢献しない存在も同様に悪である。

238 :考える名無しさん:2006/10/25(水) 05:38:09
>>237
哲板、初カキコってとこかな?
おー、よちよち、がんばってかいたんだねえ








後、3年ロムってろ!

239 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 08:10:57
gorillas聞くヤツは人生終わり

1 :おしお大先生 :2006/02/21(火) 10:06:44 ID:owxfYY1n
他の日本のバンドと一緒にされたくないんだよね

      ,,.. -―‐- 、
.    ,.'´   , 、  `ヽ.
   /    i .i    ヽ
    |  _  .∨   _  ::|
.   |  ( ●>X<●.) |
    |    /∧\    ::|
   |    (,,ノ ヽ..ノ  .::|
   ヽ.         .:::ノ
   /~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,ヽ、
  ,;';;;;;_-=・=- -=・=-彡;;;;;ヽ、
 ./;;;;;;;;;;;;;"ー=〓=-'`;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ
 l;;;;;;;;;'   ~''''''''''~    ';;;;;;;;l


240 :ひきこもり坊:2006/11/19(日) 10:49:19
近い親戚に、
性同一性障害、心の病の障害者認定二名、不登校経験者が自分と兄を合わせて四名。
そいて気が付けば自分も引きこもり。おとといからバイトさがしてますが、家に帰るのがこわかったりします。「またでられなくなったらどうしよう」

こんな私はなんなのでしょう。

頭おかしいですか?

241 :考える名無しさん:2006/11/19(日) 13:17:57
体は健康?体力に自信ある?

242 :考える名無しさん:2006/12/29(金) 15:01:51
ひきこもりは海外ではないらしい。
なぜ家族がいるのにひきこもるのか?とフランス人は言ってた。
要するに家族がげんいんでしょ

243 :名無しさん :2006/12/29(金) 17:01:31
>240

問題なし。  不安は正常。 ただし、私自身は問題山積。

93 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)