2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

哲学は鬱学。今の10代に必要なのは道徳

1 :考える名無しさん:2005/09/13(火) 00:46:40
意味をはき違えるとそうなる
まず10代にはモラル道徳を説いてくれ
哲学は心に余裕がある人が楽しむもの

2 :終了:2005/09/13(火) 00:53:44
哲学=道徳。

3 :考える名無しさん:2005/09/13(火) 00:55:39
せめてニヤリーイコールだろ。

4 :考える名無しさん:2005/09/13(火) 00:59:22
哲学≠道徳
確かな定義はないけどっこうじゃね?
道徳まぁモラルってのは主に人のあり方や考え方
哲学ってのは範囲が広すぎてわかんね
こんな糞スレを考えるのも哲学だろ?
考える意味、力=哲学だろ?
2さんよ

5 :考える名無しさん:2005/09/13(火) 01:01:37
哲学と鬱は全く関係ない。
>1は哲学と人生論を履き違えてる馬鹿

6 :考える名無しさん:2005/09/13(火) 01:03:21
>>5
じゃあ哲学ってなんだよ?


7 :考える名無しさん:2005/09/13(火) 01:04:38
なぜ全く関係ないのか?
哲学は何か?
何も答えられないのかい?
それで1を馬鹿呼ばわりかい?

8 :考える名無しさん:2005/09/13(火) 01:07:25
ここでおとり隊長の出番です

9 :退屈です:2005/09/13(火) 01:09:05
哲学とは人間とは何かを考える学問。
ニーチェで最盛期は終了。
欝になったときに自分の存在意義を考えるのが哲学。
哲学は欝になって引きこもった人のための学問。
人間の存在意義など無いと知って安心する。


10 :考える名無しさん:2005/09/13(火) 01:11:15
哲学って人間に限らずじゃね?
宇宙的なものじゃね?

11 :考える名無しさん:2005/09/13(火) 01:11:22
>>6
芥川竜之介がアフォリズムに書き残したりしたものが典型的な人生論。
例えば、>>9見たいな事を嬉々として書き綴るとか。

古代ギリシア以来の伝統を受け継いで、実体や存在や時間・空間、心、物、現象、善などを
ロゴスに従って追求するのが哲学。
ニーチェあたりが辛うじて哲学者扱いされるのもこれらを扱ってるから。


12 :考える名無しさん:2005/09/13(火) 01:13:08
いいじゃん。鬱になりながら、鬱とはなにかを哲学すれば^^

13 :考える名無しさん:2005/09/13(火) 01:13:49
哲学が無いから道徳教育ができないのだ、という意見もある。

14 :考える名無しさん:2005/09/13(火) 01:15:11
>>11
それはお前さんの言葉かい?
引用してる知識だろ?
じゃあ自分の経験や知識から得た哲学ってどういう事だと思った?
もっと砕けた言い方してみて


15 :考える名無しさん:2005/09/13(火) 01:20:29
>>14
>それはお前さんの言葉かい?
>引用してる知識だろ?

「何が哲学と呼ばれるものか」の問いに対して、他から学んだ知識で答えるのは当然。
何でもかんでも自分の言葉で語ったら狂人でっせw


16 :退屈です:2005/09/13(火) 01:21:26
存在や時間について追求するのは人間。
だから究極の哲学は人間とは何か?になる。
考えるってどういうことですか?
ゲーデルの不完全性定理は人間の論理は完全で有り得ないことを
証明した。
人間が考える限り宇宙の外はどうなってるか?、量子の中はどうなってるかは
判らないだろう。
相対論と量子論を統一する理論は色々提案されているが、
当分の間実証はされないだろう。
それまで哲学は停滞する。
ブレークするにはキチガイのような天才が必要。。。


17 :考える名無しさん:2005/09/13(火) 01:25:53
>>16
だからといって、人間がわかれば存在や時間がわかるというものではない。
数学を分かるためには人間が分からなければならないわけではないのと一緒。
なんでもかんでも人間に還元するのは知的怠惰以外の何物でもない。


18 :考える名無しさん:2005/09/13(火) 01:26:12
答えを出すのが科学であって
哲学ではないでしょ



19 :おとり隊長:2005/09/13(火) 01:29:34
道徳は教えるもの
哲学は考えさせるもの



20 :考える名無しさん:2005/09/13(火) 01:33:42
>>18
答えがまた問いを生む事は多々あるが、
答えを出さなくていいわけではない。

「ここまでの考察によれば、〜は〜であることが明らかとなった」ということは
ちゃんと書かなきゃ。

21 :考える名無しさん:2005/09/13(火) 07:05:40
道徳とは何ぞやを考えるのが哲学

哲学の範疇のうちでそれに特化したのが倫理学

22 :考える名無しさん:2005/09/13(火) 14:14:48
道徳は大多数の人にとって自明のもの
道徳が自明でない一部の人が哲学をやる


23 :考える名無しさん:2005/09/13(火) 16:09:47
おとり隊長の方が分かりやすい

24 :考える名無しさん:2005/09/13(火) 16:56:11
道徳=倫理学=哲学の一分野

25 :考える名無しさん:2005/09/13(火) 17:02:14
文学部倫理学科ってのもあるから微妙だな。


26 :24:2005/09/13(火) 17:18:59
文学部哲学系倫理学専攻という所もあり
http://www.flet.keio.ac.jp/index-jp.html

道徳(どうとく)あるいは、倫理 (りんり) とは、社会や共同体において習慣の中から生まれ、通用するようになった規範のことである。法律などの規則とは意味合いが異なる。
社会的習慣や礼儀・作法もその範疇にあるとされ、自然発生的な教えが多く、明確な定義はない。道徳や倫理について分析し、考察をおこなう学問分野を倫理学という。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%93%E5%BE%B3

哲学者スピノザのエチカは倫理学の意
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%8E%E3%82%B6


27 :凡人:2005/09/14(水) 00:03:08
>>26番さん
習慣の中から生まれ通用するようになった規範は一般常識の事でしょう。
>>1番さん
哲学の意とする所は『物事の理を悟り真の道徳、倫理観に依って産みだされる愛智を持って全てを成す』
と言うのが本線ですが蒙昧意識下の人類社会に於いて人は物事の理を悟れず哲学は脱線ゲームに成って
居ますが哲学の意とする所は『』内の通りです。
私は10代以前に教育より導育と思いますが若者達に導育する知恵者の存在が社会に有りません。
辞書にも物事の理を悟らずば人は知恵を持つ事ができないと記して有りますがその意味を理解する
事も哲学板の人達にはきっと難しいのでしょうね。



28 :終了:2005/09/15(木) 09:31:22
>>1は相当のヴァカで論破されたので終了。

29 :考える名無しさん:2005/09/17(土) 13:13:31
まあ哲学でも反理性的なものもあるしな
道徳教育ってなんか胡散臭いんだよな
儒教なんかも専制政治の維持の政策的側面をもってたようだし

30 :考える名無しさん:2005/09/17(土) 20:03:38
>>27
>"一般常識"
違うと思いますが。

31 :考える名無しさん:2005/09/18(日) 18:00:53
有名な哲学者の大多数は快活なのになあ

32 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 16:23:45
一番有名なニーチェが精神病患者だからね

33 :終了:2005/09/21(水) 16:40:38
何病か具体的にいってみろ。

34 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 16:49:39
tp://0331427.fc2web.com/nikki-pezi.html
中学生にしてハイレベルな哲学論。多少疑問な箇所もあるが完成度は高い。
日本もまだまだ捨てたもんじゃないな。いい加減な若者が目に付くけどやる奴はやるんだよ。
だが哲学より道徳のほうが必要だというのには賛成。

35 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 16:54:41
教育する側がたいした哲学や道徳をもってないんだからほとんどの10代はそんなこと理解できん

36 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 16:55:50
自演? 単なるポエマー
哲学の範疇に位置してない

37 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 16:56:52
>>36>>34

38 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 17:03:42
>>36は下のほうまでスクロールさせて読んでないと思われ

39 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 17:16:05
広義の哲学者が非道徳的な概念を大量に編み出してきたことは疑う余地がない。
決定論、唯物論、etc.,

しかし宗教者も負けず劣らず役に立たない概念を編み出してきた。
原罪、死後の救済、etc.,

倫理学は哲学や宗教に依存するべきではないのだ。

40 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 17:24:48
大人が考える良いと想像する型に若者をはめようとするのが間違い。
今の大人で自分に満足している人、自信がある人、幸せな人、若者に憬れられる人というのが一体どれだけいるというのか?


41 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 17:29:12
それを言うと教育っていう活動そのものが否定されるわけだが…

42 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 18:45:14
本当に中学生が書いてるとしたら大したもんだがただそれだけ。
中学生病に多少の哲学まがいが加わった程度。

43 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 19:00:29
>>34
>多少疑問な箇所もあるが
多少どころじゃないだろw

44 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 19:23:30
評判悪いみたいだけど自分の頭で物事を考えてるだけいいと思う。
そこにあるものだけを惰性で受け入れる人間が、若者に限らず多い世の中だからな。
途中の恋愛ポエムみたいなのはどうかと思ったが実話なら気にならないし。

45 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 20:28:58
哲学=道徳か哲学≠道徳か、そんなことはどうでもいい。
道徳は哲学によって定義され、哲学は道徳によって品定めされる。
そして>>34のは道徳をおろそかにした哲学かぶれ。

46 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 21:45:48
>>34
ワロスwwwww

47 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 22:15:58
心理戦とか頭脳で頂点とか、所々漫画やアニメに影響されてるところはあるものの哲学の走りとしてはこんなもんかなといったところ

48 :考える名無しさん:2005/09/22(木) 00:45:56
>>46

ぷっ

49 :考える名無しさん:2005/09/22(木) 01:29:15
思春期で反抗的な子に道徳を説いてももう遅い。0歳6ヶ月から始めるべき。
挨拶、敬語、謝ること、人の物を盗らない、我慢、嘘をつかない、与えること、
やった後を考えること、責任、義務感、予習復習、予定、反省、勇気、尊敬、
共感、痛みを感じ取る、自分の気持ちを言葉で表現するなど。
反抗期の子は親や先生に言われると反対の事をやっちまうからな。
その前の年齢で身体に染みついてない子はもう手遅れだよ。

50 :終了:2005/09/22(木) 02:32:07
思考停止の道徳を教えてどうする

51 :考える名無しさん:2005/09/22(木) 08:13:27

イ・ラマーチオは快感の本丸です!

自慰党にぶっかけてでも、この快感は性交させる!
私は、国民の皆さんに、そう、お約束をした。
これは、是非とも犯り遂げなければならない!
私の、総理としての本懐です!


52 :考える名無しさん:2005/09/22(木) 09:03:10
拡張調教が我々の課題であった、
たとえ、イ・ラマーチオと罵る輩
がいようとも、快覚の火は消さな
い。有精が大きくする。明らかな
ところが広がりを見せるのだ。

53 :考える名無しさん:2005/09/22(木) 10:49:26
反抗期さえもてない子供は重症だよ

54 :考える名無しさん:2005/09/22(木) 10:56:28
日本は無宗教だからな。せいぜい法律が規範になるくらいじゃないか?
昔から「それは犯罪だよっ」っつってツッコミを入れるヤツ多かった気がするのも
道徳より形式を重んじてるせい。哲学が精神主義のためにあるんなら鬱学じゃなくて
指針を与えてくれる良いものになるんだけどな。

55 :考える名無しさん:2005/09/22(木) 12:14:24
哲学やってるといつのまにか心の病気になる人もいる。
俺の様に。

でもならない人も普通にいる。

56 :考える名無しさん:2005/09/22(木) 19:25:48
>49
子供の成長がすでにあなたを追い抜いたということですな

57 :考える名無しさん:2005/09/22(木) 19:40:00
倫理学じゃなくて道徳?つくづく何も考えてないんだな…
そんな神話が機能したのはせいぜい戦前までなんだよ。

58 :終了:2005/09/22(木) 23:58:31
大陸哲学と分析哲学の区別もできないスレはここですか

59 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 01:25:45
鬱って結局自分が可愛くて仕方がないんだろ。
まず「自分はダメだ」といい、次に「死にたい」。
阿吽の呼吸に近いくらいワンパターン。
そうゆう連中はきっと「死而後已」なんて聞いたこともない無知野郎だろぉ。
もし知っていれば簡単に「死にたい」なんて云わん。
鬱で死にたいといっている奴は「四書」を完璧に理解してからにしろ、と言い
たい。


60 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 01:33:12
そういう問題じゃないだろ。胃や腸が病気で機能低下するように、
鬱の奴は脳が機能低下して生きる気力がなくなってる。食欲がなくなるように。

そんな書物を読んでもなんの役にも立たない。いやむしろ脳疲労して
ますます悪化する。

61 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 01:38:41
熱中する対象があれば死ぬ気は起きない。
熱中する対象を求めているだけでは死にたくなるかもしれん。


62 :熱中しまくりです:2005/09/25(日) 02:56:37
     ,,.. -―‐- 、
.   ,.'´   , 、  `ヽ.
  /    i .i    ヽ
  |  _  .∨   _  ::|
  |  -=・=-X-=・=- |
  |    /∧\   /
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)


私?私は小泉チルドレンですよ、もちろん。 あたりまえでしょ。

63 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 07:02:26
>>59

ぷっ

64 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 07:33:52
>>59はどうしようもないな。無知で無能。犯罪的な人格。
こういう奴が大威張りで発言してる世の中にあって、
欝の人が死にたくなるのはむしろ必然だと言える。
マシなことをしろとは言わないが、少なくとも口を開くな。

65 :考える名無しさん:2005/09/26(月) 19:40:06
>>34
多分本格的に哲学かじった人間じゃないとこの文章の価値はわからない。
確かにまだまだ青いなと思わせる部分もあるが、この日記の本質はそんなとこじゃない。

66 :凡人:2005/09/27(火) 18:09:15
>>30番さん
道徳、倫理の精神は個人の揺るぎない良識に依って産みだされ、
習慣の中から生まれ通用するになった規範「一般常識」とは全くの別ものです。
揺るぎない良識とは社会の動向が如何様で有ろうとも己の良心に従い物事の正否、善悪を見極める心です。

67 :考える名無しさん:2005/09/27(火) 18:33:19
>>60
認知療法って哲学じゃん。

68 :考える名無しさん:2005/09/27(火) 18:35:39
>>65
明徳で事件おこしたネットのやつと同じレベルじゃん。

69 :考える名無しさん:2005/09/27(火) 23:41:00
道徳はどうやって勉強すればいいの?

70 :考える名無しさん:2005/10/01(土) 23:58:18
>>68
この中学生より優れた文章書く自信ある?

71 :考える名無しさん:2005/10/02(日) 00:13:57
哲学的というより才能を感じさせるってとこか?スレ違いだけど

72 :考える名無しさん:2005/10/02(日) 01:06:14
>>70 あるよ。

73 :考える名無しさん:2005/10/02(日) 01:06:54
>>71 こいつは哲学をやってんじゃなくて文学をやってるんだろ。

74 :考える名無しさん:2005/10/02(日) 16:00:50
死後の世界とか人間の感情について論じてるんだから哲学でいいだろ。

75 :考える名無しさん:2005/10/02(日) 16:35:00
>>72
じ ゃ あ 書 い て み ろ

76 :考える名無しさん:2005/10/02(日) 20:12:28
どこにも>>72みたいなのが一人はいる罠

77 :考える名無しさん:2005/10/02(日) 22:35:29
>>75
そこらへんにゴロゴロあるじゃん

78 :考える名無しさん:2005/10/02(日) 22:49:16
>>32
そのニーチェだって笑うことを志向してるのにな
悲劇を笑う快活さが必要なんだよ

79 :考える名無しさん:2005/10/02(日) 23:56:50
>>34の文章読んだが、マンガだのSFだの国語の教科書なんかで仕入れたネタを
もとに雑感を書いてるだけで哲学らしさは微塵も感じられなかったよ。
「死」について思いをめぐらせばハイレベルな哲学だって?w


80 :考える名無しさん:2005/10/03(月) 13:01:28
>マンガだのSFだの国語の教科書なんかで仕入れたネタを
>もとに雑感を書いてるだけで
根拠は?

81 :考える名無しさん:2005/10/03(月) 13:54:53
2005年7月28日(木)のなんて居酒屋のおっさんの思いつきだろ

82 :考える名無しさん:2005/10/03(月) 16:01:51
>>34自身が「多少疑問な箇所もあるが」って書いてるよな?
疑問な箇所はあるけどキラリと光る文章もあるってことだよな?


83 :考える名無しさん:2005/10/03(月) 19:30:46
言うは容易い、か。ふむ・・・

84 :考える名無しさん:2005/10/03(月) 19:56:53
>>82
>だが哲学より道徳のほうが必要だというのには賛成。

こんなアホ発言する香具師の評価なんて得点のうちに入らない。
哲学と道徳はつながっている。

85 :考える名無しさん:2005/10/03(月) 22:07:19
>哲学と道徳はつながっている。

詳しく

86 :考える名無しさん:2005/10/03(月) 23:05:31
そんなことはどうでもいいけど>>72は高校野球の一回戦とかテレビで見てて
「なんだこいつら。体も出来上がってない工房がいっぱしに野球かよ。
プロ野球には到底及ばなねぇな。俺でも出来るぜ」とか言ってて
でも実際高校球児のチームに加わって野球で勝負するとあたふたしながらエラー連発して
今日は調子が出ないとか下手な言い訳しながら逃げ帰っていくタイプ

87 :考える名無しさん:2005/10/04(火) 03:07:11
>>86
生々しい体験談乙w

88 :考える名無しさん:2005/10/04(火) 10:35:54
中高生くらいだと、井の中の蛙って言葉を知らないから
例外なくダメ。
なぜ知らないのかといえば、読書量が少ないから。
自分のその狭い世界しか知らないので、
自分の周り(友人、学校、ネット)で自分が光れば
それで光ることができてると思い込んでる。

だが、そんなところで相対的に自分が上であっても、
何の意味もない(何も生み出したことにはならない)。
>>34のサイトのようなゴミの文章を書き連ねたところで、
哲学は構築できない。

もちろんあれは単なる日記だろうから、他人の趣味に文句をつける
気はないが、>>34のように
ゴミを持ち上げる人間がいると、結局本人がそれに甘んじて
余計になにもできないまま死んでいく可能性が高い。

まあ、いつの時代でも書店にはゴミみたいな本が「一般書籍」として
並んでいるから、その場所で、ものを考えたことのないアホな連中相手に
わずかな期間でも流行すればいい、と考えるなら
自身を満足させるだけのちっぽけな優越と年収を手にできるかもね。
当然、そのような状態は本人が口にするような
20世紀の芸術家のような生き方、ではなくて
芸術的信念を直感できないままに死んだ俗物、だけれど。

89 :本読め:2005/10/04(火) 11:30:19
>>85
>>24をみれ。哲学はあらゆる価値をも含まない。
それゆえ、あらゆる価値原理を批判することができる。
だからこそ、道徳を批判的に考え発展させることができるのは哲学。
それを考える哲学の一分野が倫理学である。建物にたとえれば、


2階 倫理学(道徳)
-----------------
1階 哲学

のようになっており、哲学が崩れれば、道徳を問うこともできなくなる。
道徳を問えないところは、いわゆる独裁政権と同じ。

90 :考える名無しさん:2005/10/04(火) 16:23:15
>>88
批判すりゃいいってもんじゃない

91 :考える名無しさん:2005/10/04(火) 19:28:12
>>88
言ってることが途中から>>34の日記の厨房と同じ

92 :考える名無しさん:2005/10/05(水) 18:58:57
中高生が例外なくダメっていう根拠はどこから出てきたんだ?
読書量が少ないから?おいおい。
読書家の中高生もいれば、読書あまりせずに哲学を成した人もいるだろ?
あまりにも見解が狭すぎやしないか。

93 :考える名無しさん:2005/10/05(水) 21:13:32
読書あまりせずに妄想を成した人ならいます。

94 :考える名無しさん:2005/10/05(水) 22:10:13
>>92
>読書家の中高生もいれば、読書あまりせずに哲学を成した人もいるだろ?

ここの厨は哲学とは何かがよくわかっとらんな。
読書をあまりせず哲学するということは、
読書せずにできる哲学とは何かを考えた上での発言だろうか。
それはまったく先験的になせる哲学があるとでも言っているようなものだ。
そんなものがないことは哲学史においてすでに証明済みだ。

95 :考える名無しさん:2005/10/06(木) 02:01:47
>>92
>読書家の中高生もいれば、読書あまりせずに哲学を成した人もいるだろ?
これって後肯定の誤謬じゃないか?

96 :考える名無しさん:2005/10/06(木) 02:02:20
後件肯定の誤謬な。

97 :考える名無しさん:2005/10/06(木) 19:55:39
どっちか片方なら後件肯定の誤謬だけど両方あるから違うんじゃないか?
読書家の中高生もいるだろ?だけならそうだけど。

98 :考える名無しさん:2005/10/07(金) 00:45:55
どっちにしても、勝手にHPを紹介されて持ち上げられたり侮蔑されたりする中学生にはいい迷惑。
自演だとしたら同情の余地はないが。
紹介者がどういう経緯でそのHPを見つけたのか考えるとちょっと笑える。


99 :考える名無しさん:2005/10/07(金) 18:00:01
>自演だとしたら同情の余地はないが。
この部分がなければいいこと言ったのに

100 :考える名無しさん:2005/10/08(土) 02:21:27
>>94
それで証明済みと言ってしまうきみは哲学にはむかないw

101 :考える名無しさん:2005/10/08(土) 02:26:41


道徳なんかは脳味噌の堕落でしかない。


by A.乱暴

102 :考える名無しさん:2005/10/08(土) 02:29:44
アメリカで、イチローは公然とゴキブリ扱いされている!!

2chでアンチイチローは、イチローのことをゴキローと呼ぶ。
しかしアメリカでは、イチローは公然とゴキブリ扱いされているのだ!
イチローを模した着ぐるみが作られ、何とメジャーの球場でゴキブリダンスを披露している。
そのイチローキャラクターの名前はIchiroach Suzuki(イチローチ鈴木)。

問題のイチローキャラクター(着ぐるみ)画像
http://www.zooperstars.com/PhotoGallery/Gallery_6/fullimages/Ichiroach_Suzuki_f.jpg
http://www.zooperstars.com/PhotoGallery/Gallery_6/fullimages/Ichiroach_Phanatic_f.jpg

ゴキブリ認定されたのは世界でもイチローくらいだろww


103 :考える名無しさん:2005/10/08(土) 02:44:27
>>100
ちなみに、哲学史のどの部分だかわかる? 坊や?

104 :考える名無しさん:2005/10/08(土) 03:01:28


239 名前:名無しさん@恐縮です :2005/10/04(火) 09:20:20 ID:1DyCEM0c0
イチローってハイソックスフェチなんでしょ?
広末とかマナカナにもらった靴下の匂い嗅いでるくせに
何言ってんだろうねぇ




105 :考える名無しさん:2005/10/08(土) 03:42:47
>>100
ちなみに、大陰唇のどの部分だかわかる? 坊や?

106 :考える名無しさん:2005/10/08(土) 04:58:27
>>105
つまり読んでないんだね? 少なからず読んでから文句いいなよ。
まさに井の中の蛙じゃん。

107 :考える名無しさん:2005/10/08(土) 04:59:11
訂正、>>100な。

108 :考える名無しさん:2005/10/08(土) 11:23:38
>>106
ぷっ。はたしてそうかな?

109 :考える名無しさん:2005/10/08(土) 11:28:00
天才の存在を知らない者は、
永久に知ることが無い。
そういうことだな。

110 :考える名無しさん:2005/10/08(土) 11:29:10
>>109
ほんとうにそうかな?(p

111 :考える名無しさん:2005/10/08(土) 14:27:08
まあ、中学生がたてたスレだから仕方ないか。

112 :考える名無しさん:2005/10/09(日) 00:47:14
>>111
という根拠は?
あるのですか?

113 :考える名無しさん:2005/10/09(日) 07:21:54
このスレの厨房>>1があまりに可哀相だから書く。

ポパーは世界を

(1) 客観的な物質的世界
(2) 主観的な精神的世界
(3) 精神や生物による必ずしも意図的ではない産物だが、
  いったん生み出されるとそれらから独立して存在する客観的構造をもった世界。
  たとえば、書物、機械、フィルム、コンピュータなどである。
  いわゆる文化遺産全体のこと。

の三つにわけている。哲学が物質的世界について
解明できるものでないことは馬鹿のお前でもわかっているだろう。
ということで、哲学が担当している世界は(2)か(3)の世界のわけだが

そこでお前は全く読書せずに哲学すると主張しているわけで
つまり、それは、(3)の世界をすてて哲学するということだ。

要するに、お前は(1)と(3)の世界をとりはらって哲学すると主張しているわけなのだが、
(1)と(3)の世界をとりはらって哲学するというのは、どんな状態にあるか考えたのだろうか。
それは、赤ん坊がお腹のなかにいる状態で哲学することと同じ。
つまり、この世界をまったく経験する前から、哲学するということ
すなわち「先験的哲学」というわけだが、
そのような状態から哲学して、いったい何が見いだされるのだろうか?

ためしに、数日待ってやるから、そのような状態を想定して考えてこい。

114 :考える名無しさん:2005/10/09(日) 10:33:06
読書=∀後天的な知識ではないと思うぞ。

115 :考える名無しさん:2005/10/09(日) 12:27:08
>>1
http://yu-net.info/swfup/viewswf.php/0121.swf

116 :考える名無しさん:2005/10/09(日) 14:47:13
>>113
もうすでに書かれていることに気付かないようだね?

117 :test:2005/10/09(日) 15:39:27
YahooBB219185092038.bbtec.net
YahooBB219185092107.bbtec.net

118 :結論>>1をゴキブリ認定:2005/10/09(日) 16:22:03
知的障害者>>1のまとめ。

>>1の脳みそ
・哲学≠道徳
・考える意味、力=哲学
・哲学=鬱学
・アフォリズム

>>1のパターン
ちょっとでも頭がついていけなくなると→引用してる知識だろ?

■根拠(本音)
・確かな定義はないけどっこうじゃね?
・哲学ってのは範囲が広すぎてわかんね

>>1の正体
どこかのサイトで>>34の中学生に論破された男か、あるいは>>34本人。

■読書してるか?
まったくしてない様子。

119 :考える名無しさん:2005/10/10(月) 16:40:50
レッテル厨乙

120 :凡人:2005/10/10(月) 19:44:13
>>69番さん
道徳は人の道を得る「える」と徳を得る「うる」と言う意味合いですが勉強と言う記憶では得る事はできません。
何故なら書物に現支配社会にとって不都合な真の道徳を得る為の方法は都合上、記されて居りません。
個的な探求結果の道徳を会得する方法をお知らせ致しますが蒙昧的に信じる事をせずとも哲学の基本で有る物事の理を悟る道筋です
ので当然、その経緯に於いて道徳も自己の心に芽生えます。
【無数の確立を潜り抜け得ることのできた己の奇跡の命と関連の全てに対する感謝と思いやりの心を深く思惟を繰り返し育てること】
上記の一行が人に真の道徳、倫理観を育て物事の理を悟らせ愛智と言う潜在知能を自分で産みだす事ができまが過去、賢人達が見いだし
た人の心を宗教が商売に使う事で勘違いを起こしますが精神商売とは全くの別ものです。




121 :センズリ一筋:2005/10/10(月) 20:04:05
道徳を最も主張した中国はそのころ最も乱れていた。道徳道徳と言う
輩は自分が乱れてるんだよ。

122 :考える名無しさん:2005/10/10(月) 20:10:07
>>104
ちなみに、靴下のどの部分だかわかる? 坊や?


123 :考える名無しさん:2005/10/10(月) 22:52:22

世界において厳密な対象は無く、
語られたことばが厳密性に基づくというのは
崇拝者の思い込みだからね。

まあこの見解ももちろん俺の思い込みにすぎない、
という君の考えが手に取るように解るわけだが、
これも思い込みにすぎないわけだよもちろん。
そしてこれだけが唯一、厳密な思考の結論なのだよ。
つまり哲学は学問の無意味さを証明したのだよ。
さらに知などというものはないことを示したのだよ。
まさに脱学問、脱知ということだよ。
その行き着く先が、まさに神聖なる哲学教という結末だな。
しかし人類はすべからくこの地点に到達すべきなのだ。



124 :考える名無しさん:2005/10/11(火) 18:22:54

   ,r' ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、
  /    ____\      
  |   /::. ''''''   '''''''\   
  |  |::::..  `-=・=- '  |
  |   \:::.  `ニニ´   /
  |    `ー‐--‐‐―´|
  |               |
  ヽ、          /
    ヽ         |
  /          |
  l          /
  /          /
 (______ノ




125 :考える名無しさん:2005/10/11(火) 22:57:27
たらこまよ

126 :ぬえ:2005/10/11(火) 22:58:43
法は最低限の道徳。

127 :威勢のいい厨房:2005/10/13(木) 02:46:26
国家間にあるのは明確なサバイバル競争であり友情でも道義でもない
そんなものは勝者が決めることだ。
大人になるとは子供じみた友情を信じることでも誰かに与えられた道義を信じることでもない


128 :考える名無しさん:2005/10/13(木) 18:08:34
ほんとに頭が弱いと
国家幻想にすがるしかなくなる

129 :考える名無しさん:2005/10/13(木) 19:25:17
いやコピペだから

130 :考える名無しさん:2005/10/14(金) 03:04:39
>>128
でもどんなに悪い国家であろうと無いよりましとイラクの現状を見て思うんだが

131 :考える名無しさん:2005/10/14(金) 19:09:39
そだね。

132 :考える名無しさん:2005/10/14(金) 23:23:56

   ,r' ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、
  /    ____\      
  |   /::. ''''''   '''''''\   
  |  |::::..  `-=・=- '  |
  |   \:::.  `ニニ´   /
  |    `ー‐--‐‐―´|
  |               |
  ヽ、          /
    ヽ         |
  /          |
  l          /
  /          /
 (______ノ




133 :考える名無しさん:2005/10/15(土) 02:00:34
無いほうがましだろ

134 :考える名無しさん:2005/10/15(土) 02:04:35
そだね。

135 :考える名無しさん:2005/10/15(土) 14:43:45
哲学とか言語学とかやっている奴って、人格障害みたいなの多いね。

136 :考える名無しさん:2005/10/15(土) 15:45:07
その種の人間の受け皿になっている面があるというのは否定できない。


137 :考える名無しさん:2005/10/15(土) 16:09:15
タラコマヨのCMには癒されるわな。

138 :考える名無しさん:2005/10/15(土) 16:10:41
哲学とか言語学とかやっている奴って、人格障害みたいなの少ないね。

139 :考える名無しさん:2005/10/15(土) 16:12:19
ワールド展開してるからなのかねぇ?(笑)


140 :考える名無しさん:2005/10/15(土) 20:02:13
>>1は人格障害だね。

141 :考える名無しさん:2005/10/15(土) 22:03:11
       ゃ    こ
    じ             の

 ん                   ス

な         ぁ   っ         レ
       ぁ         !
                       は
      ぁ      !  !
                      あ
      ぁ
                    あ
         ぁ       あ
             ぁ


142 :考える名無しさん:2005/10/16(日) 09:58:56
ttp://0331427.fc2web.com/hp2/nikki-pezi2.html
新しい日記はここでいいのかな?

143 :考える名無しさん:2005/10/17(月) 03:48:32

   ,r' ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、
  /    ____\      
  |   /::. ''''''   '''''''\   
  |  |::::..  `-=・=- '  |
  |   \:::.  `ニニ´   /
  |    `ー‐--‐‐―´|
  |               |
  ヽ、          /


144 :考える名無しさん:2005/10/17(月) 14:14:02
道徳は大事だ。激しく同意する。む

145 :ハル:2005/10/17(月) 15:50:46
まず道徳を知り、それに疑問を持つのが哲学なのではないか。
即ち、道徳を基礎的にではあっても知らない者には哲学は出来ない。

146 :考える名無しさん:2005/10/17(月) 15:52:16
エチカに満足すれば哲学がはじまる。


147 ::2005/10/17(月) 16:48:51
低能の哲学


148 :考える名無しさん:2005/10/18(火) 18:29:08

   ,r' ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、
  /    ____\      
  |   /::. ''''''   '''''''\   
  |  |::::..  `-=・=- '  |
  |   \:::.  `ニニ´   /
  |    `ー‐--‐‐―´|
  |               |
  ヽ、          /



149 :考える名無しさん:2005/10/22(土) 00:03:48
>>142の日記は子供が書いてるっていう先入観をもって読まれてるから非難されてる。
これを大人が書いてると言われて読んでれば納得してたろうに。

150 ::2005/10/22(土) 02:24:45
大人が書いていたら池沼扱い


151 :考える名無しさん:2005/10/22(土) 18:04:03
10代は飽きるほどセックスでもしておれ。
それに飽きるとおのずから悟りも求めるようになる。

152 :考える名無しさん:2005/10/23(日) 00:15:51
つまりエイズになることで悟りが開けるというわけだな。

153 :考える名無しさん:2005/10/27(木) 01:23:10
105 :考える名無しさん :2005/10/08(土) 03:42:47
>>100
ちなみに、大陰唇のどの部分だかわかる? 坊や?


106 :考える名無しさん :2005/10/08(土) 04:58:27
>>105
つまり読んでないんだね? 少なからず読んでから文句いいなよ。
まさに井の中の蛙じゃん。


妙な具合に噛みあってるねw

154 :考える名無しさん:2005/10/27(木) 03:41:04
まず哲学者が開拓して安全道として示したのが道徳かも
人間の成長は道徳から哲学へと移行するのが順序としては無難
ただし今日道徳で語られるのは偽ものが多いことも事実
道徳の仮面をつけるだけで批判がされにくい
道徳の偽ものは有害
育成と調教との違い
偽ものの道徳は育成を妨げる



155 :考える名無しさん:2005/10/27(木) 03:48:58
哲学の有る社会(文化)は珍しいが、道徳の無い社会(文化)は無い。
それに道徳感覚は客体化して学ぶものではなく、自然に身に付くもの。


156 :考える名無しさん:2005/10/27(木) 14:07:46
情けは人のためならず

157 :考える名無しさん:2005/11/18(金) 09:30:12
  |   /::. ''''''   '''''''\   
  |  |::::..  `-=・=- '  |
  |   \:::.  `ニニ´   /
  |   /::. ''''''   '''''''\   
  |  |::::..  `-=・=- '  |
  |   \:::.  `ニニ´   /
  |   /::. ''''''   '''''''\   
  |  |::::..  `-=・=- '  |
  |   \:::.  `ニニ´   /


158 :考える名無しさん:2005/11/18(金) 17:12:17
哲学書に触れれば触れる程鬱に陥っていきますね。
生きるとか真理とか答えのない世界に答えを見つけようとする行為
が哲学。そのままの現実を現実として受け入れることを拒否する
世界ともいえる。
全ての哲学者は鬱である。

159 :考える名無しさん:2005/11/18(金) 19:36:21
>>158
>哲学書に触れれば触れる程鬱に陥っていきますね。
>生きるとか真理とか答えのない世界に答えを見つけようとする行為
>が哲学。

無知は罪だな( ゜,_ゝ゜)バカジャネーノ

160 :凡人:2005/11/19(土) 00:00:59
何故、全ての問題に対して万人が納得のいく答えを見いだす事ができないのか?
それは疑問が生じる事は答えが有ると言う証明に繋がります。
では何故、答えを見いだす事ができないか?の疑問の答えは物事の理に反する
蒙昧意識に人類は精神を委ね続けてきた為に智恵を得るために必要な物事の理
を悟る精神が稀薄に陥った事が、その原因です。
と言う真実をお伝えしても蒙昧意識下で育成された諸氏には、如何ほどの賛同
も望み薄と思われます。

161 :考える名無しさん:2005/11/19(土) 00:05:55
望みが薄いから鬱だわな。


162 :考える名無しさん:2005/11/19(土) 02:27:41
>>159

青いねぇ(ぷぷっ

163 :考える名無しさん:2005/11/19(土) 02:39:30
哲学は、あなたの精神を害し、妄想にふけりがちになる危険性を高めます。
疫学的な推計によると、哲学者は妄想症により廃人になる危険性が非哲学者
に比べて約1.7倍高くなります。


164 :考える名無しさん:2005/11/19(土) 12:47:51
>>163
お前だけだからw

165 :凡人:2005/11/19(土) 19:01:26
全ての疑問は答えが有るから芽生えます。
答えが無ければ疑問は生じません。この当たり前の事を理解できますか?
答えが有るのに見いだせ無い人類の不可思議な精神に取り組む事が哲学です。
哲学の道を誤り蒙昧哲学にはまると>>163番さんの言う通り心の闇に迷い込みます。
みなみに、蒙昧哲学とは力を崇拝し物事の理を悟る事ができ無い為に知能を育てる事ができず
智恵を産みだす事のできない者達が行う哲学を指します。
智恵を持たぬ者達が万人、集り千年、論議を繰り返しても争いが生じるだけで万人が納得の行く
答えはでませんよね。


166 :考える名無しさん:2005/11/19(土) 19:46:17
>>164




















ppp

167 :考える名無しさん:2005/11/19(土) 21:07:46
初めて来たが、こんな低レベルな煽り合いをやり合う場所だったとは思わなかった
帰る

168 :考える名無しさん:2005/11/19(土) 21:23:31
哲学とは真理にたどりつく前に立ちはだかる大いなる壁を突き破ることが目的の学問である。
真理に到達するのが本来の目的ではない。

169 ::2005/11/20(日) 08:46:49
そんなの人それぞれ(爆笑)


170 :考える名無しさん:2005/11/27(日) 09:27:21
>>167


青いねぇ(ぷぷっ




171 :考える名無しさん:2005/11/27(日) 10:54:41
10代では遅い。10才までにちゃんと躾が出来てないと、野獣だ。

172 :考える名無しさん:2005/11/27(日) 12:38:36
>>160
>何故、全ての問題に対して万人が納得のいく答えを見いだす事ができないのか?
それは疑問が生じる事は答えが有ると言う証明に繋がります。

どこがどうつながってるのだろうか・・・

173 :考える名無しさん:2005/11/27(日) 15:13:10
http://i.pic.to/4aaza

174 :考える名無しさん:2005/11/30(水) 04:09:01
なんかよくわからん

175 :考える名無しさん:2005/12/02(金) 23:56:08
躾ができているというのは、あらゆるマンコが君に対して
いつでも開かれる準備が整っているということだろ。>>171

176 :凡人:2005/12/05(月) 19:07:24
>>172番さん
答えの無い問題は有りません。
問題を解決する為に智恵を必要としますが智恵を産みだす為に知能を育てなければ成りません。
物事の理を悟らずに智恵が有ると思い込んでいる者達を千人、集めても0×1000=0の智恵ですね。
誰もが哲学を論じる前に知能を育て智恵を産みだす事が先決ですね。

177 :考える名無しさん:2005/12/05(月) 20:35:35
>>176
誰か答えの無い問題はない事を証明したのですか?

178 :MORALITY ◆oMyMORALjQ :2005/12/06(火) 00:10:40
ループ状態
それでも本当に其の計算や様々な予定とやらが的中するかわからないが家畜全般に該当することは華奢な玩具である
そうすると間違っていても満足感を満たすために発展して人と比較して高級とかグレードなどが自然に違ってくる摂
理であって壊れ易いものを集めて本人なりに満足するしか方法がないかというと其れは単なる玩具を買い与えて貰う
育ち以外何でもないから何ら不思議でもなく非常に鈍臭い人間はある程度先のことまで計算して行動しているという

>>1
道徳と教養が足りない子供に関しては10代に限らず育った環境とか親の状態などが大きく左右するから不思議だが
子供が単車とかスポーツカーに興味を持つことは10代後半から一部では当たり前になる原因は恐らく何らかの劣等
意識であって自由であり乍ら要求通りに描いた未来地図を完成させる不満の理想でしかない子供は無間へと邁進する
自体は予測していないから道徳や教養は彼らが下手に楽をする為だけに夢中になりすぎさせているだけかと思われる

179 :不言 ◆ROOF1QOLmc :2005/12/06(火) 00:31:17
http://    <○√
http://     ∥ 
http://     くく

180 :考える名無しさん:2005/12/16(金) 00:00:02
゚プワフ       
        //,',';;  ノ´ ̄ ̄!, ',',;;::',',゙i   ト‐=‐ァ' てろごろ∴.-=・=-  -=・=-| るだろってろるだろに
       ./,',',';;" //     \ ',',',;;,'i   ワプ゚プワフ       
        //,',';;  ノ´ ̄ ̄!, ',',;;::',',゙i   ト‐=‐ァ' てろごろ∴.-=・=-  -=・=-| るだろってろるだろに
       ./,',',';;" //     \ ',',',;;,'i   ワプワプぷっwwぷっまだやってワぷっwwぷっww゚プのかw
       .i 、  /       ヽ ',;::'、|  ッツピックツクップッピパッピュカッ(●)(●)(●)してあげようかね?
       .|   〈         ヽ''  {   いっちょ発狂してww亡霊とヘラゲラ戦ってwwようかね
ワプぷっwwぷっまだやってワぷっwwぷっww゚プのかw
       .i 、  /       ヽ ',;::'、|  ッツピッ゚プワフ       
        //,',';;  ノ´ ̄ ̄!, ',',;;::',',゙i   ト‐=‐ァ' てろごろ∴.-=・=-  -=・=-| るだろってろるだろに
       ./,',',';;" //     \ ',',',;;,'i   ワプ゚プワフ       
        //,',';;  ノ´ ̄ ̄!, ',',;;::',',゙i   ト‐=‐ァ' てろごろ∴.-=・=-  -=・=-| るだろってろるだろに
       ./,',',';;" //     \ ',',',;;,'i   ワプワプぷっwwぷっまだやってワぷっwwぷっww゚プのかw
       .i 、  /       ヽ ',;::'、|  ッツピックツクップッピパッピュカッ(●)(●)(●)してあげようかね?
       .|   〈         ヽ''  {   いっちょ発狂してww亡霊とヘラゲラ戦ってwwようかね
ワプぷっwwぷっまだやってワぷっwwぷっww゚プのかw
       .i 、  /       ヽ ',;::'、|  ッツピックツクップッピパッピュカッ(●)(●)(●)してあげようかね?
       .|   〈         ヽ''  {   いっちょ発狂してww亡霊とヘラゲラ戦ってwwようかね
クツクップッピパッピュカッ(●)(●)(●)してあげようかね?
       .|   〈         ヽ''  {   いっちょ発狂してww亡霊とヘラゲラ戦ってwwようかね


181 :考える名無しさん:2005/12/22(木) 05:40:22
>>176

     _,,;::-―ー-:;:,,、
    /''''''   '''''':::::::\  
    |::-=・=-;;;;;;;_-=・=-:::|       
    |  .:"ー=〓=-'`:::: |         
    \   `ニニ´ .::::::/   
 ,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
     |  \/゙(__)\,|  i |
     >   ヽ. ハ  |   |
言うなれば私は、私の天才的知能により誰もが持っている「内なる世界」
とでも呼ぶべき世界を、常人より遥かに優れた形で構築してしまっている。
その世界は既に外界のそれに迫り、一部では遥かに凌駕してしまっている。



182 :考える名無しさん:2005/12/22(木) 11:35:24
まかり間違えば高価な屁理屈。しかも凝れば人生の代償付き。

183 :考える名無しさん:2005/12/22(木) 17:57:41
今時の10代に必要なのは調教

184 :考える名無しさん:2005/12/22(木) 17:58:34
>>181
天災的痴膿だろ?

185 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 18:01:00
ここの住民の99%以上は「理論理性論者」であるな

186 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 18:06:23
感性によりすべてを一瞬で見抜いて、理性で明晰に説明できる俺は哲学を
必要としない。哲学は頭のトロい不器用な人が、あちこちぶつかって
できた言語的たんこぶ。

187 :考える名無しさん:2005/12/24(土) 02:12:26
いっちょおエだよおまんじゃよエップエ。
プエじゃよポエじゃよピエーじゃよおまんじゃよわら。
分かるかねーおまんじゃよ。プエじゃよピエじゃよ。

188 :考える名無しさん:2005/12/25(日) 00:17:53
>>186
「感性によりすべてを一瞬で見抜き」って、きみ、人間じゃないよ。
これまでの哲学者が束になって、一生かかっても解けなかった難問も見抜けるのかい?
まっ、哲学で扱う問題には絶対的な真理なんてない(ないが故に解こうとするのだが)。
きみが見抜いて、それを説明できたとしても、所詮それは1つの説に過ぎないよ
それは真理じゃない。


189 :考える名無しさん:2005/12/25(日) 00:49:29
>>187
僕自身は一度も僕の定義が世界共通だとは言っていません。
また独自の定義をなさる方に対しても、一度もその定義は間違っていると言った事もありません。
あくまで他人が定義する天才に僕が当て嵌まるかどうかを答えていただけです。
そしてその上で僕はその人とは違う意味で天才という言葉を使用している旨と、僕が天才という言葉をどういう意味で使っているかを説明していただけです。


190 :考える名無しさん:2005/12/26(月) 14:41:37
ヒューザー社長に調教してもらえば。>>183

191 :凡人:2005/12/28(水) 16:34:14
若者の心に道徳心が稀薄に成った原因は蒙昧意識に囚われ自我を追い求める大人社会に
道徳心が見あたらない処に原因が有るのでしょう。
大人社会が若者達の意識に深い関わりを知る必要が有ります。
>>177番さん
誰か答えの無い問題はない事を証明したのですか?
誰も証明した者がいないので有れば誰も証明する智恵が無いと言う証しですね。
智恵は知能より産みだされますので貴方が物事の理を悟り知能を育てれば答えの無い問題
はない事が分かります。
通説、常識に囚われず、己の持つ良心と対話を繰り返し良識に拠って物事の判断をして下さい。




192 :考える名無しさん:2005/12/28(水) 18:19:00
    / ̄ ̄ ̄ ̄\
   (  人____)
    |ミ/  ー◎-◎-)
   (6     (_ _) )
  _| ∴ ノ  3 ノ
 (__/\_____ノ  
 / (__))     ))
若者の心に道徳心が稀薄に成った原因は蒙昧意識に囚われ自我を追い求める大人社会に
道徳心が見あたらない処に原因が有るのでしょう。
大人社会が若者達の意識に深い関わりを知る必要が有ります。
>>177番さん
誰か答えの無い問題はない事を証明したのですか?
誰も証明した者がいないので有れば誰も証明する智恵が無いと言う証しですね。
智恵は知能より産みだされますので貴方が物事の理を悟り知能を育てれば答えの無い問題
はない事が分かります。
通説、常識に囚われず、己の持つ良心と対話を繰り返し良識に拠って物事の判断をして下さい。



193 :考える名無しさん:2005/12/28(水) 19:11:19
抽象的な会話だね 
定義の成されてないものに意見しても説得力ないよ

答えが不透明な定義には、まず仮説を立てないと!
一言に道徳と言っても意味合いが広いんだから、収集つかないよ。

テーマを定め 基づく仮説を打ち出し 議論 で 結論。
この流れを守らないとダメだよ


194 :考える名無しさん:2005/12/29(木) 03:55:29
いっちょおエだよおまんじゃよエップエ。
プエじゃよポいっちょおエだよおまんじゃよエップエ。
プエじゃよポエじゃよピエーじゃよおまんじゃよわら。
分かるかねーおまんじゃよ。プエじゃよピエじゃよ。 エじゃよピエーじゃよおまんじゃよわら。
ねーまんピエじゃよ。

195 :考える名無しさん:2006/01/17(火) 09:17:38
いっちいっちょおエだよおまんじゃよエップエ。
プエじゃよポエじゃよピエーじゃよおまんじゃよわら。
分かるかねーおいっちょおエだよおまんじゃよエップエ。
プエじゃよポエじゃよピエーじゃよおまんじゃよわら。
分かるかねーおまんじゃよ。プエじゃよピエじゃよ。 エじゃよピエーまんじゃよ。プエじゃよピエじゃよ。 エじゃよピエーょおエだよおまんじゃよエップエ。
プエじゃよポエじゃよピエーじゃよおまんじゃよわら。
分かるかねーおまんじゃよ。プエじゃよピエじゃよ。 エじゃよピエー

196 :考える名無しさん:2006/01/17(火) 09:55:46
それが君の辞世の句なのか。

やるせない気持ちだ・・・

197 :考える名無しさん:2006/01/17(火) 14:32:22
「人間の有り方」か
10代なら好きな事に思いっきり遊べ

198 :考える名無しさん:2006/01/17(火) 15:05:41
哲学を他人に押しつけるのはよくないと思う
いろんな哲学もってていいんじゃない。
どれだけ自分の哲学を一般の方が理解してくれるか それが哲学者の尺度といえる
自分=正しいと思うことはいいことだとも感じられるが哲学を他人に強制させている
とも感じとってしまう場合もあることを理解しといた方がよいのではないか?
これもひとつの哲学と考えてもらえると幸いです

199 :考える名無しさん:2006/01/17(火) 15:35:01
考えてやらないので、不幸者にケテーイ。

200 :考える名無しさん:2006/01/17(火) 19:32:49
おまんかね?

201 :考える名無しさん:2006/01/19(木) 03:28:46
どうかな?

202 :考える名無しさん:2006/01/19(木) 04:31:03
この世の中のすさみ具合いを
直す役割として、家族や友達と
こういう哲学の輪を広げて行くことが
道徳として必要なんだと思います。
人間の荒廃を防ぐには
哲学の視野はなくてはならないと思います。
そして哲学のもろもろの素材こそ
私たちが会話して生活を潤す種でもあると思います。
哲学の輪が社会に必要なのだと
私は今の社会の病的な精神性を救う手段として
最適な共感生命力だと愛しています。

203 :らら:2006/01/19(木) 05:03:24
1
良いこと言うね〜。そういえばうちの大学の教授が哲学は下火だから…て言ってたけど、まず今の世の中は倫理観と道徳観が大事だね。その後に哲学や心理学がくるよ

204 ::2006/01/19(木) 05:09:28
どこのバカ教授だそれ?w

205 :らら:2006/01/19(木) 05:18:44
204
君には悪いが事実だよ…確かに下火だ…。俺も哲学は好きだし立派な学問だけど哲学専攻する人は年々減ってるよ。最近は心理学専攻する奴多いね。統計とか出てきて文系なのに…と文句たれる学生の集まりだけど

206 :考える名無しさん:2006/01/19(木) 10:37:18
心理学ってのは統計ベースだからね。
かといってとんでもない統計に引きずられちゃ駄目だな。
哲学流の視点は統計を客観的に見て活用する上で役立つ。
統計馬鹿ってのは、条件抜きで限られた統計を拝んでる。
基本的に人を見る目とその余裕がないと駄目だな。
人との双方向的な付き合いが上手くないと物の役には立たない。
自分の分析が出来ない人が現場に立っちゃいけないなんて、
ユングは言ってる。暗い人は自分の改善に限って利用することだね。

207 :らら:2006/01/19(木) 10:47:45
206
哲学でも統計扱うんだ!はじめて知ったよ。あと統計も知らないド素人が統計統計と言うのがムカつくね。離婚率だけど海外で結婚式あげると離婚率低いとか言う馬鹿いるけど、パーセンテージから言うと大差無しってのが事実だしね

208 :考える名無しさん:2006/01/19(木) 11:01:53
確率論の哲学ならあるだろうが、統計を扱う哲学はあまり聞いたことがないぞ。

209 :考える名無しさん:2006/01/19(木) 14:29:40
>>203

>>24

210 :考える名無しさん:2006/01/19(木) 14:29:49
まえある哲学者の著作にどの語がどのくらい出てくるかっつう論文を読んだことがある。
何のための研究だったのかさっぱりわからない。

211 :考える名無しさん:2006/01/19(木) 17:29:44
統計の出来る人間が自分の心理的態度に客観的だとは限らない。
統計からその能力が無条件に保証されるわけでもないしな。

> 哲学でも統計扱うんだ!
考える対象によっては使うだろ。
> あと統計も知らないド素人が統計統計と言うのがムカつくね。
使い方がうまくて初めて知っていることになるのだろうね。
>統計を扱う哲学はあまり聞いたことがないぞ。
開拓したら教授になれるかもよ。
統計哲学。響きはいい気がする。

212 :-----------------終了-----------------:2006/01/19(木) 17:55:49
>>203

>>24 >>24 >>24 >>24 >>24 >>24

213 :考える名無しさん:2006/01/20(金) 05:57:57

日本には哲学者がいないという事実!







214 :考える名無しさん:2006/01/28(土) 20:40:52
杜玖椀を嫁

215 :考える名無しさん:2006/01/31(火) 03:31:39
一部報道によると、ライブドアが02年、休眠会社の法人格を売却した先が出会い系企業だったことが発覚。
また、特捜部が16日の強制捜査の際、押収したパソコンから、堀江容疑者とAV系女優との“
乱交写真”が見つかったとの情報もある。

04年のプロ野球新規参入の際も、ライブドアのアダルトサイトが問題視された。
井上氏は「ライブドアのブログがオープンした当初、人気を得ていたのはAV嬢たちのブログだった。
素人のフリをした女の子が、服を脱いでいくブログもあった。
(堀江容疑者が)アダルト系に興味を持っていたのは間違いない」と解説。今後、捜査が進むにつれ、
さらなる“恥部”が暴かれてしまうのだろうか。



216 :考える名無しさん:2006/01/31(火) 17:28:27

日本には哲学者がいないという事実!







217 :考える名無しさん:2006/02/11(土) 01:41:37
765 名前:考える名無しさん :2006/02/09(木) 23:18:46
フマさん、
だからトクワンのネタ、面白くないって



みんながいってるw


766 名前:考える名無しさん :2006/02/09(木) 23:35:25
ピエさんの仕事って自宅警備員なわけじゃないすか。
自宅の警備に24時間体制で奮闘してるわけじゃないすか。


767 名前:考える名無しさん :2006/02/09(木) 23:51:13
>>765

激ワロス

「とくわん」wwww 一体何だよ?
君はそう読んじまったわけだWwwwwwww

完全なカンチガイ。厚顔無恥とはこのことだ。


218 :考える名無しさん:2006/02/12(日) 06:28:17
いっちょおエだよおまんじゃよエップエ。
プいっちょおエだよおまんじゃよエップエ。
プエじゃよポいっちょおエだよおまんじゃよエップエ。
プエじゃいっちょおエだよおまんじゃよエップエ。
プエじゃよポいっちょおエだよおまんじゃよエップエ。
プエじゃよポエじゃよピエーじゃよおまんじゃよわら。
分かるかねーおまんじゃよ。プエじゃよピエじゃよ。 エじゃよピエーじゃよおまんじゃよわら。
ねーまんピエじゃよ。
よポエじゃよピエーじゃよおまんじゃよわら。
分かるかねーおまんじゃよ。プエじゃよピエじゃよ。 エじゃよピエーじゃよおまんじゃよわら。
ねーまんピエじゃよ。
エじゃよポいっちょおエだよおまんじゃよエップエ。
プエじゃよポエじゃよピエーじゃよおまんじゃよわら。
分かるかねーおまんじゃよ。プエじゃよピエじゃよ。 エじゃよピエーじゃよおまんじゃよわら。
ねーまんピエじゃよ。


219 :考える名無しさん:2006/02/21(火) 04:26:22
結局なんなんだよ?

220 :考える名無しさん:2006/02/22(水) 02:46:41
ダダイズムさ。

221 :考える名無しさん:2006/02/27(月) 03:46:55
プエじゃまんじゃよエップエよポエじゃよピエーじゃよおまんじゃよわら。
分かるかねーおまんじゃよ。プエじゃよピエじゃまんじゃよエップエ。

222 :ゆにこ:2006/02/27(月) 13:22:01
ヤフーでも宣伝してますが こちらにもやって来ました
存在性理論といいます 目指すは原理を根拠として持つ倫理
宗教とは違います もしよかったら見てみてください

http://www2u.biglobe.ne.jp/~yuniko37/
です どうぞよろしく〜!

223 :考える名無しさん:2006/02/27(月) 22:39:51
低レベル

224 :考える名無しさん:2006/03/05(日) 02:18:43
私は高度な天才です。
しろうと談義をいつまで続ける気ですか?
あなた方がここでいくら私が天才であることを否定しても
こちらは大学の中にいる限りビクともしないわけです。
いい加減、無駄なことはやめて、
平穏な生活をエンジョイしたらどうですか。


225 :考える名無しさん:2006/03/05(日) 19:31:39
逆に、君が天才であることを、ここで証明することも不可能

226 :考える名無しさん:2006/03/07(火) 05:37:07
>>225

よくきけ、こら

    r‐、_             _ィ-、
    |::::::::`ヽ、,_,ィー----一-、∠::::::ハ
    >,.''':::''"ソ,.彡'==tr==ミ:ヘ、'''"_,/
     "'ーァ ,. ;i'"_,,_=''ヘ=t=/''=_,_ i! {,
     、ミ゙'' ,i:' tー-、(:、   ノ--ァ'i, 'r
     ミ'" ,il゙  ゙'==';;7   〈=='  ゙! 彡
     ,「;;: i! `'ーノ ;:゙ :::::::::: ヘー'゙ i! 'ミ
    ,.;' '─il-ヾ__,.--{^'ーv‐'^}-、_,⊥-─  オランウータンビーーーーツ!!!!!!!!      
    彡,--─===_: `゙'Y'´:.===‐--
     彡ノ, /'T''--一'^ー-ァヘ´⌒ヽ
     彡'ミ゙  ヾヽ、/l;;;;;;;ハノ,:'  ,ミ`
      } ":シ:::.."ヽ,,__,,ノ`ミヾ`ヾヽ、
     /il  ゙:::::::::.:::::::::::::::::::::::::'''   ゙i:,`''ー-、
      } ゙i!                i:!    `ヽ、
     / 'i、                ,i:'      `''ー

227 :考える名無しさん:2006/03/08(水) 00:17:54
おまんじゃな

228 :考える名無しさん:2006/03/10(金) 07:18:07
          ミ ヽヽヽヽリリノノノ 
           /    ⌒' '⌒\   
         /     ,<・> < ・> ヽ  
        /    /.   ノ( ◎ )   \ヽ 
       /⌒  ィ    `i´  ); `ヽ  おまんじゃよ?
       /    ノ^ 、_____¥____人  |
       !  ,,,ノ爻-=・=-∵-=・= >  )
      (   <_ \ヘ、, -=ニ=-rノ/  /
       ヽ_  \ )ゝ、__,+、_ア〃 /


229 :哲学教授:2006/03/14(火) 04:27:20
私は高度な天才です。
しろうと談義をいつまで続ける気ですか?
あなた方がここでいくら私が天才であることを否定しても
こちらは大学の中にいる限りビクともしないわけです。
いい加減、無駄なことはやめて、
平穏な生活をエンジョイしたらどうですか。



230 :考える名無しさん:2006/03/14(火) 10:48:27
哲学を語るも者などに天才などはいない
いるのは、異常な探求心を持った変人だけだ

231 :哲学教授:2006/03/18(土) 06:59:03
私はまちがいなく高度な天才です。
これは凡庸な人間には到底判別ができないのです。
しろうと談義をいつまで続ける気ですか?
あなた方がここでいくら私が天才であることを否定しても
こちらは大学の中にいる限りビクともしないわけです。
いい加減、無駄なことはやめて、
平穏な生活をエンジョイしたらどうですか。


232 :考える名無しさん:2006/03/18(土) 11:38:36
あなたもね。
無駄な自己顕示はやめて大学での哲学講義に専念した方がいいですよ。
ストレスの与え合いは無意味です。


233 :神速:2006/04/21(金) 23:45:14
ビクトルユーゴーの本読めよ

234 :考える名無しさん:2006/05/05(金) 18:42:09
沈んでいる奴が平凡にされる。
わかんねえんだろうなぁ。

235 :考える名無しさん:2006/05/06(土) 21:55:43


【チンチン】DJ NUVO TOKYO【シュッシュッシュッ】
1 :名無しチェケラッチョ♪ :2005/05/26(木) 14:19:33 ID:???
レジデントです。





236 :考える名無しさん:2006/05/06(土) 22:09:19
|
|__/ヽ
|'''''':::::::: \
|_, )ヽ ,,゜ .::| 大ってんプッ
|ニ´   .:::/
|-‐‐―´\



237 :考える名無しさん:2006/05/07(日) 02:17:29
文献解読業の専門家とはかけ離れた独創性に満ち溢れた引用皆無の画期的論文を執筆する哲学徒。
誰それの何とか論から離れて独創的な哲学を出来る哲学徒。
文献解読業と哲学を決して混同しない哲学徒。
文献解読業の専門家でもありきちんと訓詁学している本格派の哲学徒。
妄想と哲学的思考実験とが区別できない自称哲学者・マイ哲学者を批判する本物の哲学徒。
たいしたこと考えてないくせに自分の考えがすごいと思い込んでいる素人学徒を断固批難する哲学徒。

そんな「哲学徒」の鑑、>>218の文章実践が読めるのはどのスレかな〜?

意味不明の書き込みでスレを汚している「嫉妬」厨なら知ってるよね〜。
教えてくんないかな〜、後学のために。


238 :考える名無しさん:2006/05/07(日) 05:49:28
できるできないの問題じゃないな
事の本質をどこまで見出せるか愛せるかに哲学がある。

と自分は思うのだがここで云われてる哲学とはちょっと違うみたいだな。
誰々が言ってるからとか正しいからとかじゃなくて
自分なりの哲学を愛せればいいじゃないかな。

ただ、自分の哲学がどれほどのものなのかよく哲学してみることだ。でなければこれ以上進めない
正直ここの文は物理的・科学的にしか自分には見えない。
彼らが事の本質がみえているとは思えない(失礼ですね汗
なぜならこの中の誰もが他人と共有するということを知らないから。
幾つもの感覚を司り悟る人こそ究極の哲学者、できた人間と言える。
真性な文ですまない、同志の健闘を祈る。


239 :考える名無しさん:2006/05/07(日) 13:18:01
>>1 禿同

哲学>倫理>道徳=慣習>法律のはずが

今の世の中、法律さえ守ればそれで良いと思っているバカが多すぎる。
倫理を詭弁学、哲学を言葉遊びや似非物理にしているバカが多すぎる。
チンピラを論破できない哲学など無用。


240 ::2006/05/21(日) 21:35:21
法律さえ守ればそれで良いと思っているのが多すぎるとはそのとおりで、困ったものだ。
法律は悪意で行動する人がいなければ限りなく少なくなる性質のものだから。
結局、どうしたら人の良心が自然に出てくるようになるのか。それが道徳や倫理の役目だと思うが。

241 :考える名無しさん:2006/05/21(日) 21:39:35
10代,20代に必要なのは燃え滾る野心だお。

242 :考える名無しさん:2006/05/21(日) 21:40:37
Beethoven
http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1148211536/


243 :考える名無しさん:2006/05/21(日) 21:43:10
>どうしたら人の良心が自然に出てくるようになるのか。

これって教育学・心理学・社会学・精神医学の問題じゃないか?

244 :FETI:2006/05/21(日) 21:44:31
GO FUCK YOURSELF!

245 :考える名無しさん:2006/05/21(日) 21:46:03
法で縛るしか実行力の無い政府や教育・ひいては「社会そのもの」はやはり
問題ありかと思います。しかしながら社会の末端としての自分を省みる機会
が現実社会において「少ないよね」というのはあながち「大人の言い訳」ば
かりとも言い切れないわけで…
個人からのアプローチ「自己の意識改革・実生活においての具体的な改善」
政府からのアプローチ「法的な…(マンドクセ…)」
地域からのアプ…(マンド…)

…判ってて出来ないって、やっぱ人間賢くないんでしょうなww
少しずつ、まず自分から…とりあえず…ね

246 ::2006/05/21(日) 21:57:56
心理学でも、心の病を解決する手段は精神分析。
精神分析はどうやってやると思いますか。
自分を客観的に振り返る。心の傷を取り除くことですが、それって反省ってことですね。
つまり、仏教の八正道の正定(反省)やキリスト教の懺悔、仏教の一つである密教の止観(止まって観る=反省)と同じことですね。
哲学は人がどうしたら幸せになるか、つまり心が自由になるかを説明するもので、こじつけに聞こえるかも知れませんが、哲学と心理学は私にとっては同じことです。
どうじゃろか。



247 :考える名無しさん:2006/05/21(日) 22:07:33
その縛りで言えば信仰もそうかもですね、楽しみとしての性行為や
(失礼)自慰、等も入る。まぁ否定はしません、私は。w

248 :考える名無しさん:2006/05/22(月) 00:14:27
追記
ただ、他人や社会(要は他者や環境)を変えるより自分を変える(内面、
例えば考え、価値観が変る?)方がスムーズに、楽になれます。
これには「慰める」部分だけでは足りないから、>>246で言われている内容
の事が一番当てはまるでしょうね。
慰めや暇つぶしの延長線上にあること、究極的には「青い鳥の見つけ方」に
なり得る事かもです。いいすぎかな?w

249 :247=248:2006/05/22(月) 01:52:43
更に追記
色々考えてカキコしていると気が楽になりますがw
上のレスでは偉そうな事をカキコしていますが別に大した知識があるわけで
はないのです。(まぁ文章読んでいただければ一目瞭然ですねw)
あるコテさんが私と近いなぁと思うカキコをされているのを見かけますね。

それと…>>246
心理学の精神分析や、宗教的な一種の「反省」と性行為や自慰が「同じ」
では無いかと私は思うのですが、誤解を生じやすいので
「私がそう思うようになった理由」を書き足しておきます。
(あのままでは「不快な気分に」させてしまったかもと…すみません)

端的に書くと、どちらも究極的には「自己を楽にする」からです。
他者の力をかりるにしても、傷つけるわけでも、従わせるわけでもなく、
道徳に逆らわない形で「欲と共存」出来る。
ここで大事なのが「欲」の定義になりますが、肉体面も精神面にも欲は在る
と考えます。だから食事と一緒とは言わなくても、甘い果実、金の林檎とは
言えるのかな?wちょっとぼんやりとした文章で申し訳ないですが、
大体こんなところです。

250 :考える名無しさん:2006/05/25(木) 23:20:26
|
|__/ヽ
|'''''':::::::: \
|_, )ヽ ,,゜ .::| 大ってんじゃねーぞこら
|ニ´   .:::/
|-‐‐―´\


251 :考える名無しさん:2006/06/30(金) 07:11:44
ぽまいら現実を直視しろよ

握手会の1日の動員数(2005)
石川梨華5500人
ウエンツ 5000人
小池徹平5000人
蛙邊矧憎匙簾邊嗣3200人
長澤まさみ3000人
及川奈央2500人
堵虞慧螺のメンバーひとりあたり2000人
上戸彩2000人(うち8割が層化信者)
杜玖椀晶子 200人
三好絵梨香 100人
プギャオ先生 0人


252 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 21:29:01
哲学がヒトを幸せにすることはない。
なんか別なことしてたほうがいい

253 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 23:16:45
でも誰かの幸せが他人を幸せにするとは限らないし、
みんな幸せなら幸せに勝ちはないしね。
勝ちは価値でしょ。

254 :(((・∀・)))プルプル :2006/07/29(土) 10:56:33
(((・∀・)))プルプル

しあわせですよ

255 :哲学教授:2006/08/05(土) 02:13:01
私はまちがいなく高度な天才です。
これは凡庸な人間には到底判別ができないのです。
しろうと談義をいつまで続ける気ですか?
あなた方がここでいくら私が天才であることを否定しても
こちらは大学の中にいる限りビクともしないわけです。
いい加減、無駄なことはやめて、
平穏な生活をエンジョイしたらどうですか。


256 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 08:47:48
匿名でも説得力はあるんですよ?
毎度毎度匿名掲示板で言うのは無意味としながら、では、
そもそもその説得力が無いと自覚しながら、君はなにをほざいてるつもりだね?
トクワン君w


257 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 11:29:54
哲学はエゴ
所詮人が考えた浅はかな考え。
大事なのは経験から知る知識。
理想と現実みたいなもの。

258 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 14:58:29
哲学に欠けているのは時間を連環の1要素として考えないところだ。存在論もひとつ時間内のなかにある性質だというところが個は閉じられた個であるとしてしまうのが哲学。そうではなくで閉じることができない縁の連環によって成り立っているのが生業だ

259 :750:2006/09/26(火) 15:44:39
「幸福論」というのがあるけどな。読んでみたら

260 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 17:58:46
>>256
あたまだいじょうぶか?

261 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 21:35:23
「涅槃経を読む」(田上太秀)を読んでいて釈尊も人間なんだと思った。「仏性とは何か」のところで対話者に対してかなり分がわるい展開になっている。縁覚というものが円になっていて上へ押しだされずにいたのがよくわかる。

262 :考える名無しさん:2006/09/28(木) 19:23:26
俺にはモラルとか道徳とかってのをどう説いていいかわからない

263 :考える名無しさん:2006/10/14(土) 08:03:18
昨日こんなブログ見つけたけど・・・
http://blogs.yahoo.co.jp/apo_nya_ai

264 :考える名無しさん:2006/10/14(土) 08:06:46
今日のぼやき「722」
http://www.snsi-j.jp/boyakif/wd200601.html#1101
副島隆彦の言うことは信じられない、などど逃げ回ることができなくしてやろうと思います。すくなくとも
私たちのまわり(周囲)にまとわりついて、私たちから知識、情報の泥棒をしに来ている薄汚い連中の脳に、
大きな真実のばい菌(ウイルス、virus ヴァイラス)を注入してやろうと思います。発病まで何年かかかる
でしょうが、それでも、私たちが見舞う真実爆弾は、「現実はこのままであり、受け入れるしか仕方がない
ものだ論者」どもの脳を侵蝕してゆくでしょう。ざまあみろ、ということです。
(中略)
過去150年間の、日本の政治知識人たちの、能力の低劣と、思わせぶりの嘘八百理解と、意味不明文をあり
がたがって、それで、「自分は、これでも、日本では政治知識人だ」と思いこめた、土人のまじない師たちの
哀れな姿の問題を、何とか、継承して、表に出して、そして、「少しでも克服する」ではなくて、本当に、
大幅前進させなければならない。これは、私の決意だ。私の人生に遺された重要な、コトバ研究の分野の仕事だ。
(中略)
急いで、弟子たちに、『政治思想の本の真実読み破りと、なめらか訳の技術の伝授』をやってしまいたい。
そうすれば、以後は、私の弟子たちが、すぐれた翻訳をやって、むずかしいがしかし定評のある外国書を
日本人知識層が、嘘つきではなく、知ったかぶりではなく、いいかっこしいではない、西欧の最先端思想
を自分だけ知っている、分かっている風の、だましの思想の嘘輸入がなくなる。これを、なんとしても、
はやく実現しなければ、いけない。


265 :考える名無しさん:2006/10/15(日) 04:54:16
目屡櫨パンティーも知らないw

厚顔無恥の見本

ソカ厨なさけなし


266 :考える名無しさん:2006/11/01(水) 10:22:01
おいおいwwwww
ついに俺のマラの臭さに降参したガキまでご登場かよm9。゚(゚^Д^゚)゚。プギャーーーッハッハーヒャヒャヒャヒャヒャヒャ
よほど俺の釜堀一筋30年のマラへのルサウンチマンが尽きたようだなぁニヤニヤ
ま、もとから俺様のウンコのおおきさには対抗すらできていなかったわけだが( ´,_ゝ`)

( ´,_ゝ`)DION規制の嵐で書き込めなかったのもわからない馬鹿が必死でわろえたよw
俺が書き込まなくても俺の影におびえて晶子晶子わめいていた馬鹿信者ワロスwwwww



267 :考える名無しさん:2006/11/01(水) 14:16:05
>>263
うわぁ、本人さんのご登場ですねw
そんなに人気ないんですか?

268 :考える名無しさん:2007/01/19(金) 06:43:09
>>265
匿名でも説得力はあるんですよ?
毎度毎度匿名掲示板で言うのは無意味としながら、では、
そもそもその説得力が無いと自覚しながら、君はなにをほざいてるつもりだね?
トクワン君w

269 :考える名無しさん:2007/01/27(土) 01:55:34
すべての不幸は道徳の退廃による。

270 :考える名無しさん:2007/01/27(土) 05:06:53
地に足がついてないので実感、体験に乏しく安易に血を見たがるので、
哲学より農業でもやった方がいい気がする。

271 :考える名無しさん:2007/01/27(土) 05:34:13
なんか人工的なんだよね。育った環境が人工的だからだろ。
彼等も実感を求める。
周りが人工的なものばかりだから、どこに実感を求めるかといったら肉体だ。
彼等は肉体を攻める。
血を舐める。肉体を攻めることによって本物に触れ一時的にではあるが満たされるのだろう。精神に。
昔は外で遊ぶことで自然の大いなる精神 に触れることができたものだが、
今や自然破壊は進んでしまっており、
老人たちは公園で遊ぶことにさえ非常な制限を加えているし
しかも物騒なので、
自然に触れながら遊ぶ経験を子供たちは積めない。
ならば自分達の肉体を遊び場にし、体験を積まざるを得ないというところじゃないか?


272 :考える名無しさん:2007/01/27(土) 05:48:45
子供だけじゃないよ。
自然から離れ醜い都市に住んでいると人間どうしても肉体志向性が高まってしまうわけだな。


273 :考える名無しさん:2007/01/27(土) 05:52:29
道徳を言うならまずどういう道徳が正しいかを決めなければいけないが、これを決めるのは不可能。どういう道徳が正しいかは人によって考え方が違う。


274 :考える名無しさん:2007/01/27(土) 05:53:12
ほんとによく破壊してくれた。


275 :考える名無しさん:2007/01/27(土) 06:02:46
日本は激しく壊れました。
日本の屍の上に立つものは何か?
とりあえず外国が大いに日本列島に侵入してくるんだろうけど。

276 :考える名無しさん:2007/01/27(土) 07:15:56
だいたい40才から下の世代はダメだな
俺もそうだがw

277 :哲学者最上位(´Д`)y─┛〜〜 :2007/01/27(土) 20:47:30
いや70歳より下の世代から破壊は始まっていたとも。

278 :考える名無しさん:2007/01/28(日) 07:53:17
いや、110歳から下の世代はみんなだめじゃ

279 :考える名無しさん:2007/01/28(日) 07:57:26
いや、文明開化から崩壊は始まっていたんじゃないか?

280 :考える名無しさん:2007/01/28(日) 08:10:42
いや、犬公方の出現からすでに日本人の知性は崩壊しかけていたんじゃないか?

281 :考える名無しさん:2007/01/28(日) 17:10:09
いやいやいや、階級文化が出てきたときから個々の知性は破綻したんじゃないか?

282 :考える名無しさん:2007/02/02(金) 13:52:01
>>273
>どういう道徳が正しいかは人によって考え方が違う。

これを認識した上で成り立つ道徳ならいいんじゃないか?
人間には良心があるんだし、大量虐殺や子供虐待を正しいと思う人は
精神的に病んでる人ぐらいだよね?
そう考えると少なくとも方向性くらいは示せるでしょ。

それに今の法律にしたって絶対正しいものではないが、みんなそれに従って
生活している。そう考えると法律も道徳も共同生活する上での約束事なんだよ。
道徳だけに完全性を求めること自体がおかしな話だと言える。

283 :考える名無しさん:2007/02/02(金) 13:57:13
>>1哲学は鬱学ではありません。そろそろ藤村操の固定観念から抜けましょう。

284 :考える名無しさん:2007/02/02(金) 15:04:12
>>283
なぜにそう言いきれる?

285 :考える名無しさん:2007/02/02(金) 15:49:52
哲学は鬱学ではないが哲学者が鬱が多い。

74 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)