2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【源氏物語】夕霧を語ろう

1 :夕霧の男性像と3人の妻:2006/10/11(水) 21:30:53 ID:wSYvi4q3
源氏物語では源氏にまつわる物語でない分、脇に追いやられがちですが、
私はどろどろしたところがないどちらかというとサラッとしてしみじみしたストーリーの「野分」「横笛」「夕霧」
が一番好きです。主人公は源氏の息子の夕霧。夕霧の人間像や雲居雁、落葉宮、藤典侍についてどう思われますか?
多いに語ってください。

2 :冬のオイラ:2006/10/11(水) 22:17:45 ID:68/UvaOk
小泉内閣の竹中大臣が1億5千万円かけて作らせた企画書によると...

↑IQ 高い
 C層
  ・構造改革抵抗守旧派
 A層
  ・財界勝ち組企業
  ・大学教授
  ・マスメディア (TV)
  ・都市部ホワイトカラー

↓IQ 低い
 ?層
  ・既に(失業等により)構造改革に恐怖を覚えている層
 B層 ←
  ・小泉内閣支持基盤
    主婦層&子供を中心
    シルバー層
  ・具体的な事はわからないが、小泉総理のキャラクターを支持する層 ←ここ
  ・内閣閣僚を支持する層

3 :名無氏物語:2006/10/11(水) 22:43:40 ID:wSYvi4q3
夕霧=B型
雲居雁=O型
落葉宮=A型
藤典侍=AB型

のタイプの気がします

と思えるのですが

4 :名無氏物語:2006/10/12(木) 08:11:00 ID:8zRMDuzk
落葉宮への懸想で何となく風雅に欠けた印象を残すけど
「不倫な行為はしない」という点では一貫してるので好き>夕霧
義母の紫の上への思いも飽くまでプラトニックな範疇に留まるし。
紫式部の中でも夕霧は
根本的な破綻の無い人物として描こうとする意図があったのだと思う。
「心正しく全うな道を歩む」という面で、
夕霧は源氏の正真正銘の後継者だろうな。

5 :名無氏物語:2006/10/12(木) 16:17:37 ID:nmfMfJds
そういう作者の意図に反してやらかしてくれちゃった夕霧さん
不倫ではないけどこの恋愛騒動で都中の噂になってしまった
作者ももう勝手にせいと筆おろしちゃった
でも収め方と責任の取り方はさすが実直な人
きちんとしてる
作者は最初からこの二人を恋愛させようという意図はなかったのかもしれない


6 :名無氏物語:2006/10/12(木) 21:07:17 ID:8zRMDuzk
>>5
未亡人になった落葉宮の引き取り手として
夕霧しか該当者が見つからなかったので
結び付けるべく書いているうちに
作者自身始末に終えなくなっちゃったのかもしれないですね。

7 :名無氏物語:2006/10/12(木) 21:54:15 ID:nmfMfJds
書いてるうちに、源氏物語の主題からどんどん外れてくから
この辺でやめなくてはと慌てて源氏に話しを戻したのかもしれないですね


8 :名無氏物語:2006/10/13(金) 23:09:38 ID:lxD8G9m5
夕霧と雲居雁の夫婦は
源氏と葵上を裏返した組み合わせなのだと思う。
源氏の好色さを夕霧の実直さに
葵上の理性を雲井雁の直情さに置き換えた。

嫉妬を表立って顕すのはみっともないことだけど
葵上に雲居雁の率直さがあればもっと源氏と歩み寄れたかもしれないのに。

9 :名無氏物語:2006/10/14(土) 00:33:06 ID:yjkJ70l/
なるほど
葵の上は気品がありすぎたし気位も高かったから寂しさや辛さを内に秘めるタイプだった
すべて行動に出す雲居雁は貴族の娘にしては庶民的すぎる感じで好きにはなれないんだけど
正反対の女性が母と妻ということになる夕霧が何となく落葉宮に惹かれた心理もなにか
関連あるかも

10 :名無氏物語:2006/10/15(日) 01:42:22 ID:caGqzJfU
>>9
私は雲居雁好きですけどね。
嫉妬を露骨に出して実家に帰るなんてのは
当時の貴婦人としてははしたない振る舞いなんだろうけど
その分素直でネチネチした陰湿陰険さを感じさせない分、好ましい。

彼女は多産な点といい気質といい父親の頭中将に似たんでしょうね。
頭中将&葵上兄妹もそうだけど柏木&雲居雁兄妹も気質は正反対。

11 :名無氏物語:2006/10/15(日) 12:10:49 ID:XvmJlzi1
確かに雲居雁は陰険さや、夫が浮気しても相手を呪い殺すみたいな暗さは皆無だから
こういう女性が親戚にいたり友達にいたら頼もしいだろうな
世間体考えるばかりでくよくよ暮らして言いたいこともいえないような
当時の貴族の女性たちに比べるときっぱりしてる

今回の事態でも落葉宮を恨むことなく
浮気心を起こした夫のみに怒りと非難をぶつけてるし
嫉妬に狂いながらもここまで公正な見方ができる女性は珍しいですね





12 :名無氏物語:2006/10/20(金) 13:08:25 ID:xdWWPGIh
3角関係の暗さやジメジメもなく、
誰かが不幸になるでもなく、皆がうまく収まった
夕霧のまじめさ、雲居雁の明るさ、落葉宮の内気な性格が
かえってことをうまく運んだと思う
雲居雁はやや気の毒だったが北の方としての地位は安泰
夕霧も両方を大切にしてる
髭黒みたいに事情があったといえ、結局北の方を追い出すことになったのは
どうしても後味悪いけれど、そうならなくて良かったし
落葉宮も最初の結婚では彼女のせいでもないのにひどい扱いをされてしまったが
次の結婚では大切にされて良かったと思う

13 :名無氏物語:2006/12/12(火) 12:13:16 ID:NyFg1qo9
大塚ひかりと田中貴子の大喧嘩

 事実関係の整理

 大塚ひかりが「学者T」が脅迫まがいのファクスを自宅に送りつけてきた云々の記述を『歯医者が怖い』で書く。参考文献の明示うんぬんという話らしい。
     ↓
 小谷野敦が自分の著書『軟弱者の言い分』に対する田中貴子のレビューが載ったのに気づき(レビュー自体はわりと好意的だが全面肯定でなかったのが気に食わなかったらしい)、この「学者T」が田中貴子であることを明かす。田中の国文学者との不倫問題にも触れる。
     ↓
 これが煽りとなり、田中貴子は『歯医者が怖い』のレビューで「私はあなたをいじめたり、無理難題を言った覚えはありません」と反論。
     ↓
 大塚ひかりがブログで「あれでも抑えたほうですよ。あなたからのファクス三通今でも保存してありますが、根拠のないことで脅迫まがいのことをあなたはしたのです」などと反論。
     ↓
 小谷野敦が自らのブログで両者への「和解勧告」などという文章を掲載。大塚ひかり宛のファクスを自分も見たことがあるなどと発言。この文章はたちまち消去された。
     ↓
 大塚ひかりと田中貴子がそれぞれブログの記述とアマゾンレビューを削除

田中と不倫してた高名な学者、小○とは誰?

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1162904132/410-411

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1036842041/n38-42
>「源氏物語」を八回は通読した大塚さんに対して、Mのつく研究会で「大塚ひかりは源氏を原文で読んでいるか」などと言っていじめた人がおり(「上」のつく人です)、

「上」のつく人とは偉い先生?

14 :名無氏物語:2006/12/19(火) 19:45:54 ID:PF6eii6y
FOX

15 :名無氏物語:2007/01/15(月) 07:22:59 ID:BScV/qj4
源氏物語をドラマ化するなら配役は?2
http://academy5.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1083969150/l50

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)