2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■帰ってきた憲法学者番付 vol.4■

1 :法の下の名無し:2006/08/27(日) 00:36:33 ID:30ITLzkh
横綱  佐藤幸治 樋口陽一
大関  奥平康弘 小林直樹 伊藤正巳 長谷川正安
関脇  杉原泰雄 中村睦男 高橋和之 野中俊彦 高見勝利
小結  長谷部恭男 阪本昌成 浦部法穂 松井茂記 戸波江二
前頭1 棟居快行 辻村みよ子 栗城壽夫 内野正幸 戸松秀典
前頭2 安念潤司 長尾一紘 阪口正二郎 大石真 菅野喜八郎
前頭3 江橋崇 市川正人 野坂泰司 石川健治 大沢秀介
前頭4 初宿正典 米沢広一 小林節 釜田泰介 毛利透 愛敬浩二
前頭5 中山道子 岡田信弘 森英樹 日比野勤 蟻川恒正
前頭6 土井真一 渡辺康行 神谷雅子 佐竹雅昭 高井裕之
前頭7 高田篤 山元一 孝忠延夫 安藤高行 駒村圭吾
前頭8 佐々木雅敏 藤井樹也 小山剛 手島孝 小針司
前頭9 松本和彦 安西文雄 金原恭子 糠塚康江 宍戸常寿

(推奨NGワード)
ヴァカ駄 バカ駄 石田 川岸 渡辺 西原 中島 三流 マイナー

(前スレ)
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1133153334/

2 :法の下の名無し:2006/08/27(日) 10:06:33 ID:w+6uhbhQ
俺は2などに興味はないな。
1乙
欧米への判例依存はなんとかならないだろうか

3 :法の下の名無し:2006/08/27(日) 10:28:43 ID:g/UVSDGO
佐藤幸治はわしの弟子じゃ

4 :法の下の名無し:2006/08/28(月) 01:16:11 ID:y4navPoh
『小嶋和司憲法論集』〔全3巻〕普及版同時復刊2006年9月15日上梓予定
tp://www.bokutakusha.com/announcement/announce.html#link10

5 :法の下の名無し:2006/08/28(月) 14:55:14 ID:hbeZQm3k
NGワードに他はともかく中島を入れてあげるなよw


6 :法の下の名無し:2006/08/29(火) 15:00:28 ID:n395zfTV
>石田 川岸 渡辺

マジで、ここら辺のゴミ学者については、論文に目を通したことすらないが。
別に、研究にはなんら差し障りないよな。

7 :法の下の名無し:2006/08/30(水) 01:23:58 ID:rZG2yEyw
???????? ?? ??? ??

??? ???? ?? ????
??? ???? ???? ?? ???,
???? ??? ?? ??? ??? ??
???? ????, ?? ?? ???? ??

8 :法の下の名無し:2006/09/01(金) 13:53:20 ID:IUgHbXg1
憲法学に対する学術貢献度(A-F)

樋口:A
戸波:B
大須:D
今関:E
水島:E
中島:E
西原:E
川岸:E
後藤:F
石田:F
渡辺:F

9 :石田:F 渡辺:F :2006/09/02(土) 01:31:35 ID:s46HiY8c
Oh Almighty God, please, we beg you to send us our
Guardian who You have promised us
soon and appoint us as His close companions.



10 :法の下の名無し:2006/09/03(日) 00:37:34 ID:z3bgKUxV
私は憲法が好き

11 :法の下の名無し:2006/09/04(月) 23:12:19 ID:nSGa+Bmf
セクスーは、表現の自由として保障されるんだよな?

12 :法の下の名無し:2006/09/05(火) 15:59:22 ID:ntXxH3Bq
百地章ってどうなの?
学会では相手にされていない予感がするが・・・。

13 :法の下の名無し:2006/09/05(火) 16:15:35 ID:FAtsmH0h
只野雅人と浦田一郎の両先生はどんな位置付けですか教えてください

14 :法の下の名無し:2006/09/06(水) 00:00:57 ID:DDMYsXac
ファシスト西○

15 :法の下の名無し:2006/09/06(水) 00:06:04 ID:DDMYsXac


第276回 [2006年7月14日]丸激トーク・オン・ディマンド
ゲスト:江川達也氏(漫画家)
http://tubech.com/test/read.cgi/soeHX9-Da9E/tag/1149244446/l50

宮台大先生「左翼はずっと嘘をついてきた」
http://www.youtube.com/watch?v=soeHX9-Da9E

宮台発言まとめ
・在日の多くが強制連行されたと言う主張は嘘
・実際は「日本で一旗あげよう」という目的で来たのが大半
・そういう事情のため、祖国では在日は差別される
・この在日強制連行説を吹聴したのは、サヨク連中
・在日も利権獲得のためにそれに乗った
・日教組がその強制連行説を広めるため、子供もそれを信じる
・でも、ある日「嘘じゃん」と気づく奴が出てきてバックラッシュが起きる



16 :法の下の名無し:2006/09/06(水) 02:59:48 ID:/Paoe+0Z


ドイツ国法学・選挙制度研究の権威
渡辺重範先生の情熱的なご指導のもと、
早稲田実業の甲子園初優勝は
「勝ち取られた」のであります。
偉大な領袖、渡辺重範先生万歳!



17 :法の下の名無し:2006/09/06(水) 03:05:41 ID:/Paoe+0Z
As for the thing of passionate guidance of
Mr. Shigenori Watanabe who was an authority
of a German Staatsrechtwissenschaft study,
Koshien first championship of Waseda JITSUGYO Senior High School
was gained.
The great leader, long live our Mr. Shigenori Watanabe!

18 :法の下の名無し:2006/09/07(木) 02:54:44 ID:e/I2M/Tm
<\>

19 :法の下の名無し:2006/09/07(木) 18:49:16 ID:nCn165gM
>>14
ヤツのWikipedia削除問題を忘れてはならないな。
言論封殺ファシスト野郎が「思想良心の自由」を論じるとは片腹痛いw

20 :法の下の名無し:2006/09/08(金) 11:14:37 ID:JBXaZ0t0
楽天証券も削除で謝罪したしな。

21 :法の下の名無し:2006/09/09(土) 02:01:56 ID:lzj46xwh
・教壇では人権尊重を論じ、家に帰ると妻に暴力ふるってストレス解消。
・教壇では言論の自由を論じ、学内行政では学生ビラまきを一斉排除。
・教壇では開かれたコミュニティ空間の形成を論じ、ゼミでは自分が大将になれるムラ社会を形成。
・教壇では封建主義的風潮を批判し、学会では陰湿な後輩イジメ。
・教壇では権力に対する抵抗精神を論じ、学内では上司に会うとゴマスリよろしく卑屈な態度。
・教壇ではあらゆる既成観念を疑えと論じ、自分の論文では「平和」「平等」「正義」と薄っぺらいタームがダラダラ続くだけ。

これが日本のケンポー学者の実態です(笑)

22 :法の下の名無し:2006/09/09(土) 15:43:46 ID:kC1E40R+
It is the Constitution of Japan that determine
Japanese national basic order.
It is to a senior high school
and already thinks that this
Constitution of Japan regards respect
/ pacifism of sovereignty rests with the people
/ fundamental human rights as
a foundation stone to have learned it.
However, I need the technical consideration
that does not remain in superficial knowledge
to know what kind of meaning you have in anything,
the life of the people with a constitution to
be concrete. A role and the fundamental human rights
that a constitution serves as through such consideration
for the first time in a national intention formation
process may understand a meaning of what is guaranteed
in a social life.

23 :法の下の名無し:2006/09/09(土) 22:34:29 ID:lzj46xwh
    /  ̄`Y  ̄ ヽ
   /  /       ヽ  
  ,i / // / i   i l ヽ
  |  // / l | | | | ト、 |
  | || i/  ノ ヽ、 | |  
  (S|| |  (●) (●) |  
  | || |     .ノ  )|   ほんとは政治学者になりたいんだお・・・・
  | || |ヽ、_ 〜'_/| |



    /  ̄`Y  ̄ ヽ
   /  /       ヽ  
  ,i / // / i   i l ヽ
  |  // / l | | | | ト、 |
  | || i/  ノ ヽ、 | |  
  (S|| |  o゚⌒  ⌒゚o |  
  | || |     .ノ  )|   でも政治学は、頭使わないと論文書けないから、私には無理なんだお・・・
  | || |ヽ、_ 〜'_/| |



   / ̄`Y  ̄ヽ、
   / / / / l | | lヽヽ
  / / // ⌒  ⌒ヽ
  | | |/  (●) (●)
 (S|| |   ⌒ ・ィ  ヽ
  | || |   ト-=-ァ ノ   だから憲法学者目指すお!
  | || |   |-r 、/ /|
  | || | \_`ニ'_/ |

24 :法の下の名無し:2006/09/09(土) 22:46:19 ID:eWF3K/7i
法哲学や政治哲学も頭使うからダメだったんだね・゚・(つД`)・゚・

25 :法の下の名無し:2006/09/09(土) 23:25:11 ID:mUgJZ5Pa
憲法学も、石川・長谷部・蟻川・毛利教授辺りを見ていると、
頭を使っていないとは毛頭思えないのだが。

26 :法の下の名無し:2006/09/09(土) 23:31:12 ID:VwqQo2v7
>>25
だよね。
このスレに書き込んでる人は憲法全然勉強してないんじゃない?
ちょっと論文読めばわかることなのにね。

27 :法の下の名無し:2006/09/10(日) 01:07:23 ID:YLQh7y/k
でも、H谷部はネタ切れっぽいね

何年も前のアッカーマンのネタを何度も使いまわしてさ

28 :法の下の名無し:2006/09/10(日) 10:01:12 ID:TIYfK+u8
>>25
長谷部って、あんな中学数学程度の簡単な数式しか使わないくせに、
「こういうゲーム理論を援用すると」なんて言っちゃってるひと?(ワラワラ

29 :法の下の名無し:2006/09/10(日) 18:33:48 ID:qYUJ/tXt
>>21
いやー、実際その通りだから、笑うに笑えんなw

30 :法の下の名無し:2006/09/10(日) 18:34:49 ID:qYUJ/tXt
>>28
あの程度でも、憲法学の世界では、
「頭使ってる」部類に入るんだろうよ(笑)

31 :法の下の名無し:2006/09/10(日) 21:54:32 ID:iNpTB/hk
「公共財としての表現の自由」の公共財概念の使い方もおかしいし

32 :法の下の名無し:2006/09/10(日) 22:41:06 ID:Y+4Jv90X
へえ、どうおかしいの?
説明してみて?

33 :法の下の名無し:2006/09/10(日) 22:41:27 ID:eIo8KRHI
>>31
詳しく。できれば参考文献なども。

石川の後光でH谷部が霞んでみえるのは事実なわけだが。

34 :法の下の名無し:2006/09/10(日) 22:55:30 ID:/IZFstNM
ttp://www.j.u-tokyo.ac.jp/sl-2/professors.html

35 :法の下の名無し:2006/09/10(日) 23:03:13 ID:g+CGB4Tr
石川先生は、神がかってると思うのは俺だけ??

36 :法の下の名無し:2006/09/10(日) 23:22:32 ID:vmYgITYz
石田光義先生は、神がかってると思うのは俺だけ??


37 :法の下の名無し:2006/09/10(日) 23:56:23 ID:Q6PW4TQa
>>35
石川先生は神がかってると思う。

>>31
公共財概念は財政学と用法が違いますから。

38 :法の下の名無し:2006/09/11(月) 01:30:44 ID:rABz/HXP
>>37
筧克彦みたいなのか石川先生は

39 :法の下の名無し:2006/09/11(月) 09:26:37 ID:hdRQT6ND
>>26の馬鹿っぷりで、
このスレッドも、いよいよ盛りあがってまいりました。

40 :法の下の名無し:2006/09/11(月) 22:47:51 ID:F1CO/cxy
ただの政治評論 いや評論どころかアジ論文が、研究業績になるのも憲法だけだろうなw

41 :法の下の名無し:2006/09/11(月) 23:58:56 ID:ik0BvaJW
>>39
そうか?そのとおりだと思うけど。
お前最近何読んだ?

42 :法の下の名無し:2006/09/12(火) 02:52:56 ID:EFvoHmDe
斉藤君をあくまで早稲田に押し込もうとする偉大な渡辺重範先生バンザイ!

43 :法の下の名無し:2006/09/12(火) 12:45:48 ID:y8AEGLL3
>>21
激ワロスwwwwwwwwwww

44 :法の下の名無し:2006/09/12(火) 12:49:20 ID:y8AEGLL3
>>42
そいつ、早実寄付金強要事件の責任は取ったのか?
またもや、ケジメはうやむやにして、自分たちの地位は温存か?
全く、こんな連中が、大学の教壇では「人権」だの「公正な社会」だのを
学生に説いてるんだから、日本の憲法学ってのはブラックジョーク満載の世界だわなw

45 :法の下の名無し:2006/09/12(火) 17:32:06 ID:m75vEark


「戦 争 犯 罪」 を受け入れることは戦争犯罪です。
この意味で護憲派護憲論も護憲派改憲論も戦争犯罪人です。
おまえらのどんな資格で子孫に戦争犯罪の記念物の承継させる資格がある?

本当の「戦犯問題」はこうすれば解決します。
×から○へ意識を変えれば解決します。

× 昭和20(1945)年 8月 終戦
○ 昭和20(1945)年 8月 停戦
      ↓
      ↓
この占領下、連合国側は国際法に反した虚偽裁判「東京裁判」名義で捕虜を虐待し虐殺した。
「いわゆる東京裁判」と「いわゆる日本国憲法」こそ 戦 争 犯 罪 である。
      ↓
      ↓
× 昭和27(1952)年 4月 サンフランシスコ講和条約発効 
○ 昭和27(1952)年 4月 終戦 (サンフランシスコ講和条約発効)


現在も、この占領軍という勝ち馬にのる敗戦利得者たちが我が国にはうようよしている。
「東京裁判」を裁判として承継するマスコミも 戦 争 犯 罪 に荷担している。
「日本国憲法」を憲法として承継する憲法学者も 戦 争 犯 罪 に荷担している。 

こいつらこそが本物の 永 久 戦 争 犯 罪 人 です!

交戦権を放棄した「日本国憲法」を憲法扱いした場合、国家の行為に[宣戦→戦闘→講和]を予定
していないがゆえに、サンフランシスコ講和条約締結・独立回復・戦後の到来の説明が不可能に
なります。この利権化した大嘘を隠蔽するために東京裁判史観を精一杯流用しているのがこれら
の戦争犯罪人達です。

http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1149265841/549-551

いわゆる「日本国憲法」は憲法としては完全に無効だ!第五条
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1156428592/


46 :法の下の名無し:2006/09/13(水) 00:20:54 ID:U4TdJyOO
ファシスト西○先生は、神がかってると思うのは俺だけ??

47 :法の下の名無し:2006/09/13(水) 00:24:05 ID:TuokEaUQ


48 :法の下の名無し:2006/09/13(水) 11:37:02 ID:YpZcpbuU
>>21
ははは。いやリアル過ぎるよ、そのコピペ。
いやホント、ほとんどの憲法学者は、キャンパス内で人権侵害行為があっても、見て見ぬふりして済ませてます。
天下国家を論じたり、社会問題を論じたりするのは得意だが、自分の身の回りの人権問題は徹底してスルー。
それで、教壇では「人権を守れ」とかエラそうに学生に向けて説教してるんだから、世話はない。

49 :法の下の名無し:2006/09/13(水) 19:50:36 ID:Oey6/jlD
戦争する気か?
断固、絶対、反対〜!

「はだしのゲン」、これをよく見ろよ。漫画で分かり易く表現している!
書店で買って読めよ。

動画でもある。 パソコン TV ギャオ
http://www.gyao.jp/

アニメである。子供、家庭や学校でも見せないと!
恒久的に名作だ!

http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/?login_from=shityou&contentsId=cnt0005878&rateId=bit0000002&chapterNo=&recommend=1&contents_id=cnt0005878

50 :法の下の名無し:2006/09/13(水) 22:27:44 ID:pNEuEysR
>>48
しかし、「共産党 家に帰れば 天皇制」っていう川柳も昔からあるしね。
憲法学者に限らないのだが・

51 :法の下の名無し:2006/09/14(木) 00:10:07 ID:H+YgojTl
>>50

別に「憲法学者のみに限った話」だと書かれてないだろ。
頭悪いレスして、話をごまかすなよ、カスがw

52 :法の下の名無し:2006/09/14(木) 00:14:22 ID:LhUTPhTN
憲法学者って、世間から馬鹿にされること以外に、取り柄ってあるんですか?(笑)

53 :法の下の名無し:2006/09/14(木) 00:22:58 ID:LhUTPhTN
>>51
そんなにきつく言わなくても。憲法やってる人間なんて、多かれ少なかれ、頭のデキがちょっと弱いのでは?(笑)

54 :法の下の名無し:2006/09/14(木) 02:03:55 ID:odW9yGfa
渡辺重範先生は
世界屈指の論文「ドイツ選挙制度史」で
「博士(政治学)早稲田大学」の学位を取得されています。

ちなみに、広末の母校、品川女子学院の漆先生とも大変懇意にされています。


55 :法の下の名無し:2006/09/14(木) 15:17:13 ID:WNeXoJtm
たとえば、ファシスト西原を見ても、
自分が教壇で言ってることと、実際に学内行政でやってることとの間には、かなりの乖離があるわけだが、
面白いのは、彼らのような人種は、その「乖離」自体に気づいてない点だ。
つまり、彼らの多くは、自らの言動の矛盾について、自覚する能力すら持ち合わせてない。
自分は、なんら責められるべき点のない「正義の人間」「良識的な学者」であると、本気で思っているわけ。
そこが彼らの「恐るべき無垢」な点であり、ますます「頭の悪さ」を感じさせるところなのだろう。

56 :法の下の名無し:2006/09/14(木) 16:33:59 ID:V6+eD7/V
阪口、愛敬は頭を使っていない

57 :法の下の名無し:2006/09/14(木) 17:45:26 ID:YOYy1Myg
早稲田出身でも、阪口ならみんなあんまり文句言わないんだね。

58 :法の下の名無し:2006/09/15(金) 02:07:53 ID:iDdXa4lz
阪口はリベラリズム憲法ばかりローの授業でやってた。
学生を無視して好き放題。

59 :法の下の名無し:2006/09/15(金) 05:55:13 ID:VGrp4zNI
宮沢俊義が三菱樹脂事件で企業側についたのは有名な話
権利を説く者が権利抑圧に回ることはよくあること。
本人も矛盾に気づいてるでしょ。そこまで頭が悪いわけじゃなし

要は憲法学者も商売だってことだね。
学内行政で学生を弾圧して名を挙げれば出世できる→金
非の黄身に反対すれば、市民団体が講演によんでくれる→金

経済原理からすればまさに一貫してるんだよね(ワラ

60 :法の下の名無し:2006/09/15(金) 11:22:03 ID:nvIiMoTp
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1156428592/
>芦部信喜、小林直樹両教授が反論できなかった内容
これの、全部じゃないの?全く反論しなかったのだから。
http://www.uploda.net/cgi/uploader1/index.php
[upload10000152829.zip] (戦争犯罪人)小林直樹・芦部信喜.zip
http://aploda.com/dl.php?mode=pass&file_id=0000152829.zip

http://www.uploda.net/cgi/uploader1/index.php
[upload10000152829.zip] (戦争犯罪人)小林直樹・芦部信喜.zip
http://aploda.com/dl.php?mode=pass&file_id=0000152829.zip

>公開論争の根拠は?
「正統憲法復元改正への道標」 小森義峯
http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=30684362&introd_id=Xmo46Wk2oo6A949ii81kiGX86kGk356X&pg_from=u6
http://www.uploda.net/cgi/uploader1/index.php
[upload10000152829.zip] (戦争犯罪人)小林直樹・芦部信喜.zip
http://aploda.com/dl.php?mode=pass&file_id=0000152829.zip
凾アの画像ファイルのp9〜10の書き出し、p33の結語、p35末尾( )内に書いてあるのを読めばいいのに。
p9)http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/16905.jpg
p10)http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/16906.jpg
p33)http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/16907.jpg
p35)http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/16908.jpg

剳ハ人による当時の論争の状況が少し書いてある。
http://tendensha.co.jp/syakai/syakai125.html
「憲法正統論」 相原良一
p219)http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/16909.jpg
p220)http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/16910.jpg

>その論争で小森に反論できなかったという証拠は?
反論できていたら教科書に載ってるでしょ。したがって貴殿が反論に困るはずがないがなw


61 :法の下の名無し:2006/09/15(金) 14:58:02 ID:PlbyaAXB
>>59
そして、そんな憲法学者たちにだまされて、
「○○先生は素晴らしい」とか本気で言ってる学生が、哀れでならないw

62 :法の下の名無し:2006/09/15(金) 22:45:43 ID:XbsMkGic
>>59
三菱樹脂事件なんか、嘘ついて一流企業に潜り込もうとした奴を
なんとか試用期間中に見破って本採用しなかっただけ。

権利抑圧でもなんでもない。企業として当然のことしただけ。それを憲法問題だと喚く方がどうかしている。

63 :法の下の名無し:2006/09/16(土) 00:30:06 ID:dp7oaGEt
>>62
会社が入社試験の際に応募者の思想に関する事項を尋ねることが憲法一九条の
思想に反する罠。

最高裁は、入社の際に思想にたずねてもOKと判示したけど、芦部は批判的で
「私人間相互の問題とはいえ、絶対的に保障される思想・信条の自由について
判決のように考えるのは疑問であ」るとコメントしている。芦部憲法(高橋補訂)p.108

学説も最高裁に批判的な見解が有力だしね。
>>62 のような考えはしょせん少数説。

64 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 00:30:31 ID:w8MIeAIQ
>>21
ワロタ

65 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 00:38:02 ID:w8MIeAIQ
>>59
カネが大事なら、学者になるよりビジネスマンになった方が合理的な人生選択だろうにね。
そこら辺も、頭の悪さゆえかねえ(笑)

66 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 03:02:54 ID:FdA5KD98
偉大な渡辺重範校長が「全力を尽くして頑張ります」と電話を受けると、
関係者から一斉に拍手がわき起こった。 渡辺校長が
「国民代表として恥ずかしくないプレイをしてほしい」
と出場を伝えると、憲法学者の間から喚起の声が沸いた。

67 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 04:53:24 ID:zAGFEAm6
>>21
妻に暴力は抵抗権の行使にすぎんと思うが。

68 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 09:36:18 ID:FdA5KD98
The great leader Shigenori Watanabe comments that they doubt every established
idea on a platform, and "peace" "equality" "justice"
and a term continue in one's article.

69 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 09:40:53 ID:50tsvIdH
>>62
元々本当に法の支配や論理が大切なら
八月革命説なんて唱えず
GHQによって地位が奪われることになっても
日本国憲法は無効だと主張してるし


70 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 18:12:02 ID:qW4Tq4fg
ドイツ選挙制度史(渡辺重範先生)を通読し、
感銘を受けた1人です。

71 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 21:04:25 ID:WwzLaF8K
>>63
宮沢は芦部の恩師だけど、さすがの芦部も宮沢の節操のない行動に呆れたと見えて
キッチリ批判してるねw

まあ、宮沢が死んでるから批判できるというのもあるんだろうけど。

72 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 22:02:07 ID:w8MIeAIQ
宮沢俊義は、戦時中に国粋主義的な論文を生産して、学界での地位を築いた人間だろ。
戦後は、時流に乗って、「進歩派」に転向することで地位を維持した。どこまでも節操のないヤツだよ。
最近の若い研究者の中には、そんな事情も知らずに宮沢を賛美してる頭のトロいヴァカが後を絶たない(笑)

73 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 22:28:35 ID:jgmuSjq5
>>72
それも頭がトロいヴァカな意見だな。
あの当時、美濃部学説が弾圧され、右翼にも狙われてたんだよ、お前みたいなw
宮沢も襲撃されたことがあった。なくなく国粋主義的な論文を表向き書かざるを
得なかったわけだ。しかし東京帝大での講義はいろんなとこすっ飛ばして講義してたん
だよ。まあこれは海軍でも軍人勅諭のやたら神がかった精神主義的なところを
すっとばしてたみたいだが。みんなそういう苦労の中でやってきたんだなあ。

74 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 22:28:53 ID:5y0MdouG
http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/14521.wmv
大東亜戦争開戦記念日を前に・高森明勅
http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/14521.wmv
大東亜戦争開戦記念日を前に・高森明勅
http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/14521.wmv
大東亜戦争開戦記念日を前に・高森明勅

宮澤俊義(42歳)もどえらく感激しているなw (6m35s)

十二月八日、この日くらゐ全国民を緊張させ、感激させ、そしてまた歓喜させた日はなからう。

だって

75 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 22:29:43 ID:jgmuSjq5
ちなみこういうことを言い出したのは小堀なんちゃらという極右のおっさん
なんだけどなw
小森といい小堀といいなんでこういう極右じじいがのさばってるんだだろうな。

76 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 22:29:57 ID:5y0MdouG
 占領側は憲法改正の要求をしないで停戦要求をしておきながら受諾国の武装解除が進
み完全軍事占領が整ったあとで占領側が明示した条件外の違反の要求をした。このよう
に始めから答えは出ているのです。

 誕生してしまった「日本国憲法」でメシを食っている人々が、自己保存本能(利権保護)の
ために単なる戦闘停止条件を明示しただけの「ポツダム宣言」の中に憲法の正統性を見出
すのが一番の得策であろうと必死に論法を開発、発明しているのでしょう。
 不純な動機、犯罪者、法の盗人の学問です。

又、ポツダム宣言を当時受諾した以降の人々の解釈はどのようなものであったのでしょうか。
 美濃部博士が当時朝日新聞紙上に<憲法を改正しなくてもポツダム宣言の要求する民主
主義の実現は可能である>と述べ(10月20日〜22日)次のように述べていたのです。

「私は、所謂「憲法の民主主義化」を実現するためには、形式的な憲法の条文の改正は必
ずしも絶対の必要ではなく、現在の憲法の条文の下においても・・・・・法令の改正及びその
運用により、これを実現することが十分可能であることを信ずるもので・・・・今日の逼迫せる
非常事態の下に於いて、急速にこれを実行せんとすることは、徒に混乱を生ずるのみで、
適切な結果を得る所以ではなく・・・・憲法の改正はこれを避けることを切望して止まないの
である。」

 また若手委員の宮沢教授も、同様の意見を「毎日新聞」に<明治憲法は民主主義と矛盾
するものではないと主張>しそれを発表していた。(10月19日)
 つまり、帝国憲法を「民主主義を否定するものではなく」、うまく解釈運用すれば、「十分民
主的傾向を助成し得るものである」との考えでした。
 このように「8月革命説」首唱者宮沢教授は昭和21年の4月頃革命説を発表されるまで、
すなわちポツダム宣言の受諾から相当長い間、帝国憲法改正不要論を一生懸命述べてお
られたのです。
 おそらく革命が起きたなどとは夢にも思っておられなかったのでしょう。

77 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 22:32:37 ID:jgmuSjq5
チャンネル桜なんか出してくるなよ。世界日報が提供しているのにさあ。
統一教会か、おまえは?

78 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 22:37:08 ID:jgmuSjq5
でも日本国憲法が制定されてからは、どう考えても
日本国憲法>>>>>>>>>>>>>>大日本帝国憲法
だよね。

79 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 22:38:34 ID:5y0MdouG
八月革命説(笑)

80 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 22:39:14 ID:jgmuSjq5
八月革命説断固支持!

81 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 22:39:48 ID:5y0MdouG
>>80
革命って何?

82 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 22:41:24 ID:jgmuSjq5
ぶっちゃけ体制の変革だろうな。
さよなら大日本帝国憲法体制!
こんにちは日本国憲法体制!

さよなら天ちゃん!
こんにちは日本国民!

83 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 22:42:08 ID:5y0MdouG
>>82
体制の変革って何?(笑)

84 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 22:43:02 ID:jgmuSjq5
体制の変革の意味もわかんねえのか?
お友達に聞いてくれ!

85 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 22:44:10 ID:5y0MdouG
>>84
ボクは君を友達だと信じてるよ
だから答えて

86 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 22:44:50 ID:jgmuSjq5
さよなら天ちゃん!







こんにちは日本国民!




さよならヒロヒト!




こんにちは日本国民のみんな!

みんなでハッピーになろうぜ!俺らもうヒロヒト天ちゃんの臣民じゃねえんだよ!ば〜か!

ってことだろうな。

87 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 22:45:47 ID:5y0MdouG
>>86
意味わからへんわ
酔ってまへんか?

88 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 22:46:37 ID:jgmuSjq5
意味わかんねえのは大日本帝国みてえなゴミが好きなおめえらだよ!ば〜か!

89 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 22:47:18 ID:jgmuSjq5
ヒロヒトラー氏ねw

90 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 22:47:53 ID:5y0MdouG
>>88
体制の変革(笑)ってなんなん?
おしえて〜よ〜
お願いやから

91 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 22:50:52 ID:5y0MdouG
革命なんか起きてへんやん
ショーガクセーでもわかんで


92 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 22:51:40 ID:jgmuSjq5
体制って辞書を引く。
変革って辞書を引く。

そんで終了。めんどうだからてめえでやれっつーの!

93 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 22:52:56 ID:jgmuSjq5
革命はおきたんだなあ。
知らなかった?

94 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 22:55:02 ID:jgmuSjq5
主権もかわっちゃった。変化した。よって革命。
これ定説ね。

95 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 22:55:53 ID:jgmuSjq5
ヒロヒトラーギロチン裁判直前。

96 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 22:55:56 ID:5y0MdouG
たい‐せい【体制】
1 各部分が統一的に組織されて一つの全体を形づくっている状態。「経営の―を立て直す」「厳戒―」
2 社会が一定の原理によって組織だてられている状態。政治支配の形式。社会の仕組み。「資本主義―」「幕藩―」
3 その時代の社会を支配する権力。「―側」「反―運動」
4 詩文の形式・体裁。

へん‐かく【変革】
[名](スル)変えて新しいものにすること。また、変わって新しいものになること。改革。「認識の―を迫る」「制度を―する」
[ 大辞泉 提供:JapanKnowledge ]

1やったら
各部分が統一的に組織されて一つの全体を形づくっている状態を変えて新しいものにすること
2やったら
政治支配の形式を変えて新しいものにすること
3やったら
その時代の社会を支配する権力を変えて新しいものにすること
4やったら
詩文の形式・体裁を変えて新しいものにすること

どれ?4?
どういうことなん?
何が何にかわったん???


97 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 22:57:47 ID:jgmuSjq5
変わったってことじゃん。さようならヒロヒトラー!
おめえのために犬死することたあもうねえんだよ!ば〜か!
くたばって市ね!
ああもうくたばっちまってるか爆

98 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 22:58:37 ID:5y0MdouG
>>94
帝国憲法に主権なんか書いてへんやん

99 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 23:00:48 ID:5y0MdouG
>>94
革命が何か聞いてんねんけど

100 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 23:02:21 ID:jgmuSjq5
ゾンビみてえな奴だなあw
革命というから革命。これ定説ね。



101 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 23:03:09 ID:jgmuSjq5
革命は変革、変革は革命。
革命=革+命
カクメイ

以上。

102 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 23:04:09 ID:5y0MdouG
>>100
じゃあ、そんな言い方したら
革命はなかったというから革命はなかった
ともいえるやんw

わけえわかりまへんわ

103 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 23:04:19 ID:jgmuSjq5
大日本帝国憲法→日本国憲法
はい変わってる。
よって革命。


104 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 23:05:19 ID:jgmuSjq5
そう革命とみなすのもみなさないのも勝手。
これにて終了。

105 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 23:09:15 ID:5y0MdouG
>>103
かわっってへんてw
むこーむこー


変わったから革命なんか
革命やから変わったんか

どっちよw

そんなん

自衛隊がいるところは非戦闘地域
非戦闘地域は自衛隊がいるところ

ゆう小泉しゅしょー意外にはつうじへんで

106 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 23:11:18 ID:5y0MdouG
>>104
勝手ってw
みなさんでええんかいw

ちなみに
そっちは
革命とみなすのもみなさないのも勝手。

こっちは
革命とみなしちゃだめ

っていう意見やから両方の意見とって

革命とみなしちゃだめ

にしよ

107 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 23:14:59 ID:w8MIeAIQ
>>73
ヴァカだね。弾圧されたのはみんな一緒。
じゃあ、他の学者・知識人がみんな戦時中に、
宮沢みたいな国粋主義・軍部迎合主義の論文ばっか書いてたか?
少しは勉強してくださいよ。これだから低学歴は(笑)

108 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 23:17:20 ID:huPQZDHh
荒らしか。

109 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 23:18:34 ID:5y0MdouG
http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/14521.wmv
大東亜戦争開戦記念日を前に・高森明勅

宮澤俊義(42歳)さんの「アングロ・サクソン国家のたそがれ」

これええ、文やで
おっちゃんホンマに感動したわ
涙出てきた

十二月八日、この日くらゐ全国民を緊張させ、感激させ、そしてまた歓喜させた日はなからう。

ホンマにこの通りやわ

110 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 23:28:41 ID:iZGop3Sl
>>107
おっしゃる通り。
言論統制下の中でも、自分の意見を少しでも世に届けようと、みな苦労していたのが、あの時代。
だが、宮沢俊義は、自ら率先して、陸軍も真っ青な国粋主義の姿勢を打ち出して、社会的な地位を求めていったわけだ。
そういう節操のない男だから、戦後、進歩主義者に表向き転向してみても、
「三菱樹脂事件」みたいなところで本性をあらわす。
そして、そんな男を臆面もなく擁護できるような無垢な人(たとえば>>73)が有象無象いるわけでw
世の中、そういう大勢の無垢な若者をだましたもん勝ちだということがよく分かるw

111 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 23:38:32 ID:Wc34JdOy
まあ、いまどき憲法学みたいに知的刺激もなにもないアホ業界に、わざわざ飛び込む若者なんて、
よっぽど頭がトロいとみなさざるを得んでしょう。
他に、もっと研究しがいのある学術領域はたくさんあるのに、なんでまたケンポー学を選ぶのか。
>>73みたいな頭の悪い書き込みを見れば分かるように、ほとんど新興宗教の信者みたいなのが多いよね。

112 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 23:41:36 ID:NYcMkvpw
>>73がサンドバック状態と聞いて、すっとんでまいりました。

113 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 23:46:54 ID:Wc34JdOy
まあ、あんまり頭のトロい人をイジめるのもどうかと思うがw
特定の人物を信奉・賛美して、その人物のネガティブな情報に対しては過剰に反応する。
こういうのは、頭の悪い人にはよくある傾向ですよ。
例えば、長渕剛信者とか、オウム信者とか。ああいうのと一緒ですよ。
あまりからかい過ぎると、荒らし行為に走るかもしれないので、ホドホドにした方がいい。

114 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 23:50:19 ID:Wc34JdOy
まあ、宮沢俊義あたりのドス黒い人物を適当に晒し上げてやれば、
>>73みたいに、馬鹿レスつけてくる信者をおびき寄せて、
結果としてスレッドが盛りあがるから、まあいいんじゃないのかな(笑)

115 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 23:53:15 ID:PoWv2IQh
日本国憲法は、第二次世界大戦における日本の侵略によるアジア諸国民の膨大な犠牲と
日本人の悲惨な体験の上に、二度と戦争はやらないとの日本人の決意と戦争を違法化する
世界の流れの中で制定されました。21世紀に入り、イラク戦争反対の数千万人の市民の
行動が世界に広がり、EUやASEANなどでは平和的諸国間の枠組みづくりがすすみ、
日本国憲法9条の精神こそ、これからの人類社会のめざす方向であることが鮮明となって
きています。原水禁世界大会国際会議宣言は、日本国憲法を守ることは、アジアと世界の
平和ための重要な課題と呼びかけています。

戦争は国と国との領土をめぐる争いですが、国とは人間の集まりに他なりません。つまり、
人間が他人と争おうとする心が問題なのです。また、領土とは不動産である土地の集まりに
他なりません。つまり、不動産をめぐって争われる紛争の中に問題の核心があるのです。
憲法9条は、人間と人間が土地をめぐって争うという姿勢に警鐘を鳴らしているのです。

憲法9条が述べているのは「戦争の放棄」です。要件事実論といえども、憲法に反するものは
違憲無効となります。要件事実論が目指しているのは「争点整理」であり「紛争解決」です。
これは憲法9条に反します。なぜなら、戦争の小さいものが紛争ですから、戦争が放棄された
以上、紛争も放棄されなければならないからです。ですから「争点整理」や「紛争解決」は、
「争点放棄」や「紛争放棄」でなければなりません。整理したり解決したりすることは、紛争を
認めたことになります。紛争は、初めから放棄されなければなりません。

平和憲法を世界に向けてアピールするため、要件事実論の廃止に向けて戦っていきましょう。

116 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 23:57:26 ID:NYcMkvpw
このスレッド自体、ケンポー学徒をからかって遊ぶのが目的だろ。彼らの信奉してそうなケンポー学者の恥ずかしい過去を指摘してやれば、すぐに顔を真っ赤にして反応してくれるわけだから(笑)

117 :法の下の名無し:2006/09/18(月) 00:03:09 ID:la4jCzM9
>>21

実際、マジでこんなんばっかだから、笑うに笑えんなw

118 :法の下の名無し:2006/09/18(月) 00:06:40 ID:la4jCzM9
>>111
あーあ、それ言ったらおしまいだよ。
「頭の悪いアタシでも、学者になりたーい」
っていう人のための学問分野なんだから、憲法学ってのは。

119 :法の下の名無し:2006/09/18(月) 01:12:11 ID:TqP0i4XE
自演くさいなこのスレ。

120 :法の下の名無し:2006/09/18(月) 02:53:48 ID:tN4HFx9p
こういうふうに、アホな若者が勝手に信者になってくれるわけだから、憲法学者ってのも楽な商売だわな(笑)

121 :法の下の名無し:2006/09/18(月) 03:58:59 ID:TqP0i4XE
憲法学者も楽な商売かもしれない。
しかしその楽な商売について2ちゃんで吼えているのは商売にすらならないだろうね。
日頃のストレス解消としてはあまりおすすめできないけど。

122 :法の下の名無し:2006/09/18(月) 11:07:44 ID:TqP0i4XE
人間は本来節操なんてないものなのに、なんとうナイーブな人間観を持っているのだろうか。

123 :法の下の名無し:2006/09/18(月) 14:27:40 ID:rNrT6/3+
渡辺重範先生は「私も憲法学徒の一人として・・・」と
講義で明言されていました。

どちらかといえば、政治制度論研究家ですが・・・。

124 :法の下の名無し:2006/09/18(月) 16:07:45 ID:la4jCzM9
早実の寄付金強要事件について、
ヴァカ駄の憲法学者の方々は、なにか自分の意見を表明してるの?
日頃、人権だの弱者保護だのと言ってる連中が、
自校の問題については、ただただ沈黙ですか(笑)

125 :法の下の名無し:2006/09/18(月) 16:17:48 ID:NXT5Gbs7
なになに、前スレで渡辺重範信者がボコボコにされたのに続いて、
今スレでは宮沢俊義信者がボコボコにされてるの?
麻原彰晃だろうと池田大作だろうと、どういう人物を信仰するかは各人の自由だが、
少しは「自分はだまされてるんじゃないか」と自問自答した方がいいんじゃないか?(笑)

126 :法の下の名無し:2006/09/18(月) 16:23:25 ID:ZmKTaOrf
実際のところ、憲法学業界なんて、宗教ビジネスとほとんど変わらんだろ。
要は、頭のトロい若者をどれだけだましていくかの勝負だよ。

127 :法の下の名無し:2006/09/18(月) 20:21:50 ID:rNrT6/3+
I say that the true value of the person is asked at time in
a predicament, but my boss is tolerant and is not shaken.
The nickname which hit "the chief who fights." I can have the
having a cool head that I pull posture and one step to wrestle
with work for passion, and a judge does calmly, and the popularity
is a considerable thing. A change of a feeling and tolerant
personality are big charm above all. "However", I seem to control
us who are restless well without struggling for favorite phrase
at embarrassing time. I did not imitate such a senior, but I came
to think the next means to be in a predicament calmly although,
"however, should be anything".

128 :法の下の名無し:2006/09/18(月) 21:46:21 ID:TqP0i4XE
頭がトロいと言っている御仁の頭もトロいと疑ったことないのだろうか?

憲法学者も憲法学者を罵倒するのも同じレベルじゃないのかなあ?

129 :法の下の名無し:2006/09/18(月) 22:45:48 ID:o/UeeoRl
八木秀次法務大臣とかないんかな。

130 :法の下の名無し:2006/09/18(月) 23:26:52 ID:ZmKTaOrf
ID:TqP0i4XE

今日は一日中、書き込みがんばったなw

131 :法の下の名無し:2006/09/18(月) 23:40:29 ID:YGUO8n1y
>>124
寄付金強要事件については、ほとんどがスルー状態、無視を決め込んでますなw
あと、去年起こった構内ビラまき逮捕事件についても、誰も触れようともしませんww
ま、これがケンポー学者の実態でしょ。
そして、そんな人たちを盲目的に信仰している哀れな学生・院生たちwwww

132 :法の下の名無し:2006/09/18(月) 23:53:43 ID:rNrT6/3+
Because, about the reason why the prime minister
from Tokyo University did not go for,
as for Masayuki Fukuoka / the Hakuo university professor
(political science), "the times of "Yoshida school"
were over." I tell that the last was Miyazawa.
I take discipline of Shigeru Yoshida, and Hayato
Ikeda and Eisaku Sato said an honor student of so-called
"Yoshida school" to are from bureaucracy. Miyazawa who
was an old financial ministry official accompanied Yoshida
at San Francisco peace conference. Actually, half of ten
people were people who experienced bureaucrat, but,
as for the prime minister to Miyazawa from Ministry of
Finance, one supports the decline of bureaucrat power
as a politician source of supply after Hosokawa without being.



133 :一介の早大教員:2006/09/19(火) 18:44:02 ID:jOaXCRFN
>>131
大学が受験者に対してどのような要求をしようとも、それは大学の自治の問題であり、
外部からとやかく言う筋合いのものでないことは、憲法学を学べばすぐに分かるでしょう。
それこそ、国家権力が、大学の自治に介入する口実を与えてしまいます。

それに、大学がキャンパス内の言論について規制・統制する権利があるのも、当然の話。
そうじゃなかったら、大学は独立した権利主体となりえません。
そもそもなんら社会的責任を負わない学生に、無制限・無放縦な言論の自由を認めていいのですか?

もう少し、日本国憲法の真の精神・理念を深く認識してください。
そうすれば、早稲田大学の行為は、なんらとがめられるべき性質のものではない、
むしろ、国家権力から大学の自治を守るための、正当な行為と認められるはずです。

134 :法の下の名無し:2006/09/19(火) 18:54:13 ID:w/eOzbHg
宮澤と八月革命説を必死に擁護するID:jgmuSjq5はただの酔っ払いと化し、
反論できなくなると、ID:TqP0i4XEが何の根拠もなく人格批判を始める。

よくできてるなぁ。

135 :法の下の名無し:2006/09/19(火) 21:17:26 ID:v4I8W1A4
>>133
> 自治の問題であり、外部からとやかく言う筋合いのものでない

大学の自治が外部からの批判を封じる趣旨のものでないことは、日本国憲法を
学べば、すぐに分ることでしょう。

> 社会的責任を負わない学生に、無制限・無放縦な言論の自由を認めていいのですか?

無制限に認めろとは言わないが、ビラ巻いただけで、キャンパスに国家権力を
導入するのは、過剰な人権侵害だろ。言論統制の際のLRAの基準などに照らしても
正当化不可能であることは、日本国憲法を学んでいれば自明。

> 国家権力から大学の自治を守るための、正当な行為と認められるはずです。

国家権力から大学の自治を守るために、国家権力をキャンパスに導入ですか。
語るに堕ちてますよ。あなたの"良心"って、その程度のものだったんですか?

136 :一介の早大教員:2006/09/20(水) 02:49:28 ID:pfnTrd3c
>>135
あなたは、言論の自由を絶対視するアメリカ主義者のようですね。
近年の自由言論理論においては、言論の自由は絶対的なものではなく、
むしろ思想の自由市場をより良きものにするために、
政府の介入を認めるべきとする考え方が主流です。
その考え方を踏まえれば、大学キャンパス内の言論に関しては、
大学の介入が積極的に認められてしかるべきです。

137 :法の下の名無し:2006/09/20(水) 03:25:16 ID:YmBQ3vDQ
大学が学生間の自由な言論を確保するために介入したという話ではなく、大学が
自らを批判する者を国家権力をキャンパスに招き入れて排除したんでしょうに。
すっとぼけて自己正当化するのもいい加減にして下さいな。

思想の自由市場を言うなら、学生側の大学批判のビラに対しては対抗言論で応じる
べきもの。
警察を招き入れて言論を封殺するなら、思想の自由市場をヨリ良きものにするどころか
その萎縮的効果は計り知れない。

人権蹂躙に良心の呵責も感じず、妙な自己正当化をするところに唖然。

138 :法の下の名無し:2006/09/20(水) 03:41:04 ID:yH92qCFR
夏の甲子園を制した早稲田実の渡辺重範校長

139 :法の下の名無し:2006/09/20(水) 03:51:58 ID:YmBQ3vDQ
>>136
アメリカでは、1990年代から「政治的に適正」と言って、人種差別や性差別、障害者への偏見
などを助長し鼓吹するような言論、民族や国民の間の憎悪を煽る言論を不適正なものとして排除
してよいという説が徐々に有力になっていますが、いわゆるヘイト・スピーチ(差別発言)の
排除に限定されていますね。

ドイツでも言論の自由の例外をなすのは、民族差別的なことであることに変わりはないわけです。

早大再編を批判するビラを職員を使って暴力的に排除したうえ、警察を招き入れて良いというような
都合の良い話はどこにもないと思いますよ。

ここまで明らかにするなら、>>136 のような発言はとうてい成り立たない。

こんな法理論もどきの主張をでっち上げてまで己の人権侵害を正当化したいんですかね。

140 :法の下の名無し:2006/09/20(水) 04:33:55 ID:pL4jA4Oy
早稲田製だが、「一介の早大教員」氏が誰なのか気になるwww

141 :法の下の名無し:2006/09/21(木) 02:56:37 ID:I9T99fJC


  、   ∩  雇用格差!
( ゚∀゚)彡
  ⊂彡 雇用格差!


142 :法の下の名無し:2006/09/21(木) 14:30:18 ID:CROaNzFK
>>133
>>136

この頭の悪そうな書き込みは、西原か川岸あたりだろ。あるいはそこのゼミ生だなw
さすが、三流マイナー学者だけあって、学術業績はゴミ以下だが、勤務先への忠誠心にかけては誰にも負けない(笑)

143 :法の下の名無し:2006/09/22(金) 03:11:11 ID:d7wJIK0j
    .____.   _______________
   |___CD__|__ /
   (-φθφ)     ?
  _φ味噌⊂)__ \  なあに、かえって免疫力がつくかしらん。
/旦/三/ /|   \_______________
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
|  免疫力  |/


144 :法の下の名無し:2006/09/22(金) 05:03:11 ID:QC0tv6qN
つうか、川豚ゼミ生だろ。いかにも頭が弱そうだし(笑)

145 :法の下の名無し:2006/09/22(金) 06:59:38 ID:Zi/t+c38
n原本人だよ

あの香具師はよく「国家権力」という言葉を使うし、国家介入やパターナリズムを批判する
から逆に国家介入を許容する最近の学説動向に危機感を持っている。

それに、リベラルなのにドイツ系というオヤジ譲りの変な立場だし。

それを念頭において >>133 >>136 を読めば、間違いないよ。

国家権力の大学への介入を警戒するあたり、一介のゼミ生の発想じゃないだろ。

146 :法の下の名無し:2006/09/22(金) 12:05:39 ID:d7wJIK0j
つうか、イシダ・ゼミ生だろ。

147 :法の下の名無し:2006/09/22(金) 15:29:03 ID:QC0tv6qN
>>145

>>136では国家介入を積極的に肯定してるじゃん。

148 :法の下の名無し:2006/09/22(金) 15:34:10 ID:zE3f/vlP
>>145 まあ墓穴掘ったね。問題文よく読もうな。N原が学内でやってることなんて他大学の人間は
興味ないし、お前は就職できない馬鹿田の院生と見た

149 :法の下の名無し:2006/09/22(金) 15:39:48 ID:QC0tv6qN
>>148
教員おつw
ボコボコに論破されて泣き寝入りか(笑)

150 :法の下の名無し:2006/09/22(金) 17:13:16 ID:VPDVLF2l
「一介の早大教員」が、哀れなほどに論破されまくって、
捨て台詞残して去っていったと聞いて、すっとんで参りました。

151 :法の下の名無し:2006/09/22(金) 17:17:51 ID:VPDVLF2l
早稲田大学への忠誠心を示そうと、必死こいて書き込みしてみたはいいが、
逆に頭の悪さを露呈させて、嘲笑のネタをまた一つ作っただけ。
ざまあねえな(笑)

152 :法の下の名無し:2006/09/22(金) 17:57:06 ID:Gq3ZBxV2
>>148
真性の馬鹿だな(笑)
この上まだボコられたいのか?(笑)

153 :法の下の名無し:2006/09/22(金) 18:00:58 ID:sq186pOS
さあ、川豚ゼミ生がわざわざ大恥かいてくれたおかげで、
前スレと同様に、盛りあがって参りました。

154 :法の下の名無し:2006/09/22(金) 21:39:47 ID:SZLy+117
もう秋田

155 :法の下の名無し:2006/09/22(金) 22:36:05 ID:w7lREp9t
>>148
> >>145 まあ墓穴掘ったね。問題文よく読もうな。N原が学内でやってることなんて他大学の人間は
> 興味ないし、お前は就職できない馬鹿田の院生と見た

n原が学内でやってることは、このスレでさんざん既出だろうが。
ビラ事件もネット検索すりゃ、すぐ出てくるし。アフォ?

156 :法の下の名無し:2006/09/23(土) 01:39:07 ID:G/0lxsP/
   /         ドッカン
  / /    ,,_     ドッカン
 ━━━━━'), )=         ☆ゴガギーン
      ∧_∧ヽ\         /          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     (   ) 〉 〉_ _ ____      ∧_∧ ∠  おらっ!一介の早大教員、さっさと出てこいや!
     / ⌒ ̄ / "'''"'|    ||     (`∀´ )  \___________
      |   | ̄l    |    |/      /     \
.      |    |  |     |    ||      | |   /\ヽ
       |   |  .|     |    |     へ//|  |  | |
      (   |  .|   ロ|ロ   ゙!l''ヽ/,へ \|_  |   | |
       | .lヽ \ |    |   ヽ\/  \_ / ( )
      | .|  〉 .〉    |    |        | |
     / / / / |     |    〈|      | |
     / / / / |     |    ||      | |
    / /  / / └──┴──┘       | |

157 :法の下の名無し:2006/09/23(土) 03:01:24 ID:g1Waz3iN
栄光ある憲法学・石田ゼミナール万歳!

158 :法の下の名無し:2006/09/23(土) 10:26:42 ID:CXkN6K2w
法律詳しくないんですけど教えてください
小泉が総理やめたけど、法的根拠ってなんですか?
総理大臣の辞任とか、任期とか憲法にないですよね


159 :法の下の名無し:2006/09/23(土) 15:52:24 ID:Fs1r5jy8
辞めた?いつの話?


160 :法の下の名無し:2006/09/23(土) 16:02:23 ID:CXkN6K2w
やめたんじゃないんですか?

161 :法の下の名無し:2006/09/23(土) 16:04:55 ID:CXkN6K2w
20日だっけ
辞任したんじゃないんですか?

162 :158:2006/09/23(土) 16:16:46 ID:CXkN6K2w
国会法64ですね
わかりました

163 :法の下の名無し:2006/09/23(土) 16:46:58 ID:WR/E7sue
つか、いい加減、憲法学者に関する話題と、憲法学に関する話題を
このスレでごちゃ混ぜにしているのをやめるべきだと思うが。



164 :法の下の名無し:2006/09/23(土) 20:19:32 ID:yO0+hoC4
>>155
漏れもビラ事件でググってみたが・・・

N原は立川ビラ事件では抗議声明に賛同してるのに、
早稲田ビラ事件は完全にシカトしてるなww

165 :法の下の名無し:2006/09/24(日) 00:52:24 ID:BHlEQqI5
ケンポー学者ってのは、他の学問分野と比べて、かなり頭が悪い上に、
薄っぺらい「理念」やら「価値」やらを後生大事に説いて回るのが仕事だから、
実際に、自分の身の回りで人権問題が立ち起こったとたんに、
その頭の悪さ、薄っぺらさが、見事に露呈してしまうわけだ(笑)。

166 :法の下の名無し:2006/09/24(日) 09:55:27 ID:tsPEDfT5
安倍政権誕生で、早稲田憲法学の本流 八木秀次先生にも
注目が集まりそうだ。
安倍と八木さんは親交があるからね。

167 :法の下の名無し:2006/09/24(日) 14:01:13 ID:py0521ch
八木秀次法務大臣誕生ですか?

168 :法の下の名無し:2006/09/24(日) 14:16:34 ID:MXhxrU4w
中川八洋大センセイにもポストを!

169 :法の下の名無し:2006/09/24(日) 21:48:45 ID:xEwFVaBM
ここで執拗に西○や○岸をぼろくそにいっているやつら。
なんだかイタイ連中だなあ、と思っていたんだが、
こんなにしつこいのには何か理由があるんだろう。
早稲田じゃ、何が起こっているのか、外部にもわかりやすく教えてほしいね

170 :法の下の名無し:2006/09/24(日) 22:59:52 ID:TTy/2njJ
148 名前:法の下の名無し[] 投稿日:2006/09/22(金) 15:34:10 ID:zE3f/vlP
>>145 まあ墓穴掘ったね。問題文よく読もうな。N原が学内でやってることなんて他大学の人間は
興味ないし、お前は就職できない馬鹿田の院生と見た

169 名前:法の下の名無し[] 投稿日:2006/09/24(日) 21:48:45 ID:xEwFVaBM
ここで執拗に西○や○岸をぼろくそにいっているやつら。
なんだかイタイ連中だなあ、と思っていたんだが、
こんなにしつこいのには何か理由があるんだろう。
早稲田じゃ、何が起こっているのか、外部にもわかりやすく教えてほしいね

171 :法の下の名無し:2006/09/25(月) 00:57:40 ID:hd1BcDzG
>>170
おいおい、あんまり晒してやるなよ。
ボコボコに論破されたばかりで、まだ心の傷が癒えてなそうだから(笑)

172 :法の下の名無し:2006/09/25(月) 02:40:28 ID:IA8sD6rv
要するにだ、お前らが吊るし上げたいのは、馬鹿田内部の人間であるかどうかに拘らず、
馬鹿田の教員を崇めたり弁護する人間が気に食わないわけだ。特に内部の人間が教員を弁護する
のが最も醜いと。まあ、そうだろうね。馬鹿田の教員は一部を除きクズだから。

173 :法の下の名無し:2006/09/25(月) 03:04:24 ID:6dh7zFk8
ここにいる連中はほんと、バカばっかりですね。
しかも、つるし上げる文句がセンス無くて。
田舎くさい。やっぱ、ワセダ。

174 :法の下の名無し:2006/09/25(月) 04:59:21 ID:hd1BcDzG
さあ、ボコボコにされたショックで、
いよいよ発狂し始めてまいりました。

それにしても・・・一介の早大教員(笑)

175 :法の下の名無し:2006/09/25(月) 05:39:58 ID:V3DN+zda
このスレで嘲笑のネタとして挙がってくるのは、西原・石田・川岸・渡辺あたり。
つまり、別にわざわざ2chで晒さなくとも、実際に、憲法学界ではゴミ扱いされてる連中ばかりだ。
同じ早大OBでも、憲法学界で一定の評価を受けている阪口・愛敬あたりは、ほとんど晒されない。
これは、まさに「ここら辺のゴミ学者だったら、いくら小馬鹿にしても大丈夫だろう」という卑劣な論理だ。
憲法学者を語る総合スレッドなら、もう少し影響力のあるメジャーな学者を叩いたらどうか。

176 :法の下の名無し:2006/09/25(月) 06:09:54 ID:pNNYERYF
>>169 >>172-173 ←学外の人間を装うのに必死

>>175 ←他人に批判の矛先を向けさせ、自分をかばおうと必死


○原、そこまでやるかw 

177 :法の下の名無し:2006/09/25(月) 19:51:51 ID:IA8sD6rv
>>176 学外の人間を装ってるけど、あんたこそ馬鹿田の学内の人間だよね。多分。

178 :法の下の名無し:2006/09/25(月) 20:12:41 ID:awkhCM+k
小林直樹さんが国家学会雑誌に連載しているけどOBが寄稿するのはふつうにあることなんですか?

179 :法の下の名無し:2006/09/25(月) 20:53:02 ID:IA8sD6rv
OBの寄稿が許されるかどうかはよくわかりません。あそこは事務所に言っても
投稿資格についてのらりくらり返答しますんで。小林直樹先生は最近とみにかつて
やっていた法哲学的研究に傾倒されておられますね。あの論文を見る限り、とても
実定憲法学を教えていた方のようには思えません。

180 :法の下の名無し:2006/09/25(月) 21:51:30 ID:dVEfZdzv
ケンポー学徒のヴァカっぷりが見事に露呈してるスレッドだな(笑)

181 :法の下の名無し:2006/09/26(火) 00:07:25 ID:QHE+bHez
例の「一介の早大教員」が、ついに自殺未遂を図ったというのは本当ですか?

182 :法の下の名無し:2006/09/26(火) 00:12:39 ID:QHE+bHez
>>175
彼らゴミ学者の方から、わざわざ嘲笑のネタを提供し続けてくれるわけだから、
そりゃ取り上げられても仕方ないでしょ。こういう暇つぶし掲示板にはうってつけの材料だし(笑)

183 :法の下の名無し:2006/09/26(火) 01:25:45 ID:BlXDTJH8
くせえんだよ、ワセダ

184 :法の下の名無し:2006/09/27(水) 01:07:23 ID:4Ch70oz/

裸の王様(笑)

185 :法の下の名無し:2006/09/27(水) 02:17:06 ID:eFCeFsff
まあせいぜい暇は有効に利用したまえ。

186 :法の下の名無し:2006/09/27(水) 03:01:08 ID:KkzbBFib
7.基本的人権と公権力(人権総論及び自由権概説)―表現の自由と公安条例,公共の福祉,
基本的人権の第三者効力
8.政教分離と信仰の自由(憲法21条、ハンス・ケルゼンの憲法理論)
―津地鎮祭判決,
宗教的行事と習俗的行事,制度的保障
9.プライバシーの権利と知る権利(新しい諸権利の復習)
10.公務員と政治活動(労働基本権と公務員の諸権利、猿払事件)……十月

11.公害対策から環境保全への発想の転換(新しい人権各論)―環境基本法と環境権
12.適正手続条項と刑事被告人の権利(憲法31条以下の諸権利概説)……十一月
13.日本型統治システムと議院内閣制
14.構造的腐敗構造と両議院の国政調査権
15.司法審査制と人権の保障(司法権、違憲法令審査権の比較憲法的考察)
――以上後期……十二月-一月
 以上の諸点を時間の許すかぎり簡潔明瞭かつ要点列挙的に講義するが,
時間の関係上,濃淡は避けることができない。

指定教科書 拙著『選挙と議席配分の制度』(成文堂)
を憲法講義教材として使用する。




187 :法の下の名無し:2006/09/28(木) 00:07:52 ID:CfM2jQDp
で、結局、ケンポー学者のお仕事ってのは、
「国家権力から大学の自治を守る」とか称して、
キャンパス内の言論統制を都合良く自己正当化することですか?(笑)

188 :法の下の名無し:2006/09/28(木) 11:56:01 ID:UsMNejkb
時間の許すかぎり簡潔明瞭かつ要点列挙的に講義するが,
時間の関係上,濃淡は避けることができない。

指定教科書 拙著『選挙と議席配分の制度』(成文堂)
を憲法講義教材として使用する。


189 :法の下の名無し:2006/09/29(金) 01:18:14 ID:iGZ8IJCE

東京大学法学部期末試験

【憲法(第2部)】

以下三題を解答用紙(レポート八枚)におさまるように解答せよ(鉛筆書き不可)。

第一問
 「国会は国権の最高機関である」ことの歴史的文脈上での意味を論ぜよ。
第二問
 「行政権は内閣に属する」ことの歴史的文脈上での意味を論ぜよ。
第三問
 「司法権の限界」について論ぜよ。

190 :法の下の名無し:2006/09/29(金) 01:49:06 ID:ULyFc90p
渡辺重範センセ(早大教授、早実校長)のまとめ

・もう60歳を過ぎているが、まともな学術業績が何もない。
・学会で発表する意欲も能力もほぼゼロ。と言うより、ほとんどドコの学会にも入っていない。
・学部生すら、その知識レベルの低さを笑っているという悲惨さ。
・教員からは「大学職員として頑張って出世されてこられた方」と陰で嘲笑される。
・広末ワセダ入学工作で奔走した当事者、と名指しで批判を受ける。
・自己推薦入試が行われるずっと以前の段階で、調子に乗って「広末さんがワセダに来ますよ」と授業で口走る。
・早実寄付金強要事件の責任者。のらりくらりと追及を逃れて、地位・権限を温存。
・2001年部室強制撤去事件、2005年構内ビラまき逮捕事件などにおいて、大学当局の中心的地位。
・それでいて、教壇では「人権」やら「価値理念」やらをエラそうに説いている、というブラックジョーク。
・学内行政での地位を生かして、総長選に出馬し続けるものの、敗退を繰り返す。
・懲りずに総長選に出ても、負け続ける理由が「人望のなさ」であることに気づいてない。
・2006年夏の甲子園、スタンド席での応援をしゃしゃり出て、結果として全国ネットで大恥を晒す。


191 :法の下の名無し:2006/09/29(金) 01:50:32 ID:ULyFc90p
■ 広末涼子 裏口入学顛末記 ■
http://bakurojouhou.web.fc2.com/hirosue.htm

【無職】広末の夫・岡沢高宏氏がブログ開設【ヒモ】
     http://blog.honeyee.com/tokazawa/

 芸能系レポーターが「みごと難関を突破」というノリで伝えていた。
http://www.wanet.ne.jp/~odajima/diary/981122.html
 なんでも前日、事務所から各報道機関に「正門前7時半集合」という連絡があったんだとか。
http://www.wanet.ne.jp/~odajima/diary/990620.html
 受験宣言にはじまって、入学から登校にいたるまでの一連の動きが、一から十までまるっきりの出来レースのプロモーション活動だったってわけだ。
http://www.wanet.ne.jp/~odajima/diary/990627.html
 キャンパスをイベント会場として利用されたあげくに、混乱に乗じた野次馬の行動を自分たちのせいにされた学生さんたちもいいツラの皮だよ。
http://www.wanet.ne.jp/~odajima/diary/19990704.html
 ヒロスエはS英社ではアンタッチャブルなんだ。
http://www.wanet.ne.jp/~odajima/diary/19990711.html


192 :法の下の名無し:2006/09/29(金) 01:51:37 ID:ULyFc90p
62 :高知出身 :2006/09/15(金) 14:45:48 ID:OVDXXkn4
>奴は地元の中堅校・土佐女子を中学受験して落ちてる。
>優等生キャラで売り出すこと自体、かなり無理があるよ。

「中堅校」とは言っても、それは学力平均値の話で、
あそこはそれなりに優秀な子から、とんでもないおバカさんまで取り揃えた、
お嬢様学校(といっても、田舎だから多寡が知れてるけど)。
つまり、ボーダーラインは相当低い。
自分の親戚の子もちょっとお頭が弱い子だったけど入学できたし。
どんな事情であれ、土女に落ちるというのは相当ヤバイ。
まあ、高校も大学も特別枠なら関係ないけど。

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 03:26:35
品川女子だって、広末入学(特別枠だけど)したときはホント、たいしたことなかったよ。
早慶合格者はいても内部進学者1、2人だったし、高校は都立受験者の滑り止め扱いだった。

193 :法の下の名無し:2006/09/29(金) 04:36:20 ID:HJw7FcgX
>>189
二部って、先生は日比野先生?

194 :法の下の名無し:2006/09/29(金) 12:51:37 ID:51LbyOzs
結局、「一介の早大教員」って、誰だったんだ?

195 :法の下の名無し:2006/09/29(金) 13:16:34 ID:NrQnwjXH
まあ、社学のG藤だろうね。彼ホントにアホだから。

196 :法の下の名無し:2006/09/29(金) 19:53:32 ID:BWM0nFNS
まあ、ジューハンだろうね。彼ホントに偉大な憲法学者だから。

197 :法の下の名無し:2006/09/29(金) 21:44:50 ID:v7Nhlitj
このスレのまとめ――ケンポー学者とはいかなる人種か?

■「低IQな自分でも学者になりたい」という理由でケンポー学を専攻している。
■他の学問領域からは、基本的に見下されているので、ますます卑屈になって、内輪で固まる傾向を見せている。
■小学校算数レベルの数式を使って「こういうふうにゲーム理論を使って説明すると」とか言ってる長谷部を見て、
「非常に知的刺激を受ける!」「学際的な知性!」と本気で感動している。
■ケンポー学が、世間から馬鹿にされてるのを薄々気づいてるので、同窓会に出席しても、ついつい、
「政治学を教えている」「公共政策的なものを研究している」などと、ウソ・ゴマカシに終始してしまう。
■同僚の政治学者や行政学者が、片手間のバイト講師で憲法学を教えているのを見て、知的劣等感をさらに増殖させる。
■戦前、自ら率先してファシストやってた宮沢俊義の過去を必死に隠蔽して、「偉大な学者」「おまえに宮沢先生の何が分かる」と本気で擁護する。
■学内で言論弾圧などの人権侵害が起こっても、見て見ぬふりをする。
■あるいは「大学の自治がどうのこうの」と大学側を必死に弁護する。
■それでも問い詰められると、「ワタシは国家権力と戦っているんだ!」と意味不明なことを叫んで、その場から逃げ出す。

198 :法の下の名無し:2006/09/29(金) 22:40:54 ID:tGKSIQmF
>>194-196
n原だよ

自分自身で言論抑圧に手を染めた人間じゃないと
それを正当化する動機がない罠

199 :法の下の名無し:2006/09/30(土) 05:57:52 ID:mWYQY2zu

>>197
笑わせてもらいましたw
リアルすぎて、ほんとシャレになってないんですけどw
 

200 :法の下の名無し:2006/09/30(土) 13:23:01 ID:Zl7Iqg3O
ところで、名古屋大の浦部先生が今年定年のはずだけど、次はどこへ行くのかな?

201 :法の下の名無し:2006/10/01(日) 00:52:59 ID:Z4drmHPS
>>197
激ワロタwwwwwww

202 :法の下の名無し:2006/10/01(日) 13:20:08 ID:Z4drmHPS
中山道子先生が公法学会の閉鎖性をズバリ指摘!
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/1863/

"表現の自由を侵害する自称「憲法学者」たち"

私中山道子は、2002年10月に、公法学会より発表を依頼されながら、依頼された報告に基づく原稿を提出したところ、
2003年10月発表の公法研究63号掲載を拒否されました。その理由は、業界批判をしたからに他なりません。
表現の自由を高らかにうたう憲法学者、行政法学者たちの集団が、「仲良し集団」として、このような閉鎖的な態度を
とり続けていることを、学生や市民の皆さん、マスコミ各位は、ご存知でしょうか?

203 :法の下の名無し:2006/10/01(日) 21:32:31 ID:vApquh6J
また古いものを・・・忘れられるがままにしておけよ。厨房が。

204 :法の下の名無し:2006/10/01(日) 23:12:06 ID:0xbpkFXQ
憲法学者に学問の自由はない?

205 :法の下の名無し:2006/10/02(月) 01:48:03 ID:WuoeAbxy

韓国側が、まちがって従軍慰安婦は『強制連行でない証拠』を提示してしまいましたw
「慰安婦募集の広告」 月給まで書いてますよ? 前借できる給与まで書いてますよ?
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=ttalk&page=5&nid=433120
「大清国属」の旗のように、漢字が読めないための自爆です。

圧力によりいつか削除され、写真は「無かったこと」にされると思うので、要保存だと
思います。




大爆笑!韓国政府が自爆!慰安婦の正体を暴露!(最悪)
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=thistory&nid=1763718

■韓国の政府機関Ministry of Gender Equality & Family(女性家族部)のHP
http://www.hermuseum.go.kr/eng/exp/Experience01_2.asp

http://photoimg.enjoyjapan.naver.com/view/enjoybbs/viewphoto/teconomy/2539000/20061001115966778204674700.jpg



こんなに明確な資料を初めて見ました。
どう見ても売春婦募集広告です。



206 :法の下の名無し:2006/10/02(月) 03:32:50 ID:JwgK06xJ
>>197
なんか、それでもう、このスレの結論が出たって感じだな(笑)

207 :法の下の名無し:2006/10/04(水) 02:10:27 ID:7BG162R2
断言してもいい!
日本において真に優れた超一流の憲法学者など皆無である!!

彼ら彼女らは、学問的価値あることをほとんど何もしていないと言っても過言でなく、
事実やっていることと言えば、判例評釈やら既存の学説に関して、さして問題にもなり
そうもない箇所を我田引水のごとく若干意味を意図的に限定して解釈し、それについて
「問題点」とされると勝手に考える事柄を多少の修飾を交えてコメントする
といった程度のことであり、学問における「発展」とみなしうるような革命的・創造的な仕事は
何一つとしてやっていない。

多少語学力のある者は、アメリカやらドイツやらその他の憲法および憲法解釈における諸学説を
紹介するといった「横書きを縦書きに直す」仕事をして先端を行っている気になって悦に浸ることが
せいぜいである。

もちろんそれは錯覚であるわけだが、それを錯覚であると少しも疑わない無神経極まりない無自覚さも、
連中の特質として挙げておくべきであろうと思われる。

教科書の執筆をして「偉い」と見なされる業界なのだから、その程度は推して知るべしというわけだが、
しかもその教科書たるや、あまりにレベルが低く、愕然とする思いがふつふつと沸いて来る。

芦部憲法を中学のときに読んだと言う人がいるようだが、確かに多少学のある中学生なら簡単に読み通せる代物
だろうと思われる。
少なくとも大学生が読むべき書物ではなく、高校生が暇つぶし程度に読む類の書物であり、
しかもその中の情報だけをざっと目を通して取り込むとった単なる消費物にしかなりおおせていないのである!

バカでもやれる憲法学者というのが学界における専らの評判。
もっとも民法学者も刑法学者も商法学者なども、そう大差ないほどに
バカでもなれるわけだが、輪をかけてバカなのが憲法学者というわけである。

『だから憲法学者はやめられない!ー一日千秋の思いで待つ憲法学者大リストラ』(出版社未定)
近日公刊!!


208 :法の下の名無し:2006/10/04(水) 02:32:32 ID:7BG162R2
>>202
中山氏の文章を拝読したが、確かに文章の出来不出来を言うならば、明らかに
出来がいいとは口が裂けても言えない。したがって、論文として見た場合、学術誌に
とってその水準に満たないと判断された論文が掲載されないということがあったとしても、
それが表現の自由を実質的に侵害しているとまでは言えないだろうと思われる。

とはいえ、中山氏の文章は、学術論文というよりは、公法学会で依頼された発表の報告を企図した
文章であって、通常学会発表された内容は、簡単な報告書として学術雑誌に掲載されるわけであるから、
よほど醜悪な文章と見なされない限り、掲載が拒否されるということはないはずである。

再度確認するが、これがもし学術論文として提出されたならば、水準が高いとは決して言えない。
水準未満という理由で掲載が拒否されることは十分にありうることだろう。
しかし依頼された学会発表の報告の文章の不掲載は尋常なことではない。
中山氏が憲法学界の歴史ならびに現状に批判的な態度を示したために、掲載が拒否されたと考えるのも
故なしとは言えない。

憲法学界自身への批判的態度の表明は受け入れられないというのが、公法学会の本音であると
するならば、確かに普段から表現の自由を声高に叫んで憚らない憲法学者の言行不一致であるとの
謗りは免れないものと思われる。

209 :法の下の名無し:2006/10/04(水) 02:47:55 ID:7BG162R2
そこで中山氏に提案したいのであるが、公法学会に所属する学者の数ある論文と
比較して、明らかに優れていると認めざるを得ないような、例えば不掲載の決定を
下したであろうと憲法学者や行政法学者たちがぐうの音も出ないような珠玉の論文を
ものして、それを公法学会に叩きつけるぐらいの気概を持って挑んでみてはいかがか。

もちろん口で言うのは容易いことであるし、部外者が無責任なことを述べる行為は
慎むべきであろうが、公法学会などさして優れた学者は存在しないも同然であるのだから
(例えば日本物理学会であるとか国際数学者会議の場において誰もが驚愕する発表をしろと
無茶なことを言っているわけではないのだから)、優れた公法学者であるのなら、不可能とは
言えないだろうと思われるのである。

210 :法の下の名無し:2006/10/04(水) 02:48:01 ID:hxe2aycq
女性の憲法学者Nはある学会からの依頼で、学会発表の報告を執筆した。
この報告は通例のとおり、学会誌に記載されることになっていた。
ところが、憲法学者Nの報告の内容が当該の学会を批判するもので
あったため、これを理由として学会から掲載を拒否された。

関連する憲法上の論点を全て挙げ、その当否について論ぜよ。

211 :法の下の名無し:2006/10/04(水) 06:25:53 ID:vRIPKyf7
>>197
憲法学者って、もしかして存在自体がブラックジョークですか?(笑)

212 :法の下の名無し:2006/10/04(水) 12:16:18 ID:vtO95Tw8
ちょうどいいスレの雰囲気なので書くか。

塩野宏古稀記念(上巻)の安念「論文」に爆笑してしまった。


213 :法の下の名無し:2006/10/04(水) 12:50:30 ID:MCzH10Kx
そうじゃねえだろ。
「公法研究」見たけど、問題は本文じゃなくて「AUTHOR’S NOTE」じゃん。
こういうものを論文冒頭につけるって学者以前に社会人としてどうよ。
時間破った報告者もDQSコメンターも頭抱えるが、こいつも同類じゃん。

214 :法の下の名無し:2006/10/04(水) 13:32:35 ID:vRIPKyf7
ふだん「自由」やら「権利」やらを偉そうに教えている憲法学者が、
自分の身の回りの人権侵害について、なんら異議を唱えない、見て見ぬふりをする、
あるいは、むしろ弾圧する側にまわっているわけで、そんなヤツラだから余計に馬鹿にされるわけだ(笑)

215 :法の下の名無し:2006/10/04(水) 19:06:49 ID:CdY5a5QP
なあに、かえって免疫力がつく

216 :法の下の名無し:2006/10/05(木) 16:42:00 ID:0xO5IrkF
>>211
てゆうか、存在自体がギャグなんだよな。
少年漫画とかによく出てくる「小心者で利己的な教頭先生」ってとこじゃねえの?(笑)

217 :法の下の名無し:2006/10/07(土) 12:56:00 ID:T+5TDWxW
>>164
立川のビラまきは、きれいなビラまきであり、
早稲田のビラまきは、汚いビラまきです。
そんなことも分からないのですか?

218 :法の下の名無し:2006/10/07(土) 19:22:36 ID:g8S1GI/Z
断言してもいい!
日本において真に優れた超一流の憲法学者は石田光義先生である!!

219 :法の下の名無し:2006/10/09(月) 19:28:57 ID:Zy8Gp3co
>>175
> このスレで嘲笑のネタとして挙がってくるのは、西原・石田・川岸・渡辺あたり。
> つまり、別にわざわざ2chで晒さなくとも、実際に、憲法学界ではゴミ扱いされてる連中ばかりだ。

てゆうか、そこら辺は、名前すら知られてないだろ。
ゴミ扱いを受ける以前の問題だ。
 

220 :法の下の名無し:2006/10/09(月) 23:01:17 ID:h66j7iwG
OK

221 :法の下の名無し:2006/10/09(月) 23:23:26 ID:TR93GS9C
阪口と愛敬も

222 :法の下の名無し:2006/10/10(火) 01:17:08 ID:YRkAoQFw
>>219
ほんと、ゴミに失礼だよな。

223 :法の下の名無し:2006/10/10(火) 22:04:34 ID:5oBuGWZ9
断言してもいい!
日本において真に優れた超一流の憲法学者は渡邊重範先生である!!


224 :法の下の名無し:2006/10/12(木) 08:30:47 ID:5BQ1u4pd
   

225 :法の下の名無し:2006/10/12(木) 22:11:14 ID:Mm8knck1
小林昭三先生が至高の憲法学者。
石田光義や八木秀次といった逸材を育てている。

226 :法の下の名無し:2006/10/12(木) 23:30:58 ID:6ouUA1aA
ちょwwww八木ってwwwwwwwwwww

227 :法の下の名無し:2006/10/13(金) 10:38:37 ID:7JvrNaZS
だから、ヴァカ駄の話題は、他でやってくれよ。
石田とか川岸とか渡辺とか、そんなゴミ連中、だれも興味ないんだからさ。

228 :法の下の名無し:2006/10/13(金) 22:20:07 ID:NmhmHmMg
↑おまえだけが異常に興味をもってる。きもちわりい。

229 :法の下の名無し:2006/10/14(土) 02:50:09 ID:wMOtv8Q3
故・大西邦敏先生こそ至高の憲法学者。
清水望、小林昭三、石田光義、八木秀次、西修といった逸材を育てている。


230 :法の下の名無し:2006/10/14(土) 03:02:53 ID:wMOtv8Q3
The supreme constitutionalist whom Mr. Kunitoshi Onishi
should be proud of to the history of Waseda University.
Dr. Onishi brings up Shimizu Nozomu, Shozo Kobayashi,
Mitsuyoshi Ishida, Hidetsugu Yagi, the talented person
who said Nishi Osamu.

231 :法の下の名無し:2006/10/14(土) 05:45:25 ID:0rr0Pplr
706 :法の下の名無し :2006/10/14(土) 02:55:41 ID:wMOtv8Q3
早稲田大学の憲法学専攻の政治学博士は、世界的にも屈指の偉大な
学者である。

232 :法の下の名無し:2006/10/14(土) 05:46:47 ID:0rr0Pplr
56 :法の下の名無し :2006/10/14(土) 02:51:01 ID:wMOtv8Q3
故・大西邦敏先生こそ早稲田の歴史に誇るべき至高の憲法学者。
清水望、小林昭三、石田光義、八木秀次、西修といった逸材を育てている。


233 :おちんちん伯爵:2006/10/15(日) 23:11:10 ID:TRjP34LC
あいきょうってどーよ?
強いの?
あのピザ

234 :法の下の名無し:2006/10/16(月) 06:37:31 ID:EEOraT6I
ゼミで一年間お世話になったけど>愛敬、チャタレーの件のときに、
「男はHなものをみたくてみたくてしょうがないんだ!何が悪いんだ!」
とか言ってた。それくらいしか印象にないな

235 :法の下の名無し:2006/10/16(月) 12:18:11 ID:YxCHTAbf
早稲田大学の憲法学専攻の政治学博士が、表現の自由関連の
講義で「私もエロ本の一冊くらい持ってますよ」と人間らしい
エピソードをお話になっていたのが印象的でした。
個人の人格的自律にとって、そうした自由を享受することは
人格的発展にも不可欠であると思います。

236 :法の下の名無し:2006/10/16(月) 23:22:58 ID:WJFAqWGS
愛敬の新書は酷い内容だった。
長谷部の足元にも及ばないな。
しょせんは和田…

237 :法の下の名無し:2006/10/17(火) 00:02:11 ID:dxaOoTyz
>>236
どっちもゴミだろ(笑)
知的刺激もなにも受けない。

238 :おちんちん伯爵:2006/10/17(火) 00:17:48 ID:5FQfeof5
>知的刺激も何も受けない
ケンポー学自体がそういう分野だから仕方ないw
政治学者の劣化版だからなw

239 :法の下の名無し:2006/10/17(火) 01:08:22 ID:BjyL1num
>>238
おい、あまりはっきり言ってやるな。
ここはケンポー学者の総合スレッドだぞ。
失礼なこと言うな。たとえ本当のことでも。

240 :法の下の名無し:2006/10/17(火) 03:02:05 ID:1qqG1qgF
栄えある早稲田憲法政治学、万歳

241 :法の下の名無し:2006/10/17(火) 09:39:09 ID:wko3D8c0
憲法学者にして政治学者でもある石田光義先生はすばらしい。

242 :法の下の名無し:2006/10/18(水) 01:38:48 ID:prFnb1IL
憲法の理性



著者/訳者名 長谷部恭男/著
出版社名 東京大学出版会 (ISBN:4-13-031180-8)
発売予定日 2006年11月中旬
予定価格 3,780円(税込)
取扱状況 予約受付中 取扱状況について
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=R0222832

「憲法と平和について考える」
「憲法とは何か」
などの著作で知られる、最も旬な憲法学者長谷部恭男(東京大学大学院教授)が
贈る憲法三部作完結編!?

243 :法の下の名無し:2006/10/18(水) 01:49:32 ID:D9WhAR3T
いかにもつまんなそ。

244 :法の下の名無し:2006/10/18(水) 03:21:03 ID:XP7WEeB+
愛敬の新書読んだが…
何あれ
時間と金無駄にした
お前本当に学者かよと突っ込みたくなるようなとんでも理論が多々あった
こんなのがケンポー学界では一定の評価得てんだろ?これはもう駄目かも分からんね

245 :法の下の名無し:2006/10/18(水) 03:27:20 ID:D9WhAR3T
>>244
愛敬や長谷部に限らず、ケンポー学者なんてどれもこれもつまらん本しか書けないよ。
まともな人間なら、知的刺激を受けることはまずない。

246 :法の下の名無し:2006/10/18(水) 03:48:24 ID:prFnb1IL
芦部信喜博士や佐藤幸治博士の著作は紛れもなく第一級の知性の書いたもので
あり、間違いなく知的刺激を与えうるものであろうと思われる。

247 :法の下の名無し:2006/10/18(水) 04:00:16 ID:K2+MRwhw
渡辺治は凄いと思う。

248 :渡辺重範は凄いと思う。:2006/10/18(水) 04:16:17 ID:8Du76aLq
渡辺重範センセ(早大教授、早実校長)のまとめ

・もう60歳を過ぎているが、まともな学術業績がなにもない。
・学会で発表する意欲も能力もほぼゼロ。というか、ほとんどドコの学会にも入っていない。
・学部生すら、その知識レベルの低さを笑っているという悲惨さ。
・教員からは「大学職員として頑張って出世されてこられた方」と陰で嘲笑される。
・広末ワセダ入学工作で奔走した当事者。各メディアで、名指しで批判を受ける。
・広末のワセダ受験すら公表されてない段階で、調子に乗って「広末さんがワセダに来ますよ」と授業で口走る。
・早実寄付金強要事件の責任者。のらりくらりと追及を逃れて、地位・権限を温存。
・2001年部室強制撤去事件、2005年構内ビラまき逮捕事件などにおいて、大学当局サイドの中心的地位。
・それでいて、教壇では「人権」やら「価値理念」やらをエラそうに説いている、というブラックジョーク。
・学内行政での地位を生かして、総長選に出馬し続けるものの、敗退を繰り返す。
・懲りずに総長選に出ても負け続ける理由が「人望のなさ」であることに気づいてない。
・2006年夏の甲子園、スタンド席での応援をしゃしゃり出るものの、全国ネットで大恥を晒すハメに。
・早実BBSで「渡辺重範校長の辞任を求めるスレ」が大いに盛り上がる。


249 :法の下の名無し:2006/10/18(水) 10:07:32 ID:K2+MRwhw
早稲田みたいな大学だからそうなので、ほかは違う。

250 :法の下の名無し:2006/10/18(水) 10:12:51 ID:MAN33T0l
佐藤はともかく芦部は糞。

251 :法の下の名無し:2006/10/18(水) 17:15:55 ID:7s9jByjH
佐藤幸治と樋口陽一ってどっちが上?

252 :法の下の名無し:2006/10/18(水) 17:51:29 ID:prFnb1IL
学界の評価としては明らかに樋口陽一の方が上。
日本学士院賞受賞、現在の学士院会員というのは伊達じゃない。
佐藤は政治力がある。政治力の点では佐藤幸治の方が上。
しかし業績では樋口陽一。

253 :法の下の名無し:2006/10/18(水) 18:35:25 ID:DI4xvsmm
樋口陽一より上の憲法学者って誰かいますか?

254 :法の下の名無し:2006/10/18(水) 18:49:07 ID:sAeAP/E4
知性と良識あふれる日本のケンポー学者は、大学当局による言論弾圧があっても、見て見ぬふりなんてしない。
知性と良識あふれる日本のケンポー学者は、大学当局に批判的な学生を押さえ込むために、警察権力と協力したりしない。
知性と良識あふれる日本のケンポー学者は、他のあらゆる学問領域に対して、知的劣等感を持ってたりするわけがない。
知性と良識あふれる日本のケンポー学者は、小学校算数レベルの数式を「高度なゲーム理論」などと言ったりしない。
知性と良識あふれる日本のケンポー学者は、内輪の学会で、特定の女性会員をイジめたりしない。
知性と良識あふれる日本のケンポー学者は、内輪の学会で、ムラ社会よろしく、イビツな上下関係を強要したりしない。
知性と良識あふれる日本のケンポー学者は、自ら率先してファシストの先棒かついでた宮沢俊義の過去を隠蔽したりしない。
知性と良識あふれる日本のケンポー学者は、教壇で人権尊重を説いて、家では妻を殴ってストレス解消したりするわけがない。
知性と良識あふれる日本のケンポー学者は、同窓会の席で「政治学を教えてる」なんてウソを付くわけがない。
知性と良識あふれる日本のケンポー学者は、文科省の小役人相手に、卑屈な態度でゴマをすったりしない。
知性と良識あふれる日本のケンポー学者は、受験者の両親に対して、寄付金を強要したりしない。
知性と良識あふれる日本のケンポー学者は、「一介の早大教員」というHNでネットに書き込んでボコボコにされたりしない。
知性と良識あふれる日本のケンポー学者は、都合の悪い情報がWikipediaに書き込まれたからって、勝手に削除したりしない。

255 :法の下の名無し:2006/10/18(水) 18:57:45 ID:prFnb1IL
樋口陽一以上の憲法学者は今のところ現れていないと思われる。


256 :法の下の名無し:2006/10/18(水) 18:58:57 ID:qc7BFjo8
伊藤正己

257 :法の下の名無し:2006/10/18(水) 20:45:50 ID:D9WhAR3T
>>254
だめだ。
笑いすぎて腹が痛いwwwwwwwwwwww

258 :法の下の名無し:2006/10/18(水) 21:55:55 ID:7UG2KoXk
>>254
ケンポー学者ってほんと、
「悲惨な馬鹿」って言葉がピッタリですな(笑)

259 :法の下の名無し:2006/10/19(木) 00:07:11 ID:msIbKGw/
〜とある憲法学者Kさんの発言〜

★教壇にて

   「排除の論理から共生の論理へのシフトが、今こそ必要だと思うんですね」

★大学当局に批判的な発言をした学生に対して

   「ウチの大学に文句があるなら、さっさと退学したらどうかね!」
 

260 :法の下の名無し:2006/10/19(木) 00:31:08 ID:z8CzTTwK
もう三流私大の話はどうでもいい。
三流私大なんだからどれとっても三流でしかないわけで。
一流大学の話に限定するべきであろうと思われる。

261 :法の下の名無し:2006/10/19(木) 00:55:43 ID:K6zxYDCK
>>254
激ワロスwwwwwwwwwwww
どうしようもねえな、憲法学業界ってのはw
さすがヴァカの巣窟w

262 :法の下の名無し:2006/10/19(木) 01:18:31 ID:IkpJKGzF
まあ2ちゃんだから、憲法学者の旗色が悪いのはしょうがない。
憲法学者を格好のシットの対象にして自慰ってる憐れな連中だからな。


263 :法の下の名無し:2006/10/19(木) 01:44:01 ID:msIbKGw/
    /  ̄`Y  ̄ ヽ
   /  /       ヽ  
  ,i / // / i   i l ヽ
  |  // / l | | | | ト、 |
  | || i/  ノ ヽ、 | |  
  (S|| |  (●) (●) |  
  | || |     .ノ  )|   ほんとは政治学者になりたいんだお・・・・
  | || |ヽ、_ 〜'_/| |



    /  ̄`Y  ̄ ヽ
   /  /       ヽ  
  ,i / // / i   i l ヽ
  |  // / l | | | | ト、 |
  | || i/  ノ ヽ、 | |  
  (S|| |  o゚⌒  ⌒゚o |  
  | || |     .ノ  )|   でも政治学は、頭使わないと論文書けないから、私には無理なんだお・・・
  | || |ヽ、_ 〜'_/| |



   / ̄`Y  ̄ヽ、
   / / / / l | | lヽヽ
  / / // ⌒  ⌒ヽ
  | | |/  (●) (●)
 (S|| |   ⌒ ・ィ  ヽ
  | || |   ト-=-ァ ノ   だから憲法学者になるお!
  | || |   |-r 、/ /|
  | || | \_`ニ'_/ |

264 :法の下の名無し:2006/10/19(木) 01:44:28 ID:IEm0P5cu
そうね、バカだとかクソだとか言っている割には憲法学者にずいぶん関心があるようで。
まあ、しっとの裏がえしだろうね。川岸とか西原くらいになら俺でもなれるのに・・・って。
そう思わせる点では教員にも問題あるわけだけど。

265 :法の下の名無し:2006/10/19(木) 01:46:56 ID:IEm0P5cu
憲法をアホ扱いし、政治学を称揚するあたりなんざあ、川岸を無上の嫉妬で見つめている政治学志望(あるいは憲法学志望)の政経のオーバードクターあたりだろう。
いたすぎる。

266 :法の下の名無し:2006/10/19(木) 01:56:11 ID:msIbKGw/
>>264-265

まあ、しょうがないよ。しょせん、ヴァカ駄だもんな。
教員も学生も、ヴァカの巣窟だろ、あそこはw
しょせんは私大って感じだよな。

267 :法の下の名無し:2006/10/19(木) 02:02:11 ID:K6zxYDCK
いい感じに釣れてきたな(笑)
ちょっと精神的にアレな人っぽいので、ちょっと怖いが(笑)

268 :法の下の名無し:2006/10/19(木) 02:13:13 ID:pwR/7sps
下記のように反論しておく。
偉大な渡辺先生を軽々しく批判するな!


偉大なる渡辺重範センセイは、学部生から知識レベルの低さを嗤われたりしてない。
偉大なる渡辺重範センセイは、他の教員から「大学職員として頑張ってきた人」などと嗤われたりしてない。
偉大なる渡辺重範センセイは、超優秀な憲法学者だから、「LRAの基準」の意味を知らないなんてことは当然あり得ない。
偉大なる渡辺重範センセイは、もう定年間近なのに、学術著書がたった1冊なんてことはない。
偉大なる渡辺重範センセイは、学内行政の権限をかさに、理不尽な理由で教職員を怒鳴りつけることは全くない。
偉大なる渡辺重範センセイは、人格者なので教職員の間で人望がないわけがない。
偉大なる渡辺重範センセイは、懲りずに総長選に出馬し続けて、無惨に敗北しまくってるなんてことはない。
偉大なる渡辺重範センセイは、広末ワセダ入学工作に奔走したりしてない。
偉大なる渡辺重範センセイは、「広末さんがワセダに来ますよ」なんて授業で口走ったことはない。
偉大なる渡辺重範センセイは、早実寄付金強要事件の当事者であるはずがない。
偉大なる渡辺重範センセイは、夏の甲子園で、TV中継を前に応援をしゃしゃり出て、大恥をさらしたことなんてない。
偉大なる渡辺重範センセイは、早実BBSに「渡辺重範の辞任を求める」スレが立って晒し者になったりしてない。
偉大なる渡辺重範センセイは、早実での校長朝礼で「つまんねえからひっこめ」などと生徒から野次られたりしてない。


269 :法の下の名無し:2006/10/19(木) 05:00:30 ID:msIbKGw/
>>267
そうそう。
ビョーキなのは分かるが、
しかし、ボコボコにされても、また何日かしたら、
こうやって復活してくるから、困りものだよなw

270 :法の下の名無し:2006/10/19(木) 14:00:01 ID:z8CzTTwK
憲法学者ネタはいいし、憲法学批判も大いにやるべきだが、
三流私大の話ばかりはつまらない。部外者にとっては何もわからない。
三流私大用のスレを作ればいいんじゃないか?
なんかいつのまにか、特定の三流私大の話が占拠しちゃってるわけで。

271 :法の下の名無し:2006/10/19(木) 15:29:30 ID:msIbKGw/
>>270
確かに、石田とか川岸とか渡辺とか、
そこら辺のゴミ学者、ヴァカ駄の人間しか興味がないんだよな。
ただ、そのために、何回か隔離スレッドが作られているんだが、
「特定大学に関するスレッドは不可」と削除申請が出されちゃうんだよ。

272 :法の下の名無し:2006/10/20(金) 02:57:37 ID:2ZT+qQ55
そうね、バカだとかクソだとか言っている割には憲法学者にずいぶん関心があるようで。
まあ、しっとの裏がえしだろうね。トナミとか石田くらいになら俺でもなれるのに・・・って。
そう思わせる点では教員にも問題あるわけだけど。


273 :法の下の名無し:2006/10/20(金) 05:00:59 ID:Yqtdhbl3
中島徹ってどうなの?
去年授業とってたけど業績とか知らない

274 :法の下の名無し:2006/10/20(金) 16:52:46 ID:YE8y7WtY
ところで、このスレッドで馬鹿田の憲法の教員を馬鹿にしてる奴って、馬鹿田で憲法を
専攻する学部生、院生かね? まあ、学部生だろうね。 

275 :法の下の名無し:2006/10/20(金) 18:36:09 ID:eGo/Zi4t
>>273
興味深い研究をやってるよ。

276 :法の下の名無し:2006/10/20(金) 19:11:26 ID:kzQRsVpp
不毛の地「経済的自由」に挑んでいる。

ただ、石川健治ほどのぶっ飛んだ切れは……。

277 :法の下の名無し:2006/10/20(金) 23:37:21 ID:sypVkZb3
石川先生は、超人的。

278 :法の下の名無し:2006/10/20(金) 23:41:44 ID:fwFWAwHv
さらに炎上中

http://www4.tokai.or.jp/mon/kenen/taikendan.html

279 :法の下の名無し:2006/10/21(土) 00:55:07 ID:6JO3uAkN
愛敬>>中島・坂口>>川岸・西原
ってことですか?

280 :法の下の名無し:2006/10/21(土) 01:15:32 ID:uUuim8VR
長谷部のインタラクティブ憲法は爆笑ものだ。
まー、長谷部以外読む気はおきないなぁ

281 :法の下の名無し:2006/10/21(土) 04:11:14 ID:ATg2zBBh
早稲田憲法学は多様な分野に人材を輩出しています。
例えば、最近ホットな例で言えば、首相補佐官の世耕さん。
彼は、石田光義先生の門下生であり、石田先生の下で比較憲法学を修めています。
そんな世耕さんは、まだ40代前半だというのに、政権中枢を担う超エリート。
世論操作担当、日本のゲッペルズとして大活躍。早稲田憲法学って奥が深いですね。

282 :法の下の名無し:2006/10/22(日) 22:36:32 ID:zKAf42os
愛敬は真っ赤だからなぁ。

283 :法の下の名無し:2006/10/23(月) 01:33:19 ID:LJpwNtzj
>>268
激ワロタwwwwwwwwwww

284 :法の下の名無し:2006/10/23(月) 06:38:37 ID:HtVI55+P
早稲田憲法学は多様な分野に人材を輩出しています。
例えば、最近ホットな例で言えば、首相補佐官の世耕さん。
彼は、石田光義先生の門下生であり、石田先生の下で比較憲法学を修めています。
そんな世耕さんは、まだ40代前半だというのに、政権中枢を担う超エリート。
早稲田憲法学って奥が深いですね。

285 :法の下の名無し:2006/10/24(火) 10:19:36 ID:OhwfzYzP
世耕さんは、石田光義教授の師匠である
偉大な比較憲法学者、小林昭三先生のゼミ生だった気もします。
(確か・・・)

286 :法の下の名無し:2006/10/25(水) 21:05:17 ID:YlDpmC8x
そうです

287 :法の下の名無し:2006/10/26(木) 21:44:51 ID:4qtVhAPS
会社員を狙った「美人局」事件や女子大生に対する強姦容疑など学生の犯罪への関与が相次いだ6月下旬、早稲田大学のあるOBは、沈痛そうな表情でこうつぶやいた。
 「渡辺さん」とは憲法学の最高権威として知られる早大副総長の渡辺重範氏。
事件の深刻さが明るみになった直後に記者会見を開き、
 「学生が引き起こした反社会的な行為に対し、関係者や皆様にお詫びします」
 と深々と頭を下げた人物である。
 渡辺氏は会見で、少女とわいせつ行為をした会社員を恐喝した容疑で
逮捕された理工学部3年生(20)の退学処分を発表。
別の女子学生を集団強姦したとして逮捕されたイベントサークル
「スーパーフリー」代表の第二文学部2年生(28)ら3人についても
「事実関係を確認したうえで退学を含む厳しい処分で臨む」と話した。
別のOBも、
 「これ以上、広がったら渡辺さんの憲法学者としての努力が水の泡になるのではないか」
 とため息を漏らした。


288 :法の下の名無し:2006/10/27(金) 18:27:59 ID:ybv0DF3V
ところで、棟居先生はいつ阪大教授になったの?
松井先生の後釜?

289 :法の下の名無し:2006/10/27(金) 20:52:00 ID:o2dvjc+p
ところで、石田光義先生はいつ早稲田大教授になったの?
比較憲法学の最高権威、小林先生の後釜?
(樋口さんもかなわない)


290 :法の下の名無し:2006/10/27(金) 21:07:14 ID:utfqRyl5
松井茂記先生は、前近代的ムラ社会と化している日本の憲法学界には、
ほとほと愛想を尽かされました。

291 :法の下の名無し:2006/10/27(金) 21:18:24 ID:Djh+xDA+
 
部落だと言えば 生活保護で遊んで暮らせる いぇーい!

在日だと言えば 生活保護で遊んで暮らせる いぇーい!

月20万の生活保護より低賃金の馬鹿もいる いぇーい!

 普通の奴は 必死で働いて税金払え いぇーい!

 在日さまと 部落さまは 特権階級だ いぇーい!

無職の日本人は いらないから 死ぬしかなーい

   \(^○^)/ いぇーい! いぇーい! いぇーい!



292 :法の下の名無し:2006/10/27(金) 21:34:28 ID:br7uWhR1
http://www.youtube.com/watch?v=p5HTHt0jJg4 (3m10sあたり)
「私は、理屈は非常に単純でして、
私が研究開始したのは今から15、16年まえですけれども、そのころの一般的な見方としては、
たしかに原案の成立過程ですね、日本国憲法の原案の成立過程は押し付けだったかもしれないけれども
議会の審議中はそうじゃないんだと日本が自由に修正したんだと言う風に、
これは保守派もなんというんですかね進歩派も全部おんなじだったんですよね。
で、まあ、たしかに議会審議中にですね、日本が自由があれば有効だと出来ないこともないと、
で、そこははたしてどうなのか、
ということで議会審議中に関して研究したわけですけれども、
そこに関しても全く日本側の自由意思が無かったですね。
そうするともうこれは日本国憲法有効という論理は立ちようがないという風に思ったんですね。
で、これは法律論議以前であると。
法律論議なんかするまでもなく事実関係から言って明確に無効であると。 」
http://www.youtube.com/watch?v=p5HTHt0jJg4 (3m10sあたり)

戦争犯罪「日本国憲法」を受け入れた宮澤俊義こそ戦争犯罪人!
http://www.youtube.com/watch?v=W0q1aO4_zbA
−12月8日・大東亜戦争開戦にあたって−
戦後ウソ学問(戦後憲法学)の元祖。
さんざん帝国憲法改正不要論を唱えたあげく 八月革命説を主唱。
戦後空間にて国家の敗戦利得を謳歌した法匪 、戦争犯罪人。
現在の憲法学は、その弟子たちが、ウソ学問 の利権を死守中。
http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=30684362&introd_i d=Xmo46Wk2oo6A949ii81kiGX86kGk356X&pg_from=u6
ウソ学問は小森氏によって 昭和38年 に 芦部・小林が完全論破されたことによって 証明 されている。
宮澤とは正反対に帝国憲法に殉死された憲法 学者が存在する。
http://www.meix-net.or.jp/~minsen/kako/bunko/m7.htm
http://www.meix-net.or.jp/~minsen/kako/bunko/mokuji.htm


293 :法の下の名無し:2006/10/28(土) 03:21:14 ID:HzTisoLh
http://www.youtube.com/watch?v=xTt8byzQBJU
http://www.youtube.com/watch?v=43pHyb7Vjrc
http://www.youtube.com/watch?v=qb08HBs8kxA
改憲派は「保守」派ではない!小山常実 1〜3

294 :法の下の名無し:2006/10/28(土) 09:45:21 ID:tqagz3WM
博士(政治学)早稲田大学 を取得した憲法学者さんはすばらしいと思います。

295 :法の下の名無し:2006/10/28(土) 10:15:06 ID:z0eEzxRn
渡辺幹雄さんはガチに優秀

296 :法の下の名無し:2006/10/28(土) 19:13:18 ID:HzTisoLh
http://video.qooqle.jp/
[憲法無効論]で検索してね

297 :法の下の名無し:2006/10/29(日) 01:14:30 ID:rYBq4kNa
法学教室で基本判例分析の連載してる野坂っていう人は誰の弟子?

298 :法の下の名無し:2006/10/29(日) 13:47:56 ID:Na+VfTWK
日本生態学会の超一流の数理生態学者(恐らく専門は絶滅生物学および「生態系のシミュレーション」)
  ↓
絶滅しない範囲で生態学的に殺人可能とされた人間数の算定(個体群生態学を駆使した魚類資源学の人間適用)
  ↓
国際捕鯨委員会での論議(欧米は反対)と殺人可能人数の確定(恐らく年に数万人レベル)
  ↓
日本生態学会の保全生態学者陣(東大農学部・鷲谷ら)による特定外来生物法の策定とデスノート殺人法としての違憲悪用
http://www.kasumigaura.net/usr/kikuchi/oyogerukasumigaura/pager/A0034.html
  ↓
殺害対象の国民のリストアップ(毎年、数万人;年金滞納者、健康保険高額利用者、税金滞納者、福祉費高額利用者、システム察知者、稼げない老人、
食用赤ん坊、アスベスト被害者等)。なお一部は無差別殺人(北日本流通の全てのタバコへの毒物混入工作など)
  ↓
役所(交通局、森林環境部)、警察、自衛隊、病院による殺害実行と自然死・自殺・事故死偽装(年間、数万人レベル)
  ↓
葬儀社等による遺体解体(少なくとも秋田県の場合は県民全員が死後に喰われるシステム)
  ↓
人肉、有機肥料、腎臓などの臓器リサイクル(腎臓1体300万円が相場)
人肉を国内先住民(蝦夷系)、在日系の食文化に提供 → CJD(一部はアルツハイマーとして誤診)
  ↓
年間、1兆円水準の闇市場
  ↓
警察や役所の裏金 →  複数の政党の政治家への闇献金(自民党も民主党も本質は同じ)

http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1141552515/106-111
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1161559670/l50
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1157543098/l50
http://www.megabbs.com/cgi-bin/readres.cgi?bo=history&vi=1161528338


299 :法の下の名無し:2006/10/29(日) 14:46:33 ID:qwwnJoKO
なんで憲法学者が教育基本法改正に反対するの?

300 :法の下の名無し:2006/10/29(日) 16:58:54 ID:AL0WApck
子どもが愛国心を少しでも持つようになると困るから。

301 :法の下の名無し:2006/10/29(日) 17:03:58 ID:ocFPf5rI
法学板とは思えないほど低学歴が巣くうスレですね^^

302 :法の下の名無し:2006/10/29(日) 19:28:45 ID:MZWDdNtZ
>292
小森博士は、なんで元号を使わずに、西暦を使いはるんやろか?

303 :法の下の名無し:2006/10/29(日) 22:48:22 ID:tbZwY51/
比較憲法学といえば早稲田の政経。
石田光義先生や西修先生など超一流の学者を生み出している。

304 :法の下の名無し:2006/10/29(日) 23:39:14 ID:qwwnJoKO
>>300
子どもが愛国心持ったらなんで憲法学者が困るんですか?

305 :法の下の名無し:2006/10/30(月) 23:39:58 ID:lIeVF8Fd
       「童貞法」

第一条 童貞の基本的人権

日本国民は全ての童貞の貞操を擁護する義務を負う
何人もみだりに童貞を犯してはならない

第二条 童貞の義務
童貞はその自らの意思で童貞を捨てることは絶対に許されない
故意または過失により童貞を喪失した者は内閣の助言と承認により
天皇は拷問および残虐な刑罰で公開処刑を行わなければならない

第三条 童貞の差別の禁止
すべて童貞は日本国民の財産であり尊重されなければならない
年齢、容姿、学歴、門地、その他あらゆるステータスによって
差別されない
ヤリマン、ヤリチンの優越はこれを認めない
経験人数、セックス継続時間はいかなる特権もともなわない

第四条 童貞の保障
すべての自然人、法人、司法、立法、行政
その他のいかなる機関も童貞に不利益な行為をしてはならない
童貞の身体及び精神に著しい損害を加えた者は法律の定める基準により
厳しく罰せられなければならない



306 :法の下の名無し:2006/10/30(月) 23:58:39 ID:jsREWjfk
お前らファシスト西原がNEWS23出てるよ。

307 :法の下の名無し:2006/10/31(火) 23:05:39 ID:8jslM8PH
西原が教授なのは親の威光だろうな。

308 :法の下の名無し:2006/11/01(水) 03:12:41 ID:OjgGCRUF
高崎経済大学のバカ教授や、政経学部系の自称「憲法学者」よりもはるかに優秀。


309 :法の下の名無し:2006/11/01(水) 07:32:36 ID:ty+QvSXG
そんなのと比較されること自体恥だろw

310 :法の下の名無し:2006/11/02(木) 01:08:45 ID:yNNUbuG3


311 :法の下の名無し:2006/11/02(木) 05:43:48 ID:cN+D9JT1
確かに、「一介の早大教員」は、偉大なる知性を感じさせたよなw
優秀だと思うよ。

312 :法の下の名無し:2006/11/02(木) 15:13:24 ID:fXlE8H+I
http://www.youtube.com/watch?v=Ra64lv0KtPc
法学の自殺!追認で帝国憲法75条違反を治癒できる?
・追認説、法定追認説は発布時の無効を前提にした論理で無効論の一種。
・帝国憲法75条に因れば 当然 占領下の改正は 禁止 される。完全な立法行為でさえ 禁止 されるのに、不完全な立法行為への
追認でこの禁止を 乗り越えられる 、違法性 が 消滅する と 説く のである。
・「赤信号みんなで渡れば青になる」と説く。これでは法律学の自殺であろう。
・そもそも追認に該当する事実自体の存在が不明でさえあるが。
・憲法学者は「日本国憲法」が憲法として有効でないと明日からメシが喰えないのである。
・国際法に反する戦争犯罪たる「日本国憲法」を学問を曲げてでも憲法として受け入れようとする者は戦争犯罪に手を染めている
ことになる。こいつらこそが真の戦争犯罪人である。

313 :法の下の名無し:2006/11/02(木) 21:46:19 ID:9kEQHLM1
>>312
昔、田中二郎博士が自治大学校で行政法の講義をされた。
その講義録が、良書普及会から「行政法(上)」として
上梓された(下巻は未刊だったと思う)。
その中で、博士は、「民法総則は、単なる私法の総則のみならず、
法の根本原理を示している」とされて、暗に、憲法制定行為に瑕
疵があれば取り消すことが出来るようなことを言っておられた。
この点、どう思われますかな?

314 :法の下の名無し:2006/11/03(金) 03:02:29 ID:NzD59syS
>>304
そんな気の毒な質問するなよ>>300はそんなこと考えたこともないんだからw

315 :法の下の名無し:2006/11/03(金) 03:38:30 ID:J3laVobS
ファシスト西原がどうしたって?
学内行政における言論弾圧っぷりは、確かに優秀だよな(ワラワラ

316 :法の下の名無し:2006/11/03(金) 09:36:51 ID:FTG5FtcH
憲法学といえば早稲田の政経。
石田光義先生や八木秀次先生など超一流の学者を生み出している。


317 :法の下の名無し:2006/11/03(金) 12:41:42 ID:rdgoauQC
http://www.hou-nattoku.com/

憲法改正反対優勢。
加勢をお願いします


318 :法の下の名無し:2006/11/03(金) 18:57:37 ID:x18FyBII
加勢体臭をお願いします

319 :法の下の名無し:2006/11/04(土) 02:08:01 ID:qvjUD856
小嶋和司著作集を見ますと、やれバカだの無学だの若輩だのと
低レベルな者をこっぴどくお叱りに、なられてはりますな。


320 :法の下の名無し:2006/11/04(土) 15:39:39 ID:Y9AtMhMT
「戦争犯罪人」 約2名を陳列します。
http://www.youtube.com/watch?v=Ra64lv0KtPc
法学の自殺!追認で帝国憲法75条違反を治癒できる?(2-1)
http://www.youtube.com/watch?v=OC7dKexhNrc
法学の自殺!追認で帝国憲法75条違反が治癒できる?(2-2)

321 :法の下の名無し:2006/11/04(土) 17:01:00 ID:Y9AtMhMT
●停戦条件としての「ポツダム宣言」が帝国憲法の下位に有効であったように。
●現在は講和条件としての「日本国憲法(連合国による東京宣言)」が帝国憲法の下位に有効なだけです。

だから「新無効論」の論理で、憲法として無効、講和条約として有効の確認決議をまずやりましょう。
次に、帝国憲法改正審議にはいりましょう。

米製憲法無効論/ 大日本 帝国 憲法 改正論/ 西村 眞悟
http://www.youtube.com/watch?v=DLNXofQTAu4#

322 :法の下の名無し:2006/11/04(土) 17:05:30 ID:M/bv4+1g
さすが西村大先生!

323 :法の下の名無し:2006/11/05(日) 01:24:23 ID:5K3g5RIO
その憲法の授権に基づいて活動していた西村自体は一体なんだというのだろうか?
存在自体が矛盾というわけか?

324 :法の下の名無し:2006/11/05(日) 11:37:48 ID:HICvXkIU
>>323
憲法の授権というなら、帝国憲法にもとづく授権だろ。
 日本国憲法は「立法行為」によるものではなく「締結・受諾」によるものです。
●現在の国法体系は、停戦条件としての「ポツダム宣言」が帝国憲法の下位に有効であったように、
●講和条件としての「日本国憲法(連合国による東京宣言)」が帝国憲法の下位に有効なだけです。
 ですから「新無効論」の論理で、憲法として無効、講和条約として有効の確認決議をまずやりましょう。 (現在の国会は結局、
帝国憲法に基づく有効な議決機関ということになりますから無効宣言の権限が十分あります。)
 無効宣言前後において社会の法的安定はまったく崩れません。クーデターか何かでなければ無効論は採用できないなどと
いうのは、保身に必死な法匪(憲法学者)のウソっぱちです。
次に、帝国憲法改正審議にはいりましょう。
●米製憲法無効論/ 大日本 帝国 憲法 改正論/ 西村 眞悟
http://www.youtube.com/watch?v=DLNXofQTAu4#
●日本国憲法無効破棄論 / 石原都知事
http://www.youtube.com/watch?v=-6zBpCfzfu4

325 :法の下の名無し:2006/11/05(日) 11:38:35 ID:HICvXkIU
学問を曲げる現行犯。「戦争犯罪人」 約2名を陳列します。 くわしいことは、右側の文書を読んでください。
http://www.youtube.com/watch?v=Ra64lv0KtPc
法学の自殺!追認で帝国憲法75条違反を治癒できる?(2-1)
http://www.youtube.com/watch?v=OC7dKexhNrc
法学の自殺!追認で帝国憲法75条違反を治癒できる?(2-2)

326 :法の下の名無し:2006/11/05(日) 11:46:54 ID:HICvXkIU
>>323
順序だてて思考すれば、
(あ)不文憲法(国体法)>帝国憲法>講和条約たる「日本国憲法」>法律>政令
にしかありえない国法体系を占領の情報や学問の統制によって、論理的思考を止めさせ
(い)日本国憲法(最高法規)>法律>政令
だと思い込ませるのが占領という敵軍の政策だろ。
(い)だと考えて思いこんできた人々が、今日から(あ)に変わったとしても、法的安定はまったく
変わらない。
国会議員の地位には、まったく矛盾がない。現国会が無効確認決議(日本国憲法が憲法として
無効であることを確認)をやったとしてもまったく議員の地位に影響が出ない。
正しい判断をやった勇気ある議員達というだけ。

327 :ヾ(^▽^)ノわーい:2006/11/12(日) 20:04:34 ID:zYSa53ZH
田上譲二先生の名前がナーイ(*´д`*)
>>1ヒドイよー(>_<。)

328 :法の下の名無し:2006/11/14(火) 02:59:15 ID:U9Z8iwU0
渡辺重範先生と石田光義先生の名前がナーイ(*´д`*)
>>1ヒドイよー(>_<。)


329 :法の下の名無し:2006/11/14(火) 03:07:18 ID:f25ZFRLW
長谷川先生の新しく出た書籍面白いね。
つい買ってしまったよ。

330 :法の下の名無し:2006/11/14(火) 07:16:50 ID:EenXCCdV
だれそれ?
長谷部の新書のこと?

331 :ヒューマンチェーン11月16日:2006/11/14(火) 15:46:39 ID:a/IQMiT9



★★ 11月16日ヒューマンチェーン第二弾 ★★


http://www.stop-ner.jp/0609undo.html#06111601

11月8日国会前教育基本法改悪反対ヒューマンチェーン(国会を取り囲む)は、2300人の大盛況。
11月12日の日比谷野音での教育基本法改悪反対集会は8000人集まりました!日本全国から多くの人が参加しました。

ヒューマンチェーン第二弾やります。
実施日程● 11月16日(木)午後5時集合〜
場所● 衆議院第2議員会館集合(地下鉄丸の内線国会前下車)

キャンドル・ ヒューマン・チェーン
コール&リレートーク
<呼びかけ人&国会議員など>

行動すれば状況は変えられます!みなさんどうぞ参加してください!!










332 :法の下の名無し:2006/11/14(火) 23:07:18 ID:V5SErQ6r
http://www.youtube.com/watch?v=uW6SJYrPfu4
憲法「改正」とは言わないほうがよい! 水島 総 / 渡部昇一
http://www.youtube.com/watch?v=RTVL5LJGBzM
ダメ!憲法改正はマッカーサーの手のひらの上で踊ること!
http://www.youtube.com/watch?v=IPck5G54YAM
憲法改正反対!現行憲法等は廃棄すべき・藤原正彦
http://www.youtube.com/watch?v=5JC6qarPC9o
改正ではなく現行憲法は無効にしてから・稲垣武
http://www.youtube.com/watch?v=gIPr6HLRR4U
現行憲法は有効なのか無効なのかという議論から!西村眞悟
http://www.youtube.com/watch?v=DLNXofQTAu4#
米製憲法無効論/大日本帝国憲法改正論/西村眞悟
http://www.youtube.com/watch?v=-6zBpCfzfu4
日本国憲法無効破棄論 / 石原都知事

333 :法の下の名無し:2006/11/16(木) 18:01:40 ID:BQNrYq11
渡辺重範先生こそ、わが国の最高峰。
氏との比較では、>>1の自称・憲法学者どもなど塵、芥にも等しいため、
渡辺先生を別格とした上で、番付が作成されている。

334 :法の下の名無し:2006/11/23(木) 02:05:51 ID:Hqliv+I+
愛敬最悪。
人の批判ばかりして、樋口や長谷部の議論を
持ち上げることで今の地位を築いてる。
で、あなたの立場は?、と言われれば
特にないくせに。

335 :法の下の名無し:2006/11/23(木) 13:27:45 ID:lt496Rds
新憲法はこうなる―美しいこの国のかたち
著者:田村重信(自民党政務調査会首席専門員・慶應義塾大学大学院講師)
定価(税込):1,050円
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4062137828/sr=1-10/qid=1164175825/ref=sr_1_10/503-5744587-9895953?ie=UTF8&s=books

憲法改正50のポイント
この本を読んでもまだ憲法9条は輝いていますか?
5年以内に必ずこうなる!

Q
「日本の憲法は世界に誇る理想憲法」といわれます。その中心が、やはり憲法第9条だと思いますが、戦争放棄規定を設けているのは日本だけですよね?
A
それはまったく違います。確かに今の憲法の第9条第1項には、「国際紛争を解決する手段としては、永久にこれ(国権の発動たる戦争、武力による威嚇、武力の行使)を放棄する」とあります。
しかし、第2次世界大戦の敗戦国であるイタリアでも「国際紛争解決の手段としての戦争を放棄」(憲法第11条)を設けていますし、ドイツでも、基本法第26条で「侵略戦争の遂行を準備する行為は違憲である。このような行為は処罰されなければならない」と明文化されています。
(中略)国連憲章第2条第4項でも「すべての加盟国は(中略)武力による威嚇又は武力の行使を、いかなる国の領土保全又は政治的独立に対するものも、また、国際連合の目的と両立しない他のいかなる方法によるものも慎まなければならない」と規定しています。
ですから、戦争放棄というのは、世界共有のものなのです。同じような規定を持つ国は、他にフランス、ブラジル、韓国、タイなどもあります。
だから、「日本には、戦争放棄の素晴らしい理想憲法があるから、世界中がこれを手本にすれば、世の中は平和になる」という主張は、どうにも独善的な感じがしてなりません。
――<第6章 新憲法はこうなる「早わかり憲法改正Q&A50」>


336 :法の下の名無し:2006/11/24(金) 23:19:48 ID:8Yv1JXmC
おいおい・・・、334、勉強しなおせ。

337 :法の下の名無し:2006/11/26(日) 00:43:26 ID:729CuIvh
おいおい…、愛敬、勉強しなおせ。

338 :法の下の名無し:2006/11/26(日) 12:44:45 ID:PEfcplrk
油川昭夫先生どうしたかなあ?清宮四郎氏から法学博士号をとった男。あとには
樋口陽一氏にしか博士号をくれてないという。
愛用のカラオケセットはどうしたかなあ?

339 :法の下の名無し:2006/11/26(日) 12:50:41 ID:PEfcplrk
>>338油川語録
「この前、和田アキ子のディナーショーにいってきました。アッコさんて手が大きくて
感動しました。」


340 :法の下の名無し:2006/11/27(月) 22:04:42 ID:FhMkrtxk
油川博士は偉大なる天才だ!

341 :法の下の名無し:2006/11/27(月) 22:25:27 ID:FhMkrtxk
油川先生!懐かしい名前!
338氏は、関係者?!
清宮四郎から法学博士を取ったたった2人のうちの1人。
ちなみにもう一人が樋口陽一氏で、その弟子が中村英氏。
中村英氏と油川昭夫氏は某大学法学部で同僚だったのだ。
油川氏は異色の憲法学者、「国家論」なんて他の大学では聞いたことない講義やってた。
但し、講義の半分は「日本演歌論」




342 :法の下の名無し:2006/11/28(火) 00:49:37 ID:KiEkecrL
油川昭夫?

343 :法の下の名無し:2006/11/28(火) 01:03:45 ID:0mhypn6a
334は白痴なの? それとも文盲なの?

344 :法の下の名無し:2006/11/28(火) 10:34:35 ID:z+8P7cxt
>>338
菅野喜八郎はとってないの?

345 :多忙人:2006/11/28(火) 17:29:56 ID:o7MaEmFl
@現役
A研究単著1冊以上執筆者(博論含む)
B判例百選(重判含む)執筆者
の3条件を満たした学者番付、暇な人作ってよ。

346 :法の下の名無し:2006/11/28(火) 20:43:09 ID:XFpsV0SJ
>>344
あの人の審査は、小嶋樋口柳瀬(藤田だったかも)じゃなかったかな?
うろ覚えなんで自信ないから申し訳ない。

347 :法の下の名無し:2006/11/29(水) 11:21:05 ID:1OkEH4Fs
国家論は左翼用語

348 :法の下の名無し:2006/11/29(水) 12:11:35 ID:sEKOBbM4
http://www.youtube.com/watch?v=4NusqDSK_Mw
日本国憲法無効破棄論 / 石原都知事
http://www.youtube.com/watch?v=ePIWDLdFAq8
新無効論〈一連講和条約説〉南出喜久治 (2-1)
http://www.youtube.com/watch?v=onKAKm_1Jl4
新無効論〈一連講和条約説〉南出喜久治 (2-2)

349 :法の下の名無し:2006/11/30(木) 20:02:12 ID:12U5hMag
>>1
京都付近の香具師だな。
佐藤の評価が高すぎ。
釜田は、幕内ではない。
(誤)佐々木雅敏 
(姓)佐々木雅寿
だろ?

>佐竹雅昭
誰この人?

 



350 :法の下の名無し:2006/11/30(木) 20:04:22 ID:12U5hMag
(誤)神谷雅子
(正)紙谷雅子 

351 :法の下の名無し:2006/11/30(木) 20:13:25 ID:ir1ETVrz
業績面において他に抜きん出てゐる憲法学者と言へば、
紛れもなく樋口陽一博士ではあるまいか。
他の憲法学者はただ只管国内向けの内輪話に終始してゐる。
狭い世界の中でお互ひを誉め合つてゐるだけに過ぎない。
そろそろ、日本憲法学の葬送のためにといふ論文でもものしてくれない
だらうか。

352 :法の下の名無し:2006/11/30(木) 21:19:17 ID:ir1ETVrz
憲法学界を含めた法学分野における学会の現状は惨憺たるものがある
と言はねばならない。
とりわけ憲法学者、行政法学者によつて構成される公法学会において、
かつて業界内部の惨状を批判した一人の憲法学者の論文が学会誌の掲載を
拒否されたことがあつた。
中山道子女史その人である。
依頼原稿であつたにもかかわらず不掲載とは尋常ではない。
もちろん学界の現状を批判したから不掲載の仕儀となつたのは言ふまでもない。
不掲載となるのは、およそ学問的な価値がないと明らかに判断できるやうな論文であるとか、
その内容が著しく品位を欠き、学会誌に載せるに憚れると誰もが判断するやうな類の論文に
限られるはずであらう。
少なくとも依頼原稿であるわけで、それも相応の仕事を積み上げてきてゐる学者の
論文を単に身内の現状を批判してゐるからという理由で不掲載にするとは極めて
異常なことである。

普段表現の自由を叫んでいる人間が、身内を批判したといふ廉で、あくまで真摯な態様で
為された批判に対して不掲載といふ対抗手段で異を唱へるのはいかがなものだらうか。
異があるのなら、それこそ反論を掲載するとか他の手段があるはずであり、
それが論争を呼び、ひいては学界の活性化に貢献するといふもの。
それを発表前段階で封じこめるとは許しがたい暴挙であり、否むしろ怒りを通り越して
滑稽ですらあらう。
といつても、私自身は女史の論文の内容全部に必ずしも同意する者ではない。
最近流行の(といつても聊か干からびてゐる感もしないでもないのだが)ジエンダー論を
振り回して、過去の論説を裁断するかのごとき言説には反発すら覚える。
しかし過去は言ふまでもなく今日においても、確かに学界のほとんどは男性ばかりであり、
女性の存在は数へるほどしかゐない。人口の半分が女性であるにもかかはらず、異常と言はれれば
確かに異常であらう。どの分野でもさうかもしれないが、とりわけ学問の場では、兎にも角にも
優れた者が、優れた研究をしたいやうにする、その中から新しい文化創造が可能となるといふべきで
あつて、学問の場では国籍・年齢・性別等の属性により差別されてはならないことはいふまでもないだらう。
学問の発展のためには、そのやうな馬鹿げた差別は取り除かれねばならない。
公法学会が、さういふ視点を聊かも持たなかつたとするならば、今からでも自覚すべきなのだらうと思はれる。
過去や現在の学界の言説のありやうを見つめなおす上でも中山論文は貴重な視座を提供してゐるわけで、
もちろん学会誌に掲載し得る水準を満たしてゐることは火を見るより明らかであらう。
その内容の一々には必ずしも賛同できずとも、女史の論文を不掲載にした公法学界の現状は救いやうが
ないと言ふべきであらう。

353 :法の下の名無し:2006/11/30(木) 21:26:41 ID:ir1ETVrz
不文の国体法なるものは存在しない。
それこそ憲法学者(それもごく一部の)の妄想の産物であらう。
さういふいかがはしいものとおさらばして、新しい思考を求めるべき
なのである。

354 :法の下の名無し:2006/11/30(木) 21:47:39 ID:vbeD3kv1
>>352
オヌシやるな。中山論文が掲載されなかった理由は、
学会報告の再現が公法学会機関紙「公法研究」の趣旨を無視し、
学会報告内容と著しくことなる原稿を中山女史が出したからだよ。
公法学会の判断が打倒。


355 :法の下の名無し:2006/11/30(木) 21:53:28 ID:UnQLFFWw
しかし、アメリカ憲法研究してて思うんだけど、アメリカの一流どころの
学者と日本のたとえば灯台の長谷部、石川先生とかとを比較して、日本
の学者が劣っているとは到底思えない。単純に日本の学界が日本国憲法
の解釈論を日本語でやってるから国際的に知名度が低いだけなんじゃない?

356 :法の下の名無し:2006/11/30(木) 22:32:46 ID:jnsx9I/s
>>355
日本の学者が劣っているとは漏れも思わない。
しかし長谷部、石川は解釈論よりも原理論の人でしょ。
水準は高い。
戦前の黒田覚なんかも水準高い。
漏れは、>>354だが、>>352何か言えよ。



357 :法の下の名無し:2006/12/01(金) 00:22:30 ID:6PQdt5Nl
>>354
学会報告と著しく異なる内容の論文を提出したからといふ理由で掲載を拒否した
といふのは表向きの理由ではないだらうか。
それにそもそも著しく内容の異なるものであつたのかどうか、こちらとしては
知る由がないので何とも言へないが、兎も角も仮に学界の惨状を嘆いた激烈な
批判でなかつたとするならば事態はどうであつたであらうか。
反実仮想であるから、飽く迄も推測の域を出るものではないにせよ、私には
掲載されてゐたのではないかと思はれるのである。
つまり、中山女史が学界批判を本旨とする内容の論文を提出したからこそ、その
内容を理由として掲載が拒否されたといふことである。

縦しんば公法学会側の言ひ分にも尤もなところがあるとしても、批判を掲載するといふ
鷹揚さがあつてもよかつたのではあるまいか、そう思へてならない。
何しろ、女史もおそらく感ぢてゐるだらう学界の男尊女卑体質について、ある意味最も
センシチヴでなければならないはずの公法学会にも以前として存在してゐると思はれるし、
またさういふことに関して多くの人間が無自覚であることも事実だからである。

358 :法の下の名無し:2006/12/01(金) 00:30:50 ID:6PQdt5Nl
何度も言ふが、私は中山女史の思想を全面的に支持してゐる訳では毛頭ない。
むしろ否定的なところが目立つやうに思はれる。
私が評価する憲法学者と言へば、先述したやうに日本学士院会員で学士院賞
受賞者である樋口陽一博士なのだが、中山女史は樋口博士の飽く迄も近代主義者
として振舞ふその考へに異議申し立てをしてゐるわけで、それは女史の他の論文特に
「法の臨界T 法的思考の再定位」(東京大学出版会)所収の論文を紐解けば、
明らかに女史の考へは、反ー樋口ともいふべきもので貫かれてゐることがわかるだらう。


359 :法の下の名無し:2006/12/01(金) 00:38:31 ID:KMEIsnjQ
言葉遣いは別として前にどっかで見たような文章だな

360 :法の下の名無し:2006/12/01(金) 00:49:22 ID:Ak72qIGZ
>>359
同感。

361 :法の下の名無し:2006/12/01(金) 16:21:23 ID:SDqT65V/
>>355
馬鹿かおまえは。
小学校の算数程度の数式使って「こういうふうにゲーム理論で説明すると」なんて
講義でエラそうに喋ってる時点で、馬鹿丸出しだろうが(笑)

362 :法の下の名無し:2006/12/01(金) 16:23:41 ID:iyHo/str
>>355
つまり、英語で論文も書けない、
国際的な研究舞台で勝負する能力も意欲もない、
ドキュン学者の集まりが、日本の憲法学ってことでつか?

363 :法の下の名無し:2006/12/01(金) 16:29:29 ID:SDqT65V/
つまり、中山センセの一件で、
日本の憲法学業界がいかに陰湿なムラ社会かってことが暴露されたわけだ。
ふだんは「表現の自由」だの「弱者の保護」だのと叫んでる連中が、
自分の身内関係になると、とたんに閉鎖的な態度に出て、異論を封鎖(笑)

そう言えば、駒場寮問題に関して、大学当局を批判する学生のビラ貼りが、
一斉に弾圧されたのは2001年のことだったが、
あのキャンパス内言論弾圧事件に関して、東大のセンセ方は、何かコメントを発してるのか?
結局、自分の勤務先の言論弾圧は「きれいな言論弾圧」ですませてるわけだろ(笑)

364 :法の下の名無し:2006/12/01(金) 17:27:50 ID:lP02FoXc
>>357
ともあれ東北大学での公法学会の報告で
中山女史は、一言も学会批判などしていなかった。
かりに、掲載拒否の実際の理由が激越な学会批判
だったとしても、学会報告とは著しく異なることに
違いはない。かりに>>357の言うとおりだとしても、
中山女史は、公法発表の時に堂々と批判をすれば
よかったのではないか。



365 :法の下の名無し:2006/12/01(金) 18:24:39 ID:Vasn4xsA
>>347油川氏自体はどちらかというと右思想ですよ。日本の伝統文化に重きをおき、
演歌はもちろん津軽三味線も名人級だとか?


366 :法の下の名無し:2006/12/01(金) 18:34:31 ID:Vasn4xsA
油川国家学の授業風景
毎朝8:30に愛用の8トラの古いカラオケセットを引きずりながら教室にはいる。
            ↓
本日「自然学的国家論(例9」板書、その下に「本日の歌;天城越え、石川さゆり」と板書。
            ↓
8:40出席を取りhさじめる「1グループ番号1、2・・・(学生番号で呼ばれる。大きい返事をすると
「元気ですねぇ〜」とお褒めの言葉」をもらえる


367 :法の下の名無し:2006/12/01(金) 18:35:06 ID:Vasn4xsA
油川国家学の授業風景(訂正)
毎朝8:30に愛用の8トラの古いカラオケセットを引きずりながら教室にはいる。
            ↓
本日「自然学的国家論(例9」板書、その下に「本日の歌;天城越え、石川さゆり」と板書。
            ↓
8:40出席を取りはじめる「1グループ番号1、2・・・(学生番号で呼ばれる。大きい返事をすると
「元気ですねぇ〜」とお褒めの言葉」をもらえる


368 :法の下の名無し:2006/12/01(金) 18:42:43 ID:Vasn4xsA
(続き)25氷川く〜ん(例)、「は〜い」といい声で返事うをすると・・
「氷川君ですか?僕も生まれ変わったら氷川きよしさんみたいになりたいです」みたい
なギャグを飛ばす   ↓
8:40出席を取り終えると8トラの伸びきった音楽が講堂にながれる。すると人が変わったように
歌いだす。      ↓
歌い終えると大体拍手喝采。9:00講義をはじめる。講義自体は概念論なので眠るやつもでてくる
           ↓
10:00その日のお題目はきっちりおわる。ってな感じだ。
9:00


369 :法の下の名無し:2006/12/06(水) 01:31:32 ID:2GuGpETH
石田光義先生の名著「憲法要論」を通読したおかげで、一発で司法試験に
合格しました。本当にありがとうございました。


370 :法の下の名無し:2006/12/06(水) 04:32:16 ID:VnDUkkuB
>>369
病院逝け

371 :法の下の名無し:2006/12/06(水) 08:27:00 ID:ZRNp3Enz
中村英って誰?

372 :法の下の名無し:2006/12/06(水) 10:18:59 ID:2GuGpETH
>>370
早稲田大学診療所(精神科診療)に逝け

373 :法の下の名無し:2006/12/06(水) 16:31:57 ID:Ni38kkal
http://www.kyokiren.net/_voice/vote/vote

374 :法の下の名無し:2006/12/07(木) 18:14:50 ID:47vWiCfL
新無効論 「日本国憲法」は講和条約 (2-1) 南出喜久治 ●http://www.youtube.com/watch?v=b_yRZD0vb0c
新無効論 「日本国憲法」は講和条約 (2-2) 南出喜久治 ●http://www.youtube.com/watch?v=GCNvLACg-Is
私どもはGHQの子孫なんですか? 畠奈津子 ●http://www.youtube.com/watch?v=oPfbkcpczX4
憲法改正反対!現行憲法等は廃棄すべき・藤原正彦 ●http://www.youtube.com/watch?v=IPck5G54YAM
改正ではなく現行憲法は無効にしてから・稲垣武 ●http://www.youtube.com/watch?v=5JC6qarPC9o
法学の自殺!追認で帝国憲法75条違反を治癒できる?(2-1) ●http://www.youtube.com/watch?v=Ra64lv0KtPc
法学の自殺!追認で帝国憲法75条違反を治癒できる?(2-2) ●http://www.youtube.com/watch?v=OC7dKexhNrc
憲法「改正」とは言わないほうがよい! 水島 総 / 渡部昇一 ●http://www.youtube.com/watch?v=uW6SJYrPfu4
日本国憲法無効論 小山常実 ●http://www.youtube.com/watch?v=p5HTHt0jJg4

375 :法の下の名無し:2006/12/07(木) 18:15:45 ID:47vWiCfL
「過半数であっさり無効宣言しましょう」渡部昇一 ●http://www.youtube.com/watch?v=X1cMeSkENuQ
過半数決議で無効宣言→明治憲法改正!チャンネル桜・水島総 ●http://www.youtube.com/watch?v=0ObkP243chM
ダメ!憲法改正はマッカーサーの手のひらの上で踊ること! ●http://www.youtube.com/watch?v=RTVL5LJGBzM
戦争犯罪「日本国憲法」を受け入れた宮澤俊義こそ戦争犯罪人!●http://www.youtube.com/watch?v=W0q1aO4_zbA
明治憲法を大幅に改正してゆくのが正統なやり方!ch桜・水島総 ●http://www.youtube.com/watch?v=4cCjRGg7XEg
東條マッカーサー史観の普及と憲法無効宣言で正常化 ●http://www.youtube.com/watch?v=Dg-G2KEgFUg
米製憲法無効論/大日本帝国憲法改正論/西村眞悟 ●http://www.youtube.com/watch?v=DLNXofQTAu4
日本国憲法無効破棄論 / 石原都知事 ●http://www.youtube.com/watch?v=4NusqDSK_Mw

376 :法の下の名無し:2006/12/10(日) 11:09:16 ID:oF4nXVrH
>>371判例百選にあったかな。現在は仙台の法科大学院の先生です。
  講義ではよく「樋口先生は」を連発していた。

377 :法の下の名無し:2006/12/10(日) 11:15:58 ID:oF4nXVrH
ドクター油川と中村氏の対決は、「笑点」の歌丸VS楽太郎みたいな感じだ。
中村:「講義は歌を歌うところじゃないです」
油川:「僕が歌を歌うのは声がだないからです。皆さん歌はすべてを解決する
    みんなでうたいましょう」てな感じです。


378 :法の下の名無し:2006/12/10(日) 11:20:46 ID:oF4nXVrH
>>377「だない」→「でない}です。こんなキャラだから油川ゼミは所帯は大きく
OB会やったら一番集まるゼミです。近くの専門学校でも請われて法学の講義をする
ときも歌っていたとか。
もちろん中村氏は生真面目な学者さんです。


379 :法の下の名無し:2006/12/10(日) 21:29:00 ID:EjcGsNdh
これ、中山の自作カキコ?
中山は人格に問題がありすぎた。


380 :法の下の名無し:2006/12/13(水) 18:39:40 ID:EmZGn9KU
新無効論 / 帝国憲法>講和条約[日本国憲法]>現議員の地位 ●http://www.youtube.com/watch?v=ZGRXpc-bmRY

381 :法の下の名無し:2006/12/14(木) 14:44:34 ID:7EDW4CEA
渡辺重範博士は、一貫して人権問題、平和問題、選挙制度改革、学内行政改革
に取り組むとともに、
優秀な弟子を育てあげた偉大な学者である。
まさに、理論と実践を融合した憲法学者としての輝かしい道程である。
現在は、大学で教鞭をとる傍ら、国分寺で中学・高校生への教育実践
活動にも取り組み、若人に希望と誇りを与えている。


382 :法の下の名無し:2006/12/15(金) 12:29:03 ID:RY/SO5Kv
>>381 スマンが、重範に弟子っていたっけ?普通に考えて大学院の彼の研究室には誰も
入ってこないと思うのだが。

383 :法の下の名無し:2006/12/16(土) 03:06:35 ID:PZgbiVFl
博士課程にもいるらしい。川岸教授と同じ領域で共同指導体制にあるという話だ。

384 :法の下の名無し:2006/12/16(土) 06:19:34 ID:SVqrGrBz
> 次に,論文に関してであるが,これからお話しする印象は憲法の考査委員全体で話し合った共
> 通の見解ではなく,私の個人的な印象であることをお断りしておきたい。私は,全体答案の約4
> 分の1に当たる420通を採点した。憲法の論文問題で問うている最も核心的問題をきちんとと
> らえ,論じている答案が1通もなかった。今回の論文問題の基礎には「自由とは何か」という極,
> めて根本的な事柄に関する問いがある。それをとらえた上で,個別・具体に検討する答案が,私
> が採点したものの中にはなかった。出題側としては,極めて残念であった。ただ,執筆するのに
> 十分時間があり,執筆するのに参考文献も読むことができる法科大学院の教員が法律雑誌に解説
> を書いている中にも,不適切,不十分な解説がある。そのことを考慮すると,限られた時間の中
> で,考え,資料を読み,書かなければならない受験生が出来なかったとしても,責めることはで
> きないようにも思われる。


385 :法の下の名無し:2006/12/16(土) 14:08:38 ID:VLN80Rlr
早稲田の話は、ローカル掲示板でやってくれないかなー
いい加減、迷惑なんだけど。

386 :法の下の名無し:2006/12/17(日) 04:30:57 ID:J8B1XEHp
断る

387 :法の下の名無し:2006/12/17(日) 04:57:39 ID:ClAj4tAl
筑波の青柳って、どのくらいのレベルですか

388 :法の下の名無し:2006/12/17(日) 06:14:04 ID:Skp1N6us
>>386
断られちゃったよwww

389 :法の下の名無し:2006/12/17(日) 10:35:00 ID:ZL0USSt3
日本で軍部ファシズムの台頭につながった1935年の「天皇機関説事件」をめぐり、
文部省思想局が憲法学者ら19人を「速急の処置が必要」など3段階に分類、
機関説の修正に応じない場合は講義を担当させないなどの報復措置を警告し、
学説の変更を強要していたことが16日、分かった。思想局の秘密文書が米議会
図書館に保管されていた。

 事件から70年余。政府が学者を個別に攻撃、転向を迫る徹底した思想統制の過程が
個人名や具体例とともに判明した。複数の専門家は、文部省による具体的な圧力の実態
を記した文書が確認されたのは初めてだとしている。

 文書は、米国が終戦直後に日本で接収した「各大学における憲法学説調査に関する
文書」で、計約450ページ。

http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=intl&NWID=2006121601000343

390 :法の下の名無し:2006/12/17(日) 16:01:06 ID:IpS84wxl
>>385
戸波だけは別にいいんじゃないの?
早稲田では唯一まともな業績あげてる憲法学者だし。

391 :法の下の名無し:2006/12/17(日) 17:30:25 ID:L4bYiuWx
>>390
 でも、早稲田でなく東大出身だね。

392 :法の下の名無し:2006/12/28(木) 16:48:09 ID:4aErATbK
京大のDなんか、なんでこいつがいるの?って感じだよ。何が取り柄なの。
京大出身の憲法学者には、中堅・若手にも、もっと優秀な人材がいるでしょ。
周りも自分自身も冷静に見れば、わかるはずだろうに。
どこか引き取り手はないかい。

393 :法の下の名無し:2006/12/28(木) 22:08:18 ID:KhnyRcqg
筑波の土屋英雄は?


394 :法の下の名無し:2007/01/01(月) 10:00:09 ID:XAK+0wBt
>>392
 D先生、4月刊行予定の『岩波講座 憲法』の編集委員6人の一人だけど、政治力があるのかな。

395 :法の下の名無し:2007/01/01(月) 16:55:59 ID:dcKPLdd5
ある訳ないでしょ。兄弟教授のポストが、あるように見せるんだよ。
だからそういうポストには能力のある奴が就かないと、周りが迷惑するわけ。いい加減、みんなから馬鹿にされてるのに気付よな。


396 :法の下の名無し:2007/01/01(月) 20:48:16 ID:rSMIonrh
>>395
 書かれている論文が理解できなくて、編集委員が務まるの。

397 :法の下の名無し:2007/01/05(金) 16:40:27 ID:j6QInynM
>>392
京大のことはよく知らんが、
この人のこと言ってるの?

http://kyodai.jp/staff/doi.htm

398 :法の下の名無し:2007/01/06(土) 07:03:51 ID:ySHwYW1A
>>392

 東大のH野先生と、どっちが“優秀”なの。

399 :法の下の名無し:2007/01/06(土) 09:28:55 ID:Zq5U21GM
Dは頭悪すぎるのよ。他のスタッフと比べて、格が全然違うでしょ。
Dの論文を読んでみなよ。なんの中味もない。そのくせ、こういうのに限って、大きな顔してるんでしょ。よくみんな我慢してるよな。


400 :法の下の名無し:2007/01/07(日) 02:40:12 ID:GLocrrQY
つうか、憲法学の論文なんて、中身のないものばかりじゃん。
だいだい、知的刺激のある論文書ける人間なら、
憲法学者になんかはならないだろうし(笑)

401 :法の下の名無し:2007/01/07(日) 07:18:08 ID:Y+FIEKTh
>>400
 長谷部先生の本は面白いじゃない。

> つうか、憲法学の論文なんて、中身のないものばかりじゃん。
→ 少なくとも、小林直樹先生の本は、そうだね。

402 :法の下の名無し:2007/01/07(日) 09:30:33 ID:GqWsloBX
長谷部読むくらいならロールズとか達夫読んだほうがまし

403 :法の下の名無し:2007/01/07(日) 17:04:25 ID:GLocrrQY
>>401
小学校の算数程度の数式しか使ってないのに
「こういうふうにゲーム理論を用いると」とか授業で口走ったアホのことですか?

404 :法の下の名無し:2007/01/07(日) 23:42:42 ID:3t3kwfcf
右寄りの憲法学者って、いますか?百地以外で。
今、政教分離についての卒論を書くためにいろいろ論文を読んでるんですが、
どうも厳格分離説の論文ばかりで…。
たまには「首相の靖国参拝は合憲」と論じているものも読んでみたいんです。

405 :法の下の名無し:2007/01/07(日) 23:50:38 ID:zGUo3y8I
コバセツは合憲とか言ってなかったっけ?

406 :法の下の名無し:2007/01/08(月) 03:30:39 ID:XBgBOIpQ
>>399
D先生が頭悪いとはとんでもない勘違いだよ。脚注まで含めて
じっくり論文よんでみろよ。


407 :法の下の名無し:2007/01/08(月) 06:26:24 ID:YV1axmte
>>404
記憶に桃地以外はない。
「正論」あたりに八木秀次?あたりの「論文」があるかもしれないが、俺は知らない。
合憲説を“マトモな学者”から聞いたことはない。

厳格分離説といっても、たいていは制度的保障説をとっているから、
目的効果基準を採用すれば、愛媛玉ぐし最判の可部反対意見のように適用することで
合憲とする可能性もなくはない。
目的効果基準を採用しないのなら、レモンテストあるいはエンドースメントテストになるかも試練が、
目的効果基準より、一般的には、厳格な基準とされているので、合憲という結論には遠ざかるかな。


訴訟の困難さまで含めて考えるともう少し話は膨らみそうだが。

408 :法の下の名無し:2007/01/08(月) 06:34:45 ID:YV1axmte
しかし、その「制度的保障」がいかに無茶苦茶な概念であるかについては、
石川健治『自由と特権の距離』(日本評うわなにをするや布良wせdrftgyふじこlp;@

409 :法の下の名無し:2007/01/08(月) 17:49:02 ID:v1w8oipy
>>399
しかし、大学教員のポストなんてそんなもんだろ。
めぐりあわせとかタイミングとかあるからな。
そんなんでイチイチ文句言っても、きりがないと思うぞ。

410 :法の下の名無し:2007/01/08(月) 22:24:52 ID:/DwF9QuU
>>404
憲法学会の会員の学者の論文を調べてみれば。


411 :法の下の名無し:2007/01/09(火) 01:55:59 ID:2MWnRXr0
「憲法学会」は我が国の憲法学の最高峰であり、
その頂点を成すのが、偉大なる渡辺重範先生である。

412 :法の下の名無し:2007/01/10(水) 01:02:24 ID:SS/lx5b2
>>404
論文を出してるかどうかは知らないけど、
中央大の長尾は右っぽい気がする。
去年の夏に通信教育のスクリーングに行って憲法の講義を聴いたんだけど、
8/15に政教分離の講義をして、厳格な政教分離などできませんなどと言ってた。
こういう世界は左よりな人ばかりなのかなと想像していたが、別な意味でショックを受けた。
#どこまで本当なのかは知らないけど、「私もマルクス関係の文献をたくさん読みました。時間の無駄でしたが」とも言ってた。

413 :法の下の名無し:2007/01/10(水) 14:54:57 ID:VM+fhhSU
韓国のテレビ局が「日本の嫌韓」を報道
http://www.youtube.com/watch?v=8ba7glXp_Lk

あきれた・・・
一億総ネットウヨ化・嫌韓化しつつある。
このままでは憲法改悪も近いぞ。やばい。

414 :法の下の名無し:2007/01/10(水) 20:50:58 ID:nVZf47fj
全国憲法研究会の会員数と憲法学会の会員数とは、略拮抗している
ようです。もっとも、慶応のK先生のように双方加盟のかたもおら
れるようです(南窓社から出ているK先生の著書の奥付けによる)。


415 :法の下の名無し:2007/01/12(金) 01:17:18 ID:SGHOtqFW
なんで、憲法学者って、他の学問領域から、
ここまで馬鹿にされてるんですか?

416 :法の下の名無し:2007/01/12(金) 02:50:39 ID:XmdWDlG2
>>404
阪本昌成先生とかどうですか?

417 :法の下の名無し:2007/01/13(土) 15:22:38 ID:SjelEdeQ
教壇では「治者と被治者の自同性を鑑みれば、在日外国人には国政参政権すら与えられて然るべきなのです」とか言って、
2chでは「チョンうぜええ。B落民をおんぶして、一緒に半島に移住しろやこら!」とか本音を書き込んでましゅ。すんません。

418 :法の下の名無し:2007/01/13(土) 17:18:44 ID:GA7ExOHW
2007.2『憲法の基礎理論と解釈』(尾吹善人著)刊行予定(主要49論文・評釈を修正) 信山社

tp://www.shinzansha.co.jp/search-j.html

419 :法の下の名無し:2007/01/14(日) 02:11:08 ID:nPylPdf7
>>416
靖国参拝は違憲としてるけどね。

420 :法の下の名無し:2007/01/14(日) 02:43:24 ID:pPC/0VDi
>>404
大石眞先生は「憲法問題ではなくて政治問題」って言ってた。
「中・韓も憲法上疑義があるからと言って批判している訳ではないし、
政治的選択が賢明かは常に議論になるし、不謹慎と批判するのは結構だが、憲法問題ではない云々」って言ってた。
ちなみに小泉首相が靖国参拝で信教の自由を持ち出して正当化してた事も「政治家だから利用できそうなものを利用するのは不思議な事ではない」って擁護してた。

421 :法の下の名無し:2007/01/14(日) 03:56:41 ID:nPylPdf7
そりゃ、政治問題の道具として憲法を使ってるわけだからね。
何かの道具ってのは法学の一側面でもあるさ。

422 :法の下の名無し:2007/01/14(日) 10:10:27 ID:b/q/DEvs
>>417
おまえはおれか。

423 :法の下の名無し:2007/01/14(日) 12:22:33 ID:Z5BXlRhi
何かギスギスしてるのが多い。ドクター油川みたな懐の深い人。「歌えばわかる」みた
いな方はいないのだろうか?

424 :法の下の名無し:2007/01/14(日) 18:46:48 ID:v+ZyLc85
>>412
長尾先生は、津地鎮祭の最高裁判決に疑問を呈しておられます
(やさしい憲法:実務教育出版)。


425 :法の下の名無し:2007/01/14(日) 20:55:32 ID:9aRgfghq
渡辺重範先生も、津地鎮祭の最高裁判決に疑問を呈しておられます

426 :法の下の名無し:2007/01/16(火) 02:24:30 ID:bIwiW0GC
おれ、政治学でPh.D取れたら結婚するんだ。

427 :法の下の名無し:2007/01/16(火) 15:11:49 ID:mjQG/0CK
まあ、昔極左冒険主義者だった人が、自嘲的にマルクスは無駄だったと
言ってもね、転向してるとはかぎらんし、授業で言ってることだけで
判断しちゃまずいから、その辺ヨロシコ。

428 :法の下の名無し:2007/01/17(水) 00:35:46 ID:fdrVn+yf
所詮ブルジョワ憲法。解釈論では限界があるぜ。
これが長尾先生のスタンスでは。右では絶対無い。

429 :法の下の名無し:2007/01/17(水) 00:42:17 ID:pIvX80LU
こばせつの弟子が今月号の世界に書いてるな。
弟子は左翼だったか。

430 :412:2007/01/17(水) 01:47:39 ID:avXiWo3N
>>424
その本も講義のネタにしてました。
曰く「当時はそう思ってましたが考え方が変わりました。判決の通りでいいでしょう」だそうです。

431 :法の下の名無し:2007/01/17(水) 09:08:10 ID:7vseGBrT
土井真一は男前だから>>392みたいな醜男から妬まれるんだな

432 :法の下の名無し:2007/01/18(木) 00:49:39 ID:7Uv7Rs2B
長尾教授はもう日本を諦めたんですよ。転向だなんて勘違いしないでください。

433 :法の下の名無し:2007/01/18(木) 08:48:02 ID:O/ZWQ/eA
京大は土井より毛利のほうが電波だと思う。
まさに憲法学者の常識は世間の非常識を体現したような男。
まあ、推薦者も推薦者だがw

434 :法の下の名無し:2007/01/18(木) 16:29:35 ID:tFAnryGp
>>431
おれも不思議に思ってたんだが、
憲法学者にイケメンが多いのは、なんで?

435 :法の下の名無し:2007/01/18(木) 22:52:32 ID:Xj2ByyLj
じゃあ男前番付を作ろうか。

横綱 (今んとこ保留)
大関 高橋和之
関脇 常本照樹
小結 土井真一
前頭 後は任せた

436 :法の下の名無し:2007/01/18(木) 23:32:48 ID:7Uv7Rs2B
早稲田の中島すごいイケメン
目で見る憲法に写ってる共産大のTさんはノットイケメン(本物は知らん)
生きていれば有資格なら、樋口御大が横綱 

437 :法の下の名無し:2007/01/18(木) 23:40:59 ID:tFAnryGp
>>436
早稲田と言えば
「油豚」とか陰口言われてるヒトいなかったっけ?

438 :在日犯罪者一覧:2007/01/20(土) 01:02:17 ID:JTIf7Iq7
●麻原彰晃 →オウム真理教教祖。サリンを撒き無差別殺人。坂本弁護士一家惨殺。海外新聞がkoreanと表記。
週刊現代がスクープ。事件前の対談で自ら語っている。
●宅間守 →大阪 池田小学校の児童殺傷。8人殺害 15人が重軽傷。朝鮮人部落出身
●東慎一郎 →酒鬼薔薇聖斗。神戸の首切り小僧。生首を校門に飾る。2人殺害。元在日朝鮮人
●林真須美 →和歌山 毒入りカレー事件。4人毒殺 63人が負傷。帰化人
●織原城二(金聖鐘) →神奈川 帰化人、英国人 豪州人女性を強姦、ビデオ撮影、バラバラ殺人
●関根元 →埼玉の愛犬家連続殺人犯。4人を殺害。肉片を削ぎとりドラム缶で焼却、川へ流す
●丘崎誠人 →奈良 岩を数回、少女の頭部に投げつけて絶命させた 在日朝鮮人
●キム・ミンス →韓国人留学生 強盗殺人犯。大分 日本人老夫婦を刃物で殺傷
●李東逸 →韓国人 檀国大学教授。芝居観覧のため来日中、東京で日本人女優Nを強姦
●金允植 →韓国人 強姦罪で指名手配中に逃亡目的で来日。大阪で主婦を100人以上連続強姦
●金大根 →韓国人の強姦魔 連続児童虐待暴行殺人。6名の女児死亡
●李昇一 →韓国人 東京 テレビ「ガキの使い」関係者を名乗り少女140人をレイプ
●沈週一 →韓国人 鳥取 大阪 和歌山 ベランダから女性の部屋へ侵入し9人を強姦
●張今朝 →韓国人 長野 「一緒に猫を探して」と小学校4年の女児をレイプ
●ぺ・ソンテ →韓国人 横浜 刃物で脅し、女子小学生14人をレイプ
●宋治悦 →韓国人 東京 ナイフで脅し手足を縛り下着で目隠しの上、主婦19人を強姦
●崔智栄 →北朝鮮籍の朝鮮大学校生 新潟 木刀で傷を負わせ、18歳少女2人を車の中で強姦
●金乗實 →北朝鮮籍の朝鮮大学校生 同上、共犯者。他にもう一人19歳の共犯者(朝鮮籍)あり
●鄭明析 →韓国人 カルト「摂理」教祖。日本人1000人、台湾人100人、米英仏人などを強姦
●徐裕行 →韓国籍 オウム真理教幹部・村井秀夫刺殺事件の刺殺犯。裏で北朝鮮が関与か
●国松孝次警察庁長官狙撃事件。現場近くから北朝鮮製のバッジ、韓国のウォン硬貨などを発見
●世田谷一家惨殺事件。採取された指紋が韓国人の男と一致。韓国警察からは協力を得られず
●東京資産家強盗殺人事件。奪われた腕時計が韓国で販売。韓国人グループの犯行とみて捜査中



439 :在日犯罪者一覧:2007/01/20(土) 01:02:50 ID:JTIf7Iq7
朴珠那(31): 顔写真をすり替えたパスポートをパスポートセンターに申請し不正に取得する
金明徳(58): 同上
姜英児(56): 店舗型性風俗営業が禁止されている個室マッサージ店で、女性従業員に男性客への性的サービスをさせる
李承富(50): 795グラムの覚せい剤(約4770万円相当)を電気座布団の中に隠して密輸する
趙淑伊(43): 県公安委員会へ届出をせずに、営業禁止区域でファッションヘルスを営む
崔正成(52): 水戸署大工町交番の出入り口ドアの窓ガラス(時価1万円相当)を右手で割る
申孝男(45): 医師から自宅のリフォーム代として預かった5000万円のうち、1100万円を返金せず着服する
孫錫烈(30): 出会い系サイトで知り合った13歳と14歳だった女子中学生に計4万円を渡し、ホテルで猥褻な行為をする
李占友(29): 獣医師夫妻を縛り、現金4200万円や貴金属など56点(計567万円相当)を盗み、妻に約2カ月のけがを負わせる
李在峰(28): 同上
曽明常(42): 同上
劉洋(28): 同上
金百合子(45): 大量の覚せい剤の密売に関わる
金真彩(20): 同上
李秀男(51): 産廃の処分許可がないのに、昨年7〜8月の間家屋の解体ごみ約326立方メートルを処分する
林韓日(56): 神戸市の中小企業向け低利融資制度を悪用し、市内の信用組合から約600万円を融資させだまし取る
全成玉(58): 交通事故で保険金(搭乗者傷害保険金約300万円、後遺傷害保険金約2000万円)をだまし取る
李和明(44): ひき逃げ事故を起こした知り合いの住吉会系暴力団幹部の身代わりになろうとする
姜智凱(29): オークションサイトに中古のノートパソコンを出品したように装い、男子大学生から代金約10万円をだまし取る
韓長広(41): 経営している派遣型売春の女性従業員に売春させる
金圭植(58): レジャー施設の経営者を脅迫し、手足で頭などを殴り代表取締役辞任届などに署名させ、会社の実印などを脅し取る
朴仁哲(51): 同上
金斗龍(51): 同上
金興博(53): 私服警察官2人に売春の相手になるよう勧誘する



440 :在日犯罪者一覧:2007/01/20(土) 01:03:23 ID:JTIf7Iq7
金周煥(31)→短期滞在ビザで入国後、在留期間を超えて不法に残留する。
金成容(39)→短期滞在ビザで入国後、在留期間を超えて不法に残留する。
金応萬(43)→旅券を持たずに船で入国して不法に在留する。
嚴英順(37)→出産した子供に日本国籍を取得させるため、うその胎児認知届と出生届を提出する。
高英樹(25)→偽造クレジットカードを使い商品をだまし取る。
文明淑(29)→マッサージ店で女性店員を使い男性客に性的サービスをさせる。
崔珍栄(35)→三月まで交際していた女性(29)に別れ話を持ち掛けられ立腹、殺害しようとする。
全光烈(54)[朝鮮学校教員]→酒気帯運転でトラックに追突、弾みでオートバイに衝突。オートバイの男性を死亡させる。
金玉鉉(39)→店舗型風俗特殊営業が禁止されている地区で風俗店を経営、女性従業員に性的なサービスをさせる。
徐賛述(48)→在留期限が切れた後も引き続き国内にとどまり、約9年10か月にわたって不法に残留する。
申孝男(45)[朝鮮籍]→住宅リフォームの仲介として男性医師(47)から預かった工事代金約5000万円のうち約1100万円を横領する。
全孝信(36)→多重債務者ら約2200人に対し不正な貸し付けを行い、2億円を超える違法収益を得る。
パク・ジンソン(45)→長崎県沖でのタチウオ漁で、操業日誌の漁獲量を過少記載する。
任榮Y(43)→韓国で製造された偽ブランド商品を日本に輸入し、元締めとして露天商などに卸す。
閔俊基(33)→33歳の韓国人男性に、以前交際していたこの男性の姉を呼び出させ、恐喝する。
禹時允(59)→覚せい剤を密輸入する。
李辰世(29)→1人暮らし女性のマンションに侵入し、現金やキャッシュカードを奪う。
朴奉秀(31)→港区六本木の雑居ビル内に違法なバカラ賭博場を開く。
黄勝雪(??)→条例で禁止された地域でファッションヘルスを営業する。
李丙教(36)→操業日誌の漁獲量を、実際より約7.7トン少なく記載する。



441 :法の下の名無し:2007/01/20(土) 01:04:04 ID:JTIf7Iq7
強制連行されたという在日朝鮮人は以下の質問に答えなさい。

・ 誰によってどこへ強制連行されたのか詳細を述べなさい。
・ 戦後60年間,祖国から返還請求がない理由を述べなさい。
・ 戦後60年間,祖国に助けを求めなかった理由を述べなさい。
・ 戦後60年間,祖国が在日朝鮮人を問題視していない理由を述べなさい。
・ 戦後60年間,自分達で帰国事業を立ち上げなかった理由を述べなさい。
・ 戦後60年間,日本人に対して返還事業を提案しなかった理由を述べなさい。

質問に対する回答が無い場合,
在日朝鮮人は「違法入国者」の末裔,もしくは当人であるとみなします。
つまり「犯罪者」であるということです。


在日朝鮮人のすばらしい「愛国心」

・強制連行されてきた外国人のはずだが、祖国に帰らせろとは言わない。
・祖国は日本よりすばらしいと言うくせに、帰ろうとはしない。
・帰る祖国が存在するのに、帰る場所はないと言う。
・日の丸を見るのも嫌な外国人のくせに、日本から出て行こうとはしない。
・立派な朝鮮人名を名乗らず、屈辱なはずの日本人名を自らの意思で名乗る。
・大嫌いなはずの日本人に、リアルでもネット上でも成りすます。
・祖国の参政権もないのに、なぜか先に日本での参政権を要求する。
・祖国を良くするための諫言はしないが、日本には内政干渉をする。



442 :法の下の名無し:2007/01/20(土) 01:04:38 ID:JTIf7Iq7
「田岡一雄自伝」より
通りすがりの通行人の目つきが気に食わないといっては難くせをつけ、
無銭飲食をし、白昼の路上で集団で婦女子にいたずらをする。
善良な市民は恐怖のどん底に叩き込まれた。
こういった不良分子は旧陸海軍の飛行服を好んで身につけていた。
袖に腕章をつけ、半長靴をはき、純白の絹のマフラーを首に巻きつけ、
肩で風を切って町をのし歩いた。
腰には拳銃をさげ、白い包帯を巻きつけた鉄パイプの凶器を引っさげた彼らの略奪、暴行には
目にあまるものがあった。
警官が駆けつけてきても手も足も出ない。
「俺たちは戦勝国民だ。敗戦国の日本人が何をいうか」
警官は小突き回され、サーベルはヘシ曲げられ、
街は暴漢の跳梁に無警察状態だ。
〜中略〜
一瞬、ぎくりと立ちどまり、悲鳴のあがる方角に走った。
途中で四、五歳の女の子が泣きながら夢中で駆け寄ってきた。
「どないしたんや」
「おかあちゃんが、おかあちゃんが」
少女は私に泣きじゃくりながらしがみつく。
この世のものとは思えぬ女の狂気じみた悲鳴がきこえつづけていた。
「ここにいるんやで。ええな」
私は少女をその場において一目散に走った。
少女の母親は木立の中で数人の男に犯されていた。飛行服の男たちだった。
------------------------------------------------------
創氏改名は屈辱だったと言うわりに通名を名乗る在日
実態は戦後に悪さをしすぎて日本人に嫌悪されたため
通名という都合のいい偽名を使うようになったのである



443 :法の下の名無し:2007/01/20(土) 01:05:10 ID:JTIf7Iq7
★これが創氏改名の真実だ!併合直後から朝鮮人は改名を熱望していた!

@1910年、日韓併合。
A直後、総督府が朝鮮半島を把握する為に「民籍」(≒戸籍)の作成に取り掛かる。
Bなんと!大量の朝鮮人が「日本名」で民籍に登録する騒動が勃発!
Cケジメがつかなくなる事を恐れた総督府は「改名禁止」の法令を出す。
※1911年11月1日総督府令第124号「朝鮮人ノ姓名改称ニ関スル件」
※「内地人ニ紛ハシキ姓名」を禁止。
※既に改名していた朝鮮人には圧力をかけて「復姓」させた。
(  ´∀`)「併合直後なのに図々しい!さっさと元に戻せ!」
< *`Д´>「アイゴ!」
D1932年「満州国」が出来る。
E「満州国」に朝鮮人が入植するが…。
<丶`∀´>「ウリは日本人ニダ!」
(# `ハ´)「名前が朝鮮人アル!元々は我々の奴隷民族アル!偉そうにするな!」
< *`Д´>「アイゴ!もうウリは立派な皇国臣民ニダ!日本名が欲しいニダ!」
(  ´∀`)「…仕方がないか」
F1939年「創氏改名」が発令。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
朝鮮には「姓(氏族名)」はあっても「氏(苗字)」が無かった。
内鮮の融合が進み、戸籍管理を統一する為にも、「創氏」が強制された。
「創氏」の登録は日本名でも朝鮮名でも良かった。
しかし8割の朝鮮人が「日本名での創氏」を望んだ。
日本名で創氏した朝鮮人は名前(下の名前)も合わせて変えたがった。
それが「改名」であり、これには手数料が取られた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Gこの「創氏改名」に伴い、大量の朝鮮人が日本名を名乗る事になる。

…朝鮮人は併合直後から日本名を名乗りたかったのだが、総督府は許さなかった。
それが許されたのが「創氏改名」なのである。



444 :法の下の名無し:2007/01/20(土) 01:05:46 ID:JTIf7Iq7
金素雲も嘆く在日朝鮮人の横暴

日本人はなぜ朝鮮人が嫌いか、差別されるには朝鮮人の方にもそれなりの原因
がある、という筆者の論は決して間違っていないと思ふ。例えばあの有名な朝鮮
人詩人の金素雲氏は、その自伝の中で次のように書いている。

日本人所有の家を借りたなら、家賃は一切払わなくてもよいというのが、その当時
(昭和の初期―筆者注)同胞の間では常識化していた風習だった。

「お前らは国まで盗んでいったじゃないか。家賃ぐらい何だ!」――こちらにはこ
んな腹があったが、引っかけられた日本人の側では恨み骨髄にならざるを得な
かった。家賃をもらうどころか5,6ヵ月分の家賃に当たる金を<立退料>という
名目で払わなければならなかった。こんなとき、その仲介の役割を果たすのが、
いうなれば叔父の職分だった。(同胞が集団居住する町には、こんなブローカー
が必ず何人かいた)

1,2年ただで住んでは<立退料>をせしめて家を空けてやることもあったが、時
には引っ越した次の日に大家から立退料を取ってまた引っ越していく、そんな場
合もあった。 その立退料の半分ぐらいにあたる金が叔父のようなブローカーの
懐に入ってくる。もちろんこれは4,50年前の昔話ではあるが、こんなやり口が
その後長い間い年月を通じて、大多数の日本人の生活感情の底に<チョーセン
ジン>を敬遠し蔑視する後遺症の種となったことも事実である。
                  
               中村 粲   文武新論 平成5年7月10日



445 :法の下の名無し:2007/01/20(土) 01:06:21 ID:JTIf7Iq7
ここまで生活レベルを上げてもらいながら、
日本の敗戦が決まると豹変し、暴虐の限りを尽くしたチョン。
http://plaza.rakuten.co.jp/khiroba/diary/200501100000/
http://www12.tok2.com/home/doronpa/

ほぼ同様の経緯だが50年たっても恩を忘れていなかったパラオ。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/4759/20010503.html
http://www.sarago.co.jp/nfhtm/pw.html
http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/kak2/1210091.htm

     ,,.---v―--、_       日本人はな、お互い様やねん。
   ,.イ" | / / / /~`'''ー-、  相手に譲ってもろたら今度は自分が譲るねん。
  //~`ヾ、;;;;ソ'''''''ヾ、   ,.ヽ ヽ そうやって上手い事回っとったがな・・・
 /:,:'       ...  ゞ 彡 彡、ノ)
 !/  ~`ー'",..- ...   〉     !( 『あの人ら』は違う。
i   ̄~`        !  彡  |ノ 一回譲ったらツケ込んで来て、
,i ,.- 、 ゝ " '" ~ ~`  ヾ ,,--、 |  こっちはずっと譲らなあかん羽目になる。
/         _    ヾ"r∂|;! それでも『あの人ら』は平気なんや。
ヾ` '⌒` ;::   "~ ~` 彡  r ノ/  カドたてんとことおもて譲り合うのは、
i    ノ           _,,.:'   日本人同士だけにしとき。
ヽ ノ"( 、_,..:ー'"ヽ、 : : :   ,i /    そうせんと『あの人ら』につけこまれて、
 ヽ、 ,. :: ::  ヽ      ノ:|ラ:)`ヽ、『ひさしを貸して母屋を盗られて』
   ヽ、`''''"""''''" '  ,,..-'" //   \日本がのうなってしまうからな



446 :法の下の名無し:2007/01/20(土) 01:06:55 ID:JTIf7Iq7
戦前
<丶´Д`> <国として立ちゆかないウリの国の面倒を見て欲しいニダ…
戦後↓
<丶`Д´> <ウリの国は日本の植民地にされていたニダ!謝罪と賠償を(以下略)
----------------------------------------------------------------------------------
戦前
<丶´Д`> <本国じゃご飯食べられないニダ…  日本に密入国するニダ…
戦後↓
<丶`Д´> <ウリ達は日本に無理矢理強制連行されてきたニダ!謝罪と賠償を(以下略)
----------------------------------------------------------------------------------
戦前
<丶´Д`> <朝鮮人だとバレると欧米でバカにされるニダ… 日本風の名にしたいニダ…
戦後↓
<丶`Д´> <ウリ達は日本に無理矢理日本風の名前を押し付けられたニダ!謝罪と賠償を(以下略)
----------------------------------------------------------------------------------
戦中
<丶´▽`> <高給ニダ!是非ともついていって体を売るニダ 追軍娼婦するニダ …
戦後↓
<丶`Д´> <ウリは無理矢理連行され、従軍慰安婦にされたニダ!謝罪と賠償を(以下略)
--------------------------------------------------------------------------------



447 :法の下の名無し:2007/01/20(土) 01:07:28 ID:JTIf7Iq7
■中国人、謝永光著「日本軍は香港で何をしたか」より抜粋。
最初の数日間は平穏無事で、「皇軍」の姿は全くみられなかった。
ところがある日、突然五、六人の‘獣兵‘が現れ、麻雀をしていた四人の女優を輪姦したという。
前述の女優は日本軍の馬丁に暴行されたが、この馬丁とは恐らく朝鮮人に違いなかった。
(中略)
香港占領期間中、多くの朝鮮人が日本の軍服を着ていたが、一般の日本人よりも背が高く、日本の正規軍よりももっと凶暴だった。
このとき民家に乱入して婦女暴行を働いたのは、ほとんど日本人の手先となって悪事を働いていた朝鮮人であった。
当時香港住民は日本軍に対するよりももっと激しい憎悪の念を彼らに抱いた。

■元パリ・マッチ特派員アルフレッド・スムラー著「日本は誤解されている」より抜粋。
「別に日本人戦犯の責任を軽減するつもりはないが、占領地域で最も嫌われたのは、このころ日本国籍を持っていた朝鮮人だったことに注意しておかなければならない」
※パリ・マッチ・・・フランスの歴史ある雑誌
http://bookwebpro.kinokuniya.co.jp/files/magazine/Paris%20Match.jpg [ソースチェック]

■とある内科医の述懐「キヤンガン、山下将軍降伏の地―フィリピンの心象風景」より抜粋。
山では仲間どうしの信頼関係が全てだ。
韓比日の3人で風雨の中、ピークを踏む寸前のこと、小休止のときアンがコリアンと知らないフィリピン人の彼が言った。
「日本の占領下で最も残虐だったのはコリアンだった。赤ん坊を投げて銃剣でうけたのも彼らだった。皆がそう信じている。」
一気に遭難しそうになったパーティを何とか支えつつ、私はキアンガンの将軍の亡霊を見たような心持だった。
その後も各地でこの噂のような言説をきくたびに、愛国者たるアンの胸中が想われてならない。
http://www.net-ric.com/advocacy/datums/95_10irohira.html

■中国人が描いた絵「旭日旗を持った朝鮮人が中国人を殺す」
http://japanese.joins.com/transboard/upfile/up28088.jpg




448 :法の下の名無し:2007/01/20(土) 01:07:58 ID:JTIf7Iq7

     アメリカ人が見た戦後の在日朝鮮人

 戦後の日本においては、朝鮮人少数民族は、いつも刺戟的な勢力であった。
 数においては大いに減ったもの、朝鮮人は依然として口喧しい、感情的・徒労的
 集団である。彼らは絶対に敗戦者の日本人には加担しようとはせず、かえって戦勝
 国民の仲間入りをしようとした。朝鮮人は一般に日本の法律は彼らに適用され得な
 いものとしてアメリカ占領軍の指令も同じようにほとんど意に介しなかった。
 そのため国内に非常な混乱をおこした。占領当初の数ヶ月、在日朝鮮人炭鉱労働者の
 頑強な反抗のために日本の重要産業たる石炭産業の再建は損害をこうむった。
 経済的領域における朝鮮人のいろいろな活動は、日本経済再建への努力をたびたび阻害した。
 1948年の神戸における緊急事態宣言は、日本の教育改革を朝鮮人が妨害した結果、
 行われたものである。引き上げについては占領当局が決定した政策を日本政府の手で
 実地しようとするのを妨害した。/たとえこのような事件(朝鮮人の犯罪)で朝鮮人の
 犯罪性が拡大されることがなかったとしても、この犯罪性が日本人・朝鮮人の関係に
 与えた影響は依然として甚大なるものがある。朝鮮人の略奪行為が、大部分、下層民の
 日常生活にとってきわめて重要な地域において行われたということもあった。
 さらに朝鮮人は日本に不法に入国しようとしたが、ときには伝染病も持ち込んだと
 いう事情もあって、この不安を強める実例を提供した。朝鮮人は悪者だという心理が
 時の流れとともに日本人の心から薄れていくであろうと信ずべき理由はなにもないのである。

         ハーバード大学教授 エドワード・ワーグナー(朝鮮史)




449 :密入国ソース:2007/01/20(土) 01:08:34 ID:JTIf7Iq7
俺のヘソクリは朝鮮系、女房のは韓国系の仮名口座へ。
http://web.archive.org/web/20040203224840/http://www.yuriko.or.jp/ronbun/sapio.htm
仮名口座だけじゃない!在日の脱税特権「五箇条のご誓文」
http://www.yuriko.or.jp/column/colum99/corum990819.htm
在日韓国・朝鮮人一世の9割9分は強制連行とは無関係。
http://mirror.jijisama.org/zainiti_raireki.htm
敗戦に苦しむ日本人に横暴の限りを尽くした在日。
http://mirror.jijisama.org/sangokuzin.htm
在日朝鮮人連盟(朝鮮総連の前身)による朝鮮人戦勝国民、日本人四等国民宣言
http://www.kcn.ne.jp/~ca001/D35.htm



450 :密入国ソース:2007/01/20(土) 01:09:21 ID:JTIf7Iq7
●『在日・強制連行の神話』( 鄭大均著 文春新書)より
「在日の多くは海峡を自らの意志で越えたのだ。 在日は強制連行されてきた人々とその末裔だと
 する主張がある。 が、一世の証言に丹念にあたれば、それが虚構にすぎないことが分る」
●正論2003年6月号掲載  評論家 黄 文雄 
「誇り高き台湾少年工と「強制連行」どころか勝手に日本に殺到した朝鮮人の落差」
●朝鮮人によるマスコミへの卑劣な圧力が無かった頃は、朝日新聞も大量の密入国者がいる事実を報道してました。
『朝日新聞 1959年6月16日付』(「世界」 2000年10月号 戦後日本「在日外国人」の虚像と実像 原尻英樹)より
「密入出国をしたまま登録をしていない朝鮮人がかなりいると見られている」
●1974年の法務省編「在留外国人統計」によれば、在日韓国・朝鮮人の日本上陸は昭和16~19年の間は1万4514人。
「国民徴用令」による徴集は19年の9月以降の僅か4ヵ月間であるから、単純に計算しても、この期間に徴用された者は
16~19年間の1万4514人の12分の1、つまり1210人ほどにすぎない。昭和20年9月1日以前は679名であり、
それを加えた概算1889人ほどが、真に徴用の名に値する在日朝鮮人だという事になる。仮に「官あっせん」を
徴用の概念の中に入れ、官あっせんが行われていた昭和17年2月~19年8月の来日者の推計数を全部加えても
約1万1300人ほどである。従って、在日全体の僅か0.5%未満にすぎない事になる。



451 :密入国ソース:2007/01/20(土) 01:10:39 ID:JTIf7Iq7
「これでは困る韓国」呉善花、崔吉城 1997 より

呉「在日の人たちにしても、植民地時代も自分の意志で積極的にきた人のほうが
 ずっと多いんじゃないですか。強制連行で連れてこられた人たちはほとんど帰っ
 てしまったわけですから。」
崔「そこはいいポイントです。事実はまさしくその通りなんです。ところが、
 そうであるにもかかわらず、意識としてはそうじゃなくなっているんです。
 自分も植民地のときに強制的につれてこられたのだと、これはアイデンティティ
 としてそうなってしまっているんです。」
呉「なるほど、意識と実際は違うということですね。」
崔「実際は強制されてきたのではなくても、我々は強制されてきたんだという、
 そういう物語をつくってそれを自分の意識としてもつんです。
 ここが在日韓国・朝鮮人を考える場合のかなり大きなポイントです。
 (中略)それで一世たちはそういう物語を二世、三世に懸命に教えるんです。」
呉「なんのために教えるんですか」
崔「民族意識を守り、それを子孫に伝えるためです。」



452 :密入国ソース:2007/01/20(土) 01:11:24 ID:JTIf7Iq7
【在日】「私は徴兵で日本に来たんだよ」と嘘をつく母と、
「その時代に徴兵なんかないの」と嘘を暴く息子

「私は徴兵で日本に来たんだよ」と主張する母親と、「嘘を言うな」と
たしなめる息子。ずーっと探していた動画なんですが、YouTubeで
見つかったのでリンクを貼っておきます。
http://www.youtube.com/watch?v=lCbB1BAcN3w&search=korea

これはインターネットが普及する前に放送されたもので、確かフジ系列の
「NONFIX」という深夜番組だったと思います(違ったら訂正よろしく)。
最後に「うちの息子は思想がないの」といわゆる強制連行説が嘘であることを認めます。
強制連行なんか存在しない事がわかる貴重な資料です。



453 :密入国ソース:2007/01/20(土) 01:12:03 ID:JTIf7Iq7
「戦前(昭和14年)に日本内地に住んでいた朝鮮人は約100万人で、終戦直前には約200
万人となった。増加した100万人のうち70万人は自分から進んで内地に職を求めてきた個
別渡航者と、その間の出生によるものである。
残りの30万人は大部分鉱工業、土木事業の募集に応じてきた者で、戦時中の国民徴用令に
よるものはごく少数である。(中略)
終戦後、昭和20年8月から翌年3月まで、希望者が政府の配給、個別引き上げで合計140万
人が帰還したほか、北朝鮮へは昭和21年3月、連合国の指令に基づく北朝鮮引き上げ計画
で350人が帰還するなど、終戦時までに在日していた者のうち75%が帰還している。
(中略)
現在、登録されている在日朝鮮人は総数61万人で、関係各省で来日の事情を調査した結果、
戦時中に徴用労働者としてきた者は245人に過ぎず、現在日本に居住している者は、犯罪者
を除き、自由意志によって残留した者である。」
1959年7月13日朝日新聞
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/b32f2c397cc34ee74db55b228aef5be0.jpeg
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/52019453ce69cd3536fa41c3fe15ee29.jpeg
1959年7月13日 朝日新聞



454 :密入国ソース:2007/01/20(土) 01:12:37 ID:JTIf7Iq7
★在日の徴用者はたった245人!終戦後75%が帰国!(朝日新聞)

■1959年7月13日 朝日新聞
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/52019453ce69cd3536fa41c3fe15ee29.jpeg
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/b32f2c397cc34ee74db55b228aef5be0.jpeg

■記事内容と補足「在日朝鮮人の徴用者は245人」
・終戦直前、日本には200万人の朝鮮人がいた。
・その内、140万人は終戦直後に朝鮮に帰った。
・更に北朝鮮帰還事業などで10万人が朝鮮に帰った。
・つまり200万人のうち、150万人…つまり75%が帰国した。
・国民徴用令は1939年7月から施行された。(日本人と台湾人)
・しかし朝鮮人には1944年9月まで適用されなかった。(つまり優遇されていた)
・1945年3月には日韓フェリーが停止されたので、徴用が可能だった時期はたったの7ヶ月。
・1959年の調査では在日における「徴用者」の人数は…たった245人だった。
・現在、日本に残留している朝鮮人は「自由意志」による残留である。(犯罪者を除く)

■まとめ
「徴用」や「徴兵」で日本に来た人は元々、僅かです。
「徴用」や「徴兵」によって「朝鮮の家族や友人や恋人から引き離された人」が、どうして日本に残るのですか?
家族に会いたくないのでしょうか?
200万人の内、140万人が終戦直後に帰国しています。
僅かな徴用者、徴兵者は、その時、帰国していると考えるのが当然です。
つまり日本に残った人は「家族で日本に移住して来た人」です。
つまり「自由意志」で日本に来て、「自由意志」で日本に残ったのです。

それなのに「強制連行された!戦後は帰りたくても帰れなかった!嫌々ながら住んでやってるんだ!」と叫んでいるのです。



455 :密入国ソース:2007/01/20(土) 01:13:22 ID:JTIf7Iq7

在日一世の八割以上は、上陸年不詳。つまり密航者。

法務省編 在留外国人統計(1974年度版)
http://sapporo.cool.ne.jp/rati_yurusan/gazou/zairyu_gaikokujin.htm
ビラのHPより
http://sapporo.cool.ne.jp/rati_yurusan/



戦前は、一大畜産地・済州島で牛の疫病が発生して生活難に陥った島民が、
当時 存在した済阪航路に乗って大阪に大量流入し、その後全国に広がった。
大阪や東京では7割ぐらいを同島出身者が占めていた。戦後も在日ネットワー
クを 頼って1970年頃まで韓国人の日本への密入国が続いた。
在日における済州島出身者の比率の異常な大きさと、朝鮮半島の総人口に占
める 同島民の比率の小ささを考えると、朝鮮総督府の土地調査事業で土地を
奪われた農民が、仕事を求めてやむなく来日したというのも嘘だとわかる。

今日の在日韓国・朝鮮人には、戦後の密入国者とその子孫がかなりの比率
を占めている。日本政府は、在日の永住権を巡る韓国政府との外交交渉で
密入国者に関しても寛大に扱った。

米国公文書の秘密文書を調査したブルース・カミングス・シカゴ大学教授
http://web.archive.org/web/20041010011826/http://www2.odn.ne.jp/~ccq47810/gaikokujinnno.html

在日一世のほとんどは、不法入国の犯罪者




456 :密入国ソース:2007/01/20(土) 01:13:59 ID:JTIf7Iq7
大半、自由意思で居住
────────────
外務省、在日朝鮮人で発表
────────────
戦時徴用は245人


在日朝鮮人の北朝鮮帰還をめぐって韓国側などで「在日朝鮮人の大半は戦時中に日本政府が強制労働をさせるためにつれてきたもので、
いまでは不要になったため送還するのだ」との趣旨の中傷を行っているのに対し、外務省はこのほど「在日朝鮮人の引揚に関するいきさつ」について発表した。
これによれば在日朝鮮人の総数は約61万人だが、このうち戦時中に徴用労務者として日本に来た者は245人にすぎないとされている。主な内容は次の通り。
一、戦前(昭和14年に日本内地に住んでいた朝鮮人は約100万人で、終戦直前(昭和20年)には約200万人となった。
増加した100万人のうち、70万人は自分から進んで内地に職を求めてきた個別渡航者と、その間の出生によるものである。
残りの30万人は大部分、工鉱業、土木事業の募集に応じてきたもので、戦時中の国民徴用令による徴用労務者はごく少数である。
また、国民徴用令は日本内地では昭和14年7月に実施されたが、朝鮮への適用はさしひかえ、昭和19年9月に実施されており、朝鮮人徴用労務者が導入されたのは、翌年3月の下関-釜山間の運航が止るまでのわずか7ヶ月間だった。
一、終戦後、昭和20年8月から翌年3月まで、希望者が政府の配給、個別引揚げで合計140万人が帰還したほか、
北朝鮮へは昭和21年3月、連合国の指令に基づく北朝鮮引揚計画で350人が帰還するなど、終戦時までに在日していたもののうち75%が帰還している。
戦時中に来日した労務者、復員軍人、軍属などは日本内地になじみが薄いため終戦後、残留した者はごく少数である。
現在、登録されている在日朝鮮人は総計約61万人で、関係各省で来日の事情を調査した結果、戦時中に徴用労務者としてきた者は245人にすぎず、
現在、日本に居住している物は犯罪者を除き、自由意思によって在留したものである。(1959年7月13日 朝日新聞)
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/52019453ce69cd3536fa41c3fe15ee29.jpeg
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/b32f2c397cc34ee74db55b228aef5be0.jpeg



457 :密入国ソース:2007/01/20(土) 01:16:01 ID:rTjdRuKn
もう黙ってはいられない
http://f25.aaa.livedoor.jp/~zflag/mirrors/md/index.html
戦後、在日韓国・朝鮮人は何をし、何と言ったか
http://www.kcn.ne.jp/~ca001/D35.htm
三国人の不法行為
http://mirror.jijisama.org/sangokuzin.htm
強制連行のウソ
http://homepage3.nifty.com/yoshihito/hp-muen.htm
朝鮮兵について
http://nandakorea.sakura.ne.jp/html/tyousenhei.html
99年5月256号ハンギョレ21
http://www.altasia.org/hangyore/hangyore99256.htm
私の村は地獄になった
http://plaza.rakuten.co.jp/kawamurakent/diary/200507140000/
日韓併合前後 朝鮮半島写真館
http://photo.jijisama.org/
マスコミが言えない韓国の話:在日朝鮮人
http://brain.exblog.jp/i4



458 :密入国ソース:2007/01/20(土) 01:16:36 ID:rTjdRuKn
http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/19862.wmv
朝鮮人労働者・戦時徴用は245人(朝日新聞報道)
http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/19862.wmv
朝鮮人労働者・戦時徴用は245人(朝日新聞報道)
http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/19862.wmv
朝鮮人労働者・戦時徴用は245人(朝日新聞報道)




459 :密入国ソース:2007/01/20(土) 01:17:10 ID:rTjdRuKn
http://www.youtube.com/watch?v=nphQDygKRtQ
在日?朝鮮人労働者・戦時徴用は245人!朝日新聞報道




460 :密入国ソース:2007/01/20(土) 01:17:40 ID:rTjdRuKn
日本軍に、強制連行されて来たと言ってる 朝鮮人の 99.999 % は嘘つきであった ! 

 http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=58332 





461 :密入国ソース:2007/01/20(土) 01:18:14 ID:rTjdRuKn

昭和34年当時在日総数61万人
そのうち徴用(在日のいう強制連行)
で日本に来て日本にそのまま住み着いたのはたった245人だけ
他は自由意志で勝手に住み着いた連中

http://www.youtube.com/watch?v=nphQDygKRtQ
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/52019453ce69cd3536fa41c3fe15ee29.jpeg
(朝日新聞 1959年7月13日)
http://saturn-tv.net/~chinkoku/readres.cgi?i=on&bo=aho&vi=1140101042&rs=1&re=5
在日自ら強制連行の嘘を認め始める


  ,j;;;;;j,. ---一、 `  ―--‐、_ l;;;;;;
 {;;;;;;ゝ T辷iフ i    f'辷jァ  !i;;;;;   
  ヾ;;;ハ    ノ       .::!lリ;;r゙    在日の方々はかわいそうな強制連行の被害者
   `Z;i   〈.,_..,.      ノ;;;;;;;;>     
   ,;ぇハ、 、_,.ー-、_',.    ,f゙: Y;;f      そんなふうに考えていた時期が
   〜''戈ヽ   `二´    r'´:::. `!    俺にもありました




462 :密入国ソース:2007/01/20(土) 01:18:53 ID:rTjdRuKn


第276回 [2006年7月14日]丸激トーク・オン・ディマンド
ゲスト:江川達也氏(漫画家)
http://tubech.com/test/read.cgi/soeHX9-Da9E/tag/1149244446/l50

宮台大先生「左翼はずっと嘘をついてきた」
http://www.youtube.com/watch?v=soeHX9-Da9E

宮台発言まとめ
・在日の多くが強制連行されたと言う主張は嘘
・実際は「日本で一旗あげよう」という目的で来たのが大半
・そういう事情のため、祖国では在日は差別される
・この在日強制連行説を吹聴したのは、サヨク連中
・在日も利権獲得のためにそれに乗った
・日教組がその強制連行説を広めるため、子供もそれを信じる
・でも、ある日「嘘じゃん」と気づく奴が出てきてバックラッシュが起きる




463 :法の下の名無し:2007/01/22(月) 00:08:37 ID:QWvKpGU1
このスレに名前が挙がったことすらない西嶋 法友
カワイソス(´・ω・`)

167 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)