2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

長尾龍一

1 :法の下の名無し:2005/03/27(日) 02:36:03 ID:jBxPfOgq
ながお りゅういち  専攻 法哲学・政治思想史・憲法思想史
1938年 中国東北部斉々哈爾市生まれ(8月2日) 1946年7月帰国(博多湾)
    小学校6年の10月に九州から上京、中目黒小学校、目黒ニ中、新宿高校を経て
1961年 東京大学法学部卒業。助手(指導教官碧海純一助教授)、東京大学助教授を経て
1980年 東京大学教養学部教授
1998年 日本大学法学部教授
              長尾龍一『純粋雑学』、斎藤誠「長尾龍一先生を送る」より

2 :法の下の名無し:2005/03/27(日) 03:47:02 ID:qjnYUrNy
この人は他人の意見は受け入れないです。

3 :法の下の名無し:2005/03/27(日) 12:15:31 ID:vIGrtuSN
この人すごすぎ。言いたい放題。なんでもあり。
長尾先生くらい毒を吐く法学者がもっといてもいいのに。

4 :法の下の名無し:2005/03/27(日) 12:31:33 ID:oiF5Ksak
>>3
>長尾先生くらい毒を吐く法学者がもっといてもいいのに。

これって、
長尾先生くらい優秀な法学者がもっといてもいいのに(医薬)

ってこと?

5 :法の下の名無し:2005/03/27(日) 12:33:30 ID:zZAc4ZSW
なつかしの西部邁による中沢新一招聘をめぐる東大駒場騒動のときは
長尾って反中沢派についたんだっけ?
無くしちまったんだよなー、西部邁著『学者・この喜劇的なるもの』
今読めばかなり面白いはずなんだが

6 :法の下の名無し:2005/03/27(日) 17:02:03 ID:fOauIa6w
この人の「八束の随から明治を覗く」おもろい。

7 :法の下の名無し:2005/03/27(日) 17:53:56 ID:iyz+bi1I
次たつ法哲スレは何スレか?
漏れは井上スレに50リリアン。

8 :法の下の名無し:2005/03/28(月) 01:20:51 ID:KqUQlPvr
>>5
どちらかといえば反中沢的な立場だったと思うけど、西部がやめるといったとたんびっくりして、
「辞めないでください、西部さんは大思想家です」とか言って西部をひきとめたり、
なんかかなり情けないキャラとして描かれていた。
もちろん本の内容が真実という保証はないが、あからさまな嘘はかかんだろうしね。

9 :法の下の名無し:2005/03/28(月) 18:07:23 ID:3vHZMU9V
>>2
どーいうこと?

10 :法の下の名無し:2005/04/02(土) 16:04:50 ID:wg6oiBWN
神戸のあの人のスレ希望。

11 :法の下の名無し:2005/04/02(土) 17:07:07 ID:ywgaEkA7
そういうこというとほんとうに邪馬台国スレたてちゃうよ?

12 :法の下の名無し:2005/04/02(土) 17:47:42 ID:wg6oiBWN
立てて立てて。

13 :7:2005/04/02(土) 18:19:43 ID:iHuhxppt
>>12
いや、いりません。
法哲は母数が少ないくせに、あちこちに拡散し過ぎて結局集まるところがなくなってる。
某ブログはみんな読んでそうだけどね。

14 :法の下の名無し:2005/04/04(月) 00:24:29 ID:v1zPKkaG
奥さんに宇野派経済学者の長尾克子をめとり
その妻に先立たれ、妻の遺稿集を出版した。
宇野マルクス主義にまで寛容な誠実な学者だ。

15 :法の下の名無し:2005/04/04(月) 00:26:58 ID:nW4/eE5U
>>12
建てるのなら、日本史板にして、
ここには、リンクだけ張ってくれ。

私的には、日本史学での評価が知りたい(邪馬台国の)

16 :法の下の名無し:2005/04/04(月) 03:17:14 ID:opBd5IOj
この人はバシバシ悪口言うわりには、
自分の立場はハッキリさせないから好きじゃない。

17 :法の下の名無し:2005/04/06(水) 15:23:44 ID:3fAwpWyN
そうかなあ。

18 :法の下の名無し:2005/04/06(水) 18:05:07 ID:C1fD7sJU
そうやネぇ。

19 :法の下の名無し:2005/04/09(土) 17:58:18 ID:bpXQWGGy
いい天気だな。

20 :法の下の名無し:2005/04/16(土) 17:03:53 ID:GowajOhg ?#
なんで、こういう毒吐く先生は、本郷の法学部じゃなくて、
駒場なの?

21 :法の下の名無し:2005/04/16(土) 18:00:58 ID:aUWgq+wr
>>20
迷惑だから

22 :法の下の名無し:2005/04/17(日) 19:11:11 ID:nHqqHO+F
なんで碧海先生の後継者になれなかったのか不思議だ。

23 :法の下の名無し:2005/04/20(水) 00:07:24 ID:gr649H6e
毒は吐くけど本郷の方よりずっと有能じゃないの?

24 :法の下の名無し:2005/04/20(水) 01:15:24 ID:2RAECGQB
>>22
年齢の問題。
本郷だと弟子の育成があるから、定年間近の人じゃダメ。

25 :法の下の名無し:2005/04/20(水) 19:30:36 ID:7ekqU3Ie
>>23
博覧強記だしね、レベルが違う。
でも駒場だから自由にあれこれやれた面もあるのでは。

26 :法の下の名無し:2005/04/21(木) 13:39:24 ID:e7aXyL0c
中沢新一って誰?

27 :法の下の名無し:2005/04/21(木) 16:27:37 ID:FGvxRuK9
オウム真理教に理論的支柱を与えた人

28 :法の下の名無し:2005/04/23(土) 01:01:01 ID:RFdQb6aF
>でも駒場だから自由にあれこれやれた面もあるのでは

それはそうだが、駒場って雑務が忙しそうだ。

29 :法の下の名無し:2005/04/23(土) 01:06:56 ID:9LjmL3LG
シュミット改訂作業をしているとか…

30 :法の下の名無し:2005/04/24(日) 13:46:48 ID:/OP1/3lm
>5

西部の本は、自己肯定・自慢が多いのと、
同じ内容の繰り返しが多いので
読みにくい。


31 :法の下の名無し:2005/04/25(月) 06:51:40 ID:SwVoteGj
>>29
何の改定?

32 :法の下の名無し:2005/04/25(月) 08:16:54 ID:5Z+Apqed
仮に碧海先生退官の時に長尾先生が10歳若かったとしても、
本郷には行けなかったと思う。

だって、長尾先生が育てた弟子の将来が不安過ぎる・・・。

33 :法の下の名無し:2005/04/25(月) 10:28:55 ID:czwbfc3U
http://tohoku.machi.to/bbs/read.pl?BBS=touhoku&KEY=1110544656

↑名誉毀損の意味がわかっていない方がいるようです
  聞いた話と仮定している投稿に対し、自分の妄想がすでに名誉毀損であると
  教えてやってくださいwwwwwwwwwww

34 :法の下の名無し:2005/04/25(月) 19:13:44 ID:SwVoteGj
>>32
長尾先生の弟子って?

35 :法の下の名無し:2005/04/26(火) 08:02:40 ID:aeMingu2
>>34
いや、実際の弟子のことはよく知らないんだけど、
時代の流れ的に英米系じゃないとヤヴァイだろうと
長尾先生はどうにかなるにしても、その弟子までドイツ法だった場合、
東大の法哲は時代に取り残されることになるし、そうなれば法哲学会自体も
憲法など他領域との交流がますます細くなってしまう。

ついでに長尾先生みたいな人が全国の大学に散らばっていくのも想像できない。
井上先生や大家さんみたいな人が微妙に増えている最近の流れの方が好きだな。

36 :法の下の名無し:2005/05/03(火) 11:30:09 ID:gj9rq9oI
長尾先生は井上の事嫌いみたいだけどね。

37 :法の下の名無し:2005/05/03(火) 14:16:13 ID:4anu+JwT
井上と人間関係どうかは知らないけど、ロールズ、ドウォーキン、ハーバーマスあたりまとめて
全部嫌いだから、井上的な法哲学の傾向全体が嫌いなんだろう。

38 :法の下の名無し:2005/05/03(火) 14:55:32 ID:zRnmD2L6
長尾の弟子で就職したのもいるにはいるみたいだが、
ちっとも表に出てこないっすね。

39 :法の下の名無し:2005/05/03(火) 20:38:43 ID:FXm/rLaK
政治力は全くないみたいだからね。
定年1年前に日大へ移ったのも、
政治力のなさと関係あるらしいよ。

40 :◆u0ZYnEjMF6 :2005/05/03(火) 20:52:19 ID:mFUMm7iF
>>39
長尾さんはそもそも東大の定年延長に反対しているからそっちも関係しているのかもね、知らないけど。
ま、本当に政治力が欲しければ学会やめないだろ。やめなければ理事長になる可能性だって
ないわけではなかったでしょ。いや、長尾さんは寧ろなりたくなかっただろうが。

41 :法の下の名無し:2005/05/04(水) 00:45:09 ID:TECCAX5V
>>39
東大退職後の生活もあるでしょ。日大なら70まで努められるし、当時は菅野尾吹と気心の知れた人間がいたしね。

42 :法の下の名無し:2005/05/04(水) 02:09:41 ID:EGfEfUSn
『法哲学批判』に、法哲学会をやめたいきさつが出ているね。
意に沿わない雑用をやらされたことと、学問的な一人暮らしがしたくなったことが理由みたい。

43 :法の下の名無し:2005/05/04(水) 05:14:24 ID:PZH96aat
最近、著作集の刊行が停まったが、何も書いていないの?
それとも、書くところがないの?

44 :法の下の名無し:2005/05/04(水) 15:32:53 ID:vvB3REEr
癌で亡くなった奥さんの看病とかで忙しかったんじゃないの?

45 :法の下の名無し:2005/05/04(水) 23:26:40 ID:iQJ1r/s1
長尾先生は元気なの?

46 :◆u0ZYnEjMF6 :2005/05/04(水) 23:45:59 ID:ePiKH9It
これを読むと、昨年度に集中講義をされているから、元気でないわけではないんじゃないの(笑
ttp://www.geocities.jp/philosophyoflawinkanazawa/2004news.html

47 :法の下の名無し:2005/05/05(木) 02:07:01 ID:DDVCmtx/
>>46
新年早々、わざわざ寒い金沢まで行かれたのね。
法思想史ってことは、青野さんの代役?

48 :法の下の名無し:2005/05/05(木) 06:53:22 ID:fIoxLWFU
>>46
>山積み
って、これは、他意があるのだろうか?

49 :法の下の名無し:2005/05/05(木) 13:49:51 ID:3Pxg86Ag
>>48
平積みと言いたかったんじゃない?

50 :法の下の名無し:2005/05/11(水) 06:18:52 ID:v0B4bF3W
ホンマ怒るで

51 :法の下の名無し:2005/05/16(月) 19:34:32 ID:7iEPbrDA
長尾積みと言いたかった。

52 :法の下の名無し:2005/06/03(金) 01:01:26 ID:KgHS8FEG ?#
あげ

53 :法の下の名無し:2005/06/24(金) 15:28:22 ID:Y/UMynvt
『ケルゼン研究U』が出版されました。
あとがきが・・・

54 :法の下の名無し:2005/06/24(金) 18:50:16 ID:f2mc0YWd
なんて?

55 :法の下の名無し:2005/06/30(木) 20:47:22 ID:IxnwKUyK
大石真の憲法講義1を読んでたら、日本国憲法の効力に関する諸説として、以下の四説が挙げられ、
憲法改正無限解説(佐々木)
八月革命説(宮沢)
段階的主権顕現説(佐藤幸治)
法的追認説(長尾龍一)

主権回復時を基準として法的追認説を取ることが妥当、としていた。
宮沢と佐藤は論外だが、長尾龍一は合理的であると思った。

56 :法の下の名無し:2005/07/01(金) 21:26:06 ID:3FNGVdA8
憲法改正無限解説?

57 :法の下の名無し:2005/07/01(金) 21:57:27 ID:BdE+vR5k
>>56
×憲法改正無限解説
○憲法改正無限界説

実際は、「憲法改正には法的な限界はないとする無限界論(佐々木惣一)」と書いてあるね。

58 :法の下の名無し:2005/07/10(日) 11:13:54 ID:bQ0Xx9CJ
前にこの人の本読んだら
従軍慰安婦を日本兵は犯しまくったとか書いててひいた

59 :法の下の名無し:2005/07/10(日) 14:10:26 ID:Y5QkZTId
>>58
どの本に書いてありました?

60 :法の下の名無し:2005/07/10(日) 16:13:41 ID:PLs9m/fN
『リヴァイアサン』かな。
「神的で獣的なリヴァイアサンの具象化である。」と書かれている。


61 :法の下の名無し:2005/07/10(日) 20:40:41 ID:6LAZdhCm
  _  ∩
( ゚∀゚)彡 ケルゼン!ケルゼン!
 ⊂彡

62 :法の下の名無し:2005/08/13(土) 13:35:49 ID:6USeJdn/
長尾龍一って怖そうな名前だな。

63 :法の下の名無し:2005/08/13(土) 13:42:10 ID:s0ojYOCk
>>58
>前にこの人の本読んだら
>従軍慰安婦を日本兵は犯しまくったとか書いててひいた
リヴァイアサンは確か97年出版だったと思うが、従軍慰安婦に疑問が呈され始めたのは
ここ数年のことでしょ。

>>62
確かに、右翼の大御所みたいな名前だw

64 :法の下の名無し:2005/08/13(土) 13:56:43 ID:d5jzdRDg
実際書くものも左翼へのルサンチマンにあふれてるけどね

65 :法の下の名無し:2005/08/14(日) 01:28:24 ID:HOh9zcmi
あの時代は左翼強かったし、駒場じゃ代々木に苦労させられたんだろうなあ。
だからなのか、ケルゼン的合理主義を情け容赦なく日本の左翼に適用してるよね。
意外と西洋の左翼には温和的なんだが。

66 :法の下の名無し:2005/08/14(日) 10:45:12 ID:QiJc4j9h
ルサンチマンというより見下しているだけじゃないのか?

67 :黒田覚:2005/08/14(日) 14:37:42 ID:e2yvIA8y
まあ、左翼が誤りだったことは、歴史が科学的に証明しているわけだが・・・

68 :◆u0ZYnEjMF6 :2005/08/14(日) 17:47:08 ID:kLbr+NRT
>歴史が科学的に証明しているわけだが・・・
歴史があたかも人格、主体性を有しているような表現を用いるのは科学的ではない、
と長尾さんなら言うだろう(笑

69 :63:2005/08/14(日) 21:17:43 ID:9HcgwajG
歴史問題に関する長尾先生の感想を聞いてみたいな。
多分、何があったかなんて今更興味ないんだろうけどさ。

それからリヴァイアサンは94年出版でした。すいません。

70 :法の下の名無し:2005/08/15(月) 08:31:10 ID:+LhTZvbC
まあ、ケルゼニズムが誤りだったことは歴史が証明しているわけだが・・・・

71 :法の下の名無し:2005/08/18(木) 23:54:52 ID:kW54EYKF
左翼へのルサンチマンってなにかのギャグですか?
バカにルサンチマンを抱くやつなんていないと思うヨ。

72 :法の下の名無し:2005/08/22(月) 18:50:25 ID:bDNF2E8x
君が生まれる前、昔々の話なのさ

73 :法の下の名無し:2005/09/05(月) 09:47:58 ID:ZytzVXUd
>>46
山積みwwww

74 :法の下の名無し:2005/09/07(水) 13:40:48 ID:4G+CutqA
「日本の法学界は…」みたいな、
当時を知らない人間にとってはどうでもよい文章が多くてうざいんです

75 :N尾龍一:2005/09/07(水) 22:22:13 ID:DZTcE/HX
なんか文句あんのか?

76 :法の下の名無し:2005/09/08(木) 22:36:17 ID:ik2225Xy
くだらねえ本書きやがって
金返せ

77 :法の下の名無し:2005/09/09(金) 10:54:37 ID:51nJvRxy
リヴァイアサンは近代主権国家の矛盾を指摘した名著だと思います

78 :法の下の名無し:2005/09/09(金) 11:13:13 ID:FonnwnPy
「国に権利を要求するなら、もっと税金を払えということである」
「権利闘争は国民間のゼロサムゲーム」

…こういうこと書かれると、さすがにちょっとねw
限界を見たって感じかな

79 :法の下の名無し:2005/09/17(土) 04:17:58 ID:/4Vsi1NX
娘さんもN尾先生にクリソツだとか・・・悲(ry

80 :法の下の名無し:2005/09/17(土) 12:10:11 ID:ahD+XsAH
はげてるの…?

81 :法の下の名無し:2005/09/17(土) 14:26:30 ID:fg3JAjcN
んなこたあない

82 :法の下の名無し:2005/10/28(金) 09:28:36 ID:YlNtAkQW


83 :法の下の名無し:2005/10/29(土) 02:01:40 ID:pu74TcZG

                \ │ /
                 / ̄\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ─( ゚ ∀ ゚ )< ケルゼンケルゼン!
                 \_/   \_________
                / │ \
                    ∩ ∧ ∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\∩ ∧ ∧ \( ゚∀゚)< ケルゼンケルゼンケルゼン!
ケルゼ〜〜〜〜ン! >( ゚∀゚ )/ |    / \__________
________/ |    〈 |   |
              / /\_」 / /\」
               ̄     / /
                    ̄

84 :法の下の名無し:2005/10/31(月) 14:54:08 ID:/cWw/GGp

                \ │ /
                 / ̄\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ─( ゚ ∀ ゚ )< ナゲイオ! ナゲイオ!
                 \_/   \_________
                / │ \
                    ∩ ∧ ∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\∩ ∧ ∧ \( ゚∀゚)< ナゲイオナゲイオナゲイオ!
ナゲイオ〜〜〜〜! >( ゚∀゚ )/ |    / \__________
________/ |    〈 |   |
              / /\_」 / /\」
               ̄     / /

85 :法の下の名無し:2005/11/01(火) 12:13:46 ID:5oPOqJAw

                \ │ /
                 / ̄\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ─( ゚ ∀ ゚ )< ネイギョー! ネイギョー!
                 \_/   \_________
                / │ \
                    ∩ ∧ ∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\∩ ∧ ∧ \( ゚∀゚)< ネイギョネイギョネイギョー!
ネイギョー〜〜〜〜! >( ゚∀゚ )/ |    / \__________
________/ |    〈 |   |
              / /\_」 / /\」
               ̄     / /


86 ::2005/11/05(土) 10:07:44 ID:QI5P5nv6
長尾龍一本人が書き込んでいたら笑える。

87 :法の下の名無し:2005/12/01(木) 19:48:08 ID:qWJg0dVR
ケルゼニズム宣言

88 :法の下の名無し:2005/12/13(火) 09:25:39 ID:6Wh0u/s3


89 :法の下の名無し:2006/01/27(金) 21:30:52 ID:PCoWw/oM
長尾法学万歳

90 :法の下の名無し:2006/02/03(金) 21:12:48 ID:yfsghy8t
なっげ〜よ龍一

91 :漏れの民訴地獄 ◆YXL5RAZ3V. :2006/02/03(金) 23:59:35 ID:7/TsoRZw
長尾先生は講義は受けたことはないが
コンパで同席させていただいたことは何度か・・・

92 :法の下の名無し:2006/05/03(水) 09:51:46 ID:7xzvy6/O
なんかこの人でお勧めの本ない?

93 :法の下の名無し:2006/05/03(水) 11:16:54 ID:K8becIku
>>92
法哲学入門

94 :法の下の名無し:2006/05/05(金) 14:12:28 ID:LjaQUKJz
>>92
純粋雑学
法哲学批判

95 :法の下の名無し:2006/05/05(金) 19:42:11 ID:2pHKkI+T
おお、レスついてる。
早速読んでみます。

96 :法の下の名無し:2006/05/06(土) 23:06:17 ID:Wz7Y7nJ3
長尾さん(・∀・)イイ!!

97 :法の下の名無し:2006/05/07(日) 02:41:35 ID:4lWf/CJb
この人の本は面白いんだけど、>>58みたいな箇所に出くわすたびに
哲学と同じくらいもっと歴史(特に戦史)の勉強してくれよと思う

98 :法の下の名無し:2006/05/07(日) 17:06:09 ID:FwGzjjx9
>>95
ちょっと前(といっても、数年前)の法セミに
長尾龍一の今月の一冊、というのがあった。

99 :法の下の名無し:2006/05/07(日) 23:37:16 ID:mpJLQu5x

                \ │ /
                 / ̄\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ─( ゚ ∀ ゚ )< ネイギョー! ネイギョー!
                 \_/   \_________
                / │ \
                    ∩ ∧ ∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\∩ ∧ ∧ \( ゚∀゚)< ネイギョネイギョネイギョー!
ネイギョー〜〜〜〜! >( ゚∀゚ )/ |    / \__________
________/ |    〈 |   |
              / /\_」 / /\」
               ̄     / /

100 :コピペみつけた:2006/05/17(水) 16:14:47 ID:MNsyy4Oq
> 硬性憲法は祖先のエゴ?
> 
>  「フグを食べて、毒に当たって命を落とした先祖が、死ぬ直前に自分の子孫は『フグを絶対に食べてはいけない』という
> 遺言を残して死んでいった。この遺言は孫子の代まで守らなければいけないのか」。
>  「憲法を改正しにくくするのは、祖先の意思で子孫まで拘束するもので、祖先のわがままだ」
> 「大きなショックをうけて確認した決意も、再検討が必要だ」。「大きなショック」というのは、いうまでもなく第二次世界大戦の敗戦のことです。

>  これが、憲法九六条について衆院憲法調査会(小委員会)で披露された参考人・長尾龍一日大教授の話です。憲法論・法律論も歴史の教訓も
> 反省も全く抜きにして、改正手続きを「改正」しようとするものです。
> 
> 衆院憲法調査会の中山会長は「憲法を改正するのは世界の常識」などと発言していますが、長尾参考人の話は、さらに徹底した「俗論」で
> 改憲への世論づくりを進めるものといわざるを得ません。
> 
>  あなどれないのが俗論ですが、他方で、そこには、「改正」の本音も示されてもいるのです。先に紹介した
> 「子孫はおいしいフグが食べられなくなるという形で子孫を拘束する」という例えで、「フグを食べる」を「軍隊をもって戦争をする」に
> 置き換えれば、答えは簡単に出ます。硬性憲法を軟性に変えるねらいは、まさに「戦争をするため」ということに他ならないのです。

―改憲に導く九六条への攻撃
東京支部  吉 田 健 一
http://www.jlaf.jp/tsushin/2003/1093.html

********************************
もっと頭良さそうに話せばいいのに、これじゃボケた爺さんだよ。

101 :法の下の名無し:2006/05/21(日) 14:03:59 ID:swJDnioz
−−新聞の特殊指定制度廃止を急ぐ公取委の動きをどう見ますか。
 公共経済学の問題だと思いますね。公共経済学ってのは要するに、世の中には、
市場原理にゆだねてはいけない公共財というものがあるんだってことを経済学的に勉強するんです。
−−新聞は公共財だと思いますか。
 もちろん、そう思っています。(毎日新聞4/19)
答えているのは、長尾龍一氏(日大教授)。法哲学者でよかったね。
経済学者が公の場でこんな発言をしたら、学者生命を失うだろう。
公共財というのは「非競合的」で「排除不可能」な財だ、というのは大学1年生の教科書にも書いてある。
新聞は、競合的で排除可能な「私的財」である。


102 :法の下の名無し:2006/06/02(金) 23:51:43 ID:FJjHEiPb



           *     . |
    *            -死-
              .   |         *
                       *           
              *                     *

  *             /~\         ._
.        ∧     _ノν    ~しへ  ┌√V  \   /
へ  ┌√V  \   /          \/      ~~¬
  \/       γ^
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二

        我が頭上に死兆星がーーー!!

103 :法の下の名無し:2006/06/05(月) 23:43:14 ID:oxpT9H7g
頭良いの?

104 :法の下の名無し:2006/06/06(火) 23:51:41 ID:gFHHFRRQ
日大です

105 :法の下の名無し:2006/06/07(水) 00:08:39 ID:TwnM70Fh
東大名誉教授です

106 :法の下の名無し:2006/06/07(水) 03:09:37 ID:bMd1lcq5
長尾龍一のオヤジは確か長尾群太だっけ?

107 :法の下の名無し:2006/06/07(水) 19:55:53 ID:VjF0So2l
いつ東大名誉教授になったの?
最近だよね?

108 :法の下の名無し:2006/06/07(水) 20:03:44 ID:O+ut8xpB
長尾センセは1938年生まれで、東大の定年は60歳だから1998年か。


109 :法の下の名無し:2006/06/07(水) 23:33:39 ID:+tHz6dvT
>>106
長尾龍一のオヤジは長尾群太か郡太のどっちか。
>>108
長尾龍一は定年の一年前に日大に移った

110 :法の下の名無し:2006/06/08(木) 01:37:46 ID:BDgJJB8C
>>109
中途で退職した場合でも規定の年数を満たしていれば名誉教授にはするが、
60歳を過ぎてから授与、という処理だった。うちの場合。東大がどうかは知らんが。

111 :法の下の名無し:2006/07/16(日) 01:10:50 ID:t44Jyvgm
かみまとう

112 :法の下の名無し:2006/08/28(月) 15:18:02 ID:IpwKh9o7
大物

113 :法の下の名無し:2006/09/13(水) 18:31:17 ID:/dEbuj6O
なが

114 :法の下の名無し:2006/10/17(火) 23:01:48 ID:kOc6AICH
あげ

115 :法の下の名無し:2006/10/31(火) 22:20:38 ID:IrV43fAe
長尾先生、出版社、替えたの?

116 :法の下の名無し:2006/11/02(木) 03:50:58 ID:FzcD7heF
本屋に行ったら『文学の中の法』と『古代中国思想ノート』の新版が出ていたね。
S山社じゃなかったので漏れもびっくりぽ。

117 :法の下の名無し:2006/11/02(木) 04:20:40 ID:JW4Un4Cv
この人の本って、岩波あたりのイデオロギーで初めに結論ありきの左翼学者が書いた粉飾本よりは面白いけど、
なんか研究ノートって感じでいささか物足りなさを感じるね。

118 :法の下の名無し:2006/11/02(木) 22:46:00 ID:bLNWglsX
>>116
内容は、変わってました?

119 :法の下の名無し:2006/11/08(水) 18:33:45 ID:GFKrYvDI
来年、法哲学入門の新版も出るらしい。

120 :法の下の名無し:2006/11/09(木) 21:59:25 ID:c4XOy+H3


121 :法の下の名無し:2006/11/25(土) 17:52:21 ID:Be6LbSFy
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1160765599/650-
長尾龍一ブーム

122 :法の下の名無し:2006/12/12(火) 17:41:28 ID:nYAoYED7
>>119
講談社学術文庫から2007年1月10日にでるやつのことですか?

123 :法の下の名無し:2006/12/17(日) 10:06:44 ID:h2+QAd7F
>>122
現代の法学者の著書が文庫に入るのは初めてじゃない?

124 :法の下の名無し:2006/12/17(日) 20:43:43 ID:2UNZJlJ8
んな馬鹿な。今だってリヴァイアサンとか入ってる。


125 :法の下の名無し:2006/12/19(火) 20:29:46 ID:YSMRy6Xn
>>124
いわゆる基本書が入るのは初めてでは?

126 :法の下の名無し:2007/01/10(水) 13:37:06 ID:aBBYjvI3
学術文庫版、法哲学入門発売日あげ!

127 :法の下の名無し:2007/01/20(土) 22:41:40 ID:8VXsfUKw
哲学

128 :法の下の名無し:2007/01/21(日) 17:49:41 ID:IuWPtS0G
左翼が歴史的に誤りであることが証明された(わたくしには何を言つてゐるのか
未だ理解に苦しむが)といふなら、同様に右翼も歴史的に誤りであることが証明
されたとは言へないのだらうか?
要するに、主格を左翼から右翼に変へても同じことが言へてしまふといふのなら、
左翼とか右翼とかといふことをここで述べてもほとんど何も意味を持たないといふべき
であらうと思はれるのである。

最近つくづく思ふのだが、東西冷戦が終焉し、思想的に左右の対立が実質的な意味を失いつつ
ある今日において、「遅れてきた青年」のやうに左右の対立軸(それも極めて杜撰な理解に基づく
ものであるが)でしかものを考へられないやうな単細胞が存在するのを見るにつけ、この者こそ
昔であるならば軍国主義に乗せられてゐただらうし、さらには連合赤軍のやうな暴挙にも出てゐた
であらうやうな極論好きの人種だつたに違ひないと思はれるのである。

26 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)