2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

刑法学者

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/16 01:56 ID:kyqz6yl9
人権派を斬る

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/16 02:02 ID:zCkXHacd
>>1
   ||    
   ||   
 ∧||∧  
(  ⌒ ヽ カイシャクよろしく・・・
 ∪  ノ  
  ∪∪        
  ;         
 -━━- 

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/16 02:36 ID:Cvexf18i
山口門下を斬れ

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/17 00:41 ID:Okjpq5E0
板倉先生が一番

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/17 03:12 ID:6zyw5jIW
誰か前田ちゃんを止めてけれ

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/17 18:33 ID:1ER/DPbv
西田最強

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/17 20:14 ID:04mYi73G
田中圭二

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/18 16:00 ID:Z8P5fQ8l
>>3
山口門下ですが、何か?

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/22 09:49 ID:dI/W7iaY
>>8
札幌からですか?

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/23 21:34 ID:lCfcwhge
>>9
いえ、違います。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/25 17:27 ID:gssv85Ru
團藤重光

『わが心の旅路』

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/25 17:34 ID:+Q3rSnO7
藤木英雄はどう?
団藤や曽根、前田、平野あたりと比べても
やっぱ頭一つ抜けてるわけ?

うちの刑法の教官が「天才だった」って絶賛してるんだよね。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/25 21:43 ID:eRQCC/Hd
道徳臭くて読んでると何というか,疲れる。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/28 00:47 ID:ingmhbOP
も と じ し ん く ま

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/31 02:04 ID:p+1Ab0Uz
>>9
深い質問だな…。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/31 02:21 ID:yXh2rs4U
もう、勉強するのに疲れました…。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/31 03:01 ID:X+LDEavP
団藤、平野と曽根、前田じゃ段が違うよ
しっかりしてくれ

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/31 09:27 ID:dgsMQt7h
横綱 中山研一 佐伯千仭 西原春夫 団藤重光

あとよろしく

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/01 13:02 ID:zfhpVtRD
横綱 中山研一 佐伯千仭 西原春夫 団藤重光
大関 内藤謙   大塚仁   福田平   森下忠
関脇 芝原邦爾 西田典之 中森喜彦 大谷実

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/01 14:55 ID:xSw+w1aj
横綱 牧野英一 小野清一郎 八木ゆたか 木村亀二  
大関 団藤重光 佐伯千仭
関脇 藤木英雄 平野龍一
小結 内藤謙 大塚仁 福田平 板倉宏
十両 大谷実
褌担ぎ 前田何がし


21 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/01 15:01 ID:H8tCZDSC
学歴順に並べてるだけじゃん

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/01 15:24 ID:zfhpVtRD
故人は入れるのやめようよ。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/01 17:41 ID:xtKrjEbb
>>20
関西系が抜けすぎ。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/01 17:59 ID:CTMRcmiD
>>15
「深」の文字に何か作為を感じずにはいられない。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/01 19:09 ID:jxLBrlkI
>>24
どんな作為を感じるのか、教えて下さい。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/01 20:40 ID:mEwDIS8Z
>>15
作為なんかないよ! マチがいない!

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/02 02:03 ID:w/DOgfo4
司法板の過去スレハケーン
http://ebi.2ch.net/shihou/kako/976/976116428.html
でもあまり議論が進んでない様子(´・ω・`)



28 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/02 06:37 ID:d+QgbTtd
>>18
法律系の板の人は相撲が好きなのか

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/02 14:41 ID:EYXO1omU
>>28
番付け(格付け)が好きなだけだろ。
仮に本物の大相撲ネタを振ってみても反応しないと思う。

どーせなら「刑法学者ベストナイン・ゴールデングラブ」とか
「刑法学者日本代表・ベストイレブン」とかやりゃいいのに。
学閥別トーナメントとか、見た目ルックス度調査とか面白そうだけどな。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/02 15:45 ID:/szV4BVX
見た目ならあの人

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/02 16:17 ID:hf8zbDCu
佐伯タソ(*´д`*)ハァハァハァアハァ

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/02 19:07 ID:DKUmVl+8
>>31
佐伯だけじゃ誰かわからないぞ

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/02 22:50 ID:ZURgNvl1
>>29
サッカーなら左サイドに人権派、右サイドに正義重視派配置。
ラディカルな学者は前衛でそうじゃない人は後ろのほうに。
暇なときにやったら案外面白いかもしれない。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/03 03:46 ID:wxqAp/AT
>>33
じゃサッカー風で。

刑法学者日本代表 U-70
 ()内は年齢(2004年現在)
【イレブン】
大谷 實(70)
町野 朔(61)
川端 博(60)
西田典之(57)
前田雅英(55)
山口 厚(51)
木村光江(49)
井田 良(48)
佐伯仁志(46)
松宮孝明(46)
林 幹人(?)

【ベンチ】
山中敬一 大塚裕史 林美月子 

【監督】
團藤重光 佐伯千仭 大塚仁 福田平 
【名誉監督(故人)】
小野清一郎 牧野英一 平野龍一 藤木英雄

林先生だけweb上に生年が載ってなかったので
年齢不詳です・・・申し訳ありません。
メンバー入れ換え、ポジション決め、U-40(若手)などはお好きに。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/03 06:44 ID:b1n3+39Q
>>34
林幹人は1951年生まれでは?

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/03 22:12 ID:V0E9NWn7
アンダー40にしたらどうなるんだろうな

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/03 22:22 ID:b1n3+39Q
>>36
どう思うのか、自分の見解を書いてみたら。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/04 18:24 ID:NYRphxmy
>>34
滝川親子・斉藤金作・竹田直平・中武靖男・木村亀二は、どう位置つける?

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/04 22:54 ID:Gb7LQViC
町野先生って西田先生より年上だったんだ。弟子になったのはどっちが先?

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/05 01:05 ID:B+oR4l3Q
>>34ワラタ

ご老体が半ズボンでピッチを駆け回るすがたを思うと壮絶だw
U-70って表現に何かエタイの知れない威圧感を感じる。


41 :34:04/09/13 00:06:11 ID:6t44nmYq
>>35
dクスです。すると林先生(53)は前田先生と
山口先生の間に位置しますね。(年功序列式に掲載したので)

>>36
U-40は山口門下ばかりになりそうな予感。
法教のリレー連載の先生方が候補ですかね。

>>38
勉強不足にて上手く位置づけできません。申し訳ない。orz
でも現役世代じゃなかったらヘッドコーチとかそんな感じですかねぇ。

ポジショニングも軽く考えてみたが
DFが殆どいない罠。GKとか誰が相応しいのか・・・
やはりFWは山口・井田ラインで。

それより【ベンチ】に入るべき諸先生方を漏らしてそうで
ガクガク(((゚д゚)))ブルブルものなのですが。
補充きぼんぬ。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/13 22:44:41 ID:Gte3cZq6
何を根拠にして格付けしているのか全く分からない。書いた論文の数かな。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/13 22:53:41 ID:8tOzcVYT
【速報】宇多田ヒカル、キリヤと離婚【衝撃】
http://news17.2ch.net/test/read.cgi/news7/1095075975/l50


44 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/13 23:40:35 ID:NXE+KzX/
>>28
相撲と法学は似ているからな
両方とも日本国内でしか通用しない井の中の蛙。

他の学問は世界の一流の学者を相手にしているから
国内のみの格付けなんか全く興味がない。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/14 00:14:19 ID:a4rUsqK/
>>44
政治学でも、トップランナーを除けば国内番付しか眼中にないけどね。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/14 22:00:28 ID:2k4+zX3o
新判例登場・・・殺人事件が起きるのを待ち望む、それが刑法学者。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/16 09:33:01 ID:yDIKZxs9
ただの殺人じゃつまんないよ。日常取引かどうか微妙な殺人幇助とかならいいんだけど。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/17 00:47:48 ID:pHEZg0gy
「正当防衛に相当性は不要」って言って
因縁つけてきた不良の首を絞め殺すとかね。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/17 01:09:43 ID:V7WkQigI
ワロタ

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/17 02:29:33 ID:ukRbvFZB
>>44
物理学板や生物学板でも格付けは結構盛んに行われてるよ。
まあ法学と違うのは、そういったところで上位にランクインしてるのは
世界でも上位に入るような凄い学者が多いということだけどな。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/17 04:17:04 ID:yqA0p1R3
ニュ速で見たレスが気になったので質問なんですが。。。

196 名前: 番組の途中ですが名無しです [sage] 投稿日: 04/09/17 04:00:48 ID:XXXXXXXX

>でも、薬物使用下における重罪は、それそのものに対しては無罪ですよ。
>薬物使用は、、有罪ですが。

これって。。。本当ですか?

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/17 21:57:22 ID:aMWOg33v
>>51
たしかに薬物によって心神喪失状態だったならば無罪(39条1項)
でも「原因において自由な行為」として有罪になる可能性あり

殺人なんかの場合は、少なくとも(重)過失致死罪くらいは問える場合が多いと思う

って、スレ違いでゴメン

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/18 17:12:53 ID:KjCTLCk9
投稿者名:ナーランダファン (ID: oiER8cM)
タイトル:宅間さん虐殺に抗議し腐れ被害者に鉄槌を!
先日、いわゆる「大阪小学生児童死亡事件」の被告である宅間守さんら2名の方に国家権力の手で「死刑」という名の虐殺行為がなされました。
この近代国家の名が泣く破廉恥極まりない暴挙、愚挙にたいし、あらん限りの憤りを持って抗議します。(略)
宅間さんは弁護人の控訴を取り下げたということでですが、それが本当に宅間さんの真意だったのでしょうか。日本の刑事施設のお粗末さは、
死刑廃止運動、受刑者の人権擁護運動の権威であり、良心的学者の代表である明治大学法学部の菊田幸一教授が暴露しているように、世界最低レベルです。
そんなところで非人道的な処遇を受けた宅間さんが、正常な判断能力を逸していたとしても不思議ではありません。
いや、権力の手先による誘導さえあったのではないかと思います。
もし宅間さんの控訴取り下げが真意でないと判明したならば、その責任は誰が取るのでしょうか。私は絶対に許しません。
また、事件の遺族共も徹底的に糾弾されなければなりません。
今回の虐殺が遺族どもの圧力の結果であるならば、遺族どもが間接的に殺したも同然です。
私が尊敬してやまない真の人権派学者である同志社大学文学部教授浅野健一先生がおっしゃるように、
被害者の遺族とやらであろうが何であろうが誰にも人を殺す権利などありません。
宅間さんの発言一つ一つにくだらない因縁をつけるなど思い上がって集団で身勝手極まりないことをほざき、
その結果一人の人間を死に至らしめました。何を考えているのでしょうか。
(遺族どもの恥知らず極まりない醜態については、浅野先生の著書「報道加害の現場を行く」に徹底的に暴露されています)
極右利権団体である「犯罪被害者の会」とやらが、被害者の刑事裁判への参加などという
ファシズム的な刑事裁判改悪案を発表し、極右自民党がそれを後押しするなど狂気の時代に突入し、
真の人権派には冬の時代が到来していますが、ナーランダさんとともに、負けずにがんばっていく所存です。
http://www.bx.sakura.ne.jp/~narlanda/ath/bbs_dp/dpbbs.cgi?no=1523&reno=no&oya=1523&mode=msgview&list=


54 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/18 18:44:59 ID:DWhRZSWm
先生!利益の盗み方を教えてください!

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/18 19:06:16 ID:0a5/TYYj
すみませんが初歩的な質問です。
ウィニー開発者の金子氏は今回従犯で逮捕されましたが
従犯は正犯の罪を軽減されるので今回の事件では実刑は難しいじゃないですか。
しかし、金子氏の当罰性は正犯よりもはるかに高いわけでして、
これからもウィニーで逮捕者が出る度に従犯で逮捕されるのでしょうか?
実行行為は既に存在しているが、結果がまだ生じていないという意味では
公害に近いと思うのですがどうなるのでしょうか?

まあ、金子氏は寧ろ教唆犯ないし共同正犯とすべきような気がしますが。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/21 04:13:52 ID:kH1Fq5LP
>>55
> 従犯は正犯の罪を軽減されるので今回の事件では実刑は難しいじゃないですか。
そういうルールがあるの?

> しかし、金子氏の当罰性は正犯よりもはるかに高いわけでして、
正犯より従犯の当罰性が高い理由、及び、その場合、従犯は
従犯たるのかを説明せよ。

> これからもウィニーで逮捕者が出る度に従犯で逮捕されるのでしょうか?
これからウィニーで逮捕者が出る度に別の行為を行うというのでしょうか?

> 実行行為は既に存在しているが、結果がまだ生じていないという意味では
従犯の実行行為と結果がまだ生じていないという認識がなぜできるのでしょう?


57 :名無しさん@名無し案予備選挙実施中:04/10/04 01:11:22 ID:B8ODYaGr
塩見教授はいかがでしょうか?

58 :動物化したポストモダン:04/10/04 01:31:15 ID:0ab1V7e8
ほっちゃーん! ほ、ほーっ、ホアアーッ!! ホアーッ!

59 :法の下の名無し:04/10/08 00:21:45 ID:xRTbLbR+
塩見門下がいたら知りたいです。
あと、中森先生の先生は植田さんですか、それとも平場さんですか?

60 :法の下の名無し:04/10/16 02:16:59 ID:Q9HgooYn
前田のレジュメに載ってた系譜の図はどこいったっけ?

61 :法の下の名無し:04/10/16 04:06:44 ID:n4S2n2jb
スロ板で犯行予告キタ━━(゚∀゚)━━ヨ

【犯行予告】神戸市須磨区の金田商会を急襲する!
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/slot/1097771729/

62 :法の下の名無し:04/10/16 14:43:21 ID:aDOjh0ZW
>>59
植田のチョビ髭は、関西大学ではなかったですか?


63 :法の下の名無し:04/10/27 17:37:35 ID:amtySP98
泥棒の生活
http://life5.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1098849893/l50

タイーホ祭りの悪寒

64 :法の下の名無し:04/10/27 21:13:56 ID:1Po6dASe
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1098626879/
ちょっと失礼。社会板No1のクソスレでキチガイDQN大卒が暴れていますよ。
まるで大卒の代表のようなレスっぷりで大卒の面汚し。ただでさえ
大学のレベル低下が著しい昨今、一部キチガイのせいでさらに大卒全体の
品位が激しく疑われる事態に直面しています。あまりのキチガイっぷりに
スレストまでかかったのですが、管理人も続編は放置しちゃってます。
パート27は4日で1000まで達するキチガイの凄まじさ。大卒の癌細胞に
ひとつ試しに説教をしてみてください。小学生顔負けの屁理屈をもってねじふせられるでしょう。
(精神を病む危険性がございます。くれぐれもご注意を!)
精神力に自信がある方、トライしてみてください( ̄ー ̄;)
・・・・・・・漏れは疲れました。○П_


65 :法の下の名無し:04/10/28 06:46:42 ID:MwTmIsBE
司法試験の合格通知の色教えて下さい

66 :法の下の名無し:04/10/28 08:02:09 ID:bxpAMDqh
団藤は類ない人格者ってことになっているらしいが、わが心の旅路
を読む限り、鼻持ちならないエリート気取り(ていうか実際超エリートだけど)
としか思えない。

67 :法の下の名無し:04/10/28 09:09:36 ID:ImKIrG2v
人格的責任論なるわけのわからんもん完成させただけで、人格者ではないw

68 :法の下の名無し:04/10/28 15:10:49 ID:lGSS0jr3
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1098626879/
度々失礼。社会板No1のクソスレでキチガイDQN大卒が暴れていますよ。
まるで大卒の代表のようなレスっぷりで語っていますよ。
高卒者を叩いて優越感に浸る下品な大卒が我が物顔。
大学のレベル低下が著しい昨今、一部キチガイのせいでさらに大卒全体の
品位が激しく疑われる事態に直面しています。あまりのキチガイっぷりに
スレストまでかかったのですが、管理人も続編は放置しちゃってます。
パート27は4日で1000まで達するキチガイの凄まじさ。大卒の癌細胞に
ひとつ説教をしてみてください。小学生顔負けの屁理屈をもってねじふせられるでしょう。
当然ですが夕方〜深夜にかけて毎日誹謗中傷罵倒が飛び交っています。
(途中、荒らしが入っているので飛ばし読みして下さいね。)
しばらく精神を病む危険性と人間不信に陥る可能性がございます。くれぐれもご注意を!
精神力&良識に自信の有る方、トライしてみてはいかがですか?( ̄ー ̄)ニヤリ


69 :法の下の名無し:04/10/29 13:48:33 ID:OLmS2iMF
マスコミの取材に応えて、まだ捜査段階の事件を勝手に量刑まで
してしまう日大の板倉ってどうよ?昔は賢い人だったらしいが。



70 :法の下の名無し:04/11/03 14:37:07 ID:WhX8L8Qu
>>69
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041103-00000032-nks-ent

板倉タソの量刑まるごとHOWマッチ

71 :法の下の名無し:04/11/03 15:30:01 ID:/tVutYD5


72 :法の下の名無し:04/11/06 14:28:21 ID:1Dw2WYwg
>>69
 藤木英雄博士が亡くなってから30年近く経つが、板倉先生しか弟子がいないのかな。


73 :法の下の名無し:04/11/06 15:15:35 ID:umfeZQDT
>>72
途中で藤木先生が亡くなられたので指導教授がかわったが、名古屋→慶応の伊東先生もそう。

74 :法の下の名無し:04/11/06 16:55:35 ID:OWyB6nVu
>>73
伊東先生は金沢大学にいたとき、講義の中で「藤木は右翼」と
評していたという話を聞いたことがあるのですが・・・・・


75 :法の下の名無し:04/11/07 03:06:24 ID:DcDf1jSq
確かにあの髪型は右翼を連想させるに必要十分と言わざるを得ない。

76 :法の下の名無し:04/11/07 14:36:59 ID:V6Ssa+YJ
てか、弾道先生ってまだ生きてたのか・・・・。

77 :法の下の名無し:04/11/09 22:51:26 ID:0+VU01jn
>>72
板倉は弟弟子、藤木の一番弟子は日大の沼野。

78 :法の下の名無し:04/11/12 21:06:25 ID:UKJ6i5Qo
オバQこと伊東先生は、なぜ、国立大学の教授の椅子を捨てて、
慶應に転出したのでしょうか?
親の介護?

79 :法の下の名無し:04/11/14 17:22:52 ID:mTo88lal
深町晋也


80 :法の下の名無し:04/11/14 17:40:30 ID:4pBKYt7h
いま、さーやの件で西原先生が出てましたね。
「青年の主張」の元締めだったとは知らなんだ。

81 :法の下の名無し:04/11/14 19:21:10 ID:RqJZzbhH
で、おれは保守反動なんだが
お勧めの刑法学者の本って誰だい?
小野清一郎って保守っぽいよな、その弟子の団藤の本はどうですか?
1番偉そうに見えるんだが

82 :法の下の名無し:04/11/27 19:48:56 ID:YowFjknZ
>>81
小野清一郎博士が敗戦直後、いわゆるG項パージにかかった原因と
される「日本法理の自覚的展開」が、Y閣からオンデマンドで出てる。
何で今頃?という感があるが・・・・・・・・。でも、小野博士の
仏教関係の論文(戦前の)を読むと、神道は野蛮!と書いてある。
浄土真宗の碩学だから、当然か?

83 :法の下の名無し:04/11/27 23:28:06 ID:2k+n9whQ
久々に水道橋の丸沼書店に行ったら、
板倉宏博士古稀祝賀論文集編集委員会編『現代社会型犯罪の諸問題』(勁草書房)
http://www.populus.est.co.jp/asp/booksearch/detail.asp?isbn=ISBN4-326-40225-3
ってのがあった。
板倉師は司法試験合格してたんだな。初めて知ったよ。

84 :法の下の名無し:04/11/28 00:32:40 ID:LhfVhV9g
>>81
西台満先生の『理論刑法』(高文堂出版社)を推す。

85 :法の下の名無し:04/11/29 21:49:49 ID:gZkD0wY0
>>84
件の本、読んだけど、物足りない。


86 :法の下の名無し:04/12/03 21:22:25 ID:EjKG42Jz
保守っていうのなら、植松正の著書読んだら?
植松正『新刑法教室1総論』(信山社)
植松正『新刑法教室2各論』(信山社)

なら、店頭で見るな。

87 :法の下の名無し:04/12/08 15:39:59 ID:RAYdOvVw
刑法学者で「保守反動」っていうのはやっぱり「国家社会倫理規範」
とか言っている人たちなのかね。「治安重視」というのとはまた違う
ような気がする。



88 :法の下の名無し:04/12/08 18:28:11 ID:xS5RLMFG
刑法だと保守と革新も政治的な議論ほどに対立しないだろ。

そもそも刑法は個別の論点が極めて細かいので、○○説VS○○説なんてのはあるが、
それが保守VS革新の対立とは一致しない場合が多い。
両方の説にそれぞれ保守派と革新派がいるって感じ。

それに、思想以前に実定法の規定に縛られるしね。
だから改正論議になると対立が激しくなると思われ(改正刑法草案の時みたいに)。
でも解釈ではほとんど保革思想の争いはない。

89 :法の下の名無し:04/12/10 19:01:57 ID:dmvT2+hQ
瀧川や佐伯千仭,平野らは自由主義重視の革新派。
小野や団藤は倫理重視の保守派。

90 :法の下の名無し:04/12/10 19:37:49 ID:aApkolY2
>>89
佐伯は、大東亜戦争敗戦直後、G項パージにかかっている。


91 :法の下の名無し:04/12/12 14:01:33 ID:3fMpnOEr
>>90
だからなんだ。

92 :法の下の名無し:04/12/14 14:22:03 ID:/xGIsYJX
>>90
お前ホントにいい加減にしろ
http://school.2ch.net/shihou/kako/999/999437110.html
であれだけ痛い目に遭ってもまだ懲りないのか

93 :法の下の名無し:04/12/14 20:34:43 ID:xQ1xZ1Tt
京大関係の情報は、下のサイトで。
京大のネットのようです。
http://www.kyoto-u.com/lounge/tokeidai/html/200406/04060016.html

94 :法の下の名無し:04/12/19 02:20:51 ID:OEJih2fm
M宮先生の指導教官は誰だったのですか?形式的でも良いのですけど。
佐伯、中山の各先生に影響を受けたのは知ってるんですが。
ちなみの私は佐伯H志先生のキレが素晴らしいと思っているのですが、
佐伯H志先生の指導教官はD先生ですか?H先生ですか?

95 :法の下の名無し:04/12/19 08:46:11 ID:sJIgoHuP
松宮先生の指導教官は中森先生。
佐伯先生の指導教官は平野先生。

96 :法の下の名無し:04/12/19 09:30:10 ID:eM4AUslH
佐伯は平野の最後の助手。
ジュリスト対談参照。

97 :法の下の名無し:04/12/19 10:42:34 ID:qTN7Y51r
みなさんが評価する刑法の本は誰ですか?
自分は、団藤「刑法綱要」と前田氏の本を持ってます、団藤の方に共感が多いですね。


98 :法の下の名無し:04/12/19 11:00:06 ID:K07FFEyO
松宮先生は平場先生が指導教官じゃないかしら?

99 :法の下の名無し:04/12/19 12:01:05 ID:RzU25rPZ
>佐伯は平野の最後の助手。
あれだと実質平野は見てないよね。
だれが面倒見たの?

100 :法の下の名無し:04/12/19 12:28:46 ID:eM4AUslH
>>99
西田でそ。

101 :法の下の名無し:04/12/20 13:32:27 ID:mNlhgn2I
 法学教室1月号の巻頭言で佐伯教授が「平野龍一先生」を書いておられる。

 「平野先生の刑法学説の多くは、いわゆる通説ではなかった」と言明されているが、それでは、当時の刑法学者で、誰の説が通説になったのだろうか。

102 :法の下の名無し:04/12/20 15:28:34 ID:4wsIw6TP
団藤タソだよ。もちろん団藤タソのすべての見解が通説というわけではないが。

103 :法の下の名無し:04/12/20 16:05:25 ID:KIYP9Pln
>>101
まじめに聞いてるのかい、団藤以外に誰がいる?

104 :法の下の名無し:04/12/21 00:08:08 ID:bV4gcoE5
中山研一先生。

105 :法の下の名無し:04/12/21 03:18:40 ID:N0s1ECY1
名大の篠田君穂教授って良いでつか?


106 :法の下の名無し:04/12/21 07:58:19 ID:hExyPILP
聞いたことがない。

107 :法の下の名無し:04/12/21 20:15:18 ID:v9ELhPfK
>>105
大塚博士のお弟子で、昔の教養部の教授でせう。
平川教授の退官の後、学部・研究科に横スベリされなかった
ようです。

108 :法の下の名無し:04/12/21 20:40:56 ID:JywUiuj9
>>104
徹底した結果無価値論的客観主義の立場に立った先生でしたね。
学生時代、この先生の「口述刑法総論」「口述刑法各論」を精読
しましたが、民主主義・人権擁護の姿勢に好感が持てました。
いまもご健在なのかな?

109 :法の下の名無し:04/12/21 21:00:56 ID:v9ELhPfK
>>108
瀧川先生の最後のお弟子さんですね。
今年、成文堂から口述刑法総論の新版を上梓しはりました。
でも昭和53年の初版に比べ、レベルがメッチャ落ちている。
学者は一貫したスタンスを貫く方は尊敬に値します。
京大系は、特に顕著です。それに比べて東大系は、横田喜三郎、
宮澤俊義、我妻栄、兼子一・・・軽蔑に値します。

110 :法の下の名無し:04/12/21 21:20:11 ID:1olbfIwB
君子豹変

111 :108:04/12/21 21:31:09 ID:JywUiuj9
>>109
中山先生はご健在だったのですね。
一地方公務員の私は、最近はもうさっぱり刑法学の本などは読んでいませんが、
もう一度書斎の片隅に置いている佐伯、平野、中山各先生の本を引っ張り出して
みようかという気になります。
この三氏のバックボーンにあるのは、やはり戦後民主主義の理念ですし、
その気迫が著書の隅々にまで漲っているのが敬服に値すると思います。


>>それに比べて東大系は、横田喜三郎、
>>宮澤俊義、我妻栄、兼子一・・・軽蔑に値します。

う〜ん(--;
横田氏は戦前は急進自由主義者と活躍し、戦時中はファシズムと妥協し、
戦後は反天皇制を訴えたかと思うと、レッドパージで再転向したあたりは
たしかに変わり身の早さがついていけませんね。

宮澤、我妻は比較的穏健な戦後自由主義・民主主義の旗振り役でしたが、
三菱樹脂事件では馬脚を現した、と言えなくもないですね。

兼子氏は・・・ちょっと思い浮かばないのですが、どういう点に一貫性がない
のでしょう?
スレの趣旨とずれますが、ご教示ください。

112 :法の下の名無し:04/12/21 21:40:54 ID:hExyPILP
ここは、ソビエト刑法学・マルクス主義刑法学スレなの?

113 :法の下の名無し:04/12/21 22:11:46 ID:v9ELhPfK
>>109
宮澤は松本委員会のメンバーで、憲法改正案を実弟の毎日の記者
にリークしてスクープさせた。
兼子は、宮澤・我妻と共に三菱樹脂事件で会社側にたった鑑定書を
書いた。また、法律学全集の刊行の際、自分の息子の兼子仁に「教
育法」を執筆させた。その分野では、例えば京大の相良唯一などが
いたのに、・・・。兼子仁だけが、助教授だったのかな。親バカ。
京大系は、戦前・戦後を通じてスタンスを変えなかった学者が多い。
佐々木惣一・大石義雄・末川博・・・。




114 :法の下の名無し:04/12/21 22:29:04 ID:SxrejI/h
別に会社側でもいいと思うんだが。
憲法しかやってないとトンデモないように思うかもしれんが,労働法学者は
ぜんぜん別のことを言ってるよ。

115 :法の下の名無し:04/12/22 00:03:09 ID:3v0lZNGh
横田喜三郎、宮澤俊義、我妻栄、兼子一なんてところを別に擁護する気もないが、

会社側だというだけで批判する馬鹿が今頃いるんだなw

116 :法の下の名無し:04/12/22 00:13:32 ID:7a12i5GW
平野龍一は誰も近づかない灯台w

117 :法の下の名無し:04/12/22 00:31:00 ID:kUzpLdXH
ま,要するに,左翼から見て自分の意見に合わないから軽蔑するってことか。
最悪だな。

118 :法の下の名無し:04/12/22 01:38:08 ID:cos+KYxm
田中耕太郎は一貫している、尊敬すべき人間だ。
商法学者ですが。

119 :法の下の名無し:04/12/22 10:58:49 ID:naTLR9vC
労働者側の主張に肩入れすることが即ち自由主義・民主主義だということは
言えないと思う。会社側にも擁護されるべき利益があるし、どの辺でバランスを
取るかというのは自由主義・民主主義から一義的に明らかになるわけでもない。


120 :法の下の名無し:04/12/22 14:43:54 ID:kUzpLdXH
一貫することがそんなに大切だろうか。

121 :法の下の名無し:04/12/22 15:10:58 ID:cos+KYxm
刑法の話しようぜ。

122 :法の下の名無し:04/12/22 19:58:01 ID:XVcWV2pN
宮澤・我妻・兼子を、会社側にたった鑑定書を書いたから批判する
のではない。
それまで、彼らが主張してきたことと相反するような内容だったか
らだ。会社側に立つ主張は、宮澤の憲法U(全集)や憲法講話(岩
波新書)に書かれている内容からは導くことが出来ない。
また、三菱樹脂事件の最高裁判決は批判するなら、上記3人も批判
するのが筋だと思うが、そんあ学者は誰もいない。批判が許されな
い世界、それが護憲の世界なのか!



123 :法の下の名無し:04/12/22 20:31:53 ID:T+I5FC7i
>>122
スレ違いをいつまで続けるつもりでしょうか。
他人を批判する前に、自分の行動を省みるほうがよろしいかと。

124 :法の下の名無し:04/12/22 21:56:17 ID:XVcWV2pN
>>123
スマン。
どうにも止らないのが俺の性格。


125 :法の下の名無し:04/12/24 02:33:21 ID:/aL7Z/Xd
>>122
スレ違い。あんたはこっちへ↓
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1095458363/l50

126 :法の下の名無し:04/12/24 02:58:14 ID:oAbfEtDo
平野の死去に対して検察首脳が
「その理論には反発を覚えるも敬意を抱かせるものがあった」
とコメントしてたが。

127 :法の下の名無し:04/12/24 09:53:03 ID:QoI8Gaz4
団藤とか我妻は立法論ばかり書いてるイメージだが?


128 :法の下の名無し:05/01/02 04:30:07 ID:cCdfAdv/
質問です。
わたしは25歳です。付き合って一年の彼女はもうすぐ二十歳になるんですけど、性交渉は当然あります。
聞いた話では法律上では淫行だと聞きました。本当にそうなんですか?
当然お互いの同意があっての事です。
ついてに淫行の事も詳しく教えてください。

129 :法の下の名無し:05/01/02 16:17:23 ID:rf8XocEu
伊東研祐先生は何語が得意なんでしょうか?

130 :法の下の名無し:05/01/02 16:17:43 ID:ssluURxN
日本語。

131 :法の下の名無し:05/01/02 16:18:42 ID:rf8XocEu
>>130
ひどい!!

132 :法の下の名無し:05/01/02 19:26:23 ID:ssluURxN
親切に教えてやっただろ。

133 :法の下の名無し:05/01/03 11:33:22 ID:FNpucDMz
>>129
国立大学(旧帝国大学)の大学院法学研究科も教授のポストを
放擲して、最高裁判事を1人もだしていない大学に転出するな
んて昔は考えられなかった。親の介護等の事情があったのでし
ょうか。

134 :法の下の名無し:05/01/05 20:43:50 ID:OFnIJw9G
ちがうよ。

135 :法の下の名無し:05/01/05 21:58:10 ID:AiBN651m
>>133
だんどうがいるだろ
それにみゃー大は宮廷じゃなくて地底、しかも戦前は理系だけ。

136 :法の下の名無し:05/01/06 07:33:00 ID:M/QoxwJQ
東大学士からしたら名大なんて仕方なく行くところだろ

137 :法の下の名無し:05/01/06 09:17:00 ID:a2n8Wrbb
団藤さんを慶応→最高裁と考えるのはいかがなものか。
東大→ブランク→最高裁
で、わずかなブランクを慶応で埋めたとみるべきではないか?
最高裁としても慶応義塾大学教授の団藤を選んだんじゃなくて、
東京大学名誉教授の団藤を選んだんだろ?

138 :法の下の名無し:05/01/06 11:47:16 ID:D4GYRIoE
そういや法政って結構、最高裁判事を輩出してるね。

139 :法の下の名無し:05/01/06 21:07:52 ID:XQJxeIh9
>>136
大塚仁、山田遼一、伊藤眞、平川宗信、大沢某、加藤雅信、北沢正啓・・・・
皆さん、東大学士助手から名大助教授ですが・・・。
松阪佐一は、東大⇒京城帝大からの横滑り?

>>137
正鵠を得たカキコと思います。
慶應の場合、青柳文雄の最高裁判事就任を、全塾あげて
実現すべきだった。


140 :法の下の名無し:05/01/09 16:11:51 ID:nxVLk/Ul
◯正鵠を射た,的を射た
×正鵠を得た,的を得た

ちなみに正鵠とは的の真ん中の部分

141 :法の下の名無し:05/01/09 19:38:37 ID:L3QP61ql
>>140
サンクス!
変換ミスでした。


142 :法の下の名無し:05/01/09 20:25:53 ID:ERj2HjtW
>>141
傷口に塩を塗るようだが、変換ミスではない罠

○「いた」
×「えた」

だからな。

143 :法の下の名無し:05/01/09 21:25:54 ID:KJSmBgNb
横レスでスマンが、「正鵠を得る」というのも現在の国語規範では許容されてるんだな。
俺は「正鵠を射る」しか使わないが。
集英社の国語辞典などは、「正鵠」の欄で、用法として「−を得る」が載ってるくらいだ。

この例は、
独壇場(どくだんじょう)→正しくは「独擅場」(どくせんじょう)
一生懸命(いっしょうけんめい)→元来は「一所懸命」(いっしょけんめい)
「今日は暑いです」、「それは正しいです」→正しくは「形容詞+です」は誤り。
新しい(あたらしい)→元来は「新しい」(あらたしい)
山茶花(さざんか)→元来は「山茶花」(さんざか)
十分(じゅっぷん)→正しくは「十分」(じっぷん)

などと同様に、もともと間違って使われたのが許容されたり正統化したりする例の一つだろう。
まあ、まだ「正鵠を射る」が正統なので、「正鵠を得る」は許容にとどまるけれども。

昔、某刑法学者(現K大学教授)が論文で「正鵠を得る」と使っていたのを見て、気になって調べたので・・・。

144 :法の下の名無し:05/01/09 23:26:05 ID:bWs4yXko
タイ------フォ祭り!
世田谷事件の犯人が降臨中
http://news13.2ch.net/test/read.cgi/news/1105277235/30

145 :法の下の名無し:05/01/10 02:23:41 ID:cUHTVpTc
平川除いては一流学者ばかりだな名大。公法系(憲行)がソ連系なんだろ。

146 :法の下の名無し:05/01/10 09:55:35 ID:x1+MF2RN
大川先生や森先生は右に鞍変えしたのか…
ずいぶんまるくなってもんなぁ

147 :ホッシュジエンの国内ニュース解説:05/01/10 09:56:26 ID:iNzHnGp+
ミ・д・ミ<オジャマシマス

法務省は、女の子の誘拐殺害事件を受け、性犯罪を犯した者が
刑務所から出た後の所在の情報の取り扱いなどを巡り、今週から
警察庁と協議に入ります。ただ、プライバシー問題なども踏まえ、
慎重に検討していくことにしています。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __    別に性犯罪者を擁護する気はないが、国家権力が
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  / 法を越えて、国民を監視下に置く事には同意できないな。
  |ヽ   | | ミ ・д・ミ/_/旦~~ 
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| * 刑を終えた人間を監視下に置くならそもそも量刑の意味が問われかねないし
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l それなら、迂回献金や省庁の裏金=横領は監視しなくていいのか、と。(・∀・ )

05.1.10 NHK「法務・警察 性犯罪対策で協議」
http://www.nhk.or.jp/news/2005/01/10/k20050110000012.html

* 国民に対して前科者の烙印さえ押せば、あとは国権力が何をしてもよい
 という前例を、国民に容認させようとする意図が感じられます。つまり、
 国が国民を監視・規制したければ、国が犯罪者の烙印を押せばよいのです。

 犯罪者であるかどうかを問う場合、それは国が適当な法を定めていさえすれば
 良いという結論に導かれる事が予想され、かつてのユダヤ人迫害も、そうした意味で  
 当時のドイツ国内では合法だったのです。

 これは、法の根本的意義を揺るがしかねない警察の職権乱用であり、 
 法務省が待ったをかけたのは、こうした指摘を危惧する動きがあったと私は考えます。

148 :法の下の名無し:05/01/10 10:52:36 ID:Av/M11y9
アメリカマンセーの平野先生がご存命なら
ミーガン法には大賛成されたことだろう

149 :法の下の名無し:05/01/10 16:23:01 ID:hNopedjc
>>143
正鵠を失う→正鵠を得る
というのが本来の対応じゃないの?
「正鵠を射る」が正統だと確信した理由を教えていただけるとありがたいのだが。

150 :法の下の名無し:05/01/10 17:42:53 ID:gz6Tsoj5
正鵠を失う?
正鵠を誤る、でなくて?

とりあえず広辞苑から引用

せい‐こく【正鵠】
(セイコウは慣用読み)[礼記中庸]
 弓の的マトの中央の黒ぼし。
 ねらいどころ。物事の急所。要点。「―を誤る」

○正鵠を得る
核心をつく。「正鵠を射る」とも。「その推察は正鵠を得ている」


ってか話題がズレ杉だ罠



151 :法の下の名無し:05/01/11 02:14:04 ID:MPt0FdN0
すれ違いなので拘らないが、原典だと「正鵠を失う」らしいよ
で、正鵠を失う→正鵠を得ると派生したんだっていうHPを見たからさ
>>143みたいな断定はどこから出たのか気になっただけ
そこらへんを知りたかったのだが、国語辞書を調べただけってんなら別にいいや

152 :法の下の名無し:05/01/21 22:59:21 ID:mBxQTH/T
著名な刑法学者で植松正先生という方がおられた。
この先生が、晩年、「刑事訴訟法教室」という書籍を
大蔵省印刷局から上梓されたが、読まれた方、おられ
ますか?


153 :法の下の名無し:05/01/22 00:09:27 ID:s4F2cQMb
第一法規

154 :法の下の名無し:05/01/23 01:06:40 ID:Psj2Dy3Q
>>113
末川の戦前のコメント見たことあるの?

155 :法の下の名無し:05/01/28 19:12:46 ID:PeztqdpD
佐伯千仞先生の関西刑法学会での影響力ってどの程度のものなのでしょうか
特に戦後京大を辞職されてから以降についてご教示のほど宜しくお願いします

156 :法の下の名無し:05/02/06 03:35:33 ID:QJJgXZBK
凄い凄い死ぬ死ぬ

157 :法の下の名無し:05/02/06 10:33:13 ID:1Gn6WdZU
>>155
刑法読書会。

158 :法の下の名無し:05/02/06 14:46:56 ID:Z8C2WdRx
>>155
京大の大学院で刑法総論の講義をしていた時期もある。
秋田大学の西台満先生が、院生のころ、佐伯先生の講義
に反発して主観主義になった。

159 :法の下の名無し:05/02/09 16:37:17 ID:eiHaph7N
同じく公職追放にあった小野清一郎センセと比較しても
佐伯センセの影響力は今なお大きいように感じますが
その差は何だったのでしょうか?

160 :法の下の名無し:05/02/09 16:51:06 ID:nZDmCtYA
>その差は何だったのでしょうか?
寿命じゃないのか?

161 :法の下の名無し:05/02/09 20:59:04 ID:Ohqt5wgO
>>159
小野博士が道義派で、佐伯博士が進歩派だったから。
これは冗談で、多分、小野博士から直接指導を受けた人が
戦後、いなかったのでは?佐伯博士は、大講堂で講釈した
り、院生を直接指導しているから、影響力は大きい。



162 :法の下の名無し:05/02/09 21:34:07 ID:e5RPsoau
>>159
佐伯仁志たんが佐伯チヒロと間違えられるようになったから。

163 :法の下の名無し:05/02/10 01:29:30 ID:cBP/WMCZ
>>161
團藤と平野龍一は小野の弟子だったのでは。

164 :法の下の名無し:05/02/10 01:50:33 ID:85gpuprb
平野先生もはじめは小野先生に心酔してたらしいな。その後,目的的行為論マンセーとなって,
さらにその後,結果無価値論マンセーへと転じる,と。

165 :法の下の名無し:05/02/10 10:49:32 ID:98V8nmyc
議論の前提が違わねーか?
影響力でいえば
小野>>>>>>>>>>(超えられない壁)>>>>佐伯
だろ。

構成要件の理論ほど影響を与えたものはないと思うけどな。

そもそも犯罪要件、成立要件などとされていたTatbastandを構成要件として定着させたのが小野先生。
構成要件的故意・過失の存在を認めたのも小野先生。これはドイツより早い。
日本の新派・旧派論争で旧派を勝利させたのも小野先生。
このような小野理論があってはじめて団藤体系が登場したんだから、小野先生の影響力はかなりでかいぞ。
影響力が大きすぎてわかりにくくなってんのかもしれないけど。

166 :法の下の名無し:05/02/10 11:22:09 ID:V7PxeR3f
小野が通説だと思う。
団籐は通説ではない。

167 :法の下の名無し:05/02/10 12:24:49 ID:85gpuprb
確かに「団籐」は通説になってないな。

>>165
超えられない壁とか意味不明だけど,小野先生の影響力は確かに大きいし,佐伯先生も非常に大きい。
佐伯先生は関西でももちろん影響力があるし,関東でも平野先生への影響を通じて大きな影響を与えた。

168 :法の下の名無し:05/02/10 16:39:57 ID:uNdPsb06
小野先生は亡くなられたのでせうか?

169 :法の下の名無し:05/02/10 17:24:06 ID:98V8nmyc
もう亡くなられたよ。
>>160
のレスは、まさにそういう意味だろう。

170 :法の下の名無し:05/02/10 20:25:30 ID:V7PxeR3f
近代派の巨頭牧野の弟子が小野、小野の弟子が団籐。
小野は、師に反し古典派。師弟の仲は険悪化。
それを見ていた団籐はウロウロ。
そして挙句、どっちつかずのような人格責任論を考え出した。
と、聞いたことがあるが。




171 :161:05/02/10 21:06:42 ID:Ew9LjdoY
>>162
寝ぼけで、表現が拙劣でした。真意は、次の通り。
戦後、小野博士から直接、新たに指導を受けた学者がいなかったの
では?小野博士のお弟子が、平野先生で終っている。

>>170
辰巳法律研究所で、弁護士の近藤仁一先生が、刑法総論の最初の
時間に、そのように仰せでした。師匠を裏切った因縁を、ご自身
も受けているようです。もっとも浄土真宗は、因縁を認めないか。



172 :法の下の名無し:05/02/10 21:55:21 ID:V7PxeR3f
170です。
>171
そうです。近藤先生から聞きました。

173 :法の下の名無し:05/02/11 05:41:11 ID:V3bmqKuR
>>160
寿命っっていっても小野先生もかなり長生きしたがな。
佐伯先生のほうがずっと若いんだから死ぬのも遅くて当たり前。ってまだ死んでないが。

174 :法の下の名無し:05/02/16 00:02:06 ID:S6bvcTpV
>>158
へぇ〜、まだ、西台さん秋田にいるんだ。
まぁ、変わった人だったからな…

175 :法の下の名無し:05/02/16 03:35:05 ID:pV7sO5qz
行為無価値派で山口を倒せる人材はいないのかい?

176 :法の下の名無し:05/02/16 05:40:45 ID:bWwHobvK
いない

177 :法の下の名無し:05/02/17 12:21:05 ID:P+aQXOdc
>>175
おれ。

178 :法の下の名無し:05/02/22 00:06:38 ID:/rDmPTSk
諸氏、藤木先生の本を読まざるべからず。
如何。

179 :法の下の名無し:05/02/22 00:20:36 ID:6CDcN5Nv
で、誰が死んでて、誰が生きてるんだ?
佐伯先生も死んでるんかと思ってた。

180 :法の下の名無し:05/02/22 00:29:27 ID:oaaxiSMU
>>179
最近では、平野龍一が死んだが、団藤は生きている。

181 :法の下の名無し:05/02/22 10:55:25 ID:RS0ksSRF
失礼な。
平野先生の精神は永遠に不滅です!




前田の頭の中からはとっくに消え去ってはいるが

182 :法の下の名無し:05/02/22 23:55:44 ID:jLbQj4mq
刑法綱要読み返してみたが、
むつかしい。
団藤はむしろ刑訴に味があるのではないか。

183 :法の下の名無し:05/02/23 01:38:40 ID:nSH7QvgY
>>182
団藤の「刑事訴訟法」って、売ってないよね。
版も新しくしないし。

184 :法の下の名無し:05/02/23 01:48:39 ID:nSH7QvgY
今日、本屋で、小野清一郎、牧野英一、平野のそれぞれの「刑法本」があった。
復刻されてたんだな。

買っとこうかと思ったが、高かった。

185 :法の下の名無し:05/02/24 20:42:24 ID:GfXDIBlr
>>179
佐伯先生
大阪弁護士会で弁護士登録しておられます。







186 :法の下の名無し:05/02/24 21:49:30 ID:8vIBv75v
>>183184
調べて見たんだけど、団籐の、新刑事訴訟法綱要、販売停止中みたい。
七訂版が最後かな。
小野、牧野、平野の復刻版が出てるという事は知らなかった。
小野の、構成要件に関する本は、一度読んで見たいのだが。

187 :法の下の名無し:05/02/25 03:25:38 ID:MuMpuuYj
>>186
新宿の紀伊国屋書店南口で見たぞ、復刻版。


188 :法の下の名無し:05/02/25 04:39:46 ID:3+Fqlgki
>>187
紀伊国屋か。取寄せんといかんなこれは、有難う。
平野の刑法は持ってるんだ。旅行中に、長岡の本屋で
みつけた。

189 :法の下の名無し:05/02/25 12:58:47 ID:tpGnyCo0
オンデマンドで買えばいいじゃん

190 :法の下の名無し:05/02/26 09:33:33 ID:nFmom0PU
>>189
オンデマンドってなあに?
デジタル書なの?

有斐閣のHPで見たが、高いなあ。

191 :法の下の名無し:05/02/26 09:45:47 ID:cyVkSb9l
注文受けてから一冊づつ作る本だよ <オンデマンド
だから高い。

192 :法の下の名無し:05/02/27 03:45:50 ID:uZTmIbV0
>>191
なるほど、納得です。

193 :法の下の名無し:05/03/04 01:20:36 ID:1YjK8n+p
 皆の者、ついに林美月子先生のご尊顔がご開帳になったのだ。
 心して拝むべし。

 ttp://www.rikkyo.ne.jp/grp/lawschool/c05.html

美夏先生は、なかなか出てこない。

194 :法の下の名無し:05/03/06 15:02:51 ID:TLC7FRc2
今日「アッコにおまかせ」を何気なく見ていたら、
「おまかせファミリーの日大板倉教授に聞きました」って言ってたんだけど、
板倉先生っておまかせファミリーなの?

195 :法の下の名無し:05/03/12 03:21:53 ID:1TdM8pVZ
>>194
おもしろすぎ

196 :法の下の名無し:05/03/14 19:16:10 ID:cEV4ii+O
大塚先生の刑法概説総論 第3版増補版
は明後日ぐらいには店頭に並ぶのか?


197 :法の下の名無し:05/03/15 18:07:12 ID:QbXpomBP
刑法学者への道
http://criminal-law.ameblo.jp/

198 :法の下の名無し:05/03/17 23:54:53 ID:zFMMhquv
最近の判例時報で掲載されてる
森下忠の回想文面白いよ。


199 :法の下の名無し:05/03/18 00:24:30 ID:H7+x1LSN
もりちゅうは、最初は刑法学者だったが、いつの間にか刑事政策学者になった。

200 :法の下の名無し:05/03/18 16:14:23 ID:RZLdAJxW
200とったら団藤先生にサインもらいにいく

201 :法の下の名無し:05/03/18 23:09:19 ID:pakGYSzb
>>200
 えっ、団藤先生が200歳になったら記念のサインもらいに行くの?

202 :法の下の名無し:05/03/18 23:58:30 ID:XmKkZXAZ
>>201
>200をどう読んだら、そんな解釈がでてくるんだ?

203 :法の下の名無し:05/03/19 21:13:31 ID:S9RasXu4
>>198・199
森下先生は、京大の学生時代、刑法は団藤先生の講義を聴かれて
いる。
団藤先生が京大で講義されて理由については、岩波現代文庫の
「滝川事件」を参照してください。
ちなみに、森下先生は岡山大学の教授時代、司法試験の指導も
されておられたが、森下先生から「見込みがないから止めたほ
うが良い」と言われた受験生から合格者が続出し、森下先生か
ら受験撤退勧告を待つ受験生もいたとか(昭和44−47年の
受験新報に掲載の合格体験記を参照されたい)。


204 :法の下の名無し:05/03/20 00:14:19 ID:ZG/nvgR3
>>203
一般的に言って、
合格は当たり前、順位が問題の優秀な人が教えると、生徒の出来の悪さにイライラするようだ。
そんな程度の人たちでも合格するんだね。

205 :法の下の名無し:05/03/20 00:22:00 ID:j9NZZ5TF
立派な翻訳家ですよね

206 :法の下の名無し:05/03/20 00:22:53 ID:z6koIYo0
刑法学者のいうことをそのまま実行したら、逮捕されるやつは一人もいなくなる。

207 :法の下の名無し:05/03/21 00:01:09 ID:vIvf3qjl
ちょっと嫌な事ですが。以下の質問を受けております。

今日は女子高校生で抜いたよ。
最高だった。
白濁液の勢いがダンチ。
止まらなかった。
これからもこの関係を続けて行きたいが、これは犯罪になるのか?
マジレスよろ。

どうなのでしょう。


208 :法の下の名無し:05/03/21 01:55:23 ID:DizBtOr3
430 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:05/03/21 00:31:13 ID:SZrwNd+d
おーのって、ホントどこにでも紹介文つけてるよな。


431 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:05/03/21 00:44:20 ID:r/luGM34
俺のマイミクにもおーのに紹介文つけられたのいる
勝手に知り合いなんて書いてるけど
実際、何にも知らない時にマイミク承認しただけで
そいつは日記も書いてないし、メッセージも返信してないってさ
餓え過ぎwww


209 :法の下の名無し:2005/04/30(土) 16:11:20 ID:CX3ZQysu
中山研一読んでるけど、ダイヤモンドのようにピュアな結果無価値だ 前田など読んでいたのが悔やまれる

210 :法の下の名無し:2005/05/03(火) 02:42:45 ID:1Xkp2iSX
牧野の前に牧野なく、

牧野の後に牧野なし。


211 :法の下の名無し:2005/05/06(金) 01:33:34 ID:RW+WTwHo
漏れの前には道はなし

212 :法の下の名無し:2005/05/06(金) 01:34:44 ID:xQneck8h
童貞?

213 :法の下の名無し:2005/05/06(金) 14:11:16 ID:gmzQ6w9Z
>>209 ジュンク堂新宿店で中山刑法総論売ってるよ


214 :法の下の名無し:2005/05/06(金) 22:53:44 ID:yzJJc1ZE
荘子邦雄「刑法総論」(青林全集)ってどういう位置ですか?

215 :法の下の名無し:2005/05/07(土) 06:45:26 ID:sMMXXKg9
目的的行為論だっけ?
主観主義だっけ?
結構変わった説だよね

216 :法の下の名無し:2005/05/07(土) 12:40:03 ID:R0W3+a3c
>215
木む亀の後継者だが、本人は主観主義ではないと思いますが。
平野氏とほぼ同世代で、厳しく批判していたようだが、平野TUが絶版になっている今日なお、荘子本は大きな書店では並んでいるから、結構力ある本のかなと思いまして・・・。

217 :法の下の名無し:2005/05/07(土) 19:11:26 ID:lwA5NvJg
荘子は古典派だろ。木村亀二の後継者だっけ?不破哲三の弟子だよな?

218 :法の下の名無し:2005/05/07(土) 19:12:02 ID:lwA5NvJg
荘子は一流の学者だが,平野のような超一流じゃない。

219 :法の下の名無し:2005/05/07(土) 21:48:29 ID:cns75yNU
荘子は九大で亀ちゃんの薫陶を受け、亀ちゃんが東北大に移ったので弟子も一緒にと
いったところか。図書館で読んだが、内容がもう古いのでは。

220 :法の下の名無し:2005/05/07(土) 22:03:45 ID:lwA5NvJg
なんで不破哲三なんだよ。荘子邦雄の師匠は不破武雄だろ。

221 :法の下の名無し:2005/05/07(土) 22:04:24 ID:lwA5NvJg
と自己ツッコミ。亀ちゃんの弟子でもあったのか。

222 :法の下の名無し:2005/05/07(土) 23:44:42 ID:wEJvskrX
初版がすごい分厚い!

223 :法の下の名無し:2005/05/08(日) 00:13:28 ID:OGqqaas2
確かに、初版のはしがきをみると「故不破武夫先生および故亀尾英四郎先生の学問的態度は、貴重な心の支柱となった。」とある。
このほか敬意を払われているのは、ヘーゲルとエンギッシュとヘルムート・マイアー、泉二新熊の4名。
ちなみに本文813頁

224 :法の下の名無し:2005/05/08(日) 00:38:10 ID:ZKNFgc7W
H.マイアーと泉二と言えば,責任共犯説じゃん。
荘子は後に制限従属形式(不法共犯説?)に転向したけど。

225 :法の下の名無し:2005/05/08(日) 00:41:37 ID:ZKNFgc7W
前田の書いた系図では荘子の師匠は確かに「不破武雄」になってるんだよな。不破武夫のことだろう。「高橋則男」と誤変換された高橋則夫も文句を言ってた。

226 :法の下の名無し:2005/05/08(日) 00:49:01 ID:i5ihFXup
そんなこといいからお前ら論文書け。

227 :法の下の名無し:2005/05/08(日) 00:53:43 ID:ZKNFgc7W
いや。漏れロー生なんだけど。

228 :法の下の名無し:2005/05/08(日) 00:59:19 ID:ZKNFgc7W
亀尾って闇市で食料を買わずに配給だけで飯を食って死んだドイツ語の先生だっけ。

229 :法の下の名無し:2005/05/08(日) 01:06:42 ID:t+xByZIV
不破武夫『魔女裁判』なる本があるらしいのだが読んでみたいものだ。

230 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

231 :法の下の名無し:2005/05/08(日) 10:51:40 ID:9bheHjFQ
荘子「刑法総論〔新版〕は491Pで、旧版より4割圧縮。短くなったのが良いかどうかは分からないが、改訂するならこの位大胆にやって欲しいと思ふ。
最近の受験産業顔負けの教科書の改訂ラッシュを見るにつけても(特に民事法系)。
ところで、荘子博士って存命なの?

232 :法の下の名無し:2005/05/08(日) 18:28:21 ID:ZKNFgc7W
内田文昭長老の師匠だぞ。まさか生きてはないだろう。

233 :法の下の名無し:2005/05/09(月) 19:44:14 ID:AohrEF3X
生きてるんじゃないかなあ、新聞の死亡欄で見かけたことないから。でも平野が死んだって記事も
見かけなかったような。

234 :法の下の名無し:2005/05/09(月) 20:46:59 ID:OCkweQ+7
マイクの使い方の下手さでは、廣中教授と双璧だったな。

235 :法の下の名無し:2005/05/09(月) 21:11:50 ID:fl+GKdrN
平野死亡記事は載ってたんじゃないの?ネット上の新聞社サイトではちゃんと記事になってて生前の功績についても言及してたよ。
荘子邦雄じゃ載らないだろうけど。東大系じゃないし。

236 :法の下の名無し:2005/05/15(日) 12:19:59 ID:qgDZX6LK
宗岡ってあんなひどいやつだとは思わなかった。

237 :法の下の名無し:2005/05/17(火) 22:40:36 ID:Q2f0CVL1
荘子博士、生きてる! 弾道に次ぐ長生きだな・・・。
ttp://www.law.tohoku.ac.jp/kyoukan-j.html

238 :法の下の名無し:2005/05/28(土) 00:52:10 ID:IgJdvoqz
立命館の学生です
名誉教授の佐伯ちひろ先生って、最近刑法総論の講義でよく名前聞くのですが・・・
先生は男ですか女ですか(汗)???

ググってみたんですけど分からない(^^;
たぶん男だと思うんですけど・・・気になって夜も眠れないんですよ。。。

239 :法の下の名無し:2005/05/28(土) 01:45:00 ID:WpIf2+s9
男です。早く寝なさい。

240 :法の下の名無し:2005/05/28(土) 03:22:06 ID:q41Weiic
ありがと
ああ、やっと眠れるzzz

241 :法の下の名無し:2005/05/28(土) 04:07:35 ID:cFZ3fN4W
騙されるな。
ちひろタンは女だよ。
若い頃はグラマー刑法学者として有名で、
週刊誌に水着のグラビアで出たこともあったよ。

今見てもエロい!

242 :法の下の名無し:2005/05/28(土) 05:49:13 ID:WHMODUzG
佐伯先生すごいね1907生
まだ、原稿書いてるらしい

それに比べりゃ弾道たん1913生、荘子たん1920生なんてまだまだ若いなww

243 :法の下の名無し:2005/05/29(日) 14:25:06 ID:bSv1JKa+
学者って裁判所書記官研修所監修の本とか無視なの?
刑法総論講義案とかすごいわかりやすいと思うけど。

244 :法の下の名無し:2005/05/31(火) 16:16:39 ID:HyvDjiCU
>>243
新しいことが書いていなければ引用する意味はないだろう。
予備校テキスト書いてるんじゃないんだから。

245 :法の下の名無し:2005/06/01(水) 15:35:56 ID:4pzh39EU
>>244
いや、学習用として学部授業の参考に使ったりしないんでしょうか?

246 :法の下の名無し:2005/06/03(金) 06:51:56 ID:n21uvPfs
>>245
普通にテキストに指定してる人いるよ。

247 :法の下の名無し:2005/06/12(日) 12:17:06 ID:6y64//MY
目的的行為論が流行ったときは、平野先生、福田平先生、平場安治先生が
三平と呼ばれてすごかったと学部の授業で聞きました。
平場先生は他の2人に比べると、あまり名前を聞きませんが、やはりビッグな学者なのですか?

248 :法の下の名無し:2005/06/12(日) 15:31:04 ID:Hkm8aNhI
>>247
おいおい。平野先生の朋友だよ。京大刑法学の重鎮だ。
いまだに御存命じゃないかな。
平場先生の論文の一本にも当たってないようだと勉強足りんぞ。
学部生ってんならしょうがないが。

249 :法の下の名無し:2005/06/12(日) 18:38:10 ID:XdtzXbAV
平場先生が亡くなったこともしらずに、他人の勉強不足を指弾するのもねえ・・・・。

250 :法の下の名無し:2005/06/12(日) 19:10:16 ID:zZecWB1g
確かに論外だね。久々に笑えるキャラに出会えた。

251 :法の下の名無し:2005/06/12(日) 20:53:50 ID:u5BXyLvn
哲学的観点からいうと刑事罰=体制、権力者を保護するため、であって、必ずしも悪いことではないのだ。弱者を這い上がらせず底辺で労働させるために作られた法律がたくさんある。
もちろん、殺人とか傷害やそういうのは悪いことだけど、窃盗など財物の移動に関する刑なんかは資本力があるものが正義という価値観を強化させるためにあるのだ。
貧乏人は黙って低賃金で一生働いて人生を終えるように作られたルールがたくさんある。
つまり貧乏が悪いのだ。
日本の法体系が経済的弱者に不利である以上、やはりニートとして今の人生謳歌するのも間違いではあるまい。
なぜなら、人生に与えられた時間というのはその人だけのものであるから。




252 :法の下の名無し:2005/06/12(日) 22:41:12 ID:SUhAntzR
>246
平場先生もやはりすごい方なのですね。ありがとうございます。
晩年まで目的的行為論を貫かれたのでしょうか?
(教えてクンですみません...。)

253 :法の下の名無し:2005/06/13(月) 04:31:32 ID:CvBkeq0l
かなたん

254 :法の下の名無し:2005/06/13(月) 23:51:17 ID:6JXOxK4w
アクチュアル刑法総論、なんで肝心の違法性のところ行為無価値なんだよ!
全部西田弟子で作ってほしかった。

255 :法の下の名無し:2005/06/14(火) 00:11:50 ID:3aM5n5Wc
一冊だけ参照するわけでもなし、別にいんでないの

アクチュアルな西田刑法総論は読んでみたいが

256 :法の下の名無し:2005/06/14(火) 00:17:36 ID:W0PMhXEV
成瀬か。東北の。なんであんなのが入ってるんだろう。

257 :法の下の名無し:2005/06/14(火) 09:15:34 ID:zqsApPxW
もう、大ボスの平野氏は死んだんだ。泣き言いうなw

258 :法の下の名無し:2005/06/14(火) 21:23:16 ID:jug9dpb6
再犯性の高い強姦・強盗・殺人の犯人には肉体刑が必要だと思う。
ちゃんとした医者が手術によって手・足を切断する。麻酔かけてやるので残忍性もなく、人道的に反していない。
(たまには首もいいかも)
被害者のあった苦痛を一生背負うために、肉体的不自由で痛感させると共に、再犯を完全に防げる。

259 :法の下の名無し:2005/06/14(火) 21:30:50 ID:W0PMhXEV
┐(´∀`)┌ヤレヤレ

260 :法の下の名無し:2005/06/14(火) 22:02:20 ID:/4yDa8vA
平野先生と灯台学派のことをぜんぜん分かってないね。

261 :254:2005/06/14(火) 22:56:42 ID:4ZXTwA5o
>256
成瀬先生が書いていること自体はとてもまっとうだし、わかりやすいよ。
ただ個人的に行為無価値の結論は要らないってだけ。

262 :法の下の名無し:2005/06/14(火) 23:03:06 ID:jug9dpb6
再犯性の高い強姦・強盗・殺人の犯人には肉体刑が必要だと思う。
ちゃんとした医者が手術によって手・足を切断する。麻酔かけてやるので残忍性もなく、人道的に反していない。
(たまには首もいいかも)
被害者のあった苦痛を一生背負うために、肉体的不自由で痛感させると共に、再犯を完全に防げる。

それが実現できれば、死刑制度はいらない。

263 :法の下の名無し:2005/06/14(火) 23:05:16 ID:YCP4VoCC
>260
平野先生ねえ・・・

264 :20日出産:2005/06/14(火) 23:14:21 ID:KU9aCRfm
出てないので読んでないが、浅田教官のド結果無価値体系書が完成。

265 :法の下の名無し:2005/06/16(木) 10:54:12 ID:+EDF1Tn/
同時に同じ出版社から行為無価値スター井田教員の『刑法総論の理論構造』
読み比べて頭を破裂させるのがよかろ。

266 :法の下の名無し:2005/06/17(金) 02:22:36 ID:rbLn0VFB
>>265
井田総論、買ったよ。
恐ろしく情報量が多いね。だが判例に対するコメントは少ない。

267 :法の下の名無し:2005/06/17(金) 07:56:29 ID:gtvDBNRP
昨今の実務追随刑法に怒ってる。
論理性・体系性・演繹性を前面に押し出したいのでは。
そういう私は今日買います…

268 :法の下の名無し:2005/06/17(金) 22:54:10 ID:kZg0RBDC
浅田総論は普通にわかりやすかった。説の紹介・検討も充実しててよい感じ。
ただ、私見はかなり特徴的。。。

269 :法の下の名無し:2005/06/18(土) 06:30:29 ID:CYk3OtU/
両方ともまだでてなかったじゃんけ。ガクっ。

270 :法の下の名無し:2005/06/18(土) 07:29:53 ID:ChG19rMu
私見が特徴的でなかったら学者としてやっていけんだろ。

271 :法の下の名無し:2005/06/18(土) 22:56:27 ID:CYk3OtU/
井田氏のはしがき、気合十分にドイツ万セー。
そいえば、反対側の松宮氏のはしがきもドイツ万セー。
どっちも、「取るにたらなくなりつつある」首大御用の方を
念頭においてそうだが、この人は石原万セー。
ちなみに、2ちゃんにはカナコ万セーがおる。

272 :法の下の名無し:2005/06/19(日) 20:56:37 ID:MKCEqOot
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%85%89%E5%BC%98%E6%B2%BB

中光弘治は名大法学部の恥!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

273 :法の下の名無し:2005/06/19(日) 22:04:31 ID:xQlMfd4s
刑法学会が面白そうで仕方ない

274 :法の下の名無し:2005/06/22(水) 08:18:57 ID:pyULFKkU
高橋則夫さんが心の師匠。いいひとだったよ。修士論文書いてたとき、ドイツの貴重な本貸してくれたよ。低偏差値大学院生の俺に。

275 :法の下の名無し:2005/06/22(水) 17:27:16 ID:sBj8dApW
高橋則夫さんは、福田康夫ちゃんに似ている。

無論、幸せそうな福田ちゃんである。

276 :法の下の名無し:2005/06/22(水) 18:55:47 ID:pyULFKkU
福田よりふっくらしてたけどね。たしかあの頃から井田さんをageてたよ。

277 :法の下の名無し:2005/06/22(水) 20:08:25 ID:uyL1F2vM
授業はおやじギャグ連発だが

278 :法の下の名無し:2005/06/22(水) 20:33:40 ID:NQLcDfl6
【海外】性犯罪者に 刑罰として「去勢」提案…伊閣僚
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1119400926/

さすがロンブローゾの母国!

279 :法の下の名無し:2005/06/22(水) 20:41:32 ID:pyULFKkU
そうそう、あのひとドイツ刑法の原書講読でもダジャレの王様。

280 :法の下の名無し:2005/06/22(水) 21:23:51 ID:zDDHNZcQ
刑事法は国立にまかせておけ

281 :法の下の名無し:2005/06/22(水) 22:39:35 ID:pyULFKkU
ん、くにたち?

282 :法の下の名無し:2005/06/22(水) 23:09:13 ID:Gsb/oEry
浅田和茂新著上げ。
前に書かれていたように、とても懇切丁寧な論述で
井田説との対比も鮮やか。一応井田さんの「宿敵」は
佐伯氏と2ちゃん的には認定されているようですが。

283 :法の下の名無し:2005/06/23(木) 00:01:33 ID:opaUrnq+
井田の宿敵は山口だろ。
井田山口がリュウケンとすれば佐伯はガイルだな。
西田がダルシムで山中がザンギエフ
団藤がゴウキ

前田がダン

284 :法の下の名無し:2005/06/23(木) 00:55:57 ID:3ZHxkKX3
>前田がダン

ワロス

285 :一つも知らん:2005/06/23(木) 02:07:17 ID:BWK+qetD
全然笑えないのは、俺が年寄りからか、それとも若いからか?

286 :法の下の名無し:2005/06/23(木) 03:11:04 ID:c/bVO5RX
>>285
ストツー知らないだけだろ。若さの問題じゃねえ。

287 :法の下の名無し:2005/07/16(土) 01:27:59 ID:7c4zoffg
自分のレスでスレが止まると、何か責任を感じる・・・

288 :名無しさん:2005/07/23(土) 22:13:30 ID:fL1wyI8R
手続法も視野に入れて勉強しないと。
そういう意味では、立命館の佐伯千仭先生の弟子の井戸田侃先生は
出色の学者だね。捜査行為の独自性説など、僕は京大だったけど、
立命館に入学しなおそうかと思ったくらい。しびれた。

289 :法の下の名無し:2005/07/23(土) 22:36:23 ID:vCU4AoXA
A銀行融資担当取締役である甲は、A銀行と密接な関係にあったB社
が経営危機に陥り、その影響でA銀行自体も危機に陥るおそれが生じ
たことから、同銀行の経営に強い発言力を有する顧問弁護士Cに相談
したところ、Cから、B社の所有する土地をD社へ売却する方法で資
金を捻出する計画を持ちかけられた。売却先とされたD社は担保とな
る資産はほとんどなく、返済の見込みもなかったことから、この融資が
銀行の融資規則に反することは明らかであったが、甲は、A銀行にとっ
て影響力の強いCの計画に反対することに躊躇を感じ、また、D社へ
の融資が結局はA銀行の利益にもなると判断し、購入資金60億円をD
社に融資することを決定し、その資金によりD社は前記土地を購入した。
 さらに、甲は、B社の危機的な経営状態について、A銀行の一部の株主
がA銀呼応の株主総会で銀行幹部らを追及する動きがあることを知って、
これらの株主の動きを総会屋Eの力を使って阻止し、あわせて自己の
経営責任の追及を免れるために、そのような行為が商法で禁止する総会
屋に対する利益供与罪に当たることを認識しつつ、A銀行の簿外資金か
ら1000万円をEに渡した。
 甲の罪責について述べよ。

これを1000字でレポート提出しなくてはならないんです。どなたか助けてください。





290 :法の下の名無し:2005/07/25(月) 04:16:39 ID:cUiJwb4h
自閉症裁判よんだ人、簡単な内容教えてください

291 :法の下の名無し:2005/07/25(月) 05:01:06 ID:7btkYznH
小泉純一郎愛人新橋芸者小はん変死の真相と精神病院入院歴を隠すための個人情報保護法案制定の経緯
http://www.pressnet.tv/log/view/6172
http://www.marino.ne.jp/~rendaico/2003seihendrama/koizumiseikenco.htm
小泉首相の資質考


292 :法の下の名無し:2005/07/25(月) 22:18:16 ID:5lECxyXN
>>289
平成10年のそれっぽい事件の判例がある
いつぞやのジュリストの刑事判例研究に佐伯先生の評釈が載ってた希ガス

293 :法の下の名無し:2005/07/25(月) 23:00:21 ID:r8VUZKSn
──それでは、刑法における行為無価値・結果無価値という考え方についてはどう思われますか?
三沢「まあ、率直にアレ(?)だよね。その二分論が正しいのか正しくないのかっていったら、
   正直、誰にもわからないわけだからね。
   ただ、一ついわせてもらうと、俺の試合をどう評価するの?
   行為か結果で簡単に割り切れるアレじゃないよというね、そういう気持ちはあるよね。
   こっちとしてはいつでも準備は出来てるというか、
   じゃあ、やりましょうか?ってなるよね。」

──えっと・・・(失笑)、話が見えないのですが、それは、三沢さんの試合が違法だということですか?
三沢「うーん・・・(失笑)、こればっかりは『違法ですか?違法ですよ』って簡単にはいかないよね。
   たださぁ、やっぱりそれは見る側の問題であってね。お客さんがどう思うか、
   ファンの声は聞いてます?」

──・・・、えーと、三沢さんの試合に関してはそもそも構成要件に該当しないのではないか、という意見があります。
三沢「そうだよね、まぁ、判例の立場だと妥当だよね。
   でも、ぶっちゃけね、俺の試合が違法か違法じゃないかって言ったら、
   俺の試合は違法じゃない。ほら、これが答えなんだよね。」

──えっ! 三沢さんの試合が、違法ではないことが答え・・・、ですか?
三沢「そう、結局自由意志を認めればね。そこで主観主義刑法に陥らない限り
   責任主義の観点からすれば違法という評価は導き出せないんだよね。
   コレ(肘をポンポン叩きながら)は可罰的違法性なしでしょ。」

──なるほど、三沢さんは、いわゆるカール・ゴッチ伝来の旧派に属するわけですね。
三沢「結構勉強してますね・・・。(笑) 
   Die ewige Wiederkunft des Gleichen (とても流暢に)」

──!! すごいですね、ドイツ語はいつ頃勉強されたのですか?
三沢「ほら、俺さぁ、タイガー(マスク)やってたから」


294 :法の下の名無し:2005/07/27(水) 01:01:09 ID:2ADMmUju
>>989
ここには、その問題に対して答える能力のある者はいないと思います。
私を含めて。具体的事実に対しては無能力です。
行為無価値とか、結果無価値とかアホな事は云っておりますが。

295 :法の下の名無し:2005/07/27(水) 03:52:14 ID:goOZwMZW
>>294
なんで教えにゃならんの?
宿題は自分でやらなきゃならんのじゃないか?

296 :法の下の名無し:2005/11/18(金) 22:56:38 ID:YasO6kra
ほしゅしとく

297 :法の下の名無し:2005/11/19(土) 09:12:54 ID:7B/L3I0G
結果無価値ってどんどん行為無価値になってるよな。
もう結果無価値じゃないよ。
自分は実は行為無価値だって認めろ。

298 :法の下の名無し:2005/11/19(土) 12:45:05 ID:hK/E2aoP
ある先生が「できるだけ犯罪を成立させないようにするのが
刑法学の役目なんだよ!」って真顔で言って引いた、って
うちの教授が言ってたけど、誰のことかなぁ。

別の機会に「あんなソビエト法学齧ってたようなアカが(意訳)」
って批判してたN山先生のことかなw

299 :法の下の名無し:2005/11/21(月) 23:03:25 ID:n4ChOBFI
マルクス主義法学を勉強したくて図書館で探したら
マルクス・レーニン主義でしか語られてないんだけど…

なんかイイ本ありますか?他の法解釈と対比させたいのです。

あと構造主義法学者っているんですか?

300 :法の下の名無し:2005/12/03(土) 09:21:47 ID:a0fS9Hzx


301 :法の下の名無し:2005/12/03(土) 20:43:38 ID:ybwR/BG4
ケルゼンなんかのマルクス主義批判なんかは。

302 :法の下の名無し:2005/12/03(土) 23:03:39 ID:8Zq1xQI7
前田
「裁判官の方に『刑法は』って聞くとあまり勉強していない。それでも実際に
なんとかなっちゃう(笑)。実務家は刑訴が一番やりやすいといいますね。
その次は刑法各論なんですよ。刑法総論は一番嫌うんですね。逆にいうと、
本音では一番要らない、役に立たないと思っているんです。
 
 ところが、大学で刑法を勉強して試験を受けるとき、みんなの頭の中には
総論があって、次に各論に行ったほうが規範が定立されて、それで当てはめて
論理的に演繹していけば答えが簡単に出てくると思っているんですね。
逆なんですよ。具体的な事案の結論を出す力が法律家としての力だから。」

303 :法の下の名無し:2005/12/04(日) 00:40:26 ID:CyNp9nh8
いや、普通の学生は覚えた模解の文言をそのまま吐き出すだけだと思うぞ

304 :法の下の名無し:2005/12/04(日) 04:01:52 ID:oR+fHsPY
え。構成要件段階の検討で問題になるのは各論だろ。

305 :法の下の名無し:2005/12/04(日) 08:05:18 ID:GUXKkRcn
今時の学生はバカばっかだな

306 :法の下の名無し:2005/12/05(月) 14:51:55 ID:dhIsx7/I
車板に変なの見つけた。住民イタスギ藁
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/car/1133495049/l50

307 :法の下の名無し:2005/12/06(火) 07:15:44 ID:MjO45hUT
─公安組織に今後求められるもの─
児童虐待の疑いがあると過去に警察へ通報した人がいたが、警察としてはその家
に上がってまで様子を伺う事が出来ない。そういう場合は警察から児童相談所へ連絡をするのだが、児童相談所は警察のよ
うな一時捜査機関ではないから、やはり家に上がることが出来ない。
結果、児童が死亡した事件が過去にあった。
家庭内暴力など、警察では踏み込めない部分を補う為の専門組織が今後は必要と
考えられている。その専門組織は一時捜査機関の役割を果たすのであるから、特別司法警察員であ
る必要がある。その組織を児童相談所へ振るのか、または児童相談所が前身とする新たな組織で
構成とするのかは、有識者にて現在話し合いが進められている。
組織が正式に発足するかも未だわからないらしいが。
他にも特別司法警察組織を強化する案が出ており、これも先ほどの家庭内と同じ
ように司法警察では手の届かない或いは、司法警察よりもその分野に関して特化
した組織が必要と考えられているからである。
例にあげると、
電波管理局を前身とした電波管理及びインターネット等の通信網を専門とした捜
査機関。
厚生省麻薬取締り局の組織を大きくした麻薬及び薬物を専門とした捜査機関。
火器及び重火器を専門に取り締まる新たな捜査機関。
裁判の証人や犯罪被害者の保護及び家庭内の捜査権を持つ新たな捜査機関。
入国管理局の組織を大きくした捜査機関。
天災や有事の際に一時的なミニ政府をそのばで立ち上げて被災地の統制を維
持管理する気象庁の部隊を前身とした治安機関。
上記6つの組織を新たに改正し一つにまとめた組織を作ろうという案である。
法務省矯正局もこの組織に組み入れる事も案として上がっている。
これらは米国との公安組織の均一化を目指したものであり、国土保安省と同一
組織にする計画である。
また、防衛省への昇格もこの一環であることを付け加えておく。
現在の日本では司法警察組織だけでは対応のできない事が増えてきており、
家庭内暴力もその一つである。
特別司法警察組織の強化こそ国民の安全を守ることであり、安全の確保こ
そ国際社会に遅れを取らないようにする手立てであると議論されている。

308 :法の下の名無し:2005/12/09(金) 11:50:18 ID:LA9WJskp
ブログやってる人が増えてきたね。
石井徹也(千葉大)
川口浩一(姫路獨協大学)
中山研一(京大名誉教授)
松宮孝明(立命館)
みっけ


309 :法の下の名無し:2005/12/09(金) 15:15:26 ID:KnNNpWLA
亀井源太郎はMIXIにいる

310 :法の下の名無し:2005/12/09(金) 18:45:57 ID:fxZEhENI
そして俺はここにいる

311 :法の下の名無し:2005/12/10(土) 08:32:29 ID:uywu09wv
かなたんもミクにいるょ

312 :A:2005/12/10(土) 11:04:04 ID:QomSM1Dy
知り合いが上半身の骨がバラバラに折られた死体で送り返され、
警察が犯人を見つけてくれないという被害に遭っている方へ1

上記のような被害に知り合いの方が遭われているのは「思考盗聴システ
ム」を利用した犯罪に巻き込まれたものと考えられます。殺された被害
者は、思考盗聴システムを利用した犯罪者に、電磁波の力を利用して、
まず、首の骨を折られ、その死体を「殴られ役」に利用されたものに間
違いありません。

犯罪の特徴
1.ある親しい人の口コミによる紹介で声をかけられ、ある場所に集めら
れ、その2,3日後、死体で戻されてくる。その紹介した親しい人及び一
緒に集められた人間に、犯人について聞いても、誰が犯人なのか、はっ
きりしない。身元がわからない。身元がわかる情報が全くない。紹介者
を遡っていくとトカゲの尻尾切りのような状態になる。
2.殺された人間は、最初の集合場所(口コミで集められた人間が最初に
いた部屋等)から、別の場所に移動させられる。移動後は一人にさせら
れる。他の集められた人間が帰る時には、戻って来ていない。
3.警察に被害届けを出しても、何だ、かんだと言って、被害届けを受け
取らない。若しくは被害届けを受けても、まったく解決へ進展しない。
犯人がいつまでたっても見つからない。警察がのらりくらりの対応しか
しない。被害者の集団が最初に集められた場所を、その日の、その時間
に、借りていた人間が犯人なので、調べればすぐにわかるはずなのに、
まったく進展しない。
4.死亡した人間の上半身の骨が、バラバラに折られた状態になっている。



313 :A:2005/12/10(土) 11:07:42 ID:QomSM1Dy
知り合いが上半身の骨がバラバラに折られた死体で送り返され、
警察が犯人を見つけてくれないという被害に遭っている方へ2

「思考盗聴システム」の「殴られ役」について
「思考盗聴システム」は、被害者の思考を音声化して盗聴するという機
能以外に、被害者の体に圧力や圧迫をかけ、被害者の行動を妨害する、
という性能も持ち合わせています。ただ、何の考えもなしに、操作する
人間の好き勝手に操作できるようにすれば、被害者が事故にあって死亡
、障害を負ったり、操作する人間の気持ちひとつで、被害者に障害を負
せたり、殺したりすることもできてしまい、ただの「殺人マシーン」に
なってしまいます。このため、設計者はこのようなことを起こらないよ
うにするために、被害者の体にかかる圧力、圧迫を操作する人間に、被
害者にかける圧力・圧迫の強さに比例して、何倍にもなってかかるよう
に設計しました。例えば、被害者が事故をあって怪我をすれば、その時
の、その何倍もの圧力・圧迫が同じように操作する人間にかかり、操作
する人間は死亡する、といった具合にです。このようにすることによっ
て、操作する人間は常に被害者の安全に配慮して、操作せざる得なくな
り、被害者の最低限度の安全が保障される、といった具合にです。しか
し、この思考盗聴システムは、操作するだけの人間と、被害者にかかっ
ている圧力・圧迫の何倍もの圧力・圧迫を受けるだけの「殴られ役」、
二人の人間にそれぞれの役を分担させて使用することができます。とこ
ろが悪いことに、この「殴られ役」は死体でも良いのです。死体はどん
な圧迫・圧力を受け体がバラバラになっても逃げないので操作する人間
はいつまでも安全です。また、死体は色々と他人に口外しないし、治療
費も請求してきません。だから、ある犯罪グループは「殴られ役」をや
らせる死体になる人間を身元がばれないようにして騙して集めているの
です。




314 :A:2005/12/10(土) 11:08:53 ID:QomSM1Dy
知り合いが上半身の骨がバラバラに折られた死体で送り返され、
警察が犯人を見つけてくれないという被害に遭っている方へ3

「思考盗聴システム」若しくは「思考盗聴」のキーワードでパソコン用のホームページを
検索してみてください。思考盗聴システムを利用した 犯罪の被害者、若しくは、騙されて
「殴られ役」をやらされて、体に障 害が残った人間や、知り合いが殺された人間が、ホー
ムページや記事を 出しています。また、被害に遭われた方、知り合いが被害に遭われた方
はご自分でもインターネットに情報を発信し、同じ被害に遭った人間と情報を交換し、同様
の被害が全国の色々なところで起こっていることを 証明できるようにし、犯罪の解明に全く
動こうとしない警察を動かざる 得ないようにしましょう。犯罪の被害者をこれ以上出さない
ため、同様 の犯罪の防止、また、きちんとした補償が得られるように、情報を発信して、連
絡を取り合い、警察を動かざる得ない状態にしましょう。

思考盗聴システムについて説明してある詳しいサイトの一例(他にもたくさんあります)
◎「Mind Control Invation of The Scaler Waves」
思考盗聴システムを利用した犯罪に関する裁判の記録もあります。
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/skidmore/toppage.htm

インターネットに情報を発信する時の注意事項
犯罪者グループは目障りな記事を検索サイトから、そのサイトの登録を勝手に削除します。
時々、登録した検索サイトで検索をかけてみて、自分の記事が検索にきちんと引っかかるか
確認してみてください。また、用心のために何箇所かに記事をあげるのもよいでしょう。
また思考盗聴システムを利用した犯罪組織はハッキング(メールフォルダへのハッキング等、
その他色々な情報伝達妨害のハッキング、こんなことができる会社はひとつしかありませんが、
その会社が思考盗聴システムを世に出している会社です。誰もが名前を聞いたことのある、よく
知っているあの会社)をしてきます。インターネットだけではなく、携帯電話にもハッキングは
できます。被害者の方々は、被害者同士で情報交換ができる掲示板(2chが比較的安全です)
を作ったり、メールや携帯電話以外に連絡を取れるようにしておきましょう。


315 :法の下の名無し:2005/12/10(土) 14:16:06 ID:lIs+BYhq
マルチうざ

316 :法の下の名無し:2005/12/13(火) 02:03:57 ID:oEpVl6hX
マチルダ

317 :法の下の名無し:2005/12/13(火) 04:52:00 ID:2IE/4ply
>>316
いろんなスレに書き込んでるけどどうした?

318 :法の下の名無し:2005/12/13(火) 10:23:29 ID:magAcNJ+
>>317
お前もだろw

319 :法の下の名無し:2006/02/15(水) 19:58:56 ID:bY3FE4OB
初学者が結果無価値を学ぶにはどの教科書がお勧めですか?

320 :法の下の名無し:2006/02/16(木) 23:57:33 ID:SfNA9P4Z
西田・総論

321 :法の下の名無し:2006/02/17(金) 11:50:13 ID:T9aqCg8U
>>319
「刑法がわかった」



322 :法の下の名無し:2006/02/20(月) 08:34:26 ID:zsGHbmBp
口述刑法総論

323 :法の下の名無し:2006/03/06(月) 02:35:58 ID:b/dXXTEp
学者について語ってくれよ。

大塚と福田ってどっちが格上かい?

324 :法の下の名無し:2006/03/29(水) 17:15:47 ID:vlossFxi
大塚

325 :法の下の名無し:2006/03/29(水) 22:24:45 ID:pruo0kP8
北大の小名木は?

326 :法の下の名無し:2006/03/30(木) 10:01:53 ID:nkTJSAp5
おなぎか

327 :法の下の名無し:2006/03/30(木) 20:45:09 ID:Ciju9Ywo
どなたか、西田総論・各論を語るスレを作ってくれませんか。
よろしくおながいしまつ。

328 :法の下の名無し:2006/03/30(木) 21:39:47 ID:SgXUSfdt
>>327
そんなもん司法板でつくれ

329 :法の下の名無し:2006/03/30(木) 23:57:14 ID:Fu7Ym4ZZ
↑低レベルでやろうとスナ

330 :法の下の名無し:2006/05/17(水) 17:26:17 ID:09QGRLdt
団藤の死刑廃止論はちょっと・・・

331 :法の下の名無し:2006/05/18(木) 07:38:53 ID:KfifnMxn
次の理事長は誰ですか?

332 :法の下の名無し:2006/05/18(木) 10:22:43 ID:sow+D7ry
立命館で選挙だから民科だろ。
浅田和茂かもな。

333 :法の下の名無し:2006/05/18(木) 21:39:01 ID:gJPUDYRs
主観的違法論者は、秋田の西台満先生以外には、おられないのでしょうか?
西台先生と竹田直平先生とは、関係があるのでしょうか?

334 :法の下の名無し:2006/05/20(土) 17:17:32 ID:kYNwNYPC
>333
竹田直平って?聞いたことないス!

335 :法の下の名無し:2006/05/20(土) 17:42:32 ID:otZXF+fQ
昔の人だよ。

336 :法の下の名無し:2006/05/20(土) 21:52:45 ID:kYNwNYPC
>335
いつ頃の方?
旧派ですか新派ですか?

337 :法の下の名無し:2006/05/22(月) 13:56:04 ID:0nbJMt7a
「行為無価値と結果無価値は二者択一ではない。どちらに重きを置いているかの問題。」
by 前田雅英

338 :法の下の名無し:2006/05/26(金) 13:27:26 ID:GC+5JG67
新理事長は誰に決まりそうですか?

浅田和茂 井田良
伊東研祐 井上正仁
川端博 後藤昭
佐伯仁志 斉藤豊治
酒巻匡 白取祐司
椎橋隆幸 瀬川晃
林幹人 西田典之
中森喜彦 曽根威彦
高橋則夫 平良木登規男
松宮孝明 町野朔
前田雅英 山口厚

339 :法の下の名無し:2006/05/26(金) 23:25:13 ID:0hT+PaAB
グランディアで明日の挨拶の順番考えなきゃ

340 :法の下の名無し:2006/05/27(土) 09:36:40 ID:xURX6Lcw
立命で選挙だから民家総動員です。

341 :法の下の名無し:2006/05/27(土) 13:49:16 ID:GoznpnE6
おいおい、ウィキペディアで日本刑法学会を調べたら、理事長がA田和茂となってるぞ!!

342 :法の下の名無し:2006/05/27(土) 18:36:51 ID:gN+KCJmN
そりゃそうだろ。立命館で選挙したんだから。

343 :法の下の名無し:2006/05/28(日) 01:30:09 ID:nG2PJqkW
本当に浅田氏に決まったんですか?

344 :法の下の名無し:2006/05/28(日) 09:42:45 ID:W80aOcUl
そりゃそうだろ。立命館で選挙したんだから。


345 :法の下の名無し:2006/05/28(日) 17:55:26 ID:91bDm3QN
A田といえばS木(重)の宿敵じゃなかったか?

346 :法の下の名無し:2006/05/29(月) 11:45:12 ID:BnF3LVWh
井上正仁だよ

347 :法の下の名無し:2006/07/03(月) 22:37:29 ID:2St8VeFi
佐伯イズム

348 :通りすがり:2006/07/25(火) 00:03:11 ID:Lx2pP0bS
刑法の機能ってなんですかね?


349 :法の下の名無し:2006/07/25(火) 00:15:21 ID:5PQUTJGI
社会倫理維持機能

350 :法の下の名無し:2006/08/09(水) 18:44:22 ID:0mCTDABu
安田さんの本が出ていたね。

351 :法の下の名無し:2006/08/09(水) 18:49:59 ID:IkTo/Svz
いただいたんで、読んで感想をお送りしました。

352 :法の下の名無し:2006/08/09(水) 19:47:00 ID:bSR4p/18
>>338
天皇 カナタソ

あとはカナタソの奴隷

353 :法の下の名無し:2006/08/09(水) 23:15:44 ID:AllZOXnF
誰も話題にしないからって自作自演か

354 :法の下の名無し:2006/08/11(金) 18:14:25 ID:ZCz9FV5L
川端博の評価はどう? 初めて刑法を学ぼうと思っているんだけど。


355 :法の下の名無し:2006/08/18(金) 19:37:54 ID:YBf+usw+
だめぽ

356 :法の下の名無し:2006/08/28(月) 09:21:01 ID:d7OVZWZu
a

357 :法の下の名無し:2006/08/30(水) 14:29:05 ID:ZonzmAfK
そりゃそうだろ。立命館で選挙したんだから

358 :法の下の名無し:2006/09/01(金) 22:19:03 ID:OY33BbUW
佐伯教授98まで生きてたのか・・・・

359 :法の下の名無し:2006/09/01(金) 22:36:18 ID:Nsh4VkDG
佐伯刑法総論が直ちにオンデマンド化されそうな悪寒

360 :法の下の名無し:2006/09/02(土) 07:28:34 ID:zNoRB0g0
訃報:佐伯千仭さん 98歳 死去=立命館大名誉教授・刑法専攻、弁護士
 佐伯千仭さん 98歳(さえき・ちひろ=立命館大名誉教授・刑法専攻、弁護士)1日、急性循環不全のため死去。葬儀は3日午後2時、京都市北区紫野宮西町34の公益社北ブライトホール。自宅は同市左京区下鴨下川原町53。喪主は長男哲哉(てつや)さん。

 1933年、政府が学問の自由を弾圧した滝川事件で滝川幸辰・京都帝大教授が休職処分を受けたことに抗議し、同大学の助教授を辞職。翌34年に助教授に復帰した。その後、極東国際軍事裁判(東京裁判)、松川事件などの弁護団に加わった。
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/fu/news/20060902ddm041060002000c.html


361 :法の下の名無し:2006/09/02(土) 16:44:37 ID:NTWrX94f
>360
この訃報ですが、新聞によっては滝川事件のことに触れていない。
なぜだろうか?

362 :法の下の名無し:2006/09/02(土) 16:45:53 ID:NTWrX94f
>358
因みに、竹田直平博士は100歳まで生きてはりましたで!

363 :法の下の名無し:2006/09/02(土) 16:50:05 ID:VH9rCc5l
>>361
滝川教授復帰前に助教授に復帰してしまったために
滝川教授復帰後、公職追放されているからね
滝川教授は早期復帰組を粛正しているから

364 :法の下の名無し:2006/09/02(土) 16:52:32 ID:VH9rCc5l
松尾尊兌「滝川事件」(岩波現代文庫)参照

365 :法の下の名無し:2006/09/03(日) 16:56:28 ID:RpPSEwL4
吉川先生もお亡くなりになられたようではないか

366 :法の下の名無し:2006/09/04(月) 13:37:47 ID:DON/Hd+S
吉川経夫氏死去/法政大名誉教授
http://www.shikoku-np.co.jp/news/kyodonews.aspx?id=20060904000173

吉川経夫氏(きっかわ・つねお=法政大名誉教授、刑法学)8月31日午後7時、
すい臓がんのため東京都内の自宅で死去、82歳。京都市出身。葬儀・告別式は
近親者で済ませた。後日、お別れの会を開く。喪主は妻敏子(としこ)さん。


367 :法の下の名無し:2006/09/05(火) 06:35:57 ID:NNUPSd+q
団藤先生とかが心配になってきた・・・

368 :法の下の名無し:2006/09/05(火) 07:19:34 ID:ZdXibqYE
>>362
竹田博士は1900年生まれのはず。
2000年までご存命だったのですか。

369 :法の下の名無し:2006/09/07(木) 02:33:08 ID:gwanI7On
一番シャープな刑法学者は中森喜彦だと思う。
基本書は刑法各論しか出していないけどね。
山口厚もいいかもしれないが、山口さんよりも中森さんを断然評価する。

370 :法の下の名無し:2006/09/07(木) 08:58:02 ID:5SbKUGQc
書けない奴は論外

371 :法の下の名無し:2006/09/07(木) 09:11:37 ID:e5lPpZbw
体系書を書くのは恥ずかしいという認識らしい>林幹人の場合

372 :法の下の名無し:2006/09/07(木) 09:30:47 ID:o35gGm+4
書いてるだろ。

373 :法の下の名無し:2006/09/07(木) 12:42:27 ID:U0jd1rTP
>>369
塩見先生は?

374 :法の下の名無し:2006/09/07(木) 14:01:20 ID:gwanI7On
塩見さんより断然中森さんだろう。
刑法各論でも抜群の出来じゃない?
あれで総論まで刊行したらすごいことになるよ。

375 :法の下の名無し:2006/09/07(木) 17:42:02 ID:U0jd1rTP
確かに中森先生の各論のできは抜群だと思う。

376 :法の下の名無し:2006/09/07(木) 22:26:12 ID:gwanI7On
刑法各論の出来栄え

中森>>大塚=山口=松宮>西田>>>>>>>>>>>>>>前田>>>>>>>>大谷

377 :法の下の名無し:2006/09/07(木) 22:28:57 ID:QFcotjId
大塚刑法概説はもう改訂ないのかな?
誰かお弟子さんが補訂してくれればいいんだけどな
せめて各論だけでも

378 :法の下の名無し:2006/09/07(木) 22:52:56 ID:gwanI7On
それにしても中森は最近めっきり論文を書いていない。
つまり何もしていない。

379 :法の下の名無し:2006/09/08(金) 00:02:12 ID:DUWb/NW1
ローで忙しいんだろ。許してやれ。
ただ、本は松宮センセの方がずっと上だなぁ。

380 :法の下の名無し:2006/09/08(金) 00:12:54 ID:5Pi33POF
んなことたあない。
松宮本もいい本だが、未だ中森刑法各論を超えた名著はないものと思われる。

381 :法の下の名無し:2006/09/08(金) 00:29:54 ID:d3XpNmN5
おれはとりあえず浅田、松宮ラインだけど、2人とも
中森各論を絶賛してるんじゃない。「簡潔にして的確」と
有斐閣入門書の参考書紹介に書いてあった。

382 :法の下の名無し:2006/09/08(金) 00:43:51 ID:5Pi33POF
浅田、松宮は佐伯ー中山ラインに位置する関西の結果無価値論の正統派で、
本来ならば実力的には京大教授として君臨してもおかしくはないのだろう。
そのぐらいの逸材であることは認めるが、今のところ浅田は総論だけで、
各論を執筆していないので判断はできかねるが、松宮の各論については、
もちろん他の凡百の各論の教科書と比べれば格段に優れており、司法試験受験界
通説と言われている前田や大谷の教科書とはそもそも比較にすらならないほどの
出来であるものの、やはり中森刑法各論の上を行くとは思われない。
要するに今のところ中森刑法各論を超える各論教科書は皆無だということである。

383 :法の下の名無し:2006/09/08(金) 01:39:05 ID:sQK7GEhF
なんだか今夜は関西人が湧いてるな。関西人は1人見つけたら、300人いるからな。気をつけないと。

384 :法の下の名無し:2006/09/08(金) 03:55:04 ID:5Pi33POF
>>383
関西人によほど恨みでもあるのかもしれないが、日本文化はことごとく
関西発祥。関東は蝦夷である。君は蝦夷なのか?
もっとも蝦夷を差別するつもりはない。自らの文化に誇りを持っていきている
異人であるならそれに対して敬意を持っているからね。

385 :法の下の名無し:2006/09/08(金) 08:31:59 ID:7DonEZEF
↑こういうがいきちはともかくとして、

>>382
>浅田、松宮は佐伯ー中山ラインに位置する関西の結果無価値論の正統派で、
>本来ならば実力的には京大教授として君臨してもおかしくはないのだろう。
浅田の書き物見てそう思えるとはスゴイよ


386 :法の下の名無し:2006/09/08(金) 09:11:27 ID:kWxpLvPP
だから?

387 :法の下の名無し:2006/09/08(金) 12:14:56 ID:mQy/IAx7
↑大阪市立系=法律時報の好きなやや特殊な方w

388 :法の下の名無し:2006/10/02(月) 09:47:49 ID:gS3uvf4F
受験新報8月号より、松宮孝明著(合格率26%最下位、立命館法科大学院)

「教育効果を上げるためには,教師を信じさせることが必要だと思う。
 ちょうど,宗教家が「奇跡」を用いて信者を集めようとするように。
 そこで,筆者も,講義が半分をすぎたところで,「奇跡」をやってみ
 ることにした。現行司法試験の過去問題を用いて,それがこれまでの
 講義で得た程度の知識で簡単に解けることを,板書して示したのであ
 る。しかも,予備校が出している「模範答案」(たいていは,「模範」
 にならない!)よりもはるかに簡単で,わかりやすく,すっきりと。
 これには,イエスが水面を歩いたのと同じくらいの効果があったよう
 だ。」


389 :法の下の名無し:2006/10/02(月) 11:52:12 ID:R13zV8GV
松宮ってデンパだったんだなwww

390 :法の下の名無し:2006/10/02(月) 17:16:30 ID:qtgozcHw
>>388
結果が伴わないと教育効果があったとは言えない。


391 :法の下の名無し:2006/10/02(月) 17:18:48 ID:O47m85x8
>>390
宗教家は終末思想を煽らないとカリスマ性を最大限に発揮できない
立命館ローの終焉を煽ってさらにカリスマ性を高めようとしてるんだよw

392 :法の下の名無し:2006/10/02(月) 21:17:22 ID:eAX+yzFp
受験生を舐めるな!

393 :法の下の名無し:2006/10/02(月) 23:16:24 ID:bT0IvsML
ttp://nyanko.daa.jp/law/

このサイトのトップページの雑談コーナーで、長州こりきというやつが大暴れしています。
因果関係の折衷説や実行行為の具体的危険説についていろいろ語ってるんですが、どう思われますか?

394 :法の下の名無し:2006/10/03(火) 02:16:46 ID:iMgHmahz
まじで刑法詳しい方、こりきの見解についてコメントお願いします

395 :法の下の名無し:2006/10/03(火) 03:01:02 ID:wvQRkazx
>>394
唖然・・・。

396 :法の下の名無し:2006/10/03(火) 03:09:20 ID:iMgHmahz
スレもあるんで、もしよかったらバトルしてください。
こりき説は受験生通説とは違うんですが、万が一、学説の理解として正しいこともあるかと思いまして。

【評で大人気】長州こりきとバトル
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1155635461/



397 :法の下の名無し:2006/10/04(水) 21:46:52 ID:1mXCopu5
「アクチュアル刑法総論」と、執筆されている先生方の評判を教えていただけませんか?

398 :法の下の名無し:2006/10/05(木) 07:47:29 ID:4M9q1Yoj
刑法学者の切れ者(頭脳)ランキングってないですか?

399 :法の下の名無し:2006/10/05(木) 07:59:10 ID:nV6Notw5
切れてないですよ。

400 :法の下の名無し:2006/10/05(木) 23:23:38 ID:uGCKUImy
そんなランキングつくっても低レベルどうしの、コップの中の醜い争いになるだけだよ。
数学者の世界とか比べると、話にならないレベルだしね。

401 :法の下の名無し:2006/10/05(木) 23:26:13 ID:ZTN74Mgj
たしかに灯台教授=切れ者ランキング1位になるだけだからな
法学なんて学問じゃないよな

402 :法の下の名無し:2006/10/05(木) 23:50:34 ID:nvopNO/f
>灯台教授=切れ者ランキング1位
はあ?


403 :法の下の名無し:2006/10/06(金) 00:32:37 ID:oJd7i+1m
>>400
数学も分野が違えば意味なし。比べようがない。


404 :法の下の名無し:2006/10/06(金) 03:14:22 ID:A1UdyqFw
大谷説ってよく矛盾してるって話をよく聞くんですが、
これは単に使用者が多いからそういう人が多いだけですよね?

405 :法の下の名無し:2006/10/06(金) 03:49:54 ID:UfAL+zdI
>>404
多いのは使用者ではなくて、執筆者ですw

406 :法の下の名無し:2006/10/06(金) 03:53:51 ID:A1UdyqFw
>>405
こんな時間に私のくだらない質問に答えてくださりありがとうございます。
院生がどうたら〜って話は2ちゃんで何度か目にしました。
実際のところ、大谷の教科書ってどうなんでしょうか?


407 :法の下の名無し:2006/10/06(金) 07:13:55 ID:ub0aTuLN
>>404
そもそもの発端は、大幅な改説が原因だと思う。
初版の教科書や初期の論文では結果無価値論だったのに、突然行為無価値論に改めたため読者が混乱した。

408 :法の下の名無し:2006/10/07(土) 06:19:34 ID:TRQ/7pY6
>198 名前:氏名黙秘[sage] 投稿日:2006/08/04(金) 09:02:48 ID:???
>>196
>山口、西田は理論的に考えるなら答案には起こせません。曽根も然り。
>構成要件に犯罪個別化機能が無いから。
>特に曽根説は昔この説で書かれた予備校本があった。しかし、答案に起こすには理論的に破綻してることが解りそれ以来消滅した。違法推定機能すらないトンデモ説。
>恥ずかし事言わないほうが良いよ。こいつらは基地外推定も働くから。w

司法板でこういう発言を見つけたんですが、これは本当でしょうか?

409 :法の下の名無し:2006/10/07(土) 06:40:49 ID:DeVNWqaV
>>408
間違いとはいえない
答案には、構成要件→違法性→責任という順で検討していく
したがって人の死亡結果が生じている事案の場合、
構成要件レベルでは殺人、傷害致死、瑕疵致死、重過失致死、業務上過失致死
のいずれかの構成要件に該当するというのが正確
そんな答案書いてたら落ちる

とはいえ、山口や西田説でも、問いに殺意をもって殺害したと書いてあるなら
甲の行為は殺人罪の構成要件に該当すると書けばいい、少なくとも間違いではない

したがって山口、西田説でも答案を書けないことはないよ

410 :法の下の名無し:2006/10/07(土) 06:58:01 ID:TRQ/7pY6
>>409
ありがとうございます。
結果無価値で答案に書きやすいのは
前田先生と林先生くらいでしょうか?

411 :法の下の名無し:2006/10/07(土) 07:04:17 ID:DeVNWqaV
>>410
佐伯仁志センセも構成要件的故意の概念を認めるみたいよ



412 :法の下の名無し:2006/10/07(土) 07:07:24 ID:TRQ/7pY6
>>411
佐伯先生もですか。ありがとうございます。
ということは、その弟子の中山研一先生もイケますよね?

413 :法の下の名無し:2006/10/07(土) 07:16:31 ID:DeVNWqaV
>>412
いやwそれは佐伯千仭先生w

仁志は東大の若手w

中山センセは構成要件的故意は認めないでしょ

414 :法の下の名無し:2006/10/07(土) 07:48:59 ID:TRQ/7pY6
>>413
ああ、そっちの佐伯先生でしたか。
刑法って紛らわしい名前の先生多いですよね。ダブル佐伯、ダブル斎藤、山中、中、中山‥等。
山中敬一先生の分厚い教科書はどうなんでしょうか?

415 :法の下の名無し:2006/10/07(土) 09:46:35 ID:DD9nZzsH
刑法学者しりとり

山中→中→中山→山口→口→口山

416 :法の下の名無し:2006/10/07(土) 13:03:07 ID:PhrUWEW4
>構成要件レベルでは殺人、傷害致死、瑕疵致死、重過失致死、業務上過失致死
>のいずれかの構成要件に該当するというのが正確
>そんな答案書いてたら落ちる

別にそれでも落ちないだろ
殺人と過失致死と傷害致死と(重過失致死も?)で
客観的構成要件が同じなのは当然だし
そういう(構成要件的故意を不要とする)見解が
あるのはまともな研究者は皆当然知っているわけだし
別に論理破綻もしていない
責任段階で主観面を検討するだけのことだから
犯罪は「構成要件に該当し違法で有責な行為」だから
別に構成要件段階で犯罪に必要な要素を全て備えなければ
いけないわけではない
(ただし曽根先生の「構成要件に違法推定機能すらない」のはまずいと思う
あと、>>409で「業務上過失致死も殺人と構成要件は同じ」とあるけど
「業務性」は客観的構成要件要素だから違うと思う)

要は「答案として書きにくい」ってことだけでしょ?
それは心情としてわからないでもないけど
構成要件的故意不要説が論理的に誤っているわけではない
「論理的に誤り」ってのと「答案的に書きにくい」ってのは区別した方がいい

417 :416:2006/10/07(土) 13:33:56 ID:4MbPIxbz
追加
ただ>>409にあるように
>とはいえ、山口や西田説でも、問いに殺意をもって殺害したと書いてあるなら
>甲の行為は殺人罪の構成要件に該当すると書けばいい、少なくとも間違いではない
>
>したがって山口、西田説でも答案を書けないことはないよ
という点については同意
そのように上手くごまかして答案を作成するのは一つのやり方だと思う

要は
>そんな答案書いてたら落ちる
ということはないと言いたかったのです

418 :法の下の名無し:2006/10/07(土) 18:56:45 ID:kEvkeLUO
西田って結果無価値?

419 :法の下の名無し:2006/10/07(土) 20:15:46 ID:1iEoTFCw
結果無価値

420 :法の下の名無し:2006/10/08(日) 18:41:22 ID:bJqu9Wpy
>>416

>ただし曽根先生の「構成要件に違法推定機能すらない」のはまずいと思う

まずいというか、答案として書きにくいことは確かだろうね。

しかし旧試験の試験委員だった先生にそこんとこ聞いてみたんだが、
「論理的に一貫して書かれた答案に低い評価をすることはできない、
ただし受験生は複数の説をごっちゃにして書くことがあるから
そういうのは不合格にする」ということだそうだ。

あと、同じことを実務家(検察官)出身の先生に聞いたところ、
「刑法総論の学説は通説といわれるものも含めて実務と違いすぎるから、
どんな説で書いても(良くも悪くも)実務的な意味はない」のだそうだ。

421 :法の下の名無し:2006/10/09(月) 00:23:38 ID:Dy+DQOLk
>刑法総論の学説は通説といわれるものも含めて実務と違いすぎるから

じゃあ、どうやって実務刑法を学べばいいでしょうか?
どこの教育機関にも属せずにです。

422 :法の下の名無し:2006/10/09(月) 22:22:17 ID:4Zz6fAwT
検察庁や裁判所で働け。

423 :416:2006/10/10(火) 05:20:37 ID:E7if2G0s
>まずいというか、答案として書きにくいことは確かだろうね。

なるほど
曽根説も、体系全体を見れば論理的に誤りのない可能性があるのか
>「論理的に誤り」ってのと「答案的に書きにくい」ってのは区別した方がいい
と自分で書いておきながら、自分自身もとらわれていたようです
なので
>ただし曽根先生の「構成要件に違法推定機能すらない」のはまずいと思う
ここは撤回します

あと
>「業務性」は客観的構成要件要素だから違うと思う
というのも撤回します
「業務上過失」としての業務性は必ずしも構成要件要素とは
一概には言えないのかもしれない気がしてきたので
業務上横領罪とかの「業務性」は故意の認識対象なので
構成要件要素なんだろうけど
うーむ


424 :法の下の名無し:2006/10/10(火) 12:17:19 ID:7O5mGiHQ
大谷が結果無価値から行為無価値へ鞍替えしたのは第2版でしたっけ?それとも第三版でしたっけ?

425 :法の下の名無し:2006/10/11(水) 23:48:21 ID:X/qJ7StN
>>421
独学で可能なのは、実務家の先生方が
お書きになっているコンメンタールか
書記官用の講義案くらいでしょうか。

ちなみに、司法研修所では教官から
「(刑法の学説について)今まで勉強してきたことは
一切忘れてください」といわれました。
ロースクール時代には多少状況が異なるかもしれませんが、
根本的な事情は同じでしょう。

>>423
>曽根説も、体系全体を見れば論理的に誤りのない可能性があるのか

曽根説も、というか、曽根説こそ論理的に一貫させた学説だという
評価が(少なくとも研究者からは)一般的なように思います。
だからこそ実務家からは敬遠されるのでしょうけれど。
理論的一貫性のために自説の結論と判例実務との乖離は
あえてスルーされてますからね。

>>424
大谷先生は教科書では転向してないですよ。
初版から今に至るまで一応二元的行為無価値論。
結果無価値論で書かれてるのは初期の論文ですね。

426 :法の下の名無し:2006/10/15(日) 12:46:14 ID:7r0wNW5J
>>421
『刑法総論講義案』
『検察講義案』

427 :長州こりき:2006/10/22(日) 00:28:23 ID:4CjyKTTF
>このサイトのトップページの雑談コーナーで、長州こりきというやつが大暴れしています。
>因果関係の折衷説や実行行為の具体的危険説についていろいろ語ってるんですが、どう思われますか?

本人だよ。聞きたいことがあるなら、オレに直接聞けばいい。「因果関係の折衷説」は
「相当性の有無を判断する基礎事情についての折衷説」とした方がよい。少し長いが。それと、
「実行行為の具体的危険説」は、「実行行為性を判断する基準についての具体的危険説」としたほうが
いいぞ。聞きたいことがあるなら、直接本人に聞けよ。






428 :法の下の名無し:2006/10/22(日) 15:46:31 ID:U9i1Hzhj
実行の着手の有無だろ(ボソ

429 :法の下の名無し:2006/10/23(月) 06:26:37 ID:wZyzDNRw
評価が高い、あるいはそこそこ名前の知れてる学者かどうかの判断の基準ってないでしょうか?

430 :法の下の名無し:2006/10/23(月) 08:24:21 ID:JXQSa+rJ
論文。

431 :法の下の名無し:2006/10/23(月) 08:29:18 ID:wZyzDNRw
>>430
一般人にもわかる基準でお願いします。

432 :法の下の名無し:2006/10/23(月) 08:39:58 ID:JXQSa+rJ
ねえよ。

433 :法の下の名無し:2006/10/23(月) 08:53:30 ID:wZyzDNRw
>>432
じゃあ、ここに列挙しろよ。


434 :法の下の名無し:2006/10/23(月) 18:21:38 ID:zsLkIP+8
>>429
学部生にとっては、
「司法試験委員か否か」
「教科書的著作の有無」
「教科書的著作における引用・参照数」
などが「名前が知れているか否か」の判断基準でしょう。

研究者にとって「評価」は、その人の論文を読んで得た印象という側面が強いです。
客観的に見るなら、他の人の専門論文へのその人の専門論文の引用数でしょうか。
単なる参照では評価されてるとはいえません。
本当の評価は、学会の雰囲気で感じるものです。

435 :法の下の名無し:2006/10/23(月) 18:48:07 ID:wZyzDNRw
>>434
ご親切に教えてくださりありがとうございます。

>学部生にとっては、
>「司法試験委員か否か」
>「教科書的著作の有無」
>「教科書的著作における引用・参照数」
>などが「名前が知れているか否か」の判断基準でしょう。

ご指摘どうりです。恥ずかしいです。

>本当の評価は、学会の雰囲気で感じるものです。

そこのところは経験したことないのでわかりかねます

>>434さんが気になってる方を教えていただけないでしょうか?




436 :法の下の名無し:2006/10/23(月) 21:53:04 ID:Qc7QffDn
>>435
>気になってる方を教えていただけないでしょうか?
これは若手でってことでしょうか?
実名を挙げたりするのはここでは控えたいと思います。
私が気になるのは「私が現在進行形で執筆している論文に関連する優れた業績を持っている研究者」全員です。

学会では、両日ともに午前中に行われる研究報告を興味深く聞いています。
ただこれらの発表に対する質問は、たいてい大御所の先生方が基礎を尋ねる質問や質問者の反対意見発表のような感もあって、さほど実際の評価を感じさせるものではありません。討論が行われるのは稀です。
実際のところ下世話な話ですが、発表中に首を横に振ったりする先生方の多さや、小声で「おかしいよ」などと呟く声が聞こえたりすることが実際の評価を感じさせる雰囲気だと思います。
もちろんこれは単なる反感にもとづくものである場合もありますが。
1日目終了後に懇親会があってその後に親しい研究者同士で飲みにいったりするのですが、忌憚のない意見はそこで聞くことができます。これも偏りがあるおそれがありますけれども。
それと2日目最後のワークショップでは比較的若手研究者の発表や質問があり、教室も狭いため発表や質問に対する雰囲気を感じ取ることができます。

結局のところ、研究者の評価は自分が研鑽を積んでしっかりとした評価基準を身に着けてからするものだと思います。
私は他の研究者の方々の善し悪しを断定調で語ることは避けたいと思いますし、避けるべきだと思います。
研究者への賛同・批判は、自分が執筆する論文の中で学問的にのみ行いたいです。

437 :法の下の名無し:2006/10/25(水) 23:57:22 ID:eotwBlKC
>436
刑法研究者には珍しい人格者ktkr

438 :法の下の名無し:2006/12/04(月) 22:19:05 ID:OaUzNvJJ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E4%B8%AD%E6%95%AC%E4%B8%80
>教科書はI、II合わせて1、000頁もあり、関大の学生には不評である。
どうでもいい豆知識にワラタ

439 :法の下の名無し:2007/01/19(金) 22:38:47 ID:WYzLwTrx
前田雅英

102 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)