2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ルーズベルトって本当にクソ野郎だな。

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 22:56:15 ID:WQVp2N4i0
太平洋戦争をおこした張本人だな。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 23:00:04 ID:eWQX/8Pf0
2get


3 :日本@名無史さん:2006/12/13(水) 23:01:42 ID:eWQX/8Pf0
日露戦争の時のルーズベルトはいいけどね「この時のルーズベルトの
いとこに当たる。知ってた?」

さっき歴史が動いた見たろ俺も見た

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 23:58:53 ID:MNw8dpu5O
歴史が動いたでルーズベルトしてたんか。見たかった〜。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 06:34:54 ID:q1o6VP6bO
>>3そちらのルーズベルトも相当曲者だよ

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 06:53:14 ID:DB8kIYFh0
フランクリン・ルーズベルトの母方のデラノ家は香港を中心に阿片貿易で巨万の富を築いており、
その縁で親中国でした。
大統領夫人のエレノアはアメリカ共産党のシンパで、夫フランクリンの政策に対して大きな影響を与え、
ルーズヴェルト政権の女性やマイノリティに関する進歩的政策はほとんどがエレノアの発案によるものだそうです。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 20:30:17 ID:tQeE79Zk0
結局この人って心の底で何企んでたんだろう。


8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 20:45:03 ID:kawQZ06HO
ハルノートの仕掛人はロシアのスパイだった

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 09:53:21 ID:TOqPfngq0
>>7
英国=チャーチルを守る為に知恵の限りを尽くして
モンロー主義が蔓延していたアメリカ国民を戦争に駆り立てた
そのルーズベルトの兆発にまんまと乗せられたのが日本

教訓:日本は二度と米・英のご機嫌を損ねる行動をせずに
身の丈の実力で生きていくこと


10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 18:31:23 ID:hJjajL3E0
ルーズベルトの父方はオランダ系、
母方はセファルディム(スペイン・中東系)ユダヤ人。

日本人とアシュケナージ・ユダヤ人は日露戦争以来友好関係だったが、
セファルディム・ユダヤ人は、上海・天津・アモイ・香港の租界を
事実上支配していたから、日中戦争で一気に彼らを反日になってしまった。
割と知られていないが、第二次大戦前はアシュケナージよりも
セファルディムの方が資金力や影響力が強かった。
ま、租界が復活する事はなかったけどね。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 10:22:46 ID:2P/eaq1z0
>>1
そいつの異名は「民主党のペテン師」ですよ?
いまさら言わなくても曲者なのはわかりきってます

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 18:05:58 ID:xeQ7pNDf0
太平洋戦争を起こした国は日本なんですけど。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 22:46:34 ID:jGYhYwz00
1じゃないが、ルーズベルトがクソ野郎であることには同意する。

イギリスが戦敗国であることは有名だが、アメリカも負けず劣らず戦敗国なのである。
中国権益の独占を目論み、日英同盟を破棄させて日本を戦争に追い込んだところまではよかったが、
日本が負けた後、中国では共産党が政権を握り、アメリカが援助した国民党は台湾に追い込まれてしまう。
従ってもともとあったユダヤ系列の権益を共産党に奪われてしまった上に、
日本がそれまで一生懸命戦ってきた「北」に日本の代わりとして対峙しなければならなくなった。
ヨーロッパ戦線でも、イギリスは結局開戦の基となったポーランドを共産主義国にされてしまったうえに、
スターリン率いるソ連の衛星共産主義国を大量生産する結果となったのである。

戦勝国は 中 国 共 産 党 と ソ ビ エ ト 連 邦 の二国だけなのだ。

ttp://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_he/a6fhe150.html

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 22:47:08 ID:jGYhYwz00
1じゃないが、ルーズベルトがクソ野郎であることには同意する。

イギリスが戦敗国であることは有名だが、アメリカも負けず劣らず戦敗国なのである。
中国権益の独占を目論み、日英同盟を破棄させて日本を戦争に追い込んだところまではよかったが、
日本が負けた後、中国では共産党が政権を握り、アメリカが援助した国民党は台湾に追い込まれてしまう。
従ってもともとあったユダヤ系列の権益を共産党に奪われてしまった上に、
日本がそれまで一生懸命戦ってきた「北」に日本の代わりとして対峙しなければならなくなった。
ヨーロッパ戦線でも、イギリスは結局開戦の基となったポーランドを共産主義国にされてしまったうえに、
スターリン率いるソ連の衛星共産主義国を大量生産する結果となったのである。

戦勝国は 中 国 共 産 党 と ソ ビ エ ト 連 邦 の二国だけなのだ。

ttp://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_he/a6fhe150.html

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 23:22:53 ID:xeQ7pNDf0
中国国民党を弱体化させてソ連に参戦する口実を与え
米国と戦う事によって漁夫の利を中ソに与えたのは他ならぬ日本なんだけどな。
米英蘭華を徹底して追い詰めて弱体化させていたくせに、
ルーズベルトに全ての責任を帰す訳にはいかんだろ。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 09:42:18 ID:1hTRW0h50
1じゃないが、ルーズベルトがクソ野郎であることには同意する。

イギリスが戦敗国であることは有名だが、アメリカも負けず劣らず戦敗国なのである。
中国権益の独占を目論み、日英同盟を破棄させて日本を戦争に追い込んだところまではよかったが、
日本が負けた後、中国では共産党が政権を握り、アメリカが援助した国民党は台湾に追い込まれてしまう。
従ってもともとあったユダヤ系列の権益を共産党に奪われてしまった上に、
日本がそれまで一生懸命戦ってきた「北」に日本の代わりとして対峙しなければならなくなった。
ヨーロッパ戦線でも、イギリスは結局開戦の基となったポーランドを共産主義国にされてしまったうえに、
スターリン率いるソ連の衛星共産主義国を大量生産する結果となったのである。

戦勝国は 中 国 共 産 党 と ソ ビ エ ト 連 邦 の二国だけなのだ。

ttp://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_he/a6fhe150.html

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 09:45:02 ID:1hTRW0h50
トラブルで三回も書き込んじまった。申し訳ない、これから送信前リロードすることにするわ。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 10:17:58 ID:Z+Zo9e6d0
自らで戦争を引き起こしながらルーズベルトがクソ?

日本が戦争を引き起こしながらルーズベルトが悪いと言うならば、
日中戦争時の中国を悪く謗る事ができなくなる。

19 :iori.mitio@nifty.ne.jp:2006/12/30(土) 23:27:07 ID:DFT85+9y0
>>1
偉大な政治家だろうw

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 01:21:14 ID:+2WIkzeJ0
1真珠湾←2石油禁輸←3支那事変
どう考えても2から3は強引
アメリカに直接被害あたえてないし

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 05:11:36 ID:/aFiP9U+0
>>20
自由と民主主義を守るために彼は立ち上がった


22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 06:15:52 ID:SPIBLCvd0
>>20
3支那事変×
3中華事変○

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 06:17:19 ID:SPIBLCvd0
支那料理×
中華料理○

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 16:49:52 ID:+2WIkzeJ0
>>21
議会政治の日本を打倒して独裁国家の中国を指示することが?

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 03:22:46 ID:AJorwedq0
>>20
×1真珠湾←2石油禁輸←3支那事変
○1真珠湾←2石油禁輸←3南部仏印進駐・三国同盟←4支那事変

中国では列強間条約を無視して独走
ヨーロッパ混乱に乗じてナチと組み、南方領狙って前線基地

敵対行動をとる日本に石油を売り続ける義務があるのか?
北朝鮮への経済制裁も反対か?


26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 03:50:56 ID:MCitTck20
日本が欧米の植民地に近づきつつあったから。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 01:26:38 ID:R7FoqD1C0
a

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 01:33:31 ID:R7FoqD1C0
>>25
アメリカはフランスとも中国とも同盟を結んでない。アメリカには直接敵対しては居ない。するほど国力も無い
日本がアメリカと戦争したがったなんてあるはずがないだろ
日本の落ち度はアメリカに敵対したドイツと同盟国だっただけ
北朝鮮は軍事的な挑発を行い、アメリカは安保で日本を助ける義務を負っている


29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 01:28:29 ID:OA7uVAok0
>>28
ナチ占領下のフランスは傀儡に近いし、
日本は中国で九カ国条約をぶち壊してきた。
敵対行動と見られて当然。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 15:33:38 ID:27P6RCdc0
>>29
先にやりだしたのが中国。和平を拒んだのも中国

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 01:54:26 ID:dg3s3oWN0
>日本の落ち度はアメリカに敵対したドイツと同盟国だっただけ

バカだなw
体制自体に欠陥があるんだよ
軍部が内閣を軽視して行動する体制


32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 01:07:35 ID:Y8wYqDVy0
ドイツ、日本だけが戦争責任者などということはありえない。

ヨーロッパでは、英仏、ポーランドはこの大戦の開戦に重大な責任を負うべきだ。

当時の米国のルーズベルト(ユダヤ系)は米国を対ドイツ戦に参加させたがっていたが
米国民は承知しなかった。

ヒトラードイツに対しても、ありとあらゆる嫌がらせを行って、戦争持ち込むよう努めたが
ヒトラーは動じなかった。

そこで、ルーズベルはドイツの同盟国日本に目をつけ、石油禁輸をともなう、無理難題を押し付け
あげく、ABCD包囲陣をしいて日本を挑発し開戦にこぎつけ、ルーズベルトの希望通りドイツを
対米戦に引き込むことに成功した。

戦争中の対ドイツ諸都市の無差別爆撃、ハンブルグ、ドレスデン、東京、捕虜になったドイツ兵捕虜を
100万人も殺害した、米国、フランス、ポーランド、ソ連の、ドイツ、日本領土の強奪、住民追放、強姦、土地財産の
強奪、これらの罪は・・・?

いつの世でも、勝てば官軍だが、彼らのやってきた戦争責任、罪業は戦勝者となったゆえに一時的に隠されているだけ。



33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 19:17:12 ID:reCrlvvC0
フランクリン・D・ルーズベルトは人間のクズ。



34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 19:50:20 ID:JXU9JLhn0
理解不能だな。
自らで太平洋戦争を引き起こして、
しかも日本の真珠湾攻撃で始まった戦争だろ?
昭和天皇や東条英機がルーズベルトによって操られていたんでしょうか?
なんでルーズベルトが悪くなるのか解らない。

大体、太平洋戦争って冬戦争のように
超大国から一方的な侵略を受けたと言うより
満州事変・日中戦争・仏印進駐と言う経緯を経て石油資源を求めた日本が
資源を奪う為に始めた戦争だからな。
米国のテリトリーまで侵略したとなれば、
どう考えてもルーズベルトが悪くなると言うのは極めて理解不能である。

当時の日本は中国に侵攻していたのだから、
ルーズベルトが悪いと言うのはよく解らないけど。
しかも攻撃を受けて参戦すると言う受動的な参戦だからな。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 19:53:40 ID:JsTSCVzz0
>>34
×米国のテリトリーまで侵略したとなれば、
○米国のテリトリー(フィリピン)を脅かした

まあナチと組んで南進し、南部仏印に基地作りを目指す相手に、
向こうもあまり石油を売りたくないよなw


36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 19:56:23 ID:JsTSCVzz0
>>34
開戦後の話か?(フィリピン占領)
35は米国の石油禁輸で日本が追いつめられるまでの話

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 20:05:03 ID:JXU9JLhn0
石油禁輸が不当と言うのもよく解らない。
当時の日本は満州事変を起して中国を侵略していて仏印進駐まで引き起こした。
帝国主義をむき出しにして今まさに他国の権益を奪おうとする国にどうして石油資源を売却する義務があるんだ?
実際、日本は資源を奪う為に戦争を開始したのだが、
ルーズベルトが帝国主義の日本に警戒感を抱いたのは当然だったともいえる。
こう言う事を言うとルーズベルトが石油禁輸をしなければ太平洋戦争など起こらなかったという奴が居るかも知れないが、
起ころうが起こるまいが他国の権益を奪う為に平気で武力を行使する国に資源など売りたくないよな。
特に資源を売らなくなった程度で逆ギレを起すような国には。

北朝鮮ですら経済制裁を受けているのに当時の日本は満州事変・日中戦争・仏印進駐がある訳じゃん?
核開発を行う北朝鮮より立場が悪いのにそれで居てもなおルーズベルトが悪いと言うのなら、
韓国人並みの誤った主張としか思えない。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 20:11:28 ID:JsTSCVzz0
>>37
>他国の権益を奪う為に平気で武力を行使する国

日本以外の列強国も似た様なものだがな
阿片戦争のイギリス等も酷いものだ
善vs悪と言うより、ヤクザ同士の抗争だな
中国内の勢力も含めて


39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 20:13:44 ID:JXU9JLhn0
>>38

当時の英国が他国の権益を奪う為に武力を行使していたかな?
枢軸国は他国の権益を奪う、或いは他国を侵略していた。
とてもじゃないが連合国にまで(ソ連は別にしても)当てはまるとは思えないね。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 20:25:37 ID:JsTSCVzz0
>>39
先進列強と後進列強の違い?
WWT後に不戦条約結ばれるも、世界恐慌→ブロック経済化
イギリスとか多くの植民地や自治領と自由貿易できたが、日本は閉め出される
満州事変を国民が支持したのも不況の打開があり、その後北支に介入したのも日満支ブロックを作りたかったんだろ


41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 20:40:27 ID:JXU9JLhn0
石油禁輸を発動させたルーズベルトと石油資源を奪う為に開戦した日本とでは、
どう考えても後者の方が立場は悪いよな。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 22:44:48 ID:KW33mkID0
>40
君の事ではないが、当時の日本を正当化する面々が良く使う手で、日本は締め
出されたと主張する輩が多い、締め出されたのではなく自分から出て行って自
らの首を絞めた。
日蘭交渉とかでも折り合いの着く結果を提示されても満額回答じゃないという
理由で蹴り飛ばしてオジャンにしている。
要求を満額回答しないと交渉蹴り飛ばし、それを相手国のせいにする当時の日
本を相手にする国々は大変。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 02:33:30 ID:UjhQEh4J0
当時の米国のルーズベルト(ユダヤ系)は米国を対ドイツ戦に参加させたがっていたが
米国民は承知しなかった。

ヒトラードイツに対しても、ありとあらゆる嫌がらせを行って、戦争持ち込むよう努めたが
ヒトラーは動じなかった。

そこで、ルーズベルはドイツの同盟国日本に目をつけ、石油禁輸をともなう、無理難題を押し付け
あげく、ABCD包囲陣をしいて日本を挑発し開戦にこぎつけ、ルーズベルトの希望通りドイツを
対米戦に引き込むことに成功した。

戦争中の対ドイツ諸都市の無差別爆撃、ハンブルグ、ドレスデン、東京、捕虜になったドイツ兵捕虜を
100万人も殺害した、米国、フランス、ポーランド、ソ連の、ドイツ、日本領土の強奪、住民追放、強姦、土地財産の
強奪、これらの罪は・・・?

44 :だつお:2007/01/21(日) 15:49:02 ID:8z9Bf2Wu0
>それを相手国のせいにする当時の日本を相手にする国々は大変。

要求を呑まなければ地獄の大車輪・97式中戦車チハが発動されるからな。

日本製の高品質性に、中国人がどれだけ号泣したか知ってるか?
皇軍の精強さに、中国人がどれだけ大量虐殺されたか知ってるか?
それは中国人がドイツ製アメリカ製兵器で武装すれば対抗できる
といったレベルではなかったのだぞ。
日本が日中戦争のことで中国人から恨まれるのは、97式中戦車チハ
が優秀で中国人を虫けら同様に大量殺戮して無敵を誇った証であって、
日本製品の高品質性は胸を張って優越感に浸るべきことなのだ。
比類なき大規模な侵略戦争を発動したというのも、われらが四式戦闘機
疾風が大陸打通作戦の大空を飛び回ってエアカバーを完遂したおかげ。
大陸打通3000キロ。皇軍は常勝、皇軍は最強、皇軍は無敵。
日本鬼子はその優秀な近代科学兵器で広大なアジアを占領下に置き、
中国チンピラゴロツキ3500万を血祭りに、その爪痕を確固たるものにした。
チンピラゴロツキの中国人は湧いてきたら殺せばいい、死ねばいい、棄てればいい。
それは無間地獄で亡者が無限に湧いてきては鬼に虐殺されるのと同じ。
中国人は数が多すぎるから、片っ端から殺戮しておいたほうがいいのだ。
その方が97式中戦車チハの高品質性を世界に向かってアピールできるし、
なによりチンピラゴロツキの人口爆発は地球環境を汚染するから。
すごい、すごい、あまりに凄すぎる皇軍の大陸打通3000キロ大作戦!

http://p2.chbox.jp/read.php?host=tmp5.2ch.net&bbs=asia&key=1120186708&ls=all
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1120186708/all
大陸打通作戦〜大地を駆ける3000`の雄叫び

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 15:58:07 ID:eQUoEY200
>>1
違う違う
張本人はソ連のスパイ:ハル国務長官
ルーズベルトはソ連に操られてただけ

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 17:40:12 ID:I+qxowjN0
>>42
当時の日本を擁護するなら、
北朝鮮もしなきゃ駄目だよな。
アメリカが核で一方的に北朝鮮を脅している状況への対処で、
正当な国家自衛権の範囲で、核武装してるらしいし。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 18:18:08 ID:eWqa4KFL0
ヒトラーもルーズベルトもユダ公の回し者。

『新潮45』 2007年2月号
■ロスチャイルド、世界経済を総べるものたち……落合莞爾
http://www.shinchosha.co.jp/shincho45/

<参考資料> 
『ユダヤ財閥がヒトラーを育てた』
シドニー・ウォーバーグ著 牛山火壱訳・監修 第一企画出版刊

『操られたルーズベルト』
カーチス・B・ドール著 馬野周二訳・解説 プレジデント社刊          
(注:カーチス・B・ドール氏は、ルーズベルトの元娘婿)         
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/H15/1512/1512031voice.html
                    
ユダヤ財閥がヒトラーを育てた 
ヒトラーへの使者が暴露した超一級極秘資料 莫大な資金をいかなる方法で援助したか

著者/訳者名 シドニー・ウオーバーグ/〔著〕 牛山火壱/訳・監修
出版社名 第一企画出版 (ISBN:4-88719-040-9)
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=19976935

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 20:01:12 ID:z1qLZPhTO
昔の文献によると、かなりの巨根の持ち主だったそうだね ルーズベルト

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 20:03:32 ID:F/uIdRbT0
日中戦争
盧溝橋事件(中国側の発砲)
停戦協定するもおさまらず、中国側の軍備増強を聞きつけ鎮圧
中国側が一方的に全面戦争化
北京占領されても和平を飲まずそのままずるずる後退

どこが日本の責任ですか?


50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 21:19:56 ID:01Be16vB0
よその国へ自国軍隊駐留させてる時点で日本も悪い

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 21:22:38 ID:vdCTSwsy0
トルーマンも最悪

52 :もともと日本の条約無視が発端:2007/01/23(火) 02:59:10 ID:d10RNeEF0
●日本側要因● 1満州事変 2華北分離工作 5廬溝橋停戦日に大軍派兵発表 7北京占領 10追撃戦(南京〜重慶)

*パリ不戦条約、九カ国条約軽視*

●中国側要因● 3西安事件 6廬溝橋停戦後の散発的攻撃 9上海租界攻撃

*廬溝橋停戦協定、上海停戦協定軽視*

●偶発か謀略か真相不明● 4廬溝橋事件

●日本の傀儡所属による寝返り事件● 8通州事件


53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 10:39:11 ID:6J0pPZso0
中国側の過失がどうあれ中国との対決を決めたのは日本人であり、
太平洋戦争を引き起こしたのは日本人であり、真珠湾を攻撃したのも日本人だ。
中国に侵攻したのも日本人だし、仏印に進駐する決断をくだしたのも日本人だ。

中国人はどうあれ、日本人が中国人と対決する道を選択したのだ。
その結果、米国の親中派を刺激して対日反発が生じるのは別に不思議でもなんでもない。
何もかも外国人の責任にして日本を無罪としたい奴は、
真珠湾も、太平洋戦争も、満州事変も、日中戦争も、
日本人の意思とは関係なく行われていたとでも言うのかな?
日本人が外国人のロボットではない以上、極めて無責任な言い方でしかない。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 12:42:50 ID:cnxhpHvF0
日本側はすぐさま停戦にしたがったのを中国がかってに全面抗戦したんだろが

いきなり男1がうしろから殴りかかってきました。
殴られた男2は仕返しに一発殴り返しました。
口約束でやめようと言いましたが1は殴り続けました。
2はたまらず1をぼこぼこにしました。
何故か2だけ警察につかまりました。

これが正しいか?
もし中国側が勝ってて満州占領したら侵略になるか?ならないだろ。
なら日本もなるはずがない


55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 00:55:03 ID:z5vM3oLi0
>>54
>いきなり男1がうしろから殴りかかってきました。
出発点が間違ってる。
男2が男1が殴りかかってきたとでっち上げて殴りかかった上に
家の一部を占拠したのが始まり。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 03:50:23 ID:FNnLzEsG0
>>49
だから他国に軍隊を派遣、展開してたのが間違い。
日清戦争で中国から正式に得た権益だけ持ってれば良くて
欲を出して更に利権を求めて行ったから当然戦争になる。
防衛する側としては負けてても抵抗するわな。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 15:26:48 ID:a3Pc8jmz0
>>55
発砲が無かったとする妄想派ですか?

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 18:49:56 ID:Bbkk9mLz0
財産強奪目的で敷地内に居座ってる武装強盗団に、>>57の意見はな・・

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 16:17:30 ID:Xvp5RAW40
民主国家日本
カス独裁国家支那
チベット進行した支那
助けようとした日本
内モンゴルの独立を認めなかった支那
独立させようとした日本

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 21:48:09 ID:6xgqHNMd0
英首相のチャーチルが米大統領だったら良かった。
ルーズベルトなんか州知事でもやっとれ。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/26(金) 06:23:06 ID:ZLpW6GcI0
>>58
中国なんて国が有ったと妄想するのはやめた方がいい
支那大陸の一部は太古の昔から日本の権益の有る土地だったんだよ

62 :インテリ層には評価が高かったルーズベルト:2007/01/27(土) 00:08:47 ID:EguxPOSb0

清沢洌 『暗黒日記』 昭和二十年四月十七日

 「ルーズベルトの葬儀は十五日行われた。瞭の話では、食事のとき学校でルーズベルトの死をきいて
 喝采したが、二人とか三人だけ集まったときの話になると、みんな惜しいことをしたと言ったそうだ。
 その翌日経済倶楽部に行ったが、戦後経営を彼にやらせたかったという意見が絶対多数だった」

※瞭・・・清沢氏の長男

63 :インテリ層には評価が高かったルーズベルト:2007/01/27(土) 00:09:38 ID:EguxPOSb0

清沢洌 『暗黒日記』 昭和二十年四月十七日

 「ルーズベルトの葬儀は十五日行われた。瞭の話では、食事のとき学校でルーズベルトの死をきいて
 喝采したが、二人とか三人だけ集まったときの話になると、みんな惜しいことをしたと言ったそうだ。
 その翌日経済倶楽部に行ったが、戦後経営を彼にやらせたかったという意見が絶対多数だった」

※瞭・・・清沢氏の長男

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 00:48:10 ID:39+mvtSd0
>>57
発端は柳条湖事件だとする立場なだけだが。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 01:41:10 ID:jnRrEGZe0
ルーズベルトが死去した時、ドイツが発した声明文はサダム・フセインがアメリカを
罵倒するのと似たような内容であった。
それに対し、日本は敵国大統領の死を悼み、丁重な追悼声明を発したらしい。


66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 02:50:24 ID:U0fNIcse0
ルーズベルトよりトルーマンの方が100倍クズ
無差別爆撃に核使用は戦争犯罪だろ。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 09:30:41 ID:TRRW4CrQ0
>>66
ソ連に対する対処も甘すぎる
東南アジアは赤化により苦汁をなめたのもあいつの責任によるところが大きい

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 09:42:12 ID:CSLKbUKk0
ルーズベルトとかトルーマンなんてどうでもいいんだよ。
スティムソンの日記でも読めや。
カンジンなことは避けて書いてるのは当然として、
微妙に伝わってくるものがあるよ。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 15:45:08 ID:+1/mrqEH0
とりあえずスチムソン日記が手元に無いオレサマに11月25日〜26日
何があったか教えてくれ

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 16:46:41 ID:tXYb3gFF0
日本を打倒した後、アメリカは何で日本が中国に張り付いてたのか
痛い程わかった。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 01:15:01 ID:hgc2/iqG0
一番共産主義、共産党と戦ってたのは日本だしねえ


72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 18:39:54 ID:0/qIBxS60
アメリカさえ中立なら大日本帝国は
赤い悪魔の総本山さえ倒せた。それは間違いない。
なんたって当時の軍事力世界No2だもんな。

ましてやドイツと挟撃したら楽勝。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 19:12:23 ID:O10BBnf20
>>72
うんにゃ、日本戦車でソ連に立ち向かおうだんて百年はやいべさ
お得意の上空爆撃で援護するなら何とかなるかも知れんが、冬将軍発動中は動けんという欠点もあるお
やはり夏の間にスターリングラードなどを一撃離脱(ピンポンダッシュ)
もしアメ公が中立なら、不可能ではなかったと俺は信じる
んでもってソ連を挟み撃ちにした後はアメリカを挟み撃ち
日独二国による世界分割発動・・・(仮想戦記妄想中

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 04:13:35 ID:C+SEaR7k0
猿>>>チョン>>>蛆虫>>>大腸菌>>>【壁】>>>ルーズベルト

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 08:47:28 ID:P6uJ3NJg0
フランクリン・ルーズベルト氏はかのセオドア・ルーズベルト氏と
縁戚がありました。フランキイーは世界の不況からフエア・デール政策を
用い不況からの脱却を図り成功しました。一定の偉人でもありましょう。

76 :だつお:2007/02/02(金) 21:03:38 ID:U4CppoVH0
ルーズベルトやマーシャルはプロの戦略家で、皇軍戦力の強大さ
と中国国民党軍の弱体ぶりを知っていれば、ヤルタ会談でソ連
対日参戦を申し込んでその代償を払ったのは至極妥当だろ。
主義主張や理念ではなく、戦略的観点からすれば。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 21:46:16 ID:vdgJppkb0
プロの戦略家というレッテル貼ったら何やっても妥当なのか?

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 21:52:44 ID:LvKL5DEw0
ドイツにはソ連と戦う理由があるが、日本にはないんだよな。
まぁドイツを助ける為に対ソ開戦を開くのは別に間違いではないけど。
対米開戦よりかはマシだろうが。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 23:37:57 ID:pRFNb0Dg0
政治学者等によるアメリカ歴代大統領のレイティングだと常に上位だね。


80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 00:21:13 ID:SEVx+qAc0
ルーズベルトは、日本を圧迫して対米開戦に追い込んだ卑劣漢。
日本としては、蒋介石より先にこの卑劣漢を手玉にとっておくべきだった。

日本の対米開戦で大統領選挙の公約「戦争を行わない」を堂々と反故に
できたんだから。

しかし、ルーズベルトを説得して裏であやつったのがチャーチル。
チャーチルこそ最高の悪魔だ。



81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 08:00:26 ID:mMN8o9Jz0
20世紀の民主主義の父 ルーズベルト


82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 16:53:18 ID:rHZSonDM0
日本と戦争したおかげで、アメリカは冷戦のあおりを受け大不況
韓国日本に散財、持ち直すのに実に30年はかかりました。
助けを求めるベトナムを裏切り、南部ベトナムの虐殺を起こし、
チベットを見捨て、カンボジアを見捨て、
はっきりいって全部日本が中国で締めてれば平和だった



83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 11:31:59 ID:7tQ1mJAw0
>>81
日系米国人を強制収容所にぶち込んでいる時点で、民主主義にはほど遠い。
ヒトラーやスターリンと大して変わらないよ。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 23:31:23 ID:EeLPkjae0
>>81
なるほど
日本の真珠湾攻撃をいち早く察知しておきながら
国民には伝えず、「卑劣な奇襲だった」という認識を植え付け
国民の士気を煽る・・・というのが民主主義のお手本なのですな?
俺には情報操作と詐欺にしか見えないが

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 00:22:49 ID:3q8n84k50
猿>>>チョン>>>蛆虫>>>大腸菌>>>【壁】>>>★F.D.ルーズベルト★


86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 16:22:35 ID:Yq7PXuqe0
「日本人は、私が見た限りでは、最も優れた気質をもった国民であります。
そして、私が今まで東洋で見たどんな異邦人よりも優れた民族だと思われます

「日本人は、親しみやすく、一般に善良で、悪意がありません。
名誉心は特に強く、他の何ものよりも名誉を重んじます。
大部分の人々は貧しいのですが、武士であっても平民であっても、
貧しいことを不名誉とは思っていません。
彼らは、金銭よりも名誉を大切にしています。
人々は賭博を一切しません。賭博をする人たちは他人の物を
欲しがるので、そのあげく盗人になると考え、たいへん不名誉な
ことだと思っているからです。この国では盗みというものが
最も悪いこととされ、それを皆が憎んでいる。また、日本人は、
礼儀というものをとても大切にしています。」
byフランシスコ・ザビエル

犯罪率の低さ
サウジアラビア>日本>ドイツ>>>>>>>中国アメリカチョン

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 16:24:44 ID:Yq7PXuqe0
日露戦での占領地での日本人の品性のよさは世界から絶賛を受けました
そんな日本人が虐殺など、起こしたはずはありません

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 00:40:00 ID:RZ1LnSid0
>>87
それはちょっと飛躍しすぎかも

30 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)