2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

玄洋社lt;Dark Ocean Societygt;頭山満

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 22:49:59 ID:vUC4dSBE0
自由民権運動からアジア諸国への革命の輸出。
来島恒喜による大隈重信へのテロで一躍名を挙げる。
福沢諭吉の脱亜論に対する頭山満の興亜論。
金玉均、ラスビハリボース、孫文、エチオピア、蒋介石への支援。
日清・日露戦争においては特に前者の発生に大きく寄与し、
両戦争において私兵を派兵。
人材育成機関としても機能し、杉山茂丸(夢野久作父)、緒方竹虎、
広田弘毅、中野正剛らを輩出。
玄洋社俊英にして右翼の源流とされ黒龍会、一水会を立ち上げた内田良平。
語りましょう。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 08:44:53 ID:5YcrjlzJO
ひい祖父さんがガキの頃に玄洋社で小間使いしていた。
ひい祖父さんは被差別部落に住んでたが、玄洋社の人達は穢多やろうが外国人やろうが気にせず優しくしてくれたと言ってた

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 15:12:32 ID:XZJHSn+i0
扶桑社文庫でポール・ウィルソン「黒い風」という戦前の日本を舞台にした
オカルト小説があったな。
世界制覇を企む謎の右翼結社。
その中心に潜むラスボス「達磨」・・・・。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 10:46:49 ID:02BjWxFN0
えっと、中村天風から知ったんだよこの人の存在。
彼のことを勉強したいんだけど、おすすめの書籍ありますか?

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 13:06:25 ID:Ce08wUoNO
福岡のジュンク堂書店とかにゃ彼の本がごまんとあるよ。


6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 16:39:52 ID:ayC0HB7N0
「空襲はお灸じゃ」

晩年の彼の迷言。流石に歳を取りすぎたようだな。

7 :4:2006/11/06(月) 09:44:56 ID:D8rVe5SW0
>>5
なんでオイラが福岡在住って見抜いたとや!?
いやーいっぱいあって逆にどれを選べばいいか分からんとよ…

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 14:27:40 ID:qhL6LW7l0
>>7
バレバレだよ・・・・
だって・・・・
























9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 16:32:01 ID:dxlaJ82a0
終戦まで生き延びていたら自決しただろうか?

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 00:17:09 ID:sEE0UVRT0
孫文をペテン師と見抜いてた内田良平のほうがまともな考えをしてたな。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 03:04:12 ID:O8v+xcGA0
>>9
児玉誉士夫みたいにCIAの極東/日本統治政策顧問みたいな役割?
あ、かなりの高齢だけどさ。
蒋介石と仲良かったから、台湾との友好協会か顧問かなぁ?

晩年は東条英機らと対立したんだよなぁ。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 06:44:33 ID:W0MdLRQm0
蒋介石政権に軍事援助をしていた国
アメリカ、イギリス、オランダ、フランス、イタリア、ドイツ、ソ連

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 22:25:30 ID:+2Sn47/z0
頭山満は大本教の出口王仁三郎と組んで
昭和神聖会立ち上げちゃったから晩年は肩身が狭かったろうな。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 00:13:55 ID:QbtUUhiy0
中野正剛を守るほどの力はなかったのですか?

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 19:30:26 ID:ianuQfHm0
というか一言で言うとエセ右翼だから。
資金源は三井。

でも三井が、外資の下から抜けようとチョット動きかけたときには、
その三井を叩いたことも。

つまりほんとのバックは外の人。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 01:56:08 ID:2sklX9DnO
どうも悪いイメージがあるな。特に広田の言動を考えてみると。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 22:17:17 ID:k2zZ//sB0
>>15
頭山満はホンモノ。
例えば所得倍増計画は実態は池田勇人でもなんでもないのに
彼によって進められたってイメージがあるよね。
それと同じで資金源が別にあったところで、右翼の本質には何ら支障をきたさない。
児玉や笹川や安岡みたいな金持ちだけが右翼じゃない。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 19:10:34 ID:d7r9M7kp0
マッカーサーなんかは進駐した当時は玄洋社は今はどうなっているのかと
その活動を警戒したらしいが。
日本人からすれば、当惑するよなぁ、当時は修養に力を入れている団体だから。

どうも連合国からすれば明治以来のアジア侵略を企図する、日本を動かす
闇の秘密組織が存在するんじゃあないかとずっと思っていたようで。
広田弘毅が処刑されたのも、まぁ軍人のみならず文官を処刑したくて
近衛が自殺しちゃったので代わりという意味もあったようだが。
その他に、広田の奥さんの父親が玄洋社社員だったのと、
広田と頭山満に交流があったのが、前出の秘密組織との絡みで
祟ったらしい。


19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 20:46:31 ID:RucGnvkr0
確か天皇の周辺も広田は玄洋社からの人間て意識あったんじゃなかったか。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 01:53:55 ID:UE7f+0RJ0
>>17
財閥というか、九州の鉱山経営者なんかの支援も受けていたしね。
陸奥だって息子を養子に出した財閥の支援受けていたし、
北一輝も財閥に支援うけて、右翼の情報を流していたし。
政治というのはそれだけお金がかかるということでしょうか。

広田弘毅の夫人である静子の父親は玄洋社社員月成功太郎。
月成は来島恒喜と共に大隈重信暗殺を期したが、
来島に「お前は妻子ある身だから」と制止された。
月成は来島の成功を見届けた。

しかし、広田はそこまで玄洋社との関係があったのだろうか。



21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 02:17:02 ID:1yhc07y00
川島芳子の伝記で芳子と頭山満が一緒に写っている写真があった。
頭山と川島芳子やその養父の川島浪速は関係が深いのだろうか?

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 08:34:59 ID:oK//19950
広田は普通に玄洋社社員なワケだが・・・

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)