2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■ネットウヨ完全論破テンプレ2006■

1 :地球防衛運動代表主席理事補佐官:2006/10/04(水) 19:14:54 ID:y54BnVN20
真性ネトウヨ・プチウヨ少年Q&A(1)

Q1.大東亜戦争はアジア解放戦争だと聞いたけど?
A.ウソです。御前会議による『大東亜政略指導大綱』には、
「「マライ」「スマトラ」「ジャワ」「ボルネオ」「セレベス」は帝国領土と決定し・・」
とあります。これは極秘決定で、傀儡政府許可はビルマ・フィリピンだけ、
しかも口約束です。

Q2.日本軍は軍規厳粛な神兵だったんでしょ?
A.違います。1940/9/19「支那事変ノ経験ヨリ観タル軍規振作対策」によれば、
「事変勃発以来ノ実情ニ徴スルニ赫々タル武勲ノ反面ニ掠奪、強姦、放火、
俘虜惨殺等皇軍タルノ本質ニ反スル幾多ノ犯行を生シ為ニ聖戦ニ対スル内外ノ
嫌悪反感ヲ招来シ・・」とあり、1937年7月〜1939年末までの1年5ヶ月での
強姦致死傷は732件とあります。日本軍において強姦は被害者の親告罪だったので、
実際はこの数倍から数十倍と思われます。岡村寧次司令官は南京事件のあと、
親告罪だった陸軍刑法を改正し、戦後には日本陸軍の軍規について教育が悪かった
と述べています(『政変昭和秘史』サンケイ新聞社)

Q3.でも南京大虐殺はなかったんだよね?
A.「大虐殺」が30万人なら、「中虐殺」があったと言える。90年代に入り、
「まぼろし派」は絶滅した(by秦郁彦)。中間派の秦郁彦氏は4万〜6万人と結論
しています。むしろ「南京大虐殺」と「南京虐殺事件」の『差分』は、
南京大虐殺はなかった→みんな騙されていたんだ。日本軍の強姦・虐殺もなかった、
大東亜戦争はアジア解放戦争だったんだ!
という、リビジョニストにとってこそ無くてはならない「プロパガンダ」と言えるでしょう。

>>2-10に続く

2 :1:2006/10/04(水) 19:15:27 ID:y54BnVN20
真性ネトウヨ・プチウヨ少年Q&A(2)

Q4.でも大東亜戦争はアメリカが仕掛けた有色人種圧殺戦争だよね?
A.アメリカの中国への主張は、日露戦争の時代から主権尊重、領土保全でした。
これは九ヶ国条約で日本政府も同意しています。
アメリカにとって、自国の国益を損なう日本の中国侵略のためになんで
石油・資源を提供してやらなければならないのでしょうか?
本来ならば満州事変の時点で対日経済制裁をとられても文句は言えません。

Q5.でも満州事変は中国側の反日テロが原因で、日中戦争は中国側が
仕掛けたんだよね?
A.ちっぽけな関東州の租借権と、鉄道の敷設権は満州を植民地化していい
という理由にはなりません。
リットン調査団の報告書は、事変後の「満足なる解決の条件」として
満洲における日本の利益の承認、内に対する治安維持、外に対する安全保障、
満州の自治などを提案しています。日本側の要求は全て満たされたはずでした。
治安維持を口実に元の権益以上の権益を武力によって強奪するならば、
それはただの侵略でしかありません。
 また百歩譲って満州の植民地化が正当だとしても、日中戦争に至るまでの
『華北分離工作』には 何の正当性もありません。それが原因で盧溝橋事件に発展し、
さらに武藤章などの強硬派は「この際河北地を第二の満州にすべし」と逆にこの機会を
利用して単なる小競り合いをさらなる侵略に発展させます。日中戦争の
和平工作を見ても、日本側の権益拡大要求で全て失敗しています。
特に汪兆銘傀儡政権には、駐兵権や数々の権益を呑ませようとする過酷なものでした。

3 :1:2006/10/04(水) 19:15:58 ID:y54BnVN20
真性ネトウヨ・プチウヨ少年Q&A(3)

Q6.でも当時は大恐慌で、植民地を持たない弱い国が侵略するのは
仕方がないよね?
A.満州事変による軍需の拡大と高橋是清の積極財政、為替操作などで
日本はいち早く恐慌を脱出し、1933年には経済が恐慌以前の水準まで
回復します。1933年各国の失業率はアメリカ24.9%、ドイツ26.3%、
イギリス21.3%ですが日本は僅か5.6%に過ぎません。(『近代国際経済要覧』)
この日本の景気回復の原動力となったダンピング輸出が元で、世界経済の
ブロック化が進行します。それを根拠に侵略してもいいというのは、単なる
口実に過ぎません。苦しいのはどこの国も一緒でした。
しかも軍部は次第に軍事予算拡大を要求していき、恐慌後期に緊縮・軍縮財政を
図った高橋是清は暗殺されてしまいます。これにより軍事予算は歯止めを失い、
軍部の思うままに国家財政を崩壊へと誘っていくのでした。

Q7.じゃ結局僕たちネットウヨが信じていた聖戦ってなんだったのさ?
A.一つはナチスに便乗した「新秩序」なる列強間の植民地の再分割戦争。
また明治憲法下で元々イレギュラーな政治権力だった軍部が、国民の支持を
得続けるためには絶えず戦争で勝利を演出しなければなりませんでした。
和平工作における貧欲なまでの権益要求は、国民の支持を失う事への恐れが
あったと言えるでしょう。そして最後に帝国が崩壊するまで、その貧欲さが

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/04(水) 19:19:10 ID:al0JXMRv0
重複です。
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1159660498/l50

相手されなくなったからって、ここに書き込まないでください。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 17:22:48 ID:fbNofwcE0
じつは>4のスレも重複。極東板でボロクソに論破されたからって…。

■ネットウヨ完全論破テンプレ2006■part2
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1159922472/

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 07:35:04 ID:j95d3U700
age

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 08:33:10 ID:FUQ+WOCaO
立てる板が違うのは重複とは言いません
マルチです

それにそれを言うなら
ウヨ系スレは、あちこちでマルチしまくり重複しまくりですが
それに対しウヨは板に対して2つ程度の重複は今は認められる
とほざいてましたが何か?

両方に公平に言うのでなければ自治とは言えません

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 12:37:20 ID:qk5OlTZE0
サヨもレベル落ちたね・・・
この程度じゃつまらん

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 16:12:12 ID:2/jBEKcR0
>>8
        _,.._,.=-_-、
      ,r;r '´     `ヽ
    ,r:i'          ヽ
   /::::;!           ヽ
   ;!:::::::'! .,     _   _,.......i:、
  ;i:::::::::::::l.  ,;r''_:::::'' ::r_;ニ;.:l:::i
  r'::::::::::::r   "'"`=';' '  i:::`;::::l:;!
 /::::::::::r:ミ ;::::.   ´'´ r  )´ '::l!
 !::::::::::::、_,.::::::    /.:::::::::ヾ、.::l
  ヾ:::;、::::!::::::. ..::' ';':::::::::::::::::ヽl!
   `  ヾi ::::::ミ:、-':::::;:r―::、:::ij;!
     ,.r!i  ミ::_;::::''::::::::::::::;r/::`::::-.、
  ,...-:::::::::/ `r、__,-―--‐'´ /::::::::::::::::::::::..、
:::::::::::::::i'' ー-'r--r.、´ヽ   /::::::::::::::::::::::::::::::::`::、

    アーゲンナー [Georg Urgenner]
      (1898〜1975 ドイツ)


10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 19:11:39 ID:NQXiMuSj0
馬鹿はマスコミを見てサヨクになり、2chを見てウヨクになる。
賢者はマスコミを見てウヨクになり、2chを見てサヨクになる。

11 :大東亜平和:2006/10/20(金) 22:15:36 ID:gtPBvNc00
>>1
無駄であると思われますが、反論させて頂きます。
まず、日本国の戦争の大儀の部分
ここの部分は確かに貴方の仰る通りで本当に植民地を解放しようなどと
は思ってはいなかったでしょう。植民地解放の大儀は日米開戦が始まって
重光葵外相が日本の戦争の大儀として後付けにしたものです。
 しかし、アメリカとの戦争は少なくとも喧嘩両成敗の部分はあると思い
ます。
  次のレスに続く

12 :大東亜平和:2006/10/20(金) 22:17:08 ID:gtPBvNc00
さて、続き
日本国の世論としては中国討つべしとの声が強かったのですが、
しかし、日本はそれでも不拡大方針を変えようとしませんでした。
そこに今度は八月九日に大山海軍中尉らが虐殺される事件がおきました。それを
きっかけに八月十三日に上海事変が勃発。中国は全国総動員を下して
日本と全面的に戦う姿勢を示し、日本もやむを得ずこれに応戦していく
形になりました。

満州事変を一方的と言うなら中国のこういう策謀も十分非難する必要が
あります。

13 :大東亜平和:2006/10/20(金) 22:19:28 ID:gtPBvNc00
間違えた。

>アメリカにとって、自国の国益を損なう日本の中国侵略のためになんで
石油・資源を提供してやらなければならないのでしょうか?
本来ならば満州事変の時点で対日経済制裁をとられても文句は言えません。

満州事変がなかば侵略的だったのはそうですが、中国が日本国に対して行った
事も見逃せません。盧溝橋事件の場合は共産党の攻撃を加えられました。
しかし、日本はこれに厳重な注意をしましたが、交渉の最中、最初の一発から
七時間後に、中国側は猛射を浴びせてきました。これに仕方なく応戦はしま
したが、日本側はできるだけ不拡大方針を立てました。しかし、中国側から
の違法攻撃は繰り返され遂に通州事件は起きました。
元々、通州には殷汝耕氏を委員長とする親日自治区が出来上がってましたから
日本軍もまさかと思ったでしょうね。何しろ裏切ったのは味方だったはずの
中国保安隊でしたから。
               続く


14 :大東亜平和:2006/10/20(金) 22:21:21 ID:gtPBvNc00
では、肝心のアメリカについて。
これは貴方が言ってるように確かにアメリカの言い分は正しいように
思えますが、そもそも、日本国の場合、侵略的になってしまったのは
中国共産党の陰謀にはめられてしまった部分があるからです。
しかもそれをアメリカは応援しました。「義和団事件」の時は日本国に
鎮圧を頼んだ国がですよ?しかも日本国は元々より中国を侵略するつもり
はありませんでした。日本軍が駐留していたのは親日政権が成立し
一切のいざこざを無くそうと考えた為ですが、それを中国共産党は見事に
利用しました。
こんな事をする国に散々やられていて自衛の意味もあった行為を侵略を
意図的に行っていた国が非難できますでしょうか?それにアメリカは
中国の他にもたくさんの広大な植民地を保有していました。それなのに
なんで中国まで必要とするのでしょうか?
結局、日本国はアメリカと戦争しましたが、どっちが強欲かと言えば
アメリカの方が強欲でしょう。日本は中国に干渉して利権を
奪っていた帝国主義的な部分がありますが、それはあくまで生存の為
であり、アメリカのような徹底した帝国主義では断じてありません。
利益のためにといいますが、果たしてアメリカのような国がそれを言う事
ができますか?大東亜戦争は「自衛戦争」であったと私自身は思い
ますが。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 22:24:53 ID:a/vySPC80
馬鹿はマスコミを見てサヨクになり、2chを見てウヨクになる。
厨房はマスコミを見てウヨクになり、2chを見てサヨクになる。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 00:47:47 ID:cwt3jm+50
醜態さらすだけだからこういうスレ立てないほうがいいよ

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 04:46:15 ID:2ynUMIxt0
Q,南京大虐殺はなかったと主張する学者は実在しますか? もし実在するなら名前を挙げてください。

A,
Debit・M・Kennedy 歴史学者 
元スタンフォード大学歴史学部長教授
ピューリッツア賞受賞歴有り

南京戦では蒋介石軍による南京市民の虐殺・略奪・レイプで多数の南京市民が被害に遭い
蒋介石に見捨てられた国民党軍兵士数千名が侵攻してくる日本軍を恐れて冬の川に飛び込み死亡したとし
アイリス・チャンのレイプ・オブ・南京を日本政府や日本軍を悪者にするためのプロパガンタ作品だと酷評している。

Debit・M・Kennedyは明確に南京大虐殺はなかったと断言しています。
とくにアイリス・チャンの主張するナチス・ドイツによるユダヤ人に対するホロコーストのようなことは起きておらず
便衣兵の処刑も当時の国際法上正当な行為だったと述べています。
南京で起こったことは国民党軍兵士・中国人・一部の日本兵による殺人事件にすぎないと主張している歴史学者です。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 07:23:27 ID:v+MzD+Px0
Debit・M・Kennedy 歴史学者  て何歳なのかね?
南京事件当時14歳だった兵士が南京で虐殺を行ったという類の話と変らんが
当時参戦した者があったといい、現地に行ったこともない者が無かったという?

19 :もともと日本の条約無視が発端:2006/10/21(土) 07:33:44 ID:iFFQsQ9a0
●日本側要因● 1満州事変 2華北分離工作 5廬溝橋停戦日に大軍派兵発表 7北京占領 10追撃戦(南京〜重慶)

*パリ不戦条約、九カ国条約軽視*

●中国側要因● 3西安事件 6廬溝橋停戦後の散発的攻撃 9上海租界攻撃

*廬溝橋停戦協定、上海停戦協定軽視*

●偶発か謀略か真相不明● 4廬溝橋事件

●日本の傀儡所属による寝返り事件● 8通州事件


20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 08:44:52 ID:/egJPhiM0
>>18
        _,.._,.=-_-、
      ,r;r '´     `ヽ
    ,r:i'          ヽ
   /::::;!           ヽ
   ;!:::::::'! .,     _   _,.......i:、
  ;i:::::::::::::l.  ,;r''_:::::'' ::r_;ニ;.:l:::i
  r'::::::::::::r   "'"`=';' '  i:::`;::::l:;!
 /::::::::::r:ミ ;::::.   ´'´ r  )´ '::l!
 !::::::::::::、_,.::::::    /.:::::::::ヾ、.::l
  ヾ:::;、::::!::::::. ..::' ';':::::::::::::::::ヽl!
   `  ヾi ::::::ミ:、-':::::;:r―::、:::ij;!
     ,.r!i  ミ::_;::::''::::::::::::::;r/::`::::-.、
  ,...-:::::::::/ `r、__,-―--‐'´ /::::::::::::::::::::::..、
:::::::::::::::i'' ー-'r--r.、´ヽ   /::::::::::::::::::::::::::::::::`::、

    アーゲンナー [Georg Urgenner]
      (1898〜1975 ドイツ)

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 14:23:16 ID:vP2JjJtb0
koueiこんな所でも発狂してるんだw
馬鹿じゃネーの。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 14:44:16 ID:cwt3jm+50
19よ・・・釣りか?つまらないぜ

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 15:21:43 ID:KnaaN7cg0
石油禁輸・ABCD包囲網の前年にフランスがドイツに降伏するのを見て
日本は仏領インドシナに進駐している。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 16:18:00 ID:DR1/d3V10
「大東亜平和」みたいに片側の行動を省き片側の行動をあげつらう奴よりは、
19の方が幾らかまし。
真相不明事件まで勝手に断定してるし。

25 :大東亜平和:2006/10/21(土) 19:08:42 ID:lkBwjLZX0
>>24
そりゃあ、申し訳ないですね。じゃあ説って事で良いですよ。訂正しときますね。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 16:04:03 ID:6xjWSOQX0
ネトウヨ惨め

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 11:42:54 ID:QIJdJymB0
ネトウヨ論破アゲ

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 12:23:42 ID:dPBcyifC0
実際、ここまで自民党やっちゃったら、参議院選負けるんじゃないのか…。
つーか、日本人ってこんなに酷い現状までをも受け入れる人種なんか?


29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 13:11:59 ID:/pQz1qI00
>>28
他の政党がまとなだったら、すぐにでもそっちに移るさ!
ああ、そうさ!

・・・日本人には、かつての村山政権の悪夢がトラウマになっているんだよ・・・
畜生・・・

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 16:56:48 ID:/Dnn4vVv0
a

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 17:21:22 ID:UKMZFf010
俺、10に近いな。
いわゆる「自虐史観」に辟易し、小林とかの影響でウヨになった。
しかし2ch見てあまりのウヨの低脳ぶりと嫌韓オンリーにへどがでそうになって
サヨまではもどってないが中道で落ち着いた。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 00:37:16 ID:7VYrzOc60
満州を植民地というなら今の満州もしくは、独立以前の満州はどうなんだ?
日本は内モンゴルも独立させようとした。チベットも中国の侵攻を抑えるために日本に毛皮を送ってくれたりした。
シナがあまりにもカスすぎて日本は正義にしか見えない

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 00:53:27 ID:2QmL+QAh0
>>31
素直に2chを卒業すればいい話では?

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 18:59:35 ID:jsPZTb5s0
>>32

独立以前というか満州国は日本の都合で作られた国だろう。
満州族による独立運動があったなんて聞かないし、
中国領でないから独立して当たり前と言うのなら
当時の日本は台湾・朝鮮・南洋・琉球を領有しながら独立させなかったのだから、
中国は特に不自然な事をしていた訳ではないし。
特に日本の都合で作られただけの満州族の意思によって作られた訳ではないのならなおさらだ

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 19:26:27 ID:q99zZPYu0
対支21カ条の要求で満州権益を中華民国にもとめているだろう?
満州を手中におさめるためにとった軍部の行動はあきらかに
逸脱した謀略だといわれても仕方がない。
また実質的に支配していた張作霖爆殺のあと
反日姿勢を見せ始めた張学良を駆逐するために満州事変をおこした。
これは当時の国際社会から完全に否定された。
以降日本は孤立を深め結局破滅への道をたどった。
どこも肯定するところはない


36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 00:23:02 ID:bbpbvloo0
よく当時の日本を評価するのに「国際社会」てのが出てくるが
当時のアングロどもに日本を非難する資格あるの?

黄色い猿がいきがるのが許せなくて潰しただけじゃないの?

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 01:37:16 ID:7EP1J52a0
そのとおりです。いわゆる欧米の列強の利害がそのまま国際世論だったことは
今もそう変わらないですね。

潰したのではないですよ。日本は潰されたのです


38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 12:47:08 ID:sKQAUKjB0
つぶされないようにがんばった明治の元勲達。
つぶされちゃった昭和のDQN軍人ども。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 15:21:40 ID:7EP1J52a0
そういうことですね。簡単にいえば。^^
たくさんの人命を失いそして子や孫の我々もいまだにそのツケをいろんなかたちで払っている以上。
日本が正義だの。日本は被害国だの。
われわれが肯定なんかできるわけないですよ。

大東亜共栄圏思想なんて後付けですよ。


40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 16:03:10 ID:SA47H1iu0
明治の元勲 イチロー、野茂、青木、
昭和のDQN ノリ、ジャンボ尾崎、亀田

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 17:11:09 ID:7EP1J52a0
ワロタ 不謹慎だけど。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 17:46:35 ID:cFaw9V+M0
追加
昭和のDQN メロ、童夢
       ↑
     覚えてますか? 

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 01:54:02 ID:kTFJeD1f0
>>35
イギリス・フランスをはじめかなりの国に当初、満州国建国を認められていたのだが、それはスルー?
まぁ、リットン調査団の調査後は、関東軍の仕業だという結果から否決されたが
しょっぱなから批判されてたみたいな書き方すんなよ、知らない奴が誤解する

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 05:04:15 ID:HehwX/x/0
>>34
満州族のプイさんの意志で作られました。
中原での滅満運動で抵抗は駆逐されました。
ウイグル・チベット・内モンゴルは独立を求めています
満州人の意志が働くなら当然独立を求めていたはず
日本の傀儡であったとしても世界の独立運動の波にのっていれば自然に独立した状態
中国の一部になることはその芽すら摘まれた状態


45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 05:06:17 ID:HehwX/x/0
満州で中国側に立つやからはチベット問題を批判する資格はない

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 07:56:56 ID:am+ZdpL00
>>45
まったくもってそのとおり
ていうか、中国の領土は万里の長城より↑にはないと俺は思ってます

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 08:09:51 ID:QqtLFLLz0
満州事変は万里の長城の重要関門まで占領して中国と衝突を起こしたからな
終盤の熱河作戦で占領範囲を拡大したせい
長城以北だけで済む話ではない

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 08:20:29 ID:QqtLFLLz0
>>45
満州で誰側に立つかの考え自体がおかしい

そもそも満州族が漢民族の地を占領して「清」を建て
末期には満州に漢民族が流入してくるのを止めなかったのだから
漢民族の勢力が出来るのも自業自得だし

日本やソ連が満州の地を狙うのも国益に基づく物で正論など関係ない


49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 11:51:36 ID:V9s1+Owr0
じゃあ沖縄は独立だな。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 19:04:15 ID:AF3TmjLa0
50get・・・



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::...... ...   --─-  :::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::
:::::::::::::::::...... ....:::::::゜::::::::::..   (___ )(___ ) ::::。::::::::::::::::: ゜.::::::::::::
:. .:::::。:::........ . .::::::::::::::::: _ i/ = =ヽi :::::::::::::。::::::::::: . . . ..::::
:::: :::::::::.....:☆彡::::   //[||    」  ||]  ::::::::::゜:::::::::: ...:: :::::
 :::::::::::::::::: . . . ..: :::: / ヘ | |  ____,ヽ | | :::::::::::.... .... .. .::::::::::::::
::::::...゜ . .:::::::::  /ヽ ノ    ヽ__/  ....... . .::::::::::::........ ..::::
:.... .... .. .     く  /     三三三∠⌒>:.... .... .. .:.... .... ..
:.... .... ..:.... .... ..... .... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
:.... . ∧∧   ∧∧  ∧∧   ∧∧ .... .... .. .:.... .... ..... .... .. .
... ..:(   )ゝ (   )ゝ(   )ゝ(   )ゝ無茶しやがって… ..........
....  i⌒ /   i⌒ /  i⌒ /   i⌒ / .. ..... ................... .. . ...
..   三  |   三  |   三  |   三 |  ... ............. ........... . .....
...  ∪ ∪   ∪ ∪   ∪ ∪  ∪ ∪ ............. ............. .. ........ ...
  三三  三三  三三   三三
 三三  三三  三三   三三

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 01:25:43 ID:jUcwSsi20
沖縄は沖縄人たちの意志で日本に返還されました。
朝鮮・満州は独立させました。朝鮮がふがいないので朝鮮の要請により併合してあげました。
台湾は戦略的な重要地だから独立は無かったと思うが、中国から引き離されたほうが台湾人にもよかったろう 外省人嫌われまくり


52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 10:55:07 ID:vdeGe3NbO
朝鮮人のWikipedia(ウィキペディア)捏造に対抗せよ 15
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/korea/1163475222/

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 15:22:02 ID:dgsb87RW0
>>51
中国軍が突然沖縄に上陸して誰かを王にして独立させても文句言わないよな?

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 17:23:25 ID:gwoWXszE0
沖縄は米軍占領下時で望めば独立できただろ。経済的にどうなったかはしらんが


55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 06:14:58 ID:M1qwzRbx0
沖縄市民の多くは米軍より人民解放軍の駐留を望んでいるよ

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 13:56:29 ID:izNoFskQ0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%96%E7%B8%84%E8%BF%94%E9%82%84
当時は日本国民側が沖縄返還に反対した
ずっとアメリカ領土なら基地に金なんか払わんですむしな

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 15:23:57 ID:Q4eVeBbX0
>>17
ソースは?

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 00:01:31 ID:IhAVwaZn0
s

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 01:34:45 ID:PkiV5gKq0
>>53
沖縄県民の米軍撤退の声を必死に耐えながら
毎日お仕事している米軍に対する冒涜と受け取った

60 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/01/28(日) 08:11:08 ID:5ubWK/fI0
ひでえなこのスレ
特に満州関連は
満州スレでトンズラした奴がレスしてるんじゃないの?

時間がある時にチョボチョボ付き合うから
まず>>1でも>>1に同意した者は
コテハン名乗れ コテハンにトリップ付けろ
何か名前を付けた後に# (その後に記号でも数字でもいいから入れろ)

そして絶対に逃げないと誓え

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 10:35:28 ID:OHhR80ul0
>>59
県民の殆どは、米軍撤退を要求してはいない。
米軍に対する市民団体の無用な非難は是正されるべきだが、
自国民の心情を汲み取ることも必要なのでないか。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 17:42:52 ID:N1IJzt0H0
>>61
やっぱり?沖縄県民もそこまでヴァカではないよな

63 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/01/28(日) 18:59:18 ID:5ubWK/fI0
>まず>>1でも>>1に同意した者は

>>1でも>>1に同意した者でもいいから

それとさ
>>1を読むと
単なる「歴史バカ」って感じがするんだが
始める前に確認するが
俺が前から言っている

正当化=一般化・常識化、当然 普通

ってのは理解しているだろうな?
それが分からないと話にならない
違うと思うならまず
お前の意見を聞こう

始める前に言っておくが絶対に名無しで書くなよ
何故名無しで書くのがいけないって?
分からなかったら教えるよ

64 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/01/28(日) 19:02:15 ID:5ubWK/fI0
>分からなかったら教えるよ

教えてもらいたかったら、
日本人かそれ以外(外国人)か教えてね

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 01:07:31 ID:LSbts/xb0
>>47
河北省青龍まで満州人居住区は広がっています。
日本はそのあたりを割譲要求しましたが、当然満州国に組み込むつもりでしたから さらに無問題
内モンゴルも当然。内モンゴルの王が日本に助け求めたぐらいだ
あとよく万里の長城をだしてくるが、東北地方の長城は清国が作ったのね

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 11:03:38 ID:Y2z01u2p0

>>1
↓オ〜イ、論破してくれや〜〜orz

-----------------------------------------------------------
いわゆる「日本国憲法」は憲法としては完全に無効だ!第八条
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1168760952/

1 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:2007/01/14(日) 16:49:12 ID:hWzBjz8E
> ■南出喜久治氏のみが唱えている「新無効論」は、他の無効論(旧無効論)と区別されるべきです。
> 南出氏の新無効論は、根拠を明確にして「日本国憲法」を講和条約だと説明します。 保守論壇村の「あんなものは、占領統治法でし
> かない!」などと揶揄するだけの理論ぬきの論法ではありません。つまり、現在の国会もふくめて国家機関などすべての戦後の法秩
> 序は直接には講和条約たる「日本国憲法」が支えていますが、その「日本国憲法」を支えているのが帝国憲法(13条)です。ゆえに、
> われわれは、正統な帝国憲法を「復元」や「とりもどす」までもなく戦前と同じく法秩序的には帝国憲法体制内に身を置いているわけで
> す。現況の法秩序としては、正誤を示すと以下のとおりです。 http://www.youtube.com/watch?v=ZGRXpc-bmRY
> × 「日本国憲法(最高法規)」>法律・・・・現国会議員の地位
> ○ 不文憲法(国体法)>帝国憲法>「日本国憲法」(講和条約)>法律・・・・現国会議員の地位
> http://www.meix-net.or.jp/~minsen/kako/bunko/kokutai/kokutai6/kokutai6.htm ←新無効論の特徴理論(講和条約有効論部分)
>  現在の国会議員の地位は、帝国憲法と「日本国憲法」との両方に根拠づけられているのです。新無効論によれば、現在の国会は帝
> 国憲法に対して「合憲」の存在です。無効決議とは 「○」の正しい法序列の法的事実を後追いで確認行為する意味です。
> つまり、「日本国憲法」は憲法ではないから、憲法として無効であるという決議、無効確認決議(無効宣言)が含まれます。
> この「○」の現況認識からスタートしましょうという憲法論が新無効論です。すでに我々の(明文)最高法規は「日本国憲法」ではなく
> 帝国憲法だったのです。正統皇室典範も厳存します。この「新無効論」の重大さを理解できますか。
> (>>892のつづき文)
> ■南出喜久治氏の新無効論掲載サイト http://www.meix-net.or.jp/~minsen/index.html
> 概念の整理  http://www.meix-net.or.jp/~minsen/kako/bunko/kokutai/kokutai4.htm
> 原状回復論 http://www.meix-net.or.jp/~minsen/kako/bunko/m10.htm
> 12の無効理由 http://www.meix-net.or.jp/~minsen/kako/bunko/kokutai/kokutai3.htm
> ■前スレ http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1164855742/
> ■下記以外にも動画あり、参考リンクも含め>>2-10あたりで紹介。
> 新無効論 「日本国憲法」は講和条約 (2-1) 南出喜久治 ●ttp://www.youtube.com/watch?v=b_yRZD0vb0c
> 新無効論 「日本国憲法」は講和条約 (2-2) 南出喜久治 ●ttp://www.youtube.com/watch?v=GCNvLACg-Is
> 方法論知ってる?改正/破棄/無効確認 ●http://www.youtube.com/watch?v=DmX6lgYd4UI
> Playlist: ドラマ 憲法はまだか ●http://www.youtube.com/view_play_list?p=805F55E042518B4F
> 私どもはGHQの子孫なんですか? 畠奈津子 ●http://www.youtube.com/watch?v=oPfbkcpczX4
> 「過半数であっさり無効宣言しましょう」渡部昇一 ●http://www.youtube.com/watch?v=X1cMeSkENuQ
> 日本国憲法無効論 小山常実 ●http://www.youtube.com/watch?v=p5HTHt0jJg4
> Playlist: 改憲派は「保守」派ではない!小山常実 ●http://www.youtube.com/view_play_list?p=7FB56882F64BBCBD


67 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/02/11(日) 07:50:17 ID:/v1+298d0
>保守論壇村の「あんなものは、占領統治法でしかない!」
>などと揶揄するだけの理論ぬきの論法ではありません。

俺は保守でも右翼でも左翼でもなんでもない、と断って言うが
「あんなものは、占領統治法でしかない!」で反対しているわけではない。
憲法9条、ただこれだけがある為に改正しろと言っている

>>66
ちょっと聞きたいんだが
憲法だとか、法律だとかは何だと思う?
俺の認識は「掟にリボンをつけたようなもの」

たとえば国民の大多数が
「戦前日本は血に飢えた侵略を繰り返した。
この平和憲法のお陰で戦争しなかったし、経済発展した」と考えているとしたら
どのような理論があっても改正することは不可能だろう。

国民の「倫理観に基づく常識」に訴えた、改正する為の理論

68 :前に書いたコピペなんですがねチロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/02/11(日) 07:51:51 ID:/v1+298d0
それでは自然権である自存権(自衛権)について考えてみます。

1000人を惨殺した凶悪犯が警官隊に追われ、人質を取って立てこもっています。
凶悪犯は警官隊に射殺されるか、捕まったとしても死刑になる事は確実でしょう。
いずれにしても死です。
それが嫌で人質をとって抵抗している。

さて、この凶悪犯を一つの生物として考えた場合、
この行為(死から逃れようとする)はどうでしょうか?
前にどのような生物も、自己を守る権利を有していると書きましたが
もちろんこの生物にもその権利はあります。
ただこの生物は人間社会に属しているので、【法】がその権利を無効とするわけです。

このように、こんな酷い凶悪犯といえども、自己を守る権利はあるが、
その社会が取り決めた【法】によって射殺されるなり、死刑になるわけです。
つまり自然権たる自衛権(自分を守る権利)はこの世に生を受けたものが持っている非常に重要な権利で、
何人たりとも異議を唱える事の出来ない性質のものなのですが、
【法】に依って制限または無効にすることも出来る、というわけです。
※外国には、他人(複数)の自存権を故意に侵害したにも関わらず、本人の自存権は認められる
という死刑廃止の国まである。(それほど強い権利)

さて、凶悪犯は捕まり死刑を宣告されました。もはや自存権(自衛権)は無効とされているので、
刑が執行される日まで、暴れたら取り押さえられるでしょうし、武器(凶器)になるようなものも手に入らないように
厳重に管理されるでしょう。



69 :前に書いたコピペなんですがねチロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/02/11(日) 07:52:50 ID:/v1+298d0
さて憲法9条です。
========================================
第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、
永久にこれを放棄する。

2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
========================================

どこをどう読んでも自衛権は認められませんし、自衛隊は違憲になっています。
この9条で日本国の自然権たる自存権(自衛権)は無効にされていますが、日本は一体何をしたからこんな罰を受けたのでしょうか?
前述した凶悪犯は1000人を殺したからですが、日本は一体何を?
その答えは東京裁判にあります。
満洲事変からの行為を侵略とされ、南京大虐殺で人道上の罪を犯したとされました。
それ故に日本国は9条によって死刑にさせられたのです。
死刑執行日まで、暴れたら取り押さえられるでしょうし(国連、敵国条項発動)
武器(凶器)になるようなものも手に入らないように厳重に管理されるでしょう(日本国憲法第9条)
死刑執行日は他国が日本を侵略しようとした日であり、
明日かもしれないし何千年後かもしれません。まぁあくまでも9条を守っていたとしたらですけどね・・・

この様に、9条を考える時には絶対に東京裁判ついて触れないわけにはいきません。
戦前の歴史について考えないという事はあり得ません。
これについては来週からになりますが、一言断っておくべき事があります。
仮に東京裁判の事が全て事実で、この9条の対象者である当時の日本国民全てが凶悪犯だったとしましょう。
9条では「永久にこれを放棄する」=(永久に罰する)と唱っていますから
罪は子々孫々に引き継がれる、または凶悪凶暴な性格は遺伝すると言っているのです。
つまり9条を守ろうとする者達は、これら、罪の引き継ぎを認めるか、凶悪凶暴な性質遺伝を証明しなければならないのです。
それらができないのであるならば、即刻9条という、日本国民にとって不当な、というよりも、人類にとって不当な
条文を破棄する事に尽力しなければならないのである。



70 :前に書いたコピペなんですがねチロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/02/11(日) 07:57:45 ID:/v1+298d0
>前にどのような生物も、自己を守る権利を有していると書きましたが

↑これは他板でお行儀よく書いた時(見あたらない)
仕方がないのでこの板で書いた時のコピペ↓


何で分からないんだよ?
自衛権について考察してみろよ。
自衛権というのは自然権にして、この世に生を受けたものが与えられている権利だよ。
そしてそれは何も人間だけじゃない、全ての生物だ。
人間は生きる為に他の生物の命をもらう。
たとえば釣りをしたとき、魚が抵抗する様を見て
「何故抵抗するんだ?」なんて思うか?何故そう思わない?
それは魚の自衛権(自を守る権利)を認めているからだよ

この自衛権、(危険回避行動)を否定出来る存在なんてこの世にはない。

※右の頬を打たれたら左の頬も出しなさい、の教えを実践している者のように
その権利を自らの意志で放棄する事は可能だが、
強制する事は絶対に出来ない。
何故なら、もし自衛してはいけないと云うのが神の意志ならば
最初から防衛本能を抜いて人間を創るからだ。

71 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/02/11(日) 08:08:26 ID:/v1+298d0
>何故なら、もし自衛してはいけないと云うのが神の意志ならば
>最初から防衛本能を抜いて人間を創るからだ。

憲法9条を守る運動にはキリスト系宗教関係者がいると言われるが
この人達は「神の間違いを正そうとしている者達」なわけ
神の無謬性を信じている者達がだよ

彼らがここらへんの矛盾に気づくのはいつの事なんだか分からない

それはさておき
9条については宗教者との対話だけすればいいってことだけだよ
ここにもあのコピペ貼っておく



72 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/02/11(日) 08:09:37 ID:/v1+298d0
クエーカー憲法

米国がその次に滅ぼしにかかったのが日本だ。
罪状は白人国家の財産だった第三世界を目覚めさせたことで、ルーズベルトは
英公使キャンベルに憎しみを込めて「日本を四つの島に閉じ込め滅ぼす」と語っている。
実際、米国は終戦時までにフィリピンを超えるほどに日本全土を徹底的に破壊し殺しまくった。
(中略)
スーチー方式も使った。
神道の祭司である天皇家にクエーカー教徒の家庭教師を送り込んだ。
この宗派は非暴力を旨とするキリスト教の一派で天皇家を内側から崩壊させる狙いだった。
後に同じ宗派のライシャワーを大使として送り込んだが、目論見は失敗に終わっている。
日本弱体化ではハワイ方式も併用された。
つまり米国製憲法の押し付けだ。
この憲法の第九条はバイニング夫人条項とも言われ、クエーカー教の教えを文章化している。
すなわち暴力は一切だめ。だから「軍隊はいらない」 
殴られても「神の思し召し、戦ってはなりません」という内容だ。

週刊新潮(12月8日号)コラム 変見自在 帝京大教授 高山正之

73 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/02/13(火) 05:48:11 ID:m9oaRCWp0
こっちにも貼っておこう

●ウエップ裁判長
「東京裁判は間違いだった」

●キーナン検事
「東京裁判はいくつかの重大な誤判を含むのみならず、全体として復讐の感情に駆られた、公正ならざる裁判だった」

●マッカーサー元師
「東京裁判とニュールンベルク゛裁判には警告的な効果はないだろう」
「敗戦国の政治指導者を犯罪人としたことは忌わしい出来事だった」

●ウィロビー将軍(GHQ)
 「この裁判は人類の歴史の中で、最悪の偽善だった」

●ハンキー卿
「パール判事を100%支持する。パリ不戦条約の制定に携わったものとして
、同条約が、『戦争犯罪』の基礎の根拠とされたことには驚きを禁じ得ない」
「もし敵(日本やドイツ)が原子力の問題を解決して、さきに原子爆弾を使ったとすれば、
原子爆弾の使用が同盟国[アメリカ]における戦争犯罪のリストの中に掲げられ、
原子爆弾の使用を決定した人たちや、原子爆弾を用意したり、
使用した人たちは断罪されて絞首刑に処せられたであろう」
http://shinsefs.hp.infoseek.co.jp/2shiryoumemo-toukyousaibam2.html

当時の国際法学者や、実際に東京裁判をやった者達が否定しているのに、
受け入れている人ってのはどんな根拠でいっているのかな?

74 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/02/15(木) 05:43:12 ID:MWXRc1l40
資料貼り付けておくか

ホール曰く、

  「自存権は、ある場合においては、友好国、または中立国に対する暴力行為を、
正当化することがある。というのは、その国(即ち友好国または中立国)の位置及び資源からして、
同国が敵国によって自己に危険を及ぼすまでに利用され得る場合、また敵国側が、
その国をかように利用する意図をもっていることが明瞭である場合、
さらにまたその国が無力であることによるか、もしくはその国の中にある一派と通謀するという方法によって、
(敵国がその国を利用することに)成功する場合などである。・・・・・」

 リビエは、この自衛権または自存権を次のように説明している。

 「一国家の自存権と、他国の権利を尊重すべき同国の義務とが衝突したときは、
自存権は義務を無効のものとする。(ラテン語の)いわゆる『生存権』である。
人間は自己を犠牲にする自由をもっているかも知れない。(しかし)一国の運命を委ねられている政府として、
国家を犠牲にすることは断じて許されていない。

 その場合政府は、自国の安全のため、他の一国の権利を侵害する権利を与えられているし、
且つある状況のもとにおいては侵害する義務を負うことさえある。これは必要止むを得ないという口実であり、
国民的理由の適用である。これは妥当な口実である。」

東京裁判研究会編『パル判決書』上、328−9頁より。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 06:20:04 ID:x0JhJ3Wd0
自衛というなら、せめて満州に徹してろって事だな。
敵対行動を繰り返して資源を売ってもらえなくなり、被害者面なのもね。


76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 17:10:11 ID:QlpEbKYu0
満州事変そのものが自衛でもなんでもないんだけどな。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 21:04:21 ID:1ZJImVCS0
>>76
大局的見地で自衛であるといってみる。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 23:01:53 ID:QlpEbKYu0
満州事変が仮に自衛だとしても、戦後に満州国を作った時点で自衛でないと見抜ける訳だが。
実際に自衛ならば満州国を作ったりはできない。
その後の国際連盟脱退もあり得ん。
満州事変の目的からして自衛ではないのに、なぜ自衛と言うのか?
満州事変は満州国を作るために引き起こした訳で、
目的からして自衛ではない。

79 :( ^(ェ)^)つ東亜+からきますた。:2007/02/16(金) 05:49:44 ID:Btq8y7vp0
しょぼいなぁ このスレw

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 20:11:03 ID:/YbOyDV50
でもな、日本が欧米列強に対抗するためには満州が必要だったわけだしね。
石原莞爾が考えていた世界最終戦の布石だったわけで。
まあ、実現していれば日本にとって最強の自衛手段だったんでないの。


81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 22:35:17 ID:7ybg2gsW0
満州を張に任せる奴のほうが、関東軍をはるかに上回る超電波であると
俺は思うのだが
まぁ平和的に対ソ共同戦線を張り合えば最良だったのだが
あいにく、張が反日バカだったため不可能だったろうな
うーん
満州事変以外にまともな方法ってあったのか?


82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 02:05:00 ID:JpnQMBW40
まさに、ババ抜き、最初に手を出した奴が負け、といったところか。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 03:33:18 ID:Cq0RRAFJ0
満州をとることは自衛・国益保護だが、石原のやり方は侵略ってこと?

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 21:26:15 ID:NTs4aNp6O
マン臭事変

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 21:40:26 ID:jvkmhL3Z0
左翼のような自虐史観をもたらし日本を弱体化するようなやつの事は信じるな

満州事変は関東軍の参謀・石原莞爾の謀略による柳条溝の満鉄線路爆破から始まった。
しかしそこに至るまでの中村大尉殺害事件、万宝山事件と呼ばれる朝鮮人農民と支那人農民の衝突事件他、
日本人に対する無数のテロ事件があったことを無視してはならない。
支那事変も僅か一発の蘆溝橋における発砲が何故あのような大事件になったか。
それに先立つ無数のテロ事件と、これに続く通州事件、大山中尉殺害事件があったからである。
特に通州事件では日本人一八〇人が極めて残虐な殺され方をした。日本が憤激するのは当然であった。
では何故そのようなテロが起きたか。日本は日清戦争・義和団事件・日露戦争・第一次世界大戦で次々と中国における権利を獲得した。
一方中国はナショナリズムの高揚と、地方政府主導による反日プロパガンダで対抗した。
特に反日教科書によるプロパガンダは効果を発揮した。当時の中国は戦国時代で、
中央政府の威令は無きに等しかった。地方政府は日本が外交交渉で獲得した権利を無視し、
権利の行使を認めなかった。
更に国際共産党による画策が重なった。
これでは日本が怒るのは当然であり、まさに現在のパレスチナ紛争と同じ、
テロとの戦いだったのである。



86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 21:53:35 ID:T1m6t3mB0
>>85
>テロとの戦いだったのである。

お題目にふさわしいか?日本の張作霖爆殺や柳条湖事件もテロだろ。
現地治安の悪さは同意。

>特に通州事件では

通州事件の犯人が所属してた冀東政府とは和解成立してるがな。
中国人全体に怒りを持つのは勝手だが。

中国人が通州で現地日本人を殺したから、中国を懲罰(占領)して良い、
という理屈なら
日本人が震災時に在日朝鮮人を殺したから、朝鮮は日本を懲罰(占領)して良い、
という理屈も通ってしまうが。


87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 22:00:54 ID:jvkmhL3Z0
>>86
そこに至るまでの事を書いてあるのだが読めないのか?

>>中国人が通州で現地日本人を殺したから、中国を懲罰(占領)して良い、
>>という理屈なら
>>日本人が震災時に在日朝鮮人を殺したから、朝鮮は日本を懲罰(占領)して良い、
>>という理屈も通ってしまうが。
理由が違うわな
日本が在日朝鮮人を震災時に殺したのは略奪などをしていたという噂が流れ正当な理由であるが
通州事変は虐殺である



88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 22:12:31 ID:jvkmhL3Z0
このようにすぐ突っ込まれるような発言をするのが左翼である
左翼は自虐史観で日本を弱体化しています
ここを見ている一般の方に是非読んでもらいたいサイトがあります
 
http://3.csx.jp/peachy/data/korea/ 韓国はなぜ反日か

結構有名なサイトなので長いのですが日本の現状がよくわかります
そして左翼たちがどれだけ的違いの事を言っているのか日本を中国韓国朝鮮に
売国しようと日本を塗り固めようとしているのかがこのサイトを読めば
分かっていただけると思います
長文失礼しました。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 22:12:55 ID:gw/U6PkG0
正当な理由であるw


90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 22:19:54 ID:T1m6t3mB0
>そこに至るまでの事を書いてあるのだが読めないのか?
>中村大尉殺害事件、万宝山事件と呼ばれる朝鮮人農民と支那人農民の衝突事件他

日中戦争を正当化する要因?
中村大尉は旅行禁止区域に入っており、スパイ活動が指摘されてるが。
農民同士の衝突も?
朝鮮でも報復で中国人を襲ったりお互い様だが。


91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 22:22:49 ID:T1m6t3mB0
>日中戦争を正当化

満州事変ね 

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 22:48:01 ID:gio1OGdD0
>>90
全部お舞の妄想じゃん。


93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 22:50:36 ID:gio1OGdD0
ID:T1m6t3mB0が、なぜのらりくらりと嘘をつき続けるのか理解に苦しむ。

これが左翼のトレンドと言う奴?
ばれなきゃ嘘もOK?

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 22:59:27 ID:XLmhAT8K0
つーか満州事変が正当といいたいなら何で農民同士の衝突や中村大尉事件の時に
武力行使を行わないで自作自演を口実にすんだよ?
そもそも天皇の許可なしに出先で謀略によって兵を動かした場合陸軍刑法で【死刑】だぞ 

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 23:34:25 ID:T1m6t3mB0
http://www33.ocn.ne.jp/~gongitune/sanjyaku.htm
1931年日本軍の特務機関中村大尉たち二人が、満州と内蒙古の境で蒙古人を装って調査していたが、
日本の陸軍士官学校に学んでいた張作霖軍の同期の将校に見つかった。スパイ罪で銃殺された。


ウヨサヨのレッテル張りする低脳の論争に付き合うのはアホらしいが、
なぜ気に入らない事柄を即妄想認定するのか、理解に苦しむ。


96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 23:43:04 ID:T1m6t3mB0
日本だけ悪の権化と糾弾するサヨではないし、
満州事変も日中戦争も双方の要因で起きたと考えてるだけだが、

とりあえず>>57で書かれてるテロとの戦いや、
中村大尉殺害事件、万宝山事件とかは、
満州事変やその後の正当化には苦しい。


97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 23:53:28 ID:TZvURPa40
>>96 
同意、その辺の動機の弱さが天皇の許可を得ない謀略という形になったと一因だと思う

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 00:46:20 ID:qXTIqK9o0
満州における日本の権益はロシアが合法的に持っていた権益を日露戦争の結果日本が合法的に得たものです。
合法的と言っても実は強者の論理であることは事実ですが少なくとも当時の世界の常識・国際法はそれを許したのです。
日本が手を拱いていればいずれは自分がやられる。
やられる前にやろうということで闘った日露戦争に知力と体力の限りを尽くして勝って得られた権益です。
リットン調査団報告も柳条湖事件は正当化できないが日本の権益は守られるべきと報告。
満州国の独立は認めがたいが中国の中の自治領として日本人を中心とする外国人顧問団を置けと言ってるくらい。
石原らの謀略も背景に過激な排日活動があったからこそ成立したのだ。
従って満州事変は正当に得た日本の権益をナショナリズムに目覚めた中国側に侵害されたことに対する
自衛行為から起きたものである。関東軍の独走という非もあるのは事実だが日本の一方的侵略と非難される謂れは無い。
シナ事変、昭和12年7月7日夜10時40分頃北京郊外の盧溝橋で演習中の日本軍(約130名)が何者かの不法発砲を受けたが
3回射撃されても応射せず翌朝5時30分4回目の一斉射撃で始めて反撃した。この時の日本軍は演習用の空砲のほかに万一に備えて各自30発しか実包は携帯していなかった。
この北京に駐屯していた日本軍(この時約4000人,6000人説もあり)は北清事変・義和団事件(1900年)後に
他の列強諸国と同様中国と結んだ北京条約による在留邦人保護の為の軍隊で合法的駐留であった。
このとき北京方面の支那河北軍(蒋介石軍)は約75000人、つまり日本軍の10倍以上である。
圧倒的な彼我の兵力差、実包は各自30発しか持っていなかった事実からして日本軍の謀略説は全くあり得ないのは明らかだ。
日本国政府や陸軍中央も当初から現地解決・不拡大方針だった。現地情勢の緊迫で2度内地3個師団の派兵を命じたが
その必要が無いと判明すると2度とも即時中止させた。
その後約2週間小競り合いはあったもののこのまま収束するやに見えたが7月25日郎坊事件、26日広安門事件、
29日通州事件(幼児12人を含む在留邦人385人の内223人が虐殺される)が発生、不拡大方針が困難になって行った。
現地軍同士では停戦協定調印寸前であったが蒋介石が強硬方針のラジオ演説を行い現地軍を刺激し
北京を撤退しようとした支那軍に蒋介石から協定は実施せず北京を死守せよとの命令を受けた。
統一の名を借りて蒋介石軍が華北まで勢力をのばすことを望まず、且つ蒋介石に追い詰められ
風前の灯だった共産軍や軍閥が日本軍との停戦を止めさせるべく停戦協定違反を画策したのです。



    







99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 00:50:33 ID:qXTIqK9o0
当然参謀本部では出兵は北支にとどめ、上海・青島には拡大しないよう極力努力していたが、
昭和12年8月9日陸戦隊西部派遣隊長大山勇夫海軍中尉と斎藤与蔵一等水兵が上海で支那保安隊によって射殺される事件が発生した。
第3艦隊司令長官・谷川清中将は、南京政府に対し停戦協定区域内におけ支那軍・同軍事施設の撤去を要求した。
8月10日 閣議で海軍大臣・米内光政大将は、上海方面の状況を説明したのち、
真相判明を待って対処したいが、さしあたり陸軍部隊の動員準備を願いたいと発言した。 
石原部長は反対したが杉山陸相はこれを諒承、閣議では現地居留民保護を再確認し陸兵派遣の準備を容認した。
この時期支那軍は第一次上海事変停戦協定(昭和7年)に違反して、
既に昭和11年末ころから非武装地帯の要塞化と軍隊配置を行っていたが、盧溝橋事件後、
上海方面の支那軍の集中はますます顕著になった。8月に入ると閘北(ざほく)方では
保安隊に儀装した中央軍が連夜演習を行い不安は増大していた。 
8月6日 岡本季正上海総領事は在留居留民に対し租界へ退避するように指示した。
更にこの日上海警備司令 張治中は「徹底的長期抗戦をもって日本軍を殲滅すべく、
今や最良の好機である。日本の作戦持久は6ヶ月を越えない」と管区将兵に訓示した。 
当時の上海は共産党の活動拠点地の一つでもあり、集結しつつあった支那軍の動きから考えても、
まさに火薬庫の観があった。
8月11日以降 事態は急速に悪化した。支那側は大山事件に対する第3艦隊長官の要求を拒否するどころか、
公然と軍隊を上海に増強させ、租界地周辺に陣地を構築するなど挑発的態度を強化、兵力は計5万にも及んだ。
対する日本海軍陸戦隊は4千に過ぎず、この夜応急警備についた。 
第1次上海事変(昭和7年3月)でも日本軍と激戦を交わした張治中指揮の支那軍は、8月13日 総攻撃を開始。
日本軍陸戦隊は断固応戦するも14日には優勢な支那軍の包囲攻撃を受けるに至った。 
日本政府は居留民保護のため、海軍の要請をいれて陸軍部隊の上海派遣を決定、陸軍は8月14日上海派遣軍を編成した。8月15日 帝国政府は声明を発表、支那軍の暴挙を膺懲して南京政府の反省を促すのが、今次出兵の目的とされた。
政府は依然不拡大方針で、事変の早期解決に努力すべきであるとした。
同日、蒋介石総統は全国総動員令を下し大本営を設置、自ら陸海軍総司令に就任し全国を4つの戦区に分けて
純然たる全面戦争体制をとった。
毛沢東の紅軍も国民革命軍第八路軍(八路軍と呼称)と改称、公表された。
中共はこの日呼応して抗日救国十大綱領を掲げ、いよいよ国共合作の実をあげ中国人民総決起の態勢を整えたのである。
8月23日 第3、第11師団を主力とする第1軍が上海北方に強行上陸、戦闘に加入した。
当時の支那軍は中央軍の精鋭で頑強に抵抗し、かつ兵力を増大し、第3、第11師団は
戦闘1ヶ月にもならない段階で非常な損害を被った。
止むを得ず第9、13、101師団などを増加したが、9月中旬には計60万もの支那軍があって
日本軍苦戦の状況は変わらなかった。
さらに各部隊にコレラ患者が多発し、砲兵弾薬の不足もあり、死傷者続出して攻撃は停滞した。
しかし日本軍の奮闘により、支那軍は10月23日ころから退却を始め、また10月20日新たに
編成された第10軍(司令官 柳川平助中将 第6、第18、第114師団、野戦重砲兵第6旅団基幹)が、
第4艦隊(豊田副武中将)の護衛の下に11月4日杭州湾に上陸、上海付近の支那軍の防御は全面的に崩壊した。
11月11日夜、当面の支那軍は退却を開始、上海周辺の残敵掃討の段階に移行するに従って「南京攻略」という意見があがった。
当初中央は南京攻略など考えに入っていなかったが、これを契機に南京攻略派と慎重・不拡大派との
主導権争いが始まり結局攻略派が主導権を握った。
ここに至って政府の不拡大方針は有名無実となり全面戦争に突入したと言わざるを得ない。
西安事件以来約1年経過して国共合作も現実になり中国側の反撃も本格化した。
しかしながら毛沢東軍は実に狡猾で色々の仕掛けは実施するが日本軍との直接戦闘はほとんど
国民政府軍に任せ将に蒋介石軍を弱体化する目的を果たした。





100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 00:56:07 ID:qXTIqK9o0
11月7日中支那方面軍(司令官 松井石根中将)が編成された時点では、
その任務は「海軍と協力して敵の戦争意志を挫折せしめ戦局終結の動機を獲得する目的をもって
上海付近の敵を掃滅」とされていた。
11月20日軍令によって設置された大本営は、11月24日前進統制線を解除し、
無錫−湖州の線を新たな攻勢限界線と指示した。参謀次長多田中将は、戦面の拡大、南京攻略を強く反対したが、
参謀本部内の強い実行論と、現地の第10軍の強い具申により遂に
12月1日「海軍と協力し敵国首都南京を攻略すべし」と命令するに至った。
なお直前の11月16日に国民政府は重慶に遷都を宣言していた。
現地第10軍はこの大本営命令に先だって独断にて制限線を突破、南京攻略を準備しており、
上海派遣軍と第10軍との進撃競争となった。12月4日 支那軍約10万による南京防衛外郭陣地を突破、
8日から最後の防衛線での支那軍の抵抗を排除しつつ南京城に迫った。12月13日 支那軍は退却を始め、
日本軍は1個聯隊を入城させ、南京の完全占領を発表した。当初の作戦計画では、
昭和13年1月中旬から攻略戦が開始される予定であり、
予期した4週間も前に南京は陥落したのであった。
首都南京を攻略するにあたっては並行して講和工作を進めるべきであったが、
作戦が予想外に進展したため間に合わなかった。
戦略と政略との強調を最も必要とした時機であったのにここで停戦に持ち込めなかった事は、
後のトラウトマン工作不成立と併せて一大痛恨事であった
以降は将に泥沼への径を一瀉千里と驀進せざるを得なかった。
また共産軍はソ連、国民政府軍は当初ドイツ、三国同盟後はアメリカからの援助を受け、
更に言うなら同じ国民政府軍から分裂した汪兆銘軍は日本軍の支援を受け言わば「王・蒋・毛」内戦に
夫々荷担する「日・米・ソ」の代理戦争になって行ったとも言える。
従って支那事変(日中戦争)は明らかに中国の内戦に絡んだテロからの自衛に始まり、
共産軍の謀略が功を奏し日本が意に反して深みにはまり抜けられなくなってしまったのだ。
このことを証明する当事者の明快な発言があります。
昭和39年社会党の佐々木更三委員長が毛沢東主席に「中国国民に多大の損害をもたらして申し訳ない」と
挨拶したところ毛沢東は「何も申し訳なく思うことはありませんよ、日本軍国主義はは中国に大きな利益をもたらしました。
中国国民に権利を奪取させてくれたではないですか。皆さん皇軍の力なしには我々が権利を奪うことは不可能だったでしょう」と発言。
『毛沢東思想万歳(下)』、田中正明著「パール判事の日本無罪論」より。 
中国や自虐史観の左翼学者たちは満州事変、支那事変を一貫した
侵略行為と断じ通称15年戦争と称しているが上述の如く両者は塘沽協定で分断された別な戦争である。







101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 01:05:02 ID:olj7OPzW0
>7月25日郎坊事件、26日広安門事件、

停戦後に中国側が事件を起こしたのは事実だが、これを元に華北を武力制圧してOK?
散発事件を基に大規模占領OKなら、イスラエルはパレスチナやテロ支援の周辺で占領拡大し放題だが。

>29日通州事件(幼児12人を含む在留邦人385人の内223人が虐殺される)が発生、不拡大方針が困難になって行った。

通州事件の犯人は中国軍ではなく、日本の傀儡政府に所属してた保安隊ね。
傀儡政府とは和解成立したが、中国そのものへの敵意を煽る報道はされた。
まあ中国人の残虐さの証明ではある。

>当然参謀本部では出兵は北支にとどめ、上海・青島には拡大しないよう極力努力していた

中国(蒋介石)が上海租界にドイツ仕込みの精鋭部隊を投入し激戦になったのも、
日本とのいざこざを外国にアピールして支援を得る目的があったので、
当然、前段階の事柄が絡んでるし、理は自分たちにあると向こうも思ってたのだろう。

>日本が意に反して深みにはまり抜けられなくなってしまったのだ。

南京陥落後に講和条件を厳しくして、フイにしたのも日本の判断だがな。


102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 01:08:14 ID:qXTIqK9o0
そもそもこんなに長い理由を説明せずとも中韓共のアホらしい話を聞く必要はない
南京事件など理屈的にもおかしく物理的にも死体がないものを日中共同声明の後にまだ責めてきたり
チベット国民を120万以上虐殺し強姦したことを民族浄化と呼んだり
ほんの数十年前ベトナムに侵攻し数万人殺しておいてベトナム外相から謝罪を求められたのに対し
江沢民は【ベトナムはもっと未来志向でなくてはならない】などと加害者がこんなことを言う国である
左翼たちはさきほどの韓国はなぜ反日かというサイトでも読んだりしてちゃんと理解すべきである
これ以上まだ反論があるならばちゃんとした証拠を持って示したまえ、あるなら、な。


103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 01:20:56 ID:olj7OPzW0
南京30万虐殺の矛盾点を指摘したり、
中国のベトナムやチベットでの行動を批判するのはいいけど、

>日本が在日朝鮮人を震災時に殺したのは略奪などをしていたという噂が流れ正当な理由(>>87)

日本を正当化したい人も、こういう事は言わない方がいいね。
ところでチベット虐殺の120万以上って、物証はあるの?


104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 01:29:47 ID:gWBQcDyY0
満州事変は局地的なものになるはずだったが、現地民が日本軍に呼応して拡大させた
張作霖が反日政策を強いたが張作霖自体満州からすればよそ者

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 01:31:41 ID:mBEbtmthO
南京虐殺もチベット虐殺も、被害者数の物証はないんじゃないかな
そもそも南京虐殺にいたっては実際に行われたがどうかすら怪しい
チベットも被害者側からの証言のみ

いずれも真相は闇の中だね第三者の調査を望むとこだ

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 02:17:53 ID:rGIR95ukO
チベット虐殺について中国は否定してないぞ?
左翼は口だけじゃなくて文献などを提示しろよ
そもそも当時の学者などが批判してないのに今更批判することをおかしいと思わないところがすごいよ

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 03:14:34 ID:gWBQcDyY0
チベットはイギリスのメディアのいる中、公然と行われたもんだけど

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 03:33:28 ID:gWBQcDyY0
http://www.youtube.com/watch?v=TAAyy_W0epA

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 09:48:08 ID:w9GSBJbF0
>>106-107
チベット小虐殺はあったが、ん十万の大虐殺の直接証拠はないってかw

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 18:52:08 ID:Alr9Pt5v0
まぁ、チベット侵略した中国は何言っても悪だがな

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 21:25:42 ID:cWpa7Mp40
>>1
痛いぜお前

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 23:49:31 ID:ZnA1cWRx0
ID:olj7OPzW0が、細かい揚げ足取りばかりして論点をずらそうとしている点について。

左翼が「ごく少数派に過ぎない賛同者」をあたかも「多数派」に見せかけようとする
時に、入り口で見せる技です。


113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 23:55:36 ID:ZnA1cWRx0
中国は「日本の過去の侵略戦争」を叩き続ける一方でチベットを堂々と侵略している。

これは、日本で活動する中国人も認識しており、彼らは声高に日本軍の蛮行を責めるが、
中国のチベット侵略について見解を求めると「内政干渉」と言って逃げる。

中国にとっては「反日」も「チベット侵略」も国益なのだ。

114 :"""""""":2007/02/19(月) 00:16:35 ID:9LiQu+mo0
● 若い桃尻お尻厳選?+秋山奈々??? ●
http://eco.no.land.to/idol/forumdisplay.php?fid=1&filter=0&orderby=views&page=1

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 01:53:15 ID:bzfFHd570
良く見ると、>>1は日本共産党のHPからの引用だな?


116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 06:34:46 ID:OGjfWSzI0
>>112
>細かい揚げ足取りばかりして論点をずらそうとしている点について。

要点に対する反論だろ。
特定の人の脳内物語に同調する必要はないし。


117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 11:16:05 ID:nYBXn6z+0
自国の過失がなくなるとでも思っているのかね?
揚げ足取りばかりを続ける奴は。
近現代の日本が自らの意思で他国の顰蹙を買うような事を行い、
その結果として非難を受けるのなら自業自得なんじゃないの?
特に開き直ったかのような態度ならなおさらだろうね。

ウゼェ。死ねよ。

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 16:14:54 ID:Onk7jbLi0
俺たちは 悪いことをしたなんて反省する必要ないんだよ
実際は悪い事してないし、その時俺たち生まれてないし

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 16:42:23 ID:L/Me5ZVS0
>>117
理屈で対応できなくって、狂ったようにしか見えないよ。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 20:17:59 ID:nYBXn6z+0
俺たち生まれてないと無関係を装うのなら、
なぜ無関係なことで悪い事してないと擁護するような真似をするのかね?
無関係を装いながら悪い事してないと開き直るのは自信のない現れだし、
関係があるのなら未だしも無関係な地点に居ながらなおも開き直るのは、
結局、そうでないと考えている訳でしょ?
つーか無関係ならば自分が悪事を犯していた訳ではないのだから、
日本が叩かれても反応する必要性もないんじゃ?
つーか何で自分の悪事とは無関係な事で擁護をするかね?
俺たち生まれてないしと言うのなら、過去の日本の擁護など不要だと思うが。
君たちにとって無関係な人が引き起こした訳だし、
現世の日本人を糾弾している訳でもない。

近現代の日本は他国民を殺害した挙句に他国から権益を確保していただけだからね。
合法といえば聞こえはいいが、やっている事はジャイアンと同じ。
アジアの独立とかアジアの解放とか、
他国は日本に感謝しろと考えるのは誤りだと思うな。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 20:31:58 ID:nYBXn6z+0
無関係だと思うのなら少しは無関係の立ち位置にあるように振舞ったらどうね?
過去の日本の事など無関係な事だと思うが、
過去の日本が叩かれていようが貶められていようが別に放置しておけばいいじゃん。
無関係を装いながら、過去の日本を擁護したりして関係してしまうのは、
無関係ではない事を証明しているとも言える。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 22:37:26 ID:SedZBiCO0
「無関係」っていってる奴がどこにいるんだ?罪を背負う義務はないといってるだけだろ。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 22:38:32 ID:XnFIu3310
ウヨとサヨの論破スレ見たけど
どっちもくだらねぇ・・
レベル低いなあ

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 22:42:06 ID:XnFIu3310
>>120
叩く理由がでっち上げだから叩かれてるだけなんだが
なんか勘違いしてるね
まあ本当にウヨクなの?って疑わしい奴が自作自演してる場合も
あるからその自演を真に受けているのかもしれないが
つーかジャイアンとか幼稚な例え出してくるところからして痛い

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 23:58:24 ID:1HuZ0L4E0
日本を非難しているのって【中国と南北朝鮮のみ】なんだよね
120みたいな嫉妬深い在日だかなんだか知らないけどみっともないと思わないのか?
まぁみっともないと思わないから下等民族なんだよな
中国とかが何と言おうがバラオもインドネシアも台湾もその他日本によって
解放された国の首長達自身が日本に感謝の言葉を述べていたのだから
今更グタグタいう事をなぜおかしいと思わないのか
当事者、関わった国々の最高権力者達が自らそう言ってたのになぜ認めないのか
だから世界フォーラムでも中国は批難されるんだよ、みっともねー国だなホントによ

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 00:36:30 ID:YHHe1dAT0
>>123
では、レベルの高いご高説をどうぞ↓

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 00:53:07 ID:/5NZza4y0
>>126
何を聞きたいの?
具体的に聞いてくれるなら答えるが

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 00:58:30 ID:Vmpoe//30
他国を助けるにしても自国の利益無視では成り立たない
そんなことも理解できないような奴らはみんなロシアに飲まれてりゃ良かったんだよ


129 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/02/20(火) 20:14:48 ID:P16FeWGl0
>何を聞きたいの?

レスを辿って読んだが

お前が

>ウヨとサヨの論破スレ見たけど
>どっちもくだらねぇ・・
>レベル低いなあ

って書いたんだろ?

自分が具体的に書いても居ないくせに

>具体的に聞いてくれるなら答えるが

アホか?お前



130 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2007/02/20(火) 20:18:25 ID:P16FeWGl0
>>127
何を書かなきゃいけないか
分かってくれたね?

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 20:41:20 ID:MpxzFLC00
毎度毎度ながらレベル低い。
ヒステリックで意味不明な借り物の思想の左翼より,
都合のいいように解釈し主張する右翼のほうがまだましだ。
百害あって一利なしより,百害あって一利ありのほうがずっといいさ。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 00:01:25 ID:M1DRChPu0
>>131
お互い理は我にありと思って書き込んでいるんだろ。

でも、君は「都合の良い判断」と自ら思っているらしいけどな。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 00:24:59 ID:djtUUJ4xO
左翼の皆さんって、似非同和と街宣右翼もやってるんですよね。
忙しそうでつね。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 04:41:33 ID:yTS5yqES0
>>125
パラオやインドネシアより一番日本統治の恩恵を受けてるのが朝鮮だよ。
朝鮮の物理的インフラ(道路鉄道・水道・電力・学校など)と
人的インフラ(教育)を与えたのは日本だ。
朝鮮戦争後、日本の賠償金とアメリカの援助で漢河の奇跡が達成されたのも
事実だしね。




135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 06:53:39 ID:9gSz/SC90
>日本を非難しているのって【中国と南北朝鮮のみ】なんだよね

おいおい、オーストラリアやオランダなんかは非難しまくってるぞ?
遠い国だから届いてないだけで、そんな三国しか見えてないおまえには
言われたかないな。

つか 馬鹿か?

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 17:23:29 ID:fGYOjo0q0
>>128
日本の場合、自国の利益にしてもどこまで考えてたのか怪しいけどな。

インパール作戦とかで自軍の兵士を大量に餓死させてるし。
満州事変とか一部の軍人や思想家の自己満足としか思えんし。
それ以前に統帥権干犯問題を政争の具に利用した政治家とか、
自分の利益しか考えてないんじゃないかと思える。

自国の利益もろくに考えられない輩が他国を助けるなんて言ったところで
一笑に付されても仕方が無い。自軍の兵士を食わせられない軍が
敵軍の捕虜をまともに処遇できるわけないし、それは《傍から見れば》
捕虜虐待と変わらないわな。

まあ事実無根なことを言う輩も、「相手にどう映っているか」を理解しないで
単に「それは違う」みたいなことしか言わない輩も、どっちも問題あると思うね。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 17:27:24 ID:fGYOjo0q0
>>121
というか、現在の日本の国益が侵害されてる時点で無関係じゃないだろ。

もっとも、直前のレスでも書いたように過去の日本の行動に問題が多過ぎるのは
確かだと(少なくとも俺は)思っているし、それらの問題は日本社会が
産み出したものであり、現在の日本社会でもそうした問題を産み出す
要素が解消されているという証拠はない、そういう意味でも
過去の日本の行動について今の日本の問題として考えるべきなのは確かだが、
他国がそうした問題を持ち出して日本の国益を侵害するというのはまた
別の問題。

68 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)