2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【フィクサー】児玉誉士夫【黒幕】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 21:17:28 ID:UsU/Z1SJ0
この戦後日本の大物フィクサーについて語りましょう。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 21:19:32 ID:KOoqJK4/0
何した人?

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 07:17:25 ID:/S8QR7Wu0
ハゲた人

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 15:14:19 ID:XvaeiRBT0
すでに、過去の人。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 17:03:17 ID:Xtd9VW8vO
でも現在の日本を作った人でもあり、(戦中から裏から日本を作ってたけど)今も故人の思惑通りだよね

この人のお陰でヤクザ、右翼、自民党、CIA(アメリカ)、統一教会すべてグルになった

岸佐藤兄弟に始まり田中角榮に中曽根、読売で原子力の正力、笹川赤尾ら右翼、山口稲川暴力団、国産興業グループ、そして調停役として財界君臨


完全なフィクサー



6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 17:47:43 ID:3l5qwvX+0
いろんなとこに名前出るけど詳しい資料とか本がないのよね。
なんかあったら教えてけろ

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 20:33:48 ID:uGNO8och0
日中戦争中、フライングタイガースのp40の部品を横流しで買い付け、上海で
日本海軍航空隊に送ってた、って話を聞いた。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 20:36:55 ID:3WYBU0Mb0
このひとの愛人のひとりは家族の知人だった。
意外なところでフィクサーの素顔が聞けた。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 21:16:44 ID:mIlbdQe00
>>8

秘話公開希望。

同じ右翼でも田中清玄とは滅茶苦茶仲が悪かった。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 01:22:56 ID:kvXWbLe9O
>>6
マスコミではタブー
詳しく書けば消されるからね


>>7
本当
上海では武器やアヘンの商人
満州ではやりたい放題

児玉機関凄すぎ


11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 01:27:19 ID:kvXWbLe9O
ヤクザと右翼の元締めながらCIAのエージェントであり自民党のオーナーであり統一教会の立役者


12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 05:54:46 ID:X1x94u1F0
実は朝鮮人

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 20:11:02 ID:BgLudWYwO
児玉氏について語るのはタブー


14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 04:58:10 ID:KvDzHEn50
>>9
タブーとか消されるとか恐いので。
大盤振舞するタイプではなかったようです。
むしろ、ケチ。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 14:17:06 ID:ExgNVb9c0
娘、息子さんは今何を?

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 20:00:55 ID:uGuO+UW/0
tbsにいるとか

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 21:56:14 ID:nT8JkcXV0
tbsの取締役で赤坂ブリッツ作ったのが息子

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 12:32:11 ID:Wrfjatek0
児玉さんは福島県出身の日本人ですよ。韓国との関係は、政治においての日本との掛け渡し的なものですね。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 12:50:51 ID:cmQzpBJJ0
この人、幼いときに朝鮮人の農夫に売られたとか・・・。

カワウソ。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 03:31:55 ID:JWiPpKco0
育ちは韓国でしょ?朴何とか大統領と・・・・・・アーッ!

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 07:05:26 ID:O9ES7nBX0
朝鮮人

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 07:17:58 ID:zMa1PHYG0


9条は日本人の心の故郷なのです。変えさせません。


故郷を変える人が居るのですか?


http://that4.2ch.net/test/read.cgi/diplomacy/1165452884/l50



23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 11:24:54 ID:Ep/K9PWJO
田中清玄と犬猿の仲だったんだよなあ。
二人とも元左翼というのも面白いところ。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 01:27:50 ID:RHsx76y30
岸信介元首相(安倍総理の祖父)が米の傀儡であったという証拠。

『毎日新聞』7月19日夕刊 
 米中央情報局(CIA)が1950年代から60年代半ばにかけ、日本の左派勢力を弱体化させ保守政権の
安定化を図るために、当時の岸信介、池田勇人両政権下の自民党有力者に対し秘密資金工作を実施、
旧社会党の分裂を狙って59年以降、同党右派を財政支援し、旧民社党結党を促していたことが18日、分かった。
 国務省が編さん、同日刊行した外交史料集に記された。編さんに携わった国務省担当者は共同通信に対し
「日本政界への秘密資金工作を米政府として公式に認めるのは初めてだ」と語った。

日本の戦後はアメリカによる統治の為に岸信介ら戦犯であった人物にやらせ、アメリカの思うが侭に
動かしてきた。しかしその後、田中角栄という米の影響下にない政治化が首相になり日本の国益重視
の独自エネルギールート開拓、アジア友好といった政策を進めた。エネルギーはアメリカにとって
他国を支配する重要なファクターであり日本が独自に確立すれば米からの影響は薄まる、アジア友好
となれば米はこの極東で不要論も出かねない問題で、軍需関連でも米は大打撃であり、ユーロのような
独自通貨などできれば今であれば米は即破綻する。これら米の日本統治には絶対的に不要なものであった。
最近、利権だ談合だと騒いでいるが、この頃に確立した公共工事による地方経済の循環、発展形式を
真っ向から否定する論調が目立つが、それにより談合利権がなくなり一般入札のみになれば、ますます
地方切捨て格差拡大し疲弊の度合いが進むことは必至であり、ますます外資に買い叩かれ失っていく。
小泉が進めてきた日本解体を更に進めるものである。それに比べると角栄の時代は良かったと言わざるを得ない。
冨の再配分が行われ首都圏、地方とも恩恵を受け発展した時代であり高度経済成長の礎とも受け取れるもの
であった。今になって利権や談合がいけないものだとか言い始めている今の与党自民党は日本を
壊滅的に壊している売国奴であり。その権利はない。そして今小泉が「自民党をぶっ壊します」と言って
田中角栄系譜の派閥、政治家を排除した。今となっては米の言いなりの売国し放題の自民になってしまった。
そして米傀儡岸の孫の安倍が総理。救いようがないことは一目瞭然。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 01:36:00 ID:3hPheL4V0
軍、警察がテロ団体化したDQN国家だからしょうがねえだろ。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 22:24:02 ID:PTPoH0W+0
左翼映画『戦争と人間』で三國連太郎が演じた嶋田駒次郎のモデルになった人だよね

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 00:16:39 ID:M2/hE3Yc0
児玉誉士夫随想・対談「われ かく戦えり」より

満州でも蒙古でも日本人の進出するところ必ず派閥が伴ない、お互いがいがみ合っていた。
戦乱の北支と内蒙を旅して感じたことは、日支事変にたいする本質的な矛盾と疑問だった。
ことに驚かされたのはいたるところの戦場に奮戦する中国軍の頑強さと抗日思想の激しさであった。
それに比較して日本軍幹部の堕落と、兵の素質の低下は全く意外であった。
もちろん、まだ全般的にはそうではなかったが、特務機関とか謀略参謀の職責にある人々の日常は、
皇軍の崇高な精神をまったく忘却したものであった。
機密費の乱費、酒と女、こうした暗い影が占領地都市のいたるところにみられた。

自分は日本を発つ前に外務省情報部長河相達夫氏を訪ねて、外地を旅するに必要な援助と注意を受けたが、
そのとき河相氏が数枚の写真を見せて「これが天皇の軍隊がすることだろうか」と言って憤慨していたが、
それは現地にある日本軍が中国の婦女に暴行を加えている、みるに堪えぬ写真であった。
そのとき、ふと、これは中国政府が民衆に抗日思想を宣伝するためのトリックではなかろうかと疑ったが、
いろいろなできごとに直面してみると、この写真は真実であることを肯定せざるを得なかった。

当時、大同では「大同に処女なし」という言葉があったが、この言葉の意味は日本軍の恥辱を意味するもの
であった。
また占領地の寺や廟に行ってみても仏像の首などが無惨にとり毀され、その壁には「何年何月何部隊占領」
などと落書してあった。
人間が神や聖人でないかぎり、どこの軍隊でも若干の非行はあるとしても、当時、日増しに激化してきた
中国の抗日思想の源が満州事変のみではなく、こうした日本軍の常識はずれの行為がさらにそれに拍車を
かける結果となったのだと思う。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 00:18:45 ID:M2/hE3Yc0
満州事変以来、国防国家の確立に名をかりて政治権力を獲得することに狂奔してきた軍の首脳部は、部下に
たいする統御力をしだいに失ってきていた。
陸軍大臣が中央にあったロボット化されていたと同様に、軍首脳部もまた現地軍を統御できなかった。
そして現地軍の幹部は将校、兵士の非行を取締まるには、あまりにもその行いは威厳を失墜するものがあった。
要するに軍部内に革新派が生まれ、首脳部がそれを政治的に利用し、政治的に進出するにつれて下剋上の思想
は軍全体に漲ってきたのだった。
いわば当初国内政治を革新することを目的とした、少数の下級将校の行動は知らぬ間に軍自体の規律を破壊し、
日本軍を思想的に崩壊される結果となった。
軍部内の下剋上のこの思想が結局日支事変を誘発し、そして現地における不規律を助長するようになったといえる。

要するに戦線の詔勅なき戦争、名分の明らかならざる戦い、日支事変は畢竟、王師ではなく、驕兵であったかも知れぬ。
自分は戦場を旅し、大陸における実情を知るにおよんで、在支百万の日本軍が聖戦の師であるか、侵略の驕兵
なるかの疑問に悩まざるを得なかった。
このことは自分のみならず現地を知るものの多数が考えさせられた問題であったと思う。
しかし国民のなかの多数の者がそれを自覚し得たとしても、すでに軍国主義の怒涛が逆巻き、もはや何人の力を
もってしてもそれを阻止することは不可能であった。
そして、この軍国主義の怒涛は、昭和四、五年以来、政党不信をスローガンに、国民大衆が挙げた革新の叫びと
その雰囲気のなかから生まれでているとすれば、そして自分もまたその革新勢力のなかの一つの勢力であった
右翼派の一つとして行動してきたことを思うと、支那大陸に野火のように拡がって行く軍国主義日本の現実をみて、
自らも悔いねばならぬもののあることを知った。
(「われ かく戦えり」 P78〜P80)

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 01:21:28 ID:JuQ0M6Jy0
こいつの最大の罪は朝鮮人を右翼に入れたこと。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 22:00:53 ID:b6hZzj460
軍部内の革新派の下剋上が軍規を破壊して、日本軍の非道行為の原因に
なったと言ってるが(そしてそれは全くもってその通りだと思うが)それを知りながら、
革新派とつるんでたのもこいつ自身だろ。事実、戦後は一緒になって(在日韓国人という
とんだおまけまでつけて)右翼活動やってたんだからな。

大陸に関わった者は思考回路まで大陸化する、あの法則の変種なのだろうか?

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)