2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本はアメリカの植民地という現実

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/15(火) 04:18:49 ID:Kjd2di+B0
敗戦してからずっと植民地でした

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/15(火) 04:22:06 ID:7u6S8sDS0
どんな議論したいの君?

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/15(火) 04:22:11 ID:kgt3Lmrx0
そうですな

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/15(火) 14:05:56 ID:CSmqPlmc0
光栄なことで御座います。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/15(火) 14:11:39 ID:CNuMefze0
傀儡国家と言うべきだろ

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/15(火) 14:16:39 ID:CSmqPlmc0
どっちにしても嬉しいです

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/15(火) 17:04:40 ID:HPsU5UAn0
経済的植民地だな。
 そのためには、メディアをコントロールし、言論をコンとロール
する必要がある。堀江もんだって、本当は株取引でつかまったと
言うのは、表向きで、実際はインターネットテレビを、つぶしたくて
やられたのんじゃなのか? あれ、株の関係者だと当たり前だよな。
 上空の航空可能領域だって、ほとんどがアメリカ占有だし
牛肉だって、売って設けれれば植民地の人間のことなんてまともに
考えないし、米国牛肉 不買運動でもして独立運動でも?
教育だって、ものが潤沢になると戦後の教育のままじゃ、こうなるの
欧米はしってるんだよね。何かが全然だめでも長所をのばすように
するわけ。衣食住に心配なくなればその方がよいわけ。
 昔の村のおきてや、犬の群れが弱い者を排除するのは、
衣食住が(犬は食ね)不十分だから、生まれた本能や知恵なわけ。
でも、それをクリアしたら、そのままだと、当然歪はでる。それが
いまの、子供たち。
 でもそうすると、アメリカの脅威になるから、やんわりと
圧力や、情報管制して世論がそっち行かないようにコントロール
したい。それで、ネットTVは芽の内に摘み取られた格好。
 真珠湾も米はしってたの。で、空母だけ外洋に退避させてた。
しかし、現場の指揮官が日本の航空機がこれほどとは思って
いなかったのので、被害は予想外。(まだ複葉機レベルとおもっていた)
 これは、企業同士の駆け引き(商売)等にも垣間見られる。

無意味age

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/15(火) 17:27:23 ID:HPsU5UAn0
実は2.26で優秀な若い士官が暗殺され、あれでコントロールを
失った感もある。戦争はアジア諸国の欧米諸国から植民地支配を防ぐ
と言う研究もあるようだが、実体をよく考える必要がある。
 戦争は戦争する前に勝敗が決まってるくらい策略しておかねば。
単に ドンバチ するのは、それは思料がなさ杉。
 いまの米だって、実はあれでも形式的にしている範囲。
イラクだって、石油の利権だというはなしも。
結局9.11も 関連はそっち方面だから、真珠湾とおなじ策略
ではないの?
 調子こいてどんぱちすれば、それは思う壺にはまるというのを
知らない者が多すぎ。2.26の若い士官たちは知ってたようなふしが
ある。これも陰謀?
 米がなぜ日本の教育をコントロールしたか知ってる?
ぺリーの言葉にも遡れる。脅威なんじゃ?
核、飛行機、文字、材料 数学にしても実は独自に発展させる
能力があったのだが、その素地ができる(復活)するのは面白くない
のだろう。
 もっと頭つかって、経済的、文化的独立をしたいものだ。
戦争はよくないよ。だって 大正まですごくよかったじゃない?
すべて、文化が破壊されたのは、戦争。
 利権を考えすぎると、やり方が戦争になってしまう。
それは、利権のため、戦争をしやすい連中を取り込むからじゃ?


9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/15(火) 17:28:09 ID:fCt4ibUt0
保護国

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/15(火) 17:29:39 ID:fCt4ibUt0
米から見れば、日本の総理は州知事より格下。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/15(火) 17:43:28 ID:+qJn1v5+0
これが現実

【信用するな】軍事板の珍米ポチ諸君【騙されるな】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1155135912/

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/15(火) 21:10:54 ID:0jNY63/K0
残念ながら、政治的、経済的、軍事的に属国。
新総理は、一番に米大統領のご機嫌伺いに詣でる。
アメリカなしには経済的にやっていけないので、
不安な牛肉でも無理やり買わされる。
自衛隊は、米軍の下部組織というか下請け。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/15(火) 21:39:03 ID:CSmqPlmc0
残念も何も、俺は大満足ですが。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/16(水) 14:12:58 ID:ffqUbbP80
金だけ出して、戦わずに済んでるんだから、吉田茂に感謝しとこうよ。
日米同盟なんて、アメリカの一方的な片務条約なんだから。

もちろん、アメリカにはアメリカの思惑があるが、それを享受してるんだからさー。

15 :ホッシュジエンの国内ニュース解説:2006/09/06(水) 16:37:47 ID:mzZS7uYA0
 フランスの民間2団体がこのほど、同国の代表的国語辞典「プチ・ロベール」の
植民地に関する記述が問題であるとして、辞典の回収を要求した。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __    こんな所でも対米政策、つまり国民の右傾化や
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  / 侵略主義の肯定を演出しようとする出版社の意図が見える。
  |ヽ   | | ミ#・д・ミ/_/旦~~ 
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| マスコミ、TV、ラジオ、出版社は不特定多数の国民に影響を
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l 与えられるため、昔から国の情報機関のような事をしますね。(・A・#)

06.9.6 朝日「仏団体、国語辞典の回収要求 植民地を『肯定的』表現」
http://www.asahi.com/international/update/0906/003.html

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 13:28:28 ID:Id9Xccn3O
何言われてもしょうがないよ。
戦争の賠償金は米国のおかげでほぼ無しだし、
安保も片務条約だし
経済発展も冷戦の享受だし
独立国家として成り立ちが不足してるからね

それに今更逆らっても
殴られない程度で押さえないと
今の日本の生活水準が保てないですよ
食料事情も輸出産業も
外貨残高も安全保障も
アメリカ除くと成り立たない
だから今現在は、属国とかポチとかやむなし

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 13:30:22 ID:dDJCh89g0
結局、世界大戦負けた日本が悪いんだからな。
勝ったアメリカ様が何もかも正しいんだよ。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 15:25:02 ID:q3ma3ZLI0
吉田は戦前軍部に懲りたからといったって、
軍事自立の機を放棄したなんて、いろいろ事情を勘案しても、

どうみても国賊だ。独立の気概を失った。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 15:35:53 ID:3guGXx+30
>どうみても国賊だ。独立の気概を失った。

軍事を失った日本に、当時他の選択肢はありえない。
国賊とかいってるやつは、お花畑サヨクと思考が同じとしか思えん。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 18:46:50 ID:GQAKZso5O
なぜ独立にこだわるのかな。
馬鹿が良かれと思ってやることよりも、
頭のいい奴が陰謀まみれでやることのほうが
往々にして良い結果をもたらすものである。

特にアングロサクソンは植民地経営の天才。
「胡麻と百姓は、絞れば絞るほど出てくるものなり」の理念に基づき、
目の前にあるものをひたすら食いつぶすだけで
投資なんて概念は頭をよぎったこともなく、
結果被支配者階級を疲弊させて
結局のところ自分自身大損をしてしまう
馬鹿な日本の支配階級とはわけが違う。
ウィンウィンの関係を構築する脳がある。
経済成長が著しかった日本なんかそうだったろう。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 22:00:13 ID:Id9Xccn3O
>>19
同意
国を思う指導者が、
自国の独立を願わない
なんて有り得ない。

吉田は反戦論者で投獄の経験者
よくぞ賠償金の支払なく講和迄はこべた

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 22:05:00 ID:Id9Xccn3O
>お花畑サヨク
>>20はまさにそう
たぶん他の国はよくみえる厨だよ

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 05:33:24 ID:2r5pYvzN0
【スクープ】
タレント兼プロデューサーとして活躍するデーブ・スペクター氏(52)が日本国籍を取得していた事が明らかに成った。
因みに日本名は「源スペク太郎氏康」
冗談の様な名前だが日本史に精通するデーブ・スペクター氏が彼の尊敬する源義家(八幡太郎)と北条氏康から拝借して名前を付けたとの事。
尚、今後の活動は以前と変わらず「デーブ・スペクター」で行う予定。
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1149518021/l50

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 15:10:00 ID:Y7iQ8Zfj0
ユーラシアという「壮大なるチェス盤」
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4532191696

アメリカがキングなのは当然として・・・壮大なるチェス盤上で
願わくば日本がクイーンかビショップ位の高位置を占めますように。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 15:23:43 ID:62qpd6bS0
でもよかったじゃない。

アホな軍部に日本を導いて貰うより
アングロサクソンに日本を導いて貰った方が日本国民にとってもマシだと思う。
薩長が作り出した明治体制が無残な最期を遂げたのに対し、
連合国が作り出した占領体制は日本を高度文明国まで繁栄させたしね。

日本国民も負けてよかっただろう。
薩長の作り出した明治体制など日本国民を抑制して苦しめるだけの
国民にとってもありがたくない糞体制だったからな。
対する連合国の占領体制は日本を高度文明国に導いた。ありがたい。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 15:25:34 ID:62qpd6bS0
それに仕方が無い。
日本も琉球や台湾を植民地にしていたのだから。
自国はするなだなんてそんな都合のよい言い分は、通じないからな。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 15:46:41 ID:LJEgTe0ZO
>>25
1920年代に長閥を排撃したのが、お前が問題視している軍部だぞ。
大正デモクラシーによる社会構造と国民意識の変動は
敗戦によるそれよりはるかに激しいものなのだが、
戦後の民主主義イデオロギー物語の都合上、
そのあたりは意図的に無視されている。

長閥の外交運営は実に鮮やかだった。
何より素晴らしかったのは、当時の日本の後進性を直視し、
欧米に追従する勇気をもてたこと。
土人は、コンプの裏返しとしてのウリナラマンセーで
異文化に対して過敏にアレルギー反応を起こすのが常なのにね。
日本よりも早く憲法制定を試みながら近代化に失敗した
中南米やオスマントルコの連中がいい例だし、
長閥を排撃した軍部の連中もこれにあたるだろう。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 15:59:27 ID:k7BckQEm0
キブミーチョコレート!!ギブミー自衛隊!!ギブミー憲法!!

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 16:11:28 ID:62qpd6bS0
>>27

韓国を併合したり土人国の癖して日本を帝国主義国に導いたりと
明治体制がいいとは思わない。
米英のような超大国なら未だしも当時の日本は土人国。
土人国に分不相応の帝国主義など身を苦しめるだけだからね。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 19:02:16 ID:/egJPhiM0
>>29
その土人国から脱するのに一番の近道が、当時の西洋と同様の帝国主義体制。
その結果が、アジアで、有色人種国家でただ一国、国際連盟の常任理事国への加盟。

確かに、少し急ぎすぎた感もあるが、当時は急がないといつ植民地にされるか分かったものじゃない。
悠長に構えていたら、いきなり攻撃されて無理矢理植民地にされていた可能性もある。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 19:49:16 ID:62qpd6bS0
>>30

意味不明な意見だな。
当時にはスイス、ルクセンブルク、スウェーデン、ノルウェーのような小国もありました。
つまり帝国主義国にならないと生き残れないと言う訳ではなく、
平和主義でも独立が保てた可能性は高い。
何せ日本より国力が下で人口も少ない、仏独伊に囲まれていると言うスイスが存在したのだからな。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 19:54:33 ID:62qpd6bS0
日清戦争なんて防衛戦争と言うより
国力の落ちた清にハゲタカの如く集っただけの戦争だろ。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 20:06:11 ID:v+MzD+Px0
農産品と不良製品しかつくれない三流工業国日本を植民地にする酔狂な国が?

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 21:11:34 ID:HNZjAjNL0
自国の歴史に対する深い理解と先人に対する畏敬の念があったら、
広島・長崎の原爆で殺害された20万人の人たちや、東京大空襲
で殺害された10万人の人たち、戦死して靖国神社に祀られてい
る数百万人の人たちのことを思えば、国策上、対米友好の政策を
取ることはあったとしても、この小泉のような心底浅ましい男妾
みたいな態度でブッシュに尻尾をちぎれんばかりに振りつづける
なんてことは到底できるわけがない。「作法としての反米」が根本
的に欠けているのだ。

       ∧__∧ Love me tender
      (´∀` )
       (⊃⌒*⌒⊂)
        /__ノωヽ__)

小泉純一郎は、今回これだけ浅ましく恥さらしにくねらせた尻を付けたまま、
どの面さらしてこの後、靖国神社に参拝するつもりなのだろうか!?(°o°#


35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 21:55:13 ID:XNJWzMpb0
>>32
国力四倍の大清に群がるハゲタカですか。

36 :天然はまち:2006/10/22(日) 11:31:02 ID:jHWvKG600
>29
土人国はチョンだろ。糞尿・禿山大国で貨幣経済ほとんどなし。
それに日本は資本主義国なんだから、輸出市場が必要。だけどチョンも台湾も市場がなく、
日本が侵略によって市場を構築せねばならんかった。
スイスなんて周りは皆市場経済を発達させとったんだから、呑気に平和主義を貫けただけ。
一緒にするな。




37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 11:59:58 ID:8P45+rKtO
>>31
意味不明な意見だな。


38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 12:22:17 ID:Wgh2Fxoe0
スイスは小国だけど武装独立した国だと思う
ハプスブルグ家や神聖ローマ帝国との戦いに全て勝利が前提にあり
1648年武装中立が出発点
1815年永世中立国として独立
1939年第二次世界大戦下、武装中立と非常事態を宣言
平野部を放棄してアルプス山脈に要塞を築いて徹底抗戦する計画を立案。
43万人の民兵が動員され「ハリネズミ」と評される一大防衛体制が取られた。
領空侵犯した連合軍機も撃墜するなど。

国防の基本戦略は、「敵国にとって侵略が不可能でないとしても、
侵略のメリットよりも損害が大きくなるようにすること」にある。
資源の乏しい国ならではの基本戦略と思える。
現在も国民皆兵制度で、武器を家庭に保持している。

また
武装中立政策は、周辺国の要請と内部統一の両面で実利的であった。
(ドイツ系64%、フランス系19%、イタリア系8%)
ドイツ語の正式名称から「スイス誓約者同盟」と記す。
尚、スイスの正式国名はヘルヴェティアであるが、
意味する所は「世界における使命と世界に対する責任を自覚した自由な国」。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 13:16:23 ID:Wgh2Fxoe0
ルクセンブルクは
1815年オランダ王を大公とするルクセンブルク大公国
言わば,オランダ国王の私有地として建国
1867年プロイセンとフランスの緩衝国として永世中立国となる。

スウェーデンは
1814年にキール条約でノルウェーを併合。
1818年フランス人ベルナドットが国王に即位
1905年ノルウェー分離により汎スカンディナヴィア主義が頓挫
以降、武装中立政策を取るが
第二次世界大戦下は親連合国派として、
準軍事組織を義勇軍として派兵、中立違反の政策をとる。
徴兵制度(19才〜47才男子対象)を現在も実施している。

ノルウェーは
1905年デンマークのカール王子を国王として擁立、
スウェーデンより独立を果たす。

この3国は帝国主義を行う、国との姻戚関係で独立できた国

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 13:31:14 ID:U50LyvZk0
31
世界史をもういっぺん学んで来い。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 14:02:51 ID:Wgh2Fxoe0
国家の三要素で考えてみると
領域(領土、領水、領空)一定に区画されている。
   日韓、日中の領土問題があるが、一定に区画されているので。(おk)

人民(国民、住民)恒久的に属し、一時の好悪で脱したり復したりしない。
   在日の問題があるが、恒久的に住んでいるので。(おk)

権力(主権)正統な物理的実力「対外的・対内的に排他的に行使できる」
物理的実力行使が問題になるのは、自衛権だね。
一応自衛隊があり、自衛権は有しているので。(おk)

上記により植民地では無いと考えます。
日本は戦後アメリカの有益な同盟国でした。
朝貢外交とも一部思えるけど・・・

小国日本が経済大国2位になれたのは、
超大国アメリカの同盟国であったことが大きく影響している。
「日本がアメリカの同盟国としての位置付け」をどお位置付けするか?
この位置付けで、みんなの考えた方は180度異なると思う。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 14:11:22 ID:U50LyvZk0
視野がせまくないか?

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 15:27:13 ID:Wgh2Fxoe0
確かに視野がせまい文章だけど

戦後はGHQの占領統治から始まるのだから
最初の一石かな

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 18:20:03 ID:mLECSkQk0
ルクセンブルク・スイスのような小国ですら独立を保てていたのに
ルクセンブルク・スイス以上の大国で人口も多く国土も広い日本が
帝国主義をしなければ独立を保てないだなんて矛盾に満ち満ちている。
スイス・ルクセンブルクなんて英仏独伊と言う列強に包囲されていたから
日本以上に不利な立場にあったのに帝国主義を肯定するのは無意味

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 18:24:01 ID:mLECSkQk0
スイス・ルクセンブルクは仏独伊と陸続きの国であって、
清・ロシアと陸続きではない日本より不利な立場にあった。
日本が中国大陸からの干渉を受けず独立を保てたのは第一に島国だったから。


46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 18:27:17 ID:mLECSkQk0
大体、日本の帝国主義を肯定している人は
デンマーク・スイス・ルクセンブルクのケースをどう考えてんの?
これら三カ国は日本より人口も国土もなく国力に乏しく、
仏独伊と陸続きだから日本より不利な立場にある。
特にスイスとルクセンブルクなんて救いようの無い程の小国だろ。
列強と陸続きで小国だからな。
日本はその点、中国・ロシアと陸続きではなく島国だから国防は容易だ。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 18:58:45 ID:U50LyvZk0
世界史に詳しければ君のような答えにはならないと思うよ・・・

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 19:37:48 ID:mLECSkQk0
学校で習う事が必ずしも正しいとは限らないよ。
日本の教科書には強制連行という記述があったそうだが、
日本の教科書の記述は正しいのかな?

それに君は何を勉強したのだろう。
学校で習った事を鵜呑みにするだけで自分の頭で考えると言う事を
放棄しているのではないか?

49 :天然はまち:2006/10/22(日) 19:58:56 ID:AJYktEff0
>46
帝国主義と言うが、チョン王家や両班支配を解体し、農民に土地を与え、近代的な
法体系を整え、さらに活発な資本財投資を行うのがそんなにダメなのか?
糞尿・禿山の方がいいって?

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 20:13:47 ID:mLECSkQk0
>>49

アメリカの植民地支配を君がどう考えるかだ。
GHQの日本占領をどう考えるかだ。
君が独立についてどう認識するかだ。

もし君がアメリカの植民地支配は悪、GHQの日本占領は正しくないと思うのなら、
韓国は別にしても琉球処分、台湾併合は正当化できない。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 20:15:51 ID:mLECSkQk0
韓国は日本の力で作られた国と言っても過言ではないから、
韓国人が日本の事を批判するのは筋違いだろう。
しかし日本は琉球処分、台湾併合と言った事を行っているからな。
台湾・樺太獲得はどう考えても帝国主義。
満州国建国はなおさら帝国主義。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 20:18:23 ID:mLECSkQk0
GHQに支配されたのは屈辱、
アメリカの植民地にされた事は屈辱、と思うのなら、
日本の帝国主義が正しいかどうか位、解るよな。

韓国の場合は別にしても日本は実際、帝国主義国だったしね。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 20:20:02 ID:KSDdTxYiO
ヨーロッパに支配されたかったよ。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 20:26:13 ID:mLECSkQk0
自らで戦争始めて占領されたんだから仕方なかろうに。
しかもアメリカの植民地に侵攻して欧米の資源を盗もうとしたんだろ?
当時は帝国主義の時代らしいね。
どうあれ当時に置いて植民地にされなかったのが奇跡だな。
賠償金を要求しなかったアメリカの寛容さに感謝しなくちゃ。

55 :天然はまち:2006/10/22(日) 20:46:29 ID:DLyD3T4g0
>50
伝染病大国で、清に見捨てられた台湾を育てたのは日本。
台湾人は、日本に謝罪を要求したりはせんぞ。
それにGHQ支配を屈辱とは別に思っとらんよ。
まあ、江戸時代を土人国なんていう奴に何を言っても無駄か?

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 20:56:17 ID:mLECSkQk0
>>55

謝罪を要求されなければ正しい事をしたとでも?
君の問いは意味不明だ。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 20:59:22 ID:a5VJbMDLO
>>46
日教組反戦教育を受け入れた、
素直な学童君です。

独立できた理由は
>>38>>39です
スイスは武力で独立した武装中立国家です。
国防は徴兵制より厳しい、国民皆兵制度ですよ

エリコン社をご存知ですか?
機関砲が有名ですが、各国とも輸入やライセンス生産を行いました。

貴方の言葉を借りると、闇の武器商人国家となりませんか。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 21:04:56 ID:mLECSkQk0
>土人国なんていう奴に何を言っても無駄か?
近代化と称して欧米化に勤めたり
近代日本は欧米を参考にして国家を形成していたんでしょ?
帝国憲法なんてドイツを参考に作られたらしいしな。
近代の著名な日本人の多くは欧米に留学しているしねぇ。
日本が土人国でなければ近代化と称して欧米化に勤める必要性は無いし、
東郷平八郎が英国に留学したりする必要性も無いじゃん。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 21:07:19 ID:mLECSkQk0
>>57

琉球藩設置以前からルクセンブルクはあるし、
デンマーク・スイスって日清戦争以前からあるんでしょ?

>闇の武器商人国家
武器を売る事と帝国主義は違うよ

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 21:12:13 ID:xr3kFYxf0
60

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 21:15:53 ID:mLECSkQk0
>>57

何が言いたいのかな君は?

スイスやデンマーク、ルクセンブルクの置かれている状況は日本より不利だ。
日本が島国で陸軍大国が日本を侵略し難いのに対し、
スイスは仏独伊、デンマークはドイツ、ルクセンブルクは仏独と言う
当時の世界では巨大な陸軍国と陸続きであった。
しかも国土や人口は日本より下で、どう考えても日本より立場は悪い。
日本なんて島国であるのと朝鮮半島、沖縄、台湾と言う緩衝地帯、
千島列島、樺太と言う緩衝地帯があるからな。
島国でもない、緩衝地帯も無い、国土も広くない、人口も多くない
ヨーロッパ小国と比較して日本は極めて有利な立場にある。

そのような国が帝国主義政策は仕方ないだなんて言うのは
とんでもない矛盾でしかない。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 21:26:16 ID:mLECSkQk0
スイスなんてかなり悲惨な国だろ。
第一次大戦終結までは列強独墺仏伊と隣接していて
国土も人口も少ない。緩衝地帯となるような地域もなく、
島国ですらない。
そのような状態にありながら独立を維持できたのだ。
島国と言う優位性、国土と人口がある程度あり、
緩衝地帯となるような地域が存在する優位性を抱えた日本が
どうして帝国主義政策を訴えねばならなかったのだろうか。

第一次大戦時のヨーロッパ。スイスの悲惨な状況が理解できると思う。
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/f4/Europe_1914.png

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 21:30:11 ID:mLECSkQk0
日清戦争・日露戦争・第一次大戦・満州事変・日華事変・太平洋戦争は
別に必要性のある戦争ではなかったんだ。
帝国主義に訴えなくても独立は維持できると言うのは
デンマーク・スイス・ルクセンブルクの例で解る筈なのに、
琉球を併合するわ台湾を併合するわ衛星国は作るわ帝国主義っ振りを発揮して中国を侵略。
米国に喧嘩を売って国土を焦土にされる位なら、
小国主義を貫いて国内開発に投資すべきだったね。
そうすれば文明化も少しは早まったのに。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 21:59:13 ID:a5VJbMDLO
ルクセンブルグは、
オランダ国王の私有地として独立
だから公国でしょ

デンマークも植民地あったよね
没落してたけど
北欧の支配者だよ
どこだか忘れたけど
国王も列強と姻戚関係

スイスは武装立国
あとはめんどくさいので自分で調べて

日本は産業の労働者確保の為に、
食糧自給すら出来ない国になってました
偏見では無く白人至上主義の人種差別は存在しました。
国際連盟で人種差別撤廃案は否決されてる
(米国にね)

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 22:05:38 ID:mLECSkQk0
どうあれ日本に帝国主義は不要だった。
君たちが何と言おうとね。

>国際連盟で人種差別撤廃案は否決されてる
英国の間違い

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 22:07:06 ID:mLECSkQk0
日清戦争と第一次世界大戦なんて単なる帝国主義の戦争だし。
日露戦争も帝政ロシアが日本を侵略したから起こった戦争ではなくて
日露の帝国主義的思惑が招いた戦争だし。
ま、台湾や樺太の割譲を要求している時点で帝国主義丸出しだしな。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 22:08:32 ID:mLECSkQk0
>偏見では無く白人至上主義の人種差別は存在しました。
生麦事件は白人の人種差別だと?

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 22:12:39 ID:mLECSkQk0
>>64

ポーランドはどうやって説明するんだよ。
ポーランドは第二次大戦中に滅亡させられたが、
ヨーロッパ人はヨーロッパ人相手なら寛容と言う訳ではない。
ソ連もフィンランドに侵攻しているしな。
ヨーロッパ人はヨーロッパ人相手なら寛容と言うわけではないんだよ。
そのような中でスイス・デンマーク・ルクセンブルクは独立を維持したのだ。
日本の帝国主義は必要だったと語るのは無意味な事だよ。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 22:16:01 ID:mLECSkQk0
反日教育と言うかまぁそう言うものを悪の権化とみなして
何とかしてでも日本を肯定したいと言う痛い奴が多いな。
ヨーロッパ人はヨーロッパ人相手なら寛容と言う訳ではないし、
事実、ポーランドは何度も滅亡しているし、
ソ連はフィンランドに侵攻したし、
ファシスト・イタリアは周辺諸国を併合しようと侵略していたし、
そのような中でスイス・デンマーク・ルクセンブルクは独立を維持した。
彼らが白人国だから独立できていたと言うのは痛い言い分だ。

日本の帝国主義は無意味だったのだよ。

70 :64:2006/10/22(日) 22:19:41 ID:a5VJbMDLO
どうも勘違いされてるみたいなんだけど
ちなみに日本帝国主義は否定だよ

大陸で経済封鎖されて滅んだ国は無いでしよ
スイスは大国に囲まれ、どれだけ苦しくても、
侵略はされてない
(一度ナポレオンが絡むけど)
日本とは別にかんがえないといけないと思う

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 22:20:03 ID:mLECSkQk0
>>64

君は変な言い訳ばかりしているが彼らが独立できていた以上、
日本の帝国主義は不要だった。
軍国主義に走るより国内開発を充実させた方がよりよい結果を得られたと思われる。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 23:16:44 ID:mLECSkQk0
>>70

>日本とは別にかんがえないといけないと思う
何で別に考える必要性があるの?

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 00:23:09 ID:qiN87by+O
始めに帝国主義を肯定はしないし侵略も悪
日米安保は当面維持、領海や領空侵犯は武力排除も辞さずが僕の基本意見
どうもネトウヨと思われたみたいなので

侵略は侵略側に何らかの利益が無いと発生しないと思う
内陸の山岳国家に山岳で徹底抗戦されても侵略側の被害は大きいし
被害に見合う、資源確保も貿易港も無いよ

1800年以降の大国間の紛争の窓口や
条約締結の地として中立国として存在する方が
列強各国の利用価値が高いと思う
スイスの武装中立は、小国の生き残る知恵では

74 :64:2006/10/23(月) 00:49:02 ID:qiN87by+O
ポーランドの第一次大戦後の独立は
ジュネーブで話し合いで決まったんだけど、
疲弊した列強がソ連の隔離とドイツの国力を削ぐ為でしょ
ポーランドが欧州で無ければ、
上海や北京やのように列強が進出したと思う。

事実ソ連とポーランドの国境紛争ては
フランスかポーランドを支援したらしい

ドイツの侵略は東プロセインとの領土結合
ソ連の侵略はジュネーブ会議で放棄した失地回復
そう考えているけど

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 01:04:33 ID:yG2Tkxu/0
第一次大戦後にドイツ帝国、オーストリアハンガリー帝国を滅亡させたように、
ヨーロッパ人はヨーロッパ人に対して寛容では無いよ。
ポーランドはぶっ潰す、アイルランドは併合。
うむ。ヨーロッパ人はヨーロッパ人に対して親切では無い。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 01:06:12 ID:yG2Tkxu/0
だから帝国主義に訴えなくとも生き残れただろう。
中国人に恨まれる事もなかっただろうし、
調子に乗りすぎた挙句、米ソに懲らしめられる事もなかった筈だ。

いいかい。帝国主義は不要だった。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 01:09:25 ID:yG2Tkxu/0
いい加減にまとめようか?

1.デンマーク、スイス、ルクセンブルクのような小国が独立を保てていたように、
 日本は帝国主義政策に訴える必要性は皆無だった
2.白人は白人に対して親切ではなく、
 ヨーロッパ人はヨーロッパ人に対して親切では無い。
 故に欧米・白人至上主義に囚われるのは無意味だ。
 アイルランド、ポーランドのケースで説明できる。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 01:11:13 ID:yG2Tkxu/0
3.独ソ戦のケースにあるように白人同士の殺し合いの方が悲惨である。
 独ソ戦の被害は日中戦争や対日爆撃被害が可愛く思えるものだ。
 故に白人が白人に対して親切と考えるのは無意味だろう。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 01:16:40 ID:qiN87by+O
フィンランドは冬戦争だよね
ソ連の一方的な侵略だけど
ソ連は赤い国で、赤化排除の国際世論の中
自国の安全確保の為に
独立間もない、フィンランドに侵攻した
得たものはバルト海にあるレニングラード港と工場地帯

赤い国だから帝国主義ではないし、
ソ連はバルト海進出のメリットがあるよ

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 01:16:45 ID:yG2Tkxu/0
独ソ戦は独ソ不可侵条約を一方的に破って始まったんだからな。
しかも戦争目的はソ連の植民地化と言う明らかなる侵略目的。
白人は白人に対して親切では無いんだよ。
ベルサイユ条約なんて単なる苛めだし。
まだ阿片戦争以後に締結された南京条約の方が穏便な条約だよ。

結論:白人は白人に対して寛容ではない。
   寧ろ南京条約とベルサイユ条約の比較で解るように、
   同じ白人に対しての方が容赦しない。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 01:21:31 ID:yG2Tkxu/0
>>79

フィンランドと日本は異なるよ。
フィンランドは超大国と陸続きでしかもフィンランドはとんでもない小国。
しかも隣接している国はソ連と言う超大国でドイツをも凌駕する超陸軍大国。

大体、日本なんて中国とソ連と隣接している訳でもないし
陸続きでも無いし中国との間には緩衝地帯があるし
日本は島国だし人口も多いそこそこの大国だし。

フィンランドのケースと日本は同じに語れない。
小国を率いてソ連と言う化け物と戦ったマンネルハイムは
東郷平八郎より偉大だよ。
何せ日露戦争時は米英の支援があったが、
冬戦争時のフィンランドなんて米英から支援を受けていた訳では無いしな。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 02:02:50 ID:qiN87by+O
帝国主義肯定論者の如くの言われようには
疲れました。
貴方が正しいでよいです
スレ違いで荒らしてすみませんでした

83 :天然はまち:2006/10/24(火) 00:27:32 ID:Fu3tbSDc0
>56
だから、お前は日本が台湾や朝鮮半島に資本主義を植えつけたことを、どう考えてるんだ?
>58
だから、なんで土人国なんだ?
日本は封建制の発達により土地や財産の所有を高度に分散させ、消費社会を拡大し、歴史的に市場経済を
形成しとったから近代化できたんだろ。
そもそも西欧のシステムを学んだからといって、必ずしも近代化できる訳ではないぞ。もし、平安時代に
ペリーがやって来れば、いくら平安人が西欧のシステムを学んだとしても、絶対に近代化しなかったはずだ。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 00:43:03 ID:ESQVYdYg0
>>83

>だから、なんで土人国なんだ?
当時の日本の生活水準は高くなかった。
ドイツがアウトバーンの開発に着手している時、
日本人のマイカー保有率は当時の欧米と比較すると下回っていたからな。
道路の舗装率、敷かれている線路の長さ、工業力など、
欧米と比較すると遅れていた国なのさ。
日本は軍事大国ではあったが(それも疑わしいが)
国民の生活水準など低く、総合的に見ても先進国ではなかったのだよ。

85 :天然はまち:2006/10/24(火) 00:45:59 ID:zlqOH2gW0
だから、なんで西欧とばかり比べるんだ?


86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 00:54:05 ID:ESQVYdYg0
比べるからさ。タイや中国と比較した所で仕方ないからね。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 11:09:11 ID:k1uz/PMD0
黒字亡国が面白い

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 11:30:07 ID:Imwk9NOW0
アメリカがコンプレックスを感じている国といったら
かつての宗主国イギリスだけだからなあ

89 ::日本@名無史さん :2006/10/24(火) 21:06:25 ID:3Fax0IXK0
>>86
と荒し屋の在チョンが申しておりますw。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 23:05:52 ID:3JJMdZql0
もう一度 世界大戦を やるんだ
アメリカ占領計画をたてるんだ
日本語が世界標準に なるんだ
世界を日本を中心に 再編成するんだ
核兵器を超えた 空極の絶対兵器を発明するのだ
命より 大事のものが あるのだ

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 00:19:31 ID:G5Hz7Izi0
>>87
三國陽夫の本ですね。今度読んでみる心算でいます。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 01:44:10 ID:uKLnmBel0
>87
それ言うならアメリカは赤字亡国。
日本やアジアの支えなくばとっくに破産してるだろ。
特にユーロというドルの基軸通貨体制への挑戦者が現れた今となっては、日本に擦り寄るしかない。
アメリカへの日本の力は日に日に増してるな。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 01:46:05 ID:UfWqW1480
現代と異なる欧米列強の人種偏見

現地の人々を支配下に組み込み、
ヨーロッパ式の宗教、政治制度、言語、文化を「与える」ことは、
未開な人々を文明化する行為である。
植民地獲得は文明の名のもとに正当化された会議だった
(1878年ベルリン会議)

フランスのフェリー外相は「優れた人種は劣った人種に対して権利を持つ」

イギリスのセシル・ローズは「内戦を避けるには帝国主義者にならなくてはならない」

第二次世界大戦中アメリカの日本人に対するステレオタイプの典型は
「猿」であり、野蛮人、劣等人間、人間以下、害虫、と続いた。
それは、個性もなく次々とわいてくるものであったという。
このような相手を人間以下とみなす発想は、
日本人に対して初めてではなく、
歴史上繰り返してきた非白人に対する蔑視、
具体的にはインディアンと黒人に投げつけてきた表現が噴出したものにすぎない。
(マサチューセッツエ科大学(MIT)のジョン・ダワー教授)



94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 04:09:08 ID:0yINPy0u0
>>92
確かに。読んでいてアメリカも現状は危ういのではないかと思ったんだけど、
その辺はあまりかいてなかったな。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 06:28:42 ID:xhZSsHHp0
人種差別と言うより単なる対日憎悪だと思うけどね。
どうあれアメリカ人もアメリカ人を殺すような人間など、好きになれまい。
特にその連中が原因で戦争に巻き込まれたのならばなお更だ。
当時のアメリカ人は平和を浴していてアメリカならば平和だと考えていたからな。
平和を破壊した日本が憎すぎてアメリカ人を虐殺した日本が猿以下に見えるのは
寧ろ当然の事だ。

人種差別のせいにするのは間違いかな。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 09:43:49 ID:COdF7SCo0
徳川政権が続行していれば、
太平洋戦争はおきず、北方領土の全喪失、日本への原爆投下もなかった。

徳川党をおとしいれて、追放し、軍国主義日本をつくった薩長が悪い。


キャッチフレーズは、
「おのれ薩長め。」でいこう。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 10:36:31 ID:OlakhLJQ0
米の黄色人種差別の歴史

1882年:排華移民法
中国系移民締め出し。その穴埋めをするように日本人移民が入り始める。

1893年:日本人学生隔離(カルフォルニア州)
1901年:日系移民制限の決議書提出(カルフォルニア州)
1905年:アジア人排斥協会設立(カルフォルニア州、ネバダ州)
1906年:連邦議会帰化法改正。日本人帰化申請の拒絶を訓令
1907年:ハワイ・メキシコ・カナダからの日本人移民流入制限(大統領令)
1908年:日米紳士協約(日本が自主的に移民制限する協定)

1913年:外国人土地法(ウェッブ法案・排日土地法・カルフォルニア州法)  
米市民権を持たない外国人の土地所有または3年以上の借地を禁止

1920年:第二次外国人土地法(カルフォルニア州法)
すでに帰化権を持った日系人からの名義貸し等、抜け穴を埋める。日系人借地全面禁止
その後9州で同様法案を可決。

1922年:連邦最高裁「黄色人種は帰化不能外国人であり帰化権はない」(小沢判決)
すでに帰化していた日系人からも市民権を剥奪。不遡及の大原則を破る。

1924年:出身国別割当移民法(排日移民法:連邦法)
この時点で紳士協定を結んでいた日本以外のアジア系移民はすでに締め出されており
あからさまに日本人移民をターゲットにしたもの


細かいもの入れたらキリが無い。
この人種差別政策を戦争の遠因だと言ったのは昭和天皇だったか。

98 :↑↑↑:2006/10/28(土) 14:26:54 ID:UfWqW1480
米国人種差別の起因は優生学ですか?

「人間は動物に対して様々な形質を際立たせるために
人為淘汰の手段を用いることが可能であり、
そのようなモデルを人間に対して応用するなら、
同様の結果を期待することが出来る」
「社会は既に知的に劣った者の出生率が知性に優れた者に勝る状態にあるとして」
逆淘汰の状況に進んでいると主張した。
1869年『遺伝的天才』フランシス・ゴルトン

1924年、排日移民法が議会を通過した。
このことは優生学者たちにとっては、「劣った血統」の脅威に関する
議会の討論において専門職顧問として中心的な役割を果たす最初の機会であった。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 16:37:35 ID:UfWqW1480
アメリカ内の多くの愛国主義的な政治家、学者および政府支持者たちは、
すべての意味においてアメリカは帝国であり、またあるべきと主張する。
米西戦争以降、現代レーガンの“アメリカ新世紀プロジェクト“まで
領土拡大主義から形を変形しつつ一貫して帝国主義である。

1867年 アラスカ    クリミア戦争で財政難に悩むロシアから購入
1898年 グアム     米西戦争勝利し割譲 
1898年 フィリピン   米西戦争勝利し割譲
1898年 プエルトリコ  米西戦争勝利し割譲
1898年 ハワイ併合
1899年 東サモア    ドイツとアメリカが分割統治
1902年 キューバ独立  実質的には米国の統治下
1903年 パナマ運河条約 永久租借権と運河の建設、管理運営権、軍事警察権
1916年 ドミニカ    軍事占領
1917年 ヴァージン諸島 デンマークから購入
その他リベリア共和国がおもしろい

李氏朝鮮での利権
1896年3月 ソウルー仁川鉄道施設権
1896年7月 金鉱採掘権
1898年2月 電車、電燈、水道経営権

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 17:28:14 ID:UfWqW1480
自国の国益確保だけが目的であり、国家間に信義や恩義などは、
爪のアカほども存在しない現実を日本人は知らなければなりません。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 18:01:46 ID:UfWqW1480
太平洋の周辺にある白人諸国による東洋人排斥運動は、その初期に
おいてはたんに地方的性質をもつものであった。
しかし漸次これは国家的運動の状態をとるようになり、国家による
立法、国家による法律励行の制度がその運動の帯びる特色となった。
この東洋人排斥の感情は、第一次世界大戦後その力を削がれること
なしに存続し、制限および排斥を支持する議論の重点は、しだいに、
経済論から文化的、生物学的議論に移っていった。

問題がもう一つあった。
すなわち、日本の人口過剰である。
ハウス大佐がバルフォア氏にたいして指摘したように、---この意見に
たいしバルフォア氏は、“強い共鳴”を示したが---「世界は彼らに
たいして、アフリカに行ってはならない。いずれの白人国家にも行って
はいけない。中国も駄目。シベリアにもはいってはいけないと言った。
しかも彼らの国は、土地はすべて耕し尽くされており、しかも日々に人口
の増加しつつある国家である。しかし、彼らはどこかへ行かなければなら
なかった」のである。

日本の過剰人口問題はきわめて容易ならぬものである。
「可耕地一平方マイルあたりの日本の人口を他の諸国の人口に
比較すると、日本の割合は非常に高い。これは島国という特殊の
地理的構成に起因する」
「農作地に人口が高度に集中しているため、各人の保有地面積
はすこぶる狭小であって、農夫の35%は1エーカー未満、34%
は2.5エーカー未満を耕作している。耕地の拡張はその限度に達し、
また農法の集約もその限度に達している。これを約言すると、日本の
土地からは現在より以上の生産を期待することはできない。また就職
の機会を今日以上に多く供給することもできない」(リットン報告)

「日米交渉は、最初から平和的解決をするチャンスは、100分の1もなか
った」 米国ハル国務長官供述書
全交渉を通じてこの日本のなした試しみは合衆国を満足させながら、しかも
日本が不信義と条約義務不履行の非難の的とならないような同盟条約の
解釈を発見することであった。
これらの試しみは、日本側が逐次提案した諸解釈をたどれば明らかとなる
であろう。

東京裁判「パル判決書」より


102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 19:22:13 ID:I7OhOXmx0
父親たちの星条旗は観ましたか?

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 10:42:29 ID:QYzWJLUV0
>父親たちの星条旗は観ましたか?

是非二部とも見たいと思います。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 15:01:59 ID:ImDe9sw60
>>100 
その考え方は、少なくとも第二次大戦後から現在にかけての
世界ではやはり一面的でしょう。日本は日米同盟という信義を
守らなければなりません。アメリカが日米同盟ばかりでなく、
米英同盟や米韓同盟などを守る義務があるように。たとえ
国家の本質がエゴイズムに過ぎないとしても、国家間の約束は
誠実に履行しなくては、国の信用にかかわる重大事ですよ。
北朝鮮のような米国や日本との約束を反故にする国でさえ、核技術
供与の見返りにイランに対してミサイル技術を譲渡するのです。
国家間の闇取引も結局は信用第一です。でないとトラブルが生じます。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 23:38:58 ID:XiZSVXLw0
日本は米の属国であるかのようなフリをして
私は裏でこっそり米を日本の属国にするつもりです

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 00:45:18 ID:xFVhQwRHO
ハロウィーンを受け入れては駄目だ

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 11:38:53 ID:db6K9Rgu0
つうか大日本帝国のもっとも最悪の負の遺産は野蛮なアメリカ人の基地を極東にもたらしてしまった、というところでしょうね。
こいつらを追い出して初めて、日本は独立したといえる。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 18:33:49 ID:B4ZzmoON0
お前らは日本が何のペナルティもなしで
敗戦から復帰できたと思ってるのか。
日本と米の間である契約が結ばれたに決まってるだろう。
その契約は日本と日本人そのものを売るようなものだ。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 18:36:03 ID:B4ZzmoON0
長年続いてきた日本の歴史は敗戦と共に終了したんだよ。
今ある日本は全く別の日本だから。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 19:33:41 ID:VmM8brsy0
関連スレ
1930〜最善のシナリオ
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history2/1161908346/


111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 00:48:46 ID:pNOIFnh60
はやく州に格上げしてほしい。委任統治もどきだと無能な政治家と官僚のせいで非効率だ。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 11:15:51 ID:ZGHhhIDP0
植民地を相手に貿易して赤字になってた大国ワロスw

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 12:08:40 ID:iqnzDT2c0

民族・伝統文化・歴史・天皇制を守り…

人類史上最高の驚異的な経済発展を成し遂げ…

ジャパニーズ・クールと高く評価される文化発展を遂げ…

まんまと本国を出し抜いた植民地。



まるで…民族・伝統文化と主権を守りきった独立国家のような植民地ですね。


114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 13:32:32 ID:ZpitD8Rn0
内地(北アメリカ)に出張でよく行くけど
食い物はマズイしポップカルチャーはアメコミとネズミー関係ばっかだし
サービスは最悪で大雑把だし貧乏人が多いし治安が悪いしデブばっかだしセンス悪いし・・・
何でもアボガド突っ込めば健康食だと思ってる感性が最悪。

アメリカ委任統治領ジャパンが素敵なメガロポリスのように思えるよ。

>>111
格下げは勘弁。


115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 21:55:55 ID:Yo5X41uCO
いっそのこと日本を合衆国の州の一つにいれて英語教育をやらされていれば今こんな非日常的な英語を学ばなくてすむのにw
てか根本から疑問を呈すれば、なぜ日本語に直さねばならないんだろ イギリス人やアメリカ人にそんな作業はなく、理解しているというのに。

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 23:08:41 ID:Ev/MItGA0

デブ王国の食ミンチ


117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 23:10:03 ID:Ev/MItGA0

日本はデブ王国の食ミンチであるという妄想


118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 00:00:07 ID:ywKMfjN00
デブ先進国をおだてながら抜け目無く金儲けしてみるテスト?



119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 00:07:26 ID:Tbu7ON/s0
香港がイギリスの植民地100年だったから、
日本もあと39年残ってるって事か

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 00:26:14 ID:F2DpOiy30
植民地かどうかしらんけど
デブ王国とジャポンは全然違うよなあ

とにかくデブ王国はデブが多い貧乏人が多い犯罪者が多い
そしてセンスが悪くて大雑把

植民地でもいいけどデブとダサダサセンスは感染さないでほしい


121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 09:10:44 ID:q2vxT0XdO
>>115
日本人を馬鹿のままにしておくためだろ。
言語決定論によれば、日本人の知能が低いのは
日本語という出来の悪い低能言語に思考を支配されていることによる部分が大きい。
現に、他の分野ではまるっきりダメで土人水準の日本人も、
数学という共通言語で語られる自然科学の分野でのみ類稀なる才覚を見せている。
もし日本人の母国語が英語になり
日本人がその脳内においても文明化されると、
日本特有の同調圧力に裏付けられた
持ち前の昆虫のような常同性的勤勉さと相まって、
英米を脅かす存在に成長するかもしれないからだ。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 15:57:09 ID:skI884290
英と米デブ王国は感性がダサいよね。
おフランスで特に日本文化の人気が高いのも頷けるなあ。

江戸時代末期には既に世界一の識字率を誇っており
庶民の技術や労働生産性、娯楽文化などは高い水準を維持してきた。

日本には英と米デブ王国には無い独特の感性や能力があり
とても単なる植民地とは思えないね。
もし独立国家になったら、英より上位の経済大国になっちゃったりして(w


123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 17:46:35 ID:q2vxT0XdO
>>122
おフランスで人気の日本文化は、アニメとかゲームとかその手のもんだろ。
おフランス人が日本に求める位置づけも、せいぜいその程度のもんってことだ。
具体例を挙げるなら、文明を拒絶しチンポケースつけて
トカゲを蒸し焼きにして食ってる熱帯の原住民を見て、
我々が「自然と一体となってていいですね〜」と評するのと大差ない。
ついでに言えば、日本は独立していないからこそ経済大国になれた。
アメリカにとっての脅威になりえないから、
アメリカが国際社会の火の粉を振り払い泥をかぶって、
手取り足取り経済大国に育てあげてくれた。
東アジアの土人国家がアメリカの庇護を受けないとどうなるかは、
北朝鮮がその身をもって体現している。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 18:41:20 ID:hJNb6BYk0
土人というのは狩猟採集民族のことであって
農業や家畜などで食糧生産を行う民族は土人とは言わない。
食糧生産による豊かな生活を背景に、支配層、軍人、商人、職人など
複雑な社会体制の国家は土人のような生活では成立できない。

なので日本は土人ではない。というか「土人国家」というのはありえない。
土人生活のままでは狩猟採集主体であるためにせいぜい部族社会か
首長社会まで拡大するのが限界である。

ちなみに土人を蔑視する人も多いが
彼等の生活は狩りの技術や膨大な動植物の知識を必要とし
人類の知能を最大限に活用しないと生き残れないので
遺伝学に知能の高い人が多いと言われている。

一方の農業主体の民族は馬鹿でも生き残れる。
都市化で人口密度が高く不潔な状態になりやすく
知能に関係なく病気に強い者だけが生き残るが
非食糧生産の人口が多いため一部の天才などにより
さまざまな発明が生まれ文明が発達していく。

たぶんデブ王国のデブ5人より土人1人のほうが役に立つ。
デブ王国のデブは臭くて馬鹿で鈍いのが多い。


125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 19:12:20 ID:XAgBm1qf0
デブリカ合衆国は歴史が浅いし民族も寄せ集めだし
国土も無理矢理に強盗したもので野蛮人の泥棒野郎ばっかで
臭いデブが大量にいるからやだな。

植民地でも民族の誇りと歴史と伝統文化を守っていて
金持ちで平和で臭いデブが少ないほうがいい。


126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 20:45:30 ID:qstTE9440
>>125

米国を徹底して侮辱しているが、
その米国に軍事的、経済的、文化的、技術的、科学的に敗北したんだぜ?

韓国人のように見えてしまうのだが。

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 21:01:44 ID:qstTE9440
軍事的に・・・・日本は米国に対して戦争を仕掛けたのだが、無様な大敗北を喫する。
        未だに在日米軍が置かれているのは軍事的に敗北している証拠

経済的に・・・・バブル景気に浮かれていた頃ですら遂に米国を超える事はなかった。
        現在ですら一人当たり、国旗規模のGDPで米国に完全敗北

文化的に・・・・米国の文化は世界で受けており、唯一、日本の上を行く文化力を持つ。
        日本人には英単語が浸透しており、
        英単語の使用がステータスという認識は未だに根強い。
        東京ディズニーランド、マクドナルド、コカコーラのように
        日本を占領している文化多し

技術的に・・・・日本で最も愛されているページにyahoo、googleが入り、
        インターネットやパソコンを実用化させたのは米国である。
        windowsの普及率は群を抜いており、日本でも愛されてる。

科学的に・・・・スペースシャトルを実用化させたり宇宙開発の分野では群を抜いている。
        もはや桁外れである。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 21:04:18 ID:qstTE9440
総合的に・・・・国土、人口、経済力、軍事力、文化力、技術科学で
        米国は日本の上を行く唯一の国家。
        日本の誇れるものと言えば歴史の長さのみ。

まるで中国人だな。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 21:04:46 ID:YwQELBCN0
フィリピンってどっかの国の植民地になったほうが絶対マシだよね

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 21:21:36 ID:vvwJ50OF0
>>121
じゃあどうして英語をつかうアメリカ人は馬鹿ばっかりなの?

ごく一部に変人の天才野郎もいるけど
大半は役立たずのデブと馬鹿ばっかりだよね

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 21:43:43 ID:S30JoBle0
>>126
アメリカはセンスが悪いからなあ。
食いもんはマズいし、馬鹿が多いし、犯罪が多いし、訴訟が多いし、
貧乏人が多いし、デブばっかだし、横柄でサービス悪いし、
ああいう粗暴な国は世界中から侮辱されて当然じゃん?

戦争負けたっつっても日本は世界第二位の経済大国になってるわけで
むしろ戦争で損してるのは、植民地を失ったり共産主義勢力と
真っ向から戦うはめになった欧米なんだけどねえ。

>>127-128
戦争に負けても、民族と文化を守り通して
【世界第二位の経済大国】なら十分じゃねーの?

世界第一位なんてろくなもんじゃないよ。アメさん見てたらわかるだろ?
なんでも世界の問題背負い込んで大変だよ。うまくやるなら二番ぐらいが丁度良いのさ。

日本はこの世のパラダイスだね。


132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 01:35:49 ID:jJHEzGNE0

日本を独立国家と仮定した場合、
世界第二位の経済大国であるという現実

「日本はアメリカの植民地であるという現実」などと言われると
「植民地に負けてる俺って・・・orz」となる国ばかりであるという現実


133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 09:56:00 ID:qL2h+6Ia0
>>123
日本文化はゲームやアニメ・漫画だけじゃなく
映画や小説、TVドラマなども人気があるし、
ファッションなどの面でも評価されている。

また畳や浮世絵など自然との調和が見られる日本の伝統文化や
西洋から渡来し日本で飛躍的に発展した花火技術の逆輸入など
日本の伝統的な文化も高い評価を得ている。

日本食はヘルシーで美味しい健康食として欧米で人気が高く
さすがに中華料理とまではいかないが、今では定番になりつつある。

日本は経済的に豊かでありながら、歴史と伝統、
ハイテクと新しい感性を併せ持ち、多彩な文化を育む
平和でクールな国というイメージが多いだろうね。


134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 10:03:37 ID:PCLhNioO0
>>127
●あるアメリカの子どもの幸福な休日
待ちに待った日曜日。今日は学校も休みだ。いつもより遅く起きた僕は、
まずソニー製のテレビのスイッチを入れる。毎週楽しみにしている日本のアニメを観るためだ。
それが終わると、マンガを読む。でも、今日はゆっくり読んでいられない。
パパとハロウィンの衣装を買いに行くのだ。パパ自慢のトヨタに乗り、ショッピングセンターへと向かう。
カーラジオからはイチローがまたヒットを打って新記録を作ったというニュース。いったい何度目の新記録?
買ってもらったのはポケモンの着ぐるみ。これで人気者間違いなしだ。
それにクリスマスに欲しい新しいニンテンドーのソフトもしっかりチェックしておいた。
でも、プリンセス・テンコーのフィギュアも欲しいんだけれど。ランチにおいしいスシを食べてから家に帰った。
僕はまたマンガの続きを読む。パパはトヨタを洗いだした。
これから、前から見たいと言っていた『ラスト・サムライ』を観るためにママと一緒に映画に行くらしい。
お兄ちゃんは、ホンダのバイクでガールフレンドの家にでも向かったようだ。
夕方にあるカラテの練習までデートでもするのだろう。
僕は思う。アメリカとはなんて豊かな、いい国だろうって。
僕はアメリカに生まれて本当に良かった。僕はアメリカを心から愛している。
そしてアメリカの文化を誇りに思っている。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 10:06:33 ID:PCLhNioO0
日本を占領している文化も多いが、アメリカを占領している文化も多い。

文化交流ってやつだな。


136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 10:45:19 ID:dh/lD21W0
>>121
> もし日本人の母国語が英語になり
> 日本人がその脳内においても文明化されると、
> 日本特有の同調圧力に裏付けられた
> 持ち前の昆虫のような常同性的勤勉さと相まって、
> 英米を脅かす存在に成長するかもしれないからだ。

既に十分なほど脅かされている。日本人の持ち前の勤勉さに。

戦争では予想を上回る損害を受け、
戦後は人類史上最大と言われる高度経済成長で出し抜かれ、
英米の米の方はともかく、英の方はとっくに追い越されている。

英も母国語を日本語にすれば、日本を脅かす存在に成長できるかもしれない(w)

・・・というか、
世界で広く利用されている表意文字そのものの利点を完全否定する論拠はおかしい。
表意文字は一文字で多くの意味や情報を伝えることができるが覚える文字が多い。
表音文字は音をそのまま表す単純な体系であるが綴りの学習も必要である。
字を沢山覚えるか?綴りを沢山覚えるか?という違いということもできる。

日本語の場合は、かな文字があり学習面でも効率的で実用的なものとなっている。
表意文字の良さと表音文字の良さを兼ね備えた文字体系であるといえる。

日本の子供はかな文字を覚えれば大抵のことはかな文字だけで書ける。
たどたどしい孫の手紙をもらった祖父母はメロメロになって喜ぶ。
ところが、このような現象は英語圏ではちょっと難しいようである。
英語圏の子供は話すことは十分できるのに綴りを覚える迄は難しい綴りの単語は書けない。
また書けないということは読めないのと同じことである。
漢字の学習が難しいからとアルファベットのような表音文字の利点を説く人は
綴りの学習の難しさも同様に考慮すべきである。
一方、日本の子供は漢字が読めなくても、漢字にふりがなが振ってあれば読める。
これは表意文字と表音文字を合わせ持つ日本語の文字体系の利点である。


137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 13:40:54 ID:khR478C90
日本が世界第二の経済力を身につけられたのは米国に軍事的に依存しているからなんだよね。
もし米国に負けずに占領もされなければ徴兵制が存在して軍事は自主的に依存する事になるから、
軍事力に縛られる事になって経済大国になる事なんてとてもじゃないが専念できない。
米国は日本に軍事基地を置いて軍事を自主的に行い、
しかも日本の防衛を担いながら日本以上のGDPを誇っているからどちらの方が上なのかは明らかだ。
日本が自主独立の道を辿れば今の経済力を維持するなんてとてもじゃないが不可能。
米国の経済力が異常すぎるのは完全に軍事を自主的に行い、
しかも他国の防衛まで担って置きながら軍事を米国に依存しているだけの日本より
高いGDPを持っているという点。

米国の経済力は馬鹿にできんよ。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 13:46:18 ID:khR478C90
日本の経済力の秘密は軍事に関することを殆ど放棄しているからに他ならない。
軍事を捨てているからこそ経済を獲得できているんだな。

でも米国は軍事を捨てていないし他国にも軍事基地を置いているのに
日本以上のGDPだからな。
日本は軍事を放棄して経済に専念しても世界第二位だが、
米国は軍事と経済を両立させている異常な超大国だからな。
中国やソ連ですら経済と軍事なんて両立させる事ができなかった。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 14:03:59 ID:gJN8Rw7O0
>>137-138
軍事はアメ公に任せて日本は【世界第二の経済大国】のパラダイス。

アメ公は世界のリーダーを気取って他所で喧嘩ばかり。

日本ばっかり美味し過ぎてアメ公に申し訳ない気分になるな。


140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 14:07:02 ID:8iV/LHWG0
せっかく世界第一位なのに軍事関係で世界中から嫌われてるんだよな。アメリカは。


141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 14:13:21 ID:Zr9IwE+v0
>>137-138
アメリカの経済力はすげーが、軍事力はむしろマイナスポインツだろ

そんな苦労を背負い込まなければならない世界第一位よりも
お気楽極楽な世界第二位のほうがよくね?

いくら経済力があっても世界中のいざこざに巻き込まれるのはご免だわ


142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 14:17:11 ID:Hmgdt9o00
「世界一位で戦争ばかり」より「戦争しないで世界二位」のほうが断然良いな。


143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 14:22:47 ID:0aWVblHr0
たしかに日本はアメリカの植民地であり、属国である。
金融戦争を仕掛けられ、拓殖銀行、山一證券倒産と完敗
の憂き目に遭ったのは記憶に新しい。
また61年間の教育破壊で、日本民族はシナ人や朝鮮人の
ように獣性民族に成り下がってしまった。
このままでは亡国の憂き目に遭うだろう。

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 14:59:23 ID:Y+596bnb0
争いの絶えない世界第一位より、お気楽ご気楽の世界第二位だよな、やっぱ

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 15:00:49 ID:+jApbQ8t0
デブ犯罪大国よりお気楽な平和国家のほうが良い

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 16:57:47 ID:DQp6SeRCO
日本が世界第ニ位の経済力から転落するの、
みんな分かってるのかな
あと数年で世界第三位転落なんだけど、
日本人が頑張っても、世界第4位迄転落するの確定みたいですが。
世界市場で競争力を失う事になれば日本経済直撃するのだけど

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 17:05:31 ID:DQp6SeRCO
日本に経済力があるから、
国内に餓死者がいても、日本に食糧を売ってくれる、
日本よりも、経済力のある国が食糧輸入国の場合
日本より高く買えるから、日本は困るネエ

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 17:07:48 ID:zdO/dnzD0
>>146-147
そういうのは日本が転落してから、思う存分ほざいてくださいね。



149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 17:13:30 ID:DQp6SeRCO
一例だが
中国がマグロが美味しいとブームみたい。
世界中のマグロを買う日本は、
マグロ市場で中国と争う事になる。
人口の1%が所得一億円を越える国だから
日本は争うの大変タネ

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 17:15:54 ID:DQp6SeRCO
>>148
金持には関係ないよ

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 17:18:35 ID:90WnzMdk0

age厨、ついに【妄想未来モード】に路線変更


152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 17:19:47 ID:DQp6SeRCO
>>148
はい。判りました。
ほざくのは、抜かれてからにします。
確かに、売れない記事だから報道全然しないしネ

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 17:21:27 ID:w+LgsNRD0
>>149
日本が【世界第二位の経済大国】であるのは現実に達成した結果。

中国のそれはまだ結果が出てない。

「くるぞーくるぞー手強いぞー」と云われ続けて
周囲をズッコケさせてきたのが近代中国の歴史。


154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 17:23:07 ID:kuDHSsDA0

真に脅威なのは反日中国ではなく親日中国。

中国が中共を打倒して日本やアメリカに歩み寄るようになったら日本は確実に追い越される。

が、それは日本にとっても歓迎すべき良いことでもある。

はやく中国がアジアの大親分になってくれたら良いのだが・・・。
それはまだまだ先のことだろうな。


とにかく中共をどうにかしないと中国はどうにもならんよ・・・。


155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 17:24:41 ID:ROs+VeZy0
中華は「これからすごいぞ!」と言われ続けてウン百年。
いつになったら爆発するのよ?って感じだね。

昨今の発展にしても問題の方が多過ぎてお話にならないよ。
中共が排除されて巨大過ぎる国土を分割してフットワークが軽くなったら
急速成長する可能性は高いと思うけど、現実には
貧富の差の拡大、人権侵害の問題、汚染問題、などなど問題が多過ぎ。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 17:29:24 ID:TNjgWis10
>>149
> 人口の1%が所得一億円を越える国だから

日本と中国・・・もうどっちが共産主義だかわからないね・・・。


157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 17:30:52 ID:QqORwCvl0

マルクスとケインズがあの世で論争。唯一結論が一致した話。
「自分の理想を体現した国はどこか」という問いで、2人とも「日本」と答えた。


158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 17:37:24 ID:nepFm5xZ0
中国はまず人権問題をなんとかしなきゃダメだろ。
あと言論の自由もなんとかしなきゃダメ。
あと環境問題もなんとかしなきゃダメ。
あと貧富の差もなんとかしなきゃダメ。
あと北チョソの扱いとか、法ロンコーの臓器売買とか
チベット人射殺シーンを海外で報道されちゃった問題とか…




…ダメだ、問題大杉。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 17:43:22 ID:DQp6SeRCO
>>156
そう、日本のほうが遥かに平等な国なんだよ
中国の1%は1200万人も要るんだよ
国内に餓死者がいてもお構い無し
こいつらが問題

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 17:46:19 ID:CXkLFo4t0
「中華、侮り難し!」と昔からさんざん期待されながらも、あの体たらく

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 17:52:03 ID:q63uoDQY0
歴史的に考えても、民族の心情的にも、
アメリカより中華の植民地に属したいところではあるが、
中国共産党を打倒してくれないと中華の発展なんて無理無理

あの国は一皮向いて親日親米になったらまともな国になると思う
発展の前に中華思想と共産主義を捨てる荒療治が必要

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 11:54:14 ID:HLTYTEIX0
まあ〜
米国のGoldman Sacksなんか
2041年に中国はGDP28兆ドル超となり米国を抜く
なんて得意の国内危機を煽るBRICs統計出してるんだから、
「Global Economics Paper」
アメリカが中国たたくんじゃネェ。

でも、たしかにその統計資料に日本はDGPで
2016年に中国、2032年にインドに抜かれる表になってる。
2050年にロシア、ブラジルも5兆ドル前後で日本とほぼ同等だネェ。
労働人口の減少する日本は、5兆ドル前後で2050年迄推移している。

そ〜
中国やインドは人口多いので、
一人あたりのGDPは、日本の10/1以下で良いから
あながち妄想とは言い切れない可能性はあるが、
日本はアメリカの保護国だから、中国やインドは叩いてくれるんじゃネェ
たとえ、日本が抜かれたところで、所詮平均の所得は日本の10/1だろ。

それより油田開発でとても景気の良いロシア(まだサハリン2は未操業)や
ブラジルのエタノール生産量増大(国策として今後も増産)
ロシア、ブラジルの方が問題だよ。







163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 12:04:20 ID:C5eVVwLiO
中共が崩壊したら、民衆と軍が暴発して第三次世界大戦勃発だろ。
中国大陸・朝鮮半島・日本列島は焼け野原。儲けるは欧米の金融財閥のみ。
中共崩壊を願ってる奴はなんなんだ。ワシントンのネット工作員か?

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 13:01:54 ID:XshduuPC0

中共を打倒しない限り中国の未来は無いだろ


165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 13:09:47 ID:f3Aaqe1q0
「中華はこれからすごいよ」

というのは昔から言われてきたことだし

これからも言われつづけるだろう


166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 13:16:52 ID:hQ5hUehr0
>>163
悪の崩壊は誰もが望んでることだ。
当の中国人も中共の崩壊を望んでいる人は多いだろうな。

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 16:27:38 ID:9dpXMuRo0
中共打倒はアジアの悲願

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 19:41:36 ID:KUqkUWMC0
>>1そんなことないよ

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 18:13:44 ID:RhTzDEqh0
アメリカが日本の植民地だろ?

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 13:35:01 ID:D48hBs/M0
貧乏人とか犯罪者が多いからアメリカはイラネ。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 11:20:58 ID:xUeJ/FhE0

つーか、アメリカはイスラエルの植民地だろ?


172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 12:04:15 ID:+wQOq2dT0
アメはユダヤ王国

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 11:46:24 ID:r82bv+WG0
アメリカって誰のもの?アメリカ人とはそもそもなんぞや?ってことになるだろうな、きっと。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 22:45:38 ID:1sNQKKS10
デブのデブによるデブのためのデブパラダイス、それがデブリカ合衆国

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 09:46:56 ID:TxCG6WEI0
アメリカみたいな植民地は要らないなあ

貧乏人や犯罪者が多いし、何より糞デヴが多過ぎるのが嫌だ

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 16:41:14 ID:3YXb2Ot4O
ギブミーチョコレート

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 17:52:20 ID:y2HcCP0G0
>>1
それ言ったら、ASEANなんて日本の植民地でしょ

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 18:52:16 ID:qJJHCzsk0
軍事は外人傭兵部隊にお任せしてずっと安隠と暮らしていたい…

アメ公リーダー!

アメ公カッコイイ!

アメ公ヒーロー!

よっ!大統領!


179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 13:44:43 ID:ucZM1mvu0
アメリカは石油強盗犯という現実

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 18:27:02 ID:zTNtRIVk0
そもそも国の成り立ちからして強盗という現実

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 00:04:11 ID:MctCRQCoO
植民地でいいんだよ

今こうして国民が平和に暮らしてるんだから

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 22:04:50 ID:Ec4Gh2GB0
そもそもアメリカ自体が誰のもんだかわからないような国だからな…。

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 00:08:43 ID:cHE6P6Pe0


「ICチップ搭載パスポート」は現実のものとなりました。
アメリカ合衆国万歳!!  ユダヤ万歳!!



<外務省 平成18年3月20日からIC旅券(パスポート)の申請受付を開始します>
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/ic_kaishi.html



726 :名無しさん@七周年:2006/12/15(金) 09:03:50 ID:KDMJRInc0
年次改革要望書で一番怖いと思ったのは
所持者の国籍・生年月日等のほか指紋や顔のデジタル画像情報、通信用アンテナを格納したICチップを
日本のパスポートに搭載しろと要求したことだ。
この個人情報と生体情報がアメリカの国務省等のコンピューターに保存され
IC旅券を持っていればGPSで行動を追跡される。
アメリカには、この個人情報を売る会社もあるってことだ(チョイスポイント社事件)。







184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 11:29:13 ID:1HuGo6Vj0
ユダヤのデブ王国

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 22:48:05 ID:j/ui8uaq0
デブ先進国

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 11:06:33 ID:Vn+3eaPd0
デブリカ合衆国

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 20:31:18 ID:zYLYD6YL0
ハッピー・ニュー・デブイヤー

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 14:29:15 ID:m9/sn6s10
デブ王国

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 09:10:51 ID:azTeWvBJ0
ユダヤ・デブ王国

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 19:26:16 ID:papRPS5M0
ユダヤのデブ民地

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/11(木) 10:37:41 ID:DyZ/QJvV0
ユダヤ人の食ミンチ

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 05:10:55 ID:XWjmcBiS0
アメリカは元植民地

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 14:07:08 ID:sW3M0emEO
アメリカ兵逞しいよね
日本の青年はひ弱できんもー

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 15:05:41 ID:DSFUmwfn0
毛深い白ブタのデブ野郎でダサダサなアラバマ男はキモイし臭い。

デブ王国はそんなグズデブばっかでキモイ。

70 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)