2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

なぜ日本は未熟な子供の国なのか

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 01:00:04 ID:/K0pKBie0
いつになったら成熟した大人の国になるのか

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 01:10:29 ID:t3L/sARC0
日本人の顔自体が、多民族より子供じみてるからな。
ゆえに、年輪を重ねるということを評価しない社会になっている。
「若いうちが花」という意識が強すぎる。その根源は外見のせい。
実際、日本人は歳をとると醜いオッサン・オバハンになる事が多い。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 05:18:21 ID:cHW3kcLp0
成熟って?

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 13:52:46 ID:ghf7uba4O
3
まあ、欧米や露・中のようなしたたかさかと
政治家・官僚のレベルが違いすぎるし
民間も外資に対応しきれてないしね
アメリカが自由の国とかフランスは民度が高いとかのイメージを(実際は“?”だけど)抱きすぎている
世界はそんなに甘くないしね(ヨーロッパは昔から戦争が日常茶飯事だったし)

5 :狼と羊:2006/05/23(火) 18:58:51 ID:TSgkRE5D0
よいこちゃん教育、みんなで一緒教育、そんでテレビ見りゃ
レベルの低いバカがぎょうさんでてんだろ?生きてて問題意識
なんか持つこともないバカが増える そのバカを企業がうまいこと
バカのままで働かせ、役人もそのバカな愚民から税金まきあげる
なぜってえとバカだから 未熟でバカなままの人間が多いほうが
支配し管理しやすいって考える奴がおるから、まあそう考えてる奴の
思うままの社会になってるわけやけどね 

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 23:15:04 ID:NFh3RPgf0
>>5
正解だと思います。
あと権力が有る人間は賢い人間を大勢のバカを使って
上手い事、排除するしね

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/24(水) 02:04:50 ID:iHKOv2/k0
>>5
徹底的に痛めつけられたことがないからだろ。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/24(水) 15:27:35 ID:Fa5c+IXl0
なんかここもサヨっぽいねー

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/27(土) 04:45:29 ID:mbKDYo7a0
日教組が南無九条南無九条と唱え続けていれば平和になると教えているから

10 :ホント70年前からオツムの進歩しない馬鹿が多いよなw:2006/05/27(土) 06:46:46 ID:4gpl0PZe0
山本五十六(三国同盟が締結された後の昭和十五年秋・嶋田繁太郎宛書簡 より)
 「日独伊軍事同盟前後の事情、其の後の物動計画の実情等を見ると、現政府のやり方は
 すべて前後 不順なり、今更米国の経済圧迫に驚き、憤慨し困難するなどは、
 小学生が刹那主義にてうかうかと行動するにも似たり」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/27(土) 23:35:38 ID:gQmJn1FS0
日本人はみんな子供みたいだよ

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/27(土) 23:45:52 ID:RRSULmGB0
これも中国人か韓国人の国粋主義者が立てたスレッドだな

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/28(日) 06:48:35 ID:mhxBxKdW0
>>10
ネットウヨはなぜかハルノートから話を始めるからなw

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/01(木) 20:44:27 ID:shi2O+jR0
ネットサヨ乙

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/01(木) 20:50:10 ID:sLs7aot00
クソスレあげんな           

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/01(木) 21:56:03 ID:aUyDFIkE0
マスコミ、政治家(野党)ヤクザ、右翼、サラ金等が在日に牛耳られているから。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 12:01:20 ID:Gmf7JQ+y0
testです。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 14:38:44 ID:0TzOYfOh0
辻正信を戦後に議員にする国民だからなw

19 : :2006/06/02(金) 18:09:17 ID:58mQug1kO
成熟した大人の国を10ヶ国ほど挙げて下さい。その理由もね

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 19:56:56 ID:lmazeHlfO
冷戦バブルで培われた贅沢癖と虚栄心をもって
冷戦バブル崩壊後に露呈した日本の真の姿を見てるから、
なんかうだつがあがらないように見えるだけ。

アメリカが意図的に漏らした富が貯まりに貯まってるから、
東アジア諸国の真の実力というものはどうも分かりにくい。

21 :テスト#:2006/06/02(金) 21:19:26 ID:zxgumOaXO
がんがれ!!

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 22:34:51 ID:LkQmqq0U0
マッカーサーが言ったとおり日本は12歳の子供

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 23:33:20 ID:PMXiAQAm0
それから60年経った今は何歳くらいになったんだろうね

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 03:27:03 ID:wog9ho6J0
>>23
60年前どころか、日比谷焼き討ちの頃と較べても、
精神的には+3〜4歳、といった程度かも・・・


25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 14:28:16 ID:R3cx5FtB0
>>23
社会人一年生ってところかな

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 19:26:22 ID:I8/Rswu+O
アメリカや韓国と比べて犯罪率が極めて低い日本が幼稚とは思えない。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 19:30:36 ID:yKDBvuxUO
戦前の日本では、中国人や朝鮮人を殺戮したいという願望が
社会でおおっぴらに展開されていたが、
現在では匿名掲示板上の書き込みくらいでしか目にしない。
書き込んでいるネットウヨクの本人としても、
その意見が今や市民権をもたないという自覚くらいはあるのだろう。
その意味においては日本人の民度は
戦前から大きく成長したといってよい。

もっともこれはアメリカによる教育が功を奏した結果であるが、
アメリカのパターナリズムは同時に
日本人に自らの頭で物事を考えることを
放棄させることにもなったので、
今後の成長には自ずと限界があるのではないか。

アメリカに見放されて以降の日本のここ15年の迷走ぶりが
その事実を如実に示しているように思う。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 19:44:22 ID:I8/Rswu+O
戦前の日本に関する朝鮮人の嘘が全く通用しなくなった分だけは確かに成長してるようだな。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/05(月) 02:19:33 ID:ZMo4qjP90
                  神が天地を創造された時のこと―
      △_△. ♀
    ( ´▼`).‖   日本という国を作ろう。
    /~~゚|〜|゚~| つ    そこには世界一素晴らしい風景と、
  /  ノ  ヽヽ‖   世界一素晴らしい食べ物と
 ヽ〜'   .|  |.ゝ‖
     (__)_)..‖


      △_△. ♀
    ( ´▼`).‖   ・・・世界一素晴らしい気候を作り、
   /~~゚|〜|゚~| つ    そこに世界一勤勉で礼儀正しい
  /  ノ  ヽヽ‖   人間を住まわせよう
 ヽ〜'   .|  |.ゝ‖
    (__)_)..‖


      △_△. ♀                      ⊂⊃  / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)
    ( ´▼`).‖       父よ。            ∧ ∧/ / ̄\\\\ ̄ ̄) ̄ ̄
   /~~゚|〜|゚~| つ       それでは日本だけが   (゚▼゚ ) // ̄\\\\) ̄
  /  ノ  ヽヽ‖       恵まれすぎています。  ⊂ ⊂) ̄\\\)\)
 ヽ〜'   .|  |.ゝ‖                      |  | \)\)
    (__)_)..‖                      |∧ V))\)
                                 ∪ ∪


       △_△. ♀                     ⊂⊃  / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)
    ( ´▼`).‖   我が子よ、案ずるな。      ∧ ∧/ / ̄\\\\ ̄ ̄) ̄ ̄
    /~~゚|〜|゚~| つ                     (゚▼゚ ) // ̄\\\\) ̄
  /  ノ  ヽヽ‖                    ⊂ ⊂) ̄\\\)\)
 ヽ〜'   .|  |.ゝ‖                     |  | \)\)
    (__)_)..‖                     |∧ V))\)
                                ∪ ∪


      △_△. ♀                                  
    ( ´▼`).‖ 隣に韓国を作っておいた。
    /~~゚|〜|゚~| つ                               
  /  ノ  ヽヽ‖                         
 ヽ〜'   .|  |.ゝ‖                        
    (__)_)..‖ 


30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 22:59:03 ID:Pg/wAH8G0
我々日本人は、自らと自らの国に、もっと自信と誇りを持つべきである。
我が国の歴史に恥じるべきところなんてない。とくに明治維新から現代に
至るまでの現代史は誇りを持ってしかるべきである。欧米列強に屈すること
なく独立を維持しただけではなく、欧米列強に追い着き追い越した。
こんな国は世界にない。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 21:59:22 ID:sWganz6U0
>>5 >>6
お前らみたいのは「排除」されないから大丈夫だよ

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 09:00:28 ID:2DqnxYjK0
>>26
いろんな要素があるからね
政治的な判断能力とか倫理とか、社会性とか

それを提示せずに、つうか理解できずに大人だの子供だの言っている>>1が一番幼稚だと思う
いや、白痴か

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 01:44:54 ID:w75NymnJ0
ニダー

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 15:57:17 ID:6xjWSOQX0
中国を見習って大人の国になるべき

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 18:04:33 ID:lV3EjkWBO
>>30
河合塾の竹内だろ?

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 19:03:16 ID:1LZzwcgr0
不法でない在日中国人の犯罪率はきわめて低いらしいね

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 19:03:24 ID:XZ3RFIUQ0
>>22
バターン攻略作戦で、日本軍に恐れをなして、ろくに戦闘もせず、沢山の部下を見捨てて逃げ出したマッカーサーに
だけは言われたくない科白だな。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 19:32:17 ID:1LZzwcgr0
イラク人質の家族や拉致被害者の人を叩く大衆の、
その批判する理由が「首相に対して偉そうだ」という。
結局、御上に国民ごときが偉そうにするな、
というアジア封建主義から抜けきれてない。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 01:09:48 ID:p/hOOB+X0
>>38
首相に対してと言うより、日本人全体に対して偉そうだって感覚ではないかな?
理屈ではなくて厨房的な感覚による反発だよ。日本人の精神年齢は12歳だな。
日本民族(´・ω・)カワイソス

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 16:07:31 ID:E3nkLeKs0

教科書採択の点数票がネットで出回っているが、読んでみると確かに
民衆運動に焦点が当てられてマルクス主義的なものは強い。
だけど、それらは人類の誇りでもある。
絶対王政を倒して得た国民主権や、帝国主義に抵抗した民族運動は、現代の価値にもなっている。

ところが日本というものは中途半端だ。
日本が植民地になったこともないし、欧米の帝国主義に抵抗したといえど
自分自身も帝国主義である。おまけに植民地も持っていたのだ。
民主主義なんかもアメリカが与えたもの。

東南アジアなら誇りたかく帝国主義を追い出した!というだろうし、
欧米なら民主主義の理念で勝利した!と超え高く叫ぶことができる。

日本なんかは欧米帝国主義を倒した!と叫んでも、
おめーも帝国主義だったろと言われてしまうのである。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 20:38:24 ID:plvBmGvLO
>民主主義はアメリカが与えたもの
小泉史観ですか。
>>38>>39
あれは、自然発生的なものというより、マスコミ、ネットをつうじての印象操作の結果だな。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 21:05:35 ID:LGahytB3O
>>40
そのように不必要に声高に叫ぶ不自然なものがないことこそ
日本の誇り。

遠い国の始まりからこの島国に
地に足をつけてきた歴史を継承していることこそが日本の誇り。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 21:13:06 ID:LGahytB3O
倒すべき絶対王政もなければ
追い出すべき帝国主義の支配者に占領させなかった
ことが日本の誇り。
決して派手ではないが自然な味わいのある
日本的なわびさびのある平和な歴史
それが日本の良さだろう。
やれ「○○主義だ!」「打倒○○主義だ!」
と騒がしいのが好きな感性は中国、朝鮮的嗜好にかぶれているのだろう。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 15:22:52 ID:QTS45wb40
いつまでも内政干渉が通じると思っている隣のお子様二国に比べれば、
日本はずっとマシではあるな。
だが日本が子供のような国であるとは確かに悲しいがそのとおりかもしれぬ。
対二国しかり、対米国しかり、
政府の外交そのものだけならず、国民の意識からして育っていない。
情報丸呑み、根拠なし欧米憧憬、ひとことでいれば疑う力が足りない。
またすべてにおいて、平和主義ならぬ事なかれ主義が裏目に出ている。
遺憾だ。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 15:29:38 ID:3Px41/d50
制定される法律の9割は役人が作る。国の全ての審議会も役人が仕切る。
国会審議も役人が与野党用の作文を作る。産業界も役人が指導する。
あれもこれもなんでも役人が国民の面倒を見る。まるで“親子”関係。
こんなに役人が政治を独占するような国で国民が自己決定権を行使できる
わけがないよ。日本の温情主義と国民性と閉塞感は全部密接な関係がある。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 15:35:16 ID:qHU+4ITb0
千年以上お互いに争い続けてきた西洋から見れば、そこそこ安定してた東洋が幼く見えるのも仕方がない。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 16:05:36 ID:QTS45wb40
>>46
その点については首をひねるが・・
戦さによって工業を発達させた等の、二次面に関して言っているなら分かるが、
戦さをしてきたか否かそれ自体は、国の未熟度をいう場合には関係ないだろう。戦さをせずに発展するならば、それにこしたことはない、そういう国を尊敬すべき。
残念だがそんな歴史は無いに等しいがな・・

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 13:52:09 ID:QIJdJymB0
日本人は糞民族だからじゃないのかな?

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 14:13:50 ID:s41jo4Z+0
日本が未熟だと言うのなら中国や韓国、北朝鮮は
もっと凄い後進国なんだけどな。
自由選挙なんて存在しないし先進国ですらない。


50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 15:20:55 ID:xddDBMJHO
直接・間接に国民に選ばれた日本の政治家よりも、
民意とは無関係に勝手に権力を掌握している中共の上層部のほうが
はるかにキレ者な件について。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 18:04:11 ID:PQtnvlSN0
あー、でも日本も150年くらい前はそんなもんだったよ。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 18:08:38 ID:/pQz1qI00
太平が続くと、政治能力が落ちるものだと思います。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 18:46:41 ID:QIJdJymB0
>>50
それは単純に中国人の方が日本人よりも優秀ってだけのことだよ。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 18:58:59 ID:/pQz1qI00
>>53
単に社会の違いだと思うがね。
日本の政治家が失策をすれば、悪くてクビぐらいだけど、中共の場合は失策=死刑だからね。
そりゃ、優秀な人間が集まるさ。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 00:31:55 ID:vxqi05800
中韓と同様に的外れなアメリカ批判から卒業できないから

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 01:39:22 ID:m0rZI18r0
日本に定住する朝鮮人がこの神州に土足で踏み込んで来た時期は大きく分けて二つある。
一つは日韓併合の後の時期、両班に差別された白丁達が、
両班の搾取に耐えられなくなり、近代的で清潔な日本に移り住んで来た。
もう一つは第二次大戦後、済州島に住んでいた白丁達が
韓国政府と韓国軍の弾圧と虐殺から逃れ日本に密入国してきた。
いずれにしても結論として言えることは
@日本に定住する朝鮮人は白丁の子孫である。
A日本に定住する朝鮮人は自ら日本に来たのであって強制連行などは存在しない。
ついでに通称「従軍慰安婦」と呼ばれた朝鮮人売春婦は自らの意思か、
又は朝鮮人の親が朝鮮人の女衒に売り渡したために売春婦となっただけである。
犯罪性向の強い寄生虫、在日韓国朝鮮人!  中国、韓国、北朝鮮!
そしてキャツラと同根の日教組! 民主党!共産党!社民党!公明党!加藤紘一など一部の自民党!
糞サヨ知識人ども! 売国マスコミ 朝日!毎日よ!
嘘、歴史の歪曲、捏造を即刻中止し日本国及び日本人全員に土下座、謝罪せよ!!!!!!
http://www25.tok2.com/home2/ghfsaydefsy/1/




57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 02:53:33 ID:IoIBJpiM0
日本人でも普通は自分達を特別だと思ったりしないのだろう。
ただ、一部の、国籍にアイデンティティを求めざるを得ないような
日本人が、まわりより声を大にして主張をしているだけ。
文字どおり主張して吠えているだけで犬にでも出来ることだが、
幼子のように泣きわめき、あたりらす不肖の弟の没落する姿に
韓国人は心を痛めている。
なんとみじめで悲惨でおちぶれた国になったことか。
要は韓国の躍進に対し地の果てまで落ちてゆく斜陽国家日本に
すがりつく連中が優秀な朝鮮人に嫉妬するということだろう。
しかし我々は日本の幼児のような精神を許容してやらねばならない。
貧困の中で礼節を忘れるのは獣同様だが、本能に忠実なのは
50年前と変わらない。しかたないのだ。
日本は南米のように墜落するが、兄として過去の弟の悪行を
許して助けても良い。
まずは許しを超え。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 04:35:01 ID:CSTnEztU0
正解の有る事柄でもはっきりと筋を通さず、間違っていても折り合いを付ける事を重視する
ってのも成長しない一因でないかと

59 ::日本@名無史さん :2007/01/07(日) 05:46:22 ID:ghfcS9C80
何が中国が大人の国だよw笑わせんな。中国なんて近代国家じゃねえんだよ。
3千年前と何も変ってない中国は原始的なだけ。
それに気付けない国民が幼稚で野蛮。後進国の条件は独裁国家であること。
先進国の条件は民主国家であること。国家の成熟度はいかに国民が好き勝手を
言えるかということにある。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 11:47:20 ID:VL7QBHFi0
先進国の定義が不明だから述べておくけど。

共産党独裁でも先進的ということは成立する。
ソ連なんて軌道上に単独で宇宙ステーションを持っていたんだからな。
宇宙開発の分野に置いては、米国を凌駕していた時期があるし。

61 ::日本@名無史さん :2007/01/08(月) 07:16:12 ID:E2GMUz4C0
それでもいいのw
どうせ厳密な定義なんてあってないようなもんだからw
要は俺個人がどういう国を先進国と認めたいのかということ
しか意味無いと思ってるから。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 02:49:40 ID:eg33xWyu0
16世紀後半の日本は、非西欧圏で唯一、鉄砲の大量使用国となった。
にも拘らず江戸時代を通じて日本人は鉄砲を捨てて刀剣の世界に舞い戻った。
武器の歴史において起るべからざることが起ったのである。
同時代の西欧では鉄砲の使用・拡大によって戦争に明け暮れていたことを考えると、
この日本の〈奇跡〉が示唆するところは大きい。
−引用終り

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 21:48:27 ID:Ua+b2Xsu0
なぜ日本は未熟な子供の国なのか・・・
それは歴史的な背景があると思う。
中国や欧州の人間は常に他民族、又は他国と戦ってきた。
しかし日本のようなある程度大陸から離れている国は
元寇等の異例を除けば他民族の脅威が無かった。
つまり日本民族は箱庭で育った世間知らずのおぼっちゃんだからである。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 11:46:28 ID:EEQ2LIco0
坊やだからさ

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 13:12:02 ID:frTULj8O0
未熟な国が世界第2位の経済大国
不思議やな

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 16:03:02 ID:+WxX35l9O
http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea.html

↑見て勉強してこい

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 23:02:10 ID:PPOv30Tl0
>>63
大抵の国って平和な時代に成熟した文化を生み出してるんだけど・・・
文化史やった?

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 23:14:27 ID:GfKTbqDR0
>>67
俺は文化ではなく精神の事をいっているのだ。
日本民族は誕生以来
世界の荒波を知らずに育ってきた世間知らずのおぼっちゃん。
それが現在の日本人にも受け継がれている。
例えば外国から見れば
日本人観光客は疑う事を知らないから良いカモにされる。
日本政府までもが自分達が誠意を見せれば相手も応えてくれると
思っている節があるから周りの国家からいいように扱われる。
子供みたいに人を疑う事を知らずとんでもないお人好しなんだよな。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/11(木) 00:07:02 ID:AxOM6Hb50
民族の統一性が高く、狭い国土においては、
和を尊ぶお人好しの方が効率が良い。

かつての日本人は、お人好しを極めた高い精神性が鋭い牙となったが
現代日本人のそれは単に腐敗したお花畑思想にすぎない。
責任を持たないお人好しだから、未熟になる。

>>65
世界第二位になるほど繁栄したから
未熟になってしまったんだろ。


70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/11(木) 03:15:54 ID:nEcGEckdO
>>69
自分が何言ってんのか分かってなくて
手当たり次第にそれっぽい言葉を並べたててるだけだろ。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/11(木) 04:53:08 ID:ZTZ7bmz70
明治維新から2次大戦の敗戦、そして戦後から現在に至るまで近代国家や民主
主義を自らの手で勝ち取った事は無く、所与の物として扱って来てるから。
良かれ悪しかれ、近代国家の成立に関して大多数の日本人は自らの手を汚して
おらず、何かを自らの手で得てもいない。
必ずしもそういった経験が必要とは思わないがそういった意識は持っている側
と持っていない側の差だと思う。

だから国家として未成熟。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/11(木) 07:49:30 ID:04hf3AG40
人類史上最大と言われる経済成長は
日本人の技術や勤勉さによるところが大きい
というのは世界中の人々が認めるところだ

急速な近代化を遂げた明治維新にしろ
戦後の経済成長にしろ、日本人が成し遂げたのは事実

今の日本人が幼稚なのは、行き過ぎた個人主義の弊害だ
誰も社会における責任を持たずに生きてるから幼稚になる

どうでもいい個性を尊重する個人主義が慢延したから
女子供ばかりの腐敗した社会になった


73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/11(木) 10:42:02 ID:DyZ/QJvV0
堕落したローマ市民みたいなもんだ。現代の日本人は。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/11(木) 18:05:02 ID:30KlOBoD0
>>72
個人主義とは常に責任が付きまとう物。
自分で責任を取らないのは個人主義とは言わない。
我が儘、自分勝手、横暴・・・
様々な言い方があるがそういった類の物である。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/11(木) 18:36:38 ID:nEcGEckdO
あぶく銭でウハウハだった7,80年代に比べたら、
これでも民度は十分に向上したほうだろ。
一昔前は海外旅行先での日本人の評判は散々なものだったし、
ガキどもも強姦だの放火だのの凶悪犯罪を犯しまくりだった。
今現在駅員に暴行をふるったり車窓からゴミを投げ捨ててたりするのは、
大概が当時を支えた壮年世代の連中だよ。
「子供たちに、万引きは犯罪だと私たちオトナが厳しく躾てやりましょう!」
みたいなポスターが貼ってある小売店で万引き一斉摘発をしてみたところ、
とっ捕まったのはことごとくジジイ&ババアなんて話はザラ。
昔の日本人は良かったけど今の日本人は駄目、みたいな
ステレオタイプ(というか願望)は、一体どこから発生したんだろう。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/11(木) 18:44:22 ID:McQt77hd0
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/edu/1161867630/201-300
韓国はなぜ反日か

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/11(木) 18:59:17 ID:iDV5GPb20

アメリカ人は、ある意味世界一幼稚。
単独主義=我侭で、すぐに軍事力=腕力に頼る。
アメリカ人はケーブルテレビで自分の興味のある番組しか見ないため、白雉番組ばかりを見て、ニュースを見ないため、国際情勢に疎い。
最近の若い連中は、フォークとナイフの使い方すら知らないと上の世代が嘆いている。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/11(木) 19:24:21 ID:0byo/UN00
>>77
かつて軍部独走を抑制できず
今は外国人も驚くほど低俗なバラエティがはびこり
朝食の主流がパン食にとって代わられる

こんな日本人は成熟民族か?


79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/12(金) 00:02:39 ID:fPMBiglz0
>>75
そういう荒らくれかたは行儀は悪いが幼稚な未熟さとも違う
過酷な環境を生き抜く狡猾さだ
貧しさを知る人が持つ厳しい狡猾さだ

昔の人は死を覚悟して戦った
辱めを受けるぐらいなら死を選んだ
父親は強く、国=社会=家族のために死ぬことを恐れるなと子に教えた

今の行儀のいいお利口で幼稚な日本人に足りないのは覚悟と厳しさだ
命をかけても家族や社会を守る気概が無いから
女子供中心のぬるま湯社会になる

責任を伴わない自分勝手な個人主義のなれの果てだ


80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/12(金) 02:18:01 ID:xmhij6eaO
とくに関東人に多い気がする。
皆が皆じゃないけどさ。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/12(金) 02:53:23 ID:3CfhJuLW0
>>79
>>責任を伴わない自分勝手な個人主義のなれの果てだ
責任を伴わない行動は個人主義とは言わない。
ただの我が儘、自分勝手、横暴だ。
個人主義とそれを履き違えてはいけない。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/12(金) 07:41:25 ID:Zuc9vRg50
個人主義を履き違えてるのが今の日本人

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/12(金) 09:49:42 ID:y4nxuEXD0
子供のくだらない個性を尊重するような腐った社会だから
幼稚で未熟な国になる。

ズボンズリ下げたりスカートあげてパンツ見せて歩いたり、
先生にビンタされたら反撃してもみ合いになったり、
親の言うことに逆らったりするのが個性だと思ってる馬鹿な子供達。
馬鹿な子供達を甘やかす腐敗した社会。

平和で豊かな日本は、反戦フォークソングを歌い始めた頃から
幼稚な未熟さが蔓延する国になった。

個人主義を履き違えた自分勝手で我侭し放題の幼稚な馬鹿が蔓延する国になった。


84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/12(金) 10:58:15 ID:mWGkmHhL0
>>83
ニュースとかでよく出ているけど、そんな奴周りに一人もイねー。
なんかニュースとかは極一部の行為を、大げさに騒ぎ立てているだけなのではないかと思う。

まあ、個人的な感想だけど。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/12(金) 11:22:03 ID:3LG5OyL10
ろくでもないガキばっか

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/12(金) 13:30:43 ID:vGXyR6Nl0
>>79
>そういう荒らくれかたは行儀は悪いが幼稚な未熟さとも違う
>過酷な環境を生き抜く狡猾さだ

>今の行儀のいいお利口で幼稚な日本人に足りないのは覚悟と厳しさだ
>責任を伴わない自分勝手な個人主義のなれの果てだ

貧しいと狡猾
豊かだと勝手な個人主義
どうすれば満足?


87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/12(金) 13:46:30 ID:Y6psaKqn0
個人主義と利己主義の区別もつかない低脳猿
自分の権利は自分で護るという気概もない
国防はアメリカ任せ
大和民族は民族的にまとまると恐ろしいから外国に睨まれるんじゃないか


88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 12:21:00 ID:aBqHi1vI0
昭和天皇が絞首刑にならなかったから甘えた国民に成り下がった。
これが最大の原因。間違いない。
昭和天皇の首がとんでりゃ、その結果またきちんとした天皇制がよみがえってたろう。
気骨のある国民も次々出てきただろう。

敗戦天皇のことをあいまいにしたから、あいまいな、なーなーで通じるという甘えが無意識の底にはびこることになった。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 12:27:55 ID:6v+4/elO0
>>88
自分で書いていて論理破綻というか、説得力皆無なのを理解しろ。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 16:38:10 ID:b+9OI6hR0
>88
俺はあなたの説に感動した! 
まさにそうかもしれないな。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 16:52:10 ID:WkkfaEFC0
>>88
俺もそう思う。
昭和天皇はアメリカに魂を売った。
皇位を譲って自死すべきだった。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 17:04:57 ID:zGl45PMB0
アメリカに敗れた国家は繁栄する

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 17:14:08 ID:YUlnVx420
戦犯で「裁かれた」奴らも最悪だね。特にA級で「裁かれた」奴ら。
あいつら、アメリカ側のルールにのっかたわけだしな。
最後まで自分らのルールを貫かなかったあいつらは、国賊。
むこうのルールに従ったあいつらも天皇に次いで皇国の恥だ。

法廷で我々は有罪だと言い放てばよかった。
最初は反抗していた人もいるが、最終的に「無罪」を主張するという向こうのルールに説得された時点で、奴らは向こうに魂を売った。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 17:44:08 ID:RucGnvkr0
自分達がいちばんエライ、思い通りにならないと一億総玉砕、
ビンタ、イジメ、リンチは日常茶飯事。
大戦末期の軍は文科系が紛れ込んでしまった体育会
まさに中学校

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 20:13:46 ID:w7f6vhVEO
まるで昔は熟していたかのような前提で話が進んでるな。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 23:41:30 ID:W4X81ONW0
一億総玉砕とか煽ってたのって朝日だっけ?

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 01:03:41 ID:4pZPXmHG0
自分達がいちばんエライ、思い通りにならないと一億総玉砕?
ここ学問板だよな?
開戦理由すら知らない阿呆が居るとは思わなかった。

虐めなどが日常茶飯事?
そりゃ、少し前まで学生だった身分で軍隊に入ったら、軍隊では挨拶のようなことでも虐めに思え
るわな。
ためしに自衛隊とは言わないから、消防隊などの体験に参加してみたら理解できるぞ。

98 :鋭いね:2007/01/14(日) 01:23:33 ID:2dQk7yIx0

昭和十九年十二月二日(土)

  日本人が良心的でないのは、どこに原因があるのだろうか。考えていることと、まるで反対のことを
 言うのである。丸山国雄君の「ペリー侵略史」もそうであり、伊藤道夫君の米人鬼畜呼ばわりもそうで
 ある。また、海老名一雄君がラジオや講演会での米人残虐説の宣伝もそうだ。僕の周囲でこれを
 やらないものは、殆んどない。僕などが沈黙を守っている唯一の存在だ。
  これは国家を最大絶対の存在と考え、その国策の線に沿うことが義務だという考え方、それと共に
 そうするほうが利益だという利益主義からであろう。外国ではそうした立場をとらない人々が少なくない。
 そのアティテュードをつくることが、今後の教育の義務だ。

                      (清沢洌 『暗黒日記』)

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 02:17:47 ID:tdgoth8YO
アメリカと日本は捏造王国

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 03:16:15 ID:ELpgiz2t0
社会の為に死ぬ覚悟があるというのは幼稚ではない

愚かしいとしても幼稚ではない

幼稚では死を覚悟できない


今の日本人はお利口だが、覚悟が無い

だから幼稚になる


101 :ここまで幼稚化しちゃうと救いようがないよねw:2007/01/14(日) 15:16:52 ID:TcwEUGAZ0
清沢洌 『暗黒日記』より

昭和十八年二月十日(水)
  奥村情報局長は、日本の対外宣伝が非常に旨くいっていると言う。この人々は対手の心理を知らぬ
 自己満足が、すなわち対手の満足だと考えている。彼らは永遠に覚ることはあるまい。

昭和十八年七月七日(水)
  この朝また例によって、満州国、汪精衛、比島のバルガスその他の要人をして、日本の政策を賛美
 せしめて放送した。かかる小児病的自己満足をやっている以上は、世界の笑いものになるだけである。

昭和十八年七月十二日(月)
  鶴見祐輔君の話 ―― 先ごろ或る会で、元民政党の有力政治家が、鶴見君のところに来て「米国
 はまだ頭を下げぬかのう」と聞いた。とっさのことに、何とも答えられなかった。無暗なことを言えば
 誤解されるし、と。

昭和十八年七月十九日(月)
  朝、佐藤日史君きたる。「陸軍省へ行くと、ガアガア大きな声で怒鳴っている。あれでいい国策が
 考えられますか」という。

昭和十八年八月二十九日(日)
  アッツ島の山崎大佐が二階級とんで、中将になる。昨夜のラジオも新聞もそれで一杯、他の記事は
 全然ない。軍の命令であることは明らかだ。「鬼神も哭く」式の英雄は、もう結構である。願わくば今後
 「玉砕的美談」出ずるなかれ。そして、作戦をして左様な悲劇を繰返すごとき方途をとらしむるなかれ。
  それにしても国民は、「責任の処在」を考えないのだろうか。イグノランス(無知・無学)の深淵は測りがたい。

昭和十八年九月七日(火)
  新聞はいずれも一面に秋山中佐の昨夜のラジオの演説を載せている。秋山中佐は印度と豪州を
 落せば、それで敵が参ると考えている。この結論はどこから出るのであろうか。

102 :ここまで幼稚化しちゃうと救いようがないよねw :2007/01/14(日) 15:19:45 ID:TcwEUGAZ0
清沢洌 『暗黒日記』より

昭和十八年十月五日(火)
  先頃、重臣が東條を招待した。そのとき岡田啓介が「戦争はどこもパッとしないようだが」というと、
 東條は興奮して、「あなたは必勝の信念がないんですか」とプッと立ったという。また、若槻礼次郎が、
 「作柄が心配だ」というと、東條は、「われら閣員は何を食わなくても、一死奉公やるつもりだ」と、
 これまた興奮したという。彼は議会でも、どこでも、興奮ばかりしている男だ。イエス・マンだけを
 周囲に集めるのは、そうした性格だからだ。

昭和十八年十一月十八日(木)
  朝早く秋田にたつ。(中略)
  そこでの話 ―― さきごろ武藤貞一がきて、独ソは握手する。英ソは衝突する。そして、日本は
 大勝利をおさめる。そうした楽観論を振りまいていったそうだ。田舎の人もわらっている。この連中
 の愚や及ぶべからず。

昭和十八年十二月十一日(土)
  経済倶楽部で「焦る敵米国」という題で、高瀬中佐の講演があった。出るつもりであったが、僕は
 行かなかった。近ごろアメリカの攻勢を「焦って短期戦を狙う結果だ」と言うものが多い。そして、
 それがアメリカの弱点の露出だというのである。これまた自慰である。アメリカは最初から一九四三年
 の暮から攻勢を開始すると言っていたではないか。

昭和十九年一月二十二日(土)
  読売に風邪もユダヤ人の謀略であるという記事がのっている。それは秋田重季子爵の談だが、
 それには、「私の担当はユダヤの医学講演で、ユダヤ人医師は次から次へと病気をつくって、世界
 にバラまいている。こんどのイギリス風邪とか、チャーチル風邪も、ユダヤの製造に相違なく、
 彼らは現在借家人のくせに、大家の米英も毒殺し、あわせて世界中をやっつけてユダヤの天下を
 築こうという魂胆だ。これを断乎として叩きつぶすのは、日本人の強さあるのみである」という。
 噴飯ものだが、これが現代日本の知的標準である。

103 :ここまで幼稚化しちゃうと救いようがないよねw :2007/01/14(日) 15:22:34 ID:TcwEUGAZ0
清沢洌 『暗黒日記』より

昭和十九年二月六日(日)
  マーシャル島の米軍来襲を、どの新聞も元寇以来の大問題として、ページを埋めている。朝日は
 頭山満をかつぎ、毎日は徳富をかついでいる。
  頭山は朝日に次のようなことを言っている。
 「米英の狐狸どもをやッつけるのを、商売のようにしてきたワシじゃ。向うはあり余る機械力という奴
 で、泥棒根性丸出しに刃向かって来る。飛行機も軍艦も沢山みよがしにやって来たのじゃろうが、
 ワシら日本人はこの機械力に人雷をもって、ぶつかればよいのじゃ。人雷のほかに神雷もある。人
 雷、神雷で微塵に引導をわたすのじゃ。これだけでよい。もう後は言わんでもよい。そうじゃろう」
 ひどいものである。

昭和十九年四月五日(水)
  新聞がインド作戦について書きたてている。相変わらず「至妙なる作戦」と謳っている。軍部の
 連中は朝から晩まで讃められていないと、一日が過ごせないのである。が、印度作戦は大きな政策
 から見ると、悲しむべき結果を生ずることは明瞭である。かりにインパールをとったらどうすると
 いうのだ。それ以上は進めず、さればとて退けぬ。戦局の釘づけなのである。そして、犠牲は非常に
 多いであろう。

昭和十九年五月二十七日(水)
  青木得三氏の話 ―― 渡辺銕蔵博士が懲役一年(執行猶予三年)の判決をうけたが、罪状は二つ
 あり。ひとつは「大本営発表にも誤りあり。相手の損失を誇大に言い、当方のそれを余りに発表せず」
 と言ったこと、第二には「ドイツが負ける」と言ったことである。

昭和十九年六月二十日(火)
  日銀理事荒川氏いわく、「三年ばかり日本を留守にして驚いたことは、日本の指導者たちが他の
 人のいうことをきかない心的状態になっていることだ。たまによく耳を傾ける人があれば、それは
 全く勢力圏から退いている人である。私も役人ではあったが、これではダメだと考えた」と。

104 :ここまで幼稚化しちゃうと救いようがないよねw :2007/01/14(日) 15:25:15 ID:TcwEUGAZ0
清沢洌 『暗黒日記』より

昭和十九年七月一日(土)
  長谷川如是閑いわく、「この間も富塚清氏の話をきいたが、日本の飛行機の性能の劣悪さは
 お話にならぬ。戦争開始当時の日本の武器はまるでなっていなかったが、それをおとっているという
 ような学者はどんどん追い出してしまった。そして、役人の言うとおりのことを口真似するものを重用
 するのである。これでは知識導入の方法があるわけない。明治時代は当局者がワイワイ連中を抑えた。
 今は反対だ」と。

昭和二十年三月十一日(日)
  科学の力、合理的心構えが必要なことを、空襲が教えるに拘らず、新聞やラジオは依然として観
 念的日本主義者の御教説に満ちる。葛生能久、皆川治広、横尾惣三郎、吉植庄亮ら八名は、先手
 断行、統率の完全なる一体化、一億総討死の決意の急速徹底、ほか九項より成る大東亜戦必勝の
 具体策につき、請願の手続きをとった。一億総討死したら、その後の国家はどうなるか。しかし、それ
 が全くのところ軍人、右翼のイデオロギーである。

昭和二十年三月十四日(水)
  新しい蔵相津島は、ぜんぜん話がわからないそうだ。米軍が押し寄せてくれば、これを撃退する
 自信があるそうだからと言って、和平論などはテンで考えようともしないという。海において撃退し
 得ないのを、上陸の際どうして破ることができるのだ。仮に一応これを破ったとしても、米国を最終的
 に打ち破ることが、どうして可能なのか。もし、打ち破れなかったら、どうして戦争を終結させるのか。
 こうした理屈はだれにもわかっていなければならぬはずなのに、インテリにわからないというのは、
 どういう訳なのか。第一には突きつめて考えることを好まないからであり、第二にそういうことを言うと、
 禍が身に及ぶことを恐れるからである。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 21:07:42 ID:4pZPXmHG0
清沢洌しかいねーのかww

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 08:20:33 ID:ZnFfkfPI0
家族や社会の為に犠牲になる覚悟がある人は
愚かしいとしても未熟ではない。

いざというときに死を選ぶ人は未熟ではない。

日本人は平和に溺れて覚悟を失ったから未熟になった。


107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 19:01:56 ID:YGk7M+RN0
>>106
君が語っても説得力ない。

ただ高みから踏ん反り返って、労働者を踏みつけている独裁者と同じだ。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 22:33:00 ID:/X19nSJ20
>>106
トリューニヒトかテメエはw


109 :fuんwaか ◆X4bJkcf622 :2007/01/16(火) 23:40:53 ID:vYJVsGlb0
しかし、どこの国に、このように先人の歴史を踏みにじり、一国の首相が謝り
続けている国はありましょうか。インドネシアにおいてオランダが、戦後我が
国に対して報復裁判をやったでけでなく、現地の人にたいして数百年間ひどい
植民地統治をしても、独立にさいしインドネシアに残した資産を買い取らせています。
イギリスもフランスもアメリカもスペイン、ポルトガルも植民地に投資などせ
ずに、植民地から搾取して太ってきました。

そのような国々でもかっての植民地統治が悪かったと謝っている国はありません。
それが歴史とわかっているからです。恨むのであれば、自分達の国を自分達で守
ろうとせずに放棄した自分達の祖先を恨むべきでしょう。ましてや我々の先人は
搾取どころか、世界最貧国だった朝鮮半島に莫大な投資をしてインフラを整え、
学校をつくりハングルを普及させました。当時国内にその分を投資しておけばも
っとインフラが整える事ができたでしょう。朝鮮半島が日本に集りまくって、感
謝も何もないのは今も昔も変わりません。
 それを、戦後はすべて奪われ、そして戦後の悪い事はすべて日本のせいにされ、
謝れと言い続けられています。こんなバカな話はありません。自国の先人の屍に
より我々が生きている事ができるのです。首相たるもの「朝鮮の人よ、支那の人よ
いいかげんにしろ。」と言ってほしいものです。

酒たまねぎ やHP 平成15年5月23日の日記より引用。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 13:19:13 ID:bN9df2/MO
ほとんど読み飛ばしだけど、このスレの内容を要約すれば、
司馬小説でも読んで武士道を学んで愛国心を培えばオトナになれるってことね。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 17:49:10 ID:6ldMT9Qa0
>>109

>先人の歴史を踏みにじり
先人と言っても垢の他人だろ?
面識もない、知り合いでもない、ただの垢の他人だ。
友人でもなければ親戚でもないし身内でもなければ子供でも家族でもない。
大体、日本人の大多数にとって日本史上の人物なんて垢の他人でしかないのに、
なぜシンパシーを感じるのか疑問である

>一国の首相が謝り続けている国はありましょうか。
日本がえらいとでも言いたいのでしょうか?
悪事に対する謝罪であり、どう考えても日本は善良な国になり得ません。
明治期の日本人が平和主義ではなくて帝国主義の道を選んだのは事実であり、現実です。
それに対する何らかの批判があるのは、何らかの評価があると共に当然の事です。
批判がないのならその中から評価も何も生まれませんしね。
それと、殺人犯が自らの殺人を悔いて謝罪した所で、
過失が帳消しにされる訳ではありません。
例え帳消しにされても善良になる事はあり得ないからです。

>報復裁判をやったでけでなく
何も悪事を働いていなければ裁判で裁かれる事もないわな。

>植民地から搾取して太ってきました。
日本は清国から賠償金をせしめて他国から権益を取って来たわけだが、
日本も基本的に似たようなものなんだよ。

>悪かったと謝っている国はありません。
だから何なんでしょうかね?
他人が悪事を働いていれば自らの悪事も正当化されるのでしょうか?

>こんなバカな話はありません。
悪事を働いた結果、謝罪する。別に不自然さはありません。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 17:53:19 ID:6ldMT9Qa0
一部の人間に近現代に置ける帝国主義は仕方なかったと主張する人間が居るが、
当時の世界にはスイスや北欧諸国のような国もあったんだけどね。
タイ王国は帝国主義の道を選ぶ事は遂になかったし。

日本は帝国主義政策の恩恵を蒙って来た訳だから、
帝国主義政策の恩恵と共にとばっちりを受けないのも逆に変な話だろう。
恩恵だけを受けるだなんて甘い事はできない。
何らかの苦痛を受ける事になる訳だし。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 18:00:37 ID:6ldMT9Qa0
近現代の帝国主義政策で恩恵を受けて来た訳だから、
何らかの弊害を受ける事は逆に言うと当然だろう。
俺に言わせれば謝罪で済んでいるだけでもラッキーだと思うが。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 18:07:35 ID:ydWRixvC0
>先人と言っても垢の他人だろ?
(中略)
これは君のような考えをする奴に何を言っても無駄な事だから、特に何も言いません。


>日本がえらいとでも言いたいのでしょうか?
(中略)
日本が偉いとは一言も書いていないし、そんな文脈もない。
何処の国もやっていない、やる必要のないことを日本がし続けている事に対して情けないと書いてある。
悪事? 戦争は外交の延長上にある行為です。
戦争は悪ではありませんし、民間人への殺害云々なら、それこそ連合国に言われる筋合いはない。
国家の行為と個人の行為の区別ぐらいしましょう。


>何も悪事を働いていなければ裁判で裁かれる事もないわな。
裁判内容を調べれば、そんなこと言えるはずがありません。
少しは自分で調べましょう。


>日本は清国から賠償金をせしめて他国から権益を取って来たわけだが、
>日本も基本的に似たようなものなんだよ。
清国は植民地ではありませんし、負けた国が賠償金を支払うのは常識です。
そろそろあまりのレベルの低さに疲れてきました・・・


>だから何なんでしょうかね?
>他人が悪事を働いていれば自らの悪事も正当化されるのでしょうか?
当時、悪と言われなかった行為で、現在、謝るという事がどれだけ馬鹿なことなのか理解しましょう。


>悪事を働いた結果、謝罪する。別に不自然さはありません。
今更、言う事はありません。
ここまでレベルの低いレスは久しぶりです。
突っ込みどころが多すぎて上手く説明できないのも久しぶりです。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 18:39:38 ID:6ldMT9Qa0
>>114

>戦争は悪ではありませんし
なら善行とでもいう気ですか?
殺人行為である以上、
どう考えても自信たっぷりに正しいと
言えるものではありませんな。

>それこそ連合国に言われる筋合いはない。
虐殺って何だと思っているんだ?
何の罪もない人間をたくさん、殺す行為だぞ?
そこらのガキが万引きするのとは違うんだからな。

まあ言われても仕方ないだろう。

>裁判内容を調べれば、そんなこと言えるはずがありません。
別に知らなくて言っている訳ではない。
だが裁判を経て裁いたのなら合法的な行為である。
アホなウヨは条約や国際法を根拠に日本を正当化するが、
合法なら別に問題はないのでは?

裁判も経ずに殺したのなら未だしも
ちゃんと裁判を行い、刑に欠けただけだからね。


116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 18:41:25 ID:6ldMT9Qa0

>そろそろあまりのレベルの低さに疲れてきました・・・
どうあれ賠償金を支払ったことは事実として残っている。
アホな日本人はODAを強調するが、
だから何としか言えないんだけど?
清国は賠償金を支払ったが、感謝された覚えはないしな。

レベルの低いのはお前なんだよ。

>当時、悪と言われなかった行為で
それって日本人の視点だろ?
日本人からすれば悪くないのは当然だろ。

>現在、謝るという事がどれだけ馬鹿なことなのか理解しましょう。
悪事を働いた結果に謝罪する。
別に不自然さはないし、
中国が賠償金や領土の割譲でも要求しているとでも言えるの?
別に何百億という金を支払えと言っている訳ではないし、ただ謝罪だろ?
切腹して責任を取れと言っている訳でもないしな。
日本は実に簡単で当たり前の行為ができないんだよ。

謝罪すらできない事を肯定している時点で
お前の方がレベルが低いんだけど。
何らかの迷惑や相手に不快を与えたのなら、
すみませんと言うのが普通のはず。
それすらできないのなら、子供でしかない。
お前は成人しているのかな?

貴様はガキと同じだ。
他者に対してレベルが低いと批判できる立場にはない。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 04:05:47 ID:M48oQbfj0
日本人なんて聖人の振りをした悪人以外の何ものでもないだろ・・・。
中国に侵略して中国人を虐殺しながらアジアの解放を訴えるのが日本人の正体だからね。
鬼畜としか思えない。謝罪もしない癖に善人を自称する。ゴミだ。
総督府の総督が日本人である時点で日本人にアジア万民平等思想なんてないのだが、
それでもなおアジアの解放を自称するのが日本人。
そして謝罪すらできないのが日本人。

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 04:10:44 ID:M48oQbfj0
切腹とか求めている訳でもないのにただの謝罪ができない。
開き直って言い訳を続けて被害者意識が丸出しで加害者意識が存在しない。

世界最大の植民地帝国である英国と同盟関係であった時点で
アジア解放思想なんてないし、総督府の総督が全て日本人で
自治権すら与えなかった時点で日本帝国の理想が何だか解るのだが、
それでもなお日本を擁護しようとする動きがあるのは恥ずかしい。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 04:22:59 ID:M48oQbfj0
全くもう日本人は最低な連中だと思います。
自らで戦争始めて自らの先制攻撃で始めた戦争で
資源略奪の為に始めた侵略戦争なのに米国が悪いと狂ったように主張して
自衛である事を狂ったように強調する。
当時の日本が中国に侵攻して仏印まで手を出したとなると
純粋に自衛でも何でもないし、身から出た錆としか思えないのに
日本を肯定ばかりして加害者意識がまるでないからね。
大体、太平洋戦争が自衛なら中国はもつと自衛的な理由で戦っていたのに
日本人の無反省さと加害者意識のなさと厚顔無恥さは一体、どこから来るのでしょうね?
私は怒りを通り越して、原爆投下が発生したのは全てが日本人の責任であり、
原爆投下の非難というのは誤りとしか思えません。

清国は日本に対して賠償金を支払いましたが
誰一人として中国に感謝する人間は居ないのに
ODAを強調するのが日本人でする

はっきり言って日本人はバカですか?
本来なら土下座してでも詫びねばならないのに、
土下座すらもせずに中国は日本を許してくれました。
中国は寛容にも賠償請求を放棄して、日本軍のように報復行動に出る事もなかったのです。

本来なら日本軍が中国を侵略したのですから、
侵略したお返しに日本の諸都市に核爆弾を落としてもいい位でしょう。

私は日本人が実に恥ずかしい生命体だと思います。
救いようのない位に邪悪なクソ生物です。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 10:40:54 ID:8kiQ7jhh0
うんその通りだよ。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 11:16:38 ID:l88fDEHY0
で、何処を立て読み?

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 11:25:35 ID:l88fDEHY0
               .|   |  | |   |    |  | |   |   |   || | |
               .|   |  | レ  |    |  | |   |  J   || | |
    ∩___∩    |   |  |     J    |  | |  し     || | |
    | ノ\   ,_ ヽ  .|   レ |      |  レ|       || J |
   /  ●゛  ● |   .J      し         |     |       ||   J
   | ∪  ( _●_) ミ             .|    し         J|
  彡、   |∪|   |              .J                レ
 /     ∩ノ ⊃  ヽ
 (  \ / _ノ |  |
  \  "  /  | |
   \ / ̄ ̄ ̄ /
      ̄ ̄ ̄ ̄


123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 22:26:46 ID:su6acYaV0
どこを縦読みすんのかわかんね
玄人教えてw

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 12:56:39 ID:Lx9BitWx0
>>115
国家間の戦争が、ニュースでよく見る殺人事件などと同じ論理だとはね・・www
おまい頭大丈夫か?

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 13:14:08 ID:VE83O3EH0
彼らに理論など通じません。

国際ルールなど語っても、感情で処理してしまうからです。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 19:24:29 ID:Ru4+Lc1z0
>>117
まわりのアジア諸国どころか欧米にまで謝罪して
賠償した金の合計は一千兆円という天文学的数字に

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 19:38:50 ID:VE83O3EH0
そもそも今の中国には謝るどころか感謝して欲しいんだけどね。

戦争したのは、国民党とであって、現在の台湾。
今の中国共産党とは何の関係もない。

中国共産党は、日本のおかげで中国を支配できたんだから。

50 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)