2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【聖断】鈴木貫太郎【哀悼の意】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 00:28:41 ID:MqpkQ2cJ0
もしも鈴木貫太郎がいなかったら
九州で地上戦が行われ
日本は東西に分割され,東京も東西に分割され
京都に原爆が投下され
さらに数千万人の国民が犠牲になっていたかも知れない

救国の宰相 鈴木貫太郎について語りたい

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 02:48:08 ID:6b+4n1EG0
原爆呼び込み男 乙

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 03:18:12 ID:MqpkQ2cJ0
別の人間が首相だったら
「聖断による終戦」という大芝居を打つことができたか?
それで終戦があと何日かでも遅れていたら
あといくつ原爆が落ちていたか?
ソ連がどこまで来ていたか,北海道だけで済んでいたかどうか?

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 04:15:35 ID:flhj8cXl0
>>2
原爆投下と「黙殺」発言の関連性は、近年の研究でほぼ否定されている

>>3
使用可能な原爆はあと一つだけ
ソ連には北海道を制圧するだけの部隊を渡洋上陸させる力は無い
大陸半島でどれだけ暴れても、トルーマンが大統領である限り
主要4島にソ連領や衛星国家は作らせなかっただろう
ルーズベルトが存命であれば南北分断占領の可能性があったかも知れないが
その場合には、ソ連が参戦する前意に戦争が終結した可能性も高い

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 23:41:00 ID:BiW7rQPH0
この人、初めてポツダム宣言の話が連合国側から来たとき黙殺したじゃん!

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 02:14:34 ID:/xR/CMqJ0
>>5
「黙殺」は新聞記者が勝手に使った言葉だ
詳しくは文春文庫「宰相 鈴木貫太郎」を読むべし

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 06:13:38 ID:/VfkU8Bq0
7月28日午後4時よりの記者会見でのポツダム宣言に対する鈴木総理の発言
「私は三国共同声明はカイロ宣言の焼き直しであると考えている。政府としては
なんら重大な価値ありとは認めていない。ただ黙殺するのみである。われわれは
戦争完遂に邁進するのみである」。でも、首相の黙殺発言があろうがなかろうが
原爆は投下されたろう

8 :無色庵:2006/05/06(土) 13:40:11 ID:oMEzuvsm0
7さんの意見に賛成です。ポツダム宣言受諾の意思表示がなければ、原爆投下
は不可避だったでしょうし、ソ連への仲介交渉に希望をもっていた政府・軍
ともに、あの時点でポツダム宣言への照会さえする雰囲気ではなかったと思
います。
鈴木首相が終戦を最終的に決断したのは、ソ連参戦が原因だと思います。
仲介を依頼していた相手方が、敵になったわけですし、大陸にはソ連軍を支えきる
兵力は残されていない状態でしたから。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 16:31:34 ID:MUkbp16j0
ソ連を仲介役にしている時点で鈴木はクソ宰相

10 :無色庵:2006/05/06(土) 20:00:22 ID:oMEzuvsm0
>>10
外交的には、当時の日本は破綻していたのは事実でしょう。
誰がやっても、美味しい話に飛びついてもしょうがない状況では。
むしろ、ソ連を信じていなければこそ、8月9日以降の終戦工作に力
が入ったのではないでしょうか。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 04:05:38 ID:QblFqSJH0
>>7,8
ポ宣言の発表以前に原爆の使用命令が出ており、その命令には
日本がポ宣言受諾意思表示を行った場合の留保条件は何もうたわれていない
従って、日本の意思とは無関係に出来るだけ速やかに原爆を使用すると
トルーマンは意思決定していたということになる
仲晃の「黙殺」、鳥居民の「原爆を投下するまで日本を降伏させるな」などに
このあたりの経緯が詳しく語られている

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 04:53:08 ID:8xX0xMWZ0
やい>>1「語りたい」って言ったんだから面倒見ろ!
鬼貫太郎はお怒りだろうし、彼がオキニの昭和の陛下も苦い顔をしておいでだろう

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 07:27:16 ID:SDHwKeCa0
伊那谷の貫太郎さんは原爆もソ連参戦もなければ本土決戦やる気だった

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 13:27:18 ID:tn0wwASu0
当然それは、陸軍の意向を追認する形で、だったんだろうからな…。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 19:41:39 ID:AIE/DyaD0
陛下に頼むから総理を引き受けてくれといわれた唯一人の人。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/08(木) 06:46:26 ID:nef90uBbO
自伝おもしろい

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 01:55:36 ID:9jop3vaX0
>>14
首相引き受けた時点で、「日本のバドリオ」になるって孫に言ったくらいだからな
参謀本部と陸軍省に挨拶に行った時点で
陸軍の主張をまずは丸のみにしてるわけだが
これはポーズと見るべきだろうな、問題は行く前に岡田が入れ知恵したかどうかだけど
これは諸説あるようだね

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 04:17:38 ID:xuyJA0Us0
佐々木大尉とかに私邸焼かれて敗戦後の住宅難時代はどう過ごしたのやろ

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 11:56:47 ID:7DvZLqqz0
この人の身内は昭和の陛下と近い人が多いんだよな
幹長で息子の一氏は侍従次長だし、弟で陸軍大将だった孝雄氏は
まだ陛下が行幸されていた時代に靖国宮司をしてる

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 14:37:55 ID:xuyJA0Us0
鈴木の妻・孝子は昭和天皇幼少時の養育係

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 15:07:27 ID:8PuBJjql0
>>18

取り敢えず弟宅に身を寄せていたと思う。
戦後も枢密院議長やってたからその間はどうしてたんだろうな。
引退後は関宿で余生を送った。

22 :無色庵:2006/07/01(土) 22:17:09 ID:Z4mKOAfp0
しかし、終戦の詔書が、原爆には言及しているものの、ソ連の背信
を詰る部分がないというのは不思議。


23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/07(金) 20:45:32 ID:nzg/gEYr0
この人かつては水雷艇の達人だったの?
すごいね、敵艦に肉迫して魚雷ぶち込むんでしょ。
ほぼ特攻じゃん。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/12(水) 12:44:30 ID:oU99PmBOO
しかも改良されて魚雷の飛距離が延びても、
遠くからチンタラ撃ってたら当たらねえよ!と近接攻撃を支持しつづけた

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/15(土) 00:54:00 ID:wQ6bKA0E0
小磯内閣崩壊に海軍が一枚噛んでいると陸軍は思っていたわけで
そこに鈴木貫太郎に大命降下
「それ見ろ、敗北主義の和平内閣など流産させてしまえ」って感じで
いきり立つ市ヶ谷台にひょいっと乗り込んでしまうあたりが、水雷屋っぽいところだね
鉄砲屋ではこうは逝かない

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 10:06:56 ID:T6ppukU/0
高校の先輩です。誇りに思います

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 23:17:46 ID:hdXrHWyg0
福田和也の採点だと、70点くらいか
わりといいほう

28 :鈴木貫太郎:2006/08/27(日) 16:23:26 ID:+lRf/J5UO
福田君は何点ですかね?

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 17:24:18 ID:liq1h23jO
この人宰相なのに農夫みたいな顔してるから好き

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 15:35:16 ID:zV1UbcPM0
群馬育ちだから、まさに「北風小僧の貫太郎」wwww

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 15:58:02 ID:Urr6vWiF0
なんで群馬に住んだの?

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 17:00:08 ID:8PSvhTM/0
弟は靖国神社の宮司

33 :名無しさん@お腹いっぱい:2006/09/03(日) 20:18:56 ID:ulgKFteP0
>31

お父さんが群馬県庁に勤めたから

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 15:50:39 ID:f/3/+XNY0
>>33
たしか、お父さんは、千葉と群馬のどちらでも選べる立場で
その当時は教育レベルが群馬のほうが高かったんで
貫太郎のことを考えて群馬を選んだと、読んだことある

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 07:50:39 ID:EhFrok2fO
俺は伏尾の隣町だけど同じ誕生日なんだよね。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 15:52:22 ID:ThOhYvOt0
日本が東西分断されていたら…やっぱり、フォッサマグナで分けるんだろうな。
日本は東西で同じ電化製品を同じように使えない異常な国。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 18:42:46 ID:k+RRtPzVO
福田は100点

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 09:39:30 ID:q88cVefa0
どっちの福田?

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 18:00:43 ID:a7R5B3PKO
福田和也

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 01:46:26 ID:okUk1Q2W0
この人を映画か小説に!

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 02:15:55 ID:XCnrFN9H0
徳富蘇峰が日記でこの人のことをぼろ糞言ってるね
国民を欺いたのに自決すべきをしなかったとか

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 02:47:46 ID:vbP1ggp50
月月火水木金金

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 08:18:42 ID:KfpZyZT80
>>41

戦争を継続すべきとか言ってる蘇峰のほうが馬鹿。
鈴木は偉人だ。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 02:20:10 ID:IaAXNJqG0
>>40
俺は以前から大河ドラマにと思ってたりする

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 06:57:19 ID:r1W2xKLM0
半藤一利の「聖断」は鈴木貫太郎主役のノンフィクション小説だべ。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 17:23:02 ID:fBOfZlFb0
向田邦子の寺内〜は
この人から名前を取ったのか

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 19:16:15 ID:CtnjVfo00
伊那ダニの貫太郎から取ったのだろう

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 20:06:41 ID:gXVtQNSjO
生まれは堺市中区なんだよな。
近くの神社に参拝した時の写真が何故かうちの蔵にあった。
家を建て替えた時に蔵は作らんかったからどこに言ったかは知らないが。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 20:56:46 ID:dshYSXqE0
今PHP文庫の『聖断』が出てるが
俺が昔買った文藝春秋単行本では
文庫版には載っていない鈴木著「今上陛下御日常の一端」という
随筆というか談話がある。得した気分だ。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 03:54:25 ID:MHTjSoxd0
>>49
その本今俺読んでいる。
でも、どこまで事実?推測もあるの?フィクションもあるの?

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 04:17:23 ID:UOZpaB47O
スペシャル大河「聖断〜ある総理のある生涯〜」

ぜひ見たいんだが。
まあ小説のまんまのタイトルだと犬HKは大河化したがらないだろうから適当に変えてみた。
スペシャル大河で「坂の上の雲」が出来るなら「聖断」も出来るだろう。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 15:18:36 ID:Zhckq6Y40
聖断より聖水がよくね?
貫太郎の聖水、飲みてえ (;´Д`)ハァハァ

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 16:46:19 ID:zzQIy89b0
天皇と打ち合わせの上で聖断を求めた
この演技力が素晴らしい

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 18:44:25 ID:Ovrb+aHr0
首相就任当日に孫に
「俺は日本のバドリオになるぞ」と言ってたらしいから
その当時から終戦へ持っていくと決めてたんだな。

でも表面では「聖戦完遂」を唱え続けて相手を煙に巻く。
徳富蘇峰なんか完全に騙されて『終戦後日記 頑蘇夢物語』で
呪詛の言葉を書き連ねてる。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 19:32:25 ID:rfAVqQnzO
>>51 笠智衆なき今、鈴木総理を演じられる俳優は
居ないんだねェ。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 19:45:20 ID:duzavoGu0
鈴木貫太郎って金丸信と似てね?

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 22:35:28 ID:fLKnK4PY0
兄弟
http://imperialarmy.blog3.fc2.com/blog-entry-78.html

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 23:59:45 ID:Zhckq6Y40
誰かイイ感じの俳優いるだろう。
森本レオなんかどうだ?

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 00:01:59 ID:aXAbTYZY0
渡辺哲なんか顔が似てね?

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 03:14:09 ID:kc2JCHkOO
この際似てる似てないはどうでもいい。
演技派中心のスペシャル大河「聖断」を見たい。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 03:26:04 ID:ohlKgXX4O
ご聖断を求めたときにそれを止めようと阿南陸相が声を上げたにも関わらず、聞かなかった(聞こえなかった?)
ルーズベルトが死んだときに電報を送ったりかなりの策士だったと思う。
天皇から首相になるよう言われたシーンなどはドラマにしたら栄えるはずだ。
むしろ開戦からサンフランシスコまでドラマ化してほしい。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 03:35:35 ID:gR9M2GyT0
貫太郎ドラマ化するならやっぱ2.26もいれないとマズイでしょう。
金玉で玉を止めた、ってやつをぜひやってほしいんだがw

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 12:16:57 ID:aXAbTYZY0
226では、奥さんの懇願によって、一命を取り留めたとか

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 18:20:42 ID:Zv8OM65x0
昔、終戦ドラマで森繁が鈴木貫太郎役を演じていた。
ちなみに陛下役は加藤剛サンでした。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 20:38:15 ID:v6eNPU4lO
鈴木貫太郎はつりバカ日誌の、三国連太郎は?

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 22:54:10 ID:aXAbTYZY0
そういえば、昔はよくTBSとかで、2時間ドラマスペシャルとかで
近代史ものやったよな。

森繁が高橋是清とか、三浦友和と百恵が伊藤博文と妻とか

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 02:50:34 ID:5lEaPYPD0
>>64
それたしか「聖断」というドラマだったよね。
他にも「日本で一番長い日」もドラマになっていた。
誰が出ていたかよく覚えていない。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 09:36:07 ID:68eM6gEq0
日本海沖海戦まで、山田孝之
それ以降、    西やん

>31,33,34
確か、今年の千葉7区の補選。
小沢さんが最初に訪れたのは、鈴木貫太郎記念館(野田市)だったような。

69 :野田市民:2006/10/03(火) 16:55:31 ID:shbjtaZCO
たしかに小沢さん来ましたね。
鈴木貫太郎記念館にも寄ったようです。
貫太郎の軍服等展示されていて、彼の足跡を知ることができます。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 23:11:44 ID:9KkN5CtQO
イーストウッド監督「聖断」

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 22:47:06 ID:Or2LV//RO
その時歴史が動いたで鈴木貫太郎やってくれないかな。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 23:02:00 ID:oyFjglWT0
戦艦大和をアメリカ軍に沈めさせた張本人。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 00:36:40 ID:UvDQNehu0
老けメイクで寺尾聡。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 22:03:09 ID:ndDf/tM40
>>73
それ、いいかも

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 00:25:52 ID:7JoskTcG0
>ご聖断を求めたときにそれを止めようと阿南陸相が声を上げたにも関わらず、聞かなかった(聞こえなかった?)

阿南は止める気はなかったと思う。
全てを察して思わず声が出たというところだろう。

本気で止める気なら、終戦の詔勅への署名は拒否できるし、
軍部大臣現役武官制での単独辞任という切り札を切ることもできた。
その後、阿南は鈴木首相に「これまでご迷惑をおかけしました」と挨拶をし
阿南が辞去した後、鈴木は「暇乞いに来た」とつぶやいた。

とにもかくにも阿南は陸相に指名した鈴木の信頼に命を賭けて応えたというところ
鈴木侍従長時代の侍従武官という縁もあったようだし

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 03:20:13 ID:4d9L24W50
>>75は阿南腹芸説なんだな
俺もずっと腹芸説だったんだが、近頃、気迷い説もありうるような気がしてる
気迷いというよりは阿南二股説ともいえなくもないが
まぁ、阿南本人のスレもあってここではスレ違いなんだけどね

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 01:33:32 ID:Er0axL2E0
鈴木貫太郎の生き方はかっこいい、私心ばっかの俺には到底真似出来ない
話は変わるが、男熟塾長江田島平八と鈴木貫太郎のイメージがダブった

16 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)