2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

戦艦大和引き上げきぼん!

1 :日本@名無史さん:2005/12/17(土) 14:28:20
戦艦大和引き上げをここに希望する!

2 :日本@名無史さん:2005/12/17(土) 14:29:10
大和などという、ウドの大木戦艦などどうでもいい。


3 :日本@名無史さん:2005/12/17(土) 14:32:31
たしかに史上最大の粗大ゴミだが、
ホンモノを見てみたい気はする。

4 :日本@名無史さん:2005/12/17(土) 15:01:55
船体は真っ二つ、艦橋は船体の下敷きで、まさに鉄くず状態。主砲は転覆した際
にすっぽり抜け落ちているからダメージが少ないかも。1番〜3番主砲だけでも引き
あげてほしい。丸ごと引き上げるなら武蔵のほうが良いかも。但し大和よりも深海
にしずんでいるが・・・・。

5 :日本@名無史さん:2005/12/17(土) 15:28:01
鉄くず回収して・・・?

6 :日本@名無史さん:2005/12/17(土) 17:12:23
どうやって引き上げる?
現在の科学技術では到底不可能。
各国が深海調査に対してはあまり重きを置いていないようだから、
引き上げにはあと数十年くらいかかるだろう。

7 :日本@名無史さん:2005/12/17(土) 17:15:11
>>1

削除依頼出して、日本近代史板で立て直せ。
http://academy4.2ch.net/history2/

8 :日本@名無史さん:2005/12/17(土) 17:19:32
>>1宇宙戦艦作る技術が出来るまで待て!

9 :日本@名無史さん:2005/12/17(土) 17:26:59
>>6
十分可能だがなにか?
遺族のために引き上げたいのは山々だが市民とやらがうるさいからな。

10 :日本@名無史さん:2005/12/17(土) 17:34:44
>>9はぁ?
とりあえず今の深海技術を調べてみな。
あと戦艦大和がどこに沈んだかもな。どこの市民かは知らんがw

11 :日本@名無史さん:2005/12/17(土) 18:05:18
泣けるぜ
・神風特攻フィリピン編『 真実はどこに・・・ 』
 → ttp://minmin.kill.jp/flash/
・日本がアジアに残した功績
 → ttp://www.geocities.jp/baud_2005/japan.htm
・海の特攻 人間魚雷 回天特別攻撃隊
 → ttp://tokyo.cool.ne.jp/kaiten_website/kaiten.swf


12 :日本@名無史さん:2005/12/17(土) 19:08:11
もう1回作ろうぜ!

いくらだ?

13 :日本@名無史さん:2005/12/17(土) 19:55:48
>>12
つI

14 :日本@名無史さん:2005/12/17(土) 20:05:05
>>12
イージス艦より安い。

15 :日本@名無史さん:2005/12/17(土) 20:32:08
船体や武器なら安いだろうが当時の物価をそのまま置き換えると
5000億〜7000億円では?海自の年間予算の半分以上吹っ飛ぶ

16 :日本@名無史さん:2005/12/17(土) 21:03:12
宇宙戦艦が作れなくなるから却下。

17 :日本@名無史さん:2005/12/17(土) 21:38:51
>宇宙戦艦
搭載兵器の中で最も重要な「森雪」をいかに生産するかが問題だな。
単なる美形では代替兵器にならんからな。

18 :日本@名無史さん:2005/12/17(土) 22:29:37
うるせー!近代板が軍事板に逝け!
板違いだ!

19 :日本@名無史さん:2005/12/18(日) 00:03:52
引き上げてどうするんだ?
どんな使い方しても、費用に見合わないと思う。

20 :日本@名無史さん:2005/12/18(日) 10:18:15
駆逐艦引き上げて再利用した護衛艦「はかば」みたいに
再利用したいんだろ。ってばらばらじゃ繋ぎ合わせるだけでも
一苦労だな

21 :日本@名無史さん:2005/12/18(日) 17:37:45
三笠の横に置きたいな

22 :日本@名無史さん:2005/12/18(日) 21:22:17
大和は殊勲艦じゃないし。

23 :日本@名無史さん:2005/12/24(土) 18:17:44
海上自衛隊全面協力映画「男たちの大和」内実は、朝日新聞系メディアが応援する反戦映画?
http://www.asyura2.com/0510/bd42/msg/366.html

24 :日本@名無史さん:2005/12/27(火) 18:21:08
現在の若者たちは、こんなパソコンゲームをして遊んでいます。
http://www.japan.ea.com/battlefield/1942/movie/battlefield_japan_hi.wmv
http://download.games.tiscali.cz/game/videos2/battlefield_1942-e3_trailer.zip (avi/DivX)

http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20020909/bf63.htm
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20020909/bf28.htm
http://www.4gamer.net/DataContents/game/0510.html#review

http://video.google.com/videoplay?docid=-4582781399414027306&q=BATTLEFIELD
http://video.google.com/videoplay?docid=-2234128404597696097&q=BATTLEFIELD

http://fhfilm.ts-rent.de/FH_0.6_Trailer_-_Short.rar (avi/DivX)
http://fhfilm.ts-rent.de/FH_0.66_Teaser.rar (avi/DivX)

どう見ても平和な世の中です。 本当にありがとうございました。

25 :日本@名無史さん:2005/12/27(火) 18:39:21
面白そうなゲームだ。
やったら廃人になることまちがいなし

26 :日本@名無史さん:2005/12/30(金) 04:58:37
大和は船体が二つに裂けて原形がない。
その点,武蔵はほぼ原形をとどめており,資料的にはこちらの方が
価値が高い。

27 :日本@名無史さん:2006/01/03(火) 05:46:37
http://www.rakuten.co.jp/northport/688362/695503/
輪切り大和まとめて買えるぞ

28 :日本@名無史さん:2006/01/05(木) 17:43:03
何故引き上げないのかなぁ?

29 :日本@名無史さん:2006/01/05(木) 19:24:19
ゴミだから

30 :下村定:2006/01/06(金) 13:27:11
「しかしながら、国を思い身を投げだした尽忠の軍人、とくに戦没英霊にたいしては、深き同情を賜らんことをお願いする 」


31 :日本@名無史さん:2006/01/06(金) 13:39:00
大和をリファインして日本海側に配置。
チョンの不審船が来たら主砲であぼん。
これだけで十分。

軍事以外にも歴史的な価値があるんだから引き上げができればいいなぁ…

32 :日本@名無史さん:2006/01/16(月) 11:45:09
砲身の鋳造技術なんかは現在でも再現できない遺失技術と聞くが・・・
引き揚げメリットってそんなモンなのだろう

33 :日本@名無史さん:2006/02/20(月) 08:08:12
引き揚げのことは保留して、
実物大【大和】を作って欲しい。

浮かぶのでも固定でもかまわない。実物大【大和】の展示は素晴らしいものになるだろう。
観光客も呼べるし、どこかの自治体は頑張ってみては?
(いくらかかるだろう。)



34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/19(日) 22:25:20 ID:q8+Jzr3Q0
∧_∧
('・ω・゛)
(つ/ )
 |`(..イ
  しし'


35 ::2006/03/20(月) 16:44:31 ID:htbmJU0BO
主砲だけ引き揚げ

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/21(火) 18:09:30 ID:Dw/tRnM+0
英霊が寂しがるだろう。
墓石を持って言っては駄目。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/22(水) 18:32:09 ID:VUmF6ODk0
かみちゅとかいうの期待してみたけど
まあ、あんなものか。作画がね・・・

ただ砲塔内の砲弾搬送もってきたのは驚いたけど

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/22(水) 19:41:38 ID:+VSlACp30
大和の艦橋部分だけでも地上の構造物として模して作って「大和ホテル」というのはどうだろう?
高級ホテルというのが無理ならモーテルというのでも可

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 13:42:02 ID:WtTNm0SU0
武蔵はまだ見つかっていないんじゃなかったっけ???
一説にはどこかの海流を流れて流れて彷徨っているとか。
ある日突然ワシントン沖に流れ着いたら涙する話だけどね。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 13:54:54 ID:6h6ojCad0
ウォーターラインで

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 17:09:39 ID:HXyc/OdPO
海底に沈んでいる戦艦大和には、海軍少尉だったウチのひーじいさんや戦友の方々が安らかに眠っているから、そっとしといてあげてね。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/05(月) 22:30:59 ID:Q80/zSYt0
ジャームズ・キャメロンに大和の映画作ってもらいたい

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/05(月) 23:06:56 ID:UmMbUIV6O
>>39
幽霊戦艦武蔵、あと40年後に米国本土に到達?
100年遅れの艦砲射撃ですか?

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/06(火) 06:16:47 ID:SnVI79x2O
終戦後、アメリカの核実験の目標にされた船って
武蔵じゃなかったっけ?

前にNHKの特集で観た記憶があるんだが…

間違えてたらゴメン

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/06(火) 06:55:14 ID:gfLJu27g0
  .      /                ヽ    \  \
       ,'     /  /            l    \  ヽ
       !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
 .     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
 .     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
     ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│
      ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ
      イ 八{´l  !レ<f{矛:下 'ヽ _〃イ孑代勹 イ } /
 .        Vハ  |{  r';;_zj  f} ⌒{! r';;zリ /}, '//         >>44
         ヽ ',  | ` ー―‐‐ '  、 `ー-- チ' /           私、忘れられてる……
          `ヘ lヽ       _      厶 ./
              ', {.代ト、          , イ | /
            \_'i| > 、 _ , イ/ V l./
             / ヽj       {`ヽ   ′
 .        _ /  「´        ヽ} \
     _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、
 . r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ
  y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧
 ./    ヽ. \\     ∨ ̄  `ヽ |     / / /  l
 {      ヽ \\    ヽ     /    / / /  │

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/06(火) 07:20:48 ID:LOuF/80Q0
>>44
そりゃ長門だ、長門。あと巡洋艦の酒匂な。
武蔵のほうは今日に至るもその姿は見つかってないな。
せめて大和みたくブチ折れたりひっくり返ったりしてなきゃあいいんだが・・・。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 04:31:25 ID:eZt3HwipO
>>46
サンクス
長門だったのか…
あんま詳しくないけど、核喰らっても沈まなかったんだよね、確か。

全部うる覚えでごめんなさい

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 20:52:50 ID:x2AI+hOA0
長門
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history2/1140943598/l50

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 20:11:29 ID:HdtfONAh0
長門だな。原爆って鉄とかに対しては威力低いんだよな。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 23:57:30 ID:smRGGBF90
戦艦長門は人知れず沈没しますた。
まさしく侍っす!

51 :ピカル:2006/10/07(土) 21:59:13 ID:ZvnYqxxH0
武蔵 小規模爆発2回で沈没したからほぼ原型のまま海底にいる。

武蔵 の海底調査して欲しい。
NHK 大和の海底調査しないで武蔵の海底調査すれば良かったのに 

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 17:40:38 ID:MnXY6xBF0
>>47
ちなみに武蔵は1944年10月のレイテ沖海戦で魚雷20本、爆弾不特定多数が命中
艦首部分を大きく傾けた沈没寸前の状態や全艦火達磨で満身創痍の時の写真が
残されているよ
あと、>>51が言っている通り大和みたいに弾薬庫の爆発や水蒸気爆発も無かったから
状態が良いかも ・・・ただ、余りにもゆっくり沈んだので未だに浮力が残っていて
今も海中をさ迷い続けているという説も・・

後、長門だけどまず1回目の実験では全く損害なし(他の艦は1部を除いて大被害、もしくは沈没)
2回目の実験では約5度傾斜したのみ、しかし数日後にはその姿は忽然と消えていた
(2回目の実験の後、早急に応急処置をしていれば沈没は逃れられたという研究結果が出ている)
大正時代竣工の戦艦ながら・・さすが「世界のビック7」と呼ばれたことはある

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 21:38:36 ID:lTwpxSdy0
武蔵って、沈没間際に主砲射ちまくって爆風で水兵達が
海へすっ飛ばされたんだっけ?チガタ?

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 23:27:02 ID:MnXY6xBF0
>>53
ああ、それは最初に対空射撃をする時ね
普通、戦艦が主砲を撃つ時は爆風と衝撃波が凄いもんで
甲板上の乗組員は待避所に入るのが普通
しかしいきなり撃ったもんで機銃を操作していた要員の内7〜8割が
吹っ飛ばされたそうだよ

55 :ピカル:2006/10/11(水) 00:55:02 ID:L8WoYTys0
武蔵 原型だけど魚雷20本食ってるから穴だらけだろうなぁ。
漂流しながら沈んだから沈没地点と沈んでる地点が違うのかな?
レーダーとかで武蔵発見できないの?

武蔵 機銃のイス?の取り付け間に合わなかったんだよね
12cm28連装なんとかって武蔵取り付けてたのかな



56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 16:44:51 ID:hjCefI570
>>55
武蔵は対空火器の増強工事の時に12,7センチ高角砲の製造が間に合わなかった
けれど、代わりに搭載したのは噴進砲じゃなくて機銃だよ

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 09:55:22 ID:oVzNVdPV0
長門は原爆受験のあと忽然と姿をけしたが・・・

霧の中に突然と現れると言う目撃談があったらしい・・・
30年くらい前の雑誌で呼んだ記憶が・・・
丸だったかな?ムーだったかな?
長門に心あらば、アメリカに化けてでたいかも・・・

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 08:43:48 ID:B5TSvWg5O
「A.I.」出演の宇宙人になら引き上げ可能

そして宇宙人は涙する

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 21:53:24 ID:5t2tSNaC0
大和の主砲一門、引き上げる価値はあるんじゃ?

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 00:45:53 ID:P5o/kHrQ0
>>59
大和ミュージアムに展示汁!

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 12:58:35 ID:iXkRRAUA0
わざわざ引き上げなくても、換装用の予備砲身が1セットあったでそ。
あれはどこいったんだっけ?


62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 13:07:04 ID:089bpxw+0
ワシントンのダルグレン試射場にもってかれたんじゃなかったっけ?
で、主砲前盾を40センチ砲で撃ち抜いた奴がこれみよがしに飾ってある。
普通、世界最大の大砲の方を飾らないか?

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 19:13:43 ID:VZnOc0D50
今となっては、穴ぼこなんかあけない方がいい代物だけれど
当時のアメリカのプロパガンダは
日本人=生得的残虐性・原始性・異常性・幼児性が劣悪で
民族として絶滅すべき存在だったんだよ。


64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 19:24:41 ID:iXkRRAUA0
艦砲としては最大かもしれんが、それも他の戦艦のに比べて多少って範囲だし。
なにより陸砲だがドイツにはもっと桁違いのサイズの砲身があるからなぁ。


65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 22:09:56 ID:Ai91alKS0
46cm程度なら、イギリスはフューリアスで実用化していたし、米海軍もWWT直後
にマーク1計画で製造・試射実験までやってるからね。

1号グスタフと2号ドーラは、第二次世界大戦でドイツ陸軍が実用化した人類史上
最大最強の弾道軌道投擲兵器、巨大大列車砲である。
クルップ社製で、総重量約1500トン、全長43m。発射速度は15分に一発である。
台車は大型の貨車を4台(台車8台)使用し、複線(4本)が必要であったが、その
射程は戦艦大和に匹敵し、破壊力は凌駕した。4.8tの榴弾で射程47000m、
7.1tの徹甲弾を使用すると射程は37000mであった。

セヴァストポリ要塞の爆砕に使われ、絶大な戦果を挙げた。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 22:13:53 ID:/EmI9ouu0
一撃でセヴァストポリ要塞の地下30mの弾薬庫ふっ飛ばしたな。
まぁ、列車砲と戦艦の主砲を比べるのもどうかと思うけどw

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 22:35:13 ID:2zgK4sOu0
>>31
60年前の戦艦を21世紀に配備して
効果があるのか?ってかレベル的にダメダメだろ

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 04:25:07 ID:Jk8km9vX0
>>52
武蔵は沈んだ直後に大爆発したと生き残りの乗組員が証言してる。
沈没位置も大体の所までは判明してる。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 16:16:02 ID:nRUfFklv0
>>67
不審船にとってはかなり怖いだろう

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 17:09:45 ID:O3n9q9DY0
あのさ、大和って乗員数だけで3,000名超だよ? ちょっとした中規模の会社よりたくさんの
人間抱えて、更に陸上での作業員も必要なんだから動かしても停泊させてても鼻血がでるほど
お金がかかる。
そんな代物を置いてたら、不審船がもたらす以上のダメージを受けるぞ。


71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 23:19:46 ID:xrA6/FTD0
不審船が逃走したした際の速度は35ノット〜40ノットの猛スピード。
大和は追いつけないし、散布界が広すぎる主砲では命中もままならない。

せいぜい副砲の射程内まで待ってもらうか、RPG7の危険を冒して水偵
で進路妨害をするかだな。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 23:25:28 ID:Ca5MtthE0
http://34.xmbs.jp/no4yama6kawa3higashi6/

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 23:28:07 ID:7I6raF1o0
>>70
勘違いしている様だが大和の主砲の引き金は艦橋トップにあり
主砲をぶっ放す為に計算する作業は数百名に及ぶ人間が歯車を動かしてやっていたんだ。
当時の大和を動かす作業はハイテク完備の現在の企業の高速性とは到底比較にならん。
ベトナムでのアメリカを考えると、巨艦は敵に強烈な精神的ダメージを与える
効果は高い。しかしこれは不審船なんてザコには、通用しないだろう
あくまで半島を艦砲射撃でメッタ撃ちにした場合にのみである。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 23:36:53 ID:O3n9q9DY0
>73

いや、いまさらそんなカビの生えた知識を語られてもどう反応してよいものやら。
大和クラスの戦艦では射撃盤関連の人員が電算化されたところでリストラには
全然おっつかないんですが。大体、ダメコンまで自動化できるわけじゃなし、信濃の
二の舞やりたいというならともかくね。


75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 23:39:57 ID:bhmVEyBd0
なんか話しの内容がよく解らない。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 00:17:51 ID:Q154T8y60
>>74
電算化????いつの時代の話がしたいんだ??????

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 00:44:34 ID:Zw7QEDLw0
いいからのり姉ちゃんの抱き枕を出せ

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 22:13:14 ID:kDWcH52A0
硫黄島の沿岸に座礁させて海上砲台にすればよかった。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 08:29:58 ID:z94YjkW90
映画「男たちの大和」で
航海長が「とーりかーじ」って無茶苦茶太い声で言うのが好き

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 21:39:49 ID:S6amL7P90
パワーステアリングはまだないからな。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 00:35:45 ID:v5Fb8iu4O
>>1
戦艦大和は発見されてるけど・・・


結局同行していた大和生き残りした乗組員達が


「引き揚げはやめてください」と言っていた。


数十年数百年断つと大和は海に溶け消えて無くなるらしい。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 23:34:25 ID:GqvwSwYp0
引き揚げて、鉄屑として中国に売っても、引き揚げ費用のがかかるからな。


83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 00:18:37 ID:jvngaSnXO
菊尖端欲し〜い。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 01:04:35 ID:0o43kbk80
映画「連合艦隊」で
瑞鶴航海長が「とーりかーじ」「おもーかーじ」と言っているが、





                     数寄(@ヘ@)


85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 13:19:33 ID:/pQz1qI00
>>81
そうするのが一番正しいかもね。
安らかに眠らせてあげましょう。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 11:29:51 ID:RXNdQ0Tl0
大和の沈没は美化されがちだけど
艦長やその他艦と運命を共にしたかった人達は
引き上げて欲しくないだろうが不本意にも(志願でなく徴兵された
乗組員もいただろう)大和と共に沈んだ人は引き上げて欲しいかも知れん

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 18:09:24 ID:h0cB+onl0
降伏内閣に作為的に撃沈に追い詰められたのが大和の悲劇。必要なくなればポイである。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 21:29:29 ID:CiuNq/wo0
>>86
伊藤艦長の独断で、若い士官候補生の退艦作業はやっているぞ。半ば無理矢理。
他にも、長男とかは退艦してもいいことになっていたけど、する人はいなかった。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 21:30:40 ID:CiuNq/wo0
>>87
意味不明。
自分でも何を言っているか理解できていないと思うが・・・

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 08:08:27 ID:SZS1TVMT0
>>88
候補生の代表が我々も残してくれと頼んだらしいね
でも本当に全員の思いがそうだったかどうかは疑問
一部は逃げられて安心してただろうし
長男で家の跡取は退艦しても良いと言われても出来る雰囲気では
なかったのでは?
自衛隊をイラクに派遣するとき、自衛隊員は拒否出来る事になってた
らしいけど実質行かざるを得ない状況だったのと同じだと思う

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 08:18:20 ID:5PQxjL9b0
>>90
そういうことを言い出したら、何も語れないと思うが・・・

少なくとも、無理矢理連れて行ったわけではないことは確か。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 08:39:28 ID:SZS1TVMT0
>>91
もちろん泣いて降りたいと懇願するやつを無理矢理連れて行った
とは言ってないさ
でも、白淵大尉の話でも分かるように、なんでこんな出撃しなければ
ならないのか疑問を持っていた奴は多かったからこそ
喧嘩が起こったんだろ
自由に降りられる状態だったら沢山降りたはず

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 08:41:33 ID:SZS1TVMT0
>>92
あ、臼淵だったかな?
確かずっと間違って読んでて元に戻ってた
失礼

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 10:41:53 ID:Hp72lmzp0
大和特攻の菊水作戦の原因は、天皇が『大和はどうした?』逸話であるとい
うが、それは後代の造作の可能性が高い。

なぜならフィリピン決戦の敗北以降、既に海軍首脳部は沖縄決戦で一本化し
ていた。既に負けるための決戦を考える多くの皇族や海軍の条約派等、和平
派は本土決戦による革命政権や米国による新政権が発足する事を最も恐れて
いた。本土決戦を断固主張する陸軍を抑える為に、岡田・近衛等和平派にと
って邪魔になる本土の抗戦兵器の消耗が暫時議論されていた。

しかしこれに一気に拍車がかかったのは昭和20年2月24日、近衛が天皇に「
敗戦は遺憾ながら最早必至・・・」ではじまる上奏が失敗に終わった時だっ
た。憲兵による親英派逮捕が起きた事で和平派の行動は一気に進展する。

4月5日に小磯内閣が倒れると、国体に不安を感じた右翼の平沼を抱込み、鈴
木貫太郎内閣擁立の目処が立つ。和平派にとってチャンスはこの時であった。
手を拱いていると日ソ不可侵条約の不延長を通告したソ連が攻めてくる。ベル
リンの状況をつぶさに知っていた彼等はアメリカに降伏する必要があった。

沖縄にはありったけの航空機が集められ、練習機まで特攻用として動員した。
また海軍の稼動可能な艦船はすべて帰港先のない航路を指定して出撃して沈
没させる事になっていた。その中には大和も含まれていたのだ。
4月5日、大和を港に残る燃料を満載して出撃させ、鈴木貫太郎内閣が成立した
その日に大和撃沈をアメリカの手柄として差し出したのである。
アメリカ軍の記録では、アメリカ海軍が大和出撃を発見する以前にその3種類
の予定航路が知らされており、当初の予定ではアメリカのマスコミの実況中継
の中、スプルーアンスの手柄になるはずだったのである。

大和の将校達には、一億玉砕の魁となれといった裏で、日本の官僚達のアメリ
カへの降伏準備は既に着々と進められていたのだ。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 13:30:11 ID:1d9NNy3b0
>アメリカ軍の記録では、アメリカ海軍が大和出撃を発見する以前にその3種類
>の予定航路が知らされており、当初の予定ではアメリカのマスコミの実況中継
>の中、スプルーアンスの手柄になるはずだったのである

この部分だけでも全くの噴飯もの。
第二艦隊司令長官の伊藤提督とス提督の間には戦前に個人的にかなりの親交があり
ス提督の人柄からしても、手柄や功名心の為に「友人の処刑」に繋がる汚い陰謀の片棒を担ぐ
人物ではなく、日米合意の意図的なマッチメイクとするのは無理がありすぎる。

また天一号作戦初期に第二艦隊に対してス提督は当初は航空攻撃ではなく、
戦艦を中心とした水上部隊で迎撃させようとした事は有名な事実だが、
第二艦隊が佐世保か日本海側に回航するような偽装進路をとったため、戦艦部隊では
捕捉できないと判断し仕方なく航空攻撃に切り替えたという事情がある。
手柄を欲して矢の催促をしてくる部下の空母部隊指揮官ミッチャー提督へ「You take them」と
短く答えたあたりにス提督の心情がよく現れているだろう。
第二艦隊の作戦意図と進路が最初からわかっていたというなら、このような事にはならないはずである。

96 ::2006/11/20(月) 14:01:45 ID:RpZVw7HK0
長くて読む気しない

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 14:59:47 ID:rBP4Edcu0
官僚の自己保身の力、極まれりといったとこでは?
現実問題、敵制空権下で友軍の航空援護無とした時点で沖縄へ突入不可能だ。
それに沖縄で補給の為、入港する港もない。座礁して浮砲台になれである。
だからこそ2F幕僚や伊藤長官は草鹿に「軍事的に無意味」と抵抗した。
草鹿が「一億特攻の魁」とか要は「自殺作戦だ」と因果を含めて、初めて
「軍事ではなく軍事外の目的達成の作戦」と伊藤長官も了解。「なにをか
いわんや」と出撃を納得したと思う。
大和が出撃できる機会は、もうこれ以外には無かったからね。
この作戦は完全擁護できるわけではないが、仮に沖縄に行かなかったら、
大和批判はとんでもない事になっていただろう。
沖縄を見捨てた正真正銘の役立たずだったと。

大和が航空魚雷で撃沈される事になったのは、大和が当初の予想航路から
大幅に西に進んだので、アメリカ戦艦隊と水雷戦隊によるなぶり殺し中継
から、長距離の脚がある機動部隊の航空攻撃に切り替えられた為。

大和の進撃予定航路は実はすべてアメリカ側に事前にリークされていたの
だ。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 15:38:47 ID:1d9NNy3b0
>>97
文の前後がまるでつながっていないどころか矛盾をきたしていたる。

「航路や作戦がリークされていた」のならば航空攻撃に切り替える必要性が無い。
第二艦隊はどう足掻こうと沖縄に向かう以外にないのだから待ち構えて揉み潰せばよいだけの話。

「攻撃圏外にそのまま逃げられてしまう」と判断したればこその航空攻撃へのスイッチだ。
これが情報のリークなど無かった事の明白な証明だ。


99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 18:13:48 ID:5PQxjL9b0
うーん、アメリカにリークされていたって、最近、2chで見るけど、ソースは何ナノかな?

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 18:14:26 ID:5PQxjL9b0
             ___ _rュ_ ___
              |ilililil|_{‐=‐}_|ilililil|
            ロニニi二{iニi_iニi}二iニニロ
         ;,;,,,,   iェ|ェェェェ|ェi   ,,,,;,;
          ̄ ̄ ̄'i|ii|iiiiiiii|ii|i' ̄ ̄ ̄   厳かに100get!
             __|゙゚|゙゚゙n゙゚゙|゚゙|__
               \_|Ξ|_i::i_|Ξ|_/
               ェ´|ェ|ェェェ|ェ|`ュ
             ,,i ̄|li" ̄"il| ̄i,,
             ゛rュ`=|_Α_|=´rュ"
           .._゛rュ〔::o;o;o;;〕rュ"_,,
        _,,-[ロ´i(〇)_(〇)_(〇)!`ロ]-、_
         ‐n[ロ´i(◯冫´o`ヽ、◯)!`ロ]´h‐
     i´ ̄ ̄ ̄ ̄`""´ i i   `"""´ ̄ ̄ ̄ ̄`i
::::::::::::::i´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y                `i::::::::::::::::::::::::::::::::::
';',''"';:;i´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i              `i;',''';:;';',''';:;,, ,;:;;''
';',''';:;"!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i                 i;',''';:;';',''';:;,, , '''
"~'';'ー'',:;-、,-、;;..、、,:;;´ヾゞ'"´``゛゜`''';:;';ー-;,-;;.、、,,-、;ー,,、;:~"~'';:;''"'`
`",,""`";,,'''"':; `" ""'' "´';','''`"     ,,``' ' - .,~'ー-,,_~~''''""'`' ' `
    `" """'' `"     ,,`" ""    "'' ""' ''''"      ''" ´"


101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 19:20:37 ID:u+1/hQ9/0
米軍は当初のコースを逸れ、大和が大陸へ向かうと判断したので航空攻撃
に出たのは記録の通りやね。
レイテの栗田の時も、軍令部を無視して引き返していることはCIC対敵
情報部の分析から分かっていたから、今回も大和に逃げられると思っただ
けちゃうか?
スプ提督は残念がったとは思うが、沖縄護衛の主力を引き抜けんかったや
ろし。


102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 20:20:47 ID:1d9NNy3b0
>>101
栗田ターンはあくまでも戦場の中での出来事であり
最初から作戦を拒否するのとはまた話が違う。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 23:13:53 ID:GAYqp8kC0
作戦本部のレイテ突入命令を現場指揮官が無視したのは、おなじ事。

大和の指導者達も当初、沖縄特攻を目前に逡巡し葛藤があったのでは?
事実この間、大和は艦載機乗組員を"脱出"させたりしているのである。

生存者は極少数なので、真相は海の底だが・・・



104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 01:26:22 ID:7rc/tvSv0
>>103
戦場で敵と接触し、戦闘を繰り返し、戦果と被害を重ねた末での転進と、
交戦状態に入る以前の段階で作戦放棄して逃げ出すのとでは意味が全く違う。

実直で誠実な伊藤長官のパーソナリティから言っても、このような形での抗命は
およそ考えられない。
陰謀とやらによってス提督が第二艦隊の任務を知り、指揮官が自分の友人だと
知っていたなら、あのような不本意な航空攻撃は行われていないはずである。

「”ヤマト”は世界一の大艦でもある。私は、私の尊敬するトーゴーが育てた
日本海軍の誇りを、トーゴー・スタイルで葬ることがトーゴーの霊魂に対する
手向けであり、日本海軍の名誉ある最後にもなると思う」

「作戦の成否はどうでもいい、死んでくれと言うのだな?
それならば何をか言わんや、わかった」



105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 17:53:32 ID:4Oi6zgaS0
>>52
武蔵は左右から魚雷を喰らって徐々に沈んでいるので、
沈没しても大和みたいに艦底を見せている事が無いだろうと推測されているみたいだが。



長門は、二回の実験で浮いているので米軍は回収しようと浸水を防ぐ復旧作業したらしいが、
浸水が止らず放棄したと聞いているが?

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 22:19:51 ID:sxw4FPY+0
悪い奴こそ、生き残る。ずるい奴が一番最後に残るものさ。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 00:57:40 ID:VyCNWizF0
映画で見た奥田瑛二扮する有賀幸作は二枚目だった
しかしホンモノはこんな事書かれてるがガチなのこれ?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%89%E8%B3%80%E5%B9%B8%E4%BD%9C

>見事な禿頭な上に大変なヘビースモーカーで、部下から「エントツ男」とあだ名されたりしていた。
>また、極度の水虫にかかっており、艦内でも草履を履いていた。

>ジャワ攻略戦の際、指揮所で衛生兵に「足が痒くてかなわん。薬を塗ってくれ」と
>衛生兵に水虫の治療をさせながら指揮をしたと云われている。

('A`)

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 02:00:38 ID:3yJeU0ct0
水虫は艦隊勤務の海軍サンにとって職業病だよ
個人差はあるだろうけどさw

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 23:46:49 ID:LG8dGFid0
>>105
軍艦は基本的にトップヘビー(戦艦は特に)なので、
沈没の際の急激な傾斜変化で転覆し易い。海底が深ければ浸水が進んで
重心が戻って、本来の上下に戻る。
大和の艦首部やビスマルクが良い例。
武蔵の沈没地点は相当海底が深いので(誘爆して
分解していなければ)本来の格好で沈んでいると思うが…
確か沈没時に大きな爆発音を聞いたと言う乗組員の話があった筈。
それと沈没間際は左右どちらかに20°ほど傾斜していた筈だぞ。

長門は>>52が正しい。

まぁプリンツ・オイゲンなんて重巡だが2発喰らっても沈まなかったな
(爆心地から遠かった事も大きいだろうけど。)

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 08:26:21 ID:9cPiWpzX0
艦隊の輪型陣全体が写ってる写真って無いのかな?
図でしか見たことなくて半径は2km位って事だけど
実際どんな感じだったのか見てみたい


111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 10:04:03 ID:MIp8dvb/0
1/700WL模型を床に並べてみれば?
2kmの1/700は2857mm、約3m弱だ。


112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 11:17:00 ID:9cPiWpzX0
>>111
それだと沖縄特攻の時のは部屋で出来るけど
レイテ海戦の時の二重の輪型陣は外でやらないと無理だな
PS2の零式艦上戦闘記では栗田艦隊護衛ミッションがあるらしいから
零戦から輪型陣が見えるのかな

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 21:51:43 ID:Lj0BqXBq0
大和特攻艦隊を、なぜ米軍は全滅させず駆逐艦の帰港を見逃したの?
戦争ってそういうルールなの?無知スマソね。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 23:02:35 ID:ZeWfI7QH0
>>110
大和特攻時はあるよ。

>>113
ルールでもナンでもない。追撃で消費する分と、得られる戦果を
交えて見返りが少なければ、出撃を控えると言うだけだろ。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 23:59:36 ID:VAue8Vl90
スプルーアンスの降伏内閣に対する温情だろう。

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 06:43:32 ID:fpNnagfQO
戦艦大和と戦艦武蔵を復元して、東京湾クルーズの軍艦型旅客船にすれば
超人気だと思うんだが。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 09:44:04 ID:8qX0jVrBO
>>116
見た目だけでもいいからね。出来れば46cm砲も再現してほしいけど…

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 03:12:49 ID:OinauQUjO
小学校の修学旅行で大和が沈没したとされるところに行ったけど
その頃はもちろんそんなことに興味ナシ。今になって後悔。まぁただの岬に記念碑みたいのがあるだけ
だったんだけど。ちなみにその岬は自殺の名所だとガイドさんが言ってた。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 23:29:50 ID:JOxWvix10
九州方面の地元じゃ自滅した旧海軍の地獄絵図が観光名所にでもなってんのか??
死臭漂うガ島や硫黄島と、変わらぬ存在の
大和が潔白なまでに神聖化され、
商売に利用されているとしたら腹が立つな。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 00:46:06 ID:2QmL+QAh0
>死臭漂うガ島や硫黄島と、変わらぬ存在の
>大和が潔白なまでに神聖化され

頭大丈夫か?

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 22:53:09 ID:yTC84Dsj0
復元して東京湾で派手に航空攻撃で撃沈するのさ。魚雷・爆弾も当時のものを再現して。


122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 22:44:38 ID:yxhJXa7E0
現代の技術で46センチ砲を造ったら、命中精度高いだろうね。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 01:29:39 ID:NOra5SrV0
 主砲の加工に使用した旋盤は現在も現役とか聞いた記憶がある。すると、
同じ機械でたいして熟練もしてない(大口径砲について)現在の作業員が
作業すると逆に精度が落ちる可能性も・・・・
工作機械から全て新規に最高品質で作った場合の話だな。
 ま、現実には予算がついても材料で行き詰って終りになるだろう。
詳しい人が公言してたよ。あの爆圧に耐えられる砲身は造れないって。
研究から予算付けて数年がかりでやれば可能かもしれんけど。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 01:35:04 ID:x8adpRS30
ちなみに、ジパングの最新号では大和と武蔵が主砲の46cm砲で
米軍艦船を轟沈しまくってたな。

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 01:54:48 ID:xjIOCTZO0
少なくとも日本では戦艦の主砲みたいな巨大砲身はロストテクノロジーだよ。


126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 02:27:03 ID:RJbOFwmK0
大和って過大に神格化されすぎ。
ろくな戦果も上げてない無駄の塊だったのに。
最後なんて九州おきに浮き砲台化させるつもりだったように
まさに壮大な鉄屑お荷物化している。


127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 06:27:54 ID:mJ7RzC740
ドイツでは戦艦ビスマルク再建の計画があるらしい。主要兵装は海底
から引き上げる予定とか。
現に、ドイツ・アルゼンチン両政府はラ・プラタ沖で自沈した戦艦グ
ラフシュペーの引き上げと記念艦展示を現在進めており、修復作業に
ドイツ企業が技術参加している。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 10:47:55 ID:rrqIX6YuO
とにかく、大和と武蔵を復元して大砲類は模擬を設置し、東京湾クルーズさせるべき。
あれだけの大きさだから1回500人は乗れるし、大和や武蔵の甲板でディナーとかな。
後、兵士の食堂の場所に売店作るとかさ。
そんで、東京湾1週へ向けて竹芝桟橋を出航する時に、主砲46p門から空砲を発射したら、客は大喜びだろ。
戦艦大和と戦艦武蔵がレインボーブリッジをくぐって東京湾クルーズへ向かうとかマジカッケーし。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 11:26:54 ID:yn4gK8BuO
三笠横の桟橋に横付けして横須賀米軍基地に主砲をー
あ距離近すぎか。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 12:40:02 ID:AF3TmjLa0
>>128
いいねー。
問題は、主砲発射時の騒音問題だけど・・・

ハッキリ言って、電車の騒音の比じゃないらしいから・・・

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 15:31:32 ID:xjIOCTZO0
500人もどこに乗せるつもりなの?
ガワは大きく見えても、戦艦の中は通路も含めて狭いよ。


132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 16:53:23 ID:U/iKz2vE0
敗戦海軍の艦艇など不要。
お台場に戦艦ミズーリ号をハワイから回航して、アメリカ植民地の記念艦にしよう。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 17:57:02 ID:3gspwerE0
大和てどこがいいの

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 18:14:08 ID:AF3TmjLa0
>>133
46cm砲
世界一の浮沈艦としての設計
当時の日本技術の結晶

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 22:52:28 ID:oQXp60Nf0
>>133
デカさ
頑丈さ
見た目の美しさ
死に様
レイテ沖海戦の戦い様も良い

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 09:19:03 ID:hVcAdk8t0
フッドのがかっこいい。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 14:12:42 ID:HX9JvAY70
カッコ良さ、戦歴で言えば、金剛だろう
大和なんてろくな仕事をしないで沈んでしまった。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 16:59:31 ID:Hc0gW1820
まあ惜しむらくは、大和以外の艦船があまりドラマや映画になってない
からな。それに、ストーリー上、主役が沈没しても戦争が終わってない
ってのはまとめにくいだろうし。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 21:29:33 ID:UMAolGq60
金剛型の巡洋戦艦が、戦艦の完成系だろうね。
流れるような艦船美があり実に美しい。
大和型は無理矢理46インチ砲を載せるために不格好になり
肝心の艦速も大きく低下してしまった。
戦いに勝つ意思がない、戦艦の奇形品。
だから今でも「世界一の戦艦」なのかもしれない。
なんであんな馬鹿げたものを創ったのやら。。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 22:11:47 ID:E5zHjsZq0
武蔵が旗艦だったのだが・・・。
人気いまいちなのは
大和という艦の名前勝ちだろ。日本人全てを総称する様な、情緒がある。
失敗作だが扶桑なんかは大和よりいい名前だが
あまり知られてないね。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 02:46:24 ID:mBbu9eQS0
武蔵・大和は、日清戦争の北洋艦隊の鎮遠・定遠とそっくりで
ただデカイだけで何の役にも立たなかった。
戦艦とは思えないデブっとした体型で、
燃料食うわ、スピード遅いわ、使い道がない。
金剛や榛名は第一次大戦前に竣工した戦艦なのに、第二次大戦でも大活躍。
海戦に勝つために作られた戦艦と、政治的思惑で作られた戦艦の差は大きい。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 13:04:18 ID:scUXqWPo0
鎮遠・定遠を「19世紀最大最強の戦艦だ」と誇るマヌケな中国人はさすがにいないのに
武蔵・大和を「20世紀最大最強の戦艦だ」と誇るマヌケな日本人が少なからずいるのは
なぜなんだろう。アニメの「宇宙戦艦ヤマト」の影響かな?

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 14:39:37 ID:Wz23EI/YO
史上最大の艦載砲と艦体。これだけで十分魅力的なのだよ。

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 14:57:03 ID:UWyy9xBm0
>>139-142
ここ、学問板なのに、未だにこんなこと言う奴がいるとは・・・
当時の戦艦の意義を少しは調べてから書き込んで欲しいね。


>>142
間違った事は言っていない。
なぜなら、戦艦は既に存在しないからだ。

ゆえに、
武蔵・大和を「20世紀最大最強の戦艦だ」
という表現は間違ってはいない。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 15:14:47 ID:DrJmsy850
最も多くの空襲に耐えた戦艦である事は確かだろ
これだけでも戦艦としては最強と言ってもおかしくない
艦隊全体としての戦力と作戦の問題で戦果が得られなかったのは残念だが

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 16:50:10 ID:WHrc4ngh0
【大和型戦艦は足が遅いのか?】
論より証拠、大和型と同世代にあたる世界各国の新鋭戦艦と比較してみよう。

日:大和型(27kt)
英:キングジョージV世級(28kt)
米:ノースカロライナ級(27kt)、サウスダコタ級(27.8kt)
独:ビスマルク級(30.8kt)
伊:ヴィットリオ・ヴェネト級(30.5kt)
仏:リシュリュー級(公称32kt/実際30kt?)

見ての通り大和型の足は当時の世界標準から見て別に遅くはない、
仮想敵の米英の新型戦艦と同等の機動力があるのがわかる。
また一流海軍と目されている日米英が27〜28ktで競り合っているのに対し、
2流と評価される独仏伊は欧州勢同士で30kt近辺で競り合っている事に注目されたい。
金剛型のような巡洋戦艦や、世代違いにあたるアイオワ級を持ち出して比較するのは
フェアではないだろう。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 16:52:09 ID:WHrc4ngh0
【大和型は戦艦として奇形なのか?】
まず何を持って標準とするのかにもよるが、攻防走のバランスで評価するなら
大和世代の各国戦艦はそれぞれの事情が仕様に反映され、どこかしらバランスを欠いている。
KGV級は言うまでも無く火力が列国中最弱であるし、ノースカロライナ級は自艦の砲による
打撃に耐えられない、ビスマルク級は遠距離での交戦を軽視する防御構造で設計思想が古すぎ、
ヴィットリオ・ヴェネト級は航続距離が極端に短く、リシュリュー級は主砲4連装2基前部集中配置と
一見して素人目にも「奇形」である。
サウスダコタ級もSHS使用時の自艦の砲撃に耐えられないので厳しく言えばアウトかもしれない。
大和型は最強の火力とそれに対応する防御力を持ち、航続力も十分以上。
機動力も仮想敵のそれに引けを取らず、日本の既存の戦艦隊の中で比較しても優速の部類である。
電子装備や対空火力、ダメージコントロール能力などに問題はあるにせよ、同世代のライバル達と
比較して「奇形」呼ばわりするほど破綻はしていない。
むしろ戦艦本来の艦隊砲戦における攻防能力を追い求めたその姿は「王道」そのものといえよう。

【大和型は使い道がないのか?】
これは>>146に関連する事項と思われるが、5ヶ国の戦艦群の中でも比較的よく活躍したと思われる
KGV、ノースカ、ダコタの3クラスは大和型と同程度の機動力である。
逆に30kt勢のほうで活躍したといえるのはビスマルク級のうちの1隻のみ。
(ただし古い英巡洋戦艦1隻と交換という割に合わないものだったが)
つまり戦艦を目に見える形で活躍させるために重要なのは、戦艦そのもののカタログ仕様よりも
国家と戦艦を取り巻く戦略環境と用兵側の意志であるといえる。
金剛型が日本戦艦にしては極めてアグレッシブに運用されていた理由は、その30ktの足は勿論だが
連合艦隊の戦艦戦力の中で最も古く弱小かつ4隻もの同型艦があった事のほうが大きいだろう。
壊れても比較的惜しくない戦艦、ゆえに噛ませ犬か馬車馬のように使い潰されていったのである。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 16:53:20 ID:WHrc4ngh0
>海戦に勝つために作られた戦艦と、政治的思惑で作られた戦艦の差は大きい。

これはおかしい。
「戦艦の時代」においては戦艦とは国家の海洋支配力の象徴であり、現代で言えば戦略核兵器の
ようなもので、建造と運用に掛かる莫大な費用と相俟って大なり小なり「政治的思惑」が混入しない
戦艦などほぼ無いといっても差し支えない。
歴史上、戦艦が絡む交渉時における各国の火花を散らす凄まじい鍔迫り合いを見れば明らかである。
またソロモン海で金剛型の1隻である霧島が、条約の影響を受けて設計されたノースカロライナ級の
ワシントンにKOされた事実とも矛盾する。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 17:39:16 ID:fET9ebgl0
>144
20世紀最強の戦艦となると、太平洋戦争後も改修され続けていたアイオワ級だろ。
最終型同士で大和型とアイオワ級でガチンコの勝負したら、大和型は水平線の彼方からハープーン
喰らって姿を見る前に負けるし。


150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 18:11:11 ID:XdxdCOOw0
いくらなんでもコンピュータ自動制御されてる上核とトマホークだのハープーンだのミサイルの使用は反則だっぺよw
やりあうならどちらとも大戦時の仕様でやらんと

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 18:21:39 ID:UWyy9xBm0
>>149
うーん・・・難しい話。
戦艦と聞くと、どうしてもWW2以前の様子しか思い浮かばないからね。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 00:26:00 ID:cpcJtZ330
>>146
原因は、起工された年だよ。ロンドン海軍条約等で拘束されていた期間に建
造された戦艦は、限られた排水量の中でどこかに特化すべき必要があった。
2流と評価される独仏伊 > これは間違い。艦政戦略上、通商破壊戦術をとら
ざるを得ない国軍の艦艇は、高速が要求される為。仏は独巡戦・装甲艦対策
の仕様の為。
日米英が27〜28ktで > これも間違い。ポストジェトランドの艦隊決戦主義で
戦艦を常に艦隊運用する前提故に、比較的に高速性が要求されなかった為。

海軍条約の拘束が切れる前後では建艦制約が大きく異なった。日本がワシン
トン条約を破棄してまでして建造した戦艦の速力が、米艦初の高速戦艦ノー
スカロライナ級と同様な凡庸なものに終わった事は、逆にアイオワ級の出現
を許す結果を招来しただけで、割の合うものではなかったといえる。
大和は、他国の戦艦がほぼ出揃った最後にきて、条約の枷も受けずに自由に
建造できたのにもかかわらず、凡庸に終わったのである。

仏:リシュリュー級(公称32kt/実際30kt?) 1935年
独:ビスマルク級(30.8kt) 1936年 
米:サウスダコタ級(27.8kt) 1939年
英:キングジョージV世級(28kt) 1940年
伊:ヴィットリオ・ヴェネト級(30.5kt) 1940年
米:ノースカロライナ級(27kt) 1941年
日:大和型(27kt) 1941年
米:アイオワ級(33kt) 1943年

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 00:56:21 ID:M1l+IDu20
戦艦大和の偉業は、基礎工業の土台が、ドン底レベルの後進国、日本が
ハイレベルの先進国、ドイツ・アメリカ等に匹敵する軍艦を造り得たということだろ!
この点は誇りに思ってもいいが
実戦で真価を発揮できなかった大和が他国の軍艦より抜きに出て
最強だと言える確証などどこにもなく想像にしかすぎない。


154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 02:26:18 ID:s5+x/zGp0
アダルト版☆ミクシーやってみませんか?
http://deaikei2love.suppa.jp/

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 02:47:17 ID:7wqWDhHC0
大和は多分無理だが、
長門は予算さえあれば上げようと思えば上げられそうだ。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 05:17:25 ID:NWAumccc0
イスカンダルを目指すのか?

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 11:35:41 ID:0i2iaVOC0
>>153
スペックでは最強クラスだけどね。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 12:18:12 ID:Damdafcp0
沈めるために艦載機400機も注ぎ込まれたんだし
最強の戦艦と言ってなんら不思議はない
レイテ沖海戦でも20回近くの空襲を受けて生き残った訳だし

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 12:31:45 ID:GufqvHHM0
「戦艦最大の大砲と最強の船体を持っているだけで最強艦」。
ここで論は終わってしまうぞ。
凡庸?スペックだけでも他に敵う奴がいない。これでザッツオール。
しかもちゃんと運用できた船。ビスマルクみたいなデクノボウじゃないし、
細長くするしか芸のなかったアイオワと一緒にしないでほしいもんだ。
でも沈められたって?戦艦以外が戦艦を倒す方法なんて戦前から研究されているわ。

オマイラ「大艦巨砲主義」というコンセプトを理解してないだろ。


160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 16:31:16 ID:aNZANu7R0
理解など関係ない。関係あるのは「都合」だ。
大和が最強じゃ、なにかと都合の悪い人がいるってことさ。

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 17:59:07 ID:ppfIQKnU0
世界的には、最大最強の戦艦といえばアイオワ級。
大和級は戦功がロクにないから
「そう言えば、役立たずの大きな戦艦が日本にはあったらしいね」ぐらいの評価。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 18:10:27 ID:Damdafcp0
>>161
discovery channel で大和はトップ10にも入ってなかったから
それは正しいかもね
まあだからと言ってそれに流される必要もないさ
で、君は自分ではどう思ってるの?

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 19:49:17 ID:SOZFZ27B0
>2流と評価される独仏伊 > これは間違い。

「2流」というのは艦艇個々のスペックを指したのではなく、独仏伊海軍の当時におけるミリタリーバランス上の
位置づけを指して言ったつもりであったが、誤解させてしまったようだ。
後段は同意、彼らの建造する戦艦がやたら高速化していったのは独ポケット戦艦から始まる対抗に次ぐ対抗の末。

>日米英が27〜28ktで > これも間違い。ポストジェトランドの艦隊決戦主義で
>戦艦を常に艦隊運用する前提故に、比較的に高速性が要求されなかった為。

この指摘は意味がわからない。
経緯がどうあれ日米英の新型戦艦群の速力が27〜28kt付近に纏まっていたのは厳然たる事実である。
これまた後段には同意できるので、一体どこに見解の違いがあるのか余計困惑してしまう。


164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 19:51:15 ID:SOZFZ27B0
>海軍条約の拘束が切れる前後では建艦制約が大きく異なった。日本がワシン
>トン条約を破棄してまでして建造した戦艦の速力が、米艦初の高速戦艦ノー
>スカロライナ級と同様な凡庸なものに終わった事は、逆にアイオワ級の出現
>を許す結果を招来しただけで、割の合うものではなかったといえる。

これには同意できない。
先に自身で述べられたとおり、大和型は来るべき艦隊決戦時において在来の中速戦艦群の旗艦たるべくして
仕様が定められている。 
25ktの日本戦艦群を率いるに当たって30kt以上の速力など不要であり、技術的にも船体が長大化するなど
デメリットが多く、+2kt程度の余裕をみた27kt案は極めて妥当といえる。
仮に試案の一つであった30kt案で建造が行われたとしても、旧型戦艦群の旗艦任務及び敵新型戦艦群への
対抗という重責からは逃れられない以上、史実と同じような運用をされて結末もほぼ同様であったに相違なく、
逆に非装甲部分の拡大に伴う防御力の低下や、重量増大に伴うCPや運用性の悪さを比較され、批判を受けただろう。


戦艦という兵器の進化の過程から見れば、大和型は従来の艦隊決戦思想に基づき直接的な攻撃力と
防御力を単純に重視し強化した、良く言えば手堅い、悪く言えば凡庸な思想に基づく凡庸な艦だといえる。
そう思うが故に「奇形」という評価に対しては反論せざるをえなかった。
もしも平和と戦艦の時代がもっと長く続いていれば、長門型や金剛型がそうであったように大和型もすぐに
欧米の新世代艦によって最強最大の地位を追われ、現在晒されているような過剰な評価や的外れな批判
を受ける事もなく、日本戦艦史の1ページを飾る程度に留まった事だろう。
時代に弄ばれて数奇な運命を辿った凡作、という評価が妥当ではなかろうか?

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 20:26:55 ID:ppfIQKnU0
大和や武蔵なんて日本の恥だろ。
戦争のほとんどの期間をただ係留されているだけで戦功はなく、
出撃するやあっという間に撃沈される。
こんな役立たずを神格化したがるヴァカがどうしているのやら。
今で言えば、無駄な公共事業みたいなもんか。

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 22:37:05 ID:0i2iaVOC0
>>165
お前は、20ほど前から続いているレスも読めないのか?
というか、文章の書き方が>>141と同じだな。同一人物か。
ただ、罵るしか能のない奴ということか。

167 :うきき:2006/12/14(木) 03:46:50 ID:wJWEyCCW0
鋼鉄の咆哮みたいな、ゲームをやる時どうしても大和に似せて
戦艦を作ったり、選んでしまう。これって、自分だけですかい??
スペックとか実際の戦果とか、そんな難しいことあまり考えずに、
直感でカッチョイイ!コレで良いのでわ?
やっぱり、アメリカ人は戦艦物のゲームする時はアイオワとか
選ぶんだろうか・・ネットゲームでないのかな?
当時の戦艦選んで、画面の中でアイオワと大和戦う!・・みたいな。
画面に向かって「大和なめるなよぉ〜アメリカ人!」なんてさ^^
向うも、「実戦と同じ目にシテヤル!ジャップゥ〜!」とか言っちゃて^^
あったら、面白いんだけどな。
関係ないカキコでスマソ。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 12:48:30 ID:UmCOcvga0
ロシア人がバルチック艦隊の戦艦スワロフやオスラービアを
神格化しているなんて聞いたことがない。ロシア人にとってはただの恥辱。
日本人には外国人には意味不明の「滅びの美学」があり、
敗者を崇拝したがる癖があるから、国民の莫大な税金や資源を投入しながら
全く役に立たなかった大和や武蔵を神格化したがるんだろうな。
でも、そういう馬鹿げたメンタリティが、第二次大戦の敗戦に繋がった事も、
大和崇拝者は覚えておけよ。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 13:10:54 ID:cBfKxoS30
ついでに、大和が強いとなんで都合が悪いのか説明してくれたら
スッキリするんだが。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 18:48:04 ID:Q0SvtTaD0
>>168
>>166

もう相手するのも疲れる・・・

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 21:52:19 ID:K/LF7F650
巨大な戦艦造るより、頑丈な戦車造りゃあ良かった。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 22:02:46 ID:fkCk9niU0
>>165>>168
神格化の意味分かってますか?

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 22:37:07 ID:fVZrBOYD0
イギリスで人気が高いのは、WWI後なら"偉大なる"「フッド」だったし、
WWU後はウォースパイトだな。クイーン・エリザベス級の2番艦である。
「オールド・レディ」と親しみを持って英国民に呼ばれ、ジェトランド
海戦からWWUの主要な戦いのほぼすべてに参加した歴戦の兵だった。

アメリカで人気が高く、プラモもよく売れるのが「エンタープライズ」
である。開戦初期の劣勢の中、不屈の闘志で日本軍と互角に戦った名空
母である。何度も被弾しながら戦場に復帰する強運とタフさがアメリカ
人の共感を得るのだろう。

ドイツでは現在でも根強い引き揚げ運動が続く戦艦ビスマルクである。
その悲劇的かつ英雄的な危険な航海は、現代でもよく親しまれている。
ドイツ的合理主義機能美の極地としての艦容とその航海の英雄的冒険
譚でヨーロッパでも最もよく知られている艦である。

日本は大和だろうが、他の国々と大きく異なるのは日本人は別に活躍
した艦は好まないのだ。まず格好・スペックなのである。
ウォースパイトが老身に鞭打って数多の大海戦で勇戦した派手さもい
らなければ、エンタープライズのような不屈の魂と団結の力を讃える
必要もない。ビスマルクのオペラのような劇場性のある悲劇的英雄劇
も好まれない。
ただ国民も誰一人として知らない中、何の活躍もせず、何の英雄譚も
団結や闘志もみせる事なく、ドナドナのように引かれていって圧倒的
物量で嬲り殺しにされるマゾヒスティックな判官びいきが受けるのだ。
ゆがんだ武士道につながるものを感じるね。

ところでロシアはやっぱり、ポチョムキン?

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 23:00:05 ID:Q0SvtTaD0
>>173
雪風も知らない馬鹿がいるとは思いませんでした。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 23:03:10 ID:pTPQFJZi0
軍の象徴として飾った兵器の意義も認めるけど
ありゃ金かかりすぎだよね。

結論・・・大和は無駄な公共事業の典型



176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 23:03:13 ID:k8vdfvNF0
雪風に乗るならいいけど、護衛されるのはヤダ。

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 10:00:51 ID:5t6bQQs70
今なら役人の壮大な無駄使いといえば、
ダム・河口堰・高速道路・文化会館・住基ネットとかだろうけど、
昔は大和・武蔵だったんだな。。
役人のやる事は、昔も今も大して変らん。

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 10:52:47 ID:SWKSxMkr0
なんで少し前のレスすら読めない奴が多いのやら・・・
困ったものだ・・・

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 11:51:15 ID:BKomNoLJ0
生産性とは無縁な軍備というものを、通常の公共事業と並べて例える事がそもそも間違っている。
小は拳銃弾、大はICBMまで、世界中で建造生産された兵器のうちで、実際に戦闘に用いられて
費用に見合う戦果をあげたといえるものが一体どれだけあるというのか?
第一次大戦後に世界各国で建造された戦艦群の中で、「これぞ戦艦!」といえる活躍をしたものが
一体どれだけあったというのか? 
後世の視点からこれらを無駄な存在と決め付けるのは、それこそ何の役にも立たない
低レベルな後知恵に過ぎない。
戦果の無かった兵器=無駄、と呼ぶ者たちは、戦火を交える事無く退役していった自衛隊の
航空機・潜水艦・護衛艦・戦車などもしたり顔で無駄と呼ばわるのだろうか?
軍備について一言述べたいのならば、まず抑止力という概念を理解すべきである。

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 12:01:07 ID:dNBTLU1z0
177はそれでは空母を建造してれば有意義だったというわけだな。
その際の戦況のシミュレートよろ。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 13:13:24 ID:yShAZEYW0
>>173
日本人が大和が好きなのはその哀愁ってやつだと思うよ
沈没確実の作戦に挑んで沈んでいった様
スペック云々は戦艦や軍事ファンの事であって
一般の人の大和好きの理由とは別だと思う

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 22:26:17 ID:6Yh3+3sB0
ドナドナドーナドーナー♪ウヨクを乗せてー♪
ドナドナドーナドーナー♪ヤマトは沈むー♪ 

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 00:19:45 ID:OeIhLaxp0
大和とその乗員は海の底に沈んだが、歴史にその存在を刻み込み、多くの日本人の心に残った
サヨクの行く末にあるのは忘却か冷笑のみ

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 05:29:56 ID:gwJQ6e2a0
>>181
哀愁だとか、戦争を情緒にしてしまうマンガ的な考えなら大和でなく零式でもいいだろ。
防御力が高く、より多くの人間を殺戮できる戦艦=現実=大和だからな
主砲が30センチ程度で、装甲も貧弱だったら大和には全く魅力はあるまい。
戦車ではドイツのタイガーが人気があるのと同じで
大和の最大の魅力はスペック=一般と思えるがな?

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 05:58:33 ID:wt0F9Y610
>>183
まったく同じ環境におかれたらドイツ水兵なら、国王に革命を起こしますね。
WWTの時のように。戦艦大和は九州に向かわず東京湾に突入して皇居を砲
撃。
日本人は軍部のような強権のサドに支配されるのがこの上なく快感のマゾな
ので、革命を起こすような気概もないから心配ないか。

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 10:34:02 ID:OJ4n8ArS0
だんだん本性見えてきたな。>185
だから大和が強いと都合が悪い理由を語れよ。

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 11:10:38 ID:JTh01qxW0
>>184

>主砲が30センチ程度で、装甲も貧弱だったら大和には全く魅力はあるまい。

だろうね
ただスペックが良いと言うだけでもここまで日本人に愛される事はないだろう
そこまで強い船がそれでも沈まざるを得なかった所の哀愁が
日本人の心を捕えるのだと思うよ


188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 11:21:09 ID:HLBp8UJO0
>>184
>主砲が30センチ程度で、装甲も貧弱だったら大和には全く魅力はあるまい。

釣りか?   少しはクグレ!      

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 12:29:00 ID:OJ4n8ArS0
>>188

>だったら

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 13:29:38 ID:sSTglUv+0
なんで>>177みたいな後知恵でしか語れない奴が多いんだろう・・・

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 15:36:52 ID:Pa0NufZk0
なんで日本海軍のでてくる映画って「大和」しかないのかな。
違うのといえば「ミッドウェー」か「キスカ」くらいだろ。

ソロモンやマリアナの戦いを映画にしたのって聞いたことがない。

今、関心の高い硫黄島の戦いは、海軍がそもそも艦艇さえ出さなか
ったから出てこないしな・・・

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 17:56:32 ID:VSripRRR0
>>185
そうやっていくら卑下してみせても、天一号作戦に参加した大和以下第二艦隊将兵らが、
戦後の今も多くの日本人から敬意と鎮魂の意を捧げられている事実は動かしようがないね。
一方、キールの反乱に参加したドイツ水兵らは自国でどう評価されているのかな?

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 18:05:33 ID:sSTglUv+0
>>191
最後の艦隊戦という触れ込みで視聴者の興味を引き、日本軍得意の夜戦でズタボロに負けたという
ことで、左巻きの連中の自尊心を満たせる。

いいこと尽くめのような気がするけどね。

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 20:40:37 ID:F3fldS+g0
「キスカ」は全編、地味で白黒映画みたいな感じやけど。米軍を出し抜いたのは痛快やな。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 22:16:35 ID:WSDnWTXH0
基地に残された犬ってどーなったの? 大和と全然関係無い・・・

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 23:21:40 ID:CFMIyRtX0
日本軍は1942年6月、ミッドウェー・アリューシャン作戦においてアッツ島とキスカ島を占領し、
それぞれ2400名と5200名の守備隊を上陸させた。しかしミッドウェー海戦で大敗北を喫した
日本軍は、米軍の反攻によって劣勢に陥ってゆく。翌年5月、トーマス・キンケード中将率いる1万
2千の米軍北太平洋艦隊がアッツ島に上陸。山崎保代大佐以下2500名の守備隊は全滅(玉砕)した。

アッツ島の東方、キスカ島5200名の将兵にも同様の危機が迫った。米軍はレーダーで日本艦隊を
監視し、戦艦5隻を含む90隻近い艦船で海上を封鎖。アムトチカ島に航空基地を建設し、空からの
哨戒も行いながら、キスカ島上陸に備えていた。
これに対し日本軍大本営軍令部は、キスカ島守備隊の救出は困難であるとして玉砕を提案した。見殺
しにせよというのである。海軍北方軍第五艦隊を指揮する河瀬四郎中将が「一兵たりとも無駄死にさ
せてはならぬ」と、軍令部長に食い下がった。そしてついに、救出作戦の許可を得た。
とは言え、10数隻の艦隊を率いて警戒厳重な敵陣に乗り込み、5200名もの人間を救出しようと
いうのだから、成功率は極めて低い。救援軍全滅の確率のほうが高いと予想された。
河瀬中将はこの作戦指揮の為に、海軍兵学校で同期の木村昌福少将を、南方ラバウルから千島の第一
水雷戦隊(一水戦)司令長官として呼び寄せた。「ヒゲのショーフク」とあだ名されたこの人物こそ、
主役・三船敏郎の役どころである。
北緯55度。キスカ島は年中雪と氷に閉ざされた、長さ40km幅10kmの島である。夏でも氷点
下の事があり、濃い海霧に覆われる事が多い。「日本古来の霧隠れの忍術でゆく。」木村少将は今回
の「ケ号作戦」の命運を、濃い海霧に託した。
7月7日、木村少将は一水戦旗艦「阿武隈」、軽巡「木曽」、駆逐艦「島風・綾波・大波・五月雨・
白雲・薄雲・朝雲・響・若葉・初霜」、高速油槽船「日本丸」という13隻を従えて、千島列島・幌
筵島を出港した。
7月11日、キスカ島南西500海里まで接近。しかし霧が晴れてきた。進むか退くかの判断に迫ら
れた。「引き返す。また来よう。」木村少将は作戦を中止し、帰港した。
「キスカの目前で引き返すとは、何たる腰抜け。」第五艦隊の将校たちは、木村少将に罵声を浴びせ
た。木村は現場のたたき上げだった。半分ふてくされた表情で部下と将棋を指し、「精神論だけで戦
さに勝てるか、馬鹿どもが」と風評を受け流しながら、霧を待った。
7月19日、「幌筵からアリューシャンに霧発生。当分晴れる模様なし」と気象班から報せが届いた。
22日夕刻、軽巡「多摩」と海防艦「国後」を加えた一水戦隊16隻が、再び出港した。
濃霧の中、全艦無灯火での隠密航行である。艦と艦がぶつかる事もたびたびあった。7月25日、米
艦隊はキスカ島南西200海里に集結。レーダーに日本艦隊をとらえ、1千発余の砲弾を射ち込んだ。
ところがこの攻撃は、近くの島を艦隊と見誤っての誤射だった。この頃一水戦隊は、キスカ島西側を
航行。この海域は、潮流が速く岩礁だらけの難所だった。木村少将は曲芸のような操船術で、右に左
に船を蛇行させながら、29日キスカ湾に突入。守備隊は救援艦隊を見て泣き崩れたという。
峯木十一郎陸軍少将以下2400名、秋山勝三海軍少将以下2800名のキスカ島守備隊は、12隻
の大発(上陸用舟艇)に分乗し、僅か55分で撤退を完了。8月1日、無事帰還した。

8月15日、米軍29100人、カナダ軍5300人が軍艦100隻でキスカ島上陸
作戦を敢行。莫大な砲弾を射ち込んだ後に上陸し、彼らが見たものは無人の島に日本
軍が残していった3匹の犬だけだった。

初上映の日に観客から拍手が沸いたという異色の戦争映画である。

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 12:18:21 ID:8d2oG02c0
>>184

 一 般 人 は 大 和 の ス ペ ッ ク な ん か 知 り ま せ ん か ら

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 12:50:48 ID:FTvNAuXY0
国民の大多数に撃沈の様子どころか、その存在すら知られていなかった戦艦大和が
国民のお茶の間に広まったのは戦後も高度経済成長期の頃。当時、田舎から大量動
員してきた純朴な「金の卵」達を24時間こき使って経済発展の歯車にするためのプ
ロパガンダとして使われたんだよ。
日本はかつて世界最大の口径を持つ大戦艦を建造する技術力があったんだから、親
をみならって、死ぬまで働けってね。資源もない、カネもない、田畑もないという
真性プアに自信とインセンティブを与えた日本的経営法の元祖である。

高度経済成長期はまさに進捗成果グラフとスペック最重視の時代だった。日本人が
数字に細かくなったのもこの頃から。戦前の日本製品は粗悪品の代名詞だったから
ね。

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 13:52:58 ID:qE56pfKR0
なんかどうしても大和が気に入らない奴がいるみたいだな
大和好きが集まってるスレで一体何したいんだか

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 14:05:04 ID:8d2oG02c0
大和の人気は資本家の陰謀の所産だとか、いかにも左翼の主義者崩れが言いそうな事だな
だいたい素性が読めてきたぞw

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 16:40:14 ID:TioZX/Hf0
ずっと以前からあちこちの大和スレに粘着アンチしてる奴がいるんだよな。
不思議と同時に複数には出現しない。自分はサヨじゃないと言いつつ、
言ってることはご覧の通り。どのスレでも賛同を得られたためしがない。
ただ荒らして遊んでるだけのようだ。ちなみに、他人の意見には聞く耳
持ってないので何言っても無駄。ひたすら自己主張するのみ。

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 15:52:47 ID:YdSkwUpi0
決定版男たちの大和によると、有賀艦長の操艦は
いまいちだったようだね
森下信衛がやっていたら、もうちょっと見せ場があったかな

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 18:28:09 ID:HCJvmBT10
見せ場が欲しかったら、欺瞞航路とらずに真っ直ぐ突っ込むだけでいいと思うの。

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 22:31:06 ID:vg30ymNs0
ドナドナドーナドーナー♪サヨクを乗せてー♪
ドナドナドーナドーナー♪憲法9条改正♪ 


205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 11:26:34 ID:lveA094P0
>>202
あの、「とりーかーじ」って、言っていた人?

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 12:45:42 ID:InySqsf+0
>>205
あれは航海長だから違うと思うよ
森下参謀は伊藤長官の隣にいた人

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 13:47:46 ID:QTGEZucG0
大和ミュージアムに展示すればいいじゃん

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 20:25:34 ID:YjJ7pYYZ0
Qなぜ戦争に負けたのですか?   
A チョンのせいだ

Q高射砲がドイツの17分の1で少なすぎませんか?
A お前には愛国心が無いのか?

Qなぜ日本は海洋国家なのにドイツの10分の一の船舶撃沈量?  
A お前日本人じゃないな

Q戦艦大和は費用に対して何らかの戦果をあげましたか?  
A お前は日教組に洗脳されている

Q国民の摂取カロリーは45年に基礎代謝ギリギリですが戦争どころじゃないんでは?
A 万年属国で悲惨だなw

Q与圧室のついた戦闘機はいらなかったんですか?
A 北へ帰れ

Qなぜ爆撃機を450機しか落とさなかったのですか?  
A 将軍様へのお布施はすんだのか?

Qやはり日本は弱かったのでは
A 在日のお前は人類の敵だ

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 23:44:57 ID:+qQARNhN0
>>196
キスカをレンタルで見ました。大和と対極にある海軍エピソードだと思いました。
全編、濃霧と波しぶき。敵艦とのドンパチもない地味な映画ですね。白黒とはよく言ったもの。
阿武隈等、艦艇も地味で更に北国の作戦故、雪は積もる、ツララは下がるという風貌で侘しい
限り。
しかし上層部に切り捨てられようとする孤島の5千名を、何とか救うんだ。俺達は何の為の海
軍なんだというストレートな主張が、指揮官の東北調の純朴さにも相まって、ヒューマン性が
高い話にできてます。

指揮官から拝み倒された木村少将も、成績優秀というよりは現場叩き上げの、「精神論だけで
戦さに勝てるか、馬鹿どもが」という反骨者。しかも戦争映画なのに、一度は目標の島を前に
退却しちゃう。当然、避難の嵐。

でも大和海上特攻のように「行儀よく」上層部の言いなり・自分の自尊心の為に、部下達を地
獄に共ずれにするような事は、木村少将ならしなかったのではないかと思えるのです。
5千名を救うという任務そのものが日本映画に珍しい人命尊重のテーマですが、その目的の達
成の為に木村少将は無理をしません。危険だと察知すれば退却する勇気もある。
大和はそもそも自滅の為の道行きで、退却なんて誰も口にすることさえできなかったでしょう。

そして2度目で艦隊は見事に救出作戦を達成。それもパーフェクトで装備に勝る米軍を出し抜
きます。大和が九州沖で直ぐに撃沈され作戦遂行もままならなかったのとは対照的です。
久々にいいものを見ました。

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 23:56:40 ID:RQQobESc0
いや、キスカ自体よけいな作戦だったわけだから、後始末が上手くいったからって
大和と比較するのは可哀想だ。

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 00:37:16 ID:/BzFB0h/0
それを言うなら大和だってやらなくてもいい作戦だった。
使わない訳にいかずに出たようなものでは。

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 04:14:11 ID:Q9xgxFf+0
作戦の性質が異なるものを比較して持ち上げられても、木村提督のほうが困るだろう。

ケ号作戦は「キスカ島守備隊を無事撤退させる」事が目的であり、作戦目的実現のための
一時退却は救出部隊指揮官の裁量権内の行動である。
一方、天一号作戦は草加参謀長が伊藤提督に語ったように、沖縄救援という名目の水上特攻作戦。
「大和が斬り死にする事」が目的である。
この前提の前では、仮に木村提督が伊藤提督の立場にあったとしても、抗命して更迭されるか、
従容として死に赴くかの2つしか選択肢は無く、そしてどちらを選択しようと大和が特攻作戦に
駆り出されて米軍によって撃沈される運命に変わりは無いのである。

>でも大和海上特攻のように「行儀よく」上層部の言いなり・自分の自尊心の為に、部下達を地
>獄に共ずれにするような事

伊藤整一という人物を調べもせずに浅薄な批評をするものではない。
故人は反論できないけれども、あなたの品性が疑われるよ。

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 12:03:27 ID:NtHHUqK60
>>212
人を気分悪くさせて楽しんでる人間に
まともに返すだけ無駄ってもんだ

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 23:25:40 ID:BjV+d3PO0
ドナドナドーナドーナー♪サヨクを乗せてー♪
ドナドナドーナドーナー♪憲法9条改正♪ 


215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 02:40:18 ID:PD5Vk1Qh0
>>214
どうでもいいが語呂が悪いな

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 21:27:35 ID:VYflq9000
昭和天皇の自己満足を満たすために大和は沈められたのだ。

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 06:13:46 ID:BMyqAATA0
>>216
あんたまだいたのか
おい、かかぁ!塩だ、塩もってこい!!

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 12:29:56 ID:ZDZUXN/HO
日本列島自体を、動けない浮沈戦艦として80センチ砲とか搭載すればよかったのに。ねぇ?

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 22:04:07 ID:x11541ZT0
本土決戦とは、まさにその事だったのだが?

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 00:28:36 ID:HmhUiQoC0
>80センチ砲とか搭載すればよかったのに

欧州には列車砲で100センチ砲とかあったけど
もし日本にあっても空襲で集中攻撃を浴びて、一発でアウトだな。

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 04:41:23 ID:xMFkssBp0
>>218
まさしく大日本帝国!大和以下のゴミだ!
海軍は一撃必殺のバカげた考えで大物狙いを繰り返し、
アメリカに補給を許し、海上護衛任務を怠った末路、
自国の補給ルートまでも奪われてしまったのだ。

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 08:39:45 ID:ymFLZpri0
>>218
君は中曽根首相か?

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 02:10:53 ID:oX5HxfW40
空母が弱いんじゃ意味がないよ

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 18:03:52 ID:/2eIBkXO0
弱いのは国だ。
某国が不法占拠している島の名を強襲揚陸艦という攻勢兵器につけているのを
黙認しながら、自国の新鋭イージス艦に当初予定していた「大和」の名を忌避
した政府の腑抜けに我々の国防を委ねていいのかどうか考えよ。

沈んだ艦のことをあーだこーだと偲ぶのは、墓参りの時だけで十分だ。何の生
産的な議論でもない。

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 20:23:43 ID:UzocKbI50
サルベージしてくず鉄として中国に売ればええんでないか?


226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 22:54:02 ID:y/C2KOHe0
アホすぎて相手する気にもならんな。
白い目が好きなのか?

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 00:33:50 ID:R+q+pJYj0
>>224
それは残念ながらすべて事実だ。

この国は大和さえもミュージアムと称して金儲けの道具にしている

あさましい限り。

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 12:17:10 ID:I7JI4pa+0
>>224
前半は同意だが、後半の、

>沈んだ艦のことをあーだこーだと偲ぶのは、墓参りの時だけで十分だ。何の生
>産的な議論でもない。
 議論に参加しているくせに何言ってんの?
 アホ?

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 21:23:37 ID:wPPx+mRf0
>>227
実物メインの商売は芸能界と同じく人気のある所にしかお金が集まらないからな。
戦艦大和が大金になるのを証明したのは戦後の模型メーカー達で。
何で大和は売れた??とはとやかく言わんでも、大和という艦名が日本人にとって
心地よいことに他ならない。
長崎で日本最強の戦艦、武蔵ミュージアムなんかやってもいまいちだろう・・・。かな?

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 21:29:14 ID:qg0ngmKS0
武蔵は大和よりも小さいからそれは当然だろうw

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 22:00:08 ID:wPPx+mRf0
10分の1ではなく原寸大の武蔵模型なら逆転するかな?。
そもそも世界最強なのは主砲の破壊力であって
レーダーによる砲撃ができず、他国の艦と比較して極めて命中率の低い大和を世界最強の戦艦とまで
格上げしてしまうのはインチキ商法に、ほかならない。

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 22:08:29 ID:Yux9YWZW0
なんで信濃ミュージアムはないんだよ!

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 23:47:28 ID:B2eL84rr0
>>231
大和が最強でなかったら一体どの戦艦が最強になるのん?
アイオワ級@湾岸戦争verとかいわんでくれよw

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 00:27:26 ID:pNxTgFbO0
のろい船体と当たらぬ主砲とどこに勝算がある。
高速なアメリカ艦相手には金剛級の方がまだ使える。
戦争は一対一でやるものではない。
少ない艦数の穴埋めとして誕生した大和だが役に立たないのも
国力の差を甘くみていた証。

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 00:51:12 ID:YJXC/gbQ0
戦艦の強い弱いを論じる場合、普通は戦艦同士で本来の使い方をした場合を
想定するんじゃないか?ライフルの性能を測るのに、こん棒代わりに
ものを殴って曲ったから負け、みたいな言い方しないでしょ?
結果的に役には立たなかったかもしれんが、だから無駄だ弱いってのとは
違うと思うんだが。

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 03:01:07 ID:qZk541770
>>234
速度上で大和よりも明らかに優位なアメリカ戦艦はアイオワ級の4隻のみで
大半は大和よりも遅いか互角程度でしかないけど?
あと命中率どうこう言うからには当時の日米主力戦艦の散布界データくらい知ってて喋ってるんだろうね?
具体的に数字を挙げてアメリカ軍とどの程度の差があるのか比較論証してもらおうじゃないの。

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 09:01:34 ID:pElrciah0
>235
殴るとか突くとかじゃなくて。
ライフルの性能を測るのに、アイアンサイトだけしかつけられないものと、
まともなスコープ付だったり暗視スコープもつかえるものとで、「口径が
デカイから前者が勝ち」「万力挟んで撃ったら同じところに弾が集中した
から前者がエライ」みたいな話にはならんと思われ。


238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 11:46:50 ID:L9jblD2s0
実際に戦闘したわけじゃないから優劣を語る場合はカタログスペックしかない。
それを検討すると、当時最強の戦艦は大和になる。

これの何が問題なのやら。

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 12:06:25 ID:M4sg2brS0 ?2BP(0)
カタログスペックからも電子兵装が劣っているので総合的な戦闘力に
疑問が付くということだろな。


240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 12:30:25 ID:XYlJgDpZ0
主砲を一回打って次の主砲を打てるまで何秒かかるんだ?

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 13:22:34 ID:cIY8vpZkO
>>239
総合的な戦闘力なら、アイオワの痙攣や定まらない収束域という持病も入れないとな。

>>240
装填速度=射撃速度じゃないのくらいは知ってる?


242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 13:27:37 ID:qZk541770
では仮に大和は最強ではない、と仮定して
代わりに最強戦艦の地位につくのは一体どの戦艦になるんだろうか?
順当に考えてアイオワかサウスダコタかヴァンガードといったところが候補にあがるだろうが
いずれも夜間or悪天候かつ遠距離で会敵という限定された状況でしか大和に対して優位に立てない
そんな戦艦が最強を名乗るのは、大和が最強を名乗るのよりも数倍ヘンだと思うがどうだろうか?

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 13:39:33 ID:pElrciah0
見通しの良い晴天昼間の大将相手なら夜間or悪天候大将もアリなんじゃね?


244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 13:40:57 ID:cIY8vpZkO
>>242
夜間戦といっても、レイテ戦のあたりだと大和も索敵レーダーを改造して射撃可能になっていたので(射撃用電探三二号も完成はしていたが搭載工事ができなかった)時期によっては絶対有利とは言えないと思われ。

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 14:57:34 ID:qZk541770
>>243
別に「1日の半分は夜なんだ!」って考えの下に最強戦艦の称号を昼間部門と夜間部門に
分けて考えてもいいけどね
困った事に>>244が言う通り、大和にもレーダーはあるし優秀な夜間見張り員もいる
あくまでレーダー単体での弾着観測と修正ができないというだけの事で
直接見えなくても存在と距離と方位はわかる
そこから接近を企てて探照灯や肉眼の有効距離20km以内に掴まえれば大和にも反撃の機会が生じるし
多少の距離なら大和の強靭な装甲と排水量に応じた大きな予備浮力が強引な接近を可能にする
相手が逃げ腰なら搭載している観測機を発進させて吊光弾を落とすこともできるかもしれない
そうでなくてもソロモンでの夜戦のように、実戦ではどんな距離で会敵するかわかったもんじゃない

こう考えるとアイオワやヴァンガードを夜の王者と呼んでいいのかわからなくなるよね?
濃霧や雨天といった「悪天候下の王者」となら呼んでも差し支えないかもだけどw

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 22:19:28 ID:w3BqW4bL0
昼の戦いでも勝てるかどうか。オンボロ軽空母1隻沈めるのさえ、どんだけ無駄弾撃ったことか。

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 22:37:42 ID:L9jblD2s0
>>246
あれだとアイオワでも同じだよ。
馬鹿か?

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 23:19:00 ID:SqWcwXD50
アイオワは、動揺周期が長く命中率が非常に悪い。
大和、武蔵の射撃訓練時の散布界の酷さに宇垣参謀は嘆いた。

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 23:37:01 ID:XYlJgDpZ0
>>241
知ってる

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 01:08:02 ID:QQX2IBxM0
>>248
戦藻録だと、その後改善されたとあったと思うが?


251 :250:2006/12/29(金) 01:21:03 ID:QQX2IBxM0
能村次郎氏の本にこの時のが載ってるらしいんだが、アマゾンでも在庫切れorz
宇垣が戦藻録に書いた時は大気の状態などデータを間違えた結果、散々な結果になったそうで、再度計算しなおしての射撃では観測機ありの状態で
3万6千で200mにまで縮められたと載ってるらしい。
ソースを確かめたいが近所の古本屋にも無いorz
こういった本再販してほしいな・・・

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 20:23:41 ID:QVbql+i5O
>>246
アイオワもトラック沖で野分へ50発以上撃って命中なし。
スリガオ海峡海戦でも数百発撃って命中不確実が2〜5発だ。


253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 22:33:27 ID:jh0x9G730
だって、米軍は狙ってから撃つんじゃないんだぞ。マシンガン打法だ。
日本軍は狙ってから撃ってるんだぞ。

そこんとこをよく考えよう。

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 22:34:41 ID:jh0x9G730
だって、米軍は狙ってから撃つんじゃないんだぞ。マシンガン打法だ。
日本軍は狙ってから撃ってるんだぞ。

そこんとこをよく考えよう。

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 23:04:33 ID:QVbql+i5O
>>253
ふかわ君、ソロモン海戦で修正しながら撃った時も命中率が圧倒的と言う事はなかったよ。


256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 09:43:08 ID:DhOC7DGVO
200X年、復元された戦艦『大和』と『武蔵』は東京湾クルージングの目玉として活躍していた。
大砲などは当然模倣品であるが、主砲は空砲を撃つ事が出来る為、竹芝桟橋を出港して東京湾一周クルージングへ行く時、主砲から空砲が撃たれ、その轟音が観客を楽しませて居る。
大和と武蔵の甲板には、家族連れやカップルなどが景色と軍艦型観光船を楽しんでいる。
船内にはレストランも有り、パーティーも行われるという。

大和と武蔵は入れ違いで東京湾クルージングを行っているが、たまに両艦がレインボーブリッジの下で擦れ違う事が有り、お台場海浜公園ではカップルと砂浜と海と橋と夜景と大和と武蔵という、不思議なコラボレーションが見られる事もしばしば。

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 11:44:00 ID:iw9p87ij0
有賀や水兵の幽霊が時々、防犯カメラに映ったり、ラップ現象でも有名
だったが就航1年目で大和と武蔵が衝突事故を起こし炎上・転覆。乗員・
乗客中、救出されたのは276名のみだった。
レインボウブリッジ上から目撃された沈没の状況は阿鼻叫喚の炎熱地獄
であったといわれ、携帯カメラでも撮影された。
警察と海上保安庁は船主・興行主を業務上過失・船舶安全基準の両面で
家宅捜索した。

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 14:00:20 ID:0FgTjHPB0
その衝突事故を秘密裏に画策したテロリスト257が逮捕、処刑されたことは
意外と知られていない。

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 17:48:26 ID:eVV9a3E10
>256
40cmを超える砲は、たとえ空砲でも楽しいというには威力がありすぎて、とても
艦内から出て見物するとはいきかねるもんだが。
模造品でも大和をマネりゃ、艦内からは外をのぞける窓さえろくに作れないから、
これほどクルージングに不向きなものもなかろう。


260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 19:26:13 ID:DhOC7DGVO
そこは上手く改造して客船化するんだと思うが。
しかし、ヒルズ族の社長が大和と武蔵を貸し切って船上パーティーを開催とか有りそうだが。
或意味、軍艦での『戦場パーティー』な。

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 21:43:07 ID:3rWRLFb60
モノホンを民間用に改装したとかなら人気も出るだろうが(燃費掛かりそう・・・)、
戦艦の皮を被った客船、で客寄せ出来るんかねえ。
内装も模造しないと存在意味無いんじゃないの?

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 23:01:13 ID:DhOC7DGVO
内装も模造のがやっぱ良いかな?
まっ、東京湾クルージングなら乗船時間なんて大した事無いし
内装が大和や武蔵と同じでも行けるっちゃー行けるけれども。

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 07:16:54 ID:eh4gdHJv0
重すぎて、無駄に燃料食いそう。市場もオタク狙いで限定的だし。平成の三大無駄事業の一つになりそうだな。

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 09:37:04 ID:o3rmzjBc0
維持経費こそ実物の船より安いだろうが、オープン前、さんざ議会やサヨクに叩かれた
大和ミュージアムがあれほど人気なのは?
尾道なんて1/3しかなかったのにすごい人だったが?
それも、カップルをはじめ、家族連れからにーちゃんねーちゃん、
じーさんばーさんと対象者もよりどりみどりですが?

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 14:29:05 ID:cXMS3MEq0
世界史板のガミラス艦隊その2がスレッドストップ食らった〜
ま、今まで保ったのが不思議だが・・・

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 20:46:14 ID:YQPL0kfY0
>261
モノホンを真似るとすれ違うのもままならず、配管だらけで時に頭を下げないとぶつける
ハッチに30歩も行かずにぶち当たり‥‥みたいな感じになるが、誰も乗らないだろ、さすがに。


267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 22:20:41 ID:TAlboJXK0
「「大和」が爆発したぞ」
 左舷遠方海上で、被爆炎上しながらも敵機と闘っていた戦艦「大和」が、突然大爆発を起こして黒煙と水柱に包まれていた。
爆発した時の黒煙が、入道雲のように大空高く昇っていく。雷撃機の集中攻撃を受けて、魚雷が命中したのであろう。それとも「大和」の弾薬庫が誘爆したのか。
 いかめしい艦橋が崩れ落ち、四十六糎三連装主砲が無残に破壊され、艦首が空高く上がった。戦艦「大和」の断末魔の姿であった。
 黒煙が途切れ、水柱の収まった後に、「大和」の姿は消えていた。
 栄光の不沈艦「大和」、帝国海軍の誇り、戦艦「大和」が遂に海底に沈んでいった。
 戦艦「大和」の勇壮な姿を見ている限り、大日本帝国は大盤石なりと、我々海軍軍人の心の支えとなっていたものが、目前で轟沈する姿を見て、悔し涙を飲んだのは私一人ではなかった。
 あの勇壮な浮かべる城、頼もしい〃くろがね〃、戦艦「大和」の姿を再び見ることはできないのだ、日本は今後どうなるのだろう。

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 10:03:11 ID:LTF3l8atO
お正月は、大和で乗り切ろう!

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 12:35:27 ID:7ML+62qg0
非理法権天。

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 12:41:05 ID:LTF3l8atO
いっぺんに3千人近くの人間がむごたらしい死に方を…ってのが忌まわしい

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 18:40:36 ID:E7vPE5R40
「フッド」が爆発したぞ」
 左舷遠方海上で、被爆炎上しながらもドイツ艦と闘っていた戦艦「フッド」が、突然大爆発を起こして黒煙と水柱に包まれていた。
真っ二つになった船体艦首が、PoWの艦橋よりも高く大空高く突き刺さっている。ドイツ艦の集中攻撃を受けて、弾薬庫直撃したのであろう。それとも「フッド」の対空砲弾庫が誘爆したのか。
 いかめしい艦橋が崩れ落ち、三十八糎二連装主砲は無残にも最後の射撃を試みるが艦首は空高く上がった。偉大なる「フッド」の断末魔の姿であった。
 黒煙が途切れ、水柱の収まった後に、「フッド」の姿は消えていた。
 栄光の不沈艦「フッド」、大英帝国の誇り、戦艦「フッド」が遂に海底に沈んでいった。
 戦艦「フッド」の勇壮な姿を見ている限り、大英帝国は大盤石なりと、我々海軍軍人の心の支えとなっていたものが、目前で轟沈する姿を見て、悔し涙を飲んだのは私一人ではなかった。
 あの勇壮な浮かべる城、頼もしい〃偉大なる〃、戦艦「フッド」の姿を再び見ることはできないのだ、眼前の禍々しいナチの戦艦「ビスマルク」を前に、イギリスは今後どうなるのだろうと思った。


272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 10:08:19 ID:KEiczUKQ0
>>271



273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 13:57:04 ID:R4jBo9VX0
267ならまだしも、271はもう完全に何が言いたいのかワカランな。

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 15:09:41 ID:cy9BVcR80
現在「零式艦上戦闘記」の
mission 17 大和を守り切れ 
に挑戦中
大和がやられる前に自分が味方に撃墜されまくってる
弐の方は一応クリアーしたが、レイテ沖海戦で武蔵が守りきれない

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 13:25:30 ID:7qu368aA0

「【扶桑】が爆発したぞ」
 左舷遠方海上で、被弾炎上しながらも敵艦と闘っていた戦艦「扶桑」が、突然大爆発を起こして黒煙と火柱に包まれていた。
爆発した時の炎が、入道雲のように大空高く昇っていく。敵駆逐艦の集中攻撃を受けて、魚雷が命中したのであろう。それとも「扶桑」の弾薬庫が誘爆したのか。       
 ひょろ長い艦橋が崩れ落ち、三十六糎連装主砲が無残に破壊され、艦首が空高く上がった。戦艦「扶桑」の断末魔の姿であった。
 黒煙が途切れ、水柱の収まった後に、「扶桑」の姿は消えていた。
 浮かべる城「扶桑」、帝国海軍の誇り、戦艦「扶桑」が遂に海底に沈んでいった。
 戦艦「扶桑」の勇壮な姿を見ている限り、大日本帝国は大盤石なりと、我々海軍軍人の心の支えとなっていたものが、目前で轟沈する姿を見て、悔し涙を飲んだのは私一人ではなかった。
 あの勇壮な浮かべる城、頼もしい〃くろがね〃、戦艦「扶桑」の姿を再び見ることはできないのだ、日本は今後どうなるのだろう。


276 :艦長:2007/01/04(木) 14:11:39 ID:j4G5s/mv0
大和サイコ〜〜

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 16:57:17 ID:O5XIHAUb0
>>274
タエロ!
そのゲームやったこと無いけど、零戦はどっから発進してるの?レイテの時は?
シューティングに細かい設定突っ込むのは野暮だけど、何か気になる。

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 01:58:41 ID:ccz8hIl50
>>275
そして、「扶桑」に起きた出来事は、我々の「山城」にも起きようとしていた。
米戦艦隊と雷撃部隊は、我々の艦に次にターゲットを絞ってきたからである。
明日はわが身であった。


279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 02:32:11 ID:AMz1zXcw0
>>277
大和守りきった
依然としてレイテの武蔵は守りきれないけど

設定としては、沖縄特攻では大和と別の空母艦隊があって
その艦隊はまだ敵に気付かれていない模様
大和に向かう敵の大編隊を発見した。迎撃して大和を守れとの事
敵機を追って艦隊上空に差し掛かったときの対空砲火がなかなか
良い感じで雰囲気出してる
レイテ沖海戦はレイテ湾突入を目指した栗田艦隊がシブヤン海航行中に
空襲を受けている模様
陸上基地から出発して護衛せよとの指令
艦隊上空からゲームはスタートするが、見下ろしてみると
大和を中心に駆逐艦が囲って航行中
大和右舷後方には武蔵が煙を上げていて、すでにだいぶ食らってる模様
SB2Cの編隊が武蔵に接近する前に打ち落とそうと頑張っているが
間に合わない
まあとりあえず、山本長官は守りきったし、
ミッドウェーで空母四隻も守ったし、心置きなく仕事に復帰できるわ


280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 03:04:46 ID:aBkEvoop0
うっわ〜、シューティングとは言え来てる設定(笑)。
「下手に戦闘機を選ぶよりB17の方がいい」ってレビュー読んだことあるけど、やってみよっかなー。

でも、もし「信濃」が無事でいた沖縄行ったんだろうかね?
あー、雲龍級の1隻(名前忘れた)も残ってたから、やっぱ無理か。

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 09:24:53 ID:lgQXKOC30
世間の冷遇を背に、遂にゲーム世界に逃避をはじめた大和厨ウヨ達。

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 10:26:12 ID:LAf6wtRW0
>281

世間にかまってもらえなくなったからって、こんなところで
粘着しなさんな。みっともない。 


283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 21:49:01 ID:xNLl8Fkw0
つか「ウヨ」って言葉に頼りすぎ。
そんなだから、突っ込まれた時に人格批判以上のことが出来ないし、呆れられる。

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 21:06:09 ID:ZrptdY9T0
>>254

レーダー射撃ならばやはりイギリス海軍でしょう。

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 23:33:49 ID:q8OQDXhyO


286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 18:41:38 ID:vIGnYZ4WO


287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/12(金) 13:04:05 ID:3EmFcTVHO
>>284
「木材」が装甲に使われてる戦艦に乗って大和と

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 17:46:05 ID:7LVKi6r60
>>251
 大変遅レスですが能村氏の著作は「慟哭の海」ですね。
 散布界が悪かった話と
>大気の状態などデータを間違えた結果、散々な結果になったそうで
 は別のときの話です。
 散布界は改善されたとされるまで数ヶ月以上かかっていますから
>再度計算しなおしての射撃では観測機ありの状態で
>3万6千で200mにまで縮められたと載ってるらしい。
 ということはありません。「慟哭の海」でもそうは書いてなかったかと。
 確かに能本氏は改善後散布界を300mとしていたと記憶しますが、「戦藻録」で改善されたとしているのは弱装ですからどうでしょうか。
 具体的な射撃日時やデータ等を出していないので参考レベルに考えておいた方が吉です。
 
 話は変わりますがサマールで3.2万での前部6門射撃の写真だと散布界300〜400m位に見えます。
 確率的に考えて3.2万で9門だと400〜500m位になるかと思われますね。
 アイオワは戦争中3.3万で550m位という実射データがありますから似たり寄ったりのようです。
 >>241氏の言われる
 >アイオワの痙攣や定まらない収束域という持病
 というのも有名な説でしたが、最近ではこれを否定する説が有力のようです。 
 実際、戦後になってしまいますが弾着状況を見ると普通の戦艦のそれと特に変わりはありません。
 但し大和の方が船体の安定度が高いのは信じてよいと思います。

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 20:31:48 ID:GhzJ6c3h0
長距離からの主砲掃射は天候にも左右されるから
まともに当てようとすればゴルゴ13の世界になっちまうよ。
長距離においてレーダーと主砲は命中率にそれほど意味あるのかな??
三十六計逃ぐるにしかずなら高度なレーダーと速い足を持っているアイオワの勝ち。
大和は追い詰められず燃料切れだ。
先読みされて囲まれてメッタ撃ちにされるのが
日本軍お得意の夜襲も意味をなさなくなったレーダー優劣の実践論だろうけどね。


290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 06:06:17 ID:SakgsuFy0
>>289
アイオワが大和に背を向けたら弾着観測機を射出されて
遠距離砲戦が決定的に不利になりますよ。
射程は大和のほうが長いのだから、アイオワはどうにもならなくなって
本当に逃走しなくてはならなくなる。

また戦艦が戦場に赴く以上、当然何らかの任務を背負っているのであり
「有効射程外ギリギリを維持して逃げ回る」という迂遠な戦術行動を実戦で
採用する余地があるとは考えにくく、仮にそれによって艦の保全に成功したとしても、
人事評価の厳しい海軍のボス、キング提督がそんな艦長を放っておくとは思われず
「消極的で戦意に欠け、戦艦艦長の資質なし」として帰港後に左遷してしまうでしょう。
米海軍は勇猛さを非常に重視していますから。

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 10:06:57 ID:pQNnCEn00
>290
弾着観測機なんて、大戦中を通じて一度たりとも運用に成功していないじゃん。
かろうじて発艦だけできたのがあるだけで、それも観測どころか通信できずに終わってる。
観測機以外にも観測員の夜目がどうとか、光学照準性能がどうとかって、作戦で期待するには
気象や状況に影響を受けすぎるから、結局どれほどあてにしていいものやら。


292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 19:52:18 ID:SakgsuFy0
>>291
おや、スラバヤ沖海戦をご存知ない?
あの海戦で日本側は3機の観測機を投入し、
遠距離砲撃における世界記録を出していたはずですが。
一方、たまたま艦偵を基地に降ろして出撃していたABDA艦隊は、
遠距離を維持して煙幕を展開する日本側のチキン戦法に手も足も出ず
日本側が突撃に移ってようやく一矢報いるといった有様でした。

ただ、観測機と酸素魚雷による射程の優越に依存しすぎて、
遠距離と煙幕を維持したままダラダラと撃ちあって弾と時間を空費した
高木提督は、勝ったにも関わらず「臆病」「消極的」と批判に晒されましたね。
>>289の机上戦術もこれと同じで、一見合理的に見えてもネイビー的には
ダメなんですね、そういうのは。

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 23:37:04 ID:KV0oBbc4O
大和はダメダメだね。
でも魅了されるのは事実。史上最大で最も堅固な戦艦だからね。

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 09:49:54 ID:Teir/+1U0
>>293
史上最大最強はアイオワ級。

ところで大和は沈没直前に弾薬庫爆発を起して、
後部がグチャグチャになってるらしいから
引上げても仕方ないだろ。
それより、行方不明の武蔵を探してやれよ。

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 11:40:10 ID:CeYuTpkBO
>>294
せめてこのスレ位読み直せよ。

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 21:40:14 ID:2XFROMEp0
 弾着観測機が思ったほどには使えないと言うのは本当でしょう。実際の所スラバヤ位しか活躍が見当たりません。
 しかし場合によっては使えるのですから、無いよりはずっといいはずですね。

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 22:01:28 ID:P0cADR9I0
観測機って敵方に航空機が残ってたら駄目だし、もっと簡単に無力化するなら
妨害電波流すだけでもかなり厳しい。
砲戦開始前に発艦を済ませないといけないとか、運用に制約が多すぎるんだよ。
それが実戦で使い物にならなかった理由。


298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 22:41:39 ID:485O87QF0
>>297
レーダーの妨害ならともかく、通信そのものを妨害するシステムを積んだ
戦艦なんて当時あったの?

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 23:07:53 ID:P0cADR9I0
>298
開発そのものは簡単だから検討はあったようだが、わざわざ妨害するまでもなく、
飛ばせないことが多すぎて搭載するまでもなかった。
なにしろ砲撃始めちゃうと爆風で壊れたり、そんなんばっかだったもん。


300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 23:31:59 ID:+3t3a4Qe0
航空母艦ほど積めないけど
観測機なんてヤメちまって爆弾積んで突っ込ませた方がマシというわけだ。
主砲も大物船を狙う海軍のこだわり主砲戦術は止めて
アメ公の空港とかを吹っ飛ばすのに使えた筈。


301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 23:47:32 ID:485O87QF0
>>299
別に観測機相手に用途を絞らなくても、敵の航空機や艦艇の通信を妨害できるのは
計り知れないほどの優位をもたらすのは明白でしょ。
しなかったんじゃなくて、できなかっただけなんじゃないの?

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 10:29:45 ID:WOX5V0b+0
>>301
通信妨害ありますよ。演習でも時々妨信下の状況を再現したり、実戦でも敵機(この場合艦上機)に対して妨信かけています。

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 11:13:33 ID:C8U2i1pB0
むう、その割には実戦で敵の航空機や艦艇へ通信妨害をして成功したとかしないとか
いう話を聞かないのは何でであろうか?

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 13:01:47 ID:JPhmZoqN0
そりゃあ戦闘前は妨害されるまでもなく通信封鎖するのが普通だし。
日本軍の場合、航空機なんかは封鎖しなくても通信できないことが多いし :)


305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 14:39:28 ID:WOX5V0b+0
 戦記物には取り上げられにくい分野だからではないでしょうか。
 戦史になれば少しは妨信をかけたことに言及しているものもありますが、やはり目立つ話ではないですし。
 成功したかどうかも相手の通信事情の内幕がわからない以上何ともいえないのでしょう。
 >>304氏の言われるように日本の通信にしばしば齟齬があったのも幾ばくかは妨信の影響もあったりして。(根拠なし)

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 17:54:35 ID:uHCuDIstO
あーまーげー

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 18:49:11 ID:pWD6faLn0
シロウト質問でスマソけど、大和や武蔵って砲撃にあたり、地球の自転を計測する
機械が積んであったってホント?どういうの?

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 20:56:42 ID:QEpMz5Wv0
大和に限らず当時の近代戦艦は積んでるんじゃないですか。精度は別として。

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 13:57:57 ID:gQhrejqzO
鈍足になっても構わないから、舷側に厚さ1m位の装甲を張れば、魚雷を受けても沈まなかったんだろうか?

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 14:24:45 ID:f39NoSn30
厚さ1mの何にも依るが

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 15:12:43 ID:CAX9MhT+0
むしろ、重くなりすぎて魚雷を受けるまでもなく沈む、という話もある。


312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 16:58:43 ID:gQhrejqzO
不沈艦は有り得ない…か。
僅か263mの艦内に3300人も乗ってたんでしょ?
そこに爆弾や魚雷をこれでもかっていうぐらいに浴びせられて…
凄まじい地獄だったろうね。合掌。

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 00:14:24 ID:iOgLkfwG0
あれだけくらってようやく沈んだのだから、当時、浮沈艦と呼ばれただけの性能はあっただろう。

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 18:56:41 ID:b7aLQrRZO
構造物は徹底的に破壊された。

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 19:11:47 ID:b7aLQrRZO
あれだけの機銃、広角砲がありながら機能せず…。人命を守るまともなシールドがなかった。何事にも、捨て身の攻撃精神だった。船の構造物は徹底的に破壊されたらしい。船が沈む前には防空能力は皆無に等しい状態だったようだ。

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 21:21:43 ID:jN5NzJvt0
高角砲が多数ある艦橋周辺を急降下爆撃機で叩かれたからなぁ。
その後雷撃でドカチン!
最初1本次3本。続いて2本で18ノット。反対に1本。ラストちょい前に2本。とどめに1本!
たった10本で沈んだんだなぁ・・・。

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 22:48:56 ID:g27WOJqO0
武蔵を相手に学習しただけだ。
現に、大和への攻撃は左舷に集中している。
同じ方法で攻撃されたら、大和以外の艦は十本も当たる前に沈没しているさ。

>>315
戦艦が航空機相手に機能すると思うなんて、頭大丈夫?

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 22:50:44 ID:qaW6Hqe+0
>>315

ただのドナドナだよ。
米軍にとっては鈍足で図体の大きな的で、屠殺するのに適当なだけ。
菊水一号は一方的な日本軍の敗北。政府に裏切られた軍隊の悲劇。

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 00:58:28 ID:vynp0PCf0
>>317
その話は有名だけどさぁ。一本だけ右舷に当たってるけど、そのパイロットはやっぱ怒られたのかな?
それと、空襲の合間に駆逐艦から魚雷を発射させ、右舷に当てるなんてことはできなかったのかな?

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 01:22:43 ID:ED45ag5/0
そんなに射程は無い。
それ以前に、近くの海域に駆逐艦は無い。
空母の側にはいるかもしれないが、わざわざ危険を冒してまで近づく必要がない。

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 12:30:51 ID:odpMToAFO
>>317
当たり前な事書くなよ。大和でさえ10本なのに、他の船がそれ以上持ちこたえる訳ないだろ?駆逐艦なんて3本で終わりだ。

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 12:48:12 ID:HghPk/QoO
おまえらみたいな根性無しは兵隊になれねえよばーか

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 12:49:28 ID:ED45ag5/0
>>322
根性なし乙

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 13:50:59 ID:IJ2l3e2h0
>320
> それ以前に、近くの海域に駆逐艦は無い。

真横に雪風がいたと思うが記憶違いか?
あと、冬月や初霜、前に進めなくなっていたけど涼月も残っていたと思われ。

つーか、駆逐艦まで全滅なら、だれが海中に脱出した乗員を拾い上げて
連れ帰ったと思っているのか小一時間・・・。


325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 16:00:39 ID:ED45ag5/0
へ? 日本海軍の駆逐艦の話か?
大和の右舷に当てるとか書いていたから、アメリカ海軍の話かと勘違いしていた。

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 19:09:53 ID:evXK0vFfO
爆弾や魚雷の爆発のチカラってちょっと想像しにくいけど、スゴいんだろうなあ…

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 19:10:13 ID:odpMToAFO
>>322
お前はなれるのか?くだらん奴め!己を知れ、己を!

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 19:40:31 ID:ygAuIPlCO
>>325
右舷に穴を開け浸水させて少しでも傾斜を復元させて云々・・・・・って話だろ

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/09(金) 01:06:58 ID:iyi8w3PzO
おまえらみたいに2ちゃんなんかやってるクズが己を知ればーか

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/09(金) 01:45:18 ID:6rlNpvJ30
>>325
なんでわざわざ米駆逐艦が大和の射程内にノコノコ行って、傾斜を復元させるために魚雷を右舷めがけて発射しなければなんないの?(笑

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/09(金) 01:49:24 ID:dOpzk10VO
>>329
もう少し日本語を勉強しましょう!

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/09(金) 03:25:06 ID:km3cCnPF0
>>1
何かのお宝でもあるのか?
無いなら意味なし。当時の技術の結集の実態が解って恥じの上塗りなだけ

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/09(金) 08:59:37 ID:36hrCqwL0
>>332
大和に使われた技術が、戦後の世界最大の大型タンカーに使われたとか言う話すら知らないんだろうな・・・

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 12:35:47 ID:VXtWa1U2O
>>333
出光丸?

現在最大のタンカーは、全長440m、全幅62mだって。
スゲー!でけー!

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 14:57:46 ID:+Z7ccagX0
アメリカ軍の原子力巨大空母の建造技術は未だに門外不出。
日米合同訓練でさえ、自衛官を入れてくれない区画がほとんど。

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 18:19:11 ID:Z/lS4B3q0
戦艦大和に原爆積んでマリアナ沖で米輸送船団に特攻させれば
米上陸部隊は壊滅するはずだ。

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 20:32:44 ID:EOGJcacP0
ジパングでっか?あれはエセ平和主義の「みらい」によってジャマされるよ。
んで代わりに「みらい」がハープーンを放って鬼畜の米機動部隊全滅だね♪

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 22:57:08 ID:qNsP8mjh0
引き上げてどうするの??
イスカンダルにコスモクリーナーとりにいくの?
よくわかんないんだけど、お魚さんのおうちになってるんじゃないw

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 11:15:22 ID:SwctYGeMO
>>332
無知な野郎だぜ。お前自体が恥だな!

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 00:38:16 ID:zVoJgENyO
人類史上最大の戦艦ってだけで、充分魅力的なのさ

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 00:57:03 ID:WPA3Jtkk0
だな。事実最強だったかどうかなんて、実はあまり問題じゃないし
検証のしようもない。しかし最高ランクのスペックだったのは事実だ。
そしてそれを日本人が設計、製作したことも事実だ。


342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 01:09:45 ID:vZr4HdU40
史上最高ランクのスペックの戦艦なら、間違いなくアイオワに
なってしまうわけなんだが。


343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 01:20:57 ID:WPA3Jtkk0
さんざん言われたことをまた蒸し返すか?
ちったあ過去ログ読めよ

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 02:27:55 ID:8bkZFeWx0
342はノビーのファンなんだよ

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 02:57:05 ID:vc3fZS440
>>342にみたいな無知浅学の屑って何で息してんの?

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 06:23:26 ID:Cx88pLgZO
>>342
はぁ?アイオワ?何言ってんの?大和のデータを把握しとらんな。阿保。

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 09:05:36 ID:vZr4HdU40
>343
おまえこそ過去ログを読み返せと。
第二次大戦末期時点において、と前提をつけんと大和最強スペックとはならん。
それとも最終的に大和の射程外からミサイル打ち込めるとこまで強化された
アイオワをスペックで上回るとマジで思ってるのか?


348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 09:41:31 ID:s9szO8+k0
なんたってアイオワは核弾頭まで搭載できたからね。

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 10:13:51 ID:Cx88pLgZO
アイオワが対艦ミサイルを積む前のスペックだろ?

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 12:05:35 ID:UhAOR6Ay0
>>347
普通は「同時代」で比較すると思うが?


351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 12:58:05 ID:WPA3Jtkk0
普通、大阪城と六本木ヒルズを同列には語らないよな。
零戦とF22を比べるバカもいないよな。

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 14:16:15 ID:vZr4HdU40
>350
同時代比較なら登場時点のドレッドノート最高! とかもありなのか?
だから前提をつけろって話だろう。


353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 14:48:31 ID:NRDqhXox0
先に沈むのが悪い。

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 20:06:32 ID:WPA3Jtkk0
ところでアイオワはのべ300機のホーネットに攻撃されて
沈没せずに済むかな?それで悠々生き延びるようなら
アイオワ最強説に頷かんでもないが・・
ま、飛行機は対艦攻撃できればトムでもなんでもいいんだけど。

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 00:29:17 ID:A2wK3YjG0
なんか無理やりな比較を従っているみたいだが、大和は結局沈められている訳で、
300機のホーネット相手に沈んだとしてもアイオワが歴代戦艦で最強スペックに
到達したかどうかについては何ら影響がないぞ?


356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 00:59:09 ID:ytOua1ZS0
話を聞く気がないことだけはとてもよく分かった。
零戦とF22を・・・

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 09:10:02 ID:A2wK3YjG0
なんで絡まれているのか判らんけど、確かディスカバリー・ジャパンの戦闘機トップ10で
零戦はトップ10圏外、F22は2位あたりだったような記憶があるよ。
1位は確かP51。戦績を含めた評価だからこんなもんだろうな。
戦艦でトップ10をやったかどうか見た記憶が無いのでわからんけど、同じ評価軸で
やったら大和は戦績がアレなのでやっぱり1位にはなれんと思われ。


358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 10:08:25 ID:mOIEtItA0
>>357
>戦績を含めた評価だからこんなもんだろうな。

おかしくないか?
戦績含めてならF22はまだ無いわけだし、P−47やF−16のように代打が成功した例もある。
どういう基準で集計したんだ?

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 10:26:01 ID:A2wK3YjG0
そりゃあ性能があまりにも図抜けているからだろう。


360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 12:09:32 ID:ytOua1ZS0
>ディスカバリー・ジャパンの戦闘機トップ10

何の記事か知らんが、そんなもん執筆者の好みに過ぎんだろ。
結論に合わせて都合のいいデータを拾う。なんなら中国あたりの
データでも参照したらどうだ?きっとスホーイが強いぞ?

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 12:37:46 ID:A2wK3YjG0
>360
ちゃんとSu22とF-86は共に上位にランクインしていたよ。


362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 12:42:36 ID:A2wK3YjG0
>361
Su22じゃないや。朝鮮戦争だからMiG-15だな。
なんで勘違いしたんだろ?


363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 19:36:51 ID:t8ETStNe0
                         ___
                     /     \
                   /   / ̄⌒ ̄\
                    /   / ⌒  ⌒ |
                     | /  (・)  (・) |
                   /⌒ (6     つ   |
               (  |   / ,. =ョ  |
                フ¨   /´/=三|  / はよ引き上げろや!!
      [辷5イ]        /   ,.イ´ /三三ヲ /
    ー丑丹丑‐'   / ,.-<.ノ  {ニニニヲ/
.   、  マヌ冂{[_ / ,..イ { {\ ',、  \三ヲ/
    \此亜沙''´‐''´  l \ー'人\   /
.    / 7 ̄「 ‘’l      l二l>'´  `7´
  ___,,Lム辷j_ _j_ __ __」二l____/
  ̄ ̄辷_:::::〈:::::::/::::::::::::/l二l:::::::::::::: \
     八__r=.;;_:{:::::::::::::{ ::::::::::::::::::::::::::.  `ヽ
      ー辷_'ー'う‐- ..;;j_:::::::::::::::::::::::::::::  ::}
          ̄     `'' ‐ ..;;_:::::::::::::  ,ノ
                          ̄ ̄ ̄


364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 02:52:49 ID:ZGK/m93F0
>>361
朝鮮戦争でのミグとセイバーのキルレシオは1:4(冷戦終結前までは1:10)とミグの完敗。
本当にどういう基準で選んでるんだ?

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 07:26:12 ID:xrVjvS2Z0
>364
朝鮮戦争を前半と後半に分けると、前半はMiG-15、後半はF-86で
共産圏フィルターを外して戦果を公平に見るなら割と妥当でしょ。


366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 08:34:37 ID:ecZ25jISO
>>365
前後半分けて評価するなら、ミグは評価して零戦は評価しないというのは、やっぱりおかしなランキングじゃないか。


367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 09:21:27 ID:xrVjvS2Z0
朝鮮戦争前半のMiGの与えた脅威と、太平洋戦争の初期の零とじゃ贔屓目フィルターなし
ではMiGの方が上という判断だろうな。本当にもうちょっとで半島全部がまっかっかになる
寸前までいっちゃってたしね。
太平洋戦争を重視したくなる気持ちは俺もあるがね。


368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 00:00:49 ID:zhf0C1QN0
ついさっきディスカバリー・ジャパンで戦艦トップ10をやってたよ。
順位は以下。

1位 アイオワ級戦艦
2位 ニミッツ級航空母艦
3位 クイーン・エリザベス級戦艦
4位 タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦
5位 フレッチャー級駆逐艦
6位 ノースカロライナ級戦艦
7位 ビスマルク級戦艦
8位 エセックス級空母
9位 ドイッチェランド級ポケット戦艦
10位 フッド級巡洋艦

残念ながら大和級は圏外ですたお。
肝心の戦果が見劣りするから仕方ないかな。


369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 12:22:15 ID:vWnwUu+l0
大和の巨砲主義、巨砲で一発でしとめる
という考えは、あまり受け入れられない。
巨峰の生かしどころが問題である。


370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 12:58:18 ID:DIzzDSQD0
なんで空母や巡洋艦が入ってるの?
戦艦のランキングじゃないのかよ?

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 13:12:43 ID:Or5PKGou0
主催者の趣味がよくわかるランキングだな。
そんなもん誰でも作れるぞ。
空母より駆逐艦、戦艦が下なのは理解不能。
航空機を積載してナンボの空母は
船としての戦力はなきに等しい。飛行機を
勘定に入れるのか?だったらミサイルランチャーを
大量に積載した輸送船もアリじゃないか?

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 22:09:41 ID:1ZfO1+sS0
戦闘するための艦という意味だろう。それなら艦載機を発着させる空母は
戦闘力としてカウントしても、運ぶだけでランチャーの機能のない輸送艦は
カウントできまい。
エセックスは実績として不沈性と対空戦力が結構ある。あれだけ就航していながら
ボカチンされたのはないからね。ニミッツに至っては艦載機抜きでも下手な
ミサイル艦より攻撃力があるしねぇ。
文句があるとすればビスマルクが大和より上ってことだが、戦艦相手に
砲戦してみごとに沈めてるからチト弱いな。



373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 23:08:27 ID:yTS5yqES0
映画男たちのyamatoの撮影用1/1模型って廃棄しちゃったのかな?
張りぼてでもいいから手を加えればいい観光施設になると思うんだけど。
 
ところで沖縄水上特攻で大和以下の艦隊って米軍艦載機にどのくらいの
被害を与えたのかな?知ってる人居ませんか?
このスレって詳しい人が多いようだから質問したくなっちゃった。^^


374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 21:53:05 ID:3sT4LSje0
このランキングでいうと、対艦ミサイル満載の航空機を限度一杯に搭載した
ニミッツでもアイオワは沈められないってことか?
それって、航空機が核武装した場合はどうなるんだ?

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 21:56:28 ID:doc0mzbK0
>374
アイオワも核トマホークの装備までいってる訳なんだが。


376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 01:05:19 ID:0AzyMs4o0
すると核装備の原潜が入ってないのはナゼ?

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 01:36:19 ID:o/PfhrvW0
まあタイマンで戦闘することなんてないんだしw
仮面ライダー1号と2号どっちが強い?って聞く幼稚園児みたいな討論やめない?


378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 09:02:11 ID:xYFaxFIZ0
>376
そりゃあ潜水艦だからだろ。


379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 12:24:09 ID:0AzyMs4o0
>なんで空母や巡洋艦が入ってるの?
>戦艦のランキングじゃないのかよ?

>戦闘するための艦という意味だろう。

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 12:41:11 ID:xYFaxFIZ0
>379
引用ミスか? 本文が無いぞ。
とりあえずまぁ、落ち着け。


119 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)