2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【大宰相】日本の歴代首相について語る【平和ボケ】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/16(金) 10:51:13 ID:jCzOzV2BO
日本の歴代首相(主に戦後)について語ってください。
批判一辺倒のマスコミ的な見方でなく、戦後の日本の歴史に果たした役割とか、前向きな評価もあればお願いします。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/16(金) 11:01:03 ID:sN81asQr0
戦後日本のかたちを築いたのは、なんといっても吉田茂

個人的には、吉田→池田の軽軍備、経済優先政策が良かったと思う
現在になって歪みも出てきているわけですが

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/16(金) 19:43:34 ID:O5ynnGrX0
若槻礼次郎が好きです。
やはり彼はマイナーですか?

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/16(金) 19:54:37 ID:fFTaJ6E0O
若欟は戦後じゃないけど、二回も首相してるし満州事変時の内閣だし、
さほどマイナーではないのかもしれない。
忍苦の政治家、と評されていますね。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/17(土) 09:45:37 ID:coAC1xcbO
以前、海外の評論家が田中角榮を戦後の偉大な政治家10人(世界からだからケネディとならんでる)のうちの一人に挙げてたのを見た事あるんだけど、そんな功績あるかな?
天才的な人物ではあったし日本の政界には絶大な影響を与えたとは思うけど、その結果は…?

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/17(土) 12:48:59 ID:L6QBNDgoO
田中角栄がいなければ、日本のモータリゼーションは20年遅れていただろ。
ただカネまみれの政治屋だった。
田中はカネを使ってヒトを踊らせたが、
田中以降の政治屋はカネに踊らされるヒトばかりになった。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/17(土) 14:19:47 ID:b10cxi+o0
田中は育ちが悪いから信じられるものは金だけだった

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/17(土) 16:41:25 ID:8lmixwJW0
貴賎にかかわらず金に靡かぬ者はない

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/18(日) 10:58:28 ID:bcdEXTlZO
日本の首相の変遷を見直すと、時代の要請や移り変わりが見えて面白い。
まあ、当たり前の事なんだが、日本人は日本のマスコミの近視眼的な報道のせいで首相の評価が公平でない所が大きいから、そういう当たり前のところが見えにくくなってる。
竹下首相は税制を改革し、「田中以後」を終らせた。
村山首相にしても日本国内における冷戦の構造を終らせるという意味では非常に意義があった。
森首相だって、その後の流れを作る役割があったと言える。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/18(日) 11:17:15 ID:aLfizSD10
戦後の総理で歴史に名を残すに値するのは
吉田茂、岸信介、池田勇人

少し譲って、田中角栄、中曽根康弘

他山の石とすべきは、村山富市、橋本龍太郎

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/19(月) 17:41:08 ID:x7/n9L1CO
羽田とか宇野にも果たした役割はあったのだろうか…。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/19(月) 19:55:57 ID:a9tRsiUS0
>>2
同意。あの政策が今日の日本が軍事的に誤らず経済大国になった政策だったと思う。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/19(月) 22:41:15 ID:A/lQdDL80
>>5
地方の生活レベルは一気にあげたのは彼の功績といえるかもしれない、

ただし、それが、地方への無駄な公共事業のばら撒きや、
痴呆公務員の無駄な給与などに繋がっている。

今は大分減ったが、昔は国家公務員の1、2倍くらいの給与が約束されていた、
地方のほうが、何割も地価や物価(輸入品のぞく)は安いのにね

また中央の金をばら撒いているのだから、首都圏など都市部の発展おおいに阻害して、
日本の発展を阻害した面もある。

田舎の人間には神様で、都会の人間には悪魔

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/20(火) 00:09:55 ID:2SYh/1JX0
角栄なんぞ新潟への利益誘導しか考えとらんよ
新潟民は口をきわめて賛美していたがとんでもない

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/20(火) 18:08:31 ID:P5OXeAJ3O
角栄は中国と手を結んで、日本独自のエネルギー供給圏を創ろうとしたからアメリカの軍産複合体に失脚させられたとかいう説があったけど。
実際はどうだったのかねえ。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/20(火) 22:45:52 ID:falOgu500
やや過大評価気味

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/20(火) 23:03:39 ID:5JYT3VNM0
>>15
そういう事。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/21(水) 18:36:06 ID:v1xA6L/+O
橋龍は本当駄目だったな。
遺族会会長だったくせに特定アジアにヘイコラしてたし…。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/21(水) 19:55:06 ID:hEtQHCQa0
吉田茂なんてアメリカにへいこらしてただけじゃねえか
アメリカのポチの体制を固めた吉田
なかでもGHQのWGIPを否定せずに反日日本人を増殖させてしまった罪は大きい


20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/21(水) 20:18:02 ID:43MTKhne0
そうは言うがな。今日食う米にも困ってたんだし、致し方ないことのあんだろ。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/21(水) 23:57:30 ID:sjoOX1se0
おそらく吉田は、中国の共産化と朝鮮戦争で、
いずれ日本も自主憲法を作り、国軍を持つことの必要性を感じていたはず。
ところが、退陣してしまたために、実現しなかったんだろう。

そのあとの内閣はそこまでの考えが至らなかったのだろう。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/22(木) 00:04:49 ID:IhQn3f2f0
吉田はまだしも
次の鳩山が河野と組んでガチガチの親ソ政権だったのも大きいだろう
北洋漁業利権のために2島をソ連に売り渡したと噂される河野だからな
おまけに次の石橋が親中
病気で早期退陣してよかった

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/22(木) 11:21:25 ID:ukrJ6LJc0
>>21>>22
吉田はある意味コズルイ
アメリカにおんぶにだっこの方が、日本の発展にいいと考えたはず
自主憲法制定は鳩山ー河野の持論

鳩山は戦前リベラルだが、吉田より思想は右
日ソは吉田への対抗意識

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/22(木) 19:14:06 ID:NYgQG5JGO
>>18
橋本をいくらか弁護するとすれば、時期が悪かったという面もある。
丁度バブル崩壊から立ち直りかけたばかりで、日本経済の体力回復が十分でない時期に改革に取り組まなければならなかった。
橋本のやった消費税の引き上げや行革は長い目でみたらやはり日本に必要なものだっただろう。
ただ、タイミングが悪くてその後のデフレを招いてしまった。


25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/23(金) 05:58:52 ID:bJwkqyz5O
吉田と鳩山どっちのがより右翼だったかは難しいと思うよ

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/23(金) 07:45:29 ID:9+o24+CH0
竹下は?

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/23(金) 13:12:22 ID:DUspwlxzO
>>26
竹下は消費税導入とリクルート事件しかイメージがないな…。
あと政権末期に支持率が一桁になって、その後の政治不信が深刻になったとか。
そういや竹下以後はコロコロ首相が変わるようになるんだよな。その意味では政界再編のきっかけを作ったのかも。
ある意味足利義政みたいな存在なのかも。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/23(金) 16:16:13 ID:KrZBRORW0
これってどうですか?
スレタイそのままの書名ですが。

歴代首相物語
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/440325067X/249-2855428-8066751

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/23(金) 18:00:30 ID:tW+1lQbA0
>>10

少し譲って、田中角栄、中曽根康弘

中曽根ってそんなに功績あったっけ?
売上税導入失敗、スーパーコンピューター疑惑で火達磨。
レーガンと仲良かったくらいしか印象にないが…

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/23(金) 22:21:38 ID:XlIklWFi0
国鉄民営化とか

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/24(土) 07:09:31 ID:Lkc9o+1pO
三公社民営化
官庁再編
安全保障政策

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/24(土) 09:46:40 ID:gNs43awh0
中曽根は、行革や国鉄民営化、日米関係をより強固にしたこと。
ただ、支那の圧力に屈して靖国でヘタレたのと、
正論を述べた藤尾を罷免したことで、この国に傷跡を残した。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/24(土) 22:43:58 ID:To8tT/wK0
岸は安保のとき、弟とともに自殺するつもりだったらしいな。

今の日本でここまで覚悟して、法案を通している議員が何人いるんだろうか。。。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/25(日) 00:02:01 ID:rQDdHl+90
>>33
郵政法案の小泉。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/25(日) 14:46:51 ID:+b2cERehO
小泉について語るのはまだ早いだろうな。
功罪相半ばする人物だとは思うし批判をしようとすればいくらでもできるが、今の時期に彼のような首相が必要だった事は間違いない。
まあ彼が退陣してもっと時間が経たないと正当な評価はできないだろう。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/26(月) 13:39:29 ID:qddLz3Fq0
岸信介もあの時代には必要だったのだろうな…。
アメリカのポチとしてこき下ろされることが多いが…

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/26(月) 14:21:40 ID:NF25B1QX0
総じてみんなポチだけど、野望というか腹黒いポチと正直ポチがいるよ

吉田茂・・・腹に一物あるポチ、日本が繁栄すればどうでもいい
鳩山一郎・・・吉田が表面上ポチだから、表面上親ソ
岸信介・・・何とも言えない
中曽根康弘・・・こりゃ正真正銘のポチ、自分がよければいいんじゃ
小泉・・・ノーコメント、でもすぐ上の人に似てるかも

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/26(月) 20:59:28 ID:k+kr3rWj0
〜・〜・〜・〜・〜〜・〜・〜・〜・〜〜・〜・〜・〜・〜〜・〜・〜・〜

 働けども 働けども  我らが暮らし 楽にならず

どんなに働いても、財布に穴が開いてりゃ貯まるもんも貯まりません。
まずは、財布の穴を塞ぎませんか?

紅の傭兵他売国議員へ集団提訴しませんか?2審目
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1134208354/

【現在の拠点サイト】
http://dx37.ja-21.net/

【賛同者集計メール送信先(件名に「訴えてやる」)】
ikazuchi23ch@yahoo.co.jp

長い長い線路を作るために、まずは鉱山掘ることからやってみませんか。

〜・〜・〜・〜・〜〜・〜・〜・〜・〜〜・〜・〜・〜・〜〜・〜・〜・〜

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/26(月) 23:45:46 ID:64bZpqze0
>>37
岸は、打算で、日本の為に、アメリカを利用しているって感じかね。
元々戦犯ってんで、命狙われていた立場だし。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/27(火) 12:33:19 ID:4pxtoNF9O
今は岸はマンセーされるのに吉田は評価されない風潮があるような

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/27(火) 12:56:49 ID:5bViPoCk0
戦後の日本を批判する人は吉田をあまり評価できないんじゃないか。
俺には佐藤栄作なんかが日本を駄目にしたようにも見えるけど。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/27(火) 13:36:43 ID:mxxGBLSf0
まあ小泉と岸が被るんでしょ

吉田の流れの宏池会は軽武装、経済優先
佐藤派も同様、田中派以降は毛色が変わるけど(開発優先というべきかな)

自主憲法等は鳩山から岸派、河野派の流れ
戦後60年になり流石にこのままでは?になってきたんでしょ

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/27(火) 13:53:32 ID:mxxGBLSf0
連投申し訳ないが、池田についてふと思ったので

吉田は人気と言う点ではいまいち、
曲学阿世の徒、不逞の輩、バカヤロー、お蔭で鳩ぽっぽは大ブーム

そこへ行くと池田はすごい
中小企業発言、貧乏人は麦を食え発言と暴論で物議をかもしたが、
「所得倍増〜」で日本人を乗せちゃって、高度成長を達成
施策も当時では適切だったんでしょうが、ムードづくりに長けていた

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/27(火) 22:51:50 ID:v4C0GF/C0
 戦後の首相で卓越しているのは、やはり吉田茂。
占領下の難しい時期に、アメリカと協調して安定した政策運営を行った。
 同時期の韓国とかをみると李承晩とかは、支離滅裂な政治を行なって
朝鮮戦争の原因をつくってしまった。混乱した政治情勢下で社会を安定
させていることだけでも、十分すぎるほどの功績。

 鳩山・岸・石橋は少し毛色が違うが、池田・佐藤は吉田の引いた
戦後の路線を無難に継承し、社会安定と発展を持続した。韓国や台湾などは、
建国の特殊性もあるが軍事政権下での安定と発展をとった。ここも
日本との違い。
 戦後の難しい時期に穏健な政治指導者がでず、社会不安が生じれば
日本も韓国・台湾のように軍事政権になっていたかもしれない。吉田から
池田・佐藤の時代は、同時期の東アジアと日本との違いを明確にした時代。
 同時期の東アジア諸国の動きを見れば、ハデさはないが吉田・池田・佐藤は、
望ましい政治家と見れなくもない。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/27(火) 22:57:26 ID:LvYfctLhO
吉田がアメリカの意向をうけて日本の再軍備に踏み切っていたらどうなってたか…。
軍事政権になることは有り得ないにせよ、戦後の歴史はだいぶ変わってただろうな。


46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/27(火) 23:05:03 ID:v4C0GF/C0
 政治家としての面白みから言えば、李承晩、朴正熙、蒋介石とかの方が
吉田とか池田・佐藤より上。
 しかし、社会運営を無難にこなした点から言えば、吉田や池田・佐藤の
方が上と言えるかもしれない。朝鮮・台湾の置かれた特殊な状況下での
社会運営と比べること自体が無理なのかもしれない。しかし同時代の
韓国・台湾をみるにつけ、異能な政治家を必要としない社会こそが
望ましい社会とさえ思える。

 安定した戦後の日本に大宰相は存在しない。大宰相は強力なリーダーシップを
必要とする時代や社会においてのみ必要とされる。その意味では、戦後の日本は
破天荒な大宰相を必要としない幸福な時代だったと言えそうだ。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/27(火) 23:10:48 ID:5bViPoCk0
>>46
同意。
日本の場合は天皇制があるというのが大きいだろうな。
国の象徴としての陛下がゆるぎなく存在するから、首相がコロコロ変わっても混乱が起きない。
これが大統領制で、コロコロと交代してたら血の雨が降るだろう。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/28(水) 04:38:48 ID:hQaek8gQ0
天皇制というより「昭和帝」だろう。仮に御退位なされていたらどうなっていたか。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/28(水) 09:54:10 ID:V0E3ZmTeO
吉田は安保の時、岸に自衛隊の出動を要求しているから、
日本が再軍備したら、というより吉田に軍隊持たせたら危なかったw

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/28(水) 11:46:22 ID:atOPTum20
>>49
そうなの?初耳、安保闘争の自衛隊出動は岸と赤城の話かと思ってた
第一大磯と岸の接点ってあるのかな?

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/28(水) 21:00:51 ID:V0E3ZmTeO
手紙書いてアイク来日のために全学連、社会党の一勢収監、自衛隊の出動を要求してる。
『吉田茂書翰』にある。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/29(木) 00:37:30 ID:wvLIm0/P0
マスコミの言うことはホントあてにならんな。
吉田の非武装路線も岸の日米安保改定も
今からみれば大正解だが、当時は大バッシングで
マスコミは止めようと必死だったんだよね。
いくらマスコミの役割が権力の監視とは言え・・・。
しっかし明治維新の時といい、日本は混乱期になると
適切な舵取りをする指導者が現れてくれるよな。
大事な時期に暗君の出る朝鮮とはまさに正反対だ。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/29(木) 03:21:54 ID:HmEIpj+f0
アメリカのポチでなかった田中角栄が悲惨な末路を辿った理由はよくわかった。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/29(木) 05:37:34 ID:O1MFq5wy0
>>46
朴正熙はともかく李承晩、蒋介石はどう見てもアホ。
この二人がマトモだったら中国も韓国も分裂せずにすんだ。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/29(木) 10:17:24 ID:jRL2kdrz0
>>51
意外だな。タカ派の岸より経済優先型の吉田の方が強硬路線だったとは・・。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/29(木) 10:48:09 ID:essbALuz0
>>51
なるほど、ご指導ありがとうございます

ただ、自衛隊出動を赤城宗徳防衛庁長官に相談(指示?)したのは、
岸の意思である、と思います
池田、佐藤ならいざしらず、岸は吉田と敵対してきましたから、
吉田の指示では動かないのではないでしょうか

もっとも吉田は河野一郎邸が放火された時、「焼き討ちだ」とはしゃいだぐらいですから
敵対するものには厳しい、独善的な部分はありますね
頑固で自説は決して曲げない性格ですし

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/29(木) 19:42:47 ID:vtzTKS5b0
>>54
李承晩はともかく蒋介石はどうかなぁ
蒋介石は初めから中共を敵視していたから、西安事件さえなかったら、
今頃中国はもう少し小さな民主主義国家になっていたんじゃないの
もっとも、台湾での蛮行は認められないけどね

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/29(木) 20:02:57 ID:GrDmDyU30
歴代首相の中でも最高の名門出身である近衛文麿はどうよ?
平時に首相を務めていたらその優れた見識と幅広い人脈を生かして
稀有な政治状況をつくり燦燦と輝く大宰相だったと思う

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/29(木) 20:43:50 ID:jnVMVAtaO
近衛の人脈はすごいね。
吉田茂書翰みると戦時中は吉田も近衛の部下格でいろいろしてる。
ただ人脈幅広すぎたのが逆に問題だったと思う。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/29(木) 20:49:36 ID:XTEBMSex0
平時であったらという「たられば」で語るにしても近衛はひどすぎる。
真の愚物だろ、ありゃ。


61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/29(木) 21:10:50 ID:GrDmDyU30
吉田茂の近衛の評価はけっこう高いね
全部軍部が悪かったとか言って

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/29(木) 22:21:04 ID:vOA2JHOJ0
>>61
そういう吉田茂の発言何に載ってますかね?
良かったら教えてください。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/30(金) 00:43:21 ID:GzEcn1dZ0
>>62
ちょっとわかんない
いろんなスレで知ったから

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/30(金) 08:34:57 ID:ywZrtmPRO
石橋省三の評価はどうなってるの?
一時期は親中と、病気で短命政権だったという事で左翼がマンセーしてたみたいだけど。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/30(金) 09:36:59 ID:an7zWrAZ0
近衛はしらないが、来栖三郎への手紙には「東條は悪魔」だとか
偏った見方をしていて外務省は一方的な被害者だと言わんばかりだ。
吉田も官僚的な部局主義の枠外にでることはなかった証左か。


66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/30(金) 12:37:41 ID:CRVRUdgiO
東郷に対しては厳しかったけど。>吉田

それにしても、緒方竹虎が死に、石橋が倒れるとは岸ってついてたね。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/30(金) 15:22:25 ID:PITelLCn0
やはり東久邇宮稔彦王でしょ。
戦後間もなく総理になり間もなく終わった人!!
ワタシの尊敬してる方でもあります

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/30(金) 15:30:50 ID:Ru8eP5ewO
やっぱり、宇野そうすけでしょ。
『明鏡止水』という言葉は彼とともにありますw

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/30(金) 16:03:30 ID:bvFXLEQH0
宇野宗祐はどうでも、稔彦王は評価されていい
下手打てば陸軍の反乱すらありえる場面で、
押さえが利く人物であったのは確か

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/30(金) 23:13:33 ID:I91iGdoy0
>>54

 大政治家の必須の要素は胆力としぶとさ。これがないと自らの意志を
貫徹できない。日本の政治家に一番欠けているのがこれ。能力があり、
バランス感覚に長けていても強引さがないと何もなしえない。近衛
なんかその典型例。

 李承晩や朴正熙、蒋介石は、胆力やしぶとさの点で
日本の政治家にないものを持っている。李承晩、蒋介石は、敗け戦で
失脚しても当然なのに、持ち前の胆力と統率力で政権に居座った。
これくらいの図太さがないと政治なんてできない。しょせん善悪判断や
政治的評価なんて主観的なものにすぎないんだから、すべてを無視して
自分の意志を貫き、周囲を巻き込むことが政治家に求められる第一の条件。

 李承晩や朴正熙、蒋介石は、ろくな人間ではないと思うし、彼らのとった
政策も必ずしも正しいとは思わないが、彼らは日本の政治家にない政治家
として一番重要な美点をもっている。胆力としぶとさこそは、政治家にとって
必須の徳。能力や慈悲は、あった方がよいがなくても良いもの。失政の結果は、
国民や歴史が審判するものだし。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/31(土) 12:29:16 ID:/9WxO54PO
リベラルさでは石橋さんと三木さんが双璧かな

72 : ◆dtaT8//Pxg :2005/12/31(土) 12:53:25 ID:PSkJG3S3O
(もうすぐ)あけますねおめでとうございます。
旧年中は御世話になりました。
不束か者ですが来年もよろしくお願いします。

P.S.

0時近くになると混雑してくるのでフライングさせて頂きました。


...たもさんより

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/01(日) 14:09:01 ID:7nOvay4AO
あけおめ。歴代の話じゃないけど、小泉の次の総理は誰がやっても酷評されるだろうな。
小泉の負債を背負わされる形になるだろうし、中曽根以後の短命政権の繰り返しみたいな時代が再び来るかもしれない。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/01(日) 21:03:32 ID:AwqNK/emO
次は福田で、その次は武部でその次は安倍でしょ。
レールは敷かれている。
福田、武部は明らかに短命に終るだろう。
んで安倍で長期政権だろ。
もっとも日本が無難にやり過ごせられればの話だが。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/01(日) 21:35:30 ID:IGhhTEI+0
いや、麻生→安倍だろ。
福田と武部はないべ。
福田は現在の主流派と距離があるし、党内をまとめるのが難しい。
なにより、森派がずっと総理を輩出することになるので、森もいやがろう。

武部は右腕としては有能だろうけど、頭としてはどうだろう。
幹事長という立場がないと、人望と影響力がないのが致命的。

なので、中川とかが欲を出さない限り、麻生じゃないかと思う。
小泉と大筋は一緒だし。

ただ、安倍が総裁選にでるかも、という噂があとを立たない。
彼が出たら、党員票の大半をとるだろうから、まず誰も勝てない。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/02(月) 19:13:51 ID:J4AeB2Tv0
>>70
日本の戦後と朝鮮、中国大陸、台湾では状況が違うし政治についての伝統も違うから比べても意味はないんじゃないか。
日本は戦前から民主主義で議会も憲法もあり、戦後も政治的基盤が安定していたからそういうふてぶてしさはむしろ国にはマイナスになることの方が多かった。
李承晩や朴正熙、蒋介石は確かに日本の政治家よりしぶといし胆力があったかもしれないが、それは山賊のお頭的なもので、政治家としては2流だと思う。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/04(水) 10:56:31 ID:ZZU4gu0R0
ここは朴正熙と蒋介石について語るスレになりますた

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/04(水) 16:15:27 ID:4VB6MpvGO
吉田茂はアジア途上国の独裁者のなかでは蒋介石のことを気骨があるとして一番評価していた

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/04(水) 16:56:38 ID:UoqA58PxO
じゃあ逆に戦後最低と思われる首相は誰?
羽田?

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/04(水) 20:43:29 ID:oYtbO3sa0
次の首相。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/04(水) 21:56:02 ID:R6Fk+MiT0
うの

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/05(木) 04:22:51 ID:PlaYiVqA0
>>79
本朝滅亡を推進する小泉純一郎に決まっています。

日本史上最悪の男です。


83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/05(木) 05:09:15 ID:HVpYP9+z0
>>79
竹下登、鈴木善幸、海部俊樹あたりはダメというより何したのかわからん。
ふり返ってみるとダメなのは村山富市だろう。
阪神・淡路大震災やオウム事件の対応のまずさもあったが
「村山談話」や「女性のためのアジア平和国民基金設立」で中韓の感情を
和らげようとしたが逆に火に油を注ぐ形になり今でも尾を引いている。
何より時計の針を戻して「野合政権」を作ったあげく社会党をぶっ潰しちゃったw
個人としては清廉な人だったんだけどねぇ。
逆に佐藤栄作は「大宰相」だったと思う。
冷戦期の難しい次期に7年8ヶ月政権を維持して経済を高度成長させ日韓条約を結び、
沖縄を返還させ、あげくに世界を騙くらかしてノーベル賞まで手に入れたw

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/05(木) 13:59:01 ID:D6MosF+P0
最悪 村山
過渡期のひと、竹下、橋本、小渕、森

そんな人いたなぁ 宇野、海部、宮沢、細川、羽田

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/05(木) 16:56:02 ID:SaZVpzRG0
>>83
池田佐藤に比べれば三角大福中は小粒
三角大福中に比べて安竹宮は明らかに小物
世代を経るごとに志を持った政治家はどんどん消えていく気が・・・

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/05(木) 21:10:44 ID:0Z95jlM7O
宇野とか羽田は最低というよりは評価のしようがない。
元々本人に主体的にやりたい事があった訳ではないし、竹下以後の混乱の中、成り行きで担がれただけだし。
海部とか細川は、人気はやたら高かった覚えはあるが、確かにいつの間にか辞任してて結局なんだったんだ、という印象だな。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/05(木) 21:19:21 ID:W79P13XO0
竹下以後はみんな仕方ない。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/05(木) 23:16:16 ID:CewayqhW0
>>84
村山なんて小物。

小泉こそが最悪。ここは、本当に日本近代史板ですか、程度の低い。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/06(金) 01:10:27 ID:FnhDBi6y0
まぁ程度の低い批判をご苦労様です。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/06(金) 03:01:22 ID:ZBjATf2Y0
>>89
意味不明。再提出。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/06(金) 03:07:11 ID:aYL2KULf0
経済政策と外交政策に分けないとなんともいえない気がするが…
総合したら岸しかありえないw
日本の礎を築いたのは岸だ、あと吉田…

経済だけで判断すると、バブル以後で評価できるのは小渕くらいかな?
あとは2002年以降の小泉か
宮沢、橋本の「経済には政府が手を出すべきではない」っていう呪縛から逃れたのは立派

江戸期の改革で例えると、
宮沢…新井
橋本…松平
小渕…田沼
小泉…吉宗
って感じか


92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/06(金) 03:35:12 ID:7tyevgHM0
宮澤喜一は前評判は高かったけど総理としても大臣としてもダメだったな。
逆に中曽根康弘は前評判はダメだったけど、三公社の民営化、憲法改正論、
売上税(消費税)導入(失敗したけど)とか今に繋がることをしている。
外交でも批判のあったロンヤス同盟も、直後にソ連が崩壊しアメリカが
低迷から脱したのを見ると、さすがは「風見鶏」というべきか。
どうでもいいがこの二人あと何年生きるつもりだ?

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/06(金) 03:44:12 ID:ZBjATf2Y0
>>91
小泉=水野忠邦+道鏡

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/06(金) 05:56:15 ID:aYL2KULf0
>>93
そう?最初は倹約、後に金融緩和っていう政策転換が小泉と吉宗で被るんだけどな…
道鏡は経済関係ないじゃんw

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/06(金) 20:21:05 ID:XccV5H9o0
構造改革を推進する小泉純一郎に決まっています。

憲政史上最強の総理です。


96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/07(土) 02:15:20 ID:CJBB+7RW0
小泉…慶喜だろw

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/07(土) 02:43:27 ID:D75NzDAQ0
スレを汚すにはやっぱりチョソと昭和天皇と小泉だよなー

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/07(土) 02:45:11 ID:+Z0z7GnU0
小泉が憲政史上最強の総理って…ww

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/07(土) 18:54:04 ID:+KmhZNYc0
小泉は近衛とダブる


100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/07(土) 18:59:06 ID:k/fonmLr0
小泉のどこに近衛のような埋蔵人脈5万dがあるのかと

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/07(土) 19:01:19 ID:PsRnxxum0
政敵を全員葬ったという意味では最強だな。
伊藤博文や田中角栄ですらできなかった。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/07(土) 20:48:06 ID:8yjYNExWO
村山を最低というのはどうかな…。
ああいう政権も、政界再編の為には過渡期として必要だったのかもしれないし、それは連立を組んだ自民党も承知してたのではないかな。
村山に総理就任を打診したのは自民の梶山と橋本だっていうし。
あの時に社会党の別の議員が総理になってたらもっと酷い事になってただろう。
村山は冷戦終結の後始末をそれなりに果たしたといえるのかもしれないよ。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 11:41:21 ID:UxaDNI3g0
村山の功績は、社会党への国民の幻想を打ち破った事さ。
これは今までの全ての自民党の党首ですら、出来なかった最高の功績。
そのおかげで、社民党は底辺を歩く、電波政党へと純化できた。
アレな議員とそれを支持する馬鹿を、隔離する政党へとな。

阪神の方々には可哀想だが、あれはあれで日本の為になったと思うよ。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 12:50:43 ID:+yIGQCTZO





105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 13:11:35 ID:niYzZvuY0
>>103
しかし紛らわしい党名である民主党の誕生を促したという点において
後世からの批判は免れないのではなかろうか。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 13:21:14 ID:X/o7qkSA0
脳内能力値でも付けるか…

戦後なら
政治力
1吉田茂 100
2佐藤栄作 97
3竹下登  94
4田中角栄 93
5三木・中曽根 90

知謀
1川島正次郎 100 首相じゃねーや
2三木武吉   99 同上
3岸信介    94
4松野鶴吉   93
5小沢一郎(全盛期) 90     

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 13:23:02 ID:20La084x0
この板にそういうのを持ち込むなよ。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 23:36:50 ID:HLT5jzwx0
小泉首相の評価が厳し目のようですが、どういった点に問題があると思いますか?

俺は、仮に小泉がいなかったら派閥順送りの人たちが1年か2年おきくらいに順送りで、
恐らく、いまよりもっと露骨に創価学会(というか公明か・・・)の影響が広がっていたんじゃ
ないかなぁと思っているのですが。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 23:45:47 ID:Dpy3wVBu0
公明党の影響、って選挙を通して選ばれた団体が影響広げるのに何の問題があるんだ?
君が個人的に公明党嫌いなだけでしょ。
福祉政策に関しては明らかに自民よりまともな事言ってるしもっと影響強めた方が良いんじゃないのw

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/09(月) 00:00:25 ID:DAb/YnV20
村山政権ってのはアレだよな。
公明党が政権に参加してることに嫌悪感持ってた当時の自民党内勢力が
「公明党よりは社会党の方がマシ」ってことで働き回った結果、
実現したというのが一つの側面なんだよな。
村山が首班指名された時、亀井静香や石原慎太郎がほんと嬉しそうに拍手してた姿が
印象的だった。
まあ、その後亀井は転向して創価批判やめちゃったし、
石原も自民党離党したし。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/09(月) 00:55:18 ID:5VRzXQoO0
>>109
横レスだが、福祉政策を自民より頑張って、なにか国益になるの?
殆どの国民にとっては、税金が増えるだけなんだけど。

ついでにアレな宗教団体がバックにいる政党が、
政府に影響を与えるのは、誰だって嫌だろ。
自民や民主だって宗教と縁がないわけじゃないが、創価ほどアレじゃないし。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/09(月) 04:01:17 ID:OgXgEzDm0
>>111
君が福祉を国益と考えないんでしょ?
君は相当少数派だと思うよ、デフレ下では経済理論的にもそれなりに正当化されるしね

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/09(月) 04:29:48 ID:5VRzXQoO0
それなら福祉がどう国益に繋がるか、証明してくれよ。
そして福祉に金使うのって、
四国に橋かけるのと、同じくらい経済効果がないんだが。
まだ教育や育児に金回したほうがいい。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/09(月) 04:38:52 ID:5VRzXQoO0
言うまでもない事だが、
ここでいう福祉は、公明党が主張している福祉のことだからな。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/09(月) 11:23:34 ID:0QdaCvmS0
>>109
おつかれw

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/09(月) 18:21:05 ID:UlFW4mvD0
>>108

小泉がどう評価されるかについては、小泉の退陣後の政治状況を
見極めないことには評価しようが無いんじゃないの?



117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/10(火) 03:35:04 ID:2YviXkLH0
>>116
今年
三月に王朝滅ぼすと宣言しているでしょうが。

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/10(火) 16:53:49 ID:XBb0KS720
何故ならここは議員選挙でも政治でもなく、日本近代史板だからです

近代は敗戦までとかせめて東京オリンピックまでとか議論もありましたが、
まあ現代まで・・・となっていますが、今現在は?ですよね

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/11(水) 04:54:19 ID:PMOu9esEO
1位 岸信介
2位 山縣有朋
3位 伊藤博文
4位 吉田茂
5位 池田隼人
6位 佐藤栄作
7位 小泉純一郎(暫定)
8位 原敬
9位 田中角榮
10位 安部晋三(予定・暫定)

この10人は別格だろうな。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/11(水) 06:35:24 ID:Ktmu1Rzi0
>>119
逆賊が散見されますが。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/11(水) 10:58:53 ID:jh62TqJ50
小渕が入って無いのはおかしい
人気、実績ともに10位には余裕で入る

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/11(水) 11:39:18 ID:0nyExsSp0
>>119>>121
池田勇人は隼人じゃないってえの

それに順位はいいけど何でかを語らないと同意できまへん

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/11(水) 14:03:25 ID:Ktmu1Rzi0
>>119
こんな逆賊を入れないでもらおうか!!

女性女系天皇容認の答申「重く受け止め法案」 安倍長官
http://www.asahi.com/politics/update/0110/004.html

三笠宮寛仁さまが月刊誌「文芸春秋」2月号のインタビューで、報告書を「あまりに拙速」「皇室の伝統を破壊するような女系天皇という結論」と批判。
安倍氏の発言はこれを踏まえた。

また安倍氏は、改正案採決に対する自民党の党議拘束については「基本的に内閣提出法案についてはすべて党議拘束がかかっていた」と説明。
自民党の片山虎之助参院幹事長も同日、「憲法に位置づけられた天皇制の根幹にかかわる法案に党議拘束をかけないのはおかしい」と語った。


124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/11(水) 21:52:28 ID:IKzl35N40
必ずしも人物と言うわけではなく首相としての実績、仕事という点で考えると、
戦前で挙げるなら伊藤、山縣、桂、原かと思う。あとは浜口、高橋、松方あたりか。
戦後なら吉田、岸、佐藤、池田。田中、中曽根、小泉はまだ自分には評価が難しい。

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/11(水) 22:38:17 ID:c0FR3OcfO
佐藤ってそんな優秀かな。
なんか坊やみたいで頼りなさそうだけど。


126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/12(木) 00:27:07 ID:fO/hjmfg0
鳩山も良い首相だったと思うけどね
ソ連関連は奴のおかげ、自由党にまかせっきりだったら未だに国交回復してないかもw

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/12(木) 06:38:28 ID:Ajp4eP9e0
>>126
つ「統帥権干犯問題」

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/13(金) 12:17:25 ID:5IzRvuHw0
鳩山の本意は親米英、不戦だったろうけどね
公職追放されているあいだに、吉田が講和と安保やっちゃったから
それならオレは、ソ連と国交結ぶか・・・って感じじゃないかな

佐藤の日韓、田中の日中とならぶ業績であるのは確かでしょう

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/13(金) 14:53:11 ID:ZBdwnsa00
>>128
揃いも揃って後世に禍根を残しているじゃないですか。


130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/14(土) 16:32:13 ID:4+GuoK+q0
>>129
時代の要請というか、当時は世論の後押しを受けてのことでしょ
日韓はよく知らんが、日ソのときは鳩山ブームだし、
日中はランランとカンカンの人気も手伝って、歓迎ムードだったでしょ

政治家というのは機をみるに敏だし、思う以上に世論を気にするもの
そして世論を自らのために利用するもの
(今の人は最たるものだけど・・・)
私は何も恐れない、ただ大衆のみを恐れる と言った三木武夫だけじゃないよね

禍根かどうかも見解が分かれるところと思いますし


131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/15(日) 21:28:20 ID:mzdg/RQoO
近衛は松岡を野放しにした時点でアウトだな。
政界を混乱させた罪はあまりに重い。同情する気になれん。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/15(日) 22:42:36 ID:QVjLPgCF0
>>131
近衛の先を見通す力もダメ?

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/16(月) 02:33:58 ID:tcR00OaO0
いや、最後まで松岡に任せるべきだったんだよ、
途中で首を切ったから近衛は駄目。
当時の軍部に正面きって、意見できたのは松岡くらいのもんだし。


134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/16(月) 10:15:04 ID:JCj0nOC6O
しかし松岡自身、もう何をどうしたらよいのかわからなかったんじゃないか。
近衛も最終的にそれで松岡を見限ったんだろう。


135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/16(月) 11:46:31 ID:jwHU0rlM0
いや、首相をやる気まんまんで、それで対米交渉をするつもりだったよ。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/16(月) 16:31:07 ID:OxpD5Nz1O
天皇、木戸、軍部、内務官僚
これだけの人々がやめさせろと言えば誰でもやめさせるよ。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/16(月) 17:20:26 ID:OxpD5Nz1O
三国同盟直前に、吉田茂が近衛に対して

ドイツとの関係強化や大東亜共栄圏などと言われているが、
これらの『失策』はあなたを担いで手柄をあげようという輩(松岡のことか)から出たものなのに
世間からはあなたがやっているように思われあなたのもとに怨嗟の声が集まるようになる

と乱暴な警告をしているが全くその通りになったな。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/16(月) 18:05:19 ID:7EWm/oaD0
珍米厨房の吉田茂は、アメリカベッタリですからね。
逆にアメリカの要求なら何でも飮んで却って亡国を招いたかもしれません。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/16(月) 19:14:57 ID:6I+Vrgqa0
そういえば思い出したんだが岸と松岡は親戚らしいけど仲良かったとかあったの?

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/16(月) 20:48:43 ID:OxpD5Nz1O
二キ三スケの三スケは縁戚関係にある。
吉田茂の娘婿である外交官吉田寛は岸(佐藤家)の親戚。
東条内閣倒閣後、岸は新党を作ろうとし、そのために松岡を担ぎ出そうとしたが
松岡担ぎは結局やめになった。
戦後は松岡外交について「スターリンに騙された」と言っている。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/16(月) 23:41:18 ID:oSJgs8ub0
>>140
じゃあ安倍も麻生も一応、親戚なのか。
木戸幸一の弟の従妹が池田勇人の先妻?と聞いて、この間びっくりしたんだが政治家の親戚関係ってすごいな。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/17(火) 02:41:12 ID:oVfAXDrv0
松岡と吉田は結構仲がよかったと思われ。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/17(火) 02:55:23 ID:JBMIQMXEO
『回想十年』読んだ?

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/17(火) 18:25:08 ID:Kl9W/1PiO
>>140
そんなんだから松岡は「自分の手だけみてヤクマンを狙う麻雀打ち」
とか言われるんだよな…。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/18(水) 14:47:07 ID:+E6a/c210
>>141
神一行の「閨閥」て本薦めるよ

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/18(水) 23:33:57 ID:0moyfRQO0
佐藤→田中→竹下→(細川)→(羽田)→橋本→小渕
岸→福田→森→小泉
池田→大平→鈴木→宮沢
三木→海部
中曽根→宇野

自民の各派閥「出身」の総理ってこんな感じかな

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/19(木) 12:18:21 ID:YdanzEq+0
日本の政治体質はは未だ律令時代から変わっていない。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/19(木) 13:49:59 ID:eS8VPu/g0
小渕恵三

・閣僚資産公開時の公表額=1億4800万円
・財産継承処理をするまもなくおだぶつした後に遺産相続で判明した資産額5億9500万円

以下に資産公開なるものが粉飾されているかを如実に示してくれた大政治家
耐震偽装やライブドアよりも根の深い偽装

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/19(木) 23:58:06 ID:5X7JfSdQO
小渕を評価する人って結構多いみたいだけど
何をそんなに評価出来るんだろう。
大手銀行の為の公的資金注入?

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/20(金) 01:13:53 ID:mKtEOEo60
小渕は前後の首相がひどすぎたのでまだマシに見えるのと、
対人地雷禁止条約なんかが評判いいんじゃないか?
在職中に亡くなったというのも同情票を呼ぶだろうし。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/20(金) 10:26:42 ID:v3G/kca20
小渕恵三

九州沖縄サミットで景気浮揚を目指した心底の馬鹿
置きみやげの二千円札が最大の業績だ
さっさと史ね

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/20(金) 10:38:09 ID:VcWqmk37O
もう死んでるよ

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/20(金) 10:47:09 ID:v3G/kca20
あ、じゃあ娘

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/20(金) 11:40:55 ID:q217d5cJO
カブ上がれー

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/20(金) 18:41:18 ID:VcWqmk37O
無理!もうダメ!

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/21(土) 16:22:35 ID:UW289ow60
>>149
小渕は一応、日本経済を回復までもたせるための政策は確実にとっている。
その点は海外メディアも認めていたみたいだな。
あと不審船騒動の時、自衛隊に戦後初の海上における警備行動を発令するとか
キャラクターに似合わず、意外に俊敏で果断な措置をとっている。
あの人自身の判断ではなかったのかもしれないが、他人の判断でもすばやく採用できる懐の深さはあったようだ。

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/21(土) 20:57:55 ID:sAXGj+SJ0
>>149
沖縄でサミット開いたからじゃないかね。
「沖縄は日本のものですよ」と先進国にアピールできたから(沖縄は中国が狙ってる)。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/22(日) 01:16:55 ID:8wE9tlZDO
何で中国?

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/22(日) 20:02:22 ID:gmlaqVeu0
>>158
なんで、って。
領土(それに伴って領海・水産資源その他諸々)が欲しいからでしょ。
すでに尖閣諸島乗っ取る気まんまんじゃない。ニュース見てない?

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/22(日) 23:16:21 ID:opo9VPEz0
嘗て小生共を苦しめたるケンペイ君、ポツダム宣言に所謂戦争責任の糾弾に恐れを為し、
米俘虜虐待の脛疵連、昨今脱営逃避のロウ態、其頭目東条[英機]は青梅の古寺に潜伏中のよし、
釈放されし当時、実は今に見ろと小生も内々含むところなきに非りしも、
今はザマを見ろと些か溜飲を下げ居候、此間の味は老兄の如き娑婆にて楽をせし人にはわからず、
是非一度経験を御勧め申度呵呵
鳩公[鳩山一郎]もなかなかのもの、嘗ては小生同様厄に会ひそうの処、浅間山にかくれ今や頃合とのこのこ下山、
米の注文通りデモクラシーとなれば、差当り我世の春は先生独占か、東京にて今頃は浦賀沖の米艦隊を見て
本郷の選挙民が船に乗って来た位に考えて居るべく(マサカ)、
家の子郎党も大いにあやかり度と、先生先生と大はしゃぎかと存候

吉田茂


捕まるまで終戦工作をやった吉田からすれば
鳩山は軽井沢に逃げていたも同じで東条と並べられる悪人だったわけだ。

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/23(月) 01:31:35 ID:xbt1VUst0
小渕はダメな銀行・証券はちゃんと潰して処分しただろうが。
その点、銀行業界およびアメリカの手先で、
ひたすら郵貯の巨大資金だけをかすめ取ろうととしてる小泉とは全然違う。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/23(月) 09:04:47 ID:4qQhjXBK0
>>161
>小渕は・・・銀行業界およびアメリカの手先・・・とは全然違う。

つ【長銀売却の真相】
 http://homepage3.nifty.com/nskk/kenkyu012.htm

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/26(木) 18:08:40 ID:nI6AF22rO
オブチさんの前って誰でしたっけ?教えてください。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/26(木) 18:17:34 ID:jEM+taqu0
橋本龍太郎だよ。
消費税5%に上げて、参院選で大敗して責任とって辞めたんだよ。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/26(木) 18:26:43 ID:nI6AF22rO
ありがと。
村山→橋本→おぶち→森→小泉ですよね?


166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/26(木) 21:15:05 ID:sQmB6+xrO
細川★★☆☆☆
羽田★☆☆☆☆
村山★★☆☆☆
橋本★★★☆☆
小渕★★★★☆
森 ★☆☆☆☆
小泉☆☆☆☆☆

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/27(金) 16:30:56 ID:FNMcf+g90
伊藤★★★★★
近衛★★★☆☆
吉田★★★★☆
小泉★★★☆☆

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/29(日) 13:50:37 ID:wczAh1/iO
その時代によって宰相に求められる役割は違う。
要はその役割を果たせたかどうかが問題。
安易に点数や能力値をつけても意味などない。
まあわかってやってるならいいけど。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/31(火) 18:29:22 ID:4dFxDH5n0
森首相の「ミートゥー」
http://www.ss.iij4u.or.jp/~mitaka/hondana/hondana20000728.htm
>(前略)もっとも、わが総理に国際センスを望むのはムリというもの。五月の日米首脳会談の際クリントン大統領に、「ハウアーユー(ご機嫌いかが)」「ミートゥー(私も)」とだけ言うように
>アドバイスされていたが、いざ会うや「フーアーユー(あなたは誰)?」とやってしまった。大統領が苦笑いしながらも、ユーモアなのか、と思い「アイム・ヒラリーズ・ハズバンド(ヒラリーの夫です)」と答えると、
>森首相はなんと、「ミートゥー」と答えた−−。(後略)



やはり英語は必要

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/31(火) 22:01:43 ID:6nxXSixX0
戦後日本を駄目にしたのが吉田茂。
憲法改正・再軍備をめざした鳩山一郎の路線が今になっては
正しかったといえるかな。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/31(火) 22:08:24 ID:7Tb4GlOLO
伊藤博文
山縣有朋
桂太郎
原敬
近衛文麿
東條英機
吉田茂
岸信介
池田勇人
佐藤栄作

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/31(火) 22:12:32 ID:hhVDXIGF0
>>170
帝国議会を機能不全に追込んだ張本人じゃないですか。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/31(火) 22:28:50 ID:7Tb4GlOLO
伊藤=吉田
山縣=岸
桂 =佐藤
原 =細川
近衛=村山
東條=小泉

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/01(水) 00:31:28 ID:ejbOHtRo0
鳩山一郎史ね
岸信介未来永劫地獄をさまよえ

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/01(水) 00:35:03 ID:QRbYvjWG0
伊藤と岸が最も優れている。
次点が吉田。
最悪は言わずもがな東條。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/01(水) 00:51:08 ID:ejbOHtRo0
>>175
長州原理主義者は死ね
岸・佐藤兄弟はくそもくそ

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/01(水) 00:53:21 ID:QRbYvjWG0
長州?いつの時代のことを言っているのだ、この田舎者は。帰れ。

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/01(水) 01:15:57 ID:3xfcmI+XO
【英雄】 伊藤 吉田 安部
【大物】 山縣 西園寺 岸 小泉
【躍進】 桂 池田 佐藤

【ハッタリ】 原 細川
【小者】 宇野 羽田
【利権】 角榮
【国賊】 近衛 村山

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/01(水) 04:17:12 ID:8Nsaog6xO
>>3
禿しく亀だが、若槻が組閣したのは二度とも前総理(加藤、濱口)が風邪と狙撃で倒れたからだから、運による。
まあ、運も実力のうちというのかも知れんが、若槻は時期が非常に不味かった。一期目は震災恐慌の真っ只中で、二期目に至っては満州事変が勃発してる。
若槻自身はどっちかというとナンバー2のほうが向いていたし、首相に必要な決断力や統率力が欠けていた。
実際若槻は恐慌も満州事変も収束出来ず、かえって悪化させてる。

ただ戦中の重臣としての活躍は悪くはないんだけどなあ。


180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/01(水) 23:52:48 ID:8vfJYvwf0

【英雄】 伊藤 吉田 安部
【大物】 山縣 西園寺 岸 角栄
【躍進】 桂 池田 佐藤

【ハッタリ】 原 細川 小泉
【小者】 宇野 羽田
【国賊】 近衛 村山

これが正解

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/02(木) 00:23:11 ID:PHfqmFb80
西園寺って総理時代に何か功績あるの・

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/02(木) 09:32:35 ID:JqBpnb2Q0
>>181
赤旗事件

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/02(木) 22:03:07 ID:eDeJaqi70
政党政治家として総理大臣としての西園寺って明らかに平均点以下だな

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/03(金) 20:09:24 ID:ncl1h7ms0
西園寺公望-Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E5%9C%92%E5%AF%BA%E5%85%AC%E6%9C%9B
>官僚にみられる高度に専門的な能力・見識は事実上何もないと言ってよく、天才的な独創性も皆無。
>山県のように膨大な人脈の頂点に君臨しているわけでもなければ、他人を引きつける人間的魅力にも乏しい。



すごく辛口じゃない?

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/05(日) 15:29:29 ID:Y33m57MO0
以下上のリンクより引用


西園寺が真の意味で政治家であったかに関しては多くの議論があり、的外れな言動や個人
的な嫉妬感情も多かった。たとえば、後述にもある満州某重大事件、所謂張作霖爆殺事件
の時、西園寺は日本の陸軍が実行したことを薄々感づいていたようで、秘書の原田に、日
本の陸軍がやったのではないか、と言う旨の発言をしている。たとえ事実であったにせよ、
この種の証拠に基づかない推測は、当時のオールドリベラル一般に共通する単なる憶測の
水準を出ず、こうした軽率さは西園寺の政治家としての適性を良く現している。人格形成
期に見られた西園寺の挑発的な幼児性は、こうした局面ではさらに事態を悪化させる方向
に働き、それは西園寺の言動が世間から全く相手にされなくなる晩年まで続いた

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/06(月) 00:36:59 ID:X4B8Qsr/0
西園寺が総理大臣の時に実質政友会の権力握ってたのは原敬

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/06(月) 19:08:09 ID:JY275c920
西園寺は若い女にうつつを抜かして晩節を汚したなあ。
正妻が持てないのは西園寺だから仕方が無いけど
棺桶に片足突っ込むような歳になって孫みたいな女と
古い愛人の確執はみっともないの一言。

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/06(月) 19:58:34 ID:PDCNpSCp0
政治家として西園寺と近衛はどっちが上?

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/06(月) 21:18:21 ID:JY275c920
>>188
結果だけで言えば西園寺の方が上だろうな。
近衛ってロクなことやってない。
重臣としても常に時代の半歩先を見通す目を持っていたけど
自分の足元は全く見えなかったようだしw

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/11(土) 20:11:05 ID:LCx4yGreO
米内しょぼ過ぎ。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/26(日) 11:58:57 ID:vb2r/33b0
海部って誰?

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/27(月) 18:46:21 ID:BezLb4VX0
水玉ネクタイの目玉オヤジ

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/27(月) 19:39:23 ID:+TU5h/AIO
湾岸戦争の時の首相が海部だっけ?なんかあんまり印象に残ってないな。
自衛隊の派遣を拒否して、金で援助を済ませようとしてアメリカに叩かれてたくらいかな。
いつの間にか退陣してたし。

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/27(月) 19:42:36 ID:IUp7X4d50
犬養・鳩山が日本を滅ぼしました


195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/27(月) 20:19:56 ID:2CGbQgmIO
マドンナ旋風直後の時代の日本に
自衛隊派遣を求めるのは酷だろう。

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/27(月) 20:36:43 ID:xe4c0doE0
>>103
戦前の日本の神秘主義者、例えば大本系とか天行居の友清勧真といった人達は
それ読んで霊的国防ということを意識したわけだけど、はっきり言って情報不足という他ない。古いよ

『シオンの議定書』が当時の帝政ロシアの秘密警察にいたセルゲイ・ニールスの手によるものだった
という事実は誰でも知ってると思うが、『シオンの議定書』が偽書としてもダメなのは
メイスン=ユダヤの組織という物語を語っている点であり、今だにそのエピゴーネンを生み続けている事だ
メイスンはユダヤの組織では無いし、あきらかに事実に反している

例えば戦前のヨーロッパのオカルティズムの文脈では、エジプトの系統を継ぐと自負する
メンフィス・ミスライム系の影響が強かったし、メンフィス系のメイスンだったR・シュタイナーは
アーリア・ゲルマンを至上の民族と考えてたわけで、ユダヤ色なんて全く無いね
また両親共にメイスンの家系に生まれたブラバツキーにしても、ロシア系ユダヤ人を賤民呼ばわりしていたし
ナチスとはある意味、紙一重の反ユダヤの位置にいたわけだ

そもそもキリスト教社会におけるユダヤ差別問題とか、その脅威がもたらす共同幻想は
メイスンとは別問題なんだけど、なぜか悪魔的な存在として一緒にされてる
悪魔というのが、あくまでカトリックから見ての悪魔に過ぎないという点に気が付いてない


110 :名無しさんの主張 :2006/02/27(月) 00:17:31
109は誤爆だ。ここはオカ板じゃねーなw


111 :名無しさんの主張 :2006/02/27(月) 03:36:54
そうだよな、カトリックからの視点で見てる著者達がフリーメイソンは
世界政府を作ろうとしてるんだ、気をつけろ。みたいなこといってるだけなんだね。

日本でいうと、森ビル近くに集会場があるし、おまけにホームページまで公開されてるもんな。

カトリックは信者たちにメイソンに入るなと禁令出してた時期があったのは事実。
だがあくまでカトリック寄りの視点、陰謀論を振り散らかす方々はさ。


197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/04(土) 07:49:44 ID:Mnqtyz000
>>149
小渕が評価されるのは、
前任者の橋本糞太郎の経済大失政の尻拭いを
それなりに果たしたからだろうね。
「財政赤字は小渕のせいだ」というアホがときたまいるようだが、
「橋本が失政をやらかさなかったらば、財政出動しなくてもよかったんだよ」
ということが分かっていないのか、と問い詰めたくなる。

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/04(土) 09:05:42 ID:7611J+4d0
>>197
残念だけど、小渕てか平成は歴史というほど時間がたってないから、
評価分かれても仕方がないのでは

第一バブル崩壊後の日本復興は、達成されたのかどうか・・・
完全にはされていないと思う
池田や田中、中曽根の話はできるでようが

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/04(土) 11:00:10 ID:g5ihGrRQO
鈴木善幸はどうですかね?

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/04(土) 13:21:08 ID:AQ4SdfOs0
>>199
最低の総理

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/04(土) 16:36:27 ID:DAuoaFHE0
たしか宏池会のの大幹部だったが、田中にすりよって宰相の座を得た人だよね。
いわば最初の田中派の傀儡総理って感じ?

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/04(土) 16:59:45 ID:TTkEnMnSO
橋本の経済政策はやっぱり失敗だったのかな。
今からするとなんか時代が悪かったようにも見えるけど。
行政などの改革とバブル崩壊後の景気対策という、なかなか並び立たない要求をつきつけられてどっちも中途半端に終わってしまったけど
あの時期そのものが中途半端だったように思える。

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/05(日) 13:21:48 ID:E6wi2VkA0
>>202
「行革と景気対策が並び立たない」というのがそもそもの誤り。
マスコミが大々的に「改革か、景気か」みたいな二者択一式の問題提起しか
してこなかったので、国民の大多数は勘違いをしてしまっているが。
大体、「金融緩和をやったら、構造改革が進まない」なんて言うのは、
日銀が責任逃れのためにやっているプロパガンダに過ぎないわけで。
実態は全くの正反対。
80年代レーガノミクス下のアメリカにせよ、今次の小泉改革にせよ、
景気と改革は両立しうることを示している。


204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/05(日) 13:24:07 ID:ed/X4r4G0 ?
2005年度の世界トップの興行収益を達成した現役最強ロックバンド ”U2"の
なんと8年ぶり、たった一夜だけの来日ライブ!4月4日 日産スタジアム!

数え切れないグラミー賞を受賞してきた世界一のロックの殿堂を目に焼きつけよう!
ペアチケット定価20000円をなんと!15000円からのスタート!
http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/86569177


205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/05(日) 13:28:51 ID:E6wi2VkA0
橋本の可哀相だった点は、周りにマクロ経済の専門家がいなかったこと。
経済危機の時代にあって、三塚や松永光のような、経済ど素人を
大蔵大臣に起用してしまったあたりにその点が現れている。
おまけに、日銀総裁の松下・後任の速水というのが、これまた食わせ者
だったわけで。
これだけ腐った取り巻きに囲まれていたのでは、まともな
経済政策なんぞ打てっこないわな。
こういう人物しか起用出来なかったあたりに、橋本の徳の無さが
出ているのかも知れん。正直、むやみやたらに威張り散らし過ぎ。

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/05(日) 13:32:30 ID:E6wi2VkA0
>>198
あの小渕政権発足時というのは、
経済復興どころの騒ぎを超越していた。
それこそ、山一が潰れ、長銀が潰れ、日債銀が潰れ…
本当に日本発世界恐慌をやらかしてしまうんじゃないかという
凄まじい危機感が世を覆っていたように思う。
(私自身、あの時ほど「本当に日本経済ヤバイのでは?」と
思ったことはなかったし、これからもない…ことを願う)。
そのような悲惨な状況下において、小渕はよく頑張ったと思うよ。

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/05(日) 14:01:41 ID:grhGkLcBO
>>206
マスコミが煽り過ぎてたとは言え、あの頃一部にはそんくらい暗い雰囲気があったな。
橋本は評価が厳しくならざるを得ないが、一応行革と消費税アップという難しい課題に先鞭だけはつけた。
そのしりぬぐいを小渕は担当し、不景気時代の中継ぎ的役割を果たした。
それが一段落したかと思われた矢先、小渕が倒れ、ゴタゴタの中から森政権誕生。
しかし森自身にはなんのビジョンもなく、単に派閥人事のお茶を濁すくらいしかできなかった。
あまりにも旧態依然とした政権にマスコミと国民はうんざり。
そこで良くも悪くも一匹狼の喧嘩屋小泉が登場。良くも悪くも色々ぶち壊し。
大体そんな流れかな?

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/05(日) 14:12:55 ID:E6wi2VkA0
そういう流れだね。
私も橋本の行革面での貢献は評価する。
経済失政がなければ、中曽根以来の好業績内閣だったろうね。


209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/05(日) 15:28:56 ID:In7d7jTe0
小泉より野党が最悪

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/06(月) 02:30:03 ID:1hHRpwKy0
>>209
てっゆうか戦後日本は、もうずっと自民党以外が最悪杉。
旧社会党なんか自民党より派閥が多かったし。

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/06(月) 20:11:08 ID:OLdqXbQ30
自民党の一党独裁の恩恵を一番受けてたのが社会党だろうな。
今でもそうだが、野党の国会対策委員なんて金もらい放題使い放題だし。
日本は野党をもっと厳しくチェックする必要があるだろうな。
野党が与党より腐ってる今の状態は、マジに議会政治の危機だぞ。

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/06(月) 21:34:37 ID:hqddnQmU0
政党間の政権交代自体が
日本人の柄に合わないだけのような気がする。
お殿様よろしく、同じ処の人々が
代々、継いでいくのが好きなだけだろう。
元々、議会主義が馴染まない国なのかも知れん。

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/06(月) 21:44:34 ID:4T7i/BFGO
伝統的に日本の政事は、御輿として殿様を担ぐのは好きだけど
実際の政治は常に合議制。戦国大名や中世の地方豪族もそう。
だから割とすんなり議会政治が根付いたのでは?

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/08(水) 00:47:43 ID:Ra3rqJ4iO
40万部のベストセラー『嫌韓流』の第2弾

『嫌韓流2』発売中

意外とおもしれーぞ

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/09(木) 23:18:28 ID:02nc1E9H0
岸信介すごいな
良くも悪くも昭和の妖怪

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/09(木) 23:59:26 ID:6oJnxhHF0
岸って確か東大の法科を我妻栄と一緒に首席卒業だったんだよね・・・
なんで孫の安倍は成蹊卒なのかかなり疑問だ。
しかも家庭教師は東大生(平沢)つけてもらってるのに。平沢のせいか。

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/10(金) 18:24:56 ID:nEZVmCtz0
岸は凄すぎる。岸の人生を見てもすでに普通じゃない。

東大首席卒業→官僚トップ→満州時代→入閣→東條との対立→A級戦犯→自由民主党の初代幹事長→総理大臣→60年安保

ちなみに岸の兄は岸よりもさらに勉学が優秀だったとか。
「3兄弟で頭は兄>岸>栄作、政治力は栄作>岸>兄」とは、岸信介本人の談。

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/10(金) 18:51:20 ID:cq/9nJnm0
我妻の話だと共に首席だったということだけど、
それをきいた岸は自分が首席で我妻は次だったと言っている。

早世した従兄弟の外交官吉田寛も優秀で、
吉田茂の娘婿という縁からしても長生きしていればその後の政界を大きく左右しただろう。

やはり漢学者の家だから教育熱心だったんだろうね。
岸のおじの佐藤松介(妻が松岡洋右の妹)が熱心で岸らの教育の面倒を見たらしい。

安倍晋は…安倍家の家風が違っているのか、突然変異なのか、栄華に驕り怠けたのかよくわからないけど。

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/10(金) 22:02:13 ID:UAgZDASz0
たしか岸って東条内閣の倒閣に成功してるよね。けっこう政治力もすごいようなな気もするが。
あと、岸の成績ならもちろん内務省でも大蔵省でも入れた、というか入るのが当たり前だけど、
早く出世したいから農商務省に入ったらしいね。

晋三は受験戦争が激しくなる前の世代なのに、何で早慶とか、せいぜい六大学でも入れなかったのかねえ。
祖父は東大法学部首席、父親も東大法学部卒で遺伝的にもいいと思うし、
家庭教師なんてつけてもらえるくらい、当時としては環境的にも教育熱心でよかったと思うけど。


220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/11(土) 02:59:43 ID:VV6qbWJW0
東条内閣倒閣といえば、戦時中ひそかに動き回っていた元老・若槻礼次郎はどうなるんだ?

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/11(土) 03:38:29 ID:1hc7h9eE0
>>217
その「兄」は佐藤市郎といって海軍中将。
海兵36期で同期には真珠湾の南雲艦隊で知られる南雲忠一らがいる。

彼も「海軍始まって以来の秀才」と言われ、同期よりも1年早く中将昇進。
しかし、開戦直前に予備役編入で大将にはなれなかった。
平時なら大将になっていたかもしれないが、配置では人事、教育、国際畑のようで
太平洋戦争開戦直前の時期では仕方がなかったかも。

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/11(土) 08:24:37 ID:14kgjR/w0
勉学なら若槻礼次郎が最強。
一高、東大を通じて試験の平均点が98点。

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/11(土) 12:58:54 ID:v/Ab+6/K0
小渕恵三首相

・閣僚資産公開時の公表額(家族含む)=1億4800万円

・財産継承処理をするまもなくおだぶつした後に遺産相続で判明した資産額(小渕個人所有)=5億9500万円


いかに資産公開なるものが粉飾されているかを如実に示してくれた大政治家
耐震偽装やライブドアよりも根の深い粉飾だな

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/11(土) 13:46:08 ID:RREzE0MD0
>>222
そんな凄い人間でも首相としては失敗したんだから世の中分からんものだな。

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/11(土) 14:28:22 ID:14kgjR/w0
岸が一族ぐるみで応援してもらっていたのに対し、
若槻は家が貧乏武士なので16歳のときから家計を助けるために働きつつ勉学に励んでいた。
それで平均点が98点。もちろん首席。
官僚としても40歳で大蔵次官、47歳で大蔵大臣と異例的な出世ぶり。
陪審法に反対し原稿無しで4時間もの演説を行い時間切れに追い込んで廃案と言う
史上最高のフィリバスターをやってのけた。
しかし首相としては…。
近衛や広田と同じく、能力、経歴、人柄が優れているのに首相になるとろくなこと出来なくなるってパターンだ。
戦時中の近衛文麿グループには『若槻係』というポストがあって、
気力が萎えがちな重臣若槻を励ます仕事をしていたらしい。
欧米人との交渉の際の態度も立派で、ヘンリー・L・スチムソンは後年の『スチムソン・ドクトリン』で知られる対日強硬派だが、
ロンドン海軍軍縮会議の際の全権若槻の態度に感嘆して日本に対し大幅に譲歩している。
戦時中の知日派の間でも、重臣の間で軍国日本と区別すべき人は近衛と米内だが、一番素晴らしいのは若槻だと期待されていた。
1945年、知日派の筆頭ジョセフ・グルーが、現在の日本は軍国主義的だが、
日本人は本来は素晴らしい民族だから寛大な条件で和平するべきと演説すると、
陸軍長官スチムソンはこの演説に対し、
日本は浜口、幣原、若槻のような素晴らしい紳士を生み出せることを言っていないではないか、
とグルーの演説を強く肯定する内容の発言をして日本に寛大な態度で臨むことに賛成している。
当時の米国の首脳陣で天皇、東条、近衛以外の日本の政治家の名前をよく知っているものはほとんどいなかったが、
一部の人の頭には日本のデモクラシーの遺産がきっちりと印象付けられていて、それが日本を助けることになった。

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/11(土) 14:59:14 ID:zmXyaWTq0
現在の自民党、政党政治の礎を築いたのは、他ならぬ岸信介。
ていうか、二大政党論者の岸が描いたビジョンにまだ到達していないのが現状。
弟の佐藤を社会党から出馬させることも考えた岸は、並の総理とは違う見識と信念があった。

現在の民主党の体たらくに一番呆れているのは岸かも知れない。

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/11(土) 19:22:05 ID:v/Ab+6/K0
岸も佐藤も陰湿さでは断然際だっている

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/11(土) 20:08:54 ID:14kgjR/w0
岸の上司で吉野信次という、吉野作造の弟で同じく東大首席から農商務省に入った秀才官僚がいて、
手腕においても、日本の商工業界に統制経済を持ち込み、重要産業統制法をつくり、
工務局では岸を右腕として従え活躍したが、
岸のように汚い金の使い方が出来なかったのでいまひとつ伸びなかった。
この二人はいったん商工省を追い出されるんだけど、岸はその間に満洲に行って
大陸利権を手中にし大きな政治力を手に入れたが、清廉な吉野にはそういうことはできなかった。

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/12(日) 00:00:20 ID:wnPr7ptM0
>>220
最後の元老は西園寺だが・・・。

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/12(日) 12:49:16 ID:Ef7RdpOE0
吉田茂の岸論
「あれは東条におべっかを使って大臣にまでなって、
あとで東条を後ろから刺した奴だ。ああいうのは信用ならん。
弟のほうは愚鈍だけれどもずうっと人間がいい。」

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/12(日) 14:30:53 ID:ZHEIFOzyO
岸の評価って高いんだね。
なんか今まで悪評ばかり聞いてきた気がする。

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/12(日) 14:34:01 ID:cb9y5DUi0
とにかく岸はエグ過ぎる
安倍が総理になったら満州での悪行の数々が晒されるだろう



233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/12(日) 14:51:58 ID:AIp+yWNi0
岸はグッドステーツマンだよ。
吉田はどうかな?これも賛否両論だろうな。

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/12(日) 20:25:11 ID:08NWXcw00
吉田、池田は総理になる前と以降でずいぶん人物が変わった、器が大きくなったという人もいるね

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/13(月) 08:16:03 ID:y+MBepPr0
内務官僚・吉田茂の外交官・吉田茂評
          ↓

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/14(火) 05:48:29 ID:W5hY74tQ0
★★★★★一族そろって売国政治家!!福田靖男くんの韓国・左翼政党詣で★★★★★
〜ボク福田靖男(ふくだやすお)。自民党の売国政治家だよ。すごいよ。
〜だって僕の友達はチャイナスクールなんだもん。(田中均くん等ね。
〜ちなみに今の経済産業大臣の二階俊博くん。彼もチャイナスクール出身で、ボクのお友達。すごいでしょ。)
〜だってアメリカ・インド席は、既に麻生・阿部くんに取られて隙間無いんだもん〜
〜だってぼくのパパの時から韓国べったりなんだもん〜
ぼくは「日韓協力委員会」の総会の副理事長。パパは会長だったんだもん。中華思想の血だもん。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060313-00000097-mai-pol
〜ちなみに先日、ぼくの地元群馬では、対立していた中曽根チルドレン13人と、
減少した席を巡って僕の福田チルドレン30人が一緒になったんだもん。
一緒に打倒仇敵小泉チルドレンなんだもん。
http://www.tokyo-np.co.jp/00/gnm/20060312/lcl_____gnm_____000.shtml
〜だから、今度一緒に中曽根パパっちと、上記韓国・左翼政党・中華思想詣でに行くんだもん。
昔から、国民の利益や、アメリカより、天皇制より、自分達の命と利益と人生のほうが大切だもん。
売国一筋だもん。土下座外交だもん。お詫び外交だもん。地元群馬がよければとりあえず良いや、だもん。
〜だから、朝日新聞とも、TBSとも、べったり当たり前だもん。
だって反日あおって、靖国あおって、中国に無茶言わせたら、僕等にすがる機会と人達が増えるんだもん。
だから、捏造・反日まみれの韓国とつきあったって、僕らの利益と命のほうが、大事だもん。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4883805166/ref=pd_ts_b_12/249-6621206-1329905(65万部突破:嫌韓流2、1)
〜だから、「国家の品格」より、「ぼくら群馬の身内の品格」だもん。
国民の将来なんて、知ったこっちゃ無いんだもん。ぼくに武士道似合わないもん。
だって、武士道の発祥は韓国だもん。さて、次はなに仕込もうかなぁ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/new-for-you/top-sellers/-/books/all/249-6621206-1329905(100万部突破)
★★★★★


237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/14(火) 12:42:49 ID:gSwgnrUg0
親父の親韓はむしろタカ派、反共だからなんだけどな

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/14(火) 13:48:28 ID:CwJaJk+L0
冷戦期、韓国だけには厳しかった朝日

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/24(金) 10:31:22 ID:c6pTigtzO
冷戦時代は反共という目的があって、日本の政治家や右翼と
韓国は濃密なつながりがあったらしいけど
今はどうなのかな。

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/27(月) 03:56:02 ID:DeRdj7zM0
>>219
家庭教師が平沢勝栄だったから 勉強できなかったって
自分でネタにしてたよ。
平沢も「私が世話をしたから塀の中に行かずにすんだ」って言い返してたけど。

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 10:44:38 ID:jSbaxJEO0
>>238
そりゃああんた。朝鮮民主主義人民共和国の領土である、朝鮮半島南部地域を
不当占拠している勢力ですもんw

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 14:25:37 ID:vibTM+oT0
昔は
台湾=韓国
支那=北弔船

だったからね。

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/20(木) 17:00:33 ID:1a0v1n3JO
もし岸信介が、無知能かつわがままな
学生運動のテロリズムおよびマスコミの圧力に屈し
日米安保の改定を拒絶していたら、
その後の高度経済成長は到来しないことは言うに及ばず、
安保上丸裸になる日本は、再度崩壊への道を歩んでいただろう。

自殺目前にまで追い込まれ、後に刺殺されかけることになりながらも、
あれほどまでに岸を突き動かしたものはなんだったのだろうか。
戦前、無教養な国民に政府がのっとられ
日本が滅法への道に足を踏み入れる過程を
高級官僚として間近に見ていた岸の心の奥底には、
あの時の過ちを再び犯してはならないという
固い信念があったに違いない。

244 :市民派護憲教師:2006/04/20(木) 17:49:05 ID:saGQimSQ0
来るなら来いウヨども!! 完全論破してやる!!!
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1145366829/l50
来るなら来いウヨども!! 完全論破してやる!!!
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1145366829/l50

来るならいつでも来いウヨども!! 完全論破してやる!!!
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1145366829/l50
来るならいつでも来いウヨども!! 完全論破してやる!!!
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1145366829/l50

来るならいつでも来いウヨども!! 完全論破してやる!!!
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1145366829/l50

来るならいつでも来いウヨども!! 完全論破してやる!!!
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1145366829/l50
来るならいつでも来いウヨども!! 完全論破してやる!!!
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1145366829/l50

来るなら来いウヨども!! 完全論破してやる!!!
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1145366829/l50



245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/21(金) 01:49:49 ID:Y01iiSoy0
民主支持だけど、岸が別格の総理であることは認める。
ただ安倍はどうかな。

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/21(金) 06:42:48 ID:DKsO8IOnO
小泉はかなりいいところ行くかと思ってたけど
最近ビミョーに分からんようになりました。

そろそろ任期終了も近づいたということで、
歴史的、巨視的、ひと味違う評価を聞かせてください。

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/22(土) 03:15:53 ID:orkyD26Y0
過去ログにもあったが、ポスト小泉は中曽根以降の混乱の歴史を繰り返すような気がしてならない。
最大派閥森派から満を持して登場した安倍政権が短期でポシャった後は森(もしくは中川も)がキング
メーカーとして君臨して他派閥の「神輿」を担ぐ短命政権が続く・・・


248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/22(土) 14:47:52 ID:5gpzJSSL0
小泉についてはまだ早いような気もするけど
時代の流れから必然的に出てきた人物なのは確かだろう。
後世からは原敬みたいな評価になるかもね。

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/24(月) 20:11:55 ID:yJZsYMyG0
小泉はレーガンとかサッチャーみたいな存在に思えるな
すると・・・次は福田でその後は政界再編、民主党政権かな?

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/25(火) 22:44:05 ID:ikciYyZ30
>>243
>もし岸信介が、無知能かつわがままな
>学生運動のテロリズムおよびマスコミの圧力に屈し
>日米安保の改定を拒絶していたら、
岸の福田禅譲路線に、岸派から出している川島幹事長までがそっぽを向いてしまい、
条約調印直後に解散できず、自民党内の反岸派に追い込まれて、ああいう大騒動になっただけですが。
首相が自分の派閥出身の幹事長を敵に回すようではお終い。

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 00:23:07 ID:ivajG7BD0
歴史の偽造だw
政争とデモは関係ないでしょ。

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/28(金) 22:49:00 ID:AHUQSVhh0
>>248
原敬っていうと平民宰相ってのが最初に思い浮かぶけど、
政治家としては小泉より、田中角栄とかに近い部類だと思う

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 00:09:59 ID:o2c0kuOO0
総理ではないが、キャラクター面で松岡洋介に近いのではないかと。

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/10(土) 15:44:31 ID:Yr+Kwh/D0
小泉は濱口雄幸に近い。
いやあだ名だけじゃなくてw

原敬が田中角栄というのは俺も思うのだが
個人的に原は好きで角栄は嫌いなので誰か二人が決定的に違うところを教えてくれ。

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 17:05:42 ID:GK6tCmoA0
 

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 21:01:11 ID:zIy1JdJl0
池田勇人ってどうなの?

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/12(月) 00:08:52 ID:omEtRpF+0
「高度経済成長」路線を決定づけたのは岸内閣だしなー
(「今の景気は戦後復興経済であって高度経済成長などありえないインフレに備え緊縮を」といわれていた時代だ)
脱政治で安定をはかったというのか功績かな。
それによって生まれた負債も無視できないような気がするが。

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/12(月) 12:55:54 ID:Ly8a5D6X0
>>256
総裁選の資金捻出のために、大型公共事業を利用した張本人
自民党の錬金術を作り上げた男と評価できよう

岸も金に汚かったことで有名だな

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/12(月) 23:25:09 ID:kyCu2NVv0
>>254
>二人が決定的に違うところ

原は名門の出、田中は百姓の出

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 22:56:16 ID:hti3a12p0
橋本元総理追悼のためあげ(−人‐)

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 23:21:38 ID:fYI92iC/O
橋本さんは総理になった時期が悪かったね。

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 23:49:17 ID:fKA2nxRuO
>>261 総理任期年数4年でしょ小学校で習った。


橋本元総理って2年しか総理してなかったんだ。

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/10(月) 04:06:30 ID:2miLf/Qt0
東大法学部首席の総理 加藤高明、若槻礼次郎、平沼騏一郎、芦田均、岸信介、福田赳夫

東大法学部成績優秀者の総理 浜口雄幸、広田弘毅、幣原喜重郎、鳩山一郎、中曽根康弘、宮沢喜一

吉田茂と佐藤栄作は、どっちでもなかった。

これから、東大法学部首席が再び総理となる日は来るのか?


264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 18:20:48 ID:chMbRpoU0
総理大臣に明確な任期ってないよね?憲法とかに。
例えば自民党出身の総理の場合、党総裁の任期が3年で2期までだから
総理と総裁の任期を混同してはならん。

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 19:09:01 ID:gAMJks2U0
民主主義国家の中で、日本の総理(戦後)以上の権限を持った総理はいないのではないか。

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 16:05:55 ID:t7CToGCi0
冷静に考えてみれば

内閣総理大臣より最高裁判所長官になる方が難しいよな

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 19:14:07 ID:pZW0bUzS0
>>265
自称民主主義国家の中から探せばいっぱいいるだろう

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 20:22:23 ID:+k6YQsNR0
>>248
大衆社会特有の政治現象という意味では細川の登場からそう変わっとらんよ。
細川も佐川疑惑さえなければもっと延命していただろう。
国民福祉税は今思うと普通に受け入れられる政策だしな。

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 20:54:01 ID:+k6YQsNR0
>>203
小泉自身が当初そうした二者択一的主張で権力を握った事を隠蔽するんじゃない代w

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 22:01:29 ID:Yt8Nwgzg0
>>266
うむ

選び抜かれた裁判官の中でさらにそこから一人選ぶわけだからな

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/03(木) 17:24:16 ID:/VrzyV5P0
>>262
は?
不信任案や本人の辞意が無い限りは次の衆議院選挙までだろう。
4年と言うのは自民党の内規(2年×2期)

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/05(土) 01:41:47 ID:R+RRmDGQ0
佐藤栄作が名宰相だったとは思えんのだが?
奴のぶち上げた武器輸出三原則と非核三原則(在日米軍の核兵器は???)
のおかげで当時の日本の防衛政策が破綻して今も尾を引きまくってるぞ

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/05(土) 10:08:57 ID:2ics+Fl00
佐藤栄作の最大の失敗は自分の任期延長と引き替えに
次の首相を田中角栄にしてしまったことだろう。
角栄が全て悪いとは言わんけど、ここから総理の椅子が軽くなってしまった。

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 05:28:14 ID:4BTsz/JD0
>>272
非核三原則は実は三木のパクリだから、ノーベル平和賞受賞自体詐欺行為だろう。

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/08(火) 07:34:32 ID:2Vh0LR8Y0
関係ないが、寺内貫太郎って、
寺内正毅と鈴木貫太郎から取ったらしい。

「寺内」と「貫太郎」の響きが偉そうな(尊大な?)名前だったかららしい。

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/08(火) 08:40:52 ID:iz47HZyg0
岸も佐藤も兄弟揃って金に汚い
その末裔が今の自民党の二大勢力を構成しているのだから、いやはや

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/12(土) 19:46:41 ID:HWPY99O90
 おいおい、片山哲内閣総理大臣(1948年)を忘れちゃならんぞ。
 戦後初の政権交代を成し遂げた首相。(吉田民主自由党→片山日本社会党)
 日本社会党(現捨民党)委員長にして、敬虔なクリスチャン。
 西尾末広社会党書記長、森戸辰夫社会党書記と共にトロイカ体制で出発。
 しかし、党内の敵(左派)の執拗な攻撃であぼーんされる。
 短い間ながら家族制度の確立や戦後民主化、エネルギー問題、労使協調と
業績残してるのに社会党政権ってだけで日本史のタブーになってるw

 実は片山内閣の全メンバーが社会党右派(後の民社党)というのは注目だ。
 片山、西尾、森戸、そして西村栄一日本社会党副委員長(西村真悟の父)が
社会党から追い出されて以降、明らかにこの国の革新勢力は狂った。
 社会党はかつては天皇陛下を敬い、国防の義務を訴え、A級戦犯全員無罪を
叫んでいたのに…50年間でここまで(悪い方に)豹変してしまった政党って。

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/13(日) 11:53:24 ID:7IVdlvlC0
>>277
片山哲があまり語られないのは、
当時の吉田茂の対比で従米政権扱いされているのが大きいんじゃないかな

右翼は社会党が政権政党として業績を残したってのを認めたくない
左翼は社会党がいわゆる「親米ポチ」であった過去を隠したい
ということでどっちからも避けられているある意味可哀想な人。

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/13(日) 20:12:15 ID:rUZ01dDC0
 社会党(民社党も)は万年野党であるうちが花だった訳で。
 政権取るごとに着実に崩壊して行く政党なんて他に例がないよな。
 村山内閣の前に民社と社会が合体して「民主社会党」wを作る計画があった。
 中心になったのは山花貞夫本元社会党委員長と大内啓伍民社党委員長。
 何時の間にか頓挫してしまったが、革新2党のみによる連立政権も見たかったな。

 >>278
 ハゲ同!!昔の社会党は今の自民党以上に(次元が違う程の)タカ派だったが。
 山下春江議員という人が片山政権当時に社会党にいたんだが、この人は反米の愛国者
であり、極東軍事裁判の被告人無罪を主張していた。
 「新しい教科書をつくる会」の最高幹部・小林正氏(元社会党参院議員)みたいな人。
 小林氏は日教組神奈川県委員会の元委員長でもあった。すげー転向w

 漏れはウヨもサヨも嫌いだが、今の社民党の没落ぶりはまともな社会党員を排除し続けた
当然の報いだと確信しているよ。

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/14(月) 18:54:22 ID:TrJYQWB20
最近小泉と近衛文麿をだぶらせて批判してる人がいるみたいだけど
この二人にそんな共通点があるのか?
就任当事に人気がすごかったというだけではないかと。

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/14(月) 20:49:15 ID:QWBgtUMO0
>>279
逆に選挙区事情だけで社会党を出た鈴木善幸が自民党総裁にまでなってしまったという歴史を忘れてはいけませんぞ。

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/15(火) 15:21:27 ID:fCt4ibUt0
小泉は平成の大久保

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 20:51:23 ID:zPJjFXcFO
>277
社会党がしっかりまとまっていれば日本の戦後史は変わったかもしれん。
吉田は従米というかマッカーサー寄りだったな。社会党の方はというと民政局寄であった。
日本政府とGHQという構造が変わっていた。

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 02:33:36 ID:/B30JdYG0
長くやってればな、というのは大福

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 09:27:56 ID:K6wElGZ50
角栄は今でも内政は金脈まみれと言われているがそれは小悪だ。
角栄は親中と言われているがそうではない。ただ資源外交をやっただけ。
中国にはさまざまな資源が眠っている。日本としてはそれが欲しかった。
そしてソ連にも近づいている。北方領土返還交渉も行っている。
あと資源開発交渉もしている。それから石油政策をイスラエルからアラブに転換した。
フランスとウラン共同経営。イギリスと北海油田共同開発。ドイツと原子力発電共同開発。
ロシアとはチュメニ油田開発。ただの資源外交である。
アジアとはインドネシアと石油開発。サウジアラビア−インドネシア間。
カナダとはウラン開発。ブラジルとは原子力開発。ニュージーランド・オーストラリア。
こんだけ見れば親中とかではなく、ただの数学的外交であることがわかる。
ただ単に国益だけを見た外交だと思われる。私はアメリカのロッキード陰謀論にも賛成で
あれは間違いなくアメリカが仕組んだものだろうと思う。このまま行ったら日本は間違いなく世界を制覇することになった。
アメリカの天敵である日本に世界の海を制覇されたら困ることは容易に考えられる。

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 12:27:22 ID:b6rsXpqc0
戦前めざした「国家改造」はある意味田中角栄が完成させたところがある。

アジアに接近しアメリカに可能な限り対等に近い立場で対抗する戦略。

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 15:26:53 ID:hyudfcda0
小泉、安倍を見て思う。
戦後では、鳩山、岸、角栄が立派だったな。
立花隆は角栄に謝罪すべき。
だろ??

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 15:36:48 ID:hyudfcda0
>>287に追加。(自己レス)
プラス小渕。以上、某経済記者でした。社論には反す。

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 21:58:49 ID:b/3d6KQB0
日ソ国交回復、日米安保改定、日中国交回復
外交だけで見るならいい人選だろう。

だが、宰相って言うのは外交だけで評価が決まるのか?

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 23:14:54 ID:hyudfcda0
>>289
アメリカとの距離感を問題にしている。
小泉時代を経験したわが国は今、角栄について再考するべきだろう。
角栄政治を壊すのではなく、角栄が目指したモノを実現すべく角栄政治を「リフォーム」
するべきだったと思っている。

84 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)