2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本近代社会主義運動史

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/02(金) 01:21:28 ID:7O+Ee5Zg0
平民新聞 

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/02(金) 01:23:06 ID:7O+Ee5Zg0
幸徳秋水

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/02(金) 01:24:07 ID:LouALgFp0
犬丸義一先生はいずこ?

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/02(金) 14:08:21 ID:RADygp4Q0
♪しののめの〜ストライキ〜

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/02(金) 20:25:56 ID:sk8MmYCz0
>>2
幸徳秋水はわが「郷土の偉人」中江兆民の愛弟子であり、
兆民と同じく「偉人」のはず。
だが、いまから25年くらいまでは「大逆事件」の影響のせいで、
「恥」「汚点」扱いされていた。
実際、当時中学生だった俺は、「幸徳秋水」の名を口にしたとたん、
親から「汚らわしい名前を口にするな!」とこっぴどく叱られた。
最近はそういう風潮が薄れてきたので、正直ほっとする。


6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/02(金) 21:38:37 ID:jPgYpr9Q0
幸徳秋水の文章力は凄い。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/03(土) 09:53:55 ID:q4j9ANER0
先生かつて坂本君の状を述べて曰く「(中略)彼が純然たる土佐なまり
の方言もて、『中江のニイさん煙草を買ふてきてオーセ』など
と命ぜらるれば、快然として使いせしことしばしばなりき。
彼の眼は細くして其鼻は梅毒の為め落剥して居たりき」と。

幸徳秋水

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/03(土) 22:31:48 ID:OExyauwW0
枯川堺利彦age

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/04(日) 00:56:37 ID:yo6FIkIi0
渡辺政之輔age

10 :全宇宙全生命永久永遠の大天国:2005/12/04(日) 09:39:43 ID:bsh2G3GD0

http://www.youtube.com/watch.php?v=6HZeefT0X20

中国人の性質 ↑マジ野蛮です 観たらトラウマになります
((((((;゚Д゚))))))ガクガクブルブル
でも みんな観て お願い 真実を知ってっ!

いまだに中国刑務所で行われている法輪功学習者への迫害実態
http://www.epoc htimes.jp/jp/2005/10/html/d67889.html ←グロです。
        

       スペース空けてあります ←(注)

★女性のおっぱいが拷問で剥がれてます 乳首も当然ありません 酷いです★

中国怖いよおお。。。
((((((;゚Д゚))))))ガクガクブルブル

いまだに 政府に逆らえば 拷問。
拷問で死ぬやつも大勢。いまだに公開処刑もある。
宗教の自由もない。犬も平気で食う中国人民。食うだけなら
まだしも 殺し方が残酷。

ちなみに 2番目のサイトは ニューヨークで発行されている

★中国のことを書いた新聞★です


11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/04(日) 20:51:56 ID:xWJrTdsw0
中国スレへ

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/04(日) 23:01:50 ID:cZ7x0slX0
オレの曾爺さんは平民新聞の記事を書いていた。
幸徳秋水や木下尚江と親交があり小説の登場人物のモデルにもなった。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/06(火) 15:00:46 ID:k6JnSCJZ0
小説のタイトル教えて

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/10(土) 10:38:23 ID:fkljKzy60
>>13
木下尚江「労働」 

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/11(日) 14:30:16 ID:cBIrAQem0
>>14
dトントンからりんと隣組

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/11(日) 15:51:38 ID:0cUL+mHO0
格子を開ければ顔馴染み
回して頂戴回覧板
知らせらりたり知らせたり

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/21(水) 19:32:44 ID:svN3lswF0
ドドドリフの大爆笑     

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/27(火) 00:54:53 ID:TM5uZJvg0
石堂清倫の「わが異端の昭和史」、なかなか面白いな

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/27(火) 12:54:57 ID:xcyjwk+h0

韓国の歴史捏造は世界一
http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea1.html

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/28(水) 20:17:46 ID:n9oawEte0
「私はマルクス主義者ではない」カール・マルクス

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/04(水) 11:49:08 ID:qL/KuZ2y0
 更に眼を転じて実際界をみよ、三月中旬共産党の検挙を
手始めに、保守派は全戦線に亙つて驚くべき攻撃を開始し
た。之はどまでに保守派の底力が隠れてゐたかと思はれる
位に、今は反動の勢力は隈なく全日本を圧倒した。見よ左
翼の戦線がいかに混乱を呈しつゝあるかを。信ずべかりし
闘士は信ずべからざりし臆病であつた。無視されてゐた列
伍の中よりして、却て勇敢なる戦士は躍出した。その何人
を信じ何人を捨つべきに、混沌として去就に迷つてゐる。
実力以上に虚勢を張つた戦線は、脆くも一敗地に塗れて、
今はその収拾に忙殺されてゐる。
 支配階級の「無知」と「油断」とに乗じて、伽藍の各所
を蝕ひつゝあつた白蟻は、今や探知され発見され掃蕩され
んとしつつある。今までの「無知」に代ふるに「覚醒」が
来、「油断」に代ふるに「警戒」が来た。その警察網の全
国的に行届けるをみよ、その根治の対策に汲々たるをみよ。
要するに思想の自由を解せざる日本に、不思議に自由を恵
まれたマルクス主義は、今や停止状態に入つたのである。
 必ずしも社会運動のみと云はない、内政に外交に社会の
全面に於て、いかに反動の空気が、重苦しく吾等の上を蔽
ひつゝあるであらう。而も奇とすべきは、此の反動に対し
て敢然として抗議するもののないことである。すべては当
然のことたるかの如くに、静に穏かに進行しつゝあること
である。曾ては漠然として急進派の味方たるが如くに思は
れた大衆は、今は我れ関せざる如くに冷然として此の状勢
を傍観してゐる。勇敢なる保守派と無力なるマルクス派と、
冷淡なる中立大衆との、三つ巴を戴せて我が社会は、一日
一日と歴史の一頁を繰りつゝある。

 「マルクスより出でてマルクスを克服するもの」 河合栄治郎 昭和?年

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/16(月) 09:34:49 ID:SL2Qrh7t0
今、時代は徳球さん!

♪(徳球さ〜ん)(は〜い)
すき すき すき すき すき すき 愛してる
すき すき すき すき すき すき 徳球さん
遁辞はあざやかだよ 特級品  度胸は満点だよ 特級品
アジ野次きびしく 特級品 だから けんかは大好きだよ 特級品
アーアー 名護産だ
とんちんかんちん とんちんかんちん 気にしない
気にしない 気にしない 気にしない
望みは赤旗革命だ わからんちんども とっちめちん
とんちんかんちん 徳球さん
すき すき すき すき すき すき 愛してる
すき すき すき すき すき すき 徳球さん
徳球さん

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/16(月) 10:10:12 ID:OKqob8GB0
日本の運動は、
はじめはアナーキズム、
のちにマルクス主義へと移っていった。
昭和期はマルクス主義の影響はすさまじい

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/21(土) 14:19:34 ID:Hlt7cZj50
彼らの運動があったから今の日本がある

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/26(木) 01:29:49 ID:mWfolunW0
憲法の判例見てると、左翼の人が判例をつくって
来たってよくわかるよね。

でも惜しいのが、どう見ても無理筋の主張で
負けまくってるとこ。もっと微妙な事案だったら、
また別の判断が下されるんだろうけど・・・・

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/31(火) 03:47:50 ID:9QHHoMZF0
無産政党についても語ってください。

37年総選挙での社会大衆党躍進の時の写真を見て思ったが
麻生久と浅沼稲次郎って似てると思う。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/01(水) 00:28:20 ID:ejbOHtRo0
山宣ひとり孤塁を守る。
だが私は淋しくない。
背後には大衆が支持しているから

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/02(木) 01:38:32 ID:ovWhRD940
そういえば昔「山本宣治スレッド」ってのが日本史板にあったっけ。
あっと言う間に落ちたけど。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/02(木) 15:56:26 ID:dK811Kn60
日本赤色救援会age

30 :長州ファンA:2006/02/05(日) 22:55:10 ID:eDrmRfm40
講座派VS労農派とかって、最近あんまり聞かないな。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/06(月) 11:57:04 ID:9aubrfOm0
労農派は運動体としては既に破産してますからね。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/07(火) 01:50:41 ID:rUxSYV0P0
真に労農派と呼べるのは向坂だけ。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/07(火) 02:57:17 ID:rUxSYV0P0
自称「最後の講座派」はいくらでもいるのだがw

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/09(木) 19:22:41 ID:jpYqQUA00
古書店で岩波文庫版の高野房太郎『明治日本労働通信』買いました。

これから読みます。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/09(木) 21:05:13 ID:OI2K9d/90
共産主義者に死を!!

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/13(月) 23:38:24 ID:h74XoGJF0
>>35 箕田胸喜氏(ry


37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/14(火) 22:55:37 ID:m9YqKlLJ0
最近、評価高いよ蓑田。イロモノでネタにしやすいとの評価が。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/15(水) 23:21:41 ID:HFdTTLWs0
評価してるのは竹内洋とか佐藤卓己みたいな好事家(ゲテモノ好き?)だけではw

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/16(木) 20:30:57 ID:B9Tc/C0p0
イカモノ喰いができるのは、料理の腕が確かな証拠。でもゲテモノ好きな性分なんだろうな。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/22(水) 06:50:01 ID:DuicHzUo0
国士舘ってあからさまな右翼ゴロツキ養成所だったよな
今でもそうなの?
拓大は大陸浪人養成所だったしw

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/23(木) 22:43:21 ID:ytZI0scV0
>>40 国士舘は最近は一時期ほどでもないらしい。
拓大って創立時は台湾協会学校(初代校長;桂太郎)で
「植民地経営に活躍する人材の育成」が建学の趣旨だから
そういえなくもないかも。

よりストレートに「大陸浪人養成所」と言ったら東亜同文書院だな。
後期には左翼活動家も輩出したが(ということで本題に戻します)。


42 :真神龍 (全宇宙全生命永久永遠の大天国):2006/02/25(土) 01:38:46 ID:6/OfEFC/0

http://video.google.com/videoplay?docid=-4960427717414049428

南京大虐殺はないという動画←有名人がたくさん集まって論争してます
  ↑
 短いですので 是非 観てください
 お願い致します。

http://video.google.com/videoplay?docid=-4960427717414049428

南京大虐殺はないという動画←有名人がたくさん集まって論争してます
  ↑
 短いですので 是非 観てください
 お願い致します。

★マスコミ特にテレビは中国共産党の邪悪さを報道してくれい。
 このままでは日本=悪 中国=善になってしまう。
 そんなことあってはならない。絶対あってはならない。★
 ↑
そんなこと許されていいと思うか?
悔しいとお前らは思わないのか?そう思う方は少しでいいから
コピペしてくれ。頼む。このままでは日本は一方的に悪者にされてしまう。
悔しいよ とても悔しいよ みんなコピペ協力してくれ 頼む。
 

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/07(火) 21:10:40 ID:PuEU1Sy6O
40万部のベストセラー『嫌韓流』の第2弾

『嫌韓流2』発売中

意外とおもしれーぞ

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/18(土) 13:25:06 ID:g2Ek9IQT0
近代社会主義思想と現代社会主義思想の違いとは何ぞや?  

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/19(日) 08:19:19 ID:V635+neU0
社会主義国家が実現される以前とそれ以後。

19世紀にはとりあえず実際に存在してないわけだからあれこれいろんな可能性を
考えて夢もあったが、ソ連って国が出来て(なおかつ自滅して)しまうと
そのことをどう評価するのかっていう重くリアルな問題が(左翼に)のしかかる。

「あれはエセ社会主義だから」って言い訳はナシな。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/24(金) 12:57:00 ID:n41izexK0
大正デモクラシーって社会主義運動?

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/25(土) 04:17:16 ID:b27lkYE00
大正デモクラシーって俺もよくわからない。
大正期に始って終わったってわけでもないしな。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/25(土) 20:06:28 ID:G3DjKjMX0
>>46
最初は護憲運動から始まったけど途中で尻窄み。
最後の方は護憲三派の普通選挙運動になってしまったようだ。

社会主義者の多くは大正デモクラシーには冷淡だったようですが。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 19:50:47 ID:qRJpQkKt0
>>47 
「体制としての大正デモクラシー」と「運動としての大正デモクラシー」は
別物として考えるべき、という見解もあるようです。
(松尾センセがどっかでそんなこと言ってたと思う)

「運動」の方は大震災後くらいにショボってしまったけど
「体制」の方は「憲政の常道」として五・一五くらいまで続いたのでは?


50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/30(木) 07:56:43 ID:/wYZ8PaQ0
当時の労働運動の要求は、8時間労働の実現や人格承認といったものだった
んだよな
今の日本でも、全然事態は変わっていないってことか

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/31(金) 05:01:15 ID:baKh2d950
今は肝心の運動がないわけで

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/31(金) 05:09:28 ID:hQv2iGX+0
院志望の学部生なんだけど近代の社会主義運動を研究するのって難しいのかな?


53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/31(金) 21:34:55 ID:LtdgDwuH0
>>52 
史料が少ない(というかその関係のアーカイブスがあまり整備されてない)ので
困難が予想されるがガンバレ!

とりあえずは大原社研逝ってみたら?


54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/02(日) 16:28:07 ID:dMd2edUq0
左右両方の社会主義運動を扱えれば面白いかも。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/03(月) 00:00:52 ID:nX74yDlI0
右の社会運動と言ったら橘孝三郎とか転向後の下中弥三郎とか?

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/07(金) 00:59:07 ID:S53M10mR0
ボルよりアナだろ。

赤旗より黒旗だろ。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/07(金) 06:16:16 ID:h3/TXyzP0
穴掘る論争?

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/07(金) 10:44:45 ID:5SSCKJeP0
旧内務省の膨大な資料があるだろう?

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/18(火) 17:59:35 ID:WwuHK3gC0
そんなの警察側の一方的な史料じゃないか!

とか言ってたら社会運動史の研究とか出来ないんだよなぁ。
運動当事者が現役の時に残した史料が少なすぎるのが
(仕方ないけど)悲しい。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 10:38:38 ID:bXJeHuKy0
自分の曾祖父がそういう運動をやっていたから
当局に追われて逃げる時に史料とか全部燃やして
あっちこっち行ったらしい。  

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 22:12:57 ID:KDdzxBV10
>>59
共産党が立花隆の本に「特高の資料を使ってるからダメ」と言っていたのを思い出したw

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/10(水) 01:57:17 ID:Z3hhbc1M0
立花によると、共産党自身が創刊当初の『赤旗』が手に入らずに内務省の資料から取ってるらしいが。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 15:41:50 ID:DleUNdKT0
ありそうな話だ。
党は持ってないけど除名者が持ってるとかw

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 23:01:09 ID:uCym2Pfv0
>>46-48
大正デモクラシーはどちらかといえば自由主義寄りだからな。
対社会主義という観点から治安維持法にも肯定的だったし。

ところが昭和に入って社会主義者が揃い踏みで転向して国家主義側についたものだから
立場が逆転し、自由主義の言論文化人や政治家は次々と追われていく。
これによって親米リベラルなどの穏健派が政府や軍での発言権を失い、
日本の政治・軍事は15年戦争でお馴染みの迷走路線に突っ走ることになった。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 23:12:27 ID:VScXawLkO
神戸のスラムでブイブイ言わせた賀川豊彦が
チョンの政治工作機関になった日本社会党やその後身を
見たらなんと言うだろう。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/04(日) 21:32:44 ID:NcMO7WmN0
初期の共産党の指導者って「ブイブイ言わせてた」感じの香具師が結構多いと思うが
渡政とか

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/05(月) 21:50:39 ID:J+vgDunR0
訳の分からない気取りで、わざと難解そうな文章を書く人はどうせみんなから捨てられる。
このことは、肝に銘じておいたほうがよい。
日本の知識業界は、長く1920年代からの、昭和初期の新カント学派と呼ばれる、「ドイツ哲学の学者達」の
悪弊に始まって、やたらと難解な文章を書くことが、偉い事だとだという巨大な思い違いをしている。
この病気は今でもなかなか治らない。本当は自分の頭が良く無いだけのくせに、やたらと、象徴語と、
ドイツ式観念語(本当は禅用語を無理やり当てはめただけ。観念とか本質とか根本とか意識とか。500語)を使いたがる。
読んでいる方はいやになる。こんな下手な誰も説得できないような文章を、苦しみながら書いてるとあとあと大変だろうな。
どうせ誰も読んで分かることは無いのだから。当たり前のことを、はっきりと書くことができない。
やたらとこねくり回してそれが「するどい批評になっていなければいけないと、勝手に思い込む。


http://soejima.to/(副島隆彦の学問道場)
http://geopoli.exblog.jp/(地政学を英国で学ぶ)
http://amesei.exblog.jp/(ジャパン・ハンドラーズとアメリカ政治情報)
http://www.aynrand2001japan.com/index1.html(藤森かよこの日本アイン・ランド研究会)
http://www.tkataoka.com/(片岡鉄哉のアメリカ通信)
http://d.hatena.ne.jp/leeswijzer/  (leeswijzer: boeken annex van dagboek)


68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 23:48:46 ID:sXyGp4m/0
福本が流行ってた頃は「山川のような分かりやすい文章はダサイ」って
感覚だったんだろうな。

69 :香里園の守護神 ◆NEaRDPrK/Y :2006/06/08(木) 03:02:33 ID:XF5udSK30
>>64
自分に治安維持法が適用されると考えていなかったのが浅はかだったのだよ。現代まで連綿と続く
1940年体制を作り上げた革新官僚や政治家などに比べれば、自由主義者はあまりにもナイーヴだったという
ところだろうな。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/09(金) 23:51:40 ID:OZ2sjd/10
戦前の社会主義運動家って大概の書籍見ても殆ど批判が書かれてないね。
(転向組のぞく)
途中経過は別としても、総評では必ず抜群に優秀で抜群に偉大な人にされている。
まぁ別にそれでもいいんだけど、
戦前の反体制家というだけでとりあえず英雄視しとけみたいな風に書かれた
本がほとんどということは、本気で真実の歴史を知りたい人間にとっては
面倒くさい状況ではある。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 01:24:44 ID:efP+by7q0
>>70 そうでもないでしょ。『日本共産党の研究』とか石堂清倫とか読んだ?


72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 02:10:28 ID:P3/rVc9l0
前期新人会とか社会大衆党とか民主社会主義研究会とかについても
語って下さい。

「右派社民」って何で日本でうまく逝かなかったのか。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/26(水) 23:58:36 ID:FicmYJsG0
見え見えの労働貴族が多かったからだろ。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/27(木) 02:13:19 ID:yDMQPtS/0
でも西尾末広とか棚橋小虎とか、一応たたき上げじゃないの?

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 10:08:42 ID:qX9TbUzt0
今、時代は徳球さん!

♪(徳球さ〜ん)(は〜い)
すき すき すき すき すき すき 愛してる
すき すき すき すき すき すき 徳球さん
遁辞はあざやかだよ 特級品  度胸は満点だよ 特級品
アジ野次きびしく 特級品 だから けんかは大好きだよ 特級品
アーアー 名護産だ
とんちんかんちん とんちんかんちん 気にしない
気にしない 気にしない 気にしない
望みは赤旗革命だ わからんちんども とっちめちん
とんちんかんちん 徳球さん
すき すき すき すき すき すき 愛してる
すき すき すき すき すき すき 徳球さん
徳球さん

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 02:15:09 ID:sHlsdk6k0
プロレタリアート  

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 04:08:19 ID:3wVWAXHX0
>>75 さしずめ将軍様(正日じゃないよ)はマッカーサーですか?

新右衛門さんは野坂参三?


78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 17:53:26 ID:9W5mIt+A0
桔梗屋さんが吉田茂で珍念さんが神山茂夫

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 23:47:50 ID:njvtkWXU0
将軍 スターリン
新右衛門 毛沢東

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 01:13:16 ID:1fHpCunX0
ワールドワイドですね。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 04:18:54 ID:mXqd4iWs0
そうなると桔梗屋さんはトルーマンで珍念さんがチトーか。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 21:15:22 ID:fOO/ztmS0
珍念さんのチトー、ワロタww

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 21:24:33 ID:fOO/ztmS0
桔梗屋さんはトリアッティ辺りでもいいかもしれない。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 23:38:22 ID:yqUKyFGM0
おさよちゃんは宮本百合子?

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 19:58:15 ID:JPSu7lOt0
おさよちゃんはお茶屋の芸者だ。・・・徳球はお茶屋遊びが大好きだった。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 01:03:23 ID:TsvFIGsn0
ハウスキーパー問題とか根が深いよね。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 00:22:22 ID:MNsIdotU0
一休 徳田球一
将軍足利義満 スターリン
蜷川新右衛門 毛沢東
珍念 チトー
桔梗屋 トリアッティ
おさよさゃん 祇園のお茶屋の芸者

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 02:11:37 ID:H+vwctcG0
大東亜社会主義共和国連邦

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 02:28:55 ID:kQ0ccRI+0
朝日新聞の記事は他新聞と比べて一番ま
ともではないだろうか日本が右傾化しない
ように社説で繰り返し述べているはき違え
た愛国心を煽るようなマスコミを信じては
いけない売れさえすればいいという軽薄な
商魂の論説ばかりが国を危うくするのは太
平洋戦争で懲りたであろう機会ある毎に日
本の過去の過ちに対する反省を促し関係国
の友好を深めようとしているのが朝日新聞
であるなまじ知った歴史の一部で全てがわか
った顔をすると恥をかくだけだのうのうといき
ていられるのは平和憲法のおかげであること
は間違いないできもしない自主防衛を唱えて
いては過去の過ちを繰り返すだけである。
不利なことがわかっていながら国民を煽って
戦争に突入し買い物も切符が無ければ買えも
しないような生活をさせながら運用される
資金はべて軍事行動向け動力になるべき燃
料もなく資源も無い日本が何の大義もない戦争を
推し進めるのは狂気の沙 汰としか言い様が無
進軍ラッパをもう一度聞きたいのか?

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 04:05:11 ID:MNsIdotU0
朝鮮日報日本語版=朝日新聞イラネ

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 20:39:23 ID:Hsgm7drL0
他スレからきました。素人の意見です。
戦前の経済学者の多くがマル経だったのは、アクチュアルな問題としての
貧困の克服が目の前にあった。経済史の勉強をこの夏し直した時、今もって
日本経済史の山田盛太郎「日本資本主義分析」と西洋経済史の大塚久雄
「近代欧州経済史序説」の価値ーもちろん現在の学問的な評価ではなく、当時の
時代背景を著作を通じて知る価値としてーを知った。
マルクスの研究も80年代初めまでで消えてしまったようですね。
当時、学部にいて読んだ広松氏の研究は、今読んでも優れたものだと思うのですが…。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 22:15:42 ID:cuM+6Fr10
貧困が根底にあった。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 01:53:52 ID:Y/AAvCEI0
まーずーしさにー負けたー♪

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 00:19:41 ID:v4mHXdXM0
幸徳秋水

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 07:20:37 ID:1pmVziHZ0
幸徳秋水は明治政府のデッチアゲによる無実の死刑

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 19:28:34 ID:2dbsQTE00
日本の社会主義運動は、朝鮮右翼と同和ヤクザに乗っ取られた時点で終わったんだよ。

23 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)