2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

生きて虜囚の辱めを受けず→自分は捕虜

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/30(水) 12:51:29 ID:rKDYaHcn0
A級戦犯に限らず、当時の日本の指導部は日本国民の敵だ

2 :全宇宙全生命永久永遠の大天国:2005/11/30(水) 15:15:04 ID:D3HcvXos0

http://www.youtube.com/watch.php?v=6HZeefT0X20

中国人の性質 ↑マジ野蛮です 観たらトラウマになります
((((((;゚Д゚))))))ガクガクブルブル
でも みんな観て お願い 真実を知ってっ!

いまだに中国刑務所で行われている法輪功学習者への迫害実態
http://www.epoc htimes.jp/jp/2005/10/html/d67889.html ←グロです。
        

       スペース空けてあります ←(注)

★女性のおっぱいが拷問で剥がれてます 乳首も当然ありません 酷いです★

中国怖いよおお。。。
((((((;゚Д゚))))))ガクガクブルブル

いまだに 政府に逆らえば 拷問。
拷問で死ぬやつも大勢。いまだに公開処刑もある。
宗教の自由もない。犬も平気で食う中国人民。食うだけなら
まだしも 殺し方が残酷。

ちなみに 2番目のサイトは ニューヨークで発行されている

★中国のことを書いた新聞★です

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/30(水) 16:24:10 ID:2+w2sdax0
肉まんうまい

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/03(土) 21:54:31 ID:wQdYIqQF0
玉罪

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/04(日) 12:22:20 ID:65UsRHnc0
肉罪

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/05(月) 00:42:58 ID:n4GC8+920
豚まんの方がうまいよ

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/07(水) 00:02:20 ID:2eEN80X/0
いやここはあえて、ピザまんだ
あれ考えた奴は凄いね

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/11(日) 17:08:50 ID:I/JV/NUT0
ほんとだね

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/11(日) 21:58:18 ID:zSe1Ir5w0
本、戸棚だね

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/11(日) 22:14:40 ID:hM3I6S0I0
ピロシキうめえ

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/24(土) 08:12:36 ID:SzK6YfGU0
巣鴨プリズンってのは、「戦犯」を日本国民の報復から守るための囲い込みの役目もあったよね

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/24(土) 10:15:32 ID:XRJ3wSc+0
司馬遼太郎などの実際に従軍した世代によると
戦陣訓の名前は知っていても内容は知らなかったし別に唱えさせられることもなかったそうだ
「生きて虜囚を〜」のくだりは、草案者の一人の今村均大将の回想によると「誤解された」と悔やんでいたらしい
元々は中国戦線を対象に考案されたもので、後世のイメージとは違う
戦犯が国民に憎まれていた、というのも戦後の悪質な風聞(しかもその中でも少数説)

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/25(日) 18:20:35 ID:hatbL9L20
大岡昇平 豊田譲 なんて作家は8・15以前の米軍虜囚ワー・プリズナーでした
 一生自分のこと恥じて(今から思えば恥じなくてもいいのに)宮中からのご招待
すら遠慮なされてました。正々堂々と彼らの手記を読めば分かります。
誤解もなにも、酷いじゃありませんか。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/22(日) 23:00:14 ID:K2ivnjXV0
辻政信なんて戦後参議院全国区で上位当選してるんだよな。
日本人はバカな指導者なんてこれっぽっちも思ってなかった正真正銘のお人よし。
東京大空襲やった敵に勲章あげてるくらいだしな。
まあ、心広すぎなのか、ギャグがシリアスすぎて理解の度を超えているのか?

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/22(日) 23:08:38 ID:/iXsEv0B0
>>14
>東京大空襲やった敵に勲章あげてるくらいだしな。

それより先にアメリカが真珠湾攻撃の元航空参謀の源田実参議院議員に
勲章あげたの知ってますか?

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/22(日) 23:42:58 ID:rHvUVu4uO
菅原道大、富永恭次
特攻隊を送り出し自分は逃げたゲス野郎
辻とかまじで旧日本軍って指揮官にきちがい多すぎ。
つうかマジで上にたつやつがボンクラばっかりなのは今もかわんねえな。
まったく戦争の反省がいかされてない

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/22(日) 23:44:41 ID:QIWwZJau0
問題は、戦陣訓のおかげで、捕虜になったときに「殺される」と思いこんだ兵士が多かったこと。
このため、気絶等で思わず捕虜になった兵士でも、命が助かりたいがために、通常ならしなく
てもよい日本側の情報をアメリカにどんどん伝えることになった。

南方の基地が物量の差はたしかにあるのだが、それにしてもあっけなく敗れてしまったのは、
彼らの捕虜の助言の為だと言う話もある。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/23(月) 00:19:20 ID:nbNU59RR0
>>15
まんまとひっかかってくれてご苦労さんってこと?
反復攻撃やめてくれてありがとう、あるいはミドウェーの体たらくに感謝ってとこか?


19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/23(月) 00:21:47 ID:nbNU59RR0
>>16
辻は指揮官じゃない。
参謀が指揮権乱用しとった。万死に値する。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/23(月) 01:00:23 ID:Jgsv6VrdO
捕虜になったら家族が村八分にされたとかいうのって本当だったの?


21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/23(月) 03:52:32 ID:aKCWPDiC0
将校が捕虜になるとハラキリ
鬼畜日本軍

「何が部隊が全滅しましただ!貴様が生きておるではないか、貴様が!
早く原隊に復帰せんか。弱兵どもめが。貴様のような奴がいるから、
 我々の作戦が齟齬を来たすんだ!」

映画 戦争と人間より


22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/23(月) 10:18:21 ID:9KApnsoN0
ノモンハン事件で捕虜になった将校にむりやり自決させたのが辻だろう
その辻は敗戦になると、戦犯追及を怖れて7人の僧侶出身の学徒兵を連れて
地下に潜入。その際、部隊から1年間食えるだけの食料を持ち出す
英軍の手が迫ったのを知ると1人だけトンズラ。あとは第三者の証言もない
本人だけの手記では、国民党藍衣社の手引きで中国に脱出、蒋介石軍のブレーン
として活躍したとなってるが、ホンマかどうか誰にもわからん

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/23(月) 11:19:26 ID:l0wnalGe0
淫行三千里か

辻は本も出してベストセラーになってるよな。
ほとんど英雄扱いか?
誰もコイツに天誅加えようとしなかったことが不思議だ。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/23(月) 13:02:59 ID:pvjOyt1I0
だって「作戦の神様」てんで戦中から既に有名人だったのだから…。
個人個人は体験から変なエピソードを知っていたとしても、全体としての彼を把握できなかったのでは?
戦後は超ベストセラー作家で戦争の時のコトを捏造しても、言った者勝ちだったしねえ。

彼の小説は褒める奴は目茶褒めるんだよね…。けなす奴は捏造してまでけなす。死人に口なしだし。
だから、一定の「ファン」がいたのも事実だろう。

大体、当時の日本軍に彼の言うような「逸材」が大量にいたなら…決して戦争に負けなかったと思う
のだが…。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/23(月) 13:10:36 ID:ZhJXEBuv0
辻って捕虜食った人?

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/24(火) 09:16:05 ID:r5pHcH/o0
口先だけで戦中戦後を生き抜いた男
持つ才は弁論だけ、それが辻

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/07(火) 16:21:06 ID:PuEU1Sy6O
40万部のベストセラー『嫌韓流』の第2弾

『嫌韓流2』発売中

意外とおもしれーぞ

28 :名無史さん@お腹いっぱい。:2006/07/24(月) 01:49:25 ID:seqOdhcx0
age

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 09:06:19 ID:ioc8k6ax0
晩年はポルポト派の顧問になってた辻。
カーツ大佐のモデルでもある。

30 :大東亜平和:2006/08/12(土) 01:04:44 ID:HvhZSFHx0
昭和殉難者の一人、東條英機の悪名が高いのはやはり戦陣訓の影響ではあるの
だろうが、これは東條が発案したものではない。今村均中将の主宰で作成
されたものだ。しかも戦陣訓は精神主義に偏りすぎた面があって、陸軍内でも
不評であったという。これだけで多くの兵士が玉砕したというのは無いのではないか?

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/12(土) 01:15:43 ID:AMCAH2AR0
軍では実際に捕虜に関しての教育をほとんどやってない。せいぜい
捕まえた相手の階級には敬意を払え程度だもん。

だから、日本兵は確保されても捕虜としてまともに扱ってもらえないし、
そもそも兵士も教育されてないから、投降すべき局面になっても投降の
やり方を知らん。そりゃ玉砕もするがな。


32 :大東亜平和:2006/08/12(土) 01:21:32 ID:HvhZSFHx0
日本の捕虜の待遇も酷かったそうですが、米英の捕虜待遇はそれを凌ぐほど
酷かったそうです。我々はその頃、黄色い猿と言われてたくらいですから。
差別に基づいた拷問があったといわれています。それによって死んでいった
兵もたくさんいました。これなら本当にその場で死んだほうが幸せだったかも。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/12(土) 01:29:17 ID:AN47PKA10
>>30
戦陣訓の起草は今村均と言っても、生きて虜囚の辱めを受けずの部分は
東條が島崎藤村に文を推敲させたときに、勝手に付け足した部分だろう?

確かに、それ以外の部分も精神主義過ぎるけどな。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/12(土) 01:29:21 ID:AMCAH2AR0
>32

捕虜って捕まって自動的になるんじゃないし、兵隊が各自が勝手に
投降するもんでもない。
つかまっても階級どころか名前も言わないのも結構居たってんだから、
兵隊扱いじゃなく盗賊か便衣兵もどきみたいに扱われても文句言えんし。


35 :大東亜平和:2006/08/12(土) 01:44:14 ID:HvhZSFHx0
>33
確かにそうですが、私が思うに、戦陣訓自体、発案する必要が無かったと
思いますけどね。既に教育勅語と言うものがありましたからね。
>34
盗賊はまだ分かりますが、便衣兵だったら釈放されてるのでは?米国や英国は中国の
共産党と国民党とは同盟関係みたいなものですから。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/12(土) 11:07:34 ID:AMCAH2AR0
>35

便衣兵みたいに軍服を着ないで戦闘しても、
捕虜としての特権は受けられないよ。


37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/12(土) 13:30:31 ID:30QqX0hI0
>晩年はポルポト派の顧問になってた辻。
>カーツ大佐のモデルでもある。

これマジ? 地獄の黙示録は最高に面白い映画だったが
あのハゲが辻だったとは・・・




38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/12(土) 19:41:24 ID:kDIKOB1l0
>>27

結構よくみるコピペなんで、

「意外とおもしれーぞ 40万部のベストセラー『嫌韓流』の第2弾」

でちょっと検索してみた。

グーグルで約 9,070 件。
割と小規模な政治団体ががんばってるのだろうか?

しかしスレ違いだな。どこに報告すればいい?

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/13(日) 11:26:50 ID:MR6tQnXC0
戦陣訓がノモンハンの時に正式あったのか知らないが、あのレニングラード攻防戦
でドイツ軍を破りソ連反攻のきっかけ作り有名を馳せたジェイコフ将軍が戦後イン
タビューで今までで一番苦労した戦いはと聞かれて誰もが歴史的にも戦史に残るレ
ニングラードの攻防戦だと思っていたが意外にも即座にノモンハンだったと云った
ので一同びっくりしたという、日本側が大敗した戦いだと思っていたが、倒しても
倒してもタコ壷に潜み戦車に捨て身の肉薄攻撃を仕掛けてくる日本兵に手を焼いた
という。


40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/13(日) 15:15:55 ID:2iGNKC+20
>>39
信長の一向一揆討伐のようだな
宗教馬鹿は死ねば極楽引けば地獄と洗脳されてるから人間の命を大事にしない
無駄に死者を増やして紛争を泥沼化させる
だから天皇のために戦ってはいけないんだよな


41 :日本人:2006/08/18(金) 15:19:28 ID:0+ylCbA00
今日8月18日、61年前終戦から3日目東條他軍幹部は何してたの?
不思議。

42 :日本人:2006/08/19(土) 10:25:01 ID:+y3Efcjd0
9月戦艦ミズーリ艦上でおこなわれた降伏文書調印式の時も何してたの?

43 :日本人 :2006/08/19(土) 20:48:16 ID:n4JQBhbL0
ラジオの中継でも聞いてたのかしら。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 21:12:18 ID:5RfpogpsO
永久戦犯 か 英雄戦犯 か?


A〜C級戦犯 存在し


A級戦犯者だけが裁かれた。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 21:15:59 ID:5RfpogpsO
東條の頭を靴で殴った奴映像が流れてたよW

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 15:24:13 ID:F/VCU5I90
>>39
レニングラード攻防戦は誤り、正しくはスターリングラード攻防戦。(謝)



47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 19:03:04 ID:GvTMtIyv0
>>2は統一教会の信者

48 :日本人:2006/08/23(水) 14:01:55 ID:bG7Z3iJi0
今日は23日。15日から1週間東條は何してる?

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 14:12:52 ID:PaxG9Zc/0
天皇を守るために戦犯裁判を受けるように説得されて
忠臣の東條はその気になっていた。

50 :日本人:2006/08/23(水) 17:28:02 ID:bG7Z3iJi0
具体的に朝起きてから何してたの?どこにいってたの?

51 :税理士東野:2006/08/23(水) 18:40:33 ID:DsQSZsqH0
平和ボケの馬鹿どもがえらそうにカキコすするな。
しょせんお前らブルーの頭でっかちだろ。
ヘタレ・ヘタレ・ヘタレ。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 20:54:20 ID:lAapjubA0
戦争の恐ろしさや残虐性をいつまでも忘れず安易に戦争に走らないようにする
これは戦争を風化させない大事なこと

戦争の残虐性を否定しことさら良い面をアピールする
戦争の恐ろしさを理解せず戦争は仕方がないと言う人達
これが平和ボケ

53 :税理士東野:2006/08/23(水) 21:03:36 ID:DsQSZsqH0
戦争の残虐性を主張するのならば
現代の悪がきの残虐性でも考えてろ。
戦争を知らない世代が俺たちホワイトの
気を逆なでする。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 22:57:10 ID:hH7touJr0
戦争の残虐性を否定するあまり、国防も否定しまう愚かさ
過去の戦争を肯定できずに 目をそらし続ければ戦争はおきないと思ってる人達
これがいわゆる平和ボケ
戦争を肯定できない奴に戦争を防げるかよ 夢の住人

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 23:06:20 ID:n9gpUrMQ0

プックリ膨れて焼けて死んでいる
帝国陸軍兵士の死体を。
なぜ、万歳突撃をやったのか
神風特攻をやったのか
そこを考えてみよう。
その結果米国はヤムオエズ
17回のうち第一番目に広島原爆投下を
行った。二番目に長崎へ。
自衛隊諸君は降伏の仕方を習っていますか?
日本人のクオリオを考え直そう、

56 :名無し:2006/08/24(木) 23:39:03 ID:GBzzJWuL0
1.「生きて虜囚の辱めを受けず」というのは、支那兵が日本の捕虜を
生体解剖して殺していたからである。支那兵の嗜虐趣味は病的だった。
耳をそぐ、鼻をそぐ、内臓を取り出す、恐ろしいものであった。
だから捕虜になるなといったのである。勘違いしてはいけない。
2.原爆を落としたのはソ連への牽制だった。米国に頼まれて
満洲を占領するが、そのあと蒋介石に渡す約束だった。しかし
スターリンは違約し、米国を裏切るのである。スターリンは地上戦で
戦争の勝敗が決まると考えていたので、原爆を恐れなかった。
それに国内で既に五百万以上殺していた。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 00:03:38 ID:ktsjfM4F0
ブルーにホワイトか・・・古い言葉だ。差別主義者か・・・
心がササクレている。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 00:55:00 ID:BeKvPFW6O
?東條首相は自殺も図ったし、捕まったあたりは首相でもなんでもなかったから、虜囚にならんように、などとは考えている訳もないんだが

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 13:43:36 ID:TpLPe9Uf0
>>58
自殺し損なってるところが恥。
それでもサムライか。

拳銃使ってどうやったら失敗できるの?

60 :日本人:2006/08/25(金) 14:48:06 ID:Lc4tkvFY0
>>59
 東條家はサムライではなかった。祖父は能楽師。単なる月給取りの職業軍人。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 15:37:48 ID:Wv1+SdDb0
一応心臓の辺に目印をつけていた。職業軍人が的を外すんだからね。


62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 18:11:03 ID:+Oow8voo0
戦争の残虐性を否定していないから戦争の惨禍を見つめ平和を主張してる人が多い
戦争を肯定し残虐性を取り上げない人達が戦争を簡単にとらえる平和ボケ

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 20:50:50 ID:U/6yY/x5O
戦争は否定
非武装は否定
残虐は肯定
戦争は反対だけど非武装は危険ではないかと考えます。
矛盾していますか?

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 00:53:47 ID:QfTTsw9h0
本気で拳銃で自殺する気なら、口の中に当てて脳幹向けて
撃てばいい。眼とか喉もアリ。口径によらずまず失敗しない。
軍人でないシロートの田宮二郎だって一発で成功した位だ。

胸を狙うなんてシロートくさいことやって失敗したんだから、
軍人として恥かし過ぎてダメでしょ。


65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 05:44:13 ID:l9jqowfa0
軍人言うても
還暦を越え、引退して庭仕事しかしてない老人

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 02:21:28 ID:t2xjeXWV0
っていうか失敗したとかいう前に、
アメ公が必死こいて助けなかったら死んでたんだじゃないの。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 10:12:37 ID:iFYDaUf70
つまり、手当てすりゃ助かったってのが、それが失敗ってことだろ。
頭撃ち抜いていりゃ、誰であれ助けようも無かったわけなんだからな。


68 :日本人:2006/08/27(日) 12:20:26 ID:I5NA9lCi0
英樹、孫バーさんともに人騒がせな一族。引っ込んでほしい。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 13:10:17 ID:Unma+pm10
旧日本陸軍には拳銃自殺の作法は有ったのかな?

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 17:23:38 ID:BTece7NT0
>>68
まともなのは東条家だけ
阿南惟幾や東郷茂徳の息子も売国奴

生きて虜囚の辱めを受けずって戦陣訓に
書いていなくても、日本軍人は自決したと思うよ
日本人とはそういうものでしょ
今の日本人にだって、世間に迷惑かけたり、
不祥事起こしたら死んで責任取ろうという
気持ちがあるでしょう
それが理解できないって、長年日本に住んでる
フランス人記者は言ってたけど



71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 17:37:03 ID:LzjbWgYb0
それを改めて東条ごときが訓示にするから
おかしくなったんじゃない?

72 :武蔵国 ◆ga0MwilsDE :2006/08/27(日) 17:57:06 ID:LmNFhOoPO
>>64
東條閣下は死後自分の遺体を米兵に見せ物にされる事を予見して胸を撃ったのだ。

>>68
「日本人」と名乗るな外国籍が。
早急に帰りたまえ。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 18:42:29 ID:O3J7fOjf0
家のばーさんによると、腹の皮をつまんで撃ったらしいが。w

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 19:19:35 ID:A+FPj5sA0
自殺を失敗するのなんてメンヘラの間ですらカッコ悪いよ。
現世に未練があるから失敗するんだよ。潔さの欠片もない。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 20:56:26 ID:iFYDaUf70
>70
> 生きて虜囚の辱めを受けずって戦陣訓に
> 書いていなくても、日本軍人は自決したと思うよ
> 日本人とはそういうものでしょ

戦で負けた位で自決なんて、もともと武家にもそんな風習ないって。
武家にしたって、勝った負けたは戦のならいなんだから、負けるたびに
自決してたら天下は取れん。もし腹切ってたら、家康なんか何度
切る羽目になってることやら。
ハラキリなんて、江戸の一時期に出てきたメルヘンな風習だったのが、
維新後の教条主義ガチガチの変なやつらが国家神道とセットで軍隊に
持ち込んだ宗教行為だ。なにをありがたがってんだかな。


76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 01:15:18 ID:WdtItxCO0
>>75
あなたも江戸の一時期からの日本人の
風習っていうのは、認めてるんだ。
良い悪いじゃなくて、日本人には
己の死によって責任を取るという風習が
染み付いてるでしょ。
日本軍人なら尚更、そういう気持ちが
強かったと思うよ。
8月15日の終戦以降も、自決した日本人が
少なくとも599人もいるんだから。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 09:02:37 ID:YorOlPWC0
>76
> あなたも江戸の一時期からの日本人の
> 風習っていうのは、認めてるんだ。

誰も一般化した日本人の風習なんて言ってませんが?
葉隠思想みたいな儒教思想と真っ向対立しそうなものなんぞが一般化している
わけないじゃん。こんなのありがたがって広めたのが明治末期から以降の
軍であって、もともとあるわけないっしょ。
日本人の風習というなら、むしろ先祖に対する祭祀が絶えることを
避けなけりゃって気持ちの方がずっと染み付いているよ。


78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 16:31:31 ID:xNYo6MuNO
東條は敗戦後、何人もの指導者が自決する中のうのうと過ごし
いざ逮捕って事になると自決(しかも未遂)

これらの事や東條元来の身勝手さから保身に走る事を心配した笹川氏は自ら逮捕され巣鴨に入り東條を説得した
笹川氏は右翼の指導者として戦中は東條の政敵(というか東條から弾圧されていた)であったにも関わらず…

まあ説得のお陰で希代の愚将の東條も東京裁判での最後だけは立派に振る舞えた

東條本人も刑の執行前に笹川氏に「君の説得のお陰で目が覚めた、今は清々しい気持ちだ」と伝えたとの事


79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 19:14:59 ID:WdtItxCO0
>>77
大東亜戦争の日本軍人のことを言っているのに
武家の風習ではないと言ってみたり、
江戸の一時期の風習でも、一般化はしてないと言ってみたり、
ありがたがって広めたのが明治末期以降の日本軍だと言ってみたり、
真摯な受け答えじゃないね
日本人が己の死によって責任を取るという
考えになった経緯や時期を聞いてるんじゃない
戦陣訓がなくても、日本軍人の精神は
そんなに変わらなかったと思うんだよね



80 :大東亜平和:2006/08/28(月) 19:22:26 ID:Xx6+dkaV0
日本人の武士道精神のあらわれの一つが自決でもある。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 19:27:45 ID:XD1ah3Vq0
>>78
ヒント:東條は予備役で隠居生活をする老人
戦時に世論を誘導したのは右翼、右翼の大御所笹川が虐げられたというは事実はない
戦争を煽ったのも右翼ならば、戦争を回避しようとする東條を脅しつづけたのも右翼
笹川は自らの組織力で巣鴨に近づき東条に接触しただけで、自ら逮捕されに行ったわけではない

事実を捏造する輩が多いこと多いことw


82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 20:01:34 ID:YorOlPWC0
>79
> 日本人が己の死によって責任を取るという
> 考えになった経緯や時期を聞いてるんじゃない
> 戦陣訓がなくても、日本軍人の精神は
> そんなに変わらなかったと思うんだよね

つまり、過去と関連なく、ある日突然と自然発生的に沸いて出てきた、と。
メルヘンな考え方ですね。


83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 20:02:56 ID:XD1ah3Vq0
>>82
ヒント:第一次大戦

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 20:33:32 ID:/YfZDhYX0
戦陣訓なんてものは大した影響がないというか
東條ごとき武人の心の何たるかもわからぬ軍官僚ふぜいが
後方の安全な場所から大きな顔で督戦するとは笑止というのが
前線の将士の気分でしょうな 軍人勅諭とは全く次元が違います

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 21:36:51 ID:ih5J2e6I0
東條もシンガポールの本間中将のように潔く、開戦の全責任は自分にあると自分
から裁くなら俺を裁けといの一番に米軍に出頭してたらこうまで叩かれずにすん
だだろうな。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 22:45:24 ID:ADMXci/D0
ヒデキはお上のためお上のためと言いながら
天皇に責任があるのを暗に示唆してる卑怯者、しかもハゲだ。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 23:28:43 ID:bGVCXeVX0
今の日本を知ったら、分祀されても本望だろうな

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 17:56:47 ID:7GyNYZW90
http://www.tamanegiya.com/ura.html

日本の指導者たちはほとんどが素晴らしく、旧宗主国からも絶賛を受けていました。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 19:48:39 ID:RcnzocGS0
>>88
馬鹿丸出しのサイトだな。w
ところで日本の旧宗主国ってどこ?

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 23:11:32 ID:7GyNYZW90
>>89

具体的にどこがどう馬鹿なのでしょう?

日本”の”ではなく、日本”が”です。

24 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)