2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

皇国史観に基づいた正しい古代史

1 :日本@名無史さん:2006/11/10(金) 22:16:26
神武以来、大和周辺の地は、全て天皇家が支配していた。
また、神武以来、今の天皇まで、万世一系で続いてきた。
世界の奇跡であり、守っていくべきだ。
戦後の反皇国は嘘だらけ。三韓征伐も実在する。神功皇后も実在する。
神武天皇も実在する。日本武尊も実在する。欠史八代も実在する。
みなさん、これが、皇国史観に基づいた、正しい古代史であります。

2 :日本@名無史さん:2006/11/10(金) 22:35:45
韓国では、国定歴史教科書に檀君神話を史実として載せて教えています。

檀君が阿斯達に都を定めて国をおこし、国の名前を朝鮮としました。
そして1500年ものあいだ国を治めました。年齢1908歳の時、国を箕子に譲り
ました。そて檀君は、隠れて山の神になりました。

3 :日本@名無史さん:2006/11/10(金) 22:40:10
>>2
日本も、史実とは言わなくても、「神話」と題名付けて神代の話を教えるべき。
神武天皇の祖先をたどると天照大神にたどり着くことさえ知らない現代人orz

4 :日本@名無史さん:2006/11/11(土) 14:33:07
日本神話はR指定
18禁

5 :日本@名無史さん:2006/11/11(土) 16:13:04
ストリッパーあまのうずめが日本を救いますた
女性の裸体こそにほんのほこりでつ

6 :日本@名無史さん:2006/11/11(土) 16:25:01
おまんこすっぽん

7 :日本@名無史さん:2006/11/11(土) 17:59:36
>>4
理由をどうぞ

8 :日本@名無史さん:2006/11/11(土) 18:03:44
ポルノ小説だから

9 :サガミハラハラ:2006/11/11(土) 18:30:07
1番さん大賛成です。正しい皇国史観をひろめましょう。

10 :サガミハラハラ:2006/11/11(土) 19:13:27
皇国史観にもとずく、研究活動を行っている学者をあげてみましょう。
・安本美典 記紀の内容は実在するとして精力的に活動をつづけている。
      彼の薫陶を受けた人物に後藤幸彦がいる。安本氏は記紀を歴史書として見直すことにより、
      日本歴史界において多大なる貢献をしたといえる。

11 :日本@名無史さん:2006/11/11(土) 19:14:09
同性の女の裸に興味を持ったアマテラスは、プラトニックレズの起源です。

12 :日本@名無史さん:2006/11/11(土) 19:43:22
いや、男神だった頃の名残かも・・・

13 :日本@名無史さん:2006/11/11(土) 19:50:51
同性愛は日本の美しき伝統です。

14 :日本@名無史さん:2006/11/11(土) 21:42:07
>>1
追加を…
王朝交代説は事実無根。継体天皇から上も、もちろん血がつながっている。

15 :日本@名無史さん:2006/11/11(土) 21:57:14
中国で「三皇五帝は実在した!」とかいってる学者は当地の学会で電波扱いされているんだろうか

16 :日本@名無史さん:2006/11/11(土) 22:33:00
なりなりてなりあまるちんぽとなりなりてなりたりぬまむこで日本の国はデキマスタ

めでたしめでたし

17 :日本@名無史さん:2006/11/12(日) 17:19:51
モンブラン

18 :サガミハラハラ:2006/11/12(日) 19:12:45
皇国史観の研究者
・古田武彦 九州王朝説であるが、記紀に依存した内容である。
      多元説であるが、大和王権と天皇家を否定しているわけではない。
      ただ年を経るにつれ記紀の舞台は九州であるとする傾向がみられるようだ。
      彼の門下生の中には、神武東征も北部九州内とする研究者もいる。

19 :サガミハラハラ:2006/11/12(日) 19:14:47
他の方々もつづけて上げてください。匿名OKですよ。

20 :日本@名無史さん:2006/11/12(日) 19:20:33
日本人でありながら記紀の神話も分らないというのは悲しいもんだ
歴史という形態をとらずに別の形で良いから教えれば良いのに

21 :日本@名無史さん:2006/11/12(日) 20:19:39
別に大和朝廷のプロパガンダなんか知らなくてもいいだろ

22 :日本@名無史さん:2006/11/12(日) 20:49:35
>>15
殷王朝は遺跡が見つかるまでは
神武以上の単なる伝説でした

23 :日本@名無史さん:2006/11/12(日) 20:56:49
>>1
戦前の皇国史観は国が勝手に決めた内容を押し付けたもので
事実上自由な研究が抑制されたので紀記の研究、解釈も江戸時代よりも後退した。
戦後はその反動で紀記そのものの存在から
内容のあらゆる面をインチキと断罪された。

しかし、その後の考古学的成果から
次第に必ずしも嘘八百を並べたてた文書でないことは
あきらかになっている。

24 :日本@名無史さん:2006/11/14(火) 22:57:50
>>20
そうだな。
教科書に最初に出てくるのが、奴国の「漢委奴国王」で、最初に出てくる
天皇が「仁徳天皇」だからな。
…泣きたい

25 :日本@名無史さん:2006/11/14(火) 23:20:33
>>24
当たり前だろ。
実在が証明されていない人物を教えるってどこかの将軍様の国の歴史教科書みたいだな

26 :日本@名無史さん:2006/11/14(火) 23:29:32
>>1  神武以前から続いていた可能性もある。
奴国が拡大して倭国になり邪馬台国になり、東征後の神武が
東征後の初代を名乗っているだけかも知れない。

27 :日本@名無史さん:2006/11/14(火) 23:54:21
>>25

だから歴史じゃなくて別の形でやれば良いだろう


28 :日本@名無史さん:2006/11/15(水) 00:27:53
>>24>>26
奴国ではなく、委奴国だね。人偏を補って、倭奴国とする方が分かり良い。

29 :日本@名無史さん:2006/11/15(水) 00:40:28
日本を二度と戦争をさせない国にするために、天皇を中心とした内向きの
まとまりを作るべきだ。
天皇への崇拝が薄れれば、米国、中国、韓国、北朝鮮みたいに外国を
敵視して国民をまとめようとするやつが必ず現れる。
そうなったら戦争は不可避だ。

皇国史観の復活は恒久平和への唯一の道だww

30 :日本@名無史さん:2006/11/15(水) 01:17:30
日本武尊

31 :日本@名無史さん:2006/11/15(水) 01:18:15
自分は、古代史については、発掘されたものから分かる事以外は全て「推測ですが〜」の
範疇だと思っています。だから、>>1 が「正しい古代史」と何の躊躇もなく言う気持ちが
理解出来ません。(実際は「正しい古代史」ではなくて、「こうであって欲しいな古代史」でしょ?)

32 :日本@名無史さん:2006/11/15(水) 02:38:21
記紀の内容は再評価されてきてるの知らないのか?

33 :日本@名無史さん:2006/11/15(水) 02:55:15
朝鮮や中国の様に歴史を捏造するスレはここですか?

34 :日本@名無史さん:2006/11/15(水) 03:16:21
頭ごなしに、正史を一から十まで権力者の都合でどうにても出来ると思い込んでる連中がいるけど、そうゆう単純な奴ほど細かい史料批判なんかは無頓着。
ってか、細かい史料批判をやってる人ほど、簡単に切って捨てるような事は言わないもんだよ。

まぁ、無知な奴ほど単純な答えしか受け付けないからね。

35 :日本@名無史さん:2006/11/15(水) 03:32:39
皇国史観って何なのか?
古事記を全て正しいとするのか?
日本書紀本文を全て正しいとするのか?
記や紀本文や紀一書を含めて、正誤相半ばすると見るのか?

36 :日本@名無史さん:2006/11/15(水) 03:35:21
細かい史料批判に基づけば
実在最古の「天皇」は誰ですか?


37 :日本@名無史さん:2006/11/15(水) 03:42:11
王統譜的に信頼できるのは欽明以降。
雄略期節も、継体期も、危うさがのこる

38 :日本@名無史さん:2006/11/16(木) 08:40:18
>>36
サイタマサイタマサイタマの稲荷山鉄剣だったけか?
に刻まれている「ワカタケル」が雄略であろうという説はおおかた受け入れられている。
ただし、雄略と今の皇室との系譜的な繋がりについては明確な根拠や史料はない。
記紀の系譜が信頼できるのは欽明以降というのが多勢だったと思う。

39 :日本@名無史さん:2006/11/16(木) 12:23:44
雄略天皇と欽明天皇の間に継体天皇が存在するのだが、継体天皇は応神天皇の五世孫にあたり越前を本拠地にしていた人で、武烈天皇には皇子がないため傍系ながら後を継いだことになっている。

この継体天皇の治世の前後で政治的混乱があり、いろいろと議論がなされている。
戦後の王朝交替説や継体天皇崩御後の安閑・宣化と欽明のニ朝並立説などである。


40 :日本@名無史さん:2006/11/16(木) 15:12:54
>>36
現在の通説では祟神説で一致している。
記紀より古い系譜が出てきた事すら知らない
団塊の古い学識しかもたない>>37-38は間違い


41 :日本@名無史さん:2006/11/16(木) 15:14:05
>>39も今や否定されてる

42 :日本@名無史さん:2006/11/16(木) 21:23:47
田中卓(皇學館大學元学長)のスレかと思った。

43 :日本@名無史さん:2006/11/17(金) 01:50:21
「天皇」なら、推古か天武だろ?
それ以前は「大王」だった。

44 :日本@名無史さん:2006/11/17(金) 22:02:03
俺の携帯は「神武」も「応神」も一発変換が出来ません。
不届きな携帯です。

そこで辞書登録しました。

が、いきなり「スイ靖」の「スイ」が漢字録にすらありません。

こんな非国民な携帯許せるか!
とヘシ折ってやりましたわい。

45 :日本@名無史さん:2006/11/17(金) 22:48:23
>>43
天皇号は推古朝か天武朝あたりからなのはわかるが、追贈してるから間違いじゃないと思うけど。

曹操は魏王までで帝位についてないが、魏の武帝で通用するし、普通故人の死後は諡号で呼ぶのが慣わしだし。
別に不適切な使い方じゃないと思うけどね。

46 :日本@名無史さん:2006/11/17(金) 23:11:19
>>44
漏れの携帯は神武はできる。ただ、「やまとたけるのみこと」とうっても、出ません、
ワープロだと出たけど。(あまてらすおおみかみ→天照大神は流石に両方出たけど)
でも、このパソコンも、天皇全てが一発変換できないんだから不届きだよな。

47 :日本@名無史さん:2006/11/17(金) 23:12:44
檀君の方がエラい

48 :日本@名無史さん:2006/11/18(土) 00:00:45
天照大神を「あまてらすおおみかみ」と読むのは無理があるよね。
「あまてるおおかみ」が本当だと思うよ。

49 :日本@名無史さん:2006/11/18(土) 01:02:32
>>48
逆。
「あまてらすおおみかみ」に漢字を当てたのが「天照大神」

50 :サガミハラハラ:2006/11/18(土) 07:31:47
アマテラスオオミカミとアマテルオオカミとは別神のようです。
福岡市に下照神社があります。
下照姫の下に対するのが天、すなわちアマテル神です。
対馬にアマテル神社があります。
確か、出雲系の神だったのでは。

51 :日本@名無史さん:2006/11/18(土) 21:04:00
>>49
そうれはどうでしょうか?
「あまてらす」を「天照」と書くのはまあまあ分からないでもないです
(これも多少変ではありますが)が、
「おおみかみ」を「大神」と書くのは変ですね。
書くなら「大御神」でしょう。「大神」は「おおかみ」ですね。

>>50
本当に別神でしょうか?
対馬のアマテル神社の祭神こそ、天照大神ではないでしょうか。
天照大神の出身地(あるいは出身地の付近)が対馬であるような気がします。

52 :日本@名無史さん:2006/11/18(土) 21:28:00
天は、アムール地方と言う説もあるぞ。

53 :日本@名無史さん:2006/11/18(土) 22:23:45
>>51
私もそう思いますね。アマテルのほうが古形。

54 :日本@名無史さん:2006/11/19(日) 01:53:02
日本語の音と漢字を比べてるんだから大体わかるだろうよ・・・。

妄想しすぎじゃね?w

55 :日本@名無史さん:2006/11/19(日) 02:04:10
広告視姦

56 :日本@名無史さん:2006/11/19(日) 11:13:22
鴻鵠仕官

57 :日本@名無史さん:2006/11/19(日) 13:41:15
朝鮮出身

58 :日本@名無史さん:2006/11/19(日) 15:21:03
>>56
貧しさに負けたのかw

59 :日本@名無史さん:2006/11/19(日) 15:51:13
貧しさに負けて朝鮮から逃げてきた食い詰め豪族

60 :サガミハラハラ:2006/11/19(日) 18:44:20
東アジアの古代文化の講演会にいってきた。
小林敏男先生の紀年論であった。大学の先生で記紀に沿った研究をしているとはいまどきすごいなあとおもった。
それとも、時代が変わりつつあり、記紀の研究のタブーがとかれはじめたのであろうか。

61 :日本@名無史さん:2006/11/19(日) 20:45:07
>記紀の研究のタブーがとかれはじめたのであろうか。

お前は>1か。
そんなものはない。タブー視してるのはウヨとサヨだけ。
研究者は文献史学としてちゃんと扱ってきている。ただし、お前のように天地開闢とか
変なものは取り除くよ、当然。神武が実在したとしても、当然そのご先祖は同じ類人猿
なんだからね。

62 :サガミハラハラ:2006/11/19(日) 22:25:35
そうですか。小林先生のような方は珍しいと聞きましたが。
ただし、在野のかたではいっぱいいるようです。

63 :日本@名無史さん:2006/11/19(日) 22:32:05
>>61
なんと不遜な。貴様非国民だな?

64 :日本@名無史さん:2006/11/19(日) 22:55:27
わかったからキチガイは死ねよ

65 :日本@名無史さん:2006/11/20(月) 01:13:46
紀年論に正面から取り組む学者なんて、いまだに少数派だと思うがな。

とはいえ小林敏男氏のこないだの本とかは在野の人とかと比べれば
相当抑制がきいていて、妙な仮説に飛びつくことを極力戒めているふうに感じた

66 :日本@名無史さん:2006/11/20(月) 13:34:51
つーかこのスレの主旨は皇国史観に基づいてネタ話をするスレだろ?
史学として真面目に論議するのはスレ違いじゃないか。

67 :日本@名無史さん:2006/11/20(月) 15:29:06
いえ、「正しい古代史」をですから、真面目な論議でOKです。

68 :日本@名無史さん:2006/11/20(月) 15:42:25
天皇=チョンだという皇国史観もあるよな

69 :日本@名無史さん:2006/11/20(月) 15:47:01
何言ってんだよ。あんたら。
天皇なんて神の子孫に決まってんだろうがよ。
ありゃあバリバリの神だぜ。
も2650年以上前からだから、釈迦もイエスもそのあと。
いや、皇室の分家なんだよ。こいつら。
ってことで世路史供。

70 :日本@名無史さん:2006/11/20(月) 22:09:06
>>66-67
「皇国史観に基づくという前提の下、正しい古代史を議論する」
が妥当かと…

71 :日本@名無史さん:2006/11/20(月) 22:36:23
>>69
わかったから狂人はさっさと死ねよ

72 :日本@名無史さん:2006/11/20(月) 23:35:28
>>69
2666年な。

73 :日本@名無史さん:2006/11/21(火) 00:23:53
「あまてらすおおみかみ」というのは、本居宣長が古事記伝に書いて流行らせた
読み方ですね。彼は何でもかんでも皇室に関係することは大袈裟に敬語読みする
クセがあったようです。

74 :日本@名無史さん:2006/11/21(火) 00:31:03
三島由紀夫が全共闘との討論で言った言葉

全共闘「あなたの言ってることは間違ってるだけでなく理論にもなってないじゃないか」

三島「俺たちは正しいかどうかじゃなくてトランプゲームやってるんだよ。
   お互いこれこそはって手を持ってね。でも、君たちが持ってなくて
   俺のほうだけにあるものがある!」

全共闘「何だ!そんなものあるなら言ってみろ!」

三島「ジョーカーだよ。天皇って言うジョーカーだよ」

75 :日本@名無史さん:2006/11/21(火) 16:01:40
広告史観だろ。

公国死姦だろ。

興国史観だろ。

76 :日本@名無史さん:2006/11/21(火) 19:21:00
肛酷嘴管
と書くと、結城彩雨のSM小説みたいだなwww

77 :日本@名無史さん:2006/11/22(水) 08:31:49
抗告弛緩

いい加減な裁判所というイメージだな。

78 :日本@名無史さん:2006/11/22(水) 10:46:06
もしも重用していれば…

項国士舘

79 :日本@名無史さん:2006/11/23(木) 21:42:47
皇国史観です

80 :日本@名無史さん:2006/11/23(木) 22:26:07
菊の紋章ってケツの穴か?

肛国弛緩

81 :日本@名無史さん:2006/11/23(木) 23:57:58
攻酷視姦

これもエロい

82 :日本@名無史さん:2006/11/24(金) 00:33:32
菊の紋章は日本人にとってはママの乳輪

83 :日本@名無史さん:2006/11/24(金) 15:34:31
>>81
そう来たか。それなら

肛酷使姦

84 :日本@名無史さん:2006/11/24(金) 21:29:38
菊は日本固有種ではなく、外来種なんだよね。
キクは菊の音読みだしね。

85 :日本@名無史さん:2006/11/25(土) 11:28:07
皋哭弛緩

金タマもなく緩マン

86 :日本@名無史さん:2006/11/28(火) 22:05:52
お前ら、皇国史観だ、それ以外の奴はないぞ

87 :日本@名無史さん:2006/11/29(水) 13:55:32
古事記、日本書紀の書籍でおすすめありますか?
原文、訳文、解説の三本立てが望ましいです。
なるべく皇国史観に基づいて。

88 :日本@名無史さん:2006/11/29(水) 16:05:39
>>87
皇国史観に基づくならば、ネットなどで質問してはいけません。
官営の図書館へ行き、索引カードで調べなさい。

89 :日本@名無史さん:2006/11/29(水) 16:44:20
きもいすれだな

90 :日本@名無史さん:2006/11/29(水) 19:35:22
>>87
馬鹿めが。
その2各書自体捏造による皇国史観の本だろうが。
書記の方が酷いがな。「ふることぶみ」の方は、反幕思想や明治以後に利
用されたが、そもそもは書記=皇国史観も否定しうる部分があるから禁書
とされて密かに生き残っただけなんだよ。

津々浦々で焚書が行われなければ皇国史観なんて妄想も生き残れなかった
のに。

91 :87:2006/11/29(水) 21:01:15
>>90
いや、別に両書の解説を頼んだわけじゃないが…
これらの全文が掲載された本を探しているのだが。
書店で普通に売られてるレベルで。

92 :サガミハラハラ:2006/12/04(月) 18:49:35
神奈川歴研に原稿を送った。題は「幻の王国倭面土国」
内容は倭面土国王帥升はニニギノ命の子の火須勢理命であるという驚くべき話である。
もしこれが真実であるならば、記紀神話は史実であることになります。

93 :日本@名無史さん:2006/12/04(月) 19:04:21
お呼びじゃないよ。

94 :サガミハラハラ:2006/12/04(月) 19:15:39
皇国史観を史実で裏づけすることは重要なことだと思いますけど。


95 :日本@名無史さん:2006/12/04(月) 19:36:12
「日本史の勉強何使った?」
「過去問、赤本だな」
「俺、山川」
お前は?
「司馬遼太郎…」

そいつは三重県の神道の大学へしか行けなかった


96 :日本@名無史さん:2006/12/04(月) 21:51:22
>>92
送られた原稿はゴミ箱逝き

97 :日本@名無史さん:2006/12/05(火) 03:30:44
記紀神話が史実のなんらかの反映、というのと
記紀神話が史実! ってのは違うと思う。

98 :日本@名無史さん:2006/12/05(火) 18:52:53
そういえば、あれだ。最近、皇室を侮辱する集会が…

99 :日本@名無史さん:2006/12/05(火) 18:56:47
皇室を侮辱する集会なら昼時のオフィスでもある。
皇室が話題になることは稀ではあるが話題になったときは侮辱する話以外ない。

100 :日本@名無史さん:2006/12/05(火) 19:39:03
紀宮の結婚なんて失笑ものだったよ

101 :日本@名無史さん:2006/12/05(火) 20:50:45
批判したら捕まるような社会よりはずっと健全だよな。

102 :ゴジンム:2006/12/05(火) 22:12:20
金甌無欠揺ルギナキ  神州不滅

103 :サガミハラハラ:2006/12/06(水) 12:02:27
>>96頼まれた原稿ですから大丈夫です。神奈川歴史研の会報にのります。

104 :日本@名無史さん:2006/12/06(水) 13:49:19
>>101某週刊誌にのった件は批判ではない。悪質な侮辱である。
皇室だから黙っているようであるが、普通人であれば侮辱罪で訴えられるような問題だ。
現に子供の写真をかってに転載して侮辱的コメントをくわえた先生が告訴されている。
これを「言論の自由」だとか「つかまるような社会よりは健全だ」などというのは、かえって不健全な社会を助長させるだけである。
あの芸人がかような言動をおこなっていたことは、依頼した側も承知のようであったようだ。これは間接的に行為を容認したと同じく同罪ともいえる。


105 :日本@名無史さん:2006/12/06(水) 14:10:51
古代史の初心者ですが、素朴な疑問があります。

日本書紀などが、ヤマト成立の過程を熟知していながら
藤原氏に都合のいいように改竄しているという本を最近読みました。

でも、当時の知識人全てが親藤原でもないでしょうし
あまりに虚偽の内容がそのまま現在まで伝わるものでしょうか?
告発文献などが遺されていつもおかしくないと思います。

素人的には、日本書紀は(神話などは別として)
ほぼ当時の歴史認識を記録していたのだと思います。
でなければ反対派が黙っていないでしょうし。

ただ、文字による記録の乏しい時代のため
虚構などで補完する必要があり、それが随所に矛盾を残したのだと。

万世一系などちゃんちゃらおかしいと考えますが
天皇家の歴史としては(結果論として)信用してよいと思います。

106 :日本@名無史さん:2006/12/06(水) 14:24:17
>>99-101
お前らよかったな、現代日本で。
戦前なら特高に捕まって拷問死だったな。

107 :日本@名無史さん:2006/12/06(水) 14:24:25
>>105
むしろ逆で日本書紀の一番言いたいところは万世一系の部分じゃね?
これさえ読む人に伝わったら、というか、存在意義が立てられたら
矛盾なんてどうでもいいんだと思う。

108 :日本@名無史さん:2006/12/06(水) 14:26:56
だからそういう意味では日本書記はマトモに歴史的事件として読むのは
馬鹿げている。
万世一系、天皇は天子。それが意義なんだよ。
大東亜戦争のとき、誰が、「日本書記なんて矛盾だらけでウソじゃね?」とか
「人間の先祖が神なんて話ねえべ」なんて言えた?


109 :日本@名無史さん:2006/12/06(水) 17:33:43
なんか日本を北朝鮮や大日本帝国のような思想統制国家と勘違いしてる馬鹿がいるな。
天皇や皇族に権威を持たせないようにしよう。
奴らは国民に従う身分。
大日本帝国では天皇が君主で人々は臣民だった。
北朝鮮は将軍様が君主で人々は臣民。
でも日本国では君主は国民で天皇は国民に従う身分。
国民が天皇に命令し過半数以上の国民の意思で天皇をクビにすることもできる。
天皇は国民によって衣食住を与えられるブンザイでしかなく人権も与えてやってない。

110 :日本@名無史さん:2006/12/06(水) 18:56:53
事実無視の妄言ですね。

111 :日本@名無史さん:2006/12/06(水) 23:46:25
「臣民」という言葉は良くなかったな。「臣」とは官僚であって、
明らかに「民」より身分が高い。

112 :日本@名無史さん:2006/12/07(木) 07:32:31
臣は華族で民は平民じゃないの?

113 :日本@名無史さん:2006/12/07(木) 07:44:15
臣とは君主の周りの召使集団を意味しているのだけど、
巨大集団(1万人以上程度)の君主の召使だと、一般
民衆を指揮したりする存在になるからね・・。



114 :日本@名無史さん:2006/12/07(木) 08:32:19
>>109
大日本帝国については正しい。
憲法にも「臣民」って書いてあったし。

115 :日本@名無史さん:2006/12/07(木) 14:48:21




116 :日本@名無史さん:2006/12/07(木) 14:48:55



117 :日本@名無史さん:2006/12/07(木) 14:49:49






118 :日本@名無史さん:2006/12/07(木) 14:50:41






119 :日本@名無史さん:2006/12/07(木) 23:48:46
sageの空データを何度も送信している理由が分からない・・・

で、本題だけど「皇国史観に基づいた正しい古代史」というスレタイ自体が論理破綻だと思うが。

史観A・史観B・史観Cがあったとして、A〜Bのどの史観が正しいかの比較検証をすっ飛ばして、
いきなり史観Aを正しいとの前提で話を進めるってありえないでしょ?

120 :日本@名無史さん:2006/12/08(金) 01:49:30
おいおい。
最近日本書紀は再評価されているのを知らないヤシが多すぎるなここw

121 :日本@名無史さん:2006/12/08(金) 01:51:39
>>109
明治憲法の表面上は天皇君主だけどなぁ・・・。
なんつーか解釈が甘すぎるって感じか?

あと日本国憲法の解釈が無茶苦茶w
とりあえずおまえは書き込むのをやめろw

122 :日本@名無史さん:2006/12/08(金) 07:46:04
これかな・・。「日本書紀は皇国史観だから出鱈目だ!!!」
とか言っている人には打撃だったな・・。

【歴史】日本書紀に、信頼に差がある2種の筆者 天文現象で分析
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1165408895/



123 :日本@名無史さん:2006/12/08(金) 12:15:30


124 :日本@名無史さん:2006/12/08(金) 12:16:32


125 :日本@名無史さん:2006/12/08(金) 12:17:16


126 :日本@名無史さん:2006/12/08(金) 12:18:27


127 :日本@名無史さん:2006/12/08(金) 12:19:55


128 :日本@名無史さん:2006/12/08(金) 12:21:42


129 :サガミハラハラ:2006/12/08(金) 18:45:10
昭和天皇は戦犯ではありません。あなた109のかたですか?
事実誤認もはなはだしいですよ。
もう少し、調べて書き込みをお願いいたします。

130 :日本@名無史さん:2006/12/08(金) 18:49:26
>>1
皇国史観に悪用されたのは、
古事記(古事記自体が皇国史観ではない)のほうだろう。
古事記のほうは、内容が薄いから、想像が膨らませやすいのと
本居宣長が「卑弥呼は誰か?」で、主観の入った想像を膨らませすぎた。
そこから来る問題だと思う。

131 :太国:2006/12/08(金) 18:55:19
昭和天皇は戦犯ではない。戦争責任は刑事犯の考察からありっこない。
あれば終戦直後、真っ先に巣鴨不利寸で御陀佛。

132 :日本@名無史さん:2006/12/08(金) 19:04:44
皇国史観に染まった奴の妄想の神国と現実の日本国は違う
オウム信者の語る世界と現実の世界が違うように
皇国史観の世界は現実世界には無い

133 :日本@名無史さん:2006/12/08(金) 19:11:26
戦前は、皇国史観。
戦後は、マルクス史観。

両極端から両極端にぶれる。

もう、そういうのは嫌だよね。

134 :サガミハラハラ:2006/12/08(金) 19:19:08
そうです。その為には、あらゆるイデオロギーからはなれて、冷厳に記紀を分析して
いかなければならない。それはけっして羹に懲りて膾をふくような姿勢であってはならない。

135 :日本@名無史さん:2006/12/08(金) 19:53:01
あと、古代史の研究に多いのが、アマチュアの歴史家の発言だわな。
自分は権威主義ではないが、アマチュアの歴史愛好家は
根本的な考古学の知識や漢文の知識すら
持ち合わせていない場合が多く
そこから適当な暴論を吐く場合が多い。
たしかに、権威のある学者の意見が全てではないが
しかし、基本的な知識も無しにそういう説を持ち上げるべきではない。
よく、韓国人の考古学と関係ない人たちが勝手に歴史を創作するが
安本氏にもそういう匂いを感じる。


136 :日本@名無史さん:2006/12/08(金) 20:05:43
安本なんて学会から全く相手にされてない

137 :日本@名無史さん:2006/12/08(金) 20:45:17
>>135
そこまで偉そうなことを言うなら
あなたも実名を名乗って書き込めば?笑
プロのお方がこんなとこで有名な先生の陰口ですか?
客観的に自分のレスをみてごらん、
恥ずかしいし、ちゃんちゃらおかしい

138 :日本@名無史さん:2006/12/08(金) 21:14:31
現代のエスプリ別冊  天皇制の原像 昭和六十一年十一月十日発行
天皇をめぐるQandA
解答する人 坂本太郎
明治三十四年(一九〇一)静岡県に生まれる
大正十五年(一九二六)東京帝国大学文学部国史学科卒業
 東京大学教授・史料編纂所長を歴任
現在 東京大学名誉教授 文学博士
著書 上代駅制の研究、大化改新の研究、日本の修史と史学

Q4 神武から崇峻に至る日本書紀の伝承は正しいか
A   神武天皇から崇峻天皇に至る日本書紀の記事が真実を伝えているかどうか
   との質問らしいが、書紀の記事の重要な部分は六世紀頃筆録せられた
   帝紀・旧辞に拠っている。帝紀・旧辞は古伝として古くからわれわれの
   祖先が語り伝えたものだから古伝として尊重すべきである。
   これを後世の造作だと断ずる根拠はない。書紀の材料としては
   この外に各豪族に伝えた伝承や、百済記・百済新撰・百済本記などの
   百済に伝えられた記録が用いられた。継体・欽明の紀などは百済本記によって
   文をなした部分が多い。崇峻紀の百済から渡来した法興寺造営の為の工人などの
   記事は元興寺縁起を材料にしている。書紀の記事はこのように各種の材料によって
   書かれているから記事の出所をケースバイケースに考究して、
   実録か伝承かを見究めた上で虚実を判断すべきである。
   一括して立言することはできない。


139 :日本@名無史さん:2006/12/09(土) 01:14:56
江南説にしろ華北説にしろ、弥生人が本当に中国から来たのなら、

何で印文陶や灰釉陶を含めた中国灰陶の技術が全く伝わっていないのかね?

何で中国青銅器に見られる篆書などの原始漢字の金文が一字も
伝わっていないのかね?

何で中国青銅器に見られる饕餮文、龍文、鳳凰文、雷文などの
文様の一つさえ伝わっていないのかね?

何で中国土器や中国青銅器を代表する鼎や鬲などの三足器形さえ
伝わっていないのかね?

その他、酒器も玉器も楽器も龍信仰も亀卜も何も伝わっていない。

渡海すると記憶喪失になって故郷の文化は全て忘れてしまうのかね?

何で弥生文化は朝鮮無文土器が影響した弥生土器と細型青銅武器と
支石墓なのかね?

これらは当時の満州を中心とした北方アジアから朝鮮半島にかけての
文化ですよ。

■弥生人中国説を瞬殺&再起不能するスレ■
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/geo/1163847728/l50

140 :日本@名無史さん:2006/12/09(土) 11:26:28
チョン史
さらに遡ってチンパンジー史

みなアフリカ人

141 :日本@名無史さん:2006/12/09(土) 19:32:35
邪馬台国、ドンと来い 9より転載
940:日本@名無史さん 2006・12・09・(土)

今まで、日本の古代史研究が停滞していた最大の理由は
日本書紀の研究を軽視していたことにだな。
古事記の先だったから古事記のほうが重要だとか、
古事記のほうが量が少なくて分かりやすいから皇国史観に打って付けだった。

日本書紀は古事記と違って内容が膨大で
しかも、中国一世(ネイテイブ中国人)と
日本人による共同作業だったことが分かっている。

普通、西洋でも旧約聖書の解説をする研究ってあるんだよ。
何年もかけて大規模な研究を今も続けている。

日本では日本書紀の研究が停滞していた最大の理由は
戦前は皇国史観で、天皇家のとってご法度なことなので記紀の研究ができない。
戦後はマルクス史観で、記紀は軍国主義で嘘っぱちという
という両極端の理由で研究されなかった。
でも日本書紀というのは、よんでいくと凄い秘密が隠されていたり
また、最近の考古学の進歩で、その解読の手助けになっている。

142 :日本@名無史さん:2006/12/13(水) 20:18:50
天皇陛下万歳age

143 :日本@名無史さん:2006/12/14(木) 17:27:55
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/intro/1160565520/507

507 名前:姉弟125 ◆MEKf3EMK7M [sage] 投稿日:2006/12/14(木) 05:29:49 ID:???
あと、漏れ思うんですけど、
「日本人は覚醒しつつある!」なんて絶叫してハシャげるのは、
多分、自分自身に自信が無くて、誇れることがたった一つ「日本人であること」しかないんだろうと思います。

もちろん、日本人にたまたま生まれてきたことは、本人の努力の成果でもなんでもないし、
それしか誇ることがない人って、日本に限らず、どの国の民族主義者でもそうですけど、
哀れな人達だと思います。きっと幼い頃からずっと、周囲から、親から、教師から、異性から、
低い評価ばかりされて、お前はダメだと言われて、虐げられて生きてきたんでしょう。
考えようによってはすごい可愛そう(´・ω・`)

似たような話としては、新興宗教に新たに入る人も、実際聞いてみると、入る直前時期に、
今までの人生観が崩れるような嫌な大事があったり、深刻な悩みがあったり、寂しかったりする人が多いみたいです。
そういう中で、新たな道しるべとしての価値観を提示され、同時に無条件に受け入れてくれる人の輪が加わったら、
コロっと入信してしまう、これはある意味、仕方の無いことだと思います。

我々分別のつく人間は、彼らを同情していたわってあげましょうよ。
彼らは自分が一体何をしているのか、分かっていないんです。

144 :サガミハラハラ:2006/12/14(木) 18:04:42
前半はいってることが支離滅裂ですね。
後半は、人はおおかれすくなかれ大概はそんなもんですよ。ただそれが宗教にいく機会があったかどうかということだけでしょう。
それがいかなかったから分別があるなどとは妄言もはなはだしい。
さようなら、二度とくるな。

145 :日本@名無史さん:2006/12/14(木) 20:42:04
そういう機会で踏みとどまれるかどうかが問題なんだけどね。

146 :日本@名無史さん:2006/12/14(木) 21:53:10
サガミハラハラは性格が異常な畿内論者の人が
名前を使い分けてるのがバレバレ
語尾が〜じゃん、多用する人っぽいな

147 :日本@名無史さん:2006/12/15(金) 13:26:07
>>144
古事記は年代に関しては、日本書紀と違って正直だと思う。
ただ、どちらが律令体制に導こうと真剣なのは
日本書紀のほうだと思う。
まあ、どちらも一長一短だと思う。

148 :日本@名無史さん:2006/12/16(土) 15:24:03
>>147
律令体制には、やっぱり歴史の改ざんが必要なのか?

149 :日本@名無史さん:2006/12/29(金) 17:09:31
ほしゅ

150 :サガミハラハラ:2006/12/29(金) 18:36:33
神武から垂仁までの年代がわかりました。
神武東征 123〜131
神武天皇 131〜150   19年
スイゼイ天皇150〜158   8年
安寧天皇 158〜168   10年 
イ徳天皇 168〜177    9年
考昭天皇 177〜198   21年 
考安天皇 198〜243   16年
孝元天皇 243〜257   14年
開化天皇 257〜272   15年
崇神天皇 272〜288   16年
垂仁天皇 288〜314   25年
今後更に年齢等を考慮し確定作業を試みます。 

151 :サガミハラハラ:2006/12/30(土) 07:46:48
上記下記間違いがありました。孝霊天皇がぬけていました。
考安天皇 198〜224  16年
孝霊天皇 224〜243  19年
孝元天皇 243〜257  14年
となります。たびたびの訂正恐縮いたしております。

152 :日本@名無史さん:2006/12/30(土) 13:23:34
でっち上げの架空の人物に架空の年代を捏造しても益無し

153 :太国:2006/12/30(土) 13:42:52
>>152
架空とは君の脳内の発露によるでっち上げだろう。
そうじゃないと言うなら、なぜそう言えるのか論拠を書けよ。

154 :日本@名無史さん:2006/12/30(土) 16:55:40
>>150
まさか、安本氏の平均在位説を取り入れてしまったのでは?


155 :日本@名無史さん:2006/12/30(土) 17:04:22
>>151
そうなった理論を簡単に教えてください。
確かに平均でみたら、そんなに不自然じゃない。
しかし、記紀に書いてあることを一々確かめてみたら、不自然のような。

だから、あなたの理論を聞きたい。

156 :日本@名無史さん:2006/12/30(土) 17:15:28
452 :日本@名無史さん :2006/12/30(土) 16:49:33
>>434
中国語だけど、黄初年号の同向式が中国で出土したと書いてるぞ。

ttp://72.14.253.104/search?q=cache:sMJXYE36R2EJ:www.xiangyata.net/data/articles/e01/185.html+%E5%90%8C%E5%90%91%E5%BC%8F%E3%80%80%E9%84%82%E5%9F%8E&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=5

157 :サガミハラハラ:2006/12/31(日) 08:54:39
>>155
垂仁天皇の没年を古事記干支2倍年暦U類314年におきます。
崇神天皇の没年を古事記干支2倍年暦U類288年におきます。
垂仁天皇の在位期間は314−288−1=25となります。
日本書紀では垂仁の在位期間は99年となっており、ざっと4倍の開きがあります。
そこで紀の在位期間は4倍に引き延ばされているのではないかと考えました。4倍年暦ではない。
各天皇の紀の在位期間を4で割り、それを当年称元法で計算し、各天皇の年代を割り出しました。

158 :日本@名無史さん:2006/12/31(日) 09:41:37
虚構の数字をいじくりまわしたところで、史実には関係ない。

159 :日本@名無史さん:2006/12/31(日) 09:42:38
恣意的な数字遊びよりも、実のある歴史研究がありそうなものだが。

160 :日本@名無史さん:2006/12/31(日) 09:47:27
神武天皇は崇神天皇のことですが、何か?
 



161 :日本@名無史さん:2006/12/31(日) 14:05:58
>>160
それは一種の妄想に過ぎない。
歴史的記録に残っているから良いって訳では無いが
神武天皇が崇神天皇だってのは所詮、妄想。


162 :日本@名無史さん:2006/12/31(日) 21:28:34
根拠が平安時代の「延喜式」しかないいな。
平安時代になって、神武と崇神が混同された可能性がある。


163 :日本@名無史さん:2006/12/31(日) 23:56:40
日本書紀の「始馭天下之天皇」は「ハジメテアメノシタシロシメシスメラミコト」
と読むべきであって、「ハツクニシラススメラミコト」と読むべきではないと思う。



164 :日本@名無史さん:2007/01/02(火) 01:42:13
神武は ハツ(始)にクニをシラス(馭天下)
崇神は ハツクニ(肇国)をシラス(御)

165 :日本@名無史さん:2007/01/02(火) 17:23:40
そんな不毛な議論しても詮無い。
さっさと陵墓とか発掘すりゃいいんだよ。
宮内庁氏ね

166 :日本@名無史さん:2007/01/08(月) 17:57:41
2倍年暦とか欠史八代とかを提唱している人って、
結局記紀は間違いだと認めているんですよね?
間違いなのに、その他が信用出来るなんて・・・
ちょっとおかしくね!


167 :日本@名無史さん:2007/01/08(月) 17:59:08
墳墓発掘で天皇=朝鮮人だとはっきりしたら嫌韓厨の反応はどうなるんだろ?

168 :日本@名無史さん:2007/01/08(月) 19:55:56
2倍年暦とか欠史八代とかを提唱している人って、
結局記紀は間違いだと認めているんですよね?
間違いなのに、その他が信用出来るなんて・・・
ちょっとおかしくね!


169 :日本@名無史さん:2007/01/08(月) 23:15:17
>>168
全然おかしくないよ。
記紀の記述の全てが事実だったと考えている人がいる訳でもあるまい。

170 :日本@名無史さん:2007/01/08(月) 23:18:28
>>164
天下を「クニ」と読む根拠は?

171 :サガミハラハラ:2007/01/17(水) 19:14:15
>>151孝安天皇198〜 224 16年は孝安天皇198〜 224 26年の誤記でした。
謹んで訂正いたします

172 :日本@名無史さん:2007/01/18(木) 10:48:44
>>171

サガミハラハラさんに聞きたいんだが、皇国史観ないし書紀尊重史観で
信頼のできる本ってありませんか。
俺は出版社からでているシリーズ物読んでうんざいりした。
どれも書紀はでたらめ妄想の所産だから、という感じで。

173 :サガミハラハラ:2007/01/18(木) 15:34:08
すいませんが、ちょっとおもいあたりません。
現在私が研究に使っているのは、ほとんどが日本書紀古事記です。
啓蒙を受けた書としては、古田武彦氏の初期の著書や安本美典氏の著書です。安本氏は記紀の復権をめざしている代表的な人物です。
古田氏は当初は記紀を正当に評価しようとしておりましたが、現代は完全に他方向へといってしまっています。

174 :日本@名無史さん:2007/01/18(木) 18:23:22
>>173

レスありがとうございます。安本美典氏の本を買って読んでみようと
思います。結構沢山、本をだされている方のようですね。

私も記紀が大好きで、それをゴミみたいに語る大手出版社の
日本史シリーズ本にほとほと嫌気がさしました。ちょうどいま日本書紀を
読んでいるのですが、これはほんとに読んでて楽しいですね。
日本人に生まれてよかったと思うぐらいです。

175 :日本@名無史さん:2007/01/18(木) 19:22:53
安本だってブププッ!!
学会からは完全に無視されてるトンでもセンセ

176 :サガミハラハラ:2007/01/18(木) 19:35:28
そうですね。学会は記紀完全無視ですからね。いまだ戦後の左思想に取り込まれ、自由な発想が行いえないのです。そしてその中で安住の場を確保し満足しているのです。
しかし、記紀は復活します。先生はその先鞭をつけた先駆者の一人です。

177 :日本@名無史さん:2007/01/18(木) 19:55:54
>>172
『古事記の暗号』藤村由加著/新潮社
『古事記言霊解』 出口 王仁三郎
『わかりやすい日本の神話』出雲井晶/中央公論社
『盗まれた神話―記・紀の秘密』古田武彦
『記・紀の説話は阿波に実在した』高木隆弘
『古事記が語る原風景』岡野 弘彦, 渡部 昇一
『古事記の真実―神代編の梵語解』二宮陸雄, 大石 芳野
『古事記の真実―空の巻』二宮陸雄, 大石 芳野
『古事記の暗号―神話が語る科学の夜明け』藤村由加
『大和言葉訳日本書紀(神代)』青木信策
『邪馬台国と高天(たかま)の原伝承―「邪馬台国=高天の原」史実は国内で神話化した』安本美典
『古事記謹解総論―皇国の本義』梅田伊和麿
『古事記と宇宙工学―UFO=天の羅摩船に乗って来た神々』山田久延彦
『日本書紀と日本語のユダヤ起源 』ヨセフ アイデルバーグ
『[超図説] 日本固有文明の謎はユダヤで解ける』ノーマン・マクレオド
『古代出雲イスラエル王国の謎―神社に隠された日本人のルーツ』小石豊

178 :日本@名無史さん:2007/01/18(木) 22:14:04
433年 百済、新羅と同盟。

        ↑↑
これも、本当に百済と新羅が同盟したのかどうか、怪しい。
百済が同盟したのは志羅紀(加羅=弁韓。倭人国)ではないか。
弁韓が馬韓(百済)を助けたのなら、まだ理解できるんだが・・・。


179 :日本@名無史さん:2007/01/18(木) 22:26:09
志羅紀が百済を助けるのはスジが通っている。

百済が志羅紀を助けるのもスジが通っている。

同じ倭人国であり、ヤマト帝国の構成国なのだからね。

■任那日本府の謎
 任那日本府があった場所は安羅だと言われているが、
5世紀以降は熊津(公州市)に移動したのではないか。

475年に、百済の文周王が熊津(現・忠清南道=公州市)に首都を移したという記録がある。
熊津に任那日本府があったから、そこに都を移したのではないか?

 熊津の語源は『古末』だろうか? 古末と書いて「コマ」と読むのだが。


433年 百済、新羅と同盟。
     ↑↑
これも、本当に百済と新羅が同盟したのかどうか、怪しい。
百済が同盟したのは志羅紀(加羅=弁韓。倭人国)ではないか。
弁韓が馬韓(百済)を助けたのなら、まだ理解できるんだが・・・。




180 :日本@名無史さん:2007/01/19(金) 20:53:13
>>177
香ばしい本ばっかりだな

181 :日本@名無史さん:2007/01/21(日) 17:17:36

      .  :-=,一;1ー,ー,,;1―,―,,=;、
        =               ミ        やったッ!さすが我が祖国・関東!
        ミ             ゙ミ     天皇無視して、関西に突撃ダァァァァ!!
        ミ     ▲       ゙ミ   時代が変わった今は平然と裏切り、迷わず天皇を島流しにする!
        ミ    ▲ ▲      ゙ミ        そこにしびれるッ!憧れるゥ! 日本の誇り!!
        ミ             ゙ミ
        ミ;=========:゙ミ′:-=,一;1ー,ー,,;1―,―,,
        /´ 〉'">、、,,.ィ二¨' {.  ヽ ミ            ゙ミ
         `r、| ゙._(9,)Y´_(9_l′ )  ( ミ     ▲      ゙ミ
         {(,| `'''7、,. 、 ⌒  |/ニY ミ    ▲ ▲     ゙ミ
           ヾ|   ^'^ ′-、 ,ノr')リ  ミ;========:゙ミ
           l  「匸匸匚| '"|ィ'( (,ノ,r'゙へ. ̄ ̄,二ニ、゙}了
    , ヘー‐- 、 l  | /^''⌒|  | | ,ゝ )、,>(_9,`!i!}i!ィ_9,) |人
  -‐ノ .ヘー‐-ィ ヽ  !‐}__,..ノ  || /-‐ヽ|   -イ,__,.>‐  ハ }
 ''"//ヽー、  ノヽ∧ `ー一'´ / |′ 丿!  , -===- 、  }くー- ..._
  //^\  ヾ-、 :| ハ   ̄ / ノ |.  { {ハ.  V'二'二ソ  ノ| |    `ヽ
,ノ  ヽ,_ ヽノヽ,,)ノl 'ーー<.  /  |.  ヽヽヽ._ `二¨´ /ノ ノ
/   <^_,.イ `r‐'  ヽ  \ `丶、  |、   \\'ー--‐''"//
\__,,/| ,,!    l、  \  \| \   \ヽ   / ノ

182 :日本@名無史さん:2007/01/22(月) 01:32:13
天皇も時代が変わったらそれまで祀ってた神を島流しにしてるけどね

43 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)