2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

俺の苗字が日本史に全く出てこないんですけど

1 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 20:51:40
蘇我とか藤原とか菅原とか織田とか水野とか石田とか野口とか東條とか吉田とか(敬称略)、
苗字が日本史に出てくる人が羨ましくて仕方が無い。
やっぱり日本史を勉強してても実感がわいて面白いんだろうな。

それに比べて俺の苗字は、未だかつて日本史に出てきたのを見たことが無い。
そりゃあ俺のご先祖様だって皆頑張ったんだろうよ、間違いなく。
でも、何か寂しいよね・・・。
何か日本史に貢献していないのか・・・。

2 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 20:55:47
西日本の人だったら大抵出てくるんじゃないか

3 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 22:55:08
「姉歯」みたいに思いもかけず日本史板で話題になる苗字もあるけどな

4 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 22:56:58
俺には苗字が無い

5 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 22:58:31
何て苗字?

6 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 23:17:04
>>1
そんなこと〜♪どうでもいいじゃない〜♪

7 :1:2006/09/16(土) 23:18:04
江口

8 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 23:22:55
サッカー日本代表我那覇がナイ!


で何故【〆】←が2件数存在するんだ!疑問


苗字ランキング
http://bari3.net/bari3m/soc/rankname.asp?Pmd=rank

9 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 23:26:01
日本の苗字7000傑

276位 江口 約80,000 清和源氏、藤原氏秀郷流、筑後樋口氏流など。肥前地方に多し。

すごいじゃない

10 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 23:26:18
>>7
九州か?

11 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 23:29:55
>>10 青森県に多い。

12 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 23:35:49
龍造寺四天王に江口っていた気がする

13 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 23:37:34
>>1
歴史には戦がつきものなんだから平和に百姓してた一族なんじゃね
むしろ出てこない方がいいと思うんだが。
うちは日本史の重大事件には大抵顔出してるが
いったい一族で何百何千人ぬっころしてきたんだろうと唖然とするぞ。
養子で継ぎまくったりしてるから血は繋がってない繋がってないと思うようにしてた位だ。
大抵養子は一族内から取ってるから結局繋がってんだろうけどね


14 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 23:41:46
江里口 信常

15 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 23:44:10
江口洋介

16 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 23:46:14
江戸時代まで百姓なんて概して
並の戦国武将より悲惨な人生送ってるだろ。

17 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 23:47:34
>>1
日本に苗字が何十万あると思ってるんだ
出て来る方が少ないだろ
俺の苗字なんて確実に出て来ないぞ

18 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 23:54:46
高橋 長谷川 清水など

よくある苗字だが、教科書レベルの日本史ではまず出て来ない

19 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 23:56:19
是清か。

20 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 23:57:55
長谷川等伯

21 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 00:19:39
>>1
@自分が偉業を成して歴史に残る人になる。
A有名人と同じ苗字の人と結婚する(もしくは養子となる)。
B悪い意味で有名になった先祖が居ない事でとりあえず納得する。

…のどれかでどう?

22 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 00:27:19
清水宗治

23 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 01:29:02
有名な歴史人物でも悪名高い苗字の人は嫌だろうよ自分の苗字が。
うん。ない方がマシでしょ。ない人は自分が有名になって名をあげりゃ〜いいじゃん!

24 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 01:45:45
イヤになるほどな苗字って何さ?
女なら毒島とか大穴とかイヤかもしれんが、日本史的には無名だし
それより川崎病とか原田病とか発見者の苗字つけるのやめてほしい

25 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 01:56:00
俺の名字は幕末、逆賊側で出るぞ。
なかなか複雑だ。字も同じで。


26 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 02:01:57
幕末なんて逆賊側でもかっこよすぎるよ

27 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 02:09:12
永田・・・

永田寿康
民主党のお荷物
永田鉄山
惨殺


どっちにしろ悲惨な最後か

28 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 02:11:18
マラソンでアサハラっていたよね?
彼は可哀想だった

29 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 07:08:09
>>27
惨殺の永田は2人いますね。作家と連合赤軍と。同姓の人は嫌でしょうね。

30 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 07:25:07
「岡崎」そういえば俺の苗字もみたことない

31 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 08:05:56
岡崎城は有名だけど・・・

32 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 08:18:59
苗字が○○の場合、「○○氏」でぐぐるとWikiに説明が出てくることあるよ


33 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 08:30:10
永田といえばちびまる子のたまねぎみたいな顔しか思い浮かばない

34 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 11:02:18
漏れは永田町

35 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 11:06:31
うちも日本史に貢献しなかったのか全然同じ苗字の人いないよ
「島本」だけど

(晒しちゃった…近所の皆さんゴメンナサイ)

36 :1:2006/09/17(日) 11:46:00
>>10>>11
当方中部地方在住。

悪い意味で有名になるよりはマシなのかな・・・。
でもさ、例えば『石川五右衛門』の『石川』ってのは、
確実に悪いことをしているが、
どこか斬鉄剣なルパンな香りがしてかっこよさげじゃね?

そうでもない?

37 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 12:13:05
どうせなら不二子のがいい

38 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 12:41:57
俺の町には「徳川」さんが2軒ある! 山奥の農村なんで、まさか将軍家と関係
ないとは思うんだか、名前に「慶」の字を使ってたりして、なんか気になる。
電話帳に載ってるのを見つけただけなんで、職業や家が豪邸とかはわからないのだが、
気になる。養子にしてもらったらおれも徳川姓が名乗れたりしてとか妄想中。

39 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 12:48:19
夏目漱石だったか芥川竜之介だったかの小説に、明治の苗字解禁で
平民も役所に苗字を届けることになり、「徳川」とつけようとしたら役人に
ひどく怒られたという一こまがあったそうだが、うちの町の「徳川」さんは、
その時運良く受理されたのではと推測。

40 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 12:49:09
1さんと同じ事を思ったことがある。
日本史の教科書を手にしたときまず最初にしたことが索引で
自分の苗字を探すことだった。

41 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 12:53:50
でも、もし苗字が「徳川」だったら、俺みたいに貧乏リーマンしてたらなんか
かっこ悪いよね。
旧華族とかは学者になる人が多いけど、リーマンだと家名が重荷に感じる
だろうなと。

42 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 13:06:17
ちなみに家紋もそうだよね 
昔、近所に葵の紋の人がいた 
名字は忘れたけど徳川や松平じゃなかった 
覚えているのは白い犬がいた事ぐらいかな 
たしかチャコだかチャッピーと呼ばれていたな
マジで探せば今でも古いアルバムに写真が残っているんじゃないかな セピア色の忘れものだね

43 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 13:06:34
>>41
徳川宗家の18代当主はこないだまで日本郵船でリーマンしてたよ。
加賀の前田家当主と一時期、本社の同じ部署で勤務していて
徳川と前田の当主を部下に持ったのは豊臣秀吉と俺だけと言ったとかって逸話がある

44 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 13:09:20
あ、言ったのは二人の上司ねw


45 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 14:13:44
この手の逸話って、いかにも中年のオヤジの好みそうな話題でなんだかなw

別にそのオッサンが秀吉ほど出世してるわけじゃないのに、バカみたいw

46 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 14:22:37
>>42
今は菊だって使えるんじゃ
家紋ってそんなうるさくないから、今日からうちは菊が家紋ってやってもおkだ

47 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 14:24:02
徳川と前田は内心「この百姓めが」と思ってたに違いない。
あっ、日本郵船のことじゃなく、家康と利家の話ね。

48 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 15:02:14
ちなみにそのときの駐英大使が松平恒雄(会津)。

海軍の駐在武官に島津家の当主がいて、本国から「幕府つくる気か!」といわれたとか。


49 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 16:27:21
ウチのひい爺さんは開業医だったが、在日の患者が日本に帰化することにした。
ちょうど平沼内閣のときだったので、「平沼」という苗字にすると言ってきたので、
ひい爺さんは「それは良い名前だ」と誉めていたって。


50 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 17:39:42
迷惑です

51 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 18:40:31
>>43
リーマンていうか副社長だぞ

52 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 20:02:53
日本史上の有名人がいるけど、すごく多い苗字(同じ苗字の友人が合計3人いる)の1人に
ちらっと先祖の話を聞いてみたら「曽・・何とかが○○○○○の一番弟子だったとかだったな。
系図とかいろいろ変なものが沢山あるよ。でも、私は嫁だから関係ない」と言っていた。
彼女の先祖について聞くと「知らな〜い。祖父とか直接知っている人ならともかく
それ以前の人なんて関係ないじゃない。普通の人は先祖なんかに関心ないったら」と言われた。

53 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 20:07:06
>>4
皇太子でつか?

漏れの苗字は歴史で登場するのは有名どころでは外国人なんだな・・・
安針・・・

54 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 21:03:43
>>53
義村とか道寸とかカコイイのいっぱいいるべ

55 :世界@名無史さん :2006/09/17(日) 21:07:40
千利休の本苗字って田中だったっけ?

56 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 21:07:54
>>53
三浦氏
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1042961315/l50

57 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 21:45:22
三浦で思いつくのが外人しかいないとは、無知にもほどがあるな。

58 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 22:21:46
江頭(えがしら)っていないよなぁ 黒タイツのイメージしかない(;´д`)

59 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 22:42:31
>>58
チッソだわな
秋篠スレで江頭嘉蔵が話題になってるが

60 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 23:08:02
チッソはまずいな
>>58ナムー


61 :日本@名無史さん :2006/09/17(日) 23:42:21
古川ってのも居ないよな…
メジャーでも珍しくも無い微妙な位置


62 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 01:24:08
>>51
最初から副社長か?
俺が知ったときは一介の平リーマンだったよ

63 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 04:45:46
>>61
若の里(古川忍)がいるじゃないw

64 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 09:23:27
上祐って苗字のひとはかわいそう
珍しくて汚名のついた苗字はつらい

65 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 09:31:46
そうだなーそれだけで第一印象決まっちまうもんな

66 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 09:44:09
>>39
出自が農民であってもそういう珍しくて高貴な名前名乗れるのは特だと思うぞ。
徳川とか豊臣とかだと自己紹介の度に「凄い苗字ですね!」とか言われそうだもん。

67 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 10:24:05
>>66 お前らいいな〜

俺なんかは死客の子孫だ!

68 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 10:43:31
>>38
もしかして、群馬県の人?

69 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 11:07:17

日本の苗字は10万とも、それ以上とも言われている。むしろ
日本史に出てこないほうが普通だろう



70 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 11:38:47
>1=7

江口秀種
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%9F%E5%8F%A3%E7%A7%80%E7%A8%AE

71 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 11:42:20
>18
高橋氏
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%A9%8B%E6%B0%8F
高橋紹運
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%A9%8B%E7%B4%B9%E9%81%8B

72 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 12:04:09
字は同じだけど読みが違うパターン

73 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 12:24:18
知り合いの真田って女の子が、サナダムシって言われてて可哀想だった。

先祖は有名人なのに…。

74 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 13:03:32
吉田松陰
吉田茂
吉田兼好

大物ばかりです^^

75 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 13:27:33
林羅山だお^^

76 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 14:07:03
何の変哲も無い庶民が徳川や豊臣なんて豪華過ぎる姓ではギャグにしかならん。

大学教授や弁護士くらいのステイタスを持って漸く名前負けしない人生という高いハードルだよ。

藤原なんかだと明治以降に大勢の朝鮮人が名乗り出したもんだからすっかりイメージが暴落したけど。

77 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 14:29:48
>>76
徳川や豊臣クラスなら庶民でも名乗っていいんじゃないの?
藤原も構わないけど。
公爵家の特に旧五摂家クラスじゃないと豪華な感じはしないな。

78 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 14:55:15
ノーフューチャーなオーラ漂う交通誘導の中年ガードマンとかが徳川さんや豊臣さんではギャグにしかならんよ。

これが公家っぽい姓になると庶民というだけで半ば詐欺師扱いでしょ。
余談だが某大企業の社長に物部さんてのが居ておぉ〜と思った事があるな。

79 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 15:02:42
>>77
大名クラスはごろごろいたけど、
さすがに「近衛」だけは、おいそれと名乗ろうとする人間はいなかった

80 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 15:04:13
大学時代の同級生に公家っぽい名前のがいて、英語の先生に「やんごとなきお名前ですな」と
言われていた。四国からきた田舎っぺだったけど。

81 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 15:09:46
世界で一番苗字が多いのが米国で100万ほど。いろいろな国出身のごったまぜだから。
日本は2位で30万ほど。韓国は300個台だったな。何で読んだんだか覚えていないが。
そう言われれば、韓流芸能人って同じ苗字の人ばかり。あそこは名前の方が凝ってるんだろうな。
じゃなきゃ、区別つかん。

82 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 21:16:50
>>68
広島県です。
広島県には結構徳川姓の人がいて、お好み焼き屋とかしてます。

83 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 22:19:46
>>80
四国といえば一条とか西園寺とかいるし、
その家礼筋があったとしても不思議ではないような

84 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 22:48:23
大名は徳川とか松平以外は、みんな普通の苗字だからな。
松平も幕臣や親藩・譜代の家臣にけっこういるから、ありふれてるかw

でも、徳川は一般人には気恥ずかしい名前だな。

85 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 22:50:08
↑こいつの存在自体恥ずかしい

86 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 22:51:18
明日は苗字の日

87 :日本@名無史さん:2006/09/19(火) 00:10:53
>>77
一条は結構いるぞ。漫画家やAV嬢になw
二条や近衛もどっかで見た気がする
有栖川は詐欺師で一躍有名になったな

88 :日本@名無史さん:2006/09/19(火) 01:01:36
苗字作るとき「豊臣徳川源は禁止」とか決めとけば良かったのにな。

89 :日本@名無史さん:2006/09/19(火) 01:16:54
日本史上ではやはり東久邇宮が最強だろ

90 :日本@名無史さん:2006/09/19(火) 01:30:41
田宮だけど、宮家じゃないww

91 :日本@名無史さん:2006/09/19(火) 02:39:57
田宮といえばジロー

92 :日本@名無史さん:2006/09/19(火) 07:45:27
>>1 のような人がいるのかとビックリ。
自分のところは土百姓だが、調べてみたら、同姓の小大名、華族とかがいた。
自分の苗字は大嫌いなので、これらの人々が高校レベルの日本史の教科書に出てなくて本当に良かった。
でも、いるんだよね、人気芸能人に。すっごく不愉快。

93 :日本@名無史さん:2006/09/19(火) 08:18:09
なんで俺の苗字が天下をとらないんだ〜
くそーもうタイムマシンにおねがい〜♪

94 :日本@名無史さん:2006/09/19(火) 08:22:45
歴史に残された人々
明治幕末篇

http://wolfpac.press.ne.jp/daimyo06.html







http://www.eva.hi-ho.ne.jp/iwaemon/

95 :日本@名無史さん:2006/09/19(火) 08:37:32
歴史教科書にも載った第二次大戦中メージャな人々

白州次郎


辻政信

牟田口廉也

東条英機

杉原千敏

96 :日本@名無史さん:2006/09/19(火) 08:50:21
関ヶ原の戦いで登場した主な武将の苗字
http://www.google.co.jp/gwt/n?u=http%3A%2F%2Fhomepage1.nifty.com%2FSEISYO%2Fseki-ni.htm&hl=ja&mrestrict=chtml&lr=&inlang=ja&q=%E6%9D%B1%E8%BB%8D%E6%AD%A6%E5%B0%86&output=imode&site=search

97 :日本@名無史さん:2006/09/19(火) 08:51:19
>>82
調べたら、徳川は異流も結構いるみたいだしね。
その異流のなんだろうね。その人達は。

98 :日本@名無史さん:2006/09/19(火) 08:52:32






http://bari3.net/bari3m/soc/rankname.asp?Pmd=rank

99 :日本@名無史さん:2006/09/19(火) 09:15:57
現日本に政治家で活躍して

いる人々の苗字からも検索してみよう。


例えは:
〇〇議員・〇〇議院・〇〇〇〇衆議院・〇〇参議院
・〇〇党員


もしも、あなた苗字の議院がいたら身内です。

100 :日本@名無史さん :2006/09/19(火) 10:10:32
>95
戦犯に土肥原って珍しいのが居たな

101 :日本@名無史さん:2006/09/19(火) 15:46:26
別に珍しくないだろ

102 :日本@名無史さん:2006/09/19(火) 23:02:34
日本史には出てこなくてもググれば同姓の人ぐらい歴史上に何人かはいるでしょ


103 :日本@名無史さん:2006/09/20(水) 08:51:54
珍姓は意外とないんでないか?
一口(いもあらい)とか九(いちじく)なんて日本史で活躍した話は聞かない

104 :日本@名無史さん:2006/09/20(水) 12:40:36
九でいちじくって読むのかw
たしかに珍姓の場合は難しいな

105 :1:2006/09/20(水) 21:56:21
悔しいから電子辞書で自分の苗字を調べてみた。
すると遊女の話が出てきた。

ムキーー!!

106 :日本@名無史さん:2006/09/20(水) 22:05:07
>>105 吉原の遊郭でつね(・∀・)

107 :日本@名無史さん:2006/09/20(水) 23:15:28
今日は吉原堀の内中州薄野ニューヨーク

108 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 00:13:22
西川口

109 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 20:34:22
隣町に足利さんて人がいるけど子孫なのかな。
室町将軍と同じ名前なんだけど。

110 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 21:00:45
足利っていうのはもともと栃木出身だし、鎌倉公方もいるから関東だったら幾らかいるかもね。
てか、自分のクラスにもいた。
将軍の嫡流とかだったらそれはそれで凄いけど。

111 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 21:46:02
名字って明治時代に大量生産されたんじゃない?


112 :日本@名無史さん:2006/09/22(金) 00:50:54
栃木の足利には清和源氏だけじゃなく藤原姓の氏族もいる

113 :日本@名無史さん:2006/09/23(土) 13:42:56
土佐の郷士を虐殺した主犯(家老)の分家が先祖らしい(藁

寺の記録+墓もちゃんと会ったし、たぶん言い伝えどおり。
しかし、マイナーすぎて、性でぐぐらないとでてこない。
かなりの珍生なのかな?
2000世帯ないみたいだし・・・
ネットで検索すると、医者が異様に多く出てくるんだけどなんでなんだろ?


114 :猛虎應援團長 ◆SEX/QLLYd. :2006/09/24(日) 03:59:36


115 :日本@名無史さん:2006/09/24(日) 04:14:26
>>105
チャンチャカチャンチャンチャチャンチャチャン
遊女が出てきました〜♪

チッックショー!


とやってほしかった

116 :日本@名無史さん:2006/09/24(日) 08:01:44
幣原姓の2ちゃねらーノシ

117 :日本@名無史さん:2006/09/24(日) 09:26:58
幣原は喜重郎だけだよね。士族?平民?

118 :日本@名無史さん:2006/09/24(日) 15:18:10
>>01
たぶん征服されたエミシ、クマソ、リキ人などの末裔なのではないか?
出なくて当然。

119 :治郎右衛門:2006/09/24(日) 17:07:32
岡井・・・ 聞いた事ないぞ。

120 :日本@名無史さん:2006/09/24(日) 17:32:01





















http://wolfpac.press.ne.jp/daimyo06.html


http://www.eva.hi-ho.ne.jp/iwaemon/

121 :日本@名無史さん:2006/09/24(日) 17:36:23
://www.google.co.jp/gwt/n?q=%E8%A5%BF%E8%BB%8D%E6%AD%A6%E5%B0%86&site=search&hl=ja&lr=&ie=UTF-8&inlang=ja&mrestrict=chtml&ei=uEIWRaLDBKSwsALLnbT0Bg&sig2=HCeOBjHcksG6X6yXkapmCw&ct=res&cd=1&inlang=ja&output=imode&rd=1&u=homepage1.nifty.com/SEISYO/seki-ni.htm

122 :日本@名無史さん:2006/09/24(日) 18:08:35
百武です。

当然高校クラスの教科書には出ません。
でも、ちょいと掘り下げれば、いくらでも出てくる。
話題にするにはちょうどよいくらいの知名度でしょう。

123 :日本@名無史さん:2006/09/24(日) 19:34:30
今でも、親戚の間では本当の姓名ではなく地名を名字代わりに、分限や続柄を名前代わりに呼ぶね。
たとえば、田中さんが甥っ子から贈り物を受け取ると、
『勝浦の長男坊からカツオが届いたよ』
昔ふうに言うと、『勝浦の長男坊』は『勝浦太郎』。
田中さんのお住まいがもし浦和なら、勝浦では『浦和の伯父』と呼ばれているはず。
日本人の名乗り名字は古来その程度で、たとえば『藤原』という名字の人はいつのまにか消滅してた。逆に明治になってまたどっと増えたらしい。

もう一つ、日本はかなり激しい養子社会。
分限が見合う家に養子として手頃な子供がいないと、分限の低い家の子供の分限をロンダリングして養子にしたりした。
江戸期に下ると田地や家禄の分割相続の禁止が貫かれるから、相続者のいない家に、相続できない次男・三男が養子に行く現象が当然のように行われることになる。

そんなこんなで、日本人の血脈などは何がなんだか分からないのが当たり前だったりする。

124 :日本@名無史さん:2006/09/24(日) 19:53:36
>>123

話はわかったから、もっと改行いれろ



125 :日本@名無史さん:2006/09/24(日) 20:10:49
>>123
そそ。
よって家は同じだけど血筋的には元の家とまったくの別家になってるってのが多い

126 :日本@名無史さん:2006/09/24(日) 21:48:13
>>122
彗星の名前しか知らない・・・

127 :日本@名無史さん:2006/09/24(日) 21:53:55
>>122
百足なら・・・

128 :日本@名無史さん:2006/09/24(日) 21:58:00
山田って苗字も数は多い割りには
有名人は山田長政と山田耕作ぐらいしか思いつかない。
ヒット率低すぎる気がする。

129 :日本@名無史さん:2006/09/25(月) 11:24:02
政治家で山田ってのは全くいねーよな。

130 :日本@名無史さん:2006/09/25(月) 11:26:28
>>128
山田康夫

131 :日本@名無史さん:2006/09/25(月) 14:42:06
朝香宮のひ孫は?

132 :日本@名無史さん:2006/09/25(月) 17:39:14
俺の苗字は魔羅岡。じいさん曰く、うちはもともと郷士の家柄だったそうだ。
で、ご一新のときに、幕府に味方しちゃったもんで、役人に睨まれて「毛利」姓
を捨てたんだそうだ。そして、結局明治新姓の際に改姓しようということになって、
ならば人とは違うものがいいということで「魔羅岡」姓になったそうだ。

133 :日本@名無史さん:2006/09/25(月) 17:44:52
魔羅岡 の検索結果のうち 日本語のページ 約 19 件中 1 - 4 件目 (0.19 秒)

ジョルジュ魔羅岡】 /⌒\ ( ) |ノ(. | |⌒ | ∩ おっぱい!おっぱい ( ゚∀゚) 彡 ) ⊂彡 (__Y_) ジョルジュ魔羅岡. 【ヴイィィィン!】 θ゙゙ _ ∩ ( ゚∀゚)彡 ヴイィィィン! ヴイィィィン! (θ⊂彡 | | し ⌒J. 【DVD!】 _ ∩ ( ゚∀゚)彡 D! ...


ジョルジュしか出てこないぞ魔羅岡

134 :日本@名無史さん:2006/09/25(月) 21:41:06
そりゃあそうだ。なんたって、全国でこれ名乗っているのは俺の家だけ
らしいもん。そして、割とひっそり暮らしてきたからググってもヒットせんよ

分家は全部、谷岡姓を名乗る事になっているからな

135 :日本@名無史さん:2006/09/25(月) 22:00:33
マラってちんこのことじゃねーか
子供の時いじめられなかった?

136 :日本@名無史さん:2006/09/26(火) 01:27:11
>>135
中学の時の渾名は「ペニ夫」だった。でもって、高校のときは
「棹之助」「ジュニア」とかだったな。去年結婚した弟は婿養子になって
結城だかに苗字が変わった。基本的に二男以降はどっかの婿になったり、
形だけの養子縁組み組むととかして苗字変わるんだよ。だけど、長男の俺は
魔羅岡の家を継がなきゃだから、一生付いて回るw

137 :日本@名無史さん:2006/09/26(火) 01:35:12
>>136
魔羅岡って字面だけ見るとリングネームみたいで強そうだが音にするとw
棹之助に吹いたwww

138 :日本@名無史さん:2006/09/26(火) 01:50:15
俺の先祖 【生麦米事件】斬りつけた本人最期晒し首

写真でちょっとした有名人

139 :1:2006/09/26(火) 17:20:00
すげー!羨ましい…のか?

140 :日本@名無史さん:2006/09/27(水) 20:50:55
400年前は藤原という苗字だった
関が原の頃、とあるヤバイ局面にあり
落ち延びて苗字を変えたのだという。
普通藤原というと天皇に与えられた本姓なので
苗字で名乗ってるのは摂関の血筋とは無関係と
言われるが、れっきとした秀郷流らしい。
しかしそもそも秀郷が鎌足の子孫かどうかも
疑う向きがあるようなのだが・・・

141 :日本@名無史さん:2006/09/27(水) 20:54:35
誰か「江頭」について知っていたら教えてくれ。
さっぱり分からないんだ。
2:50は無しでな!

142 :日本@名無史さん:2006/09/28(木) 09:07:06
>>141

【第128代天皇】秋篠宮悠仁親王殿下
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1158055900/
見ないほうがいいかも?

143 :日本@名無史さん:2006/09/28(木) 13:17:22
↑そこ、メチャクチャじゃん

144 :日本@名無史さん:2006/09/28(木) 14:08:05
水俣病もれっきとしたぬほんしということで……

145 :日本@名無史さん:2006/09/29(金) 13:37:04
亀田で高貴な家柄はあるかな

146 :日本@名無史さん:2006/09/29(金) 13:42:05
>>145
太田亮『姓氏家系大辞典』(全3巻)を見れば分かるよ。
亀田はなかった。

147 :日本@名無史さん:2006/09/29(金) 13:43:32
亀頭ならあるかも

148 :日本@名無史さん:2006/09/29(金) 14:49:48
亀頭家に生まれた女の子と、亀頭家に嫁ぐ女の子

名前は好子さん

149 :日本@名無史さん:2006/10/02(月) 23:21:18
自分の苗字でなくても、
たとえば江戸幕府が徳川家康じゃなく亀頭家康だったら
もっと日本史の授業は楽しかったかもしれない

150 :日本@名無史さん:2006/10/03(火) 00:14:50
>>145
宇和島伊達藩に亀田で上級武士が居たはず。

151 :日本@名無史さん :2006/10/11(水) 21:59:28
茨城・東京・静岡に散住してる徳川さんに一度でも遭遇してみたい

152 :日本@名無史さん:2006/10/11(水) 22:11:23
>>151
徳川宗家の当主は東照宮のお祭りの時に烏帽子束帯姿でいつもいらっしゃるよ

153 :日本@名無史さん:2006/10/12(木) 00:39:31
>>145
亀田:阿波三好氏族。(紋)三階菱、丸に井筒、亀甲。
亀田:羽後岩城氏族。河辺(由利)郡亀田発祥。

154 :日本@名無史さん:2006/10/12(木) 09:27:10
亀田で興毅な家柄は結構あるものですね

155 :日本@名無史さん:2006/10/12(木) 23:44:02
徳川の宗家って何やってる人なんですか?
名誉職とかに就いてるんでしょうか?

156 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 00:02:07
ご当主は今は徳川記念財団の理事長をされていますよ

157 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 13:02:21
うちは郷士だったから
郷土史には苗字がちらっと出てきたり

158 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 15:46:18
鈴木・・・孫市(雑賀衆)
佐藤・・・継信、忠信(義経四天王)
田中・・・吉政(三成捕縛)
山本・・・五十六
渡辺・・・通(毛利家臣)、吉綱(大井藩祖)

159 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 15:55:54
高橋・・・是清(「七転び八起き」のダルマ蔵相)
伊藤・・・博文(近代韓国・朝鮮の基礎を作った大政治家)
中村・・・一忠(三中老、山内一豊の天敵)
小林・・・一茶(雀の遊び友達)
斎藤・・・一(新撰組の英雄)



160 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 16:45:55
小塚藤右衛門

161 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 16:58:06
深田って何かある?
教科書に出てきた覚えないんだよ(・ω・`)

162 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 17:03:28
村井長頼

163 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 17:10:52
二階堂は誰か居ましたか?


164 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 17:33:04
名字の出てこないヤツの方が多いだろう。
だいたい日本一多い「佐藤」だが、大名にもいなけりゃ
武家にもほとんどいない。
次に多い「鈴木」だが、最高職でも旗本でちらほら見掛けるくらい。
次の「高橋」なんて更に最高で御家人クラスだ。
戦国時代含め、旧大名家と明治の華族に見掛ける名字が良い名字といえるが、
多いようで、全名字でみるとわずか数パーセントに過ぎない。

165 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 17:49:52
>>163
元は鎌倉幕府の上級武士だったかな?
その後裔が須賀川城主で、伊達に滅ぼされた。

166 :こんちゃ:2006/10/15(日) 17:52:53
石島はだれかいますか!??

167 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 17:53:15




http://wolfpac.press.ne.jp/daimyo06.html


http://wolfpac.press.ne.jp/daimyo06.html


http://wolfpac.press.ne.jp/daimyo06.html

168 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 19:23:45
二階堂盛義は戦国大名として日本史の図表にも出てくる

169 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 19:34:19
西行が佐藤氏だったり出雲阿国が中村氏だったり
本来の苗字が隠れる場合が多い。

170 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 21:52:21
>二階堂氏
工藤氏族、相模発祥

171 :日本@名無史さん:2006/10/16(月) 20:37:58
我慢できずに中田氏してしまいました
中田氏で有名どころはあるでしょうか

172 :日本@名無史さん:2006/10/18(水) 17:29:24
>>164
佐藤秀方をお忘れです。

173 :日本@名無史さん:2006/10/18(水) 18:29:15
五十嵐はあんまりないよね・・・

174 :日本@名無史さん:2006/10/30(月) 16:26:27
うちは平安時代から古今和歌なんかにも名字が出てくるが、
神社なので間違いないw

175 :日本@名無史さん:2006/10/30(月) 21:38:25
平等院鳳凰堂とか?
あ、これ寺かw

176 :日本@名無史さん:2006/10/30(月) 21:40:16
>>175 平安貴族の遊び場W

177 ::2006/10/31(火) 19:26:36
そうだったの?
俺、今話題の世界史選択者だったから名前しか知らなかった。
サンクス。

178 :日本@名無史さん:2006/10/31(火) 20:00:04
>>175-177

平等院、金閣、銀閣


これらはみんな貴族や将軍家の別荘を寺にしたもの。

あと、京都の光悦寺も芸術家集団の拠点を寺にしたもの。

179 :日本@名無史さん:2006/10/31(火) 20:11:36
 もしかしたら、江戸時代の農民に姓がなかったって勘違いしてる奴がいるかもしれん。
 念のために書いておくと、姓は誰でも普通に持っていた。
 幕府は公式にそれを扱うことをしなかっただけ。
 藩のほうは締めつけが厳しかったが、天領はまだそうでもなかったので、天領に残っている資料などには農民の姓が普通に皆書かれてある。

180 :日本@名無史さん:2006/10/31(火) 21:30:24
>>179
公式文書に?

181 :日本@名無史さん:2006/10/31(火) 21:39:54
苗字ってしょっちゅう変動していたんですか?
近所の爺さんの家は、元は平(これは氏か)で、
小倉、佐久間と苗字が錯綜しているらしい。
学者として有名な人が多いとか・・・

あと、木戸孝允とか大村益次郎とか
気軽に苗字と名前を変えられちゃうと覚えるのが面倒くさい。

182 :日本@名無史さん:2006/10/31(火) 22:00:19
>>181
ご近所のおじいさんの家のことはよくわからないけど
うちの場合は何人か名字も名前も変えてる例がある。
一族から出て事を成すときとかにやってるね。


183 :日本@名無史さん:2006/10/31(火) 22:12:34
森下も全然出てこないよ…

元は長野だけど、きっと田舎の百姓だな

184 :183:2006/10/31(火) 22:30:46
↑長野出身ってことね

185 :日本@名無史さん:2006/11/01(水) 00:03:40
広告王、森下仁丹の森下博はどうよ

186 :日本@名無史さん:2006/11/02(木) 21:40:53
>>183
森下悠里たまんねーよハァハァ

187 :日本@名無史さん:2006/11/02(木) 22:42:03
木戸孝允(桂小五郎)について語ろう7
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history2/1133859005/

188 :日本@名無史さん:2006/11/02(木) 22:59:00
>俺の苗字は、未だかつて日本史に出てきたのを見たことが無い。

私はね、1に今一度よくよく考えてほしいんです。

自分の両親は、同姓どうしの結婚でなければ、結婚前は違う苗字だった。
祖父、祖母の代に遡ると同様に、父方に二人、母方に二人、四人とも違う苗字だった。

曾祖父、曾祖母に遡ると八人とも違う苗字だった。
高祖父、高祖母に十六人とも違う苗字だった。

高祖父、高祖母の十六人の中で、1と同じ苗字の人はたったひとり。
あとの十五人は1とは違う苗字だった。

さらに一代遡れば、三十二人の中で、1と同じ苗字の人はたったひとり。
あとの三十一人は1とは違う苗字だった。

つまり、たまたま父方の苗字を受け継いでいる1が、
父方の苗字に固執する必要は全く無いということ、ナンセンスいうことを言いたい。

1の苗字にこだわるよりも、
祖父、祖母の四人の苗字、
曾祖父、曾祖母の八人の苗字、
高祖父、高祖母の十六人の苗字を調べるほうが、よっぽど有益だ。

父方や母方の苗字の人たちだけが、ご先祖様ではないことに気づいてほしい。

高祖父、高祖母の十六人の中で、1と同じ苗字の人はたったひとりで、
あとの十五人は1とは違う苗字だったが十六人とも1のご先祖様だ。
このことに気づけば、父方の苗字だけにこだわるのがナンセンスであることが理解できるはずだ。

189 :日本@名無史さん:2006/11/03(金) 00:01:22
その理論で行くとどんどん遡って横に広がって何千という苗字になるんじゃ
なら誰でも日本史に出てくるんじゃねーの

190 :日本@名無史さん:2006/11/03(金) 00:24:42
>>187はそんだけ手広くみないと有名先祖が出てこなかったってことだw


191 :日本@名無史さん:2006/11/03(金) 20:40:50
>>190

自分を何がしかの有名先祖に結び付けたいというのは、きわめて民度が低いと言わねばならない。

己と同じ苗字だけが先祖だとする狭量的な視野・思考も哀れだ。

己に自信がなく、有名先祖と結びつけなければ己の存在価値を見出せないみじめな人生ではないのか。

先祖に有名人がいようがいまいが、先祖に感謝して己に自信を持って生きることだ。

人生を豊かに生きるコツは、自分と苗字の異なる先祖にも感謝し、民度の高い広い視野を持った友人とつきあうことだ。

192 :日本@名無史さん:2006/11/03(金) 21:17:08
>>191
お前はスレタイも読めないほどの文盲なのか、単なるアホなのか
そのどっちもなのか


193 :日本@名無史さん:2006/11/03(金) 21:42:14
>>192
覚えたばかりの民度って言葉を使いたかっただけな小学生はほっとけ
しかも間違ってるしな(ノ∀`)アチャー

194 :日本@名無史さん:2006/11/03(金) 22:30:56
まぁ朝鮮人のは日本史には無関係だしな
平安末期から北古萩に住み着いてた我が家とはエラい違いだねw

195 :日本@名無史さん:2006/11/03(金) 23:59:41
耐えた甲斐があった!ついに二階堂盛義が195をげっと
  ,r';;r"            |;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;
 ,';;/             /;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;
 l;;'            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',;;;;;;;
. ,l;L_      .,,、,--ュ、 ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;iソノ
ヾr''‐ヽ,  ,、ィ'r-‐''''''‐ヽ ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
 l rO:、;  ´ ィ○ヽ    'i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、l
 | `'''"/   `'''''"´     !;;;;;;;;;;;;;;;/ l |
. ,'  /   、        |;;;;;;;;;;;;;ノヽ'/
. l  ,:'   _ ヽ       .|;;;;;;;//-'ノ
 ', ゞ,' '"'` '"       i;;;;;i, `' /
  ', i、-----.、       `''"i`'''l
.  ヽ ヾ゙゙゙゙ニニ'\        ,'  ト、,
   ヽ ヽ〈    i|          Vi゙、
    ゙, ,ヽ===-'゙ ,'     ,   // ヽ
.    ',.' ,  ̄ , '    ノ  /./    ヽ,
.     ヽ.  ̄´   / ,、 ' /     / \
     ノ:lゝt-,-‐''" / ,.ィ゙     /
,、 - '''´  |  ヽヽ /,、ィ     /


196 :日本@名無史さん:2006/11/04(土) 00:08:09
俺の名前は三枚堂だけど本とか一回も出てきたことないな
別にどうでもいいんだけど

197 :日本@名無史さん:2006/11/04(土) 00:19:48
>>191
哀れなのはお前だろ
他人に説教してる暇があったらもうちょっと国語勉強しろよ。
用法間違いながら長々説教してる姿ほど愚かで滑稽なものはないぞ


198 :日本@名無史さん:2006/11/04(土) 00:22:12
恐ろしく古いが
職人の名だから歴史に残る人物も居ないし珍名さん扱いだ
作品に銘が残ってるのが救いだな

199 :日本@名無史さん:2006/11/04(土) 00:23:36
>>196
陸中発祥か、出自不詳。現在、岩手県に多く特に上閉伊郡大槌町に多い。
110件しかないから限定されてくるなw

200 :日本@名無史さん:2006/11/04(土) 00:29:21
おれの先祖は六角だよ。

201 :日本@名無史さん:2006/11/04(土) 19:14:00
>>191

ご先祖様に感謝することは大切なことですね。
でも、民度は関係ないような気ガスw

202 :日本@名無史さん:2006/11/04(土) 19:56:10
しっ 池沼と目を合わせちゃいけません!

203 :日本@名無史さん:2006/11/04(土) 20:58:16
>>191
無知無学の説教好き
まんますぎてワロタwww

204 :日本@名無史さん:2006/11/06(月) 01:44:57
>>58>>128
日本史じゃないけど、現代の懐かし話として、ロイホの創業者
資料集クラスでも、載る可能性は少ないが・・・

205 :日本@名無史さん:2006/11/13(月) 16:07:24
>>200
六角は宇多源氏の子孫
六角高頼なんかがいたな

206 :日本@名無史さん:2006/11/13(月) 16:10:46
家は鵞彌です。

207 :日本@名無史さん:2006/11/13(月) 16:25:53
日本史に貢献せずとも、日本に貢献していれば無問題。

208 :日本@名無史さん:2006/11/13(月) 16:44:52
うちも教科書には出て来ないが、先祖代々、田舎で百姓やってて、歴史は江戸の初期まで
さかのぼれるぞ。別に有名人が先祖でなくても、いいだろ。

209 :日本@名無史さん:2006/11/13(月) 17:01:50
会ったことないけど、長宗我部は中国地方にいる

210 :日本@名無史さん:2006/11/13(月) 17:06:31
要って居る?

211 :日本@名無史さん:2006/11/14(火) 05:18:44
>>207
普通にやってれば日本に貢献してるだろ。
病気とかの人はしかたない。
犯罪者はアレだが・・・戦国大名あたりは犯罪者って面ない?

212 :日本@名無史さん:2006/11/14(火) 05:20:22
前田利家の一向宗虐殺はアウシュビッツ並みだよな

213 :日本@名無史さん:2006/11/14(火) 07:58:51
水軍とかだと、正直判断に困る
海賊じゃねーかという気もするし

214 :日本@名無史さん:2006/11/14(火) 08:38:47
蘇我氏の部民であり優秀でしたよ

215 :日本@名無史さん:2006/11/15(水) 00:13:44
信長の伊勢一向宗ジェノサイドってのもあったっけ

216 :日本@名無史さん:2006/11/15(水) 03:09:24
武士どうしで戦うのは両方とも仕事だから問題ないと思うけど、
一般人を殺すのは犯罪だと思う。

217 :日本@名無史さん:2006/11/15(水) 04:39:48
あの時代宗教集団は武力集団だろうから
まあ、どっちもどっちだよなあ
県警とヤクザみたいなもんじゃねえw

218 :日本@名無史さん:2006/11/15(水) 05:14:42
日本の宗教勢力は僧兵の時代から武力集団だぜ

219 :日本@名無史さん:2006/11/15(水) 05:26:27
女子供をころしちゃいかんわな

220 :日本@名無史さん:2006/11/15(水) 09:11:52
関が原の戦いのとき、近隣のお百姓さん達はお弁当を持って見物に行ったんだってね。
桜田門外の変のときだって、駕籠かき達はさっさと逃げてしまった。
係りが違うからいいんだよ。

221 :日本@名無史さん:2006/11/15(水) 10:05:20
見物っちゅうか、死体の剥ぎ取りやら落ち武者狩りの出番待ちじゃあるまいか>関ヶ原

222 :日本@名無史さん:2006/11/15(水) 11:49:06
>>220
桜田門外の変で無傷で藩邸に帰った藩士は全員咎められ斬首になっているが
駕篭かきは町民なのか?
一応登城のときだったんだよな?

223 :日本@名無史さん:2006/11/15(水) 11:59:00
>>222
突っ込んだら火病るから、生暖かく見守ってやれw

224 :日本@名無史さん:2006/11/15(水) 12:03:30
>>223
いや、すまん半分ぐらいマジメに質問だったんだ

225 :日本@名無史さん:2006/11/15(水) 12:21:29
俺はそもそも220がどういう脈絡で出てきたレスなのかわからんのだが
係りってなんの話だ?駕篭かきや関ヶ原の見物人に関係あるのか?

というか「係りが違うからいい」ってのはどのレスに言ってるんだ?

226 :日本@名無史さん:2006/11/15(水) 19:46:35
>>225
敢えて言えば>>216
駕篭かきや関ヶ原の見物人は武士じゃないから殺されないというか、
逃げていいということ・・・文章まずいかな?
その時の駕篭かきが武士でないというのは中学の先生が言っていた。

227 :日本@名無史さん:2006/11/15(水) 20:01:44
駕籠かきは「中間・小物」っていう階級だ。江戸の俗語で、サンピンと呼ばれる。
一応、士分ではあるが、とてもまともな武士とは言えない。
ちゃんとした武士の家に、多くは一代限りで雇われる流れ者で、もとの身分は
問われず、町人とかの出身も多かったらしい。

名字と帯刀が許されるから、武士の端くれではあるが、間違いなく最低クラス。
サンピンになるくらいなら、誇りある浪人は飢え死にを選んだというぞ。

228 :日本@名無史さん:2006/11/15(水) 23:16:38
>>227
あの時代の江戸に誇りある食い詰め浪人はいたのかw
>>226
dクス
意味分かった 武士じゃないからってのもあるし、意味が無いからもあると思う
最後の一文の意図がちょっと伝わりにくかったかも

229 :日本@名無史さん:2006/11/15(水) 23:34:42
>>219 信長や秀吉なら手を汚さず殺すと思う。

230 :日本@名無史さん:2006/11/15(水) 23:39:59
>>229
松平容保 奴は老若男女とわず戦に参加させた!

231 :日本@名無史さん:2006/11/16(木) 02:06:08
>>229
手を汚さず殺すってのは飢え死にとかかな
なんにせよ丸腰の奴を殺す命令しちゃいかん

232 :日本@名無史さん:2006/11/16(木) 06:38:10
>>42
葵紋じゃなくて河骨(こうほね)紋かもしれん ほとんど葵とかわらんけどな

http://www1.ocn.ne.jp/~argus/bunrui-1/syo-17-kiku.html

233 :日本@名無史さん:2006/11/16(木) 15:35:49
>>219
まあ武将の一族なら皆殺しされる事もあるから
それもどっちもどっちじゃね
ヤクザの身内も

234 :日本@名無史さん:2006/11/16(木) 17:59:30
公家・貴族・士族
http://wolfpac.press.ne.jp/daimyo06.html

幕末武士
http://www.eva.hi-ho.ne.jp/iwaemon/

235 :日本@名無史さん:2006/11/16(木) 18:02:43
英雄は死んでいる。

http://www.google.co.jp/gwt/n?mrestrict=chtml&site=search&q=%E5%B9%95%E6%9C%AB%E5%86%99%E7%9C%9F%E9%A4%A8&source=m&output=chtml&hl=ja&ei=vChcRZzyFpXMJPWY5PMC&ct=res&cd=2&rd=1&u=http%3A%2F%2Fwww.dokidoki.ne.jp%2Fhome2%2Fquwatoro%2Fbekkan.html

236 :日本@名無史さん:2006/11/16(木) 20:02:22
http://www.google.co.jp/gwt/n?mrestrict=chtml&site=search&q=%E6%AD%A6%E5%A3%AB%E3%81%AE%E7%BE%A4%E5%83%8F&source=m&output=chtml&hl=ja&ei=XkRcRYmSFJGGJLiJ6vMC&ct=res&cd=2&rd=1&u=http%3A%2F%2Fwww.matsuyama-syobou.com%2Fw04%2Fw04_01m.htm

237 :日本@名無史さん:2006/11/16(木) 21:05:57
>>33
亀レスだけど、彼の名は「永沢君男(ながさわ きみお)」

238 :日本@名無史さん:2006/11/17(金) 16:49:59
>1
日本史に出られるようにガンガレ。先祖に頼るな。
先祖には感謝しても頼るものでは無いぞ。

239 :1:2006/11/21(火) 17:27:14
暫く来ない間にかなり伸びてますね。貴重なご意見ありがとうございます。

そうですね・・・。言われてみれば確かに今の苗字だけにこだわる必要は無いのかも。
これらは誇りを持って頑張ります。自分で自分の苗字を有名に出来る様に。

あとスレ違いですが流れに任せて質問を一つ。
いわゆる『落ち武者狩り』って武士の家族や生き残った足軽なんかも尽く斬首されたんですか?
いくらなんでも足軽を殺すこたぁねぇーだろと思いまして・・・。

240 :日本@名無史さん:2006/11/21(火) 17:53:22
俺の先祖、関ヶ原出陣し生きて帰ったので歴史舞台に刻まれなかった。



足軽ショック

241 :日本@名無史さん:2006/11/22(水) 23:30:07
>>240
ご先祖死んでたらおまいさんも今この世界に居ねえだろwwwwwwwww

242 :日本@名無史さん:2006/11/23(木) 00:13:32
>>1
お前がこれから頑張れば、子孫が誇りに思うだろう。


243 :日本@名無史さん:2006/11/23(木) 03:03:29
>>241
子供作ってから戦死って場合もある

244 :日本@名無史さん:2006/11/23(木) 03:23:01
サンズイにエロか・・・。

245 :日本@名無史さん:2006/11/23(木) 03:40:59
http://www.google.co.jp/gwt/n?mrestrict=chtml&site=search&q=%E5%B0%8F%E7%AA%AA%E6%B8%85%E5%90%89&source=m&output=chtml&hl=ja&ei=OphkRdUBgewkh4XFaw&ct=res&cd=3&rd=1&u=http%3A%2F%2Fwww.sekigun.com%2Fhistory%2Fyuanchuang%2Fxin.htm

246 :1:2006/11/23(木) 12:55:24
>>244
コラー!名を名乗れー!

247 :日本@名無史さん:2006/11/23(木) 19:32:24
>>220-221
町民が弁当持って見物に来たのは
関ヶ原の前哨戦である西軍による伏見城攻め(守将:鳥居元忠)と、
同じく西軍による大津城攻め(守将:京極高次)の時。

野戦の見物なんて、危なくて不可能に決まってるだろ。
大軍がとり囲んだ攻城戦だったら、鉄砲の射程外なら民衆が見物していても安全。
伏見も大津も京に近いから京の町民が見物に来たんだろうな。
いかにも京の町民らしいよ。
攻城側の西軍も咎めたりしなかったそうだし、
戦後も、東軍が見物していた町民を咎める事もなかったそうだ。

248 :日本@名無史さん:2006/11/23(木) 19:47:26
俺は、「加賀」だ。

249 :日本@名無史さん:2006/11/24(金) 00:07:18
>>219
男女差別イケナイ

250 :日本@名無史さん:2006/11/24(金) 21:59:29
関ですが日本史の教科書には載ってなくて世界史の教科書に出ています

251 :日本@名無史さん:2006/11/25(土) 13:11:28
吉識っていないよね?
読みはヨシキね。

252 :日本@名無史さん:2006/11/25(土) 14:20:37
吉識っていないよね?
読みはヨシキね。

253 :日本@名無史さん:2006/11/30(木) 22:55:15
明治時代に洒落で変な苗字にして
祖先を苦しめるなんて…

254 :日本@名無史さん:2006/11/30(木) 22:56:20
ああ子孫だった

255 :日本@名無史さん:2006/12/01(金) 11:18:07
今一番名字で迷惑してるのは金のつく由緒ある家の人だろな


256 :日本@名無史さん:2006/12/02(土) 21:37:04
>>250
三重北部の戦国武将に関盛信がいます

>>255
金沢実時とか金森長近とか金のつく有名人は多い


257 :日本@名無史さん:2006/12/02(土) 22:12:31
本姓を知りたいんですが、戸籍謄本を見ればわかりますか?
やっぱり朝臣なんでしょうか。元々は宇都宮の庄屋だったそうですが。

258 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 00:23:29
金子十郎
金刺舎人

259 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 00:33:27
てゆうか、今の日本人は
鈴木、佐藤、斉藤、田中、高橋、加藤、伊藤などが大杉。当然現代の有名人も佐藤鈴木系ばかり。
昔は佐藤鈴木系は少なくてもっとバラエティに富んでいたんだけどね。

むしろ今のほうが苗字の集約化が進んで多様性が失われてるような気がする。
将来は隣の国のキムやパクのように、日本人みんなが佐藤鈴木系になっちまうんでないの?

260 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 00:40:15
>>259
隣国の代表的な苗字が金

でもな、鈴木と鈴木の結婚とか田中と田中の結婚とか気味悪くない?


自分とは違う苗字の結婚のがいいくない?

261 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 00:54:53
日本も同じ田中の場合は、本貫が違わないと結婚できないようにすればいいのでは。

262 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 01:01:14
>>261 親戚縁者との結婚でないよ祈れW

263 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 01:19:59
同姓同士の結婚
戦前まで普通に多かったと思うが。

264 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 01:25:59
同姓部落結婚、近親相姦により障害者多数。

265 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 02:21:25
うちのクラスにいるんだが、賀来ってのは?

266 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 03:04:26
>>257
戸籍制度が出来た頃には旧来の氏姓制度は廃止されてます。
もっと書くと、氏と姓は大半が一致するから、氏がわかれば姓もわかるはず。
紀氏等のマイナーなのは別だが。
>>259
その頃の潜在的な苗字の分布がわからないとなんとも言えないな。
それらの苗字の有名人が増えたのは幕府が無くなったのと、
有名になる方法が増えたからってのがあると思う。
特定の血筋の人達が表舞台に立ってた時代には、特定の苗字に片寄ってたわけだし。
>>260
>>259はそれを推奨してるわけじゃないし、ちょっとはレスを読め。
>>263
禿同
今より多かったと思う。

267 :日本@名無史さん:2006/12/25(月) 17:54:09
俺の苗字『中川』で名古屋に住んでるんだけど、知り合いに『武田信玄』の末裔(←もちろん『武田』さん。)がいて羨ましい。
俺の先祖近江出身の武将(滋賀県東南部、三重県北西部に多い。名古屋、大阪でもたまに見かける)で犬山城主成瀬家に仕えていたと聞いてるけど日本史を見ると『中川順庵』(←江戸時代の医者)しか見当たらない。
それと俺の父方の曾祖父(←この方名古屋出身)、『鈴木』家(←犬山城主成瀬家の家老)から養子に出されたらしい。

268 :日本@名無史さん:2006/12/25(月) 17:56:20
『宅間』という苗字の人が辛そうでしょうがない…

269 :日本@名無史さん:2006/12/25(月) 18:10:33
『姉歯』という苗字の人が(ry

270 :日本@名無史さん:2006/12/25(月) 18:27:02
麻原という

271 :日本@名無史さん:2006/12/26(火) 00:18:09
中川だと賎ヶ岳で秀吉に捨て石にされた清秀がいるな。かれは摂津だが。

272 :日本@名無史さん:2006/12/26(火) 03:33:45
>>267
武田といえば、ちょっと前に「武田晴信」って奴が車上ドロか何かで逮捕された、なんてニュースがあったな。
親もさぞかし期待して付けた名前だろうに。
おまえらも自分の子供に日本史上の有名過ぎる名前をつけるのは避けた方がいいぞw

273 :日本@名無史さん:2006/12/26(火) 03:37:18
昔、高校野球見ていたら「信長」って選手がいた。
名前じゃなくて苗字で。
きっと日本史を学ぶのは‥‥楽しいかな?

274 :日本@名無史さん:2006/12/26(火) 03:38:13
立派系な名前つけると名前負けするんだよね
あんま出世しなかったりする

275 :日本@名無史さん:2006/12/26(火) 09:01:46
阿比留という苗字の人g(ry

276 :日本@名無史さん:2006/12/26(火) 22:42:10
新税調会長は香西氏とか
讃岐の香西一族の流れか?

277 :日本@名無史さん:2006/12/27(水) 14:13:24
中学のとき蘇我兄妹がいた。
兄が蘇我氏、妹が馬子と呼ばれていた。
馬子はかわいそうでした。

278 :日本@名無史さん:2006/12/27(水) 23:21:57
>277
曾我兄弟じゃなくて蘇我兄妹かw
しかも兄は「そがし」で名前無いのかw

279 :日本@名無史さん:2006/12/28(木) 00:53:48
>>277
飯粒吹いた

280 :日本@名無史さん:2006/12/28(木) 10:36:32
はいはい川井がいない川井がいない。

281 :日本@名無史さん:2006/12/28(木) 11:45:07
吉能(よしの)。母の旧姓。
偶に「よしのう」と読む人がいたらしい。
>>280
ピアノのメーカーとして、これから歴史が残るじゃないかな。

282 :神奈川県民:2006/12/28(木) 11:49:46
あなたのご先祖様は影が薄かったのだ!

283 :日本@名無史さん:2007/01/01(月) 20:15:27
>>267
つ中川重政

284 :日本@名無史さん:2007/01/01(月) 23:40:15
古文書のどっかに「千崎」って苗字ない?
無いよなw

285 :日本@名無史さん:2007/01/01(月) 23:53:44
特定覚悟で聞くと白内という名前どこかに出たりしてません?

286 :日本@名無史さん:2007/01/01(月) 23:55:57
特定しますた

287 :日本@名無史さん:2007/01/02(火) 00:13:17
>>286
マジか?
まあそのへんはいいとして
今まで聞いたりしたのから憶測で話すが

白内は元々鳥取の者じゃないかといわれてる
まあこれは親父が鳥取に白内がいると聞いたかららしいから分からないが

のちに青森と鹿児島県の奄美大島に別れ
青森の方は北海道に移住したらしい
これは青森と奄美に白内がいるからってだけだが

その後明治の頃?に泉家の俺の先祖が白内に養子として入ったらしい


で、墓の世話やらやってると白内家とやらのルーツが気になってきて調べてみたという訳です

こんなところで聞くのもアレだがここの人間の知識を信じて頼みたいと思う

小さな情報でもいいから知ってる事を教えて下さい

288 :後藤さん:2007/01/02(火) 01:43:29
私の旧姓は「伊集院」なので小学生の頃は「はいからさんが通る」の影響で羨ましがられたけど、
伊集院光というデブタレントが出てから余り羨ましがられなくなった。

ちなみに出身は鹿児島ではなく埼玉です。

289 :日本@名無史さん:2007/01/02(火) 01:52:53
>>287
徳島県三好郡三好郡東みよし町西庄(字白内) という地名がある
そこと何か関係があるのかも知れない


290 :日本@名無史さん:2007/01/02(火) 01:53:50
寺川です。まったくでてきません。

291 :日本@名無史さん:2007/01/02(火) 03:21:28
>>290
知り合いのニューハーフが寺川だwww
久しぶりに会ったら別人になってたwww

292 :日本@名無史さん:2007/01/02(火) 03:35:56
>>287
携帯サイトですまないが、ここで同姓を発見したぞ。
電話番号も載ってるからいっそ電話しちゃえ。
ttp://bari3.net/bari3m/soc/rankname.asp?Pmd=rank
地域ごとの分布は、
奄美=岩手>鹿児島本土=熊本=大阪=北海道
って感じになってた。
城内(しろうち)とも関連があったり…
とりあえず寺の過去帳も調べてみ。

293 :日本@名無史さん:2007/01/02(火) 14:03:25
私の名字も聞いた事ないよ…
「香月」だけど誰か居る?

294 :日本@名無史さん:2007/01/02(火) 15:53:34
>>293
野球選手に居る。他は知らない。

295 :日本@名無史さん:2007/01/02(火) 16:24:04
>>288
伊集院静が在日だとは最近まで知らなかった。

296 :日本@名無史さん:2007/01/02(火) 21:39:00
吉浦と言う名前も出てこないな
今日になって高校サッカーで見つけたが

297 :日本@名無史さん:2007/02/04(日) 01:30:13
>>275
対馬の阿比留氏は日本史では結構有名だろ

298 :日本@名無史さん:2007/02/04(日) 15:22:08
非難を浴びる優れた人物で一時期話題になったなw


299 :日本@名無史さん:2007/02/04(日) 18:49:50
阿比留優かw

300 :日本@名無史さん:2007/02/04(日) 21:21:12
>>141
江頭安太郎海軍中将:江藤淳(江頭敦夫)の祖父
http://www.ndl.go.jp/portrait/datas/27.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%9F%E8%97%A4%E6%B7%B3

301 :日本@名無史さん:2007/02/04(日) 22:04:01
嵯峨織りとか伊賀組紐はやはり波田氏関係でしょうか

302 :日本@名無史さん:2007/02/05(月) 00:37:36
母が和歌山で横矢で父が千葉で高木なんですが誰か歴史的な人でこの名字いますか?

303 :日本@名無史さん:2007/02/05(月) 09:16:02
高木ブー

304 :日本@名無史さん:2007/02/05(月) 22:31:12
>>293

ノシ

305 :日本@名無史さん:2007/02/06(火) 12:08:45
>>302
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%9C%A8%E7%9B%9B%E5%85%BC

徳川氏家臣
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%9C%A8%E6%B8%85%E7%A7%80

丹南藩藩主高木家。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%B9%E5%8D%97%E8%97%A9

幕末の桑名藩士
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%9C%A8%E8%B2%9E%E4%BD%9C

国文学者
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%9C%A8%E5%B8%82%E4%B9%8B%E5%8A%A9



306 :日本@名無史さん:2007/02/06(火) 12:23:32
>>302
横矢氏

野長瀬氏
http://www2.harimaya.com/sengoku/html/nonagase.html
野長瀬氏が歴史に登場してくるのは、さきにも記したが大塔宮が高野山に向かう途中、玉置庄司の軍に阻まれて危機に陥ったとき、軍勢を率いて援けたときである。
この野長瀬氏の勢は、大塔宮が笠置を逃れて以来はじめて配下に収めた大軍で、これを機に宮方を一旦離反しかけた十津川も再び宮に従い、
本宮奥の院といわれた玉置山衆徒も味方につき、やがて本宮山、大和の宇智、葛城の郷士も味方し、吉野挙兵および金剛山千早城の後方支援基地ができあがった。
このとき、野長瀬氏は横矢の姓を賜り、以後、横矢氏も称するようになった。

※大塔宮は南朝の後醍醐天皇の皇子


307 :日本@名無史さん:2007/02/15(木) 21:40:50
漏れの友人に「拜郷」ってヤシが居るんだが
歴史上に同姓のヤシいる?

308 :日本@名無史さん:2007/02/18(日) 00:30:14
>>307
♪どーれどーれ…

つ【拝郷メイコ】

309 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 06:44:13
谷口ってありふれた姓だけど、
歴史上に名を残している人って新興宗教の人ぐらいでしょ?
歌手や芸能人でたまに出るけど、一発屋で終わったり売れずに消える
一般人としても、貧乏人や何らかの形で恵まれない境遇の人が多い気がするorz

310 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 08:02:06
俺、湯本。
でてきやしないだろう。

311 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 23:56:01
>>307
拝郷家嘉

戦国武将。信長の野望にも出てた。

312 :日本@名無史さん:2007/02/23(金) 10:09:00
>>307

拝郷蓮茵(国学者)

313 :日本@名無史さん:2007/02/23(金) 14:42:09
名字を書いたら個人が特定されちまうよ
特異な漢字だし・・・・

でも、日本史にゃ出てこないんだよな〜
貧乏武家らしいが

60 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)