2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

江戸時代の侍って畑耕してたんでしょ?

1 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 05:53:47
農民と差なくね?しかも農民と違って貧乏だし
生活の為に質屋で刀売っちゃったりしてるし
これじゃ士農工商じゃなくて農工商士だろ

2 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 06:51:42
兵農分離、荘園制廃止で武士の直営地(門田という地名がその名残か?)は無くなったとか。

3 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 15:06:33
城の田んぼの事だろ

4 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 16:59:01
ロハス

5 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 20:11:45
でも江戸時代の下級武士の仕事なんて週2日位しかないでしょ


6 :日本@名無史さん:2006/05/10(水) 07:42:27
下級武士の一週間をまとめてくれ

7 :日本@名無史さん:2006/05/10(水) 07:55:42
日曜日は市場へ出かけ糸と麻を買ってきた
月曜日にお風呂を炊いて
火曜日にお風呂に入り
水曜日に友達がきて
木曜日は送っていった
金曜日は糸巻きもせず
土曜日はおしゃべりばかり

8 :日本@名無史さん:2006/05/10(水) 15:50:46
>>7
こりゃ貧乏になるはずだ

9 :日本@名無史さん:2006/05/10(水) 16:53:39
ニートとかわらんな。。

10 :日本@名無史さん:2006/05/10(水) 17:58:36
>>2
家の庭に畑作って、野菜とか作って食費を安く上げていた。

11 :日本@名無史さん:2006/05/10(水) 18:16:57
草鞋を編んだり傘を作ったりしてた

12 :日本@名無史さん:2006/05/10(水) 22:45:50
下級武士なんて百姓の名誉職と考えたほうがいい

13 :日本@名無史さん:2006/05/10(水) 23:49:48
まあそうだろうな、働き者のお侍さんは家で家庭菜園をして
あわよくば売ったりしてたろうよ

14 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 01:01:01
坂本龍馬の実家も元々は豪農でそこから郷士になった家柄だったんだか。
上士にはなれなかったが、金次第で武士になれた近世以降って身分も
結構ゆるやかになりつつあった時代だね。
むろん金でなんとかできるほど成功できるのは少数派なんだろうけど

15 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 01:04:37
だからこそ下級武士は金持ちがおおかったんじゃないか?

16 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 01:05:18
農業してもOK
手に職つけてもOK

でも商人になったらアウト。
武士じゃなくなるんじゃなかった?
江戸時代の場合。

17 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 01:31:12
名誉で士分になる人と、先祖代々下級武士とで区別つけないとわからんな。
>>1

18 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 06:16:48
仇討ちって武士のバイト?

19 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 06:35:37
商人は人に頭を下げる賤しい仕事だという
武士のプライドがゆるさなかったんだろうな。
かっこいいいな侍。

20 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 06:48:59
銀座の後藤家は武士身分だったと思う。

21 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 09:49:49
「実際の生活は百姓と同じ」
by 井上馨

22 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 15:45:41
商人から武士になった例はないのかな
あるいは実際は商い続けても名誉士分みたいな形で藩からもらうとか

23 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 16:24:27
御家人株を買う

24 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 17:54:12
>22
俺もぜんぜん詳しくないけど、豪商から士分になった例はある。

俺の知ってるのは、酒田の本間家。

25 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 18:22:17
本間家といえば、本間様には及びはせぬが、せめてなりたや殿様に と謡われるほどの
権勢を誇っているらしいね。
農地改革でずいぶんと土地をけずられたろうけど、今でも山形での影響力は相当なものだろうな。

26 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 19:22:20
>>22
土方は薬売りだよ

27 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 23:32:56
士分になると・・・

殿様に貸した金を利子さえも請求できなくなると思う。殿様の家臣ということだから。

28 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 23:40:39
しかし現代ではもっとも権力に近いのは
商人なのは間違いなし

29 :日本@名無史さん:2006/05/12(金) 04:40:42
武士は百姓と違ってシーズン後の内職や出稼ぎが出来なかったのが痛い

30 :日本@名無史さん:2006/05/12(金) 05:51:10
>>29
??
出稼ぎはともかく、内職できないとは・・・?

31 :日本@名無史さん:2006/05/12(金) 08:07:08
>>24本間家自体は士分になったの?


32 :日本@名無史さん:2006/05/12(金) 08:19:44
田舎の小さい藩なんか、殿様の側室が内職に励んでいたという話があるからなぁ。
確か、伊予小松藩の本が出ていて本の帯封にそんな宣伝文句があった。

33 :日本@名無史さん:2006/05/12(金) 08:23:53
御家人株の売買を禁じたのが徳川吉宗だっけ?

商人から大枚ふんだくるチャンスだったのに、吉宗は馬鹿だと思う。
ヨーロッパだって、爵位を大金と引き換えに売ってたのに。

後、他のスレにも書いたんだけど、旗本が金に困って小料理屋を開店>店長になって改易って事に
なった事例を詳しく知ってる人いる?

小料理屋を開店したぐらいで
罰せられるのかが理解できない。
賭場を開くほうが、よっぽど倫理面で問題の気がするけどね。





34 :日本@名無史さん:2006/05/12(金) 10:46:27
>31
24だけど、ググッてよ。
俺も、前に小耳に挟んだだけなんだもの。

とりあえず、
ttp://homepage2.nifty.com/hekisui/honmake.htm


35 :日本@名無史さん:2006/05/12(金) 10:57:22
父が耕し子が側で素読が貧乏武士のならいじゃん。

36 :日本@名無史さん:2006/05/12(金) 12:47:27
>28
いやつーか「商人どもカネは返せん。士分に取り立ててつかわすのでチャラにせい」
第一段階は苗字帯刀だけど第二段階は正式に武士
大阪の商人は領民じゃないから家老クラスの禄高あたえて懐柔

37 :日本@名無史さん:2006/05/12(金) 16:15:35
>>36
三井、鴻池などの大商人が名字を振るから持っているのはそういう理由かな?

38 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 12:22:12
>>29
出稼ぎもしたみたいだよ、近場で。
うちの先祖、東北の小藩に仕える武士だったけど、
(維新後に村会議員になっているから、下級武士ではないと思うが)
湯治場みたいなところで住み込みで。
当時、15才くらいの曾曾じいさんを残して。
天保の大飢饉のあとじゃないかな・・

親父から聞いた話。

39 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 12:44:33

間違えた 曾曾じいさんではなく、曾曾曾じいさん
親父にしたら、曾曾じいさんだな。
俺の曾曾じいさんが1868年8月23日生まれだから、
(白虎隊が自刃した日に生まれたと、
常々、親父に言っていたらしい。)


40 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 13:49:08
>37
鴻池はもともと戦国大名 尼子氏家臣の出。
三井は先祖なんだったかな

41 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 05:41:53
うちの家は武士の家系だけど爺ちゃんはめっちゃ土地持ってた
田舎だから殆ど山だけど

42 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 07:35:43
>>2
元ダイエーの門田 博光って名球会入りした人がいるけど、
先祖は武士だったのかなあ? 今気がついたが、門田ってあまり聞かないよね?

43 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 08:16:39
田舎のお爺さんとお婆さんの夫婦喧嘩はお互いに

婆「百姓の生まれはダメだ」
爺「お前は百姓もできない」

かっては庄屋と家老の家柄だったけど、
笑ってみているしかなかった。

44 :日本@名無史さん:2006/05/16(火) 10:14:55
門田:鎌倉期地頭の直営地。つまり門田姓=直営地を耕していた下人。

と言ってみるてすt

45 :日本@名無史さん:2006/05/16(火) 20:37:10
内職や家庭菜園無しでまともに生活出来る人って、家禄何石ぐらいからなんだろ?
生活レベルにもよるかもしんないけど

46 :日本@名無史さん:2006/05/16(火) 21:08:48
>>44
もれの市に門田屋敷ってあるけど、直訳すると下人の集落ってこと?

47 :日本@名無史さん:2006/05/16(火) 21:23:02
>>38
藤沢周平の世界だな。

48 :日本@名無史さん:2006/05/16(火) 21:41:30
>>46
山陽の人かな?
下人というと聞こえが悪いかもしれんけどね。実質的には他の農民とあんま変わらないし。
「門田屋敷」の門田が鎌倉期の門田の意味を持ってるかもなんともいえないなぁ・・・。
地名事典なんかには載ってるかもなぁ。

49 :日本@名無史さん:2006/05/16(火) 21:45:26
幕末になると御家人株あたりは裕福な商人・農民に買われてた筈。
根岸肥前守鎮衛は父が農民出身で御徒士の株を買って幕臣になり代官になりました。
そこから根岸家に養子に入って、その後は町奉行に・・・・


50 :日本@名無史さん:2006/05/18(木) 00:20:57
幕末で30両か50両くらいだろ 買われるわな

51 :日本@名無史さん:2006/05/18(木) 00:22:34
自民党の加藤の乱は150石
この辺ならあまり売ってないだろ

52 :日本@名無史さん:2006/05/18(木) 00:44:41
>>1
半農半士が居た事は事実だが、基本的に武士は農耕をしない。
江戸時代の武士は農村に立ち入る事さえ出来なかった。


53 :日本@名無史さん:2006/05/18(木) 01:00:42
天領とそれ以外の藩とじゃ武士の生活がずいぶんちがったとかってのはないの?

司馬の本かなんかで読んだけど普通の藩はメチャクチャ農民から搾取してて
天領は6公4民までしか下げなかったみたいなこと書いてあったな。
藩の経済収支はほとんどの藩が赤で黒になるのは赤穂の塩とかの特産物がある
藩だけだったみたいな…ちがったかな。

詳しい人カモン&教えてください

54 :日本@名無史さん:2006/05/18(木) 09:38:03
赤字なら搾取ともいえんかも

55 :日本@名無史さん:2006/05/18(木) 12:15:12
武士の数が戦のたびに増え続けたので古代より税率が上がり続け

56 :日本@名無史さん:2006/05/18(木) 14:18:25
薩摩はめちゃくちゃ税率高かったって聞いたことあるな。

57 :日本@名無史さん:2006/05/19(金) 18:21:04
税といっても米だけだからな
内職や出稼ぎの儲けは対象にならなかった

58 :日本@名無史さん:2006/05/20(土) 02:27:56
今の消費税なんて地獄だよな

59 :日本@名無史さん:2006/05/20(土) 12:36:07
米だけじゃないけど?w

60 :日本@名無史さん:2006/05/20(土) 14:05:50
>>33
今でも公務員は副業したらクビだ


61 :日本@名無史さん:2006/05/20(土) 15:21:44
>>39
亀レスでスマン、
江戸末期、家で一人で留守番していたのは、
俺の曾曾じいさんだった !
幕末の時は20代後半か30くらいかな・・
俺の曾じいさんが、明治元年生まれだと聞いていたが、
1868年8月23日生まれ(白虎隊が自刃した日)ならば、
まだ慶応4年だよね ?
俺、今、40歳だけど、
その曾じいちゃんが慶応生まれとはなぁ・・
幕末って、そんな遠い話じゃないんだね。
まぁ、親父が末っ子というのもあるし。
親父はその慶応生まれのじいちゃんの、めんこで、
一緒に寝ながら、いろいろ昔の話を聞いたと言っていた。
会津藩の近くの小藩で、
戊辰戦争の時は、官軍に早々に恭順したため、
被害は少なかったが、薩長の軍が家にやって来て、
飼っていた鶏や食料を根こそぎ持っていったとか、
若い女性は屋根裏部屋に隠したり、遠くの親戚に預けたりしたとか。
村民の被害はほとんどなかったと聞いた。
俺が歴史に興味がなかったら、
そのまま埋もれていった話だよね。


62 :日本@名無史さん:2006/05/20(土) 16:31:20
水戸老公は西山荘で田畑を耕していたそうだが。


63 :日本@名無史さん:2006/05/20(土) 23:51:56
農民が武士になるとなんかいい事あるの?

64 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 03:05:03
206 :日本@名無史さん :2006/04/08(土) 04:16:17
応仁の乱から地方に豪族ができ武士になり土地を巡り戦になった!


歴史では基礎中の基礎です。

織田信長存在するまで80%が(半農 半武士)で生活をしていた。


徳川幕府になり約300年の間 武士や役人が位をつくるようになった。


207 :日本@名無史さん :2006/04/08(土) 04:18:16
結局、貴族社会が崩壊し
武士が中心の世界になった。

65 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 03:59:55
第二次世界大戦後、日本人の世の中が崩壊し、在日が中心の世界になった。

66 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 04:15:16
>>63 日頃体鍛えて体強いのが農民。


武士だけで生活してるの極わずか!

67 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 19:27:31
>>33
御目見出来る旗本は御家人よりも厳しいはずだよ。
こじんまりやっていればいいんだろうけど、おおっぴらにやって目立てばスケープゴートにされると思う。

68 :日本@名無史さん:2006/05/26(金) 04:19:36
手塚治虫の陽だまりの樹あたりみていると思い切り出る杭うたれているな

69 :日本@名無史さん:2006/05/26(金) 15:44:35
武士はお金に興味無い

70 :日本@名無史さん:2006/06/27(火) 22:35:30
んん

71 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 20:50:41


72 :日本@名無史さん:2006/07/08(土) 23:36:49
鸚鵡籠中記なんか読むと百石の知行で随分と贅沢してるよね。
出仕は月に3日程度 芝居見物、釣り、酒、女。これでも尾張藩では下級武士。
地方知行制だと領民からみれば百石取りの武士でもおらが殿様なんだろうね。
年貢の他に野菜なんかも届けていただろうね。

73 :日本@名無史さん:2006/07/18(火) 09:04:46
出仕月三日はうらやましいね。

74 :日本@名無史さん:2006/07/21(金) 14:35:52
>>72
百石といえば今で言えば年収700万〜1000万だ。
割と裕福なリーマンと考えてよろしい。
芝居見物や釣り酒、女くらいに使う金くらいはある。

75 :日本@名無史さん:2006/07/21(金) 14:45:13
というか、百石で下級武士というのは大藩の尾張藩だからで、
関ヶ原で所領を大量に失ったような藩では立派な上級武士。
長州藩の高杉晋作のところも百石ちょっとで、お目見え格。

76 :日本@名無史さん:2006/07/24(月) 19:13:47
>>74
何時も思うんだが1石=1両=10万or30万とかいう換算って意味ないと思う。
現代日本で年収700〜1000万で使用人(下働き女、中間など)2〜3人雇えないでしょ?

77 :日本@名無史さん:2006/07/24(月) 23:18:57
知行百石と言っても実質五拾〜六拾石でしょ。まして不作の年もあることだし。
もっとも鸚鵡籠中記の主人公は御畳奉行としての俸禄もあるし、役目柄当然業者から
賄賂も有ったはず。


78 :日本@名無史さん:2006/07/25(火) 07:25:47
そもそも武士の起こりは武装農民

79 :日本@名無史さん:2006/07/25(火) 23:42:07
>>77
賄賂と付け届けは違うよ。

80 :日本@名無史さん:2006/08/22(火) 18:27:00
百石あったら小藩だったら下級どころか上士だよ。

81 :日本@名無史さん:2006/08/22(火) 18:49:23
昔のお侍さんは働き者で偉かった。

82 :日本@名無史さん:2006/08/22(火) 19:04:38
>現代日本で年収700〜1000万で使用人(下働き女、中間など)2〜3人雇えないでしょ?

現代日本で使用人を何人も雇ってるような家庭は皇族か大企業のオーナーくらいだろう。
社会構造が全然違うのに、それを無視して単純比較したら100石の武士は上流階級になるw

高度成長以降は中流家庭で使用人を雇ってるような家はほとんどないが、戦前までは
勤め人でも女中の一人や二人置いてるところは珍しくなかった。
江戸の武士や戦前までの中流階級にとっての使用人は、現代人のクルマや家電製品みたいなもの。

83 :日本@名無史さん:2006/08/22(火) 20:58:53
>>82
だから、現代の貨幣価値に直す意味がない、と言っているんだが・・・
車や家電製品みたいなもの、といってもやはり労働者だから賃金は発生する。
それなのに所得だけ現代換算して、使用人その部分だけは物品と同じようなものと言うのはおかしくない?

84 :日本@名無史さん:2006/08/22(火) 23:55:32
戦前までは人件費がバカみたいに安かった。
女中や下男などは、極端に言えば、メシと小遣い程度を与えとけばよかった。

この程度の支出は現代人にとってのガソリン代や電気代、ローンみたいなもんだろう。

85 :日本@名無史さん:2006/08/24(木) 22:58:27
上役、同輩との付き合い、本家の見栄など武士は交際費が大変だった。借金も当然あった。

86 :日本@名無史さん:2006/08/25(金) 02:49:42
>>85
それって用水路に命脈を握られている農民もそうだし、
商売人だって客がいなければ成り立たないわけだから、なおさらそうだし、
工匠だって、どんな良いもの描こうが作ろうが売れなければ意味ないわけだし、
どの身分でも当たり前っていうか、他の身分の方が大変だろうに。

それに下級武士なんて、同心まがいの仕事がほとんどだろうに。

87 :日本@名無史さん:2006/08/25(金) 15:17:47
うん、其のとうりだけどこのスレは武士の話だから、食えないから畑仕事もして
いたんだよね?がこのスレの筋だと思う。

88 :日本@名無史さん:2006/08/25(金) 21:52:06
>>87
人口数が今より少ないわけだし、土地も余っており、自然環境も厳しく、流通も発達してないわけだから、
田舎ならば、畑仕事ぐらいしているのは当然じゃないのか?
生き抜くために食糧確保の手段を講じておくって当然にしていたと思うけど。

食えないから畑仕事しているとかっていう発想って、現代の感覚が強すぎる気がしないでもないけど。

89 :日本@名無史さん:2006/08/25(金) 22:30:25
武士は食わねど高楊枝

90 :日本@名無史さん:2006/08/25(金) 22:43:35
>>88
下級武士が経済的にゆきづまり一家心中なんてよくあった話。調べてみた?

91 :日本@名無史さん:2006/08/27(日) 12:22:00
>>90
女、子どもを守れないのは武士以前に男じゃないな。
それ以前に畑作と何の関係があるの?

92 :日本@名無史さん:2006/08/27(日) 12:52:13
雪の降らない地域の感覚だね。

93 :吾兵衛:2006/08/27(日) 16:56:14
>>92
琉球か高砂の人?
薩摩でも雪は降るだし。

94 :日本@名無史さん:2006/08/29(火) 18:33:57
>>1
江戸時代の武士が畑なんか耕すか!
鎌倉や、室町時代の武士なら戦のない暇な(平和?)時は、畑も耕しただろうが、
身分のはっきりした江戸時代なら、武士は城下町に住んで仕事するか浪人になってしまって
食い詰めてるかのどっちかだろ。

95 :日本@名無史さん:2006/08/29(火) 19:08:29
    

96 :日本@名無史さん:2006/08/29(火) 21:25:31
米沢上杉家とか長州毛利家とかは石高減らされても戦国以来の家臣団をそのまま抱えていたから、
武士の身分のまま農村に土着させてたし、薩摩の郷士が半農半士だったことは常識だろ。

97 :日本@名無史さん:2006/08/29(火) 21:29:17
>>94
それじゃ、圧倒的に炎天下で長時間農作業して身体を作っている農民の方が強過ぎるな。
一期や打ちこわしが多発したのも、ひ弱な武士と屈強な農民どもとの体力の違いからかな。

98 :日本@名無史さん:2006/08/30(水) 00:30:51
幕末にプチャーチンに同行したゴンチャロフの日本人評
「溌剌たる眼光、大胆な表情、旺盛な好奇心、敏捷さがない」
完璧なる身分社会で武士の特権階級が確立されていた。
日本人に表情がないと言われるのは身分社会で自分を殺して生きてきたから。
>>94 組織された軍隊に農民は敵わない。武家社会は腐敗していた訳ではない。
>>1 確かに貧窮していた武士もいた。畑も耕作していた、しかし身分制度が
崩壊していたのではない。


99 :98:2006/08/30(水) 00:54:42
スマン >>94>>97の間違いです。





100 :日本@名無史さん:2006/08/30(水) 03:34:57
武士=土地に対する年貢を払わなくて良い身分だろ?畑の有無に関わらず。

101 :日本@名無史さん:2006/08/30(水) 04:12:21
>>98
一揆や打ちこわしって書いてあるだろ。
結局、賢い奴が戦略を立てて無策な武士層を倒していった時代だろ。
死罪・獄門になるのがわかっているのに、農民どもが無策にぶつかっていくわけないだろ。
農民どもは切羽詰った命懸けの行動とはいえ、陣頭指揮は賢い奴に委ねる。

体力は農民どもの方が上。火を使えれば、農民どもの方が勝負としても圧倒的に戦いやすい。
ただ、支配層がそうした暴動が起こらないように良治世策をとっていれば関係ない話なんだろうけど。
支配層がアホだと、例え一時打ちのめかすことに成功しても、遺恨は延々と続くな。

102 :日本@名無史さん:2006/08/30(水) 04:50:50
武士の大半は農民より貧しいサンピン足軽だろ。

103 :日本@名無史さん:2006/08/30(水) 07:56:14
衆道と武士道は切り離せないな。

104 :日本@名無史さん:2006/08/30(水) 23:53:35
打ち毀しは相手が武士じゃなくて「米商人」「富裕商人」て習ったと記憶する。
また打ち毀しは農民だけが蜂起した訳じゃなく商工のいわゆる町民も集団化した
とも習ったぞ。無宿人・博徒もついでに参加して烏合の衆と化し騒動を煽った史料
も講義でやったぞ忘れたけど。


105 :日本@名無史さん:2006/08/31(木) 00:12:11
ホモ社会は貴族から伝播

106 ::2006/08/31(木) 01:01:39
生活のためだから仕方ないっぺ。背に腹は変えられんと言うべ。

107 :日本@名無史さん:2006/08/31(木) 01:52:53
>>104
それって、負け狗の為政者側の史観。
ある程度不穏な空気を察していたら、富裕商人どもは下僕として負債のある武士に警護を依頼している。
だけど役ただず。
禁令違反の死罪・獄門覚悟での打ち壊しなんだから、生半かな覚悟ではできない。

108 :94:2006/08/31(木) 19:23:09
>>97
なに?農民と武士のどっちが強いかってことを、語り合うスレなのか?ここは・・・
そんな、子供っぽい話題には付き合いきれません。

109 :日本@名無史さん:2006/08/31(木) 20:11:27
>>107
そん史料があるんだ。後学のために是非とも出典をお願いします。

110 :日本@名無史さん:2006/08/31(木) 20:21:26
一揆にしろ打ちこわしにしろ武力鎮圧に至る例は稀でしょ。
ほとんどは今で言うところの団体交渉みたいなもん。

111 :日本@名無史さん:2006/08/31(木) 23:55:50
>>110
うそこけ!

112 :日本@名無史さん:2006/09/01(金) 00:54:22
>>111
ちがうの?
恐れながら・・・との「団体交渉」であっても、お上にとっては「訴えた」ということ自体が「悪」なんだから、
百姓の言い分が認められたとしても、リーダーは死刑。


113 :日本@名無史さん:2006/09/01(金) 21:54:26
それは強訴でないかい。

114 :日本@名無史さん:2006/09/02(土) 11:04:52
>>94
つ後北条家の元家臣の帰農した武家

侍ではないけど武家だとおも

115 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 14:46:04
下級武士の耕作面積はどれくらあったんだろうね。どんな野菜を作っていたのかな?
やはり家庭菜園程度か、でも地方にいけば広かったろうね。

116 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 14:53:54
それに江戸時代の米以外の主要作物って何?もちろん地域性もあるし、藩によっ
ては奨励作物もあるよね。

117 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 19:44:48
>>115
江戸の旗本、御家人、各種与力・同心の違いや、地方の大名の家臣などの違いがあるから一概には言えんだろ。

118 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 20:10:17
八王子同心組頭の近藤と土方一族は裕福だったらしいが
仙台の藩士はバイトしなければ生きて行けないほど困窮していた。

119 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 21:06:37
>>155石高による

120 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 21:08:21
>>118
養蚕農家から、たんまりと巻上げていたのかな。

121 :(・・):2006/09/15(金) 14:22:21
アハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハwwww
うけるぅw


122 :(・・):2006/09/15(金) 14:23:46
あははははははははははははははははははははははははwwwwwwwww
シネシネシネシね


123 :(・・):2006/09/15(金) 14:25:49
アヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャwwwwwwwwwwww
SINESINEx1,888,888

124 :日本@名無史さん:2006/09/15(金) 16:52:43
>>118
> 仙台の藩士はバイトしなければ生きて行けないほど困窮していた。

つーか、最後まで地方知行制度が残存していたのでもともと上級家臣の家臣(陪臣)は半士半農だった。
故に不作の年は知行所に自主逼塞して経費節約に努めていた。

125 ::名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 21:00:25
>>124
うんだうんだ(福島弁)

126 :日本@名無史さん:2006/09/15(金) 21:02:25
>>120
近藤と土方の家が養蚕豪農じゃないのか

127 :日本@名無史さん:2006/09/15(金) 21:05:37
>>126
御家人株を買って持ってた豪農か?
金さえ貢げば士族の身分は簡単に変えた時代だからなぁ。
平安時代末期の五位の官位並に安売りされてた時代だからなぁ。
時代の末期の身分ってそんなもんなんだろうな。

128 :日本@名無史さん:2006/09/15(金) 21:08:21
御家人株を買ったら江戸に住むべ
樋口一葉の親父とかそうじゃなかったっけ?

129 :日本@名無史さん:2006/09/15(金) 21:21:42
>>128
八王子の田舎で養蚕農家として富み蓄えた生活しているのに、
何で生計のあてがない江戸で生活しなければならないのかと。
立場的には、金持っている奴の方が優位にいた時代だろ。

130 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 13:13:29
>>124
それは、全てあなたの思い込みです。

131 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 22:55:14
>>130
それは、全てあなたの思い込みです。


132 :日本@名無史さん:2006/11/11(土) 05:06:53
>>131
それは、全てあなたの思い込みです。

133 :日本@名無史さん:2006/12/04(月) 22:26:20
保守

134 :日本@名無史さん:2006/12/25(月) 07:48:13
>>132
それは、全てあなたの思い込みです。

135 :日本@名無史さん:2006/12/25(月) 15:20:36
どっちが正しいの?

136 :日本@名無史さん:2006/12/25(月) 20:16:04
江戸時代を武士が主役の封建社会では無かった。
貨幣経済が浸透した商品経済の社会です。
実際には農工商の身分区別なんか無かった。


137 :日本@名無史さん:2006/12/26(火) 20:00:59
諸侯が配置されそれぞれ家臣である武士が農民を支配する社会です。
農本社会です。冗談みたいな話ですが給与は米で支給されます。
身分による差別です。身分が違うと婚姻も禁止。差別社会です。


138 :日本@名無史さん:2006/12/26(火) 23:19:47
>>98
ロシア人も表情ねえよ

139 :日本@名無史さん:2006/12/27(水) 00:07:54
>>137
明治も差別社会だが

140 :日本@名無史さん:2007/01/08(月) 11:56:39
【日韓】「いじめが日本社会に蔓延しているのは、強者に媚びて弱者を叩くサムライ文化のせい」… OhmyNews [01/07]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1168189288/l50

日本社会は伝統的に、刀を土台にしたサムライ文化に基盤を置いているため、強者に対しては屈服
して弱者に対しては服従させる傾向が今でも相当に強い。刀を持つサムライの前で無力な者が生き
る方法は、彼らの気分を損なわぬよう機嫌を取ることであり、そうした過程で生まれたストレスは、自
分よりも弱い者になすりつけた。

日本社会全域で見られるこのようなサムライ的社会現象は、必ず誰かを見代わりに選ぶことを要求
するものであった。不幸にも無力で弱い人、少し集団から飛び出して個性的だったり違って見える人
がその犠牲になってきたし、またなっているというのが、今の日本の現実だ。.

▽ソース:OhmyNews(韓国語)(2007-01-07 11:50)
http://www.ohmynews.com/articleview/article_view.asp?at_code=384606


141 :日本@名無史さん:2007/02/18(日) 19:45:22
>>140
東アで叩かれまくりなオーマイ貼られてもなあ。

142 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 00:36:27
>140
チョン妄想

143 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 00:49:56
30年前まで土蔵があって古〜い農機具などがあったそうだが
刀と槍も一緒にしまってあった(錆び錆びだが)という実家は
侍農民で正解?

144 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 12:12:47
幕藩体制って言われるから 藩によって結構差があるんちゃう? 下級武士の扱いなんて土佐はエグかったらしいけど

145 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 15:15:13
>>143
オレの実家は、江戸時代、百姓で、農業の傍ら商売してたけど、
土蔵に刀がたくさんあったと聞いた。

んだから、不正解。

146 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 20:11:41
その気持ち悪い句読点の打ち方って流行ってるのか
三国人にしか見えないぞ

147 :145:2007/02/21(水) 18:15:39
人差し指で探し探し打ってるから「、」で休みたくなるんよ。

148 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 20:11:17
駄文で人を不快にさせるなら書くな

30 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)