2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

平泉澄

1 :日本@名無史さん:2006/04/11(火) 01:03:30
平泉澄

2 :日本@名無史さん:2006/04/11(火) 01:05:49
平泉征(現、平泉成)

3 :名無し募集中。。。:2006/04/11(火) 02:35:39
ミネルヴァ書房の評伝シリーズに出てたね

4 :日本@名無史さん:2006/04/12(水) 13:55:33
ーーl

5 :日本@名無史さん:2006/04/12(水) 21:53:40
最高!

6 :日本@名無史さん:2006/04/12(水) 22:59:27
大好き

7 :日本@名無史さん:2006/04/12(水) 23:26:49
板違いだ。
カルト宗教家の話は心と宗教板か神社仏閣板でしろ。

8 :日本@名無史さん:2006/04/12(水) 23:32:33
馬鹿か戦前では第一人者だ。

9 :日本@名無史さん:2006/04/12(水) 23:33:44
あの東條大将も尊敬していたし
近衛公爵も言うことを聞いたぞ。

10 :日本@名無史さん:2006/04/13(木) 00:32:29
そういえば故小西四郎が中公文庫の日本の歴史で酷評していたし
色川大吉は「殺したい」とほざいていたっけw

11 :日本@名無史さん:2006/04/13(木) 00:36:51
>>10
大衆は豚と酷評したのは平泉。

12 :日本@名無史さん:2006/04/13(木) 00:40:09
色川はそほーの悪口も言ってるくせに
寒林平泉博士も関わってるそほーの本パクっているんだよな。
しょうもない。
まぁそれだけ寒林先生が偉大なんだ。

13 :日本@名無史さん:2006/04/13(木) 03:14:33
>>7
早く朝鮮に帰ってよ
統一協会で合同結婚でもしてね朝鮮人の童貞君

14 :日本@名無史さん:2006/04/13(木) 06:57:40
色川も平泉も極端にカルトに走りすぎ。
色川の場合は多摩住民件運動史で新撰組関連で地元の創価学会系新撰組研究家
と対立して、将にカルトがカルトを呼ぶ

15 :日本@名無史さん:2006/04/13(木) 18:20:03
ミネルヴァのは平泉ってだけで馬鹿にされる風潮を批判した結構良心的な本っぽいね。
立ち読みしたたけだけど。

16 :日本@名無史さん:2006/04/14(金) 09:38:56
>平泉ってだけで馬鹿にされる風潮を批判した

つまり、もっと平泉を知ってから馬鹿にしろと

17 :日本@名無史さん:2006/04/14(金) 09:40:15
「百姓に歴史がありますか 豚に歴史がありますか」

18 :日本@名無史さん:2006/04/14(金) 16:47:20
>>16
何言ってんだよ。そんなわけないだろ。
ちゃんと良心的だって書いてあるだろ。

19 :日本@名無史さん:2006/04/15(土) 00:46:02
17 :日本@名無史さん :2006/04/14(金) 09:40:15
「百姓に歴史がありますか 豚に歴史がありますか」




20 :日本@名無史さん:2006/04/15(土) 01:06:18
 19  Name: 日本@名無史さん  [age] Date: 2006/04/15(土) 00:46:02  ID:  Be:
    17 :日本@名無史さん :2006/04/14(金) 09:40:15
    「百姓に歴史がありますか 豚に歴史がありますか」

21 :日本@名無史さん:2006/04/15(土) 09:51:27
でも平泉に対して対極にあった丸山も学生運動を煽るだけ煽って
自分はドロンして逃げているし(ニガワラ

22 :日本@名無史さん:2006/04/15(土) 10:14:16
>>18
ちゃんと良心的に叩いてるってことね


23 :日本@名無史さん:2006/04/15(土) 11:47:37
平泉澄先生の曾孫がうちの大学にいるよ!

友達だ!!

24 :日本@名無史さん:2006/04/15(土) 13:18:21
エピソード
学生を呼ぶ時には「○○君」と呼ばずに、必ず「○○さん」と呼んだ。「君とは日本の君主たる天皇陛下のほかにありえない」という理由からである。
講義であっても、南朝(これも皇国史観では禁句なのだが)側の人物は「楠木正成公」と敬称つきで呼ぶ。北朝側は普通に呼び捨てにしていたという。
陸海軍の士官に支持者が多く、五・一五事件や二・二六事件などに影響を与えたともいわれている。
民衆の歴史を研究したいと言った教え子に対し「豚に歴史がありますか?」と侮蔑した。


25 :日本@名無史さん:2006/04/15(土) 14:08:03
平泉先生の孫の授業をうけ、平泉先生のひ孫と友達だった俺様がきましたよ。

これで大学がばれるかw

26 :日本@名無史さん:2006/04/15(土) 21:27:05
>>25
名無しで書いてばれるかとか言われても・・・

27 :日本@名無史さん:2006/04/15(土) 22:16:03
平泉氏の学問上の直系が網野善彦

28 :日本@名無史さん:2006/04/15(土) 22:16:26

お国に災いを招いた国賊。

29 :日本@名無史さん:2006/04/15(土) 22:49:07
>>24
実家の越前平泉寺には、楠木正成の墓があるもんで・・・


30 :日本@名無史さん:2006/04/15(土) 23:34:05
>>25
平泉氏を崇拝している某地方三流だと思われ・・。

31 :日本@名無史さん:2006/04/15(土) 23:58:58
つか、皇學館も昔と今じゃ学風が変わったからなあ。
地元ヤンキー狩りや他の大学の「赤ヘル狩り」「ボンタン狩り」を
自慢していた某神主さんは皇學館出身ですた。

32 :日本@名無史さん:2006/04/16(日) 00:06:15
20 :日本@名無史さん :2006/04/15(土) 01:06:18
19 Name: 日本@名無史さん [age] Date: 2006/04/15(土) 00:46:02 ID: Be:
17 :日本@名無史さん :2006/04/14(金) 09:40:15
「百姓に歴史がありますか 豚に歴史がありますか」




33 :日本@名無史さん:2006/04/16(日) 00:41:05
平泉史観は革命史観だからな
天皇革命のための平泉史学
そこに天皇の主体的意志は必要ない。

34 :日本@名無史さん:2006/04/16(日) 01:22:45
網野史観は革命史観だからな
百姓革命のための網野史学
そこに百姓の主体的意志は必要ない。


35 :日本@名無史さん:2006/04/16(日) 01:38:05
革命?

36 :日本@名無史さん:2006/04/16(日) 08:33:54
まあ、網野史観も平泉史観も表裏一体だからな。
但し色川史観はパクリ史観でしかないが(w

37 :日本@名無史さん:2006/04/16(日) 10:25:17
結局のところ、平泉澄って有能だったの?

38 :日本@名無史さん:2006/04/16(日) 10:56:34
33=池沼

39 :日本@名無史さん:2006/04/16(日) 11:02:43
捕まえた宇宙人をお披露目するマッカーサー元帥
http://www.asahi-net.or.jp/~uu3s-situ/00/50nen17.html

40 :日本@名無史さん:2006/04/16(日) 11:14:51
>>39
このスレに集う逆賊高氏信者の正体が割れましたね。
不敬この上ない。

41 :日本@名無史さん:2006/04/16(日) 11:23:02
>南朝(これも皇国史観では禁句なのだが)側の人物は「楠木正成公」
>と敬称つきで呼ぶ。北朝側は普通に呼び捨てにしていたという。
北朝の子孫の昭和天皇も呼び捨てにしてたなら筋が
通ってるので許すが、違うから単なる馬鹿としか思えない。


42 :日本@名無史さん:2006/04/16(日) 11:32:36
皇室に北朝も南朝もない。

43 :日本@名無史さん:2006/04/16(日) 11:36:25
都内の書店で平泉澄の著作が一番揃っているのはどこでしょうか?

44 :日本@名無史さん:2006/04/16(日) 17:15:57
>>37
有能過ぎてマッカーサーがうんこ漏らした

45 :日本@名無史さん:2006/04/16(日) 22:56:10
物語日本史(少年日本史)はおもしろいよ。

46 :日本@名無史さん:2006/04/18(火) 18:13:41
平泉を持ち上げるなら、当然正統な皇統は熊沢天皇だよな

47 :日本@名無史さん:2006/04/18(火) 19:27:30
平泉自身が逆賊の子孫だからそれくらいの精神分裂はアリ(www

48 :日本@名無史さん:2006/04/19(水) 00:32:45
蓑田胸喜全集買おうとしたら23万かよ・・
高すぎるっての

49 :日本@名無史さん:2006/04/19(水) 04:39:22
予想したこととはいえ‥‥
レッテル貼りばかりで、なんて内容の無いスレだ。
そろそろ、冷静に学問的な検証をしろよ。

50 :日本@名無史さん:2006/04/19(水) 07:53:44
蓑田も平泉も一緒くたに「キチガイ」扱いしているが、
リベラル派を執拗に攻撃した蓑田と、単に国体主義を主張した平泉との
違いはなんであろうか?
と書いてみる。

51 :日本@名無史さん:2006/04/19(水) 08:49:33
>単に国体主義を主張した

論文の題名に「社会」とか「経済」という語が入っているだけで国史研究室から焚
書した平泉がねえ

52 :日本@名無史さん:2006/04/19(水) 12:28:25
「室町時代は全く無駄に時間が過ぎただけ」
この名言を学問的に検証しよう

53 :日本@名無史さん:2006/04/20(木) 01:29:05
「百姓に歴史がありますか」

この一言だけで平泉は歴史家失格。
会津といえば白虎隊しか書けない三文文士と同レベル。

54 :日本@名無史さん:2006/04/20(木) 07:05:15
ん〜、網野が注目した平泉の学問的実績に注目しないのかなあ。
政治発言は平泉もメチャンコ痛いが、網野も痛い所はあるし、対極した丸山真男
や色川大吉も平泉レベルのドアホウ発言も多いぞ。

55 :日本@名無史さん:2006/04/20(木) 08:14:44
人間晩節を汚すとイクナイ
伊藤隆と同じってことか

56 :日本@名無史さん:2006/04/21(金) 01:04:47
>>54
網野が平泉に注目したとは言っても要するに「着眼点はよかったのに人間がイデオロギーで歪んでいるから結論があさっての方向に逝っちゃって残念だ」という評価だろ。
決して褒めてはいない。
それに平泉の痛さは網野や丸山や色川とは質が違うだろ。
あとの3人はまだ学問の範囲内だが、平泉は完全に信仰だ。竹内巨麿や古田武彦と同じカテゴリーに属する痛さだ。

57 :日本@名無史さん:2006/04/21(金) 01:16:05
>>56
そうか?
平泉と網野って方向が逆なだけでよく似てると思うが。


58 :日本@名無史さん:2006/04/21(金) 01:21:29
お前先生の本読んだことあるか?

59 :日本@名無史さん:2006/04/21(金) 01:23:13
しかしほんとに最近平泉研究が大流行だね。

60 :日本@名無史さん:2006/04/21(金) 01:24:33
秩父宮に、兄弟間で皇位を争い、先帝を廃した事例を熱心に個人レクチャー
したあたりw

61 :日本@名無史さん:2006/04/21(金) 01:41:18
いいことだな。
三島先生も同意だろう。

62 :日本@名無史さん:2006/04/21(金) 03:08:16
>>56
いや、漏れもそう思っていたがそうではないらしい(w
要は脳内で痛いイデオロギーを切り離して中世史を考えるべきを
言いたいらしい。


63 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 00:06:38
網野も痛いイデオロギーじゃないか。

64 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 00:09:16
だから方向が逆なだけでよく似てる。


65 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 00:34:24
>>63
イデオロギーてあんな網野を読んだことが無いか史学素人だろ?

66 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 00:36:26
>>65
むしろ網野のイデオロギーが見えないなんてあんた随分若いんじゃないか?


67 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 01:10:51
昭和維新運動ってほとんど学問的分析が
手付かずな数少ない現代史の分野だからもっと
書籍が出てきてほしいよ
平泉に限らず
筧克彦、津久井龍雄、橘孝三郎、蓑田胸喜なんかもさ

68 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 01:11:12
旗本の奈須氏も護良親王の後裔と称している

69 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 01:59:20
網野氏がしつこく「日本」の成立について書いているけれど、これは
結局「日本」を解体して別のものにできる、というイデオロギーが裏に
あるわけだよね。


70 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 06:37:09
平泉博士の高弟である田中皇學館名誉教授が、男系天皇論に再反論してたが
さすがの教科書派右翼もタジタジの体であった。
田中氏の立場は、さしづめ伝統派右翼、歴史の力派右翼と呼称すべきか。


71 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 08:02:05
国賊?

72 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 12:00:57
>>69
愛国団体の人?

73 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 15:56:05
63だが、網野は針小棒大史観だと思う。

74 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 16:03:45
平泉が米軍にとっ捕まり絞首刑の宣告されたら泣き喚いて許しを請うだろな
かの松陰の例をみてもわかる通り、口舌の徒とはえてしてこうしたもの

75 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 16:48:23
平泉は自分の先祖を罵倒した馬鹿だから御先祖様から見捨てられたんだよ

76 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 18:58:56
大勢アンチがいるということは、そういうことだ。

77 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 19:25:32
英雄史観っての知らないらしい。

78 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 19:39:37
北畠親房と言うな!
北畠親房「卿」と言いなさい!

79 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 20:30:05
福本和夫みたいな深遠に思わせておいて実は
内容カラッポな奴なんかに比べれば
多少電波がかっていても平泉のような
右翼理論のほうがはるかに面白い

80 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 20:54:08
>>74
それは家永三郎。


81 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 00:19:26
>>79
いくら面白くても現実的な説得力がなくちゃなんにもならん。
平泉が現代に生きていたら「と学会」のネタにされるのが関の山だったろう。


82 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 00:21:05
>>80
悔し紛れに全然関係ない名前を出すな、平泉厨。
敗戦とともに東京を逃げ出した平泉の卑劣な進退を忘れたか。

83 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 00:22:18
このあいだまで生きていたぞ。
今でもファンが多いからやったら唐沢殺されるかも?

84 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 00:24:52
その後も説を曲げなかった平泉先生は偉大。
家永や「橋のない川」の婆も見苦しさを見ろよ。

85 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 04:46:23
東京では、楠木正成のようにゲリラ戦たたかえまい。

86 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 05:48:51
32 :日本@名無史さん :2006/04/16(日) 00:06:15
20 :日本@名無史さん :2006/04/15(土) 01:06:18
19 Name: 日本@名無史さん [age] Date: 2006/04/15(土) 00:46:02 ID: Be:
17 :日本@名無史さん :2006/04/14(金) 09:40:15
「百姓に歴史がありますか 豚に歴史がありますか」




87 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 06:05:46
平泉の弟子の田中卓は見苦しい。

88 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 10:19:41
なんで?

89 :三光作戦:2006/04/23(日) 10:23:45

日中戦争時、抗日ゲリラに手を焼いた日本軍は、強圧的に拡大して
満州と中国との国境とした万里の長城線一帯を無人化する作戦を実施した。
指定地域内の住人を総て強制収容所に移住させ、ゲリラと住人との接触を断ち
ゲリラ出没地域での耕作を一切禁止するというものである。
その過程において、首を切り落とすなどして殺害した農民は8万1千人、
拷問のため施設送りの後処刑した者4万6千人。合計127000人を殺害した。
集落によっては村民が殆ど皆殺しになった所もある。
人囲いと言われる強制収容所は粗末なもので、宿舎は無く、移住させられた住民は露地に藁を敷き、露天で寝るしかなかった。
宿舎としてのバラックや要壁などは住民の手で作らされた。
農期には収容所近くの耕地で農作業を強制された。
収容所の環境は劣悪で、満足な食料、薬もなく、病気や飢えで何万もの人が命を落とした。

表題の三光とは、殺し尽くす、奪い尽くす、焼き尽くすと言う意味である。

幾つか例を挙げると

豊潤県潘家峪では一度に1230人が虐殺された。
密雲西白連峪では、全村落を破壊し、最後に破壊から偶然逃れていた一軒を発見し、そこに居た70歳重体老人を家ごと焼殺、幼児2名を銃殺。
王廠溝、南大門一帯では、580人を逮捕し、380人を虐殺し、残り200人を強制労働の為、東北へ送り、内80%が死亡。
石柱子村では、村民700人中300人を虐殺。
興隆県秋木林、大莫峪では、全130戸から180人の青年壮年男を逮捕し、虐殺。寡婦の村とする。
興隆県ではその一帯に多数の寡婦の村が出来た。
更に寡婦の村を襲撃し、逮捕した者で使えそうな者を日本兵の慰め者にし、残りは処刑した。
興隆県では、人口16万人が戦後、10万人に減少していた。
大帽峪の村人など120人を後手に縛り、虐殺。
引っ立てて来た魯家峪住人を一人ずつ目隠しをして井戸の前に座らせ、
日本刀で首を跳ね飛ばしては井戸の中に放り込んだ。


90 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 10:43:58
>>84
田舎に逃げ帰ったくせに「節を曲げなかった」も何もないものだw

91 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 11:16:31
>89
人民解放軍の仕業ですねぇ、そにお手口は三国志そのものだし(W

92 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 12:49:39
田舎以外にどこ行けばいいのだ。
無職になったのに。

93 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 21:43:59
>>84
> その後も説を曲げなかった
典型的なダメ学者の証。自説が間違いであることに気がついた時には素直に認める姿勢がないのは人間の屑。

94 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 22:08:25
まあ平泉にとっては昭和天皇のポツダム宣言受諾の「聖断」すらも「国体の顕現」らしいからなあ。
死ぬまで自説が間違いであることに気がつかないまま逝ったんだろうて。


95 :日本@名無史さん:2006/04/24(月) 01:04:23
「橋のない川」の婆みたいに反省もしないで転向する人間が偉大なのか?
それだったら説を曲げない方がましだよ。

96 :日本@名無史さん:2006/04/24(月) 01:15:42
佐々木克みたいに浅はかに自説を転換されても困る。

97 :日本@名無史さん:2006/04/24(月) 01:36:34
清水幾太郎なんて
社会主義者→国粋主義者→市民主義者→核武装主義者
だよ

98 :日本@名無史さん:2006/04/24(月) 01:44:48
>>97
しかし(国家)社会主義者の目的が生産手段を国民に分配(共有)し独自の
強力な国家を作ることであるなら、一貫しているじゃないか。


99 :日本@名無史さん:2006/04/24(月) 09:30:03
おっぱいぷぷくぷー

100 :日本@名無史さん:2006/04/24(月) 09:30:54
100げっと^^

101 :日本@名無史さん:2006/04/24(月) 09:55:16
>>98
なるほど、ウヨサヨが同じにみえるのはそういうわけか。

102 :日本@名無史さん:2006/04/25(火) 13:02:05
http://mu-cha.hp.infoseek.co.jp/go-go-emperor-01.htm
http://mu-cha.hp.infoseek.co.jp/go-go-emperor-02.htm
http://mu-cha.hp.infoseek.co.jp/go-go-emperor-03.htm
男系派の妄言完全論破


103 :日本@名無史さん:2006/04/25(火) 15:24:33
佐々木克に自説がありますか 豚に自説がありますか

104 :日本@名無史さん:2006/04/25(火) 21:45:50
平泉には自説しかありません。社会の現実は彼の目には入りませんでした。かわいそうに。

105 :日本@名無史さん:2006/04/25(火) 22:03:15
ほとんどの学者は現実目に入ってないと思うぞ。
まあ最たる例としてこいつ
朴一(大阪市立大学教授)


106 :日本@名無史さん:2006/04/25(火) 22:09:19
NHKで大河ドラマとして太平記をやると聞いた時、當然主人公は大楠公(楠木正成)と思い、全巻をビデオに撮ろうと張り切っ
ていたが、逆賊足利高氏が主人公と聞いて愕然とした。原作(吉川英治、私本太平記)がそのようになっているそうであるが、「梅
松論」ならいざ知らず「太平記」と名付ける以上は、大楠公を無視したり足利高氏を賞揚したりすることは許されないのではなかろ
うか。足利高氏の肩を持って書かれている「梅松論」ですら、大楠公に對しては稱贊を惜しまないとのことであるのに、NHKドラ
マの楠木正成は足利高氏に阿諛追從する道化役にされている。役者も重みのある人を起用するならまだしも(演技は上手なのかも知
れないが)輕佻浮薄な役者を起用して意識的に「河内の田舎武士」を演じさせている。役者自身も、大楠公を演じている自覺がまるで
ないようであり、チャンネルを變えると馬鹿面を晒して「ラーメン」や「冷藏庫」の宣傳を行っているから始末が惡い。心ある日本人の
崇敬を一身に集めた大楠公を演ずる以上は、己も大楠公に成り切り、少なくとも放映期間中は輕佻浮薄なコマーシャルの出演を斷る
位の見識を示して欲しかった。昨年の西郷南洲(隆盛)役に續き、NHKは我々の崇敬する人物を意識的に侮蔑しようとするのか!

107 :日本@名無史さん:2006/04/25(火) 22:14:10
山河ありくらいは読もうな。

108 :日本@名無史さん:2006/04/25(火) 22:17:20
是に於いて建武中興失敗の原因は、明瞭となつた。即ちそれは天下の人心、多く義を忘れ利を求むるが故に、
朝廷正義の御政にあきたらず、功利の奸雄足利高氏、誘ふに利を以てするに及び、翕然としてその旗下に
馳せ參じ、其等の逆徒滔々として天下に充滿するに及び、中興の大業、遂に失敗に終つたのである。
こゝに我等は、この失敗の原因を、恐れ多くも朝廷の御失政、殊には後醍醐天皇の御失徳に歸し奉つた
從來の俗説を、大地に一擲しなければならぬ。否、我等の先祖の、或は誘はれて足利につき、
或は義を守つたとしても、力乏しくして、遂に大業を翼贊し奉る能はざるのみならず、却つて聖業を誹謗し
奉る事、六百年の長きに亙つた罪を懺悔し、陳謝しなければならぬ。建武中興の歴史は、まことに懺悔の涙を
以て讀まるべきである。しかも懺悔の涙を以て讀むといふを以て、單なる追想懷古と誤解することなかれ。
建武の昔の問題は、實にまた昭和の今の問題である。見よ、義利の戰、今如何。歴史を無視して、
己の由つて來る所を忘れ、精神的放浪の旅、往いて歸る所を知らず、國體を閑却し、大義に眛く、
奸猾利を求め、倨傲利に驕る、これ何人であるか。滔々たる世の大勢に抗して正道を求め、
眞の日本人として己の分をわきまへ、一意至尊を奉戴して、その鴻恩に報い奉り、死して大義を
守らんとする、果して何人であるか。問題はこゝに、六百年前の昔より、六百年後の今日に、飛瀑の
如く急轉直下し來る。

109 :日本@名無史さん:2006/04/25(火) 22:18:38
まさか

110 :日本@名無史さん:2006/04/25(火) 22:24:56
平泉先生叩き=逆賊高氏信者

111 :日本@名無史さん:2006/04/25(火) 22:27:52
山河あり(全)
ISBN:4764602660
待望の名著復刊。
正篇・続篇・続々篇の三点を一冊にして復刊。
平泉澄博士の祖国再興への熱い祈りが込められた書。
本書には、戦後の混乱期にあって時流にいささかも動ずることなく、
節を守り貫く人々についての叙述が随所に見られる。
自然・風物の美しさと共に、自在に歴史上の人物を登場させ、その
人物の真面目を躍動的に叙述している。
我が国の「国破れて山河あり」という現実を眼前にして、すぐれた
古人への想いがより一層切実なものとなつたためであろう。
多くの人々が、勇気と誇りを取り戻した名著。


112 :日本@名無史さん:2006/04/25(火) 22:54:51
平泉の弟子田中卓=逆賊

113 :日本@名無史さん:2006/04/25(火) 23:18:57
<徳川家康公>                   /:l::\
                              |:::!::::::|
                             | :!::::::! _ __ _
                            |::l::::::|´:/,.-‐<::\
                              ,. ―┴゙ーく:/ /    } .:.:ヽ
                           {`ー---―::'}:く.     l ..::.::l    逆賊高氏など尊敬できん。
                        /`二¨二 ̄´ヽ::ヽ.   | ..::.::|    俺の先祖は忠臣新田義貞公!
                           /  二ニ二 ヽ. } :::}.    l ..::.::|
                       l__ _  _ _   ,.へ;リ     | ..::.::|
                       {テテ!  fテテ、_  ,.-、ヽ.___  |..:::.:::|
                         厂:r| -、 ̄´ノ    ! :}:::::入ゝ--"
                  __ ____ ______{:::/ 'ー‐'ヽ :::::   丿//::::::!  _____ _
             /:::::| ::::::::::::::::::!{  ━   )  |ー  }::Υ´7 ̄:::::::::::::::::::/:::::::::\
             / :::::::: | ::::::::::::::::::人_` ⌒   __, 八__丿::ノ:::/:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::
             / ::::::::::::::::|_::::::::/ヽ、:\._;三二´-‐'::/::/::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::

114 :日本@名無史さん:2006/04/26(水) 02:57:44
たいらのせんちょうって読むのかとずっと思ってた。

115 :日本@名無史さん:2006/04/26(水) 04:03:55
平泉寺知らないの?

116 :日本@名無史さん:2006/04/26(水) 12:58:10
ウヨクは無学だから知らないだろう。白山社なら知っているかも。
まして平泉の先祖が逆族でこいつのせいで新田義貞が死んだのも知らないよ。

117 :日本@名無史さん:2006/04/26(水) 18:47:26
>>112
なぜ平泉の弟子は逆賊になったんだ?
師匠の意志が伝わらなかったとか?

118 :日本@名無史さん:2006/04/26(水) 18:55:25
平泉先生の本もっと復刊して欲しいです

119 :日本@名無史さん:2006/04/26(水) 20:59:13
結果的に見れば平泉こそ逆賊なわけだが。
ヤツが煽ったから太平洋戦争になった。

120 :日本@名無史さん:2006/04/26(水) 21:42:03
ここは恩顧ある鎌倉幕府に叛き、のちに自分を新政で厚遇してくれた後醍醐天皇にも叛き、
利を食らわせて侍たちを集団扇動し、大功のある家臣を見捨て、汚れ役引き受けてくれた弟を毒殺し、
妾腹の子を虐待するなど、およそ人間とは思えないような悪逆非道の限りを尽くしながら、
戦後では不当に英雄視されている逆賊足利高氏について語るスレッドです。

基本的にはアンチスレですが、信者の出入りも歓迎しております。
参考として信者の方々に読んでいただきたい文献を挙げておきます。
ttp://www.meiseisha.com/katarogu/kenmutyuukou/kenmutobira.htm
ttp://www.kogakkan-u.ac.jp/syupanbu/owner/i1book023.html
ttp://www2u.biglobe.ne.jp/~BIJIN-8/fsyohyo/takauji.html
ttp://www5.ocn.ne.jp/~iyasaka/taiheik.htm
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4773351446/249-3150499-2862734

※このスレタイに「尊氏」と入れたのは、こちらの名前で検索された方への対策です。


121 :日本@名無史さん:2006/04/26(水) 22:45:18
>>119
開戦直後に「日本に勝ち目は無い」って講演で言っていたようないないような。
書いてあるとしたら、日本の悲劇と理想。

122 :日本@名無史さん:2006/04/26(水) 22:49:14
>>120
その足利尊氏にしっぽを振って寝返った逆賊平泉は?

123 :日本@名無史さん:2006/04/26(水) 23:00:29
畏れ多いことだが建武中興が失政だったと仮定する。
そこで逆賊高氏は一時は忠誠を誓った朝廷に対して反旗を翻したとする。
其の理由は、果たして失政があったからだろうか?否、そうではない。
逆賊高氏が当初から政権簒奪の為に行動していたことは置き文に確かである。
故に仮に失政があったとしてもそれと逆賊高氏の悪行とを
um hoc,ergo propter hocと謂うべからず。
では、建武中興が大御心を燦然としめした聖業であったなら如何か。
彼はやはり政権簒奪の邪心に基づいて叛いたであろう。
利に聡い者共を其の狡知を以って悪の道に誘い、
朝廷正義の大政を誹謗し、聖業を翼賛せんとする義士を陥れ、建武中興の転覆を計ったであろう。
彼は建武中興如何に拠って起ったのではない。徹頭徹尾己の邪なことこの上ない私心に従っていたまでだ。
よって建武中興が失政であったという仮定も、持明院統の存在も、逆賊高氏を擁護する理由とはならない。

Quod Erat Demonstrandum

124 :日本@名無史さん:2006/04/26(水) 23:50:33
>>123
日本人の誇りを取り戻させるすばらしい文章だ。
つい目頭が熱くなってしまった。

125 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 00:00:34
>>123
知性を使うべき場所を間違えたいい例だな。


126 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 00:12:18
山崎闇斎イデオロギーが明治維新の原動力であると考えた人。
平泉澄、丸山真男、山本七平。

127 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 01:11:13
朝倉義景も裏切った。

128 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 12:58:40
Quod Erat Demonstrandum

ってどういう意味?

129 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 14:24:06
Q.E.D

130 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 19:24:10
クィーンエリザベス石亭

131 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 20:51:16
後醍醐天皇「ス…超天皇てのは…うっ…ゴホッ」
義良親王「それいじょうしゃべられますな!死を早めるだけでござりますぞ!」
後醍醐天皇「よ…よ…よくきけ義良……
        建武の中興がと…頓挫したのは………朕の政治に…問題があったせいなどでは
        な…なかったのじゃ………
        ぎゃ…逆賊高氏が裏切りやがったのじゃ……!
        ち…朕はあやつの実力を高くかって参議にまで就けたというのに…」
逆賊高氏「皇位を奪ったのにしぶといね。話はまだ続くわけ?」
後醍醐天皇「た…たのむ…逆賊高氏を…逆賊高氏をたおしてくれ………た…のむ。南帝の…手……で………」
逆賊高氏「やっとくたばったか…じゃあ恐怖のショーを再開しようか。」
義良親王「父上が泣かれるなんて…父上が私にたのまれるなんて…
       よっぽどおくやしかったのでしょう………わかってますぞ…建武の中興が失敗に終わったのが
       おくやしいのではございませぬのでしょう…?
       逆賊高氏にいいように利用されなさったのがくやしくて仕方がないのでございましょう…?
       父上の政治は頓挫してしまったけれど、民への熱い思いは持っておられた…
       私にもすこし分けていただきますぞ その思いを…
       おめえに追われた父上のためにも そしておめえに殺された尊き血潮のためにも
       おめえをぶったおす!」

132 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 21:05:09
>徹頭徹尾己の邪なことこの上ない私心に従っていたまでだ。

なんか嫌われまくってるね高氏w

133 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 21:48:05
くどいようだが繰り返す。
逆賊高氏が建武中興の失政たることを以って起ったというのは全く筋が通らない。
建武中興が、事実そうであるように朝廷正義の大政であったとしても、
逆賊高氏の政権簒奪の邪心は変わらない。
そもそも逆賊高氏はその野望を建武中興がどのようなものか見究められる前から抱いていたのだから、
時系列的にも全く筋が通らない。
よって建武中興の内容を以って逆賊高氏の悪行を擁護することは不可能だ。

134 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 21:53:24
>>133
傍から見てるとなんで「悪行」にこだわるのか不思議。
高氏の行為は結局日本を良くしたのか悪くしたのか。

135 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 21:55:35
少なくとも廃帝尊治の狂気の独裁政治よりは室町幕府のほうが100倍もマシだったろうよ。


136 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 22:09:24
くどいようだが繰り返す。
逆賊尊氏にしっぽを振って皇恩をかなぐり捨てた平泉寺こそ平泉澄の先祖の姿だ

137 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 23:17:57
先祖がどうしたの?
反省すればいいじゃないか。
水戸の烈公だって喜連川氏を尊重し同情ていた。
それでも許さんとはもしかして君は?

138 :日本@名無史さん:2006/04/28(金) 00:15:41
>>137
同意。
徳川幕府は先祖が新田氏だから、これに歯向かう薩長は逆賊。
とか言い出しそうだな。

139 :日本@名無史さん:2006/04/28(金) 01:45:17
逆賊高氏信者という言葉には二つの意味がある。
逆賊高氏の信者であるという『逆賊高氏』信者
逆賊高氏を信奉するものもまた逆賊に他ならないという逆賊『高氏信者』
ゆえに、普段は省略しているが逆賊逆賊高氏信者と書くのが正しい。
もっとも、逆賊高氏を信奉せずとも逆賊高氏の存在を許したという点で
われ等みな逆賊でないものはなく、一億総懺悔が必要だ。
ただでさえ逆賊であり、さらに逆賊高氏を信奉する信者たちには、
本来、逆賊逆賊逆賊高氏信者という名称がふさわしい。

140 :日本@名無史さん:2006/04/28(金) 07:32:09
>>137,138
平泉は反省なんかしていない。室町時代を抹殺することで覆い隠そうとした

141 :日本@名無史さん:2006/04/28(金) 07:48:54
逆賊高氏というのは南朝が正統であるという前提だが
現在までの皇室は北朝なので逆賊高氏というのは現皇室の否定である。
それもまた逆賊なのである。

142 :日本@名無史さん:2006/04/28(金) 13:04:24
「逆賊高氏の悪行」のなかで現在、とりわけ注目度の高いものに、
「物言えぬ死人を使って歴史を改竄すること」があります。

もっとも有名な例を二つ挙げておきます。
一つ目は「足利家時の置き文」です。
これは、逆賊高氏が自分の悪行を「祖父の大望」という名分を作ることで正当化するのに
大いに役立ちました。この置き文の胡散臭さについては、南北朝研究の大御所佐藤進一氏や
中村直勝氏、そして>>11の本の著者も指摘しています。
家時が哀れでなりません。自らの非業の死を逆賊高氏の派遣のために利用されてしまったのです。
逆賊高氏は己の利益のためなら、その祖父でさえ利用するのです。

もう一つは、逆賊高氏の御用史書・梅末論にある「楠木正成が逆賊高氏と後醍醐天皇の和睦を勧めた」
件についてです。ここには楠木正成が、新田義貞を見捨てても逆賊高氏を和睦したいと考えていたと
ありますが、信義の男正成が自分の盟友を捨ててまで逆賊の肩を持つことなど絶対にしなかったはずです。
後醍醐天皇のために命を捨てることができたのも、そのような精神の持ち主であったからといえましょう。
また、逆賊高氏信者は、「高氏と正成は心では通じ合うものがあった」などしばしば口にしますが、
信義の男正成が、策略好きで功利的な逆賊高氏の性格と通じ合うことなどありえません。
正成は地下で逆賊高氏を激しく憎んだでしょう。自分の人格がこんなにも冒涜されてしまったのです。
大体、梅松論自体が逆賊高氏の自作自演史書だと考えるのが自然でしょう。このような
バイアスのかかった本を歴史を学ぶ上で参考にするのは、非常に危険といえます。

よくもずうずうしく死人を使って、自分の都合のよいように歴史を歪曲したものです。
逆賊高氏には慈悲真のかけらもなかったといっても過言ではありません。
そして、我々が現在学んでいるのも、「逆賊高氏によって改竄された歴史」でしかないのです。
これは悲しいことです。

143 :日本@名無史さん:2006/04/28(金) 14:40:38
何なんだこの香ばしいスレは。
歴史ってのはある特定の尺度で過去の人物の善悪を論じることなのか。
それともただのネタスレか。
どうせなら平泉の論をもっと生暖かい目と角度で切ってみようよ。

とわかりきったことを言ってみるテスト。

144 :マジレスマンレオ:2006/04/28(金) 16:38:11
>>143
池沼たちによるネタでしょう

145 :日本@名無史さん:2006/04/28(金) 18:04:09
GHQの亡霊未だ死なず。まるで一億総「逆賊足利高氏」化現象だ。

146 :日本@名無史さん:2006/04/28(金) 18:15:39
室町武者に見るアズマの伝統的皇室観

 我らアズマにとって、室町初期こそは理想の時代であろう。天皇を追放見殺しにし、
護良親王を筆頭に天皇の皇子を斬殺・毒殺などでジャカジャカ虐殺し、アズマの理想
を実現していった。なんと痛快な時代ではないか!
 これって、今の時代でいえば、アキヒトを廃位したり、ヒロノミヤやアキシノを斬殺
するようなもんだろ。テンコロどもサイゴク人の洗脳で牙を抜かれた我らアズマは、
このような室町初期の自由闊達なアズマ武者に学ぶべきではないのかね?
 ここに「太平記」より抜粋の足利高氏の執事「高師直」の名演説を上げておく。
我らアズマは、高師直の精神を見習うべきであろう!

「都ニ王ト云人在シテ、許多ノ所領ヲフサゲ、内裏・院御所ト云所ノ有テ、馬ヨリ
下ルムツカシサヨ、若王ナクテ叶フマジキ道理アラバ、木ヲ以テ作ルカ金ヲ以テ
鋳カシテ、生キタル院・国王ヲバ何方ヘモ流シ捨奉ラバヤ」

 高師直は口だけだが、光厳上皇の行列に行き会った美濃国守護土岐頼遠は、
「院の御幸にてあるぞ」という院の随臣の言葉を聞いて、「なに、院と言ったのか、
犬と言ったのか、犬であれば矢を射てやろう」と言って、犬追物の射的よろしく
上皇を射的の的にして射掛けて遊んだんだよな。オチャメな土岐頼遠のお遊びの中、
「コワヒー」「タスケテー」と泣き叫びながら、生きた心地なく必死に逃げ惑う
光厳上皇の姿を思い浮かべると笑いがこみ上げてくるよ。
 しかも光厳上皇自体が、偽の儀式でアズマに擁立された傀儡半帝の偽天皇ときた
もんだ。ほんとに室町初期は皇国史観に毒されない良い時代だ。作る会などが足利高氏
や室町政権を敵視するわけがわかるよ。ウヨクソどもは、反天皇と言うとすぐブサヨク
呼ばわりするが、テンコロを徹底的に小馬鹿にし、酒の肴で射的の的にまでした高師直
や土岐頼遠も彼らの価値観から言うとブサヨクなんだろうか(藁

147 :日本@名無史さん:2006/04/28(金) 23:44:41
平泉澄は逆賊

148 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 07:14:34
>ある特定の尺度で過去の人物の善悪を論じることなのか。

どこをどう読んだら「善悪」を論じていることになるのだろう?
かつて権勢をふるったDQNがいた、ただそれだけの話w

149 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 21:50:34
<善人度>
ヒトラー>>>>>>>>>>>逆賊高氏
金正日>>>>>逆賊高氏
始皇帝>>>>>>>>>>>逆賊高氏
董卓>>>>>>>>>>>>逆賊高氏
蘇我入鹿>>>>>>>>>>>>>>>逆賊高氏
ムスカ>>>>>>>>>>>>>>逆賊高氏
麻原尊氏>>>>>>>>>>>>>>>>>>逆賊高氏
アネハ建築士>>>>>>>>>>>>>>>>>>>逆賊高氏

150 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 23:13:38
逆賊高氏は、自分の利にならないことは決してしない人間でした。
自分の利のためにしたことが、高氏の徳から出た行動だと賛美されているのは、かえすがえすも情けないことです。
当時の人物にさえ、逆賊高氏の「老獪な計算」に騙される物が少なくなかったことを考えれば、無理もないことかも
しれませんが、少し考え直してみてはどうでしょう。

配下のものに恩賞を惜しみなく与えたことも、家臣が狼藉を働いても厳罰を与えなかったことも、
楠木正成の首を実家に送って領地を寄進したことも、後醍醐天皇を弔うと称して天龍寺を建てたことも、
嫡男ばかりを重く用いたことも、死の直前に直義の官位を引き上げたことも、

一見すれば「徳のある行い」に見えますが、よく吟味すれば、すべて逆賊高氏自身の利となる行動でした。
私の文を読んで逆賊高氏について考え直してみようと思われた高氏賛美の方は、迷わず
>>246の本を手にとって見ることをお勧めいたします。

151 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 01:59:45
今日は逆賊高氏の命日だから、今日ぐらいは逆賊高氏をほめてやるか


逆賊高氏の血も涙もなき権謀の数々には賛嘆させられるばかりだ!
これほどまで周到な策略家は日本史上彼一人であろう。

152 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 04:51:50
何が山河ありだ。おまえは中国かぶれか。似非ウヨめ。

153 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 11:54:51
>>152
イエース、ザッツライト。
これで俺もアメリカかぶれってわけね。

154 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 22:19:46
http://mu-cha.hp.infoseek.co.jp/go-go-emperor-01.htm
http://mu-cha.hp.infoseek.co.jp/go-go-emperor-02.htm
http://mu-cha.hp.infoseek.co.jp/go-go-emperor-03.htm
男系派の妄言完全論破



155 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 01:26:10
>>153
鬼畜の言葉を使うな、非国民。

156 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 10:54:48
そのNHKですら如何んともし難い場面が有った。さして問題にされなかった方も有ろうが、大方の人は高氏の惡逆ぶりに呆れら
れたことであろう。言わずとも御解り戴けると思うが、高氏と北畠親房卿とが密かに會った場面で、「幕府を認めて貰えるならば、
(南朝の)帝に御還り戴く。」と暗に自らが擁立した「持明院統の天皇様」を廢し奉ることをも辭さない言動が有ったことである。朝
敵の汚名を着ないために、自己の都合で擁立したのは明らかであるが、「兩統迭立の經緯に對する見解」や「御兄君の御系統たる
持明院統の御方が皇位に就かれるのが正しい」とかの彼等なりの大義名分が有った筈なのに、その大義名分さえ捨て去って單なる
取引の爲に「今迄奉戴していた 天皇様」を弊履の如くに廢し奉るとは、 皇統に對する崇敬の氣持が全く無いとしか考えられない。
 上皇様の輿に矢を射かけた配下が出たことをも考え併せると「高氏は北朝にとっては忠臣であった・・・」等の論が的外れであっ
たことを如實に示して居ると思う。この場面はフィクションであると異を稱える人も居ようが、頑なにまで高氏を辯護しているNH
Kですら、このように描かざるを得なかった程に「高氏の惡業」が著しかったと考える方が妥當であろう。高氏贔屓の者は「今迄強
烈に辯護してしてくれたNHKが何て言うことをして呉れたのだ・・・」と慨嘆するに違いない。我々にとっては、「あの程度の描
写では、高氏の惡業は言い盡されていない」と言う氣持ではあるが、あの一言でも「史上類の無い逆賊」と斷言し得るものと思う。
我々の高氏攻撃に對して「NHKでは、そのようには描いていない」と言う者に對して、この場面の話をすれば十分であろう。尤も
皇統の何たるかを知らない人間にとっては、何の意味も無い場面かも知れないが、時々出くわす「高氏は北朝にとっては忠臣」とか
「楠木正成は、新田義貞を討ってでも足利高氏の意向を尊重すべきと考えていた・・・」等の論に對して痛撃を加えることになるで
あろう。

157 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 11:49:30
インターナショナルコミュニストである逆賊高氏は共産主義革命達成のために
天皇制打倒を決意し、後醍醐天皇に逆らって両統を抗争を激化させ、天皇の権威失墜を狙い、
後醍醐天皇の悪評を流すことで後世にまで天皇への不信を植え付けようとした。
そうやって北朝で皇統が続いてきた現在、皇統は男子が生まれないという危機をむかえ
将に逆賊高氏の陰謀が達せられるか否かの瀬戸際に立たされている。

問題はこゝに、六百年前の昔より、六百年後の今日に、飛瀑の如く急轉直下し來る。

158 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 22:17:49
こういうバカしか平泉支持者ではいないの?

159 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 22:31:55
ここ最近の数レスは逆賊高氏信者の正体をはっきりとあらわすものですね。
天皇に対して国賊と言うとは。
やはり彼等が逆賊高氏を擁護のみならず賛美するのは結局皇室を誹謗し国体を破壊するためなのです。
このような事態を招いたものが逆賊高氏であり、その存在を許した臣民の我々一人一人もこのことを皇室にわび、
一億総懺悔する必要があるのですが、逆賊高氏信者がこれを妨害するのも国体を破壊するためなのです。
もしかしたら彼等はこのようなレトリックを使うかもしれない
---尊治が嫌いなだけで皇室が嫌いなわけではない
と。しかしそうであったとしても皇位に居られた方を国賊とは皇室への敬意が微塵も感じられない。
だから上のようなことは嘘であるとわかる。
彼等は一般的な皇民であることを装いつつも、その目的は国体の破壊にあると言うことを、十分注意せねばならない。
寒林平泉澄博士の御指摘にあったように、建武中興の失敗を後醍醐聖帝の失政とするのはまことに恥ずべきことですが、
仮に後醍醐聖帝が不徳の君であったとしても、だからと言って反逆するのはシナの易姓革命論であり、
皇国の国体に反するもので、国体を破壊する危険性もある思想であるというほかない。
臣民たる我々一人一人が逆賊高氏の存在を許した逆賊であったことをわび、一億総懺悔することこそが最大の忠誠であり、
これを否定するものは国体までも否定しかねない逆賊である。

160 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 23:12:55
なんかめんどくさいな。
このバカにくらべれば逆賊でもなんでもいいし、国体が破壊されても
どうでもいいよ。


161 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 23:22:32
逆賊高氏信者の逆賊は地獄へ堕ちろ。

162 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 23:49:02
                  ↓逆賊高氏
      ∧_∧      ∧_∧
     _( ´∀`)    (´∀` )
  三(⌒),    ノ⊃   (     )   糞幕府は・・
     ̄/ /)  )      | |  |
    . 〈_)\_)      (__(___)

         ∧_∧  .∧_∧
         (  ´∀) (´∀` )
       ≡≡三 三ニ⌒)    )    立てんなって
        /  /)  )  ̄.| |  |
        〈__)__)  (__(___)

           ∧_∧  ,__ ∧_∧
          (    ´)ノ ):;:;)∀`)
          /    ̄,ノ''     )   言ったろうが
         C   /~ / /   /
         /   / 〉 (__(__./
         \__)\)
                      ヽ l //
            ∧_∧(⌒) ―― ★ ―――
            (    ) /|l  // | ヽ   ヴォケがーー!
           (/     ノl|ll / / |  ヽ
            (O  ノ 彡''   /  .|
            /  ./ 〉
            \__)_)        ↑逆賊高氏

163 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 23:50:19
逆賊高氏およびその信者は地獄に落ちてね♥

164 :日本@名無史さん:2006/05/06(土) 00:00:02
 足利方の著書「梅松論」はごまかしているが、尊氏はひそかに全人類の総廟である皇祖皇太神宮別祖太神宮を始め全国に散在していた数百ヶ所の分霊殿の存在をすべての公の記録から抹消し、人類の総廟があったことを日本人の記憶から拭い去ってしまったのである。
 太古において人類は死ぬと一人残らず皇祖皇太神宮別祖太神宮の総廟に神として祭られることになっていたが、尊氏はその名残りまでも消し去って人間の魂の鎮まるべき場所を自分の野望のために抹殺してしまった。
 また彼は後醍醐天皇の御厚恩を賜わり天皇から「尊」の一字を頂きながら後に後醍醐上皇の暗殺を企て、遂に上皇が密かに吉野山を立たれ遠く常陸に逃られた時、恐れ多くも僧侶達に殺害させてしまったのである。
 今でも後醍醐天皇の御陵は常陸国多賀郡足洗宿足洗山(現在の茨城県北茨城市足洗)に小さな塚として残されているが、足利尊氏の追及を逃れて隠れた場所に埋葬をよぎなくされた上皇の御遺骸とこれをお守りした忠臣達の赤誠に感涙せざるを得ない。
[注]御孫に当たられる長慶天皇も足利幕府側の僧侶のため殺害され、河内交野郡私市(今の大阪府交野市私市)師師窟山寺百重原葬所を御陵とされた。
「梅松論」は足利尊氏の行為を弁解するため、あえて楠木正成を褒め上げ、楠木正成が自ら後醍醐天皇を非難している様に偽りを記している。
 また天皇の軍を討つために、故意に新田義貞を討伐するためと称して後世を欺いた。
 この様な悪逆の書物を参考にして建武中興を論ずるが如きは、天皇否定の「魔物」の霊のためにうまく操られているものといわなければならない。
 しかし足利尊氏は天下を自分のものにしたいという慢心のために天皇否定の霊にとりつかれたもので、彼は自分の能力でなく巨大な背後霊の力を駆使して建武中興を崩壊させることが出来た。
 だから背後霊から見放された彼の死後の霊は自分の犯した大罪に苦しんでいるだろう。
 足利尊氏を立派な人物と考えること自体が逆に彼の霊をさいなむことである。

165 :日本@名無史さん:2006/05/06(土) 01:25:45
平泉澄といえば天皇家が北朝なのに
南朝正統といって昭和天皇を怒らせたやつだな。

166 :日本@名無史さん:2006/05/06(土) 03:14:36
このスレ見ていると日本が負けたのは良かったと思えてくる。

167 :日本@名無史さん:2006/05/06(土) 13:46:01
また根拠のない逆賊高氏擁護論か。
尊い存在の朝廷を裏切って、道義心のかけらもないカスみたいな武士を保護したこと自体が間違い。
そもそも、逆賊高氏は人のために戦ってなどいない。
すべては自分自身の保身のためであり、栄華のためである。
それをさも正義の行動のように言い張る逆賊高氏信者には毎度の事ながら反吐が出そうだ。

168 :日本@名無史さん:2006/05/06(土) 14:01:47
ま、日本の歴史を駄目にした香具師といえばこれしかないなw

               逆 賊 高 氏

露骨で芸のない頼朝のパクリ幕府を立てた先駆者。それが   

              逆  賊  高  氏

遊び感覚で皇統を知らない盲目サムライ相手に詐欺行為を繰り返しているだけ
味方になってくれるくれる馬鹿も大勢いるし、もう死んだ人だし
誰も訴えてこないだろうと、騙して殺すの味を占めてしまった。それが 

      パ  ク  リ  王     逆  賊  高  氏

169 :日本@名無史さん:2006/05/06(土) 14:31:11
現在の北朝天皇家に逆心を抱くあまり尊氏を逆賊よばわりか。


170 :日本@名無史さん:2006/05/06(土) 14:37:22
   尊氏 尊氏 尊氏尊氏尊氏 足利尊氏
   尊氏 尊氏 尊氏尊氏尊氏 足利尊氏
   日本の尊氏 世界の尊氏 地球の尊氏 逆賊高氏
   尊氏 尊氏

   光を放ち 今立ち上がる 若きエースに帰依しよう
   僕らの日本を守るために 尊氏の力が必要だ
   尊氏 尊氏 足利尊氏

   尊氏 尊氏 尊氏尊氏尊氏 足利尊氏
   尊氏 尊氏 尊氏尊氏尊氏 足利尊氏
   過去の仏陀 現在の仏陀 未来の仏陀
   尊氏 尊氏
   光を放ち 今立ち上がる 十方諸仏の変化身
   僕らの心を守るために 尊氏の力が必要だ
   尊氏 尊氏 足利尊氏

   尊氏 尊氏 尊氏尊氏尊氏 足利尊氏
   尊氏 尊氏 尊氏尊氏尊氏 足利尊氏
   過去生の如来 現世の如来 死後の如来
   尊氏 尊氏
   慈愛を放ち 今立ち上がる マイトレーヤの変化身
   僕らの魂を守るために 尊氏の力が必要だ
   尊氏 尊氏 足利尊氏

171 :日本@名無史さん:2006/05/06(土) 14:55:52
↑逆賊高氏の信者ってこんな歌作って逆賊高氏を崇拝してるのか・・
恐ろしいやつらだな

172 :日本@名無史さん:2006/05/06(土) 15:34:51
北朝天皇家バンザーイ! 足利尊氏バンザーイ!

逆賊南朝滅びたり!今上陛下は北朝の天皇!バンザーイ!

173 :日本@名無史さん:2006/05/06(土) 16:32:08
どうあがいても逆賊高氏は逆賊であり日本随一の極悪人であるという事実は動かない。

174 :和子 ◆7xqnt49OPk :2006/05/06(土) 16:33:12
わたくしどもはみな天子様の赤子としてこの大日本帝國に生まれしことを、
このうへない幸福に感じ、誇りとしてをります。
しかし、逆賊高氏のやうに、天子様への畏敬と感謝の念とを忘れ、
ただただ自分の功利に生きた賊もをります。
日本の二千六百年史におひて、逆賊高氏の存在は、襦袢の袖のしみのごとく
唯一にして致命的な「汚れ」でありました。

175 :日本@名無史さん:2006/05/06(土) 17:03:28
いまの天皇は北朝だよね。それがすべてだろ。

176 :日本@名無史さん:2006/05/06(土) 19:06:36
そしてその太鼓持ち平泉澄も逆賊の子孫

177 :日本@名無史さん:2006/05/06(土) 20:13:45
      ∧ ∧     ◇ 
      ( ゜▽゜)_  /◇◇
     /__|]⊃y__|]⊃ ◇ ◇
     /`ー==キ|     彡
    ∠ニ/_つつゝ             逆賊高氏とその信者退散!

           ◇    ∧ ∧  
          ◇◇\ (゜▽゜ )
        ◇ ◇  ⊂[|_y⊂|]
       彡   彡  |キ==-丶 
              ⊆⊆≪_\

178 :日本@名無史さん:2006/05/06(土) 20:19:38
平泉澄は南朝正統論だよ。
だから昭和天皇に怒られたの。
現天皇家は北朝なんだから当然でしょ。

179 :日本@名無史さん:2006/05/06(土) 21:12:18
この人の場合は本来の歴史的な意味での「歴史」なんだろうな。
司馬遷以来の。
故に「豚に歴史がありますか」なんでしょうね。
そういう意味じゃ正統派だわなw

180 :日本@名無史さん:2006/05/06(土) 23:52:48
でも、元天皇家(明治天皇)が南朝を正統と認めんたんでしょ。


181 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 01:23:26
自分が北朝なのにねw

182 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 14:35:20
それを平泉某とか言う逆賊子孫がゴマスリした

183 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 19:53:53
後醍醐天皇は、最後まで逆賊高氏を信用しておられました。だからこそ護良親王が高氏を討とうとした再に、
我が子を犠牲にしてまでそれを制止したのです。
後醍醐天皇は建武政権で逆賊高氏を冷遇したなどといわれますが、それは全くの間違いです。天皇は、
楠木正成や名和長年など名だたる武士を重役に就けて重宝したように、高氏にも新政で大いに活躍
して欲しいと願っておられました。しかるに、仕事嫌いの逆賊高氏がそれを拒んだのです。自分は
もったいない「尊」の一文字を賜っておきながら、天皇の御理想に協力する気はなかったのです。
そのような厚遇を受けながら、逆賊高氏は天皇を騙し、吉野に追いやってしまいました。天皇は落ちていかれる
際に、逆賊高氏の背信を深く恨んだことでしょう。しかし、室町幕府の改竄により、「太平記」はいかにも天皇の側に
否があったように描かれ、それを多くの歴史家や小説家が信用していることは愚かしいことです。

184 :足利貞氏 ◆6XHA7ofhDw :2006/05/07(日) 19:57:53
逆賊高氏の父である。
息子の逆賊高氏が皆様に迷惑をかけてすまないと思っている。
我々夫婦は逆賊高氏に注げるだけの愛情を注いで育ててきたつもりだった。
にもかかわらず、逆賊高氏は人を愛せず社会にも役に立たないクズのような人間に育ってしまった。
兄の高義が生きていてさえくれれば、このようなことにはならなかったのにと、涙を禁じえない。
弟の直義が努力して逆賊高氏を少しでも改心させてくれれば、と願うばかりだ。

185 :赤橋守時 ◆S5tnXgS.qo :2006/05/08(月) 19:10:18
>>184
アンタも大変だな
心底同情するぜ

186 :後醍醐院:2006/05/08(月) 23:54:55
ご苦労

187 :日本@名無史さん:2006/05/09(火) 22:42:39
嗚呼、天は何故この忠誠無比なる人物にこのような苦難を授けられるのか!
逆賊ばかりの世の中では忠の道を歩むことはつらい。
俺も君の怒りとそれによる苦しみはよく理解できる。
しかし、君は休んでばかりいられるのだろうか!?
いや、そうではないはずだ。君の気持ち、君の辛さは痛いほどわかる。
だが、俺は君の立場を否認する必要がある。
なぜなら、逆賊高氏の存在を許してしまった我々一人が逆賊だからである。
我々は決して休むことを許された存在ではないのだ。
逆賊である我々は、つねに懺悔せねばならないのだ。
力乏しく逆賊高氏に敗れ去った吉野時代のことを君はどう思っているのか!
君もいま力乏しく逆賊高氏の時空を超越した逆賊エネルギーに敗れつつあるのだ!
君の気持ちは痛いほどよくわかる。だが俺は君を許さない。涙をもって、こういう他無い。君は逆賊だ!
つらければ大楠公のことを想え。君がここで倒れては大楠公の御遺志を無駄にしてしまうことになるぞ。
大楠公万歳!万歳!万歳!

188 :日本@名無史さん:2006/05/10(水) 10:50:19
論題 帝王と墓と民衆
著者 対談 三笠宮 崇仁 ; 色川 大吉

請求記号 Z23-13
雑誌名 潮
出版者・編者 潮出版社 / 潮出版社 〔編〕
巻号・年月日 (通号 177) [1974.03.00]
ページ 80〜96

雑誌記事ID 282489600
http://opac.ndl.go.jp/Process?MODE_10100005=ON&SEARCH_WINDOW_INFO=06&THN=56&INDEX_POSITION=18&DB_HEAD=01&SORT_ORDER=01&SHRS=RUSR&QUERY_FILE=810617727_6545027&TA_LIBRARY_DRP=99&DS=0&CID=418269&SS=01&SSI=0&SHN=0&SIP=19&LS=810617727

189 :赤橋登子 ◆peoqyWxCPg :2006/05/11(木) 17:31:24
逆賊高氏の正妻です。
私は逆賊高氏の、一見さわやかで人のよさそうな性格にすっかり騙され、逆賊高氏と結婚しました。
しかし、その先に待っているのは地獄絵図でした。
彼は恩顧ある北条家をほろぼし、私の親兄弟を殺し、自分の覇道を突き進み始めたのです。

その上、私との間にもうけた子供も、嫡男義詮以外にはどうでもよさげに振る舞い、基氏などは
叔父の直義様の養子に押し付けてしまったのです。
こんなの、酷すぎます。血の通った人間とは思えない行為です。
しかし、私は北条家の娘。なにがあってもへこたれるわけにはいきません。
悔し涙のにじむ結婚生活を乗り切り、逆賊高氏が1358年に病死したときには、正直肩の荷が下りました。

190 :足利頼子 ◆u8gb5qPkjA :2006/05/11(木) 17:32:41
逆賊高氏の娘です。
私は逆賊高氏の育て方の悪さのせいで、13歳でこの世を去る運命となりました。
どうやら私は死後、すこう天皇の女御にされたらしいです。
由緒あるものに妄執する逆賊高氏が、どうやら私を使って朝廷との姻戚関係を結ぼうとしていたらしいです。

私が幼くして死んだのは、天が逆賊高氏に罰を与えたのでしょう。
しかし本人ではなく私が死ななければならなかったのは涙が出るような悔しい重いです。

191 :高師直 ◆XQeaHP16hA :2006/05/11(木) 17:33:33
逆賊高氏の臣下です。
僕は、なぜ後世にこのような悪名を着せられたのでしょう。忠臣蔵なんて…
僕はただ、逆賊高氏に忠誠をちかい、逆賊高氏が自分の手を汚さなくてすむように
率先して悪事を引き受けていただけなのに。。。
然し逆賊高氏が覇権を確立できたのは、言うまでも泣く僕の功績も大きいはずです。
それなのに、なぜあんなふうに簡単に見捨てられるのでしょう…
悲しくて天国で泣いています。

192 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 18:14:42
平泉信者はこんなのばかりか。

193 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 22:13:40
一人でやってるのだろうが、面白いからもっとやって。

194 :足利直冬 ◆CezQWbfFug :2006/05/11(木) 22:55:36
逆賊高氏の次男です。
僕は、なぜこのような目に遭わねばならなかったのでしょう。
逆賊高氏が己のゆがんだ欲望を抑えきれずに白拍子の僕の母を犯し、
そして生まれたのが僕です。
プライドだけはやたらに高い父・逆賊高氏は、僕を白拍子の子だとして
必死にその存在を否定しようとしました。
もとはといえば自分が僕の母を無理やり押し倒したのが悪いのに。

しかも僕が恩顧ある叔父直義様のかたきをうつために逆賊高氏を倒そうとしたことで、
のちの歴史化に「叛逆の子」などと不当な評価をされ。

僕ほど不幸な子供が歴史上何人いたでしょうか。

195 :楠木正成 ◆jcXOk591qw :2006/05/11(木) 22:56:21
逆賊高氏を討たんとしたが志半ばで死したものです。

私は逆賊高氏の叛逆しようという野心を、心から憎み、困ったものだと思っていました。
それなのに、後世の歴史家でさえ、「私が逆賊高氏との和睦を願っていた」などといっているのです。
なぜでしょう?逆賊高氏礼賛の史書にしかそのようなことは書いていないのに、なぜ逆賊高氏の
命を受けて改竄したことを考えないのでしょう。

私の天皇に対する純粋な忠誠心が汚された気がして、くやし涙がとまりません。

196 :足利惇氏 ◆k1ixDBmpNE :2006/05/11(木) 22:56:53
逆賊高氏の子孫です。
僕は学校の日本史の授業で、逆賊高氏のおかげでどれだけ苦しんだか知れません。
逆賊の子孫ということで、行く先々で感じる冷たい視線、中傷の言葉…。
何度涙を流したことでしょう。

それでも自分の先祖だから、何とかして尊敬しようと毎日系図を書きました。
しかし、逆賊高氏に尊敬に値するところなど一つもありません。。

197 :源頼朝 ◆8cEu8jJJsg :2006/05/11(木) 22:57:38
逆賊高氏の先祖です。
みなさん、子孫の逆賊高氏がこのような悪事を犯して、本当に申し訳ない。
逆賊高氏は私を生涯の目標としていたようだが、逆賊高氏の目には
私の生涯はそれほど汚いものと映っていたのだろうか…

しかし逆賊高氏の立てた幕府は、まるきり私の幕府のパクリじゃないか。
逆賊高氏は結局、人のものを盗む才能は長けていたが、自分でものを創造するだけの力量はなかったんだな…

198 :新田義貞 ◆j..tdQuaNc :2006/05/11(木) 22:58:13
逆賊高氏の親類です。

逆賊高氏の暴走を止めることができなくて誠に申し訳ない。
私が野を駆け山を越え海を渡ってやっと滅ぼした鎌倉幕府。
それなのに何故か恩賞の受け付けをされ手柄を横取りされる始末。
挙句に「新田では無理、裏に高氏がいた」と囁かれ、
太平記では犬死呼ばわり。

もうホント、悔しくて悔しくて涙が止まりません。

199 :上杉清子 ◆Pu8XTdkluk :2006/05/11(木) 23:23:35
逆賊高氏の母です。
息子の逆賊高氏が皆様に迷惑をかけてしまってすみません。
天皇陛下を裏切った上に、こんな最悪でダメな、最悪でだめなやヴぁい
糞幕府を立ててしまって。
夫の貞氏様と私は、逆賊高氏をこのような人間に育ててしまったわけではありませんが、
逆賊高氏を世に生み出した母として、深く謝罪いたします。

200 :日本@名無史さん:2006/05/12(金) 00:14:45
なんで頼朝が先祖なの?

201 :日本@名無史さん:2006/05/12(金) 05:10:08
平泉澄―み国のために我つくさなむ (単行本) 若井 敏明
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4623046079/249-5090383-3158761?v=glance&n=465392

202 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 23:09:14
逆賊、鬼畜足利高氏を此の世から追放するまでは、私は如何なる言論の弾圧には負けません。
逆賊高氏が無知なサムライたちを騙して作り上げた幕府。
また今でも教祖高氏のマインドコントロールから抜け出せずに、「最高です!!」と
叫んでいる信者に目を覚まして頂いて欲しいのです。
一般の信者は被害者なのです。目を覚まして欲しいものです。

「この世は夢の如くに候」という逆賊高氏の願文を見て、胸くそわるくなりました。
自分がさんざん弟にひどいことをして苦労をかけまくっただけなのに。

弟と家臣に汚れ役を押し付けて、妾腹の子供も捨てて、
ひきこもって政治を顧みず田楽にふけって、たまに外出て人殺して、
皇室を散々振り回して、瘍瘡に倒れたおっさんが「この世は夢の如くに候」ですか…。

             日本が誇るダメ人間、逆賊足利高氏でした。

203 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 05:15:18
足利高氏はおいくつなの あなたも、お元気そうで。

204 :平泉澄:2006/05/14(日) 15:44:10
逆賊の子孫です。
先祖は逆賊足利尊氏が投げてよこした腐肉に尻尾を振って飛びつき、後醍醐帝を捨てて偽朝廷に鞍替えしました。
先祖のおかげで大忠臣新田義貞の越前攻略が遅れ、結果的に義貞を死に追いやったのは私の先祖です。
私はそのような恥ずべき歴史のゴミ箱に湧いた蛆虫の子孫としてこの世に生を受けました。

205 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 18:27:27
おや、こんなところに逆賊高氏の通知表が!
┏━━┳━━┳━━┳━━┳━━┳━━┳━━┳━━┳━━━┳━━┓
┃文学┃禅  ┃絵  ┃政治┃尊皇┃軍事┃和歌┃人格┃ハングル ┃詐術┃
┣━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━━╋━━┫
┃  1 ┃  1 ┃  1 ┃  1 ┃  1 ┃  1 ┃  1 ┃  1 ┃  5   ┃ 5  ┃
┗━━┻━━┻━━┻━━┻━━┻━━┻━━┻━━┻━━━┻━━┛
                     ミチャダメニダー
  (^フ^)              <゚Д゚> ──
 □ー               =│  ──
   ハ                ┌┴┘逆賊高氏

206 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 18:29:28
「逆賊高氏の悪行」のなかで現在、とりわけ注目度の高いものに、
「物言えぬ死人を使って歴史を改竄すること」があります。

もっとも有名な例を二つ挙げておきます。
一つ目は「足利家時の置き文」です。
これは、逆賊高氏が自分の悪行を「祖父の大望」という名分を作ることで正当化するのに
大いに役立ちました。この置き文の胡散臭さについては、南北朝研究の大御所佐藤進一氏や
中村直勝氏、そして>>11の本の著者も指摘しています。
家時が哀れでなりません。自らの非業の死を逆賊高氏の派遣のために利用されてしまったのです。
逆賊高氏は己の利益のためなら、その祖父でさえ利用するのです。

もう一つは、逆賊高氏の御用史書・梅末論にある「楠木正成が逆賊高氏と後醍醐天皇の和睦を勧めた」
件についてです。ここには楠木正成が、新田義貞を見捨てても逆賊高氏を和睦したいと考えていたと
ありますが、信義の男正成が自分の盟友を捨ててまで逆賊の肩を持つことなど絶対にしなかったはずです。
後醍醐天皇のために命を捨てることができたのも、そのような精神の持ち主であったからといえましょう。
また、逆賊高氏信者は、「高氏と正成は心では通じ合うものがあった」などしばしば口にしますが、
信義の男正成が、策略好きで功利的な逆賊高氏の性格と通じ合うことなどありえません。
正成は地下で逆賊高氏を激しく憎んだでしょう。自分の人格がこんなにも冒涜されてしまったのです。
大体、梅松論自体が逆賊高氏の自作自演史書だと考えるのが自然でしょう。このような
バイアスのかかった本を歴史を学ぶ上で参考にするのは、非常に危険といえます。

よくもずうずうしく死人を使って、自分の都合のよいように歴史を歪曲したものです。
逆賊高氏には慈悲真のかけらもなかったといっても過言ではありません。
そして、我々が現在学んでいるのも、「逆賊高氏によって改竄された歴史」でしかないのです。
これは悲しいことです。


207 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 21:28:07
そもそも、「足利尊氏」なんて人は存在しないのよ。
逆賊高氏は後醍醐天皇に叛逆したのち、「尊」の一文字を使用停止されたんだから。
もっとも、逆賊高氏は自分で勝手に尊氏を名乗ってたみたいだし、南朝の古文書にも
尊氏なんて書き間違えられたりしてるけどね。
逆賊高氏の信者は「尊氏」なんて呼んでるけど、大きな間違いよね。

208 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 22:00:31
平泉澄が生きていたら女系の継承も可なんていった弟子を一喝したろうな

209 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 22:25:19
いやいや、歴史的に考えるとは、すなわち段階的にとゆうことさ。

210 :日本@名無史さん:2006/05/16(火) 10:27:55
逆賊高氏信者は、逆賊高氏が生涯「尊氏」を名乗り続けたわけを、後醍醐天皇への
敬意なんていうよね。でも天皇を平気で欺き、裏切った逆賊高氏が、敬意からそんな行動を
取ったとも思えないわ。

あるとき、「逆賊高氏が尊氏を名乗り続けたのは、いざというときにいつでも南朝に降伏できるようにする
ためだった」という説を本で読んで、目からうろこが落ちたような気がしたの。
逆賊高氏のいつもの周到な策略をみると、むしろこっちの解釈のほうがかなり真実性があると思うなぁ。

211 :日本@名無史さん:2006/05/17(水) 19:51:01
ぇ〜まぢで?!逆賊高氏って相当腹黒ぃねぇ〜。。(;一_一)
こんなに逆賊高氏の胡散臭さを証明されたぁとで、今後ぃくら逆賊高氏賛美論に出会ったって
もぅなんの説得力もなぃですぅ。。。

212 :日本@名無史さん:2006/05/17(水) 20:10:06
自作自演

213 :平泉澄:2006/05/17(水) 22:27:59
私の御先祖が仕えた足利尊氏は極悪人です。
その手下で走狗として忠臣達を弑逆した私の先祖は歴史のゴミです。

214 :\__________/:2006/05/17(水) 23:09:22
       ∨

    / ̄ ̄ ̄ ̄\                 ←逆賊高氏信者
   (  人_____,,)
    |ミ/  ー◎-◎-)
   (6     (_ _) )    カタカタカタ
   | ∴ ノ  3 .ノ  ______
    ヽ、,,     __,ノ   |  | ̄ ̄\ \
   /       \.____|  |    | ̄ ̄|
  /  \___      |  |    |__|
  | \      |つ    |__|__/ /
  /     ̄ ̄  | ̄ ̄ ̄ ̄|  〔 ̄ ̄〕


215 :日本@名無史さん:2006/05/18(木) 23:39:54
嗚呼、天は何故このぉおお忠誠無比にゃる人物にこのぉおおようにゃ苦難を授けられるのぉおおか!
逆賊バカ!バカ!まんこ!!りのぉおお世のぉおお中れは忠のぉおお道を歩むことはちゅらいぃ。
俺も君のぉおお怒りとそれによる苦しみはよく理解れきるのぉおお。
しかし、君は休んれバカ!バカ!まんこ!!りいぃられるのぉおおらろうか!?
いぃや、そうれはにゃいぃはずら。君のぉおお気持ち、君のぉおお辛しゃは痛いぃほお゛お゛っどわかるのぉおお。
らが、俺は君のぉおお立場を否認しゅるのぉおお必要がぁあああ あぉるのぉおお。
にゃぜにゃら、逆賊高氏のぉおお存在を許してぇぇぇぇ゛しまった我々一人が逆賊らかられぁあああ あぉるのぉおお。
我々は決してぇぇぇぇ゛休むことを許しゃれた存在れはにゃいぃのぉおおら。
逆賊れぁあああ あぉる我々は、ちゅねに懺悔せねばにゃらにゃいぃのぉおおら。
力乏しく逆賊高氏に敗れ去った吉野時代のぉおおことを君はどう思っていぃるのぉおおか!
君もいぃま力乏しく逆賊高氏のぉおお時空を超越した逆賊エネルギーに敗れちゅちゅぁあああ あぉるのぉおおら!
君のぉおお気持ちは痛いぃほお゛お゛っどよくわかるのぉおお。らが俺は君を許しゃにゃいぃのぉおお。涙をもって、こういぃう他無いぃ。君は逆賊ら!
ちゅらければ大楠公のぉおおことを想え。君がここれ倒れては大楠公のぉおお御遺志を無駄にしてぇぇぇぇ゛しまうことににゃるぞ。
大楠公万歳!万歳!万歳!

216 :日本@名無史さん:2006/05/19(金) 16:19:23
尊氏は尊王家。

ところで、若い頃の平泉は、
権門体制論やアジール論などを出し、
良い時期もあった。

217 :日本@名無史さん:2006/05/19(金) 21:19:35
若い頃の平泉は先祖と同じ反日ブサヨだったんだよ

218 :日本@名無史さん:2006/05/20(土) 07:02:16
アフォか。若井くらい嫁

219 :日本@名無史さん:2006/05/20(土) 18:45:14
大河ドラマ太平記はほんとショックだったよぅ。。(;O;)
あたし真田広之さん大好きなんだけど、そのひろゆきさんがよりにもよって
逆賊高氏の役に抜擢されるなんて!。・゚・(ノД`)・゚・。
あんなかっこよくて演技もうまくて人柄もいい人が、何で逆賊高氏の役なんか
やらされなきゃいけないの!!?
でも真田さん、いやがらずに一生懸命やってた…えらいなぁ…。

今度太平記やるときは、逆賊高氏のやくなんかどっかの三流芸人にしてくださいm(__)m

220 :日本@名無史さん:2006/05/20(土) 18:45:58
>>219
うちも同感や!
ってかあのドラマ、主役が逆賊高氏な時点で間違いやろ?
普通なら太平記のドラマは楠木正成主役やで。
その楠公はんは武田鉄也…ぶ男やもんなぁ…

このドラマ、史実考証もかなりいい加減やったな〜。
今ファミリー劇場で再放送されてるから、逆賊高氏信者はみんな見てるんやろな〜。

221 :日本@名無史さん:2006/05/22(月) 00:18:08
平泉の先祖云々の話をよく見かけるが平泉寺が世襲になったのは
明治の神仏分離で白山神社になってからだと思うんだけど。

222 :日本@名無史さん:2006/05/22(月) 14:46:44
平泉の出発点はマルクス主義

223 :日本@名無史さん:2006/05/22(月) 15:14:12
このスレで逆賊高氏を擁護している方々に聞きたいです。

逆賊高氏の何がそんなに魅力的なのですか?
この時代には逆賊高氏よりも美しい生き方をした人がたくさんいたというのに。
なぜわざわざ悪人を持ち上げようとするのですか?
それとも、悪人をわざわざ賛美することで、ある種のスノッブを気取っているのですか?

224 :日本@名無史さん:2006/05/26(金) 20:09:41
みなさん、逆賊高氏を憎む気持ちは分かりますが、そのような知性のない書き込みは
逆賊高氏信者に貶される恐れがありますので控えましょう。
それより、なぜ逆賊高氏を賛美してはいけないのかを、論旨明快に
説いてやればいいのです。

225 :日本@名無史さん:2006/05/26(金) 22:16:38
>>222
平泉は簿記を知らないからなw

226 :日本@名無史さん:2006/05/26(金) 23:17:55
逆賊高氏を擁護する人は、決まって後醍醐天皇や北条高時、新田義貞の無能を口にします。
が、よく考えてください。逆賊高氏が全盛の時代の歴史書に、彼らがよく書かれるはずもありません。
彼らのいくつかの愚行は、逆賊高氏の側が無理に「改竄」させた可能性が大きいといえるでしょう。

ことに、後醍醐天皇が戦後不当に過小評価されているのは悲しいことです。
逆賊高氏信者は、後醍醐天皇のやることなすことをすべて愚行のように言いますが、
実は後醍醐天皇の政治は、逆賊高氏よりはるかに民を思う真摯な気持ちがあったと思います。
逆賊高氏は部下に好き勝手をさせて民衆を苦しめておいて、自責の念さえありませんでした。
後醍醐天皇の政治、たとえば大内裏造営などは、狭い内裏では政治が行えない故の行動であり、
新政への熱い気持ちと、民への思いが表れています。
よく考えれば分かることです。

227 :日本@名無史さん:2006/05/26(金) 23:23:14
後醍醐の事故厨新政

228 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 18:44:57
いやどう考えたって逆賊高氏のほうがくそだ!
>>226ちゃんと読め!

229 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 18:47:03
ふんどしの中は金玉

230 :日本@名無史さん:2006/05/29(月) 01:03:53

          (())        +
  +    ,〜((((((((〜〜、
      ( _(((((((((_ )       +
     (/ ~^^^^^~^^~ヽ )
+    (  ;;;;;;;;  ;;;;;;;;  )         +
     (  -=・=  =・=- )   +
     (    (oo)    )       信じられぬと嘆くよりも
      (    )3(    )         高氏を信じて傷つく方がいい
      (____二二二_____)            
     / \ `ー- '"ヽ`ヽ、
  ,-'"~ i   ヽ   /,,\||  ` ::
  ;;,,   フ  ヽ. 〈/ヽ, |   ::''
   '';;,, \   ヽ |  ヽ |,,::''
     '';;,,\   ヽ|,,;;;;;::::'''


231 :日本@名無史さん:2006/05/30(火) 09:40:16
>>219-220 笑! 芝居は敵役が重要。名優でないと全てが崩壊する。
敵役が下手じゃ、見るきになんないよ。といって太平記見てないが。

『バットマン』って映画あるでしょ。あれなんか敵役でもってる映画でしょ。
主役は魅力ない。

国を愛することはいいことだし、平泉さんも好きだが、
ここの連中を見てると、排他的かつ妄信的で、やっぱ愛国心も大事だが、
それより平等心が大事だとつくづく思うよ。

西洋的悪平等でなく仏教的出世間の平等という意味ですが

とにかく、みんななかよくしましょう

232 :日本@名無史さん:2006/05/30(火) 10:31:54
・・・まるでキチガイ病院だな・・・

233 :日本@名無史さん:2006/05/30(火) 16:34:37
みてください、このページ。
DQNシナ人が逆賊高氏を礼賛しています。
シナ人の歴史観など所詮この程度なのですね。
ttp://www.stmufu.com/article.php/252

234 :日本@名無史さん:2006/05/30(火) 16:35:13
逆賊高氏は氏ね・くたばれ・消えろ・失せろ・潰れろ・馬鹿・あほ・間抜け・ドジポンコツ・トンチキ・
ガラクタ・クズ・ゴミ・カス・最低以下の下劣・下等種族劣等種族・下衆野郎・腐れ外道・邪道・外道・
非道・ウジ虫・害虫・ガン細胞・掃除機ウイルス・ばい菌・疫病神・病原体・汚染源・公害・ダイオキシン
・有毒物質廃棄物・発ガン物質・猛毒・毒物・アメーバ・ダニ・ゴキブリ・シラミ・ノミ毛虫・蠅・蚊・ボウフラ・
芋虫・掃き溜め・汚物・糞・ゲロ・糞虫野郎・ほら吹きキチガイ・デタラメ・ハッタリ・穀潰し・ろくでなし・
ごろつき・ヤクザ者・十二指腸社会の敵・犯罪者・反乱者・前科者・インチキ・エロ・痴漢・ゴミ・シデムシゴミ虫・
毒虫・ゴキブリ・便所コオロギ・スカラベ・ダニ・蚊・粗大ゴミ・詐欺師・ペテン師・道化師・危険分子・痴呆・白痴。
魔物・妖怪・悪霊・怨霊・死神・貧乏神・奇天烈・奇人・変人・毒ガス・サリン・オタンコナス。
ソマン・マスタードガス・不細工・イペリット・クソブタ・ブタ野郎・ガイジ・畜生・鬼畜・悪鬼。 邪気・邪鬼・
ストーカー・クレイジー・駅のトイレ・ファッキン・アニサキス・えた・非人・サノバビッチ・シット・ガッデム。
小便・便所の落書き・クロマニョン人・異星人・不要物・障害物・ツツガムシ・邪魔者・除け者・虫けら・
不良品・カビ・腐ったミカン。 土左衛門・腐乱・腐臭・マザコン・爪のあか・サランラップ・落伍者・犯人・
破廉恥・通草木葉・ミトコンドリア・ならず者・チンカス・膿・垢・フケ・化膿菌。 放射能・放射線・鬼っ子・
石川五右衛門・クモの巣・妄想・邪宗・異教徒・恥垢・陰毛・貧弱・白ブタ。 ケダモノ・ボッコ・ろくでなし・
カツオノエボシ・VXガス・ヒ素・青酸・監獄・マゾ・アンタレス・獄門・さらし首。

235 :日本@名無史さん:2006/05/30(火) 21:16:49
>>232
逆賊高氏信者が集まる基地外病院です

236 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 20:03:27
そうだね

237 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 21:00:14
つうかこのコピペを張り巡らせてる池沼はいったい足利に何の恨みがあるのだろうか
クラスの足利くんにいじめられている友達イナーイくんなのかなあw?

238 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 21:12:04
何処かの誰かみたいに自分が逆族の子孫であることに気がついて精神のバランスが崩れたんじゃない?

239 :日本@名無史さん:2006/06/02(金) 16:37:17
             ∧_∧ 
             (  ・∀・)  ←逆賊高氏
            / ̄ ̄ ̄\
.       .     | ┃ ┃ ┃.|        ∧_∧
            |      │       (´∀` ) はい、手品しまーす
            | ┃ ┃ ┃.|  <二二ハ|lllll)と )
            |      │       | | |
            \___/       (_(__)

              .°
              ∧_∧ モギャー!!!!??? 
          。・゚ ゚・(  ゚>Д<)・゚ ゚・
            l |⊂    つl| |
           |l   (   ;・ )l|
           ・ ! 。| し'´;゙∴・ |l
            |l |l| !。|! |∴
             |l |l| !
            / ̄ ̄ ̄\
.       .     | ┃ ┃ ┃.| ∧_∧ ─
            |       |(´∀` )それ!─
            | ┃ ┃ 二ハ|lllll)と ) ─
            |    ブス│( (\ \   ─
            \___/ .(_)(__) ─

240 :日本@名無史さん:2006/06/02(金) 16:38:20
    高                                  逆
    氏   し!     _  -── ‐-   、  , -─-、 -‐─_ノ  賊
  小 礼    // ̄> ´  ̄    ̄  `ヽ  Y  ,  ´     )  高 え
  学 賛    L_ /                /        ヽ  氏  |
  生 が    / '                '           i  !? マ
  ま 許    /                 /           く    ジ
  で さ    l           ,ィ/!    /    /l/!,l     /厶,
  だ れ   i   ,.lrH‐|'|     /‐!-Lハ_  l    /-!'|/l   /`'メ、_iヽ
  よ る   l  | |_|_|_|/|    / /__!__ |/!トi   i/-- 、 レ!/   / ,-- レ、⌒Y⌒ヽ
  ね の   _ゝ|/'/⌒ヽ ヽト、|/ '/ ̄`ヾ 、ヽト、N'/⌒ヾ      ,イ ̄`ヾ,ノ!
   l は  「  l ′ 「1       /てヽ′| | |  「L!     ' i'ひ}   リ
        ヽ  | ヽ__U,      、ヽ シノ ノ! ! |ヽ_、ソ,      ヾシ _ノ _ノ
-┐    ,√   !            ̄   リ l   !  ̄        ̄   7/
  レ'⌒ヽ/ !    |   〈       _人__人ノ_  i  く            //!
人_,、ノL_,iノ!  /! ヽ   r─‐- 、   「      L_ヽ   r─‐- 、   u  ノ/
      /  / lト、 \ ヽ, -‐┤  ノ  キ    了\  ヽ, -‐┤     //
ハ キ  {  /   ヽ,ト、ヽ/!`hノ  )  モ    |/! 「ヽ, `ー /)   _ ‐'
ハ ャ   ヽ/   r-、‐' // / |-‐ く    |     > / / `'//-‐、    /
ハ ハ    > /\\// / /ヽ_  !   イ    (  / / //  / `ァ-‐ '
ハ ハ   / /!   ヽ    レ'/ ノ        >  ' ∠  -‐  ̄ノヽ   /
       {  i l    !    /  フ       /     -‐ / ̄/〉 〈 \ /!

241 :日本@名無史さん:2006/06/02(金) 16:39:01
:【痛すぎる逆賊高氏信者の特徴】

・他の歴史人物を引き合いにだして逆賊高氏を賞賛する。「人間性」と事業が自慢
・各所にマンセースレを乱立
・他の歴史人物のスレで聞かれもしないのに逆賊高氏の話を持ち出して「さりげなく」自慢
・他の歴史人物のスレを逆賊高氏の話題で占領。高氏ヲタ主導でスレを仕切り始める
・気にいらない歴史人物をいろいろなスレでこき下ろす。とにかく否定的な言葉を並べれば良いと思っている。
 板違いスレ違いおかまいなし
・その一方で逆賊高氏に否定的な言葉を見過ごすことができず、それがいわゆるアンチスレであってもだ
・誰もが逆賊高氏に興味しんしんだと思っている。興味のない人の存在を慮ることができない
・逆賊高氏、高氏ヲタが嫌いなのは楠公ヲタしかいないと決めつける
・アンチレスをスルーすることができない。とことん粘着して反論しようとする
・都合の悪い書きこみ、気にいらない書きこみは全てアンチの所為にすること自分を安心させる
・本スレのトラブルや諍いも全てアンチの所為にする
・根拠ない自信にあふれている。それが虚勢であることに気付いていない。自分が悪い時もなぜか偉ぶるのが特徴
・時おり部外者のふりをして逆賊高氏やそのヲタを持ち上げていくが、
 不自然な名乗り方、独特の上からものをいう口調でバレバレ
・物ごとを勝ち負けで考える癖がある。具体性のない勝利宣言を行う
 第三者のふりをして「高氏ヲタの勝ち」と繰り返しつぶやくことで、それが事実になると思っているかのようだ
・自分自身を逆賊高氏という存在に投影している。高氏ヲタのマナーを咎められても
 逆賊高氏が(人気があるから叩かれたのだと勘違い、反省なし

242 :日本@名無史さん:2006/06/02(金) 16:45:15
尊氏は尊王家。
しかも、院政をのぞんだ。
当時の公家社会の希望と同じ。

243 :日本@名無史さん:2006/06/05(月) 19:24:46
逆賊高氏の存在を許した我々一人一人が逆賊である。
我々はまずそのことを自覚し、詫びることが必要である。
この罪は決して清算できるものではない。
そうであるからこそ我々は大恩に報いるべく一人一人が国のために何をできるかを考え、
日々懺悔し、毎日を生きねばならない。それが現代日本人のレゾンデートルであり、戦前の日本人の精強さの秘訣だった。
今日の学校教育ではそれを教えないから無為の日々を送って平然とする若人が増え、
萎業不振の平成不況を招いているんだ。

244 :日本@名無史さん:2006/06/05(月) 19:27:27
           ( ( __) )    糞幕府を立てた逆賊高氏を
  /\     l\< 、_    ゝ    今、地獄の業火で焼いています。
/ /|ヽ\    | ヽ (io\ ル、/,)
   |  ヽ\   | c)    フ 、, ヾ
  |    ヽ\  ゝ_ , ヽ  ,_、_,ノ     、 、 、 、
  |      ヽ\ ヽ   VwwwV ヽ   / UUUU  アツイヨ!
 | / ⌒ ヽ_ノ  ヽ\_ヽー''ノ  )  (つ(;´Д`)ノ アァッ-!!
 レ'    /    ヽ  ーヽ   | ヾ\/ (     )へ  ←逆賊高氏
      \ ゝ   )   |  ノヽ  イ '  >  , '
        ヽ   丿\ヽ ノ )  \_ノ   人 '人 , ゴオオオォォォーー
_____/|\   、|ヽ ノ )       ' ( ( 人( ))
         \\  ⌒ ̄ ̄~`へ     ( 人( ))人 , チリ チリ
 火にでも    | \__ニ  ヾ )   =从  从 ())=
 あたってけや。 | 

245 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 09:47:56
ここは・・・・・・一人が数多くのレスを書いているのかな?
気違い隔離病棟なのかな?

246 :日本@名無史さん:2006/06/10(土) 00:21:23
「日本の100人」の逆賊高氏号、読んでみたけど酷い出来でしたね。
一冊まるまるが醜い逆賊高氏賛美の内容で埋め尽くされていました。
週刊誌なんて所詮こんなもの、期待した私も馬鹿でした。

247 :日本@名無史さん:2006/06/17(土) 17:27:44
逆賊高氏晒しage

248 :日本@名無史さん:2006/06/26(月) 19:29:36
物語日本史は遺書。

249 :日本@名無史さん:2006/06/30(金) 07:32:11
逆賊高氏

250 :日本@名無史さん:2006/06/30(金) 15:24:59
逆賊高氏信者は自分の父親が浮気して不倫女の所にいって
母親と一緒に捨てられてみればいいと思う

251 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 20:26:45
逆賊高氏

252 :日本@名無史さん:2006/07/11(火) 04:56:40
きおしぃ〜〜〜

253 :日本@名無史さん:2006/07/11(火) 16:46:22
    / ̄`Y  ̄ヽ、   
   / / / / l | | lヽヽ                       
  / / // ⌒  ⌒ヽ    
  | | |/  (●) (●)  
  (S|| |   ⌒ ・ィ  ヽ 
  | || |   ト-=-ァ ノ     
  | || |   |-r 、/ /|                
  | || | \_`ニ'_/ |
        
      逆賊高氏ギザキモスだお(^ω^ )
      信者と一緒にきえてほしいお(^ω^ )

      〓しょうこ〓

254 :日本@名無史さん:2006/07/11(火) 23:54:58
『悲劇縦走』『武士道の復活』『日本の悲劇と理想』は持ってるんだが
『万物流転』『天兵に敵なし』『伝統』は持ってないし読んだ事もない。

読んだ事ある人いる?
精神修養書の一つとして読んでいる。

255 :日本@名無史さん:2006/07/12(水) 00:52:53
錦正社にあった?

256 :日本@名無史さん:2006/07/12(水) 21:10:20
『悲劇縦走』は皇學館、『武士道〜』と『日本の〜』は錦正社。

『万物流転』『天兵に敵なし』『伝統』は古本屋で探さないと駄目だと思う。

257 :日本@名無史さん:2006/07/26(水) 01:02:27
ひえー

258 :日本@名無史さん:2006/08/06(日) 20:28:51
逆賊高氏さらしあげ

259 :日本@名無史さん:2006/09/02(土) 14:09:37
私の精神的恩師です。

260 :日本@名無史さん:2006/10/24(火) 02:51:27
嗚呼、天は何故このぉおお忠誠無比にゃる人物にこのぉおおようにゃ苦難を授けられるのぉおおか!
逆賊バカ!バカ!まんこ!!りのぉおお世のぉおお中れは忠のぉおお道を歩むことはちゅらいぃ。
俺も君のぉおお怒りとそれによる苦しみはよく理解れきるのぉおお。
しかし、君は休んれバカ!バカ!まんこ!!りいぃられるのぉおおらろうか!?
いぃや、そうれはにゃいぃはずら。君のぉおお気持ち、君のぉおお辛しゃは痛いぃほお゛お゛っどわかるのぉおお。
らが、俺は君のぉおお立場を否認しゅるのぉおお必要がぁあああ あぉるのぉおお。
にゃぜにゃら、逆賊高氏のぉおお存在を許してぇぇぇぇ゛しまった我々一人が逆賊らかられぁあああ あぉるのぉおお。
我々は決してぇぇぇぇ゛休むことを許しゃれた存在れはにゃいぃのぉおおら。
逆賊れぁあああ あぉる我々は、ちゅねに懺悔せねばにゃらにゃいぃのぉおおら。
力乏しく逆賊高氏に敗れ去った吉野時代のぉおおことを君はどう思っていぃるのぉおおか!
君もいぃま力乏しく逆賊高氏のぉおお時空を超越した逆賊エネルギーに敗れちゅちゅぁあああ あぉるのぉおおら!
君のぉおお気持ちは痛いぃほお゛お゛っどよくわかるのぉおお。らが俺は君を許しゃにゃいぃのぉおお。涙をもって、こういぃう他無いぃ。君は逆賊ら!
ちゅらければ大楠公のぉおおことを想え。君がここれ倒れては大楠公のぉおお御遺志を無駄にしてぇぇぇぇ゛しまうことににゃるぞ。
大楠公万歳!万歳!万歳!

261 :日本@名無史さん:2006/12/12(火) 20:21:50
村尾次郎博士、帰幽。
同学、黙祷。

81 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)