2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

播磨赤松氏について語るスレッド

1 :日本@名無史さん:2006/04/02(日) 09:20:07
他の四職家のスレがあるのに、赤松家のスレがないのは解せない。
そんなわけで、スレ立てました。

2 :日本@名無史さん:2006/04/02(日) 09:30:06
三管四職スレッド立てればいいんでないの

3 :日本@名無史さん:2006/04/02(日) 09:41:31
赤松円心はすき

4 :日本@名無史さん:2006/04/02(日) 14:11:16
幕臣だった赤松則良は明治になって男爵になってるけど、則良はどの系統なんすか?

5 :日本@名無史さん:2006/04/13(木) 09:08:30
赤松で残れたのは有馬系ぐらいだったかな

6 :日本@名無史さん:2006/04/19(水) 03:08:40
赤松政則は加西の長円寺で暗殺されたのだと思います。

7 :日本@名無史さん:2006/04/19(水) 03:23:40
赤松⇒浦上⇒宇喜多のトリプルコンボ

赤松⇒小寺⇒黒田のトリプルコンボ


この2つは熱すぎ

8 :日本@名無史さん:2006/04/19(水) 07:41:06
赤松万歳!

9 :日本@名無史さん:2006/04/19(水) 14:05:13
赤松則房って、それなりにしたたかだったらしいね

10 :日本@名無史さん:2006/04/20(木) 01:44:10
みんなシンポには行くの?

11 :日本@名無史さん:2006/04/20(木) 03:18:22
分家の別所氏の三木城の発掘調査が実施されているそうですね。
本丸跡の調査は既に3年前に行われたとのこと。
全然知らなかったので、今ごろ質問ですみませんが、
三木城本丸跡の長治公の辞世の句碑がある土壇(伝「天守台跡」)は、
本当に天守(あるいは天守に近い建築物)の土台だったのでしょうか?
ネット検索すると少しだけ情報が出てきましたが、
(1)本丸跡が溝で区画されていたこと。
(2)石垣の基礎部が出土したこと。
の2点がわかっただけです。

12 :日本@名無史さん:2006/04/21(金) 09:56:01
義教に殺られそうだったから先に殺っちまうという発想が素敵

13 :日本@名無史さん:2006/04/21(金) 12:06:32
赤松の英雄は円心と満祐

14 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 00:07:16
義教に掘られそうだったから先に殺っちまうという発想が素敵


15 :日本@名無史さん:2006/05/05(金) 09:16:47
小寺氏って赤松一族だっけ?

16 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 05:10:17
小寺は赤松一族ではないですが、円心以来の重臣として姫路平野を治めてい
ましたし、代を重ねるうちに、おそらく赤松家から小寺家へ嫁いだ姫もいた
かもしれませんし、小寺家から赤松家に嫁いだ(この場合は側室としかも?)
姫もいたかもしれません。
赤松一族並みの待遇だったことは確かですよね。

17 :日本@名無史さん:2006/05/08(月) 04:23:33
>>16
小寺は普通に赤松一族だったと思うが。

18 :日本@名無史さん:2006/05/08(月) 04:26:41
wikipediaの赤松則村の項に凄い電波が書かれているよ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E6%9D%BE%E5%89%87%E6%9D%91
>建武の新政下の円心
>鎌倉幕府滅亡後の建武の新政では、それまでの播磨国守護職を没収されるなど優遇されなかった事が知られ、

赤松って元弘以前に播磨の守護だったっけ?
そもそも赤松って鎌倉幕府の御家人だっけ?

19 :日本@名無史さん:2006/05/08(月) 07:14:47
一度、瞬間的に播磨守護になっていたが正式な論功行賞でははずされた
または当然守護になるとみんなが思っていたのになれなかった
そのあたりなのかな?

20 :日本@名無史さん:2006/05/08(月) 15:08:47
確か御家人ではなく、楠木等と同じ悪党

21 :日本@名無史さん:2006/05/08(月) 22:36:26
漏れの祖父の墓の周りは赤松だらけ。
漏れも別所の…
滅んだと思われてるからこれ以上は言えない。

22 :日本@名無史さん:2006/05/08(月) 23:13:13
民俗学者の赤松啓介も赤松の末裔なの?

23 :日本@名無史さん:2006/05/08(月) 23:20:40
私の姓はマジで赤松だけど実家(姫路)は赤貧だし
おとんが「わしは士族の末裔じゃ」と言ってるのも聞いた事がないし
徳川家とか財閥の娘とかの方がずっと格上の気がする。

24 :日本@名無史さん:2006/05/08(月) 23:39:42
>>23
正常な感覚です。

25 :日本@名無史さん:2006/05/08(月) 23:57:26
>>23
合併して姫路になったところ?

26 :日本@名無史さん:2006/05/09(火) 15:10:21
>1 無いのには、それなりの理由があった

27 :23:2006/05/09(火) 20:08:00
>>25合併?松浦亜也ちゃんの卒業したT小学校の有る町です。

28 :日本@名無史さん:2006/05/10(水) 19:53:47
>>27
ふ〜ん。あのへんにも赤松姓がいるんだ。

29 :27:2006/05/10(水) 21:24:02
>>28場所、分かりましたか?
とは言え、私のおとんは愛媛県北宇和郡吉田町出身で偶々、姫路に住んだだけなんだけどね。
吉田町は、赤松姓が多い。播磨赤松とは無関係なのかも知れない。

30 :28:2006/05/10(水) 21:59:18
>>29
詳しくは知らないけど、播磨赤松との関わりを伝えてたんじゃなかったかな?
吉田町の国府寺氏なんかも系図では播磨出身をうたってるはず。

31 :29:2006/05/10(水) 22:41:18
>>30レス有難う。私の祖先は殿様だったのかな?

32 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 02:31:43
>>27
年齢詐称説はデマ?本当?

33 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 06:29:27
>>22
>民俗学者の赤松啓介も赤松の末裔なの?
当人はそう書き残している。本名は別の苗字らしい。
元は赤松の支族として名家扱いされていたが、啓介が共産主義者として捕まってしまったために
「主義者を出した家系」として差別されるようになったんだとさ。戦中の数年のことらしいが。

34 :28:2006/05/11(木) 22:36:02
>>31
置塩赤松氏は置塩城を退去して阿波に移るんだけど、その後のことはよく分からないんじゃないかな?
吉田町の赤松氏は吉田藩陣屋のある立間尻村の庄屋だったはず。
陣屋跡にある資料館で赤松氏関連の史料集が売ってるよ。
4年程前に行ったからもう売り切れてるかもしれんけど。
国府寺氏関連の史料集も売ってた。

私はその時お金がなかったから買ってないんだけどね。

35 :29:2006/05/13(土) 22:34:38
>>32実年齢ですよ。お母さんはアヤヤにそっくり。次女の琴ちゃんはちょっと地黒かな。
>>34吉田町に立間って有るよね。違うのかな?庄屋か、自分のルーツって不思議ですね。

36 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 22:47:10
>>19
このHPに赤松は鎌倉時代に播磨国の守護だったって書いてあるよ。
http://www.geocities.jp/sou_nihonshi/taiheiki.htm

37 :28:2006/05/13(土) 23:23:42
>>35
立間は立間尻からすこし谷に入ったところですね。

>庄屋か、自分のルーツって不思議ですね。
近世に庄屋をしてた赤松氏の直系かどうかはわかりませんけどね。
でも、なんで吉田から姫路に移住したんでしょうか?

38 :35:2006/05/13(土) 23:29:06
>>37田舎だから働き場所も無かったののではないかと思います。


39 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 02:14:06
建治年間以後の播磨守護は北条一門がついていたはず
赤松の入る隙はないよ

40 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 23:14:21
でも>>18>>36のサイトに両方そう書いてある。

41 :28:2006/05/14(日) 23:55:48
>>38
あ、失礼。
そーゆー意味じゃなくて、なんでまたあえて播磨に戻って?きたのかなぁ、と思ったわけです。

もっと都会に出てもよかったはずなのに、やっぱり播磨に縁があったのかなぁ?

42 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 00:14:20
>>29
そのT小学校のあたりの城は黒田如水の弟が
一時期収めてました 開いたのは赤松分家  赤松則村だっけ
小寺の城の北の押さえですね
なので実家の赤松家がその辺にあってもおかしくはないかもです

43 :日本@名無史さん:2006/05/16(火) 05:45:11
>>15 >>16 >>17

◆御一家衆・・・本家に次ぐ地位で、足利将軍の直臣になっていたのもいる
七条家、伊豆守家、播磨守家、有馬家、上野守家、在田家、本郷家、
広岡家、永良家

◆御一族衆・・・前者よりはワンランク下扱いの赤松一族
    別所家は16世紀後半に台頭したことは周知のとおり。
下野守家、遠江守家、能登守家、宇野家、間島家、上月家、別所家、
佐用家、豊福家、得平家

◆年寄衆・・・赤松一族以外の重臣
      御一家衆、御一族衆の分家もある
浦上家、喜多野家、富田家、小寺家、中村家、上原家、堀家、櫛橋家、
依藤家、明石家、薬師寺家、城所家、後藤家、衣笠家

上記は33家ですが、他の3家を加えて「赤松三十六家」と表現している
資料もあります。

44 :日本@名無史さん:2006/05/16(火) 06:06:47
赤松一族八十八家なるものもあるらしいね。

45 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 01:20:52
後南朝の皇族を殺して御家再興する執念が素敵。

46 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 19:48:01
赤松の遺臣たちが吉野の後南朝に召使いとして入り込んで、
長年勤めて信用させて、それなりに昇進して、
偉い人たちと会える身分になったところで謀反を起こして後南朝の皇族を
皆殺しにして、首と神器を京都の北朝に持っていったんだよね。

47 :日本@名無史さん:2006/05/22(月) 02:16:38
>>45
赤松って南北朝分裂後も北畠とは親しいのにね。

48 :日本@名無史さん:2006/05/22(月) 02:18:02
>>43
>◆御一家衆・・・本家に次ぐ地位で、足利将軍の直臣になっていたのもいる
>七条家、伊豆守家、播磨守家、有馬家、上野守家、在田家、本郷家、
>広岡家、永良家

というか、こいつらはほとんど室町幕府の奉公衆のような気が・・・。

49 :日本@名無史さん:2006/05/22(月) 23:58:20
姫路に別所町てあるけど
赤松の一族の別所氏と関係はあるの?
三木にも別所ていう地区はあるけどさ

50 :日本@名無史さん:2006/05/23(火) 00:08:45
>>49
同族 三木別所の分家筋が姫路別所でそこの家老家が小寺
小寺が台頭してきて姫路別所城主
 小寺の家老で姫路城築いたのが黒田官兵衛と官兵衛の父親

51 :49:2006/05/23(火) 00:10:26
>>50
ありがと
詳しいね

52 :日本@名無史さん:2006/05/24(水) 00:14:27
四国の阿河って姓は赤松氏とか淡河氏に関係ありますか?
ttp://www.8000.gr.jp/kyoto/bessyo.htm
にそれらしいことが書いてあるんですがよくわからなくって・・・。

53 :日本@名無史さん:2006/05/24(水) 00:56:47
>>50
姫路の別所城ってどこにあるの?

54 :日本@名無史さん:2006/05/24(水) 14:29:38
御着

55 :日本@名無史さん:2006/05/24(水) 18:30:52
しっかし、将軍暗殺の汚名を着てしまった、満祐は悲惨だね。
義持の男色相手に惣領家を挿げ替えられそうになったんだっけ?
満祐は怒って、京の屋敷を焼き払い、自領へ・・・

そして、義教にも・・・弟の領地を取り上げて庶流の貞村に与えたんだよな・・・そして惣領家の地位も・・・

56 :53:2006/05/24(水) 22:14:35
>>54
それって御着城じゃ…

57 :50:2006/05/24(水) 22:15:33
>>55
もともと赤松が播磨一帯で勢力を広げられたのは
婚姻もありますが「親戚の親戚はみな親戚だ」作戦で全て同祖同族として取り込んだことが
一番大きいですから
 悪党(正規の守護認可されていない意味)として親楠木の太平記で悪人にされているのは悔しいことですね
 そして応仁の乱
 衰退しても盛り返して戦国、江戸期を生き延びた赤松一党はえらい
小寺なんて池田姫路藩でちゃっかり仕官してますし姫路市長もだしましたし


58 :50:2006/05/24(水) 22:46:24
>>56

御着城は茶臼山城とも天川城ともいわれています
本丸跡地に天川神社小寺大明神が祭ってありますけれど 「天川城主小寺〜」みたいに書いてあります
西には黒田家廟所がありますね
『播磨鑑』に入り江に皇后の舟が接岸して荷を運んだため御着と言うようになったとあります

夢前も市川も氾濫するために姫路城周辺の支配地はわりと取れ高が安定しないわけで
旧飾東郡(飾東から見野のあたりまでのこと昔の海岸線)を流れる天川は小さい分氾濫しにくいため
永承十六年(1519)小寺政隆が隠居のために築いたのですが
 赤松宗家が衰えたので一族の別所が三木城メインになり中播磨は御着城の小寺勢力が大きくなり
 三木一族は英賀城(英賀保)を基盤としました
播磨の戦国期三大国人城といわれていますね
・・・・名前混じりすぎですがw

天川城は長さ110間、横80間。古城は本丸・二の丸ともに60間4方なりと『播磨鑑』にありますので
縦190m幅130mの三の丸 本丸二の丸ともに100m×100mくらいですね
天川と引き込んで北・東は四重 西・南は二重+天川という堀の構造だったようですね


59 :日本@名無史さん:2006/05/24(水) 23:41:54
携帯から失礼します。くわしい方教えてください。赤松政則の頃はかなり広い版図築いてたのに義村の代でなぜ没落したのでしょうか?

60 :日本@名無史さん:2006/05/24(水) 23:42:29
>>57
>悪党(正規の守護認可されていない意味)として

鎌倉期の赤松は確かに得体の知れない悪党だけど、
建武3年以降は、室町幕府が任命した正式な守護なのでは?

61 :日本@名無史さん:2006/05/25(木) 01:59:58
>>59
政則の代の末期の段階ですでに下克上の兆しはあったよ

62 :50:2006/05/25(木) 20:38:06
>>60
太平記での話ですよ
後醍醐天皇が播磨をお気に入りの新田義貞に与えようとしたので武力で追放し
後醍醐帝と反目していた足利尊氏に播磨守護認可のみかえりとして後醍醐帝の後背を脅かす
と密約を結んだとされてて
 楠木正成候が帝の命令なのに裏切行為だと非難する
なんてシーンがありますから

63 :日本@名無史さん:2006/05/25(木) 23:20:23
>>57
姫路市長てのは戦前の話?


64 :日本@名無史さん:2006/05/27(土) 23:27:10
まあ、今では赤松の子孫だなんて人間がいても、地元の播州ではふうんで
済まされるだろうな。黒田の子孫のほうが一目おかれる。

65 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 20:57:59
山名の子孫で、播州に住んでいますが何か?

66 :53:2006/05/28(日) 22:32:27
>>65
西今宿在住ですか?

67 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 00:13:44
                             ┌- 、._
                                |    7
                 _,,.. -──- 、.._     |   ./
               ,.‐'"´           `` ‐、|   / /
            /                  ///
      ,,.. -─- 、/                    /
    ,.‐'´ _                         ゙i、
 ∠ ‐ '"´/                          i
     ./                                 |
    ./    ,.イ                        |
   .l    //      ,イ ,1    |ヽ     ト、      !    
   i   ./  i  ,   /l / l.l !  、 ト、゙i ,ヘへ、l ヽ.ト、|、 /
   l.  /  .|  /|  /-|←┼‐l、 ヽ ト、!, -─ヽ|─!-l、i /
    ! l   l | ! |、`' ,,,,,_  ヽ、l\l-i'   ,,==、"~! i"ヽ
.    ヽ!     ヽ|,/l゙、! l  /  `i  l──|.  { ●l.  | )|
          l.(l  l |● |   ,! -  l、 ノ  ノ l  /"ノ
          ヽ ヽ、._l_`=='",.ノ  '~  ヽ、`ー" _.l_//   
             ヽ、.__,l  ̄  人   ノヽ   ̄ /、‐'´     
                T`'''i,  `ー"  \__,/'´‐-ヽ   
                _ .},  `ー--ー'''" /            
            _,,.. -‐'ヽ `x,    _,,.x="  |`‐- 、.._     くこか?
           / i  / /_ 7`ー'" _.\.  |     i ヽ、
             / l  /   | /||\ / ̄   !   |  !



68 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 00:18:33
んだ

69 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 01:56:41
というか 赤松にしても黒田にしても山名にしても
本当の子孫は少ない。

殆どが明治の新姓。
播磨に住んでるから「赤松」にしようとか、
昔 黒田の殿様の領地だったから「黒田」にしようとか
そんなノリ。

だから、殆どの人は子孫でも何でもないよ。

70 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 20:16:56
特に赤松氏は嫡流が関が原で途絶えたから。

置塩城の総領家は、子供なしで切腹して断絶。

血筋的には嫡流と言える龍野赤松家は、
子供はいたが女子のみで切腹して断絶。

哀れに思った赤松一族である有馬豊氏が、龍野赤松家の
女児を自分が懇意にしている但馬の庄屋に嫁に貰ってもらうよう
依頼して、生活苦にならないように配慮したらしいが。
その家系もはっきりとは残っていないから、正当な子孫は途絶えたまま。




71 :日本@名無史さん:2006/06/26(月) 03:43:50
置塩城跡に立派な白亜の五層天守閣を建てて、
山麓から山頂までドライブウェイを開設すればいいと思いますけどね。

72 :日本@名無史さん:2006/06/26(月) 03:50:15
暗君赤松のなんてかえって迷惑

73 :日本@名無史さん:2006/06/26(月) 13:51:10
実は俺の息子が赤松だよ

74 :日本@名無史さん:2006/07/01(土) 01:22:35
>>62
>楠木正成候

「侯」でも「公」でもなくて「候」って何よ?

75 :日本@名無史さん:2006/07/01(土) 03:52:16
楠木正成は早漏

76 :日本@名無史さん:2006/07/11(火) 00:20:45
まじ

77 :日本@名無史さん:2006/07/22(土) 14:43:07


78 :日本@名無史さん:2006/07/26(水) 20:49:45
赤松のようなゲロウを差し置いてw

楠公のほうが1000倍まし

79 :日本@名無史さん:2006/07/27(木) 11:55:40
必死だな

80 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 05:08:48
オソ松のほうが必死だろw

81 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 22:08:09
ほらね

82 :日本@名無史さん:2006/08/28(月) 19:25:07
あげ

83 :日本@名無史さん:2006/08/28(月) 20:44:34
       |;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;  |   )
      〔i_二八二二二i〕   )  誰ぞ、ネタを投入してくれぬか!!!
       { r' ⌒-、ノ ,r‐l|    ) (※満祐・教康親子も登場!義教を討てるか?!)
      ,-l l ‐=・=´;;l;;;;;;ト,  ノ_
     ヽl l ',   ,_ ! ,'ノノ    ⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
      ハ. l  r'"__゙,,` l|        
 .    / lヽ ノ ´'ー'´,ハ___ , -‐ 'フ ̄ヽ
   _,<´  l ヽ,,,,二,,,/ トへ /  /     | 足利義教と共に苦難を乗り越えてゆくスレB
 , --,.─ヶ┴‐,‐‐--‐'´ / /_ノ     | ttp://p2.chbox.jp/read.php?host=academy4.2ch.net&bbs=history&key=1154227935&ls=all
/ フ´ /彡'´              /
    / /     \   、      /
  //        \ー--=―┬‐'   ビシッ!
 |   丶      \/ ,|  |
   6代将軍・足利 義教



84 :日本@名無史さん:2006/08/30(水) 02:16:40
糞足利将軍よりも
南朝の皇子弑逆の大罪の方が大きい

この家滅んだのも道理
永遠の朝敵


85 :日本@名無史さん:2006/09/02(土) 00:21:36
俺は後南朝スレの住人で玉川宮の末裔だ。

糞赤松は永遠に呪われろや!

86 :日本@名無史さん:2006/09/02(土) 00:41:02
・・・もしかして、本能寺の秀吉陰謀説みたいに。
赤松を討った、山名宗全が満祐を精神的に追い込んで義教を弑逆させて
逆賊の名の下で赤松を討ち果たし、そして遺領を丸々ゲット。
領地を増やして、幕府での発言力を増した所をみると・・・実は・・・なんてw

満祐が解任された侍所別当の後任は宗全だしw
嘉吉の乱では義教と共に参列して、脱出・・・義教の信頼に厚いが逃げて赤松を討ち果たす所があやしいな〜
同属の山名熙貴(因幡守護家、義教近侍)は、残って奮戦したのに・・・
惣領として犬死を避けたかったのかも知れないが。

87 :日本@名無史さん:2006/09/15(金) 12:52:28
【うどん】うどんブームに続け! ニンニク風味の甘辛たれで味付けした“名物・ホルモン焼きうどん”がサンドイッチに…兵庫県佐用町
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1158234816/
本拠地はこちら

88 :日本@名無史さん:2006/09/26(火) 02:11:38
赤松

89 :日本@名無史さん:2006/09/26(火) 19:39:07
>>85
ご愁傷様です
まあ現在の天皇家のかたでも族子のひとなら特権ありませんしね
タクシー会社の部長と結婚された人もおられますし
末裔の末裔のかたでしたら結局ただの人ですな

90 :赤松俊弘:2006/09/27(水) 17:24:28
赤松

91 :日本@名無史さん:2006/10/03(火) 14:30:56
燃える赤松播磨を守れ


92 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 03:20:54
>>91
塩屋崎山の陣で死んだので、もう守れません。

93 :日本@名無史さん:2006/10/17(火) 04:00:33
別所家を守るために周辺の土豪が一斉に荷担したのに対して
赤松を守ろうとしたものなどほとんどいない件について

94 :日本@名無史さん:2006/10/20(金) 08:17:24
置塩城の赤松総領家は力を無くしていたからな。
龍野赤松家は戦わずに降伏したし・・・・・・

佐用赤松家には多くの土豪が味方したぞ。

95 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 18:38:28
小寺家から出た市長って、神戸市長じゃなかったっけ?↓
第11代神戸市長・小寺謙吉氏(昭和22〜24年在職・初代公選市長)
姫路市長も出たの?後小寺本家は現在天川姓を名乗っておられるようですが。


96 :日本@名無史さん:2006/11/12(日) 06:25:15
>>93
別所家
まだ天下統一していないとはいえ、最大の大名で、京都を押さえていて、
官位も右大臣(すぐに辞退したけど)な織田信長が羽柴秀吉や織田信忠
に大軍を与えて攻めてきたという状況。

赤松本家
播磨国内の小競り合いで衰退してしまったという状況

比較しようがないほど違います。
赤松本家は悲惨な末路をたどっていますし。
ttp://homepage2.nifty.com/OTIBO_PAGE/rekishi/akamatu/norihusa.htm

97 :日本@名無史さん:2006/12/08(金) 03:25:16
あげ

98 :日本@名無史さん:2006/12/08(金) 09:53:39
>>96
意味不明。
別所のケースは、信長の進出が土豪たちの播磨ナショナリズムを刺激したとでも主張する気か?

99 :日本@名無史さん:2006/12/08(金) 10:16:40
別所の場合は、秀吉の無礼な態度に憤慨。
柴田との喧嘩とか、秀吉が天狗になっていた時代。

100 :日本@名無史さん:2006/12/08(金) 20:33:52
>>99
で国人が三木城になだれこんだのには龍野〜加西〜明石の諸城下町を焼き払っていったこともある
秀吉は農民には容赦するなとして田畑や村領民を巻き込んで焼き払ったため土豪が三木になだれ込んだ

毛利方で親戚筋の別所と京を支配する織田の両方にいい顔をするために
秀吉に馬を送り三木城には兵糧を送るっていうのは生き残るためには普通のことでしたが秀吉がとがめたんですな
・・・城郭研究センターや村の古老などに逸話や資料が多少のこってありました

101 :日本@名無史さん:2006/12/08(金) 23:22:00
>>100
日本語が下手すぎて文意を汲み取りにくい。

102 :日本@名無史さん:2006/12/17(日) 21:38:44
足利将軍・義教を暗殺しなかったら
男色相手の貞村に惣領の地位は奪われたのかなぁ〜?
それとも播磨守護職を貞村に挿げ替えられだけだったのか・・・?

山名惣領・持豊に対する因幡家・山名熙貴、細川京兆家持之に対する阿波家・細川持常
一色惣領・義貫に対する一色持信(義貫の弟)など
一色義貫は成敗されて持信の子に継承されたしね。。。同様の成敗劇で細川持常も三河守護を拝領したし

惣領家に対する弱体化を狙うのは将軍家の権威拡大には当然の人事ではあると思うけど・・・

103 :日本@名無史さん:2006/12/23(土) 20:57:05
勢力が大きく、京からも近い位置にあったから、いつかは
他の守護大名と同じ末路を辿ったかもね。

104 :日本@名無史さん:2007/01/30(火) 02:52:05
義教は武家諸法度もないくせに大名を滅ぼしすぎ。

105 :日本@名無史さん:2007/01/31(水) 19:49:18
http://www.geocities.jp/kawabemasatake/norisuke.html

の系図だと赤松持貞、貞村、満政などの方が直系になるのですね・・・
満祐の時代に持貞、貞村と将軍家の男色関係?の側近に挿げ替えられる事があったが、
この系図からすれば、直系なので惣領を相続してもおかしくはないのだね。

106 :日本@名無史さん:2007/01/31(水) 19:53:46
まさに嘉吉の乱後の赤松討伐戦で、
則村系・幕府方(赤松貞村、満政、有馬持家、持彦)VS範資系・反幕府方(赤松満祐、教康、義雅、祐尚、孝橋則繁)
の対立構図になっているのだね。。。

107 :日本@名無史さん:2007/02/01(木) 19:07:50
ちなみに、幕府方として赤松満政が論功行賞で播磨東三郡(加東、美嚢、印南)を宛がわれたが、後に幕府に領地召し上げを喰らい、
加東市・三草山で挙兵したそうだけども。結局播磨守護・山名宗全に宛がわれる。

召し上げの原因が、播磨守護・山名宗全の播磨全領を狙っての讒言・・・?
一方では、満政が播磨全領回復を野望して・・・?

どうなの?詳しい人教えて!

108 :日本@名無史さん:2007/02/01(木) 19:53:42
俺は姫路の御立って所に子供の頃住んでいたが、当時友達で書写山の麓の横関
って所にいた友達がその上級生と二人で、俺の家に泥棒に入った事が有る。
当時はのどかな田舎町で近所の人も出かけるときも鍵を掛けない家が多く、
俺の家もそうだった。
だから自業自得なんだけど、その友達の上級生と言うのが赤松って名字で代々
横関では地主の家柄らしく、その子供が泥棒をしたと言うので結構騒がれて、
その両親が誤りに来たのを覚えてる。近所にはこれまた地主で置塩って名字の友達も
住んでいたし、あの辺りは結構そういう家が多いのかもしれない。

109 :日本@名無史さん:2007/02/02(金) 18:07:28
赤松持貞

110 :日本@名無史さん:2007/02/03(土) 01:47:42
     \ ||ー――-、,,__,,,,――|l/       足利 義教      .;.;::;:;;:;;:,;,,;:;:;;;;;;;;;;;;;;,;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;,
      /:/l::|:::::::‐=・=ヾ' ;;''=・=‐.ll  . _,,;-‐''"~           .:..::..,....::.,.;:;..,:.:;;:,,.;.;::;:;;:;;:,;,,;:;:;;;;;;;;;;;;;;,;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;,
⌒‐-,,,,_ /:/ヽl|:::::::::::'´   | ::::::::::llリ/ヽ          __   \_ `‐\___/::::::/   // ̄^.;;;;;;
    ヽ/ ヽ. l|:::::::, '     ! :::,'l||:::::::::::::ヽ       ./ ○ ヽ、 / `-_______________,,,______//  ○  \
    く:::::::::` |:::''´ _,,, 'ー、r' ::::,'||::::::::::::::::::ヽ     /      \,,,--―''''''''''''''''''''''-―-ー /         ヽ
     ヽ:::::::::|::::::::l´ャ―-―ァ'l::,l,___/..       ⌒‐-,,,,_  /:/ヽ-\-,,,,__,, -/ーー-||   _,, ;-‐''"⌒~~~
         ト、::l  ` ̄ ̄  .l,l.      /\    .     ヽ/::::|| (●)    (●) ::::;:||  /:::::::ヽ.;:;..,:.:
         ,,| ヽ|:::::::::::: ̄:::::|/,,,,__ /,、  ./\       /:::::::||.   \___/  ::::::::;;:||::::::::::::::::::::: ヽ;;:;;
 ̄ ̄天 ̄天 ̄| ,、ニttttttttttttt'::::::ヽ、 /.、 .ゝ,/:::::::::::      く:::::::::::ヽ.   .\/   :::::::::::::;;:ソ :::::::::::::::::.:..::;;;;;;;;
zzz,、-ヾヽ┴(~ヾ, '''''    ,  ></ ゝ,ノ/::::::::::::::/                     ,;,,;:;:;;;;;;;;;;;;;;,;,;;;;;;;;;;;
 ,,」   ヾヽ |l:l:|::ヽ、__,,,、r'"  //( ) /::::::::::::::::/::::::    .:..::..,....::.,.;:;   足利 持氏   ;;;;;;;;;;;,;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;,;;;

室町幕府(足利義教) VS 鎌倉公方(足利持氏)決戦!! いよいよ終幕へ・・・
赤松満祐も登場!!

「足利義教と共に苦難を乗り越えるスレ(ディレクターズカット版)」
http://asikagayosinori.web.fc2.com/index.html
お暇なら見てください・・・

111 : ◆choco.get. :2007/02/14(水) 12:37:20
テスト

112 :日本@名無史さん:2007/02/16(金) 14:49:12
お首のせ岩で拝謁したが我等の誇り。尊義、忠義、今の世にあり哉

29 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)