2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

最も歴史が動いた瞬間を1つだけ挙げるとすれば?

1 :日本@名無史さん:2005/12/27(火) 18:58:48
どれよおまいら

2 :日本@名無史さん:2005/12/27(火) 19:00:37
僕は明らかに関東武士の全国への拡散だとおもいます。

全国区地の近畿公家、関東武士の末裔のアイデンティティー
1 :日本@名無史さん :2005/12/27(火) 18:16:11
自分は何処の人だという認識なんですか?


2 :日本@名無史さん :2005/12/27(火) 18:36:34
2


3 :日本@名無史さん :2005/12/27(火) 18:52:25
2chにもいっぱい居るはずです。
東北には物部、藤原、畠氏の末裔、
九州、中国には関東武士の末裔が沢山います。
彼らのアイデンティティーって・・

3 :日本@名無史さん:2005/12/27(火) 19:04:01

また、倭国が滅び日本国が成立し天皇という国家元首が誕生し、
列島に一つの国家権力が誕生したこと。
これこそが実質的に日本国の始まりと言えるであろう。

4 :日本@名無史さん:2005/12/28(水) 01:10:52
俺は昔、時の旅人というファミコンゲームで本能寺がクリアできなかった。
あれ最後は何時代まで行くんだ?

5 :日本@名無史さん:2005/12/28(水) 01:14:18
仙台人が世羅修蔵の墓を削り取った時だろう。

6 :日本@名無史さん:2005/12/28(水) 01:25:16
どう見ても、O人の乱だな


7 :日本@名無史さん:2005/12/28(水) 08:04:05
玉音放送!

8 :日本@名無史さん:2005/12/28(水) 09:34:42
モンゴルによる世界帝国!

9 :日本@名無史さん:2005/12/28(水) 10:11:38
「光あれ」の時

10 :日本@名無史さん :2005/12/28(水) 15:50:16
>3
>列島に一つの国家権力が誕生したこと。
それをいつとするのかについて話すのがこのスレの肝じゃないの?

神武天皇即位?
大化の改新?
壬申の乱?
平安京遷都?
鎌倉幕府設立?
室町幕府設立?
秀吉太閤就任?
江戸幕府設立?
明治維新?
大日本憲法発布?

11 :日本@名無史さん:2005/12/29(木) 01:54:13

鎖国(厳密にいうと完全な鎖国ではないけど)を選んだ時

もしくは

再び外国と接触をもった明治維新頃

12 :日本@名無史さん:2005/12/29(木) 20:58:54
幕末の長州藩での高杉晋作の功山寺での挙兵をした瞬間だと考える。
このときをきっかけとして明治維新、徳川倒幕ののろしが上がったと思う。

13 :日本@名無史さん:2005/12/29(木) 21:06:59
平安→鎌倉、江戸→明治は基本的には変わってない。
一番変わったのは信長の京都上洛。

14 :日本@名無史さん:2005/12/29(木) 21:17:32
日本海海戦の勝利だろ
日本のみならず世界に影響を与えた
アジアの1国が大国に勝ったことで独立の気運を高めた

15 :日本@名無史さん:2005/12/29(木) 21:19:06
ドンゴリ仙台人が、大砲がドンと響けば5里逃げた時だと思う。

16 :日本@名無史さん:2005/12/29(木) 21:39:34
ママの言う事より奥様の言う事を聞かなければならなくなった時、或は子供に言われた時

17 :日本@名無史さん:2005/12/29(木) 21:40:39
日本史なんてクソ蔵ええええええええええええええええええええbn

18 :日本@名無史さん:2005/12/29(木) 22:41:57
真珠湾攻撃だろ。あれで大日本帝国の崩壊→現状(いまここ)→将来中国に侵略され日本滅亡
が決まった。
あの時代を乗り切ってれば千島〜台湾、南洋、満州、さらにアメリカじゃなくソ連と戦争して勝ってれば
北樺太もスタノヴォイ山脈以南の満州、そしておそらく蒙古も支配下に
置けて日本は世界で最も繁栄した国となれたであろうに。

19 :日本@名無史さん:2005/12/29(木) 23:08:18
蛤御門の変だと思う。まぁ、元を探ると、池田屋事件によって長州が爆発したわけだから
池田屋事件が明治維新へのきっかけかも・・・。あれがなければ明治維新は来なかったかも。

20 :日本@名無史さん:2006/01/01(日) 16:17:33 ?
黒船

21 :日本@名無史さん:2006/01/01(日) 17:13:30
角栄の馬鹿

22 :日本@名無史さん :2006/01/01(日) 17:39:47
>4
昭和時代で東条英機との問答の答えしだいでエンディグへ行く。

23 :日本@名無史さん:2006/01/02(月) 02:10:14
清盛が平治の乱のとき頼朝を流罪にしたときだな。

24 :日本@名無史さん:2006/01/02(月) 02:20:56
桜田門外の変だろ
あれ以来幕府は傾き始めて維新を迎え、侍の時代から急激な変貌を遂げた
丁髷二本差しから洋服ザンギリ頭
軍艦、大小火砲を操り一気に世界に踊り出た
日本史始まって以来短期間にこれほど変わった事はあるまい

25 :日本@名無史さん:2006/01/02(月) 09:10:30
>>12
近代だとクーデターか長州征伐だな
租借を蹴ったり、送った銃が龍馬を救ったり
高杉の行動は地味にでかい

26 :日本@名無史さん:2006/01/03(火) 14:55:02
羽柴(豊臣)秀長の死亡。
このときから,秀吉を諫める者がいなくなり,
利休切腹,秀次切腹,朝鮮出兵と突き進み,
最終的に豊臣家滅亡へ突き進むこととなる。


27 :日本@名無史さん:2006/01/03(火) 16:26:12
>>26
たしかに間接影響力は大きい

28 :日本@名無史さん:2006/01/04(水) 21:34:54
第二次長州征伐かも。。。

なぜなら、徳川の絶大な権力もぼろぼろになって権威も衰えたし、人々を苦しめた封建体制が崩壊してきた。
長州藩ではその頃すでに身分制度は他藩よりもゆるいものがあったし奇兵隊の創設においても身分を問わず力量、やる気のある者を歓迎したし、兵法や戦争のやり方なども西洋式でずっと近代化していた。
もっと詳しく言えば、、吉田松陰が生まれたときから四民平等、部落などの差別意識の撤廃、大学などで高等教育を受ける権利、、といったものを提案し実践をしていたということだ。

29 :日本@名無史さん:2006/01/04(水) 22:20:27
原爆を落とされた瞬間ではないか。


30 :日本@名無史さん:2006/01/04(水) 23:04:13
韓国併合。

31 :日本@名無史さん:2006/01/05(木) 22:01:42
神武天皇の登場

あれから何年経つのやら・・・

32 :日本@名無史さん:2006/01/05(木) 22:05:21
在日朝鮮人を認めた日。

33 :日本@名無史さん:2006/01/05(木) 22:32:36
「日本人」の歴史は、「遣唐使の廃止」に始まり「連合軍の進駐」で終幕。
大雑把だけどそんなもんだろ。

34 :日本@名無史さん:2006/01/05(木) 22:34:55
一匹めのチョンを奴隷にした日

35 :日本@名無史さん:2006/01/05(木) 22:36:31
初めてオナニーした瞬間だね。
体中デンキが走る気持ち良さだったよ。

36 :松平:2006/01/05(木) 23:03:15
酔っ払ってタクシーの運転手をボコった時

37 :日本@名無史さん:2006/01/05(木) 23:14:19
ローマ法王がアメリカを訪れたある日。
高速道路を車で走っている途中後部座席のローマ法王は運転手に言った。
「私は本当は車の運転が大好きなんだ。運転を少しだけ代わってくれないか?」
運転手はローマ法王に運転を代わったまではよかったのだが、
実はローマ法王かなりのスピード狂。
10分もたたないうちに白バイに止められてしまった。
しかし白バイ警官は運転席から降りてきたローマ法王を見て吃驚、
慌てて無線で上司に指示を仰いだ。

警官:「課長大変です!とんでもない大物の車を取り締まってしまいました!」
課長:「大物!?いったいどれぐらいの大物なんだ?」
警官:「それが私にもわからないぐらいの大物なんです!!どうしたらいいんでしょうか?」
課長:「落ち着け。わからないぐらいの大物って一体どういうことなんだ?」
警官:「とにかく大物なんです!ローマ法王が彼の運転手をしてるくらいんなんですから!」

38 :日本@名無史さん:2006/01/05(木) 23:15:29
既出だがワロタw

39 :日本@名無史さん:2006/01/06(金) 21:45:00
任那日本府が潰れた時

40 :遣唐使:2006/01/07(土) 20:43:07
唐出張してま〜す

ジエンコテ犯教員=【苦悩するドナ ◆oyDevpsyVg =ロボ ◆SOOOOROBOM】

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1046868314/458-464

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1116159415/53-68

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1011054931/607-610

41 :日本@名無史さん:2006/01/07(土) 20:53:29
9.11衆議院総選挙
抵抗勢力壊滅

42 :日本@名無史さん:2006/01/08(日) 01:10:32
土人たちの住む地域に中華文明圏に属す人たちが来た時。
日本ならいつだ?

43 :日本@名無史さん:2006/01/08(日) 03:43:32
木崎原の戦い ○義弘軍200 対 ●伊東軍3000
島津のお家芸、釣り野伏で見事勝利。 この戦いでミリタリーバランスが島津に傾く。

耳川の戦い  ○島津軍20000 対 ●大友軍45000
義弘の冷静沈着な側面攻撃と家久の同時攻撃で勝敗が決定。
こんな大規模な野戦をガチでやって大友軍の死者20000人、武将数名戦死という一方的な大勝利を収めている。
稀な大勝利、武田信玄 対 上杉謙信の川中島合戦の比べるとその大勝利ぶりが際立っている。
以後、大友は衰退。

沖田畷の戦い ○家久・有馬連合軍5000 対 ●龍造寺軍60000
龍造寺はこの戦いで隆信、四天王を失い島津の傘下に入る。
戸次川でも長宗我部信親・十河存保を討ち取るが、指揮官を討ち取ると言うのは野戦では珍しく、それを何度もやり遂げている島津家久は戦国一の戦上手といえよう。

戸次川の戦い ○家久軍10000 対 ●豊臣四国連合軍
寄せ集めにすぎない連合軍は歴戦の勇将・家久の敵ではなかった。
この戦いで長宗我部信親・十河存保戦死。 長宗我部元親、ショックで廃人になる。

泗川の戦い ○義弘軍7000 対 ●明・朝鮮軍200000
慶長の役の末期に秀吉が死んだので、 朝鮮にいる武将たちに帰国命令が下りる。 それを知った明軍・朝鮮軍は20万の軍勢を日本軍の中央を守る義弘の泗川に向ける。
義弘は、泗川にいくつかあった支城を破棄、泗川に新たに築いた城に立て籠もる。
ここで敵を引きつけるだけ引きつけてから鉄砲の一斉射撃ののち突撃をし散々に打ち破った。
明軍の死者は8万。

露梁津の海戦 ○義弘軍 対 ●朝鮮水軍
この時も義弘は水軍を率いて活躍。
順天の小西行長を救出し、さらに全軍の殿を務め、朝鮮の名将・李舜臣と交戦し見事討ち取る。日本軍退却成功。
もし義弘が朝鮮出兵に参加してなかったら日本軍は朝鮮で全滅してた。 秀吉は大名の領地加増を禁止してたが 島津だけはあまりの戦功の大きさに加増された。

関ヶ原退却戦 ○義弘軍300 対 ●東軍80000
福島隊を突破、追撃してきた井伊直正と松平忠吉に重傷を負わせる。 この傷が元で2人は数年後死亡。
大阪城に残された妻を取り戻し、薩摩へ無事帰還。家康は島津を恐れ、関が原後も減封する事が出来なかった。

44 :日本@名無史さん:2006/01/08(日) 07:18:23
>>43
島津スゲー
でも一番すごいのは戦いは全部弟に丸投げだった兄ちゃんがスゲー・・

45 :伍空:2006/01/08(日) 10:03:51
明治維新の戊辰戦争だとおもいます。特に新選組!


46 :日本@名無史さん:2006/01/10(火) 23:56:44
>最も歴史が動いた瞬間を1つだけ挙げるとすれば?

日本国憲法の施行

47 :日本@名無しさん:2006/01/11(水) 00:43:12
世界史だけど、初めての月面着陸。

48 :日本@名無史さん:2006/01/11(水) 00:59:15
約100億年前のビッグバンかな。

49 :日本@名無史さん:2006/01/11(水) 01:50:41
鎌倉幕府誕生

50 :日本@名無史さん:2006/01/11(水) 02:38:41
秀吉が奇跡のちんこで淀をはらませた時。

51 :日本@名無史さん:2006/01/11(水) 02:43:47
二・二六事件w

52 :日本@名無史さん:2006/01/11(水) 02:58:31
おれのかぁ〜ちゃんが、俺をはらんだ時。

53 :日本@名無史さん:2006/01/11(水) 06:31:40
>>18
工作員乙wwww
シナなんぞに日本を侵略する余裕なんかねぇしww子分の南北朝鮮ですら破綻寸前死なのにww
まぁ話を戻すとやっぱり歴史のターニングポイントは……明治維新だろ?
今日の近代国家の先駆けとなった出来事だし

54 :日本@名無史さん:2006/01/11(水) 10:33:07
明治維新等はほっといても自然発生するイベントなんで
やっぱ、本能寺の変あたりだろう。他の歴史が存在したかもという可能性で考えるなら。
本能寺の変で乱丸が死んだとき。

55 :日本@名無史さん:2006/01/12(木) 11:42:39
関ヶ原でタヌキが勝った事!

56 :日本@名無史さん:2006/01/12(木) 11:48:03
俺が誕生した時。

57 :日本@名無史さん:2006/01/12(木) 13:23:34
>>54
徳川は既にフランス植民地への定番コースにはまりかけてたから、
長州が倒幕派から脱落するか薩摩の強引な舵とりがなかったら、
遅れるどころか維新そのものがなくなっていただろう。

58 :日本@名無史さん:2006/01/12(木) 13:38:37
>>56
ある意味正しいな。

59 :日本@名無史さん:2006/01/12(木) 14:08:18
>>44
ん・・・・>>43はちょい島津贔屓が過ぎる気がするが・・・・
負け戦は書いてないし。豊臣の九州征伐には屈したわけだからね。
朝鮮征伐も関が原も大局では負け戦なので・・・・。
局地的に勝利をおさめてもあんまり意味がないわけで。

>でも一番すごいのは戦いは全部弟に丸投げだった兄ちゃんがスゲー・
そだね。島津を支えたのはこの徹底的な合理主義思想(封建主義とは
基本的に相容れない思想)かもね。餅は餅屋に任せておけ!みたいな。

でもってその年表の時代で、島津が何が優れていたか?っていうと、
戦闘力よりむしろ「戦闘は外交の一手段」っていう事実を冷厳に受け
止め、それを実践したって事、つまり外交手腕だったと思うよ。

その外交上手は徳川幕府時代も連綿と受け継がれ、やがて幕末の
倒幕勢力の主力の一つとなりおおせるまでに至る。


60 :日本@名無史さん:2006/01/12(木) 15:01:00
聖徳太子の建国あたりじゃね

61 :日本@名無史さん:2006/01/12(木) 15:15:32
大東亜戦争、敗戦の瞬間!全ての日本人の胸に穴が開いた

62 :日本@名無史さん:2006/01/12(木) 15:26:32
承久の乱。
もし朝廷が勝って幕府が倒れていたら、元寇を乗り切ることは出来なかった

63 :日本@名無史さん:2006/01/12(木) 16:02:02
金吾様がご決断なさった瞬間

64 :日本@名無史さん:2006/01/13(金) 00:41:45
人類史上初めて人が住む町の上で核兵器が炸裂した瞬間。
廣島の原爆投下

65 :日本@名無史さん:2006/01/13(金) 08:08:07
最初に立ち上がった猿

66 :日本@名無史さん:2006/01/16(月) 20:32:40
明治維新発祥の土地、長州の絵堂、太田の戦いだろう。
ここで奇兵隊が敗れてたら歴史はたいして動かなかったかも。

67 :日本@名無史さん:2006/01/16(月) 22:27:54
俺がこの世ではじめて射精した昼。

68 :日本@名無史さん:2006/01/16(月) 22:30:23
明らかに、ビッグバン。この世の始まり。これが最高。
これにて一件落着。

終了!

69 :日本@名無史さん:2006/01/17(火) 00:10:38
>>63
金吾ワロス
あの時、松尾山を下らなければ、どっちが勝ってた?

70 :日本@名無史さん:2006/01/17(火) 08:34:25
>>69
小西宇喜多石田大谷で2時間は優性だったから善戦だけど、
福島隊ら前線が壊滅しても巧く後詰を入れれば、まだ同じくらいいるから家康の辛勝。
でも、金吾様決断直前に家康は本営を突出させてたし、後詰の最後尾なんて随分後ろだから、
直後に西軍が突破すれば家康は背走、連携とれずにずるずる乱戦つづいて各武将が退避、
関ヶ原は数日数週間と続くかもしれない。

でも、乱戦して両者が引き上げる時に1万数千の金吾様が駆け下りたらどうなるかな

71 :日本@名無史さん:2006/01/17(火) 08:50:51
>>70
金吾様が東軍に襲い掛かったら、毛利・吉川も動いて西軍勝利。
ってことになるんじゃ…

72 :日本@名無史さん:2006/01/17(火) 08:51:39
すまん。下らなければって言うのを忘れてた。

73 :日本@名無史さん:2006/01/17(火) 15:28:33
今頃首都は、大阪か広島に?w

74 :日本@名無史さん:2006/01/17(火) 16:40:51
>>73
何で広島?金吾の事を言ってるなら、あの時は九州じゃなかったか

75 :日本@名無史さん:2006/01/17(火) 17:16:08
>>71
吉川が動かないとどうにもならんけど、金吾様が三成も家康も生け捕りにしたとき島津軍が動き出したら・・・。
そうすりゃさすがに吉川・毛利も動いて安国寺もきて・・・
最終的に遅参してきた秀忠まで間に合って後ろから真田まできて、気が付いたら上杉も最上も伊達もいて、
なんかみんな揃って楽しいから同窓会になる。こうして金吾さまは平和国家を築くのであった。

76 :日本@名無史さん:2006/01/17(火) 19:58:15
>>74
西軍の総大将はTELもと

77 :日本@名無史さん:2006/01/17(火) 20:06:33
>>75
最終的には冥府から、信長、秀吉、光秀、信玄、謙信どもが参戦

78 :日本@名無史さん:2006/01/17(火) 20:46:55
金吾大帝国

79 :日本@名無史さん:2006/01/17(火) 20:50:40
金吾大帝国万歳!

80 :日本@名無史さん:2006/01/17(火) 20:56:19
金吾大帝国万歳!

このスレはたった今から金吾様のものとなりました?

81 :日本@名無史さん:2006/01/17(火) 20:58:57
神武天皇の父親が神武天皇の母親に中出しした瞬間

82 :日本@名無史さん:2006/01/17(火) 20:59:40
金吾様が養子になられたとき

83 :日本@名無史さん:2006/01/18(水) 14:48:22
日本武尊の東国征服

84 :日本@名無史さん:2006/01/18(水) 14:58:48
明治維新だと思うな

85 :日本@名無史さん:2006/01/18(水) 15:12:42
癸丑甲寅以来(ぺりー来航不平等条約締結)

86 :日本@名無史さん:2006/01/19(木) 09:12:25
ちょっwww金吾様ワロスwwwww

87 :日本@名無史さん:2006/01/19(木) 11:38:27
家康が鯛の天麩羅を口に入れた時 歴史は動いた



88 :日本@名無史さん:2006/01/19(木) 11:46:45
あれ?鯛のてんぷらだったっけ?

89 :日本@名無史さん:2006/01/19(木) 11:53:09
本能寺の変か黒船来航
織田信長はあまりにも速く逝ってしまった
黒船で奇跡の江戸社会は崩壊して否応なく国際社会に適応していった。

90 :日本@名無史さん:2006/01/19(木) 12:05:12
墾田永年私財法
公地公民が崩れ、武士の台頭をまねいた

91 :日本@名無史さん:2006/01/19(木) 12:58:44
足利義秋による織田包囲網。あれがなければ統一は10年は早まり、歴史は全く変わっていた。

92 :日本@名無史さん:2006/01/19(木) 13:22:01
昨日、NHKでやってたが、仏教伝来これが1
2、桶狭間の戦い(信長登場)
3、黒船来航
4、原爆投下
5、小泉内閣誕生

93 :日本@名無史さん:2006/01/19(木) 13:42:26
本気でいってるの

94 :日本@名無史さん:2006/01/19(木) 13:51:27
敗戦でしょ!

95 :日本@名無史さん:2006/01/19(木) 13:55:56
>>91
×⇒足利義秋
○⇒足利義昭

96 :日本@名無史さん:2006/01/19(木) 14:04:35
会沢正志斎の「新論」
ここから、日本は欧米を意識した富国強兵、脱亜の時代の幕開けといっていい

97 :日本@名無史さん:2006/01/19(木) 14:11:13
明治維新以前は似たり寄ったりだな
別に誰が天下とってもやってる事は同じだし

98 :日本@名無史さん:2006/01/19(木) 17:19:46
桓武天皇の軍事と造作だな。なんとなくだが。

99 :日本@名無史さん:2006/01/19(木) 18:28:57
第2次山県有朋内閣が軍部大臣現役武官制を定めた時
これにより軍人がウェイトを占め、結果多くの戦争へと繋がったんだと思う

そんな俺は土日のセンター試験頑張ってきます・・・

100 :日本@名無史さん:2006/01/19(木) 19:08:03
>1 がこの糞スレを立てた瞬間

→世界は暗愚の霧に覆われた

101 :日本@名無史さん:2006/01/19(木) 21:27:49
もうジャックが生きてたのみんなにバレてるんだから、
また中国が出てくるんだろうな

102 :日本@名無史さん:2006/01/19(木) 21:30:32
ごめん、誤爆した

103 :日本@名無史さん:2006/01/20(金) 02:02:57
>>97
逆だと思うが。維新以後に脱亜入欧以外に何があったのか・・・

104 :日本@名無史さん:2006/01/20(金) 19:59:01
>>103
脱亜入欧しか選択肢が無かったというのはその通りだけど
「あのタイミングでやった」というのが他のアジア諸国との差になったんじゃないかな

105 :日本@名無史さん:2006/01/20(金) 20:50:33
オレが失業した。
銀河の歴史がまた1ページ・・・

106 :日本@名無史さん:2006/01/21(土) 11:40:13
>>104
やったって自発的にやったとはいいがたいだろ・・・
あの時からアメリカに沖縄がどうのこうのとか言われて、政府要人がどうどうと暗殺されちゃ
潮時ってやつだと思うけどなぁ。あのタイミングしかなかったよ。

107 :日本@名無史さん:2006/01/21(土) 12:12:41
約100億年前のビッグバンかな。


108 :日本@名無史さん:2006/01/21(土) 12:20:21
>>107
地球がありません。

109 :日本@名無史さん:2006/01/21(土) 13:15:44
マジレース。やっぱり、ヨーロッパの市民革命から

110 :日本@名無史さん:2006/01/21(土) 14:01:16
>>109
板違いじゃ…

111 :日本@名無史さん:2006/01/21(土) 14:22:43
ココは日本の・・・・・。

112 :日本@名無史さん:2006/01/21(土) 15:13:01
人間50年 下天のうちにくらぶれば 夢幻のごとくなり。

113 :日本@名無史さん:2006/01/21(土) 15:47:13
やっぱり黒船来航の瞬間では?
それで否が応にも世界の中での日本ってのを認識したんだし。

114 :日本@名無史さん:2006/01/21(土) 15:58:39
うちの母ちゃんと父ちゃんがあのタイミングでセクースした瞬間

115 :日本@名無史さん:2006/01/21(土) 17:02:26
文化の面でいえば、遣唐使の廃止では?

116 :日本@名無史さん:2006/01/22(日) 18:44:16
>>113
認識するチャンスは信長の時にもあったんだけどな
鉄砲にキリスト教に外人までやってきて。歴史が動く前に本能寺に消えてしまったけどな。

117 :日本@名無史さん:2006/01/22(日) 19:41:11
日米開戦

118 :ie:2006/01/22(日) 21:25:21
シンゲンが死んだとき

119 :日本@名無史さん:2006/01/23(月) 00:39:33
薩長同盟締結

120 :日本@名無史さん:2006/01/23(月) 00:52:43

貴族の牛車が、武士に矢を射掛けられた瞬間


権威やパワーバランスが崩壊した。


121 :kkk:2006/01/23(月) 16:26:45
稲作の伝来やと思う。それによって社会が生まれたって考えられる。以前にも石材の交易はあったけど。あと文字の伝来。

122 :日本@名無史さん:2006/01/23(月) 16:27:46
中国文明に接した時

123 :日本@名無史さん:2006/01/23(月) 18:36:24
うーん。やっぱり明治維新じゃないですかね。日本史だと。


124 :日本@名無史さん:2006/01/23(月) 18:39:37
日本列島が大陸から分かれた瞬間。

125 :ie:2006/01/23(月) 19:02:38
鉄砲伝頼

126 :日本@名無史さん:2006/01/23(月) 19:05:14
坂本竜馬誕生

127 :日本@名無史さん:2006/01/28(土) 18:26:46
ビッグバンに決まってるだろ

128 :日本@名無史さん:2006/01/29(日) 01:24:10
人類誕生

129 :日本@名無史さん:2006/01/29(日) 03:22:09

      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
/⌒ヽ  / ''''''     ''''''   ヽ
|  /   | (●),   、(●)   |
| |   |    ,,ノ(、_, )ヽ、,,     |
| |   |    `-=ニ=- '      |
| |   !     `ニニ´      .!      もちろん天狗じゃ、それも天狗の仕業じゃ!
| /    \ _______ /
| |    ////W\ヽヽヽヽ\
| |   ////WWWヽヽヽヽヽヽヽ
| |  ////WWWWヽヽヽヽヽヽヽ
E⊂////WWWWWヽヽヽヽヽヽヽ
E////         ヽヽヽヽヽヽヽ
| |  //WWWWWWWヽヽヽヽヽヽヽ


130 :日本@名無史さん:2006/01/30(月) 09:55:30
日露戦争での勝利が、日本の衰退の始まり

131 :日本@名無史さん:2006/01/30(月) 16:42:13
バルブ崩壊

132 :ロンリネンス:2006/01/30(月) 19:12:06
やっぱ、蘇我馬子VS物部守屋の仏教受容をめぐる対立でしょ(^O^)

133 :日本@名無史さん:2006/01/31(火) 00:24:48
>>95
足利義秋=足利義昭

134 :日本@名無史さん:2006/02/05(日) 22:13:37
701年3月21日 大宝律令制定

135 :日本@名無史さん:2006/02/05(日) 22:20:24
皇室典範改正案成立



まだだけど。

136 :日本@名無史さん:2006/02/05(日) 23:26:57
ポツダム宣言受諾


137 :日本@名無史さん:2006/02/06(月) 00:18:01
ミッドウェー海戦

138 :日本@名無史さん:2006/02/17(金) 12:10:24
通貨廃止

ロボットが発達すれば働かなくても良い
http://pc8.2ch.net/test/read.cgi/prog/1138330141/

139 :日本@名無史さん:2006/02/24(金) 04:51:24
昭和20年8月9日深夜のの大本営政府連絡会議

140 :日本@名無史さん:2006/02/25(土) 18:43:16
紀子様の出産は歴史が動く瞬間だろうな。

141 :日本@名無史さん:2006/03/07(火) 17:55:20
佐久間象山暗殺

142 :日本@名無史さん:2006/03/07(火) 21:30:23
1位:天皇家が日出ずる国、日本を創設。君臨すれども統治せず

2位:明治維新。富国強兵の下、藩が廃止、日本が一体化

3位:平安時代中期、武士の誕生。以後日本は『武の国』となる

4位:敗戦により大日本帝国が解体、日本国の誕生。

5位:白村江の戦いに敗戦。日本列島南部を支配した倭国が滅亡。王族が唐に人質に出される


1つは選べないお(´・ω・`)

143 :日本@名無史さん:2006/03/08(水) 18:02:20
日本列島が大陸から切り離されたその時に決まっている。

144 :日本@名無史さん:2006/03/08(水) 19:52:02
143は歴史って言葉の意味を知らんらしいな…。

145 :日本@名無史さん:2006/03/08(水) 20:22:30
家康が武田騎馬軍団に追われて脱糞した時、まちがいなく歴史が動いた。
徳川家代々の宝物蔵の中にそのときの家康のサルマタがあるそうです。

146 :日本@名無史さん:2006/03/27(月) 15:59:53
>>142
武士の誕生は瞬間と言えないのだが
でも歴史が大きく動いた出来事のひとつであることは理解する

147 :日本@名無史さん:2006/03/27(月) 18:29:42
>>142
>1つは選べないお(´・ω・`)

1位と言っている時点で1つを選んでいるのでは…

148 :日本@名無史さん:2006/03/27(月) 22:11:42
ミトコンドリアイヴにオスザルが中だししたとき

149 :日本@名無史さん:2006/03/27(月) 23:40:33
日本史の上では墾田永年私財法!

150 :日本@名無史さん:2006/03/28(火) 10:24:45
君たちがここに今いると言うことが、
もっとも偉大で、大切なことなんだ。

151 :日本@名無史さん:2006/03/28(火) 11:07:35
ヤマト政権の成立

152 :日本@名無史さん:2006/04/09(日) 23:13:28
仏教伝来

153 :日本@名無史さん:2006/04/26(水) 06:59:18
平安時代、天皇家の権勢が、藤原氏にうつった原因は、墾田永年私財法により
天皇に集まるはずの財力が、全国にちらばり、藤原氏が、全国から、上納金、
米?をゲット。しかし、全部をとりあげるわけではないので、地方に、武力や
財力がちらばる。財力をなくした天皇家には、もはや力なし。そして、藤原氏
は、軍事力軽視の大チョンボ。まきかえしたい天皇家は、一時的には、治天の
君制度を考えたり、平家の軍事力を利用して権勢復活したが、時おそし。

154 :日本@名無史さん:2006/04/26(水) 07:11:13
天子と藤原氏の二人三脚で、作りだしたともいえる、中央政府の
軍事力なし、武士出現で、武士が天下をとるのは歴史の必然といえた。
繁栄する北条一門をつぶしたのは、モンゴル来襲や、北条一門の領土
とり過ぎも原因ではあるが、後醍醐天皇の倒幕への執念、北条一門の
軍事力にたいする怠りだろうか。漁夫の利が足利一門といえる。

155 :日本@名無史さん:2006/04/26(水) 07:24:36
あるいは、天子や貴族から、権勢を奪うことが、悲願だった頼朝や、
義時の時代から、100年、ついに、武士同士が、天下を争う時代
が到来したともいえる。地方勢力を弱めることができなかった足利
将軍家の衰退も当然の成り行きか。


156 :日本@名無史さん:2006/04/26(水) 07:32:54
源頼朝が、天子から独立をはたして400年、ついに武家の徳川家康、
全国の大名をねじ伏せる天下人になる。あいまいで、未熟だった中央
権力は、ついに本当の強さに完成したといえよう。

157 :日本@名無史さん:2006/04/26(水) 07:44:52
以上、日本の歴史は、天下を統一した大和朝廷天皇家が、権勢を失う
きっかけともなった墾田永年私財法が、徳川家康が天下統一するまで
の合戦すべての遠因といえる。天下を治める者が、軍事力を手放す
もしくは、軍事力を確保する財力を失ったことで、何百年もの戦乱
の世を招いたのではないか。


158 :日本@名無史さん:2006/04/26(水) 11:35:54
池田屋に決まってるじゃん!
だって新選組が有名になったんだもん!!新選組ってホントつおーい!!

159 :日本@名無史さん:2006/04/26(水) 11:45:49
ミッドウェー敗戦

160 :日本@名無史さん:2006/04/26(水) 11:53:18
承久の乱。義時追討宣旨 幕府軍京都占領 西国移住

161 :日本@名無史さん:2006/04/26(水) 12:32:39
アポロ11号月面着陸!!

162 :日本@名無史さん:2006/04/26(水) 13:28:19
太平洋戦争に負けた事。

163 :日本@名無史さん:2006/04/26(水) 18:19:59
鎌倉幕府開府。
もう一度言う。鎌倉幕府開府。

164 :日本@名無史さん:2006/04/26(水) 20:32:48
政子が頼朝のところに走ってった瞬間。


165 :日本@名無史さん :2006/04/29(土) 02:30:07

御 前 会 議

166 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 23:39:30
大宝律令
関が原
明治維新
太平洋戦争


167 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 00:23:29
元冦だろ!!

168 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 00:30:13
竜馬暗殺

169 :平民バカ:2006/04/30(日) 00:34:06
ジョンソン議長の決断

170 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 03:05:23
どぶろく ゲー の 来日

171 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 03:06:25
人間宣言 日本人が解放された日

172 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 03:45:46
国際連盟脱退 松岡傾く!

173 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 04:48:12
辛酉年春正月庚辰朔、天皇即帝位於橿原宮。是歳爲天皇元年。
故古語稱之曰「於畝傍之橿原也、太立宮柱於底磐之根、峻峙搏風於高天之原。而始馭天下之天皇」
號曰神日本磐余彦火火出見天皇焉。

174 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 06:15:17
小御所会議

175 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 06:50:36
源頼朝と足利義満と孝明天皇が何者かに殺されたとき

176 :日本@名無史さん:2006/05/03(水) 12:40:52
明治維新

177 :日本@名無史さん:2006/05/03(水) 12:47:39
ドッジの来日

日本を原始共産制の貧困農業国に落としいれるのをやめて
共産圏に対する障壁として経済大国に育て上げるという
アメリカの方針転換を象徴するイベントであった。

178 :南京大虐殺の首謀者:2006/05/03(水) 13:44:17

南京城攻略の折、降伏した中国兵数千人を城壁の傍らに立たせておき銃剣にて全員を刺殺した時の司令官は
昭和天皇の叔父で天皇に顔がそっくりの朝香の宮と言う奴だ。
南京大虐殺は天皇家の命令で行われたことは明らかだね。
そうやって在日である天皇家は、日本の名誉を著しく傷付けるような指導を日本国民に対してして来た訳だ。
そんな天皇制にしがみ付いている奴はバカか狂人かのどっちかだね。

あるリベラルな知識人が二十年ほど前に、先の戦争は国民にも責任があると言ったことをヒントに、
天皇には責任が無いみたいなズレたことを言い出した右翼がいるが、
国民主権国家となってから、その天皇制を廃棄しないでいたことは今度は本当に国民の責任である。


http://homepage3.nifty.com/m_and_y/genron/data/nangjin/index.htm


179 :日本@名無史さん:2006/05/03(水) 14:09:49
生まれて初めての射精

180 :日本@名無史さん:2006/05/03(水) 17:18:14
明治維新じゃね
あとは、今の市町村合併くらいのレベルじゃね
あ、武士政権があるな

181 :日本@名無史さん:2006/05/03(水) 17:23:34
辛酉の年、春正月庚辰朔、天皇、橿原宮において帝位に即く。是の歳を天皇元年とす。
故に古語に稱して曰はく「畝傍の橿原に、宮柱を底磐之根に太立てて、
高天原に峻峙搏風し、始めて天下を馭したまふ天皇」と。
號して曰はく「神日本磐余彦火火出見天皇」。


182 :日本@名無史さん:2006/05/03(水) 18:36:59
239年

183 :日本@名無史さん:2006/05/03(水) 19:12:01
真珠湾奇襲

日本級どころか世界級で必然の歴史を変えた

184 :日本@名無史さん:2006/05/03(水) 21:36:00
自分の身の回りにある歴史なら、プラザ合意。

185 :日本@名無史さん:2006/05/03(水) 22:40:14

Peaceful scenes of Nanjing after Japanese Occupation

The Truth of The Nanjing of 1937.12 - 1938.2 (1)
http://www.youtube.com/watch?v=uq1ZEdp9-VM

What really happened in Nanjing after Japan's
occupation in December 1937? "Massacre of 300 thousand
Chinese" as the Chinese Government claims?

You can watch some scenes in the following web page;
lives of Chinese people, including children having food,
as well as Japanese soldiers restoring the city.

Can these scenes possible if the "massacre of 300
thousand" actually took place?

The Truth of The Nanjing of 1937.12 - 1938.2 (1)
http://www.youtube.com/watch?v=uq1ZEdp9-VM


186 :日本@名無史さん:2006/05/03(水) 22:48:37
鬼の副長が逝った時

187 :日本@名無史さん:2006/05/03(水) 23:18:45
真珠湾奇襲がなければ
大艦巨砲主義のまま戦争になり
アメリカ戦艦群と日本の大和中心とする
戦艦群の戦いがあったかもしれない。
大和、武蔵の大活躍で戦争有利のまま
講和に持ち込めたかもしれない
いずれは航空隊が絶対的優勢と気が付くだろうが


188 :日本@名無史さん:2006/05/06(土) 05:42:43
それよりもアメリカが参戦を決めたことで
連合国の優勢が決定付けられたことに
よるのでは?

189 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 21:15:54
日本史じゃないかも知れないが
マルクスが経済学者になったとき歴史が動いてしまったと思う

190 :日本@名無史さん:2006/05/26(金) 22:05:36
大化の改新

191 :日本@名無史さん:2006/05/26(金) 22:08:44
>>189
マルクスは経済論に踏み込んだだけであって、経済学者ではないし。
経済学にも詳しくない。

192 :日本@名無史さん:2006/05/26(金) 23:52:44
頼朝と政子がやっちゃった瞬間

193 :日本@名無史さん:2006/05/27(土) 00:05:45
日本という国は天皇の元大過なく過ごしています。

194 :日本@名無史さん:2006/05/27(土) 15:41:05
列島に最初の生命が現れたとき。

195 :日本@名無史さん:2006/05/27(土) 17:40:36
国民福祉税の発表

196 :日本@名無史さん:2006/05/27(土) 17:51:02
戦国時代◇幕末◇第一次世界大戦◇第二次世界大戦

197 :日本@名無史さん:2006/05/27(土) 20:58:10
本能寺だな。
あのまま信長が生きて、家康ぐらい長生きしていたら、
毛利、島津、上杉は滅亡していただろう。
長曽我部、北条、伊達は交流アリだから残ったかも知れないけど。
織田幕府だったら、黒船来たぐらいで驚かなかったかもね。
逆に他国に行ってただろうな。

198 :日本@名無史さん:2006/06/27(火) 22:44:04
しずがたけ

199 :日本@名無史さん:2006/07/06(木) 23:35:31
ペリー来航

200 :日本@名無史さん:2006/07/07(金) 23:12:57
つ卑弥呼の誕生

201 :日本@名無史さん:2006/07/10(月) 22:37:02
>織田幕府だったら、黒船来たぐらいで驚かなかったかもね。

織田浦臭いの子孫が将軍やってるんだよ!?
無理すぎ。

202 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 10:55:26
日露戦争。
あれ負けてたら陸軍が第二次世界大戦突き進むほど馬鹿にはならなかったろうし、
そもそも日本は分裂していたような。

203 :日本@名無史さん:2006/07/24(月) 23:18:22
ひえ

204 :日本@名無史さん:2006/07/25(火) 18:55:17
2ちゃんねる誕生

205 :日本@名無史さん:2006/08/09(水) 22:36:47
俺が産まれたこと

206 :日本@名無史さん:2006/08/09(水) 22:43:10
村山総理誕生

207 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 05:26:27
山城の国一揆

208 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 10:40:58
あずきちゃんDVDBOX発売(2002/9/4)

209 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 18:13:38
太平洋戦争に負けて連合軍の占領下に置かれた時。
それまで日本が他国に占領されたことはなかった気がするから。

210 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 20:51:26
>>209
熊襲の末裔の薩摩に負けて
言語、文字、宗教、風俗・・・その他諸々すべてド田舎薩摩チックに変革させられたけど。

211 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 02:09:33
明暮乃の横綱昇進

212 :日本@名無史さん:2006/08/17(木) 20:16:24
1331年、後醍醐天皇の動座

213 :日本@名無史さん:2006/08/17(木) 20:55:44
恐竜の絶滅

214 :日本@名無史さん:2006/08/18(金) 06:52:01
アスカ、来日

215 :日本@名無史さん:2006/08/19(土) 23:56:46
663年白村江の敗戦
これを機に、九州王権は滅亡へ、畿内で日本建国がすすむ

216 :日本@名無史さん:2006/08/21(月) 00:03:02
加藤の乱

217 :日本@名無史さん:2006/09/01(金) 18:49:44
黒船で決まり!

218 :日本@名無史さん:2006/09/01(金) 19:17:28
後白河が寵童を囲いすぎて
北面の武士、西面の武士に取立、
鎧を身にまとった武士を御幸に連れて行くのを好んだこと。
自滅って感じ。

219 :日本@名無史さん:2006/09/02(土) 20:22:53
神武即位

220 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 18:52:21
平清盛が太政大臣になった時。
信長?清盛に比べりゃ小さい、小さい。

221 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 19:07:00
猿人が初めて棍棒を振り上げた時、人類としての歴史は始まった。

222 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 21:30:41
俺がこの世に生を受けたとき。

223 :日本@名無史さん:2006/09/04(月) 06:44:07
>>220
激しく同意。
織田信長は過大評価されすぎ。
奴のやったことは足利義教の猿真似だもんな。

224 :日本@名無史さん:2006/09/05(火) 14:37:05
そうだよね。
信長の時代、戦国は人気があるから信長すごいとか思うんだろうけど、
実際には天下とったわけでもなし、英雄の1人だけどトップ級ではないわな。
本当に時代が変わった時といえば、
源平以前と以後(律令から武家へ)
天下統一と江戸幕府(乱世から太平の世へ)
明治維新
敗戦
この四つだろう。

225 :日本@名無史さん:2006/09/05(火) 17:05:06
明日歴史が動く。

226 :日本@名無史さん:2006/09/05(火) 17:24:26
昭和天皇の御聖断だろう

227 :日本@名無史さん:2006/09/05(火) 17:30:18
皇国史観宣伝の宣伝とは別にしても蘇我氏から政権を奪った韓人は日本を大きく変えた

228 :日本@名無史さん:2006/09/05(火) 17:35:26
>>227
皇国史観宣伝の宣伝?
日本語翻訳ソフトだとこうなるなw

229 :日本@名無史さん:2006/09/05(火) 17:38:40
>>228
オレ227
今、リアル左斜め後ろをみてみ


230 :日本@名無史さん:2006/09/05(火) 17:41:22

承久の乱



231 :日本@名無史さん:2006/09/05(火) 17:53:15
亀田が卑怯な「判定勝ち」。

232 :日本@名無史さん:2006/09/05(火) 17:54:36
元弘の変

1つだけあげるならこれしかない。

233 :日本@名無史さん:2006/09/05(火) 17:55:26
亀田は100年後の日本史の教科書に載るだろうw

234 :信長:2006/09/05(火) 18:06:44
犬千代のうしろをいただいた時

235 :日本@名無史さん:2006/09/06(水) 13:52:23
日本史が動いた瞬間

下馬将軍こと、大老堀田の失脚。
もしかしたら、徳川将軍は4代で絶えて、摂家将軍になっていたかも。


236 :日本@名無史さん:2006/09/06(水) 17:35:47
孝明天皇の急死(一会桑の後ろ盾が消失)

237 :日本@名無史さん:2006/09/08(金) 01:59:34
世界史ならルネサンスだな。

238 :信長:2006/09/08(金) 12:18:29
愛子さまが笑った日

239 :日本@名無史さん:2006/09/08(金) 21:30:27
田代まさしが盗撮して逮捕され、謝罪会見の場で「ミニにタコ」と言ったとき

240 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 01:27:38
あのねー
ぼくねー
おとうさんみたいなねー
つよいねー
おすもうさんになるの

241 :信長:2006/09/12(火) 13:17:01
8代将軍が水虫の宣伝に出ていた時

242 :日本@名無史さん:2006/09/12(火) 13:24:15
原始人が日本にやってきたとき

243 :日本@名無史さん:2006/09/12(火) 15:11:09
小牧長久手


244 :日本@名無史さん:2006/09/12(火) 17:26:07
モノクロテレビに「イ」

245 :日本@名無史さん:2006/09/13(水) 01:25:06
氷河期が終わって日本列島が大陸から切り離された時

246 :信長:2006/09/17(日) 16:32:41
8代将軍が隼人に迫った時

247 :日本@名無史さん:2006/09/17(日) 20:13:19
ゆうこりんがコリン星の存在を明らかにした時。

248 :日本@名無史さん:2006/09/27(水) 00:43:29
白村江の敗戦(663年)

249 :日本@名無史さん:2006/09/27(水) 00:44:54
セルビアモンテネグロの崩壊

250 :日本@名無史さん:2006/09/27(水) 01:13:54
やっぱ桶狭間じゃないですか?
あれに信長が勝利しなかったら信長はその他大勢として死にますから
秀吉は出世する足がかりも無いし、今川家の人質の家康のメもない。
もちろん今ここの歴史の中で「その他大勢」として退場した者の中で
信長のような壊し屋が台頭するのかも知れないけど、信長秀吉家康というセット、
言うなら「信長JAPAN」ほど優雅に強かにキリスト教勢力をあしらいつつ
日本を中世から近世に導いたかどうか…

251 :日本@名無史さん:2006/09/27(水) 14:03:13
松平アナ、タクシー運ちゃんを足蹴

252 :信長:2006/09/27(水) 14:32:49
くまぇりが市中に火を放った時

253 :日本@名無史さん:2006/09/27(水) 19:42:24
間違いなく白村江での敗北だろう
これによって結果的に「日本」が成立した
それまでは朝鮮とほぼ同一してた気がする

254 :日本@名無史さん:2006/09/27(水) 23:19:24
やっぱ大東亜戦争か?

255 :日本@名無史さん:2006/09/28(木) 18:34:08
継体天皇の即位
日本の歴史はここから始まる

256 :日本@名無史さん:2006/09/28(木) 23:20:06
ポツダム宣言受諾 じゃねえの?
史上初めて他国の支配を許してしまったからね。



257 :日本@名無史さん :2006/09/29(金) 00:50:19
南京大運動会


258 :日本@名無史さん:2006/09/29(金) 15:19:59
沖縄軍人・赤嶺鎮雄
米兵の肉を食らう

259 :日本@名無史さん:2006/10/02(月) 05:44:38
結論
生類憐れみの令に決定
綱吉は人類史上初めて人類より犬を上と認め、それを強制させた。
正に革命と言える出来事だ。


260 :日本@名無史さん:2006/10/02(月) 05:51:08
戦に役に立つ川並衆 スゲェ強いだぜ!

小六さんが特に強い。

261 :日本@名無史さん:2006/10/02(月) 06:47:17
原爆2発おとされて、倭人どもが原爆奇形児になりさがったとき。

262 :日本@名無史さん:2006/10/02(月) 18:22:00
最近ネットウヨが日本人全体を敵視するようになった
以前は在日や朝鮮人に成りすましてワザと痛い文章を書いていたのが
日本人叩きが気に入ったのか普通の日本人を叩きまくっている
民主主義者を日本には本当の民主主義などない、民主主義信者wと叩く
宗教的個人崇拝がキライで天皇や将軍様や教祖を祭り上げない人は個人主義だと叩く
共産主義のような自由と統制経済がキライで戦時中の大日本帝国や北朝鮮をキライな人は日本人じゃないと叩く
ネットウヨが日本人と民主主義と資本主義を叩き始め、北朝鮮のような天皇崇拝の自由の無い国を目指し始めた今が
歴史の転換期とされる可能性がある

263 :日本@名無史さん:2006/10/02(月) 18:44:22
>>235
遅レスだけど下馬将軍は酒井忠清では?

264 :日本@名無史さん:2006/10/02(月) 19:06:51
ネットウヨは一人の人間が「美しい」と思うものをその他全ての人々が「美しい」と思う
そんな国が理想
個々の価値観や多様性を認めず一人の人間の意見や価値観をみんなの意見や価値観と考える
それは大日本帝国の「おおみごころ」であり「カルト宗教の教祖万歳」であり
北朝鮮の「主体思想」である
ネットウヨの主張はチョンを嫌い中国を憎むくせに天皇主体思想にそまり共産主義的な価値観の統一を望んでいる

天皇をどう思おうが個々の自由だろ

265 :日本@名無史さん:2006/10/02(月) 19:59:25
明治維新に1票。だいたい140年くらい前ですよね。
明治維新以前の1000年を見ても、
以降140年間(現在まで)の日本の変わりようの方が、
すごいと思います。



266 :日本@名無史さん :2006/10/02(月) 20:24:01
戦乱絶えない信長までの時代からがらっと変わった、
秀吉の天下統一のほうではなかろうか?

267 :日本@名無史さん:2006/10/02(月) 21:19:22
>>266
西洋医学発達以前の戦国時代の戦争なんて
一家の大黒柱が怪我してカタワになったら
その家庭は成り立たなくなっていくんだし、
戦争なんてある程度、自分のみを守りつつ相手の事を考え
情を絡めて戦争をしていたわけだし。

信長の功績は南蛮文化を積極的に取り入れて国際化を目指したところでしょ。
安土・桃山時代は華美の絶頂でしょ。
秀吉の明への出兵も地球儀や世界地図を知ってのことだし。
バカ狸が鎖国なんかしなければ、貿易の交流点として世界に開けて行っただろうに。惜しまれる。

268 :日本@名無史さん:2006/10/02(月) 21:19:23
昭和天皇とマッカーサーの記念撮影。

269 :日本@名無史さん:2006/10/03(火) 18:36:14
ぶっちぎりで壬申の乱だろ

270 :日本@名無史さん:2006/10/03(火) 18:58:00
>>267
バカ狸とは家康のことだと思うけど、家康は鎖国なんてしとらんぞ。

271 :日本@名無史さん :2006/10/03(火) 20:24:25
>>270
信長マンセーの輩はその程度の知識しかないんだ
許してやれw

272 :信長:2006/10/03(火) 21:24:30
           ,--、、,,,,,,,,,,,,,,,,
             {::::::::}三三三ミミミ`、、
            >ー-"'" ⌒,,ィシヽミミiミミ 、
         /     三彡彡彡ィ`、ミミミ`、
        /      シ彡彡彡彡ノ'ヽミミミ`、
        ,'        ,三彡彡彡彡彡ソ,ー--'
          l    _ _ """'彡彡彡彡彡ノi
       {;、 ';;;='''"""`  彡彡彡 - 、ノノi
          kr) .ィェー   彡彡' r、ヽ}彡i  信長マンセーでいいではないか
.        レ'  ..      シ彡' )ァ' /彡'
       {_,,,、 ;、      シ彡 ニンミミ{
        l         '''"::.   彡ミi
         ! ̄"`     ...:::::::: ノ""{
        l    .......:::::::::  /   \_
        `''ー- 、::::    /     /
         _,..-'ト、   /     /
       , -'" /  |l:   /    /
     /  //  i| l ,/    /  ()   と、心からそう思う吉宗であった。
    / () //   | l//     /
    / / // ()  | /     /


273 :日本@名無史さん:2006/10/03(火) 22:06:57
封建体制から国民国家成立の端緒となった明治維新
もしくは
一般市民の武器所有を否定した秀吉の刀狩り


274 :日本@名無史さん:2006/10/03(火) 22:14:43
原始時代に火を使い始めた日

275 :日本@名無史さん:2006/10/03(火) 23:09:48
小早川の関が原でのウラギリ

276 :日本@名無史さん:2006/10/05(木) 17:32:05
博多湾に神風が吹いた時
あのままだったら日本はモンゴルの植民地になってた

277 :日本@名無史さん:2006/10/06(金) 10:32:04
本当になったかな。
島国日本を軍事的に征服するのってあの時代では無理じゃね?

278 :日本@名無史さん:2006/10/06(金) 12:17:09
足利尊氏が三種の神器をでっちあげたとき。

279 :日本@名無史さん:2006/10/06(金) 12:33:18
三種の神器ってどっちにしろ1個壇ノ浦に沈んじゃったんだよな。

280 :日本@名無史さん :2006/10/06(金) 12:59:59
俺んちにあるよ。じいさんが言うには先祖が壇ノ浦で拾ったそうだ。

281 :日本@名無史さん:2006/10/06(金) 15:04:37
村山談話  中韓が日本を見くびるようになった。

282 :日本@名無史さん:2006/10/06(金) 15:40:57
>>280
なんでも鑑定団にだしたらいくらくらいの値がつくかな

283 :信長:2006/10/07(土) 02:44:27
数億種の神器は持っています。

284 :日本@名無史さん:2006/10/12(木) 13:34:12
ナウマン像が絶滅した日

285 :日本@名無史さん:2006/10/12(木) 14:03:56
小野妹子の生還

286 :日本@名無史さん:2006/10/12(木) 15:02:10
「瞬間」を「ひとつだけ」
スレタイ守ってない回答が多いな。



このスレタイに従えば、やっぱ朝議で
「白村江のリベンジはしない(できない)」
ときまった瞬間か、さもなきゃ>>120でしょ。

もしくは重光葵が調印した瞬間。


287 :日本@名無史さん:2006/10/12(木) 15:14:13
小泉内閣の成立
良くも悪くも、明治維新、パールハーバー奇襲、天皇の人間宣言に並ぶ歴史を動かした瞬間だろう


288 :日本@名無史さん:2006/10/12(木) 21:06:17
俺が風呂場で妹のパンツを拾った瞬間




289 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 09:54:32
日本オオカミの絶滅。


290 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 23:35:05
ブルマーの絶滅。

291 :日本@名無史さん:2006/10/16(月) 12:27:32
家の猫の誕生

292 :日本@名無史さん:2006/10/16(月) 13:11:16
田代の逮捕

293 :日本@名無史さん:2006/10/16(月) 15:15:44
俺の嫁と俺の妹がデキてしまった瞬間

294 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 03:52:08
俺が童貞を失った瞬間

295 :紫少納言:2006/12/05(火) 02:56:59
後世への影響を考えた時点で、古ければ古いほど、より大きなものになる。
つまり、源平合戦で何万人死のうが、壬申の乱の方が影響は大きいわけです。
例えば中国を例にすると、文化大革命で一億人が殺されるよりも、
元の侵略によって百万人死んだ方が大事件なわけです。

296 :日本@名無史さん:2007/01/12(金) 22:17:51
東京五輪は昭和39年10月10日〜開催致します。
皆様のご来場をお待ち申し上げます。

297 :日本@名無史さん:2007/01/13(土) 00:02:19
持統が藤原不比等を高位に厚遇したこと。おかげで日本の歴史が捏造され中途半端なけっし八代が誕生した。

298 :日本@名無史さん:2007/01/13(土) 00:08:18
鎌倉幕府の成立。ここから武の歴史が始まった。

299 :日本@名無史さん:2007/01/13(土) 20:12:08
明智光秀が謀反を決意した瞬間
分からんな。厠で決意したかもしれんしな。
動いた、だから敵は本能寺にありかな。

>>298
清盛が「うん、いいよ」って頼朝許した瞬間とかのほうがドラマチックだな
成立は異論たてるひといるし

300 :日本@名無史さん:2007/01/16(火) 00:21:56
薩夜麻が唐軍の捕虜になった瞬間。
→倭の滅亡と日本国支配の端緒

301 :日本@名無史さん:2007/01/16(火) 01:21:25
大政奉還された瞬間
難しいな

302 :日本@名無史さん:2007/01/16(火) 03:03:21
大陸から切り放された時

303 :日本@名無史さん:2007/01/16(火) 04:07:11
9.11 テロ

304 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 12:25:47
第2次世界大戦の終戦日。

305 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 13:12:07
関ヶ原で小早川秀秋が裏切った瞬間

306 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 15:08:02
円谷プロのウルトラQが放映されてから、日本人の意識は憎連合軍から怪獣にシフトされて行った。

307 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 16:55:42
「歴史が動いた」と見做せる条件ってなんだろうね
今適当に考えてみるに
@混沌とした状況をある1つの方向に決定付ける出来事
複数の選択肢からその道が選ばれた、という感じ。抽象的でスマン。
Aその出来事でなければならなかったこと
たとえば遅かれ早かれ豊臣氏の滅亡は避けられないことを考えれば、関ヶ原は外れる。
Bその後に大きな影響を残したもの
たとえばキリスト教伝来は近世以降に重大な影響を残したとは言いにくいので外れる
の三条件は必須ではないかと。


そう考えると厳密な年代はさておき、鎌倉幕府成立が最大の転機でないかなぁ?


308 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 17:58:15
徳川軍が鳥羽・伏見で薩長にまけて逃げ去った日

309 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 21:06:53
桶狭間

310 :日本@名無史さん:2007/02/23(金) 02:50:21
刀狩りから太閤検地を経て徳川に移行する260年で現代日本人の精神的なものがいろんな意味(身分制度とか…)で構築された。
ある意味それ以前の日本人と別物…

311 :日本@名無史さん:2007/02/23(金) 03:43:21
江戸幕府の時代が日本観を作ったのに同意。

徳川以外の幕府を考えたとき、織田幕府なら家康はいいポジションに食い込んで、
そこそこ徳川幕府に近いシステム作っただろう。
信玄の死、あたりかな。武田が天下取って治めたら違う近世史を歩むと思う。

50 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)