2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

側室の家柄、血筋について

1 :日本@名無史さん:2005/12/17(土) 22:07:43
公家、大名、神社、武士、商人、農民と出自が様々な
側室の家柄血筋について語りましょう。

2 :日本@名無史さん:2005/12/17(土) 22:13:46
2

3 :日本@名無史さん:2005/12/18(日) 21:36:55
綱吉と吉宗の母親が卑しい生まれの双璧だな。

4 :日本@名無史さん:2005/12/18(日) 21:44:06
平家の落ち武者の隠し苗とかか?
解りにくい苗字使ってるよ!
文字の片隅に平家の文字を残した漢字を用意いて使った苗にしてるからね。

5 :日本@名無史さん:2005/12/18(日) 23:16:56
貞明皇后の母親

6 :日本@名無史さん:2005/12/18(日) 23:19:17
明治時代になると本妻の死後妾が本妻になるケースがけっこうあるね

7 :日本@名無史さん:2005/12/19(月) 00:09:09
また鬼女スレか・・・・

8 :日本@名無史さん:2005/12/19(月) 09:53:50
お由羅は大工の娘

9 :日本@名無史さん:2005/12/19(月) 10:00:50
なれど天皇家の側室は古来、堂上家の出身が大半ぢゃぞゑ。





10 :日本@名無史さん:2005/12/19(月) 14:05:22
側室といっても、まったくの一般人はごく一部だろう

11 :日本@名無史さん:2005/12/19(月) 14:09:52
成り上がり者の場合は正室はおろか側室のほうが本人より高貴な生まれって良くあるよね。

12 :日本@名無史さん:2005/12/19(月) 14:39:39
>>11
秀吉→茶々姫、京極竜子、古河姫、信長娘、山名娘
柳沢吉保→正親町町子
これしか思いつかないけど他にある?

13 :日本@名無史さん:2005/12/19(月) 15:50:27
ホモ吉が参戦している時点で駄スレケテーイ

14 :上杉:2005/12/20(火) 00:15:36
紀州家ってなにげに三浦(もしくは里見)の血引いてるんだな。何気に家康の子孫で1番出自低いの将軍家じゃ

15 :日本@名無史さん:2005/12/20(火) 00:22:36
このスレと、旧宮家スレ、皇后・国母・女院スレ、
戦後皇族ってどれだけ輪姦されたの?スレ、その他皇室関連スレは
書き込み者がダブっている。

非ID表示を逆手にとって、自作自演し放題、ルール無視で
日本史板を汚すスノッブは出て行って下さい。


16 :日本@名無史さん:2005/12/20(火) 10:48:34
農民出身の側室って、どうやって殿様と知り合うんだろう?

17 :日本@名無史さん:2005/12/20(火) 17:56:40
正室も側室腹のことが多かったりする


18 :日本@名無史さん:2005/12/21(水) 17:12:33
age

19 :日本@名無史さん:2005/12/22(木) 00:04:08
>>16
鷹狩りで見初めたとか?

20 :日本@名無史:2005/12/22(木) 00:36:39
>>19
家康の六男・松平忠輝の母、茶阿局なんか、まさにそれ。
夫が木っ端役人に殺されて、鷹狩り中の家康に直訴しにいったところを見初められた。

21 :日本@名無史さん:2005/12/22(木) 00:40:33
>>20
吉宗の母は風呂の釜焚きしてたって話あるね

22 :日本@ 泣無史さん:2005/12/22(木) 05:41:41
私には二人の側室がいる 正室より若く美人で素晴らしい。
また 飲み代も払ってくれる 正室はとてもケチンボウです。
なんとか追い出すことを考えている所です。
良い智恵はありませんか?

23 :日本@名無史さん:2006/01/07(土) 16:18:13
生母が公家出の側室の大名って結構いるね。
上杉定勝生母  四辻公遠女
伊達綱宗生母  櫛笥隆致女貝姫
柳沢経隆生母  正親町町子
徳川家治生母  梅渓通条女幸子
島津斉宣生母  堤代長女
徳川斉昭生母  烏丸資補女永
徳川昭武生母  万里小路睦子 

24 :日本@名無史さん:2006/02/07(火) 13:31:12
光格天皇の生母は身分が低いらしいが、家柄は公家ではないのか?

25 :日本@名無史さん:2006/02/07(火) 13:38:35
>>14
越前

26 :日本@名無史さん:2006/02/07(火) 15:00:50
>>24
光格天皇の生母の大江磐代の父は
倉吉荒尾家の家臣岩室常右衛門(のちに医師宗賢)

27 :日本@名無史さん:2006/02/23(木) 23:46:48
宮家の当主が家女房に手を出すくらい当たり前のこと。

28 :日本@名無史さん:2006/03/02(木) 20:40:39
家女房って農家出の人とかいるの?

29 :日本@名無史さん:2006/03/02(木) 21:05:36
戦国時代に帰農してっずーつと農民なにゃけど
漏れの家にそんな人がおるよ。
お公家さんの養女格で御所に上がった人なんやけど・・。

30 :日本@名無史さん:2006/03/03(金) 02:32:59
>29
 興味深いね。
 ご先祖は、どのあたりにお住まいだったの?

 うちの曾祖母は公家の出なので、もしかしたら遠い親戚だったりして?

31 :日本@名無史さん:2006/03/03(金) 07:18:20
>30

最近、京都市民になりますた。

32 :日本@名無史さん:2006/03/03(金) 18:39:32
吉子女王と喬子女王は異母姉妹。

33 :日本@名無史さん:2006/03/03(金) 21:10:06
貞敬親王も邦家親王も幟仁親王も熾仁親王も父親が結婚する前の子供だね
女王も有栖川宮吉子女王より結婚が遅い人(伏見宮種子女王・閑院宮佳子女王等)も結構いる
ただ一つ言えるのは生母が正室のほうが妃や女王は早婚の傾向があるということである(佳子女王は例外だが)

34 :日本@名無史さん:2006/03/04(土) 02:53:24
吉子女王の生母の安藤清子の実家ってどういう家か知っている人いますか?

35 :日本@名無史さん:2006/03/07(火) 01:33:26
広岡裕児の「皇族」という本には、北白川宮能久親王の子どもたちの生母がちゃんと書かれている。
(3人の側室の名がしっかり。)
好ましいね。もっと日本人は生母にも敬意を払って、様々な場面で側室の名を積極的に公表するべきだと思う。

36 :日本@名無史さん:2006/03/08(水) 17:17:32
>>35
その側室の生没年や容姿とか北白川家に入った経歴とか富子妃との関係とかは書いてないの?

37 :日本@名無史さん:2006/03/10(金) 21:02:32
島津忠義側室山崎寿満子は色弱


38 :日本@名無史さん:2006/03/29(水) 00:12:43
>>35
徳川慶喜に関する聞き書きを読むと、
二人の側室・幸と信の子供たちは、生母であっても「幸」「信」と
呼び捨てにしていたというよね。

39 :日本@名無史さん:2006/03/30(木) 16:49:33
へえ

40 :日本@名無史さん:2006/03/30(木) 18:09:10
そうかい

41 :日本@名無史さん:2006/03/30(木) 22:23:14
扨て話題は些か変わりますれど、
徳川家光の正室・鷹司孝子(「中の丸殿」)と日野権大納言資勝とが
親戚関係にあったという話を聞き及びました。
ために対馬の御家騒動「柳川一件」にて、
宗対馬守義成(その夫人が日野権大納言資勝の娘)は
「お咎め無し」と相成ったとか。
したが、日野家と鷹司家との親戚関係が、よく分かりません。
もしや中の丸殿の生母が日野家なりしや?
識者の方々の御教示を願い上げます。
何卒よしなに。


42 :日本@名無史さん:2006/03/30(木) 22:27:52
孝子の母は佐々成政の娘だった気がする…間違ってたらごめんよ。

43 :日本@名無史さん:2006/03/30(木) 22:59:04
熾仁親王生母佐々祐子は佐々成政とは関係あるの?

44 :日本@名無史さん:2006/03/31(金) 02:52:47
41は大奥や徳川家スレに登場する粘着クンだよ

45 :日本@名無史さん:2006/03/31(金) 07:22:32
>>43
祐子は亀岡の若宮八幡宮神主従五位下丹波守佐々祐條の長女

46 :日本@名無史さん:2006/03/31(金) 08:20:37
家光公の息子で将軍になり損なった甲府宰相・綱重の正室「隆崇院」
二條関白光平の姫(九條兼晴の養女)の名前は何というのでしょうか?
また彼女の没後、二條光平の養女として綱重の継室「紅玉院」
となったのは、山科言行の女(実名不詳)が正しいのでしょうか?
或いは中納言綾小路俊景の女(実名不詳)が正しいのでしょうか?
兄の家綱、弟の綱吉ともに正室(御台所)の名前が判明して居るのに、
(伏見宮貞清親王の姫「顕子」とか、鷹司左大臣教平の姫「信子」と)
綱重の場合は正配の名前が二人とも知られて居ないのでしょうか?
たんに日本史門外漢の私が無知なだけやも知れません。
識者の御教示を願う次第で御座居ます。
何卒宜敷く。

47 :日本@名無史さん:2006/03/31(金) 17:21:05
マルチポスト、要注意。

48 :日本@名無史さん:2006/03/32(土) 01:15:18
>>44さん、そうみたいですね。
いろんなとこに同じ事書いてる…
教えてあげて損しちゃった
(´・ω・`)

49 :日本@名無史さん:2006/03/32(土) 01:23:15
貴族


http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/geo/1107317869/

50 :日本@名無史さん:2006/03/32(土) 01:37:41
>>48
めげるな!

51 :日本@名無史さん:2006/03/32(土) 06:48:03
49代光仁天皇の側室は百済王国武寧王の12代末裔。

52 :日本@名無史さん:2006/03/32(土) 07:45:35
重ねて問いますれど、
家光公の息子で将軍になり損なった甲府宰相・綱重の正室「隆崇院」
二條関白光平の姫(九條兼晴の養女)の名前は何というのでしょうか?
また彼女の没後、二條光平の養女として綱重の継室「紅玉院」
となったのは、山科言行の女(実名不詳)が正しいのでしょうか?
或いは中納言綾小路俊景の女(実名不詳)が正しいのでしょうか?
兄の家綱、弟の綱吉ともに正室(御台所)の名前が判明して居るのに、
(伏見宮貞清親王の姫「顕子」とか、鷹司左大臣教平の姫「信子」と)
綱重の場合は正配の名前が二人とも知られて居ないのでしょうか?
たんに日本史門外漢の私が無知なだけやも知れません。
識者の御教示を願う次第で御座居ます。
何卒宜敷く。

同じ電脳を使った別人の書き込みと誤解しないで下さい。



53 :日本@名無史さん:2006/03/32(土) 07:49:27
舒明は義慈元年に倭国に派遣された男だよ。

54 :日本@名無史さん:2006/04/04(火) 22:37:06
北条早雲の世にででたきっかけ
妹が今川の側室だったこととされる。

当時今川って吉良とともに将軍家親類の筆頭。
大変な名門。

妹がそこの側室になれるってのは

伊勢新九郎ってそれなりの出自をもっていた?
と考えていいのか。
側室だから大した身分じゃなくてもOKだったのか。

55 :日本@名無史さん:2006/04/05(水) 21:07:34
伊勢新九郎はすでに「それなりの出自」という説に定着しつつあるとオモ。

56 :日本@名無史さん:2006/04/05(水) 21:08:21
ほれ。
http://www2.harimaya.com/sengoku/html/ise_k.html

57 :日本@名無史さん:2006/04/06(木) 19:05:15
>>55、56
つまりよく物語にされる
”早雲は一介の素浪人からのし上がり一国一条の主となった”
ってのは、
後の時代に講談などを面白くするために入った味付けってこと?





58 :日本@名無史さん:2006/04/07(金) 00:18:44
講談を面白くするため・・・でも何でもなく、
単に資料解明がすすんでいなかったんでそ。

59 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 01:10:25


60 :日本@名無史さん:2006/05/25(木) 12:17:00
>>54
側室だったんだっけ?

61 :日本@名無史さん:2006/05/27(土) 02:46:56
園祥子の生母はどのような家柄の人だったのでしょうか?名字はわかりますか? また柳原愛子の生母は兄前光と同じ長谷川雪顕の娘歌川と同じということでしょうか

62 :日本@名無史さん:2006/05/27(土) 06:16:56
>>60正室みたいだね。伊勢もそれなりの家かもね

63 :日本@名無史さん:2006/05/27(土) 19:34:29
>>60
北川殿は近年では正室説が有力。
理由は伊勢氏の一族の娘ならば、今川氏の当主の正室であっても全く
不思議はないし、また今川義忠には他に正室がいたという記録もない。
それに義忠死後に起こったお家騒動に際しても、
小鹿新五郎範満(母方は上杉氏)を排除してまで、氏親の継承を支持する
勢力がそれなりにあったことを考えても、北川殿は伊勢氏の娘と見て
問題ないだろう。

64 :日本@名無史さん:2006/05/27(土) 19:36:48
>>62
てか十分にそれなりの家です。
特に伊勢貞親はこの時期の室町幕府の政局にことごとく関与している。

65 :日本@名無史さん:2006/05/27(土) 19:44:03
応仁の乱の後だから京都を離れ駿河に行くときは
たとえ伊勢一族の者でも素浪人になっていただろうよ

66 :日本@名無史さん:2006/05/27(土) 22:19:37
>>65
なぜそう思う?
応仁の乱後も伊勢貞親は中央政界での影響力は相当あるし、細川政元とつるんで
明応の政変にも大きく関与している。
というか伊勢宗瑞(いわゆる北条早雲)の伊豆侵攻だって、明応の政変の
地方への波及の一環だけど。

67 :日本@名無史さん:2006/05/27(土) 22:37:30
伊勢宗瑞は、京都の幕府と駿河の今川氏の間の連絡役として駿河にいたんだろ。
それに駿河下向後も明応以前は、幕府の奉行人みたいなこともやってて
京都と駿河を行ったり来たりしていたのが真相らしいし。

あと室町時代の今川氏って、基本的に政変・政局の際には細川氏側につくから、
細川氏と近い伊勢氏の一族の者が幕府と今川氏の間を取り次いでいても、全く
不思議はない。

68 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 09:20:12
ほほう

69 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 10:54:03
徳川将軍十五人のうち正室から生まれたのは、たった2人だけで、
ほとんどが側室の女性達だったのです。
その将軍達の生母は、農民の娘2人、魚商人の娘、
八百屋商人の娘、僧侶の娘、家臣の娘4人という
「庶民のご母堂様」達でした。

70 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 11:54:08
>>69三人じゃなかった気?1,3,15


71 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 12:33:53
将軍とその正室の間に生まれたのは家光だけかな?
1と15は父親が将軍ではない

72 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 12:41:06
>>69
正室
家康(大名)家光(大名)慶喜(宮家)
側室
秀忠(武士)家綱(農民)綱吉(八百屋)家宣(?)家継(僧侶)吉宗(農民)
家重(藩士) 家治(公家)家斉(旗本)家慶(旗本)家定(旗本)家茂(藩士)


73 :生母・御台所:2006/06/18(日) 15:13:44
初代家康 生母…水野氏於大(伝通院)  御台所…今川氏瀬名姫(西光院)、豊臣氏旭姫(南明院)
2代秀忠 生母…西郷氏於愛(龍泉院)   御台所…浅井氏於江与(崇源院)
3代家光 生母…浅井氏於江与(崇源院)  御台所…鷹司孝子(本理院)
4代家綱 生母…青木氏於楽(宝樹院)   御台所…伏見宮浅宮顕子(高厳院)
5代綱吉 生母…本庄氏於玉(桂昌院)   御台所…鷹司信子(浄光院)
6代家宣 生母…伏見氏於保良(長昌院)  御台所…近衛煕子(天英院)
7代家継 生母…勝田氏於喜世(月光院)  御台所…霊元天皇皇女八十宮吉子(浄淋院)
8代吉宗 生母…巨勢氏於由利(浄圓院)  御台所…伏見宮真宮理子(寛徳院)
9代家重 生母…大久保氏於須磨(深徳院) 御台所…伏見宮比宮増子(証明院)
10代家治 生母…梅渓氏於幸(至心院)  御台所…閑院宮五十宮倫子(心観院)
11代家斉 生母…岩本氏於富(慈徳院)  御台所…近衛寔子(広大院)
12代家慶 生母…押田氏於楽(香琳院)  御台所…有栖川宮楽宮喬子(浄観院)
13代家定 生母…跡部氏於美津(本寿院) 御台所…鷹司任子(天親院)、一条秀子(澄心院)、近衛篤子(天璋院)  
14代家茂 生母…松平氏於美佐(実成院) 御台所…仁孝天皇皇女和宮親子(静寛院)
15代慶喜 生母…有栖川宮登美宮吉子(貞芳院) 御台所…一条美賀子(貞粛院)


74 :江戸幕府将軍表:2006/06/18(日) 15:36:00
代 氏名 生没年 在職期間 官位 父 正室 院号
1 徳川 家康 天文11(1542)〜元和2(1616) 慶長8(1603)〜慶長10(1605) 従一位太政大臣 松平 広忠 関口親永女 豊臣秀吉妹 安国院
2 徳川 秀忠 天正7(1579)〜寛永9(1632) 慶長10(1605)〜元和9(1623) 従一位太政大臣 徳川 家康 豊臣秀吉養女(浅井長政女) 台徳院
3 徳川 家光 慶長9(1604)〜慶安4(1651) 元和9(1623)〜慶安4(1651) 従一位左大臣 徳川 秀忠 鷹司信房女 大猷院
4 徳川 家綱 寛永18(1641)〜延宝8(1680) 慶安4(1651)〜延宝8(1680) 従一位右大臣 徳川 家光 伏見宮貞清親王王女 厳有院
5 徳川 綱吉 正保3(1646)〜宝永6(1709) 延宝8(1680)〜宝永6(1709) 正二位右大臣 徳川 家光 鷹司教平女 常憲院
6 徳川 家宣 寛文2(1663)〜正徳2(1712) 宝永6(1709)〜正徳2(1712) 正二位内大臣 徳川 綱重 近衛基煕女 文昭院
7 徳川 家継 宝永6(1709)〜享保元(1716) 正徳3(1713)〜享保元(1716) 正二位内大臣 徳川 家宣 霊元天皇皇女 有章院
8 徳川 吉宗 貞享元(1684)〜宝暦元(1751) 享保元(1716)〜延享2(1745) 従一位右大臣 徳川 光貞 伏見宮貞致親王王女 有徳院
9 徳川 家重 正徳元(1711)〜宝暦11(1761) 延享2(1745)〜宝暦10(1760) 従一位右大臣 徳川 吉宗 伏見宮邦永親王王女 惇信院
10 徳川 家治 元文2(1737)〜天明6(1786) 宝暦10(1760)〜天明6(1786) 従一位右大臣 徳川 家重 閑院宮直仁親王王女 浚明院
11 徳川 家斉 安永2(1773)〜天保12(1841) 天明7(1787)〜天保8(1837) 従一位太政大臣 徳川 治済 近衛経煕養女(島津重豪女) 文恭院
12 徳川 家慶 寛政5(1793)〜嘉永6(1853) 天保8(1837)〜嘉永6(1853) 従一位左大臣 徳川 家斉 有栖川宮織仁親王王女 慎徳院
13 徳川 家定 文政7(1824)〜安政5(1858) 嘉永6(1853)〜安政5(1858) 正二位内大臣 徳川 家慶 鷹司政通養女(鷹司政煕女)
一条忠良女 近衛忠煕養女
(島津斉彬養女・島津忠剛女) 温恭院
14 徳川 家茂 弘化3(1846)〜慶応2(1866) 安政5(1858)〜慶応2(1866) 従一位右大臣 徳川 斉順 仁孝天皇皇女 昭徳院
15 徳川 慶喜 天保8(1837)〜大正2(1913) 慶応2(1866)〜慶応3(1867) 正二位内大臣 徳川 斉昭 一条忠香養女(今出川公久女) ―


75 :江戸幕府将軍表:2006/06/18(日) 19:48:56
代 氏名 生没年 在職期間 官位 父 正室 院号
1 徳川 家康 天文11(1542)〜元和2(1616) 慶長8(1603)〜慶長10(1605) 従一位太政大臣 松平 広忠 関口親永女 豊臣秀吉妹 安国院
2 徳川 秀忠 天正7(1579)〜寛永9(1632) 慶長10(1605)〜元和9(1623) 従一位太政大臣 徳川 家康 豊臣秀吉養女(浅井長政女) 台徳院
3 徳川 家光 慶長9(1604)〜慶安4(1651) 元和9(1623)〜慶安4(1651) 従一位左大臣 徳川 秀忠 鷹司信房女 大猷院
4 徳川 家綱 寛永18(1641)〜延宝8(1680) 慶安4(1651)〜延宝8(1680) 従一位右大臣 徳川 家光 伏見宮貞清親王王女 厳有院
5 徳川 綱吉 正保3(1646)〜宝永6(1709) 延宝8(1680)〜宝永6(1709) 正二位右大臣 徳川 家光 鷹司教平女 常憲院
6 徳川 家宣 寛文2(1663)〜正徳2(1712) 宝永6(1709)〜正徳2(1712) 正二位内大臣 徳川 綱重 近衛基煕女 文昭院
7 徳川 家継 宝永6(1709)〜享保元(1716) 正徳3(1713)〜享保元(1716) 正二位内大臣 徳川 家宣 霊元天皇皇女 有章院
8 徳川 吉宗 貞享元(1684)〜宝暦元(1751) 享保元(1716)〜延享2(1745) 従一位右大臣 徳川 光貞 伏見宮貞致親王王女 有徳院
9 徳川 家重 正徳元(1711)〜宝暦11(1761) 延享2(1745)〜宝暦10(1760) 従一位右大臣 徳川 吉宗 伏見宮邦永親王王女 惇信院
10 徳川 家治 元文2(1737)〜天明6(1786) 宝暦10(1760)〜天明6(1786) 従一位右大臣 徳川 家重 閑院宮直仁親王王女 浚明院
11 徳川 家斉 安永2(1773)〜天保12(1841) 天明7(1787)〜天保8(1837)従一位太政大臣 徳川 治済 近衛経煕養女(島津重豪女)文恭院
12 徳川 家慶 寛政5(1793)〜嘉永6(1853) 天保8(1837)〜嘉永6(1853) 従一位左大臣 徳川 家斉 有栖川宮織仁親王王女 慎徳院
13 徳川 家定 文政7(1824)〜安政5(1858) 嘉永6(1853)〜安政5(1858) 正二位内大臣 徳川 家慶 鷹司政通養女(鷹司政煕女)
一条忠良女 近衛忠煕養女(島津斉彬養女・島津忠剛女) 温恭院
14 徳川 家茂 弘化3(1846)〜慶応2(1866) 安政5(1858)〜慶応2(1866) 従一位右大臣 徳川 斉順 仁孝天皇皇女 昭徳院
15 徳川 慶喜 天保8(1837)〜大正2(1913) 慶応2(1866)〜慶応3(1867) 正二位内大臣 徳川 斉昭 一条忠香養女(今出川公久女) ―


76 :お腹様、側室ともいう:2006/06/19(月) 20:47:19
エリートの女性は、妊娠出産という一年の大半をつぶす仕事は、
ピンチヒッターの召使いの女や身分の低い者に腹替わりをさせ、
自分は妻、当時は女夫(めおと)の女(め)として夫の手助け
をする仕事に専心していたのである。

男性以上に仕事の出来る女性と、唯それしか能のない女生とに昔は二分されていた。
そこで「女」(め)として、諸事を支配する主婦(もとめ)と、
産女(うみめ)と呼ぶ(お腹様、側室ともいう)のに分かれ、
分業しあって共存共栄をはかっていたのである。
だから昔は、今日の女性のように、一人で妻と母の二役という
ダブルキャストはしていなかった。

77 :身分低き女子をもって代わりをさせる:2006/06/19(月) 20:50:17
『医学天正記』の著で知られる曲直瀬道三の書き残したものに
「雖知苦斎」と題するのが残されていて、その中に、
「お産はそれ婦人の大役にして、産褥にて亡くなる者少なからず、
よって、腹は借りものと称して身分家柄の高き女性は己が子を産
むの煩わしさを避け、身分低き女子をもって代わりをさせる」
と出ている。

78 :日本@名無史さん:2006/06/19(月) 21:58:50
八切厨 コピペ厨はでてけ!


79 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 07:13:40
お公家さんの側室って、どういう人が多いの?
やっぱり公家同士?
それとも一般人もあり?

80 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 07:28:03
公家なんて、1000年ものあいだ、庶民と変わらぬ生活を
しているわけだし、大名将軍などよりよほどひどいよ。
源氏物語の女たらし、頭中将もその辺の浮浪者の女と子供を
作ってるし、最近でいえば、昭和天皇の母親(大正天皇皇后)の
母親は側室(農民上がりの九条家女中)。
天皇家は男系にはこだわるけど女の家系はまったくどうでも
いい。正直美智子さまの家がどう、なんて、庶民の価値基準。
庶民は父方だけで生活できないから母方もこだわる。

81 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 07:33:54
公家じゃないけど、メジャーどころでは、源義経とか、母親は雑仕女(汚物運び)だし
兄弟の範頼の母親は遊女だし、ほかもそんなレベルで、側室が庶民以下の階層ばかりというか。


82 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 09:55:11
>>79
お公家さんのランクにもよるよ
五摂家なんかは正室が大大名の娘や同じ五摂家が多いから平堂上の娘や社家の娘が多いし、
平堂上は正室が平堂上の娘か大名や旗本の娘が多いので、社家坊官、行儀見習いに来た領地の
農民の娘がいる。

83 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 10:03:51
>>79
公家からそれ以外までそれぞれだと。
子女の生母になるのと正式な側室になるのは違うので本物の庶民はいないのでは、
大名家でも子供を生んだ妾が身分が低いことを理由に側室になれなかった例もありますし。

84 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 11:32:47
行きずりの火遊び相手が彼女にならないのと同じか

85 :相当なストレス:2006/06/22(木) 21:42:01
綱吉も吉宗も、その娘たちを有力大名に次々に嫁にやり、
支配基盤を固めようとしました。吉宗は、島津家になん
とか嫁にもらってもらおうと、いろいろ画策したそうです。
 吉宗はよその娘を養女にして身分を格上げしてから、
大名の奥方として、壮大な儀式をとりおこなって次々に
送り出していきました。
これは、妻の地位が夫より高くなることにもなるので、
「夫は妻を主君のごとくあしらい」という事態になって
いると荻生徂徠が批判したとのことです。つまり、
妻の地位は江戸時代に、それほど低いものではなかった、
否、むしろ妻の地位の方が夫より高いことは不思議で
も何でもなかった、ということです。
 ちなみに、八代将軍家斉は50数人の子どもをも
うけたことで有名ですが、その子どもたちを男子は
有力大名の養子として、女子は姫君として嫁がせています。
ところが、男子の大半は20歳になるまでに亡くなり
(50歳をこえたのは1人)、
女子は12人のうち6人が若くして亡くなり、
残る6人だけ50歳をこえています。
やはり、相当なストレスがあったのではないかと考えられます。

86 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 21:50:57
51の書き込み読むと
次の天皇さんのお母さんが半島の人いうこと?
半島の人でも血筋がいいならイイか

87 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 22:13:31
>>51
違う。今から1200年前の50代桓武天皇の生母で
49代光仁天皇の側室が百済王家の末裔だということ。
ちなみに今の天皇は125代目です。

88 :87:2006/06/22(木) 22:15:39
訂正。86へのレス

89 :86:2006/06/23(金) 08:17:47
>>87
桓武天皇のお母さんが半島の人ということですね
桓武天皇というと平安京造った人でしたっけ

90 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 10:47:03
半島の人と言っても200年以上前の百済の太子の子孫とだけで直接両親が半島出だと言うわけではない。

91 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 10:56:22
典型的な「帰化人」の子孫だろうね。それも、何世代も経過した。

帰化している時点ですでに「日本人」なわけだけど、朝鮮の人は認めたがらないね。
そのくせ、新羅出身の帰化漢民族の秦氏などは「朝鮮の英雄」として、縁の史跡など
が子供達の見学コースになっていたりする…(溜息)

気持ちが悪いよ、病院池だ。

92 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 13:55:48
桓武天皇の母親は、
血統的には日本人じゃなかったっけ?

93 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 21:06:51
「百済王家の末裔」「血統的には日本人」?
戦前の朝鮮植民地化の際の日本化は
天皇家に朝鮮半島の血がはいっていることを隠蔽するためだと思ってました
支配して朝鮮の歴史改ざん
それで完了


94 :済州島の出身:2006/06/23(金) 22:38:06
家光の末子上州十万石綱吉は、生母が京都の八百屋の娘の於玉とされてい
るが、当時京坂には多く住まっていた済州島の出身だというので、大老酒井忠清と水
戸光圀が反対して、京の有栖川幸仁親王を五代将軍に立てようとした。


95 :生母が朝鮮系:2006/06/23(金) 22:38:37
四代将軍家綱が亡くなったとき、跡目がなかった。そこで実弟にあたる上州館林の
綱吉をという声もあったが、ときの大老酒井雅楽頭が綱吉を毛嫌いして、強硬に突っぱね、
「有栖川宮親王をお迎えして」とまで、これに反対した。だから延宝八年[1680]
八月二十三日付で、綱吉が五代将軍になると、
「憎っくきやつめ‥‥」と早速、大老の酒井をくびにしたが。が、それでも腹がいえ
ぬとみえ、翌年正月十五日には、今の大手町にあった酒井の屋敷すらとりあげ、これ
を綱吉は気に入りの堀田正俊に与えた。この結果、
「下馬将軍」とまであだ名され権勢をほしいままにしていた酒井も、ここに反体制と
されてしまったのである。さて‥‥
酒井が綱吉に反対したのはその生母が朝鮮系だったせい


96 :当時アジアの医学先進国である朝鮮:2006/06/23(金) 22:49:18
八代将軍吉宗は、当時アジアの医学先進国である朝鮮から、
最高の医学書の一つ「東医宝鑑」を対馬藩から贈呈された。
この本から吉宗は、日本にあるものと朝鮮とはおなじかどうか、
日本にあって朝鮮にない物、その逆の物はなにかという分類
紀事大綱について調べさせた。林良煕は吉宗の意図を正確に見ぬき、
周到な準備を整えていくが、志半ばにして27歳で亡くなる。
そして後を引継いだのが丹羽正伯である。


97 :渡来系の人達を内包:2006/06/23(金) 23:48:43
サンカ共同体が体制側に組み込まれなかった渡来系の人達を内包し
ていったのではと思っています。八代将軍徳川吉宗に伝わる話しが
あります。よく時代劇で、お庭番という忍者のような役職の者が出
てきますが、あれは吉宗が紀州藩から隠密を呼び寄せて作ったもの
らしいです。その隠密ですが、根来者と呼ばれた忍者集団で、
密教行者(修験道)から発し、同根には出雲熊野系と紀伊熊野系が
あり、(その混流の末には信州の飯綱山を発祥地とした忍術の元と
も云われる飯綱遣いがある )諏訪神社(出雲系)から出た諏訪三
郎兼家(甲賀忍者の祖)の忍術と融合し、さらに河内・和泉・大和
・紀伊のサンカ共同体とも融合したものであると伝わっているよう
です。また戦国時代に信長により討伐された伊賀忍者の頭領である
百地丹波が高野山に逃れ、後に根来に移りて本拠とし、
信長に抗戦したとの記録があるそうですから、伊賀忍術の流れも伝
わったのだと思います。

98 :風呂炊女を側女:2006/06/23(金) 23:50:11
その吉宗側近の根来隠密には、吉宗の生母が自分達と同族であったと
の認識があったようです。父の光貞が風呂炊女を側女として源六
(吉宗)を生ませたとありますが、隠密仲間の間には大和葛城の忍び
(サンカ)の一族の者であると解していたようです。吉宗の剛胆さや
庶民性(下々の者に対しても分け隔てなく接し、卑賎とされる者をも
登用した)、また様々な障害を乗り越えて将軍の座に就いたことを考
えると、闇の者とされた忍者集団やサンカ共同体の見えない形での働
きがあったのかも知れません。

99 :津山の2家:2006/06/23(金) 23:52:31
家斉は子沢山だったが子孫は繁栄しなかったな
家慶の子で成人したのは家定のみ
斉順の子で成人したのは家茂のみ
蜂須賀は戦前まで続いたが途絶えた
残ったのは津山の2家のみ
しかも子爵家のほうは康の後、女子のみだろ
失踪男爵の斉の子孫のみに期待か


100 :家斉の息子とその子孫 :2006/06/23(金) 23:53:15
家斉の息子とその子孫

断・徳川 家慶・・・成人した息子は家定のみ
断・清水敦之助・・・夭折
断・紀伊 斉順・・・成人した息子は家茂のみ
断・清水 斉明・・・子孫なし
断・尾張 斉荘・・・子孫なし(一橋家を継いだ昌丸は夭折)
断・池田 斉衆・・・鳥取藩世子のまま夭折
存・松平 斉民・・・津山松平家に子孫あり(子爵家、男爵家)
断・尾張 斉温・・・子孫なし
断・松平 斉良・・・館林藩世子のまま夭折
断・紀伊 斉彊・・・子孫なし
断・松平 斉善・・・子孫なし
存・蜂須賀斉裕・・・男系断絶、現当主は独身女子(侯爵家)
断・松平 斉省・・・川越藩世子のまま夭折
断・松平 斉宣・・・子孫なし 


101 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 09:57:04
コピペはいらない

ttp://www.kumanolife.com/History/kenshi1.html#Anchorsankatowa

102 :日本@名無史さん:2006/06/27(火) 13:53:42
「国盗り物語」で、皇女が土岐頼芸の側室になってたけど、
皇族が武家の側室になるなんて、実際にあったんですか?

103 :日本@名無史さん:2006/07/01(土) 01:28:26
>>102
頼芸の側室って一色氏とか明智氏とかじゃなくて?

104 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 19:53:16
>>103
香子内親王っていうのが出てくる。
架空の人物みたいだけど

105 :日本@名無史さん:2006/07/08(土) 19:55:47
>>100
なんで子供の夭折がこんなに多いの?

106 :日本@名無史さん:2006/07/13(木) 02:40:47
>>100
確か家斉の息子で明治維新後まで存命しているのは津山藩へ行った斉民だけだよね。

107 :日本@名無史さん:2006/07/13(木) 11:13:55
>>105
半年ロムってるか、ここや大奥関係スレの過去スレでも嫁

108 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 00:37:57
ほー

109 :日本@名無史さん:2006/08/21(月) 11:14:42
水銀中毒のせいじゃなかったっけ

110 :日本@名無史さん:2006/08/21(月) 13:51:53
当時は身分を問わず乳幼児の死亡率が高かった。
大奥の場合は、それプラス乳母の白粉に含まれる水銀中毒も原因。

成長しても10代、20代での早世が多いのは、将軍家の公子として過保護に育てられ、
虚弱体質になったということもある。

111 :日本@名無史さん:2006/08/21(月) 13:54:29
家斉はエロ将軍みたいに言われてるが、一個人としてはけっして馬鹿ではない。
健康にも留意し、武芸で身体を鍛えていた。

112 :日本@名無史さん:2006/09/23(土) 07:58:08
地元の有力者と縁を強くする為ってのもあるんだろうか
代々側室として入ってるのは地元の名家ばかりだ


113 :日本@名無史さん:2006/09/23(土) 13:48:45
>>112
どこの話?

114 :日本@名無史さん:2006/09/23(土) 15:37:50
>>113
御三家のひとつです


115 :日本@名無史さん:2006/09/23(土) 22:14:12
>>114
紀州か!

116 :日本@名無史さん:2006/09/24(日) 00:23:51
水戸かも

117 :徳川 家斉(とくがわ いえなり):2006/09/24(日) 20:36:59
幼少期から異様な性癖があったと伝えられている。
蟹や鶏を相手にして踏み潰したり殴り殺したという残虐な逸話がある。
しかし1779年に家治の世嗣・徳川家基が急死したため、父と意次の裏
工作、並びに家治に他に男子がいなかったため、第10代将軍・徳川家
治の養嗣子になり、さらに1786年に家治が50歳で急死すると、翌年14
歳で将軍職に就任した。治世の初期、田沼意次を廃して白河藩で名君
の誉れ高かった松平定信を老中に登用して寛政の改革を推進、綱紀の
粛正を図った。



118 :日本@名無史さん:2006/09/25(月) 11:51:23
家康の側室は、
身分の低い後家が多かったと言われているが、調べてみると実際はそうでもないんだな

119 :日本@名無史さん:2006/10/22(日) 02:23:07
殿様と知り合える人自体、限られてるからな

120 :日本@名無史さん:2006/10/22(日) 02:31:19
そのとき限りの女性だと側室にまでならないしね


121 :日本@名無史さん:2006/10/22(日) 11:29:46
家康の後家好き、家光の尼さん好き

なんてのは、一つのことをとりあげて語呂良くまとめたい趣旨で
稗史上の面白言葉みたいなものだから。

「家光の尼さん好き」といったって、還俗させた事例は
六条氏お万の方だけだからな。

122 :日本@名無史さん:2006/10/22(日) 15:31:33
家康の下淫好みというのも、あくまで秀吉と比較した場合だし。
他の大名の側室と比べても、それほど側室の出自が低いわけではない。

123 :日本@名無史さん:2006/10/22(日) 21:43:31
五大老+伊達なんかを見てみたが家康世代の側室は大名クラスや家老クラスの娘はいないね。


124 :日本@名無史さん:2006/11/18(土) 21:18:36
家老クラスならいるだろ。

125 :日本@名無史さん:2006/12/07(木) 11:05:27
公家出身の側室って意外と多いね。

126 :日本@名無史さん:2006/12/09(土) 00:30:34
松平義昌の母親が公家出身。
父親の正室が家光の娘千代姫だったから三男になった。
松平頼隆の母親は興正寺の門主の娘で顕如と三条夫人の妹の曾孫
公家出は意外に多いね。

127 :日本@名無史さん:2006/12/09(土) 20:31:26
水戸斉昭の正室は有栖川宮家の出身だが、余八麿こと昭武の母も
公家の出ではなかったかな。

128 :日本@名無史さん:2006/12/09(土) 22:08:08
徳川の男は公家よりも皇族の女とのほうが相性がよかったりする

129 :日本@名無史さん:2006/12/10(日) 05:43:43
家茂と和宮だね

130 :日本@名無史さん:2006/12/10(日) 12:50:12
>>127
万里小路睦子だね。
斉昭は超貴種好きで有名。義姉の公家出身の上臈にも手出してる。
斉昭の母親も公家の出だったからマザコンの可能性も。

131 :日本@名無史さん:2006/12/10(日) 19:58:50
斉昭の側室に柳原姓や高丘姓の女性がいたはずだが公家出身なの?

132 :日本@名無史さん:2006/12/10(日) 23:15:23
徳川家が貴族化するにつれて、公家や皇族の女性と親しくなってる。
やはり、似たような環境にいる者同士が仲良くなるんだろう

133 ::2006/12/11(月) 13:24:51
すごいデンパだなww

134 :日本@名無史さん:2006/12/11(月) 22:35:00
まあ身売りみたいなもんだよ
貧しくて食べていけないから娘を差し出してた。
当時の公卿の生活は極貧だからね

135 :日本@名無史さん:2006/12/17(日) 14:59:09
大名家に就職する公家の女性が多かったらしい。
上手くいけば、殿様とつきあえる。
ダメでも高給取りのキャリアウーマン。

136 :日本@名無史さん:2006/12/17(日) 15:12:08
>公家や皇族の女性と親しくなってる。

500`も離れていてどうやって親しくなるんだ?


137 :日本@名無史さん:2006/12/17(日) 16:32:40
>>136
大奥にいる公家の女性ってことでしょ
正室の出産も後半になるにつれ増えている

138 :日本@名無史さん:2006/12/20(水) 22:05:19
お公家の女性は大奥内で多くは上臈職として
結構な給金を貰っていた。

139 :日本@名無史さん:2006/12/20(水) 23:56:46
働きに出たって感じだな
あわよくばお手つき中臈に
そしてお腹様と夢はひろがりんぐwww


140 :日本@名無史さん:2006/12/21(木) 05:32:28
徳川綱吉に仕えていた女性で、
天皇家から将軍家に転職してきた女官がいなかった?

141 :日本@名無史さん:2006/12/21(木) 09:38:06
>>139
公家出の上臈職が、お中臈になぞ格下げしないのだが。

上臈は奥女中の中で最も格式の高い役職。
普通は御年寄などのように実験があるわけでは無いけどね。
(上臈と御年寄兼務は可能だったそうだけど)
御台所に親しく近侍して、学問や文化行事のお相手をするのも役目。
中臈とは全く位の違う要職だよ。

>>140
それは心光院・右衛門佐のことを言っているのかな?


142 :日本@名無史さん:2006/12/21(木) 09:55:22
>>141
お手つきは中臈になるんだよ
役職とはまた別

143 :長崎淫乱おばちゃん売春センター女廊屋バタフライ女廊長 淫野 乱子:2006/12/30(土) 21:57:51
お金持ちの殿方、私達を側室にして〜〜〜、気持ち良くイカせて〜〜

144 :日本@名無史さん:2007/01/04(木) 13:37:36
>>141
御手付になっても、御中臈以上の役職なら格下げはありえない。上臈なら御台所付きから将軍付きになるだけ。

145 :日本@名無史さん:2007/01/11(木) 00:15:01
>>118
たしかに、お梶の方は太田氏ゆかりの出自だし、お万の方(紀伊・水戸の母)の
父は正木頼忠(蔭山氏広)・母は北条氏尭娘(養女説あり)だしな。

146 :日本@名無史さん:2007/01/15(月) 13:06:53
西郡…鵜殿氏
お万…永見氏
お竹…市川氏
お愛…戸塚氏、西郷氏
阿茶…飯田氏
茶阿…庶民
下山…秋山氏、穴山氏
お牟須…三井氏
お亀…志水氏
お万…正木氏、蔭山氏
お勝…太田氏
お夏…長谷川氏
お仙…宮崎氏
お梅…青木氏
お六…黒田氏

それなりの家柄なのって少ない気が。

147 :日本@名無史さん:2007/01/15(月) 16:18:38
>>140-141 寿光院・大典侍もそう。 たしか朝仁親王に仕えていたんだよね。朝仁親王って東山天皇のことかな?

148 :日本@名無史さん:2007/01/16(火) 02:02:59
>>146
世にいわれているほどには身分が低くはないものの、けして高いともいえないってとこですか。
側室の身許も家康の軌跡を表してますね。最初は今川家臣の娘から始まって、次は武田家臣の娘、みたいな。

149 :日本@名無史さん:2007/01/20(土) 01:41:06
>>146
それなりの家筋と認識されているのは
下山殿お都摩、陰山殿・お万の二人かと。

150 :日本@名無史さん:2007/01/24(水) 02:34:42
お愛の養父で母方でもある西郷氏は菊池氏の一族で三河国守護代を務めた家。築山殿亡き後、お愛が正室格と喧伝されるのもそのためか。
蔭山殿お万の養父蔭山氏は足利持氏の血を引く名家。実父正木頼忠も名族三浦氏の裔とされる。母方後北条氏も政所執事伊勢氏の裔。
下山殿お都摩の養父穴山信君。甲斐国守護武田家分家で武田晴信の甥。実父秋山虎泰も甲斐国守護武田家分家。
お勝の太田氏も相模国守護代をやった家。

151 :日本@名無史さん:2007/01/25(木) 17:02:05
>>146
他の大名の側室達も大体そんなもん。
仕事で知り合える女性としては、妥当なレベルかと。

信長や利家の側室なんてそれ以下だぞ。

38 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)