2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

☆★過大評価の歴史上人物2★☆

1 :日本@名無史さん:2005/11/20(日) 20:00:42
業績がないのに、過大評価されている歴史上の人物について語りませんか。

前スレ
ttp://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1079267907

2 :日本@名無史さん:2005/11/20(日) 20:02:37
関連スレ

☆★過小評価の歴史上人物★☆
ttp://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1104728328/

3 :日本@名無史さん:2005/11/21(月) 06:20:42
パクリman福沢諭吉age

4 :日本@名無史さん:2005/11/21(月) 07:31:18
筆頭は聖徳太子だろうな。

5 :日本@名無史さん:2005/11/21(月) 13:21:47
板垣退助

6 :日本@名無史さん:2005/11/21(月) 15:29:32
戦後最大の過大評価は皇后美智子
サヨと一緒になって皇室の威厳と伝統をぶち壊し
皇太子の自覚ない長男とDQNな次男、貧乏くさい長女を産んだだけ。

7 :日本@名無史さん:2005/11/21(月) 16:05:37
みそらひばり

8 :日本@名無史さん:2005/11/21(月) 16:48:31
杉山正明先生が、耶律楚材のことボロカス書いてたな。

9 :日本@名無史さん:2005/11/24(木) 12:33:00
井伊直弼

存在しようがしまいが、幕府は開国に踏み切っただろう。

10 :日本@名無史さん:2005/11/24(木) 13:34:25
斉藤道三

11 :日本@名無史さん:2005/11/24(木) 18:22:33
東大教授

12 :日本@名無史さん:2005/11/24(木) 18:27:18
白州次郎

13 :日本@名無史さん:2005/11/24(木) 18:31:58
坂本龍馬

14 :日本@名無史さん:2005/11/24(木) 19:28:35
たけし長嶋王も歴史に残るのかな 100年後テストにでてたりして

15 :日本@名無史さん:2005/11/25(金) 12:41:12
みんな理由ぐらい書いとけ

16 :日本@名無史さん:2005/12/02(金) 22:00:17
田代まさし

17 :日本@名無史さん:2005/12/02(金) 23:06:19
>>確かに。では、
坂本龍馬
理由:現在言われている功績(大小含めた)のほとんどが虚構だから。

18 :日本@名無史さん:2005/12/06(火) 17:06:16
木戸孝允
この人が何で3傑なの?何かしたんですか?

19 :日本@名無史さん:2005/12/06(火) 19:01:01
前スレで10回ぐらい出てきた吉田松陰は、

擁護派による嵐によって前スレを埋め尽くしちゃったから、

なるべく書かないようにしような。
心の中で、「あいつクチサキだけやで」と思うだけにとどめとこう。

20 :日本@名無史さん:2005/12/08(木) 14:31:15
信長の名前出しても論争になるしよ。
この人物については他スレで。

21 :日本@名無史さん:2005/12/11(日) 15:02:12
坂本龍馬の虚構で「薩長同盟」や「大政奉還建白書」のこと?
小ってどんなこと?
教えてください


22 :日本@名無史さん:2005/12/11(日) 15:15:19
山本五十六

23 :日本@名無史さん:2005/12/14(水) 09:36:50
>>21
小に当たるのは司馬小説にある不思議な能力のことだろ

24 :日本@名無史さん:2006/01/07(土) 22:03:44
じゃあ吉田小陰唇

25 :日本@名無史さん:2006/01/07(土) 22:07:30
細木数子

26 :日本@名無史さん:2006/01/07(土) 22:11:11
>>18
長州の代表だったから。

27 :日本@名無史さん:2006/01/21(土) 02:12:45
真田幸村。
この人が中心で勝った戦ってある?
上田城はどっちかというと親父の方が中心だと思うし。

28 :日本@名無史さん:2006/02/04(土) 16:42:50
徳川家康 

29 :日本@名無史さん:2006/02/06(月) 23:07:22
明治天皇
何もしていないのにえらそうな肖像画が残っていたりするw

30 :世界@名無史さん:2006/02/07(火) 03:57:56
>>27
はげ同。親父さんの昌幸は武名が天下に知れた謀将。
家康をコテンパンにしたのも親父さん。
大阪城入場の情報が入ったとき家康はガクガクブルブルとなったが
入ったのが幸村と聞いたとたん、「なんだ子倅の方か ケッ」
と言ったそうでして・・要はアンチ家康が祭り上げたんでしょ。

31 :日本@名無史さん:2006/02/07(火) 09:09:50
よくしらんけど大坂夏の陣の活躍は?

32 :日本@名無史さん:2006/02/09(木) 20:29:21
孝明天皇。
単に生理的に異人さんが嫌いで攘夷攘夷と叫んでいたのに愛国者のように誤解されている

33 :日本@名無史さん:2006/02/09(木) 20:55:28
幸村は実在しなかったって説もあるしな...

34 :日本@名無史さん:2006/02/09(木) 21:21:04
>>32
孝明天皇があそこまで異人嫌いだったのはどうやら開国派の関白鷹司政通への
対抗意識が過剰に働いたことも原因らしい
孝明天皇も薄々開国はやむ得ないと思っていたが政通が朝廷を牛耳っていたから孝明天皇としては天皇である自分が権力掌握するには
おのずと反対意見を言わなければならなかった


35 :日本@名無史さん:2006/02/09(木) 22:22:49
>>34
個人的な権勢欲を国益に優先させたわけだからなおさら罪は深いな

36 :北条政子:2006/02/10(金) 01:55:01
        , -‐'"´ ̄ ̄ ̄ ``ヽ   
       /爪  ヽ `ヽ、`ヽ、   \    
      / / !lヽヽ  \  \ \  }   
.      / l l l ヽ ヽ、_弐_ --ヽ _ヽノノ!    わらわも近年、過大評価かな?
     /! ll__l ヽ-‐' "┴─`  l/rヌ、ノ|  
     !l/fri刀          >'〉} ノ!  
        l ̄ 、 _   ▲  ,Lノノ |   
           ',  ヽ'´ヽ    / | 「||l!,|  
          ヽ、  ー'    / .| | | |!|    
          ``ー-ャァ' ´ _」、lLl l!|         
            __ノ /==三三ヽL        
          / }ム/==ニ三-ァ-─‐ヽ  
           」ll /O/ ニ, -'´ /    , -'´!
          i´{、/ //   /  , -'´   |  

37 :世界@名無史さん:2006/02/10(金) 04:20:25
武田信玄 上杉謙信の両名
昔から名将として名高いが領土の広さは200万石いってない。
秀吉が小田原攻めで見せたような高度に組織化、体系化された
戦争に持ち込まれたらどうなっていたか?
ちなみに一両具足を率いて四国を統一寸前だった長宗我部
戦国最強の九州の覇者、島津もまったく歯が立っていない。
ぶっちゃけ、アメリカ軍の物量に押されまくる精鋭日本軍てなイメージ
「信玄よ謙信よ、早く死んでよかったな。生きてたらお前ら今頃俺の部下だ」
とは秀吉の名言。

38 :日本@名無史さん:2006/02/11(土) 07:06:27
過大評価とは違うが森蘭丸って何であんな知名度高いの?
ヘタしたら本多忠勝や島津義弘より知名度高そう

39 :日本@名無史さん:2006/02/11(土) 18:34:09
>>38
消防の頃読んだマンガ日本の歴史の台詞
「蘭丸、あの物音は!?」「光秀どのがむほんです!」
てので覚えた。
あとの二人はBASARAするまで知らなかった。

40 :日本@名無史さん:2006/02/12(日) 14:27:37
いや、下手しなくても知名度高いだろう。
徳川はともかく、島津なんかテレビや小説に出てくる事が少ないじゃない。

朝鮮出兵がネックなんだろうな。

41 :日本@名無史さん:2006/02/17(金) 12:47:26
知名度こそ高いが、本能寺の変の頃にはとっくに元服して城持ちだったのに
まるでまだ小姓だったかのように誤解されているけどな

42 :日本@名無史さん:2006/03/17(金) 12:35:36
吉田茂

43 :日本@名無史さん:2006/03/19(日) 03:13:03
上杉景勝って有名だけど何した人?

44 :日本@名無史さん:2006/03/20(月) 03:51:09
>>43
五大老という教科書レベルの人間だからそれなりの知名度はあるさ。

45 :日本@名無史さん:2006/03/20(月) 11:30:36
>>43
猿を飼育していた大名として有名。

46 :日本@名無史さん:2006/03/20(月) 12:17:11
>>38
睾丸の美少年として有名

47 :日本@名無史さん:2006/03/20(月) 15:01:21
本朝においては聖徳太子と坂本竜馬が筆頭だろうな。
現代史では山本五十六かな(上の二人とはスケールにおいて比すべくもないけど)。
この方々はいまだに熱烈なファンや信者が新しく生まれてくるんだから凄いよな。
竜馬人気については司馬の功績が最大かもしんねーな。

48 :日本@名無史さん:2006/03/20(月) 20:50:31
その司馬遼太郎も過大評価されているということで

49 :日本@名無史さん:2006/03/20(月) 20:59:34
   /:.:.:.:.:.:./:´:.:.:.:.:.:.:.:;:;;;:;::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ 、´::.:.:.:ヽ
   {:.:.:.:.:.:/:r'´ヽ:;; -── -- ::_:.:.:.:.:.:.:.:ヽ_|:.:.:.:.:.:.:}
   ,」:、:.:.:/´:ゝ_〉            `ヽ:.:.:.:.:.:.:iヽ:_:.:.:/、
   {:.:.:{:./:.:.:.:;:;;}              、:.:.:.:.:.:.:!(:.:`:.:.:.)
 .  〉:.:.〕j!:.:.:;:;;;j_,.-=ニ´   `ー─=-、丶:.:.:.:.:.| j::.:.:.:.:ノ
   |:.:.:.:.:.:>从;ノ〉7O;ヽ`    '1:o;;::ヽノヽ:.:.:.:!/:`:.:.´:j
   冫:.:/、  ハ` {;:::''。j       {:::'':。ノ l´ノ:f`〈ヽ:.:.:.:.ノ山内一豊。というか千代
   {:.:.:.:.:ノ /.:|    ̄   ,.     ` ̄  /.:./ ノ(::.:.:.:.:)
   >:;く  ,:.:.:!、´´´´  __ _  ´´´´ {::/'´   ゝ::.:/
  f::.:.:.:.:;i l:.:.:| 丶     -      /ヽ:ヽ  ノ::´:ヽ
  lj:.i:.:.:.ノ ヽ:.}   ` -, .__..   イ    }.:}  {:.:.:.:.:.:.:}
   ヾj´   jノ_  「ゝ._   _,ノヽ  /:/  ヽ:./ノ'′
      //::.::.::.| ̄    ̄    7/:/ ̄l`ヽ `′
     /  i::.::.::.::.|            ハ(_::.::/   !
      |  |.::.::.::.::l        /::.::.::.}/   |
     |  |::.::.::.::.:ゝ._      _,ノ::.::.::.ノ/   |  

50 :日本@名無史さん:2006/03/20(月) 21:00:49
http://blonavi.net/blog/usr/flying/index.asp

51 :日本@名無史さん:2006/03/27(月) 08:58:58
武田信玄

52 :日本@名無史さん:2006/04/05(水) 12:33:15
そう?

53 :日本@名無史さん:2006/04/05(水) 12:38:51
薩摩と長州は

明治新政府になり
最強妄想を
全国にばらまいた

これに限る

54 :日本@名無史さん:2006/04/06(木) 17:45:39
信玄
謙信

55 :日本@名無史さん:2006/04/06(木) 17:50:00
毛利

56 :日本@名無史さん:2006/04/06(木) 20:27:10
中世の非農耕民たち

57 :日本@名無史さん:2006/04/07(金) 01:03:11
山と炊ける

58 :日本@名無史さん:2006/04/07(金) 01:05:09
坂本龍馬 二流半
織田信長 運だけ

59 :日本@名無史さん:2006/04/07(金) 01:07:15
家康

60 :市松:2006/04/09(日) 15:18:39
西郷南洲
近藤勇
北条時宗

61 :日本@名無史さん:2006/04/16(日) 21:54:34
▼▼新選組総合スレッド3▲▲
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1110817138/

62 :日本@名無史さん:2006/04/17(月) 07:11:44
武田信玄
天下取りなんて器では無いのは本願寺から嫁貰っている時点で確定。

63 :日本@名無史さん:2006/04/17(月) 08:27:37
伊達政宗

過大評価すらされてないか

64 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 13:11:09
佐藤栄作
ノーベル平和賞を受賞する器ではない

65 :政治的利用:2006/04/29(土) 13:34:48

従来、米国は、自国の安全保障上問題がある北朝鮮の核問題を重視し、拉致問題は軽視して来たが、
ここへ来て、米議会公聴会が横田さんを証人喚問したり、大統領が会ったりしたのは、
六カ国協議が暗礁に乗ったので、拉致問題までも利用して北朝鮮に圧力を掛けようとする米国の思惑を示している。


66 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 13:47:09
徳川家光 秀忠が大御所として実権を握っていた

67 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 18:54:20
>>64
その後この賞もらった人たち

アラファト、ラビン
金大中

この賞欲しがった日本人
 池田大作、笹川良一


こんな賞もらうことなんかの栄誉か?

68 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 20:34:42
信長って言われてるほど独創的でもないよな。

独創的とされているもの
楽市楽座(斉藤道三)
政教分離(足利義教)
鉄砲の大量使用(本願寺)
豪壮な天守閣(松永久秀)
実力主義(五代後天皇)

まあ独創的
兵農分離(秀吉、家康が完成させた)
検地(秀吉が完成させた)
鉄鋼船(局地戦で役に立ったのみ)

ただ、先人から受け継いだものは確実に昇華させているし、逆に独自で生み出したものは、
不完全に終わっている。信長はたしかに、日本の歴史上では3指に入る政治家だが、
そんなに神視するほどではないな。


69 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 10:45:56
逝っちゃってる点は五代後と共通w

70 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 21:41:23
>>68
鉄鋼船は伝説。本当にあったかは不明

71 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 06:59:27
信長で評価すべきは、独創性云々よりもその行動力と決断力だからな。
そもそも、信長でも頼朝でもいいが、そんな独創的な政策なんてものは、本当に
自分で考え出したものかどうかなんてのはわからんしな。秀吉や光秀のような重臣の
意見を採用したものかもわからんし、どこの馬の骨とも分からん奴の考えを拝借した可能性すらある。


72 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 08:10:45
上杉謙信。これに尽きる

73 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 23:49:57
     

74 :日本@名無史さん:2006/05/22(月) 04:36:20
ねずみ小僧

75 :日本@名無史さん:2006/05/22(月) 10:30:23
売国奴 橋本龍太郎

76 :日本@名無史さん:2006/05/22(月) 12:29:56
>>71
信長は行動力、決断力はその精神異常性による。
ほとんどキチガイだから断行出来たとも言える

77 :日本@名無史さん:2006/05/22(月) 17:28:42
信長の運を味方につける能力だけは異常

78 :日本@名無史さん:2006/06/08(木) 14:12:13
>>77
信長は歴史に選ばれた人物なんだろうな

79 :日本@名無史さん:2006/06/08(木) 17:05:42
>>77
運命は女神だから、彼女を征服しようとすれば、打ちのめし、突きとばす必要がある。
運命は、冷静な行き方をする人より、こんな人の言いなりになってくれる。

マキアヴェリ「君主論」

80 :日本@名無史さん:2006/06/08(木) 19:41:53
断然「坂本龍馬」
あいつのどこがすごいの?

81 :日本@名無史さん:2006/06/08(木) 20:06:02
世阿見

売り専ボーイ

82 :日本@名無史さん:2006/06/08(木) 20:07:41
>>80
犬猿の仲だった薩摩と長州の間を取り持って同盟にこじつけた事。
遠回りに大政奉還の実現に貢献した事。

83 :日本@名無史さん:2006/06/08(木) 20:18:08

薩長同盟は薩摩側に同盟の意志があって、竜馬を道具として使っただけ。
用済みになった竜馬はその後、殺される。

船中八策の内の6策が勝海舟や横井小楠のアイディア。


84 :日本@名無史さん:2006/06/08(木) 21:18:00
坂本龍馬は他人の手柄を横取りしすぎ。

85 :日本@名無史さん:2006/06/08(木) 21:21:27
坂本龍馬は司馬遼太郎の架空に人物

86 :日本@名無史さん:2006/06/08(木) 21:41:13
レンヤ・ムタグチ

ソンナニサイノウナカッタヨネ。

87 :日本@名無史さん:2006/06/08(木) 23:27:22
80・82・83・85竜馬は素晴らしい人物だ!貴様に同じ事ができるのか
凡人というのは所詮僻み根性で偉人を過小評価するきらいがあるが貴様らこそ
まさにそれだな。くやしければその僻み根性なおしてこいや、タコ!死ね!

88 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 00:29:16
>>87
おまえこそだまれ
いいか、坂本龍馬は司馬遼太郎の架空に人物なんだぞ

 架 空 に 人 物 なんだ

89 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 00:31:17
イタイ>>87が現れたな

90 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 00:59:32
坂本龍馬に1票。
誰か集計とってくれるの?

91 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 01:19:35
架空に人物に一票

92 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 02:39:09
織田信長

93 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 03:31:32
坂本龍馬に1票。


94 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 09:08:36
京都の坂本龍馬先生の墓 こちら、という看板が落書きされて
坂本龍一先生の墓、こちら、になってたな。

95 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 18:22:50
僻み根性の凡人に一票、そんなに竜馬を貶めたかったら彼のやった事を100分の1でもいいからやって見ろ!

96 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 21:19:10
>>95 イタタ

97 :日本@名無史さん:2006/06/10(土) 19:07:51
竜馬は過大評価ってわけじゃなくね?
単なる人気先行なだけ。この二つ、よく混同してる奴がいるが。

98 :日本@名無史さん:2006/06/10(土) 22:27:44
龍馬は早死にして老醜をさらさなかったから良いイメージが定着したな
アレが長生きして政府高官となって、その後云々
とかなったら人気はそれほど無かっただろ

99 :日本@名無史さん:2006/06/10(土) 23:02:53
ええタイミングで死なはりましたな、龍馬はん。

100 :日本@名無史さん:2006/06/10(土) 23:07:12
諸君も異存はなかろう
長嶋茂雄

101 :日本@名無史さん:2006/06/10(土) 23:14:31
やはり架空に人物は偉大だな

102 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 01:04:09
藤原鎌足
この人具体的になにしてたん?


103 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 02:56:52
田沼意次

104 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 15:22:20
仙石

105 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 16:36:30
坂本竜馬をちょっとでも否定的にみたら、なぜか必死になって来るやつがいるけどどうして?

106 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 16:40:49
否定する奴がねちっこくて加齢臭がキツイからじゃねーの

107 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 17:35:23
坂本龍馬に1票。


108 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 17:43:42
坂本龍馬はなにをしたの?

109 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 18:05:33
ようするに他人のすることにはケチ付けるくせに自分はそのことにたいして百分の一も
やろうとしないオロカモノがあまりにも多いからだろ

110 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 18:16:04
>>109
オマエモナー

111 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 18:18:35
>否定する奴がねちっこくて加齢臭がキツイからじゃねーの

歴史街道とか、プレジデントとか愛読してる中高年リーマン、
司馬小説好きで大言壮語癖あり、自意識過剰で座右の銘あり、

こんな香具師だから。ネット上だけじゃなくリアルでも
つきあいたくないタイプ。さらに地方出身だったりしたら、
より強烈に暑苦しくなる。





112 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 18:25:05
>司馬小説好きで大言壮語癖あり、自意識過剰で座右の銘あり、
って、龍馬の事を少しでも否定したら、>>109のような事を言う奴らじゃ・・・

113 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 18:28:04
団塊の青春

114 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 19:32:37
>さらに地方出身だったりしたら、より強烈に暑苦しくなる。

粘着な罵倒は、どうも東北臭がするんだよねw


115 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 19:42:58
断然「昭和天皇」
あいつのどこがすごいの?

116 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 19:44:17
団塊の青春

117 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 19:48:02
大石内之助と赤穂の四十七士などは?

118 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 19:54:12
「新撰組」。どこがいいんだか。大河終了してから何年たつ
わけよ?

119 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 19:57:02
土方歳三で決まりだろ。

過大評価と言っても支持者は発狂者だけだがw

120 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 20:04:58
新撰組や土方歳三は、歴史上人物以前の問題。ほとんどの人が知らない。
やっぱり過大評価されてるのは、坂本竜馬だろう。

121 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 20:07:51
土方だな

122 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 20:13:30
明治天皇も胡散臭い。幕末御所のなかで源氏物語のように宮中の
女官とともに暮らしていたのが急に相撲取りみたいな体格に変わって
フリードリヒやナポレオンまがいの大元帥陛下だからなw

123 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 20:26:04
龍馬は確実に過大評価だろうな。
龍馬が長生きしても、その後の日本に影響なし。

124 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 20:28:18
剣士としても三流以下なのが痛いな、土方は

125 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 21:43:08
ええタイミングで死なはりましたな、龍馬はん。

126 :日本@名無史さん:2006/06/12(月) 00:06:08
断然、坂本龍馬ぽん

127 :日本@名無史さん:2006/06/12(月) 00:08:16
野口英世。

どう考えても日本史における過大評価ナンバーワンだと思う。

128 :日本@名無史さん:2006/06/12(月) 01:52:12
坂本龍馬に投票

129 :日本@名無史さん:2006/06/12(月) 02:51:48
俺も龍馬かな。
人気先行って感じ。

130 :日本@名無史さん:2006/06/12(月) 03:01:52
龍馬はここでも人気者だな

131 :日本@名無史さん:2006/06/12(月) 03:09:37
竜馬は実際…スレで叩かれたアンチが涙目で書き込んでるってオチじゃないだろうな?

132 :日本@名無史さん:2006/06/12(月) 03:13:00
竜馬は十分凄い方だが。
他によくわからん志士なんていっぱいいる。
俺りゃ別に吉田松蔭とかもなんもやってないと思うが。

133 :日本@名無史さん:2006/06/12(月) 03:15:20
竜馬よりも、西郷・大久保・勝海舟・高杉なんかの方がすごい。


134 :日本@名無史さん:2006/06/12(月) 03:17:04
勝海舟がよくわからん。これもほどほどの人間。

..
要するにアンチも心酔者も
竜馬のイメージが異様にデカ過ぎるということには変わりない。
竜馬は凄い方だよ。それなりには

135 :日本@名無史さん:2006/06/12(月) 03:19:23
勝よりも小栗や福沢や榎本のが上だべ

136 :日本@名無史さん:2006/06/12(月) 04:29:14
犬養毅なんかは?

憲政の神様とかいって持ち上げ過ぎでは

137 :日本@名無史さん:2006/06/12(月) 07:25:39
ベンジョンソン

138 :日本@名無史さん:2006/06/12(月) 17:16:38
1000overの竜馬は実際…の次スレはここですね

139 :日本@名無史さん:2006/06/13(火) 14:36:44
聖徳太子
源義経
北条時宗
足利義満
徳川家光
伊藤博文

140 :日本@名無史さん:2006/06/13(火) 22:20:13
>>135
福沢はただの物真似名人。
独創性なし。

141 :日本@名無史さん:2006/06/15(木) 18:31:47
文句なしで義経。ただの馬鹿

142 :日本@名無史さん:2006/06/17(土) 01:40:20
だが小栗や榎本はマシだ

143 :日本@名無史さん:2006/06/17(土) 22:44:21
阿部正弘

144 :日本@名無史さん:2006/06/17(土) 23:20:01
いずれ前田利家の正体はバレル

145 :日本@名無史さん:2006/06/17(土) 23:39:12
>>144正体?

146 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 01:29:51
京都の人間

147 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 07:36:22
歴史ヲタがあげる武将の大多数

こいつらこじつけてまでも好きな武将を擁護しようと必死

148 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 15:22:56
伊達政宗は超ド級

149 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 16:08:02
田沼意次だな。この人たいしたことしてないのに評価高すぎ。

150 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 21:53:51
野口英世だな

あと、坂本龍馬

151 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 02:08:38
伊達政宗よりも、こいつに滅亡寸前まで追い込まれた
山形のキツネや常陸のオニの賛美が鼻につく

152 :日本@名無史さん:2006/07/01(土) 17:49:32
追い込まれてないが

153 :日本@名無史さん:2006/07/01(土) 23:40:39
坂本龍馬

さすが頭脳派、後世の薄らバカを惹きつける
テクニックを使いまくってるな

154 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 03:01:01
坂本龍馬

死後、これほどまでも政治に利用される人物も珍しい
だから過大評価されるに至ったわけだが

155 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 04:45:04
龍馬は過大評価でもないだろ
龍馬を政治的に評価してる奴っている?
ただ薩長の仲介役をしただけ
彼がウケてるのは、生き方とか、発想じゃねえの。どこぞの作家が作った人物像かもしれんけど


156 :日本@名無史さん:2006/07/05(水) 18:47:12
一休

ただの変人じゃねぇか

157 :日本@名無史さん:2006/07/07(金) 09:27:11
山県有朋

158 :日本@名無史さん:2006/07/07(金) 10:02:25
坂本龍馬
>>155のようなやつを生み出しているのが何よりもの証拠

159 :日本@名無史さん:2006/07/07(金) 10:51:20
織田信長。
武田信玄を畏怖し存命中は歯向かうことがなかった。

160 :日本@名無史さん :2006/07/07(金) 14:53:40
信長過大評価は賛同するものだが
>159のケースは武田信玄が戦略的に騙されつづけただけのことだと思ふ

161 :日本@名無史さん:2006/07/07(金) 15:23:09
武田信玄がそれほど過大評価されてるってわけか

162 :日本@名無史さん:2006/07/07(金) 16:01:32
仮に坂本竜馬が明治まで生存していたとすれば・・

海外貿易で放浪の人となっていたのだろうか。
それとも、明治政府にかかわりを持っていたか。
前者なら、それなりの人気を保持し、
後者なら、何もできず人気を下げていたと思われるが。


163 :日本@名無史さん:2006/07/07(金) 18:30:53
>>162
むしろ逆かもしれん。商人になってたら、五代友厚みたいな悪徳商人的イメージがついてたかも。
実際いろは丸の処理なんか悪徳極まってるし。


164 :日本@名無史さん:2006/07/07(金) 21:05:04
つーか龍馬に商才なんぞ無かったわけだが・・・
ホラ吹きと言われるくらい構想力だけは良かったようだが・・・

165 :日本@名無史さん:2006/07/08(土) 21:34:43
仮に坂本竜馬が明治まで生存していたとすれば・・

大物詐欺師としてタイーホされてるな。
絞首刑か斬首かも。
こいつほど過大評価されてる奴もめずらしい。



166 :日本@名無史さん:2006/07/08(土) 22:41:54
勝海舟みたいなご意見番の爺さんになった気がする
西郷みたいに反乱起こす度量はないだろ

167 :日本@名無史さん:2006/07/14(金) 13:58:33
石川五右衛門

ただの盗賊なのに

168 :日本@名無史さん:2006/07/14(金) 17:28:59
☆★過大評価の戦国武将★☆
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/sengoku/1152862731/

169 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 14:35:05
ナポレオン

170 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 16:37:35
上にもあったが、みんな頼むからもーちょっと詳しく書いてくれ。面白いから。

個人的には伊達政宗。でも、本人自身もなろうとしてたのはあくまで「奥州王」だろう。
そのくらいの器は充分あると思う。時代的に、九州王とか四国王とか存在する余地が無くなってしまったわけだが。

171 :日本@名無史さん:2006/07/19(水) 17:20:21
宮本武蔵と佐々木小次郎

小説、漫画、ドラマで美化されまくった印象がある

172 :日本@名無史さん:2006/08/09(水) 18:44:29
佐々木小次郎なんて実在すら疑わしいんだろ?

173 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 18:41:08
佐々木小次郎は歌舞伎ネタの名前
古い文献だったら船島で武蔵に殺された対戦相手の名前は
上田宗入だったり津田小次郎だったり多田市郎だったりする。

船島の敗者の名前を佐々木小次郎とするなら
勝者の名前も月本武者之助にしないと。

174 :日本@名無史さん:2006/08/13(日) 18:59:26
>>173
なるほど、実在の人物という違いこそあれ
大石内蔵助が討ったのが吉良上野介じゃなく高師直だと言ってるようなもんかw

175 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 10:44:23
島左近

176 :日本@名無史さん:2006/09/22(金) 01:19:22
過大評価されているきらいのある人物は少なくないと思う。

ただ、2chの場合、否定することにカタルシスを感じるような奴が
多く、何としても貶めたい、否定したいというのが先行している気がする。
だから、世間一般で名将・知将といわれてるような奴など格好の標的に
なって、アンチが必死こいたような書き込みをして迷惑をかける。

ただ、オタの方も根拠も無いのに「◯◯最強、◯◯がもうすこし長生きしてれば」
みたいなことを吼えまくって嫌われる。歴史系の板は比較的荒れやすい。

177 :日本@名無史さん:2006/09/29(金) 12:53:16
んで、君は誰が過大評価だと思うんだ?

178 :日本@名無史さん:2006/11/01(水) 13:46:45
俺も龍馬かな。

179 :日本@名無史さん:2006/11/15(水) 16:30:06
ぜったい藤原頼通。実際色々指示出してたのはむしろ姉の上東門院なのに
道長といっしょに藤原氏の栄華を築いたように言われているような。。。

180 :日本@名無史さん:2006/11/18(土) 19:58:03
>>179
道長も過大評価じゃない?

181 :日本@名無史さん :2006/11/19(日) 15:30:54
藤原氏はあまり語られないため過小評価と断定

182 :日本@名無史さん:2006/11/19(日) 16:46:21
>>178
別に過大評価はされてないだろw
人気あるけど中国の諸葛亮みたくなんでも万能あつかいされてないし

183 :日本@名無史さん:2006/11/19(日) 16:59:28
佐々木小次郎は、老人だったという説もあるよね。
もうご老体なんだから、周りが武蔵と戦うのを止めるように言ったが、
挑戦は受けねばならぬと死を覚悟して行ったと言う。

卑劣なじらし作戦をした武蔵よりも、よほど正々堂々としてる印象が
ある。

184 :日本@名無史さん:2006/11/19(日) 17:15:02
明治天皇はなにもしてないから、過小も過大もないかな。
それより昭和天皇の方が過大評価されてると思う。

昭和天皇が終戦を決めたように自らも発言し、喧伝されて
るけど、実際は重臣達がそう決めて天皇に聖断を促したわけだし。

聖断の前にも一度、終戦にした方が良いと重臣が促した時に天皇は、
「もう一戦果あげてから」
と言って、その後に広島、長崎に被爆しちゃったし。

マッカーサーの前で、
「総ての責任は私にある」
と言ったのは、助かるためにはそれしかないという判断だったしね。
天皇が命乞いに来たと思ったマッカーサーは、感動してそれ以降、
天皇に敬意を表するようになったし。

昭和天皇は平和主義者の様に言われてるけど、退位は当然だったと思う。

185 :日本@名無史さん:2006/11/19(日) 20:20:11
人気があるのと過大評価は別だと思うが

186 :日本@名無史さん:2006/11/19(日) 22:33:10
うーん、このスレは「コロンブスの卵」スレだな。

187 :日本@名無史さん:2006/11/19(日) 22:43:55
土方だな。
小説ソースでうざい。

188 :日本@名無史さん:2006/11/19(日) 22:57:13
>187
函館新政府で役職貰ってるくらいなんだから過大か?
過大評価=武田信玄かな〜 どうも徳川が持ち上げ過ぎた感がある

189 :日本@名無史さん:2006/11/20(月) 02:06:32
竜馬に1票。
中岡慎太郎はもっと評価されていいと思う。

190 :日本@名無史さん:2006/11/20(月) 02:45:23
>>157
むしろ過小評価されてるような
日本を今にまで続く官僚主導の国家にしてしまった。 あんまりいい意味での評価じゃないが
伊藤よりも後世に残した影響大きいのでは?

191 :日本@名無史さん:2006/11/20(月) 03:18:05
「武」に才能がなかったとされる山県が、なぜあれほど
誕生期の陸軍に必要とされたのか。いまだによくわからない

192 :日本@名無史さん:2006/11/20(月) 07:43:38
武が無くても事務能力や組織能力が高ければ十分有能な人材だよ

193 :日本@名無史さん :2006/11/20(月) 09:19:08
軍事才能だけを能力だと勘違いする人が多すぎですね。
193に同意。

194 :日本@名無史さん:2006/11/20(月) 13:16:30
>「武」に才能がなかったとされる山県
はじめてきいた。どこでそうかいてんの?

195 :日本@名無史さん :2006/11/20(月) 13:26:19
>>193
192に同意、の間違いです。自分に同意してしまった。OTL

196 :日本@名無史さん:2006/11/22(水) 20:18:12
龍馬が圧倒的に多いなあ。おれもそう思う。
そもそも浪人の分際であいつにどれほどの権限あったというんだよ。アホかぁ。
そのうえ乙女の手紙なんかで「今一度、日本を洗濯いたしたき候、」なんてでかい口たたきやがるんで何かおかしい。
黒幕にあやつられて龍馬がその気にさせられて、将来の官吏登用や出世を暗に約束させられてたものか

197 :日本@名無史さん:2006/12/08(金) 02:04:21
田沼意次。たいしたこともしてないのに評価高すぎ。

198 :日本@名無史さん:2006/12/08(金) 06:33:06
足利一門の裏切り者、長岡藤孝・忠興親子

199 :日本@名無史さん:2006/12/08(金) 08:02:22
龍馬は人間というよりも幕末ものの必須アイテムだから。
去年の年末に河井継之助がドラマになった時も唐突に全然関係のない場所にいた。
逆に幕末物の主人公は龍馬と会わないと主人公になる資格なし。

200 :日本@名無史さん:2006/12/08(金) 10:30:27
>>196
一浪人で最高の活躍をしたから評価されてんだろw
桂や高杉なんかじゃ浪人で活躍するのは無理

201 :日本@名無史さん:2006/12/08(金) 13:45:08
>>199
竜馬は武器商人グラバーの手先にすぎない。

202 :日本@名無史さん:2006/12/08(金) 13:52:30
>>201
すぐに手先とかいう話がでるが
仕入れさきと代理店の関係だろうに

203 :日本@名無史さん:2006/12/08(金) 13:56:25
島津義弘

鹿児島人は名前すら知らない笑

204 :日本@名無史さん:2006/12/08(金) 14:35:03
浅野内匠頭
時期だから出してみた

205 :日本@名無史さん:2006/12/08(金) 14:46:33
>>204殿、殿中でござる!

206 :日本@名無史さん:2006/12/08(金) 17:15:50
>>203
それはない笑 よっぽど無学なら別

207 :日本@名無史さん:2006/12/09(土) 07:30:45
>>202
社会勉強をしてこい

208 :日本@名無史さん:2006/12/09(土) 12:06:06
司馬がぞっこん惚れこんだために戦後、龍馬の巨大な偶像ができあがった。
新撰組の土方あたりもTV「燃えよ剣」の栗塚旭の人気とブームとでかっこいい偶像が固まってきた。
小説や映画、お芝居の世界じゃ、しょせん実像が歪曲されて美化されちゃうものなんだよな

209 :日本@名無史さん:2006/12/09(土) 13:39:37
学生時代を含めた司馬さんの生い立ちを知ると、
龍馬ぞっこんで惚れ込んだ気持ち、なんとなくわかる。
世界は違うけどこの道で自分も龍馬になる、と誓ったかもなぁ

210 :日本@名無史さん:2006/12/09(土) 17:55:30
龍馬は生前から評価されてたし司馬は単に広めただけ

211 :日本@名無史さん:2006/12/13(水) 01:57:16
高杉晋作だろうな

212 :日本@名無史さん:2006/12/13(水) 22:03:58
おまえらにかかると有名人は誰でも過大評価だな

213 :会津:2006/12/13(水) 22:51:24
薩長の維新の英雄とされてる連中。
薩長政権の延長に昭和初期の日本があるとしたら
1945年の国家滅亡寸前状態をもたらした国賊といっていい連中。

天皇を自らの権力保持の道具としたことだけもその罪は大きい。




214 :日本@名無史さん:2006/12/14(木) 19:10:27
山田太郎。


215 :日本@名無史さん:2006/12/14(木) 19:45:02
>>214
確かに「山田太郎が近代日本を造った」というのは過大評価のしすぎだな
山田太郎の業績の半分は川村次郎によるところが大きいからね

216 :日本@名無史さん:2006/12/14(木) 20:07:53
加藤清正
藤堂高虎

城つくりの名人と言われてるが築城したのは明らかに大工。

217 :日本@名無史さん :2006/12/14(木) 20:59:29
小学生みたいなこと言うな

218 :日本@名無史さん:2006/12/14(木) 23:30:54
乃木希典
こいつのせいで何人犬死にしたことか


219 :日本@名無史さん:2006/12/15(金) 05:52:44
>>218
挙句の果てにてめーもわざわざ腹部自己切開で冥土へ直行wwww

220 :日本@名無史さん:2006/12/15(金) 22:23:39
乃木は普通の指揮官だろ
政治力がなかったから貧乏くじを引いただけじゃないのか?
そもそも乃木の一般評価は突撃馬鹿程度で低いからスレ違い

221 :日本@名無史さん:2006/12/16(土) 00:23:00
福沢諭吉が一万円札は秋田。
明治天皇壱万円札希望。


222 :日本@名無史さん:2006/12/16(土) 00:56:34
歴史上の人物、有名人は全員過大評価

223 :日本@名無史さん:2006/12/16(土) 04:51:12
松田優作ほど過大評価の人物はあまりいない。

224 :会津:2006/12/16(土) 14:36:19
>>218
日露戦争当時でも
旅順にてこずる乃木について
”無能ははやく更迭しろ”
って世論はわいてたからね

乃木の軍人としての能力について
世間の評価は
高いとはいえなかったはず。


225 :日本@名無史さん:2006/12/16(土) 14:37:47
>>222
卓見

226 :日本@名無史さん:2006/12/21(木) 17:23:41
松平定信と水野忠邦と田沼意次の3人だったらだれが評価高い?
定信だろうかね?

227 :日本@名無史さん:2006/12/22(金) 15:12:31
松平定信も水野忠邦も貨幣経済のシステムを理解しようとせず、
景気の引き締めさえすればOKだと思ってた知恵足らず。
特に定信は儒教バカだから昔のシステムに戻れると考えていた。
田沼意次は積極財政策をとったが、足元の武士の生活に配慮を
欠き失脚。定信による事実上のクーデター。賄賂政治と評判が
悪いが定信のプロパガンダ臭い。

228 :日本@名無史さん:2006/12/25(月) 00:44:15
>>226
ほんの一昔前なら
松平定信>水野忠邦>田沼意次
今は
田沼意次>水野忠邦>松平定信
って感じじゃねーの?

229 :日本@名無史さん:2006/12/26(火) 14:22:34
頼朝は過大評価されてまいか
本人は鎌倉幕府で天下を取ったとも思ってなかろうに

230 :日本@名無史さん:2006/12/26(火) 17:46:47
>>229
オレはそうは思わん。むしろ一般人の評価低過ぎ。
軍事的能力については疑問符がつくが、革命を行い
当時の社会制度を大転換させた。
上皇に逆らったりしたので尊皇思想が絡んで評価が
低くなったと思う。
弟である義経を殺している事も世間一般の評価を低
めてはいるが、当時の状況と常識からして為政者と
して当然。



231 :日本@名無史さん:2006/12/26(火) 17:56:15
>>230
後世から見たら大改革の守護・地頭制度だが
頼朝がどこまで狙ってやったのか
とくに思想があってしたとは思いにくいんだがなあ
権力争いの過程で結果そうなったというところっぽいが
本人は至って中央での昇進を気にしているようだしw

232 :日本@名無史さん:2006/12/27(水) 05:36:16
秋山兄弟

233 :日本@名無史さん:2006/12/27(水) 17:04:41
井伊直弼
条約のことなんて本当はわけわかめだった。
単なる派閥のボス。先見性とか何もなし。

234 :日本@名無史さん:2006/12/27(水) 17:21:38
>>226
みなもと太郎の「風雲児たち」を読め。
個人的には田沼>定信>水野だろうと思う。
近代的な経済感覚を持たなかった(持てなかった)
定信や水野にも同情の余地はあると思うけど。

235 :日本@名無史さん:2006/12/27(水) 22:32:45
>>231
>本人は至って中央での昇進を気にしているようだし
晩年辺りには確かにその傾向が有ったな
朝廷とのパイプを持つ為に色々やろうとした痕跡が有るし
頼朝の最期がぼかされてる為に暗殺説もよく出てくるくらい

236 :日本@名無史さん:2006/12/28(木) 08:52:59
頼朝が落馬で死亡ってのが怪しいんだよね
平家政権が朝廷の役職独占によって貴族風のことなかれ主義だったのに反対して
武士主導の実働即決済主義政権をやっと確立したってのに
頼朝の昇進風のおかげであやうく平家と同じ轍を踏みそうだったので殺されたとかなんとか

237 :日本@名無史さん:2006/12/28(木) 12:09:00
頼朝は糖尿病末期でへろへろ状態だったので落馬してとなんかに書いてあった
な。糖尿は傷も化膿しやすいし。

238 :日本@名無史さん:2006/12/28(木) 14:21:48
小沢治三郎中将
出ると負けのくせに

239 :日本@名無史さん:2007/01/02(火) 16:40:31
想像の域を出ないけど、敦康親王って悲劇の皇子っていうだけで
過大評価されてそう。実際は脩子(姉)や小一条院みたいな道長
たちへのはっきりした意思表示が全く見当たらないし、どういう
こと考えてた皇子なのかほんとに分かんない。。
そして和歌とかも一首も残ってないからさらに分かりづらい…
「平安貴族の理想の人みたいだったとか」ていうのは本当なのか
かなり疑問になってくる。

240 :日本@名無史さん:2007/01/02(火) 18:06:28
片山潜って道誉?日本史の教科書にやたら出てきてるがそんなに社会
に影響与えたかな?

241 :日本@名無史さん:2007/01/03(水) 04:53:54
過大評価される理由って後世の一般人が講談やら小説やら演劇で美化
したのを鵜呑みのするのがほとんど。日本史じゃないけど吉川英治の三国志
とか読んで歴史通になったつもりの人間多いよな。三国志オタクと戦国武将
オタクは通ずる者がある。やつらはアムロとカミーユはどちらが優れたパイロット
かと大真面目に議論するのと同レベルの論評をするから困る。

242 :日本@名無史さん:2007/01/03(水) 12:54:56
>>241
アムロだろ。

243 :日本@名無史さん:2007/01/05(金) 15:08:24
中宮時代の藤原彰子は大した活躍もないのにやたら語られて
いるから過大評価。。定子の忘れ形見の姫宮二人には(おそ
らく政治的に見て役に立たないため)世話ひとつしてないの
に何が優しい中宮だよって思う。
逆に、皇太后になって以降の彼女はもっと語られていいのでは。
賢后と絶賛されているのに小説や論文でも殆ど触れられてな
いのがかなり疑問。もっと評価されるべき!!

244 :日本@名無史さん:2007/01/05(金) 16:17:28
>>243
評価もなにもされてない人物を、自分の知識をひけらかしたい
ためだけに持ち出されても困る。

245 :日本@名無史さん:2007/01/05(金) 17:50:23
>>230
禿同
むしろ義経こそ過大評価

246 :日本@名無史さん:2007/01/05(金) 17:51:26
伊達政宗

247 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 19:06:32
>>245
一番わりを食っているのは範頼だと思う
短期決戦で驚異的な成果を残した義経は確かに凄いが、長期戦を粘り強く戦い抜いた
範頼も平家滅亡に功績があったのにスルーされることが多い
範頼があまりに無能なので頼朝は嫌っていた義経を渋々大将にした、なんて書かれたりするし
頼朝は人気に乏しく義経が人気者なだけで、評価にはあんまり関係ないと思うが
政治家としてはともかく軍人として天才的だったのは戦績からわかるし


248 :ゆん:2007/01/06(土) 19:38:55
新撰組。実際はかなり弱かった。
なのに馬鹿な若者は沖田は天才だとかほざく。
近藤は道場持ってたとか言ってるが、道場破りが来た時に、真っ先に剣豪を呼んできて助けてもらっていた。


249 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 19:42:31
>>248
渡辺昇に助けて貰ってた話ね

その渡辺昇の前の練兵館の塾頭が桂小五郎で
その桂が新撰組から逃げ回ってたというのだから面白いね
まぁ多勢に無勢、新撰組は集団で一人づつ片づけていく戦法だったらしいけど

250 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 19:48:45
セコいって有名な新撰組。
芹沢が強すぎたから、泥酔させた上で4人ががりで殺ったんだろ。
池田屋事件もそうだ。
ちょっと剣術経験のある奴らが大勢で真剣振り回したらそりゃ死ぬわ。
それをなんで讃えるんだろうか・・・

251 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 19:53:18
擁護じゃないが、一応、新撰組最強と言われてたのは永倉新八で
永倉は岡田十松の元で神道無念流免許皆伝取ってて
他の田舎剣法使いとは違うんだがね。

沖田とか話が一人歩きがあって後世で評価されて、田舎剣法の天然理心流が評価されて
今みたいになってんだろうけど


252 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 20:54:10
新撰組というか土方とか沖田あたりが人気あるだけでしょ
土方人気は真田幸村人気みたいなもの、沖田は夭折の美剣士みたいに言われてるから

253 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 21:05:03
沖田
ttp://image.space.rakuten.co.jp/lg01/76/0000111176/60/img83f08e6aoc4hts.jpeg

254 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 21:08:46
新撰組って書こうとしたら、みんなそう思ってたのな
近藤の最後もぶざまだったしな

255 :OPS:2007/01/06(土) 21:32:21
近藤勇はかなりの保守派。
新選組の抗戦派は土方歳三。

256 :日本@名無史さん:2007/01/07(日) 21:41:04
斉藤はるろ剣の影響で人気かなり上がった感じがするし吉村貫一朗も主役になってたりするし
なんだかんだ人材豊富な気もする新撰組(人気面で)

257 :日本@名無史さん:2007/01/07(日) 23:39:43
そりゃ数がいるんだからそれなりのエピソード持った人間はいくらでもいるだろ
というかでっち上げもその分多そうだが

浪士組の清河八郎や山岡鉄舟なんかの方がよっぽどでかいし主役に向いてる
山岡鉄舟なんか、明治になって死んだときにそれに伴って殉死する人間が出たほどで
当時にしてみりゃかなりの人気者だった。

258 :日本@名無史さん:2007/01/08(月) 11:46:03
でかくて向いてても肝心の後世での知名度が足りないという話

259 :日本@名無史さん:2007/01/08(月) 12:43:40
清河八郎は剣も出来て頭も良いんだが、テロリストみたいな位置付けだからね
一応司馬が小説にしてるけど

山岡鉄舟は剣の達人で、慶喜、明治天皇と関わった人で
幕末ものにはほとんど出てくるくらいの重要人物なんだが
晩年、本人が勲章を返したり、自らの評価を断ったっていうのと
良いノベライズ化が無いってのが問題なんだよな
たぶんそれなりにやればだいぶ面白いんだろうけど

260 :日本@名無史さん:2007/01/20(土) 16:02:19
藤原伊周。
教養あるイケメンだとか悲劇の人だとかそういうイメージが
なぜか大切にされているけど、政治は超下手だし。
左遷されたのだって自分で墓穴掘っただけじゃんw
この人しか後見人がいなかった定子はいい迷惑だったよなぁ…


261 :日本@名無史さん:2007/01/21(日) 17:21:15
山岡鉄舟・高橋泥舟の二人をお願いします。
この二人は号に舟がついているだけで、勝海舟と一括りにされている。
徳川慶喜の懐刀である原市之進の暗殺を若い幕臣の間で煽り、それをなんとも思わないのだから。
あの慶喜嫌いで有名な会津・桑名両松平家の家臣ですら、原の存在の大きさを知っていたのに、
大久保・西郷に匹敵する智謀の才を持つ人間の暗殺を煽り、かつ、徳川家の忠臣とするその厚顔
さが・・・
原は会津・桑名にも顔が利くし、薩摩島津家・土佐山内家・佐賀鍋島家・越前松平家・尾張徳川家など
に顔が利く存在で、藤田東湖の甥という肩書きも手伝って、両方の陣営から尊重された人物だった。
鳥羽・伏見の戦いも原のように根回しの利く人物が不在で発生したという意見すらある。
だいたい、新選組の母体となった浪士組は清河八郎とこの二人が同じグループ(虎尾の会)にいたのがはじまりじゃん。
騒動のきっかけ作っておいて、後処理しないこの二人、そうとう性質が悪いんですけど・・・
参考文献 昔夢会筆記-徳川慶喜公回想談-渋沢栄一編 東洋文庫76 平凡社 188〜191ページ

262 :日本@名無史さん:2007/01/21(日) 18:55:46
足利尊氏(戦後)
権力闘争や政治に関して大半が、弟の直義や細川氏、吉良氏、仁木氏、等の
足利党のお膳立てによるもの。

263 :日本@名無史さん:2007/01/25(木) 20:18:39
>>247
剥げ同。

義経の戦術も厳密には、成功と言えないという説もある。
現実に同行していた東国武士の評価は、低かったと思う。

264 :日本@名無史さん:2007/01/26(金) 10:03:09
三好家は関西では有名だね
他だと知名度はゼロに近いが

265 :日本@名無史さん:2007/01/26(金) 22:10:44
細川京兆家より有名というのは理不尽極まりない。>三好と松永

266 :日本@名無史さん:2007/01/28(日) 16:18:28
一条天皇、敦康親王。
一条天皇の時代はあの村上天皇と並ぶ聖代で、奴も賢君って言われ
てるけどこいつ政治的な業績なくない?つか政治自体してないし。
文化面:中宮定子、清少納言、紫式部
政治面:藤原道長、(おそらくは)彰子
が偉かっただけの話。
↑それにしてもすごいキャストだよな。。。道理で天皇が偉く
見えるわけだww

後者はかなり重要な立場なのに動いた跡が驚くほどない。
彰子に終生面倒見られて実はのほほんと生きてたんじゃないかなww


267 :日本@名無史さん:2007/02/08(木) 22:23:28
>>253
これ、当時の感覚からしたらイケメンじゃないの?

268 :日本@名無史さん:2007/02/08(木) 22:25:24
楠木正成

269 :日本@名無史さん:2007/02/10(土) 14:15:41
丹羽長秀
目立たないが軍事面でも非常に優秀

270 :日本@名無史さん:2007/02/10(土) 19:24:01
西郷隆盛

271 :日本@名無史さん:2007/02/11(日) 09:52:49
269だが、過小評価スレと間違ったw

272 :日本@名無史さん:2007/02/11(日) 16:58:54
>>271
むしろ過小じゃね?と思ってたとこだったよw

273 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 21:54:29
長岡藤孝・忠興親子

いわゆる戦国三傑に金魚の糞の如くくっ付いてただけで
歴史を変えるような偉業など何もやっていないはず。
それに加えて柄者みたいな何の重要性も無い女のおかげで
知名度が事績とつりあわないほど高くなってしまっている。

274 :日本@名無史さん:2007/02/17(土) 21:58:49
三河の小せがれ

孕石主水かわいそす

275 :日本@名無史さん:2007/02/18(日) 05:32:58
新井白石はどうなの?
文明批評家としては立派だけど、政治家としての手腕はたいしてなかったのでは・・・・・
徳川綱吉の政治を批判している割には、綱吉の作り上げた側用人制度に便乗して、色々やったけど、理念ありきで、実情がわかってなかったみたいだけど・・・
極端な話、徳川家宣の側近として、生類憐みの令を廃止し、お金の価値を元に戻しただけでは・・・・・

276 :日本@名無史さん:2007/02/18(日) 10:45:32
楠木正成

悪党のくせに皇居に銅像を立てられやがって

277 :日本@名無史さん:2007/02/18(日) 15:56:44
>>276
その「悪党」と現代語の「悪党」では
意味がまるっきり違うぜ

278 :日本@名無史さん:2007/02/18(日) 20:43:36
そんなの判ってるって
ただ南朝正統論によって忠臣して美化されすぎてる感じが

279 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 22:32:00
明治藩閥政府の要人全員。

280 :日本@名無史さん:2007/02/19(月) 22:34:22
>>277
まるっきり違う・・・のか?
御成敗式目見れば悪党は盗賊とかと同類なんだが。

いや、分かってるんだぞ。勘違いしないでくれよw
幕府から見れば「悪党」はやっぱ悪党じゃないのかなぁと。

281 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 00:10:51
東洲斎写楽。
一年もたずに業界から消えた絵師。
海外の研究者に評価されるまでは忘れられた存在の、現在でいうところの一発屋。

まあ後世になってから評価されること自体は悪くないと思うんだが
写楽の場合は後世(現在)の評価をさかのぼって
当時(過去)からそうでしたみたいにされてるところに違和感を感じる。

逆に写楽以外の浮世絵師はみんな過小評価されているように思える。

282 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 00:19:50
でも画家って死んでからが勝負じゃね?

283 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 00:37:57
外人のおかげで写楽の評価が高くならなかったら
文献に書いてある阿波の能役者説をわざわざ疑おうとする物好きも現われなかったろうな。

284 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 01:53:34
宇野宗佑と海部俊樹はちょっとみんなに過大評価されすぎだと思う

285 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 20:44:16
前田慶次

何か活躍したの?こいつ

286 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 23:40:19
変な生き方をしただけだよ。

287 :日本@名無史さん:2007/02/20(火) 23:58:08
>>281-283
写楽そのものより
写楽の正体探しやってる人たちがねえ・・・
何というか
「写楽ほどの絵師が当時話題にならなかったはずがない」
「写楽ほどの絵師が平凡な理由で一年で消えたはずがない」
「写楽ほどの絵師の素性が無名の地方の能役者のはずがない」
みたいなのが透けて見えるんだわ。

前にある本で「写楽クラスの天才は当時歌麿しかいないから、写楽の正体は歌麿」
というの読んで、アタマがくらくらした。


288 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 00:22:36
徳島をバカにするな!w
江戸時代は意外と都会だったんだぞ!w

289 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 01:38:08
>>273
待て待て、「明智玉子」さんは細川の令嬢じゃなくてヨメだろ
日本にゃ明治まで結婚して苗字変える習慣なんてなかったんだから「細川ガラシャ」っておかしいよな

290 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 01:46:07
久坂玄瑞。
個人的に好きだし、思想家としての評価は判るが、「奇兵隊」の創案者としての評価は過大。
アレは玄瑞のオリジナルじゃなくて、備中高松潘の河合総督のお師匠の山田方谷発案の民兵隊のパクリ。玄瑞本人もそう言ってる。
奇兵隊自体も過大評価。オリジナルの備中高松民兵隊とやり合えば、創設13年を数える、練度の違うオリジナル相手に良くて壊滅必至だったと言われてる。

291 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 03:24:16
伊達政宗:東北でチマチマやってただけ
坂本龍馬:人気の元は司馬氏の小説、龍馬なしでも薩長同盟はいずれ成立。
新撰組:成金的、醜い内ゲバ、テロリスト
白州次郎:顔が良いから、夫人の知名度の高さ(彼女の方が器量は上かも)

292 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 10:49:46
坂本龍馬って薩長を会見させたからスゴイとか言うけど
評価されるべきなのは同盟を英断した西郷と桂だろうに。
坂本は要するにパシリ。

293 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 13:13:58
>日本にゃ明治まで結婚して苗字変える習慣なんてなかったんだから「細川ガラシャ」っておかしいよな
「細川ガラシャ」は後代の慣習みたいな名前だろう
それにしても馬鹿フェミの言う「夫婦別姓は当然、古い時代の日本は女性が強制的に男性の姓にされた。」
つうのは大嘘なのはちょっと歴史を調べれば直ぐ分かるのにな。

294 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 14:18:05
>>291
龍馬への高評価は陸奥宗光、勝海舟に及ばず中江兆民、板垣退助多くの人間からのもの

特に陸奥は明治のどの政治家よりも龍馬を評価していた


295 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 16:00:14
でも、龍馬って実際なにやった?

296 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 18:40:44
杉田玄白

ターヘル・アナトミアを翻訳しただけなのに
一般人からは玄白が解体新書を書いたかのように思われている

297 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 19:40:14
>>294
まぁやったこと以上の評価を受けているのは変わらない罠

298 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 21:07:22
んな事ぁない。大政奉環だって龍馬のアイデアだし。龍馬さえ生きていれば戊辰戦争も起きなかったに違いない

299 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 21:19:09
龍馬もし生きてて徳川残した議会国制定してたら薩長と徳川を個人で
押さえ海援隊を財閥化させられる独裁者になれたと思う

300 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 22:00:22
龍馬好きは龍馬を過大評価する

301 :日本@名無史さん:2007/02/21(水) 22:58:57
>>300
誰だって自分の好きな人物は評価するだろ

302 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 01:15:00
>>298
大政奉 還 な。
大体あの時代に公武合体を唱えるような輩は先見性がなかった証拠。
大政奉還を龍馬が考えたとして、それが龍馬の評価にプラスに作用することはない。
歴史の一大事件ではあるけども、大政奉還は幕府(徳川氏)の影響を次の時代に残す作戦。
徳川なんかが残ってしまうと明治初期のあの大改革はできてないよ。

だからこんな方策を考え出したなら、,龍馬は全く先見性がなかったのだと言える。
人から好かれる人物、なんらかの魅力のある人物だったことは間違いではなさそうだがそれだけだな。

303 :長文:2007/02/22(木) 01:56:51
上杉謙信が過大評価されている部分は一つもない!なぜなら一般に彼が評価されているのは、その戦手腕と正義感の強さに対してだから。
信玄との五度の川中島の間にも彼は、関東管領の職責全うの為山越えして十数回に渡って関東出兵をしている。
北条との戦でも、関東に出兵した謙信を畏れて関東中(は言い過ぎか…)の大名、豪族が彼の傘下に入り十万の兵で小田原を囲んでいる。
まぁ結局越後の情勢が不穏になって撤退したが…

とにかく謙信の戦上手は神レベル。
ちなみに織田軍との戦も一度だけあり柴田を筆頭に秀吉、光秀、丹羽等々の精鋭部隊をこてんぱんにして逃げ帰らせた。
謙信死後の春日山には相当量の金が蓄えてあったらしいがやはり政治の面では、あまりお上手とは言えなかったみたいだ。
よって謙信に対しての評価は過大評価ではなく妥当であると俺は考える。

304 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 03:29:15
過大評価といえば、一部での足利義輝。
一人で百人は斬りすぎだろ。剣聖レベルの北畠の多芸御所で17人だっけ?
辻切り公坊、売官公坊と中々香ばしいお方だよな。上杉謙信が従ったん理由を示した記録が有ると良いのに。
と、言いつつ実は剣豪将軍大好き人間ですが。文学としては愉しいけど、現実離れし過ぎかな。
龍馬ファンやボナパルティストも同じだけどね

305 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 03:36:39
将軍が兵法習ったり刀ふりまわしたりしたのが珍しいからな。
文学以外でそこに触れるものってないからいいんじゃね?
龍馬とはちょっと違う。

306 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 17:48:22
将軍を切るのに気が引けた連中を名刀とっかえひっかえしながら切り捨てただけだよな!

307 :日本@名無史さん:2007/02/22(木) 17:52:58
>>304
和睦破棄して自分の首しめる香ばしさも追加してくれ

55 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)