2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本の起源を探ろう

1 :日本@名無史さん:2005/10/29(土) 11:58:49
日本という国はいつ生まれたのか?
日本という国を生んだ母体は何か?
なぜ日本なのか?

これらの謎を考えていくためのスレです。

2 :日本@名無史さん:2005/10/29(土) 15:19:03
約189万年前の天地降臨

3 :日本@名無史さん:2005/10/29(土) 15:44:31
馬鹿杉晋作乙

4 :日本@名無史さん:2005/11/02(水) 00:59:39
↑新しい杉

5 :日本@名無史さん:2005/11/05(土) 16:02:58
くぁwせdrftgyふじこlp

6 :日本@名無史さん:2005/11/05(土) 16:16:32
>>1
朝鮮

7 :定ちゃん ◆e8G3HDKGd. :2005/11/05(土) 17:55:46
>>5
ビッグ・バーンにょコトデチネ?!うんうん ..
ヾ(`・π・)ノ゛
 (   バーーン!

8 :日本@名無史さん:2005/11/08(火) 00:20:56
アカデメイア

9 :日本@名無史さん:2005/11/08(火) 10:34:07
>>1
文献記録において対外的に国号「日本」を名乗ったのは701年

10 :日本@名無史さん:2005/11/11(金) 22:16:10
nyumen

11 :日本@名無史さん:2005/11/11(金) 22:29:26
「日本」を名乗ったのは、大化年間

12 :日本@名無史さん:2005/11/12(土) 13:51:06
>そもそも日本人種なんて存在しない。

日本人種は確実に存在している。日本人種に一番近い人種は間違いなく
朝鮮人であるが、朝鮮人の容貌や形質、頭示数、二重瞼率、発毛の具合など、
朝鮮人の身体的特徴は日本人種とはかなり違っている。

しかも朝鮮人のHLA遺伝子は日本人種となんと60%くらいも違っている。
日本人種に一番近い朝鮮人でさえもこの程度なのである。
その他のアジアの人種ならば、それ以上に違っているという事になる。
つまり、日本人種は日本列島だけに存在する日本独特の人種である。

更に、少数民族を除き、YAP+遺伝子を東アジアで唯一高頻度に持っているのは
日本人種だけである。YAP+遺伝子は日本人種が間違いなく存在しているという
決定的な証拠である。日本の周辺人種にはこのYAP+遺伝子がほとんど無い。

http://drhnakai.hp.infoseek.co.jp/sub1-52.htm

13 :日本@名無史さん:2005/11/12(土) 17:42:40
ここは人種スレじゃありません。

14 :日本@名無史さん:2005/11/12(土) 18:28:01
最近、ニュース板が右翼化して、負けた在日が日本史板で八つ当たり

15 :日本@名無史さん:2005/11/12(土) 18:30:31
起源=朝鮮

16 :日本@名無史さん:2005/11/12(土) 18:35:07
朝鮮でもいいけど、朝鮮の起原はどこかというと

17 :日本@名無史さん:2005/11/12(土) 18:38:01
↑また 、そっちらにネタを持ち込む気なのか!?

18 :日本@名無史さん:2005/11/12(土) 19:15:44
朝鮮は檀君は熊、
高句麗・百済・新羅のの始祖は卵なんだよね

19 :日本@名無史さん:2005/11/26(土) 11:58:44
http://philosophy.bbs.thebbs.jp/1125292089/e40

20 :的外れ:2005/12/13(火) 16:35:25
アイヌの人と沖縄の人は風貌がにているが、遺伝子的にはkotonaruということである。
ところで縄文土器はnisiの方と東の方ではまるでちがう。
はじめて九州の縄文土器を見た時、なんでこれがjyoumonn土器なのだろう。弥生土器ではないのかとおもったくらいである。
また話しはがらりとかわるが、関西のキリギリスと関東のキリギリスはがいけんがそっくりであるが、naki声が異なるという。
関西の蛍と関東のほたるは外見はonajiだが、光り方がことなるという。
これらの境は岐阜県のtikoutaiであるようである。
つまりこのセンを境にして遺伝子が変かしているようである。
となれば、アイヌの人と沖縄の人はもとは同じ遺伝子であったが、長く居住するうちに、
遺伝子が変かしたのではないだろうか。
3万年ぐらいさかのぼるようであるが、この年月で遺伝子が変化するということである。
その原因は関西と関東の地質の違いによるものであろう。(関東でとれる、おいしいkikuのhanaを関西にもっていって栽培してもnigaihanaになってしまうという)


21 :日本@名無史さん:2005/12/13(火) 18:00:26
日本人や支那人に比べて朝鮮人は顔が薄っぺらだけど、
これはモンゴルに支配された際に、高麗女たちがモンゴル男に
犯されまくったからだというもっともらしい説がある。本当なのか?

22 :的外れ:2005/12/13(火) 19:17:15
犯されたあとは奴隷として連れさられたでしょう。連れ去れない場合は、その場で殺されたでしょう。
北朝鮮人はツングース系といわれています。韓国人の半数は中国人の遺伝子を持っています。
これは、漢の時代に楽浪郡が置かれ、多くの中国人が居住していた名残でしょう。
残りの韓国人のなsかに、のっぺりとして四角い顔がありますが、これとおなじ顔は日本でも伊豆から
湘南地方、房総半島、福島東部から宮崎にかけて居住しています。
また彫りは深いがアイヌ人も四角い顔です。
これらから考えるに、かなり古い時代には、中国大陸の東端には、(氷河時代の海面下降期から)
顔の四角いタイプの人種が居住していたと考えられる。

23 :的外れ:2005/12/13(火) 19:18:29
宮崎は宮城のあやまりです。

24 :日本@名無史さん:2005/12/15(木) 17:54:58
日本人の最多の遺伝子とモンゴル人の最多の遺伝子は同じだが、
朝鮮半島人にはこの遺伝子がほんのわずかだという事を前提に考えろよ。

朝鮮半島の土着系は二重瞼で彫りの浅くない中央温帯系の顔立ちの
中央モンゴロイド。

そこに北方モンゴロイドから形質の影響をやや受けた華北の
中央モンゴロイドと混ざり、

最後に、日蒙の共通タイプとは異なる、満州中部〜北東部あたりにいた
何種類もの北方モンゴロイドと頻繁に混ざって、

中央モンゴロイドと北方モンゴロイドの中間的な様相を帯びた
現在の韓国朝鮮人になっていった。

25 :世界@名無史さん:2006/01/10(火) 00:23:30
日本国号は701年の大宝律令以前に遡れないかな?

26 :日本@名無史さん:2006/01/29(日) 22:33:05
日本が正式に日本国となったのは694年の藤原京が完成したとき
からでいいの?

27 :横から失礼します。糸:2006/02/24(金) 15:54:41
ビッグニュースです。
邪馬台国の女王の都跡が遂に発見されました。
福岡県前原市から一辺57mの方形区画溝が出土しました。
近くに倭国王帥升の王墓をふくむ32基の弥生王墓群があります。
さらに王都の伊都を囲む大溝も各所に発見され、
吉野が里のような大環壕溝を有する都市だったことが伺えます。
西暦元年辺りから四世紀頃までの都と見られます。
まさに邪馬台国、倭国、倭の女王の時代に重なります。
ここからはすでに日本一の銅鏡と勾玉、剣の3種の神器、それに
管玉など宝玉類が数千個も出土しています。正式発表はこの春のようです。

参考HP 中段お知らせのトップ

http://www5a.biglobe.ne.jp/~jqi5/yamato/yamatai.html





28 :日本@名無史さん:2006/03/30(木) 17:59:15
天照大神が起源だろ?
日の本ってことで

29 :日本@名無史さん:2006/04/07(金) 02:26:09
>>1が言ってる起源はそういう事じゃないと思うが

30 :日本@名無史さん:2006/04/21(金) 01:12:53
あいげ

31 :日本@名無史さん:2006/04/21(金) 01:27:39
アフリカ大陸のグレート・リフト・バレーです。

32 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 04:17:37
日本に来た渡来系には、大きく2種類あったと思われる

朝鮮半島から渡来したもの。
B52−DR2、弥生人である。
特徴として、頬骨が発達している

すでに、弥生人が西日本を占拠していたころに
北朝鮮から、瀬戸内海を通り、西日本を素通りして、新しく関西周辺に入ってきた渡来人
B44−DR13である。
顔の特徴は頬骨が前者の弥生人程発達してなく、蚕型の輪郭をしている
関西周辺から入り、秋田方面、東海方面へと広がっていった
やはり西日本は弥生人がすでに占拠していたため、
西日本にはあまり入りこめず西に行くほど頻度は低くなる

「B44ーDR13」は関東で5,7%とさほど多くない。
韓国は7,0%で北陸7,2%から秋田に多く、近畿6,6%、
東海10,7%でも頻度が高い。日本中央部に多いタイプ。

33 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 04:18:48
現代朝鮮人・関西周辺人・中国地方人は同じ新モンゴロイド系だが、
関西周辺人だけ、ぶっちぎりで現代朝鮮人に近い、
現代朝鮮人と同一の血を持つ集団が、弥生時代から古墳時代頃に関西周辺にだけ土着したという証拠である。

朝鮮系の子孫は、関西を中心にドーナツ状に分布しています。

手掌紋D線3型出現率から求めた朝鮮人との距離

朝鮮 0
近畿 0.007←関西はここ。いうまでもなく、まんま朝鮮。
中部 0.012←平均的な甲信越を含みながら、この値は驚き!関西のとなりの濃尾平野は朝鮮。
中国 0.035←日本文化の本流。平均的。
九州 0.035←日本文化の本流。平均的。
四国 0.038←日本文化の本流。平均的。
東京 0.048←日本文化の本流。関西〜濃尾平野(バカ発生地帯)とは別世界。
東北 0.068←日本文化の本流。関西〜濃尾平野(バカ発生地帯)とは別世界。
南西諸島 0.092
アイヌ 0.118

山口敏「日本人の顔と身体」より

34 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 04:19:30
日韓同祖論

亜種を含めたら数倍になる、
朝鮮人の最多ハプロタイプで、関西人の準最多ハプロタイプ・B44−DR13は、
縄文人のHLAの1つではなく、
渡来人のHLAの1つ。


もし、
亜種を含めたら数倍になる、
朝鮮人の最多ハプロタイプで、関西人の準最多ハプロタイプ・B44−DR13が、
縄文人のHLAの1つなら、

朝鮮人・関西人は、アイヌ人・沖縄人と同じ縄文系という事になるが、
朝鮮人に縄文顔の人は、10人に2人位、
関西人に縄文顔の人は、10人に1人位しかいなく、
マイナーな存在。


日本人と朝鮮人は、同一の血を持つ民族である。

35 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 04:20:37
「B44ーDR13」は関東で5,7%とさほど多くない。
韓国は7,0%で北陸7,2%から秋田に多く、関西6,6%、
東海10,7%でも頻度が高い。日本中央部に多いタイプ。


縄文人のmtDNAは、琉球人=沖縄人によく見られるタイプのmtDNAとして現れるが、
意外な事に、韓国人の方が縄文人のmtDNAが本州日本人より僅かに多い。
その分、本州日本人(伊東市)にはアイヌのmtDNAが入ってくる。
アイヌは東日本までは確実に南下したようだ。

http://home.att.ne.jp/apple/tamaco/Yutenji/000115DNA.htm


東京大学名誉教授の埴原さんの分析では、縄文人と渡来系朝鮮人の混血率は、
近畿地方は渡来系朝鮮人9に対し縄文人1の割合だった。
全国の大学に保管してある現代人の頭骨を調査して統計処理してみると、
日本人全体からみれば近畿人の骨が異質な形態をしていた。
渡来系朝鮮人の影響が近畿では濃厚なのである。

36 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 05:45:20
「B44ーDR13」は関東で5,7%とさほど多くない。
韓国は7,0%で北陸7,2%から秋田に多く、関西6,6%、
東海10,7%でも頻度が高い。濃尾平野以西に多いタイプ。


縄文人のmtDNAは、琉球人=沖縄人によく見られるタイプのmtDNAとして現れるが、
意外な事に、韓国人の方が縄文人のmtDNAが本州日本人より僅かに多い。
その分、本州日本人(伊東市)にはアイヌのmtDNAが入ってくる。
アイヌは東日本までは確実に南下したようだ。

http://home.att.ne.jp/apple/tamaco/Yutenji/000115DNA.htm


東京大学名誉教授の埴原さんの分析では、縄文人と渡来系朝鮮人の混血率は、
近畿地方は渡来系朝鮮人9に対し縄文人1の割合だった。
全国の大学に保管してある現代人の頭骨を調査して統計処理してみると、
日本人全体からみれば近畿人の骨が異質な形態をしていた。
渡来系朝鮮人の影響が近畿では濃厚なのである。

37 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 12:38:46
渡来系朝鮮人の数と縄文人の数1対100なのか、そしてそれはいつの時代のことな
のか全く明らかにせず、混血度だけを比較しているのはどういう意図かな。渡来慶弔先
人は縄文人の9倍も混血するのに熱心で、縄文人はその逆に朝鮮人と混血するのを
嫌っていたということなのか。

38 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 13:19:19
異様な顔の人間が少しでもいれば渡来系の朝鮮人の影響が濃厚とはどういうことか。
異様な顔の比率が関東より多いと朝鮮人の比率が多いというのなら何とかわかるが
ヨン様などは異様でもなく、異様な顔だけで朝鮮人は見抜けないと思うんだが。なんだか
初めから西日本人は朝鮮人だと決め付けるようなバイアスを感じるんだが。


39 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 22:42:29
>>32
それ俺の文章の改変だなw


日本に来た渡来系には、大きく2種類あったと思われる

縄文人が日本を占拠していた時期に、モンゴルから朝鮮半島を経て
渡来したもの。B52−DR2、弥生人である。
特徴として、頬骨が発達している

すでに、弥生人が西日本を占拠していたころに
朝鮮北部から、日本海を渡り、新しく北陸から入ってきた渡来人
B44−DR13である。
顔の特徴は頬骨が前者の弥生人程発達してなく、蚕型の輪郭をしている
北陸から入り、秋田方面、東海方面へと広がっていった
やはり西日本は弥生人がすでに占拠していたため、
西日本にはあまり入りこめず西に行くほど頻度は低くなる


40 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 23:12:29
↑寄り目ブラックの人種工作w

41 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 23:15:15
日本に来た渡来系は1種類だけである。

縄文人が日本を占拠していた時期に、北方アジアから朝鮮半島に
定着せずに短期間で突き抜けて渡来したもの。B52−DR2、
弥生人である。特徴として、扁平な頭蓋で北方モンゴロイドの特徴を持つ。

約15000年前、まだ朝鮮半島と陸続きであった頃に東海〜近畿地方辺りから
西日本一帯はもちろん、今の朝鮮半島まで広がっていた古モンゴロイドがいた。
B44−DR13である。顔の特徴は縄文人の頭蓋そのものである。
東海〜近畿地方あたりから発生し、東日本一帯や西日本一帯はもちろん、
朝鮮半島まで広がっていった。

現代朝鮮人は中央モンゴロイドと北方モンゴロイドの中間的な様相を
帯びており、西日本人は古モンゴロイドと北方モンゴロイドの中間的な様相
を帯びるが、関西周辺人だけ、ぶっちぎりでモンゴル人に近い。
モンゴル人を構成した複数の集団の中の一集団が、弥生時代前期中頃に朝鮮半島に
定着せずに九州北部に侵入し、のちに近畿付近に東遷した証拠である。

◎手掌紋D線3型出現率から求めたモンゴル人との距離

モンゴル 0以下
朝鮮 0
近畿 0.007←関西はここ。ぶっちぎりでモンゴル人に近い。
中部 0.012←関西のとなりの濃尾平野はここ。
中国 0.035
九州 0.035
四国 0.038
東京 0.048←関東はここ。
東北 0.068←東北はここ。
南西諸島 0.092
アイヌ 0.118

42 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 23:16:04
日韓同祖論

亜種を含めたら数倍になる、朝鮮人の最多ハプロタイプ・B44−DR13は、
本州縄文人のHLAの1つである。

朝鮮人の最多ハプロタイプ・B44−DR13は、もともとは
本州縄文人のHLAで、約15000年以前に陸伝いで朝鮮半島まで
広がっており、本州縄文人は沖縄人やアイヌ人とは別系統である。
朝鮮人に縄文顔の人は、10人に2〜3人しかいなく、マイナー
な存在であるのは、朝鮮半島が日本列島と切り離された後、朝鮮半島の
古モンゴロイドが中央モンゴロイドに変化し、その上に数々の
北方モンゴロイドの種族や華北シニーデと濃厚に混成したからである。

「B44ーDR13」は関東で5,7%とさほど多くない。
韓国は5,1%で、北陸7,2%から秋田に多く、近畿6,6%、
東海は10,7%と世界一頻度が高い。日本中央部に多いタイプ。

日本人と朝鮮人は、本州にいた同一の古モンゴロイドから分かれている。

43 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 23:17:13
モンゴル系の子孫は、関西を中心にドーナツ状に分布しています。

◎手掌紋D線3型出現率から求めたモンゴル人との距離

モンゴル 0以下
満州族 0以下
ブリアート 0以下
ツングース 0以下
オロチョン 0以下
ダフール 0以下
エヴェンキ 0以下
ヤクート 0以下
朝鮮 0
近畿 0.007←関西はここ。いうまでもなく、まんまモンゴル。
中部 0.012←平均的な甲信越を含みながら、この値は驚き!愛知県はモンゴル。
中国 0.035←日本文化の本流。平均的。
九州 0.035←日本文化の本流。平均的。
四国 0.038←日本文化の本流。平均的。
東京 0.048←日本文化の本流。名古屋〜大阪とは別世界。
東北 0.068←日本文化の本流。名古屋〜大阪とは別世界。
南西諸島 0.092
アイヌ 0.118
山口敏「日本人の顔と身体」より

44 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 23:19:07
B52−DR2は、韓国で1.4%、華北でも1〜2%ほど検出される。


<関西周辺+中国地方+北九州> は朝鮮半島よりやや少ない人口だが、
華北とは人口が全く違う。

華北の人口は<関西周辺+中国地方+北九州>と比べてかなり多い。

従って、B52−DR2の人口は華北にはかなりいるが、やはり%が優先される。

華北で漢代の渡来系弥生人骨に似た骨が見つかっているがやはり別種であろう。

また、朝鮮半島で満州人による高句麗=高麗の建国などがあって、朝鮮半島・華北
などでは満州人との混血が起こっているが、西日本人の14%という頻度から
考えても、もとの朝鮮半島・華北人が9割も入れ替わったとは到底考えられない。


弥生系日本人≠朝鮮人≠華北人


関西周辺・中国地方・北九州や、
朝鮮半島・華北での
B52−DR2の%がやはり全てである。

つまり、弥生系日本人・朝鮮人・華北人は、わずかながら同じ血も持つが別の民族である。


弥生系日本人の顔面は扁平で頬骨が出ず、つり上がらない切れ長の一重瞼の目を持つ。
朝鮮人は弥生系よりも扁平さが弱いが頬骨が出ていて、目がやや小さくつり上がり気味。
華北人は弥生系よりも扁平さが弱いが頬骨が出ず、エラが張り、目が二重瞼でつり上がっている。

45 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 23:23:05
残念だな。日本人が朝鮮人ではなくてw




◎HLA遺伝子 B44-DR13の頻度


東海地方10%超>>>>>>>>西日本6,6%>>関東5,7%>
韓国人5,1%>>>>中国朝鮮族3,5%





46 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 23:51:35
国境や民族の概念もなかった時代に朝鮮人か日本人かにこだわってる
嫌韓馬鹿の集まるスレはここですか?

47 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 23:56:14
いいえ。

ウソコキ工作ビビンバに正しい事を教えてやるスレです。

48 :日本@名無史さん:2006/05/22(月) 00:59:51
いささかスレ違いではありますが、そのような事はありますね。

49 :日本@名無史さん:2006/05/22(月) 03:37:23
>>45
そうとも、B52−DR2弥生人はモンゴル〜華北の人
B44-DR13は日本発祥ではない、そして韓国に一番多いということ

B44-DR13が日本発祥という説は、お前だけだろうね
ソースが欲しいな

>>47
うそつきビビンバはおまえだろ!

国立科学博物館 日本人はるかな旅展 遺伝子によるルーツ研究
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/5-26.html

50 :日本@名無史さん:2006/05/22(月) 03:38:42
>そして韓国に一番多いということ

訂正
そして、日本以外では、韓国に一番多いということ


51 :日本@名無史さん:2006/06/20(火) 16:05:29
>>49
やはりか、、、、、、正体見破れり!

52 :日本@名無史さん:2006/06/20(火) 16:12:40
天智 2年 白村江の戦い。

53 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 07:44:40
敗戦ショックが大きかったんだろうなぁ…

それもこれも馬鹿百済の(ry

54 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 22:21:16
ウリナラの歴史は半万年 証拠は無いけど9000年
日本もロシアも中国も かつてはウリナラの領土
倭国に漢字を伝えてやった 陶磁器 儒教も教えてやった
剣道 盆栽 寿司 サッカー みんなウリナラが起源
ウリナラマンセー ウリナラマンセー 文明の中心
ウリナラマンセー ウリナラマンセー 日本人よ感謝しる!

豊臣秀吉攻めてきて 残していったトンガラシ
ウリたちがキムチ臭いのは 秀吉のせいニダ アイゴー!
ロシアに就こうか清国か それとも欧米の植民地
優柔不断 事大主義 お願い韓日併合
ウリナラマンセー ウリナラマンセー 朝鮮総督府
ウリナラマンセー ウリナラマンセー 日本人は反省しる!

白丁奴隷を解放し こどものキーセン禁止して
ハングル教える小学校 街には電車も走る
小作にも農地を所有させ はげ山に緑の木を植えて
シャーマン治療を禁止して たちまち人口2倍
ウリナラマンセー ウリナラマンセー 勝手に近代化
ウリナラマンセー ウリナラマンセー 日本人は謝罪しる!

徴兵制度は大歓迎 名実ともに日本人
でも戦争に負けて寝返った ウリたちは連合国民
韓日協定結ばれて 戦時保障が5億ドル
すべて決着したけれど まだまだ欲しい金よこせ
ウリナラマンセー ウリナラマンセー 捏造いいがかり
ウリナラマンセー ウリナラマンセー 日本人は倍賞しる
アジアの恥 女性の敵 世界の嫌われもの
大嘘つき 無礼で下品 朝鮮半島消えてよし!

55 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 22:28:54
ウリたちは、そのうち中国人にぶっ殺されるだろうな。
本気で「百済は呉の辺りまで征服した」て考えてる椰子がいるのな…。
それを日本の2chで滔々と解説。びっくりしたなーもう。

56 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 23:13:27
>>46 国境や民族の概念もなかった時代

 倭人や漢人、韓人、夫余など歴史以前から種族の概念はあり、縄張り意識も
あっただろうし、言語風俗が異なれば異民族としか認識しないだろう。

 古代になるほど無数の小国家、種族が存在して対立していたものがだんだ統合
していったという方が実態に近い。


57 :無知識:2006/06/22(木) 04:08:55
突然すみません!
日本ができて 結局何年になるんですか?
ほかの国は 建国○年て お祝いとかするのに
日本はしないですよね。なんででしょう?
 天皇が 変わるたびに年号が変わるのも歴史を引き継いでいて
面白いと思うけど 日本建国○年 て みんなが
意識したほうが 愛国心とか芽生えやすいと思うんですが・・
戦争を放棄したことが 絡んでくるのかな.....

58 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 04:42:21
皇紀2600年を記念するイベントが日本中で行われたそうですよ
昭和15年くらいに。

59 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 06:05:42
>>57 文献上で分っているのは3世紀には邪馬台国を盟主とする倭国連合
があったということで、それ以前のことは全く分らない。



60 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 06:32:03
>>57
正確には、706年ごろじゃないの?
則天武后に承認されて始めて「倭国」改め「日本国」になった。

61 :がいやまん:2006/06/22(木) 07:07:44
>>57
日本で本州に中心を持つ統一国家が成立するのは奈良県東南部に全国の土器が
集中する頃で、それは中国の魏とほぼ同じ頃、大体AD220年のようです。ですから、
建国後1786年程度を経過しているようです。アングロサクソン系よりは古いようですね。

62 :がいやまん:2006/06/22(木) 07:24:28
本来なら日本より朝鮮族の建国が早かったと思うんですが、朝鮮族がBC108年に
漢の武帝によって隷属化され、漢の四郡とされ、残余の朝鮮半島にはユーラシア
各地のノマドが入り込み朝鮮族の独立がその後千年近くも抑えられたために
日本の大きさが目立ちますね。朝鮮も異民族の高句麗、百済、新羅の下では
日本よりも早く大陸文化を吸収したようですが、結果的にすべては日本に流入して
あまり残らなかったということでしょうか。朝鮮族は中国のおかげで歴史に登場する
のが千年は遅らされたというべきでしょうか。

63 :がいやまん:2006/06/22(木) 07:28:32
朝鮮が日本の防波堤になってくれていたようなもので、たびたび、応援に駆けつけなく
てはならなかったのもこのためということがあるのでしょう。

64 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 07:35:32
わき腹に突き刺った「短刀」というヤツですな?

65 :がいやまん:2006/06/22(木) 07:40:40
朝鮮人は倭奴といって倭人を鬼畜扱いしますが、これは縄文、アイヌ、琉球をさすので
はなく自分たちをいじめた北方系の移住者を憎んでのことでしょう。日本語にあるオニ
という言葉は倭奴と非常に似ていますが、これは古く縄文人は渡来系弥生人を朝鮮人
同様にそう呼んだのではないでしょうか。縄文人も決して渡来系に甘くはなかったことは
スサノオなどに対する天孫の処分に反映されているのでしょう。

66 :がいやまん:2006/06/22(木) 08:14:08
名護博「赤椀の世直し」には日本が革命で生まれたようなことを書いてあるが、出雲系
神主が暗躍する銅鐸文明からの民の解放といったスローガンを掲げた諸国民の一斉
蜂起といったことがあってもよさそうだ。大和朝廷が四道将軍、ヤマトタケルなどによる
全国制覇を起こす前に中央集中があったというのは物理学でいうインフレーションとい
った過去の均質化を想定しなくてはならないのだが、そうしたことの一つとして名護さんの
説が面白い。

67 :がいやまん:2006/06/22(木) 09:31:03
>>65
吉備ではオニのウラの頭をかまゆでにしたというが、それだけ縄文系地元土着民の
恨みが根強かったということであろう。

68 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 12:19:17
奥羽三千年の恨み。

69 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 12:26:09
「オニ」と「倭奴」のどこが似ているのか、さっぱりわからん。
倭奴というのはそもそも「漢委奴国」などの委奴(倭奴)であって、
中国人が「オニ」の意味を込めたとは思えん。

縄文人が当時の北方官話に長けていて「倭奴」などと発音していたら、
実に恐ろしい事だ。

「漢のオニ国」などという金印を貰って、倭人が喜ぶわけがない。

70 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 12:35:15
大八州を御す日本根子天皇
だろ?たしか天武じゃない?673〜686年

71 :がいやまん:2006/06/22(木) 13:37:23
>>69
委奴国=伊都国、ないしは、オーナ国でないか。現代の中古、上古音復元には
異議を持つ中国人が多く、日本古語の読みがもっとも正確だそうだ。オーというのは
現代北京官話だがね。この辺はあまり議論しても始まらない。韓国語はウェヌだったか
忘れたがなんだか似ていた。


72 :がいやまん:2006/06/22(木) 13:41:54
あ、それと倭人というのは日本人じゃないからね。モンゴル方面の民族のことで
山海経に出てくる。これが九州で多くなって九州を倭国と呼ぶようになるんだろう。
九州東岸以東は縄文人、つまり、日本人が多かったようだ。

73 :がいやまん:2006/06/22(木) 14:00:53
>>71
倭面土国は大元国と読める。これは大元神社とか、大元山とかからして周防灘周辺国家
群ではないかと思われる。この辺には古くからの弥生遺跡もある。

74 :がいやまん:2006/06/22(木) 14:29:00
安芸・長門方面に神武を祭る神社が多いということ、ホケノヤマ古墳の枕元の
壺がこの方面のものであることを考えると、神武一族は周防灘出身か、あるいは、
帥升がウガヤフキアエズであったのかもしれない。神武がこの地方の貿易港であった
岡港に向かっているのがなんだかありそうだ。建国の父が中国に朝貢するとはなにごとか、
カット、といったことがあったのであろうか。

75 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 14:35:09
>>71
当時は、人偏を外して書いてあるが、その後人偏が付いて「倭奴国」と理解されるように
なったんだと思う。「唐書」などでも「倭奴国」となっていたはず。
中国語よりも先に韓半島が「倭奴」を持ち出すはずがない。あくまでも中国の古文書に
出てくる「倭奴国」によったものだと思うんだが・・・
「匈奴」も「奴」が付いている。

「山海経」なんて、妖怪百科事典のような電波本ですたい。

76 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 14:38:06
>>71
現代北京官話では「Wo」です。ウォ。

77 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 14:54:25
>>72 魏志倭人伝には邪馬台国の東は海を渡って陸地があり、皆倭種と書いてあり
倭国と人種が違うというような記録は見当たらない。


78 :がいやまん:2006/06/22(木) 15:20:35
>>74
三雲、平原、楯築などの時代を考えると帥升時代よりは後であり、この頃出雲以外に
周防灘方面に何らかの繁栄の跡はないようなので、倭面土国というのは海人族のこと
かもしれないな。

79 :がいやまん:2006/06/22(木) 16:00:33
>>77
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/img/5_13_01.jpg
倭種というのは関門を渡ってしばらくかな。そんならまだ倭人だ。↑

80 :がいやまん:2006/06/22(木) 16:02:51
>>75 妖怪百科事典のほうが中華思想よりはよかたい。


81 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 21:17:05
>>80
普通に考えて「オニ」じゃないだろうよ。

最近、がいやまんさん電波飛ばしすぎだけど、何かあったの?

82 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 21:36:48
がいやまん氏の知識はNO1だと思うけど
何でもかんでも飲み込んでる知識でもある。

83 :がいやまん:2006/06/22(木) 21:50:35
いや、別に何もないけど。  ・・・何でもかんでもでいいんじゃない。わからないときは
ロムに回っていろいろ調べている。何か発見すればすぐにご注進する。こういう主義だ。
今わからないのは韓国人と日本人の遺伝子があまりにも違いすぎること。じゃーね。

84 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 21:50:37
柔軟を通り越して、縦横無尽だよね・・・

85 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 21:52:50
>>83
違いすぎるって?
例のYAP+以外で、違いすぎるっていう事?!

86 :がいやまん:2006/06/23(金) 06:18:22
いや、それ、それ、YAP+。ほかにもあるけどYAP+だなー。
たとえば、長江、東シナ海沿岸に広がる文明があって、それが喜界カルデラ爆発の
津波によって瞬時に滅亡し、日本北部のみが生き残ったとかの異常な事態を想定し
ないことには、日本周辺の広大な地域でYAP+が存在しない理由がわからない。
記紀に残る応神朝の秦氏の渡来だと韓国にすこしくらい残っていてもよさそうだしなー。
姶良爆発だと2万年にもなり世界のYAPと整合しないし。とりあえず、喜界カルデラ
仮説で進めるか。河姆渡遺跡あたりの遺伝子情報がほしいね。

87 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 11:15:18
>>86
古代人骨からの遺伝子抽出は難しいらしいね。
前漢時代以前とかの骨で、共通点があるものも少なくないらしいけど、
なんせ、詳しくは調べられないらしい。古過ぎて。

今YAP+が出てるのは、日本と中国西南部だけ?
チベット族、チワン族(越族)、ヌー族、アチャン族、とかそういう系統?
古代越系のチワン族がYAP+を持っているんだったら、中国東南部の漢族も
YAP+を持っていてもおかしくないはずなんだけど…結果はほぼ「ゼロ」でしょ?

ガイヤマン氏、正直、こういう結果、信じられる?
古代中国でも、何かボトルネック的な現象が起きたんだろうか?
漏れは、信じられないんだよね。古代越系のチワン族がYAP+を持っているなら、
台湾や香港やシンガポールの漢族も、少しは持っていて当たり前だと思うのだ。

やっぱり、興味は尽きないね。調査に参加したいぐらいだね。

88 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 12:04:23




YAP+保存版

http://native.way-nifty.com/./native_heart/images/y_chromosome.jpg





89 :がいやまん:2006/06/23(金) 12:25:06
YAP+の大きな集団の居住区、それは長江流域と日中韓東シナ海沿岸、これが
スマトラ沖津波の何十倍もの津波によって押し流され、広大な空白が生じ、そこに
漢族及び山奥のYAP+少数民族が移住してくる。しかし、それぞれは生活区域を
異にする。こうしたこと、こうした結果を想定しし、実際にありえたことを立証できた
場合、少なくとも日本人はもやもやがなくなるでしょうね。中国にとってもその古代史
の謎の部分が解明されることになる。こうした研究をやっておくことは今後のためにも
有益じゃないでしょうか。

90 :がいやまん:2006/06/23(金) 12:39:49
http://www.scs.uiuc.edu/~mcdonald/WorldHaplogroupsMaps.pdf
萌黄色というのか、日本とチベットに多い部分に注目。

91 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 12:43:18
>>89
だとすると、中国の古文書なんかに、それらしき事が書かれているんじゃ
ないかと思うんだけど、ないよね、実際には。

92 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 12:44:54
チベット系だけじゃなくて、チワン族や苗族にも多いという事は、、
どういうことになるんだろう?
東南アジアでは、それほどでもないんだよねぇ。

93 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

94 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 12:48:40
東南アジアにも似たような系統の民族が多いから、もう少し多くても
いいんじゃないかと思うんだ。
韓半島のYAP+保持者が全て押し流されるとしたら、日本列島にも多大
な被害が及びそうな感じがするんだけど・・・

95 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 12:54:10
>>93
出てくんなよ。

それに、台湾人嫌いじゃないし。

96 :がいやまん:2006/06/23(金) 13:16:51
>>91
http://homepage3.nifty.com/kyousen/china/3k5t/connection/3k5t_kyoukou.html
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/sinwa/sinwa-2-5kyogon.htm
共工がハプログループDの羌族の神であるとは何かがあるのではなかろうか。


97 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 13:22:16



↓95の顔(プ

http://www.saintmarys.edu/~rjensen/mongol.GIF




98 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 14:00:10
日本人とアフリカ黒人だけが保有する遺伝子なんちゅうのもあったのでは?


99 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 14:03:48
>>96
例えば、中国の黄帝(竜神)などは、治水にも長けていたはず。
竜神と治水の関係なんだけど、黄帝が治水に長けていたってことは、
水に関する被害が中国を再三襲ったってことだと思う。

東南が陥没…ていうのは、神話にしてもかなり具体的な話だよね…。

河娒渡じゃないんだけど、馬家浜のウトン遺跡の方で、人骨が出ている
んだけど、これが、形質的には、鎌倉武士にそっくりなんだよね。
この種類の人間は、その後の中国では出現していないらしい。
何らかの、ボトルネックが発生したのではないかと、考えれらている
ようだよ。

がいやまん氏、中国の遺跡調査に同行した事ある?
漏れは、日本で遺跡の発掘調査を手伝った事があるよ。
ちょっと、中国に行って、お手伝いをしてみたいね、マジで。

100 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 14:06:48
>>98
それがYAP+なんだけど、最近の調査では、チベット、チベット系のアチャンやヌー、
ジンポー族や、ナシ族の他、古代越系のチワンや、苗族などにも見られる事がわかって
きているらしい。雲南省や貴州省などの中国西南部に偏在している。

101 :がいやまん:2006/06/23(金) 14:25:07
>>99
ありがとうございます。中国での遺跡発掘は重要なことだと思います。特に
最近の小河墓遺跡のショックはすごかった。あんなドラマティックなのは
前代未聞ですね。

102 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 14:33:51





弥生・モンゴル人第一主義>>>>>>>>>>色目人>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>(越えられない壁)>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>鮮人>漢人>南人  ← 遺伝子真っ赤っかのヨゴレwwww






103 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 14:39:05
>>102
そのモンゴル第一主義を掲げているのは、韓国のキム・ウンフェという教授らしいがねw

104 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 14:42:23
チョンはチャンコロと同種。残念!


鮮人>漢人>南人  ← 遺伝子真っ赤っかのヨゴレwwww
鮮人>漢人>南人  ← 遺伝子真っ赤っかのヨゴレwwww
鮮人>漢人>南人  ← 遺伝子真っ赤っかのヨゴレwwww
鮮人>漢人>南人  ← 遺伝子真っ赤っかのヨゴレwwww
鮮人>漢人>南人  ← 遺伝子真っ赤っかのヨゴレwwww
鮮人>漢人>南人  ← 遺伝子真っ赤っかのヨゴレwwww
鮮人>漢人>南人  ← 遺伝子真っ赤っかのヨゴレwwww
鮮人>漢人>南人  ← 遺伝子真っ赤っかのヨゴレwwww

105 :がいやまん:2006/06/23(金) 16:52:37
>>96 参考まで
「■歴史を揺るがした火山の噴火
★喜界(きかい)カルデラ
鹿児島の南、硫黄島と竹島の間に喜界カルデラがあります。
約6,300前に大噴火をおこし、その火山灰(喜界アカホヤ)は遠く関東・
東北でも確認されています。

この噴火で縄文文化、特に南九州のそれは壊滅的打撃をうけます。
その時、逃げ出した縄文人が太平洋を渡って広がったなど、夢のある
説がいろいろ出されています。

樹齢7,200と言われる屋久島の縄文杉、どうも年齢の修正を迫られて
いるようです。
実は喜界カルデラが噴火した時の火砕流で屋久島は甚大な被害をこ
うむったはずなのです。
最近は、樹齢は意外と若く2,500年前後だとか、3本ほどの合体木説など
出ていて、今後の調査が待たれます。 」
http://www.geocities.co.jp/Bookend/4373/vol_148.htm

106 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 17:25:40
>>99
長江流域で独特の文化(俗に言う長江文明)が栄えたのが、BC14000頃〜BC1600頃
で、喜界カルデラの爆発が、6000年以上前だとすると、、
馬家浜文化(BC5000 〜BC3800)に属するウトン人が、何らかのボトルネックに
よって滅び、後の世にこの形質の漢民族が出現していないとしても、喜界カルデラ
の噴火によるものでは、なさそう、という結論が出ました。

ミャオというのは、楚の国の文化の発展に貢献しているので、漢族との混血も
あったんじゃないかと疑うのですが、漢族の中にYAP+を持っている人は、希少。
周もチベット系だし、漢族との混血もありえたのでは?と想像するのですが…
なぜか、出てこない。あれだけの多民族国家・混血国家にしてあり得るのだろう
か…???

うーん、、、信じにくい!てか、何らかの政治的配慮が働いて、「漢族には保持者が
一人もいません」てな事になってるんじゃないかと思われるのですが…邪推だろうか?

『天使は北に座し、南を支配する』という中華の思想ですね。

喜界カルデラの被害調査待ちかな?

107 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 18:07:08
>>100 日本語とビルマ語系のボド語とか、マレー半島山地民の少数民族語の
中に身体語の類似したものがある、というのもその痕跡なのですかね。



108 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 18:17:40
>>107
これ?
http://www11.ocn.ne.jp/~jin/KARADA.html

109 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 19:29:45
>>108 いえそれでなくて安本美典「日本語の成立」の中にあるグリアソン
監修「インド言語調査」によるもの

日本語 足  目  口  歯  毛  頭  舌
ボド語 atheng megan khuga hathai khenai khara sila

のような単語です。

 その他のビルマ語群に手、鼻、腹、背に類似するものもあるそうで。



110 :がいやまん:2006/06/23(金) 20:15:43
>>106
馬家浜文化が喜界カルデラの影響を受けていないということが積極的に立証
することが重要になりますね。BP6300年の前後にかけて何の変化もなく継続して
いることの立証ですね。場所的に長江から何キロメータ程度で、海抜何メータ
程度のところであるか。Periodizationは国際機関によって確認を受けているか
も重要です。


111 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 22:01:06
>>110
浙江省、嘉興県馬家宝は、上海の西南約100キロの揚子江デルタに位置していて、
海抜はかなり低そうですね。
嘉興県は、水が豊かで、まさに「水郷」といった風情です。

うーん…

年代としては、河娒渡→馬家浜ですからねぇ。河娒渡の文化を
受け継いだのが馬家浜になります。

当時の海抜がどうだったのか、また探してみます。

112 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 22:07:58
>>109
これかな?

http://yamatai.cside.com/katudou/image/213-2.gif

日本語、ポド語群、ナガ語群、クチ・チン語群、ビルマ語群、


113 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 23:13:46
>>112 yes.that's right.

マレー山地民の方では体 krad 肝 kemod などがあったように思う。多分、
大野晋の若い頃の本に出ていた。


 

114 :がいやまん:2006/06/24(土) 11:21:19
BP6300年の喜界噴火の火山灰は東北までの日本全土を覆うものです。すまりこれは
ジェット気流に乗ったもので季節的に冬場であったのかもしれません。とすれば
日本で行われているようにアカホヤ(喜界テフラ/火山灰)層で長江河口デルタ
地帯を調査することは無理かもしれません。おまけに喜界カルデラは長江の
真正面ですからシミュレーションによれば九州南部でスマトラ沖の3倍の30m
の達した津波は長江下流では50M,上流では100Mをこえ、高山を崩しながら山峡
を重慶の方向に侵入していったものだと思われますが、このときほとんどの文明は
ノアの洪水神話のように水中に没したものと思われます。しかし、この津波の去った後
たとえば露呈した海底からの火砕流が上陸した鹿児島でも時をおかずに東北の
縄文人が入ってきています。これは照葉樹林の回復、成長が早かったことと、当時の
文化が照葉樹林と深く関係していたからで七以下と思っているんですが。

115 :がいやまん:2006/06/24(土) 11:35:59
弥生時代に中国から朝鮮半島経由日本に流入する水稲文化はY-Hg O-47ですが、
これに先行してY-Hg YAP-Dが陸稲を持って日本に入ってきたということも考えられます。
栽培方法はかなり異なるんですが、陸稲の方はサルタヒコ神社の分布のように山奥に
向かっている。つまり、Y-Hg YAP-Dという受け皿があって、これが先兵となりY-Hg O-47
を導き、時の応じては種子を分け与えたり、協力したということではなかろうかとおもって
いるんですが。

116 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 14:33:36
>>114
ここ↓では、7000〜5000年前になってますが、河娒渡文化がBC6000〜BC5000頃に
栄え、それを継承・発展させる形でBC5000〜BC3000頃繁栄を極めたのが馬家浜文化
だとすると、時期が接近しているので、津波の影響がどの程度のものだったのかが
よく分からなくなるんですよね…

http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/5-24.html

117 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 14:40:44
喜界カルデラの爆発は、6300〜7000年前ですよね?

118 :がいやまん:2006/06/24(土) 15:09:28
http://www.volcano.si.edu/world/volcano.cfm?vnum=0802-06=
6300年前、つまり、BC4300年頃でしょうか。日本中部、南部の無人化が数世紀
継続したとなってますね。

119 :がいやまん:2006/06/24(土) 15:12:22
>>116
単なる中国発表資料であり、日本で喜界カルデラ影響をシミュレートして整合させた
ものではないですね。

120 :がいやまん:2006/06/24(土) 15:24:04
ジーコさんに日本人は何をやらせても。国際的プロ精神とは何かがわかっていないよう
だといわれそうな木がする。

121 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 18:25:12
>>119
長江流域の発掘調査には、日本の学者も調査協力しているので、どうなんでしょうね…
中国側が、諸般の事情により、遺物の年代などで明らかに間違っていても譲らない場合
があったと聞いています。後に少しずつ訂正して歩み寄ったようですが。

122 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 18:45:45
何かあったじゃない。子供の頃読んだ日本の神話。
神さまが天からドロをポタポタと落として日本の国土ができたって。
どうせのことなら、もっと沢山ドロを落として、
もっと大きな国にしてくれたら良かったのに!

123 :YAP?:2006/06/24(土) 19:57:27
HLAの話ですが、今月の『日本内科学会雑誌』(平成18年6月10日号)に
DPB(び漫性汎細気管支炎)の疾患感受性に関する記事が載っていました。

DPBは、日本人、韓国人、中国人などの東アジア人に多いことは知られていますが、
その原因遺伝子が、HLAのクラスT抗原のA座とB座の間に存在するらしいとのこと
です。

問題は、日本人では,HLAーB54と関連が強く、韓国人ではHLAーA11との関連が
強いことであり、これによって、HLAのA11やB54が、原因遺伝子ではなく、その近傍
(A座とB座の中間領域のどこか)にDPB原因遺伝子が存在することが確認されたことです。
韓国人でDPB患者とHLAーB54とは無関係であった。
ただしこの論文で日本人では、HLAーA11とDPBの相関については記載されていません。

この論文の著者(土方美奈子、慶長直人)は、東アジア人,或いは日韓共通の祖先集団の中に、
HLAーA11−DPBにかからない正常遺伝子ーB54と言うHLAハプロタイプを持つ祖先が居り、
そのハプロタイプが突然変異により、HLAーA11−DPB感受性遺伝子−B54となり、更に、
遺伝子組み換えが日韓で別々に起こり、日本では、A24−B54に、韓国ではA11−B62に
DPB遺伝子が組み込まれているとかんがえています。
(実際には、B55も関係しているようで、話はもう少しややこしいですが、まあ、大略こんなものでしょう)

HLAーA24−B54−DR4(DRB1*0405)は、徳永勝士氏の昔の論文では、
日本人のHLAハプロタイプの第四位の頻度を占め、大体3、1%〜3、7%と言った所です。
HLAーA11−B62−DR4(DRB1*0406)は、日本人の第8位の頻度で
1、2〜1,9%とされています。

徳永氏のデータで、A11−B62−DR4もそこそこ日本に存在するので、これはかなり
後代からの半島からの移民でしょう。
それに比して、A24−B54−DR4は、基本的には、日本国内で組替えによって生じた
ハプロタイプでしょうから、北方出自ではあるが、長く日本に住んでいた集団と言うことになります。



124 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 20:03:28
単純に昔の部族間抗争が負けた方皆殺しだったからじゃないのか
わずかな個体が
追われて島や高地へ逃げて細々と生き残ってるだけ

125 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 22:28:36
>>114
喜界噴火による被害が甚大であったとすると、台湾や海南島の被害も、
甚大であったのだろうか?

126 :がいやまん:2006/06/24(土) 22:40:52
火砕流が九州に到達するんだからね。しかし、台湾は地震の被害程度かな。
花蓮あたりでも岩壁が多いもんね。海南島はせいぜいスマトラ沖地震程度では
なかろうか。九州でスマトラ沖地震の3倍の30M程度の津波。沿岸部は全滅だろうね。
何メーターもの火山灰だ。北海道まで降ったんだから。四国は何世紀も死の島だろう。

127 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 22:43:26
>>123
半島からの移民と言うより、最初からB52-DR15集団と混成していた
半島に定着せず素通りしてきた北方からの移民だろ。

128 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 22:44:13
↑PU

129 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 22:47:09
↑ニダ

130 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 22:53:34

ニダ

131 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 23:01:46

よりめビビンバ

132 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 23:03:56
平安京は世界で何位の都市だったんですか?

133 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 23:08:01
思いつくだけでもバグダード、長安、あとどこかあったっけ?

134 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 23:16:09
平城京や平安京に病院、宿泊施設、市場、などの公共施設は
整ってたのかな?

135 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 23:35:45
知ってる範囲内では、新益京(藤原京) 平城京 長岡京 平安京 太宰府
十三湊(西の博多に匹敵)くらいかな。
あと何か都市はあったっけ?


136 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 07:09:39
>>126
スマトラ沖地震「程度」でもかなり巨大だよ。
海南島の風俗は、「魏志倭人伝」の倭人の風俗に似ていたそうだから、
海に面した場所に住んで、漁などをしていたのではないだろうか?
だとすると、かなり大きな被害を被った事になる。
壊滅的打撃を受けた部族がいた事は、想像に難くありません。

137 :がいやまん:2006/06/25(日) 07:58:58
中国の伝承では揚子江は逆流し、不周山は崩れたという。揚子江はカイショウといって
毎日逆流するが、それを巨大化したようなものだね。ユカタン半島に天体が衝突した際
メキシコ湾」から北米を縦断した津波は1000Mの高さがあり、恐竜など地球生命の
一新があり鳥が生まれるというがよく似たものだ。

138 :がいやまん:2006/06/25(日) 08:06:45
中国の伝承は地軸が傾いたようなことを書いてあるが、宇宙船の船室で巨大なおなら
をしたようなもんだから必ずそれは起こるだろう。ただし地球はジャイロだから自分で
調整するだろうが。

139 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 09:51:51
>>137
古代史の嘘を見抜く必要がありそうだね。

140 :がいやまん:2006/06/25(日) 10:53:30
もう、古代史ではないよね。非常に奥地の少数民族の伝承とかに頼るほかはないんじゃ
ない?

141 :日本@名無史さん:2006/06/26(月) 18:24:15
「共工氏」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%B1%E5%B7%A5%E6%B0%8F

羌族が、共工氏を信奉していたのではないかという話もある
そうです。



142 :がいやまん:2006/07/01(土) 22:17:58
津波の破壊は揚子江と黄河の両方に及びヤンシャオ文明のテキ、羌の祖先
をしてチベット・雲南奥地に移動させたと考えると現在のYAP-Dの移動と
整合する。また、このときに内蒙・遼東へYAP-D倭人の移動が開始され、
これが三内丸山時代につながると想定してみたい。

143 :日本@名無史さん:2006/07/01(土) 22:27:44
チベットが移住したのは、新勢力によって中原から追い出されたからでは?

144 :がいやまん:2006/07/01(土) 22:40:04
中国PGFではおっしゃるような動きが内蒙からターリム盆地方面に向けてあったように
なっている。しかし、テキ、羌の祖先の南方への移動を5-6千年前のこととしている。
少なくとも中原ではなく楼蘭あたりのことのようだ。例の小河墓遺跡の下層にまだ何か
あるのかもしれない。

145 :がいやまん:2006/07/01(土) 22:43:07
ソース
Wei Deng A Baochen Shi A Xiaoli He A Zhihua Zhang
Jun Xu A Biao Li A Jian Yang A Lunjiang Ling
Chengping Dai A Boqin Qiang A Yan Shen
Runsheng Chen
Evolution and migration history of the Chinese population
inferred from Chinese Y-chromosome evidence
Received: 1 December 2003 / Accepted: 19 March 2004 / Published online: 2 June 2004
The Japan Society of Human Genetics and Springer-Verlag 2004

146 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 07:18:02

リンク先はどこでしょう?

147 :がいやまん:2006/07/02(日) 07:55:06
http://library.ibp.ac.cn/html/slwj/000222645600001.pdf
IE履歴に残ってました。↑

148 :がいやまん:2006/07/02(日) 09:19:20
>>144
PDFと打ったつもりがミスタイプ。 DIは狄ではなく、テイ(氏に横棒)かもしれない。
中国語はアスキーではだめだな。

149 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 10:04:00
>>148

氐族の事だろうか?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%A4

チベット系で、青海省周辺に存在、BC2C頃に遊牧するも、東へ移動。

150 :がいやまん:2006/07/02(日) 10:37:56
なるほど、羌低族なら長城建設の苦役を強いられた挙句、秦氏の群れと共に
日本に入るというシナリオができますね。案外こんな時代のことをあたかも日本の
縄文時代に起きたかのように妄想している、つまり、何千年も続く何度にもわたる
分岐した、時代別に異なる、遺伝子の渡来を日本でのみ発生したと勘違いしている
筋があるんじゃなかろうかという気がしますね。

151 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 10:48:49
辰韓(秦韓)は、秦・趙・斉・燕・韓などからの亡命者に与えられた国
でしょう。(後に一部が、新羅に発展)
縄文由来のYAP+とそれ以降の断続的な渡来によるYAP+があるんだろうか?
日本列島における遺伝子のタイプにバラつきがあるようならば、縄文由来の
ものと、断続的渡来(チベット系など)によるものが存在すると考えられる
かも知れない。

152 :がいやまん:2006/07/02(日) 11:14:29
↑たとえば、支石墓の伝播を考えるときに、縄文末から飛鳥石舞台までの間のさまざま
な、現地においてすでに突然変異による枝分かれをしていた、同祖遺伝子が時間差進入
をしてきたということもありえるかなとおもいます。YAP+というのは羌・テイのような非農耕、
日本神話で言えば、サルタヒコ、天狗といった山岳関係と関係するのかもしれません。

153 :がいやまん:2006/07/02(日) 11:22:45
宇宙から見える唯一の重厚長大設備、頂上とか、ナイルのピラミッドとかに動員される
非農耕マンパワーを事業終了後どのように収拾さすかを考えると、日本の古墳ぐらい
うってつけのものはなく、ピラミッド事業の収拾には欧州巨石文化があったのかもしれ
ません。韓国、中国にYAP+はまった残らず日本に飲み残る謎を解く鍵はこの辺にある
のかも。古墳も、長城も山岳、傾斜地土木という点では一致しています。古墳の始まる
前に日本では高地性集落が発展しましたが、これもそうした失業対策事業的要素がある
のかもしれません。弁辰の鉄生産も叱りです。

154 :がいやまん:2006/07/02(日) 11:38:09
話は変わるが、喜界カルデラ爆発の津波はシミュレーションではインド洋の3倍の30M
というものですが、渤海湾は遠浅で、津波を上下に増幅した後、黄海でさらに縦横に増幅
広大な洪水をもたらし、それは神話に残るはず。ところがこれに関連しているのが羌族が
多いことより、YAP+保持者である羌族の山地への移動はすでに6300年前頃から始まって
いるともいえます。 

155 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 17:53:39
韓国映画よりも、香港映画の方が日本人っぽいというか

日本でよく見かける顔が多いと感じる。

156 :がいやまん:2006/07/03(月) 11:23:34
>>145 >>147
この中国データには弥生時代に日本に入ったとされるO-47zについての記載が
全くないが、これは夏の時代に大陸にいたO-47z、倭人は中国に一切残らずに
日本に移住したということなのだろうか。するとこれは、中国人と祖先を同じくする
ものの別種であり、日本に移住した民族となる。

157 :日本@名無史さん:2006/07/03(月) 12:00:09
>>155 広州へ行ったとき、おれが背広を着て人民帽を被っていると高校生
くらいの奴が指差しながら「ジンミンカイホーグン」とからかっていたが
日本人とまったく同じからかい方だったな。



158 :日本@名無史さん:2006/07/03(月) 12:01:23
↑誘致チャンコロw

159 :日本@名無史さん:2006/07/03(月) 13:13:10
>>156
一切かどうかはともかく、なんか中国側の政治的意図によるものじゃないか
という気すらしますねw;雲南とかは必死に調べていますが。
O-47zは、比較的重要な遺伝子だと思うんだけど…

160 :日本@名無史さん:2006/07/03(月) 14:34:15
>>156
<<北大中文論壇>>

北京大学のブログですが、非常に有意義で興味深い議論がなされています。
(英文あり)Oの拡散についても触れていますね。

http://www.pkucn.com/viewthread.php?action=printable&tid=171673

驚きなのは、赤の遺伝子図と科学博物館の「はるかなる旅展」の資料が
貼られている事。 ひょっとして、北大生は2ch見てるw?!
なんと「氐羌人后裔」(チベット系の末裔)と称する人が盛んに書き込んで
います!曰く「僕は、縄文人によくにている」そうです。

日本人とチベット人が分離したのはいつか?という事で大いに盛り上がっている
様子。北大生光臨しないかなぁ?

161 :がいやまん:2006/07/03(月) 16:13:24
>>159
http://img438.imageshack.us/my.php?image=japan9zr.gif
これの日本22%、北東アジア0.7%、東南アジア0.6%で中国全体を織り込み済みというの
ならO-47zは根っから日本人のような中国系ということになりますか。案外マージャンの
配牌のようなもので最初の列島移住者から中国の牌もはいっていたということなん
かもね。

162 :日本@名無史さん:2006/07/03(月) 16:17:08
まあ、チベット人は日本人と同じ呉服を着ているので近いのだろうな。

 容貌は朝鮮人に似ていると思うが。


163 :がいやまん:2006/07/03(月) 16:18:05
>>160
中国北西部と日本の旧石器時代の遺伝子構成が原始の形であり、それが
中国では歴史の波に洗われて日本的な構成がチベットとか雲南・四川方面に
残ったとも言えるのかも。

164 :がいやまん:2006/07/03(月) 16:29:44
簡単に言えば、中国はOのチンイツで満貫を狙ったようなものとなりましょうか。

165 :がいやまん:2006/07/03(月) 16:51:39
ただ、日本人、チベット人、中国南西部のYAP+のD型の欧州における兄弟分である
E型につき、最近、これのアフリカから欧州への拡大を新石器拡大、いわゆる、農業の
開始によるものではないかとする説があることで、そうしたイベントと同時期と考えると
細石刃という画期的技術革新が時代的の相当するのだが、現在ではどういうわけだか
日本のYAP+のD型は2万年前でその後細石刃時代、1.2万年前頃にC型が入ったのでは
とする説となっている。どうなっちゃってんの。

166 :日本@名無史さん:2006/07/03(月) 17:51:10
>>163
件の北大生が、10000年前に、諸越(O1)、苗・瑶(O2)系の人口が急増、Oが拡散し、
この流れの延長線上に日本への上陸があったとしているようですね。諸説紛々
している印象ですけど。

>>162
いわゆる赤の遺伝子図ですが、中原に近いチベット人とラサのリアルチベタン
では、かなり異なってますね。ラサのチベタンは、日本人の構成比にそっくり
ですよ。中原に近いチベタンは、大方混血が進んだのでしょう。

167 :日本@名無史さん:2006/07/03(月) 18:46:31
>>160
Q1(夏)、O2(商・楚)、O3(羌・周)、O1(夷・越)、D(氐・倭)、C(胡・狄)
と古代の呼び名で書いてある…

168 :日本@名無史さん:2006/07/04(火) 00:17:57
北京大のは眉に唾つけて読まないといけないね。

169 :がいやまん:2006/07/04(火) 05:57:14
とはいえ、Q1(夏)、O2(商・楚)、O3(羌・周)、O1(夷・越)、D(?・倭)、C(胡・狄)
これって傑作ですね。D倭とテイ、Cとはねー。ちょっと見直してみよう。

170 :がいやまん:2006/07/04(火) 06:17:44
電波ごっこになるが、羌、テイ、倭はD、Cはマオリが東周文化と関係があり、
周、倭かなー。夢の世界のようなものだが。



171 :がいやまん:2006/07/04(火) 06:23:33
C(胡・狄)、これは旧ソ連中央アジア、南シベリアのことであればわかる。

172 :日本@名無史さん:2006/07/04(火) 07:06:52
>>168
無名の学生がバトルトークしているだけで、2chのこのスレとあまり
変わらない希ガスるんだけど(^^;)

173 :日本@名無史さん:2006/07/04(火) 07:12:35
>>171
ちょっと考えたら、Cが胡・狄なのはいいんじゃないのしら…?
北狄は、北アジア系遊牧民だから。


174 :がいやまん:2006/07/04(火) 07:58:03
Cは大洋州、北米北部、北アジアということだが、胡には多分にイラン的限定要素
があるのが難。狄のほうが近いかな。

175 :日本@名無史さん:2006/07/04(火) 10:25:49
胡人

http://www.tabiken.com/history/doc/K/K320L100.HTM

※イラン・ソグド系ばかりでなく、鮮卑、匈奴、柔然、勅勒などの外民族を
「胡人」と総称していたケースもあるらしいけど。

176 :がいやまん:2006/07/04(火) 12:39:43
なるほど、日本語で言えば騎馬民族が近いのかも。ひょっとしてフンというのは
胡奴のことかも。

177 :日本@名無史さん:2006/07/04(火) 14:16:09
古代の中国語の発音で、匈奴(フンヌ)でしょう。

178 :日本@名無史さん:2006/07/10(月) 18:30:40
>>160
ブログというか掲示板が着々と更新している…

179 :がいやまん:2006/07/10(月) 21:16:48
↑筒形罐、筒形圜底釜なんていってるが日本の古墳時代の特殊器台と関係ないの
かなー。

180 :日本@名無史さん:2006/07/10(月) 21:51:57
特殊器台?

181 :日本@名無史さん:2006/07/10(月) 22:06:26
>>179
個人的には、雲南省の青銅器に彫刻された帯羽人の方が興味深いです。
鳥取県淀江町角田遺跡の弥生土器に描かれた船+人物像にそっくり。

182 :がいやまん:2006/07/11(火) 10:48:06
>>180
日本の建国は魏の建国とほぼ同じ頃ですが、それに先立って岡山県で
http://www.pref.okayama.jp/kyoiku/kodai/sagu14.htm
こうした土器を供献する墳墓の建設があり、この集団が東海地方の集団と
合作で奈良県に巨大古墳箸墓の建設に着手するのは建国の直後と思われます。
筒状の宇宙像は夏・仰韶並行のアルタイ文化、ペトログリフに見られますが、
そうした思想が商末、周初内モンゴルにいた倭族に銅鐸等殷文化と共に吸収
され、その後九州に至るのかも。

183 :日本@名無史さん:2006/07/11(火) 11:22:01
>>181
だったら雷文や龍文くらい伝えろやドアホ。

184 :日本@名無史さん:2006/08/07(月) 19:12:47
がいやまんが来たら糞スレ化して終わり。

185 :がいやまん:2006/08/08(火) 10:16:13
邪馬台国・大和朝廷以前の日本は世界史的レベル、それ以後は国際紛争を除いて
ほとんど日本史。世界史レベルの話でも日本としては何がおきたかと言うことが
世界にとって大事。日本の情報は世界史的にも貴重なものがある。特に北東アジア
全般に対してきわめて有益な情報源だと思う。漏れは、子供の教育もママならぬ
不完全な古代史をきれいにすることが何よりも先決と考えているんだが。

186 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 01:26:15
何言ってるのかわからんし。

187 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 16:53:26
BC11C頃の華中の長江流域はこんな有り様(嘲笑)


呉城文化 B1400?〜B1000?

 江西地方の文化はB3000年〜B2500年頃の山背文化を最後に一時停滞していたが、
良渚文化や石家河文化の崩壊後に呉城文化が抬頭した。黄河流域とはまったく
異質の造形美術を特色とし、豊富な幾何学印文陶や釉陶のほか原始磁器も出土し、
中国磁器の源流に再考を促した。また符号を刻した土器や鋳型も発見され、
符号の総数は170を超え、12個を列記したものも出土している。隣接する湖南省
では1960年代に寧郷県で多数の貴重な青銅器が発見され、人面方鼎・四羊方尊など、
商文化を凌ぐ鋳造技術と独特の造詣を示していたが、このときには商文化の一分派
と認識された。1970年代に江西省樟樹市(旧清江)で発見された呉城遺跡の城壁址は
4万uで、地方的な政治中心のひとつに過ぎなかったと考えられる。

http://home.t02.itscom.net/izn/chu0.html

188 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 17:22:45
>豊富な幾何学印文陶や釉陶のほか原始磁器も出土
>符号を刻した土器や鋳型も発見
>青銅器が発見され、人面方鼎・四羊方尊など、商文化を凌ぐ鋳造技術




印文陶、釉陶、原始磁器、鼎、尊・・・

BC11C頃の華中の長江流域の出土物は日本の弥生遺跡で
出土しないものばーっかり(嘲笑)





189 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 18:13:56
日本史は2600年とか言う馬鹿が居ますが、
そもそも紀元前に「日本」と言う名称がなければ
紀元前の列島の人々は文字を使えなかった筈なので、
日本史と言う概念自体、成立しません。

日本と言う名称の由来は聖徳太子が隋の皇帝に送った国書、
日出処に由来するとされています。
つまり聖徳太子が生まれる前に日本と言う名称自体、成立していないのだから、
必然的に日本と言う国の存在も成り立たないのですね。

日本と言う名称を国号にした国が歴史上に初めて出現するのは、
大宝律令の時、西暦701年の頃だと言われています。
故に日本と言う国の歴史は1305年しかありません。

190 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 18:16:17
ただ付け加えて置きますが、
日本は連合国に占領されていた時代がありますので、
連合国に占領されていた時代に国家の独立を失っていたのであれば、
日本史は空白の時代を抱えている事になります。

191 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 18:20:02
では、日本と言う国が成立する以前、
つまり西暦701年以前には列島上には〜国があったのか?
史記・漢書・後漢書・三国志・晋書・宋書には
「倭國」と言う名称の国があったと記されています。
しかしながら「倭國」は「Japan」のような他称でありますので、
西暦701年以前の列島上の人々の国の自称かどうかは解りません。
ただ「大和」と言う名称が存在するように、
自称でもある事は間違いないと存じます。

192 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 18:22:02
古事記には「倭」と言う単語が使われていますから、
多分、自称でもあったと思うのですね。

193 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 18:25:30
答え

Q.日本という国はいつ生まれたのか?
西暦701年。月日は解らない。

Q.日本という国を生んだ母体は何か?
史記・漢書・後漢書・三国志・晋書・宋書に見える倭國

Q.なぜ日本なのか?
東方の日の出る所と言う意味です。

194 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 18:48:04
がいやまんってアホじゃないか?
第二次大戦の頃でさえ、日本は世界史の中で中心となれるような
存在だった訳ではない。

大体、倭国の時代は古代インドや古代ローマ、秦漢の方が
圧倒的な文明と国力を持っていた。


195 :とりあえず:2006/08/11(金) 19:07:26




それが何か?





196 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 19:19:07
倭国は独自の通貨を持たなかったが、
ローマ・秦漢隋は独自の通貨が既に流通していた。
特に古代ローマや中近東の古代通過を調べてみるといい。
人物の顔や動物がコインに彫られていて、
芸術性すらも高かった事が伺える。
当の倭国・日本はどうかと言うとコインに人物の顔を彫る以前に
独自通貨すら発行できていないまま・・・・。
秦の兵馬俑の圧倒的な造形技術の高さを考えると、
ハニワや土偶なんて小学生の図画工作の作品みたいなでき・・・・。

文明的に劣っていれば、独自通貨すら発行できてない訳だから、
倭国が凄かった訳ではない。

史記の成立が紀元前である事を考えると、
倭国が世界史の中に入るというのは一部の韓国人並みの妄言だといえる。

197 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 19:41:01
取り敢えず2666年が経っているとしか言えんなぁ。
古代は紙媒体も貴重だったし、何より資料が少なすぎる。
それこそタイムスリップして神武天皇に話を聞かないとな

198 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 19:58:13
以前から不思議に思っていたのだが、
なぜ神武天皇の即位を根拠に日本史が2600年以上と解釈できるのか謎。

神武天皇は即位しただけであって、
何らかの国を作った訳ではない。
大体、神武天皇が作った国の名称が解らないのがその証拠。
日本と言う名称が神武存命中に存在しなかった事を考えると、
日本など作ってないし、ましてや倭国が他称である事を考えると、
倭国自体も作ってない・・・。

天皇家の歴史が2600年以上と言うのならば支持できるが、
日本史2600年以上と言うのには矛盾が付きまとう・・・・。

199 :日本@名無史さん:2006/08/11(金) 21:09:18
>>198 神武天皇が天下ったのはヤマトの国だろう。出発地は日向の国だった。

 神武がハツクニシラススメラミコト(初めて国を支配した天皇)と名乗っ
ているのは国を作ったということだ。国名はヤマトで漢字では大倭を当てて
いる。


200 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 02:54:27
そもそも支配と建国は違うのですが。日本語が解らないのですか?

神武天皇が平定して即位しただけを考えると、
神武天皇自体は建国も何もしてない。
建国した国の名称すら存在しないのだから、
神武天皇以前に国は既に存在していた事になる。

故に神武即位年を根拠に日本史の始まりと考えるのは誤りだな。
毛沢東のように国を作ったのなら話は別だがね。

201 :とりあえず:2006/08/12(土) 07:36:59
196
そうだよね。日本の黎明期に強大な力持ってるわけ無いもんね


202 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 07:58:55
>>189
「日本」という国号に正式に変わったのは、8世紀と新しい。

>紀元前の列島の人々は文字を使えなかった筈なので

ただ、1世紀には一部で使い始めていた可能性もある。
というのは、上表文を読み上げなければ、朝貢ができないからで、奴国の
使者もそうしたはずだからだ。(卑弥呼も魏に使いを送っている。)

倭人が「キンキラキンのハンコに彫ってある○○○○○って何て読むだ?」
と尋ねた記録は、無い。

203 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 11:47:05
>>198
書紀の紀年は甚だ疑わしい。
崇神天皇が3世紀ごろだとすると、神武天皇は1世紀ごろと考えられる。


204 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 14:23:04
>>200 毛沢東がシナを作ったのか?その語法から言えば、毛沢東は人民解放軍を
率いてシナを支配して中華人民共和国主席に即位しただけだろう。

 神武も日向からヤマトに天下って、倭国を支配して王朝を開いたということだ。


205 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 16:48:22
神武なんて100%嘘を信じれる人は悪徳商法の餌食にならないように気をつけてね

206 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 17:01:14
>>205
寒い文章能力ですね。何が狙いか解らんけど、
サプライズならしっかり書けよ!
しかし此処の板全体に、レベル低くね?
馬鹿の自作が多いからな・・・

207 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 17:58:05
神武を信じてるような程度のやつばっかだから..
歴史板なのに神話かよ..


208 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 18:00:23
ちなみに天皇家の本当の先祖を追及するなら歴史
捏造の記紀の話は歴史じゃない

209 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 18:12:42
奈良百済や朝鮮の先進文化などという捏造をいう朝鮮人といい勝負だ。


210 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 18:27:21
東北に日の本の国ってのもあったぜ。
某電波によると日本の国名は「日の本の国」から来てるそうな。

211 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 18:46:58
21:00 土曜プレミアム・特別企画・新グレートジャーニー・日本人の来た道
探検家関野が日本人のルーツを踏破▽悲運のモンゴル少女再訪…
アムール川の恐竜・凍結の間宮海峡サハリン残留日本女性の60年
壮絶!大自然の巣立ち・−40度感動のオーロラ・宗谷海峡


日本ではないが
日本人のルーツを知る手がかりとなる番組が今晩あるぞ、見れ。

212 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 21:51:07
吉野ヶ里墳丘墓のルーツはどこなのか。中国・長江下流域の江南に多く見かけられる
土?墓(どとんぼ)(B.C.800〜500)ではないかといわれている。(中略)
同じく「土?墓が墳丘墓の源流ではないか」という樋口隆康氏(参考文献5)が江南の
土?墓について書いている。少し長いが紹介したい。[江南の土?墓とは盛土墳で、
地上に埋葬したものである。中原の殷・周時代の墳墓は地下深く抗を掘って埋葬してあり、
墳丘を持たないのが通例である。墳丘は秦代以降に出現したとされるので、江南の土?墓
は中国における墳丘初現の例になるかもしれない]。「この土?墓は長江下流、特に
江蘇省南部の太湖周辺から浙江省杭州や安徽省屯渓までに分布している。すなわち呉越の地
である。丘陵から平野にかけて径15〜30m、高さ2〜3mほどの大小の塚が群在している」。
「この土?墓の盛土は版築ではなく一つの土?墓の中に数個の埋葬がなされている。それらは
地面に礫石を敷いたり、紅焼土を詰めたりして棺床としている。石を遺体のまわりに並べて
囲ったり、あるいは石室を築いたりしている。その石室も竪穴式と横穴式のタイプがある。
これらの土?墓はだいたい西周時代から春秋時代にかけてのものである」。「この墓から出土
する遺物は、印文硬陶と原始施釉陶が大半であり、また青銅器も出るが、中原の文物とは
異なった図文をもっており、銅剣は身柄一鋳のものである」。
http://www2.saganet.ne.jp/niesu/zyofuku/dotonbo.htm

213 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 21:53:15
>この墓から出土する遺物は、印文硬陶と原始施釉陶が大半であり、





印文硬陶と原始施釉陶が伝わっていない事には一切触れない低脳学者のすっとぼけぶり(嘲笑)






214 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 22:13:32
     ↑
9cmのチョン半島 火病中 凶暴に付き注意

215 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 22:17:47

実はコイツが江南誘致の南方人チャンコロ(大爆笑)

216 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 22:24:20
うちの大学の中国人の教授がいってたけど
日本人てブータンに似てるらしい
確かにテレビでブータン人映ってたの見たら
朝鮮人や漢民族とちがって顔つきに違和感がナッシングだったw
こういうおっちゃん親戚にいるよなあって感じ

217 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 22:34:37
中国人は日本人に似ているのは満州人だと言う人が多い。

218 :日本@名無史さん:2006/08/13(日) 00:14:09
たまにインドネシア人やインド人に似ている日本人もいるが、シナ、朝鮮には
居ないな。


219 :日本@名無史さん:2006/08/13(日) 00:44:43
>>217
北方誘導だなお前たちは、モンゴル人に近いと言ってやれ。
中共、ロシアぐるだからよ、またぞろロシア学者が何かぶち上げんでないのw

220 :日本@名無史さん:2006/08/13(日) 02:48:22
日本にはパプアニューギニア人に似た天然パーマの人間も居るぞ。


221 :日本@名無史さん:2006/08/13(日) 03:51:30
日本にはグリーンアイのモデルの子がいるよ


本人純粋な日本人だけどね!

222 :日本@名無史さん:2006/08/16(水) 17:38:33
>>205-209
まだ神武が存在しないと確定したわけでもあるまいに。
「いない」「ない」と確定する事によって歴史を閉ざす事は愚考だと思うぞ

223 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

224 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

225 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

226 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

227 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

228 :日本@名無史さん:2006/08/16(水) 18:27:55
>>1 日本だけでなくシナも朝鮮も起源などは分からない。ヨーロッパも
分からんだろう。

 ヨーロッパ人にはホモサピエンスとネアンデルタール人の混血などという
説もあるらしいな。


229 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

230 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

231 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

232 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

233 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

234 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

235 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

236 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

237 :”管理”人:2006/08/20(日) 13:29:29
暇なんだなあ、皆さん。

238 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

239 :日本@名無史さん:2006/10/10(火) 18:31:11
http://www4.kcn.ne.jp/~s-oki825/kikou2.html

240 :日本@名無史さん:2006/10/22(日) 11:42:06
チョンコまるだしだから

241 : ◆Fb4QGzCf6o :2006/12/07(木) 22:28:13


242 : ◆Eqdq.7Hk3A :2006/12/07(木) 22:31:21


243 :日本@名無史さん:2006/12/09(土) 01:15:51
江南説にしろ華北説にしろ、弥生人が本当に中国から来たのなら、

何で印文陶や灰釉陶を含めた中国灰陶の技術が全く伝わっていないのかね?

何で中国青銅器に見られる篆書などの原始漢字の金文が一字も
伝わっていないのかね?

何で中国青銅器に見られる饕餮文、龍文、鳳凰文、雷文などの
文様の一つさえ伝わっていないのかね?

何で中国土器や中国青銅器を代表する鼎や鬲などの三足器形さえ
伝わっていないのかね?

その他、酒器も玉器も楽器も龍信仰も亀卜も何も伝わっていない。

渡海すると記憶喪失になって故郷の文化は全て忘れてしまうのかね?

何で弥生文化は朝鮮無文土器が影響した弥生土器と細型青銅武器と
支石墓なのかね?

これらは当時の満州を中心とした北方アジアから朝鮮半島にかけての
文化ですよ。

■弥生人中国説を瞬殺&再起不能するスレ■
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/geo/1163847728/l50

244 :日本@名無史さん:2006/12/17(日) 22:54:58


245 :日本@名無史さん:2006/12/23(土) 01:42:51
日本・オセアニア化政策 は韓国起源ニダ!<丶`∀´>
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=thistory&nid=1799793 

246 :日本@名無史さん:2006/12/23(土) 17:22:18
古神道その他いろいろ2 他山の石  より
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1160815450/
821 :太国 :2006/10/09(月) 07:59:17
余も「神道体系」が欲しかったが、あまりにも高額となるのであきらめていた。
最初から最後まで完読は容易ではないだろうから、図書館等で見つけて必要個所
を読めば足りると考えた。当然大学の神道関係の部署ではあるはずだな。w
無理はしないことですな。それは入手可能な財力あれば購入を否定しないけど。

822 :名無しさん@京都板じゃないよ :2006/10/09(月) 09:54:00
古神道の最高権威太国様は神道体系も持ってないの?
                 
「古事記・日本書紀」総合スレ
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1150629621/
186 :太国 :2006/09/23(土) 22:14:36
精一杯だと?w 笑わせるな。 余が古神道の最高権威だぞ。
余が臥海に崩れたら、臥海に神社界は面子が丸つぶれになるのだ。
そうはならんぞ。
これだけの真を、お前は余から教えてもらってるんだから
有り難く思え。
二朝並立は、おおむね祟神の時代から文武の時代までの間だ。その間は
畿内の朝廷と九州王朝は並立にあったのだ。

824 :太国 :2006/10/09(月) 14:35:09
>>822
神道と古神道は違うんだよ。古神道の最高権威とは、最高機密『卜』を確実に
知悉することなのだ。そんなの持ってたって学者にはなれようが、こいつは
分かりはしないと想うぞ。余は神道のほうは権威者ではない。

QQQQQQQQQQQQ この人明らかに馬鹿だと思いませんか? QQQQQQQQQQQQQ

247 :サガミハラハラ:2006/12/23(土) 20:21:29
従来は伊都国は糸島郡に存在し、平原あたりに王墓があったのではといわれている。
対して、伊都国は佐賀県多久市にあるとする派があり論争が続いている。
その論争の中で、糸島派は考古学に頼る傾向があり、対して多久派は文献にのみ頼ってきた。
これでは平行線をたどるばかりである。そこでどのようにしたら、相手を説得できるかと
考えてみたところ、多久派も遺跡等を捜せばよいと考えた。とはいっても、発掘を待つわけにも
いかず、かといって盗掘をするわけにもいかない。となれば、現地で遺跡と確認できるものを捜せばよいと考えた。
そこで多久盆地で伊都国王墓を捜し出せばよいと思いついた。
吉野ヶ里のような墳丘墓を多久盆地の中にみいだせばよいことに気づいたのである。(なぜもっと早く気づかなかったのであろうか)
そこで早速、多久伊都国王墓発掘プロジェクトを発足させることにした。

248 :日本@名無史さん:2006/12/23(土) 20:58:09
これだけの真を、お前は余から教えてもらってるんだから有り難く思え。
これだけの真を、お前は余から教えてもらってるんだから有り難く思え。
これだけの真を、お前は余から教えてもらってるんだから有り難く思え。
これだけの真を、お前は余から教えてもらってるんだから有り難く思え。

これだけの真を、お前は余から教えてもらってるんだから有り難く思え。
これだけの真を、お前は余から教えてもらってるんだから有り難く思え。
これだけの真を、お前は余から教えてもらってるんだから有り難く思え。
これだけの真を、お前は余から教えてもらってるんだから有り難く思え。

これだけの真を、お前は余から教えてもらってるんだから有り難く思え。
これだけの真を、お前は余から教えてもらってるんだから有り難く思え。
これだけの真を、お前は余から教えてもらってるんだから有り難く思え。
これだけの真を、お前は余から教えてもらってるんだから有り難く思え。

                       太国語録


249 :サガミハラハラ:2006/12/23(土) 21:57:17
多久伊都国王墓探索プロジェクトNO1
伊都国王の居館は判明しております。
多久市南多久町下多久字外廻庄集落延寿寺です。
墓はその周辺とも考えられます。

77 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)