2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本人の脳細胞の数は世界一

1 :名無し:04/09/24 23:04:53 ID:I6LVY3h4
そういう内容の研究結果が有るそうですが、本当ですか。詳しい人がいたら教えてください。

2 :名無し:04/09/24 23:05:22 ID:I6LVY3h4


3 :名無し:04/09/24 23:06:15 ID:I6LVY3h4
うそです

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/24 23:58:07 ID:Vf5Lrqcr
ウソです

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/25 00:05:31 ID:LaFVAmwF
owari

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/25 00:47:24 ID:NZc7sLi1
 おチンチンびろーん
   ∩___∩     
   | ノ      ヽ/⌒) 
  /⌒) (゚)   (゚) | .|  
 / /   ( _●_)  ミ/   
.(  ヽ  |∪|  /
 \    ヽノ /   
  /      /  
 |   _つ  /    
 |  /UJ\ \       
 | /     )  )       
 ∪     (  \    
        \_)



7 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/25 13:08:42 ID:2TO3XQ7s
脳細胞の数ってどんどん減っていくんだろ?

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/25 15:13:25 ID:ToACkMvD
ぼひーん

http://www.asyura.com/2002/bd18/msg/724.html
    民族のIQランキング
ユダヤ人 115
日本人  115 
極東アジア人 110 
白人   104
黒人、インディアン 80 

http://www.rlynn.co.uk/pages/article_intelligence/t4.htm
日本人105
イスラエル人94

Ashkenazi (Western) Jew 100-115 (favoring verbal)
East Asian (Chinese, Japanese, Korean) 100-110 (favoring spatial)
White 95-100
http://www.childrenofmillennium.org/eugenics/pages/race.htm

9 :名無しさん。:04/09/30 03:23:59 ID:TDr16mAy
IQは全民族のなかでもナンバー1でしょ

10 :名無しさん。:04/09/30 03:25:40 ID:TDr16mAy
科学技術も、ナンバー1

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/30 03:28:24 ID:3261TvlM
》1 もう少し勉強しようね!僕ちゃん。 細胞は減る以上。でIQは生活環境だと。研究結果がでています。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/30 03:36:29 ID:W8zzEGoD
脳の重さの分布を調べると、日本人の7割は1300〜1500g台に固まって分布しているが、
欧米人はもっと上下のばらつきが広いようだ。1300g以下の小さい脳の比率が日本人より高いから
全体の平均が日本人より低くなるが、1500g以上の比率は大差がない。しかも1700g以上の
巨脳の比率は日本人より高くて、普通人、傑出人ともに日本人より多く検出されている。
カントの脳が1600gだったらしいし、日本、欧米ともに1500g以上から天才が多く出てることを
考えれば、欧米人が平均が低くても天才を多く輩出する秘密がこの辺にもありそうだ。
もとネタは、講談社の『脳力アップの最新科学』 を参照ね。

あと、脳重量と傑出人の相関関係は大きくはない。明らかに小さい脳からも傑出人は出ている。
アインシュタインは身長176cmで脳重量は1230g、レーニンは1340gで凡人より軽い。
あの文豪アナトール・フランスは1017gで、生前から頭が小さいので有名で、彼自身も己の頭が
異様に小さい事を気にかけていたらしく、厚みのあるカツラをかぶってカムフラージュしていたらしい。
記録には、水頭症で脳容量が一般人の10分の1以下で、IQ126なんて人間も報告されてるし、
理論的には凡人と同じ脳重量でアインシュタイン並まで知能は上がるわけです。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/30 03:47:14 ID:3261TvlM
で、日本しか知らないからだろW AM3時過ぎから元気だな。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/30 04:00:01 ID:UyiCMo84
>>8
民族の平均IQは環境で大きく変わる。
「フリン効果」というのをご存知かな。先進国の平均IQは世代ごとに9〜20上昇してるんだ。
同じ新モンゴロイド同士でも、香港とブータンで平均IQが約30ポイントほど違うけど、
先天的な差と考えるのは不自然だろう。30ポイントぐらいなら環境で変わるんだよ。
日本の平均IQだって、当初から20ポイントも上がったのだ。

>http://www.rlynn.co.uk/pages/article_intelligence/t4.htm
日本人と遺伝子がほとんど変わらないブータンの平均IQが78
香港人と遺伝子がほとんど変わらないミャンマー、フィリピンの平均IQが86
しかないことを見れば、平均IQが環境で大きく変わることは一目瞭然だ。
そもそもIQとはパズルを解く才能のようなもので総合知能ではない。


15 :ユダ ◆.x2iQC1OHs :04/09/30 04:40:19 ID:SDpB2kv3
>>8

有名なネタですね。
日本人は115もありませんよ。
多くの研究から105ほどです。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/30 05:10:43 ID:BvSMPrKe
平均だろw
それより下もいるって事w


17 :名無しさん。:04/10/01 02:00:08 ID:WMBFWR76
脳細胞数が多いからって、頭いいってことにならんだろ

18 :名無しさん。:04/10/01 02:01:20 ID:WMBFWR76
ユダヤオタがまたでてきそうだな

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/01 02:10:38 ID:VPWCTs2z
>>1
人間とチンパンジーでは、脳の容積そのものは、4倍近く違う。
人間は、普通1400ccとかいうが、チンパンジーは、400程度か
それ以下か。
ところが、脳細胞の数は、倍も違わない。せいぜい、50%増し
程度ということだ。
じゃあ、人間の脳はなにが違うか、というと、グリア細胞などが
異常なまでに太っている。つまり脂肪的なものでいっぱいだ。
このエネルギーが違うんだというのがある。

ってことで、脳細胞の数は、ほとんど知能とは関係ないらしい。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/01 02:28:40 ID:rI8LGnXN
人間の脳細胞は、一日に何万個も減っていくんだよ。
中高年の脳をCTスキャンで見ると、若い人より細胞が20〜30%も
少なくなっているのがはっきり分かるらしい。
人間の賢さが脳細胞の数で決まるなら、20歳の若者はみんな
71歳の石原慎太郎や90歳近い塩ジイより賢いことになるだろう。


21 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/01 03:06:58 ID:5C+jxucP
アインシュタインの脳重は、76歳で死んだ後の測定値だろ。
個人差はあるが、死亡時年齢が80歳近いなら、
若い頃のより200,300グラムくらい減っていたとしてもおかしくはない。

病変の影響や計測の方法などによっても違ってくるから、あまり参考にはならない。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/01 03:24:23 ID:5tbr1BPv
細胞は減るが知恵は授かる。糞スレ、IQも生活環境。裕福な家庭ほど頭がいい、親の年収っていう結果も発表されてる。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/01 04:31:55 ID:MVKwbZ62
>>21
調査した研究者が「普通の老人の脳だった」と言っている。
萎縮の程度も少なかったと発表している。
それに百歩譲って300g萎縮していたとしても、まだ凡人の範疇だぞ。
1500gなんて白人でも普通人に10%以上いる。
20世紀最高の頭脳と言われた男が凡人並だったことになる。
因みに、夏目漱石が49歳で死んだときの脳が1425gだったけど、
これなんて日本人じゃ一般人の平均だよ。


24 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/01 05:06:21 ID:5C+jxucP
>>23
単に脳全体の重量の問題ではない。
空間認識に要する部分が発達していて大きかった。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/01 05:25:33 ID:MVKwbZ62
>>24
それも怪しい。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/01 06:32:01 ID:rrSyxJBE
立花隆著の「脳を極める」では、脳重量と知能が比例しない理由を科学的に証明しています。
脳の大きい人ほど、糖代謝の代謝レベルが低く、脳の小さい人ほど高いそうです。
だから実際には、頭の大きい人も頭の小さい人も同じぐらいの知能になるとか。
論より証拠、歴史的天才数学者でさえ頭の大きさは普通の人が多い。
http://www-groups.dcs.st-and.ac.uk/~history/Indexes/1940_1960.html


27 :名無しさん。:04/10/02 06:15:32 ID:pyKWrkmV
じやあ、ユダヤ人の脳細胞は。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/02 06:20:24 ID:h/o3gtBJ
ツルゲーネフの脳は2000g以上あったそうですが、
日本人から2000g以上の脳は発見されてるのでしょうか?


29 :ユダ ◆.x2iQC1OHs :04/10/02 06:29:00 ID:BVrjHna0
>>27

ユダヤ人の平均IQは世界一ですからね。
かなり多いのではないのでしょうか?

30 :名無しさん。:04/10/02 06:40:58 ID:pyKWrkmV
じゃあ、イスラエル人のIQの低さどう説明すりゃいいの。そもそもIQは後天的要素つよいんでしょ。あと、アルメニア人はさらに上らしいんですけど。

31 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/23 13:55:56 ID:qbKk0bdH
>>31

>国土の大半は平野で占められている

ここですでにオマエの負けw

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/23 14:05:50 ID:fZ+JER09
コピペは放置しる

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/23 14:35:53 ID:7Z+LTSpz
関西と関東と名古屋を煽ってるのは南韓国塵だからよ

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/26 08:58:14 ID:eScppEA/
亜細亜から抜け出した話題に汁。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/30 06:22:15 ID:NyyWL/L1
モンゴロイドこそ進化人類だから

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/31 19:24:11 ID:aXJnnAWe
我らが日本人の脳細胞の数は世界一ィィィィィ〜!!

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/01 00:12:03 ID:2YzFqdUs
脳のでかさもそうだし
中身の細胞がどれだけぎっしり詰まってるかてのも重要だと思うな
グリア細胞が多い方が良いと聞いたことがあるが、真偽は知らん

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/02 10:38:58 ID:M4e6Ho62
>>20
たわけたことを
アルツハイマー型痴呆症でもないかぎり脳細胞数の減少は全体の1%にも満たない

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/02 11:06:01 ID:VlD527Ou
人間の脳細胞は、一日に何万個も減っていくんだよ。
中高年の脳をCTスキャンで見ると、若い人より細胞が20〜30%も
少なくなっているのがはっきり分かるらしい。
人間の賢さが脳細胞の数で決まるなら、20歳の若者はみんな
71歳の石原慎太郎や90歳近い塩ジイより賢いことになるだろう。


41 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/02 11:26:58 ID:6PeHbHeM
こんなデータもあります。
CTが普及し始めた1980年頃アメリカの科学誌サイエンスに"
あなたの脳は本当に必要か?"と題する記事が出た。
大学の数学科を出た男性が就職の身体検査で、
頭が普通より大きく水頭症の疑いがあると言われた。
脳外科で精密検査を受けるとやはりそうで、
脳室には脳脊髄液が溜まり大脳の厚さはわずか数mm、
重さは100g以下しか無かった。
こうなると普通は麻痺や知能発育不全、痙攣等を起こすが
検査をすると運動能力も行動も精神状態正常。
IQに至っては126と秀才であることがわかった。
脳は1/10以下でも十分なのか?残りは眠っているのか?

42 :名無しさん@おっぱい。:2005/05/01(日) 14:11:13 ID:07JQOOIq
日本人は本当は世界一なのですが、
大阪人が大いに平均IQを下げているのです。

また、大阪か!

43 :さすがIQ世界一の大和民族:2005/05/14(土) 01:16:40 ID:lMIRszme
『日本人は150グラム大きい脳で考える』
著者: 阿部聡、小松成美 著 《(小松)ノンフィクション作家、(阿部)医学博士》

内容:なんと、日本人の脳は西洋人より150グラム重かった! 男女の脳の比較から、
記憶の不思議や脳の鍛え方までを縦横に語り合った一冊。
http://www.php.co.jp/bookstore/prog/n_detail.php?select=4-569-64098-2

44 :  ::2005/05/14(土) 08:01:18 ID:ySgFjx1U
日本人IQ世界一

45 :  ::2005/05/14(土) 11:37:57 ID:ySgFjx1U
ハイレベル東アジアでもナンバー1です、日本人の頭脳は

46 : 名無さん@お腹いっぱい:2005/05/16(月) 20:31:39 ID:YKOtR9dR
ユダヤ人の活躍は在日に金持ちが多いこと、サンパウロ州立大の4人に1人が
日系ブラジル人だということと同じ要領です。少数派の危機感が火事場の馬鹿力
出してるだけです。頭脳も科学技術も日本人が最高です。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 21:09:10 ID:j5NvbBEP
>>40は馬鹿?
健康な脳細胞が20〜30%も減るものか
そんなに減ったらアルツハイマーだっての

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 22:36:32 ID:fVNttHkC
>>43
その本を書店で拝見したけど、完全なトンデモ本だよ。新しいところは何もなし。
どこの研究グループの統計かソースをまったく示していないし、初っ端から、
「日本人は西洋人より平均的に150グラム(50〜150グラム)重いとされているんです」
なんて括弧で曖昧にしている。多角的な報告では、50〜80グラムぐらいの差だろう。
ゲルマン系に限定すれば日本人と大差ないはずだ。そもそも西洋人より脳が大きいのは日本人だけ
じゃないんだけどね。クロマニョン、インディアン、ポリネシアン、アフリカ南部の二つの
黒人部族(カフィール人とアマクソサ人)も白人より脳が大きいらしいし、東南アジアン、インディオも
体重当たりでは西洋人より大きいだろう。むしろ数十億人の発展途上国のほうが脳は大きいのだ。
ピグミー族も体重当たりでは日本人より脳が大きいらしい。
他の内容も支離滅裂だ。
コーカソイドからモンゴロイドがネオテニーで進化したなんて暴説を支持しているし、日本人は農耕を
始めたから脳が大きくなったなんて言っている。モンゴロイドのほうが狩猟民族が多いのを知らんのか?
日本人は脳が大きいから多神教だなんて言っているが、多神教は黄色人種だけじゃない。
他にも言い切れないほど突っ込みどころ満載だったし、今年のトンデモ本大賞に推薦することにするよ。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 22:39:44 ID:ZRTNuwng
さすが日本人。ジャパンアズナンバー1。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 23:11:15 ID:PCX58eqZ
クロマニョンの脳は現代のオランダ人より200gは重かったし、ピグミーの脳も体重当たりでは
日本人より重い。日本人がネオテニー化したから脳が重いというのはこじつけである。
脳容量は体型で簡単に変わる。イヌはオオカミからネオテニーで進化したとされているが、
脳容量とネオテニーの外見的特徴は目覚しい犬種差がある。
小型犬キャバリアは頭骨が丸く、超大型犬であるウルフハウンドより倍は脳が大きい。
体重比率から考慮すれば10倍以上は大きいだろう。
http://www.custance.org/old/earlyman/fig17.jpg
上図の右側が上からゴリラ、ジャワ原人、現代人で、
左側が上からウルフハウンド、ブルドック、キャバリアです。
一目瞭然だが、ウルフハウンドとキャバリアの脳容量の差は
ゴリラと人間の差よりも大きい。ブルドックもウルフハウンドより大きい。
ではキャバリアやブルドックはウルフハウンドより賢いのか?
現実は否である。実際の知能は、ウルフハウンド>キャバリア>ブルドックだ。
ttp://www.h4.dion.ne.jp/~fuyo/IQ.htm
犬種の脳容量と実際の知能はまるで比例しないのだ。ネオテニーの外見的特徴もしかり。
これは人種も同様に考えなければならない。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 23:14:20 ID:PCX58eqZ
そして、脳容量に人種差があるのも食べ物の違いで説明できるのだ。
人間の脳が膨れた最大の原因は、咀嚼筋肉の退化にある。
再び以下の図を見ていただきたい。
http://www.custance.org/old/earlyman/fig17.jpg
ウルフハウンドとキャバリアの脳容量の差はゴリラと人間の差ほどもあるが、
両者に共通しているのは咀嚼力の退化と脳の肥大が反比例していることだ。
つまり、「脳が大きくなったから知能が上がった」ではなくて、
頭を締めつけていた咀嚼筋肉が退化したから必然的に脳が膨れたのだ。
以下の写真を見てもらいたいが、ゴリラの咀嚼力はヒョウの3倍はある。
http://www.animalyawns.com/Primates/P0401238.JPG
http://www.animalyawns.com/Primates/TheSilverbackGorillaYawns.jpg
http://www.gapingmaws.com/Primates/spic_yawn_large.jpg
http://www.gapingmaws.com/Primates/200023101-001.jpg
類人猿の最大の攻撃方法は噛みつきだ。もし人間が類人猿と素手で闘争すれば
間違いなく噛み殺されるだろう。だが石や棍棒を武器にすれば互角以上に戦うはずだ。
つまり、猿人以降に武器を使うようになり噛みつきが生存競争で不要になってしまったので
急速に咀嚼力が退化した。頭を締めつけていた咀嚼筋肉が退化したので脳が膨れた。
要するに、「脳が大きくなったから知能が上がった」ではなくて、知能が上がったから
武器を使うようになり、咀嚼力が無用になり、咀嚼筋肉が退化し必然的に脳が膨れたのだ。
そう考えてくると、類人猿並みの脳容積で現代人より知能の高い種族も理論的には
存在しうるということだろうか。チンパンジー並みの脳容積だったホモ・フロレシエンシスが
賢かった説を考えると馬鹿話ではないだろう。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 23:30:20 ID:ZRTNuwng
うるさい。ジャパンアズナンバー1。

53 : 名無さん@お腹いっぱい:2005/05/17(火) 18:42:14 ID:tpgDAY7q
東アジア人が白人よりIQ高くて、アメリカのテストの成績上位占めてるの有名だよね。
空間認知能力が高いんでしょ。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/17(火) 19:09:09 ID:3GJt4htP
優秀な人間が産まれる土壌は、人種ではないです。「アメリカのアジア系が優秀だからアジア系は
知能が高いに違いない」なんて、単細胞な考えを持つ人が現れても不思議ではないだろうが、
少数のマイノリティーが優秀なのはよくある話なのだ。例えば、アメリカのロシア系は億万長者の
輩出率でイギリス系の10倍もある。インド系が管理職に出世する比率は30%を超えるらしい。
だが、本土の平均的なロシア人、インド人がこれほど優秀なわけではない。これはアジア系にも同じ
ことが言える。それに、少数のマイノリティーが異常に優秀な現象は、日本国内でも見られる。
在日コリアンの傑出人輩出比率だ。日本最多400勝投手の金田正一、日本最多3000本安打の
張本勲は朝鮮系。敗戦後の日本人に勇気を与えた力道山、ゴッドハンドこと大山倍達もそうだという。
さらに知的文化でももっと凄い。日本のビル・ゲイツこと孫正義や天才演出家つかこうへい、政治学者の
姜尚中東大教授、フォーブス誌の長者番付常連の重光氏、芥川賞と直木賞は戦後だけで、在日コリアンと
判明しているだけでも8人以上はいる。名前は言わないが、某人気ミュージシャンや芸能人、
某有名企業社長も在日コリアン。日本における在日コリアンの傑出人輩出比率は異常な比率で群を
抜いており、それも年々増えている。在日コリアンは日本の0.5%なんだから、思いつく名前が1人も
なくても不思議ではないはずだ。これはもちろん、在日コリアンが遺伝子レベルで日本人より優秀な
わけではないはずで、フィロソフィーとモチベーションの違いですよ。
周りの人間が自分とアイデンティティーが違うということが独創性をうむのだろう。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/17(火) 19:16:52 ID:3GJt4htP
>>53
アメリカで、アジア系の移民の学業の名声が聞かれるようになってきたのは、比較的最近の話だ。
初期の中国移民は学業成績で白人と変わらなかった。(リチャード・E・ニスベット)
それに、アジア系でも優秀な家系が多くアメリカへ行っていると推測もできる。
アメリカは、発展途上国からの移民を厳しく審査しているから、生活能力のない人間が入れない。
移民申請の際、預金通帳等とか提示して、生活していくのに困らないだけの経済的裏付けのある
ことを証明しなければならないから、低学歴なベトナム人や朝鮮人は移民審査で篩いにかけられ、
移民できるのは高学歴なアジア系の比率が断然高くなるわけです。移民審査がなくても、海を渡った
のは野心と行動力のある優秀な家系でしょう。米国で最も出世する比率が高いアジア系移民は
インド系らしいが、インド本土の平均的なインド人がこれほど優秀なわけではない。
これは中国系、朝鮮系、ベトナム系も同じだ。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/17(火) 19:48:35 ID:3GJt4htP
>>53
>東アジア人が白人よりIQ高くて、アメリカのテストの成績上位占めてるの有名だよね。

東アジア人+ベトナム人だな。東アジアと言うより、箸文化・儒教文化色が濃い民族のIQが高いが、
非箸文化圏で仏教圏、イスラム圏は平均IQが低いから文化の違いと解釈したほうがいいだろう。
カンボジア、タイ、ラオス、ミャンマーはベトナムに遺伝子が近いのだが、学業成績ではパッとしない。

57 : 名無さん@お腹いっぱい:2005/05/17(火) 22:35:51 ID:tpgDAY7q
>>54
海外ユダヤ人に比べたらイスラエルがそうでもないのと同じ要領でつね

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/17(火) 23:28:20 ID:cF8IyR8Y
仲間がいないから一人で励むんだろうか、、、。
ちょっと寂しい話ですね。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/17(火) 23:35:23 ID:cF8IyR8Y
日本人ハァァァァァ
世界一ィィィィィィィィィ

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/18(水) 00:40:30 ID:k3Ilsmz9
>>26
たしかに、そういう論が主流だけど、
猿より人類の脳が大きくなって進化したということはどうなの?

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/18(水) 04:49:33 ID:YuJ6t+c3
>>60
>猿より人類の脳が大きくなって進化したということはどうなの?

それは、ウルフハウンドとキャバリアの関係だ。
ttp://www.custance.org/old/earlyman/fig17.jpg
上図の右側が上からゴリラ、ジャワ原人、現代人で、
左側が上からウルフハウンド、ブルドック、キャバリアです。
一目瞭然だが、ウルフハウンドとキャバリアの脳容量の差はゴリラと人間の差よりも大きい。
つまり、脳が大きくなったから知能が高くなったのではなく、顎が退化し頭蓋骨を締めつけていた
筋肉が緩んだから必然的に脳が膨れたのだ。

実際に、原人ホモ・ハビリスは石器を使っていたからチンパンジーより遥かに知能が高かった
はずだが、体重あたりの脳容量はチンパンジーと大差がなかったのだ。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/18(水) 21:15:24 ID:7eS3v32w
体重あたりの脳容量は大差なかったとしても、
やっぱり脳は大きくなってるんじゃないの?
それに、人類も脳が膨れたから知能が高くなったんじゃないの?

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/19(木) 05:52:24 ID:W413C3M1
>>62
>体重あたりの脳容量は大差なかったとしても、
>やっぱり脳は大きくなってるんじゃないの?

チンパンジー並みの脳容量だったホモ・フロレシエンシスが北京原人を凌ぐ文化を持っていた
事実はどう説明する。ネアンデルタール、クロマニョンが現代人より脳が大きかった事実もある。

>それに、人類も脳が膨れたから知能が高くなったんじゃないの?

脳が膨れただけでは知能が高くならないことは、犬種の脳容量と知能がまったく比例しない
ことでもお分かりだろう。それに600万年の傾向としては大きくなってきているが、
同じホモ・サピエンス同士の優劣の比較に脳容量を持ち出すのは邪道だと肝に銘じとけ。卑怯者の手口だ。
http://nobukazu-web.hp.infoseek.co.jp/page/news.html
>同一種内の脳の大きさは知能とは関係ない(現生人類の健常者でも1000〜2000tの幅がある)

64 : 名無さん@お腹いっぱい:2005/05/19(木) 20:38:36 ID:wEoQHKeZ
日本人の特許取得数は世界一です

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/19(木) 20:53:38 ID:W413C3M1
>>64
お金になる特許は少ない。日本の欧米との技術貿易は赤字なんだよ。
これは戦略の違いだ。日本の自然科学の研究者はイギリスの5倍もいるし、
研究者一人当たりの研究費も世界一なんだし。

それに特許なんて流動的な事象を人種の優劣の根拠にするなよ。
20世紀の偉大な数学者の9割強は白人だろう。これを問われたら、
多くの日本人は必死になって時代の勢いや教育の違いに要因を求めるだろう。
だったら現在のアジア人の勢いも教育の違いじゃないの?ってことになるわけですよ。

66 : 名無さん@お腹いっぱい:2005/05/19(木) 21:23:17 ID:wEoQHKeZ
20世紀数学なんて日本人は最初から学ばせてもらえなかったろ、あと
技術貿易は最近逆転したよ

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/19(木) 22:00:22 ID:3jzLfmbv
脳容量と知能が相関しない例示が多いけど、相関する事例もあるみたいで、
仮に「相関する」とするとレイシストみたいだったり、反発があったり
敬遠する学者が多いことを考えると実際のところ相関するんじゃないか?
と、思えても仕方がないことかな。

ところでなぜ日本は急成長できたの?
単に外国の指導によるものなら、他にもそうゆう国あるわけだよね。
やっぱ頭いいんじゃない?>>26の言う論より証拠ってやつ??

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/19(木) 22:05:32 ID:3jzLfmbv
ほぼ同じ理屈で
「身体の大きさや構造と運動能力は関係しない」って事さえ言えそうだ。
犬の身体は小さいが〜、ネアンデルタール、クロマニョンの身体が、、、
なんかどっちが詭弁なのかさえ混乱するな。
俺、頭小さいから。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/19(木) 22:08:15 ID:W413C3M1
>>66
>20世紀数学なんて日本人は最初から学ばせてもらえなかったろ、あと

自由に留学していたよ。それに19世紀後半で、日本人の識字率は英国より高く、
国民のほとんどが読み書き算盤ができたんだよ。

>技術貿易は最近逆転したよ

それはアジア込みだろ。中国、韓国とは黒字だが、欧米とは赤字だよ。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/19(木) 22:09:49 ID:W413C3M1
>>67
>仮に「相関する」とするとレイシストみたいだったり、反発があったり

実際にレイシストだろwww

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/19(木) 22:13:54 ID:W413C3M1
>>67
>ところでなぜ日本は急成長できたの?

なぜ白人世界は急成長できたの? と同じ結論だ。

世界を見ればわかるが、発展途上国、未開人は黄色人種が多い。
逆に白人種のほうが圧倒的に先進国の比率が高いし、
あるいは過去に高度な文明を誇っていた民族ばかりだ。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/19(木) 22:14:59 ID:3jzLfmbv
>>70
やっぱ、そうだよね。
だからこそ「相関がある」と言えない事を考慮すると
相関があることが事実だとしても、それを発表できなくなるよね。
実際、レイシストになるのだから。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/19(木) 22:18:53 ID:3jzLfmbv
>>71
それは凄いね。
白人国家にあって成長した国も人口も多いけど、
日本人はただ一国、1億ちょっとで、しかも僅かな期間で
白人世界と比べられる訳だ。

「白人種の方が〜」と比較している時点で、日本人の凄さを立証している。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/19(木) 22:24:47 ID:W413C3M1
>>68
>ほぼ同じ理屈で
>「身体の大きさや構造と運動能力は関係しない」って事さえ言えそうだ。

まあ、サッカー選手の身長ぐらいの相関関係じゃないでしょうか?
背が高いほうが有利だけど、マラドーナやジーコみたいな背の低い大選手もいるわけで。
ブラジルよりドイツのほうがずっと背が高いが、でもブラジルのほうがW杯で勝ったりするわけでw
あと、知能にもいろいろあるってことを理解しろ。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/19(木) 22:37:27 ID:vEZPKtsH
日本人の知的水準は劣等
ttp://www.i-cube.co.jp/mirai/02autumn/suugaku/data/1.gif
ttp://www.nokai.ne.jp/k-column/img/shiryou15-4.gif

76 : 名無さん@お腹いっぱい:2005/05/19(木) 22:45:45 ID:wEoQHKeZ
パソコン分野以外の民間技術なら断然日本だな

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/19(木) 22:52:50 ID:hjvrYEs4
ラシュトンの本をトンデモだとして批判しているつもりになっているやつがいるが、
ラシュトンは脳容積に関するデータをサーベイしてるに過ぎないから、まるで反論にならない。
もっとも信用性ある磁気共鳴撮影による脳容積と知能検査との相関は0.4に達し、
ある程度の相関があることは疑えない

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/19(木) 23:15:33 ID:3jzLfmbv
>>74
>まあ、サッカー選手の身長ぐらいの相関関係じゃないでしょうか?
この意見は

>>63の、意見から比べると幾分違ってきてますな。
> 同じホモ・サピエンス同士の優劣の比較に脳容量を持ち出すのは邪道だと肝に銘じとけ。
>卑怯者の手口だ。

同じidの意見にもいろいろあることが、理解できますた。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/19(木) 23:47:35 ID:Vpc9CT8c
>>77
それは10年以上もむかしのトンデモ本です。未だに繁栄されていません。
メジャーな脳研究者は否定しています。そもそもIQ=総合知能じゃないです。
ttp://www.idac.tohoku.ac.jp/dep/fm/QandA/content/2003/03042.html#Q3

それに最近の研究では、IQだけでなく脳容量も環境でかなり変わることがわかって来ている。
池谷裕二氏著「記憶力を強くする」よると、勤続30年以上のタクシー運転手の脳が肥大した
最新の研究報告が紹介されている。英才教育を受けた人間がIQと脳容量に多少の相関関係が
あっても不思議ではないのだ。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/20(金) 00:04:23 ID:76O75O6u
>>77
ラシュトンの非人は情報操作して黄色人種の成長が遅いと書いているが、
初潮年齢や永久歯の萌出年齢は日本人のほうが早い。都合の悪い話はすべて無視している。
藤田東大教授が自著「歯の話」で日本人とヨーロッパ人の歯の成長を詳細に記録しているが、
この時の調査では日本人のほうが早熟だった。閉経年齢は日本人は白人も50歳前後で変わらない。
成長の早さに人種差があるなんて虚構だ。いかにインチキ野郎だかわかる。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/20(金) 01:07:38 ID:TaSLP4yd
脳重量1700g以上の大きい脳の出現率は西洋人のほうが高い。
元ネタは講談社の『脳力アップの最新科学』 を参照ね。

まあ、こんなことをレイシストに言っても暖簾に腕押しか。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/20(金) 01:09:52 ID:2M0QNZc/
もともとレイシストの板なんだが。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/20(金) 20:16:56 ID:1lZgoIik
>>79
タクシー運転手の論文は疑わしいね。
あれはたんにもともとタクシーに適性のある人間がベテランとして長くつとめることが出来たとも考えられる。
15歳以上になると、脳頭蓋の縫合はかたく閉じられて大きくなる余地はないから
かりに訓練である部分が大きくなることがあったとしても、その分他の部分が圧迫され縮小するだろう。
そうでないと、脳を訓練すれば、脳が破裂すると言う危険きわまりないことが現実になる。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/20(金) 20:25:13 ID:d5yeSrP8
ところで、よく読んでみると>>1
日本人の脳細胞の数を聞いてはいるが、
能力との相関は問うていないのでわ。

で、多いの?

85 : 名無さん@お腹いっぱい:2005/05/20(金) 23:50:34 ID:VMV06pQU
世界で一番多いのは間違いない

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/20(金) 23:54:25 ID:d5yeSrP8
>>85なぜ、そう言えるの?

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/21(土) 00:00:20 ID:qdrS2V+c
かのアインシュタインの脳はサイズ的に普通の老人の脳だったと報告されてる。
それに数学オリンピックの日本代表メンバーは普通の高校生だよ。
人類学者スティーヴン・ワァーンの著書によると、アメリカの研究者が
脳の大きい子供と小さい子供の二つのグループを作りIQ検査をしたが、
差は認められなかったという報告があります。頭蓋骨のサイズに関して言えば
有意差はないということだ。この手の知能検査は何度も世界中で行われているらしいが、
いまだにメジャーな研究者が知能との相関関係を否定するのは重要ではない証拠ですよ。
ttp://www.idac.tohoku.ac.jp/dep/fm/QandA/content/2003/03042.html#Q3


88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/21(土) 00:04:35 ID:qdrS2V+c
>>85
アジアの発展途上国20億人は体重当たりなら日本人と同じぐらいだろう。


89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/21(土) 00:18:46 ID:qdrS2V+c
北方モンゴロイドの脳が大きいのは寒冷地適応のためだろう。
大きめの頭で、顔の凸凹が少なく、手足が短いほうが体温が逃げにくい。
日本人の平坦な大顔も、上顎洞が膨らんで頬骨が隆起したためだ。我々の先祖はシベリアで
進化したが、シベリアのマイナス60度の超寒冷地では高能率のエアコンが必要となる。
超寒冷適応の第一歩として、上顎骨は上下左右に大きくなり、前にも膨らんだ。
これと連動して頬骨も横・前方に大きくなり、さらに下顎骨の幅も広くなった。
寒冷適応で大顔になり、入れ物が大きくなったから自然に脳も大きくなった。
逆に、炎天下に住むインド人とかは、体毛が濃く彫りの深い顔で長頭で頭が小さい。
あのガンジーなど、毛深いし横顔のほうが正面顔より広く見えるからかなりの長頭だろう。
ではインド人は東アジア人より劣等しているかと言うと、それは世界史と現代の世界情勢を
勉強すれば無意味なことはわかるだろう。インド人の頭脳の優秀性は誰もが知っている。

因みに、ネアンデルタール人の脳が現代人より大きかったのも寒冷適応のためだったの
ではないだろうか。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/21(土) 00:26:21 ID:pwZA6jDN
ところで>>12
>欧米人はもっと上下のばらつきが広いようだ。
>1700g以上の巨脳の比率は日本人より高くて、
>普通人、傑出人ともに日本人より多く検出されている。
>カントの脳が1600gだったらしいし、
>日本、欧米ともに1500g以上から天才が多く出てることを
>考えれば、欧米人が平均が低くても天才を多く輩出する秘密がこの辺にもありそうだ。

>あと、脳重量と傑出人の相関関係は大きくはない。

結局どっちなんだ、とゆうか何が言いたいのだろう。
全く同一の書込みでこれほど相反することを述べる奴も珍しいぞ?

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/21(土) 01:19:27 ID:Q7pRAG5E
そのカントの脳は頭蓋骨からの推測値でかなりいい加減なものだよ。
どうも過去の傑出人の脳容積って、捏造臭いところが多いように思う。
ビスマルクが1807gでツルゲーネフが2012gって言うけど、
当人の頭を見てもそんなに大きそうには見えないのだが。

ビスマルク
http://en.wikipedia.org/wiki/Image:Bismarck44.JPG
ツルゲーネフ
http://en.wikipedia.org/wiki/Image:IvanTurgenev.jpeg
時の骨相学者が民族の優位を誇示するために捏造したと違うか。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/21(土) 01:20:55 ID:Q7pRAG5E
因みに、デカルト、レーニン、ホイットマン、中江兆民は一般人よりずっと小さかった。
>>1にはスティーヴン・J. グールド著「人間の測りまちがい―差別の科学史」をお勧めします。
脳の容量も知能指数も、人間の知能を測る尺度とはなり得ない。
この本の中で、死刑にした凶悪犯罪者を解剖した脳からビスマルク顔負けに1800g以上の
大きい脳が続々発見されて、傑出人脳の標本と大差がなかったことに骨相学者が途方に暮れた
笑い話とかかいてあります。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/21(土) 01:29:50 ID:Q7pRAG5E
あの大天才ビル・ゲイツなんて日本人女性より頭が小さい。
ttp://www.prop.or.jp/gazou/bill.html
ttp://www.prop.or.jp/gazou/bill/shake.jpg
ttp://www.prop.or.jp/gazou/bill/threeshot.jpg
ttp://www.prop.or.jp/gazou/bill/snap_2.jpg
ttp://www.prop.or.jp/gazou/bill/snap_5.jpg
この頭サイズじゃどう詰め込んだところで1300ccも無いだろう。
一般人以下の脳容量の天才は間違いなく存在する。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/21(土) 01:51:05 ID:pwZA6jDN
つまり頭が小さいほど天才になるって事ですか?

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/21(土) 01:56:22 ID:pwZA6jDN
まあ日本人は頭が良いと言われますが、
頭が良いと、優れていることは必ずしも関係しないかもしれませんね。
現に日本は少子化が進んでおり、いかに頭が良くても
その人種を増やすことができなければ意味がない。
寧ろ、繁殖力が強い人種ほど優れているのではないでしょうか。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/21(土) 01:59:32 ID:Q7pRAG5E
>>94
実際の知能とまったく比例しないってことだ。同じ民族同士で比例しないものを
人種間の優劣の根拠に利用するのは卑怯者の手口だ。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/21(土) 02:09:08 ID:pwZA6jDN
>>96了解。
まあ頭がいいとか、ハンサムだとか、金持ちだとか
人間の優劣の根拠に利用するのは卑怯者って事ですね。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/21(土) 02:09:50 ID:pwZA6jDN
とゆうわけで、繁殖でGo!

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/21(土) 02:23:45 ID:Q7pRAG5E
>>95
>まあ日本人は頭が良いと言われますが、

やれやれ。人口たった700万のスイスよりノーベル賞を受賞していない国がこの有様とはね。
世間が考えている彼我の差はほとんど環境によるものだよ。
もし20世紀のノーベル賞受賞者がすべてモンゴロイドだったとしても、それでも俺は人種に
知能差はないと答えるだろう。

大前研一も言っていたが、トヨタ社の強さの秘密は徹底した自己否定にある。
成功者は決して奢らず、常に自己否定し、常に次のチャレンジ設定をし前進するものです。


100 : 名無さん@お腹いっぱい:2005/05/21(土) 10:01:37 ID:DYZe0p96
ノーベルは民間技術軽視だし、イエロー差別してるよ

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/21(土) 10:06:08 ID:GUem8QKX
>>85>>92
世界中の何十という論文で脳容積と知能の間に、緩い相関関係があるという報告がされている。
ワーンとは、たまたまか、母集団の知能分散がせまいか(これはよくあるミスだ)であろう。
一番正確な磁気撮影による脳容積と知能との相関はすべての論文で0.4前後の安定した数値を示しており、
この結論は揺るがない。
グールド自身がモートンの結果を捏造したと非難されている。
グールドは心理学者から評価されていない。
川島隆太は知能にかんして無知である。知能テストは社会的成功とは無関係と言っているが、全くのウソである。
権威ある脳神経学者が知能と脳容積との関係に沈黙を守っているのは、もし肯定すればレイシストという政治的批判がされるため。
むしろほんねではある程度関係有りと思っている。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/21(土) 10:40:05 ID:pwZA6jDN
>>99
スイスのノーベル賞受賞者の数や、トヨタ社の成功によって
優劣の根拠に利用するのは卑怯者の手口だ、そうです。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/21(土) 11:12:06 ID:Q7pRAG5E
>>100
>ノーベルは民間技術軽視だし、イエロー差別してるよ

ノーベル賞級の偉業自体が少ないじゃんか。日本人の数学の論文発表数は世界の5%だよ。
朝鮮人は未だにフィールズ賞級の数学者を出していない。もっとも相対性理論を発表したのが
日本人だったとしても俺は人種に知能差はないと答えるが。


104 : 名無さん@お腹いっぱい:2005/05/21(土) 11:21:57 ID:DYZe0p96
カーボン・ナノチューブ、青色発光ダイオードその他色々あるよ、だいたいなんで
ノーベルネタで数学論文が・・言語の弊害や海外研究機関との繋がりの薄さも有る
だろうに。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/21(土) 11:32:20 ID:Q7pRAG5E
人種に知能差はないね。同じぐらい教育している国は同じぐらいの成果を出している。
オリンピックの陸上短距離では黒人が金メダルを独占するが、
数学オリンピックではパーフェクトで金メダルをとる人は西洋と東洋で大差がない。
むしろコーカソイド系のほうが6:4で多いくらいだ。それにやはり知能と脳容量は相関しない。
数学オリンピックの日本代表メンバーは日本人でもトップクラスの数学知能の持ち主と言って
過言ではないだろう。だが外見はみな普通の中高生だ。8頭身の子もいれば、頭の小さい子もいる。
ttp://www.imojp.org/
 ↑
世界的数学者であるピーター・フランクルも頭は小さい。

ほんとうに知能と脳容積が相関するなら、数学オリンピックの日本代表メンバーも
人並み外れた頭でっかち揃いでなければおかしいはずなのだ。
脳容積とIQが相関すると主張するバカもいるが、IQ自体が天才性は測れないのだろう。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/21(土) 11:40:44 ID:Q7pRAG5E
>>104
>カーボン・ナノチューブ

カーボン・ナノチューブなんて実験中に偶然発見されたものじゃんか。
そんなもの引き合いに出すなよ。
日本は先進国ではアメリカに次いで人口が多いんだし、研究費も世界のトップだし、
研究者はイギリスの5倍もいるんだし、それぐらいやってて当然なんだよ。

それにカーボン・ナノチューブなんて、日本人以前に複数の研究者が発見している。
 ↓
初めてナノチューブを見たのは誰か?
ttp://www.natureasia.com/japan/webspecial/nanotubes/

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/21(土) 11:43:41 ID:Q7pRAG5E
青色発光ダイオードを引き合いに出してきた香具師がいるからついでに。

↓中村修二教授談
ttp://ckido8.yz.yamagata-u.ac.jp/pc/kido_my_univ1.htm
>・大学生の知識レベルでは日本が完敗
> 大学生の学部レベルではあまり変わらないんじゃないでしょうかねえ。
>日本では高校で埋め込んで、大学で遊んでアメリカに追いつかれるという構図で、
>追い抜かされるのが大学院レベルですね。
> 特に、最近では文部科学省がゆとり教育とか言って、中高で教科数を減らしたり、
>内容を低下させたりで高校が中学化し、大学が高校化し始めているわけです。
>ですから、これまで学部レベルでは日米同等であった学力レベルが、
>ここでアメリカに抜かれるということになりかねませんよね。

俺も中村修二教授は尊敬している。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/21(土) 12:03:59 ID:An015cmv
自分に自信が無いから、民族平均とかにすがるしかない哀れな>>1

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/21(土) 13:00:17 ID:pwZA6jDN
>>106
CNTや青色LEDってノーベル受賞者を引き合いに出してる人に宛てただけでは?

自分の引き合いは適切で、それに対する引き合いは偶然と否定。
部分部分で事例を持ち出すよりも、全体的に眺めた方が良さそう。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/21(土) 13:10:03 ID:pwZA6jDN
そもそも
>人並み外れた頭でっかち揃いでなければおかしいはずなのだ。
>脳容積とIQが相関すると主張するバカもいるが、
>IQ自体が天才性は測れないのだろう。

誰か天才性を測ろうとしてるの???

天才とか、IQとか言ってるのはQ7pRAG5Eさんだけではないでしょうか?
>>1は単に脳細胞の数について言ってるだけだし、

僕自身は天才性よりも、人間が互いに決めたルールを遵守し、平和に暮らす方が
ずっと優れた人種なんだと思うのです。

結局、Q7pRAG5E自身がIQや天才性にとらわれてしまっている。
これではレイシスト?の思う壺ではないでしょうか?

111 : 名無さん@お腹いっぱい:2005/05/21(土) 13:36:00 ID:DYZe0p96
民用テクノロジーに関しては日本に適う国はないと思うが、自動車・家電・コンピューター・
精密機器・ロボット。資源貧乏でここまでやれる国はないだろう。脳細胞の許容量の賜物だ。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/21(土) 13:54:47 ID:pwZA6jDN
まあ最近、どこが技術大国?と思えるような事故もあったけど
それでも日本人は優秀だと思うんですよ。

戦後の復興から急成長を成し遂げたのは
一部の優秀の人間だけでなく、全体として努力できたからでしょう。
そのことに、白人ノーベル賞受賞者と比べる必要がありますか?

日本人を評価するのに、いちいち、
白人や黒人と比べたがる人が不思議でならない。

113 : 名無さん@お腹いっぱい:2005/05/21(土) 19:44:33 ID:DYZe0p96
「ベル・カーブ」でも東アジア人のIQの高さは証明されてます。東アジア人の中でも
日本は優秀です。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/22(日) 01:03:39 ID:CNPQAs3Q
脳の重さと IQ には相関がある話

 過去、多くの 人権擁護団体お抱え科学者*1 が称えてきた
「脳の重さ/大きさと、能力に相関はない」
という伝説はいまや、幻想と化しました。 脳の重さと大きさに相関があるように、 脳の重さと
知能にも相関があることが判っています。
 一般に質量の重い頭脳は、より高い IQ も所持しています。 これは磁気共鳴映像法を利用
できるようになって 初めて計測が可能になりました。
 従来は、 生者の IQ と死亡して収縮した後の脳との相関しか求められなかったため
おせじにも精密ではなく、それゆえに
確たる事は言えない
に過ぎなかったことを、勝手に
「脳の大きさと能力に相関はない」
と断定調に書き換えていた人権擁護団体お抱え科学者がいたのに過ぎません。
http://www.dd.iij4u.or.jp/~okuyamak/Information/Weight-of-Brain-and-IQ.html

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/22(日) 01:04:36 ID:LNmBcj9c
>>105
>ほんとうに知能と脳容積が相関するなら、数学オリンピックの日本代表メンバーも
>人並み外れた頭でっかち揃いでなければおかしいはずなのだ。
>脳容積とIQが相関すると主張するバカもいるが、IQ自体が天才性は測れないのだろう。

この文章を読むと105の馬鹿さ加減が証明されて面白い。
磁気撮影で証明されたのは、IQと、脳容積に0.4程度の相関関係があると証明されたのである。
このことから、数学オリンピックの人間が並はずれた頭でっかちでなければならぬと言う結論など出るはずがない。
105は相関関係の意味が分からないのだろう。
第2に、脳容積は外見からはそう簡単に分からない。実際、頭周囲とIQの相関は0.1程度しかない。
より正確な脳容積の測定をすることで初めて0.4の相関が見いだされたのである。
頭のいい人が、目で見ただけではその頭の大きさが分からないのはむしろ当然である。
第3に、おそらく数学オリンピック選手や、東大生などは、精密に脳容積を測れば、普通の人より有意に脳容積の平均が大きい可能性が、極めて高い。
東大ではないが、かつて慶應の学園祭で、慶應生の、頭長、頭幅から脳容積を推定したら、1600CC近い数値が出たことがある。
世間的に名門とされる大学の学生は脳容積が大きいと思われる。


116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/22(日) 07:03:08 ID:Z72hvOao
>>114
すぐにイデオロギーのせいにしレッテル貼りするのはトンデモさんの常套手段。
自分からわざわざ「知能と脳容量の関係」に触れて相関関係を否定するマヌケな研究者は
いないんだよ。それにIQ=知能じゃない。トンマなサイトだこと。

>>115
>第2に、脳容積は外見からはそう簡単に分からない。実際、頭周囲とIQの相関は0.1程度しかない。

つまり、英才教育や栄養状態で脳が肥大した可能性も否定できないわけだ。最近の研究では
食事や教育でも脳が肥大することが報告されている。池谷裕二氏著「記憶力を強くする」参照。
IQも脳容量も教育環境で変わるなら、多少の相関関係があっても不思議はない。

>かつて慶應の学園祭で、慶應生の、頭長、頭幅から脳容積を推定したら、1600CC近い数値が出たことがある。
1600CC近くなんて一般人にも珍しくない。『脳力アップの最新科学』 を参照ね。


117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/22(日) 07:04:19 ID:Z72hvOao
>>115
>第2に、脳容積は外見からはそう簡単に分からない。実際、頭周囲とIQの相関は0.1程度しかない。

それだけ誇張が楽なわけだよw


118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/22(日) 07:20:47 ID:Z72hvOao
>>113
IQはユダヤ人が世界一で、創造性でもユダヤ人が世界一だ。
総合知能でも間違いなくユダヤ人だろう。
イスラエルなんて人口当たりの学術論文発表数では日本の5倍も発表している。

現代、OECDが調査した15歳の学業成績はフィンランドが世界一で、
オランダも数学で日本より上だ。最近は儒教圏の国々が小中学生の
学力ランキングで上位に多いが、これは受験勉強で詰め込み式の教育をやっているからと、
アジア人が早熟だからで、それが証拠に大学院までに欧米に追いつかれ社会人で逆転されるのだ。
OECDが社会人の学力を調査したら以下のようになっている。
ttp://www.i-cube.co.jp/mirai/02autumn/suugaku/data/1.gif


119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/22(日) 07:25:53 ID:Z72hvOao
文部科学省の調査だけでなく、OECDや全米科学財団の調査でも
同様の順位になっている。
ttp://www.i-cube.co.jp/mirai/02autumn/suugaku/data/1.gif
日本は子供の科学知識では今でも世界のトップだ。だが社会人を調査すると
順位が低いのは、これは日本の教育が受験目的だからだとする意見も多い。
だから受験戦争が終わって社会に出たら、綺麗に忘れているわけです。

「学校で学んだことを一切忘れてしまった時に、まだ残っているもの、
それこそ教育だ」(アインシュタイン)

社会人の科学知識が低いにも関わらず日本が技術立国でいられるのは、
いじめ社会なのでJRの日勤教育のように社員教育が厳しいためだろう。
終身雇用制の時代が長かったので職場の勉強だけに集中できたことも大きい。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/22(日) 09:40:08 ID:LNmBcj9c
>>116
環境で脳容積が増えることはない。
なぜなら15歳以降は頭骨の縫合が堅く閉じられてそれ以上大きくなることはないからである。
もし脳を鍛えると脳が大きくなるのであれば、受験勉強すれば脳圧がたかまり脳が破裂してしまうことになる。
大学受験生や司法試験受験生には死亡者が続出するであろう。
脳容積とIQのデータは何十の論文にもとづいたものであり、誇張されていない。
磁気撮影により正確に脳容積がはかれるようになったことで、複数の論文で0.4という、安定した数値が得られたのは、無視できない。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/22(日) 09:48:34 ID:LNmBcj9c
>>115
>第2に、脳容積は外見からはそう簡単に分からない。実際、頭周囲とIQの相関は0.1程度しかない。

>それだけ誇張が楽なわけだよw

意味不明。論理的にもなんの反論にもなっていない。
外見からははっきりとは分からないが、精密に脳容積を測れば、脳とIQに中程度の相関があるといってるだけのこと。
逆に、117の「頭のいい人は外見から見て頭でっかちでなければならぬ」と言う主張がなんの根拠もないことを物語っている。
117は論理的思考力が不足している。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/22(日) 12:13:00 ID:GE7XChNc
脳細胞を減らさない食事をしているからでは?


123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/22(日) 12:29:01 ID:2QnwM11L
ID:Z72hvOaoは人種と知能に関係がないことを示したいのか、
それとも>IQはユダヤ人が世界一で、創造性でもユダヤ人が世界一だ。

を主張したいのか、解からない。
後者なら、IQと創造性が相関することになるだろうし、、、。

論文の数よりも、平和的に暮らす能力の方が人種として優秀だと思うよ。


ユダヤ人、白人が優秀だと主張するのに反対しないけど、別スレがあるのでわ?
ユダヤ人ってのは華僑と同じで世界中にいるし、「血が入ってる」とかだけなら、
偉人にも、犯罪者にも何とでも言えるんだよ。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/22(日) 12:32:50 ID:2QnwM11L
とゆうか、単に「日本人の脳細胞の数」を語るだけで、

ユダヤ人信者がやって来るんだね〜。

>>1はもっとユダヤ人信者に配慮したスレタイにすべきだったか、、、。

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/22(日) 15:43:50 ID:Z72hvOao
>>83
タクシー運転手の論文は疑わしいね。
あれはたんにもともとタクシーに適性のある人間がベテランとして長くつとめることが出来たとも考えられる。

ばーか。お前が考えることぐらい専門家が気づかないと思うか。


126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/22(日) 15:50:28 ID:Z72hvOao
>>121
>外見からははっきりとは分からないが、精密に脳容積を測れば、脳とIQに中程度の相関があるといってるだ>けのこと。

メジャーな研究者はその後も自分から否定しています。年配者は相関するという報告もあるけれど、
若い人は相関しないという最新の報告もあります。


127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/22(日) 17:11:35 ID:LNmBcj9c
>>125
では、その批判にどう答えるのかいってみろや。
井波にこの批判はある教授の発言(レイシストという迫害があるので特に名前を秘す)である。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/22(日) 17:13:01 ID:LNmBcj9c

>>125
では、その批判にどう答えるのかいってみろや。
ちなみにこの批判はある教授の発言(レイシストという迫害があるので特に名前を秘す)である。


129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/22(日) 17:20:32 ID:LNmBcj9c
>>126
それは、どの教授のどの論文のだね?
こちらは「正義の味方」だから、名前を挙げるのは容易だろう。いずれにせよ何十という論文を覆す力はないがw

あと、これも最新の結果だが、知能は子供より大人の方が遺伝性が強い。
従って、脳容積と知能は15才以上の大人で調べたときより明白な結果が出ると思われる。
時々小さい子供で、頭周とIQにあまり高い相関を得られない場合があるが、
これらの多くは、知能の高い低い野ほかに、子供の年齢差による成長の要素が入り、
的確な調査となっていない可能性がある。
成人の磁気撮影による脳容積とIQの相関はすべての論文(そう、すべてだ)で0.4をしめし、
この結論は揺るがない。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/22(日) 22:34:05 ID:XSoedGB6
著書で脳容量と知能は関係ないと自分から主張しているのは大島清教授著と川島隆太教授だな。
そもそもIQ自体が頭の良さではないのだ。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/22(日) 22:42:00 ID:2QnwM11L
ところで、誰もスレタイの「日本人と脳細胞の数」に触れてない、、、


IQと頭のよさ、、、過剰反応ってやつ?

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/22(日) 22:42:41 ID:m9YfI5GZ
脳の中身はレントゲンしか診れないからね。
脳を活性化してIQ上げることは可能だわ。
使う使わないかの度合いにもよる。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/22(日) 22:51:30 ID:XSoedGB6
>>101
>川島隆太は知能にかんして無知である。知能テストは社会的成功とは無関係と言っているが、

なるほど。川島隆太先生も無責任に自分からは発言しないですよ。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/22(日) 23:17:53 ID:RoRgPJS/
ストレスを受けると海馬は縮小する。
鍛えると体積が増加する。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/22(日) 23:32:56 ID:XSoedGB6
脳の容量は、ケルト系よりゲルマン系のほうが大きいと何度か聞いた。
しかし、イギリスで「テスト・ザ・ネイション」をやったら、
ケルト系の北アイルランドがゲルマン系のイングランドより高かったらしい。


136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/22(日) 23:46:42 ID:XSoedGB6
日本人の脳の重さの平均値が、男性1,372.9g、女性1,242.8g(立花隆著書の引用)

脳の容量はゲルマン民族と漢民族で同じぐらいではないのか?
白人でも、ラテン系、スラブ系、ゲルマン系でかなり違う。(インド人は?)
ゲルマン系に限定すれば日本人と大差ないだろう。
ttp://web.sc.itc.keio.ac.jp/anatomy/academic/niimi8-9.html

これを言ったら体格が違うと言い出す香具師が出るだろうが、体型がまったく違うから
単純比較はできないだろう。高等な類人猿であるゴリラは体重当たりの脳は1/200で、
テナガザル1/28やニホンザル1/88より脳が小さい。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/23(月) 21:28:53 ID:UfW+4AU/
>>136
そうか、ゴリラの脳は体重の1/200か。
それで日本人の脳は体重の何分の1くらいなの?

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/24(火) 18:47:16 ID:YrS/aD12
>>130
大島清も川島隆太も知能指数と脳容積の相関を示す何十というデータを根拠亡く否定するアホだな。
正直学者ともあろう人間がなんの根拠もなくこの手の発言を平気で出来るという当たりに、
日本人の論理的思考の低さを感じる。欧米なら当然論敵正統な根拠を求められるだろう。
そんなことが出来るはずのない大島川島は火だるまになっていただろう。
ちなみに私は現実のデータから、日本人が北欧人より脳容積が大きいという説は疑わしいと思っている。
黒人より大きいのは確かだが。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/24(火) 21:56:33 ID:xhz01iaE
>>138>現実のデータから、日本人が北欧人より脳容積が大きいという説は
疑わしいと思っている。

どの様なデーターがありますか?


140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 19:46:11 ID:I0dUzknp
>>139
ラシュトンがサーベイしているデータ
日本人の15標本の平均は1370c
欧米系白人18標本の平均は1387c(ともに男性)
脳容積データみても、すくなくとも東亜細亜のモンゴロイドがヨーロッパ系より頭が大きいとはいえない。
体格を問題にする人がいるが、すくなくともホモサピエンス同士なら、制御すべき筋肉は同じなので、体格の大小を顧慮する必要はないと思う。
実際日本人も、明治はじめに比べ体格は遙かに大きくなっているが、脳の大きさは変わっていない。
もし体格で脳の必要量が変わるなら、日本人は明治時代よりバカになっているはずである。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 19:56:33 ID:dVDzt8/p
>>140
「日本」人15に対して、「欧米系白人」18比べたの?


日本人が特に頭いいから、わざわざ調査したの?

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 20:19:13 ID:I0dUzknp
>>141
論文の数だよ。人数はもっと多い。
昔の日本人学者は日本人の脳を盛んに計測したらしい。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 20:43:11 ID:dVDzt8/p
1つの論文=1標本?

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 20:48:12 ID:dVDzt8/p
あと北欧人と、欧米系白人と、ヨーロッパ系は
とりあえず同じ意味で使っていると解釈していいですか?

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 21:50:32 ID:dVDzt8/p
ところで日本人は明治時代よりバカになってはいないの?
あと上の方で相関係数が0.4くらいって言ってるけど(その根拠は知らない)
その程度の相関で明治時代との体格差によるバカさを確認できるのかな。

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 21:53:56 ID:I0dUzknp
>>144
ちがう。北欧人ではない。ドイツ人やイギリス人のデータはあるが。
単にヨーロッパ系と言えば、南欧や東欧もふくまれるだろう。
ようはヨーロッパ系白人と日本人との間にたいした差はないと言うこと。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 21:56:04 ID:dVDzt8/p
そうなんだ。
>>139はどうして北欧と考えたんだろうね?

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 21:58:01 ID:I0dUzknp
>>145
0.4は脳容積とIQの相関だろ。
体格のことなんか何もいってないじゃん。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 21:59:47 ID:I0dUzknp
>>147
たんに英国やドイツのデータを念頭に置いただけだろ。
実際アメリカの白人は当然イタリア系なんかもいるから、北欧人とまではいえない。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 22:05:38 ID:dVDzt8/p
>>148
いや、脳容積とIQの相関が0.4だとすると、
体重に占める割合との相関も、その程度になるでしょ。
そうすると、それを否定するのが難しいだろうなって話。
(実は、体格のことを言ってるのはあなた自身なのだが。)

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 22:07:08 ID:dVDzt8/p
ヨーロッパ系白人から、今度はアメリカの白人まで出てきた。
難しいですね。

でもたいした差は無いんでしょうね。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 22:10:26 ID:I0dUzknp
ならないよ。体重に占める脳重量の割合は、又人種によってちがうし、
それは脳容積とは全く別の話。
関係がより遠くなってるのだから、とうてい0.4もの相関関係は期待できないね。


153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 22:14:09 ID:I0dUzknp
>>150
体格の話はラシュトンがいっている。
かれはモンゴロイドは体が小さいから、真のかしこさをくらべるには脳の大きさを補正すべきだといっている。
オレは、それは必ずしも必要ないという考え。
>>151
ちなみにヨーロッパ系でないアメリカの白人ってどんなのよ?割合的にそんなにたくさんいる人たちなの?

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 22:16:33 ID:dVDzt8/p
>>152
それは意外ですね。
よほど体格の分散がIQの分散に対して大きくない限り
0.4程度なら相関係数に大きな変化は無いような気がしますが。

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 22:20:12 ID:dVDzt8/p
>>153
いや知らない。
>>146でヨーロッパ系白人って言ってて>>149でアメリカの白人て言ってたから。
どんなのよ?って聞かれても。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 22:21:15 ID:I0dUzknp
>>154
そんなの当たり前だろ。
体格とIQの相関が1.0なら(ありえないが)
体格と脳容積の相関は0.4になるが、
体格とIQの相関はそんなに高いわけないのだから、
体格とIQの相関はずっと低くなるだろ。

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 22:22:19 ID:iltfaRgf
http://www.kiken.nu/bbs.html

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 22:23:18 ID:I0dUzknp
>>155
じゃあ、ヨーロッパ系白人の例示として、アメリカの白人の話をしたら、なぜ難しいと感じるの?

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 22:26:42 ID:I0dUzknp
訂正
>>154
そんなの当たり前だろ。
体格とIQの相関が1.0なら(ありえないが)
体格と脳容積の相関は0.4になるが、
体格とIQの相関はそんなに高いわけないのだから、
体格と脳容積の相関はずっと低くなるだろ。


160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 22:27:33 ID:dVDzt8/p
と、ゆうことは>>140ではラシュトンのデータを引用して
脳重量の差が無いことを示し、体格差については
ラシュトンによるものであることを省いたわけですね。

考えと引用を切り分けた方が、説明しやすいかと思います。
宜しければ体格差の考慮が必ずしも必要ないという考えについて続けて下さい。

ここで「必ずしも」とは、考慮しても良いと言う意味ですか?

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 22:33:17 ID:dVDzt8/p
体格と脳容積の相関??

IQと脳容積の相関0.4に対し、
IQと脳重量/体重(または身長など)の相関が体格差の考慮ですよね、多分。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 22:33:38 ID:I0dUzknp
>>160
それより>>158に答えるのが礼儀だろ。


163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 22:35:32 ID:I0dUzknp
>>161
それは君が計測したらどうだい。
オリジナルの論文になるw

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 22:38:47 ID:dVDzt8/p
>>162
失礼しました。礼儀に沿ってお答え申し上げます。
ヨーロッパ系でないアメリカの白人って
割合的にそんなにたくさんいないと思われるにもかかわらず
ヨーロッパ系白人とアメリカの白人を区別して用いられているのが難しいと。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 22:41:49 ID:dVDzt8/p
いえ私の専門ではありませんし、
私はラシュトンも知らないのです。
しかし、脳容積とIQとの相関について体格を考慮することが、
体格と脳容積との相関になるのでしょうか?

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 22:46:30 ID:I0dUzknp
じゃね、おれが体格について考慮しなくても良いと考える理由はね、
体格の制御は基本的に小脳がつかさどっていて、大脳は知性の宿るところだ。
体が小さければ小脳は小さくても問題ないだろうが、大脳までが小さくなればやっぱり知的にも影響がある。
だから脳のおおきさと頭の善し悪しを比べようと言うのであれば、
体格で補正する必要はなく、大脳の大きさの絶対値を問題にする方がよいと考えてるって訳。



167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 22:54:32 ID:dVDzt8/p
よく解かりました。

>大脳までが小さくなればやっぱり知的にも影響がある。
のですね。
>体が小さければ小脳は小さくても問題ないだろうが、
という事は、体が大きければ小脳は大きくある必要がありますか?
脳容積に対して、小脳が大きければ大脳は小さくなりますか?

そうすると結果的に大脳の大きさの絶対値を問題にすることは
体格を考慮することを否定しないように思えますが、
補正するよりも、より解かりやすいですね。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/30(金) 04:29:35 ID:gzXpfDzs
あげ

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/30(金) 05:20:03 ID:JZrXWFf6
養老猛が監修した統計『脳力アップの最新科学』だと、
1700グラム以上の大きい脳はヨーロッパ人のほうが
比率は高いようだ。


170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/30(金) 05:28:23 ID:JZrXWFf6
養老猛が監修した統計『脳力アップの最新科学』だと、
1700グラム以上の大きい脳はヨーロッパ人のほうが
日本人は比率は高いようだ。日本人は膣口が白人より小さいから、
1700グラムぐらいが限界でそれ以上大きい脳は産めないなんて
どっかで聞いたのだが、事実だろうか?


171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/30(金) 05:29:22 ID:JZrXWFf6
訂正
養老猛が監修した統計『脳力アップの最新科学』だと、
1700グラム以上の大きい脳はヨーロッパ人のほうが
日本人より比率は高いようだ。日本人は膣口が白人より小さいから、
1700グラムぐらいが限界でそれ以上大きい脳は産めないなんて
どっかで聞いたのだが、事実だろうか?


172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/30(金) 06:24:53 ID:vRFuyl0E
ジャーナリストが謝罪に訪れた人物の本名と写真をブログで晒す
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1128010997/
http://ex11.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1128013043/
>1 名前:以下、名無しにかわりましてモナーを取り返します[] 投稿日:2005/09/30(金) 01:57:23 ID:l7JLErbk0
> 奥さんが自転車で走行中、バスに幅寄せされたとバス会社にクレーム。
> 謝罪に訪れた職員の本名と写真をブログで公開。
> しかしブログに書かれている内容と目撃証言には食い違いが‥。
> ブログには「今度やったら殺すぞ、と念を押しておきました」とも書かれています。
>       ( 後 略 )

ちょwwwwwwwおまいらこっち来いwwwwwwwwwwエアロバキバキに引き続き
ブログ晒し祭りwwwwwww今なら当該ブログがまだ見れるぞwwwwwwwww


173 :ホッシュジエンの国内ニュース解説:2006/05/25(木) 14:50:39 ID:rLvsHOjf
 研究チームは、機能的磁気共鳴画像化装置(fMRI)で脳の血流変化を測定し、脳のどの
部分が活動しているかを調べた。そのデータがどんな動作を表すかを解析して、脳の指令通り
にロボットを動かす。じゃんけんのグー、チョキ、パーを交互に出し続ける実験では、
85%の正答率でロボットの手を動かすことができた。
 現状では、血流変化の測定などに時間がかかるため、ロボットの動きが約7秒遅れる。また、
人が装置の中で横になる必要がある。このため、頭に着けて瞬時に測定できる装置の研究も
始めたという。
 両社は「人と機械をつなぐ、まったく新しい技術」と位置づけており、「ホンダ・リサーチ・
インスティチュート・ジャパン」の川鍋智彦社長は「5〜10年以内にロボット『ASIMO』を
以心伝心で動かすのが目標。脳活動の解析は、車の安全技術にも生かせる」と話す。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __    相変わらず財界は脳コントロール関連技術には
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  / 興味シンシンな様子だね。
  |ヽ   | | ミ ・д・ミ/_/旦~~ 
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 経営者ってのは社員を意のままに
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l 動かす事に年中腐心してますからね。(・A・ )

06.5.25 Yahoo「ロボット 人の脳活動解読、指令通りに動かす技術を開発」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060525-00000013-maip-soci

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 08:16:31 ID:td1ccSQ3
まあ普通に考えれば日本人の方が進化してそうだわな

宇宙人ぽいし

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 08:22:31 ID:Fg/xX3Kn
白人の頭でかい奴は後頭部の古い脳がでかいだけ

日本人は人間的な前頭野が大きい

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 21:17:54 ID:mLqfzm1q
マンモスの牙でしょ。
たとえ、知能=脳重量だとしても、
知能の過剰な発育による理性⇒生殖にからむ本能の低下
現実問題としては、脳重量が大きい遺伝形質は継承されない。
肉体と本能と知能のバランスが健全な人類の進歩をもたらす。
このバランスがある種族が残っていくのだと思う。
繁殖力のある中国、インド、アフリカ。




177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 03:34:58 ID:MdoiUzom
>>30
イスラエルはアシュケナジー系(ヨーロッパ系)ユダヤ人が40%しかいなくて、
残りはスファラディ系ユダヤ人、アラブ人だから。

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 04:07:27 ID:MdoiUzom
>>106
そんなこというならビタミンを最初に発見したのは日本人の鈴木梅太郎じゃないの。

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 15:22:36 ID:0LDEe054
中国人は顔小さいけど、脳容量も小さいのか?
モンゴロイドなのに

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 18:33:41 ID:4+jDQPba
なんか色々データ出して白人の脳の小ささをごまかしてるけどさ
普通に考えたらガタイのデカイ白人はなんとなく強そうだろ?実際強いし

同じように普通に考えたら頭のデカイ日本人はなんとなく賢そうなんだよ。実際知能指数高いし

データなんかどうでも良いんだよ
白人は筋肉、日本人は脳、人には役割ってものがあるもんさ

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 18:50:21 ID:7X4EO/zh
いい事言った!!

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 20:40:53 ID:UfG25uoO
脳の大きさの民族ランキング(ジョナサン・マークス著「98%チンパンジー」より)

大きい:ハワイ、モンゴル、フランス、南アフリカ、ティエラ・デル・フエゴの先住民の一部
中程度:朝鮮半島、ノルウェー、ハワイ、東アフリカの先住民の一部
小さい:シチリア島、ペルー、インド、東アフリカの一部

同じアフリカ人でも、南アフリカと東アフリカの部族では脳の大きさがまったく違うらしい。
特に、南アフリカの数部族は朝鮮人より脳が大きいらしい。このことからも、
黒人のIQが低い理由を脳容積に求めるのは人種差別主義者の詭弁であることがわかる。


183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 21:02:55 ID:/chqXd7g
白人は全体的に見れば馬鹿でも突出した脳力持ってるやつが多いからいいんだよ。

69 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)