2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

村上隆の次は?売れるコンセプトキ盆ぬ。

1 :TM:2006/10/05(木) 02:17:33
おいおまいら無い頭そろえて売れるコンセプトつくろうぜ!
これだけ人がいたら売れるアイデア生まれるはず?
儲かって美的価値の高いもん考えてよ。


2 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/05(木) 03:15:37
おれの◯◯芸術!

3 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/05(木) 10:22:22
>>1
糞スレたて杉。
文字通りのうんこスレとか自分で削除依頼出しとくように。

4 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/05(木) 12:20:51
>>1 2ch

5 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/05(木) 12:38:41

□□■■■■□■□□□□■□□■■■■■□□□■□□□□□
□□■□□■□■□□□□■□□□□□□■□□□■□□□□□
□■□□□■□□■□□□■□□□□□■□□□□■□□□□□
□■□□□■□□□■□□■□□□□□■□□□□■□□□■□
□□□□□■□□□□□□■□□□□■□□□□□■□□□■□
□□□□■□□□□□□■□□□□□■■□□□□■□□■□□
□□□□■□□□□□■□□□□□■□□■□□□■□□■□□
□□□■□□□□□■□□□□□■□□□□■□□■□■□□□
□□■□□□□□■□□□□□■□□□□□□□□■■□□□□

とっとと終わらせろ

6 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/05(木) 13:04:33
村上アニメのキーワードは、「大人社会を痛烈に批判した若年ガキ社会の台頭」
だったら次に来るのは、「クローン技術から生まれる優秀な遺伝子を持った赤ん坊や胎児に対する崇拝、すなわち神の復活」

あとは自分で考えれ。

7 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/05(木) 14:33:04
しょうもないスレ。マン画を愛読していな。あんたらの精神性と審美眼とやらが
もっとが高まるから。 スレ終了

8 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/05(木) 19:53:33
僕は京都生まれの高木紗恵子のハイトーンの色彩に魅了されています。

9 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/05(木) 22:27:53
>>6の村上のキーワードは違うと思うんですが…

10 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 09:05:42
>>9
芸術ってのはね。
どう伝えるかじゃないんだ、どう伝わった、が問題なんだ。
人間の命は限られてる。
だけど作品は何百年何千年残っていくんだ。
生きてる人間が言葉で残せることは限られてるんだよ。
伝える側の意思は、死んだ時から、あるいは黙した日から、希釈されていくのさ。
作者の意思を伝えられるのは作品だけ。
受け取った側の人間がどう解釈するかでその時代の作品の価値が決まっていく。
つまり作者の意図など糞喰らえ、ってことなんだ。
主張できるのは、ただそこに在る作品、だけ。
よく覚えておきなさい。

11 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 09:48:29
>どう伝えるかじゃないんだ、どう伝わった、が問題なんだ。

>>10が低能だとどのようにでも糞のように解釈できるって言いたいんだよな?w

12 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 10:27:01
有能だと新しい価値観創出ってことか。おめ。

13 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 10:32:51
>>11
まるでガキのようなレスをありがとう。
発展的な思考が微塵も感じられないのは、とても残念なことだ。


14 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 16:52:10
>>10
しかし、どう伝えるか、も重要である。
伝わる以前に、自分が作品によって何を言いたいかをある程度明確にして浸透
させないと、伝わるものも伝わらない。

どんなにいい作品でも、

少なくともその作品が「ある」ということをみんなに伝える義務が作家にある。
売れない作家はその作業を怠っている。


15 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 18:03:36
宣伝しろよ、って言うだけのことを
なんでこんな回りくどく言う必要があるのか?

16 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 18:29:37
ああ、>10の書き方にあわせてみただけですよ。
>10も一言で書けば、いい作品作れよ、で片付く(笑)

17 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 20:24:29
村上自身が勘違いによって芸術は変化するみたいなことを言ってた気もする。

18 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 21:17:00
>>14
だけどね。例え良いものを伝えられそうな傑作が完成しても、受け取るほうの感性や
簡単にいえば 好みが違えば 伝わらないでしょう。ましてや、それを売るとなると
大変な事ですよ。村上は、アメリカや欧米の お金持ちのコレクターに合わせて
今、作品づくりをしているし。彼のやりたかった事が、日本発のオタク文化、かわいい系文化
として 日本が発信源というオリジナリティーに富んでいたので(欧米社会から見て)。評価された
のでしょう?沢山の人に 自分が感じた様に、あなたも同じに感じてね。は無理た゜と
思う。感性が違うから。だけど、好みなんて そんなちっぽけな事を越えての 激しい情感や感動は
万国共通に伝えることができると私は思っています。だけど、それを村上の様に商売も意識してというのは
とても難しい様に思えます。それこそ、コレクターの お好みに合わせて?って事でしょうか?



19 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 21:51:15
よく
○○をターゲットに、とか言うけど、代理店のマーケティングじゃなく
個人で、いくら頭よくてもそんなのあたるも八卦あたらぬも八卦の世界に決まってるじゃん
いつから表現行為がギャンブルになったんだ?馬鹿馬鹿しい

20 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 22:01:27
だけど、村上は芸術家企業論で そう言っています。それが売るという行為
だと。読まれました?そして今までの日本の中にある、己の芸術を売る行為なんて
恥に近い様な考え方を はっきり批判していました。

21 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 22:06:15
恥でもないと思うな。
それだけ社会が安定してたってことだし。

22 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 22:08:19
ただ、付け加えときますけど、たまたま村上がやりたかった事が欧米社会
に大反響を及ぼしたという結果論としての事。欧米社会に於いての芸術家が
作品を売っている方法を説明し。芸術家企業論という本を出し、日本国内の芸術家
の中に根強くある、売るために芸術作品をつくるのは、恥だという考えを強く批判
していたという内容に少し触れてみました。ここは、それに近いスレなので。

23 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 22:12:26
昔は芸術というのは道を極めた人達の創作するものって感じだったと思う。
NHKで棟方シコウの創作風景を見たけど、まるで鬼のように彫ってた。
しかし経済が繁栄し、世の中に偽者が溢れ出すと、どうしてもワンポイント、つまり付加価値みたいなものが必要になってしまう。

24 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 22:24:16
だけど、オタクやフィギュアはオタクには受けるし。芸術というものが
美とか精神性とか、そういうものを排除したい人もいる。かえって
現代美術は それを否定していった所がある。日本のオタク文化がアートとして
ああいう現われ方をしても何の不思議も無い。そこに村上の作品が欧米社会に
新しい日本のオタク文化として評価された。> そういう道を極めた人達の精神性
みたいなものを否定していく方向もある。マン画族とかオタクとか 受けての方の感性に
問題があるというか、そういう人の方が増えてきている。

25 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 22:40:40
そして、極めようとしてる人はココには来てないという。

26 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 22:45:28
ムラカミによって今までの日本のアートに対する
間違った思想が徐々に崩壊するかな?

もともとアートという概念のない国だから。
もし、これでアートが盛んになれば、ムラカミの目論みが成功するよな。


27 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 22:47:49
村上の話したいんだったら村上のスレでやれよ。
この板でその名を管するスレ三つ目。
重複スレを立てて平気でアゲまくる神経を疑う。
新スレ立ててやるほどの事か?
少しは考えろよ。屑どもが。

28 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 22:54:56
村上以後のアートの話だよ

29 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 22:58:52
村上の話しかしてないだろ。
スレをまとめてやれや。
重複なんだから削除整理してこい。

30 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 23:06:54
他板にあった言葉を拝借。
神は細部に宿る(ミース・ファン・デル・ローエ)

31 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 23:14:42
>27 (冠するですよ)

32 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 23:20:35
絵を売るためにという事の背景を説明してるよ。村上を例に出して何もスレ違いではない。
そして、売るための 買い手は、世代がかわり、マン画族とかオタク文化とか が出てきている
という事を指摘している。>>26 と同じ危機感があるのよ。いくら自分が精神性云々と言っても
売ることだけに集中するなら、その背景が、見えてきていますけど。どうでしょうか?
と このスレに合わせてレスしているのです。ただ自分は >>10 と同じ意見です。


33 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 23:24:49
くだらんいいわけはいいから。スレ違い云々の話なんてしてないから。連投もしなくていいから。
スレタイに村上の名がはいってて村上の話してんだろ。
美術系板のスレは一定数のレスがはいったら流れないし消化に一年以上かかるのが殆どだ。
>>1は削除依頼自己処理してこい。
誘導するから下のを使え。
まだ全然未消化じゃないかよ。

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1151660514/l50
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1033452550/l50

34 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 23:30:30
>>33
あなたが、このスレから去りなさい。あなたは、荒らし。

35 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 23:31:42
自分と意見が違うからといって、激高しなさんなよ。

36 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 23:31:49
なんでそんなに仕切るんだ?
スルーして引続き議論をしましょう。

37 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 23:35:31
誰に言ってるの?仕切る人、普通になってください。皆、スレについて、
自分の考え方を、仕切る人と意見が違っても述べている筈よ。

38 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 23:35:50
まあまあ、荒らしと思ったらスルー、で
話せる相手と思ったら反論、で

39 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 23:38:48
はい、このスレ例の自演粘着寄生してますね

40 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 23:42:17
(ここももう終わりか…)

41 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 23:43:50

 ま た あ い つ か

42 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 23:45:18
39
こいつね。

43 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 23:47:33
松井スレの反論意見者に対する。 自演粘着寄生してますね 野郎

44 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 23:49:49
自分で松井スレだと自白乙
本スレは下記だな
自演やめて移動汁
村上隆本スレ
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1151660514/l50

45 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 23:50:34
叩きあいは荒れるだけ

46 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 23:52:12
誘導は自治であって叩きではないな。

47 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 23:54:33
>>46
荒らしているだろ?

48 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 00:52:00
>>47 粘着さん!  こんなとこに移動してたんですね!

49 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 01:19:30
荒らしが来た 48

50 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 01:23:00
なぜそれに腹が立つのか?なぜそれを荒らしだと思うのか。
まずその感情の根幹を探ってみた方がいいね。
固定観念に毒されている証拠だ。

51 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 01:24:17
粘着さん復帰おめ!

52 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 01:27:19
スレと違うコメント、横入れは荒らし。スレに合ったレスをしているのにも関らず
自分と意見の方向性が違う人に対して叩きはじめているのが>>44
こういう、自分への誘導体制を仕切る人も、悪いけど荒らしよ。

53 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 01:30:52
>>51
もスレの内容と違うコメント=電波。だから少し荒らし。




54 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 01:32:16
>>45
が正論。

55 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 01:35:14
狂ったような連投アゲ荒らしなんだが。

56 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 01:36:33
つまり村上はアメリカにとって荒らしだったということですね。
しかし彼らが、それに対し逆上しなかったのは何故でしょうか?
主流を日本に持って行かれることに抵抗はなかったのでしょうか。
それとも主流はまだアメリカにあるのでしょうか。

57 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 01:37:14
ここ閉めれば、それがいいよ。仕切る人がどうも居るね。とに角、ここは、最初から
荒れているし。皆、けんかごしにもっていくね。閑古鳥にしときなさい。感じ悪いから。

58 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 01:37:59
頭のおかしい自演粘着の必死な連投保全パターン
  
・ とにかく連投、また連投、自演連射でスレが賑わっているように見せかける
・他人に相手にされるとカッときてついアンカー飛ばしちゃいます
・ズバリ、自演指摘されてもいいわけして続行
・都合の悪いこと書き込まれちゃった後はせっせと埋め立て
・ツッコミが多くて句読点とか人格の使い分けとか器用になってきた
・今日もコツコツ時間差カキコミ草の根連投運動
・でも全然バレバレ
・よく読むと長レスまったくわけわかめ
・性別変えるのにも凝ってます。友達たくさんいるように見えるからね!
・自分の保全を邪魔する奴らは荒らしとみなす

59 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 01:41:22
アメリカ人は村上を評価しましたが、所詮、黄色い猿の持ってきた(失礼だけど本にそう書いてあった)
カルチャー程度の扱い。面白いイべントだと思ってたけど、だんだん最近、評価はあがってきてますよね。



60 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 02:11:22
>>59

こんなヘタクソな文を書くのは・・・

61 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 02:57:46
糞スレ

62 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 08:53:48
スレ終了

63 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 10:41:26
きっと村上に対して相当恨みがあるんだろうね。

64 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 12:14:53
馬鹿ほど相手のやってることが解らないし、見えてこない。
だからこれからも思考できないし、制作も出来ない。
10年後は後戻りできない乞食に落ちぶれる方向へGO。

65 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 12:59:56
何に対して怒ってるのか知らんけど、ちょっとは肩の力を抜いたらどうよ。
人にはそれぞれの段階があるのだから、生暖かく見守ってやればいいじゃないか。
情けない奴だなあ。

66 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 15:30:44
>>64
ご自分の心配しなさい。村上は、作品は嫌いだけど 思い切ってアメリカ
に出て行って作品に勝負をかけた点では買うところあるよ。書き込みみて
そういう受け止め方しかできないのは、読解力無いのですかね?頭悪そう
な方な様ね。それとも無駄な書き込みによる叩き荒らしさん?


67 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 16:43:53
自覚のない荒らしが一番手に負えませんよね。

68 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 16:57:03
困ったちゃんはね〜

69 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 17:07:50
このスレ題面白いのに何で
村上氏の名前がつくだけで嵐で台無しにするのかな。
彼のやったこと「芸術起業論」で教えてくれた事は
評価に充分値すると想う。
その次を狙えるひとがここから出たらすごいと思いませんか?

・・・と想ったけど自分のブログに今書いてきた。

アイディア勝負なら無記名では書けない。

70 :69:2006/10/07(土) 17:15:42
>>69を書いた後で自分のせこさが恥ずかしくなった。
村上さんは本であれだけおおっぴらに教えてくれたのに。

さっき書き込もうとした分こぴぺしときます。
もうブログで公開済みだし
なにかのお役に立てば。

*********************


私は自分の絵が線描を主にしてるので
安土桃山文化に結び付けて売り込もうかと想ってる。
日本の「線」の美しさの復活。
ハヘホ村ベニヤ板絵画コンクールで
であった時に話した今井俊満氏も言ってた。

鈴木大拙が欧米では凄く受けてるんだって。(20世紀末当時の話
書が抽象の先駆けであったと
今井氏は言ってた。

書を代表とする日本の線描の文化の復活。
これを私は目論んでます。


*********

村上氏に感謝を込めて。

71 :69 ◆wZPHo53XqI :2006/10/07(土) 17:21:57
まぁ、私も欲を捨てきれないのでトリップだけ付けときますw

ではでは。

72 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 17:23:29
村上氏が今あれだけおおっぴらに本に書いているのは、
今自分(村上)に匹敵する美術家はいない、という
自信の表れではないのかな?

まだ開花していないうちに手の内をばらすのは良策ではないと思う。
追いつける人間が誰もいなくなったら手の内を公開すればいいじゃん。


73 :69 ◆wZPHo53XqI :2006/10/07(土) 17:37:19
>>72
うん、ちょっと馬鹿だねw
なんかこのスレに村上さんが居るような気がしてねw
暴走しちゃった(笑

74 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 18:21:53
>>70
そういうアイデアでジャパンを持ち出して売り込む人多いよ、今。
そうなると技術のレベルの争いになるのよ。どんな絵描くの、ちょっと
出してもらえる?

75 :69 ◆wZPHo53XqI :2006/10/07(土) 18:29:20
>>74
多いんですか(^^;;

こういうの描いてます。
http://www.42ch.net/UploaderSmall/source/1160213259.jpg


あとすでに晒してるので・・・
これです
http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m34881765

76 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 18:36:08
なんかイラストレーション的ね。ベースは、というかあなたの持っているものは
洋風。もう少し、日本画とか水墨画とか安土時代の基礎をされた方がいいと思います。
辛い言い方ですけど。長い間、ファイン系の技術を高めている人は深く。
技術も かなりのものです。私も人の事いえませんけど、これは本当の事なので。
千住にしても村上にしても、長い長い基礎の勉強の上に立ち上がったもの。

77 :69 ◆wZPHo53XqI :2006/10/07(土) 18:45:48
>>76
御高評ありがとうございます。
画風とコンセプトがあわないのですね。
水墨画は習ってみたいと思ってます。
今基礎は公立の機関でデッサンを習ってます。
イラスト的なものも捨てきれない自分が居て
どうやったら自分の個性が生かせるのか模索中です。
アドバイス感謝致します。

78 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 18:47:18
それよりお前らメンヘルいけ。
痛すぎて痛すぎて。でも話すことは自由だからいいんじゃない。

79 :69 ◆wZPHo53XqI :2006/10/07(土) 18:48:14
追伸;
自分の絵を出してみて現実の厳しさを知れました事
有意義でした。ありがとうございます。

80 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 19:02:57
絵より先ず日本語習え。
知りました。で切るか
知ることができました事
と言うべきでしょう。
知性は言葉に現れ、その表現にも現れる。
知性無き絵画は、チンパンジーの絵と同じです。

81 :69 ◆wZPHo53XqI :2006/10/07(土) 19:08:00
>>80
訂正ありがとうございます、以後気をつけます。


82 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 19:18:53
あなた伸びるからがんばって、心根がいいわ。がんばりましょう。

83 :69 ◆wZPHo53XqI :2006/10/07(土) 19:36:38
はい! 精進致します^^。御指導ありがとうございました。

84 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 19:36:55
なんか>>75の絵見てホッとした・・・ww


85 :9:2006/10/07(土) 20:12:04
あのー二日ぶりに来たらめっさ伸びてるんですが…
>>10は何を言いたかったんでしょうか???
芸術起業論ボクも読みましたが、そこからひいてきたようですが。

ちなみに>>10の村上の意見は確定事項ではないね。なぜならその考えの元は
あくまで村上の現実の生の喪失感つまりよくある”生きてる実感がない”ってとこから来ている。
生きてる実感がないから歴史の中で永遠の生を得ようとする、そこに価値(救い?)を求めている。
でもどーなんだろうなー微妙だ、逆に単に自分の名誉欲を正当化した言い訳にも見える。

まあ欲自体をボクも村上も否定はしてないし、
要するにそこは創作の根源に何があるか、であって個人の問題。
要するに別に>>10が普遍万能な考えなわけではないということ。
それは当然村上もわかっている。
少なくとも村上は金銭欲の人ではないね、名誉欲だと思う。

けど作品も歴史も永遠ではないよ。ボクは”普遍神話への疑念”のほうが勝っちゃうな。
ボクは創作のきっかけは村上とは全然違うし、>>10の”伝わる”とか”残っていく”
ということに価値を見出していない。名誉欲は薄い。まあ正直どれくらい薄いのかは
もっと社会に出ないと自分でもわかんねーや、ホントは眠ってるのかもしれない。
村上は頑張ってるし面白いことをやってると思う応援もする、でもボクとは”違う”。

86 :9:2006/10/07(土) 20:13:16
ただ村上に共感するのは要は「言い訳すんな」ってことなんだよね、村上が言いたいのは。
外に出るなら村上みたくバリバリ行くも良し、内に入ってくなら天才目指して
とことん内に行くもよし。内に入るのを単にモラトリアムの言い訳にして
そのくせクダラネー飲み屋談義で他人をコキ下ろしたりするのって、ボクも大っ嫌いだから。
まあ他人をコキ下ろすヤツは、そうでもしないと自分を保ってられないんだよな、
立川談志風に言えば。才能も知識も何も尊厳を成すものを自分でもって無い、
カラッポだから他人をサゲルしかない。

87 :レオナルド:2006/10/07(土) 20:16:38
>>86
同感。この板にはびこる痛い人が、その口。屈折してるね。
普通の話ができない。



88 :レオナルド:2006/10/07(土) 20:32:38
だけど、村上は最初、みすぼらしい格好をして弁当屋の残り物
に食らいついていた。ハングリー精神というかハングリーの人。
金銭への必要性からきた行為だったらしいよ。

89 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 22:26:22
村上はコンセプト重視の西欧式美術を美的感覚重視にしたのもあるけどね。
だから、逆にコンセプトは考えなくても良くなってるのかも(あくまで以前よりはって程度だろうが)。
ある新書で、これまでの日本にも赤瀬川源平のような十分に世界で通用する人間はいたが、彼らは西洋コンプレックスが強すぎて出ていけなかったと書いてあった。

90 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 22:40:02
西洋に乗り込んだ人物といえば河原温がいた。
On Kawaraって改名までした。
昔のBTでの河原読むと何を言ってるのかワケワカランよ。
あと、60年代に「ハイレッド・センター」の一人として活躍した高松次郎の書いた論文とか読んでも、殆んど哲学書に近い。
それらに比べれば村上の言ってることは相当分かりやすい。

91 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 00:04:47
村上の話やってんだったら本スレ使えよ マルチ保全だろ、これ
村上隆本スレ
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1151660514/l50

92 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 00:07:35
>>89
過去も現在も含めて、日本人の持つ根強い西洋コンプレックスの素となるもの
は何だと思われますか?浮世絵や琳派や茶道や華道や建築、世界的に
評価されたものも多々あるなかで。村上て゜さえ黄色い猿の日本人という
表現をされているものは何だと思いますか?それを見つけ出す事が次の
コンセプトづくりのヒントになる様に思えますけど。

93 :69 ◆wZPHo53XqI :2006/10/08(日) 00:16:02
>>84
気になったんですけどどう言う意味の「ホッと」ですかw


>>92
西洋の中華思想ですね。(ちょっと違うか。
しかし日本には2千年は続く皇紀がありますね。
天皇制とか日本書紀とかそのあたりは結構、
歴史や伝統好きなアメリカ人には最強な武器じゃないでしょうか。

94 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 00:32:08
それだけ日本には、長年の鎖国という歴史がある中で 中国とか朝鮮の影響
は受けつつも日本独自の文化を生み出せた(地理的条件も入れて)、それにも関らず
日本人の体質は、あくまで西欧の評価を得たいという 根本的なコンプレックスがあり
なぜ西欧諸国の評価を持たないと自信とかブランドにならないのですか?どうして日本という
国をあげての文化の誇りを例えば、フランス人のカンヌ映画祭という権威やアメリカのアカデミーショー
という映画界きっての権威の様に、自国から発信しないのですか?なぜ西洋諸国に いつもお伺いをたてるのですか
そういう態度ですよ。どう思われます。これをふまえての新しいコンセプトづくりは?

95 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 00:34:17
日本はシルクロードの終着点である。
そしてこのスレはムラカミ以降を予測するスレッドである。

96 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 00:35:37
権威=国力 これは覆らない。

97 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 00:44:33
>>92
それは鎖国と維新と敗戦の3つでほぼキマリでしょ。
挙げてる例は建築を除きみんなこの三つのことが起こるまでに
成立してたものだから。

98 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 00:50:44
日本版wikiの美術関連の記述がお粗末なのが多いことと
深い関係がある、なんちゃって>>94

99 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 01:13:04
大変なんだよね。
賞をつくるってのは。
専門家も必要になるし。
もちろんプラス面もあるだろうけど。

100 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 01:14:53
100♪

101 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 01:42:09
国の役人自体が、西欧に追随したポチ犬だから体質改善には時間がかかるというか
日本独自の文化に対する誇りが、どれだけの人に浸透し国をあげての一大イベント
として参加してもらえるか(アメリカのアカデミー賞みたいに)が問題になる。そういう
大衆をひきつけられる様な作品づくりをしていく事も大事(日本独自の文化を意識した)
そうすると外国の方から 憧れてやってくるのではないかと思う。


102 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 09:27:01
>大衆をひきつけられる様な作品づくりをしていく事も大事(日本独自の文化を意識した)

美術はエンターティンメントではないので大衆がわかる必要ナシ。
ハリウッド映画と同列に語るの意味ナシ。
あれは娯楽だから国境越えるの。
村上がらみのスレにたかる輩って低能だねw

103 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 10:45:01
>>94
これだけ世界中に瞬時に噂や情報が伝わってしまう世界だと
逆に外からのリンクを遮断した世界。
要するに外から全く見ること、体験することができない世界に価値を見出す
流れが出てくるのではないでしょうか。
パリの芸術家たちが起こしたとされる秘密巨大地下社会のニュースなんかは
これを象徴した出来事だと思いましたね。

また今注目されている日本のアニメやPOPカルチャーなども
外からの影響(西洋の価値観・大人の価値観)を一切無視して
自分たちの中だけで純粋培養し積み上げてきた独自世界だったからこそ
こんにち世界から支持される存在になったのではないでしょうか。

104 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 10:50:56
>>102
あんたは>>11だね、他意見者をすべて低脳扱い。このスレだから終わりにしなさいというの。
芸術作品は鑑賞者あってのもの 仕掛ける方法として村上のとった方法はイベント性を
取り込んだ。美術館でもオープニングの時、作品の紹介は元よりいろんな 催し物を盛り込むこと
によって沢山の鑑賞者や外国からのビップを呼び寄せ、その後、海外のハイレべルのビップ達
を毎年、国賓として おしのびも含めて呼び寄せる事に成功しているし所もあるし。それが、きっかけとして
例えばフランスでは最大に権威を誇るコネッサンスデザール誌というアート関連の本にトップ
記事として載って広められたり、その他の国でもアート関連誌に紹介され外国人がわざわざ観光ルートに
入れ沢山訪れるようになった美術館もある。カルチェ財団のも少しそういう面があるし。日本国内でも
そうやって、催しもののオープニングとその後諸外国に広まりつつある美術館もあるのですから、国をあげて
何か企画してもいいという新しい考え方ですよ。新しいことだから今までと違う事が、考えられても何の不思議
もない。そういう旧式の頭の固い人こそ、このスレ違いですね。他の人の意見をどんどん書き込んでもらう中で
面白い考え方が出てきて次のコンセプトづくりのヒントになると思いますけどね。

105 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 11:03:20
>芸術作品は鑑賞者あってのもの

大衆でも鑑賞できるけど大衆のモノじゃないよ。
自分で「海外のハイレべルのビップ」って言ってるじゃんw

106 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 11:03:44
>>1
まずコンセプトを先に作るという発想自体がもう古いんじゃないか?
コンセプチュアルアートなんて、もう死んでるも同然なんだし
今は「カワイイ!」「カッコイイ!」だけで動く世の中なんだろ?
NHKの受け売りでなんだがw

107 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 11:11:08
>>106 おまえバカだろ?

108 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 11:16:43
>>105
大衆のものではないけど、はっきりいって日本国内で美術品を購入する
ルートがワンパターンで権威主義のピラミッドルートだから。芸術作品を
作り続けにくい状況になってる訳でしょう?だから、作家志望者も減る。
村上や千住の様が日本から脱出してしまった。日本画だと作品で食べていくのに
大御所様を控え。自分にまわってくるのが50代位になるから待てないといって出でいった。
だから外国人にもきていただいて、ついでにこちらにも画商やなんかも取り込む。
(日本国内の体質はなかなか変わらないし個人でかえれない)それも含めています。
>>106 コンセプトというか売れる、売る方法=食べていきやすい新しい方法 と解釈
してもいい。仕掛けてみないと何も変わらない。某美術館は仕掛けてから流れが変わった。


109 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 11:23:59
>>108
現美はピラミッドなんて関係なくて
ただ国内コレクターが頭打ちなの。
美術館もあまり購入しない。だから海外行くしかないの。
あと、>>101の大衆向け云々はちゃんと説明汁。
矛盾は全部スルーか?

110 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 11:25:12
あ、あと某美術館てどこのことだ?

111 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 11:33:29
>パリの芸術家たちが起こしたとされる秘密巨大地下社会のニュース

kwsk m(__)m

112 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 11:39:30
>>111
パリ 秘密 地下 でGoogleすると出てくるよ。

113 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 12:25:28
>>109
矛盾ではない。 これを少しは意識した作品についてオ語りなさいませ。大衆の欲求は美と癒し、楽しくなるもの、
明るいもの、面白いもの だけど好みは出てくるから ひとくくりにしてはいえない。>>110 MIHO です。 国連の
最高幹部や国王や元王妃や日本の皇室や世界的に有名な芸術家やジャーナリストや各国美術館長まだまだ沢山、豪華
メンバー。彼らが来る事により他国の皇室関係者やさらに次の人脈でジャーナリストに広まり。関係者はヨーロッパ
やアメリカなどの大美術館の催しものにもビップとして招待され美術商も動きetc 実際、1個の美術館だけでも
こういう流れを呼び込んでいるのです。


114 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 13:14:10
>>113
http://www.miho.or.jp/
まさかこれのことじゃないよね?
古美術中心で現代美術と関係ないんですが???

大衆の嗜好=これからの美術とあなた言ってるんだから
誤摩化しちゃダメでしょ
それとVIPは関係ないんだから

115 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 13:45:32
114のリンク先見た。
本当にこれの事指してるんかな?
だとしたら113は適当なレスでけむに巻こうととしてるだけだろw
見当ちがいのMIHOミュージアム?引き合いにだしたり
皇族やら各国のVIP・美術関係者を動かす事と大衆路線の美術は逆ベクトルじゃんかよ。


116 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 14:31:42
http://www.moma.org/

MOMAの間違いじゃないか?

117 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 14:49:09
フツー間違えないw
タイプミスでも>>113池沼ケテイ

118 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 14:50:19
なんか宗教臭くなってきたな
ここはカルトかw

119 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 15:10:22
>>118
誰もあなたの好きな創価の話などしていません

120 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 15:35:35
だけどね。宗教法人としてではなく、こういうオープニングのやり方
と古美術中心といっても そういう純東洋文化の源泉 それに海外の方を惹きつけたという事実。
要するに そこに これからのコンセプトがあるのよ。平山絵画がの系列、百貨店を牛耳ってる
ものがダメで、こういう古美術では、あっという間にVIP(これは大事な事ですよ。
彼らが動いて大衆も動く、村上の作品を購入したのは どういう人達かという事ですよ。)
決して権威だけを出しているのでは無い。彼らを動かさない事には、変わらない。変えられないという事。
>>118 あんたらみたいな小市民がいるから何もかわらないのですよ。
路上で絵でも売れば?小銭は入るよ。

121 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 15:39:45
困ったちゃん?

122 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 15:42:08
日本国内では市場が頭打ちだというから、海外への路線をだしてるまで。
国内路線であるんだったら何でも出しな。批判するのは簡単。公募展がんぱるか
画廊めぐりして ぐるぐる回りナ。この国内市場で、それか路上売りするか
この2チャンネルで悪態ついてウサ晴らししてな。あんたら相手にするくらい暇
やないの。(^^)/~~~(^^)/~~~ばいばい。アホ草。


123 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 15:43:11
>>121
作品づくりに励めバカ。だから、うだつがあがらないんだよ。

124 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 15:46:38
>>120 これはわかる人しかわからん内容だろうな。趣味でやってる人には永遠にわからない。
何も趣味でやってる人が悪いとは言って無いから誤解しないでくださいよ。

125 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 15:48:28
売り方じゃなく芸術について話ませう

126 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 15:49:13
>>113=>>120=>>122=>>124
かな?
まともに答えられないからキレてるだけですな
ネカマキャラの化けの皮もついでにはがれてるね


127 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 15:51:18
>>124
趣味ではないですよ。絵は、ある方のルートで売って頂いていますよ。
かなり 儲けましたけど。かなりの お値段現在ついておりますけど。

128 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 15:51:44
>>125 スレタイくらいちゃんと読もうな。

129 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 15:53:27
>>127値段っていうかwwどこのオークションですか?答えて下さい。

130 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 15:54:17
謙虚にしておりますの。あなた方の様にセミプロの方を刺激するといけないと
思いまして。カモフラージュしております。それが、かしこいという事。
この2ちゃん如きで、叩く作家にロクなのいない事くらい、承知のうえでの
演出です。皆さん謙虚になりましょうね。

131 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 15:55:00
ノーコメントです紹介者まで特定されます。しかし これは事実です。

132 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 15:56:07

 よほど恥をかいた方がいらっしゃるようでいきなり連投速射されてる件

133 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 15:59:36


  たしかにコテハン名乗らなくてもすぐ分かりますね





134 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 16:00:01
>>131そうですか、オークションには出てるんですか。
ではあなたの作品を所蔵している美術館はどこですか?

135 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 16:09:56
連投して答えられなくなると消えちゃうんだよなぁw
 

136 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 16:14:48
すべてノーコメントです。私は、そういう事でプロといえると思います。
バックが大きいことと、今まで馬鹿にされてたVIPについてですが
ハイソサィティーとの人脈や そういう出身者であるいう人脈もあります。
つまり文化を変えるキーマンは上流から変わっていく、というか変えていく
というのが正論ですよ。

137 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 16:18:33
>>136
ハリウッド映画みたいな大衆受け美術の話はどこいっちゃったんだよw

138 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 16:19:00
>>136 どのように文化を変えていくおつもりですか?

139 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 16:19:14
ァハハハハハハ( ゚∀゚)八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

140 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 16:22:56
ノーコメントと言ってる割にはしゃべりまくりなわけだがw

141 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 16:25:00
追いつめられた上流階級プロ画家はいったいどこへ行こうとしているのか?

142 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 16:27:12
私は作家です。製作するほうですが。現在、MIHOや東京でやった
カルチェ財団の催し物 ああいう風に誰かの人脈で 出来上がってゆく
ものもある。その黒幕というかキーマンは必ずいます。それが上流階級の方々
(とてもイヤな表現ですけど事実です)私は個人の意見としてはすべてのアーティスト
の方が食べていける路線と日本精神の復活 これが海外の財をこちらに もってくることを可能とし。
日本の文化発展に貢献できる方向、復興だと思います。

思っています。

143 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 16:30:38
大事な事はしゃべってないよ。2チャンネルやってると、作品皆さん製作
中途になるでしょう。無駄な叩きというか発展性のない討論は時間の無駄。

144 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 16:31:01
「すべてのアーティスト の方が食べていける路線と日本精神の復活 」

ワロタ   なんか民族派の右翼が言いそうなセリフだなw

145 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 16:32:09
>>142
正論、事実はもういいです。多分みんな知ってます。
具体的にどうしたいのですか?あなた自身の観点で言ってみて下さい。
せっかくの匿名掲示板なんですから。

146 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 16:36:01
>>142
カルチェ財団がやってるような現美とMIHOの古美術が
どう結びつくんだか全然わかんないんだけど?

147 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 16:42:54
>>143
都合の悪いことは一切答えないってことだろう?

148 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 16:52:02
黒木氏以来久々登場の萌えキャラ

149 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 16:58:53
このスレ全体が釣りのような気がしてきた_l ̄l○

150 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 17:00:29
上流階級プロ画家さ〜ん どこいっちゃたの〜 戻ってきて〜

151 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 17:15:24
今ウィキで調べてますから。

152 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 17:16:31
禿げワロタ
実際やってそうだ

153 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 18:42:43
不正、この後に及んでやめてな。捜しても無駄 素人さん。自分と
相手を守るため芸名でデビューしてますよ。私達のしっぽはつかめませんよ。
一番のルート人脈は皇室です。特に海外では。 今は、時間がないので。

154 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 19:02:38
黒木氏以上の電波ですな

155 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 19:19:47
しっぽねぇ…
ただ、第一線で活躍してる作家さんが何を考えてるか聞きたいだけなんだけどね、
肝心なことは何もしゃべらず、調べたらわかるような事しかお話にならない
からみんな噛付くんですよ。



156 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 19:19:56
このネカマ電波ちゃん、無名画家スレや松井冬子スレ、閑古鳥スレでも見たことある
マルチスレッド荒らしであろう
常時アゲカキコだし

157 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 19:28:28
MIHOなんていう美術館初めて知ったよ。
古美術専門みたいだけど良い作品は収蔵してそうだね。
近くに行ったら寄ってみるかな。
でも変な勧誘はしないでね。
俺宗教大嫌いだからさ。

158 :158:2006/10/08(日) 19:31:34
あれ、ホントの電波障害だ
二重投稿されてる
>>155=>>157氏も巻き込まれてるw

電波ちゃんの怨念かw



159 :158:2006/10/08(日) 19:34:47
あ・・・戻った
おれのブラウザ異常だ このレスと>>158は流してね
スレ汚しスマソ

160 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 21:49:00
いい情報流してもこの程度。今までの中にはヒント一杯ありましたけど
なんなら皇室関係の人脈もつきますけどーーーー。海外は王室関係者
を つかみ。あの方々は、筋の通った 文化発展のためのへ協力は、自分達の務め
だと教育を受けておられます。ジャーナリストとかからでも紹介して頂く事もできると
思います。但し、文化や社会向上のためのちゃんとした 案を持っていかれた時のみです。


161 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 22:16:15
例えばどんな案ですか?

162 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 22:26:28
>>160
どこを狙えば良いかは分かりました。
このスレで知りたいことは、それ以前の話でしょう。
今、そのようなパイプを握ってる方達はどのようなコンセプトに乗っ取った
作品を希望していますか?教えてください。
それほどお詳しいなら当然ご存知のはず・・なにも個人を特定する情報を漏らす話ではありませんよ。

163 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 22:33:35
王室の方をつかむと政界、財界の人脈がすべてつながります。そして、王室の方
の考え方は非常に良心的というか、儲けだけのためにとか そういう概念には同調
されません。ですから純粋な文化貢献、復興のために お金を出して下さる方々を
繋いで頂けるという事。ただし海外の方です。日本の皇室は固い扉が閉じています。
しかし、諸外国のVIPを通じて又、皇室も繋がるという事も起こりえます。
そうすると、日本のVIPの方々を動かせる事もできるし。日本のVIPの方々が
海外のVIPとも繋がっているという事もあります。だけど、そのなかみ、コンテンツ
と集め紹介する美術品が、先ほどあげた 海外のVIP達をいとも簡単に繋ぎとめる
事ができたもの になると思います。

164 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 22:38:09
海外のVIPを いとも簡単に繋げることに成功した 純東洋文化 それを
どう現代の作品として置き換えるか というか ヒントは千住 博さんの作品
や村上 さんの作品(日本から発信された独自の文化)という中にある様に
思えます。

165 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 22:39:42
>>163
ありがとう。
でも書いてあることはやっぱりどこを狙えば良いかという話だけですね。
画家は直接そのような人々を訪ねて売るわけではないので、
パイプを持ってる人に託すわけですが、その人たちの目に留まるにはどうするのですか?


166 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 22:41:40
>>164

それが答えですか?


スレタイは村上の次ですよ、
人をからかうのもいい加減にしなさい!


167 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 22:48:45
王室の扉を開けるような作品において、最低必要である要素はなんですか?


168 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 22:50:54
現在、その方々の目にとまる作品を自由に発表できる様な場がないので
先ほどの方法を使って新しい流れを作っていくという事でしょうか。
すみません具体案がなくて、しかし良心的な美術館関係者やジャーナリスト
や政治家(前に首相になられた細川さん、陶芸家)などなどの人脈をつかって
とに角、このコンテンツを持っていく事。大学関係者などなど。お話を理解して頂ける
著名な作家さんも含めて。そういう場を作ってもらう。少しずつ流れを変えること。
皆、自分の事しか考えないでばらばらだから。

169 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 22:52:39
>>167
そこでしょうね。きっと。そこだと思われます。

170 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 22:55:17
>>166
批判だけは誰でもできます。あなたにはわかって頂けない。村上ですら
MIHO でおこった人々を繋ぐことはできなかった。

171 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 22:56:30
>>168

で・・・
その「コンテンツ」が 古美術 なわけですか。

画商スレじゃないんだよ






やっっぱアホだわw



172 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 22:57:54
あーなんだろう。この気持ちよさは。

173 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 23:02:57
>>171
その古美術を現代の作品としてつなげるのには、−−−−悪い
けど、あんたに説明してもわからんわ。もっと勉強しなさいよ。
歴史上に残るターニングポイントとなった作品が どうやって
生み出されたかを。(^^)/~~~

174 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 23:03:47
つまんないよ。

釣られたふりして釣ってくれるわけでもなし

175 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 23:07:06
文句言うんやったら、もぅー寝なはれ。ここまでで、ジえんど。

176 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 23:07:43
一人前のアーティストって、画商よりもはるかに上の位置にいるはず。
日本はなんか逆転しちゃってるよね。あべこべだよな。

なんとかこの状況を打破するのが村上以降の美術だろう。
村上はただのきっかけにすぎない。


177 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 23:10:39
山口晃なんかモロ狩野派だよね。
しかし、21世紀だというのに16、17世紀の絵画を越えることは出来ず、むしろ滑稽になっているという皮肉。

178 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 23:15:51
あのな、美術の歴史は過去のものから新しいものをクリエイションしていく
という方向もある。そういう繰り返しでしょう。古美術がひきつけて でそれが
どうした?とあなたは、そういう観点でしかみれない。そこからのヒントと言って
いるのですよ。現代美術そのものはアメリカが本場、VIPはそれもみつめているし
それにも お金を出された。だけどMIHOまでわざわざやってきた。
毎年、毎年ですよ。そこなんですよ。古美術を売れといっているのではない。


179 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 23:19:08
>>177
それは、技術と 作品から出るオーラが違うというのが原因。
打つものは、打つと思う。何も完全に、狩野派の型を追うという事でもない。
だけど、本当に難しいよね。

180 ::2006/10/08(日) 23:21:52
あのね、なんでまた欧米にゴマすって
今の自分たちのリアリティのない”エキゾチズム”に時計を戻して
作品の意味付けして成立させる必要あんの?ってことを
みんな疑問に思ってるんじゃないかな。
どこに現代を生きる僕達のリアリティを感じとれるのか、その古美術の見方だけでも
教えてもらいたいな。

古美術で海外から金引っ張ってくれば、ネオ古美術的な作品(?)に
金を出そうとするようになるよね。
まああんたに古美術にリアリティの要素を持てるんならやったらいいんじゃない?
村上もアメリカ生活で苦しいときに、アニメに自分のリアリティのひとつが
あることに気づいて、それを作品として成立させるために理屈をこねたわけ。
村上とて自分のリアリティから出発するからイイ作品を作れるんだよ
(もちろん本人もそう言っている)。
リトルボーイで日本人のリアリティそのまま持ちこんで
評価してもらえるまでに文脈を定着させた!とか喜んでるのに、
またニッポン=”エキゾチズム”に時計を戻したら、村上泣いちゃうだろうな。

181 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 23:22:28
ワールドカップのポスターになった人(名前忘れた)はどうなんでしょうね
実物みたことはないけど、技術がすごいけどどうなんだろって感じ

182 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 23:26:23
自分独自の世界観を忘れない方が良い。
コンセプト色々ってのはその上での話。
村上の初期作品の《ポリリズム》も自衛隊員の父親から「なんで日本が戦争に負けたか知ってるか」って繰り返し聞かされた話を図解した作品だったらしい。

183 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 23:37:58
>>180>>182
テンプレキ盆ぬ。

184 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 23:46:15
最近イラスト的なものが売れてるよね、世界では。
前はそういうものに批判的だったけど
試しに 自分の絵をくずしてイラスト的要素を混ぜて
公募に出したら 次々と入選した。
評価する側も常に 流れや新しいものの理解に敏感に
なってるからだろうね。
奈良さんや村上さんが外国で注目されたのは理解できるけど
自分が目指したいものではないし あれがその人たちの
才能とか 良い作品とかとも思えない。

ただ海外の画商がしかけたビジネスの中でのアートって
気がします。 

185 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 23:49:57
>>184
伝統的な古美術がいいと力説してるのに
ずいぶん信念に欠けた方ですね

186 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 23:53:43
上流階級プロ作家は騙りだろ?
何だよ、王室に繋がれってw
骨董好きな爺ぃに取り入れっていうのと同じじゃん。
大衆迎合路線で池っていうのも、どう関係あるのか説明しないし。
MIHOにVIPが行こうが博物館に行こうが
それはその手の人の社交辞令として訪れるだろうし。
アフリカいきゃぁ民族資料館くらい行くだろうし。
適当なハッタリにしか聞こえんな。
釣ってここにレスをつけさせて保全したいってだけだろ。
でかい口叩くなら作品でもあPしてみせろや。

187 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 23:58:04
「アート」をやれば結局そうなる。欧米市場、金持ち相手、金儲け。

「アート」は向こうのもの。
日本で「アート」市場が成り立ってないのはむしろ健全なことだ。

188 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 00:04:54
>>187
欧米の作家は自国圏のエキゾティズムに訴えてるわけじゃないでしょ?
同じ敗戦国の旧東独出身の作家がいい見本
日本の場合は美術ファン自体が少ないわけで
さらにそこからコレクターとなるとさらに

189 ::2006/10/09(月) 00:11:13
>>184
村上隆の「芸術起業論」を読みましょう

ほんとうに読みましょう、彼らを勘違いしてイマす

190 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 00:18:04
>>184
試しに 自分の絵をくずしてイラスト的要素を混ぜて
公募に出したら 次々と入選した。

ソースさらさないならいくらでもこんなこと言えちゃうわけだがw

191 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 00:37:15
>>187
成り立ってないから、少数の作家しか食べれなくて、村上の芸術企業論
の お話が出た。それから例えば諸外国の人達をこちらに惹く方法で成功例があるから
述べた、ついでに美術商も頻繁に出入りさせる方法を述べただけ。だけど次を
作り出す作品については、ご自分の中の問題でしょう?






192 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 00:42:20

 電波ちゃんはツッコミが畳み掛けられると途端に消えちゃう件

193 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 00:47:43
2ちゃんばっかり やっとれんよ。

194 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 00:50:08


だーから
うんこちゃんだっていうの。
>>191は。



195 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 00:56:06
上流階級プロ作家がキャラを変えて連投してきましたよw
下品な本性が丸出しw

196 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 00:56:05
村上は芸術家企業論の中で現在時点では、あらゆる型が出尽くしたと思うから
過去の引き出しから取り出す方法もあると記述している。
フルネーム忘れたけど34歳位で亡くなった。諏訪なんとか言う人
あの人は抽象と琳派を合体させたり。石川ヨシ子とかいう作家は
洋画の技法と日本画の装飾法を合体させたり。まぁ例をあげたら
こういう事もあるけど。こんなのイヤな人もいるし。

197 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 00:57:10
>>194
死ね。ねたましいか。

198 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 00:59:04
あんたらには、この話は通じないね。まぁ そういう世界の人達との交流
すらもないからね。お気の毒。だから2はゲス野郎の巣というのよ。

199 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 01:01:00
>>194
あなたの臭い頭で良案ひねり出せ。馬鹿

200 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 01:05:29
やっぱり その人のおかれた境遇で どっかゆがみがある人がいますね。素直な受け止め方
ができない。屈折してるんだよ。あれやこれや いい情報が飛び、選択するのはご自分よ。

201 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 01:08:14
もう電波ちゃん壊れちゃったから抜きで話進めるか。
日本回帰ってことで言えば今井俊満あたりがもうやってるわけで。
さらにいえば近代の日本画の作家でとんでもなくレベルが高いのがゴロゴロいるんだから、
需要があるならそこらを転売しろって話だよな。

202 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 01:13:14
確かにごろごろ いますが、なぜか平山郁夫さんは、世界的な作家ではないから
海外ではダメだし。厚塗り技術の日本画はダメという事ですか?

203 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 01:15:43
でも厚塗りの方多いですよ。日本国内では。

204 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 01:20:02
>>202
平山は最近杉。 現代の作家でそ。
国外でまだ知名度それほどっていう近代作家なら
土田麦僊、菱田春草、川端龍子などいくらでもいる。
超絶技巧で国内でも認められてて、さらに当然だけど日本趣味満載。

205 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 01:25:54
平山あたりになるともう洋風日本画で団体展風になる。
これは海外ではダメでしょ。
まぁ日本でオレが観てもダメだと思うけどw
日本エキゾ欲しがるなら>>204の作家推しちゃえよって話なんだけど
たいてい国立美術館所蔵になてるなw

206 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 01:27:00
故人のは判るけど。今、食べられない技術のある日本画家はごろごろいて
その人達の事の方が先という様な気がする。それは、商売としてであって
だけど、とにかく欧米人の お好みは、横山大観以前のものよ。これ本当に。
そうやって、迎合することをイヤがる人多いし。





207 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 01:34:33
基本的に作家は体質に合わなければ
たとえ流行りだろうとやらない。
日本回帰がイイなどと言われてそれに乗る奴もいないだろ。
山口晃も天明屋も自分がやりたいからあのスタイルなわけで。

実際カイキキ以外で有名どころの村上フォロワーっていないだろ。

208 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 01:43:58
だから別に日本趣味などどうでもよくて
現代の自分たちのリアリティを美術の文脈に乗せてけばいいんでないの。
高嶺格なんて横トリで『鹿児島エスペラント』って
インスタ観たけど意味わからないのに凄いインパクトだった。
コンセプチァルな人だから基本的に海外でも通用すると思うんだが。

209 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 01:54:17
住民オチたな。 オレも寝よ。

210 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 01:56:16
>185
は?誰が力説してるんですか?
初めてコメントしてるし 前のことも読んでませんよ。
古美術なんて興味ありません。
そっちで勝手に力説してください。
私は自分の意見が言いたかっただけだから。
信念もどうでもいいけど 自分は制作する側だから
どんなものでも試みるって当たり前のことなんですよ。




211 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 02:06:55
高嶺格さんはブッシュの顔が壊れてくビデオしか知らないんですけど

すごく面白かった。

212 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 08:39:09
>>210
そんな事、言われなくても判っていますよ。それにその人の持っているものしか
出てこないし。体質にあわなければでき無いというのもわかる。だけど、村上
も千住も出版した本の中に書いているけど、欧米諸国に対しては日本の文化の脈略
を説明できる作品でないと正式に出れないし評価の対象にならないというルール
があるからです。そして てつも欧米人は日本人の芸術家に対して、自分達の(欧米)
の猿真似の上手な黄色い猿という表現をされているのです。だからといって
私達の学んだ美術教育は その模倣の延長線上のものであったのですが。
やりたくない気持ちをもっている人も沢山いるのも理解できますし、色々やってみたいのも
判ります。だけど、売るための(日本国内では頭打ち)市場を海外に向ければ
一つは ああいう方法も考えられると述べただけで選択するのは ご自分の中ですよ。


213 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 09:00:58
ところどころ日本語オカシあるよ。

214 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 10:17:44
死め !!!

215 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 10:49:54
>>210=>>212
意図不明の自演乙。
これからは文体のリズム変えような。

216 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 11:10:06
>212
わからん奴には何をどう説明しても判らんものだから もうやめとけ。

馬鹿は死ななきゃ直らない。せいぜい自分の作品でオナってろ。

オナニー理解してくれるまで一匹狼でいろスレから出ろ。

217 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 11:17:06
>>216
作家とはそういうものだろが、ボケ”!!

218 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 11:29:17
>217
アメリカに出ておのれ、作品売って来い。現場行ったらわかるんじゃ。

日本国内でオナっとけ。ぼけ

 

219 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 12:58:44
自分は芸術家じゃないから余計な口だしだが、君達コトバの美意識にも気を付けた方が良いかもよ。

220 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 13:15:53
次の売れるコンセント?
[美術キャバクラ論]ですよ!


「せん〜じゅ〜!せん〜じゅ〜!」
場内に響く千住コール。
「よ〜し、一枚買っちゃうか!」
「キャー!社長、ふとっぱらー!!」
「ありがとうございます。4番応接、ウォーターホール入りました!」

別の席では絹谷コールがこだまする。

「ぱぱ〜。あたし今月売上足りないの〜。」
「ん〜。さっちゃんの頼みじゃ断れないな〜。」
そこでボーイ達の梅原コール、、、


その後、アフター外販。次の日は同伴外販。

そして美術品が世界で売れまくる。

221 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 13:45:51
わざと茶化してるのか、それとも…

222 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 16:21:53
要するになんか知ったかぶってた人は
スレタイが読めなかった、ってことかしらね?

あの人言ってることは村上と真逆だよね。
むしろ岡本太郎が縄文土器にアートを発見した、ってほう。
村上は要は自分の作品を正当化するために既に権威になってるものと一緒に並べた。
で自分の作品に(欧米でのアートとしての)価値を与えた。
太郎は縄文にアート的な感覚を見出した。
でも別にそれによって彼の作品の価値が特に上がるわけではない。
当たり前だよね、彼が価値を与えたのは縄文土器の方に、なんだから。
新しい視点を提示した”批評家”として評価されることであって、
そこは創作者としての評価じゃないわな、別にそれもスゴイこととは思うけど。

古美術にアートの価値がつけば自分が作ってるものもアートの文脈に乗る、
そんな作品を元々自分のリアリティで作ってるんなら(ネオ古美術?と前に言ったね)
まあ話も分かるけど、そうでないなら結局エキゾチズムという、
欧米の珍獣を見る感覚の枠に入って媚びを売るだけ。
わかる?村上は自分の正当化のために欧米に新しい文脈を作ったが、
あなたは欧米がとっくの昔に作ったエキゾチズム枠(コンセプト)にもぐりこもうとしてるだけ。
やりたきゃやればいいが、そういう話は興味ないしスレ違い。

こないだTVでチラッと、ミスユニバースで日本のねーちゃんが鎧着けて
刀回してたよ。準ミスだってさ笑。
2位にすることで欧米人の”我々はアジア圏も尊重しているのだ”という自己弁護欲求を
満たすことができたのかな笑。

223 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 17:50:09
>>222
それは、あなたの意見。岡本太郎がアートを縄文土器に見出したのなら
作品に反映していますよ。例えば、ピカソがアフリカの土着芸術に触れたとき
も 何かしら作品には反映していっています。確かキュビズムを生み出す元となったと
思いますが。あなたは作家では無いようですね。製作者なら感銘を受けたもの興味
を持ったものは、本人の意思に関係なく何かしら創作上影響を受けているもの。
太郎の彫塑にも その影響は見られますよ。何度も前述しているように村上は自分でアニメ
でも日本画でも無い、落ちこぼれたと謙遜されてますが、その時にアメリカに出て行き。
千住も同じ様に出版物の中で説明していますが、欧米諸国で芸術作品として認定してもらうためには
ルールがあり、自国の文化の文脈を説明できるものでないと、どんな立派なものをつくろうと
唯の物体扱いされるというルールがあるから、あなたの言う様に彼が正当化したのではなく。
郷に入れば郷に従えにのっとって、日本の現在のオタク文化を紹介する中に自分の歴史である
アニメと日本画を盛り込んだのです。古美術を何も強要しているのではない。日本国内で市場が頭打ち
されているのだったら、海外からの財貨を取り込む、ヒントとなる様なでき事を出してみたまで
読解力が無さ過ぎると思いますよ。何でもされたらいいですよ。但し、
欧米の方を相手にされる場合は、ルールがいつも付きまといます。と言っているのですよ。



224 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 18:05:06
>>220
そんな事して買ってもらえる程、甘くないよ現実は。画商の値打ちが下がるよ。
そういう世界に縁の無い人?


225 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 20:12:28
>>223お前ちゃんと読め。
>>222>でも別にそれによって彼の作品の価値が特に上がるわけではない。

って書いてあるだろ。太郎の作品にフィードバックしたことなんて一言も言ってない。
あの出来事は、アートとしての”価値”をあくまで他者につけたこと。
つーか作品への影響ならどう見てもしてる。言うまでもないだろ。
お前太郎の作品ちょいちょいしか知らんだろ?

>彼が正当化したのではなく。 郷に入れば郷に従えにのっとって、
>日本の現在のオタク文化を紹介する中に自分の歴史であるアニメと日本画を盛り込んだのです。

同じことだろ、見る角度が違うだけで。村上が意識的に並べたことに変わりないんだから。
モノを多角的に見ることもできないのかorz
めんどくせーやつだな。こっちも芸術企業論は全部読んでるんだから
そんな引用みたいなことばっか言われたってクソもでないっての。
わかる?お前の言うことがミンナに理解されないんじゃなくて、
お前の言うことは全部前提とした上でみんな話してるんだよ。まーもういいや。

226 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 20:48:38
それ位わかってるから。その上で話したことは、海外に出て行くんじゃなくて、こちらに居ながら外貨を取り込む
方法例と古美術からヒント(強要してるんじゃあないよ。型を追うんじゃなくて消化して新しいものをクリエイト)
という、この二通りのコンセプト出しただけ。後は、皆さんどんどん出してください。


227 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 21:01:42
山口晃氏や天明屋氏の二番煎じ汁!って話なの?>>226
古美術路線は他に浮世絵くらいしかないと思うし
どこが新しいコンセプトなんでしょうか?



228 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 22:49:46
型を追うのではなく消化してという意味があなたが、わかるまで考えてください。
ここからは企業秘密です。皆、好みあるから嫌いなら嫌ってもいいと思うし。

229 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 23:08:10
何か今日になってわけのわからないスレになったね
論点どこにあるんだかロムっててわからない
仕切ってる人が理論派でもないのに上から曖昧な事教え諭してるから
よけい意味わかんない
自演もはいってるみたいだしさ
アンカー入ってる先とレス内容とが全然一致してない

230 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 23:12:13
もう悪口、宜しい飽きたしつこい。つぎ、いって下さい。

231 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 23:15:56
中国の方がいらっしゃるようでw
保全に失敗して過疎ったので焦ってるんでつか?

232 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 23:17:46
どうも話が噛み合わないな。
古美術路線はもうとっくに耕され尽くしたコンセプトです。
だから村上が出てきたんだし、このスレではその後について話そうとしてるのですよ。
それでもなお、古美術路線には手つかずの未開地があると言うんですね。
それなら村上隆以上の大発見ですよ。

233 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 23:18:38
>>232>>228へのレス

234 :232:2006/10/09(月) 23:29:29
いやいやポイッしたようでつ。


困ったちゃんオモロかったよ。



235 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 23:29:35
だから質問の答え>>227 ですよ。 私も次いってほしい。他の人の話が聞きたいのです。
誰も、次のコンセプト 出していないから 前のを穿り出したり悪口とか。質問とか。飽きた 。
>>232 個人的には出尽くしたとは思っていません。その作品による。その人の持っているものも
違うし >>231 意味不明

236 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 23:31:33
なんやあんたらか。時間の無駄 (^^)/~~~

237 :232:2006/10/09(月) 23:31:43
>>227は藻いらなんだけどね(・∀・)

238 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 23:33:00
2は飽きるわ

239 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 23:34:32
新しいコンセプトないのに誤魔化すな批判だけして
平凡野郎、野暮

240 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 23:35:07
>>235
>だから質問の答え>>227 ですよ。

ハゲワロタ

241 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 23:35:28
この時間になったらひっついてくるから、まだやってるんやろ。
2は終わりやナ。

242 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 23:36:24

  ま た キ レ て 連 投 で す か

243 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 23:36:25
ハゲどころか毛、あるの?

244 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 23:36:50
さようなら〜(^^)/〜〜

245 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 23:38:56
頭のおかしい自演粘着の必死な連投保全パターン
  
・ とにかく連投、また連投、自演連射でスレが賑わっているように見せかける
・他人に相手にされるとカッときてついアンカー飛ばしちゃいます
・ズバリ、自演指摘されてもいいわけして続行
・都合の悪いこと書き込まれちゃった後はせっせと埋め立て
・ツッコミが多くて句読点とか人格の使い分けとか器用になってきた
・今日もコツコツ時間差カキコミ草の根連投運動
・でも全然バレバレ
・よく読むと長レスまったくわけわかめ
・性別変えるのにも凝ってます。友達たくさんいるように見えるからね!
・自分の保全を邪魔する奴らは荒らしとみなす

246 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 23:39:25
(^^)/~~~

247 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 23:40:25
又、松井スレやロウが混入か、あんたらのコピペやな。ブス

248 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 23:43:05
不正アクセス粘着グループ同時間に直ぐ入り込む形を示しています。
ブスとハゲの逆襲。醜い人は心まで。かわいそう。そんな経験ないから
わーかりませーん。警察に言うで

249 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 23:43:34

 やっぱここ連投アゲで保全してんの松井冬子スレの狂人と同一人物だな

250 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 23:43:41
次ぎ行ってと言いつつ戻る 負けず嫌いなこまったちゃん

251 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 23:43:58
相手、完全にひろってんのやで。わかってるな。

252 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 23:49:59
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
| つよい電波がでています |
|____________|
               /
              <
             / ビビビ
        \_\_\
   _     \ \ \
  /||__|∧   __|___
 (O´∀`)  | |::::::::::::::::::::::|
 (つ   つ/ |::::::::::::::::::::::|
 / ̄ ̄ ̄≡....|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:|
 |        |::::::::::::::::::::::|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

253 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 23:51:28
とに角なぜ、普通になれないの?私が妬ましいの、どブスちゃん。
素敵な彼がいて。幸せよ。仕事も家庭もライフワークも彼がいるから。
あなたも落ち着きなさい。餓鬼のクセして醜いよ。心までさもしい。
ゾッとするわ。そんなに人が羨ましいの?だって一生懸命、真面目に
生きてきたもの。いい風にいくわよ。あなたみたいに悪意を持って
こういう行いをしていると いつかとんでもないことが訪れるわよ。
神様みているのよ。少しは、そういう事考えたことあるの?
あなた方を悪く言うのは、前も言ったけど そちらから先に仕掛けて
陥れたから、なぜそういう事できたのか 本当に醜い心の人達だとあきれている。

254 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 23:56:04
2は公共のもの 悪意を持って不正しながら相手を傷つける権利は無い。

255 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/10(火) 00:01:02
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
|  電波が強すぎます。. |
|__________|

             /
           //ビビビビビィィィ!!!
       _
       从";从 /||__|∧,
      (( ; ;"、; :(O´Д`)
     ((;";从.")と ))  ))つ
     `;Y ;"、 Y ノ ノ ノ
          (_ノ、_ノ


256 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/10(火) 00:04:57
No medicine can cure folly.


257 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/10(火) 00:11:12
プロ作家電波ちゃん暴れてるんか。
明日平日だし一回病院行ってカウンセリング受けたほうがいいぞ。

このスレももうダメぼ。

258 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/10(火) 00:12:47
あんたも人間的にもっと成長しなさい。こんな事できなくなるし。
ソトヅラを良く見せるという事でなし。本当の本心、内面が美しくなる様に。
そういう女性が一番、魅力的ですよ。これは、私の彼の言葉。

259 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/10(火) 00:14:38
あなた方に病院 お勧めしますよ。

260 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/10(火) 00:15:38
本題に戻ってください。

261 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/10(火) 00:24:25
本題にいく前に病院先行ったほうがいいよ

262 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/10(火) 00:29:22
あれだな、金屏風にガンダムとかマクドナルド描いてる人は
見事に欧米のエキゾチズムに飲み込まれちゃってるってことだな。

263 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/10(火) 00:40:17
本題に戻そうとする前に病院へ先に行ったほうがいいよ

264 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/10(火) 00:45:06
不正アクセスメンバーが病院に行きなさい。心に何か濁りがあるから
やまら無いのよ。

265 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/10(火) 00:45:49
>>262
そういう解釈になりますかね?

266 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/10(火) 00:48:39
「やまら無い」

どういう意味なんだろう?

267 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/10(火) 00:56:19
関西弁で止められない。という意味。

268 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/10(火) 01:10:47
電波が止まらないってかw

269 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/10(火) 01:12:13
>>224
バリバリのプロです。く(>_<)
カリスマホストよかなんぼか売らされてます。
よく仲間と下らないアイデア真面目に?話してます。

なんだかな、このスレ。
作家や業界関係者はみんな考えてる事、実行してみりゃいーのに?

270 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/10(火) 01:12:32
>>226
だからさ、古美術のどこにヒントを見出してるんだよ?っつーの。
何回も言ってるでしょ。↓
>>180>どこに現代を生きる僕達のリアリティを感じとれるのか、
>その古美術の見方だけでも 教えてもらいたいな。

ヒントなんて、現代に生きるリアリティを持って新鮮に見なおせるから
ヒントを得られるんであってさ、そうでなかったら単に欧米エキゾしか導き出せないっつーの。

…て企業秘密かよ。なら最初からそう言え、私は個人的に古美術にリアリティを見出しています、って。
それならあり得る、ってこっちも最初っから言ってるだろ。
まず自分の意見をまとめてからにしろよ。結局やっぱり>>180の時点で全部解決じゃんか。

271 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/10(火) 01:17:19
同一人物が書きためて連投してるのバレバレです。
アンカー過去に飛ばし杉w
無茶はやめましょう。
強引な保全は荒れの一因です。

272 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/10(火) 01:34:01
しつこー

273 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/10(火) 01:38:38
自分の生きた環境。自分の歴史が自分のやってきた事すべて。現代の他の人と違う
自分だけの環境。それが、自分から出てくる自然のもの。古美術の持つオーラが
自分にはリアリティー。精神的なもの。オーラ。 他の人は感じないかもしれない。



274 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/10(火) 01:42:04
プロ作家電波キタ*・゜゜・*:.。..。.:*・゜(゜∀゜)゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*!!!!!


275 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/10(火) 08:01:58
ブスがきたの?274番さん

276 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/10(火) 08:04:18
不正アクセス関係者以外(この人達は、悪意ある荒らしです。)で新しいコンセプトにつき書き込みして下さい。

277 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/10(火) 20:19:59
>>273
そんなのは単なるインスピレーションレベルで、コンセプトとは言わない。
そんなものであなたも言う”欧米のルール”を説得できるのかい?
村上理論に乗っかれば、どこにも規則破りもないし。
完全に既存のエキゾチズム枠。あと磨きぬかれた職人技の圧力、ってとこ。

まあ頑張れば単純に「良質な作品」として評価してもらえるかもしれないけどね(それを否定する気はない)。
やっぱりこのスレで語るべき”コンセプト”とは別物だ、「村上の次」ではない。
縄文をアート評価し、逆に勿論作品のインスピレーションにもした岡本太郎の方だね。太郎も好きだが。

違いは、あくまで太郎は他者にアートを見出した。つまり主体のアート自体は変化していない(厳密にはほとんど)。
村上は他者をアートに組みこんだ。つまり主体のアート自体が拡張した。
でヨロシイかしら?

278 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/10(火) 20:24:33
一応補足しとくが当然、「主体のアート自体」「他者をアートに組みこんだ」とは
当然創作する当事者のアートのことではなく、
アート界での共通認識におけるアートの概念のことだ。

279 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/10(火) 21:04:35
あの人のやった事ほじくりまわして 説明しなくてもわかる。海洋堂と組んだり
何でも書いてある読めば。だけどね。では、あなたの次のコンセプトは何?
あなたは、人のやった事を概念として翻訳しているだけ。誰にでも判りやすく
簡単に 次こんなのがあるよ。でいいのではないですかね。

280 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/10(火) 22:42:50
わかんねやつだな、村上なんてみんなわかってるんだよ、改めて説明するわけないだろ。
「概念として翻訳してるだけ」ってお前がそれをできなかった、自分の言いたいことを
きちんとまとめられなかったからこうなったんだろ。だからこっちがまとめてやったの。
>>277をよく読め。僕が翻訳したのは村上じゃなくお前の言葉のほうだ。

281 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/10(火) 22:45:30
日本人が世界の中で変わってるところ、てのは内側にいるとなかなかわからないものですが
そこになにか強みや手がかりが隠されているかも…

映画で海外に受けるもののキーワードに”ヤクザ”ってのがあるみたいね。
しかしなぜなんだろう、ずっと不思議に思ってるんだよな。
むこうにもマフィアの映画はあるわけよね?
一応仁義なき戦いの一本目や北野武の狂暴につきやソナチネhanabi、
あとマフィアのほうならゴッドファーザーくらいは見てるんだけど、なにが違うんだろ?

282 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/10(火) 22:52:11
>>277 スマソ。黒澤明監督の映画もね。侍とか武士道とか(荒野の七人とかスターウォーズにまで影響)

283 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/10(火) 22:59:08
歴史上初めて、日本発で世界に通用するコンテンツ、それがアニメ・漫画。
こないだのカンヌでは日本アニメが不発だったとか
でも日本発なんだよ日本発。日本が本家本元なんだから、なんで欧米のお伺いを立てるんだろって話。
カンヌなんて出さなくていいのに。それで自分で新しく賞を創設しちゃえばいいのに。
文化庁やれよ。

284 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/10(火) 23:19:54

 ま た 始 ま り ま し た ね

285 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/10(火) 23:43:49
スレ主だけどひさしぶりにきたらすごいことになっててたまげた。
あんたたちみんな良い奴だね。
トップから熟読してきます。

286 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/10(火) 23:58:24
ずっと保全してんじゃねーかw
笑わせんなよ。自演野郎。

287 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 00:23:38
自己完結してたら突っ込みようもないし、話も膨らまない
議論にならなきゃ意味もないんだよな
他人が必要ないならスレ立てなんて最初からしなきゃいい

288 :TM:2006/10/11(水) 00:25:00
ごめん俺あたま悪くてよくわかんないのだが、馬鹿にされるのを承知で簡単にまとめると。

@日本的超絶技巧で
A欧米のエキゾティシズムに迎合しない
B現代日本のコンテクスト

を発表すればいいのですか?

書いてわかったけどムッシュ村上のやってることに酷似しているような気がしてきた。

289 :281:2006/10/11(水) 00:35:46
>>288
んで、そのBはアニメやオタク以外になんか探してみようや。

>>287
そう主って>>281を提案してみたんですけどどうでしょう?
こういうのは連想ゲームくりかえしてるうちに各自がピンとくるキーワードが
ちょろちょろ出てくるようなもんですから。
ちなみに>>282は別の人だ、ちょっとわかりにくくなっちゃったな、別にいいんだけど。

>>282
侍映画ってことは武士道の中の要素かなー、ちょっといまさら感もあるけど、
でも未だ日本に残ってる要素も良く考えると挙げられるのかもなぁ。

290 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 00:47:23
中国人と日本人の見分け方
日本人は下を向いて歩いているそうだ。何かの手がかりになるかな?

291 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 00:49:04
例によって書き溜めて自演やってんのバレバレなんですがw
考えるのに時間かかったとw

292 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 00:59:00
レスが美術の話になってない
サブカルの話ばっか
以前に他の人がレスしたのの引用ばっかじゃない
情報持ってない人がだらだら自己レスしたって答えなんか出るわけない
こんな事やってるから住民から見放されるんだよ

293 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 01:04:24
そのサブカルが日本オリジナルなんだから
ファインの人はそこからヒントを

294 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 01:08:36
自演はやめろ 話はそれからだ

295 :TM:2006/10/11(水) 01:20:09
いや自演じゃねって。 マジレす。


296 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 01:20:40
困ったちゃんはいないようだけど
他にも自演してる人いるの?

297 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 01:24:11
現代日本のコンテクストってサブカル以外になんかあるの?
侍とか禅とかって現代の俺たちが語ることじゃないだろ。 
オリエンタリズムにあこがれたイタイ外人の方がよっぽど理解してるし。
「サブカル」って線ひいたらいかんのじゃないか?

298 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 01:27:42
やくざとかが海外受けしてるのは武士道とか忠義とかそういった「和」の要素を含むから?
それともゴッドファーザーてきな犯罪美学とか一族の絆とかそういう不変のテーマの日本版?っていうかんじでうけてるの?

299 :281:2006/10/11(水) 01:35:03
>>292
アート自体からヒントもらおうとしてももう新しい飛躍はできない(難しい)。
飛躍は別のとこから持ってきて、それを着地させるために
過去のアートの方法や文脈を活用する。アートは全人的に向き合わなきゃね。

アートからヒントをもらうということは、テーマはあくまでアート自身の枠組を問う、
モダニズム的な展開になる。意識の上ではすでにアートは完全な自由を獲得している。
つまりいろんな先入観は取り払われ、
あらゆるものをアートとして受け入れられる、精神の下地は出来あがった。
だからモダニズムが終焉してポストモダニズムに移行したわけで。
つまりモダニズムだけでは現実的にフォローしきれなかった部分を
新たなコンセプトで表面化させるのがポスモもしくはそれ以降、と言えるわけで云々。

とりあえず>>281を含む大きなテーマとして(欧米アートはアイデンティティを
問われやすいので)日本人としての特質をいろんな部分からアブリ出せないか、
と思うわけです。アートの話が必要になるのはそれを着地させるときでいい。

300 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 01:41:52
NYでアートやってるけどさ、ギャラリーが興味しめす「日本人」っぽい作品ってもうアジア的なもんじゃないぞ。
村上氏の影響もあるとおもうけどこっちのやつらがおもろいと思うのはTOKYO POPみたいなあるいみ「AKIRA」みたいな感じのもんばっかだよ。
どれだけ新しいか? 突出してるかで判断されてるから温故知新してても仕方ないかもよ。
いまの日本のいいところも悪いところもがっつり受け止めたほうがいいのかもよ。 

301 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 02:39:30
@超絶技術で
A「和」からつかず離れず
Bやくざが
C下を向いて歩いているのを
DKawaiiく描く

__(,,゚Д゚)ハッ

302 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 07:23:34
>>301
ワロス

303 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 09:28:30
かわいいなあ、おまいら( ´∀`)

304 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 09:49:36
くだらない自演保全のスレに成り下がったね

305 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 13:32:52
age


306 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 13:41:56
>>304
それが村上関連スレのデフォルトクォリティですからね。
どこも同じ人が保守してるしw

307 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 18:15:23

   午後八時頃に連投が始まり夜中まで続きまふ


でもこのレスを見て繰り上げるか、どっちかな?

308 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 18:51:31
>>300
いろいろあって、一概にひとくくりでは言えない。そういう所もある
しそういう お好みの人もいるという話。あなたが、そういう所に出入り
しているから。 アメリカは人種のルツボ、多種多様な民族とカルチャー
があり、階層社会でもあるし。決め付けられないから ある意味面白い。
ともいえる。




309 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 19:05:58
アメリカは人種のるつぼなどではない。
はっきり分かれてる。

310 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 19:40:49
同じ事でしょ。階級社会があってと表現しているでしょ?
その中に他人種がコミュニティーを作って存在しているのがアメリカ
そして自分のルーツをアメリカに長い事住んでいると探し出そうとする。
白人優位の、まだまだ差別社会だし。その中の人達がどういうものを好んで
いるかは、様々なのですよ。もう一つ、村上以外の観点で付け加えると。
実際のアメリカ人が口をそろえて言っていた日本人の資質として良いところ
は、あの阪神大震災の時に大暴動や暴漢が起こらなかったという点。
そういう精神性(今は非常に、落ちてきましたけど、まだ残っている)
そこが、彼らと(完全肉食欧米人)との違い。個人主義であり。
そういうものを感じさせる作品にを、アメリカ人が求めているという面も
一つあります。それが、すべてではないですけれど。


311 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 19:47:09
つ【関東大震災】

312 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 20:13:42
(完全肉食欧米人)??個人主義?
よくわからん。おら腹減ったー。

313 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 20:57:32
肉食人種は、血液が酸性になりやすく。闘争欲が増し。荒々しくなる。
子供のときからの躾も大人と同じ様な扱い。個という自分が主、たとえ家族
であれ夫婦であれ。だから、日本人の様に、今、なになにが流行っているなんてのは
団体とか大衆では起こりえない。価値観もそれぞれ違うし、自分の個も大事
だから他人の個も独立しているとみなす。その摩擦は弁護士をたてて解決しようとする。
だからアメリカには日本以上に弁護士がごろごろいる。


314 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 21:09:14
どっかで読んだようなありきたりな話だな。

315 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 21:22:00
入試の英文の長文読解などに似たような内容の文をよく見た気がする。


316 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 21:36:31
だから、アメリカではドラエモンや おしんは受けなかった。人に頼る
という事。と耐えるという事。又、日本人の持つ繊細さは絵画でも漫画
でもアメリカ人より芸が細かいところがあるから そういう所に彼らは感動する。
そして前述した武士道の精神や たけしのヤクザものというかヤクザものには、日本人
にしかない精神性 である義理、人情も受ける。アメリカ人はとに角、正義の味方で強い奴
が好き。忍者とかが、だからはやった。この国にいても日本人である自分達があれこれ考えている
様な結果が、国民性が違うということで出でくるから。本当にひとくくりで言えない面があるので
自分の中から出てくるのがあったら、前述していた人がいる様に和のものを少しだけとりこんで
好きな様にクリエィションしていく方がかえって良いのができるかもしれない。

317 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 21:47:18
@繊細超絶技巧を駆使
A「和」をちらほらさせ
B勧善懲悪な
Cかわいい
Dやくざ
を売るということか

318 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 21:50:06
ちょっとまてよ、それは欧米人受けするもんだろうが。
そんなもの日本でうけるかよ。

村上みたいに逆輸入しろということか?

319 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 22:11:12
>316 あの、ていうか…「和」って何…?抽象的すぎてわかりません。

320 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 22:19:40
『和』って現行のサブカルではなく禅とか神道とかわびさびとか今の俺たちには無縁の海外の奴らのほうが知っている日本の伝統美とかセンスでしょ。

321 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 22:24:23
現在も過去の伝統も両方、日本の国の中にあるもの すべてを和と表現している。
海外からみた 日本人特有の文化、人情、風土とか歴史しかetc


322 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 22:30:35
>>318
>>300 >>301 に対応している。でもね。日本で文化庁が主催してするのだったら
ちょっと位は意識するのではないのですか?海外からも人が来るし。オリンピックの
開会式なんかでも主催国が自国の特色を少し出してやっているでしょう?
今、日本を代表する文化というか。その中に、いろんな作家のそれこそ現在の日本人
アーティストを語るように 沢山の作品を出品してもらうとか。

323 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 22:45:34
海外でも国内でも受け入れられそうな日本ならではポスト村上的なコンセプトがあったとしても今の日本にイラストやコマーシャルアート以外の受け入れ先があるのだろうか?
サブカルや「かわいい」系をおっかけたら村上意識してなくてもイラストみたいになるとおもうし。
今の画廊とかって若手のそういう作品受け入れてるの? 
情報キ盆ぬ

324 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 22:56:07
>>322

どうもあなたは「売れる」というところでしか話さないようだが、
スレタイは「村上隆の次」。歴史には不可逆性があって、
1度進んだ時計の針は戻らない。
このスレは村上登場後の現代美術界のコンセプトの可能性について
話し合うところだから、古美術系の伝統美に沿った的なとっくに手垢のついたコンセプトについて
いくら力説しても無意味なんですよ。
あなたが古美術系に固執する理由は、それがそこそこ売れる安全パイだからでしょう。
でももう一度いいますが、このスレに来てる人は新しいモノを望んでいるんです。

325 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 23:00:27
パフォーマンスとかハプニングとかはだめなんかな。
いっそ2D離れしてさ、インスタとかでもいいし。
現代日本を抽出したパフォーマンスとかインすた。

結構いい線いってね?

326 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 23:07:43
やくざ映画がどーたらとかサブカルアニメがどーたらとか言いたいなら
映画板かサブカル板アニメ板行って語れよ。
人種論とかも板違い。
保全やってるバカ自体が美術に造詣ゼロじゃ話にならんだろうが。

327 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 23:10:27
>>325
それは単なる方法論だろ。はげ。
並べ立ててどうすんだ。

328 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 23:14:56
僭越ながら「芸術起業論」でググってヒットした中から
印象的な言葉を列記いたします。


●欧米において、美術作品は「歴史」という文脈の中でしか評価されないことを見抜いていた点に、村上の真骨頂がある。
●村上隆さんがそれを強調するのは、欧米の芸術の世界における不文律は、<作品を通して世界芸術史での文脈を作ること>だからです。
●同書の<才能を限界まで引きだす方法>の章で、こういっています。
(才能を引きだすために)<うちのアーティストには、極力、制作の思考過程を「ゼロ」からやらせています。(中略)ゼロからものを考える時に、
きっかけとなるのはどういうことかと言いますと......。「最近どういう楽しいことがあったか」「最近どういう悲しいことがあったのか」そういうことに尽きます>。
個人の欲望を突きつめるというのは、自分とのコミュニケーションであって、それを解放するというのは、他人とのコミュニケーションです。
●始めは嫌悪感を抱くけど、骨身を削るようにして体得・実践してきた著者の体験や分析を読み進めるうちにその主張がアートの現場の実体らしい事がわかってくる。
むしろ、いかに自分が芸術に対して曖昧にお茶を濁してきていたかを痛感する。
●歴史を学べば自由になれる。
●話はちょっと逸れますが、F1ドライバーのシューマッハも、スポンサーのパーティーがあると誰よりも熱心にスポンサーを口説いているといいます。
こんな時に「オレはレーサーなんだからスピードで勝負するぜ!」と豪語して、サッサと退散するのは大抵2〜3年で姿を消すドライバーなんだとか。
●やっぱり「言葉」って作品の価値を何倍にも上げるとっても重要な要素なんだと改めて思いました。
●この中で、村上氏は同じことを繰り返し、違うエピソードで書いている。
それは、「文脈を掴んで戦略を立てろ」という非常に当たり前であるがなかなか出来ないことと、「自分で自分に満足するな」ということ。

329 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 23:20:12
村上の次は?ってスレなのに
いつまでも村上引きずってどうすんだ、バカ。
それこそ既存の村上スレでやれよ。
自治廚どもから叩きが来るぞ。

330 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 23:25:34
>>329
なにかの後を語るには、そのなにかを知らずしては語れない。
ポストモダンを例にとれば、モダニズムとはなにかを理解しなければ
語れない。

331 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 23:26:43
歴史を踏まえて作品のコンテクスト創りをゼロの状態から始めるとすると、西洋(米国)文明に蹂躙された世代以降の俺たちとしては何があるんだよ。
高度成長期とかポストバブルとかそういう歴史文化の盛衰を捉えたとしてもそんなミクロな視点は世界的に受け入れられないではないか?
欧米に蹂躙されていわゆるサブカルしか懐に無くなった俺らがしっぺ返し食らわすにはどうしたらいいんだ?

332 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 23:30:13
今の日本に世界に伝わる「言葉」があんのか?


333 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 23:33:18
どっかの批評文の引用?
マンガしか読んでないどっかのサブカルバカですか?
どうしたらいいんだ?じゃなくて自分で具体例挙げたら?

334 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 23:37:59
美しい国へ

335 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 23:39:16
>>330
だ〜から村上の本は読んであんた理解したんでしょ?
その村上の本を議論するスレじゃないんでしょ?
その次はって話しなんでしょ?

336 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 23:40:59
なんかまとまりねーなー

337 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 23:41:42
格差社会
拉致
憲法改正

338 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 23:42:51
>>335
別に連投工作してるんじゃないんだし、なんでスルーできないの?
主張があるならスルーして書けばいいのに。
それにそんな言い方じゃ荒らしみたいだよ。

339 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 23:47:51
今言える事は、村上はもう終わった、と言う事。
村上はただ既存の文化を掘り起こしただけ。

これからの文脈をどう作り上げるか。
どうやったら世界と対等になれるか。

340 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 23:49:36
>>324
あなたね。頭固そうな方ね。作家としての資質に欠けてる方でしょうね。
古美術をヒントにいくらでも現代的な作品つくりだせますよ。
流政之の彫刻なんかは、伝統的な日本美から消化して現代彫刻をクリエイト
してますよ。建築家なんか結構そういう人多いですよ。過去の伝統的な作品を消化して
現代建築を創造する。私の意図しているのは現代美術の範疇に入ります。あなた、本当
に製作者ですか?基本的な事が判ってられない。


341 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 23:53:00
新しいもの、次、コンセプト、売れる

これら全て欧米アートわーど、欧米文脈なんだな。

新しいものなど、実は必要ない。ことに気付け。

342 :324:2006/10/11(水) 23:53:52
>>340
いい加減自分の方がずれてることに気づけよ。
それならこのスレのアンチスレとして
「売れるコンセプトは古美術系以外にねーだろぼけw」スレでも立てなさいw。
スレタイから外れることばっか書いてんのはあんたなんだよ。


343 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 23:57:00
欧米がアート界を台頭してるのだから奴らのルールに従うしかないのだろう。
そのうえで日本ならではコンセプトをやつらにもわかりやすい形に昇華して適当な「言葉」をあたえれば良しと。
そんでもって日本の画壇にも受けが良かったらいうことなし。
一気にもとめすぎだな。

344 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 23:58:31
さぁ〜煽りに応えて保全廚が萌え萌えネカマキャラ投入してきましたよぉ〜
今日もプロ作家が電波飛ばしまくりキボン

345 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 00:00:16
>>324 私は>>316ですが、よく読んでくださいよ。売れるものについて、決められない
という理由を述べています。例えば、アメリカという国の国民性を相手にすると>>300 >>301
対応する事になりますが、こっちの計画外の事がおこりうるから無駄に近いという書き込みを
している筈ですが?日本人には全く理解しにくい個人主義という考え方が、何を売り
にするか わかりにくくしている。と述べていますよ。あなたの解釈は浅いです。サッと読んで
適当に反対路線を言っているだけ。


346 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 00:01:38
>>344
こいつが、どブス妬み野郎電波

347 :324:2006/10/12(木) 00:03:53
>>345

また売れるということだけに注目したレスじゃないですか。
何度言ったらわかるんだろ。

348 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 00:04:46
>>343
理想的な話だけど、日本の画壇は、姑息だし。あの画壇のがっちり固まった
団体意識が、どう変わっていくのか?


349 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 00:05:55
>>342
ずばり指摘されて怒っちゃって。プッ。浅いヤツ。

350 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 00:07:40
でもスレタイは「売れる」コンセプトつくりだろう。
自分の理想論は抜きにしてそこわかってない香具師多すぎ

351 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 00:08:07
ン・・・?

困ったちゃんキタ━━━━(°Д°)━━━━!!!!?

352 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 00:09:30
>>347
>>342 で、どうもあなたは売れるということでしか話さないようですがーーー
と言ってるし、これアメリカでの現地の生の声ですよ。売るコンセプトを
考えにくい大国なのですよ。ホンマに作家? 素人っぽいですね。

353 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 00:13:45
352 の中の>342は間違い、>>324だった。

354 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 00:14:04
やっぱ、まずはアメリカに行くべきだろ。

355 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 00:15:20
>>352

分かりにくいなあ。あなたが村上後ということは無視して、売れることだけに注目したレスを繰り返すから、
それじゃスレ違いになってますよと言ったのに、>>345でまた同じ主張を繰り返してる、と言ったのが>>347なんだけど。


356 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 00:15:51

 保全廚はぶっちゃけ結論なんて求めてないだろ?
 自分の立てたスレのカウントが上がると
 世間から相手にされてる気分になってぐっすり眠れるんだろw

357 :355:2006/10/12(木) 00:17:41
村上後だっていつだって、古美術系が消えることなんてないでしょ。
そんな当たり前のことはみんな分かってるよ。
分かり切ったことをあんた1人がしつこく繰り返してる。

358 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 00:21:22
古美術とサブカルの二本立てしか
保全廚には引き出しがないからなw

359 :TM:2006/10/12(木) 00:23:23
いや俺な、結構真剣に2ちゃんからなんか新しいこんせぷと出ないかなって思ってんのよ。
くだらなねーとおもってもいいけど。
2ちゃんとかミクシィとかすごい新しい形のコミュニケーションじゃん。
なんか潜在可能性みたいなもんがびしびしくるのです。


360 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 00:25:07
>>354
アメリカ行かなきゃだめか?

361 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 00:25:36
>>357
なんか、資質が無いのですか?があなたには、当たってましたか?
そんな事いったら、すべての現代美術全部そういう言い方で反論
できますでしょう?会田さんもしかり千住さんもしかり、あなた へ理屈
よそれ。あなたね、素人さんぽい。他板から荒らしにいらしたの。

362 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 00:25:58
>>359は厨房ですか?

363 :281:2006/10/12(木) 00:27:10
>>326
>>299を読め。なぜすでにアート以外の雑談からしかヒントを得られないのかを
ちゃんとアートの中の話で語ってるだろ。
それともなぜヒントをアートに求めるとアートの枠組を問う
”モダニズム”にしかならないのか、から説明しないとわからない?

>>352
スレタイは欧米のアートルールにのっとるということ、
そして「村上隆の次」というのは単に次、ではなくエポックとなること。
村上は名誉欲の人で、生きてることの欠落感を歴史に名を残すことで
自分の中で処理しようとするね。それがアートをする動機の全てとは全く思わないが、
ここでは要するに次の歴史になりうるコンセプトを語るという意味が含まれていると思います。
歴史に名を残したいなら、アートの文脈を拡張する試み、となれば
「アートの意識的な規則破り」が必要。
アートの歴史ってのは文脈を元に整理体系化したものだからね(良くも悪くも)。

364 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 00:28:09
>>358
あなたの言うとおりよ。アメリカの話題出したら。古美術系の反論と 村上の次
って事を力説してくる。

365 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 00:29:43

 保全廚が腹話術で操ってるのは現在三、四人くらいかな?
 TMてのとネカマプロ作家と名無しが二人くらい?

366 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 00:31:51
>>365
あんたは、お釜の電波野郎か

367 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 00:32:14
>>363
池沼のくせに長文はやめとけ
馬脚が出るし、だいいち誰も読んでないw

368 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 00:32:31
>>361
もう少し感情を抑えて話してくださいよ。
何が言いたいんだかまるで分からんですから。

369 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 00:33:26
日本でやっててアメリカから注目されることってあるの? 奈良も村上も海外でやってきたから今があると思う。会田さんだって技術とかずば抜けてて視点も面白いしホイットニーとかでもやってんのにベースがこっちだから受けないのかな?

370 :281:2006/10/12(木) 00:33:41
>>365
ふーん、その分析して、で、どうなるの?
よくあなたいろんなとこでそうやって目的なく単に荒してるみたいだけど。
仮に保全だとしてもあなた以外のために保全してるから安心してちょ。
ひとりが保全してると思ってるなら僕がこうやって言えば全て解決だね。

371 :TM:2006/10/12(木) 00:35:18
ごめん、>>369は俺だなまえ入れ忘れた。 腹話術ではなし。

372 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 00:37:31

 保全廚! 書きためて一気に連投するとバレるぞw

373 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 00:40:10

 自演してなきゃアンカー飛ばしたりいいわけする必要もないのだなw

374 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 00:43:19
>>368
あなたは、古美術という型しか見ていないし。古美術系に対して
変なアレルギーがあるみたい。現在の日本人の特質(村上のやったオタクが その例)
もアートになりうるヒントになるし。過去のもの例えば、武士道とか忍者や ヤクザ
なんかも何かを引っ張り出せるものになりうる。古美術の中にある日本人唯一の精神性も
現代美術に盛り込んで新しいものを作り出すこともできるし。日本人独自の文化考え方
というか精神もすべて過去も現在も ヒントになりうる。

375 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 00:46:38
>>371
会田さんは、好きな作家だし。確かに海外で評価されていない方ですか?
積極的に出られてないからじゃあないですか?

376 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 00:46:57
古美術マンセーが何故かやくざ映画も語っている件
 


377 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 00:50:49
過去現在未来
古今東西
森羅万象
人間、歴史、宇宙に到る全てのものを知れ。
話はそれからだ。
現在は全ての端末に過ぎない事を知れ。

378 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 00:53:39
当たり前だろ。身の回りにあるもの でき事 すべて過去も現在もヒントになりうる
と言っている。選択するのは自分。その人に合うものしか選べませんけどね。
その人の持っているものしか出てこないでしょう。

379 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 00:55:21
もうバレバレですが

380 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 00:57:45
何?

381 :281:2006/10/12(木) 00:57:46
もう古美術はイイんでないの?
個人的なリアリティだしそこから先の連想ゲームは企業秘密だっていうんだから、
もうここで語るものはないよ。
あとは自分で作品に落とすだけでしょ。

>>359の可能性は…難しいとは思うけど、
いまさらアートにヒントを求めてもしゃーないんだから、もっとアイデンティティを
テーマに雑談して、網の目のように連想を広げた結び目のひとつが、
まだ気づいてなかった日本人の特質であり、それをわいわい軽く探すのが
一番場にあってるし、これが一番建設的だと思うんだけどなぁ。

382 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 00:59:51
バレバレの割には話がループしている様ですが…

383 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 01:00:56
抽象的な話ばっかで具体例いつも無しだね。
釣って住民に書かせたいの?
無理だと思うw

384 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 01:02:00
>>381
あまり深く考えるな、ということか

385 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 01:03:13
>>382
自作自演だからこそ話がループするわけですよ
一人でやってんだからさ

386 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 01:03:40
>>381
古美術アレルギーさん。その お話が主ではないですよ。今日は。
読み取れませんでしたかね。それより作家さんでない方は ご遠慮ください。

387 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 01:05:46
>>385
あんた、それしか言う事ないの?何かいい案出してよ。そんな事より。

388 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 01:06:02
>>359
2ちゃんとかの可能性としたら同時多発的なパフォーマンスアートになるんじゃん。
でもヒッキーとか毒男ばっかだから実現できないやな。

389 :281:2006/10/12(木) 01:08:44
>>386
いやいや、かつそういうものが売れるんじゃないの、ってことよ。
村上はそうやって売ったんでしょ。

390 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 01:09:37
アンカー飛ばす野好きだね。。。。

391 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 01:11:02
古美術品、工芸品じゃあないよ。私の狙いは。だから売れるかね?
内心、思ってるよ。

392 :281:2006/10/12(木) 01:11:20
>>390
>>370

393 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 01:12:46
電波なのか、マジなのか

394 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 01:32:28
にちゃんをアメリカに紹介するには勇気が必要だな。
おそらく成功するが、叩かれ方はハンパ無さそう。

395 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 01:55:42
匿名掲示板ぐらいアメリカにだってあるだろ ぼけ

396 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 02:10:42

  あれだけいっぱい居た住民が一斉に寝ちゃうスレですか?

397 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 05:02:38
age

398 :69 ◆wZPHo53XqI :2006/10/12(木) 18:07:33
お久しぶりです。
展覧会の為に韓国に旅行して留守でした。
すっごくスレが伸びててびっくりしました。
ところでどなたか
「2ちゃん発アート」って言われてたの、賛成します。
「2ちゃん」は日本独自の文化だと思います。
以前、「千羽鶴プロジェクト」があって、その結集力は見事でしたし、
「マトリックス」でのスミスたちのコス行進は
もしかして海外のマトリックスファンの間でも
話題になったのでは? と思ってました。
スミスたちって、立派なパフォーミングアートですよ。
(註;マトリックス公開当時
黒いスーツとサングラスをかけた2ちゃんねらが都市毎に終結して
マトリックスの映画を観に行ったり電車に乗ったりしてました。
オフ板でおもしろそうだなぁとROMしてました)

電車男しかり、
2ちゃんの人材結集力はかなりなものだと思います。
ところで
釜山ビエンナーレも見てきましたが
それぞれが似たような映像作品が殆どでした。
立体とか、平面の方が面白いなぁと思って帰りました。


399 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 18:15:27
千羽鶴もマトリックスもネタ古杉
キムチでも食ってろや

400 :69 ◆wZPHo53XqI :2006/10/12(木) 18:28:40
そっかぁ、古いですかw
キムチ美味しかったですよ^^
ではでは。

401 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 19:01:19
バカが大勢で行動したところで、アートになるかどうかは
別問題。

402 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 19:10:10
要は自分で考えて練ろよ。って事だし 討論するのだったら >>381 の 可能性は
難しいとは思うけど---------。の辺りしか ないっしょ。

403 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 19:38:44
今日もまた連投ですか 自演ですか そうですか

404 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 20:46:04
で?村上後のコンセプトやらは出てきたの?
読むのめんどくさいから誰か3行以内でまとめてれ

405 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 21:00:04
君みたいにフラッと来て答えだけ知りたいなんて、
スーパーにフラットな奴だ。w 
その次というと、つまりオレのことか。

406 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 21:00:52
プププ

407 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 21:14:07
後村上といえば南朝

408 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/13(金) 00:28:12
村上がモデルとした岡本太郎の文章。

狩猟期な生きた人間の感覚は、きわめて空間的に構成されているはずです。
獲物の気配を察知し、しかも的確にその位置をたしかめ、つかむには、鋭敏な三次元的感覚がいるにちがいない。
それにたよって生活した狩猟期の民族が、われわれの想像をはるかに越えた、するどい空間感覚をそなえていたことはとうぜんです。
そういう生活なしには縄文土器のあのように的確、精緻な空間のとらえかたは考えられません。
そうしてみると、すぐに連想されるのは、ヨーロッパ旧石器時代の原始人クロマニヨン人によって描かれた有名な世界最古の絵画、アルタミラの岩絵(スペイン)です。
ひさしいあいだ謎とされているその立体的迫力も、なるほど、なっとくできるのです。
未開人は知能、技術がきわめて幼稚だ、だからその芸術は単純で平板なはずだ、などという考えは現代人のあやまった観念にすぎません。
ゲシタルトは心理学者、ケーレルやカッツは「知覚の恒常性」という説で、幼児やチンパンジーを実例にとって、空間のとらえかたが知識や体験によって進歩しないことを証明していますが、これも私の考えを裏書きするものです。

409 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/13(金) 01:36:10
これどこからひっぱて北の情報源きぼんぬ。

410 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/13(金) 01:38:52
うん、空間の感覚こそ
その民族の血みたいなものから発していて、
何十年デッサンしようがどんな訓練しようが変わらないと思うな。
日本人だけで見てると充分西洋的な感じのする絵でも、どこか
フラットになる。でもそれこそが日本人の体に流れるものじゃないかな?

411 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/13(金) 02:59:31
そこでスーパーフラットですかそうですか。

412 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/13(金) 08:29:25
そうなんだよな。
フラットていうのは田んぼ。
山も棚田のように面取りしてフラットに知覚する。

413 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/13(金) 09:30:16
だから、村上は
日本は世界の未来かもしれない
って言ってたんだろう。

414 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/13(金) 09:39:20
クロマニョン→宗教画→ダヴィンチ→モネ→ピカソ→スーパーフラット

415 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/13(金) 09:43:56
そして、自分のしてることを肯定するために仏教を持ち出した。

天上天下唯我独尊
色即是空
犀の角のようにただ独り歩め(『スッタニパータ』)

416 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/13(金) 18:30:26
それで?それでどうかしましたか?

417 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/13(金) 18:50:54
何言ってんだ バカ

418 :長文ごめん1:2006/10/13(金) 19:32:44
ヤクザ映画からちょっと短絡的な連想だけど、やっぱり陰湿な暴力描写ってのはあるよね。
暴力描写って欧米では日本よりかなり意識の中で抵抗があるのかもな。
アートで”暴力”ってテーマはどうかね。暗示じゃなくて直接的な。

アートの中で直接的な”暴力”表現って実はほとんど切り開かれていない土地かも。
なんかそこはアートというなんでもアリの世界で唯一禁断の扉として
みんな見て見ぬふりして封印している気がする。
映画でも小説でもハードバイオレンスはあるのにね。
確かにアートがこの扉開けたら超x3危険だが。
つーことはアートの”意識的な規則破り”にもなりうる、か。

これ思ったのも実は最近ある映像をネットで拾って見まして。
SMものだと思ったら拷問モノの特撮で、でも最初(実際の)プレイものだと思ってて
ぽつぽつ飛ばし見して気づかなかった(恥)。興味本位で
しばらく頑張って見たんだけどゾッっとして次はアドレナリンが出まくった。
Sじゃないんだけど、あのアドレナリン感はある種エロと錯覚するものもあったな。すごい感覚だった。
やっと気づいてその作品やマニアックな映画のこといろいろ検索したけどね。
でも僕にとっては知らなかったんだから擬似スナッフビデオ体験だよ。

419 :長文はお嫌いですか2:2006/10/13(金) 19:33:15
でもこういう擬似スナッフ映像をアートの文脈で正当化することは可能かもしれない。
ヤクザ映画や日本映画の陰湿な暴力表現て日本人のアイデンティティのどこかに結びついていないかな?
それを探せば日本発で”暴力”をアートに載せられるかも。9.11と絡めることも可能だ。
宗教の対立やエロスを絡めることもできるな。
そういや横尾忠則が当時、あのビル倒壊を「僕がしかけたアートだ」と言うアーティストがいたら
どうなるんだろう、と言ってたな
(そのときは現実がアートをはるかに超えたことへの無力感を語っていた)。

ただこんなに暴力にリアリティ持てる作家なんているんかいな?ボクは無理だ〜
抗議や訴訟も山ほど食らいそう…
ボクシングでも始めて肉体から精神を変えるくらいのことをしないと無理ぽ。

そして擬似映像でアートの暴力の扉を開けて…行きつく所、パフォーマンスアートが待ってるんだろうか…

420 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/13(金) 19:53:44
だからそのへんもさ、ギニーピッグとかモロサブカルかもしれないけど
すでにあるんだけど。今更だと思う。
それに現代美術で暴力が未開拓地なんて嘘でしょ・・
中国の作家の赤ん坊食べてるビデオとか、ダミアン・ハーストのサメや羊や牛も
暴力がぷんぷんにおうし、アンドレアス・セラーノやマシュー・バーニーあたりも
暴力が主要テーマだし。あとチャップマン兄弟も相当血なまぐさいよ。
もっと勉強した方がいいんじゃないかな?

421 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/13(金) 19:53:46
ボクシングは1960年にネオ・ダダの篠原有司男がボクシング・ペインティングってやつを敢行してる。

422 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/13(金) 20:01:23
オレ血なまぐさいのだめだー。
アート向いてないのかな? でも言われて見れば宗教画とかも西洋東洋ともに暴力臭ぷんぷんしてるよな。
日本人でなんかそういうかわいいけどグロ意みたいなのやっている人いなかったけ?
会田さんの手足のない女の子の絵も暴力臭なくもないか??

423 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/13(金) 20:03:46
究極のアートはテロとか戦争になるな。あり得ない。
アートパフォーマンスと称して、有名作家陣が自爆テロしたら
さぞ面白かろうよ。

逆に、いかにアートは絵空事か、とも言えるかな?

424 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/13(金) 20:05:57
>>422
なくもないどころか(ry
会田さんのでは、女の子が巻き寿司になってるのが
笑えるんだけど血なまぐさい


425 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/13(金) 20:15:54
会田は日本を代表するヤバ男。

アートの定義が知りたいなら、調べればいい。

426 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/13(金) 20:37:38
会田さんの作品の中で最近の手足の無い、血なまぐさい女の子関係
の作品、全部キライ。何でも未開発だといって奇をてらいたくてやりた
かったらどうぞ。エロ、グロ皆嫌いね。芸術家の魂から発する霊能が、
大衆の魂の琴線にふれるのである。つまり、芸術家の魂と大衆の魂との固い
連繋である。芸術家の品性か゜そのまま大衆も下劣する。芸能家の品性が高ければ、
大衆の情操も高められるのは当然である。ここに芸術の尊さがある。言いかえれば芸術家
こそ、魂を持ってする大衆の指導者であらねばならない。今日の如き社会悪の増加も、その
一半の責任は芸術家にあるといっても過言ではあるまい。見よ、低俗極まるエロ
グロ文学や、妖怪きわまる絵画や低劣なる芸術家が発する声も奏する音楽も、劇、
映画等も、心を潜めてよくみれば、右の説の誤りである事を覚るであろう。
する。社会悪を促進させる様な作品はたとえ、面白そうでもイヤですね。

427 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/13(金) 21:02:23
建築家の丹下健三さんの文章。

しかし、現代について申しますと、われわれの住んでいる大都市の中心、そこにわれわれは集まって行くわけであります。
けれども、そこにはなにがあるかといえば、ネオンサイン、広告、もの欲しそうなショウウィンドウ、そういうものの色と形の雑音が存在しているだけで、芸術はさっぱりそこに顔を現してないのであります。
これはもちろん現代の一つの特徴でありますけれども、しかし、こういう現象に対して、わたくしはやはり、現代の諸芸術に携わっている人たちの大きな責任が二重の意味であると思うのであります。
一つには、そのような音と色の雑音というのは、現代の芸術の一つの影響であり、反映であるという意味で責任があるということであります。
もう一つには、芸術家たちがそういう社会の広場から逃避して、閉ざされた自分の密室の中に逃げこんでしまっている、という結果からくるのでありまして、そういう意味において芸術家に責任がある。
つまり現代の芸術家はそういう意味で二重の責任を負わされていると考えるべきだと思います。

428 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/13(金) 21:08:07
逆なんじゃね?

社会が芸術家を作る。
社会が芸術家をして創作たらしめる。
美はその時代の反映。

429 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/13(金) 21:17:07
芸術家は時代の反映であっても、面白そうであっても、奇をてらえそうで
あっても発表しない作らないという考え方について述べた。
アメリカでもありましたよ。自分の体の脂肪分(肉)をそぎ落として
アートとして出品した女性アーティスト。奇をてらえられて、一時だけ話題に
なりましたけど。何でもアートになりえますよね?私はイヤですねぇ。社会が病魔
にやられていって流行だとなっても、その時代の影響は何かしら受けますが、
排除するものは、排除して受けてやらねえよ という意志を持ちたいですねぇ。

430 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/13(金) 21:23:32
エログロに関する西村清和って人の話。

従来「惨劇美」とか「グロテスクの美」とよばれてきたこの謎めいた経験を、最初にはっきりとしたかたちで問題にしたのは、坪内逍遥(「歌舞伎の追憶」、『逍遥選集』第十二巻、春陽堂、1927年)である。
かれは少年時代に見た歌舞伎の、蘇芳汁をふんだんにつかった血みどろの殺し場の、むしろ不快な印象や不気味な印象を追憶し、またシェイクスピア学者として西洋近代劇と比較しつつ
「どうして我が過去の同胞はそんな惨酷な、殆ど、今ならば、目も当てられないといつてもよい残忍野蛮を極めた殺傷劇を・・・主な最も愉快な観どころのやうにして熱狂して観ていたか?
さういふ残忍な性向が我が民族に固有されているのか?」
と問うている。
わが同胞は「実際、一種の変態性欲的傾向にかかつていたのではなかつたらうか?」
たとすれば、歌舞伎は「極度のマゾキズムとサディズムの産物であるといはれないわけにはゆくまい」というのである。
殺し場にサド・マゾの倒錯の快楽を見ようとするのは、今日にいたるまでうけつがれたひとつの立場である。
だが逍遥自身は、わが民族性をサディズムやマゾヒズムの嫌疑から救う別の説明方式として、歌舞伎に特有の、古今無類の「徹底的遊技性」という美的原理を呈示した。

ビジュアル系バンドもある意味、歌舞伎。

431 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/13(金) 21:25:17
>>427
いや、芸術家にそんな社会的責任があった時代なんてあったのかな。
太古の芸術の方向を決めたのは様式の伝搬だったし、中世の芸術の方向性を
決めたのは為政者だったし、現代のネオンとか広告とかは行政の問題(つまり
市民の総意)だろうし。

432 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/13(金) 21:32:43
>>431
現代美術家はずっとその精神だよ。
最近はそうでもないらしいが。

433 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/13(金) 21:35:53
つまり、そんな社会的役割はそもそも担わされていなかった、ということでは?
だから特に社会に受け入れられなかった。作家はそれに気付いたんじゃない?

434 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/13(金) 21:37:38
変態UCLA教授ポール マッカ−シーは絵具は自分の体液、排泄物の延長みたいなこといってるし、エログロとアートはきっても切り離せないもんだろ。
>>426のいいたいこともわかるが現代において芸術家のみ尊いみたいなスタンスは古いと思う。
みずから率先して汚れ役を買うのも芸術家の仕事。

435 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/13(金) 21:48:29
>>430
>無類の「徹底的遊技性」という美的原理を呈示した。
死さえもエンタテインメントにしてしまうお気楽さみたいなものって
結構日本人の本質ですよ。なぜそれが出来るかと言うと、宗教がないから。
もうひとつ、日本人は江戸の昔から価値の尺度が「お金」でした。
まあお金教みたいなね。無宗教なので、西洋人が宗教的価値観で測ることも、お金が尺度になる。
ショッキングな出し物で客を呼べば儲かる。だからやる。なにが悪いの?と言えるわけです。
そういうお気楽さと言うか無責任というか・・・以外と日本人にはこれがあります。


436 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/13(金) 22:05:29
岸田劉生の言葉も書いとく。

美とは何か。
美術とは造化の最後の、そして最高の匠みなるこの世界の装飾である。
人間の心も、人力もその業も、造化の一つの表われと見ることができる。
人工も自然の現象の一つである。
しかも最も優れたる現象である。
造化は人間を造り、その手と心とをかりて更に「美」にかなう“もの”をこの世界に造る。
ここに造化の最後の意思が語られている。
今まではすべてが盲目に生れた。
しかも人間の「心」のみは世界中において盲目から覚めた唯一の存在である。
その「心」から生れたるものはもはや、盲目から生れたものではない。
智恵、霊性、精神の要求するものは何か、真と善と美である。
人間の「心」と、それによってこの世にもたらされた(あるいは見出された)真善美とは造化の最高の匠みである。
自然はここに至ってはじめてその盲目の域からさめる。
このさめたる自然こそ、人類の父である。
美術とは、この人間の「心」が欲する美の王国と、その殿堂をこの世界に建てようとするための仕事である。
善と真とは他の仕事にゆだねる。
そして美術家は、美を求め、美をこの世界にもたらし、そしてそれを形造り、この世に残し、その殿堂をきずく一つの基礎石を重ねる。
(以下略)

437 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/13(金) 22:28:56
>善と真とは他の仕事にゆだねる。
この辺が日本の芸術に哲学がないと言われてしまう所以。
美しければそれで良いと言ってるわけです。

438 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/13(金) 22:32:19
コンセプトなんてどうでもいいんじゃないの?キレイなら。美こそ真、美こそ善。
これでずうっとやって来たのに、急にコンセプトとか言われてもさあ
泣いちゃうぞ

439 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/13(金) 22:40:38
岸田さんの勢いが凄いのでもう少し。

かくて芸術家はその意識的生活で死を肯定してはいないけれど、その創作当時は、死以上に生きていることになる。
そしてその生涯を一まとめにしてみると、どうしても個人以上に生きていることになる。
個人的以上の意思、願望のみがそこに残る。
又一面からみて、芸術家が生を惜しむ心持はただただ、肉体的執着“のみ”とすることはできない。
ただ自分が救われて安心立命したいのなら、仕事に費す精神の力の半分も費せばそれは得られよう。
しかし、芸術家の内にはもっと別な火が燃えている。
衆生済度のために涅槃を思い止まって法輪を転ずることにした仏陀の心地の流れを、やはり芸術家は汲んでいる。
世界への奉仕の心地である。

440 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/13(金) 23:00:45
ここで会田さんの話。

(会田)
それはたぶんイエスですが、僕も女子校生にはあまり欲情しないですよ。
そうですねぇ、僕は夏休みになると幸せなんです。
僕が好きなのは小学校高学年から中学生ぐらいなんですけど、ふだん学校に閉じ込められてる女の子が、夏休みには解放されて街を歩いたりしますよね。
そうすると、街の明るさとか鮮度とかいったようなものが三十パーセント増しになるんですよ。
それはこの世に生まれて生きて、この道を歩いて空気を吸ってよかったな、という実感が三割増しになるというような感覚です。
僕は、女の子に個人的になにをしたいわけでもなくて、彼女たちがこの世にいるだけで幸せなんです。

441 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/13(金) 23:06:10
hage dou

442 :418:2006/10/13(金) 23:25:20
>>420
「中国の作家の赤ん坊食べてるビデオ」は知らんかった。
でも他はあくまで暴力がテーマてだけで、直接じゃないじゃない(対人)?
勿論テーマにするものならいくらでもあったよ。
でもさ、そこに言い訳を感じるのが多いんだよね。
暴力を出してるのには他の理由がある、みたいな。
確かにさんざん名前挙がった会田誠のダルマさんは近いかも。ああいうふうに
あけすけに快楽の元に暴力をある種”肯定してしまう”感じが。
もちろんギニーピッグのようなサブカル、
だからこそそれをハイアートで扱うようにするのが規則破りなわけで。
そういう意味では村上と同じ方法論だけど。

うーむ…新しくはないかなぁ。でもやっぱり横尾の考察の通り、
9.11をアートだと言うにはまだはばかられる状況って、アートはそこまで暴力には
開かれてないのかな、とも思うんだけど。

443 :418:2006/10/13(金) 23:36:09
補足、言い訳ってのはさ、まあ変態だと思わず聞いて欲しいけど(僕に正直この趣味は無い)、
見てるとさ、要は牛だろうが羊だろうが
みんな人間の変わりなんじゃネーの、って思っちゃうんだよね。
お前らホントはできることなら人間をかっさばいたり、吊るしたりしたいだろ?ってね。
そこに欲望を吐ききらないことを正当化する自己弁護があるように感じちゃうんだよなぁ。

444 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/13(金) 23:37:31
暴力はダメだと思うよ。
男女平等に真っ向から反するところも
アメリカ主導の現美では大きなマイナス要素。
同じ理由で動物虐待もあり得ない。
女王様と奴隷男ならいいかもww

>>442 これ 偽物だと思うんだけどねぇ
http://urbanlegends.about.com/library/bl_eating_babies1.htm


445 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/13(金) 23:38:04
中世とかの暴力(拷問、処刑、虐殺)が
日常みたいな時代ならアートに成り得るだろうが、
現在はそれほど日常的ではない。
どうしても願望のみが先行してしまって表現になりにくいのではないかと。

いつかまたそういう時代が来る、となれば、
今暴力表現するのはまだ早いのではないかと思います。



446 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/13(金) 23:46:32
>>435
日本人ほど陰で、宗教が発展された国は無いですよ。今は勿論、宗教的
な事は 冠婚葬祭に受け継がれていますが、でも陰での信仰者も多い国ですよ。
武士が刀で人を切り殺していた時代の話が多いですから残忍です。
忠臣蔵だってアサノタクミノカミの切腹シーンの中で一句読んで、桜の花が散る頃に
白装束で腹きりをする。その後、介錯して首を落とす。残忍な事が理不尽ないいがかり
でいとも簡単に行われていた時代、各階層すべてに行き渡ったのが仏教です。神道もありましたけど
心の救いを求めていた。仏教では殺生は禁止されているのに人間が人間を殺す。(武士)
それも日常茶飯事の事だった。そんな野蛮なでき事を武士の君主に使えるという忠義心なくしては
できることではなかった。だから、サド的マゾ的要素を含み。残忍な殺され方ができえた。そして日本人
の美意識が確立されていった。一句詠んで腹きりしたり。忠臣蔵の様な血生臭い敵討ちまでも美化できえた。
あの時代、忠臣蔵が町民の間で流行ったのは、武士道の中にある忠義精神に皆が感銘を受けたからだと
聞いていますが、そして脚本化され歌舞伎に取り入れられたと思います。宗教無くしては心が救われない
時代背景でもあったと思われます。儒教も学問として入り。禁止されていましたけどキリスト教も入りかけた。
その時代の日本人の中に宗教心はあったと思います。今こそ、どんどん失われていき悪いところだけ欧米化して
きましたけど。もともと、そういうものを取り入れなければいけない時代背景があったと思われます。











447 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 00:01:12
神道や仏教が庶民の間にも浸透してたと思いますか?
江戸の町民の家には神棚や仏壇があったんでしょうか
殿様には浸透してたのかもしれませんが。
キリスト教が西欧社会に根ざしたのとは強度がかなり違うと思いますし
だからグローバル基準=西欧の価値観で見ると、無宗教となるのかもしれません。
もし西欧並みの宗教社会だったら、キリスト教が入ってきた時点で
宗教戦争が起こるはずですがありませんでした。民衆はずっと「八百万の神」思考だったからでしょう


448 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 00:06:38
3行くらいにまとめてレスしてくれないかな
どっかの引用文そのまま貼付けても意味ないだろ?
話もスレタイとずれまくりなんだが

449 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 00:21:26
>>447
日本の歴史と神仏は切り放せませんよ。
ついこの間まで一家に一体は観音を置き、拝む習慣はあったはず。
てか、田舎では今でもある。
農民は共同体で祭りを開き、相撲や歌舞伎を行い、盛り上がってたらしい。
当時の農業の記録を読めば、知的水準もかなり高かったことが分かるとか。

450 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 00:29:12
>>446の忠義精神ってのは宗教じゃないんじゃないの?
ボクも>>447の「西欧の価値観で見ると、無宗教」ってのが適してると思うなぁ。

なんでも宗教的だって言い出しちゃうと、社会の全てが宗教だからね。
立川談志曰く、人間なんでもあり、でもそれをやっちゃうともたないから
”常識”、言いかえれば”日本教”でもたせている、と。

451 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 00:33:22
宗教板池よ。
板違いの話でよくアゲられるな。

452 :450:2006/10/14(土) 00:33:29
ちなみに立川談志は自分でもあくまで”文化”(蓄積の部分だね)の人であり
”文明”やわれわれ”芸術”とは明確に区別している。
>>450はそういう立場での言葉ね。談志は保守派だからね。

453 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 00:36:31
落語家の話になっちゃったよw
これ、新手の荒らしかな?

454 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 00:38:56
>>451
話というのは当然のように派生していくのだよ。
物事は全て網の目のように繋がっている。
芸術のヒントはあらゆるところに転がっている。
別に誰かがいきなり宗教の話を仕出したわけではないのでご安心ください。

芸術の話しかできない人に面白い芸術は作れないだろうねぇ。

455 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 00:41:15
永井豪のマンガに会田誠の首輪して手足がないのがそのまんま出てますがwww
もちろん永井豪の方が全然先に描いてますよ!

456 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 00:42:11
>>454
いつもの保全廚?
こんな事やってっから過疎化するんだよ。
自分が一番よくわかってっだろ?

457 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 00:45:30
ここで出たような話は、既に誰かがやってそうではある。
むしろ、村上や会田がやってるかと。

458 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 00:47:54
興味深いんだがスレズレだよ。
今は「暴力表現が次世代のコンセプトと成りえるか?」でし?
すでにサブカルで殺し屋1とかアングラだったらもっとひどいものがあるのだからそこからどうやって昇華させていくかだろ。
英語で言う「Shock Value」にたよらない美しさで生き残るエログロなんてないとおもうぞ。
おまえらポール マッカシーのみて美しいとおもうか? あ。でもやつはパフォーマーだからいいのか?

459 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 00:50:10
会田さんの女の子のやつは技術はすごいけど「イラスト」としか見えない。
キングギドラに犯される巨大ふじ隊員は名作だとおもうが。

460 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 00:53:00
ちょっとBTを眺めてみると、90年代末の日本にはかなりの数の暴力表現のアーティストがいたのね。

461 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 00:57:04
保全してる香具師は今の現代美術のトレンドとか全然知らないだろ?
観に行ったりもしてないだろ?
何で無知なのに強引にスレの主導権握って引っ張ろうとするかな
とりあえず自演と連投はやめれ!
ほとんど荒らし同様になってる

462 :418:2006/10/14(土) 01:04:47
>>458
そうだね、面白いけどちょっと話が散漫になりすぎちゃってるね。
要するにまとめると、
正当化のためのひとつとしてアイデンティティを使ってみよう、ってことで
暴力表現が日本人のアイデンティティにあるんじゃないか、
という仮説があって、…で結局擬似スナッフや暴力映像の横に
何を置けばアイデンティティと繋ぐことができるのかね。
ヤクザ映画じゃ全然日本人の”原点”には大幅に手前だしな笑

案外狩猟民族じゃないからこそ暴力のイメージが陰湿なのかも。
狩猟民族にとっては暴力は生活であり富でありセクシャリティだけど、
農耕民族は…うーむ遠いなあ、繋ぐ実際のモノが見えてこないorz

463 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 01:08:41
文章ダラダラ長いだけの単なるバカ

464 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 01:10:43
>>447
>>449が正解ですよ。中学生くらいの歴史の教科書にでも武士や民衆や農民の事述べてある。
確かに西洋人ほどの激しさは無いけれどもし無宗教だったら、秋祭りやだんじりやお盆や初詣、
冠婚葬祭など庶民には、何の習慣すらも残ってない筈 >>456 保守じゃあないですよ。皆、自分の
出会ったものがばらばらだから話が飛んだり、キライな話題が出てくるのですよ。どんどんあらゆる方向
から出せばいいのですよ。それこそ、保守(真、善、美の話)が出ない頃は、もっと書き込みする人
少なかったというか偏ってたでしょう?








465 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 01:19:47
>>464
えー偏ってるというより今は美術の話になってませんw
ある時間になるといきなりレス数が伸びるから自演だってわかるんですよ
この板の返しはそんなに早くないし住民も多くない
一対一や一対多の議論で白熱するのはあるけど
こんなにレスが錯綜することはありえない
それに文体のクセが強過ぎるんですよ
文のソトズラじゃなくて理論展開やネタの出し方がそう

466 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 01:24:40
>>465
自分の気に入らない話題が出るといつも自演といって誤魔化すのやめなさい。
今日は3つくらいの書き込みよ。後は他人。そうやって仕切るから、皆ワイワイ
やっても引くのですよ。こっちは2に粘着するほど、お暇じゃあないのよ。まぁ
どうでもいいけど。2くらい。


467 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 01:25:22
>>462もいってるし誰かがいってたけど狩猟民族(欧米)と
ワシら農耕民族の美意識もしくは原体験原風景みたいなもの考えていくととりとめなくなってくるね。
こうなったら太郎さんあたりの本読み直してもういちど狩猟VS農耕について考えてそれに両者の暴力表現の違いをかけ合わせていくか。
味アンホラーがアメリカではやってる今がねらい時か? 

468 :465:2006/10/14(土) 01:31:56
話の流れもあなたの中で繋がってるだけで
ロムってても全然意味がわからないんですよ
ふつう議論してるんだったら流れは↓のベクトルなのに
あなたのはやたら過去レスにアンカー飛ばしてヘになって話戻すから
わけわからないこと甚だしい
どっかの回転の速い板のスレの展開そのまま移植してませんか?

>>466みたいな人格をすぐに出してくるしw
すぐに沖流ししようと連投するし

469 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 01:36:33
こんなんばっかやってっから見捨てられるんだけどねぇ
自覚ないんじゃない?

470 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 01:38:15
そろそろ次の話題にしよう。煮詰まってんだよ話が。

471 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 01:39:20
時間がたって書き込みをみるので、遅レスになるときもあるけど、とに角キライな
話題に対してあなたの連投とかいう表現、他の方も前に言っていましたけど それクセですかね?
あなたも偏ってますよ。自分の姿は見えないもの。>>467 が、この辺りでまとまるソフトな捉え方
ですよ。


472 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 01:44:22
自演乙w  寝ろ バカ

473 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 01:46:38
あんたが寝なさい。というか、2は低レベルね。そういう感性の人には
いい作品はできないと思うわ。人間的にあなたは、本当終わってる。

474 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 01:49:51
やっぱプロ作家ネカマが保全担当してるのね

475 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 01:52:04
不正関係者だね。バレバレ。

476 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 01:52:38
それとも、ブス子?

477 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 01:53:00
>>473
また困ったちゃんでつか
簡単に煽りに乗るそのバカさですぐ分かる
いい加減学習せい

478 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 01:54:04
あんたが粘着して連投しているのが、これでバレたね。

479 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 01:57:38
そうやって、何とでもいえるしね。それもイジメの次の手段。
不正をやめなさい。普通の方がこういう書き込みに対して
強硬姿勢になる事はまず無いから、直ぐわかりますよ。
それとも、どうやって他の人の書き込みだという証拠があるの?
お宅たちのやってきた事考えたら誤解されてあたりまえ。

480 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 02:01:48
>>447=>>477
この間は電源切って絵描いてました。

おたくの言ってる忠義精神とかは道徳であって
西欧宗教と対比させるのは間違い。
日本人にとって西洋人の宗教にあたるものは
「世間」だという説あり。賛成。
阿部勤也氏著「世間」論序説―西洋中世の愛と人格
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4022597321/sr=8-1/qid=1160758811/ref=sr_1_1/250-8958621-4993008?ie=UTF8&s=books
面白いです。

スレ違いの話題スマソですた

481 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 02:02:36
レスアンカー忘れた
>>480>>478

482 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 02:04:50
又、買って読んでみるわ、調べてくれてありがとう。

483 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 02:05:30
二重人格かよっ・・・と

484 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 02:12:10
まともな方には、普通の反応。不正関係者がもぐりこんでるから
変な、強硬姿勢の痛い反論者を その人達の悪意だという受け止め方しか
できなくなった。だから、関係者じゃない人でとばっちりの人には痛い反発。違ってたら
ゴメンとしか言いようが無い。不正さえやめてくれたら解決するけど。
結構、私の書き込みにいつも、混入してくる。

485 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 02:15:26
不正だかなんだか知らないけど
いちいち反応すると面白がっていつまでも
粘着されるですよ 自分が呼び寄せてることに早く気づけって

486 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 02:20:32
普通の書き込みをしているし、連投なんかしていない。それなのに
ある時間帯から、多人数かあちらの連投かで、私ひとりだけ総攻撃
これが特徴。いつ忍び込むかわからない。いくらキライな話題でも
一人の人間を短時間で総攻撃する人は居ないはず。それも普通の書き込み
なのに。 反応したくないけど、もの凄い悪口、批判。

487 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 11:23:13
2チャンネルは公共のもの、反論者による強行な叩きはスレ荒らしになる。

反論者は冷静な表現をするべし。各書き込みに対して連投しているとかの表現をし

多人数の書き込みを拒否し自分側へ誘導する行為は結果的にスレ荒らしの原因をつくる。

マナーのない荒々しいやり方をやめ激高しないで討論するべき。

現在は、>>381 可能性は------難しいと思う。 >>467 の辺からです。

進行はこの辺から。



488 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 11:32:16
>>486

自演や連投の指摘が「もの凄い悪口、批判」になるの?
なんで自分が総攻撃されてると思うの?
>>466で三つくらいの書き込みしかしてないって自分でいってるのに。
2ちゃんに粘着するほど暇じゃないっていっておきながら毎回登場してくる事実は何故?
上流階級プロ作家は矛盾しまくりだよ。

489 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 11:36:48
こういう激高型タイプはスルーしましょう。

490 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 11:38:34
本題以外の他者への、攻撃的荒らしもスルー。

491 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 11:39:36
>>487 自分側へ誘導する行為

いったいどういう意味?
2ちゃんで荒れるだなんてデフォルトでしょ。
この場合反論にあたる意見なんて見当たらないんだけど。
強行にひとつの流れに持ってこうと必死の自演工作してる人の意志だけ見えるよ。

492 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 11:48:01
現代美術のエロ、グロ路線強行突破派でしょうね。それ以外の人は>>467

と真、善、美 保守と言う表現しているけど保守ではないかもよ。

現代美術は、美を否定しているし。それを陳腐なものだとして扱ったところ

からスタートした。デュシャン以降というか。それに対する反論者がそろそろ

出てきていると言う事。(この一派はあんたらの崇め奉るアメリカの内部にも新しく興りつつある動き)

当然美術の歴史は反論者があって又、新しいものが生まれる筈。そういう意見だともいえるし。だから色々なタイプの方々が

討論すべき、ヒントを引き出す元にもなる。

493 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 11:51:06
文章ちゃんと日本語で書いてくれ
国語の成績悪かっただろ?

494 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 11:54:36
>>493
スレの内容と関係ない方、これを皆さん荒らしといいます。
(高校が偏差値高い所だった。その中では中くらい。あんたには関係無し。)

495 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 12:00:06
>>494
内容わかんないから書いてんじゃーんw

みなさぁぁぁん!
やっぱりネカマプロ作家が今日も出勤してきてますよぉぉ!

496 :488、491:2006/10/14(土) 12:05:39
自分の都合の悪い事は一切答えないってとこは変らないんだな。
そんなに自分の意見だけですべて塗りつぶしたいならブログかチラシの裏にでも書いてりゃいいんだよ。

497 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 12:09:06
ネカマプロ作家はこのスレでは無敵ッ!
おまいらこの事を十分自覚してレスしろよ

498 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 12:19:11
>>496
答えてるよ。>>492 でね。読解力ないですかね?あんたらが粘着よ
というか又、不正関係者だな。お釜やロウは、プロが羨ましいんだな。
屈折しているね。はやく売り出しなさいよ。


499 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 12:21:13
2は低レベルだから適当くらいしか相手しねえよ。ニートの巣。作家のつもり?
村上のいう超オタクても売れっ子いるけどね。

500 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 12:23:36
ネカマの下品な地がでてまいりましたっっw
こっちが本性だよね?

501 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 12:30:17
>496>497 はスレと関係ない前述の激高した荒らしと叩きを
引き込むレス。この後、荒れていく。皆さん要注意。
本題に戻るべし。

502 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 12:30:31
荒らしは徹底放置、反応するあなたも、 荒らし です。
荒らしにはレスしないように心掛けて下さい。

503 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 12:33:04
下品な輩には、下品な言葉で。皆さんこれをスレ違いの、釣り>>500
と言います。徹底的にこういう輩を追い出しましょう。2は公共のもの。
松井スレにも出てきます。

504 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 12:33:56
>>502
そういう事になりますね。皆さん そういう事です。

505 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 12:36:33
おまいらネカマさんの言う事ちゃんと聞いてレスしろよ
ネカマさんの言う事はここでは絶対だからな!
キレるとネカマさんは地のキャラが出て怖いからな
ネカ魔さんの言う通りに保全汁

506 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 12:39:02
ネカマ?プロ作家さん
日本人じゃないそうですけど
(「あなたたち日本人はもっと・・」と言う記述有)
このご様子で本当に皇室繋がり( ゚д゚ )???

507 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 12:39:26
本題にもどりましょう。聞く必要なし。荒らしの要素を持つ方は他スレに
ご移動ください。

508 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 12:40:27
>>503
おまえやっぱり松井スレで粘着荒らししてた狂人だな。
どうりでここんとこ毎日連投されてるわけだ。
板荒らしがよくそんな自治レスできるな。


509 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 12:42:39
ネカマ?プロ作家さん=半島出身だと思われ
日本人に恨みがあるのでしょうな

510 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 12:43:13
>>506
そういう話題もありましたねえ。繋げることもできますが、繋げても
関係なさそうな方が大半なので話題を引きました。間接的に繋がりは
あります。

511 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 12:45:03
>>507です。


512 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 12:47:12
グロカワイイはもう時代遅れですか?

513 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 12:51:25
頭のおかしい自演粘着の必死な連投保全パターン
  
・ とにかく連投、また連投、自演連射でスレが賑わっているように見せかける
・他人に相手にされるとカッときてついアンカー飛ばしちゃいます
・ズバリ、自演指摘されてもいいわけして続行
・都合の悪いこと書き込まれちゃった後はせっせと埋め立て
・ツッコミが多くて句読点とか人格の使い分けとか器用になってきた
・今日もコツコツ時間差カキコミ草の根連投運動
・でも全然バレバレ
・よく読むと長レスまったくわけわかめ
・性別・文体変えるのに凝ってます。友達たくさんいるように見えるからね!
・自分の保全を邪魔する奴らは荒らしとみなす !

514 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 13:02:15
こういう荒んだ心の人や殺人事件、親子殺し、ニート問題、現代社会をみると一
芸術を創作するものとして、社会悪への怒りや根絶への闘志が燃え上がります。
>>492 の方向で考えています。そういうものへの関心も日本や海外どちら側に
でも興りつつある思想とか 又、精神性について敏感に感じている。それが、次のアートへ
と繋がる面もあると個人的に思っている。


515 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 13:14:26
>>514
>>492はあんた自身のレスだろw
結局自分が自分がなの?
暇じゃないとか、2ちゃんでは適当でいいとのたまいながら
えんえんここにこだわって粘着してるわけだが なぜ?

516 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 13:33:39
>>515
ご自分の次のコンセプトを理論だてて述べれはいいだけなのですよ。
結局、ご自分がスレ荒らしになりつつあるということに気づいて
下さいよ。少し冷静に。粘着しようが、しない日があろうがそれは
他人には関係ないこと。時間の開く日も開かない日もある。
それは、皆、同じ事。



517 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 13:36:30
>>512
ナゼ?そうだと考えましたか?

518 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 13:58:27
>>515 オマイも自分がだろうが

519 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 16:56:34
>>516>>518は同一人物?
こういうことが無駄に荒らす原因になってるんだが・・・

520 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 19:14:54

         また夜には連投開始ですか?

521 :「!omikuji」「!dama」:2006/10/15(日) 01:22:40
>>355


522 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/15(日) 14:16:30
>>408すごく上がってしまったけど
太郎ちゃんの古代人空間感覚論は、アトリエに引篭りの単なる思い付き、
現実を知らない間違った妄想だ。現代人の多くは古代人より空間感覚
に優れている。そうでないと車運転できねぇぜ、自転車も乗れねぇ、
混んだ街も歩けねぇ。太郎ちゃんは自転車も乗ったことないのかな。
スポーツは特にそうだよ、精緻な空間感覚無いとできない。
そんな太郎ちゃんの説を間に受ける村上も単なる凡俗人てことの証明だ。
ただ美術センスは進化するとは言えないのは確かだ。古代人のセンスも
既に完成したものだ。道具やそれ使う技巧は進化するが、美的センスが
時間により進化するとは言えない。それは残された現物が証明している
ことには同意するよ。

523 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/15(日) 14:36:09
もう何のスレだかわけわかんなくなってんな
やたら過去レスにアンカー飛ばす長文馬鹿は死んでくれよ
何の話してんだか全然わからん
自分のレスがスルーされてんのが耐えられないのかな

524 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/15(日) 14:39:58
それ単なる習慣の問題でそ
何万年もかけてゆっくり文明が発達したから、自分たちが学習させられたと意識しないだでいるだけ
もし古代人にも学習の機会さえあれば普通に順応する
芸術はそこから生まれるんだから生きてる世界が違えば変わるのは当然

>>522は自分の差別意識に気がついてるのかスィラ

525 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/15(日) 14:58:39
もうここの自演には飽き飽き

526 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/15(日) 21:31:46
>>525
それは良かった、二度と来なくて済むね
誰一人あなたを望んでいないから、自意識過剰さん♥


527 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/15(日) 21:32:45
>>522
空間感覚に優れる、ということは日常的により空間感覚を要求される、
ということですよね。
なぜ要求度が
車に乗る、自転車に乗る、混んだ町を歩く>狩猟
なのですか?太郎も勿論感覚的な推論、仮説ですが(そりゃ所詮芸術家)
あなたもその説明では結局あてずっぽですが。

スポーツは特にそう、ってそれじゃごく一部のスポーツの専門家の話でしょ。
そうでない一般の趣味の人なら、生活や生死をかけている狩猟のほうが、
必死だし研ぎ澄まされる度合いが高いと考えるのは全く不思議ではありませんが。
人数的に
スポーツの専門家<<<<<<<狩猟してた人
スポーツ趣味人≒狩猟してた人
もしくはまだスポ趣味人<狩猟人かもしれない。

”文化”なんだからもっと共通意識になってる話じゃないとねぇ。

528 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/15(日) 22:29:45
”美術”の板なんだから板違いにならない話じゃないとねぇ。

それ以前に自演は議論じゃないよねぇ。
連投も控えようねぇ。
ましてアゲるなんてねぇ。

529 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/15(日) 22:58:30
それこそ岸田センセイの思想になっちゃうわけで。

530 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/15(日) 23:25:12
ものぐさ精神分析でつかw  古いw

531 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/16(月) 07:35:00
村上作品の白痴的な笑いの次は、白痴的なwだな。

532 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/16(月) 08:54:38
age

533 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/16(月) 17:05:32
反論するなら何か考えろ。何もないヤシに限って----。

人に聞かんとできんヤシは製作やめてしまえ。----。 アホ。

534 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/16(月) 17:40:01
>>526
同感、こういうのを反論だけして独創的なアイデア
をだせない安評論家タイプという。こういうヤシの作品みたいぜ。
>>525 UPしてみろ。

535 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/16(月) 17:45:51
もうみんなとっくに次目指して走り始めていますよ?w
こんなとこで何やってんの?w

次の波になるのは、自分を信じて既に大分走ってきた連中。
そろそろ結果もつき始めてる。

せいぜい次の次の、次ぐらいなら目指せる。

536 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/16(月) 17:53:33
あんたも、こんな所で何やってんの?その無い頭で次の次の次
くらい、語ってみな。評論家さん。作家でもなさそうな臭いが
しますね。 素人さんの臭い。くんくん くんくん。
美術関係者は言葉の少しの表現も見落とせないよ。製作したことのない
机上の空論なんて、すぐ見抜くよ。

537 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/16(月) 18:03:36
>>534
>>535は、あなたへの いつもの粘着さんだな。5分後にレスつけて
末にwをつけて他人だと誤魔化すパターン。よく、今までもあったね。
不正はやめてないのかな?しつこい奴らだな。仕事、何やってんだろ?
マトモな職場はいまどき2チャンネルは禁止だからな。

538 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/16(月) 19:00:25
妄想乙。w

539 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/16(月) 21:07:37
>>514
啓蒙主義的なものはあまり好かんなぁ。作品が説教クサくならないことを願う。
説教じゃ人は変わらないしね。結局は作品で示すしかないのよねー。

>>492
美への回帰というより、コンセプト主導に対する反発だよね、結局それも含まれるけど。
モダニズムでは”概念”でアート自身を問いなおし、
ポスモでコンセプトで現実的にフォローできなかったところを埋めてゆき…
次は反モダニズム的なもの、僕は今の流れは脱モダニズム、と思ってるけど、
が潮流のひとつになってはきている。
そういやこういうのどっかで読んだなと思って検索したらまだ残ってた。ちょっと古いけど。
ttp://www.kojinkaratani.com/criticalspace/old/special/asada/shicho02.html

でも難しいところでなぁ。理屈ではコンセプトや概念というものは感覚に置きかえることは出来ないけど。
コンセプトがアート史ではなく、作品の感覚においてどのように効力を発揮しうるのか、
考えるていくと(一応自分なりの結論はある)、
脱モダニズム的でもコンセプトをとり込める、と考えている。

540 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/16(月) 22:22:38
引用先示すバカがどこにいると言いたいが

難解ぶって低能丸出し。
自演やるより他人を相手に話すって基本に戻ろうや。
過去レスにやたらアンカー飛ばすのは自演の証明。
自分の論考広げたいっていう欲望抑えような。
独りよがりは自滅のもと。

541 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/16(月) 22:41:01
プププまた釣れたよカンタンだなぁ
自分が釣ってる気になっちゃってるのかしらん♥

いつもあなたは内容ゼロですね。
じゃあ早く基本に戻った話をはじめてくださいよ。
する話がないんなら帰れば?

あとこの程度は共通認識でしょ、
改めて長文するのもなんだからわかりやすいところにリンクしただけで。
あなたには難解だったようね、だからここから引用したと思っちゃったのねん♥
安いオサカナ釣っちゃったみたい

542 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/16(月) 22:50:31
ネカマプロ作家やっぱ単なる嵐じゃん

543 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/16(月) 23:42:45
(´・ω・`)保全してんだか荒らしてんだかわからんがな(´・ω・`)

544 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/17(火) 23:46:17
age

545 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/17(火) 23:49:33
粘着age orz

546 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/18(水) 09:39:53
究極のダダイスト文学「こうしてはOLEN」

547 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/18(水) 14:02:17
あげ

548 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/19(木) 02:20:54
そろそろネタ切れかな
キーワードは

西洋>東洋
技術
エロ
グロ

かわいい

空間把握能力
スタンド能力

といったところか



549 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/22(日) 22:17:04
やあ元気?
作品作ってる?( ´∀`)ノ

550 :TM:2006/10/26(木) 03:22:41
つくってるぜ!
この前展覧会だったが友人にこき下ろされた。

551 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/26(木) 18:28:59
自演おつ

552 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/27(金) 03:42:41
age


553 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/27(金) 09:54:23
カラage乙

554 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/28(土) 00:05:18 ?2BP(36)
売り物を只で晒すと思うの?・・・l.o.l

555 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/03(金) 23:12:09
↑どういうことだい?
詳細プリーズ。
アゲ

556 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/03(金) 23:18:06
さぁ自演開始ですw

557 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/07(日) 12:21:49
欧米がアート界を台頭してるのだから奴らのルールに従うしかないのだろう。
そのうえで日本ならではコンセプトをやつらにもわかりやすい形に昇華して適当な「言葉」をあたえれば良しと。
そんでもって日本の画壇にも受けが良かったらいうことなし。
一気にもとめすぎだな。


558 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/07(日) 15:56:38
この後、アンカー飛ばして久々にまた自演やんの?

559 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/08(月) 00:59:31
>>1 そんなに簡単にアイデア生まれたら誰も苦労しないぜ。

560 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/08(月) 02:56:32
( ´,_ゝ`)プッ

561 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/09(火) 21:25:39
>>1

むかし、ギリシャの烏賊ロスはのう、ロウで固めた鳥の翼を、
両手で持って、飛び立ったのじゃ。空より高く、まだ、遠く、
勇気一つを友にしてのう。

しかし、親父の台田ロスは、自分の頭で考えて翼を作り出したのじゃよ。


161 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)